5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【研究】古代の欧州人は「浅黒い肌に青い瞳」だった、DNA解析で判明

1 :そーきそばΦ ★:2014/01/27(月) 14:58:37.97 ID:???0
【AFP=時事】約7000年前にスペインに住んでいた狩猟採集民のDNAは、欧州人が従来考えられていたよりはるかに
最近まで浅黒い肌をしていたことを示唆しているとの調査報告が26日、英科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された。

北アフリカ地域の狩猟採集民、木の実を食べて虫歯に 研究

 スペインの進化生物学研究所(Institute of Evolutionary Biology)などの研究チームが発表した論文によると、
スペインにある深い洞窟系で発掘された「ラブラナ1(La Brana 1)」と呼ばれる古代の男性の骨格の歯から
採取した遺伝物質を調べたところ、浅黒い肌に青い瞳という珍しいな組み合わせが明らかになったという。

 ラブラナ1が生きていた、1万年から5000年前の中石器時代の欧州人は、その高い緯度から紫外線レベルが低く、
すでに白い肌をしていたと考えられていた。

 論文の共同執筆者の1人、進化生物学研究所のカルレス・ラルエサフォックス(Carles Lalueza-Fox)氏は、
AFPの取材に「これまで、欧州地域では白い肌の色がかなり早期に、後期旧石器時代には進化していたと考えられていたが、
これは明らかに事実と異なる」と述べる。

「この個体は、色素沈着遺伝子にアフリカ系の変異を持っていた」

 後期旧石器時代は今から5万年前〜1万年前までで、その後の中石器時代は約5000年前まで続いた。
以降、欧州では新石器時代に入る。

AFP=時事 1月27日(月)14時19分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140127-00000028-jij_afp-sctch
(続)

2 :そーきそばΦ ★:2014/01/27(月) 14:58:45.76 ID:???0
 今回の研究をみる限り、肌の白い欧州人は、以前考えられていたより「かなり後」に、
おそらく新石器時代になってからようやく現れたとラルエサフォックス氏はみている。古代の狩猟採集民は新石器時代に農耕民になった。

 こうした生活様式の変化で食生活が変わり、ビタミンDの摂取量が減少したことも関係しているかもしれないと同氏は指摘する。

 天然のビタミンDが欠乏すると、人間の皮膚は太陽光線に当たることで自らビタミンDを作り出すことができる。
浅黒い肌では白い肌より合成する量がかなり少ないため、このことが白い肌に変化するための進化の誘因となったとされる。


■現代欧州人では見られない「組み合わせ」
 ラルエサフォックス氏の研究チームは、ラブラナ1で青い目と黒い髪の遺伝因子も発見した。

 肌の正確な色合いまでは判別できないが、青い目との組み合わせは今日の現代欧州人では見られないものだと研究チームは指摘する。

 人類の最古の共通祖先は浅黒い肌をしていたが、アフリカを出て北方の太陽光が少ない
寒冷な気候の地域に移動するにつれて肌の色が白くなったという説は広く受け入れられている。

 そしてその後の民族移動と混血によって、現代人が持つ様々な肌の色合いが生じた。

 ラブラナ1は、ゲノム(全遺伝情報)が完全に解読された最初の欧州の狩猟採集民だ。現代人との比較調査では、
スウェーデン人やフィンランド人などの北欧人種と最も高い関連性を持っていることが分かった。

 またラブラナ1は、その後の人類が獲得したような、ミルクやでんぷんを容易に消化できるようにする
遺伝子変異をまだ獲得していなかったことも、この調査で明らかになった。こうした適応は、
新石器時代の農業の誕生と同時期に発生したと思われる。

 ラブラナ1のゲノムの特徴が実際にどれほど広範囲に及んでいたかを判定するには、
さらに多くの中石器時代人のゲノムを解析する必要があると論文の執筆者らは述べている。【翻訳編集】 AFPBB News(終)

3 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:00:22.47 ID:BJqreaJNi
黒から脱皮途中

4 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:02:04.58 ID:23O5cUoP0
イメージ画像はやく

5 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:02:37.18 ID:xTHBhLRY0
ていうか、カルタゴって黒人じゃなかったっけ?
それを褐色のローマ人が皆殺しにして、さらにゲルマン人が北から移動してきて
ようやく白くなったんじゃないの?

6 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:02:51.04 ID:Zh4AdpWz0
つまり古代欧州人はナディアみたいな外見だったのか

http://1.bp.blogspot.com/-1P1fJk94EhQ/TxrMJ-3MTHI/AAAAAAAAAkA/xcHFQ7cgCPs/s1600/The%252520Secret%252520Of%252520Blue%252520Water%25252002.jpg

7 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:03:41.91 ID:5oPnKYiL0
ナディアというよりエレクトラさんだな

8 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:04:03.69 ID:3CCk4ZHy0
キリストの実像を受け入れる下地作り?

9 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:04:47.27 ID:YkPyQU72O
青い目の人随分減ったらしいが

10 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:05:20.08 ID:S2iguxxC0
ジャップも平安時代はもっと細目だらけだった
細目に何のメリットもない気候だから徐々に縄文目が増えた

11 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:05:30.10 ID:xTHBhLRY0
褐色・・・嫌いじゃないぜ
http://www.maialino.it/sfide/laura.jpg

12 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:05:34.25 ID:ATbKLK830
>>5
何かの映画で聞いた台詞があるのだが。
「青い目が野蛮が」云々。

何だっけかな

13 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:05:45.12 ID:CvG6vgC50
ああ白い肌に変化していったのね
てっきり別民族ってオチと思い込んで読んでた

14 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:06:30.12 ID:4faRk4tH0
黒い肌に黒い腹なのはオバマ

15 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:06:51.71 ID:aDq7OpHv0
黒人のアルビノ説は本当だったのかも

16 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:06:54.24 ID:Na5ZaB1r0
ビタミンDってすごいな。生存率に大きな影響を与えるんだな
北欧にアフリカから移住してきてる連中は毎日サプリ飲まんと死んでまうんちゃうか

17 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:07:05.51 ID:u6hmNAa/O
トリエラ!

18 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:07:32.40 ID:1tvwAUERO
二次元美少女で想像した
北へ。の絵柄で

19 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:08:38.81 ID:kQYpn+Ay0
古代ローマあたりの時代だと、ガリア人かな?

20 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:09:05.09 ID:UJtSD2ss0
メラネシア人やアボリジニーは肌が褐色だが、天然金髪も居る。
旧石器時代の欧州人の外見に近いかも。
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/d/da/Vanuatu_blonde.jpg/401px-Vanuatu_blonde.jpg

21 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:09:16.42 ID:Bda+AimQO
ナディアみたいな感じかな

22 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:09:39.39 ID:w4DuvwUE0
褐色の恋人、スジャータ

23 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:09:49.30 ID:Ul2N0zGh0
カッコよさそうだな

24 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:10:36.54 ID:Kv7ECb6JO
ロランやな

25 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:11:13.20 ID:FLdgvYnY0
>>16
実際くる病が多いんだろ

26 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:12:00.13 ID:SP9lHgyr0
スペインだしアフリカから来てたってことはないのか?

27 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:12:18.29 ID:/j/B/0QZO
エレクトラさんとかトリエラとか美星とか言われてもなんのことやら

28 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:12:25.82 ID:gtjhD1iW0
まあ古代北アフリカでは黒人との混血も多かっただろうし古代には
黒人差別ってなかったんじゃないの?
北アフリカ古代エジプトは文明の先進地域だったのだし、ファラオも黒人の血の入った王様がいたというし

29 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:13:07.12 ID:EPVL0L2Q0
アフリカで人類が生まれて、北に行って白くなり、それから東へ向かって、
最終目的地の、極東の日本に人類はたどり着いたのだという珍説が今、支配的に
なりつつあるという都市伝説。

30 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:13:25.49 ID:Bv7FuxRG0
>>1
古代ローマの資料にも「浅黒い肌」って出るし、キリストも「浅黒い肌」って書かれてたからな
更に言えばブリテン島には「肌の黒い人が生活していた」って記述もある

31 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:14:03.26 ID:1G4J28it0
スペインは黒っぽいやつ多いじゃん

32 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:14:06.79 ID:rFoBFClE0
スペインで、古代の欧州人を代表させるのもどうかな

33 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:14:49.22 ID:YXaU6fZF0
出アフリカしたばかりでアルビノ化より前だろ
メラニン色素的に褐色青目はあり得なくね?
中東人は白→褐色だろうし

34 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:15:14.11 ID:ve+MheTv0
>>5
カルタゴの支配者層のフェニキア人はギリシャ系だから、アレクサンダー大王みたいな容姿のはず
ただ彼らは傭兵をメインに使ってたんで、そいつらがクロンボなのは当たり前
ヌミディア人は今で言うベルベル人なのかな

35 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:15:17.00 ID:298HT2Gn0
最近の俺の下半身は青い肌のほうがすきです

36 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:17:36.34 ID:ZEKA7mF80
アフガニスタンとかイランとかトルコとかシチリアなんかには浅黒い肌で青い目が結構いるじゃん

37 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:18:49.49 ID:ve+MheTv0
オバマも日焼けした程度に肌が白くなってるし、黒い肌は数百年程度の淘汰で消えてなくなるんじゃないかな

38 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:19:33.59 ID:3CCk4ZHy0
>>34
大王の子孫のクレオパトラは褐色の肌の持ち主だったらしいが、
その辺りは交配の結果かな?

39 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:19:58.93 ID:wuQpSt8L0
ベルベル人みたいな感じか?

40 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:21:11.20 ID:XHc1iR5iO
昔の欧州はフィフィみたいのが一般的

41 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:22:07.42 ID:Ra0Hs5aq0
>>35 kwsk!

42 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:23:08.94 ID:FLdgvYnY0
白い肌
長所:弱い日光でもビタミンDを合成しやすい
短所:強い日光で皮膚がんが多い
のトレードオフはわかるが
青い目のメリットってなんだ? 砂漠でまぶしいだけやん

43 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:24:22.25 ID:gTi8bESY0
>以前考えられていたより「かなり後」に、
おそらく新石器時代になってからようやく現れたと

44 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:24:29.82 ID:6QFjUySXP
>>1
つまり、今の欧州人はアルビノって事でよろしいか?

