5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【国際】「反日親中」ルーツ ルーズベルト時代のコミンテルン工作[13/10/06]

1 :かじてつ!! φ ★:2013/10/06(日) 13:44:22.60 ID:???P
○「反日親中」ルーツ ルーズベルト時代のコミンテルン工作

米国では戦前も「反日世論」の形成に向けた活発な宣伝活動が繰り広げられた。背後で
操っていたのが中国国民党であり、米国共産党、コミンテルン(国際共産主義)だった。
日本側も当時の若杉要・在ニューヨーク総領事が反日宣伝の実態を把握し、機密電報で
報告していたが、政策に反映されることはなかった。

若杉氏は昭和13年7月20日付で、宇垣一成外相あてに「当地方に於ける支那側宣伝に
関する件」と題した報告を行った(「機密第560号」、外務省外交史料館)。

報告では、12年に日中戦争が始まると、米国の新聞社は「日本の侵略からデモクラシーを
擁護すべく苦闘している中国」という構図で、中国の被害状況をセンセーショナルに報道
している、と紹介。「世論に極めて敏感なフランクリン・ルーズベルト政権と議会はどうしても
反日になりがちだ」と指摘した。

報告では「中国擁護の反日宣伝組織」として、中国国民党系と米国共産党系、そして
キリスト教系・人道団体系の3つを挙げ、共産党系が掲げる「反ファシズム、デモクラシー
擁護」が、各種団体の指導原理となっている、とした。

そのうえで「反日工作は侮りがたいほどの成功を収めている」と結論付けた。

>>2-5あたりへ続きます)

□ソース:産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131006/amr13100612300002-n1.htm

2 :かじてつ!! φ ★:2013/10/06(日) 13:44:37.21 ID:???P
>>1の続きです)

若杉氏が懸念したようにルーズベルト政権は14年7月に日米通商条約の廃棄を通告。
中国の蒋介石政権には軍事援助を表明した。

15年7月25日、若杉氏は発足直後の第2次近衛内閣の松岡洋右外相に「米国内の
反日援支運動」を報告している。報告では「反日運動の大部分は、米国共産党、ひいては
コミンテルンが唆したもの。目的は、中国救済を名目に米国民衆を反日戦線に巻き込み、
極東における日本の行動を牽制(けんせい)することによって(ソ連の)スターリンによる
アジア共産化の陰謀を助成することだ」と強調した。

若杉氏は日米分断策動に乗らないように訴えたが、近衛内閣はアジアから英米勢力の
排除を目指す「大東亜新秩序」を国是とする「基本国策要綱」を閣議決定。翌16年には
日ソ中立条約を締結した。そして同年12月の日米開戦につながっていく。

(以上です)

3 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 13:46:32.24 ID:ba68Gehwi
トンスルランドは今まさにそれをやってる訳だ

4 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 13:46:54.84 ID:tr8kvXvU0
まったく民主党はろくなもんじゃないね!

5 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 13:47:11.40 ID:mfICTdV30
米英中ソ相手に戦った日本凄いね。

6 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 13:48:31.06 ID:ty75+TQD0
あー変な楽器ね

7 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 13:49:23.50 ID:yundhh7n0
>>1>>2>>3>>4>>5

 以下の事件が戦後日本各地で有った
 マスコミは報道しなかった
 戦後報道は常に 「私たちの祖先が悪い」 であった
 いつまで日本人は在日に対して黙っていれば良いのだろうか?  

 在日韓国人は日本人の敵である!!!
 朝鮮人はイラナイ!!日本にイラナイ!!  在日イラナイ!!社会を守れ!!

■ こんなにもある在日韓国人の犯罪 ■
 【平事件】 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6
 【浜松事件】 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%9C%E6%9D%BE%E4%BA%8B%E4%BB%B6_%28%E6%8A%97%E4%BA%89%E4%BA%8B%E4%BB%B6%29
 【首相官邸デモ事件】 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%96%E7%9B%B8%E5%AE%98%E9%82%B8%E3%83%87%E3%83%A2%E4%BA%8B%E4%BB%B6
 【在日本朝鮮人連盟】 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E4%BA%BA%E9%80%A3%E7%9B%9F
 【在日韓国・朝鮮人の事件】 http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E5%9C%A8%E6%97%A5%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%83%BB%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E4%BA%BA%E3%81%AE%E4%BA%8B%E4%BB%B6

8 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 13:49:40.68 ID:uIc1gyEx0
セオドアの方はあれだけ有能だったのに、なんでフランクリンの方は
こうもクズなのか・・・?

9 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 13:51:04.95 ID:tVlcw29H0
>>6
それはテルミンw

10 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 13:51:16.66 ID:YYMnNRut0
>>6
大人の科学だっけ付録についてたのを購入したわ
まだ作ってないけどなw

11 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 13:52:02.70 ID:ONrjJbs/0
アメリカに生まれてたら、アジアの事なんてどうでもいいわ

12 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 13:55:43.84 ID:hTkcb/6X0
>>11
指先一つで国を潰せる大国がそれなんだもんなぁ
しかも愚民による民主w選挙と来たもんだ

13 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 13:55:51.25 ID:PZs/iXrc0
そりゃルーズベルトの一族は、
支那で手広くアレを商って財を成したもんな。

14 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 13:57:57.27 ID:UfFyAwCo0
アメリカ人って何故か支那人が好きなんだってな

15 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 13:58:34.10 ID:jdcPJEMH0
ルーズベルトが中国を応援したのは
日本が生意気なのと中国との貿易で財産を気づいた一族だからだけど

16 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 13:59:52.13 ID:bMKn7SgT0
コミンテルンも中核がソ連になったり中国になったり忙しいな
この先中国が潰れたら、金日成はコミンテルンのトップに登り詰めてるかもしらん

17 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:01:43.07 ID:6T7kubj90
コミンテルン自体そのバックはアメリカ

WW1以降の世界は実はすべて自作自演だぞ

共産主義を潰すために、左翼にテロやらせたり、共産国家の政治経済をめちゃくちゃにしたりして

共産主義へ対する人々の信望を失墜させるためにな

18 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:04:21.56 ID:PZs/iXrc0
「ルーズベルト 麻薬 奴隷 売買」
で検索掛けろ。

19 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:05:50.87 ID:SvkfXtoY0
コミンテルンの工作で真珠湾攻撃をする日本w

20 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:06:22.95 ID:xo1PaOPX0
>日本側も当時の若杉要・在ニューヨーク総領事が反日宣伝の実態を把握し、機密電報で
>報告していたが、政策に反映されることはなかった。

そりゃ日本側にもしっかりゾルゲとか尾崎とか食い込んでたからな。
 

21 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:07:07.39 ID:wxPnO8c+0
日本国内の反日勢力の方がよっぽど問題だわ

22 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:07:49.71 ID:igxI05pW0
赤狩りエネルギーをベクトル転換して半島人・中華人における「反日」にした
張本人こそが、アメ民主党だぁよ。
戦後に生じた沢山の妄想的反日戦前伝説はこうして「作られた」。反日人に
ことごとく「時代考証能力」がないのも、このためである。(「時代考証
能力」があれば、嘘を嘘と見抜けるからな)全ては「仕組まれ」ている。

23 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:08:20.06 ID:DKQQNYcv0
ww2はルーズベルトのせい

24 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:09:22.13 ID:LHd4MTSY0
馬鹿で力だけはあるアメ公が諸悪の根源だな

25 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:09:29.25 ID:k+h8iMEK0
日本ももちろんやられた口だが、
アメリカって結構アフォで、コミンテルンのスパイに政府内部まで侵入されまくってんのに
気づくの遅すぎ。日本を倒して初めて気づいて大慌てして赤狩りとかやったが、時すでに
遅し。
超最高機密の原爆製造技術はあっさりソ連に渡るわ、支那の権益目当てに日本と大戦争
したのに、支那はあっさり共産化。本当はアジアの防共を担うはずの日本を自分で潰しち
ゃったから、朝鮮戦争、ベトナム戦争とアジアの防共戦争を全部背負い込むハメになった。

26 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:11:03.31 ID:g4/B30B70
>>18
満州国人脈の東条英機、岸信介、甘粕正彦も
アヘンで資金作りをしていた。

27 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:13:18.82 ID:XPb3Pj9U0
うん
成功していると思う。
ただし、誰も感謝しないだろう。

28 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:14:58.83 ID:DKQQNYcv0
>>2
アメリカの民主党は無能だから
共産主義を広げてしまった

共和党が政権持ってたら
日本やドイツと戦争しなかったかもしれない
反共だし

29 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:15:05.53 ID:hPj3lHWE0
色々とコミ入っテルンだな

30 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:15:15.02 ID:yWENY8dy0
>>25
日本の外交筋も第二次大戦前にさんざん
「日本と戦うとアジアの共産化の防波堤を失うことになるよ」
とアメリカに警告を発したのにルーズヴェルト政権は聞く耳持たず日本を潰してそのザマだからな
アメリカ史上最低の大統領はルーズヴェルトで間違いない

31 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:15:36.97 ID:QIzx2e2i0
ルーズベルト一族が支那でアヘン捌いてたってこと?

32 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:17:30.14 ID:KJam2nI20
どんだけすごい呪文をマスターしてるんだよ魔法少女コミン☆テルン

33 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:18:26.80 ID:QIzx2e2i0
20世紀最強呪文は
コミンテルン
であってる?

34 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:18:41.07 ID:DRr7kM/l0
大国アメリカですら中国に操られていたというのか戦前は。

35 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:19:57.76 ID:XPb3Pj9U0
要するに二つある。
希望の為に今を我慢しましょう。そうすればより良いものが手に入るでしょう。
これと
今自身に満足しましょう。
どうせコレくらいしかヴぁいえーしょんは無いところで、
よく知らないがこみんてるんとか言うのは後者だと思う。
これはいつになったら?が出てくる。
このやり方はろりん的に二つ。
事実そうなることと、犠牲を作って粛清しソレを今居るのにやってそこを人間と定義すること。
今のところ、後者くらいしか成功してないような感じがする。
あとはいつまで我慢するか。
理論的には、永遠だが、あとは好みだ。

36 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:21:23.62 ID:DKQQNYcv0
>>14
民主党支持者はな
共和党支持者は少し違う


>>25
アメリカの民主党は無能すぎる

37 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:21:35.57 ID:jdcPJEMH0
あらゆる超大国をほんろうし続け
霧のように実態がみえないコミンテルン最強だわ

38 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:21:36.77 ID:Umc2be6l0
中国とは戦争やってたんだから、他国に対して世論工作するのは当たり前だろ
日本だって日露戦争で同じことやったじゃん

39 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:22:06.35 ID:8UH4kiNwP
┌────────────┬───────┬────┬────────────┐
│       事 項       │   年 日    │ 首 相 │       備 考       │
├────────────┼───────┼────┼────────────┤
│(日支戦争開始と推進).   │           │      │                  │
│北支四ヶ師団派兵.      │.1937年 7月   │近衛文麿│日支戦争の開始        │
│「蒋介石を対手とせず」..   │.1938年 1月   │近衛文麿│日支戦争の長期化      │
│「東亜新秩序」声明      │1938年11月   │近衛文麿│中共成立まで.         │
│                  │           │      │日支戦争の永久化      │
│(対英米戦争の準備と開始).│           │      │                  │
│「大東亜共栄圏」発表..    │1940年 8月   .│近衛文麿│対英米戦争の準備宣言   │
│日独伊三国同盟..       │1940年 9月   .│近衛文麿│英米を敵と世界に宣言.    │
│日ソ中立条約.         │1941年 4月   .│近衛文麿│対英米戦争の準備      │
│                  │           │      │(背後の安全)         │
│「対英米戦争を辞さず」    │.1941年 7月 2日.│近衛文麿│御前会議            │
│「ソ連に侵攻せず」.      │.1941年 7月 2日.│近衛文麿│御前会議            │
│南部仏印進駐         │1941年 7月28日.│近衛文麿│対英米戦争の実質的な開戦│
│「対英米戦を決意す」.     │1941年 9月 6日 │近衛文麿│御前会議            │
│パール・ハーバー出撃.    │1941年11月26日│東條英機│.山本五十六.          │
│                  │           │      │「ハル・ノート」の25時間前.  │
└────────────┴───────┴────┴────────────┘

40 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:23:20.55 ID:Z9Ro4tVB0
ヴェノナ作戦

41 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:23:23.62 ID:c2UMBDpN0
>>31
そうだよ。
アヘンで稼いでました。
その金で大統領になれたと言われてる。
ちなみにケネディ家は禁酒法時代にマフィアとつるんで儲けてます。

42 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:24:22.57 ID:Pp0OBK5c0
>>30
ヒトラーがルーズベルトのことを「神の名を騙り国民を戦争に導く狂人」とかなんとか演説で罵ってたが合ってたとw
まあお前が言うなって感じだろうがw

43 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:24:35.89 ID:PZs/iXrc0
>>26
ルーズベルトは現地の軍閥と組んでやってたんだけどな。
日本が資金繰りを真似し始めたんで、欧米は大慌てで日本封じ。
蒋介石グループの「自国」民への裏切り行為も日本に転嫁。

これと同じ情報操作を、つい最近、犬HKはスペシャルでやらかしたよな。
流石に、人身売買までは、日本のせいには出来なかったようだが。

44 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:26:47.80 ID:d4PGsXNw0
日独が正しかったことが段々証明されてきてるな。つかまともな人は
もうわかってるでしょう連合国側も含めて。

45 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:26:54.06 ID:+aSqa8wx0
まあそれだけ、当時の日本の指導者が無能だったということだな。
選んだ手段が、米国との戦争とか馬鹿じゃね?

46 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:28:41.24 ID:s37I2Iyk0
   
アメリカで慰安婦像が建てられるのは、
また背後で資金提供や活動戦略の伝授など、中韓を後で煽ることが出来るのは、
イスラエルのさらに背後にあるオバマ民主党政権がいるからだ。
共和党政権ならここまで惨い嫌日運動が盛り上がることはなかった。
 
日本が国際社会で孤立させられ、太平洋戦争に突入させられ、原爆を落とされ、
左翼憲法を押し付けられた期間は、すべて民主党政権(1932〜1951)だった。
米 民主党は、80年も前から日本の「天敵」だったのだ。
 
米国の諜報活動は、日本とドイツから平和の配当を回収せよ! 
スノーデン氏の、個人情報収集手口暴露
http://i-nettt.blogspot.jp/2013/07/blog-post_3544.html#more
 

47 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:29:47.62 ID:9yDVayNQ0
君らが裏で活動しているからじゃね。
従軍慰安婦像。

48 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:29:48.62 ID:XPb3Pj9U0
ごめんご
よく知らないがこみんてるんとか言うのは<前者>だと思う。
じつは。
多分これはサイボーグ009張りに革命後加速スイッチが入ったんだと思う。
フランスの御上さん達見ても理想主義でと言うより今日のパンよこせに見える。
これがその後もっと理想を追い求めればもっと良くなるとのあおりが入った感じ。
実際革命すれば今手に入るの事実が、理想を追い求めたら入ったに入れ替わったんだろうと思う。
そう言う意味で、前者ぢゃないのかなと。
色々おかしいなと思う点がないでもないが、これも好き好きだと思う。
なんでこんなこというかというとヴァいりΣ(゚Д゚;エーッ!ションとしてはこれ後者に既にあるから。
どっちでもいいと解釈できるので否定できる根拠がオレにはよく判らない。
センスとしての色の趣味の違いだろうと思う。

49 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:30:50.58 ID:CwnB8Zm8O
>>3

ほんとにそう。
マスゴミ→世論→議会
の順で動かそうとする

50 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:30:56.32 ID:c2UMBDpN0
>>34
アメリカが中国大陸からの排除を目論んでたんだよ。
中国大陸は当時は軍閥しかいない戦乱時代で
フランスなど欧米が美味しく頂いてたまっただ中。
そこに、ロシアを打ち負かした日本が台頭してきたので邪魔になった。
セオドアは日露戦争の講和の仲介をした時にいずれ日本とは対立すると
予測して太平洋艦隊の増強を始めている、白色艦隊でくぐってみて、
それと太平洋の拠点となるハワイをカメハメハ王朝に返還するとの
議会決議をしたけど、反故にして、今では州になっちゃってるだろ。
その時の戦略上、日本と対立するためにはハワイは重要な拠点だった。

51 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:33:42.57 ID:igxI05pW0
まあ、いまさら先の大戦で、「どっちが正義?」を言う気はない。戦争に
なっちまった以上、勝った方が正義としか言いようが無い。

ただ、チャーチルとルーズベルトとスターリンとヒトラーとフランコと近衛
(東条)の六人のならず者達が、たった三つしかない座席を奪い合っただけ
の事、が残念ながらいつわらざる本当の所。

で、議席数2:1で、充分共産勢力を抑えられるとでも思っていたのであろう。
トルーマンの時に誤算で3:2まで押し返されただけの事で。

52 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:33:57.39 ID:CwnB8Zm8O
>>42

勝ったか負けたかだけ。

53 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:35:17.93 ID:yrIbhvF+O
見境なく戦線広げて、反日宣伝に燃料補給したのは日本だけどな。

54 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:36:24.99 ID:QCqymVOm0
コミンテルンがどうとか近衛内閣がどうとか言ってた気色悪い、目が死んでるオッサンいたよな。

55 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:36:44.85 ID:MDfx0YqD0
★今のハリウッドは中国マネーがバックにあります。アメリカのコンテンツに金払う時点で利敵行為

アンジェリーナ・ジョリーの反日映画と日本人が人肉食ったとか書いてるウソまみれの反日小説の件
どんどん反発が広がってる

アンジェリーナ・ジョリーが反日映画を監督?
http://www.youtube.com/watch?v=z799XM1q8h8
米にて、ベストセラー反日小説。 アンジェリーナーが映画化
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20106185

アンジェリーナ・ジョリー監督 日本人によるアメリカ捕虜虐待を映画化
http://www.cinematoday.jp/page/N0048798

アメリカに欺瞞を感じたらアメリカ製品を不買しよう!

【米国】20万人の慰安婦のうち4分の3が蛮行で死亡した…日本に歴史的責任を要求する決議を採択-ニュージャージー州★6
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1372042254/
【赤旗】 大阪市の姉妹都市サンフランシスコ市議会「橋下氏の態度・発言を強く非難する」 発言撤回を求める決議案、全会一致で採択
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1371788637/
【米国】慰安婦決議「各州議会に要請中」 米下院のマイク・ホンダ議員
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1372352917/

★アメリカ軍やオーストラリア軍の蛮行
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-162.html

【社会】オリバー・ストーン監督「日本はまず中国に謝罪することから始めるべきだ」★2
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1376547048/
【WSJ】オリバー・ストーン監督「日本は中国や北朝鮮を敵国とみなさず謝罪を。スノーデン氏を逮捕しなかった中国は素晴らしい」[08/15]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1376528463/

56 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:38:53.46 ID:MDfx0YqD0
米国の欺瞞にうんざりしたら不買運動
アメリカ製品を日本から追い出しましょう

【米国】20万人の慰安婦のうち4分の3が蛮行で死亡した…日本に歴史的責任を要求する決議を採択-ニュージャージー州★6
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1372042254/
【赤旗】 大阪市の姉妹都市サンフランシスコ市議会「橋下氏の態度・発言を強く非難する」 発言撤回を求める決議案、全会一致で採択
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1371788637/
【米国】慰安婦決議「各州議会に要請中」 米下院のマイク・ホンダ議員
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1372352917/


ハリウッド映画全般
アフラック
コカ・コーラ ペプシ マクドナルド
アマゾン DELL マイクロソフト アップル
ハーゲンダッツ コーチ ティファニー ディズニー 
サーティワンアイスクリーム ドール ユニバーサルスタジオ ケロッグ
P&G アリエール  ボールド  さらさ  レノア  ジョイ  ファブリーズ  パンテーン
h&s(エイチ・アンド・エス)  ヴィダルサスーン ハーバルエッセンス  ウエラ
パンパース  ウィスパー  SK-II  マックスファクター    ジレット ブラウン  

そして米産牛肉を使う 吉野家


★アメリカ軍やオーストラリア軍の蛮行
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-162.html

57 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:40:15.55 ID:oZ4E49bi0
知ってた
白人を知能的に脅かす虞のあるアジア人は
内輪で争わせるべし、と。

58 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:40:29.51 ID:vD/3CroU0
>>17
いいから、マルクス・レーニン主義から勉強して再度言えw

それ以降の共産主義国家はすべて民主主義になていたのかw

ちょっとあほすぎねw

59 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:41:08.51 ID:F65blFLO0
産経wコンミンテルンww

60 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:41:45.97 ID:uuzOwiUN0
雪作戦

61 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:43:41.64 ID:igxI05pW0
>>55
てか、ハリウッドは米民主の巣だし。ウォルトディズニーは赤狩りやった
張本人だしw
そー考えると笑えますよね。戦前日本を過剰に仕立て上げる映像効果に一役
買ったのこそが、ルーズベルト民主党下の映画産業。一貫してるのさ。

→その食い扶持つなぎが、戦後反日宣伝
→その食い扶持つなぎが、アメリカの教科書の反日表記(韓国・中国観採用)
→その食い扶持つなぎが、中・韓寄りの反日スタンス

62 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:43:41.97 ID:4Gx9RX070
濃密なエドガースノースレアジアの赤い星

知識を全部吐き出したのでこれ以上は聞くな。オッペンハイマーはソ連のこねこちやんと愛し合ってしもてな…

63 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:44:06.26 ID:iP31VSNp0
>>11
どうでもいいならマシなんだけど
スターリンを助け捲って見方を潰したからなw

64 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:44:19.13 ID:OgEjQCWhO
>>53
そりゃあ去年の反日暴動レベルの暴動が日常的に日本商店に加えられ、
日本人居留民が現地治安部隊から虐殺されても現地政府が何一つ有効な対策を取らなければそうなるでしょうな

65 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:46:05.70 ID:DkETXl1n0
ルーズベルトというよりもユダヤの偉い人が作ったんだろ
共産主義も資本主義も

66 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:46:47.02 ID:2cyBwily0
>>55
人肉食は残念ながら父島事件でマジなんすよ。
パパブッシュが間一髪助かって、ずっと根に持っていた。
的場とか、日本人のツラ汚しだよまったく。
戦後間もなく発覚して、散々イジメ抜かれた上で処刑。
的場ってチョンだったんじゃねーのかな?
行いが日本人らしくない(-_-)

67 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:47:35.87 ID:vD/3CroU0
>>17
毛沢東、スターリン、ポルポト、金正日すべての暴挙がアメリカの自作自演ってか

バカすぎるwwwwwwwwwww

共産党宣言、資本論にはそういうことを起こす下地があった

つまり、論理ではなく宗教だったということだわ

論理としてもあまりにも中途半端で人類にとって最悪の思想だったということだろ

オウム麻原の持論とどこが違うんだw

68 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:47:39.48 ID:v3SXwpDnP
戦前じゃないから、
大陸で日本人が集団虐殺されようが、
お店や工場が焼き討ちされようが、

信頼関係で保護を求めるしかないわけで、
いざとなったら軍隊を派遣してでも保護する、
なんてことは無いんで、

中国の信用は中国しか守れないんだわ。
当たり前の話だけどね。

69 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:47:54.39 ID:igxI05pW0
中国韓国の「反日」を相手にしていても、相手すら「何で反日してるの?」が
解ってすらいないんだから、無駄無駄。(先述のとおり彼等に考証能力ナシ)

反日の大元はいつもアメリカ民主党。この構図がわかってない日本の情弱右翼
と日本内外の反日勢力が「代理論争」してるだけなのよね。

70 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:47:54.32 ID:4Gx9RX070
JFKも、んなこと知ってたろうにソ連のこねこちやんと愛し合ってしもてな…おまいら
ソ連のこねこちやんだソ連のこねこちやん。水曜日。

71 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:48:43.21 ID:rvsghJ9S0
日露戦争までは英米は日本を全力で応援してた。
でも日露戦争に勝った日本は、
アメリカが望んだ満鉄経営への資本参加を拒否し、満鉄の利権を独占。
その後は、ロシアと組んで英米を大陸から追い出すことに専念するようになる。
つまり偏狭なバカ外務大臣・小村寿太郎から日米対立は始まってる。

72 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:50:55.63 ID:4Gx9RX070
小村たらば陸奥とセットの香具師やないか。

73 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:51:48.59 ID:o4Di/jchO
●サムスンは韓国経済の1/5を占めている(韓国経済の構造は、とてもシンプルです)
●従ってサムスンが倒産すれば韓国経済は終わります
●だからサムスンを買うのは絶対やめましょう

※頑張れば一年以内にサムスンは潰せます

74 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:52:42.02 ID:xMtfXjZX0
「宣伝は、銃や大砲と同じ」蒋介石

本当にその通りだな
孫子が生きてた時代にマスコミがあったら、孫子もそう書いてただろう

75 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:54:15.75 ID:NPkVifZo0
要するに、アメリカ人はアホってことか・・・

76 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:54:35.02 ID:YEzT57uO0
笑えない話だぜこれ!今だって米国の議員に影響力を発揮できるだけの寝技工作
が日本はできない。移民もそれほど多く無い上に、移民自体がいかにも日本人と
してフェアに生活していて、母国の利益誘導しようなんて誰も考えないし、スパイ
も送り込んでいない。状況は昔も今も大差ないんだよ!

77 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:57:44.78 ID:v3SXwpDnP
もともと満州は満州族の出身地で、
清朝末ごろまで封禁の地だったから、
異民族の立ち入りは禁止されてたんだわな。

だから満州の朝鮮族や漢族も入植者なわけで、
そこに日本人も加わったんだわ。

日本の理屈では、
中華皇帝を退位した満州族皇帝を、
祖国にお迎えして日本が支援する、

って話だったわけで、
日本の植民地って立場は取らなかったんだわ。

78 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 14:58:30.28 ID:LUw4tftb0
>>17
アメリカの陰謀力高すぎw

79 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:00:33.53 ID:4Gx9RX070
ああ
清王朝継続。

ただその場合
中国史ルールまもらねーとな。

80 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:02:36.32 ID:igxI05pW0
アメリカ「俺のパナマは良い植民地。日本の満州は悪い植民地」

と言われてもハイソウデスカも言い難いワw

81 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:03:26.58 ID:rvsghJ9S0
満鉄や満州の経営に英米も参画させればよかったんだよ。
当時のアメリカは大陸進出が悲願だったんだから。
ところが日本はロシア(その後ソ連)と組んで英米と対決する路線を選んだ。
こうした日本の政治決定の方にも共産主義の影響が及んでる。
発火点まで反米を煽った松岡洋介なんて、
スターリンの前で自分は共産主義者だとカミングアウトしてるし。

82 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:05:15.40 ID:vD/3CroU0
>>76
これは正しいが

しかし、寝技を嫌うアメリカ国民  時期にカスどもは一掃されるよ

そんなもん、バカじゃなきゃ見ていてわかるもんなw   あ、アメリカ国民だったw

83 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:05:54.28 ID:+iJ7WF5A0
>>78
アメリカ自体は人工的に作られた、単なる器に過ぎない。
そこにどんな人脈があるのかを見なければ。

84 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:06:17.68 ID:4Gx9RX070
オウム井上は山口組から武器調達してたとマスコミ報道あったので以降加味してものゆえ。

85 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:07:04.12 ID:So/WY1gT0
じゃあ言うはナチス国家社会主義労働党もムッソリーニのファシズムも
国家社会主義というソビエトと同じような国家体制で
ムッソリーにが社会主義だったのを知ってるか?
ヒトラーの側近もほとんどが社会主義労働党員だったんだぞ
そのあたりの左右の意味が理解できていない馬鹿が多過ぎるんだ

86 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:07:24.27 ID:yEmZXn2c0
田中英道著『戦後日本を狂わせたOSS「日本計画」』

http://hidemichitanaka.net/column/single/110727/

87 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:07:29.52 ID:XtyEhStu0
コミンテルンの亡霊が、いまだアメリカで追軍売春婦キャンペーンやってるわけだ。

ひでえ

88 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:08:29.24 ID:d4PGsXNw0
ま、結論としてはアメリカなんぞに国防を任せてるのは危険極まりないってことだわ。
さっさと憲法改正して核武装しろ。

89 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:10:00.86 ID:+3a5h8DE0
日米双方の政府内部に
日米開戦へ持ち込むソ連の赤いスパイだらけだった。
信憑性の高いVENONA(ヴェノナ)によると、
アメリカ政府にはソ連のスパイだらけだった。
日米を消耗させて、赤い領土を増やすためだ。
スターリンの砕氷船理論だ。>>1

90 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:10:04.77 ID:c2UMBDpN0
>>66
マジなのは、イギリス軍がおこなったことだろ。
その時の生存者、イギリス軍で作戦に従事した二人がいて証言してるし、
当時のゲリラ組織だった原住民も証言してるぞ。
もちろん、襲われて食われたのは日本兵だった。
イギリスの戦争犯罪という番組が作られてるからがくぐってみろ。
地獄の黙示録のカーツ大佐のモデルはこのイギリス兵たちか?と思えるから。

91 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:11:18.01 ID:So/WY1gT0
「左」が社会主義だとか共産主義だとか思い込んでるバカあほはいませんか?w
あほかw
「国家社会主義労働党ナチス」と共産党ソビエトの共通点は「皇帝国王女王女帝がいないこと・
自由な古代民主主義や投票による民主主義議会政治がない全体主義国家である」
ということだ
そしてイエスの心臓は「左」にある
体の幹は中央、手足脳腎臓肺などは2つあり左右に分かれられる
秘密い謎結社の辞典や書物をたくさん読んでみ
宗教の奥の院に古代文明の神々や悪魔崇拝の実態がわかるから

92 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:11:52.24 ID:ROytuljc0
大恐慌の影響なんかもあって
世界的に古典派経済学が批判され、社会主義がブームだったからな
国家社会主義は右派の社会主義
共産主義が左派の社会主義みたいに見られるが
両方とも反古典派経済学という意味では同じ勢力だな

93 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:13:16.23 ID:i96xcpBT0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88

フランクリン・ルーズベルト

生い立ちと家族

フランクリン・ルーズベルトは1882年1月30日にニューヨーク州北部のハイドパークで生まれる。
ルーズベルト家は1650年頃にオランダのハールレムからニューヨーク(当時はニュー・アムステルダム)に移住した
クラース・ヴァン・ルーズベルトに始まるユダヤ系といわれる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%82%A2%E3%83%86%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%B3

ベアテ・シロタ・ゴードン

ウィーン生まれでウクライナ系ユダヤ人(ロシア統治時代)の父母を持ち
少女時代に日本で育った米国国籍の舞台芸術監督、フェミニスト。

1946年の日本国憲法制定に関わった人物として知られており
このうち2012年まで存命した唯一の人物であった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%BBL%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9

チャールズ・ルイス・ケーディスはアメリカの軍人・弁護士。GHQ民政局課長・次長を歴任。

日本国憲法制定に当たっては、GHQ草案作成の中心的役割を担い、戦後日本の方向性に大きな影響を与えた。

略歴

ユダヤ人としてアメリカ合衆国ニューヨーク州ニューバーグに生まれる。

94 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:16:14.70 ID:FZwWHM+Y0
両方ともルーズベルトは反日。
墓にトンスルを供えてやれ。

95 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:18:49.68 ID:So/WY1gT0
中世以降ヨーロッパでは数千年も現実の地上の支配者の皇帝や国王女帝女王と
教皇庁との権力争いにユダヤ教ユダヤベニスの商人・ユダヤスイス銀行・ユダヤ金融などが絡まって
複雑に戦いあって来た
ユダヤ人はあるときはユダヤ教徒ユダヤ高利貸しで貯めた金をテンプル騎士団などに入れ
或いはある時はユダヤ大商人や隠れっユダヤの金融家として宮廷に入り婚姻政策で混血しては
ヨーロッパ貴族になっていきフランス国王家にユダヤメディチ家が嫁いでフランス国王の血統に
ユダヤ人の血を入れることに成功した、ほかの王侯貴族もそうだよ
日本人はもっと歴史の裏側を見れないのか?
簡単にわかることだぞ
秘密はユダヤ人がカトリック教皇庁の中枢におり(初期キリスト教徒はユダヤ人しかいなかったのだから
当然だ)。外に出てヨーロッパ諸侯とプロテスタントも作り、というようにユダヤ人の妨げになるような
勢力をうまく操ってきたことに気が付け
ユダヤ人でなと教皇にはなれないという@真実に早く気が付きなさい

96 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:19:02.05 ID:ROytuljc0
>>89>>91
あの時代は右も左も自由主義経済はダメで
国家が経済統制しないといけないってのがインテリの主流だからな
日本で企画院事件や学習院赤化事件があった背景だな
今から見ればマルクス的な統制でなくケインズ的な経済介入が正解と分かるが
当時はまだ社会主義を良く分かって無かったからなー

97 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:19:24.74 ID:aVS3j3GK0
しかし産経が
米国の犬だということが
ものすごくよく分かる記事だな。

98 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:20:09.44 ID:c2UMBDpN0
そういや、フランクリン・ルーズベルトは従兄弟と結婚してたな。
最後は愛人の家で死んでるし、嫁さんは人権運動家で
日系人の強制収容所への移送に反対したり、黒人兵の登用とかにも積極的に
旦那に意見してたそうだ。
ま、レズビアンの恋人のジャーナリストの影響からなんだけどね。
フランクリン・ルーズベルトの私生活は最高に面白いぞw
ケネディには負けるけどなw
旦那とのセックスが人生で一番苦痛だったと発言してるよw

99 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:20:09.35 ID:7/QePq+50
>>55
unbrokenだっけ
アメリカ人がLouis Zamperiniをhero! hero!言ってる奴

100 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:21:23.37 ID:SeZA9qbfO
ネットでもコミンテルン陰謀説は力があるみたいだけど。

それに与しない自分としては、いくら報告しても中国(国共双方)の宣伝攻勢に有効打を打たない本国に業を煮やして、ルーズベルトによるスターリン支援というアドバルーンを打ち上げて尻を叩いたように見えるんだが。

101 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:21:39.52 ID:y0XcufwY0
共産主義を生み出したのも資本主義を生み出したのもユダヤ人なんでしょ

102 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:24:12.60 ID:rME9Tj2z0
おそロシア

103 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:24:19.91 ID:khinV0Kp0
中国国民党は大変狡猾かつ厄介な好敵手だったな

共産党とは大違いだwwww

104 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:26:53.97 ID:v3SXwpDnP
帝国主義自体が、
経済圏の囲い込みだからね。

だから戦後になって、
経済圏の共有って話になるんだけど、
今度は経済圏の運営方針をめぐって、

公平な自由に基づく競り合いか、
管理された平等な分配かで二大陣営が対立したのが、
いわゆる冷戦なわけだわ。

EUの原型も戦後復興にあたって、
経済圏の公平な共有の流れで来てるね。

まあ、大陸の電話型の発想と、
海洋のインターネット型の発想の対立、
かも知らんけど。

大陸じゃ他国を通れなくなると、
簡単に経済封鎖されたりしちゃうんで、
統括管理に向かいやすいんでしょ。

105 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:27:22.57 ID:igxI05pW0
共産主義国では、逆赤狩りの時代、適確に自由主義者を粛清した
自由主義国では、赤狩りの時代、当局も被疑者も「赤ってなぁに?」だった。

ひょっとしたら、自由主義って、修正資本主義の段階で敗北してたのかも試練。
今は、名目資本主義の実質共産統制経済に近いような気がする。俺だけ?w

106 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:27:45.50 ID:ROytuljc0
>>98
ルーズベルト自体が社会主義よりで
金本位制からの離脱は今の経済学者からも支持されてるが
労働組合を強化しすぎて逆に雇用悪化させた辺りは
今では学者から結構批判されてんだよな
ニューディール政策で成功したのは金融政策ってのがアメリカの経済学界の常識で
中学の教科書で習うような話とは全く違ったりする

107 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:29:02.92 ID:oU18iWKS0
嫁がエライよルーズベルト
本人はダメだ

108 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:35:52.45 ID:ROytuljc0
>>105
自由主義つっても
資本主義万歳のアダム・スミスやハイエクみたいな古典的自由主義派と
マルクスからケインズまでを含む様なニューリベラルは
同じリベラル(自由主義)でも、考え方は真逆だからな
北斗の拳のヒャッハーな世界を自由と見るか不自由と見るかで
自由主義の派閥は全く違うものになる

109 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:37:42.82 ID:TBqSfVex0
西尾幹二 日本人が戦った白人の選民思想・前半(23:00)
http://www.youtube.com/watch?v=gj4gX5UiEos

共産主義と金融資本主義というのは共に共通するグローバリズムだと                      

110 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:37:52.73 ID:7m92/Xk40
今も同じことやられてるから「大人な態度」をとるのは愚作であることを肝に命じないといけない。

また窮地に追い込まれていくぞ。

111 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:39:22.19 ID:igxI05pW0
百歩譲ってルーズベルトまでは「共産に理解がある策士」と言えよう。日独を
凌駕する為にスターリンと組むと言う離れ業を実現したかったのだろう。

だがトルーマンが失敗しすぎたので、結果アイゼンハワーがいろいろ苦労して
妥協の複合体に持ち込むしかなかったのが残念。そもそも中途半端な「冷戦」
なんて状況にしちまったのこそがトルーマン。「真の男」?w大笑い。

トルーマンを過大評価し過ぎているアメリカ人だけは残念ながら超頭が悪い
としか言いようが無い。カレラは共産洗脳者の次にお馬鹿さーん♪

112 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:41:35.69 ID:So/WY1gT0
「鏡の国」では左右が反対になる

113 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:45:59.19 ID:ROytuljc0
>>109
共産主義運動は元々は国際主義だったけど
革命を起こしたら一国社会主義になったのは興味深いねww
むしろ資本主義陣営の方が国際化を進めて
社会主義の方が国家主義的になった

114 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:49:25.59 ID:cqBEJBtD0
米国は湯田屋人じゃないと偉くなれない湯田屋王国

115 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:50:56.10 ID:9mSoyBVj0
>>114
いいからさっさとオカ板の巣にかへるんだぜ・・・

116 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:52:04.72 ID:wleRI/O/0
>>1
ま、昔ならアメリカだって小さな島国より大きな大陸と手を結んだ方が良いと思ったろうし
間違いじゃない

117 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:53:18.61 ID:ROytuljc0
>>111
しかしルーズベルトはイギリスよりソビエトを
民主主義勢力と見るような輩だからなあ
東アジアを支配してた西欧には厳しかったがソビエトに甘かったのが冷戦の下地になった
そもそもルーズベルトの意識は
進歩的な社民国家VS帝国資本主義って構図で
後の資本主義VS社会主義って構図は意識してなかったと思われ

118 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:54:46.00 ID:ZbQeXGZw0
民主党という最大野党がいなくなったので
ねじれも解消し「誰かのせい」にできなくなった自民党は
仮想敵を作らざるを得ない状況になり
無理矢理用意したのがこのコミンテルンw

コミンテルンなんていねーからw

119 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:55:16.00 ID:igxI05pW0
共産主義が国際主義だとか、自由主義が国際主義だとか、まあ表面上で
洗脳されたままいろいろ言ってましょう。

実の所は、「国際主義」ってのこそが、ユダヤ様が非ユダヤを「こじあける」
為のツールでしかないって事。ここに気づくまでの非ユダヤは幸せ。
だから、共産主義国では自由主義者が=国際主義者と呼ばれ、自由主義国では
共産主義者が=国際主義者と呼ばれやすい。と、これだけの事。

120 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:55:35.92 ID:WAJpjFJPO
ああ、わかるよ
在日韓国人がマスコミで
米軍反対を沖縄でしてる

アメリカで慰安捏造をしてる事実を
並べれば

在日韓国人が同じことしてるな

121 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 15:56:11.39 ID:i96xcpBT0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%BBD%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%83%AF%E3%83%BC

ドワイト・デヴィッド・アイゼンハワー(Dwight David Eisenhower)は、アメリカの軍人、政治家。連合軍最高司令官、陸軍参謀総長、NATO軍最高司令官、第34代大統領を歴任。愛称は「アイク(Ike)」 。

生い立ちと家族

アイゼンハワーは、デイヴィッド・ジェイコブ(David Jacob Eisenhower)とイーダ・エリザベス・ストーバー・アイゼンハワー(Ida Elizabeth Stover)の7人の息子の3番目として、テキサス州デニソンで生まれた。
ドイツ西南部、フランスとの国境に近いザールブリュッケン郡カルルスブルン(Karlsbrunn)からから宗教的迫害を逃れて17世紀にスイスに移住し
さらに1730年アメリカのヨーク地区、のちにランカスターに移住したペンシルベニア・ドイツ人(Pennsylvania Dutch)に近い家系の出身である。

スウェーデン系説、ユダヤ系説も存在し、アイゼンハワー家はスウェーデン人で、父はユダヤ系であるという説が濃厚で
ウエストポイントの1915年に発刊された卒業年次別名簿には、スウェーデン系ユダヤ人と書かれている。

122 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:00:12.35 ID:v3SXwpDnP
ユダヤ人がどこにでもいるんなら、
いちいち気にしてても無意味だろ。

だいたいユダヤ人が三人集まれば、
政党が七つは出来るんじゃないのか。

123 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:02:55.19 ID:Us4lxPDW0
>>111
ルーズベルトがとんますぎてスターリンの手の平で踊っていたので、トルーマンが
軌道を修正した。
バカはルーズベルト。実質冷戦がはじまっていたのに、気づかなかったwww

お前もバカだねえ。

124 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:03:30.89 ID:cqBEJBtD0
真珠湾で湯田屋米国を先制攻撃した日本海軍が

日米戦争に反対したという理由で東京裁判で無罪になった。

そんな馬鹿な話があるか?あるわけない。

海軍が東京裁判で無罪になったのは日米戦争に反対したからではなく、

日本を湯田屋米国との戦争に引きずり込んだから。

125 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:03:38.15 ID:i96xcpBT0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%82%A6_%28%E6%94%BF%E6%B2%BB%E5%AE%B6%29

ヘンリー・モーゲンソウ (政治家)


フランクリン・D・ルーズベルト政権におけるアメリカ合衆国財務長官であり、地方検事のロバート・モリス・モーゲンソウの父である。

生涯
青年期

1891年、モーゲンソウは不動産業者であり外交官であるユダヤ人、ヘンリー・モーゲンソウの息子としてニューヨークに生まれ、現在のドワイト・スクールに通った。
コーネル大学で建築学と農学を学んだ後、1913年にフランクリン・エレノア・ルーズベルト夫妻と出会い、親しくなる。

ユダヤ難民

政権唯一のユダヤ人のメンバーとして、彼はナチ政権下のドイツから合衆国へのユダヤ難民の受け入れを推進するよう大統領に求めたが、国務省の妨害によって彼の努力は阻止された。
しかし、1944年1月に大統領は難民委員会を財務省下に設置することを許可し、結果として20万人ものユダヤ人が1945年までに救われた。
モーゲンソウ計画

また、1944年にはドイツの戦後処理案として、ドイツの産業を消し去り、農業国へ戻るよう強制する「モーゲンソウ計画」を提案し、案は実行されたが、最終的には拒絶された。
イツを強制的に農業国にとどめておくのはドイツのみならずヨーロッパ経済全体に対する損失があまりに大きく、ドイツの共産化を防ぐために経済復興が優先されたからであった。

