5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【文化】 “一生童貞・処女のまま” 封印された日本のタブー、人権を無視した某集落の奇習「おじろく・おばさ」★2

1 :☆1 2013/10/23(水) 02:04@ちゃふーφ ★:2013/10/23(水) 13:29:27.95 ID:???0
 長男以外の人間は、結婚もできず、世間との交流すら許されず、死ぬまで家のために奴隷のごとく
働かされる......。いったい、いつの時代の、どこの国の話だと思われるかもしれない。しかしこれは、
日本に20世紀まで実在した「おじろく・おばさ」という風習なのである。

 国土の7割が山である日本。山林によって隔絶された村では、独自の文化が発生する場合が多い。
昔の長野県神原村(現・下伊那郡天龍村神原)もその一つだ。

 耕地面積が少ないこの村では、家長となる長男より下の子供を養う余裕がない。そのため、
家に残った下の子供は「おじろく(男)・おばさ(女)」と呼ばれ、長男のために死ぬまで無償で働かされた。

 家庭内での地位は家主の妻子よりも下で、自分の甥っ子や姪っ子からも下男として扱われる。
戸籍には「厄介」とだけ記され、他家に嫁ぐか婿養子に出ない限り結婚も禁じられた。村祭りにも
参加できず、他の村人と交際することも無かったため、そのほとんどが一生童貞・処女のままだったと
推測される。将来の夢どころか趣味すらも持たず、ただただ家の仕事をして一生を終えるのである。

 そんな奴隷的な状況が、ある種の精神障害をもたらすのだろう。おじろく・おばさは無感動のロボット
のような人格となり、言いつけられたこと以外の行動は出来なくなってしまう。いつも無表情で、他人が
話しかけても挨拶すら出来ない。将来の夢どころか趣味すらも持たず、ただただ家の仕事をして一生を終えるのである。

 16〜17世紀頃から始まったとされる「おじろく・おばさ」制度だが、もちろん現在の神原では、
このような制度は存在しない。ただ明治5年でも190人、昭和40年代に入っても3人の
おじろく・おばさが生きていたというから驚きだ。

 この辺りの状況を報告しているのが、『精神医学』1964年6月号に掲載された近藤廉治の
レポートである。近藤は現存していた男2人、女1人のおじろく・おばさを取材し、彼らの
精神状態を診断している。普段の彼らにいくら話しかけても無視されるため、催眠鎮静剤である
アミタールを投与して面接を行ったそうだ。(続きはソースで)
http://n-knuckles.com/discover/folklore/news000589.html

前スレ: http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1382461451/

2 ::2013/10/23(水) 13:30:02.98 ID:+6WrP6ph0
あれ、俺もおじろく・・・?

3 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:30:09.47 ID:ppsmuWO00
東北土人きめーwwwwwwwwwww

4 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:30:38.59 ID:QZRC8TiE0
俺のことかと

5 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:30:45.79 ID:485aDnug0
パパはチビ3

6 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:32:03.65 ID:h4Od5Hen0
消えた年金記録とかぽっくんじゃないから
なんでも人のせいにしないで・・

7 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:32:14.78 ID:gbuUbxbp0
長野って東北なの?

8 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:32:26.60 ID:zALIgcDI0
おじろくでもおはざでもないのに
一生童貞や処女を守り続けてる人ってなんなの?

9 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:32:27.17 ID:pAFzlfEg0
まぁ、長野だからさもありなんって感じだよな。
別に驚きとかは特に無い。ある意味長野らしいって思ったし。

10 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:32:27.76 ID:bn2Mgga90
おwwwwwまwwwwwいwwwwwらwwwww

11 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:32:31.32 ID:urcjaHWO0
口減らしより理知的だと思う

12 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:32:43.10 ID:ajF8eJy+i
おまえらのことか

13 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:33:03.78 ID:ycJU9d3i0
珍しい話ではない
日本全国似たり寄ったり

14 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:33:41.39 ID:fnNHe5ah0
処女で握手スレイブで恋愛バレたら、家おいだされるみたいなやつ?
坊主にしてもあかんみたいな。でも裏でやりまくりなんやろ?

15 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:33:41.66 ID:8VUtjYp/0
半年位前にあった。山口の連続殺人 あれもこんな風習の元の出来事が
あったんかなぁ?

16 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:33:57.90 ID:CoZPO8qq0
で、なんで地域は不特定なの?

おじろく・おばさだっけ?その話をつかんだんだから発祥の地域だって
分かるだろうに。

都市伝説?

17 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:34:19.28 ID:icv9ztFg0
童貞ではないおじろくかよ…(・◇・)?

18 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:34:34.69 ID:4/YRYePe0
おまいらwwwwwwwwwwwwwwwwww
絶滅危惧種wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

19 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:34:36.87 ID:f8qhfS8w0
ユニクロやワタミがこれに目をつけないわけが無い

20 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:35:24.16 ID:rjEuJuZc0
俺もこのままだと一生童貞だから人権やばい
童貞をなくすために国は予算をつけて対策をすべきだ

21 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:36:27.30 ID:hFYgpnxBO
本日のお前らスレ

22 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:37:14.70 ID:JMoA9tje0
>>16
バカなの?

23 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:37:20.26 ID:OB0C+ywuO
たそがれ清兵衛の家の使用人がそんな感じだったな

24 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:37:31.08 ID:3tZdv5m20
微妙にこの記事と似てるんだけどなぁ。。。

http://psychodoc.eek.jp/abare/ojiroku.html

25 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:37:54.19 ID:lzkEMEa90
OZRock OVATha
かっけえ…

26 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:38:20.25 ID:jbZqMr6a0
ある意味リストラと同じ

27 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:39:02.01 ID:5mslgXgf0
現代では2ちゃんねら〜がその伝統を絶やさずに守ってる!
絶滅危惧種どころか増えて困ってるwしかも仕事しないw

28 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:39:25.76 ID:9fX6uW910
さすが、長野土人
やることなすことが、恐ろしいな。
リニアのクレームのつけ方といい、朝鮮人以下だわ。

29 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:39:43.01 ID:p7kv8dv00
なんだ今の俺のことか

30 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:39:56.60 ID:2FaEQdXk0
>>7
>>3 の中では

31 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:40:04.84 ID:+D2iPh0Q0
我々は>>1が何故このようなスレッドを立てたのかという
疑問を解決するため、>>1の故郷である長野県神原村に向かった。
「まだ日本にこんなところがあったのか…」
思わず口に出てしまった言葉を同行した上司に失礼だと咎められた。

小人が住むような小さな家、ツギハギだらけの服を着る農夫たち、
そして彼らは余所者で身なりのいい我々を監視する様に見詰めている。
高度成長だの、神武景気だの、オリンピックだので浮かれていた
我々は改めて農村の現状を噛み締めていた。

ボロ屑のような家に居たのは老いた母親一人
我々を見るなり全てを悟ったのか、涙ながらに
「息子が申し訳ありません」と我々に何度も土下座して詫びた。

我々はこの時初めて>>1を許そうと思った。
誰が悪い訳ではない、農村の貧しさが全て悪かったのだ。
我々は>>1の母親から貰った干し柿を手に、
打ちひしがれながら東京へと帰路についた。

32 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:40:49.89 ID:dALO2yZm0
まあキーボードをカタカタするしか能の無いオマエ等よりはマシだな。

33 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:41:01.43 ID:BttcZYgo0
一生処女って奴は居ないんじゃないかな
どんなブサイクでも女ならやられちゃう
男も後ろの方はやられちゃうだろ

34 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:41:23.00 ID:dy0n18MoO
>>16
頭大丈夫?

35 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:41:27.17 ID:hVZJXb1v0
ほんまジャップは土人文化に秀でてるよな

36 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:41:37.34 ID:ycJU9d3i0
〜江戸時代〜
人口 3,000万人
寿命 40〜50歳
成人になるまでの死亡率が高い

年間出生数 200万人弱かな?


〜 現在 〜
人口 12,000万人
寿命 80歳
成人になるまでの死亡率が低い

年間出生数 120万人

37 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:41:51.92 ID:bBNWa29z0
次男だからじゃなくて精神障害者だからだろ

38 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:42:00.34 ID:0zP7+Y7i0
>戸籍には「厄介」とだけ記され

なんか生々しいな…

39 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:42:08.16 ID:fyPPQM410
>>1
>他の村人と交際することも無かったため、そのほとんどが一生童貞・処女のままだった

>いつも無表情で、他人が話しかけても挨拶すら出来ない。
>将来の夢どころか趣味すらも持たず、ただただ家の仕事をして一生を終える

完全にオマイラのことですwwwwwwwwwww

本当にありがとうございましたwwwwwwwwwwwwww

40 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:42:10.55 ID:fnNHe5ah0
宗教はこういうんを美徳とするとこあるんや。中世やな
仕事ないんやから我慢せえ。結果、少欲、無心の境地、御心のままにみたいな

古代ギリシャみたいに奴隷制の上の平等・民主主義が崩れると、封建制に戻った
みたいな歴史あるからな。ひょっとするとくるで

41 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:42:14.96 ID:TwR5V11SO
可愛いのに処女の30代とか珍しくないからな

42 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:42:19.35 ID:E6wUOE2HO
ググッたら画像が

43 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:42:55.55 ID:LAeEyOpJ0
>>16
これはひどい

44 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:43:00.71 ID:dtG+4qfE0
タブーて
水呑百姓だろ要は

45 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:43:07.00 ID:Iz4jvL3C0
一生処女なわけないだろ
長男の妻子に貫かれたり来客の性接待にまわされたり・・・

46 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:44:05.33 ID:YGQ9o/0S0
それにしても、みのもんたの次男の幸せなことよ。

出来から云えば、おじろく。
待遇は、おぼっちゃま。
親の顔にドロ塗ってます。

47 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:44:48.08 ID:R9Ya6MeT0
楢山節考の左とん平がこんな役回りだったな。
村の後家さんのおかげでdtは卒業できてたけど。

48 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:45:01.80 ID:8/3P+1e40
>>1
これのどこがニュースですか?>ちゃふーφ ★

49 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:45:37.71 ID:3pmRtMLU0

おじろく


おばさ


50 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:45:44.50 ID:iJNIBahQP
本当に処女なの?
それが守られてたって言うなら
ある意味、すげー厳格なまでに統制された社会だったんじゃね?

51 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:45:57.82 ID:udJVEeFbO
偽物の部落民作りだな、チョンコロ。

写真とか、きちんとした証拠を出せ。いつもあやふやなんだよ。

で、今回は非常に少数の部落民の紹介だが、部落認定されている数が多過ぎるだろ、チョンコロ!

52 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:46:13.92 ID:Q4EawHbH0
>>1
子供を残せない以上、地域の遺伝的形質に影響を与えた可能性はゼロ
おじろく・おばさの親もその親も長男夫婦としてふんぞり返っていたはずで、気力を失った人の末裔というのも全く根拠がない
おじろく・おばさに固有の精神的形質があるとすれば、先天的なものではなく後天的なものでしかあり得ない

恐らくそういう隷属的な人格を作り上げるための、非人道的なメソッドが確立していたのだろう
その事に気づかなかったとすれば、近藤という男は頭が悪いとしか思えない

53 :名無し:2013/10/23(水) 13:46:46.25 ID:v190yrVH0
このビジネスチャンスに俺も噛みたい

54 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:46:48.35 ID:3XLW+VLu0
世界には環境に恵まれない貧しい地域での気の毒な風習は今でもある

55 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:46:51.83 ID:IlLWdINT0
>>51
とりあえず病院行った方がいいんじゃない?

56 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:46:58.92 ID:wFo9gzCz0
このスレの98%がおじろく

57 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:47:17.14 ID:NtXwhML00
戸籍上は「厄介」...

58 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:48:03.21 ID:7/+mllNBP
家事をしてるところまで俺かよ・・

59 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:48:29.33 ID:VRQHoOk30
糞自民の理想の人間像

60 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:49:20.43 ID:ycJU9d3i0
>>36の続き
何が言いたいのかというとだな
総体的には江戸時代より現在の方が悲惨なんだが・・・

61 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:49:27.05 ID:xw5au2qs0
大卒以外の人間は、結婚もできず、世間との交流はネットだけが許され、死ぬまでパソコンの中
だけでいきる......。これは、現代日本に今まさに始まろうとしている「ニート」という風習なのである。

人口の9割が無職である日本。学歴や美醜によって隔絶された国では、独自の文化が発生する場合が多い。
現代の都心部もその一つだ。

雇用の少ないわが国では、ニートを養う余裕がない。そのため、無職のニートはパソコンだけ
与えられ死ぬまで童貞、無職でひきこもった。

家庭内での地位は家主よりも上だが、対外的にはニートとして扱われる。
戸籍には「厄介」とだけ記され、他人と交際することも無かったため、そのほとんどが一生童貞・処女のままだったと
推測される。将来の夢どころか趣味すらも持たず、ただただネットをして一生を終えるのである。


そんな奴隷的な状況が、ある種の精神障害をもたらすのだろう。ニートは無感動のロボット
のような人格となり、反射的な書き込み以外の行動は出来なくなってしまう。
いつも攻撃的で、他人が話しかけても挨拶すら出来ないアスペ。
将来の夢どころか趣味すらも持たず、ただただネットをして一生を終えるのである。

 16〜17世紀頃から始まったとされる「おじろく・おばさ」制度だが、もちろん現在の神原では、
このような制度は存在しない。ただ明治5年でも190人、昭和40年代に入っても3人の
おじろく・おばさが生きていたというから驚きだ。

 この辺りの状況を報告しているのが、『精神医学』1964年6月号に掲載された近藤廉治の
レポートである。近藤は現存していた男2人、女1人のおじろく・おばさを取材し、彼らの
精神状態を診断している。普段の彼らにいくら話しかけても無視されるため、催眠鎮静剤である
アミタールを投与して面接を行ったそうだ。(続きはソースで)

62 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:52:49.74 ID:6ZoW9LQxO
おばさってのは現実には殆どいなかったんじゃないかな。
女は遊廓に売れるからな。
戦中なら従軍慰安婦にして前借りさせれば豪邸がたつ。
家で働かせるより遥かに金になるが。

63 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:53:33.95 ID:okY1xbnY0
つーか、ほとんどの日本人の先祖って>>1と似たようなもんでしょ

位階勲等とは縁がないどころか、分家の分家のそのまた分家の1反百姓だろうに

64 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:53:52.37 ID:L01gNfiW0
この一件を知り合いの韓国人に説明してやったら、ひとしきり爆笑したあと
目に憐憫と軽蔑の色を浮かべたよ。「日本……w」ってボソっと言ったのが
印象的だった。ちなみにこの騒動の抄訳文を渡してやったら大受けで、
いまあっちの掲示板にコピペされまくりらしい。

65 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:54:10.05 ID:Lt7HwSJ20
男は江戸に出稼ぎとかしてたんじゃねえの
女は嫁に行けばいいんじゃね

66 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:54:22.90 ID:fnNHe5ah0
カーストやな。まあ国民は平等みたいにもってくには、えらいコストがかかるからな
武士は武士、農民は農民、奴隷は奴隷みたいにしといたほうが安上がり
明治以降はみんな平等になれるんや。がんばれでやってきたわけやけど
格差をあきらめてまうとこうなる可能性はあるな。ワタミ社員とか

67 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:54:40.00 ID:G2YfAxSHO
お前らって好きな女に告発したことあるの?
お前らって女とデートしたことあるの?
お前らって女と手をつないだことあるの?
お前らって女と抱き合ったことあるの?
お前らって女とチスしたことあるの?
お前らって女の父吸ったことあるの?
お前らって女にクンニしたことあるの?
お前らって女にフラチオされたことあるの?
お前らってDTなの?
お前らってなんで大人の女性とふつうの恋愛できないの?

というか美人で処女で性格もよくお前らにも優しい天使のような女性が現れたとしてどうすんの?とりあえず声掛けるなりしてメアドでも聞くの?
だって、そんな超優良物件なんだから過去にお前らよりイケメンや金持ちや女性にやさしい男だって言い寄ってただろうに、なお処女なんだよ。
そんな鉄壁防御の女落とせんの?処女マンゲットできんの?
それとも、まさか…まさかとは思うけど自分は何もせず、相手が勝手にホレてくれて告白でもしてきてくれるのをじっと待つの?そんなんあり得なくね?エロゲじゃないんだから。自分から動くしかないよ?

お前ら(笑)ってこんな感じなの?
http://www2.big.or.jp/~uks/ne_image/ne020908/chanko05.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/tarutaru_cooking/imgs/c/f/cfe84bc4.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/mstkkt/imgs/6/e/6e6d19e1.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/mstkkt/imgs/d/b/dbf6c3fb.jpg
http://pds.exblog.jp/pds/1/200509/18/36/d0065236_1937429.jpg
http://matome.naver.jp/odai/2125118904687001086/2125118914374493759?guid=on&oPage=3

68 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:55:28.40 ID:ycJU9d3i0
>>60の続き

江戸時代ってのは長男が家督を継ぐ、次男坊以下は好きにしろの世界
自分で稼げないのなら部屋住みが許される

現在は皆が好きにしろの世、部屋住みは許されない

69 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:55:42.62 ID:BZeDls4C0
形態は違って奴隷じゃないが、自宅警備員・ニートは現代の厄介である「おじろく」

70 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:55:45.32 ID:8pRkrYEp0
自分がそんな感じだったわ。 昭和49年生まれ、京都の糞田舎で育った女がだ。
教育は受けたけど、全ては医者にするため、病院を継ぐため。
継いだら祖母両親を支え、長男(頭悪い)をもり立てるために尽くせ、
財産が分散しては家が衰退するから婿養子を決めるが子どもは生むな、って。
テレビ見たり音楽聴いたり、趣味をもったり友達と遊んだり電話したりといった自由は無かった。
16で家出したよ。

71 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:55:49.07 ID:vBeSuogA0
仕事中の俺か

72 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:55:58.97 ID:Hpc2isbX0
上伊那の中川村に住んでる者だけど、この記事は少し盛りすぎw
長男が死ぬことも多かった時代に、次男をこんな状態で育てるわけないだろw
そういう家もあったというだけであって、集落全体がそうであったわけじゃない。
この地域はどの家も、お蚕さんをやってた時代。
長男だけが人間扱いされるような環境で生活できるわけがない。
情緒的なコミュニケーションがなければ、とても家蚕で生計を立てることなどできない。

73 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:56:27.42 ID:3pmRtMLU0

おばさ


おじろく


74 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:57:05.17 ID:/2hvImQ60
かと言って自由ってなんだよ?
就職もできず家でネットばかりやってるのが自由なのか?
就職できたとしても一生会社の奴隷として死んだような生活送ることが自由なのか?

75 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:57:11.40 ID:+Xw7g1ak0
天龍って書いてあるとおり、静岡との県境辺りだよな
磐田から茅野まで縦断した事あるけど
山深すぎて気が狂いそうになるところだよ

76 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:57:27.57 ID:QSsgXyk40
>>11
長男長女しか結婚出来なかったら村は戸が増えず過疎化するんだが

77 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:57:38.38 ID:NZeorpjP0
現代のおじろくおばさが集ういんたーねっとがあるらしい

78 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:57:56.14 ID:64HHy7Js0
兵庫や北九州の連続殺人事件の被害者は、こんな感じだったのかな

79 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:58:21.72 ID:bf1y+yqk0
のんのんびよりですね

80 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:58:52.28 ID:nnNVHDzD0
>>72
おまえ何歳だよ?

81 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:59:14.04 ID:+gb9UImj0
みょーじょーみにらーあめん

82 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 13:59:33.89 ID:F528EhQ8O
映画の楢山節考観てひでーな、と思ってたけど
現実の方が酷かったのか…

83 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:00:02.36 ID:1wlW+6ZE0
>>1
近い地域に住んでるけどこんな話一度も聞いたこと無い。
曾じいちゃんの妹が女別家して優雅に暮らしてたとか(当然旦那さん&子供あり)
そういう話は聞いてるけど。

84 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:00:53.57 ID:ycJU9d3i0
>>68の続き

次男坊以下でも才覚のある者や家が繁栄すると分家が生まれる
種芋の本家を守りながら余力があれば分家を生むシステムなんじゃ

85 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:01:29.69 ID:u7Ijcpnd0
>>3
日本の地理を学んでから書き込めよ
哀れで愚かな朝鮮人

86 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:01:38.86 ID:nnNVHDzD0
>>76
農地がないのに家増やしてもしょうがないべ
実際、近代以前、こういう山間部はいったん限界まで増えたら千年以上人口横ばいよ

87 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:01:54.21 ID:RsDYEz9F0
(´・ω・`) 「オマイラのことかと思った」

88 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:01:59.17 ID:oGaHmFzYO
ひどい話だけど、水も引けないし耕作地も収穫高も増やせない村落が生き残るためのルールだな。
世帯数を増やすと一度の不作でみんな死ぬ。

89 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:02:07.29 ID:/86Uz1tx0
江戸時代の長野の農家なら、長男でも厳しい生活だった。
都市に近いところなら、長男以外は町に行って丁稚奉公とかで生涯独身も多かったろう。吉原が繁盛したわけだ。

90 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:03:22.43 ID:GDIiPxoA0
「おらあ見ただ 銀色の火の玉が空を飛んでただ 天狗様のたたりに違えねえ」

 催眠鎮静剤であるアミタールを投与して面接した

91 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:04:31.64 ID:RsDYEz9F0
昔は長男以外は結婚できなかった。

今は長男だけが結婚できない・・・・(´・ω・`)

92 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:05:35.21 ID:3lDF3AH80
>>1
避妊去勢の猫も一生童貞処女

*猫の糖尿病に注意*

家庭で飼っている猫は通常のドライフードでは太りすぎて糖尿病になってしまう。
値段が変わらない「肥満用・低脂肪」のドライフードに切り替えるべき。

猫が歩いてる時に上から見てウエストがくびれてなければ糖尿病予備軍です。
即座に下記のダイエットフードと現在与えているフードと脂質を比べてみて下さい。猫の糖尿病は年々増加してます。
特に避妊・去勢した猫は糖尿病になりやすいです。おもちゃも毎月買って遊ばせて刺激を与えましょう!運動にもなります。

肥満用の猫ドライフード一覧
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/dog/1380191432/13-

× ぽっちゃり猫 = かわいい
○ ぽっちゃり猫 = 糖尿病という難病(死)へ一直線

「 猫 肥満 ドライフード 」で検索して猫の長寿のために研究すべし。

93 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:08:19.11 ID:yBnKpozz0
こりゃまたどす黒い因習だねw

94 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:08:23.22 ID:GjZ+P21Q0
長野って古くて暗くて嫌〜な因習の玉手箱だからなあ
十分に想像できる記事だわ

95 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:08:46.17 ID:J99tdnlyi
農家の次男以下は下人とされたんだろ?
金に困ると女の子は売られた。
花いちもんめの遊びは女の子が金一匁で売られてた事に由来する。
花いちもんめで「あの子が欲しい」と持ってかれた方が勝ちなので
分かると思うが買われた娘の方が勝ち組で売れ残りは負けだったらしいな

96 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:11:01.19 ID:MbAAa6Sp0
家督を継げない農家の長男以外は厄介者という考え方、戦前ではごく
普通だったよ。女子は売れるけどな。

97 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:12:21.75 ID:y7f98Ctk0
長野の地銀においてあった土地の本をちらっと読んだことがある。
老人を神社かどこかに顔だけ出して立てに埋めて口減らししていたそうな。

98 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:12:50.80 ID:fnNHe5ah0
このスレにはデフレがわるい、おじろく、おばさにカネばらまけ厨はおらんの?
勢いがないな

99 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:13:28.14 ID:wn2xbCgA0
いやぁ〜、オレも今からでも童貞に戻りたいわ…

セックスなんて失敗したら「親」になるんだぜ?
女も歳くったら負債になるのは先輩諸氏を見れば分かるしな…

結局、独身の方が処世術に長けてるのは定年退職者を見ても分かる。キーマンなら尚更(無視されると分からんが…)

100 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:13:36.34 ID:hlrR4YhU0
俺たちのことか
せめて家事くらいは全部引き受けんといかんね

101 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:14:26.83 ID:2rCZWrCq0
昔って夜這いの風習もあったらしいから
自分の妻や夫を持てないだけで経験とかはあったんじゃないかな

102 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:14:46.30 ID:QngQln89O
おじろく・おばさ
でググってみ

一番上に来るサイトのほぼ丸パクリでびぶった

103 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:15:07.38 ID:3pmRtMLU0
>>1-1000
おじろく、おばさ

104 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:15:11.64 ID:RsDYEz9F0
きっと、オマイラの前世は、おじろく、おばさ

105 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:15:11.69 ID:CKTvyUFc0
>>96
うん。武家だって主家からお役をいただけるのは一人だけなんだから
次男以下は厄介者だし。
今は家督とか財産の類がもともと無い貧乏娘が売れ残るんだけど売られるよりはましだわ。

106 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:15:16.52 ID:dQdZK6pPO
女は肉便器兼用になるんじゃねーの?

107 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:15:32.38 ID:GXsec5QfO
現代はネットおじろくやネットおばざが氾濫してそうだな


部屋に引き込もって2次元しか愛さないで生涯を終えるんじゃない?

108 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:16:06.10 ID:DG5O9IuiP
こんなの江戸時代なら普通の話だろ。
白川郷の合掌造りの屋根裏部屋は
次男以下の部屋だったのは有名な話だし
武士だって養子先が無ければ一生部屋住。
幕末の大老井伊直弼は兄達がドンドン死んで
大老まで上り詰めたが、兄達が元気だったら
部屋住で終わってた。

109 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:16:20.87 ID:CClLhlSj0
つーからい病で隔離した挙句虚勢とか公然とやってたんだし、
元々日本は精霊崇拝の原始的な国で、生贄文化が普通にあったし
こういうのがあってもおかしくないわなー

110 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:16:36.87 ID:63BT0tRP0
注目すべきは就労形態であって
性行為の有無はどうでもよくね?

111 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:17:32.07 ID:p7kv8dv00
でもぶっちゃけさ、おじろくおばさの方が楽だよねwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

112 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:17:43.83 ID:CKTvyUFc0
>>109 それが嫌だとなったら他国を侵略するしかなくなるんだものな

113 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:17:54.74 ID:+D2iPh0Q0
wikiに乗ってたぞ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E4%BB%A3%E5%8C%BA
おじろく

114 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:18:17.84 ID:vA8n2bHk0
>>86
江戸時代の多くの村落では開墾したり、同じ耕作地での生産性の向上を図ったりした。
それが国(藩)全体を豊かにするからだ。
だから、新規の開墾には年限を定めて年貢も免除した。

そうした方策を採らなかった数少ない藩の例なんだろう。

115 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:18:25.22 ID:zB2n/Zyh0
>普段の彼らにいくら話しかけても無視されるため、催眠鎮静剤である
>アミタールを投与して面接を行ったそうだ。

これって問題ないの?

116 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:19:10.70 ID:1UiY3Q3z0
まだ捜せば、20代の可愛いおばさの2人や3人くらいいるかも

117 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:19:17.44 ID:PS+nK5Ij0
そういえば、医者いじめ村に行ったマッドサイエンティストからのレポート、
まだなのかな

118 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:20:01.17 ID:yBnKpozz0
人命軽視、人間をモノのように扱い、ボロ雑巾のようになるまで使い倒したあげく簿御堂善のように捨てる日本の因習。
借金の担保に人命を差し出すよう迫る因習。 レールを踏み外した者にとことん冷淡な社会。 
再チャレンジを阻む空気。 そうした日本独特のどす黒い因習が企業から腐臭を放ちながら吹き出している。
この狂気は何百万人殺そうとけっして改まることはない。  悪辣な企業を市場から退場させることすら出来ない自浄作用の全くない市場。
それを放置するどころかけしかけてきたLDP。

あらたなおじろく、おばさが生まれる日はそう遠くない。

キチガイ国家日本万歳!  底辺への競争を未来永劫続けるが良い。    キチガイ経営者万歳!

119 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:20:53.89 ID:ySOJjBwJ0
これがネットでおもしろはんぶんに高齢童貞を中傷する言葉としてはやらない事を祈るよ。
これには日本人全体を侮辱するニュアンスが含まれてるからな・・・。
ネタにしていいことと悪い事があると俺は思っている。どんな人間がネタにしてるのかは知らんがw

120 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:21:07.79 ID:CKTvyUFc0
>>111
長男夫婦もそれほど労働しないで済むのでは?

121 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:21:34.15 ID:mO4H3J2i0
>>112
まあ江戸時代に鎖国せず、アジア進出すべきだったという考えはあるだろうな。
当時は東南アジアなんかに日本町などもあったのだから、鎖国しないで勢力圏拡大でやっていくという選択肢もなかったわけではない。

122 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:23:10.42 ID:5KePNx7u0
むしろこういうのを制定すべき
無駄に生きてるニートに、スタンガン付きの首輪を付けて
家人なら自由に罰を与えていい、っていうルールで

123 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:23:20.06 ID:bvrdIBfy0
(o^O^o)お前ら現代の おじろく おばさだな

124 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:23:28.71 ID:qK9ZRkwM0
>>105
おまえ売れ残るなんて言い方したなら売れないとかいったら何言ってんの?ってなるだろ
言葉を選べ

125 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:24:24.72 ID:WzmZ24240
>>3
朝鮮人気持ち悪い
立派な祖国に帰って伝統文化である糞食いでもしてろ

126 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:24:39.72 ID:yvya9G0C0
社畜という名の精神障害者が日本中にいるじゃん
放射能浴びながら日当10000円とか
確実に100年後には伝説として語り継がれるだろ

127 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:24:40.18 ID:lcKhaHWb0
長野はいまでも、長男が一番偉いし、本家と分家も区別されてる
身分が低い者は、発言は無いし、広い土地は長男の本家が代々所有してる
バブルでビル所有になっても、本家長男が全部引き継ぐ

128 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:25:49.44 ID:ZAvRygs60
>>31

我々は>>1が何故このようなスレッドを立てたのかという
疑問を解決するため、>>1の故郷である中国西部の貧困村に向かった。

「まだ、地球の成長センターといわれる、アジアに、こんなところがあったのか…」
思わず口に出てしまった言葉を同行した上司に、失礼だと咎められた。

小人が住むような小さな家、
ツギハギだらけの服を着る農夫たち、
そして、彼らは、
余所者でスーツ姿の身なりのいい
日本警察の派遣捜査員である我々と、
中国 人民解放軍の護衛兵らを、監視する様に見詰めている。

アベノミクスでの高度成長だの、スカイツリーだ、
東京オリンピック、北京オリンピックだの、上海万博、空母リョウネイだので浮かれていた我々は、
改めて中国の農村の現状を噛み締めていた。

ボロ屑のような家に居たのは老いた母親一人
我々を見るなり全てを悟ったのか、涙ながらに
「息子が申し訳ありません」と我々に何度も土下座して詫びた。

我々はこの時初めて>>1を許そうと思った。
誰が悪い訳ではない、農村の貧しさが全て悪かったのだ。
我々は>>1の母親から貰った干し柿を手に、
打ちひしがれながら、日本国 東京へと帰路についた。

129 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:26:31.57 ID:HXWvrFQJ0
おばさにして働かせるより売り払った方が金になると思うんだが。

130 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:26:46.88 ID:8ijBYLUbP
俺かよ

131 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:27:19.75 ID:zB2n/Zyh0
まあ自民政権になったことだし
これからは、またこういうネタが増えるだろうな

132 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:27:25.99 ID:/C5L9wMR0
>>8
>おじろくでもおはざでもないのに一生童貞や処女を守り続けてる人ってなんなの?