45 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:24:35.92 ID:ZEKA7mF80
青い目は薄暗がりでもよく見えるらしいお

46 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:24:54.47 ID:JcvehgfA0
浅黒い瞳に青い肌だったらガミラス人だったのに。

47 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:25:07.76 ID:WKLeiz/H0
まさに、古都欧州

48 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:26:44.99 ID:9BYVqdZWP
>>42
暗い所で良く見える。日照時間が短いヨーロツパでは有利。
実際にあっちの室内照明は暗い。

49 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:26:45.00 ID:NwHzMqS2O
>>34
当時のギリシャはまだ黒っぽかったと思うけど。

50 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:27:45.70 ID:WE8Tz8u60
>>4
http://pr.cgiboy.com/image/011/809/13809011.jpeg

51 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:27:55.27 ID:xpCq602K0
白人は元が宇宙人。

52 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:27:55.47 ID:AQ4LRKni0
まあ鼻と色以外は黒人そのままだしな

53 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:28:12.84 ID:9H0+i58B0
トゥルー・ロマンスでのデニス・ホッパーと
クリストファー・ローケンの会話思い出した

54 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:28:29.30 ID:5oPnKYiL0
>>36
まぁイランは元々ペルシアだから白人系

55 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:28:47.72 ID:pwwtFgFm0
青い瞳の聖ライフ

56 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:29:10.33 ID:cEOdEQom0
イギリスは韓国系だということが判明したっていう話があったな
たしかにジョンソンとかもろ「正成」だからなあ

57 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:32:00.97 ID:qjMD7E/60
>>16
冬に病気が流行するのはビタミンD不足(日光不足)とは言われてる
日差しがと弱くなる、屋内活動が増える、厚着して肌の露出が減る

昔の結核の治療は日光浴だった
インフルエンザ対策も日光浴をするのがいい
インフルエンザはそもそも日光に弱い

ビタミンDは免疫を改善する
骨の健康のためにはビタミンD
またビタミンDはコレステロールから作られる
現代人は日光浴が不足しているからコレステロールが余るともいえますね

糖尿病、骨粗しょう症、高血圧、リウマチ、ガン、腸の疾患、動脈硬化、花粉症、ウツ
これらにもビタミンD不足が関係しているといわれる
虫歯になりやすい人もビタミンD不足が怪しいと言われる

58 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:34:55.28 ID:1G4J28it0
>>48
そういう理由でなのかい
アパート借りたらリビングの天井に電灯がなくて
キッチンの電灯をたよりにしていた

59 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:35:11.40 ID:qjMD7E/60
>>42
紫外線には殺菌効果がある、皮膚ガンになるというのは怪しい
(日光浴で免疫力も上がっている)

日焼け止めクリームを塗ると紫外線が届かなくなる
これにより表皮の細菌やカビ菌を死滅させられなくなる
(日光不足で免疫力も下がっている)

60 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:36:26.36 ID:XiZFarMl0
>>1-2
白人は奇形
まで読んだ

61 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:37:26.08 ID:3bKIVpQa0
青目黒髪褐色の肌

白人、黄色、黒人の特徴を持ってるね

62 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:38:49.70 ID:Bv7FuxRG0
>>36
中央アジアは青い瞳に黒髪だな

63 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:39:03.33 ID:3CCk4ZHy0
>>58
向こうの映画を観ると判り易いかも。

日本人の目には殆ど真っ暗にしか見えないシーンも、
向こうの人間にはちゃんと見えてる(らしい)。

64 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:39:47.69 ID:XiZFarMl0
ヨーロッパ人はグレーとカーキの色を見分けられない

65 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:40:09.90 ID:FZy1MaMO0
低照度適応が青い瞳、低紫外線適応が白い皮膚か?
じゃあ、浅黒くて青い瞳になるのは、瞳が青くなるくらい暗かったが、肌が白くなるほどには紫外線が少なくなかったわけかい。
あるいは、適応速度?

66 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:40:26.54 ID:3bKIVpQa0
>>59
最近ビタミンDは病気の予防にはならないという記事を見たぞ
不足してる人は取る価値があるかもね程度

67 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:40:36.22 ID:LNZhQtic0
自分いいっすか?w








ホールホルホルホルホルホルホルホルホルwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

                         ネトウヨ      トンスル
ノーベル賞(自然科学分野)        日本人16人    韓国人 0 人
ノーベル賞(人文学分野)         日本人2人     韓国人 0 人
フランクリン・メダル(科学等)       日本人7人     韓国人 0 人
ボルツマン・メダル(物理学)        日本人2人     韓国人 0 人
J・J・サクライ賞(物理学)         日本人6人     韓国人 0 人
バルザン賞(自然・人文科学)      日本人3人     韓国人 0 人
クラフォード賞(天文学等)        日本人2人     韓国人 0 人
IEEEマイルストーン(電子技術)     日本人10件    韓国人 0 件
ウィリアム・ボウイ・メダル(地質学)   日本人2人     韓国人 0 人
ホロウィッツ賞(生物学)          日本人1人     韓国人 0 人
コッホ賞(医学)               日本人4人     韓国人 0 人
ラスカー賞(医学)              日本人6人     韓国人 0 人
ガードナー国際賞(医学)         日本人9人     韓国人 0 人
ウルフ賞(科学、芸術)          日本人9人     韓国人 0 人
プリツカー賞(建築)             日本人5人     韓国人 0 人
フィールズ賞(数学)            日本人3人     韓国人 0 人

68 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:41:47.04 ID:h7YL90+D0
>>23
肌の色による差別は近代の産物

69 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:42:02.85 ID:5c+r1mWw0
ID説おわた

70 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:42:44.33 ID:b+TZ6vr60
>>63
そんな違うんだ
じゃあエイリアンとかもあっちの人はしっかり見えてると

71 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:43:12.47 ID:/DmMJb220
■移民問題■

動画 You Tube 無料の住居を要求して役所に押しかけるソマリア難民 スウェーデン
        http://www.youtube.com/watch?v=xvhh9M0WMGU・・・1:50

動画 You Tube スウェーデンで多発する名誉殺人
        http://www.youtube.com/watch?v=z1HP0GzTJw0・・・3:06

動画 You Tube イギリス人が歓迎されない移民地区
         http://www.youtube.com/watch?v=i583xrAZA-Y・・・3:13

72 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:43:20.62 ID:iuM1ScSH0
>浅黒い肌に青い瞳

かっこよさそう

73 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:46:00.19 ID:bqBGHnWr0
浅黒い肌に青い瞳でプラチナブロンドとか
ゲーム内(特にMMO)限定の産物かと思っていました

74 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:46:29.27 ID:l+xgeQe60
>>1
ま、色素の沈着遺伝子どうこう言わなくても、

普通に炎天下で生活する民族は日焼けが定着して黒くなり、
太陽の光が弱い民族は皮膚が青白くなるってのはバカでもわかるぜw

「獲得形質」は遺伝しないってバカの一つ覚えを言うヤツがいるが、
それも、あくまで個々の形質の上でのこと。
「100匹目の猿」のように、形質を獲得した個体数が或る一定数に達すると、突然、遺伝化するという論の方が正しいだろう。

75 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:48:03.87 ID:EldQLBVR0
人種は違っていても住んでる環境で見た目は収斂現象で似たような感じになる。
ネグリト系民族アタエ族とかジャラワ族なんて見た目はネグロイドだがモンゴロイドだし、
パプアニューギニアの人なんてもっと黒人っぽいがネグロイドではない。

76 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:48:13.49 ID:Wz7FexnI0
ターンエーターン

77 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:49:15.72 ID:m0LGfVIQ0
>  またラブラナ1は、その後の人類が獲得したような、ミルクやでんぷんを容易に消化できるようにする
> 遺伝子変異をまだ獲得していなかったことも、この調査で明らかになった。こうした適応は、
> 新石器時代の農業の誕生と同時期に発生したと思われる。
>
そう言えば海草類を消化出来るのはモンゴロイドの
ごく一部だってどこかに書いてあったね。

「日本兵に黒い紙を食わされた!」ってのもあながち
間違いじゃなかったわけで。

78 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:49:17.48 ID:pXG9oMWUO
ドストライク

79 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:49:59.30 ID:ve+MheTv0
結局白い肌で金髪なのはゲルマンやアングロサクソン限定って事なのか
マイノリティがでかい顔してるだけ

80 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:50:57.97 ID:cZnD7oX00
ベルベル人じゃないの?

81 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:54:30.75 ID:iuM1ScSH0
>>79
ネアンデルタール人と混血したからとか?

82 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:56:06.56 ID:bhOwjGxx0
>>79
君はゲルマン人をます理解するところから始めよう

83 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:56:41.32 ID:obNjkrrx0
>>73
ヨナ隊員にはまだちょ〜っと難しいかなぁ ニヤニヤ

84 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:57:24.95 ID:pUzqJGhlO
>>5
大方は奴隷になっただけだし、衛星都市もある。スペインに入植・現地人化したやつだっているだろう

85 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:57:40.10 ID:Hothsj+B0
セム系かな…

86 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 15:57:45.77 ID:W7Cct9fAP
白豚は劣等種族だったか

87 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:02:05.80 ID:9BYVqdZWP
熊でも狐でも北に行くほど白いが、別に優れても劣ってもおらん。

88 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:02:51.91 ID:iIN7EOjoO
つまり韓国がry

89 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:03:27.46 ID:HF1huOP70
クロマニヨン人=黒人(大人でも140cmぐらいしかない赤道直下の小人民族系)

てさんざんガイシュツだろ

より猿に近いネアンデルタール(2mで赤毛で白い肌)との混血がいまのヨーロッパ人(白人は4%ぐらいDNA引き継いでる、黄色人種は2%程度)

欧米じゃなぜか迷信扱いされて神が作った〜と現実逃避してるw

90 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:05:23.52 ID:69gepFbu0
そら現生人類はアフリカから広がってったんだから最初はみんな黒かったんじゃないの
北の方に移動するにつれメラニン色素が不要になっていったんでしょ

91 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:06:09.96 ID:HF1huOP70
バスク人やらラップ人がネアンデルタールの血を一番濃く残してる
その近縁のバイキング直系のデンマークとか女でも平均身長が180cm近くある

92 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:06:21.10 ID:rgyUkFz30
海の民

93 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:07:20.37 ID:XFFWvRVz0
>>63
それはNTSC規格の日米の微妙な違いを無視してオーサリングしたせいで日本では黒側の階調が潰れてしまっておるのだよ
ハリポタ2のDVDとか悲惨だったな

94 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:07:56.31 ID:MYfsnu+t0
>>1
んー
ヘスス・ナバスみたいな?

95 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:09:19.84 ID:Z3PQO0ReO
アラブ系の人なんかはヨーロッパ系の顔立ちで肌は浅黒くて目は青とかいる

96 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:10:44.02 ID:SbW7hiLd0
ガンダムのララアみたいな感じか

97 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:11:17.79 ID:uJD6+S8S0
>>42
暗い時もよく見える。すなわち高緯度の極夜に適応した

98 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:11:41.45 ID:FLdgvYnY0
>>45, 48
ほう、そうなのか

99 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:13:11.03 ID:3CCk4ZHy0
>>93
それ、円盤の話でしょ。

大学時代に「ジェラシー」というアート・ガーファンクル主演の映画を
観に行ったことがあったのだが、
一緒に行ったフランス人夫婦は細部まで見えてたようだったよ。

100 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:13:43.42 ID:svysnlyZ0
ナディアだったのか

101 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:14:35.89 ID:AQ4LRKni0
白人の肌は紫外線での劣化が早くてすぐシワシワになる

102 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:15:17.77 ID:lI5yJUQy0
人類の起源はアフリカだから

103 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:15:30.23 ID:gDn702Ka0
今の人間より澱粉の消化がうまくいってなかったのか
だろうなあ

104 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:16:19.97 ID:svysnlyZ0
>>91
ネアンデルタール人とか165センチくらいで胴長短足だったのに?

105 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:16:40.42 ID:VgksZnQ20
ゲルマン人など、所詮、フン族に追われてやってきた蛮族だよ

106 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:17:04.43 ID:sUS88tprO
>>89
ネアンはそんなにデカくねーよ

107 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:17:45.82 ID:Poih6HZY0
これはリポビタンDのステマだな

108 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:17:55.83 ID:ElNdP3Pt0
古代なんてみんな土人だろ

109 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:20:04.26 ID:URNXWGWA0
>>59
おいおい(笑笑笑)
紫外線の危険性は先ず色素乾皮症におけるメラノーマの原因として確認され、
その後この有害遺伝子の家計調査や異形成母斑等でさらに確認され、
その遺伝子がp16の様なガン抑制遺伝子の変異によって起こる事が確認されたんだよ。

110 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:22:22.77 ID:ZEKA7mF80
目が青くて肌が黒いほうが暗がりで狩をするのに有利なんじゃね
黒い肌は闇に溶け込んで目立たない
砂漠とか暑い地域では日中は休んで夜に活動しただろうし

111 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:23:57.74 ID:MYfsnu+t0
黒髪碧眼最強!

