5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【医療】精神医学、「薬漬け」の要因

1 :焙煎特派員φ ★:2013/09/22(日) 15:06:53.21 ID:???0
 多くの薬剤をカクテルや七味のように用いる「他剤併用」は、治療効果が低いとして戒められているのが、現代の精神医学の流れです。
 しかし精神科医に対しては「薬を出すしか能がない」「次々と新しい薬を出してくる」「薬をなかなか減らしてくれない」という批判があるのも事実です。
 わたし自身も、批判があるのも仕方がないという認識を持っています。

 理由は、二つあります。一つには、薬物療法の技量が疑われる一部の精神科医の存在です。

 二つ目の理由として、製薬会社によるキャンペーンに医師が無批判に従っていることが挙げられます。
 製薬会社が医師、ひいては患者に影響力を与えるのです。

 映画「サイド・エフェクト」のように、新薬による副作用の問題が生じているのも事実です。
 「SSRIの発売は、どの先進国においても、うつ病患者の急激な増加を引き起こすのである。」 (「なぜうつ病の人が増えたのか」より)

 別種の問題も生じてきています。それは、新薬の「データの信憑性」という問題です。
 データが捏造されていた降圧薬「バルサルタン事件」で、日本の臨床研究データの信頼性は大きく失墜しました。
 製薬会社のパンフレットに、長年にわたって頻回に顔出しで登場する医師は「御用医者」と疑い、
 客観的に自分の目でデータを見る能力が必要になります。
 
 精神科の医療報酬では「通院精神療法」が重要な報酬源です。
 「たくさんの患者を診た方が儲かる」「ていねいにじっくり診ると儲からない」という法則です。
 短時間で済ませる治療のほうが経営上は明らかに効率的です。
 患者さんの待ち時間が増えればクレームも来るでしょう。

 反医学・反薬剤・反精神医学を叫ぶ書籍がベストセラーになっています。
 適切な医療を受けるべき人が断定本を誤って信じ込み、不幸な結果に終わる例も存在します。
 製薬会社をすべて悪と決めつけるのも、極論です。
 わたしも、薬剤がなければまともな診療はできないと考えています。

 厚生労働省が先導してガイドラインを作ることが必要になるかもしれません。
 患者さんのほうでは、多種他剤を次々と処方していく精神科医を選別する必要があると思います。

 http://bylines.news.yahoo.co.jp/nishidamasaki/20130921-00028302/より抜粋

2 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:07:58.10 ID:xppQFtAN0
   |\ │ /.|   
   |  / ̄\.|    
  ─<=( ゚ ∀ ゚ )─    
   |  \_/.|    
  ∧∧/│ ∧∧    
 <=(`⊇´) <=(`凵L)   
  ∪∪|___⊃ ⊃    
 /|__.|    |__|\     
 |  |  |     | \_|
 | ノ ノ     \_|
http://www.youtube.com/watch?v=vlf_glGj5mQ

え、まだ「2ch、ニコニコ、ネトウヨ」なの?

ツイッター
https://twitter.com/
覚えておきたいツイッター用語集
http://twinavi.jp/guide/section/twitter/glossary
ツイキャス
http://twitcasting.tv/
http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%EF%BD%94%EF%BD%90%EF%BD%90&ei=UTF-8

3 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:10:27.54 ID:fP002c3o0
眠れないんです(´・ω・`)

4 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:10:32.50 ID:u5X/UIm90
大学教授 「ネトウヨ=アスペルガー症候群と決めつけるのは無理がありすぎる」
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1379761807/

ネット右翼は話が通じないからアスペルガー障害じゃないかという主張には賛同しかねるなあ。
アスペルガー障害の人が皆ネトウヨになるわけではないじゃないかという反論は的を外していて、
皆ではなくてもリスクファクターの一つであるなら発達障碍者への介入を考えた方が本人たちの
幸せにも繋がるけど。
http://twitter.com/Fumiaki_Taka/status/381339545263820800

ネット右翼の話の通じなさはアスペルガー的な共感的認知“能力”の欠如というより、集団レベルの
自己愛が強すぎて“動機”により認知が歪められている典型に見えるから。あくまで単なる実感だけど。
http://twitter.com/Fumiaki_Taka/status/381339673152348160

ある病理がアスペルガー障害に基づくのではないかと指摘すること自体は直ちに差別的とは言えないけど、
ちっともアスペルガー的でないものをとりあえず発達障害者に押し付けたり、ましてや発達障害者への
ネガティブな評価を利用して相手を貶めようとするなら、それは差別的だと思いますよってこと。
http://twitter.com/Fumiaki_Taka/status/381342012978393088

5 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:12:09.10 ID:H+JkqSSM0
ロボトミーに比べれば大きな前進

6 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:12:15.73 ID:hPbyS6Nb0
>>1
たぶん「他剤併用」は「多剤併用」の間違いではなかろか。

まあ、言いたいことは分からんでもないが、もともと精神病薬を飲まにゃならんような奴は人間として終わってるのだから
ガイドラインも糞もあるまい?
健常者に対してこそきちんとした治療薬や治療法が必要なのであって、壊れた人間はいかに経済的に社会に貢献するべきかに
重点をおけばよい。

7 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:13:18.23 ID:fSwHp1Hk0
たしかに通院すればするほど悪化した
薬もすごい増えた

8 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:14:41.14 ID:kvCOncBY0
>>6
はあ?

9 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:16:10.07 ID:hPbyS6Nb0
クスリなんざ飲まなくても仕事を変える、人間関係をリセットする、住む場所を変える、生活習慣を変える、そういう努力が必要なんだが
肝心の悪い部分は触らないでなんとかしてくれというのがそもそもの間違い。

10 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:16:53.02 ID:rLAaO/Je0
親族にうつ病(3年目くらい)がいるが治るのかなあw

11 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:17:43.16 ID:tr1ZYiMi0
真面目に飲み続けるから、調子に乗ってどんどん増やすんじゃ無いの?

まあ医者選びも寿命の内という言葉もあるし、薬を抗うつ剤、安定剤、睡眠導入剤
くらいしか出さない医者を見付けることだな

12 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:18:26.35 ID:nUgGOg9/0
病気の原因がわからないのに、薬がきくわけないし。
のんでも直るわけないじゃん

13 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:21:33.96 ID:PxzshjFd0
こういうのでは偽薬ってのはどうなの?

薬貰えること自体に依存してエスカレートする患者とか結構いそうだけど

14 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:21:35.66 ID:d0yjvcsNO
鬱病で精神科に行ったら一生の終わり
鬱病って言う診断に一生甘えてザラザラ出される薬で薬漬けにされて
廃人になるよ

15 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:25:41.15 ID:hPbyS6Nb0
>>14
いや、廃人になるような壊れた人間が鬱病なんだろ。ヘンな話だが。

16 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:28:36.37 ID:vDzxvabA0
俺が鬱病だ!

17 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:28:54.97 ID:VwroNv/A0
精神科関係で働いてる糞人間をみんな死刑にしたら

いくら医療費浮くの?数兆円くらい?

18 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:29:03.51 ID:ZIr1Jx1r0
>>14
社会に出ろ、な

19 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:30:26.62 ID:E/SyEOeJ0
新型抗鬱薬をばんばん処方するせいでむしろ若者の自殺が増えている
と文太のラジオに出てたセンセイが言ってた

20 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:32:32.38 ID:AP24SXMO0
家の年老いた親は呆けが始まったかと思ってたら、腰の治療で医者から
渡されてた薬を止めたら正常な感じに戻った
患者の適量を測る技法を研究してる人は、難しいのと金にならないのとで
おらんのやろうね

21 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:32:43.75 ID:vDzxvabA0
ぶっちゃけ、外に出る気力もない人間には
鈍感ではっぴーになれるクスリを出す>外に出る機会が増える
自殺するような人はかなり自発的だから躁じゃないかな・・・

22 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:32:55.44 ID:JiTlmX3SP
心療内科ってレントゲンやCTなど買い込まなくても机一つで開業できるからな

23 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:33:23.39 ID:3XAX6K/R0
>>15
うつ病は風邪だって医者が言ってた。ヘンな話だが。

24 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:33:34.14 ID:J1nT7wkx0
やめられないとまらない
禁断症状も薬効の内です

25 :卍3286卍ss:2013/09/22(日) 15:33:46.42 ID:f83Ji+AR0
>>1
精神とは何だ?。。どれ程の精神科医が理解しているのか?
結局 原因を判断出来ず 立場上 適当な病名を付けて 患者を薬漬けにする...
正に 医療犯罪!。。精神は 魂の存在や 霊的なモノも理解しないと判らない。。
脳科学や 教科書で習った症状を勉強したくらいでは 理解不能!。。
コレを正さないと 結果 ヤブ医者が増える...

26 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:34:00.34 ID:kw+/xxus0
うつ病はさっさか早めに治療をすればなおる。2chに書き込むバカな愚か者たちの言うことをまともに聞いて
 病院に行くのをためらうのはダメだよん。

27 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:34:25.52 ID:96jtVZdb0
ssrIって急にやめるとシャンビリくる。しかも1ヵ月くらい続く。だから薬飲み続けろって言うんだけど、うつ病は自分に自信つけて勝負に負けないようにサポートすれば治まると思った

28 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:35:00.72 ID:E/SyEOeJ0
>>13 60ミニッツによるとそもそもプロザックなんかが
よほどの重症以外はプラシーボの範囲でしかないと
でもアメリカではテレビCMばんばんやってるとか

29 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:35:26.00 ID:nq25uYYS0
薬が必要な場面もあるんだけど、マイナートランキライザーは明らかに使いすぎ。
特にデパス。あれは発売中止すべき。

30 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:37:16.92 ID:jsDshhlk0
>>29
デパスは肩こりの薬ですw

31 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:37:37.06 ID:t9U3pTG+0
そりゃ大真面目にやったら儲からないものw
本人が色々考えたりしないといけないのに金のことしか頭にない医者に頼るから底なし沼行きになる
だから甘えとか一蹴されるんだよ

32 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:37:47.15 ID:RfrwxlER0
規制が厳しくなりすぎたせいで
不注意とか耐えられない居眠りの緩和剤であるあの薬が
ほぼ処方されなくなった件について

33 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:37:58.57 ID:+hr3gWDo0
薬を使わない森田療法みたいには
もう流行らないのか?

34 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:38:40.91 ID:hPbyS6Nb0
>>23
だから、人生は長いんだから1-2年ヘバってしまう時もあるさ、地雷踏んで人生狂ってしまうこともあるさ、って悟れば、
健常者は勝手に前向きになる。それどころかその不遇の時代を人生の深みに変えて、最初の状態より人生で上の段階へ
上がって行ったりする。それが医者の言う、鬱病は心の風邪ってやつ。

だが、壊れている根っからの鬱病の奴はそれができない。症状が悪化するだけ。こいつらにとっては鬱病は不治の病。
鬱病は治るという大ウソにすがった挙句、治らないのは医者の薬のせいと言い始めたのが最近の傾向だな。
はっきり啓蒙すればいいんだよ、ホンモノの鬱病は治りませんって。

35 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:38:59.50 ID:OnSnqNNy0
>>30
肩こりの薬が、ベンゾジアゼピン系の中でもかなり短期作用型で極めて依存性が強いってのは考えものだがな

36 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:39:22.23 ID:L27qny3u0
鉄男ォ!!

37 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:39:28.11 ID:FXLColUO0
>>30
…マイスリーやレンドルミンより寝られるんだけど(´∀`;)

38 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:39:40.05 ID:O/zBTqQZP
逆にデパスなんてどうせ大して効きやしないんだから薬局やネットで販売すればいいんだよ。
あれで精神科医が不当に儲けてるだけなんだから

39 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:39:50.00 ID:GZtT5g4t0
薬を飲んでると頭がまわらなくなって復職がうまくいかない。

薬切って半年くらいの復帰が丁度よいよ。それを目指したほうがみんなハッピーになれる。

40 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:40:18.85 ID:nq25uYYS0
>>30
デパス飲んで変になって呆けたと勘違いされる高齢者が結構いるのでしゃれにならない・・・

41 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:40:25.82 ID:X5HqsDNf0
>反医学・反薬剤・反精神医学を叫ぶ書籍がベストセラーになっています

ホント最近この手の本売れてるんだよね

42 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:41:27.71 ID:IWlqku8S0
一番の理由は、薬以外の治療のノウハウが確立されてないからだろ。
カウンセリングとか認知療法なんて薬以上に効果が薄いし。

43 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:42:05.14 ID:y7nGxvoM0
>>14
真実

44 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:42:09.79 ID:vJYE2q4+0
多剤処方は「今出してる薬が効かないから」ってのが原因だけど、そもそも効かないのは医者自身が
「誤診」して薬を「誤処方」してるケースが多いんだよ。精神科は検査値とかで経験値の浅い医師でも
的確な診断を下せる分野じゃないからね。解離性障害に統失の薬を出しても効かないし、双極性障害(躁うつ)に
抗うつ薬を出しても効かない。DSMとかICDめくって診断してる医者になんてかかっちゃいけない。

45 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:42:15.35 ID:222+hDBi0
精神科は在チョンが日本で犯罪犯した時に無罪や減刑にする言い訳を作るためにある。
本当に困っている日本人を助けようとする気はない

46 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:42:36.75 ID:3/QYnLRxO
>>33
最近いろいろな方法があるからそんなに流行らないのかも。

47 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:42:47.08 ID:3XAX6K/R0
>>34
精神科医、マジキチ

48 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:43:16.59 ID:cb4ZRQaN0
>反医学・反薬剤・反精神医学を叫ぶ書籍がベストセラーになっています。
>適切な医療を受けるべき人が断定本を誤って信じ込み、不幸な結果に終わる例も存在します。

これは上の文の本もむやみに信じるなってことか。
断定的に何かを主張してないのがいかにも学者が書いた文章だな。

49 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:44:08.31 ID:cqVwcy9h0
医者からしたら安定した収入になるからな

50 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:44:24.13 ID:xccIBsqd0
心がおかしくなって精神病になって病院にかかっているのに、精神科医は心の状態を理解できないし
理解しようともしないし、そもそも知らない。

家を建てる技術がない歯医者に家を建てさせようとしてるようなもんだ。つまり治らないってことだ。

その現実に世間があまりに無知過ぎる。

51 :(,,゚д゚)さん 頭スカスカ:2013/09/22(日) 15:44:32.46 ID:ZM1k/DVu0
DSMとは一体何だったのだろう...┐(´ー`)┌

52 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:45:37.37 ID:90iUT5jZ0
     (´・ω・`)
   /     `ヽ.   お薬増やしておきますねー
  __/  ┃)) __i |
/ ヽ,,⌒)___(,,ノ\


     (´・ω・) チラッ
   /     `ヽ.   
  __/  ┃  __i |
/ ヽ,,⌒)___(,,ノ\


     (´・ω・`)
   /     `ヽ.   今度カウンセリングも受けましょうねー
  __/  ┃)) __i |
/ ヽ,,⌒)___(,,ノ\

53 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:45:40.86 ID:BGvX5AWe0
鵜飼の鵜だからな。

生かさず殺さず、ずっと縛り付けられる。

54 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:45:55.24 ID:+EpV+KGQ0
最近統合失調症の一部はビタミンB3で劇的に改善できるなんていう話も出て
来たしね
向精神薬だけじゃなくて、精神病と言われているものの中には内科的原因も相当あるって
言われるようになったよ
そっち方面の研究が始まったばかり

鬱は無気力でもなんでもない
単なる内臓の病気だったと言われる日も近いかも

55 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:46:05.27 ID:VwroNv/A0
自殺を補助してる現精神科医は全員死刑でいいよ。
税金も浮くし一石二鳥

56 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:46:29.88 ID:2lkt8q160
お前ら週数回の濃厚なカウンセリング受けて薬一切なしで一年以上通い続けるのと
薬だけ出す5分間診療でとりあえず眠るのどっちがいい?

57 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:47:28.01 ID:JiTlmX3SP
>>54
最近の統合失調症は幻覚や幻聴といった激しい症状よりも、
気分がすぐれないとか寝付けないとかいった穏やかな症状で
うつと診断がつきにくいものが増えてきたって話は聞いたことあるな

58 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:47:38.51 ID:lCEFd2Rm0
半年間ssri飲んだけどまったく効果はなかった

あっ、副作用ならたくさんあったけど
薬やめた今でも時々耳鳴りがとまらないことがある

精神科行っても数分雑談して後は薬出して終わりだし幻滅した

59 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:47:43.07 ID:QRvU46N90
>バルサルタン事件
バルサン事件に見えた

60 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:47:53.65 ID:PV7YVAcD0
鬱は甘え

61 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:48:24.60 ID:Edkbbz8b0
病気は作られる

ADHDは作られた病であることを「ADHDの父」が死ぬ前に認める
http://gigazine.net/news/20130529-adhd-is-made-by-industry/

62 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:48:42.80 ID:TkfNrmHX0
形だけの診察して、いつもと同じ薬を処方するだけの簡単な仕事です。


って皮肉りたくなるような医者がいるのは事実だ。それも少なくない数の。

63 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:49:50.57 ID:XIX2cO0D0
んで自分の勝手な判断で薬減らして悪化させる馬鹿患者が増加するわけですねw

64 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:50:01.79 ID:IWlqku8S0
>>34
> はっきり啓蒙すればいいんだよ、ホンモノの鬱病は治りませんって。

いや、今の鬱病の薬は多くの人にはよく効くし、3ヶ月もあれば完全に治る。
そして早期であれば、早ければ早いほど効くのも事実。だからすぐに医者にかかった方がいい。
ただし、効かない人がいるのも事実で、そういう人は薬漬けになってしまうし、
早期に治るものでも放置して拗らせちゃうと悪化して治らなくなるということもある。
前半ばかりが宣伝されて後半があまり啓蒙されてないので、絶対治るor絶対治らないの
両極端で考える人が増えちゃうんだよね。

65 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:52:10.77 ID:VwroNv/A0
>>56
カウンセリングも診察もいらないから
その分の金をくれ。それで生活できっから

66 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:52:22.16 ID:xV5MXkfT0
はっきり云って通院してもアリセプト処方するだけで金取りやがる、ありゃ詐欺だべ

67 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:52:39.78 ID:TJbuKSHo0
>>1
簡単にクスリ出しすぎなんだよ。日本の糞医者は。

病は気からじゃないけど、クスリを飲まなくて済んだはずの患者(受診者)
に対しても、クスリでなんとかしようとし過ぎ。

俺は精神病の類いを患ったこともその手の薬を飲んだ事がないけど、4年前に嫁からイビキがうるさいと言われて
治療法がないか気軽に受診したクリニックで危うく鬱病の診断を下されそうになったぞ(笑)

問診で疲れやすいかとか、夜中に目が覚めることがあるかとか、簡単な問いに「どちらかというとある」に○を
つけたら、それだけで医者から鬱病かもしれないとか言われたわ。
ああそうですかと言ってそのまま帰宅し、今じゃ笑い話だけどな。

68 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:53:16.77 ID:oVIHfKGSP
科学的な診断がされて無いんだろ
昔の祈祷師みたいなレベルなんだろ(´・ω・`)

69 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:53:24.43 ID:ng9/oFqd0
社会に出さないためにそして同時に儲けるために最適化された21世紀のキチガイ管理システム

70 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:54:44.61 ID:whtvcW8qP
人間関係や仕事、借金などのストレスで苦しんでる人に、
薬を飲ませた所でそれらの問題が解決するわけではない。
薬で治るわけねえだろ。

71 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:55:06.66 ID:jsDshhlk0
>>35
まさしくw

>>37
きっと肩こりが和らいだからですw

>>40
まさしくw

72 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:55:21.75 ID:H+sbYnTx0
>>59
オレなんか何回見てもサンバルカンにしか見えない

73 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:55:35.33 ID:4fggWWQu0
欧米でも併用療法あるけどな

74 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:56:16.36 ID:DXKXEK2N0
薬を処方しなければならないほど
異常な状態なのか?

薬で心は治らんよ
体のバランスを戻すぐらいなら出来るが
使い方間違えたらバランス崩れて心も巻き添え

75 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:56:31.12 ID:LcVR6Nag0
>>30
酷い頭痛と肩こりで医者いったらデパス出されてびっくりしたわ

76 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:57:38.60 ID:VwroNv/A0
祈祷師のほうがいいよな。

原因もわかってないのに毒飲ますんだから

症状が目立たなくなればOKだからな。
あいつらの子供に患者に飲ませた分だけ、薬を飲ませてやりたい

77 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:57:40.01 ID:2lkt8q160
>>1
一般向けに商品名でかいてやれよ
データを捏造してたのはバルサルタンじゃなくてノバルティスファーマのディオバン。
映画「サイド・エフェクト」で取り上げてる新薬アブレキサは大塚製薬のエビリファイとイーライリリーのジプレキサへの当てこすりだって書いてやれば読者も莫大な広告費払ってる製薬会社とマスコミの関係について少しは考えるだろ

78 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:57:51.41 ID:TJbuKSHo0
まぁ町山がアメリカも向精神薬をやたらと処方するとか言ってたけど。

79 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:58:17.14 ID:ng9/oFqd0
>>23
うつ病だけは特別や
なんせ癌でも脳梗塞でも糖尿病でも発症する
これだけは内科的疾患と考えたほうがいい
なんせ、うつ病のマウスの脳髄液を健康なマウスの脳みそに入れるだけで
健康なマウスが鬱になるんだからねw
えっ? ストレス? 精神を病んだ?
いやいやwww どう見ても内科的疾患です
うつ病を病んだ人が循環器型(心臓動脈系)疾患にかかるリスクはものすごく高いからね

80 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 15:59:12.20 ID:S69qtdb9O
>>14
こういう極端な物言いする奴が最近ホント増えたよな。精神科を批判して俺かっけーするのが最近の流行りなんだな

81 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:00:23.76 ID:gmHgp7V10
>>79
呼吸が弱くなるのはよくわかる
ため息つくのも体をリラックスさせるための動作だし

82 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:00:48.32 ID:ycoFZXo7O
向上薬って麻薬でそ
合法的に健康保険で買えちゃうんだもんな

83 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:00:57.38 ID:ng9/oFqd0
>>23
あと、うつ病は風邪なんかじゃない
あれは、心の肺がんレベル
あれに20年耐えられる人間がどのくらい居るのか調べて欲しいくらいだよ
おそらくかなりのやつが途中で諦めて死を選ぶはず
おれも何回か諦めかけた

それに風邪なんてのは2週間でふつう治る
4週間程度ならうつ病とは診断しない

84 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:01:08.25 ID:+kfe9Au+0
そりゃ精神外科を否定して、電気ショックまで嫌がってたら
あとは薬でどうにかするしか手が無いわ

85 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:01:27.59 ID:8tJA27k10
>>18
ごめん
ワロタw

86 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:01:41.85 ID:jsDshhlk0
>>81
ため息って深呼吸だからねぇ

87 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:01:51.90 ID:7bq2ad1K0
包丁持って街に飛び出すより家で寝たきりの方が安全だけど

88 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:01:58.24 ID:2lkt8q160
>>65
国の金で遊んで暮らせば病気は治るってか?
治らなくてもいいのか、そのままずっと引きこもれるもんな。

89 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:02:20.18 ID:FzPoRKG10
デパス飲めば
熟睡できる

90 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:02:20.28 ID:LzIA9PvK0
判ってないことを正しいと信じるしかないんだ
正しいとされたなら正しいのだから

91 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:02:36.28 ID:c1NV0qra0
>患者さんのほうでは、多種他剤を次々と処方していく精神科医を選別する必要があると思いま

もう医者いらんから薬だけ売ってくれ

92 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:02:41.72 ID:jqVnJ75u0
統合失調症は向精神薬を飲ませて薬漬けにしないと、危険。
統合失調症は、ワケワカラン事を言い出すし、大型男の統合失調症もいるから、暴れた時が抑えられない。

93 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:02:51.05 ID:bfT8ywe/0
生まれつき脳に異常があるとか、後天的に脳が障害を受けたでなければ
ほとんどがストレスや適切でない食生活によって栄養障害になっただけって
すでに明らかになってるじゃん

「鬱」をファッション感覚でほしがっている患者が一部にいて
鬱の薬を色々のんで「弱くてデリケート」を演じている。
そういうやつは、鬱じゃなくて他の精神障碍者じゃねーかな

仕事以外の事になると一生懸命に行動しながら
「体調悪い。つらい。倒れるかも」
って一応は患者を演じてたりしてキモイ

94 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:03:12.06 ID:NC3rbpXQ0
薬に依存させて大量消費させることで儲けてる業界がある

95 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:03:21.75 ID:IVAFs+Ah0
精神科医の言いなりになるより自分で疾患について勉強するのも必要だ
それも1つの書物やサイトだけ鵜呑みにせず複数の資料を当たったりとか

96 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:04:57.91 ID:8tAAChAH0
うつ病は医療用のマリファナが一番効くと思うんだかなあ

97 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:05:01.58 ID:L1SmGQ5k0
ただの一時的な会社行きたくない病の奴を
ヤク漬けにして、精神病院おくりにする医者多いよね。


一斉に傷害罪で裁判起こしたらいいと思うんだよ。
1回勝訴の判例がでれば、そういう医者は全員死滅するはず

98 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:05:06.61 ID:ng9/oFqd0
逆に うつ病を作り出せる薬があれば
世界最高レベルの拷問薬になるよ

99 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:05:23.58 ID:mxXPo0380
鬱とサボりを分けられない医者がゴミ

100 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:05:44.59 ID:j9JzVqLF0
>>14
俺の姉が鬱になったけど正にコレ

患者は自分は鬱だから何も出来ないと言う
医者はそれに対して何も言わずに薬を出し続ける
そのまま数年間の月日が無駄に流れる

101 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:05:59.45 ID:NC3rbpXQ0
仮に全世界が健康になれば
医者や製薬業界の生活はどうなるのか?
本当にきく治療法があっても教えない
なるべく長く依存させる薬を処方する
高学歴なら当然そういうことやるよね
自分の利益のために

102 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:06:27.04 ID:bfT8ywe/0
>>92
大量に汗か来ながら射精を繰り返すと
急激な亜鉛不足で統合失調症になりやすい

103 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:06:36.81 ID:OnSnqNNy0
>>80
と、「俺は精神医療理解してっから」ってキリッしてるのは今時アイタタの情弱だがな〜

104 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:06:56.50 ID:Jmpshryy0
無能な上に金儲けしか頭に無い
医者の息子まで薬漬けww

105 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:07:12.18 ID:chRqAnKJ0
いつ給料さがるかもしれん、いつクビになるかもしれん、キチガイふえるやろ

106 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:07:15.60 ID:2LcMhwtT0
これヤバいらしいな。
薬を使い始めると薬を抜いたときの反作用が尋常じゃ無くなる。

107 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:07:42.44 ID:1mE8cCd1O
急性一過性精神病性障害

108 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:07:50.78 ID:L1SmGQ5k0
実際に、身近に薬漬けの奴がいると、精神科医はちょっとした殺人犯だなとおもうようになるよ。

109 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:07:53.17 ID:nq25uYYS0
>>97
本物のうつ病と一時的な会社行きたくない病はかなり違うから、さすがにヤブの精神科医でもそれは見分けているかと。
問題は、その一時的な会社行きたくない病の人達への対応がかなり面倒なこと。

110 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:08:30.36 ID:GIXX5B4I0
「新型抗うつ薬SSRI、18歳未満に効果なし」、成人にも効果乏しく有害性、危険性は高い

新型抗うつ薬、効果なし?18歳未満「慎重に」

厚生労働省は29日、1999年以降に承認された新タイプの抗うつ薬の投与について
18歳未満へは慎重に検討することを添付文書に記載するよう、日本製薬団体連合会
に指示した。

海外での臨床試験で有効性が確認できなかったための措置。対象となる抗うつ薬は6種類。
商品としてはレクサプロ、ジェイゾロフト、サインバルタ、レメロン、リフレックス、ルボックス、
デプロメール、トレドミンの8種類ある。

厚労省は「すでに服用中の患者は自己判断で中止せず、医師の指示に従ってほしい」としている。

神庭重信・日本うつ病学会理事長の話「効果が現れていないケースでも、服薬を突然やめると
不安感やめまい、不眠などの中断症候群が現れる恐れがある。通常1週間ほどの減薬で中止
できるので、主治医に相談してほしい」

(2013年3月30日08時59分 読売新聞)

ttp://s.webry.info/sp/68631324.at.webry.info/201303/article_1.html

111 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:08:43.40 ID:o+Lc+5KS0
サイドエフェクトは新薬による副作用で殺人をおかしたと演技していただけです。

112 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:08:45.17 ID:+JY078l10
精神病の患者は危険なのが多いし、
逆恨みばっかりだから、
家族もお医者さんも大変だろうね。

113 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:08:50.92 ID:NC3rbpXQ0
病人が増えれば増えるほど儲かる
病人が減れば減るほど損をする
そういう人たちが医療を仕切ってるということ

114 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:09:03.32 ID:S69qtdb9O
>>103
何かイラついちゃってるけど何か身に覚えがあった?