『おはざ』じゃなくて『おばさ』でしょ
おはざが、おはぎに見えて爆笑してしまった自分もたいがいだけど

133 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:27:47.03 ID:EBTVZQC70
東北も北陸も基地外百姓の村では当たり前のことだろ

134 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:28:33.26 ID:3RtPGjIwO
異性との接触が無いと確定すると、絶対精神にくるよね。
最近よくわかる。

135 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:29:09.11 ID:RsDYEz9F0
これさ・・村の中で、おじろくとおばさ同士でセックスすれば、一生、童貞、処女にはならねえんじゃあねえ ?

136 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:29:29.02 ID:ZAvRygs60
  >>1              ____
               /=======ァ^ト┐
               ト=======扣z<ヽ
               人二二二二式 |:.:',   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 /:/:{/-|/}/}/-ヾ :l|.:.:|  |  諦めたらそこで試合終了ですよ
             |イ:i:代ナ 弋ナ Z .:| <   とミサカは
         /}}}    Nリ  __   rjノ :|  |     暴力に
       f爪n |jノif}    }ゝ.└─┘イ:i.:|:i.:.|  |       立ち向かいます
    -={  j.{=|' ノ   /イ:.i:|`r斤ー'>、:|:|八  \__________
      ヽ ノ三 |     jィT∨ヘ/} /\{ \
      -= ヘ王│  _/V,' {」/ / {/ハ
        ',-ヘ! |∠、 V |  |/ 〈†〉 }ノ  '、
        ヽ 乂 } │ {│    │ イ   〉
            \__,xくl /} |     |   |   /
                ∨/ ,'     |  └rー|
              }./      |   l'| │
             /{」=ー   -|=彡〈.| │
             {>,、-==ニ 了   `| │
            /((゚v゚))   |   〈|  |
             〈r┬== 〒===r≧|  |
             /::::|::::::::::: i|::::::::::: |i:::::|  |

137 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:30:08.60 ID:cf3JPrDP0
昔の話しじゃん

記事を書いた人、朝鮮人か?

138 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:30:14.39 ID:fnNHe5ah0
そういや、ハケンは子孫も財産も残せへんのから気にせんでもええみたいな発言が
あったな

じじばばとか長男の財産溶かしてええから、インフレにして
おじろく、おばさにバラまくとええんやっけ?

139 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:31:12.96 ID:ySOJjBwJ0
う〜ん、この人たちとただたんに意気地がなくておなにぃ猿になってる人たちを絶対一緒にしちゃいかんと思うわけですよ。

140 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:32:10.31 ID:ycJU9d3i0
嫌なら家を出て行けばいい話

141 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:32:40.22 ID:1gUYF0X60
韓国では、現代でも試し腹が残ってるんだよな
菅直人も従姉妹とセックスして、子供できたけど池沼だし

142 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:32:45.39 ID:cizUWvj9i
楢山節考を見よう

143 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:34:58.90 ID:gxelrsXW0
このコピペどおりだったか
ヤバイ土地なんだな長野って・・・

326 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/09/12(木) 02:08:48.48 ID:hdgYBCoR0
ヨソの土地へ移住を考えている方へ

★ヨソ者参入難易度★

S(永遠にヨソ者扱い):長野・石川・愛知・京都

A(陰湿なイジメは当然):青森・岩手・富山・福井・和歌山・愛媛・高知・香川・佐賀

B(些細なミスで村八分):宮城・秋田・新潟・岐阜・三重・奈良・大阪・岡山・広島・熊本

C(表で笑って裏で悪口):山形・群馬・山梨・滋賀・兵庫・鳥取・島根・山口・鹿児島・沖縄

D(方言喋れば何とか…):福島・茨城・静岡・徳島・福岡・長崎・大分・宮崎・栃木

E(他人に関心無し):北海道・埼玉・千葉・東京・神奈川

144 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:35:40.78 ID:bvrdIBfy0
>>140
(o^O^o)出ていく所が無いから おじろくなんですよ
バカかねチミは

145 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:36:11.62 ID:HgZUFTSe0
ちょっとまて、女は嫁に出せばいいだろうが?
家長以外は結婚できないからやっぱり溢れるのか

男の場合、次男以下が部屋住みの居候みたいな扱いなのは武士も同じだったろう
ここまでひどくはないだろうけど

146 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:36:15.06 ID:AX3XYVOv0
長野とかの山奥はなあ
それにしても日本とか韓国とかはいろんな話があるなあ

147 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:36:17.71 ID:lcKhaHWb0
労働奴隷を持つと、所得はかなり良くなる
欧米はそれでいい生活できた、豪農が出来上がる
たくさんの奴隷を労働させ、食料を少し与え、利益は全部長男が取る
どんどん豊かになって行く、長男もどんどん子供を産ませる

148 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:36:31.54 ID:rwbbErcO0
小さな村で近親相姦続けたから精神障害なんだろ?
どこかの国と同じだよ

149 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:38:22.52 ID:arrE/K6u0
>>141
子供を産める女ですということを強調するために
チマチョゴリが極端に短くなって、乳房を露出する
風習が蔓延した。

150 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:38:26.54 ID:fnNHe5ah0
そういやハケンは賃金はやすいけど、死ぬわけやない。なにがわるいみたいな
ことをゆうた奴がおったな。あんまり今とかわらんな

151 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:38:37.40 ID:I9O7tn8s0
現代だと貧困層がこれに当たるのか

152 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:38:42.34 ID:CKTvyUFc0
>>123 選んでるよ、稼げない男と無理やり結婚させられるのは労働力として売られることでしょうに

153 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:38:49.12 ID:IP7jUNxYP
>>143
一度のミスすら許されないのは首都圏だろ
そのせいで無関心ではなく近隣と付き合えなくなった

まあ付き合うと何らかの巨大利権にぶち当たるから
無関心振るしかないんだけど

154 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:39:10.11 ID:3RtPGjIwO
みんながみんな能力やバイタリティあるわけじゃないし、売れない或は売りたくない娘もいる訳で、そうなると殺すかしない限り家で家事でもさせるしかないよな。
ジョブズの言ってることも正しいんだろうけど、こういうのも真理なんだろうな。

155 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:39:47.20 ID:TUdCKtra0
童貞や処女は今では大人気なのにな

特に処女は超人気

30代、40代、それ以上でも処女いっぱいいるから気にする必要ないよ

普通に生きてたら彼氏なんかできないのが当たり前

そっちのほうが普通なんだよ

156 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:39:52.67 ID:z0XCpudp0
コレ、10年位前に読んだことあって、うちのじーちゃんに聞いたことがある。
でも、全く知らなかった。
長野県て、四っつの仲が悪い国を無理やりくっつけたんだよな。
東信南信中信北信て県民は県外以上に行ったことがない地域の人多いと思う

157 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:41:20.19 ID:IP7jUNxYP
>>147
ロンドンのどうでも地区でアパートが25万〜なのを録画で見たけど
やはり元貴族国家の国民は奴隷だらけだよな
ドイツでも一軒家が一億超えで賃貸で50万クラスだらけ

158 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:41:31.10 ID:RsDYEz9F0
>>155
いや、それは無い (・∀・)つ

159 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:41:44.65 ID:6Tt+kN7o0
「封印された日本のタブー、人権を無視」

で、何を言いたいんだ?

160 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:44:39.70 ID:X6HReYBt0
あほか

161 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:44:46.79 ID:YV9sDtxg0
中世ジャップランドwww

じゃあああああああああああああああっぷwwww

162 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:47:17.84 ID:Lsp5VlyR0
ほー これは酷い。社畜の江戸時代版だな。

「田分者とか口減らしとかさまざまな風習もあったようですが♪」
「貧乏な地域ならしょうがない。というか、昭和の集団就職みたいに都市部に流れ
 狭くて悪い環境で生き早く死ぬので、人間の入れ替わりも早く活気が維持できたという
 皮肉な状況もあるだろう」
「各国の大都市にみられるスラムですね♪」
「まあ、それも必然だな」

163 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:47:21.75 ID:Tg1HIGWtO
ジタミ、ワタミ視察団がアップしています…

164 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:47:36.59 ID:p3lpFbmA0
脳病院でも聞かれるみたいね
先祖は長野出身ですかぁみたいな

165 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:47:59.19 ID:u15jAjmuO
機能不全家庭育ちなら今でもこんな感じだろ
子供が稼いだカネが親父の酒タバコ遊興費に消える家庭だとな

166 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:48:35.19 ID:xLeiPCzPO
戸籍「厄介」

(´・ω・`)

167 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:49:50.51 ID:jQljQ24z0
なんかデータとしては有ったという証拠が少ないと思うんだけど。

へんなの

168 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:51:00.77 ID:ggqCykAd0
半世紀前にありました言われても?

169 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:52:05.43 ID:ke0LfL3M0
>>145
戦前まで女には相続権が無かったから、持参金を持たせて結婚させたが、
貧農には持参金も無いので、一生結婚させずに家で農業や家事労働させるしか
方法はなかった。
男は一定の財産がないと結婚できないから、貧農の次男三男以下は
一生独身確定(自力で財産を作れればいいが、そんな覇気と才覚のある人間は稀)。

武家の次三男以下は仕事が無いので(時々、火消しなど武家のアルバイトをする程度)、
ならず者に成り下がってちんけな悪事をはたらく人間も結構居たというが、
農家の二男三男は労働必須なので悪事をする暇はなかっただろう。

170 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:52:33.46 ID:CJ9iYI440
このシステム、長男が子供作る前に死んだらどうなったんだ?

171 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:55:33.05 ID:swXlsXVa0
童貞と処女って点に注目しすぎだろw
昔は坊さんや尼さんだって同じだったんだし

珍しいのは実の弟妹が下男下女のように扱われた点にある
ちなみに使用人の身分が低かったのは珍しくはない

172 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:57:04.06 ID:GyfeKOUk0
>>72
文化人類学とか風俗研究というのは往々にして誇張や捏造や勘違いが入り込むものだからね
特に現代の世の中からすると奇異に移る風習が特に選ばれて
脚色されて記事になるんだよな >>1のように

173 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:57:40.79 ID:3h0oTz5V0
やっぱり住むなら夜ばいをやってる村のほうが楽しいだろうな。

174 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:58:34.23 ID:BoI9W2H00
>>170
その頃は普通の次男次女だろ 長男の代わりになる

175 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 14:59:26.70 ID:kcjM5ZbJ0
>戸籍には「厄介」とだけ記され

お前らの事だな

176 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:01:20.98 ID:H/s9USTci
戸籍に厄介…

177 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:01:27.50 ID:C0/0Xvaj0
>>173
夜這いなんて戦前までの日本なら、ほぼ全ての村で行われてるぞ 
てか娯楽がないから仕方ないわな。性欲発散したいなら今は田舎でもデリヘルあるから行けよ

178 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:01:42.39 ID:VgoCqyYri
童貞のまま学校卒業してブラックで昼夜ぶっ通し、休日返上で働いた末に
過労死しちゃった人って現代のコレに当たらないかね

179 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:01:51.60 ID:ke0LfL3M0
>>174
女には家督相続権が無かったので次女は相続できない。

180 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:02:11.18 ID:/mmLUwWx0
オッスオラおじろく

181 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:02:33.51 ID:sxmHLEOl0
怖すぎ

諸星大二郎の世界だな

182 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:02:36.39 ID:0omH+wRGP
>>145
正式な身分を持ってるし、奴隷扱いではない
家の外に出て他人と関わる事が出来る
士分を捨てる事もできる

183 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:03:26.17 ID:BoI9W2H00
>>179
婿取って子供作る。

184 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:03:54.45 ID:cyzijnlW0
ゾンビって実際に居たんだよ。
脳を破壊するクスリを飲まされて反抗のできない人形奴隷にされてな。

185 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:04:14.65 ID:z6dXh261I
え?お前らの存在ってタブーだったの?
芸能人の処女の子もタブーなの?

186 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:04:46.74 ID:lzkEMEa90
なんせこのネタはすごい
今後2ちゃんでは高齢童貞はおじろくと呼ばれるのではないか
OJrk乙!みたいな

187 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:05:30.40 ID:VN6mkzCo0
そういう場合もし長男が病気や事故でいなくなったらどうなるの?
次男がまともに社会生活できるとは思えないけど

188 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:05:31.74 ID:b6Fty2wZ0
スカイリムにこんな集落あったな

189 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:05:31.94 ID:JvztCGJN0
>>177
夜這いは女の方に絶対の拒否権があるからNG出されると凹むよ

190 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:05:36.89 ID:jFuaajbc0
>>170
次男がいれば次男。
他に男のこどもがいなければ他の家から男の養子を取るんだよ
他の家のおじろく候補がその家の相続をする

191 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:06:52.05 ID:C0/0Xvaj0
今の日本はいい国だが、正直戦前迄の日本はクズ中のクズ国家 
これを認めない奴っている?覚醒剤合法にして自殺しろとか昭和20年までやってたんだぞ

192 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:06:58.06 ID:I9O7tn8s0
おじろく(´;ω;`)

193 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:07:49.32 ID:JvztCGJN0
>>169
農家の女は労働力だから持参金なんざなくたって健康そうなら嫁ぎ先はあったよ

194 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:08:11.87 ID:0ZN7vLfY0
タブーに果敢に挑戦し続ける俺

195 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:08:28.08 ID:WVoj4+bqi
ちなみに天龍村ってのはカオスな場所で、村民の多くはUFOみたことあるという‥‥
霊的な話も多い場所

196 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:08:40.38 ID:jFuaajbc0
>>189
夜這いを拒否されたことが日本を代表する大量殺人事件津村三十三人殺しの引き金になってるくらいだからな

197 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:08:41.94 ID:LCPTE6dy0
これが発表されたのが1964年
1960〜1970って雰囲気がアングラというかダークだな

198 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:08:42.82 ID:d/PvpnAS0
今でもあるよ 不細工長女が結婚できないから恋人がいる次女の結婚ぶち壊したりね
おばさになって一生長男長女の為に働け!結婚や子供なんか許さん!って

九州の話

199 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:09:27.33 ID:ke0LfL3M0
>>183 
男がいなければ長女が婿をとるけど、家督相続は娘ではなく、婿。
日本は婿による家督相続がある点で東アジアでは珍しいと聞いた。
>>172
「夜這い」研究の赤松某氏とか、サンカ関係の三角寛(池袋文芸坐創立者)
とかが、嘘が多いので有名だけど、一般的には事実だと思われているのかな。
過去のことをフィールドリサーチするとき、現地の人が誇張したり
おもしろおかしくしたり話すのを、そのまま信じて書くのだろう。

200 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:09:45.82 ID:xg2q5WBtO
催眠鎮静剤とかこんなのに有効なん?
結論ありきじゃないのかね〜?
変なにょ

201 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:09:47.09 ID:0omH+wRGP
>>191
ヒロポン(塩酸メタンフェタミン)は現在も医療用医薬品として薬価が登録されているな

202 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:09:52.03 ID:6IGmuyvqP
ヒッチハイクで東京に行けばよかったのではないか?

203 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:10:09.06 ID:cMRl7MEl0
今の中国の話?

204 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:10:24.44 ID:kcjM5ZbJ0
上の方でも書いてあるけど、碌に判断能力もない
おじろくが長男の急逝で、家督相続して
いきなりその日からバリバリ指揮権発動できるのか?

ニートから渉外弁護士に変身するくらいありえない変身じゃんかw

205 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:10:58.49 ID:jFuaajbc0
津村ってなんだorz津山33人殺しだ

206 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:11:02.57 ID:JyEKtqH70
楢山節孝の左とん平じゃん。
映画ではアニマルセックスしてたな。

207 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:11:58.78 ID:3jpNeF+d0
>>178
ブラック勤めは親兄弟友人知人、公的機関の労務署など
相談出来るところが各所あるが、おじろくには無いぞ
現代と安易に比べられない

208 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:12:15.83 ID:2Dvrhk9n0
長男を殺す次男3男とかいないの
毒草とかでやりそうなんだけど

209 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:12:29.57 ID:wd4kkybe0
江戸時代も明治時代でもほかの地区でも武士の家でも長男以外は冷や飯食いに部屋住みなんて
大名家にもありましたが? 何をいまさらw

210 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:13:03.22 ID:rZbgJG4vO
スタンフォード監獄実験でも環境や立場で人格が変わってしまうのは実証済みだわな

211 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:13:40.18 ID:rem8KM470
秋葉原にはAKB村がある。

212 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:13:51.10 ID:BoI9W2H00
>>199
家督相続は婿だが余所から養子もらえなきゃ婿とるしかない。
>>204
だから20代前半で長男が子供作れるだろ。
そのあたりまでは保険として弟を多少まともに育てるんじゃないの?
ボロクソになるのはその後。

213 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:14:18.53 ID:6FC3Rw320
貧しいと一人以外育てられないのは仕方ないしな
つか昔から資産分けるやつはタワケ(田分け)として馬鹿にされていた

214 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:14:19.57 ID:JyEKtqH70
びっくりするかもしれんが、
山梨にはまだ「小作権」なるものがあるぞ。
小作は地主から二束三文の地代を年間払って代々農業を続けているのだ。
地主は小作の許可なく土地を売ることができないんで、
今となっては下剋上・小作様となっている。

215 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:14:19.60 ID:wjRYMJs50
>>198
おれ九州に住んでるけど、どこよそれ?
沖縄以外なら行けるから場所教えてよ


って書いたらスルーされるんだよなぁ
所詮嘘っぱち都市伝説だわ

216 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:14:19.85 ID:cXwRIOEFO
日本は陰湿で最悪だな、私は今日ほど日本国籍が恥ずかしいよ・・・

217 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:15:08.25 ID:jFuaajbc0
>>204
別に大財閥の御曹司じゃなくて糞田舎の寒村の跡取りだよ
おじろくから家督相続人になったところで
バリバリ指揮するようなことなんてなにひとつないよ
嫁もらってこども作って畑をたがやすくらいしかない

218 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:15:14.08 ID:cyzijnlW0
現在の明るい社会ってのも、
ちょっとの事で崩れ去る脆い砂上の楼閣だと思うぜ。

219 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:15:56.72 ID:fnNHe5ah0
そういや、徳川吉宗なんかは妾の子で八男坊やったかな?
おじろくやな

まあ、いわゆる陰謀論のシオンの議定書なんかにもあるけど、「自由」「平等」は
ひとをアナーキストにする麻薬らしいからな。あればええというもんでもない
ほどほどにやろな。日本は和の国

220 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:16:10.17 ID:HVS2WoPf0
江戸時代は、耕地面積が限られてるから、子供が増えると困るので、
間引きが当たり前だった。
間引きしきれずに、育てた子が、結婚して子供を増やすと困るから、
そういうことにもなるんだろう。
しかし、男の性欲は抑えられないから、こんな人たちも
何らかの性のはけ口はあっただろうね。

221 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:16:35.39 ID:ke0LfL3M0
>>204
複数の屋敷と広大な農地を持ち小作農を大勢使うような豪農なら、
相当の指揮権や能力が必要だけど、家族労働の貧農なら、
そう難しくもないのでは? 昔の村落ならば緊密に相互協力しないと
暮らせなかったから、近所の農家の協力もあったでしょ。
二男あたりは長男のスペアとして「おじろく」にはしなかっただろうし。

日本人のほとんどが結婚できるようになったのは、実は昭和の経済高度
成長時代だと聞いた。それまでは工場労働や企業労働の働き口も少なく、
結婚できない男女のほうが多かったと(女は正式結婚しないでも
誰かの妾になる生き方もあったが)

222 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:16:35.66 ID:LCPTE6dy0
2chに入り浸っていると明らかに人格がおかしくなる
実験するまでもない

223 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:16:38.01 ID:ixM+QyrT0
>>24
これってもしかしてパクr。。。いや、なんでもない。

224 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:19:16.57 ID:azeR+zba0
>>3
長野が東北って重傷だな

225 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:20:00.36 ID:RkqA27DL0
これヒキコモリニートと何が違うんだ?

226 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:20:40.18 ID:9YIVEmxli
実際はレイプされてるだろうから処女はいないだろ



男も

227 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:21:10.91 ID:GmmBgh300
>>224
長野も茨城も栃木も東北で十分だろ
場合によっては埼玉も東北でよいと思う

さらにいうなら足立区も東北でよい

228 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:21:50.07 ID:VgoCqyYri
>>220
男は女兄弟とヤってたんじゃないの
で、生まれてきた子供は人知れず始末するとかあったと思う
そう言ったことはある種のタブーとして、家の中で内密に処理してたんじゃなかろうか

229 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:22:32.19 ID:ZPpcD5XC0
おまえらじゃん

230 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:22:50.61 ID:EgLrW+5Y0
つまり、ゾンビと何が違うんだ?

231 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:23:52.77 ID:oGaHmFzYO
もう一度読んだら、昔は田舎の辺境の土民もよそ者に対して挨拶も返さないで無表情だったりするし、セクロスも厄郎と厄子でしてたり後家のババアとしてたり厄子も肉便器だったりだろから童貞処女もなさげ。
なんちゃって民俗学者が田舎のうわべを見て書いたネタ話だな。
てか農作業と山仕事と祭とセックルしかない村の生活を揶揄してるようにも受け取れる。

232 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:23:54.61 ID:CtkyVYBD0
いらねぇのに中に出す理由がわからん

233 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:24:15.47 ID:CK4YYqf50
現代のように機械化されていないから、農作業は山のようにあったんだから
当たり前のように感じるんだけど、厄介だとか、童貞・処女はいただけない

234 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:24:45.10 ID:3lv2b8OQ0
横溝正史の物語の世界もあながち嘘八百ではないのかもな

235 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:25:49.75 ID:zkoWLE170
長野は住民自治活動がやたらと重い負担な土地がある
一部のノリノリなやつと役所のせいだと思うけど
そのへんは都市部より田舎の方がマシだったりする

236 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:26:39.99 ID:dVQ5yukUP
日本の民俗学の、恐ろしさは異常

237 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:26:43.39 ID:Nfr3ysIK0
え?オレ長男だけどおじろくだよ?

238 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:27:18.93 ID:EgLrW+5Y0
まぁ、アメリカもイギリスやヨーロッパの後を継げない次男三男が
あぶれて新天地を求めた国だからね
そういう理由で人類が大移動したってある意味スゲーよな

239 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:28:06.74 ID:bub/ujNa0
「昔はよかった」

240 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:29:00.61 ID:nE7pXLrh0
>>143
これ他はともかく長野については当たってるよ、、
一年近く居たけど、これほど排他的な県民はいないよ。
イジメとか表だったイヤガラセはないけど
県民以外は完全にお客さんだよ。
外国人が日本に住んで味合わされる「ガイジン」とはこーゆー
疎外感なのかと実感した。

身内だけでいつもコソコソヒソヒソやってる陰湿さ。
何かを決める時は必ず余所者は外される。ナチュラルに外される。

じゃ身内同士で仲が良いのかと言うとそんな事はなく
派閥作って悪口の言い合い、足の引っ張りっこばかりしてる。
俺ら余所者に嬉々として話す話題は敵対してる派閥の悪口ばかりよ
どいつもこいつも腹黒くて信用できない。平気で裏切る。

そして何かあると悪者にされるのは余所者。
面と向かっては責任追及はしてこないけどね。(当然だが)
身内の和を保つ為に余所者を悪者にするって事らしいよ。
だから彼らは何も身内では何も決められないよ
くだらない議論を延々と繰り返す。そしておもむろに
余所者に意見を聞くワケよ。
聞くって言っても上辺だけ。意見を言わせといて
その意見で失敗したら余所者のせいする言質取りの為。
だから意見を聞く、と言うより言わせる為だね。

こんな茶番に付き合わされるのが長野。
絶対に一緒に住みたくない県民

241 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:29:13.67 ID:X22HuQonO
引きニートの戸籍に「厄介」と書くのはいいんじゃないか

242 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:31:47.85 ID:7dQuILhG0
>長男より下の子供を養う余裕がない。

のに、なんで労働が出来るようになるまで育つんだ?

243 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:31:51.62 ID:jZYTnQyY0
推測される…推測される…か

精神病院で一番恐れられてること

男女協同野外作業での失踪交尾

これが動物である

244 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:32:27.23 ID:KEyzib/10
いまのおれらとどう違うの?

245 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:32:41.18 ID:oA1XwTA30
家を出て生活する能力のない、軽度の知的障害者とかが飼い殺しになってただけだろ

246 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:34:56.93 ID:EgLrW+5Y0
こういう風習の何がコワイって、長男のマインドとして
自分ひとりがすべてを享受して当然と思っているところだろうなぁ

次男、三男の愛憎なんか考えも及ばない

これほどではないけど、生涯祖父のために尽くし、代わって家を守った
祖父の弟(独身)から似たような話を聞いて、祖父という人間の観方が変った、
というか、祖父が恐ろしい存在に思えたわ

247 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:37:20.02 ID:Bh15UsEC0
人権屋が活躍し始めるのって高度成長期以降じゃね

248 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:38:12.59 ID:RWjeHXJz0
こういう風習はまだまだ日本のそこら中で潜在的に存在すると思うわ。
教育によって改善するどころか変質して残ってるように思う。

249 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:38:22.64 ID:gDRUjNux0
民俗学界隈は昔からサンカ伝説とか胡散臭い作り話が多いからね
基本的にフィールドワークなんか信用出来ない調査が多いし…
昭和時代の研究だとイデオロギー色もかなり強いから話半分に聴いた方が良いよん

250 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:38:59.24 ID:6FL0HLTF0
農村部なら同じ時期ぐらいまでは
夜這い・乱交もあっただろ
一生童貞や処女なワケもないだろ

昔の風習って良くできてるよ(´・ω・`)

251 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:39:39.46 ID:9vQ0K9WxO
天龍村怖いw
あの世に居るであろうおじろく・おばさ達の魂に幸あれ。

252 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:39:49.59 ID:iFTPu9Nk0
その一方で村の娘と後家は若衆のものという若衆制度という
フリーセックスなうらやまな制度も明治まであったわけだけど。

253 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:40:18.13 ID:TQINZvmc0
あほか
次男三男はどうでもよかったから昔は貞操観念がゆるいって言われんだ
一方跡取り長男の嫁と子供は財産がからむからすげー厳格

254 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:41:41.09 ID:o9E0niNW0
長男が子をなす前に急死した場合どうなるの?
そんな虐待で壊れた二男に代替が務まるの?教育なんてしてないよね?
長男の嫁はどうするの?どこかの家のおばさ?そんなのでいいの?
男子が生まれなかったらどうなるの?
おじろくおばさを馬鹿にしている姪っ子は長男じゃないよ?

ていうか扶養できない子供は始末するか売り飛ばす時代に
家で養ってたのが驚きです
労働できるまで育てるには手間がかかるだろうに

255 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:41:41.21 ID:z6dXh261I
養う余裕ないなら子供作らなきゃいいのに子供作るんだから最初から労働力目的だったんだな

256 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:42:12.02 ID:h6kuhdUV0
>>252
後家は何気にウハウハ

257 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:42:47.28 ID:gahVohx+0
>>254
無してからこの扱いなんでしょ

258 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:43:30.94 ID:HRNF9WpyO
文化人類学とか民俗学って70〜80年代には人気あったんだよな

259 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:43:36.40 ID:N2/WRNoE0
>戸籍には「厄介」とだけ記され、

現在では「ネトウヨ」だよねWW

260 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:44:35.87 ID:2gdVldYL0
>>149
そうなんか
顔で性別判断できないから乳出してるんかと思ってた(´・ω・`)

261 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:45:34.29 ID:0ZN7vLfY0
チョンですか?
http://hissi.org/read.php/newsplus/20131023/TjIvV1JOb0Uw.html

262 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:46:24.33 ID:nXfmh24G0
柳田國男の「山人」みたいに、昔の民俗学は
トンデモ説がゴロゴロあった。

263 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:46:39.96 ID:ke0LfL3M0
>>254
十歳くらいまで育てば、男も女も立派に農作業手伝いの労働力になるし、
よその家や村に労働力として売ることもできる(実際に昭和初期まで
子どもを貧農から買って売る「人買い業者」がいた)
育てるといっても親はほとんど放任で、
ぎりぎり食物だけ与えればOKだったから、
弱い子はみな死に、十歳程度まで生きのびる子は生命力や体力が
強い子だった筈。

264 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:48:17.62 ID:2Dvrhk9n0
中国なんか今でも一人っ子政策なので
農村の下の子は戸籍ないんじゃないの

265 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:50:24.48 ID:6ZWbMLe80
この村ってグーグルで見ると20件くらいしか無いよね?

ちと特定されすぎじゃない?

266 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:50:54.69 ID:zGYwkgHQ0
>>143
徳島はSとAの中間だろう

267 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:50:56.39 ID:rA51Rw1O0
住民票に家長との続柄 欄に「厄介」って書かれてるのか。
なんという公認ニート

268 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:51:01.67 ID:jFuaajbc0
>>254
当時は長男ですらロクに教育なんて受けてないし、
長野の寒村に娯楽なんてないし、
長男と次男との差なんて実はあまりないのが現実。
近所との交流の有無、結婚するかしないか、その程度。
長男になったからって難しい仕事がある訳でもない。

269 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:52:42.57 ID:w8lkifwD0
うちの会社のバイトや派遣にこういう感じの人の命令以外何もできないやつがいるがこれの隠れた子孫なのかな。
女のほうならレイプされたりして子孫を残してそうだし。将来の夢も趣味もないみたいだし間違いなく童貞。

270 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:52:44.41 ID:ZMmzvk6O0
昔読んだ文書では、他家に男手を借りた場合、おばさが報酬代わりに借りた男手に
肉体提供するって書いていたような気がする。

271 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:53:28.93 ID:RWjeHXJz0
でも実家が田舎なら、お前らだって親から一度は言われただろ?
「財産は全部、お兄ちゃんの物」って?

