5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

果たしてオウム・Aleph・ひかりは完璧か?241

1 :神も仏も名無しさん:2013/06/21(金) 16:58:33.00 ID:ACRc9dqV
まあ、どなた様もボチボチと。

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1368125249/

▼完璧スレ過去ログ保管庫
http://www.geocities.jp/theravada_buddhism/aum/2ch/
http://unkar.org/2ch/search.php?q=%E6%9E%9C%E3%81%9F%E3%81%97%E3%81%A6%E3%82%AA%E3%82%A6%E3%83%A0&board=&type=number&order=desc

▼オウム真理教(Aleph)探究はここから!!主要オウム真理教関係リンク集
http://www015.upp.so-net.ne.jp/sinzinrui/

▼オウム関連ニュース
Yahoo!ニュース - オウム真理教問題
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/aum/
Googleニュース - オウム
http://news.google.co.jp/news?hl=ja&ned=jp&q=%E3%82%AA%E3%82%A6%E3%83%A0

教団の詐欺的勧誘法↓一般の方はご注意ください。
http://www.youtube.com/watch?v=QeEOVQ0EGX0
http://www.youtube.com/watch?v=aoLh2mfGtQw
http://www.youtube.com/watch?v=M9hmGLNExcY

最近の教団の動向↓GWセミナーに若者の姿
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/newsanswer/newsl/post_40627/

2 :神も仏も名無しさん:2013/06/21(金) 17:00:03.30 ID:ACRc9dqV
スレッド作りと言うのをやってみたら、意外に簡単なんですね。

前スレ
>791  >>782
>不真面目な態度でそういう綺語妄語を発しても社会的に許して

うーん、空中浮揚でそう言われてもなあ、と。
一般には大笑いが出たり、ユーモア凄すぎる、とされましょうね。
もともと大笑いされる「空中浮揚写真」なんですから。
それはご自身として認識された方が良いと思います。

で、滝本が「麻原さんと同じ又はそれ以上の写真は取れるのです」ということを証明した。
ことは確実だと。

これにより、通例の社会人は
・麻原さんのも滝本のも写真としては本物かもしれないが、「空中浮揚」を証明していないんだ、と理解し
信者さんは
・麻原さんのは本物だけれど、滝本のは筋肉やら写真のテクニックでの偽りだと、と理解し
真実の所は、
・麻原さんは言われていた3秒ぐらいかもしれないが、滝本のは15秒だったんだ、でしてね。

この「真実」は私の体験で実証されています、と言ったらご自身はどう思います?

3 :神も仏も名無しさん:2013/06/21(金) 17:08:15.43 ID:ACRc9dqV
あっ、訂正

真実の所は、
・麻原さんは言われていた3秒ぐらいかゼロ秒か分からないが、滝本のは15秒だった、
なお、当時そう言ってしまうと大変な事態になるので、そうは言わなかったんだ。

この「真実」は滝本の体験により実証されています、と

ご自身はどう思います?

4 :神も仏も名無しさん:2013/06/21(金) 17:15:27.23 ID:jUsSswqn
お前らのブログじゃないんだから
いい加減容量オーバーになるまで長文で書くのやめてくれよ

5 :神も仏も名無しさん:2013/06/21(金) 19:27:05.90 ID:OkAZPcHw
では、本日も一点だけ
前スレ>>756
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1368125249/756

>一瞬でも学者に檀家がいると思える魔境君の思考構造には興味がありますね。

龍谷大学の理事長は、浄土真宗本願寺派の総長です。
同派の学寮として設立以来、宗教団体の傘下ですよ。

6 :神も仏も名無しさん:2013/06/21(金) 21:19:39.33 ID:qcPWxHF0
大嘘つき滝本必死

7 :神も仏も名無しさん:2013/06/21(金) 22:39:58.83 ID:jUsSswqn
>>2
>スレッド作りと言うのをやってみたら、意外に簡単なんですね。
規制されてなければ誰でも立てられるからね
そんなのをやったくらいでスレ主とか名乗っちゃう奴は馬鹿だって事が分かるだろ

8 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 04:21:28.07 ID:SfIIQIh7
>>2-3
滝本太郎弁護士って、根っからの詐話師なんですね。
インチキ手法だと断った上で空中浮揚写真を撮ることと、「自分は空中浮揚出来る」と吹聴することは全く別の話であることが理解出来ていないらしい。
後者は「嘘」という悪業であり、いずれ名誉毀損や詐欺などの犯罪に繋がる行為です。
また後者の嘘は前者の説明と完全に矛盾しているが故に、滝本弁護士の論説は論理破綻していることを自ら証明しているだけに過ぎません。
ウソつき太郎弁護士は間違った観念に固執するあまり、社会的な順法精神や道徳観が著しく欠如しているようです。

しかしインチキ空中浮揚などで得意がっている所を見ると、ウソつき太郎弁護士は「信者が何故教祖に帰依をしているのか」というオウム問題のもっとも根本的な部分すら未だに全く理解出来ていないようですね。
だから未だに基本的な教義をまるで知らないし、何の意味も無い不規則発言などにこだわったりしていると。
ウソつき太郎は「その妄語のカルマの故に「問題の本質」に到達出来ない」という、カルマの法則の好例だと思います。

9 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 04:31:07.04 ID:SfIIQIh7
>>8追加
ウソつき太郎弁護士は、理性や論理的思索力も著しく欠如していますね。
自身の大ウソ発言によって以下のようになる事が理解出来ていないらしい。


真実の所は、
・麻原さんは何秒か分からないが、滝本のは空中浮揚ではないが故にゼロ秒だった、
なお、滝本は「当時そう言ってしまうと大変な事態になるので、そうは言わなかったんだ。」などと後付けの大ウソを吐いて何か意味が有ると勘違いしている、知的障害者である。

この「真実」は滝本の発言により実証されています、と

10 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 04:35:49.14 ID:SfIIQIh7
>>5
その学長は学者ですか?
もしそうなら、僧侶が学者を兼任している例も有る、というだけですね。

>>7
何故一々「スレ主」などと名乗らなければならなかったのかも未だに理解出来ていないご様子ですね。
それも理解出来ずに観念で「馬鹿ですね」と決め付けている内は、あなたもウソつき太郎氏と同じく永遠に真実には到達出来ないと御理解下さい。

11 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 08:56:27.71 ID:XbjKVf/g
おはようございます。まあ長年の習い性として書いているかも。
スレ立て実に簡単でした。

で、一言言いたいなと思ったことは、下記です。
「あの麻原さん、そして私の空中浮揚写真にはこだわるんだなあ」です。

綺語とかなんとか批判するのはご自由だけれど
社会的には、というかまともな判断能力があれば、そもそもが笑い話であること、
失礼ながら信者さんは嗤われているのだということを自覚されたし、と。

12 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 10:57:30.69 ID:9X5joriw
では本日も一点だけ。

前スレ757
>「グルの本質とは何か」
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1368125249/757

グルに問われる本質とは、真理(その宗派の教え)を体現しているか否かです。

麻原教は、チベット仏教から正当性を否定されましたので、グル・麻原彰晃の本質は
仏教ではなく、凡夫・松本智津夫の思考そのものとなります。

ダライ・ラマは、チベット密教ではラマ(導師)に帰依する理由を

>ラマが仏陀に派遣されたメッセンジャーのようなもの、すなわち、今この時点において
>わたしたちを仏教の道へと導くものだからでしょう。
>この意味では、ラマはわたしたちがこの苦しみから救われることに手を貸してくれる
>精神的共同体と同じものであると言えます。
>さらに、完全な特質を備えたラマであれば、それは仏陀と同じものであり、その意味では
>ラマを別に立てる必要はないとも言えます。
>こうして、ラマを三つの救済者(仏・法・僧伽)とは別に立てる意味があったとしても、
>実際には真の救済者は三つしかないと考えるべきです。

と述べた上で、

>正しい性質を備えていないラマについては、もちろん論外です。

としています。

13 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 11:16:39.67 ID:soAGuk7N
滝本必死
弁護士がスレ立てして
嘘八百並べているなどという前例は聴いたことがない
これはまとめをテンプレにすべき

14 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 12:20:57.41 ID:soAGuk7N
>>12
パイロットババは正当性を認めています
「麻原の弟子なら私の弟子だ」と

15 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 12:52:59.95 ID:soAGuk7N
たかじん、しんぼうを見てると
上祐をイジメまくったカルマは
思ったより重たかった様だ

16 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 12:54:19.60 ID:soAGuk7N
キャン、あらがき、恩田、滝本と順調に狂っている
カルマは本当にあるんだな

17 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 13:28:02.99 ID:9X5joriw
>>14
まあ「ひかりの輪」のサイトですが、かつての高弟の話です
http://alephmondaitaisaku.blog.fc2.com/blog-entry-71.html

具体的には、サマディ(深い瞑想)のマスターとしてインドで著名なパイロット・ババ師は、
オウム事件後に師に接触した日本やロシアの元オウム信者に対して、
「麻原の修行は、行法(肉体を操作して行う修行法)に片寄っていた」
「行法によって一時的に純粋な状態になり、サマディの体験をして、それが慢心を形成することがある」
という趣旨のことを語っています。

また、チベット密教の有数の瞑想の指導者とされ、一時は麻原も師事したカル・リンポチェ師も、
麻原が師に語った麻原自身の瞑想の体験について、
「(一時的な)体験・経験は解脱・悟りではない」
と繰り返し戒めていました(当時の通訳であった上祐代表の話)。

なお、両師とも、
「麻原は最終解脱者ではなく、その修行は十分ではない」
と考えていました。

パイロット・ババ師は、
「麻原は、プライド(アナハタ・チァクラ)で引っかかってしまい、『自分こそが救済する』といったエゴがあった」
「集まった信者にもプライド・権力欲の強い人が多かったのでは」
と指摘し、麻原を十分に導けなかったことに、自ら責任を感じていると語っています。

また、カル・リンポチェ師も、側近の弟子に対して、
「麻原は、まだ修行をする必要がある」
と語り、麻原にもっと多くの教えを与えたがっていたと言われています。

18 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 13:43:29.57 ID:soAGuk7N
>>17
つまり、関係を否定してはいないし、一時的にしろ高い経験をしたと認めているということですね

19 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 13:48:04.98 ID:soAGuk7N
また自ら嘘を暴露しましたね
滝本さん

20 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 13:57:59.60 ID:9X5joriw
>>18
関係は否定できないでしょうね写真が残ってるから。
松本智津夫は、中途半端な状態で悟ったと勘違いし、麻原教の言う「魔境」に堕ちたということでしょう。

21 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 14:01:29.93 ID:soAGuk7N
霊脈のない邪教であるという主張は間違いであると
アンチの王、滝本が正式に認めたということですね

22 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 14:15:05.28 ID:soAGuk7N
是々非々で行きましょう、オウムに悪い部分があったことは事実ですが
嘘情報によって封じ込め、壊滅すればいい時代ではないでしょう

あなたが属する左翼を始め、今の日本がこのままではダメだと考え、行動した人たちは
いろいろといたと思います

そして、その都度、そういった真剣な主張は国家、マスコミによって歪められ、腐った国家が温存されてきました

その無念を知っているあなたが、これ以上国家の欺瞞の片棒を担ぐべきじゃないでしょう

時代は変り、今、国家のあり方が問われているんだから

23 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 14:23:53.53 ID:soAGuk7N
嘘の応報を繰り返す限り、是々非々で今後を考えるという段階には進めない
あなたはそこで終わるつもりか

24 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 14:40:36.19 ID:XhPFkmO8
※注意
ここはキチガイ隔離病棟です。

25 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 15:00:45.00 ID:SfIIQIh7
果たしてオウム・Aleph・ひかりは完璧か?238
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1363435953/382

私の、思想、宗教などの判断基準は
1−言うことととやることが違っていないか。
2−途中で言うことが変わってこないか。
3−目的のためとして、他の権利をひどく侵害していないか、です。
=======================================================

上記の滝本発言によると、
ウソつき太郎氏は
1−「言うことととやることが違って」おり、
2−「途中で言うことが変わって」おり、
3−「目的のためとして、他の権利をひどく侵害して」いるので、
間違った思想・間違った宗教を持つ方だと理解し認識出来る次第です。

見事に自己矛盾を晒してらっしゃってますね。

26 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 15:18:58.89 ID:9X5joriw
大切なのは、麻原教から脱することですね。
密教だろうが大乗だろうがヨーガだろうが、魔境麻原に頼らずとも
きちんとやれる場所があることでしょう。

27 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 15:28:56.24 ID:soAGuk7N
>>26
それであるなら、なおのことあなたの手下の
詐欺師インチキ教祖どもを排除すべきですね
あなたたちの中にまともな法を説く人はいません

28 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 16:55:54.18 ID:9X5joriw
何がまともな法で、何がまともではない法なのかは、結局のところ
個々の心の内で決まるものです。

人間が五感から認識する上において「全てのものは変化する」という法についても、
2500年前の認識においては真理でしたが、現代においては、科学的な論証に
基づき、変化しないであろうという客観的な法則が見出されています。

仏陀の真理である縁起は、人間の心の作用についてよく説かれた真理ですが、
科学的な法則もまた、「如来が生まれようと生まれまいと、まさに定まり、法の
性質であり、法の定立に関する道理である」こともまた、真理です。

またそうであるとしても、人の心が真理を真理と受け入れなければ、それは
その人にとって真理足りえないであることもまた真理であるでしょう。

仏陀の説く教説がこれらをも大きく内包しているのに対し、大乗仏教の教説は、
大乗を自称しながらも、仏陀ほどの許容量を持ち得ていないところに、限界が
あると言えるでしょう。

29 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 17:27:08.70 ID:JLyiPzpb
>>13
誰でもスレ立てられる以上誰がスレ立てようが自由なわけだが

30 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 17:32:29.64 ID:hOykeoa0
>>28
> 何がまともな法で、何がまともではない法なのかは、結局のところ
> 個々の心の内で決まるものです。

いままで散々、事実を捻じ曲げた嘘を吹聴してきて
結局、責任逃れですか?

あなたは一体、法廷で何を主張してきたんですか?

嘘だろうが何だろうが自分の心象で決めるから問題ないという姿勢で
これまでの法曹としての活動をしてきたんですか?

今までの発言からして、ご都合主義のそういうことですね。

31 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 17:47:40.59 ID:9X5joriw
私は滝本さんではありませんが・・・

32 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 17:49:19.42 ID:hOykeoa0
>>31
では誰ですか?
いつもの滝本さんにしか見えませんが

33 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 17:50:43.29 ID:hOykeoa0
責任ある立場の現役弁護士がスレ立てして
嘘八百並べ
都合が悪くなったら逃げて終わりですか?

前代未聞だ!

34 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 18:08:20.91 ID:9X5joriw
宗教、特に仏教の法は結局のところ、生老病死という避けられない苦をどう昇華するかという
内面の問題ですから、自己満足できればOKなんですよ。

そして、自己満足の方法を他者と共有できれば、共有する内面論理を軸に僧伽が結成され、
三宝(教祖(神)・教祖(神)の説く真理・神を信奉する集団)を軸にした宗教団体が生まれます。

ただ、自己満足を宗教団体の外部にを強いれば、外部の人間が自己満足を得られなくなります。
そこで、宗教団体の法の外界、共同社会においても法が整備されます。

一方、宗教団体の内部においても細かな意見対立が生じるのは当然の論理で、律でこれを
統制しますが、内面論理で相入れない齟齬が生じれば、分派したり脱退したりすると。


>>33
私は一応、前スレで魔境くんと呼ばれていた者ですけど、と患者さんに一応説明してみます。

35 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 18:32:37.17 ID:hOykeoa0
>>34
滝元本人なら不届き千万
滝本でないなら成り済まして問題発言を繰り返す
こういう詐欺教祖を粛清する必要性がはっきりしましたな

どうなんだ滝本

36 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 18:35:25.03 ID:SfIIQIh7
>>32
ウソつき太郎は、>>2-3>>11でしょ。
魔境君はウソつき太郎に影響されて口調が似てきているけど。

37 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 18:35:53.79 ID:hOykeoa0
わざわざ現役弁護士がスレ立てしたのは
手下の詐欺師に嘘をつかせるためなのか?
どうなんだ滝本!

38 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 18:37:27.93 ID:hOykeoa0
オレは滝本相手にずっと書き込みしたのに
この詐欺魔境はお前に成り済ましてずっと書き込んでたんだぞ
責任感じないのか太郎!

39 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 19:07:18.48 ID:9X5joriw
誰が何の議論をしてるか読んでないから間違うんだよ
読んでいれば間違いようが無いっす。わざわざアンカーつけたりリンク張ってるのに・・・

40 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 19:27:44.38 ID:hOykeoa0
成り済ました詐欺師がよく言うな
詐欺師野郎

41 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 19:31:01.68 ID:hOykeoa0
滝本!成り済ました詐欺師を処分しろ!
お前がキッチリ対処しなければ、お前らは結託していて
今までの主張はお前の主張と扱うからな

意義を申し立てるのかどうなんだ!

42 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 23:34:38.71 ID:SfIIQIh7
>>12
>グルに問われる本質とは、真理(その宗派の教え)を体現しているか否かです。

それは「グルの条件」であって、「グルの本質」じゃないよ。
魔境君は未だに「グルの本質」を説いた説法に辿り着けてないようですね。

43 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 23:38:54.11 ID:9X5joriw
私と滝本氏は、1日の間に複数ID使った例が無いから、滝本氏の後に
別IDの書き込みがあれば、別人だと普通の人なら解ります

誰でも無境さんに見えたり、誰でも滝本氏に見えたりと、困った患者さんですね

44 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 23:44:57.29 ID:9X5joriw
>>42
麻原教の説法なんぞ、どうでも良いですからね。
麻原がチベット仏教のグルとして不適格と論証されれば、そもそも論じる要はありません。

45 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 23:49:12.14 ID:SfIIQIh7
>>17
魔境君は他人の受け売りばかりですね。
全部自分で考えているつもりでも、実際は他人の思想や論説の受け売りを自分に都合良く切り貼りしているだけという。

>>26
魔境君はオウム時代から現在に至るまでいかなる宗派の教えの実践も修行も拒否してらっしゃるのですから、魔境君は偉そうにそういう事を言えた立場には無いかと。

>>28
>人間が五感から認識する上において「全てのものは変化する」という法についても、
>2500年前の認識においては真理でしたが、現代においては、科学的な論証に
>基づき、変化しないであろうという客観的な法則が見出されています。

魔境君は遂に釈迦の説いた無常論を否定し始めましたか。
その「科学的論証」とやらも、どうせいい加減な人からの受け売りなんでしょうな。
主観的な決め付けに過ぎない「私の主張」を、一切根拠を示さぬまま「科学的」「論証」「客観的」などの実際とは正反対の言葉を使いながら垂れ流すとか、まさに魔境その物ですな。

46 :神も仏も名無しさん:2013/06/22(土) 23:55:23.92 ID:SfIIQIh7
>>34
>宗教、特に仏教の法は結局のところ、生老病死という避けられない苦をどう昇華するかという
>内面の問題ですから、自己満足できればOKなんですよ。

魔境君は、仏教の実践によってあらゆる苦を物理的に超越出来る事を知らないみたいですね。
そりゃ実践も修行も拒否されている訳ですから、当然と言えば当然ですけれども。
で、「自己満足出来ればOK」などという凡夫なみの思考であれやこれやと謬見解を創り出しては、より深く魔境の混沌とした闇に陥って行っていると。

47 :神も仏も名無しさん:2013/06/23(日) 00:21:42.07 ID:PApwGn/u
>>45
>魔境君は他人の受け売りばかりですね。

麻原教の元信者による麻原否定は、私の言葉よりも説得力ありますから。

>魔境君はオウム時代から現在に至るまでいかなる宗派の教えの実践も修行も拒否してらっしゃるのですから、
>魔境君は偉そうにそういう事を言えた立場には無いかと。

修行していれば優れていると思うのは、単なるエゴですね。
ましてや麻原信者のようなマイナスの人間は、偉そうにそういうことを言えた立場に無いかと。

>魔境君は遂に釈迦の説いた無常論を否定し始めましたか。

仏陀の説く無常の法則と、科学が証明する法則は、二律背反しません。
人間が知覚する世界は無常ですし、人間は必ず死する存在で苦を本質的に抱えています。
しかし例えば、原子や分子などは、人間の認識如何に関わらず固有の性質を持っていますよね?

>>46
>魔境君は、仏教の実践によってあらゆる苦を物理的に超越出来る事を知らないみたいですね。

苦を超越した人も、必死に2ちゃんねるに書き込みするんですねえ。
意外に俗物でありますな。

48 :神も仏も名無しさん:2013/06/23(日) 00:35:27.32 ID:FBsfO/8u
>>43
> 私と滝本氏は、1日の間に複数ID使った例が無いから、滝本氏の後に
> 別IDの書き込みがあれば、別人だと普通の人なら解ります

成り済まし恩田敬、何偉そうにいってるんだ
アイフォンとPCの副アカ成り済まし常習班の詐欺師が

49 :神も仏も名無しさん:2013/06/23(日) 02:28:29.22 ID:QFDKn8Yg
真理判定の仕方には、おおよそ三つの立場(方法)がある。

(1)命題(認識する知性)と実在との合致によって真が成立する“対応”
(2)当の命題が整合的な理論体系のなかで矛盾せずに適合するときに真が成立する“整合”
(3)命題や観念が実践的行為において有効・有益であるときに真が成立する“プラグマティズム”

人が真理だと語るものの中には、(1)から(3)まですべての条件を満たすものもあれば、1つか2つのの条件のみ満たしている場合もある。
>>28 は(3)の立場。

(1)は客観的真理
(2)は理論上の真理
(3)は主観的真理

それぞれ微妙に中身が違う。

50 :神も仏も名無しさん:2013/06/23(日) 04:10:54.13 ID:Y+MwGHVZ
>>44
魔境君は「麻原教」の教説を知らないのに、毎日必死に「麻原教」の教説を批判するとは、これ如何に?

51 :神も仏も名無しさん:2013/06/23(日) 14:11:16.05 ID:F+y5kUEV
恩田魔境

52 :神も仏も名無しさん:2013/06/23(日) 22:08:27.78 ID:+/fA8Vib
では今日も一点だけ。

前スレ>>757
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1368125249/757
>>輪廻転生した記憶が無いので、経験によって否定してます。

>それは無明に覆われて記憶が途切れているだけですね。

前スレ>>760
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1368125249/760
の可能性を否定できませんね。

53 :神も仏も名無しさん:2013/06/23(日) 22:09:16.26 ID:+/fA8Vib
唯識派ディグナーガ(陳那)の見解

経験できない事柄を語る言説については、「信頼すべき人の言説は、欺かないという点で
共通性をもつ限り、推論である。」


唯識派ダルマキールティ(法称)の見解

来世の帰趨(輪廻転生の有無など)よりも、四聖諦などの教説が説く、現世での人生苦の
根本的解消とその手立てこそが、人生の目的となる主要な事柄である。

そして四聖諦などの真理性は自分で検証すべきものであり、検証によって、四聖諦などを
説いた仏陀は信頼できる人物だと言えることになるから、経験できない事柄に関する仏陀の
教説も、それが真であると検証は出来ないが、主要な事柄についての教説と矛盾しない以上、
人を欺くものではなかろうと推測される。


では、オウム信者の「瞑想体験」が「輪廻経験」であるのか?と問えば、それは違います。
真に輪廻を体験すると言うのは、確実に死に、確実に転生しなければなりません。

54 :神も仏も名無しさん:2013/06/23(日) 22:09:48.62 ID:+/fA8Vib
麻原彰晃が「信頼できる人か」を検証する場合、「信頼できない」となる。
これに異論を挟む余地はないでしょう。

では、麻原彰晃ではなく、仏陀が輪廻転生を説いていたのかと問えば、当時の「業による輪廻転生」を
否定しなかったというといころまででしょう。

では、誰が輪廻転生を説いていたのかと問えば、ヴェーダ哲学です。
しかし仏陀は、ヴェーダ哲学における「真我による輪廻」は否定していました。

では何が輪廻転生するのか?
仏陀は無記であった、というのが仏陀を信頼する場合の結論です。

ならばヴェーダ哲学を信頼するのか?
であれば、仏教を否定することになります。

真我による輪廻を肯定しなが、ら仏教を自称するオウム真理教は、自己矛盾であるのです。

55 :神も仏も名無しさん:2013/06/23(日) 22:30:20.94 ID:+/fA8Vib
追記
>>49を引用すれば、

・ 仏陀の教説は(1)〜(3)を満たしている
・ 仏陀が他人に教えを説く際、他人の(3)主観的真理を犯さぬ配意がなされている
・ 唯識派では(1)及び(2)を満たせば信頼して良いと考える

・ 麻原彰晃が満たすのは(3)のみである
・ 麻原彰晃が他人に教えを説く際、他人の(3)主観的真理を犯している(ポアの実行)

となります。

56 :神も仏も名無しさん:2013/06/24(月) 12:05:56.66 ID:WVxkCtxG
このスレって何をめざしてるの ほんとに滝本弁護士が関わってるなら、時間も立場も、もったいないですね
その立場をいかして、何かもっとできる事があるはずだろうに…

外から見ると、数人で口論してるだけに見えるし(変な相手を自分の意見に同意させたいのか?)、同じ事の繰り返しじゃん
本人のブログも見たけど、スレ転載は一般にアピールするもんじゃないよね 事件に関心を持って来た人は「?」だよ

57 :神も仏も名無しさん:2013/06/24(月) 13:21:53.26 ID:+vX4Exme
キチガイ相手に対話が成立するわけない。
そうかと言って、信者にスレを乗っ取られると不都合。
だから仕方なく回してるだけ。

58 :神も仏も名無しさん:2013/06/24(月) 18:05:26.95 ID:DvbMWkO4
>>56
あんな長ったらしい長文は読む気にならん

59 :神も仏も名無しさん:2013/06/25(火) 21:32:55.32 ID:NHlvj8lJ
今日も一言

前スレ>>768
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1368125249/768

仏教について―佐倉哲エッセイ集
http://www.j-world.com/usr/sakura/buddhism/

読ませていただきましたが、分かりやすい内容ですね。

個人的感想を述べるならば、やはり心の外の世界に自性というものはあると。
縁起=空ではなく、外界の自性をありのままに認識し得ない無明から縁起する
ものが空であると、私は思います。

物質には各々固有の性質が有り、各々が持つ固有の性質の相互作用によって、
万物は変化し続けるわけで、これは科学的客観的に立証されています。

しかし、知覚を超えた無限の変化があるから物質に固有の性質が無いと考えるのは、
真実に反し、無明から生じる見解と言えるでしょう。

60 :神も仏も名無しさん:2013/06/25(火) 21:33:53.29 ID:NHlvj8lJ
人間は、万物の法則を理解していない無明の中において、
自分が永遠の存在であってほしいと願う我執を本質として持ち、
我執を満たす法則を妄想し、探し続けるものです。

しかし世界は、人間の我執とは全く無関係に、万物が固有の本質として持つ
法則の相互作用によって無限に変化し続けます。

人間の肉体もまた、我執とは全く無関係に、遺伝子により生存期限が
決まっており、永遠に存在することは不可能であると知ります。
だから人間は、逃れ得ぬ死に向かう苦を本質としている。

自他の識別を無くすということはこのように、我執とは無関係に存在する
様々な法則によって自らの生命が生じ、また滅するということをありのままに
受け入れることではないでしょうか。

自分だけが永遠の存在で有るための特別な法則は存在しないと知る。
万物の法則の下に我が存在し、我の法則は万物の法則と一体であると知る。
それが無常を理解するということではないでしょうか。

61 :神も仏も名無しさん:2013/06/26(水) 04:23:38.78 ID:0qSJTlA5
>>47
>麻原教の元信者による麻原否定は、私の言葉よりも説得力ありますから。

魔境君も「麻原教の元信者」でしょ。

>修行していれば優れていると思うのは、単なるエゴですね。
>ましてや麻原信者のようなマイナスの人間は、偉そうにそういうことを言えた立場に無いかと。

修行も実践もしなければ教えの正しさを自ら検証出来ませんから、そもそもお話しになりません。
魔境君のように修行していなければ優れていると思うのは、単なる無智による傲慢さですね。

>仏陀の説く無常の法則と、科学が証明する法則は、二律背反しません。
>人間が知覚する世界は無常ですし、人間は必ず死する存在で苦を本質的に抱えています。
>しかし例えば、原子や分子などは、人間の認識如何に関わらず固有の性質を持っていますよね?

仏陀の説く無常の法則は「心」だけじゃ御座いませんよ?
また「原子や分子」の世界は「人間が知覚する世界」の話ですけど?

>苦を超越した人も、必死に2ちゃんねるに書き込みするんですねえ。
>意外に俗物でありますな。

勝手に「苦を超越した」と決め付けてらっしゃいますね。
しかし何故「苦を超越」した人が「2ちゃんねるに書き込み」すると非難されるのか、意味が分かりません。

62 :神も仏も名無しさん:2013/06/26(水) 04:31:30.94 ID:0qSJTlA5
>>53
>では、オウム信者の「瞑想体験」が「輪廻経験」であるのか?と問えば、それは違います。
>真に輪廻を体験すると言うのは、確実に死に、確実に転生しなければなりません。

その宿命通や死生智では経験をする訳ですが。

>>54
>麻原彰晃が「信頼できる人か」を検証する場合、「信頼できない」となる。
>これに異論を挟む余地はないでしょう。

魔境君はウソつき太郎と同じく根拠も示さずに決め付けるばかりですね。

>では、麻原彰晃ではなく、仏陀が輪廻転生を説いていたのかと問えば、当時の「業による輪廻転生」を
>否定しなかったというといころまででしょう。
>では、誰が輪廻転生を説いていたのかと問えば、ヴェーダ哲学です。
>しかし仏陀は、ヴェーダ哲学における「真我による輪廻」は否定していました。

それは魔境君の誤読による誤謬見解ですね。
仏典では真我についてヴェーダ哲学のようには説かれていないだけです。

>では何が輪廻転生するのか?
>仏陀は無記であった、というのが仏陀を信頼する場合の結論です。

それは一部の経典でのみの話ですね。
相変わらず魔境君は誤読を元に持論を展開しているようです。

>ならばヴェーダ哲学を信頼するのか?
>であれば、仏教を否定することになります。
>真我による輪廻を肯定しなが、ら仏教を自称するオウム真理教は、自己矛盾であるのです。

上記の通り、誤読と間違った前提条件を元に自説を展開しているだけの魔境君は、仏典と矛盾を来している次第です。

63 :神も仏も名無しさん:2013/06/26(水) 04:32:09.34 ID:0qSJTlA5
>>49,>>55
魔境君は、既存の思想のつまみ食いがお好きですね。

64 :神も仏も名無しさん:2013/06/26(水) 04:38:45.99 ID:0qSJTlA5
>>56
ウソつき太郎弁護士はプライド魔境だから、自らの非を認めることが出来ずに意地になっているんだと思います。
スレ転載は、それをオウム事件被害者に見せて新たな「被害」を創り出してオウム叩きのネタにするためですね。
そんな出鱈目な事ばかりしているから、このスレッドでも発狂してケツを割る訳ですけど。
ウソつき太郎弁護士には早めに然るべき病院に行かれることを強くお勧めする次第です。

65 :神も仏も名無しさん:2013/06/26(水) 12:27:23.51 ID:NIP401RA
滝本です。こんにちは。
あのー、私は、遡って確認するに、11を書いて、その後は書きこんでないですょ。
通例は分かるものだと思うんだが。

勝手に誤解して勝手に怒らないでください。
「自家中毒」という言葉を知った方がいいと思います。

一般事件も多くしており、忙しさが重なれば書けなくなり
まあ、オウム絡みでも下記集会のことなどで実に忙しかったりしました。
ttp://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20130622/archive

またそのうち書き込みます。
オウム専従でもないから、ご容赦を。

66 :神も仏も名無しさん:2013/06/26(水) 12:37:11.29 ID:awrtobcj
不誠実なやつだ
嘘つきめ

67 :神も仏も名無しさん:2013/06/26(水) 20:44:49.59 ID:UZnyL1XH
今日も一点だけ。
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1368125249/778

>グルの力で上向していく弟子にとって」という条件下での法則、つまり相対的真理です。
>それはアレフ教団の見解であって、オウム真理教や教祖の見解では御座いません。
                       ━━━━━━━━━━━━

事実をありのままに見れば、麻原は絶対的帰依を説いております。

●ヴァジラヤーナコース● 教学システム教本(P.4〜P.20)
第一話(一九八八年八月五日富士山総本部)

>ここに自己の煩悩があると。
>わたしはこうしたい、ああしたいという煩悩があると。
>それに対して、グルは違うことを言っていると。
>その場合、もし煩悩を肯定したとしたならば、それは単純に煩悩を増大させた結果にしかならない。
>だから、このワークは無効であるということになるんだ。
>わかるか。
>だから、それがヴァジラヤーナに入った人の第一歩であると。
>そして、それを訓練し続けるうちにグルと似てくると。

>で、全く同じものの考え方、あるいは同じものの見方、これができたとき、もうすでにヴァジラヤーナの
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
>成就をしているといってよかろう。
 ━━━━━━━━━━━━━━
http://www.bekkoame.ne.jp/i/sinzinrui/kyogaku/4-20.htm

オウム真理教や教祖の見解は、凡夫・松本智津夫と全く同じ物の考え方が出来なければ成就であると
言っており、絶対的帰依を説いております。

68 :神も仏も名無しさん:2013/06/26(水) 20:45:21.35 ID:UZnyL1XH
●ヴァジラヤーナコース● 教学システム教本(P.21〜P.25)
第二話(一九八八年十月二日富士山総本部)

>金剛乗の教えというものは、もともとグルというものを絶対的な立場に置いて、そのグルに帰依をすると。
>そして、自己を空っぼにする努力をすると。
>その空っぼになった器に、グルの経験、あるいはグルのエネルギー、これをなみなみと満ち溢れさせると。

>つまり、グルのクローン化をすると。
 ━━━━━━━━━━━━━━━
>あるいは守護者のクローン化をすると。
>これがヴァジラヤーナだね。

http://www.bekkoame.ne.jp/i/sinzinrui/kyogaku/21-25.htm

オウム真理教や教祖の見解は、凡夫・松本智津夫のクローンと化すことを求めております。

69 :神も仏も名無しさん:2013/06/26(水) 20:45:53.00 ID:UZnyL1XH
●ヴァジラヤーナコース● 教学システム教本(P.26〜P.33)
第三話 (一九八九年四月七日 富士山総本部)

>この現象界における悪魔というのは存在すると思うかしないと思うか。
    ━━━━━━━━━
>−−当然存在するよね。
>なぜ存在するかというと、例えば、真理に対して圧力を加えてくる者と。
                      ━━━━━━━━━━━━━━
>で、その圧力を加えてくる者に対しては当然わたしたちは闘わなきやならないと。
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
>どうかなこれは。
>それとも、闘わないで、「あー、わかりました。じやあ、真理を捨てましょう」となるか?
>−−どちらかしかないんだね、これは。
>そして、オウム真理教が大きくなればなるほど、はっきりしたかたちでその状態が現われてくるだろう。
>あとは君たちが一生懸命修行をお積みになって、そして心を浄化なさって、早く成就なさって、
>真理を見極めていただくと。
>そして、そうなれば、わたしの言っている本当の意味合いっていうのが理解おできになるんじゃないかなと、
>わたしは思っています。

http://www.bekkoame.ne.jp/i/sinzinrui/kyogaku/26-33.htm

教祖の見解は、凡夫・松本智津夫が説く「真理」に圧力を加える(反対する)者と闘うか、
「真理」を捨てるかの二択です。

以上のように、オウム真理教は、麻原彰晃への絶対的帰依を繰り返し説いており、
麻原に逆らう者は敵であるとの見解を示します。

オウム信者さんの課題@
麻原への絶対的帰依と無常とが矛盾しないことの論証

を私は繰り返し求めます。

70 :神も仏も名無しさん:2013/06/27(木) 09:09:15.01 ID:UL1REZKt
そんなに元を虐めんでもいいだろ。
いつまでも元を過去に縛り付け、前進を阻んでは罪になるぞ。

71 :神も仏も名無しさん:2013/06/27(木) 20:50:27.07 ID:5/LDTsMp
虐めているわけでは無いですよ。

間違った見解ばかりが公開掲示板に書き込まれる場合、間違った見解を鵜呑みにして
オウム真理教に取り込まれる被害者が増え続けます。
ですから、「間違っているものは、間違っている」と示しておくことは大切なんです。

麻原への盲信から離脱させるために、麻原の教えの「良い部分」にスポットを当てて
心理誘導する方法はあると思いますが、それはリハビリのための方便ですので、
「方便は真実である」と声高らかに宣言されると、別の問題が生じてしまうのです。

72 :神も仏も名無しさん:2013/06/28(金) 02:29:16.07 ID:SC2luyXg
朱に交われば赤くなると云う。
「反対」しても、やっぱ染まるだろ。
ところで
 与党に反対すれば野党だが、野党に反対しても与党にはなれず、残念になる。

73 :神も仏も名無しさん:2013/06/28(金) 16:22:14.98 ID:qrJsqyHO
「おまえはずっと前に、「麻原はサイコパス(精神病質人格)だ」って言ってたよな? 
そのあたりは考えが変わった?」

「変わらないよ。むしろ、あらためてその思いを強めた。
あの番組の中で何度も麻原の肉声テープが出てきたろ? 
彼の声には抑揚が乏しいというのか、深い感情というものが感じられないところがある。
どこにも真情がないとでも言えばいいのか…。何で誰もヘンだと思わなかったのかな?」

「おまえは『人間は声を聞くだけでもかなりのことがわかるものだ』と言ってたからな。
だけど、彼はなかなかいい声の持主じゃないか?」

「それは僕も認めるけど、深みや人間味というのはそういうのとはまた別だよ。
正直な人の声にはそうした人柄が自然に出る。
サイコパスの特徴の一つは浅い感情しかもてないことだけど、彼の声にはそれがよく表われていると思う。
怒鳴り声ですら、何か異様に平板なんだよ。」

「サイコパスと宗教〜オウム事件をめぐる中年オヤジの電話対談」より抜粋

74 :神も仏も名無しさん:2013/06/28(金) 20:02:36.43 ID:C9VhNeBX
麻原はサイコパスだろ
サイコパスのwiki見たけどかなり特長一致してると思うよ

75 :神も仏も名無しさん:2013/06/28(金) 20:48:07.02 ID:1lpjd5bz
誰もそこは否定しないだろw

76 :神も仏も名無しさん:2013/06/28(金) 21:07:14.64 ID:OGxWDyOf
>>72
朱に交わったら全て朱くなるかといえば、そうではありません。
「反対」しても、染まるかどうかは分かりません。

朱に染まるかどうかは、結局は本人次第です。
与党を選ぶか、野党を選ぶかも、本人次第です。

染められるか、染められないか。
与党に与するか、野党に与するか。

それを正しく判断するには「事実」が必要であり、その事実を提供したうえで、何を選ぶのかは
個々に委ねられるのです。

故に「個の真理」は尊重されるのであり、それと等しく「他の個の真理」も尊重されるのです。

77 :神も仏も名無しさん:2013/06/29(土) 04:10:03.64 ID:xTdi8YRT
>>65
ウソつき太郎弁護士には、自らを恥じるという概念が無いようですね。
平気で悪業を積んだ後に平然と人前に出られる、その神経が理解出来ません。

>勝手に誤解して勝手に怒らないでください。
>「自家中毒」という言葉を知った方がいいと思います。

勝手に誤解されると困るので言っておきますが、それはいつも「新垣が〜」とか」「恩田が〜」と言っている決め付け君のことですね。
私は>>36です。

あと、ウソつき太郎弁護士も「勝手に誤解して勝手に怒ってこのスレにやって来ている人物」だと思いますよ。
だから自家中毒に陥り、嘘八百をついて誤魔化してらっしゃると。

78 :神も仏も名無しさん:2013/06/29(土) 04:14:25.51 ID:xTdi8YRT
>>67-69
魔境君はネットにupされている「●ヴァジラヤーナコース● 教学システム教本」のみが唯一のソースのようですね。
でもそうやって教義の一部分のみをつまみ上げて現世的価値観であれこれ評しても、全く無意味ですよ。
そういうのは教学の出来ていない魔境君らしいと言えば魔境君らしいとは言えますけど。
こういう点はウソつき太郎弁護士にも共通する要素ですけどね。

79 :神も仏も名無しさん:2013/06/29(土) 04:16:45.13 ID:xTdi8YRT
>>71
>間違った見解ばかりが公開掲示板に書き込まれる場合、

そりゃ、「釈迦は輪廻転生を説かなかった!(キリ!」と主張していた魔境君のことですよね?

ですから、「間違っているものは、間違っている」と示しておくことは大切なんです。

80 :神も仏も名無しさん:2013/06/29(土) 04:25:15.75 ID:5aM2ECka
データの入れ替えっていうけど、それって先入観をすり込む行為だからな。
そりゃ目くらになるわ。

81 :神も仏も名無しさん:2013/06/29(土) 06:56:06.82 ID:T+AwVGDT
今日も一点だけ
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1368125249/779

>>「一切は空であるというなら、その言葉もまた空である」
>それについては書いてある事そのままですので、論証不要です。

>>言葉による説明は必要と言ったのは、他ならぬ貴方自身です。

>その様な事は言っておりません。
>言葉で伝えられる事と、伝えられない事があると申したまでです。
>言い換えれば、言葉で伝えられる人と、伝えられない人がいるという事です。

この辺りの逃げ方は、ナーガールジュナを踏襲したものでしょうかね。

失礼ながら、ナーガールジュナもこの解題を示しておりませんから、
その態度に沿った回答と言えるでしょう。

しかしながら、言葉を必要としながら言葉による説明を避ける矛盾した態度は、
「真理」を語り得るものではありません。

こうした態度は、自己の見解を絶対視して引き篭もるだけの狭量なものであり、
「大乗」を称するには不適当と言えるでしょう。

82 :神も仏も名無しさん:2013/06/29(土) 06:56:57.67 ID:T+AwVGDT
仏陀の説く思想と大乗の思想が少々異なることに注意しておく必要があります。

ナーガールジュナは、原始仏典「カッチャーヤナ経」が「空」を説明するものとして
いますが、訳経を読む限りにおいて、物質固有の本質(自性)を否定するものとは
言えません。

同経典では正見について、

>この世間はおよそ二つのものに依っている。
>存在と非存在とである。
>カッチャーヤナよ、世間の生起をあるがままに、正しい智慧によって見る者には、
>世間に「非存在」はない。
>カッチャーヤナよ、世間の消滅をあるがままに、正しい智慧によって見る者には、
>世間に「存在」はない。
>(中略)
>カッチャーヤナよ、「すべては存在する」というこれば一つの極端である。
>「すべては存在しない」というこれは第二の極端である。
>カッチャーヤナよ、如来はこれら両者の極端に近づくことなく、中道によって法を教示する。
>諸行を縁として識がある。
>このようにして、この、ひとえに苦の集まりにすぎないものの生起がある。
>一方また、無明を残すところなく遠離し消滅することにより、諸行の消滅がある。
>諸行の消滅により、識の消滅がある。
>このようにして、この、ひとえに苦の集まりにすぎないものの消滅がある。

と説きます。

83 :神も仏も名無しさん:2013/06/29(土) 06:57:31.68 ID:T+AwVGDT
この経典をナーガールジュナのように「空」と解釈することも可能ですが、
この経典をありのままに読むならば、「全ての存在は変化する」ことを論ずる
のみであって、自性の有無を説明するものではないのです。

十大弟子マハーカッチャーナとは別の人物ですが、仏陀と同時代の六氏外道・
唯物論者パクダ・カッチャーヤナは、[地・水・火・風]の四大元素に加え、
人間の心の要素である[楽・苦・生命]を元素に自性があることを説きました。

彼は、元素相互が干渉することは無いと考えましたが現代においては、
元素(四大ではなく100を超える)は、固有の性質を有しながらも、
固有の性質により相互干渉することが明らかとなっています。

様々な物質の自性による相互干渉が万物を無限に変化させ、そのただ中にある
世間(人類の社会)が無変化である道理はなく、正しい智慧に基づいて観察
するならば、人のために作られた存在は、変化し違う存在になる(滅するとも
言えます)のであり、これを言葉で表現するなら、ある瞬間に存在するものは、
別の瞬間に存在しない(変化して別の存在になっている)、かき氷も時が経てば
溶けて水溶液になるが如しです。

誤った見方(無明)で観察するから、誤った判断で行動し、失敗し、苦を生む。
世間も人も変化し生滅するものであるという、正しい見方を持つことが必要と
ただ説いていることを、ありのままに読めば理解できます。

84 :神も仏も名無しさん:2013/06/29(土) 07:47:24.93 ID:5aM2ECka
「空」を別の言葉で言い換えてみたら分かりやすいんじゃないかな。
龍樹の空の思想は、釈尊の縁起思想を別の視点から言い換えたものだから、平たく言うと次のように言い換えることができるはずです。

「物事は縁起に依って(成立して)いる。
 それを表現する言葉もまた縁起に依って(成立して)いる。」

別の身近な例でも表現してみます。

「文字は記号である。
 「文字は記号である」という文字もまた記号である。」

85 :神も仏も名無しさん:2013/06/29(土) 08:58:46.95 ID:5aM2ECka
>>82
物質の性質に関してだけ中道の見方をしないのには、何か理由があるのでしょうか。

別の表現をすると、そのお経に「物質の性質(の自性)の存在」と「物質の性質(の自性)の非存在」を当てはめて読んでみることは出来ないのでしょうか。

問: ○○は有りますか?(常見)
答: 縁起に依って生じ、縁起に依って滅します(中道)
問: ○○は無いですか?(断見)
答: 縁起に依って生じ、縁起に依って滅します(中道)

○○=物質の性質(の自性と思われているもの)

86 :神も仏も名無しさん:2013/06/29(土) 09:53:35.28 ID:T+AwVGDT
>>85
>物質の性質に関してだけ中道の見方をしないのには、何か理由があるのでしょうか。

観点を変えた方がすっきりしますよ。

「心だけは永遠不滅であるべきだ」と考える特質が人間にはあり、これが無明と呼ばれるものです。
「心」を宇宙的規模から客観的に観察する場合、極小な存在にすぎないことを理解してみます。
これを逆から観れば、「心」以外の全てが「物質」であると理解できます。

すると、

「宇宙の全ては、個々の性質の相互作用により無限に変化している」(中道)
「心だけが例外と考える道理はない」(中道)

「心だけが永遠不滅である」と考えるのが常見である
「心など元から存在しない」と考えるのが断見である

「心だけが永遠不滅である」(常見)との考え(無明)から縁起するのが苦である

と理解できるはずです。

87 :神も仏も名無しさん:2013/06/29(土) 10:05:25.14 ID:5aM2ECka
>>86
確認ですが、>>82-83を読んで
「心に自性はないが、物質には自性がある」というお立場だと理解したのですが、間違いありませんか?

88 :神も仏も名無しさん:2013/06/29(土) 10:11:38.93 ID:T+AwVGDT
>>87
心に自性が有るか無いかは、解らないというのが私の立場です。

心が物質の相互作用のみで構成されているなら、自性は無いと言えます。
心に物質の相互作用以外の要素があるのなら、自性があるかもしれません。

心に自性があるのなら、輪廻転生するかもしれないし、真我があるのかもしれませんね。


物質についても、粗大なもの(例えば、「パソコン」とか「机」とか)には自性が無いと言えます。
「パソコン」を構成する諸々の元素には、自性があると考えられます。

89 :神も仏も名無しさん:2013/06/29(土) 10:17:50.03 ID:q/fyxfIN
キリスト教のかみは
産めよ増えよ地に満ちよ
つってんのに
ここの人たちは増えようとしない
だからだめなんだよ

90 :神も仏も名無しさん:2013/06/29(土) 10:20:00.98 ID:5aM2ECka
>>88
まさに龍樹と対立した説一切有部の立場ですな。
わたしは無自性空=縁起。心にも物質にも自性なしという立場ですので、上記発言もその前提においてのものです。

91 :神も仏も名無しさん:2013/06/29(土) 10:42:18.53 ID:T+AwVGDT
もともと原始仏典の縁起は、因・縁・果による万物の無限の変化を説いたものです。
苦もまた縁起に則り、無明から生起するということでした。

しかし、ナーガールジュナにおいては、縁起の法則に関する包括関係が逆転しています。
縁起するもの全てが苦の原因であると考え、縁起するもの全ての自性を否定してしまいました。
人間の「心」を過大視した結果、こうした解釈に至ったものと思われます。

しかしこの見解もまた、無明から生起した誤謬見解であると言えるでしょう。

まあ、人間の「心」を苦から解放するのが宗教ですから、ナーガールジュナの考えで
苦から解放されるなら、宗教としては問題ないのですが。

しかし、「ありのままを観察する」仏陀の教説を受け継ぐと自称するなら、ナーガールジュナは
矛盾していると言えるでしょう。

92 :神も仏も名無しさん:2013/06/29(土) 10:53:37.04 ID:5aM2ECka
説としては理解できるのですが、現実問題として、現在その立場を取る部派は現存していませんよね?
失礼ながら、今時非常に珍しいと思うんですよ。
自性を主張する仏教徒って。
どこかにそういう宗派とか書物が残ってるんですか?

先ほどいわれた六師外道の賢者の言説とかかな。
それはそれでやはり疑問が残りますが。

93 :神も仏も名無しさん:2013/06/29(土) 11:03:32.88 ID:T+AwVGDT
日本は大乗仏教が主流ですから、日本で仏教の学問をする場合、ナーガールジュナを正面から
否定するのって、世間的に難しいですよね。

私も一応、日本の伝統仏教の末端にはおりますが、学問で生計を立てている訳では無いので。
正面からナーガールジュナを否定しても、何ら困ることはありません。
だから珍しい論理でも何でも、自由に構築することができます。

科学的な見解を踏まえながら仏典を読めば、自性も肯定できるし、自性を肯定しても原始仏典と
矛盾しないことも、素直に受け入れられるというわけです。

94 :神も仏も名無しさん:2013/06/29(土) 11:15:12.03 ID:5aM2ECka
>>91
それだと、初期仏教の縁起思想は、一般の諸現象を包摂できるほど一般化できるものではなかった、ということになりますよね。
いや、別にそれならそれで構わんのですが、そういう理解で合ってますか?

95 :神も仏も名無しさん:2013/06/29(土) 11:26:07.75 ID:TQy0cvXL
完璧だから問題なんだろ

96 :神も仏も名無しさん:2013/06/29(土) 11:27:47.66 ID:T+AwVGDT
>>94
初期仏教の思想が私の思想と一致しているかは知りませんが。
私の思想では、一般の諸現象を包括できますよ?

@一般の諸現象は、諸物質固有の性質に基づく相互作用により縁起している
A一般の諸現象は、人間の都合で縁起してくれる訳ではない
Bところが人間の「心」は、我見を絶対視し、我見に都合の良い縁起のみを求める
C一般の諸現象における縁起と、我執が求める縁起とが対立し苦が生じる

97 :神も仏も名無しさん:2013/06/29(土) 11:33:32.46 ID:T+AwVGDT
追記
>>96のBが無明で、C無明から苦が縁起する十二支縁起の過程と考えて下さい

98 :神も仏も名無しさん:2013/06/29(土) 11:43:38.53 ID:T+AwVGDT
具体例
@毎日の天気は、大気の相互作用で決定される
A毎日の天気は、私の都合で決まってくれるわけではない
Bしかし、私は明日、野球観戦に行きたい。チケットも買ったし雨だと困るんです
Cでも雨だった。こればかりはどうしようもありません

99 :神も仏も名無しさん:2013/06/29(土) 11:47:19.76 ID:5aM2ECka
うん。
説一切有部ですな。

100 :神も仏も名無しさん:2013/06/29(土) 21:24:39.01 ID:sF/YoO8/
上祐と田原の対談は興味深いな

田原総一朗 2011.05.06放送 「なぜ日本は大東亜戦争を戦ったのか」
http://www.youtube.com/watch?feature=fvwp&NR=1&v=ham6tEWRGhQ

101 :神も仏も名無しさん:2013/06/29(土) 21:26:41.75 ID:xTZaopv4
積極的にマスコミ露出する上祐と引き篭もりみたいに必要最低限以外はマスコミ露出しなくなった荒木
対照的だね

102 :神も仏も名無しさん:2013/06/30(日) 09:19:27.37 ID:NMvDSNA0
サイコパスはああやって出てくるのが好きなんだよ 特徴書いておこうか

 ◆口達者で皮相的  ◆共感能力の欠如  ◆葛藤する事がない ◆自己中心的で傲慢  ◆ずるく、ごまかしがうまい

 ◆感情が浅い、情緒的深みが欠落している ◆嘘がばれる事を往々にして何とも思っていない ◆自分の態度、行動の責任を無視するか常に言い訳する
 

103 :神も仏も名無しさん:2013/06/30(日) 09:21:34.39 ID:NMvDSNA0
 ◆自分の行動や言動を正当化する能力にたけている ◆人に苦しみを与えた事に無関心で、独りよがりの満足感を持っている ◆くよくよする事がない

 ◆被害者に対して悔悟の念をもたない ◆周囲のあらゆる人間は、自分が快適な生活を送る便利な道具にすぎない ◆他者の苦しみや痛みを全く意に介さない etc

104 :神も仏も名無しさん:2013/06/30(日) 12:30:02.35 ID:ZghpvAF0
今日も一点だけ。

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1368125249/779
>>オウム信者さんの課題A
>>「一切は無常である」ならば、その言葉もまた無常である」との指摘に対する解題
>>詭弁ではなく、大乗仏教の本質的課題がここにあるはずです。

>単なる詭弁ですね。
>体験によって大乗仏教の世界観宇宙観を理解するなら、何が無常で何が無常でないかは
>自ずと理解出来る物です。

不勉強で無智な自分を誤魔化すための詭弁ですね。

大乗仏教における瑜伽行の実践方法や境地については、古来から文献で示されておりますが、
その瞑想法も不変ではなく、時代に応じて変遷しています。

「大乗仏教の世界観宇宙観」などと、一言で纏められるものではないのです。

オウム真理教が大乗仏教を自認する場合においても、そこには、オウム真理教の世界観宇宙観
があるのであり、オウム真理教の世界観宇宙観=大乗の世界観宇宙観の全てを代弁できるもの
ではないのです。

105 :神も仏も名無しさん:2013/06/30(日) 15:04:16.31 ID:OJY/3dW0
滝本先生、こちらのスレはご覧になっていますか?  

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1356017065/
オウム・アーレフ・光の輪を公正に批判するスレ2

106 :神も仏も名無しさん:2013/06/30(日) 20:18:30.93 ID:syhvVkoo
うわっ、どなたか分かりませんが、2チャンネルで先生呼ばわりは止して下さいませ
「先生と言われるほどの馬鹿でなし」でいたいので。

そのサイトも時々見ています。下記の西村さんリンク集から見ているものですから、
ttp://www015.upp.so-net.ne.jp/sinzinrui/
近時、実のある話がまあされてはいますね。

で、1997.4.24麻原さん陳述の、17件陳述の後の陳述です。
ttp://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/10-7.html

(17番目の事件の説明をすべて終えた後で……)
(麻原)……これに関して、検察庁は2か月であるとし、花園陽一特別陪審員だけは無罪
を主張しましたが、1996年12月23日に釈放を決め、釈放命令が出ています。
これは高弟である吉岡君が受け取り、日本のマスコミはすでに報道していたはずなのです
が、日本がなくなってしまって残念です。
 このような話を本日、エンタープライズのような原子力艦空母の上で行なうのは、
うれしいというか悲しいというか、複雑な気分であります。
(場内、笑い)
(麻原)今、裁判長であられる方、質問があれば受け付けます。どうぞ。
 2ヶ月であれ、1年であれ、釈放されているのです。刑事拘留は算入されることに
なっていますから、半年から1年オーバーしているわけです。ティローパの声が聞こえた
が、ティローパは殺人はしていないんだよ。ティローパ正悟師も判決は2年ですから、
釈放になっているはずです。
 釈放であるというのは……
(裁判長、制止しようとして声をかける)
(裁判長)ちょっと、聞きなさい。11事件について、あなた先ほど何度かナガハマ、
ナガハマって言ってましたけど、これは浜口事件の間違いですよね。他のと見比べても
該当するのは、浜口しかない……。
(No.11.浜口忠仁さんVX殺害事件について麻原は長浜と言っていた)
(麻原)ん?浜口。浜口? いえ、これはナガハマ事件だと記憶しています。長浜だと
思ってるんですが。ナガハマラーメンなどというのは聞いていません。長浜だと私は
記憶しています。

107 :神も仏も名無しさん:2013/06/30(日) 20:19:29.30 ID:syhvVkoo
(弁護人)ちょっと聞きたいんですが、今の話では、もうすでに検察は無罪、裁判所も
無罪を出している、そしてある裁判では間違った、と?
(麻原)私が言っているのは無罪ということではなく、傷害事件の1年は、裁判所は
1年の刑事勾留はすでに過ぎており、1996年12月23日に釈放と言っているのです。
花園陽一裁判長が――Youichi Hanazono ...That time after...
(弁護人)じゃあ、あなたの裁判は一体どうなったんですかっ!(怒)
(麻原)もう第3次世界大戦は終わってますから、第3次世界大戦はすでに始まってお
り、日本はもうありませんから、自由であり、本当は子供たちと一緒に生活できるんだよ。
 ですから、昨日も坂本堤さんのお母さんと、都子さんのお母さんと話しまして、
「もう日本はなくなっていて住むことができないから、ここで生活しないといけない」
ということを話したわけです。
(弁護人)釈放されているのなら、この法廷は何なの?
(麻原)遊びだよ。遊び。
(弁護人)あなたは先ほどから、1996年12月23日ばかり言っていますが、いったい今日は
何月何日だと思っているのですか。
(麻原)今日は1997年1月5日か6日であると考えているわけです、私は。皆さん、
どうですか、オウム真理教の麻原彰晃が言っているわけですが。
(弁護人)そうじゃないでしょう。違いますよ。今日は1997年4月24日ですよ。
(麻原)みなさん、違いませんよね。4月24日というのは、なぜそういうかと言うと、
それまでに彼らが殺害しようとしているから、殺害計画にはめられているんだよ。
(弁護人)先ほどあなたはエンタープライズにいるって言いましたがここは法廷ですよ。
(麻原)だから、エンタープライズの「ようなもの」って言ったでしょ。"Like Enterprise".
(弁護人)あなたはなぜ釈放されたのか。
(麻原)1年と2か月は逮捕されて、あなた方と離れてから経ってるよね。つまり、
0.7か0.8かけで計算するわけだよ。……0.6かけとか0.7かけするんだよ。つまり、
算入されているんだよ。マハー・カッサパもその計算で釈放されたはずだ。
17の事件のうち、16事件は、有罪ではなく無罪なんだよ。

108 :神も仏も名無しさん:2013/06/30(日) 20:25:16.93 ID:syhvVkoo
(弁護人)英語を交えて発言してきたけれども、今日は誰に対して話してきたの?
(麻原)I said to my friendly companion, Russian People, U.S. government
supporters, Pentagon leaders, and I said to Bokka Limpoche, Khamtul Limpoche,
Professor Shin'ichi Nakazawa ...
(訳:私の親しい仲間、ロシア人、合衆国政府支援者たち、米国防総省の指導者たち、
そしてボッカ・リンポチェ、カムトゥル・リンポチェ、中沢新一教授に……)
(弁護人)聞き手は誰なんですか?
(麻原)May be all of the world ... very high stage people and very little people,
I think so.
(訳:多分世界中の人々に……非常に高いステージの人々と、非常に小さな人々に、と思います)
(弁護人)ここが法廷だとわかってるの? あなた、本当はわかってるんでしょ。
(麻原)エンタープライズで裁判があるわけないだろ。12月23日に釈放されてるんだから。
(右斜め下を見ながら微笑んで)Please say real thing, ドゥルガー、美和ちゃん
(=長女)。カーリー(=次女)、こんなのは遊びだよ。なあ、アーチャリー(=三女)、
わかった? 裁判は12月23日に終わってるんだ。わたしは12月23日に釈放されてるんだ。
(弁護人)じゃあ、やめますよ。またあとで話しましょう。
(麻原)My daughters says to me, but I think ...
(弁護人)日本語でしゃべりなさいよ。
(麻原)つまり、……いやいや、I feel very dangerous ... 2人はまじめだったんだよ
ね、変だけど。
(麻原、被告人席へ戻される)
(弁護人)ちょっと早いですが、ここで休憩にしてもらいたい……。
(裁判長)では、30分ほど休憩を……

109 :神も仏も名無しさん:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:Vym5Xm4f
>>81
>しかしながら、言葉を必要としながら言葉による説明を避ける矛盾した態度は、
>「真理」を語り得るものではありません。
>こうした態度は、自己の見解を絶対視して引き篭もるだけの狭量なものであり、
>「大乗」を称するには不適当と言えるでしょう。

何度も同じ説明をしても、魔境君は思い込みが強過ぎて理解出来ないようですね。
魔境君のこういう所は、まるっきりウソつき太郎弁護士ですな。

「言葉を必要としている」のは魔境君であり、私では御座いません。
しかし魔境君は表向きは言葉を必要としながらも、実際には言葉による説明を拒絶し、
自分の頭で考えた間違った観念に執着し続けるという矛盾した態度を取っており、
「真理」を語り得る状態ではありません。
こうした魔境君の態度は、自己の見解を絶対視して引き篭もるだけの狭量なものであり、
魔境君が「大乗」を評するのは不適当と言えるでしょう。

110 :神も仏も名無しさん:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:gFfcwNQy
オウム教団施設立ち入り検査をフジテレビが独自取材しました。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00249045.html

111 :神も仏も名無しさん:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:yz1Xi4rJ
服装や住居に滲み出るオウムっぽさは、20年前とちっとも変わってないなw

112 :神も仏も名無しさん:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:l+8i9Gme
本日も一点だけ。
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1368125249/780

>>オウムでは、大乗・ヨーガ・密教を混合してもなお無矛盾なのでしょう?
>>ならば指摘されても問題は生じないはずですが。

>オウムの話じゃなくて、魔境君が引き合いに出した大乗仏教論お話しをしております。
>この辺の混同は、魔境君の意識の中の混沌した様子が窺えて興味深いですな。
>おそらく何でもかんでもオウム見える病気なのでしょうね。

何度も指摘していますが、小乗、大乗、密教は、それぞれ矛盾する教義を説いています。
オウム真理教は、大乗を説いていたと言いますが、それは嘘です。

オウム真理教は、大乗の一部を引用したに過ぎません。

麻原が特に悪用したのは、大乗では、救済の為、あえて悪業を受けるという部分ですね。
これを大乗から部分的に引用し、タントラからは、殺人を正当化する秘密集会タントラの
教義を引用し、救済のための殺人を正当化したのが麻原教です。

大乗仏教では、救済のための殺人は正当化されません。

これを是とするのは、三乗の都合の良い部分を切り張りした麻原教独自の教義、すなわち
オウム真理教なのです。

113 :神も仏も名無しさん:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:l+8i9Gme
なお、チベット密教においても、ツォカンパがタントラと大乗仏教である中観帰謬論証派とを融合させる
にあたり、秘密集会タントラの殺人行為は観想をもって行うよう教理を整備しております。

したがって、殺人肯定のオウム真理教は、大乗仏教でもチベット仏教でもないのです。
オウム真理教がどの宗派かと問うならば、「外道」というのが適切な表現でしょう。

114 :神も仏も名無しさん:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:l+8i9Gme
オウム真理教の真実が「外道」であることは、年表からも理解できます。

1984年(教団発足) オウム神仙の会を設立
1987年(発足3年)  宗教法人オウム真理教設立
1988年(発足4年)  在家信者死亡事件
1989年(発足5年)  男性信者殺害事件、弁護士一家殺害事件
1993年(発足9年)  サリンプラント建設事件
1994年(発足10年) 松本サリン事件
1995年(発足11年) 地下鉄サリン事件

「麻原の教えにも良い部分があった」と言う人もいます。

しかし年表にあるように、オウム真理教の歴史の大部分が、殺人で染め上げられていることを
ありのままに観察すれば、麻原彰晃という人間の真実が何であったのかが、明確に理解できる
はずです。

115 :神も仏も名無しさん:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:zgUb2erm
>>112
>何度も指摘していますが、小乗、大乗、密教は、それぞれ矛盾する教義を説いています。
>オウム真理教は、大乗を説いていたと言いますが、それは嘘です。

魔境君のように各派の枝葉の教説を取り上げて論じるなら、確かにその様な誤謬見解に陥るでしょうね。

>オウム真理教は、大乗の一部を引用したに過ぎません。

魔境君の教説も(既に自分自身で認めている通り)、大乗仏教の一部を利用しているだけですけどね。

>麻原が特に悪用したのは、大乗では、救済の為、あえて悪業を受けるという部分ですね。
>これを大乗から部分的に引用し、タントラからは、殺人を正当化する秘密集会タントラの
>教義を引用し、救済のための殺人を正当化したのが麻原教です。

「救済のための殺人を正当化」しているのは密教も同じですけどね。

>大乗仏教では、救済のための殺人は正当化されません。

そんな事は当たり前でしょ。

>これを是とするのは、三乗の都合の良い部分を切り張りした麻原教独自の教義、すなわち
>オウム真理教なのです。

魔境君は、そもそも惨状それぞれの関連性についてまるで理解出来ていない訳ですけど。
なんでそんな状態で批判したつもりになれるのか、非常に不思議です。
滝本太郎先生と同じく、知的レベルに於いて裸の王様状態なんだと思いますが。

116 :神も仏も名無しさん:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:zgUb2erm
>>113
>なお、チベット密教においても、ツォカンパがタントラと大乗仏教である中観帰謬論証派とを融合させる
>にあたり、秘密集会タントラの殺人行為は観想をもって行うよう教理を整備しております。

それはいつの話?