115 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:10:11.18 ID:SwB9qMem0
9割は医者の病気作り薬売りの被害者

116 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:10:56.77 ID:L1SmGQ5k0
会社いきたくない病の奴には、
自衛隊のブートキャンプ送りすればいいんだよ

1週間もすれば、目の色かわって戻ってくるはずさ

理由は
「あそこよりマシ」

117 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:11:28.89 ID:bfT8ywe/0
>>100
もしかして、自分は太っているとか言って
ダイエットしていなかったか?

女性が鬱になるタイミングの多くが
栄養管理が出来ていない極端なダイエットをはじめて数日後だから。

118 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:12:49.27 ID:3EYU8MU00
未成年の精神科受診者「15万人」という現実を前に
http://www.nhk.or.jp/gendai-blog/100/123222.html
厚生労働省の患者調査によると、
「精神及び行動の障害」で精神科を受診している未成年の患者数は
最新の平成20年の調査でおよそ15万人にのぼっています。
この数字は12年前にくらべて倍増しています。

http://www.pref.saitama.lg.jp/s-gikai/gaiyou/h1209/1209g031.html
特に最近、精神保健総合センターに期待されているのが未成年精神病患者に
対する対応と夜間救急患者の受入れです。精神病患者は全国で通院183万人、入院34万人おり、
未成年の入院患者は2,400人と伺っています。本県でも薬物乱用や
精神的要因による青少年の患者が増加していますが、県内にはこうした未成年患者を
受入れる入院施設がなく、都内の都立梅ケ丘病院に依存している状態です。 1998年以降抗うつ薬の売り上げ増加と自殺者激増が一致 これは何を意味するのか
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110928-00000011-p

自殺者の7割が精神科受診 抗うつ剤副作用疑う声も ―全国自死遺族連絡会
http://www.kahoku.co.jp/news/2010/04/20100427t13017.htm

日本の自殺が多い原因は、向精神薬の乱処方とその副作用にある。
seishiniryohigai.web.fc2.com/seishiniryo/higai/jisatsu.html

自殺利権の官製「毒まんじゅう」でお腹一杯の日テレ・読売、抗うつ剤問題報道できず
http://www.mynewsjapan.com/reports/1301

日本の医療が薬漬けの理由 患者は“金のなる木”と捉えるから
http://www.news-postseven.com/archives/20111015_33249.html

119 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:12:50.90 ID:HKr/Stoh0
バイアグラ処方して、オチンコピンピン!

無問題!

120 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:13:16.09 ID:+ujn19uJ0
>>67
わかる!
会社の同僚も、そこまで追い込まれた状況じゃなかったのに薬を処方されて、社会復帰するまで(会社が良しとするまで)半年掛かったよ。
悪い意味で聞き分けのいい人間は、俺は薬を処方されるほど状態が悪いのかと思い込んでしまうんだよ。

121 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:13:30.57 ID:L1SmGQ5k0
ダイエットはジョギングと水泳が一番です。

食事をむちゃくちゃに減らしても絶対にリバウンドする

122 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:13:50.03 ID:OnSnqNNy0
>>114
ありゃ。ネットが普及し尽くしてるのに、精神科医を批判するのは極端と言っちゃえる、今時こんな情弱いるんだなぁとのんきに指摘しただけだけど
気にさわちゃった?お薬飲んでる人からすれば不愉快な話だよね。ごめんねぇ〜

123 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:13:58.10 ID:oe4kHpQw0
薬大量に飲みながら仕事してるけど、いつになったら薬が減るのか。
長年飲んでる薬を止めるときが怖い。
なんだかんだで一生飲み続けたほうが幸せなのかも。

124 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:13:58.92 ID:hRhBtUSO0
>>110
SSRIの中でパキシル飲んだけど副作用が酷すぎて地獄を見た
今はパキシルCRっていう副作用が出にくいやつが出てるみたいだけど

125 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:14:17.33 ID:7bq2ad1K0
新型うつ病はわけわからん
嫌な事をするのが憂鬱=精神病って

最近までは憂鬱状態が30日以上続く=うつ病だったよな

126 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:14:20.12 ID:bsw36YCkO
>>83
同感
あと抗うつ剤には副作用で強力な希死念慮(自殺願望)が出ることが
あるのを患者自身が知っておかないと危険!

うつ病は風邪のようなものという例えは、誰でもかかる可能性がある
というのを昔表現したのが今でもそのまま使われ、誤解を招くことになっている

127 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:15:30.26 ID:S69qtdb9O
>>122
何と戦ってるの?何かこの人変な物が見えてるみたいでこわい

128 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:15:36.95 ID:tGG1ceqv0
精神科にどうのこうのいう奴は関係者つまり大半がキチガイな
そいつらの意見に耳を傾けるのは馬鹿らしいと気付けよ

129 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:16:30.99 ID:ng9/oFqd0
精神系の薬で注意しないといけないのは
抗コリン作用
短期なら問題ないが長期にわたって大量に
抗コリン作用のある薬をとると頭がバカになる
どのくらい馬鹿になるかというと
まぁよくYoutubeとかにあがってるように池沼のようになることがある

130 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:17:58.38 ID:9OvFfPMn0
ナマポ飼い殺し作戦

131 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:18:00.60 ID:3s8gV3W80
拒食症の治療で、精神科で5分診察しただけで処方された薬を見た薬局の人が
「○○さん、この薬、できれば飲まないほうがいいですよ」 と教えてくれたおかげで
私は今も正気でいられるのだと思う

会社の先輩が明らかにアッパー系の薬の副反応で被害妄想にとらわれた時も
そういえば薬局の人にこんなもん飲み続けたらおかしくなると言われたな、と言っていた

まったく科学的背景はないけれど、私は二度と精神科にはお世話にならないことに決めた

132 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:18:24.05 ID:o+Lc+5KS0
街の精神科クリニックが求めてる患者は、昔のような本当の病人じゃない
大して病人でもないうつ、不安、不眠を訴える人を囲いたい
面倒な患者は診たくない
そういった簡単で楽な金儲けしたい精神科医がいっぱいいる

133 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:18:35.84 ID:omg335XN0
鬱病の特効薬は札束が詰まったアタッシェケースだからな。

134 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:19:29.99 ID:OnSnqNNy0
>>120
今、産業医が精神科にどんどん流してるからねえ
学校でも早期介入だ
変な世の中だね

>>127
怖いよね〜
ネットの向こうの人にイラついちゃってると勝手に判断して噛みついて自分の書き込みの愚かしさには気づいてないんだね
お薬飲んで寝ましょうね

135 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:19:50.30 ID:nT6HKTQw0
>>97
精神医療は中世ヨーロッパの魔女狩りに通じるような、いいかげんさがある。
健全な人を病人にして後遺症が残るほどの薬漬けにしてしまったり、
逆に精神病の人を異常無しと診断して悪化させてしまったり、

病状をレントゲン等で客観的に証明できぬからか、精神科医によって診断に「幅」が出すぎたり誤診も多いと聞く。

そのようなニュースを見ると、誤診に対する刑罰として医療傷害罪のようなものを作るのは賛成。

136 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:19:57.59 ID:gcREAu9q0
「サイド・エフェクト」は、新薬による副作用についての映画では無いし、
副反応についての映画でもない。
ちゃんと映画観てから書けよ

137 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:20:02.76 ID:xRNF6kZwO
精神科病院の医事課で働いてるけど質問あるか?

138 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:20:24.45 ID:S69qtdb9O
>>128
精神科ってなにせ相手にしてるのがヤバい人達だから色々言われがちなんだよな。
「この医者は私を薬漬けにしようとしている!」とか本気で思い込んじゃう人達が相手なんだからね。

思うに精神科叩きしてる人ってイルミナティーうんぬんの陰謀論も好きそうwww

139 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:21:42.40 ID:2lkt8q160
>>131
拒食症で完全に治療拒否してたら20%くらいは自殺や心不全、栄養失調で死ぬ。
薬だけで治るもんでもないだろうが、死ぬなよ。

140 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:21:53.88 ID:Yc9OC0MY0
睡眠導入剤だけもらっているけど、今や診察30秒だもんなぁ。
まあ、マイスリーとハルシオンの限界処方(一回二錠づつx30日)をしてもらっているので、
実は8ヶ月持つ(一回に1/4錠しか飲んでないww)

141 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:23:00.02 ID:8NmaMZ0l0
飯食ってゴロゴロしてれば治るよ
考え過ぎが毒

142 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:23:04.29 ID:+kfe9Au+0
医療費圧迫の要因でもあるから、
世間の風当たりはどんどん強くなるよ
患者にとっての善し悪しは二の次

143 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:23:22.69 ID:+YAfaAJi0
これはとっくの昔に騒がれなきゃいけなかった問題

144 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:23:25.17 ID:pXljx+j70
対話的な精神療法は時間がかかりすぎる
つまりお金がかかりすぎる
そして人材も限られすぎる
さらに効果もわかりにくい

まぁ、薬しかなくなるわなw

145 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:24:46.20 ID:xSqQv9BI0
精神医療は社会政策だからな
ナマポかホームレスにしかなれない人達の受け皿

146 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:24:48.30 ID:2vhaA/Ar0
>>30
器質的に異常が無いのにごちゃごちゃうるさい患者にデパス処方すると
大抵の身体の不調が消えるから万能薬とも言われてるね。
精神科以外でも使えるようにした吉富製薬の功績は大。

147 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:24:59.22 ID:OqJAis2c0
どう考えても薬が手っ取り早いもんなぁ
精神的ケアでって時間も人材も足りない

148 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:25:04.16 ID:metA0cJr0
ま、精神科は薬でボケさせるしか方法はないからなw

てか、精神科自体
権力者の意向に反する奴を基地外扱いして強制入院させて
薬で廃人にするために使われてきたからねw

その薬がぼったくり価格で服用して中毒になれば
辞めれないんだよ てか、種類や量が増える一方
製薬会社にとって見たらウハウハ

149 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:25:17.93 ID:S69qtdb9O
>>134
統失って大変そうで気の毒だわ。がんば

150 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:26:19.94 ID:St+g8mx70
自分の通い出した診療内科、
自分は違うけど患者によっては電話で診療してるんだが、対面しなくて良いのかい?

対面患者は口々に「変わりありません、いつもの薬お願いします。」と言って電話切って終わり。

151 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:26:30.22 ID:j9JzVqLF0
>>117
特にそういうのはしてないが
鬱で仕事辞めて最初の二年程は確かに酷かった

でもそれから5〜6年は普通にヒキりながら親から金貰いながら遊びほうけ
鬱を理由に仕事もせず医者もそれに対して薬を出し続けるだけ
仕事はしないけど一日中PCにかじりついてネットしたり旅行したりはする
流石に親がキレて今は何とか仕事に就いてる

医者は本当に「自分は欝だ」といい続ければ何年経とうが「薬飲んで休め」って言って薬出し続けるだけ
患者の改善なんかこれっぽっちも考えてるとは思えない

152 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:26:46.14 ID:OnSnqNNy0
>>131
良い薬剤師にあたったな
良かったね
自分は力及ばずだ 何言っても医師の絶対的権力には勝てないね
精神科医は、まったく薬理作用を無視したでたらめな処方するからな
それでいて減薬知識は皆無ときた
薬出すだけ出して何年もずるずる通わせたり死なせたり
医原病だわな

>>149
おまえがな

もう飽きたから話しかけてこないでいいよ

153 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:26:55.06 ID:HvWUNI6R0
循環器科や消化器内科の方がもっと薬出されるよ。

154 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:27:04.55 ID:/KNKRErPP
>>137
きっと給料低いだろうから、ババアでもいいから看護師の嫁を貰え。


以上

155 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:28:56.17 ID:nT6HKTQw0
>>148
まるで政治犯収容所のような物騒な話だな。
実際にそういう事があるのなら、日本も中国を笑えん人権弾圧状態だな・・・・

156 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:30:24.75 ID:lrbOnNGr0
ぶっちゃけ鬱なんて、ただの甘え
根性や我慢ができないだけ
薬物なんてプラシーボ効果で、最初は効果あるが次第に薄れていく

157 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:31:18.88 ID:S69qtdb9O
>>152
統失にかかると自分の方から話しかけてきた事も忘れて、相手が話しかけてきた事になるんだな。恐ろしい病だ

158 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:31:26.31 ID:778O0M3X0
だって離脱症状がシャレにならないんだもの
アレを知ってしまうと恐くてやめられない

問題は、離脱で止められなくなることを全く説明しない医者

159 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:31:55.03 ID:XdoLABVv0
>>100
鬱で不眠と幸福感欠如に陥ったけど
サインバルタを飲んで3日で回復したぞ
躁転するかどうかテストする事は決して悪い事では無い

それと精神医は評判が悪くないが
心療内科は的確な薬と量が分からずたらい回しにされる事が多い

160 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:33:00.71 ID:MXdJgaiT0
結局、フロイトの精神分析の方が多くの精神病に対して有効、ということなんだな。
アメリカの安易な精神分析が、フロイトの精神療法研究の進展を妨げちゃったのは、ほんとに残念だ。

まあ、4、5千円の時給にしかならない診療報酬に問題があるんだけどな。

161 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:33:17.81 ID:Y/G6yklG0
>>158

ほらやっぱり、薬を飲まないとこんなに苦しくなるんだよ〜以下ループ
精神科ってこんなのばっかり。

162 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:33:59.43 ID:C4MOYK+p0
精神科医に頭のおかしい奴多いよな

163 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:34:28.25 ID:XdoLABVv0
>>158
それはあるね
ただ重度の患者に説明できるかと言えば
素人丸出しの俺ですらノー
医者と素人の中間に位置するカウンセラーが居れば丁度良いかも

164 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:34:36.44 ID:m1xDDZNh0
心療内科→診療報酬ゲット    鬱病患者→長期休暇ゲット

会社に残された同僚→本当の過労に

165 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:34:54.66 ID:S69qtdb9O
>>156
あなたは医者とか研究者?そこまで言い切るという事はまさか適当に言ってみただけじゃないよね

166 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:35:08.95 ID:jsDshhlk0
>>162
医者の自殺で麻酔医の次だからw

167 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:35:26.90 ID:20fBTdqA0
サイエントロジーが正しかったということか

168 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:35:46.38 ID:MXdJgaiT0
>>163
心理療法士とかたくさんいるよ。

169 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:35:54.18 ID:2vhaA/Ar0
>>162
医学部で学んだ知識が全く生かされないのが精神科だからね。
香山リカとか変なのばっかだし。あのババアはそれ以前に実際に
精神科医として診察してるかどうか疑わしいけど。

170 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:36:17.68 ID:c7s5OjOv0
薬のおかげで助かった人もたくさんいるだろうに

171 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:36:22.39 ID:OnSnqNNy0
>>157
や、だから、話しかけてこないでいいって言いだしてるのはこっちなんだけど?
知性ある反論でもくればと思ったけど。つまんないしもういいよ

日本語読めないとか…あっ…ごめん
今後も精神医療を絶賛したまえ

情弱なうえに薬物依存者みたいだから、話しかけてこないでね?

172 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:36:28.73 ID:3WPJdPmI0
患者の発言や行動にだんだん影響されてくるのかも

173 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:36:30.40 ID:UNs1olnQ0
医源病でどんだけ人頃されてるんだかな
ごく一部まともな医者もいるけど、基本医者なんて札陣集団だよ

174 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:36:49.64 ID:nq25uYYS0
離脱症状が怖ければ、マイナートランキライザーとSSRIを飲まなければいい。
しかし、これらの薬は薬を使うのが下手な精神科医がなぜか出したがる。

175 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:37:00.96 ID:F9Cx/U/C0
クレイジー・ライク・アメリカって本がオススメ

176 :■ 無くそう、テレビ番組の無用表示と過剰表示(ウザイ常時表示) ■:2013/09/22(日) 16:37:17.04 ID:Rheezln30
  

 > 七味のように用いる

このスレの立ち位置を伺おうか ww

 

177 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:37:28.82 ID:XdoLABVv0
>>162
善意でやってる様なボランティア医師が多過ぎなんだよ
内科外科と違って知識量も多すぎ、判断基準も明確ではない

178 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:37:38.99 ID:bsw36YCkO
>>27
急にやめないで、自分の調子をみながら1/2錠を何日か→1/4錠を何日か→
1/8錠を…という感じで減らしていくんだよ
医師はそういう知識がない人が大半なのか、
知っていても面倒だからなのか教えない
患者側が医師任せにしないで情報収集しないと、自分の命や体を守れない世界

179 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:38:03.02 ID:HvWUNI6R0
>>170
統合失調症用の薬が出来たのが1953年で抗うつ薬はその後なんだぜ。
それまでどういう治療をしていたと思う?

180 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:38:48.45 ID:c7s5OjOv0
>179
電気ショック

181 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:38:59.40 ID:bfT8ywe/0
>>151
医者も人の心はどうにもできないからなぁ

一度鬱を経験すると、また鬱になったら怖いって心配から、
なかなか行動に出れないのもあるしね

182 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:39:04.70 ID:qpuBHKiFO
そもそも、医者に治療なんて出来ないよ。

183 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:39:47.07 ID:5pNbbSGa0
某ブログで、薬自慢してる人いるわーw
自分はみんなと違うとか言いながら、苦しだの辛いだのw
彼女がいるらしいけど、エア彼女だって丸わかりw
自宅で株やって儲けてるという妄想の男w
面白いから絡んでやってるわw

184 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:39:48.01 ID:XdoLABVv0
>>168
連携不足なのかね
俺の場合、躁転が直ぐで服用すらドクターストップが掛かったから
詳しい事までは分からん

185 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:39:53.45 ID:S69qtdb9O
>>171
自分から話しかけてきた事を思い出して悔しくなっちゃったみたいだね
これからも見えない何かや陰謀と戦い続けてください

186 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:40:14.74 ID:778O0M3X0
この手の薬って人によって相性があって、効く人効かない人副作用が出る人出ない人てんでバラバラ
で、医者はいろいろな薬を試しながらその患者にいい薬を探っていく
これが上手い医者に当るといいがヘタな医者は以下略

187 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:40:26.32 ID:HvWUNI6R0
>>180
電気ショックは確かに良く効く治療だけど、某新聞社のネガティブキャンペーンでかなりやりにくくなったんだよw

188 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:40:51.43 ID:rrlOJlN10
ハルシオンはよく効く ははは

189 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:41:01.17 ID:7EpuhPI00
>>140
うらやましいよ
その図々しさとみみっちさ

190 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:41:13.13 ID:SiAmMPyC0
>>156
そんな風に、自分の意見だけを信頼して他人の言葉は尊重せず、
自分の常識だけで世界を決め付けるキミが
一番甘えてて我慢する強さが無いように見えるわけだが。

191 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:41:44.74 ID:c7s5OjOv0
>187
今回のも薬に対するネガティブキャンペーンでない?

192 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:42:04.30 ID:C4MOYK+p0
大学病院にも開業医にもおかしな医者いるよ
薬叩く前に薬を出す奴らをどうにかしろと言いたい

193 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:42:06.68 ID:2OBH0RyDP
もう抗うつ剤10年以上飲んでるが、薬漬け?の何が悪いのか分からん
タバコよりよほど健康的な娯楽と思うが
安いし、月1のカウンセリングもいい息抜きになる

194 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:43:04.41 ID:DKDLfywFO
香川リカ先生にかかれば1日で治る

195 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:43:19.37 ID:2lkt8q160
>>160
フロイトは週に数人の患者しか診察していないが十分に大家族を養いリッチな生活ができてる

一回1時間、週に5回以上、何年も通い続ける時間と財力のある患者だけ診ることにしたら精神科医も楽になることだろう。

ちなみに統合失調症圏をフロイトはほとんど治療してないし治せてない。

196 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:43:52.99 ID:xSqQv9BI0
もし自分が精神科医だったとしたらいかなる場合に診断を下せるのか考えてみたらいい

197 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:44:01.95 ID:XdoLABVv0
>>186
待合室で仲間を見つけたけど
医者探しで2か月、薬を見つけるのに3か月で
その間相当症状が悪化したらしい

そもそも飲み合わせ期間が2週間で
その間、判断力低下やら慣れも必要で
危険で動けないから大変らしいね

198 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:44:13.40 ID:nq25uYYS0
>>179
ヒロポンw

199 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:45:09.77 ID:S69qtdb9O
>>193
薬漬けという恐ろしげな言葉を使うのは印象操作だよ。
ただ薬飲んでるだけでまるで薬物依存みたいな印象を植え付けるためにね。そういう連中のヒステリックな言葉は気になさるな

200 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:45:14.95 ID:bsw36YCkO
>>30
おいおい…
デパスは外科でも内科でも気軽に出される薬だが、
人によってはやめるのにとても苦労する薬らしいよ

それから、精神科の病気の症状も薬の効き方も個人差がある!!
これ重要!

201 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:45:18.67 ID:nvmM5iGVO
坑鬱薬が要らないようなレスがあるが
私の統合失調症の陰性症状には
リフレックスがとてもよく効いた
そのお陰で生活がまともに出来る
ありがたや

202 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:45:42.49 ID:HvWUNI6R0
>>191
確かに精神科治療にはいつもいちゃもんがつくね。
降圧剤や胃薬、骨粗鬆症の薬の方がもっとひどいと思うけど(抗認知症薬もダメだけど)

薬よりも精神療法の方が訳がわからないけど。

203 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:46:03.44 ID:ENFf2N4X0
サイドエフェクト面白かったけど、これで記事書くのはナンセンス

204 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:46:05.42 ID:Y7YMWhU00
ユングだのフロイトだのただの新興宗教の教祖でしかないのに
それを基礎にしてる時点で精神医学なんか終わってる

205 :!ninja:2013/09/22(日) 16:46:41.58 ID:RKp6zivG0
精神科(心療内科含)やめますか?
それとも人間やめますか?

206 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:47:10.78 ID:hUPIXhL70
>>68
その祈祷がよく効くんだよな

207 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:47:32.90 ID:XdoLABVv0
>>198
幸福度が上昇すれば勝手に元の生活なり
新しい生活を目指すから間違いでも無い

もっとアレルギー検査の様にパッチで相性テスト出来るようにでもなれば
この手の治療も楽になるんだろうけどね

208 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:47:56.81 ID:o+Lc+5KS0
薬漬けがわるいってイメージだからな
批判してるのも現場知らない人ばかりじゃん
統合失調症の患者にメジャーと副作用どめだして
眠れないから睡眠薬だして死にたいといえばデパスでも出す
出さないと良くなるわけでもないし

209 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:48:01.29 ID:1yjRNhmd0
デパスは導眠りによかった気がする
落ち付いてた

210 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:48:05.07 ID:L1SmGQ5k0
新型うつって、ただのヤク中患者だとおもうよ。
怠け者。友達との食事やライブには行けるとか異常。

俺が鬱で苦しんだときは、
自責の念で飯も食えないし、
そもそも金を使うことが辛くてひらすら家で暮らしてた。

211 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:49:12.30 ID:s5LA+3mJ0
俺っちリーマスしか向精神薬は飲んでないな

212 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:49:39.59 ID:nq25uYYS0
>>210
病気の時は寝るのが基本。それができてないと、よくならない。
気分転換とか抜かす素人はたいていそれを理解してない。

213 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:49:55.17 ID:HvWUNI6R0
>>210
あれはDSM-Wが悪い。

214 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:50:07.83 ID:XdoLABVv0
>>210
俺も倹約が原因で趣味もやめて気が付いたら鬱だったから
何となく切っ掛けは似てる

215 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:50:24.87 ID:S69qtdb9O
精神科叩きが好きな人は多分イルミナティーとか人工地震などのキーワードも好むタイプの人種だと思うwww
陰謀論好きではたから見たら何と戦ってるんだかわからない人ww

216 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:50:40.35 ID:L1SmGQ5k0
デパスは呑んだことあるけど、甘さひかえめのラムネみたいな感じだったな。
ちょっと精神的にめいってる時には、やわく効く感じ。
もともと胃薬だけに腹具合も少しよくなる。

ほかの薬はのんだことがない。

217 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:50:44.83 ID:aut9NJn2P
            _,,..r'''""~~`''ー-.、
            ,,.r,:-‐'''"""~~`ヽ、:;:;:\
           r"r          ゝ、:;:ヽ
   r‐-、   ,...,, |;;;;|       ,,.-‐-:、 ヾ;:;ゝ
   :i!  i!  |: : i! ヾ| r'"~~` :;: ::;",,-‐‐-  `r'^!
    !  i!.  |  ;| l|  ''"~~   、      i' |
     i! ヽ |  | |    ,.:'"   、ヽ、   !,ノ
    ゝ  `-!  :| i!  .:;: '~~ー~~'" ゛ヾ : : ::|          院長先生、みてるぅ〜?
   r'"~`ヾ、   i! i!   ,,-ェェI二エフフ : : :::ノ~|`T
  ,.ゝ、  r'""`ヽ、i! `:、   ー - '" :: : :/ ,/
  !、  `ヽ、ー、   ヽ‐''"`ヾ、.....,,,,_,,,,.-‐'",..-'"
   | \ i:" )     |   ~`'''ー---―''"~
   ヽ `'"     ノ

218 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:51:36.42 ID:MXdJgaiT0
>>192
処方箋だけ書いて、ひとり5分で回転させれば時間給4万。

じっくり話を聞いたら、ひとり1時間だと時間給4千円。

医者や病院を責められない。

219 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:51:48.40 ID:4sfGq7IE0
>>215
それが病状ってやつじゃない?