272 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:53:59.66 ID:wd4kkybe0
>おじろくが長男の急逝で、家督相続して
>いきなりその日からバリバリ指揮権発動できるのか?


彦根の赤鬼桜田門外で暗殺された井伊直助とか土佐の山内容堂なんかも部屋住みの実から
藩主になった人たち

273 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:54:37.60 ID:Livg3smT0
<国勢調査>人口13億、うち1300万人が一人っ子政策違反の無戸籍者と判明―中国
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=51032

中国では今も、義務教育の学校すらも行けない「闇っ子」が一千万人以上も!

274 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:55:19.00 ID:4uEsIAwZ0
地形的に、人口抑制の精神は発生し、
一定の労働力の確保はあったかな。
服従した人の精神の抑圧が、それを支えたんだろう。

275 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:57:12.35 ID:wd4kkybe0
童貞・処女っていうのは肉体的なものじゃなくなんていうかシンボルで
修道僧とか修道尼僧とか坊主とか尼さんとか在家修道僧とか
在家巫女とか、シンボル的名ソロモン神殿系秘密結社や宗教寺院とか騎士団員とか「結婚しない
秘密結社員の隠語」のことだよ

276 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 15:58:51.99 ID:TcBTa0kc0
厄介・・・やくすけ?

277 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:02:39.75 ID:4btdhaRb0
初めて聞いた…悲愴だな

278 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:05:07.40 ID:OmVSOgUa0
単純化して言えば、
こういう因習を
「ムラのために身を捧げたおじろくは素晴らしい。これがムラの形・伝統。人権を主張する奴はそれを破壊しようとするチョン」
と称揚するのがネトウヨ的思考。

これは極端な例だけど、長子優遇や女性の権利制限はちょっと前まで当たり前だった。
国は安定するかもしれないけど個人は多大な犠牲を払う。
ネトウヨはそういう世界を渇望しているわけ。
果たしてどっちがいいのかね。

279 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:08:18.21 ID:QkfAVakB0
アミタールを投与して都合がいいように誘導尋問したのかよ

280 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:08:32.70 ID:o9E0niNW0
>>272
あの人たちは当主のスペアとして教育だけは最高の物を受けているし
アシスタントとして家老とかいっぱいいただろ

281 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:09:17.46 ID:+jg2avuq0
>>272
将来の希望はないにしろ、いちおう主君の子供としての扱いと教育は受けるその自意識を保ったまま飼い殺されるから、精神的苦痛だけが残る
長期間での刷り込みで精神を消滅させられる「おじろく・おばさ」とは(当人たちにとってみれば)真逆の扱いだな

傍から見てればおなじようなものかもしれんが

282 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:09:35.96 ID:7tZMG/LPO
>>5
> パパはチビ3
どんなラーメンだっけ?

283 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:10:56.65 ID:ems75WG8i
隠れてやってたと思うよ。
みんな、隠れてやってるもんな?

284 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:11:27.09 ID:+jg2avuq0
>>278
昨日位からこのネタ元のスレを幾つかみてるけど、君のいう「おじろく賞賛論」を唱えてるやつなんかいない

ネトウヨなんて存在しない、というのが君の主張なのかな?

285 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:11:49.96 ID:rsi+ySqN0
そんな奴いるのか?











ここに沢山いますた!

286 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:12:07.64 ID:MFR5odux0
風俗で童貞捨てたことをのぞけば俺もさほどかわらん
心が乾いて何にも感動しない

287 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:13:11.17 ID:MFCwSH3Q0
昔は夜が暗かったからね
自然の中ですごす人間の社会生活は面白そうだ

288 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:14:50.11 ID:8ftG7QDz0
>>278
長子優遇が農家故。
ネトウヨは日本全国農家になれなんていってないと思うが?

289 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:16:08.25 ID:WC5HAmtK0
むかしは血が濃かったから
知的障害や精神障害の類いなんじゃないの?

290 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:18:02.30 ID:4btdhaRb0
嵐の中、畑の様子を見に行くのは
おじろく・おばさの仕事だったんだろうな…

291 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:18:46.05 ID:KH8N2y+C0
ネトウヨマニアもここまで来たかって感じの>>278が登場

292 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:21:19.44 ID:ENfBHJf6I
おまえらは本当に厄介だよな
死ぬか無人島に住むかどちらかだろ

293 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:21:56.77 ID:47Ymkkfd0
誘拐された被害者が逃げ出そうとしなくなる現象と似てるような。

294 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:22:40.43 ID:ke0LfL3M0
>>288
戦争前までは農家のみならずどの家でも長男優遇で、
次男以下や娘との差別や格差は当たり前だった。
幼少期から、すでに食事のおかずからしてはっきり違う。
次男以下や娘に、圧倒的格差を思い知らせ、長男に責任の重圧を与える。
たまにこれを破って長男以外に相続させる親がいると、ひどいめにあった。
うちの曾祖父は三男を偏愛し、土地と経営していた会社を、三男に
相続させた。結果、三男(祖父)はきょうだい全員の怨恨を買い、
曾祖父の死後は縁を切られ、だれの協力も得られず、事業に失敗して土地も
売るはめになり、貧困に陥った。
こういう結果が見え見えなので、誰も長男相続に異議を唱えなかった。

295 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:23:26.84 ID:RHu/yDmk0
おじろくでもないのに、
結婚も他人との交流も
拒絶した人達なら、








このスレに、ウヨウヨいるな。

296 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:23:34.59 ID:OmVSOgUa0
>>284
ちがう。
むしろそういう態度が矛盾だということを言ってる。
この話と現在の国家ー個人の関係をパラレルに考えるとその通りだろ?

>>288
農家じゃなくても長子優遇は普通にあったよ。
団塊の世代ぐらいまでなら経験してる人は多いはず。
当時はそれが社会通念だった。

297 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:25:23.32 ID:OJiNVbdD0
ああ野麦峠の長野か…さもありなん。

娘は蚕紡ぎの女工か女郎に売られて結核で死ぬわけで… 生きてるだけで大変な土地だったんだろうなぁ。

298 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:26:18.75 ID:rsi+ySqN0
>>286
心の童貞は風俗では満たされない
それは俺も良く分かるよ!

299 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:28:13.53 ID:w8lkifwD0
>>296ウヨは国家に対する犠牲とかは賞賛しても一族のエゴに対する賞賛などしてないだろ?
何いってるの?

300 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:29:33.01 ID:+jg2avuq0
>>296
時代や地域の差を無視して極論を押し付けてレッテル張ってるだけ
君のレトリックに従うなら、君の思考法は全ての事象を軍靴の足音が〜に結び付けてる9条教のやり口と一緒

301 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:30:13.09 ID:nXfmh24G0
日本人が自我、自意識を持って生きようとか言い出したのは
欧米から啓蒙主義思想が入ってきてから。

しかも、戦後になっても暫くは
近代的自我はなかなか根付かなかった。

302 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:30:15.61 ID:FOw2EWYRO
他の暮らしや世界を知らなきゃ寝食つきで養ってもらえていいんじゃね

303 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:32:31.21 ID:/zOnO8h10
長野県民の主要タンパク源 1998年

玉子 10%
鶏 21%
牛 11%
豚 15%
馬 2%
猪 5%
熊 1%
山羊 1%
淡水魚 8%
海水魚 7%
イナゴ  16%
その他 3%

304 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:33:13.73 ID:QkfAVakB0
天竜村は江戸時代は天領だったし、かなり栄えてたのに、誇張されてるな。

明治末から大正初期にかけて旧王子製紙が遠山川流域を大規模に伐採したことにより、域内の木材活況期を迎え、人口も 4,000人台を数えました。
人と山との深いかかわりの経済的側面を物量的に例証した一時期で、他地域から流入した山林労務者等がこの地域に定着しました。
その後昭和12年三信鉄道(昭18、国鉄飯田線)の開通を迎え、これに伴う工事従事者の流入等で昭和10年には 6,199人の人口となりました。
第二次大戦後当時は、日本最大規模の平岡ダム工事により昭和25年には 8,337人を擁するに至りました。

305 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:33:44.23 ID:LMi4veARO
>>24 つか、殆どそのまんまじゃないか?

306 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:35:56.77 ID:UASlZXX20
長野怖い

307 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:39:12.33 ID:OmVSOgUa0
>>300
極論だというのは自覚してるよ。
だけどウヨの中には戦前の日本を取り戻せという輩や帝国憲法復活を唱えるのもいるよね。
こういう類の因習と、彼らが主張する伝統って線引はかなり曖昧なんじゃないか?
国益と村益、全体と個人、守られるべきものと変えられるべきもの。
そういう意味でこの話は示唆的だと思わない?

308 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:43:52.18 ID:d+9UDyh30
ここで、書いてる奴
ソースあげろ

嘘つき朝鮮人に有利すぎるだろ

309 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:44:31.05 ID:GtC9UFYZ0
ダム村はバブルだもんな
みんな大豪邸に住んでる

310 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:46:47.12 ID:tffl4CGpO
中国は意外に長幼の差別がない
均分相続
貧乏人は嫁も兄弟で共有

311 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:47:11.78 ID:uXeO8ehIP
昔の農家で世帯って言ったら、
田畑とセットなんだよ。

嫁にでるか婿に出るか養子に出る以外、
嫁さんは長男にしか迎えられない状態でしょ。

新田開発で新しい集落が出来たり、
財産分与で新しい世帯が出来るのも、
限度があるんだわ。

だから藩に願い出て、
都会へ出たりするわけよ。

落語に出てくる長屋の住人が、
どこから来たかって話だわ。

312 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:47:54.58 ID:QkfAVakB0
だいたい山を持ってると鉄塔や送電線が敷地内にあって
それだけで年に数百万とか数千万入ってくるもんな

313 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:48:37.29 ID:+jg2avuq0
>>307
「ウヨの中には〜中略〜唱えるのもいるよね」
いろいろな考え方の人たちがいて、一部にはこう考えてる人たちもいる
なるほどね、それなら納得だよ

でもね、
「こういう因習を〜中略〜称揚するのがネトウヨ的思考」
「ネトウヨはそういう世界を渇望しているわけ」
最初に君が言ってたのはこうなんだよ(>278)

な? 一部の極論をさも全体の論調のように言ってるだろ?
アンチネトウヨという結論ありきでの論の展開だろ

別に左右どちらよりでもいいんだけど、こういうやり口はね・・・・

314 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:48:43.98 ID:zozyjjleO
これが司馬遼太郎や曽野綾子・藤原正彦が文藝春秋で示した、「バブルを排除した美しい日本」ですよ。

315 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:50:38.21 ID:0omH+wRGP
>>310
チベットが一妻(兄弟型)多夫婚だったな
戸数を増やさない、分家を避けるためだったそうだけど

316 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:56:45.29 ID:nTb1GkuA0
でも兄夫婦に媚びるだけで就職率100%で嫌な人間関係もないんだぜ。

317 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 16:59:41.67 ID:ke0LfL3M0
>>309
ダム村も過去のもので、今はとうてい国家による村水没は許されないだろう。

黒部ダムだったかの建設のために水没させられた村の住民は、
相当の補償金を得て日本各地に散らばり、それぞれ補償金を元手に
事業をはじめたが、店名や会社名に、必ず「水」にちなんだ名前を
つけたという。水没させられた記憶と村の絆を忘れないために。
この話は網野善彦が書いていたので、まあ嘘ではないと思うけど。
中には事業に失敗した人もいて、みんなが「豪邸住まい」というわけではなさそう。

318 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:01:42.47 ID:EqRkL75Q0
>>317
>網野善彦
このスレの連中は宮本常一すら読んでなさそうだね。

319 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:03:58.32 ID:JvztCGJN0
南方熊楠とか折口信夫は聞いたことがあるが宮本常一なんて知りません

320 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:04:10.31 ID:+jg2avuq0
>>317
黒部ダムというのが黒四ダムのことだとしたら、たぶん違う

「本各地に散らばり、それぞれ補償金を元手に事業をはじめた」
こういうメンタリティの持ち主が住んでるようなとこじゃないよ

321 :はんどるとらふりぃ ◆7DSin/ZgVs :2013/10/23(水) 17:05:05.86 ID:SlQ1VexX0 ?2BP(3457)
>>1
どこまで事実なのかなぁ。
これをそのまま鵜呑みにすれば、一人っ子政策みたいなもので、
村の人口は急減しそうな(・ω・`)

322 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:05:14.91 ID:OmVSOgUa0
>>313
レッテル批判は分かるけど、そこに拘泥しすぎるのもどうだかな。
匿名掲示板では文章から読み取れるかぎりでの思想・思考の傾向性や属性をある程度一纏めにしないと話にならないから。
「全体のために個人の権利は制限されるべきであり、それは日本の伝統だから守られなくてはならない」
という思考をウヨ的と定義するのは全然間違いじゃないと思うけどな。
全員じゃないかもしれないけど、少なくともマジョリティではあるわけでしょ。

323 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:05:44.43 ID:u6Rvx7Qa0
>>16
こいつが、おじろく

324 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:05:48.27 ID:QkfAVakB0
>>317
黒部や白川郷あたりの人達の多くは新宿や渋谷でラブホテル業やってる人が多くて
みんな超資産家だよ
ホテルの名前は英語やフランス語が多いけど、中には
歌舞伎町の真ん中にある白川というホテルも有るけどね

325 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:05:54.09 ID:3fD1cyaO0
>>19
そして日本全体が世界の過疎地に!!!!!

326 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:08:12.97 ID:0omH+wRGP
>>325
老人ばかりの"限界集落"になりつつあるな

327 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:08:18.13 ID:GtC9UFYZ0
アミタールを飲ませてインタビューというのが怪しいけどなw

wikiより
自白薬としての使用を行った人により、全く起こらなかった出来事を思い出させる作用があるとして悪評がもたらされた。

328 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:08:48.63 ID:1VFrgVXC0

おばさ


おじろく


329 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:09:15.59 ID:wd4kkybe0
処女って普通に子供産むからな、父親がわからないだけでな

330 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:09:18.84 ID:s8h+aBYIi
ちんぽぶらぶら〜
ぶらぶらちんぽ〜

331 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:11:36.06 ID:xwyUnp9y0
やあ!僕おじろく!

332 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:12:22.98 ID:0brbdJfW0
やどろくとは違うのか

333 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:12:45.28 ID:QkfAVakB0
本当に貧しい村なら長男以外は都会に売りに出すのに
扶養できるだけの余裕があったということになるな

334 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:13:46.03 ID:+jg2avuq0
>>322
>匿名掲示板では文章から読み取れるかぎりでの思想・思考の傾向性や属性をある程度一纏めにしないと話にならないから。
集団全体の意見を一纏めにする、ここはわかる
だが、君自身が一部だと認めるような意見を全体の意見とするやり方がレッテル張りだと言ってるの

>「全体のために個人の権利は制限されるべきであり、それは日本の伝統だから守られなくてはならない」
どういう状況下でどの程度までの制限ならば許されるべきなのか、という程度の問題であって、
いついかなる時も無制限に制約されねばならない、なんてことを言ってる人間はごく一部だろ

結局、こういう結論に持っていきたい、というのがあって、論の展開として極論でレッテルを張る、
君のやり口は何度繰り返しても同じだろ

335 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:15:54.86 ID:+jg2avuq0
>>324
いや、そもそも黒四ダムは黒部じゃないしw

336 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:18:00.30 ID:uonMAtmTO
>>331不覚にも吹いたwww

337 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:19:03.09 ID:GtC9UFYZ0
>>335
白川や黒部川流域のダムのことだけどね

338 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:19:43.93 ID:47Ymkkfd0
社会的因習でもって個々の意思を縛るやり方は
今でも飲酒を絶対義務とするような思考として根付いたままだな。
日本人はまだまだ自分を分析出来ていない。

339 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:21:39.16 ID:tIhDcyH30
ぞっとするような話だが
戦後しばらくまでこういう今では信じられないような風習が
日本のあちこちに残っていたんだろうな。

340 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:21:55.69 ID:eEuYyME80
こういうのは何故かwkwkするんだよなあ
マジレスすると田舎の二男三男は大変だったって話を
ボケ老人見つけて思い切り盛っただけの気もするがw

341 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:24:09.50 ID:ihfl7oum0
なお2ちゃんねる内には平成25年時点で数万人のおじろくが生存してる模様

342 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:24:26.91 ID:JvztCGJN0
>>340
むかしは精神を病んだ人はそのまま放置してふつうに共存するかもしくは自宅に軟禁していた
後者の実例だっただけだと思う

343 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:24:42.58 ID:47Ymkkfd0
地方であればあるほど、生活に肉体労働の比重が多く、
言葉は悪いが奴隷のような存在が必要になるんだろう。

344 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:25:26.52 ID:jFuaajbc0
かつてテレビで放送されていた
にほんむかしばなしというアニメにはこういうことを連想させるような
わりと怖い話もたくさんあったな

345 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:25:50.00 ID:v/2J/Cb00
お前らこれ読んどけ

神、人を喰う
人身御供の民俗学
http://www2u.biglobe.ne.jp/~itou/hon/kami.htm   

346 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:25:59.20 ID:kiFkwt9t0
田舎は陰湿だよなぁ

347 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:27:24.87 ID:rxi9xJ8R0
タダ飯食らいが悪なのはわかるけど、兄弟間の情とかないのかな?
厄介者なら奉公先を探してあげて追い出すとか、その方が合理的な
気がするんだけど。

348 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:27:44.73 ID:RqsP80LzO
素人童貞はおじろくの資格ないっすかね?

349 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:28:17.17 ID:9Yp/LK6p0
なんだこれ。病気でもなんでもない人間に催眠鎮静剤を投与して
研究材料にしましたってことか?キチガイサヨクのやりそうなことだな!

350 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:28:23.18 ID:FXa/pSQ20
アダルトチルドレンの原型か

351 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:29:39.54 ID:QGwJUuyF0
>>戸籍に「厄介」

これは、悲しいな。

352 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:30:04.26 ID:Ena/vM560
俺長男なのにアラサー童貞なんだが。
日本の闇は首都圏にまで広がっている

353 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:30:07.38 ID:JvztCGJN0
農耕民族に生贄はつきもの
もちろん文明化するに従って人柱は禁止されていくものだが

有名どころでは諸葛孔明が生贄を禁止するために饅頭を作ったなんていわれてるな

354 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:31:16.10 ID:eI+kijb50
>>347
多分この方法がギリギリの方法だったんだろう。
それでも無理な場合は生まれた直後に間引きされてたんだろうな。

355 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:31:22.52 ID:IiU9FhkO0
なんというおまいら

356 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:31:49.56 ID:PpNDZjk60
なんだ俺か

357 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:32:03.88 ID:g6KUex5f0
分家を作るだけの土地の余裕がないムラであることも大きい

358 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:32:51.10 ID:+kxxr5Kk0
今村昌平の楢山節考にこれ出てきたけど
あれは、それでもしぶとく生きてる生命力みたいのあったけど
実際は精神病んでロボット人間になっちゃうのね

359 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:33:35.54 ID:FlugL2Hj0
>そのほとんどが一生童貞・処女のままだったと推測される。

男はまだしも、女は売春させればよかったのにもったいないニダ

360 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:33:41.48 ID:hXO1qale0
つか、この研究の目的がよくわからんのだがw

「どうも、20代で精神的ロボトミーによりロボット化したオッサンオバサンの調査ということでは♪」
「それをアミタール投与で尋問かw 無茶なことするねw」

361 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:33:45.94 ID:9Yp/LK6p0
いやいや。これ典型的な偏向研究だよ。マルクス主義によくあったやつ。
前提に結論がさきにあるんだよ。明治以前のイエ制度は非人道的だってという。
その証拠を探索して、たまたま長野県を「発掘してきた」だけ。しかも非人道的に
家族をあつかっている事例だけ発掘したケース。

いまの日本にだって家族を虐待してる事例はいくらでもある。そもそも
『他家に嫁ぐか婿養子に出ない限り結婚も禁じられた』ってのが矛盾
してんじゃねえか。長女でも次女でもむかしは『他家に嫁ぐ』のが普通
だから女子はちゃんと結婚できる機会があったことを白状してんじゃねえか。
男は田畑を相続するのは長子の特権だから、10歳にもなれば半数は養子に
だされるか奉公にだされるのが「あたりまえ」だったっつの。どんだけw

362 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:33:57.64 ID:EqRkL75Q0
>>353
>農耕民族に生贄はつきもの
>もちろん文明化するに従って

そもそも農耕と文明とは切り離せない関係なんだけどね。
文明の発生条件、大河川と流域の肥沃な土地、そして人口増加を
支えるだけの食料生産能力。

農耕なくして文明はないし、農耕民族という分類の仕方は
おかしい。

363 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:35:12.76 ID:QkfAVakB0
少なくとも江戸時代以降、ほかの地域から大量に移住者が来てた村に
分家を作る余裕が無いとか作り話もほどほどにしろよw

364 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:35:54.28 ID:1PPxqEkJ0
オナニーで十分満足。
本当の女のほうが気持ちいいのか?
道程のおれに教えてくれ

365 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:36:23.03 ID:OmVSOgUa0
>>334
一部と全体のレトリックはそこかしこで多用されまくってるから、それに全て食ってかかると大変じゃない?
過度に単純化するケースはたしかに乱暴でおかしいと思う。そこは認めるよ。気をつける。

でも
「全体のために個人の権利は制限されるべきであり、それは日本の伝統だから守られなくてはならない」=ウヨ
「個人の権利はいかなる場合においても尊重されるべきであり、そのために伝統は変えられなくてはならない」=サヨ
という分類の妥当性は揺るがない。

>程度の問題であって、いついかなる時も無制限に制約されねばならない、なんてことを言ってる人間はごく一部
こんな慎重な議論、自分は滅多にお目にかかったことがないけどな。
だからこそ嘲笑の意味合いも込めてネトウヨと呼んでるという煽りの側面もある。

366 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:36:32.71 ID:JvztCGJN0
>>362
そうですか

367 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:36:43.19 ID:eI+kijb50
>>358
病んでるというのもちょっと違うみたいだぞ。
例えば狼に育てられた子供が狼のように生きても病んでるわけではない。
そんな感じじゃないの。

368 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:36:56.76 ID:9Yp/LK6p0
岐阜県の研究によれば、明治期までの農家の子供の男子の約6割が、女子の約5割が
奉公を経験してる。つまり子供は寺小屋(明治期からは尋常小学校)を出れば、他家に
奉公に行くのが「ふつう」だったんだよ。そのさきで生計をいとなめるほどの甲斐性が
あればしぜんに結婚ができたし、甲斐性がなければ結婚できなかったのは「あたりまえ」。

369 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:37:13.12 ID:9niNlpUT0
今の人はちょっと踏み出せば
異性と知り合うことはできるからな
同じに見てはいけない

370 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:38:10.54 ID:g6KUex5f0
江戸時代 マルサスがお似合い
明治時代 アダムスミス、リカードがお似合い
大正時代 マルクスがお似合い

371 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:38:24.35 ID:M9+GIh2c0
徴兵は行ったのかね?

明治以降の戸籍はそんないい加減なものではなかったはずだが

372 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:40:36.16 ID:QGwJUuyF0
過去の貧しい村の悲しい風習を、哀れむだけではな。
この記事の本質はこれだよ。

>>今の我々からすれば非人間的にも思える「おじろく・おばさ」だが、
>>一つの村社会を継続するためにやむをえない部分もあったのだろう。
>>現在の地点から善悪を断罪することは、ここでは差し控えよう。

>>ただもう一つ、この因習から読み取れるのは、疎外された環境が人格に影響を与えてしまうという点だ。
>>これについては、劣悪な労働状況によって精神を病んだり、ひきこもりによるコミュニケーション障害など、
>>現在の日本社会につながる部分もあるのではないだろうか。
>>疎外された状況に置かれれば、それにやむなく適応するために人格も変化する。

>>例えばブラック企業の言うような「本人が納得して働いているのだから問題はない」というのは、
>>視点がズレた言い訳にすぎない。

373 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:40:49.58 ID:9Yp/LK6p0
ああ、記事自体はあたらしいけど研究自体は1964年なのか。
いまどきこんな研究発表しても歴史学会じゃ笑われるだけだw

374 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:40:53.81 ID:hXO1qale0
つか、偏向研究っていうか『童貞・処女で精神障害&奴隷』ってのを
アピールするために無理に発掘されたネタだなw

「こういうニュースを見ると死にたくなる可哀想なひとが増えるのでは♪」
「えげつない野郎もいるもんだなw」

375 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:41:56.04 ID:FlugL2Hj0
>そのほとんどが一生童貞・処女のままだったと推測される

どうせ部落内の性処理係も兼ねてたんじゃね?

376 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:42:42.44 ID:N85ltgxt0
一生童貞・処女のままはないわ
津山事件の都井でも近所の若妻全員とやりまくってたし

377 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:42:43.44 ID:JvztCGJN0
むかしの農村だと虚弱な男は成人として認められないので女もできないよ
なんつーか、大人としての市民権がないから発言力もない

378 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:43:13.00 ID:9niNlpUT0
今の時代はそこらへんの人に声かけて
ぼくとセックスしてくださいといってもいいんだよ
逮捕されるかもしれないけど言うのは自由
勇気を出してがんばれ

379 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:43:30.25 ID:eI+kijb50
ある意味ホラーだな。

380 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:44:32.40 ID:QkfAVakB0
隔離された村ほど夜這いが盛んだったし移住者も多い栄えた村で処女は無いわw

381 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:45:53.28 ID:Qn/qObG+0
こうしてまた1つ都市伝説が増えていく

382 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:46:56.18 ID:eI+kijb50
>>378
いきなりセックスしてくださいじゃ、まず失敗する。
ヘタしたら警察呼ばれる。そこまでコミュ障なら風俗行った方がいいんじゃ。

383 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:47:23.70 ID:hXO1qale0
2ちゃんで工作やってるのもこういう集落のタブー人なのでは♪

「ありうるなw まあみんなそう思ってるだろw」

384 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:48:03.22 ID:9Yp/LK6p0
明治時代の戸籍みたことあるやつなら知ってるとおもうけど、昔の農家は養子とか
分家とかばっかりだよ。明治初期の徴兵制は戸主(長男)は徴兵の対象外だったから
早いうちに女子ばかりの農家をみつけておとこのこを養子にやったり、分家させて
田畑を相続させたりしてた。人口だって成人までの到達率がかならずしも高くなかったから
定常状態で増加傾向にあったわけじゃなくって、ちゃんと成人した男子女子なら
なんだかんだ言って分家したり養子縁組したりして次男以降でも一家かまえてる。

385 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:48:16.36 ID:RyXk9d7V0
>>347
一度、旧・神原村である中井侍にいってみるといい。
天竜川を挟んだ急こう配の谷間に茶畑がへばりついている以外、ホント何もない風景は、ある意味見ものだよ。
この茶畑とて、加工用の設備や輸送手段が整っていない当時は、おそらくなかったはず。
おまけに、最も近い城下町の飯田に出るのにも歩いて三日はかかるんだから、奉公しようにも都市部にコネがない。
ほぼ、完全に自給自足で暮らすしかない世界で、弟や妹を養うだけでも大変なんだし、
ある意味、おかれた環境の中では、合理的なシステムなのかもしれんぞ。

386 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:48:55.30 ID:dCtVhKNx0
コミュ障でリアル友達0だけど手紙で告白の手紙出してきたでw
話したことないけどなw

ぶひひひwww

387 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:49:01.37 ID:5s9ubJQf0
>他家に嫁ぐか婿養子に出ない限り結婚も禁じられた。
これって少なくとも女性に関する限り普通のことじゃないのか。
結婚って他家に嫁ぐことだろ。自家に嫁ぐ分けないのだから。
昭和40年代の3人って家で働いてるニートじゃないの?
当時は慢性的労働力不足で就職口はいくらでもあったぞ。
家を出て就職しようとすれば中学卒業でも引く手あまた。

388 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:51:41.25 ID:FlugL2Hj0
>>387

高齢でおじろく・おばさの最後の生き残りだったんじゃないのか?

389 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:51:41.48 ID:rxi9xJ8R0
単純にこの集落の家長が能力不足だったのかな?
実際は家長が長男以外の奉公先を見つけてあげればいい話しだよね。
子供を作ったのは家長なんだし、長男に相続させる頃には一掃させておく
義務があるんじゃないだろうか。

390 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:52:00.78 ID:8N3x5zUz0
あれ、俺長男なのに童貞

391 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:52:20.65 ID:KwUDa1za0
> 16〜17世紀頃から始まった
なにげに始まりが遅いのがポイントだな
これをさらに一歩進めようとしているのが小泉〜安倍ラインだな

392 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:52:21.98 ID:t9+ajIcI0
>>387
昭和40年代になっても残った3人は知的障害ある子とかじゃないかな

393 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:52:44.21 ID:GtC9UFYZ0
>>385
天竜村は江戸時代は天領、明治大正は林業で栄え、戦後はダム建設で
他地域から大量の移住者が来た栄えた村だったから丁稚にやる必要が無かった
ダム建設が終わり林業が廃れて最近になって過疎化してるだけ

394 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:53:35.86 ID:9Yp/LK6p0
>>385 ああなるほど。奉公先が探しようが無い土地ならそうかも知れないですね。
いまの俺らの生活圏と違って、明治以前の人はものすごく狭い生活圏で人生を
送ってましたからね。奉公先は「人買いに売り飛ばす」ようなものじゃなくて、親が
子供の就職先を探してやるようなもので大変だったという話しは祖父母から聞かされ
ました。

395 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:54:35.64 ID:lYgFrlZO0
海に面した県に生まれてよかったああああああああああああああああああああああああ

396 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:55:14.11 ID:/noSdXCm0
ニート?