また、後に国連通貨財政会議(ブレトン・ウッズ会議)に参加して指導的役割を果たし、国際通貨基金や国際復興開発銀行などブレトンウッズ体制構築に重要な国際機関の設立に関わった。
ハリー・S・トルーマン政権下ではポツダム会議の代表団に選ばれなかったことで辞任を表明し、受理された。

126 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:05:38.59 ID:ROytuljc0
>>119
ユダヤ陰謀論はともかく
徹底した社会主義国家では党官僚が独裁をし
徹底した資本主義国家では財閥が独裁をする
資本主義も社会主義も徹底するとエリート独裁になり
自由民主主義を破壊する
この危うい構造への危機意識の象徴がユダヤ陰謀論かな

127 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:06:05.42 ID:xwgMK1tQ0
日中戦争だって一対一じゃない。米英が中国を支援してたからな。

128 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:06:17.84 ID:igxI05pW0
トルーマンが右往左往してたから、ヤルタ会談以上のラインに共産勢力が
進出した。これだけは残念ながら事実。
中国の共産化&東欧の共産化をオロオロしながら指を加えて見ているしか
なかった。それが「トルーマン(真の男)?w」

日本に関してだけ言えば、北方領土が未だに返ってこないのも、尖閣諸島が
いまだにヤヤコシイのも(注:竹島はこのちょっと後なのでここでは除外)
お隣で言えば朝鮮半島が半分赤いのも、ぜーんぶトルーマンの優柔不断のせい
なーの。

129 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:06:44.85 ID:i96xcpBT0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%82%A6_%28%E6%94%BF%E6%B2%BB%E5%AE%B6%29

ヘンリー・モーゲンソウ (政治家)


晩年

政権から離れた後は慈善活動に生涯を捧げ、イスラエルの財政顧問となった。1967年、ニューヨークで死去。

130 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:06:50.49 ID:tXseERJ80
ハハハ

ついにサンケイが発狂しはじめたw



アメリカが援助してたのは国民党のほうだよw

131 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:07:02.90 ID:cqBEJBtD0
日中戦争を画策中の産経統一教会新聞の記事か

132 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:08:17.70 ID:TBqSfVex0
ロスチャイルド家(国際的財閥)と日本との関係を示す記録の有無(資料外務省ホームページ)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/shiryo/qa/sonota_02.html
http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/kai_genjo/kodo_sj/pdfs/hokoku_10.pdf
日露戦争後の外債募集にロンドンとパリのロスチャイルド家が協力したことを示す記録等あり。
ファイル 「帝国内外公債雑件」他

133 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:09:42.09 ID:cqBEJBtD0
日中戦争を画策中の産経統一教会新聞

日中戦争が始まれば南朝鮮は戦争特需で大儲けできるからな。

134 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:10:08.85 ID:tF1/EM2Q0
フランクリンルーズベルトは、調子に乗って伊勢神宮を空爆して、
大東亜戦が終結する前に、頓死した。
あの時はひさびさに笑ったよ。
まあ、さすがに温厚な伊勢神宮の神様も空爆されれば怒るって。

135 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:10:09.53 ID:/QioFWKC0
ルーツは知らんが、今だに反日なのはバカだからだろ。
中国は日本との戦争で大被害受けたから、仕方ないとして、
韓国はアホ。キチガイ。うそつき。

136 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:12:42.27 ID:v3SXwpDnP
北のシロクマさん達は暖かい海で泳ぐのが夢で、
浮き輪にサングラスで海パンはいてあっちにウロウロ、
こっちにウロウロしながら東の果てまで来ちゃったんだわな。

中央アジアを南下してきてアフガンで英国とじゃれあったり、
シベリアを南下してきて満州で日本と相撲とったりしてたのが、

大日本帝国の敗戦で緩衝国としての満州が崩壊すると、
一気に大陸勢力が南下してきて、半島を分断して止まったんだわ。

137 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:12:59.93 ID:TBqSfVex0
>>130
その通り

金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[sage] : 2013/04/14(日) 14:13:45.96

ジョンズ・ホプキンス大学。大戦中ルーズベルト大統領の意向で、蒋介石国民党総裁
の政治顧問を務めたオーエン・ラティモアが教鞭をとった母校

138 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:13:02.75 ID:cqBEJBtD0
日中戦争を画策中の産経統一教会新聞

日中戦争が始まれば南朝鮮は戦争特需で経済を立て直すことができる。

日中戦争をあおっている黒幕は経済崩壊中の統一教会南朝鮮勢力。

139 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:13:18.19 ID:WYaQ8W9a0
戦後、英米の市民が驚いたことのひとつに、スターリンは敵だったという事実がある。

それまで政府もマスメディアも市民も、スターリンは見方だと信じていた。
コミンテルンは陰謀説でもドンデモ話でもなくて、事実なんだな、これが。

140 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:14:17.80 ID:XeHq3B1u0
最近、この論調が多いね。
「アメリカはコミンテルンに騙されただけだ。アメリカは悪くない」
っていう論調。都合よすぎ。
アメリカはその前からハワイで日本人を差別したり、
日本人を皆殺して環太平洋・シナ大陸の覇権を狙っていたのに。

141 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:15:14.87 ID:ROytuljc0
>>130
国共合策があったし、
中国国民党には共産党のスパイがたくさんいた
国民党は事実上、アメリカとソビエト両方から支援された勢力やねん
進歩主義勢力の中米ソVS日欧ってのが
アジア太平洋戦線では重要な構図なんだわな

142 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:15:30.37 ID:VrZtR/LZO
日本は情報戦争で負けたのかな?
これからは情報戦争で負けないようにしなくっちゃだね
日本人は人格障害とか統合失調症とか
精神的におかしい人たちを治療してる医者とかカウンセラーとか
そういう人たちにいろいろ学んで
馬鹿のお人好し日本人は冷酷野蛮な他国との情報戦争に負けないために
精神的な療法を戦にいかしたらいいと思う

143 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:16:21.06 ID:8UH4kiNwP
>>130
本文読んでないだろw

144 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:16:53.41 ID:igxI05pW0
>>126
自由は守ってあげないといけないの。民主主義を民族自治の
要としなければならないの。だけど両者は相反するの。その
相反するとしている所が狙いどころなの。
統制主義国家にとっては自由主義者はトロイの木馬なの。
共和民主国家にとっては規律主義者はトロイの木馬なの。

だから自由主義国家ってのも共産主義国家ってのもどちらも
嘘なの。資本主義社会ってのは修正し始めたらこれも嘘なの。

145 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:17:29.55 ID:iP31VSNp0
差別主義者だしな

146 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:18:28.82 ID:X72qAu8m0
 ルーズベルトは戦争屋
 日本が戦っていたのは中華思想とソ連からの共産主義者。
 その抑制者であった日本をつぶしたから朝鮮戦争とベトナム戦争
をたたかうことになった。

 かつての日英同盟のように、日本をうまくつかっておけばアメリカ
は冷戦も朝鮮戦争もベトナムも戦わなくて済んだ。

 日本もアメリカが欲しがっていた満州をアメリカにやってしまえば
中国人の本性とソビエト共産主義という日本が向きあわなかった相手
がなんだかアメリカにもわかったかもしれないけどね。

 日本つぶしたら
  → 共産主義が世界中に広まって冷戦に.....。
    東南アジアの国々が独立して欧米の植民地がすべて独立国に
    膨大な中華民国への支援金は蒋介石一族に私服され
   中国は共産国家になり1ドルの利益にもならなくなった.....。

147 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:18:29.56 ID:/QioFWKC0
>>140
そういう輩はどの国にもいるさ。
日本にも大陸支配に野心を持っていた軍人は沢山いただろうよ。

148 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:18:59.14 ID:d9k+6mQk0
>>140
そもそもは日本が中国侵略してっから、そうなり勝ちなのはしょーがねえよ

149 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:20:11.70 ID:i96xcpBT0
< マンハッタン計画(原子爆弾製造に携わったユダヤ人科学者 >

ジョン・フォン・ノイマン      ハンガリー名ナイマン・ヤーノシュ         ユダヤ系ドイツ人
レオ・シラード           ハンガリー生まれのアメリカのユダヤ系物理学者・分子生物学者
エドワード・テラー         もとのハンガリー名ではテッレル・エデ(Teller Ede)、 アメリカに亡命したユダヤ人核物理学者。アメリカの「水爆の父」。
ユージン・ウィグナー       ハンガリー出身の物理学者。ユダヤ系。
ロバート・オッペンハイマー   母は東欧ユダヤ人の画家  ロスアラモス国立研究所の所長としてマンハッタン計画を主導
                    「原爆の父」
リチャード・ファインマン     ニューヨーク市のすぐかたわらの
                    ファーロッカウェイという小さな海辺の町のユダヤ人家庭に生まれる。
ハンス・ベーテ           シュトラスブルク(当時ドイツ領、現フランス・ストラスブール)出身のドイツ系ユダヤ人移民。
ハロルド・ユーリー        (* 調査中) 
ジェームズ・フランク       ハンブルクでユダヤ系ドイツ人の銀行家の家に生まれた。
ニールス・ボーア         デンマーク生まれ。 ユダヤ人を母に持つボーアはイギリスを経由してアメリカに渡った。

アインシュタイン          ドイツ生まれのユダヤ人理論物理学者。
                    「マンハッタン計画」には不参加。
                    ルーズベルト大統領宛に原爆開発を促す「手紙」に署名したことを生涯の最大の過ちとす。

150 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:20:20.74 ID:TBqSfVex0
金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[] 投稿日:2013/03/20(水) 16:56:00.06
元公安調査庁調査第2部長(対外諜報トップ)がTPPとアメリカの歴史について
http://www.youtube.com/watch?v=2UZ80smHZTc

真実の歴史を知りましょう。

151 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:21:17.03 ID:XeHq3B1u0
あと、コミンテルンよりもイギリスだな。
あらゆる戦争の仕掛け人だったイギリス。
開拓線が西海岸まで達し次は太平洋へ進出するだけだったアメリカ。
アメリカはそんなイギリスと歩調を合わせたんだ。
イギリスやアメリカの悪辣さにくらべたら後進国シナ・ソ連中心の
コミンテルンの悪辣さなんてかわいいものだ。

152 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:21:49.56 ID:KEDX+n9N0
追憶っていう映画で
バーバラストライザンドがアメリカの共産党の活動家でルーズベルト支持者だった

153 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:22:23.16 ID:Us4lxPDW0
>>128
トルーマンだけいくら叩いてもダメだよww
ソ連は日本の完全破壊を要求した。それはルーズベルト時代の譲歩だった。そのままいったら
北方領土どころか、北海道も取られていた。

154 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:24:01.40 ID:23lNHny/0
この見誤りによって、朝鮮、ベトナムでアメリカ人が死にまくったわけだw

155 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:24:02.35 ID:igxI05pW0
アメリカが南米大陸を植民地にしたようなうまいやりかたで
亜細亜大陸を植民地にできなかったのはほんとーに
ゴメンナサイなの。と言って欲しいのか?ルーのコミンは。

156 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:24:16.50 ID:AmQyeiOF0
>>134
年いくつだよw

157 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:24:38.92 ID:KEDX+n9N0
チャーチルがソ連の脅威をいくら訴えてもルーズベルトは理解せず
スターリンに譲歩を重ねた
ルーズベルトが亡くなって後任のトルーマンはソ連の脅威を理解した

158 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:25:13.51 ID:cqBEJBtD0
朝鮮戦争という我が民族の不幸で戦後、経済を立て直した日本。

日中戦争で今度は我々韓国が稼がせてもらう番だ!
                           by 産経統一教会新聞

159 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:26:27.26 ID:v3SXwpDnP
日本がせっせと支援したインフラを、
朝鮮戦争で壊された挙げ句に、

またおかわりで経済支援までしたんだけどね。

160 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:27:13.72 ID:KEDX+n9N0
日本国憲法を草案したのは
ご存知民生局ニューディール派の社会主義者たち

161 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:28:33.54 ID:Z5sVJ/tL0
ルーズベルトも近衛もコミンテルンの思惑通りに動いたということだな。
なんといっても近衛はゾルゲとつながりがある朝日新聞社の尾崎とか、側近に胡散臭い
人間が多かったしな。

162 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:28:34.20 ID:XeHq3B1u0
>>147
大陸支配に野心を持っていた日本軍人・日本財界人はいたが、
満州は防衛線の構築が主目的であり、「大陸への野望」は付随的なこと。
シナ支配のための戦争が主目的のアメリカと同列には比べられない。

>>148
日本は中国(シナ)を侵略していない。
当時の侵略戦争の定義でもあきらか。
むしろシナ側が日本を侵略したことになる。
駐留している他国の軍隊・民間人に一方的に攻撃を加えたから。

163 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:29:53.21 ID:wm5MrNRK0
日本の弱点は情報戦、

戦前も情報音痴の為、敗戦している。

164 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:30:27.44 ID:igxI05pW0
>>153
そちらこそ、事前会議でスターリンサイドが「要求した上限」だけを持ち出し
ても仕方ないでしょう。ルーズベルトサイドにも要求幅があった筈だし。
それに実際「取られた」のはトルーマン就任中だからその事実は揺るがない。

君は「トルーマンは北海道は(結果的に)守った」と言う。僕は「トルーマン
は北方領土を見捨て(ざるを得なかっ)た」と言う。その違い。
君は「トルーマンはここまで死守した」と言う。僕は「トルーマンはこんなに
失った」と言う。この違い。

165 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:30:50.84 ID:cqBEJBtD0
統一教会の安倍ちゃんは日中戦争で

韓国経済の立て直しを画策中

166 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:32:47.84 ID:ROytuljc0
>>151
欧州列強が悪質すぎた上に、悲惨な資本主義で自爆して恐慌になったから
社会主義陣営が台頭したってこったな
んで社会主義を資本主義に取り込んだから今の日本やヨーロッパが出来たと。
誰が悪か敵かというのは実は結構難しい話なんよな
戦前戦後しばらくは間違いなく社会主義的な方向性は
カウンターとして正しいと思われてた

167 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:33:41.37 ID:XeHq3B1u0
>>152
当時のアメリカ共産党ってソ連べったりの
ダメダメ共産党だったんだよね。

168 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:35:24.49 ID:v3SXwpDnP
日本側としては、

日本防衛には半島防衛が必要で、
半島防衛には満州の緩衝が必要って話で、

ロシアと中華に挟まれるのは嫌なんで、
中華は味方にしたかったんじゃないの。

中華民国の首都南京を攻略すれば、
講和に持ち込めるだろうと思ったら、
重慶に遷都されちゃったんで、

南京政府を承認して話をつけながら、
抵抗を続ける重慶政府と戦う過程で、
援蒋ルートの遮断でインドシナ進駐と。

169 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:35:57.92 ID:cqBEJBtD0
韓国経済立て直しのための日中戦争

by 産経統一教会新聞&統一教会安倍ちゃん

170 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:36:52.07 ID:lYEAdLQ90
コミンテルン♪

とか

「コミン☆テルン」

と書けば緩和される・・・

171 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:38:35.65 ID:XeHq3B1u0
>>168
だから日本はなおさらアメリカに敵視された。
シナを独り占めするつもりだったアメリカに。

172 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:39:28.42 ID:ROytuljc0
>>152
今でこそ共産主義は大間違いだって分かってるが
戦前のアメリカは今以上の超格差社会な上に
古典派経済学が恐慌に対応できないクズのあつまりなせいで
メチャクチャな事になってたからな。
ケインズ経済学が登場しなかったらアメリカは共産主義化してたかもしれん

173 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:40:26.40 ID:cqBEJBtD0
統一教会の安倍ちゃんは日中戦争で、韓国経済の立て直しを画策中。

それをアシストする産経統一教会新聞。

韓国経済立て直しのための日中戦争。

174 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:41:54.10 ID:igxI05pW0
アメリカの南米大陸支配のように。中国のウィグル・チベット・内蒙古支配の
ように。韓国の国連議長席占拠のように。

満州をうまく支配できなくてゴミン・テルン♪(このように可愛く言うと反日
さんもきっと許してくれるに違いない。うんうん)

175 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:42:13.20 ID:Us4lxPDW0
>>164
そもそもルーズベルトはソ連がアメリカの敵になるとは思っていなかった。むしろ
味方だと思っていた。だからスターリンの手のひらだった。

その根本的馬鹿さ、時代錯誤を認めなくてはいくらトルーマン叩きをやっても無意味だ、
と言ってるんだよ。時代錯誤なやつをほめたたえるなんてバカの2乗だよw

176 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:42:28.81 ID:xwgMK1tQ0
アメリカはもともと左翼国家

177 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:43:21.39 ID:cqBEJBtD0
朝鮮戦争という我が民族の不幸で戦後、経済を立て直した日本。

日中戦争で今度は我々韓国が稼がせてもらう番だ!
                           by 産経統一教会新聞

178 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:44:00.52 ID:+r068OoE0
>>14
明治期の米国への支那移民の扱いを見るとそうでもない。
オバマやライスに騙されてるが、一般ではやはりアフリカ系は下に見られるのと同じ。
好きと言うなら支那大陸にだろう。西へのフロンテアなんだろう。
そしていつも支那の腐敗に尻尾を巻いて逃げる。

179 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:46:15.97 ID:Xk/pPQ0u0
いろいろコミイッテルンだな

180 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:47:42.03 ID:8UH4kiNwP
近衛文麿も共産主義者

>>39のように基本的にソ連・中共の為の行動
・共産党員の河上肇に師事するため東京帝国大学から京都帝国大学に転学
・論文「英米本位の平和主義を排す」はレーニンの主張とそっくり
・昭和研究会や朝飯会は共産主義者、社会主義者だらけ

181 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:47:49.58 ID:Z5sVJ/tL0
米国は第二次大戦前まで情報局をろくにもっていなかった。
CIAが出来たのは戦後。だから当時の米国は結構この手の工作活動がやりたい放題だったらしい。
そして日本は当時も今も工作活動やりたい放題。

182 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:48:49.84 ID:ROytuljc0
ルーズベルト政権期に共産主義者が政府に入ってたから
トルーマンだけのせいにしてもどうにもならん
ホワイトハウスってドラマでもあるが政権ってのはチームだからな
アメリカが正常化するのはマッカーシー先生無双まで待たねばならぬ

183 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:50:28.54 ID:igxI05pW0
>>175
うーん、アメスタンスでその誤解なのか、日本スタンスでその誤解なのか、
あるいはなんらかの工作員スタンスなのか、君がよくわかりませんが。

アメスタンスでも、ルーちゃんが日本帝国領の半分を取って、トルちゃんが
その半分(つまり1/4)を失ったんですが、それでもまだトルちゃんは偉いん
でつか???君がどこ立場でトルちゃんを過大評価するのかがよくわからん。

それにルーちゃん時には、ソ連との間に、まだ大日本帝国と大ゲルマンドイツ
が、デーンとあったワケですから、その時点でのルーちゃんの采配にとやかく
言える所を見るとアメリカ立場ですか???それとも日本の敗戦を認められ
無い勝ち組特殊史観でつか?

184 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:51:20.97 ID:cqBEJBtD0
安倍政権も日中戦争を画策する韓国のスパイだらけ

185 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:51:54.96 ID:RJoThoOB0
http://www.legacyofwrestling.com/sitebuilder/images/Lou_Thesz_by_Tim_Hornbaker-500x600.jpg

186 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:52:25.39 ID:7oPQhO9x0
白組と赤組というイデオロギーをこしらえ、
紅白歌合戦方式で世界をコントロール下に収める
ユダヤ人は確かに頭がいい

187 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:52:57.58 ID:igxI05pW0
戦後日本政府を是とした場合、ルーちゃんは叩けないよな。
でもトルちゃんの大歩危小歩危は随所ツッコンであげないと駄目だ。
それが安保同盟国としての愛だぁよ♪

188 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:54:43.75 ID:i96xcpBT0
●ところで、「マンハッタン計画」をスタートさせたフランクリン・ルーズベルト大統領は、
日本人を“劣等人種”として激しく差別していたことで知られている 。
一般のアメリカ人の間にも、日本人に対する人種差別意識が蔓延していた。

当時のアメリカの雑誌にはこう書かれていた。

「アメリカ人はドイツ人を憎むことを学ばなければならないが
日本人に対しては憎しみが自然と湧いてくる。これはかつてインディアンたちと戦ったときと同様に自然なものだ。」

「普通の日本人は知性が低く、無知である。たぶん人間なのだろうが、人間であることを示すような点はどこにもない。」

             ※                       ※

●さて、最終的に、2個の原爆が日本に「無警告」で投下されたことに満足したフォン・ノイマンは
戦後のビキニ環礁の核実験に立ち会ってガンになり53歳の短い人生を終えた。

また、全人口に対してユダヤ人口が5?6%にしか過ぎなかった当時のアメリカで
広島に原爆を投下したB29「エノラ・ゲイ号」の搭乗員として特別に選ばれた15名のうち、
ユダヤ人が7名も占めていた。
機長のポール・ティベッツもユダヤ人である。
広島に原爆を落としたとき、彼はまだ30歳だった。

ポール・ティベッツ機長をはじめ搭乗員の多くは
戦後もずっと「全く後悔していない。夜眠れなくなったことも一度もない。
あの時、我々は人類にとって最善のことをしたんだ」と述べ、原爆投下の正当性を強調した。

このことからも、ユダヤ人の中には原爆の対日投下に反対する一方で
日本に対して敵対的な感情を持つユダヤ人がいたことが伺える。

189 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:54:45.63 ID:v3SXwpDnP
戦後の韓国は事実上の島国だけど、
半島なんで経済と軍事の構成は、

背中を海に預けながら、
防衛は陸に備える構図なんだわな。

だったと言うべきか最近は、
海に備える方向に向かってるみたいだから、
背中は陸に預けるつもりかもね。

伝統回帰ですわな。

190 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:54:49.97 ID:wEWcN7YXO
支那事変前の前期排日運動は米英の工作、
後期排日運動はソ連コミンテルンの工作

191 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:55:19.44 ID:Us4lxPDW0
>>183
アメスタンスってなに?工作員とかアメポチとかと思ってるのかい?

レスを強制してるわけじゃないから、そんなくだらんレスはいらない。

192 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:55:40.36 ID:sK+msTYi0
いつもの2ちゃんのネトウヨのコピペみたいなのと違って
フジ産経スポーツにしては割とまともな記事のような印象も受けるが

193 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:55:49.80 ID:igxI05pW0
>>187訂正
あ、ゴメンちょっと言葉足らずでした。
>戦後日本政府を是とした場合、(誤)
→戦後日本体制を是とした場合、(言いたかったのはこっちね。謝)

194 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:56:00.59 ID:YhX08JSq0
共産主義の恐ろしいところは、ソ連に幻想を抱いた人間が大勢いて勝手に協力
してくれた事、しかもその国のエリート階層で、その国の指導層に入り込める
階級や身分、学歴を持った連中ばかり。

195 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:57:14.13 ID:i96xcpBT0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89

バーブラ・ストライサンド(Barbra Streisand、本名Barbara Joan Streisand, 1942年4月24日 - )は、アメリカ合衆国の歌手、女優、作曲家、映画プロデューサー、映画監督。

ニューヨークのブルックリンで育つ。1962年に歌手としてデビュー。代表曲は「ピープル」、「追憶」等。女優としても活躍し、自身の映画出演作の主題歌を歌ったり、楽曲の提供などもしている。

アカデミー賞は、『ファニー・ガール』で主演女優賞を、『スター誕生』で作曲家としてアカデミー歌曲賞と2度受賞している。また、複数のエミー賞、グラミー賞、ゴールデングローブ賞、およびトニー賞を受賞している。



少女時代

米国ニューヨーク市のウィリアムズバーグでユダヤ系の家族のもとに生まれ、バーバラ・ジョアン・ストライサンド(Barbara Joan Streisand)と名づけられた彼女は、生後まもなくしてブルックリンへと引っ越す

196 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:57:45.54 ID:DtJ4jMpb0
共産圏も自由主義圏も根っこで同じ奴が操ってると考えたほうが
いろいろと辻褄が合う

つまり敵対するイデオロギーを生み出して成長させて戦わせる、
結果、双方が瓦解する

197 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:57:55.76 ID:cqBEJBtD0
いくら日本が韓国を批判しても米国がいるので、日韓戦争はない。

あるのは日中戦争。

日中戦争で喜ぶのは戦争特需で潤う韓国。

198 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:59:15.23 ID:wEWcN7YXO
ルーズベルトは狂った差別主義者
アメリカは太平洋支配、シナ大陸への進出を目指した
仮想敵国は日本(オレンジ計画)
大東亜戦争は避けられない戦争だったんだよ

199 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 16:59:41.85 ID:igxI05pW0
>>191
どう言うスタンスだとルーちゃんの方がトルちゃんより悪いと言う結論に、
ルーチャンは全く評価できなくトルちゃんの方がまだ評価できると言う結論に、
なるのかが、疑問だっただけです。わからないならレスはいりません。

200 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:01:00.46 ID:9KG1L3Pr0
倭ゴキブリが悔しそうでワロタ

201 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:01:17.50 ID:TBqSfVex0
金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2013/05/24(金) 23:57:46.78
渡部昇一の「大道無門」

ゲスト:馬渕睦夫(元駐ウクライナ大使) 国難の正体を暴く [桜H25/5/24]
http://www.youtube.com/watch?v=Rl7oyG4ebwk&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg&index=3
http://www.nicovideo.jp/watch/1369298121

202 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:01:39.38 ID:v3SXwpDnP
戦後の日本は朝鮮戦争の特需で云々とか言うけどさ、

併合時代にせっせと支援して整えたインフラを台無しにされたうえに、
独立お祝い金の名目で、おかわりまで出して復興支援してんだよ。

それで罵られてるんじゃ、
いいかげん嫌になるわ。

203 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:02:04.95 ID:lJzGMeFm0
日本人差別主義者のルーズベルトか

204 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:02:12.48 ID:cqBEJBtD0
日米戦争で漁夫の利を得たのがソ連

日中戦争で漁夫の利を得たのは韓国

日本は朝鮮戦争で漁夫の利を得た

205 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:03:02.04 ID:c3O6dHl10
日系人収容所の主犯=フランクリン・ルーズベルト

日系アメリカ人が国家の安全保障の脅威になるという口実のもと、
フランクリン・ルーズベルト大統領は大統領行政命令9066号に署名し、陸軍省に、
地域を指定しその地域内のいかなる人にも
強制立ち退きを命じる権限をあたえてしまったのである。
www.janm.org/jpn/nrc_jp/accmass_jp.html

206 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:03:37.11 ID:ROytuljc0
>>194
共産主義というかアンチ古典的資本主義みたいのが
戦前は世界的なムーブメントだったって事なんだよな
日本はその世界的な潮流に自らも乗ったし飲み込まれた。
岸信介みたいな右派のエリートも
産業政策や統制経済みたいなのを肯定してた時期があった
単に軍事や外交だけじゃ第二次大戦は説明できない

207 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:06:11.74 ID:BOgSEGrhO
左翼的な人というのはコミンテルンの有無に関わらずいると思うけどな

208 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:06:15.58 ID:jxFyrsNz0
あの頃から全く進化していない霞が関官僚機構。
戦争すればまた負ける。

209 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:06:29.77 ID:cqBEJBtD0
戦争で誰が得をするのか?

日米戦争で漁夫の利を得たのがソ連

朝鮮戦争で漁夫の利を得たのが日本

日中戦争で漁夫の利を得るのが韓国

210 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:06:56.36 ID:TBqSfVex0
金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[] : 2013/03/17(日) 15:42:54.98

南京大虐殺記念館に貼ってある当時の新聞は、南京大虐殺を報じた新聞全部ドイツ語。

これがどういう意味をもつか考えよう。

211 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:08:24.10 ID:1+VFAQhkP
>>187
いや、戦後日本(SF講和で固定された現体制)を是認するなら、
トルーマンは、原爆を落としたにもかかわらずぎりぎりセーフだが、FDRは完全アウト。
FDRは、日本人に対しては、はっきり言ってしまえば、まるごと浄化主義者。
脳内で構想していることは、正直ナチと何も変わらん。
生産力と兵器とイデオロギーが暴走したあの時代に、左右問わず蔓延した、一種の鬼畜思想がある。
この、遠回しの指摘が>>1なんだろうと思う。
FDRは、現状より遥かに懲罰的で振り切れた、日本の完全破壊を目論んでいた。
ガチで、"sunk into the sea(太平洋の藻屑となっちまえ)"希望だったんだぞ。
40年代後半を通じて、沖縄を除き、本土では徐々にこの路線が修正されていく。

212 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:08:25.75 ID:v3SXwpDnP
つまりドイツから見て、
ロシアの反対側に中華があるってことでしょ。

小さな日本と大きな中華を見れば、
普通はどっちに投資するかだわな。

213 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:10:20.40 ID:cqBEJBtD0
近衛内閣はソ連の傀儡

安倍内閣は韓国の傀儡

214 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:11:00.57 ID:ROytuljc0
別にルーズベルトだけが差別主義者だった訳じゃなくて
ヒトラーもそうだが、ソーシャル・ダーウィニズム(社会優生学)が
当時はブームだったんだよね
近代主義ってのは古い迷信を否定したが
怪しい社会科学を流行らせた害もあるんだよな

215 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:11:57.48 ID:TBqSfVex0
金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[sage] : 2013/04/12(金) 21:07:48.04
日露戦争後、日本が獲得した満州地域に参入しようとしたのがロックフェラー財閥
ロックフェラー財閥は中国投資会社(米中開発会社を設立)し奥漢鉄道施設権を手に入れる。
1901年花旗銀行(インターナショナル・バンキング・コーポレーション、後のシティバンク)を創設

216 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:12:43.77 ID:EhudGrvW0
>>36
つーか、アメリカ以外にも民主党って名がつく政党は
ロクなのがいないような、日本とか韓国とか

217 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:13:21.76 ID:/QioFWKC0
別に親中でも構わんけどね。
親韓は許さん。日本の利益を真に損ねさせてるのは
常に朝鮮人である。

218 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:14:22.96 ID:wmpzDfT30
民主党&ルーズベルトはガチで日本人根絶やしにする気マンマンだったからな
都合良く終戦間際で死んでくれて助かったけど

219 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:14:23.24 ID:gzWi6z450
>>29は評価されるべき

220 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:15:19.09 ID:cqBEJBtD0
近衛内閣はソ連の傀儡

安倍内閣は韓国の傀儡

両内閣の共通目的は日本の打倒と外国の利益

221 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:15:58.24 ID:XPsYOFMl0
日清戦争の時も、宣伝戦では負けていたらしいね

222 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:16:11.11 ID:ULlrGg8F0
>>1

ソビエトのコミュンテルンのメンバーは、
スターリンを始めに全てがユダヤ人。
ユダヤとコミュンテルンは表裏一体の関係で、
だからこそ、当時のアメのマスゴミやハリウッドを
使って、反日捏造工作が行えたんだよ。

223 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:16:56.55 ID:ROytuljc0
>>210
ドイツは中国国民党に兵器を売ってたからな
日中が対立して中国側に同情が集まるのは極めて都合が良い
特にドイツは財政拡大やり過ぎで対外債務がヤバかったww
ナチが戦争に走ったのも対外債務が原因だし

224 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:17:05.92 ID:HOIP+QTL0
親中も親韓もどっちもダメだわ
どっちかを選ばなければならない謂われはない

225 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:18:07.29 ID:cqBEJBtD0
日中戦争が始まっても清和会の資金源のパチンコ屋は

いつでも母国の韓国に避難できる

226 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:18:08.36 ID:QPvm0GLp0
謙虚に過去と向き合い歴史を反省すべきなのはこういう事だろ

227 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:19:02.32 ID:K3qJ7dFT0
コミンテルン日本支部は未だに元気に反日やってます

228 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:19:04.71 ID:kYDO/Jgl0
『悪の論理』 倉前盛通著

昭和39年10月号の文芸春秋に、酒井三郎氏が「昭和研究会の悲劇」
という題で執筆している・・・

「ただ、私には一つの印象に残っていることがある。
 支那事変が起こった後、私たち昭和研究会の中心メンバーは、一貫して、事変不拡大を唱えていたが、
 尾崎君は、あるとき突然に積極論者となり
 「漢口攻略をやるべし」との意見書を後藤氏のところにもってきたことがあった。
 「支那の動脈を叩かなければ支那事変は変わらない。
 その動脈に当たる漢口を徹底的にたたくことが先決問題だ」と彼は主張し、
 「この意見は近衛公と軍に出すのだ」といきまいていたのがきわめて印象的であった。
 ・・・
 この大山君は、昭和研究会が解散した後、陸軍の石原莞爾に支那問題を聞いた時、
 尾崎が突如として「支那の動脈をたたき続け、最後にはビルマ・ルートまで叩くべし」との意見をのべて、
 石原が「何の根拠があって、そんなことをいうのか」と烈火のごとく怒ったのを目撃している。
 昭和研究会の若手は、総じて支那事変不拡大の意向をもっていた中で、
 尾崎君は逆に事変拡大の意見をもっていたフシも見られて、今おもえば実に奇妙な気がするのである」

229 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:19:19.62 ID:7oPQhO9x0
ハーバード金融工学
ケネディスクール政治工学
両方ともユダヤ人が日々精進してこしらえてる宗教ですよ
民族だの国家だの信仰するのはおやめなさい」って雲の切れ目からプロヴィデンスの目が語ってる

230 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:20:19.69 ID:v3SXwpDnP
ドイツが財政拡大したのは、
第一次大戦の結果として産業能力が激減し、
莫大な賠償金も背負わされてたからじゃなかったっけ。

植民地も含めた経済圏ってのは、
ドイツにおいては他国ほど機能してなかったんでしょ。

231 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:20:31.68 ID:o0ht+YW80
>>140
そのとおり。いまさらになって、悪いのはユダヤだとかね。
ちょっと前まで喜んでユダヤとタッグ組んでたのに。

232 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:21:57.55 ID:MzC2MRTV0
今でも日豪の世論工作をやってるだろう
日本ではオーストコリア オーストラリアでは在豪中国人の移民使ってネガキャン

233 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:22:38.04 ID:tFBM4qLFO
アメリカ政府は蒋介石にどれだけの無駄金を使ったか(笑)
太平洋戦争集結時に中国大陸には万を越える米軍兵士が駐留していた。
にも係わらず、蒋介石と毛沢東の優劣も見抜けず、
朝鮮半島管理も大いに出遅れた。

234 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:22:54.44 ID:GMwFvMxk0
ゾルゲ事件は?
なにこの中途半端な記事

>>3
韓国は利用されてる踊らされてるだけ
バカだから

235 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:23:31.98 ID:cqBEJBtD0
真珠湾で湯田屋米国を先制攻撃した日本海軍が

日米戦争に反対したという理由で東京裁判で無罪になった。

そんな馬鹿な話があるか?あるわけない。

海軍が東京裁判で無罪になったのは日米戦争に反対したからではなく、

日本を湯田屋米国との戦争に引きずり込んだから。

信じたら負けってこと

236 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:24:09.66 ID:zQqN2t9r0
>>212
中国の異常さを知らないバカは確かに「中華」に投資する罠w
ところがことあるごとに賄賂を要求し利益をことごとく奪い、
逃げようとすると天文学的に金銭を要求して逃げられないように
するかしゃぶり尽くす。
そんな危険な国に夢見て身ぐるみはがされた人たちがどれだけいるかw
まさか>>212はそんなことも知らないんですかね?

237 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:25:21.11 ID:WzXXjNTYI
興味をなくした奴がこういう時だけお悔やみをブログに残すなんてキモ過ぎ。

238 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:26:55.42 ID:v3SXwpDnP
なぜドイツは中華に投資したか、
日本との関係をどう考えてたかってのは、

ドイツが行ってたのは、
対ロシアの観点から反対側への投資なわけで、
そこんとこ考慮しないと意味不明になるよ。

239 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:29:00.48 ID:cqBEJBtD0
安倍内閣をコントロールしているのは日中戦争で戦争特需を狙う韓国のスパイ

240 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:29:24.12 ID:S6dPq3iZ0
>>233
マーシャル将軍が中共有利になるように企てたんじゃないの

241 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:30:33.19 ID:wQnOFkv+0
帝国陸軍はまんまと踊らされたよね
ハウスホーファーにも

242 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:31:20.36 ID:o0ht+YW80
>>238
まあ当時は日本は日本でポーランドの地下組織と連絡取り合って、ソ連の動きを探っていたからね。
それで杉原はハイドリヒに目をつけられた。

243 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:32:19.43 ID:cqBEJBtD0
近衛内閣をコントロールしていたのは日本の領土を狙っていた湯田屋ソ連のスパイ

安倍内閣をコントロールしているのは日中戦争で戦争特需を狙う韓国のスパイ

244 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:32:56.84 ID:ROytuljc0
>>230
ナチと重工業の財界を結びつけた
財政の魔術史シャハト先生が経済を動かしてた時期は
ハイパーインフレやデフレの抑制に成功し良かったが
シャハト先生が、軍事拡大やり過ぎやろ、って言い出したら
政権中枢から追い出されてナチの経済政策はダメになったんや…(´・ω・`)

245 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:34:19.94 ID:wQnOFkv+0
>>230
その抑圧からヒトラーは生まれましたね

246 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:34:46.56 ID:VrZtR/LZO
日本は米中もちろん南北朝鮮に飼い慣らされた犬だらけ

247 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:35:59.73 ID:v3SXwpDnP
例えば現在のドイツも、

資源の輸入でロシアに依存してるから、
似たような立場の中国とは協調したいんじゃないかな、

とは思ったりもするけどね。
別に軍事的な話じゃなくて経済的に、
交渉やら何やらだけど。

248 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:36:31.03 ID:HmGlHZSp0
ブランド忠誠度調査、中国人のベスト10は全部外国モノ=中国

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1006&f=national_1006_007.shtml

249 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:37:33.45 ID:cqBEJBtD0
近衛内閣をコントロールしていたのは日本の領土を狙っていた湯田屋ソ連のスパイ

安倍内閣をコントロールしているのは日中戦争で戦争特需を狙う統一教会韓国のスパイ

250 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:38:08.65 ID:/mgcgTrG0
日本人って何の根拠もないのに自分らの方に利があると思い込んじゃうんだよな
世界中が敵となっていても

251 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:39:40.22 ID:ROytuljc0
>>238
ドイツは大国に囲まれてるから二正面作戦は取らない
ってのはビスマルクの頃から常識だった外交政策なんだが
日中が対立したらソビエトがフリーになるから
日中融和で反共路線を取らせた方が有利なのに
ドイツの対ソビエト政策はほとんど失敗してる気がするんだが

252 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:40:16.02 ID:v3SXwpDnP
中華を世界だと思ってるのは、
中華主義だろ。

253 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:40:48.97 ID:cqBEJBtD0
韓国経済立て直しのための日中戦争は御免です

254 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:44:10.40 ID:f6wXPtfE0
黄禍論は本当胸糞だな
当時は日本人と中国人は日本人以上に差別されてたからな
まぁ黄禍論生み出したドイツなぜか同盟組んでたわけだが

255 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:47:12.47 ID:V/0w0XYb0
>>254
黄禍論の源流というかバックボーンとなったのがチンギス・ハーンによる欧州侵攻ですな。

256 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:48:04.35 ID:ROytuljc0
黄禍論ってモンゴルが東ヨーロッパを侵略した歴史から来ているんだが
なぜか同じくモンゴル帝国に侵略された日本が黄禍にされる不条理ww

257 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:48:42.39 ID:BKhDhmS10
中国国民党 → 米国 の一方だけじゃなくて

日本の共産主義者 中国共産党 → ソ連 → 米国 もあっただろ

右左関係なく、利用出来るものはすべて利用して勝ち馬に乗るのが西洋人

258 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:49:30.39 ID:f6wXPtfE0
>>67
毛沢東とスターリンはアメリカが日独を倒したからあんなに力をつけたんだろ
そしてそれが金一族、ポル・ポト、ベトナムの共産化につながったんだろ
WW2当時は中国共産党員はただの山賊だったんだぞ

259 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:49:42.32 ID:v3SXwpDnP
大モンゴル経済圏ね。

あんまり大きすぎて、
維持できなかったみたいだけど。

260 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:51:26.41 ID:1+VFAQhkP
>>251
大陸ヨーロッパは、地政学上は「半島」だからね。
その真中に鎮座するドイツは、最も顕著に「半島的」な思考をする国。
「いかにも半島民」なのは、イタリアではなくドイツなんだ。

半島思考というのは、「大陸を過大評価し」「島嶼を過小評価する」という特有の癖がある。
ドイツから見ると、中国というのは、ソ連の向こう側にある「第二の大陸桃源郷」に見える。
他方、日本は、中国の向こうの、鼻くそのような小島にしか見えない。
第二桃源郷を支援して、桃源郷に食い込んでくる鼻くそくらい、とっとと処理してしまえ、という発想になる。

半島思考というのは
・大陸(特に自らが接する直近の大陸国家)の過大評価
・島嶼・海洋勢力の過少評価
・まわりの小勢力を、必要以上に侮蔑する
という性質がある。30年代のドイツは、ヒトラーと国防軍で手分けして、
結局これらのトラップに全部引っかかって、ドツボにはまってるw

261 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:52:39.73 ID:f6wXPtfE0
>>250
なるほど、つまり当時の世界的常識である「白人至上主義」に理があったということか

262 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:53:37.53 ID:wEWcN7YXO
日本と国民党が対立して疲弊すれば
中国共産党、ソ連コミンテルンは漁夫の利を得られる

コミンテルンにやられたんだよ

263 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:54:22.46 ID:BHouDeju0
日本人は戦闘=戦争と思ってるからね。
戦争は常に起きているんだよ。
世界中が最前線なんだ

264 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:54:25.28 ID:v3SXwpDnP
そういや欧州で騎馬隊が発展したのは、
モンゴルの影響があったんじゃないか、

ってのをどっかで読んだな。

265 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:54:34.07 ID:5xbiW2v/0
今も昔も西洋人って支那に夢見てるよね

266 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:54:54.07 ID:cqBEJBtD0
近衛内閣をコントロールしていたのは日本の領土を狙っていた湯田屋ソ連のスパイ

安倍内閣をコントロールしているのは日中戦争で戦争特需を狙う統一教会韓国のスパイ

何で韓国のために日本が中国と戦争しなきゃならないの?