>>114
魔境君の根拠は、本当にそれだけなんですねw
ウソつき太郎先生と同じ「底の浅さ」を感じます。

117 :神も仏も名無しさん:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:fgezqWj4
>>116
>>>114
>魔境君の根拠は、本当にそれだけなんですねw
>ウソつき太郎先生と同じ「底の浅さ」を感じます。

ほらまたメッキが剥がれた。
殺生戒を軽視するのが麻原教の真実です。

118 :神も仏も名無しさん:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:fgezqWj4
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1368125249/780

>例えばダルドリー等でも客観的に検証可能ですが?
>修行が進めば相手の意識やエネルギーを見て感じる事が出来ます。
>魔境君が相手の意識やエネルギーを見て感じる事が出来ないのは、単に論外だというだけです。

ダルドリーって、肉体使ってピョンピョンしてるだけですけど。
あれが超能力なら、高跳び選手の方がよっぽど超能力ですわ。

ダルドリーで実証できるのは、肉体を使って必死にピョンピョンしてる事実だけです。
論外というなら、ダルドリーの方が余程論外ですよ。

あほらし。
エネルギーとか語るのは、15秒くらいホバーリングしてからですね。

119 :神も仏も名無しさん:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN ID:VT+OhCfC
https://twitter.com/joyu_fumihiro/status/352339401747083265
>アレフの串刺し問題のテレビ番組で、某弁護士の方が、
>ひかりの輪の出家信者が親と疎遠の問題があると発言されたそうですが、
>実際は親への感謝を深める内観法を広め、実際の交流を促進しています。
これ、滝本弁護士の事ですかね?

120 :神も仏も名無しさん:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:37PhQ6qY
だったら上祐さんが、まず自分が家族にサシで会わないとね この人矛盾だらけだよ 本当に心ない感じ
「17年目の告白」 だって別に家族に準備稿送って、「こういう事書きます」と了承得たわけじゃない 一方的
何でも自分勝手、欲望のままににふるまって、全く見苦しい男だよね

121 :神も仏も名無しさん:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:diml06N/
心ないってのは同感
冷たい感じだよね

122 :神も仏も名無しさん:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:diml06N/
麻原も上祐もサイコパス

123 :神も仏も名無しさん:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:O0J1r+i2
汚部屋魔境

124 : ◆brJY.mr26k :2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:xAt5qWw8
やっと前スレ終了。
本日も一点を指摘しておきます。

>>10
>その学長は学者ですか?
>もしそうなら、僧侶が学者を兼任している例も有る、というだけですね。

日本の仏教系大学は、宗門の智慧の象徴です。
龍谷大学であれば、浄土真宗本願寺派の智慧のレベルを示す存在ですね。

龍谷大学の方向性はマンモス化ですけど、本質は宗門の教義にありますし、
仏教学科の教授陣は大多数が宗門生え抜きですよ。


今日から鳥を付けてみました。
某弁護士先生と混同されるのもイチイチ面倒なんで。

125 :神も仏も名無しさん:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:BeVpAnmt
>>124
次回は禅定のお話を聞かせてください。

126 :神も仏も名無しさん:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:CuOrN+cr
>>117
>ほらまたメッキが剥がれた。
>殺生戒を軽視するのが麻原教の真実です。

戒律は手段であって目的じゃありませんからね。
だから密教では顕教の基本的な戒律を超越した教えが存在するのです。
そして仏教や密教の目的を知らない魔境君にはそれが理解出来ないと。

>>118
この辺りの魔境君の認識はウソつき太郎先生そのままですね。
如何にも「実践して体験しようとは一切せず、現世煩悩に染まったイメージ・意思・識別による思い込みで判断している人」だと思います。

127 :神も仏も名無しさん:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:CuOrN+cr
>>124
>日本の仏教系大学は、宗門の智慧の象徴です。
>龍谷大学であれば、浄土真宗本願寺派の智慧のレベルを示す存在ですね。
>龍谷大学の方向性はマンモス化ですけど、本質は宗門の教義にありますし、
>仏教学科の教授陣は大多数が宗門生え抜きですよ。

という事は、日本の仏教大学で教えている教説はその宗門の教えを超克する物では無い訳ですね。
そして故中村元先生などの宗門に属さない仏教学者達の存在を魔境君は想定していないと。

>>125
「ボクがかんがえた、ぜんじょう」なら、勘弁して貰いたいですね。

128 : ◆brJY.mr26k :2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:Cszq48Of
>>126
>戒律は手段であって目的じゃありませんからね。

またまたメッキが剥がれた。
殺生したら地獄に落ちるという真理は、麻原教で教えてるじゃありませんか。

>だから密教では顕教の基本的な戒律を超越した教えが存在するのです。

なら最初から「殺人OK」と言えば良いじゃないですか。
何を矛盾したことを説いているのかと。

殺人肯定カルト集団は、こんな簡単な自己矛盾にも気づかず、正当化に必死ですね。
無智の極みです。

ちなみに密教は非仏説であり、「基本的戒律を超越した教え」はもともと「ぼくのかんがえたしんり」です。
当然、松本智津夫君の教えも「ぼくのかんがえたしんり」です。

仏説が説く解脱プロセスに不殺生は必須であり、これを軽視して仏陀と同じ境地は得られません。
非仏説が仏説を騙るのは、仏陀の名前を利用した悪行ですわ。

129 : ◆brJY.mr26k :2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:Cszq48Of
>>17のとおり、密教においてさえ、智津夫君の誤りが指摘されておりますから
智津夫君の殺人行為を正当化する余地なんぞ_も存在しません。

本当に愚かですね。

130 : ◆brJY.mr26k :2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:Cszq48Of
>>126
愚かな麻原教徒は、すぐに論証に窮する。
そして、

>>>118
>この辺りの魔境君の認識はウソつき太郎先生そのままですね。
>如何にも「実践して体験しようとは一切せず、現世煩悩に染まったイメージ・意思・識別による
>思い込みで判断している人」だと思います。

などと悪口を吐くのがせいぜいです。
こんなレスをしたところで、無智を晒すばかりだと未だに気付かない。

131 :神も仏も名無しさん:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:OzuluSB+
35 :名無しさん@涙目です。(住吉大社):2012/01/03(火)  NY:AN:NY.AN ID:eD1xKX/00

>元信者が書いてたが、上祐も竹刀で信者を半殺しになるまで殴ったりしてたらしいな。

 ↑ これ ガチだよね ほんとに弱い立場の相手には態度でかいよな 卑怯者
   こいつのオカマ的風貌にだまされてる奴は見る目なさすぎ 有田よお前もだ

132 :神も仏も名無しさん:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:ixV0v7so
ひかりの輪は上祐がヨボヨボ老人になったら終わるだろうね
マスコミも上祐がいない団体なんて相手にしなくなるよ
マスコミは利益目当てで上祐使ってるだけだから
上祐が消えたらひかりの輪ってどうなるんだろうね

133 :神も仏も名無しさん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:X9T+Zuo+
>>132
バカな現役
年取ったら終わるのは
クンダリニーヨーガを中心にしてるアレフの方だ
成就者出せないアレフに存在価値など微塵もなかろうが

134 :神も仏も名無しさん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:WH9UOTiE
上祐さん亡き後のひかりの輪はどうなるのか?
マスコミは誰も相手にしなくなる。
オウム事件当時を知らない人を代表に指名して説法させたって
マスコミや人は寄って来ない。
ひかりの輪は上祐さんの知名度のおかげでマスコミや
人が寄ってきてるようなもの。
上祐さんは良くも悪くも客寄せパンダ的な存在

135 :神も仏も名無しさん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:7LNjltiW
蜃気楼の輪みたいなもんだ。
ええ広末よ依存中毒女性達よ。もう少しおとなしく寡黙
に修行出来ないのか。

グル批判の悪業の黒い雲が心を覆ってその
反動でマスコミオチャラケで誤魔化しているようだが。
よく熟考せよ。

136 :神も仏も名無しさん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:7LNjltiW
外部監査委員会・ひかりの輪役員会の合同会議に
滝本先生もスポットでお招き願え、意見を聞きなさい。

それともパフォ−マンスか団体規正法を外すかね。いくら役者
演技しても国民の目は冷静だ。

137 : ◆brJY.mr26k :2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:NWSS1eBo
今日も一点だけ

>>61
>修行も実践もしなければ教えの正しさを自ら検証出来ませんから、そもそもお話しになりません。
>魔境君のように修行していなければ優れていると思うのは、単なる無智による傲慢さですね。

誰も「修行していなければ優れている」なんて一言も言ってませんけど・・・またまた妄言ですね。


仏陀の教えの本質は「観」であって、神秘体験のごときオナニーではありません。

この世の現象をありのあま観察し、観察した事実から苦を滅尽する方法について
結論を見出し、実践するのが正しい修行の在り方です。

観察を疎かにし、「智津夫君のかんがえたしんり」を鵜呑みにするから、自己矛盾に陥り、
論証にも窮するのです。

間違った観察に基づいていくら修行や実践をすれば、苦を増すばかりであって、誰ひとり
救われることはありません。

138 : ◆brJY.mr26k :2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:NWSS1eBo
>>137を訂正
いくら修行や実践をすれば ×
いくら修行や実践をしても ○

139 : ◆brJY.mr26k :2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:NWSS1eBo
「智津夫君のかんがえたしんり」によれば、麻原教の信徒さん以外は三悪趣です。
麻原教の信徒さんは、最盛期でも1万人程度です。

このうち解脱できたとされるのは、何人おりますか?
「最終解脱者」の智津夫君すら師匠から駄目だしされており、解脱者は誰ひとりいません。

さらに、人殺しに直接加担した信徒さんは何人いますか?
「智津夫君のかんがえたしんり」によれば、彼らは地獄行きですね。

智津夫君の命令で殺された方々は、どうなりますか?
師匠に駄目だしされた智津夫君にポワする能力などありませんので、「智津夫君のかんがえた
しんり」によれば、救われることはありませんね。

論理的に観察する場合、智津夫君の仲間は苦を増やしただけで、一人も救済できてません。

140 :神も仏も名無しさん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:wIMlNADz
横レスだけど、修行によって、エネルギーのプロセスでも、悟りのプロセスでも、
苦から解放される瞬間というのは多くの人が体験していることだよ。

141 : ◆brJY.mr26k :2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:NWSS1eBo
平凡に生きている人間でさえも、苦から解放される瞬間なんてものは、
普通に体験していることですね。

142 :神も仏も名無しさん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:KKVtrgWv
>>135

麻原は社会で、何度も挫折しても努力してたよね 家族も養ってたんだろうし ルサンチマンがあるのはどう考えても上祐。
上祐は、親に大学院まで出してもらって(いくらかかると思ってるんだか…)、就職して数日で挫折 →今も社会を恨んでいる

気は狂っててもバカではないから、自分の歪んだ自尊心を満たしながら、楽に生きていく方法は… →宗教 と理解した
それで今も生活してる さらには事件を利用して。 被害者遺族やハメられた人達、そして上祐の家族とか周辺の人達も本当にかわいそうだと思う

143 :神も仏も名無しさん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:wIMlNADz
>>141
苦から解放される瞬間ということだけで見れば、いろんな方法があるのは当然だよね。
で、肝心なのはそれを積み上げていくことができるかどうか。
それだって、普通に生きている人間にもあるというのだろうけど、
オウムにかかわった人間にとっては、それが教えの中にあったということ。
そう言うと、また極論的に人殺しの教えのクセにと言いそうだけど、
多くの人は、そこは受け入れてないし、封印している人も多い。
それでも十分に修行は続けられるし結果が出るから、教団はなくならないんだと思うよ。

144 : ◆brJY.mr26k :2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:NWSS1eBo
仏陀が説いたのは、苦の因を避けたり防いだりシンプルで合理的なものです。

オウム真理教は、その逆ですね。
苦行によって苦を感じない幅を広げれば、苦が滅すると考えています。
これは仏陀が完全否定したものなんですけどね。

苦行によって自分を追い込めば、解放時に非常に楽を得られます。
しかし苦行は苦しいから苦行なんであって、現実として苦を受け続けているわけです。

解放時の楽を味わうために行っているのが、オウム真理教の修行と言えるでしょう。
これは、仏陀の教えではありませんね。

145 :神も仏も名無しさん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:fq0EVNfI
仏陀の教えではなく、智津夫君のかんがえた教え。

146 : ◆brJY.mr26k :2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:NWSS1eBo
とは言え、仏陀の教えが唯一の真理であると、私は主張しません。
仏陀の教えもまた「ゴータマの考えた真理」の範疇を出ないものと、私は考えるからです。

仏陀自身も、自分の考えが全てであるとは、全く考えていませんでしたしね。


開放時の楽を味わいたいなら、別に味わっても構わんでしょうし、
それは、個々が考える真理に応じてやればいいのです。

私が指摘する矛盾は、仏陀の教えを騙るオウム真理教の詐欺行為であったり、
「智津夫君の考えた真理」を強要した事実ですから。

147 :神も仏も名無しさん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:wIMlNADz
>仏陀が説いたのは、苦の因を避けたり防いだりシンプルで合理的なものです。

だから、それが誤読と言われる由縁で。
ま、また同じことの繰り返しになるからそこは省略するけど、一点だけ。

>苦行によって自分を追い込めば、解放時に非常に楽を得られます。

オウムで言っているのは、解放時に楽を得られるのではなく、
その苦しみの状態に没入していても、それを苦と感じなくなる状態を目指しています。
今まで苦しみと感じていたことが苦しみでなくなるといった状態ですね。

148 : ◆brJY.mr26k :2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:NWSS1eBo
>>147
誤読ではありませんがねえ。
何の本に対する誤読なのか、教えてもらえれば助かりますが。

仏陀自身は、苦しみの状態に没入したら、苦と感じなくなる状態など得られなかったと
明言しておりますから、それはきっと、別の教えでしょうね。

149 :神も仏も名無しさん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:wIMlNADz
>仏陀自身は、苦しみの状態に没入したら、苦と感じなくなる状態など得られなかったと
>明言しておりますから、それはきっと、別の教えでしょうね。

それを多くの人が体験していると言っているのですよ。

150 : ◆brJY.mr26k :2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:NWSS1eBo
一時的に苦が解放される作用がどういうものかを観察してみると良いですね。

例えば、ランナーズ・ハイという「苦が滅する」原因物質として
エンドルフィンという脳内物質の働きがあります。

人間の肉体は、苦が継続する場合にこれを緩和抑制する作用を持っているわけですが、
脳内物質の分泌バランスが崩れると、長期的には良くありませんのでご注意ください。

LSDでの神秘体験も脳内麻薬で代用できると、逆接した方が解りやすいでしょうか。

オウム真理教の修行は、睡眠剥奪や高ストレス下による心身の変調が土台なので
お薦めしません。

151 :神も仏も名無しさん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:wIMlNADz
苦しみからの解放は一時的なものではないですよ。

152 : ◆brJY.mr26k :2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:NWSS1eBo
>>151
では具体的にお聞きします。

貴方は何に苦しんでおり、何の苦しみから解放されましたか?

153 :神も仏も名無しさん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:wIMlNADz
>>152
苦しみから解放されたことはたくさんあったけど、
申し訳ないですが、ここでは個人的なことは書きたくありません。
そういう個人の体験は、どなたか直接に会った時にお聞きください。

154 : ◆brJY.mr26k :2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:NWSS1eBo
何でも書けるtのが、匿名掲示板の良い所なんですけどねー

オウム真理教じゃなくとも、苦から解放できる場所はありますが、そこにしか
辿り付かなかった人は、やはり麻原の網に絡め取られてしまうのでしょう。

オウムでは、心理的操作とか一時的な体験をセットにして、苦からの解放を体験させる
ことができると私も思います。

しかし、これはオウムでなくとも理論的にできるものであるのに、オウムでは、
教義と無関係な解放作用を、教義と結びつけて絶対視させることに問題があります。

これを防ぐには、精神的なケアが受けられる場所を社会に増やすことが重要ですが、
なかなか進んでいない点に、まあ課題があるわけですね。

155 : ◆brJY.mr26k :2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:NWSS1eBo
ちょっと考えをまとめてきました。

「仏陀の教が唯一の真理」と考えているなら、それは誤りであると思います。
「仏陀の教え以外に真理はない」と考えるから、私の指摘を「誤読」と認識するのではないでしょうか?

仏陀の覚りは、仏陀の真理でしょうが、別の真理の存在を妨げるものではありません。

密教的アプローチが非仏説であるとしても、密教的なアプローチでは苦を滅することが
不可能であるというも訳でもありません。

あるいは、キリスト教や別の宗教のアプローチであっても、苦を滅することが出来るかも
しれませんし、苦を滅することが出来る人がいるから信者がいるのだと思われます。


私は、仏陀とは別のアプローチを仏説であると言うなら、それは誤りであると指摘します。
また、智津夫君のアプローチが仏説であると言うなら、それは誤りであると指摘します。
さらに、智津夫君のアプローチが絶対であると言うのも、それは誤りであると指摘するのです。

仏陀の真理は、仏陀の真理である
智津夫君の真理は、智津夫君の真理である
私の真理は、私の真理である

という、極めて明快な論理であるのです。

156 :神も仏も名無しさん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:wIMlNADz
>>155
>「仏陀の教が唯一の真理」と考えているなら、それは誤りであると思います。
>「仏陀の教え以外に真理はない」と考えるから、私の指摘を「誤読」と認識するのではないでしょうか?

そういう問題ではなく、単に仏典に対する解釈が間違っているということです。
釈迦牟尼の教え以外に真理はないと考えている人は、ここにはいないと思いますよ。

157 : ◆brJY.mr26k :2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:NWSS1eBo
>>156
修行で苦を超越できる仏典って、具体的にどれのことですか?
>>149では「体験」に飛んでいるんで、今一つ理解できません。

158 :神も仏も名無しさん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:vdjCTJNa
自分の部屋すら片付けられないサルが
何を理解したと言うのか

159 :神も仏も名無しさん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:fq0EVNfI
自分の部屋片付けられないとか小学生か

160 :神も仏も名無しさん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:vdjCTJNa
小学生なら人間だからまだいいけどな

161 : ◆brJY.mr26k :2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:NWSS1eBo
解答なしですね。

仏典で説くのは、苦を伴う修行をすることではなく、教えを実践することですね。
もちろん、実践において苦を感じることもあるでしょう。

けれどその本質は、実践する内容が苦であるか否かではなく、苦を滅する
正しい道を実践することです。

積み重ねが大切であるというところは、同意します。

162 :神も仏も名無しさん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:nqCRTQ5W
>>161
仏教を知ったかふりして語るなサル
禁欲は間違いだとか破戒者の言い訳するな性欲魔境

仏教の本質は

これは苦しみであると如実に認識し理解し
これは苦しみの生起であると如実に認識し理解し
これは苦しみの滅侭であると如実に認識し理解し
これは苦しみの滅侭に至る道であると如実に認識し理解する


ことだボケ

163 :神も仏も名無しさん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:nqCRTQ5W
苦しみを見つめないで仏道修行があるか

164 : ◆brJY.mr26k :2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:NWSS1eBo
苦しみを伴う修行をせよ、という教説はありませんね

165 :神も仏も名無しさん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:nqCRTQ5W
苦しみを見つめて滅侭する訓練することが修業なんだよ

だからお前はオナニーサルなんだよ

166 : ◆brJY.mr26k :2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:NWSS1eBo
仏陀の説くこの世の苦しみとは、時系列的なものです。
現在において快楽を得ても、未来においては苦が生じるから、この快楽も苦であると認識せよと。

美人の嫁さんをもらっても、数十年後には老婆になります。
美味しい食事ばかりしていても、肥満になったり、病気になったりします。

刹那的な快楽も続きはせず、苦を生む因となる、それが無常であるこの世の真理であるから、
これらが苦しみの生起であると如実に認識し、理解せよ

私は老い病を得て死ぬ、愛する者も死ぬ、嫌いな者にも出会う、求めても得られないものがある、
この苦しみを如実に認識し、理解せよ

無明を滅するための正しい道を歩むことが、苦しみを滅する道だと理解せよ

正しい道を歩み無明を滅すれば、苦しみが滅すと理解せよ

ということですね。

苦しみを見つめる仏道修行の根本とはこういうことです。
苦しみを伴う修行をせよとの教説は、存在しないのです。

167 :神も仏も名無しさん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:nqCRTQ5W
0点だ
アホサル

168 :神も仏も名無しさん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:nqCRTQ5W
そんなにオナニーを正当化したいなら勝手にやって地獄に落ちろ
人間様に知ったか仏教を語るなサル

169 : ◆brJY.mr26k :2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:NWSS1eBo
>>162の「禁欲は間違い」というのも、完全なる誤解ですね。

タントラにおいては、性的ヨーガが存在するのが常識であり、これは仏教と矛盾すると
私は指摘しただけのことです。

故に密教は、仏説では無いと。
その矛盾の整合を試みたのが、チベット仏教です。

170 :神も仏も名無しさん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:nqCRTQ5W
話をずらすなレイパー恩田

171 : ◆brJY.mr26k :2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:NWSS1eBo
怒りで悪口ばかり吐いてる人は、地獄に堕ちるというのが、智津夫君の教説でしたよね。

172 :神も仏も名無しさん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:nqCRTQ5W
仏教を捻じ曲げるサルに対する正当な怒りだ大魔境サルめ

173 : ◆brJY.mr26k :2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:NWSS1eBo
またまたカルト集団お得意の、自己正当化ですなー
忍辱しなさいよ

174 :神も仏も名無しさん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:nqCRTQ5W
黙れレイパー恩田敬
 

175 : ◆brJY.mr26k :2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:NWSS1eBo
もう何十回も言ってますが、私は>>174の人ではありません

176 :神も仏も名無しさん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:nqCRTQ5W
アホが
恩田無境のブログの内容と
同じ事を得意になって書き込んでるサルが

バカすぎて自分が何やってるか客観的に見れないんだろ
魔境サル

177 :神も仏も名無しさん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:C9Uvna8k
慈悲の瞑想、本気で1時間やれば誰でもサマディに入れます。
その禅定を作った集中力のまま、すかさずヴィパッサナーを1時間やってみてください。

説明を読むのに1〜2時間。
実習に2時間。
合計3〜4時間あればサマディから悟りへのさわりの部分を体験的に知ることができます。

色々わかると思います。

178 :神も仏も名無しさん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:C9Uvna8k
↓こういうのを見ても、意味不明じゃなくなってきます。
少なくとも色界四禅は、「あー、はいはい。あれのことね」とわかるし、その先は
未踏の地の地図や道標になってきます。

色界禅定
第一禅 尋、伺、喜、楽、一境性がある禅定
第二禅 喜、楽、一境性がある禅定
第三禅 捨 (喜を捨離し)、楽、一境性がある禅定
第四禅 不苦不楽、一境性がある禅定

無色界禅定
空無辺処
識無辺処
無所有処
非想非非想処

滅尽定 (想受滅)

179 :神も仏も名無しさん:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:C9Uvna8k
禅定に入れば、その最中は苦は消えますが、禅定から出てしまうとまた元に戻ってしまいます。
それだけでもかなり感動するとは思いますが、禅定による精神力が消えないうちにヴィパッサナーに移行してください。

180 :神も仏も名無しさん:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:/wvccubP
>>128
結局言えることは、魔境君はもっとも肝心な「仏教や密教の目的」をまるで理解出来ていないという事です。
本質を理解出来ていないから、枝葉末節を見て現世的価値観であれこれ決め付けているだけなのが、魔境君の魔境論説の全てだと言えます。

>殺生したら地獄に落ちるという真理は、麻原教で教えてるじゃありませんか。

「殺生したら地獄に堕ちる」のではなく、「殺生のカルマを積むと地獄に生まれ変わる因となる」ですね。
この辺の法則理解の曖昧さが魔境君の魔境たる由縁かと。

>なら最初から「殺人OK」と言えば良いじゃないですか。
>何を矛盾したことを説いているのかと。

それは顕教と密教の違いだと今迄何十回も教えてあげているのに、魔境君は思い込みによる「バカの壁」が強過ぎて全く何一つ理解出来ていないようですね。
魔境君のこの頭の悪さは、このスレッドではウソつき太郎先生と双璧です。

>殺人肯定カルト集団は、こんな簡単な自己矛盾にも気づかず、正当化に必死ですね。
>無智の極みです。

チベット密教も真言宗も同じ教えを説いてますので、悪しからず。
魔境君はチベット密教や真言宗の僧侶に向かって「無智の極みです」と堂々と言えますか?w

>ちなみに密教は非仏説であり、「基本的戒律を超越した教え」はもともと「ぼくのかんがえたしんり」です。
>当然、松本智津夫君の教えも「ぼくのかんがえたしんり」です。

おお、今度は密教の全否定ですか。
さすが、せせこましい現世的観念でしか物が見られない癖に態度だけは古の聖者方より大きい方だと思います。

>仏説が説く解脱プロセスに不殺生は必須であり、これを軽視して仏陀と同じ境地は得られません。
>非仏説が仏説を騙るのは、仏陀の名前を利用した悪行ですわ。

と偉そうに魔境君は語りつつも、肝心の「仏説が説く解脱プロセス」とやらを魔境君はまるで理解しておらぬという笑えぬ現実がある訳です。
だから今迄魔境君は一切その「仏説が説く解脱プロセス」とやらを説明出来ていない訳ですけどねw

181 :神も仏も名無しさん:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:/wvccubP
>>129
>>>17のとおり、密教においてさえ、智津夫君の誤りが指摘されておりますから

自分に都合の良い内容なら出所の怪しい情報でも頭から鵜呑みにするとか、まさにカルト脳の特徴ですね。
魔境君にはウソつき太郎先生と同様の「カルト脳の狂気」が感じられます。

>>130
魔境君は「実践して体験しようとは一切せず、現世煩悩に染まったイメージ・意思・識別による思い込みで判断している人」であるという自覚に欠けるようですね。
そしてこの指摘に対して一切反証出来ないものだから、人格攻撃で返す事しか出来ないと。
この>>130を見れば分かる通り、「論証に窮して悪口を履くのがせいぜい」なのは、まさに魔境君かとw

182 :神も仏も名無しさん:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:MZ55mDU9
ビルパ師の実家 検索すると引っかかるくらい名家なんだな。
福島市の外れ南の方。
原発のときも杉○っていう地元のお医者様がテレビに出てきてうんちくを垂れていた。
ビルパ師に顔がそっくりだった。親戚か?

183 :神世界 ◆WsbAs1QKK2B8 :2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:ZyTB9MWV
すいません。僕はキリスト教すれからきた物ですけど、横槍入れます。
仏法は教義本位ではないのですよ、修行です。だから苦行を超えた人に
論理は間違いです。空即是色色即是空。これは読み書きできても実際
人が死ぬときに口にするような事じゃないですか?釈迦ではないけど、
仏法を口にしてる人は皆言います。「道は一つにこだわらなくていい」
例えばヒンドゥー教なんかはあえて体の一部分を使えなくして修行にはげんで
いますよね。僕は強制的に修行やらされたので、オウムには私見が入ってません。
むしろ社会の照り返しなんじゃないかと思ってます。苦から解放されてない
人には実社会の方法の方が眩しく写るんでしょう。
本当に横槍でした。すみません

184 :神も仏も名無しさん:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:/wvccubP
>>183
>仏法は教義本位ではないのですよ、修行です。だから苦行を超えた人に論理は間違いです。

おっしゃる通りだと思います。
でもこのスレッドには「仏法の実践を一切拒絶し、頭で考えた口先だけの独自教説」を得意気に吹聴する困った方が約二名いらっしゃる次第です。

185 :神世界 ◆WsbAs1QKK2B8 :2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:ZyTB9MWV
>184
体に気をつけて修行頑張ってください

186 :神も仏も名無しさん:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:/wvccubP
>>137
>今日も一点だけ

毎日「一点だけ」と言いながら何点もレスを付けている所が、魔境君の魔境たる由縁ですね。
貪りのカルマが強いんでしょうな。

>誰も「修行していなければ優れている」なんて一言も言ってませんけど・・・またまた妄言ですね。

修行していないことを誇り、日々魔境説を説いているのは、何方でしょうか?w

>仏陀の教えの本質は「観」であって、神秘体験のごときオナニーではありません。

仏陀の教えの本質である「観」とは魔境君が主張しているような「ぼくのかんがえた“しきべつ”」では御座いません。
仏陀の説く「観」も一種の神秘体験です。

>この世の現象をありのあま観察し、観察した事実から苦を滅尽する方法について
>結論を見出し、実践するのが正しい修行の在り方です。
>観察を疎かにし、「智津夫君のかんがえたしんり」を鵜呑みにするから、自己矛盾に陥り、
>論証にも窮するのです。

その仏法に沿った「観察」の実践を放棄し、「ぼくのかんがえた“智津夫君のかんがえたしんり”」を批判して喜んでいるだけなのが、魔境君ですけど。

>間違った観察に基づいていくら修行や実践をすれば、苦を増すばかりであって、誰ひとり救われることはありません。

その通りです。
同様に正しい観察に基づいて修行や実践をせねば苦を増すばかりであって、魔境君も含めて誰一人救われることはありません。

187 :神も仏も名無しさん:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:5fylkdj8
皆さんも詐欺師の新興宗教を脱退して2ちゃんねる教の教祖西村ひろゆき尊師に帰依しなさい。
インチキ新興宗教を信仰すると地獄に堕ちます。

188 :神も仏も名無しさん:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:/wvccubP
>>139
また「ぼくのかんがえた“智津夫君のかんがえたしんり”」の批判ですね。
自分の妄想を自分で批判して見せているだけだから、世話無いですね。

>論理的に観察する場合、智津夫君の仲間は苦を増やしただけで、一人も救済できてません。

論理的に観察した場合、「智津夫君のしんり」すら実践出来なかった魔境君が、批判できる立場にないのは明白です。
そしてオウム真理教の実践によって多くの人達学から解放されているのは数々の体験談にも示されている事実です。
表面的には「仲間は苦を増やしただけ」に見えるのは、金剛乗の修行だからですね。

>>141
教祖もその様に説いていましたね。

189 :神も仏も名無しさん:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:5fylkdj8
ヒーロ〜♪ヒーロ〜♪ゆき♪ゆき♪ゆき♪西村ひろゆき♪
皆さんも詐欺師のインチキ新興宗教を脱退して2ちゃんねる教の教祖西村ひろゆき尊師に帰依しなさい。
詐欺師の新興宗教であるインチキオウムにいると地獄に堕ちます。

190 :神も仏も名無しさん:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:/wvccubP
>>144
>仏陀が説いたのは、苦の因を避けたり防いだりシンプルで合理的なものです。

それは魔境君の誤読による「ぼくのかんがえたぶっきょう」ですね。

>オウム真理教は、その逆ですね。
>苦行によって苦を感じない幅を広げれば、苦が滅すると考えています。
>これは仏陀が完全否定したものなんですけどね。

それも魔境君の誤読による誤謬見解ですね。

>苦行によって自分を追い込めば、解放時に非常に楽を得られます。
>しかし苦行は苦しいから苦行なんであって、現実として苦を受け続けているわけです。

それは「苦を残しているから楽を感じている」状態であって、「苦を感じない幅を広げた」状態でもなければ「苦を滅する」状態でも御座いません。
魔境君は仏道の実践による実際の経験が皆無だから、それらを完全に混同しているようですね。

>解放時の楽を味わうために行っているのが、オウム真理教の修行と言えるでしょう。
>これは、仏陀の教えではありませんね。

それは魔境君の思い込みである「ぼくのかんがえたおうむしんりきょうのしゅぎょう」であって、実際のオウム真理教の修行とは異なります。
勝手に間違った思い込みをして勝手に批判して見せて喜んでいるのだから、魔境君は滑稽ですね。

191 :神も仏も名無しさん:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:/wvccubP
>>146
>とは言え、仏陀の教えが唯一の真理であると、私は主張しません。
>仏陀の教えもまた「ゴータマの考えた真理」の範疇を出ないものと、私は考えるからです。

魔境君は仏陀の教えを理解せず何一つ実践していないのに、非常に偉そうですね。
それが魔境君の魔境君たる由縁なんでしょうけど、その内にウソつき太郎弁護士先生のようになるのではないかと心配しています。

>仏陀自身も、自分の考えが全てであるとは、全く考えていませんでしたしね。

原始仏教経典のどこをどう誤読してそういう結論に達したのでしょうか?

>開放時の楽を味わいたいなら、別に味わっても構わんでしょうし、
>それは、個々が考える真理に応じてやればいいのです。

間違った前提を元にした魔境君の魔境説が始まりましたね。
「個々が考える真理」とか、やはり魔境君は真理を個々の識別だと誤解しているようです。

>私が指摘する矛盾は、仏陀の教えを騙るオウム真理教の詐欺行為であったり、
>「智津夫君の考えた真理」を強要した事実ですから。

魔境君の魔境説は既に仏陀の教えと矛盾してますし、魔境君の騙る「智津夫君の考えた真理」もまた実際のオウム真理教の教義とは異なるものです。
魔境君はこんな事実誤認と矛盾だらけの魔境論を披露していて、恥ずかしく無いのでしょうか?
事実誤認と矛盾だらけの癖に厚顔無恥な様は、ウソつき太郎先生にソックリですね。

192 :神も仏も名無しさん:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:/wvccubP
>>148
z>仏陀自身は、苦しみの状態に没入したら、苦と感じなくなる状態など得られなかったと
>明言しておりますから、それはきっと、別の教えでしょうね。

仏陀釈迦牟尼がいつどこでどの経典で「苦しみの状態に没入したら、苦と感じなくなる状態など得られなかった」と明言したのでしょうか?
魔境君が誤読した経典箇所をお教え下さいませ。

>>150
脳内麻薬と仏教やオウム真理教で説かれた「苦からの解放」は、全く別物です。
「オウム真理教の修行は、睡眠剥奪や高ストレス下による心身の変調が土台なのでお薦めしません。」とのことですが、どこの仏教・密教でも短睡眠と高ストレス下での修行の実践が為されてますよ。

また今現在は睡眠剥奪や高ストレス下の状態に無いにもかかわらず誰の目にも明らかな心身の変調を来している魔境君の今の状態を、御自身ではどのようにお考えでしょうか?

193 :神も仏も名無しさん:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:/wvccubP
>>155
>ちょっと考えをまとめてきました。

それはいわゆる魔境君の考えた「ぼくのかんがえたしんり」ですね。

魔境君は仏法の実践による体験を拒絶し、既存の経典や経本の一部を読みかじりして「真理」を頭の中だけであくまでも自身の既存の識別の範疇で捉えようとし続けるあまり、
「仏陀の説いた真理」も自分自身と同じ「個々の我見(識別)」のことだと誤解してしまっているようです。

>仏陀の真理は、仏陀の真理である
>智津夫君の真理は、智津夫君の真理である
>私の真理は、私の真理である
>という、極めて明快な論理であるのです。

この辺りがその証拠かと。

>>157
>修行で苦を超越できる仏典って、具体的にどれのことですか?

第四禅の定義も御存知無いみたいですね。
魔境君は仏法を実践して知ろうとしないから、経典で言葉面だけ読んでも何事やらサッパリ理解出来ず実感が湧かないんだろうな。

194 : ◆brJY.mr26k :2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:xpbeU0NT
朝から必死の連投お疲れさまです。

では本日も一点だけ。

これ、ID:/wvccubPさんに対するものなんで。
何回同じことを指摘しても全く理解しないんで、彼(彼女?)には一日一点だけの
ルーチンワークってことです。

別の方からレスがあれば随意に反応しますよ。

>>180

>それは顕教と密教の違いだと今迄何十回も教えてあげているのに、魔境君は思い込みによる
>「バカの壁」が強過ぎて全く何一つ理解出来ていないようですね。
>魔境君のこの頭の悪さは、このスレッドではウソつき太郎先生と双璧です。

顕教と密教の矛盾点については、再三指摘したはずですが、全く何一つ理解できていないようですね。
そして貴方は、チベット仏教のように顕教と密教の矛盾を整合する努力しようとしません。
「顕教と密教の違い」をオウムのように繰り返すだけですね。

智津夫君の場合、顕教で社会に挑んだが通用せずプライドが我慢できなかったから、顕教を捨てて
自分に都合の良い密教論理を部分的に切り張りし、これ悪用し振りかざして人殺しをしたわけです。

そのため、前半の顕教的な活動と後半の密教的な活動の行動原理に矛盾をきたし、論理崩壊を
起こしており、完全なる自己矛盾に陥っています。

チベット仏教では、顕教の不殺生の論理を犯すことはなく、顕教と密教とを整合させます。
だからチベット仏教もオウム真理教を認めていないわけです。


いくら修行をしたところで、こうした事実すらありのままに観察できないなら、全く無駄な努力ですね。

195 : ◆brJY.mr26k :2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:xpbeU0NT
苦を滅するための道が一つでは無いというのは、私も真実だと思います。

しかし、智津夫君にせよ、その信者にせよ、一つの道を目指しそれに挫折したなら、
「今までの道は誤りだった」とか「私には合わない方法だった」とか、一定の反省を
した上で、別の道に進む必要があります。

プライドが先に立って矛盾を認めようとしないのは、大きな誤りですね。

196 :神も仏も名無しさん:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:2LZcMaTd
破戒しまくって修業に失敗したことを
他人のせいにしようとするのはどうなんだね?
パヴィッタ無境恩田敬クン

197 : ◆brJY.mr26k :2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:xpbeU0NT
何十回も言いますが、私は>>196の人ではありません
これはいちいち指摘しないと>>196の人に迷惑がかかりますからねー

患者さんには困ったものです

198 :神も仏も名無しさん:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:2LZcMaTd
迷惑がかかるようなバカなことを書かなければいいのでは?

199 : ◆brJY.mr26k :2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:xpbeU0NT
ああ意図的にやってるんですか。
では通報しておきます。

200 : ◆brJY.mr26k :2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:xpbeU0NT
オウム真理教に反する指摘を潰すためには、無関係の者に害を及ぼしても
意に介さない。

相変わらずのカルトぶりを、また実証してしまいましたね。

201 :神も仏も名無しさん:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:2LZcMaTd
さて、誰が通報するのか楽しみだ

202 : ◆brJY.mr26k :2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:xpbeU0NT
通報先にも色々あるのですよーと

203 :神も仏も名無しさん:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:F9pHIq/W
仏道を歩まんと欲すれば、まず三宝を奉ずべし。
三宝とはすなわち仏法僧のことなり。

仏とは大川隆法なり。
法とは太陽の法なり。
僧伽とは幸福の科学なり。

204 :神も仏も名無しさん:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:pSZ9/Gi7
まー五十歩百歩というか、足下の話だなw

205 :神も仏も名無しさん:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:J6bJ3gvi
暑いですなあ。しばらく色々な事件や、あの串刺し写真のことなどで
動きが取れなかったです。

串刺し写真を作った人もここを見たり、書き込んだりしているのかな。
私へのしょもない下品至極な罵倒言葉を重ねるなぞは、教団への支持を失わせるとしか思えない。
それでも、未だ続けている人がするところをみると、
串刺し写真を作った人、その絡みかなあ、と気になります。

当たりかな、怖いなあ。

206 :神も仏も名無しさん:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:zAowh6os
あの写真は何でしょうね 個人的に誰かがしたもので、裏をメモ用紙にしていたとかではないのかとかw
同じ部屋にいた人達も知らなかったのかなと思います なぜって部屋がかなり散らかってたから
それとも公安がゴチャゴチャにした後なのでしょうか。

ところで公安です、と言われたらとにかく部屋に入れて、中を見せてあげないとダメなんでしょうか?
ここらへんは法律的にどうなの たきたろさん元気出してね  みなさんも熱中症対策など忘れずに

207 :神も仏も名無しさん:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:XL50Hbzo
>>206
二ノ宮魔術好きなんだよな
まったくオカマって奴はどいつもこいつも

208 :神も仏も名無しさん:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:XL50Hbzo
呪いだ悪魔だケツの穴だ
心の穢れがどうしょうもない

地獄、動物、餓鬼、オカマ、女、人間の5悪趣だ

209 : ◆brJY.mr26k :2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:YvChziiI
では本日も一点だけ。

>>180
>「殺生したら地獄に堕ちる」のではなく、「殺生のカルマを積むと地獄に生まれ変わる因となる」ですね。
>この辺の法則理解の曖昧さが魔境君の魔境たる由縁かと。

法則の言葉尻だけは、理解しているようですね。
しかし、折角の法則も、実践しなければ無意味です。

過去レスが示すように、貴方は怒りに任せ、悪口を吐き、智津夫君の法則に基づくならば
地獄のカルマを積み続けている。

法則の言葉尻を捉えるだけで、全く実践されておらず、自己矛盾に陥っている。
ですから貴方の指摘は、空虚なものなのです。

苦しい修行をすれば、何かが達成できると思っているなら、それは誤りです。
正しい実践をするから、何かが達成されるのです。

仏陀が戒・定・慧の三学を説いたことは、よく知られていますね。
禅定に偏った修行をしても、戒を疎かにすれば、正しい智慧は得られないのです。

210 :神も仏も名無しさん:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:XL50Hbzo
オカマはケツの穴に意識集中してるから
呪いだの魔術だの悪魔だの地獄の意識に固定されているんだろう

211 :神も仏も名無しさん:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:v79lXSAj
 発 者 同         . 。_   ____           争
 生 同 .じ     .    /´ |  (ゝ___)          い
 .し 士 .レ      .__/'r-┴<ゝi,,ノ   ro、      は、
 .な で .ベ      ∠ゝ (ゝ.//`   ./`|  }⌒j     
 .い し .ル        } ⌒ /`ヽ、_∠l,ノ ・ヽ´
 .! ! か の       /  ´..:.} >、、___,  .r、 ソ、`\
             /   ..:.:.}   /   |∨ ` ̄
            /   ..:.:./    |   丶
           / _、 ..:.:.:.{    .{.:.:.   \
          {   ..:Y  .ゝ、   {.:.:.:.:.    ヽ
          |、  ..:/ 丿 .:〉   >.- ⌒  .  ヽ
          / {. ..:./ ソ ..:./  .(    ..:.:.:`  ..:}
         ./..:.:}.:.:./ ヘ、 ..:./   .\ ..:.:r_,ノ、.:.:}
        ./..:.:/|.:/   {.:./     X.:.:}.}   X X
        /..:.:/ .}.:|    }:/       .Y丶ヽ  Y.:Y
  . __/.:/ { }  《.〈、     _,,__>.:》丶   Y.:\
  /.:.:.:.:.::/   !.:.:ゝ  ゝ.:. ̄ヾ ´:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾゝ   \.: ̄>

212 :神も仏も名無しさん:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:mcASMvHo
>>211
こういうaa久し振りに見た

213 :神も仏も名無しさん:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:1NeZe+OI
戒がなければ、そもそも定には入れない。

背筋を伸ばしたまま微動だにせず、心は一点に集中し、雑念や(痛いとか痒いとかの)感覚を忘れる程集中し、集中による心身の快感が生じている状態。
それが定。三昧の入り口。

殺人などの犯罪を犯せば、心は落ち着かず、定に入るどころではなくなる。
やってみればすぐに分かること。

214 :神も仏も名無しさん:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:+Dj/+O2P
>>213
お前殺ったのかよw

215 :神も仏も名無しさん:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:7EaopLqG
>>213
お前、何者だ!

216 :神も仏も名無しさん:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:UhEscnJf
仏陀はお釈迦さま
仏法はパーリ経典
僧伽は、その仏法を護持する者

原始仏教というからには、それが当たり前。
原始仏教といいつつ、他の誰かが教祖になっている状態は、ウイルスにハッキングされた状態といってよい。

217 :神も仏も名無しさん:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:3srX2QT/
とはいえ本人は何も書かなかったんだから
本物/偽物論争は永遠なりよ。

218 :神も仏も名無しさん:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:qNqYR2A+
>>215
http://p.twpl.jp/show/orig/3Q9RE

219 : ◆brJY.mr26k :2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:TZYPixO0
世親(ヴァスバンドゥBC300-400頃)の『倶舎論』には、説一切有部の瑜伽師の
禅定モデルが説明されていますが、禅定修行の礎の一つとして、出家者の戒
を守ることが挙げられているようですね。

戒を守れなければ、禅定修行など出来ないのが仏教のようです。

220 : ◆brJY.mr26k :2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:TZYPixO0
>>180
>チベット密教も真言宗も同じ教えを説いてますので、悪しからず。
>魔境君はチベット密教や真言宗の僧侶に向かって「無智の極みです」と堂々と言えますか?w

無智の極みなのは、貴方だけです。
チベット仏教も真言宗も、十戒の厳守が必須ですので。
三悪趣に落ちる前に殺してしまえと説くオウム真理教とは、全く違いますね。

ちなみに、真言宗の教義は中期タントラまでの内容です。
後期タントラまでを包括するチベット仏教とは、少々異なることを付け加えておきます。

221 : ◆brJY.mr26k :2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:TZYPixO0
>>219を訂正
BC300-400 ×
AD300-400 ○

222 :神も仏も名無しさん:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:d+xYrBIv
>>218
やはりお前か、殺人鬼ジョ!
このゴキブリ野郎!

223 :神も仏も名無しさん:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:j7XvY3nc
>>194
>これ、ID:/wvccubPさんに対するものなんで。
>何回同じことを指摘しても全く理解しないんで、彼(彼女?)には一日一点だけの
>ルーチンワークってことです。
>別の方からレスがあれば随意に反応しますよ。

「一点だけ」と称して何点もレスしてることを指摘されているのに、それではまるで反論になってませんよ。

>顕教と密教の矛盾点については、再三指摘したはずですが、全く何一つ理解できていないようですね。
>そして貴方は、チベット仏教のように顕教と密教の矛盾を整合する努力しようとしません。
>「顕教と密教の違い」をオウムのように繰り返すだけですね。

バカの壁が強過ぎて、オウム返ししかできなくなったようですね。
顕教と密教の違いについては既存の凡夫の仏教学者が散々指摘してきたことであり、魔境君はその一部を踏襲しているだけに過ぎません。
結局、凡夫と同レベルの魔境君は仏教や密教の本質を知らずその目的とするものを知らないから、表面上の手段の違いを取り上げて「矛盾だ」と吹聴しているだけです。
だから魔境君は「何故密教が破戒行為すら認めているのか、その結果何がもたらされるのか」等の本質的な問題については、まるで説けない訳です。

>智津夫君の場合、顕教で社会に挑んだが通用せずプライドが我慢できなかったから、顕教を捨てて
>自分に都合の良い密教論理を部分的に切り張りし、これ悪用し振りかざして人殺しをしたわけです。
>そのため、前半の顕教的な活動と後半の密教的な活動の行動原理に矛盾をきたし、論理崩壊を
>起こしており、完全なる自己矛盾に陥っています。

まさに「ぼく(魔境君)のかんがえた、おうむのきょうぎ」ですねw
魔境君は仏教を知らず密教を知らずオウムの教義すら知らず、一体何をしたいのでしょうか?

>チベット仏教では、顕教の不殺生の論理を犯すことはなく、顕教と密教とを整合させます。
>だからチベット仏教もオウム真理教を認めていないわけです。

マルパはミラレーパに殺生をさせてましたよね。もちろん、生き返らせておりません。
いくら「ぼくのかんがえた、ちべっとみっきょう」を説いたところで、こうした事実すらありのままに観察できないなら、全く無駄な努力ですね。

224 :神も仏も名無しさん:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:j7XvY3nc
>>195
オウム真理教の教義では、様々な「苦を滅する道」が説かれています。
魔境君も一つの道を目指しそれに挫折したなら、 「今までの道は誤りだった」とか「私には合わない方法だった」とか、一定の反省をした上で、別の道に進む必要があります。
プライドが先に立って矛盾を認めようとしないのは、大きな誤りですね。

225 :神も仏も名無しさん:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:j7XvY3nc
>>205
教団や教祖へのしょもない下品至極な罵倒言葉を重ねている行為なぞは、弁護士先生への支持を失わせるとしか思えませんがねw
しかし、教団内部の人間がこのスレを見ているとかまだ思ってるんだ。
よほどプライドが高いというか自意識過剰なんだろうな。

226 :神も仏も名無しさん:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:j7XvY3nc
>>209,>>220
結局、魔境君の反論は相手の人格攻撃ばかりですね。

>>192での
>仏陀釈迦牟尼がいつどこでどの経典で「苦しみの状態に没入したら、苦と感じなくなる状態など得られなかった」と明言したのでしょうか?
>魔境君が誤読した経典箇所をお教え下さいませ。
という質問への回答を未だに頂いておりませんけど、やはり嘘だったのでしょうか?

227 :神も仏も名無しさん:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:559p1PNt
     \   r'´ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄`、::.   ___
 l} 、::       \ヘ,___,_ ______/::.__|    .|___________
 |l  \::      | |             |、:..  |[], _ .|:[ニ]:::::
 |l'-,、イ\:   | |    ∧,,,∧ .   |::..   ヘ ̄ ̄,/:::(__)::
 |l  ´ヽ,ノ:   | |   (´・ω・`)    ,l、:::     ̄ ̄::::::::::::::::
 |l    | :|    | |,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、l:::::
 |l.,\\| :|    | ,'        :::::...  ..::ll::::    そうだ
 |l    | :|    | |         :::::::... . .:::|l::::   これは夢なんだ
 |l__,,| :|    | |         ::::....  ..:::|l::::    ぼくは今、夢を見ているんだ
 |l ̄`~~| :|    | |             |l::::   目が覚めたとき、
 |l    | :|    | |             |l::::   ぼくはまだ12歳
 |l    | :|    | |   ''"´         |l::::   起きたらラジオ体操に行って、
 |l \\[]:|    | |              |l::::   朝ご飯を食べて、涼しい午前中にスイカを食べながら宿題して、
 |l   ィ'´~ヽ  | |           ``'   |l::::   午後から友達とプールにいっておもいっきり遊ぶんだ・・・
 |l-''´ヽ,/::   | |   ''"´         |l::::   
 |l  /::      | \,'´____..:::::::::::::::_`l__,イ::::

228 : ◆brJY.mr26k :2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:YeO7mHwJ
マルパ訳経官(1012-1093)は、三次にわたってインドに留学し、在家密教の大成就者ナーローパや
マイトリーパから密教(後期密教までの密教)を学びました。

マルパの弟子ミラレーパ(1040-1123)は、ヒマラヤの苦行詩聖として名高く、チベットの宗教者中、
最も親しまれている人物と言えます。

マルパ、ミラレパは、カギュー派の始祖とされており、その弟子のガムポパを合わせ、智津夫君の
師であるカル・リンポチェに繋がる系統であり、後期密教をチベットに伝えた業績を高く評価されています。

ここで大切なのは、マルパが伝授されたのは在家密教の教義であり、出家戒律を土台とする原始仏教とは、
別系統であることに注意しなければなりません。

カギュー派の教義は、出家を土台とする仏陀の教義とは、別の教えであるのです。

229 : ◆brJY.mr26k :2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:YeO7mHwJ
仏陀は29歳で出家しましたが、彼の時代は年齢に応じて、家を相続する時期、出家する時期が
おおよそ決まっていたのですね。

生まれ、育ち、子を育ててから出家するのですが、死を迎える前の出家の時期に修めるべき
戒律を仏陀は示したわけです。

これに対し、仏滅から1500年後に生まれたマルパは、出家しない在家者が、社会の中で解脱を
目指せるのかという視点から生み出された(あるいは、ヒンドゥー教義との混合の中で生まれた)
在家密教を伝承したのです。

これは仏陀の教えではありませんが、有益な哲学を含んでおりますし、仏陀の教えではないと
しても、真理では無いと一概に言えるものではありません。

私が仏陀の教えを絶対の真理としないのは、こうした別の立場から見る、あるいは別の時代から
見る真理が存在することを尊重し、認めるからです。

ですから私は、矛盾なき宗教論理を求めつつも優先順位は3番目であり、その上には、各々の
人間が自らの立場を踏まえた真理が存在し、相互の真理を尊重し合う「公共の福祉」を上位とします。

そしてその上位には、人間の立場に依らない真理を観測する科学的真実を据えるのです。

230 : ◆brJY.mr26k :2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:YeO7mHwJ
そして、ミラレパが呪詛で人々を殺したなどと言う所説を検証するに、呪詛で人殺しができるとの論証は、
科学的に一切なされておりません。

こうした幼稚なものを信じる癖がある方が、某教団にいると聞いておりますが、仏陀の教説とミラレパの
逸話との識別が付かない愚か者と存じております。

まあ、エネルギーとやらで15秒間くらい空中浮遊してから言うべきものですね。

そして、ミラレパが呪詛で人殺しをし、大罪を犯した(と勘違いした場合を含みます。実際に呪詛の効果が
あるか無いかに関わらず、そういう意識を抱くことについて、原始仏教では最も大きな罪と考えるようです。)
としても、ミラレパ仏門に入ってから後、呪詛を行ったのでしょうか?

仏門に入っても(あるいは「仏門に出家したと勘違いした」後も)なお、呪詛を行っている外道は、
仏門にあると言えぬであろうし、チベット仏教の解釈においても、その大罪のカルマが清算されるのは、
正しく仏門に帰依し、戒律を守り、実践を重ねた後のことです。

出家しながら呪詛を行うのは、仏門とは到底言えない破戒行為であるのです。

231 :神も仏も名無しさん:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:nFvtGp5M
出家しながら中出しはOKなんですか?

232 :神も仏も名無しさん:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:qKrmCbrv
戒律とか実質あってないようなもなんじゃない?
オウム時代もセックスしてた連中はしてたみたいだから

233 :神も仏も名無しさん:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:nFvtGp5M
そんなパビッタみたいな奴ばかりじゃないですよ

234 :神も仏も名無しさん:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:EluiZkUp
カギュ派にもンガッパは意外といるよ
カルりんぽちぇはシャンパカギュのヘッドラマでマルパ、ミラレパ、ガムポパ
を通した系統とは別の系統のカギュなんだよね

235 :神も仏も名無しさん:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:EluiZkUp
88年当時のオウムの発行したものによるとカギュ派総帥が来日と
書かれていたな
カギュのトップは以前からカルマパ
他にも法王と言われる人物はディクン、ドクパ、などにいるんだぜ

うそばっかりの麻原教

236 :神も仏も名無しさん:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:EluiZkUp
呪殺すなわち度脱、そういう事実はあったようだ
そのくらいできないと大成就者になれないこった

麻原は弟子に人殺しさせていた。それだけでもたいしたことないオヤジだね
あの汚ったない面でよくも人前に出てきたもんだ
おいらが麻原面なら自殺整形引きこもりになったぜよ

237 :神も仏も名無しさん:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:wSCceqNb
文体変えて恩田無境必死w
サル顔のお前の方が醜いってのww

238 : ◆brJY.mr26k :2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:BUkrl2Lw
>>234
そうですね。訂正ありがとうございます。

239 : ◆brJY.mr26k :2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:9jv4RQYN
今日は昔に戻って>>61から。

>仏陀の説く無常の法則は「心」だけじゃ御座いませんよ?
>また「原子や分子」の世界は「人間が知覚する世界」の話ですけど?

仏陀の時代には、原子や分子の世界は知覚できていませんね。

説一切有部は原子に似た極微論という形而上の論理を持っていたようです。
地水火風という4種類の「四大趣」のワンセットの上に、色・音・香り・味・触感の特徴を与える「所造色」が
神輿のように乗っている構造だそうです。

佐々木閑氏の著書『仏教は宇宙をどう見たか』で解りやすく説明されているので、興味のある方は
読んでみてください。

もちろんこれは形而上の論理で、実際の物理法則は、原子や分子が持つ固有の法則による
相互作用により変化を生み出すのが、科学的に実証された真理です。

しかし人間の認識力には限界があり、個別の原子・分子の法則を科学力で解明した現在でも、
その相互作用が生み出すカオス的な変化の先にある未来を予測するのは不可能です。

科学的な見地に立つが故に、仏陀の説く無常が真理であることを明確に悟るのです。

240 : ◆brJY.mr26k :2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:9jv4RQYN
以下、余談です。

佐々木氏の著書によりますと、世親(ヴァスバンドゥ)も『倶舎論』の中で、
善行・悪行(オウムではカルマの法則)について、カオス理論的な解釈を
していたとの研究結果があるようですね。

悪業や善業を積むことで微細な変化が生じ、それは人間の認識力で把握する
ことは出来ないが、ある日突然、必ずそれは現象化する、これを「相続転変差別」
と言うそうです。

カルマを読めるのならば、現代コンピュータでも解析不可能なカオスを読み切る
ことができるはずであり、例えばそれは、天候の完全予知であったり、為替相場の
完全予測であったり、予知能力であったりするわけです。

この超能力を証明できた人間は、古今東西に存在しません。

さらに余談ですが、雨乞いを100%実現する方法というのはあります。
雨が降るまで雨乞いすれば良いという訳です。

呪殺も100%可能です。
相手が死ぬまで呪いの儀式を続ければ良いのです。
人間は100%死にますからね。

241 :神も仏も名無しさん:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:QBOQcuaL
「私はいわゆる研究というものをしていない。
 時間は訳経と坐禅に費やされることが多く、
 いつも仏教は一つであり、原始仏教であれ、上座部仏教、
 あるいは大乗仏教であれ、それは名のみのもの、
 教えの根幹は同じである、と学んでいる。」

「どの仏典も、パーリ仏典であれ、大乗仏典であれ、
 その根本教義に違いはありません。」

片山一良
「パーリ仏典入門」、「パーリ仏典にブッダの禅定を学ぶ」より

242 : ◆brJY.mr26k :2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:gPVga4DE
研究にも色々とありますが、時代時代の仏教の広がりや変化を調べるのは、
無意味なものでは無いと思います。

教えの根幹を求めるからこそ、仏教の広がりを調べ根幹を探るのは、間違いでは無いと思います。

それが研究と言えば研究であるし、自己の追求と言えば自己の追求であるし。
仏陀は、仏陀の教えと自己の考えと、双方を根幹とせよと説いておりますからね。


仏陀の教えを基に、自己の考えを述べること。
仏陀の教えを根幹としつつ、あるいは仏陀の教えを尊重し、あるいは仏陀の教えを
批判的に捉え、仏陀に依存せず、仏陀を否定せず、自己の在り方を求めること。

多角的な視点から、仏陀の教えを考えること。
多角的な視点で、仏陀の教えを検証することを認めること。


その全てを仏陀は包摂しながら説いていると、私は思うのです。


自分の考えは、自分の考えであると、堂々と述べること。
仏陀の教えを背景としつつも、仏陀の権威に依存しない、自分の主張が仏陀の権威に依るものではないこと。

真理であるならば、仏陀の教えに依存せずとも、真理として認められるであろうことを、私は述べるのです。

243 : ◆brJY.mr26k :2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:JcLDdGIZ
>>226について。

>>>192での
>>仏陀釈迦牟尼がいつどこでどの経典で「苦しみの状態に没入したら、苦と感じなくなる状態など得られなかった」と明言したのでしょうか?
>>魔境君が誤読した経典箇所をお教え下さいませ。
>という質問への回答を未だに頂いておりませんけど、やはり嘘だったのでしょうか?