397 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:55:43.11 ID:fU3TDkFx0
山林によって隔絶された村
耕地面積が少ないこの村

ってあるじゃん
分け与える畑が無いのに、どうやって分家するんだよ

398 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:55:53.77 ID:HcddBNBT0
長野とか東北って
ホント変な因習多いよな
寒いところの人間って変なのばっかり

朝鮮とかロシアとか

399 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:56:07.98 ID:FlugL2Hj0
>>395

海沿いの地方には補陀落渡海というのがあってな

400 : 忍法帖【Lv=4,xxxP】(1+0:5) ◆twoBORDTvw :2013/10/23(水) 17:57:30.19 ID:u3rjgXhj0
ここまではないが下男の話聞くとなんともいえない気分になるわいな
雇い主の子供にまでペコペコしてたとかそういう世界 ありがちだけど
リアルに聞くとやはりオレもおっさんとはいえ現代人なのでそんなん基本
無くなったほうがいいわ とは思う 職業としての執事等ならともかく

401 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:57:52.03 ID:D9i+u3EG0
よくわかんないけど、おばさのほうは村社会の構造から考えて処女はありえない

402 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:57:59.06 ID:8Z9/t46BO
昭和40年代ってまだまだそういうのあっただろ

403 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:58:07.46 ID:/noSdXCm0
>>389
スペアだろ?
長男が死んだときの

404 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:58:20.30 ID:QkfAVakB0
>>397
戦後だけでも8000人も移住者が来た繁栄してた村に、家を建てる土地が無いと?

405 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:59:05.24 ID:YXbGEo4U0
>>3
長野が東北って思っている奴は、人のこという前に、自分がかなり大変な状況にあることを理解すべきだろうなw

406 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 17:59:21.23 ID:RyXk9d7V0
>>389
その辺のコンビニに行けばいつでもバイト募集の張り紙がしてある世界で暮らしてる人にいってもわからないかもしれないが、
自給自足の農業しか生きる手段がない上に、商業活動してる町まで往復一週間もかかる山中で、
奉公先を探すことなんか事実上不可能なんだよ。それどころか、交流さえ難しい。
それに、コメもろくにとれない山の中じゃ、一家総出で朝から晩まで働いても満足に食えるほど収穫あるかどうか。
あるかどうかもわからない奉公先や嫁ぎ先を探すのに、毎度毎度1週間ちかく家長が家を空けるなんて現実的じゃない。

407 :おる 森MORU(もる)。 ◆AT7dFTbfB. :2013/10/23(水) 17:59:54.17 ID:fQi9hpo90
病む(よどむ)。

嘘(うそ)。

滅(ほろび)。

408 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:00:32.18 ID:qnA8F0qqO
なんか横溝正史とか諸星大二郎とか、そのあたりを連想するな

409 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:01:59.00 ID:iNST8lQh0
夜這いの方が衝撃だったがな
八つ墓村のモデルになったどっかの話

あれも原因が夜這い拒否からだっていうじゃない

410 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:02:10.60 ID:rxi9xJ8R0
>>403
奉公に出したら呼び戻せないの?
養子に出したら無理だろうけど。

411 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:02:27.55 ID:RyXk9d7V0
>>393
林業で栄えたのは平岡だけじゃないか?
それに、ダム建設でにぎわったのは
飯田線が開通した遥か後の話だから、
この風習がすたれ始めたころの話だろ。

412 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:03:30.72 ID:tVYd5LvtO
>>409
こらえてつかぁさい?

413 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:03:38.02 ID:GtC9UFYZ0
>>406
天竜村の歴史を勉強しろよ
なぜ大量の移住者が来たんだ?
天竜村には仕事がどこよりも多く有るからだろ

414 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:04:06.53 ID:9Yp/LK6p0
昭和30年でも、日本全国で農家を中心に1万人以上も餓死者を出してたのが
リアルの日本なんだよ。自給自足の農業国ってのはつまりそういうこと。交通と
物流が発達することで現実に餓死者が激減した効果があるわけだ。

415 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:04:38.83 ID:JYFT9TdI0
>>409
岡山県津山市だよ

416 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:05:17.48 ID:kJi1kq2O0
在日朝鮮人は、戸籍に「厄介」って書いとけよwwww

417 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:06:35.50 ID:6FaA+Ii30
>>7
>>3はゆとりの中でも選りすぐりなので

418 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:06:36.47 ID:RyXk9d7V0
>>413
だから、そりゃ飯田線が開通して以降の話だろ。
風習が出来たのは江戸期。
それも中井侍限定の話なんだから、現・天竜村全域の話なんか関係ないだろ
この、文盲w

419 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:06:37.02 ID:jI9IYLQJ0
 なお、明治5年には人口2000人の村に190人の「おじろく」「おばさ」がいたそうだが、鉄道の開通以来減少し、昭和35年には男2人、女1人になっていたとか。
その絶滅間近の3人の「おじろく」「おばさ」に直接インタビューして書かれた論文(近藤廉治「未分化社会のアウトサイダー」)が、「精神医学」1964年6号に掲載されている。
また、西丸四方「和風カスパール・ハウザー」(最新精神医学2000年5号)も「おじろく」「おばさ」を取り上げている。
この文章は、その2つの論文によった。

(last update 01/06/23)

http://psychodoc.eek.jp/abare/ojiroku.html

420 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:07:20.60 ID:F+zVCLnQ0
>>416

在チョンは日本国民じゃないから戸籍はないぞ

421 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:07:27.41 ID:nsWVNMJj0
>>240
神奈川中部かと思ったぞw
まんまうちの方と同じ

422 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:07:49.14 ID:QkfAVakB0
>>411
大量の移住者が来たということはたとえ平岡が栄えたとしても近隣の無日とも仕事にありつけるだろ?
ダム建設は戦後すぐからなので昭和30年代や40年代が一番栄えてたのでは?

423 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:07:59.44 ID:Kz5OX1ME0
日本人も救いの無い極貧地帯だと凶暴化して朝鮮人化するらしいからな

424 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:09:33.72 ID:kJi1kq2O0
>>414
でも、日本も食糧自給率を高めないと、

食糧危機が起きたときに餓死者続出だよwww

425 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:09:45.16 ID:jyQ3dQiM0
いや、

日本帝国は、

全国津々浦々に、

厳密な義務教育と、

徴兵制をしいておったのだが?

この記事が言うような適当な戸籍記載は、

文部省と、内務省と、陸軍省が許さんと思うのだがな?

こんなことがまかり通れば、

徴兵逃れも、義務教育回避も簡単なはずだが?

現代の腰抜け官僚ではないぞ、

戦前戦中までの軍と、官僚は、実に厳しいぞw

426 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:10:16.57 ID:QeEw0R+y0
処女は無いと思う
甥とかお客様とかにやられちゃってるよ

427 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:10:45.78 ID:6FC3Rw320
気のせいかもしれないけど、一生童貞のまま家から出ないって
現代社会でもどこかで聞いたような話だな・・・

428 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:10:59.08 ID:T0ZnElme0
>>413
昔の長野県神原村の話じゃん、今は天竜村に合併されてるけど
旧天竜村はその隣で広いけど
ちょこっと見たら、旧神原村は山の中に猫の額みたいな部落がいくつか点在してるだけみたいだけど

429 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:11:17.25 ID:GtC9UFYZ0
>>418
江戸期は天領で天竜村地域一帯が栄えたのは有名

430 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:11:29.59 ID:RyXk9d7V0
>>422
だから、そのころにはこの風習が廃れたってことだろ。
昭和40年代には3人って書いてあるだろーが!

431 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:11:52.89 ID:hXO1qale0
まあ、良寛の歌にも『将来売られたり丁稚奉公で放り出される子供にしてやれることは、今一緒に遊ぶだけだな』
ってのがあるね。

「今だと悲劇ぽいですが昔だとわりと普通だったと♪」
「15で親とはなれ、結婚とかそういう時代でもあるわけでw」

432 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:16:10.86 ID:QkfAVakB0
>>430
明治大正期は林業で大繁栄してたから常に移住者が大量にいた

433 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:16:45.44 ID:L6pOAGOx0
母親が結婚するときに実家の古伊万里を一枚だけちょうだいってお婆ちゃんに言ったら、「家の物は全部長男の物。持参金は出しても嫁に出る娘に宝はやれない」と言われたそうだ

434 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:17:01.50 ID:8+3UXLSHO
>>1
ナックルズってだけで眉唾な上、長男しか子供作らんような集落は、
早晩衰退して滅びると思うんだがどうか

435 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:18:28.75 ID:xstDBKkNO
おじろくっておまいらのことか

436 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:18:59.63 ID:9Yp/LK6p0
×おまいらのこと
○おまえのこと

437 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:20:07.97 ID:s4cjk5Ef0
いっそのこと共産主義で全員童貞の方が惨めな思いしなくていいだろ

438 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:20:57.60 ID:uXeO8ehIP
女性の場合は嫁がなかった人で、
男性の場合は婿に出なかった人でしょ。

変な書き方するから混乱する。

439 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:22:15.22 ID:w/wtrlDZ0
状況から鑑みるに
統合失調症とかで座敷牢に入れざるを得なかった人達なんじゃねーかな
でなきゃ捏造だろ
どう考えても非効率で無意味

440 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:22:31.39 ID:PO07ohMI0
このスレに呼ばれたような気がしたんだが、気のせいか?

441 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:22:42.61 ID:WzzMUkC70
427
でも長男とその妻子の為に身を粉にして家の仕事をするわけだから、現代社会のそれとは根本的に違うな。
長男の為どころか、長男自身嫁も貰わずひきこもる現代とは。

442 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:23:34.46 ID:m+3EuYlBO
遠回しに俺のこと馬鹿にしてるのか?

443 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:24:53.51 ID:RyXk9d7V0
>>429
有名だと思ってるのは村人だけだと思うが・・・w

天竜川東岸に天領が多く江戸期に林業で栄えたって話は聞いたことがあるが、
せいぜい遠山谷までの話じゃないのか?
それとも、中井侍の人々だけ、ヘンだったとか?w

444 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:26:12.73 ID:GtC9UFYZ0
健常者にアミタール投与なんて許されるの?

445 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:26:48.92 ID:P16wphFi0
関連スレ
[人権問題]
信州信濃 長野 NAGANO
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/rights/1310980646/

446 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:27:30.03 ID:CBsIFcVp0
>>434
農地も食べるものも限られてるから次男以下に分ける余裕がない
人口が減るより無駄に増えることを当時の農村は恐れた
まあじゃあなんで長男生まれた後も子供作るかって
セックス以外に娯楽がないのと
跡継がせる前に長男が死んだ時のスペア
余ったら口減らしするか人買いに売るかすればいいという発想

447 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:29:31.16 ID:w/wtrlDZ0
元ソースみたら
やっぱり精神障害者だった可能性があるな
遺伝的に血が濃くならざるを得ないからそういう役割になっただけで

448 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:30:31.77 ID:RJwZpXKy0
長男だって成人まで育つのが難しい時代だったから、子供時代に長男死んだお陰で、おじろくにならずに済んだ奴もいたろうな。
けど、明治時代だったら「おしん」のように町へ奉公に出した方が仕送りして貰えるし効率良い
のに。
さすが長野県だな。

449 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:34:15.51 ID:O5VEGGLl0
447
徴兵検査に行ったことあるのに戦地には行かなかったみたいだからな。
検査に通らない疾患あったんだろうな。

450 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:36:11.53 ID:xRvZsRNa0
>>1
>将来の夢どころか趣味すらも持たず、ただただ家の仕事をして一生を終えるのである。

サラリーマンだって同じようなもんだろw

451 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:37:34.07 ID:OJiNVbdD0
近所に継母に虐待されてロボットみたいに無反応になった娘さんがいたな。
その後ハタチ前にひっそりと死んだけど、人間って誰にも愛されず家畜みたいに扱われると、やっぱ精神が壊れるよ。

452 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:38:50.18 ID:1/OV7XTB0
ぼくも一生童貞だが、女性を押し倒す勇気もないし、もちろん普通に女性にはもてないので、
どうしても経験したいのであれば、風俗にでも行くしかないが、その勇気もない。

453 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:40:02.01 ID:gHQtVbyr0
いや、おいw
童貞や処女のままってのが問題なんか?
そういう風習がありましたとさって話だろ?
今もそんな人権無視した風習あんのか?
なにが言いたいんだよw

454 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:41:23.82 ID:tSstO8EZ0
現代日本でも一生童貞・処女なんていくらでもいるわwww

455 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:41:25.52 ID:/Mw9di150
顔が不自由で童貞とはわけが違う。

456 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:41:45.88 ID:uXeO8ehIP
人権無視もなにも、

女性が嫁に出なくて家に残るのは、
人権無視なのか。

457 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:44:11.66 ID:crvVMjCHO
恭謙 恭謙

おじろくの「ろく」は「ろくでも無い」とか
「ろくすっぽ」とかの意味と関係あるのかな?

あと、おばさの「さ」は六の半分て意味なんだろか??

458 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:44:42.90 ID:6fBUGN5g0
>>124
日本語でおk

459 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:44:45.63 ID:yRY5WJoGO
長野には、昔から、ヒキコモリのネトウヨがいたという記事だよね?

460 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:45:13.05 ID:yJ3fBagV0
問題は童貞とかでなく、一生無報酬で趣味も持てず家畜のように働いた結果、無表情無感情の人間ができあがりました=今の日本のワープアに似てる?
みたいなことを書きたいんだろ。

461 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:45:30.81 ID:w/wtrlDZ0
「おろくじ」なら
波阿弥陀仏の六文字を意味する隠語で
殺すとか死体にするとか言う意味らしいが

462 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:46:34.26 ID:vy8Mv7AKi
ひきこもりも奴隷扱いすれば働くようになるんじゃね?

463 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:46:35.39 ID:aUtYZiRYO
こうまで極端じゃないが、田舎のジジババには未だに『長男が一番』『女より男』って考え方に縛られてるからな
誰かが女の子を産めば、「次は男の子だといいわね」なんて平気で口にする
この間エリザベス女王の曾孫が産まれた時、実母が「女じゃなくてよかったわね〜」と口にした時はゾッとした

464 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:48:25.64 ID:pmu+7Er20
洗脳だろうけど
情緒が豊富になればなるほど苦しむんだから
何も考えないロボットになるわ

465 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:49:19.57 ID:uXeO8ehIP
結婚して所帯を持つには、
当時の農家は所帯と田畑がセットだから、
財産分与にも限度がある。

新田開発で新しい集落を作るにも、
地形の問題で限界がある。

だから藩に願い出て、
都会で長屋暮らしとかなるわけで、
そこで所帯を持ったりする。

嫁や婿や養子や出稼ぎで家を出ないなら、
そのまま独身で家に残るわけだわ。

466 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:49:42.02 ID:w/wtrlDZ0
日本に限らず単発的には孤立児とか野生児みたいな完全なネグレクトを受けた子供の例はあるけど大体は先天的に精神障害持ってる例が多いな自閉症とか

確かに環境で精神が病んだり、発達が著しく遅れる例はあるんだけど、障害が無ければその後のケアで割りと健常者に近いレベルまで治るらしい

467 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 18:58:00.10 ID:mKHNEiZe0
>>463

田舎の長男ってやたら大事に育てられるから上から目線のヤツが多い

468 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 19:00:04.25 ID:NWskUp930
呼んだか?(ゲス声)

469 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 19:00:35.58 ID:4WgV5awM0
下條の峯竜太に聞いてみるか

470 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 19:02:29.37 ID:ke0LfL3M0
>>457
今は死語だが、昔は、妻が夫のことを、人に対して
謙遜をこめて「宿六」と呼んだ。
「六」は「ろくでなし」の意味だったろうと言われている。
以下まったくの憶測だが、「おじろく」はその意味じゃないかな。
「おばさ」は、「女は価値が男の半分」なので、
「六」の半分の「三」ではないかと。
農業労働は体力を消費するので、男に比して体力の劣る女は、
確かに男の半分の価値だったと思う。

471 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 19:05:19.17 ID:zNBuB42s0
ホント、 長野は地獄だぜ

472 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 19:06:09.80 ID:RvkX2+vkO
>>214
民法見なさいよ
山梨に限らず 制度として存在するよ
ちなみに農家でないと農地を買えないので新規に農業やりたい人は小作人からスタートして 農業委員会に認めてもらってから農地を買う

473 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 19:11:10.70 ID:sXSZOwUgi
はい、わたしはおじろくです。
穀潰しの昼行灯のろくでなしの引きこもりです。

ありがとうございます

474 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 19:13:50.10 ID:ldTElLgp0
>>214
新規で農業をする場合は、広い土地を手に入れなければならないし
事実上、不可能ってのも問題だけどね
自民党農政の完全な失敗だよ
こうした流れを作ってしまったのは
自民党が下野して、農業団体の力が落ちれば、多少は改善されるかと思ったが
民主党は、つまらないことばかりに力を注ぎ
結局、手をつけず仕舞いだったね

475 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 19:15:42.16 ID:Dtv9FGfE0
明治5年で190人なら近代化後は制度がほぼ消滅したって意味だと思うんだわ。

476 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 19:16:14.01 ID:eVyHte690
案外おじろくやおばさは快適な生涯を送ったんじゃないの?
一般人からすれば一生童貞でぼっちは不幸の極みのようだけど
当人たちは別に不幸だとは思っていないようだし
俺たちも今までそうだったしこれからも死ぬまで同じ状況だろうけど
別に悲しいとも悔しいとも思わない
俺たちの人生はそんなものだ
見下したい奴は勝手に見下せばいい、蛙の面に小便だ

477 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 19:17:12.86 ID:VtY0niSK0
    ', <ニ'ニニヽ-ァ      /  |::::::::::::ヽ‐‐'''''‐‐  
    '、 弋`┴'゙/       /   !|从!``   /
 ィ'´ ̄ `、 `T7'     ,,,./    | |   /   
/  : \ 、..: .: ..::.'_,.,.,,ィ/  
中国の金持ちは処女が大好き…お前等時給300円… パンツ一枚100時間の労働…
おいらも金持ち…
ikura.2ch.net/test/read.cgi/archives/1146071493/l50
渋谷プ○エンジェル事件

478 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 19:20:18.61 ID:cHF9HPn90
お前らは労働してないからおじろく以下だろうが

479 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 19:20:44.14 ID:PMTWX+Ke0
なんだー もういないんじゃん

480 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 19:20:46.34 ID:ldTElLgp0
本当に童貞や処女だったのか疑問が残るところだが
貧しい村の男が、一生、結婚できなかった
何て話は、昔からよくあるよ
もっと言えば、いまでもありそうだがな

ちなみに、私の故郷にあった奇習だが
一人の妻に複数の夫によって成立した制度だ
つまり一人の女性を兄弟全員の妻にする。多夫一妻制度でね
しかも貧しい村だったから、同じ集落内か親族間くらいしか嫁の来てがなかったので
従妹を兄弟全員の嫁にしていたそうだ。

労働力である男性が分散しないように
また、一人の嫁なら、生む子供の数も限られているから
人口抑制のための手段でもあったのだろう

481 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 19:21:52.88 ID:retiCUdu0
>>303
汚染がヤバそうなものが結構ありますなぁ
喰わばら喰わばら

482 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 19:26:40.45 ID:tVYd5LvtO
でん六
助六

くらいしか知らん

483 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 19:27:45.91 ID:G13QX/XR0
>>467
おれの実家もひどい
おれなんて継子か下男扱い
あの忌々しい長男が天下取った家なんて寄り付きたくない はよう死んでくれ
頭来て都会に出てきたわ

484 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 19:28:18.81 ID:g9istGad0
一生童貞なんて、今時珍しくもなんともありませんよホホホ

485 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 19:29:46.20 ID:hCbQLiCb0
>>8
始まりは阻害されていたからだった。
だが二次元の方が、そう!むしろ!二次元の方が!とても良いものだと気づかされたのであるッ!!
決して環境に適応したわけではなく! に じ げ ん の方が素晴らしいのであるッッッ!!!!!!!

486 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 19:30:34.81 ID:ldTElLgp0
>>476
奴隷制度が続いてきた理由はわかる?
多くの人たちが、長くそれが続けば考えることを止めるからだ
中国や韓国が露骨な軍事挑発をしながら、いまだに歴史認識がどうのと言っている日本人がいるが
それと共通する心理状況だ。
考えることも疑うことも面倒になってやらず、ただただうなづくだけの
奴隷根性に陥り、そして自分と同じ立場にいて奴隷にならない人間を馬鹿だと思うようになる

487 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 19:33:55.79 ID:pMZ7EwlI0
478
おまけに親の金で飯食ってネットやってるからね。

488 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 19:34:22.25 ID:6DVG8wER0
修道院に入るには一生独身でなくてはならないよ
一生性行為をしてはならないかまではわからないけど

489 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 19:43:12.89 ID:ldTElLgp0
>>488
修道院やら教会やら、同性愛やら児童性愛やらで有名じゃん
性欲を抑えすぎているもので、とうとういかれてくる連中がでるのだよ
ちなみに修道女が一生性行為をしていないかどうかはわからんね
だってさ、息子に先立たれて修道院に入ったとか
そういう女性だって多いもの

490 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 19:45:21.47 ID:oHqKREoEO
>>80
この教授の院生かゼミ生だろwww

491 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 19:48:48.39 ID:gnLtO/le0
>>452
>どうしても経験したいのであれば、風俗にでも行くしかないが、その勇気もない

全く一緒、気が弱いから彼女できるわけがないし風俗も怖くて行けない、自分自身に絶望してるんだよ
俺みたいな人間はむしろこの集落や刑務所のほうが安定して生きられたかもしれん、人と比較して苦しむことも少ないし
リア充のような人間にとっては現代日本は幸せだろう、でもダメ人間にとっては煩悩の刺激が少ない昔の方が幸せだったりする

492 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 19:49:55.64 ID:xZROAtH7i
すごいなこれ
徒然とか超えて仏の境地なんじゃないか?
きっと幸せだったんだろうな

493 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 19:53:02.55 ID:4btdhaRb0
昔の方が幸せだったんじゃないかと考える人は
その時代に生まれても、昔の方が〜と考える
だから幸せになれないのだ

494 :はんどるとらふりぃ ◆7DSin/ZgVs :2013/10/23(水) 19:55:50.40 ID:SlQ1VexX0 ?2BP(3457)
>>143
愛知なんて人の出入りが結構ありそうだけどなぁ。

495 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 20:04:10.42 ID:gnLtO/le0
>>493
まあそうなんだけどねwただ環境ってのは大きいんだよ
昔の人は煩悩を刺激する環境が少なかったから現代人より心が豊かだったし現状に満足する心も強かった
現代人は娯楽に塗れ煩悩に塗れ楽という妄念が強いから、渇愛の心も強く人と比較して苦しみやすい

496 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 20:07:53.38 ID:OzlNSJ3c0
>>493
今も昔も人それぞれなだけ

497 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 20:10:22.21 ID:YE/2dc/V0
長野らしい悲惨な話し

498 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 20:13:03.95 ID:j+bT9UunO
ただただ自宅警備をして一生を終えるw

499 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 20:21:31.76 ID:/4J51wMC0
非童貞だけが取り柄の2チャンネラーさんが

「 お 前 ら 〜 」

連呼して傷舐め合うスレですねw

500 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 20:25:57.10 ID:WzKxuFhsO
長男なのにおじろく…

501 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 20:26:59.34 ID:JCml0pqR0
おじさ、おばさとか言う奴は、タッグ組んで反乱することはないの?

502 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 20:30:34.85 ID:2MYHLx/T0
修道僧や僧侶ってのは特権階級の子女だけで、そこら辺の農民が修道院や寺に入るには下男しかなかったのは世界共通。

貧乏人は常に奴隷のはずなのに、昨今はナマポ貴族ばかり、納得がゆかん。

503 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 20:33:23.53 ID:0qVTqSmB0
あたしも処女
たぶん一生処女
若いうちに一度抱かれてみたかったな

504 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 20:33:28.92 ID:w59Tcp280
戦前までは、財産の相続権が長男だけで、あとは何も相続できなかったからな。
二男以下は「士族」籍ではなく、「平民」になるのだ。

505 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 20:33:33.06 ID:eCcVzgyI0
おじろくであることに我慢できなくなった次男が長男を殺して……、という事件も
あったんじゃないかな。

506 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 20:34:02.38 ID:mR60V7epO
冷遇のせいで変わった人間になったというより、
逆に代々軽い池沼が生まれてたのではないか?
代々双子ばかりの村みたいに。
現代では軽い池沼が野放しになってるからな。

507 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 20:36:09.83 ID:w59Tcp280
「華族」も二男以下は華族から追い出され「平民」戸籍に入る
「士族」も二男以下は士族から追い出され「平民」戸籍に入る

財産も家系も継承できない。戦前までは二男以下の扱いはそういう感じ。

508 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 20:36:51.20 ID:Ls4uk0H90
長男以外結婚できないなら人口減るんじゃ…

509 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 20:39:06.21 ID:wHmL9ah9P
現代のおじろくは零細企業で薄給で忙殺される底辺リーマン

510 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 20:40:42.41 ID:d1uzR4ig0
>>1
こんな美味しいネタを当時から最近に至る
名だたる推理作家たちがスルーするかねw

511 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 20:40:53.71 ID:uXeO8ehIP
だから都会で世帯が増えたんだよ。
逆に言うと長男は家を継がないといけない。
逆に末っ子が残る場合もあるけどね。

あと、おばさのさは、
さんの省略だよ。

お婆さんのことは、
ばばさって言ってりゃせんか。

512 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 20:44:10.85 ID:fKFDYc1c0
長男が途中で死んだらどうするんだろ

513 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 20:46:34.64 ID:RKtBJkl50
まてまて昔は成人も死亡率が高かったんだぞ
長男が若死にしたときに次男がこんなアホみたいになっちまってたら跡継ぎどうすんだよ。

514 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 20:47:32.95 ID:KMAkuX4a0
現代では一生童貞・処女のままコースに突入したニート引きこもりがゴロゴロしてる
日本の昔話としてはちょっと信憑性に欠けるわな、あっても極一部だろ

515 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 20:47:56.79 ID:CJFqS2ubi
怖すぎる
人間のやることじゃねぇ

516 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 20:48:28.40 ID:I2iBjkSVP
今は、親の面倒とかで次男の方が有利だもんな。

517 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 20:49:32.07 ID:LzkaK1pEP
大きな音がするじゃん
それが破裂音なのか、われたような音なのか、こすれたような音なのか、ぶつかったのか
落ちたのか、それによって考えるとか行動するとか、あるじゃん。

でもな、大きな音がしても、「大きな音がした」って認識はしても
それにたいし、なんの関心も示さないの、いるんだよ。

わかるかな?わかんねーだろうなー

518 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 20:50:00.88 ID:RKtBJkl50
ちょっと知能の足りない子供を家で養ってたのとは違うのか?
今と違って施設なんてなかったからな。家で面倒見るしかない。

519 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 20:50:06.39 ID:rxi9xJ8R0
スペアを確保するような家はそれなりの家格の印象だけど、昔は違ったのかな?
中世、明治、昭和と話しが飛ぶので時代背景がさっぱり分からない・・・。

520 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 20:50:10.63 ID:uXeO8ehIP
繰り上げで次男が継ぐ。
よそに出てる場合は呼び戻す。

遊牧民の場合は、
独立出来るようになると自立して、
のこった子供が家を継いだりする。

あと、兄弟で妻を迎える一妻多夫、
って風習がある国もある。

521 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 20:55:51.80 ID:SZ1WRVkJ0
虫食う上にこれかよ
まだまだあるだろ?
長野出身者とは距離を置くべきだな

522 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 20:57:49.03 ID:Gy3bL6g10
おばさ
http://p.news.nimg.jp/photo/525/679525l.jpg

523 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 20:59:13.52 ID:UPlMGrqX0
感情無くした35歳童貞だけど

524 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 21:00:45.56 ID:uXeO8ehIP
農家の場合は、
家屋敷と田畑を用意できるかが問題なんで、
都会へ出て所帯を持つぶんには問題ない。

武家の場合は、
そもそも武家は世襲で継承だから、
分家すると、その家は武家ではなくなる。

525 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 21:02:37.12 ID:arEeBjjm0
>>3地理も分からん知恵遅れキモッ

526 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 21:08:16.47 ID:bas1MxpL0
生まれてから一度も微笑み掛けられた事もないだろう。
無表情、無感動なのも当たり前。

527 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 21:17:04.19 ID:JM50DNgD0
>>1
>将来の夢どころか趣味すらも持たず、ただただ家の仕事をして一生を終えるのである。

2回も書くなw

528 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 21:21:06.32 ID:UvOOOe4j0
奴隷として売り買いされたヤンチュから比べればずっとましだろ。

529 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 21:21:44.15 ID:RwMPvfRB0
ナックルズソースなんか信用できるんか

530 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 21:24:46.08 ID:T0mb5AlVP
別に奇習でもなんでもないよ。
家制度っのはこういうものだろ。
家督を相続する嫡子以外は、嫁入や養子口がなければ、
一生「厄介者」として生まれた家で暮らすのは普通のことだよ。

531 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 21:29:52.41 ID:OTgTjr8t0
昭和以降は長男は色々な理由で地元離れられず遊びも覚えず
次男は都会で遊び放題ってのが多いと思う。

532 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 21:30:04.65 ID:CMtBurxm0
ヒヨコのオスの扱いと一緒で殆どの男は不要なんだよ

533 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 21:32:51.88 ID:ioAg+3pVi
>>2
おじろくは働いてるんだぞ?

534 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 21:35:50.93 ID:s8Fgcx/UO
>>517
なんかお前アスペっぽいな

535 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 21:35:59.61 ID:RwMPvfRB0
>>530
奇習なのは「一生童貞、処女」の部分

536 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 21:38:03.61 ID:I2iBjkSVP
安倍総理(次男)の弟(三男)は生まれてすぐ岸家に養子に出されたんだっけ。
次男を出すべきだったなw

537 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 21:38:49.83 ID:TkHNrXJ00
しかし処女のままとはもったいない

538 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 21:41:26.05 ID:T0mb5AlVP
>>535
結婚しないから童貞/処女って決めつけは幼稚だろ。

539 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 21:41:42.91 ID:6PcZpI7Q0
>>533
じゃあ オレはいったい何なんだ?