112 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:25:05.90 ID:Q2yQfenWP
>>7
エレクチオン

113 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:25:20.75 ID:YXaU6fZF0
>>39
そこまでいくと古くないか

ydnaDEだとこんな感じだし

http://www.bfh.jp/special/25/03/060712/img/08.jpg

114 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:27:59.07 ID:1G4J28it0
>>91
デンマークは昔、家畜の成長促進剤を使って影響で人間も大きくなった
今は禁止されている

115 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:28:01.58 ID:7/l4gdrA0
エスキモーは何で黒いんだよ?

116 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:28:18.54 ID:kbc5Slp50
しかし暑いところに住んでる連中が黒くて、寒いところの連中が白いって、
いったい何が適者生存なのかと思うわ。

117 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:31:17.31 ID:7IL918hQ0
白人はアルビノ
それかライオンと人間の交配種

118 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:31:28.78 ID:wt7lrqJa0
>>10
日本では古代から江戸に至るまで、人の顔を良く似せて書くのは失礼な事とされてたんだわ

幕末になると肖像や浮世絵と実物の写真の両方が残る人たちがいるが
一様に写真の方が濃い顔をしている。古代の血がより強く残ってた皇族や公家は一段と

つまり、うっかり似てしまわないように予め細い目に鉤鼻と言った定型作って書いてたんだよ

119 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:31:42.30 ID:S4aLV7y00
>>115
雪焼けじゃないの?

120 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:33:38.91 ID:jJXLAGgr0
歴史改変にいくら金かけてるのかね

121 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:37:17.80 ID:HF1huOP70
発掘したの調べれば調べるほど新人が生粋の黒人種だったので誤魔化そうと青い目とか欺瞞いれてるだけだろ

122 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:37:35.16 ID:waSEfGVd0
>>1
ナディアみたいな感じ?

123 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:37:52.51 ID:URNXWGWA0
>>115
生肉食中心で十分ビタミンDとかが摂取されるんで色素が薄くなる必要が無い。
逆に紫外線に拠る発癌等の危険性が減るから色が濃い方が有利。

124 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:45:12.49 ID:aQvJ7qm20
すっごい白くなってる、はっきりわかんだね

125 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:46:55.72 ID:oVsa/CmX0
南方系ネアンデルタール人と北方系がいて
1万年前くらい中東乾燥気候になってヨーロッパに移動した
現ヨーロッパ人とはちがう

126 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:48:05.45 ID:I4/TcD+CO
ちょっと色黒で碧眼なんてアニメではエロキャラじゃないですか(´・ω・`)
はっきり言っておじさんの大好物です

127 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:48:45.79 ID:JpTlNZlT0
昔のイングランドの原住民がそんな感じの野蛮人じゃなかったか

128 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:55:25.73 ID:qo6xskVV0
朝鮮中国日本人はなんでこんなに平面的な顔になっちゃったんだよ

129 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:57:52.26 ID:VQVCKVnL0
>>118
似絵を知らないのかお前は
伝・源頼朝像はデフォルメされてるのかよ

130 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 16:59:23.61 ID:URNXWGWA0
>>128
アレンの法則

131 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 17:00:23.17 ID:YXaU6fZF0
>>128
北アジアは湿気がある寒さなので無駄に凹凸あるやつは淘汰されていった
中国は地域差があるがから平面顔の産地は朝鮮といえよう

132 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 17:00:49.65 ID:gNN6mM0g0
>>118
そんな濃い顔だったのに明治以後100年でこんな平面な民族になったんだな

133 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 17:01:00.10 ID:s7Zoa9+eO
青い目までは、わかんないけど、古代ローマやスペイン人は浅黒いってのは常識…
身長も高くない…

134 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 17:01:04.98 ID:7/l4gdrA0
普通寒いと朝青龍みたいな顔になるのに
何でヨーロッパ人は立体的な顔してるんだろう。

135 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 17:04:41.76 ID:kuUV9+tu0
「黒いアテナ」ってトンデモ説として扱われていたけどやはりな
ゲルマン人の南下のために白くなったんじゃないの?

136 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 17:07:07.91 ID:+wl4wg/40
>>133
MILEのペースで歩けるか?

137 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 17:09:11.71 ID:YXaU6fZF0
>>132

在日が200万匹も密入国したので、目立つんだろう。

中国人(美形)
http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/seikan/kokuko/shanghai/topics/04/img/tp041002_4.jpg

下朝鮮人
http://livedoor.blogimg.jp/new_sappukei/imgs/a/0/a0471e0b.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/new_sappukei/imgs/6/2/626709b3.jpg

韓国の高校生
http://blog-imgs-44.fc2.com/r/e/a/realjapanese/20121230023607c0c.jpg
http://blog-imgs-44.fc2.com/r/e/a/realjapanese/20121230023636eb9.jpg
http://blog-imgs-44.fc2.com/r/e/a/realjapanese/20121230030717da8.jpg
http://blog-imgs-44.fc2.com/r/e/a/realjapanese/201212300235332b0.jpg
http://blog-imgs-44.fc2.com/r/e/a/realjapanese/20121230023806146.jpg
http://blog-imgs-44.fc2.com/r/e/a/realjapanese/2012123002375101e.jpg
http://blog-imgs-44.fc2.com/r/e/a/realjapanese/20121230023749690.jpg
http://blog-imgs-62.fc2.com/r/e/a/realjapanese/20130625051102f75.jpg

138 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 17:18:02.96 ID:YmSSx7OT0
>>59
体皮表面の細胞分裂しない所はどうでもいいとして、
その奥まで紫外線が到達したら活性酸素が発生して
遺伝子をランダムに破壊する
自分でダメと感じたら自殺する機能が細胞には組み込まれているが、
それをすり抜けた変異が発生して行く末はガン

DNAに変異を与える化学物質や放射線などと
同様だね

139 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 17:20:52.99 ID:PdYFOR4L0
古代中国・殷の人は碧眼だったと伝えられている

140 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 17:24:36.66 ID:sr4EbERa0
>>1
今でも平均的スペイン人は平均的日本人より肌が黒いじゃん。

141 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 17:25:17.67 ID:aC0Z9XJp0
そもそも青い目の人自体が1万前の一人の人間から生まれたとか
珍しいから目立って、モテモテだったんだろうな
http://ch.nicovideo.jp/masayukisatomura/blomaga/ar275401

142 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 17:25:50.21 ID:3CCk4ZHy0
>>139
人類史に、中国という国家が実在したことなど一度も無いし、
中国人などというものも存在したことなどない。

あの広大な地域で、色んな民族部族国家が興っては衰亡し、
または消えていくのを繰り返してるだけの事に過ぎない。

そんな歴史ならば、あらゆる人種が出ては消えてるのも当然で、
金髪碧眼(か、それに近いやつ)だって居て当然だろう。

143 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 17:26:41.73 ID:i0QN64+m0
コーカソイドのコーカサス地方もいわゆるヨーロッパとはちょっと違うもんね

144 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 17:30:24.88 ID:Na5ZaB1r0
>>130
ベルク万の法則とどう違うんだったか

145 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 17:33:08.95 ID:uCJuznB40
>>45
アメリカにいた時寮の照明が暗くて参った。かたや現地の人らはちょっと
天気がいいだけの時にまぶしいっていってサングラスをかけるんだ

146 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 17:37:02.84 ID:kuUV9+tu0
日本にも青眼の人は少数いるんじゃない
俺のオヤジがそうだったけど

147 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 17:42:53.13 ID:w35swqDt0
ラブラナは青い眼の欧州先住民の母親と
アフリカから来たばかりの位住民の父親との間に生まれた

彼は青い眼と褐色の肌、ちぢれた金髪の持ち主だった
気持はやさしく、いつも周囲の仲間を気遣っていたが
母親が早くに亡くなってしまったため、
幼い頃からどこか物悲しいような光をその瞳にたたえていた。

そして、彼が12歳になったのを祝う「勇者の日」にそれは起こった。

148 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 17:43:25.70 ID:/QZJbrqH0
>>139
殷を倒した周の民は赤毛

149 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 17:43:38.17 ID:ZEKA7mF80
東アジア人の祖先がムカシニンゲンだった頃、シベリアで石斧やヤリを持って
集団で獲物を追っかけてたら、怒ったマンモスに顔面を踏まれたの、これ豆な

150 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 17:43:52.39 ID:uCJuznB40
>>77
黒い紙とか木の根(ゴボウ)を捕虜に食わせたとかなぁw

151 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 17:45:29.14 ID:2zDisYO5O
イタリア人見たら黒人の血入ってるの分かるがな

152 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 17:46:27.21 ID:/QZJbrqH0
>>146
陸奥の国のおなごは眼が蒼いって人国記に書いてあるお

153 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 17:46:38.60 ID:iuM1ScSH0
>>150
つけ物は「腐った野菜」

154 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 17:47:44.96 ID:nO8FcI3E0
>>151
イタリア人は北と南で別人種

155 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 17:51:08.58 ID:URNXWGWA0
>>144
アレンの法則は、突出部位(耳や鼻、手足)が小さくなる現象、つまり胴長短足ね。
ベルクマンの法則は、全体がでかくなる現象。南方の熊より白熊やヒグマが巨大

156 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 17:52:53.17 ID:9dZu2xwa0
凶暴狡猾なアングロサクソンが原住民を皆殺しにして支配地域を広げていった結果だろ

157 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 17:53:02.70 ID:tzjaQAsmO
ネアンデルタール人?

158 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 17:54:35.02 ID:Na5ZaB1r0
>>155
そうやったか、似てるけど違うんだな

159 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 17:56:24.37 ID:oWqEBF8a0
土人とかしょっちゅう日に当たる場所にいるから、
そりゃ黒くなるわな

160 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 17:57:49.73 ID:uCJuznB40
>>20
おお…現実にいるのか
子供のときにナディアを見てた世代だけど金髪に黒い肌なんてアニメを
作ってるヲタクのおじさんたちの妄想の中にしかいないと思ってた

161 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 18:06:23.07 ID:+5lkR6zzO
デンプンを消化する変異が現れたのは農耕が始まってからくらいのごく最近ということか
昔はやっぱり肉(骨髄含む)と木の実が主な食べ物だったのかな

162 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 18:07:24.99 ID:DaSv8XF30
ララァみたいな感じ?

163 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 18:08:11.75 ID:kL/M4+Ft0
ベルベル人(ムザブ人)
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/fc/Lehnert_Landrock_-_Ouled_Na%C3%AFl_Tunisie_1905.jpg

164 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 18:10:19.05 ID:J7UtLvWQ0
>>110
逆で黒い肌は空から注ぐ紫外線を反射するため。
現代のアフリカの狩猟採集民は日中に獲物になる鹿などを延々追い続けるという方法で狩りを行う。
多くの動物は汗腺を持たないのでやがて熱中症状態になって動けなくなるからそこを襲ってとどめを刺す。
人間は汗をかくことで体を効率的に冷やせるのでこうした動物に比べると長時間走り続けることができる。

そのため人間は汗を溜めないように体表の体毛のほとんどを失い、太陽光にされされても大丈夫なように皮膚が黒くなった。
頭髪だけは真上から照りつける太陽光を遮るために残ったし、アフリカ人の髪が縮れてるのも頭髪と頭皮の間に断熱効果のある空気の層を作るため。
霊長類としては例外的に脚が長く大臀筋が発達してるのも二本足で長距離を走るという能力に特化したため。

だから人類はその歴史のほとんどで上に述べたような体型・形態をしていて、アフリカから出た人類のうち低緯度地域に広がった集団はあまり変異してない。
そこからさらに高緯度に移動した集団から寒冷な気候や冷たい空気を呼吸する必要という状況に適応したコーカソイドやモンゴロイドが生まれた。

165 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 18:15:27.36 ID:Na5ZaB1r0
>>164
ハゲの適応度は低い言うんか、コラっ!