220 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:52:05.45 ID:TR0kEoYN0
>>135
>誤診に対する刑罰として医療傷害罪のようなものを作るのは賛成。

医者がいなくなるな。

221 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:52:10.67 ID:TMZEnt080
一番いいのは、環境を変えてのんびりする事なんだが
それだと大抵の人は食ってけないからな
そこそこ裕福な実家のサポートが受けられて、無理を
してでも今いる場所で頑張らなきゃならない理由の
ない人は、とっと隠居したほうが本人も周囲もシアワセ
なのに、無駄に頑張って被害を広げたり、自殺しちゃったり

222 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:52:14.73 ID:778O0M3X0
>>193
いい医者に出会えて合う薬を見つければそんなもんだろうけどな
そうでない患者は大変だってことでな

223 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:52:15.83 ID:ad1OFMqB0
薬なんて効き目が人それぞれ違うのに

すぐ薬漬けとか言う奴がどいつもこいつも被害妄想染みてキモいのは何でなんだろうな

224 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:52:31.12 ID:OnSnqNNy0
>>185
まーた話しかけてきた
粘着キモーイ
まともなこと言えないならレス番つけてこないでいいよ
これくらい出来るよね?出来なかったら、「ぼく池沼(^q^)」て言ってるようなもんだからね
陰謀論言い出してるのはおまえさんだろ。メンヘラでオカルトかよ。なんの薬飲んだらこんな低脳になれるんだか

225 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:52:58.87 ID:L1SmGQ5k0
新型といわれる薬漬けの奴は、基本的に責任を外におしつけて
自分を変えようとしないからな。

そのまま老人まで怠け者を貫くなら、
早めに死んだ方がいいと思うんだが。
割と本気で。

若いから許されてる面はあるよ。

226 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:53:06.98 ID:2lkt8q160
DSM5なんかうつ病の除外で死別反応すらなくなったぞ(笑)
お前ら肉親や恋人が亡くなっても2週間以上落ち込んでたらうつ病だから抗うつ薬飲めってアメリカ様がおっしゃってますよ

227 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:54:54.01 ID:bsw36YCkO
>>34
「うつ病は心の風邪」の解釈が間違っている

以前は精神科の敷居が高かったため(行ったことが周りにわかったらなどの葛藤も含む)、
うつ病は風邪のように誰でもかかる可能性のある病気であることを
わからせるために使ったらいろんな解釈になってしまい、
またうつ病の人を追い込むような流れに…

228 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:55:06.78 ID:YN+Q6Rnf0
>>204
精神医学と精神分析、ちがうから

229 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:55:21.26 ID:MXdJgaiT0
>>195
そうだね。
お金のことは保険制度と診療報酬という政治的な問題だとしても、統合失調症には対応できなかったみたいだね。
フロイトと同じように薬とは無縁で統失に対応したセシュエーみたいな人もいるから、研究の価値はあると思うんだけどね。

230 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:55:31.93 ID:LNJdC+X70
鬱の人ってこういうスレに来ると元気いっぱいじゃん。

231 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:55:33.53 ID:B+F3SGnv0
一番怖いのは、飲み続けるべき精神病患者がこういうのを真に受けて拒否すること
統合失調症とか、初期のうちに投薬治療受けて薬が合っていれば寛解に至り易いのに

232 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:55:36.54 ID:pwlm4suz0
SSRIことプロザックは日本で認可されてません
その時期に認可されたのはバイアグラでした
どうにもなりませんね厚労省は

233 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:56:05.66 ID:L1SmGQ5k0
>>193 ちゃんと仕事してるなら。

ここで批判されてるのは、病状改善しないまま
薬だけ大量に服用してるような末期患者とその主治医。

辛いことなんて沢山あるにきまってる。
特に思春期や就職直後なんて、上手くいかないことが多い。

挫折を薬で逃げるようなカスは
ちっと考え正したほうがいいよ。

234 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:56:23.18 ID:jsDshhlk0
>>210
アル中も精神手帳の対象者

235 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:56:40.33 ID:O12EX5Jf0
脳神経化で処方された薬を飲んだら、じっとしていられなくなって
部屋の中を歩き回るようになって飲むの止めたら4日くらい寝られなくなって
異常を医者に話したら、薬は少しずつ減らして体に慣れさせてから止めるんですって言われた。
医者を信じるしかないけど薬は恐ろしいと思った

236 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:57:05.68 ID:1OPovUrW0
他剤併用つか多剤併用だろ?

237 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:57:33.72 ID:TR0kEoYN0
まぁ鬱病の奴らを徹底的に追い詰めて自殺させて社会を健全化させる方法もあるけどね。
現行法じゃ自殺に追い込んだ場合の罰則なんてないに等しいしw

238 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:58:05.39 ID:1Nkj9gwZ0
>>193 >タバコよりよほど健康的な娯楽と思うが
娯楽って何?
薬飲んでそんなに気持ちよくなったりする?
一時期リタリンがそういう気持ちよくなる目的で使用されてたようだけど、今は殆ど処方されなくなってるからね。

239 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:59:30.57 ID:La+ZuWf+O
マニュアル通りだっていって効かねえっていってる薬をMAXまで飲ませて減量して次の薬なんてしてるほうが体にダメージがあるわ。

転院重ねて今抗うつ剤少量二種類にしてる。
直感で「これだ」と思ったので続けてもらってる。

240 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:59:37.29 ID:nq25uYYS0
>>234
飲んでないときも幻覚が見えてるくらいじゃないと通らないのでは?

241 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 16:59:44.48 ID:778O0M3X0
>>227
「鬱病は誰でも掛かります」
 ↓
自称鬱患者大発生でまともな精神科医の手が回らない
自称患者大発生で儲かるからヤブ心療内科大発生

かくて現状
マスコミと製薬会社はウハウハだろうけどねぇ

242 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:00:08.03 ID:C4MOYK+p0
宮崎勉を生かしといて実験に使えばよかったのにな

243 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:01:50.99 ID:mIgEQVSX0
いや、キチガイは薬飲まなきゃ治んないから

244 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:02:06.85 ID:1Nkj9gwZ0
>>240 本当のアル中なら、その内すぐ
肉体の方が内臓系でぶっ壊れて、身体の方の手帳がもらえそうだな。

245 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:02:25.77 ID:S69qtdb9O
>>233
なんでもかんでもそういう根性論を持ち込むなよ。すぐ気合いだの甘えだの言い出すのは日本人の悪い癖だ。

246 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:02:36.29 ID:OnSnqNNy0
>>193
タバコより安全という薬理上のエビデンスを提示していない
明らかに釣りですね
赤くしておこう

247 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:03:27.90 ID:27ushjlf0
>>229
精神科医療の枠組みで薬抜きで統合失調症を治療するならサリヴァンやビオンも参考にはなるだろうね。
ただし薬を使うほうがはるかに安い、幻覚妄想に効果がある、効きが早い。

そして今どき精神分析のみで精神病を治療してたら訴えられて裁判で負ける危険がある(笑)

248 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:04:01.80 ID:nq25uYYS0
>>244
内蔵系が頑丈でなければたくさん酒が飲めないので、アル中になれないw

249 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:04:05.95 ID:91nH6mD70
>>221
昔あったもの「神経衰弱」「隠居生活」「書生」「無為徒食」

250 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:04:18.69 ID:8UuxAEJ00
>>162
当直医で明らかに発達障害がいる。夜回診で挨拶に回る際に
『よろしくお願いします!』とでかい声を出す
古参の看護婦に注意されたことがあったが、よくわかっていなかった。次回は同様だ。
彼に援助が必要だと思う

251 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:04:37.06 ID:BQGmW7By0
へたな精神科医よりもそこらのメンヘラのほうが適切な投薬指示ができると思う。

252 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:04:53.97 ID:2vhaA/Ar0
>>232
>SSRIことプロザック

プロザックというSSRIが認可されてないだけで、他のSSRIはたくさん
出てるはずだよ。20世紀中には日本でSSRI出ないだろうって言われてたのに
バイアグラと同時に何とか言うSSRIも同時に認可されてたはず。

253 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:05:43.14 ID:v5wbjLNNi
精神科は整骨院がみろよ、それが国民のためだ。

254 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:05:53.64 ID:L1SmGQ5k0
>>245
根性論は俺も嫌いだよ。
なんの解決にもならないからね。

でも仕事してないなら、外食や外遊びは控えるのが
普通の感覚だ。

医者にかかりつつ
ちゃんと自分の稼ぎで完結できてるなら
誰も文句はいわない。

255 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:07:21.70 ID:YyJQd3FK0
すれ立ってるよ

【医療】精神医学、「薬漬け」の要因
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1379830013/

256 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:08:38.70 ID:L1SmGQ5k0
精神的におかしい人で、
ただのストレスや挫折でめいってるだけの人は
癒しと適切な抗不安薬の投与で、早めに回復させるべき。

5年も10年もダラダラと長引いてるのは
ただのクソ

257 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:10:07.80 ID:YQA1q0+j0
まあ、極端な遺伝子疾患でもないかぎり、精神疾患発症の
多くが環境に対する不適応とかイジメなど、ハードというよりはソフトに問題があるからだろう。

「ソフトを改善するのではなくハードを過剰にいじるのが問題と♪」
「まあ、元気になるのが回復の指標と捉えられがちだが、当人を追い込んだ環境は変わらないので
 要するに投薬の基本は本人が自発的に環境との妥協点を作り出すまで、モラトリアムを誘導して苦痛を緩和する補助的な位置づけ。
 それを受容体をイジルとか中途半端に脳機能の本質に踏み込んだのでややこしくなっているんだろうねw」

258 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:10:31.97 ID:Whtqc7pQ0
税金ジャブジャブ

259 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:10:41.62 ID:B+F3SGnv0
>>251
症状治まって冷静に客観的に判断できるメンヘラならなんとなく分かるとは思うが、
OD馬鹿や、逆に未だ要投薬だろというのが断薬教の伝道師化したりしてるから危険だろう…

260 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:11:10.75 ID:ccNEFOt50
薬で満腹です

261 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:11:33.48 ID:nlbfeYhZ0
>>159
そりゃ、プラシーボ効果だって。
どんないい薬でも血中濃度が安定して効力が出るまで1週間はかかるよ。

262 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:12:06.79 ID:dprKU1JBO
>>9
硬直化した人間関係と過密し過ぎた環境が鬱には一番良くないからな
見知らぬ人だらけの地方都市(本当は田舎かがいいのだけど、日本の田舎者は
アレだから)ででも数年前過ごすのが一番の治療法かもな

何より最低限の事は、鬱の原因になる追い込んでくる相手との関係を断つ事だけど
現実問題、それすら難しいね

263 :従来の薬物治療は、患者の病気克服意志さえ抑える欠陥が存在:2013/09/22(日) 17:12:52.25 ID:MaC4OQd40
.
.
統合失調症に対するメタ認知トレーニングは、ドイツ・ハンブルク大学のMoritz教授を中心とするグループによって
開発されました。 ( 中略 ) その目的は、患者さんがメタ認知的な知識を増やし問題対処技術を磨くことで、症状による
苦痛を減らすことです。

この技法は、幻聴や妄想などの病的体験を患者さん達が “ 隠さず公表し合う “ ことで、統合失調症という疾病を
患者さんが進んで理解し、幻聴や妄想が生じてもそれに冷静に対処する生活術を身に付ける、という技法です。
日本認知療法学会 → ( URLのwww.を含む先頭部分 )c-linkage.co.jp/jact2013/contents/work.html
.
.

264 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:13:16.99 ID:eL1wmnLT0
【衝撃事件の核心】
家出→売春→覚醒剤 大人の“餌食”になった15歳少女の悲劇
2011.10.23 12:00
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111023/crm11102312010004-n1.htm

少女が東京都新宿区の自宅を出たのは昨年11月だった。
自分が通う私立中学校の校則と教師に反発していた少女は、学校を休みがちで、授業についていけなくなっていた。

行き着いた先は結局、日本最大級の繁華街として知られる新宿だった。
飲食店や風俗店がひしめく街をぶらぶらとしていた少女はすぐに、見知らぬ若い男から声をかけられた。
「キャバクラで働かない? 身分証持ってる?」
身分証も持たず、15歳であることを告げると、男は優しい声で、別の仕事を紹介してきた。
「身分証がなくても働けるところがあるよ」

佐賀義輝被告(22)
の言われるがまま7人乗りのワゴン車に乗り込んだ。
車内には少女と同じように家出をしたとみられる同年代の少女3人と20歳くらいの成人女性2人の計5人がすでに乗っていた。
少女は、この5人の女性と佐賀被告と一緒に車中泊をしながら売春する「援助交際デリバリー」(援デリ)を始めることになったのだった。

265 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:13:39.29 ID:On/AYWm9P
巨利をむさぼる 精神医療業界 第4章:実験
http://www.youtube.com/watch?v=gon1mWg5PrY

266 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:14:30.35 ID:UO/soAlo0
>>133
なるほど

267 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:15:08.77 ID:YGIyTzBt0
市民病院の精神科なら?

268 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:15:29.36 ID:SLFlIdTw0
統合失調症は自治体の事情で作られる病気と聞いたけど?

269 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:15:41.82 ID:XZRZV/PJ0
仕事中に突然強迫観念と不安を感じて、更に3日くらい全く
眠気が無く目が冴えて眠れなかった。
市販の睡眠導入剤でかろうじて2〜3時間眠れる始末。
流石にヤバイので自己暗示でひたすら前向きな言葉を
刷り込ませたら何とか眠れるようになった。
あのとき病院行ったら間違いなく鬱病診断されてたよなぁ。

270 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:15:42.87 ID:S69qtdb9O
一つどうしても聞きたいんだけど精神科や精神科の薬についてネガティブな事言ってる人達はちゃんとそれについて勉強した医者とか薬剤師なの?

まさか「素人だけどネットでそう聞きました」じゃないよな?

271 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:16:05.12 ID:bgKU1MUq0
かつて精神病院のことを脳病院と言ってたそうな
そっちの方が核心に迫ってる気がするな
実際は脳の伝達物質などが症状を引き起こしてるのに「心の病気」とかおかしいだろ

272 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:16:17.64 ID:Ql0xYeC60
精神科医や製薬会社が鬱病という昔は手つかずだった
巨大なマーケットを発掘したんだよw

273 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:16:38.76 ID:RfIB4aMI0
精神科での多剤併用はかなり減ってきてると思うけどな
むしろ内科医が不定愁訴に律儀に対応してる時のが危ない

274 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:16:44.52 ID:fnWSZEX10
オーバードーズしてるのでひとつの精神科クリニックで出される薬量では到底足りずに、
何軒もハシゴするってよく聞く話だし、
精神科医療にメスを入れたらかなりの医療費が削減出来んじゃないのかな

275 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:17:17.41 ID:P3oV0ZfS0
基礎的な科学知識のない人、それまで精神疾患や障害に関心を持たなかった人、
あるいは、「心情的、共感的」な理解しかできなかった人。

こういう人たちが、結果として薬漬けになりやすい。

「デパスが…」とか「今夜は眠剤を…」とか嬉々として語っちゃうタイプって、
大体「精神」についてそれまで、浅い関心しかなかった人たち。

276 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:17:46.76 ID:gMtrWjBA0
なんかようわからんけど結局、医者次第ってことなん?
本当に治療で助けを求めてる患者さんにとっては大変な
話だなぁ
いろいろ辛いって聞くし

277 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:18:02.99 ID:095OcNeq0
×鬱病で自殺
○鬱病の薬で自殺

278 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:18:04.56 ID:yJAxixk20
>>269
オレもそんな経験をして9年間、眠剤をもらってる。
医者は薬を変えてはくれるが基本放置。
やめたいとは思うが、あのつらさを思い出すと恐ろしくてやめられない。
寿命が3年縮んでもあの苦しみは味わいたくないと思っちゃう。

279 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:18:05.03 ID:L1SmGQ5k0
>>262 東京はストレスの逃げ場ないね。

水泳でもするといいとおもうんだよ

280 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:18:17.54 ID:dprKU1JBO
>>17
精神科に限らず、日本の医療機関はTPPで破壊した方がいいな
バカな政府が大病院の過密を防ぐために、町医者をかかりつけ医にする制度
とかを推進してるしww

無駄な薬のばら蒔きや無駄な検査は精神科に限った事じゃない
そこいらのクリニックなんか無駄だらけ。
大病院に患者が集まるのは、個人の医者じゃまともな治療が出来ないからだし…

医師会の集票力と献金の為に、毎年数兆円の無駄な税金使ってるのは
政治家以外に何者でもない

281 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:18:28.98 ID:B+F3SGnv0
>>263
付け焼刃な認知療法だと悪化する恐れがあるわな
上手く認知療法やれる精神科医など日本に何人居るのよレベルだろ
投薬と組み合わせてやるべきだろうな
統合失調症を投薬でさえ上手く合う薬探して治療できる精神科医さえ少ないが

282 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:21:38.90 ID:v/wUD4+i0
精神系の薬品のけっこうな数が、確か、ベトナム戦争〜イランイラク戦争みたいな戦争のいわゆるシェルショック的PTSDの治療薬として開発されたものだったと思うよ。
要は、戦闘状態の後痛む、若者の血を代償にした と各国が言ってるのは、
アレは赤い血だけでなく、戦争精神病その他の問題がどうも沢山ある。
へんな邪推はしないけど、要はそういうの用に使うために作ったモノとは言えるかも。
要はなんでも効けば結果オーライでいいんだけど。

283 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:21:42.70 ID:6I6b8Hhy0
>>9
そういう転地療養みたいなのって
一般家庭では非常に難しいからなあ
どこか療養するための施設などが整備されていてその利用が
それこそ薬を試すようにやってみられるようにでもならないと

284 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:21:50.29 ID:TE1zEK9d0
真の原因は医者の給料が高すぎて
基地外が医者になりたがることだと思うけどなw

数千万円払えれば誰でも底辺私立医大に入学できるわけだし

285 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:22:08.85 ID:k8vFMrsp0
ロボトミーや電気ショックよりは遥かにマシだと思うが、物は程度が肝心ってことだろ。
適切な組み合わせと量なら投薬が一番めんどくさくないと思うし。
主観的で非科学的な民間療法がのさばると、座敷牢と狂人見世物小屋の再来になりかねん。

286 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:23:42.62 ID:B+F3SGnv0
>>268
誰の都合でも無いだろ
自分の家族が統失の急性症状起こしゃ分かるよ

287 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:23:50.85 ID:jEdVoxDK0
発達障害が基底にあっての鬱症状なんて抗うつ薬で治りっこ無いが
両方診られる医者がまずいない。

288 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:24:04.74 ID:GiwCF2ek0
周囲にいたそういう人達って薬飲みだして悪化していった人多いなぁ。

289 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:24:36.51 ID:SLFlIdTw0
>>253



w

290 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:25:48.24 ID:cTU5zkuK0
うつ病と統合失調症は糖の過剰摂取による血糖値の異常が原因なので
精神科ではなく内科でみるもの

291 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:26:42.51 ID:L1SmGQ5k0
精神系の薬は保険非適用にしたらいいとおもう。
本当に必要な人は使えば良い。

ナマポでメンヘラってのが最悪。多いらしいけど。

292 :従来の薬物治療は、患者の病気克服意志さえ抑える欠陥が存在:2013/09/22(日) 17:26:43.93 ID:MaC4OQd40
.
.
統合失調症に対するメタ認知トレーニングは、ドイツ・ハンブルク大学のMoritz教授を中心とするグループによって
開発されました。 ( 中略 ) その目的は、患者さんがメタ認知的な知識を増やし問題対処技術を磨くことで、症状による
苦痛を減らすことです。

この技法は、幻聴や妄想などの病的体験を患者さん達が “ 隠さず公表し合う “ ことで、統合失調症という疾病を
患者さんが進んで理解し、幻聴や妄想が生じてもそれに冷静に対処する生活術を身に付ける、という技法です。
日本認知療法学会 → ( URLのwww.を含む先頭部分 )c-linkage.co.jp/jact2013/contents/work.html
.
.

293 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:27:15.56 ID:YQA1q0+j0
まあ、子供の注意欠陥も親に原因があったとか複雑な世界だからねw

「親を治したら子供も治ると♪」
「もうちょっと広い視点からみるべき分野なのかもしれない」

294 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:27:19.45 ID:Y5AgNlkM0
薬漬けで正解

薬止めて元気に暴れられたら周りがたまらん

295 :池田 宏樹 山形県酒田市在住:2013/09/22(日) 17:27:25.97 ID:CFjpCtmB0
ドン キ ホーテ その後遺症に苦しんでますけど。何か。死ね。

296 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:28:13.11 ID:RfIB4aMI0
>>290
確かに鬱症状がアクトスで改善が見られたような話を最近見たが、
統合失調症は無理だろ。あれは遺伝と運

297 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:28:55.18 ID:zrjaamf20
日本はセカンドオピニオンですら認められてないのに、
どうして同一疾患で複数の精神科(心療内科)クリニックに保険適用で通院できるの?
保険の不正請求にならないの?

298 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:29:34.88 ID:yJAxixk20
>>297
セカンドオピニオン認められてるが…

299 :自由意志を幻想とする唯物科学では統合失調症は完治し得ない:2013/09/22(日) 17:30:15.36 ID:MaC4OQd40
.
.
自由意志を幻想とする唯物科学では統合失調症は完治し得ない

→ www.は省略 ( URLの先頭部分)blogs.yahoo.co.jp/eig35153/MYBLOG/yblog.html
.
.

300 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:30:19.04 ID:K8/Y5wOCP
>>135
とうしつはMRIで病変が見つかる
うつは血液検査で分かる
精神科医は使わない手段だけどな

301 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:30:29.11 ID:C4MOYK+p0
脳の病院と統合失調の病院は分けるべき

302 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:30:51.79 ID:xSqQv9BI0
>>271
逆だろ
むしろ心の病気が脳の病気とされている

303 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:30:58.59 ID:IlqO5lyL0
新型うつ病などと宣伝して、軽度の抑うつ症状の人を病院に呼び込む→薬を処方する→薬剤惹起性うつ病になる→医者(゚д゚)ウマー

304 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:31:28.84 ID:778O0M3X0
>>294
抗鬱剤ってハイにするんだぜw
メンヘラがハイになってやる気マンマンになるんだぜw

305 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:32:04.94 ID:L1SmGQ5k0
何のやる気がマンマンになるんですか?

306 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:32:25.53 ID:fCqIBlkQ0
>>248 内蔵系が頑丈でなければたくさん酒が飲めないので、アル中になれないw

いまごろこんなこと言ってる無知蒙昧がいるとは。
漢字もろくに知らんらしいサルに言ってもしようがないかw

307 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:32:29.81 ID:/A+10uT70
俺も抗精神病薬とか抗うつ薬とか30種類くらい飲んだけど
効いたような感覚なかったなあ。相当にきっついのも飲んだけどね。
逆に言えばやめても何も副作用もなかった。

精神的な不調は薬ではなく東洋思想(原始仏教、禅、道教)を学ぶことで解決した。
心理学や精神医学はありゃ詐欺だわ。

308 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:32:47.25 ID:cTU5zkuK0
>>296
炭水化物・糖を完全に抜いた食事を3日続ければ
幻聴はほぼなくなると主張するお医者さんもいるよ。
統合失調症=アスペルガー症候群+糖中毒症状
という説もある。

309 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:32:54.03 ID:zrjaamf20
>>298
変わったの?
でもハシゴ通院は駄目でしょ?
処方箋なくした薬なくしたですら自費になるのも変わらないよね?

310 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:33:25.41 ID:1OPovUrW0
このスレが落ちる頃に、
一人で大量にレスした人間の内から上位数名に絞って
そのレスを集中的に読んでみるといいと思う

そうすれば、典型的な嘘が吹聴されている姿を見出せる筈

311 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:33:56.43 ID:RfIB4aMI0
>>303
自称「新型うつ」の患者はとにかく面倒だから、精神科医はまず呼び込もうとなんて考えない
もちろんそんな病名は今のところないから、宣伝もしない

312 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:34:33.97 ID:3ycoR5VU0
山本太郎オフィシャルブログ 13/9/10
良かったね、お金儲け大好物の方々、東京で「企業の祭典」を開催出来るなんて!
何千億円も招致活動にばら撒いて、国内の惨事は、対応する能力の無い東電に放りっぱなし。
この国に生きる人々は、一部の金儲けの為に、またしても切り捨てられたんだよ。
いい根性してる。仮設住宅で暮らしている人々に、選手村くらい心地よい住居提供しろよ。
自国民はコストとして切り詰め切り捨て、金儲けにはフットワーク軽く、リーダーシップ発揮するんだね。
収束方法もわからぬ東電原発も、コントロール下にあるらしいですね、安倍総理。
流石っす! ぱねーっす!もう総理ではなく、神じゃないですか?そのレベル。
あとTPPと秘密保全法でほぼ完成ですよね?何としてもTPPと秘密保全法止めなきゃ、僕たちに未来はない。
http://ameblo.jp/yamamototaro1124/entry-11610647714.html

公開の規定を決めていない、秘密保護法なんてあり得ないだろ。そりゃあ、ダメだ。単なる独裁国家だ。
https://twitter.com/onodekita/status/379950814506147841
秘密保全法案の素案を作ったのはこの人だってさ。周囲との関係を暴露してくれないかな。献金とか。
この法案を作ったヤツの名前を広めよう。覚えておいてね?早稲田大学学術院教授。縣公一郎さ!(笑)
https://twitter.com/MoniqueOsampo/status/379251251164090368

日本人ジョーク
「ヘイ、この改憲案は何だい、基本的人権の制限、集会や表現の自由の規制とは、
日本は共産党が政権を握ったのか?」「それは自由民主党のだよ」

<国民の自由を縛る改憲に反対です>と選挙カーが通り過ぎた。
「オー、日本にも自由と民主主義を守る政党がいるじゃないか」「あれは共産党だよ」
https://twitter.com/Japanese_Joke/status/379741965090185216

「売国奴といえば、一昔前までは保守派が左翼に向かって使う言葉であった:兵頭正俊氏」

安倍偽総理が統一教会の雑誌の表紙に!
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/008/181/20/N000/000/010/137696947258213211225_http___blog-imgs-58_fc2_com_j_y_o_jyouhouwosagasu_abesyysyoutouitukoika08117.jpg

313 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:34:38.13 ID:SLFlIdTw0
精神病は、健常者が精神病院を訪れ

精神科の医師が診察、精神病との診断を下し

抗精神病のお薬を処方され

それを飲用したところで完結するからなw



他人の妄想や幻聴は誰もわからないw


ただ、お薬の副作用は医師ならだれでも知ってるw

その概念が>>265の動画の

「私なら役立つ副作用のある薬を選ぶ!」


というコメントだと思うw

314 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:34:45.73 ID:jEdVoxDK0
>>300 駅前クリニックじゃなく市の指定医くらいになればやってるよ

315 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:35:11.91 ID:IlqO5lyL0
>>311
宣伝するのは精神科医じゃなくて製薬会社だもん

316 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:37:12.61 ID:jEdVoxDK0
>>308 酵素が充分つくれないとかじゃなく?