540 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 21:43:51.66 ID:TkHNrXJ00
>>538
どこかの長男様か誰かがおいしくいただいていたとみるのが自然

541 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 21:44:03.56 ID:NumMvSLG0
>>1
>そんな奴隷的な状況が、ある種の精神障害をもたらすのだろう。
>おじろく・おばさは無感動のロボットのような人格となり、言いつけられたこと以外の行動は出来なくなってしまう。
>いつも無表情で、他人が話しかけても挨拶すら出来ない。
>将来の夢どころか趣味すらも持たず、ただただ家の仕事をして一生を終えるのである。

ユニクロとかにいっぱいいるよなそういう人

542 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 21:47:27.82 ID:nOLXaLG90
Ozey Rock
Over Thah


こんな感じの表記にしたらかっこいい

543 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 21:48:41.94 ID:RwMPvfRB0
>>538
それはソース元に言えよ

544 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 21:53:46.34 ID:zE9TEaLQ0
子流しとどっちがいいんだろうね。

545 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 21:56:30.81 ID:Ep5LQbbK0
おまえら自主性があっていいね

546 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 21:59:32.81 ID:w59Tcp280
>>508
正確には長男と長女が結婚するんだよ。

長男は家をついで、別の家の長女と結婚する。長女は別の家の長男と結婚する。
それ以外は子余り。

2人ずつ子供がいるぶんには人口は減らない。増えもしないが。

547 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 21:59:57.22 ID:H/s9USTci
兄弟作っちゃう親が一番の厄介者だよ

548 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:00:27.61 ID:flisQL7a0
大宅壮一という人が『共産主義のススメ』って本で書いてんだけどさ
発展途上国は一回共産化した方がいい。そして未開文明の蛮習や土俗慣行を
ことごとく破壊してから近代的な社会組織を構造したほうがいいっての、おれもそうだと思うね。
日本は高度成長下、左翼が大いに頑張ったお蔭で、くだらない偏見、島国根性、抑圧や差別を
随分解消した。これは大変いいことだな。

ネトウヨは三丁目の夕陽見て号泣しまくっていると聞くがw
ネトウヨのバカを在地にほおりこんだらすぐ左翼になるね。いや、首を吊ってるかなwww

549 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:01:03.97 ID:JxdVlQe0O
嫁ももらえなかった→単なる苦労話
童貞・処女→奇習!虐待で廃人に!

モンド映画のキャッチコピー状態じゃねーの?w

550 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:01:21.14 ID:T0mb5AlVP
>>543
>ソース元
ソースだけで「元」という意味だよ。

551 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:02:22.31 ID:o/uTq/hX0
普通に生きてて30超えても性交渉経験ないやつなんて実際は居ないよな
ネット上でのネタ設定とか都市伝説レベル

552 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:04:16.19 ID:Z/wG7C83i
同じクソ田舎でも、南の島だったら食うには満足出来てたんだろうな
メキシコの漁師のコピペじゃないけれど

553 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:04:57.27 ID:1E5Yb1LM0
>>539
現代社会が生み出したいびつな何か

554 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:05:20.52 ID:JWTCDVYh0
いやいやいやいや

555 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:05:24.22 ID:LIeAIjHbO
つまり↑お前らの話だろ?

556 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:05:55.94 ID:b8qaV3Jy0
今でも長男は特別っていう意識は普通にあるよね
話では今だにって感じで話をするけど、やっぱ長男の責任とか次男は気楽だねとかある
もっと不思議な話が知りたい

557 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:06:09.08 ID:RKtBJkl50
>>548
コピペなのか?
共産サヨクは早く創価をなんとかしろよ。勢力はびこってるだろ。

558 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:07:53.08 ID:S2Hgm1lH0
一生処女はねえだろ。
可愛ければ誰かが手を付ける。

559 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:08:12.57 ID:Tk3abykbP
性欲をもてあました後家さんが亡夫の供養に村中のおじろくに1発づつやらしてくれつんだよ。

560 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:09:21.82 ID:6clex1JB0
だから何???って思ったんだけど・・・

561 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:09:22.67 ID:NumMvSLG0
>>548
それは戦後の報道の自由と国民の知る権利の増大と人権に対する考え方の変化で
多くの国民にそういう非人道的なことが明るみになり非難を受けたからだ
報道の自由、知る権利、人権は戦後アメリカによってもたらされたもの
サヨクは関係ないよ
むしろ報道の自由、知る権利を弾圧するのが共産主義

562 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:09:30.58 ID:0qVTqSmB0
>>558
だから、可愛くないから

563 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:10:51.45 ID:54Xm+JKV0
ま、こんなアホな風習があったから村は寂れ今じゃ限界集落・廃村なんてことになるんだよw

564 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:10:53.99 ID:JvJbay+l0
>>1
なんという俺

565 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:12:02.99 ID:eEuYyME80
>>562
池沼だってヤラれちゃう話があるのに?
若けりゃ構わないって性欲もてあました男なんぞ
娯楽のない田舎ならごろごろいるはずだろ

566 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:14:18.47 ID:RWjeHXJz0
犬神家の一族とか、それと似たゲームとかあるが、ああいうのは
こういう背景を匂わしてるだけだよな。
しっかりとこういう背景を描いてたら、もっと面白かった。

567 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:14:40.13 ID:PuZe5G3k0
>8
まほうつかい

568 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:19:53.27 ID:rxi9xJ8R0
昔の事はよく知らないけど、間違いなく現代より生き辛いだろうな。
今は幸せだよね、経済力が無ければ生活保護受けて、低所得者より良い
生活送れるんだから。

569 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:20:24.72 ID:flisQL7a0
>>563
実際問題、いつまでたっても田舎に若者が戻らないってのは
単なる仕事とかの問題じゃなくて前時代的な因習が残っているってのは大きいんだよ。
それこそ「かつを」事件じゃないけどさ…あれもよくわからん事件だけどさ。
ここでのスレではやはり田舎の恐ろしさという文脈で語られていたよね。

>>566
>それと似たゲーム
何を想起した? おれはアバドン王を最初に思い起こしたがwww
これはコミックだが大塚英志の一連の作は元が民族の徒であっただけに
非常に面白いと思うけどね。むさかり絵馬とかさwww

570 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:24:16.95 ID:O8WqjjPv0
長野はとうほぐではありませんっ!


いやまあでも、このてのめしつかい的な存在は誰かがやらなきゃならなかったし、
今みたいに人権人権騒いでる方が人間の歴史からすればちょっとやりすぎなんだと思うよ

571 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:26:54.83 ID:/6jLsfm+0
人は環境によって人格が変わってしまうということか
何百年も属国だった国の人もそうなんだろうなあ

572 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:27:49.03 ID:Ak938gnI0
>>522
ほれ、おまいらの好きな処女だぞ

573 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:28:33.54 ID:QoXmoz+ui
まだこのネタスレあるんだ。
三角寛のとか史実だとか思い込んでるのも多そうだなw

574 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:29:25.09 ID:UYUYgkpQ0
ハチの幼虫を平気で食うくらいだから長野はかなり変わってるんだろうw

575 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:29:42.97 ID:pMZ7EwlI0
東北の港町あたりや関東に逃げ出そうとも思わないあたり、拘禁症みたいな精神障害になってたんだろうね。
それにしても信州の山奥って怖い話し大杉。

576 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:31:28.23 ID:LLCWJk+Z0
信南はすごいよ。
天龍だけじゃなく。
長野県の秘境だから。

577 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:32:28.45 ID:7jv+draS0
>>118 遅いレスですまんが、

中高生のころは俺もそんな考えだった。
が、縁あって南米の某国で働くことになり、二十歳から3年間暮らしてみて
わかったんだが、日本はまだましなほう。 その国では、そもそも貧乏人は教育さえ
満足に受けられない、再チャレンジどころか最初のチャレンジさえ無理、
あんたがそこに書いてあることは、大げさすぎる、とおれは思う。
つらい事があったんだろうが、地道に頑張れば、認めてくれる人もいるはずだ。
頑張れ。

578 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:33:53.56 ID:eLnUQM6S0
江戸時代、まだ、子供の死亡率は高かった。

だから、家業を継ぐ次世代を担う子供を確保するためには子供を何人ももうけねばならなかった。育つかどうか分からないのだから。
長男が家業を継ぎ一家を養ったから、運良く育った子供が何人もいた場合には、他の兄弟は運が悪かったかもしれない。

田畑が増えない限り、多くの人口を養うことはできない。
田畑はそうたやすく増やせるものではない。

要はその土地が養うことのできる人口には限りがあるということだ。

579 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:35:15.33 ID:+jg2avuq0
>>569
仕事がないから他所からの流入がなく価値観が固定化される
ってのも大きいと思うが

まあ、鶏が先〜って話ではあるが

580 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:35:53.75 ID:2d9MNTgF0
嗚呼、野麦峠…
信州も修羅国やってんな

581 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:38:44.64 ID:2Vnyj4Cn0
>>3
おまえ釣り上手いな 大量じゃないか

582 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:39:16.06 ID:jKsikEim0
長男なのにおじろく
このスレに沢山いそうだな

583 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:41:55.42 ID:nsWVNMJj0
578
だから東北の小作の人なんかは、
長男以外を港のある商業の街まで
丁稚や下働きの奉公に出したりした家が多かったんだけどさ、
船乗りなんてのは継ぐ家持たない根無し草みたいなの多かったらしいし。
まあ信州の山奥じゃ、そんな町があることも知らないくらい情報も部外者の出入りもなかったんだろうね。

584 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:43:47.71 ID:UvOOOe4j0
>>552
君はマルサスの定理を知らないのか?

585 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:43:48.69 ID:SdNsmnEO0
まるでお前らみたいだな

586 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:46:56.70 ID:147Zss8C0
          _____
         / ヽ____//
         /   /   /
        /   /   /
        /   /   /
       /   /   /
       /   /   /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//
     /      厄介      /  /   /
     /              /  /   /
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /

587 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:47:15.57 ID:AIqLaIWv0
>>1

なんで話の要点を省略するかな。

> この因習から読み取れるのは、疎外された環境が人格に影響を与えてしまうという点だ。
> これについては、劣悪な労働状況によって精神を病んだり、ひきこもりによる
> コミュニケーション障害など、現在の日本社会につながる部分もあるのではないだろうか。
> 疎外された状況に置かれれば、それにやむなく適応するために人格も変化する。
> 例えばブラック企業の言うような「本人が納得して働いているのだから問題はない」というのは、
> 視点がズレた言い訳にすぎない。

588 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:49:03.32 ID:FpSbsoyF0
家に下男・下女がいるって少しは余裕がないとできない気がするんだけど
単に人手がないと、仕事が成り立たないんじゃないの?
少なくとも2世帯4馬力ないとやっていけないから
親無し若夫婦は存在しなかったとか

589 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:49:38.39 ID:CD41FAi10
>>1
童貞・処女とは限らないよ。

まさか セックス=結婚 とか思ってる? どこの国の記者だよ??

590 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:49:42.89 ID:VZiSMzTaO
長野ってのはこういうのもそこかしこ聞かれるが、リニアの
ルート選定の件でも分かる通り拓けてはいけない土地柄なんだと
思えるよ。

あのシナの毎日の本拠地だし。

591 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:50:55.60 ID:rEMa/j/v0
これの逆やったのがルワンダだって話らしいね。
普通に子供皆に親の土地分け与えてたから、しまいには土地は細切れになって、
狭い土地しか持たない一般の農民は飢餓ラインギリギリだったらしい。
例の大虐殺が発生した社会不安の背景の一つ。

土地=生産力が増えない以上、結局外に侵略しに行くか、身内で派手に殺しあうか、
村の掟とかで産児制限をして人口を抑圧するしか方法はない。

592 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:51:44.73 ID:ldTElLgp0
男はともかく、女なら
どこぞに売り飛ばすとか
何も下女の状態で家に置かなくとも
何とかなると思うけどね

593 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:53:04.32 ID:+ZpvXNTM0
医療関連学部卒業あるいは理工学の修士課程修了者以外の人間は、正社員としての就職もままならず、
男性の場合、収入が重視されるため、当然、結婚もできず、世間との交流はネットだけに限定され、
死ぬまでパソコンのモニター中だけで、ネトゲのファンタジー世界の住人として生きる・・・。
これは、現代日本において、既に始まっている「ニート」という生活の態様である。

同世代人口の5割が無職である超就職難の氷河世代。修士か修士でないか、医療資格の有無、美醜によって隔絶された国では、
独自の文化が発生する場合が多い。現代日本の「ニート」もその一つだ。

雇用の少ないわが国では、新たに既卒のニートを雇う余裕がない。そのため、新卒で就職が不可能だった無職のニートは
パソコンだけ与えられ、死ぬまで童貞、無職でひきこもる以外の選択肢が存在しなかった。

家庭内での地位は奴隷以下のゴミだが、ネットゲームの世界では「勇者」や「姫」として扱われる。
世帯分離され、親と同じ家屋に住んでいるにも関わらず、住民票には「世帯主」として一人だけ記され、
家族と顔を合わせることも殆ど無かったため、大小便は自室のペットボトルやビニール袋で済ませ、
歯も磨かず、顔も洗わず、風呂にも入らず、食事と睡眠以外は、24時間、ネットゲームに集中する毎日を過ごしている。

そのほとんどが一生童貞・処女のままだったと推測される。将来の夢どころか趣味すらも持たず、ただ只管、ネットをして一生を終えるのである。

そんな奴隷的な状況が、ある種の精神障害をもたらすのだろう。ニートは無表情で無感動のロボットのような人格となり、
反射的なネットゲームのマウスクリック操作以外の行動は出来なくなってしまう。運動不足のせいなのか、いつも体がだるく、
他人が話しかけても視線を合わせることも、挨拶すら出来ない。将来の夢どころか趣味すらも持たず、ただただネットをして一生を終えるのである。

594 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:54:18.07 ID:rxi9xJ8R0
大きな街道沿いの町でもないと情報や人はなかなか入って来ないのかな。
なんとなく風通しの悪そうな地域だ。

気のせいではないと思うが、長野や山梨の人は他人の顔をジッと見る
クセがあると思う。もちろん、一部の人達なんだろうけど。

595 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:54:33.36 ID:ycVhuA1i0
なんだ、俺らのことか…

596 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:54:40.82 ID:nBFDdmQx0
CK思い出した

597 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:57:43.64 ID:ZtkfXkuD0
うそくさ〜。
長男とそれ以外じゃそれ以外のほうが人数多いやん。
そいつら全員奴隷ってことなの?

598 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 22:58:58.81 ID:TiKq5gtQ0
下伊那の辺りの山間の村は午前10時〜午後2時ぐらいの間しか日が射さないし
トンネル一つ崩落したら外界と隔絶されてしまう地区が今でも珍しくない。
南アルプスに登山する度にあのあたりに言っていたが、色んな奇習が残っているんだろうな
と思っていたら案の定だったな。

599 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:01:00.33 ID:r90/EquHi
ゾンビパウダーを使ったな

600 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:01:40.66 ID:EIIiLJ900
592
山形や宮城や青森なんかの小作のどころには
酒田や仙台や八戸経由で遊郭の下働き買いに来る女衒もきたらしいけど、
長野や山梨の山奥なんかだと、
人買いも行かないくらい交通インフラ悪かったんでね?

601 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:03:21.38 ID:rxi9xJ8R0
>>598
人間て、人目が無いとおかしな事してしまうのかな?
因習とか隔絶された地域に多い気がするよ。

602 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:05:20.03 ID:flisQL7a0
>>595
実際、いつの日か、ネトウヨも歴史に記録される。
もちろんその崇高な歴史観や社会病理なんてもんじゃねえぞwww
社会に弾圧され、消えて行った哀れな貧民群としてな。
まあスレにも出ている野麦峠の女工みたいなもんだ。

で、また反動的な未来の歴史学者が言うんだ。
「派遣社員やフリーターは苦しめられていない。楽しんでいたんだ」みたいなことをねw
ま、今でもそんなこと言って小金を稼いでいる学者とか、いるけどwww

603 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:06:17.16 ID:EIIiLJ900
海の無い内陸県の山奥って、本当に怖い昔話しが沢山あるよね。

604 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:08:26.04 ID:jB77ocyV0
この話はオカ板で見て驚愕したネタだったんだよな

605 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:08:37.96 ID:LzkaK1pEP
おじいち
おじに
おじさん
おじよん
おじご

まではなんとかなったのか

606 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:10:48.56 ID:rHlo1gX10
昔の女のワープアの代表みたいな、
製糸工場や遊郭で死ぬまで働かされるよりマシだったのかもね、
感情を持たないロボットおばさ。
でも男は江戸末期なんて商業の街に出れば、
長家暮らしとはいえ妻子も持てたろうに。

607 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:15:21.27 ID:rEMa/j/v0
>>601
狭い範囲内で他と交流してないと、文化(=常識)が変わるんだよ。
ある意味方言が変わるのと同じ。

隔絶が長いと言葉もどんどん通じにくくなるのと同じように、
「常識」と思っている事柄も他の地域と通じなくなってくる。

608 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:16:21.26 ID:flisQL7a0
>>606
>でも男は江戸末期なんて商業の街に出れば、
>長家暮らしとはいえ妻子も持てたろうに。

バカ言ってんじゃねえよ、この江戸幻想派が。
当時の戸籍管理は今の中国の都市戸籍、農民戸籍と同じだ。
そんな移動の自由とかねえよw

ド田舎土民のお前がきったねえかっこで江戸に出てみろ。
無宿人だよ無宿人w とっ捕まって抱非人だな。3回脱走すると死罪だぞ。

609 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:18:53.86 ID:YYKfQkue0
俺はアルコールを投与されるとよく喋るぞ、キーボードで。

610 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:19:02.13 ID:dR+UTZeZP
甲信越の大阪:長野とは

・B文学の金字塔・島崎藤村の破戒のモデル都市(飯山市界隈)

・県内に270の同和地区を擁するB連邦(1975年調査)

・同和地区向けに行われていた「住宅新築資金等貸付事業」の滞納が数十億(2011年)

・行方が分からなくなった滞納者や、「借りた覚えがない」と主張する滞納者もいて、回収困難なケースが多い

・同和地区の高等教育終了者は5.7%(県16.6%)

・おじろく・おばさ等の奇習を残す

611 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:19:55.43 ID:fjKk95MC0
>>597
江戸末期なんて、産まれた子供の半分以上が14、5歳までに死んでたから、
そんなには残らなかったんじゃない?
でも器量良しの娘は嫁の貰い手があったり、
利発な男の子は長男死んだ家に養子に出したり、
人減らしで東北や関東に働きに出したりして、
おじろくおばさとして家に残したのは、
一番不細工とか池沼とか脳性マヒとかのひとりふたりなんではなかったのかな?

612 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:20:44.57 ID:Zw6uWkaa0
>>246
北陸某県出身ですけど
曽祖父がそんな人だったらしい
長男には長男の苦労があるから
それが当然みたいな

613 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:27:59.82 ID:dR+UTZeZP
「未分化社会のアウトサイダー」著者・近藤廉治の略歴

昭和3年、長野県飯田市生まれ。医学博士、専攻は精神病理学。
昭和27年信州大学医学部卒業後、昭和31年医学博士。昭和47年長野県伊那市に南信病院を開設。
平成10年長野県南箕輪村に新築移転、現在に至る。

当に、長野生まれ長野育ち、長野の精神医療一筋の先生

614 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:28:20.08 ID:rEMa/j/v0
>>611
村に190人とかいう数字が本当なら、そんなレベルじゃないだろうな。

どっちかというと「みんなロボットのよう」という表現の方が演出入ってると思う。
中にはやばい奴もいただろうが、大抵はあきらめムードでやる気なく働いていた、
という程度じゃないかな。多分。

615 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:29:26.71 ID:x9gTvdXg0
青森だったかな。「あんにゃ」っていうの。
寺山修司だったかが書いてた。

616 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:30:36.72 ID:Y1w//poP0
子殺しと飲酒と喧嘩、こそ泥と売春、乞食」「梅毒とハンセン病と精神病」が常態化しているのが明治時代の東京の実態だよ 明治になって移動の自由が認められたから 
貧窮民が江戸に殺到した  セーフティネットができたのは昭和の戦後だよ

617 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:31:35.55 ID:dR+UTZeZP
長野の部落の奇習が近藤先生のおかげで明らかになったが、
京都、奈良、大阪、岡山、香川等は奇習の公表を許さない圧力が凄まじいからな。

想像を遥かに絶する奇習を今に残しているはずだ。

618 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:32:33.08 ID:TkHNrXJ00
>>615
寺山さんの地元に転勤してきたけど聞いたことない

619 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:33:01.77 ID:wiFd+uoy0
お前らジジイやババアで独身なのっておじろくとおばさだったの?
30過ぎて独身のババアとか40過ぎて独身の男とかマジキメぇと思って悪かったな

620 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:33:21.28 ID:WzzMUkC70
>>608
何も江戸に出ればとは書いてないけど。
うちの曾祖父さんが、山形の小作の三男坊で、本当に長男以外は人減らしの為に奉公に出るのが当たり前だったらしい。
で、曾祖父さんなんかは酒田に丁稚奉公に出て、
所帯持った頃は長家暮らしだったけど、
最後には独立する為の資金援助までしてもらえて、
作男として他家の畑を手伝ってた次男よりよっぽどマシな暮らししてたみたいだから、ついそう思ってしまった。
奉公に出たのは明治の話しだし、小学校出れただけでも小作の割に恵まれてた家みたいだけど。

621 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:34:18.47 ID:UoIggCBG0
いろいろですな。

筆おろし
姫はじめ
夜這い
男色

622 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:36:28.21 ID:dR+UTZeZP
まあ、国会図書館のデジタルライブラリで大正9年発刊のこれでも読めや

ttp://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/985160

623 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:37:17.87 ID:REmtEKkc0
一生童貞のままロボットのように働く・・・

封印もクソも現代の日本の今ここにいるぞ

624 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:39:04.71 ID:cblbh7Y20
他家へ嫁ぐか婿に出ることは可能なようだな
その仕度に金をかけられない、かけないからアウトという側面もあるだろうな

625 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:40:54.76 ID:flisQL7a0
>>620
事情は江戸に限らずどこも同じ。
ってか人の出入りや法整備に関しては藩内の方がよほど厳しい。
藩って要するに大名の私有地みたいなもんだから…とか書くと史学科OBから殺されるけど。
とまれ法は藩が一番厳しい。一番甘いのは旗本領www

奉公たって出来るのは子供だけでそこに自律的な意識なんかねーよ。
あと当たり前ってのは明らかにダウト、ってか曾祖父が江戸人で直接聞いたのか? 本当かそれ。
そんな簡単に農から商へかわれたら農民率90%以上とかねえから。

実際地域によっては戦後すぐまでそんな感じだった。
日本の歴史は農民の歴史だよ。

626 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:41:12.47 ID:REmtEKkc0
俺は伝説か

627 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:41:41.45 ID:rxi9xJ8R0
現代だって仕事もせずに実家に居たら長男家族に煙たがられるんでないの?
追い出されないだけでもマシなのかも。

結局、独身のまま死んだら長男が葬式出して死後何十年も寺にお布施するわけだし
それこそ長男の子供が供養も受け継ぐから、長男の子供より序列が低いのは納得だな。

628 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:42:32.67 ID:2gSFIoN/0
俺の親父このあたりだが確かに荘家の長男はえばってるよちょーうぜーあのおじさん
どもまぁここまでのことはなかったと思うよせいぜい優遇されてたぐらいのもん

629 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:44:09.93 ID:KTgWnB7B0
ちびろくの語源?

630 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:44:15.72 ID:REmtEKkc0
ちなみに俺長男なんだけど

631 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:46:13.71 ID:9WZT97IZ0
おじろく、おばさ、りにあ、しんかんせん

長野w
長野www

632 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:46:26.75 ID:KTgWnB7B0
>>630
現代の日本の長男は結婚相手として
女から最も敬遠される
時代が変わった

633 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:49:26.44 ID:qzpZFsxF0
昔は女の子も奉公に出されて下女でしょ。
奉公先でイジメられて逃げ出すと
関所でつかまって、10代少女でも打ち首獄門だよ。
お玉が池のお玉ちゃんがその代表でしょ。
戦前とか江戸時代を美化するやつ、許せないわ

634 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:49:26.92 ID:FXjJvYEz0
>>625
ちゃんと読んでから質問してくれると助かる。
曾祖父さんは山形県、奉公に出たのは、江戸じゃなく山形県の酒田。
時代は明治って書いたし。
昭和60年に80代も後半で亡くなっだったけど。

635 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:52:22.08 ID:wqPTl3x20
長野は日本のチベット、って本当だったんだな
2ちゃんで信州がからかわれる理由がわかった

636 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:53:11.19 ID:77MHW6y20
>>633
東北の女の子は、温泉女中や製糸工場に奉公に出て
肺を病んで死ぬ子も多かったって。
衛生環境も劣悪だったみたいだよね。

637 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:54:15.92 ID:uXWQSYXh0
ヤクルトはもうダメだ、新潟に移転するしかないorz

638 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:56:03.00 ID:5s9ubJQf0
昭和40年代の3人ってのは知的障害の人だろ。一つの村にそのくらいはいるよ。
明治以降の戸籍簿に「厄介」の記載が許されるわけもない。
東京オリンピックも終わり高度成長真っ只中で慢性的労働者不足で中卒なんかが金の卵ってもてはやされた時代。
そんなときに貧乏な田舎の「厄介」を飼い殺しにしておくより就職させたほうがよっぽどよかったはず。

639 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:58:33.42 ID:qzpZFsxF0
>>636
「あゝ、野麦峠」だと
若い女性たちが繭をお湯に漬ける製糸工場で働かされてたよ。
すごく臭いんだってね。見学に来てたセレブが吐きそうになってた。
それをマスクもなしで直に接して働かされてる…

しかも逃げられないように、女の子たちの寮には外からカギが
かけられ、
これは実話なんだけど、火事が起きて
カギの管理人は我先に逃げて
逃げられなかった女工たちは生きたまま焼け死んだという事件が。

長野県じゃなくて愛知県一宮市かどっか
尾張地方の事件だったはず。明治時代〜大正時代ぐらいの。

戦前を美化するやつは本当に許せないわ。

640 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:58:36.32 ID:PLD7Cq7r0
>>3
小学校で地理の勉強しなかったんだね。
バカ丸出し

641 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:58:47.62 ID:flisQL7a0
>>634
別に質問なんかしてないし、お前の家系なんかどうでもいいよw
酒田だって日本だろw 江戸幕府の統制に置かれてたわけで
当時日本有数の商業都市であることはしってるが、
だからといって農民が思い立って
勝手に引っ越したり離農できたり出来るわけねーだろって話だよ。

お前の曽祖父が商人になろうと武士になろうとUFOにさらわれようと
知らんよ、そんなことは。

642 :名無しさん@13周年:2013/10/23(水) 23:59:26.08 ID:EV4BnJ/E0
あと、曾祖父さんが戦前に商売で長野の山奥に行ったことがあるらしいのだけど、
山奥にいくほど、女の子とか凄くキレイなのに
片手の先が先天的になかったり、
話しかけてもオツムがかなり足りなそうだったりの娘が何人もいて、
たぶんあれは、人の出入りの無い集落で近親結婚が多過ぎたからか、
近親結婚しか出来ない部落の人だったんだろうなあ、
って言ってた。

643 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:01:40.86 ID:TQW0tpGp0
避妊もなく戦争もないのに人口が一定の社会、持続可能社会の裏側ってのは
こういうものなんだろうな
誰もが欲望に忠実であれば、社会は拡大し続けるか破綻する

644 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:01:55.63 ID:qzpZFsxF0
製糸工場の女工は工場の監督者のオヤジに
常習的にセクハラ、レイプも受けていたしね。
愛人になってしまったのもいた。

現代が女性にとって楽しい時代になったり
次男坊、三男坊の方が結婚しやすい時代になったのは本当に喜ばしいこと。

女性や次男三男を虐めてきた家系は呪われて
長男が一生高齢毒とか
子供できないとかオールドミスとかになってんだよ…
天罰がやってきたんだ。

645 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:05:12.99 ID:SteCb1vT0
おじろくのチンポしゃぶりたい
綺麗なズルムケなんだろーなー

646 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:06:07.99 ID:Q4lYiRv30
>>636
でも地元で農家してる父親の何倍かの収入があった
10年工場に勤めて家建てた女工もいる
工場内には学校もあったし休みの日は芝居にもいけた

例え肺病で寿命が20年縮んだとしても、親の世代(江戸時代人)にはあり得なかった文明開化的な暮らしが出来たわけで
社会の雰囲気は明るかったと思うよ
今の中国みたいなもんだろ

647 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:06:34.87 ID:CBM45s9m0
家を飛び出して軍に志願でもすればよかったんじゃないのか?

648 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:07:19.80 ID:bFbH8SNO0
>>643
だから現代の日本人達は、本能的に少子化社会を作り出してるとか?
もっとも人口の多い団塊世代の子供の団塊ジュニア達が子供を産まなかったのだからね。

649 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:08:53.08 ID:tfqP7W+t0
>>646
それは嘘だね。
女工たちに自由はなかった。タコ部屋に押し込められて
外から鍵をかけられて夜を過ごした。
社長や工場長からはレイプされまくり。
人権なんてなかった。

650 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:10:31.23 ID:TJqxps5m0
素人おじろく

651 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:10:43.95 ID:6xt0j44c0
>>649
その情報の参考文献はなんだろうか。
それとも人から聞いたのけ。

652 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:11:52.91 ID:rG/kblqK0
東北の某県の沿岸部にある、山に囲まれてカキの養殖くらいしか
産業がない入江の村だと、血が濃いから精神的にまずいのが伝統的に多い。

そういうのは家の外に出ないように、家の2階に軟禁状態にされる。

村の男たちは、カキの水揚げシーズンさえ働けば
あとは遊んで暮らせるくらい稼ぎがある。だが若い女は村にいない。
だから、何十キロも離れた街の
飲食店や風俗街で結婚相手の女を見つけるのが普通。


そんな村だから、血が濃い。

653 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:12:09.42 ID:AZqwypUn0
>>642 長野県在住の知人がそれに似たようなこと言ってた。
有名な温泉地がそうだと。先祖が近親相姦してたから、メンヘラが多いんだと。

654 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:12:30.62 ID:WBS3VfRh0
>>641
明治時代には、
酒田から奉公人や女工探す仲介人が山奥の小作の家にまで来てた時代らしいけど?
幼稚園の送り迎えの度にそんな昔話しばかり聞かされて子供心に鬱になったからよく覚えてる。

655 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:12:39.42 ID:WDaAqrt10
>>647
真っ先に戦争に行くのは長男じゃないの?
義務と権利ってヤツ。
で、次男以下が家を守るんでない?