267 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 17:59:04.39 ID:xPUyadGL0
>>262
マジレスすると中国共産党と争っている中国国民党を日本にやっつけさせ、
その日本をアメリカにやっつけさせるという戦略だったのですな。
気がつくとシナ大陸全土が赤化し、しかもソ連と中国が「自由と民主主義対
ファシスト国家」の自由と民主主義側に入るというブラックジョークみたい
な結果になってしまった。
ソ連なんて大戦の最終版でちょろっと参戦しただけで国連の常任理事国入り
したんだから恐ろしい。

268 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:01:29.25 ID:vtu4xd6Ni
絶対フランクリンとセオドア間違ってる奴がこのスレにいるはず

269 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:01:38.30 ID:V/0w0XYb0
>>267
ビンラディンを育ててしまったような事を過去にもしてるんですな、米国さんは。
そう考えるとフライングタイガースも立つ瀬が無いですなあ

270 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:02:33.96 ID:ROytuljc0
>>260
それだと何故ソビエトに喧嘩売ったかわからんのだよなあ
アメリカとは戦争にならない様に警戒していたが
日中対立の裏にアメリカがあるのを軽視して
ヘマこいたってのは分かるんだが。
米ソとさえ対立しなければドイツは惨敗しなかったはずなんだよね

271 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:04:21.71 ID:v3SXwpDnP
北欧から東欧辺りにかけて、
組み手争いしてたのかな。

272 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:04:30.79 ID:iAny7Cxl0
ルーズベルト自身からして、極端な人種差別主義者だったからな。
特に、対外的には「黄禍論」の影響で日本を名指しで「イエロー・モンキー」と呼んでいたくらい。

273 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:05:07.01 ID:wEWcN7YXO
いつも思うけど、支那事変は「日本がシナを侵略した」という単純な話じゃないんだよな
シナ内外の利害関係が複雑に錯綜していた

274 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:05:37.93 ID:1+VFAQhkP
>>267
ソ連からみれば、東方戦線(対日本)は、実際おまけだから。
スターリン視線でみれば、「ちょっとやっただけだが、果実も少なかった、チンケな話だったよ」となる。
あくまでスターリン視線で言えば、ソ連は、東方では決定的「譲歩」を2つやってる。

・北海道領有を目論んだが、アメリカに全力でお断りされたので、引き下がった
・八路軍との取引上、巨大な満州利権をあっさり中国に手放した。

大きいのは後者なんだよね。
歴史的展開から考えれば、瓦解した旧満州国は、
ソ連が完全接収して、そのまま領土化していても、全く不思議ではなかった。
それが、どういうわけか中国に返還された。世界史的謎と言ってもいいくらいの、異様な行動だ。

275 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:05:41.88 ID:PGWZ67/i0
中国のデモ暮らし

276 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:06:31.47 ID:/mgcgTrG0
>>270
つか、単純に日本からすれば中国の裏側にあるインドと仲良くしようと考えるのと同じように
ドイツからしたらソ連の裏側にある中国と仲良くしたかっただけだろ

277 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:08:51.81 ID:ROytuljc0
シナ事変の時の大陸ってのは
日本だけでなく複数の国の傀儡的な軍閥が勢力争いしてたんだよな
今だと日本の傀儡ばかりが強調されるけど
中国共産党なんか間違いなくソビエトの作った傀儡勢力だし

278 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:09:39.54 ID:v3SXwpDnP
シベリア鉄道は単線なんで、
兵力の輸送には時間がかかるだろうと思ってたら、

西で決着がついたらたちまち、
一方通行で兵士を送り込んできたんだわ。

終点で貨車をひっくり返して、
線路から排除しちゃうの。

279 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:10:12.01 ID:rlnDVTAC0
ローズベルトは糞ってことで

280 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:10:59.72 ID:V42zjDWY0
日本て昔から情報戦が苦手だったんだな

281 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:12:57.48 ID:60gmRukB0
今さらどうでも良いとか工作員が書き込み。相当数の工作員。流されるなネトウヨ同志!!

282 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:14:31.53 ID:wEWcN7YXO
>>280
日本は歴史に学べ!とつくづく思うわ

283 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:15:13.56 ID:i96xcpBT0
ユダヤ人大富豪バーナード・バルーク

●「マンハッタン計画」の舞台裏を語る時に、忘れてはならない人物がいる。
バーナード・バルークというユダヤ人大富豪である。

「バルーク家」はラビを生み出すユダヤ人指導者のファミリーで
ロスチャイルド家と深いかかわりをもち
彼は「アグダス=イスラエル・ユニオン」というユダヤ系結社の代表を務めていた。

バーナード・バルークは、相場の世界では冷徹な投資で巨額の資産を作った相場師として有名であり
政治家としても幅広く活躍した。

バーナード・バルークは「影の大統領」と呼ばれていた。

第一次世界大戦前、バーナード・バルークは100万ドルの資産を持っていたが
それが終わった時には2億ドルになっていた。
ヒトラーが戦争を起こすと、彼はチャーチル、ルーズベルトと語らってアメリカを参戦させた。

バーナード・バルークは、第二次世界大戦中は、原爆開発の有力な支援者となり
「マンハッタン計画」を指導した。
「マンハッタン計画」は、最高機密の軍事プロジェクトとして厳しい情報管理が行なわれる一方
大統領直轄の最優先プロジェクトとして、膨大な資金と人材が投入された。
この計画の存在については大統領や陸軍長官など限られた関係者のみに知らされ
議会への報告などは一切行なわれなかった。

そして原爆が完成すると、バーナード・バルークは大統領顧問として
原爆の対日使用を積極的にすすめたのである。
彼にとって、日本人の命なんてどうでもよかったのだろう。
(彼は京都への原爆投下を主張していた)。

284 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:16:38.35 ID:GMwFvMxk0
>>277
蒋介石もな
西安事件を境にソ連に抱き込まれてる

285 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:17:11.92 ID:ROytuljc0
>>274
毛沢東が満州奪取に拘ってたからかな
東アジアを完全に共産化する前に中ソ対立になるのは好ましくない
まあ、結局帝政ロシア時代に奪った地域でもめてしまう訳だが…ww

286 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:17:16.75 ID:/mgcgTrG0
まあ、今更どうのこうのって言っても仕方ないけどな

287 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:17:44.89 ID:1+VFAQhkP
>>270
ドイツは、一貫して、ロシアがとんでもなく怖いんだよ。これこそが半島思考なんだ。
これも半島民に顕著な発想なのだが、
恐ろしさのあまり、「もし可能であったらば、大陸側を征服して、恐怖の大元を断ち切ろう(仮定法)」と考える。
滅多に「可能にならない」ので、普段は表に出ない脳内妄想だが、
ヒトラーのように、一瞬万能感を持つと、思わず実行してしまう
(実はこれはフランスのナポレオン1世も同じ。大陸欧州は、結局まるごと半島だ、ということがわかる)

そして、大抵これは失敗する。失敗の原因も、ナポレオンとヒトラーは全く同じで、
半島勢力は、大陸の面的支配が上手にできず、焦土作戦によって人的パワーも失ってしまう。

288 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:18:41.68 ID:JOcF2cRG0
戦後レジームはまだ続いてる

289 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:20:24.41 ID:v3SXwpDnP
古代ローマ帝国も実際のところ、
環地中海経済圏だわな。

290 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:20:26.75 ID:i96xcpBT0
●戦争が終わると、バーナード・バルークは
「国連原子力委員会」のアメリカの主席代表となり、原子力の管理に大きな影響力を持つようになる。
彼は全米一のウラン採掘業者グッゲンハイム財閥の代理人として働く
ウォール街の投機業者でもあったのだ。

1946年、バーナード・バルークは
すべての核技術を国際的な管理下に置くことを提案した。
しかし、それが人道主義的な立場からではなく
「アメリカの核優位・核独占」という「ソ連への牽制」であることが明らかにされ始めると
この「国際原子力管理協定」の実現は破綻してしまったのである。

1947年4月、バーナード・バルークは「冷たい戦争(コールド・ウォー)」の言葉を初めて使用した。
一般に、彼が「冷戦」の名付け親であるとされている。
(ちなみに「鉄のカーテン」という表現を最初に口にしたのはチャーチルである。念のため)。

●このように、ユダヤの大富豪であるバーナード・バルークは
第一次と第二次の2つの世界大戦で重要な役割を演じ
「原爆」と「冷戦」の誕生にも深く関与していたのである。

彼は戦争によって自分の資産を増やしていた。
一部の研究家の間では、バーナード・バルークは「戦争仕掛人」と呼ばれている。
(バーナード・バルークは1965年に亡くなった)。

291 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:22:09.06 ID:LyzHGiP7O
それが今も続いてるってのが大問題だよなぁ

292 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:23:30.57 ID:ROytuljc0
>>287
なるほど…ww
独仏がそうなら後は正に半島勢力しかいないしなww

293 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:23:45.69 ID:i96xcpBT0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%AF

バーナード・バルーク(Bernard Mannes Baruch、1870年8月19日 - 1965年6月20日)はアメリカ合衆国の官僚、政治家、投資家。


サウスカロライナ州出身。第1次世界大戦ではウッドロウ・ウィルソン大統領の側近となり、戦時産業局長官を務める。
1930年代には、金融界の大物から長老政治家として転身を遂げ、フランクリン・ルーズヴェルト大統領の顧問となる。
バルーク案によりアメリカの核独占による世界平和を唱え、冷戦という言葉を初めて使った。

概要

ユダヤ系で理学療法の先駆者だった南軍軍医総監のサイモン・バルークの家庭に生まれる。
第1次世界大戦では、ウィルソン大統領の側近として戦時産業局の長官となる。このとき、武器や軍事物資の購入を取り仕切り、莫大に儲けたといわれる。

294 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:28:14.39 ID:CnDLqFla0
工作以前にルーズベルト自身がもともと反日。
もともとルーズベルト家は中国での汚いビジネスで財を成したからね。

295 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:29:58.32 ID:kYDO/Jgl0
>>274
ソビエトは満州占領後すぐに満州領有宣言を出してる。中国共産党も猛烈な抗議に撤回したが。

296 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:32:51.16 ID:Rje4TwJy0
日本人って情報の価値がまったくわかってないしな
情報産業がタダだと思ってる奴多いし、情報戦なんて感覚は皆無なんだろうね

297 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:34:39.53 ID:MIcsLtXb0
敵の敵は味方 という言葉があるが それの逆

敵の敵を潰してUSA!USA!して 後の自分の敵となりうる勢力を成長促進させる馬鹿

そんな痴呆国家がアメリカ

298 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:37:24.32 ID:ULlrGg8F0
>>293

FRB創設時の大統領でもある。
ウッドロー・ウィルソンは、晩年になって連邦準備制度設立に加担したことを後悔して、こう言い残した。

「私はうっかりして、自分の国を滅亡させてしまいました。大きな産業国家は、その国自身のクレジットシステムによって
管理されています。私たちのクレジットシステムは一点に集結しました。したがって国家の成長と私たちのすべての活動は、
ほんのわずかな人たちの手の中に有ります。私たちは文明開化した世界においての支配された政治、
ほとんど完全に管理された最悪の統治の国に陥ったのです。」

299 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:47:00.77 ID:YhX08JSq0
>>274
満州処理問題が、のちの中ソ対立の伏線だ。

300 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:48:34.44 ID:bwq5FhFT0
>>14
おたがいよく似てるからなw
おなじようなレベルだし

301 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:51:06.32 ID:So/WY1gT0
「日本人」の定義って何?
私は「靖国神社秘密結社の信者」という定義は認めない
「日本人」とは「日本在住で日本国の利益になることを願い日本の国益に反する日本への侵略移民や
反日本破壊工作員の帰化朝鮮人韓国人中国人などの日本への攻撃を止める義務のある人」だ
或いは「日本の動物植物でも日本国に忠実なら2本足で立てば「人」になるらしいので
動物日本人も認めよう」

302 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:51:32.95 ID:qSVKos1m0
いまだに反日やってるメンツだな

303 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:55:29.02 ID:So/WY1gT0
>>284
はあ?
広州の黄埔軍校って知ってる?
周恩来と蒋介石が同郷でかつ中国同盟会員だって知ってる?
韓国人ってなんでこれほど中国近現代史を知らないのか、韓国人が東アジア近現代に無知なのに驚くわ

304 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:56:10.81 ID:qB461taLO
日本は今も同じようにやられてる。

百倍返ししてやれ。日本人には「他人の嫌がることはやらない」という美徳があるが
奴らには別だ!

305 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:56:12.82 ID:rfphbVS10
日本には反省力がない
侵略したことじゃなく 負けたことに関する反省力な

黙っていても相手はいずれわかってくれるって そりゃ相手が日本人にしか通用しないわ
黙ってりゃわからん

奥ゆかしいとか 大人の態度っていうのかしらんが

そんなもん通じるのは日本国内だけ
まあそれもだんだん日本でも通用しなくなるんだろうが

306 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:56:22.84 ID:TBqSfVex0
.

金融資本主義=共産主義⇒グローバリズム 国境をなくせとか言ってるやつら
                              「地球市民」だのほざいてる連中。
  

307 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 18:59:47.66 ID:xPUyadGL0
>>274
>>ソ連からみれば、東方戦線(対日本)は、実際おまけだから。
>>スターリン視線でみれば、「ちょっとやっただけだが、果実も少なかった、チンケな話だったよ」となる。
戦勝国連合の仲間入りして国連の常任理事国になったのはでかいぞ。
しかも、「自由と民主主義の国」というお墨付きを得たのはその後の世界的な共産化
ドミノに大きく影響した。

>>歴史的展開から考えれば、瓦解した旧満州国は、
>>ソ連が完全接収して、そのまま領土化していても、全く不思議ではなかった。
>>それが、どういうわけか中国に返還された。世界史的謎と言ってもいいくらいの、異様な行動だ。
ソ連と中国を全く別の国家と考えるからそうなる。
同じ共産主義の同士であり中国は言わばソ連の作り上げた人口国家。

308 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 19:04:00.49 ID:So/WY1gT0
>共産圏も自由主義圏も根っこで同じ奴が操ってると考えたほうが
>いろいろと辻褄が合う

>つまり敵対するイデオロギーを生み出して成長させて戦わせる、
>結果、双方が瓦解する

バチカン内のユダヤ人聖職者が昔からやっているバチカンユダヤ人キリスト教に敵対する
2つの敵どうしを洗わせるやり方だね
最もユダヤ人はキリスト教の中でもカトリック・プロテスタントに分かれ
またユニバーサリアン’林檎ニュートン)とか共産主義者とか
仏教系のフランヅグラントリアンとかそりゃ細かく分かれて
ユダヤ人同士も殺しあってるんだよ

309 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 19:04:59.36 ID:qlJe0aET0
共産主義も自由主義もキリシタンの一学派に過ぎない
日本関係ないのにね

310 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 19:05:16.48 ID:8Ukoy0Ch0
これだけ戦前の反省が叫ばれてるのに、いまだに情報の重要性や兵站の重要性は、
口だけで全く実行されてないよな

情報軽視については、暗号解読によってミッドウェーで待ち伏せされ敗北が有名だけど、
こんなのは序の口であって、もっと深刻だったのは、輸送船を次々に潜水艦で沈められ、
資源や人員輸送がダメになった点があげられる

当時は今と違って潜水艦はそう簡単に敵を見つけることはできなかったし、
当時の日本軍の潜水艦や口刊の数に比べ、アメリカの潜水艦が圧倒的に数が多かったわけでもない
性能はむしろ日本の方が優れていた
なのになぜ広い太平洋や東シナ海で日本の輸送船がどんどん撃沈されたのかというと、
バカげたことに、全艦船に目的地や運行ルート、現在位置を海軍に定時連絡させて、
アメリカ軍がそれを待ち伏せに使っていたのだった

一度も戦わず輸送中に海の藻屑になった将兵は戦死者の1割、物資不足で飢え死にした将兵は6割近くで、
実に全戦死者の7割近くが情報と兵站で自滅的に死ぬというお粗末さ
その体質は今もまったく変わってない

311 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 19:10:08.03 ID:So/WY1gT0
>>307
違うね
根本的に間違ってるよ、あんた、いかにも韓国人工作員らしい間違いだわw
まあ中華帝国中国人のことを全く知らない韓国人工作員らしい間違いだけど
あんた中国に行ったこともなければ中国語もできんでしょう?
ソ連は反ユダヤカトリックユダヤ教
中華帝国共産党はユダヤ教ユダヤ人のシマ
ちなみに満州帝国は河豚ユダヤ人満州帝国のシマ
キリスト教もセクトとカルトと修道院派も大きく3つに分かれて戦闘し合ってることを知ってるのかね?
韓国人工作員は本当に驚くほど中国近現代史に無知なんだな、中国史を学ぶことは韓国内で禁止されてると見えるw
ちなみにモルモンはかなり前から北朝鮮に出資してる

312 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 19:16:35.68 ID:Ky28yG1h0
売日從米のカスゴミが言っても白々しいだけだなウジサンケイ

313 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 19:26:03.05 ID:xwgMK1tQ0
>>310
ミッドウェーの時だってアメリカ海軍は無傷ではなかったし兵器の優劣も重要だよ。

314 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 19:26:27.56 ID:xPUyadGL0
>>311
私が中国語マスターして中国で数年住んだとしよう。
中国人のユダヤ教徒と出会いそうな感じがしないんだがww

315 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 19:57:59.71 ID:B+zMVB0I0
中国国民党って今の台湾だっけ。

316 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 20:22:21.96 ID:H4RX4ngu0
というか、アメリカ大陸鉄道作ったの中国人労働者ってぐらい、
西部劇の時代から中国人がアメリカ開拓に貢献してたんだから、
日本よりもずっと米中は仲がいいのは当たり前だろ。

あと英国だって、富の大半を中国で作ったんだから今でも中国利権を
持ってるし、ドイツもナチス時代から親中。

だから、WW2で日本はフルボッコにされたんだよ。
今更寝言言うなよ。

317 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 21:03:21.70 ID:Xw38Fz/S0
>>310それが本当のことだとしたら大変なことだよ 日本海軍の上層部はバカばかりということになるじゃん

318 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 21:42:36.37 ID:b+4XGzRWP
一度でも犯罪を犯した外国人は、その国籍のある国へ強制退去させるべきなのである ⇒ レス「だから日本国内の朝鮮人を追い出すべきだよ」「ソースが怪し過ぎるが正論だな」

http://migule.net/page.php?c=b&n=1&nn=691

319 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 22:08:26.33 ID:kYDO/Jgl0
>>317
海軍の米内光政はロシア駐在武官時代、ロシア革命を体験している。
コミンテルンと係わりが有ったかどうか解らないが、経歴を見ても海軍では一番怪しいと思ってる。

320 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 22:12:27.24 ID:s3oWxd5r0
なぜかソ連のコミンテルンの話がアメリカ叩きのスレになっている。
ソ連好き・アメリカ嫌いな左翼が書いているからそうなる。

321 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 22:14:40.90 ID:peXm707+0
コミンテルンの報告書は、いかに自分たちが陰謀を成功させたかを大袈裟に報告してるだけで、あんなの真に受けるのはただのバカ。
コミンテルンの陰謀で日米開戦とか有り得ん。
日米ともそこまで馬鹿ではない。

322 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 22:18:12.18 ID:5hetKqSB0
コミンテルンの陰謀なんて、日本の政策決定に全く影響してないし。一体近衛内閣のどの政策に関与していたのかソース上げて言ってみろよ。

323 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 22:21:59.45 ID:OLPUVRsh0
ルーズベルトって日本兵の骨で作ったペーパーナイフ愛用してたキチだっけ

324 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 22:25:01.77 ID:EBu4hAG+0
>>223
それワイマールの経験から内債でやってるよば〜かw
歴史をやりなおせw

325 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 22:26:35.18 ID:Yq8ebLPEO
>>321
逆に言えば、コミンテルンもバカじゃないから、バレる様な工作はしないでしょ
歴史を調べるとおかしな部分が多くて、コミンテルンに操作されてると考えれば辻褄が合うって話し
調べればそう思うけど、情報がストレートに逐一すぐに入る現代と違って、昔は湾曲し放題にも出来た訳だし、今の感覚で考えちゃいけない

326 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 22:29:21.41 ID:ypz69Gi30
>>1

とりあえず産経がヨイショする安倍自民党らが推し進めてきた昨今のむき出しの資本主義の追求である新自由主義路線の結果、

共産主義が台頭しかねない空気に危機感を抱き出してることはよくわかったw




だが、それは自業自得だ"( ´,_ゝ`)プッ"

327 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 22:31:54.22 ID:z60lV8Qq0
ルーズベルト最大の愚策は日本と戦争するための莫大な経費を
ユダヤ資本に縋った事
で、結果的に米国経済はユダヤ資本に牛耳られ今に至り
終わりなきイスラエルとイスラム国家の争いにしぶしぶ参加させられてる

328 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 22:33:16.69 ID:Zml9ThI60
>>325
(ヾノ・∀・`)ナイナイ
共産圏の裏工作がそんなに緻密で上手く行ってたなら、ソ連は崩壊してないよ

329 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 22:34:10.70 ID:JJbVziwP0
ローズベルトの亡霊か

ねたとしちゃあおもろい

330 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 22:34:13.07 ID:ypz69Gi30
真に共産主義実現の一番の近道、それは資本主義を推し進めること。

ゆえに、真の共産主義者とは、安倍や産経のようなおめでたい盲目的資本主義者自身に他ならないのだ。

331 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 22:36:33.23 ID:yRPIQUOg0
まあ、言っても、日本がしょうもない妄想から
大陸に雄飛しちゃって、侵略してたのは事実だしw
他のアジア各国で、欧米の植民地を解放するのとは話が違う

332 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 22:37:15.98 ID:kYF5jax/O
>>321
お前は一つ重大な勘違いをしている。

米政府はバカじゃないが、米国民は救いがたいほどのバカだ。
そして米政府は米国民が選ぶ。

333 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 22:37:42.16 ID:BVLw8Cxx0
西安事件で、蒋介石が・・・ってのは何があったのかわからんのだよな。

とりあえず、ソ連の支援で日本を満州から追い出すのが
目的だったんかね。
その後、ソ連と中国共産党をどうやって蒋介石は倒すつもりだったんだろうか。
ルーズベルトも共産だったら不可能だよな。

つまり、どう考えても中国は共産化したってことにならんか?
日本軍が居なかった場合も、早々にソ連が・・・ってことになるし。

334 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 22:40:47.46 ID:OpCBDUw30
ハルノートの原稿はコミンテルンが作ったというが
どうなんだろうか

335 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 22:41:24.19 ID:sOCqkuIW0
勝間田誠一
 近衛内閣で設置された「企画院」の資源課長だった
勝間田は東条内閣に対し、インドネシアの油田から
年間200万トンの航空燃料が生産できると嘘の報告を上げ、
それによって東条内閣は対米戦争が可能と判断して
大東亜政略指導大綱を作成したのだ。
戦後は社会党左派の リーダーとして活躍し、社会党委員長にまでなった。

ソ連KGBは勝間田に対し、毎年500万円の資金援助を与えていた
旧ソ連KGB機密文書解読書「ミトローヒン文書第二部 日本」より

●大東亜政略指導大綱  (1943.5.31.御前会議決定)   
六 其他ノ占領地域ニ対スル方策ヲ左ノ通定ム   但シ(ロ)(ニ)以外ハ当分発表セス  
(イ)「マライ」、「スマトラ」、「ジャワ」、「ボルネオ」、
「セレベス」ハ帝国領土ト決定シ重要資源ノ供給源トシテ極力之ガ開発並ニ民心ノ把握ニ努ム

336 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 22:41:50.65 ID:c3O6dHl10
>>330
安部が共産主義の近道なら、
日支両共産党ら、共産主義者らは
安部を温存しようとするはず

しかるに
日支両共産党ら、共産主義者らは
安部を引き釣り落とそうと必死だ

したがって、おまえの前提から考えれば
安部は賢明な自由主義者
ということになる

337 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 22:42:17.41 ID:oZ8vrOuR0
>>317
終戦後、連合国に日本軍の暗号は解読していたと打ち明けられても信じずに失笑されたのは有名な話
ちなみに陸軍の通信が傍受されたが解読されずに済んだ時があった
単に薩摩弁で早口でしゃべっただけだったらしい

338 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 22:43:45.49 ID:BVLw8Cxx0
>>331
いや、ソ連のフィンランド侵攻を見ても
やはり日本の満州での行動は正当防衛だったと思うがな。
とりあえず領土化はして無いし。蒋介石とも協定を結んだ。
これは蒋介石も共産党を倒すために、日本軍によるソ連の押さえを利用したってことだし。

つまりそこまでは中華民国も自分の利益のために同意してたってことになる。
で、シナ事変で軍を先に民間人に向けたのは
蒋介石だろ。上に書いた西安事件でソ連からの支援を得て。
日本は悪く無いぞ。

339 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 22:45:17.49 ID:sOCqkuIW0
【朝日新聞のゾルゲ事件報道に見る朝日の狂気】

 ゾルゲ事件を調査した検察当局は、日本共産党員河上肇の愛弟子近衛文麿と朝日新聞出身
のソ連のスパイ尾崎秀実が密接不可分の関係にあることを察知したものの、国政に大混乱が生じることを恐れ、
捜査の限界をゾルゲ機関の諜報活動に限定し、彼らの謀略活動を深く追及しなかったが、
尾崎秀実著作集に収録された尾崎の戦時論文は、これを読む者に、ゾルゲ機関の謀略活動の全貌を教えてくれる。

 ところが、尾崎に情報を提供した朝日新聞の田中慎次郎は、
尾崎秀実著作集第2巻月報に「開戦前の一夜」という手記を寄せ、
「共産主義者としての尾崎君の実践は、周知のように、
諜報活動に限られていた。」と書いているのだ。

この尾崎秀実著作集2巻には、中央公論や改造に掲載された、
支那事変の拡大長期化を煽動し汪兆銘政権樹立工作を推進する尾崎の諸論文と、
ゾルゲと結びつき近衛内閣にブレーンとして食い込んだ尾崎の
「世界革命の一環としての東亜新秩序構想」に言及する
野村浩一の解説が収録されているというのに!

340 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 22:47:11.99 ID:Yq8ebLPEO
>>328
組織とは腐敗するものさ
現に日本も大東亜の頃は清露と戦った日本とは程遠くなっている
それに、共産主義はすぐ殺しちゃうから内紛が多い
そんなもんさ
スターリンの頃のソ連と崩壊した頃のソ連はまるで違うよ

341 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 22:48:33.20 ID:5hetKqSB0
>>325
だからその辻褄の合わない事例をどうぞ。コミンテルンの陰謀で決定的なものを。

342 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 22:51:59.19 ID:sOCqkuIW0
世界に流通した偽「田中上奏文」

 昭和4年12月、中国で中国語の「田中上奏文」なる文書が出現
した。1930年代には、米国で英文パンフレットとなり、米国
共産党によって大量に配付された。

最初に中国文の「田中上奏文」が出現したわけである。

ソ連のコミンテルンは、昭和6年12月の雑誌「国際共産主義者」
にロシア語版を発表した。

ルーズベルト大統領もその内容に注目したという。この文書が
米国の対日姿勢の硬化に一役かったことも十分推測される。

 田中上奏文は、10種類もの中国語版、ドイツ語版も出され、
世界中に「世界征服を目指す日本」というイメージをばらまいた。
ただし、当然ながら「偽」である故に日本語で書かれた原文は
存在しない
http://drhnakai.hp.infoseek.co.jp/sub1-44-4.html

343 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 22:54:13.75 ID:Yq8ebLPEO
>>333
ルーズベルトは人種偏見が強いのと、スターリンが仲間になりうると思ってた節があるから、共産主義と言うより、当時の大国日本を潰す事を目的化してた感じじゃないかなぁ
その為なら、蒋介石にも支援する

344 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 22:54:37.76 ID:3FOgiEwB0
>>81
許可した奴は、命が無いがな。
アメリカが戦費を負担したわけでも、義勇兵を派遣したわけでも無いのに。

道理が無いって奴だ。

鮮人がねたましく思っているから、皇室を廃止しましょう!って同じレベルの戯言。

345 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 22:56:14.54 ID:BVLw8Cxx0
>>341
西安事件で、蒋介石が日本軍を攻撃することはソ連と中国の共謀だった訳だが
アメリカのルーズベルトにも話が行ってるんだよな確か。
国民党の軍事顧問のアメリカ人から。

つまり、コミンテルンが日本を戦争に引き込んで
アメリカは日本からの話を蹴り続けたってことだろう。
だから、ハルノートに共産党と国民党以外の中国の政党を
日本は見捨てろって書いてるんだろう。つまり中国を共産化させろってことだ。

346 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 22:56:26.00 ID:+VCP1lF80
小一から英語教えてアメリカに移民

もしくはアメリカの州になったほうが増し

347 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 23:00:29.30 ID:8KNOle2M0
 
 とにかく、あいつらは腹黒い。中国四千年の歴史は、腹黒さの歴史と言っても良いくらい。
これからのアジア政策は、何をするにしても、それがシナや華僑の利益につながらないか、
という事をいちいち点検するくらいで良い。

 そもそも、第二次世界大戦で、日本がアメリカに喧嘩を売る理由、必然性なんて、
これっぽっちもない。すべて、シナが、アメリカを呼び込んで、アメリカ議会に働きかけて、
親分肌のアメリカに日本を挑発させた結果。その結果、日本は沖縄を蹂躙され、各地を空爆され、
ふたつの原爆を落とされる羽目になった。シナとしては、笑いが止まらないどころか、
あんまりうまく行き過ぎたんで、これは夢じゃないかと、鏡の前で頬をつねるほどの成り行き。
まさしく、日清戦争の仇を、広島・長崎で取った、という訳だ。

 勝ったのはシナだよ。そもそも、日本はアジアの開発が目当て。主権を犯されるシナは、
それに抵抗するのは当然。勝ち目がないと思ったシナは、アメリカを引っ張り出した。

 日本人の頭の中では、太平洋戦争の勝者はアメリカ、敗者は日本。しかし、シナ人の頭の中では、
太平洋戦争の勝者は、シナ、アメリカの連合軍。シナの頭の中では、むしろ、シナが兄貴分で、
弟分がアメリカだ。原爆を開発したのもシナだと思っている。

 中韓は歪んだ歴史教育を行っているというが、それは日本も同じ。日本の場合、対アメリカ戦と、
敗戦に力点を置きすぎ。それ以前に、シナと戦っていた事、シナがアメリカを担ぎ出した事を、
きれいに忘れている。

 シナ人は、計略で日本に勝ったんだよ。その負けた日本が、なぜ、シナに市場解放をしたかって? 
そりゃ、よっぽど負け犬根性が染みついているからだろう。くらいにしか、向こうの連中は
思っちゃいない。長引く内戦で、貧困で、気の毒だという日本の認識とは、大きくずれがある。

348 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 23:08:17.14 ID:5hetKqSB0
>>345
日本の華北分離政策への危機感から最終的に蒋介石が国共合作に同意した事は十分辻褄が合いますが。
またアメリカが日本の提案を拒否し続けていたとは、何を指しているのか不明。
1936年の時点でルーズベルトが対日戦を決意していたということ?ハルノートは1941年11月の事で話が飛びすぎ。

349 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 23:09:22.24 ID:So/WY1gT0
>その後、ソ連と中国共産党をどうやって蒋介石は倒すつもりだったんだろうか。
は? 蒋介石がソビエトに行ってコミンテルンに入ってたことも知らないの?
っていうかお前らマルクス主義(ローマ帝国マルクスアウレリウスに化けた
カールマルクス秘密結社ユダヤ人)の政治形態の 「コース」「ルート」も知らないの?
っていうか蒋介石がソ連に研修に行ったことも知らないの?

350 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 23:12:08.98 ID:+cZu+FwB0
>>1
あれー
ゾルゲ事件は?尾崎秀実は?
宮城与徳は?
朝日新聞は?
近衛内閣ブレーンの朝飯会や昭和研究会は?

351 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 23:13:54.33 ID:EBu4hAG+0
>>333
西安事件のまえに大長征があるんだそれが原因
壊滅しかかった八路軍等の共産ゲリラ勢力の巻き返しにある

ナチスドイツの軍事顧問と蒋介石の包囲掃討作戦によって得意のゲリラ戦が通用しなくなり
中華ソビエト共和国は壊滅し大長征においやられ共産ゲリラはチリジリになった
さらに日本との提携=日独防共協定が成立
日独支で中国大陸からの共産勢力の一掃のチャンス
さらに支を防共の防波堤とさせるはずだったが
ソ連のコミンテルンの指示のもと西安事件を引き起こし蒋介石を監禁籠絡
国共合作が成立してしまい共産主義ではなく帝国主義に変更されてしまった

352 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 23:14:28.26 ID:+cZu+FwB0
>>349
蒋介石はソ連に行ったんじゃなくてコミンテルンのなんたらに拉致されたんじゃなかったっけ?
そこから急に方向転換したんだよな

353 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 23:14:31.52 ID:wEWcN7YXO
>>347
それは太平洋戦争なんてGHQに押し付けられて言ってるからだよw
日本がした戦争は大東亜戦争

354 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 23:18:06.41 ID:CpQr7JUa0
シャーロックホームズのワトソン博士は、
アフガン戦争に従軍してて負傷して戻ってきたんだわ。

なにをやってたかったら確か、
南下してくるロシアと戦ってたんじゃなかったっけ、
当時の英国が、アフガンで。

んでロシアは海に出られないんで、
さらに東でシベリアを南下してくるわけよ。

それがどこかと言えば朝鮮半島であり、
あるいは満洲なんだわ。

そもそも清朝が、出身地だから封禁してた満洲を、
入植許可したのって、ロシアの南下を警戒してたんじゃないか、
ってふと思ったりもするんだけどね。

355 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 23:20:24.36 ID:So/WY1gT0
中国に社会主義的思潮が勃興した1919年以降、ロシア語を学び、『共産党宣言』や『マルクス学説概要』などを読んでいた蒋介石は
孫文の連ソ方針に賛同しており[38]、この代表団の一員としてソ連に渡ってソ連赤軍の軍制を視察することになった。

お前馬鹿じゃね?
蒋介石のソ連での師匠はユダヤ人トロツキーだ、大天使ミカエル武器の斧で暗殺されたユダヤ人ライオンだよ
もっと中国近現代史を学びなさい

356 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 23:22:49.56 ID:NpQpRaiI0
1929年の大恐慌でアメリカの失業率は25%。世界中、社会不満が充満していて、不満のはけ口に日本が利用された。

357 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 23:23:28.34 ID:sOCqkuIW0
1932年 昭和7年

from russia with hate コミンテルン指令

1932年三二テーゼ、「日本における情勢と日本共産党の任務に関するテーゼ」
             「反戦闘争ににおける党の任務」の一部。

 革命的階級は、反革命的戦争の場合には、ただ自国政府の敗北を願うばかりである。
政府の軍隊の敗北は日本における天皇の政府を弱め、支配階級に対する内乱を容易にする。
中国の植民地的束縛を目指して行われつつある日本帝国主義の現在の戦争においては、
日本共産主義者の行動スローガンは「中国の完全なる独立のための闘争」でなければならぬ。
中国又はソヴエート同盟に対する帝国主義闘争の諸関係の下においては、
日本共産主義者はただに敗北主義者たるばかりでなく、
更に進んでソヴエート同盟の勝利と中国国民の解放のために積極的に戦わなければならぬ。
  (「三二テーゼ−反戦闘争における党の任務6」青木文庫「コミンテルン日本にかんするテーゼ集」)

358 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 23:24:03.86 ID:So/WY1gT0
あのな、お前ら大韓民国フランスグラントリアンを作った李承晩は
子の中華民国の孫文の真似をして大韓民国を作ったんだろ、なんで韓国人って
驚くほど中国近現代史のこと知らないの? 韓国人の中国近現代史の無知さに驚くわ
しかも韓国人は漢字が読めなくていくら中国に留学してもものにならずに
中国人に嘲笑されてたんだよな、20年ほど前はw

359 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 23:24:04.33 ID:wEWcN7YXO
アメリカは太平洋支配、シナ進出を狙った
そのためには日本が邪魔だったから
戦争に追い込んだだけだろ

アメリカは太平洋の支配は達成したが
シナ進出は失敗
漁夫の利を得たのは中国共産党

360 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 23:24:38.35 ID:yRPIQUOg0
ベトナム戦争に従軍してて戻ってきたランボーが
アフガンで戦うことになったのも、
元はと言えばロシアの南下が原因だな

361 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 23:27:18.86 ID:BVLw8Cxx0
もともと蒋介石が共産だったとか言うなら
日本が守勢だったら日本は滅亡してたってことになるな。

確実に、ソ連+中華民国は日本を分割しにかかってくるだろ。
まあどう考えても日本は正当防衛だよなあ。
ソ連だけでも1000万だろ兵力。
日本は国民総動員体制で300万だぞ。

362 :名無しさん@13周年:2013/10/06(日) 23:51:11.21 ID:Z8XQ3Yvg0
遠因は小村寿太郎がアメリカからの圧力で殆ど決まり掛かっていた
満州鉄道の共同経営案を白紙撤回させたことにある。仮に共同経営
名目でアメリカを満州に引き込んでいたら、その後の展開は大きく
変わっていたことだろう。日中戦争ではなくて米中戦争だったかも
しれないわけです。

363 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 00:02:57.32 ID:CpQr7JUa0
順番に言えば、

温かい海で泳ぎたい白クマさん達に対して、
半島の防衛、満洲の緩衝国化って形で日本が出すぎて、

中華とロシアに挟まれると厳しいから、
中華は味方につけときたかったんじゃないかとは思うけどね。

ただ大日本帝国の敗戦で、
満洲国も中華民国南京政府も、
傀儡とか、無かったことになってる。

364 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 00:11:59.75 ID:gVdNH8Ly0
中国人が日本軍に酷いことされたと吹聴している連中は当時の中国政府が中国人民を大切にしていたとでも思っているのかな?
大半の庶民は政府から税金だけ取られて行政サービスは受けられず、小作人として地主にも搾り取られていた。
その挙句に国共内戦の戦火も受けていた。

一方、アメリカも世界恐慌後、ルーズベルトのニューデュールだけでは国内経済が回復しきれなかったから、経済政策として本と戦争をしたかった。
日本は勝てない戦争をなぜ回避できなかったのかとかんがるけど、それは絶対勝てる戦争をアメリカが絶対にやりたかった事の裏返しに過ぎない。
勝てる側、やりたい側に仕組まれて引きずり込まれたら回避することは負けるとわかっていても難しい。

365 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 00:30:15.40 ID:YYTQz8yi0
>>1
嘘つきは共産主義のはじまりである

366 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 00:34:15.79 ID:cHi7ssxg0
280 :名無しさん:2013/10/06(日) 21:00:02.09
日本が過去にしたことをタナにあげて、上から目線でいるかぎり解決しない。
同盟を組んだヒットラーは自決、ムッソリーニは刑死した。
日本戦死300万日本軍が殺しまくったアジア戦死2000万の責任とって、天皇も自決すべきだった。
嫌韓中は、責任もとらず、自立もできてない、アメリカ植民地のフラストレーションの吐け口だ。

281 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2013/10/06(日) 21:02:19.90
>280
気の狂った猿みたいな主張だなw

日韓基本条約って和解調書にサインしながら、それを反故にする連中と和解も糞もねェよwww

367 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 01:45:30.03 ID:a9kpclEB0
コミンテルン=ユダヤ
ルーズベルト=ユダヤ人

368 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 04:23:26.97 ID:DfJlJ6Vd0
975 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2013/09/27(金) 19:46:36.34 ID:omCQ3OwY
  
白人でも厄介なのは、モンゴル帝国軍の東欧侵攻で欧州やロシアにまん延した赤(コミンテルン)い血の人達。

  

369 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 06:31:15.32 ID:8MB7JEDvO
日米戦争はペリー来航以来の100年戦争なんだよ
ペリーから始まっていた
日露戦争以後は対日が露骨になってきた

370 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 08:24:50.13 ID:3dISBGh90
>>336
違う
お前チョン統一丸出しだなww

330の言う資本主義も新自由主義だな

371 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 10:02:36.83 ID:bIZLjJ7O0
Σ(゚д゚;)

372 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 10:10:01.89 ID:qKiDtauf0
>>1-2
温故知新とはよく言ったもの
日本も米国も中国も進歩ないな

373 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 11:02:17.87 ID:8qTRDw6p0
>372 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 10:10:01.89 ID:qKiDtauf0
>>1-2
>温故知新とはよく言ったもの
>日本も米国も中国も進歩ないな
あ、サルに言われた

安倍、いつでも横田基地から数分以内で
東京のどこでもピンポイント爆撃出来るようになってる。

374 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 11:11:06.25 ID:qKiDtauf0
>>373
なぜ>>372にレスしてんのか知らんが、横田基地に爆撃できる部隊はいない
アホ杉

375 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 11:56:10.31 ID:TkGnfwSs0
国民党、米英VS中国共産党、ソ連コミンテルンVS王兆銘南京政府、日本の三つ巴の戦い

376 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 11:58:43.55 ID:/H1DxXmS0
どの道だ、一緒に近代科学の問題について考えよう。
僕らは一緒だ。
ようこそ、彷徨える日本人へ。

377 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 12:11:33.77 ID:F7Fj81Fa0
共産主義、階級のない平等な社会と思ったら大間違い
軍隊はあるし徴兵制だし戦争はするし侵略はする
軍隊という階級社会が公然と認められ
さらに共産党員じゃなきゃ公の仕事につけない、出世しない
お金が必要で報道は自主検閲が当り前の強権
そんな共産主義
日本が平和のイニシアチブを取るとか日本共産党が言ってるけど
「殺される為に無防備になろう」って言ってるのと同じ
現実社会の情勢と歴史を見ればそうとしか考えられないのに
妄想的結末だけで過程や事実経過を覆い隠して実行させる
嘘つきの理解させないで行動させる犯罪
それが共産主義だ

378 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 12:13:16.56 ID:YCI4jskm0
韓国アプリLINE、NAVERの個人情報169万人分を不正アクセスで漏洩 ⇒ なぜか流出したのは日本人ユーザーのみ
http://www.news-us.jp/article/369847074.html

379 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 12:18:52.53 ID:j7fr47i20
>>14
欲が深くて自国民をゴミのように扱える遠方の国の主導部は富を搾り取るには最適なパートナーだもの

380 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 13:24:32.33 ID:7VAL8pfW0
>>1
>若杉氏は日米分断策動に乗らないように訴えたが、近衛内閣はアジアから英米勢力の
>排除を目指す「大東亜新秩序」を国是とする

若杉氏みたいに現状分析できる外交官がいても、
近衛自体がアレだから、この時点でw

381 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 15:03:37.19 ID:vXMqKTkV0
>374 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 11:11:06.25 ID:qKiDtauf0
>>373
>なぜ>>372にレスしてんのか知らんが、横田基地に爆撃できる部隊はいない
>アホ杉
ウソ書くな、朝鮮人。

ベトナムのB-52が沖縄・嘉手納基地なら、
朝鮮戦争のときにはB-29が横田基地から無数の回数飛び立って行った。



>安倍、いつでも横田基地から数分以内で
>首都東京のどこでも精密爆撃出来るようになってる。

382 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 16:17:56.26 ID:QiBXLu640
>>2
>若杉氏は日米分断策動に乗らないように訴えたが、近衛内閣はアジアから英米勢力の排除を目指す「大東亜新秩序」を国是とする「基本国策要綱」を閣議決定

そりゃ近衛内閣もコミンテルンに工作されてたんだから訴えたって無理だよなあ。

383 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 16:40:38.00 ID:8MB7JEDvO
日本を誤らしたのは、東條英機より近衛文麿、平和ボケ外交の弊原喜重郎だと思う

384 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 16:41:11.81 ID:hY2X7qTZ0
俺、宝くじ貯金してるよ。
宝くじ買って、当たったくじはとっておく。
もう5年ぐらい続けてるけど、額の大きいものから小さいものまで、結構な額がたまってる。

将来、結婚する時に全部換金しようかと思ってるw
いくらぐらいになってるか楽しみだ。

385 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 17:33:56.83 ID:5WYu89W/0
>384
懐かしいw

この後にかなり突っ込みを食らって、焦るというオチでしたな。

386 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 17:42:30.49 ID:Carp35jC0
世の中にはパチンコ貯金、競馬貯金ってのがあって、預けるのは簡単だが、おろすのは難しいってのがある。

387 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 19:07:23.38 ID:J1wCJyv+0
フーバー元大統領 < ルーズベルトは日本を対米戦争に追い込む陰謀を図った『狂気の男』

マッカーサー  < 日本の戦争は自衛のための戦争

388 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 19:13:40.88 ID:f0vQ42id0
支那を支援し、ソ連を支援した米国。
その後の惨状は、ご覧の通りと。
戦った日本は、同盟国で、支援した元同盟国達は、核ミサイルで米国を狙う。

そして、小っちゃい存在の南朝鮮も、五月蠅い虫として、米国をw

389 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 19:22:07.61 ID:Og9njoix0
ルーズベルト家のその後見たら、
赤狩りに参加していたり、軍人になっていたりで
政治家一門として死んだからな。
何かがあったのは事実なんだろう。

390 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 20:15:43.62 ID:44sAtWRr0
現代の常識ではアメリカは第二次大戦中も反共産主義だったんだろうと思うかもしれないが
そんなことは全然なくてルーズベルト政権に共産主義者は入り込んでいたし
米国は民間の義勇軍という名目で中国で毛沢東を支援していた

391 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 20:24:56.29 ID:Wb4B+5n/0
蒋介石はファシストだしなw
太平洋戦争当時、自由選挙が行われていたのは日本だけだしな。アメリカは共産主義とファシストに手を貸して
アジア唯一の自由民主主義国家を打倒した。

392 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 20:52:18.58 ID:GPHDOsRX0
>>391
第二次大戦当時、人種・財産による制限のない普通選挙をしてたのはドイツだけ
あの戦争は見方によっては民主主義を制限したい国々が世界一の民主主義国家を袋叩きにしたんだよ

393 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 21:18:06.49 ID:GDXEauC60
国際政治で謀略が渦巻いてるのはあたりまえだと思うが、
この手の話でいつも不思議に思うのは、国民党へのドイツの影響が語られないことなんだよな。
上海事変とか、国民党軍の装備とか、ドイツの影響は明白なのに。
闘争目標を日本一本にしぼったり、日本の国際イメージを落とす国際宣伝を蒋介石に進言したのもドイツだし。

394 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 21:31:03.50 ID:gb8WuEJr0
ドイツと同盟した松岡はバカ、陛下も怒っていた。

395 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 21:34:42.59 ID:+5IyA38M0
>>364
南無阿弥陀仏

【社会】20万人に調査! プロポーション美人が多い県、3位愛知県、2位高知県、1位は三重
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1380525228/

396 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 21:42:48.22 ID:TkGnfwSs0
>>393
ドイツの軍事顧問が国民党軍にいて日本軍は予想よりは苦戦した

日独伊三国同盟でドイツが日本の味方だと思ってんでしょ
ドイツは日本に三国干渉をしたし、第一次世界大戦で日本はドイツの権益を奪っている
敵なんだよ

397 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 21:51:46.72 ID:GDXEauC60
>>396
ん?
>>393が、ドイツが日本の味方だと思ってるようにとれるか?