317 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:38:40.91 ID:zWsWDdVw0
精神科医自体がストレスでノイローゼになるぐらいだから
医師の責任じゃなくて
精神医療の体制そのものを良くしていくようなシステムが必要だろ

国の支援も必要だし

318 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:38:58.28 ID:JiTlmX3SP
健康食品の4割、薬の効き目低下招く 厚労省
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2101O_R20C13A9CR8000/

>薬効が弱まると考えられる医薬品の種類は、睡眠薬、降圧剤、抗うつ薬、免疫抑制剤など。
こんなニュースがあるけど

319 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:39:53.48 ID:YQA1q0+j0
まあ、アスペにしろカテゴリーは古いが長らく無視され
最近になって着目されてきたわけだ。昔なら変人で片付けられていたレベルw

「頑固職人とかマニアの世界ですね♪」
「で、それだと職場が困るとか近所付き合いがヤバイということで病気になった。
 もっとも、最近の社会風潮を反映した新たな病気も見つかってきた。それが新型ということだなw」
「震災後の社会ストレスも無視できませんが♪」
「また新しい病気が生まれるのだと推測する」

320 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:40:07.18 ID:RfIB4aMI0
>>315
そんな病気は認可されてないから、製薬会社が宣伝なんかしたら違法行為
いわゆる「新型うつ病」に抗鬱剤なんか出したら躁転して余計ややこしくなるの目に見えてるから、
精神科医は安い抗不安薬とか無難な薬に走るよ

うつ病が市民権得ちゃったもんだから、自称うつ病も増えちゃって、
実際全く鬱症状がないわけではないから、便宜上そう呼んでるってのが実情

321 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:40:46.17 ID:B+F3SGnv0
>>296
>290はホッファーのオーソモレキュラーのことだろう
本人が自覚してやれる状態で、それで良くなるというなら構わないが…
現状分子栄養学的治療は、栄養素に気を付けるレベルでしか
汎用的には使えないように思った

322 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:41:16.87 ID:tGG1ceqv0
精神科ってほとんど原因不明でまだまだ未熟な分野なのに
それなりに効力持ってて社会は建前上それに従わないといけないからめんどくさい

323 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:42:25.34 ID:RfIB4aMI0
>>308
統合失調症の患者は拒食になりやすい(巨食にもなるが)
それで治ったら世話はないわけで

324 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:42:32.49 ID:cTU5zkuK0
糖の過剰摂取によって血糖値が異常にあがりそれを
インシュリンが抑えるのだけど膵臓が正常に機能していなくて
血糖値を下げ過ぎてしまう。するとうつ症状があらわれる。
そして下がった血糖値をあげるためにアドレナリンとノルアドレナリン
が大量にでて攻撃的な症状があらわれる。これが鬱病の正体。

325 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:43:50.25 ID:SLFlIdTw0
>>313



ここから先が問題で
医師が「精神病」と診察した患者は「精神病」でなくてはいけない

「妄想」や「幻聴」がなくてはいけない

それぐらい「どうでも良い」医療分野ゆえその利権を守ろうとするw


これが、「精神病患者」が不幸な結末を迎える理由だろうねw

326 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:44:13.60 ID:KD637UAE0
>>324
治療法も教えて欲しい
ホルモン治療か?

327 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:44:21.94 ID:3zwoW4h80
薬は長く飲むと、やめるとき地獄だからな
気をつけろよ

328 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:45:02.35 ID:cTU5zkuK0
>>326
低血糖症でぐぐる

329 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:45:29.23 ID:xSqQv9BI0
>>322
というかその建前や通念こそが重要であって
無能が言い訳に使うのに便利なんです

330 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:47:10.29 ID:yi4OOi1+0
薬出す→楽に儲かる

だから精神科医になりたがる若い医者が多い

331 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:47:15.85 ID:jEdVoxDK0
>>323 そうそれもだしアスペも大抵もとから痩せてるし
過敏で壊して栄養取れないと鬱っぽくなるに決まってるし。

332 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:47:26.16 ID:9lB+FIUNO
しかしなんだな、
家族に鬱病を発症した人間がいると本当大変だってのを痛感したわ。
若い頃は鬱病なんて怠け者の言い訳くらいにしか思ってなかったが、
本当身にしみて壮絶さがよく分かった。
周りにいる家族が一番大変だわこの病気は。

333 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:48:10.59 ID:rq/S/Dyv0
薬きくまで1ヶ月かかるのもあるからじゃない
簡単には変えにくいでしょ

334 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:48:35.46 ID:gY5PCjKi0
キチガイは薬で症状を抑えるしか方法はないから仕方ない

335 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:48:57.21 ID:rva30Rsn0
>>320
矢口真里の本性を書くのは(ryryryry

336 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:49:09.29 ID:6+ugrG7d0
答えを与えられない医者がカス

337 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:49:59.30 ID:cTU5zkuK0
>>331
その辺は>>321のいうように分子栄養学に詳しい医者から
治療を受けよう。ただし、サプリのむので金がかかる。
自力はすすめない。

338 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:50:18.23 ID:bBwkv7Ls0
「鬱は風邪みたいなもの」とか
新型鬱とか定義も境目もはっきりしない発達障害がどうのこうのとか
企業にカウンセラーとか
精神科がらみの話はヘンテコな事ばかり。

339 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:50:40.41 ID:h9dBuabY0
>>330
手術ミスもないし、失敗しても元々の病気のせいって言えるからね

340 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:51:00.53 ID:Cm6rMC/h0
薬飲まずに直したけど我ながら危険だったと思うから
薬を飲んだ方が無難だな

341 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:51:13.92 ID:0jsIXc8U0
原因がわかないから人は混乱する

342 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:51:28.23 ID:B+F3SGnv0
血糖値の長期スパンでの変動による精神的な影響も本色々出てるな
大沢、溝口あたりは糖質断ちまで言ってなかったけどなぁ
糖質断ちは最近の流行に乗ってる面もあるんだろうか

343 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:51:56.79 ID:yi4OOi1+0
>>339
そうそう

あと、開業するにも設備費がほとんどかからないとかね
旨過ぎるでしょ

344 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:52:04.26 ID:JBkvr42W0
>>278
不安感凄いよね。
更に全く眠くないのにどんどん目の下に隈が出来てきて
疲労が蓄積していく恐怖と言ったら・・・。

自律訓練法と自己暗示は今でも続けてる。
ひたすら前向き&熟睡出来ると無意識に刷り込ませる日々だ。

345 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:53:00.41 ID:1Z6W9Zxm0
コンサータはやくのみたいな
リタリン飲んだひといない?
ストラテラでお茶をにごすのも限界
そろそろ障害年金もらわなきゃいけなくなるよ

346 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:53:14.50 ID:UQzdgGM+O
軽度くらいの時点でお休みすることが一番大切よな
違うもん精神病じゃないもん頑張るもんウワーン!ってフルスロットルで頑張って重症化して結果薬漬けになるタイプが一番やっかい

347 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:53:52.79 ID:0jsIXc8U0
>>343
補助金たっぷり出るしな

348 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:53:57.57 ID:SLFlIdTw0
>>341



ブラック企業や地域でヒロポンとか
盛られるところからみたいなw

349 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:54:45.57 ID:ubg1VhakO
うつ病→医療大麻処方
が世界の主流
日本の精神医学界は時代遅れのアホの集まり

350 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:55:43.46 ID:yJAxixk20
>>344
眠れなくなると、聴覚、触覚はさえまくり、食欲はなくなり、ムリに少し食べてもまったく眠気がない。
聴覚がさえまくるのでちょっとした音にも過敏になってしまう。
ビクビクしてしまう。なんで突然あんななったのか…3日目で耐えられず医者にかけこんだよ…

351 :従来の薬物治療は、患者の病気克服意志さえ抑える欠陥が存在:2013/09/22(日) 17:55:56.69 ID:MaC4OQd40
.
.
統合失調症に対するメタ認知トレーニングは、ドイツ・ハンブルク大学のMoritz教授を中心とするグループによって
開発されました。 ( 中略 ) その目的は、患者さんがメタ認知的な知識を増やし問題対処技術を磨くことで、症状による
苦痛を減らすことです。

この技法は、幻聴や妄想などの病的体験を患者さん達が “ 隠さず公表し合う “ ことで、統合失調症という疾病を
患者さんが進んで理解し、幻聴や妄想が生じてもそれに冷静に対処する生活術を身に付ける、という技法です。
日本認知療法学会 → ( URLのwww.を含む先頭部分 )c-linkage.co.jp/jact2013/contents/work.html
.
.

352 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:55:57.91 ID:RfIB4aMI0
>>346
鬱に関しては、その「早めにお休み」ができないタイプの人がかかるもんだからなあ

353 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 17:58:18.82 ID:cTU5zkuK0
認知療法は多少の安定に繋がるけど解決にはならないよ。
食事療法、運動療法が一番大事。

354 :自由意志を幻想とする唯物科学では統合失調症は完治し得ない:2013/09/22(日) 17:59:47.16 ID:MaC4OQd40
.
.
自由意志を幻想とする唯物科学では統合失調症は完治し得ない

→ www.は省略 ( URLの先頭部分)blogs.yahoo.co.jp/eig35153/MYBLOG/yblog.html
.
.

355 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:00:10.91 ID:9710l87kO
眠れない人って、やっぱり普段ものすごいストレス感じてたりするの?
どうにもならない悩み事抱えてるとか

それとも原因としてまったく心当たりないの?

356 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:00:51.39 ID:ovFKuE6T0
っていうか、キチガイにはどんどん薬食わせとけ
あいつら薬食べると本当におとなしくなるから
主食を薬にしとけ。そうすりゃ安全

357 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:01:32.60 ID:DC/IFEnW0
元精神科医の連中が、こぞって「心療内科」を開業してるからねww
余程儲かるんだよ。小さな町でも、数え切れないほどある。
完全予約制で、一回の心療なんて5分程度。適当に問診して、処方箋買く
だけ。それでも、毎晩眠れないと顔に書いてあるような人が、山盛りで
やって来る。

358 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:01:49.06 ID:P7FxsaM+0
精神医学ってのは周りも含めて、どう考えればいいか、どう過ごせばいいかを
教えていくものだと思うんだけど
薬で治るようなものじゃないよ

359 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:02:02.53 ID:usFqol2p0
ひとつだけ言えること
抗うつ剤「レクサプロ」は神薬!

360 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:02:20.11 ID:DwHr35km0
素人よか専門家の判断のがマシなんだよ
ほんと薬飲まないと動物な奴居るんだよ

361 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:02:52.30 ID:SLFlIdTw0
本当に信じられないような内容
http://www.youtube.com/watch?v=fQaQBm866Us





ワラタ

362 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:02:52.71 ID:y5chmFP1P
投薬して社会への悪影響が抑えられているのなら良しと言えるのでは?
米国は1970年代から重度の精神疾患者を施設から解放する運動を進めたが
結果として該当患者による殺人等の重大犯罪が増加した。当然彼らは罪には問われない。

参考:E. Fuller Torrey
The Insanity Offense: How America's Failure to Treat the Seriously Mentally Ill Endangers Its Citizens

363 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:04:42.94 ID:cTU5zkuK0
>>357
さらに薬をのませれば病気でなくても
精神異常が現れるのでずっと患者になってくれる。

364 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:04:57.73 ID:9710l87kO
栄養不足もかなり関わってると思う

365 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:05:31.76 ID:UQzdgGM+O
>>352
まあね
だからこそ企業で鬱とか精神病に関する教育をしたほうがいいと思うんだよね
病気についてちゃんとした知識があるのとないのでは自己管理の方法が全然違う
自分も仕事上かなり追い詰められて精神科に行ったことがあるが、やっぱ事前知識は大事だ…と今は思う

ちなみに処方された抗精神薬は怪しいから飲まなかったw(抗不安薬のほうはたまーに飲んだが)

366 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:06:25.91 ID:EhHdQdxy0
精神障害者ってとにかく薬嫌いだよな
薬飲まないで症状ひどくなって、他人に迷惑かけるようになったら、すぐに医療保護入院させてほしい
これ以上精神障害者による被害者は出ないような社会にしてくれ

日本の治安がよかったのは精神障害者を入院治療させてたのも大きいんだから
精神障害者を地域社会で暮らせるように推し進める動きは恐ろしい

367 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:06:47.74 ID:usFqol2p0
心の病の原因は脳内物質のバランス異常
という結論が出ているのだから
薬物でそのバランスを正すのは間違っていない。

「気の持ちようは気の持ちようで変わる」
みたいなトートロジーで精神医学を嘲笑するのは
メンタルヘルスに苦しむ人達への無理解にすぎない。

そういう無理解が病を深くすることに気がついてほしい。

368 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:06:57.42 ID:SLFlIdTw0
>>361

ファイザー CM
http://www.youtube.com/watch?v=Uwi0N2vqHtc




あーあ

369 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:07:13.38 ID:YUSGVXKU0
人は大きな問題があれば、悩むのは当たり前、
そんな時ヘタに病院に行けば勝手に名前を付けられ、
薬を飲まされ、薬を飲むと朝起きられなくなったり、なんかボーとして性格が変わり
普通の社会生活ができなくなる。

そしてこんな薬飲んでたらおかしくなると、勝手に薬をやめたらやめたで
一番危険なことらしく、精神の起伏が激しくなりおかしくなり自殺などをしてなくなる。

取りあえず簡単に薬出し過ぎ、悩み相談のつもりで行った
精神的くろう以外、元気な人が半年後には変になって死ぬなんて、おかしいよ。

そういうこと結構あるみたいだから気をつけたほうがいい。

370 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:08:04.21 ID:pS93LM8+0
要約すると
・製薬会社のせい
・厚生労働省なんとかしろ
・患者自身でどうにかしろ
・俺は悪くない

371 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:08:40.22 ID:5ltlK4UsO
トウシロを薬漬け♪

372 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:09:21.62 ID:JPL3t2Gs0
>>366
その場合はどちらかというと「措置入院」が近いけどねー。
まぁ医療保護入院でも間違ってない、というか最初はそうすべきだろうけど。
もう任意入院出来る状態じゃないだろうしなぁ・・・

373 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:09:52.57 ID:cTU5zkuK0
>>367
1950年代にでたモノアミン仮説はすでに否定されてるよ。
それをもとに多数の精神薬が作られた。
鬱病患者にはセロトニンが多い人もいれば少ない人もいると、、、。
ようするに関係ない。

374 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:12:33.55 ID:JPL3t2Gs0
>>373
はぁ?
セロトニン仮説とかはもう完全に受け入れられてるし、
証明こそ出来ない(生きてる人間の脳を直接介入出来ない)が半ば常識化されてる。
もし反論するならそれを否定する具体的な論文出してこいよ。

375 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:12:42.25 ID:Kcu9r4e40
ベンゾジアゼピン系は危ない。薬漬けになる可能性が高い。

最近うつ病が多いね。ストレス社会が一段と酷くなったということだろう。

376 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:13:03.21 ID:SLFlIdTw0
>>367


精神病院
http://www.youtube.com/watch?v=VtzTlUPdFCE

377 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:15:38.89 ID:mgz+j5SG0
>>373
いろいろ間違った思い込みをしているか、
簡単な勘違いを続けているか、
もしくは悪意を持ってわざと嘘を書いてるな。

378 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:15:49.67 ID:RfIB4aMI0
モノアミン仮説は、それで全てが説明できるわけではないとは広く認識されてるが、
否定まではされてないわな

379 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:16:12.36 ID:cTU5zkuK0
>>374

アメリカの精神医学雑誌「the American journal of Psychiatry」に、うつ病の化学的不均
衡理論を再検討した医師たちによる以下のようなレビュー記事が掲載されています。
「10年以上にわたるPET studey、モノアミン枯渇に関する研究、およびモノアミン
関連遺伝子の多型性を調べる遺伝子関連解析の結果、うつ病の病態生理
において、セロトニン系、ノルアドレナリン性、またはドーパミン作動性神経伝
達に実際の欠陥に関すると思われるエビデンスはほとんど存在しなかった」

https://www.facebook.com/himawaricom/posts/314579758660357

380 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:17:12.98 ID:7h40nwWo0
薬を出せば出すほど儲かるシステムなら
医者も喜んで患者に薬を処方するだろうさ

381 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:17:38.05 ID:778O0M3X0
>>370
本当に患者自身が自分の病気や薬に対して知識をもって行動しなきゃならないから困る
「精神科医なんてただの薬屋」と医者本人が言うんだからどうしようもない

382 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:18:17.17 ID:V1SzzEjH0
俺も女ばっかの職場でいらついて最終的に入院したんだけど
外来受診してた時になんとかって薬の副作用で前立腺が腫れてションベンでなくなったり
意図しない時に漏れたりして難儀したわ
入院したら一気に落ち着いて主治医も自分で薬必要ないと思ったら飲まなくていいって先生だったから
不具合もなくすぐに良くなった
その職場やめてもうすぐ1年になるがもう来なくてもいいと言われてる

383 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:19:35.78 ID:VwroNv/A0
>>374
わろす

それを肯定する論文もってこいよ
どんだけ確証があるか検証しようぜ

幽霊いない論文よりいる論文まずもってこいwwww
論文の評価のあたりをみんなで笑おうぜ

薬の臨床成績とかも持ってこようぜ
どんな評価されてるか知るいい機会。俺は評価方法見て爆笑したけど

384 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:20:07.71 ID:JPL3t2Gs0
>>379
うーん、ソース弱いなぁ・・・・
具体的なインタビューソースがほしいところだし、
そもそもそういうインタビューがあるならどこかに絶対そういう論文があるはず。
「専門家がそう言っていた」はソースレベルとしては最低レベルだからなぁ。
具体的な論文あればそれについて討論することも出来るが。

385 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:20:25.21 ID:RfIB4aMI0
>>379
それはつまり遺伝的、器質的な問題ではないと言ってるだけじゃないのか
もともと環境的、機能的な問題のほうが大きいと考えられてるわけで
別にモノアミン仮説そのものを否定しうるものではないように思えるが

まあ曖昧すぎて何をどう調べたのかリンク先見てもさっぱりだが

386 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:20:38.87 ID:RqHG9F280
来春の診療報酬改定で、定型抗精神病薬の多剤併用処方を減額査定する為の
地ならし記事ですね、わかります。

387 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:20:41.70 ID:mgz+j5SG0
>>379
だから誰の書いた、なんという論文だよ。
出所不明な、どういう評価をされているかもわからない、
本当に存在しているかどうかも判別不能な、
顔本からヨタ文を引用してどうするんだよ。

388 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:20:53.64 ID:V1SzzEjH0
ちなみに精神科病棟って軟禁されんのなw
まぁ、知的障害者が結構収容されてたから仕方ないんだろうけど
ひたすら折り紙折らされてちょっとした特技になったわw

389 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:21:20.77 ID:DinmYK/R0
>>300
>とうしつはMRIで病変が見つかる
>うつは血液検査で分かる
 とうしつもうつもMRIで病変はないし、血液検査で分かるわけではない
 客観的数値目標なしで、投薬するのだから科学とはほどとおい。
 医師より祈祷師のほうが適している

 
 

390 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:22:44.00 ID:B+F3SGnv0
投薬必要な人間の方が様々な理由を引っ張ってきて投薬拒否り易いってのはあるかもなぁ

391 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:22:47.55 ID:857eipfN0
要因? 香山リカだろ

392 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:23:22.07 ID:6zhqxzHp0
やたらと大量に薬処方されてた時期があったけど
一日中眠くて仕事にならないし、おしっこが出にくくて苦しかった
自宅に近いほうが通院しやすいので・・・と理由付けて転院させてもらったら
量も減ったし自分に合った薬が見つかって助かった

393 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:25:03.97 ID:KfUo/91+0
北斗神拳は医学にも応用できるので、ケンシロウやトキに秘孔を突いて直してもらうのが一番。
東洋医学の神秘だ

394 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:25:32.03 ID:Y6oQQ7qP0
精神疾患の患者さんは薬なんか飲まなくていいから、今すぐに自殺してほしい。

病識ないから、自分がどれだけ社会に迷惑かけてるかわかってないし、
自分の存在自体がどれだけまわりの人を不幸にしているかもわかっていない。

お願いだから死んでください。薬なんか飲まなくていいです。

395 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:26:20.65 ID:RfIB4aMI0
>>392
>>1
>多くの薬剤をカクテルや七味のように用いる「他剤併用」は、
>治療効果が低いとして戒められているのが、現代の精神医学の流れです。

実際この通りで、精神科医は薬の種類をなるべく減らしたがるのが普通
処方箋なんか外に出してるから、別にたくさん出しても儲からないし、
昔は多かった製薬会社の接待もかなり規制、自粛が進んでるし

396 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:27:54.43 ID:VwroNv/A0
そうそう薬という名の毒を飲む必要はない

精神科にいかない。これが基本。

397 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:29:18.64 ID:B7lxUp8H0
>【医療】精神医学、「薬漬け」の要因

スレタイだけの感想で・・・。
これは見聞きするだけで未知の世界だけど
耳鼻科が実感する

398 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:30:54.07 ID:F3SF+ork0
>>379 オキシトシンも?

399 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:32:10.04 ID:5DbPEsjQO
オレもクスリ飲んでた時期あったが中毒にならなくて良かったわ
あるときクスリが無くたっててバカみたいに眠くて、まあどうやら知らない間に飲んでたらしいんだがどーしても飲んだ記憶がない
科学の薬品はあぶねーわ。飲みすぎてかえってわるくなる同意

400 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:33:55.64 ID:F3SF+ork0
>>382 女ばかりの職場は女もいらつくんだけどね、はけ口にされたか。

401 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:33:59.63 ID:JPL3t2Gs0
>>383
じゃあこれくらいでどうだ?
直接計測は出来ないからやってないけどSSRIとIL6の関連でMDDを評価してる。

Plasma levels of interleukin-6 and selective serotonin reuptake inhibitor response in patients with major depressive disorder.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23813968

402 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:35:47.12 ID:xcC1ceThO
精神科に行ったらホンマの病気にさせられる。

403 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:36:40.28 ID:JPL3t2Gs0
>>397
耳鼻科は実際マクロライド少量持続投与が副鼻腔炎に効果ある、みたいな例もあるからなぁ。
なんとも言えない。
子供の軽症例には抗生剤はなるべく使わない方がいい、という指針はあったと思うが。
使うべきところではガッツリ薬使うべきだし、使わなきゃいけない。
その辺の境目が難しいところだけどねー。

404 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:36:41.23 ID:VwroNv/A0
正常になるだけなら医者だって飲んでるだろ薬

飲んでないのはそういうこと

薬万歳のやつがいたら、そいつの家族全員に自分が処方されてる薬
飲ませてやればいいんだよ。

継続して飲ましてやらないとわかんないんだよそういうやつ

405 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:36:54.31 ID:S69qtdb9O
>>396
あなたは医師か薬剤師?

406 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:37:00.41 ID:pa9MeAgEi
精神科医っていったら、医者の中でも一番格下の落ちこぼれw
本人は、一番頭を使う科というけど、ないないw

407 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:37:10.06 ID:B7lxUp8H0
>>388
良かったね
なんとなく嬉しくなったわ

408 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:38:49.51 ID:JPL3t2Gs0
>>404
予防的にSSRI飲んでる医者も多いよ、特にアメリカとかだと。

409 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:39:18.61 ID:7pCeozLrO
>>394
欠陥人間は殺処分だな

410 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:39:45.26 ID:DQLhbaH10
俺の通ってるとこはあなたは精神病薬中毒だから薬減らせって言って減らしてくるから最近は処方箋だけ貰ってる
薬ないと社会生活無理だし
精神科を人生相談するとこみたいに勘違いしてる人が薬飲んでも意味ないとは思うけど

411 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:39:49.67 ID:pa9MeAgEi
医学部卒業のときは、どの科が一番儲かるかとかいう話でもちきり。
それで精神科医になりたがる学生は、自ら精神が病んでるか、
変人か、なるべく楽して金儲け、のどれか。
必ずこの3つのどれかに該当するよ

412 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:39:56.50 ID:VwroNv/A0
>>401
すまねえ、英語よめねえし、医学の知識がない

お前の論文の見解を教えてくれwww期待してるぜ
お前の知能

413 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:40:31.46 ID:RfIB4aMI0
>>404
医師も薬剤師も製薬会社の社員も薬飲むぞ?
むしろなんで飲まないと思ってるんだ

414 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:40:34.52 ID:V1SzzEjH0
>>407
ほんとにな
仕事辞めてフリーで働くうちに保育所とかから依頼が来るようになって
折り紙でいろいろ作ったらめちゃくちゃ受けて入院も悪くないと思ったw

415 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:40:45.58 ID:SLFlIdTw0
アベノイズムのなんちゃって景気で精神障害者の刑が



特赦されるのか?

416 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:41:02.72 ID:hPbyS6Nb0
>>393
意外とこういうレス書く人が本当の医者だったりする。

417 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:41:18.53 ID:F3SF+ork0
>>389 
血液検査で炎症反応の有無を見るらしいね
自覚症状無くても慢性の炎症を何年も持ってると鬱状態になるってさ
町の本屋で読んだよ

418 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:42:24.54 ID:B7lxUp8H0
>>403
レスありがと
かかり付けは薬を減らすことを重点的に考えてるのがよく分かるんだけど
症状が重くなる→薬が増える→良くなってくる→薬が減る
1年繰り返すと愚痴りたくなってしまった。金銭的に(も)・・・・・・

419 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:42:42.98 ID:RfIB4aMI0
>>412
そこは自分で努力せんといかんだろ
どんな嘘でもまるまる受け入れる覚悟があるのか?

