5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★★最強!低炭水化物・糖質制限 総合スレ15★★

821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/06/02(土) 22:15:22.88 ID:Q40z3r6l
飲みすぎサラリーマンはすい炎に注意
慢性すい炎から糖尿病になることも
口からとり込まれた食べものは、胃でほぐされて十二指腸が反応しすい臓を刺激し、500~800mlという大量のすい液をつくって十二指腸に分泌するのです。
すい臓のもう一つの重要な役割は、血糖の上げ下げに関係するインスリンとグルカゴンを分泌すること。この双方の働きが相まって血糖のバランスを維持しています。

すい臓そのものが消化されてしまう
毎日、日本酒換算で3合以上を長年飲み続けていると危ないといわれます。
また脂っこい食べもののとりすぎが続くこともよくありません。
これらを消化するためにすい臓は大量のすい液を分泌しますが、この過剰なすい液が自らを消化してしまうのがすい炎発症のメカニズムと考えられています。

急性すい炎では、みぞおちから背中にかけて激痛に見舞われます。
ほかの臓器にも炎症を及ぼすため、一旦重症化するとショック、呼吸不全、肝不全、腎不全などを併発して死亡する危険性が少なくありません。
急性すい炎の原因でアルコールに次いで多いのは胆石です。

慢性すい炎は、自覚症状が少ないまま炎症が少しずつ進み、徐々にすい臓の働きが低下していきます。
おなかや背中の鈍痛が特徴的な症状ですが、食べものの消化吸収が悪くなり、下痢や栄養状態の悪化があらわれます。
血糖コントロールも乱れて糖尿病を発症するのもこの時期です。

飲みすぎ食べすぎを控え、脂っこい食事は減らす
壊れたすい臓の組織は元に回復することはなく、治療が大変難しいとされています。
おなかや背中の痛みがすい炎によるものか推測するには、脂っこいものや辛いものを食べたとき・お酒を飲んだとき・ストレスがかかったとき、などに痛む場合は怪しいと考えるべきでしょう。
また、肉類など脂っこい食事を以前は好んでいたが、最近はどうもという場合も要注意です。

すい炎を防ぐためには、日ごろ次のような注意を心がけてください。これらは胆石の予防にも役立ちます。
飲酒は適量。2日連続では飲まない
脂っこい食事は減らす
エネルギー補給は糖質(ご飯、めん類、パン、芋類)中心で
大豆食品など良質のたんぱく質を十分に
野菜・果物などでビタミン類も過不足なく
食事は腹八分目
ストレス解消に努める
ttp://health.goo.ne.jp/column/healthy/h001/0056.html

277 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)