既出です。
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1365454570/974

中部経典第36 大サッチャカ経

>「アッギヴェッサナよ、そこで私はこのように思いました。〈私は止息禅のみを行ってみてはどうであろうかと〉。
>・・・私はその苦の努力のみによって努力が制圧され、身体は激動し、静まることがありませんでした。アッギ
>ヴェッサナよ、それでも私に生じたそのような苦の感受は、心を捨てることなく、とどまりました。」

補足ですが、禅定によって苦を緩和することは可能と言われています。
しかし人間は、一生禅定だけやって生きられるものではありません。

禅定を離れても苦を受けず生きるには、智慧の発現が必要なのです。

仏陀も禅定を修得したが、それだけでは解脱できませんでした。
禅定の心が安定した状態において、思索に集中し、智慧によって解脱したのです。

つまり禅定は手段に過ぎず、本質は智慧にあるのです。

244 : ◆brJY.mr26k :2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:JcLDdGIZ
仏陀ほどの瞑想の達人さえも、激しい苦行の中で禅定に達することはできないと
明言されてますから、いわんや、我ら凡夫には不可能と言えるでしょう。

そこで智慧により苦を避けたり、防護することが必要であり、それでも苦を受けることが
あるから、そこは忍耐するのが仏陀の説いた智慧です。

そして、苦を避け、防護するには、戒律の遵守が最も効率が良い。
これが仏陀の智慧です。

戒律を犯したオウム真理教が、様々な苦を受けていることを、ありのままに観察するなら
これが真理であると、容易に理解できるのです。

245 :神も仏も名無しさん:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:eNmBXhJY
パヴィッタは性欲の破戒をしすぎて動物界へ落ち
人間の知性を失って支離滅裂な言葉を吼える
法則通りですね

246 : ◆brJY.mr26k :2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:7lTKTWnA
長部経典第4 ソーナンダ経

>慧は戒によって浄められ、戒は慧によって浄められます。
>戒があるところには慧があり、慧があるところには戒があります。
>戒がある者には慧があり、慧がある者には戒があります。

>また、戒と慧は、世の最上のものと言われます。

>たとえば、バラモンよ、手をもって手を洗うように、足をもって足を洗うように、
>ちょうどそのように、バラモンよ、慧は戒によって浄められ、戒は慧によって
>浄められます。

>戒があるところには慧があり、慧があるところには戒があります。
>戒がある者には慧があり、慧がある者には戒があります。

>また、戒と慧は、世の最上のものと言われます。


破戒者に智慧があるという法は無いのです。

247 : ◆brJY.mr26k :2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:7lTKTWnA
>>245
何十回でも言いますが、私は>>245の人ではありません破戒者よ。

248 :神も仏も名無しさん:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:vkvriUzG
恩田無境必死w

249 :神も仏も名無しさん:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:1ROgw6y0
連呼無智くんのほうか必死っぽい

250 :神も仏も名無しさん:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:Vf50o8YG
滝本さんは上祐の事を  『目的の為には手段を選ばない一環として「嘘をつくのがワーク」で、ヴァジラヤーナの実践をしているのだとすれば』と言うけど違いますよ
上祐はもともと、他の受刑者や死刑囚と違い、≪オウムに行きさえしなければ犯罪を起こす事はなかった人≫ ではない。 ただの精神病質者で、社会不適合者。
オウムがなければ、他の宗教団体に入り(マルチなどをやる能力はない)そこに寄生し、歪んだプライドを満たして生きていくだけ 今の活動も彼が社会とは絶対に相容れない、という証左
オウムのような大きな事件を起こした団体を利用して生きるのは、望むところだし、それ以上楽な人生は思いつけない 改心とか、良心の目覚め、気づきなどを期待する方がおかしい。

滝本さん、良心の欠落した人間に働きかけても何もなりませんよ 理屈の通じる相手ではなく、あれは自分の欲望の赴くままに生きているだけの人です
被害者遺族を中傷し、あざ笑い続けている彼の取り巻きも、自業自得なので、ああやって年老いていけばいいと思いますね。

251 : ◆brJY.mr26k :2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:7lTKTWnA
>>243の「大サッチャカ経」について補足します。

仏陀は出家してから、アーラーラ・カーラーマやウッダカ・ラーマ・プッタに師事し、
禅定を極めました。

しかし、それでは苦を滅尽できない、解脱できないと思い、次に苦行を行いました。
しかし、苦行によって苦を滅尽することはできませんでした。

仏陀は苦行を止め、禅定の中で思索しました。
そこで、輪廻転生から解脱することで、苦を滅尽する智慧を得たわけです。

輪廻転生の最上位である非想非非想処を仏陀は禅定修行で体験しましたが、
そこへの転生さえ苦しみであると、仏陀は悟ったのです。

つまり、輪廻転生に依存することを、仏陀は否定しているのです。

252 :神も仏も名無しさん:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:aKV+hgUW
いいから禅定やってみ。

253 : ◆brJY.mr26k :2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:7lTKTWnA
さっき軽く禅定してきましたけど、苦が緩和されるのは事実ですね。
禅定による脳作用の変化について、研究してみるのも面白そうです。

もちろんオウム方式の禅定などやってませんけどね。

254 :神も仏も名無しさん:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:oRzaDEMJ
オウム方式の禅定なんてあった?

255 :神も仏も名無しさん:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:aKV+hgUW
サマタ瞑想はやってたから、あったと言えばあった。
オウムはサマディ(三昧はサンスクリット語からの音訳)という言い方を好むだろうけど。
禅定はパーリ語からの音訳だけど、意味は同じ。

サマディに入るだけなら、色んな宗教や宗派がやってきたし、やっている。
そこでさまざまな神秘体験をしたとしても、なんの不思議もない。

256 : ◆brJY.mr26k :2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:7lTKTWnA
「神秘体験」なんて大層なもんじゃありませんね。

脳内に蓄積された記憶、記憶を統御する観想プログラム、肉体の動作プログラムを
組み合わせたルーチンによる物理的な思考コントロール法です。

257 :神も仏も名無しさん:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:aKV+hgUW
仏教的なセンスで言うと、集中すべき対象以外に心が向いたら、それは雑念です。
雑念を喜ぶのは仏教的な瞑想法ではありません。

しかし、禅定の最中に集中力が高まり、普段見えていなかった思考や感情や感覚が
よりはっきりと見えてくるとか、身体感覚が変わる(忘れる)とか、さまざまな経験を
するものです。

瞑想の実習を行っている人が瞑想について語っているのか、そうではない人が語っ
ているのかも、一目でわかるものです。

258 :神も仏も名無しさん:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:I2J5cEVm
>>243
>>>>192での
>>>仏陀釈迦牟尼がいつどこでどの経典で「苦しみの状態に没入したら、苦と感じなくなる状態など得られなかった」と明言したのでしょうか?
>>>魔境君が誤読した経典箇所をお教え下さいませ。
>>という質問への回答を未だに頂いておりませんけど、やはり嘘だったのでしょうか?
>
>既出です。
>http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1365454570/974
>中部経典第36 大サッチャカ経
>>「アッギヴェッサナよ、そこで私はこのように思いました。〈私は止息禅のみを行ってみてはどうであろうかと〉。
>>・・・私はその苦の努力のみによって努力が制圧され、身体は激動し、静まることがありませんでした。アッギ
>>ヴェッサナよ、それでも私に生じたそのような苦の感受は、心を捨てることなく、とどまりました。」
>
>補足ですが、禅定によって苦を緩和することは可能と言われています。
>しかし人間は、一生禅定だけやって生きられるものではありません。
>禅定を離れても苦を受けず生きるには、智慧の発現が必要なのです。
>仏陀も禅定を修得したが、それだけでは解脱できませんでした。
>禅定の心が安定した状態において、思索に集中し、智慧によって解脱したのです。
>つまり禅定は手段に過ぎず、本質は智慧にあるのです。

それはオウム真理教で説かれていた教えと同じですね。
魔境君はこのアッギヴェッサナと同じ謬見解に陥っていたから、ヴァヤヴィヤ3時間程度の修行で挫折しただけかと。
そしてその自分の謬見解を未だに「オウム真理教の教え」だと誤解しているようですね。

259 :神も仏も名無しさん:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:I2J5cEVm
>>251
魔境君は以前から「仏陀は輪廻転生を説いていない!」と繰り返し主張してましたけど、その魔境見解は捨てたのでしょうか?w

>>253
魔境君は修行自体を否定してませんでしたっけ?

>>256
>「神秘体験」なんて大層なもんじゃありませんね。
>脳内に蓄積された記憶、記憶を統御する観想プログラム、肉体の動作プログラムを
>組み合わせたルーチンによる物理的な思考コントロール法です。

文章表現は曖昧で稚拙だけど、その内容はオウム真理教で説かれた教えとほぼ同じですね。
魔境君はオウムでの修行ではその段階には達せなかったようですけど。

260 :神も仏も名無しさん:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:I2J5cEVm
>>250
>『目的の為には手段を選ばない一環として「嘘をつくのがワーク」』
>≪オウムに行き(関わり)さえしなければ犯罪を起こす事はなかった人≫
>ただの精神病質者で、社会不適合者。
>オウムがなければ、他の宗教団体に入り(関わり)(マルチなどをやる能力はない)そこに寄生し、歪んだプライドを満たして生きていくだけ
>今の活動も彼が社会とは絶対に相容れない、という証左
>オウムのような大きな事件を起こした団体を利用して生きるのは、望むところだし、それ以上楽な人生は思いつけない
>改心とか、良心の目覚め、気づきなどを期待する方がおかしい。
>良心の欠落した人間に働きかけても何もなりませんよ
>理屈の通じる相手ではなく、あれは自分の欲望の赴くままに生きているだけの人です
>被害者遺族を中傷し、あざ笑い続けている

そうやって遠回しに弁護士先生の悪口を言うのは、やめろw

261 :神も仏も名無しさん:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:yDTcW2ze
とにかく借金踏み倒しは駄目

262 :神も仏も名無しさん:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:HH7rA2AP
三択問題

1 仏教は創価学会の教えである。
2 仏教は幸福の科学の教えである。
3 仏教はオウム真理教の教えである。

263 :神も仏も名無しさん:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:HH7rA2AP
正解は、4の顕正会でした。

264 :神も仏も名無しさん:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:y+s+RJ9m
>>260

あんたの上祐さんがどれだけ家族に酷い事してるか。いい年してそんな事も考えられないんだね 上祐の兄弟は、同じ環境で育っても歪まなかった。
「裕福ではなかった」 といって、母親が苦労しているのもわかっていて、自分はそれに乗っかって大学院まで行った。
進学したくてお金持ちじゃなかったら、奨学金でやって、あとは社会に出てから働いて返していくんだよ 

男のくせに、 産み育ててくれた母親を助ける事もせず、院を出たらすぐに就職に失敗 → 宗教団体を利用し、一人では何もできない男が権力を満たそうとした。劣等化の塊。

265 :続き:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:y+s+RJ9m
上祐はずっと被害者遺族を踏みにじってるけど、実の母親の事も本当に傷つけている。 M澤さんだって、皆で止めなかったら上祐の一言で殺されていたんだよ、坂本事件の同年同月に。
はっきり言って、男のクズ。 そんな男を盲信して、思考停止状態になって社会を敵視しながら生きているだけの女なんか、それ以下としか言いようがないね。

坂本さんは、あんたらのような腐ったクズを、 社会に適応させようとして殺されてしまったんだ。
今あんたらがしている事は、 坂本さんを、事件の犠牲者全てを冒涜しているのと同じ。 それさえ解らずに、傲慢なまま、人を苦しめる為だけに、鈍感にただ生きている。

266 :神も仏も名無しさん:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:Zq/d7hYA
私念を感じる・・・・気持ち悪い

267 :神も仏も名無しさん:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:v16pzplK
>>264
>あんたの上祐さんがどれだけ家族に酷い事してるか。いい年してそんな事も考えられないんだね

なんでいきなり家族とか出て来るんだよw

>上祐の兄弟は、同じ環境で育っても歪まなかった。

兄弟いたの?

>「裕福ではなかった」 といって、母親が苦労しているのもわかっていて、自分はそれに乗っかって大学院まで行った。
>進学したくてお金持ちじゃなかったら、奨学金でやって、あとは社会に出てから働いて返していくんだよ 

出家してからも律儀に奨学金返してたじゃん。
何が問題なの?

>男のくせに、 産み育ててくれた母親を助ける事もせず、院を出たらすぐに就職に失敗 → 宗教団体を利用し、一人では何もできない男が権力を満たそうとした。劣等化の塊。

院を出て直ぐ就職しただろ?
弁護士先生じゃ有るまいし平気でウソつくなよw

268 :神も仏も名無しさん:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:v16pzplK
>>265
根拠不明の流言飛語による中傷ばかりしてないで、言いたい事があるのなら本人に直接言いなさいよ。
そんな事ばかりしていると、あなたが人間のクズになってしまいますよ。

269 :神も仏も名無しさん:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:/os6URGq
>>267
上祐には弟がいるよ
結婚して相手方の姓になってる

270 : ◆brJY.mr26k :2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:0183lqXQ
>>257
>瞑想の実習を行っている人が瞑想について語っているのか、そうではない人が語っ
>ているのかも、一目でわかるものです。

いや流石です。
瞑想を実践されている方には、釈迦に説法ですね。

ご明察のとおり、私の禅定は見よう見まねの手習いですが、集中力を高めると
体の奥の疲労感みたいなものがスッと抜けて快活になったり、慈愛心を高める
言葉を唱えると、慈愛心や幸福感が喚起されて苦が緩和されるので、なるほど
と思えますね。

人間心理は意識している表層部分と無意識の深層部分があり、深層部分に作用する
トリガーが瞑想にはあるんだな、と推察しております。

大変興味を喚起されましたので、良い師匠に瞑想を習ってみたいと思い始めた次第です。
もちろん、オウム真理教は除外ですけどね。

271 : ◆brJY.mr26k :2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:0183lqXQ
>>258
>それはオウム真理教で説かれていた教えと同じですね。

それは大変良いことですね。
できれば>>246の戒と慧についても、無視せずに説いて頂ければ、
さらに仏陀の教えに近付くことができるでしょう。


長部経典第2 沙門果経

>確かに、大王よ、あなたは愚かさのままに、迷いのままに、不全のままに、正しい法王である
>父君を殺すと言う罪を犯されました。

>しかし、大王よ、あなたが罪を罪として認め、法に従って懺悔される限り、私たちはあなたの
>ことを受け止めます。

>それは、大王よ、罪を罪として認め、法に従って懺悔し、将来において防護すると言うこのこと
>こそが、聖者の律における繁栄というものだからです。

272 : ◆brJY.mr26k :2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:0183lqXQ
>>258
>魔境君はこのアッギヴェッサナと同じ謬見解に陥っていたから、ヴァヤヴィヤ3時間程度の修行で
>挫折しただけかと。
>そしてその自分の謬見解を未だに「オウム真理教の教え」だと誤解しているようですね。

仏陀の時代に調気法を主とするハタ・ヨーガは説かれてませんからね。
ヴァヤヴィヤは仏陀より後世の人物が確立した手法です。


>.>259
>魔境君は以前から「仏陀は輪廻転生を説いていない!」と繰り返し主張してましたけど、
>その魔境見解は捨てたのでしょうか?w

>>251を読んで「仏陀は輪廻転生を説いている」と思えるなら、読解力を磨くべきです。

仏陀の智慧の素晴らしい所は、他の教えと敵対しないという点にあり、これは、輪廻転生からの
解脱を否定する場合にも用いられています。

仏陀は、輪廻転生が浸透していた当時の社会でこれを否定しませんでした。
ただ一つ、「輪廻転生の上に、仏陀の説く解脱をそっと置いた」のですね。

こうした仏陀の智慧や慈悲や愛情は、「梵天の上に仏陀をそっと置く」原始経典を読んでも
理解できるし、あるいは、ジャイナ教のニガンダを尊重する原始経典からも推察できるのです。

273 : ◆brJY.mr26k :2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:0183lqXQ
>>259

>>>253
>魔境君は修行自体を否定してませんでしたっけ?

苦行は否定していますね。
修行という表現も、苦行を含意しているので好みません。

「実践を楽しむ」ことを大いに推奨します。
イヤイヤながら、苦しみながら行っても、あまり益は無いですからね。

日本人って、苦しむことが美徳であるとか、苦しめば何かが得られると思っている人が
多いようですが、それは違うと思いますので。

解脱に向けた実践も、楽しむことが必要だと仏陀も考えていましたね。


>>>256
>>「神秘体験」なんて大層なもんじゃありませんね。
>>脳内に蓄積された記憶、記憶を統御する観想プログラム、肉体の動作プログラムを
>>組み合わせたルーチンによる物理的な思考コントロール法です。

>文章表現は曖昧で稚拙だけど、その内容はオウム真理教で説かれた教えとほぼ同じですね。
>魔境君はオウムでの修行ではその段階には達せなかったようですけど。

オウム真理教は、これに非科学的な思想を混ぜ合わせるから、カルトと呼ばれる訳です。
例えば、この体験はバルドーの・・・とかってね。

部分的に真実を用い、妄想の世界に引き込むのが、カルトの問題点であるわけです。

274 :神も仏も名無しさん:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:w56I44xv
この支離滅裂さは
やっぱりサルだ

275 :神も仏も名無しさん:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:w56I44xv
恩田無境ブログの支離滅裂さと同じ
ここまで酷いやつはなかなかいない

276 : ◆brJY.mr26k :2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:0183lqXQ
>>272
>仏陀は、輪廻転生が浸透していた当時の社会でこれを否定しませんでした。
>ただ一つ、「輪廻転生の上に、仏陀の説く解脱をそっと置いた」のですね。

ああ、ここ変ですね。
訂正します。

仏陀は、輪廻転生が浸透していた当時の社会でこれを「直接的には」否定しませんでした。
ただ一つ、「輪廻転生の上に、仏陀の説く解脱をそっと置いた」のですね。

277 :神も仏も名無しさん:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:w56I44xv
> >>251を読んで「仏陀は輪廻転生を説いている」と思えるなら、読解力を磨くべきです。

この一文だけでどれだけキチガイかよく解る

278 :神も仏も名無しさん:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:w56I44xv
また酒飲んでるのか、サル

279 : ◆brJY.mr26k :2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:0183lqXQ
>>277
仏陀が輪廻転生を説いているなら、非想非非想処で満足するんですよ。
これに満足せず輪廻転生を否定するのが、仏陀の説く解脱の境地です。

280 :神も仏も名無しさん:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:w56I44xv
支離滅裂
黙ってろサル

281 : ◆brJY.mr26k :2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:0183lqXQ
輪廻転生からの解脱とは、輪廻転生の世界観からの解脱であるわけです。
輪廻転生観の思考の輪に囚われ、輪廻に執着する限り、永遠に仏陀の説く
解脱に至ることは出来ないのです。

しかし、ただ単に輪廻転生観を否定しても、苦が滅尽されるわけでもありません。
戒と智慧によって苦を回避し、防護し、耐える実践を続ける必要があるのです。

当時の社会において、仏陀の解脱論を効率的に伝える智慧が、輪廻転生を直接否定せず、
輪廻の上に仏陀の悟った解脱の境地をそっと置く方法だったのです。

282 :神も仏も名無しさん:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:w56I44xv
>>281
> 輪廻転生からの解脱とは、輪廻転生の世界観からの解脱であるわけです。
間違い

> しかし、ただ単に輪廻転生観を否定しても、苦が滅尽されるわけでもありません。
その通り、よって一行目は間違いであることを自分で言っている

このように自分自身で矛盾した文章を平気で数行の内に表現するのが
恩田無境の文章の特徴
思考が支離滅裂、人間の知性を失って
動物、地獄転生の相が現れている

283 :神も仏も名無しさん:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:w56I44xv
>>251
> 仏陀は苦行を止め、禅定の中で思索しました。
> そこで、輪廻転生から解脱することで、苦を滅尽する智慧を得たわけです。
>
> 輪廻転生の最上位である非想非非想処を仏陀は禅定修行で体験しましたが、
> そこへの転生さえ苦しみであると、仏陀は悟ったのです。
>
> つまり、輪廻転生に依存することを、仏陀は否定しているのです。


以上の様に書いておきながら、平気で


>>251を読んで「仏陀は輪廻転生を説いている」と思えるなら、読解力を磨くべきです。


などという矛盾したことを表現する

これはもう人間の知能を持っていない

284 :神も仏も名無しさん:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:w56I44xv
恩田無境のブログの文章も
同じ形の支離滅裂な文章が多い

こういった矛盾に気付かず、騙されていた人は
反省した方がいいだろう

285 :神も仏も名無しさん:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:I+dvhZHX
馬鹿は気づかない

286 :神も仏も名無しさん:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:OxV2+cdn
仏教の話ばかりだと、ヨガ派の人が退屈するんじゃないか。
別にいいけど。

287 :神も仏も名無しさん:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:OxV2+cdn
解脱というものが、単に宗教的世界観を捨てるだけのことであるならば、
論理的・哲学的な思考の訓練をするだけで事足りる話で、わざわざ瞑想
修行の指導をする必要などありません。

論理的・哲学的に考える力は、それ自体素晴らしいとは思います。
しかし、いくら論理的な思考を積み上げても、私たちの心は感覚や感情、
わき上がる思考に振り回されてしまう。
我々は、ほとんど刺激に反応して生きている状態です。

ところが瞑想をしていくと、その動き回る心を自覚できるようになってきます。
自覚することができると、制御できるようになってきます。
刺激に反応する生き方から、反応を選ぶ生き方に転換してくるのです。

288 :神も仏も名無しさん:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:OxV2+cdn
瞑想によって磨かれる理性は、知識や論理による理性とは違います。
より根源的な理性なのです。

その恩恵は、死後の世界があろうが無かろうが、生まれ変わりがあろうが無か
ろうが、いまこの瞬間から、この人生において享受することができるものです。

289 : ◆brJY.mr26k :2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:wX3tVOF2
>>282-283
ではまず、「必要条件」と「十分条件」を理解してみましょう。

「輪廻転生観からの解脱」は、「必要条件」ですが「十分条件」ではありません。
仏陀の説く「十分条件」は「苦の滅尽」でなのです。
「解脱」=「苦の滅尽」と思っている人が多いようですが、そう簡単ではありません。

仏陀は、六道の一つとされる人間界(現世)において解脱できると言っており、一方では、
輪廻転生における最高の世界に至っても苦は滅尽されないと説いていおります。

苦を滅尽において、輪廻転生の世界観など無用のものなのです。

ですから、有るか無いか分からない「来世」など考えず、苦を滅尽するのは今(「現世」)でしょ!
と考えるのが、仏道修行者の正しい在り方だと仏陀は説いているのです。


解脱しても、苦を受ける場合があります。
仏陀自身、解脱したはずなのに「背中が痛い」と言ったり、食中毒で苦しんだりしています。
また、誹謗中傷を受けたりもしており、その苦から耐えています。

原始仏典をありのままに読めば、解脱しても苦を受けることがあると理解されます。
そこで、戒と慧により、己を防護し、回避し、忍耐して苦を滅尽すべしと説かれるのです。

290 :神も仏も名無しさん:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN ID:9uVu1fQo
うるせーサル
支離滅裂に支離滅裂を重ねるな
先ず自分の性欲の破戒を懺悔しろ

291 :神も仏も名無しさん:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:PRQjU7PE
>>287-288
瞑想の意義をとてもわかりやすい言葉で定義していただき
ありがとうございます。
読んでいるだけで心が静まるようなエネルギーを感じました。

292 :神も仏も名無しさん:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:8m91wjKs
>>267>>268 などを見ると、ひかりの輪 の人間のアティテュードがよくわかる
自分達にとって都合の悪い事は無視か、わざと曲解した上で内容をすり替え、はぐらかす。
そして嘘とごまかし、当てこすり…と毎回同じパターン。 オウムの頃と何も変わっていない。つまりまた犯罪を行うという事。 

そして最も危険なのは、3大事件に深く関わりながらも唯一重刑を逃れた最高幹部が代表となって、結局同じ事を繰り返しているという事。

293 :神も仏も名無しさん:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:8m91wjKs
ひかりの輪の人達は被害者遺族に、「文句があるなら直接言いにこい」 「ひかりのHP見て」と厚顔無恥に言うけど
その内容は、被害者や社会を全く認識しておらず、内輪でしか通じない独善的な主張の繰り返しで危険としか言いようがない

ただ、内省できず、ひたすら自己中心的に振る舞う彼らを批判するだけではいけないと思う。『社会と迎合できない』人達に。
そして、私達の社会も、こうしたカルトにたいして明確なスタンスを持てていない事にも問題がある。
どちらにしても、彼らを常に監視下に置き、社会が許容できる範囲で、彼らの欲望を満たしていくしかないのかなと思います。

294 : ◆brJY.mr26k :2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:+xpysDIn
>>287-288
現代において知識や論理とは、言語による媒介を主としたものです。

人間の感覚器官には、五感(目、耳、鼻、舌、触)があり、仏教ではこれに意(心)を加えます。
そして、そのどの感覚器官をとっても、正確に言語表現するのは難しいのです。

例えば「私は一本の木を見ました。貴方は私が見た一本の木を書けますか?」
と問うならば、それは不可能です。

同様に、「私は○○の神秘体験をしました。貴方は、私が体験した神秘体験をできますか?」
と問うならば、それは不可能です。

そこで、「私が見た木は、これこれこういう木です」という説明を加えることで、私が見た木に
近い木をイメージさせることができ、小説家や言語の専門家が説明すれば、それが実像に
近い木を想起させることができます。

同様に。「私の神秘体験は、これこれこういう手順でやる場合、体験できます」という説明を
加えることで、私の神秘体験に近い体験を再現することができ、それが「倶舎論」にある禅定
の手順であったりするわけです。

現代では、視覚の伝達は写真や映像をもって、ほぼ誤差なく伝達することが可能です。
また、聴覚の伝達は録音装置をもって、ほぼ誤差なく伝達することが可能です。

一方で、嗅覚、味覚、触覚を誤差なく伝達するには、少々骨が折れることでしょう。
さらに、現代科学において意根(心)の感覚は、さらに未解明であることから、苦楽の感覚を
誤差なく他者に伝達することは非常に難しい。

こうしたことから、瞑想による心の作用(体験)が神秘的に写るわけですが、心の作用もまた
人間の肉体的構造によるものであり、知識や論理による解明が可能です。

その体験が、多くの個体において再現可能な感覚である場合、各個体に共通する因子が
存在し、例えばそれが神経作用であったり、脳機能であったりするわけです。

295 :神も仏も名無しさん:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:+zAeImtz
 発 者 同         . 。_   ____           争
 生 同 .じ     .    /´ |  (ゝ___)          い
 .し 士 .レ      .__/'r-┴<ゝi,,ノ   ro、      は、
 .な で .ベ      ∠ゝ (ゝ.//`   ./`|  }⌒j     
 .い し .ル        } ⌒ /`ヽ、_∠l,ノ ・ヽ´
 .! ! か の       /  ´..:.} >、、___,  .r、 ソ、`\
             /   ..:.:.}   /   |∨ ` ̄
            /   ..:.:./    |   丶
           / _、 ..:.:.:.{    .{.:.:.   \
          {   ..:Y  .ゝ、   {.:.:.:.:.    ヽ
          |、  ..:/ 丿 .:〉   >.- ⌒  .  ヽ
          / {. ..:./ ソ ..:./  .(    ..:.:.:`  ..:}
         ./..:.:}.:.:./ ヘ、 ..:./   .\ ..:.:r_,ノ、.:.:}
        ./..:.:/|.:/   {.:./     X.:.:}.}   X X
        /..:.:/ .}.:|    }:/       .Y丶ヽ  Y.:Y
  . __/.:/ { }  《.〈、     _,,__>.:》丶   Y.:\
  /.:.:.:.:.::/   !.:.:ゝ  ゝ.:. ̄ヾ ´:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾゝ   \.: ̄>

296 :Johannes:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN ID:+zAeImtz
.


>>295


君. 俺のID使うのやめてくれ. 迷惑だ.




.

297 :神も仏も名無しさん:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:822LoAFC

ただ、内省できず、ひたすら自己中心的に振る舞う彼らを批判するだけではいけないと思う。『社会と迎合できない』人達に。

社会と迎合できない、意図的な面もありますね、ずる賢く
要するに社会で働きたくない、私たちも騙された、
また一人になりたくない、

それで一元か?極端な依存症があり、背景には
潜在意識でのねじれ現象(グルを始め、多くの人達の霊性の向上を阻害)
でひねた独善的な暗いサンスカ−ラを構築して増大していることが
災いしています。

298 :神も仏も名無しさん:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:7p5IPgh+
今更上祐を雇う企業があるとは思えないけどねw
上祐なんか雇ったら社会からは偏見の目で見られるよ。

299 :神も仏も名無しさん:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:822LoAFC
>徐々に認められつつある両団体の違い

全く世間、公安庁、日本国民も認めているどころか
世間知らずの一握りの、自己満足選民意識カルト甘えん坊の輪とみています。

一生、虹、アレフ批判、神社仏閣徘徊、を繰り返す迷惑団体であります。

300 :神も仏も名無しさん:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:7p5IPgh+
両団が違うとしても公安の観察は外れない。
上祐はそんなことも分らないのか。
アレフとしてることが違う反省したから観察外してくれなんてのは通らない。

301 :神も仏も名無しさん:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:7p5IPgh+
そんなもんはそもそも世間が許さない。
上祐が世間の許しを得るなんてのは無理な話だ。
当たり前。
上祐は自分がどんだけ世間から嫌われてるか分ってるのか。

302 :神も仏も名無しさん:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:7p5IPgh+
後、ウクライナでの件についてまだ説明がまだされてないよな。

303 : ◆brJY.mr26k :2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:t1EgMvzH
>>282
田上太秀氏の近著『ブッダの最期のことば』に、私が言わんとしていることを
見つけたので、参考までにご紹介します。

>周知のように釈尊は三十五歳のとき、菩提樹の下でさとりを得たといわれる。
>衆縁和合のダルマをさとったことで、人々にブッダと呼ばれた。
>ブッダと呼ばれるような境地に達したのであるから、その後は修行をしなくても
>よさそうに考えるが、釈尊は相変わらず修行をつづけた。
>八十歳で涅槃に入る直前まで、修行の連続であった。

>修行はさとりを得るまでの方便ではなく、さとりを得たあとも継続しなければ
>ならないことを教えている。

なお、同著で田上氏は、ブッダが説く修行とは苦行ではなく、ほどよい加減で、たゆまず
努力することであると述べています。


解脱を体験すれば超人になり、現世の苦が滅尽され涅槃を得られるものではないと、
仏陀は説いています。

解脱しても怠けずに実践を続けるからこそ、現世で涅槃寂静を得るとするのが仏陀の
教えであり、一時の体験をもって涅槃を得たと考え、修行を怠けて放逸になるなら、
悪因を積み苦を得るものと、仏陀は説いているのです。

輪廻転生の世界観への執着を捨てることは、涅槃に至るために必要ですが、輪廻転生
への執着を捨てても、八正道を放棄し放逸になるなら、涅槃は得られないのです。

304 :神も仏も名無しさん:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:smwIs7EI
>>260

>そうやって遠回しに弁護士先生の悪口を言うのは、やめろw

>>267

>弁護士先生じゃ有るまいし平気でウソつくなよw

普通に元の文章読んで、何でこういうレスになるのか、怖いね 統合失調症か…
上祐という精神病質者の誇大妄想狂の下には、こういう統失の人達がいっぱいいるのかと寒気がする

あのさ、被害者遺族でも死刑囚の人達の真摯で誠実な態度を見て、心を動かされている人達も多いんだよ
彼らとは比較にならない程、時間と自由があって、どうして心からの謝罪や、内省ができないのか、それが気味が悪い

305 :神も仏も名無しさん:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:smwIs7EI
>>301

ひかりの輪の中にいると、批判や抗議も 「上祐さんは人気者だから」と思うようになるんだろう
世間からして「怖い」と思うのは、そういう独善性、偏狭さ。自分達の都合の良い風にしか考えられずに、相手を傷つけてる事が理解できてない

上祐には元々 『良心』がないんじゃないのか。 『良心』は『善悪の判断力』や『内省する心』 に置き換えてもいい。
それが 他の死刑囚の人達と決定的に違うとこでは。 上祐はその人達を利用して平気でいられるくらい歪んでいる
麻原の事を狂人、と主張したりするのも、自分がそう言われる事から逃げるためだよ。でも世間は、上祐の狂いようをわかっている

306 :神も仏も名無しさん:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:822LoAFC
>ひかりの輪の中にいると、批判や抗議も 「上祐さんは人気者だから」と思うようになるんだろう
世間からして「怖い」と思うのは、そういう独善性、偏狭さ。自分達の都合の良い風にしか考えられずに、相手を傷つけてる事が理解できてない


どうだ宗形、細川、何か言ってみなさい。
またウクライナでの説明が足りません。
健全団体と言うなら答えろ。

307 :神も仏も名無しさん:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:7p5IPgh+
>>306
自分達にとって都合が悪いから答えないよ。
スタッフのプライバシーに関するとか言って回答しないに決まってる。
これで、健全団体名乗ってるんだから可笑しな話。
その可笑しさに全く気付かないのが上祐。
こういう体質が昔から変わらないと言われる要因の一つ。

308 :神も仏も名無しさん:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:PU5AcFbR
私は上祐には良くも悪くも何も思うところはないけど、
ここまで悪口を言い続けられると、言ってる方が気味悪いと感じる

309 :神も仏も名無しさん:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:u4jO4wiE
>>308
同感
なんつーか、毎日の日課のようにグダグダ言ってるこのしつこさが気持ち悪い
オウム的というか、信者か元信者なんだろうけど異様さを感じる

310 :神も仏も名無しさん:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:7p5IPgh+
ウクライナの件について説明できないのは何故ですか?

311 :神も仏も名無しさん:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:wfB0Jg6H
上祐氏の発言
「(サリン事件の被害者は)『なぜ,俺たちだけがこんな目に遭わなきゃいけないんだ』
と思っているにすぎない」などと,麻原を擁護したり,サリン事件被害者に対する配慮を
欠いた内容を含む説法を行った。

http://www.moj.go.jp/ITH/organizations/ES_E-asia_oce/aum.html

312 :神も仏も名無しさん:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:COTBg4zj
誰か相談に乗ってやれる?

21 神も仏も名無しさん 2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:eVmUWJtb
結婚した相手が元オウム真理教の信者です。
教団では師と呼ばれていたようで、結婚したいまでも元信者の方と交流があり、たまに会っているのですが、たまに心配になります。
私と同じように元信者の方と結婚したオウムと関係ない方、いらっしゃいませんか?

オウム・アーレフ・光の輪を公正に批判するスレ・3
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1373030585/21n

313 :神も仏も名無しさん:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:v9IB51+g
ヤーレンソーランソーランソーランソーランソーラン (ハイハイ)wwwwwwwwwwwww
にしん来たかと 鴎に問えば わたしゃ立つ鳥 波に聞け チョイwwwwwwwwwww
ヤサ エーエンヤーサーノドッコイショ (ハードッコイショドッコイショ)
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ヤーレンソーランソーランソーランソーランソーラン (ハイハイ)wwwwwwwwwwwww
沖の鴎に 潮どき問えば わたしゃ立つ鳥 波に聞け チョイwwwwwwwwwwwwwwwwww
ヤサ エーエンヤーサーノ ドッコイショ (ハードッコイショドッコイショ)
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ヤーレンソーランソーランソーランソーランソーラン (ハイハイ)wwwwwwwwwwwww
男度胸なら 五尺のからだ どんと乗り出せ 波の上 チョイwwwwwwwwwww
ヤサ エーエンヤーサーノ ドッコイショ (ハードッコイショドッコイショ)
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ヤーレンソーランソーランソーランソーランソーラン (ハイハイ)wwwwwwwwwwwwwwwww
躍る銀鱗 鴎の唄に お浜大漁の 陽がのぼる チョイwwwwwwww
ヤサ エーエンヤーサーノ ドッコイショ (ハードッコイショドッコイショ)
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

314 :神も仏も名無しさん:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:u9BlPu30
>>311

「公正に批判するスレ2」 の終わりあたりに、上祐が良い車に乗ってるの書いてる人がいたんで、最近のローマ法王の言葉を。

 『(一部の修道士や修道女が最新の車を所有している事について)
恥ずかしい事。 良い車、美しい車が好きなら、どれだけの人々が苦しみ、飢えたりして死んでいるかを思い出してほしい 』  (7月6日、AFP通信)

315 :神も仏も名無しさん:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:u9BlPu30
上祐は、日頃から被害者遺族を ≪怒り狂ってる馬鹿≫ 扱いしてるからね。むしろ自分達の方がひどい目に遭ってると思ってる。
被害者は、別に上祐に何もしてないのに、社会で普通に暮らしている、という事だけで、勝手なで恨みで殺されたのに 全然わかってない

就職して数日でドロップアウトして、何のトライもせずに宗教団体に逃げ込んで、 今も社会を恨むなんて噴飯ものだ。
何でも自分の思う通りにならない事は、陰謀とか迫害っていってる。 だから被害者遺族だって上祐にだけは冷たいんだよ…

316 :神も仏も名無しさん:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:PHKav5LS
上祐は偉そうなこと語ってるけど選挙すら行かない非国民だろ。

317 :神も仏も名無しさん:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:8aNAlsAD
>何のトライもせずに宗教団体に逃げ込んで、 今も社会を恨むなんて噴飯ものだ。

働いて、違う視点から物事を見たらどうだ?
水野、細川。

318 :神も仏も名無しさん:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:2z9d+Mdv
前スレ最後の方に、『上祐は自分の音楽だけに合わせて踊っている狂人』 とあったけど、
周囲の人間もそこに共鳴する部分かあるから一緒に揺れているんじゃないかな
M澤さんは狂犬に噛まれた罪のない人だけど、今の、上祐教の人達は違うと思う

>>267 さんが、「なんでいきなり家族とか出てくるんだよw 」 って書いてるけど、これって悪意じゃなく、素で思ってるんじゃないの
上祐の家族が、彼の為にどれだけ大変な目に遭っているかさえ想像する事のできない人が、自分の内面を見つめる事などできるはずないですよ
ましてや、被害者遺族の事なんか全く理解できないだろう…

319 :神も仏も名無しさん:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:z1I8HpzE
>>316
選挙に行かなければ非国民なら、日本人の半数以上は非国民だねw
民主主義なんだから有権者が棄権するもしないも自由なんだけど、反上祐に狂っているオウム脳の人にはそういう社会の基本常識が理解出来ていないみたいだね。

320 :神も仏も名無しさん:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:MMQpCzBR
316じゃないけど、社会の基本常識って何 あなたは毎日何やってるの
社会にとって有益なこと、ひとつでもしていますか

321 :神も仏も名無しさん:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:MMQpCzBR
>>319

>反上祐に狂っているオウム脳

あんたおかしい 内容も分裂病の患者の文章みたいだしカウンセリング受けた方がいいですよ

322 :神も仏も名無しさん:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:tSSDQU60
>>321
もう少し冷静になって、もしかしたらおかしいのは自分の方だって
考えてみた方がいいかもよ。

323 :神も仏も名無しさん:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:z1I8HpzE
>>321
オウム脳 = 現役・元を問わず、悪い意味でオウム的な「偏向かつ偏狭的な思考パターン」に支配されている人の事
        「自分は絶対に正しい」という思い込みが強く、自らの非を省みる能力に乏しい人が多い
        客観的な理性や論理よりも主観的な感情や情動が優位なのも特徴

324 :神も仏も名無しさん:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:z1I8HpzE
>>320
普通に毎日働いて社会に貢献してますけど?

325 :神も仏も名無しさん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:+foUuBNc
>>303
>田上太秀氏の近著『ブッダの最期のことば』に、私が言わんとしていることを
>見つけたので、参考までにご紹介します。
(中略)
>
>なお、同著で田上氏は、ブッダが説く修行とは苦行ではなく、ほどよい加減で、たゆまず
>努力することであると述べています。

魔境君の悪い所は、解脱も悟りもしていない凡夫の解説をなんの疑いもなく自説に取り込んでしまう所ですね。
それは魔境君自体が解脱も悟りもしていないからなのでしょうけれども。

>解脱を体験すれば超人になり、現世の苦が滅尽され涅槃を得られるものではないと、
>仏陀は説いています。

また誤読による魔境説ですか。

>解脱しても怠けずに実践を続けるからこそ、現世で涅槃寂静を得るとするのが仏陀の
>教えであり、一時の体験をもって涅槃を得たと考え、修行を怠けて放逸になるなら、
>悪因を積み苦を得るものと、仏陀は説いているのです。

魔境君のその解釈は間違ってますけど、解脱しても無常のこの世界で生きて行く限り修行し続けねばならないことは、オウムの教祖も説いていました。

>輪廻転生の世界観への執着を捨てることは、涅槃に至るために必要ですが、輪廻転生
>への執着を捨てても、八正道を放棄し放逸になるなら、涅槃は得られないのです。

輪廻転生は個々人の世界観では無い事を、魔境君は体験的に理解出来ていないみたいですね。
また八正道その他の実践はこの無常の世界で生きて行く限り必要ですが、涅槃の状態で留まれるのであれば必要のないものです。
その点を魔境君は誤読しているようですね。

326 :神も仏も名無しさん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:+foUuBNc
>>303
>田上太秀氏の近著『ブッダの最期のことば』に、私が言わんとしていることを
>見つけたので、参考までにご紹介します。
(中略)
>
>なお、同著で田上氏は、ブッダが説く修行とは苦行ではなく、ほどよい加減で、たゆまず
>努力することであると述べています。

魔境君の願望とは裏腹に、下記の如く釈迦牟尼は苦行を否定していません。
魔境君のように単に自分の嫌いな苦しみから逃げ続ける実践では、永遠に智恵も得られなければ解脱にも悟りにも到達出来ない訳です。


『スッタニパータ(中村元訳)』より
434「 (身体の)血が涸れたならば、胆汁も痰(たん)も涸れるであろう。肉が落ちると、心はますます澄んでくる。わが念(おも)いと智慧と統一した心とはますます安立するに至る。 」
435「 わたくしはこのように安住し、最大の苦痛を受けているのであるから、わが心は諸々の欲望にひかれることがない。見よ、心身の清らかなことを。 」

327 :神も仏も名無しさん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:+foUuBNc
>>304

>>>267
>>>男のくせに、 産み育ててくれた母親を助ける事もせず、院を出たらすぐに就職に失敗 → 宗教団体を利用し、一人では何もできない男が権力を満たそうとした。劣等化の塊。
>>
>>院を出て直ぐ就職しただろ?
>>弁護士先生じゃ有るまいし平気でウソつくなよw
>
>普通に元の文章読んで、何でこういうレスになるのか、怖いね 統合失調症か…
>上祐という精神病質者の誇大妄想狂の下には、こういう統失の人達がいっぱいいるのかと寒気がする

>>267の「院を出たらすぐに就職に失敗」ってのは、事実に反するウソじゃん。
なんで息を吐くようにウソを吐くのかね?

328 :神も仏も名無しさん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:prlA0eWZ
>>327  >>324  >>323  >>319

くやしがりすぎw  いきり立つな、って前も言われてただろうに…
これ統合失調症患者のコメントデータとして使える。 パターンが毎回同じで興味深い
嘘、すりかえ、ごまかし、自分に都合のよい風にしか解釈せず、自分が相手をあざ笑い、勝った、と思いこむ風にして終わる
自分が現実を見つめて不快になるのを、ただひたすら避けようとする退行現象だね いつまでそんな風でいられるもんかな

329 : ◆brJY.mr26k :2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:c2afaSlm
>>325
>魔境君のその解釈は間違ってますけど、解脱しても無常のこの世界で生きて行く限り
>修行し続けねばならないことは、オウムの教祖も説いていました。

オウムの教祖は、口だけで実践せず放逸した凡夫であり、凡夫の言説の否定などは、
凡夫の解説をもってしても足りるでしょう。

教祖が凡夫であり放逸している事実は、殺戮者であり、淫乱であり、虚言癖があったことを
もって、十分に証明されております。

したがって

>魔境君の悪い所は、解脱も悟りもしていない凡夫の解説をなんの疑いもなく自説に
>取り込んでしまう所ですね。それは魔境君自体が解脱も悟りもしていないからなので
>しょうけれども。

という指摘は全く空虚なものです。

>輪廻転生は個々人の世界観では無い事を、魔境君は体験的に理解出来ていないみたいですね。

輪廻転生は個々人の世界観です。
輪廻転生の世界観を刷り込まれない限り、輪廻転生の世界を認識することはありません。
オウム真理教は、わざわざ無用な世界観を刷り込み、人心を恐怖で縛っているにすぎないのです。

>また八正道その他の実践はこの無常の世界で生きて行く限り必要ですが、涅槃の状態で留まれる
>のであれば必要のないものです。

涅槃の状態で留まれるのであれば、オウムの教祖のように放逸することはありません。
放逸する限りにおいて、その者が「最終解脱者」であることが否定されるのです。
涅槃の状態で留まれるのであれば、八正道を意識的に実践せずとも、八正道から放逸することが
ないのです。

330 : ◆brJY.mr26k :2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:c2afaSlm
>>326
中村元『ゴータマ・ブッダ』より抜粋

>最初期の佛教は苦行をほめたたえていた。
>佛教徒も苦行を行わねばならぬことを明言している。
>しかし恐らく實質的には他の諸宗教よりも樂な修行を行っていた。
>佛教徒は最初からジャイナ教徒との間にははっきりと一線を割していた。
>最古層の佛典によると、ニガンダの徒は次のように言った。

>『厭離者にして聡明な修行者は、四種の制戒によって良くまもり、見たり聞き学んだ
>ことを説いている。かれには實に罪は存在しないであろう。』

>「厭離者」は註によると「苦行によって惡を厭い離れる者」であり、四種の制戒とは
>@「すべて冷水を用いない。」
>A「すべて惡を斥ける。」
>B「すべて惡を斥けることによって惡を離れる。」
>C「すべての惡を離れることに達する。」

>をいう・・・(中略)・・・しかしこういう嚴しい苦行は、佛教徒の採用しないものであった。
>もちろん經典の最古層においては、未だ諸宗教の実行する苦行に對する意識的反発は現れていない。

>ところが他の諸宗教すなわちジャイナ教、アージーヴィカ教などは佛教のこの点をついて、
>佛教徒は怠けていると言ったので、仏教徒は自己の態度を擁護し主張する必要が起った。
>そこで「中道」が意識的に説かれるようになり、釈尊が修行中に苦行をすてたという伝説が積極的に
>発展せしめられたのであろう。

>だから釈尊のさとりを中道と結びつけてはっきり説くようになったのも、やはり後世のことであろう。
>そうしてこの中道の観念は、後世の佛教では非常に重要なものとなった。

331 : ◆brJY.mr26k :2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:c2afaSlm
結局のところ「苦行」は「チキンレース」です。

ヴァヤヴィヤできる人から見れば、ヴァヤヴィヤなんて苦行じゃないと。
ジャイナ教から見れば、仏陀の修行なんて苦行じゃないぞ、怠けているぞと。

しかし、「苦行」をしても悟りを得なければ、仏教的に何の意味もありません。

仏教とは、自分たちより「苦行」をしているジャイナ教徒に一定の敬意を払っていたかもしれません。
しかし悟り得る境地は、仏教とジャイナ教では異なるから、仏教徒が全員ジャイナ教に宗旨替えする
ことはありませんでした(一部にはあったかもしれません)。

また、死人が出るような修行をしたオウム真理教の信徒が、仏教の解脱の境地を得たかといえば、
そのようには見えません(本人が「解脱した!」と言えば、それでも構いませんけどね)。

ですから、仏教は「苦行」が必要ではない方向に向かったのであるし、仏教がジャイナ教以下の「苦行」
しか求めなかった以上、それが必然であったと理解されるのです。

誰よりも激しい「苦行」をすることでより良い解脱ができるなら、仏陀もそのように指導したのでしょうが、
仏陀がそうしなかったのは、修行の本質が「苦行」にはない事を、如実に示しているのです。


仏教の本質は智慧であり、智慧で悟った仏道実践の継続なのです。

332 :神も仏も名無しさん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:XZjQMNIR
とはいえ、唯物論の尺度で仏教を説明しようとするのは無理がある。

唯物論の尺度とは、心は脳神経の間を流れる電気信号に過ぎないという考え方。
これが意味するところは、つまり、心は物質の働きである。心は物質である。心は物質に過ぎないという考え。
これは、まず物質が先にあり、心がそれに従属していることを意味している。
また、脳神経と電気信号という物質の働きが、心のすべての機能を包摂していることを意味する。

仏教では、そのような立場をとらない。

333 :神も仏も名無しさん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:XZjQMNIR
そのような見方は断見に相当する。
常見に対して断見をぶつけても、反対の極論同士がぶつかり合っているだけに過ぎない。

334 :神も仏も名無しさん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:XZjQMNIR
この手の議論は際限がない。
しかし、瞑想をはじめてみればぱたりと止む。
心には感覚に左右される性質もあるが、訓練すれば感覚を左右できるようになることが、だんだん分かってくる。
地球が丸いか平面か、見てみればすぐに分かることだが、見もせずに議論をはじめると際限がないことに似ている。

心は物質ではないのだから、物質しか扱えない科学の範囲内で、どれだけ考察や議論をしても全く無意味なのだ。

335 : ◆brJY.mr26k :2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:c2afaSlm
>>332-333
「心とは何か」についてですが、現代科学では「遺伝子」による先天的な特性に依る部分と、
脳による後天的な部分に大別されます。

遺伝子による先天的部分は前世の業に相当し、脳による後天的部分は現世で積んだ業に
相当すると、考えられませんか?

人間は、遺伝子構造による先天的な特性を免れませんから、これは前世の業と言えるでしょう。
また、脳は、現世における行為の積み重ねで身口意を形成しますから、これは現世の業と言える。

科学的な見地からも、仏教的な業の相続が説明可能ではないでしょうか?

336 :神も仏も名無しさん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:XZjQMNIR
包摂関係の問題じゃないでしょうか。

1)物質現象が心のすべてを含む(物質の方が大きい)
2)物質と精神が等しく対応している(物質と精神が等しい)
3)精神の方が大きい(精神が物質からはみだしている)

1と2は理性的、科学的、合理的に見えますし、わたしも長いことそう思っていたし
それが迷信から抜け出すことだと考えましたけど、最近はどうも違うかなと思い始めました。
間違ってたかなと。

337 : ◆brJY.mr26k :2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:c2afaSlm
>>334
確かに際限ありませんね。
究極的に、心が物質なのか、物質ではないのかは、自分自身が決めることです。

凝り固まった思考を排除し、現実を見つめ、しかし現実に見えない部分を想像し、
見えない部分を解明する。

他に依らず、自分自身の思考がこれを決定しますが、他人と共有したいのであれば、
他人と共有できる方法を以てこれを説明しなければなりません。

>>336
共有する方法とは、科学的には「再現可能」であることであり、宗教的には「信じる」ことです。
1〜3の何れも「信じる」ことを私は否定はしません。
1〜3の何れも「信じることを強要する」ことを私は否定するのです。

「再現可能」であるということは、そういう「法則」が存在することを実証するので、
科学的な論証法は、強要から離れており有益なんです。

科学的に論証されない場合、「存在するかしないかは不明」で良く、信じるも信じないも自由です。
しかし、強要することは許されません。

338 :神も仏も名無しさん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:qdqNJS83
恩田魔境の投稿はもう読む気にもならない

339 :神も仏も名無しさん:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN ID:RWGt0kGq
ハゲ同

340 :神も仏も名無しさん:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:0Prg8ujm
>>337
>確かに際限ありませんね。
>究極的に、心が物質なのか、物質ではないのかは、自分自身が決めることです。

たとえ唯物主義者であっても「心は物質」だなどと主張する人は、さすがに世界広しといえども魔境君だけだと思いますよ。

>>336
現代物理学における物質とエネルギーの関係を知っているなら、1が科学的・合理的などという見解は持たないはずです。
敢えて言うなら2か3ですけど、それでも言葉足らずであり現代物理学にすら及ばない前近代的な観念論ですね。

341 :神も仏も名無しさん:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:0Prg8ujm
>>335
>「心とは何か」についてですが、現代科学では「遺伝子」による先天的な特性に依る部分と、
>脳による後天的な部分に大別されます。

それは唯物論にかぶれた魔境君の魔境論であり、現代科学では「心」について明確な見解は述べられていませんよ。

>遺伝子による先天的部分は前世の業に相当し、脳による後天的部分は現世で積んだ業に
>相当すると、考えられませんか?

強いて物質に対応させるなら、その様に考えることも可能です。

>人間は、遺伝子構造による先天的な特性を免れませんから、これは前世の業と言えるでしょう。
>また、脳は、現世における行為の積み重ねで身口意を形成しますから、これは現世の業と言える。
>科学的な見地からも、仏教的な業の相続が説明可能ではないでしょうか?

仏教的な業の相続を認めるのなら、魔境君の「釈迦は輪廻転生を説いていない!」という以前の主張と矛盾してますね。

342 :神も仏も名無しさん:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:0Prg8ujm
>>332
>
>唯物論の尺度とは、心は脳神経の間を流れる電気信号に過ぎないという考え方。
>これが意味するところは、つまり、心は物質の働きである。心は物質である。心は物質に過ぎないという考え。
>これは、まず物質が先にあり、心がそれに従属していることを意味している。
>また、脳神経と電気信号という物質の働きが、心のすべての機能を包摂していることを意味する。

あのー、「脳神経」は物質ですが、「電気信号」はエネルギーですよ。

343 :神も仏も名無しさん:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:L+SQtyIt
電子

344 :神も仏も名無しさん:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:L+SQtyIt
周波数が違うだけで、どちらもエネルギーといえるし
どちらも物質といえるはず。

345 :神も仏も名無しさん:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:0Prg8ujm
>>329
>オウムの教祖は、口だけで実践せず放逸した凡夫であり、凡夫の言説の否定などは、
>凡夫の解説をもってしても足りるでしょう。

「口だけで実践せず放逸した凡夫」なのは、魔境君じゃないですかw

>教祖が凡夫であり放逸している事実は、殺戮者であり、淫乱であり、虚言癖があったことを
>もって、十分に証明されております。

「凡夫であること」と「放逸であること」は「殺戮者であること」「淫乱であること」「虚言癖があること」とは結びつきませんから、何の証明にもなってませんが?
魔境君は論理的思索がまるで出来ないから、相変わらず支離滅裂ですね。

したがって>>329
>魔境君の悪い所は、解脱も悟りもしていない凡夫の解説をなんの疑いもなく自説に
>取り込んでしまう所ですね。それは魔境君自体が解脱も悟りもしていないからなので
>しょうけれども。
という指摘を受け入れたくないが為の詭弁・虚言に過ぎません。

魔境君は、たとえそれが悪業だらけで醜い物であっても、ありのままの自分を素直に受け入れる努力をすべきだと思います。
でなければ、魔境君は永遠に魔境のままですよ。

346 :神も仏も名無しさん:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:0Prg8ujm
>>329
>輪廻転生は個々人の世界観です。

魔境君による「ぼくがかんがえたぶっきょう」であり、魔境君の脳内妄想以外は何の根拠も無い魔境理論ですね。

>輪廻転生の世界観を刷り込まれない限り、輪廻転生の世界を認識することはありません。
>オウム真理教は、わざわざ無用な世界観を刷り込み、人心を恐怖で縛っているにすぎないのです。

確かに旧教団でも、魔境に入られた方がそういう被害妄想を述べてらっしゃいました。

>涅槃の状態で留まれるのであれば、オウムの教祖のように放逸することはありません。

「オウムの教祖が放逸」とか、何の冗談ですか?w
魔境君は目に見える現象すら正しく見えてらっしゃらなかったようですね。

>放逸する限りにおいて、その者が「最終解脱者」であることが否定されるのです。

上記の通り前提条件が間違っているから、その命題は偽ですね。
魔境君は弁護士先生のように自分の思い込みを憶測と邪推で練り固めてそれを真実だと強弁する悪癖がありますね。

>涅槃の状態で留まれるのであれば、八正道を意識的に実践せずとも、八正道から放逸することがないのです

それは魔境君が涅槃の状態で留まれるようになってから、お解き下さいませ。
口だけで実践せず放逸した凡夫が「ぼくがかんがえたぶっきょう」を説くのは、大悪業ですよ。

347 :神も仏も名無しさん:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:0Prg8ujm
>>330
>最初期の佛教は苦行をほめたたえていた。
>佛教徒も苦行を行わねばならぬことを明言している。

ほら、釈迦牟尼は苦行を否定するどころか奨励しているじゃないですかw
魔境君は仏教学者の解説を持ち出す事で、私に対して反証するのではなく自説の魔境理論の過ちを明らかにされたようですね。

釈迦牟尼が否定したのは苦に囚われて智恵を得られないことであり、苦行自体は魔境君の出した資料の通り否定するどころか奨励しておりました。
それは経典でも確認できる事実です。

348 :神も仏も名無しさん:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:L+SQtyIt
細かいこと言うけど、「放逸」は動詞じゃなくて形容動詞。
「放逸する」のような動詞的な使い方は日本語として不自然。

349 :神も仏も名無しさん:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:0Prg8ujm
>>331
>また、死人が出るような修行をしたオウム真理教の信徒が、仏教の解脱の境地を得たかといえば、
>そのようには見えません(本人が「解脱した!」と言えば、それでも構いませんけどね)。

ヴァヤヴィヤで挫折した「口だけで実践せず放逸した凡夫」である魔境君が、オウムの修行を批判するとはお笑い種です。
それは丁度、算数の九九を覚えられなかった人が「算数(数学)は間違っている!」と主張しているようなものですから。

>しかし、「苦行」をしても悟りを得なければ、仏教的に何の意味もありません。
>
>誰よりも激しい「苦行」をすることでより良い解脱ができるなら、仏陀もそのように指導したのでしょうが、
>仏陀がそうしなかったのは、修行の本質が「苦行」にはない事を、如実に示しているのです。
>仏教の本質は智慧であり、智慧で悟った仏道実践の継続なのです。

この辺の言葉は全く正しいと言えます。
仏教での苦行の目的は苦行によって悪業を落とすだけでなく苦を乗り越えて智恵を得る事であり、苦行すること・苦行して苦を感じることその物ではありません。
そして智恵があれば、苦行から逃げ出して「口だけで実践せず放逸した凡夫」の状態を続けたとしても、苦しみは増すばかりで何の意味も無いことを悟るはずです。
無智に覆われていれば、たとえ苦行しても自分の苦しみに埋没してしまってそこから抜け出せず、いつまで経っても智恵を得られない訳です。

350 :神も仏も名無しさん:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:0Prg8ujm
>>328
何一つまともに回答出来ず、相手の人格攻撃でしか返せないと。
まさに「嘘、すりかえ、ごまかし、自分に都合のよい風にしか解釈せず、自分が相手をあざ笑い、勝った、と思いこむ風にして終わる」こと、その物ですね。
>>328は統合失調症患者のコメントデータとして使えると思いますよ。

351 :神も仏も名無しさん:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:L+SQtyIt
>苦行によって悪業を落とす

それはジャイナ教

352 :神も仏も名無しさん:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:++D05Pa4
おい、恩田無境
お前の団体の名前考えてやったぞ

御玉教
オンダマキョウ
恩田魔境

どうだw

353 : ◆brJY.mr26k :2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:nUS2GFdL
>>340
>たとえ唯物主義者であっても「心は物質」だなどと主張する人は、さすがに世界広しと
>いえども魔境君だけだと思いますよ。

「心は物質」は、普通に転がっている説です。
宗教分野では否定すべき説かもしれませんね。

>>341
>それは唯物論にかぶれた魔境君の魔境論であり、現代科学では「心」について明確な見解は
>述べられていませんよ。

「無い事の証明」は常に難しいものです。
有ると信じればその人にとっては有るものです。

>仏教的な業の相続を認めるのなら、魔境君の「釈迦は輪廻転生を説いていない!」という
>以前の主張と矛盾してますね。

私が否定しているのは、オウム真理教が述べる業に基づく輪廻転生のプロセスであって、
科学的実証に基づく事実を否定したことはありません。

遺伝子による再生であれば、六道は無く、必ずこの世界に再生するのが問題ですが。

進化説から考えれば、遠い未来に別種に変化するであろうし、未来人を「神」などと呼ぶなら
ある程度、辻褄が合わせられますね。
さすがに地獄界はちょっと困難ですが。

354 : ◆brJY.mr26k :2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:nUS2GFdL
>>345
>「凡夫であること」と「放逸であること」は「殺戮者であること」「淫乱であること」「虚言癖があること」
>とは結びつきませんから、何の証明にもなってませんが?

