5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【科学】優秀な遺伝子も打ち負かし得る貧困―知能を左右するのは環境

1 : ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★:2013/09/27(金) 17:14:08.95 ID:???0
優秀な遺伝子も打ち負かし得る貧困―知能を左右するのは環境(ウォールストリートジャーナル) 
2013年 9月 25日 18:31 JST

米専門誌「サイコロジカル・サイエンス」の最新刊では、エジンバラ大学のティモシー・C・ベイツ氏とその同僚たちによる遺伝子、
SES(社会経済的状態、つまりどれほど裕福で高度な教育を受けているか)、IQの関連性に関する研究が報告されている。
彼らはすべてのDNAを共有する一卵性双生児と一部のDNAしか共有しない二卵性双生児の違いを統計学を使って分析した。

 心理学者たちが双子たちの研究を開始してすぐ、同じような水準のIQを持っている可能性は二卵性双生児よりも一卵性双生児の
方がずっと高いということがわかった。IQは「遺伝性」が高く、その差は遺伝的違いによるものだ、と彼らは結論付けた。

しかし、研究対象となったのはSESの高い双子ばかりだった。バージニア大学のエリック・タークハイマー氏とその同僚たちは、
貧しく、SESの低い家庭で育っている双子たちの状況はかなり違っているということに気付いた。
そうした一卵性双生児と二卵性双生児のあいだにはほとんど差がなかったのだ。
IQにはほとんど遺伝性が見られなかった。
優秀な教師に付きっ切りで教わったかどうかといった環境の違いの方がよっぽど重要なようだった。

 ベイツ氏のチームの新たな研究では、子供たちが成長した後も同じ結果が出ることがわかった。
貧しい家庭で育った人々にとってIQの遺伝性はかなり低かった。このことに矛盾を感じる人もいるかもしれない。
結局のところ、人のDNAはどのように育とうが同じままなのだから。だが、IQが教育に影響されるとすれば説明がつく。(抜粋)

http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304250704579096681036706164.html

2 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:17:38.43 ID:n6QKpvJz0
エディーマーフィーの大逆転って映画を思い出した

3 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:17:43.55 ID:nooatUW40
日本においては環境=親だな。

4 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:18:19.92 ID:a0QEKUH10
要するに貧乏だと素材の良さを引き出せないままに終わっちゃうってこと?

5 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:18:26.74 ID:pYoELP3U0
>>1
大阪民国のことか

6 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:19:01.35 ID:dvFXcDKV0
いいえ遺伝子です。
おおまちがい、できるやつはどんな環境でものし上がる。

環境をできない理由にしている時点でダメ。

7 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:19:22.02 ID:zD3WYG+Ui
韓国は遺伝子は劣化してるし貧乏国家だし救いようが無いw

8 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:20:22.02 ID:x2ptx08u0
貧すれば鈍する
【読み】 ひんすればどんする
【意味】 貧すれば鈍するとは、人は貧乏になると、利口な人でも愚かになるということ。

9 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:20:53.41 ID:/SgjXLY00
うちの親、父親早く亡くして旧帝
で、その子供馬鹿だぞ。

10 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:21:22.83 ID:O5nHD8FQO
食糞や唐辛子や近親相姦もだろ

11 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:21:51.87 ID:n6QKpvJz0
いい環境が欲しいからお金持ちは私立の学校に行くんでしょ?
お金持ちは知っているんだね

12 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:22:30.08 ID:5s5GWTcN0
>>4
記事読むとそうだね。

●金持ちで環境がいい子のIQは、遺伝の要素が強い

●貧乏家庭の子のIQは遺伝が関係ない

 つまり、貧乏だと、遺伝的に能力が高かろうがなんだろうが、ことごとく潰される。




>>6
>いいえ遺伝子です。

この人も育った環境が悪くて、>>1の科学的結果を理解できないほど知能が低いのだろう・・・・

13 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:23:09.29 ID:FMAAC8lV0
知ってたw

14 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:23:38.86 ID:Ux1d5tiNi
26世紀青年ミロ

15 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:24:21.93 ID:WSL/zhj70
まず優秀の基準がどうなのか。

16 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:24:39.84 ID:8USGD1Q10
呼んだ?

17 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:24:56.43 ID:Tvxe5I1G0
ポテンシャルを発揮できないまま老いていくのね

18 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:25:29.69 ID:UHPxAIiE0
実存は本質に先立つ

19 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:25:49.66 ID:jv9yHt3L0
当たり前
日本は世襲とコネで潰れた
役所は腐敗が進みすぎて自争能力を失ったから
すべき事は実行力の有る政府への攻撃だけだろ
日本はもうシステムがガチガチでイノベーションは絶対起きないし
優秀な人材は貧困によって埋もれて
馬鹿が金や権力の乱用によって国を支配する

20 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:25:51.18 ID:MqFGw5oiO
そりゃ同じ知能レベルの子供二人を富裕層と貧困層に別々に分けて育てたら、
富裕層に育てられた子供の方が圧倒に有利に決まってる罠
まず栄養状態で発育に差がつく

21 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:27:18.47 ID:dvFXcDKV0
>>12
スレタイもっと正確、簡潔にっと。

そっか、
IQの中心値は遺伝が支配的だが、振れ幅は環境に支配されるってことね。
ナットク、つうか、あたりまえのことじゃん。

22 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:27:45.74 ID:IefaKSrM0
金は必須だろうけど、あとは、親の教育への理解とかも必要なんじゃないかと思うけど。

教育への理解や知識がなければ、親の金と子供の時間をどこに費やせばいいか判断できないし。

専門家で有名な人は、子弟もそこそこの線行ってるように見える。
一方、芸能人とかなりあがり系は分かってないから、真似の域を出ていないような。

23 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:28:06.58 ID:yZqT0V250
小さいころ養子に出されて金持ち家庭に行けたのと
貧乏行きだったのとではどうよ

24 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:30:03.58 ID:vU2TIOZF0
幼児の段階でスクリーニングして素質のある子供は公費で高い教育を受けられるようにする社会システムが重要

25 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:30:17.96 ID:pkpwGoct0
人間の脳の配線は、3歳くらいまでの環境が非常に大きいわけだが
心理学者だと、そこらの知識が欠落してるようだな、全然言及してない
せっかく統計取って研究していながら
それにしても、本来門外漢なのに、心理学者ってこういう研究が好きだよなあ

26 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:30:27.71 ID:B4T48mpY0
そりゃそうだろ

能力持ちがある日環境を手に入れると物凄い伸びを見せるし

27 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:30:46.69 ID:WSL/zhj70
教育が間違っていなければそこそこの人材が出来上がるのはほぼ間違い無いだろうが、
それを優秀と考えるのがどうなのか。

28 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:31:10.43 ID:O9w6ruz+O
環境ってのは確かにある
僻地の田舎で高校も遠くて通えない
ってな所だと色々な可能性が潰される

29 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:31:14.78 ID:xsOGAWNb0
>>9
だから環境なんだって

30 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:31:47.27 ID:5s5GWTcN0
>>21
>IQの中心値は遺伝が支配的だが、

そんなことどこにも書いてない。
貧乏家庭の場合、中心値そのものが下がっている可能性がある

31 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:32:21.84 ID:dvFXcDKV0
>>23
> 小さいころ養子に出されて金持ち家庭に行けたのと
> 貧乏行きだったのとではどうよ

迷路の先のエサ取りのネズミの実験。
一匹で育てたネズ公はおバカなんだわ、まあ今でいうゆとりだね。
ところが複数で育てるとあっという間にエサ場にご到着。

金持ちでも一匹じゃねってことで。
コミュが健全な社会環境が必要なんだろうな。

つうことで、みなさん、子供は子供のなかで育てましょうね。
エジソンは母親がべったりだから例外だよ。

32 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:32:50.01 ID:Fbzw2yVq0
性格だよ
同じ環境でも環境をいいわけにするやつとそうでないやつがいることからも
あきらか 兄弟でもかなりの差が出る

33 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:33:00.34 ID:FMAAC8lV0
>>19
君も>>4と同じで記事を理解してないね。

34 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:33:50.26 ID:WSL/zhj70
貧困と言っても義務教育も受けられないような状態とかじゃなければ
選抜しようとすれば可能だと思うがな。

35 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:33:58.00 ID:xsOGAWNb0
地方都市出身だけどうちは裕福だったから3人兄弟全員大卒
近所の貧乏な家庭は3人兄弟全員高卒の労働者。
まあ世の中こんなものだわな。

36 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:35:03.32 ID:h/HEmcYd0
ヒルトンの娘は馬鹿じゃん

37 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:35:04.17 ID:LBlh+K/j0
>>4
そう。俺も東大出たのに専業ネラーで落ち着いたってこと。

38 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:35:58.97 ID:hFnqtQR/0
手塚治虫は医者の息子で金持ちのボンボン。
宮崎駿は飛行機会社重役の息子で金持ちのボンボン。
尾田栄一郎はそろばん塾の息子。

39 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:36:08.36 ID:6EBONNZd0
こういう記事を貧困の拡大を助長してる諸悪の根源である金融業界の嵌め込み御用メディアの、
ウォールストリートジャーナルが取り上げるのは意外だなw

40 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:36:16.64 ID:58qebKlk0
今は、大学も簡単に誰でも入れるからな

41 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:36:36.93 ID:pkpwGoct0
何卒だって、収入少なくたって
暖かい家庭でつつましくとも確かな幸せがあればいいじゃない

42 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:37:04.38 ID:TvwPHg/50
なんで日本人っていうのは才能(生まれつきの遺伝)を認められないのかね?
アップルのスティーブ・ジョブスはブルーカラー階級に養子に出たけど、ちゃんと活躍したよ?
妹のモナ・シンプソンだって超頭がいい

43 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:37:38.31 ID:WSL/zhj70
>>41
皆がそういう意識になると搾取している人たちが困ります。

44 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:37:45.40 ID:MikhF4800
>>1を解り易くまとめるな

[裕福家庭]
一卵性 差なし
二卵性 差有り

[貧乏家庭]
一卵性 差なし
二卵性 差なし

45 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:38:00.82 ID:5s5GWTcN0
>>36
>>1の記事の科学的調査が言ってるのは、

 金持ちの場合・・・ 親がバカなら子もバカ (この場合、親は、バカが金持ちになっただけ)

 貧乏な場合・・・ 親が利口だろうとバカだろうと無関係に、子はバカ

ということ

46 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:38:30.05 ID:jqvLQzcM0
つまりどういうこと?

47 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:38:46.35 ID:zkhtqFZV0
『さすらいの太陽』

48 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:40:11.24 ID:TvwPHg/50
IQは器で、勉強っていうのは注ぎ込む水だね
いくら勉強する環境が整ってても器がでかくないと意味がない
ということは、親は勉強が大事、というメッセージさえ送っていれば大丈夫
日本は平等志向なのか、教育ビジネスなのかは知らないけど、才能の持つ差を軽視しすぎる

49 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:40:13.44 ID:E/beWqeg0
才能とやる気のある子どもには国が率先して英才教育を施すべきだな
その方が国益に繋がる
たいしたことないコネや世襲でのさばってるやつらを駆逐しろ

50 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:40:19.69 ID:3anrw2jY0
そうそう金金。何もかも金ですよ。
もういいよ、すきにしろ。

51 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:40:23.01 ID:D/SgNn2K0
いくら賢くても教育受ける機会がないと才能発揮できないのは当然

52 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:42:17.67 ID:6qSUn6w30
>優秀な教師に付きっ切りで教わったかどうかといった環境の違いの方がよっぽど重要なようだった。
当たり前だろwwww

53 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:42:59.30 ID:TlNZJEpOO
ガタカはいい映画

54 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:43:39.36 ID:pkpwGoct0
優秀な両親や優秀な教師や優秀な友人知人からは
優秀なミームが注入されるんだよ!!

55 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:43:44.57 ID:AM/WBWbg0
コレって韓国は終わってます。と言う記事かな?遺伝子もダメ、環境もダメダメダメダメダメダメ。

56 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:43:59.78 ID:4zv+MjDG0
もともと頭は悪くなさそうなのに成績はよくない子の親にあったらたいていキチガイだけど
この記事みて納得したわ

57 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:44:05.80 ID:goqnvt490
【試し腹】

朝鮮半島で行われていたもので、父親が結婚前の自分の娘に対し、妊娠の可・否を調べる為に性行為をする事を云う。大韓帝国の時代まであった風習だが、日韓併合後に直ちに禁止にされた。

「女は子を産む道具でしかない」朝鮮では、道具(女)が不良品(不妊症等)であってはならない。

故に、『これこの通り、妊娠できる体でございます』ということを証明するために、「種男」という男に娘を犯させ、妊娠した状態で輿入れさせる。

これを「試し腹」と言います。

産まれてくる子供は、当然夫の血を引いていないため、妻と同じ奴隷的な身分しかなく、結婚はおろか大人になるまで成長する者も稀だったと言われています。

自分の娘を血縁の近い男(兄や叔父)に妊娠させて、妊娠できる女と証明させて嫁がせる儒教思想が暴走した習慣だそうです。

日帝が禁止した朝鮮時代の風習だそうです。

wikipedia 削除済み

米人類学者Cavalii−Sforzaの遺伝子勾配データによれば、 朝鮮人は世界でも類を見ないほど均一なDNA塩基配列の持ち主であり、これは過去において大きな

Genetic Drift(少数の人間が近親相姦を重ねて今の人口動態を形成)か、あるいは近親相姦を日常的に繰り返す文化の持ち主だった事を表します。

(文献:The Great Human Diasporas: The History of Diversity and Evolution. 1995.. Luigi Luca Cavalii-Sforza and Francesco Cavalli-Sforza. Addison Wesley Publ. ISBN 0-201-44231-0)

韓国では、昔から若くて綺麗な娘達は中国に献上されていたので、女性が足りず近親相姦が繰り返されてきた。遺伝子レベルで見ても「父と娘」「母と息子」が結ばれないと出来ない遺伝子が大多数見つかっている。

58 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:45:15.95 ID:ACbQSPvUO
貧困の定義がよくわからんが公立高校行かせられるくらいの経済力があれば貧困とは言わない?

59 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:45:25.47 ID:Fbzw2yVq0
>>20 が的を射ている 当たり前のことをいうなってレベル
栄養もそうだが富裕層のほうが環境を整えられるってことで有利なのはいうまでもない
ついでにいうと動機付けについても差がでることは想像できる
一般に貧困層は教育の重要性がわからない
わかったつもりでも、自分が知的好奇心もないのに、子供にやる気をだせといっても無理な話
子ども自身があとで自ら気がついたとしても、すでに周回遅れのスタートとなる

60 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:45:57.14 ID:7wSAVA6o0
温室環境・平凡環境・劣悪環境
で検証して欲しかった

61 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:46:16.79 ID:AQjgXGBp0
才能を伸ばすには金が必要
才能があっても教育が悪ければどうにもならない

まあ当たり前の話だよね

62 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:46:28.57 ID:r6i3tVb20
まぁ、アメリカの貧困と日本の貧困では色々と違うからな。
日本の場合は、環境による差ってのはあんまりないと思うな。
例えば、日本の場合、兄弟間(つまり同環境)の差ってけっこうあると
思うけど、欧米は階級(環境)が支配的な感じがするしね。

63 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:49:04.16 ID:MPCZxkPw0
>>6
そんな卑屈になるな。
生きてりゃ良いことある
ここに書き込み出来るってお前のITスキルはなかなかだぞ!

64 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:49:22.65 ID:bDKzbGaJ0
DQN特性持った奴が裕福な環境で育つと最悪の悪党になりえる。

65 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:49:40.71 ID:xsOGAWNb0
>>62
無い訳無いじゃん。
東京東部と西部でどれだけ学力に差があるか分かってるのかい?

66 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:51:01.13 ID:pkpwGoct0
それはそれとして、色々な階層の人がそれぞれ楽しくやっていける社会でないとね
馬鹿は馬鹿なりに、無知は無知なりに幸福になる権利があるわけだしさ
現代の世相は、TVとかで価値観が一様化してしまって
無理したり背伸びしたり、おかしなことになりすぎだと思うわけです

67 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:51:02.74 ID:5s5GWTcN0
>>62
>日本の場合は、環境による差ってのはあんまりないと思うな。

かなりあるよ。

Aちゃん

 片親で、夜遅くまで働き、宿題や勉強どころか、学校の話すら聞いてもらえず、
  夕食はホカ弁かスーパーの安いお惣菜
   騒音がうるさいような環境で、寝具もあまり洗濯してない

Bちゃん
 帰ってくると必ず親がいて、おやつも出してくれて学校の話をいろいろ聞いてくれ、
  家庭教師もついて教えてくれて、高い参考書もいっぱいあり、
  食事は栄養分が高いもの、風呂も寝る場所も快適


こんなの日本では普通。Aちゃんがけっこう頭良くても、そのうちつぶれる

68 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:51:26.68 ID:TvwPHg/50
いくら金かけても親が馬鹿だと話にならんから
子供は親の影響をかなり受ける
親が本を読みNHKのニュースを見てる家庭と、アホな番組みてゲハゲハしてる家庭では全然違う
一番いいのは、親がずっと放送大学を見てればいい
そしたらある程度の才能があれば間違いなく子供は東大に入る

69 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:52:00.92 ID:ACbQSPvUO
>>62
おれもそう思う。
公立小中高に行かせてもらえる経済力があれば
才能あるヤツは普通に宮廷くらいは行くだろうし。

70 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:52:44.94 ID:+bJc2Bwk0
裕福な家庭に生まれ育ってろくでもない学歴の人の立場は?
安倍心臓とかさ

71 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:54:19.42 ID:5s5GWTcN0
>>70
金持ちでイイもの食って、イイもの着て、家庭教師3人もつけて東大すら入れなかった安倍さんは
どっか脳が病気か、遺伝的に劣等遺伝子をもらっちゃたんでしょうな。

普通レベルの子がそんだけ優遇されれば東大でも入れる。

72 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:54:22.64 ID:lKEVcpTy0
知能が高いからって成功するわけでもないし。

話はそれるが、世界に影響を与え、歴史に名を残すような偉人のクローンを作ろうとしても無理だと思う。
(クローン技術は置いといて)
潜在的な能力より、育った環境や経験の影響の方がデカいから。
仮に同じような環境で同じような経験をさせて育てても不可能。人はその時そのつどで物の感じ方や思うことや何かを決める時の選択が変わる。それの積み重ねが人格を形成するから。
天才は作れても、歴史に名を残すような偉人は絶対に作れない

73 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:54:40.88 ID:5cxDZYjHP
確かに、双子でも環境が違うと変わってしまうのだろうな

あるいは、同じ人間でも、重視するものが変わってしまうとか

74 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:54:55.39 ID:fWQCPDaV0
昔の本だと人格形成においては、
ドイツの学者は遺伝子派で、アメリカは環境派だった

75 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:54:59.65 ID:MikhF4800
>>44の続き

結論としてはだな・・・
IQテストは練習次第で結果が変わるってことじゃね
本当に頭の良さを計れるものなら練習しようがしまいが結果は同じはずだろ

76 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:55:22.07 ID:TvwPHg/50
>>67
半分合ってるけど半分合ってない
はっきり言って環境の差はあるけど、金のかけ方による差なんてない
高い参考書っていう表現はおかしいし、安い惣菜食わしたからって頭が悪くなるわけじゃない
勉強は大事という姿勢すら見せてれば(逆に親が頭良かったらNHKのクロ現ぐらいしか見る番組はない)、それだけで子供は東大に入る
そもそも、ある程度の成績とってりゃ予備校って無料で受けられるんだよ?

77 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:55:33.94 ID:e6ZYaMyNi
真のインテリはそもそもテレビを持っていない。

78 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:56:30.90 ID:5s5GWTcN0
>>76
>半分合ってるけど半分合ってない


>>1の統計的調査(異なる研究グループによる調査)は、「半分」じゃなくて、「全部合ってる」ことを
意味している。

79 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:57:07.86 ID:zc5uLRoYP
>>44
解りやすいな

80 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:57:59.98 ID:HwGZqGWB0
>>6
がバカなのだけは分かった

81 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:58:10.51 ID:xsOGAWNb0
日本の双子研究は東京大学教育学部附属小中。
君たちのこどもが双子だったのならぜひとも入れた方がいい。
ほぼ間違いなく頭よくなるから。

82 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:58:19.87 ID:UBK7D5kF0
関係があるのは貧困よりも、環境だと思う。
貧困でも親が教育熱心だったり、学生時代に導いてくれる友や先生に出会えれば
優秀な遺伝子を活かせると思う。「孟母三遷」って言うじゃん。
教育熱心な母親が子供の生長にふさわしい環境を求めて3回引越ししたとかいうあれ。

83 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:58:20.54 ID:TvwPHg/50
たぶん、金かければ子供が良くなると思ってる人は根本的に頭が悪いんだろうし(周りの商業主義に流されてる時点で×)、
小学受験とかする人もダメだろうね
知的欲求なんかは非常に遺伝に差があるし、欲求がない人はたぶん相当にハンディがあるはず

84 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 17:59:22.54 ID:pkpwGoct0
[心理学者]

85 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:00:07.83 ID:nLrYOac60
言うまでもなくその通りだ、子は親を見て育つと言うからな
テレビ見て酒飲んでゲームやってるような親に「勉強しろ」って言われて勉強する奴はまずいない
子どもたちとその日あった事を話し合って親自身が読書や勉強してれば子供も自然と勉強するようになる
俺は無職童貞だからどうでもいいが、お前らも小さい子供がいるなら2chなんかやらずに自己啓発に励め

86 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:00:43.47 ID:W5HtY3jkO
>>76


それは親自身がほぼ無勉で東大に行けるほど知能が高かった時のみ通じる話だな。数十万人に一人はいるのは否定しない。

親が並才だと環境を整えないと精々地底非医で終わるよ。

87 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:01:09.29 ID:MIAYtSgW0
>>1
貧困って、教育しなきゃ知識は増えないだろ
教育は国が責任を持って国民に与えろ、学校は全部寄宿舎付きにして
教育期間は親から隔離しちゃえよ、平等に教育してふるいにかけて社会に送り出せ適材適所で

その位やらなきゃ、何時まで経ったって問題は解決なんかしねぇよ

88 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:01:10.89 ID:5s5GWTcN0
>>82
>関係があるのは貧困よりも、環境だと思う。

だから>>1は貧困に関係があるという結論だ。しかも異なるグループによる研究結果。
異なるグループによるIQテストの調査結果だからね。かなり信頼性高い。

89 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:01:18.44 ID:e8miGCLT0
これは大問題
優秀な遺伝子をもつ在日も
くされ日本の環境では
知能がv発達しないのか

90 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:02:23.75 ID:JgR0Ak+T0
「無知と貧困は人類の敵」
いいこと言う人がいるなあ

91 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:02:24.85 ID:xsOGAWNb0
親が堅い職業>派手な職業

92 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:02:40.35 ID:AvYc7CSY0
そりゃあ、低くなればなるほど差は極小になっていくんじゃないのか?

93 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:03:13.63 ID:wEHwL/Yq0
以前、「世界仰天ニュース」だったか何かの番組で
アメリカの大学が双子の赤ちゃんを貧乏DQN家庭と金持ちのきちんとした家庭に分けて育てた実験をやってたけど
両方、同じような性格、癖などに成長した結果になって
環境は関係ない、遺伝で決まってる
というのを見た記憶があるんだが

94 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:03:16.74 ID:UOzimDDk0
そりゃそうだわ
森林の奥地に暮らしている原住民の子供を赤子から
英才教育させれば科学者にもできるだろうよ

ちなみにテレビつけっぱなしの家は子供が馬鹿になると思うw

95 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:03:32.63 ID:XktVA5Hc0
IQなんてテストの傾向に慣れたら誰でも高い数値が出るのに

96 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:03:32.78 ID:TvwPHg/50
>>78
環境を揃える事=金をかける事じゃないよ、と言ってるわけだけど?
高い塾に行かせる事=環境を整える、と勘違いしてはいないかなぁ、と思ってさ
教育は外任せではかなりの確率でまずいんでは?
アメリカの天才の母親ってかなりの確率で数学教師が多いの知ってる?
自分でも教えられるというのが最大のメリット

97 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:03:48.25 ID:SzSGQLPv0
知能は問題解決能力とそのベースになる知識のデータベースで構成される。
ボンビーはお勉強を必死でやるので知能が高くなる。
氷河時代に必死で餌を探したネアンデルタールやクロマニヨンだ。
リッチは親の財を食いつぶして生きてるので、知能はあまりいらない。
追い込めば優秀な部下ができる。半沢直樹みたいに

98 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:04:05.36 ID:lyon1dTE0
子供はみんな国家が養育するべき、とか言い出す奴がwww

しかし「貧困」と「知能」の相関なんて、バイアスが多すぎて解析不能

よくあるのは大麻を吸っている人が知的能力が低いっていうデータ
知的能力が低いから大麻に魅入られるのか、大麻が知的能力を下げるのか
すら判断がつかない

99 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:04:47.98 ID:5s5GWTcN0
>>96
少なくとも、>>1の結果は、カネかけられないような貧乏家庭では知能が発達しないということを
意味している。

100 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:04:50.75 ID:MikhF4800
>>75の続き

つまり・・・IQテストでなくとも同じような結果が出る
乗馬・水泳・陸上などなど習い事をすれば元が同じなら同じように上達する
習い事をしなければ下手くそのまま

101 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:05:01.43 ID:+WPXwDfz0
今の日本の場合、マスゴミが言う「優秀」は単純にどこの大学卒かという意味だが、
明治維新でできた学校制度は
「勤皇の志士」つまり江戸時代まではエタ非人と呼ばれていた連中の子弟を出世させるためのものだから
現在でも薩長地域のエタ非人の子弟と日本に帰化して日本人になりすました中国人留学生、
そして戦後はこいつらにチョーセンジンも加わったがな。
これらのガキどもは事実上無試験も同様で入学できるんだから単純に「学歴」などと言っても無意味。

102 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:06:35.20 ID:ACbQSPvUO
高校にも行かせられないような貧困家庭だと無理かもな。

頭良い奴は勉強しなくても中学まではいい点取れるからそのままいい高校入る。
そこで周りに恵まれたらいくらでも伸びるわ。

103 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:06:47.55 ID:TvwPHg/50
>>86
親が並才なら子も並才っていうのが遺伝じゃんか
自分の経験上もトンビは鷹を産むことはないね
特に母親のIQが非常に重要
羽生さんの母親もあの時代に珍しい元外資系のバリバリのキャリアウーマン

104 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:07:09.09 ID:HwGZqGWB0
貧困は環境だし
貧困層と言われる家庭の親御さんは
「ある程度の成績とってりゃ予備校って無料で受けられるんだよ?」
こんなことは知ってるとは言い難い
親が知りえないことを子供が知るということは大変なんだよ

105 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:07:32.77 ID:lyon1dTE0
>>99
貧乏な家は環境整備にお金をかけられない、だけじゃなくて
貧乏な家の家庭の思想信条行動パターンが影響すること
はどうなんだろうね

106 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:08:10.24 ID:XktVA5Hc0
なんで無駄に行間空ける馬鹿が多いんだ?

107 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:08:48.49 ID:iQL8xJhpO
>>1

会社でも、同じ事が言える。


バカな上司についた部下→あまり出世しない
優秀な上司についた部下→伸びる場合が多い

サラリーマンは、上司で大きく変わる。

108 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:09:53.84 ID:5s5GWTcN0
>>102
>頭良い奴は勉強しなくても中学まではいい点取れるからそのままいい高校入る。

だから、>>1の結果は、遺伝的に頭よかろうが、悪かろうが、貧乏だとみんなバカになってしまい
遺伝的な差が出てこなくなる、という事実だよ。

子供のときと大人になってから両方調べたが、結果は同じだった。


>>107
いえてるな。
というより、それは、「優れた仕事がしやすいかどうか」ということではないかな?
アホ上司がいると、そもそも優れた仕事ができないからね

109 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:11:33.24 ID:iQL8xJhpO
サラリーマンが伸びるかは、上司しだい。
出世した人は、異口同音に「上司に恵まれた」と絶対に言うべ。


大人でさえ、こんな感じだべ。
子供なら、なおさらだろ。

110 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:11:41.44 ID:TvwPHg/50
>>99
その「SES」とやらが何を示してるのかが良くわからんよね
単なる収入なら、東大の入学者の4分の1以上が年収450万未満家庭であることと矛盾するだろう
その「SES」が教育環境そのものならそういう結果があるのは当たり前で
結論ありきでどうにでも誘導できる研究のような気がするけど

111 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:12:27.68 ID:W5HtY3jkO
遺伝的に同じであるはずの中国人と台湾人、イギリス白人とオージーの違いを見れば、
環境が重要なのは紛れもない事実。


遺伝的にほぼ同じでも環境次第で人は英才にも蛮人にもなりうるW

112 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:12:34.34 ID:jgaUfQTG0
>>1
ハーバート・ギンタスとサミュエル・ボールズが
『アメリカ資本主義と学校教育』に書いていたことじゃん。
なにをいまさら。

113 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:13:06.22 ID:k5l/vk300
自分の娘に中学卒業したら早く働いて稼ぐように言い続ける毒親や
早く援交して自分で小遣い稼いでくれないかなと言う毒親のもとに
知能指数高い子供が生まれたら、まず大学には行けない
小学校の友人がそうだった
小学生の時はクラスで常にテスト一番で栄光塾に通ってる奴より出来た
方程式も解いてた
でも中学行く前に親に援交親父あてがわれて家出してそれっきり

114 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:13:12.22 ID:ACbQSPvUO
>>103
遺伝に関しては絶対父方だと思うわw
後天的に伸ばすのは母親かもしれないけどw

115 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:13:45.93 ID:yDOVNs3K0
知能はある程度、遺伝子で種族ごとの平均値が決まるよ

アメリカでもニガーはニガーだしな

116 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:14:00.36 ID:xsOGAWNb0
>>110
450万人のうちに所得を恣意的に操作している
自営業者の数を引いたら450万以下はほとんどいなくなると思うけどね。
いるとしても数%だろう。

117 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:14:28.09 ID:5s5GWTcN0
>>115
>知能はある程度、遺伝子で種族ごとの平均値が決まるよ

ソースは?

118 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:14:28.72 ID:ggZyz7FF0
教育より幼少時の栄養状態じゃね。これなら物理的損傷喰らうから理解出来る
逆の研究成果もあるから、学者がどちらの意見持っているかで情報の選別も加わるんだろうな

119 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:14:39.88 ID:HwGZqGWB0
>>111
大陸気質と島国気質か
半島気質にだけはなりたくねえ

120 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:14:48.44 ID:ULpBokwX0
一卵性の双子を両極端の環境の家庭でそれぞれ育てたらIQの差が20以上出たらしいし。

121 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:14:50.70 ID:TvwPHg/50
>>114
遺伝は半々、でも教育方針は母親が決めることが多いから、母親のほうが重要

122 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:15:36.20 ID:lyon1dTE0
>>100
IQは20程度の幅で変化する
が、その程度

123 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:16:24.84 ID:xsOGAWNb0
>>110
間違えた。

東大入学者4分の1以上が年収450万未満家庭のうち所得を恣意的に操作している
自営業者の数を引いたら450万以下はほとんどいなくなると思うけどね。
いるとしても数%。

124 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:17:37.12 ID:UOzimDDk0
>>109
子供の場合はよき両親、よき先生に出会える事
ってな感じか

成功の条件は幼少時代の幸運が必須なのかもしれないな

125 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:17:49.99 ID:Noync0NvO
俺のIQが異様に高いとかで、ガキの頃に教師がわざわざ教えにきたな
もちろん朝鮮人は大嫌いです

126 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:17:53.73 ID:TvwPHg/50
>>116
自分は年金家庭のほうだと思うけどね
どちらにせよ、収入や資産ですべて決まるみたいな意見は賛成できない
それこそ資本主義国の陰謀だ
最終的には教育に金をかけろ、金を稼げ、との結論しか導き出されないだろう

127 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:17:54.83 ID:r6i3tVb20
>>65
金があるヤツの学力が統計的に上がるのは当たり前、そういうことを言って
るんではなくて、例えば、オレの両親は中卒低収入で、勉強しろなんて言わない、
自宅に本なんかない環境で、弟は親と同等に成長したが、オレは旧帝だった。
やっぱり、弟との差は遺伝的なものでしかありえない。当然、俺の学業については
親はまったくノータッチなわけだが、ほとんど小学校入った時点ですでにレール
がしかれていたよ。30年ぐらい前、田舎ってこともあるだろうけど、ある種の
社会的選抜だな。少なくともオレは日本の教育制度の平等性を非常に実感して
いるということよ。

128 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:19:10.00 ID:W5HtY3jkO
>>110

正確には5%未満だからな。四百五十万以下が四分の一とか信憑性の薄い東大新聞でも無いぞ。しやぁしゃあと嘘つくなよ。

学費全額免除を受けているやつは5%未満しかいない。こちらが正確。

129 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:19:36.06 ID:5s5GWTcN0
>>127
だから、>>1の結果は、そういうのが非常に稀であって、
貧乏家庭の場合には、遺伝的に頭よかろうが悪かろうが差がでなくなる、と言ってるんだよ

ま、そもそもあんたのそれも作り話っぽいけどな

130 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:20:07.18 ID:zkhtqFZV0
>高学歴家庭においては無意識的に備わることの多い文化的環境
>―例えば豊富な書籍や博物館見学等の文化的体験、視聴するテレビ番組、
>茶の間の話題− すら学力に影響します。
>そうした文化的環境と体験に恵まれた子どもに、恵まれない子どもが
>追いつくには、先述のとおり格段の努力を要することになります。
http://blhrri.org/info/koza/koza_0150.htm

131 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:21:19.03 ID:xsOGAWNb0
>>127
両親何歳かで話し変わってくるからなんとも言えない。
弟馬鹿すぎるってことは発達障害考えてみたことあるか?