656 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:13:27.49 ID:T6P2qgIu0
>>648
現代は結婚出来ない男が増えている
家の仕事が会社勤めに、「村」が「日本国」に変わっただけで
おじろくも虐待されてたわけでも飢えてたわけでもないし現代人と変わらない

「でも道を歩けば女の子いるんでしょ何で口説かないの」
「会社辞めてバイトしても飢えない世の中なんだろ何で働くの」
「この時代の男頭おかしいの?」
と他時代人からは言われるかもしれない

657 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:15:15.89 ID:sikTReRD0
>>651
戦後左翼特有の妄想でしょw

658 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:15:20.20 ID:MMPeQbye0
>>656
普通に今、外国の人に言われてるよね

659 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:15:28.07 ID:tfqP7W+t0
>>651
学校で野麦峠を無理やり映画で見させられてさ。
当時、図書館で色々調べたのよ。
実話としてちゃんと載ってたよ。
映画は長野県が舞台だったけど、
製糸・繊維関係の女工虐待秘話は愛知県と岐阜県を繋ぐ
尾張地方が多かったな。
火事で大勢の閉じ込められた若い女工が焼け死んだ事実は間違いなく実話。
当時、糸や繊維で大儲けしたオッサンらが
女工を手込めにして愛人にしてたのも実話だよドアホ

660 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:15:28.54 ID:AZqwypUn0
>>655 長男は戸主のため兵役免除されていた。次男以下が召集されました。

661 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:17:21.97 ID:6xt0j44c0
>>659
ドアホとかいうな傷つくじゃないか

662 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:17:46.18 ID:WDaAqrt10
>>652
何十キロも離れた町の女と結婚して、なんで血が濃いのか解らない・・。

663 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:18:00.54 ID:b43685mh0
気持ちいいことして子供産んでおいてなにが厄介だよ
産んでくれと頼んだわけでもないのにどんだけ自己中だよ
馬鹿じゃねーの

664 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:19:07.74 ID:tfqP7W+t0
>>657
実話なんで〜
ちゃんと愛知と岐阜の郷土誌に載ってた。
色んな図書館へ出向いて、何冊も何冊も調べてたからな。
部落差別にも興味があって、一緒に調べてたな。
左翼ってどういうことかしらね?
わたしは明治神宮で結婚式あげて、お伊勢参りは毎年欠かさないけれど。

665 :古い猫夫の記憶:2013/10/24(木) 00:19:25.67 ID:4G8ahXYz0
「恋するフォーチュンクッキー おじろく・おばさVer.」って本当にありそうですねw

666 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:19:28.67 ID:rXszwQH50
ドストエフスキーが悪霊の中だったかで、「人間は習慣となれば何でも
してしまう」と書いてたが、本当に習慣や慣習にしてしまえば、人間
なんだってするな。

667 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:19:37.70 ID:AwJ+pOmD0
サマンサタバサ??

668 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:21:16.52 ID:Cyb0lgnX0
>>659
まあ今の一宮辺りはそんなのばっかだったけど今じゃ寂れて治安の悪い呪われた街になってるから…

669 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:21:36.75 ID:rXszwQH50
ネトウヨとかが撒き散らしてる、江戸時代最高に楽しい史観は前から間違ってる
と思ってたw

670 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:22:31.60 ID:WDaAqrt10
>>660
へぇ〜、そうなんだ? 知りませんでした。
よく、ドラマなどで兄が戦死して未亡人になった兄嫁を、弟が娶ったりするので
長男が先陣切ると思ってたよw

671 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:23:36.63 ID:tfqP7W+t0
>>668
某霊能者は一宮市全体が(尾張全体だったかな?)
虐待された女性の霊で呪われた地域だって見抜いて公言してるよ。
今後も発展しないだろうね。尾張地方全体が
神話の時代から
「正義が邪悪に負けた象徴の土地」なんだってさ。
この辺りはもうオカルトだけどね。

672 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:24:26.34 ID:m631E+zR0
>「自分の家が一番よい、よそへ行っても何もできない、働いてばかりいてばからしいとは思わないし不平もない」
家を会社にしたら経団連・ジタミの欲する社畜の完成型じゃないか

673 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:24:34.05 ID:5DfIFVLx0
>>649
女工哀史って本に書いてあったよ。読んでて思ったより待遇良くて現代の工場より人間的だと思った。みんな正社員だしな。
あの本は現代文明批判みたいなとこがあって、
工場勤めになれた女工は金に頼りがちになる、収入があるから離婚する、毎日食堂で食べてるから料理も作れない
とか嘆いて工場を批判してるけど、別に監禁虐待が日常的だったわけではない。

一部にはひどいところもあったと思うが今も日本の企業が過労死やセクハラの温床じゃないし。

674 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:24:36.26 ID:9g/kMjTd0
長野県の中でも旧秋葉街道沿いの谷筋の町村は、一番交通の便の悪い僻地だからな〜
今はまだましだけど、昔(昭和40年代くらいまで)は最寄の市の中心部(伊那・飯田)あたりからいくのに片道半日がかりとかだったって話だし
道がひどい酷道な上に峠道で地図上の直線距離とかだとそんなに離れてないのに、やたら時間かかったっていってたな〜

675 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:24:48.63 ID:qfS9V0290
>将来の夢どころか趣味すらも持たず、ただただ家の仕事をして一生を終えるのである。
大切なことだから2回言ったの?

676 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:25:14.09 ID:rcpg5l2M0
>>1
柳田國男が近くの飯田出身なのに調べてないし、
なんかの勘違いして思い込みで書いた論文なんじゃねーの?

677 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:26:16.91 ID:qAfMUSgy0
近親相姦がよくないっての血が濃くなるというより閉鎖的は環境にいるのがよくないって聞いたぞ
つまり近親しか相手がいないような環境が良くない
十分な選択肢がある中で近親を選ぶのはさほど問題ない

678 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:26:30.03 ID:WBS3VfRh0
>>670
長男徴兵や学徒出陣は、本当に切羽詰まってからだよ。

679 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:26:38.87 ID:rS0xWNae0
アジアの何処かの国じゃ
長男の弟たちも長男の嫁を共有したらしいね
万一、未亡人になっても きょうだい皆で養えるし

680 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:27:32.10 ID:tfqP7W+t0
>>673
それは逆だよ。
ほんの1部が恵まれていた稀有でまれな例でしかない。
女工が大金持ちでラッキーな職場なはずないだろう。
自分を誤魔化すのはやめたら?繊維業関係者さん。
大勢から呪われてんでしょ?搾取するからだ。

681 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:27:45.56 ID:rcpg5l2M0
>>649
それ小説や映画の話だから。飛騨の人たちが大笑いしながら、
女工哀誌とか言うけど、女工さん達みんな高給取りでうはうはだったんだよねw
って笑ってるよ。なんかどっかの慰安婦の話しに似てるよな。

682 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:27:45.61 ID:Vly3rsyd0
>>666

たとえば、
突然私がどこかの国でお嬢様や奥様になって
最初は虐げられているメイドや奴隷を気の毒に思うのだけど

あなたもメイドのしつけ方を学ばないとね

なーんて言われて粗相をしたメイドのお尻を丸出しにしてムチで打つと
最初は恐る恐るやってたのが
すぐに慣れる

そういうことかしら

683 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:29:42.04 ID:qfS9V0290
>>647
産まれた時から、それが当たり前のように育てられ、
情報も遮断されていたら、それ以外の生き方なんて思いつかないよ。
「なんで兄弟なのにオレだけ?」なんて疑問すら抱かないんじゃないかな

684 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:29:51.62 ID:tfqP7W+t0
現代が女性にとって楽しい時代になったり
次男坊、三男坊の方が結婚しやすい時代になったのは本当に喜ばしいこと。
女性や次男三男を虐めてきた家系は呪われて
長男が一生高齢毒とか
子供できないとかオールドミスとかになってんだよ…
天罰がやってきたんだ。

685 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:30:10.74 ID:AiYzKfB9P
別に女工だけじゃなく
商売人だって丁稚と呼ばれる身分だった奴は奴隷だし
料理人だって追廻なんてその名の通りだし
炭坑夫なんて毎日が命懸けだ。

今の目線で過去を裁くって、神にでもなったつもりか?

686 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:31:53.52 ID:7avegJ860
勝手に改訂すると、こんなカンジ。(福島、宮崎、富山を改変)

★ヨソ者参入難易度★

S(永遠にヨソ者扱い):長野・石川・愛知・京都・福島

A(陰湿なイジメは当然):青森・岩手・福井・和歌山・愛媛・高知・香川・佐賀

B(些細なミスで村八分):宮城・秋田・新潟・岐阜・三重・奈良・大阪・岡山・広島・熊本

C(表で笑って裏で悪口):山形・群馬・山梨・滋賀・兵庫・鳥取・島根・山口・鹿児島・沖縄

D(方言喋れば何とか…):茨城・富山・静岡・徳島・福岡・長崎・大分・栃木

E(他人に関心無し):北海道・埼玉・千葉・東京・神奈川・宮崎

687 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:32:08.22 ID:tfqP7W+t0
>>681
それは嘘だね。尾張の辺りの人々は
繊維業や製糸業に従事してる(してた)人々を
底辺DQN職業として馬鹿にしていた。
1部の稀有な例だけを挙げて、慰安婦は高給取りとか抜かす
ネトウヨの言い分にそっくりだわねえ?
まさか小林よしのりのマンガで歴史を勉強したとかいうんじゃ
ないだろうね。

688 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:32:31.14 ID:ny5fQ4L20
サマンサ・タバサ

689 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:32:44.87 ID:Y69yasQE0
映画の「楢山節考」(坂本スミ子主演)では、
主人公の家の次男がここで言うオジロクで、
いつまでたっても結婚できないので、隣の家の
雌犬を強姦して性欲処理してた。

690 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:32:54.68 ID:rXszwQH50
こういう時代が再び来るかもな。
安倍ならやりかねない。

691 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:33:12.80 ID:rcpg5l2M0
>>680
女工を多く送り出した飛騨での 実際の聞き取り調査 によると、
給金は毎年ほぼ倍増して年100円稼ぐ女工 (100円工女) もたくさん居た。
当時、100円あれば、家一軒、畑1反を買え、皆が 100円工女
を目指し働いたという。寮の食事がまずいと答えたものは一人も居なかった。
確かに長時間労働ではあったが、つらいと答えたのは3%だった
(一般の奉公ならもっと辛い目に合う)。給金以外に僅かながらもボーナスも出た。
これは、女工が自由に使える小遣いとして与えられたものだろうか、
夜店を楽しむ女工たちの写真 もある。
このように女工はたいそう優遇されており、悲惨な状況のみを伝える
“女工哀史” と 大きく食い違うのはなぜなのだろう。

692 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:34:06.87 ID:lVyHuy9+0
信州の山奥では山奥ゆえや部落ゆえの近親婚は本当に多かった。
江戸時代の皇室や徳川と同じで、池沼や軽い脳性マヒ、
先天的四肢欠損者も多数。
戦後でさえ人肉食事件なんかもあったくらい、本当に物も人も入ってこない。

693 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:34:21.27 ID:h+DDPFOl0
ネタにきまっとる

694 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:35:59.99 ID:wCgKvyrc0
>>691

従軍慰安婦と同じ言い分に聞こえるね。
金は沢山もらっていた、待遇もよかった、不満なんてあるわけがない

695 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:36:19.44 ID:WDaAqrt10
>>681
世界遺産に登録しようとしてる地域も、今でこそ寂れてしまったけど、
当時は女工さんたちが通りを闊歩して賑やかだったらしいね。
映画館なんかもあって野麦峠の印象とは違うんだよね。
現代でも良心的な工場もあれば、ブラックもあるだろうし様々だったのかな。

696 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:36:29.43 ID:qRaxUZws0
>>25
なんかマザボのメーカーみてーだなw

697 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:36:47.27 ID:rXszwQH50
>>692
やっぱり土建国家最高って話だな。
マスコミは土建国家を馬鹿にするが、俺のガキの頃の幹線道路を考えると
正しかったと思う。

698 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:38:05.46 ID:wQP1A+G00
まあ、童貞で一生を終えるって点については、オレと一緒だな。
童貞でも、オナニーとかはするし、そんなに精神的に病んだりしないけどなぁ。
それ以外の要因が強いんじゃないのかな?

699 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:38:06.28 ID:rcpg5l2M0
>>694
実際に飛騨の人に聞いてみろよw
日本人だし、日本語通じるんだから。

700 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:38:25.26 ID:tfqP7W+t0
>>691
嘘情報にごまかされてるんだね。
そうやって前時代を美化したいのはなぜだい?
自分の家系が製糸、繊維業だったんか。
歴史捏造するのみっともないよ。
死なせた女工に謝罪するんだな。

>>689
姥捨て山伝説もモロに長野県だね。
あの映画だと
村でドロボウやった家が出ると村中総出で
押し入って、ドロボウやった一族全員を
村のはずれに生き埋めにしてたわな。

戦前や江戸時代を美化するやつ、呪われて一生結婚できなかったり
子供ができなかったり、出来てもキチガイしか産まれないわ

701 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:38:49.45 ID:f+OzS2NE0
処女マンペロペロしたい
一回しかしたことない

702 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:39:32.25 ID:NO1AjxN80
昔は農村の過剰人口が大問題
長男が無事に育ったら、次男以下は都市に奉公に出し、
都市部で一生未婚か疫病で死亡
この繰り返し

703 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:40:28.43 ID:rXszwQH50
ネトウヨは明治時代を凄い賛美するが、江戸時代の延長線だから碌なものじゃないと
思うよ。ネトウヨに言わせれば江戸時代も最高だったようだけど。

704 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:40:44.46 ID:qAfMUSgy0
貧農の次男三男など軍隊生活の方が快適でそのまま職業軍人になりたがった
昔の農作業のきつさを考えれば女工の方がマシと考える人も多かったんじゃないの
胸まで田んぼに使ったり背泳スタイルで田植えしたりそりゃもう大変

705 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:40:53.82 ID:wCgKvyrc0
>>699

そんなこと言ってないで証拠の一つでも出したらどうだい?
ほんと、愛国者ってやつは自分では何も証拠を出さないね

706 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:41:37.29 ID:42F4O5Fr0
>>1
こんなの普通の武士だってやってた当たり前のことだよ
資本主義の現在と違ってよほど上手くやらないと財産はずっと変わらないんだからね
一族代々続く土地が全財産でその所得の大きさが身分になる
これを兄弟で分割したら身分が半分になった武士が2人できるだけ
それだと代を重ねるごとに貧乏になるから全部長男に継がせていたんだよ

707 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:42:19.98 ID:NO1AjxN80
女工と言っても明治初期の官営工場で働き、全国で指導者になるエリート女工と、
その後の末端女工じゃ全然お話が違うよ。
前者は士族の娘がなり、後者は農村の娘ね。

708 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:42:37.99 ID:tfqP7W+t0
慰安婦の実際を水木しげるが目の当たりにして
アレにはやっぱり賠償金をはらってやらなければ…と証言してるよね。

一部の稀な例だけ挙げて
女工や慰安婦を悲惨じゃなかったと誤魔化すのは
業者側と男側の言い分にしか過ぎないわね。

恵まれてた人は早めに抜け出せて
衛生常態も良く、病気や危険から逃れ
長生きできただけの話。

全体の5パーセントが悲惨な95パーセントを
カワイソウじゃなかったと語るのは歴史捏造もいいところだわね。
だから慰安婦問題も世界中から白眼視されるのよ。

709 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:42:39.82 ID:Lu9nc0V30
無感心というのは精神病という事になるわけだ
そんなこと言っても結婚も出世も祭りも関係ないわけだから
そりゃそうなるわ  むしろ正常なのでは

710 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:42:52.04 ID:rcpg5l2M0
>>695
富岡は官制だから良家の子女が採用されていた。
一方、岡谷は悲惨ってのが通説にされてた。
でも、実際の聞き取り調査で飛騨の人の証言では
女工哀史?何いってんだ???っていう状態。

人によっては悲惨な目にはあってるだろうけど、
ことさら強調して悲惨悲惨っていうのが笑われるレベル。

711 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:43:45.09 ID:AiYzKfB9P
>>703
だから
君はあくまで今の目線で過去を裁いているんだよな。
あの時代にあった資源で、技術で、情報で、世界情勢で、どうだったか?
って考えれば、まぁ頑張ってた方じゃね?くらいのもんだ。

712 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:44:28.42 ID:zYJKVsDE0
>>700
女工哀史を読んでみようよ。>>691 と同じ事言ってるよ

都会の中産階級のお嬢様はともかく
農村の娘にとっては人生のチャンスだったはず。当時の奉公や農村の日常生活の方がよりも辛い

713 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:44:32.30 ID:xC+GCKwJ0
今日の童貞ホイホイすれw

714 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:44:43.15 ID:YGn8gB7r0
>>687

やっぱ、左翼かチョンか

715 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:46:23.07 ID:ChtYoh0p0
>>695
曾祖父さんの初恋の幼なじみは、女工に行って働き詰めで、
肺病にかかったら山形の実家に返されて実家の納屋で亡くなったそうです。
まだ18とかだったらしいけど。
どこの製糸工場かは知らない。
そこの工場が二交代勤務で、
二交代の二人が、時間差で同じ布団に寝るので、
相方が肺病にかかると同じ布団で寝る片方にも感染する率が高かったそう。
でも、遊郭でも途中で死んでしまう人が多い反面、
年季まで勤めあげて店出す人や、
水揚げされて金持ちの愛人になる人もいたくらいだから、
体力とか運とか人それぞれなのは今と一緒なのかもね。

716 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:46:55.83 ID:rcpg5l2M0
>>700
よく知りもしないでイメージだけで語ってるんでしょ?
ちゃんと資料を読んだり調べてから語れよ。

717 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:47:06.90 ID:rXszwQH50
女工「哀史」を明るく解釈。
ネトウヨ歴史観凄まじいw

718 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:47:26.86 ID:CBM45s9m0
女工つっても明治から昭和まで幅広いじゃん
現代の2、30年ですら自動車工場や土方とか長距離トラックの労働環境や賃金待遇がかなり上下してるんだし
まとめて女工は悲惨だった、高給取りだったとは言えないだろ
産業の波は仕方ない
言えるのは操業直後の富岡製糸の待遇は悪くなかった
民間に払い下げられたあとは、ストがあったりなんだりそういうこと

719 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:48:21.60 ID:wCgKvyrc0
>>712
で、ピンハネとか一切なかったのか?
日本人なら昔も今もピンハネぐらい日常茶飯事でやってるだろ
実際、この金額が支払われたのか定かじゃねえな
一部は払われていたとしてもな

日本人を美しく語るのは勝手だが歴史の真実っていうなら恥部も同時に認識
したほうがいいじゃねえか?

720 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:48:27.00 ID:G9OBp3uF0
格差社会の奴隷日本総おじろくw
白人様の使い自民政権下では少子化で当たり前

721 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:48:49.17 ID:qAfMUSgy0
>>715
戦前の肺病は国民病だからな
戦前の小説読むとよく分かる
金持ちでも肺病で死ぬ人多かったし

722 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:49:42.19 ID:tfqP7W+t0
>>712
何十年も前に確かな文献で確認してますので
必要ありませんね。
お前が読んでる女工哀史が間違っていて
だいぶ情報操作されてるんじゃないの?
ほんの一部の明るい所にいられた少数が
悲惨な大多数を語っても、それは歴”史” とは言わないのよ。

723 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:50:43.96 ID:9YD9SHlC0
>>539
厄介

724 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:50:49.51 ID:IdU31AsA0
昨日見たこのスレが★2になってるとわwwwwwww

725 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:50:53.12 ID:qCiKLo630
>708 >717
君らのいう当時の悲惨ではない職業って何?
で、就業人口のどのぐらいの割合を占めてるの?

726 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:51:04.78 ID:rXszwQH50
過去なんて碌な時代じゃ無かったって解釈で正しいんだよ。

727 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:52:02.21 ID:GkZMoGM60
コピペ同然のマルパクリ記事。
おめでたいこった

728 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:52:32.15 ID:xC+GCKwJ0
男は産まれてくる時マムーコから出てくるから童貞じゃないんだけどね

729 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:54:22.60 ID:baqQ84Bz0
親父が、昭和30年くらいまで東京でも河に住んでた人間が居たっつってたからなあ。 

昭和40年代、長野でこういう因習が残ってたとしてもおかしかない。

ホントかどうか知らんけど。

730 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:54:37.38 ID:AiYzKfB9P
>>726
日本全体の歴史で
昭和50年代後半から64年までが、日本の絶頂期
最も大多数の日本人が幸福だった時代だ。
おそらくこれほどの幸福感に満ちた時代はアメリカの1950年代くらいしか無い

731 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:54:57.84 ID:IdU31AsA0
今、ざっとこのスレを読んだ。

ネトウヨの人って江戸時代をバラ色の素晴らしい時代だと脚色する癖があるよね。

左翼が江戸時代を暗黒時代と脚色した事に対抗してだろうけど、それでも酷すぎw

はっきり言って左翼とネトウヨの言ってる事の真ん中あたりに真実があると思うよ。

732 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:55:02.55 ID:tfqP7W+t0
>>716
>>659
はい、残念。相当古い文献まで、色んな図書館渡り歩いて
調べてるんでねえ。それはそれは悲惨だったけど。

箱根だとお玉が池のお玉ちゃんが
17才やそこらで打ち首獄門にされてるわね。
奉公先でイジメられて、泣きながら郷里に逃げ出すところをつかまって。

戦前や江戸時代を美化するのはやめなさい。
美輪明宏さんだって、戦前のイジメと男のセクハラは
すさまじいものがあって現代と比べたら地獄だって言ってるんだから。
宜保愛子さんも同様のことを言ってます、オカルト抜きで。

733 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:55:21.71 ID:L89z49Sr0
一方、チョンは試し腹

734 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:56:08.71 ID:6NR6vAtn0
>>732
でもその二人、戦前何歳だw

735 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:56:43.46 ID:wCgKvyrc0
>>733
夜這いと試し腹とどう大差があるの?
ひょっとして夜這いは女性が喜んで受け入れていたとか?www

736 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:57:18.98 ID:j3AgzaYG0
製糸工場の女工の待遇については、時代や場所で大いに違うんじゃないかな。
富岡製紙糸工場では、時代の最先端をいく産業ということで、
フランスから女性技術者を「お雇い外国人」としてを高給で雇い、
これまた高給で女工を募ったので、
零落した教養ある元武家の娘などが大勢働き、それゆえ
待遇もわるくなく、当時は珍しい週一の休日ももうけられた。
最先端技術労働者だった。

時代が下ると繊維産業の労働者の市場価値が下がり、
タコ部屋みたいなところで低給で働かされる、
貧農出身の女性労働者の状況ができあがる。

737 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:57:32.46 ID:AiYzKfB9P
>>728
俺、帝王切開

>>732
今の目線で過去を裁くのは止めなさい

738 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:57:46.27 ID:IdU31AsA0
>>729
え???今現在、平成23年でも名古屋の山崎川では現在も河に人が住んでるよ?

周りは住宅街だけど河川敷はホームレスたちの畑と化してるし。

739 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:58:25.94 ID:tfqP7W+t0
>>734
小学4年生よ。
美輪さんは憲兵に服装が派手だケシカランとすっ裸にむかれて
大勢の前で竹刀でメッタウチされて死んだ女子高生を
目撃して当時の新聞に載ったと証言してるけど。

740 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:58:33.52 ID:gd4Dgub10
>>539
何かの有機物

741 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:58:38.88 ID:r3RyQitKP
出稼ぎで働きにきて、
そのまま嫁入りした人もいるけどな。

742 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 00:59:39.05 ID:gp9SMQNW0
>>710
それは時代が違うから
明治初期と昭和初期では何十年も違う。
昔は白衣着て磁気テープを取り替えてたコンビュータ保守技術者が
時給いくらのデジタル土方になったようなもん

>>719
美化してない。ソースはあの「女工哀史」だと言ってるし。
昔も今も、良いこともあるし悪いとこもある
暗黒史観的にいうと、製糸工場の労働がマシに思えるくらいに農村の生活は劣悪だったんだよ

>>722
繊維は当時の花形ハイテク産業だよ。
巨大な産業が女工の寮に鍵かけてたら成り立たないよ
現代の基準からみると過酷な労働環境だったのは事実だと思うけど、当時の農村の娘にとってどう映ったかと考えてみよう。
それは美化じゃない。相対的な視点。

743 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:00:07.95 ID:HyjMHRil0
>>725
とりあえず明治の時代や昭和初期は、

遊郭や女工や丁稚は、年季が開けるまで生きて勤めあげれば、
慰労金みたいなものまで
貰えて解放されるので
(本人の意志で更新する人もいたが)
ある意味マシだった。
もっと辛い職業や家庭環境に身をおいて
終わりの無い地獄から解放されない人もいた、とか聞いたけど。
それがどんな地獄かは怖くて聴けなかったけど…。

744 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:00:08.15 ID:IdU31AsA0
>>735
試し腹は「実父」に強姦されるわけだから
それはシンドイと思うよ。

745 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:00:52.00 ID:tfqP7W+t0
宜保愛子ちゃんは、金融や悪徳不動産で大儲けした
在日朝鮮人の男たちが
金にモノを言わせて10代の娘を買ってきて
座敷牢に閉じ込めて夜な夜なレイプしたら
少女がモノを食べなくなって衰弱して死んで
少女の亡霊が出るようになったので何とかしてくれっていう
相談を受けてるけど。
日本人だろうが朝鮮人だろうが、金儲けしたやつのやることは
一緒ってことだよ。

746 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:01:07.53 ID:r3RyQitKP
弟の学費も稼いだし、
畑も買った、って人もいるわな。

747 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:01:52.64 ID:xC+GCKwJ0
で、童貞のお前らはどうしたいのさ?

748 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:01:58.52 ID:MMPeQbye0
>>729
あしたのジョーも橋の下にジム作って住んでたよな

749 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:02:05.34 ID:6NR6vAtn0
>>739
子供は宝の時代だからな〜なんとも理解しがたいな
元記事が欲しいところだよね

>>739
世界恐慌で輸出していた絹糸の価格が3分のイチになったんじゃなかったかな
好景気時代の人たちとそれ以後の人たちの待遇が変わっててもおかしくないだろうしね

750 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:03:57.72 ID:tfqP7W+t0
>>742
外から鍵をかけて女工を逃げ出せないようにし
あげく火事を出して大勢が焼け死んだ事件は事実なの。
お前がどう誤魔化しても無駄だよ。郷土史に〜〜事件として
載っている。工場管理者に数多くが手込めにされてるのも事実だね。
業者側はなんとか美化したいんだろうねえ。

751 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:03:58.64 ID:IdU31AsA0
女工の話をしてると松田聖子の「野麦峠」を思い出しちゃうじゃないか。

752 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:04:01.64 ID:pGa4nz8f0
グリム童話のヘンゼルとグレーテルの様に山に捨てず、
一人は助け、一人は奴隷として活かす。

ま、黒人奴隷がアメリカの南部で働き、
人口を食わせられないので国策として
ブラジルに渡った日本人も、ほぼ向こうでは奴隷と
同じ認識で扱われてた時代だしな。

753 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:04:43.58 ID:S+cCb3y50
>>735
夜這いは女性とその親が事前に来ることを了承してるんだ。
それに女性に拒否権があって無理やりでない。

754 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:04:51.18 ID:jHlJhknH0
いや奴隷だろこれ
はっきり奴隷制度だと言わなきゃ
経済的余裕がないのに生んだんだからな

755 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:05:02.88 ID:Z2SPHckn0
>>733
それ廃れた日本の風習だったんだがね

756 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:05:27.20 ID:6NR6vAtn0
>>745
それは違うなチョンだけだろwww
金の使い方は皆違う
日本人が人の為に役立てたって後世に伝える為の本だのがなかったり
学校の授業に取り上げなかったりして伝わんないんだよ

757 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:05:51.00 ID:qCiKLo630
>>726
全否定は全肯定と同じぐらい無意味だな

758 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:06:07.18 ID:wCgKvyrc0
>>744
見ず知らずの他人ならまだシンドクないと言うわけだww

759 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:06:27.61 ID:6xt0j44c0
悲惨観、当時での好待遇観、両方共正しいだろうね。
どちらか一方ということはないでしょう。
同じ場所に勤務していても景気次第で待遇が変化するのもあるだろうし、
はなから使い倒すつもりの雇用主も当然いただろうし。

760 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:06:59.16 ID:j3AgzaYG0
>>731
明治以降の政府が、日本の近代化の美化目的で、
江戸時代を暗黒の時代として喧伝したので、その反動が「江戸時代過剰美化」
となってあらわれたのだろう。
確かに江戸末期の浮世絵などを見ると、いかにも楽しそうな平和で豊かな
江戸の庶民生活が描かれている。
あれを見て「江戸時代は豊かで良い時代」と勘違いしても無理はない。

だが、江戸時代の浮世絵というのは、主に書店で売られ、
江戸見物に来た地方の人間(主に地主など富裕な階級)が、
地元に江戸土産として配ることを前提とした商品で、
江戸の暗黒部分など描かれる筈はない。
大川端を、長身の清永風美人が豪奢な着物で装って散歩し、
花火をめでる浮世絵風景などは、理想と考えてよかろう。
現実はもっと悲惨だった筈。

761 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:07:01.28 ID:qAfMUSgy0
>>735
夜這いで妊娠すると女に夫の指名権があったらしい

762 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:07:17.94 ID:tfqP7W+t0
>>749
当時は男たちの好むエロが規制されていたから
一般女性に因縁つけて
立場を利用して憲兵(現代の警察官)が何かとセクハラしていた。
美輪さんが実家がカフェだったからね。
お母さんも超美女だったけど、憲兵がやたらセクハラしてきたと
証言していた。
逃れるためにワザと黒い口紅ぬって奇抜メイクしたり
にんにくをかじって
「ニンニク臭いな!アッチ池!」と言われて難を逃れていたそうな。

763 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:07:28.46 ID:lhqvBl/HO
>>743
遊郭に売られて年季明けまで生きてられる女などごく一部だろ

764 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:07:39.02 ID:qaELoQ/I0
なんだ俺か

765 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:08:00.64 ID:GWkGAFvD0
>>684因果応報ってあるのかな
長男を殿様扱いして、娘や次男以下をいじめた家庭は衰退する確率が高いかもな
威張るのが仕事みたいな長男に女性は近づかないし、離婚も多くなる
そういう長男は仕事も続かないから嫁も来ない
歳をとって高齢になった母親が70過ぎても独身長男の世話をしている
他の子供は家に寄り付きもしない
身近にそういう人がいる

766 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:08:50.77 ID:qCiKLo630
>>750
他人の発言に対してごく一部の例外的な事例とか言ってるんだから
君も自身の出した事例が一般的な事例なのか例外的な事例なのか検証し提示しなきゃね

それが「歴史」でしょ

767 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:09:01.89 ID:wCgKvyrc0
>>754
無理やりでないっていう証拠や文献はあるの?