凡夫は種々に煩悩を生む
煩悩を滅するには、不放逸を根本とする
不放逸の修行者は八正道を修める
八正道では、不殺生、不邪淫、不妄語などが説かれている

オウムの教祖が一旦は解脱したと仮定しても、その後の行為に殺生、邪淫、妄語が見られる
ならば、その後に放逸し、煩悩を生じ、凡夫に堕ちたものと論理的に理解できるはずです。


>魔境君は、たとえそれが悪業だらけで醜い物であっても、ありのままの自分を素直に
>受け入れる努力をすべきだと思います。
>でなければ、魔境君は永遠に魔境のままですよ。

これはそのまま、貴方に該当するはずです。
仏道修行者が瞋恚や悪口を丸出しにして宗論なんてしちゃ駄目です。

それに私は私が「凡夫」であると、何度も自認しているはずですよ?
たまにカンガルーさんAAが出てきますが、「凡夫」と論争している限り「凡夫」でしかありません。

355 : ◆brJY.mr26k :2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:nUS2GFdL
>>346
>それは魔境君が涅槃の状態で留まれるようになってから、お解き下さいませ。
>口だけで実践せず放逸した凡夫が「ぼくがかんがえたぶっきょう」を説くのは、大悪業ですよ。

「凡夫が如来を称賛して語り得る」戒について、仏陀は弟子に説いておりますね。
「凡夫」ごときでも、戒が有るか無いかは評価できるのです。
そして、凡夫が如来を評価することは、何の悪業でもありません。

長部経典 梵網経
>比丘たちよ、他の者たちが私を非難したり、法を非難したり、僧を非難して語った場合、
>そなたたちはそこで、敵意をいだいたいり、憂えたり、心で憤慨したりしてはいけません
>・・・それはそなたたちにのみ障害となるでしょう。

>そなたたちはそこで、事実でないものは事実でないとして、はっきり説明すべきです。
>『これこれの理由からも、このことは事実ではない。これこれの理由からも、このことは
>真実ではない。われわれにはこのことがない。また、われわれにはこのことが見られない』と。

356 : ◆brJY.mr26k :2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:nUS2GFdL
>>347
>ほら、釈迦牟尼は苦行を否定するどころか奨励しているじゃないですかw
>魔境君は仏教学者の解説を持ち出す事で、私に対して反証するのではなく自説の
>魔境理論の過ちを明らかにされたようですね。

>釈迦牟尼が否定したのは苦に囚われて智恵を得られないことであり、苦行自体は
>魔境君の出した資料の通り否定するどころか奨励しておりました。
>それは経典でも確認できる事実です。

あらら。
アッサリと引っ掛かったようですが、>>330は「凡夫」である中村元氏の見解に過ぎません。
自分の都合の悪い「凡夫の見解」は否定し、都合の良い「凡夫の見解」は肯定する。
またも自己矛盾に陥っていますね。


スッタニパータ第三章「2 つとめはげむこと」では、苦行時代の7年間、仏陀が常に「悪魔」に
囚われていたことが綴られているわけですが、しかし、苦行の苦から逃れられたとは、一言も
書いていないのです。

大サッチャカ経において説かれている「様々な苦行によっても苦の感受は、心を捨てることなく
とどまり」、苦行の苦の感受を超越できなかったことに、何の変更もありません。

やはり重要なのは慧であり、慧を得られる行であれば苦しくてもやる、しかし、慧が得られない行は
無駄だからやらないというべきでしょう。

357 :神も仏も名無しさん:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:Drku2sma
>>350

良心がカケラでも残ってるなら落ち着いて 怖い顔しないで

358 :神も仏も名無しさん:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:zMhh0NtY
良心があるなら、アレフやひかりの輪とは縁を切りなさいよ。

359 :神も仏も名無しさん:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:Drku2sma
もともと関係ないし… ところでアレフもひかりの輪も、滝本さんが嫌いというスタンスなの?
たとえば、反対運動とかしてる人とかと、比較にならない程、理解があると思うんだけど、どうなんだろ
激しい言葉の看板立てて、「出ていけ!」 とかやってる人達とは違うじゃん、何が気に入らないの
あと、『息吐くように嘘をつく、』 と上祐さんにいつも言ってたのは有田芳生さんだよ 今は違うんだろうけど…

360 :神も仏も名無しさん:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:BNia2Pbg
上祐が必死に観察外そうとしてるのはいかにも世間知らずのエリートがやるようなことだね

361 :神も仏も名無しさん:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:Drku2sma
上祐さんも変だけど、周りもなんかさあ。ひかりの文章読んだけど、あれで世間にアピールできると思ってるのか?と違和感
よく、「かれらは就労経験がないから」、とか有田さんが言ってたけど、実はそれは関係ないと思う。
というのは、≪社会との関わり≫って、結局は≪人間関係≫だからさ。仕事した事なくても人当たりの良い人も当然いるし、人と対話というか交流できるじゃん
何か基本からズレてるのに、本人達がそれをわかってないのか、わかろうとしていないのか自分にはわからないけどね

自分達をエリートと思っている、または思いたがってるなら、今の状態は理解できるけど、何かみんな悲惨な感じがする

362 :神も仏も名無しさん:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:BNia2Pbg
あの中で学歴がエリートなの上祐だけだろ
他は普通だよ

363 :神も仏も名無しさん:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:Drku2sma
ていうか、エリート意識。 上祐さんも学歴はいいにしても昔の事だし、就労経験はないに等しいじゃん
それでもエリートと思ってるならそれは彼の不幸だし、本もおおまかに読んだけどまだそこにしがみついてる感じ
変に学歴なんかなかった方がこの人も幸せだったのかも知れないね 学校で勉強できた=社会で実績を出せる、とは関係ないから

あとはあきらめちゃうのが早い。だからちょっと被害者遺族に働きかけて「拒否されました」ってのは、遺族側のせいみたいじゃん
なんというか、コツコツ泥臭い事ができない人って感じ。頭の中で駄目だと思って、やろうともしない感じで、それで反感かってるのにわかってないみたいな

364 :神も仏も名無しさん:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:/sKY28/z
野田も教団辞めても働けてるから上祐も働こうと思えば働けるだろうけど働かないだけだろ
野田も大学中退してからずっとオウムにいたんだから上祐と同じで社会経験は殆どないよ

365 :神も仏も名無しさん:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:Drku2sma
顔が知れてるとか、今更どこが雇ってくれるの、とか上のレスにあったけど、実際にやる前からあきらめてるんだよね
たとえ田代まさしだって本人がやる気にさえなれば、あんな有名人でもちゃんと使ってくれるよ(もう体ボロボロで体力的に駄目かもだけど)
あと、有名だから不利、って事はないんだよね。例えば上祐さんが少ない時給で一生懸命働いてる、とメディアに取り上げられたとする

その時の様子が、ほんとに感じよく、計算ナシでやってる風だったら、必ずどこかの経営者が拾ってくれる。

366 :365の続き:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:Drku2sma
なんで「必ず」というかってのは、経営者ってタニマチ的な気風の人が多いんだよ。
人を見る目があって、相手がいい人なら機会を与えてあげるのが趣味みたいな
それで上祐さんが誠実にやっていけるなら、 世間の見方も変わるし、それで賠償額がごくわずかになっても「偉い」ってなるのに。

あと院卒業後に就職してすぐ辞めてるけど、仕事って2〜3年やってわかってくる事が多いし、すぐに駄目と判断したらもったいないよ
そこが合わなかったにしても、別の仕事やってみようと思わなかったのかとか。若くて色んな事が駄目に見えたけど、橋を燃やしちゃったような感じ

367 :神も仏も名無しさん:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:Drku2sma
>>366 若くて色んな事が駄目に見えたけど、 を

   若くて色んな事を間違ってるとか駄目とか思ったんだろうけど   に訂正

平田さんが逮捕された時、ああいう地味な生活をして、むしろ好意的に見られてたよね
本人は手配されてるから働けないけど、一緒に暮らす女性が献身的に彼を支えて働いて、もちろん教団とも関係なく
お金も貯めて、自首して、そのお金を被害者に支払った あれ見て偉いなって思った

368 :神も仏も名無しさん:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN ID:zMhh0NtY
西村氏のサイトの更新情報で気づいたけど、元マチク師のブログが紹介されてるね。

369 :神も仏も名無しさん:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN ID:wSybd9aP
>>353
>「心は物質」は、普通に転がっている説です。

魔境君以外に「心は物質」としている学説をお教え下さい。
しかし魔境君って、滝本先生のように何の根拠も示さずにただ自分の思い込みを繰り返し断言するだけで一端の反論をしたつもりになる方なんですね。
論理的思索とは縁の遠い方だと感じます。

>有ると信じればその人にとっては有るものです。

要するに「間違った妄想でも自分が思い込めば実在するのだ」、と主張される訳ですか。
まさに魔境そのものですね。

>私が否定しているのは、オウム真理教が述べる業に基づく輪廻転生のプロセスであって、
>科学的実証に基づく事実を否定したことはありません。

魔境君は今迄延々と「釈迦は輪廻転生を説いていない!」と主張していたのに、少し追求されるとすぐ話を変えて誤魔化す訳ですか。
魔境君は弁護士先生と同じく、都合が悪くなると息を吐くようにウソを吐いて話を誤魔化す癖があるようですね。

>遺伝子による再生であれば、六道は無く、必ずこの世界に再生するのが問題ですが。

「遺伝子によって再生する」だなどと主張しているのは、世界中で魔境君だけだと思いますよw

>進化説から考えれば、遠い未来に別種に変化するであろうし、未来人を「神」などと呼ぶなら
>ある程度、辻褄が合わせられますね。さすがに地獄界はちょっと困難ですが。

魔境君は「進化説」も正しく理解出来てないようですね。
滝本先生と同じく、小学生レベルの科学知識のままで成長が止まっているんだろうな。

370 :神も仏も名無しさん:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN ID:wSybd9aP
>>354
>凡夫は種々に煩悩を生む
>煩悩を滅するには、不放逸を根本とする
>不放逸の修行者は八正道を修める
>八正道では、不殺生、不邪淫、不妄語などが説かれている
>オウムの教祖が一旦は解脱したと仮定しても、その後の行為に殺生、邪淫、妄語が見られる
>ならば、その後に放逸し、煩悩を生じ、凡夫に堕ちたものと論理的に理解できるはずです。

「凡夫であること」と「放逸であること」が「殺戮者であること」「淫乱であること」「虚言癖があること」に結びつくという魔境君の主張の説明にはなってませんけど?
あと秘密金剛乗のグルは解脱した状態で敢えて身口の悪業を積む事が有ります。
それを理解出来ないのは、魔境君が固定観念に凝り固まった凡夫だからですね。

>これはそのまま、貴方に該当するはずです。
>仏道修行者が瞋恚や悪口を丸出しにして宗論なんてしちゃ駄目です。
>それに私は私が「凡夫」であると、何度も自認しているはずですよ?
>たまにカンガルーさんAAが出てきますが、「凡夫」と論争している限り「凡夫」でしかありません。

宗論じゃなくて魔境君に「あなたは魔境だよ」と教えてあげているだけです。
魔境君のように論理的思索の出来ない相手と「論争」など出来るはずもありません。

371 :神も仏も名無しさん:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN ID:/yJbGJqr
死んだらお終いという考え方は、実は「心は物質だ」と言っているに等しい。
それが前提にないと成立しない考え方。
ただし、言ってる本人にその自覚があるかどうかは別。

いくつかのパターンに言い換えて表現してみると、こうなる。

・心とは、脳神経がプロセスしている電気信号である
・心は物理現象である
・心は物質から発生している
・まず物質が先にあり、次にそこから心が発生した
・物質から発生した心が、その発生源であるところの身体を制御している

372 :神も仏も名無しさん:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN ID:/yJbGJqr
科学では、心(精神現象)も物理現象の一部であることが前提に
なっており、その前提自体が間違っている可能性については考慮
していない。というか、考慮することは不可能だろう。

合理的なはずの科学だが、心については正しい前提に立てていない
(かもしれない)。

373 :神も仏も名無しさん:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN ID:/yJbGJqr
科学の立場から言えば、心は物理現象だし、死んだらお終いということになる。

それはもう考えれば分かること。
ただし、それは上記で指摘した前提が正しければの話だし、あくまで頭で考えたことに過ぎない。

374 :神も仏も名無しさん:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN ID:/yJbGJqr
そして、おそらくその前提は間違っている。

375 :神も仏も名無しさん:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:EUHovbtZ
>>355
>それは魔境君が涅槃の状態で留まれるようになってから、お解き下さいませ。
>口だけで実践せず放逸した凡夫が「ぼくがかんがえたぶっきょう」を説くのは、大悪業ですよ。

>「凡夫が如来を称賛して語り得る」戒について、仏陀は弟子に説いておりますね。
>「凡夫」ごときでも、戒が有るか無いかは評価できるのです。
>そして、凡夫が如来を評価することは、何の悪業でもありません。

魔境君の「ぼくがかんがえたぶっきょう」は釈迦の教えを自分に都合良くねじ曲げて否定したものですから、単純に「無智」の破戒ですけど。

>長部経典 梵網経
>>比丘たちよ、他の者たちが私を非難したり、法を非難したり、僧を非難して語った場合、
>>そなたたちはそこで、敵意をいだいたいり、憂えたり、心で憤慨したりしてはいけません
>>・・・それはそなたたちにのみ障害となるでしょう。
>
>>そなたたちはそこで、事実でないものは事実でないとして、はっきり説明すべきです。
>>『これこれの理由からも、このことは事実ではない。これこれの理由からも、このことは
>>真実ではない。われわれにはこのことがない。また、われわれにはこのことが見られない』と。

私も魔境君に「事実でないものは事実でない」として、はっきり説明しているだけですから。

376 :神も仏も名無しさん:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:EUHovbtZ
>>356 : ◆brJY.mr26k :2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:nUS2GFdL
>>347
>ほら、釈迦牟尼は苦行を否定するどころか奨励しているじゃないですかw
>魔境君は仏教学者の解説を持ち出す事で、私に対して反証するのではなく自説の
>魔境理論の過ちを明らかにされたようですね。

>釈迦牟尼が否定したのは苦に囚われて智恵を得られないことであり、苦行自体は
>魔境君の出した資料の通り否定するどころか奨励しておりました。
>それは経典でも確認できる事実です。

>あらら。
>アッサリと引っ掛かったようですが、>>330は「凡夫」である中村元氏の見解に過ぎません。
>自分の都合の悪い「凡夫の見解」は否定し、都合の良い「凡夫の見解」は肯定する。
>またも自己矛盾に陥っていますね。

魔境君は滝本先生と同じく、窮すると精神崩壊を起こして相手を攻撃し始めることで話を反らして本題を誤魔化す詭弁がお好きですね。
この魔境君の反応は、出来の悪い小学生が口喧嘩しているだけのように感じます。
そもそも私は「凡夫の見解は全て間違っている」とは主張してませんから、魔境君のその「反論」は全く無意味です。
それに「釈迦牟尼は苦行を否定するどころか奨励している」という事実への反証にはなってませんよ。

>スッタニパータ第三章「2 つとめはげむこと」では、苦行時代の7年間、仏陀が常に「悪魔」に
>囚われていたことが綴られているわけですが、しかし、苦行の苦から逃れられたとは、一言も
>書いていないのです。
>大サッチャカ経において説かれている「様々な苦行によっても苦の感受は、心を捨てることなく
>とどまり」、苦行の苦の感受を超越できなかったことに、何の変更もありません。
>やはり重要なのは慧であり、慧を得られる行であれば苦しくてもやる、しかし、慧が得られない行は
>無駄だからやらないというべきでしょう。

それは極端な苦行だけでは智恵を得られないという話です。
「釈迦牟尼は自身の教団で、苦行を否定するどころか奨励している」という事実の反証にはなってませんよ。

377 :神も仏も名無しさん:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:EUHovbtZ
>>359
>もともと関係ないし… ところでアレフもひかりの輪も、滝本さんが嫌いというスタンスなの?
>たとえば、反対運動とかしてる人とかと、比較にならない程、理解があると思うんだけど、どうなんだろ
>激しい言葉の看板立てて、「出ていけ!」 とかやってる人達とは違うじゃん、何が気に入らないの

滝本先生はこのスレでも結局「悪意を持った揶揄」しかできなかったのは、過去ログにも残っている明白な事実です。
未だに滝本先生は「何故弟子達が教祖を崇拝し修行を続けるのか」すらも全く理解出来ていない・(自身の思い込みに拘泥していて)全く理解する気が無いので、彼に比べればマスコミから情報を得るだけの一般の方のほうが遙かにオウム問題を理解しておりますよ。
滝本先生はオウム事件の被害者だから事件について批判することは出来ますが、だからとて自分が知りもしない教義全体を否定することは出来ないことが彼には理解出来ていないようです。
幼稚な思い込みを相手に強要し、それを拒絶されると嫌がらせをすることしかできないウソつき先生は、教団に関係無く誰からも嫌われて当然かと。
滝本先生は最近姿を見せませんが、そろそろ現世で問題を起こしている頃だと思いますよ。

378 :神も仏も名無しさん:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:EUHovbtZ
>>366
>なんで「必ず」というかってのは、経営者ってタニマチ的な気風の人が多いんだよ。
>人を見る目があって、相手がいい人なら機会を与えてあげるのが趣味みたいな
>それで上祐さんが誠実にやっていけるなら、 世間の見方も変わるし、それで賠償額がごくわずかになっても「偉い」ってなるのに。

現世ではそういう風に人目や評判を気にしなければ生きていけないとか、色々大変そうですね。

>あと院卒業後に就職してすぐ辞めてるけど、仕事って2〜3年やってわかってくる事が多いし、すぐに駄目と判断したらもったいないよ
>そこが合わなかったにしても、別の仕事やってみようと思わなかったのかとか。若くて色んな事が駄目に見えたけど、橋を燃やしちゃったような感じ

上祐氏が宇宙開発事業団を短期間で退社して出家した経緯は、今迄何度も語られて来たはずです。
魔境君や滝本先生もそうだけど、何故そういう基本的な情報すら知らずに色々語りたがるのでしょうか?
そもそも現世の仕事に価値を見出している人ならそのまま現世の仕事に邁進すれば良いだけであって、現世の仕事にそれ程魅力を感じなかったから出家しただけでしょうに。

379 :神も仏も名無しさん:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:EUHovbtZ
>>371
>死んだらお終いという考え方は、実は「心は物質だ」と言っているに等しい。

それは違うでしょ。

>いくつかのパターンに言い換えて表現してみると、こうなる。
>・心とは、脳神経がプロセスしている電気信号である
>・心は物理現象である
>・心は物質から発生している
>・まず物質が先にあり、次にそこから心が発生した
>・物質から発生した心が、その発生源であるところの身体を制御している

それは同じ事を言葉を換えて述べているだけかと。

>>373
>科学の立場から言えば、心は物理現象だし、死んだらお終いということになる。

「心は物理現象」であるという事は、魔境君の「心は物質」という主張とは別の話です。
熱や光や波動などのエネルギー現象は物理現象ですが、物質では御座いません。
魔境君は無学だから、その辺を混同されているようです。

380 :神も仏も名無しさん:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:1HyTMgra
もし心が物理現象であるなら、コーザル界に意識は存在し得ない。
コーザルにいたるサマディもあり得ない。
従ってオウムの教義も成立し得ない。

わたしは別に困らないが、麻原オウム理論は崩壊することになる。

381 :神も仏も名無しさん:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:rCjJDumj
こんにちは、久しぶり
弱った方だなあ、自分の感覚で反論を続けておられる
「心」というものは、私も興味あるところだけれど
物質現象と物質とを、そうも簡単に別のものと言ってしまうのは
恥ずかしいことなんです
E=mc2 

382 :神も仏も名無しさん:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:RaMJ877y
>>381

オウム事件は精神病理学的なアプローチが必要。特に上祐の成育歴(幼児〜青年期を特に重視すべき)が重要だといえる
彼は搾取的で、無感情で信頼のおけない感情の浅い男で、正常な対人関係を持つ事ができずに、今も社会への反感・敵意をたぎらせている。
そこに集まっている人間もそうした傾向がある為に、今のような生活を言い訳をしながら続けている。被害者は自分達の楽な生活をする為のダシでしかない

被害者は上祐に何もしていないのに標的にされた。実行犯、死刑囚の人達も上祐のような社会への恨みや憎悪は持っていなかった。それなのに利用されて、本当に気の毒に思います

383 :神も仏も名無しさん:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:RaMJ877y
こうした団体は、世間が忘れたような頃にまた同じパターンで犯罪を犯す。 たぎる敵意を直接的に必ずぶつけてくる。
上の、ひかりの輪の人の書き込みの数々は、全て自分達の都合の良いように内容をすりかえたもので、相手を【敵意】を持って闇雲に責めるのみ、という危険な内容。

>>368

西村氏は上祐と違って大人。自分を笑う事ができてる、客観視できてるという事
上祐は、「少しの挫折にも耐えられない」から今のような暮らしをしてる。 ワガママな小学生1年生みたい。

出家、といえば聞こえはいいけど、 自分を見つめる事から逃げているだけだし、被害者があって今の生活が成り立ってるんだ。

384 :神も仏も名無しさん:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:9M+irTGG
>世間が忘れたような頃にまた同じパターンで犯罪を犯す。
これは流石にないでしょ。
資金も人材もないし公安も見張ってるし。
昔のような凶悪事件は両団体とも起こさないと思うよ。
あれは麻原の命令によるところが大きかったわけだし。
当時の上祐が嘘をつくのがワークだったのも麻原の命令による影響が大きい。

385 :神も仏も名無しさん:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:9M+irTGG
両団体が起こした過去の事件を考慮して公安が監視を続ける必要はあると思う。
上祐の言う観察外しなんて図々しい。
こいつがどれだけ世間知らずか良く分かる。

386 :神も仏も名無しさん:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:MoNJLmFI
ID:RaMJ877yは悪意を持ちすぎてないか。
読んでいて気持ち悪くなってくる。

387 :神も仏も名無しさん:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:9M+irTGG
河野さんを説法や巡礼の華添えにしてるのはいかがなものか

388 :神も仏も名無しさん:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:Igt6DrEe
>>384

個人でも社会にダメージを与える事はでいるから紀憂ではない。彼等の内にこもった、社会に敵対するスタイルは変わってない
残党の中で上祐は最も危険だし、捜査機関が未然に防ぐよう努力しないといけないと思う

>>385

この人達の発言や行動、そして今やっている事(ああした生活を続けて頑として恥じないところ)を見ると、
彼等が被害者や一般社会をまるで認識してない事がわかります。 世間からするとそれが怖いですね…

>>386

それはあなたが上祐さんと同じように、『自己の内面に光を当てる事』 を避け続けているからだと思います。
頑迷のまま、あり続けるのは自由ですが、これ以上、被害者を増やさないでほしいんです。

389 :神も仏も名無しさん:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN ID:EHRZWiOB
>>380
>もし心が物理現象であるなら、コーザル界に意識は存在し得ない。

また無知で無学な方が現れましたね。
私は「心は物質ではない」「心はエネルギーであり、現象界でも観測可能であるので物理現象とも言える(物理現象の一つである)」という見解です。
故に>>380は一行目から前提条件自体が間違っており、二行目以降は全く意味を為しません。

おそらく>>380氏は
「物理現象」=「物質現象」=現象界における物質の現象
などと誤解しているからだと思われます。
おそらく>>380氏は「物理」を小学生が考えるような「ニュートン力学等のような物質の現象についての学問」だと捉えているようですね。
>>381氏もその点は同様でしょう。
このように反オウムの方々は未だに前近代的な唯物思想に拘っているせいか、基本的な科学知識が小学生の段階で止まっていらっしゃる方が多いように感じます。

>>381
>「心」というものは、私も興味あるところだけれど
>物質現象と物質とを、そうも簡単に別のものと言ってしまうのは
>恥ずかしいことなんです
>E=mc2

こういう風に相手が使っていない「物質現象」という言葉にすり替えてまるで意味のない的外れな反論をするのが、滝本弁護士先生の特徴ですね。
熟々学術的論議には向かない人だと思います。(もしかすると本人は法廷で多用される詭弁テクニックを駆使しているつもりかもしれませんが)
現役の弁護士の方であることを考えると、これは本当に恥ずかしいことだと思います。


魔境君もそうだけど、反オウムの方々は最低でも日本語の会話が人並みに出来るようになってからこのスレに投稿して頂きたいものです。

390 :神も仏も名無しさん:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN ID:v/IsVWUu
あっ、私、物質現象なんて変な言葉を使ってしまいました、失礼。
もちろん物理現象のことです。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%A9%E7%90%86%E5%AD%A6

で、ご意見は「また無知で無学な方が現れましたね。
私は「心は物質ではない」「心はエネルギーであり、
現象界でも観測可能であるので物理現象とも言える
(物理現象の一つである)」」とのこと、

私も悲しいことだけれど心は物理現象だろうと思ってます。
その点の意見は同じと。

だが、物質が化体してエネルギーになるのが、あの等式ですと。
だから、物質ではないがエネルギーである、という表現はそれ自体が矛盾していると。

「心が物理現象であるなら、コーザル界に意識は存在し得ない。」
と私以外の方が書いたけれど、まあ私の表現でいえば
「心や魂が物理現象であるなら、コーザル界とかなんとか界の存在は
前提から覆って否定される。もともと信じる信じないの話でしかないのです」と。

私としてはどうだっていいことなんだが、論理からして一言しました。

391 :神も仏も名無しさん:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN ID:xMDLbnwu
>最低でも日本語の会話が人並みに出来るようになってから

>現世ではそういう風に人目や評判を気にしなければ生きていけないとか、色々大変そうですね。

 ↑こういうメンタリティだから、人殺しても「被害者が悪い」という態度が取れるんだよね 自分の頭が悪いのを世間のせいにして、ずっといきり立ってる。

 ■ 仕事ができない、社会性もなく挫折 → プライドが傷ついて社会をねたむ → 仕事してる奴らはクズ → だから殺してもいい = 無差別殺人

ひかりの輪の人達は、生涯こういう意識で生きていくのかと思うと、本当にゾッとする
上祐は、自分の事を「わたしは人間ではない」 と言ってたけどたしかに人間やめてる 畜生の方がずっと優れてるくらい

滝本さん、彼等は人間の言葉をどっかから引用して毎回同じパターンで敵意を燃やしてるだけの存在なので、相手にするのは無意味ですよ

392 :神も仏も名無しさん:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN ID:KlRA+lie
>>120にも書かれてるけど
上祐は家族に散々迷惑掛けたのに許可も取らずに自分の本に勝手にかくくらい無神経だからね

393 :神も仏も名無しさん:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN ID:EHRZWiOB
>>390
>私も悲しいことだけれど心は物理現象だろうと思ってます。
>その点の意見は同じと。

心には深層意識の働きや輪廻転生など物理現象として観測できない側面もあるので、「物質世界(現象界)の物理現象である」と単純に断定することは出来ません。
心は現象界にも影響を与えるが故に、物理現象として観測できる側面もあるというだけです。

>だが、物質が化体してエネルギーになるのが、あの等式ですと。
>だから、物質ではないがエネルギーである、という表現はそれ自体が矛盾していると。

物質とエネルギーは一定の条件下で相互に変換しますが、だからとて物質とエネルギーが完全に同じ物理現象では御座いません。
例えるなら、「液体の水と固体の氷と気体の水蒸気は同じH2O分子であるが、水や水蒸気を以て氷だと強弁することは出来ない」のと同じです。
現代物理学でも物質はエネルギーの一形態であることが判明していますが、質量のないエネルギーを以て「これは物質である」という理屈は物理学では存在しません。
故に弁護士先生の「エネルギーなら物質だ」という詭弁は物理学的に間違っており、なおかつ弁護士先生が現代物理学に無知で無学である証明と言えます。


>>381で弁護士先生が紹介した特殊相対性理論における物質とエネルギーの等価式も、実際には以下の意味です。
滝本先生は素人考えでE=mc^2の等価式を見て誤解されたようですね。

Wikipedia「物質」より
現代でも物質というのは何か?というと、各専門ごとに次のように、著しく異なった説明(解釈)がなされている。
(化学的に言うと)元素(原子)から構成される固体、液体あるいは気体の状態をとる存在を指す、ということになる。
(「物質の元素は、さらに素粒子によって構成されている」などという解釈になる。)素粒子論では「素粒子の集まり」という解釈になる[1]。
相対性理論では「エネルギーの一形態」という解釈になり[1]、量子論では「場」と説明される[1]。
*[1]の出典は大辞泉

394 :神も仏も名無しさん:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN ID:EHRZWiOB
>>393の続き

>「心が物理現象であるなら、コーザル界に意識は存在し得ない。」
>と私以外の方が書いたけれど、まあ私の表現でいえば
>「心や魂が物理現象であるなら、コーザル界とかなんとか界の存在は
>前提から覆って否定される。もともと信じる信じないの話でしかないのです」と。
>私としてはどうだっていいことなんだが、論理からして一言しました。

上述(>>393)通り心は現象界の物理現象として観測できない側面も多々有るので、その滝本説は前提条件から結論まで全て間違っていると言えます。

395 :神も仏も名無しさん:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN ID:EHRZWiOB
どうやら魔境君や滝本先生などの前近代的な唯物思想にかぶれた反オウムの方々は、
「物質はエネルギーの一形態である」という現代物理学や
「エネルギーから物質が生じた」とする現代宇宙論すら未だに理解出来ていらっしゃらないようですね。

にもかかわらず、21世紀にもなって非科学的かつ前近代的な迷信(誤謬説)を元に一生懸命オウムを批判されているのですから、見ていて滑稽です。
彼等の意識は未だに20世紀にすら到達していないご様子ですな。
早く迷信をお捨てになられて21世紀のレベルに到達されるよう願います。

396 :神も仏も名無しさん:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN ID:EHRZWiOB
>>390

>「心が物理現象であるなら、コーザル界に意識は存在し得ない。」
>と私以外の方が書いたけれど、まあ私の表現でいえば
>「心や魂が物理現象であるなら、コーザル界とかなんとか界の存在は
>前提から覆って否定される。もともと信じる信じないの話でしかないのです」と。
>私としてはどうだっていいことなんだが、論理からして一言しました。

こういう風に間違った思い込みを元に憶測を重ねて自分に都合の良い結論を導き出すのが、このスレでも以前から頻繁に見られる滝本論法の典型的な例ですね。
「心には物理現象としての側面もある」という話が、何故か「心は物質世界に限定される」にすり替わってコーザル界の否定にまで繋がると。
こういう質の悪い唯物論信者さんは、「物理現象は物質世界だけに限定される」「宇宙は目に見える物質世界(現象界)のみである」という非科学的な間違った思い込みを論拠に話をねじ曲げているだけなのが、良く分かるかと思います。

しかし滝本先生がコーザル界を否定するのは、一向に井戸の中から出ようとしない蛙が例えばアメリカやらインドやらの外国の地理の話、あるいは月や太陽や他の惑星・恒星・星雲などの天文学の話を頑なに否定して信じようとしないのに似ていますね。
「自分の経験できない物は信じない」という態度は結構ですが、その御自身の経験が著しく狭隘であるという現実を自覚出来ていらっしゃらないように見受けられます。

397 :神も仏も名無しさん:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN ID:ILIqg36N
物理現象が起きる、物質のない世界

398 :神も仏も名無しさん:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN ID:ILIqg36N
>>396
>こういう質の悪い唯物論信者さんは、「物理現象は物質世界だけに限定される」

>>374
>おそらくその前提は間違っている。

399 :神も仏も名無しさん:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN ID:ILIqg36N
>>336
>包摂関係の問題じゃないでしょうか。

400 :神も仏も名無しさん:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN ID:fDPwudT3
>>397
例えばエネルギーは物理現象ですが、物質じゃないですよw
エネルギーを物質世界で観測することも出来ますが、エネルギーの全ての現象を物質世界のみで捉えきれる訳ではありません。
そして「物質はエネルギーの一形態」だという事を知っていれば、>>336のような考え方も現代科学とは少し異なる事が理解出来るはずです。

401 :神も仏も名無しさん:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN ID:Xf21jGVb
どもっ、なんか言葉遊びをしているとしか思えないです。
それも自分で作り出した言葉やその定義にて。

私は、ご自身が心を「エネルギー」だとか述べていることにて
なに?、唯物論者のスタンスなのかしら。
それなのに麻原さんの言うことに耳を傾けてしまう発想が理解できなかったんですが。
どうもそうではなかったみたい。

402 :神も仏も名無しさん:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN ID:tfqcDbYo
>>392

だよね 家族の事を書いてる内容も、独りよがりというか本当に心ない風だし、元彼女の事自体も、書いたら可哀相なのに。
あとは反論のできない麻原はもちろん、故人である村井、そして厳しい交流制限のある他の死刑囚達の事も勝手に、自分の都合の良い風に書いて酷いと思った
江川紹子が菊地についての記述でさえ、「少し調べればわかるのに違う事を…」と上祐に穏やかに、たしなめて言ってたけど、「聞こえない」 って態度

人間として本当に見苦しいし、駄目だ。 それでプライドだけ高いからもうどうしようもない。自分の事だけ。全部利用して生きてるだけ。
大体、上祐が話してわかるような心を持った人間なら、今のような暮らしを続けてるはずがない。犠牲者を踏みつけにした上で、楽して生きてるっていう。
事件被害者、遺族だけでなく、彼の家族も元彼女も、そして麻原、村井、死刑囚全員が上祐の犠牲者といっていい。

村井が生きてたら、上祐を追いつめてくれたと思う よく知っているのはこの人だけだったから・・
オウム事件について思うと、無残な気持ちになるのは、2行上の人達の痛々しさと、上祐の酷いやり方なんだよね

403 :神も仏も名無しさん:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN ID:ILIqg36N
>>400
精神的エネルギーは、物理的なエネルギーじゃないかもしれない、とオカルトチックな話に
なるから遠回しに言っていたのに、オウムの人の方が唯物論的で、ちょっと驚いた。

404 :神も仏も名無しさん:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN ID:ILIqg36N
脳に電極を刺すと、幻聴や幻覚を感じるのだから、やはり意識は
物理現象だろう、と考える場合もあると思う。

でも、わたしが思うに、それは皮膚に電極を刺すと痛みが生じるの
と変わらない。
アビダルマの捉え方では、感覚や心を、目と目に見えるもの、心と
心に思うこと、のように分けて捉えており、同じものとはしていない。

電極を刺して見えた幻覚は、意識に生じた対象であって、意識その
ものではない。

405 :神も仏も名無しさん:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN ID:ILIqg36N
脳波や脳内の血流、fMRIの映像などで捉えられる物理現象は、あくまで
心の影、あるいは心の足跡でしかなく、心そのものではないと思う。

物理現象でないものを物理的に捉えることはできないし、証明することも、
実験することもできない。

心理学や精神医学、脳神経医学ですら、心の影を見ているに過ぎない。

406 :神も仏も名無しさん:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN ID:jeIK5man
>
そして麻原、村井、死刑囚全員が上祐の犠牲者といっていい。

&nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp; どう思う。細川、水野。

407 :神も仏も名無しさん:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN ID:lhGt6LDH
上祐は重要な事件には全て外してもらったのに麻原の恩義すら感じてない
事件に関ってたら自分はやったといってるからな
一歩間違えば上祐だって無期懲役か死刑になってたんだし

408 :神も仏も名無しさん:2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN ID:ROdqbq9g
横槍です。キリスト教を信奉していますが、オウムには信者が減らない。
それはつまり一定の真理があるものと推察します。オウム的な世俗から
一切遮断して生きる生活は、付加価値の商品に価値を見出す人たちには
奇異に見られ、また存在が認められないので敵意の対象になります。
深い瞑想に入った段階は真理に入った状態と言えるでしょう。その深い
瞑想が価値の無いモノと思えたら、教団を示唆するのではなく、カルト
認定するでしょう。どの団体も言えますが、オウム程帰依してる団体は
都内には無い。こういう事言うと私もカルト信者に見られて疎外されて
しまいますが、法華経を嗜んで一回の教理を悟ったものとして相容れない
物と推察します。世俗か真理か、その狭間で昇華される事に感謝します。
おやすみなさい

409 :神も仏も名無しさん:2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN ID:VCCOC2sP
瞑想体験があるからカルトなのでしょうか。
瞑想体験を根拠に殺人を正当化するからカルトなのではないかと思います。

410 :神も仏も名無しさん:2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN ID:waiocllT
>>403
>精神的エネルギーは、物理的なエネルギーじゃないかもしれない、とオカルトチックな話に
>なるから遠回しに言っていたのに、オウムの人の方が唯物論的で、ちょっと驚いた。

>>400は現象界で観測できる物理的エネルギーについて述べた物で、
心や精神について述べた物ではありませんよ。

レスを辿れば分かりますが、
「精神的エネルギー(=心)は、物理的に観測できるエネルギーだけではない」「精神的エネルギーが現象界に現れる時は、物理的に観測できる時もある」というのがこれまでの私の主張でした。
誤読により誤解される前に、良くお読みになって下さいませ。

411 :神も仏も名無しさん:2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN ID:waiocllT
>>404
>脳に電極を刺すと、幻聴や幻覚を感じるのだから、やはり意識は
>物理現象だろう、と考える場合もあると思う。

なんでみんな物理現象であるとか無いとか、極端に捉えたがるんだろうかね。
例えば心(精神)の動きは脳内の電気信号となり脳波として観測されるが、それは現象界にそう現れて見えるだけであってそれは心の本質じゃないでしょ?

>でも、わたしが思うに、それは皮膚に電極を刺すと痛みが生じるのと変わらない。

それはそうです。

>アビダルマの捉え方では、感覚や心を、目と目に見えるもの、心と
>心に思うこと、のように分けて捉えており、同じものとはしていない。

そこでいう「心」は、一体どの目で見ているの?
見えるんだから、感覚器官を有しているんでしょ?

>電極を刺して見えた幻覚は、意識に生じた対象であって、意識そのものではない。

そうですけど、それが何か?

>>405
>脳波や脳内の血流、fMRIの映像などで捉えられる物理現象は、あくまで
>心の影、あるいは心の足跡でしかなく、心そのものではないと思う。
>物理現象でないものを物理的に捉えることはできないし、証明することも、
>実験することもできない。
>心理学や精神医学、脳神経医学ですら、心の影を見ているに過ぎない。

全くその通りだと思います。
だから私はそれと同じ事を「心は、物理現象として観測できる側面もある」と述べて来た訳ですけど、あなたは何か誤解されたみたいですね。

412 :神も仏も名無しさん:2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN ID:edpHyizv
うん、心は(というか心を前提とする魂とか、霊とかも)
物理的なエネルギーにとどまらない物がある、本質は別にある
と私も思いたいです。

だがなあ、ここ 10−30年くらいかな、
脳血流の状況の影響、脳内ホルモンの影響、レセプターのなんとかかんとか
随分と明らかになった来てしまったでしょう?
であるとき、これから先、ますます物理的にも明らかになって行ってしまうんだろうなあ
とも考えています。

そんな時代なのに、むしろ唯物論者が減っているように思えるのは、
まあ「人間」として独自の存在でいたいからなんだろうなあ、とも思う。

ああ、思考実験として、
1−「心」は動物にもあるのか、との程度の動物にあるのか、植物は?
細菌には?ウィルスには?なんてのも考えます。

2−唯物論を進めていくと、コンピュータもいつか「心」を持ち得るのであり
HALやら、風の谷のナウシカみたいな事態も、あり得ることとなってしまうと。
うーーーん。

413 :神も仏も名無しさん:2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN ID:lv/Irq8x
>>406
都合が悪い事は回答しない。
昔からの体質。
だからウクライナの件の経緯説明もいまだにない。
これで本当に反省したといえるかな?

414 :神も仏も名無しさん:2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN ID:P6PNXEBR
>>408

 ここの、特にひかりの輪の人達の書き込みを読んだ上で、あなたがあれを宗教団体として見てるなら、おかしいですよ? 
彼等は出家、とか宗教的な事をしているのではなく、「事件で有名になったオウム」 を利用し、社会と向き合う事から逃げているだけ。
これまでの被害者遺族を馬鹿にした発言、態度を見て、どこが宗教なのか。

 彼等の今の生活は被害者だけでなく、麻原や死刑囚をも利用した上に成り立っている。
麻原に 「早く死ね(死刑にせよ)」 と言う事で、ひかりの輪が社会から容認される…と、はき違えているほど傲慢で、 社会の事がわかっていないし、被害を軽視している。

 それなのに、50才を過ぎてもその社会での肩書(学歴だけ)がよりどころで、社会からすぐに脱落したのに自分を「エリート」と未だに言う醜悪。
落ちこぼれた事、社会に適応できなかった事を未だ直視せず、責任を社会に転嫁しているその姿勢。
彼等はこうやって、一生傲慢で言い訳しながら生きていくだけで救いようがないから、社会はいかに彼等に巻き込まれる人を減らしていくか、という事に重点をおかなければならない。

 【自分にとって都合のいいだけの場所、環境で何の修行か】 贅沢して残った金を被害者遺族に与える事で活動が正当化されると思える「傲慢さ」。
インドで乞食をしながら修行したらいい。そういう聖者はいっぱいいる。 被害者は上祐達が言い訳する為のチップなんかいらない。

ここまで日本社会と相容れないなら、出て行って一切関わりを持たなければいい。楽してうまい汁だけ吸おうなんてとんでもないこと。

415 :神も仏も名無しさん:2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN ID:RWGLs/9j
>彼等は出家、とか宗教的な事をしているのではなく、「事件で有名になったオウム」 を利用し、社会と向き合う事から逃げているだけ。
これまでの被害者遺族を馬鹿にした発言、態度を見て、どこが宗教なのか。

 心に思うところはないか?宗形、細川、水野。
今度は温厚な河野さんを担ぎ上げで乗り切るのか。

416 :神も仏も名無しさん:2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN ID:RWGLs/9j
> 【自分にとって都合のいいだけの場所、環境で何の修行か】

鼠小僧も同様である。

417 :神も仏も名無しさん:2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN ID:VCCOC2sP
>>412
カルト問題を指摘する時に、大まかに二つの論理展開があり得ると思うんですね。
唯物論とカルト宗教を対比させていく立場と、伝統宗教の精神論と対比させていく立場。

前者だと、どうしても宗教全体を否定することになってしまうが、社会からの理解と評価を得やすい。
後者だと、個別の宗教に対応できるが、科学とは相容れないし、社会からの理解と評価は得にくい。

418 :神も仏も名無しさん:2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN ID:VCCOC2sP
「体験しないとわからない」世界、麻原オウム教においてはサマディがその究極で
あろうけれども、伝統的な南方仏教の修行僧たちサマーディ(より正しい発音)体験
を見ていくと、オウムのものが劣化コピーだとよく分かるんですね。

南方仏教はサンスクリットでなくパーリ語ですから、サマーディよりジャーナ(禅定)と
いう言い方をしますけど。

419 ::2013/07/30(火) NY:AN:NY.AN ID:bJLw4CXA
服装や住居に滲み出るオウムっぽさは、20年前とちっとも変わってないなw

420 :神も仏も名無しさん:2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN ID:3iaz1MWS
>>412,>>417
唯物論って時点で非科学的だから、学のある現代人には相手にされませんよ。

421 :神も仏も名無しさん:2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN ID:3iaz1MWS
>>418
>「体験しないとわからない」世界、麻原オウム教においてはサマディがその究極で
>あろうけれども、伝統的な南方仏教の修行僧たちサマーディ(より正しい発音)体験
>を見ていくと、オウムのものが劣化コピーだとよく分かるんですね。

具体的にどのような感じで劣化コピーなのか、詳しくご説明頂けますか?

422 :神も仏も名無しさん:2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN ID:7nS4/CUl
>>419
ひかりの輪って元々オウムが住んでたところに分裂時に分けてもらって住まわしてもらってるだけでしょ?

423 :神も仏も名無しさん:2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN ID:fj83LXJV
>>415

思うところなんかあるはずない。あの心ない態度を見れば、表面を繕っても傲慢さが丸見えだもの
本やHP等で彼等が書いてる 「いいわけ」 もみんな、ごまかし、ウソ、すりかえ、相手のせいにする、全て自分の都合のよい解釈…と終始一貫している。

その姿勢は客観的に見ると 「欺瞞」 だけど、 「彼等が最も目をそむけたい」 のはその、 『自身の欺瞞性』 なわけ。

彼等は間違いなく自己肥大しているけど、それが余りに長期にわたって慢性化しているがために、それを自覚できていない。慢心、心の鈍化、硬化。
だから現在の、矛盾に満ちた生活に疑問も持っていない。  「自分達は正しい事をしている」  と信じ込んでしまっている状態だと思う

ために、 なぜ正しい私達が世間から批判されるの? → 批判する社会が悪いんだ! となってしまってる だから危ない
昔から代表の上祐は自分にとって都合の良い相手としか行動しない人だし、あの団体の人達は単なる彼のコピー、追従するだけの、自己決定ができない人達だけを残しているわけ
だって今の活動を彼等がひとりきりでやると思う? 本当に信じていたらお金も住む所もなくてもできるけど、彼らにはできない。自分が居心地よくありたいが為に今、ああしているんだから。

彼の信者が相手に反論する時も、年齢を重ねているのに自分の言葉が全くないし、いつも同じ そこがグロテスクなんだけど、自分たちではそれが解らない。解りたくない。

自己に目を向ければ苦しむ事になる。その苦しみから逃れる代わりに、 被害者や死刑囚などなどの他人を苦しめてるというわけ。

どう生きようとその人達の自由。 でも、 ≪人を苦しめる自由はない≫  この坂本堤さんの言葉は重いですよ。
坂本さんが殺される前に上祐に言ったこの言葉、彼に全く通じないまま24年が経とうとしている 通じると期待する人も、もう誰もいない。
社会が問題にしているのは、彼等が集団生活をしている事なのではなく、その中身、人を傷つけ続けている姿勢、欺瞞性であり、そこに巣食う危険性なのだ。

424 :神も仏も名無しさん:2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN ID:2eR0gN7N
>あの心ない態度を見れば、表面を繕っても傲慢さが丸見えだもの
本やHP等で彼等が書いてる 「いいわけ」 もみんな、ごまかし、ウソ、すりかえ、相手のせいにする、全て自分の都合のよい解釈…と終始一貫している。

グルから心を離れ、修行者どころか
人間としても落ちぶれ、欺瞞性の塊となりつつあるか
細川、水野。
何をちゃらちゃらした生き方をしてるのか。

425 :神も仏も名無しさん:2013/07/31(水) NY:AN:NY.AN ID:TBhMt8fd
>420 ????
まさかマルクス主義=唯物論、だなんて思ってないですね。
それを前提に読むとき、何を言っているのかしら、と。

脳内麻薬やらレセプターやら、原子やらクォークやらは
すべて唯物論の思考方法の中で発見されてきたんではないですか。
そして、そのようなしてここにパソコンもできている、と。

で、それでも唯物論をともかく否定したがるのが、
まあ宗教が好き傾向の人なんだろうな、と。

426 :神も仏も名無しさん:2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN ID:48erbEnC
現信徒から聞いたけど
支部の師もサマナもおかしくなってるね。
グルというか元締めがいないとこうなっちゃうのか。
支部関係者は小物なんだらよくよく謙虚に自分を振り返ってみた方がいいよ。
固有名詞は書けないけどほんと神聖さも誠実さもないし。

427 :神も仏も名無しさん:2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN ID:48erbEnC
二宮さんは手下の者共の状態何で気付かないんだろうか。
ヤバイ域までいっちゃってる。

428 :神も仏も名無しさん:2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN ID:btiK+0jp
>>427
二宮さんはかなり以前から色々とヤバかったけどね。

429 :神も仏も名無しさん:2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN ID:btiK+0jp
>>425
>まさかマルクス主義=唯物論、だなんて思ってないですね。
>それを前提に読むとき、何を言っているのかしら、と。

熱心な唯物論信者の方のようですね。
唯物論は思想や宗教であって、科学じゃないですよ。
マルクス主義も唯物論から生まれた宗教の一つですね。

>脳内麻薬やらレセプターやら、原子やらクォークやらは
>すべて唯物論の思考方法の中で発見されてきたんではないですか。
>そして、そのようなしてここにパソコンもできている、と。

やはり科学知識が小学生レベルで止まっている方みたいですね。
現代科学の思考法・検証法は唯物論から生じた物では無く、近代においてはベーコンの帰納法やデカルトの演繹法などを祖としています。
現代医学も現代物理学も一応現象界で観測できる現象を対象としていますが、それは別に唯物論を根本としている訳では御座いません。

逆に唯物論者はその科学的手法の一部分を取り入れて「科学的〜」と称し、その上であたかも唯物論から近代科学が生じたかのように信者に宣伝しているだけです。
あなたはその虚偽宣伝に未だに騙されたままの哀れな信者さんのようですね。

>で、それでも唯物論をともかく否定したがるのが、
>まあ宗教が好き傾向の人なんだろうな、と。

滝本先生がなぜ兎にも角にも唯物論に拘るのかが良く理解出来ました。
未だに脳内がオルグされたままだったのですね。
だから水や水蒸気を以て氷だと強弁するように「心はエネルギーだから物質だ!」などと一般常識からも乖離した非科学的・非論理的な珍論を比露して得意がっていた訳です。
弁護士先生が科学や論理をまるで理解できていないのが、誰の目にも良く分かるかと思います。

430 :神も仏も名無しさん:2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN ID:+ds3xcIx
きみたちは
どっちに転んでも悪さばかり。

431 :神も仏も名無しさん:2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN ID:dcScK4jg
>>426
カルトの師なんてそんなもんだよ

432 :神も仏も名無しさん:2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN ID:aMwTWMHO
どうおかしくなってるのかレポしてくれないと
このスレ的には面白くないな

433 :神も仏も名無しさん:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN ID:hXhdLOyi
>>432
面白い・面白くないの前に、批判になってないと思う

434 :神も仏も名無しさん:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN ID:gvsr9+pG
どうおかしくなってるのかは書いたらばれるから書けないんだよ。
批判してるわけでもなくてこういう人がいるんだよって。
内部者はその霊性と徳で見つけてくれ。

435 :神も仏も名無しさん:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN ID:oq1Gp/E8
書けないならわざわざ投稿するなよ

436 :神も仏も名無しさん:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN ID:gvsr9+pG
わかるもんだけわかればいいんだよ。フレディ花巻もそう言ってた。

437 :神も仏も名無しさん:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN ID:oq1Gp/E8
支部の師より
表に出せない恩田みたいな出来損ない師の方が
狂った話は多いぞ

438 :神も仏も名無しさん:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN ID:8hLppWam
>>424

ちゃらちゃら、って確かにそうだ。要は刹那的で日和見主義という事なんだけどさ…
ああいう、排他的な集団にいると、自分でもそれがわからなくなるんだと思う。あと重要な事は、

例えば、あの人達は「ひかりの輪」の中にいる限り「いい気分」でいられる、という事。つまり中にいる限り外=傷ついている人達の事は理解できない
今、自分達がどんな酷い事をしているかわからないから中にいる、と言う事もできる。人間性を失ってしまっているのにも気づけない状態。

でも、現実、自分自身に向きあえば恐怖を感じる。中にいれば避けられる。その代わりに他者を苦しめているけど、それもわかってない
あれは、 自己と向き合う事を避け続けた人間達のなれの果てだと思う 

そしてああいう中にいると、差別的な考え(選民思想)になっていくのは必然。
内向きの世界にしがみつく為に、外の世界を悪、汚いもの、バカらしいもの、という事にして凝固させないと、その集団はもたないから。
被害者の人達への理解がないというのは、ああいう集団に い続けているから、といえる

宗教的な話もいいけど、「集団の悪」とか、「自己逃避」、「自己肥大」、 という視点から考えるのも大事だと思う
社会問題としてはまずそれが大きいわけだし、ああいう行為をしているひかりの人達も頑迷なまま年をとっていってるんだし。

かれらがああいう活動をしていて、誰が喜んでいるか? 自分達だけなんだよ。

439 :神も仏も名無しさん:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN ID:9rcG1bMC
ひかりの輪の被害者倍賞も結局自分達が活動しやすい為にやってるだけだしな。
上祐が本を売る時にそれで倍賞に回すというのも卑劣なやり方。

440 :神も仏も名無しさん:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN ID:EICZxna5
<437

クンダリニー成就してるから普通の人よりいいも悪いも強烈。
貴方も恩田さんに拘るの止めたら?
恩田さんより器は十倍くらいでかいんだから。

441 :神も仏も名無しさん:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN ID:p9prSycP
>>439

社会の恩恵は受けたいけど、社会の為になる事は何もしたくないしバカにしている。 色々矛盾を指摘されても言い訳するだけ。
>>377さん の文章を見ると、言葉の端々に敵意、優越感、逃避、責任転嫁、嘘、憎悪… という傲慢、独りよがり、が見えると思います
ここまで心の固くなった人には、目ざめは期待できないのか、とも。 自分からその選択する、できる心を捨てているから…。

イスラム教でもキリスト教でも、そういう状態の人の事を、『神の恩寵から最も離れた人間』 として戒めている。
自由意思があるのに善を選択しなかった者、として。

精神病理学でも、このような人は 『エゴにとらわれた、善を選択する自由な心を失った状態』 といっているんだ。
心を開いて、善いものを選択できるのは人間  でもその機会を自分から捨てて頑迷の中にいる、というのは、人間性への冒涜といっていい。
そして、自らの人間性を貶しめているから、他人の人間性を貶しめても平気でいられる、「気づき」のない状態になっている、ということ。

442 :神も仏も名無しさん:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN ID:p9prSycP
>>426

おかしくなっちゃってて、それが自身でわからなくなってると大変ですよね  >>377の慢心、敵意のある文章も危ないけど、
>>429さんの下の文章とか見て、 みんな、どう思う? この人はどういう心の状態だと思いますか。

> やはり科学知識が小学生レベルで止まっている方   > 未だに脳内がオルグされたまま  > 先生が科学や論理をまるで理解できていないのが〜

↑ 自分は他者より優れている、という傲慢であふれ、さらに付け焼刃の専門用語を使う事でも歪んだ優越感を満たしている。その姿勢はずっと「否定的」。

上祐さんも、何も実績がないのに、自分はあらゆる分野に精通している、という話し方、態度を取る (これは精神病質者の特徴でもある) 。
これらは心を閉ざして逃避する事によって傷つきを避け、自分が「精神的に成長する事を拒否する」 退行現象のあらわれなんです

もし自分に ≪おかしいかも≫ という自覚、が少しでもあれば、それは大切な「気づきの瞬間」 なので目をそらさないでほしいな
自己や、この世界を蔑むのは止めて、 心を開いてほしいということ。

443 :神も仏も名無しさん:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN ID:5zG15GiX
滅茶苦茶な法則説いて批判されてるのに
何開き直ってんだ?

444 :神も仏も名無しさん:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN ID:LT5nNUFZ
>>442
心は物質だなんてめちゃくちゃ言ってるから指摘を受けただけでは?
他の人は、あほらしすぎて相手にもしなかったのを
わざわざ指摘してくれたんだから、指摘された方はむしろ感謝すべき。

445 :神も仏も名無しさん:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN ID:P2OqFpu3
>上祐さんも、何も実績がないのに、自分はあらゆる分野に精通している、という話し方、態度を取る (これは精神病質者の特徴でもある) 。

たいした社会経験もなく、薄っぺらな饒舌だけに、
偏った愛着、好意を寄せているのか、水野、細川。
いっしょだなアレフと。

446 :神も仏も名無しさん:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN ID:HLTB92cD
上祐の社会人経験といえば宇宙開発事業団での数ヶ月の研修だけだからな

447 :神も仏も名無しさん:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN ID:Pj3Zkgwj
>>446

あとは学生の頃に家庭教師やって、 性格に問題ありでクビになってたはず
要するにこの人、コミュ障なのでは? 周囲が全部、自分の太鼓持ちでないと耐えられないずるさ、弱さというか甘え。
だから少し社会に出て、色んな事が自分の思う通りにならずにふてくされ、腐ったんだと思う
幼稚園(保育園)や小学校で学ぶ人間関係の基礎からしてなってない感じがする こういう人に道理を説いても駄目じゃないの。

>>444

トゲのある言葉をわざわざ使っている人の精神状態をどう思うか? という事についてでしょう。
「感謝すべき」、ってのもどうなの  人を馬鹿にする態度を喜んでやっている心の状態は何だ、という話。

>>445

駄目な息子に精神的に依存するダメな母親みたいな感じなんだと思う でもその息子はその母親達を内心バカにして利用している
あとは、あの集団にいれば自分達はただの社会のお荷物、であるという事から目を背けていられる。 逃避と傲慢。

448 :神も仏も名無しさん:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN ID:LT5nNUFZ
>>447
>トゲのある言葉をわざわざ使っている人の精神状態をどう思うか? という事についてでしょう。

自分の言葉にはトゲがないとでも?
そこまで自分が見えなくなってるかね。
そういうことは、あなた自身がいっさいのトゲのない言葉を発することができた時点で言うべきこと。

449 :神も仏も名無しさん:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN ID:LT5nNUFZ
最低でも自分が何をやっているか理解した上で人を批判すべき。
でなければ、端から見ればキチガイにしか見えないことを自覚すべし。

450 :神も仏も名無しさん:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN ID:ARy+WTfx
>>442
>おかしくなっちゃってて、それが自身でわからなくなってると大変ですよね  >>377の慢心、敵意のある文章も危ないけど、
>>>429さんの下の文章とか見て、 みんな、どう思う? この人はどういう心の状態だと思いますか。

毎度の事ながら、論議で窮するとこういう風に人格攻撃に切り替えて本題を誤魔化そうと図るのが、滝本太郎先生の特徴なんですよね。

E=mc^2の意味も知らなければ現代物理学史もまともに知らず、自身の唯物論信仰のまま「心は物質だ!」「科学は唯物論!」などと常識外れの間違った見解を強弁し続けた挙げ句に、いざ回答に窮すると相手を貶して誤魔化すと。
まさに「おかしくなっちゃってて、それが自身でわからなくなってると大変ですよね」としか言いようが有りません。
また「みんな、どう思う?」などと他に同意を求めてますけど、それは自説に自身のない証拠ですよ。

>↑ 自分は他者より優れている、という傲慢であふれ、さらに付け焼刃の専門用語を使う事でも歪んだ優越感を満たしている。その姿勢はずっと「否定的」。
>上祐さんも、何も実績がないのに、自分はあらゆる分野に精通している、という話し方、態度を取る (これは精神病質者の特徴でもある) 。

それはまさに>>442での滝本太郎先生の姿、その物ですよね。
上記引用に続く下記の引用が、その事が事実であることを物語っています。

>これらは心を閉ざして逃避する事によって傷つきを避け、自分が「精神的に成長する事を拒否する」 退行現象のあらわれなんです
>もし自分に ≪おかしいかも≫ という自覚、が少しでもあれば、それは大切な「気づきの瞬間」 なので目をそらさないでほしいな
>自己や、この世界を蔑むのは止めて、 心を開いてほしいということ。

そしてこの引用を滝本太郎先生に捧げたいと思います。

451 :神も仏も名無しさん:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN ID:ARy+WTfx
>>447
>トゲのある言葉をわざわざ使っている人の精神状態をどう思うか? という事についてでしょう。
>人を馬鹿にする態度を喜んでやっている心の状態は何だ、という話。

「トゲのある言葉をわざわざ使っている人」
「人を馬鹿にする態度を喜んでやっている心の状態」

これは明らかに滝本太郎先生のことですよね?