132 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:21:56.88 ID:TvwPHg/50
>>128
全額免除は450万じゃ受けられないでしょ
受けられて半免くらい
その東大新聞に書いてあるはなしじゃん、450万って
まあとにかく母親が大事
昔は女性だからといって教育が受けられない場合も多かったらトンビが鷹を生む事案もある程度出たんだろうけど、
今は女性も教育を受けてるからますますトンビが鷹を産まない格差社会になっていくでしょう

133 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:22:46.50 ID:h0hUmZ430
遺伝的な影響も必ずしも親から伝わるとは限らないんだよね

優秀な親だから子供にも同じ遺伝子が伝わるかといえば一定の確率の範囲だから
バカも生まれる

134 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:23:10.87 ID:5s5GWTcN0
一番の問題は、

新自由主義みたいに、一部の金持ち & 大勢の貧乏人国民 という風にしてしまうと、
「その国家全体の知能が下がり、やがて滅びるか他国に支配される」ということだ。

知識や学歴とかじゃなくて、「知能そのもの」が伸びないってのは、重大なことだよ。

知能が低い奴ばっかりが集まった国家を考えてみろ。日本はこのままいくとそうなる。

135 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:23:22.69 ID:zPo1ynKC0
そもそも「IQ=知能」:¥と前提して研究してる時点で相当頭悪いと思うんだが・・・

朝鮮人なんかIQテスト用の勉強まで得点伸ばしてるしw

136 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:23:29.84 ID:I0sM5Wjd0
野口英世とか貧乏だったんじゃないの

137 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:23:32.99 ID:QYJUkARc0
優秀なDNAを持っていても高度な教育を得る環境がなければ意味がないか
よくある優秀な人間の精子BANKとかも意味なくなっちゃったな
やはり人間を作り上げるのは環境であり環境を作るのは金

138 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:24:50.05 ID:ChG0D4i30
結局知能は遺伝するってことではあるよね。あと、環境というけども、もし長い年月をかけて頑張ったら報酬あげるよ?って実験したら
最悪な環境でも頭角あらわしたりして。そういうのも環境というなら別に何も言わないけど

139 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:25:02.76 ID:pqanMLz50
世の中カネとコネだよ
それらがあればバカでもチョンでも
いい暮らしができる
犯罪行為も平気
芸能人の子供見ればわかるだろう

140 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:25:20.25 ID:TvwPHg/50
>>131
兄弟で差があるなんて当たり前だよ
一番の悲劇は父親が医者で馬鹿な母親で結婚して子供が医者になれないことかな
そういう家庭はだいたい半分ぐらいの確率でなれないんだよね
で、影で母親に似ちゃったね、と言われる

141 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:26:03.06 ID:QYJUkARc0
>>136
野口英世の研究は勘違いだらけで実際は何も成果出してないよ
何も結果は出してないけど努力した人って意味で知られてるな

142 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:26:06.37 ID:5s5GWTcN0
>>136
野口英世は、幼少期に大ヤケドで手をダメにしてしまい、
母親が「この子は手がダメだから農作業で生きられない、勉強でもして偉くなるしかない」と考え、
英世に勉強優先の環境を与えたから

143 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:26:56.05 ID:zkhtqFZV0
>まず学校外教育費支出と学力の関係についてですが、当然支出に応じて学力は上がっていきます。
>中でも支出が1〜3万円台の平均学力が49.9であるのに対して、3〜5万円台では66.3と差が大きく
>なっている点が特徴といえます。おそらくここが受験塾に通塾しているか否かの境目ではないでしょうか。
>また親の子どもの学歴に対する願望が高いほど学力は高くなり、世帯所得と学力の関係に
>おいても所得が上がるに連れて学力が上がっていることが明らかになりました。
http://blhrri.org/info/koza/koza_0150.htm

144 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:27:00.72 ID:ACbQSPvUO
>>129
別に>>127が特殊だとは思わない。

ここでいう貧困ていうのは中卒で働かなきゃいけないようなレベルのことだろ。
そのレベルだと同じになるのは理解できるが。

145 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:27:38.66 ID:WY4lWv+W0
アホのほうが幸せ

146 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:27:40.59 ID:xsOGAWNb0
日○組系の教師はこういうこと認めたがらないからな。
全員平等、みな一等賞。こんなこといってるから馬鹿増えるわけ。

>>140
兄弟間のIQ偏差はプラスマイナス10っていう論文読んだことあるけれど。
極端に違う場合は障害疑った方がいい。

147 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:28:09.88 ID:VvylutffO
勉強をしてなかった親は、勉強の大切さを子供に伝えられないからな。
子供を奮起させる事ができれば、塾なんぞ行かなくても医者になってくれるよ。

148 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:28:15.87 ID:F+3ULEkC0
>>6
ソマリアとかじゃなく
日本に生まれて良かったなオッサン

149 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:29:11.45 ID:UWaxReyRO
小さい頃から家にあるセットで何十万するような百科事典を読みあさっていたな
おかげで知識量は半端ないけど

あと、小学校卒業するまでは習い事を多い時で6つ掛け持ちしてたわ

家が裕福じゃないと到底無理だわな

150 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:29:15.04 ID:lKXTG56X0
IQ試験は知識が無いと得点が高くならないので…
比較的、勉強時間が少ない貧乏の家庭は低くなって当然。
だからと言って潜在能力が低いとは限らない。

高学歴だけど、明らかにバカな人いるよねw

151 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:29:20.26 ID:+bIBl8Jn0
優秀な遺伝子って言っても、時代によって何が優秀かは違ってくるだろ。

例えば原始時代の優秀な遺伝子は「狩り」に適した性格が強いヤツになる。
だけど、現代なら「狩り」に向く性格はアスペとか障害者扱い。

さらに、ちょっと前なら「0から1を生める人間」こそ優秀だったが、
それも最近じゃ「1を10にする人間」の方が秀でている扱いになる。

ま、未来のためにも「今は劣性」の遺伝子を残すのも大事かもね。

152 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:29:24.87 ID:5s5GWTcN0
>>144
>ここでいう貧困ていうのは中卒で働かなきゃいけないようなレベルのことだろ。

そんな定義はない。

153 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:30:10.90 ID:ChG0D4i30
ひどい環境だと向上心がわかなかったりできないと思い込んでたりって感じに、宝の持ち腐れになるだけみたいなことかもしれないでしょ

154 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:30:25.30 ID:TvwPHg/50
>>146
似たようなIQの夫婦が結婚するからでは?
特に最近はそうでしょ
昔は色々見合いとかであったと思うけど

155 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:30:25.21 ID:n63xknG20
環境が人間を作るってのは前々から言われてるじゃん

156 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:30:26.70 ID:idIJgnYW0
勝ち残ってきた遺伝子としては皆同等なのにwww
金でしか計れない奴は劣化してるw

157 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:30:38.77 ID:cUxjk4lP0
>>1
http://p.twpl.jp/show/large/9GvqY

158 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:30:40.55 ID:56DbwPce0
>>1
要するにIQが測ってるのは、生まれつきの頭のよさじゃねえ、ってこった。この記事からはそれしか
言えん。

159 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:31:38.45 ID:E/beWqeg0
頭のよさってとどのつまりは記憶力だろ
長期記憶、短期記憶、ワーキングメモリの大きさ、より早くより正確に脳にインプット・アウトプットができる能力
そういう能力は生まれつきのもんだよ
訓練でどうこうできるレベルは高が知れてる

160 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:32:05.45 ID:/ZSXQW7d0
実験するまでもないだろう?
解りきったことをわざわざ研究成果で発表する必要はない。
時間と金の無駄だ、こういう低レベルの学者はおとなしくしてろ。

161 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:32:13.74 ID:5s5GWTcN0
>>159
それこそ訓練に左右される。

162 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:32:20.16 ID:pqanMLz50
>>156
みんな膣から産まれた膣太郎だもんな
みんなおとぎ話の主人公のようになれる可能性があるんだよな

163 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:32:37.49 ID:A7y5SSx1O
小泉進次郎クンの悪口は許さないゾ!

164 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:32:38.06 ID:xsOGAWNb0
【中国BBS】日本人のIQは世界一
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0405&f=national_0405_100.shtml

日本基準で考えるとミスリーディングしちゃうわな。

165 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:33:08.73 ID:UWaxReyRO
>>136
野口英世は
友人や恩師から借金しまくり
女遊びに明け暮れ
それから逃げる為に海外留学という名目で逃亡したという話を
大人になってから知り凄くガッカリしたw

野口英世程美化されまくってる偉人もいないよね

166 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:33:18.08 ID:QYJUkARc0
>>139
今回の研究では知能に関しては遺伝子の影響より環境
貧富の差などによる要因が大きいとあるけど
知能が高いIQが高いからといって金持ちになる社会で偉くなるとは限らないという点
そうなると、果たしてIQつまり高度な知能も必要なのだろうかという研究も欲しいところだね
社会的地位の高い人間の知能は高いのだろうか
世襲や親の資産によって金持ちになる高い地位を得るなども実証できるかもしれない
世の中、金であることを科学的に証明することができる

167 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:34:00.62 ID:QE+zsY2k0
遺伝と環境だよ
どっちかだけというのはない

168 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:34:01.54 ID:gmiTWZ+9P
ずば抜けた知能は100%先天的なもの
ガウスの両親はどちらも知的労働者じゃないし別に教育熱心でもなかった
だが神クラスの天才だった

169 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:34:07.42 ID:56DbwPce0
>>141
無知。黄熱病は大したこと無かったが、それ以外の業績がスゴイのだ。

170 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:34:13.97 ID:n8wPw+3/0
回りでトップの奴とか優秀な奴は貧乏の家のが多かったっけな。
金持ちの家の子は、塾とかいくけど「何とかなる」ってか余裕ぶっこいてんのか、たいして成績良くないのが多かった。
なんか「国立行かないと」みたいな悲壮感ある奴のハングリー精神みたいのが目立った。
まあ俺の周りだけかもしれんが。

171 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:34:33.66 ID:cYfRwOel0
<丶`∀´>

172 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:34:48.06 ID:UOzimDDk0
子供の知能は父親・母親どちらにより影響されるのかは面白い話やな
子供との接触時間が多いのは母親の方で
父親いうのは子供には無関心なケースが多いから(特に父と息子の場合は)
改めてみて母親の責任ってのは大事なんだよな

173 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:35:10.46 ID:xsOGAWNb0
>>170
貧乏って具体的にはどのような職業で
どんな家に住んでたの?

174 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:35:19.02 ID:ChG0D4i30
>>49 まあそうだろうね。出来る人にさらに投資すると。で、逆にDQNがいっぱいいればもしかして少子化も改善するかもしれないし

175 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:35:27.88 ID:lKXTG56X0
>>159
勉強なら記憶力だけど…
知識を元に新たな物を生み出す応用の方が重要だとIQ試験の項目に有るよ。

176 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:35:31.31 ID:XLNM4v4P0
ID:dvFXcDKV0

こいつがアホすぎて泣けてくる

177 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:35:45.19 ID:MqCSNX+u0
このスレは俺をおびき出そうとしているのか?

178 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:35:45.66 ID:60zvAhd+0
いや環境は大きい。
自然も含めてだな。

物の見方、捉え方に大きく影響する

179 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:36:07.67 ID:SzSGQLPv0
インド人の天才は上級カーストばかりだよ。

180 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:36:13.62 ID:rf8LE9Tn0
IQって思考力の早熟度を測るような試験だもんな
そりゃ金がある方が有利だよ
早いうちから色々学べるから

181 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:36:22.92 ID:Oz+ihK0/0
地頭の良さだけで自助努力できるのは極少数
フィンランド見習った方がよい

182 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:36:59.37 ID:pdbDfJ9/0
近視について調べるべきだと思う。
近視の人のIQは平均27%高いと言う統計もある。
この理由として、
例えば次のようなことは考えられないか?
近視とは眼球の軸が狂い、楕円体になっている。
当然視神経の分布もゆがむ。
それ以上に考えられることは、目を動かすごとに( ‘д‘)つ))`Д´)グリグリ目の穴と目玉の形がずれてマッサージし、カタチがゆがむような事になっているだろう。
その動作そのものが思考を鍛えるとは考えられないだろうか?
或いはディストーションの中から普段のマスデータマイニングトレーニングがBGで普段に生じている。
ニューラルネットワークの中で。
或いはディストーションが、欠落ピクセル補完作用を持っているかもしれない。
ノイズおよび欠陥が有用でないとは必ずしも言えない。
重力なき植物は、タダのカルスにしかならないのである。

183 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:37:20.40 ID:tFpHuAwo0
結論
あきらめたらそこで試合終了ですよ?

184 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:38:15.14 ID:idIJgnYW0
知能が高くなればなるほど俗世間が馬鹿馬鹿しくなるんだぜ?
こりゃ低知能への煽りだw

185 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:39:11.89 ID:56DbwPce0
当然のこととして、地頭のよさは親の経済力によらんので、この記事が証明してるのは、IQ
テストでは地頭のよさは実は測れてないってことやね。

186 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:39:12.32 ID:V2KItbJi0
親戚の家系は、みんな医者とか教授とか。

そこに現在、女子高生の子がいるが、一度も塾とか行かないで常にトップ。
絵とか書かせてもすごいらしい。
遺伝だね。

187 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:39:15.03 ID:n8wPw+3/0
>>168
ああ、そういう奴も居たな。
ガウスほどじゃないが。
魚屋か何かの息子で、両親ともにぱっとしない感じだったが、そいつは「元から優秀」で、勉強以外の本ばかり読んでたのに大学入試の模試で全国一桁とか取ってた。田舎なもんで、何つーか「圧倒的」だったな。
まあ両親も実は優秀だったのかもしれんが。

188 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:39:19.79 ID:xsOGAWNb0
>>182
知的障害に近視が多いのはどうやって説明するんだ?www

189 ::2013/09/27(金) 18:40:11.13 ID:9q+ykDCoi
焼肉屋の韓国人は、阿保ばかり

190 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:40:24.57 ID:U1mD7ueTO
スラムの子供たちは目がキラキラ!
頭悪いと目がキラキラするのかな?

191 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:40:28.43 ID:UWaxReyRO
>>169
恥ずかしい奴だ

野口英世の研究でのちに否定されたのは
梅毒スビロヘーターの純粋培養
狂犬病や小児麻痺の原因ウイルスなど枚挙に暇がない

192 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:40:31.99 ID:F0/cWjuJ0
iq
「数的推理」「判断推理」「空間把握」「論理」とかで計る指標の一つだろ

確かに、訓練しなきゃ上がらないもんだな

だが、知能をはかる一基準でしかない
これだけで、総合的に優秀かどうかなんてわからん

193 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:40:52.25 ID:osTtdy680
そりゃそうだろうな
中国では孟母三遷の教えとして環境の大切さを教えてるな

194 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:41:03.08 ID:+YDXhzxy0
今までは、そうかも
これからは、ネット環境の有無も影響するだろう

195 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:41:52.85 ID:cUxjk4lP0
家が貧乏で馬鹿 → 仕方ないな
家が貧乏で天才 → 努力したな

家が金持で馬鹿 → ダメな奴だな
家が金持で天才 → 恵まれてるな

196 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:42:01.29 ID:dkiayknnO
最高の素材に、最高の教育を施した人間というものを見てみたいものだ

マンガやアニメみたいになるのか

197 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:42:30.00 ID:xKbf9PnN0
貧すれば鈍す昔からある格言じゃて。

198 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:42:42.58 ID:60zvAhd+0
まぁ
IQに照らしあわせた考え方ってのがあるから
一概には言い難いが、つまりそれに

199 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:42:42.97 ID:wCyqOHrA0
だったらビルゲイツに累進課税を摘要させろよ

200 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:42:52.87 ID:6FK4nAj/0
遺伝子も環境も最悪な民族が隣にいるのですが、どうしたら良いですか?

201 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:43:12.43 ID:5s5GWTcN0
>>194
2ちゃんやってる奴はバカが多いとかなw


>>196
>最高の素材に、最高の教育を施した人間というものを見てみたいものだ

昔の学者なんかそんな人ばかりだよ。
学者なんか金持ちじゃなきゃなれなかったし、子供のころから神童とか呼ばれてる人に
さらに教育を施した

202 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:43:21.39 ID:xsOGAWNb0
40歳時、高校時代の同級生で大学の講師准教授以上になったのは
10人程いたので調べてみたら全員教師の息子だったのは笑ったけど。
あからさまだよな。

203 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:44:10.20 ID:UOzimDDk0
>>186
結論尚早すぎるw
もちろん医者夫婦の遺伝によるものかもしれん
でももしかしたら医者夫婦がそのJKに与えている環境の影響が大きいかもしれん
普段から親子間でどういう会話をしているのか、両親は普段何をして過ごしているのか、
どんな本を読むのか、テレビは何を見ているのか、ニュースを見てどう感想を持っているのかetc
子供は親の背中を見て育つんやからな

とはいえ実際のところ本人に聞いた方がはやい^^;
ちょっと聞いてきてほしいな(o^-')b

204 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:44:21.31 ID:56DbwPce0
>>191
そりゃあ最近の話か?

205 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:44:56.41 ID:pdbDfJ9/0
>>188
知的障害という言い方がおかしい。
カイロス時間のマッチングQ値中心周波数f 
コレが異なる人。
その言い方が正しいと思うのだ。
近視とは一種の平均化フィルタでもある。
ぼやけてよく見えない。
これは、多重焦点の重ねあわせを同時に行った図像であるとも言える。
多重処理には時間が掛かるだろう。
だから、見かけ上遅いのだ。

実は、早い。量子計算的だと言うだけの事かもしれないぞ。
実際、自然状態で寿命が短いと言う結果でもあっただろうか?
現在の、社会環境でミスマッチが生じると言うだけでは無いか。

206 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:44:57.63 ID:pqanMLz50
>>196
ドラゴンボールでいうとベジータだね

207 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:44:59.59 ID:IanV1Q8C0
http://www.youtube.com/watch?v=27logox7TkM

208 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:45:36.86 ID:Wc1IWsRn0
>>8
この言葉を証明したようなもんか。
分かりやすい。

209 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:45:49.42 ID:m3Q9Ks1d0
まぁ、お前等バカとは無縁の事だけど
世の中、本当にずば抜けて頭の良いのがいるみたいだな

他国の言語を数日で覚えてしまったり
分厚い本を読んで記憶してしまったり
パッと見た景色を隅々まで記憶していたりとかね

210 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:45:55.90 ID:xKbf9PnN0
いまのマスゴミみろよw馬鹿とクズの遺伝子でも親がすごけれやテレビ局という高給とりの

勝ち組になれんだぜ遺伝子なんてへでもないつーのw

211 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:45:59.58 ID:ggZyz7FF0
>>196
能力以外にも精神の嗜好性も関係するからな。色々曖昧で、研究者の意志が
情報の選択に影響しがちな数値化しづらい研究ですわ

212 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:47:22.65 ID:56DbwPce0
>>209
頭のよさってそれだけじゃないけどね。

213 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:47:25.95 ID:YL3Det/A0
打ち負かされた俺の遺伝子・・・

214 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:47:33.94 ID:084d0CJ00
youtubeで大学の単位が、取れる時代だからね

215 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:48:20.18 ID:MUIGy3N40
幼少期の環境とさりげない働きかけが重要なんでね?
超出来るダチは、家に図鑑とかいっぱいあって両親がそれみて
話こんでたりして(今思うとわざとかな?と言ってた)
興味を引かせて食卓でも話題にしたり、自然と自分で調べるような
習慣が付いたつってた。
あんまできないダチは、両親旧帝大だった難関大で知り合った夫婦で
家に本もいっぱいあったが、並んでるだけで飾り物だったから
俺と同じレベルになっちまったようだ。。

216 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:48:21.60 ID:n8wPw+3/0
>>196
ウィリアム・ジェイムズ・サイディズなんかはそんな感じだったが、あまり幸せな人生歩んでないんだよな。
学業以外、芸術とかスポーツの天才なんかは、両親ともにオリンピック選手みたいな状態で、遺伝も幼少からの訓練もトップクラスみたいのは結構居そうだ。
モーツァルトとかはどうなんだっけ。

217 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:48:33.70 ID:xsOGAWNb0
>>209
一歩間違うとサヴァン症候群じゃねーかwww

218 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:48:58.15 ID:Wc1IWsRn0
>>25
三歳児神話のことか?

とっくに科学的に否定されてたように思うが。

219 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:49:40.65 ID:/SgjXLY00
あしながおじさんの街頭募金は恵まれない子に
そういうものがあると教えるのに役立っているかな。

後、三代で成り上がるというのがあって
本人は自衛隊
息子を大学に
孫は当たり前のように大学に

220 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:50:52.26 ID:Plm2PzERi
なわけないだろ、麻生や阿倍をみればコネや金があっても
裏口入学でも、成蹊や学習院にしか入れない
学術調査結果では、高学歴からは高学歴息子が育ち、
父親の学歴には関係ない事がわかってる。宿題を見てやる
のが母親だから当然の結果だ。

つまり、息子を高学歴にしたけりゃ、高学歴嫁を貰え
つう事だ。実際、東大生の母親の多くが東大早慶卒だ。

221 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:51:26.43 ID:UEqkhbgI0
              ノ´⌒ヽ,,
          γ⌒´      ヽ,
         // ""⌒⌒\  )  
          i /   ⌒  ⌒ ヽ )
          !゙   (・ )` ´( ・) i/   知能を左右するのは環境
          |     (__人_)  |     
         \    `ー'  /    
    ____/⌒``   ,,ー‐,, "⌒ヽ___
   |::|__し'⌒ヽ  .   .ヽ⌒し′___|
   |::|_____ヽ       ) ______|
   |::|_______ヽ、   /⌒ヽ.____|
   |::|______ ヽ,,   i ~iし'.____|
   |:___l二二二二二二二l |二二二二二二二l
   |::| |  |::| |          し′   |::| |  |::| |
   |;;|_|  |;;|_|               |;;|_|  |;;|_|

222 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:51:26.86 ID:GrxafIQN0
日本の場合の原因は、糞チョンとそれに都合良くたからせたり
卑しい手を届かせつづけてあげてそれを取除かないそれらには実質性を
何もなさないチョンに等しいクズでケチな、
クズどもの都合にはより都合良くさせながら日本人には鶏知臭い
糞日本人が原因の殆どだけどな

223 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:51:38.40 ID:UWaxReyRO
>>204
自分で調べて
その知識を自分のモノにしなさい

224 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:51:41.72 ID:eJMUpUH60
こいつらには橋下徹の半生を聞かせてやりたい

225 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:52:04.28 ID:xsOGAWNb0
>>220
おい、一応日本のTOPまで上り詰めた人に失礼じゃないかwww
おまえなんかより余程優れた人だよ。

226 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:52:51.56 ID:unM9VVKq0
したら、貧乏な家に育って野口英世の伝記を読まされたた俺ってどうなるの?

227 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:52:54.37 ID:pqanMLz50
>>215
自分も図鑑がいっぱいあったけど
「日本の歴史」と「宇宙」と「世界の美術」しか読まなかったな
歴史と宇宙は面白いし美術はエロかったし

228 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:52:58.02 ID:nhEtlxPH0
言えてるのは
金持ちの家に生まれたにも関わらず
ノータリンの子供は存在価値が無いってことか。

229 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:53:46.89 ID:/SgjXLY00
>>209

なのに国語の読解能力がなく
三流の学校しか行けず見栄っ張り
証明の仕方が三段論法
なのもいるからなあ。

230 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:54:35.10 ID:G+jfhm630
日本 一流大学で教授陣に迎合し博士号取得

アメリカ 一流大学で教授陣に反発し博士号取得

アカデミズムの違いじゃないのか?

231 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:54:35.60 ID:v+pZYyIC0
>>226
野口英世ってチョイスがいけなかったのかもしれない

232 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:54:36.90 ID:/D2NsuAt0
>>220
記事を良く読めばわかるが、貧乏はIQを打ち負かすが金持ちだからと言ってIQを伸ばすとは書いてない

頭のいい人間は状況しだいだが、馬鹿は馬鹿にすぎないというわけだ
「馬鹿は死ななきゃ直らない」を科学的に証明したという事


ネトウヨは死なないとネトウヨ以外の物になれないという悲しい現実だな

233 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:54:47.45 ID:SZXZE/jOi
うちは親が学生結婚だったから子供の頃は凄い貧乏だったけど兄弟三人とも旧帝早慶出てるな
頑張れば奨学金とか色々あるしな

234 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:54:52.13 ID:56DbwPce0
>>223
確かなソースはあるのか?

235 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:55:04.05 ID:HoRZ/lWqO
>>159

記憶力やルーティンワークをこなす能力を磨けば役人にはなれるだろうな。
だが、創造力を磨かなければ単なる役人脳で終わるだろうな。

俺の会社に来る掃除のオバチャンが有能で機転の利いた仕事っぷりをする。
で、提案をしたり、改善点を紙に書いて出して来るんだが、馬鹿上司は取り合わない。
それを見ててこの有能な掃除のオバチャンは飲み屋の経営をやっても
或いは独立して掃除代行業を興しても斬新なアイデアで画期的なことをやるだろうなと感じる。

一方、俺の馬鹿上司は定年して肩書きがなくなったら単なる老害だなと常に思う。
有能な掃除のオバチャンは未来と希望を与え、
オバチャンから俺は学ぶべきことも多いが、
ルーティン馬鹿上司は社会の御荷物にしかならないわな。

236 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:55:14.46 ID:iQL8xJhpO
大人になってからも、環境は重要。

出世と能力は、まったく関係ないからな。

子供なら、なおさら環境の影響が強いだろ。

237 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:55:44.22 ID:xsOGAWNb0
>>233
それは貧乏とは言わない。

238 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:55:51.74 ID:unM9VVKq0
>>220
えっ? 俺の母親は一度も宿題なんか見てくれたことないお

239 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:56:12.24 ID:MUIGy3N40
>>227
ダチ(超出来る方)は美術本でハアハアしつつ、世界文学全集の
千夜一夜物語のエロい日本語訳でエロじゃないところを速読して
大事なエロのとこだけを峻別する能力を養ったそうな。
歴史の本ははまったそうで、これも速読力と国語力がついたそうな。

240 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:57:07.25 ID:rG5kN6Tp0

>>6

「のしあがる」という過程で、「品性」は原則的に置いていかれる。

この種の奴らがよくはまる罠。

(´・ω・`)

241 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:58:04.10 ID:UWaxReyRO
>>234
いいから自分で調べたらどうよ

今まで通りの知識でいいなら
調べなくてもいいと思うけど

242 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:58:04.53 ID:d+jFlWWX0
昔の偉人とか貧乏だったけど人一倍努力して名を残してる連中一杯いるじゃん。
金があってもボンクラは多いわけで
中学の頃、家庭は貧乏だったけど学年でトップクラスの成績のやつとかいたからな 塾とか通ってなくても
こういう連中は人知れずそれなりの努力してんだよ

243 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:58:19.03 ID:pdbDfJ9/0
全般に一般系を考えて二つパターンがあるし
並列処理と逐次処理の二つ。
コレは計算機だと顕著にわかるよ。
脳を機能集合体だと考える視点で見ることを許すなら〜実は俺生気論に近いけど〜
その脳資源を、分散的に用いるか、ひとつのピントに集積するか
時空間のどちらの集中点にQが入るかのトレイドオフ。
コレが結構あるんじゃないかと思うけどなあ。
そして、環境がどちらのカタチの場かというだけでは?
無論傷みがないように社会が出来るんだろうが、自然は乱暴だからな。
いつ暴れだすかワカラン。

244 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:58:47.29 ID:n8wPw+3/0
役人脳やルーチンワーカーも大切なんだよ。
そういう人らがいるから、「創造性豊かな天才」が活躍出来る。
もっというと、ルーチンワーカーの存在は社会を構成し安定維持するための必要条件だが、天才はそうではない。
が、天才がいない世の中は限りなく平坦でつまらないんだな。

245 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:59:41.23 ID:cVUt136m0
優秀な遺伝子を持つ双子のウチの片方の遺伝子を
ノックアウトして比べてみたってこと?

246 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 18:59:56.17 ID:unM9VVKq0
>>237
早慶をすべて奨学金だけででたならもしかすると・・・
まぁ貧乏だと学費は基本すべて免除じゃないとまず大学は無理
それに大学は地元か通える範囲内でないと無理
奨学金を2つ3つもらったところで、アパート暮らしとか無理

247 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:00:03.81 ID:gxO5xOCjO
敵を知り己を知る
教養を得る
深い洞察力で物事を見る 一撃で物事の本質を射抜く

248 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:00:15.31 ID:IebZa+MQ0
大人になって環境変えたらどうなる?幼少の頃についた差はもう変えられないの?

249 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:01:25.44 ID:wdbHMc4Z0
>>239
http://momi9.momi3.net/nt/src/1379940068450.jpg

250 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:01:27.43 ID:PaXv6A2x0
どんな天才でも狼に育てられたら人間としてはやっぱダメなんとちゃうかな

251 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:01:46.02 ID:G+jfhm630
っぽっぽ

252 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:02:32.14 ID:n8wPw+3/0
>>239
同級生に「全てをエロ変換して覚える奴」がいたっけw
元素記号のエロ記憶みたいなのを全てに応用すんの。
単語とかの単純記憶だけじゃなく歴史のストーリーもエロ小説になっちまうし、物理公式の証明とか有機化学の反応とかエロエロだったわ。

253 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:02:54.60 ID:rBbPOrJ00
日本と違って
食うや食わずの国では
ノーベル賞とれないからな

254 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:03:32.95 ID:Xfm3Jj1oP
>>150
頭のよさは、見た目じゃわからんよ。

東大卒の官僚2人と飲むんだが、ぱっとみて数字を弾きだしたり、
他の連中が悩んでる事柄の解決策をぱっとだしてくる。
しかも、長時間集中できるんだな。
あの脳のパワーと、スピード、スペックはやっぱびっくりする。

255 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:03:41.43 ID:SZXZE/jOi
>>246
中高は公立で塾はタダだったし、大学は仕送りないから奨学金とバイト代
探せばくっそ安い下宿とか寮とかあるぜ?

256 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:03:43.77 ID:UOzimDDk0
>>248
幼少の頃についた差とは何なのかは分からないが
例えばやろうと思えば誰だって東大に行けると思うぞ
もちろん時間はかかるかもしれない

257 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:05:21.30 ID:UWaxReyRO
ちなみにうちは
父親母親ともに高卒
父親は叩き上げで起業し会社社長になり
それなりに裕福
俺は有名私大→海外留学し学位取得
帰国し父親のコネもあり大手企業に入社
父親の引退に伴い事業を継承し今にいたる

それを考えれば俺の場合両親の学歴は関係ないよ

258 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:06:12.13 ID:n8wPw+3/0
ラマヌジャンみたいなのは、ちゃんと教育受けさせてたらどうなってたんだろな。

259 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:06:35.27 ID:53bJ4LRc0
そら知能を活かすべき時間を生きるために使っちゃうからな

260 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:06:49.35 ID:MUIGy3N40
>>252
そういえば超出来るダチは、理科で水上置換の授業で
サーフボードに乗った痴漢の絵をノートに書いてて
先生にたたされてたが、余裕で期末で100点とってた。

261 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:06:53.69 ID:xsOGAWNb0
>>239
三島由紀夫ぽくていいじゃんwww

>>244
アインシュタインは元々ルーチンワーカー

>>244
オオカミが人間の子を育てるという現象は現代では否定的。

262 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:07:10.07 ID:/qVz+5LH0
双子を別に育てるのって普通にあるんかねw

263 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:07:18.34 ID:lhNpqFR30
こればかりは難しい問題で、以下今現在科学的に判明していること。
<遺伝子の観点>
人間と犬猫の間に決定的な知能差があるのは遺伝子によるものであると結論せざるを得ない。
教育で知能が上がるなら、今頃犬猫は論文でも書いて人語を話しているだろう。

高知能遺伝子の存在は確認されている。
ただし、ある種の遺伝的疾患のようなものである。
具体的には特定遺伝子の影響により、ニューロンの漏電が少なく、
一般人の神経伝達スピードが数m/sであるのに対し、
数十〜数百m/sまで伝達スピードが上がる。
また、通常信号が届く距離の2〜3倍遠くにある神経回路まで確実に伝達される。
これにより、知能回路の形成が有利になる。
この遺伝子を持つことで知られているのが比較的混血の少ないユダヤ系で
古代イスラエルの時代から患っていたとされる。
実際、ヨーロッパの暗黒時代、白人どもが狩りをしていた頃、古代イスラエル人は旧約聖書など膨大な書物を書き残している。

体重に占める脳の重量比とIQには強い相関関係が見られることが知られている。
重量比は、人種ごと(白人、黒人、アジア人)に異なる事が広く知られているが、これも遺伝子によるもの。


<教育の観点>
そもそも教育がなければ、物事を考える力を持つことが出来ない。
狼に育てられた人間がどのようになったかということである。

貧しい家に産まれれば、十分な教育を行うことが出来ない。
一方、中卒でも金持ちになった人の家は、十分な教育を行い、子供を東大などに合格させている。
これも環境によるものである。
優秀な教師に教わったかどうかというのも重要。

264 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:08:18.44 ID:em2RUlrY0
環境>収入の影響が大きい

首都圏の中〜高収入家庭に生まれた奴が1番の勝ち組
地方と比べれば高校生のバイト1つとっても未来への可能性が全然違う

265 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:08:19.69 ID:NwG//Tmq0
>>165
世の中の偉人や成功者の大方はそれを祭り上げた連中のレベルの低さからくる集団錯覚だからなぁ
そこに漬け込んでビジネスで成功する人間の方が偉人だわ

266 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:08:24.83 ID:56DbwPce0
>>241
無駄なことはしたくないんでな。文献レベルのソースで言ってるんだろうな?