166 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) NY:AN:NY.AN ID:GLunBrxQ0
アジアは東に行くほど劣化が激しくなる。

インド人
ttp://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/005/999/70/N000/000/000/128665385323016216831_deepika-padukone.jpg
ttp://livedoor.blogimg.jp/akbmato/imgs/1/f/1f3f5986.jpg
ttp://www.thedailykhabar.com/wp-content/uploads/2013/08/2733.jpg

韓国人
http://stat.ameba.jp/user_images/20100626/15/bijinbijo/72/c7/j/t02200361_0270044310610141107.jpg
http://images.china.cn/attachement/jpg/site1004/20100719/001ec94a25c50dae48373e.jpg
http://images.china.cn/attachement/jpg/site1004/20111030/000cf1bdd048101705e51c.jpg

日本人
http://www5.nikkansports.com/general/column/hitokoto/img/et20130227h-haruna.jpg
http://up.gc-img.net/post_img/2013/05/IXVlILbJ84JWwRm_4MdnM_202.jpeg
http://stat.ameba.jp/user_images/20100525/21/smile-osamu/7b/af/j/o0640048010558820576.jpg

167 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 18:23:11.84 ID:aXQNgrSJ0
白人は、ネアンデルタールと新人類の交雑種

168 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 18:24:54.44 ID:ZU1Gs0vR0
起源はエジプト。 環境によって変異。

あ、ごめんごめん。起源は韓国だった。それは忘れた。

<<民間交流>>によって、欧州に人種を持たされたニダ

169 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 18:29:11.43 ID:J7UtLvWQ0
>>167
ホモ・サピエンスがネアンデルタール人と交雑したのは人種として分かれる前なのでアフリカ以外のほぼすべての人種がネアンデルタール人由来の遺伝子を持ってる。
最近ではネアンデルタール人とは別にデニソワ人という人類が存在し彼らとも交雑してたことがわかってる。

170 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 18:31:36.11 ID:Mm3hOtg80
>珍しいな組み合わせが
今後の成長を見守りたくなるような可愛らしさがある

171 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 18:31:50.67 ID:XNNcG4+00
>>7
白人に金髪って存外に少ないんだぜ?

172 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 18:45:53.41 ID:HL1zvNGg0
CG画像も無いのかよ
AFP使えねーな

173 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 18:58:49.42 ID:EVGYSem60
木村鷹太郎「今の欧米人は本来のアーリア人種ではなく、ローマ帝国でいうところのバーバーリアン」

174 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 19:03:22.04 ID:zTryRPBE0
>>42
暗いところでも良く見える。

実際、炎の色に合わせた進化なので
橙色の明かりが、彼らには最も見やすい。
蛍光灯では眩し過ぎるらしい。
ボールペンの色が黒じゃなくて青なのもこのため。
サングラスをしているのは、低緯度の太陽光が
まぶしすぎるから。

俺自身も目が青い。

175 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 19:08:56.32 ID:ZEKA7mF80
病気だろ

176 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 19:25:33.62 ID:9Kp2mrNX0
褐色って言ってもどのレベルの褐色なのかわからんわ
セレブな白人様がバカンスでこんがり焼いたレベルなのかアフリカンな黒さなのか

177 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 19:43:39.77 ID:0EeKmH7e0
オーストラリアに移住したイギリス人の
皮膚がんは本土の3倍だそうだね。
あそこは白人が住むところではないんだよ。

178 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 20:08:26.56 ID:L8YkG6rB0
>>135
アンドロメダはエチオピアの王女なんで黒人なんだよなぁ。

179 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 20:13:11.92 ID:eJEAvT2y0
>>53
シチリア人はやって来たクロンボにヤラれてたんだっ!ははっw

180 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 20:38:13.54 ID:C3hl/sk30
じゃあアジア系はいったい・・・

181 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 21:17:35.14 ID:vs1lG+870
偏差値50私立理系新設バイオ大学へ入学して卒業した。
すると、無職(むしょく)の私を見て親は混乱、動揺(どうよう)、狼狽(ろうばい)した。
親が混乱、動揺、狼狽する姿を見たくない。
そうなら、中学生は進学高校へ、高校生は上位大学へ入学したほうがいいよ。

直感(ちょっかん)でパッっとわかる具体例(ぐたいれい)はこんなのがある。
その大学で研究室(けんきゅうしつ)の配属(はいぞく)が正規に確定(かくてい)した。
割り振られた研究室へ昼間に扉(とびら)を開けて中に入った。
すると腕や肩をつかまれて廊下(ろうか)へ放り出された。
体も壊した。これじゃ、偏差値50私立理系新設バイオ大学で将来の準備は無理だ。

 web-n15-00304 2014-01-27 19:51
  分割画面で猫のイラストが出ます。
http://freett.com/bio20130221/index.html
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kouri/1389104255/3-

偏差値50のバイオ大学だ。偏差値50ならザックリ言うと富裕層を逆恨みする共同体だ。
「お金持ちを逆恨みする人々」で自分の人間関係を固めて、富裕層へ壁を作る女たちだ。
仮に、東京女、多摩女が同じ運命なら、首までドップリ浸かった「アンチ富裕層」の派閥内で結婚する。
強欲な田舎娘たちは、「お金持ちを逆恨みする人々」と共助の人間関係のクセに、富裕層と結婚したがる。
娘の個人技で富裕層をだませても、娘の取り巻き連中がトゲとなり、富裕層方面の人間関係は失敗する。
(田舎娘には、富裕層を逆恨みする不良同盟軍プレイヤーを隠す知恵はない。不良自慢する。)
娘は富裕層を逆恨みする人々と話が合うので、富裕層に失敗すると、娘自身も習性で富裕層を逆恨みする。

女は生まれつき指先が器用で、バイオ根幹実験で重宝され、バイオ教授からエコヒイキされ癒着している。
バイオ教授に庇護される指先の器用な学部生(女)は、指先の不器用な学生(男)を退学に追い込める特権を持つ。
悪い田舎娘はモヤシ金持ち坊ちゃんに濡れ衣を着せ、不良や教授をテコに無職破滅させ、強欲だから再び求婚する。
東京金持ち坊ちゃんの私ソックリの田舎坊ちゃんが、詳しい事情はわからないが、その女に近い人間関係で変死した。
明石家さんまの名言「生きてるだけで丸儲け」だ。

182 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 21:19:49.71 ID:vs1lG+870
>>181
●校風 その28

偏差値50のバイオ大学だ。富裕層を逆恨みする共同体だ。
女は生まれつき指先が器用で、バイオ根幹実験で重宝され、バイオ教授からエコヒイキされ癒着している。
バイオ教授に庇護される指先の器用な学部生(主に女)は、指先の不器用な学生(主に男)を退学に追い込める特権を持つ。

中瀬ゆかり症候群の田舎娘たちだ。「富裕層」と「アンチ富裕層」の二兎の人脈を追うので、東京では子無し独身で終わる女だ。
中瀬ゆかり症候群は「お金持ちを逆恨みする人々」で自分の身の周りの人間関係を固め、「富裕層」に対して壁を作る。
壁を作って、モヤシ金持ち坊ちゃんへ濡れ衣を着せて、不良や教授をテコに無職破滅させ、振り向かせて、モヤシへ結婚を迫る。
東京金持ち坊ちゃんの私ソックリの田舎坊ちゃんが、詳しい事情、真相はわからないが、その女に近い人間関係で変死した。
私は女たちに濡れ衣を着せられて、実験勉強が不可能になった。

富裕層の親なのに、息子を逆恨み校風の公立小中高校に放り込む、変わった教育方針の親だ。
職場の父へ大学から「お宅の息子さん、ストーカーですよ。」と仕事の邪魔をするイヤガラセ電話があった。
その坊ちゃんの私と父とは仲が悪く、私の父は大学トラブルで弁護士を呼ぶことに拒否し、
相談してきた私を殴って食事を抜いて生活費を一時的に止めた。
(その後、私は無職になり、父は混乱動揺狼狽した。父は頭を抱え一気に姿は別人の老人へ変貌した。)
小中高の青春をイジメのない富裕層私立学校ですごした親には、金持ちが集団内部で浮く、逆恨みピンチがわからない。

金持ち坊ちゃんの私は退学の決断ができず、問題児の女たちへウソのラブレターを郵送し油断させ、
不良たちには裏でコソコソ金品を付け届けし、逃げるようにほぼ無職で卒業した。
明石家さんまの名言「生きてるだけで丸儲け。」だ。

実験実習は、(私を除いて)金と時間をかけて丁寧に教えてくれた。国立大学の実習より上質だ。
専門知識は大学水準の教科書冒頭数ページだけ。座学のバイオの知識は放送大学がマシ。
私個人は、入学前と卒業後で、得た専門知識の差はない。例えばロードーシス反射の知識は学部には無い。
中堅上位大学のほうがいい。

183 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 21:22:08.11 ID:vs1lG+870
>>181
東大卒の心理カウンセラーはウソだと断言するが、
1990年代前半バブル崩壊直後の世相の偏差値50私立新設バイオ大学はこうだった。

貧乏教授のボスが、よそ様の高級車、高級ブランドを見る。または、何かのきっかけで思い出す。
すると、教授は取り乱して、子分の不良に八つ当たりをする。
不良のことが苦手な教授もいたが、ザックリと校風を言うと、そんな富裕層を憎悪する共同体だ。
モヤシ金持ち坊ちゃんの私には、不良や教授から勉強実験の邪魔をされて、居心地が悪い。
この大学は、モヤシ金持ちが勉強、友達作り不可能な雰囲気だ。体を壊して病気になる。
女子大生たちが、不良や教授にキチンキチンと挨拶して、モヤシ金持ちへは手抜きで色目を使う。
彼女たちが、不良の背中へ隠れて、不良より弱い立場の金持ちへ手抜きで色目を使う。
女がモヤシへ自分の住所電話番号の紙を渡して、ストーカー濡れ衣を着せる。
女たちが、富裕層を憎悪する人たちの心をかき乱しながら、スカートをめくって私を追い回す。
不良や教授は私のことがキライなので、女が悪いのに、女を被害者にして、私を悪者に仕立て上げる。
不良や教授は、悪者にした私から教育機会を奪い、無職破滅させる。
私へ無茶な性的嫌がらせをする女は、全員、自分を美人と勘違いしている、強欲な田舎ブスだ。
モヤシ金持ちにとって、逆恨みの共同体は厳しい。

その新設バイオ大学の学部卒の上等な就職先は、小売店、食品スーパーの店員さんだ。
実験実習は丁寧にやるが、教科書は最初の数ページだけやって卒業させる世界だ。
私は、コンビニバイトを首になる人材だから理系にきたのに、
新設バイオ大学へ願書を書いたときは、小売店、食品スーパーだとは、想像もつかない。

中学生は、少数精鋭の「賞罰なしでも進んで勉強する共同体」を手に入れるため進学高校へ、
高校生は中堅、上位大学へ、浪人生は、世の多数派の「賞罰なしだと勉強しない共同体」の影響を避けて勉強しよう。
それで、中堅上位大学へ行こう。

184 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 21:24:24.23 ID:vs1lG+870
>>181
●不良の魅力に屈服するカネカネ女