数スレッド遡れば、滝本太郎先生がこの果たしてスレッドでどんな態度で何を語ってきたか、良く分かるかと思いますよ。
滝本太郎先生は、基本的に「間違った思い込みによるおかしな主張を強弁し続ける → 指摘を受けて窮する → 相手の人格攻撃をして誤魔化す(議論は放棄する)」の繰り返しですから

452 :神も仏も名無しさん:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN ID:ARy+WTfx
>>451訂正
誤)滝本太郎先生は、基本的に「間違った思い込みによるおかしな主張を強弁し続ける → 指摘を受けて窮する → 相手の人格攻撃をして誤魔化す(議論は放棄する)」の繰り返しですから
正)滝本太郎先生は、基本的に「相手を小馬鹿にし、間違った思い込みによるおかしな主張を強弁し続ける → 逆に指摘を受けて窮する → 議論を放棄し、相手の人格攻撃をして誤魔化す」の繰り返しですから

453 :神も仏も名無しさん:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN ID:Q7NnzoTN
.
支離滅裂な主張の誤謬や矛盾を散々指摘された挙げ句このスレに来なくなった魔境君は、まだ良心の呵責があったんだなと思う。
同様の指摘を受けたにもかかわらず開き直って相手の人格攻撃をし始めるとかあまりにも幼稚な反応だし、現職の弁護士だという事を考えると滑稽で愚かとしか言いようがない。

454 :神も仏も名無しさん:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN ID:RgZGfsEL
>>448 >>450 >>451 >>452 >>453

すごくかわいそうだけど、本人が自分でこういう風になりたいと思った結果ですね…
生涯、何でも人のせいにして自分はすごい、何でもわかってる、他者は馬鹿…とあざけっていればいいと思います

ただ、こうした人が社会に出てくるのが危ない。 もし、この人を心配している人がいたら、保健所や警察などに相談だけでもされるといいかもしれません
でもそういう、親身になってくれる人がいたとしても、こうした状態では攻撃的になってその人を中傷、で終わりだと思いますが…。本当に大変な問題です。
行政もこうした精神、人格障害者の問題に本腰を入れて取り組んでいるわけではないし、そして被害に遭うのはこうした人に苦しめられている人達なので、やりきれないですね

個人的には、ど私はどんな人間にも長所が、良心がある、善性があると信じたいです。
上の方があらわにしている敵意、怒り、憎悪、高慢、すりかえ、等々は、この人が何かに苦しんでいて、
その恐怖や怒り、不満などを無視して、抑圧しているがために、こうした状態になってしまっているのだと思います。

でも、そのために被害に遭われる方がいるのなら、それ以前の問題、個人的ではなく社会的な問題だと言うことです。

455 :神も仏も名無しさん:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN ID:4ZQLmekR
何を言ってるんだか。
>>442でも、自分は精神科の医者でもないのに、上祐を精神病扱いするなど
とんでもない毒を持った言葉を吐き続けているのに、それにはまったく気づけない。
まったく哀れとしか言いようがないね。

456 :神も仏も名無しさん:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN ID:YwMU6B4S
>>454
  ↑
この様に滝本太郎先生は論議に行き詰まると人格攻撃しか出来なくなることを自ら実践して証明してらっしゃいますね。
「心は物質!」などと非科学的な主張をしていたから指摘されただけだということを、もう都合良くお忘れのようで。

滝本太郎先生のように間違った思想を元に「自分は絶対に正しい!」「自分は絶対に間違っていない!」と強く思い込んでいる方は、
幾ら理性的・論理的に矛盾や誤謬を指摘されても絶対に自らの非を認めようとせず、逆に相手を攻撃して自らのプライドを守ろうとするんですよね。
これは間違った思想や宗教にハマっている人の典型的な反応なのです。

457 :神も仏も名無しさん:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN ID:YwMU6B4S
>>454でも相手のレスへの具体的な反論・指摘は一切せず、何の根拠も示さずに相手の人格を毀損する事で一方的に相手を見下して自らの正当性を固守せんと藻掻いていらっしゃると。
つくづく「理性的な論議は出来ない人なんだな」「ネットの掲示板を利用するには早すぎる人なんだな」、と感じます。

458 :神も仏も名無しさん:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN ID:xXQpGxK/
ν速の方が面白い
こっちつまんない

459 : ◆brJY.mr26k :2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN ID:Bs7fAfRh
あーテストテスト

大規模規制は解除ですかそうですか

460 : ◆brJY.mr26k :2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN ID:Bs7fAfRh
>>369
>魔境君以外に「心は物質」としている学説をお教え下さい。

取り敢えず「心は物質」でググってみては?
普通に転がっていますが。

>要するに「間違った妄想でも自分が思い込めば実在するのだ」、と主張される訳ですか。

ええ、そう主張します。宗教はそういうもんですから。

>魔境君は今迄延々と「釈迦は輪廻転生を説いていない!」と主張していたのに、少し追求されると
>すぐ話を変えて誤魔化す訳ですか。

まともに読んでないんですね解ります。
私は最初から、輪廻転生が有るか無いかは50%って言ってますけど。

>「遺伝子によって再生する」だなどと主張しているのは、世界中で魔境君だけだと思いますよw

遺伝子によって再生するのは、科学的事実ですけど

>「凡夫であること」と「放逸であること」が「殺戮者であること」「淫乱であること」「虚言癖があること」に
>結びつくという魔境君の主張の説明にはなってませんけど?

ちゃんと、「これがあるから彼がある」の順番で説明してますけど。。。
理解できないなら仕方が有りませんね。

>あと秘密金剛乗のグルは解脱した状態で敢えて身口の悪業を積む事が有ります。
>それを理解出来ないのは、魔境君が固定観念に凝り固まった凡夫だからですね。

だからタントラ・ヴァジラヤーナなんて仏陀は説いてませんってば。

461 : ◆brJY.mr26k :2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN ID:Bs7fAfRh
>>376
>魔境君は滝本先生と同じく、窮すると精神崩壊を起こして相手を攻撃し始めることで話を反らして本題を
>誤魔化す詭弁がお好きですね。

一方の凡夫の論は、「凡夫」という理由で否定しておいて、他方の凡夫の論は、「凡夫」という理由で
否定しない貴方の論理は自壊してます。

>それは極端な苦行だけでは智恵を得られないという話です。
>「釈迦牟尼は自身の教団で、苦行を否定するどころか奨励している」という事実の反証にはなってませんよ。

ダンマパタ第15章
183 すべての悪しきことをなさず、善いことを行い、自己の心を浄めること、これが諸の仏の教えである。
184 忍耐・堪忍は最上の苦行である。ニルヴァーナは最高のものであると、もろもろのブッダは説きたまう。
    他人を害する者は出家者ではない。他人を悩ます人は〈道の人〉ではない。
185 罵らず、害わず、戒律に関しておのれを守り、食事に関して〈適当な〉量を知り、淋しいところにひとり
    臥し、坐し、心に関することにつとめはげむ。これがブッダの教えである。

最上の苦行とは、例えば罵詈雑言を浴びても罵らず、忍辱することであると、仏陀は説いています。
貴方は、肉体的な苦行を主張していますが、最古の経典では、心の忍耐・堪忍を最重要としています。
そして貴方のレスを省みるに、様々な罵りに満ちており、全く怠けているばかりであることが実証されます。

私が否定する苦行とは、過去レスを読んでも解りますが、肉体的な苦行であって、心の修養に関しては
全て肯定しています。

2ちゃんねるで貴方から罵詈雑言を受けるのも苦行でしょうかね?
そういう認識は全く持っていませんでしたけれど、まあダンマパタがそう説くのであれば、苦行なんでしょう。
私はそう思いませんけど、ヴァヤヴィヤ○時間より、2ちゃん議論の方が、仏陀に言わせると苦行のようです。

462 :神も仏も名無しさん:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN ID:lUvLW+0V
魔境君が自滅した途端に滝本太郎弁護士先生が現れて唯物論を主張し始め、
滝本太郎弁護士先生が自滅した途端に魔境君が再び現れると。

こういう現象は興味深いね。

463 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:UWs83j38
>>460
>取り敢えず「心は物質」でググってみては?
>普通に転がっていますが。

要するに一人も名前を挙げられない訳ですね。

>>要するに「間違った妄想でも自分が思い込めば実在するのだ」、と主張される訳ですか。
>ええ、そう主張します。宗教はそういうもんですから。

それならば、どんな間違った宗教や思想でも魔境君には真実だという訳ですか。
まさに魔境の人の見解ですね。

>まともに読んでないんですね解ります。
>私は最初から、輪廻転生が有るか無いかは50%って言ってますけど。

魔境君は自分の為した主張を覚えてないみたいですね。
魔境君は今迄延々と「輪廻転生なぞ存在し無いから、釈迦は輪廻転生を説いていない!」と主張していた癖に、一方では「輪廻転生が有るか無いかは50%」と矛盾した主張をし続けてきたと。
この様に魔境君の主張は最初から支離滅裂だったのですね。

464 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:UWs83j38
>>460
>遺伝子によって再生するのは、科学的事実ですけど

遺伝子によって転生するのですかw
滝本先生と同じく、魔境君の頭の中だけに存在する「科学的事実」ですねw

>ちゃんと、「これがあるから彼がある」の順番で説明してますけど。。。
>理解できないなら仕方が有りませんね。

「風が吹けば桶屋が儲かる」式の論法では説明になってません。
こんな出鱈目な説明で相手に理解してもらえると思っているのは、魔境君だけです。

>だからタントラ・ヴァジラヤーナなんて仏陀は説いてませんってば。

仏陀が説いたか否かは全く関係有りませんが?
しかし魔境君は自分に都合によって仏陀の教えを否定したり逆に仏陀の名前を出して利用したりしますよね。
魔境君の主張には一貫性がありません。

465 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:UWs83j38
>>461
>一方の凡夫の論は、「凡夫」という理由で否定しておいて、他方の凡夫の論は、「凡夫」という理由で
>否定しない貴方の論理は自壊してます。

仏教学者は修行経験の無い凡夫だから間違った解釈をする時もあるし、仏典を良く読んでいるから正しい判断をする時もあります。
魔境君は仏典も良く読んでないし修行経験も無いから間違った解釈をするし、相手の話を良く聞いて理解していないから上記のような間違った思い込みによる間違った主張をする次第です。

>それは極端な苦行だけでは智恵を得られないという話です。
>「釈迦牟尼は自身の教団で、苦行を否定するどころか奨励している」という事実の反証にはなってませんよ。

>最上の苦行とは、例えば罵詈雑言を浴びても罵らず、忍辱することであると、仏陀は説いています。

それは当たり前の事です。
そしてその事は「釈迦牟尼は自身の教団で、苦行を否定するどころか奨励している」という事実への反論には全然なってませんよ。

466 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:UWs83j38
>>461
>貴方は、肉体的な苦行を主張していますが、最古の経典では、心の忍耐・堪忍を最重要としています。

いつ私が「肉体的な苦行(のみ)を主張」しましたか?
魔境君は滝本太郎先生のように相手の話を自分に都合良くねじ曲げて捏造するのがお好きのようですね。

>そして貴方のレスを省みるに、様々な罵りに満ちており、全く怠けているばかりであることが実証されます。

それは魔境君の根拠無き間違った思い込みですね。

>私が否定する苦行とは、過去レスを読んでも解りますが、肉体的な苦行であって、心の修養に関しては
>全て肯定しています。

いつ釈迦牟尼が肉体的な苦行を否定しましたか?
魔境君が出した経典でも、釈迦牟尼は苦行においては心の修養が重要だという、至極当たり前の事を説いているだけですけど。

>2ちゃんねるで貴方から罵詈雑言を受けるのも苦行でしょうかね?
>そういう認識は全く持っていませんでしたけれど、まあダンマパタがそう説くのであれば、苦行なんでしょう。
>私はそう思いませんけど、ヴァヤヴィヤ○時間より、2ちゃん議論の方が、仏陀に言わせると苦行のようです。

いかにも魔境っぽいレスですね。
魔境君の心の濁りや揺れを感じさせます。

467 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:S2DWJFUk
>466
>いつ、釈迦牟尼仏が苦行を否定しましたか?


(^。^;)うわぁ、コイツ、常識ねぇなぁ。さすがオウム。(笑)

468 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:o6gnUQv6
>>458

ν速ではオウムも色んなトピの中の1つだからね 住人に色んな人がいるから面白いし 関係ないから客観的に話せる
>>377 が ≪マスコミから情報を得るだけの一般の方のほうが 遙かにオウム問題を理解しており≫  って書いてるけど都合のいい妄想。
377が接する一般の人、というのは ひかりの輪のシンパとかそういう人の事で、他に接点はないからそんな風になっちゃてる
一般の人は関心ないか、避けようという程度だし、理解しようとか思わない。テレビでやるネタのひとつでしかないから。

でも 455〜457 とか見るとカルト思考の何たるかがわかって、そういう意味では有益かも でもこのスレ不毛ですよね
ひかりの輪のHP内でやればいいのに。  ほんとにそう思う。

ここでは455〜457 を例に挙げたけど、嘘と言いわけ、バレれば開き直って相手を責めてバカにする、って上祐と全く同じやり方。
こうやって年を取っていく人がいる、という反面教師として、一度でもカルトに はまった人は、この人らのコメントを読むといいね
心を開いてみれば、どれだけ彼等が偏狭で、同じ事を繰り返し、自己陶酔して、他者を踏みにじっているかが理解できる。

ひかりの輪の人間の思慮のなさ、感性のなさ、現実逃避、自己陶酔については、もう触れる気持ちもない。
被害者の中には麻原さんは気の毒、と死刑を望まない人もいる。でも上祐には皆が、「何故のうのうとカルトを続けているのだ 恥知らず」と呆れ、怒っている。

オウム(ひかりの輪、上祐)を関わりながら、自分が何をやっているかわかっているのは、鈴木氏と除氏くらいだね
この2人のしてきている事はともかく、嫌でも現実に向き合わなければいけなかった人というのは強い。狂人相手の一線の引き方もわかってる

469 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:PkMBMYEf
>>468
なんで対滝本=ひかりの輪ってことになる?
上祐を精神病扱いにするのはおかしいという意見は
ひかりの輪からしか出ないとでも?
君らには本来は敵じゃないものまで敵に見えてしまうようだね。
まるで、かつての団体の人みたいだよ。

470 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:dzmQkd0r
>>467

>>326下段のスッタニパータ434,435と、>>330の中村元先生の解説をお読み下さい。
生半可な知識で仏教を騙りませぬよう、お願いします。

471 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:dzmQkd0r
>>468
最近、上祐氏への愚痴レスを連投している反上祐派の方みたいですね。

>ν速ではオウムも色んなトピの中の1つだからね 住人に色んな人がいるから面白いし 関係ないから客観的に話せる

「面白い」「面白くない」で判断している内は、動物レベルですね。

>>>377 が ≪マスコミから情報を得るだけの一般の方のほうが 遙かにオウム問題を理解しており≫  って書いてるけど都合のいい妄想。

滝本太郎先生もそうだったけど、カルト脳の人ってこういう風に根拠のない決め付けをするのがお好きですよね。
全く意味のない非論理的・非理性的な主観を披露しているだけだという事を自覚出来ていないみたいですね。

>>377が接する一般の人、というのは ひかりの輪のシンパとかそういう人の事で、他に接点はないからそんな風になっちゃてる

完全に「己の妄想を事実だと決め付けて語っているだけ」ですね。
まさにカルト脳の典型的な症状です。

>>一般の人は関心ないか、避けようという程度だし、理解しようとか思わない。テレビでやるネタのひとつでしかないから。

アナタの周囲にはそういうレベルの低い一般人の方達が集まっていらっしゃるみたいですね。

472 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:dzmQkd0r
>>468

>ここでは455〜457 を例に挙げたけど、嘘と言いわけ、バレれば開き直って相手を責めてバカにする、って上祐と全く同じやり方。
>こうやって年を取っていく人がいる、という反面教師として、一度でもカルトに はまった人は、この人らのコメントを読むといいね
>心を開いてみれば、どれだけ彼等が偏狭で、同じ事を繰り返し、自己陶酔して、他者を踏みにじっているかが理解できる。

「嘘と言いわけ、バレれば開き直って相手を責めてバカにする」
「偏狭で、同じ事を繰り返し、自己陶酔して、他者を踏みにじっている」

二つともまさに滝本太郎先生のことですね。
「偏狭で〜」の方は、反上祐のアナタにも当て嵌りますね。

>ひかりの輪の人間の思慮のなさ、感性のなさ、現実逃避、自己陶酔については、もう触れる気持ちもない。
>被害者の中には麻原さんは気の毒、と死刑を望まない人もいる。でも上祐には皆が、「何故のうのうとカルトを続けているのだ 恥知らず」と呆れ、怒っている。

上祐さんに文句が有るのなら、本人に直接言えば良いのにね。
ここで愚痴を垂れても全く意味ないのに。
おかしな人ですね。

473 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:dzmQkd0r
>>469
カルト脳の人は被害妄想が強いですからね。
動物的な恐怖心から、何でもかんでも自分が執着している敵対相手に思えてしまうのですよ。

474 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:av0qlXB7
  【 ハーヴェイ・クレックレー 『ザ・マスク・オブ・サニティ』 (Harvey Cleckley: THE MASK OF SANITY) より 】

 ≪ サイコパス(精神病質者) は、個人の価値とでも呼べる大事な事実や心情などに無関心で、そのようなものを全く理解する事ができない。
さらには、文学や絵画に表現されている人間の悲劇、喜びや努力などに、ほんの少しの関心を持つこともない。
サイコパスはまた、人生そのものにも無関心である。美しさや醜さ、善、悪、愛、恐怖、ユーモアなども表面的意味以上の意味をもたず、
どんな要素にも、心を動かされる事がない。

さらには、他人が感動している様子を見て、何かを感じる能力にも欠けている (共感能力がない)。
まるで人間の存在そのものを、「色を識別できない目」 で見ているかのようであるが、 知性はもっている。
『 「物事を比較する事によって、自分の欠陥を補う」、という意識がない』 ため、サイコパスに物事を説明しても意味をなさない。

サイコパスは物事を「理解したふり」をする事もできるし、「わかった」と言葉で交流するフリもできるし、
その言葉を「よどみなく言う事はできる」 のだが、 『自分が理解していないという事を悟る事ができない』

(中略) …彼(サイコパス)は今後も 過去におこなってきたように、自分の思うままに振舞い、周囲を苦しめ、困惑させ続けるであろう。
だが、こうした行動に影響を与え、 彼が社会への適応性を身につける精神医学的治療を、私は知らない。≫

475 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:S2DWJFUk
>470
「厳しい苦行は行われていなかった。」
って書いてあるけど、コピペしただけで読んで無いのかね?
それとも何かね?「楽な苦行」がオウムにはあるのかね?
本を読んだだけのカルト信者風情が仏教の何を語るつもりかね?

476 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:S2DWJFUk
松本死刑囚一派の事をニュースで見て、真似しているカルト団体がいたとして、君達オウム残党は仲間と認めるのかね?
君らがやってるのはコレと同じ事だ。

477 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:aQRLPP+D
日本仏教よりよっぽどオウムのほうが
チベット仏教やスリランカテーラワーダを導入したことを知らない素人は
黙っててもらおうか

478 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:RAGV7tQS
大量殺人をしていいなんて教えはないぞ

479 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:S2DWJFUk
>477
何ら反論になって無いんだが、バカなのかね?
なら南伝でやればいい。
南伝の資料だけ見て真似しているカルト団体が、仏教と言うなら>476に上げたカルト団体もオウムと認めるのかね?(笑)

(^。^)バカは大人しくカルト団体に献金だけしてなさい。(笑)

480 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:aQRLPP+D
素人が子供みたいな話を持ち出すんじゃねぇよ
政治や戦争の世界ぐらい勉強して来い

481 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:aQRLPP+D
>>479
このバーカ
ちゃんとその当時の第一人者について
教えを受けてるんだよ
知らないことをいうなアホ

482 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:S2DWJFUk
>480
この程度の議論もマトモに理解すら出来ないマヌケが、
「政治や戦争」?(笑)

(^。^)果たして子供はどちらかね?(笑)

483 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:S2DWJFUk
>481
あぁ、視覚障害者の真似が得意な詐欺師が金積んで宗教家に面会したらしいね?(笑)

(^。^)で?(笑)

484 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:aQRLPP+D
>>482
何の議論してんだ?
お前、基本的なデータすら持ってない
そこからの論理展開も何もないじゃないか
お前、ホントにバカなのか?

単なる勘違いニートだろ?

485 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:aQRLPP+D
で、何かまともに修行したことあんの?ニート君

486 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:S2DWJFUk
>484
一々解説して貰わないと理解出来ないんだろ?(笑)
無理すんな。(笑)
バカでも真面目に生きてれば良い事もあるさ。(笑)

487 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:dzmQkd0r
>>475
>「厳しい苦行は行われていなかった。」

「釈迦の教団では苦行が行われていたかどうか」が問題点なのに、何故か「厳しい苦行」などと勝手に条件を加えて話をすり替えているねw
カルト脳のアンチって、こういう詭弁・誤魔化しばかりだよね。

>>326のスッタニパータには、釈迦の言葉として「最大の苦痛を受けている」と書かれてますけど、アナタの目では読み取れませんでしたか?
>>330の「しかし恐らく實質的には他の諸宗教よりも樂な修行を行っていた。」云々は、文面を見れば分かる通り中村元先生の憶測でしょ。
要は原始仏教ではジャイナ教のような意味のない極端な苦行は行われなかったという話でしょうに。

>>475のように都合の良い点だけをツギハギし、話を歪曲・捏造までして反論した気になるのは、まさにカルト脳ですな。

488 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:aQRLPP+D
だからニート君、話をそらすなよ
何の議論もできないし
何の修行もしたこと無いんだろ?
このブタが

489 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:dzmQkd0r
>>478
キリスト教やイスラム教やユダヤ教、国家神道やナチズムや共産主義など、
古今東西の様々な思想・宗教は正義の名の下に「大量殺人」を肯定してきましたけどね。
日本仏教も僧兵とかに大量殺人させていた過去が御座いますし。

490 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:aQRLPP+D
中国なんかでも仏教思想がベースで氾濫起こしたりなんかしてるけどな
戦わなきゃならないときはいろんな時代で戦ってる
当たり前だろ

491 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:S2DWJFUk
>487
うんうん、
正に君の言う通り
「意味のない極端な苦行は否定されてた」よね。
それを一般的に「お釈迦さんは苦行を否定されてた」って言ってるワケ。(笑)

(^。^)君にはちょっと難しかったかなぁ?(笑)

492 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:aQRLPP+D
でもね、1000日回峰行とかね
苦しい仏道修行なんかいくらでもあるんだよ
素人は黙ってろ

493 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:S2DWJFUk
>488
しゅぎょうはたいへんでちたかぁ?(笑)
がんばってしゅぎょうしてえらくなってくださいね?(笑)


(^。^)アホ。(笑)

494 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:aQRLPP+D
>>493
ブタは黙ってろブタは

495 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:RAGV7tQS
戦わなきゃならないなんてのはオウム側が勝手に思考しただけだろ
地下鉄にサリン撒いたくらいじゃ何にもならないし自分達が捕まるだけだ
そんなのは素人でも分かる
オウムのやったテロ行為は神風特攻隊と変わらない
勝てる筈のない負け戦

496 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:aQRLPP+D
>>495
お前のバカ頭じゃ理解は無理だよ
バイバイサル

497 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:S2DWJFUk
>495
神風と一緒にすんな、カス。
オウムはテロリストだ、ボケ。

498 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:aQRLPP+D
これだけ社会が末期の様相呈しているのに
先駆けて戦いを挑んだ団体に何かを感じることができないアホは
自分の視野が狭いんだって事を知るんだな

20年前に兆候をキャッチしたから
それなりの動きをしたんだろ

お前らブタどもは一体何やってんだよ

ネットで遊んでんじゃねぇブタ野郎

499 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:S2DWJFUk
オウムの残党はテロリストの残党。
外国の手先となり国家転覆を目論んだ売国奴。

(^。^)仏教を隠れ蓑に使ってんじゃねぇよ、犯罪者。

500 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:dzmQkd0r
>>491
>正に君の言う通り
>「意味のない極端な苦行は否定されてた」よね。
>それを一般的に「お釈迦さんは苦行を否定されてた」って言ってるワケ。(笑)

「意味のない極端な苦行は否定されてた」。
つまり「意味のある適度な苦行は行われていた」訳です。

よって>>330
「最初期の佛教は苦行をほめたたえていた。 佛教徒も苦行を行わねばならぬことを明言している。」
という原始仏典群を読了した中村元先生の解説は正しい事が分かりますし、
>>326のスッタニパータの引用でも原始仏教教団内で行われている苦行の様子が記されている次第です。

>>491氏のように仏典の一部分を曲解・歪曲して「お釈迦さんは苦行を否定されてた」等と間違った教えを吹聴し続けると
仏教的に大悪業であるだけでなく本人も速やかに精神に異常を来して魔境に入ることは、このスレッドの幾人もが自ら実践し証明してくれた事実です。

>>493
そういう幼児語はアナタの知性の低さと人格の卑しさを公に晒しているだけですから、おやめになった方がよろしいかと。

501 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:aQRLPP+D
>>499
何もしらねぇブタが丸解りだなぁブタよ
お前の情報の出所が何なのかすらわからねぇだろブタ野郎
騙されて哀れだねぇ

502 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:S2DWJFUk
罪の無い市民を虐殺しといて、何が「戦いを挑んだ」だ。
日本赤軍か、てめぇら。(笑)
貴様らは未だに詐欺師に騙されてるマヌケな犯罪者だ、カス。
さっさと北チョンに行け、売国奴。

503 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:aQRLPP+D
>>502
ブタw
ブタの頭にゃ理解は無理だわw

オウムと北朝鮮とか
ホームレスが小遣い欲しさにマスコミにガセネタ売ったのを鵜呑みにしてまぁww

オウムがどこの国に工作してたのかすら知らないブタは寝ろ

504 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:S2DWJFUk
>500
だから、最初の仏教のスタイルでやりたいなら、ガンガー流域でヨギすれば良いだろ?(笑)
バカか?(笑)

505 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:S2DWJFUk
>503
ハゲ散らかしたみっともないカスが。(笑)
何も知らんのか?(笑)

(^。^)まぁ、シタッパはストレス溜まるわなぁ。(笑)

506 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:dzmQkd0r
>>504-505
早速、知能崩壊ですか。
アナタが魔境に入って三悪趣を輪廻するのはアナタ自身の勝手ですが、二度と仏教を騙らないで下さいね。

507 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:hzDjW02k
http://ameblo.jp/avijja/
http://blog.4en.jp/res/kobemyanmar_1/images/article514.JPG

come.

508 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:aQRLPP+D
>>507
で?
三日坊主がオウムの修行こなした人間に何か?

509 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:hzDjW02k
http://www.geocities.jp/caccyu10/blog-dir/2_2.jpg

510 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:S2DWJFUk
>506
判らんバカ共だなぁ。
お前らがどう考えようが、オウムは仏教じゃないの。
法脈に無いの。
仏教は師子相伝だから、真似だけじゃダメなの。

(^。^)バカだから分かんないかな?(笑)

511 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:hzDjW02k
>>508
http://kkaiki0710.cocolog-nifty.com/blog/images/2012/03/17/002.jpg

512 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:aQRLPP+D
テーラワーダの瞑想について語るんなら相手しないでもない
だが、ヴィパッサナだけやって満足してるレベルなら勉強しなおせよ
止観の観しかやらないで欠けてる教えが理解できないレベルじゃ話にならん
慈悲の瞑想もやってるそうだが、四念所はどうしたんだよ
五蘊無我はどうなってるんだよ

お前ら研究が足りなすぎだ

513 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:aQRLPP+D
>>510
お前のほう脈は何なんだよ
法脈語れるのかよ

カールリンポチェ、カムトゥールリンポチェ
アーナンダマイトリーはじめ数々の一線の瞑想者から
瞑想法を日本に持って来た事実すらしらねぇだろうがブタ野郎

514 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:hzDjW02k
>>512
http://cyberbaba.blog57.fc2.com/blog-entry-75.html

515 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:S2DWJFUk
行の真似事して自己満に浸ってるバカ共よ。
仏道ってのは行住坐臥一切時に於いて乳児が母乳を求めるが如く専心に為すものだ。
日本でネットしながら何が修業だ、マヌケが。
そんなに南伝やチベットが好きなら現地に行ってやれ、カス。

(^。^)邪教を仏教と偽る不届者は地獄に堕ちろ。(笑)

516 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:aQRLPP+D
>>515
だからブタの法脈は何なんだって聞いてんだよ
ニート仏教がえらそうに語るなブタ

517 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:aQRLPP+D
>>514
こっちの言ってる事すら理解できねぇレベルなのかよ
経典読めアホが

518 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:aQRLPP+D
20世紀に作られた瞑想とかアホか

519 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:S2DWJFUk
>516
殺人事件起こしたテログループの一員よりはエライさ。(笑)

(^。^)お前、ヒトゴロシの一員って自覚無いだろ?(笑)

520 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:hzDjW02k
>>517
http://i.crackedcdn.com/phpimages/article/7/8/7/182787.jpg?v=1

521 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:aQRLPP+D
>>519
はなしずらすんじゃねぇよニートブタ
オウム以外に文句言えねぇんだろクソニート

522 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:hzDjW02k
>>518
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E9%82%A3%E8%88%AC%E9%82%A3%E5%BF%B5
上座部仏教圏では、パーリ語経典経蔵中部の『入出息念経』(安般念経、Anapanassati-sutta)、相応部の『入出息相応』(安般相応、Anapana-samyutta)等で説かれ、多くの宗派で必須の行法となっている。

523 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:S2DWJFUk
日本国の侵略する為の道具として使い捨てられた、
カルトに偽装したテロリスト集団。
それがオウムだ。
未だに公案がマークしてるのは、
他に仕事が無いせいもあるが(笑)、
お前らが売国奴のテロリスト集団だからだ。
仏教だぁ仏教だぁと喚いているが、お前らは仏教徒ですら無い。
謗法を犯しながら仏教の真似事をしているマヌケな犯罪者予備軍だ。

(^。^)まぁ、言っても理解出来ないだろうなぁ。(笑)

524 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:aQRLPP+D
>>523
それ、ガセだから
ネット上で膨らんだ妄想を信じるとか
どれだけバカ?

さすがニート真理教の承狂そんし

525 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:aQRLPP+D
で、ブタの法脈は?w
仏教徒じゃないでよ、ただのブタニートのくせにww

526 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:S2DWJFUk
>524
へぇ?
公案にマークされてるってのもガセかね?(笑)

(^。^)まぁ、シタッパには関係ないからお前は気にすんな。(笑)

527 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:aQRLPP+D
>>526
この論点を得ない頭の悪さは格別だな
ここまでバカはなかなかいないぞ
こいつもなんかの成り済ましだな
いつ頃からこのコテハンが出てきたか誰か調べてくれよ

528 :神も仏も名無しさん:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:RAGV7tQS
>他に仕事が無いせいもあるが(笑)
いまだにこんな馬鹿をいってる奴がいあるのか。
あれだけのことをやった団体なんだから今危険がなかろうが監視するのは当然だ。
監察を外すのは世間的に見ても許されることではない。

529 :神も仏も名無しさん:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:aQRLPP+D
また同じバカの成り済ましかよ
毎度毎度違うキャラを作ってしょうもな

530 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:S2DWJFUk
>528
ばーか。
赤軍がアレでカウンターインテリジェンスしか許されて無いから、
まぁ、どーでもいいやな。(笑)

個人的にはあの時破防法適応しなかったのが未だに残念だ。

531 :神も仏も名無しさん:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:EoZssSoa
日付変わってもID変更されないくらいネットで遊んでるのかw

532 :神も仏も名無しさん:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:h8mUnqdw
>>527
2009年頃から宗教板にいるシッタカ池沼みたいですね。


http://read2ch.com/r/psy/1256372997/
2:承狂 ◆TptLNQXPVWuJ [] 09/10/24(土) 17:59:57 ID:/dt/gy77(3)
愛とは!
ハァハァする事だ!
(^。^)ロベルタたんハァハァ♪

http://2ch.hork.info/res/uni.2ch.net/psy/1261317441
3 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2009/12/20(日) 23:22:21 ID:42Qc3FvX
(^。^)ホントにバカばっかりだなぁ♪(笑)

http://c.2ch.net/test/-.fYl30/psy/1322148727/i
239:承狂◆TptLNQXPVWuJ 05/13(月) 21:19 hudIFGFn
双子での情報の共有は無い。
思い込みと事前知識による妄想だな。
宗教板にも似たようなのがいるが、
科学的知識が無い奴の妄想というのは始末に負えんな。(笑)

240:承狂◆TptLNQXPVWuJ 05/13(月) 21:56 hudIFGFn
科学的知識と霊的知見は全く別の話であり、
いわゆる事相理相ともまた別の話。
論理的思考とはこの両者の上に構築されるべきである。
そして、これと赤心による至誠は等質であると、私は考える。

533 :神も仏も名無しさん:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:J0eYWj4X
>>468

 有田さんはあっさり一線超えちゃったよね 昔からこの人はオウムにも適当な陰謀説言ってたし、元々、付け焼刃で出てきた人だしね
97年の神戸事件で完全に一般的には怪しい人 になったと思う(メガデス発言など)。 最近はサザンとかもう電波芸人枠

 ひかりの輪の人の書き込み読んでると、粘着質で被害妄想が強いから、周辺住民はほんとに怖いだろうね
内輪にしか通じないデタラメを言って万能感に浸っているだけだし、 社会に対する敵愾心がものすごく強い

こういう、自己肥大した被害妄想狂、さらには社会で失敗した集団、というのは最も犯罪を起こしやすい

 公安については賛否両論あるけど、やっぱり監視はもっと強めて、行動も制限するようにしてほしい あとは警察、精神病院。
社会に文句を言いながら、社会に寄生して憎しみをつのらせている子供っぽい傲慢さは、危険きわまりない。
いっさい社会と関わらないなら、別に内輪でどんだけ狂っても構わない。 あの山口の限界集落あたりに住んで、二度と表に出て来ないなら社会はひかりの輪の存在を許してもいい
ネットでわざとらしい上祐称賛やあやしい宣伝とか、本当に軽薄、子供っぽい自己中心的な事ばかりで、社会の事をまるでわかってない。

534 :神も仏も名無しさん:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:J0eYWj4X
>>422

 アーレフが追い出せばいいのに。 アーレフにも色々あるだろうけど普通に対話できたし、事件についても誠実に語ろうとしてくれた
ひかりの輪は、ここに書いてる人とか、HPなどの独善、傲慢さしかなくて気味悪かった 顔つきも声も死人みたいで ネクロフィリアか、と思った

 なんか死体が生者の世界を歩いてるような異様な感じで、心ない、そしてその寒々とした状態に満足して自分たち以外を見下し、自分達の世界しか見ていない。
それで私は、 麻原彰晃含む死刑囚の人達が、上祐らにいいように利用されて気の毒だと思った 最初は、被害者遺族をダシにして上祐はひどい、という風だったけど…

 幹部でも、上祐だけが冷たく心がなく、誠実さの全くない行儀の悪い男にしか見えないし 家族や元彼女の事もボロボロにして、また利用したわけだし 人間として最低だと思う
周りを不幸にして、さらには心の弱い人達を上祐教の信者にして、さらなる頑迷に追い込んでるだけで、結局苦しみを増やしているだけ。

この人の非道な物言いに、傷ついている人達には、あれは人間の形をした化物だから気にしないで、といいたい

535 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:YuWu1SNt
ほう、オウムはネット詳しいと聞いていたが、ロクに検索も出来ないのか。

536 :神も仏も名無しさん:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:yR6SMWVo
>>534
いまだに麻原彰晃を拝んでいるヤツのほうが、よっぽど気味悪いよ by 一般人

537 :神も仏も名無しさん:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:3PRq7Tq/
>>536
こんなところでしかストレス発散できないキモオタの顔は
キも過ぎ

538 :神も仏も名無しさん:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:EoZssSoa
>>537
>>536が一般的な感覚です

539 :神も仏も名無しさん:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:3PRq7Tq/
夏休みにこんなとこでしかストレス発散できない
→顔と性格がキモ杉で相手にされない

一般人はこんな所に来ません

540 :神も仏も名無しさん:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:EoZssSoa
アレフを信仰してる時点で一般人とは感覚が違うと思え

541 :神も仏も名無しさん:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:fbKp882v
>>536,>>538,>>540
そもそも一般人はこんなスレッドに来ませんよw

542 :神も仏も名無しさん:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:/0Zt153d
上祐は極悪人で、アーレフは真摯とかあり得ないだろ

ひかりの輪は、オウムから生まれ出たもので、その基本的性質はオウムと変わらず、
アーレフと輪、両者とも心からの反省はしてない模様ってのならわかるけど

543 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:YuWu1SNt
何にせよ、老人を拉致して殺し、一家惨殺して幼児の遺体を放り捨て、地下鉄で化学兵器による無差別殺人、日本国を乗っ取ろうと計画した極悪テロリスト集団なのは間違い無い。

(^。^)鬼畜が仏教とか修業とかもうね。(笑)

544 : ◆brJY.mr26k :2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:6R3TC6Q4
>>463
>要するに一人も名前を挙げられない訳ですね。
「在るものは在る」だけです。ググれば在るのは分かることです。
これに対し、著名人の論説を百万遍並べたところで、「物質と別に心が在る」ことの証明にはなりません。
心が物質か物質でないかという命題が、ただそこに在るのみです。

>それならば、どんな間違った宗教や思想でも魔境君には真実だという訳ですか。
どんな間違った宗教や思想でも、それがその人の内心に止まる限り真実です。

>魔境君は自分の為した主張を覚えてないみたいですね。
私の主張は
@釈迦は輪廻転生を説いていない。解脱(苦からの解放)を説いている
A輪廻転生が有るか無いかは50%
Bただし、オウムが語るような具体的な輪廻転生の世界はフィクション。アニメみたいなもの
で、ハナから微動だにしてませんが。

>>464
>遺伝子によって転生するのですか
クローンは実際にできますね。まあ脳の記憶は経験によるので、複製は難しい現状ですね。

>「風が吹けば桶屋が儲かる」式の論法では説明になってません。
理解できないなら、この話題は終了。

>仏陀が説いたか否かは全く関係有りませんが?
仏陀が説いたから仏説であって、仏陀が説かないなら仏説ではありませんね。

545 : ◆brJY.mr26k :2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:6R3TC6Q4
>>465
>仏教学者は修行経験の無い凡夫だから間違った解釈をする時もあるし、仏典を良く読んでいるから
>正しい判断をする時もあります。

つまり、どれが正しいのかは、貴方が決めるということですね。
別に構いませんが、貴方の解釈は貴方の解釈でしかありません。
中村氏の解釈は中村氏の解釈であり、他の学者の解釈は他の学者の解釈であり、
麻原の解釈は麻原の解釈であり、私の解釈は私の解釈というだけです。

>>最上の苦行とは、例えば罵詈雑言を浴びても罵らず、忍辱することであると、仏陀は説いています。
>それは当たり前の事です。

すると、罵詈雑言だらけである貴方は、全く苦行を怠けているという結論になります。

>そしてその事は「釈迦牟尼は自身の教団で、苦行を否定するどころか奨励している」という事実
>への反論には全然なってませんよ。

「苦行を奨励している」と考えるのは中村氏の解釈であって、仏典に「苦行を奨励している」とは
書かれていません。

スッタニパータにおいても、苦行を前向きに捉えているのは、貴方が掲示した喝くらいですし、
ダンマパダでも、私が掲示した喝くらいです。

546 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:YuWu1SNt
>544
つ「中論」

547 :神も仏も名無しさん:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:EoZssSoa
>>543
麻原修行だね

548 : ◆brJY.mr26k :2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:6R3TC6Q4
>>466
大分、本質が見えてきたようですね。

宮元啓一『ブッダが考えたこと』より抜粋

「さて、このように、わたくしは、「ゴータマ・ブッダは苦行を捨てた」と書いた。
この文言は、ゴータマ・ブッダについて言及しているどの仏教書を見ても書いてある。
しかし、ここから大きな誤解を生じることもたしかである。」

「苦行は、ゴータマ・ブッダがそうであった苦行者の苦行生活のすみずみにまでわたって
多種多様にある。ゴータマ・ブッダは、そのなかから、心身を清澄にし、智慧の醸成に
大いに役立つものは捨てずに継承したのである。」

「当時、出家は、出家と言う存在をどうしても肯定しようとしない保守的なバラモン階級を
はじめとする少なからぬ人々から、蔑まれたり、ののしりを受けたり、揶揄されたり、
悪質ないやがらせを受けたりした。
これに立腹して敵愾心を燃やすようなことをしないばかりか、逆にそういう人々をも
慈しみ愛おしむというのが慈悲行であり、これに徹するのはたいへん難しい。
だからこそ、苦行の修行徳目として成り立ったのである。」

で、残された苦行系が「頭陀行」ですが、オウムが大好きな行法は入っていませんね。
まあ、外で寝るのは土地環境によっては死にますし、横になって寝ないのも辛いですが。
「頭陀行」とて、絶対やらねばならないということはなく、戒律は緩やかであった。
何より、自分のための修行なのだから、自分で考えてやれというのが基本姿勢です。

スッタニパータ、ダンマパタにおいて推奨されるのは、「苦行」ではありません。
「苦を滅すること」「自分で努力をして苦を滅するための智慧を得ること」を推奨しているのです。

正確に言えば、
「苦行であるかどうかは問題では無い」「苦を滅する智慧を得られるかが問題だ」
という事ですね。

549 : ◆brJY.mr26k :2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:6R3TC6Q4
では、「苦を滅するための智慧」とは何でしょうか。
スッタニパータ第四章、第五章は、同仏典の最古層と言われていますが、何と書いているのか。

780 実に悪意をもって(他人を)誹る人々もいる。また他人から聞いたことを真実だと思って
(他人を)誹る人々もいる。誹ることばが起っても、聖者はそれに近づかない。だから聖者は
何ごとについても心の荒むことがない。

799 智慧に関しても、戒律や道徳に関しても、世間において偏見をかまえてはならない。
自分を他人と「等しい」と示すことなく、他人よりも「劣っている」とか、或いは「勝れている」
とか考えてはならない。

832 (特殊な)偏見を固執して論争し、「これのみが真理である」と言う人々がいるならば、
汝はかれらに言え、「論争が起っても、汝と対論する者はここにはいない」と

843 そのバラモンはどうして『(わが説は)真実である』と論ずるであろうか。またかれは
『(汝の説は)虚偽である』といって誰と論争するであろうか?『等しい』とか『等しくない』とか
いうことのなくなった人は、誰に論争を挑むであろうか。

850 かの聖者は、怒らず、おののかず、誇らず、あとで後悔するような悪い行いをなさず、
よく思慮して語り、そわそわすることなく、ことばを慎む。

挙げれば切りが有りませんが、ウェブ上でも『真理のことば』は読めるようですので、参照を。

「私は苦行し智慧を得た」と言うのであれば、このスレッドにおける「修行者」の発言は、
上記仏典の結果となって現れるはずです。

しかし「苦行」を誇るばかりで、論争相手の罵詈雑言を述べ立てるならば、仏教として全く無駄な
「苦行」しかしておらず、肝心の「智慧」が疎かであることを自ら証明するだけなのです。

ですから私は「ヴァヤヴィヤ○時間で悟りは開けない」と言います。
肉体系の苦行に耽るばかりで、心が修養されないからです。

550 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:YuWu1SNt
松本チズオ死刑囚は全盲のふりをして、アグラジャンプを空中浮遊と言い張り、宗教家と面会しただけで教えを受けたと詐称したクズな訳だが、
このクズの妄執に洗脳されたバカ共が連続殺人をして、地下鉄テロをし、国家転覆計った訳だ。
そして、現在も同じ妄執に洗脳されたバカ共がのうのうとうろついてる訳。

(^。^)みんなもテロリストには気をつけろよ?(笑)

551 :神も仏も名無しさん:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:9JB0mP+D
 発 者 同         . 。_   ____           争
 生 同 .じ     .    /´ |  (ゝ___)          い
 .し 士 .レ      .__/'r-┴<ゝi,,ノ   ro、      は、
 .な で .ベ      ∠ゝ (ゝ.//`   ./`|  }⌒j     
 .い し .ル        } ⌒ /`ヽ、_∠l,ノ ・ヽ´
 .! ! か の       /  ´..:.} >、、___,  .r、 ソ、`\
             /   ..:.:.}   /   |∨ ` ̄
            /   ..:.:./    |   丶
           / _、 ..:.:.:.{    .{.:.:.   \
          {   ..:Y  .ゝ、   {.:.:.:.:.    ヽ
          |、  ..:/ 丿 .:〉   >.- ⌒  .  ヽ
          / {. ..:./ ソ ..:./  .(    ..:.:.:`  ..:}
         ./..:.:}.:.:./ ヘ、 ..:./   .\ ..:.:r_,ノ、.:.:}
        ./..:.:/|.:/   {.:./     X.:.:}.}   X X
        /..:.:/ .}.:|    }:/       .Y丶ヽ  Y.:Y
  . __/.:/ { }  《.〈、     _,,__>.:》丶   Y.:\
  /.:.:.:.:.::/   !.:.:ゝ  ゝ.:. ̄ヾ ´:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾゝ   \.: ̄>

552 :神も仏も名無しさん:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:yR6SMWVo
>>550
君、ポワされないように気をつけろよ by 一般人

553 :神も仏も名無しさん:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:B4nz5obp
>>541
Alephが復活中ということで、テロを起こされやしないかと心配になってやってきたんだよ by 一般人

554 :神も仏も名無しさん:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:B4nz5obp
負けた公安、無罪判決…勢いづくオウム、勧誘に“お墨付き”
http://news.livedoor.com/article/detail/7855454/

・・・頼むから、Alephは解散して成仏してくれよ by 一般人

555 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:sVe+60Kg
>552
確かに、個人情報出したらころされるかもね。(笑)

(^。^)奴らは朝鮮人と同じでファンタジー世界の住人だからな。(笑)

556 :神も仏も名無しさん:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:B4nz5obp
「オウム事件は国家によるデッチ上げ」が若手獲得の手口…オウム時代から全く変わらぬ“洗脳体質
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130714/waf13071407010004-n1.htm

 >「オウム真理教の事件は全部陰謀で、でっちあげだったと言われました。本当でしょうか」

・・・俺にはこんなデタラメを信じる奴の気持ちはわからん。
しかし、ひとつ言えることは、Alephがいまだに、テロ集団であるということだけはわかる。

557 :神も仏も名無しさん:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:dH3Eryl2
アリタのおっさんはTV出現した頃、ろくにオウムのこと知らなかったあらな
今では解ってきてまともな発言しているけどね
オウム事件で有名になって金ももうけてオウム様様だろうよ

558 :神も仏も名無しさん:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:eDHomDjj
>>550
マスコミ報道レベルの不正確な情報が多いね。
デマに流されやすい人のようですね。

>>555
>(^。^)奴らは朝鮮人と同じでファンタジー世界の住人だからな。(笑)

それはアナタのことでしょw

559 :神も仏も名無しさん:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:eDHomDjj
>>553
なら何故Alephのサイトに行かないの?
「一般人」と自称しているけど、正体バレバレなんだよね。

560 :神も仏も名無しさん:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:eDHomDjj
>>548
>大分、本質が見えてきたようですね

未だに肉体的・感覚的な苦楽で一喜一憂しているレベルのアナタが、偉そうに「仏教の本質」を語る姿はあまりにも愚かしく滑稽ですな。

561 :神も仏も名無しさん:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:UAF9HWv8
どんな集団でも 自分達の都合の悪い事は無視して 自分達以外の人達をバカにして満足してるようなところはおかしいよ。
上祐達があれだけ酷い態度を取って、被害者遺族をあざけって優越感を感じてるというのは裏を返せば 「[社会への劣等感」 なわけだし攻撃性をはらんでいる
あんな排他的な態度を取っている事にも気がつけない状態、というのは外部から見たらカルト、それも極めて危険な、というもの。

多くの上祐批判には痛烈な言葉もあるけど(それだけ嫌われているという事だが)、的外れな事は誰も言ってない それに対して瞬時に攻撃的になる上祐信者は特に危険。 

あと、ひかりの輪の広報みたいなw有田さんが先日ワイドで出してたボードだと、ひかりの信者は1人も増えてない(200人のまま) 事になるけどさすがにおかしくない?
勿論、代表の人徳のなさからして減っててもおかしくはないんだけど、 イコール危険ではない、みたいに言いたかったのかね むしろ小人数で孤立、先鋭化して危なそうだが

562 :神も仏も名無しさん:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:CLRHtnc/
>>561
前から気になってたんだけど、ひょっとしてアレフのワーク?
それか、アレフの評判をさらにを陥れるためにアレフになりすました何者かなのか?

563 :神も仏も名無しさん:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:6TDKfbPo
ひかりの輪とアレフは全く別物だよ
アンチ上祐だろう

564 :神も仏も名無しさん:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:CLRHtnc/
誰かから指示されてやっているのかと思いたくなるくらいに粘着し過ぎ。
でなかったら、よほどの恨みがあるんだろうけど、ここまでしつこいと気持ち悪いよ。

565 :神も仏も名無しさん:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:MlDMlLGI
>ひかりの信者は1人も増えてない(200人のまま) 事になるけどさすがにおかしくない?
勿論、代表の人徳のなさからして減っててもおかしくはないんだけど、

はい、悪うございました。一元思想の新団体です。
妥協して導きも出来ないのか、水野、細川。
救済とシヴァ神を意識しなさい。

566 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:sVe+60Kg
>558
無差別大量殺人のテロリストグループじゃないとでも言いたいの?(笑)
アラフォーだか左の輪か知らんが、お前ら朝鮮人と同じだな。

567 :神も仏も名無しさん:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN ID:AvKhqk3t
>>545
>つまり、どれが正しいのかは、貴方が決めるということですね。

違いますよ。
仏教学者が「仏典を読む」という経験から得られた見解は、正しい物と言えます。
同様に仏教修行者が修行して得られた見解は、正しい物と言えます。
逆に仏教学者が経験もしていない修行体験の記述について憶測した見解は、間違っている物が多いです。
また魔境君のように仏典もまともに読まず修行体験もない凡夫外道の方が汚れたイメージ・意思・識別で創り上げた「ぼくのかんがえたぶっきょう」は間違っていると言えます。

>別に構いませんが、貴方の解釈は貴方の解釈でしかありません。
>中村氏の解釈は中村氏の解釈であり、他の学者の解釈は他の学者の解釈であり、
>麻原の解釈は麻原の解釈であり、私の解釈は私の解釈というだけです。

宇宙を貫く真理は一つであり、魔境君のその識別論のように「人それぞれ」という事は有り得ません。
魔境君は「真理」を「人それぞれの識別」だと誤解しているから、それが理解出来ないだけです。

>すると、罵詈雑言だらけである貴方は、全く苦行を怠けているという結論になります。

魔境君の魔境見解について「間違っているよ」と指摘しているだけです。
それが罵詈雑言に聞こえるのは、魔境君の悪業が深いからでしょうね。

>「苦行を奨励している」と考えるのは中村氏の解釈であって、仏典に「苦行を奨励している」とは書かれていません。

原始仏典群を精査した中村元氏は、原始仏典に於いて「釈迦は苦行を奨励している」と明言しています。
仏典の極一部分を摘み読みして曲解ばかりしている魔境君が、何を言っても無駄かと。

>スッタニパータにおいても、苦行を前向きに捉えているのは、貴方が掲示した喝くらいですし、
>ダンマパダでも、私が掲示した喝くらいです。

他の原始仏典でも苦行を奨励している箇所は多々御座いますけど?

568 :神も仏も名無しさん:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN ID:AvKhqk3t
>>548
>「さて、このように、わたくしは、「ゴータマ・ブッダは苦行を捨てた」と書いた。
>この文言は、ゴータマ・ブッダについて言及しているどの仏教書を見ても書いてある。
>しかし、ここから大きな誤解を生じることもたしかである。」

実際に大きな誤解を生じさせている魔境君の事ですね。

>「当時、出家は、出家と言う存在をどうしても肯定しようとしない保守的なバラモン階級を
>はじめとする少なからぬ人々から、蔑まれたり、ののしりを受けたり、揶揄されたり、
>悪質ないやがらせを受けたりした。
>これに立腹して敵愾心を燃やすようなことをしないばかりか、逆にそういう人々をも
>慈しみ愛おしむというのが慈悲行であり、これに徹するのはたいへん難しい。
>だからこそ、苦行の修行徳目として成り立ったのである。」

この辺りは少し的外れですね。

>で、残された苦行系が「頭陀行」ですが、オウムが大好きな行法は入っていませんね。
>まあ、外で寝るのは土地環境によっては死にますし、横になって寝ないのも辛いですが。
>「頭陀行」とて、絶対やらねばならないということはなく、戒律は緩やかであった。
>何より、自分のための修行なのだから、自分で考えてやれというのが基本姿勢です。

という魔境君の曲解の中に、魔境君の怠け心が見え隠れしてますね。

>スッタニパータ、ダンマパタにおいて推奨されるのは、「苦行」ではありません。
>「苦を滅すること」「自分で努力をして苦を滅するための智慧を得ること」を推奨しているのです。

その為の手段としての苦行でしょ。

>正確に言えば、「苦行であるかどうかは問題では無い」「苦を滅する智慧を得られるかが問題だ」という事ですね。

それはその通りですね。
魔境君のように怠け心からいたずらに苦行を忌避する態度は間違っていると言えます。

569 :神も仏も名無しさん:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN ID:AvKhqk3t
>>549
>挙げれば切りが有りませんが、ウェブ上でも『真理のことば』は読めるようですので、参照を。
>「私は苦行し智慧を得た」と言うのであれば、このスレッドにおける「修行者」の発言は、
>上記仏典の結果となって現れるはずです。

その辺は小乗の修行者への説話ですね。

>しかし「苦行」を誇るばかりで、論争相手の罵詈雑言を述べ立てるならば、仏教として全く無駄な
>「苦行」しかしておらず、肝心の「智慧」が疎かであることを自ら証明するだけなのです。

誰も苦行は誇ってないし、魔境君は論理的会話が出来ないから論争にすらなってませんよ。

>ですから私は「ヴァヤヴィヤ○時間で悟りは開けない」と言います。
>肉体系の苦行に耽るばかりで、心が修養されないからです。

肉体的な苦楽に囚われて自分に都合良くねじ曲げた魔境見解ばかりに浸っているなら、永遠に心は修養されず悟りから遠のき続けるでしょうね。

570 :神も仏も名無しさん:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN ID:AvKhqk3t
>>544
>「在るものは在る」だけです。ググれば在るのは分かることです。

挙証責任は、それを言い出したアナタにあります。
証拠史料を挙げられないのなら、それはウソだという事ですね。

>これに対し、著名人の論説を百万遍並べたところで、「物質と別に心が在る」ことの証明にはなりません。
>心が物質か物質でないかという命題が、ただそこに在るのみです。

ならば「「心は物質」は、普通に転がっている説です」という魔境君のウソの言い訳も、「心は物質である」という魔境見解の証明にはなりませんよねw

>どんな間違った宗教や思想でも、それがその人の内心に止まる限り真実です。

魔境君の「真実」の基準は人それぞれ異なる識別なのですね。
それは近代どころか古代の科学ですら否定されてきた、最も非科学的な見解だと言えます。

>私の主張は
>@釈迦は輪廻転生を説いていない。解脱(苦からの解放)を説いている
>A輪廻転生が有るか無いかは50%
>Bただし、オウムが語るような具体的な輪廻転生の世界はフィクション。アニメみたいなもの
>で、ハナから微動だにしてませんが。

それぞれの主張が相矛盾しており、全体として出鱈目だという事にまだ気付いていないようですね。

571 :神も仏も名無しさん:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN ID:AvKhqk3t
>>544
>クローンは実際にできますね。まあ脳の記憶は経験によるので、複製は難しい現状ですね。

クローンによる出生は転生じゃ御座いませんよw
魔境君は基本的な知識から完全に間違っているようですね。

>理解できないなら、この話題は終了。

魔境君も、野田氏や滝本先生のように都合が悪くなるとすぐ逃げますね。
「風が吹けば桶屋が儲かる」式の論法では説明になってません。
そんな我田引水的な解説は、まるで説明になってません。

>仏陀が説いたから仏説であって、仏陀が説かないなら仏説ではありませんね。

仏典をまともに読まない魔境君が、仏説を御存知とは思えませんが。

572 :神も仏も名無しさん:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN ID:tKmLMHA5
ID:AvKhqk3t

あなた友達いないでしょw

毎回毎回ダラダラと長文レスしてる人って粘着で気持ち悪い
カルトにハマる人って屁理屈ばかりw

573 :神も仏も名無しさん:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN ID:gaF7W4+C
おっと、パヴィッタ恩田無境をけなすのはそこまでだ

574 :神も仏も名無しさん:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN ID:Frt0mXEJ
こんばんは。
何かと言うと私の名前が出ているんですね、
時には書き込まないと申し訳ない気もしますが
どうも発言者の分別が難しく、また趣旨不明が多くなってきて、
もとよりなかなか時間がなく、書き込めないです。
ブログにだけでも書き込むべきことあるのだが、うーん。
おいおいとまた書きますので、よろしくぅ。
私の変化身が飛んでったりして。

575 :神も仏も名無しさん:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN ID:dnPF7iKJ
悪業ばっかり積んでるから
病気するんだよ

576 :神も仏も名無しさん:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN ID:dnPF7iKJ
オウムを認める、否定する、それはそれぞれの経験があるから
いろいろ立場あるだろうが

少なくともお釈迦様の教えを捻じ曲げるのはまずいだろ
お前は完全な悪業を積んでいる

577 :神も仏も名無しさん:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN ID:eX1+FB9m
大悪業だろ

578 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:Xd49dbC3
ま、オウム信者は仏教徒云々以前にヒトゴロシの大悪党の一員だから地獄行き確定してるけどね。(笑)

(^。^)早く堕ちろ♪

579 :神も仏も名無しさん:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:RouDxDTA
>>566
>無差別大量殺人のテロリストグループじゃないとでも言いたいの?(笑)

その部分は否定していませんよ。
それ以外の話で「マスコミ報道レベルの不正確な情報(デマ)が多い」ですね、と申しております。

>>578
「人を呪わば穴二つ」ですよ。
アナタ自身の意識の中では地獄に堕ちる事を肯定し喜んでいるのだから、いずれアナタ自身も同じ経験をする次第です。

580 :神も仏も名無しさん:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:RouDxDTA
>>574
糞味噌に論破される → 相手の人格を攻撃をして誤魔化す → 少し間を置いて平然とレスをする
滝本太郎先生は、いつもこの繰り返しですね。
全く成長できない人なんだろうな。

>何かと言うと私の名前が出ているんですね、

カルト脳のキ印の典型として引き合いに出されているだけなんですけど、よほど自意識過剰の方のようですね。
日頃から「先生」「先生」と呼ばれてチヤホヤされている内に、自分自身を勘違いしちゃったみたいですね。

>時には書き込まないと申し訳ない気もしますが
>どうも発言者の分別が難しく、また趣旨不明が多くなってきて、
>もとよりなかなか時間がなく、書き込めないです。

何を書いても結果的に恥を晒すだけだから、二度と書き込まない方が御自身のためですよ。
滝本太郎先生は、ネットの掲示板を利用するにはあまりにも未熟ですからね。

>ブログにだけでも書き込むべきことあるのだが、うーん。

「心は物質だ!」とか「私は最終解脱した!空中浮揚できるんです!」とか、御自身のブログに書いて主張されたらよろしいのでは?

>おいおいとまた書きますので、よろしくぅ。
>私の変化身が飛んでったりして。

また変化身ですか。
オウムの教義をロクに知らないのが見え見えですね。

581 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:Xd49dbC3
>579
はいはい、一生そうやって詭弁を弄して他人を嘲笑ってな。(笑)

(^。^)テメェらみたいな怨霊がウロウロして迷惑してる人もいるんだから、さっさと堕ちろよ、カス共。

582 :神も仏も名無しさん:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:EjQgWuUm
>「心は物質だ!」とか

あらまあ、そんな書き込みがあったから、驚いてレスしたものなのだが。
心はエネルギーとか言いながら、
物と関係なく、他の世界でも云々と根拠なくいうのが、そりゃ確かに宗教ですもんね。

果てしなく疑うのが哲学、果てしなく信じるのが宗教

>「私は最終解脱した!空中浮揚できるんです!」とか、御自身のブログに書いて主張されたらよろしいのでは?