267 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:08:50.14 ID:n8wPw+3/0
ああ、今見たら、ラマヌジャン裕福で恵まれてたわ。勘違い。

268 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:08:50.89 ID:Wc1IWsRn0
>>257
1の記事と合わせて、おまいが何を言いたいのかがさっぱりわからない。
頭悪いのか?

269 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:08:54.07 ID:sYs3h9Ve0
両親高卒でもいいところ入って、いいところに就職できたから、要は才能と頑張り

270 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:09:14.37 ID:wdbHMc4Z0
L.A.で毎月逮捕される売春婦の9割が韓国人と韓国紙報じる:NEWSポストセブン
http://www.news-postseven.com/archives/20121122_155298.html

【米国】ロスのアジア系住民で韓国系の貧困率が最高水準 日系の平均所得=3万6070ドル 韓国系の平均所得=2万7838ドル [09/27]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1380265443/l50


自称知能指数世界一の国。

271 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:09:14.98 ID:xVZ5Rnwz0
まあ、お国柄を反映している面は否定できない。
前者はスコットランドで後者はアメリカと意識して記事を読む事も大事w

「フランスならこうだとか、日本ならどうだとか必要ですね♪」
「後天的要素が重要ならば、お国柄も濃厚にでてくるはずだからなw」
「アメリカ人の主張を鵜呑みにするなと♪」
「結構、アメリカでしか通用しない研究って多いからねw」

272 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:09:25.74 ID:SzSGQLPv0
ラマヌジャンもドクタースポックにもらった函数辞典で才能が開花した。

273 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:09:51.22 ID:nAkuzL9z0
貧乏、つえーな。

274 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:10:12.97 ID:VddiQk5Q0
>>219
あれも募金という服を着たただの集金システムにすぎません

275 :263:2013/09/27(金) 19:10:54.73 ID:lhNpqFR30
<教育の観点 続き>
山地よりも平地
田舎よりも都市部の平均IQが高いことが判明している。

276 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:11:13.16 ID:UOzimDDk0
>>263
おもしろーい
出来れば何を読んでそれを知ったのか教えてほしー

277 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:11:33.88 ID:unM9VVKq0
>>255
まず受験に必要になる交通費と宿代。
これを高校生のうちに捻出するのが困難
入学費が免除されることは普通ないからね
これを高校のうちにバイトで貯める
引越し代貯めても何も知らない土地で
キャッシュ・フローを維持できるかというリスク問題を解けない
安い寮とかの情報を入手できるほど環境は良くない

278 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:12:09.33 ID:SzSGQLPv0
少林サッカーが般若心拳で才能が開花した
最高の知識に触れることがすべて
ガロアも変換パズルの星座を見てガロア群の定理にいたった。

279 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:12:16.33 ID:xsOGAWNb0
>>257
あのね、お父さんはIQが高いから
父親は叩き上げで起業し会社社長になれたわけ。

馬鹿ではムリだよ。
というかその論理レベルで海外で学位ってディプロマミルだろwww

280 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:12:18.63 ID:G+jfhm630
ガリ勉より、スポーツで目立つ奴がモテるんだからしょうがない

281 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:12:21.19 ID:j9aQzFNbO
貧乏な家に生まれたのも自己責任だよ

282 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:12:37.25 ID:n8wPw+3/0
>>262
経済的な問題とか離婚とかで、たまにあるらしい。
こういう研究とか病気の研究の時に重宝されるんだと。

283 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:13:32.06 ID:szZRxrBM0
土人の子供も環境で変わるって事か?

284 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:13:42.78 ID:UWaxReyRO
>>266
無駄だと思うなら
そのままにしとけよ
俺は無理強いはしないから
お前がどうなろうと俺の知ったこっちゃないし

285 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:13:56.13 ID:UOzimDDk0
遺伝であれ環境であれ
人生のビギナーズラックがある人は社会的に成功しやすい
というのはあるんだよね

やっぱり世の中「運」なきもするね

286 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:14:25.03 ID:5UhPLaAg0
IQだろう これからはペパー

287 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:14:27.91 ID:xsOGAWNb0
>>283
もちろん。
アメリカにはそういう事例は沢山あります。

288 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:14:52.42 ID:Ba3gLfc60
超エリートの子供とDQNの子供を病院で取り違えたら面白いのに

289 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:15:29.59 ID:unM9VVKq0
>>230
日本でそんなことしたら、教授にイジメられるだけだよ

290 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:15:45.04 ID:KjdJDkqj0
不細工集団のAKB48が恵まれた環境を与えられているのを見て、悪貨を満盈させて良貨を駆逐している現状を憂う

291 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:15:57.32 ID:6FK4nAj/0
日本という整った環境があるにも関わらず、こんな教育してる連中がいるのですが、どうしたらいいですか?

【社会】「朝鮮人として逞しく育つ姿を見てもらいたい」 遊んで学んで朝鮮学校の魅力伝える 千葉初中オリニフェスタ
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1380271733/-100

292 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:16:01.10 ID:F0/cWjuJ0
有能と知能の相関関係はあるにしても

別問題だからな

293 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:16:30.68 ID:SzSGQLPv0
知能は問題解決能力
問題を把握分析
解決策を模索シム評価
解決策を適用評価
2にもどる

294 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:16:40.75 ID:xsOGAWNb0
>>288
実際にあるからAmazonで買って読め。

ねじれた絆―赤ちゃん取り違え事件の十七年

295 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:16:51.46 ID:n8wPw+3/0
どの要素もイチゼロじゃないけどな。
色んな要素が影響して、あとはその結果を評価する時代や社会、文化の尺度とマッチするってなラッキーもあって、そう「評価される」わけだ。

296 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:16:51.99 ID:/qVz+5LH0
>>282
なるほど〜信頼できる数があつまればいいけどねえ。

297 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:17:01.96 ID:wKCvWgd10
体感では、優秀な遺伝子は環境関係無いように思える
付き合いのある製造系の高卒職人は、しっかりと論理的に話をするんでこっちが逆に関心するくらい

298 :263:2013/09/27(金) 19:17:23.53 ID:lhNpqFR30
<遺伝子の観点 続き>
(母親のIQ + 父親のIQ)÷2 = 子供のIQ
という結果が出やすい。

遺伝病で知的障害のある人の子供は、やはり知能が低くなる。

299 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:17:23.56 ID:xVZ5Rnwz0
つーか すぐみなさんは勉強について連想しIQと直結させるから荒れるw
音楽家とかスポーツ選手などについて、遺伝性や環境について考えてみればよいw

「勉強が最も普遍的だからしょうがないですが♪」
「勉強の本質とはなにかも考えてみればよい。受験戦争を勝ち抜くための方便ととらえれば
 ゲーム的要素が強く、考える為の糧と考えればそれは人生の質に直結する」

300 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:17:29.30 ID:01n17kQA0
俺は前から知ってるよ。知能は才能に勝てないって。
で、才能は本質的に遺伝的欠陥だって事も知ってる。

301 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:18:15.90 ID:UOzimDDk0
>>288
おっとー
ここにきて「そして父になる」の映画の宣伝くさくなってきたぞー

302 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:19:01.24 ID:ggZyz7FF0
>>221
最高の脳に最高の教育を与えた結果キター。弟も日本の模試で五指にはいる超英才だよな

303 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:19:19.25 ID:5UhPLaAg0
のし上がるだけならIQが低くてもいい

304 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:19:24.79 ID:SzSGQLPv0
遺伝子は放射能からの生き残りシャッフルと環境に多様性でいきのこるサバイブ
ゲーム。

305 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:19:26.53 ID:NwG//Tmq0
知能という意味では、宗教を政治政略とビジネスに利用しようと目をつけ
それを実践して不動の集団錯覚を確立させた人間の知能は優秀だわ
人類史上もっとも成功したビジネスモデルの創設者

306 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:19:30.43 ID:unM9VVKq0
>>265
学者はあまり該当しないだろうけど
歴史上名前の上がる有名人の多くはサイコパス系だと思っていい
彼らはお化粧をするのが非常に上手
それは、慈善で有名な人達でさえ・・・

307 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:19:52.55 ID:UWaxReyRO
>>279
学歴と関係ないとは言ってるけど
IQとの相関性については全く触れてないけどw

お前が勝手に学歴=IQと脳内変換したんじゃね

ちなみに親父は学歴ないけど記憶力あるし回転もそれなりに早い

308 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:20:23.06 ID:FES5sIUsO
環境、っつーか受精から今までの育てられ方次第、だと俺も思うけどね。

先天的なものを根拠にしたがるのは自分への言い訳だと思う。

309 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:20:26.92 ID:KVqgbkoa0
環境がいいと良い教育受けれるから、素質がバカでもやっぱ何とかなると思うよ
おれとか小3まで、5段階で1 2ばっかりみたいな成績 祖母がつきっきりで勉強見てくれた
小1で足し算引き算、10−5を○を10個かいて、5つ消してってやらないと分からないレベルwww
小3で筆算の割り算が全く理解できず、カンペにやり方かいてやるレベル
だったんだが小4から塾に通わされて
中堅の進学私立中高行って、そこで数学ちんぷんかんぷんで最下位の落ちこぼれになったけど、
3科目受験でMARCHクラスには潜り込めてって人生

もしおれの脳みそスペックで教育に興味のない家庭に育ってたら間違いなく中卒か底辺高校もあやしいレベルだわ

310 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:20:34.05 ID:rv4V/FRW0
「小田急線の新宿駅と南新宿駅の間にある歩道橋に貼ってありました。
新宿の高層ビルが狙われている可能性があります。」そういう解釈もできるかもしれません。
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/008/181/20/N000/000/010/138024642600486059226.jpg
2013年日本テロに向けて、三橋の背後の降伏の化学が動き出すので、目立つ活動を控える?
三橋貴明が逃走か[ 三橋貴明後援会のホームページが消えた
http://mitsuhashi-takaaki.jp/wordpress/
後援会費や寄付金はどこ行った?
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/contents/121130/2414050019.pdf
スイスのロレックスの腕時計を身につけ、下北沢の高級マンションに住む三橋こと本名中村貴司
http://richard(輿水)koshimizu.at.webry.info/201309/article_129.html

【西田昌司】アベノミクス、的はずれな批判より実体経済の議論を[桜H25/6/5]
国債は破綻すると言われてるけども絶対に破綻するはずがなくて
自国建て通貨で国債発行して破綻しようと思っても破綻できない
日銀がですね最終的に引き受ければできるわけですからまったく問題ない
http://www.youtube.com/watch?v=77yG9dxQunA

日本破綻論!三橋貴明vs池田信夫vs高橋洋一vsジェームス・スキナー動画
池田信夫「その外債だったら危ないけど国内から借りたら大丈夫って話がよくありますけど
それはまったくナンセンスな話で海外の欧米の銀行なんかからむと
大事件になるから大騒ぎになるだけで実はほとんどの財政破綻は国内で起こってる」
http://www.youtube.com/watch?v=c_x_4gpPXN8

財務省の「日本が財政破綻した場合、国債はどうなりますか」の回答がいつの間にか変わってる!
Before「国債は政府が責任を持って償還いたしますので、ご安心ください」
After  「国の円滑な資金調達が困難になり、政府の様々な支払いに支障が生じるおそれがあります」
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-722.html

日本国債崩壊   130123
彼らはアベノミクスの柱であるインフレ目標と大規模な財政出動が日本国債の暴落を引き起こすと予測。
バス氏「日本はついにルビコン川を越えその時が来た。崩壊は間違いない。」
http://www.youtube.com/watch?v=lsR15NhrMfU

311 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:20:39.17 ID:sb6pej250
親がDQNだと、遺伝子も環境も……。

312 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:20:53.05 ID:GPBlfJuW0
よくわからんな
つまりIQは教育で変化して
それは遺伝するって事か?
バカ同士の子どもでもIQの高い人間に育つ可能性がある訳だ?

313 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:21:55.90 ID:/qVz+5LH0
遺伝すると遺伝子で決まるとの区別ってつかないもんかねえ。

314 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:22:20.88 ID:4JpqNUG00
暗号記号隠喩だとわかってるが書いておく

生まれつき頭脳明晰なものはどんな環境においても頭がいい
なぜなら本を読むとそのページごと全部脳内に写真を撮るように記憶できてしまうからだ
これは環境など何の関係もない
本をや読み物を見て一瞬で記憶できる頭脳の持ち主は金がなくても
本屋や図書館にって本を1時間見ると何冊もの本を全部記憶できてしまい
何十年たってもどの本の何ページの何行目に何が書いてあったのか自由に取り出せるからだ

315 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:22:25.87 ID:8uH/rVfc0
日本の場合は、
DQN親
↓DQN環境
DQN子

遺伝と環境で完璧にDQN

316 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:22:42.58 ID:Wc1IWsRn0
>>307
つまりどうでもいい、自己顕示したいだけ、ちゅうことやろ。

しょうもない奴やでw

317 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:23:22.64 ID:O6oFA5z+0
どうしろってんだよ?

318 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:24:00.68 ID:IebZa+MQ0
>>306
マザーテレサさえもか?

319 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:24:16.34 ID:unM9VVKq0
>>276
ユダヤ人の脳みその遺伝疾患はネットを英語でググりゃ出てくる
日本語は知らん

320 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:24:18.26 ID:01n17kQA0
知能は遺伝子で決まるとしたい人間が多いし、それが高い事が最上のものとしたい人間が
多い。

321 :熊五郎 ◆KQuXvLdrz2 :2013/09/27(金) 19:24:54.46 ID:gO1FU2Bs0
 
「あれ?金ってもう要らない?」ということを気づかせないように、
醜悪な金融マスコミが、断末魔のような宣伝を掛けてるなw

322 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:25:07.13 ID:zJztCFxW0
>>297
それもまた環境じゃないの
むしろ職人って論理的にならざるを得ないというか
物は口八丁で騙せる相手じゃないし

323 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:25:22.45 ID:n8wPw+3/0
なんで「遺伝だ!」「いや環境だ!」「違う!運だ!」みたいに考える人が多いんかね。
「遺伝もあり、環境も影響し、かつ運もあるね」じゃダメなのかい。
「その中で一番大事なのはー」ってのも、大して意味ないだろ。
ある成功者にとっては遺伝が一番大きな要因だったし、別の成功者は環境が、また別の成功者にとっては運が最も重要なポイントだった、と。
そんなもん、チマチマした少数の例出すだけで一律に決められるかいな。

324 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:25:40.67 ID:QljlCQVKO
>>307
横からだが、お前が間違ってる。

325 :263:2013/09/27(金) 19:26:01.51 ID:lhNpqFR30
<結論>
高知能遺伝子や、特定の才能に関連するは実在するが
環境が揃わないと開花しない。

※注意点
人は自分に最も都合が良い結論を正しいものとしやすい傾向がある。
親がバカだと感じている人間なら教育が重要と語り、優秀な血統だと思っている輩は優秀な遺伝子論を出しやすい。
※注意点2
知能が高すぎる人間は、そもそも知能が高くても人を見下すことがなくなる。
思考回路が常人と違うためである。

326 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:26:26.85 ID:7yJFQ9if0
>>254
政府関係の某末端の組織にいるんだけど、1年ごとに担当する官僚が交代する
新しく担当になった官僚は博士持ちだらけのやっている内容を勉強して
3週間程度でその専門知識を大方モノにする
正直、地頭の良さを見せつけられる感じ
彼らの人間性はまぁいろいろ

327 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:26:47.00 ID:8cHco5mp0
普通に世の中を見ていてもわかることだと思うけどな、まあ調査して確かめるのは無駄じゃないと思うが
ただ、貧富の差がもたらす要素は教育だけじゃなく、幼少期の栄養状態の影響も無視できないし
いつも苛立っている親に育てられれば性格がいじけて知性の発達を阻害することもあるだろうな

328 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:26:52.47 ID:kjIsSGVU0
環境要因が大きいのは当たり前としか思えん。

そもそも勉強に対するイメージの持ち方ひとつで学習効率が変わってしまうんだし。
社会人になってから継続的に勉強をする比率は最終学歴が高い方が多いことはデータにもなってる。

中卒や高卒は勉強が出来ないから、勉強を認めてしまうと自らの否定になってしまうため
勉強にネガティブなイメージを持ち、当然勉強もしない。

大卒、院卒は勉強もできるしそれで進学できたこともあり勉強にネガティブなイメージを持たない。
また知識の役立て方も高卒以下に比べ理解できているので卒業後も自ら学ぶことがある。


こんなもん遺伝でどうにかなるものじゃない。
極端な話、狼に育てられた子供を見りゃわかる。

329 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:27:07.63 ID:KVqgbkoa0
昔の彼女の弟が天才タイプだって言ってた 高3の夏に体育系の部活引退するまで家で勉強したことなくて
本格的な受験勉強は高3の夏から初めて、地方国立大学の医学部にストレートで受かったって

330 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:27:10.78 ID:v5P2J5ov0
>>6
つまり

韓国は遺伝からして駄目すぎと φ(..)メモメモ

331 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:27:11.66 ID:Wc1IWsRn0
>>322
そうとも限らないぞ。
こうやって、ちゃーっとやって、よっ!とするんや、
みたいな説明しかできない、超絶職人がおる。

332 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:27:12.24 ID:wKCvWgd10
>>314
それを生かせるのはサヴァンみたいに単純に尖ってるわけじゃなくて、能力の底があるからだもんな
10-1-2-1-3 じゃなくて
9-3-5-4-6 みたいになってるんだろうな

333 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:27:15.68 ID:NwG//Tmq0
>>318
人類や児童の救世主、アグネス・チャンさんは偉大だ
ビジネス的に

334 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:29:13.66 ID:xlYv9Epp0
貧困層の低知能から生まれた子供を養子にして贅沢な環境で育ててみないとわからん。実験やり直し

335 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:29:26.60 ID:wKCvWgd10
>>322
そういう環境だからこそ、できる奴とそうでない奴は根本から何か違うと感じる
多分に前頭葉の発達がデカい

336 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:29:49.23 ID:v5P2J5ov0
>>314
手塚治虫かよw

337 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:30:08.90 ID:9mtvQF9h0
基地外と天才以外の普通の人は遺伝より環境が大事は誰でもしっている、
サバンは環境に関係なく出るんだから。

338 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:30:12.47 ID:unM9VVKq0
>>318
ググればいいだろ

339 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:31:25.70 ID:ksgVEjRY0
そりゃ素材の良さも必要だけど、やっぱ料理人の腕に料理の味はかかってるもんよ。

340 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:31:29.61 ID:xVZ5Rnwz0
まあ、IQテストというのもけっこうブレる代物で
足を暖めて頭を冷やすと数ポイント上昇する。また雑念というかイライラを排除して
集中してもかなり上昇するw

「要するに全身的な指標ということですね♪」
「いかに自分がリラックスできるか知ってる人間は必然的に高い値を記録する。
 もっとも、脳みその問題でもあるのでこれは人の顔が違っていたり指紋が違うのと同様
 個性がある。遺伝的要素と数々の偶然の産物であるw」

341 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:31:56.60 ID:IsP0aZaS0
やっていいとことやるなやるなのとこじゃ違うだろな

342 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:32:13.50 ID:B+bu65/9O
>>317
容姿、知能、運動能力の優れた卵子を購入して
自分の精子と人工受精

人間も一介の動物に過ぎないから
遺伝子に左右されるしかない
低スペ遺伝子が自然界で獲得できる卵子などたかがしれてるが
今は遺伝子を購入できるからな
買った方がいい

343 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:32:59.03 ID:kjIsSGVU0
>>297
理論の構築能力は環境が生んでるだろう。
理論の立て方は遺伝で先天的に持ってる可能性もないことはないが
周囲から学んだと考えるほうが自然。
高卒といえど頭の回転のいい奴は普通に存在する。

職場で伸びるかどうかは職業意識にも左右されるしね。
目的意識を持って働いていれば例え中卒であっても仕事上のことをどんどん吸収していくが
目的意識もなく働いてる大卒は吸収率が低い。

344 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:32:59.55 ID:lhNpqFR30
遺伝的に優秀→優秀(一種の遺伝子疾患)

普通の人→教育で左右される(今回の調査はこの辺をサンプルにしたのでは?)

遺伝的にバカ→知的障害といえばわかるでしょう。(一種の遺伝子疾患)

345 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:33:12.59 ID:YjS4/ZwC0
>優秀な遺伝子も打ち負かし得る貧困―知能を左右するのは環境

ダウト。どんなにめぐまれた環境にいても、現首相の知能は・・・・・・・

346 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:33:47.03 ID:Km6omz0z0
このスレタイを見ると、どうしても優秀な遺伝子も打ち負かすキムチとトンスルと読んでしまうんだがw

347 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:35:15.70 ID:10QzcQjl0
孟母三遷ということわざが出来たのは大昔だぜ。
何を今さら。

348 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:36:18.42 ID:kwk0pQ4Q0
貧困をも打ち負かす遺伝子

349 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:36:30.21 ID:lhNpqFR30
「遺伝的に普通の人の知能を左右するのは環境」の間違い

350 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:36:54.40 ID:5s5GWTcN0
>>345
>ダウト。どんなにめぐまれた環境にいても、現首相の知能は・・・・・・・


だからよ、>>1をよく読め。
 
 「裕福な家庭に生まれても、バカの遺伝子持ってたらバカ」

 「貧乏家庭に生まれたら、秀才の遺伝子持っててもバカの遺伝子持ってても、バカになる」

ってものだよ

351 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:40:04.35 ID:/qVz+5LH0
まあたしかに次の天皇はアレっぽいしw

352 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:41:06.26 ID:8JvlG+nq0
俺の親戚にも両親とも偏差値40の高卒なのに
偏差値67の進学校に受かってる子がいる

353 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:43:04.17 ID:IsiTdsTv0
酒飲みのヒキコモリ親父の元に生まれたら間違い無く人生のハンディーキャップを喰らう…

354 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:43:21.59 ID:K5suJ4ij0
人間の生きてる環境が酷すぎ
地上にくっついて、ひしめきあった巣を作って生きてる
これじゃIQが伸びるわけない。子孫に新しい種も残せない。

355 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:43:48.59 ID:xVZ5Rnwz0
まあ、首脳に関しては単純に知性だけではなく人柄や個性も重要となる。

「よい部下に恵まれたり、人を使う能力と♪」
「傑出した人間でもこういう能力がないと後がない。独裁者が破綻するのは常識。
 人間はいつかボケる。血族支配が長続きしないのもあたりまえ」
「愚鈍でもいい奴なら良いと。三国志の劉備のような♪」
「まあ結局大国になれなかったというオチもあるがなw 政治はいろいろ難しいと思うw」

356 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:44:04.09 ID:cSAXBSYq0
世界一IQが高い人間がストリッパーやってる地点で頭の良さ=勉強じゃない

英単語1000個知ってるより魚の種類1000種知ってる方がすげえのに社会は型に羽目すぎる

357 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:44:26.30 ID:IWlFwleF0
どうだろうね
エリート官僚の息子で育ちのいい
国立大学出身の父はアホだった

358 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:44:32.42 ID:HfG0VharO
俺は子供に「家とか土地とか預金とか、遺産は一切のこさないから」って言ってある。
まだまだ先の話にはなるが、ケアハウスから特養とか、施設に入る。子の世話にはならん。

そのかわり、子供が独立してから自分達がリタイアするまでの間に、
孤児院から養子を引き取りたいと思っている。環境に恵まれない子を立派に育てたい。

…うちの子はちゃんと国立大に入って安心させてくれるかなぁ。

359 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:45:01.28 ID:lhNpqFR30
>>352
高学歴でテストの点数が高いほど優秀である可能性は高くなるが
たまにアホで知能低いのにガリ勉して出てくるような奴もいる。

実際に、
学力と知能指数の相関関係は、見られない事がよく知られている。

360 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:45:15.87 ID:4dCV/IZ40
アイビーリーグにはアファーマティブ・アクションで大量の黒人学生が入っているのに
黒人のノーベル賞科学者は皆無。

なぜなのか。

361 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:45:26.06 ID:IsiTdsTv0
さらに貧乏でも常識の有る親父の元に生まれたら間違い無く困難を突破するチャンスに恵まれる

362 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:48:05.24 ID:rBbPOrJ00
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/a/a6/TBC-BW-IQ-SES-withDiff.png/800px-TBC-BW-IQ-SES-withDiff.png
縦軸IQ、横軸socio-economic-status(SES)=家の裕福さ
青=白人、赤=黒人
 
どの階層でも、白人のIQが高い

黒人でも裕福な家庭に生まれるほどIQは高いが、白人にはかなわない

363 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:48:32.07 ID:UEqkhbgI0
>>335

想像力と集中力が違う。そしてそれは洞察力の差になる。
その差は学歴と関係はある様に見えるが、例外が多いのでなんとも言えない。

>>360

想像するよりフィールドワークだね。
がんばって論文にまとめてみたら?

364 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:49:53.50 ID:NSpIONkD0
最後のDNAをDQNと見間違えたわ

365 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:50:10.75 ID:pkpwGoct0
生物学的に、貧困とは何だろうか
集団生活を営む生き物でありながら
うまく適応できない状態なのかもしれません

366 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:51:49.84 ID:8JvlG+nq0
>>359
まあ学力と地頭の良さはあまり関係ないかもしれないけど
一般的に偏差値65を超える学校は努力だけではなく地頭がないと受からないらしい

まあその両親も高卒とはいえ建築士をやってるくらいだかから、たまたま昔勉強しなかっただけってものもあるが

367 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:51:51.38 ID:cSAXBSYq0
島田紳助の娘2人が東大な地点で環境に左右されるってのは間違いない

368 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:52:33.84 ID:K5suJ4ij0
市場があれば生活費なんていくらでも出てくる
わざわざ好んで貧困になる理由がわからん

369 :359:2013/09/27(金) 19:53:02.69 ID:lhNpqFR30
学力と知能指数の間で相関関係が見られないのであれば
高卒でも優秀な奴は優秀ということになり
教育が知能に影響を及ぼしているとは言いづらくなる。

370 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:53:05.62 ID:5dK2C63I0
お金とか環境とか大事だけどもっと大事な事あるよ
いくら金持ちで豪邸に住んでいようが、夫婦が仲悪かったり
怒鳴りあうほどじゃなくても冷め切ってたりしてる家の子だったら
敏感に感じ取って色々やる気が削がれると思う

学校とかでも勉強以外悩みが出来ないわけないし

371 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:53:23.76 ID:NSpIONkD0
>>360
逆差別で門戸を広げても質は上がらない。

372 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:53:29.26 ID:Wc1IWsRn0
>>367
伸介は賢いからな。

まさに、勉強してなかっただけ、の見本やな。

373 :■ 無くそう、テレビ番組の無用表示と過剰表示(ウザイ常時表示) ■:2013/09/27(金) 19:53:38.59 ID:JPcNj7Eo0
 
 環境は遺伝します。
 

374 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:54:07.45 ID:rBbPOrJ00
http://www.mun.ca/biology/scarr/IQ_Bladk_White.jpg
白人と黒人のIQの差

375 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:56:19.08 ID:pdbDfJ9/0
もひとつオマケにw

知能含めて、能力というのは外から見たものか内側から見たものか
という話で。
要は、持てる荷物と速度の問題で。
貧困というのは悩みが多いだろうから、そちらに振り向ける能力が多いだろう。
要は余計な事が多くて生産的出ない努力が多いから貧困な訳で。
大体のトコ、何処の出身者でもスゴイ人が出てるみたいなんで、遺伝とかと違う。

だから矢張りコンピュータというのはアナロジーに便利な道具ではあって。
@基本処理速度、AOSの種類(バグの多寡)、Bプログラムの優劣、C出力の効率(判りやすさ含む)
コレに見える所はあるわけで。
そして
D 出力がコンピュータの何に役立つのか?
バグ増殖のシミュレーションしたいなら、バグだらけの方が確かに本質を突いてる。
本当にそうなのか?
それが哲学的問い ということではないかと思うんだ。

376 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:57:58.59 ID:rBbPOrJ00
http://img189.imageshack.us/img189/6117/scattera.png

人種ごとのIQ分布
日本人>ヨーロッパ人>アメリカ人

377 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:58:09.68 ID:K5suJ4ij0
>>373
環境が遺伝子以上に影響するわけないじゃん
何年、現実で動物実験してんだよ?
在日朝鮮人は日本で育っても朝鮮人に育つ

378 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:58:10.34 ID:xVZ5Rnwz0
つーか 世の中が貧しい時代なら、家庭の事情で進学できず
低学歴だけどその後頑張ってよいポジションについた例は多いでしょうが
現代は個人の努力や様々なバックアップがあるので、知性が高いけど低学歴というのは稀でしょうw

「甘えが合理化されている事例も多いと♪」
「むしろ、高学歴が十分に能力を発揮できずため息をついているという構図が、現代の社会問題ではないと思うねw」

379 :■ 無くそう、テレビ番組の無用表示と過剰表示(ウザイ常時表示) ■:2013/09/27(金) 19:59:04.34 ID:JPcNj7Eo0
>>377

言い回しにマジレス 乙

380 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 19:59:55.86 ID:01n17kQA0
そろそろ大人になれよ。

381 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:00:55.00 ID:cSAXBSYq0
>>367

俺には発達障害にしか見えないが・・・

頭のいい人間って言うのは人の気持ちまで頭が回るし

382 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:00:59.43 ID:8JvlG+nq0
日本の場合は偏差値や知能指数でバラつきはあるものの
独自の人材育成術と教育システムがあるからなあ
落ちこぼれでもその気になればけっこうモノになるやつが多い

383 :■ 無くそう、テレビ番組の無用表示と過剰表示(ウザイ常時表示) ■:2013/09/27(金) 20:01:25.15 ID:JPcNj7Eo0
 



  環境は遺伝します。



 

384 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:01:30.87 ID:U9rNWCAv0
環境は大事ですよ。本当に。

385 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:02:12.78 ID:Zbp5AeWuP
そらまぁ底辺DQNを親に持ったらな…

386 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:03:22.03 ID:4dCV/IZ40
>>372
>>367
島田紳助は奥さんが賢妻なんだよ

http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20110902/Postseven_29986.html

387 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:03:46.19 ID:CWAGemx5O
知能の高さは、言わば牧場における豚の太さみたいなもん。
天然の生存競争による淘汰ではなく、人工環境での品種改良に過ぎない。
知能の高い個体を選択的に増やさなければ、我々の子孫はすぐに原始人に戻る。

388 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:04:14.19 ID:KjdJDkqj0
IQに遺伝性が見受けられないってのは新しいな

389 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:04:37.97 ID:8zTF206u0
東大=東大
ドカタ=ドカタ
運転手=運転手

390 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:05:13.21 ID:lhNpqFR30
>>375
ちょうどいいな。コンピュータに例えるのは。

基本処理速度(優秀な遺伝子)
OS(親の影響・思想)
プログラムの優劣(教育)

基本処理速度は高いに越したことはない。
ソフトウエア(教育)も良い物を使うに越したことはない。

1.基本処理速度が低いコンピュータに優秀なソフトウエアをインストールした場合
2.基本処理速度が高いコンピュータに優秀なソフトウエアをインストールした場合
3.基本処理速度が低いコンピュータに劣悪なソフトウエアをインストールした場合
4.基本処理速度が高いコンピュータに劣悪なソフトウエアをインストールした場合
で考えると
教育の限界が、遺伝子の性能の壁にぶち当たっているのでは?
教育は重要だけど、十分なスペックのハードウエアも必要。

知能低くてガリ勉して出てきているタイプは、処理能力低いハードウエアに優秀なソフトを入れているようなもの。
重くてまともに機能しやしない。

391 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:09:18.95 ID:Km6omz0z0
>>360
アメリカでも黒人がきちんとした形で科学を勉強するようになったのは
せいぜいここ半世紀ほどのことだしな
科学に触れる機会や期間という点で大差がありすぎる

392 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:09:27.90 ID:6lTK8cTIO
生活保護が私立に入れたがるわけだ。

393 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:09:59.29 ID:pLZTOHkj0
>>353
どうすればそんな屑に子供が出来るのかね

394 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:10:22.87 ID:nAADZMfN0
>>350
「貧乏」とは書いてないよ
「SES」→社会経済地位によって影響を受けると書いてある
で、SESをググルと貧乏とは全く違う尺度であることが明白
つまり>>1の(社会経済的状態、つまりどれほど裕福で高度な教育を受けているか)の(つまり)以下の言い換えがおかしい

・社会経済的地位(以下の3変数の因子得点、1 両親のうち高い方の教育年数、2 両親のうち高い方の職業的地位、3 13個の所有財のそれぞれの所有の有無と、家にある本(100冊以上ダミー)の14変数によって構成された尺度
を知っていたら誰でも納得な結果だろう

395 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:11:25.21 ID:8JvlG+nq0
そもそもIQの計り方にも問題があるとは思うが
図形の問題やら出てくる場合はIQじゃなくて学力の要素のが強いし

396 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:11:27.46 ID:vuBk2GwH0
ライオン宰相浜口雄幸は京都の石屋の子として生まれた。
幼少の頃から本が好きで、手放すことがなかったらしい。
父親からは、石屋に学問はいらないと勉強してたら、怒られた。
それでも好きな勉強を続け、地元の篤志家の援助で京大を卒業し
首相まで登りつめた。遺伝も環境ももちろん関与するだろうけど、
何かほかの要素もあるような気がする。

397 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:13:01.19 ID:kjIsSGVU0
環境が遺伝するってのは下層でいえば
「貧困の文化」ってやつだな。

398 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:13:02.45 ID:5s5GWTcN0
>>362
黒人と白人は経済的環境が同じでも生来的に差がある、 という主張ねw

でもそれはことごとく論破されてるんだよなw

http://extract.blog.shinobi.jp/Entry/539/


白人の母親と黒人の父親とのあいだに庶子として生まれた子どもたちが,
黒人の母親と白人の父親とのあいだに生まれた同様の子どもたちよりも高いIQを示すという観察結果が得られるや,
それはおそらく異人種間結婚に関わった黒人の父親たちのほうが黒人の母親たちよりも知的であったためであろうとされた。

また高いSES値の白人家庭に養子となった黒人の子どもたちが際立ったIQ値を発達させることが立証されると,
今度は,これは,通常観察される黒人と白人の差異のしかるべき部分が遺伝的なものである事実と必ずしも矛盾しないと言われた。


 つまり、裕福な黒人と裕福な白人の家庭環境が違うだけ、ということにすぎない

399 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:14:08.41 ID:KseOH+RAO
新自由主義が跋扈してからは詭弁家しか人材が輩出されないけどね

400 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:14:34.24 ID:4JpqNUG00
生まれつきの低能はどんなに高い教育を施しても生まれつきの天才には勝てない

以上

401 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:15:32.70 ID:myq2aEI50
IQテスト
http://www.iqtest.dk/main.swf

402 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:16:00.65 ID:5s5GWTcN0
>>394
その尺度だと、 SESが低い = 貧乏 で問題なしだよね?w

403 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:16:18.77 ID:or2ErbNu0
貧乏じゃ無けりゃ環境がいかに大切か何て分かりようもないけどな
幼少時から周りがキチガイ揃いだと右往左往するしかないよホント
成人してやっと開放されるかと思ったら、その環境が尾をひいたりして物凄い足を引っ張ったりな

404 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:16:38.90 ID:nAADZMfN0
>>398
あんたは環境を貧乏に曲解した上で、しかも環境因子を強調するね
何か政治的思想でも入ってるの?
馬鹿な子は馬鹿、秀才の子は秀才
金かけて教育してもムダ、でいいじゃん

405 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:17:20.53 ID:4dCV/IZ40
安倍晋三は金持ちの家に生まれ育ち、父も祖父も東大卒なのになぜ当人は成蹊なのか?