「カネカネ女」が「無一文の不良」にキチンキチンと挨拶して尽くす。
それって、女が自分の産んだ子に対してやるならわかるが、
赤の他人にやるなんて、冷静に考えるとすごいことだった。
在学中はわからなかったが、卒業して改めてお金のことを真剣に考えると、
金銭欲の塊の女たちが、無一文の東京不良たちに屈服するって、不良の魅力はすごい。
不良の魅力はすごいから、小中高で数個本命チョコをもらった程度の東京モヤシ金持ち坊ちゃんは、
東京不良の魅力に屈服した田舎女たちへウソを言ってまいて逃げて無関係になったほうがいい。
その女たちは、異常だった。
その女の一人は、首周りの開いた服でモヤシ金持ちの私の座る図書館のテーブル対面に座り、
かがんで乳首を見せた後、「きゅっきゅしまる」と変なことを言い残す。
またある一人は、学園祭のとき、人のいる大学でスカートをめくってモヤシ金持ちの私へ白いショーツを見せる。
複数人の女が、実験準備中や実験中に、
私へ四つん這いで女性性器を突き出すポーズ、背中をエビ反ってグイグイとロードーシス反射をする。
女豹のポーズ、四つんばい、ロードーシス反射、キャットバックで女性性器を突き出すポーズをする。
お尻を突っ張らせて高く上げ、背中、腰を弓なりにエビゾリさせ、性器を後方(オス方向)へ突き出し、
前脚をたたんで、口をパカッと開け、耳をクルクル震わせる哺乳類のメスの性反射行動だ。
http://big.freett.com/bio20130221/poverty117891.gif
http://livedoor.4.blogimg.jp/vipsister23/imgs/6/5/65a5f947.jpg
http://freett.com/bio20130221/archives/lordosis01.jpg
膣にペニスが入りやすく、子宮に精液が溜まるポーズだ。ロードシス反射の姿勢 11ページ目
http://www.iar.or.jp/jyutaku/shiken/download_data/CopulatoryBehavior.pdf
マウンティング(背中にオスが乗る、背中をポンポン叩く)が鍵刺激となり解発されるメスの性反射だ。
しかし、私はその女たちの背中、腰へ指一本触れていない。スイッチを押していない。
私がその問題児の女たちと話し合いをすると、全員奇声を発して精神錯乱を起こし、記憶と正気を失う。
私とよく似た田舎坊ちゃまは、その女に近い人間関係で変死した。コワイ。

185 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 21:26:39.55 ID:vs1lG+870
>>181
●成熟したブスに注意 その7

       ヽヽ  \__/|
        \|   ヽ++丿丿            ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
          |\    ̄ ノ             | この女は誰と結婚しようとも、
     r ――ノ     ̄ ̄iヽ―ヘ     ∩   | 不倫で俺の子を産んじまうよ。
   /      ̄ ̄ ̄ヽ/ ̄ ヽ )    ,,| |-   | 俺のリモコン女だ。 by 東京の不良
   / /  人        ヽ   ) ヽ  /  |   ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
  /   丿 ヽ        )  /  ⌒ヽ|  /
  (    ヽ\\ \   ,, ノ\ 丿L___ノ
  \ ヽ \) ヽ   ̄ヽ  | | |
    ヽ   _ヽ  |    |   | | |
      ) 丿 \  ヽ ヽ  |丿|
  (((  巛      ヽ/ ̄ ヽ/ ̄ヽ/ ̄\      / ̄\ あぁーん
  (((  |      /       \  |    |/ ̄ ̄ ̄\   |
  (((  ヽヽ    /          \_   /ノ Vヽヽ| /
       |    |           ヽ /  /  ☣  ☣ ‖
       |    |   \     r――|  /    ●  ヽ     見なさい、コレが社会のルールよ。
       |    |      ヽ  丿   \ヽ    Д  /ヽ   人間関係を勉強して、アタシと結婚しなさい。
       ヽ    |     /  ̄|/           _/  |    拒否すれば、お前は破滅だ。
        )  ノ     /    /  /ヽ      _   |   ヽ        by 托卵を狙うカッペ女
       |  /     /   /  /  |\_丿 |_ノ ヽ  \
       | /     /    /  /   |           \

不良が広いトイレでわざわざ私の隣に来て、しょんべんをまき散らしながら、
「この女は誰と結婚しようとも、不倫で俺の子を産んじまうよ。俺のリモコン女だ。」と言う。
野生動物のマーキング行動だ。この女は、一生子無し独身だ。

186 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 21:28:53.66 ID:vs1lG+870
>>181
●不良の魅力に屈服するカネカネ女 その03

その女たちは、実は未熟な快楽殺人鬼であり、その未熟さゆえの特徴で、殺害対象相手の都合が本気でわからない。
(サイコパスは殺害対象の都合がわかると、本格的な快楽殺人を始めるが、都合がわかるまでの学習ハードルが高い。)
金持ちを攻撃し破滅させ、振り向かせ、結婚し、富を得て、家を乗っ取り、殺害する。そう誤算の皮算用をする。
女はバイオ指先仕事が優秀でバイオ共同体からチヤホヤされ、自分を美人だと勘違いしているサイコパスの田舎娘だ。
それで、お金持ちの家を美貌で乗っ取るカッコウの托卵を狙うが、不器用で、お金持ちを殺すか、お金持ちに逃げられる。
彼女たちの中では、托卵が100点満点で、富裕層の殺害が90点で、富裕層を無職破滅させるのが80点という所だろう。

スパイ映画の「007」の主人公ジェームス・ボンドは美女に弱く、工作任務を一時的に忘れる。(それが娯楽の必然だが。)
それと同じように、その問題児の田舎娘たちは不良たちに弱い。不良が関わると女の人間関係にホコロビが出る。
将来の托卵の際にスムースに内通して不良から精子をもらえるよう、女が不良と信頼関係を在学中に作ろうとするからだ。

ドラマではなく、偏差値50バイオ大学のリアル不良たちは、富裕層が嫌いだし、富裕層と結婚したがる女も嫌いだ。
だから、女が富裕層の家に産み付ける托卵で使うため、精子要員として不良と信頼関係を作るのが、困難だ。
不良は精子をあげるかあげないかで田舎娘を振り回し翻弄させはじめる。不良で女の人間関係に矛盾が表面化する。
不良たちは貧乏でも女にモテるので、精子をめぐってもったいぶって、たくさんの女に対して駆け引きをする。
不良はコスト0円で自分だけの子孫を自由大量に残せる立場だ。不良は種(精子、遺伝子)をまく畑(子宮)を選別する。

不良は富裕層と結婚したがる女も嫌いだし、不良から見ても明らかに「富裕層の私から異常視された女」だ。
不良は嫌いな女への中出しは生理的に無理だし、私から異常視されてるから托卵も失敗すると判断したんだろう。
最終的に不良はトイレで私に告げ口し女を裏切った。東京に残った田舎娘は子無し独身で終わった。

187 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 21:31:07.81 ID:vs1lG+870
>>181
●その人間の正体 その2

当時の私はモヤシ金持ちだったので、向こうからニヤニヤ笑って寄って来る種族はほぼ決まってる。
「いじめたい」か「カネ欲しい」か「使い走りにしたい」かだ。寄って来るのは悪い人ばっかりだ。
人様のそばに悪い人が集まってくると、私は自分の特殊な立場から「搾取されている!」と直感で誤認する。
私のように、世の中を間違ったモノの見方で分析する人は、いつの時代も一定数いると思う。

昔の劇作家のゲーテが、机で何かモノを書いている。ドイツの文豪のゲーテだ。
人間関係に悩む若者がドイツの劇作家の書斎にタイムスリップした。
売れっ子で脚本の注文が溜まって忙しく、途中であなたをチラ見し、上から目線でこう言った。
「キミ、その人間の正体を知りたければ、その人間の友人たちをココへ連れてこい。
 私がソイツの友達だけを見て判断し、ソイツの本性をズバッと言い当ててやる。
 人間の本性なんて友達だけで全部わかる。」

人様の一般的な学生時代の人間関係は、街の不良に絡まれる私の人生とは、何もかもが違う。
悪い人に囲まれた人間がいたら「類は友を呼ぶ」で囲まれた人間も悪い人だ。搾取じゃなくて、類友なんだな。
友達になる男を選び放題の若いピチピチ娘が、悪い男に囲まれたら「類友」でそのピチピチ娘も悪い女だ。
砂漠の干上がる池で起こる、コーチスキアシガエルのオタマジャクシが共食いする生態と同じだ。
良い悪いじゃなくて、干上がる砂漠で太古からそうやって共食いを繰り返し、荒野で進化した種族だ。
仲の良い悪党連中の輪の中で内紛の怪我人が出たら、「そろそろ始まったか。」と、
スキアシガエルのオタマジャクシの共食いの季節なんだな、風物詩だなと思うのが無難だ。
富裕層を憎悪することで結束団結する派閥に前のめりで生活する女が、富裕層と結婚したがる。馬鹿女だ。
馬鹿女のことを知ろうとすると巻き込まれるので、細かいことは分からないし、知らないほうが無難だ。
我々は、彼ら彼女らの共食いの生態に巻き込まれないように。搾取に見えるけど、搾取ではない。類友だ。

188 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 21:33:22.70 ID:vs1lG+870
>>181
●サイコパスとは無関係になれ その10

問題児の田舎娘が、モヤシ金持ちを濡れ衣で無職破滅させた後で、そのモヤシ金持ちに求婚する。
モヤシ金持ちの私は恐い経験をしたが、なぜそんなことをされるのか、腑(ふ)に落ちない。

獲物の都合がわからない快楽殺人鬼のサイコパスだと仮定すると、問題児の田舎娘にツジツマの合う点がある。

資産家を濡れ衣で敵だらけにして、無職破滅させ抵抗力を奪った後だ。
資産家と結婚托卵して、大怪我させ植物状態にして、家屋敷、資産を楽しんだりやらの杜撰(ずさん)な皮算用だ。
快楽殺人鬼のサイコパスなので、思い通り行かなければ、資産家を殺して殺人の方面で楽しもうと。
未熟な快楽殺人鬼のサイコパスは「非自己(獲物)の都合がわからない」から私と結婚できなかったんだろうね。
人間それぞれ一人ひとりには大変な物語があり、その人生を想像できれば、とても殺人なんて楽しめない。
ところが、快楽殺人鬼は、獲物の都合習性がサッパリわからないから、快楽殺人を楽しめる。
しかし、獲物の都合習性がわからないと、快楽殺人の狩りの現場では獲物に逃げられて失敗に終わる。
快楽殺人鬼は、オンチが歌唱をマスターするまでの能力の困難、運動嫌いが運動するまでの意志の困難と同じで、
快楽殺人に必要な水準までの、非自己(獲物)の都合がわかるまでの、学習ハードル、閾値が極端に高いはず。

「坊ちゃんの私は、攻撃してくる不良たちへ裏でコソコソ金品を付け届けし、一時的に手加減させ、そこから逃げた。」
未熟な快楽殺人鬼のサイコパス女は「非自己(不良)の都合がわからない」ので、私の逃走劇が手品に見えたはず。

本当に恐いのは、獲物の都合を理解し、獲物の行動パターンを知り、事前に逃げ道をふさぐ快楽殺人鬼だ。
結婚詐欺師の皮をかぶった快楽殺人鬼の木嶋佳苗(婚活連続殺人事件)は世にのさばる。

結婚詐欺師がカモに合わせる柔軟なダマシ術は「非自己の都合がわかる才能」があってはじめて成り立つ犯罪だ。
快楽殺人は、仮に、入口や興味の方向性が「非自己(殺される側)の都合がわからない」から楽しめる。
「非自己の都合がわかる詐欺」と「都合がわからない快楽殺人」が共存できるのが怖い。しかも人当たりが良い。

189 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 21:46:15.52 ID:egHwcDGa0
>>112
つまんねンだョ
ガキは黙ってな

190 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 21:53:31.31 ID:mDVTsnd80
青い瞳が本当に存在したなら、極めて珍しい。瞳はどんな人種でも黒。青いのは虹彩だろ。
青い目と単純に書くか、青い虹彩と正確に書くか、どちらかにすれば良いのに、
青い瞳なんて単純でも正確でもない表現を使うバカがまだいるとは…

191 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 22:20:11.60 ID:6Dqd0IpF0
>>190 日本の歌手には瞳を閉じることの出来る人種がいる。
それに比べりゃ、瞳が青いなんて些細なことたな。

192 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 22:21:22.28 ID:Q04zo/H10
浅黒い肌で碧い眼ってなんかかっこいいなおいw

193 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 22:26:20.87 ID:PdIJBU2xP
なんだインド人か

194 :名無しさん@13周年:2014/01/27(月) 23:45:49.71 ID:CuABOBsG0
>>74
というより、色の黒い人達はビタミンDが合成できなかった為、北欧では淘汰されちゃったんじゃないの?