398 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 21:56:05.62 ID:sIsoNuxK0
アメリカは日本以上に中国が厄介であると知らなかったわけが無いと思うが・・・。

399 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 21:57:09.94 ID:gb8WuEJr0
戦前はソ連が世界の中心だった。
ルーズベルトよりもスターリンの方が力があった。
陛下もソ連との不可侵条約で、安心してアメリカに戦争吹っかけた。
また、日本で主導権を握った統制派は、ソ連式の国家全体主義の日本への導入を目指して居た様だ。
今、日本の暴力的な軍隊式というのも、元々は日本がソ連を真似て取り入れたもの。
終戦も、原爆より、ソ連の参戦で決断した。

400 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 22:01:00.44 ID:gb8WuEJr0
また、国連というもの自体がスターリンの力で出来たものであり、
ニューヨークに拠点を置いたのは、
ソ連のスパイがアメリカで活動しやすくする為であった。

401 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 22:06:48.07 ID:+C1dA/5d0
米国においては反日親中運動
日本においては反米親独運動
日ソにおいては中立画策
完璧に開戦前から負けとるな

402 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 22:13:36.85 ID:TkGnfwSs0
>>397
言葉が足りなくてすまんかった

ID:GDXEauC60さんに言ったのではなく、漠然と考えている人に対して言ったの

403 :名無しさん@13周年:2013/10/07(月) 22:17:48.52 ID:gb8WuEJr0
ここで抜けているが、一番重要な事は日本国内での反日の動きだな。
日本が日清戦争、日露戦争で得た既得権益を失わせる為の工作員が、
既に日本政府の中枢で暗躍し、日本を無謀な戦争拡大から敗戦へと追いやった。
満州樺太台湾千島、既にアメリカを凌ぐ超大国だったのに。。。。

404 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 00:00:34.48 ID:ngvsL6yI0
せやな

405 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 02:08:49.94 ID:K9B3/NqN0
倉山満先生。チャンネル桜に戻ってよ(>O<)

406 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 02:34:49.00 ID:h7bgbnC30
孫子曰く「上兵は謀を討つ、其の下は城を攻む」
見事なもんだ
日本はこれが弱すぎる

407 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 02:46:12.50 ID:wjWxk4sG0
>>403
そうだな。
近衛が鍵だな。近衛上奏文を読めば分かるが、近衛が操られていたからな。
ブレーンがコミンテルンのスパイばかりだった。
ゾルゲ事件の尾崎は朝日新聞の記者だった。
朝日新聞は日米開戦に誘導。
敗戦革命を狙っていた。
だから朝日新聞は戦後に左になった訳でない。

408 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 02:46:50.98 ID:Juo092Qh0
沿岸利権目当てに国共両方に追従した結果が、大陸進出機会の喪失と今に続く米中対立か
無様だな

409 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 02:55:24.57 ID:HqRIpo7V0
>>403 >満州樺太台湾千島、既にアメリカを凌ぐ
チベットを組み入れようという動きもあったんだっけ。
モンゴルについても後の中国の展開まで見ると、それを予測できるなら
こっちに付いたかもしれないね。しかしそれは予測不可能に近く余りにも無理かもしれないけど。
満州にユダヤ人を多く移住させたりして、そのままその版図を展開していけば
日本は妙にデカい大国になってたかもしれないな。

410 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 03:14:52.06 ID:oQKZTzkV0
>>407
日本近代史についての資料など一冊も読んだことなく、死ぬまで読む気なんか更々ないでしょ。

何で世間の人たちがみんな、自分なんかよりも何百倍も昭和史について詳しいのか、
何が何だかさっぱりわからずにいるでしょ。

411 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 03:15:02.25 ID:QIeW6+A80
米国はいまだに独立戦争を戦っており内戦中でもあります
コミンテルンなんつう噴飯もののインボー論に欠片ほどの現実性があるとすれば
それはイギリス支配階級の自作自演のおもちゃです

莫大な不労所得を独占することへの当然の批判と
中低所得者層の生活のためのごく自然で切実な条件闘争に対し
共産主義者ガー、コミンテルンガーと鼻クソほじりながら
中身はないが便利なイデオロギーのレッテル貼りによって
壮大な物語と仮想敵を創出する事で矛先をそらし、既得権を守り通したのです

第二次世界大戦での英国の同盟国は中国とソ連です。この事実をよーく噛み締めてください
敵国はドイツと日本です。自分を脅かす後発同士を戦わせることで自分の地位を守りました
さらに米国を乗っ取り、その他力本願によって、イデオロギー冷戦という
新旧同盟国間の完全な分断統治戦略を実現させました

英国支配層はインドは自分、中国は米国というアジア分割統治の餌で米国を釣出しながら
ウィリアム・スティーヴンスンやダレス兄弟などを使ってルーズベルトをポア、一派を駆逐
約束を完全に反古にし、焦土作戦によって米国とマッカーサーを大陸から追い出し
香港とシンガポールをキープすることに成功しました

412 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 03:24:14.22 ID:4gSUsSz20
>>410
小学生4年生の女児にエロい事させて、あえぎ声を録音するような
横浜、新山下のロリコン犯罪者は死ねばいいのに



46 :名無しさん@13周年[]:2013/09/21(土) 01:06:25.93 ID:yslWLe680
>>45
その子は、俺から部屋のカギを受け取って「わーい、もらっちゃったー」と無邪気に喜んでた。
部屋の風呂場で何度も顔に小便かけた。

54 :名無しさん@13周年[]:2013/09/21(土) 01:16:13.94 ID:yslWLe680
>>53
中二の子の方は、上のURL先の子とは別で、塾の個別学習の講師してた時の生徒の子。

58 :名無しさん@13周年[]:2013/09/21(土) 01:20:50.79 ID:yslWLe680
>>57
箱根のペンションまで一緒に行った。

親には「友達んとこにお泊りする」と嘘言わせて。

162 :名無しさん@13周年[]:2013/09/21(土) 21:43:03.34 ID:yslWLe680
>>161
んじゃ、いちばん好きな体位の話でもしようか。

俺は、ラブホのおっきな洗面台の前で、女を前に立たせ、
尻を突き出させ、俺の方から女の片足を持ち上げるようにして足を広げさせ、
下から突き上げるようなカッコでするのが好きだ。
目の前の鏡に二人の姿が丸見えになって、
女は恥ずかしがってうつむいたりするけど、
髪を掴んで持ち上げて顔を上げさせ、無理やり見せ付けたりさせる。

413 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 04:03:46.42 ID:ZKxK2Aqf0
調べると面白いんだよな
面白いって言っても言葉のあやで、笑ってられる内容ではないんだが
羽仁五郎とか、赤狩りでマッカーサーに追われて自殺したハーバート・ノーマンとかね
羽仁五郎ってのが共産主義者で日教組の設立者であり初代代表
戦後GHQ野本で制定された国立図書館法にも深くかかわってる人物
調べるとすぐわかる事だがその羽仁五郎はソ連のスパイの尾崎秀実にもH・ノーマンにもつながってる
かなり密接にね
ノーマンはノーマンで戦後、獄中の羽仁五郎はもちろんのこと、共産党の徳田球一や志賀義雄にまでわざわざ会いに行ってたりね

414 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 04:06:04.72 ID:kCXfDX+k0
コイツが4期もやらなけりゃ起きなくてイイ戦争は幾つかあった。
ヤルタ会談とか最悪だろw

415 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 04:08:11.11 ID:Xlu9t49r0
ルーズベルトはコミンテルンに乗せられて日本潰しに走ったと言うよりは、
最初から日本潰しが目的でコミンテルンに相乗りしただけじゃないのか

416 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 04:08:39.25 ID:9unC1hXm0
【韓国】 ルーズベルト「私は日本が韓国を手に入れるのを見たい」

「私たちは米国を兄のような存在と考えています」。高宗(コジョン)が1897年に韓国公使に赴任した米国人アレンと面会しながら述べた言葉だ。
高宗はアレンを通して米国の支援を切実に訴えた。米国公使館で保護してほしいと2度も頼んだ。 2度とも拒否された。米国の考えは違った。

 「私は日本が韓国を手に入れるのを見たい」。セオドア・ルーズベルトが副大統領候補時代に友人に送った手紙の一部だ。
ルーズベルトの日本愛はさらに深まる。「東洋の発展は日本の使命だ。 日本の勝利は世界の幸福だ」。日露戦争の直前に述べた言葉だ。
ルーズベルトは白人優越主義者だ。唯一の例外が日本だった。有色人種のうち日本人だけがアングロサクリンと同じ文明人だと見なした。

http://unkar.org/r/news/1245925685

417 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 04:09:30.97 ID:CIj7+FMY0
もともとアメリカも経済圏の囲い込み競争には出遅れてたんで、
戦後の流れは、アメリカにとっても好都合だったとは思うけどね。

ただ、経済圏の運営方針を廻って、
大陸型と海洋型で冷戦に突入しちゃったんだわ。

418 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 04:23:42.09 ID:ZKxK2Aqf0
近衛を自殺に追い込んだのはハーバート・ノーマンなんだよ
日ソ中立条約締結後のゾルゲ事件発覚といい
終戦後の近衛の自殺といい
ソ連に都合が良すぎだよね

419 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 04:26:04.02 ID:C392m3fmi
日本共産党ってコミンテルンの日本支部なんだね

420 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 04:27:25.17 ID:wkXu0Fzf0
工作員に、中国人の姉妹がいなかったっけ?

421 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 06:34:19.27 ID:kok632huO
ルーズベルトは戦争しないと言って大統領になったくせに
アメリカ人を戦場に送った
多選禁止があるのに何期も大統領をやった鬼畜野郎

422 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 06:37:21.43 ID:sx+kF8bq0
アメリカが日中戦争に中立だったらどう戦争が決着したかな

423 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 06:40:07.19 ID:CIj7+FMY0
日本が中華民国と講和したがってるの分かってて、
重慶政府に裏から支援してたじゃん。

それでインドシナから撤収しろとか言われりゃ、
こりゃダメだって思うわな。

そもそもフランス領インドシナに日本が進駐したのって、
援蒋ルートの遮断が目的でしょ。

424 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 06:42:15.12 ID:wjWxk4sG0
>>413
ハリーホワイトも鍵だ。ホワイトはソ連コミンテルンのスパイであったことが、
ベノナ文書により確認されている。
1941年、ルーズベルト大統領時代のアメリカ合衆国の財務次官補として
ハル・ノートの草案作成に携わった。この時、「満州を除く中国から撤退しろ」を
「中国から撤退しろ」に変更した。これで日米開戦になった要素がある。
下院非米活動委員会に出席した三日後、ニューハンプシャー州の自分の農場にて
心臓発作により死去。これはジギタリスの大量服用による心臓麻痺で、
自殺だったと言われている。

425 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 06:43:14.64 ID:zrim1sRv0
日中戦争という呼び名からしておかしいけどな
国民党の継戦能力は全て英米の下支えによって維持されていたわけだし

426 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 06:45:22.47 ID:kok632huO
>>420
宋一族、ショウカイセキ夫人の宋美齢ね アメリカで国民党の反日プロパンガンダやってた

アメリカ育ち、キリスト教徒、大富豪の上流層、東洋美人、英語ペラペラ

東洋の神秘、キリスト教徒というだけでアホなアメリカ人は騙される(笑)

427 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 06:47:10.95 ID:jG1aq+yW0
>>1
キリスト教系人道団体ね・・・・・w

428 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 06:50:18.34 ID:wjWxk4sG0
>>417
アメリカは、戦後の流れは失敗だとして路線変更しているよ。
中国が共産化するとおもってなかった。
だから、共産化を予想出来なかった中国やアジア方面の外交官を全てクビにして
入れ替えた。
赤狩りも同時期だ。アメリカは戦後にはルーズベルトがコミンテルンに操作された事を気づいたんだよ。

429 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 06:52:07.18 ID:kok632huO
アメリカが国民党を裏から支援しなければ支那事変なんて停戦してた
首都南京を落として三漢を落とした時点で日本の勝ちなんだよ

430 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 06:54:23.33 ID:14nPo2Wk0
田中覚書も、中国の偽作だったんだよな。
これで日本は世界征服をたくらんでいるという濡れ衣を着せられてしまった。

431 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 06:55:48.95 ID:vN3rSVI6O
>>10
作れるの?

432 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 06:58:41.82 ID:CIj7+FMY0
これか、
http://www.youtube.com/watch?v=0ONJfp95yoE

433 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 07:00:34.66 ID:zrim1sRv0
>>430
国民党が何を言ったところでそれが世界に広まったりはしない
嘘を広めた黒幕は別にいたわけだよ

434 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 07:13:53.41 ID:kok632huO
日本政府内にアヘン中毒者がいたからアヘンをやって
田中メモランダムを入手したとか(笑)

考えることがシナ人の発想だろ(笑)

435 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 07:15:42.65 ID:CIj7+FMY0
台湾でアヘン根絶するのに、
免許制にして徐々に減らすとか、
どんだけ苦労したか。

436 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 07:19:28.69 ID:tU3HzOLuO
>>24
>馬鹿で力だけはあるアメ公が諸悪の根源だな

ところがアメリカマンセーな産経は中国にそそのかされただけだと未だに信じているからタチが悪い

437 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 07:24:11.19 ID:kok632huO
植民地時代の欧米列強、特にイギリスは鬼畜

438 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 07:42:54.29 ID:wjWxk4sG0
>>424
ヴェノナ文書による当時の赤狩りの実態やチャイナハンズについては
これを読むのが日本語ではいちばんいいよ。

http://www.gsim.aoyama.ac.jp/~fukui/VenonaSummary.pdf

439 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 10:17:00.60 ID:Qmv8djXA0
ルーベ

440 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 11:56:10.28 ID:g/s5MEGQ0
>>1
【社会】消費税増税で物価上昇が見込まれるので、生活保護費の引き上げを検討
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1380936203/

441 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 16:17:56.77 ID:W3syfvrI0
>>438
これを読んだら近現代史の見方かわるな。20世紀は共産主義の世紀だったんだな。

442 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 18:06:48.03 ID:tfDcb2me0
ゾルゲ事件というのも合ったな。

443 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 22:15:53.52 ID:Nkb5fGH10
>>393
抗日の闘争目標を日本一本にしぼったのはドイツではなく蒋介石だよ。
中国における西安事件と国共合作というターニングポイントは世界史の基礎の基礎だけどなあ。
日本との国境紛争を抱えてたソ連の指示を受けた八路軍等中国共産軍勢力だけどな。
ドイツとしては親中・親日路線による対ソ包囲で行きたかったが祖語が起きた。

ゼークトは上海事変からではなくだいぶ前から中国に入って中国の共産主義勢力と戦っていた。
ドイツの軍事顧問であるゼークトが、毛沢東一派を壊滅寸前に追い込んで長征に追いやったところ、
西安事件が起こり国共合作が成立、蒋介石は中国共産党と和解し抗日に変更したんだよ。
おかげでドイツのインフラも軍事顧問も対ソから対日に使われた。
これでスターリンと毛沢東が大喜び、かくしてアジアで共産主義が増長したわけ。

444 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 22:21:57.17 ID:wjWxk4sG0
>>442
結局ゾルゲとか朝日新聞社の尾崎秀美とかは近衛と組んで
日本を対米戦争に誘導したんだよな。これでソ連は対ドイツ戦に
専念できた。大体近衛自体がコミュニストといっていいし、
元老西園寺の息子の西園寺公一なんてゾルゲ事件に連座して
戦後は、中国に移住だもんな。それで大臣級の扱いになって日本に帰国すれば
文化大革命を礼賛。明確に売国奴だよ。
近代史を読み直して今後にいかさないとだめだな。
結局朝日新聞は当時から、徹底して反日だったんだよ。

445 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 22:29:19.73 ID:2GCuUG4N0
>>441
リデルハートの「第二次世界大戦」も似たような結論だわw

446 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 23:20:04.25 ID:9EOcOn5U0
西園寺公一の息子西園寺一晃は中国で紅衛兵やっていたそうだ
後朝日新聞に入る。

造反有理!!打倒有産階級共産党官僚組織及人民拘束軍!!

447 :名無しさん@13周年:2013/10/08(火) 23:51:03.37 ID:Nkb5fGH10
>>441
貧困問題と内容を確かめないイデオロギーに騙されやすいおバカさんが
コロっと騙されてただけなんだけどね。

政治的な内実の伴わないものにも拘らず、
それを隠すため共産主義国は鎖国していたので内情がよくわからず
無知や貧困ゆえ騙されてしまったロシア人も含めて。今でも発展途上国ではそう。
当時からジョージ・オーウェル先生は痛烈に批判してたんだけど、イデオロギーの持つ嘘が勝利してしまった。

もし情報化社会である現在の北朝鮮同様、ソ連の実態が広くわかってたらそうはならなかった。

>>445
ウェデマイアー回想録
「第二次大戦に勝者なし」

448 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 00:00:01.15 ID:CIj7+FMY0
ドイツの立場からすると、

ロシアへの警戒感から、
反対側の国である中国と日本に投資したら、
日本と中国の仲が悪かったでござる、

くらいに考えときゃいいかな。

449 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 02:36:18.30 ID:YBeRNhol0
>>444

昭和研究会には、佐々敦之の親父もいたし、昭和研究会のメンバーを集めたのは
戦後GHQのエージェントとなり、日本版CIAをつくろうとした緒方竹虎。
その息子の嫁が緒方貞子。

本当の黒幕の一人は緒方竹虎なんだろうけど、こいつが情報局総裁の時に、
新聞社の劣等感と自己顕示欲の塊の記者上がりの論説委員あたりの連中を
審議委員にする仕組みをつくって戦後ずっと甘い汁を啜っているから、批判
されないでいる。

450 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 05:29:16.61 ID:Onc3XE5b0
>>449
朝日新聞こそGHQによって解体されるべきだった。
社長なんて戦犯になってもいいぐらいだ。
でも、GHQがしなかったのはGHQの戦犯指定などの知日派の日本語がわかる
ハーバード・ノーマンが、コミンテルンのスパイだったから。

451 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 05:37:27.39 ID:NJWVZajB0
馬鹿かスパイか愉快犯

452 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 05:41:10.10 ID:Onc3XE5b0
>>450
ハーバード・ノーマンは軽井沢生まれのカナダ人。ケンブリッジ留学中にイギリス共産党に入る。
カナダ外務省に入る。昭和15年東大に留学。
憲法起草予定だった近衛文麿を戦犯指定するように進言。
近衛文麿は、近衛上奏文にあるように日米開戦がコミンテルンの陰謀だったと
昭和18年ごろに気付いていた。
ノーマンは最後は、赤狩りから逃れてカイロで自殺。

453 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 05:48:56.59 ID:Onc3XE5b0
>>452
ノーマンは、日中戦争開始後は、アメリカ国内で反日活動を繰り広げた。
日本に石油を売ってはならない、中国から撤兵しろなど、
二ユーヨーク・ボストン・フィラデルフィアなど東部の主要都市で反日集会を開催し、
昭和14年のアメリカによる日米通商航海条約破棄を大きく後押しした。

454 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 06:01:23.27 ID:yIqqgN40P
>>146
ほんとそうだよなー
どんだけアメリカは損してるんだよ。

455 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 06:26:39.50 ID:Onc3XE5b0
>>454
本当そうだ。アメリカは、戦後赤狩りしたから一部はコミンテルンの影響は残ったけど
排除できた。
また、ソ連崩壊後にヴェノナ文書などで赤狩りで疑惑を掛けられた人々が、
コミンテルンのスパイだったことが明確になった。
どころが、日本はまだ、コミンテルンの影響を認める歴史見直しがないから
朝日新聞なんかが影響力を振るっている。

456 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 06:48:21.05 ID:WDzjikhc0
>>428
国共内戦下においてアメリカは「何故か」路線変更して国民党から中共に乗り換えるんだよな。

457 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 06:53:27.33 ID:31RIgyh+0
ハーバート・ノーマンは日本にいた頃に
羽仁五郎から色々と吹き込まれたんだろうね
尾崎秀実も同じ
羽仁五郎に色々と吹き込まれてる

458 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 07:02:34.15 ID:rtPz/jdI0
>>1
>日米分断策動に乗らないよう

(´・ω・`)ルーズベルトをなんだと思ってるんだ。

459 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 07:11:50.19 ID:O/awtsnnO
>>146
大東亜戦争は
日米ともに損をしてる

日露戦争後の理想形は日米英のラインで同盟を組むべきだった

もし歴史が逆戻りできるなら
小村寿太郎に桂・ハリマン覚書の一方的破棄をさせない

日本は米国資本と共に満州開発をすべきだった

460 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 07:12:24.22 ID:ldPJ7RuH0
>>454
アメリカでは、これらの事実は直視されず、対日戦争は良い戦争、
ルーズベルトは史上最高の大統領との評価が定まっている。

バカは死ななきゃ治らないとは言うが、アメリカ人の愚かさは死んでも治らないようだ。

461 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 07:17:41.59 ID:S2lPh2Lq0
大東亜戦争って、アジアにおける共産革命だよな。戦後に誕生したアジア諸国を見れば一目瞭然。

462 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 07:29:50.47 ID:HoeDLH4N0
中川八洋先生が泣いて喜びそうな話題ですな

463 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 07:33:00.95 ID:hwfnzABh0
>>415
俺もそう思う。
チャーチルやルーズベルトのような英米のリーダーは、日本を叩き潰す
という明確な意思のもとに、ソ連を利用したんだと思う。
ソ連の共産主義に「のせられた」というより、単に、彼らの戦略にとっても
ソ連にとっても、利害が一致しただけだろう。

アングロ=サクソン国家というのは、騙しあいで、一方的にだましたり利用
できるほど生ぬるい相手じゃない。
そんな民族が、歴史上の二大覇権国家を続けて作り上げ維持することができるわけがないのである。
連中が話にのっかるときは、必ず連中にも打算がある。

464 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 07:41:30.01 ID:WDzjikhc0
>>463
結果、大英帝国は海外領土のほとんどを失い、
アメリカはソ連の共産国家を乱立を容認して冷戦突入
これで「利害が一致」とは策士にもほどがあるな

465 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 07:51:12.00 ID:jNEqdEel0
>>464
大英帝国はどっちにしろ崩壊しただろ。ドイツとの戦いで疲弊したんだから。
少なくともソ連と「噛み合わせた」おかげでイギリスの負担は減ったほうだと
思うけど。ソビエトとドイツが「地獄の独ソ戦」を演じてくれたおかげで
両方の死傷者、それぞれ1000万人だぞ(日本は太平洋戦争全期を通じて官民
あわせて「たった」の300万人しか死んでない、一方、ドイツとソビエトは
それぞれ1000万人死んでる。どれだけ地獄を展開したかわかろうというものである)。

もし、ソビエトが中立をたもってヒトラーと真正面から戦い続けるのがイギリスとアメリカ
だけだった場合、イギリスのしんどさは、現実に起こった歴史よりとてつもないものになったはず。
ソビエトが連合側で参戦せず、欧州戦線のほとんどをイギリスの独力で受け持った場合、
大英帝国の疲弊と衰退は、現在より遥かに進んでたろう。

466 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 07:53:46.82 ID:Onc3XE5b0
>>463
結局、戦後の結果から見れば、アメリカの敵は、アメリカ国内の容共勢力だったんだよ。

基本、アメリカは資源も土地もあるから第二次大戦前までは
モンロー主義で海外進出の国民世論は全くと言っていいほどなかった。

これを日本を石油禁輸などで痛めつ、日本国内でも朝日新聞などに
国民世論を操作させて真珠湾攻撃させることで日本から戦争を仕掛けさせ、日本と戦争させ
さらにドイツとも戦わせた。

で、結果として、アジアでの防共の壁だった日本をつぶして、
中国が赤化し、ベトナム戦争にはまったしまった。

これがわかったから、戦後アメリカは赤狩りをして容共勢力を一掃しようとした。
また、日本も逆コースで再軍備する方向で国力増強も認めた。

これが真相だ。

あとアメリカ国内の容共勢力とは民主党でルーズベルトも民主党。
いまも民主とのオバマはアメリカを解体する作業をしている。

467 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 07:58:58.66 ID:r/gjkESti
戦争に負けるとコミンテルンのせいにするジャップw

468 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 07:59:19.94 ID:N2ugnumx0
>>3
南トンスルランダーとかは、中国に裏で尻蹴られてやってる印象もあるがなw

469 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 07:59:59.00 ID:Onc3XE5b0
>>465
詭弁だな。すべて妄想の域の仮定だ。

470 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 08:08:44.79 ID:fqU8FnLY0
>>466
>アメリカの敵は、アメリカ国内の容共勢力
どうだろ。チョムスキーやスティーブン・ペレティエなどの意見では、アメリカの反共ってのは
単に「アメリカにとって気に食わない」という程度の意味にしか思えないそうだが。
実際に共産主義かどうかではなく。気に食わない連中に「あいつらは共産主義者だ」と
レッテル張って自分の覇権の邪魔になりそうな連中をつぶして回ってる。
1960年代以降、アラブで次々と民族主義が台頭したときも、最初は「ソ連が裏で手を引いている、
あいつらはアカだ」と言ったそうな。
ソ連が滅びて、共産主義が脅威、あるいは共産主義の手引きという説明が効果を
発揮しなくなってから、イスラム原理主義という説明に切り替えたが、
最初はイラン革命もイラク革命も、ソ連のせいということになっていた。


たとえば目下、中国はもう共産主義をやってるように見えないが、だからといって
中国がアメリカの覇権に挑戦する姿勢を見せたとき、アメリカが「お前は
年々、新自由主義っぽくなってて、もう共産主義っぽくないからOK」と言うかっ
つったら、絶対言わないと思うんだよね。

共産主義への期待が剥がれた結果、今の世界で、まともに共産主義をやろうとしている勢力
があるように思えないけど、それはそれで、アメリカはテロとの戦争だとか自由主義への挑戦
だとか、どうとでも理由をつけて、自分の覇権を脅かしそうな奴には圧力をかけて回る
だけだろう。

アメリカが本当に主眼にしてるのは「俺の世界支配に邪魔かどうか」だと思うよ。
アカくなければ、アメリカ以外の国に覇権の委譲を許すかというと、まず間違いなく許さない。

471 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 08:23:30.50 ID:JMHFHEEXP
>>25
ホワイトボーイを50万人ほどミンチにしてようやっと気づいたんだから進歩と言えるだろw

472 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 08:34:39.53 ID:S2lPh2Lq0
>>465
大英帝国の勢力図をそのまま認めるから、ドイツが生存権を東方に獲得することを
黙認しろという演説をヒトラーがする。それを、大英帝国が無視。ヒトラーは東方
の生存権獲得の為に独ソ戦を始める。。。

473 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 08:42:26.11 ID:8CmGMXlr0
>>472
生存権獲得とかいうドイツの言い分を認めてドイツの欧州侵略行、ひいては
ヨーロッパに大ドイツ帝国を打ち立てるのを黙って指加えてみてろと
言われて大人しく引き下がってたら大英帝国は「大」の看板さっさと外した
ほうがよかんべ。

474 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 08:48:11.67 ID:A4n5+phk0
生存権じゃなくて生存圏な。
ただ、これってやられる側にしてみればムチャクチャな話だと常々思う。

中国が「俺らの国には自前の人口を食わし産業を養っていくだけのリソースがありません。
つきましては我々の生存圏(レーベンスラウム)を確立するために、周辺国を侵略していき
最終的には東アジア全域を支配します」
とか言い出したら、「それって完全に中国の都合だろ、アホか、お前の生存圏のために
なんで俺(日本でも韓国でもモンゴルでもインドでもマレーシアでも、中国周辺の好きな
国の名前を代入)がお前らに服属せにゃならんのだ」と他の全員が思うのと同じこと
言ってるからな。
当時のドイツ人はマジキチ。

475 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 08:50:01.52 ID:EenmELMJ0
■台湾海峡危機(たいわんかいきょうきき)は1950年代から1960年代にかけて中華人民共和国(中国大陸)と中華民国(台湾)の間での軍事的緊張が高まった事件の総称。3度にわたり緊張が高まったが、アメリカの介入などにより全面戦争に発展することはなかった。

なお1995年から1996年にかけて、台湾総統選挙に伴い発生した軍事的緊張に関しては台湾海峡ミサイル危機と称されている。

■原因

第一次、第二次台湾海峡危機のいずれも、中国側の動機は、アメリカとの軍事緊張を作ることで、ソ連に原爆製造技術の供与を要請するためだったという説がある

476 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 09:02:19.65 ID:UiMoqO3F0
>>461
大日本帝国というでっかくなりつつあった脅威をバラバラの断片に分解したという表現もできる。

台湾、南北朝鮮、満州、日本本土。戦争前、これらは基本、全て日本が制圧し
影響下においてあった地域だけど、戦争が終わった後には、台湾は国民党、北朝鮮は金日成と韓国は李承晩
がそれぞれ別個に独立、日本は日本本土、満州は中国本土に編入されたことで5分割されてる。

2chではよく「中国を三つぐらいにわければ丁度いい」とか「あそこはバラバラに
なるべき」って意見や願望を聞くけど、
これを、願望や意見といったレベルで終わらせずに、大日本帝国に対して「実行」した
のがアメリカの凄いところ。

台湾、北朝鮮、韓国、満州、日本列島、戦後、これらは全て別々の国になった。
大日本帝国が手に入れてた領域を、5分割したわけで、ある意味凄いことだと思うわ。
一つの帝国領域を魚を捌くようにいくつかの断片に解体したわけだ。

477 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 09:08:06.26 ID:S2lPh2Lq0
>>475
いやいや、大日本帝国はもっと分割されてるよ。日本本土も、西側連合国で分割している。良く
日本はドイツの様に分割されなくて良かったと言われてるのは真っ赤な嘘。
それより、中華人民共和国を筆頭に、北朝鮮、モンゴル、それから東南アジア諸国の殆ども米英
の影響かに無いところは社会主義国として独立している。

478 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 09:11:43.75 ID:2OudR57z0
 
>日本側も当時の若杉要・在ニューヨーク総領事が反日宣伝の実態を把握し、機密電報で
>報告していたが、政策に反映されることはなかった。

 これは無能の極みだわホント・・・・・。

  戦前って、「日本軍が無能」じゃなくて、そもそも軍を支える「日本政治」←それを扇動すべきマスゴミが無能だったんじゃねーの(´・ω・`)?

 そして、そのマスゴミと政治の体質は基本的に戦後今まで殆ど変わっていない・・・・・。

 確か、いわゆる「南京大虐殺(笑)」の宣伝戦についても、当時南京で酷い暴虐が行われていると宣伝されているとの
情報に対して、『「常識的に考えれば」そんな馬鹿な話を誰が信じるかwww』とか相手にせず放置したんだよね。その結果が今のコレ。

 これを教訓として活かすなら、今ネラーが敏感に反応して叩いている、中韓の各種反日宣伝の動きに機敏に対処する体制を政府の
責任で確保すべきじゃないのかね、と。
 あーもちろんドン臭い官僚が「いちいちそんな小さな個別案件に対応できっかクソwwww」という「言い訳」はよ〜〜くわかる。だから、
「体制を整備しろ」と言っている。ヒントは韓国のVANKな。政府が直接動かなくとも、予算さえ投入すればどうにでもなるんだぜ?政府
関係者さんよぉ。

479 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 09:24:23.32 ID:UiMoqO3F0
>>477
>東南アジア諸国の殆ども米英の影響かに無いところは社会主義国として独立している
ここは面白い部分だと思う。
なぜならソ連が崩壊して社会主義の意義が半ば否定されたに等しい状況になった今、
「社会主義」の体裁をとって植民地独立闘争をした東南アジア諸国は
どういう心境なのかとても興味深いから。

少なくとも、自分らが信奉したのが負け犬のイデオロギーであることは
冷戦の結末、ソビエトの崩壊とベルリンの壁崩壊、西ドイツの圧倒的優位のもとでの東ドイツ併合
というものをまざまざと見せつけられたことでどうにも否定できぬ状況にあるはず。

共産革命の体裁をとって独立した国の現状、彼らの胸に、今、去来するものが
なんなのかはインタビューしてみたいと思うわ。
勝った連中はガッツポーズ決めればいいだけだけど、負け組についた方は、敗北した
部分となんらかの形で折り合いをつけなきゃいけないはず。

480 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 10:30:42.60 ID:1TxXIk6q0
米政府機関閉鎖と債務上限問題、今週が正念場に(ロイター) - Y!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131007-00000078-reut-bus_all

米国金融緩和終了で日本国債のバブル崩壊
http://blog.goo.ne.jp/humon007/e/d161f2b8ed307ecb733d7cf7709eabf4?fm=rss

オバマは、むこう時間の午後二時から緊急会見。
⇒President Obama will deliver a statement, answer questions at 2 p.m.
ET, the White House says.
https://twitter.com/KinositaKouta/status/387610961638477824

米国民の皆さん、ライフル片手にDCへ CFRへ 続々と集結してください。
米国デフォルトなら未曾有の大惨事−リーマン・ショック凌駕  
10月7日(ブルームバーグ):
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MUA2J16K50YE01.html
ワシントンDCのデモ情報。
今週末に全米のトラッック野郎どもがDCに集結して、大規模デモを行う予定なのはご承知だと思います。
Truckers Form Nationwide Strike on October 11–13 in Washington D.C.
http://intellihub.com/2013/09/22/truckers-form-nationwide-strike-october-11-13-washington-d-c/
ところが最新情報によると同時期に退役軍人さんによる「百万人DC大行進」が計画されているとのこと。
これはワクテカです。
BREAKING ONE MILLION VETERAN MARCH ON DC OCTOBER 13TH! MAKE VIRAL!
http://investmentwatchblog.com/breaking-one-million-veteran-march-on-dc-october-13th-make-viral/#8T6fIKSUrivrywhj.99
トラッカーも退役軍人さんも男の中の男。
悪徳警官などの卑劣な妨害にビビるタマではございません。期待しましょう。 wombat2013/10
http://richard(輿水)koshimizu.at.webry.info/201310/article_67.html

481 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 10:56:50.27 ID:OXcNVeMx0
>>466
結局のところ昔も今もアメリカは共和党政権のほうがアメリカにとっても日本にとってもベストなのかも。
アメリカが民主党政権になっていて得するのは中共や韓国だけだろう。
オバマ再選の裏に中共や韓国のロビー活動もあったかも知れない。

今韓国はアメリカで反日活動をやりたい放題やってるけどそれが可能なのも民主党政権だから。
共和党政権ならば絶対出来ない。

482 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 11:28:59.68 ID:B30hGrsy0
>>474
スーパーハイパーインフレで発狂したのは確かだろう。

483 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 11:37:57.08 ID:3SGr1S8C0
>>467
アメリカにも負けたが、戦う前からコミンテルンにも負けていた。2重の敗戦だった。
日本は思想戦やプロパガンダ戦には弱国であることは完全に認める。
その上で、今回も同じような攻撃を受けているからそうならないように自戒しているのみ。

484 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 11:40:15.96 ID:3SGr1S8C0
>>481
そのとおりだな。アメリカは、政権が変われば行政もリボルビングドアで入れ替わる。
その政権の方針で不連続に対外政策も変わってくる。
共和党のアメリカと民主党のアメリカでは全く違う。
「アメリカの意図」というテーマで議論するのは場合によっては思考停止となる。
特に開戦前の状況はもっと細かく事実に基づいて見ないといけない。
ヒトラー前のドイツとヒトラー後のドイツが「ドイツの意思」として議論しても意味がないのと同じ。

485 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 11:49:24.63 ID:3SGr1S8C0
>>472 >>473 >>476
第二次大戦の結果は、アメリカはアジアの共産を防げず自分の勢力圏外に
イギリスは、植民地を喪失。これが結果。
そして、アメリカでは戦後、赤狩りを行ってGHQのハーバード・ノーマンや
財務省のホワイトを追及。彼らは逃亡して自殺。
ソ連崩壊後には、ノーマンやホワイトがスパイだったことがヴェノナ文書で判明。

486 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 11:51:37.46 ID:3SGr1S8C0
>>485の続き
日本でもゾルゲ事件などで朝日新聞の尾崎秀美やらコミンテルンのスパイがつかまり、
近衛は近衛奏上文でコミンテルンの操作で日中戦争から対米戦争に至ったことを
陛下に主張。終戦後近衛はGHQのハーバード・ノーマンの示唆で戦犯指定になり自殺。
これで、コミンテルンの影響でなく、アメリカの意思で日米開戦なんて変だろ。

487 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 12:07:32.14 ID:S2lPh2Lq0
近衛上奏文は、かなり正しいと思うね。軍部内の革新派は相当数でしょ。そうじゃなきゃ、
国共内戦に向けて関東軍があれだけ協力するとは考えにくい。人民解放軍の装備の8割が
日本製だぞ。

488 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 12:32:57.75 ID:NHkAjaaZ0
>>487
近衛上奏文は、革新派=国外左翼勢力の手先だとか言ってるわけじゃないよ。
実際の文章を読んだ?