768 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:09:14.71 ID:IdU31AsA0
フリーターを多く送り出した地域での 実際の聞き取り調査 によると、
給金は毎年ほぼ倍増して年1000万円稼ぐフリーター (1000万円バイト) もたくさん居た。
当時、1000万円あれば、アパート一軒、畑1反を買え、皆が 1000万円フリーター
を目指し働いたという。寮の食事がまずいと答えたものは一人も居なかった。
確かに長時間労働ではあったが、つらいと答えたのは3%だった
(一般の奉公ならもっと辛い目に合う)。給金以外に僅かながらもボーナスも出た。
これは、フリーターが自由に使える小遣いとして与えられたものだろうか、
仕事を楽しむバイトたちの写真 もある。
このようにバイトはたいそう優遇されており、悲惨な状況のみを伝える
“ワタミ哀史” と 大きく食い違うのはなぜなのだろう。


ヒント:聞き取り調査の実施者は渡邊美樹氏

769 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:09:45.29 ID:r3RyQitKP
あのさ、

お酒造りの技術者とかも、
出稼ぎだったりするんだけど。

ツテで同じ地域の人が増えるんで、
酒造りの専門家が多い村とかあったり。

770 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:09:58.34 ID:tfqP7W+t0
>>756
>>749
憲兵はれっきとした日本人じゃねえのかよバアカ

宜保愛子さんが証言した昭和史については
もっとショッキングなことがたくさん著書に書いてある。
捨てられなくってね。今は絶版だろうけど。

771 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:10:28.16 ID:6xt0j44c0
>>755
ありゃりゃ、その主張をするのは韓国・・・

772 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:10:59.31 ID:pHC+JcyYO
>日本に20世紀まで実在した

日本に20世紀まで実在したっていえば
結婚を控える年齢に達した息子に母親がセックスを教える
又は、結婚を控える年齢の娘に父親が性交を教える
と言った、いわゆる「近親相姦」がごく普通に行われた習慣もあってだな・・・

773 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:11:41.73 ID:iDIWbYWH0
>>750
それは事件だろ
長時間労働、残業代未払い、セクハラ、パワハラ、監禁、洗脳、
一部の悪徳ケースや事件なら現代にも外国にもあるよ

>>760
庶民向けにカラー刷りのグラビア雑誌を売る商売が成立してた、とか
花火大会があった、とかの事実がある時点で、
江戸時代の、少なくとも江戸の街は豊かで文化的で自由があって庶民の生活水準が高く、富の集中が少なかったことの証明になる。
(現代社会の基準で、じゃなくて前近代の社会の中でね)

774 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:11:55.07 ID:rcpg5l2M0
1・『あゝ野麦峠』のヒロインは肺病では死ななかった。映画とか小説とかみたいなフィクションにだまされてはダメ。
2・結核が多かったのは製糸業ではなくて紡績業。
3・当時の職場環境が劣悪だったことは事実なんだけど、当時の農作業ほか第一次産業も似たようなもの。

いちいち新米連れてきて、糸取りから教えていたら、金にはならない。
『あそこの工場に行ったら、結核で死ぬ』とウワサが立ったら、
だれも働きには出かけない。
労働者が集まらなかったら、工場は操業できない。
だから、当時のレベルは低くても医療行為はしていたし、
結核の予防もしていた。工員への福利厚生もしていたのだ。

775 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:12:09.73 ID:Lf+fn3iy0
>>199
>「夜這い」研究の赤松某氏とか

やっぱこれって眉唾なんだw

776 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:12:38.39 ID:xC+GCKwJ0
>>1
つまり
童貞 = 奴隷

童貞のお前らは現代の奴隷ちゅうことやね

777 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:13:01.59 ID:r3RyQitKP
夜這いってのは、
通い婚の名残りだわな。

母系時代には嫁入りがなかったんで、
そのまま実家で生んでたんだわ。

778 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:14:29.32 ID:Lf+fn3iy0
>>772
どこの朝鮮の話?

779 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:14:31.39 ID:IdU31AsA0
「おじろく」と「和民のフリーター」はどっちが悲惨なの?

俺はなんとなく安倍氏が推し進める「和民のフリーター」の方が悲惨な気がする・・・

780 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:15:39.44 ID:rcpg5l2M0
工場職工未治解雇者病名別割合(明治39・40・41年)
病名  紡績   生糸 織布  製麻
肺結核  26.6%  3.4% 20.0%  11.4%
疑いあり 21.7   4.7     38.0  11.4
他の結核 5.2   2.5  -  2.0
脚気  1.8   4.3     11.3  11.4
胃腸病  6.7   28.4 2.0  28.6
その他  38.0   56.7 25.7 25.2

圧倒的に「生糸(製糸)」業の結核の数は少ない。

781 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:16:10.10 ID:tfqP7W+t0
>>765
ある。オカルト板では鉄板の常識。
オカルトでなくとも、既女板でも
衰退したり嫁が来なかったり、オールドミスになったり
子供が出来ない、出来てもキチガイが生まれてくる
兄弟がキチガイだと自分もキチガイ遺伝子のキャリアなので
もう結婚できないとか嘆いている人たくさんいて
そういう家はそれだけ大勢の人に恨みを買っている家なんだよね。
武士の家系とか、実家は庄屋とか豪語してるやつも相当危ない。

782 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:17:41.67 ID:lnPv5n480
平和の裏返しだろ。今の日本だって社畜、惰性で生活してる人間いるだろ。

783 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:18:26.65 ID:UEBxiIw30
東京でも、農家は明治ぐらいまではそんなもんだったぞ。
丁稚に出れるだけましだったようだが。

784 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:19:17.89 ID:GWkGAFvD0
>>743遊郭に売られたら結核、性病、感染症もろもろ
たび重なる堕胎で身体はボロボロで病気になっても医者にも見せず
年季明けまで生き残れる確率は低いよ

785 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:19:47.11 ID:IdU31AsA0
>>784
それはJINでもやってたね。

786 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:20:13.49 ID:7ajsLmNM0
ID:tfqP7W+t0の主張は、過去にこんな悲惨な事実もあったということなんだろうけど、
それをもって女工哀史の内容が嘘と言ってしまうのは、それこそ嘘

787 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:20:36.58 ID:xubbi9he0
>>779
ワタミで過労死自殺した女の子と、
明治の製糸工場勤務や遊郭で死んだ娘は似たようなもんかな。
環境とか時代とかでなく、精神性が。
今より貧しくなっても逃げ出した人もいたし、逃げ出す手もあったんだろうに。
おじろくおばさは、なんとなく近親結婚の弊害ゆえも多い気がする。

788 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:20:45.43 ID:rcpg5l2M0
>>750
光明寺村女工焼死事件のことだろ?
尾張であった話を岡谷に押しつけるなよ。

789 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:20:49.63 ID:tfqP7W+t0
>>773
たまたま火災が起こったから、明るみに出ただけ。
どこも製糸・繊維業の女工は鍵をかけて
借金の返済が住むまでは逃げられないようにされてたの。
火災が起こったら、管理者がカギ持って我先に逃げるってなんだよ。
朝鮮土人かよ。死んだ女工達が犠牲になって教えてくれたんだろ。
実態はこんなことやってます、って。
なぜかたくなに戦前を美化したり、女工や慰安婦は恵まれてたというのか?
小林よしのりに洗脳され過ぎだろ。よく考えろキチガイ。

790 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:21:27.82 ID:j3AgzaYG0
>>743
丁稚は江戸時代にはそれなりの富裕な商店にしかいなかったので
確かに人身売買的な年季奉公ではあったが、
無事につとめあげて優秀であれば手代になる道もあったので、
遊女などとは全然違う。丁稚は、今で言えば、年季奉公の部分は除いて、
一流企業のヒラ社員と見ていいんじゃないかな。
だいたい識字率が低かった当時
(江戸時代の識字率が高かったという説があるが、
識字率といっても、比較的恵まれていた江戸の豊かな商店の息子娘でさえ、
平仮名が読めればいい方。江戸時代の浮世絵には、書店の店頭で、
富裕な町娘が平仮名と絵ばかりの本を読んでいる光景が出ている)、
文字の読み書きと算盤が必須の丁稚が、貧民出身の筈がない。
ある程度豊かな生活が保障された都市住民の子どもでなければならない。

791 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:22:11.64 ID:CBM45s9m0
「自動車絶望工場」でトヨタの工場環境は劣悪、奴隷だと言ってたが、
自動車業界は高賃金であり、みんな新車を買い、家を新築してた
トヨタは仕事きついけど最高だよと言ってた

792 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:23:04.86 ID:UEBxiIw30
遊郭に売られたら、20過ぎぐらいまでしか生きられんよ…
性病で死ぬ。

793 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:23:06.34 ID:/h4Bc4K70
なんだ、お前らじゃん
違いはPC・ネット環境の有無だけか

794 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:23:08.49 ID:r3RyQitKP
まあ、遊郭の場合、
身請けってのもあるけどね。

江戸は開拓都市で女性が少なかったんで、
離婚しても女性の再婚は容易だった、
とかも聞いたけど。

795 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:24:52.49 ID:rcpg5l2M0
>>789
調べると夜這い防止で女工を逃さないためじゃない。
http://www.meihokurouki.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/201209_6.pdf

796 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:25:09.29 ID:TfvAfO040
>>784
遊女だけではない
村に居場所がなく江戸に出た農家の4男5男も、10年も経たずに死んでいった(でなきゃ江戸は独身老人男だらけの街になってる)
昔々の都会は人口抑制装置

そんな時代に、生まれた村で安全に一生暮らせた人も悪い人生ではないかもしれない

797 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:25:42.23 ID:tfqP7W+t0
>>788
何度も尾張って書いてるけど?
朝鮮人だから日本語読めないのかw半島に帰っていいよ
いらないからお前ら。
>>786
少数派が大多数派を闇に葬って
わたしたちはこんなに人生を謳歌しましたっていうのは
歴史の嘘以外の何物でもありませんがね〜

798 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:26:39.76 ID:qAfMUSgy0
いわゆる江戸美化論なら渡辺京二『逝きし世の面影』をどうぞ
保守派御用達の本
書いたのは元左翼だけど

799 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:26:55.51 ID:XJ8hy0sc0
まぁ僻地の田舎で家出しようと思っても命懸けになるからな

800 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:27:04.38 ID:7ajsLmNM0
自分の嘘には寛容なんだな

801 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:27:33.10 ID:IdU31AsA0
しかし、当時の女工の労働環境が酷いなんて当たり前なんだよね。

産業革命が起きたイギリスでは10歳くらいの子供が一日18時間労働を強いられて

相当数死んでたんだぜ?

そういう歴史があって児童労働禁止や労働基準法が誕生したわけだから。

日本だって世界の一部なわけだしイギリスやその他の先進国とそう大差あるわきゃない。

そういう時代だったんだよ。

802 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:28:36.38 ID:j3AgzaYG0
>>790つづき
江戸の識字率は、階級によって大差があったことを忘れてはならない。
地方の豪農が、跡取りの長男の勉強用に、難しい漢書を書店に注文したり、
田舎でも富裕ならば教養はあった。
江戸の書肆主人が、出版不況を嘆き、
「今の時代、売れるのはハウツーとエロの草紙だけで、
漢書の翻訳を出したくても、漢書を読むような人は、中国から
原書を取りよせて読むだろう」と愚痴っている情景なども
当時の本に出ている。よってくごく一部の階級の教養が高かったのは
疑いなかろうが、大多数の庶民の教養レベルは、たとえ大都市であろうが、
現在よりはるかに低かっただろう。

803 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:28:51.05 ID:rcpg5l2M0
tfqP7W+t0
リベラルぶった差別主義者ってのがありありと出てるよな。
日本語の読解能力が無いのはどっちだよ…。

804 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:29:07.98 ID:lhqvBl/HO
>>801
酷いのが当たり前説が出ました!

805 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:29:22.58 ID:LQugG153P
甲信越の大阪:長野とは

・B文学の金字塔・島崎藤村の破戒のモデル都市(飯山市界隈)

・県内に270の同和地区を擁するB連邦(1975年調査)

・同和地区向けに行われていた「住宅新築資金等貸付事業」の滞納が数十億(2011年)

・行方が分からなくなった滞納者や、「借りた覚えがない」と主張する滞納者もいて、回収困難なケースが多い

・同和地区の高等教育終了者は5.7%(県16.6%)

・おじろく・おばさ等の奇習を残す

806 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:29:24.66 ID:tfqP7W+t0
>>795
ネットの情報は嘘ばかりですからねえ。
わたしは学生時代の複数の図書館にあたって
各地域の郷土史に当たって調べてますけど。

あ、小林よしのりのマンガで歴史を勉強した気に
なられても困るよ。あれはマンガだから。
水木しげるさんも言ってるよね。
勇ましいな〜って馬鹿にしてたわよね。
実際にジャングル奥地に派遣されて死んでこいと
言われる身になってあげたら?
ジャングル奥地で不衛生な環境で慰安婦させられて
時間外労働させられてた慰安婦婆さんに賠償金払ってやれって
日本人である水木さんが言ってるわよね

807 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:29:51.61 ID:Lf+fn3iy0
>>790
「筈」とか「筈がない」とか決め付けの推測ばかりだねw
当時の日本人の識字率の高さは世界でも認められてる
「平仮名だけ」とか、海外じゃアルファベットすら読めない層が圧倒的だったのにw

808 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:30:38.50 ID:r3RyQitKP
落語に出てくる長屋の住人ってのは、
地方から出てきた人も少なくないでしょ。

都市生活で所帯を持つには、
田畑が無くても可能なんだわ。

809 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:30:48.99 ID:69zwRP830
バブル時代の佐川急便でさえ、
半分は借金完済したり独立資金貯めて退職したけど、
半分は身体壊して治療費で帳消しになったそうだから。
元気に生き残った渡邊は武勇伝として語るし社員を同等に躾ようとするけど、
それは個人の資質や運もあるわけで、
佐川で働いた数年が無駄になった人達には目を向けないよね。

810 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:31:24.84 ID:WDaAqrt10
今でも工場には三交代制とかあってキツそうだもんね。
現代もそんなに変わらないのでは。

811 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:31:32.47 ID:5uaAYxbI0
>>790
>ある程度豊かな生活が保障された都市住民の子どもでなければならない

ある程度豊かなのが都市住民だというのが間違ってるんだよな
農村の豊かなクラスの識字率は非常に高い
というか高い識字率の農村が現実に多いんだよ
松下村塾は知ってるよね
日本中にそういうのが普通にあったんだよ

812 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:31:57.98 ID:ZoAl6ujC0
>>803
言わしとけ
岡谷ならず安曇野まで製糸工場があったんだ
片倉様様
女工が酷い扱いされてりゃ言い伝えも残る
中信南信でそんなの聞いたこと無いわ

813 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:32:54.87 ID:tfqP7W+t0
宜保愛子ちゃんは政治的な発言してないけど
戦前や昭和の日本の男たちがどんなに酷いことを
してきたか霊相談事例に織り交ぜて著書にしてるけどね。
あと、実際大陸では
4歳ぐらいの日本人の女の子が食われてるから。
人肉食いをやってるんだよ。
宜保愛子ちゃんは「地獄すぎて霊視できない、気分が悪くなる」といって
戦争当時の事をあんまり霊視したくないみたいだった

814 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:33:18.58 ID:r3RyQitKP
だからさ、

あそこのお婆さんは出稼ぎに来て、
旦那さんと出会って結婚した、

ってのはあるんだけどね。

815 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:33:47.79 ID:IdU31AsA0
田舎のガキなんて識字率が高いわけがないじゃん。

ガキなんて所詮は労働者として10人くらい産んで

兄や姉は赤ん坊を背負って家事をやらすのが当たり前で

学校なんてとんでもねえ!って両親が激怒して行かせないのが当たり前なわけだから。

「おしん」がおらは勉強がしてえ!字を読めるようになりてえ!って叫んでたじゃん。

816 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:34:39.99 ID:5uaAYxbI0
>>790
つまり江戸時代の日本は農村はなかなか豊かだったんだよ

817 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:34:55.06 ID:rcpg5l2M0
>>812
だな。もういいや。

818 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:34:59.36 ID:j3AgzaYG0
>>811
上に書いたけど、地方の豪農が息子のために漢書を書肆に
注文したという記録があるので、要するに教養差は階級差。
それはすでに書いた。
丁稚奉公は、読み書き算盤が必要で、かつ言葉に訛りがない、
客との応対に慣れるなどのクリアするべき点があり、
将来の幹部社員候補でもあるため、都市の豊かな住民の
子どもである必要があったという意味。
都市住民の中でも、ある程度豊かな生活が保障された

819 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:35:48.13 ID:r3RyQitKP
江戸では貸本が商売として成り立ってたんで、
そこそこ識字率は高かったと思うけどな。

820 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:35:57.37 ID:JE+W0jQB0
消えた風習より、現代の>>3が面白すぎて、記事内容がマッハでどうでも良くなった

821 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:37:08.90 ID:Lu9nc0V30
>>806
勝ち戦に参加したジイサンの話とか実際に聞いた事あるけど、そんなもんよ小林みたいだよ マレー作戦ね
それと満州の敗走のジイサンの話もね、それはモロ悲惨w  いろんな局面があって当然。

822 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:38:11.20 ID:rcpg5l2M0
>>820
長野県から韓国に商品を輸出する時には放射能検査必須なんだよ。
山梨も岐阜も検査を要さないのに。長野県だけ必須。
そういうことだw

823 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:38:19.50 ID:GWkGAFvD0
>>781こんなことを言っては何だが美輪さんも因果応報にあっているかもね
美輪さんや淀川長治さんの家は置屋で沢山の女性を搾取した
置屋の息子は変なのが多いと某作家が言っていた
子供の頃から女性の汚い部分を見てしまうため、性的におかしくなるという・・

824 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:39:03.89 ID:IdU31AsA0
現在もそうだけど

国営企業と民営企業の労働環境を同じとは考えちゃいけんよ。

国営企業は昔も今も労働環境がダントツにいいわ。

「八幡製鉄所や富岡製糸場が労働環境がいい!」なんて強弁されんでもわかってるわ。

当たり前じゃないかw

民間企業のゴーツクバリの工場で働く労働者が酷い目に遭うのは昔も今も一緒。

825 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:39:20.68 ID:m631E+zR0
>>821
同じ会社に勤めていてもうまく出世できた人間と社内で虐められて精神病んで退社した人間じゃ
同じ会社の話でも全然違う話になるわな・・・

826 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:40:15.95 ID:xubbi9he0
>>815
おしんは貧乏小作の中でも最強の貧乏小作がモデルでしょ。
曾祖父さんもおしんと同じ山形の小作で同じように仲介人に誘われて奉公に行ったけど、
ちゃんと小学校だけは出てたよ。
当時は途中から学校に来なくなる人も多かったみたいで、卒業証書並みの修了証を年度毎に貰ってたらしいけど、
ちゃんと全部、宝物みたいにとってあったよ。

827 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:40:30.04 ID:qAfMUSgy0
幕末に日本に来た外国人が、市中の高札を庶民の女が読んでるの見て驚いたって話は有名だね
都市部の識字率は高かったんじゃないかな

828 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:40:56.57 ID:j3AgzaYG0
>>818
途中できれたので補足
ある程度豊かな生活が保障された、一定の教養ある家の子供が丁稚として
採用された。田舎の子は、たとえ豪農の子で教養があっても、
都市の店や客とのコミュニケーションで問題があった。
マスメディアの発達した今と違い、
田舎の子でもすぐに江戸言葉(大阪なら大阪言葉)が自由に
操れるわけではなかった。
>>819
識字率といっても今みたいに漢字がたくさん読めるとかではなく、
都市の普通の庶民ならばせいぜい平仮名。
何かで見た資料では、明治期に文部省が実施した識字率調査の項目は、
「自分の名前が平仮名で読めて書けるか」だったという。

829 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:42:04.85 ID:tfqP7W+t0
>>821
小林のマンガでは歴史を理解できませんよ!
小林の妄想。
靖国もA級戦犯の中に売国奴が混じっている
だから陛下は1975年以降、参拝をやめてるの。
霊能者の見解も陛下の行動と一致してる。
ネトウヨはマンガを歴史書にして学んだつもりになってるから
本当にたちが悪い。

830 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:42:07.68 ID:dLKhMAJS0
おばさは甥っ子の筆下ろしさせられたり
客人の夜のおもてなしの相手だったんだろうな

831 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:43:34.45 ID:AhcVlxhM0
>>815
東京に中央集権化した明治以降と、藩や村が自治権を持ち独立国のようだった「封建」社会の江戸時代を混同してはいけない
田舎の優秀なガキは勉強して金持ちの婿に行くのが出世コース

>>818
現代にも当てはるし、日本にも限らないと思うが、都会の庶民(スラム)より田舎の農家の方が豊かだよ
都会の庶民は無産階級だが、彼らは生産手段持ってるブルジョア

832 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:43:42.28 ID:IdU31AsA0
>>830
フランキー堺が主演の映画でそういうのあったよ。
時代設定は昭和40年くらいだったはずだけど
田舎で地方の家に宿を借りてお世話になったら
主人の命令で妻がお客さんの夜のおもてなしをするというシーン。

833 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:44:19.91 ID:MQf2+81U0
白川郷とか何年か前逝ったけども
くねくねした道をバスで行ったり来たりして
ようやくたどり着ける場所だったなぁ
最近言ったら高速で直ぐ着くようになったが
実際行ってみると日本でも中国の奥地の村みたいな所あるからな

834 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:44:53.16 ID:m631E+zR0
>>827
それとホームレスが新聞読んでいるはネットになってからよく見るようになったなw

835 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:46:27.36 ID:Lu9nc0V30
>>829
理解とかなんだけど、あれはあれで一つの文献?でいいのでは
多くのものを読み聞きすればいいだろ あんたみたいに

836 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:46:53.99 ID:tfqP7W+t0
>>823
美輪さんちは女給のいたカフェを経営してた。
ロシア、中国、朝鮮、オランダ、ポルトガル人女性も
アルバイトしてて、それは華やかな雰囲気のお店だったってね。

美輪さんが東京に出て来てから
売春婦の置屋で客引きのバイトしてたのは事実。
売春婦が立ったまま赤ん坊を産んじゃって辺りは血みどろ。
それを目撃してから、赤線は人間のいるところじゃない。地獄だって
逃げ出したらしい。

男たちのやることはそんなものだよ。そりゃ呪われるよ。
淀川さんが呪われてたかどうかは知らないけど一生独身だったのかしら。

837 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:47:06.62 ID:IdU31AsA0
とりあえず、日本で労働者の待遇がまともだったのは

官営工場設立の時代と労働基準法が施行されて以降の時代でしょ。

838 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:51:03.14 ID:r3RyQitKP
生計単位の分離独立の進行と、
貸し借りに基づく経済の発展、

って基礎が重要なんだわ。
近代国家は他人の集合で成り立ってるんだよ。

839 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:52:12.32 ID:tfqP7W+t0
>>835
とっくに読んでブッコフにとうの昔に出してるよ。
あれはタダの戦意高揚マンガ。小林の願望が相当なバイアスではいってる。
騙されかけたけど、今はまた真実に戻ってきたわ。
子供を3人以上、大事に産み育ててきたら
ネトウヨや女工や慰安婦が恵まれてたとか抜かす連中
絶対信用できなくなる。
信用できるのは水木茂、美輪明宏、宜保愛子ちゃん、昔の文献。

840 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:52:27.11 ID:rcpg5l2M0
>>835
その人、多くのものを見聞きなんてしてないよ。
飛騨と岡谷の話しをしているのに、尾張の話しを持ち出して否定すんだから。

841 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:55:10.38 ID:IdU31AsA0
よしりんの漫画ってブコフでは平積みで全部100円なんだよね。
どれもハードカバーで定価1500円くらいの猛烈に立派な本なのにね。
紙の無駄遣いだわ。 よしりんの本になるために切られた木が可哀想だわ。

842 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:56:05.23 ID:KZIH+0Tj0
映 画  『東北の神武たち』 (1957年)
原 作 深沢七郎
監 督 市川崑
出 演 芥川比呂志、伊豆肇、左卜全、千秋実、藤原釜足、浪花千栄子、三好栄子、東郷晴子

山また山の東北の貧しい村。狭い田畑は長男が継ぎ、次、三男は飼殺しの
ヤッコと呼ばれてボロを着せられ、嫁ももらえず、髯を剃ることも禁じられ、
ただ働くだけである。髪も髯も伸び放題なのが神武天皇を思わせるから、
ズンムとも呼ばれる。・・・・・・・・

843 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:56:21.09 ID:MQf2+81U0
官営つっても今の原発のこき使いよう見てれば
果たして本当に官営だからと言ってちゃんとしてたんだろうかね…
そもそも下請けだとか孫請けだとか言った文化はいつから
できはじめたのかと

844 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:56:35.63 ID:wCgKvyrc0
>>840
飛騨と岡谷が良い待遇だったから他もよい待遇だと言いきれない
って事だろ?

845 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:57:05.39 ID:9V0HfzJTP
>>1
> 長男以外の人間は、結婚もできず、世間との交流すら許されず、死ぬまで家のために奴隷のごとく
>働かされる......。いったい、いつの時代の、どこの国の話だと思われるかもしれない。しかしこれは、

「許されず」のとこ以外、全然俺等の日常じゃないか?

846 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:57:46.16 ID:7We2vTwU0
前レス見て、楢山節孝って映画見た時の衝撃思い出した。
主人公の隣の家の次男が雌犬と交尾するんだよね。
あれ、おじろくだったんだな。
でもおじろくを下男みたいに使ってた婆さんも山に捨てられるんだよね。
あれも舞台は信州だっけ。
怖すぎ信州。

847 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:58:11.45 ID:LQugG153P
辻捕り
女衒
からゆきさん

848 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 01:59:34.22 ID:rcpg5l2M0
>>839
もう一回言っとくわ。
女工悲惨話はちゃんと調べると慰安婦の件と構造が一緒。
朝日新聞が焚きつけた「ああ野麦峠」が発端。
紡績工場の結核が多いのを富国強兵と重なる
製糸工場のイメージダウンのために混ぜて流布した。
被害者側の飛騨の人でさえ大げさだって笑ってる。

849 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:00:11.86 ID:IdU31AsA0
このスレから得た教訓は長野みたいな野蛮な地域にリニアモーターカーや新幹線の駅を置いてはいけない。
もし外国人に長野を見られたら日本にとって国辱だということだな、

850 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:01:03.86 ID:wCgKvyrc0
>>848
だから、飛騨以外のところでもそうだったのか?

851 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:01:34.08 ID:r3RyQitKP
どうもフィクションと、
ごっちゃになってる人がいるな。

852 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:03:42.98 ID:OIlspj3D0
長野ってリベラル面した知ったかが多いけど、笑えるなwww

853 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:03:46.23 ID:WDaAqrt10
長野は自然豊かでそばも美味しいのにな。
現住民は迷惑だろうな。
そもそもナックルズなんて読まないだろうけど。

854 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:04:07.29 ID:LQugG153P
甲信越の大阪:長野とは

・B文学の金字塔・島崎藤村の破戒のモデル都市(飯山市界隈)

・県内に270の同和地区を擁するB連邦(1975年調査)

・同和地区向けに行われていた「住宅新築資金等貸付事業」の滞納が数十億(2011年)

・行方が分からなくなった滞納者や、「借りた覚えがない」と主張する滞納者もいて、回収困難なケースが多い

・同和地区の高等教育終了者は5.7%(県16.6%)

・おじろく・おばさ等の奇習を残す

855 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:04:51.12 ID:MQf2+81U0
多分恐らくそのせいで長野って左翼が強いんじゃないかな
次男三男が高い教育受けたいと思ったら師範学校へでも
行くしかないから余計長野の教師が
反体制封建社会反対という土地柄になったとか

856 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:04:59.33 ID:IdU31AsA0
もう一回言っとくわ。
和民悲惨話はちゃんと調べると慰安婦の件と構造が一緒。
朝日新聞が焚きつけた「ああ労基法違反」が発端。
和民バイトの自殺が多いのをニッポン再生と重なる
自民党のイメージダウンのために混ぜて流布した。
被害者側のフリーターの人でさえ大げさだって笑ってる。

857 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:06:36.88 ID:Lu9nc0V30
今の時代は食料も学ぶチャンスも職業選択の自由もいっぱいあるのに
オジロクオバサじゃあ言い訳出来まへんなw   ダメ人間ですな   

858 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:07:38.19 ID:tfqP7W+t0
>>848
飛騨地方限定の話をされてもねえ。

ほんの少数の幸運な環境で働けた人が
その他の大多数が悲惨な衛生状況や管理状態でタコ部屋に
閉じ込められてた厳然たる事実を
そんなのなかったなかったというのは
歴史捏造といいますよ。よく覚えておけ。

859 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:09:06.85 ID:P5/JRGZM0
長野って、被差別部落が昔から多かったから
そのせいでリベラルが多いんじゃないの?
橋の無い川とか読むと、本当に旧習多いし、差別意識強いやん。

860 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:11:24.19 ID:IdU31AsA0
もうしわけないが長野県民を差別する気は微塵も無いんだけど
村井元知事とか長野のマスコミを見てると知的障碍者のような顔をして
やることなすこと劣悪で、もはや人間じゃないじゃん。
やはり遺伝子の問題と旧習から来た必然なのだろうか?