195 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 00:13:15.87 ID:s+SzWU4T0
>>190が言ってるのは瞳孔のことでは?

196 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 00:37:36.07 ID:FFAYSK4L0
肌の色はどうでもいいよ
あきらかに骨格や顔つきが違うじゃんよ?
こっちのほうが問題だよ
黒人に白粉塗って白人に見えるか?
そっちのが不思議だよ

197 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 01:19:43.37 ID:ieGi9e6G0
>>196
マイケルのディスはやめろ

198 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 01:24:14.48 ID:mYjnBxFN0
>>141
モテモテになったか、いじめられたか

199 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 01:28:58.85 ID:T6JcmgIl0
一番遠いのはモンゴロイドじゃなかったっけ
確か枝分かれが一番先っぽだった気がする
遺伝性の病気に独特の顔つきや骨格その他があるのと同じで、ともに変化してったんじゃないの?

200 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 01:57:24.31 ID:PBzOdgK00
白人って紫外線にめっちゃ弱いくせに、やたらと日光浴したがるよな。
あれは自殺行為じゃないのか。
そこそこ耐性のあるはずの日本人女性は病的な美白信仰だけど。

201 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 02:05:32.09 ID:2piBAxPF0
おわかりいただけだろうか?

ミッシングリングが繋がった発見である。

202 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 02:08:15.02 ID:aw/HXFwE0
新人類の直系の先祖が黒人で白人系の旧人類と混血したって昔からあるけど
猿の子孫が自分らの方だったと頑なに認めようとしないからなw
最近になって神が俺たちを作ったんだ、進化論はウソだから教科書から消そうとうやってる裏側の話だが

203 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 02:12:23.93 ID:2piBAxPF0
>>198
モテモテだったんだろうなあ、現状見ると。

204 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 02:16:55.89 ID:2iNfStb10
北欧で白くなってバイキングで南下したんだな。

205 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 02:17:04.47 ID:fMIpG7cA0
モテモテなわけないだろ
日本では昔から白人の顔は鬼のようだと表現されていたんだから

206 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 02:19:22.29 ID:bpuKil9F0
>>196
骨格は特に掌や手首に現れるものだが、例外はあるけれども
どう見ても白人や黒人のそれの方が平均してジャップより
逞しい。つーかジャップの骨格は貧相過ぎる。

207 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 02:20:05.08 ID:H/Ozg8AVO
へー
じゃあ最近まで白人っていなかったんだな

208 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 02:20:16.17 ID:bE/G5Yvw0
後のケンタウロスである

209 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 02:22:06.09 ID:tkM8ppaX0
エリザベス・テーラーは単に美人ってだけなら埋もれてたが
黒い髪に青い目って言うのすら珍しいのに
黒髪に紫の目だったからって理由で人気が爆発したんだと
人種差別とかそういう概念すらない時代なら逆にレア物として有り難がったんじゃねえの

210 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 02:24:40.78 ID:7W7rlcDW0
>>207
白熊だってヒグマが白くなっただけだからな

211 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 02:25:01.70 ID:WH1pnQaN0
褐色の肌に青い目、金髪
漫画に出したら現実にいないって100%馬鹿にされる

212 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 02:26:44.97 ID:2piBAxPF0
>>205
モテモテだったから、欧米にあんな感じで広がったんじゃないか?w

213 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 02:28:18.93 ID:7W7rlcDW0
>>212
どう猛だからだろ

214 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 02:28:54.14 ID:UwOHo5Br0
>>213
チョンの僻み格好悪いw

215 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 02:29:08.55 ID:fMIpG7cA0
デマだよデマ
最近キリストが白人ではなかったと証明されてきたから

あせってデマ流してるんだよ

216 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 02:31:12.87 ID:UwOHo5Br0
>>215
チョンの僻み格好悪いw

217 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 02:34:06.23 ID:IAPuXz8B0
いや、そらそうだろ。
アフリカの時点では黒人。
欧州の気候で肌の黒い個体がくる病で淘汰。
日焼けがないのでメラニン機能が徐々に退化白い肌になる。
ついでにベルクマンの法則でノルマン人が大型化。
生物的には当然。

218 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 02:36:46.40 ID:mYjnBxFN0
>>212
場所がよかったのかもな
日本だったら、えらい目に遭ってただろうな

219 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 02:37:24.89 ID:a6lilby50
そんなん言ったらキリストアラブ人や

220 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 02:38:51.89 ID:fMIpG7cA0
キリストはアジア人
白人ざんまww

221 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 02:44:28.49 ID:2piBAxPF0
>>218
まあ、日本人もアジアの混血坩堝なんだがw

222 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 02:47:08.28 ID:HY9p7JGmP
ギリシャ人とかポルトガル人とかイタリア人とか今も普通に色黒多いじゃん.

>>34
フェニキア人はフェニキア系、ペルシア世界の辺境に住む野蛮人のギリシャ族より
遥かに古い歴史を持ってた、更に文明から遠かったマケドニア人の歴史は以っと短い

223 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 02:48:39.50 ID:9yTTus42O
白人でうらやましいのは髪と瞳の色の豊富さだなー

224 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 02:58:16.85 ID:Fvu85R9U0
皮膚はなぜ黒くなるか?
それは日光を通しにくくする反応であり
日に当たらないのは日光を吸収しやすくする為の反応。
今の様に片方だけをとって紫外線がぁぁぁあとなると
骨粗鬆症などビタミンD不足になりがちで不健康になるのは当然

225 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 02:58:36.28 ID:k5MG90F10
>>209
エリザベス・テーラーの紫の瞳の話聞いてから確かめたくって
画像漁ってるんだけど、他の青い瞳とはっきりと違うってわかる画像が見つからない
もし知ってたら教えてくれませんか

226 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 03:14:50.84 ID:PBzOdgK00
骨格がうらやましい

227 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 03:21:18.14 ID:Fvu85R9U0
骨格は環境にもよるだろうな
椅子の生活が長いと足は長くなるし

228 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 03:26:19.04 ID:cIaM5Jt60
>>50
テメー!!

俺の写真をアップすんじゃねーー!!

盗撮かよ??

229 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 03:34:17.64 ID:DkOuLONt0
浅黒いくらいの子はすごくせくしーだと思います
ましてや青い目に西洋的な顔立ち・・・御飯三杯はいけますね

230 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 03:39:01.48 ID:kIAw0sg30
しかし黒人が人類の始祖ならなんで紫外線に弱い白人で碧眼なんて退化みたいな進化したんだろ

https://pbs.twimg.com/media/A5e_N27CEAAjwPV.jpg

231 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 03:45:35.02 ID:rYdpbm1N0
>>199
アフリカから現在の中東あたりに来た連中がその後、東西に分かれたんだろ
そういう点では、日本人を含むアジア人は欧州人とはかけ離れていて
祖先?の現在のアラブ人などにより近い?

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/dd/Migration_map4.png

232 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 03:46:13.80 ID:tkM8ppaX0
>>225
ほい
http://i.imgur.com/AQFCuGU.jpg
白人とかの一般的なブルーアイ(碧眼)はこの色
http://i.imgur.com/ApVEYDm.jpg

233 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 03:51:31.47 ID:aw/HXFwE0
昔のフィルムだと色が偏向するから実態はちゃうだろ
60年代の戦争映画に出てるドイツ系の俳優とか不自然な水色になってるし

234 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 04:00:33.43 ID:DRrTTETQ0
http://i.imgur.com/oONM9hW.jpg


イメージというかこんな感じか
プロフットボーラー:ヘスス・ナバス

235 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 04:04:10.26 ID:p5fb4gZI0
>>230
>>224にあるように紫外線が少ないと体内でビタミンDが合成されず骨や歯の成長に影響が出てくる。
つまり高緯度地帯では肌の色が濃い個体は薄い個体よりも生存率が低くなるという淘汰圧が働いた結果肌の色がどんどん薄くなっていった。

ttp://en.wikipedia.org/wiki/Eye_color#Blue
青い瞳に関してはこの記事によれば6000〜10000年前に黒海の北西岸で遺伝子の突然変異で青い瞳を持って生まれた人物がルーツであり、新石器農耕文化(農耕民)とともにヨーロッパや中央アジアjに広がっていったと考えられるようだ。
1万年前くらいにスカンジナヴィアかバルト海で生まれた金髪がそうであると考えられてるように、生存に有利というより見た目の美しさや奇異さが性的な誘引要素となったことで急速に広がったのかもしれない。

236 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 04:04:36.46 ID:tkM8ppaX0
この赤ちゃんは先祖返りだったんだな
http://i.imgur.com/d62qQpS.png
>>211
それはバカにしたやつが自分の無知を晒してるだけだ
実際にいるぞ
http://i.imgur.com/qZJQFdu.jpg
ソロモン諸島やメラネシア人はナチュラルで金髪の人もいる
インドやパキスタン辺りにも褐色肌で生まれつき金髪の子がいる
http://i.imgur.com/W0327zF.jpg
混血が進んでる地域じゃそれこそいろんな組み合わせが生まれるし
青い目で金髪なのは確かにレアではあるがいないわけじゃない

237 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 04:08:37.02 ID:iWic+l8L0
キリストだって、ユダヤ人なのに、白人のルックスだもんな。

238 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 04:16:19.51 ID:k5MG90F10
>>232
ありがとうございます
普通の青い目と比べたらら確かに紫色に見えますね
スミレみたいな色合いだ

239 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 04:27:17.85 ID:8oB5AVgq0
とりあえずお疲れ

240 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 04:32:15.87 ID:+tez5aGJP
>>35
アンドレア人好きか

241 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 04:32:36.01 ID:zTiI1Z5C0
白人って、なんで裸になりたがるのか。

そこだけは理解できない。そりゃ、ヨーロッパでは裸体は芸術なんだろうけどね。

日本人は腸が長い分、どうしても寸胴になるからな。

242 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 04:49:17.06 ID:DRrTTETQ0
スーパースターC・ロナウドも古代人ぽい感じ

http://livedoor.blogimg.jp/ld2chmatomeblog/imgs/7/f/7fac15c2.gif

243 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 04:54:02.14 ID:Ik9fvuKv0
>>235
食糧の乏しい時代に金髪や碧眼の嬰児が間引きを免れたって線もありそう

244 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 05:18:58.14 ID:5VA2wPini
なにそれカッコイイ

245 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 05:24:09.64 ID:+Ahv33Jj0
>>221
それは見かけで日本人と区別がつきにくい民族の場合だな
日本人は上辺だけで深く考えずに判断するからな
逆に目立つとヤバい
白人とのハーフの有名人が子供の頃ひどいいじめにあったという話はお決まりのようにある

246 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 05:55:29.68 ID:ssuf1kVl0
>>198
映画「海猫」を思い出した。

247 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 06:00:53.49 ID:O7yJy9lh0
髪と肌と瞳の色の濃さは、必ずしも連動しないんだな
東北方面の日本人に瞳が淡い人がちょくちょくいる謎が分かった(下記の人は青森出身)
http://blog-imgs-46.fc2.com/o/m/o/omoixtukiritekitou/20110321203450226.jpg

248 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 07:43:11.64 ID:3QigUvrX0
>>27
わかってんじゃんねーかwww

249 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 08:35:51.14 ID:50V53Lg/0
>>245
髪の毛の色が少し茶色なだけでからかわれたりするからなあ
まあ中学生くらいになればそういう混血的要素がコンプレックスじゃなくなるんだろうが

250 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 08:51:40.58 ID:b1qra3RZi
>>247
美女の画像かと思って楽しみに開けたのに...