489 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 12:39:48.40 ID:S2lPh2Lq0
>>488
軍部内の革新派は共産主義にシンパシーを持っていたってことでしょ。戦中は戦っていても、
敗戦が決まるや国民党軍ではなく人民解放軍に武器を流している。空軍は日本人が創始者だし
海軍も怪しい。国共内戦で戦車や飛行機に乗っていた者の多くは日本人でしょ。恐らく。
インドネシアやベトナムやミャンマーなんかと同じ。

490 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 13:03:27.55 ID:NHkAjaaZ0
>>489
「国民党を相手にせず」は、別に共産党に味方をするという意味じゃないよ。

491 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 13:06:27.57 ID:cBvJtk3E0
>>486
>終戦後近衛はGHQのハーバード・ノーマンの示唆で戦犯指定になり自殺。

ノーマンがコミンテルンだとは知らない近衛は、ノーマンは自分に好意的でノーマンが自分を助けてくれると期待していたらしいな。
それが裏切られて絶望して自殺だな。

492 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 13:07:11.32 ID:S2lPh2Lq0
>>490
戦後の話をしてるんだよw

493 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 13:25:19.17 ID:ZU2YhtGE0
チャーチルも片親がユダヤ人。

494 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 13:35:38.53 ID:ldPJ7RuH0
>>477
日本の領土は、台湾、朝鮮、支那、ロシア、アメリカ、フィリピン、ベトナムなどによって、分割されている。
日本が立ち上がれば、これらの諸国は、日本からの旧領奪還に対抗して、手を結ぶだろうから、
油断のならない仮想敵国として、日本は認識すべき。

495 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 13:46:12.48 ID:NHkAjaaZ0
>>492
わけわからん。戦後の軍部って何よ。

>>494
病院に行けよ、キチガイ。

496 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 13:51:23.39 ID:S2lPh2Lq0
>>495
残留将兵は革新派が多かったんじゃないの。実際、日本でも社会主義革命は部分的には成功してるよ。
財閥解体、農地解放、財産税といったもので、ほぼ、226事件の首謀者の主張通りの社会にはなった。

497 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 13:58:55.68 ID:S2lPh2Lq0
華族制度の廃止もか。結局、ほぼ「日本改造法案大綱」通りの日本になったよな。

498 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 14:13:20.54 ID:NHkAjaaZ0
>>496
二行目はその通りだけど、それをやったのはGHQで、
GHQがそれをやっていた間、旧日本兵はこういうことをやっていたんだが。
http://www.youtube.com/watch?v=wfe4JCFKFTg

499 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 14:21:06.05 ID:aMvdRF2L0
というかこの中国(蒋介石、毛沢東共に)とアメリカの橋渡ししてたのが
野坂参三その人ではないのかい?
張学良の第二次国共合作後にアメリカはソ連の脅威もあるし(当時から中ソは仲悪い)
毛沢東に書簡送っていて、最初に毛沢東がルーズベルトから書簡受け取った時
嬉しさで小躍りしてたという話もあるから何も不思議はないな。
対戦前、戦中に於いて蒋介石の国民党が共産党より勢力あった時期ですら
既に毛沢東とも通じ戦後の事も考えていたアメリカ、というかルーズベルト
のしたたかさ、恐ろしいわ。

500 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 14:42:10.66 ID:NHkAjaaZ0
>>499
当時の野坂は共産党再建で手一杯で、そんなことしてる余裕はないよ。

501 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 14:47:23.35 ID:YQTjtpy5O
あの、手かざすと鳴る奴か

502 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 15:12:19.29 ID:aMvdRF2L0
>>500
それは戦後でしょう。戦中は中国で活動していて中共の大会で
演説したりしている。
何年か前に毛沢東から「天皇の件は急ぐべきではない、国民に委ねるべきだ」
という趣旨、大会で演説する内容の確認を野坂氏が送ってそれを添削して
毛沢東がお繰り返した書簡が見つかっているよ。
反共左翼と言われている加藤哲郎氏が「毛沢東は日共は政権政党になり得ないと
推察していたのでは」という考察をしているが、それは自分も概ね同意で
勢いはあったにせよ社会主義政党だった民主党(当時の)のように政権には
絡んでないからね。

503 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 15:15:33.20 ID:np/zmYMa0
>>8
党が違うのも一因かと。

504 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 15:16:15.11 ID:hnvuJmHk0
>>493
ユダヤ人と言っても、ロスチャイルドだよ

505 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 15:47:45.02 ID:t1Vp5PIo0
アメリカは戦前から自由主義の皮をかぶった共産主義者だったんだな。
結局冷戦なんて共産主義者同士の内輪もめということか。

506 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 17:26:48.87 ID:CS7Qkpvm0
怖っ

507 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 19:32:35.34 ID:Onc3XE5b0
>>488
右の内特に憂慮すべきは、軍部内一味の革新運動に有之侯。
少壮軍人の多数は、我国体と共産主義は両立するものなりと
信じ居るものの如く、軍部内革新論の基調も亦ここにありと存侯。
皇族方の中にも、此の主張に耳を傾けられるる方あり、と仄聞いたし侯。

508 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 19:35:21.99 ID:Onc3XE5b0
抑々満洲事変、支那事変を起し、これを拡大して遂に大東亜戦争に
まで導き来れるは、これら軍部内の意識的計画なりしこと、
今や明瞭なりと存侯。満洲事変当時、彼等が事変の目的は国内革新
にありと公言せるは、有名なる事実に御座侯。支那事変当時も、
「事変永引くがよろしく、事変解決せば国内革新はできなくなる」と
公言せしは、此の一味の中心的人物に御座侯。

509 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 19:39:26.19 ID:Onc3XE5b0
これら軍部内一部の者の革新論の狙いは、必ずしも、共産革命に
非ずとするも、これを取巻く一部官僚及び民間有志(之を右翼と
いうも可、左翼というも可なり、所謂右翼は国体の衣を着けたる
共産主義者なり)は、意識的に共産革命にまで引ずらんとする意図を
包蔵しおり、無智単純なる軍人、これに躍らされたりと見て大過なし
と存侯。

510 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 19:41:37.74 ID:Onc3XE5b0
この事は過去五十年間、軍部、官僚、右翼、左翼の多方面に亘り交友を
有せし不肖が、最近静かに反省して到違したる結論にして、此の結論の鏡に
かけて、過去十年間の動きを照らし見る時、
そこに思い当る節々頗る多きを、感ずる次第に御座侯。

511 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 19:43:54.56 ID:Onc3XE5b0
不肖は、この間に二度まで組閣の大命を拝したるが、国内の相剋摩擦
を避けんがため、できるだけこれら革新論者の主張を容れて、
挙国一体の実を挙げんと焦慮せる結果、彼等の主張の背後に潜める
意図を十分看取する能わざりしは、全く不明の致す所にして、
何とも申訳無之、深く責任を感ずる次第に御座侯。

512 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 20:08:24.07 ID:zhz/BOdf0
>無智単純なる軍人、これに躍らされたりと

おれの親痔も陸軍の職業軍人だったけど、
若い頃は軍艦マーチにつれられてパチンコに夢中になってたし
死ぬ少し前まで凱旋右翼を見て、がんばれ!って喜んでいたな。

513 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 20:12:01.51 ID:TIXNoAnyP
経済が分からない将校には、
戦術を立てられても戦略は立てられない。

514 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 21:38:22.44 ID:Onc3XE5b0
>>500
野坂参三は昭和15年、毛沢東と接触して中国共産党の本拠地である
延安に渡る。 「岡野進」の偽名で八路軍と協力、
日本兵への反戦宣伝活動や日本兵捕虜の思想教育指導を行った。

515 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 21:41:18.57 ID:aMvdRF2L0
>>507
恥ずかしながら近衛上奏文初めて読ませていただいた
内容は非常に的を得ているが「おまえが言うな」感も個人的にはあるなw

そういやルーズベルトはいいタイミングで死んでくれた気がするw
彼が生きていたら戦後日本はどうされていたかわからない。
トルーマンは広島長崎に原爆落とした畜生だが、反共の意識が強い。
ルーズベルトが生きていたら朝鮮戦争もなかったかも。
日本は特需で早い段階に立て直す切っ掛けができ結果的にはよかったかな。
そういう意味じゃ幕末>明治の流れもあり神がかってツイてる国としか思えん

516 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 22:16:23.62 ID:12sH3sV20
>>496-498
http://whisper-voice.tracisum.com/?eid=140

このブログとその中でコメントしてる連中はGHQに文句言いまくってるけどそれを招いた遠因は226事件の首謀者だなんて思いたくないだろうね。

517 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 22:19:51.65 ID:r0hyCTTr0
青山がアンカーでも逝ってたが、米軍内部でもパンダハガー(親中派)が主流を占めつつあるんだとw
特定アジアのロビー活動の凄さに唖然だわw
日本は結局再び悪者にされて、米国に見捨てられて中国様の靴を舐める羽目になるニダw

518 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 22:47:13.24 ID:aQiR4nDLO
推理小説と同じ。日本人をテロ、暴行の対象にして日本軍が激怒、暴走に至る事を望んだのは?
日露戦争で権益を失ったロシアだろう。
上海で蒋介石の指示を無視して事態を悪化・拡大させた国民党の将軍は、共産党に高官として迎えられた。
何も変わっていない。気づいたアメリカは即レッドパージを実施したが、日本はスパイ政党に国政を数年委ねる能天気さだ。

519 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 22:56:54.37 ID:12sH3sV20
>>517
逆に言えば特アからしたらアメリカが民主党政権である今のウチにやれるだけのことはやっておこうという感じか。
オバマ再選の時の大統領選は特アが相当動いたんだろうな。

つーか特ア以外にアメリカが民主党政権のほうが都合いい国家って他にどこがある?

日本は明らかに共和党政権のほうが都合いいどころか「共和党政権でなければならない」レベル。

520 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 23:09:48.40 ID:3e8+pxER0
コミンテルンは日米両方の政治の中核に侵食してたんだな
日本は朝日新聞から尾崎秀実なんて毒送られて朝日新聞のシナリオとおりの
シナ事変継続泥沼化 ソビエトに矛が向かわないように対米戦争へ持ち込んだ

521 :名無しさん@13周年:2013/10/09(水) 23:53:44.59 ID:ZU2YhtGE0
マルクスに資金援助して資本論を書かせたのがロスチャイルド。
ニコライ王朝を倒すためにレーニン等に資金援助したのもロスチャイルド。
ということでコミンテルンのバックもロスチャイルド。

522 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 00:09:07.26 ID:7RID85VrO
「ミトロヒン文書」も有名だよな。

523 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 00:13:27.87 ID:zcow+lKY0
内なる特亜狩りを日々行うこと、
特亜の工作員のまき散らす意図的なデマを修正すること
特亜を日本国内に引き込もうとするあらゆる勢力の生命・財産を没収し根絶やしにすること


21世紀以降の、インターネット武士道のたしなみとしてとして、
みなさんが、暇つぶしもかねて率先して行う、ボケ防止の脳トレ兼ネット上の公共奉仕。

524 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 00:56:54.36 ID:O+LPA/Hz0
>>520
>ソビエトに矛が向かわないように

ここは南進だな
近衛内閣のブレーン組織内で南進を特に推進してたのが尾崎秀実
朝日もそれに追従し紙面で北進を否定し南進を推進してた
第三次近衛内閣は北進派を外して発足された
尾崎は日中戦争推進もしてたんだよね
そこで石原莞爾と対立してた
南進誘導は対米戦へ誘導するためだけではなく日独によるソ連挟撃を防ぐ為でもあった

525 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 01:03:28.17 ID:Yd9hdMrn0
蒋介石の嫁がかかわってたんだよな

526 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 01:09:57.74 ID:FO7jv88U0
宋姉妹

527 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 01:55:18.92 ID:qf3M1pNc0
515や226も裏で操られていたのかもしれないよね。

528 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 02:08:56.69 ID:UIGQ0PW00
>>527
大体、こうした事件の関連した右翼で知られる北一輝とか天皇制共産主義とでもいうべき体制を志向していた。
簡単に言えば、現在の北朝鮮のような体制。
また、近衛は政治的には大政翼賛会を作り、企業は統合して実際に日本を北朝鮮のような国にした。
ある意味、現在の北朝鮮は当時の日本がモデルといえる。
戦後も、三島を援助していた右翼の田中清玄は共産主義者から天皇主義者への
獄中転向組だが、三島と同時に全共闘も支援していた。日本の右は左でもある。

529 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 02:36:17.59 ID:KZOXrKHh0
単に国家社会主義でしょ。

不況で国家による積極的な介入が肯定されるようになって、
それはともかく、重商主義と結びつけばそりゃ商人を武士が支援する、

と言えば少し綺麗に聞こえるけど、
戦後、なんで財閥解体されたかとか、

TPPで国営企業をなんとかしろってアメリカが要求してるのも、
その経験があるからじゃないの。

530 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 02:47:51.68 ID:O+LPA/Hz0
統制派、皇道派両派が目指してた物は同じ社会主義体制
統制派は穏健派であり合法的に社会主義化しようとしていたのに対し
皇道派は天皇を国家元首と定めた上での社会主義を目指していて手段を選ばなかった
一見皇道派が右翼と見られがちだが、天皇陛下が国家元首と定められ絶対的な権限が与えられてたとしたら
間違いなく戦犯として裁かれ処刑されていた
結果論ではあるが共産主義インターナショナルによる敗戦革命とあわせて考えればこの辺も怪しくなってくるね

当時は世界恐慌後なので共産主義者が世界的に多かった
日本も例外ではなく世界恐慌とブロック経済のあおりを受けマルクス主義に傾倒する連中が多数いた
近衛なんかは代表的な例で、大学入り直してまでマルクス主義を学んでいる
共産主義に学び、日本なりに国家社会主義を実現しようとしてた所を共産主義インターナショナルにいいように踊らされたんだよ
東上英機なんかは社会主義に理解があっても決してソ連になびく事がなかったそうで
それを理由に周りの共産主義者からは毛嫌いされてた

>>529
>戦後、なんで財閥解体されたかとか

財閥を諸悪の根源であるかのように高らかに主張してたのがハーバート・ノーマンなんだよな
日本に在住してた頃に世話になってた羽仁五郎に叩き込まれたんだろうね
財閥だけではなく黒龍会や玄洋社といった右翼も槍玉に挙げられた

531 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 03:06:37.54 ID:KZOXrKHh0
だいたい経済の本質は貸し借りと清算の連鎖だから、
国際収支はゼロが理想だと思うんだけどね。

高けりゃいいってもんじゃないんだよ。

532 :M__Mw? ◆5/ElIiVBt.cV :2013/10/10(木) 03:20:44.84 ID:ELWrilGh0
>>1
まあ、コミンテルンの工作もあっただろうけど、一番強力だったのは、
蒋介石の妻だった宋美齢のルートじゃね?国共合作にも一役買ったシナw

民主党のルーズベルトは、徹底した親中反日野郎w
クズとしか思えんが、意外とアメリカでは人気があるんだよなw
日米安保は重要だが、アメリカが親日国と思い込むのは非常に危険w

533 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 03:26:09.53 ID:S7pCoWLw0
この間ふと思ったが、薩長閥の勢いが落ち国家社会主義体制を
目指す皇道派統制派が出てきた辺りから日本も共産主義者名乗る連中が
現れだした。
上述されている近衛さんが教えを請うた河上肇、野坂参三、宮本顕治、
それと昭和天皇にテロしかけた難波大助か、みんな山口県出身なんだよなぁ
これは偶々そうなだけなのか、それとも同郷同志の特別な繋がりなんか
あったんだろうか

534 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 03:39:50.68 ID:KZOXrKHh0
明治憲法で言ってる天皇主権って、

日本は天皇預かりであるから、
誰も勝手に日本を私物化するべからず、

ってことだぞ。

535 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 09:15:26.47 ID:cjrTiAfW0
【政治】安倍首相、中国・韓国首脳との対話模索「意見交換したい。日本は常に対話のドアは開いていると発信したい」
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1381065602/

536 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 10:56:12.72 ID:d7XCpZcl0
クズだな

537 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 11:11:55.55 ID:cFzgP3e/0
ルーズベルトは自国民に戦争にはしないと公約して大統領になり
その裏で戦争をするための工作をしていて日本をはめた
安倍の顔つきがルーズベルトに似ている
国民に嘘をついて騙している顔だ

538 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 11:38:57.77 ID:qf3M1pNc0
近衛は庶民には人気と期待感があったが、
人気取りぽい感じがして、今からみると
新体制運動を始めたりなどして、軽率
おっちょこちょいだったんじゃないかと
おもえるね。日華事変の拡大や、日中戦争の
停戦交渉を南京を落としたことで反古に
したりとか。
「人気」が支持される基盤だったからか、
尾崎などのスパイによる新聞の世論工作等
で操られてたりとか。
 敗戦後も自分が「まさか戦犯に指定されるとは」
というような自覚のなさだったし。

539 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 12:19:21.00 ID:70U+l7tM0
>>260
> 大陸ヨーロッパは、地政学上は「半島」だからね。

これは面白いご意見ですね。非常に興味があります。
どの本を読めば、このへんの勉強ができますか??

オススメの本を、何冊か教えてくださいまし。

540 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 12:21:13.50 ID:BrsPms6y0
>>539
学研ムー

541 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 12:21:50.71 ID:50GpDJYd0
日本の外交能力が劣ってたという話だよね
そのうち産経は天皇はコミンテルンに操られてたって言い出すかもしれん

542 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 12:21:51.99 ID:Udkz08SW0
>>538
戦後で近衛ににているのは、細川だな。
近衛とも親戚の貴種の坊ちゃん。
自民党から初めて政権交代を実現した。
あの時の選挙で現在の民主党の幹部などは当選した。
それ以来、民主党まで日本の政治は劣化の一途だった。

戦前では敗戦の責任は近衛で、戦後の混迷の責任は細川にあるな。

543 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 12:29:06.63 ID:+sUIK5O50
はやく憲法9条かえて普通の国にならないと

544 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 12:35:50.50 ID:Udkz08SW0
>>543
解釈改憲でもいいと思うぞ。9条にかかずり合っていて予算増や編成や装備の改善ができないくらいなら
9条はそのままでいい。9条の改憲派も護憲派もどちらのサイドも観念論になっている。
観念論では国は守れない。海兵隊創設と揚陸艦と潜水艦の増強による実体的な防衛力増強が重要だ。

545 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 12:36:28.83 ID:4WUgoMSSP
>>538
近衛自身が学生時代からの
熱心なマルクス主義者なんですけど。

546 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 12:57:51.74 ID:KqLovz6t0
志位 正二(しい まさつぐ)

志位正人陸軍中将の息子として生まれる。東京府立六中、東京陸軍幼年学校、陸軍士官学校予科を経て、
1939年陸軍士官学校を卒業。1944年陸軍大学校を卒業し陸軍少佐に昇進。
1945年4月、関東軍隷下の第3方面軍情報参謀に発令され、終戦を迎えた。

終戦後シベリア抑留にあい、1948年4月にソ連諜報員となる誓約を行い
モンゴルのウランバートルにあった「第7006俘虜収容所」において朝枝繁春、瀬島龍三、種村佐孝らとともに
諜報員、共産主義革命のための特殊工作員としての訓練を受ける。



こういう奴がたくさんいて、戦後ずっと「日本は悪い国だ!天皇制は差別の元凶だ」
とか言い続けた。

ところで、志井という名前にピンとこないだろうか?

547 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 13:11:16.49 ID:70U+l7tM0
>>321
> コミンテルンの報告書は、いかに自分たちが陰謀を成功させたかを大袈裟に報告してるだけ

そうそう。役人がトップに上げる「報告書」なんてのは、常に粉飾がつきまとう。
  ・失敗したときは、自己弁護。時代環境のせいとかにする
  ・運よく成功したときは、運のおかげじゃなくて自分の手柄を強調

悲しいことに、どこの役所でも、どこの大企業でも、同様ですよ。

548 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 13:18:34.55 ID:mYYllPX5O
ルーズベルトは
若い時から反日。
コミンテルン工作関係ない

翻訳家がルーズベルトの人種差別発言を知り、ショック受けていた。

549 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 13:42:55.91 ID:19k5leSjO
ロスチャイルドとロックフェラーとの間で方針の違いの調整がつかなかったんだろ
戦前戦後のチャップリンの動向が象徴的だろう

極めて親日的なチャップリンが訪日の際に
日本に居る過激派からの暗殺計画があったことに深い本質がある

550 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 13:45:53.67 ID:VOYDQJKwP
反日のルーズベルトは話にならないとしても、チャーチルは現実主義者で
日本に特に遺恨もなかったんだから、ドイツに苦戦してる頃に
イギリスとは交渉は出来たと思うんだが

551 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 14:34:29.56 ID:3S4XJZ8T0
>>321
いや別になにも大げさなことじゃなくて、赤狩りにあって自殺したホワイトやノーマン
がコードネーム付でスパイだったという記述だけで十分ですがね。
>>548
ルーズベルトは反日は事実でしょう。しかし、中国にはフライング・タイガースなど空軍の義勇軍を派遣していたから人種差別だけではない。
その上で、コミンテルンのスパイだったホワイトがハルノートの起草に
影響力を行使して、GHQも逆コース取るまでははニューディーラーが影響力が強く
戦前から反日運動をしていてコミンテルンのスパイだったノーマンなどが日本の弱体化・赤化を図ったという
事実が大事です。

552 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 14:56:00.13 ID:0qOyz0470
ルーツを言うなら、関東大震災が起きた年にまで遡らないと

553 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 15:00:58.84 ID:7N/v+WuSO
ルーズベルト時代は韓国は中国領土か草っぱらだったんじゃね?
何にない何にない全く何にない

554 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 16:47:24.70 ID:FA4kc7Y00
前大統領の「俺は確かに政治家としては駄目だったが、ルーズベルトみたいにイカレちゃいないよw」
という台詞が好きだな。

555 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 17:26:53.77 ID:Udkz08SW0
>>553
いや。結構普通に日本だったらしい。

556 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 17:36:05.97 ID:Udkz08SW0
>>546
志位委員長の伯父なんだね。
あと瀬島龍三は戦時中からスパイの可能性もあった。
常に日本が作戦の失敗をしていたのは現地の報告を無視していた。
特に、航空戦での戦果は過大になりがちでそれが楽観的な作戦を生み、敗北を連鎖させた。
そして、瀬島は過大な戦果を是正する正しい戦果についての情報があっても
大本営で握りつぶしていた。これは、大本営情報参謀堀栄三陸軍少佐の回顧録に記述がある。
そして、敗戦直前に満州に赴任し軍使で帰国可能だったのに残留し、スパイに。
こうして訓練を受けたスパイは、同様に訓練を受けた金日成のように赤化日本のトップになる予定だった。

557 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 17:52:39.10 ID:WL+R6zmu0
戦前戦中の米国の政権関係では、米財務省やOSS(CIAの前身)にコミンテルン関係が多かったんだよな?
満州の利権やシナ大陸の利権を狙う利権関係も無視できない。
対米戦まで至る一つにはハリマン事件以降の利権をめぐる破局もあるや、
ハリー・デクスター・ホワイトが書いたハルノートもある。

558 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 17:56:51.55 ID:s5b+IbFb0
瀬島龍三は東芝の工作機械ソ連に輸出させた張本人だと立ち読みした今月の雑誌に書いて
あった。
中曽根内閣頃までは日本は唯一うまくいった社会主義国家だったと言われる訳だ。
中曽根も統制派軍人の生き残りだろ。
風見鳥で最後に米国側についてソ連を倒したけど。

559 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 20:43:36.10 ID:s5b+IbFb0
個人的にはソ連共産主義の崩壊は、
黒人音楽と日本の家庭用電子産業(ビデオ)が効いたと思う。
あと米国のスペクトラム拡散通信技術の発明で通信傍受ができなくなったため
も大きいと思う。
共産中国崩壊には何が効くのかな?
そろそろ気をつけたほうがいいよ中国。

560 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 20:52:26.96 ID:ibBRSwik0
イギリスフリーメーソンに入っていた幕末明治の元勲や幕末時代の
江戸幕府とオランダ・フランス大東社メーソンとの秘密結社、イギリスと薩摩藩
長州5のユダヤ教∴マークマークの秘密結社などの秘密や日清日露戦争などの裏事情を
知っていた明治時代の人が大正時代までになくなって、昭和に入ると
幕末明治時時代の欧米との秘密謎結社や日本を中国満州に進出させてユダヤ満州帝国を作る計画など
いろんな裏事情を知らない東北の洗脳された馬鹿な数字軍人どもにクーデターを起こされて
それまでの日本と欧米の秘密結社が
断たれてしまったのが原因だ
宗教系や仏教系秘密結社は死ぬ間際でないと秘密結社の秘密を肉親なり後継者に打ち明けられないのだよ
だからこそ多くの中国欧米との講和派で中国や欧米との秘密結社を持っている犬養毅や
高橋是清などの秘密結社の議員が暗殺されたのかはっきりわかる
突然死だと次の後継者に自分が持っている秘密謎結社の秘密(どんな秘密結社に入り
何処に行ったら連絡できるかという秘密)をつなげないのだ
ということは日本人も反日韓国人や朝鮮人を突然殺せばいいわけだw

561 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 20:56:34.82 ID:59vltkEO0
>>1
この話だろ。

マスゴミは本当に、ネットに10年は遅れてるな。
http://www.youtube.com/watch?v=lS0u6as6KAM

562 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 20:57:44.96 ID:ibBRSwik0
大韓民国がなぜ日本にだけ攻撃するかという秘密を教えましょう
普通世界各国では大航海時代とか帝国時代の植民地化時代には
「自分の国が世界征服できるように」というような目的で
いろんな秘密謎結社をつくってきた
英国・オスマントルコ・モンゴル・ローマ帝国・ロシア帝国、大日本帝国
スペイン帝国・オーストリアハプスブルグ帝国・ドイツ帝国など
でも「大韓民国」秘密謎結社の目的・ゴールは世界征服やカトリックイエズス会の植民地計画プロテスタントや
ユダヤ教系ユダヤ人のフリーメーソンやテンプル騎士団やカバラ教徒とも違う
「日本を乗っ取り日本人を殺し日本人の土地や財産を奪い日本人に成りすまし
日本人に化けた韓国人や日本人と交雑した韓国人が韓国人の子を産んだ日本人夫や妻を殺し
だんだん韓国人の血統を濃くして日本を成りすましの日本人の隠れ韓国人が支配する国にする」というのが
「大韓民国」という秘密結社李氏朝鮮両班の李承晩が秘密結社国「大韓民国」を作った目的・ゴールだ
だがその「大韓民国の日本侵略の目的」がもう日本人にばれてしまっている
つまり李氏朝鮮の両班の「李承晩」が作った「大韓民国」という秘密謎結社は
元々
「日本を攻撃し日本人の土地を奪い日本人の資産を奪い韓国人が日本に偽装難民となって
日本に入植侵略し何世代にもわたって日本で韓国民団の指示のもとに日本人を暗殺したり
事故で殺して財産や土地を奪うために潜入しているスリーパー侵略エイリアンなのだよ
しかもほかの帝国主義国や大航海時代の欧米と違い「世界征服」ではなく

563 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 21:23:41.32 ID:0qOyz0470
これも参考にしてくれ
http://www55.atwiki.jp/staff-officer/pages/144.html

564 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 21:57:38.99 ID:K0GHAT1Z0
尾崎=コミュニスト=敗戦革命=大東亜戦争の認識が、かなり広まったようだ。

565 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 22:01:29.05 ID:K0GHAT1Z0
失礼、言い直す。
尾崎=コミュニスト=敗戦革命=近衛公=大東亜戦争の認識が、かなり広まったようだ。

566 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 22:06:53.99 ID:iFO6eKLX0
>>528
>>530
直接的にはアメリカや日本の革新官僚たちはソビエトの共産主義型ではなく、
ナチス型(=秩序型自由主義経済)を参考にしている。
ケインズ派がヒトラーに注目していたのは今では有名だと思うけど。

社会主義や統制経済のあいまいさから混同されがちだが、根底には大きな違いがある。
ソビエト共産主義では民間企業が統合ではなく全て潰され、財産や設備根こそぎ国にもってかれる。

ソビエト共産主義=私有財産の否定(生産手段の総社会化による全面国家経営)
ナチス=私有財産の肯定(リベラルな国家介入)

確かに世界恐慌直後の1930年代前半のわずかな時期は、ソビエト共産主義がうまく言ってるのでないかと注目された。
というのもソ連は鎖国していたうえ、さらに国内の移動も不自由にして外国には社会主義の成功を喧伝していたから。

ところがスターリンの演説発表とは逆に、外交ルートから報告されるのはソビエト国内の窮乏や惨状でスターリンの欺瞞がはっきりする。
ソ連国内は計画経済による無理な国営化と空理公論的な経営で、帝政ロシア時代よりも貧しくなり
大戦まで餓死や弾圧や粛清で2000万人もなくなっていた。

一方本物だったのが、1930年代中盤に失業問題を克服し軍需再建に手をかけ始めたナチスドイツで、
その統制経済に革新官僚たちは注目しはじめる。
ナチスは資本主義国であり、ソ連やのちの北朝鮮のような鎖国もしていなかった。これも大きい。

早速ケインズは理論をまとめて発表、アメリカの革新官僚たちはニューディールをナチス型に軌道修正し、
戦中はインフレを抑えつつ国民への富の還元に成功し超大国の礎を築くこととなった。
日本の革新官僚たちも、経済がヤミ化した戦中はうまくいかなかったが、戦後は資本主義陣営の一員として経済発展をとげる。
だがそれも何かと規制が多いと批判され、規制緩和の新たな潮流に飲み込まれようとしているが。

567 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 22:19:54.31 ID:v78zZeKM0
〜〜〜〜〜〜〜戦前の英米 謀略史観〜〜〜〜〜〜〜〜
満州事変は日本の関東軍石原莞爾らが首謀した事件だが。
張学良・楊虎城らによる蒋介石拉致監禁事件、西安事件は英米の諜報機関が演出した可能性もあると思う。
日本を日中戦争の泥沼に引きずり込んだ盧溝橋(ろこうきょう)事件も英米の諜報機関が関与した可能性もあると思う。
これ一種の英米謀略史観だが。アメリカは極東を日本軍による秩序で統一されるのを防ぐため蒋介石に盛んに資金援助をしていた。
現在も盛んに日中離反政策を行っているから戦前も諜報機関が動いていた可能性もある。
これ副島隆彦氏が書いていたような曖昧な記憶。

568 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 22:21:02.17 ID:RgGXt4/L0
尾崎をどれだけ過大評価してるんだよ!南進が尾崎や朝日の誘導だとかちん説過ぎる!だいたい近衛はリーダーシップがなくて批判されているのに、その数多いブレーンの中の一人がコミンテルンだったとしても別に意味はないでしょ!
ここまでコミンテルンの陰謀を裏付ける証拠も全くないし。状況証拠ばかりで細川日記や木戸日記、西園寺公と政局、杉山メモ、機密戦争日誌、石井秋穂資料なんかでの検証はないの?

569 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 22:33:07.18 ID:s5b+IbFb0
状況証拠で十分、そんな証拠残すか陰謀側が。

570 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 22:38:45.83 ID:K0GHAT1Z0
>>568
そういうことを言う人は手段を選ばない革命思想に浸かってる人にしか見えない。

571 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 22:45:10.80 ID:K0GHAT1Z0
ついでに言えば、敗戦革命の尾崎を隠したいからWGIPに染まったふりして朝日新聞は反日に走る。

572 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 22:45:25.36 ID:s5b+IbFb0
いやある
1964年11月5日に、ゾルゲに対して「ソ連邦英雄勲章」が授与されてる。
これを今まで必死になって左翼は打ち消していたが、ゾルゲはたいしたことしてないと。

最近再度確認されている。
↓これはruですからロシアのサイト     
http://japanese.ruvr.ru/2010/01/14/4595962.html
尾崎秀実と共に活動し投獄、獄死した宮城与徳の遺族は、祖国戦争勲章と表彰状を受領した。
ソ連のスパイとして働いた功績からソ連政府から勲章と表彰状を受けたとされていたが、
近年その存在が確認された。それを受けて、、、、、
尾崎秀実にもプーチンロシア政府は親族からの申し出があれば勲章と賞状を授与すると2010年1月発表している。
 
つまり戦争に勝てたのは、ゾルゲ、尾崎秀実や宮城与徳達のおかげだと言うのである。

573 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 23:44:06.01 ID:UIGQ0PW00
>>568
近衛公のブレーンで西園寺公望の嫡子でゾルゲ事件共犯の
西園寺公一が戦後中国に移住して、アジア太平洋地域平和連絡委員会副秘書長という
大臣級の扱いを受けて毛沢東礼賛の文章を日本でも書き散らし、
紅衛兵だったその息子が朝日新聞に入社している事実を知れば十分だと思うが。

574 :名無しさん@13周年:2013/10/10(木) 23:54:35.08 ID:0qOyz0470
大正時代に遡り、関東大震災が起きた年に、当時皇太子だった昭和天皇の暗殺計画が春から進められていた。
上海のコミンテルンからの指令で、朝鮮人も朝鮮から日本国内へ密入国
武器、弾薬を持ち込み、日本国内の共産主義者と連携していた。

それが関東大震災後の一斉摘発
虎の門事件
日本共産党解党
治安維持法制定だ

日本史教科書でも、日本国民に暗示しているのだ。後は自力で調べて学べということだ。
東学党の乱と日清戦争も、断片的な史実としては教科書に記載している。
後は自力で調べろという事

575 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 00:05:07.54 ID:UIGQ0PW00
>>571
現在も、戦前と同じような工作が日米の国内で同じような米の民主党の大統領や朝日新聞
などの面子で進められていることを日本人は認識して、今度こそ適切に対応することが
もっとも重要だ。特に、アメリカの一般国民にどのように共感を呼ぶかがキーだ。

576 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 00:42:35.59 ID:oqLJUQLg0
支那大陸で起こったの日、米英独仏露など欧米列強、コミンテルン、ソ連、中国軍閥、国民党、中国共産党の複雑に入り組んだ利益争いにすぎんよ
それを日本が悪と言われてもな

577 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 00:43:39.97 ID:odo2Au6c0
>>559
東南アジア製の製品が東ヨーロッパに輸出されたことが大きいと聞いた。
旧植民地で造られた製品が自分たちの造る物より優れていたことに衝撃を受けたそうだ。

578 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 00:45:48.56 ID:oqLJUQLg0
>>575
日清戦争のころから日本も宣伝戦をやってたわけで当たり前のことだな
戦争には国内外のプロパガンダがつきものだ
それは誇張される場合も多々ある

579 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 00:47:29.15 ID:iO9R2eV30
>>1
歴代アメリカ大統領で一番嫌いなのがこいつ
一番好きなのはフォード元大統領

580 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 00:54:28.74 ID:tF55/ZEb0
青山が言ってたけど今の米議会の大多数が親中派で埋め尽くされてるらしいね

581 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 01:13:25.94 ID:bsthKvl50
>>505
バカかw
ファンタジーの世界かよ?
ブサヨが発狂して共産主義起源説をw
○鮮人か?
まず資本主義が先にあるだろw

あとな何千万も死者を出したソ連の失敗を懲りずに焼き回ししたのが中国と北朝鮮だろw
アメリカではないぞ残念ながらなw
まあ資本主義圏にもたまにお前さんのような共産主義を信奉する大馬鹿カルト野郎はいるがなw

582 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 02:18:02.32 ID:3PgMouBL0
>>580
というかアメリカが民主党政権である間は日本にとってロクなことにならん。
逆にシナや半島、欧州はアメリカが民主党政権のほうが好都合だけど。

583 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 02:33:11.46 ID:0/16seF40
情報戦での敗亡が敗戦の要因ってことだな
今の日本は情報戦でトンスルランドにさえ負けてるじゃん
次の敗戦も決まってるも同然だな

584 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 04:23:57.23 ID:Dyj/Pzwf0
>>573
だからー!その西園寺公一さんが一体何をしたのよ!木戸日記にも名前が出ててくるけど、調べたの?
当時の日本の政策決定には軍部が大きく関与してたけど、近衛のブレーンが軍部を誘導したというソースはあるの?
陰謀であろうがなかろうが、当時の政策決定については細かく研究されているので、ソースくらい示せるでしょう。
頼みますから、具体的に西園寺公一が何をしたのか教えて下さい。

585 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 05:00:38.38 ID:52dEgGNr0
>>584
ゾルゲ事件の共犯。逮捕。共犯の尾崎などは死刑になるが、除名され西園寺家を廃嫡になる。

586 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 05:06:48.69 ID:52dEgGNr0
>>584

http://www.nntt.jac.go.jp/season/pdf/otto-1.pdf#search='ゾルゲ事件+起訴内容'
ゾルゲが最 も厚い信頼を寄せていたのが尾崎秀実である。近衛内閣嘱託の立場を
利用して、決死の覚悟で尾崎は国家機密をゾルゲに提供した。報告され た主な内容は、
日独防共協定、大本営設置事情、ノモンハン事件、
日 独伊軍事同盟をめぐる問題、さらには最高国家機密である御前会議の 内容にまでおよぶ。

587 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 05:07:01.22 ID:R1yRWxB60
尾崎秀実でホラー映画を作ってほしい。

588 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 05:07:47.98 ID:Dyj/Pzwf0
>>585
要するに日本にとっては何も影響なかったって事ですね。逮捕されてるし。
あなたはコミンテルンが失敗したと言ってるんでしょ?

589 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 05:11:12.76 ID:Dyj/Pzwf0
>>586
情報は漏れるものですからね。単にスパイがいただけで、日本の意志決定には関与してないって事。ちっぽけなコミンテルンの陰謀だな。

590 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 05:21:09.72 ID:+G61ezZo0
>>568
近衛内閣のブレーン組織を調べると面白いよ
昭和研究会とか朝飯会に所属してた人間を調べるといろいろと面白いところにつながる
勝間田清一や笠信太郎とかがいい例かな
ここにいる人間の誰一人として尾崎ひとりに罪を擦り付けてるわけではない

>>584
>軍部を誘導したというソース

軍部誘導のソースも何も近衛内閣に従って軍は日中戦争を続けた上に南進したんだよ
近衛内閣と内閣ブレーンの組織内で誰が日中戦争を推進してたか、南進を推進していたかの話
尾崎秀実、これだけでもそこにソ連、共産主義インターナショナルの思惑が入り込んでいたという事実は揺るがないよ
これだけでも共産党とかが言う「右翼がー、帝国主義がー、軍国主義がー、軍部独裁がー」ってのが完全に崩れ去る
軍部の暴走とか信じ込んでるなら話は別だが

591 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 05:51:20.92 ID:+G61ezZo0
ゾルゲ事件の発覚はタイミング的に見て口封じだな
ソ連はもともと事が済んだらゾルゲを殺すつもりでいたし
日ソ中立条約締結数ヵ月後とタイミングばっちり
そんで持って近衛内閣総辞職
東条内閣に丸投げ
近衛がハーバート・ノーマンに追い込まれたのと同じ
この辺は当時の各国の思惑や世界情勢、時系列で見た上で一人一人がどう取るかの話になっちゃうけどね
一連の流れで見ればルーズベルトの名言の通りだと思うわ

ゾルゲが捕まってからの話も興味深い
ゾルゲ担当の特高外事課の大橋秀雄だったかな
その人がテレビか何かの番組でゾルゲとのやり取りを詳しく話してる動画がネット上にあるから探してみてみるといい
拘置所内で開戦を知ったゾルゲはその時点ですでにソ連を仲介にしての講和を進言してたんだよ
自分が橋渡しをするからってことでね
この辺も踏まえて考えるとソ連が参戦してきた8月9日に陛下の御聖断によって決まった15日の終戦を良しとせず
14日から15日にかけて玉音放送の原版を強奪するために皇居を襲撃した連中が持っていた思想がなんなのかも見えてくる
続けてればソ連が南下を続け、下手すりゃ日本が朝鮮みたいに南北に別れてた訳で

余談だけど、日ソ中立条約の有名な写真で松岡の脇にいる尾崎秀実が満足そうな表情で写ってるのが印象的だよな

592 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 05:56:25.52 ID:7mHPTU6cO
内部工作されて煽られたんだろうね
軍部や新聞かな。ここに潜入されたんだろうね 大衆は乗せられやすいから。開戦したら 誰が得をしたか、稼いだか 利権獲得したかを見ていくと、ズルさがわかってくるのかもね〜

593 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 06:21:25.79 ID:52dEgGNr0
>>565
尾崎=コミュニスト=敗戦革命=近衛公=大東亜戦争の認識に

尾崎=朝日新聞

が入れば、なぜ朝日が戦前は戦争を煽り、戦後は左なのかも判るはずだ。

594 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 06:24:54.32 ID:+G61ezZo0
羽仁五郎が作った日教組の教育だったり共産主義者が言う「日本が〜」の歴史認識では何も見えてこないよね
見せないようにやってるんだろうけどね

ゾルゲ事件1/3
http://www.youtube.com/watch?v=h4UjCTktbrw

595 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 06:26:06.47 ID:3jxEbZH20
今も反日プロパガンダやってるじゃん

596 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 06:35:23.87 ID:MuzAfCLu0
>背後で操っていたのが中国国民党であり、米国共産党込み入ってるんだった
これじゃ仕方ないな

597 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 07:11:57.78 ID:Dyj/Pzwf0
>>590
あんた、当時の政策決定プロセス知らないでしょ。では南進について議論しましょう。
1941年6月以降南進を特に推進したの海軍で、陸軍、政府はそれに引きずられましたが、南進政策の中心と言われた海軍第一委員会と近衛のブレーンとの関わりはどうだったのですか?
また当時の実質的国策起草を行っていた陸軍軍務局の武藤章や石井秋穂との接触は?少なくとも近衛が彼らに対して南進を誘導したような事実はありませんが、ブレーンがやっていたのですか?いつ、どこで?

598 :M__Mw? ◆5/ElIiVBt.cV :2013/10/11(金) 07:17:34.49 ID:SnzYH3KQ0
うーむ、近衛文麿というと、単なる初代ルーピーwというイメージだったが、
略歴を読むと、こいつ自身が、左巻きに操られた左巻きスパイとも思えるw

共産主義者のレッテルを貼って官僚を逮捕したといっても、共産主義かぶれどもの
内紛に過ぎないとも読めるシナw

実害という点では、鳩山以上の最低最悪の総理かもなw
対ソ参戦派の松岡洋右を更迭するために総辞職しているしw

599 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 07:59:27.31 ID:52dEgGNr0
>>597
「1941年6月以降南進を特に推進したの海軍」というソースをまず出せよ?
尾崎以上に「特に」推進していたソースをな。
詳しいんだろwww

600 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 08:01:48.77 ID:pwOM4J2Z0
英語喋れない日本は情報戦で負け続けてる

601 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 08:04:25.45 ID:Et/uN/150
米国に日本の悪行を吹き込みまくった蒋介石の妻が狡猾過ぎたのだ

602 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 08:05:52.58 ID:6+sjCYql0
>>600ちがうよ、日本も未だに支配されてるんだよ

603 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 08:19:07.22 ID:pGS0mC2J0
>>598
あの当時の権力者やその周辺の人達って
結構、常軌を逸した思考能力ばかりだからなw
松岡も松岡でその外交姿勢は場当たり的で滅茶苦茶
だからな

604 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 09:15:19.49 ID:qaDE569O0
>>602
そうだな。戦前もそうだし、戦後もそうだ。基本的には、アメリカですら戦前は操られていたわけだし、民主党のオバマの今も怪しい。
恐るべき影響力だな。

605 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 10:48:16.63 ID:V2u45VlT0
【佐賀】右折の軽乗用車と直進のトラックが衝突、女性が軽傷 事故の瞬間をFNNが撮影★5
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1381232462/

606 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 14:20:26.02 ID:qaDE569O0
>>603
一番の癌は東郷茂徳だっただろう。日米交渉を打ち切れと、指示されていたが、
直前までだらだら続けて、ルーズベルトの融和的な親書は陛下に真珠湾の1時間前に報告するわ、
米国への宣戦布告は遅れて布告するわ、意図的にだろうがひどすぎた。
こうしたことは「日本は卑怯なだまし討ちをしてきた」という逆宣伝に使われた。
もっともルーズベルトの融和的な親書も「米国は融和的」だったというための証拠作りなだけだったろうが。

607 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 14:28:01.49 ID:r94RVN/90
いまだに何の掃除もしていないからな。

608 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 14:37:36.51 ID:KLdEtPJ/i
>>597
お前アホだろ
推進してた連中の中ににスパイが居たっていう話なだけじゃん
軍だけを悪と考えるなら、今の日本は人畜無害だわなwww

609 :M__Mw? ◆5/ElIiVBt.cV :2013/10/11(金) 14:42:37.42 ID:HPoWW/Cg0
>>606
ルーズベルトが融和的?w それは無いよw ガチの反日野郎で、
中国大陸の権益確保と生意気なジャップw叩き潰しに必死だったw

キミも書いてるが、餌を投げて、ジャップがあたふたと戦争回避に懸命なのを、
すでに解読していた暗号(JN-25もパープルも)通信をみてあざ笑ってただけw

ただ、国内が厭戦的だったので、日本が仕掛けてくるのを心待ちにしていたw

610 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 14:44:07.75 ID:oCm2m8WpO
 鳩 ≪          ノ´⌒⌒`ヽ_      \_WWWWW/
 山 ≪      γ⌒´      _ \    ≫ 鳩 や  ≪
 さ ≪     .// ""´ ⌒⌒ \  )   ≫ 山 っ . ≪
 ん ≪     .i / -―- 、__,     i )   .≫ さ ぱ . ≪
 最 ≪      i  '叨¨ヽ   `ー-、i,/    ≫ ん り . ≪
 高 ≪     l   ` ー    /叨¨) |  +  ≫ で    ≪
 ! ≪     l        ヽ,   |     .≫ な    ≪
MMM\     l    `ヽ.___´,   |     .≫ い    ≪
          |\     `ニ´   /     ≫ と    ≪
   _, [二二二]\::\____∠|      /MMMMMM\
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::\:::::::::::|::::::::::::::::|二二二]
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::::::::::: ̄ ̄| ̄ ̄ ̄:::::::::::::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|:::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::l..
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

          Ο
         。

        ノ´⌒ヽ,
    γ⌒´      ヽ,
   // ⌒""⌒\  )
    i /  (・ )` ´( ・) i/
    !゙    (__人_)  |
    |     |┬{   |
   \    `ー'  /
    /       |

611 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 14:50:22.07 ID:f6BQROcl0
>>591
下手したから、日本は南北どころか、東西南北に引き裂かれ、四分五裂以上に解体されているけど?
朝鮮なんか、2カ国にしか別れていないのだから、日本より大したことない。

612 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 16:37:27.26 ID:qaDE569O0
>>611
そうだな。満州・台湾・北朝鮮・韓国・日本・北方領土だな。これをさらに道州制でさらに分裂させようとしている奴らもいるが。

613 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 19:31:20.33 ID:gH4D2Pk00
「世界がさばく東京裁判」によると、
「アメリカにおける東京裁判批判の決定打となったのは、
歴史学の権威であったチャールズ・ビアード博士が1948年アメリカの公式資料に基づいて『ルーズベルト大統領と第二次世界大戦』なる著書を発表したことであった。
博士はその著の中で『戦争責任を問われるべきは日本ではなく、
ルーズベルト大統領だ』と訴えたのである」、
「アメリカの要人たちもビアード博士が学界の権威であるだけに弁解の余地もなく、
『もしそうなら、戦犯も追放もあったものではない。
アメリカから謝罪使を送らねばなるまい』と言う者や、
『いまさら謝罪もできないから、
この上は一日も早く日本を復興させて以前に戻してやらねばならぬ』
と言う者もあったという」と書いてありました。

614 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 19:37:46.28 ID:gH4D2Pk00
http://ochimusya.at.webry.info/201201/article_3.html

私はこの、「ルーズベルト大統領と第二次世界大戦」を読みたいと思い、終戦五十周年国民委員会に問い合わせたところ、
編集委員の方から、「・・・残念ながら日本語訳はありません。この本は、アメリカでも当時かなりの話題を呼び、
内容が内容だけに、少なからず軍から反発を受けたと聞いています。
そのためかどうか分かりませんが、邦訳については遺族の方が許さないのです」
という回答をいただきました(ただし、英文の原著は日本の大きな図書館にはあるそうです)。

私はこれを聞いて驚きました。
著作物とは人に読まれることを目的に書かれるものであり、
著作者の遺族が、「発禁」にするというのはあまり聞いたことがありません。
遺族に著作者の意に反する事をする権利があるのでしょうか。
かつてのソ連、現在の中国、北朝鮮の例を見ても分かるように、
「発禁」とは自分たちの嘘がばれることを恐れる人達がすることです。
遺族が日本語訳だけを「発禁」にする正当な理由があるのでしょうか。
日本人には真相を知らしめないと、いう以外に理由は考えられません。

615 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 21:02:44.52 ID:gH4D2Pk00
http://ochimusya.at.webry.info/201112/article_14.html

知日派として知られ、終戦直後にGHQの一員として来日したヘレン・ミアーズ。

そして日本がGHQの統治下にあった1949年、ヘレン・ミアーズが米国で出版した『アメリカの鏡・日本』は、日本占領連合国軍最高司令官ダグラス・マッカーサーが日本での翻訳出版を禁じた衝撃の書となった。

その主な内容は、

●リットン報告書の事実を証拠として使えば、日本は中国を世界平和を乱した罪で告発できる。(要は、日支事変は日本の正当防衛である),,,etc

616 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 23:19:38.89 ID:zXiTZFdi0
クズだな

617 :名無しさん@13周年:2013/10/11(金) 23:21:43.77 ID:52dEgGNr0
だんだん真実が広まって来たな。

618 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 00:35:21.65 ID:7uZSIi7s0
>>599
@1941年6月5日
「現情勢下に於て帝国海軍の執るべき態度」結論(ロ)「泰、仏印に対する軍事的進出は一日も速やかに之を断行する如く努むるを要す」
これは、4月10日に海軍が対米7割5分の戦備が完整したことによる今が好機という判断の現れである。これにより海軍の南進に対する思想統一が行われた。
A6月11日連絡懇談会の永野軍令部総長強硬意見(杉山メモ)
「仏印、泰に基地を造ることが必要なり。之を妨害するものは断乎として打って宜しい。たたく必要ある場合はたたく」
B軍例部第三部長前田稔中将証言
「当時海軍は戦争を賭しても南部仏印に進出するという気配が十分であった」

619 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 00:37:45.58 ID:7uZSIi7s0
>>599
続き
C富田健治証言
「海軍は南部仏印に進出しても大丈夫であるという、全然問題にならぬということであった。そこで近衛首相は決心した」
近衛資料に6月5日近衛が前田中将から情勢判断を報告されているとあり、上記が裏付けされている。
というか、近代史では海軍が南進に積極的であったことは常識で、それが近年の海軍悪玉論の根拠になってるんでしょうに。
で、南進にコミンテルンの陰謀がどう影響したのか、具体的に人物と日時、内容を資料を上げてどうぞ。あなたの番です!