420 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:43:08.77 ID:usBbeV0L0
薬や病院のイメージが10年前で止まってんな

421 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:43:12.27 ID:VwroNv/A0
>>413
理解力がないようだな。
同じ量の薬をお前の朝食に毎日処方してやりたいよ

422 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:43:22.44 ID:JPL3t2Gs0
>>412
はぁ?
そんなレベルでよく自信満々で「モノアミン仮説否定」とか言えたものだな。
SSRIでうつ病が改善するのは事実で、その治療効果を血清から判断するためにIL6評価した、って論文だろうが。
さっさとモノアミン仮説否定する論文持ってこいや。

423 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:43:58.97 ID:aXrI2ttM0
ヤクザの売人はカネ持ってこいと言う。
精神科医は保険証持ってこいと言う。

424 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:44:15.05 ID:XisRLN5X0
>>404
俺が働いている精神病院は、俺以外の医者は全員何か飲んでる。

425 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:45:14.82 ID:HYkeQGg2P
統合失調症ですが、薬は確かにだしすぎ、
仕事しようとおもうと、頭が回らないなんて当たり前。
で、結局、
副作用つらくて薬飲まなくなる→悪化
の悪循環。
なんど再発したことか。

426 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:45:55.19 ID:JPL3t2Gs0
>>418
なんの病気かわからないから何とも言えないけど、まぁ頑張ってとしか・・・・
よほど信用出来ないならセカンドオピニオンゴー。

427 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:46:43.09 ID:RfIB4aMI0
>>421
誰と同じ量だよ?お前と同じ量か?
お前が酷い便秘だからって、俺が同じ薬飲んだら下痢になるだけだわ

医者だって副作用が全くないなんて思ってるわけじゃない
それを考えても飲むべきと思う患者に飲ませてんだよ

428 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:46:42.67 ID:hTrLxpoQ0
俺の母親のケースだけど
最初は軽い鬱状態で気軽に薬を飲む
結局今は10種類くらいの薬を7〜8年間毎日飲んで
抑鬱状態よりもパーキンソン、眼球痙攣のような副作用の方が優勢になっていて
明らかにそっちが障害になってる
こうなってしまえば抑鬱状態なんてどうでもいいから
俺は薬を飲まない様に指示するけど
急に薬は止められない

もう手遅れ
こういった患者は母以外に他にはいないのかな

429 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:47:31.53 ID:S69qtdb9O
ここまで誰も>>270に答えないんだもんな。
結局素人のネットde真実か。

430 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:48:35.17 ID:XisRLN5X0
>>428
元が本当に軽い鬱なら急にやめられないとはいっても、減らすだけなら3ヶ月あれば余裕。

431 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:49:17.32 ID:SGZplFUBO
医師がきち(ry

432 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:49:25.05 ID:HYkeQGg2P
>>428
精神科に入院してたけど、
そんなのざらだよ。
薬の副作用でおかしいのか、もともと頭がおかしいのかって聞かれたら明らかに薬のせいだと思う。


よだれ垂れ流し、変な歩行、焦点のさだまらない目。
薬をのまなければって公開している人は患者の中に結構多い。

433 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:50:35.32 ID:VwroNv/A0
>>419

あとでゆっくり検証するから

とりあえず恥さらせよ低能。

434 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:51:10.12 ID:25RsBCL8i
仕事が原因なら辞める
夫婦関係が原因なら離婚する
親が受け入れてくれそうなら帰る
これで治んべ

435 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:51:54.21 ID:F3SF+ork0
>>429 飲んでみた患者だけどね

436 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:51:57.50 ID:/mHTI6dE0
>>428




探偵や警備員に勧められてお気楽な医療に
繋げて貰った人間も多いだろうな

437 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:52:11.08 ID:KlSRvNKJ0
>>417
俺副鼻腔炎+脂漏性皮膚炎+うつだわw

438 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:52:27.91 ID:RfIB4aMI0
>>433
いいからお前はとりあえず今検証しろよw
終わるころにスレ落ちてても知らんぞ

439 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:53:09.10 ID:SGZplFUBO
なにしろ、目の前で薬を飲んだかを確認するから、入院中はむずかしいみたい。

440 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:54:01.60 ID:VwroNv/A0
そもそも専門家で、わかってるやつがいんの?

441 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:54:03.25 ID:F3SF+ork0
>>437 
似た感じ。
クラリスロマイシンを耳鼻科でもらって飲んだら吹き出物にはきいた。

442 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:54:25.01 ID:hTrLxpoQ0
>>432
俺は母親が正常だった時を知ってるから
それと比べたら明らかに知的障害レベルまで落ちてるし挙動も身体中がひきつったりしておかしい

セカンドオピニオンしてみたらそりゃそんだけ薬飲んでたらそうなりますよって言われた

医師を訴えようとか考えはないけどこれ以上、母親みたいなのは増やして欲しくないとはかなり思う

443 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:55:31.75 ID:25RsBCL8i
仕事辛すぎで一時的に休職するために
診断書もらう為に通院するのはアリ

444 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:56:33.04 ID:u0zOHrjo0
インフルエンザなら原因がウィルスだと分かるからそのウィルスへの抗体ができるまで
体の症状を抑えればいいんだけど
精神的なものは仕事や家庭のストレスとかが、主な原因だから
その原因をどうにかしない限り、薬飲んでも治らないわな
結局、根本を直さないと薬漬けになるのは仕方がない

445 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:57:20.10 ID:HvWUNI6R0
>>442
薬をやめてから文句を言えや

446 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:57:40.61 ID:AwgJ9OAa0
ネラーは精神医学が好きだねぇー。

447 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:57:50.08 ID:HYkeQGg2P
こういうのに興味があるひとなら
映画の、「カッコーの巣の上で」という映画おすすめ、
洋画だけど、日本の現在の精神病棟はあんな感じ。
さすがに、ロボトミーとかはやらないけど。

448 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:58:23.97 ID:/mHTI6dE0
>>437



夜寝てる間に鼻腔から下垂体や視床下部辺りに
リモコンの受信機を詰められるんですよ

449 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:58:30.53 ID:zr0iCo9q0
>>432薬は毒で身体冷やすしな。散々見てきたが良くなる試しがない。

450 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:58:32.20 ID:3/QYnLRxO
二年飲んでるけどまだ病気が治らないのは何故なんだろうと不安になってくるからね、出口無いんだね。

451 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:58:45.12 ID:2IKrngA70
こんなもん精神医学だけじゃねーだろ
根本的に救急的な医療以外全部不要
これで医療費大幅に削れる

452 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:59:26.34 ID:VwroNv/A0
気持ち悪いのは薬お勉強会

看護師も死ねばいいのに

453 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 18:59:55.41 ID:hTrLxpoQ0
>>445
いや俺が飲んでる訳じゃないし

454 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:00:08.79 ID:6zhqxzHp0
姉が外科の看護師(俺が心療内科に通院してる事は知らない)だけど
精神科の医者は頭おかしい人しかいないって言ってたな

455 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:00:19.29 ID:B7lxUp8H0
>>426
蓄膿アレルギー性鼻炎からの無臭
セレスタミン、アドエア、漢方一向によくならず
神経参ってるのでこういう話題も目に付いてしまった
癌を患って寛解で無問題だと喜んでたらコレ。
昔病気を苦に自殺っていうのを見るたび
どうせ死ぬのに自殺ってwみたいな感じだったけど今は分かる気がする

もう欝じゃないかと思うけどそういうのは絶対認めたくない
人が欝だということに恥ずかしいとは全く思わなく、むしろどうにか良くなる方法はないものかと考えることもある

なのに自分自身が欝だとしたら恥ずかしいと思ってしまう
言ってることは矛盾してるのも分かってる

456 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:00:20.98 ID:AwgJ9OAa0
堂本剛は考えすぎ。

457 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:00:45.32 ID:c9wBOe9Q0
従来型ではない新型うつと、新薬の販売量が、比例するんだっけ?

458 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:01:45.57 ID:Z5OlFwhd0
薬を飲めば飲むほど自律的な脳内物質が出なくなって鬱になっていくんだよな

459 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:02:03.08 ID:25RsBCL8i
だから個人予防が大事なんだよね。
こんな病気になんないように。

460 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:02:04.39 ID:778O0M3X0
>>444
薬は対症療法に過ぎなくて、それで症状を抑えてる間に自分で原因をどうにかする
これが心療内科の使い方なんだけど、そこを説明してくれる医者って滅多に居ない現状

風邪とかの病気なら薬飲んでれば治るから同じようなものと思うからなぁ普通は

461 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:02:10.25 ID:HYkeQGg2P
>>449
俺は薬を全否定しているわけでもないんだ。
必要な量を必要なときに飲むのなら別に問題ないと思う。

どうしても、頭が働きすぎているときとか(余計なことを考えるとき)っていうのはやっぱり必要だし。

だけど、精神科に入院していると3度3度とんでもない量の薬をかならず飲まされる。
で、やる気がでなくなって、ベッドに一日中寝転がるようになる。
そうすると、医者が落ち着いていい状態になりましたねってふざけたことをぬかして退院させるんだ。
それは廃人になってるんだけどね。

462 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:02:10.59 ID:XisRLN5X0
>>457
そうかもしれない。
新型うつにSSRIはほとんど効かないけどねえ。おそらく内科でたくさん出されてる。

463 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:02:46.36 ID:AwgJ9OAa0
ネラーと一部の一般人は、どうして極端なんだろー。

464 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:02:49.33 ID:SGZplFUBO
医師も仕事だし、おいしい状態のベットにしたいんだよなぁ。

何で? 責任を持てると場合は、全力で退院を考えるのが良いよ。

465 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:03:20.66 ID:RfIB4aMI0
>>457
ありそうな話だなあ、考えられる事情としては>>320
それまで抗うつ剤を飲んでた患者が新型うつに移行するわけではないし

466 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:03:49.78 ID:/mHTI6dE0
>>437


受信機を詰められるとね
先端巨大症みたいな症状になるんですよ

467 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:05:02.33 ID:jpNpSy1Mi
レンドルミンはクソ

468 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:05:26.52 ID:AwgJ9OAa0
おかしいと思ったら自分で医者を変えりゃーいいのに。

469 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:05:28.71 ID:VwroNv/A0
サッカー始まったな

470 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:05:51.38 ID:SGZplFUBO
>>452
終わりの入口て言ってるんだ…

9割の人はヤメトイタホウガ

471 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:07:13.32 ID:u1AY9a/r0
俺は自分がうつ病ではないと知りながら自立支援受けながら抗うつ剤を飲んでいる

そして医者もあなたはうつ病ではないと言いながら新しい薬を処方している

そんな人達が精神科に行くとうじゃうじゃいるのだ

472 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:08:51.54 ID:AwgJ9OAa0
自分探しとか、居場所がどーのとか、他人が察してくれないとか、うんぬんかんぬん言ってるのは薬だけでは治らんわね。


半沢予約録画かんりょー!

473 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:09:39.17 ID:/mHTI6dE0
>>468




お医者さん同士の見せしめってあるの?


麻酔医師の事件見たらw

474 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:11:12.11 ID:AwgJ9OAa0
>>473
知らないよ。医者じゃないもの。

475 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:12:38.43 ID:QhuTytC80
ナマポのやつらも薬好きなんだよなw
精神科医のせいでどれだけの税金がドブに捨てられているかww

476 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:12:50.66 ID:HYkeQGg2P
>>468
そんな判断ができる、精神病患者なんか偽者だ。

477 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:12:52.06 ID:PKfh3SZI0
メンヘル板見ればわかるけど薬で苦しんでる人は本当に多い
マジで怖い症状ばっかりだし
自分は精神科に行って薬飲んだらもっと鬱ぽくなって何これ
と思ってメンヘル板に行って薬の怖さに驚愕した
幸い軽かったのもあるし薬が怖くてすぐに飲むのをやめた
勿論必要な場面もあるが、薬は本当に軽く服用するもんじゃないわ

478 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:13:08.33 ID:F3SF+ork0
>>472 そういうのは育てた親や周りも病んでるから、一人だけ治療しても無理だわ
そうだ今日最終回だ見なきゃ半沢。

479 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:14:10.18 ID:VwroNv/A0
>>465

まずお前は
お前が信頼している論文の全文和訳して説明でもしろよ。
要約じゃわかんねえよ。

480 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:14:27.28 ID:/mHTI6dE0
>>468




お医者さん同士の見せしめがあるんなら
トラぶった患者さんは滅茶苦茶にされるね

481 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:14:35.56 ID:Pwys13N00
精神科医には
薬の処方箋出す以外のことなんて
無理だろ?

482 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:16:14.82 ID:AwgJ9OAa0
>>476
なんで?ある程度の状態になったら判断できるじゃん。少なくとも2ちゃんできるんなら。
統合失調症は別だろうけど。

483 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:16:17.55 ID:F3SF+ork0
>>449 
夏場の待合い室クーラー効き過ぎてるのもつらいね
ネズミでも冷やせば鬱になるらしいのに、計画的?

484 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:17:34.60 ID:SGZplFUBO
>>480
担当医師がいないと、看護婦はそこで終わりにさせるよ、風邪かもと言っても。

485 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:18:16.17 ID:f9R9OZJW0
俺の通っている精神科の先生(女)は薬を減らそうとしている
俺は何とか理由付けて防いでいるが、最初に比べかなり減らされた

486 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:18:17.83 ID:/mHTI6dE0
精神科が「基礎」になってる総合病院って結構多そうw


元々、戦後の伝染病の撃退を目的とした

政府ベッタリの病院も多そうだしw

487 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:18:42.95 ID:AwgJ9OAa0
>>478
治療いるのかしら?


ヘイトスピーチよーやるわw

488 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:18:55.07 ID:1OPovUrW0
院外処方であろうとも、薬価の高い薬を多く出せば
処方せん料として、なんかしら加算される(され得る)
という感じでおkだろ?

489 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:19:12.59 ID:PcyVHDD/0
TV局はSSRI系や抗うつ剤の問題を報道したがらない
なぜならスポンサーがあるからだ

一方、NHKではスポンサーがないので抗うつ剤問題で報道したことが何度かある

ちなみに抗うつ剤の大量服用で、攻撃性が高まるという問題もある

490 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:19:40.43 ID:F3SF+ork0
>>482 認知の歪みってやつじゃね?つまり気弱になってんのよ。

491 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:19:42.47 ID:HYkeQGg2P
>>482
ある程度の状態になる前に薬で廃人にされるのがでふぉ。

しかも、内科とかなら、あそこの医者はとかって話できるけど、
精神科って情報交換しないだろ。だれも、言いたくないんだから。

状態よくなっても、自分の初めてかかった医者が普通だと思ってみんなかかってるのが普通だよ。

492 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:21:18.01 ID:AwgJ9OAa0
なんの薬でも少しは副作用があるのに、精神だけが誇張される矛盾。

攻撃的になるパーセンテージ知ってんの?

493 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:21:19.59 ID:/mHTI6dE0
>>486



伝染病の終息で「仕事ねー」の雄叫びに答えて

「ひろぽん」患者を受け容れさせたみたいな歴史もあるw

494 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:21:22.89 ID:h34oGDzs0
>>9
家族がストレスの場合はどうしたら

495 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:21:43.09 ID:RfIB4aMI0
>>479
もともと俺が提示した論文じゃないんで、
原文がどこにあるのかを俺に聞かれても困る。>>401に言ってくれ
もともとIL-6の話は、意義はあってもこの件と直接関係ないと思うし

496 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:21:48.99 ID:jEOHFaWh0
精神科医師自身が精神崩壊起こしている場合がほとんどだから、
軽度の症状でも通院し続けると、やはりというか壊されるゾ

497 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:22:02.37 ID:bfT8ywe/0
>>458
そう。
脳に直接作用する麻薬と原理は同じなので、
調整する働きが弱まって、半年以上続けると依存症になっていく。

498 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:23:04.17 ID:VwroNv/A0
>>495
ちょっと読んで意味が分からんから聞いたらこれか

お前も死んで来いよ低能

499 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:23:41.87 ID:AwgJ9OAa0
>>491
そんなふうに考えるから良くならないんじゃない?

500 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:24:51.71 ID:HYkeQGg2P
>>492
なんでも副作用はあるけど、
本当に精神科の薬の副作用は半端ない。

それに本当に危険な副作用は精神化以外の薬だって問題になってる。
アスピリン系の解熱薬とか

501 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:24:57.98 ID:/x39WuqE0
マキ変わったな
もう指名しないよさよなら

502 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:25:23.95 ID:F3SF+ork0
>>486 基礎は大抵内科じゃないのかな成人病とか

503 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:25:46.13 ID:VwroNv/A0
そもそも副作用で症状を緩和してるだろ

内因性の精神病は原因解明できてないんだから

504 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:26:04.63 ID:PPgOxx5C0
精神病の対処はそんなに複雑じゃない。
「健全な肉体に健全な精神は宿る」

すなわち、『早寝・早起き』、『規則正しい生活』ができるように最低限の薬の投与。

505 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:27:25.22 ID:bfT8ywe/0
>>499
鬱患者になりたがってる鬱患者って、
症状を治すためのアドバイスをしても、
ああだこうだと言って、やらないもんなんだよ。

506 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:27:44.59 ID:euYmCy3F0
何故なら、精神科医を志す人が、精神的に問題を抱えているからさ

507 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:28:01.85 ID:f9R9OZJW0
こう言うのを本物って言うんだろ?
http://www.youtube.com/watch?v=NAzPlkhzUUY

508 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:28:20.13 ID:/mHTI6dE0
精神衛生法が整備されたのが1950年頃で

戦後一番の生活保護率だったらしい。


現在は、それを上回る生活保護率に
精神病院は万々歳w

509 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:28:48.52 ID:HYkeQGg2P
>>499
おれは、奇跡的によくなったよ。
職場にも復帰してるし、だけど、入院中は本当に辛かった。
あれは人間のいくところじゃないわ。

そもそも、異常なら2chなんてできないわ。

>>504
まったくそのとおりだと思う。
ついでに、よく笑うことも大事。

>>505
俺は糖質だよ。
でも、根本の問題は同じ。
薬の出しすぎが人格荒廃をまねく。

510 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:29:18.94 ID:RfIB4aMI0
>>498
これか、と言われても、いきなり要約持って来られて、
これの原文出せって言われてすぐ出せるほどの化け物ではないな、俺は

511 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:29:35.16 ID:sf2nOuNJ0
これは日本の規制が悪いんだよ。
日本の伝統的な健康食品である大麻を解禁すれば、精神病の95%は治ると言われているのにね。

512 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:29:40.13 ID:j0MMtaek0
適応障害で抑うつ状態なのを
根っこである環境であるとか
患者側の認知を変えようともしないで
対症療法の薬だけで治すってのが不毛

気分が優れないまま、脳に作用する薬を飲み続けて
脳がおかしくなるのは当然じゃないか

513 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:29:59.54 ID:VwroNv/A0
生活保護患者は医療費じゃぶじゃぶ使うように病院が促すからな
病院内で働いてるとマジで病院は金で動いてることがわかる

514 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:30:25.90 ID:eOCtDYU00
震災鬱で体重が5キロ減り不眠と飛行機恐怖症を併発して精神科を受診した。
処方はパキシル5ミリ、頓服ソラナックス、マイスリー。
パキシルは最低用量だったが10日高後あたりから気分が改善した。
ソラナックスで飛行機も乗れるようになり
マイスリーで熟睡できた。
体重もすぐに戻ったが処方は1年続き、こちらから辞めた。
頭のキレが悪くなる程度で他に副作用はなかった。
ただし飛行機恐怖症だけは今も治らない。
ソラナックスなしだと冷や汗ビッショリになる。

515 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:31:20.94 ID:usFqol2p0
>>379

薬が精神に作用するのは
麻薬の存在によって証明されている。

脳内物質の存在自体を全否定するのは
詭弁というよりアタマが悪いとしか言いようがない。

516 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:31:56.89 ID:bfT8ywe/0
>>504
いやいや、鬱患者のほとんどが
働かなくても生活できる環境下で
血液検査を含めた健康診断で異常なし。
だから、引き籠って抗鬱剤の薬だけ飲んでる。


>すなわち、『早寝・早起き』、『規則正しい生活』ができるように最低限の薬の投与。

鬱患者の一番苦手な奴じゃん。

517 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:32:23.55 ID:dfVvVVOm0
更年期鬱の人で薬漬けにされて副作用に別人みたいに膨れ上がってた
薬の依存症と副作用の板ばさみで首吊っちゃった
だからもし更年期になっても薬だけは絶対飲まない

518 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:32:42.30 ID:u0zOHrjo0
>>505
鬱患者は基本的に「自分を理解してくれ、甘えさせてくれ」という願望が
あって、それが満たされないから建設的なアドバイスされてもまったく聞かないんだわ
小さい子が駄々こねているのと同じ
小さい子の駄々が薬で治らないのと同様、鬱も薬で治らない

519 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:32:59.64 ID:AwgJ9OAa0
>>505
その通り。

520 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:34:42.46 ID:cTU5zkuK0
>>515
存在は否定してないでしょ
量は関係ないって話。薬が効いたからといって
それを証明することにはならない。

鬱病でもなんでもない人にパキシルだせば
えらいことになるわけでそんな危険なもの
を使うべきではない。

521 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:36:26.77 ID:bfT8ywe/0
>>509
俺は3か月前まで統合失調症。
2回ほど自殺をマジで考えた。

精神科、心療内科に行かずに治したい
って一心で、鬱関係の本を読みまくって治した。

522 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:36:34.23 ID:AwgJ9OAa0
だから、極端はよくないって言ってるじゃん。
がっつり投薬治療が必要なかた、いらんかた、補助的に使うかた、ケースバイケース。
薬物療法を徹底的に叩いてるのは、どっかなー?ぁ?と思うのよ。


ハイエナかわええと思えないw

523 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:36:56.67 ID:/mHTI6dE0
>>412


日本の医師に英語力があれば医療の輸出ができるって
自治医大の医師がNHKで言ってたw

実は、製剤メーカーの能書きをkjglrbh:いー

524 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:37:28.02 ID:Gyj34+rtO
一回壊れたら戻らないからなんじゃないの?

525 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:38:28.78 ID:b7tzQefj0
鬱が治らないから診断書書いてもらって
ナマポもらう事にしたよ

526 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:39:01.75 ID:zLWGzG5LO
一番きくのは
死の恐怖

527 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:39:54.77 ID:DQLhbaH10
最近は反動でクスリ減らせ減らせていう方向だけど
酒とかに依存するよりマシだと思うんだけどな

528 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:40:30.91 ID:RfIB4aMI0
>>526
まあ、うつ病はそうだな
統合失調症とか双極性障害だとそうはいかないが

529 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:40:45.96 ID:VwroNv/A0
ごおおおおおる

530 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:41:12.68 ID:F3SF+ork0
>>524 あるかも。副作用と両方だろうね。

531 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:41:28.28 ID:HYkeQGg2P
>>521
このすれでいってるひともいるけど、
薬に頼らずによくなるのならそのほうがずっといい。

まぁ、俺も糖質はともかく、うつはあまえじゃねーのってひとは結構いるわ。
わがままっていうのが本当に当てはまるなぁってひとはたしかにいる。

だけど、実際鬱で悩んでいる人はいるわけだと思うし。
そういう人は本当に直ってほしい。

薬は結局対処療法で、根治は社会に適合するために努力することなんだよな。打つの人は努力って言葉きらいだけど必要だとおもう。

532 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:43:28.98 ID:IMKbnap+0
>>1 薬漬けは精神科(診療内科)に限らないだろ 日本の無駄な医療費の象徴じゃないか

533 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:43:59.91 ID:AwgJ9OAa0
>>521
なぜ診断できたのw?
まだ治ってないんじゃーないの?


ご飯の時間ですよー!