いったいいつまでもまあ酷くこだわるんですね。
気になった記載なんでしょうね、まあ、実にしょもなと言う外なし。

私の名前を出してしまうのも、気になるからなんだろうなあ、
と思います。

また

583 :神も仏も名無しさん:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:MGnJ8XF1
ここでヒステリーを起こしている方が、明らかに無関係な出来事などに対して、滝本氏や野田氏の名前を執拗に出されている事が気になるので書きこみます。

>>580 などなどを見ると、この方がこうした優越的で攻撃的な言葉を使う過程で、冷静さや客観性を失っているだけではなく、
「思考の脈絡を失っている」 状態、 という事がお分かりいただけると思います。 つじつまを失いながらも自分は論理的だと見せようとする肥大化した自意識、
この思考の混乱、独善的傲慢、は、人格障害の特徴というよりは、 『統合失調症(精神分裂病)』 の特徴であるといえます。
>>580さんが仮に、一部では社会性を残しているのなら、この状態は ≪一時性精神分裂≫ というものですが、閉鎖的な集団にいる場合は、問題がより深刻となります。

こうした人々は、 物事を自己中心的にしかとらえられず、。傲慢で、浅い感情を持っており、自分は特別な人間だと思いこみが慢性化して「自己肥大」に陥っています。
周囲の人達や社会が自分を敬うのは当然だと感じており、 それがかなえられないと敵意を出す状態で、 自分は特別な人間達だと思いこんでいる為に、
対人関係に障害があり、 建設的な批判にも耐えられない(慢心・強すぎる自己愛)ので、自分達にだけ都合のよい集団をつくる事もあります。

584 :神も仏も名無しさん:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:MGnJ8XF1
これら明白な精神障害を抱え、精神科医の目から見れば絶対に治療が必要だという状態にある人に、全く病識がない、というのが、この病気の一番の問題です。
なぜなら、『病気』 とはまず本人がその疾患に苦しんでいる、という事が前提なのですが、自己肥大、傲慢、責任転嫁や自己愛の損傷に対する過剰な攻撃性、
ナルシシズムに陥っている人間は決して、自己の非を認めず、自己の欠陥から目を背ける事により苦痛を回避し、心の声(良心、内面に目を向ける)を否定し、
常に投影や罪の転嫁によって、 他者や社会に罪をなすりつけているからです。彼等は、自分達の荒涼とした心象風景に完全に満足しており、
たとえば自ら心理療法を受けるなどという「屈辱」から逃避し続け、その欠陥を他人に負わす事で周囲に苦痛をまきちらし続けています。

こうした問題について今の社会ができる事は実は余りなく、自傷・他傷のおそれがある時に強制入院ができる、程度です。
家庭の問題なら、これらの人を刺激せずに、家族が何とか投薬をすすめるなど(これも困難を極めますが)できますが、閉鎖的、独善的な集団にいる場合はほぼ不可能です。

>>580 のような偏執的な状態の方に対して、他の方々が説得や批判などされていますが、全く効果がないどころか、病状を悪化させるだけだと思います。
こうした方の家族が本来は問題解決に努力するものかと思いますが、きっと多く傷つかれて、あきらめておられるのだと思います。

消極的対応なのですが、相手にしない、というのが一番よいかと思われます。逃避はいつまでも続けられるものではなく、
たとえばああした自己愛性の強い排他的な集団の中で、集団にとって役に立たない、とみなされれば、こうした人間は燃え尽きた状態で社会に放り出されます。
もちろんそれが、新たな社会問題となる事はいうまでもありませんが……。

585 :神も仏も名無しさん:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:jXEjiOnf
 発 者 同         . 。_   ____           争
 生 同 .じ     .    /´ |  (ゝ___)          い
 .し 士 .レ      .__/'r-┴<ゝi,,ノ   ro、      は、
 .な で .ベ      ∠ゝ (ゝ.//`   ./`|  }⌒j     
 .い し .ル        } ⌒ /`ヽ、_∠l,ノ ・ヽ´
 .! ! か の       /  ´..:.} >、、___,  .r、 ソ、`\
             /   ..:.:.}   /   |∨ ` ̄
            /   ..:.:./    |   丶
           / _、 ..:.:.:.{    .{.:.:.   \
          {   ..:Y  .ゝ、   {.:.:.:.:.    ヽ
          |、  ..:/ 丿 .:〉   >.- ⌒  .  ヽ
          / {. ..:./ ソ ..:./  .(    ..:.:.:`  ..:}
         ./..:.:}.:.:./ ヘ、 ..:./   .\ ..:.:r_,ノ、.:.:}
        ./..:.:/|.:/   {.:./     X.:.:}.}   X X
        /..:.:/ .}.:|    }:/       .Y丶ヽ  Y.:Y
  . __/.:/ { }  《.〈、     _,,__>.:》丶   Y.:\
  /.:.:.:.:.::/   !.:.:ゝ  ゝ.:. ̄ヾ ´:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾゝ   \.: ̄>

586 :神も仏も名無しさん:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:NWTV26bf
>>583-584
しかし>>454等の滝本氏の書き込みは、自分が被害者でもないのにいかにも被害者のように振る舞い
ただ議論をしていただけの相手を社会的に陥れようとしているのが見え見えの
本当にひどい内容だったにも関わらず、そっちの方は完全無視かね。
それとも、もう流れちゃってるから、みんな忘れてるとでも思ってるのかな?
議論に勝てなかっただけの相手を、警察や保健所に相談しろと言ってるんだぜ。
冷静に判断すれば、精神疾患の可能性があるのは、どう見たって滝本の方だろ。

587 :神も仏も名無しさん:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:NWTV26bf
>>586
被害者でもないのに、というのは、この2chでの議論に関してってことね。

588 :神も仏も名無しさん:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:IliKGjcZ
>>583-584
「類は友を呼ぶ」の例え通りというか、
滝本太郎先のシンパの方まで「自らの非は一切認めず、相手の人格攻撃しかできない」というのは、
実に興味深いですね。

589 :神も仏も名無しさん:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:Wy/dGMem
>>582
  ↑
この様に相手を見下しながら戯ける事で、自分の為した悪業を正当化して誤魔化しているだけじゃん。
やはり滝本太郎先生は人格的・精神的に相当問題の有る方としか言い様がないわ。

590 :神も仏も名無しさん:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:Wy/dGMem
>>586
滝本先生のこのスレでの行状を見る限り、誰がどう見ても加害者なのにね。
「加害者なのに被害者ぶる」というのは、似非左翼や似非同和、特亜や在日の十八番ですけどね。

591 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:ovJ6xVk/
「加害者なのに被害者ぶる」wwwwww
完全に朝鮮人とかオウム信者の事ですねwwwwwwww

(^。^)って言っても、基地外だから理解出来ないんだよなwwwwww(笑)

592 : ◆brJY.mr26k :2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:+/OPsrie
>>569
>その辺は小乗の修行者への説話ですね。

こうして自分に都合の良い仏陀の言葉だけを切り取り、都合の悪い部分は切り捨てる。

ですからオウム真理教は、部分的に小乗、大乗、密教などから引用しているが、
決して小乗でもなく、大乗でもなく、密教でもなく、麻原教なんです。

自分のエゴを、切り張りした仏典で正当化しているにすぎません。

エゴを主張するならば、「これは私の考えである」と主張すればよいのです。
「これは仏説である」などと、他人の権威を借りるのは、自分に自信が無いのか、あるいは
詐欺師だからです。

593 : ◆brJY.mr26k :2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:+/OPsrie
>>570
>>私の主張は
>>@釈迦は輪廻転生を説いていない。解脱(苦からの解放)を説いている
>>A輪廻転生が有るか無いかは50%
>>Bただし、オウムが語るような具体的な輪廻転生の世界はフィクション。アニメみたいなもの
>>で、ハナから微動だにしてませんが。

>それぞれの主張が相矛盾しており、全体として出鱈目だという事にまだ気付いていないようですね。

輪廻転生説は、五火二道説からの発展です。
時代時代に応じて、説かれた転生の具体的な流れは異なっているんです。
ですから、オウム真理教が説く輪廻転生が絶対的な真理であるという主張は、妄想に過ぎません。

輪廻転生が真理だと思う人には真理ですが、そういう思想文化の無い人間には、
輪廻転生など存在しません。

仏陀の説は、輪廻転生が真理だと思っている人間が、輪廻転生(という妄想)から抜け出すための
方法についてよく説かれていますが、だからといって、輪廻転生が真実であるという論証がされている
わけではないのです。

かといって、輪廻転生が無いという証明もまた存在しませんから、輪廻(というか死後の世界があるか
ないか)は50%と言うほかありませんし、具体的に死後の世界がどのようなものかなんて、分かるはず
もありません。

真実であるという証明のされていない死後の世界を具体的に述べるならば、それはフィクションです。
しかし、それを他人に押し付けない限り、それが彼にとって真理であっても何等問題は無いでしょう。

麻原教は、それを他人に押し付け、認めない人間を殺したから、否定されているのです。

594 :神も仏も名無しさん:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:yB01DCow
死後の世界があるかどうかなんて死んでみないと分らないんだから証明のしようがないよ
当たり前じゃん
信じる方も否定する方も間違ってる
証明のよしうがないか分らないが正解

595 :神も仏も名無しさん:2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN ID:PYHDsDFU
>>591
その様に
「過去の一例だけで永遠に被害者ぶれる」
「過去の一例だけで永遠に相手を加害者扱いして攻撃できる」
と考えている所は、朝鮮人そのものですよね。

596 :神も仏も名無しさん:2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN ID:PYHDsDFU
>> 592
> こうして自分に都合の良い仏陀の言葉だけを切り取り、都合の悪い部分は切り捨てる。
>
自分に都合の良い仏陀の言葉だけを切り取り、都合の悪い部分は切り捨てて
「仏陀は苦行を説いていない」「仏陀は輪廻転生を説いていない」などと仏説と異なる事を言っているのは、魔境君ですよ。

> ですからオウム真理教は、部分的に小乗、大乗、密教などから引用しているが、
> 決して小乗でもなく、大乗でもなく、密教でもなく、麻原教なんです。
>
批判は具体例を挙げて具体的にどうぞ。

> 自分のエゴを、切り張りした仏典で正当化しているにすぎません。
>
上述通り、「自分のエゴを、切り張りした仏典で正当化している」のは魔境君でしょ。

> エゴを主張するならば、「これは私の考えである」と主張すればよいのです。
> 「これは仏説である」などと、他人の権威を借りるのは、自分に自信が無いのか、あるいは
> 詐欺師だからです。

「エゴを主張しながら、「これは仏説である」などと他人の権威を借りるという、自分に自信い詐欺師」は、上述通り魔境君ですよね?

597 :神も仏も名無しさん:2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN ID:PYHDsDFU
>>593
>輪廻転生説は、五火二道説からの発展です。
>時代時代に応じて、説かれた転生の具体的な流れは異なっているんです。
>ですから、オウム真理教が説く輪廻転生が絶対的な真理であるという主張は、妄想に過ぎません。

それは魔境君の主張がそれぞれ矛盾している事の言い訳にはなってませんが?

>輪廻転生が真理だと思う人には真理ですが、そういう思想文化の無い人間には、輪廻転生など存在しません。

魔境君は無智の上に怠惰だから、瞑想で輪廻転生を体験出来無かっただけですね。

>仏陀の説は、輪廻転生が真理だと思っている人間が、輪廻転生(という妄想)から抜け出すための
>方法についてよく説かれていますが、だからといって、輪廻転生が真実であるという論証がされているわけではないのです。

自分で経験できず認識できなかった事についてこの様に断定する所が、魔境君の魔境たる由縁かと。
それは丁度、井戸の中から出る事が出来なかった蛙が「海とか富士山とかヒマラヤとか、絶対存在し無い!」と叫んでいるような物です。

>かといって、輪廻転生が無いという証明もまた存在しませんから、輪廻(というか死後の世界があるか
>ないか)は50%と言うほかありませんし、具体的に死後の世界がどのようなものかなんて、分かるはずもありません。

先程までは「無い」と断定的に言っていたたかと思えば、今度は「有るか無いか分からない」と言う。
それを矛盾と言います。

>真実であるという証明のされていない死後の世界を具体的に述べるならば、それはフィクションです。
>しかし、それを他人に押し付けない限り、それが彼にとって真理であっても何等問題は無いでしょう。

つまり魔境君の話はフィクションであり、それを他人に押し付けているから問題有りと言う事ですね。

>麻原教は、それを他人に押し付け、認めない人間を殺したから、否定されているのです。

魔境君は事実をねじ曲げた妄想を語る癖が有りますね。
流石は魔境君、滝本太郎先生にソックリです。

598 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN ID:w2+9nKqT
>595
13人が死刑。
5人が無期懲役。

まぁ、君らには「過去の一例」なんだろうな。
他人の命なんかゴミと同じに見えてるのか?

599 :神も仏も名無しさん:2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN ID:wlErcOZ2
>582.586.589.590  さん

わっ、454の書き込みが私だという前提で、書いておられるんですね。なんと。
決して、私ではないですよ。
私の書き方でもないでしょうが、どうぞ分別能力を持たれたし。

非難、批判しているのが私とかのごく一部だと思っていたら大間違いです。
怖くて書かず、少し書いても莫迦らしくて書きこまなくなる人がほとんどだろうと。

600 :神も仏も名無しさん:2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN ID:rzHjs6dY
>>599
滝本先生、必死ですねw
いくらウソを吐いても文体と内容から丸分かりですよ。

601 :神も仏も名無しさん:2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN ID:8h1W1GTr
先生、こんな上祐みたいな狂人を相手にしても、本当に時間の無駄ですよ 放置するのが一番
あの人達は、そもそも社会的地位のある人を憎み、恨んでいます。 社会から脱落し、 それでも権力が欲しい為にオウムに入った人間が代表です。
他の、例えば死刑囚などの方々と決定的にそこが違います。 坂本弁護士は上祐に、大人として、人として当然の事を言っただけなのに、今も坂本さんの事を恨んでいるでしょう

そして今も、新団体を作り、 事件被害者の方々の心を逆撫でながら、 しつこくしがみついているのは、 権力が欲しいからです。
団体がなくなれば、この男は自分が 「社会の落ちこぼれ」 だという事に直面しなければならなくなる。 そこから逃避するための団体設立・存続なのです。
社会への恨み、 憎しみを持ち続けていなければ、そんな事はできません。  それくらい自己愛が強く、 歪んでいるということ…。

自分の思うようにならない、というのは、社会に出れば当たり前ですが、そういう事に耐えられない。自分が一廉の人間だと思い込んでいるのでしょう
余りにも自己肥大してプライドが高くなりすぎれば普通の仕事も、 「俺にはバカらしい(やっている奴はバカだ)」  とすぐに投げてしまう それは 【傲慢】 の為。
そして、自分を認めなかった社会を、ひたすらバカにし続けている、 同じメンタリティの取り巻きを連れた50過ぎた男に、 何の期待ができますか。

家族や元恋人などなどを苦しめ続け、その清算もできずに利用するだけの人間に、 被害者遺族の事を想像しろ  と言っても無駄です。
自分の為だけに被害者遺族に形だけの謝罪をしている。この男の、たとえば村井氏や、そして麻原氏含む死刑囚の方々への態度を見ても、人間性のカケラもない事は明白です
今の 恥知らずなだらしのない生活(しかし本人には楽で歪んだ優越感も保持できる)をいつまで維持できるか、盲目的な称賛者相手に威張っていられるか、頭の中にあるのはそれだけ。

生涯、物事を自分の都合のよい風に捻じ曲げ、相手を卑しめ、傷つけようとする事だけが喜びの、生きながら地獄にいるような悪魔たちです

602 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN ID:w2+9nKqT
>601
いやいや、悪は悪と言わねば。
ジョウユウとかの残党は未だに松本死刑囚の妄執を垂れ流してんだから。
例えば、金日成は死んだが、その罪業はジョンウン一党が負うべきものでしょう?
連中は看板替えて中身は同じなんだから、道義的責任が有る。

603 :神も仏も名無しさん:2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN ID:glKfgC93
>>599
>>454の書き込みを見たときもびっくりしたけど、この書き込みにもビックリ。
>>600氏も指摘しているけど、滝本先生の文体はかなり特徴的でわかりやすいだけでなく、
内容もここでは数少ない一般人だけあって特徴的。
要するに、わかりやすいくらいに>>454は滝本先生なんだけど。
滝本先生って、根っからの偽善者なんですね。

604 :神も仏も名無しさん:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:i3Tw8ViA
>>603
滝本さんの書き方じゃないだろ…。文章見てわかんないかねぇ。

605 :神も仏も名無しさん:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:m4xmvBfS
>>604
どう見ても、滝本先生の文体ですけど?
滝本先生でないと意味が通じない内容だし。

たとえ別人だったとしても、成り済ましや取り違えを防止するためにトリップ突きでコテを名乗るよう今迄散々滝本先生に要請したにもかかわらず、
それを一切無視して名無しで投稿し続けた滝本先生の自業自得ですよ。
以前は「友北」と名乗っていたから、今回は変な意地を張っているだけなのが見え見えですしね。


>>603
カルト脳特有の妄語癖・虚言癖があるのでしょうね。
想像上の自分を守るために、現実ではウソを吐きまくって体面を保とうとしているのでしょう。
>>454のような一方的中傷罵倒レスの存在がよほど本人にとってヤバイみたいですね。
今回はお仲間の工作員まで駆使して火消しに走っている所が、如何に滝本先生が必死なのかを感じさせます。

606 :神も仏も名無しさん:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:mew7+4FK
修行の成果かな、普通人ならばできるだろう私と他との書き込みの分別ができなくなってしまわれている。
修行の成果かな、自ら名乗らず他に名乗ることを要請することを恥ずかしげもなく繰り返している。
修行の成果かな、いかに色々仏教的な言葉を使おうと、自らの選民意識とおぞまし嫌悪意識が出てしまっている。
修行の成果かな、社会に通用しないという劣等感も、ないまぜになっている。
−まあどの破壊的カルトでも、話していると同じようなものなんですけれど。
修行の成果かな、ほとんどネット中毒

そりゃ、オウムでの修行は、
チョモランマに登るのではなく、マリアナ海溝に墜ちていく
「解脱」なんだから当り前ではあったかと。

あっ、どなた様も「先生」は、どうぞ勘弁して下さいませ。
書き込む意義がないと言っておられる方、助言はありがとうございます。
まあ2チャンネルを放っておくこともできないし、
縁があったのだろうから、私なりに対応しております。

607 :神も仏も名無しさん:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:mew7+4FK
あれ、
ttp://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1371801513/450
450とかみると、442も私の書き込みだと思っているのですか。
なんとも、
私、そうは一々書き込めないし、脊髄反射をする時間もないです。

一味とか、手下とか何度か書かれていて、なんとも想像もたくましすぎる。
私も、ご自身が誰相手に論議していたのか、もちろん分からず、
ご自身は、ほとんど一人相撲を続けておられるのではなかろうか。
まあ、多くの意見に対応していると言えことなんだろうけれど。
ではまた。

608 :神も仏も名無しさん:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:kM9p8SWd
>>606-607
なんで滝本太郎先生がこんなに必死なのか、逆に不思議。
たとえ別人だったとしても、いつもの滝本先生の言っている事を代弁をしているだけの内容じゃないですか。

609 :神も仏も名無しさん:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:kM9p8SWd
滝本太郎先生、よほど人格攻撃のネタに困っていらっしゃるようですね・・・
それでも必死にネタを探してはしつこく人格攻撃を繰り返す所に、滝本太郎先生のどす黒い怨念と報復感情を感じる次第です。

>書き込む意義がないと言っておられる方、助言はありがとうございます。

これ以上何を書き込んでも滝本太郎先生の偏狭な思想と浅薄な知識と下衆な人格を公衆に晒すだけにしかなりませんから、下手に意地を張らずに素直に助言に従った方が御自身の利益かと。
でもプライドが高すぎるから、結局誰の言葉にも素直に耳を傾ける事が出来ず、今後も>>606-607のような悪意に満ちた醜悪な投稿を繰り返すのでしょうけれども・・・・・

610 :神も仏も名無しさん:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:rRPKS9LU
よし、じゃあね、ここで敢えて滝本太郎弁護士を擁護してみようね
彼はね、かつての同僚・坂本弁護士を殺されたという所から端を発して
オウム潰しに執念を燃やしている。

でもね、1人1人の信者に対しては、彼自身の人生観・価値観に基づき、良かれと思って脱会・脱洗脳を進めているんだよ。
悪い人でないことは確かだね。

だからね、609のように忠告する人がいたとしても、「余計なお世話」って話になるんだと思うよ。
609が信者らを脱洗脳して救うわけじゃないからね。

611 :神も仏も名無しさん:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:CCjh7gtw
>>442とか>>454が自分じゃないと滝本太郎弁護士が言い張るのはいいんだけど、
それならなんで>>442の内容と>>606の内容が似てしまうのかな。

442=自分は他者より優れているという傲慢であふれ、優越感を満たしている 
606=選民意識、劣等感 

というキーワードからもわかるように、どちらの主張もプライドで引っかかってるよね。
文体は似ていてもまったくの別人だと言うのなら、せめてその時だけでも別人の主張をして欲しかったな。
これでは信者の脱会・脱洗脳は無理というか、アホみたいに見えてしまって逆効果だと思います。
やはり、滝本太郎弁護士は、2chからはそっと身を引いて別の活動をした方がよろしいかと思うのですが。

612 : ◆2ZTCoiYLjc :2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:Ryn5OPhD
>>596
>「仏陀は苦行を説いていない」「仏陀は輪廻転生を説いていない」などと仏説と異なる事を
>言っているのは、魔境君ですよ。

オウム真理教が目指す「苦行」は、やはり「肉体的な苦行」なんですよ。
「肉体的な苦行」をクリアすることで、精神的にも強くなると考えているわけです。

ところが実際には、「肉体的な苦行」をクリアしたオウムの修行者は、他の修行者を
見下してしまい、精神的な成長が伴わない傾向が、このスレにも顕著に見られるわけです。

これについては、麻原がマハームドラーなどと称して、自己のエゴを下の者に押し付けていた
ことをもっても納得できることで、また、仏陀から2000年を経て変質したチベット仏教を見ても、
納得できる帰結であろうと思います。

最古の仏典では、「肉体的な苦行」が最上のものではなく、精神的なものが最上のものと
されているわけで、最古層の仏典では、論争を離れ無頓着であることをとくとくと説いている
点を見ても、これが仏説の要点であると理解されるはずです。

仏教において「身」ではなく「意」が重要視されるのは、根幹にある意識・心が修養されなければ、
上辺だけ取り繕うことに終始するのみで、苦から解放されないからです。

ですから仏陀は、肉体を酷使するのみで心が修養されない苦行を否定し、頭陀行、つまりは
他人に頭を下げる乞食行を推奨したわけです。

オウムにおいても「忍辱」は六波羅蜜の一つとして重視されているものであろうし、その
延長上にある無頓着について素晴らしいものであると考えているはずなんですが、やはり
「肉体的苦行」をクリアするのが大前提であると考えているようです。

これが仏説に最も近い最古の仏典と、オウム真理教との違いの一つですね。
多分、このスレのオウム信者は乞食行などできないでしょう。

613 : ◆brJY.mr26k :2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:Ryn5OPhD
おっとトリップ間違いですな。

614 : ◆brJY.mr26k :2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:Ryn5OPhD
とは言え、現代日本において、2500年前の乞食行が成り立つかと言えば難しいであろうから、
乞食行をやらないから心が修養されていないとも言えませんけどね。

結局のところ、様々な主張を学び、そのどれを採用するかは、個々人の判断によるものであり、
それを採用し実行する行為は、採用した個々人に責任があるのです。

ですから、私が仏典や学者の著書を引用する場合においても、その出典には確実を期するもの
ではありますが、その部分の採用に当たっては、私の責任において、私の説として行っている
ものであると言えるのです。

同様に、麻原が仏説を切り貼りするのは、麻原の責任において行っているのであり、その切り貼り
の正当性、より具体的には、どの仏典が真実であり、どの仏典が偽典であるのかは、麻原が
最終解脱者であるという何の根拠もない主張に基づいていることは、指摘しておく必要があります。

さらに同様に、麻原の説を信じ、麻原の指示に従うことを選択するのもまた、自己責任なのです。

615 :神も仏も名無しさん:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:CCjh7gtw
乞食行って、そんなに難しいものかな? 要するに頭陀の行のことでしょ?
出来ない人が多いことは否定しないけど、そんなものは意に介さない人も多いことも事実。
ただ、それに囚われているのが、苦行が嫌いなあなただという現実が興味深いことだけどね。

616 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:wp1Vx3Lw
頭陀が簡単とかwwww(笑)

もう本当にオウム信者の無知、詭弁、無信心さには笑うわwwwwww

え?摩訶迦葉尊者気取りっスか?wwwwww

キミ、阿羅漢なんですか?wwwwww

(^。^)どの面さげて仏教徒とか言ってんの?(笑)

617 :神も仏も名無しさん:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:CCjh7gtw
で、あなたは私たちの何を知ってるのかな?
自分ができないからって、他の人も一緒とか思わないでね。

618 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:wp1Vx3Lw
>617
(^。^)え?阿羅漢様なのにまだ仏教徒って言い張るんでつか?(笑)

(^。^;)あっ…(察し)

619 :神も仏も名無しさん:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:mLjJXxfT
>>611

上祐達にたいして、みんなが思っている事はみんな同じなんだよ。
「傲慢」、「歪んだ心」、「プライド」、「劣等感」、「傲慢」、「社会へのルサンチマン」 … 誰もが君らの事をそう思っている
被害者を利用するだけでは飽き足らず、麻原や死刑囚達まで利用し、ダラダラ生きているだけなのに、プライドが異常に高く、汚れ切っている。
君らのような人達の事を、自己肥大の狂人、精神病質者、人格障害者、 と世間は言うんだ。

620 : ◆brJY.mr26k :2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:nh9b+Kim
>>617
少なくとも、このスレの信者さんがヴァヤヴィヤをやっているけど、罵詈雑言・悪口を重ねており、
心が修養されていない事実は、そのレスをもって実証されていますね。

621 :神も仏も名無しさん:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:EFo2CcIx
>>612
魔境君は相変わらず滝本太郎先生のように支離滅裂ですね。

>オウム真理教が目指す「苦行」は、やはり「肉体的な苦行」なんですよ。
>「肉体的な苦行」をクリアすることで、精神的にも強くなると考えているわけです。

そういう風に勝手な解釈を加えて教義をねじ曲げていく所が、魔境君の魔境たる由縁かと。
そりゃヴァヤヴィヤでエネルギーを上げただけで苦しみのたうち回る訳だわ。

>ところが実際には、「肉体的な苦行」をクリアしたオウムの修行者は、他の修行者を
>見下してしまい、精神的な成長が伴わない傾向が、このスレにも顕著に見られるわけです。

「見下されている」と感じているのは、魔境君の中にプライドが有り、批判を受けて卑屈になっているからですよ。

>これについては、麻原がマハームドラーなどと称して、自己のエゴを下の者に押し付けていた
>ことをもっても納得できることで、また、仏陀から2000年を経て変質したチベット仏教を見ても、
>納得できる帰結であろうと思います。

オウムの話かと思えばチベット仏教の話を出したりして、支離滅裂ですよw
具体的根拠を何一つ示していないのも、相変わらずですしね。

>最古の仏典では、「肉体的な苦行」が最上のものではなく、精神的なものが最上のものと
>されているわけで、最古層の仏典では、論争を離れ無頓着であることをとくとくと説いている
>点を見ても、これが仏説の要点であると理解されるはずです。

「肉体的な苦行が最上のものではなく、精神的なものが最上のもの」としているのは、オウムの修行でも同じかと。
言い回しがくどいのは、仏典を読んで内容を理解し自分の中で租借する事が出来ず、文面に振り回されている証拠ですね。

622 :神も仏も名無しさん:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:EFo2CcIx
>>612
>仏教において「身」ではなく「意」が重要視されるのは、根幹にある意識・心が修養されなければ、
>上辺だけ取り繕うことに終始するのみで、苦から解放されないからです。

その辺はオウムの教義でも同じでしたよね。

>ですから仏陀は、肉体を酷使するのみで心が修養されない苦行を否定し、頭陀行、つまりは
>他人に頭を下げる乞食行を推奨したわけです。

上座部の乞食行では施食されても頭を下げませんけど?

>オウムにおいても「忍辱」は六波羅蜜の一つとして重視されているものであろうし、その
>延長上にある無頓着について素晴らしいものであると考えているはずなんですが、やはり
>「肉体的苦行」をクリアするのが大前提であると考えているようです。

それは肉体的苦行で挫折した魔境君独自の思い込みでしょ。

>これが仏説に最も近い最古の仏典と、オウム真理教との違いの一つですね。
>多分、このスレのオウム信者は乞食行などできないでしょう。

そう言えば、オウムでも一部のサマナに一時期乞食行をさせていたそうですね。

623 :神も仏も名無しさん:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:EFo2CcIx
>>614
>結局のところ、様々な主張を学び、そのどれを採用するかは、個々人の判断によるものであり、
>それを採用し実行する行為は、採用した個々人に責任があるのです。
>ですから、私が仏典や学者の著書を引用する場合においても、その出典には確実を期するもの
>ではありますが、その部分の採用に当たっては、私の責任において、私の説として行っている
>ものであると言えるのです。

そうやって自分に都合の良いように仏典を切り貼りしてねじ曲げて解釈して出鱈目な教えを捏造しているから、魔境君は菅が詰まってヴァヤヴィヤすら出来ない訳です。
自分自身が第四禅どころか初禅、いやその遙か以前の制感にすら達していない現実を素直に認めるべきかと。
そして未だ肉体や感覚の業に縛られている状態である自分自身が果たして仏典を読んで正しく内容を理解出来るのかどうか、もう一度良く考え直すべきだと思います。
これ以上プライド(というより虚栄心)に固執して聞く耳を持たないのであれば、滝本太郎先生のような大魔境状態に陥りますよ。

>同様に、麻原が仏説を切り貼りするのは、麻原の責任において行っているのであり、その切り貼り
>の正当性、より具体的には、どの仏典が真実であり、どの仏典が偽典であるのかは、麻原が
>最終解脱者であるという何の根拠もない主張に基づいていることは、指摘しておく必要があります。
>さらに同様に、麻原の説を信じ、麻原の指示に従うことを選択するのもまた、自己責任なのです。

何か批判しているように見えて何一つ指摘出来ていないという、魔境君特有の空虚な文章ですね。
滝本先生や反上祐君じゃ有るまいし、思い込みによる根拠無き中傷罵倒は現世的に見ても全く無意味ですよ。

624 :神も仏も名無しさん:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:EFo2CcIx
>>616
頭陀行もピンからキリまでありますからね。
本気で頭陀行を極めようとするなら、おっしゃる通り大変な忍耐と努力が必要だと思います。

でも軽薄語を吐きながら仏教を説くのは、あなたの知性と人格の低さを公に晒しているだけですよ。

>>618
阿羅漢でも仏教徒ですが?

>>619
反上祐君も被害妄想が強い御方ですね。
このスレには上祐派の人は一人もいないと思いますよ。

>>620
魔境君の非行・妄言・邪見解への指摘は、罵詈雑言ではありませんよ。

625 : ◆brJY.mr26k :2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:nh9b+Kim
>>623
>そうやって自分に都合の良いように仏典を切り貼りしてねじ曲げて解釈して出鱈目な教えを
>捏造しているから、魔境君は菅が詰まってヴァヤヴィヤすら出来ない訳です。

原始仏典に「菅が詰まる」なんて説かれてましたっけ?
そうやって自分に都合の良いように仏典を切り貼りしてねじ曲げて解釈して出鱈目な教えを捏造しているから、
支離滅裂になるんですよ。

626 : ◆brJY.mr26k :2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:nh9b+Kim
>>621
>「見下されている」と感じているのは、魔境君の中にプライドが有り、批判を受けて卑屈になっているからですよ。

>>624
>でも軽薄語を吐きながら仏教を説くのは、あなたの知性と人格の低さを公に晒しているだけですよ。

私に関係ないレスですが、「嫌悪」し「見下している」のが容易に理解できますね。
2ちゃんねる風に言えば「スルースキル」が大切だと最古の仏典に説かれてますよ?
指摘したそばからこれですから、やはり無自覚なようですね。

627 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:vQ63oxDW
阿羅漢という言葉の重さも知らないオウム信者。

阿羅漢でない者が阿羅漢を名乗ることは故意・過失を問わず「大妄語」であり、最も重い四波羅夷罪を科して僧団追放の対象。

阿羅漢位は、「仏教徒」では無く、応供、即ち法を説かれる側。

つまり、>624などは、「お釈迦様は仏教徒」と言っているのと同じ事なんだが、理解出来るかな?

628 : ◆brJY.mr26k :2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:nh9b+Kim
>>622
>上座部の乞食行では施食されても頭を下げませんけど?

確かに、頭を下げる托鉢は日本風ですけど。
侮辱を受けても無頓着ですね。

そして、貴方の心が侮辱を受けると即座に反応するのは、>>626で指摘したとおりです。

629 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:vQ63oxDW
頭を下げないとか、頭陀の何たるかすら理解出来てないな。
仏教経典をマトモに読んですらいない証拠。
仏教用語詐称して真似事だけしてる連中はこれだから。(笑)

630 :神も仏も名無しさん:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:KurR5pE1
>>629
で、あなたは何の仏典を読んだんですか?
宗派すら言えないようですが

631 : ◆brJY.mr26k :2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:RLw57qYq
>>623
>何か批判しているように見えて何一つ指摘出来ていないという、魔境君特有の空虚な文章ですね。

つまり「宗教的な正しさ」など妄想に過ぎないということです。

時代に応じて、個人によって、必要性に対して、都合の良い解釈が次々に生まれてきたのが
仏教の歴史であり、それぞれに矛盾する教義を説いており、仏教的正しさなど存在しない。
あえて「仏教的な正しさ」を追求するなら、それは、仏陀が直接説いたという説もある最古の仏典に
依るしかないんです。

逆説的に捉えるならば、「支離滅裂で身勝手で、人殺しを厭わないことこそ宗教の本性であるから、
オウム真理教は宗教的に正しい」とも捉えられますが、最古の仏典やヨーガはこれを否定しているので
矛盾します。

「殺人肯定オウム真理教は仏説でもヨーガでもないが、宗教の本質からすればオウムは正しい」と
言うのが最も正確かもしれません。

まあ宗教否定論者の思考ですけどねこれ。

632 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:TPEbp5TY
>630
俺の指摘は「オウム系統の信者は仏教徒では無い」「オウム系統は仏教では無い」という点。
で、お前らはトンチンカンな返事とか俺の人格批判とかしてる訳。
そもそも「我々が正統な仏教だ!」って言い張ってんのはお前らだろ?(笑)
俺の思想背景とか関係ないだろ。(笑)
カルトがバカ言ってるから叩かれてるだけなんだよ、分かる?(笑)

まぁ、多分どこの宗教かでマニュアル作ってんだろうが、俺は松本死刑囚の下らん与太話になんか全く興味は無いよ。(笑)

633 :神も仏も名無しさん:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:1jR9JHB/
>>629
> 頭を下げないとか、頭陀の何たるかすら理解出来てないな。
> 仏教経典をマトモに読んですらいない証拠。
> 仏教用語詐称して真似事だけしてる連中はこれだから。(笑)

何の根拠も無くイメージだけで語ってるようにしか見えませんが
どうせ仏典読んでないのに
ニートが大口叩いてるだけでしょ

634 :神も仏も名無しさん:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:1jR9JHB/
この仏典にこの様に書いてあるので
これは合致している、あるいは間違っている
あるいは別の経典ではこうなっているので
という話になるだけなんだが

なんか勘違いしてないか?ブタ野郎

635 :神も仏も名無しさん:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:zck4tjJL
>>625
>原始仏典に「菅が詰まる」なんて説かれてましたっけ?
>そうやって自分に都合の良いように仏典を切り貼りしてねじ曲げて解釈して出鱈目な教えを捏造しているから、
>支離滅裂になるんですよ。

何を言っているのですか?
ヴァヤヴィヤの話だからヨーガ用語のナーディ菅の話をしたのでしょうが。
釈迦の教えを自分に都合良くねじ曲げている癖に、いきなり原始仏教に逃げようとしても無意味ですよ。

>626
>私に関係ないレスですが、
>「嫌悪」し「見下している」のが容易に理解できますね。

まさにプライド魔境そのもののレスですねw
プライドが高すぎるから忠告に耳を傾けられないし、まるで自分が見えていないと。
そして諫めを拒みて非を飾り、プライド(虚栄心)を守るために相手に噛み付いて卑下しようとすると。
この辺りは同じプライド魔境の滝本太郎弁護士先生にソックリですね。

>2ちゃんねる風に言えば「スルースキル」が大切だと最古の仏典に説かれてますよ?
>指摘したそばからこれですから、やはり無自覚なようですね。

何度も言いますが、その様に目の前の悪業を見て見ぬふりをして自分の修行に邁進するのは小乗の教えです。(この教えはオウム内でも説かれていました。)
出鱈目な教えを得意気に披露している可哀想な魔境君をスルーしていたら、魔境君は間違いなく地獄に堕ちるし私も確実に咎を受けます。

636 :神も仏も名無しさん:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:zck4tjJL
>>628
>そして、貴方の心が侮辱を受けると即座に反応するのは、>>626で指摘したとおりです。

えっと、魔境君は「侮辱」をしていたのですか?
魔境君がそこまで心が汚れていたとは全然気が付きませんでした。

>>631
>つまり「宗教的な正しさ」など妄想に過ぎないということです。

実践による宗教体験を全否定している怠け者の魔境君らしい魔境見解ですね。
全ては妄想だから自分も何を言っても許されると勘違いしているのようですが、この世が一つの法則で支配されているという事は科学的かつ宗教的に示された事実です。
魔境君は怠け者だから実践による真理の探究をせず、科学的かつ宗教的現実から逃避して自ら妄想して創り上げた魔境見解・魔境思想に逃げ込んでいるだけです。

>時代に応じて、個人によって、必要性に対して、都合の良い解釈が次々に生まれてきたのが仏教の歴史であり、それぞれに矛盾する教義を説いており、仏教的正しさなど存在しない。

それは魔境君に宗教体験が無いが故の、魔境君独自の魔境見解ですね。
確かに間違っている教えは矛盾しておりますが、正しい教えは単なるアプローチの違いであって矛盾しておりませんよ。
制感にすら入れない魔境君が例えば大乗仏教の空論を理解出来るとは到底思えないし、実際まるで理解出来ていないのが上記のレスで確認できました。

>あえて「仏教的な正しさ」を追求するなら、それは、仏陀が直接説いたという説もある最古の仏典に
>依るしかないんです。

でも魔境君の教えは原始仏教から見ても間違ってますよ。

>逆説的に捉えるならば、「支離滅裂で身勝手で、人殺しを厭わないことこそ宗教の本性であるから、
>オウム真理教は宗教的に正しい」とも捉えられますが、最古の仏典やヨーガはこれを否定しているので矛盾します。
>「殺人肯定オウム真理教は仏説でもヨーガでもないが、宗教の本質からすればオウムは正しい」と言うのが最も正確かもしれません。
>まあ宗教否定論者の思考ですけどねこれ。

魔境君の思考でしょw
支離滅裂というか「ぼくが悪いと言ったら悪いんだ!」という小学生レベルの幼稚な思考に過ぎないので、何ら批判になってませんよ。

637 :神も仏も名無しさん:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:zck4tjJL
>>627
>阿羅漢という言葉の重さも知らないオウム信者。

確かに阿羅漢という言葉は重いですけど、何ら仏陀の教えを実践していないあなたがそれを理解するのは不可能に思います。

>阿羅漢でない者が阿羅漢を名乗ることは故意・過失を問わず「大妄語」であり、最も重い四波羅夷罪を科して僧団追放の対象。

このスレでは誰も阿羅漢を名乗っていませんが、気は確かですか?

>阿羅漢位は、「仏教徒」では無く、応供、即ち法を説かれる側。

応供は「供養を受けるに値する者」という意味ですよ。
阿羅漢位は法を説く事が出来ますが、引き続き仏陀の教えを実践して阿羅漢以上の位を目指す仏教徒でもあります。

>つまり、>624などは、「お釈迦様は仏教徒」と言っているのと同じ事なんだが、理解出来るかな?

お釈迦様は如来の位ですが、過去の仏陀の教えを実践している仏教徒とも言えます。
生半可な知識で間違った仏教の教えを広めるのは、大悪業ですよ。

638 :神も仏も名無しさん:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:zck4tjJL
>>629
>頭を下げないとか、頭陀の何たるかすら理解出来てないな。

上座部仏教の全否定ですか。
まともに仏教を学んでいない証拠ですね。

>>632
批判の元となる仏教の基本的知識も無ければ、批判対象のオウムの教義も御存知無いのですか。
それで生半可な知識ででたらめな話ばかりしているのですから、滝本太郎先生と同じく全くお話しになりませんね。

639 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:TPEbp5TY
Wikipediaより

>阿羅漢 (あらかん、サンスクリット:arhat ?????? アルハット)は、仏教において、尊敬や施しを受けるに相応しい聖者のこと。サンスクリット語"arhat"の主格 "arhan" の音写語。
>略称して羅漢(らかん)ともいう。漢訳には応供(おうぐ)という意訳もある。もとは釈迦の尊称の一つであった。

仏法は須く彼岸に至る教えであり、仏教徒なら一つとして「簡単」などとは言わないの。
阿羅漢位が仏教徒とも言わないの。
例えばキリスト教系のカルトが「キリストもキリスト教徒」とか言ってたらバカかと笑われるだろ?(笑)
ひょっとして、仏教が分からないんじゃなくて日本語の読解力が無いの?(笑)

640 :神も仏も名無しさん:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:zck4tjJL
>>639
じゃあ、阿羅漢の位に到達した仏弟子は仏教徒じゃないんだ。
シッタカ君は「仏教徒」の意味を取り違えているだけですね。

641 :神も仏も名無しさん:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:rIzZtkd2
ここの掲示板、オウムのスレが多い気がする。
http://www.m-ch.jp/
信者のスレ?それともただのブラックジョークなのか?

おしえてえらい人。

642 :神も仏も名無しさん:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:L7gCxzFn
うたかたの浮浪者

643 :神も仏も名無しさん:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:OyIYJqN4
>>642
浮浪者がネットできるかなぁ?

毎日毎日「修行するぞ!」としか書き込んでないし、不気味。

644 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:TPEbp5TY
>640
キミは日本語の読解力が無いのかね?
それとも仏教をサークル活動かなんかと勘違いしてるのかね?
仏教とは彼岸に至る為の教えであり、シャーリプトラなどの元仏教徒は、阿羅漢位に至ったの。
だいたい、嘘でも仏教徒を詐称するなら、大先達に対しての礼くらい弁えろ、カス。
普通の仏教徒が阿羅漢位に対して「仏教徒」なんて言うかよ。(笑)
それとも観音さんやお不動さんも、お前らは仏教徒扱いすんのか?(笑)

(^。^)松本死刑囚拝む連中って、ホント常識ねーな。(笑)

645 : 忍法帖【Lv=22,xxxPT】(1+0:3) :2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:EN6LZJXE
>>644
常識あったらテロ集団にはならない。(笑)
相手は非常識のテロ集団。

646 :神も仏も名無しさん:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:M72ADQpV
>>644
>仏教とは彼岸に至る為の教えであり、シャーリプトラなどの元仏教徒は、阿羅漢位に至ったの。

その通りだけど、「彼岸に至る」とは具体的にどういう状態なのか理解出来てますか?

647 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:TPEbp5TY
>645
確かにwwwwww
>646とか、非常識な基地外丸出しだしなwwwwww(笑)

648 :神も仏も名無しさん:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:m85sHjWJ
>>641
ここのオウム信者らしい人は一日一回「修行するぞ」しか書いてないで不気味なんだけど。

本物のオウム信者も掲示板のカキコがそれだけって訳ないよね?

それともこの行為は新しい修行の一環なの?

暇なときでいいのでレスください。

偽者ならスルーしておくけど、ほんまもんの信者だったら掲示板使うの怖い。

649 :神も仏も名無しさん:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:M72ADQpV
>>644
>キミは日本語の読解力が無いのかね?
>それとも仏教をサークル活動かなんかと勘違いしてるのかね?
>仏教とは彼岸に至る為の教えであり、シャーリプトラなどの元仏教徒は、阿羅漢位に至ったの。

シッタカ君は仏教の浅薄な知識を使って遊んでいるだけで、仏陀の教えを実践しているとは到底思えませんが?
仏陀の教えを学ばず理解せず実践せずに遊び道具にしているような人は、他に仏陀の教えを説くべきでは有りませんね。

>だいたい、嘘でも仏教徒を詐称するなら、大先達に対しての礼くらい弁えろ、カス。
>普通の仏教徒が阿羅漢位に対して「仏教徒」なんて言うかよ。(笑)
>それとも観音さんやお不動さんも、お前らは仏教徒扱いすんのか?(笑)

観音様は菩薩、お不動さんは明王ですね。
菩薩は如来に至る為に衆生済度の道を歩いている仏教徒(仏陀の教えを学び実践する者)であり、
明王は大日如来の命により衆生を力尽くで教化し仏教に帰依させんとする仏教徒(仏陀の教えを学び実践する者)と言えますね。

>(^。^)松本死刑囚拝む連中って、ホント常識ねーな。(笑)

シッタカ君は「仏教徒」の意味を、現世の日本仏教の表面的な知識によりかなり狭窄な定義に取り違えているだけですよ。
如何にも凡夫の方の思考ですね。
私は「仏教徒」を「仏陀の教えを学び実践する者」という意味で使っているに過ぎませんから。

650 :神も仏も名無しさん:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:m85sHjWJ
>>648
ttp://bbs1.m-ch.jp/test/read.cgi/14j/1335434709/l50

これなんですが。「修行するぞ」以外の書き込みは荒らしです。偽者かなぁ?

651 :神も仏も名無しさん:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:m85sHjWJ
>>647
オウム信者にかぎらず一般の人は刑法それほど詳しくないからじゃね?

某政治家で逮捕されても当選して禊済ます奴らなんてゴマンといる。

そりゃオウムの犯罪に比べたら微々たる悪だとは思う。

652 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:TPEbp5TY
>651
日本人も大概頭おかしいよな。
国家転覆目的で生物兵器使ったテロリストグループを放置とか。(笑)

(^。^)最低でも関係者全員国外追放すべき案件だった。(笑)

653 :神も仏も名無しさん:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:tA4CPSMw
>>652
>日本人も大概頭おかしいよな。

あなたは日本人じゃないのですか?

>国家転覆目的で生物兵器使ったテロリストグループを放置とか。(笑)
>(^。^)最低でも関係者全員国外追放すべき案件だった。(笑)

「国家転覆目的で生物兵器使ったテロリストグループ」って何?
いつからサリンが生物兵器になったの?
あと「国家転覆目的で生物兵器使った」なら内乱罪ですけど、オウム事件では内乱罪で起訴された人はいませんでしたね。
「最低でも関係者全員国外追放すべき」って日本の刑法では国外追放なる刑罰は御座いませんけど、あなたはどこの国の方ですか?

凡夫だから仏教を知らないのは仕方が無いとして、日本の法律もろくに知らずに感情のまま書き散らしているだけとは、出来の悪い小学生レベルの人ですね。

654 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:f2E/1VW7
(^。^)世界中でテロリストグループとして蔑まれてるから、心当たりがありすぎて俺が何人かすらも判らんという自称「頭陀が簡単」なカルト信者ww(笑)

655 :神も仏も名無しさん:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:1r152zqG
ミンス党の某政治家を、外患誘致罪で起訴しようと計画してた鬼女板のキチガイ住民よりは法律知ってる。

656 :神も仏も名無しさん:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:PPOaU3xN
>>654
分からないのではなくて、とても同じ日本人とは思えないと申しているのですが。
一端に日本人だと主張したいのであれば、>>653の質問に答えて下さいね。

657 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:f2E/1VW7
>656

だが断るwwww(笑)

日本国を否定したアナタ方オウムが、日本人面とか笑わせてくれるwwww(笑)
お前らは日本から出て行くべきだと思いますがwwww(笑)

チベットなり北朝鮮なり好きな所に行けば?wwww(笑)

(^。^)頭陀が簡単なんだろ?wwww(笑)

シナか半島で実践してみせてwwwwww(笑)

658 :神も仏も名無しさん:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:MfwoY2nN
いい大人が草はやして得意げ

頭悪そう・・・

659 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:f2E/1VW7
その頭の悪い一般人に指摘されて、
マトモな反論すら出来ずに逃げ回り、
遂には小学生以下の悪口しか書けない奴らなのに自称「ブッダの教えの実践者」wwwwww(笑)


(`・ω・´)「でもボクらには頭陀行なんて簡単なんです!」キリッ



(^。^)バカなの?wwwwねぇ、wwww真ww正wwのwwバwwカwwなwwのwwww?(笑)

660 :神も仏も名無しさん:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:AnGQ7SXT
これはキチガイだ
何の経典を学んだのか
論拠となる経典は何なのかを聞いても逃げ回るだけの人間が
これだけ勘違いしてるとは

661 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:f2E/1VW7
実際の所、
昔の仲間が十数人も死刑判決をうけても、
非情にも「過去の一例」と切り捨て、
仏教徒を名乗りながら「阿羅漢位も仏教徒」と、
恰も自分達と同列であるかの如き厚かましさ。
仏教仏教言っておいて、「頭陀は簡単」などと仏法を鼻で笑う傲慢さ。
それを一般人に指摘されると、
「お前はニート」「ブタ」などと幼稚園児並みのダダをこね、
修行しているボクらはエライんだと現実逃避するワガママぶり。

(^。^)大した修行の成果だなぁ、エェ?おい。(笑)


(^。^)コピペフリーです♪暇な人はどっかに張ってね♪(笑)

662 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:f2E/1VW7
>660
(`・ω・´)「根拠となる経典を教えてくれ!そしたら反論してやる!」キリッ


(^。^)バwwwwカwwwwかwwww(笑)お前ら「仏教徒」なんだろwwwwww(笑)なんで一般人に教えて貰おうとしてんのwwwwwwww(笑)

グwwwwグwwwwれwwwwカwwwwスwwwwwwwwww(笑)

663 :神も仏も名無しさん:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:AnGQ7SXT
思い込みで適当なことを言うのは良くない
あなたの論には論拠が無いでしょと
散々指摘されているのにこの受け答え
大変残念な頭の方の様ですね
他のスレでも相手されてないですし

皆さん、キチガイ認定しましょう。

664 :神も仏も名無しさん:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:AnGQ7SXT
適当にスルーということで。
暇な方は議論の練習にどうぞ。

665 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:f2E/1VW7
よしよし。

ちゃんとスルーしろよ、カルト信者共。

とか言ってて、俺もその内オウムにころされてたりして。(笑)

まぁ、そこまで暇では無いだろうが、実際の所、今でも裏切り者とかデキシさせてんの?

あ、そーいえば、北朝鮮に亡命したオウム信者ってどうなったんだろうな?

実際、オウムの下っ端っていつだれがヤられても不思議じゃないと思うけど、

(^。^)つーか、「AnGQ7SXT」さん、公安のスパイ活動頑張ってね♪とか書いたらヤられちゃうのかな?(笑)

666 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:f2E/1VW7
ん?「頭陀が簡単」とか言ってるなら、上座の初歩的知識も無いから、中論などの知識も無い訳だな。
つまり、上座も大乗も否定してる訳だな?
そのくせ金剛乗とか詐称してたが、もちろん大日経も金剛頂経も知らないんだろう。
たしか、水槽で息を止めたり、アグラジャンプしたりする、
ヨガというよりテレビのアホなバラエティー番組の真似事がオウムだったよな?(笑)

(^。^)んでぇ、「人は死ぬ、必ず死ぬ。」とか、松本死刑囚のバカみたいな内容の話で感動したんだよな?(笑)

667 :神も仏も名無しさん:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:AnGQ7SXT
>>666
あ〜
本格的にキチガイですね

668 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:f2E/1VW7
>667
スルー出来ない未熟者乙wwwww(笑)

つーか、日本語読めないの?(笑)

コテ、「承狂」って書いてるでしょ?

お前らみたいな匹夫狂夫の下らない与太でも承ってやりますよって意味な。(笑)

(^。^)もちろんウソだが。(笑)

669 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:f2E/1VW7
昆布をおちょくってた時は丁々発止の遣り取りが出来たが、
ここのカス共は語彙も常識も知識も知恵も知性も機転も何もないから、いろいろ伏線入れても全くダメだわ。(笑)

(^。^)お前ら、毎日無意味な事ばっかりやってるから脳細胞だいぶ減ってるんだろうな。(笑)

670 :神も仏も名無しさん:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:1i+TmhA+
自己紹介乙
オウムにしか相手にされない最底辺

671 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:f2E/1VW7
>670
いやぁ、俺程度でもよく釣れるわ。(笑)
あの汚汚皮カルト信者でも、ここまでバカな奴は居なかったになぁwwww(笑)

(^。^)暫くは遊べるわ。(笑)

672 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:f2E/1VW7
ところでお前ら、
滝本さんとかどっかのロックバンドでもアグラジャンプしてるけど、
やっぱりブタが良いのか?(笑)
みんなデブ専なの?(笑)

(^。^)いや、個人的な性癖なら仕方ないよな。(笑)

673 :神も仏も名無しさん:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:1i+TmhA+
w 最底辺の自覚あるんだw

674 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:f2E/1VW7
>673
そんな事が嬉しいのかい?
そりゃあ良かったね♪(笑)

675 :神も仏も名無しさん:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:1i+TmhA+
>>672
そんなにブタの自分を認めてもらいたいか?w

676 :神も仏も名無しさん:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:1i+TmhA+
大変だな、リアルでは相手にされないキモオタが
居場所探すのに必死でw

677 :神も仏も名無しさん:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:U/tnYcuV
>>659
>マトモな反論すら出来ずに逃げ回り、
>遂には小学生以下の悪口しか書けない奴らなのに

自己紹介するなよw

678 :神も仏も名無しさん:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:1C1SHV1v
>663 :神も仏も名無しさん:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:AnGQ7SXT
>皆さん、キチガイ認定しましょう。

皆さん、て言われてもな
あんたがまずそんなもんだ

679 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:RCV8Od7P
なぁ、松本チズオってどう見ても無精ひげのばした小汚いデブだと思うんだが、
お前らの美的感覚だとアレが聖人に見えるんだよな?(笑)

680 :神も仏も名無しさん:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN ID:MzTyGjxZ
信者さんってこういうAAよく使うの?

□□□■■■■■■□□□□□■■■■■■□□□□□□□■■■□□□□□
□□■□□□□□□■□□□■□□□□□■□□□□□□■□□□■□□□□
□□□□□□□□■■□□□■□□□□□■□□□□□■□□□□□■□□□
□□□■■■■■■■□□□■□□□□□■□□□□■□□□□□□□■□□
□□■□□□□□■■□□□□■■■■■■□□□□■■■■■■■■■□□
□□■□□□□□■■□□□□□□■□□□□□□□■□□□□□□□□□□
□□■□□□□□■■□□□□■■■■■■■□□□□■□□□□□□□□□
□□■□□□□□■■□□□■□□□□□□□■□□□□■□□□□■□□□
□□□■■■■■□■■□□■□□□□□□□■□□□□□■■■■□□□□
□□□□□□□□□□∩□□□■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□
            |  ゝノ
           __|_______|_   ■■■■■■■■
           |iiiiiiiiiiiiiiiii|  ■■■■■■■■■
           |iiiiiiiiiiiiiiiii| ■■■■√ === │
           |iiiiiiiiiiiiiiiii|■■■■√ ~ ミ ノノノ 彡 |
           |iiiiiiiiiiiiiiii|■■■√   ∀    ∀ \
           |iiiiiiiiiiiiiiii|■■■  ∵   (●  ●) ∴│  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           |iiiiiiiiiiiiiiii|■■■    丿■■■(  │< 
           |iiiiiiiiiiiiiiii|■■■     ■ д ■  |   |  
           |iiiiiiiiiiiiiiii|■■■■   ■■ ■■ ■  \_________
           |iiiiiiiiiiiiiiiiii■■■■■■■■■■■■__
           \iiiiiiiiiiiiiii■■■■■■■■■■■■iiヽ
             \iiiiiiiiiiiii■■■■■■■■■■■iiiiiii|

681 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN ID:Fcjjg3Si
たしか、田原だかとのインタビューで予知出来てないって言われて何も言い返せない松本チズオの動画があったよな?(笑)
お前ら、あーゆーのは見ないのか?(笑)
それとも教団から上手いこと言いくるめられてんの?(笑)

682 :神も仏も名無しさん:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN ID:80IdKdbs
>>681
幼稚な精神年齢低いカス。
悩め−悩め!

下僕出身者。

683 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN ID:Fcjjg3Si
>682
君は言語野に障害があるのかな?(笑)
それとも日本語を勉強中か?(笑)

いや、やっぱ単に知能が低いだけだよな?(笑)

低能でブタ好きの変態とか、人生大変そうだな?(笑)

684 :神も仏も名無しさん:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:zPaFhFgx
>>679,>>683
形状容姿にとらわれている人には真実なぞ見えないし、まして仏教を語るなぞお笑い種ですよ。
浅薄な知識でシッタカこく事を仏教だと思わないように。

685 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:xJmpa5if
>684
なるほど、自分達が何て書いてるかも理解出来て無い訳か。(笑)

お前らみたいな幼稚で世間知らずで他人に同情すら出来ない人でなしが、仏教経典読んで感動出来るとは信じがたい。

(^。^)ホントは読んで無いか、「何だコレ?」って感想じゃないの?(笑)

686 :神も仏も名無しさん:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:VD6N9ZWu
他人を批判する為に書き込むのはよせ。オウムは宗教界では負け組、負けたやつにグチグチ云うのは卑怯者だよ
オレも幾つか見て回ったけど、今のオウムにマスコミが喧伝する程、金も人もいないのが実態。しょうもない団体相手してもしょうがないだろ

687 :神も仏も名無しさん:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:9gfhR+SW
仕事しているサマナが何百人、信徒が千人もいればかなり儲かるだろう
信者と書いて儲けるだからな
ひかりの輪は数千万円、アレフは数億円貯めてる

下僕出身者ってどんな意味だ

688 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:xJmpa5if
>686
アンタは、元日本赤軍の爺さん達が隣近所で騒いでても通報すらしない訳か?

だいたい負け組か何か知らんが、
世界中でニュースになった、サリンによる連続テロ事件を起こしたあの極悪犯罪組織だぞ。

知らんのかもしれんが、死刑判決が13人も出てる、日本国を滅ぼそうとした凶悪犯罪組織だからな。

そして奴らは、これを「過去の一例」だと言ってんだぞ。→(>595)

689 :神も仏も名無しさん:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:uea6coUj
形状容姿Wが悪くて盲学校出のおっさんが禁欲説くのがおかしいと思っていたよ
このおっさん良いおもいしてなさそうだし、妻もイマイチダサイ
そうしたらやはり洗脳された若い抱き尼を食いまくっていたじゃないか

690 : 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(1+0:3) :2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:KUDhoHv3
盲学校出身の不細工が健全者と結婚出来ただけでも殆ど奇跡だよ

691 :神も仏も名無しさん:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:bfiIDW2f
>>688
だからなんだよ。
何を言いたいんだ人生悲観論者は。
幸せになろうね。

692 :神も仏も名無しさん:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:9EuLArBk!
>>685

仏典は読んで感動するものでは無く、書かれている仏陀の教えを学び実践する為のものです。

仏陀の教えを実践して得られる体験は、現世で得られる「感動」の数千倍〜数万倍も素晴らしい物です。

>>688
>日本国を滅ぼそうとした凶悪犯罪組織

日本政府(検察・警察も含む)は、「日本国を滅ぼそうとした凶悪犯罪組織」だとは認定できませんでしたけど?

>>689-690

形状容姿にとらわれて一喜一憂している段階は、永遠に仏陀の教えの真の意味を理解出来ないと御理解下さい。

仏陀の説いた教えは四念処であり五蘊無我です。

693 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:xJmpa5if
>692
>感動するものでは無く〜

はい、ボロが出てますよ。(笑)
つまり、原典読んでも理解出来ず、
松本死刑囚の与太に感化されたんですね。(笑)

>日本政府は〜

つまり、オウムは理念なき単なる人殺しと言いたい訳ですか?(笑)
しかし、君たちは自分達が滅ぼそうとした相手まで利用するんですな。
実に立派なリアリストだ。(笑)
法的に問題が無いなら、人道を無視して反省もしないのがお前らの言う「仏教」か。(笑)

694 :神も仏も名無しさん:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:26if+fj+
>>692
>仏陀の説いた教えは四念処であり五蘊無我です。

四念処は、七科三十七道品のうちのひとつで、重要な修行だけれど
それは道諦の一部。

四諦、縁起、三法印、三相などいろいろ挙げられるでしょうが、一つ
だけに絞るなら四諦こそが仏陀の説いた真理といえるはずです。

695 :神も仏も名無しさん:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:26if+fj+
四つの聖なる真理。
四聖諦。

瞑想の実習をせず、龍樹の無自性空や論理哲学としての縁起といった
理論ばかりを追っていた頃は、それでわかったつもりになっていた。

しかし、仏教が真理として教えているものは四聖諦だ。
そこには理論だけでなく実践もある。
四聖諦こそが、仏陀が説く真理。

696 :神も仏も名無しさん:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:26if+fj+
仏教への理解は、浅いところもあれば、深いところもある。
遠いところもあれば、近いところもある。

なにが真実かということに関して、多くの人がさまざまな議論を続けているが
それらの意見の違いは、どの人がどの段階にあるかの違いでしかない。

部派や宗派の違いなど大したことではない。
仏教を騙る新興宗教ですら目くじらを立てる程のことでもなかった。
それすら釈尊の掌の上にあった。

もはや論争の必要を感じない。

697 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:xJmpa5if
>696
オウム残党は凶悪な犯罪組織であり、現在も「ヨガと仏教」の看板で反社会的妄想で洗脳してるの。
仏教系カルトじゃなくて、仏教用語を使用しているテログループ。
君は戒を無視して殺人を認め、阿羅漢を詐称する集団を仏教と認めるのかね?

698 :神も仏も名無しさん:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:26if+fj+
認めない。
今後、もう積極的に批判をするために関わることもない。

699 :神も仏も名無しさん:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:26if+fj+
外道はいつの時代にもいて、付き合っていると議論に巻き込まれ
無駄な輪廻を繰り返すハメになる。

700 :神も仏も名無しさん:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:26if+fj+
仏陀の教えと修行法は、誰にでも門戸を開いている。
外道にも同じ教えと、同じ修行法を教えている。

その意味において、議論の必要性、争う必要性がないとわかった。

701 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN ID:qWSbAItp
夫れ仏家に八万四千の法門あり、法は機縁にてのみ開かれる。
汚泥に浸かるも清浄に住するも亦然り。
獅子吼ありて曰わく「若し善知識なくば一人歩め」と。
何ぞ憚る事あらん。

702 :神も仏も名無しさん:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN ID:QGUYlerU!
>>694
>四念処は、七科三十七道品のうちのひとつで、重要な修行だけれど
>それは道諦の一部。
>四諦、縁起、三法印、三相などいろいろ挙げられるでしょうが、一つ
>だけに絞るなら四諦こそが仏陀の説いた真理といえるはずです。

それはまさしくその通りであり、四諦八正道あるいは四諦十二縁起の法が仏陀の教えの真髄である事に異存は御座いません。
>>692ではシッタカ君の拘泥する形状容姿のとらわれに対応する「仏陀の教え」として、四念処及びその発展である五蘊無我を敢えて挙げた訳です。

仏陀の教えには色々な切り口があり、視点の違いによって七科三十七道品や十二縁起の法など様々な修行法に分かれていますが、それぞれの修行法は互いに関連し合い、そのどれを取っても同じ真理に帰結する仕組みになっています。
例えば四念処の最初の項目である「身は不浄なり」も突き詰めれば「身は無常であり苦であり無我であるが故に厭い離れよ」となり、その中には道諦だけでなく苦諦・集諦・滅諦も含まれている訳です。

703 :神も仏も名無しさん:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN ID:k+r7LDHS
>692 :神も仏も名無しさん:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:9EuLArBk!
>日本政府(検察・警察も含む)は、
>「日本国を滅ぼそうとした凶悪犯罪組織」だとは認定できませんでしたけど?