620 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 00:43:40.95 ID:7uZSIi7s0
>>608
だから、軍の誰がスパイなの!?
田中新一や石川信吾、高田利種あたりがスパイという証拠があれば兜をぬぎますが。
そろそろ知識なしのざっくり論は止めたら?

621 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 00:51:07.04 ID:VP/XxVpz0
>>579
トルーマンじゃないの?

622 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 00:51:16.74 ID:qUXAhczD0
>>619
詳しい癖には時間がかかったな。しかも細かな情報ばかりだな。
もっと根幹の上層部の動きを抑えたほうがいいな。
防衛省防衛研究所の資料はってやるからよく読めよ。
http://www.nids.go.jp/event/forum/pdf/2008/forum_j2008_09.pdf

623 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 00:55:46.36 ID:qUXAhczD0
>>619
。1940 年11 月下旬に山本五十六連合艦隊司令長
官自らが図上演習を行い、日本が蘭印を攻略しようとすれば英米が参戦するため、南方
進出はこれらの国すべてと矛を交える覚悟がないと軽々に時流に乗って行うべきではな
いという結論を導き出したのである。

防衛庁防衛研修所戦史室編『大本営海軍部大東亜戦争開戦経緯(2)』(朝雲新聞社 1979)、140
−2 頁。

624 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 00:55:57.01 ID:7uZSIi7s0
>>622
細かいというより、決定的ですが。
で、その資料のポイントは?その資料にある内容は一次資料から議論できますよ?コミンテルンの誰がどうしたの?

625 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 00:58:07.95 ID:qUXAhczD0
>>619
この陸軍の試案に対して海軍側は米英蘭不可分を絶対とし、英国がドイツに破れてもそれは好機ではなく、南方進出は対米戦争を意味する
ことを主張した。そもそも蘭印と英領マレーを陥落したとしても、米領フィリピンがあ
る限り、制海権が確保できず、肝心の資源を日本に輸送できないということが問題にさ
れたのである。しかしこのような海軍の対応に、陸軍側は海軍には対米戦の決意がなく、
軍備拡充のための対米一戦論に過ぎないと解釈していた。

『大本営海軍部大東亜戦争開戦経緯(2)』、183 頁。

このように陸海軍は折衝を進めながら、1941 年6 月にようやく対南方施策要綱の陸
海軍案を纏めた。ここでは陸軍が若干海軍に譲歩し、@対日禁輸によって日本の自存が
脅かされた場合、A米英蘭の対日圧力が日本の安全保障を脅かした場合、に武力行使も
やむを得ず、としたのである。

626 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 01:00:18.71 ID:qUXAhczD0
>>619
9 月2 日、陸海軍の間で局長級会議が開かれ、帝国国策遂行要綱の陸海軍案を決定し
ているが、この段階でも及川古志郎海相は戦争回避を主張した。しかし問題は、開戦を
決意するのと同じく、戦争を回避するのにも同じような労力と指導力が必要とされるこ
とであった。海軍も一枚岩ではなく、海軍省と軍令部、そして強硬派の中堅層からなる
海軍第一委員会などの間では意見の差が大きく、その結果、結局開戦とも避戦とも取れ
る妥協案に落ち着いてしまうのである

627 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 01:00:56.04 ID:7uZSIi7s0
>>623
面白くなってきましたが、私の話しているのは、1941年6月ですよ。山本さんは海上に逃がされています。
つまり、執るべき態度は英米不可分論を前提に戦争も辞さない覚悟が示されているのが重大なポイントとされている。
一体何の反論のつもりで言ってるの?

628 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 01:03:16.41 ID:qUXAhczD0
>>624
あなたの言う「海軍」ってなになの?海軍第一委員会=海軍なの?
海軍の意思は公式的な局長級会議での発言や、海軍大臣の発言が
じゃないの?

629 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 01:05:21.38 ID:0jGWAJrq0
西尾幹二 日本人が戦った白人の選民思想・前半(23:00)
//www.youtube.com/watch?v=gj4gX5UiEos
共産主義と金融資本主義というのは共に共通するグローバリズムだと                      
         ↓
バイデン副大統領「目前の課題は新世界秩序の創造だ」
//www.youtube.com/watch?v=vsoDv_bxQxI
         ↓
中国から逃げ出す富裕層 投資先は海外へ 6割が移民を検討
//sankei.jp.msn.com/world/news/130612/chn13061210440002-n1.htm

630 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 01:05:52.62 ID:CFqA4o4c0
戦後日本でも、読売新聞の社主の正力がCIA工作員として取り込まれていたってのは
アメリカの公式文書で公開された事実であり現実だから
当時のアメリカが色々と薄汚い真似というか工作活動に励んでいたのは事実
読売の場合は「日本人世論の形成」が工作目的だった

たださぁ、そんなの関係無しに韓国人の振る舞いは劣悪だし、人間としてダメだろ
対日だけではなく世界中で軋轢をおこし、自国内でもレイプと差別の塊だし
そもそも文化といえるもんがないのに異常にプライドが高い
韓国人の劣等と劣等感は、アメリカが仕込む仕込まないとか大して関係ないレベルの問題

631 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 01:07:22.73 ID:7uZSIi7s0
>>626
海軍、陸軍ともに戦史叢書は持っているのでポイントを書いて下さい。海軍叢書の対米戦宿命論については、言い訳じみているという指摘があります。いずれにせよ、連絡会議という最高機関で強硬意見を主張したことの言い訳はできませんね。

632 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 01:09:43.03 ID:qUXAhczD0
>>627
時系列的にも海軍が対米戦を覚悟してくるのは1946年の夏ごろ。
>>626に上げているように9月でも海軍大臣は積極的ではない。

日ソ中立条約(1941年4月)→陸軍の南進論→南部仏印進駐(1941年7月)→海軍の対英米戦不可避論

って流れわかっている?
そもそも、日ソ中立条約が南進論と表裏一体で、海軍が対英米戦に傾くのはそのあとだよ。

633 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 01:12:40.65 ID:UY8xkBc9O
人民戦線時代だからこれは普通。

オーウェル知ってる? 1984って小説書いたんだけど。

634 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 01:13:12.27 ID:7uZSIi7s0
>>628
これは賛否がありますが、7月2日の決定について海軍政策委員会を中心とした中堅が引っ張っていったというのが有力でしょう。高木惣吉は否定していましたが、彼も調べると委員会のメンバーですからね。
ところで、海軍戦史叢書にコミンテルンの陰謀は見つかりましたか?尾崎の。

635 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 01:14:55.92 ID:0jGWAJrq0
高山正之 戦後の在日蛮行原因を語る
//www.youtube.com/watch?v=1fJOhjpNQOI

636 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 01:18:21.77 ID:qUXAhczD0
>>631
大体、日ソ中立条約自体がゾルゲの工作の成果だったんだよ。わかっている?
尾崎もモスクワで締結時に松岡の手元を覗いてにっこりしている。
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/1c/Matsuoka_signs_the_Soviet%E2%80%93Japanese_Neutrality_Pact-1.jpg

日ソ不可侵条約こそ南進論と表裏一体。締結後の海軍が云々なんて海軍が政府と陸軍に引っ張られていく様を
確認することにしかならないぞ。

あと、海軍が南進というなら日ソ中立条約前の発言とか計画を示して欲しい。
議論として成り立たない。といっても海軍が日ソ中立条約を推進したなんて来たこともないがな。

637 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 01:18:57.67 ID:SVuBRXbZ0
戦争が弱い国は工作が強いって言うけど、本当なんだな。

638 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 01:19:24.79 ID:7uZSIi7s0
>>632
1946年?訂正を。

だから1941年6月の話しをしてるのですが。時系列で何もおかしくありません。

戦争決意と南進を混同していませんか?

639 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 01:20:54.24 ID:qUXAhczD0
>>634

海軍戦史叢書にコミンテルンの陰謀は見つかりましたか?尾崎の。

言ってもいないことを仮定するストローマン技法の詭弁はよくありませんね。

別に尾崎が海軍に工作する必要などない。日ソ中立条約をまずは結ぶのが
工作の眼目だったのだから。

640 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 01:26:31.09 ID:7uZSIi7s0
>>639
戦史叢書は具体的に丸写しするくせに、なんで尾崎の工作については全く具体的に示せないのよ?6月以降に海軍が強硬であったことは示したんだから、次は尾崎が工作した事実を具体的に示しなさいよ。どこに南進に積極的であった資料があるの?

641 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 01:31:10.72 ID:qUXAhczD0
>>640
尾崎じゃなくて勝間田が南進論に陸軍も海軍も誘導していた例なら明確だよ。

仏印進駐は、南進論で「南にいけば石油が手に入
る」という主張を論拠としていた。それを裏付ける
ために、企画院が南方の石油見積もり調査を実施し、
石油情報を報告した。ところが、実際に占領して以
降の調査では、蘭印の石油は重質油で硫黄分が多く、
航空燃料に適していないことが判明し、また100 万
トンの埋蔵量も300 万トンと水増しされていた。現
地データを改ざんしたのが誰か明らかになっていな
いが、ソ連のスパイであったと確定された勝間田清
一らが企画院のメンバーだったことから日本の目を
南に向けるための作為があったものと推測される
(33)。

http://atlantic2.gssc.nihon-u.ac.jp/kiyou/pdf09/9-17-28-nakao.pdf

642 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 01:36:35.50 ID:qUXAhczD0
>>640
ついでに企画院事件も貼っておくよ。

世界大百科事典 第2版の解説.
きかくいんじけん【企画院事件】

1941年企画院の調査官,職員17名が治安維持法違反容疑で検挙された事件。
1940年11月,企画院はより強力な戦時統制経済の確立をめざして
〈経済新体制確立要綱〉を発表したが,これは〈高度国防国家建設〉
〈公益優先〉を大義名分として,資本と経営の分離,利潤配当制限,
統制団体役員の政府による任命制など私企業への官僚統制の強化を
意図していた。これに対し自主統制を強調する財界は,この案を
〈赤化〉思想の産物として攻撃し,第2次近衛文麿内閣の小林一三商相も
閣内で強く企画院原案に反対した。


http://kotobank.jp/word/%E4%BC%81%E7%94%BB%E9%99%A2%E4%BA%8B%E4%BB%B6

643 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 01:42:36.45 ID:0jGWAJrq0
ゾルゲの上司、ヤン・ベ○ジンはスターリンに粛清されている。
ゾルゲの日本人協力者、宮城○徳・北林○モ・尾崎秀実(皆ア○リカ共産党に属する人物)
ゾルゲが東京に来るときには必ずア○リカを通ってきている。
ゾルゲのカバーはドイツのフラ○クフルターツァイ○ゥングという新聞の東京支局長。
ゾルゲは実際にナ○スの党員証を持参していた。 
ゾルゲはドイツのクレッ○マー少将と戦友であった。 
はたしてウィロビー報告だけで判断していいものなのか疑問が多々あるスパイである。

644 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 01:44:00.91 ID:qUXAhczD0
>>641
ちなみにこの勝間田は亡命したKGBのレフチェンコが
アメリカの議会証言で
「社会党元委員長勝間田清一は「ギャバ−」というコードネームだった」
と証言している真正なスパイ。

で、企画院をやめて、戦後は議員で社会党の委員長だよ。
こいつが企画院で南進を進めるような嘘の石油情報を流していた。

645 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 01:47:33.11 ID:7uZSIi7s0
>>641
石油が必要となるのは1941年8月の禁油後の話しでしょ。6月7月の南進は仏印止まりが実質で、その目的はさらなる南進の場合の基地作りと、ゴム・米の資源確保です。
つまり、石油の報告は6月の時点で全く的を得ていません。
百歩譲って、その企画院の報告プロセスで明らかな関与資料があれば検討できますが、例のごとく「推測される」じゃ、、、

646 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 02:03:35.74 ID:qUXAhczD0
>>645
企画院の勝間田がスパイだったのはこれは確定。
そして、企画院の勝間田を含めて17人が検挙も歴史的事実。
「推測される」じゃないだろうね。

647 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 02:06:40.81 ID:WPB2pvsh0
アメリカの反日なんてコミンテルンは関係ないでしょ。
ハワイ侵略のとき日本と一触即発になったときから反日&対日戦争は決定。

あと、尾崎の影響もないでしょ。
日本はシナと戦争中で援蒋ルート叩かなきゃならいし、さらに対米戦争が
不可避である以上、北進・三正面作戦なんてやってる余裕がない。
対米終戦時の講和をソ連に仲介してもらう計画だったからなおさら。

648 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 02:10:12.04 ID:qUXAhczD0
>>645
大体、「海軍が南進を推進したこ」と「コミンテルンが対米戦に誘導した」ってことは
本当はあまり関係がない。

当時は、近衛のブレーンの尾崎もコミンテルンのスパイ。
内閣府企画院の勝間田他の17名もコミンテルンのスパイ。
海軍も対英米戦を最終的には認めたけど、それは日ソ中立条約の後で
もはや、政府が北進をやめて南進を選んだあとのこと。

コミンテルンのスパイが政府にうじゃうじゃいただけのこと。

649 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 02:14:13.28 ID:jtXPlN2r0
衆議院 青少年問題特別委員会 議事録

平成十二年四月十三日(木曜日)
    午前九時一分開議

○阪上委員 次に、最も深刻な問題であるジャニー喜多川社長のセクハラ疑惑についてお聞きしたいと思います。
 報道によれば、ジャニー喜多川社長は、少年たちを自宅やコンサート先のホテルに招いて、いかがわしい行為を繰り返しておるという内容のものであります。
なぜ少年たちがこんな行為に耐え忍んでいるかといえば、ジャニー喜多川社長に逆らうと、テレビやコンサートで目立たない場所に立たされたり、
デビューに差し支えるからというのであります。
 私は独自の調査で、ジャニーズ事務所に所属していたことのある少年の母親の手紙を手に入れました。少し長くなりますが、御紹介をさせていただきます。
  うちの現在高校二年生の息子も、中三の冬にオーディションに合格し、約一年間ジャニーズジュニアをしていましたが、
事務所からのコンタクトがなくなり、自然にやめたような形になりました。
ずっと後になって息子から聞いたのは、オーディションに受かってから初めてレッスンに行ったとき、先輩のジュニアから、
もしジャニー喜多川さんから、ユー、今夜はホテルに泊まりなさいと言われたとき、多分ホモされるかもしれないけれども、
それを断ったら次から呼ばれなくなるから我慢しろと教えられたそうであります。
息子はジャニーさんの好みでなかったらしく一度も誘われなかったので、清い体でやめることができましたが、
何人かはこの行為を受け、お金をもらっていたそうであります。
今テレビでにこにこして踊っているジュニアたちは、陰ではそんなつらい思いをしておるかと思うとかわいそうです。
 こういう内容であります。こういうことが事務所でまかり通っているわけであります。
 ジャニー喜多川氏は、親や親権者にかわって児童を預かる立場であります。
児童から信頼を受け、児童に対して一定の権力を持っている人物が、その児童に対して性的な行為を強要する。
もしこれが事実とすれば、これは児童虐待に当たるのではありませんか。

650 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 02:16:31.64 ID:jtXPlN2r0
○真野政府参考人 
児童虐待の定義でございますが、先ほど来御説明をいたしておりますように、
私ども、平成十一年三月に作成をいたしました「子ども虐待対応の手引き」において私どもなりの虐待の定義をいたしておりまして、
この手引によりましては、親または親にかわる保護者などによって行われる身体的虐待、性的虐待、心理的虐待、ネグレクトを虐待というふうに規定をいたしております。
 今御指摘の件は、性的な行為を強要した人物がこの手引に言います親または親にかわる保護者などに該当するわけではございませんので、
私ども、手引で言うところの児童虐待には当たらないというふうに考えております。

.
○阪上委員 その判断はおかしいと思いますね。地方から単独で東京の事務所に出てきて預かってもらっておる人が、
なぜ親がわり、親権者がわりにならないのか、私は大いに疑問であります。
 ジャニー喜多川氏の行為は法的に問題があると私は考えます。
児童福祉法第三十四条第六号は、児童保護のための禁止行為として挙げておりますが、
ジャニー喜多川氏の報道された行為が事実とすればこの法律に違反しているのではないかと思いますが、いかがですか。

651 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 02:18:54.00 ID:jtXPlN2r0
○真野政府参考人 
児童福祉法の三十四条では、「何人も、次に掲げる行為をしてはならない。」ということから、
児童福祉を著しく害する行為を定めましてこれを法律上禁止いたしておりまして、
同条の第六号には「児童に淫行をさせる行為」が規定をされておりまして、「淫行」とは、
判例によれば、性交そのもののほか性交類似行為を含むというふうにされております。
また、「淫行をさせる行為」とは、児童に淫行を強要する行為のみならず、児童に対し直接であると間接であるとを、
また物的であると精神的であるとを問わず、事実上の影響力を行使して児童が淫行することに原因を与えまたはこれを助長する行為を包含するという判例もございます。
 御指摘の個別事案につきまして、それを判断するための情報がございませんが、
一般論といたしましては、児童に対しまして今申し上げたような性交類似行為をするということは、
児童福祉法三十四条の六号に違反しているというふうに考えられると思います。

.
○阪上委員 
厚生省の今の答弁のように、事実を把握しておりながら実行しないというところが、
私は、青少年、あこがれのスターを夢見る子供たちをみすみす犠牲に追いやっているものと思います。
 報道によれば、ジャニー喜多川氏はセクハラを行った後に、数万円の金銭を少年たちに与えておりますが、
東京都や大阪府などで定められた青少年健全育成条例では買春処罰規定があります。
例えば東京の場合、「何人も、青少年に対し、金品、職務、役務その他財産上の利益を対償として供与し、
又は供与することを約束して性交又は性交類似行為を行なってはならない」とあります。この規定に抵触するのではありませんか。
 なぜか大阪と東京の場合では違いがあるそうでございますが、その差についても御答弁をお願いいたします。

652 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 02:24:59.70 ID:Dpln6TnQ0
当時は軍も共産主義だらけだったじゃん
スパイじゃなかったとしてもスパイの連中と利害が一致してた連中が腐るほどいた
軍という言葉にすべてを押し付けて、当時蔓延していた共産主義と言う思想から目をそらしてはいけないよ

653 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 02:25:17.60 ID:qUXAhczD0
>>647
なにいっているんだ。今も続く反日のネタになっている南京虐殺やら田中上奏文を広めたのは
中国にいたエドガー・スノーだぞ。
こいつの被害で今も日本は無実の責めを受けている。

スノーは『アジアの戦争』で、日中戦争における日本を批判的に取り上げた。同書では南京安全区国際委員会の
委員長であったジョン・ラーベが示した算定として「南京大虐殺」において
「日本軍は南京だけで少なくとも4万2千人を虐殺した」、
「10歳から70歳までのものはすべて強姦された」と記し、
成都で会ったL・C・スマイスが編纂した『南京地区における戦争による損害』
を引用して「日本軍による暴行」として告発している。

654 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 02:28:35.46 ID:qUXAhczD0
>>652
その通りだ。やはり近衛上奏文は正しい。対米戦はコミンテルンの日米双方での工作の結果だったのだ。

これら軍部内一部の者の革新論の狙いは、必ずしも、共産革命に非ず
とするも、これを取巻く一部官僚及び民間有志(之を右翼というも可、左翼というも可なり、
所謂右翼は国体の衣を着けたる共産主義者なり)は、意識的に
共産革命にまで引ずらんとする意図を包蔵しおり、無智単純なる軍人、
これに躍らされたりと見て大過なしと存侯。

この事は過去五十年間、軍部、官僚、右翼、左翼の多方面に亘り交友
を有せし不肖が、最近静かに反省して到違したる結論にして、此の
結論の鏡にかけて、過去十年間の動きを照らし見る時、そこに思い
当る節々頗る多きを、感ずる次第に御座侯。

 不肖は、この間に二度まで組閣の大命を拝したるが、国内の相剋摩擦
を避けんがため、できるだけこれら革新論者の主張を容れて、
挙国一体の実を挙げんと焦慮せる結果、彼等の主張の背後に潜める
意図を十分看取する能わざりしは、全く不明の致す所にして、
何とも申訳無之、深く責任を感ずる次第に御座侯。

655 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 02:37:02.72 ID:0jGWAJrq0
金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[] : 2013/03/17(日) 15:42:54.98

南京大虐殺記念館に貼ってある当時の新聞は、南京大虐殺を報じた新聞全部ドイツ語。

656 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 02:40:54.82 ID:eYacPg0x0
これは本当に国共の宣伝と活動うまかったよな
アメリカは完全にだまされてた
結果として反米勢力の台頭を自分たちで支援してしまったことになる

657 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 02:45:54.54 ID:0jGWAJrq0
金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[] 投稿日:2013/03/20(水) 16:56:00.06
元公安調査庁調査第2部長(対外諜報トップ)がTPPとアメリカの歴史について
//www.youtube.com/watch?v=2UZ80smHZTc

658 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 02:47:03.08 ID:ufJ2oZrF0
>>561
見た。これは観るべきw

ここのサイトも全体構図、歴史の構図を理解するのに良いね。
株式日記と経済展望
http://blog.goo.ne.jp/2005tora

659 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 03:06:54.43 ID:Dpln6TnQ0
>>643
ゾルゲの嫁も粛清されてたな
北進派を排除して組閣された第三次近衛内閣発足
日ソ中立条約締結
そしてゾルゲ諜報団摘発
やっぱり工作員は任務を全うしたら粛清される運命なんだな

>>648
>もはや、政府が北進をやめて南進を選んだあとのこと。

そもそも第三次近衛内閣が北進派を排除しての組閣だったからね
ソ連のスパイであるゾルゲ諜報団がコミンテルンのスパイとして起訴された理由は
ソ連との関係を重視した政府の意向
ゾルゲ担当の特高外事課の大橋秀雄氏もはっきり断言してた

660 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 03:27:05.78 ID:v9RxANhF0
>>13
あ、変wwwww

661 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 03:29:18.41 ID:v9RxANhF0
>>14
んなこたあない。長年の洗脳の賜物
支那で得してきた連中のプロパガンダ

662 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 03:31:58.41 ID:v9RxANhF0
>>22
正しい

663 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 03:42:12.48 ID:0jGWAJrq0
馬渕睦夫(元駐ウクライナ大使)国難の正体を暴く
//www.youtube.com/watch?v=Rl7oyG4ebwk&amp;amp;amp;amp;list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg&amp;amp;amp;amp;index=3
//www.nicovideo.jp/watch/1369298121

664 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 03:44:27.70 ID:6U9Ogra30
オバマも、もしかして共産主義者なのかね?

665 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 03:51:52.22 ID:me1QIEO/0
クリントン大統領もロシア系のスパイにくわえられていたね。

666 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 03:56:33.25 ID:0jGWAJrq0
>>664
オバマはシ○ゴボーイズだよ。
//www.youtube.com/watch?v=29l3PIWcNTg (17:30〜)

667 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 04:07:02.04 ID:0jGWAJrq0
江沢民とクリントン
//aoki.trycomp.com/2013/05/post-503.html
(中略)
●なぜ江沢民はハワイの真珠湾を、なぜクリントンは西安を最初に訪れたのでしょうか。両国は抗日の歴史観を共有
することで、「人権」をめぐる対立を「和解」につなげたのです。以後米中共闘のシンボル・フライングタイガーに関する
展示が中国国内で急増したことも知っておくべきでしょう。
●安倍自民党はどこまでこの深刻さがわかっているのでしょうか。
歴史認識について言えば中国、韓国ばかりか米国もまた味方ではないのだという現実を、です・・・

668 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 04:29:11.68 ID:trHkFCqe0
民主党てのは国境を超えて頭がおかしい

669 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 04:30:21.13 ID:jy+nKjAz0
昔の米民主党で最も社会主義的だった連中が、
その後に米共和党に鞍替えしてネオコンになったとか・・・

そういう意味では、昔、共産主義(世界革命)、今、世界政府ということか・・・

670 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 04:32:45.94 ID:jy+nKjAz0
今の時代は、米国務省が反日だな・・・
日本を知らないと言うか、何と言うか日本が軽く見られている!

671 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 04:38:10.59 ID:jy+nKjAz0
今まで歴史上、日本国内にさまざまなカルトや宗教・思想が入り込んだ。
そして簡単に洗脳されたり、片棒を担いだ連中も数知れず。

もし、日本人が「保守」という思想を心得ていたら騙されることもなく、
主体的に判断出来ていたはずだ。今の日本人にその気概はあるか?!

672 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 04:40:32.83 ID:GH7W8g+y0
昔も今も嫌われ者であることが自覚できない日本人なのである

673 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 04:48:45.96 ID:d6HBXcT70
>>5
という馬鹿げたことを言っていた連中(アジア主義)が、

>近衛内閣はアジアから英米勢力の
>排除を目指す「大東亜新秩序」を国是とする「基本国策要綱」を閣議決定。翌16年には
>日ソ中立条約を締結した。そして同年12月の日米開戦につながっていく。
という非現実路線をやって、反米にシフトさせた。
そして国家崩壊にまで追い込んだ。

米国と戦ってすごいなどというなら、米国とさしで勝負して
勝った北ベトナムを褒めなければならないな。ソ連が
後ろについていたけどな。

674 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 04:49:22.28 ID:jy+nKjAz0
>>672
腐れ朝鮮人じゃあるまいし、笑わせるな。
我らは日本人だぞ!

675 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 04:51:19.00 ID:d6HBXcT70
>>664
韓国シンパが多いもんな。
ちなみに竹中平蔵は韓国の顧問までやっている。
この辺はぐぐればすぐに出てくる話だけどな。

676 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 04:54:28.71 ID:jy+nKjAz0
>>673
アジア主義者は間違ってるよな?それと共産主義者が結び付いた。
そして日本は泥沼に入り込んだ・・・

日本は日本、自主独立の原則が甘かったので失敗したのだ。

677 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 04:55:49.31 ID:9GCNDlyM0
ルーズベルトって
知能障害者だったっけ?

678 :M__Mw? ◆5/ElIiVBt.cV :2013/10/12(土) 04:56:17.94 ID:sOigKFcY0
>>598 自己レスw
しかし、皆さま詳しいなw オレには話に加わるのはムリw 自分のレスだけ修正するw

近衛文麿について、もう少し調べてみたw
近衛の息子、近衛文隆という男、こいつが蒋介石の女スパイ、テン・ピンルに
引っかかったw 後に、尾崎秀美やゾルゲとも交友を持ったw 本人は共産主義者では
なかったが脇が甘すぎw 親父の文麿も同じ感じかなw

近衛文麿の周辺にいた人物が怪しすぎるw 戦前には、木戸幸一、尾崎秀美、ゾルゲなどw
戦後処理期では、ノーマン、都留重人、西園寺公一w スパイに翻弄された人だったような。。

>>1 に関しては、コミンテルン、スターリンの影があるのは、そのとおりだったw
孫文が清朝を瓦解させた後、やがてコミンテルンに接近し、軍事顧問を招聘w
孫文の妻が、宋慶齢。蒋介石の妻、宋美齢の姉でもあるw 

張学良、ソ連共同の西安事件で、反共の宋美齢も夫の命と引き換えにスターリンの
意向を受け入れ、国共合作の下、中国は抗日戦を着々と本格化するw

蒋介石は、宋美齢をアメリカに送り、莫大なカネを使って反日ロビー活動w
ルーズベルトは元々反日w

内患外憂杉w 日本滅亡の危機だったわけだw 生き残った日本凄すぎw
亡くなった日本兵の方々には改めて敬意と感謝を抱いたよ。。

679 :M__Mw? ◆5/ElIiVBt.cV :2013/10/12(土) 05:11:24.37 ID:Botam7mR0
おっと、書き忘れたw 瀬島龍三w
こいつも、真珠湾奇襲の宣戦布告遅滞から、東京裁判、シベリア抑留まで、
すべてに絡んだソ連のスパイ疑惑が濃厚になってるなw

瀬島スパイ説など、陰謀論とか、ゴルゴ13レベルの話かと思ってたw
ちょっと恥ずかしいw

680 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 05:19:47.33 ID:Dpln6TnQ0
>>673
アジアとか東アジア共同体とか言いながら同時に反米やってる連中は正にその頃の日本の焼き回しだな
昔の日本を批判する左翼が、その昔の日本と同じことを言ってる
大東亜共栄圏を左翼の言うアジア、東アジア共同体
当時の日本を、現在進行形で侵略行為しまくってる中国に置き換える
そして反米
こうして考えるとあら不思議

>>678
調べればすぐ出ると思うが木戸幸一は戦後処理にも大きくかかわってる
ノーマンと組んで近衛を追い込んだ
木戸自身も追い込まれてたんだけどね
木戸が死ぬか近衛が死ぬかの状況で
木戸自身はアカでは無かったが(多分)、自身を守るためにノーマンと組んで近衛を追い込んだ
木戸 ノーマン史観
これも調べてみると面白いよ

近衛が共産主義者であったか否かについてはいろいろな意見があるね
ただ大学入り直してまでマルクス主義を学び
恩師からそれ関連の書物をもらって感激してた。なんて話もある
スパイだったのか、共産主義に夢を見てたルーピーだったが為に利用されたのか
真相は闇の中だね

681 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 05:51:41.24 ID:wJF2IQBW0
「焼き増し」だろ

682 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 06:01:36.80 ID:Dpln6TnQ0
これはお恥ずかしい
焼き増しです

683 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 06:04:14.76 ID:XmqX3gnT0
米国共産党なんて影響力あったのかよ?

684 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 06:56:02.10 ID:tGlH6/E3O
アメリカにも なんとなく左翼が
知的にカッコいい時代があったのよ
「あしながおじさん」の主人公が社会主義者として
生きるのを宣言してたりする

685 :【新冷戦時代】コミンテルン再考【共産主義の悪夢再来】:2013/10/12(土) 07:11:30.40 ID:EBmiWNgO0
コミンテルン(Comintern)
→国際共産主義者:コミュニスト・インターナショナル(Communist International)の略
http://ja.wikipedia.org/wiki/コミンテルン
http://en.wikipedia.org/wiki/Comintern

1919年3月結成 ロシア共産党(ボリシェヴィキ:Bol'sheviki)が呼びかけ結成
 世界革命を目指し、各国に共産党を発足させ暴力革命を実行
 →テロ、暴動、殺人、犯罪などを正当化
  コミンテルンは「世界革命の参謀本部」へ

 レーニン、スターリンが主導し、ロシア共産主義による世界支配を目指した
 日本においてはゾルゲと尾崎秀実が暗躍し、(満鉄調査部、企画院、昭和研究会)
 アメリカにおいてはF.D.R(ルーズベルト大統領)周囲にコミンテルンが浸透していた。
 レーニンの砕氷船理論、世界革命、暴力革命の指導通りに日米は激突したのである。
 そして日本は敗戦革命まで行われる危機に瀕したのであった。

共産主義黒書(ソ連篇) ステファヌ・クルトワ Stephane Courtois
http://www.amazon.co.jp/dp/487430026X
共産主義黒書 コミンテルン・アジア篇
http://www.amazon.co.jp/dp/4874300278
The Black Book of Communism: Crimes, Terror, Repression
http://www.amazon.co.jp/dp/0674076087
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Black_Book_of_Communism
 ロシア革命の世界革命化を狙ったコミンテルンと、人類史上未曾有の犠牲者を生み出した
 アジア共産主義の現実。共産主義に殺された人数はソ連2000万、中国6500万・・・
 合計は1億人に近い。
 The number of people whom the communism slaughtered is near to 100 million people.

686 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 07:13:48.27 ID:6U9Ogra30
>>666
>シ○ゴボーイズ
何で伏字ww。
しかも、666でのレスって。www
ちっと調べてきます。動画も見て見ます。
アメリカは、中国、北朝鮮の政治体制そのままにして、アジアから撤退するつもり
なのかな?
戦後アメリカが特定アジア三国にアシストしなければ、アジアはもう少し平和だったのに。

687 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 07:15:05.73 ID:tGlH6/E3O
>>652
帝国陸軍中枢に共産党のスパイがいた、
というのは
俺はかなり疑っているけど
きっちりした調査を見たことがないです
戦後の左翼全盛時代にはタブーだったのかもしれない

軍は狂ってた
(いや確かに馬鹿げた政策決定をしてるわけだけど
だけで終わっていいのかな?
中共の巧妙なプロパガンダは今 現実の問題だし

だいたい民族浄化を現在進行中の国に
イメージで負ける帝国日本てなんなのよ?

688 :中国共産党 野望と謀略の90年 The Crime of Communism Revives!:2013/10/12(土) 07:16:21.80 ID:EBmiWNgO0
中国共産党 野望と謀略の90年 The Crime of Communism Revives!
別冊正論 Extra.15 (扶桑社ムック)
http://www.sankei.co.jp/seiron/etra/no15/ex15.html
http://www.amazon.co.jp/dp/4819150294

7月に創建90年を迎えると公称する中国共産党。武力を用い、他民族を虐殺して領土
を拡張する一方、大躍進や文化大革命、天安門事件で何千万人もの自国民を死に追
いやり、抑圧してきました。その覇権的野望の歴史と現在を検証します。

中共の脅威の特徴は、諜報・謀略(特務)工作にあります。かつては各種工作よって日
本を支那事変の泥沼に引きずり込んだ責任が近年、明らかになってきています。「日本
は中国を侵略した」という歴史観を明確に否定する最新研究の数々を紹介します。戦後
日本を歪めてきた自虐史観と決別し、真っ当な国家として危険な隣国と相対するために。

《大特集》中国共産党・ソ連・共産主義の戦争責任
重要史料発掘!近衛文麿首相ブレーン集団の真実 −共産主義者が主導した翼賛体制−
・日本を騙し、利用し続けてきた「人類の悪夢=共産主義」
・アメリカを巻き込んだコミンテルンの東アジア戦略
・日中戦争を始めたのは中国共産党とスターリンだ
・知られざる中共諜報団の脅威 −日支和平を潰した日本の「ユダ」と中国人工作員達
・尾崎秀実の本当の大罪 〜事変拡大の扇動者
・レーニンの革命資金が流れた帝国陸軍
・「本土決戦」「一億玉砕」を叫んだ敗戦革命論者達
                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・なぜ共産主義という「戦犯」を忘れたのか

上記の内容は「近衛上奏文」に集約されているといっても過言では無い。
http://josaito.sakura.ne.jp/forblog/konoe.html
http://vaccine.sblo.jp/article/443444.html
近衛上奏文 近衛文麿、共産主義者、革新官僚・革新軍人らの敗戦革命

689 :Revolutionary defeatism 敗戦革命:2013/10/12(土) 07:20:12.50 ID:EBmiWNgO0
Revolutionary defeatism革命的祖国敗北主義 (敗戦革命)
http://en.wikipedia.org/wiki/Revolutionary_defeatism
http://ja.wikipedia.org/wiki/革命的祖国敗北主義

共産主義の政治思想の一つ。革命的敗戦主義ともいう。

Revolutionary defeatism is a concept made most prominent by Vladimir Lenin in
World War I. It is based on the Marxist idea of class struggle. Arguing that
the proletariat could not win or gain in a capitalist war, Lenin declared its
true enemy is the imperialist leaders who sent their lower classes into battle.
Workers would gain more from their own nations’ defeats, he argued, if the
war could be turned into civil war and then international revolution.

パリ・コミューン、ドイツ革命、ロシア革命の例に見られるように、「祖国の敗戦」という
国難が革命勃発のきっかけとなっている。
これらの実例から、帝国主義下にある自国が対外戦争に参戦した場合、自国の勝利
のために挙国一致で戦うのではなく、むしろ自国を敗北させるように仕向け、その混乱
に乗じて自国の革命を成就させることを指している。具体的には、反戦運動を高揚させ
ることで自国の戦争遂行を妨害したり、敵国を利するための各種活動の実施などである。

(ゾルゲ、尾崎秀実らは上記の敗戦革命を日本に対して実行し、ソ連の防衛に成功した)
Sorge (GRU) and Hotsumi Ozaki(Comintern) practiced a revolutionary defeatism in Japan.

『愛情はふる星のごとく』 尾崎秀実 ←反日左翼の英雄 Hotsumi Ozaki is an anti-Japan leftist hero.
http://www.amazon.co.jp/dp/4006030762
http://en.wikipedia.org/wiki/Hotsumi_Ozaki

尾崎秀実について 松本慎一 p.412 Shinichi Matsumoto who was a cooperator of Ozaki wrote down follows.
「私は彼が敗戦主義者であったことを言わなければならない」Hotsumi Ozaki was revolutionary defeatist.
「日本の敗北−それが彼の目標であり、結論であった」The heart's desire of Ozaki was to let Japan defeat.
「彼は日本の対ソ戦開始を防止するのに全力を尽くした」Ozaki made every possible effort for defense of Russia.

690 :コミンテルンが日本軍の北進を南進に変換(シベリヤ傾斜論):2013/10/12(土) 07:28:24.92 ID:EBmiWNgO0
The Comintern converts the northing of the Japanese military into southing
(Siberia slant theory)
日本中枢へ深く浸透していたコミンテルン(共産主義者)が日本を敗戦へ誘導した
The Comintern (communist) which spread among the Japanese center deeply
derived Japan to defeat.