534 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:45:45.99 ID:RfIB4aMI0
>>531
「うつは甘え」ってのはある意味では正しいんだよ
脳が「てめえ頑張りすぎ、もちっと甘えろ」と強制停止をかけた状態と考えたらわかりやすい
でも本人はそれでもまだ頑張りたがる。病識はあるけど社会復帰を焦る傾向が強い

で、焦るばっかりで体は動かない、そりゃつらいだろうよ
ただ、そういう状態だから周囲は甘えているように見える
だからってそこに叱咤激励したら何が起こるかわかるだろ?そりゃ自殺するわって話

535 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:45:46.67 ID:JPL3t2Gs0
>>521
鬱と統失って大分違うぞ。
最近の概念だと双極性障害と統失がむしろ近い、みたいなのはあったはずだが。
まぁ今の生活に問題がなければそれでいいけど。

536 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:46:02.53 ID:VwroNv/A0
>>532
精神科は治療になってないからだろ

はやく死刑にしろよ。自殺した患者、障害が重くなった患者の恨みの
分、精神科勤務の職員の子孫全員

537 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:46:06.01 ID:CoBhJOId0
外来管理加算とかマジで勘弁して欲しい。

538 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:47:55.13 ID:JPL3t2Gs0
ID:VwroNv/A0が馬鹿なのはわかったからもう黙っててくれ。

539 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:49:41.60 ID:HYkeQGg2P
>>534
俺がいっているのは適正に努力することなんだ。
なんでも、死ぬ気でがんばれとはいってない。
正常な人間は上手に甘えてるものさ。
上手に甘えられない人間がうつだとおもう。

努力しなくていいんだよ←この言葉がけがただしいひともいる。

だけどね。一生、そうやって生きていくわけにはいかないんだよ。
どこかで、がんばらなきゃいけない。そのときに、適正に努力するんだ。
なぜ、鬱になったんだろうって真剣に考えて、その原因をはずさないと。


ちなみに、俺が糖質なったのは、やっぱり自分自身に問題があったとおもう。
望みばかりが高くて、現実の自分を直視できず、周囲に不満ばかりをいって、
周りを認めなかった。

↑こういう問題を直視できるようにならないと。

540 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:50:56.55 ID:bfT8ywe/0
>>531
そのとおりだなー。

あと、鬱の原因はいくつかあることが、あまり周知されていない。
今は「鬱」で一括りにされている感じ。

・ストレス性の脳の栄養失調
・月経前症候群(PMS)
・発達障害による社会適応障害

とか、原因ごとに分けて考えれば、
上の2つなんて、処方する薬は抗鬱剤じゃなくて
栄養剤またはホルモン剤なんだよな。

541 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:53:47.56 ID:IlqO5lyL0
>>531
鬱ってずっと間違った努力を続けてきてぶっ壊れた状態だから。
さらに努力しろというのは酷だよ

一回がっつり休んで甘えることを自分に許すのが治療になる。
そこクリアすればまた動き出せるようになるよ

542 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:54:14.24 ID:JPL3t2Gs0
>>540
症候性の鬱とかも有名だしなぁ。
本当は甲状腺とかもちゃんとチェックしなきゃいけないのにね。

543 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:56:02.17 ID:RfIB4aMI0
>>539
全くその通りで、うつ病患者に「頑張れ」が禁忌なのは途中まで
精神科医は最終的には「頑張れ」と背中を押してくる。順調に行ってればだが

ちなみに統合失調症は、性格や生活環境はほとんど関係ない
若い頃覚醒剤やってたとかならともかく、運が悪かったと思うしかない
ただここまでのレスを見る限り、君は統合失調症とは別の疾患だったんじゃないかと思うが

544 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:57:13.38 ID:HYkeQGg2P
>>541
それには同意。
精神科にかかっている人間をみると、俺を含めて不器用な人間が多い。
それが、結局社会不適合になる。周囲から孤立して
で、ストレスをためてぶっ壊れてる。

休みは大事。。でも、一生休むなよって話。間違った努力じゃなくて適正な努力はいつか必ず必要になる。

545 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 19:58:52.69 ID:+EXodEQ20
むしろキチガイはきちんと薬漬けにしてもらいたいのだが・・・

546 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:00:23.66 ID:IlqO5lyL0
>>544
それも同意。
動き出せるようになってからだね。
自分の育てなおしみたいなもんかね。
その過程で努力は必要になってくるね。

547 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:01:43.45 ID:HYkeQGg2P
>>543
今でこそまともに見えて仕事も普通にしてるが、
幻聴、妄想、幻覚がひどかった。体感幻覚まで起こして、変なにおいまでしたし。
地獄も見た。(本当に見えたんだよ。幻視だろうけど)

本当に奇跡としか自分でも思えない。

548 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:02:43.67 ID:sudsRIny0
>>544
俺は軽度の鬱病とやらの診断で一時期薬を飲んでたが、
朝は気分が悪くて動けなかったわ。
それで薬を止めると気分が良い、こりゃ逆じゃないのかと思って
仕事を辞めて犬の散歩やら気分転換を心掛けたらあっさり治った。
今は別の所で働いているが、前みたいに頑張り過ぎない様にしている。

結局、他の人間は知らんが、俺には薬は要らなかった。

549 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:04:01.19 ID:Mka9DNaF0
癌、アレルギー、近視にならぶ
医者に行くほど悪化する疾患

550 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:05:17.22 ID:1Q1lBk0j0
トカレフを手にいれてヤブ医者を殺すのさ
1発で仕留めれば駅も血に染まる♪

551 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:09:12.93 ID:RfIB4aMI0
>>547
その症状だけどね
統合失調症の幻覚はほぼ全て幻聴なのよ
幻視はめったにないし、幻臭はもっと稀

知能レベルは一気に下がって、症状自体がなくなっても、
一般生活に差し支えないくらいに会話ができても、
理路整然と対話するのは難しいことがほとんど

精神病にかぎらず、「これにあてはまるからこの病気だ!」と考える人は多いけど、
医者が重視するのは、「これがある(ない)ならこの病気ではなさそう」という消去法

まあ、もちろん例外もあるから実際そう診断されたならそうなんだろうけどさ

552 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:10:41.67 ID:sudsRIny0
>>549
まあ俺の場合は結局治ったんだから、医者には感謝しているよ。
薬が合わなかった以外は適切なアドバイスだったしな。
おかげで以前の様に人生を楽しめる様になった。

553 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:12:32.94 ID:uiZQSmVh0
>>544
その「不器用な人間」ってのを「発達障害」って括りにして病気扱いしてるとも考えられる

本当に不器用なのかやりたくないだけなのか本人にしかわからないから都合がいいし
普通の人たちは十把一絡げで後者だと決め付けて、やれ戸塚ヨットスクール行けだの
自衛隊に行って鍛えなおしてもらえだの、甘ったれるな甘えるなだの

554 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:12:55.72 ID:QY2rMB8g0
うつはセロトニンが過剰吸収されちゃうんだから、SSRIやSNRI、NaSSAがあった方が治療効果が上がる。
双極性障害はムードスタビライザーで炭酸リチウムやバルプロ酸ナトリウムが奏功がある。
統合失調症はドーパミンの過剰放出なんだから、最近の非定形抗精神病薬のクエチアピンやアリピプラ
ゾールはよく効く。
薬にカウンセリングをセットにすると治療効率も上がる。

555 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:14:07.27 ID:cxEn2DmC0
>>1 厚生労働省なんかあてになるかよ 国には無駄な行政が多々あるが薬の問題こそ縦割りで細やかな行政を行うべきじゃないのかい? 

556 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:14:32.33 ID:RfIB4aMI0
>>554でようやくSNRI、NaSSAの文字が出たw
ホントSSRIって人気あるよなって思う

557 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:16:26.15 ID:rO2eEcHJ0
>>246
必死だな。お前。

558 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:16:57.19 ID:cTU5zkuK0
癌、アトピー、糖尿病など生活習慣病や鬱病
これらは全部同じ原因を持っていてそれは
なんども言ってるが糖の過剰摂取が原因。
人間は飢餓状態になっても脳に糖を送るシステムが
できているにもかかわらず、多量の糖を処理する能力は
備わってないのね。

559 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:19:03.25 ID:/mHTI6dE0
医猟地獄 精神医学:死を生み出す産業 8_14
http://www.youtube.com/watch?v=Q4M6Sr-54LU

560 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:21:37.70 ID:3ZEyFNf/0
もう日本産のデパスだけでいいよ。
SSRIやSNRIは副作用もでかいから鬱だから不調なのか薬の副作用で
不調なのかわからなくなる。

561 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:21:41.73 ID:WQhPVrndO
>>230
専門分野だからね。

562 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:22:24.18 ID:HYkeQGg2P
>>551
まぁ医者じゃないから、なんともいえないが本当に奇跡的に直ってよかったよ。
認知機能もかなり低下したけどね。
だいぶ回復した。理路整然と話すなんて陽性症状全開のときにはむりだよ。
まぁ地獄がみえてるんだから普通に今でもあの状態になったら無理だと思うけどw

>>553
俺は自分のことを絶対にADHDだとおもうけどねw
医者に相談したら、、糖質の影響の一部でしょっていわれたけど

発達障害ってのはなんなのかね。俺は訓練すれば生活に支障ないレベルまで改善するとおもうけど。

563 :薬物治療は、患者の病気克服意志さえ抑える致命的欠陥が存在:2013/09/22(日) 20:24:01.37 ID:flEjDfk+0
.
.
統合失調症に対するメタ認知トレーニングは、ドイツ・ハンブルク大学のMoritz教授を中心とするグループによって
開発されました。 ( 中略 ) その目的は、患者さんがメタ認知的な知識を増やし問題対処技術を磨くことで、症状による
苦痛を減らすことです。

この技法は、幻聴や妄想などの病的体験を患者さん達が “ 隠さず公表し合う “ ことで、統合失調症という疾病を
患者さんが進んで理解し、幻聴や妄想が生じてもそれに冷静に対処する生活術を身に付ける、という技法です。
日本認知療法学会 → ( URLのwww.を含む先頭部分 )c-linkage.co.jp/jact2013/contents/work.html
.
.

564 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:24:44.38 ID:cTU5zkuK0
トム・クルーズは子供の頃ADHDだった。
サイエントロジーに出会ってそれを克服したが
興味がある人はどうやって治したか調べては。

565 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:26:36.16 ID:f9LevXay0
日本は分かってないのに分かった面する医者の世界だし

566 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:26:46.34 ID:5QzhHH8fP
ここまでフリーライターかこ無しと…

http://ameblo.jp/momo-kako/

投薬治療・精神科医療を悪と断じる一方で、
家族会や患者会には行かない「フリーライター」さん。

567 :自由意志を幻想とする唯物科学では統合失調症は完治し得ない:2013/09/22(日) 20:27:21.75 ID:flEjDfk+0
.
.
自由意志を幻想とする唯物科学では統合失調症は完治し得ない

→ www.は省略 ( URLの先頭部分)blogs.yahoo.co.jp/eig35153/MYBLOG/yblog.html
.
.

568 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:27:51.09 ID:/mHTI6dE0
朶乃、また指名するぞw

569 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:28:43.65 ID:vr19QDfP0
精神科医が嫌う話は家族関係の話しね。
なぜかって?
面倒だから。
薬「だけ」で直すようなものではないから。

あいつらは薬の量を徐々に増やして様子みて、合わなかったら薬変えたりして、その後減らすという作業をするだけのお仕事。

全国の患者が録音して公開すれば多分社会問題としてもっと浮上してくると思うよ。

570 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:29:11.89 ID:mw1gVlcB0
死人に口なし

571 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:31:46.35 ID:1Z6W9Zxm0
>>564
識字障害じゃなかったっけ?
克服はしてなくて
台本などは読めないから
録音したものをきいてるとかいってたような

572 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:32:18.71 ID:/mHTI6dE0
伏乍イラネw

573 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:32:58.03 ID:l+GTmU1R0
10人いたら10人とも違う診察結果を出すのが精神科医

574 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:33:00.44 ID:DQLhbaH10
農業や狩猟だけの社会なら発達障害もくそもないだろうけど
世の中が明るく皆とすぐ友達になれて空気読めて器用で体力や忍耐強いみたいな人材だけ要求するような高度な社会になったから
努力してもそうなれない人を発達障害という病気にするようになっただけ

575 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:33:20.74 ID:xQ6N6x160
統合失調症に限らず各種の症状が明らかならば、必要であれば、結果的に多剤であろうが多量
になろうがその投与を躊躇すべきではない。
症状が激しい急性期や重症患者は相対的に多剤や多量になるのは当然にありうることで、寛解に
至れば慎重に調整行えば良い。
使うべき時期に少量であったがために幻覚妄想が残存したり、長期に閉鎖的処遇を続けざるを得ず
退院できない状況に至ればそれこそ不幸だ。
無責任に断薬を煽っている書物もあるようだが再発の危険性をどれほど認識してるのか疑問だ。

576 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:36:47.81 ID:DQLhbaH10
Amazonで売れてる精神科とか叩いてる著者が漢方医だったのは笑ったよ

577 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:36:52.72 ID:/mHTI6dE0
他人の妄想や幻聴は人間には分かりません。



精神科医にはお薬の副作用はわかります

578 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:37:02.36 ID:RfIB4aMI0
>>569
んなこたーない、むしろ精神科医は初診ではそれこそ生い立ちから聞いてくるぞ
保険点数的な問題も実は背景にあったりなかったりだが、
うつ病みたいなのは実際は職場環境<家庭環境だからな

それに、うつ病の患者は、最初は一人では病院にも来られない
家族が連れてきて、まずは家族から説明を聞くことになる
で、話聞きながら「あーこりゃこの母親が一因だわ」とか考えてるわけだ

579 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/22(日) 20:37:26.69 ID:B+ZccglQ0
どれもこれも意志薄弱なのが問題であろう
誰ともいえず医師そのものがだ

中国人にさえ馬鹿にされる
国家戦略がいっさい無いだと

580 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:37:49.42 ID:/2D9lIF60
http://www.mental-clinic.ne.jp/blog/archives/2006/12/_3_1.html
ジャストアンサーで古事記がいます。

581 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:38:23.53 ID:xSqQv9BI0
俺が聞いた話では
精神科があるのは患者の為ではなくて
患者以外の人の為にあるということ

自立して働けない人達だから
誰かが面倒を見なきゃいけないので
適当に分類した診断名をつけて保護する必要があるんだと

582 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/22(日) 20:39:34.68 ID:B+ZccglQ0
>>581
精神科 ×
マスコミ ○

583 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:41:47.80 ID:/mHTI6dE0
他人の妄想や幻聴は人間には分かりません。



裁判官他にはお薬の副作用はわかります





精神障害者の主張は信頼性に欠けるとのrgf87t3m

584 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/22(日) 20:42:30.50 ID:B+ZccglQ0
>>583
どういう発想かくわしく

585 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:45:27.60 ID:/mHTI6dE0
???%の確率を100%にするw



医師の診断に間違いがなくなるw

586 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:45:45.36 ID:7dGeXkiQi
>>581
それ30〜40年前にメジャーだった考え方だな
当時は東京オリンピックだとかで、ホームレス等の社会府適合者を速やかに法的に収用する施設が必要になった
だから精神科病院は築40年くらいの建物が多くて、ここ数年が建て替えラッシュになってる

もちろん今は保護(生涯入院)より退院させて地域資源使ってなるへく自立させようって流れがメイン
表向きは

587 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:48:01.76 ID:0hFhqNU+0
薬漬けや寝たきりのほうが回りが楽だからね。

588 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/22(日) 20:48:34.93 ID:B+ZccglQ0
>>585
120%でなければ実効性はありません
消費税もあがりますからね

肝臓ですか?

589 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:49:06.56 ID:vr19QDfP0
>>578
それはよくできたお医者さんですね。

でも普通は人格障害は診断しないよ。なぜなら差別なり名誉毀損なりになるからだと。
発達障害も全て遺伝で片付ける。
家庭環境が原因の発達障害など存在しない、なぜなら発達障害は遺伝だからみたいな医者も多い。
じゃあ遺伝とは言うが、遺伝かどうかどうやって判定するのか?だんまりだよ。

「人格は尊重するものであり、偉大な人類の業績は発達障害者から生まれたものも多い。よって治療すべきでない。」
と断言する医者までいる。

590 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:50:45.09 ID:lXfcQoXw0
なんとか解決しようと努力し続けるのは素晴らしいことだし必要なことだとも思うけど
どうにもならないことだって世の中あるんです
人間だもの

591 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:51:09.37 ID:/mHTI6dE0
>>588


ほぼ全ての抗精神病薬の副作用に
統合失調症の症状があるんですw

それを態々公に公表してるんですw

592 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/22(日) 20:51:36.36 ID:B+ZccglQ0
>>590
所詮にかなわないと?

593 :薬物治療は、患者の病気克服意志さえ抑える致命的欠陥が存在:2013/09/22(日) 20:51:44.30 ID:flEjDfk+0
.
.
統合失調症に対するメタ認知トレーニングは、ドイツ・ハンブルク大学のMoritz教授を中心とするグループによって
開発されました。 ( 中略 ) その目的は、患者さんがメタ認知的な知識を増やし問題対処技術を磨くことで、症状による
苦痛を減らすことです。

この技法は、幻聴や妄想などの病的体験を患者さん達が “ 隠さず公表し合う “ ことで、統合失調症という疾病を
患者さんが進んで理解し、幻聴や妄想が生じてもそれに冷静に対処する生活術を身に付ける、という技法です。
日本認知療法学会 → ( URLのwww.を含む先頭部分 )c-linkage.co.jp/jact2013/contents/work.html
.
.

594 :猫屋の生活が第一:2013/09/22(日) 20:51:53.09 ID:AZjjvCv+0
いきなり銃を乱射したり、包丁や青龍刀で襲われても困るので、薬で常に意識朦朧の酩酊状態にしておく戦略があるとしたら、素人的には理解できます。

595 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/22(日) 20:53:17.00 ID:8o6AJHO70
>>591
そこ、全て
とは具体的にだれのことですか、俺はいっさい該当しません

596 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:53:42.22 ID:8NiL+8Bm0
>>1
精神科に行って逆効果になってる人も多いんだけどな

597 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:54:18.21 ID:8XDlVQXF0
>>20
なにそれ欲しい。まったく別種の治療で見つかった薬もあるからもしかしたら。

精神病のクスリの危険なほどの効果みてると
ぼけに効く薬もありそうだけど、全然でてこないね。

598 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:54:59.03 ID:/mHTI6dE0
>>588


言ってみれば



カルト教団が大和川病院や朝倉病院

古典的な宗教団体が一般的な精神科病院でしょう

599 :自由意志を幻想とする唯物科学では統合失調症は完治し得ない:2013/09/22(日) 20:55:09.75 ID:flEjDfk+0
.
.
自由意志を幻想とする唯物科学では統合失調症は完治し得ない

→ www.は省略 ( URLの先頭部分)blogs.yahoo.co.jp/eig35153/MYBLOG/yblog.html
.
.

600 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/22(日) 20:55:31.27 ID:8o6AJHO70
ブッシュ一家が、クリントンにぼろ負けして精神科に頼り占いに頼りカルトに頼り
いっさいの政治を間違えたのを正当化するために医療を道具にしてますね

601 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:57:09.88 ID:lXfcQoXw0
>>592
モノは使いよう
うまく利用できる人もいれば薬になるし、
コントロールできずのめり込めば毒
この辺、よっぽどでない限り人権があるだろうから人様が管理するわけにはいかないわけで・・・
で、最初から完璧な治療なんてないっしょ、明日10年後100年後には進歩してるかもしれないけど
今・今日完璧を求め、それが当然だと思ってる人は・・
傲慢だと思う限りです

602 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:58:14.63 ID:/mHTI6dE0
>>588


カルト団体である大和川病院や朝倉病院の患者が

その後一般的な精神科病院に引き取られましたよね?


昨今のカルト信者の動きと似てますよねw

603 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/22(日) 20:58:42.47 ID:8o6AJHO70
官僚で云う参事官
医療で云う精神科医

カウンセラーであります
私が受けた範囲で医師で参事官に該当できうる人物はいっさいございませんでした

604 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 20:59:08.37 ID:OTFgZH2T0
キチガイが集まってるスレがあると聞いてきました

605 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:00:05.11 ID:xSqQv9BI0
>>586
精神病院の元々の発想がそういうことだったと聞いている
病気ではないものを病気として扱って保護した

606 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/22(日) 21:00:16.01 ID:8o6AJHO70
>>604
都合が悪いとキリスト教かキチガイかにするだけなら
俺の一存で日本から全てのキリストを排除します

607 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:00:40.63 ID:AwgJ9OAa0
そーいえば一時期ステロイドの塗り薬が叩きまくられてたな。
それと似てるわ。



物理(ー ー;)

608 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:01:27.47 ID:cTU5zkuK0
薬を飲んで治すのではなく
麻薬である「糖」の摂取をやめて健康的な
食生活をすれば2週間程度でうつは治ります。
あとは徐々に糖を適量に増やしていくだけ。

609 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:02:16.36 ID:RugrBOKx0
でも実際、脳の病気って手探りで薬変えながら模索していくしかないからなあ
血液検査やレントゲンで「ウツです」「統合失調症です」「人格障害です」と
判別できればがらりと変わると思うけど

610 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:02:41.14 ID:7dGeXkiQi
>>569
インテークで家族関係洗わない精神科病院はほとんどないと思うが…
もちろんそこまでフォローするかは病院によるけど

611 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/22(日) 21:02:44.44 ID:8o6AJHO70
>>608
意味がわからん
コメをカラにすればいいの?嘘ばっか

612 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:03:07.43 ID:RfIB4aMI0
>>589
パーソナリティ障害の場合は、家庭環境による影響は「恐らく」あるのだろうが、
ぶっちゃけた話なっちゃった以上はもうどうにもならんのであって、
家族には家族が患者と向き合うためのアドバイスに留まることが多い
家族の話を嫌うというよりも、あまりそこを深く探っていく価値がない
精神科医が人格障害の患者を嫌うとしたら、それは何より「危ない」からだ。色々とな

うつ病の場合は、家族との関係が治療効果に大きな影響を与えるわけだから、
家族関係の話には積極的に聞きたがるよ

613 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:03:10.41 ID:VVqAtDsG0
>>604
自己紹介お疲れ様です

614 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:03:34.63 ID:lXfcQoXw0
ただの軽い蕁麻疹餅だけどさ
誰も本気で取り組み、説明してくれないもんよw
抑える薬を探す手伝いをしてくれて、処方して終わり、がほとんど
同じ原因の蕁麻疹スレではブーブー文句言う人が多いけど
根本的治療にはなってなくても、それでも、
ここぞってとき・いざってときに抑える薬があるだけでホント助かるんだよ

615 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:03:39.34 ID:/mHTI6dE0
>>608


昨今はJTの反省の色が濃い


つうか、エレnrfbwqfbgfhwbq7yb

616 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:04:03.96 ID:cTU5zkuK0
>>611
これは別に私独自の考えではなくて
いくらでも本で出版されてる。
低血糖症で調べればわかるよ。

617 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:04:26.08 ID:xQ6N6x160
>>602
一部の方は後の病院に移ってしばらくして退院されて自立生活されてるようですね。
youtubeか何かのドキュメント映像で見ました。

618 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:05:31.03 ID:7dGeXkiQi
>>605
ああ、日本の精神科の発端としてはそんな感じ
それ以前になると座敷牢で各家が面倒見てる

まあハンセン氏病もそうなんだけど、とにかく面倒なものは隔離だったんだよね
医療というより日本人がそういう気質なんだと思うけど

619 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:06:16.42 ID:/mHTI6dE0
本当に信じられないような内容
http://www.youtube.com/watch?v=fQaQBm866Us



ファイザー CM
http://www.youtube.com/watch?v=Uwi0N2vqHtc





>>615

泣けます

620 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:07:48.15 ID:nlpbu45g0
メンヘラは薬自慢が大好きだしいいんじゃね

621 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:07:54.45 ID:cTU5zkuK0
糖をやめるという発想では
なんの金儲けにもならない。
医者も製薬会社も病院も菓子メーカーや米農家も。
だから医学的に長らく潰されてきた真実が
糖の過剰摂取なのです。
シエール・ハリスという医者が1924年に発見した。

622 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:08:30.35 ID:RugrBOKx0
相変わらずこういうスレ、等質っぽいのが沸くなあ

623 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/22(日) 21:08:40.89 ID:8o6AJHO70
>>609
脳の設計したこと無いからだろ・・・ほんと馬鹿医者多いな
俺がやったのは農家学(脳科学)ではなく脳設計

>>616
俺の場合は、呼吸障害
右翼に誤爆されて鼻が折れたままにされて未だに呼吸が満足にできていない

624 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:08:54.86 ID:7syM8y8L0
うちのじいちゃん
数ヶ月前から急に歩くのもできなくなって
トイレの場所も、ここがどこかもわからなくなった。
ちょっと前まで一人で何でもできてたのに。
んで、毎月どっさり、もらってた精神薬みたいなの飲むのをやめたら
また記憶がしっかりして、歩くことができるようになった。
強い薬を処方されて、日常が幻覚状態みたいになってたらしい。

625 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:09:46.74 ID:xSqQv9BI0
>>618
いや、俺が言っているのは産業革命後のイギリスの話なんだよ
それ以前はうつ病患者なんてほとんどいなかったし、
統合失調症患者は神や悪魔の仕業と考えられていたし
知的障害者は制度すらなかった

626 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:11:02.16 ID:RfIB4aMI0
>>622
統合失調症でこのスレに普通に書き込むのはムリ
軽度すらいないよ、多分

627 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:11:51.85 ID:RugrBOKx0
>>626
自分、そうだよ
三級だけど

628 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/22(日) 21:13:02.08 ID:8o6AJHO70
俺が海自向けにやった仕事の範囲で言えるのは
糖分だけで異常は発生しない、電気信号との反応が必要だ
街灯や電氣照明と糖分との反応を悪用したデンタルシステム悪戯でしょう

629 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:14:00.87 ID:/mHTI6dE0
統合失調症


>統合失調症は、およそ100人に1人弱がかかる頻度の高い病気です。

「普通の話も通じなくなる」「不治の病」という誤ったイメージがあり
ますが、こころの働きの多くの部分は保たれ、多くの患者さんが回復し
ていきます。
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_into.html




厚生労働省の目標患者数

630 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/22(日) 21:15:59.66 ID:8o6AJHO70
家を一旦破棄したうえ電気配線のアンテナ指向をすべて変更しないと再発させられるだろうな
外務省にさ

631 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:18:51.42 ID:OTFgZH2T0
コテハンのキチガイの書き込み
超うけるWWWWWW
ほんまもんのキチガイはひと味違うな

632 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:19:24.23 ID:QTbCg3tq0
抗不安薬による常用量依存―

恐ろしすぎる副作用と医師の無関心、精神安定剤の罠、日本医学の闇
http://p.booklog.jp/book/62140

633 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:19:46.44 ID:7dGeXkiQi
>>625
そんなレベルかよw

634 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/22(日) 21:20:06.91 ID:8o6AJHO70
>>631
ほう、おまえが一番の気違い臭いが 電氣って

635 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:20:31.14 ID:xQ6N6x160
>>624
認知症を含む老年期の精神症状によっては意識状況の変動を伴うものもあり概して薬剤の副作用も生じ易い。
せん妄、アカシジアその他の原因になっている場合もある。本人の疎通の状況によっては気づかれにくい。
その場合は減薬や中止により改善される場合もある。減薬、中止も適切に行わないとリスクを伴う。

636 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:21:27.11 ID:cTU5zkuK0
腹が減った時に猛烈に食べたくなる人は
糖中毒症だと思って間違いない。
ようするに日本人のほとんどは
ストレスを受けたら鬱病や統合失調症になる
可能性をひめている。

パン、うどん、そば、パスタ、そして精白された米、これらは
全部砂糖(麻薬)のかたまりだと思っていい。こんなもりもり食ってたら
だれでも頭もおかしくなります

637 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:21:27.60 ID:vr19QDfP0
>>610
いやクリニックとか小さいとこ。

>>612
欝はそうなんだろうね。

>ぶっちゃけた話なっちゃった以上はもうどうにもならん

は間違ってる。まず人格障害かどうか医者は診断しないからそもそもそういう判断はできない。
なのに、一度家族問題かよと医者が判断すると、
例えば対人恐怖やパニック障害や不眠やの症状や、最悪欝ですら、人格障害で片付けてくる。

家族問題の犠牲者は、ときおり発達障害と似たような様相を呈することもあるが、
そもそも虐待を受けたら脳に「傷」などの研究結果もあるなかで、
親の立場になってまるで親に責任がないように「発達障害は遺伝だから」で突っぱねる医者すらいる始末。

患者は医師との会話を録音し続けるべきだ。

638 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:21:50.56 ID:/mHTI6dE0
タバコと同じで、アメリカが特赦をださないと


反省しないと予想

639 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/22(日) 21:22:22.89 ID:8o6AJHO70
>>636
ようするに最大の麻薬は、小麦じゃないのかね

640 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:22:31.05 ID:xSqQv9BI0
>>633
ん?