251 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 08:54:10.05 ID:QMl9SufD0
他の人と違う見かけだから、洞窟で隠遁生活を送ってたと考えるのが自然。

252 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 08:57:22.38 ID:n8koGaBV0
欧米だと日本ほど容姿は重要視されない。
日本ではイケメンや美人は異常に尊重されてほぼ人生勝ち組になるけど
欧米ではそこまでじゃないよ。

253 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 08:57:28.37 ID:QFIjBxcQ0
金髪や白い肌は優性遺伝しないのに良く此処まで人口増えたよな。
移民で数百年もすれば絶滅しそうだけどさ

254 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 08:59:02.28 ID:qto9Q/e60
>>247
東北だけじゃなく普通にこんな感じの目の色いると思うが

255 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 09:04:38.75 ID:dwkUq2oF0
>>252
それは簡単に「欧米」でくくれない。
米・カナダあたりじゃ、金髪碧眼の典型的白人の珍重度はすごい。
金髪碧眼は七難隠す勢い。
金髪碧眼ですこしばかり容姿がよければ、人生勝ち組だよ。

256 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 09:08:12.59 ID:8U1wARMg0
>>255
ブロンドがバカ扱いだったのは過去の話ってこと?

257 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 09:11:06.17 ID:dwkUq2oF0
>>256
いや、女の子の金髪碧眼がノータリンだと思われがちな傾向に変化はないが、
ノータリンだと思われる原因は、
それだけでモテて玉の輿にのれるからだよ。

258 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 09:13:25.90 ID:qto9Q/e60
アメリカは太っているはだらしないといわれ金持ちほどダイエットに忙しいとか
女ではチアリーダーになれば勝ち組とはテレビでやってた
金髪碧眼ではなかったけどどの子も美人揃いだったよ

259 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 09:16:47.70 ID:aiH/4D/XO
そりゃ欧米人が今の容姿になったのはバイキングに侵略されたおかげですし…

260 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 09:17:42.90 ID:mfO5fhTa0
>>13
肌の色は骨格なんかとちがって進化が速いんだってさ
インド人なんかもモンゴロイドじゃなくてコーカソイドなんでしょ?

261 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 09:18:13.38 ID:yge5IJzC0
古代はそうだろう、ローマ人も黒髪って聞いたし
サクソン人やノルマン人増殖あたりからでしょ

262 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 09:19:43.34 ID:o/qywct3O
動植物の外来種は駆除するのに
人間の混血交配は構わないのかね

263 :ロバくん@モバイル:2014/01/28(火) 09:21:57.67 ID:iHKbp92L0
大陸での侵略は基本根絶やしだからな…

264 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 09:24:12.35 ID:VBXXMK9r0
>>259
ラブラナ1はスウェーデン人に近いらしい。
つまりバイキング(デーン人)に近い。
だから侵略された結果というなら、別の集団ということにならないか?

265 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 09:27:11.63 ID:keISJ2jo0
今までは欧州から中東、インドに人が移動した説取っていたのか
これが白人の祖先は中東あたりから広がった可能性が高いってことかな?

266 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 09:30:11.68 ID:cmH7fNAY0
>>6
たまらんなぁ

267 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 09:33:07.06 ID:23ov6KzAO
ナディアは日焼けだろ?

268 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 09:45:04.39 ID:nW3foNkU0
>>265
BBCの「ヒューマン・ジャーニー」という番組の中で,アフリカを出た
現生人類の祖先は中東まで来て、そこから先、向かう方向が二手に
別れたと紹介していたから、そうなんじゃないの?

269 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 10:07:56.92 ID:/ye3TAShO
金髪慧眼ってネアンデルタールが元々そうなんだろ?

270 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 10:39:19.92 ID:qto9Q/e60
>>269
ネアンデルタール人は髪は赤毛で白い肌だけど青い目だったかはよくわかってないじゃね
165センチと身長が低く胴長短足だから今の白人とは違うと思うが

271 : 忍法帖【Lv=21,xxxPT】(1+0:5) :2014/01/28(火) 11:21:39.46 ID:AXoyYWaq0
>>8
セム・ハム系はまた別だろ

272 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 11:23:20.09 ID:MMa28aNv0
そりゃ典型的な白人であるアーリア系はその頃、中央アジアにいただろ

273 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 11:54:16.41 ID:FWLJBuyJ0
>>270
米国の博物館だったかな。青い目の置いてた。

274 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 14:19:45.44 ID:2piBAxPF0
>>247
マンモス追っていた時代のツンドラエリアに住んでいた人達が、北からやって来たんだろうな。
北欧と混じって極東の島に辿り着いたのかも知れないな。

275 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 14:49:39.02 ID:mfO5fhTa0
>>270
ニグロイド以外の人類にはネアンデルタール人のDNAが含まれてるっていう
記事を読んだよ

検索: ネアンデルタール人 黒人以外

276 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 15:16:59.63 ID:XXgOTpor0
前に住んでたアパートの大家さんも碧眼だった
昭和一桁世代で盆栽が趣味。まったく日本人の爺さんだったが
瞳だけは碧

277 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 16:13:33.72 ID:NujHUdiu0
>>276
東北の人にたまにいるらしいな

278 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 16:41:35.65 ID:j+b8sjVh0
日本人でも適応始まっていたのか。東北の地元民は鼻も高いし色白多いもんな

279 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 16:47:41.48 ID:j4hjr5oZ0
>>278
アイヌなんか白人にしか見えないのも多い

280 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 17:31:22.66 ID:zzt1qvXf0
高緯度寒冷地に適応するために肌が白く瞳が青くなったという割りにはイヌイットは黄色い
肌で茶色の瞳なのが分からん。イヌイットが南から北上したというなら、彫りが浅く一重まぶた
という寒冷地に適した特徴が説明できない

281 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 18:10:37.40 ID:NujHUdiu0
北極あたりに行くと紫外線が強いからじゃないか?

282 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 18:22:47.35 ID:qXcJXrsl0
イヌイットはシベリア南部辺りで黄色人種化してさらに氷河の地に北上したんじゃない
白い連中は氷河のぎりぎりで生きていたかもな

283 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 18:31:17.90 ID:ZpqiHgxB0
エドガーケイシーはなんて言ってたっけ?
白人は最近まで黒かったとか言ってなかった?

284 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 18:31:20.14 ID:Z0OkPpnq0
老人の目の色が青かったり灰色がかってるのは白人の血とかじゃないから
「俺の目の黒いうちは許さん」とか言うだろ
単なる老化or白内障、緑内障
白人願望哀れだな

285 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 18:37:16.52 ID:NujHUdiu0
馬鹿じゃないの
そうじゃない人もいるって話だろうが
お前こそコンプレックス酷いな

286 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 18:38:43.41 ID:p5fb4gZI0
>>280
青い瞳は環境と関係なく広がった変異とみられてる。
金髪や赤毛もホモ・サピエンスの歴史では1万年ほど前というごく最近起きた変異で、その色が配偶者を選び子を残す上で有効な誘引要素になったので広がっていったということらしい。
青い瞳もおそらくは同様の選択が働いたのだろう。

モンゴロイドの肌が黄色みを帯びているのはカロチンによるもので、雪原で照り返した陽光に含まれる紫外線を防ぐためという説がある。

287 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 18:38:59.76 ID:nW3foNkU0
>>281
それだと、北欧の北極圏(所謂ラップランドと呼ばれる地域)に
住むサーミ人なんかは、もっと肌が黄色になっていそうなもんだ
けど、実際は色白だし、両者の違いはどういう理由なんだろうね?
勿論、非サーミ人との混血は影響しているんだろうけど。

288 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 18:40:01.81 ID:Z0OkPpnq0
くくくっw
20代〜40代の青目のとうほぐ民の画像出せよ
リアルで見たことねえよ

289 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 18:43:10.15 ID:haWVhLmJ0
>>280
だから食生活の問題、生肉を喰うか否かが大きいぞ。
エスキモーが西洋風の食事になってクル病が流行したってのは有名な話だ。
少年サンデーですら取り上げられたわ。

290 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 19:14:41.70 ID:qXcJXrsl0
サーミ人はフィン族より歴史が新しそうだけどな
白人の一部の移住じゃないの

291 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 19:19:48.98 ID:0vdLTUejO
白人の起源は韓国ニダ

292 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 19:45:00.99 ID:jn/01DBh0
>>280
紫外線の少ない地域では日光でビタミンDが作りにくくなるので
肌の黒い人種はクル病になり子孫残せない、結果色白が生き残る
ビタミンdを多く含む食品を食べる人種はこの限りではない。

293 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 20:11:29.77 ID:j+b8sjVh0
>>286
孔雀では無いけど人間も容姿による性選択は大きいから、文明化が百万年くらい遅かったら
紫やピンク、白に青な髪や目を持った人間が出現したのだろうかw

小型の人間は結構居たよね。中国辺りにも最近までかなり小柄の部族居たし

294 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 20:30:53.84 ID:qto9Q/e60
>>275
似た遺伝子があったというでだけだからな
一応ミトコンドリアDNAでは混血はなかったといわれてる

295 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 21:28:51.93 ID:UwOHo5Br0
>>289
>>288

なんかすごいキチガイが湧いててワロタw

296 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 22:21:37.03 ID:sb34GkgC0
>>181
●校風 その29

『この業界で』
 ↓
偏差値50のバイオ大学だ。富裕層を逆恨みする共同体だ。
偏差値50は勉強なんかどうでも良く、指先だけを採点される。座学は放送大学のバイオ分野がマシ。
女は生まれつき指先が器用で、バイオ根幹実験で重宝され、バイオ教授からエコヒイキされ癒着している。
バイオ教授に庇護される指先の器用な学部生(主に女)は、指先の不器用な学生(主に男)を退学に追い込める特権を持つ。
それが底辺バイオの掟。

『この女に出くわすなんて』
 ↓
中瀬ゆかり症候群の田舎娘たちだ。「富裕層」と「アンチ富裕層」の二兎の人脈を追うので、東京では子無し独身で終わる女だ。
中瀬ゆかり症候群は「お金持ちを逆恨みする人々」で自分の身の周りの人間関係を固め、「富裕層」に対して壁を作る。
壁を作って、モヤシ金持ち坊ちゃんへ濡れ衣を着せて、不良や教授をテコに無職破滅させ、振り向かせて、モヤシへ結婚を迫る。
東京金持ち坊ちゃんの私ソックリの田舎坊ちゃんが、詳しい事情、真相はわからないが、その女に近い人間関係で変死した。
私は、「富裕層」と「アンチ富裕層」との二系統を両方欲しがる欲張り女たちに濡れ衣を着せられて、実験勉強が不可能になった。