ゾルゲ・グループ:尾崎秀実(昭和研究会、朝飯会)→近衛文麿首相を操縦
『シベリヤ傾斜論』によって日本軍を“北進”から“南進”へ転換
↑ その目的:1.ソビエトの防衛、2.資本主義国家同士の戦争(日米・日英戦争)
│        3.砕氷船理論によるアジアの赤化、4.中国の赤化、5.日本の赤化

├企画院グループ→(1)「日本勝利」の虚偽予測→東条英機を開戦へ決心させる
│(共産主義者)   『総力戦研究所』に大東亜戦争の予測を行わせた
│            結果は「日本必敗」であったが、東条英機は気に入らなかった
│            「日本が勝つ」という虚偽の内容に捏造して最終報告
│            (2)インドネシアの石油埋蔵量を3倍に水増しして報告→「南進」へ誘導
│            (硫黄成分が多く航空燃料に適さないことは隠蔽)

└満鉄調査部グループ→「北進」論を封じる為に歪曲報告
 (満鉄マルクス主義) 当時のシベリアは大豊作だったが、「大凶作」と虚偽を報告

こうして日本陸軍は伝統的に国防の為に構えていた「北進」を解かれ、破滅的な敗戦を確実に
迎える「南進」を強要された。

満鉄調査部事件の真相
http://www.amazon.co.jp/dp/4096260762
(p.127)尾崎が入手した軍需資材保有量=日本は必ず敗戦する
日本の当時の石油保有量は1,200万トンしかなく、戦争になれば年600万トンを消費することにな
るので、日本の戦闘力は2年半くらいしかない。それ故、戦争は短期決戦にするべきであるとの
結論となった。この日本の石油保有量に関する情報は、日本の戦争能力を示す極めて重要な情報
であったから宮城与徳を通してゾルゲに報告され、ソ連に通報されたのであった。

691 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 07:31:59.33 ID:tGlH6/E3O
>>680
だいたい同意です

692 :左翼が如何に日本を戦争へ誘導し敗戦させたか(目標は敗戦革命):2013/10/12(土) 07:33:15.42 ID:EBmiWNgO0
The left-winger (the Comintern) agitated for war and let Japan defeat.
The aim of the left wing (the Comintern) was a Revolutionary defeatism.
日本陸軍は伝統的にロシアによる侵略に備えて“北進”の構えだった。
一方、尾崎秀実・ゾルゲグループらは日本陸軍を“南進”させることに
全力を挙げた。これは、日本を「北進」から「南進」に転換させることにより、
(1)ロシア(ソ連)を防衛できる(日本軍がロシアを攻撃出来なくなる)
(2)南方に植民地を持つ英米蘭仏と日本を戦争させる事が出来る
 →資本主義国家同士の戦争=砕氷船理論の実践
(3)アジアを赤化できる(戦後、共産主義革命する)
(4)中国を赤化できる(日本を蒋介石と戦わせ、毛沢東を温存した)
(5)日本を赤化できる(アメリカの対日占領が遅ければ実現していた)
が達成されるからである。

┌「北進の阻止」−満州鉄道調査部(満鉄マルクス主義)
│ シベリヤは大凶作で資源が無い、と虚偽報告(実際は大豊作)

├「南進へ誘導」−企画院グループ(共産主義)
│ 南方には豊富な石油資源がある、と虚偽報告(3倍に水増し)

├「日本必勝」の虚偽予測−内閣総力戦研究所
│ 当初、“日本必敗”を正確に予測したが、「日本必勝」と捏造報告

「シベリヤ傾斜論」(尾崎秀実=首相秘書)コミンテルン、GRU
 近衛文麿首相の側近として、「昭和研究会」や「朝飯会」などにおいて、
 盛んに「シベリヤには何も無い、南方には石油があるから攻撃しろ」
 と鼓吹、扇動し続け、遂に
 「情勢ノ推移ニ伴フ帝国国策要綱」1941.7.2
 「帝国国策遂行要領」1941.9.6
 が決定され、破滅的な対英米戦争が決定づけられ、スターリンの砕氷
 船理論の実践と日本の敗戦革命へと、日本は突き落とされて行ったのである。

左翼の戦争責任が如何に大きいか、一目瞭然である。

693 :【大東亜戦争】「日本政府が共産主義者に降伏」【ソ連の中枢浸透】:2013/10/12(土) 07:38:18.44 ID:EBmiWNgO0
「日本政府が共産主義者に降伏」 終戦間際、中国武官が「米の最高機密」として打電(産経)2013.8.12
The Empire of Japan was nearly going to hand own country to Soviet communism (Sankei Shimbun)
from The National Archives United Kingdom, TNA
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130812/chn13081209400000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130812/chn13081209400000-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/photos/130812/chn13081209400000-p1.htm
http://www.nationalarchives.gov.uk/default.htm
「日本中枢が共産主義者たちに降伏している」と報告した駐ベルン中国国民政府武官の電報を解読した
英国立公文書館所蔵の最高機密文書ULTRA
''The Seat of Great Japanese Empire promotes a breakdown to Soviet Union and communism''
reported by stationed-in-Bern Chinese Nationalist Party military officer in June, 1945.
This diplomatic cryptogram was decoded and reported as ULTRA, and it is kept now by
The National Archives United Kingdom, London.

ソ連の中枢浸透説を補強 英所蔵文書で判明
This document supports that Soviet Union communism spread among the center of Great Japanese Empire.

終戦間際の昭和20(1945)年6月、スイスのベルン駐在の中国国民政府の陸軍武官が米国からの
最高機密情報として、「日本政府が共産主義者たちに降伏している」と重慶に機密電報で報告していた
ことがロンドンの英国立公文書館所蔵の最高機密文書ULTRAで明らかになった。戦局が厳しい状況
に追いこまれる中、日本がソ連に接近して和平仲介を進めたのは、ソ連およびコミンテルン国際共産主義が
日本中枢に浸透していたためとの説を補強するものとして論議を呼びそうだ。

機密電報は1945年6月22日付で中国国民政府のベルン駐在武官が重慶の参謀本部に伝えた。
電報の内容は「日本政府の重要メンバーの多くが日本の共産主義者たちに完全に降伏(魂を明け渡)している」と
政権中枢がコミンテルンに汚染され、「あらゆる分野で行動することを認められている共産主義者たちは、
全ての他国の共産党と連携しながら、モスクワ(ソ連)に助けを求めている」とした。

694 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 07:41:29.88 ID:aoLH6h8uO
「アジアを欧米の植民地から解放する!」という南進スローガンもコミンテルンの策略だったのか

独ソ戦の時にドイツに呼応して、ソ連を挟み撃ちにすればよかったものを

695 :The Comintern agitated War (the Japan-China War and Pacific War):2013/10/12(土) 07:42:41.40 ID:EBmiWNgO0
共産主義者の大東亜戦争責任 War agitation of the Comintern
Communists caused the Greater East Asia War (the Japan-China War + Pacific War).

大東亜戦争とスターリンの謀略―戦争と共産主義 (自由選書) 三田村 武夫
War and communism [Greater East Asia War and plots of Stalin] (Takeo Mitamura)
http://www.amazon.co.jp/dp/4915237028

ヴェノナ(VENONA)  ジョン・アール・ヘインズ (著) 中西輝政 (翻訳)
Venona: Decoding Soviet Espionage in America (John Earl Haynes)
http://www.amazon.co.jp/dp/4569704891
VENONA ヴェノナ 解読されたソ連の暗号と共産主義スパイ活動

KGBの内幕―レーニンからゴルバチョフまでの対外工作の歴史〈上〉 クリストファー アンドルー
KGB: The Inside Story of Its Foreign Operations from Lenin to Gorbachev (Christopher Andrew)
http://www.amazon.co.jp/dp/4163482105
元KGB高官が証言し情報活動史の第一人者が分析した驚愕と新事実に満ちた決定版

第二次世界大戦と日独伊三国同盟―海軍とコミンテルンの視点から 平間 洋一
World War II and Triple Alliance among Japan, Germany and Italy
- from a viewpoint of the navy and the Comintern (Youichi Hirama)
http://www.amazon.co.jp/dp/4764603209

戦争責任は「国体を仮装せる左翼」にあった

砕氷船理論
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A0%95%E6%B0%B7%E8%88%B9%E7%90%86%E8%AB%96
http://en.wikipedia.org/wiki/Icebreaker_(Suvorov)
『砕氷船 ? 誰が第二次世界大戦を始めたか?』ヴィクトル・スヴォーロフ
http://ja.wikipedia.org/wiki/砕氷船_(スヴォーロフ)
http://www.amazon.co.jp/Icebreaker-Who-Started-Second-World/dp/0241126223

696 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 07:43:13.75 ID:0EdJZpZR0
>>398
過去数度の侵略に晒されても独立守って、外国と交われば常に時代の最先端に躍り出る日本
これと内戦ばかりの中国比べたら日本ヤバイと思うのはむしろ自然かな

アメリカ国民自体は開戦には否定的だったらしいけどね
政治家個人の中国利権保護する為に対日戦争したなんて知ったら向こうの国民も情けなくなるだろうね

697 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 07:46:05.10 ID:+1w/Gpo90
すり替えばかりで
言いたい事の立ち位置がよく分からない

もう少し素人に伝わるようにまとめてくれ

698 :鳩山家とロシアGRUスパイ・ドムニツキー Russian spy Domnitsky:2013/10/12(土) 07:46:54.76 ID:EBmiWNgO0
鳩山家とロシアGRUスパイ・ドムニツキー Russian spy Domnitsky
Hatoyama family and GRU russian agent, Andrei Ivanovich Domnitsky
ゲスト:瀧澤一郎(国際問題研究家・元防衛大学校教授)
http://www.youtube.com/watch?v=gmZ4p1uPOqY&hl=ja

「鳩山民主党政権」対露外交の行方

1955年 鳩山一郎邸をソ連海軍情報部(GRU)スパイ・ドムニツキー(※)が訪れる
   ※在日ソ連代表部(The Soviet representative) Andrei Ivanovich Domnitsky
     (鳩山由紀夫7歳)
      河野一郎がモスクワで秘密交渉し、北方領土を売り渡す密約を交わす
1956年 日ソ共同宣言により鳩山一郎首相、北方領土をソ連へ

鳩山一郎 − 河野一郎 (日ソ共同宣言で北方領土をロシアへ売り渡す)
  |          |
鳩山威一郎− 河野洋平 (狂乱物価を作った官僚と中国共産党の走狗)
  |          |
鳩山由紀夫− 河野太郎 (狂った友愛外交)
  |
鳩山紀一郎 (現在モスクワ大学でロシアの協力者として育成中)

参考文献
Japanese-Soviet/Russian Relations since 1945: A Difficult Peace
http://www.amazon.co.jp/dp/0415194997
(p.54) - later known as the "Domnitsky Letter" -
This letter, which had a direct effect in initiating the peace negotiations,
was handed to Hatoyama on 25 January 1955, the day after the dissolution of
the Lower House. The Soviet representative Andrei Ivanovich Domnitsky had
approached the Gaimusho before to deliver a note to the Japanese government,
but the Gaimusho's attitude was negative, and so was that of Foreign Minister
Shigemitsu.

699 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 07:47:34.36 ID:Ui0nhQq70
ミンス党と名乗る連中は日本でもアメリカでもクズの集まりでFA?

700 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 07:48:07.35 ID:KHkJwXQw0
>>696
ぶっちゃけ、今の日本はアメリカの従属国だろ。
独立してると思ってるのは甘ちゃんだけで、実際、アメリカ人の知識人でも
日本を平気でアメリカの「クライアント国家」などと書いてるがw

アメリカの政治関係の翻訳書をもっと読め。
アメリカの知識人どもが、日本を本当のところどう思ってるか露骨に出てる。
基本、彼らの認識は「自分の手駒」。

701 :「小沢訪中団」=「王家瑞プロジェクト」 Wang Jiarui:2013/10/12(土) 07:50:46.56 ID:EBmiWNgO0
「小沢訪中団」=「王家瑞プロジェクト」
The Ozawa group which visits China = Wang Jiarui project
(Another name is "Great Wall of China plan") =大長城計画
-> Espionage to take over Japan by China.

【大長城計画訪中団】菅代表代行、羽田最高顧問が歓迎宴で挨拶
http://www.dpj.or.jp/news/?num=12337

【民主党/中国】来月の小沢一郎訪中団は、総勢615人!
民主党の国会議員は140人、「小沢権勢を見せつける旅」 2009/11/24
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091124-OYT1T01259.htm

【大長城計画訪中団】小沢代表、日中両国の協力、友好の重要性を明示 2007/12/07
http://www.dpj.or.jp/news/?num=12341

中国共産党 「日本解放第二期工作要綱」
 B.工作主点の行動要領
  第3.政党工作 3−3.招待旅行 ←これが”★大長城計画★”

D.旅行で入国した議員、秘書の内、必要なる者に対して、国内で
   「C・H・工作」を秘密裏に行う。
           ↑
小沢一郎が、中国共産党の対日工作活動の為に、協力者として獲得させる

王家瑞(Wang Jiarui) = Chicom spy master
 └→(中国共産党対外連絡部長)対外スパイ組織の責任者
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%8B%E5%AE%B6%E7%91%9E
http://en.wikipedia.org/wiki/Wang_Jiarui
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/24/Voa_chinese_Wang_Jiarui_17jul10_300.jpg

小沢一郎と王家瑞は何十年もの(古い友人)関係があり、接触し続けてきた。
Ichiro Ozawa repeated a secret meeting with Wang Jiarui who is Chicom spymaster.

702 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 07:53:11.26 ID:qfo1pTAT0
ホントに日本人て自意識過剰でナイーブだよな。
少しアメリカで批判されたら親中反日とか言って大騒ぎw

現実はアメリカのメディアでは日本の報道なんて全くなくて
中国の報道ばかり。それもネガティブな話題ばっか。
でも中国人は平然としてる。日本が中国ぐらい批判されたら日本は発狂するんじゃないかw

703 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 07:53:15.85 ID:qUXAhczD0
>>697
特に「すり替えはない」と思うぞ。
すべて「大東亜戦争はコミンテルンの策謀だった」ということを説明しているだけ。
レッテル張りして人に手間をかけて作業を要求することこと下劣な工作手法だ。

704 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 07:57:35.06 ID:+1w/Gpo90
こういうのって大好きな人もいると思うけど
もっとセンスを磨いて情熱がエンターテイメントすればいいのにな

705 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 08:00:41.04 ID:C108owv00
>>702
アメリカは中国やロシアを、自分と覇権を争うに値する、対等の敵と
見ている。だからFOXニュースやウォールストリートジャーナルなどの保守系メディアで、
バッシングしながらも分析するし意見もする。
ロシアや中国に対するアナリストの報告はたいてい
基本「将来的に彼らが我々の地位を脅かしかねないから、政府(アメリカ)はこうして
対抗すべきだ」「中国(昔ならソ連)の台頭にそなえよ」という感じ。
それにしょっちゅう報道する。ソ連が崩壊したとはいえロシアニュースもしょっちゅうあるし、
中国なんか連日のレベル。

日本については、たぶん対等の相手と見てないフシはある。
なにがどうあろうと、コイツに俺に逆らう度胸はないとみている。
だから最大の同盟国とかいいながら、イギリスやイスラエルより報道頻度が低いように感じる。

706 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 08:03:10.37 ID:g001861+0
東京を市民ごと焼き払って原爆で一般市民無差別大量虐殺した本物のキチガイ人種差別主義者

707 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 08:07:31.41 ID:aoLH6h8uO
ルーズベルトは昭和20年4月に大統領在職中に死亡
原爆投下時はトルーマン

708 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 08:08:31.18 ID:q2nHazuN0
これも、アングロ=サクソン勢力がコミンテルンに動かされたのか、それともコミンテルンの動きを
いいように利用したのか、どっちかというと後者に見える。

結局のところ、米英はまずナチスと日本というファシズム帝国を徹底的に倒し、
その次にソ連や共産化した中国と対峙したが、これも結局はソ連の崩壊という
形で共産主義に完膚なきまでに勝利を収めた。
最後に生き残り唯一の模倣すべき経済モデル=アメリカ・イギリス型=アングロサクソン経済
になった現状を見てると。

時間の流れを利用して順々に、自分にとってウザくなりそうな思想勢力を破壊
したわけで、天皇制やヒトラー崇拝に導かれたファシズムは破壊され、共産主義勢力も
ショートに追い込んだ(現在、中国もロシアももはや"共産主義"という土台では勝負してない)。

こうすると、アメリカは結局のところ、うまく立ち回っただけに見えるが。

709 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 08:18:34.00 ID:+1w/Gpo90
文章のつくりが印象派すぎる

710 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 08:18:53.89 ID:qUXAhczD0
>>708
すくなくともアメリカは特してないぞ。イギリスもだ。
イギリスはアジアの植民地を香港以外は喪失。
アメリカは反共の防波堤だった日本を失い、中国が赤化して
共産主義と直接対決することになり、朝鮮戦争やベトナム戦争に突入。
少なくともアメリカとしてはうまく立ち回ったとは言えない。
本当は、日米こそ同盟して共産主義と闘うべきだったのだが。

711 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 08:26:45.60 ID:q2nHazuN0
>>710
アメリカは、アジアの雄を自認していた日本を蹴りつけて、プライドを
木端微塵に破壊したうえで手下につけたわけでこれは 同盟 よりも
良い形だ(アメリカにとってな)。いまやアメリカと日本の関係は
対等じゃない。実質、アメリカは日本を手下にした。

共産主義との戦いも、その状態のまま、勝ったじゃん。ソビエトを資金ショートに
追い込み、ベルリンの壁が崩壊した時、共産主義の幻想も剥げた。
今じゃ中国もロシアも実質的には共産主義経済をやめたような状態だし、
世界的にも共産主義に期待するような奴はもうおらん。
今後、中国がアメリカに追いついてくるにせよ、それは中国の"欧米キャッチアップ"
によるものだろう。共産主義という独自路線でアメリカに勝てるとはもはや中国も
思ってないので、せっせとアメリカのビジネスのやり方を研究している。
台頭著しい、中国の経済を牽引するレノボやハイアール、ファーウェイは毛沢東が作った
郷鎮企業ではなく、どう見ても資本主義型のグローバル企業に近いやり方で成功をおさめている。

思想的には勝ったじゃん。完全勝利といっていい。
ファシズムをやりこめ、次に共産主義にも勝利した。
現在、地球上で、自国を発展させたい場合に「アングロサクソン型モデル」の優位性を
認めないわけにいかないだろ。たとえアメリカ嫌いな国でも、だ。
ロシアや中国だって、共産主義で勝てるとは思ってない。自分等を発展させたければ
NATO陣営、西側に近いやり方でしか成功しないのはもう自覚してる。
この点で、思想的な戦いにアメリカはもう完全に勝利を収めてる。
俺がアメリカなら、これはおおむね満足すべきことだと思うけど。

712 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 08:26:54.05 ID:a0legUOh0
■台湾海峡危機(たいわんかいきょうきき)は1950年代から1960年代にかけて中華人民共和国(中国大陸)と中華民国(台湾)の間での軍事的緊張が高まった事件の総称。3度にわたり緊張が高まったが、アメリカの介入などにより全面戦争に発展することはなかった。

なお1995年から1996年にかけて、台湾総統選挙に伴い発生した軍事的緊張に関しては台湾海峡ミサイル危機と称されている。

■原因

第一次、第二次台湾海峡危機のいずれも、中国側の動機は、アメリカとの軍事緊張を作ることで、ソ連に原爆製造技術の供与を要請するためだったという説がある

713 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 08:36:19.14 ID:qUXAhczD0
>>711
ざっくりとした屁理屈はもういいよ。恥ずかしいよ。

第二次大戦後は、アメリカは大戦自体が間違いだったことを理解して
赤狩りで国内外のスパイを一掃したんだぞ。
そしてその後の朝鮮戦争、ベトナム戦争、冷戦をすべて吹っ飛ばさないでくれ。

現状のそうした共産主義への西側の反撃の結果に過ぎないぞ。

714 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 08:36:27.29 ID:n7hbS8qr0
過去形じゃなく現状だって米民主にはコミンテルン連中がウジャウジャいるじゃん
日本の民主は大半だが、野党もそんなんばっか けど自民にもいるからねえ

715 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 08:42:49.09 ID:q2nHazuN0
>>713
大戦自体は間違いでもなんでもないってことを言ったんだが。


大戦の結果、生意気だったドイツと日本を手駒に加えたろ。ついでにイタリアもだ。
これが「アメリカにとって」間違いだったか?
俺はこれを間違いだったと思ってるアメリカの著名知識人を知らない。
WW2でアメリカがファシストを叩きのめすまで、ファシスト勢力ってのは少なくとも
自分らを、アメリカとは別の、覇権を争うべき一つの"極"だと思い込んでたわけだ。
傲慢だろ。アメリカに言わせれば、これは傲慢だ。
ところが、大戦の結果、ドイツや日本はヘコんだ。負け犬になったことで、牙が抜かれたのか
どうかしらんが、とにかくドイツや日本を"極"だとは、もう世界の誰も思わない。
自分等でも思ってないだろう。現代ドイツ人や現代日本人がヒトラー時代や昭和前期のように
欧州に第三帝国を、アジアに大東亜共栄圏という帝国を作ろうと思うことはない。
牙は抜かれたのだ。
覇権争いに参加する資格を喪失したわけだ。

ソ連と中国も、冷戦時代は今より遥かに生意気だった。少なくとも、共産主義という思潮があって
それはアメリカが推進する、西側の経済体制とは別の"極"で、それは世界に敷衍すべきモデルの
一つだと思い込んでいた(アメリカからしてみれば、それは思い込みに過ぎない)。
こいつらも、結局は負けたろ。

アメリカの何が間違いだったというのか。俺は、トータルで見れば、アメリカはこの100年ほどの
覇権の期間を相当にうまくたちまわった。他の国が、ここまで上手にやれたとは思わない。

716 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 08:46:28.54 ID:yilrVQU0i
これは、本当に歴史の真実だよ

まさか、コミンテルンの工作に基づき
ソ連と条約結ぶなんてなw

717 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 08:56:50.56 ID:jmiSu2hH0
そんな古い話ではない クリントン夫婦に中華系アメリカ人を介して共産党から多額の献金がされている
もちろん、外国人からの直接献金は違法だからな

718 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 09:13:26.37 ID:QaoncY/30
>>700
>>705
そう言うことだな。

>>710
アメリカが敗戦して、覇権国の地位を失わない限り
(最低でも東西両洋の制海権喪失と南北アメリカの盟主の地位の失陥)、
そのような謙虚な考えには至るまい。

そして、覇権国で無くなったアメリカに、日本が同盟を結ぶ価値も、また無い。

719 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 10:43:48.67 ID:0TssIF1o0
>>1

次スレお願いします

【政治】安倍首相、靖国参拝明言せず 秋の例大祭で
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1381498696/

720 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 10:59:44.22 ID:aJ6D0vcq0
何となく思い出した
http://www.youtube.com/watch?v=yM7nTfkPcu4

どこかで、性根がネジ曲がるんだな
何らかの切っ掛けで、心の闇のスイッチが入って
黒い欲望が心を支配すると、元に戻らなくなる

共産主義でも資本主義でも、覇権でも金銭でも
他人(隣人)に迷惑を掛けることを、屁とも思わなくなる
今日本は、増税と言う金銭面で、闇の入口に立っている

721 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 11:17:14.71 ID:J0QrXkJd0
馬鹿な日本人が多いが敵は一つに絞るのが吉。
中華とはなあなあ、チョンはガン無視、
まず潰すべきは、在日、国内にいる売国奴。

潰さなければ先はない。

722 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 11:25:21.84 ID:DnfGo6/E0
シナ大陸利権で財を成したローズベルト一族が
コミーの口車に乗せられて日本を戦争に引き込んだのは間違いない
ローズベルト一族こそ日本人の敵
間抜けなことに戦況が決して用済みになった消されてるし

723 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 13:49:48.23 ID:qUXAhczD0
>>715
>>718
今も、コミンテルンとの戦いは続いている。アメリカでは民主党は中国の影響を強くうけている。
100年後、ヒスパニックと中国系移民が人口の多数になるのは確実で、中国系大統領が生まれる可能性が高い。その時アメリカは、中華圏に入る。
アメリカは、いまでも破綻寸前だ。それにもかかわらず、民主党のオバマは
移民にも適用可能なオバマケアを導入しようとしている。もっと移民が増え発言権が増すだろう。
100年後のアメリカは、200年間掛けたコミンテルンの陰謀に負けた国になっている可能性が高い。

724 :彼ら(鳩山由紀夫、小沢一郎、反日左翼)が日本を滅ぼす:2013/10/12(土) 16:44:26.78 ID:EBmiWNgO0
彼らが日本を滅ぼす     佐々淳行 著
They (Yukio Hatoyama, Ichiro Ozawa, anti-Japan left-winger) annihilate Japan.
http://www.amazon.co.jp/dp/4344019385

The Demolisher
p.148 小沢一郎 Ichiro Ozawa is a Chinese spy agent
http://en.wikipedia.org/wiki/Ichir%C5%8D_Ozawa
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B2%A2%E4%B8%80%E9%83%8E
中国訪問時「(日本で)解放の戦いはまだ済んでいない」
「私は人民解放軍で言えば野戦軍の司令官として頑張っている」
自民党金権政治の元祖である田中角栄元首相とその後継者金丸信元副総理の直系で、
「政治とカネ」の元凶であり「壊し屋」の小沢一郎氏は、先祖返りとさえ噂される親朝・親中派
の政治屋である。
その後の菅・仙石左翼内閣を先導した戦犯第1号である。

The Loopy
p.148 鳩山由紀夫 Yukio Hatoyama is a salon communist (Chardonnay socialist)
http://en.wikipedia.org/wiki/Chardonnay_socialist
http://en.wikipedia.org/wiki/Yukio_Hatoyama
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A9%E5%B1%B1%E7%94%B1%E7%B4%80%E5%A4%AB
この人物を私は「サロンコミュニスト」と呼んでいる。
ロシア革命前夜、ロシア貴族の師弟たちの中には、豪華な上流富裕階級としてサロンで贅沢
な日々を送りながら「ヴ・ナロード〈人民の中へ〉」と呼号した者がいた。
彼らはレーニン・ボルシェヴィキ革命への道筋を開いたといわれる、当時、このような人は、
「ナロードニキ」と呼ばれた。
鳩山氏は典型的な「ナロードニキ」である。
この人物がその後の菅左翼内閣を先導した、日本を滅ぼす「戦犯第二号」だ。

725 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 16:47:33.51 ID:igcMAP/T0
謀略説陰謀説は飽きた

要はロビー活動と寄付金と情報発信が中国のほうが上ってだけだ。

726 :Nightmare of the anti-Japan left-winger Administration:2013/10/12(土) 16:49:59.03 ID:EBmiWNgO0
反日左翼政権(民主党や共産党、社民党、公明党など)が招く結末

『第四の核』The Fourth Protocol(フレデリック・フォーサイス) の ”オーロラ計画” が進行
日本社会主義化、赤化政策が進み、中国へ隷属するようになる。
http://www.amazon.co.jp/dp/404253709X
http://www.amazon.co.uk/Fourth-Protocol-Frederick-Forsyth/dp/0099559846
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Fourth_Protocol
(映像)
http://www.youtube.com/watch?v=d01NRFVEA-o
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Fourth_Protocol_(film)
        ↓
『1984』Nineteen Eighty-Four(ジョージ・オーウェル)George Orwell (1903 - 1950)
http://www.amazon.co.jp/dp/4151200533
http://en.wikipedia.org/wiki/Nineteen_Eighty-Four
http://ja.wikipedia.org/wiki/1984%E5%B9%B4_(%E5%B0%8F%E8%AA%AC)
http://en.wikipedia.org/wiki/George_Orwell
http://ja.wikipedia.org/wiki/ジョージ・オーウェル
http://www.bbc.co.uk/history/historic_figures/orwell_george.shtml
(映像)
http://www.youtube.com/watch?v=Z4rBDUJTnNU

日本は大中華圏の中で”日本社会主義”=ジャップソックとして全体主義、
独裁の圧政の中に沈む。最終的に民族浄化で地上から絶滅される。
If Japan cannot prevent aggression of China, Japan is converted into the communist state
and, as for the Japanese, will become extinct by ethnic cleansing.

727 :China's indirect aggression against Japan:2013/10/12(土) 16:59:56.72 ID:EBmiWNgO0
中国共産党 日本解放第二期工作要綱
The Chinese Communist Party; China's machination to indirect aggression against Japan
http://yusan.sakura.ne.jp/library/china_kousaku/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%A7%A3%E6%94%BE%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E6%9C%9F%E5%B7%A5%E4%BD%9C%E8%A6%81%E7%B6%B1

日本の平和解放は、下の3段階を経て達成する
China invades Japan indirectly with three phases and finally exterminates Japan.

The First Period 第一期 (日中国交正常化 1972)
我が国との国交正常化 → 第1次田中角栄内閣(29 September 1972)で達成
Normalize relation with China and Japan -> PM Kakuei Tanaka concluded it.
Kakuei Tanaka (64th and 65th PM of Japan)
http://en.wikipedia.org/wiki/Kakuei_Tanaka
Joint Communique of the Government of Japan and the Government of the People's Republic of China (1972)
http://en.wikipedia.org/wiki/Joint_Communiqu%C3%A9_of_the_Government_of_Japan_and_the_Government_of_the_People%27s_Republic_of_China

The Second Period 第二期 (民主党政権樹立 2009)
民主連合政府の形成(中国の傀儡政権樹立) → 民主党・鳩山内閣(2009)に達成
Establishment of China's puppet government in Japan -> Democratic Party of Japan (DPJ) (2009)
Democratic Party of Japan (DPJ)
http://en.wikipedia.org/wiki/Democratic_Party_of_Japan
Yukio Hatoyama (93th PM of Japan) "LOOPY"
http://en.wikipedia.org/wiki/Yukio_Hatoyama

―>第2次安倍内閣誕生により第二期工作は失敗し、第一期へ後退した (26 December 2012)
The second Abe Cabinet crushed Chinese conspiracy (2nd period -> 1st period)
Abe Shinzo (90th and 96th PM of Japan) conservative
http://en.wikipedia.org/wiki/Shinz%C5%8D_Abe

The Third Period 第三期 (日本消滅、中国の領土へ)
最終段階として日本を占領支配し絶滅する → 未遂
Finally China exterminates Japan (attempt)

728 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 17:21:09.01 ID:EE5AER5d0
>>723
コミンテルンと中華系は一緒にしちゃいけないと思うけど。
コミンテルンとは共産主義者の集まりなわけで。中華系というだけで
必ず経済的な主義が「共産」であるとは限らないんだから。

現在の中華系が、最終的に中華帝国の覇権を狙ってるとしても
そいつらの最終目的が共産経済の確立を狙ってるかどうかはまた別問題だ。
近い未来に、アメリカと中国が合体してどでかい中華帝国が出現するとしても
そいつらがマルクスを信奉するかどうかは果てしなく怪しい。
むしろ、旧来型の封建的な王朝中国に戻る可能性のほうに賭けたほうがいいぐらいだ。
また、皇帝が出現するぞw

729 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 17:44:51.21 ID:6NQSn+iAP
>>673
近衛はアカのスパイだから
一方、米内というアメのスパイもいてそりゃ勝てるはずが無い

730 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 17:57:39.29 ID:6NQSn+iAP
>>710
大恐慌から始まってWW2終戦で一区切り付いた後の
アメリカの超大型景気と発展、唯一無二のスーパーパワーとしての覇権確立という
事実を知っていれば、そんな事はとても言え無いぞ。

冷戦に突入したからアメリカは得してないと言いたいのかも知れんが
ソ連がアメリカと肩を並べたのはベトナムでわざと(かのように)アメリカが足踏みをして後退
したからであって、本来アメリカとソ連の実力差など全く話にならないレベル。
むしろソ連の過大評価によって、WW2終結後もアメリカは巨大な軍を維持することが出来
兵器産業も引き続き潤った。
これは陰謀論とかそう言うのでは無く、軍産複合体という「システム」と10年毎に対外戦争を
起こして軍を維持する歴史的事実から見ればからくりが分かる。
(因みに軍産複合体とは単なるシステムであり、特定の企業や個人では無い。なので
 誰かが陰謀を企んでるという話では無く、アメリカが自動的にそういう政策を取ってしまうと言う事)

実はアメリカの潜在的な最大のライバル(必ずしも武力だけに留まらない)はイギリスであったが
WW2で完膚なきまでに脱落させ、アメリカは少なくとも30年先までの繁栄が約束された。

731 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 18:09:51.59 ID:CbyJlM8n0
>>730
というか産業革命〜現代の300年間で起きたのは、
パックス=ブリタニカ(産業革命〜WW1)からパックス=アメリカーナ(WW2〜現在)への
引継ぎだから。
結論からみると、思想的にはアングロサクソン型社会の系譜を持つ二大国家が
300年間、地球における最強国の座を占めてる。
イギリスは二度の欧州内乱。世界大戦は実のところ「世界」大戦というよりは欧州内乱である。
で疲弊した。第一次大戦、第二次大戦と二度のでっかい戦争が自分の足元で起きたからな。
国力がガタっと落ちた。しかし、その後にイギリスが占めた座を手に入れたのは結局はアメリカだった。
アメリカだけが、両大戦で自分の本土では戦闘を行ってない。しかも後から参入で最終勝利のタナボタを
手に入れた国だから。
第一次、第二次大戦ともに、イギリスは基本、戦争の最初から参加し最後までフルマラソンせざるをえなかった一方、
アメリカは第一次、第二次ともに戦争してる陣営が疲弊しつくしてきたあたりから参戦してきて蹴散らすという
美味しい役どころを手に入れてる。しかも一番大きいのは自分の足元ではほとんど戦闘してないというところ。
「アメリカ国土」といえたところはせいぜい真珠湾ぐらいだろう。
ロンドン上空でドイツ機と格闘戦を繰り広げ、ひっきりなしにV1ロケット落とされた国とくらべりゃ
指のさきっぽをケガしたような軽いダメージで済んだ。
ソ連もソ連で、ナチスにモスクワの鼻先まで進軍されてるからな。ウクライナに関しては占領までされた。
結果、ソ連はナチスとの戦いで諸都市のいくつかは壊滅し戦死者が1000万人出てる。

枢軸・連合のどれを見渡してもアメリカは一番、マンパワー被害が軽く、国土も荒れてない。
余力十分で戦争を終えたわけで、戦後のアメリカ無双の理由の一端はここにある。

732 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 18:17:38.95 ID:B/Pn6RtXO
コミンテルンはカルト宗教団体です。
教祖様はレーニンとマルクスです。中国では毛沢東です。象徴カラーはアカ。
世界中で悪さばかりして大勢の人間を弾圧・粛清・虐殺・餓死させています。
このカルト宗教のせいで、地球上で一億人もの人間が犠牲になりました。アカい悪魔に喰われたとも表現出来ます。

733 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 18:17:39.02 ID:6NQSn+iAP
>>731
全くその通りだけど、戦争被害だけで発展を語るのは不充分なんだよね
実際、戦争が無くても大恐慌で国が傾くとまで言われた状態に陥って
(なんせあれほどの不況は前例が無く、今後どうなるかも分からない、資本主義自体の欠陥の可能性もある)
ニューディールという社会主義みたいなことで騙し騙しやって限界に近づいたところでWW2だからな。

で、戦争需要で経済対策も失業対策も一辺で片付いて、戦争が終わった後は軍産複合体という
システムが出来上がっていて、現在に到るまで歯車が回り続けていると。

734 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 18:26:38.70 ID:q2nHazuN0
>>733
第二次大戦を指揮し、一級の軍人として生きたアイゼンハワーが
アメリカの大統領になった後、退任する時に
自分の出自であるはずの軍とそれに癒着する産業体を「軍産複合体」と
名づけそれに対する批判をもって、退任演説としたってのは印象深いこと
だと思う。
アイゼンハワーは、軍人としても政治家としても一級の人物だっただけに
軍産複合体の利害に突き動かされずにいられなくなった、自分の国の
将来を憂いたんだろうけど。


軍産複合体は「噛みつく相手」を常に探してきた。
その観点から見た場合、90年代初頭のソビエト連邦崩壊は一つの契機になったと
思う。あの日は共産主義を信奉していた人々にとって「自分の信じたイデオロギーの敗北が決まった日」
である一方、共産主義と対峙してた側にとっても「有効な敵の喪失」だったはずで。
ソビエトの方かい直後に湾岸戦争、そして「イスラムテロリスト」なるものが喧伝されはじめたのは
偶然でないと僕は思ってるんだよね。
資本主義VS共産主義の構図が、共産主義陣営の脱落および白旗宣言、資本主義サイドへ組み入れてもらうこと
によって終結しつつある以上、新しい対立構図を作り出さなきゃいけない
そこで攻撃対象の思想として選ばれた一つが「イスラム」なんじゃないかと。
自由主義・キリスト教VSアラブの抑圧的体制・イスラム教という構図を作り出すこと
「アラブの恐怖」を煽り立てることで軍産複合体はビジネスをしようとしてるように見える。

735 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 18:30:16.87 ID:smmkAPDm0
TPPを締結すれば日本は若者を中心に反米に傾く

アメリカには親中議員もかなり居て、彼らは日本の親中議員と同じく
日本とアメリカを引き離そうとするだろう

736 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 18:35:20.97 ID:gJUuQFsw0
アメリカの基本戦略はユ−ラシア大陸から膨張する勢力(支那・ロシア等)
を抑えるため、日英を前線基地とし、太平洋と大西洋の制海権を保持し、
アメリカ本土を防衛するものである

737 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 18:40:46.94 ID:q2nHazuN0
>>736
昔は、その膨張する勢力の中に、台頭しつつある大日本帝国も入ってただけだからな。
1930年代までの日本というのを外側から見ると
朝鮮を手にし、台湾を領有し、しまいには満州を占拠し大帝国化しつつある
危険極まりない東アジアのスーパーパワーだった。朝鮮や台湾はとっくに手中にしてたし
満州を基盤に着実に中国本土も陥落させていっていた日本の、中国征服が完了すれば
これは強大な統一覇権国が東アジアに出現するのと同じことを意味する。

だから
>膨張する勢力(支那・ロシア等)を抑え
たわけだ。膨張しつつある大日本帝国というのは、基本、アメリカからも危険に
うつったと思う。ロシアの白熊どもの南下も望んでないが、かといってジャップが
でっかい大帝国を東アジアに築くのだって許さないってだけの話。

738 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 18:43:16.29 ID:B/Pn6RtXO
アメリカの新たなる敵は中国共産党に決定した模様。
アメリカ資本は暗黒大陸中国から完全に撤退し、チェックメイトに近付きつつある。
アメリカ様の国債を世界一保有している中国はアメリカ様に敵認定され喰われておしまい。サヨナラ〜

739 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 18:45:14.19 ID:awf8yE/70
>むしろ、旧来型の封建的な王朝中国に戻る可能性のほうに賭けたほうがいいぐらいだ

昔からソ連のクレムリンは裏ロシア帝国の皇帝の居共産党員の居城だし
中南海は中華帝国王朝の皇帝が昔からいるよ 毛沢東は秦の始皇帝だったし
清朝や明朝や唐朝の皇帝は今の中国共産党内にも外国にもいる

740 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 18:46:43.35 ID:DnfGo6/E0
中国はすでに自国通貨の発行が保有ドルに支配されてる
もはやアメリカの属国と同じ

741 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 18:51:06.36 ID:q2nHazuN0
>>738
中国は難しい進路を迫られていると思うよ。
アメリカは中国があまりにも強力な勢力として台頭するのを快くは思ってない。
今の中国は共産主義体制をそれほど信じてるわけではありません、それどころか
資本主義の仲間入りをしようと日々、アメリカの経済システムの勉強をさせてもらって
おります、なんつったところであまり慰めにはならんだろう。
「俺は共産主義も大嫌いだが、それ以上に俺に並びたとうとする奴がもっと嫌いだ」で
終了になるだけだ。
だから共産主義を捨てれば許されるか、中国が資本化すればアメリカとの対立を
避けられるかというと、そんな単純な話じゃない。
なによりも問題の焦点は「誰が世界の覇権を手に入れるか」だろうから。
中国の政治家や官僚もそれはひしひしと感じてるはず。

「大日本帝国」がNGなら、「大中華帝国」だってNGなのは同じだろうからな。
あまり目立とうとすれば潰される。

ありうべき道の一つは、完全にアメリカに腹を見せてアメリカの覇権に逆らわない姿勢を見せること。
「一の家臣」とまでは行かずとも、あらゆる方向で「私はあなたとは戦いたくないんですよ」
「アメリカが世界でナンバーワン、私はツーかスリーでいいです」という
へつらいの姿勢を見せ続けること。アメリカの太平洋覇権に決して挑戦しないこと。

もう一方は、どこかで我慢がキかなくなってアメリカに噛みついてしまうこと。
そうなった場合、アメリカは中国の弱体化や解体を狙い始めるだろう。耐えきれるスタミナが
なければ、今までアメリカに逆らってきた国々がそうだったように中国は悲惨なことになるだろう。

742 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 18:52:26.50 ID:jO+goQpb0
ここで延々長文書いている奴は、読んでもらえると思っているの?

743 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 18:55:15.15 ID:gJUuQFsw0
>>737
確かに戦前の日本、旧ソ連と東アジアで海軍を増強
した勢力はアメリカに潰された。
北京政府も同じ末路を辿るだろう。

744 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 19:03:55.56 ID:cCt/fZZoP
コミンテルンの末裔が堂々と活動できる国、日本

745 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 19:08:16.66 ID:q2nHazuN0
>>743
それに加えて、対外的には「亜細亜解放」だの「白人の支配に対抗する」だのと
完全な対立姿勢を出してたからな。これは俺は敵です、お前の思想を認めないと言いふらしてまわってたに等しい。


今の中国はジレンマに陥っている。
今後もグローバル化を推進していけば、自動的にそのぶんだけ経済成長が見込める。
当然ながら経済成長は自動的に国力の増強を意味する。これが覇権国から見て「ウザい」水準に
到達しつつあることは自覚してるはず。
かといって発展や経済成長を諦めるわけにもいかない。自国を衰退させ経済を破壊することを標榜する
政府というのはないからだ。共産主義時代のソ連経済や中国はヒドかったというかもしれないが、少なくとも
そのころのソビエトや中国だって別に意図的に自国をショボくしようとしたわけではない、結果的に共産主義システム
というものが国家の近代化にはふさわしくなかったというだけで、「共産主義によって発展できる」と
思い込んでた間は、彼らはそれなりに必死に頑張った。五ヶ年計画や大躍進政策などはすべて努力の表れだと思う。
ただ単純に、やり方が間違っていただけだ。

皮肉なことに、共産主義体制の敗北によって、資本主義国のパクりというか模倣をしたほうがいいと諦めた結果、
いとも簡単に経済成長の果実を手にすることはできるようになった。
共産時代は頑張れども頑張れどもうだつの上がらなかった中国が、改革開放路線で欧米(西側)のパクりを積極的に
容認して以降はハイペースの経済成長を簡単に達成できるようになった。
けれど、それが違う面から中国を難しいポジションに立たせている。
今、中国の官僚は経済対策以上に、アメリカとどういう風につきあうかで頭を悩ませてるはず。少なくとも、自国の膨張が、
どっかの時点でアメリカの不興を買うぐらいのことは予想できているはず。

746 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 19:41:31.65 ID:me1QIEO/0
ルーズベルトが最大のソ連スパイ(コミンテルの手先)だと思われていた
節もある。大戦末期に死んだのも一応は自然死ということにはなっているが
果たしてどうなのか。ルーズベルトをフーバーは常に電話などの盗聴で
監視していた。彼が死んだのは軍部にとっては願ったり叶ったりで、
反共的なトルーマンを大統領にすることができた。だから、そういう風に
思われても仕方が無いところがある。英国にとっても歓迎出来ることだった
と思う。

747 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 19:47:18.08 ID:df1ilANHO
でもさ、ソ連を引き込んだのチャーチルなのにさ
何でヤツだけコミンテルンとして疑われないんだ?