あんた何も知らんのね
裁判所はしっかり認定し、オウムの規制法もできているでしょう
破防法は今更使えなかっただけのことです

窮するとどこぞのコピーみたいなのばかり書んれる
自分の頭で考えているのかな、と疑念を持つべし

704 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN ID:qWSbAItp
小川正持裁判長は、一連の犯行について松本被告の指示だったと認定。
「不特定多数への無差別テロにまで及んだ一連の犯罪は、救済の名の下に

日本国を支配しようと考えたもの

で、極限ともいうべき非難に値する」と述べ、検察側の求刑通り被告に死刑を言い渡した。


(^。^)ネットで検索すれば直ぐ判る事を否定するのが、オウムの言う「仏教の実践」って事?(笑)

705 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN ID:qWSbAItp
>それぞれの修行法は互いに関連し合い、そのどれを取っても同じ真理に帰結する仕組みになっています。

とか言いながら、「頭陀にはピンからキリまである」とか言ってみたり、

羅漢さん祀ってる寺もあるって一般常識も知らずに
「阿羅漢は仏教徒です」
とか言ってみたり、
まるっきり仏教のド素人だよね。

(^。^)てか仏教徒云々以前に虚言癖を治した方が良いよ?(笑)

706 :神も仏も名無しさん:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN ID:KaYj4fXA
>>703
「日本国を滅ぼそうとした凶悪犯罪組織」なら、内乱罪が適用されます。
オウム事件では一件も内乱罪は適用されませんでした。
従ってオウムは「日本国を滅ぼそうとした凶悪犯罪組織」では無いというのが、検察・警察・公安を含む日本政府の判断です。
ただし「凶悪犯罪」を犯した事は私も日本政府も一切否定しておりませんので、悪しからず。

以上の話を無智によって取り違えぬよう。

707 :神も仏も名無しさん:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN ID:KaYj4fXA
>>704
要するにその裁判長は司法の専門家であるにもかかわらず正語の実践が出来ていないという事です。
公判の内容と判決文に齟齬がある事実は、オウム裁判が如何にいい加減かを雄弁に物語っていますね。

>>705
あなたは阿羅漢の位に達した経験が無いだけでなく、阿羅漢の状態もよく知らないようですね。

708 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN ID:qWSbAItp
>「あなたは阿羅漢の位に達した事がなく、」

この文章では、少なくとも「私は阿羅漢に達した人を知っている」という意味になるが、
前にも書いてる様に、「阿羅漢だと偽る事は仏教では重罪」なんだよ。
所でオウム信者が解脱者と言い張る松本死刑囚は国も司法も検察も大多数の国民も世界中のメディアも
「大量殺人を起こした極悪人」
と断定してるけど、
君達は認めるの?
それとも、都合のいい時にだけ「国も検察も認めて無い」とか言ってるだけの詭弁屋さんなの?

(^。^)「仏教の実践」って、そんなクソみたいな事だっけ?(笑)

709 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN ID:qWSbAItp
結論
つまり、オウムの言う「仏教徒」とは、仏教用語を使ってるだけのクソ野郎。(笑)

710 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN ID:qWSbAItp
都合のいい時だけ「国や司法」を引き合いに出し、
都合の悪い話には「裁判はいい加減」と否定する。
これがオウムの言う「正語」であり、「修行」である。

(`・ω・´)「この裁判官は正語してない!」キリッ

(^。^;)そりゃあ、お前らみたいなクズとは違うわな。(笑)

711 :神も仏も名無しさん:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN ID:CdhCcMaI
>>708-710
で、阿羅漢の状態は理解出来ているの?
阿羅漢の位がどんな物かも知らずに、仏教を語っていた訳?

712 :神も仏も名無しさん:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN ID:CdhCcMaI
>>710
要はその内容が正しいか正しくないかなんだけど、仏教を語っている癖にそんな事も分からないのかね?

713 :神も仏も名無しさん:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN ID:vtGnHduN
>706
>以上の話を無智によって取り違えぬよう。

無智やらを晒しているのは自分だと自覚されたし
真理を求めるなら、いよいよ謙虚にならないと

それとも単に選良意識という煩悩に支配され、
間違いを言ったと認めたくないのでしょうか

内乱罪とかあなたは言っていなかったが、今回言いだした
つまり話をずらす恥ずかしい論法をとっています。

検察官が内乱罪で起訴しないから、裁判所は内乱罪で認定しないだけ
窃盗で起訴されたのに強盗を認定されたらいかんでしょう、憲法違反
あたりまえのこと。無智すぎます。

そして検察官が内乱罪で起訴しなかったのは
・先進国で「内乱」が起こったなどと歴史に残したくない
・内乱罪で起訴すれば、死刑は首謀者一人だけになってしまうから
だろうと思います。

なお、新実被告の弁護人こそが、最も強く
内乱であり新実被告への死刑判決は正しくない、
と主張しておられました。

オウムの行いを知る努力をしないままに、知ってるような言い方はいかんと。
実践宗教だと麻原さんは言っていたのだから、尚更のこと。

714 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN ID:SmyWsWbO
>711
阿羅漢位がどうこうと千里先の話をする前に、(笑)
お前ら自身が
「阿羅漢は仏教徒」とか
「オウム事件は過去の一例」とか
「正語ってのは単なる正しい言葉」とか
平気で書ける、その傲岸不遜の厚顔無恥を改めろ。(笑)

(^。^)お前らみたいなクズが「仏教徒」とか、恥を知れ。(笑)

715 :神も仏も名無しさん:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN ID:RQcSRSJN
>>714

黙れ三国人。三国人にガタガタ言われる筋合いは
ないんだよ。

716 :神も仏も名無しさん:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN ID:ff+Pf3uA
>>713
>内乱罪とかあなたは言っていなかったが、今回言いだした
>つまり話をずらす恥ずかしい論法をとっています。

横レスだけど、内乱罪と具体的に書いてなかっただけで、最初っからそれが
頭の中にあっての話だったと、読んでて思ったけどな。
>706氏は話をずらして無いよ。

717 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN ID:SmyWsWbO
>716
その調子で>715も養護してやれよ。

(^。^)仲間だろ?(笑)

718 :神も仏も名無しさん:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN ID:vtGnHduN
正確に記載しておきます。

内乱罪は「第七十七条  国の統治機構を破壊し、又はその領土において
国権を排除して権力を行使し、その他憲法の定める統治の基本秩序を壊乱
することを目的として暴動をした者は、内乱の罪とし、次の区別に従って
処断する。
一  首謀者は、死刑又は無期禁錮に処する。
二  謀議に参与し、又は群衆を指揮した者は無期又は三年以上の禁錮に処し、
その他諸般の職務に従事した者は一年以上十年以下の禁錮に処する。
三  付和随行し、その他単に暴動に参加した者は、三年以下の禁錮に処する。
2  前項の罪の未遂は、罰する。ただし、同項第三号に規定する者については、
この限りでない。」です。

で、論者は「凶悪犯罪」をオウムが犯した限度で認めるということだが
その首謀者が、麻原さんであることは認めるのか、
その質問708に応えていないが、いかがなのですか。

719 :神も仏も名無しさん:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN ID:exAxiDe1
>>713
>無智やらを晒しているのは自分だと自覚されたし
>真理を求めるなら、いよいよ謙虚にならないと
>それとも単に選良意識という煩悩に支配され、
>間違いを言ったと認めたくないのでしょうか

 無智というのは、選良意識に支配され悪意に支配され間違った知識を披露しても決して自分の間違いを認めようとせずに開き直るという、滝本太郎先生のような状態を指す言葉です。

>内乱罪とかあなたは言っていなかったが、今回言いだした
>つまり話をずらす恥ずかしい論法をとっています。

かなり前から何度も言ってますよ。
毎回「無知」を晒しているのは自分だと自覚されたし。
本気で信者の脱会支援を志すなら、もっと謙虚にならないと。

>検察官が内乱罪で起訴しないから、裁判所は内乱罪で認定しないだけ
>窃盗で起訴されたのに強盗を認定されたらいかんでしょう、憲法違反
>あたりまえのこと。無智すぎます。

要するに公判で一切検証出来なかったことを、裁判官の主観で判決文では認定しちゃった訳ですね。
それを「公判の内容と判決文に齟齬がある」と評したまでです。
事実は素直に受け入れるべし、でないと滝本太郎先生のようなカルト脳になりますよ。

720 :神も仏も名無しさん:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN ID:exAxiDe1
>>713
>そして検察官が内乱罪で起訴しなかったのは
>・先進国で「内乱」が起こったなどと歴史に残したくない
>・内乱罪で起訴すれば、死刑は首謀者一人だけになってしまうから
>だろうと思います。

そういう何の根拠も無いあなたの憶測・願望は、チラシ裏にでも書いて下さいな。
実際に「あらゆる法令を使ってオウムを陥れる」と公言していた公安や検察が、内乱罪まで話が出たのに起訴できなかったという事実を、もっと謙虚に受け止めるべきです。

>なお、新実被告の弁護人こそが、最も強く
>内乱であり新実被告への死刑判決は正しくない、
>と主張しておられました。

だから何ですか?
現実に検察は内乱罪で起訴する証拠を集められ無かったので、検察は起訴できなかった次第です。
つまり検察や公安も含めた日本政府は「オウム事件は内乱罪ではない」と認定した訳ですね。

721 :神も仏も名無しさん:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN ID:exAxiDe1
>>718
>正確に記載しておきます。
>(以下略)

やはり内乱罪は、オウム事件に適用するには無理があるようですね。
検察の判断は正しかった訳だ。

>で、論者は「凶悪犯罪」をオウムが犯した限度で認めるということだが
>その首謀者が、麻原さんであることは認めるのか、
>その質問708に応えていないが、いかがなのですか。

また話を反らし始めているw
あなたは質問者のシッタカ君じゃないから関係無いでしょ。
シッタカ君は滝本太郎先生と同じく「マトモな反論すら出来ずに逃げ回り、遂には小学生以下の悪口しか書けない人」なので、言うまでもない事を一々答える義務も無い次第です。

722 :神も仏も名無しさん:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN ID:yzCUkvQA
どっちに転んでも 
仏教の中の蛙たち

723 :神も仏も名無しさん:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN ID:0C7Z4Wfb
どもっ、
>内乱罪
内乱よりも無差別大量殺人にまで至ったカルト事件
という側面が大きいから、それは正しい判断だっかもしれない
と、私も思いますよ。

ただ、裁判所の認定内容からしても実際は内乱でもあり、
内乱罪の規定からすると、首謀者以外の死刑はおかしいと言うべきだと。

で、内乱罪を適用しなかったから何なの?なんですがね。
何か誤解していませんか。内乱は、「暴動」でもできるものでしてね。

違法性の程度は、
オウムの無差別大量殺人その他の事件>>>>暴動のみによる内乱
でしょ。

>>その首謀者が、麻原さんであることは認めるのか、
>あなたは質問者のシッタカ君じゃないから関係無い

関係なくないよ、そして私も聞きたいことだしね。
で、
>言うまでもない事を一々答える義務も無い
とのこと。
うーん、「言うまでもなく、何なのでしょうか。」
確認までに教えてほしいな、と思いました。

724 :神も仏も名無しさん:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN ID:0C7Z4Wfb
追伸

>>検察官が内乱罪で起訴しないから、裁判所は内乱罪で認定しない
>>窃盗で起訴されたのに強盗を認定されたらいかん、憲法違反
>>あたりまえのこと。無智すぎます。

>要するに公判で一切検証出来なかったことを、裁判官の主観で判決文では認定しちゃった訳ですね。

ああ、分かってくれていない。
たとえば、証拠上、強盗だろうと裁判所が判断して、事実認定で記載しても
起訴が窃盗で強盗への訴因変更もないままならば、罪名としては窃盗罪になる
んです。

なお、検察官が前記のような理由で、内乱罪としての起訴をしなかっただろうことは
関係した法律関係者のまあ常識的なところです。それが言える限度。

725 :神も仏も名無しさん:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN ID:mJLvrin9
>>717

悩め、三国人。

726 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN ID:5dxjjJhf
>725
三国人ってどういう意味か解ってんの?(笑)
お前らオウム系統信者が変態性欲の対象としている松本死刑囚は、日本国を否定したんだがな。(笑)
何で日本人のフリしてんだ?
お前らの立場は、特定アジアと同じ天皇家否定、日本国否定なんだが。(笑)
それとも、日本国を肯定して、ブタが極悪犯罪者だと納得したのか?(笑)

(^。^)まぁ、バカだから自分の思想的立場なんか判らないだろうがな。(笑)

727 :神も仏も名無しさん:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN ID:5+rMPDJs
>>723
>内乱よりも無差別大量殺人にまで至ったカルト事件という側面が大きいから、それは正しい判断だっかもしれない
>と、私も思いますよ。

要するに「凶悪犯罪は犯したが日本転覆は計画していないので、内乱罪にはならなかった」という私の主張と同じ訳ですね。
なら何故レス付けてきたの?
とにかく相手を否定したいがための難癖にすぎないから、滝本先生の主張はいつもすぐ破綻するんですよ。

>ただ、裁判所の認定内容からしても実際は内乱でもあり、
>内乱罪の規定からすると、首謀者以外の死刑はおかしいと言うべきだと。

検証を経ていない一裁判官の主観による作文なぞ、到底「認定」とは呼べませんな。
逆に公安や検察は様々な検証の結果、「内乱罪で起訴するのは不可能」と認定した次第です。

>で、内乱罪を適用しなかったから何なの?なんですがね。
>何か誤解していませんか。内乱は、「暴動」でもできるものでしてね。

毎度お馴染みの開き直りも結構ですが、意味不明ですよw
何とかしてオウムを凶悪犯罪集団と印象づけたいという意志を持つのは結構ですが、小学生じゃないのだから何の話をしているか位は把握しておいて下さいな。

728 :神も仏も名無しさん:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN ID:5+rMPDJs
>>723
>違法性の程度は、オウムの無差別大量殺人その他の事件>>>>暴動のみによる内乱でしょ。

刑法ではそうなってませんけどね。
滝本太郎先生は日本の刑法について一応知識としては把握しているのだろうけれども、オウムが絡むと日本の法規を逸脱した自身のねじ曲がった思想を優先してしまう傾向にあるようです。

>>あなたは質問者のシッタカ君じゃないから関係無い
>
>関係なくないよ、

ついにシッタカ君が滝本太郎先生のお仲間であると白状しましたねw

>そして私も聞きたいことだしね。

滝本太郎先生に質問者としての資格がない事は、滝本先生以外のこのスレの全員が理解している事ですよw

>うーん、「言うまでもなく、何なのでしょうか。」
>確認までに教えてほしいな、と思いました。

このスレで散々醜態を晒しておきながら未だに謝罪一つなくふんぞり返っている滝本太郎先生は、偉そうに「確認」する立場には御座いませんから。

729 :神も仏も名無しさん:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN ID:mJLvrin9
喋るな三国人。
お前が誰かわかっている。
幼稚な精神性を
恨め!

730 :神も仏も名無しさん:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN ID:PO/T29WO
>>724
>ああ、分かってくれていない。
>たとえば、証拠上、強盗だろうと裁判所が判断して、事実認定で記載しても
>起訴が窃盗で強盗への訴因変更もないままならば、罪名としては窃盗罪になるんです。

だから検察は内乱罪では公判を争えないと判断して起訴しなかったんでしょうが。
その事実を述べているのに、「裁判所が〜」とか意味不明です。
それとも公判内で「不特定多数への無差別テロにまで及んだ一連の犯罪は、救済の名の下に日本国を支配しようと考えたもの」であると証拠を並べて検証し得たのでしょうか?
検証もせずに判決文で断定しているなら、それは裁判官の作り話にすぎませんよね。

>なお、検察官が前記のような理由で、内乱罪としての起訴をしなかっただろうことは
>関係した法律関係者のまあ常識的なところです。それが言える限度。

また嘘ついてますね。
滝本太郎先生の言う「法律関係者の常識」は、実際には滝本太郎先生のみの独自見解である事がこの前判明したばかりなのにね。
カルト脳のプライド魔境が原因だろうけど、本当に懲りない人だ。

731 :神も仏も名無しさん:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN ID:PO/T29WO
>>713
>窃盗で起訴されたのに強盗を認定されたらいかんでしょう、憲法違反
>あたりまえのこと。無智すぎます。

平然と憲法違反の思想を主張していた滝本太郎先生が、どの口で言うのやらw
もしも滝本太郎先生が判事になれば、窃盗で起訴されたのに強盗強姦殺人及び内乱罪を認定するくらいの事は平気でしそうです。

>オウムの行いを知る努力をしないままに、知ってるような言い方はいかんと。

滝本太郎先生はオウム事件の知識はある程度得ているので、オウム事件について批判するのは構わないと思います。
でも滝本太郎先生はオウムの教義や宗教団体としての活動内容を殆ど知る努力をしないままに、マスコミのインタビューなどであたかも知っているような言い方をしているのはいかんと思いますよ。

732 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN ID:q3NGTi7X
>>728
>シッタカが滝本〜

まぁ、貴様ら腐れカルトの仲間じゃないから、ブタ信者か一般人かってカテゴライズなら、俺は一般人側に区分されるわな。(笑)

>滝本先生以外〜

やはり仏教を詐称する凶悪犯罪者の信者は、頭がおかしいようだ。(笑)
お前が仲間だと言い張る俺を始め一般人は、そんなバカな事は考えて無いよ。(笑)

(^。^)脳みそ腐ってんじゃね?(笑)

733 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN ID:q3NGTi7X
オウムに独自の教義なんかあった?(笑)
切り張りして、ブタの妄執を屁理屈で正当化してるだけだろ?(笑)

(^。^)つーか、「正当な仏教」とかって妄想は建て前か?(笑)

734 :神も仏も名無しさん:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN ID:BcZhQvk7
おい!三国人、創価学会で修行してこい。

735 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN ID:q3NGTi7X
>

736 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN ID:q3NGTi7X
>>734

m9(^。^)お前、日本人なら天皇家を敬い、松本死刑囚が凶悪犯罪者だと認めるんだろうな?(笑)

(^。^)ブタ好きの変態の分際で何が三国人だ。(笑)

737 :神も仏も名無しさん:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN ID:agSEmfG/


738 :神も仏も名無しさん:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:Ew+3d7Mq
●買ってる人 このスレに書き込んでるのかな。
簡単に個人割り出せるソフトを今作ってるんだって。

739 :神も仏も名無しさん:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:JR8b1vhI
>>732

ここで滝本さんに妄想を抱いている狂人ってなんだろうね。不気味
カルトの人って、自分の都合のいい風にしか語れないから、駄目だなって思う
で、それに気がつけない位、狂ってるからもうどうしようもない

滝本さんも気違いに相手に律儀にレスしなくていいのに 毎度、気違いは独善威張りの妄想しか言ってないし、これからもそうなんだし。

740 :神も仏も名無しさん:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:/uh/Df57
>>738
あ〜あ・・・、 がっくし

741 :神も仏も名無しさん:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:O1+GlopS
>>739
一般常識で言えば、「現代科学は唯物思想を根本としている!」とか「心は物質!」とか平気で公言しちゃう方がよほど狂人だと思いますよ。
あと精神科医でもないのにすぐ相手を狂人扱いする人とかも、かなり危ないですよ。

742 :神も仏も名無しさん:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:O1+GlopS
>毎度、気違いは独善威張りの妄想しか言ってないし、これからもそうなんだし。

これはまさに滝本太郎先生のことでは?

743 :神も仏も名無しさん:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:iorGVcEG
気違い度なら、ダントツの麻原を除けば
信者どもが圧倒してるのはこのスレ見てればよくわかる
リアル、ネット共にそのような気持ち悪さを有する信者達を見ていると
遺伝子の異常や前葉体の退化など、なんらかの問題を共通して
抱えているのではと考えざるを得ない気持ちになる

744 :神も仏も名無しさん:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:IGCb4Z/a
>>743
そういう抽象論はもういいから、もっと具体的な説明が欲しい。

745 :神も仏も名無しさん:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:iorGVcEG
>>744
例えばさ、遺伝子を検査したら異常が発見され病名もわかるんだけど、症状無しって人がいるらしい
ダウン症だけど知能に異常はなく医者やってるとかね
ある年齢から踵が着かなくなったヤツが検査したら実はダウン症でした、というのをどこかで見てね
ああ教団にも居たなと 「武道をやってた癖で今でも勝手にそうなるんだ」と本人は言ってたけどね
つまり、特徴的な症状を呈することは回避できても、身体的なもしくは性格的な異常に悩んで、遺伝子
検査を試みる一般人がいる一方、悩むことなく検査も志さないカルト脳がいるんじゃないかと・・(略)

こんくらいでいいかい?

746 :神も仏も名無しさん:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:IGCb4Z/a
>>745
そういう問題じゃなくて、信者のどういう特徴が気持ち悪いとか、
どんな思考とか癖から前頭葉の退化がみられるかという問題。

>つまり、特徴的な症状を呈することは回避できても、身体的なもしくは性格的な異常に悩んで、遺伝子
>検査を試みる一般人がいる一方、悩むことなく検査も志さないカルト脳がいるんじゃないかと・・(略)

これでは本人が悩まないことが問題だと言われても、どう悩んでいいかわからない。
一方、「身体的もしくは性格的な異常に悩んで検査を試みる一般人」が果たして正常といえるのか
これだけではわからない。これだけでは悩みすぎるという鬱病の可能性も否定できないよね。

747 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:lMB9BLAI
長文にならないで答えるの難しいね
気持ち悪さ=矛盾に気がつかない愚かさ
って今浮かんだけどさ、よーわかるわって思うヤツも
なんじゃそりゃって思うヤツがいるのも、まぁわかるからね

748 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:Q6jiPRLk
>>743,>>745
精神科医でもないのに精神異常を語っているバカが居るw
色々書いているけど、滝本先生と同じく主観と憶測で決め付けているだけじゃん。
こういう非科学的・非論理的な思考をする人って、脳機能的に言うと前頭葉が壊れている可能性があるよ。

>>747
要するにあなたの精神異常の定義はあなたが「気持ち悪さ=矛盾に気がつかない愚かさ」を感じることですか。
私もあなたにそれを感じますけどね。

749 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:lMB9BLAI
早速の実例ありがとう

また、信者といっても「盲信具合の酷いタイプ」のヤツを指す
彼らに共通する明らかな傾向がいくつもあると感じますな

750 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:1NlfLHh3
>>749
いくら専門用語を出してきて、それっぽく言ったとしても
具体的な話ができないんじゃ、
子供が「ばーか、ばーか」と言ってるのと変わらないよ。

751 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:JsjwfEhK
>平然と憲法違反の思想を主張していた滝本太郎先生

訳わからんことをいつまでも言っておられるんだなあ、と。
そしてあくまで「先生」をつけるとか、実に嫌らしい態度をとっていて
恥を知った方が良いと思うんです。

私が批判をし、オウム信者はすべて脱会し、一人オウムもいない状態としたい
ということは、何ら憲法上問題ないんですよ。
批判されたときに、人権を侵害されたとか、宗教弾圧だとかいったり、レッテル付を忙しくするのは、
まともな反論ができないことの自認なんです。

>内乱罪では不起訴
私の言うことを理解されていないというか、聞いておられない。
そして、オウム真理教事件の場合、実態としても
内乱罪構成よりも殺人罪などとして構成する方が、より重いものです。
だから実態に即して、そちらで起訴しても、なんら問題がないのです。

それでその、

1−内乱罪で起訴しなかった、その罪名でなかったからと言って
いったい何をいいたいのですか。何がどう変わると言うのでしょうかしら。
問題は、オウム真理教が極悪非道な行為をしたという事実、その経緯とシステムでしょうが。

2−事件の首謀者は麻原さんでしょ、違います?

752 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:gCaoTdtK
教団内のどこかの部署や
滋賀のグループなんかは
●を購入してたんじゃないの?
●を購入してたら住所名前 あと過去レスばれるから大変だ。

ここで煽ってた人も
突き詰められて名誉毀損で訴えられるかも。

753 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:hvaCzhwF
まともなクレカもってる奴いそうにないからw

754 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:KEk4wO+k
>>749
相変わらず思い込みと決め付けしかできない盲信者特有のレスですね。
滝本太郎先生の信者(シンパ)は、こんな風にあからさまなカルト脳ばっかなのが興味深いです。

755 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:k2dECJLY
754さんは何年経っても変わりませんね 老人になっても同じ事だけやってそう
もともとそういう人で、変われないんだね

756 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:KEk4wO+k
>>751
>訳わからんことをいつまでも言っておられるんだなあ、と。

それは滝本先生御自身の事だと自覚されたし。

>そしてあくまで「先生」をつけるとか、実に嫌らしい態度をとっていて
>恥を知った方が良いと思うんです。

滝本太郎先生は「先生」と呼ばれると口先では謙遜しつつも内心では大喜びをしているのが見え見えでしたからね。
敬称を付けるといういう何気ない気配りによって人を喜ばすのは、間違いなく善業ですよ。

>私が批判をし、オウム信者はすべて脱会し、一人オウムもいない状態としたい
>ということは、何ら憲法上問題ないんですよ。

また自分に都合良く事実をねじ曲げてウソを吐いてますね。
オウム真理教の良い教えを実践して魂の成長を志している者達に対し、「『麻原の教え』を一部でも信奉している」というだけでその者の思想・良心・人権・人格・人生を全否定し、
誹謗中傷・名誉毀損・サボタージュなどによって社会的抹殺を図らんとし、その事を日本国憲法をも超越した絶対正義と嘯くのが、滝本太郎先生の主張です。
こういうナチスや共産党政権そのものの超法規的な思想弾圧は日本国憲法に反するだけでなく各種の犯罪行為を伴っており、日本国では認められておりません。

>批判されたときに、人権を侵害されたとか、宗教弾圧だとかいったり、レッテル付を忙しくするのは、
>まともな反論ができないことの自認なんです。

滝本太郎先生は批判じゃなくて誹謗中傷しかしてませんでしたけど?
滝本太郎先生がオウムの教義をまともに批判できたことが一度でも御座いましたか?
馬鹿も休み休み言いなさい。

757 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:KEk4wO+k
>私の言うことを理解されていないというか、聞いておられない。
>そして、オウム真理教事件の場合、実態としても
>内乱罪構成よりも殺人罪などとして構成する方が、より重いものです。
>だから実態に即して、そちらで起訴しても、なんら問題がないのです。

だから「内乱罪では不起訴」でしょうが。
いい加減、汚れたイメージで築き上げた自分の世界に逃げたりせず、、事実は事実として素直に認めるべきかと。
ちなみに「オウム真理教事件の場合、実態としても内乱罪構成よりも殺人罪などとして構成する方が、より重いものです。」とやらは滝本太郎先生独自の私見にすぎないので、一顧だに値しません。

>1−内乱罪で起訴しなかった、その罪名でなかったからと言って
>いったい何をいいたいのですか。何がどう変わると言うのでしょうかしら。

人の話を全く理解していないというか、全く聞いてないみたいですね。
横レスしてくるのなら、何の話しをしているのかくらいよく読んで理解して下さい。

>問題は、オウム真理教が極悪非道な行為をしたという事実、その経緯とシステムでしょうが。

また話をねじ曲げようとしている。
何でもかんでも相手の話を自分の好きな方にねじ曲げられるとでも思っているのなら、大間違いですよ。
滝本太郎先生のこういう所は、本当に幼稚だと思います。

>2−事件の首謀者は麻原さんでしょ、違います?

は?だから何?
話とは関係無いことを突然言い出したりしてますけど、滝本先生は頭がおかしいのでしょうか?

758 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:gCaoTdtK
753:神も仏も名無しさん 08/28(水) 11:38 hvaCzhwF [sage]
まともなクレカもってる奴いそうにないからw


2ちゃんやりたさにクレカ買ったかもしれないし。
荒らしとか個人には興味ない。
教団施設 教団関係を念入りに洗います。

759 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:lMB9BLAI
おいおい、俺は滝本さんのことに触れちゃいないし
関係無い話を勝手にしてごちゃごちゃ言わんでくれないかな

760 :神も仏も名無しさん:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:O62Vvrp6
>>752-753
ビットキャッシュでも買えるのでは。
Vプリカっていうサービスもあるし。

>>738
個人特定されても、もはやオウムとは切れてることが証明されるだけやわ。

761 :神も仏も名無しさん:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:yzUk4l+M
世に支配がありふれており、オウム信者も支配に取り憑かれている。
「べつに いいじゃん」と思うかも知れんが、
仏教がキリスト教を避け、イスラム教を避けるのはそこに支配があるから、だろ。

なぜ支配を受け入れ、かつ憎むか。
この問題を解くのは宗教ではなさそうだ。

762 :神も仏も名無しさん:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:i7uAXlfz
>>759

>>739から始まる話を受けて>>743のレスをしているのだから、全然関係無くはないでしょ。

763 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:QL+ybjAa
安定のカルト脳だな。(笑)

オウムの教えの良い所?(笑)

え?お前ら自称「正当な仏教徒」じゃなかったん?(笑)

松本死刑囚の「教え」に、独自の良識が有るとでも言いたいの?(笑)

(^。^)お前ら、一体何を信仰してるつもりなの?(笑)

764 :神も仏も名無しさん:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:RCBXS95A
この愚か者共もは、オウムの良いところ=仏教&bull;ヨーガと言い張っているのだよ。
バカバカしい。膣汚教でしかないのに。

765 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:QL+ybjAa
>764
カルトの妄想がよく理解出来ないんだが、
確か連中は「正当な仏教」(笑)と言い張ってたハズなんだよ。
だが、「頭陀は簡単」(笑)とか「阿羅漢位が仏教徒」(笑)とか仏教をまるで知らないド素人丸出しなんだよな。(笑)
で、「オウムにも良い教えがある」(笑)とか書いてるが、
松本死刑囚の妄執から起こされたあの大事件の数々が「過去の一例」に過ぎないらしい。(笑)
つまり、松本死刑囚の妄執も「オウムの教え」の中では大した事では無い訳だ。

(^。^)一体、奴らは何を信仰してるんだろう?(笑)

766 :神も仏も名無しさん:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:ljtP83eD
阿羅漢は仏教徒ではないと
なんなんだこのキチガイ
出典は?

767 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:QL+ybjAa
>766
阿羅漢位は応供だろ。(笑)

(^。^)スッタニパータ読んで無いん?(笑)

768 :神も仏も名無しさん:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:ljtP83eD
>>767
応供、つまり供養するに値する魂だと
仏教徒では無いという根拠は?
そんな法はないぞ
出典は?

769 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:QL+ybjAa
ホント、汚汚皮のカルトと同じ低レベルだな。(笑)

(^。^)初歩も知らんくせに偉そうな口だけは一丁前。(笑)

770 :神も仏も名無しさん:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:ljtP83eD
だから、その初歩は何の経典、もしくは解説書を根拠にしてるんだ?
お前の勘違いを勝手に仏法にするな

771 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:QL+ybjAa
>770
おいおい(笑)
スッタニパータも知らんのかよ?(笑)

(^。^)Google先生に聞いてこい、カス。(笑)

772 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:QL+ybjAa
「供養に値する魂」wwwwwwww(笑)

(^。^)ねぇ、出典は?(笑)出典教えてよ?(笑)

773 :神も仏も名無しさん:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:ljtP83eD
>>771
応供とは書いてあるが、仏教徒ではないとどこに書いてあるんだと聞いてるのが解らないのか
知恵遅れの見解で仏教語るな

774 :神も仏も名無しさん:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:ljtP83eD
応供の意味すら解らないのか
応供を現代語で説明してみろブタ頭

775 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:QL+ybjAa
>774
オウム信者ってググれもせんの?(笑)

(^。^)バカは2Chしない方がいいぞ?(笑)

776 :神も仏も名無しさん:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:ljtP83eD
>>775
このバカが
間違った話がぐぐれで誤魔化せると思ってるのかブタ野郎

用語の意味すら解らないニートはオナニーして死んでろブタ

777 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:QL+ybjAa
阿羅漢位が仏教徒とかwwwwww(笑)


(^。^)じゃあキリストはキリスト教徒なの?(笑)バカなの?しぬの?(笑)

778 :神も仏も名無しさん:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:q3S5rRl/
ある弟子が麻原に尋ねた

「シルディ・サイババは、内蔵を取り出して綺麗に洗った後、物干しで乾かす
といった奇跡を行ったそうですが、先生もできますでしょうか?」

麻原「私は彼とは違う系統なので、そういうことはできません」

シヴァ神の絶対的帰依者と言いながら、シヴァ神のアヴァターとして有名な
サイババと比され、違う系統と言い逃れた麻原

そりゃあそうだろう
己のエゴを満たすための道具がオウムだったんだからな
ゴミ教義、ゴミ実践、ゴミ体験、そして人類に迷惑をかけ、ゴミのような弟子しか
残ってない

体験君よ、お前の敵は自己の煩悩じゃないのか?法の番人の悪口を言い続けて
おいて、背景にエゴはございません?笑わせる暇があるなら、麻原陳述コピペを
読んだ意見でも述べたらどうだ?人に散々依頼しておいて貼らせっぱなしか?

既にやってたんなら、謝ります 見てないので今一度書いてはもらえませんか?

779 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:QL+ybjAa
素人の皆さんにも判る様に、Wikipediaの応供からコピペしてあげよう♪(笑)

>応供(おうぐ;サンスクリット語 ?????? arhat)とは、仏教を信仰し修行する比丘の中でも、供養を受けるにふさわしい者という意味。
中国仏教において用いられた音写語は阿羅漢(あらかん)である。
釈迦在世時代のインドでは、宗教的に最高の境地に達した聖者をこのように呼んだ。
如来の別号である十号の一つにあげられており、


仏そのものを指す呼び名である。

780 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:QL+ybjAa
(^。^)アラハットの意味すら知らない自称「正当な仏教徒」の皆さん、本当にありがとうございますwwwwww(笑)

781 :神も仏も名無しさん:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:ljtP83eD
>>780
応供が供養に値する魂であるということは認めるのか?
どうなんだブタ

それから、ブッダとアラハットが同じ位なのかどうかということについては諸説あるということが
読み取れたのか?ブタの頭は

一般的には、ブッダとアラハットは同格には扱われてないんだよ

ブッダの教えを修行し、阿羅漢になった仏弟子は何人もいるが
仏弟子が仏教徒でないとでも言うのか?

釈迦無二のことは一般的には阿羅漢とは呼ばないんだよ

782 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:QL+ybjAa
ブタとか書いてるのに下げるあたり、
オウム信者のいやらしい下劣さが出てるな。(笑)

>781
(^。^)所説あるから仏教徒扱いなの?(笑)

山のおサルさんでも群れの序列くらい弁えてるもんだがなぁ。(笑)

783 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:QL+ybjAa
やはりオウム信者には、仏教云々以前に人としての礼儀から教えてやるべきなのかな。(笑)

(^。^)所で釈迦「無二」ってどこの経典に書いてんの?(笑) 教えて、「正当な仏教徒」さん。(笑)

784 :神も仏も名無しさん:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:ljtP83eD
>>783
おい、ブタ
まだわかんねぇのか

サーリープッタは仏教徒か仏教徒じゃないか
どっちなんだ

785 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:QL+ybjAa
>784
シャーリプトラ尊者は応供だよ。(笑)
我々、普通の仏教徒が礼拝する方々のお一人。
お前は呼び捨てなんだな。(笑)
それでもまだ「仏教徒」って言い張るの?(笑)

(^。^)お前、ホントにバカだな。(笑)

786 :神も仏も名無しさん:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:ljtP83eD
ほー
サーリプッタが仏教徒ではないと
本気で考えてるブタがいるんだ

こりゃキチガイだ

787 :神も仏も名無しさん:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:ljtP83eD
仏教徒とは
ブッダであるお釈迦様の教えを信奉している人間を指すんだよな
サーリープッタは何を信仰してるんだ?

788 :神も仏も名無しさん:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:Q5QAvYXr
誰よりもお釈迦様を信奉してるから
一番弟子なんじゃないのか?

789 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:gO2MRPhW
バカばっかしだなぁ。(笑)

お前らアレか?マジでブタ好きの変態なのか?(笑)

つーか、オウムの与太しか知らないのか?(笑)

ちゃんと経典読んで無いんだろ?(笑)

(^。^)え?個人崇拝が仏教とか信じてんの?(笑)

790 :神も仏も名無しさん:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:Q5QAvYXr
>>789
答えられないのかよブタ野郎
出てくんな勘違いニートが

791 :神も仏も名無しさん:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:Q5QAvYXr
どこの経典に阿羅漢は仏教徒ではない(笑
と書いてあるんだよw

バーカ ブタ野郎

792 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:gO2MRPhW
流石極悪人の妄執に感化されるだけあって見事なまでのハクチっぷりだ。(笑)

いいか?
仏教徒とは、仏教を奉る者って意味で、
その仏教徒に対して仏典が残されてんの。
だから仏典に「仏教徒」なんて書いて無いわけ。(笑)
比丘比丘尼優婆塞優婆夷ならあるんだがな。

この程度の事は普通に、ちゃんと読んでたら判るレベルの話なんだがなぁ。(笑)

まぁ、お前ら仏教のド素人には理解出来んだろうが、
キリスト教の使徒と違って、
阿羅漢とは、お釈迦さんの弟子であり、我々仏教徒の礼拝対象なの。

(^。^)もっとも、お前らオウムの中では違うんだろうな、うんうん、判るよ。(笑)

793 :神も仏も名無しさん:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:3dCRpXI9
>>792
サーリプッタは阿羅漢である前に出家の仏弟子だから「比丘」だろ?

>阿羅漢とは、お釈迦さんの弟子であり、我々仏教徒の礼拝対象なの。

阿羅漢の位に達した者も出家の比丘・比丘尼も在家の優婆夷・優婆塞も、皆「仏弟子」であり「仏教徒」ですよ。
シッタカ君はいい加減な知識を披露する前に、日本語から学び直すべきかと。

794 :神も仏も名無しさん:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:qQn4esF1
まあ、オウム信者が仏教徒では無いことは確かだ。

795 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:gO2MRPhW
ここの仏教を単なる知識としてしか知らない自称「仏教徒」は、
人として当然の常識である先人への畏敬が無い。
だから平気で「阿羅漢は仏教徒」などと言い張る。
おそらくは、中二のDQN並みに「俺らが世界の中心」とでも勘違いしているんだろう。(笑)
だから「頭陀は簡単」などと仏法を蔑ろにして尚「仏教徒」などと僭称する。
「お釈迦様を崇拝」とか、利用してるだけのド外道が笑わせるわ。(笑)

(^。^)見事なまでに性根の腐りきったカス共だ。(笑)

796 :神も仏も名無しさん:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:61bBPNzh
>>795
だから阿羅漢は仏教徒ではないなどというトンでも説は
一体誰が提唱してるんだよ

キチガイのお前だけだろ

797 :神も仏も名無しさん:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:3dCRpXI9
>>795
「仏教を単なる知識としてしか知らない自称「仏教徒」」は、シッタカ君でしょ?
シッタカ君は仏陀の教えを実践して彼岸に到達したことはあるの?

798 :神も仏も名無しさん:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:3dCRpXI9
>>794
根拠も無くそう思い込んでいる内は、永遠にオウム問題もオウムの教義も理解出来ないと思われ。

799 :神も仏も名無しさん:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:3dCRpXI9
>>795
>だから「頭陀は簡単」などと仏法を蔑ろにして

頭陀は簡単だとは言わないが、頭陀行は仏教の本質でも目的でもないし、
頭陀程度で躓いている状態では仏陀の教えを説く資格は無いよ。

800 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:gO2MRPhW
>799
出ましたwwww(笑)
「頭陀程度」wwwwww(笑)


(^。^)すげーなぁ。(笑)きっと邪気眼とかも使える脳内設定なんだろうなぁ。(笑)

801 :神も仏も名無しさん:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:X/1HLlye
このスレ一気に面白くなくなった。
変なコテが出てきて面白くないレスを延々と。

802 :神も仏も名無しさん:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:TsWB/+2P
>>800
「邪気眼」とやらは妄想の産物ですが、
煩悩を持ったまま修行するといわゆる「邪眼(邪視)」ぐらいは簡単に身につきます。
ただし使えば悪業となり大いに苦しみますけどね。

しかしもし正しい仏教修行を為すならば、そんな物とは比べものにならないほど素晴らしい神通が身につく次第です。
現在のシッタカ君は仏教についての知識も経験も2chのVIPレベルで止まっているみたいですから、その様な修行経験は全くしたこともないだけでなく、考えも付かないことなのかもしれませんね。

803 :神も仏も名無しさん:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:CPiKt5rE
他人にあれこれ言う前に、まず自分自身で確かめようと、サマタ瞑想による禅定を目指してみた。
まず、禅定なるものが本当にあるのか、可能なのか、可能だとしても自分にできるのか。
それを確かめようと思った。

そして、一定の成果を得たのだが、今となっては、それをここに詳しく書こうか書くまいか迷っている。

猜疑心からの批判を受けるリスク、議論をふっかけられるリスクを考えると、何も言わずに黙って去るのが一番よいのだが、なにか後ろ髪を引かれる思いもする。

簡潔に結論だけ述べる。
「禅定は本当にある。本当にあった。自分で確かめた。」

804 :神も仏も名無しさん:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:CPiKt5rE
ただし、ここで言っている禅定というのは伝統仏教の教義と修行法によるもの
であって、オウムや麻原とは何の関係もない。

805 :神も仏も名無しさん:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:XFIuFsI8
>>804
へぇ、すごいね
まぁ、ここに書くも書かないも自分の納得するようにすればいい

まぁ、特定されないようにうまくぼかして書けば
叩かれても雲隠れすれば実害無いんじゃないか

806 :神も仏も名無しさん:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:XFIuFsI8
しかし、議論を吹っかけられるのがイヤなら消えろよ
必ずふっかけられるから

807 :神も仏も名無しさん:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:SN+iKeBM
仏教徒が、ブッダの教えは正しかったと聞いて怒る必要があるだろうか。

808 :神も仏も名無しさん:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:FXfyi67e
 
 どす黒い波動を育てるスレ

809 :神も仏も名無しさん:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:5g7Z1Nqb
>>801

そのコテさんより、>>754 >>756 >>757 の偏執狂の馬鹿の知恵遅れの方がつまらないし気持ち悪い

810 :神も仏も名無しさん:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:qXeQnX4w
>>809
同意

811 :神も仏も名無しさん:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:CKGdCJUk
756.757
私の名前が7つぐらい出ていますね、変化身が飛んでいくのかな。
で、嫌らしくいつまでも「先生」づき、なんなんだかなあ。
空中浮揚15秒の冗談も通ぜず(まあ琴線ではあるのだろうと)
批判されれば人権侵害だ、憲法違反だと
でも、いつかは順縁になると思います。

812 :神も仏も名無しさん:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:XFIuFsI8
変ハゲ身が飛び回ってるんでしょう

813 :神も仏も名無しさん:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:gi8Mc7CS
>>809
  ↑
この様に主観による人格攻撃でしか批判できない所が、滝本教の限界かと。

814 :神も仏も名無しさん:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:gi8Mc7CS
>>811
滝本太郎先生は佐川一政さんにソックリですけど、前世から深い縁で結ばれていたのでしょうか?

815 :神も仏も名無しさん:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:x55NpDmK
四女ちゃんは被災地にボランティア行ったの?

石巻市〜東松島市辺り。

816 :神も仏も名無しさん:2013/09/02(月) 05:28:02.60 ID:VgPqV1it
>>811
たまに来たと思えば一々自分の名前をカウントしているとか、滝本先生はどこまで自意識過剰なんだよw

817 :神も仏も名無しさん:2013/09/03(火) 11:30:01.78 ID:EZSi7fI4
テスト

818 :神も仏も名無しさん:2013/09/03(火) 11:34:59.51 ID:EZSi7fI4
八年前に辞めましたが現状のアレフ 内ワーク 財施部の話を知り合いから聞くと辞めて良かったと。
集団生活は若いから出来た。30過ぎから徐々にきつくなってくる。
支部で活躍するか何か才能があってワークに飛び抜けてないと居ずらそう。
まだ現世の方がましです。女性の40過ぎの人は皆さん精神が病んでいるようですね。
聞くところによると。

819 :神も仏も名無しさん:2013/09/03(火) 11:40:08.96 ID:kLB/HSid
>>818
私もそのくらいに辞めた男です
どんな話を聞きましたか?
差し支えなければ教えてください
とんと情報も入らない身なので

820 :神も仏も名無しさん:2013/09/03(火) 11:42:39.79 ID:EZSi7fI4
教団からとってお荷物となる人は察して出た方がいいですよ。
辞めたら地獄 という昔の教訓が今の管理層を悩ましてますね。
だからお荷物的な人がなかなか辞めない。

行き場がない
けど行き場は作るもの。
辞めてから半年は大変だけど。
おばさんになってくると女の集団はいざこざも多くなりますし。

信徒活動も昔と比べ
十年前と比べてもつまらないものになってますよね。師もサマナも小物しか残ってないから仕方ないけど。

821 :神も仏も名無しさん:2013/09/03(火) 11:49:14.93 ID:EZSi7fI4
女性達が精神を病んでるということを聞きました。
固有名詞は書きません。

辞めてから八年も経てばみんな年も取る。
東京本部、北海道支部辺りは別として内部は病んでますね。

822 :神も仏も名無しさん:2013/09/03(火) 11:51:03.64 ID:kLB/HSid
>>821
そうなんですか
何となく想像は付きます
情報ありがとう

823 :神も仏も名無しさん:2013/09/04(水) 00:31:22.59 ID:rkyucQQF
仏教徒を自認するみなさま。
そろそろお釈迦さまのもとへ帰ることに致しましょう。
お勤めはお仕舞いです。

824 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/09/04(水) 07:59:55.63 ID:oGDPQUPK
>>818みたいな話の方が、仏教的に間違い云々より効果的だな。(笑)

(^。^)やはりド素人には、仏教は難しすぎだからなぁ。(笑)

825 :神も仏も名無しさん:2013/09/04(水) 08:22:46.54 ID:irsiXJWg
●が流出してから一気に書き込みが少なくなりましたね。
去年の秋冬くらいだったかな?
よく書き込みしてた元スレ立て者はいずこに?
彼の書き込み勉強になったのに。

826 :神も仏も名無しさん:2013/09/04(水) 09:05:40.65 ID:MtLClrxv
>816 :神も仏も名無しさん:2013/09/02(月) 05:28:02.60 ID:VgPqV1it
>>>811
>たまに来たと思えば一々自分の名前をカウントしているとか
>滝本先生はどこまで自意識過剰なんだよw

自意識過剰云々とは、別問題だろうと思うんだがなあ。
あれだけ書かれると気持ちが悪いものでしてね。
それもあくまでも「先生」付
串刺し写真での不安ともども、感じてくるものなんです
身を置き換えたら、そう感じないでしょうかしら
想像してみてくださいませ

827 :神も仏も名無しさん:2013/09/04(水) 13:19:58.56 ID:+Ub0d4RD
相手にすると気持ち悪いレスして、ますます滝本さんに執着、粘着するから ほっといた方がいいんじゃないですか

しかしアレフでもひかりでも、精神を病んでいる方がいれば心配ですね
問題は、そういう事がある時、診察、適切な治療などができるのかという事だと思います
集団生活してなくても、誰でもおかしくなる事はあるのだから、治療とか恥ずかしい事ではないでしょうし

828 :神も仏も名無しさん:2013/09/05(木) 00:29:48.93 ID:f5ih9u1a
>>825

マハシゴエンカパオ☆ヴィパッサナー瞑想法Part.11
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1372257286/l50

829 :神も仏も名無しさん:2013/09/05(木) 16:48:17.63 ID:OUDyTOIT
変成意識と洗脳の秘密とは?
http://www.youtube.com/watch?v=gF7qib9Dwx8

830 :神も仏も名無しさん:2013/09/05(木) 23:04:09.13 ID:AMb1MOng
>>826
スレに来た当初から常に上から目線で物を言い、
他の人格・人権・思想・良心・人生を全否定して自分の偏った考えを強要し、
平気でウソをつき、言う事をコロコロと変え
出鱈目な科学知識を得意気に講じ、
ウソや誤りを指摘されると開き直り、
論議に窮すると相手の人格攻撃ばかり繰り返して話を誤魔化し、
精神科医でもないのに平気で相手を精神病認定し、
たまに意味もなくこのスレに来たと思ったら自分の名前をカウントするだけという自意識過剰な弁護士先生の存在及びその言動を
このスレの皆は「気持ち悪い」と感じてますよ。

831 :神も仏も名無しさん:2013/09/06(金) 04:54:00.82 ID:x8fN3nPm
>>826,>>830
何で、滝本先生は何の修行も勉強もしていないのに、自分よりも遥かに詳しい者に‘教え’ようとすんの?

832 :神も仏も名無しさん:2013/09/06(金) 07:40:52.88 ID:vTrDMBVn
何でそんなに滝本さんに異常な固執をするのか
そっちの方が・・・。

別に他人が2ちゃんなんかにとやかく書き込みしたバトル内容なんてどうでもいいけど。
社会的に成功してる相手の弁護士という地位にこだわってるようにも思える。

833 :神も仏も名無しさん:2013/09/06(金) 08:32:03.11 ID:sWjbkSLB
>>832
>社会的に成功してる相手の弁護士という地位にこだわってるようにも思える。

それは、あなた自身が社会的な成功にこだわっているから、そう見えるだけでは?
あと、滝本さんも、そういった価値観を押しつけるよね。
こだわっている人達には、そういったことに興味を持たない人達のことが
まったく理解できないんだろうね。

834 :神も仏も名無しさん:2013/09/06(金) 09:27:10.28 ID:vTrDMBVn
地位や世の中のことに対してこだわりのなさを自慢気に話すなら
自分が気にくわないことを言う相手に異常なレベルでこだわるのを止めたら?

2ちゃんでいったい何やってるの?
滝本さんにはアレフを破壊する力はないでしょ。
何も貴方が心配する程の力はないよ彼は。自分のレスを読んでみ?
みんなどん引き。

自分ではわからないんだろうなあ。
他人に拘る前に自分の人生の心配したらいいのに。

835 :神も仏も名無しさん:2013/09/06(金) 09:33:51.06 ID:vTrDMBVn
というか他人の中傷って読んでて気分悪いから。
そういうのは日記帳に書いてほしい。

有意義なことを書こうとする人がレスしてほしいよね。
●が流出してから恩田叩きのIくんいなくなったな。

836 :神も仏も名無しさん:2013/09/06(金) 11:18:39.79 ID:sWjbkSLB
>>834
いちおう言っておくと
私はID:AMb1MOngともID:x8fN3nPmとも別の人間だから。

837 :神も仏も名無しさん:2013/09/06(金) 11:58:53.76 ID:vTrDMBVn
それは失礼しました。

838 :神も仏も名無しさん:2013/09/06(金) 15:53:25.16 ID:KjQgY2j0
>832

上祐もだけど、ここの粘着荒らしは社会的地位が高いとされる職業の人 に敵意を持ってるね
別に弁護士も医者も、普通の人だし、自分をエリートなんて思ってないだろうに ねたんでるんだよ
でもそういう職業に就く為の努力もできないし能力もない。 コミュ障だから仮になれたとしてもすぐ脱落するわけだし
だからこういうスレに粘着して、何人かに絡んで歪んだ優越感を持とうとしてるんでしょ

839 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/09/06(金) 20:00:17.25 ID:zkWGuNhz
>838
基本的に宗教板にいる信者は、
殆どが社会的権威に対して崇拝か嫌悪しかしないよ。
だから、俺みたいな社会的底辺に何を指摘されようが大した反応はしない。(笑)

(^。^)彼等にとって「宗教」とは信仰ではなく、自己正当化の道具だからね。(笑)

840 :神も仏も名無しさん:2013/09/06(金) 20:27:50.78 ID:9QXz4RCp
>>835
>というか他人の中傷って読んでて気分悪いから。
>そういうのは日記帳に書いてほしい。

もし本当にそう思うならば、いつもネチネチと粘着した挙げ句に窮すると相手の人格攻撃という中傷罵倒しかして来なかった滝本太郎先生とそのシンパにそれを言うべきでは?

>>838
滝本シンパさん、毎度恒例の中傷罵倒による人格攻撃、ご苦労様です。
職業差別とか、如何にも似非左翼が好む下衆な発想ですね。
滝本先生とそのシンパは、毎回毎回懲りもせずにそういう敵意むき出しな態度や的外れな主張をするから指摘を受けているだけだと、自覚すべし。

841 :神も仏も名無しさん:2013/09/06(金) 20:29:43.94 ID:9QXz4RCp
>>839
社会的権威にとらわれている内は、仏教徒とは言えませんけどね。
やはりシッタカ君は仏教というものをまるで理解出来ていないようですね。

842 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/09/06(金) 20:58:59.76 ID:zkWGuNhz
>841
おやおや、(笑)
キミは小学生の国語からやり直した方が良さそうだね。(笑)

(^。^)つーか、社会性は幼稚園児からだが。(笑)

843 :神も仏も名無しさん:2013/09/06(金) 21:33:38.60 ID:KjQgY2j0
>>839

その通りだと思います 上祐も840−841も生きてる限り社会を恨んで反抗し続けるんでしょうね
そういう生活をずっと続けられるかはともかくとして

社会不適応者が、社会に寄生しながら、その社会に文句を言って生きて中年から老年へ。ただただ見苦しい

844 :神も仏も名無しさん:2013/09/06(金) 22:03:06.71 ID:1fNm98bX
>>842
なんだぁ人生悲観論者生きているのか。
切ない脳お前。
もう顔みせな。

845 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/09/06(金) 22:34:13.48 ID:zkWGuNhz
>843
そうですね。

まるで反日の韓国人みたいに、自分達の言動がどれだけ理不尽で非道か、全く理解出来ないんでしょう。

私は一応、仏教徒なので、個人的には「オウム信者」という罪業により、
彼等全員が地獄に堕ちて永劫の苦しみを受けるだろうと確信しておりますが、

やはりあの時、破防法の適応なり、然るべき何らかの法的制裁が下されるべきであったと今でも思います。

846 :神も仏も名無しさん:2013/09/06(金) 23:56:56.58 ID:sWjbkSLB
>>845
>私は一応、仏教徒なので、

これまでこの人の書き込みを見て、ここまで邪悪心のかたまりのような人も
珍しいと思ってたけど、それでも自分は仏教徒と言い切れるんだね。
こういう人にとっての仏教って、いったい何なんだろうか。素朴な疑問です。

847 :神も仏も名無しさん:2013/09/07(土) 00:42:12.57 ID:OHUjCQIr
>>846
>こういう人にとっての仏教って、いったい何なんだろうか。素朴な疑問です。

件のHN氏は如来や阿羅漢を仏教徒ではなく崇拝対象であると主張してますから、彼の言う仏教とは「お釈迦様が説いた仏陀に至るための教え」という本来の意味での仏教ではなく「仏教の名を騙った世俗宗教」である事は間違い有りません。
また>>845のように社会的権威を笠に着ている所から見ても、HN氏にとって「仏教」とは信仰ではなく、自己正当化の道具(>>838参照)だと思われます。
だから彼は仏教の極々断片的な知識を語りながらその権威を利用している訳です。

848 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/09/07(土) 01:09:45.39 ID:fUORz7Pq
>>847さんは、「礼拝」と「崇拝」が同じ意味合いなんですねwwww(笑)

それで「仏教徒」のつもりなの?wwww(笑)

やっぱ国語からやり直したら?wwwwww(笑)

(^。^)あんまり深夜に笑わせんなよ。(笑)

849 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/09/07(土) 01:25:47.02 ID:fUORz7Pq
ちなみに♪

マトモな仏教徒は「崇拝」なんて言いません。(笑)

漢訳経典で「崇拝○○」なんてありえませんからwwww(笑)

(^。^)あ、キミたち、経典読んで無いから知らないんだよねwwwwゴメンねwwww(笑)

850 :神も仏も名無しさん:2013/09/07(土) 02:52:52.23 ID:mp4lg33a
>>840
滝本太郎先生とそのシンパにそれを言うべきでは?

論点をずらさないで下さい。わたしはあなたに言っているのです。
対象をあなたに設定してるんであって滝本さんは関係がありません。
論点ずらしは見苦しいですし矛先を変えることは出来ません。
そういう卑怯さが鼻に付くわけなんです。

滝本さんは一般人だからどうでもいい眼中にない。
あなたはオウムまたは元オウム。
何が言いたいかわかりますか?

851 :神も仏も名無しさん:2013/09/07(土) 03:01:51.26 ID:mp4lg33a
多分わからないだろうなぁ。
まあ これで横からちゃちゃ入れるのは止めます。
皆さんあまり嫌悪と自己正当、どうであれ心動かしまくって他人をけなしてオウムの教えとは正反対の波動で満たさないで下さいね。

仏教徒の定義は広いです。酔狂さんも仏教徒。
GLA信者も仏教徒。
超邪教隠れ念仏信者も仏教徒。
何でもありでいいではないですか。

852 :神も仏も名無しさん:2013/09/07(土) 03:13:48.59 ID:mp4lg33a
ヴァジ〇・クローダさんの墓参りに行きたい。
夢、アストラル?に出てきた。苦しんでおられた。

853 :神も仏も名無しさん:2013/09/07(土) 05:03:53.04 ID:ttfGgkhe
「良いグルには良い弟子が、悪いグルには悪い弟子が集う」
この言葉はまさに真理ですね
精神病のグルを精神病の弟子が信奉してる、ただそれだけ

法を盗んで売るのもOKな連呼君と、ゴミ体験を肯定してやまない体験君のレス自体が、結局
麻原の精神異常を証明してると言いたいところだが、しょせん連呼のI君は破門者、悪口オンリー
の体験君も教団出入りを繰り返し(自称)てた半端者なんだよね、落ちこぼれ連中の中でも筆頭
なんじゃないの?

そんな彼らが、社会コンプや自己顕示欲の問題をここで解決しようと異常行動に及んでいるのは
まぁある意味理に適ってるんだろう

あんまりさ、麻原の支配欲とか独占欲、デカイことをやるといった部分に共感しない方がいいよ
そういうさ、外側じゃなくて内面改革の方向でデカイことやっていこうと考えたらいいと思うんだがな

854 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/09/07(土) 05:32:40.83 ID:fUORz7Pq
>851
仏教徒の定義する所の広範さは有名ですが、
松本死刑囚や小川某などという詐欺師の与太を信じる連中は、
明らかに仏教徒ではありませんよ。(笑)

(^。^)山川草木悉有仏性と雖も、自ら進んで地獄に堕する間抜けには。(笑)

855 :神も仏も名無しさん:2013/09/07(土) 06:43:06.17 ID:uRW+2L1I
もうこのスレのタイトル辞めたらどうよ
教祖が命惜しくて糞尿たれているんだぜ

856 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/09/07(土) 16:32:12.89 ID:fUORz7Pq
俺は今のままで良いと思うぞ?

だって完璧なカルトだと教えて欲しいんだろ?(笑)

857 :神も仏も名無しさん:2013/09/07(土) 19:40:02.59 ID:mp4lg33a
ジャズは地獄に導く音楽とオウムでは言われてるが確かにそうかもしれない。
ジャズフェス見てそう思った。

858 :神も仏も名無しさん:2013/09/07(土) 20:51:15.14 ID:6h8x35YD
>>840はブログで被害妄想や中傷書いてなよ たまに行くからさ

859 :神も仏も名無しさん:2013/09/07(土) 22:06:53.72 ID:t57qTaPD
連呼のI君=体験君じゃないの?
書いている時間が違っていたから、PCからと携帯からと別々に書いているのだと思っていたが。

860 :神も仏も名無しさん:2013/09/07(土) 22:10:48.75 ID:tr2bLLlJ
麻原が表紙を飾ったNewsweek誌(1995年4月3日号、"Cult of Terror?" )
http://www.ricardo.gr/buy/vivlia-comics/comics-periodika/periodika/cult-of-terror-newsweek-1995-april-3/v/an633931390/
麻原が表紙を飾ったTIME誌(1995年4月3日号、"Cult of Doom" )
http://content.time.com/time/covers/0,16641,19950403,00.html

861 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 00:56:51.17 ID:mpkcV2rZ
>>850-851
要するに、あなたも滝本先生やそのシンパ達と同じく個人攻撃がしたいだけなの?
一般社会でもネット上でもどんな場所でも、、その場にいる限りは皆一定のルールの下に平等に扱われます。
あなたや滝本先生のように最低限のルールも守らない人は厳しく指摘されて当然です。

>仏教徒の定義は広いです。

間口が広いことは結構ですが、間違った教えを信奉している限りは、道を外れていくばかりで永遠に仏陀に至る道を歩めません。
仏教ではそういう人達は「外道」と呼ばれています。
あなたもシッタカ君と同じく「仏陀の説いた真理」をまるで理解出来ていないようですね。

>何でもありでいいではないですか。

あなたはそういう曖昧な謬見解によって自己満足できて良いかも知れませんが、現実問題として間違った道を歩んでいる方達は苦しみを増大させるばかりで永遠に救われません。
何が真理なのか・何が真理でないのかも知らぬ者が「あれも仏教、これも仏教」と妄想の世界に浸る事で現実問題から目を背けることは、愚かと言えます。

862 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 01:05:53.64 ID:mpkcV2rZ
>>848-849
詭弁ガイドラインの「知能障害を起こす」の例、そのままですなw

>>853
なるほど、法則を理解出来ず相手の人格攻撃しか出来ない人は、そういう人達同士で寄り添うのですね。
だから滝本先生のような人にも擁護者が現れると。
納得です。

863 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/09/08(日) 01:17:39.93 ID:OFxxR8Hv
>現実問題として間違った道を歩んでいる方達は苦しみを増大させるばかりで永遠に救われません。


(^。^)鬼才現るwwwwwwwwww(笑)

864 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 01:33:33.31 ID:J11MmajI
>>862

あなたも真の覚醒者に出会えたら良いですね
法則が何か理解できたら、ものすごく心は安定しますよ

あなたの言葉は自己保全ばかりだよ
麻原の現実逃避と同じ

だからこそ、グルは選ばなきゃダメなんだ

865 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 05:19:36.24 ID:mnBzHGlV
もうこのスレのタイトル辞めたらどうよ
教祖が命惜しくて糞尿たれているんだぜ

866 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 08:16:54.01 ID:xPrDF1CI
>>861

仏教徒=覚醒者 真理の体現者 解脱者 ではありません。
日本語の仏教徒というカテゴリーにはありとあらゆるものを含むと言いたいのです。
言葉の意味を読んで下さいね。
こっちは仏教徒でお前らは邪道だから仏教徒じゃないっっ
とかいがみ合うのは馬鹿らしいとはたから見ていて思ったので
言葉にとらわれるのは無意味では?
と考えての投稿でした。


<何が真理なのか・何が真理でないのかも知らぬ者が「あれも仏教、これも仏教」と妄想の世界に浸る事で現実問題から目を背けることは、愚かと言えます。

説法の子供班の人の質疑応答で教祖が
「解脱もしてないのにそういうことを言うんじゃないよ」と諫めたことがあります。
何が真理で何が真理じゃないか
これがわかってる人はオウム、元オウムに何人いるか。
正悟師でも難しいでしょうね。
単なる字づらではなくその言葉の背景を読み取りたいものです。

867 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 08:34:10.40 ID:xPrDF1CI
ネットには一線を引いた方がいいですよ。
入りこんでのめりこんでるとバーチャルが主になって
打開していかなくてはいけない目の前の現実が疎かになります。

酔狂さんは一線引きながら煽ってるけど心は動いてませんねそんなに。
ただ煽りもほどほどにしといた方がいいですよ。
あなたの現実に念やら何やらで歪みが出るといけないので。

第一わたしも含め プラスの気流に乗ってたらここには来ません。
2ちゃんオウムスレは肥溜めです。

868 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 09:15:03.70 ID:lv8Y1KPN
>>861
>最低限のルールも守らない人は厳しく指摘されて当然です。

だからあなた自身が厳しく指摘されていることに気づいたらどう?