641 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:23:30.26 ID:GAWibc3p0
薬を飲ましてジャンキーにするのが目的だからだよ
治っちゃ困るのよ

642 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:23:54.20 ID:goW+u4tZ0
自分が受けた一流大学病院付属の精神科の教授はただ症状を聞くだけで、それならこの薬が効きますよ、と
自信満々で処方箋を書くだけだった
あなたの病気は何々で何に起因して何のバランスが崩れてだの、この薬はどこにどう作用して症状を緩和し
あなたのような症状に対して何%の割合で改善が見られるものです、なんて説明は一切なかった
せめて、目安としてどのくらいの期間継続して様子をみるのか、思ったより効果がなかった場合の先の方針、
薬の服用を何年も続けても症状が改善できない人の割合、等は説明がほしかった
患者と一緒に病気を治す気なんてまったくないのか、教授ほどの先生でもいまだ手探りで治療しているのか
治せないケースもあることを認めてはいけないのか

そういえば精神科の名医ってほとんど聞かないな

643 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:24:20.98 ID:/2D9lIF60
猫山司という偽精神科医が薬漬けになってる患者から金を絞りとってます。

猫山司という名前をぐぐると、

644 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:24:47.31 ID:/mHTI6dE0
タバコはアメリカの鶴の一声で終了したなw

645 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:25:15.99 ID:Jxa9b1zo0
精神病のために医療費があほみたいに上がる
TPPで保険ぶっこわれたらいいのに

646 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:26:10.10 ID:QTbCg3tq0
抗不安薬による常用量依存―恐ろしすぎる副作用と医師の無関心、
精神安定剤の罠、日本医学の闇 
ttp://booklog.jp/item/3/62140

647 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:26:51.92 ID:FaUbweC+0
薬を止め、通院も止めたら、普通に活動できるようになった まじで

648 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:28:50.35 ID:/mHTI6dE0
>>586



地域性にもよると思うが
狐憑きを容易にする為に
お薬を与えてるような感じだぞw

649 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/22(日) 21:29:44.53 ID:8o6AJHO70
キリスト教は、ミミの後ろをどついて脳疾患を作ろうとする
これを効率的に行うには、口腔内に酸や糖分を大量付加して
歯肉炎を電気的に発生させる
か、頭髪量のシャンプーなどに仕掛けをする

こんなところか

あ、頭の上の電灯からの高圧電流が決め手なんだろけどね

650 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:31:05.59 ID:vr19QDfP0
薬主義(脳精神医学、つまり脳を機能として扱う)と心理主義のバランスを欠いた医者が多数いるんだよ。
前者偏重のな。もちろん保険医療制度が関係しているかもね。
カウンセラーと一緒になって治療なんて専門か大病院ぐらいしかできない。
ならいさぎよく心理主義できませんと認めて(まあ医者の勘違いエリート意識と万能感でプライド許さないのだろうけど)、
他の機関を紹介するなりすべきなんだよね。

651 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:32:53.13 ID:szeg7OC/0
薬漬けにしたい奴やなりたい奴は、救護施設みなと寮へ入ったらいい。
私が利用者として生活していたとき、ここは利用者を薬漬けにするんだな、と思った。

652 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/22(日) 21:32:59.71 ID:8o6AJHO70
>>650
あえてアンカーする
前者のそれは一部において正しい、みんな脳設計して無いので判らないだろうけど
脳と関係が深いのは心臓そのものなんだよ

653 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:36:30.38 ID:/mHTI6dE0
>>586



元々神社などは地域の人間の仲を取り持つ
役割などもあるようだから地域の人間の
全てに神社の土地神がついているなどという
風習が・・
だからお前も・・みたいな感覚かもしれないw


ただ、処刑場の跡地などの場合
その地で処刑された罪人がみんなの仲を
hrbftg65hvt66dcrf56


気持ちの悪い

654 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/22(日) 21:37:17.44 ID:8o6AJHO70
>>653
以前の電通本社の江戸奉行処刑地だった話かい?

655 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:38:07.80 ID:/WLMOF7O0
ウツは甘え
怠け者がんばれよ

656 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:39:22.39 ID:lXCbS9uQO
知人に多重人格の人がいる
もちろん本人の妄想だろうが、これも薬の副作用だろうか

657 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:40:19.38 ID:65q36pyj0
っていうか、薬意外に有効な治療手段がないんだが・・・

認知療法なんてのもある意味マインドコントロールにすぎないし。

658 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:41:06.68 ID:6ZSsFdJL0
半沢の100倍返しでサーバー激重だw

659 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:41:10.87 ID:/mHTI6dE0
よく自治会館と神社が併設された政教一致の地域もあり

昨今は問題化している

「地区の為の病院」を前提とした場合ホントに迷惑な話だw

660 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/22(日) 21:41:33.09 ID:8o6AJHO70
>>655
おまえがガンばれよ

661 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:42:47.16 ID:Cs06V1g40
心療内科でヤク中状態のオレ・・
もうどうにもならん

662 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:43:07.33 ID:DQLhbaH10
クリニックは薬だけだけど病院は頭に電気流す治療が盛んだよ
おれ的には電気療法のほうがうさんくさいけど

663 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/22(日) 21:43:43.36 ID:8o6AJHO70
>>656
国家機密

右脳と左脳は違う機能を持たされている
両手で鉛筆もって名前を書く人間は居ないなど、環境でかわる
この切り替えは心臓からの血液流量で異なってくる
したがって内部環境や外部環境で人格が変化する

664 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:44:54.55 ID:/mHTI6dE0
>>659


実際、こんな地域で電磁波絡みの
殺傷事件が起き全国的に報道されてるw

この容疑者、仏教に信心してたらしいんだけど

自治会館に神社が併設された地域だったらしい

665 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:45:30.83 ID:KTac+mwL0
小奇麗な建物の精神科はそれだけ儲かってるってことだから。
野菜と似たような話だね

薬偏重主義は、それ以外の治療方法にまともな点数が付かないのが根本的な原因かと。
それに、精神薬は熱を下げる薬、みたいに対処療法的に使うことが殆どで、自然治癒が期待できない状況だとあまり意味ない。
風邪は症状抑えてる間に勝手に治るからいいのであって、気分障害が起きなくたって鬱は治らんしなぁ

カウンセリングが医療行為じゃないってのもなー。何のために学校で心理学とか学ぶのか謎。
まークソ高いカウンセリング受けるなら、その金で風俗でも行ったほうがマシだね。セロトニン的に考えて。

666 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/22(日) 21:48:43.65 ID:8o6AJHO70
国家をまもるために悪魔をつクリ、おまえら守ってもいいわけされるだけ
俺が正常のアメリカの旗だと困るんだよな

667 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:51:37.07 ID:uR8vuJss0
今時多剤処方なんてやらんだろ
10年以上前の話だ
ジェネリック薬品に変える指導に乗っかってる政府の提灯記事だな。

668 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/22(日) 21:52:42.91 ID:8o6AJHO70
こんどは、弱音か

669 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:54:26.53 ID:4CNe/sJ60
飲むの辞めたら一日中寝るようになった
飲んでると起きてられるけど、やる気が起きるわけでもない
参ったもんだの鬱病で休職1年目、そろそろ退職も考えないと・・・

670 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:56:04.19 ID:7dGeXkiQi
>>640
>>581でそこまでさかのぼる話って読み取れなかったからさ
俺ずいぶんズレたレスしてたなーっていう自嘲
分かりづらくてすまん

671 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/22(日) 21:56:12.74 ID:8o6AJHO70
頭の上の電灯を取り払うかアースとればいい

672 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:57:16.93 ID:fmXiIX020
脳内の分泌バランスを崩しているのに
薬を使ってバランスを保とうっていうのは
酒、たばこ、違法医薬等で脳内を活性化させてるようなもの
そんな薬を使っていると脳内の分泌機能は支障をきたし
服用が長期間に渡ると分泌機能自体が毀損し、薬依存症に陥る可能性がある
合法ドラッグ依存・・・そんな可能性や恐れを考えていると、やっぱ薬は怖いなって思う
これはあくまで仮想なんですがね

673 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:57:55.85 ID:aXrI2ttM0
>>532
健康保険制度の欠陥を医者が悪用し過ぎてる。

674 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/22(日) 21:58:50.73 ID:8o6AJHO70
>>672
むずかしく考えすぎだろ、脳は現状はOSが2つミラーリングされてるだけなのに

675 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:59:10.88 ID:o7nBQuCo0
鬱で働くの嫌だから鬱薬の実験のバイトしてる人がいて、人が変わったようにメールしてきたw
力がみなぎって、この力をどうしていいのかわからないって。
それって力の前借りであってまた枯れると思った、文面が違法のお薬してる人と変わらないシャキーンな感じだったよ。
傷と同じで治るの待ったら、体が戻そうとするから、薬飲んだらだめなような気がする。

676 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 21:59:48.75 ID:/2D9lIF60
専門家の猫山司が自分に気づいて欲しそうにしています。

677 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:00:12.36 ID:fmXiIX020
>>674
大島君の言ってることの方が難解です!

678 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:00:21.59 ID:aXrI2ttM0
医学管理料などの言い値のチップもどきからまずは廃止すべき。

679 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:00:43.78 ID:cTU5zkuK0
>>675
躁転だね
ベンゾジアゼピン系の薬は麻薬みたいなもんで
多幸感はマリファナとだいたい同じと言われている。

680 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/22(日) 22:00:48.13 ID:dDKkJumR0
>>675
それシャプ

681 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:02:15.03 ID:J4U5xslR0
精神病なんて対応できる知識を身に着けてこなかった能力弱者だからな。
強者に喰われるのは自然の摂理だからほっときなさい。

682 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:04:36.73 ID:MJ5MOzCb0
クスリを欲しがる香具師がいる
黙ってクスリを出したほうが儲かる香具師がいる

それだけの話し。

683 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:05:28.65 ID:o7nBQuCo0
>>679
貴方の書き込み見たけど、納得。

684 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:06:31.35 ID:e4VtmNCL0
精神科医療は牧畜。

685 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:07:25.86 ID:sATUDoO30
ダンナの妹が
「秘密警察に追われているからかくまって欲しいとか」真顔で言ったり
警察に自首するってマジで警察に電話しちゃったりするんだけど
これもうつの一種?

686 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/22(日) 22:07:26.61 ID:dDKkJumR0
>>681
日本人は犬を喰うわけですね、わかりました

687 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:07:35.75 ID:uiZQSmVh0
>>675
それ1週間だけリタリン飲んでたときと同じ感じだな
午後のリタリンが切れた17時ぐらいから本当に力が全部なくなった

688 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:09:59.55 ID:J4U5xslR0
>>686
はい、あと頭のおかしいチョンを喰いますw

689 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:12:36.31 ID:pwqxPXKo0
SSRIは効かない
SNRIは効く
って良く聞くがどうなんだろう

690 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:13:01.47 ID:vr19QDfP0
>>681
まんま医者の本音の優生学だね。

彼らは自分達がエリートだと思っているから。
一度医者と議論したんだ酒の席で「家族問題を解決すべきだ」ってテーマで。
したらやつら上でも書いたが、偉大な人類の業績は発達障害者から生まれたものも多いといい、
治療はもちろんだが、予防も必要ないとか言い出した。
ようは医者にとって自分達は競争社会で勝ち抜いて医者やってるわけで、
精神的な障害など言い訳にすぎないってのが本音なんだよね。

691 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:13:30.55 ID:o7nBQuCo0
>>680
>>687
新薬らしいけど、自分もリタリン処方された事があるからそんな感じだった。自分は薬やめて治したから、彼にもやめるように言ったけど、効いてる時は人の声なんで聞こえないだろうと思う。自分で実感しなきゃ止めないだろね、それか薬漬けだ。

692 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:14:43.40 ID:17JqFmRD0
鬱病の友人がもう10年くらい服薬してるのに治らないのって、薬が効かないからなの?

693 :薬物治療は、患者の病気克服意志さえ抑える致命的欠陥が存在:2013/09/22(日) 22:14:49.09 ID:UHTdqKS60
.
.
統合失調症に対するメタ認知トレーニングは、ドイツ・ハンブルク大学のMoritz教授を中心とするグループによって
開発されました。 ( 中略 ) その目的は、患者さんがメタ認知的な知識を増やし問題対処技術を磨くことで、症状による
苦痛を減らすことです。

この技法は、幻聴や妄想などの病的体験を患者さん達が “ 隠さず公表し合う “ ことで、統合失調症という疾病を
患者さんが進んで理解し、幻聴や妄想が生じてもそれに冷静に対処する生活術を身に付ける、という技法です。
日本認知療法学会 → ( URLのwww.を含む先頭部分 )c-linkage.co.jp/jact2013/contents/work.html
.
.

694 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:16:54.66 ID:3x9CagSb0
 
 精神科医に、まともな人間はいない

 なぜなら精神科医だからである

 そして診療科に精神科を持つ病院で勤務する人間全てもまともではない

 なぜなら精神科の医師を相手にするからである

 つまり精神科の医師が理事長を務める医療法人にまともな人間はいない
 
 そこは異世界であり、そこには異世界の住人がおり、異世界の秩序の中で蠢いているのである
 
 

695 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:17:40.16 ID:Mka9DNaF0
内科の薬が増えたなと思ったらあの悪名高いディオバンが処方されていた(´・ω・`)

696 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:18:03.40 ID:SclZd97kP
>>675
先月、古くからの友人がいつになくハイで語気が強かったんだが、案の定何かの新薬を使い始めたとのことだった。
その後、奥さんに暴力振るって仕返しされて怪我するわ、競馬に大金ぶちこむわで大変だったぞw

697 :自由意志を幻想とする唯物科学では統合失調症は完治し得ない:2013/09/22(日) 22:18:19.97 ID:UHTdqKS60
.
.
自由意志を幻想とする唯物科学では統合失調症は完治し得ない

→ www.は省略 ( URLの先頭部分)blogs.yahoo.co.jp/eig35153/MYBLOG/yblog.html
.
.

698 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:18:45.58 ID:j9FNb5A00
離脱症状なのか頭の中でシャッシャって音がしてつらい('A`)

699 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:19:02.57 ID:cTU5zkuK0
>>693
悪いけど認知療法は大野裕先生が雅子様の治療をしてて治らないのが
無意味だと証明してる。

700 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:21:26.35 ID:gIpxG9zL0
暴力をふるうので入院。家族はようやく安心。
病院側はしかし、薬漬けしか頭に無いようだ。
統合失調症、つまり分裂症ってことだろ。
可哀そうでならない。痩せて白内障も併発
薬物依存性が強くなってしまうんだろう。
健康というものがどんなにありがたいものか。

701 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:22:05.90 ID:o7nBQuCo0
>>696
それは怖いねー、使い始めた時おかしくなった的な事もメールにあったなぁ。

702 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:22:50.16 ID:5uwVtY3W0
ごくたまーに悩み事とかで考え込みすぎて寝れなくなったりしたらデパス2錠飲んでさっくり寝る

703 :人間を神格とする天皇制は自然に対する冒涜である:2013/09/22(日) 22:25:17.95 ID:UHTdqKS60
.
.
人間がその地位に就く天皇制ではその利権の強欲的争いは必至であり、天皇制成立はいつの間にか宗教に絡められて、
民衆の素朴な信仰心を利用しながら人間神格の代々継承という、世界の宗教のどれにも類をみない
とんでもない権威維持の欺瞞が行われている。 それはあろうことかこの国の憲法条文となった。

一個人である人間の神格化を法として宣言してそれを代々継承することは、自然の根源作用が、
その一個人に由来すると宣言したことであり、これは、それを許容した
その国の国民全体が持つ、自然認識あるいは宗教観における “ 恐ろしいまでの軽薄さ “ を表している。
.
.

704 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:27:17.54 ID:pKRLeyqA0
おかしいっていうなら直せって話になるが

705 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:28:30.26 ID:rGUO6nTF0
データ取るためなら人殺して良いと思ってるのが製薬会社

706 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:34:00.43 ID:kX1N27gr0
今、失業して眠りにくいし、ハロワに求人を検索しに行けば、自分の新卒初任給より低い仕事しかなくて応募する気も起きず、たまに書類送っては落とされて、
常々死にたいという思いにみたされてるから仕方なく病院行ってるけど
本当は病気じゃないんだよね。
ビジネスにおいても、最悪な状況でもニコニコてきぱき、時には良心の呵責を無視してでもこなせない人間は頭おかしい、
って世の中のほうがちょっと嫌だなと思う。

707 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:34:36.18 ID:bByX9WI/0
>>6
無知の典型だな

708 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:38:21.18 ID:FIiM88H1O
>>706
十分病気です。

709 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:38:47.76 ID:HKr/Stoh0
>>261
いや俺も7年間うつに悩まされたけど、サインバルタとリフレックスのロケット処方で、コロッと治っちまったよ

710 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:39:52.36 ID:jDswboXC0
うちの女房だが、以前は定期的に脳波と血液調べてたが
ちかごろは検査やらずに投薬だけになってるな。
言えばやってくれるという状態。
お薬110番とか見ると、血液検査は推奨されてたりする。
なんなんだろうね?

711 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:41:05.91 ID:kX1N27gr0
ちなみにリフレックス飲んでる人いる?
2ヶ月ほど半錠ずつ飲んでるんだけど、毎晩明け方に、いかに自分が最悪の性格で無能かを思い知らされる夢ばかり見るようになって、やめたいなーと思ってるんだけど。

712 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:41:47.00 ID:FIiM88H1O
>>690
しょせん医者も短絡的に結果を求めたい凡人なのさ
楽だからね考えなくていいから

713 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:45:51.15 ID:XdARItspO
カウンセリングなんて天才じゃないと出来ない、薬漬けの方がまし

714 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:48:52.15 ID:778O0M3X0
>>710
血液の中の薬の濃度を調べてる
濃度が高すぎても低すぎてもダメだし安定してないのもダメ
だから血液検査を定期的にやる医者は患者の体を見ながら薬出してることになる

715 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/22(日) 22:52:34.58 ID:dDKkJumR0
>>688
おいおい中国人、なりすましてんじゃねえよ

716 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:53:21.43 ID:/2D9lIF60
猫山司 こいつは薬害に溺れてる人を助ける事が出来ないのに金を要求して救けようとする極悪人

717 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/22(日) 22:55:03.96 ID:dDKkJumR0
さっき出かけてたら、医者みずから誤診を表明してたが

718 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 22:58:15.85 ID:GBp4dB/uO
俺なんか今日からうつ病みたいになっちゃいました。 治す方法あるかな〜

719 :(,,゚д゚)さん 頭スカスカ:2013/09/22(日) 22:58:26.58 ID:ZM1k/DVu0
向精神薬のおかげで、入院治療の期間が劇的に短くなり
多くの患者が通院治療で済むようになった功績は認める
べきだろう。精神科医の仕事もやりやすくなったし、
それは患者側の生活上のトラブルを減らすことにもなった。 
フロイトよりプロザックの方がましだったよ

問題なのはその後の治療法にあまり進歩が見られない
ように見えること(研究はしてるんだろうけど)

720 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 23:01:12.63 ID:ogAiROVp0
>>718
新小岩マジおすすめ
どっかのバカ医者が出すインチキ薬と違って
副作用が全くなく一発で劇的に効く

721 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/22(日) 23:03:45.41 ID:dDKkJumR0
医者なんて馬鹿しかいない
病気をつくって内蔵や目をえグリだして販売しようとしてるだけ

今日のことは誤診でございましたのケツ悪でよろしいな

722 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 23:10:07.58 ID:j2xejzhc0
>>717




薬漬けにした挙句誤診って


コントか?

723 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 23:12:04.87 ID:wh0yuFQsi
死ぬよ

実際に死んだからな

724 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/22(日) 23:13:33.66 ID:dDKkJumR0
医者なんて馬鹿しかいない
病気をつくって内蔵や目をえグリだして販売しようとしてるだけ

今日のことは誤診でございましたのケツ悪でよろしいな

>>722
出向だろ
つまり人質になって拉致されるってことなんだろなあ

725 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 23:18:08.25 ID:VgCBb+HAO
薬漬けのせいで医療費パンパン
この現状をなんとかしろや!
医者だからって調子乗りすぎ

726 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 23:22:12.39 ID:BWgwOB8z0
>>1
この作文のどこがニュースですか?>焙煎特派員φ ★

727 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 23:26:41.19 ID:j2xejzhc0
西多 昌規 | 精神科医/医学博士/自治医科大学・講師



さて、

728 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 23:43:02.71 ID:jDQQj2O00
うつになって10年…
今は、クロチアゼパムトーワ 5mgを1錠/日飲むだけだが、
仕事がきついから、不安感があるし、
残業 毎月80〜100時間やるから、しんどい。
休めないしね…
いまだに完治しないわー

主治医の先生は、
カウンセリング毎回30分ぐらいしてくれて、
こんなに、残業じゃ治らんというんだが、
当たり前だわな。

会社、辞めたいが生活できねぇから、
行くしかない。

次の仕事が見つかって、
仕事やめたら、完治と言われそうな気がするw

729 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 23:45:05.20 ID:+Dyv1F5u0
自分の知り合いもバイト先で嫌な思いさせられて辞めて
何かうつかもしれないわーっつってメンタルクリニック行ったけど
あれから5年以上通い続けてうつから統合失調症にレベルアップしてた
何があってもメンタルクリニックには行かないようにしようと心に誓った

730 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 23:48:33.76 ID:kHDn4IWW0
薬を沢山飲むって言うのも、精神的な意味合いでは意味があるかもなw
医者からすれば保険点数を上げるために薬を出すわけだがw

しかし、精神って脳の動きと連動してるからわかりにくくて医者は楽だよな。
まず医療ミスが起こらないw
精神病の患者を相手する医者も精神的におかしくなることが多いのがタマに傷だが。

731 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/22(日) 23:49:09.94 ID:dDKkJumR0
酒=薬

732 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 23:50:18.68 ID:LPQtfVMV0
>>730
入院施設のあるところは凄い大変みたいだぜ聞きかじりだけど

733 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 23:51:13.38 ID:S9RDnT4U0
>>692
鬱になる根本的問題が解決されていないからじゃないかな

734 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/22(日) 23:51:20.15 ID:dDKkJumR0
医療ミスが起こらないw

意味不明にしか思えない

735 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 23:51:50.39 ID:dY+xgbXB0
お年寄りの薬に対するイメージなんとかならんかね
一緒に来てたらしき人に貰った錠剤渡して、2人でボリボリ食べてるの見たときはビビった
サプリじゃねーんだからw

736 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 23:53:24.85 ID:P65oWnB50
前に不眠でデパス飲んだが、やめるのが辛かった。
2週間毎日0.5mgだけだったのにあんなに依存するとは思わなかった。
93みたいな多幸感はあったが、引き換えに失うものが大きすぎ。二度と飲まない

737 :名無しさん@13周年:2013/09/22(日) 23:54:23.59 ID:d7Fbg86YO
>>728
そんなに残業できるならうつ病ではないか完治してるんじゃ?

738 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 00:01:51.41 ID:cTU5zkuK0
糖の過剰摂取はうつや生活習慣病をもたらすだけでなく
凶悪犯罪や異常行動、異常性欲(異常性指向)ももたらす。
意味不明な凶悪犯罪の原因は食生活に問題があることは
いくらでも語られてます。

739 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 00:17:01.18 ID:QGNF+Wfz0
>>728

基本的には、治っている部類らしいが、
仕事がきつ過ぎる、プレッシャーもハンパないw
人間関係も複雑な職場でね…
情緒不安定になる、で、時々メシが食えなくなる…
顔色にも辛いが出まくり…
心が弱くなってるのね。

残業したくてやってるんじゃなくて、
みんなサービス長時間残業だから、
代わりがいないし、誰も休めない…
こんなブラックな会社のようだが、
某有名赤字企業w

これをカウンセリングで正直に言ってるんだが、
再発の可能性大というわけで、
長期経過観察になってると言われてる。
正直、しんどいし、このままじゃ再発しそう…

740 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 00:17:47.12 ID:aUNG2iWc0
デパスってヤバイんかな
あれ一錠でみっちり4時間も爆睡出来るんだが

741 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/23(月) 00:18:38.99 ID:nKCMyWur0
>>739
禁煙外来の亜種で保険金貰ってドロンですか、そうですか

742 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 00:19:26.08 ID:9o+xqzgV0
>>740
ヤバイ。
寝るだけならもっと依存性が少なくて効き目がマシな薬がたくさんあるのにそれを選択する理由が無い。

743 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 00:20:02.88 ID:MbZK+rKY0
>>740 デパス=眠剤  ではなかったと思うけど。
それぞれの使い方あっていいと思うので寝るのもあるのかな。
ところで、切れたときに妙に不安になったりもするものですか?そういう使用法でのデパス。

744 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 00:25:08.87 ID:AbyPpwOH0
薬漬けなんて甘い
基本的な情報すべてインチキ漬け
真実は、世の中には恐ろしい奴がウヨウヨ居るって事
なあ、西村ひろゆきさんよw

745 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 00:29:36.82 ID:fWIPq2oCO
>>736
0.5を二週間で依存で苦しんだとかw
ガキは知った口きくなw

746 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 00:31:02.10 ID:VQ92vSo90
知り合いで二人処方されていて薬飲むとすごくハイになる。夜中に遊び行こう
とか電話きて断ってるのにゴネまくる あの上がり方はやばい、てか合法ドラッグ
買うより精神科行ったほうが安上がりじゃねーのかな?

747 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 00:32:52.16 ID:O7aoxmSB0
             ,ィ⊃  , -- 、
    ,r─-、      ,. ' /   ,/     }
   {     ヽ  / ∠ 、___/    |
   ヽ.      V-─- 、  , ',_ヽ /  ,'     ダメ、絶対ダメ
     ヽ  ヾ、  ',ニ、 ヽ_/ rュ、 ゙、 /             
     \  l  トこ,!   {`-'}  Y
       ヽj   'ー'' ⊆) '⌒`  !    医者の『覚せい剤』押し売りが増えています。  
         l     ヘ‐--‐ケ   }
         ヽ.     ゙<‐y′   /
      (ヽ、__,.ゝ、_  〜  ___,ノ ,-、
      )           ノ/`'ー-' <
    r'/,   _..   //  l、、、ヽ_)
      ゝ(_/_ノ´ /ヽ_ノ/  __,l ヽ)_)‐'
         {` ーニ[二]‐ク′
           〉   /  /_
         /   ´ ̄`ヽ  )
          (____ノ--'

748 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 00:33:26.81 ID:9gY0LYtM0
>>746 最近はそんなハイになる薬処方されてるの?
少し前まではリタリンあったけど。
私は好きではなかったので、リタリン処方されたけど半分くらいしか飲まず、その後は望まなかったけどね。

749 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 00:36:07.68 ID:fWIPq2oCO
>>742
マイスリー ハルシオン レンドルミン ベケ゛…等々眠剤も色々あるけど、どれも依存する確率は高い、もっと調べてから言えw

750 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 00:36:34.12 ID:eksjwkQtO
デパスなんか軽い筋肉弛緩剤

751 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 00:39:44.67 ID:u2M0SnoCP
鬱だとたいていナマポだから
もっと悪化して自殺してくれたら
国のためになるんじゃね

752 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 00:39:54.95 ID:OX4VSdfwO
我々の世代は運動部で気合いと根性が鍛えられたから

仕事で殴られようが200時間サビ残しようが耐え抜けたもんだよ

今はその努力のおかげで零細だが役員になれたし
鬱病なんて気持ちの問題、俺だって若い頃のシゴキで
辞めたくなったり逃げたくなったが耐えたもんだ

753 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 00:40:29.65 ID:fWIPq2oCO
>>742
にわか講釈はやめた方がいい

ベンゾ系 非ベンゾ系を述べよw
デパスはどちら?


754 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 00:41:48.19 ID:tbTiqrtl0
医者気取りが薬剤名並べて悦に入るスレはここですか?