748 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 19:47:22.58 ID:awf8yE/70
>大躍進政策
単なるローマクラブやギルダーバー義会議の中国人民削減計画w
毛沢東はよく中国人民を数千万人民族浄化したよな、とバチカンや王侯貴族帝国などの
秘密結社は喜んでるよ

749 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 19:58:14.19 ID:yru6rAuS0
>>747
チャーチルは英国議会で議員にソビエトと手を組むのはいかがなものかと
言われた時に「私はナチスを倒すためなら悪魔とでも契約する」って答弁してる。
一方で、それ以前(ヒトラー台頭以前)は、社会主義者に対して
「君らは嫁も"共有"するのか?」などと下品なジョークを飛ばしてリベラル派に嫌われ
まくっていた。またチャーチルは常々、王が居てこそのイギリスと主張し、共産主義者や
社会主義者は封建制の解体ひいては英王室の解体を目論んでいるということで根っからの
王室尊重主義のチャーチル卿にとってはそれがまたアカが大嫌いな理由の一つだった。

というわけでチャーチルは戦争が始まる前はとにかく社会主義者、アカと見れば
論戦を挑まずにはいられないタチで徹底的なアカ嫌いで知られていたから。
こいつがコミンテルンってことはまずありえないだろうという判断かと。

750 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 19:59:41.62 ID:Szl5YL9K0
>>5
すごい馬鹿だ。
戦力を分散させすぎ。

751 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 20:02:23.66 ID:qUXAhczD0
>>728
そうだな。「コミンテルンとその後継組織」に訂正します。

>>745
賛成。ただ、アメリカも長期的には白人がマイノリティになるのは確実。
この時に民主主義がどうなるのか?長期的に中共はそこを狙ってくる。
結局、第二次大戦前からコミンテルンと中共の世界革命工作は続いている。
彼らは、他国の支配層にスパイを作り分断して乗っ取りを図り、
対外戦争を発生させ敗戦させる。これが敗戦革命だ。というかこのパターン以外では
革命は発生するケースは少ない。この敗戦革命を狙った工作の日本は被害者だった。
どちらにしてもアメリカが今のままのアメリカではいられなくなる可能性が高い。

752 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 20:07:42.66 ID:0jGWAJrq0
TPPとFTA
●「米中双方はそれぞれ環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)と中日韓自由貿易圏協定(FTA)など地域自由貿易協定の関連情報を共有する
ことで合意した。」つまり今後米国がイニシアティブをとるTPPと、中国が意欲的なFTAそれぞれの交渉に関する内容(進歩状況も含める)を
互いに説明しあうという合意ができているのである。

●繰り返す。米国と中国はすでに日本の動きを念頭に「(交渉における)情報を共有しあう」ことで合意している。
「TPPが中国包囲網になる」などと一体誰が言い始めたのだろうか。
//aoki.trycomp.com/2013/03/post-492.html

753 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 20:13:28.52 ID:IZIO6/6p0
>>751
内部転覆と工作なら、アメリカも相当なレベルの達人なので、そうそう良いように
一方的に中国にしてやられるとは限らなんぞ。
イラン革命、イラク革命、イラン・コントラ事件、ニカラグア・コントラ、
ピノチェトによるチリクーデター支援。
このようにとくにアラブや南米で顕著だが、20世紀に起きた革命やクーデターによる政府転覆で
アメリカとCIAが資金供与や手引きして一国を完全に破壊した事例は無数にある。

言われてるようにアルカイダもビン・ラディンもフセインも「アメリカが育てた」。元はアメリカは
そいつらに軍事支援をしていた。それでいて、用済みになったら消された。

中国からアメリカへの転覆や分断工作もあるかもしれないが、逆襲される可能性も高い。
アメリカは、テロリストの育成や気に食わない国でクーデターを起こす技法に
とてつもなく長けていることを20世紀を通して証明しつづけてきた。南米で、反米左派政権が
確立されそうになるたびに、アメリカはそれを邪魔し、徹底的に破壊しようとし、しかも成功してきた
「実績」がある。中国が転覆工作についてどの程度の実力があるかは未知数だが、
少なくともアメリカの能力は知られている。この点に関してもアメリカは世界最高のスキルを
もってることは疑いがない。

はたして、中国が一方的にアメリカに工作をしかけ、アメリカが一方的にやられるなんてことが
ありうるだろうか。一番、勢力が充実してたころのソ連ですらそんなことには成功しなかった。

754 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 20:15:02.43 ID:jy+nKjAz0
ボルシェビキの多数はユダヤ人で、ロシア革命=ユダヤ革命だとイギリスの本に書いてあるらしい。
昔の共産主義も道具だし、今のNWOも道具なんじゃないの?支配の為の。根っこが同じということか?

まあ、俺にはさっぱり分からんけど・・・

755 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 20:15:44.67 ID:3s1keG9gi
ああ共産党のことね

756 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 20:17:16.28 ID:0jGWAJrq0
共産主義=新自由主義     

757 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 20:17:55.61 ID:qUXAhczD0
>>753
なんかアメリカの覇権維持可能性について議論が集中しているけど、日本のことも忘れてはいけない。
というかこっちが本題だと思う。

先の大戦でも今回も、中共の工作で日本が慰安婦や南京大虐殺などの同じネタで
「反民主的」「非人間的」「人権蹂躙的」
などと道義的に攻撃され、日米が離間が実現して、日本が中国の傘下に入りそうなことが問題だと思う。
また、一度は民主党のような傀儡政府に政権を取られたことも忘れてはいけない。

758 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 20:21:45.30 ID:IZIO6/6p0
>>756
どっちも自分らの主張が正しいと信じている点、そしてそれを世界思想として
推進しようとする点は同じだが、決定的に相容れない部分がある。

共産主義者は、基本、私的所有権を認めない。認めたくない。最後は全ては
世界政府のようなものに管理されるべきだと思っている。
共産主義の理想は、政府が資産の分配を制御する世界だ。
新自由主義者はこの真逆で、私的所有権の権化みたいで、私有財産は絶対の価値
だと思っている。政府による自分の資産の管理なんかまっぴら。
新自由主義の理想では、資本(企業)は自分の資産について政府からの介入が
なければないほど良い。



両者は、自分の主張こそが正しいと信じる限りいつか必ず戦う運命にある。

759 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 20:22:05.40 ID:74A4hdBR0
映画「風立ちぬ」で堀越・本庄が作っていた試作飛行機は、中国戦線での「渡洋爆撃」で実戦投入されて大戦果をあげた。
そのとき戦っていた中国空軍というのは、実態は米国空軍だった。

760 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 20:22:45.56 ID:0jGWAJrq0
靖国参拝に一定の理解=河野談話見直しは反対ー前駐日米大使
//www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&amp;k=2013050400157

西尾幹二 河野談話見直し  日本外国特派員協会より
//www.youtube.com/watch?v=fl2jUJWHsCQ

761 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 20:27:51.31 ID:qUXAhczD0
>>758
基本的にはそのとおりだと思う。
ただ、この20年ぐらいの動きをみると新自由主義者は、資本主義の悪い面を
不必要なぐらい推進して国内の貧富の差を作り、むしろ革命の素地を作っているとも言える。
これも一種の敗戦革命工作だと思う。戦前であればコミンテルンは軍の中枢にメンバーが
入ることを推奨していた。それは、戦争を勃発し、敗戦させるためだ。
これと同じように、新自由主義者は資本主義の経済戦争での工作員もいるとみられる。

762 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 20:27:52.74 ID:jy+nKjAz0
日本のことで問題なのはGHQのWGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)を
今の日本のマスコミが受け継いでいるということだろ?
戦後レジームの中の一つだな・・・

763 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 20:27:58.57 ID:IZIO6/6p0
>>757
少なくともアメリカに付き従って恭順の姿勢を見せてる限りアメリカから
攻撃を受ける心配はないと思うけど。
日本はもう大日本帝国、アジア解放(アメリカ以外の覇権がアジアに存在するということになる)
の旗手じゃない。
前回の争いは、覇権国化しつつある日本を、中国と泥沼の乱戦をしてるうちに叩き潰すという
ことが主眼だったけど
今回は日本がアジアの盟主になるリスクはアメリカにとって存在しない。
今回の争いでは、覇権国化しつつあるのは中国で、これをどう扱うかだが、アメリカは
少なくとも手持ちの駒である日本や韓国を有効利用しようとはするけど、破壊はしないだろう。
道義的な攻撃もない。自分の手持ちのカードになった日本を、あたら封じ込め破壊する必然性が
アメリカにはない。

764 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 20:28:05.39 ID:df1ilANHO
>>749

如何にも躁鬱病患者の起伏のある発言でスパイには持って来いだな

765 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 20:31:04.92 ID:0jGWAJrq0
米中接近以来30年の現実 米中は喧嘩しない(2009年6月10日)
//www.youtube.com/watch?v=mNiDmLXUpJA

中国をResponsible(信頼できる)Stakeholder
とする見方は同年に発表された米国家安全保障戦略(NSS)や4年ごとの
国防戦略の見直し(QDR)にも使用された。

米国は昨年9月、当時のバネッタ国防長官が訪中。リムパック演習に中国を正式参加招待
//sankei.jp.msn.com/world/news/130323/amr13032308460001-n1.htm

766 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 20:35:26.65 ID:IZIO6/6p0
>>761
>むしろ革命の素地を作っている

これはしょうがないと思うけどな。もともと、共産主義というのは「カウンターパート」だったし。
イギリスで勃興した初期資本主義が、ちょっと陰惨なものだったので、それに対する
反抗運動として始まったのが共産主義だろう。
もともと、資本主義に対する不満や怒りが作った思想で、言ってみれば「資本主義の影」みたいな存在で
資本主義の光が強く世界を照らし出せば照らし出すほど、その陰は濃くなるというか、それが気に食わない
人々が共産主義にすがるという傾向がある。
マルクスからして、その著作の内容はつまるところ資本主義や資本家に対する不平不満につきる。
共産主義はもともとがそうってこと。資本主義に対するアンチ思想だろうアレは。

資本主義が強くなれば、それに不平不満を持つ層の受け皿として共産主義は期待されるという
側面がある。ただ、そう期待されながらもその期待に応えられなかった、あるいは期待に応えさせないように
動いてそれが成功したのが資本主義サイドだった。

「革命の素地」は、今後も何度でも出来上がるだろう。資本主義が強くなればなるほど、当然ながら
それに怒りを持つ人々はなにかに結集しようともがくはずだ。
ただ、それをうまく上滑りさせたり、有効な革命運動になる前に鎮圧するのもまた
資本主義サイドの実力のうちだというだけで。
アンチ勢力というのは必ずできてくる。でも、そのアンチに負けるかどうかはまた別だってこと。

767 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 20:40:12.81 ID:df1ilANHO
マルクスに資本論を書かせたのロスチャイルドだし
資本論という名の通り資本主義を説明的に纏めたのはマルクスだからな
観念として共産主義だけじゃなく資本主義を作ったのはマルクスだな

768 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 20:44:30.04 ID:qUXAhczD0
>>761
基本的には異存ないけど、日本防衛のため重要なことは
「敗戦革命・国内分断のため意図的に資本主義の行き過ぎを進める工作」
を認めるかどうかだと思う。

特に、この20年の日本の政治はそのような政治家が目立つ。

769 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 20:50:09.60 ID:df1ilANHO
あとさ新自由主義者の私的財産権も怪しくなってきてるよな
こう知財権絡みだと異常なまでに個人の所有権の制限に拘る
これはマルクス主義者の比ではないくらい
企業の所有権だから民間だろうって屁理屈だけど
これの規制の代行をやらしてるのは国家なんだよな
ここだけ国家の力を借りて規制する
国家による規制の自由とか言っておきながらズルいよね

日本でいうNHK的なズルさアメリカで家庭菜園禁止法とかティーパーティーが反対しない時点で
こいつらもインチキフェイクだなと

770 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 21:19:11.66 ID:9Uwg6Wii0
>>473
英仏同盟が破綻した時点でイギリスは欧州においては終わったんだよ。
当たり前の事だがアメリカ・ソ連の助けを得てイギリス植民地を維持し、
かつ欧州での影響力の復活という第一次世界大戦とその後からすれば、
ありえないことを妄想していて事実両方とも破綻した。
そして2度の大戦で欧州は没落し米ソの時代になった。

>>550
現実主義者ではなく戦争屋で有名。
国民もそれがわかっていたのでアトリーに挿げ替えられている。
それとチャーチルは古い植民地主義者でもあるので、南進を決めたあとの日本では無理な話。
だからチャーチルはあの手この手で中国・東南アジアおよびインドの権益を守るためアメリカを巻き込んだ。
真珠湾攻撃の第一報を聞いて「この戦争の勝利した」とほくそえんだのは有名な話。

ところが盟友であるはずのルーズベルトからは
門戸開放やら中国権益の返還やら言われた挙句、大西洋憲章を発表されたりして
イギリスお前もな状態に。まあレンドリースの借金のカタに持ってかれたけど。

>>747
チャーチルはアカではない。ただのバカだよ。
スターリンからもアホの子扱いされている。

771 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 21:22:46.71 ID:df1ilANHO
確かにね
チャーチルは、ただの病人だと思うよ

772 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 21:27:25.70 ID:xY2yMhavO
>>1
この記事は嘘が半分ある
真実=コミンテルンがなくても、ルーズベルトは人種差別主義で反日だった。
黒人に公民権が認めらるたのが1970年

ナチス人種法の起源は
排日移民法や米国の差別立法

773 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 21:28:19.19 ID:gJUuQFsw0
>>747
ノルマンディ上陸作戦作戦反対していたよ
理由ソ連を利するだけだから

774 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 21:31:22.15 ID:9Uwg6Wii0
>>731
ソ連の大戦での犠牲者は2700万人。
情報公開で犠牲者数が明らかになったのだろうけど。
今のロシア政府も認めてるよ。
最近出た「イワンの戦争」にもあるよ。

775 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 21:35:02.09 ID:db7ovrEF0
朝鮮サンケの嘘作り話。

レベル=馬鹿以下。

776 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 21:35:10.04 ID:df1ilANHO
わかった!スターリンもコミンテルンのスパイだったんだよ!

これで辻褄が合う・・

合わねえな

あれ?

わかった!ヒトラーもコミンテルンのスパイだったんだよ!

これで辻褄は合った!

777 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 21:36:13.89 ID:gJUuQFsw0
>>774
第二次世界対戦で一番得したのはロシア
戦前から日米開戦したらロシアを利するだけ、
と言われていた

778 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 22:42:11.03 ID:qUXAhczD0
>>772

ルーズベルトの動きは、人種差別だけでは説明できないよ。
中国にフライングタイガース送って支援していたからね。
日中でどちらかを支援してどちらかを叩くのは人種差別とは無関係だよね。

779 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 23:04:40.93 ID:6Klxk8oOO
フライングタイガースを送り込んでアメリカが日本と戦争したくてしょうがなかった時期と、今は違う。
その後中国がアメリカの敵となって、朝鮮、ベトナムで戦ったからだ。
だが、中国人は厚い面の皮で同じ事をしかけている。
更に一部のアメリカ人は冷戦も終わったし中国とも持続的な関係が維持できると思っている。

780 :名無しさん@13周年:2013/10/12(土) 23:11:28.26 ID:0jGWAJrq0
.

金持ち名無しさん、貧乏名無しさん[] 投稿日:2013/03/20(水) 16:56:00.06
元公安調査庁調査第2部長(対外諜報トップ)がTPPとアメリカの歴史について
//www.youtube.com/watch?v=2UZ80smHZTc

.

781 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 00:00:04.40 ID:FsvdGXdh0
>>769
それはある。共産主義のドグマにも欠陥があるが、新自由主義の自由にも
問題があって、新自由主義、というか資本家や企業が自由気ままにふるまう
その自由を担保しているのはどこまでいっても国家権力というところ。

ようするに、新自由主義者は、小さな政府が良い(俺らは税金をおさめたくない)
俺の私有権を国家は犯すな(俺のカネは政府のものじゃない)といいつつも
困ったときは「政府は俺らを助けろ」と言い出す。

これは新自由主義の困ったところで、自分等がやりたいようにやるときは
国家はしゃしゃりでてくるな、と言いつつ、困ると国家にすがる。

782 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 00:03:42.66 ID:g807kxXo0
>>778
ルーズベルトは黄色人種の中でも
日本人が特に劣悪だという思想を持っていたはず

783 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 00:06:08.10 ID:Q7zIZyoX0
中国人は戦争で勝つと虐殺するくせに、戦争で負けると、
大虐殺された、われわれは何も悪いことをしてないのに、と被害者ぶる。

史記の時代からそうだっただろ。
項羽が3万人生き埋めにしただの、勝った劉邦がそういってるだけで、どこまで信用できるのか怪しい。

784 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 00:07:22.24 ID:xGJt71iC0
なぜかスパイは大物では野坂参三しかいないことになってるしw

785 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 00:11:35.90 ID:iGdYgSS90
>>770
チャーチルは別に馬鹿とも思わない。
ただ、彼はガチガチの保守派で守旧派で貴族主義者、言ってみれば良くも悪くも
「古きイギリス」を代表してただけかと。
イギリスは王の国、社会主義者どもは古き良き英国の伝統を破壊しようとしている、
イギリスの率いるコモンウェルスは世界の要でありそこからの植民地の独立などありえない、
ようするに、考え方がガチガチに古かった。
当時の英国保守派、守旧派を煮詰めたらチャーチルになるというぐらい「典型的な保守主義者」を
一人で体現してたといえる。

だから国内の「革新派」とまったくソリが合わなかった。ナチスとの戦争さえなければ
スターリンと手を組むなんて考えもよらなかったろうし、手を組んだあともスターリンを
不愉快にさせるような言動を乱発した(だからスターリンもキレてチャーチルをけなし返す
これが要するにスターリンによるアホの子扱い、逆にチャーチルにしてみてもスターリンの
ような赤い連中は枢軸と戦ってる間だけ嫌々ながら手を組んでるだけなので基本、社会主義者
なんてのはキチガイだと思っているしそう思ってることを隠そうともしなかった)

786 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 00:39:32.32 ID:iGdYgSS90
>>779
>フライングタイガースを送り込んでアメリカが日本と戦争したくてしょうがなかった時期と、今は違う。
なにより、大きく変わったのは中国の実力だと思う。
特にここ20年の中国の急激な成長が、いろんなファクターを変えた。
アメリカがフライングタイガースを送り込んで支援してた頃の中国ってのは
行ってみれば大日本帝国にイビられる前近代的な「アジアの遅れた国」でしかなかった。

>その後中国がアメリカの敵となって、朝鮮、ベトナムで戦ったからだ。
たとえば、このころ、アメリカはまだ中国を脅威とみなしていなかったろう。
なぜなら、朝鮮戦争で飛んでくるMigはソ連製、走ってくるT-34もソ連製、
ベトナム戦争でも同じことでベトコンが振り回してるAK47もRPG7も基本的には
ソ連の供与によるものだった。戦後冷戦期ってのは中国には戦車や戦闘機を作って送るだけの
実力が備わってなかった時代だった。人民服を着て貧乏暮らしをしている、それが
中国だった。
冷戦時代までの主役はソビエトとアメリカで、アメリカは最大のライバル、最強の敵
として見ていたのはソビエトだった。

けれどそのソビエトは崩壊した。その後、何が一番変わったかというと、共産主義を
事実上放棄したことで中国がバカみたいに成長を開始したことだと思う。
中国軍の実力や中国の工業力に地殻変動的な変化が起き始めた。
おそらく、ソ連崩壊後のここ20数年余で、劇的な変化を起こした国がチャイナ。
中国をどうするか(アメリカ視点)、中国はどうするか(中国視点)これが、今後の国際政治の
一つのテーマになる。

787 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 00:42:57.07 ID:o5ovgT/n0
>>782
それはプロパガンダだよ。日本人のイメージを落とすためのね。
ルーズベルト、いわゆるデラノ家は麻薬・奴隷貿易で中国に利権を持っていたとされる。
台頭する日本は厄介な存在だったんだ。そりゃ、日清・日露戦争で勝利してくる日本は脅威だったんだろう・・・

788 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 00:43:35.04 ID:iGdYgSS90
朝鮮戦争やベトナム戦争のとき、中国は自前の戦車や戦闘機を、朝鮮やベトナムに
支援のために送り込む実力すらなかった。なにせ戦車を大量に国産できるほどの工業力も
なかったから。
でも、さすがに今は違う。最近の空母の所有は「膨張しつつある部分」が見えやすい形で
出ただけに過ぎず、目に見えにくい部分を含め、経済でも軍事でも
あらゆる側面で急速に膨張してるのは間違いない。同盟国や傀儡勢力(たとえば支援を要請するベトコンに)
自分で作った戦車や戦闘機を気前よく送り込める程度には余裕というかパワーがついてきてるはず。

当然のことながら、アメリカの指導階級や知識人はこのことを十分に認識してるはずで
今後、アメリカが中国に対してどう出るかは世界史的に面白いことになると思ってる。
中国が覇権国家として自分にとって替わるというのは(アメリカにとって)問題外だろう。
中国もそれはわかってる、アメリカが自分の著しい台頭を好ましく見てないこと、また
アメリカの覇権への脅威に図らずも中国自身がなりつつあること。かといってソビエトの
二の舞はしたくない(中国にとって)。
中国の方もアメリカに真っ向からたてついたソ連がどうなったかを、リアルタイムで
見ている「経験」がある。だから、よほど馬鹿じゃない限り同じことはしないだろう。
そうでなくとも、共産勢力側は一度はアメリカとの覇権争いに負けてるのだ。
敗者は敗者なりに、自分の負けた経験からなにかを学ぼうとするものである。


というわけで両者、妥協するのか衝突するのか、わからないけれど、ゲームは既に開始されてるはず。

789 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 04:06:24.54 ID:yEe46Oi+0
>>684
ヒント・湯田屋

790 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 04:14:31.06 ID:JchzapU80
コミンテルンといえば、なぜか共産党を連想するな 何故か

791 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 04:19:24.02 ID:JchzapU80
てか共産党だったか
あはは。。

792 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 05:10:02.13 ID:58VfSgQ60
パンダハガーvsドラゴンスレイヤー
さぁ君はどちらにつく?

793 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 06:51:58.29 ID:pIaUoqTQ0
>>788
そうだ。
中国は、ソ連のように力では対抗しない。
アメリカの国内では、民主党に影響を与え、移民を増やし、財政を破綻させる戦略だ。
アメリカの国外では、同盟国の分断だ。韓国のように左翼政権を作り反米感情を高め、
撤退させる。現在は、沖縄を日本から、日本をアメリカから離間させる工作をしている。

これでまず被害をうけるのは日本だ。

中国は、また南京大虐殺や慰安婦をネタに日本を道義的に攻撃してきている。
日本は、先の大戦の真実を知って同じ道を歩んではいけない。

794 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 06:57:47.12 ID:kRdUBY6v0
>>793
中国政府はいまは南京事件のことなんかまったく言ってないし、
慰安婦のことなんかハナから言ってないよ。
(それに、南京事件のことは日本政府も認めてるし)

韓国とゴッチャにしてるのか? 

795 :南京の真実 記録映像編 Truth of Nanjing, Document film:2013/10/13(日) 07:04:03.74 ID:5tl03lXy0
映画 南京の真実 記録映画編(上海〜南京陥落)
Truth of Nanjing, Document Film (from Shanghai to Nanjing fall)
http://www.youtube.com/watch?v=fSMZnOsEy4A

南京「大虐殺」なる歴史の捏造が「真実」として、世界の共通認識とされ、
同盟国の米国 だけでなく、世界中の人々に定着し、日本の国益を大きく
損ね続けているばかりか、益々 その害悪は巨大になり、そこから生まれる
反日、侮日意識が、中国共産党に悪用され、我 が国の存亡に関わる事態に
なりつつあります。 「情報戦争勃発」とも言えるこの危機的事態に、
チャンネル桜、水島総監督は、誤った歴 史認識を是正し、プロパガンダ
攻勢に反撃すべく、南京攻略戦の正確な検証と真実を全世 界に伝える映画
を製作しました。
その資料として、昭和13年東宝映画文化映画部製作「-南京 戦線後方記
録映画」などの当時の映像は非常に貴重なものです。

映画 南京の真実 記録映画編(南京陥落後)
Truth of Nanjing, Document Film (After the Nanjing fall)
http://www.youtube.com/watch?v=AAJhJnYH7yU

南京の真実 証言篇
Truth of Nanjing, Document film (Testimony of old Japanese soldiers)
http://www.youtube.com/watch?v=mZm7apsJlB0

796 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 07:05:08.94 ID:pIaUoqTQ0
>>794
慰安婦問題をアメリカで広めている議員のマイクホンダの政治資金源が
中国系の企業や財団などの組織って知らないのか?

797 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 07:06:41.99 ID:krHG8xT00
当日の各国女スパイの訓練とか凄かったんだろうな。
技術の粋を結集したフェラテクとか…

798 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 07:11:34.73 ID:pIaUoqTQ0
>>794

2007年3月15日 産経新聞は、マイクホンダは中国系の世界規模の団体
「世界抗日戦争史実維護連合会」、中国政府に政策提言する
「人民政治協商会議広東省委員会」、日本の「残虐」を恒常的に糾弾する団体
「アジア太平洋第二次大戦残虐行為記念会」、南京大虐殺紀念館を米国に
開設しようという中国系組織の「中国ホロコースト米国博物館」などを
はじめ、特に2006年の下院選挙の際には94名、約11万ドルの献金を
中国系から受け取っていたと報道しており、ホンダが受けた献金のうち
人数で21%、金額で30%が中国系からのものであると伝えられ、
ホンダ議員の日本に関する一連の行動の裏にはその力が働いていると
指摘している。

799 :南京攻略戦の経過 Summary of the battle of Nanjing (1937):2013/10/13(日) 07:12:21.32 ID:5tl03lXy0
1937年 第二次上海事変から南京攻略戦(Battle of Nanjing)までの経過
Summary of the battle of Nanjing (1937)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E4%BA%AC%E6%94%BB%E7%95%A5%E6%88%A6
http://en.wikipedia.org/wiki/Battle_of_Nanking

昭和12年(1937) 8月13日 第二次上海事変
11/07 中支那方面軍編成(第10軍+上海派遣軍)
12/04 日本軍、南京市郊外まで進軍
12/07 日本軍、南京防衛軍外郭防御陣突破、午後1時攻撃開始
 総統蒋介石は南京脱出 ※防御はナチス・ドイツのゼークトが指導
 →残存する兵士に全く指示を出さずに自分たちだけ逃げたために中国軍・市民大混乱
12/09 日本軍、投降勧告ビラを散布
12/10 日本軍、総攻撃開始
12/12 南京防衛司令官唐生智、杜撰な命令のみで自身は逃亡。中国軍は大混乱
    ※唐生智は後に中国共産党に復帰
    ※中国軍は“督戦軍”を置いて脱出しようとする中国兵を大虐殺
12/13 南京城陥落
 以降、日本軍入城により治安回復

昭和13年(1938)3月28日 中華民国維新政府が南京に成立

再現 南京戦 東中野 修道 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4794216165
上海事変時には10万人の兵力だった日本軍は大変な苦戦を強いられ、南京入場時には
5万人だったという。生き残った兵士は旅順攻略戦以上の激戦だった、と回顧したという。

800 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 07:13:55.27 ID:kRdUBY6v0
>>796
知らんし、おまえは>>793では「中国は、」と書いたじゃないか。

801 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 07:21:42.91 ID:pIaUoqTQ0
>>800
しらねーのか?
「世界抗日戦争史実維護連合会」、「人民政治協商会議広東省委員会」、
「アジア太平洋第二次大戦残虐行為記念会」、「中国ホロコースト米国博物館」
が政府と無関係と思っているのかwwwww

802 :『脱亜論』 福沢諭吉 a editorial for escape from Asia:2013/10/13(日) 07:22:14.98 ID:5tl03lXy0
『脱亜論』 福沢諭吉
a editorial for escape from Asia(Datsu-A Ron), Yukichi Fukuzawa
http://blechmusik.xii.jp/d/hirayama/h03/
http://en.wikipedia.org/wiki/Datsu-A_Ron
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%B1%E4%BA%9C%E8%AB%96

第2段落(日本の)「不幸なるは近隣に国あり」
It is unhappy for Japan that there are China, Korea near Japan.

として、支那(清、現在中華人民共和国)と朝鮮(李氏朝鮮、現在韓国・北朝鮮)
を挙げている。
西洋人は清・朝鮮両国と日本を同一視してしまうだろう、間接的ではあるが外交
に支障が少なからず出ている事は「我日本国の一大不幸」であると危惧する。
Japan suffers damage in the Westerner confusing Japan with China, Korea
diplomatically, and this is terrible misfortune of Japan.
「悪友を親しむ者は共に悪名を免かる可らず。我は心に於て亜細亜東方の悪友
を謝絶するものなり」
The person getting close to a bad friend suffers a bad reputation.
I (Yukichi Fukuzawa) keep away an Asian bad friend.
東アジアの悪友とは縁を切って近代化を進めて行くことが望ましいと結んでいる。
福沢諭吉
http://en.wikipedia.org/wiki/Fukuzawa_Yukichi
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E6%BE%A4%E8%AB%AD%E5%90%89
福沢諭吉 帝室論
http://jp.youtube.com/watch?v=fBPZpWK10QQ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5120245
福沢諭吉 尊王論
http://jp.youtube.com/watch?v=Lnhp9MrCF_o
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5129355
福沢諭吉の日本皇室論―現代語訳(原文総ルビ付き) (単行本)
無窮會 (編集), 池田 一貴 (翻訳), 平沼 赳夫
http://www.amazon.co.jp/dp/4882181312

803 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 07:25:10.50 ID:dqx/tGBd0
>>793
中国は絡め手でくるってところには同意。

○まず、どれだけ実力が向上したとはいえ所詮、世界最強アメリカ軍と比べれば
人民解放軍は伍して敵することのできる水準にはない。
中国と比べれば、米ソ二大超大国と言われた時代から比べればかなり没落した
といえどもロシアの兵器スペックの方がまだ高いぐらいなのだから。
現段階でまだロシアすら越えられない以上、それよりさらに圧倒的に優位な
アメリカに軍事力で相対することは自殺行為に他ならない。

○ソヴィエト連邦の崩壊の原因はそもそもアメリカとの軍拡競争によって財政的にパンクした
という側面がある。すなわちアメリカと同等の装備を身に着けようとすればそのぶんだけ
国富の消尽が起きる。アメリカと互角の水準を目指した軍拡チキンレースはソヴィエト同様の
パンクに陥る可能性が高い。だから、どこかで、自分の身の丈にあったレベルで自制しなければ
ソ連の通ったブザマな末路を同じく自分も通ることになる。


中国の官僚が、どれだけ真面目にソ連という前例から、「アメリカと覇権を競うとこうなる」
ということを学習しているかによるけど、多少は智慧が回るなら、軍事的プレゼンスで
直接対峙するという道は当面、避ける。

まぁ、俺らが思っている以上にバカで、思い上がりが急加速して、自制できなくなって
アメリカに直接挑戦して猛反撃にあってかつてのソ連同様、崩壊に追い込まれる
というトンデモルートも可能性として排除できないところが中国という国の不可思議さでもあるがw

804 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 07:29:05.95 ID:kRdUBY6v0
>>801
何か、1レスごとにどんどん話が広がってるな。

ほどほどにしとかないと、自分では収集がつかなくなるぞ。

805 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 07:29:18.90 ID:pIaUoqTQ0
>>800
産経の記事のソースも貼っておくからよく読めよ。
それぞれの団体の素性と中国政府との関係なども詳しく書いてあるぞ。
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/i/44/index1.html

806 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 07:33:35.34 ID:kRdUBY6v0
>>805
ごめん。デンパ系としか思えないし、中国政府自体と関係あるようには書いてないが。

807 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 07:47:19.13 ID:pIaUoqTQ0
>>806
謝る必要はない。
あなたの認識では、産経は電波だよな。多分、朝日はジャーナリズムなんだろ。

日本語の長文は大変だよな。抜き書きしてやるよ。

 「世界抗日戦争史実維護連合会」は公式には1994年に海外華僑によって創設され、
本部はカリフォルニアに置かれたが、実際には中国側の公的機関と密接な連携を保ち、
共同活動を頻繁に展開してきた。傘下には50以上の団体の名がリストアップされている。

808 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 07:55:38.81 ID:pIaUoqTQ0
>>806
後、日本のことあまり知らないようだから教えてやるよ。
このサイトは、日経ビシネスを出している日経BPのサイトで
記事を書いたのは、産経の2007年の記事を書いた古森だ。
産経やめて、今は国際問題評論家を名乗っているがな。

809 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 09:35:54.59 ID:pIaUoqTQ0
>>794
韓国が反日、反米、親中になった理由は北朝鮮のスパイによるマスコミ、政界工作があった。
慰安婦問題も北が韓国国内や日本でも工作して拡大した面もある。

810 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 13:08:48.91 ID:9QDzhGvX0
>>809
北が、と言うよりは、北を含めたアカって感じだと思う
従軍慰安婦の問題は朝日新聞や福島瑞穂ばかりが取り上げられてるが
発端は83年に発売された吉田清治の「私の戦争犯罪」
89年にハングル版
そして91年に朝日新聞、自称慰安婦団来日
この吉田ってのが共産党から出馬したことがある奴なんだよね
731部隊の話も「悪魔の飽食」という本でこちらも共産党絡み
アカとしては西側諸国である日韓を分断したかったんだろう
アカの工作にまんまと踊らされ日米から離れて行く韓国
そこに危機感を感じてる連中が戦時統制権返還の延期をアメリカに懇願する
これが今の韓国が置かれてる状況だと思う
もう手遅れだと思うけどwww
まあ早い話、冷戦は終わっていないということだね

811 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 14:15:35.06 ID:RJ+iwTshO
じゃあさ、北朝鮮と取引してる統一もアカ
統一が支援してる安倍政権もアカだよね

812 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 15:33:54.13 ID:kRdUBY6v0
>>807
「あなたの認識では、産経は電波だよな。多分、朝日はジャーナリズムなんだろ」なんて発想が頭に浮かぶということ自体が、
あんた自身がデンパ人間である証拠じゃないか。
頼むから目を覚ませよ。
もう一回同じこと書くけど、あんた自身が引用してる部分にだって、中国政府ウンヌンなんて一言も書かれてないじゃないか。

ただ妄想狂だというだけじゃない。
あんた、妄想がひどすぎて、「書いてないことまで見えてしまってる」みたいじゃないか。
病院に行けって、ほんとに。

813 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 17:01:37.40 ID:dpUFKoMQ0
統一が支援してる安倍政権?

ソ連崩壊前迄、無理やり米から押しつけられていただけだよ。
反共の手立てとして。唯物論者よりはましだとして。
その後米も教祖を脱税で入国不許可、にして見捨てた。
ソ連崩壊後、教祖勝手に北支援者になり
頭のおかしい教祖は死んじまったし。
もう統一とは縁が切れたのだよ。
選挙票に使ってただけ。

814 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 17:27:26.30 ID:KHfIO1OU0
>>517
なんといってもカネもってるからな中国政府
とはいえだ、一般のアメリカじんもそこまでバカじゃないだろうし
中国移民なんかうけいれたら
アメリカの本土すらヤバイことになる
ドミノ理論なんてものがむかしあったけど
このままいくとアメリカ、カナダ、オーストラリアが
みんな中華圏になる

815 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 18:30:16.99 ID:VJhCbNfL0
>>660

それはプライド(自尊心)が高い、ではなく

 『  虚  栄  心  』  が強い、と言う

シナもチョンと同じだ

間違えないようにな

816 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 18:57:04.71 ID:c2f5H3l80
エドワード・スノーデン
「地球の地下マントルには現生人類より知的な人種が生活している」
oka-jp.seesaa.net/article/368787005.html
シャンバラの住人とアメリカ軍の戦いがあるわけだよ
日本人はボーッとしてるだけなんだよ知らんぞ
www.youtube.com/watch?v=KnTCMXdDBTk

Q 覚者方の目から見て、世界平和にとって最大の脅威である国はどれですか。
A (1)イスラエル、(2)イラン、(3)アメリカです。

人々は決められた時間にテレビのチャンネルを合わせ、
それまでにはよく知られるようになっているマイトレーヤの顔を見るでしょう。
私たちは、それぞれ、私たち自身の母国語でマイトレーヤの呼びかけを心の内に聞くでしょう。
テレパシーで私たちがパニックにならないよう、マイトレーヤがテレビに出演されるのです。

日本国民はどう対処すればいいのか
「株式市場崩壊後に出現する新しい政権は国民の意志を反映し、国民の側に立つものであろう。」

>親米、反中、嫌韓、棄民党、逃電、犬察庁、最高災、暴衛省、酷営放送、UFO否定派、オワタw

817 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 19:32:35.29 ID:evrgDDJP0
>>816
ここは宗教を布教する場所じゃない
宗教なんてものは全て詐欺行為と同じだ
とっとと失せろ気狂いカルト信者

818 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 20:18:53.29 ID:k49sbsdpi
統一教会は勝共連合の成れの果て
ウンコには変わりないけどアカではない
日本にも右翼左翼があるように韓国の反日にも種類がある
北朝鮮の体制、そして西側諸国の韓国の体制を維持しながら飯を食うための反日と
韓国を西側から切り離し
最終的に南北統一へ誘導するための反日
どっちにしても日本にプラスにならないからさっさと統一して欲しいけどね
半島丸々中国の属国になって赤白はっきりの状態になってまた冷戦になればいい

819 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 20:43:21.29 ID:AGFlGMKE0
>>1
そのうち、アメリカの原爆投下も捕虜日本兵虐殺も東京裁判も、
全部コミンテルンのせいにされるんだろうな。
さらにはハワイ侵略や黒人奴隷制度もネイティブアメリカン虐殺も

820 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 21:16:07.75 ID:pIaUoqTQ0
>>807
もう一度抜き書きするよ。

 「世界抗日戦争史実維護連合会」は公式には1994年に海外華僑によって創設され、
本部はカリフォルニアに置かれたが、実際には★中国側の公的機関と密接な連携を保ち、
共同活動を頻繁に展開★してきた。傘下には50以上の団体の名がリストアップされている。

http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/i/44/index1.html

821 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 21:25:25.17 ID:pIaUoqTQ0
>>807
じゃあ、日経BPじゃなくて産経の記事も載せておくよ。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130831/amr13083108510003-n1.htm

全米規模で機能する韓国系組織の存在は感じられない。
そんなことをいぶかっていたら真の主役がやはり顔を出してきた。
中国系在米反日組織の「世界抗日戦争史実維護連合会」(抗日連合会)である。

抗日連合会はカリフォルニアやニュージャージーでの慰安婦像などの設置を
自己の活動の「最新の前進」として自サイトで公式に発表したのだ。
米国各地での慰安婦像の設置を今後も推進すると宣言していた。

しかも抗日連合会の創設者で現副会長のイグナシアス・ディン氏は、
グレンデールの慰安婦像に関する中国共産党直轄の英字紙
「チャイナ・デーリー」の長文記事で、設置運動の最高責任者のように
描かれていた。(中略)
抗日連合会は1994年に、中国政府と連携した中国系米人たちにより
カリフォルニアを本部に設立された。「日本に戦争での残虐行為を謝罪させ、
賠償させる」ことを主目的とし、南京、捕虜虐待、731部隊、慰安婦を
挙げてきた。戦犯裁判や対日講和条約での日本の責任受け入れを一切、
認めない点で明白な反日組織である。

822 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 21:32:28.03 ID:dpUFKoMQ0
山本五十六の命を右翼(実はコミンテルン左翼)が狙っていたのは事実。
そうやって対英米戦に仕向けていた。

823 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 22:02:11.95 ID:07I6o4KR0
へー

824 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 22:11:55.12 ID:ASTA7VUq0
またコミン☆テルンか、人気だな。

825 :名無しさん@13周年:2013/10/13(日) 23:05:57.22 ID:dpUFKoMQ0
だからこれが海軍にもコミンテルンの触手が伸びていた証拠で、最後まで
反対だった山本五十六にも執拗に食い下がっていたんで、他の
海軍上層部はすでに凋落されてたから命は狙われなかったと。

826 :名無しさん@13周年:2013/10/14(月) 04:10:25.82 ID:3OjP28K20
>>825
ちwww
ょww
うww
らww
くwww


超ラクですね、日本語ってwwwwww


ケケ
立与 糸各
月己 

籠絡って読むんだよね、バカチョン豚キムチくん???

827 :名無しさん@13周年:2013/10/14(月) 07:50:39.78 ID:95Gj/bMq0
図星だった場合、変換ミスとか細かい事が攻撃対象となる。
チョンは相手のことをチョンと書いて自分をごまかす。

828 :名無しさん@13周年:2013/10/14(月) 07:52:11.36 ID:2FVz6mvD0
ヤンキーが千鳥ヶ淵汚すなよ

829 :名無しさん@13周年:2013/10/14(月) 08:24:56.69 ID:nntVGP390
結局全部ユダヤ人が悪いんだわ。
現状みれば誰でもわかる

830 :名無しさん@13周年:2013/10/14(月) 08:27:05.44 ID:jTInybId0
>>827
  ただし民団と総連の悪口は書けないという規制があるw

831 :名無しさん@13周年:2013/10/14(月) 09:47:32.12 ID:KenAtS030
>>829
ヒトラーがユダヤ迫害したのはやっぱり正しかったな。

832 :名無しさん@13周年:2013/10/14(月) 09:59:58.94 ID:vkYvW6eA0
米国にいる日本攻撃の主役 2013.8.31 08:46

米国カリフォルニア州南部のグレンデール市に慰安婦像が設置
されて1カ月が過ぎた。すぐ近くのブエナパーク市での同様の動きは
地元在住の日本人たちの明確な反対もあって阻止されたようだ。
だがこんどは同州北部のミルピタス市で似た動きがあるという。

日本非難を露骨にしたこんな活動を米国内で一貫して進めるのは
一体、だれなのか。日本側では単に「韓国ロビー」というだけで、
その実態は伝えられない。

すでに慰安婦碑を建てた東部のニュージャージー州などでの動きを
含めて表面に出るのは、ごく少数の韓国系米国人の名と特定地域で
旗揚げした「カリフォルニア州韓国系米国人フォーラム(KAFC)」と
いうような新参の団体名だけなのだ。全米規模で機能する韓国系
組織の存在は感じられない。

そんなことをいぶかっていたら真の主役がやはり顔を出してきた。
中国系在米反日組織の「世界抗日戦争史実維護連合会」
(抗日連合会)である。

抗日連合会はカリフォルニアやニュージャージーでの慰安婦像などの
設置を自己の活動の「最新の前進」として自サイトで公式に発表した
のだ。米国各地での慰安婦像の設置を今後も推進すると宣言していた。

しかも抗日連合会の創設者で現副会長のイグナシアス・ディン氏は、
グレンデールの慰安婦像に関する中国共産党直轄の英字紙
「チャイナ・デーリー」の長文記事で、設置運動の最高責任者のように
描かれていた。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130831/amr13083108510003-n1.htm

833 :名無しさん@13周年:2013/10/14(月) 10:29:46.27 ID:MEnevExx0
どうも、このスレをまとめると次のような感じだな。

時代  陰謀の中枢         日本での協力者    アメリカでの協力者  ネタ     目的
戦前  コミンテルン+中国共産党  朝日新聞+偽装右翼  民主党+蒋介石の嫁  南京大虐殺  日米離間
現代  中国共産党         朝日新聞+維新の会  民主党+在米華僑   慰安婦    日米離間 

834 :名無しさん@13周年:2013/10/14(月) 10:31:43.56 ID:jAebS5Rf0
戦前の米は共産主義に楽観的すぎだからな

835 :名無しさん@13周年:2013/10/14(月) 10:38:06.29 ID:MEnevExx0
>>835
現代の日本もそうだ。民主党は政権取るし、朝日新聞はでかい面しているし、
偽装右翼の維新もいる。危なすぎる状態だろ。

836 :名無しさん@13周年:2013/10/14(月) 12:54:17.30 ID:Xts9F2tY0
アメリカは、本当は大統領も選びたくない国なんだよ。
共和制絶対。王制反対。

選挙は無くても、王が居ない支那と、世襲の皇帝が居る日本を比べると、
共和国と帝国の争いに見えて、共和国を応援。

共産主義は、世襲の為政者は居ない(建前)、私有財産が無いか制限(建前)で、
宗教の自由(実体は禁止)、
建前を信じる限り、財産制度以外はアメリカにとって馴染みやすい。

837 :名無しさん@13周年:2013/10/14(月) 13:29:45.03 ID:yt6fKzjE0
>>836
じゃあなぜ保守派の議員が軒並み日本を支持するんだ?

343 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)