> 間違った教えを信奉している限りは、道を外れていくばかりで永遠に仏陀に至る道を歩めません。

これ、あなたのことね。

>「仏陀の説いた真理」をまるで理解出来ていないようですね。

あなたが理解しているなんて認める人は、どこにもいないんじゃないですか?
自分が理解していないのに、他人に悪口を言うのはやめようね。


> 現実問題として間違った道を歩んでいる方達は苦しみを増大させるばかりで永遠に救われません。

これも、まさにあなたのことじゃないですか。
あなたの心の苦しみは、あなたの書き込みに十分に現れ出てきていますよ。

869 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 11:48:22.81 ID:6hhzVJ7m
瞑想って、脳科学から研究されて普通にやっていれば大脳皮質が厚くなり自分の衝動や欲望に耐える力が増す、という効果があるそうだね。
でもオウム系は所業からして逆になってる。
やっぱ薬物使って金儲けのための「体験」をさせるための偽瞑想だからだな。
この点でも、最低じゃねーか。

870 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 13:53:22.21 ID:FRRGXEtj
恩田無境君
瞑想の効果が現れなかったのは
自分の破戒が原因だと認めなさい
人のせいにばかりしてみっともないですよ

871 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 15:44:28.91 ID:Kx03vsVR
オウム式瞑想の効果=上の言いなりに、法も道義も破る犯罪さえやらかす

だから効果が出ないほうが良いってことだなw

872 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 15:48:49.39 ID:Kx03vsVR
と、いうかオウムが摘発された際に発見された薬物(大抵違法)使えば、脳味噌に異常がなければ誰でも幻覚見えちゃうw
つまりカネ次第
これじゃ麻原ら幹部からして破戒しまくり(在家の五戒すら守ってなかった)なのも当然だわ
つぶれてよかったけど、今だ残党がうごめているから始末に悪い

873 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/09/08(日) 16:40:26.22 ID:OFxxR8Hv
>>866-867
これ、本人は正常な思考のつもりなんだろうな。

(^。^)ホント、お目出度い連中だわ。(笑)

874 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 19:09:00.11 ID:mpkcV2rZ
>>868
毎回毎回、感情的な人格攻撃ばかり。
やはり「最低限のルールも守れない人」はあなたや滝本太郎先生達のようですね。

875 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 19:12:30.17 ID:mpkcV2rZ
>>864
>法則が何か理解できたら、ものすごく心は安定しますよ
>(略)
>だからこそ、グルは選ばなきゃダメなんだ

この書き込みからすると>>864氏は法則が何かを理解出来ている方のようですが、ちなみに今のグルはどなたでしょうか?

876 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 19:24:18.52 ID:mpkcV2rZ
>>866
>仏教徒=覚醒者 真理の体現者 解脱者 ではありません。

そんな事は言っておりませんが?
「仏教徒=仏陀に至るための教えを学び実践している人」とは言いましたが。
日本語の意味を読んで理解して下さいね。

>日本語の仏教徒というカテゴリーにはありとあらゆるものを含むと言いたいのです。

そりゃ魔境君なみの魔境見解ですね。
日本語の「仏教徒」の意味を(自分に都合良いように)際限なく拡大解釈しているだけです。
でも日本語の「仏教徒」の定義とは異なりますね。

>言葉の意味を読んで下さいね。

あなたのその間違った魔境見解を受け入れねばならない理由は御座いませんが?

>こっちは仏教徒でお前らは邪道だから仏教徒じゃないっっ
>とかいがみ合うのは馬鹿らしいとはたから見ていて思ったので

私は、滝本先生のように相手が間違った思想を持つ事自体は否定していませんよ。
それは魔境君やシッタカ君のように間違った教えを信奉して得意気に吹聴するのも、その人達のカルマだからです。
ただ「それは真理ではない」、「仏陀の教えではない」、それ故に「無智を増大させ将来の苦しみを増やすだけの教えである」、と述べているだけです。

>言葉にとらわれるのは無意味では? と考えての投稿でした。

言葉ではなくその人の言行と瞑想ステージを見計らった上で述べてます。

877 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 19:28:00.22 ID:NN4kO960
麻原はもとよりオウム系列団体は幹部の誰一人として初禅にも達してないんじゃないかな
世間的にはもう最悪のところだけど、宗教的にもアレだろ
仏教が「自分も他人も不幸にするからやっちゃいけない」と注意してきたことばっかやってる

878 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 19:33:07.91 ID:mpkcV2rZ
>>866
>何が真理で何が真理じゃないか
>これがわかってる人はオウム、元オウムに何人いるか。
>正悟師でも難しいでしょうね

これには完全に同意します。
自分自身の修行を進めつつ救済活動やら何やらと現世と交わりながら純粋観照智を維持するのは、本当に大変なことです。
結果、正悟師レベルでも色眼鏡で物を見る人が多いという現実があります。(N田氏やN宮氏がその典型かと)
グルに近い高弟方はそうでもないんですけどね。

879 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 19:40:48.67 ID:mpkcV2rZ
>>869
>やっぱ薬物使って金儲けのための「体験」をさせるための偽瞑想だからだな。

オウムに「薬物を使った瞑想」は有りましたっけ?
薬物イニシエーションは瞑想法じゃないですし。

アンチの人って、こういう風に現実も正しく認識出来ず、捏造歪曲されたいい加減なウソを根拠に中傷罵倒を繰り広げている人が多いですね。
そのくせ「自分は正しい、間違っていない!」と思い込んでいる所が痛々しいというか、カルト脳というか。
それだけ強い無智に覆われているんでしょうけど、道を外れた人の末路が如実に表れて来ている所は興味深いです。

880 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 19:44:31.40 ID:ysUWrAAO
テスト

881 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 19:50:30.87 ID:ysUWrAAO
>>878
新垣や恩田が滅茶苦茶な批判しても
正悟師、正大師が全く反論できなかったからな

野田もベッチーの非仏教を見破れず、空がどうこう言い出してたし
上祐も最近までアンチの嘘が見破れずいい加減な批判を繰り返してたし
現役の二ノ宮も反論できず逃げたまんまだしな

広末と上祐が仏教史を調べなおして
ようやくまともになってきたのがここ最近だもんな

882 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 19:52:53.62 ID:ysUWrAAO
嘘の批判に対して「本当にそうなのか?」と探求できなかったということは
求道心が弱いって事なんだろうな

883 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 19:54:11.23 ID:mpkcV2rZ
>>871
>オウム式瞑想の効果=上の言いなりに、

私自身はオウムの全ての秘儀瞑想を与えられた訳では御座いませんので断言は出来ませんが、「オウム式瞑想」に「上の言いなり」なんて要素は無かったと思いますが。
立位礼拝などの詞章に「グルとシヴァ大神の全ての真理勝者方に帰依します」という言葉は有りますが、「帰依」とは無智を背景にした「言いなり」とは全く別物ですし。

>法も道義も破る犯罪さえやらかす

これは滝本太郎先生のことですね。

884 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 20:06:38.21 ID:ysUWrAAO
管も伴も全く批判に対して全く役立たず
娘や妻の女どもは信を失わせることこそすれ
益になることは何一つしない大馬鹿者共だしな

885 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 20:26:42.62 ID:ysUWrAAO
わっかの修正がある程度為されたので
論争も終結かと思ってたんだが
どうやら精神世界は次のフェーズに入ったようだ

論争等を見ていると
生死を超えた輪廻があるのかどうか
現実世界を超越した魂があるのかどうかといった
根本的な問題に答えを出さなければならない状況に来ている

これは各人の瞑想の研鑽が問われる
根本的な問題だ

886 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 20:35:44.76 ID:xPrDF1CI
>>883
mpkcV2r

質問させて下さい。
あなたは信徒さんですか?
出家経験はありますか?
グルと現象界でのやり取りは豊富ではないですね?

なんだかんだ言っても大阪の荒らしみたいなIくんやあら●きくんはグルと親密だったし縁も無茶苦茶強かった。

あなたは過去あまり現象界でグルと近いような感じはしないんですが。。。

887 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 20:35:51.15 ID:ysUWrAAO
この精神世界が抱えている根本問題に対してリードできないなら
オウム系の存在意義などないし
正悟師だ正大師だ、成就者だなどというタイトルなどクソ食らえという
状況だと思うね

どれほどの人がこれに挑戦するか
楽しみにしている



と、偉そうに言ってみるテスト

888 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 20:42:54.37 ID:xPrDF1CI
グルと縁の強い人、アストラルではなく現象界でね。
たとえ口汚く他人を罵りまくってても
深いとこで無知ではないような。
本質はわかっているような印象です。

逮捕後に入信とかの人に限って・・・。

889 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 20:47:08.03 ID:xPrDF1CI
以前ここでバトルしてた元スレ主は凄いと思った。
冷静だし冷たいようでいて慈愛のかけらを書き込みから感じた。

890 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 21:20:08.83 ID:lv8Y1KPN
>>874
>毎回毎回、感情的な人格攻撃ばかり。

自分が批判されればすぐに人格攻撃を受けているとみなす。
それを被害妄想というんですよ。

>やはり「最低限のルールも守れない人」はあなたや滝本太郎先生達のようですね。

で、あなた自身は自分が考えている最低限のルールを守っているつもりなの?

指摘が図星だからといって、相手の指摘をオウム返しに返すのではなく、
指摘が違うのであればまともに反論してみたら。

891 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 21:27:27.28 ID:lv8Y1KPN
>>874
以下の言葉って、あなたの言う「人格攻撃」に当たらないのか聞いてみたい。


>>876
> 魔境君やシッタカ君

>>879
> アンチの人って、こういう風に現実も正しく認識出来ず、捏造歪曲されたいい加減なウソを根拠に中傷罵倒を繰り広げている人が多いですね。
> そのくせ「自分は正しい、間違っていない!」と思い込んでいる所が痛々しいというか、カルト脳というか。
> それだけ強い無智に覆われているんでしょうけど、道を外れた人の末路が如実に表れて来ている所は興味深いです。

892 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 21:34:13.95 ID:xPrDF1CI
どうもこの滝本憎しの人は酔狂さんが言うように
読解力が関係していて
日本語のニュアンスを汲めないような気がします。
論点焦点
受け答え見て違うんだよな〜と
思うんだけどもう面倒くさいからいいや。
ディベートのはぐらかす手法を確信犯でやってるとしたら凄い。

893 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 21:40:40.01 ID:lv8Y1KPN
>>892

その「滝本憎しの人」が元スレ主でしょ。
書き連ねるごとに、本人の本性がより顕現化しているというか。

894 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 21:46:28.11 ID:IPNYm+aa
>>889 >>892
最近の数スレを読んでいない人なのかな?
ちゃんと読めば、今のあなたの疑問は少しは解けるのでは?と思うんだけど。

と書こうと思ったら答えを書いている人がいたね。
本性が顕現化しているという意味で言ったら、滝本氏への悪口も
元スレ主さんなりの慈愛や哀れみの表れなんだろうなと、私には映ってるんですが。

895 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 21:46:34.78 ID:xPrDF1CI
元スレ主は男性だと自己申告してたがこの人は女性?的な感じがします。

滝本憎しの人は三人くらいいますよね。

896 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 21:57:07.90 ID:lv8Y1KPN
女性的な感じがする、というのは私も同意です。
ただそれは、元スレ主のころから感じていました。

思考パターンが、短絡的というか、直感的にパッと返答を返してくるのだけど、
深い論理的思考ができない。強引な決めつけロジックを多用するなどの傾向が見られる。
口喧嘩の強い女性によくありがちなところ。

答えに窮すると、オウム返しに相手の言ったことをそのまま使って反論してくるなど。

897 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 21:58:00.38 ID:xPrDF1CI
スレは数ヵ月見てなかったです。
この口汚い病的な粘着人がスレ主さんなの?

まるでキャンディーやネトウヨ思考じゃないですか。
ヴァーラナがどうのって壊れたテープレコーダーみたいに繰り返して。
スレ主さん当初は少し突き放したような文章でしたが。

898 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 22:10:37.94 ID:lv8Y1KPN
文章って面白いもので、個人の人格が現れ出てくるですよね。
口だと、声の調子とかで本人の感情が反映されていたりするけど、
文だと単なる文字だけだから、そういう要素がないように見えるんだけど、
ちゃんと文体に現れてくる。

だから、滝本さんの書き込みなんて、名乗らなくてもほとんど見当つくし、
元スレ主についても同じ。特にこの二人は個性がはっきりしているので、
不思議とわかりやすい。
ある程度の分量を書き込めば、100%とはいかなくても、大体わかるね。

899 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 22:23:55.18 ID:IPNYm+aa
おそらくは、元スレ主さんは、とても若い人なんだろうなと思ってます。
だから、ちょっと未熟な書き方になるときもあるのかなと。
もっとも、年を重ねた人だからといって、大人の文章でない人も多いですが。
ただ、元スレ主さんは、一人になってもなんとかしようという純粋さも
私には伝わってきますけどね。

900 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 23:12:29.77 ID:xPrDF1CI
前にスレ主は若い人だろうって書いた人がいて本人が否定するようなこと言ってました。

901 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 23:28:49.68 ID:xPrDF1CI
本人曰く何度も教団を出入りしてたなら40代はいってるよ。

名簿扱うワークやったけど何度も出入りしている人で今20代または30代前半の人はいないよ。

だから若い人なんじゃないかなってのは希望的観測。

902 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 23:41:07.26 ID:lv8Y1KPN
恩田連呼君も元スレ主もどちらもI君だと見ているけどね。

恩田連呼については、その動機からI君以外に考えづらい。
恩田に個人的に恨みを持つ人間が他にいるのだろうか?

スレ主については、
・素行が悪く何度も出入りしていた
・ホーリーネームをもらっていない
・選挙前の事情についても熟知している
・正悟師・正大師に接点がある
・体験が豊富(魔境っぽい)
・サンディタではないと宣誓している
・I君の個人情報が書き込まれたとき、載せるべきではないと書き込んだ
・I君であるとの指摘への反論がない
・頭は少し働くが理数系が弱い思考パターン
・学歴コンプレックス
とすると、I君しか該当者が考えられない。

滝本氏に述べた、事件当時未成年だったというのが合わないが、
これはタントラナンダーやタントラアバヤーの年齢に該当するが、
同年齢で頻繁に出入りしていた人は思い当たらない。
事件当時ではなく、出家当時であれば未成年で正しい。

連呼君と元スレ主は同時間に書き込んでいないので、PCと携帯で
人格を使い分けていた。連呼君の書き込みは、外出先から携帯なので、
文章は短い。

と推測しているが、反論があればどうぞ。

903 :神も仏も名無しさん:2013/09/08(日) 23:45:36.19 ID:NMiToqWy
> 恩田に個人的に恨みを持つ人間が他にいるのだろうか?

やり捨てにしたおばさん達じゃねぇか?

904 :神も仏も名無しさん:2013/09/09(月) 00:03:01.37 ID:81VHg3WV
い●やくんの書き込みはもっと口汚い!
い●やくんは感情的だけど女性的ではない。

何度も出入りしていて
ホーリーネームがない人は思い当たる節がありますがい●やくんではない。
タントラアバヤ同年代って今30前半だから若くはないよね。

905 :神も仏も名無しさん:2013/09/09(月) 00:44:33.86 ID:g/jp6FN8
>>903
いやー、それなら刺されてもおかしくないねぇ
一体何人に恨まれてるんだ?恩田無境
ひょっとしたら水子もいるのか?
一生恨まれるな

906 :神も仏も名無しさん:2013/09/09(月) 00:53:11.62 ID:g/jp6FN8
やり捨てにしたオバサンたちはもう50近いだろ
結婚もできない年になって
責任を取らずやり捨てにした恩田無境への恨みが
どうしようもなくなってるのかもな
あー怖い怖い

907 :神も仏も名無しさん:2013/09/09(月) 01:00:55.32 ID:Oeu1MKWr
中国のことで言い合いしてたのが、その二人じゃなかった?

思い違いですか?

908 :神も仏も名無しさん:2013/09/09(月) 01:04:59.30 ID:Oeu1MKWr
>> g/jp6FN8

あ本人いるじゃん
あんた元スレ主に、「チベット仏教の為なら命捨てられる」とか言わせてなかった?

909 :神も仏も名無しさん:2013/09/09(月) 01:11:19.62 ID:g/jp6FN8
わてくしをせが〜ると間違うとはwww

910 :神も仏も名無しさん:2013/09/09(月) 01:44:35.14 ID:Oeu1MKWr
恩田なんてわざわざ書くヤツがいみ●くん以外に居たとは
ブタやサル同様、いみ●専用タグにしてたわ

911 :神も仏も名無しさん:2013/09/09(月) 01:47:44.50 ID:g/jp6FN8
>>910
自分が布教をしていて
教祖として責任があることを自覚しろよw

もう私人として隠れられる立場じゃないんだぞww

912 :神も仏も名無しさん:2013/09/09(月) 01:55:47.11 ID:g/jp6FN8
恩寵の光代表とか名乗ってんだから
名前で呼ばれるの当たり前だろw

913 :神も仏も名無しさん:2013/09/09(月) 03:02:58.35 ID:Oeu1MKWr
やっぱり’投射’患者じゃん

本人にメールして苦情を訴えるなりすればいいだろうに
それとも敵のフリをしてHPの宣伝が狙いか?

テロ組織・麻原オウムの元信者の一人が、MMSのような商売やってるみたいだが
下火になったジャンルじゃないの?これ系のヒーラー極めるの何百万も掛かるんだろ
教祖夫婦で組織分裂、脱会者多数だと該当スレで昔見たぞ

あんたも昔似たような商売やってたよな、いみ●師範代

914 :神も仏も名無しさん:2013/09/09(月) 04:08:43.89 ID:drGsjJgy
>>885
>論争等を見ていると
>生死を超えた輪廻があるのかどうか
>現実世界を超越した魂があるのかどうかといった
>根本的な問題に答えを出さなければならない状況に来ている

それらは修行の初期段階で体験することかと。
在家ならともかく、現実世界を簡単に超越できる環境にある出家なら尚更。
ていうか、ステージ低くても宿命通や死生智の体験をしている人は多くなかったっけ?

915 :神も仏も名無しさん:2013/09/09(月) 04:11:17.45 ID:g/jp6FN8
> ステージ低くても宿命通や死生智の体験をしている人は多くなかったっけ?
その二つを得るのはアストラル体験では無理ですね
サマディーに入らなければならないと思うのですが
そんな人が多くいましたか?

916 :神も仏も名無しさん:2013/09/09(月) 04:28:14.20 ID:drGsjJgy
>>890
教団や修行や教義の話から外れて感情的な人格攻撃しか出来ないのであれば、このスレには相応しくないという事です。
私はそういう人達の姿勢を批判してはいますけどね。

>>891
魔境の人に魔境であると、シッタカこいている人にシッタカだと指摘して自覚させることは、人格攻撃だとは言いませんよ。
言葉面だけで判断せず、誰がどういう心を背景にして何を言っているのかをよく観察し、それぞれどういういう意味が有るのか・このままだとどうなるのかを法則に則り考えて粛々と対応すべきです。
シッタカ君は普通の凡夫の価値感に染まった無智ですからまだ凡夫として生きている限りは無害ですが、修行体験からの逃避を目的とする魔境君の魔境見解は一般社会でも失笑されるレベルのかなりやばい代物であり、本人の人生にとって何の利益にもなりませんからね。

917 :神も仏も名無しさん:2013/09/09(月) 04:45:06.69 ID:drGsjJgy
>>900
逆じゃなかったっけ?

>>915
宿命通の体験ならサマナだけでなく出家してない信徒さんからもよく聞きましたし、教団の出版物でも色々と紹介されてましたけど?

918 :神も仏も名無しさん:2013/09/09(月) 04:45:49.52 ID:g/jp6FN8
バルドーのヨーガ
三昧、如実知見の段階でしょ?

勿論、偶発的に前生夢の様な物を見る経験は
私もしましたが、そのレベルで確信とはいえないでしょう
サマディーに入っていない時のビジョンなど
所詮夢です

919 :神も仏も名無しさん:2013/09/09(月) 05:18:55.09 ID:g/jp6FN8
それは宿明通ではなく前生夢、夢でしょ
正確には

夢じゃしょうがない
いつでも手足の様に使える神通じゃなきゃ本物じゃない
真実だと言える確実性のある話にならない

920 :神も仏も名無しさん:2013/09/09(月) 06:38:16.62 ID:tn3gMHcJ
麻原がそろそろ八王子医療に移るね

921 :神も仏も名無しさん:2013/09/09(月) 07:13:38.70 ID:81VHg3WV
有償で奇異なことを期待させて背中にナントカ・パワーの注入にナンボ、・・・・すべて間違った動物的な根性が成せる行為です。さらには個人の有料先生には、異性問題の乱交が付き(憑き)ものです。

922 :神も仏も名無しさん:2013/09/09(月) 08:11:47.60 ID:15ZeSGiP
これだけオウムの犯罪が明白になってる今でも、麻原を崇め事件はでっちあげ、といってる残党がいるらしいな
とにかくまともじゃないわ

923 :神も仏も名無しさん:2013/09/09(月) 11:24:11.36 ID:/6ymJTNG
>>921
あれ?恩田無境君
何急に自分の活動を批判し始めてるの?

924 :神も仏も名無しさん:2013/09/09(月) 13:23:05.76 ID:+CIT+dxj
>>922

事件を社会のせいにして、自分をカリスマと呼び、カルトの代表やってる人も危険で狂ってるけど
まあとにかく、そういう人達がまたテロを起こさなければいいだけだけど、テロなんかやろうと思えば女1人でもできるしね
上祐と共依存している女幹部はもう人生もやり直せない年齢だし、立ち振舞い見ても正気とは思えない

925 :神も仏も名無しさん:2013/09/09(月) 13:50:03.74 ID:AyQiOqh5
オカルト雑誌レベルの陰謀論にガチで嵌ってたらしいからな、ここの幹部達
自分達が犯罪の主体になっても、だれそれの陰謀と逃げる頭の悪さは元からっぽい

926 :神も仏も名無しさん:2013/09/09(月) 16:51:42.33 ID:81VHg3WV
>>923
わたしは恩田さんではないですよ。
霊的なものをお金にする、恐ろしいですね。
どれだけ無知なんだろう。
とんでもない代償が後できます。
他人の磁気をつけると運気が悪くなるから
スピリチュアル系は行きません。

927 :神も仏も名無しさん:2013/09/09(月) 16:54:58.33 ID:/6ymJTNG
>>926
それは失礼しました

928 :神も仏も名無しさん:2013/09/09(月) 16:58:36.64 ID:81VHg3WV
伊●くんてたまにしか支部に来なかったけどキャラが立ってたなあ。
大阪ならではのキャラ。
ああいう人が一人いると盛り上がるよね。

八●さん
伊●くん
赤●さんと当時は大物がたくさんいた。

929 :神も仏も名無しさん:2013/09/09(月) 22:11:33.10 ID:Oeu1MKWr
>>926

同意です
本来、仕事というのは粗雑なものを微細なものに替えて宇宙に還元する行為という
イメージを持ってます
だからヒーラーとして収入を得る行為は、その逆を行ってるような気がします

あえて受けて良いと言えるようなヒーラーやガイドが居るとしても、例えば万人に
一人というような希少な確率になると思ってますが、もちろん解脱してない人から
受けるのは論外かつ有害でしょう

930 :神も仏も名無しさん:2013/09/09(月) 23:13:14.30 ID:81VHg3WV
スピリチュアルってさ
触りのいい曖昧な言葉ばっか言って
霊的なものを金勘定して金銭と引き換えに与える。
相談者の霊障は受ける。

大天使がなんだとか綺麗事を言う。
主婦のヒーラーのブログに
子供の稽古事の金をスピリチュアルで稼いで悪い?
と批判者に対し開き直ってました。
精神世界オタクは依存心強くて鴨だから
搾るだけ搾るヒーラーもいそうだね。

931 :神も仏も名無しさん:2013/09/10(火) 05:32:45.10 ID:J4u6uG//
>>918
前生夢は宿命通の初期段階ですよ。
だから「修行の初期段階で〜」と申したはずですが。
で、実際に輪廻転生を真の意味で実感できるようになるには解脱し悟りを得なければ無理です。

932 :神も仏も名無しさん:2013/09/10(火) 05:38:30.52 ID:J4u6uG//
昨日のID:lv8Y1KPN 氏は、結局私への個人攻撃がしたかっただけみたいですね。
自分に都合の悪いレスは華麗にスルーとか、毎回毎回反応の仕方が同じですな。

933 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/09/10(火) 05:42:15.74 ID:Xkxu82d5
輪廻転生(笑)

(^。^)カルトの妄想乙。(笑)

934 :神も仏も名無しさん:2013/09/10(火) 06:57:14.86 ID:000taCAm
酔狂さんおはよう
ずいぶん朝早いね。

935 :神も仏も名無しさん:2013/09/10(火) 10:22:02.05 ID:TUlAoRs9
これだけ教祖や幹部のやらかしが明白になっても、妄想から冷めないヘンなのがいるんだなぁ……。
また同じ犯罪を繰り返さなきゃいいんだが

936 :神も仏も名無しさん:2013/09/10(火) 15:58:33.12 ID:zziT8UJd
オウム方式だと、解脱どころか悪業積みまくりになるだけだろうなあ……
教祖や幹部からして欲望や衝動を抑えられず、日本史上未曾有のテロかましたほどなんだから

937 :神も仏も名無しさん:2013/09/10(火) 20:06:07.50 ID:000taCAm
先日夢にナンディヤ師が出てきた。
疲れた顔して目の下隈作って潤いが全くなく乾いた干物のようだった。

深いため息をついて椅子に腰掛けてた。
随分病んでるなあと思った。

938 :神も仏も名無しさん:2013/09/10(火) 22:08:19.76 ID:jmNVChSI
オイラ元在家信徒だけどオウムに布施して悪業積んだことものすごく後悔している
布施を強要した支部サマナは地獄に落ちるだろうよ

939 :神も仏も名無しさん:2013/09/10(火) 22:36:45.53 ID:z+eEZuba
間違ったら直せばええやんか。

940 :神も仏も名無しさん:2013/09/10(火) 23:29:43.27 ID:vbHw+A72
>>932

こういうことを書くから被害妄想全開なんだよな。
あんたと違って、このスレに粘着して随時見ているわけじゃないんだよ。
一体何が「自分に都合の悪いレス」なのかさっぱり分からない。
あなたこそ、自分に都合の悪い書き込みをスルーしているのでは?、I君よ。

>>916
感情的な人格攻撃は、あなたの方が他の人よりもずっとしているよ。

> 魔境の人に魔境であると、シッタカこいている人にシッタカだと指摘して自覚させることは、人格攻撃だとは言いませんよ。

これを基準にすると、様々な人のあなたへの指摘は、人格攻撃には当たらないことになります。

> 言葉面だけで判断せず、誰がどういう心を背景にして

あなたの相手の意図や心の背景に対する読みは相当ねじ曲がっています。
まずは、日本語を正確に理解することから始めなさいって。
892氏の「読解力が関係していて日本語のニュアンスを汲めない」との指摘は的確です。

> 法則に則り考えて

麻原の教えだけではなく、もう少し幅広く学びなさいって。
自分の考えに反するように見えたとしても、そういう考え方もあるんだと思えるようになれば、
あなたの偏狭な狂信も落ち着いて、楽になると思うよ。
どう見ても、このスレの住人の中であなたの苦しみが一番大きいと思う。

941 :神も仏も名無しさん:2013/09/11(水) 05:05:20.32 ID:FCJvi6SE
>>940
>あんたと違って、このスレに粘着して随時見ているわけじゃないんだよ。

だからなんですよね。
確かにレスのやりとりの一部分だけを抜き出して見れば、あなたの言うことは正しいのかも知れません。
でも全体の流れを鑑みるなら、全く間違っていると言わざるを得ません。
あなたはレスする前に、過去ログを漁って滝本先生達の狂態を把握すべきかと。

短いスパンでしか物を見られないのか、長いスパンで全体を見回して現象を正しく見られるのかは、まさしく修行のステージによります。

>これを基準にすると、様々な人のあなたへの指摘は、人格攻撃には当たらないことになります。

それをあなたが主張するには、私が魔境である、あるいは私がシッタカこいている事を証明せねばなりませんが、あなたは滝本先生達と同じく何一つ検証することなく手前の間違った思い込みと決め付けだけで相手を扱き下ろしているだけですよね。
だからあなたのその主張は無意味なんです。
最低限の為すべき事すら為さずに、ただオウム返しでレスしていれば良いというものでは御座いませんよ。

942 :神も仏も名無しさん:2013/09/11(水) 05:13:15.64 ID:FCJvi6SE
>>940
>あなたの相手の意図や心の背景に対する読みは相当ねじ曲がっています。
>まずは、日本語を正確に理解することから始めなさいって。
>892氏の「読解力が関係していて日本語のニュアンスを汲めない」との指摘は的確です。

実に抽象的ですね。
結局、いつもこの様に何ら具体的根拠も示さずに決め付けているだけではないですか。

>麻原の教えだけではなく、もう少し幅広く学びなさいって。
>自分の考えに反するように見えたとしても、そういう考え方もあるんだと思えるようになれば、
>あなたの偏狭な狂信も落ち着いて、楽になると思うよ。

私の考えが偏狭かどうかは、私自身の実際の修行体験・結果が示してます。
あなたも三昧に入って智慧を得、何が真理で何が真理でないかを自分で体得すべきです。
これは「麻原の教え」とか関係有りませんよ。どんな教えを信奉していようとも、この宇宙において真理に則った正しい修行を為すならばそれは出来るはずです。
その上で「麻原の教え」が真か偽かを御検証下さいませ。

でもこの様に思い込みで決め付けている段階では、まだ真理の流れに入ったとは言えませんね。
  ↓
>どう見ても、このスレの住人の中であなたの苦しみが一番大きいと思う。

943 :神も仏も名無しさん:2013/09/11(水) 05:14:32.76 ID:FCJvi6SE
>>933
シッタカ君は魔境君と同じく輪廻転生の存在を否定する立場なのですね。
シッタカ君が仏教徒では無い、あるいは偽仏教を信奉していらっしゃることがこれで分かりました。

944 :神も仏も名無しさん:2013/09/11(水) 07:51:23.42 ID:yZhyvP7p
>>940
連呼のI君ではないと思います。


>あなたはレスする前に、過去ログを漁って滝本先生達の狂態を把握すべきかと。

だから滝本さんに誘導する必要はないの。
彼の指摘はあなたに言ってるんでしょ?
ネトウヨみたいになんでめ朝鮮人がって
いつも全然関係ないのに出してきてる。
大体こちらは滝本さんを別になんとも思ってないのに憎悪の対象に誘導するのは
法則を理解してるとは思えません。

それからもうここでの論争止めた方がいいよ。
意地にならないでさ。
感情揺さぶるだけだから。
こんなとこにエネルギー使ってないで有意義に生きて下さいませ。
開祖は論争するなって言ってたよね?

945 :神も仏も名無しさん:2013/09/11(水) 15:18:37.40 ID:4LQBMGcM
思考が凝り固まってて会話になってないな
やっぱり、人との対話出来ない者を生み出す宗教なんだって思うわ

教祖の言葉に忠実であろうとすればする程、思想的にカルトになってるのに、本人達は論理武装してて
カルトじゃないって思ってるから性質が悪い

946 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/09/11(水) 16:36:52.21 ID:dCnJUMlv
アホなオウム信者の為に、
カルトが唱える「魂が生まれ変わる」という妄想が如何にバカげた与太話か説明してやろう。


先ず、「過去世から今世、今世から来世に生まれ変わり成長する自身の本質としての魂」
という妄想。
不変なのか成長するのかハッキリしろって話。(笑)
金剛不壊な確固としたものなら成長という変化は出来ない。
成長という柔軟性があるなら不変の本質とは言えない。

(^。^)小学生でも判る話ですね。(笑)

947 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/09/11(水) 16:45:04.47 ID:dCnJUMlv
次に
仮に「変わらないのに変わっちゃう摩訶不思議な訳の解らないモノ」が
オウム信者の本性だとして、(笑)
一体、どうやって肉体から肉体に移動するのか?
肉体の死をどう察知するのか?
肉体とどうやってリンクしているのか?
そもそも、魂が次々と乗り移っているならば、
人の肉体の、本来の主は居ないのか?
人とは、物理的存在としての肉体に寄生する寄生虫という話になる。(笑)

(^。^)まぁ、オウムの「出家者」(笑)は「在家」(笑)の寄生虫だが。(笑)

948 :神も仏も名無しさん:2013/09/11(水) 17:03:07.88 ID:fRKqLzrg
犯罪やっても無反省だったり(表向き反省してるフリしても信者だけの前じゃ被害者に酷い事いってたり)ほんとろくでもないけど
加えて宗教的にも酷いな
ここのHPみたら、伝統的仏教の瞑想でいえば初歩クリアした程度のことを解脱の証、とか言っちゃったり
あらゆる面でろくでもない。やっぱり馬鹿しか騙されないんだろうな
そして馬鹿の集団ゆえにろくでもないことしかやらなくなる、という悪循環

949 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/09/11(水) 17:12:21.06 ID:dCnJUMlv
最後に、
そもそも「輪廻転生する魂」とは何か?と言う事。
仏教では、一切を五蘊十二処十八界に分けるが、そこにはカルトが言う「魂」なんてバカなもんは無い。
もちろん、物理学的にもそんなファンタジー全開な設定は有り得ない。
結論として、この世に存在しない、人の生への執着から生まれた妄想だと言えよう。

ちなみに真っ当な仏教の「輪廻」は「輪廻転生」と違う。(笑)

(^。^)もちろん、シヴァ、即ち自在天を崇拝する邪教の輩には教えてやらない。(笑)

950 :神も仏も名無しさん:2013/09/11(水) 19:00:58.04 ID:FCJvi6SE
>>935
>これだけ教祖や幹部のやらかしが明白になっても、

三乗の教えすら理解出来ずに挫折した方は、一生このレベルで躓いて何も得ることなく今生を終えるのでしょうね。
まあ、それもカルマかと。

951 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/09/11(水) 19:05:21.87 ID:dCnJUMlv
オウムが「崇拝」(笑)する「シヴァ大神」とは、
もちろんヒンドゥー教から名前だけ盗用した妄想であり、何の意味もない言葉だけのものだが、
その元ネタのシヴァは仏教では自在天といい、
仏教に敵対する神とされ、
あの織田信長が自らを例えた「第六天の魔王」である。
つまり、オウムは仏教的には「悪魔崇拝する邪教の輩」となる。
また、帰依を意味するオンという梵字の下半分を寝かした奇妙なマークは、
仏教は元より、ジャイナ教やヒンドゥー教をもバカにしているとしか見えず、
アレだけ見ても仏教とは違う集団だと判る。(笑)

(^。^)要するに、オウムは全てがデタラメって事だ。(笑)

952 :神も仏も名無しさん:2013/09/11(水) 19:09:01.34 ID:FCJvi6SE
>>944
>だから滝本さんに誘導する必要はないの。

は??
私の為した滝本先生についての指摘が気に入らないと彼が難癖付けてきた所から話が始まっているのですけれども?
話の流れも理解出来ていない癖に、横レスしないで下さいね。

>それからもうここでの論争止めた方がいいよ。

ハナから「論争」などしていませんけど?
未だ論理的思索に達していない今のあなた方のレベルで、「論争」など夢のまた夢だとお考え下さい。
論証も挙証も無しに感情的に自分の意見を垂れ流すことは「論争」では御座いませんよ。

>>945
>教祖の言葉に忠実であろうとすればする程

どこから「教祖の言葉」が出て来たのやらw
あなたも滝本先生やID:yZhyvP7p氏 やID:vbHw+A72氏と同じく、日本語を読んで理解する能力に欠けている上に曖昧な認識のまま妄想で話を進めるから、対話が成立しない人のようですね。

953 :神も仏も名無しさん:2013/09/11(水) 19:27:46.73 ID:FCJvi6SE
>>946-947
仏典のジャータカも四向四果も全否定ですかw
流石はシッタカ君w

でもこれらは良い質問だね。

>先ず、「過去世から今世、今世から来世に生まれ変わり成長する自身の本質としての魂」という妄想。
>不変なのか成長するのかハッキリしろって話。(笑)

そりゃ魂に於いて成長すると不変な所は違うからですよ。

>一体、どうやって肉体から肉体に移動するのか?

魂はエネルギーだから、肉体から離れて移動することは可能です。
しかし下位のチァクラの体験である幽体離脱ですら幽体は簡単に肉体から抜け出すのに、何を言っているのやら。

>肉体の死をどう察知するのか?

修行して御体験下さい。

>肉体とどうやってリンクしているのか?

五蘊無我や十二縁起の法の前半で説かれてますよ。

954 :神も仏も名無しさん:2013/09/11(水) 19:35:36.92 ID:v9sEhRu/
初歩的なことにも具体的反論できず、教えを理解できないお前が悪い(涙目)としかいえない

ネットでこういう惨めをさらして笑われるだけなら無害だが、ここの信者はリアルで犯罪に走ったからな・・・

955 :神も仏も名無しさん:2013/09/11(水) 19:39:41.00 ID:FCJvi6SE
>>947
これも良い質問だ。

>そもそも、魂が次々と乗り移っているならば、
>人の肉体の、本来の主は居ないのか?

「本来の主」ってどういう意味ですか?
全ての現象は無常であり縁起によって成立しているのだから、通常は因果に従って魂は肉体に宿り、死と共に肉体から離れていくだけです。
それともシッタカ君は死体に主が居るとでも思っているのですか?

>人とは、物理的存在としての肉体に寄生する寄生虫という話になる。(笑)

「人(人間」と言った場合、普通は肉体も含むと思いますけれども?
人は魂が肉体に寄生していると言えますが、シッタカ君の言うように「人が肉体に寄生する」訳では御座いませんよ。
シッタカ君は一般社会の常識から見てもかなりユニークな世界観をお持ちのようですね。

>>949
>仏教では、一切を五蘊十二処十八界に分けるが、そこにはカルトが言う「魂」なんてバカなもんは無い。

それらは全て外側の物なのだから、当たり前です。
仏典でもそれらは無常であり苦であり無我であり本質ではないと説かれているでしょうに。

956 :神も仏も名無しさん:2013/09/11(水) 19:44:59.09 ID:Wukavjgp
教義や修行もデタラメだが、その程度のおかしさなら日本の新興宗教じゃ珍しいレベルじゃない(残念なことに)。
だけどオウム系は、言い訳しようもない現実の所業において、鬼畜外道ですと自ら証明してしまったからな。

957 :神も仏も名無しさん:2013/09/11(水) 19:45:33.85 ID:FCJvi6SE
>>951
「ヒンドゥー教から名前だけ盗用した」んだから、ヒンドゥーのシヴァとは同一では無いし、仏教で言う自在天でも御座いません。
シッタカ君はレスの前半と後半とで言っていることが矛盾してますよw

オウム真理教シヴァ大神の定義は仏教における十方諸仏に相当します。

958 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/09/11(水) 20:04:24.83 ID:dCnJUMlv
十二縁起が転生の話というのは、三世両重説といって、後に生まれた解釈の一つ。
また、釈尊は、輪廻があるとも説かれたし、無いとも説かれた。

ところでウィキではオウムの「シヴァ神」には本家のシヴァ神も含むとあったが違うのかね?(笑)

959 :神も仏も名無しさん:2013/09/11(水) 20:09:35.20 ID:Wukavjgp
キリスト教のハルマゲドンを剽窃までしてる、典型的つまみぐいつぎはぎ似非仏教のオウムに筋の通った理論があるわけない。
まぁ、完璧な理論があったとしてもテロや殺人が正当化されるわけがないが。

960 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/09/11(水) 20:19:29.39 ID:dCnJUMlv
>そりゃ魂に於いて成長すると不変な所は違うからですよ。

ほう、いろんな部位があるんだな。

>魂はエネルギーだから、肉体から離れて移動することは可能です。

エネルギー(笑)
エネルギーなのにいろんな部位があるんだ。(笑)

961 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/09/11(水) 20:22:27.81 ID:dCnJUMlv
>「本来の主」って?
バカには難しかったね?
生命がタンパク質の化合物から生まれ、多細胞生命体となったが、
いつ「魂」とやらが寄生したのかね?
いろんな部位のある物理的存在だかエネルギー(笑)だか知らんが、
一体、いつ、どうやって寄生し始めたのかね?(笑)

>外側

五蘊十二処十八界が外側?(笑)
基礎も知らんのかね?(笑)
五蘊の受蘊想蘊行蘊識蘊が外側?(笑)

(^。^)お前の意識は外側なのか。(笑)

962 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/09/11(水) 20:27:32.30 ID:dCnJUMlv
>十方諸仏に相当

(^。^)え?仏教用語を言い換えただけなの?(笑)
それ盗用って言わない?(笑)

963 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/09/11(水) 20:31:18.49 ID:dCnJUMlv
ID;FCJvi6SEのツッコミ所満載のボケは、
正直、全部拾うのは無理だな。(笑)

(^。^)もうちょっと分かり易いボケにして貰えると助かる。(笑)

964 :神も仏も名無しさん:2013/09/12(木) 03:44:13.42 ID:9HqpufrE
>>958
>ところでウィキではオウムの「シヴァ神」には本家のシヴァ神も含むとあったが違うのかね?(笑)

ヒンドゥーのシヴァ神の定義も含むけど、含むけれどもオウムのシヴァ大神の方が定義が広いから同一では無いでしょ。
あなたも日本語を読んで意味を理解する能力に欠けるようですね。

>>960
>エネルギーなのにいろんな部位があるんだ。(笑)

そりゃ有るでしょ。
シッタカ君も滝本太郎先生と同じく、科学知識が小学生レベルで止まっているようですね。

>>961
>生命がタンパク質の化合物から生まれ、多細胞生命体となったが、

それは唯物主義という非科学的な考え方ですね。

965 :神も仏も名無しさん:2013/09/12(木) 03:45:28.40 ID:9HqpufrE
>>961
>(^。^)お前の意識は外側なのか。(笑)

仏教では意識も無常の物であり本質ではないと説かれておりますが?
シッタカ君は基礎的な所で仏教を誤解しているようですね。

>>962
>それ盗用って言わない?(笑)

同じ物を違う名前で表現しているだけです。
普通はそういうのは盗用とは言いません。
でも普通でないシッタカ君は当初からそれを盗用と称していた訳ですけど、自分で言った事をもう忘れちゃったみたいですね。

>>963
相変わらずシッタカ君も頭の弱い小学生の口喧嘩のような、レベルの低いレスしかできない人ですね。
このままシッタカ君が仏教から何も学ばず法則を実践する事が無ければ、今後もその幼稚な精神状態のまま何一つ成長することなく今生を終えるでしょうね。

>>956
終末予言はカルマの法則の範囲内であり、古今東西の様々な宗教に存在していますが、オウム憎しのあまりにそういう事実も忘れちゃったみたいですね。

966 :神も仏も名無しさん:2013/09/12(木) 04:27:55.39 ID:hC8xy6Ov
どうして平日の夜にレス出来るの?
夜勤の合間?
無職?

967 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/09/12(木) 05:38:25.39 ID:6YxNwK6e
>>964
>〜を含む〜
なら「シヴァ大神」とやらは「第六天の魔王」も含むよな?(笑)

>小学生レベルで止まってる

え?お前、中学の物理で熱力学とか習わなかったの?
一体、中学で何をどう習ったんだ?
それとも、その他人の話が理解出来ない知能障害が中学から発症したのか?
悪い事は言わないから、中学の物理の本買って勉強しなさい。

968 :神も仏も名無しさん:2013/09/12(木) 09:37:24.70 ID:xHq/Bp81
薬物(ほとんどが違法)や電気ショック見せて神秘体験()とかやってる時点でおかしいと気付かなかったのかね
すべて低レベルというか間違いだらけのオウム
しかも犯罪を行い多くの人々を傷つけた。教祖や幹部の地獄行きはもう確定だろうに

969 :神も仏も名無しさん:2013/09/12(木) 09:41:19.61 ID:xHq/Bp81
>ハルマゲドン

終末()カルマ()

だったらハルマゲドンという名称盗む必要ねーじゃん。勝手に他宗教のものを盗んで、含まれるとか笑わせるなwwwwwww
そしげ現実に「オウムのいったハルマゲドン」はまったく当たらなかった
なお固執する馬鹿ってホント不思議
間違いを間違いと認められない、という点でもレベルの低さというか人として論外というか

970 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/09/12(木) 20:52:24.63 ID:6YxNwK6e
>唯物主義という非科学

様々な物質からタンパク質が形成され、
更にそれらが結合して単細胞生物が生まれ、やがて多細胞生物に進化しました。
人類を含めた全ての生物がこうして生まれたのです。

(^。^)これも小学生レベルの理科だが、分かるかな?(笑)

971 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/09/12(木) 21:06:20.28 ID:6YxNwK6e
>>965
ひょっとして、キミはホントに知能障害?

>>955
それら(五蘊)は全て外側の物なのだから、当たり前です。

>>961
五蘊の受蘊想蘊行蘊識蘊が外側?(笑)

>>965
仏教では意識も無常の物であり本質ではないと説かれておりますが?


(^。^;)つまり、お前の意識は外側にあるのは否定しない訳だよな?

972 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/09/12(木) 21:22:19.65 ID:6YxNwK6e
>964
ヤソの糖質より支離滅裂だが、
オウムの「芝耐震」とは、「シヴァ神も含むけど十方諸仏に相当する」って設定でいいのか?


(^。^)お前は何を言っているんだ?(笑)
気は確かか?(笑)

973 :神も仏も名無しさん:2013/09/12(木) 21:44:47.48 ID:AWiIhkeF
承狂さんのレスはきつい言葉もあるけど、他の人が書いてたように一線を引いてるしいいね
滝本さんに粘着して、ここの他の人達もののしってる人は、自分の妄想の中だけで敵意をむきだしにして驕っているだけ

974 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/09/12(木) 22:00:30.34 ID:6YxNwK6e
>973
そうか?(笑)

因みに、俺の漫才で良ければ、「宗教板で罵りあうスレ」ってのが過去ログにあるぞ。

(^。^)まぁ、他にもヤソ関連スレとかでちょいちょい嵐てんがな。

975 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/09/12(木) 22:33:04.98 ID:6YxNwK6e
「滝本憎し」クンのレスは実に興味深い。(笑)
見たまえ、諸君!

>>955
>人は肉体に魂が寄生している

「滝本憎し」クンは、肉体に寄生しているらしいぞ!(笑)

m9(^。^)おい!寄生虫!(笑)

976 :神も仏も名無しさん:2013/09/12(木) 23:45:16.36 ID:skPV8TLf
>>941
> でも全体の流れを鑑みるなら、

全体を見ようが、一つ見ようが、あなたのレスは同じ様なものだけどね。

> 何一つ検証することなく手前の間違った思い込みと決め付けだけで相手を扱き下ろしているだけ

あなたの方がずっと自分の思い込みで相手をこき下ろしていると思いますがね。

> 実に抽象的ですね。
> 結局、いつもこの様に何ら具体的根拠も示さずに

あなたの書き込みの大半それ自体が根拠です。
まさに裸の王様、他の誰もが分かるのに自分だけがわからない。
わからないからずっと続けているんだろうけどね。
自分の書き込みを他人が書いたものと見なして、一通り読み直してご覧なされ。

> 私の考えが偏狭かどうかは、私自身の実際の修行体験・結果が示してます。

何がどう示しているんですか?
あなたの修行体験は、あなたのプライド・狂信を増強させ、精神的向上に役立つどころか、
自我肥大化に寄与していると思いますがね。
一連の書き込みがそれを示しています。

> でもこの様に思い込みで決め付けている段階では、まだ真理の流れに入ったとは言えませんね。
>  ↓
>>どう見ても、このスレの住人の中であなたの苦しみが一番大きいと思う。

くw。真理の流れって、どんな真理?
真理の流れに入れば、あなたの崇高さを理解できるってこと?
あなた、どんなチズオ君だよ!?やはり向かうところは同じ自己陶酔!?

977 :神も仏も名無しさん:2013/09/13(金) 00:24:16.11 ID:/tqBvNFP
オウムでは、体験君のような人物は大勢居たよねw
昔と違い、現在では「今だに麻原を盲信」という条件で括れば漏れることは無い

私の体験としても、同部署、同拠点(住居)、同室といった様々な範囲に常に一人から複数の妄想信者が居て
その特徴ある性格や言動に他同僚共々頭を悩ませられてきたものである
流石に教団運営に深く携わった連中はほぼ脱会済みなので、今でも勘違い人生を歩んでいる者は小物が多い

旧友ということでたまに連絡をすると、麻原の死刑は決まってないなど平然と言う、恩赦の可能性があるからだと
宗教的な知識や理解は、体験君などより遥かに深いがこれである(体験君はこのようなことは言いまい)

978 :神も仏も名無しさん:2013/09/13(金) 01:22:59.17 ID:/tqBvNFP
彼らの共通点を見出すことでマインドコントロールの実態の一端を知りたいと思ったものだが、特性の優劣に着眼
すると矛盾が生じてしまうので、共通する「欠け」について考えるようになった

相当長い出家年数によって、悲しくも稀例を間近に知る機会に恵まれた(;;)が、「前頭葉の退化や機能の制限」が
なんらかの原因で継続的に生じた結果、麻原盲信(ほぼ全員)→麻原絶対視・他排斥・同調せぬ者に強嫌悪〜に
至るのではと結論をみた

条件まではわからないが、統失の原因がカルト教団の集団生活の条件下で生じやすいことが容易に理解できるよ
うに、同様の原因(強い不安やストレスが原因する医学見解など)と考えてそんない間違いは無いと思う

誰かがレスした”精神科医でもないくせに”というのは全くその通りだが、診断でなく発想程度の話なのでもっと気楽に
読んでくれればいい

残念なお頭の持ち主が、メールで恩赦と言ったり、ネットで基地発言を毎晩垂れ流してる状況は悲惨ですな
共産主義の弊害だといってサマナ生活を詰ったり卑下してた時代が、今となっては懐かしいくらいですわ

979 :神も仏も名無しさん:2013/09/13(金) 05:45:42.07 ID:6e/1cxLe
>>970
やはりシッタカ君の科学知識は滝本先生と同じく小学生レベルで止まったままのようですね。
現代科学においては「生命誕生の仕組みは未だ解明されていない」というのが真相です。
科学において未だ実証されていない仮説を既定事実の如く吹聴してしまう所が、如何にも小学生レベルかと。


>>970の仮説は小学生向けの科学本などで紹介されていますけれども、仮定を積み重ねた仮説の一つにすぎず、未だそのプロセスで生命が誕生する可能性があることを実験で検証できた例は御座いません。
逆に太古の地球で偶然に塩基配列が上手く組み合わさって生命体の基本であるDNAが生成されることは、
たとえるなら竜巻で巻き上げられた塵がいつの間にか組み合わさって自動車などの複雑な工業製品が出来上がってしまうようなもので、
確率論的にも有り得ないしエントロピーの法則にも反するとされています。

980 :神も仏も名無しさん:2013/09/13(金) 05:53:58.02 ID:6e/1cxLe
>>967
中学で熱力学を習った人であれば、>>470のような仮説を実証された真実だとは吹聴しませんよw
シッタカ君は中学以上では理科や科学関連の授業では寝ていたようですね。

>>971
シッタカ君は五蘊を自分自身だと思い込んでいるようですね。
でも仏教では五蘊無我、すなわち五蘊は無常であり我に非ずと説かれています。

>>972
オウム真理教のシヴァ大神は「現在・過去・未来の解脱者の魂の集合体で、解脱に向かう修行者を導く」という設定ですから、仏教で言う「十方諸仏」と同義です。
言葉面にとらわれず定義を精査するなら、この程度の事は簡単に理解出来るはずですけど。

>>975
残念ながら、あなたも寄生虫ですよw

981 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/09/13(金) 06:48:33.29 ID:Ch8kG/5g
>980
因みに、深海で簡単なタンパク質が合成されるのは環境を再現した実験で確認されてるんだが、認めないんだろうな。(笑)
で?
「いろんな部位があるエネルギー」って誰に騙されたんだ?(笑)

「五蘊は我に非ず」なんて仏教では言わないんだが、それも松本死刑囚の妄想なのかね?(笑)
というか、寄生虫のキミにも感覚器や感覚器からの情報やその出入力くらいはある筈だがな。(笑)
それすら無いのか?(笑)

982 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/09/13(金) 06:52:35.65 ID:Ch8kG/5g
>980
だがまぁ、「芝耐震」が設定だと認めた事だけは評価してやるがな。(笑)

だが、お前の寄生虫だという妄想を他人に押し付けるのは良くないぞ?(笑)

(^。^)意味が判るか?寄生虫。(笑)

983 :承狂 ◆TptLNQXPVWuJ :2013/09/13(金) 07:34:59.84 ID:Ch8kG/5g
ついでだから>470以降、ちょっと見たが、
何で寄生虫が「いろんな部位があるエネルギー」なんて訳の解らない駄々こねてるか判ったわww(笑)
物質がエネルギーの一形態って言葉から、
光エネルギーとか熱エネルギーが物質化するとか、そんな風に誤解してんだな?(笑)
確かに物質は、光速を超えたり超重力下でエネルギーになるが、
4種のいずれかの力場を物質化っていうのは無いからね?(笑)
急激な核反応で爆発は起きても、爆発で核兵器は出来ないよね?(笑)

(^。^)寄生虫には難しいか。(笑)

984 :神も仏も名無しさん:2013/09/13(金) 07:46:49.29 ID:qUJlwd25
>同部署、同拠点(住居)、同室といった様々な範囲に常に一人から複数の妄想信者が居て
その特徴ある性格や言動に他同僚共々頭を悩ませられてきたものである


いたいた
確かに小物に限って妄想ひどかった。
認知症って単なるボケでなくて広範囲なんだけど
彼ら認知症のじじばばに症状似てるの。

アルツハイマーの親父に散々泣かされたが妄執サマナに似たとこあんの。
偏執と頑固さがどんどん脳を萎縮させてしまうのかな?

こちらはたまったもんじゃない。

985 :神も仏も名無しさん:2013/09/13(金) 07:51:54.52 ID:qUJlwd25
>統失の原因がカルト教団の集団生活の条件下で生じやすいことが容易に理解できるよ
うに、同様の原因(強い不安やストレスが原因する医学見解など)と考えてそんない間違いは無いと思う


認知症老人ホームって
出入りが自由じゃなくて
閉じ込められてるんだけど
みんな強い不安があるんだよね。
サマナ生活と似てるのか
集団生活で管理されて
老人ホームぶち込まれるとどんどん脳の萎縮が進むんだわ。

986 :神も仏も名無しさん:2013/09/13(金) 07:57:32.07 ID:qUJlwd25
アルツハイマーの人って
異常に排斥心が強いんだ。
それで真面目なの。

心が狭いと脳も狭くなる?
アルツハイマーって片っぽの脳に隙間できて
片っぽ萎縮される。
バランスの悪さは心のバランスも崩す。

それから不安とか恐怖が強いんだ。

987 :神も仏も名無しさん:2013/09/13(金) 09:38:20.63 ID:ozfyqzem
>>979
つっこんでおくと、死後の世界も実証されていないので仮説。
カルマの法則も実証されていないので仮説。
輪廻転生も実証されていないので仮説。

988 :神も仏も名無しさん:2013/09/13(金) 09:42:24.41 ID:X4y0Frwn
現実に麻原や幹部らがやった所業みれば、教えがろくでもないのもはっきりわかる。
犯罪やテロやらかしといて、教えは正しいんだなんていうのは、
「オレはしゃべってないと大声で叫んでいる」ようなもの。
逮捕された後の醜態も凄かったな。
教祖は弟子に責任押しつけようとして、弟子側は教祖に洗脳されてましたとなすりあい。

989 :神も仏も名無しさん:2013/09/13(金) 09:57:35.38 ID:qUJlwd25
978の言ってるのってこれ?

前頭側頭型認知症:脳の前方に位置する前頭葉は、様々な認知機能を制御し、統合する「より高次の」認知機能を担っています。前頭側頭型認知症では、この部位に萎縮や機能低下が起こり、人格変化、常同行為(同じ行動を繰り返す)、過剰なこだわりなどが出現します。

・感情面では自発性がなくなり、感情が鈍麻(どんま:感覚がにぶくなること)することが多く、他人に共感することや感情移入ができなくなってきます。
・何かに関するこだわりが異常に強くなり、柔軟な対応ができず、他人の迷惑なども省みずに好き勝手に行動しているように見えることもあります。

990 :神も仏も名無しさん:2013/09/13(金) 10:06:54.31 ID:qUJlwd25
【特徴的な症状として・・・】
・自分や社会に対する関心が低下し、身だしなみに頓着しなくなったり、万引きのような軽犯罪を引き起こすことがあります。


そういえばO村さんが
よく師の方に対して
「あいつ前頭葉が欠けてるんじゃないか?」
と言ってたわ。
前頭葉が欠けてると他人の気持ちが全く理解出来ないらしい。

爬虫類人間とも共通するね。

991 :神も仏も名無しさん:2013/09/13(金) 15:06:44.49 ID:4bL9Cf9Y
また、おまえの母ちゃんでべそ〜のレベルの悪口並べたててるし。

992 :神も仏も名無しさん:2013/09/13(金) 18:30:36.14 ID:/tqBvNFP
一つのジャンルにこだわって知識を吸収して大家を吹聴する
確かに、人の知らないようなことをすらすら言ってのけたりする
しかし端から見ていると、致命的な欠陥が見え見えでとても専門家に
見えない

人の心がわからない、心理学に俺は詳しいと言い張るサマナとか・・
誰しも自己矛盾を抱えてるもんだが、その程度が甚だしいという感じね

自分で選択したハードモード(メリットとして超えられた時のより大きな
成長度合いに期待)にも関わらず、予想以上の恐怖や不安に心が折れ、
破滅によってしか脱出できないと、意識・精神のプログラム死(アポトー
シス)のスイッチが入るんじゃなかろうかね、まぁこれも妄想だけども

○村さんの発言笑えるねw 俺なんかより先見の明有り過ぎっしょ

993 :神も仏も名無しさん:2013/09/13(金) 21:33:53.77 ID:qmvnHWQY
>>981
>因みに、深海で簡単なタンパク質が合成されるのは環境を再現した実験で確認されてるんだが、認めないんだろうな。(笑)

1950年代に太古の地球の大気組成であると考えられていた混合気体を水蒸気と混合させて巡回させて放電しアミノ酸を生成した「ユーリー・ミラーの実験」なら存じてますが、「深海で簡単なタンパク質が合成される」実験は寡聞にして知りませぬ。
それは一体いつどこで誰が行った実験でしょうか?
それともまた生半可な知識によるシッタカですか?
ちなみに「ユーリー・ミラーの実験」は現在では原初の地球の状態とは異なると判明したので否定されています。

>「いろんな部位があるエネルギー」って誰に騙されたんだ?(笑)

五法身の実体験で確認済みです。

>「五蘊は我に非ず」なんて仏教では言わないんだが、それも松本死刑囚の妄想なのかね?(笑)

仏陀釈迦牟尼の説いた「五蘊無我」は「pan~ca skandha ana-tman」であり、「ana-tman」(=無我)という単語は「a-tman」(=我)に「〜に非ず」という接頭語の「an」が付いた言葉ですから、正確には「無我」でなく「非我」と約すのが正しいです。

>というか、寄生虫のキミにも感覚器や感覚器からの情報やその出入力くらいはある筈だがな。(笑)

まさにシッタカ君は「五蘊=我」という無智・無明の見解に完全に没入している凡夫の状態なのですね。

994 :神も仏も名無しさん:2013/09/13(金) 21:48:53.42 ID:+RE6H19L
では、輪廻を転変するものは何か?
不変のものが転変するのは明らかな矛盾。
それはどう説明する?

995 :神も仏も名無しさん:2013/09/13(金) 21:53:20.32 ID:WbLWUnpC
心とアートマンを混同している場合に、そういう議論になる。
あなたの心はアートマンではないが、あなたには心がある。

996 :神も仏も名無しさん:2013/09/13(金) 21:55:55.95 ID:WbLWUnpC
それから、この劫において仏陀といったら誰のことか、よく考え直すべき。

997 :神も仏も名無しさん:2013/09/13(金) 21:59:58.01 ID:+RE6H19L
>>995
魂、という場合は心を指すのか?
あるいはアートマンか?

998 :神も仏も名無しさん:2013/09/13(金) 22:00:42.23 ID:+RE6H19L
>>996
この劫においてはゴータマ仏陀そのお方ただ一人。

999 :神も仏も名無しさん:2013/09/13(金) 22:05:02.02 ID:WbLWUnpC
>>997
その単語を使う人によって違うでしょうから、使わないようにしています。
使う場合は、意味を確認してからにした方が間違いがないかと思います。

1000 :神も仏も名無しさん:2013/09/13(金) 22:07:45.28 ID:+RE6H19L
では、アートマンは不変なのてま転変しない

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

493 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)