406 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:17:25.90 ID:IXgzNxOc0
遺伝+環境だろ

両方必要
どっちが欠けてもダメ

407 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:17:53.81 ID:xVZ5Rnwz0
まあ、高校などは明らかに学力偏差値で区分けが実施され弊害が問題視されているが
これは教育の観点からまさしく妥当で、同じような学力の人間をまとめて教えれば無駄がない。
しかしながら、昔は実業系の高校や低偏差値の高校はDQNの巣とみなされていたが
現代は価値観が多様化したので個性的な面白い人材を生み出しているのは事実。

「医者も儲からなく激務の時代ですからね♪」
「うまい野菜を作って喜んでいる農家も増えたわけで、これからは適性と興味の充足が重要となる。
 職業の上下は収入に直結してるから生じるわけで、これは世相とともにかわる。単純にIQだけで考えることはできない。
 だから、自分に何が向いているのか考え、それを実現するためのバックアップシステムの整備が急務となるだろうねw」

408 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:18:09.20 ID:oJtK1rOn0
>>8
貧すればトンスル?

409 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:18:31.79 ID:O+GRswso0
貧乏で潰れるくらいの才覚なら潰れてもええんちゃう。
本当に凄い奴はどんなに叩かれ、潰され、グチャグチャにされても頭角を現してくるもんやろ。

410 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:19:01.07 ID:5s5GWTcN0
>>404
>馬鹿な子は馬鹿、秀才の子は秀才
>金かけて教育してもムダ、でいいじゃん


そりゃ>>1の結果でもほぼそうでしょw オレも否定してないし。
ちなみに、バカの親の子でも、優れた遺伝子を持っている場合はありうるよね。


問題なのは、貧乏だと優れた遺伝子を持っていても、それが 「関係なくなってしまう」という点で、
それが>>1の複数のグループによる結論。


思想だなんだっていってるアンタのほうが思想を持っているじゃないかい?w
だからそういうレスが返ってくるんじゃないかなぁ

411 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:19:16.58 ID:2FfA0AZq0
こんぼう持ってラスボスと戦うのが貧乏人
生まれながらにして天空の剣を持つのが金持ち
そりゃ、貧乏人じゃどうしようもない

412 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:19:23.57 ID:nAADZMfN0
>>402
全然違う
>>394を読んで
・「1 両親のうち高い方の教育年数、2 両親のうち高い方の職業的地位、3 13個の所有財のそれぞれの所有の有無と、家にある本(100冊以上ダミー)の14変数によって構成された尺度」、によって影響を受けると

413 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:20:50.69 ID:4dCV/IZ40
>>412
13個の所有財って具体的に何?

414 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:21:27.37 ID:lhNpqFR30
>>406
これが正解に近い気がするけどな。

ある一定水準以上のハードウエア(遺伝子)を持っていれば
優秀なソフトウエア(教育)をインストールすればいい。



ただし、例外として
生来のスーパーコンピュータとして設計されたハードウエア(優秀な遺伝子)を持つ相手に勝とうとしてはダメ。
並みのソフトウエア(一般的な教育)を使っても、ケタ違いの演算処理能力で上回ってしまうから。

415 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:21:36.98 ID:KjdJDkqj0
スティーブ・ジョブズはリード大学中退だけど、あの性格でチビ不細工でリード大学中退だったら
あんなカリスマに成れたのだろうか。あれは、生まれつきによる成功だよな。
例えば、ヲタ臭漂うビル・ゲイツがハーバード大学中退ではなく、リード大学中退だったとしたら?
鼻で笑われて途中で消えてたんじゃないか。

416 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:21:41.75 ID:5s5GWTcN0
>>412
何が違うの?

SESが低い

 両親のうち高い方の教育年数が低く
 両親のうち高いほうの職業的地位が低く
 13個の所有財のそれぞれを所有しておらず
 家にある本が少なく


で、貧乏じゃないの?w

SESって社会的地位と経済的地位を図る尺度で、だから「社会経済的地位」という名前なんだけど、
それを完全否定するわけ?w
 

なんか思想持ってるよね  ID:nAADZMfN0 ってw

417 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:21:56.48 ID:01n17kQA0
僕ちゃんは選ばれた人間なんだって思いたいのは分かるが、そんな都合の
良い解釈が許されるほど世の中は甘くないな。

418 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:22:24.95 ID:cVUt136m0
両親がDQNで何時も喧嘩ばっかりしている家庭があったんじゃと、、、

お隣に爺さんが住んでて、んで、そのDQN親が喧嘩している時はいつも遊びに来てたんじゃと、

その子供はIQが高くなったんじゃと、、、レアケースなんだろうが、、運ってあるよなぁ、、、

いーなー、、、と思った;;

419 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:24:11.76 ID:5s5GWTcN0
>>418
それ大きいね。

子供の脳だけでなく、大人の脳も非常にストレスに影響されやすいし、
高齢者だと子供かわいがるから、心も安心してやる気も出る。
すると能力があがる。

420 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:24:13.03 ID:Xfm3Jj1oP
>>388
遺伝てのは、知能の上限を決めてるんだわ。

どんな子も、いい環境におけば、ある程度は賢くなる。
だけど、凡人は凡人止まりだ。
両親ともIQが100止まりだと、子どもはいくら訓練しても120未満だとさ。


脳は、皮質、灰白質と白質の3つの層にわかれている。
皮質がメモリ、
灰白質がパワー、
白質がスピード

この3つが脳のスペックを決めてる。


遺伝的に大きいのは、神経回路の配線具合と白質だな。
要するに、頭の回転の「速さ」と、「集中力」ね。

これは生まれつきだ。
マラソンランナーの子が長い距離を走れるように、
秀才家系の子どもは長時間、効率よく問題に集中することができる。

すぐ飽きて投げだすってのは、脳のパワーが足りないんだよ。

421 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:24:39.47 ID:DA+daUceO
普通のヤツが一番スゲー

422 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:25:07.66 ID:tcGgyNFn0
鳩山由紀夫の説明になってない。ガセネタ。

423 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:25:50.29 ID:8JvlG+nq0
IQ=地頭は教育環境によって伸ばすことができると
ただのそのIQもあくまでペーパーテストによるIQでしかない

実社会において必要なIQとは何なのか、なにもってして賢い人間というのかは
なかなか定義するのは難しいよね。

424 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:26:12.24 ID:nAADZMfN0
>>413
車とか家とかでしょ
こういうのは指標だから調査によっても変わる
だけど、貧乏と人括りにするのは明らかにおかしい
パチンコ屋経営なんかは金持ちかもしれないけどSESは低いはず

425 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:26:24.79 ID:pLZTOHkj0
政治家の4代目にして関東学院大の屑
政治家の3代目にして祖父、父は東大ながら本人は成蹊大のウンコ垂れ

はい論破

426 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:27:07.29 ID:5s5GWTcN0
>>420
>すぐ飽きて投げだすってのは、脳のパワーが足りないんだよ。

それも違うんだな。

アメリカで、「就学前教育」がどれくらい効果をあげるか、の実験がなされた。
対象は、黒人の貧乏家庭の子ばかり。 

一方の集団Aには、質の高い就学前教育を施し、 もう一方Bは普通どおり。

すると、Aの人たちは、最初、学校の成績がよかったが、それは時間が経つにつれて薄れた。
しかしながら、Aの人たちが大人になったとき、Bに比べて社会的地位が高く、犯罪率が低く、離婚率も低かった。

427 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:27:30.59 ID:cSAXBSYq0
人間って五感で相手に遺伝子残したい本能が生まれるって事は勉強やお金じゃなくコジキだろうがモテる奴が優秀な遺伝子なんじゃないの?

遺伝子の良さに後付けの魅力関係ないし個体は個体。こいつ金持ちじゃなかったらブスと結婚してたろうなって奴いっぱいいるし案の定借金して離婚するし。世の中ちょっと生態的に崩れてるよね

428 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:28:58.90 ID:0UX4xv3OO
>>420
IQに関連して、IQは低くても良くないが高すぎるともっと悪い。

医者によっては精神分裂症の診断をする場合もある。
よくマンガでIQ200、ということで、天才みたいな表現があるが、あれは間違い。

429 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:29:09.04 ID:/KJ3aUCO0
まあ遺伝子だけで決まったら文明が発達するわけないしな

430 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:29:17.69 ID:bf+d29db0
公立学校一筋で育った人間は絶対出世できない。
なぜなら学校行事でフツーに撮った写真にヤンキーや将来ヤクザや
犯罪者になる人間が写っているからだ
政治家や文化人、社長になった時、学生時代何気なく
撮った写真がバラまかれる事になる
交友関係がまったくなくても写真に写っている以上かっこうの標的である

431 :■ 無くそう、テレビ番組の無用表示と過剰表示(ウザイ常時表示) ■:2013/09/27(金) 20:29:22.23 ID:JPcNj7Eo0
 
 
 子を持って知る、親の恩 www

 

432 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:30:00.16 ID:LOWprLB40
東大生も親が金持ちなだけだからな、
ただの暗記マシーンが偉そうにするなよ。

433 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:30:15.89 ID:/ZdH9n4m0
>>427
その遺伝子を確実に残すための、今現在の経済力も同時に見ているはず

434 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:30:53.06 ID:wKCvWgd10
>>428
なんで?
何かソース頂戴

435 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:31:23.84 ID:or2ErbNu0
世間で言う「一般家庭」と掛け離れた飯食うのにも困窮してた自分からすると
環境ほど大切なものはないわ

何かに掛ける時間すら失うんだよ
それを取り戻す時間はいくら優秀でも天才児とかじゃなけりゃ取り戻せない
本人の努力とか言ってる奴は、何も気がねなく興味あるものに触れ続けられる時間をもてるってのが
どれだけ恵まれたものか理解してない人だ

436 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:31:56.61 ID:KkutICWb0
学校に通う年齢になると、
親の影響より、周囲の友人の影響の方がはるかに大きくなるという研究結果もみたことがある。

人格形成は家庭だけじゃない
低レベルの友人に囲まれたら、またその人も低レベルに引き込まれる。
朱に交われば赤くなるとはよく言ったもの

437 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:32:46.64 ID:0Y7ltBPX0
>>1
知能は遺伝性が高いが、後天的環境にも左右される...こんな当たり前の結果で研究って言えるの?

438 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:33:17.82 ID:nAADZMfN0
>>416
なんでそんなに貧乏に拘るの?
貧乏でも父親か母親が高スペックなら普通にSESは上なんだけど?
だから貧乏で、両親も低学歴で、低スペック職で、本も買う金がなくて、みたいな現代社会では稀有な事例じゃないと成り立ち得ない話なんだけどね
貴方は環境にこだわるけど、金持ちの家に生まれてもあんまり変わらない人がほとんどだと思うよ

439 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:36:12.62 ID:xtYbCyRM0
IQって結局理解の早さだから困窮で生きるのいっぱいいっぱいじゃ他の事考える余裕なくて役立てようがないんだろうな。

440 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:36:27.49 ID:Kg3JC7cG0
つい先日NHKでソ連で処刑された天才物理学者は貧乏な家に生まれ独学で量子論と一般相対性理論を理解し最先端の研究をしていたと言ってたけどどうなるん?
ただ単に栄養不足で影響があると言ってるなら当たり前やしな。

441 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:36:28.57 ID:nAADZMfN0
>>436
低レベルの友人に引き込まれる時点でその人間が低レベルな証拠じゃん
頭いい人間を低レベル高校に入れたら明らかに浮くよ

442 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:37:22.14 ID:3DaVrxFZ0
まぁ偏差0〜100程度なら環境ブーストはめちゃくちゃ左右する

443 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:37:25.31 ID:tSiruGYMO
>>9
自己紹介ワロタw

444 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:37:31.13 ID:5ehWRmO4O
嫌だダメだケチ付けつまんない君がいる環境は恐ろしいもんな

445 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:39:04.84 ID:5s5GWTcN0
>>438
えっと、何度も言うけど、SESってのは「社会経済的地位」ってもので、
社会的地位と経済的地位を図る尺度なわけ。

それが低いってことは、社会的地位も経済的地位も低いわけで、
そういう場合、遺伝による差がでなくなってしまう= 貧乏によって遺伝的能力が潰される

ってのが>>1の結果でしょ?

なんでそれを否定しようとするかねぇ

446 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:39:09.72 ID:5GzeWvnI0
>>438
その例が稀有だと思ってる時点でただのバカ
お前の設定した現代社会だと稀有なだけ、現実を直視しろ

447 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:39:26.02 ID:bHjJ6Q4jO
IQ(笑)
兄貴の二年先の教科書オモチャにしてりゃ118だったぜ

無意味だがな

ド底辺生活は辛いわぁ

448 :ハルヒ.N:2013/09/27(金) 20:40:53.40 ID:d+Qk2WuO0
これが、木目関関イ系と因果関イ系の違いを見分けるって事なのよねえ( ^ω^)w
遺イ云はIQを決める要因として重要では無く、むしろ、その後の教育がIQの高低を
決める牛勿だと言えるでしょうww
言っちゃ悪いけど、不勉強な女又が高いIQを才寺つイ可て、イディオ・サヴァン症候
君羊とかでしか在り得無いからw
ぷぎゃwww

449 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:42:24.37 ID:VVEtVuNA0
ナマポ連中は遺伝子から腐りきってるから
奴らの遺伝子は蛆虫以下です

450 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:43:12.62 ID:/qVz+5LH0
ナマポと公務員だけ子孫を残す国w

451 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:43:48.72 ID:xtYbCyRM0
>>441
浮いちゃうのは現状おかれてる環境の把握が出来てないんだから頭よくないって事なんじゃないかな

452 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:44:23.06 ID:YQDzSzwv0
>>440
天才と良い大学に行けるレベルの秀才は全然違うよ

453 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:45:38.50 ID:5s5GWTcN0
>>449
>ナマポ連中は遺伝子から腐りきってるから


つまりこれも不正解ってことなわけ。

生活保護の子でも遺伝的に優れてるものを持ってる場合もあるが、
そんなこと関係なしに、全部劣等になってしまう、

このため生活保護の子がまた生活保護に陥るという事態になり、社会保障費が増える。



>>450
>ナマポと公務員だけ子孫を残す国w

えっと、金持ちは子孫残してないのかい?w
むしろ子供が多いのは貧困層だと思うがなぁ、日本では。

454 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:46:13.12 ID:cVUt136m0
最近気が付いたんだが、両親が高学歴で血筋血統の養殖されたサラブレッドと
両親がDQNの中にあり得ない突然変異のオグリキャップのような馬と両方あるんだなって、

前者が殆どで、後者は稀なケースなんだねw

455 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:47:35.23 ID:GsLYslXh0
鳩山とかを見るとよくわかるなw

本来ならまともに働けるかも怪しいレベルなのに生まれが良いだけで総理大臣だw

456 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:48:07.99 ID:N2XlF6Pc0
>>428
アメリカでは人工授精段階から生殖細胞の選別をしていてジーンリッチと呼ばれる
高IQ高ステータス者の精子が高値で売買されているが
その後の遺跡調査では必ずしも社会的に成功しているとは言い難いらしいな。
しかし>>1の例は平均的には富裕層の子の方が安定して学力を身につけられるから
直ちに学力の程度が自己責任論に直結するような考え方にはつながらないだろ

457 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:48:41.06 ID:4dCV/IZ40
鳩山は普通に知能が高いだろ。育ちが良すぎて世間知らずなだけ。

「本来ならまともに働けるかも怪しいレベルなのに生まれが良いだけで総理大臣」というならむしろ安倍晋三や麻生太郎だ。

458 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:48:51.96 ID:lhNpqFR30
>>451
知能指数にある一定以上の差があると、
互いの意思疎通が難しくなるらしい。

IQ80はIQ120の話を理解できず
IQ120はIQ80が、なぜそのような行動を起こすのか理解できない。

IQ90とIQ110は話ができる。
IQ110とIQ130は話ができる。
しかし、IQ90はIQ130の話が理解できない。

459 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:49:02.36 ID:cSAXBSYq0
本当にIQが高い奴の傾向って頭いい大学を中退してやばい会社作って社会で成功するとかその前に高校辞めて芸術や芸能で頭角表すかその後勉強して結局医者弁護士になる奴とか基本、型に嵌りづらい奴だと思う。ある意味集団とは違うからおかしな方向行くが大きな功績を残す。

460 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:49:37.98 ID:om8xcGVt0
年収一千万以上の家庭の子供の国公立大合格率は、
それ未満のナント3倍

461 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:49:47.32 ID:EdwXXloS0
この分野は政治的イデオロギーや宗教観の混じった泥まみれの争い分野で
数多の有名なねつ造研究も関連して出されてきている

大雑把に言って、遺伝子を重視するのは優生学につながる右よりの発想で
環境を重視するのは平等を訴える左よりの発想に通じている

462 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:50:37.95 ID:js2cm2A10
 環境因子を強調したい派⇒教育関係、左翼
 学校の成績は悪かった例外的な天才ばかり取りあげたがる⇒テレビ、出版

 知能の上限は遺伝子のみで決定。成長過程で、脳に損傷、脂肪や蛋白質の恒常的な不足等がなく、
言葉を教えない環境に置く等、極端なことをしなければ、上限近くまで発達。
 でも知能の高さが生存・生殖に有利に働くとは限らないので、世界は知能の高い人間ばかりにはな
らない。

463 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:52:32.01 ID:9kUpEdnf0
>>457
世間知らずなのに政界に入るって知能の高い人間のする事か?

464 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:53:53.73 ID:5s5GWTcN0
>>461
>大雑把に言って、遺伝子を重視するのは優生学につながる右よりの発想で
>環境を重視するのは平等を訴える左よりの発想に通じている

>>462
>環境因子を強調したい派⇒教育関係、左翼
>学校の成績は悪かった例外的な天才ばかり取りあげたがる⇒テレビ、出版


ほらほら、育った環境が悪くてIQ低い人たちが来ましたよw

こんな議論に右も左もない。

数多くの有名捏造云々言うなら、ソースを山ほど出さないとねw

465 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:55:49.23 ID:+tKwYnzi0
大学進学でも貧乏人ほど損をする法則w

466 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:56:57.68 ID:0Y7ltBPX0
確か障害者を使った実験でも掛けられる愛情によってかなりの知能の差がでたんだっけ。
経済的に優位な方が単純な教育環境だけでなく、掛けられる愛情の量も違ってくるだろうしな。
そんでもって、子育てにおける必要な愛情ってのが母性愛じゃなくて保護者の教養てんだからかなり絶望的な差が出っちゃうわな。

467 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:57:09.26 ID:LVN7PzLH0
東大卒の、頭のおかしな政治家よりも、成蹊大卒の志の高い政治家の方が国をよくしてくれていると思うよ。

468 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:58:07.71 ID:3gwxYdhEP
>>448
キミは遺伝でそうなったの?それとも環境?

469 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:58:26.63 ID:5s5GWTcN0
>>467
>東大卒の、頭のおかしな政治家よりも、成蹊大卒の志の高い政治家の方が国をよくしてくれていると思うよ。

>国をよくしてくれている
>国をよくしてくれている
>国をよくしてくれている


ほんとにそうかい?w

470 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:58:43.56 ID:Wc1IWsRn0
>>458
なんか宇宙人論でも見たことがあるなw

あまりにもかけ離れていると、目に入らないレベルになる。
まさに路傍の石状態。
我々はなぜ宇宙人が我々に興味を持たないのか、
接触しないのかいぶかしがるが、
宇宙人はそんな思考回路では動いてないという・・・

471 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:59:51.79 ID:lhNpqFR30
>>467
東大卒の志の高い政治家であるに越したことはない

無難だ

472 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 20:59:52.48 ID:0I5W8Wzb0
まずはその優秀な親がどこまで子供の世話してられるかかな
忙しくてテレビとゲームに預けてるようだと素材も育ちようがないんじゃね

473 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:00:02.60 ID:4JpqNUG00
「環境」というのが秘密結社内でのキリスト教(カトリックや宗教系の秘密結社)の言い換えだからね
宗教的にたとえばカトリックの修道院などは貧乏人の子供も王侯貴族の子供も入るのだから
平等思想に近くなるだろうね
「遺伝子」ジーンというのはユダヤ人選民主義だろ

474 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:00:45.17 ID:0LCmToU30
お金がないとまず中高一貫の進学校へ通えない
中高一貫の進学校へ通うためには小学4年生ぐらいから進学塾に
通わなくてはならない
そのころ貧乏人の子供たちは犬や猫のような生活をしている
これでは差がつくだけ

475 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:01:06.49 ID:W5HtY3jkO
日本弁護士会前会長の宇都宮健児先生は、貧民の親の元に生まれたが、金持ちの親戚の家に出されて教育を受けられたおかけで
東大→弁護士になれたそうだよ。

昔は親戚一同で優秀な子供を見いだすと、その子を支えることがよく見られたらしいね。


因みに日本最難関の東大理三でも五年〜十年に一人くらいは両親ともに高卒以下、の合格者が出るらしいね。

476 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:01:31.34 ID:0Y7ltBPX0
>>472
社交性≒友人関係にも影響しちゃうからな

477 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:01:54.17 ID:4hdwQG4KO
見た目・体格以外の遺伝子はよっぽどアホか犯罪傾向がない限りは大差ないってことか
みのもんたと鳩山のところはハズレだっただけでw

478 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:02:08.98 ID:2zzGPZBk0
水商売ん所のガキはおしゃべりとオシボリ丸めるのが得意

479 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:02:09.39 ID:cVUt136m0
>>390
これさ、コンピュータに例えるとBIOSってあるじゃなの。
一番最初のBIOSフラッシュに失敗したらただの箱じゃねえ?
OS(親の影響・思想)は載せ替える事ができるが、BIOSはライトアットワンスだし
性格が変えられない様に、幼少時におおよそ素養が決まるんでないかって思うのよ

480 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:03:10.89 ID:lhNpqFR30
>>479
BIOSまで考えたらきりないよ

481 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:04:40.06 ID:JXopHFYD0
要するに貧困は連鎖するって事だ

482 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:04:49.62 ID:0Y7ltBPX0
>>477
ポッポの場合、弟が滅茶苦茶優秀でジャギ様状態だったんじゃね?

483 :■ 無くそう、テレビ番組の無用表示と過剰表示(ウザイ常時表示) ■:2013/09/27(金) 21:05:07.61 ID:JPcNj7Eo0
  
ヲイ、落書き官僚、見てるか? ww
 

484 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:06:09.53 ID:WR7BT23i0
恵まれた環境で育ったのにIQ低い人たちは憤りを誰かにぶつけるために
ネトウヨにでもなるしか無いな

485 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:06:11.70 ID:cSAXBSYq0
>>478

その水商売のガキに大金摂取されて楽しんでるおっさんが一番馬鹿でしょ

486 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:07:26.26 ID:lhNpqFR30
>>473
ユダヤ人はそうならざるを得なかった事情があるのだろう。

487 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:08:15.10 ID:dSt7plxS0
>>485
オシボリの丸め方おしえてよ

488 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:09:27.76 ID:yKSxA3w30
>>6
貧困でも邪魔されなければ、のし上がれるだろうけどな

489 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:09:30.78 ID:gs1SsOY40
>>6
遺伝子はそこまで知能には反映されないよ。

490 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:10:19.41 ID:lhNpqFR30
>>486
ユダヤ人は反則的な性能のハードウエアを手に入れないと生き残れなかったという悲しい事情が。

491 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:10:19.79 ID:wKCvWgd10
>>459
ギフテッド向けの教育機関が少ないんだろうね
それこそ自分に全く関係ない世界だからどうでもいいがw

492 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:10:33.54 ID:KkutICWb0
親の影響3割
周囲の友人たちなどの影響過半数って実験結果を読んだ

だから金持ちが金持ちの子供だけが集まる学校に入れると良い大学に行くことが多いのは納得できる。

公立で勉強しない人たちと交われば、本人もそうなる

493 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:12:54.32 ID:jFTK2mIT0
(´・(ェ)・`) 小学1年くらいから、ソロバンやらせときゃ、IQなど嫌でも上がるだろw

       後、読書させときゃ、親がアホでも頭のいい子になる

494 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:15:10.39 ID:cVUt136m0
>>480
いや、しかし、マジにおれはアホほどIQ低かったw
君は、見るからにIQ高そうだし、
でも、まぁそれと無くコミュニケーションは成り立っているな、、、

495 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:15:11.98 ID:xT+PTkUl0
今更わかりきった事を
日本じゃ全部精神論にすり替えられてるがな

496 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:15:23.88 ID:aFjzz2N60
IQ80〜100・・・やっても出来ない子
IQ100〜130・・・やれば出来る子
IQ130〜150・・・やらなくても出来る子
IQ150〜・・・やってもやらなくても一緒な子

497 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:15:34.27 ID:yKSxA3w30
勉強できればいじめられるとか、
庶民に学問はいらんとかと言われて暮らしていれば、
優秀な遺伝子でもどうしようもないだろう

498 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:15:41.78 ID:4hdwQG4KO
>>492
いくらカーチャンがゆうちゃんの為に頑張ってもムダなわけだw

499 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:15:54.44 ID:lhNpqFR30
>>494
IQ132

500 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:17:45.39 ID:rGhvbvSK0
利口だろうとそれを活かせなきゃな

501 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:18:11.53 ID:IWu/Xtmw0
優秀な遺伝子=金が稼げる
は全くつながらないから
風が吹いて桶屋が儲かるレベルの話

502 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:20:55.79 ID:hFp27ceI0
裕福で超ボンボンでもIQ低い奴いるけどな

血便脱糞して辞めるやつがいい例

503 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:21:09.13 ID:jFTK2mIT0
(´・(ェ)・`) 人間の場合、倫理の問題があるから、サンプル数がどうしても少なくなるんだけど、

       馬ならもっとちゃんとデータが出てるだろ?w

       サンデーサイレンスの仔はry・・・w

504 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:21:39.97 ID:AB4g99VU0
あれだろ
東大生の親は平均年収がバカ高いってやつ

505 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:22:20.64 ID:SMeti+vP0
「勉強は楽しい」と思わせる方法はあるが

思わせてくれる人を雇うには金がかかる

506 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:24:08.59 ID:cVUt136m0
>>499
よし、君は今日ココで起こったセンセーショナルでもエキサイティングな出会いを
学術論文にまとめあげる栄誉ある仕事を任せよう!

507 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:24:29.35 ID:cAMxBPO+0
みんな馬鹿

508 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:24:44.63 ID:fQsJgz9L0
>>37
東大は塾の力があればバカでも入れるよ。
東大は天才と秀才と塾の力で自分が優秀だと錯覚して入ったバカがいる。

509 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:26:19.87 ID:KkutICWb0
遺伝か環境か?
環境って家庭環境だけじゃないぞ
友人関係が大切だという研究結果もある。


家庭環境も、
親の関わり、食事、部屋、様々あるしな

510 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:26:20.28 ID:Qa39M9MZ0
貧困は関係ないだろ
貧しさよりも環境
親兄弟と友人の質が全て
裕福でもクズに囲まれていればクズになるわ

511 :超えられない遺伝子が、そこにはある:2013/09/27(金) 21:26:23.88 ID:vKr3Y5LT0
日本中で神童≠ニ呼ばれてきた学生たちが集まる最高学府、東京大学。
そのなかのトップ、首席とはどんな天才なのだろうか。

「僕なんて天才じゃありません」そう謙遜するのは、東京大学教養学部
理科3類1年の太田英寿さん(仮名)だ。理科3類は医学部に進学するための
学類で、定員わずか100名、複数年浪人は当たり前と言われる東大最難関
である。その最難関に太田さんは現役で、しかも首席で合格した。

さらに驚くことにセンター試験のあとの2次試験では、数学、理科
(「物理・化学」を選択)がともに120点満点だったという。5科目の
合計点は440点満点中390点(理3の合格平均点は例年300点前後)。
本人は「英語でミスったから歴代最高点に届かなかった」と
漏らしたという。

512 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:28:02.94 ID:UtOqE+fD0
つまり環境が整っていれば差を生むのは遺伝的IQで、
貧乏ならそれ以前の問題って事?