『神様は残酷だ。』
 ↓
職場の父へ大学から「お宅の息子さん、ストーカーですよ。」と仕事の邪魔をするイヤガラセ電話があった。闇金督促よりひどい。
その坊ちゃんの私と父とは仲が悪く、私の父は大学トラブルで弁護士を呼ぶことに拒否し、
相談してきた私を殴って食事を抜いて生活費を一時的に止めた。
(その後、私は無職になり、父は混乱動揺狼狽した。父は頭を抱え一気に姿は別人の老人へ変貌した。)

大学に庇護される中瀬ゆかり症候群に濡れ衣を着せられ弁護士を呼べなかったら、無職になり、子無し独身が決定する。
金持ち坊ちゃんの私は退学の決断ができず、問題児の女たちへウソのラブレターを郵送し油断させ、
不良たちには裏でコソコソ金品を付け届けし、逃げるようにほぼ無職で卒業した。
明石家さんまの名言「生きてるだけで丸儲け。」だ。この話は東大卒の心理カウンセラーがウソと断言する世界だ。

金持ちならここは退学して中堅上位大学へ行こう。

297 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 22:29:14.02 ID:5VbgPfE00
インド人みたいな感じだったんかな。

298 :名無しさん@13周年:2014/01/28(火) 22:57:36.71 ID:sb34GkgC0
>>181
●校風 その30

努力しなくてもいい成績をとる子は別だ。普通の成績の子の話だ。
小中高の学生生活で勉強より大切なものがある。「これだけは譲れない大切なもの」が実際にある。
その大切なものよりも、自分の意志で勉強を優先する必要がある。優先順位の話だ。

この優先順位の差が、平均的な凡人にとって世の中の役に立つか立たないかの差だと思う。
体育の成績のいい子は、勉強しなくても力仕事で生きてゆけるんだけど、
机の勉強の成績が平均ぐらいで、かつ、体育の成績の極端に悪い男の子は無職になる。体育で体の動きが変な子。
不良よりもケンカが弱いと、外見が人並みでも人間関係が悪化して、悪意ある共同体で金銭抜きの「恋愛結婚」は無理だ。

中学生は、少数精鋭の「賞罰なしでも進んで勉強する共同体」を手に入れるため進学高校へ、
高校生は中堅、上位大学へ、浪人生は、世の多数派の「賞罰なしだと勉強しない共同体」の影響を避けて勉強しよう。
それで、中堅上位大学へ行こう。

偏差値50大学へ行くとこんな女たちに関わることになる。バイオは女尊男卑だ。
 ↓
中瀬ゆかり症候群の田舎娘たちだ。「富裕層」と「アンチ富裕層」の二兎の人脈を追うので、東京では子無し独身で終わる女だ。
中瀬ゆかり症候群は「お金持ちを逆恨みする人々」で自分の身の周りの人間関係を固め、「富裕層」に対して壁を作る。
壁を作って、モヤシ金持ち坊ちゃんへ濡れ衣を着せて、不良や教授をテコに無職破滅させ、振り向かせて、モヤシへ結婚を迫る。
東京金持ち坊ちゃんの私ソックリの田舎坊ちゃんが、詳しい事情、真相はわからないが、その女に近い人間関係で変死した。
私は、「富裕層」と「アンチ富裕層」との二系統を両方欲しがる欲張り女たちに濡れ衣を着せられて、実験勉強が不可能になった。

問題児の女の数が多かった。男100人女40人で、問題児の女は半分以上の20人以上だった。
東大卒の心理カウンセラーに大学でのトラブルをウソと言われるし、被害妄想扱いで終わる。
自力で証拠を集めればいいというが、証拠を集めるつもりで大学入学するわけじゃない。
お金がからむと、半分以上の女は性格が悪くなる。性格の悪くならない人並み外見女もいるが、卒業するとすぐ結婚だ。

 web-n15-00305 2014-01-28 20:17

299 :名無しさん@13周年:2014/01/29(水) 01:10:25.97 ID:Hv8YCBUN0
自分も、青い目の日本人なんて見たことないなあ

300 :名無しさん@13周年:2014/01/29(水) 01:26:17.25 ID:J4NB9Foy0
白い肌にブロンドってのは、劣性遺伝子なのである。
能力的に劣ってるとかではなくて、発言しにくい遺伝子。
黒い肌と白い肌で混血するとたいがい黒。黒髪と金髪で混血するとたいがい黒。
白い肌、金髪、ってのは他者を受け入れず純血を守ってきた証なのである。
つまりアングロサクソンは筋金入りのレイシストってこった。

301 :名無しさん@13周年:2014/01/29(水) 01:28:38.04 ID:yvpFnde30
とはいえ、北欧人こそガチのレイシストなんだけどね。
日本の進歩的知識人()は決して言わないけど。

302 :名無しさん@13周年:2014/01/29(水) 03:09:50.88 ID:ntBvf8nX0
>>231
ミトコンドリアdnaでしょそれ

ydnaはこちら

http://wadaiwadai2.up.n.seesaa.net/wadaiwadai2/7a406e79.jpg

303 :名無しさん@13周年:2014/01/29(水) 03:12:40.57 ID:ntBvf8nX0
>>243
いやそれはむしろ余裕がないとそういう選択は無理じゃないか
大飢饉で生き死に掛かってたら金髪だの碧眼だの言ってる余裕がない。

304 :名無しさん@13周年:2014/01/29(水) 03:23:01.26 ID:jNG2LTDO0
ミトコンドリアイブのころから
今の人間が黒人系の新人類の子孫で白人が猿(旧人類)との混血とか分かるたびに白豚どもの悲鳴が上がるわw

305 :名無しさん@13周年:2014/01/29(水) 03:24:40.35 ID:7i9yS2Kp0
>>235
見た目の美しさってのもなあ
その時の価値観で変わるし

306 :名無しさん@13周年:2014/01/29(水) 20:49:59.42 ID:flYeTgTg0
この La Brana 1 の Y染色体ハプロタイプはヨーロッパのまれに見られる
C-V20 (C1a2, 旧C6) なんだけど、なんと日本人に特有の C-M8 (C1a1, 旧C1) の親戚。

307 :名無しさん@13周年:2014/01/29(水) 23:23:18.79 ID:ttTMO9UI0
ミトコンドリアイブ説が正しければ
ネアンデルタール人系の雄が新人のメスを犯しまくったってことになりそうだが
当然新人のメスはネアンデルタール人系のバンドに組み入れられる事になりそうだが

308 :名無しさん@13周年:2014/01/30(木) 02:56:18.57 ID:G6vv7Omp0
>>305
太った人がモテたのは昔のアラブ世界だっけ?

309 :名無しさん@13周年:2014/01/30(木) 03:03:04.50 ID:huiwa0KSP
>>308
アラブ以外でも昔は太めがモテてた
ふくよか=裕福・金持ちのシンボル
所謂白い肌みたいなもん

310 :名無しさん@13周年:2014/01/30(木) 03:09:14.20 ID:jg68CWvr0
>>288
戦国時代に書かれた「人国記」に、
「此国(陸奥国)の人は日の本の故也。色白くして眼の色青き事多し」とある

311 :名無しさん@13周年:2014/01/30(木) 03:43:43.69 ID:YNwFXvIY0
明らかに
WCでも ポルトガルの白人は茶色いよな〜 ドイツやデンマークの白人とまったく違う

312 :名無しさん@13周年:2014/01/30(木) 03:59:34.09 ID:mm0rC8i50
>>307
男系のみで継承されるY染色体はすべてホモ・サピエンス由来

313 :名無しさん@13周年:2014/01/30(木) 10:30:12.31 ID:DmKqMZsq0
何百何千世代も混血してれば混ざって飲み込まれる
雌の方ね

314 :名無しさん@13周年:2014/01/30(木) 15:26:03.42 ID:mm0rC8i50
ネアンデルタール由来と思われる遺伝子は核DNAからしか検出されておらず、ミトコンドリアDNAとY染色体DNAは全てホモ・サピエンス由来のもの。
ここからわかるのは交雑があったとしても女系もしくは男系でしか継承されないミトコンドリアDNAとY染色体DNAのネアンデルタール人由来の系統はどこかで断絶してしまったということ。
その系統が子供を残す前に死ぬか生まれた子供が女性もしくは男性しか生き残らなかったばあい、系統はそこで途切れてしまうから。
核DNAはそういうことにならないから痕跡的ではあるがネアンデルタール由来と思われる情報が含まれてることがわかった。

わかるのはそれだけでホモ・サピエンスとネアンデルタール間でどういう交雑が行われたかはこれだけでは全くわからない。

315 :名無しさん@13周年:2014/01/30(木) 20:18:56.52 ID:LHAWd0wk0
男は殺せ、女は犯せ。

316 :名無しさん@13周年:2014/01/30(木) 20:20:37.53 ID:deRP9bdp0
出アフリカしてまだ時間がたってないんじゃないかな。

317 :名無しさん@13周年:2014/01/30(木) 23:58:24.29 ID:cHoTORUZ0
>>181
●ポンペイの落書き その02

都市文明には、「富裕層」と「富裕層を憎悪する人々」とがいる。
ポンペイの古代遺跡には「豊かな生活をする人々を描いた壁画」と「富裕層を呪う落書き」との両方が多数残っている。
「富裕層」と「富裕層を憎悪する人々」とが、互いに商売で得をするのなら別だが、信頼関係を作るのは、原則、不可能だ。
「富裕層」と「富裕層を憎悪する人々」との深刻な対立は、古代ローマ時代の高度文明都市ポンペイでも東京でも同じだ。

【女の奇行】「女が不良の背中に隠れて、モヤシ坊ちゃんへ手抜きで色目をつかう。」 ← それって不良の顔に泥を塗ってる。
モヤシ金持ち坊ちゃんの私に向かってスカートをめくって追いかけてくる田舎娘たちが、私へストーカー濡れ衣を着せる。
私がその問題児の女たちと話し合いをすると、女は私へ住所電話番号を渡し、奇声を発して精神錯乱を起こし、記憶と正気を失う。

中瀬ゆかり症候群の田舎娘たちは、「富裕層」と「富裕層を逆恨みする人々」との両方の人脈を追う。
追って、「富裕層」と「富裕層を逆恨みする人々」との両方に嫌われる。東京暮らしでは子無し独身で終わった田舎娘が多い。

もともと偏差値50大学とは、(玉川大学のような特殊な富裕層大学は別だが、)丸ごと富裕層を逆恨みする共同体だ。
そこで、貧富の差のイザコザで人間関係がこじれると、私の体験では、予想外の人間関係の化学反応が起こる。

東京金持ち坊ちゃんの私ソックリの田舎坊ちゃんが、詳しい事情、真相はわからないが、その女に近い人間関係で変死した。

私の側でも異変があった。
職場の父へ大学から「お宅の息子さん、ストーカーですよ。」と仕事の邪魔をするイヤガラセ電話があった。
初回電話で学生の父の職場にイタズラ電話なんて、闇金督促よりひどい。会社で父に恥をかかせる作戦だ。
その坊ちゃんの私と父とは仲が悪く、私の父は大学トラブルで弁護士を呼ぶことに拒否し、
相談してきた私を殴って食事を抜いて生活費を一時的に止めた。
(その後、私は無職になり、父は混乱動揺狼狽した。父は頭を抱え一気に姿は別人の老人へ変貌した。)

私は女たちへウソのラブレターを郵送し油断させ、不良たちに裏で付け届けし、ほぼ無職で卒業した。

92 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)