861 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:13:22.57 ID:r3RyQitKP
いや、

地方で左翼になるのは、
むしろ裕福な家のボンボンだよ。

なぜかは知らん。

862 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:15:55.13 ID:7We2vTwU0
大学時代の長野出身の友人に、橋の無い川を高校時代に読んだ話しをしたら、
露骨に嫌な顔されたから。
関西の部落問題以上にタブーで暗黒なのかも。

863 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:16:04.59 ID:9g/kMjTd0
>>860
村井は、郵政民営化で造反して落選して政治生命終わったかと思って暇してたら
ちょうど、当時の知事だった田中康夫の評判が最悪になったんで知事選出てみたら、田中の悪評(アンチ票)がすさまじくて当選しちゃったっていうヤツだからな〜w

864 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:16:14.57 ID:j3AgzaYG0
>>860
『橋のない川』の舞台は長野ではないでしょう。
長野が舞台の被差別部落関連小説は『破戒』でしょう。
島崎藤村はあれを書いたことで同和関係運動家に批判されたというけどね
(自身が被差別部落出身でないために事実誤認がある、その他)
ただ、あの作品を読んだ印象では、島崎は被差別部落差別の批判のために
書いたのではなく、人間全ての中にある「私の内なる差別意識」を
衝くために書いたのではないかという気がする。
被差別部落問題はいってみれば一例という意味で。

865 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:16:55.67 ID:6xt0j44c0
生活に余裕があると、人の世話をしたがるものだからね。
それも、自分が内心見下している人を。

866 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:16:58.55 ID:tfqP7W+t0
宜保愛子ちゃんたち霊能者が霊視すると
家系の男が恨まれている家けっこうあるんだよね〜

そんな祖先がやったイジメや女性虐待知らんわと
現代の糞男たちは思うんだろうけど
時代は変わったのよ。
女性にとって楽しい時代、結婚相手を自由に差別できる時代が
きたことは誠に喜ばしい慶事なのよね。
若い女性は身軽な次男三男と結婚したがるし。それでいい。

867 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:18:13.58 ID:r3RyQitKP
頭でっかちになる、
ってのもあるかもね。

868 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:19:08.87 ID:tfqP7W+t0
一生独身だったり、子供が出来なかったり
子供がキチガイで生まれて来たり…

そんなのはお前らが誇るご先祖が人をイジメタリ
レイプして手込めにして無理やり愛人にしたりしてきた結果だよ。
甘んじて受けて絶家となり、チリとなって消え静かに死ね。

869 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:20:51.18 ID:IdU31AsA0
宜保愛子さんの事を俺は詳しく知らないのだけど
彼女の前世がゴリラだった事は確信している。

870 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:21:41.63 ID:6xt0j44c0
オカルト系は板違いだと思う。

871 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:22:16.04 ID:UzmSX83O0
どこのクソ田舎だよwwwって思ってたらかなり近所だった

872 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:22:34.65 ID:Lu9nc0V30
辛酸を舐めるような環境でなかったろうね
まあ善人の部類には入ると思うけど

873 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:23:00.96 ID:yHHvF5KN0
長野や山梨の人が昆虫食べるのは、
海やら食料が入ってこず、タンパク源が足りなかったからとか言うけどさあ、
猟師はいなかったの?

874 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:23:23.38 ID:tfqP7W+t0
革命的非モテぶさいくは前世でも女や立場の弱い次男三男を虐めてた。
だから平成では不幸で低収入な生活送ってるんじゃないの?

875 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:24:07.22 ID:UvwWX78r0
余った分は間引くしかないが余剰分を抱えてないと非常時に
対処出来ないからとりあえず残しとこうとそんな感じだろうな

876 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:24:44.26 ID:rcpg5l2M0
>>862
長野県は広いから場所による。

877 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:24:51.96 ID:EDv5/oDR0
>>863
知事選含みで造反したんだよ。
反田中急先鋒だった八十二銀行の茅野元頭取がかなり前から打診してた。

878 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:25:09.66 ID:eeVFiToVO
オジロン

879 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:25:48.93 ID:12io2jRu0
僻地 近親結婚でググってたらこんなのみつけた。
pdfなんだけど、70年代の奈良県の僻地の障害児の実態の論文っぽい。

今はだいぶ変わっていることも多いのだろうけど、
まだまだ僻地は僻地だった時代だけにね。

880 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:26:14.22 ID:j3AgzaYG0
日本では1979年まで、障害児の親は子どもの就学義務を免除されていた。
障害児に学校教育を受けさせずに、家の「座敷牢」みたいなところに
とじこめたままでも、OKだった。
その子どもがどうなろうが、親の言葉ひとつでどうにでもなる。
「近所に変な子どもがいて、学校にも行ってなかった」
というたぐいの話を親や祖父母から聞いたことの
ある人は、結構いるだろう。
>>1の記事に出ているのは後天的に精神異常をきたした人たちだけど、
産まれながらの障害児も、昔の貧しい日本では、家族から完全な邪魔者扱いで、
悲惨な一生を送っただろう。

881 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:26:21.95 ID:tfqP7W+t0
お釈迦様の前世はウサギだからね〜
それも高い徳を積んだ。
お前らとは大違い。

立場の弱い人をイジメて下男下女扱いしたり
搾取して自分だけお金持ちってやって女をレイプして
酒池肉林してると家系にキチガイが生まれてくるからね〜気をつけろよ
まあ、その前に一生高齢毒か、子供産まれないわね。そもそもが。

882 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:26:39.29 ID:Lu9nc0V30
長野ディスったり滋賀だったり山口やマットだったり
おまいら忙しいなw

883 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:27:06.91 ID:IdU31AsA0
>>873
俺の想像だけど長野の昆虫食の原因は単に内陸地だったから
という以外の理由があると思う。近所の上野国とか他にも全国300余藩に
海のない国などいくらでもあったわけだから。
あと長野の風習で御神木祭りだっけ?毎回、必ず死者を出すけど
絶対に止めないし祭りの形式も変えないじゃない。
ああいう極端な事をするのは長野だけだと思う。

884 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:27:17.82 ID:hj94QfO00
>>873
狩猟ではなかなか賄い切れないからな。
長野県は諏訪地方の鹿食が有名だけど、それすら免許制だったから。

885 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:28:14.52 ID:r3RyQitKP
まあ確かにあのあたりは、
自然環境が豊かで、

都会へ出るのも簡単じゃなかったんで、
家を出なかった人は独身のまま残る、
とかもあっただろうけど、

そこまで悲惨って感じはないが。

ただ、家屋敷や田畑が分けられないんで、
満蒙開拓団に参加した人は多いらしいわ。

敗戦ですべて悪だった、
ってことにされちゃったんで言いにくいけど、
実は満州に一種の郷愁を感じてるんじゃないか、

って思うことはある。

886 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:30:07.94 ID:g21II5Aa0
だから昔は鶏姦罪っていうのがあったんだな

887 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:31:46.83 ID:hj94QfO00
>>885
そのとおり。
満蒙開拓団は長野県出身者がダントツに多くて、今でも南信濃村にはその人達の集合住宅がある。
あの辺は昔から藩の目も届かない天領だっただけに物資も乏しかった。

888 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:32:14.61 ID:rcpg5l2M0
>>860
マスコミの康夫叩きがすごかったんだよ。
毎週知事があーしたこーしたって番組放送してね。(今はその番組ない)
知事選の時に大きな災害があって、康夫は復旧で選挙活動が出来なかった。
全国放送でも康夫叩きが知事選中にあるしむちゃくちゃ。
被災地と県南部では康夫優勢だったけど、北と東の方で村井優勢って流れだよ。
長野県のマスコミは全国に先駆けて変だったのは認める。

889 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:33:49.61 ID:MQf2+81U0
俺んちのおばちゃんは長女は両方共家の為に
家事手伝いして残って結婚してなかったな。
戦争で若い兄ちゃんおらんかったのもあるかもしれんが

890 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:35:38.41 ID:IdU31AsA0
>>888
あれは田中康夫が「記者クラブ廃止」をしたせいじゃなかったっけ?
マスコミに雇われた宅八郎が公衆の面前で田中康夫に罵詈雑言を浴びせてたね。
長野県の地元大マスコミたちを優遇しなかった田中康夫の自業自得じゃね?
まさに「天に唾する」を地でいってた。

891 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:36:17.33 ID:r3RyQitKP
んー、むしろ天領だったせいかなぁ。

他の藩ではわりと、
都会へ出稼ぎに行くのも、
理解あった気がするんだけど。

892 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:37:49.60 ID:Lu9nc0V30
あえて結婚しない女性とか子供ができないとか    


なんかあったんでしょうかね        ま、いろいろありますわな

893 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:38:15.06 ID:rcpg5l2M0
>>890
おかげで県政がむっちゃ身近だったよw
老若何女知事のことを康夫呼びして議論して楽しかったなー。

894 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:39:12.53 ID:yHHvF5KN0
>>888
それはどうだろう。
県外ではキチガイ県民扱いだろうけど、7月集中豪雨では闇雲に県職員を派遣して自衛隊から苦言を呈され
更に不仲の松本市長だった有賀正と顔を合わせたくないが為に、松本地方事務所ではなく、わざわざ塩尻の山中にガラス張りの知事室を新設し
行政職の長でありながら住民基本台帳法を無視して泰阜村に住所置いたり
中津川との合併問題でゴネたりと散々だったぞ。

895 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:41:56.36 ID:yHHvF5KN0
>>891
そう、田舎の天領は藩も面倒見きれない「その他地域」だからね。

896 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:42:06.61 ID:IdU31AsA0
>>894
でも、康夫がボロ負けした原因は
長野の大マスコミたちがこぞって「康夫は汚職をした!談合をした!」と
延々と報道し続けたからでしょ?
選挙で康夫が負けたら「誤報でした。でも康夫が負けたからどうでもいいでしょ」と
続報を切った。

897 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:43:18.34 ID:9g/kMjTd0
>>888
あれはマスコミのせいじゃないよ
朝令暮改繰り返す性格(当初の側近みんなあきれて逃げちゃったし)と
議会やら市町村長やらと何年も(というか最初から最後まで)にわたってあっちとトラブリこっちとトラブリしてたんでいい加減みんな頭きてたんだ
最初の出直し選挙の頃までは支持してた人多かったんだけどね
いい加減、どこかで歩み寄って妥協しあって関係修復しろよ、いつまでやってんだって感じで

898 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:46:03.77 ID:IdU31AsA0
康夫の遺産だけどガードレールを木製にしたというのは大当たりだったな。
神奈川県の各市が真似をして、どこの林道もガードレールは地元の木を使った木製になったわ。

899 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:46:15.03 ID:MjhIIsE60
まあ数十年後にはブラック企業も奇習扱いだろう

さもなければ、この国が消滅してブラック企業も日本人も消えてなくなってるか

900 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:46:48.53 ID:541Xrcxf0
>>896
いや、談合や汚職って論調はなかったよ。それは吉村知事だね。
逆に官製談合がなくなったことと長野五輪のツケで県内の土建屋が窮地に追い込まれたことも不評だったんだよ。
田舎の談合は必要悪だからなあ。
全国展開の大手に来られたらひとたまりもない。

901 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:46:51.76 ID:r3RyQitKP
諏訪なんか武田の後で徳川に拾われて、
もとの殿様が帰ってきたんで、

高島藩のお役人も地元の馴染みだから、
江戸へ出稼ぎに行くにも理解があったのか、

一人前になるとツテを頼って江戸に出て、
末の子が家を継ぐとかもあったらしくて、

明治維新後に、
末子相続をめぐる裁判が起きてる。

902 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:49:06.04 ID:qsaVpmEU0
今じゃ、一生童貞で、家から出ない「おにいちゃん」の
ために、親が必死で働いとる。

903 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:49:48.43 ID:7gKkoCmv0
>>897
最初は田中派だった茅野元頭取や菅谷現松本市長(当時は県衛生部長)も、みんなアンチに転身したからなあ。
田中に非がないとは思えないよ。

904 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:53:10.14 ID:3a3HhcE40
百田の小説で似たような話あったな、東北の話ではなかったと思うが

905 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:53:10.42 ID:rcpg5l2M0
>>896
全国ネットで脱ダムしてたら災害が起こったって放送してたし、
謎の市民団体が知事の出張費がどーのこーのって毎週のように騒いでたし、
いろいろ面白かったよねw

あの人たちどこにいったんだろう?

906 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:56:21.98 ID:7gKkoCmv0
>>905
ダムに代わる治水対策を講じなかったのは事実だからなあ。
一議員なら面白い存在だったと思うけど、首長の器ではなかったと思うよ。

907 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 02:57:11.84 ID:aD+7xPyNO
現代でも似たようなトコあるよな

908 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 03:02:31.80 ID:JSbBcb2e0
>>227
そしてそれ以外の関東は中国、西日本は朝鮮

東北は日本だからヨカッタヨカッタ

909 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 03:07:37.34 ID:12io2jRu0
>>879
http://near.nara-edu.ac.jp/bitstream/10105/6325/1/ier10_131-141.pdf

肝心のリンクはるの忘れてた、寝ぼけてる。

910 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 03:13:31.05 ID:nKVNKGT30
長野は善光寺周りに部落だらけでしょ
兵庫県花屋敷出身の義兄は「部落なんてない」と妙に言い張ったが
一駅ほど行ったところに有名な場所あったのにタブーが怖かったのか

911 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 03:14:44.05 ID:r3RyQitKP
長野県で部落って言ったら、
集落のことだけどね。

912 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 03:16:31.60 ID:KbFdB9WB0
長野県じゃなくても集落のことだけどな

913 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 03:21:35.51 ID:r3RyQitKP
被差別部落って、
近隣の集落から蔑視されてた、
って話だろうけど、

江戸時代でも鶏とか兎とか、
地域によっては農耕牛馬が死ぬと、
解体してもらって食べたりしてたわけよ。

それを専門にする人達もいたから、
浮いてたとか、そういう話じゃないの。

914 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 03:22:19.98 ID:uUI5RyRn0
こういうこと言って誤魔化す長野県民に揚げ足取られないように
長野県には被差別部落、同和地区が多いと書けばOK

915 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 03:23:54.65 ID:r3RyQitKP
だって山だらけだから、
不便な集落なんて、いくらでもあるよ。

916 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 03:29:33.24 ID:c0SmgAuu0
童貞ひきこもり(家のお手伝いもする)

と同じですやん

917 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 03:29:46.38 ID:MMPeQbye0
康夫はよそ者だから村八分にされただけ

918 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 03:30:02.67 ID:LQugG153P
甲信越の大阪:長野とは

・B文学の金字塔・島崎藤村の破戒のモデル都市(飯山市界隈)

・県内に270の同和地区を擁するB連邦(1975年調査)

・同和地区向けに行われていた「住宅新築資金等貸付事業」の滞納が数十億(2011年)

・行方が分からなくなった滞納者や、「借りた覚えがない」と主張する滞納者もいて、回収困難なケースが多い

・同和地区の高等教育終了者は5.7%(県16.6%)

・長野市役所に同和地区の所在地を問い合わせると部落解放同盟長野支部に通報される

・おじろく・おばさ等の奇習を残す

919 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 03:34:14.44 ID:r3RyQitKP
んー、

島崎藤村も、やっぱり、
いいとこのボンボンなんだよなぁ。

920 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 03:41:56.77 ID:XZlP1X/6P
>>913
カムイ伝だなw

921 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 03:44:56.56 ID:r3RyQitKP
あれは偏りすぎてる。

百姓を埋めて踏ませるとか、
どこの大陸だよって。

922 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 03:58:16.23 ID:idMdbx480
左翼のよく言う「経済成長なんかしなくてもいい、自然に即した生活を」
みたいなのをマジでやると、良くも悪くもこうなるんだよね。

別に日本だけじゃなくて、大陸みたいに戦争で領土拡大するあてのない
太平洋の島国なんかでは、どこでも似たような産児制限をよくやっていた。

一概に悪い事とは言わないが、少なくとも経済成長を辞めた先に
豊かなスローライフ社会が待っていると勘違いはしない方がいい。

923 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 04:03:53.17 ID:EjXjPJpl0
そうゆう風にみると、ユダヤとかフリーメーソンって昔はおじろく階級やな
自由と平等っちゅう麻薬思想とカネを武器に成り上がり。壮大な階級闘争やな

924 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 04:12:10.28 ID:r3RyQitKP
つかね、

満蒙開拓への参加を子ども達に進めたのは、
家に残っても財産を分けてもらえる余裕がないから、

みたいな感じで、
開明的な先生達が熱心だったっぽいんだわ。

満州はもともと満州族の出身地で、
清朝末期まで異民族の立ち入り禁止してたのが、
ロシアの南下のせいか移民政策を執るようになった流れで、

漢族や朝鮮族も入植してたから、
満蒙日朝漢の五族協和とか言ってたんだわな。

925 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 04:33:23.29 ID:r3RyQitKP
さあ、そこでだ、

中華皇帝を退位した満州族皇帝を、
祖国にお迎えして日本が支援する、

って流れになるわけよ。

これがいわゆる中国の言う、
日帝傀儡の偽満州国ね。

926 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 04:46:36.22 ID:EjXjPJpl0
満州傀儡もそうやけど
2ちゃんでよくみる、大室寅之祐とか田布施システムとかも、傀儡
元おじろくやな。こうゆうのはおおいな

927 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 04:49:24.04 ID:r3RyQitKP
必死になってデマを撒いても、
相手にしてもらえないから虚しいだろ。

惰性でやってんのか。

928 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 05:11:46.93 ID:G9OBp3uF0
日本そのもの

929 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 05:12:40.39 ID:wUqP4PDC0

おばさ


おじろく


930 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 05:14:33.12 ID:DO/xrY1P0
日本古来の風習って殲滅させたほうがいい。

クジラ肉食うなんて奇習もあと50年も経ったらウンコ食うより酷いと思われる。

931 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 05:24:58.15 ID:1FsC9WzA0
>1
自ら、そうなってる人がこのスレに結集状態では・・・

932 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 05:25:07.05 ID:r3RyQitKP
心配しなくても、

社会的な条件が変化してきたんで、
生計単位の細分化も進行したから、
核家族化が進行したでしょ。

ただ、それはそれでまた、
別の問題が出てくるんだけどね。
完成なんてものはないんだわ。

933 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 05:29:32.53 ID:S4VDpXAo0
>>558
http://n-knuckles.com/discover/img/PA072651.JPG

処女は嘘だな。
おばさと娘が一緒に写ってる写真がソースにあるし。
なんでみんなソース見ないんだろ?

934 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 05:30:40.45 ID:G9OBp3uF0
食べて応援・原発は完全にコントロール

日本そのもの

白人のいけにえ

935 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 05:36:40.45 ID:KaEgz8r/0
何で仲良くできないの?

936 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 05:38:13.16 ID:p3fEhm6CO
一人目出来たらSEXしなきゃ良いのに
本能のままやらかして二人目以降一生下僕扱いとは酷すぎる

937 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 05:48:36.62 ID:3XnR39R0O
へ〜
下の子の方が可愛いけどね正直

938 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 05:59:51.53 ID:waVq3KqM0
昔の武家なんてのもそんなもんじゃなかったの?

939 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 06:13:56.07 ID:r3RyQitKP
武家の場合は、仕官枠が世襲だから、
分家については、武家では食えないわけよ。

農家の場合は、
家屋敷や田畑の財産分与に限界あるんで、
跡継ぎ以外は都会にでも出ないと独立できない。

940 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 06:17:09.31 ID:/U1upNgu0
>>46
すでに顔が泥まみれの親だがw

941 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 06:17:51.82 ID:rgheAfJiO
養子になって でていけば えんじゃね

武家の次男とか逆玉候補やん

942 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 06:19:31.59 ID:CSqyI+YT0
>>1
ま、これは極端だ例としても、誰でも結婚するのが当たり前なんてのは明治から昭和のほんの百年ほどの
流行に過ぎないということを認識するべき。
現代の非婚化傾向は歴史的にはごく普通の状態。

943 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 06:24:58.14 ID:BL9D4PUPO
 
 
         厄
 
         介
 
 

944 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 06:26:08.55 ID:r3RyQitKP
現在の非婚化、晩婚化傾向は、
社会が豊かになった影響で、

生計単位が極小化しても、
それなりに食えるから、
ってのがあると思う。

ただし誰にでも、
赤ちゃんのときと老後はある。

945 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 06:33:30.68 ID:PYF9bJ2dO
宮崎の高千穂は過去犬食ってたし、茶髪全盛のときに高校生は完全黒髪だし、地方はミラクルだよ。

946 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 06:36:28.99 ID:EjXjPJpl0
核家族は大家族みたいなセルフセーフティネットがきかんからな
ナマポとか介護業界みたいな公的セルフセーフティが必要になる。で、これが金食い虫
安楽死社会くるで

947 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 06:51:02.97 ID:/U1upNgu0
労働させるためにガキ作りまくるっての日本でもあったよね 農家とか団塊の世代ぐらいまでこの傾向あったし
途上国だと現在進行形な所結構あるんじゃない?
テレビで東南アジアの国で親が楽するために子供沢山作って家事・農作業させるってドキュメント見たことある

948 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 06:56:01.91 ID:zzxylFBA0
おじろく・おばさでも長男が死んだら当主になれるのかな?

勤め人社会って最近なのね。
そりゃ無職増えるわ。

949 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 06:57:14.38 ID:r3RyQitKP
経済的に若い地域の場合、

生計単位を大きくすることで、
助け合って生活するほうが便利だし、
乳幼児死亡率の高さを補える。

十代で結婚したりするから、
出生率も高くなるけど、死亡率も高い。

一方で豊かになってくると、
経済的な独立志向も現れてきて、
生計単位は細分化し、結婚年齢も高くなる。

そのぶん出生率は下がる。
この傾向は、社会の状態を把握する目安にもなる。

950 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 06:57:50.57 ID:/aClEGM20
どこの田舎?

951 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 07:08:19.58 ID:8VfD+aRkO
おじろく・おばさ…魔法使い

952 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 07:10:34.06 ID:qVzlUSpj0
男は風俗があるから有利だなあ
女(´・ω・) カワイソス

953 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 07:25:46.11 ID:wnoHgNjB0
>>939その財産分与を無理矢理やった結果があの千枚田
今は観光資源になってるが
千枚田ほど農家の掟が如実に現れたものはないからなあ

本家は下で楽チンだが分家は山を延々登る羽目に
下はほって置いても肥が回るが上は毎日肥担いで山登り
雨で崩れたら上が全保証。下に水回さないと村八分などなど

954 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 07:28:48.54 ID:ydlIka3a0
>>548
スレチだけど、中国っていう国を見てたらそれは間違いだと思うな

955 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 07:29:46.80 ID:ANvT8JkmP
ねえこれもどうせネトウヨが、韓国や在日だって思ってんでしょ?

956 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 07:31:22.54 ID:/Jdm9/KD0
長野県民だけど初めて聞いたわ

957 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 07:35:46.68 ID:rfAj3fWy0
むしろ、これを知らない人がいることに驚く。
全然タブーじゃなく一般常識でしょ。
長男以外は生まれてすぐ絞め殺されるか、一生奴隷として働かされた。
当然結婚は出来なかった。

958 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 07:38:13.29 ID:YJw+fgIHO
ニートを家事手伝いって濁すようなもので
田舎の感覚じゃ恥だから皆で口裏合わせてたんじゃないの
もっと重症なら座敷牢とか

959 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 07:38:50.09 ID:rfAj3fWy0
長野だけじゃなく、日本中どこでも20世紀初頭まではほぼこれ。
農地を兄弟みんなで別けたら全員が食べていけなくなるんだから。

960 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 07:40:24.37 ID:NWRU57CUi
ナックルズにまじレスとか

961 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 07:42:12.79 ID:ALMXyYsL0
オジロックフェスティバル

962 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 07:46:43.24 ID:tOBp6ToH0
これは世界のどこも似たようなもんだろ

耕地面積あたりに養うことのできる人数は
限られてるからな
やむをえない面もある
これをやらないと、次々産んで次々死ぬアフリカみたいになる

明治以降の近代化で
産業がさかんになり、
人手不足が常態化して解決に向かった

963 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 08:00:57.71 ID:Moh22W31i
障碍者はどうなる?

964 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 08:06:07.30 ID:OTkCdlPr0
現代ではおじろく・おばさが都会を繁栄させ、長男が田舎を荒廃させています。

965 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 08:08:16.39 ID:5PyCHvM90
「おじろく(男)・おばさ(女)」という差別用語があるの今知った。

966 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 08:29:05.93 ID:QKQg5gBi0
東北の神武達だな

967 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 08:29:39.72 ID:5F5cNdPY0
「ウニクロ(男)」「タバサ(女)」というブランドがあるの今知った。

968 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 08:31:14.78 ID:12io2jRu0
でも、長男が無能だったり、障害もちだったらどうするんだ?
あからさまな障害なら次男が長男役になるんだろうが。
特に、健常とのボーダーくらいだったら。

船場の商人の家だったら、娘に優秀な婿を取らせる仕組みになってるし。
アホボンを跡取りにするのは、まず取引先が反対したそうだ。

969 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 08:34:00.30 ID:WPxoJmba0
>>950
おれの実家そのものじゃんw
頭来て都会に出てきた
もう絶縁状態

970 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 08:35:31.87 ID:x3vP+EO+0
久々にヴィレッジ観たくなってきた

971 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 08:41:58.36 ID:I2DznAH+0
俺、長男だけど彼女もいたことない童貞なんですが・・・・・

逆に弟はリア充まっしぐら。。
すでに結婚して子持ち。。
従兄弟も俺以外は全員既婚者。。
もう死にたい。。

972 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 08:43:24.48 ID:XU/K0OKSP
俺が魔法使いだ

973 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 08:46:28.55 ID:MkOyQhJt0
じゃあオレおじろくじゃん
ふざけんなよ

974 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 08:48:38.81 ID:gqOwaC9LO
とうとう彼女や彼氏がいないのを郷土文化のせいにしだしたか
ケンシロウとラオウみたく兄弟喧嘩にならないように実家の田畑や家で骨肉の争いにならないようにって話だよ

975 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 08:49:13.32 ID:zpaslZbz0
>>67
自己紹介はもっと手短かに!

976 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 08:49:14.22 ID:rcpg5l2M0
>>956
長野県のものすごくごく一部の今は無い風習なのに、
以前、これをネタに罵られて初めて知ったけど、
すぐ近くの飯田藩出身の柳田國男が調べた形跡が無いような…。
検索して出てくるのが>>1と全く同じ文章ってのがねー。

”『精神医学』1964年6月号”、”アミタールを投与して面接”とか
他の論文があるのか知りたいわ。

977 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 08:49:28.77 ID:WPxoJmba0
>>70
亀レスですまんが、本当にそんな感じだよな 
よくわかるよその圧迫感、閉塞感 奴僕のような扱い
長男を守り立てろ 全ては長男のためにとかいう基地外ぶり
長男はおれより出来が悪いくせに、まるで天下取ったような上から目線

で、今何してんの?普通にしあわせ?

978 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 08:51:15.53 ID:w6D2KuQx0
>>27
60年くらいたてばいなくなるから、きにするな、

979 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 08:54:15.46 ID:FKKJInXZ0
厄介って

980 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 08:59:26.10 ID:galsQlRL0
童貞はともかく処女は少ないだろ
絶対性処理道具にさせられてる

981 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 09:00:20.15 ID:sWAfZDoJ0
現代でいう派遣社員みたいなものか?
長野県って玄田牛一でも有名だよな。京都もそうだが盆地は陰湿な文化が育つ土地柄なんだろうか。

982 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 09:16:17.88 ID:WDaAqrt10
この元の記事、2chの書き込みのような文章だねw
冷静に読むとツッコミどころ満載でこじつけにしか思えないw
写真の表情が硬いと言うが、昔の田舎の人は写真を撮ると魂を抜かれるとか
信じていたんじゃないの?w

村祭りに参加出来ないとか交流がないのは先天的障害があって外に
出せなかったんじゃないか?
障害があるなら奉公にも嫁にも行かず実家で一生を終えるのは奇習でもなく
自然な事だな。

983 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 09:37:34.44 ID:YJw+fgIHO
蜂だか蟻もさ、次期女王の為にそのきょうだいが働くもんね

984 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 09:39:18.86 ID:m7+OwcTy0
お前らの正体っておじろくだったの

985 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 09:39:23.00 ID:mYdOGNUY0
>>983
あれが糖質の最たるものに思えてきた('A`)

986 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 09:41:43.26 ID:MkOyQhJt0
>>984
おまえはおばさ

987 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 09:42:34.81 ID:avT0YwAh0
座敷わらしだな

988 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 09:46:18.79 ID:dqkFnEGl0
おじろく - 仕事 =

989 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 09:47:08.49 ID:mYdOGNUY0
漢字知らんけど、叔父碌・叔母様みたいなのが元だったら割と丁重に扱われてたんじゃね

990 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 09:47:36.88 ID:h5SjpUXU0
深沢七郎の短編にそんなようなのがあるぞ
舞台は東北だが

991 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 09:51:19.78 ID:2y0Bo6LwO
>>981日本の風習だよバカ、勉強してこい

992 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 09:54:20.78 ID:vlvi30Lz0
まぁかの国では病身舞なんて今なら人権無視&ヘイトスピーチと騒がれそうな文化もあったみたいだし、
こういう奇習は日本に限らず世界中にある気がする

993 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 10:18:43.33 ID:OrKEAUOW0
>>282
ちび六ラーメン

994 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 10:23:55.46 ID:vPctcG5Q0
それがあるから今がある

995 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 10:43:11.13 ID:Er7kyPOJ0
マジかよ、ジャップ最低やな

996 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 10:54:28.53 ID:3VqKQ/gA0
>>983
基本「ワーカー」は生殖機能持ってないんじゃないの?

まあ>>1の信憑性は分からないが耕地が限られてイコール扶養できる人口も限られるのだから
そういう話はあっても不思議じゃないな。

997 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 10:55:53.60 ID:tUM33owy0
未来から書き込むけど【ニート】【ヒキコモリ】【ジタクケイビイン】って謎の風習と関係ありますか?

998 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 10:58:57.12 ID:9g/kMjTd0
>>910
まあある意味部落だらけだね
長野で部落っていうと、普通に、集落=今でいう自治会単位(江戸時代の村)の意味で使うから、被差別部落のつもりで言っても通用しないよ
当たり前のように○○部落はとか、うちの部落が〜って使うから

999 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 11:00:54.23 ID:NAL4KSLA0
俺か

1000 :名無しさん@13周年:2013/10/24(木) 11:06:46.56 ID:9g/kMjTd0
>>918
藤村は飯田の近くだろ。つーか木曽
伊那谷筋と木曽谷筋じゃ地図で見ると近く見えても、全然違うぞ
長野は盆地ごと谷筋ごとに身内意識あって、気性も違うから
そもそも飯田は県の(ほぼ)一番南、飯山は(ほぼ)一番北東
名前は似てるけど200キロ以上離れてるぞ

そして1000げっと!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

258 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)