513 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:29:17.67 ID:StEE4gxq0
いまの日本では学校に通えない程の貧困は少ないし、出自関係なく出世の道もある。
本人の努力次第でどうにでもなる良い社会だよ。

514 :超えられない遺伝子が、そこにはある:2013/09/27(金) 21:29:45.95 ID:vKr3Y5LT0
彼の出身校は毎年約100名の東大合格者を輩出する中高一貫の
進学校、灘高校だ。彼を中高6年間指導した数学教師・鴨野博道氏は
こう評する。

「彼は中学から優秀でしたが、高2の頃、『目覚めた』と言って、
輪をかけて数学力を発揮し始めました。ディリクレ関数≠ネど、
大学で習うような数学も自ら勉強して、休み時間には難解な数学の
問題を友人と出し合って遊んでいました。

私もその遊びに参加したことがあるのですが、生徒の出した
問題を、時間をかけて解いて見せたら、彼に『僕と同じ
解法ですね』と言われてしまいました」

数学の才能が開花した太田さんは、灘高3年生時に、日本代表
として国際数学オリンピックに出場し、金メダルを獲得した。

「勉強も聞けば親切に教えてくれるし、ちょっとした小テストの
時なんかは、前もってお願いすれば、早々と解き終えて、こっそり
トイレで答えを教えてくれたこともありました。嫌みがないし、
いたずら心もあって、人望は厚いですよ。それに高身長の
イケメンです」(灘高時代の同級生)

515 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:30:16.63 ID:HY8NiCu+0
>>277
あんた、努力が足りないだけじゃないの?
寮や安い下宿の情報なんて先生に調べてもらったら色々出てくるし、
塾のトップクラスの特待生って塾代だけじゃなくて、遠くの有名大学受験のためにホテル、足代出すぞ?
文句ばっかり、言って人のことひがんでんじゃないよ

516 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:30:44.96 ID:4I3AbwMJ0
ほんとうに必要なのは才能とか知能じゃない
自分の欲棒に突き進む情熱というか努力というかそんなもの。

517 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:32:42.88 ID:UtOqE+fD0
>>516
変換候補すげーな

518 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:33:47.92 ID:k5l/vk300
>>515
世の中には子供が早く働いて金入れてくれないかなって待ってる毒親もいる
あなたの理想をどんなに修造してもそういう毒親に影響されて育った子供には通じない

519 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:34:04.12 ID:SDMpy0DP0
あーしにたいなー生きてても良いことなんかないし

520 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:36:26.64 ID:4I3AbwMJ0
>517
コレも努力の賜物

>518
そんな親似たよ要られた子供がまともに親のために何かするとは思えんがな

521 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:37:27.45 ID:1IoW+J590
環境はそうだね
貴族様は1教科ずつ選りすぐりの家庭教師とかついちゃうし

522 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:37:50.96 ID:wTsJ9asVO
>>513
努力は大事でも明後日の方向に努力してたらどうしようもない。
努力を使う向きとアクセル調整の手本が周りにいたほうが無駄がない。

523 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:40:24.65 ID:SzSGQLPv0
ライオンは崖からこどもを突き落として殺す。
人間は貧者の谷そこに市民を突き落として殺す。
弱肉強食色即是空のルールは宇宙の法則
ボンビーだった親はしょうぼうに力の5000題をやらせるよ。

524 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:40:50.15 ID:UtOqE+fD0
>>409
ストレスで脳萎縮するけどな

525 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:41:49.49 ID:Xq/fpIGS0
アメリカは高校まで授業料無料だし大学の奨学金も借金ではないので返済の必要もない
日本よりも優秀な人間が教育を受けられるシステムになってるのにこれだってことは
日本はもっとひどいってことだ

526 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:41:58.67 ID:ACbQSPvUO
>>522
それでも環境が良ければ楽に上位宮廷狙えるレベルなら地方駅弁レベルくらいは行けるだろ。

さすがに中卒や定時制で就職とかは無いわー

527 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:44:20.47 ID:wKCvWgd10
>>520
ニホンゴが不自由だね
本読め

528 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:47:33.49 ID:YQDzSzwv0
>>525
アメリカでは自分で教育ローン組んで失業してローン払えなくなってる
大卒者が増えて問題になってたよ

529 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:48:50.17 ID:SuFsmJSD0
今の知能検査方法が、そもそも間違っている。
計算などの問題もあるが、あれなどは、教育に左右される。
貧乏な家庭は、満足に教育も与えられないから、勿論、計算問題などは
不利になる。
よって、今の知能検査では、当然の結果だ。
しかし、知能検査以外の知能は遺伝的にそのまま受け継がれるだろう。

530 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:50:17.53 ID:Xq/fpIGS0
>>528
それは成績が優秀でない人たちだから関係ないね

531 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:50:43.17 ID:dv3N0Fdg0
逆にどんなに親が優秀でも子が救いようのない馬鹿ってパターンもいくらでもある。

532 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:51:06.50 ID:SzSGQLPv0
ライオンは崖からこどもを突き落として殺す。
人間は貧者の谷そこに市民を突き落として殺す。
弱肉強食色即是空のルールは宇宙の法則
ボンビーだった親はしょうぼうに力の5000題をやらせるよ。
理由をつけて間引きしないとやっていけないリサイクル社会

533 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:51:27.19 ID:nUU9KqQB0
>>525
ウソを書いちゃいかんよ。米国奨学金で給付型なのは、貧乏人向けのベル奨学金と言うやつだけだ。
他は(政府の保証が付くタイプも有るが)要返済だ。返済で苦労する例が多くて、日本以上に問題に
なっている。

534 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:51:29.27 ID:yKSxA3w30
>>513
貧困自体というより、貧困が生み出す精神の貧しさだろうな
普通に当たりあえの出世を口にするだけで夢みたいなこと言われるわけだ
思えば、天皇に取って代わってこの国の主になろうなんて思いも及ばぬってなもんだな

535 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:53:20.94 ID:Xq/fpIGS0
>>513
バブル時代の妄想をいつまでも日本の現状のように語る馬鹿

536 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:54:31.00 ID:yKSxA3w30
>>525
アメリカよりもドイツやフランスの例の方がいいんじゃないか?

537 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:54:31.27 ID:WR7BT23i0
東アジア人のIQが高いのは漢字で脳が鍛えられてるからだろな
でも結局はアルファベット使ってる欧米人に勝てない

538 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:55:29.73 ID:Xq/fpIGS0
>>533
日本にはその「やつだけ」すらないし、何が嘘なんだ?
人を嘘つき呼ばわりしつつ全然反論になってない馬鹿

539 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:55:38.96 ID:j0PyC6aAI
鳩山兄がわかりやすい例。東大だが、バカだ。
しかしあの兄弟は裕福な環境で毎朝3時から母親が勉強をみていたという。

540 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:55:49.02 ID:aFjzz2N60
>>531
偉人天才の子供は得てして不幸な場合が多いね
素質は受け継がれてるはずだが、親との比較に常に晒されて精神がダメになって
結果的に宝の持ち腐れになる

541 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:55:57.38 ID:AvYc7CSY0
IQの定義だが、
1. 伸びしろ、潜在能力の事
2. 現時点での実力の事

IQの意味を日本人の多くは1だと思ってるが、
実際は2なんだよな。>>1の記事も2の意味で書かれてる。潜在能力の話しとはまた別なんだよ。

542 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:58:22.67 ID:4I3AbwMJ0
>539
裕福関係なくね?w家庭教師ならわかるが

543 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 21:58:44.90 ID:yKSxA3w30
>>537
欧米の上層は、アルファベットを見て漢字を見るように(語源を無意識のうちに認識して)ものごとを処理しているからだろうな

544 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 22:00:03.44 ID:jFTK2mIT0
>>541
(´・(ェ)・`) IQって、ただの頭の回転の速さって事じゃないの?

       しかも年齢によって、簡単に変動する程度のw

       

545 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 22:02:52.99 ID:D8QV2lF20
>>496
IQ70あればかなり賢いって聞いた覚えあるんだけど

546 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 22:06:59.11 ID:Xfm3Jj1oP
>>423
>なにもってして賢い人間というのかは なかなか定義するのは難しいよね。

生き残り率だな。それと恥知らずだということ。

知能が高い人間ほど生き残る率は高いが、
スターリン、ナチスドイツ、文化大革命やポルポト、タリバンのように高学歴・知識層を皆殺しにする政権が定期的にでてくる。
(虐殺側のトップは高学歴)
逃げられないとしたら、体制側の一員になるのが一番じゃないか。
北朝鮮のエリート層みたいに、
中国共産党の汚職幹部のように、
もしくは東電幹部や、JR西日本の元社長さんがたのように、警察と検察を抱きこめば有罪にはならね。

幹部の子に生まれなかったら、試験エリートになってトップまで這いあがる。

社会的な成功者は、サイコパスが多いそうだが、
高知能と利己的性格の組み合わせが最高なのかもしれん。

547 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 22:08:19.35 ID:8whTsI0W0
>1
あたりまえじゃないか
研究するまでもない

アインシュタインが土人に生まれてら、そこでオシマイw

548 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 22:08:49.10 ID:wKCvWgd10
>>525
嘘吐きは祖国に帰って、どうぞ

549 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 22:10:27.59 ID:TqIhvtz50
>>1
またゆとり中卒低学力が自身の頭の悪さを他者に責任転嫁するのかw

550 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 22:11:36.54 ID:s7eIcGmp0
欧米人のIQ 100年で14ポイント下落 より賢い女性が出産を拒むようになったため
http://blog.livedoor.jp/rikagaku/archives/28790633.html

551 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 22:13:55.93 ID:qjJMX2QH0
DQの研究もお願いします。
目撃ドキュンに出てくる奴は絶対的に遺伝子が関係しているようにしか思えなかった。

552 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 22:15:47.00 ID:r6i3tVb20
>>545
IQ70は池沼だな。偏差値と勘違いしてるだろ。IQは100が平均値。

553 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 22:26:18.25 ID:XCufgETE0
>>540
DNAは両親のDNAを半分づつ受け継ぐからたとえば天才と言われるようなスポーツ選手
でも母親のほうがスポーツとは無縁の人だったら子供が天才にならなくて当然。

野球選手の2世に成功した選手がいないのは有名選手ほどスポーツとは無縁な
女子アナやタレントと結婚するからと言われる。逆にあまりお金のない体操選手は
職場結婚後が多く母親も一流選手なので2世選手がやたらと多い。

554 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 22:26:51.03 ID:sPj81hXw0
変なテストで他人の頭の良さを測ろうってのがもう

555 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 22:26:51.67 ID:ciJxn5cwO
せっかく教育した人間を
低賃金単純長時間労働に違法経営までプラスして
わざわざ馬鹿にする

正に愚民化教育ならぬ愚民化労働

556 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 22:28:21.31 ID:HY8NiCu+0
>>518
そういう世界しか知らない人は可哀想だと思うけど、まぁ、努力不足だよね結局

557 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 22:29:17.74 ID:k5l/vk300
>>530
入学審査の面接官と親が知り合いだったり親が多額の寄付をしたら馬鹿でも奨学金もらえる
あっちの奨学金はメダルのようなもんだから貧乏で頭が良くても
その年の枠がいっぱいだったらもらえない
寮ごとの奨学金もあるが、貧乏人相手の寮の奨学金は超難関
確実なのはスポーツでの奨学金
あれはバカでもスポーツできればスカウトがくるので貰える

558 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 22:30:03.09 ID:CWAGemx5O
うむ。高知能は文明社会と言う牧場の中で人工的に品種改良されたもんに過ぎない。
文明社会が、それを選択的に伸ばさなくなれば、誰でも知る通り、低学歴の方が子沢山で繁殖が早いから、あっと言う間に平均知能は低下せざるを得ない。

559 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 22:34:10.04 ID:LYWo7xWFO
淘汰されろ!片親家庭で育った障害者wwwwwwwwなんでかは知らんけど片親の奴は言われなくてもなんとなくわかる
不健全の出のゴミとは分かり合えない 自覚してる奴は多い クズの子はクズ!死ねや!有害腐れ糞人種!
片親で育った人間は未完成のまま終っとる
おう!おう!機能不全家庭ども!
父さんと人生を暑く語ったことないの?父さんに人生の生き方を教えてもらってないの?
だから最底辺ドクズなんだよお前ら捻くれ機能不全家庭の母子家庭は 死ねや!
言っとくが俺をナメないほうがいい
VIPでコテハンやってるし、このスレ潰すくらいの影響力は持ってるから
くだらないことで刺激して後悔しないようにね

お前父さん居ないんだ?うわぁ…

560 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 22:38:13.56 ID:cVUt136m0
>>520 >>556
あぁ・・・可愛そうなオレ、、、俺カワイソス;;

この世界のOS(親の影響・思想)は腐っている。さぁ >>546 を始めようかw

> 生き残り率だな。それと恥知らずだということ。

561 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 22:38:57.95 ID:CWAGemx5O
奨学金のように、貧乏人の中から僅かな確率で優れた者が居るのを育てる方策じゃなく、優れて成功した者に沢山の子供を成して貰う方策が要るのであろう。

それを制度的に具現化したのがイスラム教の社会かもしらん。
成功者は嫁を四人持ち、女には無駄な教育を一切せず子育てに専念させ、失敗者は死ぬまで結婚できない。

高学歴ほど子供を作らず遺伝子が絶える先進国と真逆ですな。

562 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 22:39:25.05 ID:/mtDAaK+0
貧困は関係あると思う

貧困で母親が精神疾患にかかってることが多い

563 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 22:41:48.09 ID:ACbQSPvUO
>>561
おまいが成功者だったら嫁を何人もほしいか?

×ゲームを他人に振ってるだけだろw

564 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 22:44:35.98 ID:HY8NiCu+0
親の影響とか都合のいい言い訳があって良かったな
自分の努力不足と向かい合わないのなら人の成功にケチつけてんじゃねぇよ

565 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 22:44:54.83 ID:F5Dj/yhi0
サッカーや野球のまだ見えない才能があっても
手始めのボールがなければそれは発揮できないからな

566 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 22:45:44.04 ID:+oCMjims0
お前それサバンナでも同じこと言えんの?ってやつか

567 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 22:46:24.50 ID:3Earkof90
で、頭が良いと何かいいことがあるの?

568 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 22:47:48.96 ID:5tShI3vQ0
>>531
親の教育方針との相性もあるだろうけど、この研究を事実とすると確実に劣った遺伝子扱いになるから本人厳しいなw

569 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 22:48:40.33 ID:cVUt136m0
いんやwそういう言い訳はしないよ。
不幸の連鎖を加速させるだけw
自身の努力でそうするだけw
お前はそうさせないように努力するだけw

結果としてどちらの努力が実を結ぶか、成功するか、、、解らないw

570 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 22:48:42.90 ID:pObDk/mV0
俺らはセクロスするために勉強する

別に外人と話したい訳じゃないけど英語もペラペラだ

571 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 22:48:58.55 ID:XCufgETE0
>>567
投資で儲けられる。
一昨日、ほとんどの株を叩き売ったが、今年の確定益は既に3000万以上。

572 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 22:50:25.84 ID:myq2aEI50
最強の投資家は「精神異常者」 米研究
この度、米国で行われた調査によると、投資業に最も適した人材は"精神異常者(精神病質者/Psychopath)"であることが明らかになった。
実験では、感情表現に影響する脳の特定部野に障害がある15人を含む、平均的IQの被験者(投資家)41人によって、簡単な投資ゲームが行われた。そしてゲームの結果、脳に障害を持つ人々はそれ以外の被験者らよりも、遙かに優れているという結果が出たのである。

科学者の分析によれば、(脳に障害のない)被験者の一部の人々には感情が作用し、たとえ潜在的な利益が損失を遙かに上回る時でさえ、リスクを回避しようとする動き ― 近視眼的損失回避と呼ばれる ― が見られたという。
実験に参加したアイオワ大学神経学助教授アンティオネ・ベシャラ氏はこれらの結果から、株式市場における最も優れた投資家は言わば「機能的精神異常者」なのではないか、と話している。

また共同研究者のスタンフォード大学ビジネス大学院ババ・シヴ氏は、多くの大企業の幹部や、優れた弁護士もやはり同様の特徴を持っているようである、と話している。
「感情は意志決定を速める際に、適応力として機能します。しかしまた、慎重かつ、より潜在的に賢明な決定が成されるためには、自然な感情的反応が抑制されなければならない状況もあるわけです。」

今回行われた実験は、スタンフォード大学、カーネギーメロン大学、アイオワ大学の研究者らが共同で行い、6月の心理学論文誌に掲載される予定であるという。


URL:http://x51.org/x/05/09/2044.php

573 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 22:51:28.43 ID:3Earkof90
>>571
儲けられることが良いことなの?
お金がたくさんあると幸せなのか?

574 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 22:53:42.64 ID:KjdJDkqj0
頭が良い環境が素晴らしいと自画自賛するグーグル日本とか、英語も喋れない馬鹿ばっかだけどなw

575 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 22:54:41.55 ID:e6RHftC+0
たしかに、ほとんどの人が能力的には中央付近にいるわけで・・・
ノーベル賞級の発見をしろと言われない限り、環境でどうにかなるとは思う。

576 :(,,゚д゚)さん 頭スカスカ:2013/09/27(金) 22:57:11.95 ID:6ihG7m1F0
トバカタストロフで生き延びた1万人程度の子孫に、そんなにたいした
遺伝子のバリエーションは無いよ。 どの国もどの国民も

577 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 23:10:44.39 ID:U4yJ9V/r0
>>409
とりあえず朝鮮蒸しからスタートでどうぞ

578 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 23:12:02.53 ID:O8Y6YbWh0
>>573
幸福度が高いと感じるのは収入が少ない人よりは多い人の方が圧倒的に多いけどな

579 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 23:14:54.92 ID:GmVEyEkI0
貧困もそうなんだろうけど
一番大きいのは親の性格だと思うぜ〜
否定から入る親ってのは子供を潰すし
勉強の邪魔をする親ってのも子供が伸びないね。
あとは子供に成り代わりたがる親ってのもダメだな。
子供の代わりに作文書きたがったり絵を描きたがったり
そういう親は果ては子供の結婚式の主役になりたがったり
もう人生そのものを潰してしまう。
一番大きいのは親の性格に一票入れるは。

580 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 23:17:18.45 ID:0I5W8Wzb0
>>513
ほかの国に比べればそうかも知れんが
子供を作ること自体あきらめてるせいで問題が目立たなくないか

581 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 23:18:56.62 ID:06yrBW9P0
まあIQというもの自体が頭が良い人を判別するものではなく
一定水準を下回る人を見つけだすためのものだから
それで遺伝がどうこういうのもちょっと変な話かと

582 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 23:25:44.44 ID:mirg9jnR0
>>9
お前ホントは頭いいだろw

583 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 23:37:30.63 ID:K5BCucf1P
>>567
頭が良いと、自分なりの幸せを獲得する道を探しやすい。

馬鹿でも逃避して幸せ獲得できる奴いるが。

半端でどっちにも向かえず、不満ばかりこぼしてるやつが一番不幸かもね。
不満垂れ流してる時間が勿体無いことに気付かない。

584 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 23:39:14.38 ID:F+71aQZC0
貧しいと美術的な才能や金のかかる資格が取れないからな。
そういう場にも行けないし縁がない。
環境もそれを許さない。偉人伝とか成功者とかよくマスコミで
取り上げられるけどあれは一部の成功例だから話のネタになるわけで。
その下には無数の屍があるということを隠している。

585 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 23:46:24.31 ID:QnmH/dJ+0
環境が先か知能が先かって感じですが
知能が低い親=環境悪い
環境悪い=知能が低い親

586 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 23:51:01.79 ID:f5uPGFvo0
>>362
知能テストでわかるのは知能テストを解く能力だよ

587 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 23:51:21.42 ID:KjdJDkqj0
>>583
殆どのリーマンがそうやんw

588 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 23:53:16.88 ID:K5BCucf1P
>>587
だからヒラなんじゃんw

589 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 23:54:44.69 ID:F+71aQZC0
よく良いアートは良い環境からというし。やっぱりお金は
資本主義では大事ですよ。手塚先生も頭いいけど親も金持ちだしね。

590 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 23:57:24.26 ID:KjdJDkqj0
>>588
中間管理職に限らず、上から下まで酒場で愚痴ってるぞw

591 :名無しさん@13周年:2013/09/27(金) 23:57:37.74 ID:pNdjaVc50
>>238
ネズミの実験でも
メスの知能は子育て(子供の知能)に関係し
オスの知能は生殖(効率の良い浮気)に関係してると分かってる。
逆はあまり関係ない

592 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 00:01:05.68 ID:K5BCucf1P
>>590
もっと上になると、愚痴より将来の展望の話になるけどな。
愚痴ってる時間分、新たな方法考え出せるようでないと。
折角同じ脳みそ働かせるのに勿体無いよ。

593 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 00:05:53.93 ID:D7+gSyMf0
まあ先進国は金なにかとかかるしやっぱり最低限の生活が
できないとねえ。(この最低限のラインがかなり高い・生活水準が高い)
子供も荒れるでしょ。だから不況になると子供産まなくなるわけで。

594 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 00:08:23.95 ID:ZqLS9D4p0
>>592
上? 自分の将来(首)の展望(笑)?

595 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 00:16:08.33 ID:CZkodqJN0
>>592
ここで管巻いてる連中には経営に関わるとか、大きなプロジェクトを掌握するとか、
政治的な合意を作り上げるとか、そういう世界には無縁なんだろうよ

596 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 00:19:27.11 ID:ZqLS9D4p0
>>595
2chで愚痴ってる様じゃ、そうかもなw

597 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 00:31:33.24 ID:GzRWQSsv0
たくさんの意見を聞き、発言もできるこの環境は
若い人には当たり前のことなんだろうな。
俺には革命的なことだった。

598 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 00:40:45.98 ID:GzRWQSsv0
ところで上のIQテスト、最後の二問は時間切れで答えられなかったが
成績は133だったよ。

599 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 00:41:59.29 ID:9qWlWeR80
遺伝子も親の収入もある程度大切だけど、一番は親の意識じゃないかな?
うちは父親が芸術に関心がなくてネクタイひとつとってもセンスが悪趣味だった。
母はそういうことはなく、勉強も大切だけど芸事などの習い事を通じて
洗練された人に育って欲しいという願いがあったようで幼稚園〜高校まで
ピアノを習った。母が思うようになれたかどうかは分からないけど、
少なくとも両親とも音楽や芸術に関心がなければ今音楽を楽しめる自分は
無かっただろう。だから親の教育に対する関心ってのは金銭以上に大事だと思う。

600 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 00:54:34.99 ID:AeBuCtVy0
脳は五感を通じて刺激を受けて良い脳へと変化していく
そういう意味では感覚器も広義の脳といえるかもしれないし、
刺激の質によって脳は大きく変化する
個人的には外界の刺激の質まで含めて脳力だと思う

生まれながらに素質のある脳でも養分を供給するだけ水槽に
長年置いておいくだけでは結果何も生み出さない

601 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 00:56:05.79 ID:tqqKqT1w0
>>593
そもそも好況の時でも子供産まないんだけど・・・

602 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 01:03:18.93 ID:CVrQ97l30
>>598
ネットのIQテストなんてしても意味ないよ
馬鹿な自分がやっても145とか出るもの

603 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 01:26:48.49 ID:e41Wrb0b0
馬鹿でもいい
逞しく育て!

604 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 01:39:11.87 ID:GzRWQSsv0
>>602
ナニソレイヤミ?

605 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 01:42:48.55 ID:fFjIipzY0
そりゃそうでしょ
格差固定なんて言葉もあるし
学力と教育費にかけた資金に相関性もある
だから機会の均等という意味でも
子供には国が手厚い援助をしないといけないんだよ

606 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 01:45:25.18 ID:V4Kkt8ak0
ひんすればどんする

607 :!ninja:2013/09/28(土) 01:52:52.02 ID:IwrzHtZ30
>>1
貧しくとも勉学に励んで身を立てた偉人たちの全否定

結局はどんな環境でも挫けず努力し勉学に励む事だろ

野口英世博士なんか、父ちゃんはアル中のろくでなしだし、母ちゃんは文字も書けないような無学な人だし、ど貧民家庭の人間だぞ

608 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 01:57:24.56 ID:XhNeAL/h0
>>607
野口英世も偉かったが、
ただ、大学の医学部に行かなくても医者になれるというコースがあったってのもあるだろう
そういうコースすなわち環境がなかったら、その時点で終わりじゃないか?

609 :!ninja:2013/09/28(土) 02:05:28.49 ID:IwrzHtZ30
>>608
制度の前に努力じゃね?
野口英世博士なんか手にハンデまで抱えてたんだぜ?

今の時代のが目標までのハードルが多いって事は分かるが、なんだかんだで目標に向かって挫けず努力し続ける事だけだろ

610 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 02:06:19.23 ID:IGB7msKoP
父親が酒浸りで、酒乱だった。
「高卒で工場に働きにいけ」が口癖で、俺は最初っから進学は諦めてた。
でも、高校での最初の進路別テストで理数系選抜に入って、気がついたら進学組になってた。

高2になっても、大学進学を迷ってた。
親父は、おれが勉強してると怒ったからな。
机に座ってたら、髪掴まれて、殴られたこともあった。
どうなるんかなあと思ってたが、高3のとき親父が肝硬変で逝った。

おかんは「大学にいってもいいけど、6年は無理」といったんで、志望校を変更した。
いいのか…と思いながら、国立大の学費免除受けて卒業して就職した。

嫁は大学の同級生だ。おかんが早く亡くなったので、今は嫁の実家の入り婿みたいになってる。
嫁の家族はホントにやさしい人たちだ。
仕事や嫁との出会いは、大学をでたおかげだと思う。


もし、父親が生きてて、進学できなかったら、俺は全然ちがう人生だったな。
たぶんなにもかも諦めてた…。

ちなみに、最低の家庭環境で、俺の成績がトップクラスだった理由は、
親父のほうの遺伝だった。
オヤジは、東工大に受かったのに、金がないという理由で祖母に無理やりやめさせられて、
下の弟たちの大学の仕送りのために土木仕事で働かされてたんだわ…。
その恨みを俺にずっと向けてた。

親父よ。おまいの孫(おれの長男だが)は東工大に受かったぞ…。

611 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 02:09:27.94 ID:9qWlWeR80
こういうのって芸術とかスポーツに関心ない親の元で育つと習い事しないじゃん。
たとえ見栄で金持ちそうに見えるからって習わせたとしても親がクラシックコンサート
とかに連れて行ったり普段の生活でふれさせたりするもんでないと身につかない。
芸事に置き換えて考えたらいかに親が関心持ってるかどうかで左右されるのが
よくわかるよ。塾に行く子なんて、ピアノやヴァイオリン弾ける子よりごろごろ居る
わけで。

612 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 02:12:28.91 ID:0HRYcW0aO
ガンガン煽っておいて感情メラメラさせて、今度は圧力かけて抑えつけるとか
昨今そういうの多いと思うんだが、あれは遺伝子レベルで傷つくんじゃないかと思うね
原爆と似てるから。
原爆は超高熱と超高圧を同時に原子に加えるワケだが、最後は原子が壊れる
メンタルに加えられたコトが遺伝子に影響を与えるとオレは思いたいね
オカルトチックかな?

613 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 02:13:30.47 ID:qXCr7gsa0
>>607
むしろ逆でしょ、遺伝の作用が強力なら努力の意味がなくなる

614 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 02:17:08.72 ID:cEhyaKzb0
知能と貧困は遺伝子でなくサイコロで決まるということ? ( ' ω`)

615 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 02:22:09.04 ID:oYXnMMEwO
すべてを犠牲にして勉強しろ

616 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 02:22:44.26 ID:zFdThC9H0
>>607
>貧しくとも勉学に励んで身を立てた偉人たちの全否定

そんなのレアケースで、偉くなったり学問で業績あげたのは、ほとんどは金持ちの子供だったがなw

617 :!ninja:2013/09/28(土) 02:26:18.81 ID:IwrzHtZ30
松下幸之助なんか丁稚あがりじゃなかったか?

田中角栄なんか中卒だし

むしろ恵まれた環境や優秀な遺伝子からのが、優秀な人物が生まれにくい

創業者の二代目や世襲議員見てれば分かるだろ

高学歴の癖にバカと言う救いようのない人物たちだらけ

618 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 02:26:25.63 ID:/zhBSNCK0
>>1
昔の人は世界中みなバカだったとは到底思えない
>エジンバラ大学のティモシー・C・ベイツ氏とその同僚たちによる
たいしたことね
犬や猫だっておなじように母親に育てられて
正確頭の良し悪し皆違うというのに

619 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 02:28:27.91 ID:e41Wrb0b0
>>617
それ私だ。

620 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 02:28:39.48 ID:769YitVdO
>>607
その母親がそんな困窮生活の中でも息子が勉強する為に必要なお金を必死で稼いだからこそ
野口英世は医者を目指す事ができた訳で。
そんな母の姿を見て頑張ったんだよ。
結構有名なエピソードだけど。

これもまた、教育環境。

621 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 02:30:23.13 ID:xuWvfyJA0
>>33
君は偉そうに言うだけで具体的に解説はできないんだね
わからないのにわかったふりをするのは見苦しいよ

622 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 02:33:44.09 ID:QzH4wh+R0
孟母三遷の教え。

1万時間の法則。

623 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 02:35:18.95 ID:rgJPWCog0
こういうスレには必ず本人の努力不足とかいう言葉で議論を成り立たせなくする馬鹿が現れるよな。

624 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 02:36:58.60 ID:e41Wrb0b0
>>617

>むしろ恵まれた環境や優秀な遺伝子からのが、優秀な人物が生まれにくい

ここの部分ね。

625 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 02:40:18.44 ID:hcXgMSy/O
遺伝と環境(努力)の両方だよ。
立証されなくてもみーんな感覚的に知っている。
知能だけじゃない。
運動能力も遺伝と環境(努力)。

626 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 02:42:47.87 ID:XtzMh2yt0
>>620
伝記では偉人ってことになってるけど、実際の野口英世はダメ人間だったんだろ
黄熱病も間違ってたみたいだし
父親の遺伝か

627 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 02:47:20.31 ID:hcXgMSy/O
>>617
それ単純に目立つから語られるんだよ
貧乏あがりの成功者
成功者のバカ息子

逆にいうと、語られるのは、そういう例が少ないからとも考えられる

まあ語られることのない人たちを調べて平均を調べないと

628 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 02:47:48.46 ID:e41Wrb0b0
器が大きくても入れるものがないとスカスカで軽い。
器が小さくても入れるものが種類豊富にぎっしりだと重い。

同じ条件だと大きい器が有利。

629 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 02:54:32.45 ID:cEhyaKzb0
>>628
頭が大きい人が有利ということか ( ' ω`)

630 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 02:55:35.75 ID:BFFTSQcD0
田中角栄は中央工学校出てるから実際は高卒程度

631 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 03:00:40.92 ID:BFFTSQcD0
>>394
その尺度だと中卒労働者の家庭にさえ本くらい100冊はあるから
日本じゃ無意味だわな。

632 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 03:01:19.08 ID:GSLdXZwE0
サルが連立方程式が理解できるような状況になったら信じよう

633 :!ninja:2013/09/28(土) 03:04:24.16 ID:IwrzHtZ30
>>626
野口英世の有名な言葉「見えない。そこにあるのに…」
当時の顕微鏡じゃ無理だったんだよな…

ダメ野口は金に超ルーズで借金踏み倒しの常習犯w

天皇陛下にお言葉を貰う人間が借金踏み倒しの常習犯ってのは流石にヤバいだろ…って友達が全額肩代わりw

ダメ野口は素知らぬ顔で研究に没頭してましたとさ

634 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 03:06:27.24 ID:NTFnisBHO
親が底辺ドキュンだと詰む

635 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 03:15:26.21 ID:NTFnisBHO
偉い人はみな親が金持ち高学歴という共通点がある
やる気失せたわ

636 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 03:15:51.59 ID:RTPrh9EG0
大学の図書館で精神科の分厚い英語の本を見ていた時、野口英世が梅毒4期の患者の脳脊髄液からスピロヘータを発見したと書いてました。
歴史に名前を残している日本人研究者の一人だと思います。

637 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 03:16:44.83 ID:evL6QM0C0
まあ小学校でも何もしなくても毎回100点とるやつもいれば何回やっても30点のやつもいるけどね。
同じ素質なら身近に医者や弁護士になるような人がいたりそういうライバルがいるかどうかで全然違うだろうな

638 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 03:18:55.20 ID:e41Wrb0b0
>>629
一説にはおでこと云われてるけど真偽はわかんない。

639 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 03:18:59.22 ID:NTFnisBHO
親次第

640 :!ninja:2013/09/28(土) 03:22:05.26 ID:IwrzHtZ30
>>634
親や環境は体のよいエクスキューズ

そうやって当の本人が早々に諦めるから詰むんだよ

641 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 03:28:13.88 ID:oHmikbC40
幼少期に虐待受けてた偉人とかいないっけ

642 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 03:47:34.20 ID:2hJhlw0Q0
>>127
お前の弟とお前の親父の父ちゃん違うんじゃないの?w
そうとしか思えない
中卒両親の実の子供=弟
母親が託卵したどっか別の男の子供=お前

あると思うw

643 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 03:59:40.13 ID:du8VCKnji
貧乏な家は教育に金をかけれないから、もともと頭の良い子が生まれない限り
貧乏な頭に育つ

644 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 03:59:59.05 ID:Yhpq4KSw0
オレの中学(40人×6クラス=240人)から県のトップ高に行ったのは7人だった(進学率
としては平凡)。で、中学卒業のとき学年主任だったかがその7人の高校卒業時の成績
を予想してみせたのだが、三年後、その予想はほとんど当たっていた。まぁ、教師は
普通そんな話はしないんだろうけどオレを励ますつもりだったんだろうな。

学力なんて教師というプロにはわかるというか、学力というのはそんな複雑なもの
ではなくてスポーツ(身体能力)とそんなに変わらんのではないかと思ったりする。

645 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 04:04:30.56 ID:NNF88XvV0
>>644 >7人の高校卒業時の成績
>を予想してみせたのだが、三年後、その予想はほとんど当たっていた
それ実際の内容としてはどうだったの?
具体性があって非常に興味深い報告だと思う。
場合によっては、半分くらいは駅弁大学止まりみたいな予想もあるとは思うんだけど。

646 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 04:05:58.15 ID:wFKD+Q7h0
>>69
 全然関係ないけれど、自分はド田舎で家庭環境余り良くなかったんだが、
何もしなくても勉強だけはそこそこできたんで宮廷大クラスにすんなりと
進学できた。
しかし、学生時代は同級生の家庭環境との差に愕然として羨望の余りノイローゼ
になって危うく退学するところだったな。

 今は何とか卒業できて国家試験も合格して金銭的には楽に生活はできている
からあの時思い余って退学しなくて本当に良かったとは思っているが、自分の
経験から考えてみるに、貧しさというのは才能を潰すかどうかはわからないが
少なくとも心は蝕むな、とは思う。
 

647 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 04:11:42.86 ID:5c+36/960
ぜったいおまえのせいべきべきべきべきべきべきべきべきべきべきbbbbっべえええええええkkkkkkkkkkkkっきいい

648 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 04:13:05.76 ID:GbZZiQSW0
優秀なら貧困から抜け出せるだろ、抜け出せないなら優秀じゃないってことだよバカ

649 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 04:16:03.04 ID:+EUquExwi
>>610

肝杉

650 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 04:20:44.66 ID:5xFGBAvM0
>>1

福沢諭吉の言うとおり。

651 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 04:22:31.57 ID:yluLMMis0
>>20
そういう話じゃない
二卵性双生児のIQ差A
一卵性双生児のIQ差B

|貧困層Aー貧困層B|<|富裕層Aー富裕層B|

これがこの記事が述べてること。

噛み砕いて言えば、
・先天的才能
・環境
この2つが揃った時にのみIQが高まり、どちらかが欠ければ凡人と変わらないレベルまで落ちる。
片方あるだけでは両方ないやつと大して変わらない。
というようなことが推測されるというお話。

652 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 04:23:27.96 ID:Yhpq4KSw0
>>645
成績というか序列だった。正確には覚えてないが、中学卒業時の序列が
高校卒業時は、5312467になると予想してみせた。ちなみに53が旧帝現役、
2は何浪かして地元駅弁医、4は一浪筑波、16は一浪でどっかの駅弁だった。
7は大学を諦めた。

ただ、この予想はあくまでオレを励ますためだけが目的でそれ以外は意味の
ないものかもしれないし、この7人はけっこうわかりやすい環境差があったので
予想しやすいと言えば予想しやすいと思われる(親が教師、親が医者じゃない
医療関係者とかその他色々…)。

653 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 04:25:22.07 ID:BFFTSQcD0
私立いってないのはおかしいね

654 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 04:26:28.61 ID:yluLMMis0
>>646
一応いっておくと貧困層の家庭というのは、
親が荒れていて精神的に不安定なところを子供に見せる、
夫婦喧嘩を子供に見せる、栄養が不十分、子供が虐待される、
親がアル中でどうしようもないやつ、親が借金抱えてたり性病になってたり風俗通ってたりゴミカス、
そういう積極的問題が多発している環境であることがほとんど。
”お金がないだけ”で済んでる貧困家庭なんてそうそうない。
お金がない親はストレスを抱えてるし家庭は瓦解の危機に常にさらされている。
それが貧困層だ。
それを踏まえてもお前の家庭は”あまり良くない”と言えるレベルか?

655 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 04:27:14.56 ID:k9tDNOMt0
>>648

 貧困からは抜け出せるけど、人並みに至るのは難しい場合もある。親の負債が大きすぎる場合など。

656 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 04:27:41.60 ID:+WWDqCAQ0
まあ環境も素質も両方大事だし、しかし極端に環境が悪けりゃ素質も潰されちゃうし、
そんなに極端な話でなくてもやはりどんな場合も環境が良ければ有利は有理だよ。当たり前だけど。
>>646は裕福で安定した家庭でいわゆる教育熱心な親に育てられて東京の有名一貫校に進んでいれば
余裕で東大に行けたと思うよ。

657 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 04:28:05.99 ID:769YitVdO
>>620
まぁ、少なくとも貧民が医者になるところまで辿り着いた過程は評価して良いんじゃね?
親の頑張りに触発されてそこまで頑張れた、という面は。

偉人伝って子供に希望を持たせて意欲を引き出す材料にも使えるものだしw
現実を知るのは割り切れるようになってからでも…という大人の狡さで(ヲイ

658 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 04:30:03.25 ID:yluLMMis0
>>656
そういう話じゃない。
お前の認識は
才能+環境=実力
みたいな感じだろ?環境が悪くても才能がずば抜けてれば何とかなると思ってるだろ。

この記事が述べてることは、
if(才能 & 環境){
return 有能;
}else{
return 無能;

ということだ。

659 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 04:31:15.43 ID:NNF88XvV0
>>652 おお!完全予測ではないが、かなり当たってたわけね。
そのくらいの精度ならかなり凄い予測だと思える。
でもそこから先の人生もあるので、幸福度としてはまた別なのだが、
しかしそこまで予測というのは、神でもないので無理だろうね。
逆にそこまで当てる人は怖いので、嫌われそうだしね。

660 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 04:31:50.38 ID:k9tDNOMt0
>>656

 親父が経営している店で暴れてメチャクチャに内装もろとも破壊してお袋を泣かせるうような事が日常茶飯で
あったり、キッチリ夜8時まで借金取りが家の壁叩いてカネ払えと督促する中で、息を潜めていなければならなかった
生活環境の中で駅弁を主席で卒業したおいらもそうかなぁ。

 だが、親の残した負の遺産が大きすぎて、卒業後十数年、未だ豊かとは言えない生活さ・・・。

661 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 04:32:12.28 ID:NTFnisBHO
周りの奴等は親が金持ち高学歴で良い職ついてる
スタートでこけたら80パーアウトが世の中だ

662 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 04:32:14.11 ID:yluLMMis0
才能・環境=実力
環境が0なら才能がいくらあっても実力は0

という話だな。

663 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 04:36:13.30 ID:NNF88XvV0
>>660 >だが、親の残した負の遺産が大きすぎて、卒業後十数年、未だ豊かとは言えない生活さ・・・。
それは親の残した金銭的負債ということ?
もしかしたらそうではないのかもしれないけど、
そういう金銭換算できる部分とは別に、性格的にそういう場合は
負の遺産を負うことが多いよね。

664 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 04:36:53.51 ID:lzmT5dKo0
>>6
残念。出来る奴でも韓国人になるとダメになるよ。南米人になるともっとダメになるし。
未開の土人になると更にダメになる。
当たり前の現実。

665 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 04:41:06.32 ID:769YitVdO
安価ミスって自レスしてた…orz
>>657>>626宛てですサーセン

666 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 04:41:06.61 ID:jc7sFZ2J0
裕福層が総じて常識無いからなぁ
IQ高くても常識無いとバカッターのガキみたいなことやるから、個人的にIQより常識ある奴の方がいいかな

667 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 04:44:28.04 ID:+WWDqCAQ0
>>658
いや俺はそんなこと言ってるつもりはないぞ。
また記事が全面的に正しいということを前提にもしていない。

668 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 04:44:57.17 ID:yluLMMis0
この記事は恐らく正しい。
例えばPCで、
・優れたハードウェア
・優れたソフトウェア
両方揃わなければ便利ではない。
片方だけでは意味が無い。

669 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 04:49:23.76 ID:yluLMMis0
>>667
記事の本質は>>662だが、
>>656
才能+環境=実力
この式と区別がつかない言い方をしていて本質を捉えていないように感じる
一般的認識に対しこの記事が特に示していることは才能と環境が”掛け算的である”ということであり、
この記事の本質を指摘するようなコメントを出すのならその点を外すことはありえない

670 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 05:00:49.78 ID:+WWDqCAQ0
>>660
俺は教える仕事をしていて学力も家庭環境も上から下までいろいろ見てきた。
以前別のスレにも書いたことがあるが、非常に大雑把にいって
入試時点で同年齢の上位1%以内程度の学力があれば東大に入れると思う。
東大は定員3千人くらいだけど、東大(医学部以外)と同等以上の国公立医学部とか
旧帝大の優秀層とかを考慮するとそんなところでしょう。
明確な根拠があるわけではないが、経験上のおれの大体の感覚としては
素質、いわゆる地頭としては上位5%以内であれば、他の要素が充実していれば東大に入れると思う。

671 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 05:02:13.90 ID:k9tDNOMt0
 
 カネ持ってる方が、自分やガキの遺伝的資質の持つ適性をトライ&エラー出来る余裕があるのは事実だからなぁ。

 たとえば持って生まれたバイオリン弾く才能があっても、バイオリンに触る機会さえ与えられなければ素養は無いのと等価だし。

672 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 05:03:42.69 ID:GbZZiQSW0
おまえらもう諦めてのんびり暮らせよ・・・って長文見てると思わずにはいられない

673 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 05:05:40.54 ID:1fsgX+7b0
秀才は環境に作られる
天才は環境を作り替える

674 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 05:06:10.96 ID:+WWDqCAQ0
>>669
おれは環境が極端に悪ければ素質も潰される、と書いているのだから、
才能+環境=実力 みたいに環境がゼロでも才能で補い得るということにはならないと思うが。

675 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 05:06:59.36 ID:NTFnisBHO
いくら賢くても参考書買うお金がなければバカなまま
要は経済力なわけ

676 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 05:07:17.64 ID:JizM6FOE0
凡人でも天才でも環境に影響される。
ただ凡人の上限と天才の下限には大きな開きがある。
残念ながら殆どの凡人にとって、天才に出会うチャンスはない。
天才たる所以は学習せずに自明と認識しているところにある。

677 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 05:09:01.16 ID:XhNeAL/h0
>>617
そういう方が成り上がるためには、
社会が大きく変わる時期という環境が必要なんじゃないか?

678 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 05:14:05.32 ID:XV/b7zBkO
貧乏の天才は金持ちの凡才にねたまれ、なかったことにされる

679 :!ninja:2013/09/28(土) 05:16:27.45 ID:IwrzHtZ30
>>671
持って生まれたヴァイオリンの才能なんか1ミリも存在しない

ただひたすらの反復練習から才能を開花させるんだよ

その才能を開花させても運が無いと大成できない
それが音楽家

680 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 05:19:39.68 ID:Q3pgxVNQ0
Fランバカ息子医者が増える増える。

681 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 05:22:52.07 ID:NNF88XvV0
高校入学までは殆ど家庭事情で不登校だったかで
何故か急に学力上がってしまい東大医学部に入学。
それでその家庭不和の原因だった父親のやってるマージャン屋を手伝うという理由で
東大医学部の実習を堂々と宣言してサボってるという学生が居たそうだが。
しかしこれはちょっとヒドい嘘つきのサイコパス系だったのではないのか?怪しいな。

ところでその一方で東大で薬学専攻だが、学部進学時で主席、大学院進学時で主席といった例で、
小学6年生時で漢字テスト二点(実際に二個しか漢字が書けなかった)で、
記憶力が全然駄目なので、数学の公式もろくに暗記できず、公式は全て試験中に毎回導き出して
それでこなしてやり通したという人がいる。こういうのは凄いのかもしれないね。

682 :!ninja:2013/09/28(土) 05:23:13.59 ID:IwrzHtZ30
>>677
確かにオプティニズムって考え方もある

でもさ、近年は何かをエクスキューズにして早々にリタイアしてる人だらけなのも事実だよ

683 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 05:25:25.96 ID:fgquX4/J0
金持ちの馬鹿は自己顕示欲と他人依存度は半端ないな、そして人の邪魔ばっかしてくる。

あいつら貧乏環境だったら今頃空き缶拾ってんだろうなって思う。

684 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 05:26:53.61 ID:GbZZiQSW0
先祖恨めよ、貧乏なら

685 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 05:27:08.22 ID:w5fEEZdDO
>>677

フランス革命でさえ、革命を起こしたのはブルジョア。
つまり、資本家。

共産主義国家だって、指導者層は海外の大学出身とか金持ちが多いだろ。

環境は、影響するべ。
しかも平等を歌ってる共産主義ほど、エリート主義はものすごく強いからな。

686 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 05:29:08.86 ID:wFYLT+bk0
日本にはワタミがいるじゃないか

687 :!ninja:2013/09/28(土) 05:40:20.17 ID:IwrzHtZ30
逆襲のシャアでアムロがシャアに言ったセリフ覚えてる人いる?

いつの間にか革命家の崇高な精神は歪められ…ってやつ

688 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 05:48:18.25 ID:WlZuzcZHO
30年以上前から、東大生の世帯収入の話は指摘受けてたもんな
宮沢内閣時に国会でそれを問題視した途端、アカピ新聞様が『でも東大生にだって貧乏な家庭の出身者も居る』みたいな内容をすかさず『声』の投稿欄に掲載し、収束を図ろうと必死だった
余りに必死だったので、20年経った今でもよく覚えてる(笑)
アカピ新聞様は『東大卒』が大好きだもんな…
東大ブランドの『価値』が下がると困る連中はそりゃ必死だろうな
社会に出ればメッキは剥がれてしまってるんだがな、本人達だけが気付いてないからな

689 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 05:53:54.58 ID:D7+gSyMf0
偉人伝なんていうくらいだからな。天才とか例外除いて
それだけ遺伝子と環境の壁を突破するのは難しいということ。
ユダヤさんはこの事実を知っているが下層もいないと
人間社会回らないから(いまんとこ)人口増あおってるだけ。
民主党の子作り奨励とか評論家が良く言う少子高齢化もそれだな。

690 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 05:56:54.10 ID:6w/iexGP0
>>41
貧すれば鈍するで
本当に貧しくなると
つまらないケンカが増えるし
目先の金を追って
つまらない仕事に精を出してしまったりして
学業を疎かにするんだなこれが

691 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 05:59:47.11 ID:M93L/iAj0
金持ちでも、甘やかして子供が馬鹿になる例あるけどな。
貧富っつーより本当に環境と本人の性格じゃね。

692 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 06:01:47.91 ID:JT2foVCW0
IQは別にして、性格は遺伝します。
私の父と母は性格が両極端で父方と母方の集まりに行くと人種が違うぐらいに雰囲気が違います。
環境とか関係ありません。とにかくガイキチが治るのは死んだときです。
ほんとうに遺伝子は恐ろしい。結婚相手はちゃんと選ばないと子供が苦労するのです。

693 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 06:02:36.81 ID:kVOm3HOC0
>>3
親なんか一部よ、学校(=友達)が大きい。

694 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 06:06:02.41 ID:/xOLbuX/0
ブサメンでも環境がよければ勝ち組になれるの?

695 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 06:07:53.80 ID:kVOm3HOC0
>>518
> >>515
> 世の中には子供が早く働いて金入れてくれないかなって待ってる毒親もいる

毒?
これは当たり前というか。子供絵を作る理由の全てでしょう。
近年、子供は宝とか自分で言い出していい気になってる。
少子化の原因の大半は間違いなくこれ。

696 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 06:09:46.13 ID:NXW/v18O0
俺の親友は両親ともに高卒のパチンカスだったのに、
メチャクチャ頭良くて東大進んだわ

親は周りに自慢しまくってるけど、
本人は親のこと反面教師にして軽蔑してたな

697 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 06:09:52.94 ID:in02LfOT0
父親が酒乱で家にろくに金も入れずバイトしながら大学卒業した友人がいるけど
もし彼まともな家庭で育っていたらもっと上位の学校へ進学して自分と会うこともなかっただろうと思う
自分が友人と同じ環境だったらオヤジぶち殺して悲惨な人生歩んでるわ
両親に感謝

698 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 06:11:06.01 ID:D7+gSyMf0
環境ってのは別に身近なところだけでもない。世の中の経済環境とかもあるしな。
パイが大きくなる時代なら馬鹿でもそこそこ食える。
日本人はこの事実を知ってしまったから子育てしなくなったんだろうな。
0(焼け野原)から初めて絶頂期、グローバル化の前と後を知った唯一の民族。

699 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 06:18:07.95 ID:3E/j9f8d0
「環境」って日本では

衣食住が安定していて、
家庭で勉強できて、
塾や習い事などに通えて、
学費の援助がいくらかあれば、

凡人でも大学くらい出られる
ということだな

700 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 06:20:47.24 ID:Dzfks3KZ0
複素空間についてであれば
知ったかとかいわれるとなんなので、理解を書いとくわ。

i とは イマジナリであって、1と直交するものなら何でもいい。
つまり、独立と看做せる軸二つならそもそもその組は何でもいい。
概念でも。
仮想的な者であろうと。

「ただ、仮想的な軸を用いるので、スケールが最初から定まってない」
ソレをゼロ点に押し込めたもの。
要は、ドーナツ〜トーラスの世界を円と同一視している世界だと言う事になるはず。
目のない生き物に取っての食べ物の感じ方の世界みたいなもん。
で、ゼロのスケールが定まらないのはその世界のスケールと解像度が定まらないということなので、
ソレで記述できるものが手元のスケールで「見つかれば」
どのスケール、ミクロでもマクロでも「ソレについてはそうでしょう。楽だしね。」
ということだと思うわ。

それが、科学技術のすべて。
どれでもつかえるから、「そこでも使える」

タダ問題は、ゼロ点の大きさが「その理論(科学と言語全体を含めて)の中に現れないのに」
「現実にある大きさを持ったゼロ点が既にある」
無視できるかどうかは現実で人間がそのスケールで決める必要がある。
そこだと思えて、
だから実証的に決めましょうと。それだけじゃダメで。

701 :!ninja:2013/09/28(土) 06:22:46.41 ID:IwrzHtZ30
>>699
ナマポ受給者の論理とカブるな…

702 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 06:26:38.76 ID:3E/j9f8d0
>>701
ナマポの論理って何?

703 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 06:26:47.64 ID:iBkxmiGbO
>>6
5人兄弟の母子家庭で塾にも行けない奴が医者になれるかよ

704 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 06:29:11.01 ID:s9WD9we10
893の世界も高学歴

705 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 06:32:47.22 ID:Dzfks3KZ0
ゼロ点に対応しての直交独立の世界というのは
表から見えない円にある裏の模様ということで。
見えるように此方にめくらせたら、ドーナツというか。
あったらどんなんかナというときの。

で、多分この穴の大きさがふらふら変わるとそもそもドーナツがスケールフリーでない。
そのようにすると、π。
コレが穴の大きさをなんらかの形で定めるものとして、
ゼロ点とゼロ点を互いに見つめ合わせて決めさせたらそうなった。
そんな感じになるはずだと思う。
それしかやることないから。

この原始人的発想がたぶん最初でわないか?
あとは記号処理的に決まってくと思う。
そして、このπが決まってないが、他が同じような感じにした構造。
それが「神の国」だとなんとなく思ってる。
穴決まんないだろ。で、人間が空気で決める。穴の大きさを。
それがユマニズム。人間万能主義。

706 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 06:32:57.90 ID:GHFmn0+D0
ユダヤ人はIQが高いのではなく
教育にカネをかけている

707 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 06:36:04.40 ID:6w/iexGP0
>>703
可能性は相当低いな

708 :!ninja:2013/09/28(土) 06:38:53.50 ID:IwrzHtZ30
>>702
一週間に1〜2回は外食で焼き肉や寿司が食えて
クーラーが当たり前に使えて
ケータイやパソも使えて
年に数回ディズニーランドや旅行にいけるのが


最低限の文化的生活を営む権利らしい

709 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 06:42:19.07 ID:6w/iexGP0
>>474
そこまで極端じゃなくとも
そもそも金がないと私立高にすら入れない

東京の場合、都立高校は旧学区一の進学校でもやはりレベルが低い連中が集まる
(頭のいい連中は殆ど、有名私立にいくため)

710 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 06:42:28.75 ID:Dzfks3KZ0
複素空間のπを例えば3にして、パックマンにしたのが空気だといってもいいはず。
閉じないからパックマンのアレ。
その宣言だったのかも知れないな。

まあある意味正しい。
3/4しか人間わかんないはずだから。
つまり、12時で時は飛躍するが、それがないのが複素円の時計でもあるから。
-iから1に「繰り上がる」時の桁上りが意識されない。
本当は 2πの角度変化を考慮しないといけない。
i の桁、角度と言うのは要は、そろばんの上の玉。
後でまとめて計算するだけのそのための道具。別置きのスタッキングメモリ。

711 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 06:44:48.72 ID:cEhyaKzb0
>>710
そこで π を 17 にしてみる ( ' ω`)

712 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 06:45:06.70 ID:6w/iexGP0
>>505
そうこれもある
そもそも公立校の教師と
私立校の教師じゃレベルが違いすぎるからな

713 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 06:47:01.57 ID:3E/j9f8d0
>>708
それは一般的な認識なの?
あと、それが699とどんな関係があるの?

714 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 06:49:50.29 ID:UIEekhdj0
知能というか、体育以外の学校の成績は遺伝とほとんど関係が無いってずいぶん前に明らかにされてなかったっけ

715 :百鬼夜行!ninja:2013/09/28(土) 06:50:02.63 ID:WzhNS4ep0
統計だから、イレギュラーもあるわけで。
全てが全てにあてはまるわけでもないと思う。

環境は、情報であって、勉強のコツは、
いわばショートカットの仕方を教わるようなもん。

才能は同じでも、知っているか、知っていないかの差は大きい。

いわゆる、人間社会は「収入」が、成功者を測る一般的なものさしであるため
いろいろ誤解を生みそうな調査報告書だな。

人間の才能は、ある程度やる気さえあればどうにでもなる。
そのやる気は、報酬(金銭的な意味ではない)がなければ生まれない。
報酬をもらえて、次にステップできる環境さえ整えるかどうかが、
人間社会の成功者といえるかもしれないな。

716 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 06:52:20.33 ID:DUVtfM+20
金が無きゃ知る事さえ出来ないからな、そりゃそーだ

717 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 06:54:39.49 ID:cEhyaKzb0
「学習は楽しい」 と感じるのも問題が有る。俺は幼少の頃より書物に親しみ、
母に叱られながら “台所の実験” に精を出し、学校の成績はかなり好い方
であったが……学校の

・ 学問は学校だけにある。
・ 何が学問で何がそうでないかは学校が定める。

傲慢さに嫌気がさし、やる気を全く失った ('ω ` )

718 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 06:57:08.40 ID:XhNeAL/h0
>>699
それが民主党政権のめざしたことだけどな

719 :!ninja:2013/09/28(土) 06:59:10.95 ID:IwrzHtZ30
>>713
豊かな環境過ぎてマヒしてんだよ

720 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 07:00:19.85 ID:XhNeAL/h0
>>709
それを解消しようということで、最近は日比谷とか復権してるんじゃないか?
どんな田舎でも、貧乏人でも頑張れば相当数が東大に行けるような名門公立校を置いておくべきだな

721 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 07:04:05.78 ID:cEhyaKzb0
東大行っても鳩山由紀夫

とは言い過ぎだが、

何を以て優秀と言うんだろうね。

優秀な人に何をして欲しいんだろうね。

722 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 07:09:04.45 ID:nbH3F4TU0
馬鹿は、わかるだろ

そうじゃない奴が優秀
非の打ち所のないのが天才

山中先生とかだよ

723 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 07:10:01.91 ID:vIb2erUo0
いずれにしても俺はすでに負け組

724 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 07:10:48.60 ID:nry7Syvs0
金もコネもあっても

みのもんた次男みたいなクズにもなり下がりますが?

725 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 07:11:05.12 ID:lel9SepK0
>>508
本気でそう信じ込んでるめでたい人発見

726 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 07:14:23.86 ID:3E/j9f8d0
>>719
うん、大学まで行けるのは、一分の優秀な人間と、大半の豊かな凡人てことだと思うよ。

親の経済力で学力が決まるなんて認めたくないけど事実だからな。
しかも学歴や新卒の就職が重視されるからな。辛いよ。

727 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 07:20:06.14 ID:8RjlpEzh0
>>9
たとえば子供の頃お金があって急に貧乏になると危機感から頑張る例がよくある
逆に豊かだと危機感がなくぼんやり育つ
経済的な環境と親が文化的な良さを分かってる環境はまた違うのだろう

てかその子供って…

728 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 07:20:22.40 ID:cEhyaKzb0
>>722
山中先生か。
しかし確率が低いなあ。
一人の山中先生の陰に 99999 人の、
物知りで屁理屈が得意でプライドばかり高いが仕事をこなす能力は割と普通
の人が生れるぞ。
しかもそのうちの幾分かは、
鳩山先生や原口先生や福島先生や永田君や井川君だぞ ( ' ω`)

729 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 07:23:04.48 ID:Dydwf/kj0
>>1
貧しい環境に生まれたって事は、つまり親が無能だったという事なんだから、
IQはちゃんと遺伝されてるはずだろ。無能の遺伝子がな。

730 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 07:25:19.37 ID:kaspgMpJ0
国民総白雉と言われるし
たしかに環境に依存してアホのような気がする。

昔の日本人は四書五経くらいは
みんな幼少から読んでいたらしいが
そんな知識階級は日本にいなくなっちゃっただろう・・・

731 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 07:28:24.34 ID:RI1A/+uQ0
笑っちゃう
優秀だったら貧乏なはずねーそw

732 :百鬼夜行!ninja:2013/09/28(土) 07:29:57.73 ID:WzhNS4ep0
環境=情報。その最たる例は、親の仕事を子が真似ること。
親から知らず。知らずのうちに情報を貰う。

子供にとって、親の影響は大きい。幼少期は家庭が世界の全てだから。
親の仕事を自然と真似るし、それしかないと思い込む。

つまり、子は親の真似するのが一番エネルギー的に楽だから真似する。
他者から見たらハードル高いように見えても、本人から見ればハードルは低い。
子が親を真似るのは必然であり、自然な流れであって、富裕、貧困も関係ない。
ただ、真似た結果その職業が、人間社会にとって成功者か敗者かどうかは、
異なっているかと思うが、それは人間の都合だ。

知能は、貧富の差によって影響がでるかについて、
人間社会でいう「おちぶれ」(親:富裕→子:貧困)と
「なりあがり」(親:貧困→子:富裕)の比率を調査すれば
面白い結果がでるんじゃないかと思う。

但し、親の仕事以外のことを、子がやっていることが条件となる。
なぜなら、親と同じ業種であれば、子の才能に影響はほとんどないと仮定できるから。

恐らく、調査結果は半々だと思う。
つまり、才能は貧富の差に関係なく、確率的に万遍なく発生するものと考えるのが自然だから。

733 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 07:31:43.84 ID:EwrLdr3o0
マタイの法則って知らんの?

734 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 07:31:53.49 ID:ywA6Er0J0
そんなことよりマックにトースト食べに行こうぜ!

735 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 07:32:58.77 ID:SYNsLczS0
>>1「知能を左右するのは環境」

いいえ、遺伝子です!エジンバラ大学はもっと勉強すべきですね!

韓国、北朝鮮、在日朝鮮人・・・すべて社会環境が違います。
でもこの3者の見事なまでの一致する生き様は、嘘、卑怯、卑劣、理性が無い、
感謝しない、謝罪しない、すべて相手が悪い、感情で生きる、火病、乞食精神

環境ではない!遺伝子である事を朝鮮人がすでに証明している。

736 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 07:33:02.57 ID:qjIya29aP
子供の時に教育環境整ってれば持ち前
のIQもさらに高くなるけど、貧乏で子供の時に適切な教育受けれないと素質はあっても育たなくなる

タイミングが大事なのかもね

737 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 07:33:07.24 ID:vlHscgYe0
どんなに才能があり、頭がよくても
教育がないと、才能は育たない、途上国の教育が充実したときには
先進国を超える才能が多数出て、先進国が後進国になる

738 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 07:35:47.82 ID:+WWDqCAQ0
>>714
いろんな調査があっていろんな結果が出ているんだろ。
一般にアメリカ人の調査では環境とか努力とかが大きいという結果が出て
ヨーロッパ人の調査だと遺伝の要素の方が大きいという結果が出るそうな。

739 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 07:36:02.60 ID:DUVtfM+20
知らないものは探さない

740 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 07:39:52.82 ID:cEhyaKzb0
自営業者の子は勉強しない。
親を見れば世渡りのために要る知識がいかほどか解るからな。
学歴は人に雇われるために要る。
自営業は学校稼業最大の敵だ。
学校は自営業者の子をいじめる。
とうとう自営業者がほとんどいなくなっちゃったい。

ところが学校卒業生も雇い切れなくなったので、起業しろと言う。
そして起業の例を挙げるが、それは IT 産業やそ隙間産業ばかりだ。
んーな産業でン百万もの人を吸収できるもんか。
要するに高学歴者が余って雇い切れないので、
あぶれた者は自営業者になれということだ。
自営業者になるのに学歴なんて要らない。
ふっふっふっ。騙されましたね。
騙されたお前が悪い ( ` ∇')

741 :百鬼夜行!ninja:2013/09/28(土) 07:40:58.97 ID:WzhNS4ep0
負け癖というのもあるね。

闘鶏で、元々互角どうしであっても、片一方をわざと
強い相手に当て続けて負け続けさせて

再度、元々互角同士をぶつけると、負け続けていたのが負ける。
ようは、俺は天才だ。と、錯覚することも必要ってこと。

相対的にみれば、才能は同じでも。気の持ちようで行動が変わる。

だから、みててこりゃまずいな〜と思うのは、
「あんたは馬鹿だから。」といって、子供にいっている親みたときな。
ネガティブの情報を植え付け、刷り込ませてどうすんだよって、光景みたときな。

そりゃ、子供も「俺は馬鹿だし」となり、才能の芽を積むわけだよw.
以外とこのパターン多い。

まずは褒めることだな。

742 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 07:44:14.10 ID:EwrLdr3o0
>>735
東アジアは中国含めて横並び教育だよね異なる意見を叩き潰すやり方だわ
在は実際社長とか多いけどこれは同調しないからだと思うよ

743 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 07:48:35.44 ID:KkIEKGce0
普通に考えて遺伝子は先天的なもんだけど
環境は後天的なもんで
どっちも重要だろ
どっちが重要かなんて議論する事じゃない
どういう遺伝子が、どういう環境が、どういった作用を齎すのかが重要であり議論すべき

744 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/28(土) 07:50:22.61 ID:GYlvomgE0
遺伝子なんて関係ないと思うけどなあ
ユダヤのつクリはなしで

昨日から京都の大馬鹿が多くて迷惑してんぜ

745 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 07:52:43.85 ID:Tg9uD0/D0
>>741
わかるわ、それ。
馬鹿と決めつけてはいけない。
うちの子は上はそこそこ優等生だけど下は正直言って頭が悪い。
でも「あんたは馬鹿だから」とは絶対に言わずに、子供の得意分野を褒認めながら育てたお陰か
上より友達は多いしスポーツの得意な爽やかな馬鹿に育ってまする。

746 :!ninja:2013/09/28(土) 07:54:01.09 ID:DtoMaSdp0
俺は人間を辞めるぞ!!ジョジョぉぉぉぉ

747 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/28(土) 07:54:35.76 ID:GYlvomgE0
地元の香川県はいっさいの余裕が無い
そもそも遺伝子も、つきあってた大塩佳織のはなしに置き換えられている
どななんな、とわけがわからん

748 :!ninja:2013/09/28(土) 07:54:52.72 ID:IwrzHtZ30
遺伝子はナチスの優性思想に繋がる

完全に失敗だった

近年じゃその最大の被害者ユダヤが優性思想を謳ってる始末

749 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 07:54:55.56 ID:YGouqI2E0
成功者とお前らどこで差がついたのか
慢心、環境の違い

750 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 07:55:13.12 ID:9WdcYFcW0
学校に上がるまでの教育は親によるものだろww
馬鹿親に教わるんだから、馬鹿になるのはしょうがないよねww

で??  どーすんの??   ポルポトスタイルでもやりますか??www

751 :!ninja:2013/09/28(土) 08:02:39.94 ID:IwrzHtZ30
>>749
性への目覚めで負けた

あんなの麻薬過ぎるだろ…一度ヤッたらもう…クッ

752 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:05:34.31 ID:ijktBMw+0
狼や犬に育てられた人間は、言葉も覚えるのに苦労するみたいだ。

0〜3歳の環境が遺伝より重要。

もし、人間より優秀な宇宙人に育てられたら、人間を超えるかもwww

753 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:05:51.38 ID:HEV0B+Uo0
>>12 貧乏かどうかじゃなくて両親の教育への見方だろ?

でなきゃ、雨で貧乏な東洋系やユダヤ人が速攻でのし上がって行って
奴隷制で家庭破壊された黒人が何時までも底辺なのが説明つかん。

754 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:07:47.46 ID:Ac65NjSp0
オールドタイプとニュータイプ
ナチュラルとコーディネイター

当然お前らは(ry

755 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:08:49.90 ID:tx7qJiGXO
人生は運

756 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:10:13.20 ID:jDZND+GI0
>>9
そりゃそうだろ、男だけで子供作るわけじゃなし。
夫と妻のDNAを足して二で割ったのが子供のDNAと思えばいいんだ。
昭和55年頃以降に相手を吟味して結婚した連中の子供を見て分かったのは鷹は
鷹を産み、時にトンビも生む、だがトンビはトンビしか生まないということ。
出来のいい子供を作りたければ相手を選ぶべし。医者も国立なら53万×6年で
済むが私立だと6000万〜8000万だとか。あ、防衛医大ならタダだっけ。

757 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:13:21.40 ID:AsfH5h9N0
安倍晋三やブッシュの立場なしワラタwwwwwwwwwwwwwwwwwww

758 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:13:24.96 ID:HEV0B+Uo0
>>738 単純にヨーロッパの方が階級社会なだけかと・・・
親の環境がそのまま引き継がれればそれは遺伝と同じ

頭が良くなる遺伝子が特定されて居ないんだから
実際は親の環境がどれだけ子供に引き継がれるかを調査するだけ。
社会調査と変わりないだろw

759 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:13:59.95 ID:XNUVEx0C0
知ってた

760 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:15:23.44 ID:swmZj/Bx0
父親は地元の名士
母親は高校でトップクラス常連だった

だが、俺はただのドラ息子
できる奴はそれ自体が希だ。生まれる家の貧富貴賤など関係ない

761 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:16:49.20 ID:UIEekhdj0
どんなバカ息子でも優秀な家庭教師をつければ成績は上がる

762 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:19:29.45 ID:hXq5pPaC0
こんなこ発表したら例の方々が黙っていないぞ

763 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:22:15.22 ID:Qdypjb2x0
知能は遺伝する。

30年ローンで不動産を購入し、毎日、不動産の購入費
を払うために労働する月給生活者がいる一方で、
その何十倍もの価値の不動産を労せずに相続する者もいる。

教育も同じで、何百万も教育産業に費やしてマーチレベルの
者もいれば塾に行かず旧帝医学部にいく者もいる。

両者に共通しているのは、どの親の下に生まれたかによって
人生の価値が決定されてしまうということだ。

子どもをつくる全ての者が自覚しなければならないこと、
そして自覚したがゆえに少子化が起きていること、がこれだ

764 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:23:33.08 ID:0+gL+fPv0
海外の貧しい家庭って、日本とは基準が違いすぎるんじゃ?

765 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:25:20.47 ID:JVciOH1v0
家庭環境の差というのなら両親不仲が一番クルだろ
不安定な環境で集中なんかできん
そして勉強でもスポーツでも絶対的に不可欠なのは集中力だ

766 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:27:00.62 ID:jjvYvr2B0
境遇で人間は変わりますよね
人種や遺伝子の問題ではないと思います

全く以って正論です

767 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:27:33.77 ID:Dzfks3KZ0
知能だと言うなら一番頭が早いのはトリじゃね?
からすなんてスゴイ。
体が小さいので生物速度が速いんだと思う。
それに、彼ら悩まないし。
話が早い。
余計な事しないし。

人間の知能というのは
コレは仲間に加害すると言う性質の裏腹に生じたもので、
寿命はともあれ群の中の自然死以外をとった死亡率〜非摂食率という点であれば
コレは人間の方が大きいんじゃないか。
そう思うことは多し。

つまり苦痛という点でも、人類は賢いのか?
他にやられるのが恐怖で一番悪い事なんだろう?
どうしようもない事は悩まない。
自然/人工自然で波打つこの阿呆な知能を人工自然に持ち込まないのが、
知能だとオモ。

768 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:28:22.46 ID:ZneYThTq0
>>8
わずかに例外はいるものの
大半の人はこれだな

769 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:28:28.47 ID:fIW+J9dR0
>優秀な教師に付きっ切りで教わったかどうかと
>いった環境の違いの方がよっぽど重要なようだった

これは間違いなくある。塾でセンター講座受けて9割以上取れた
付きっ切りでもないし、勉強も確かにしたけど
頭の良い悪いじゃないわな〜って思った
まあ受けても散々だった教科もあったわけだがw

馬鹿教師からは1000時間授業受けても無駄だと思う

770 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:29:45.26 ID:cEhyaKzb0
>>769
つまり試験が間違ってると ( ' ω`)

771 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:30:30.00 ID:ENafIG5G0
知能って遺伝するの???

772 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:31:00.71 ID:2hFjfZ130
>>1
貧すれば鈍す

何を今さらと言う話ですわなw

773 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:31:09.36 ID:nY+Dd4Uu0
>>8
これを証明したのがこの記事
貧民は高水準の教育が受けられないので高IQにはなれないってこった
才能よりもめぐまれた環境が高IQをつくりだすってことだな

774 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:31:53.19 ID:6w/iexGP0
>>720
そうそう
だから最近の流れ自体は悪くはない
学区も撤廃されたしな

ただ物理的な通学距離の限界というのもあるからな
それぞれの旧学区にきちんとした一流高校があるというのが、望ましいよ

775 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:32:25.67 ID:j0XdDM7QP
共産主義が正しいという傍証だな

776 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:33:22.44 ID:Dzfks3KZ0
(訂正)

自然/人工自然で波打つこの阿呆な知能を人工自然に持ち込まないのが、
知能だとオモ。

 @ 敵対的大自然に対する阿呆な知能を人工自然に持ち込まない
¬A 友好的大自然に対する阿呆な知能を人工自然に持ちこまない

777 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:34:05.21 ID:MosYxU9PO
みのもんたは有罪だな

778 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:34:19.61 ID:6w/iexGP0
>>714
関係は大いにあるけど、
所詮は学校の勉強レベルだよ?

小学校でつまずくレベルの馬鹿じゃなければ、
反復でどうにでもなる
環境が一番大きい

779 :ココ電球 _/ o-ν ◆w48Rf4Prjghg :2013/09/28(土) 08:34:56.98 ID:0kZQqpv80
貧すればトンスル
【読み】 ひんすればろんする
【意味】 貧すればトンスルとは、国が愚かになると、排泄物を好んで食すようになるということ。

780 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:35:12.33 ID:/080hlyY0
その代わりハングリーさ、狡猾さがつくよな。
まっとうな知能が必要な場面って結構限られてくるんだよな〜

781 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:36:49.61 ID:6w/iexGP0
>>717
そういう意味とかは考えない方がいいんだよな
疑問を持たないでとにかく愚直にがむしゃらにやった方が近道

日本のお勉強は官僚養成機関だから
上からの命令に疑問を持つような子はいらない子だから

782 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:38:11.51 ID:4s1dJnR/0
>>780
素質と経験の両方が揃わないと無理ってことやね。
しかも一代ならば両方を揃えた傑出した人物がいても、その子孫が必ずしもそうはならないという。
栄枯衰退は世の定め。

783 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:39:11.05 ID:fIW+J9dR0
>>770
そうじゃねぇよ
間違った知識を平然と教えてる馬鹿教員が多すぎるって事
まあ、別に所謂、高校や大学みたいな学校教育だけに限らないんだけどさ

その機会が俺にもしあの時無かったら、とか思うとこえぇなって思う
もし同じ講座全国の奴が全員受けれたら差なんてつかんだろうなと

784 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:40:48.99 ID:f8lB2rNNO
先天的に差が出るのはクリエイティブな才能だけだろうな
ノーベル賞級の解が明らかでない問いを相手にできるかできないか
よくある筆記試験なんてのは所詮は反復練習のパターン記憶

785 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:41:26.19 ID:ePFwHW1B0
地震学者ゲルナー氏のツイートより
「「出来が悪い」学校の校長名を公表する案があるそうだ」
https://twitter.com/rjgeller/status/381944593891074048

786 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:42:31.55 ID:6w/iexGP0
>>770
間違っていようが、それを乗り越えないと駄目だからな
まあ色々と間違っているとは思うよ

疑問を持ってはいけないのだ

787 :785訂正レス:2013/09/28(土) 08:43:38.15 ID:ePFwHW1B0
>>785
大変失礼しました。お名前を間違えました。正しくはロバート・ゲラー氏でした。

788 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/28(土) 08:44:24.46 ID:GYlvomgE0
ここの子供は、せめて仕事やってから発言してくれないか

789 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:45:16.18 ID:cEhyaKzb0
>>785
ゲラさんのようだが? ( ' ω`)

790 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:45:18.10 ID:N1FfLe1Y0
2ちゃんねる的には駄目な奴は何をやっても駄目な流れになってしまうね。

791 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:46:13.92 ID:gnrjy49i0
優秀なプロスポーツ選手の血縁者から同じレベルの選手が
あまり出てこないのと一緒で、才能は遺伝子+環境の組合せ

たとえ頭が良い親でも環境がマッチしてなければ
活かしきれないのでは?

792 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:48:50.38 ID:KJWGBptQ0
まあ、勉強に集中するためには、
家の中が怒号に満ちてるとかじゃ無理でしょ。

793 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:49:06.16 ID:Dzfks3KZ0
こうなっちゃったのは敵と味方が見分けがつきにくい問いう事態からであるはずで、
コレは多分、DNAの異種排除性が緩くなった変異が人間なんだろうと思う。
似てるけど違うと言うのが沢山出来るからだったと思えるんで。

でこれを混ぜても決まらないのは日本社会実験診ても判るとおりでw
構造へのフィードバックとしての社会的知能が生じたんだろうと思う。

近代日本とは、社会構造と知能構造を独立させた系における進化実験であったと看做せる。
碌でもない。
砂漠なんざは、アリャ開放系でしかも武力自由だったから群として収束したんだと思うよ。
日本は閉鎖系で話が違う。
しかも、言語領域と現実領域を切り分けていないから、プラズマみたいに同期する。
言語領域での武力自由なら収束もするだろうが。
この場ではどちらも無理だよ。
何処のどいつが考えたのやら。

794 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:51:41.04 ID:1stTbdJX0
>>1
麻生太郎のレベルはもっと低いよね〜〜ww
幼稚園レベルの麻生

「まずはファンドを20億と30億、合計30億立ち上げる」 簡単な足し算もできずw
「第二次世界大戦は真珠湾攻撃で始まった」ww http://jp.youtube.com/watch?v=SmHrOJg81x8
・踏襲: ふしゅう http://jp.youtube.com/watch?v=r6DrKUiGKuw
・詳細: ようさい http://jp.youtube.com/watch?v=WDpwjCUDtKI
・怪我: かいが  http://jp.youtube.com/watch?v=LuhFrhPv6lg&fmt=18
自ら「学習院でビリから5番目以内だった」と語る麻生w謙遜かと思いきや裏口入学で裏口卒業w
自ら「新聞は読まず漫画を週に20冊も読破する」と語る麻生w頭の弱いB層に「俺たちの太郎」と共感を持たせるための方便かと思いきや頭が悪すぎて新聞を読めないだけww
小学生並の頭じゃ新聞より漫画がおもしろいよなあw
いまだに防衛大臣を「防衛庁長官」と言ってるしw まともな本も読め!
03年総務大臣就任記者会見 「2005年まで地方・中央省官庁含めましてITいわゆるフロッピー等々で、これをつなぐ。大量に必要としました書類がフロッピー1枚で全部できる」w
http://jp.youtube.com/watch?v=r9giYCIOY4w
外務大臣時代は金正日の名を覚えられず「キムなんとか」w ロシアを「ソ連」wこんな馬鹿はマンガ頭の麻生だけw
http://www.youtube.com/watch?v=gAFugVFnE5I
麻生の能力で外交は無理w子ども扱いされて金を巻き上げられるだけww麻生の中学時代は144人中の142番目(「とてつもない日本」)
ハハハ                                イキデキネーヨ
   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ハライテ-       ゲラゲラ
   ( ´∀`) < わははは         ∧_∧       〃´⌒ヽ       モウ カンベン
.  ( つ ⊂ )  \_______   (´∀` ,,)、      ( _ ;)        シテクダサイ
   .)  ) )   ○   ∧_∧      ,, へ,, へ⊂),     _(∨ ∨ )_     ∧_∧ ○,
  (__)_)  ⊂ ´⌒つ´∀`)つ    (_(__)_丿      し ̄ ̄し     ⊂(´∀`⊂ ⌒ヽつ
           タッテラレネーヨ
札幌オリンピックの開会宣言で「かっぽろオリンピック」と言ったヒロヒト以来のDQN

795 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:53:41.30 ID:cEhyaKzb0
>>791
まあアレだ。長嶋一茂とか野村克則みたいに、ある程度まではいけるけど、
超一流でないとぼんくら扱いされちゃうんでしょ ( ' ω`)

796 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:57:10.83 ID:6w/iexGP0
>>780
でもそんなもん今の社会にいらないケースも多いよね
新しく商売でもやるなら必要だけれどね

>>791
プロスポーツはデカイ身体が資本じゃん
大分確率は下がっちゃうよね
克則は身体が小さすぎたし、
一茂は身体は良かったがメンタルが弱すぎた

それだけでしょ

797 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 08:57:26.49 ID:nY+Dd4Uu0
>>791
室伏さんという例外もいるけれどね

798 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/28(土) 08:57:47.23 ID:OaVdsdOfI
いいから、仕事の話しろ
本田の一派

799 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:02:35.53 ID:rHNKgw+iO
>>42
日本は血統を重視してる。
つまり才能を重視しているということだ。
アメリカはその逆。
金持ちが海外の養子を育てたりしているのをみれば分かる。

800 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:02:38.89 ID:6w/iexGP0
>>797
室伏はスポーツ選手同士の結婚で産まれた子だろ?

野球選手は人気者の上に金持ちだから
みんな顔のいい華奢な女と子作りしちゃう

例えば田中まーくんも里田まいとかいうやせ形の女と結婚したわけだけど
レスリングの女性アスリートと結婚した方が
明らかに確率は高いよね

801 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:03:37.42 ID:6beu5TMR0
どんなものでも遺伝子の影響から逃れられない。
空を飛びたくてもそれが可能な遺伝子がなければ無理。

が、環境要因が大切なのも当たり前。絶望的に餌がないとか
羽を広げられる空間すらないところで育てば飛べなくなるだろう

遺伝子的に不利だが補える範囲のものならば環境次第で
なんとかなるかもしれないってだけ。

が、トップアスリートを見ればわかるとおり、もうソッキンチキンの比率やら
なんちゃら分解酵素とか遺伝子レベルで有利な人間が環境要因も整えれば
もうぶっちぎり最強なのは明白 

知能の場合も、知能の定義とは何か?どのような能力を知能というのか?
とか細かく分析していけば、同じ結論に至るだろう

802 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:07:29.08 ID:6beu5TMR0
>>800
室伏の父ちゃんは、世界に通用するスポーツ選手に育てたいという目的を
もって奥さんを選んだそうだね 凄いおっさんだw

803 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:13:06.04 ID:HRMW46ye0
>>799
日本ほど環境を重視してる国はないでしょ
海外の先進国は才能重視だよ
貧乏な才能ある人と、金持ちの才能なし、だと海外では前者を選ぶ、日本では後者を選ぶ
つまり、日本はコネや金が重要なのに対し、海外の先進国は才能重視
日本のそれは発展途上国や中世の身分社会の発想

804 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:14:26.08 ID:oD3xuCqT0
貧家に孝子出ずる、というのを知らんのか。

805 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:15:40.80 ID:DcvC6Bgx0
>>803
それは嘘だな。
才能の判別って難しい。才能を判別する才能が必要だしな。

806 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:17:51.71 ID:6beu5TMR0
全てにおいて万能って人もいないだろう。
また、全てダメって人もいないだろう。

何かに秀でたいと思ったら自分は何が優れているか知ることが
何より大事そうだ。

807 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/28(土) 09:17:55.04 ID:GYlvomgEI
ここでものになりそうな餓鬼が一人もいない県

808 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:19:31.77 ID:Nwe2SOWi0
環境が過酷であれば、環境の要素が大きくなるけど
今の日本程度のぬるい環境であるなら、圧倒的に遺伝子の要因が大きいよ。
もう生まれたときに勝負が付いてる。

809 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:19:45.98 ID:gnrjy49i0
>>803
戦国の世だと、どこの馬の骨とも分からぬ輩を
身内に入れると大変なことになったからだよ

血筋を大切にするのは、家という日本文化の名残りだ

810 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:19:46.12 ID:6w/iexGP0
>>799
アメリカに夢見すぎ
養子をとるのはやっかみやバッシング防止のためでもあるんだよ

どうせ下の世話とか育てるのはベビーシッターだし

>>802
どんなに野球の才能があっても
プロレベルの身体とパワーがなければ
絶対にプロでは活躍できないからね

分かりやすく言うと骨細の華奢な身体ではプロ野球は絶対無理
ある一定以上のガタイは不可欠

811 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:23:08.49 ID:rHNKgw+iO
>>136
しかも生活面でも破綻していたという。

812 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/28(土) 09:25:04.10 ID:GYlvomgEI
清原さん

こんな、提案も低案もできん餓鬼相手やめたら?
俺も年くったし関東はもう壊滅やろ

813 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:25:06.70 ID:ODXImqAu0
馬もただたんに速かった馬混ぜてもだめだし
優秀な遺伝子を生み出すため人間にも何か相性があるはずだ

814 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:28:28.74 ID:gnrjy49i0
>>813
料理でも、高級食材同士で作っても美味いとは限らないしな
組合せと調理法のバランスが大事

815 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:29:30.76 ID:rHNKgw+iO
>>151
禿同。
今なら半導体の研究開発設計ができる頭のいいひょろひょろした人よりも
オリンピックの施設整備、環境整備のために道をほったり、
コンクリートを流し込める 筋力のある人の方が求められてるもんな。

816 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:30:33.64 ID:N8nGYQJ/0
環境もある意味、遺伝ではなかろうか?

817 :あかん:2013/09/28(土) 09:30:53.90 ID:15J/EdXu0
主観だろオヤが金持ちで犯罪者のみのもんたもあるが
もともとバカのばあい金持ちで教育受けさせられて
伸びる場合はある

818 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:31:40.83 ID:QyJaD9HD0
>>741
怒られた記憶なら山ほどあるけど、褒められた事なんて無いな。
勉強の出来なんて興味が無い親だったし、いつも他人の子と比較してばかりで
欠点を探して小言や文句しか言わない。
教師や他人の親が褒めても否定的で、多分、うちの子はダメな子でなければいけないんだったんだろう。
才能? なにそれって家庭。

こんな家、自分らの代で終わっていいし、墓作って供養とかいらない。
他人を僻んで傷つけたり犯罪を犯す事さえしなければそれでいいわ、もう。

819 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:31:59.40 ID:4s1dJnR/0
論理的なことは優れているがややコミュ障気味の男性が、社交性に富んだ嫁さんをもらって子供が生まれると
うまくいけばいいとこ取りになるな。逆もある得るが。

820 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/28(土) 09:33:15.53 ID:GYlvomgEI
>>819
潰した臭いに

821 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:35:30.91 ID:9WdcYFcW0
>貧乏な才能ある人と、金持ちの才能なし、だと海外では前者を選ぶ、日本では後者を選ぶ

おおうそ

822 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/28(土) 09:37:13.41 ID:GYlvomgEI
いいわけすんな

823 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:37:38.55 ID:6w/iexGP0
>>804
それいつの時代の言葉?

>>809
日本の回りはろくでもない国しかないしな

>>816
人間は親が18年は育てる慣習だしな

824 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:37:49.32 ID:DcvC6Bgx0
才能は遺伝子の欠陥だって。

825 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:38:20.70 ID:y2Ogch1p0
環境がよければいいなら、小学校から東大法学部
の家庭教師をつけて私立小に通った安倍さんは
どうなんだろうね。
親、親戚ほとんど東大なのに

私立小出身で関東学院大学にしか入れなかった小泉とか。
兄は日大中退だっけ。

遺伝の方が大きい。

826 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:39:14.17 ID:9WdcYFcW0
結論は自己責任ってことだなww

827 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:39:55.47 ID:ZXfwFvaK0
バカは環境で遺伝する

DQN名つける親の影響受けたこともがDQNである可能性がきわめて高いので人事担当者は機械的に名前見てふるい落とすのが今や常識ですが

828 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:39:59.57 ID:Qdypjb2x0
今は普通教育の普及で標準的な教育環境は
整備されてる。同じ教育を受けた者同士を
比較した時に、上位0.1%以内に入る人間を
抽出したら、やはり親の遺伝子が圧倒的な
影響力をもつんだよ。
灘中に通ってた時、同級生の親は大半が
医者だった。
同じH学園やN能研に通っていながら、
同じ教材を使用していながら、差がつく
としたら、その要因は遺伝子なんだよ。

問題は、政府が国民にその事実を
公的に認めないことだ。
近代以降の社会は、個人の意思を
最小の構成単位として構築されていて、
個人の自己決定によって生じた格差は
自己責任であるという考え方に依拠して
いる。しかし、格差が自己責任ではなく
遺伝子を理由とするなら、格差の原因は
「知能が遺伝することを教えなかった政府」
や「子の敗北を予測しながら子をつくった親」
にある。政府について情報不提供による詐欺が
成立する。
社会構造自体の矛盾が露呈するから、
政府は知能が遺伝することを認めないんだよ。

829 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:41:02.59 ID:DcvC6Bgx0
>>825
ある種、家庭環境だろ?w
俺は選ばれた人間だ、こんな下郎にものを教えてもらうなんて出来ぬ!
とか思ってると勉強なんて出来んw

830 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:41:24.03 ID:9WdcYFcW0
>>828
じゃあやっぱり自己責任じゃんwww

831 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:41:48.82 ID:6w/iexGP0
>>825
環境が恵まれ過ぎてて結果勉学には良くなかったってパターンもあるだろ

結果二回も総理大臣になってるわけだから
学歴どうのこうのなんて次元じゃないけどな

学歴が一番大事ならずっと鳩山由紀夫総理大臣にしておけば?

お前みたいな学歴もない馬鹿が
学歴しかない馬鹿ほど学歴にやけにこだわる
これ真理

832 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:43:37.38 ID:EskE/O0r0
>>715
報酬を貰えるっていうのは環境ではなく競争だよ
小さな競争の中から勝者が生まれてその先に進めるのは一握り
戦争と同じだよ
撃たれる人間を犠牲にして前に進んだ人間が生き残る

833 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:43:58.68 ID:fgquX4/J0
この記事、元は英文なんだよね。
海外の貧困と日本の貧困には、かなりの差があると思うがね。

834 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:44:51.00 ID:TMYPNNok0
衣食足りて礼節を知る。

835 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:45:09.19 ID:QhaYoNtx0
そりゃあ磨かなきゃ原石だってただの石だわなw
IQに極端な開きのある幼児被験者に対して
低いほうに高度な教育、高いほうには最低限の教育
を施した場合どうなるんだろう?
低いほうは「それなりに」は、伸びるだろうが突出はしないだろう
高いほうは最低限切っ掛けを与えたら、あとは自主的に学んで
結果教育の成果以上になりそうだと思うんだが・・

836 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:45:19.85 ID:DPnmzIUA0
>>828
灘中学に通って(=極めて良好な学習環境が保障されていて)この程度の論理展開

ということは逆説的に、この説の正当性を立証してるのだろうか。ううむ

837 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:45:55.21 ID:zXMVC+Pc0
>>818
そこまでわかってんなら、自分は褒める子育てすりゃいい
親の真似をしなきゃならない理由なんてないよ

838 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:45:57.34 ID:DcvC6Bgx0
でも、知能自慢しても、毎年何千人と入る東大から、毎年何千人もの
人間が学者の才能無しとされて社会に放り出されてる現実。

839 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:46:30.33 ID:y2Ogch1p0
>>831
残念ながら少なくとも安倍よりは
はるかに高学歴ですよ。
公立出身だけど。
ネトサポだろうけど政治の事なんて
言ってないのにあわてて哀れだね。

840 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:46:31.35 ID:ZXfwFvaK0
学歴厨って他にほこる物がないから必死に偏差値偏差値いうからね
実社会でまったく役に立ってない窓際やニートが実は俺はすごいんだぞ、だからもっと敬えとヒステリーおこしてる
どんだけテストで100点取ろうとGDPに貢献するわけじゃない
社会の役に立って売り上げあげて初めて意味があるのにそれができない役立たずの無能という事実を受け入れたくないんだろうw

841 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:47:17.69 ID:HRMW46ye0
>>838
才能あったらサラリーマンなんてならないだろ
基本的に優秀な奴は学者狙いの一本だよ
医者を継ぐやつとかはいるけど

842 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:48:31.23 ID:946AgsVA0
うちの田舎のケースだと
先祖が豪農or地主or裕福な商人→末裔はだいたい勝ち組
先祖が小作人、戦後の農地改革で都市近郊に土地ゲット→末裔はまぁ勝ち組
先祖が小作人、戦後の農地改革でろくな土地を得られなかった→末裔はほぼ負け組w

843 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/28(土) 09:49:04.30 ID:GYlvomgE0
>>790
あほんだらのことか?

>>834
おまえにはまだ足りないのか?

844 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:50:12.19 ID:hBcqohW3O
>>825
無駄な受験勉強せずに総理にまで登りつめる家庭環境にいただけだろ。

845 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:50:51.45 ID:EskE/O0r0
>>724
性格調査じゃなく知能の話しなんですが?
性格がクズでも慶応でしょ

846 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:51:37.17 ID:OYuiM7oL0
貧乏人は馬鹿というのは同意

847 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:52:37.88 ID:HRMW46ye0
だいたい10分喋ればその人の知能レベルはわかる
で、上流階層では金のあるなし、じゃなくて頭の良し悪しがステータスだ
いくら高い金かけて身なり整えても、喋ってる内容がアホだとフーン、っていう社会が真の知的上流階級
そもそも価値観が全然違う

848 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:52:43.52 ID:zXMVC+Pc0
>>838
学者になりたくて東大行くわけでなし…

849 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:53:07.86 ID:TMYPNNok0
>>843
君には足りてないようだね

850 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:53:19.96 ID:+gXkirl30
マンガでよくある勘違いした無能なバカ貴族の息子の現代版だと自覚していないやつらが多いようで

851 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:53:23.88 ID:XIJzPRB30
麻生や安倍を優秀と評価する日本がおかしいだけだろ

852 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:54:48.71 ID:PNtzNz/D0
>>1
松下幸之助とか貧しい環境から一代で偉人になった人たちに謝れ。

853 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:55:33.81 ID:cEhyaKzb0
>>851
じゃあ誰が優秀なんだね? ( ' ω`)

854 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:55:43.79 ID:jJC1Q4Db0
知能遺伝子ではなく価値観の問題だと思うけどね。
高学歴家庭に生まれたら高学歴を目指す。
低学歴DQN家庭に生まれたらフランスに渡米を目指す。

855 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:55:53.86 ID:eYzlQ9h50
>>847

知能じゃなくて教養というよねその場合

856 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:57:21.76 ID:HRMW46ye0
>>855
教養というのはオブラートに包んだ言い方
物を知らないというのは破れた服を着てるほど恥ずかしいこと
海外でもそうだった

857 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:57:56.33 ID:6beu5TMR0
誰でも遺伝子の影響から逃れられないとは書いたが
諦めろと言うつもりはないぜ。

医者にしたって、医者になる為の能力は優れていても
実際に医者をする能力的にはどうか?とかあるわけだ。

例えば外科医やってみたら手術に必要な手先の器用さが絶望的になかったとかw

万能な人はいない。全部ダメって人もいないだろう。
自分は何が出来るか?何をしたいのか?
不得意なものは得意な人に任せて、得意なものでガンバるとか
自分が出来ることをやる。 

まとまらないがとにかくオマイラ頑張れってことだw

858 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:57:56.42 ID:y2Ogch1p0
>>844
平沢が理解力がなかったとかもの覚えが
よくなかったみたいな事をいってたような。
家庭教師が悪かったと突っ込まれた時に
そう答えていた。
俺が家庭教師やってなかったらもっとわる
かったかもしれないと

859 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:59:08.32 ID:PNtzNz/D0
>>1
親がどういう生活習慣してるかも調べないとダメだろ。
日本なら親がパチンコばかりとかじゃ子供がバカになるだろうに。

860 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:59:09.98 ID:hBcqohW3O
>>851
それでも民主党の馬鹿議員と比べたら格段に優秀だったな。

861 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 09:59:30.02 ID:DcvC6Bgx0
>>848
でも、基本的に大学って学者の才能の選抜、育成、研究をする
場だとは思うけどね。
科学技術の進歩が国力の増加に密接に関係してるから。

862 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/28(土) 10:00:29.79 ID:GYlvomgE0
知能には、暗黙知と形式知とがある

暗黙知はカネにならない
形式知はカネになる

日本はそれなりカネがあるが形式知ばかりだからだ
で、暗黙知は数量化や可視化されない、できない
なぜって俺の女のソープねただから

863 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:01:04.24 ID:HRMW46ye0
>>859
そもそもこの社会経済地位というのがそれを含んだもの
それを貧乏としてる子のスレタイがおかしい
親が喫煙してるとか、犯罪率の高いところで育ったとか、単に貧乏以外なものも色々含まれている
まあ日本じゃあまり関係ないこと

864 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:01:05.01 ID:DPnmzIUA0
>>847
>で、上流階層では金のあるなし、じゃなくて頭の良し悪しがステータスだ

当たり前。彼らの階層では、最低限の金があることは足きり要素。
全員が充足している条件は、内部での序列を左右する要素たりえない

865 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:01:13.63 ID:/gFwiaFt0
>>72人間の一生って胎児時代から始まっていると思う
クローンを代理母が産んだとしても、生まれた時点で本体とは違いそうだ
代理母になるような人は貧乏で無教養な女性が多い
お腹にいる托卵された赤ちゃんをうとましく思い、ストレスまみれだったら
胎児もストレス物質が脳にいきダメージを受けるよ

本体は母親に愛され生まれてくるのを楽しみにされた胎児だったら
かなり変わると思うな
ドイツでは戦争中に夫をなくし、その時妊娠中だった女性の産んだ子供が
成長して同性愛者になる確率が高かったそうだしね

866 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:01:40.31 ID:+gXkirl30
東大って受験オタの隔離施設で
研究分野じゃ実績上げられないんだよね
正直いらんだろ

867 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:01:47.65 ID:K1gTWtgJ0
5歳で大学の数学解けるとか
そういうのが遺伝子だろ

それ以外はたいして違いないな
環境次第

868 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:02:43.78 ID:9WdcYFcW0
結論  貧乏人は自己責任www

869 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/28(土) 10:04:50.59 ID:GYlvomgE0
>>868
そうだよ

自己責任とは
政府発言無責任
警察のいうこともいっさい効かなくてよい
だってそれどころじゃないからね

870 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:05:25.28 ID:hNiYIp9E0
>>851
民主党や社民党やみんなの党の連中が低レベル過ぎるだけだからな

871 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:05:35.28 ID:hBcqohW3O
貧乏だから馬鹿なのか
馬鹿だから貧乏なのか

872 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:05:56.63 ID:K1gTWtgJ0
そもそもこいつには絶対何をやっても適わないと思うようなのが遺伝子レベル

つまり生粋のエリート様だ
同じ環境同じ勉強同じ運動をさせて違いがあまりにも出るというのがエリート様
努力して上まできたエリート様は凡遺伝子

873 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:06:59.44 ID:+gXkirl30
>>870
選挙って相対評価だし
それしか選択しないなかでベター選ぶ物だって現実しらないんでしょうね
自分で立候補しろってしかいいようがないよね

874 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:07:03.90 ID:9WdcYFcW0
>>869
それで警察から射殺されても自己責任www

世間から区別されても自己責任www

875 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/28(土) 10:10:36.28 ID:jXcNnirW0
>>870
自民党が女の強姦やってるだけだろ
不正選挙でどこまで先が続くか、俺は無理と断言できる

>>874
警察の口径では殺害は無理なんで、陸自呼べ



もっとも、陸自のでも俺しななかったけどね
もうきっちり筋は立てたし、国すててアメリカにミサイルとしてつきささってくるぜ

876 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:11:16.65 ID:iHrN15vH0
とんびの子はとんび

877 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:12:16.71 ID:+gXkirl30
>>875
警邏のおまわりさんが石灯籠で殴りかかった強盗シナ人や車上荒らしの共犯者の朝鮮人射殺してまつが

878 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:12:27.52 ID:gnrjy49i0
>>831
職業適正は、学力とイコールではないからな
その職業につくにあたっての条件と適正は別物

879 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:13:02.13 ID:BZGTYU5r0
>>851
いや、そこを優秀って言っちゃうのはネットの一部だけだろ・・・

880 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:13:23.91 ID:Pqrcy22R0
>>871
両方じゃない?だから「遺伝」なんだと思う

881 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/28(土) 10:13:26.75 ID:jXcNnirW0
>>877
意味不明、警察そのものがやってるだろ

マジこの国からも中国人からもいっさい学べ無いんだよねえ

882 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:13:54.87 ID:4z93g/Bs0
みんなが貧乏だった時代の高卒おじさんって
地頭のよさそう人結構いるからなあ

883 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:14:54.56 ID:+gXkirl30
>>878
黙々と忍耐強く同じ事繰り返してマニュアル暗記して間違えないのとってライン工とかハンバーガー屋の店員の適正だけど
高学歴の多くが時給800円の非正規に向いているという事実w

884 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:15:47.89 ID:9WdcYFcW0
>>881
シナチョンww日本語めちゃくちゃww  何を言ってるのかわからねえwww

885 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/28(土) 10:16:26.66 ID:jXcNnirW0
>>884
意味不明

おまえが中国人の日本国籍横領者のくせに

886 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:16:35.91 ID:4xdx7aEe0
そして高い学力をも無為無駄にするサヨク思想、、、

887 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:16:59.35 ID:JlqH64Fa0
野球がいくらうまくても小学校から良き指導者に恵まれるのと高校からとでは雲泥の差
田舎では指導者が現れるなんて皆無だからな
せいぜい草野球の好きなおっさんで終わる

888 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:18:25.62 ID:cvdlmj+8i
>>883
なにいってんだこいつ

889 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:20:03.16 ID:zNHsl7dM0
>>818
あまりいいポストにいないだろ?
人使うにしても、褒めてつかったほうがよく働く。叱って育てられたから、仕方ことだけど、負の連鎖やな

890 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:21:55.74 ID:gnrjy49i0
>>882
低学歴でも歴史に名を残し、後の世に影響与えまくった
(良い影響ではないが)総理大臣もいれば
東大卒でも世間からバカにされまくった総理大臣もいる

適正と学歴はイコールではないとはそういうことだ

891 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:30:40.23 ID:nY+Dd4Uu0
型にはまらない天才ってのは東大にはいけないからなぁ

892 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:30:44.42 ID:9qWlWeR80
ポップスやロックとかヒップホップみたいなんしか聴かない親だと
子供はクラシックとか聴かないしコンサートにも行かない。

893 :4S原発はよ!!:2013/09/28(土) 10:32:47.23 ID:B4huhlam0
.



  不都合な真実



生まれながらにして人は平等ではない
どこまで行けるかは環境が決定する

分を知る事は大事

894 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:33:27.76 ID:WyY9bqqk0
>>890
>低学歴でも歴史に名を残し、後の世に影響与えまくった
>(良い影響ではないが)総理大臣もいれば
>東大卒でも世間からバカにされまくった総理大臣もいる

どっちも中国に利用されただけのカス

895 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:33:29.68 ID:w+5Gsks+0
機会を与えるのも環境だしな

いくら素質があっても機会が恵まれなければ無学貧困のままだ

896 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:35:32.82 ID:3zrQZieti
>>841の1に該当するけど、親戚筋は多様だぜ。例えば親が公務員の三人兄弟が

勉強苦手→地元でガテン系→普通に所帯持ち→工務店経営
勉強得意→工学系の学者→普通に所帯持ち→助教授
勉強普通→メーカー技術者→水商売の台湾女にハマって豹変→親と喧嘩→女と台湾に逃亡→自殺

897 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:35:56.66 ID:7D908XP20
>>892
色々な人種がいるブラジルでの話だが、
東アジア系(日系、華僑、コリアン)は、アートに興味を持たないそうだ。
ブラジルでは少し裕福になれば、週末に美術館や演劇、現代アートを家に飾ったりするのに。

伝統的文化があるんだろうな。

898 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:36:12.67 ID:HJQOevYE0
環境なんか関係ないと言ってる人はアフリカの少数部族に生まれても今と同じぐらい裕福な生活が出来たとでも言うのだろうか?

899 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:36:28.36 ID:tI3AWZfI0
アメリカの貧困〜富裕の格差と
日本の貧困〜富裕の差って規模が違うからなぁ…

900 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:36:29.35 ID:y2Ogch1p0
環境がよくても才能ないとダメ。
才能あっても環境悪いとダメ。

まれに環境悪くても才能があって大成するが
逆はないよ。

901 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:38:09.02 ID:w+5Gsks+0
まあ、ゾマホンなんかも貧困家庭出身だけど
父親が教育熱心だったから学校には何としても通わせたそうだ

もしそうでなかったら今の自分はいないと本人も言っている

902 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:40:50.11 ID:3zrQZieti
>>896訂正
×>>841>>842

903 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:42:15.42 ID:w+5Gsks+0
だから日本の教育体制は理に叶ってると言える
一般人と秀才で大多数を固め落ちこぼれを極力減らすってのはな
アメリカ的な天才は出てこないけど、文武かかわらず天才もきっちり輩出してる

904 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:42:39.99 ID:9qWlWeR80
>>897
芸術観賞こそ親が与える環境だと思う。裕福になれば日本でもブラジルでも
それは変わらないと思う。子供のうちから色んな音楽聴くとやっぱ相対音感とか
養われるし(絶対音感頼みの耳になってしまった子はこの限りじゃないけど)
でも、興味からではなく、教育の為とかいって必死で聴かせたり見栄の為の
クラシック音楽だったりするとそれは子供に必ず良い影響を与えるとは
限らないって思うけど。自然と持つ興味、関心これが一番大切だと思う。

905 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:44:25.19 ID:7D908XP20
でもさ、家が貧乏でもセンター試験があり、立身出世って物語が昭和にはあったわけじゃん。

科挙制度だって、本来は埋もれている輝く遺伝子を抜粋する制度だったはずだろ?

今でも、学校の制度を変えれば、「金持ちの子であれば、頭が悪くても上に到達できる」ものから
「金があってもなくても、そのしくみのなかで努力すれば上に到達できる真の実力制度」に変えることは出来るはずだと思ってる。

ただし、いくら制度を変えても、金持ちの家は優秀な家庭教師を雇うからどんなしくみの中でも上位に食い込んでくる気もする。

真の実力主義で真の学力を測ることは可能なのか?

906 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:45:25.53 ID:3NCUsMxi0
金持ちDQNや金持ちビッチや金持ちで馬鹿なんてドラマの世界の話だと思ってたよ。

907 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:47:53.57 ID:9qWlWeR80
>>905
そういや貧乏アパートから東大合格者が出た!
みたいなん、昔ほど聞かなくなったな。

908 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:49:42.98 ID:7D908XP20
>>904
裕福な東アジア系ブラジル人でも、美術館には一切行かないんだとさ。
アート関係のイベント行くと人種がハッキリ白人系ばかりになるって。
音楽関係は黒人系ばかりになる。
いずれにしてもアートにアジア系は少ない。

東アジア系は子供への勉強の必要性を認識しているが、芸術は後回しになってる。
特に移民するような苦労した家庭の子は実利主義なんだろう。

909 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:49:51.13 ID:9hJC+sbb0
生まれた瞬間、人の性能は決まっている
環境はどれだけMAX値に近づけるかの問題。

910 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:49:54.44 ID:9WdcYFcW0
おまえで逆転不可能なら、次の世代でがんばれよww  次の世代があればなwww

911 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:50:04.06 ID:rHNKgw+iO
>>633
ホテルの廊下で舞妓にちんぽをみせてるところを
週刊誌にとられた歌舞伎役者が人間国宝なんだから
借金だらけでも気にしなくてよかったのに。

912 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:50:17.61 ID:8oZVW3530
胎児期のみならず幼年時代の栄養補給が充分でないと脳の発達に影響が
あることは今では皆知ってること。
だからこの時期の公的補助は世界の主要な国ではみな行っている。
ところが日本の自民公明政権は民主党が進めようとしたこの当たり前の
政策を後退させている。日本人の平均知能を下げようと言う行為に等しい。
人的資源が日本の運命を決めるんだから、世界一教育環境が充実していなければ
ならないのに、競争ばかりさせる環境が整ってるだけ。
つまり競争をくぐり抜けてきたトップ集団だけがこの科学技術日本を引っ張って
くれれば良いという政策だ。
彼らがどんどん海外に移住してしまう現実は”想定外”などと言う低知能を許せるか。

913 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:51:57.41 ID:9qWlWeR80
>>908
まあ、金があるのと芸術に関心があるのとは一緒じゃないからな。
金があっても分かりやすいベタなのが好きなやつってたいていそんな
感じの家だろうね。

914 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:52:41.77 ID:w+5Gsks+0
>>905
昔の科挙制度も、今のセンター試験もその時代の実力を計る尺度でしかない
その尺度が全ての眠れる才能を掘り起こせることはない
不幸なことだが最適解があるとして実行するのは極めて困難だろう

真の実力を越えたところでいつの時代も余計な人間の思惑が働き適材適所を妨害してきた
科挙で言えば儒教、今で言えば学閥がそうか
残念だけど時代を牽引する一部の連中が階級を作り出すことは避けられないんだよね

915 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:54:05.61 ID:Sf8RJ4WF0
1000万人に1人くらいならいると思うぞ

916 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:56:03.72 ID:gnrjy49i0
>>633
野口英世タイプ、野球で言えば長島茂雄みたいなそれ以外
できない天才は他人が世話してくれるから
能力特化型で、生活に対して無頓着な人が多いな

917 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:56:11.52 ID:eYzlQ9h50
>>905
>真の実力主義で真の学力を測ることは可能なのか?

無理。高校から上の「実力」「学力」は環境に適応する能力と環境を変える能力の両方で、
置かれた場所ごとに違う。
単一のものさしに乗せられないし計測できない。

918 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 10:56:32.38 ID:nY+Dd4Uu0
>>907
親の所得の高さは東大が1位だからなぁ

919 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:01:27.32 ID:HTKnFr6v0
昔は教科書丸暗記すれば東大でも合格できるようになっていた
いまのうすっぺら〜〜〜な教科書になってから
塾全盛招いたんじゃないか?
よってより金もかかるようになってしまった

920 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:05:27.22 ID:7D908XP20
H.G.ウェルズのタイムマシンなどのディストピア小説を読んで以降、
金持ちと貧乏人、知性と反知性の二極化が怖くてしかたがない。

誰か共感してくれるかな。

だから、>>828の「灘中学に通っている子息の親の大半が医師」なんてのを読むとゾクッとする。

921 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:08:09.88 ID:9WdcYFcW0
>>920
そりゃ幼稚園のころから医者をめざしてがんばってる奴と
へらへら遊んでいる奴との差 ってだけだろwww

おまえも幼稚園の前から必死にがんばればよかったんじゃね??

922 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:12:42.78 ID:83CBPN3x0
生きてるだけで頭良いのであって、
それ以外のことは誤差みたいなものだから、
こういう結果になるだけ。

923 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:12:51.67 ID:y2Ogch1p0
東大の苅谷剛彦教授の著書『大衆教育社会のゆくえ』(中公新書)によれば、
20年以上前から東大生の保護者の職業は医者、弁護士、大学教授などの専門
職や、大企業・官公庁の管理職、中小企業の経営者などの「上層ノンマニュ
アル」が約7割を占めているそうです。つまり、経済力以上に見えない力が
必要なようです

他にも社会学で学歴を扱った専門書にあたればこうしたデータを見ることが
できます。もちろん、保護者の年収が450万円以下でも10%以上が東大生に
なっているのも事実です。勉強や教育を否定してはいけないのですが、研究
サイドからは「やればできる」を否定するデータが多いです

924 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:12:54.45 ID:4L8JCVXG0
【エリート】の定義

20代でベントレーやランボルギーニを所有し
腕時計は100〜200万クラスを身に付け、預貯金は3000万以上

30代で資産・年収をさらに伸ばし
億ションや都内中心部に一戸建てを購入。

40代で資産総額10億以上あり、隠居しても困らない人生

↑ ↑
この条件を満たしてない奴は社会的地位の高いエリートとは言えない。

例)毎年一軍にいて、30代で10億近く貯め込んだ野球選手、芸能人
  居酒屋チェーンやブランドショップ、パチンコチェーン、携帯ゲームサイトなどのIT実業家
  ダイエット食品、美白化粧品販売業、アパレル、不動産業、人材派遣業などの実業家
  
こういった人生を送れない、サラリーマンや学者官僚、裁判官などの勤め人は
とてもじゃないが知能や社会的地位は高いとは言えませんww

社会的地位=資産額・年収の額 なのは世間様が認める厳然たる事実だからだ。

925 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:15:02.88 ID:OfYTKlgf0
貧困層に生まれた奴はその時点で負け確定だから勝ち組を殺して自殺でもして社会を変えていくしかないってことだな
死ぬまでずっと負け組み確定なんだから

926 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:16:51.33 ID:9WdcYFcW0
>>925
でもゴミって周りにもゴミしかいないから、結局ゴミどうしの殺し合いになるんだよなww笑えるww

927 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:18:21.34 ID:4L8JCVXG0
みのもんた
古館
宮根

彼らの方が、日銀総裁や財務次官、東大総長よりも遥かに金持ちな時点で
社会的地位が高いと言える。

それに、霞が関の官僚や丸の内のサラリーマン社長
どもよりも、
若くして億の年収を何年も稼いでいて、40歳で隠居しても充分暮らせる
ようなエリートたちには

野球場や競輪場で会うことができるんだから
元気いっぱい活躍する姿を目にしたら、誰だって憧れるよな。。

928 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:20:19.79 ID:rHNKgw+iO
>>882
団塊世代でも頭のいい奴らが全員進学校へ行っていたわけではなくて、
工業高校へも行ってて、
工業高校は全県模試でも進学校並みの成績だったみたい。
(進学校へ行く人は大学へ行ける金持ちボンボンであって、
頭がいいから進学校へ行くという概念ではなかったらしい。)

929 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:22:06.51 ID:3uxFFIADP
>>919
要は教師が自己の身分保障と自由と平等のはき違えを主張し始めた為
教育内容が薄くなってしまい
義務教育ではまともな教育が受けられなくなり
必然的に塾が必須となってしまった
当然貧乏な家庭に生まれては十分な教育は受けられず
その後の人生もほぼ決まってしまう

やはり人生を左右するのは経済力だ

930 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:22:28.32 ID:tv1KNAPW0
>>927
つまりルーピーは超絶エリートであると。

931 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:23:03.50 ID:xtxEGyrm0
小学校で勉強の楽しさ大切さに早く気づけたらそこそこの地位まで行けるよ。
大体は公立の中学進んで、カースト上位のDQNに妨害やら染まって転落する。

932 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:23:26.68 ID:rHNKgw+iO
>>901
ボビーは日本語能力も高いし、
絵が異常に上手。
すごい才能の持ち主だわ。
アフリカにもすごい人はいるね。

933 :4S原発はよ!!:2013/09/28(土) 11:25:14.75 ID:B4huhlam0
>>905
なぜかと言えば、全体のレベルが低かったからだよ。

今はレベルが上がってるからね。
昔より優秀な学生の数は確実に増えている。
それでいて、有名大の枠は昔とほぼ変わらず一定なので、
相対的に競争率が高くなってる。

まぁ、学部やFランクが増えた性で全体としては低下傾向だが、
偏差値65以上の上位は確実にレベルアップしてる。
それ以下の話は論外なので無視する。

934 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:26:17.88 ID:w+5Gsks+0
>>925
その点、負け組だからこそ国をぶっ壊そうっていう
極左の考えは間違いとも言えんのだけどなw

日本は階級の壁を感じさせない上手く管理された階級社会だよ
日本人てのは為政者側からすれば扱いやすい連中だと思うぞ
別に貶めようという意図はないけどな
放って置いても自らを律してくれる連中なんて世界を見渡してもそうはいない

935 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:26:56.85 ID:4L8JCVXG0
社会の上位層は私大卒であり
東大や京大卒が皆無なのはなぜ??

ユニクロ
光通信
銀座まるかん
グリー
サイバーエージェント
ドンキホーテ
ニトリ

↑ ↑
大富豪資産家、実業家などの社会の上位5%層を見てると
上記のように私大卒や高卒が目立つ。

東工大や一橋大、東大京大などの高学歴が
逆に、そういった富豪層に入れないのは、何故なのか??

やはり、官僚、裁判官、大企業のサラリーマン社長など
勤め人養成所であることが大きいのだろう・・

936 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:28:16.24 ID:brV8msvC0
>>933
というか、高学歴同士で結婚する時代になったからだろ。医者×医者とか。

937 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:30:33.13 ID:3kD0N+UU0
>>928
団塊ですが今も昔も成績が良くないと進学校にはいけません。
それから工業高校へいったのは母子家庭とかなにかと経済的に
恵まれない成績優秀者が進学しました。
可哀想でした。

938 :4S原発はよ!!:2013/09/28(土) 11:31:05.34 ID:B4huhlam0
>>935
それはたぶん、日本のエリートに決定的に不足しているもの

・経営センス
・冒険者マインド
・状況に応じた臨機応変で迅速な対応

だろうね。
だから、エリートが会社を経営しても上手くいかない。
元々センスのない人間だから。

939 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:31:56.27 ID:JLwdxqzT0
>>934
負け組が国を壊したところで、生まれるのは左翼思想により強く順応した官僚を頂点とする官僚国家だがな。
既にソ連と中国で左翼による国家という社会的実験は終わってるよ。

940 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:33:40.63 ID:brV8msvC0
>>937
当時は高専が無かったから優秀な子が工業高校とかあったんだな。
今ならどんな田舎の貧乏人の子供でも学力さえあれば高専行くか進学校→高卒公務員のコースを選べる。

941 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:34:14.52 ID:tI7o3+Ku0
高専か、あれは最悪だ・・・

942 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:34:45.76 ID:TbkiiZ0GO
病院で以前にIQテストを受けた。医師は驚いていた。
医師「貴方は頭が良すぎて駄目になってしまったんだ」と言われた。
生きる事自体が辛くなる位だったら、IQなんか高くない方がマシ。

943 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:36:18.24 ID:OfYTKlgf0
>>939
親が死亡時に資産は全部国が取り、国がすべての子供の養育費、教育費を出すのでおk
それができない場合、加藤等の大量殺人は合法的な階級闘争の革命なので犯罪にならない
加藤もあのとき偶然金持ちの娘ころせて役目はたしたじゃん

944 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:36:18.61 ID:w+5Gsks+0
>>938
まあ、悪党にもセンスは必要だからな
会社経営に教科書なんてないし商機を見つけ出すのも
違法脱法スレスレのとこに目が向くかどうかもセンスの範疇
日本の所謂エリートが必ずしも適性が無いのは自然じゃないのかね

945 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:39:07.27 ID:w+5Gsks+0
>>939
だから極左はバカなんだろ
とうに出ている答えを認められない
まあ、菅がそうであったように理想の裏にある権力への渇望を捨てられんからな

946 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:39:11.24 ID:X3MzuSCQ0
>>401
アメのIQテストだから大したことないって舐めてかかったら
超難しかった、後の方w
1回目は109辺りでノーマル判定されたけど、
2回目は118辺りになってハイレベル判定された ハハハハハハハハハハ

別に、オチないよ ハハハハハハハハハハ

947 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:39:53.61 ID:eYzlQ9h50
>>941
病院でIQテストを受けるってその状況自体がよほどだよ。

948 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:40:12.87 ID:OfYTKlgf0
単純に教育の差だけなら、微分などのあたらしい概念をすでに大学教育を受けて理解している塾の先生にきちんと概念を教われるか
自分で教科書だけで(重要な部分は端折られた)もので理解できるか
また、理解までにかかる時間で差がつくのに、試験は同じ時間、差がでないほうがおかしい
頭いいからって微分を自分で瞬時に発想できるかって?w

949 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:41:01.04 ID:3kD0N+UU0
親が子供を大学進学させれない子は普通科でなく工業、商業へ進学。
もっと貧乏は中卒で金の卵。
団塊が中学3年生のころ鹿児島の辺地では裸足でふかし芋の弁当もって
通学していたような時代なんです。

950 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:41:30.57 ID:RPthgxLI0
知的好奇心や意欲は先天的なものだけど
それを生かせるかどうかは環境次第
至極当たり前の話をして何がしたいんだか


比べるなら金持ちのボンボンの馬鹿と貧乏の天才にしとけ
もちろん収入じゃなく能力な

951 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:41:42.54 ID:gnrjy49i0
>>938
ジャパネットの社長とかみてると教育では身につかない
才能ってのがあると思うわw

もちろん教育で優秀に慣れるんだけど天才にはなれないんだなと

952 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:42:44.81 ID:vNZNX0By0
要するに貧乏人は貧乏人の扱いで十分で、
エリートには金が許す限りのエリートの教育をしろ、ってことだわな

953 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:42:49.33 ID:OfYTKlgf0
ここで、金儲けで偶然成功した奴の話してるのはIQ低い奴なの??

954 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:43:23.44 ID:4L8JCVXG0
日銀総裁、駐米大使、東大総長
物産・商事の社長、みずほ銀行頭取・・・

これくらいの年収や資産程度で
自分が競争に勝ち抜いたエリートとか思ってるのは痛すぎるだろ

本当の勝者、社会的地位の高い人間を知らない井の中の蛙だ。

光通信
グリー
ユニクロ
ニトリ
セガサミー
マルハン

↑ ↑
これくらいの資産家になれないんだから、只の中産階級だろうが・・

955 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:45:13.49 ID:hcXgMSy/O
遺伝と環境・努力の両方だというの、常識だろー
運動能力も、遺伝と環境・努力。

マウスの実験で、迷路をとくのがはやい頭いいマウスをどんどん掛け合わせるやつをやってた
生まれたなかで頭いい二匹をかけあわせる
さらに生まれたなかで頭いい二匹を掛け合わせる
最初はバカも生まれるが、どんどん頭いいマウス率が高くなっていく
サラブレッドと同じ理屈だね

956 :4S原発はよ!!:2013/09/28(土) 11:45:32.95 ID:B4huhlam0
金は別にIQに従って動いてる訳じゃない。
まぁ、IQが高ければ金の動きを追いやすくはなるが、
必ずしも手に入れられるかは運だ。

あと、この国は金融ヤクザの存在も忘れてはいけない。
金儲けするには、この存在を把握し、コントロールする必要がある。

そういう胆力はガリ勉には無いだろう。

957 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:47:04.90 ID:OfYTKlgf0
>>955
ねぇ?その実験を延々繰り返したらIQ無限にたかくなる化け物マウスが出てこないとおかしいよね??
だまされやすい自分を恥じたほうがいいよ・・・・・

958 :4S原発はよ!!:2013/09/28(土) 11:48:27.01 ID:B4huhlam0
ま、だから、勉強だけできる奴は制度に頼る傾向が強い。

なので、日本のシステムは硬直化しやすいし、税金システムに
なりやすくなってる。
それはひとえに、エリートがそれを好み、積極的に利用する経済構造にある。
逆に言えば、それしか能が無いんだけどね。システム壊れたらお終い。
だから、必死で理論武装して抵抗したりする。

なかなかアメリカ式の柔軟な経済システムにならないのもその性だろうね。

959 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:49:01.21 ID:hcXgMSy/O
>>957
無限なわけないじゃん
サラブレッドが、無限に速くはならないようにね
種には限界値ってもんがある

960 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:49:17.32 ID:rHNKgw+iO
>>938
戦後、日本の高等教育では平和ばかり希求して、
軍事戦略の研究や勉強をしないらしいからダメになっちゃったんだろうね。
舛添が言ってたけど、フランスの大学では軍事戦略の研究や勉強をずっとしてるらしい。
軍事戦略は経営戦略にも通じるところがある。
日本で戦後に企業を起業したり、経営して成功した人には戦前に教育を受けた人が多い。

961 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:49:44.05 ID:nhECqHrC0
>>943
加藤は反抗が秋葉原だったから。金持ち狙いなら金持ちの行く街にしたでしょ。
掲示板に悪口書かれたとかのしょうない理由だから秋葉原。

962 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:51:50.87 ID:CrgA0Uby0
やっぱり金持ちでないと駄目だわ

963 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:52:19.16 ID:TbkiiZ0GO
私が受けたIQテストで測れる数値の上限が130位だと聞いた。
私は上限の数値だったので、もしかしたらそれ以上かもしれないと言われた。
幼い頃から考えている事が変だった。
様々なテストを一年間受けてから数年後、自分の頭が嫌になり、薬物やって意図的にぶっ壊そうとした。
テストなんて受けなければ良かった。
実際に突き付けられると来るものがある。
生活しづらいよ、役に立てられる事が無い ただのIQだけ高い人間は。

964 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:52:36.25 ID:rHNKgw+iO
>>949
団塊世代は下駄もはいてたよ。

965 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:52:37.33 ID:eYzlQ9h50
>>950
>至極当たり前の話をして何がしたいんだか

IQテスト自体の意味とか価値がかなりゆらぐ話なんだよ。

966 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:53:43.22 ID:OfYTKlgf0
>>961
社会の構造でそういう状態においこまれたが、自覚がなくても偶然金持ちも殺せたっていう心温まる奇跡のストーリーってこと

967 :4S原発はよ!!:2013/09/28(土) 11:54:54.01 ID:B4huhlam0
>>960
経営ってのは戦争だからねぇ。利益の奪い合い。

大学はいると似非平和主義だとか、平等を植え付けられるみたいで
妙にお花畑になるんだよね。
学生になると、悪平等だとか、偽善、逆に極端な利己主義に陥ってる奴が多い。
企業経営から考えて、あまり使えそうな奴が居ない。
詐欺師の甘言に踊らされて自爆しそうなバカばっかり。ってのが正直なところ。

968 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:55:22.18 ID:lRzO8tsA0
>>935
そういや学歴別の就職状況で中卒が一番経営者の割合が高かったような
まともに就職できない+失敗しても失うものはない(逃げればいい)から可能なのかも

969 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:56:21.97 ID:7D908XP20
スレタイの優秀な遺伝子って何のことだろう。
知能って何なのか。単にペーパーテストで設定された答えと同じ回答を書くことなのか。

大学って学者を産み出す機関だと思ってるし、結果が産業に役立たなきゃ意味ないと思ってる。

どれだけ優秀な博士や研究者を輩出しているかで大学の優劣を評価するべきだと思う。

ノーベル賞の自然科学部門、フィールズ賞受賞者の数。これで考えるべきだし、これこそが知能であり知性だ。

970 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:56:34.45 ID:OfYTKlgf0
>>968
それたんに請負とかで自営扱いなだけやで・・・・・・

971 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:57:03.46 ID:TbkiiZ0GO
>>947
私的な事情があって、一年間は病院でテスト受けなくてはいけなかったんだよ。
他には脳波とかMRIとかも受けたわ。

972 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:58:03.82 ID:eYzlQ9h50
>>960
> 舛添が言ってたけど、フランスの大学では軍事戦略の研究や勉強をずっとしてるらしい。
> 軍事戦略は経営戦略にも通じるところがある。

経営学やれよw 企業戦略の研究って日本の学者がアメリカに渡って中心になってた時期もあって結構面白いよ

973 :4S原発はよ!!:2013/09/28(土) 11:58:58.32 ID:B4huhlam0
>>968
中卒は学が無いからバカやるけど、回転は一番速い。

高学歴になるほど、知識と自分の身かわいさで保守的になって商機を逃す。
経営者には向かなくなる。

974 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 11:59:44.80 ID:bEo+vFIj0
>>969
その尺度なら今の大半の日本の大学は就職予備校

975 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 12:00:35.07 ID:dr02cG5w0
様々な時代を知ることで
今の価値観が全てでは無いと気づかされる
今の価値観が一番良いものだとすると
時代の流れは一直線で悪かった時代から良い時代へと進んでいるような
錯覚を抱いてしまう
でも決してそうではない
昔のようにそんなに考えずに親が決めた仕事に就けばいいとか
自分とは何だろうなんて考えずに一生を終える事が出来る
というのも案外いい事かもしれない
好きな人と結婚しなくちゃいけないというのも
近代が生んだ誤解だったりするわけですし
昔は親が決めた相手と結婚すれば幸せだったんですから
そこは現代の考え方でとらえるとずいぶん違ってきますよね
借り物の価値観ではなく自分の頭で判断して行動し責任もとる
人はどうなのかといったことは気にせず、あくまで自分の価値観で
出来る範囲のことを淡々と実践している

976 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 12:02:25.17 ID:brV8msvC0
>>957
化け者人間なら実在するぞ。岡田康志、河東泰之、山口真由・・・

977 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 12:03:03.07 ID:DLEWxRyaI
ということにして、経済を加速させたい誰かが研究費を出してるから成立してるデータだよね。

日本人は度を超えた裕福な国家じゃなかったけど、みんな頭よかったのはなんで?
経済が知識格差を作らなければいいわけでしょ?

978 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 12:04:26.66 ID:eYzlQ9h50
>>973
>高学歴になるほど、知識と自分の身かわいさで保守的になって商機を逃す。

これはわりと本当。
計算が甘い(自分に対しても甘い)人間は結果的にリスクを積極的に引き受けることになって
その見返りとしてチャンスをつかむことになる。

979 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 12:04:34.95 ID:e0S38NOA0
要するに、一定レベルまでは環境、そこから先は才能ってことだ。
当たり前のことを立証したってだけ。

980 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 12:06:54.31 ID:6w/iexGP0
訂正

学歴のない馬鹿や
学歴しかない馬鹿ほど
大人になっても学歴に対して異常にこだわりをみせる

>>839
じゃ学歴しかない馬鹿なんだろ
いい大人がたかだか学歴で人をコケにするなんて馬鹿みた〜い

981 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 12:07:35.58 ID:Zd6UooSQ0
>>963
大丈夫
IQは実年齢との比較だから、年食った今ではかなり普通になっているはず

982 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 12:08:57.79 ID:LAbqC7p30
>>980
それしかないんだから、あんまりいじめてやるなよ。
かわいそうだろ。

983 :4S原発はよ!!:2013/09/28(土) 12:09:13.66 ID:B4huhlam0
>>978
そうそう。
だから、超保守の官僚が市場をコントロールすると絶対に成長しないんだよね。
今の日本経済みたいに。

984 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 12:10:54.79 ID:mZHChZs90
高卒のルサンチマンがぷんぷんするスレですね

985 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 12:11:36.67 ID:y2Ogch1p0
>>980

わかりやすい例をあげて環境よりも遺伝って言っただけだろ。
環境がーって流れだったから。
ったくしつこいな。

986 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 12:12:15.29 ID:TbkiiZ0GO
>>945
両親がそんな感じだわ。
両親も一個人の人間であり、娘だからと言って当たり前だが所有物では無いので、一個人のただの人間。
父「俺もお前も人生一度きりだ。だったら自分が思う幸せや楽しさで生きたいじゃないか。
お前は娘だが、娘であっても俺の人生では無いから決めるのはお前なんだ。
大人なのだから、罪をもし犯せば責任はとらなくてはいけないぞ。
俺は老後は海外移住するから、たまに旅行気分で来なさい。
面白ろ楽しくお互いに生きていければそれでいいじゃないか」

987 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 12:12:16.50 ID:6w/iexGP0
>>866
基本的に官僚養成学校だから

988 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 12:13:01.54 ID:tv1KNAPW0
>>923
>保護者の年収が450万円以下でも10%以上が東大生になっているのも事実です。

君の頭が悪いのは、環境のせいですか、遺伝のせいですか。

989 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 12:13:29.00 ID:7D908XP20
優秀な遺伝子の代名詞たる、日本人のノーベル賞・フィールズ賞受賞者の家庭環境はどうだったのか。
ここが気になる。
数十人もいないからすぐに分かりそうなものだけど。

みながみな、金持ちの家庭であったか?

990 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 12:13:54.85 ID:y2Ogch1p0
>>988

お前と一緒にするなしつこいなネトサポは。

991 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 12:15:15.99 ID:TbkiiZ0GO
>>981
幼い頃の話にも少し触れてしまったので誤解させてしまった様だが、
テストを受けたのはそこまで昔では無く、数年前なんだ。

992 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 12:15:31.00 ID:brV8msvC0
>>979
微妙に違う。環境が悪すぎると遺伝子通りのIQにならないっていうこと。

993 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 12:16:12.81 ID:6w/iexGP0
>>897
奴隷を使う文化があったかどうかじゃないのか?

994 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 12:16:16.23 ID:OfYTKlgf0
>>989
湯川
1907年、東京府東京市麻布区市兵衛町(現:東京都港区六本木)に地質学者・小川琢治と小雪の三男として生まれる。

親が教育受けているから質問にも即答で答えられる環境&資金も豊富

こういう環境じゃないと無理

995 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 12:18:17.13 ID:N+hstrPm0
そりゃそうだ。東大に入る子の親の平均年収は一般レベルより上だというしな。
塾や家庭教師をどんどんつけて金かけて有名私立にいかせりゃ教養の一つ
や2つは身につくよ。自分で這い上がって独学でそこまでやれる人は少数。

996 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 12:19:11.98 ID:6w/iexGP0
>>905
ごくごく一部の金持ち以外みーんなレベル低かったし
試験問題も簡単だったからな

今はみんな予備校にいっちゃうような時代だし、
よっぽど忍耐力と孤独に耐える力がないと
貧乏人の苦学からの立身出世は難しくなってるかもな

公立の中高一貫がうまくいけば、少しはましになるとは思うけど

997 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 12:19:15.51 ID:jSmUcxI9P
キミ低学歴なの?(;´_ゝ`)

998 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 12:19:55.78 ID:LAbqC7p30
まあ、頭も悪い、容姿も悪い、経済力もない奴は子供生むなってことだな。
バカにされて奴隷になるしかないんじゃ、生まれた瞬間から虐待を受け続けるようなものだ。

999 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 12:22:26.20 ID:nbH3F4TU0
生き残るのは、新型ウイルスに強いやつ
出血がすぐ止まるやつ
高熱でも動けるやつ
食べなくてもわりと平気なやつ

頭のいい人は一般に体が弱い

1000 :名無しさん@13周年:2013/09/28(土) 12:23:08.99 ID:TbkiiZ0GO
>>984
私は高卒だよ。進学しなかったのは学年で私だけ。
興味のある事は、自分で勉強すれば良いし、興味範囲が広くて大学で学科とか選べない。
親戚にヒステリックグラマーというブランドを立ち上げた人が居るのだが、立ち上げ時の人数は5人。
その内、服飾の学校出はたった1人だったよ。
そんなもんだよ。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

285 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)