まあ精神不安定な人が治療に疑問もったり玉石混淆のネット言説鵜呑みにして
どうこうなんてのはもう日常なんだけどね、まあそういう病気だから。
ここで医者を叩いて喜んでる奴は医者って存在が平均において他のメンヘラ使って稼いでいる
商売人と比べればもう滅茶苦茶良心的であることは知っといてくれていい。

あ、もちろんメンヘラ商売業界人が精神科の医師看護師よりフレンドリーなことは確実。
まあ彼らがほほ笑むのは患者じゃなくてその懐に、なんだけどねw

755 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 00:42:28.88 ID:VWCaO0Fw0
薬は手助けになるが、根本的な解決にはならない
本人が服薬治療を続けつつ、生活環境に変化を与え、何か希望を持てる状況にならないかぎり、
改善はない 

そもそも精神疾患は「病気」と「病気でない状態」の区別があいまいで、
鬱病なんかの場合は、本人の思い込み次第で症状も大きくかわる
薬が自体が悪というわけではないが、薬を飲み続けることで、「自分は病人だ」という意識を強く持ち、
医者にすがってばかりになってしまえば、薬が逆効果を招くかもしれない
ただし薬によって少し気分を持ち直して、何か精神状態を上向かせる環境的変化や心情的変化を
持とうとする意欲を増進させることができるなら、薬は役に立つと思う

756 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 00:43:08.58 ID:q+ARkGL00
デフォルトがどこだかわからなくなるのが問題なんじゃね。
現在の立ち位置が不明なのに足し算引き算してもな。

薬は好転のきっかけ作りにはなるだろうが、
本来なぜデフォルト状態から外れたのかってとこを忘れたら、
結局薬漬けになるんじゃなかろうか?

757 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 00:43:28.42 ID:OX4VSdfwO
鬱病とかぬかしてないで病院と薬飲む暇があったら
前進して突き進んでれば嫌なことなんて忘れる

一時的なもんだ

758 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/23(月) 00:44:55.50 ID:nKCMyWur0
警察が、シャプ(角材)で家たてたのか

759 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 00:45:52.79 ID:uza0ePa30
ttp://www.justanswer.jp/
ここの猫山司先生はすごい

760 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 00:45:56.27 ID:eksjwkQtO
とうしつだけは、薬投与で入院にして

761 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 00:47:29.02 ID:gn49RYhD0
心療内科でもらったハルシオンは4分の一飲んだら寝られる

762 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 00:50:39.82 ID:X8fSQze00
>精神科の医療報酬では「通院精神療法」が重要な報酬源です。
 「たくさんの患者を診た方が儲かる」「ていねいにじっくり診ると儲からない」という法則です。
→つまり、1人当たりの診療時間を短く

> 短時間で済ませる治療のほうが経営上は明らかに効率的です。
→できるだけ多くの患者を診察する。 延々と話を聞いたりしない。

>多種他剤を次々と処方していく精神科医を選別する必要があると思います。
→結果的に多くの種類をためす事になるのはイケなくもないが、実際は他種多剤になっている。
 不要な量を出したり、新種がでると薬価が高いが切り替えがち。

 「断定本」のせいではなく、医者の薬の切り替えが急であったり、多量にとり
すぎて悪い結果なっているのもある。 

結論に偏見と断定、極論が強く、商業的な気もする。

763 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 01:01:02.53 ID:UCq8RPOi0
やる気や思考力を奪う薬を飲んでよくなるわけねえじゃん

適度に廃人が一番扱いやすいから薬だすだけで治すきねえよ

764 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 01:04:28.27 ID:tNWSo4br0
>>757
患者を見た事無いんだね、重病の患者をさ。
手とか足とかが無い方がマシだよ。
足が無くても気合で歩けるってなら、鬱病も気合でどうにかなるかも知れないけど。

765 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 01:05:24.78 ID:HdSXXyWuP
デパスって毎日飲むものじゃねーだろ。
週に1〜2回程度、頭がゴチャゴチャイライラして眠れない時に頓服すると
スッキリ寝られるって感じだ。

766 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 01:06:36.27 ID:w+yMFp1mi
つべの減薬ドキュメンタリーみたいの泣けるよね

767 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 01:06:37.81 ID:DLpKrmPi0
そううつ病なのに薬飲まないで職場で異常行動起こされて困ってるんだよ。
ちゃんと適量飲むように指導してくれ。

飲まんでもいいやつが飲んだあげく、飲まなくてもいいとかいうと、そういう本当にやばい奴らが勝手なことして困るんだよ!

768 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 01:09:25.87 ID:w+yMFp1mi
https://www.youtube.com/watch?v=tq2pzyhqXxw&feature=youtube_gdata_player

https://www.youtube.com/watch?v=XH1vpLjWV_U&feature=youtube_gdata_player

769 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 01:10:11.62 ID:UCq8RPOi0
>>767
解雇か休職させろよ。異常行動が露骨なら社内で問題になるだろ
なぜ薬ありきなんだお前、きもちわりい

770 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 01:10:24.53 ID:akK19MR90
精神医学?

医学じゃないよね。普通に考えれば。
精神科なんて医学じゃないだろ。

医学じゃないのに医学になるには
理由がある。

薬 を 売 る た め だ 。

そのために医学になってるんだ。
何兆円もの利益が出る産業だからな。

実質それらの薬は麻薬のようなものだ。
依存性があったりする。
どんどん患者が使ってくれる。

マジで精神科なんて気軽に行くのはやめとけ。

771 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 01:14:59.94 ID:m509qyKM0
>>753

742ではないがそれはひっかけ問題かな

ベンゾ系でありベンゾではない
ベンゼン環がないからな

772 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 01:17:48.62 ID:s0H/FWyw0
>>50
> 家を建てる技術がない歯医者に家を建てさせようとしてるようなもんだ。つまり治らないってことだ。
> その現実に世間があまりに無知過ぎる。



一番の問題は精神病の患者は貧乏だということ。
ガンを患う大金持ちはいるが、精神を患ってる大金持ちはいない。

アメリカで精神科の研究が進んだのは、政府が大金を出してベトナム戦争の後遺症
の研究をすすめたから。

773 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 01:19:54.27 ID:XyFAdrik0
林センセならそうは言わないと思う。

774 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 01:20:40.87 ID:a5rJo1kBi
精神系の薬なんぞ頓服でしか飲まないほうがいい気がするわ
結局対処療法にしかならないのなら、掻き回して濁してるだけな気がする

775 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 01:25:52.00 ID:6/kXKk+30
ベンゾジアゼピンは神の薬だよ
ほんとに効く
人生を変える威力がある
でもセロトニンはやっぱり効いてないよ少なくとも脳内には作用してない
サインバルタ要らねー

776 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 01:28:24.92 ID:IudopAC40
甘えて生きてる仮病人から生かしてやる手数料を徴収してるだけだろ
甘えんな

777 :おる 森MORU(もる)。 ◆AT7dFTbfB. :2013/09/23(月) 01:28:27.38 ID:aKmtrIXm0
丸い(まりい)。

悪い(わるい)。

778 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 01:29:13.65 ID:1Trbk8s50
鬱はともかく、変な声が聞こえたり見えたりする人は薬漬けでぐったりしたほうがいいんでない?
暴れて手がつけられなくなって、まともな人間に危害を加えてからじゃ遅い。

779 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 01:31:47.32 ID:DdMdJ5fm0
>>35
デパスはベンゾジアゼピン系じゃないよ

780 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 01:33:04.00 ID:xF1FTdJj0
反医学とか、バカじゃなかろうか。
こういう奴らの好きな、癒やし・健康食品・漢方だって医学なわけだが
そも副作用を考慮して別の手段を探るという考え方自体も医学だろう

781 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 01:34:26.53 ID:a5rJo1kBi
>>778
治療法が確立しないうちは気の毒だけど閉鎖病棟で過ごしてもらいたいね

782 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 01:34:46.44 ID:F1LUFlBZ0
医学の問題というよりは、業界的、経済的なシステムの問題だよ

783 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 01:36:55.89 ID:UCq8RPOi0
長期閉鎖病棟の時代はほぼ終わっただろ

今は薬漬けの時代。日本はまだ入院期間長すぎだけど

精神科マジいらね

784 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 01:38:34.50 ID:xF1FTdJj0
>>781
一部に効く治療方法は確立してるが、全員に効く方法ではないから
効かない人が隔離に至るのは現状いたしかたない

785 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 01:40:58.68 ID:6/kXKk+30
精神科批判してる本の著者を検索したら漢方クリニックの院長だった
結局、西洋医学を否定して自分の客を増やしたいだけ
レビューみてると騙されてる奴が多すぎて呆れた
漢方のほうが余程胡散臭いわ
材料は全部中国産だし

786 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 01:41:53.12 ID:9oCRBd1WO
この手のスレには必ず甘えを連呼するバカが居るけど
ああいうのも鬱とは別の精神障害なんだよな。

発達障害なんかは、気弱な人と無意味に自信家の凶暴な人に分かれやすいから
前者が鬱や引きこもり、後者がDQNは根性論者に走りやすい

787 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 01:44:15.97 ID:IYAbdsQG0
甘えで自殺はせんからな。

788 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 01:45:31.05 ID:6/kXKk+30
精神科は必要だと思うよ
医者でも精神科マジいらね、ていう感じの人多いから

789 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 01:46:51.50 ID:MeQMwSrd0
リアルで鬱病以外の精神疾患見たことないと甘えって言いたくなるだろなあ
解離性障害とか陽性統失のきつい人が近くにいたらうんざりどころか本人も発狂すると思う

790 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 01:48:55.79 ID:uza0ePa30
>>779
ベンゾ離脱と同じ症状が出る確率があるお薬ですよね
猫山司先生になんでも相談しなければならない

791 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 01:52:26.06 ID:WMDdf6u70
近代の製薬業者なんてちょっと前まで阿片商人だったわけだから
麻薬戦争てのは重複表現みたいなもんで
合法だろうが裏だろうがドラッグ売買の支配権が戦争の大きな目的の一つ
(同時に戦争自体、医療・嗜好両面での消費市場でもあるが)
宗教やNPOを使った医薬品のロビーも
組織暴力団やマフィアも、メキシコも
上辺の見てくれがちょっと違うだけで中身は同じ

792 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 01:57:48.74 ID:11k5lDc90
要は薬漬けにしないと周りが迷惑する症状が出てるってことだろ

793 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 02:00:04.61 ID:YoZnGPFDO
糖質の薬とかあくまで軽減させる物だから治りはしないよ
だいたい脳ミソなんてどうやって治せっていうんだよ
糖質はまずクソみたいな性格でも治せっての
なりやすい奴はなりやすい性格してるわ

794 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 02:10:09.51 ID:xF1FTdJj0
>>793
「俺は天皇だーっ」と言ってた人が「間違いでした」となれば治ったと言っても構わんだろう
治ったという表現が嫌なら、おさまったでもいいが。

795 :屋形 ◆lpI/g6ccJ7rh :2013/09/23(月) 02:10:43.49 ID:IB0BmP0gi
一日に何回も眠薬だされて、まともな生活するなんて
マジ無理だよ

796 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 02:20:13.22 ID:hFA0DuOq0
>>779
名前が違うだけでほぼ一緒のものだっての

797 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 02:22:28.61 ID:xjDP1CnyO
リカチャン意外はさすがに言い回しが旨いなW
営業マンみたいだ

798 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 02:24:37.43 ID:hFA0DuOq0
>>1
参考に

ベンゾジアゼピン系薬物からの離脱その29
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/utu/1379505484/

799 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 02:26:10.47 ID:K+sYU14LO
悲劇の主人公気取りたいタイプのやつらと、プラシーボと薬漬けの相乗効果

800 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 02:29:26.06 ID:PCq52PcT0
お金! 薬代でがっぽり稼げます。じゃないの

801 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 02:32:39.05 ID:uza0ePa30
>>798
猫山司先生の御紹介有り難う

802 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 02:34:09.04 ID:ewd6Mw4WO
パニック障害10年の俺に言わせると、薬飲んでも治らない。肩こりが改善したのとガリガリだったのが妙に太ってしまったくらい。

長年、薬を飲んでしまった副作用をいま疑っている。

803 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 02:40:13.82 ID:m9oUw8FXO
>>133


>>141

こういう人間を名医と呼びたい。

804 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 02:41:40.37 ID:k6+L4ZHf0
スレざっと見ると、随分理解が進んだなと思う。
医師だか研究者の板を覗いて、あまりの酷さに腹立てて
「社会競争に疲れた患者にヒエラルキー押し付けるとかバカじゃないの!」
と怒鳴るように書き込んだら「興味深い」と反応されたのは
ずいぶん前なのだけれどね

805 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 02:42:33.39 ID:GfI1QZhP0
まあ、精神科という名の詐欺師の適当な言葉に騙され、
薬漬けにされて金と命と時間を無駄にしたくなければ、
甘えるのを辞める事だな。

806 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 02:45:45.02 ID:gQSCys8G0
「先生、最近眠れないんです」
「じゃあお薬出しておきますね」

これだもんなw

807 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 02:45:50.34 ID:uza0ePa30
内科や婦人科でもベンゾジアゼピン系やドグマチールが処方されてる。
精神科に行った覚えがないのに精神科系の薬漬けになってるケースはある。
お薬手帳のお金は勝手に徴収されてるのでしっかり持とう。

808 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 02:50:20.39 ID:hFA0DuOq0
内科はともかく、婦人科でも?!
婦人科は母子に影響があるから漢方が多いと思ってた

809 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 02:50:22.59 ID:tbTiqrtl0
>>806
カウンセリングで不眠が治るのかぼくちゃん
不眠なんて精神科に限らずどこの科でも対応しているよ。

810 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 02:50:49.62 ID:uza0ePa30
そもそも多剤処方は容量・用法を簡単にくぐり抜ける。
MAXが設定されてるにも関わらず違う名の薬で理論限度値をoverする。

猫山司先生ならきっとこれくらいのことは朝飯前におっしゃられるはずです。
皆さんは猫山司先生に指導されなければならない。

811 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 02:52:52.69 ID:mxCYbs010
>>1
結局どうしろってんだ?

812 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 02:58:35.20 ID:lyLQsGN/0
心の風邪じゃなくて喘息だろ
もー体質だし治んないし年々ひどくなるし
無理したり薬忘れるとたちまちKO
順調なように見えても数ヶ月働くとある日突然寝たきり生活になったりとか

813 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 03:03:15.02 ID:uza0ePa30
精神病薬を安易に頼ると地獄に落とされる。
その前に野生の本能を呼び覚ます事が現代人には必要なのだ。
その儀式を猫山司先生なら教えて下さる。

814 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 03:06:39.27 ID:Fr7vduz/0
長年患ってるんなら、その間に年取るし、そりゃ体力も精神力も頭力も落ちるんじゃない。
休養期は頭を使わないようにもしてたわけだし。
全部が全部、薬の副作用とか薬害ではないでしょう。そこはわけて考えたらいかがでござるか?


あー、ねむ。

815 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 03:09:27.04 ID:uza0ePa30
「ゆっくりと徐々に焦らずに」
病院では誰でもこう言われるだろう。
だがしかし猫山司先生は患者の必死な僅かな文章から症状病状を的確に判断なされる。
同じお言葉を頂いても重みが違います。

これはもう薬漬けにされた患者への啓示です

816 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 03:13:25.67 ID:Fr7vduz/0
んで、薬漬けは精神科だけの問題ではないよ。
耳鼻科、内科、整形外科、、、、他でも安易に処方している。
総合病院他科でも入院患者が夜中起きてチョロチョロされると手がかかるって、睡眠導入剤を処方してたりする。
腰痛もうつからくるもんじゃないかと、抗うつ薬導入も検討してるみたいだし。


て、ことで寝ます。

817 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 03:14:55.42 ID:uza0ePa30
長い人生なのだから焦る必要はどこにもないのです。
今はゆっくり休養しましょうね。

猫山司先生がこれをおっしゃられるとすごいのです。
皆さん登録しましょう。
お金では買えないあなた自身の人生ですよ。

818 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 03:16:53.42 ID:KKkjjr4G0
>>27薬出されて我慢して飲んだけど、ひと月位で薬増やすと言われ、断っても処方してきた。
信用できないしイヤだと思ったから飲むの止めたけどシャンビリは2、3週間で収まったよ。
飲んでも変わらないと言ったら薬増やそうとするんだから精神科は怖い。
パニック障害だから薬なんかより行動療法みたいのやりたいんだけど、何故か薬ばかり出してくる異常だね。

819 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 03:18:58.94 ID:tdpD6oT/0
もらった薬はFDA関連で調べればいいだろ

820 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 03:20:42.61 ID:Pi7xCUQl0
薬は症状を緩和させるだけのものだから
改善したような雰囲気をかもし出して精神をサポートするんだろ

821 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 03:39:33.42 ID:RA1A6naa0
精神科医=国が認めた犯罪者

822 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 03:54:25.77 ID:fQo+4UDu0
>>75
緊張性の頭痛にデパスよく効くよ

823 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 03:57:28.20 ID:0Nmy4jSHO
精神科医は手術がないぶん薬をバンバン出して稼ぐしかないってだけの話だろ?

824 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 03:59:14.59 ID:VhWJ8T9e0
うちのせんせぃは、短時間でたくさんの患者見て早期楽隠居するつもりだとおもぅょ(笑)

825 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 04:04:08.53 ID:Z+DkNg+20
東京オリンピックが不安で不安で眠れません

826 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 04:07:35.55 ID:lWvK04pi0
>>818 パニック障害は、舌骨の位置が原因なんだがな。舌骨に迷走神経があるから要は下顎頭の位置がズレてるだけなんだが。医科と歯科を別にした国が原因だよ。治せるのに医科では薬しか出せない。

827 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 04:08:38.83 ID:yu75fJgr0
薬を飲みだしてから症状が悪化し
止めたら良くなったのは内緒だ

828 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 04:10:14.52 ID:0VFDEEc60
>>9
そもそも、原因を除去しないで対処療法的に抑えつけるってのは、どう考えても「健康」とは縁遠い行為だよなぁ

829 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 04:38:02.75 ID:d1Lsh88k0
1988年文献
[ 常用量のベンゾジアゼピン系薬剤を中断したことにより、精神病様状態を呈した2例 ]
ci.nii.ac.jp/naid/110001261117
(一部抜粋)
著者らが既に述べたようにベンゾジアゼピンの離脱症状の報告は増加している。


1993年文献
[ 臨床用量のベンゾジアゼピン系薬物の継続的使用者の特徴と依存性について ]
ci.nii.ac.jp/naid/110007373964
(一部抜粋)
自己中断によるベンゾジアゼピン特異的離脱症状の出現頻度は34.8%であった。

ベンゾジアゼピン治療にあたっては、定期的に症状の再評価と依存性の評価、患者へ離脱症状についての情報提供と指導、
治療の終結や服薬中断に際しては服薬期間によらず、慎重な漸減方法の選択の重要性が示唆された。

欧米では1970年代後半からベンゾジアゼピン処方数の増加に伴い臨床用量でも数か月以上長期連用すると、
身体的依存が形成され服薬中断により離脱症状が出現することがあるという報告が増え始めた。


2005年文献
[ ベンゾジアゼピン系薬剤の臨床用量依存症に対する漢方薬の効果 ]
ci.nii.ac.jp/naid/110004065653
(一部抜粋)
これまで数十年にわたり安易にベンゾジアゼピン系薬剤を使用してきたこともあり、
わが国には推定数百万人のベンゾジアゼピン系薬剤の臨床用量依存症患者がいるとされている。

830 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 05:57:20.04 ID:P2J6TQEfP
よくある薬批判書籍のステマか

831 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 06:21:56.58 ID:n5oGBg/K0
怖い世の中だと云うのは理解った。

832 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 06:22:41.31 ID:PRQmm+usP
誤診されてひどい目にあったよ
薬の副作用でパーキンソン症状、手の振るえ、
変な音が聞こえる、異常食欲、じっとしてられなくて
うろうろ、とにかく、死ぬかと思った
薬やめたら治った。あのままにされて、ウーン効きませんか
もっと増やしましょうかなんてやられてたら、確実に死んでただろうな

833 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 06:26:48.41 ID:X8fSQze00
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nagano/news/20130920-OYT8T01031.htm
>年間授業料は、本科が84万円、時間制が20〜40万円を想定。県は、年間施設料約200万円を免除し、施設改修や机、椅子など備品購入を支援する。

http://www.geocities.jp/niwaiin/todrad.html
>この中で成人期まで発見されにくいのは、圧倒的にASPとADHD/ADDである

発達傷害からくる精神疾患とかは、短い診察と薬だけではどうにもならんな。
早期発見と早期に適した療法がされないと、本人も周りも不幸だわな。

(処方・投薬)ガイドラインをつくると、ガイドラインに合わせて薬だす医者も
増えそうだわなww
ガイドラインが必要とされるのも実はアレだし、うまく機能するとも限らんなww

834 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 06:35:04.28 ID:5VofpuGLO
歴史伝統文化をタブーにされたから
予防策あるいは治療薬の道徳や地域助け合いもタブーにされ個人主義マンセーにされたから
アメリカみたく病気な国になった

835 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 06:36:33.73 ID:hBfb2w8+O
精神科と美容整形の医者は他の科の医者以下。
医者と呼ぶには足りないイメージ。

836 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 06:36:38.42 ID:qwOrLv4X0
精神科だけじゃなくてすべてそうだよ。

癌だって病院行けば治りもしないのに薬漬け。

837 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 06:43:05.91 ID:z+yBLBxw0
精神科医にそうかが多いんじゃないの?
不倫や職場いじめとかのスレは、心療内科に通ってますステマばかりだよ。
日本のカルトのほとんどが、何か被害を受けると、
あなたのカルマが〜
あなたの前世の行いが〜
あなたが悪いから〜
と、状況を打開すべく戦うとかじゃなくて、
あなたが悪いからこうなったんですよ、と攻め立てて
金を毟り取るからね。
引っかからないで欲しい。

838 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 06:48:34.19 ID:g2D3PzIn0
>>836
薬漬けといえば、
済生会のある病院では、インチキ薬のディオバンを
高血圧の入院患者に処方してる。
看護師仲間では、ディオバンは効かないことで有名w
なんで回収しないのか不思議。

839 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 06:48:50.84 ID:X8fSQze00
>製薬会社をすべて悪と決めつけるのも、極論です。

→製薬会社(と製薬会社・経営優先の精神科医)をすべて悪と決めつけるのも、極論です。
悪くない!と決め付けるのも極論であるし。

医者の処方・処置のガイドラインではなく、病院・精神科の運営のガイドライン、チェック、情報
公開・発表があってもしかるべき。

健康保険や税金が投入されているわけだから。

840 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 06:51:45.87 ID:X8fSQze00
>>772
発達傷害とウマくつきあって、成功してるのはいるみたいだけどね。

ビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブズ等。

841 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 06:52:16.95 ID:c964ew3C0
精神って科があるのがおかしい、原因は体にあるのに。

842 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 06:55:18.75 ID:4N4nXfxw0
このスレ無知の巣窟だな

843 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 06:55:25.86 ID:X8fSQze00
>>841
脳とかに原因があっても、症状が精神の方にでるし、薬・病気の見立てとかも独特だから
じゃないのか?

あと、プライバシー&偏見の問題とか。

844 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 06:55:58.06 ID:e8A5kF5X0
ハンマーを持つ者にはすべての問題が釘に見えるように、
向精神薬しか治療手段を持たない精神科医にはすべての患者が何らかの精神疾患にしか見えないし、
その治療には向精神薬しか用いようとしない。

素人にもわかるようにいえば、風邪を治そうとするのにルルとエスタックとパブロンを一度に処方して、
症状がよくならないといったら「では、ルルをベンザブロックに変えて、コンタックも追加しましょう」
こういうことを検査データや統計資料や医学論文などの医学的エビデンスもなしに直感で適当にやらかして、
その病気が風邪ではない可能性を疑いもせず、患者を薬漬けにして副作用で余計に体調を悪化させ、
いざ社会復帰が難しくなったら、「障害者手帳を取得しましょう」「生活保護も受けられますよ」などと唆して
病院経営上の上客にしたてあげ、その悪事を悪事として暴かれずに済まされているのが精神科医

あいつらは日本人のお医者様信仰と薬好きという文化のうえにあぐらをかいて商売している
好きで廃人されて精神科業界と製薬会社の発展に貢献すんのもいいけどな、
自殺考えるまで追い詰められていて藁にもすがる思いで精神科、心療内科を訪れた人たちを
おまえらの金儲けありきのオカルト療法の犠牲にして、
5年10年以上も病院に縛り付けてんじゃねえよ

科学的な精神疾患のエビデンスと治療法が確立したら、おまえらのインチキ商売はもう終わりだからな
覚悟しておけ

845 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 06:58:58.59 ID:u4LzU9eU0
>>842
誤)このスレは無知の巣窟
正)このスレはキチガイの巣窟

846 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 07:01:31.78 ID:aBaJzAWd0
欝病の人は、胃腸が弱っていたり、血行が悪くなっていることがほとんどだから。
冷え性があるなら、お腹を腹巻か携帯カイロで温める
冷たいもの、甘い物やめる
お灸や指圧を自分でやる(自己流でなく鍼灸師の先生に教えてもらうと良い)

栄養取れないのに元気でるわけないだろ

847 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 07:02:33.94 ID:9+VmcioY0
自分がADDなので子供も遺伝してるだろうと小さい頃から専門医に通院。
だけど結局は発達障害用の薬には消極的な医者で
その上うちの子供は嘔吐恐怖症になってしまったので引き籠り中。
親子揃って絶賛うつ状態。

848 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 07:02:54.40 ID:X8fSQze00
>>844
なかなかするどい。 

精神科医と一部の公的な担当以外は、それらの患者と関わりたくないし、避け気味。、
患者の家族も隠して治療するから、他のトコロからアドバイスを貰えることが少ない。

積極的に治療・病院情報を取得して、行動する患者以外は、通ってる病院主導の治療に
頼るだけになりがち。

849 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 07:04:20.46 ID:EsT40Dmd0
そもそも社会が歪んでるのに人間の方を薬でそれに合わせようって話だからな

850 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 07:05:01.41 ID:aBaJzAWd0
>>54
> 最近統合失調症の一部はビタミンB3で劇的に改善できるなんていう話も出て
> 来たしね
> 向精神薬だけじゃなくて、精神病と言われているものの中には内科的原因も相当あるって
> 言われるようになったよ
> そっち方面の研究が始まったばかり
>
> 鬱は無気力でもなんでもない
> 単なる内臓の病気だったと言われる日も近いかも


それは東洋医学では当たり前に言われていた話だよ。

内臓の調子と精神はリンクすると言われていて

胃腸の弱い人は悩みやすい
肝機能の弱い人は怒りやすい
腎機能の弱い人は恐れる、驚きやすい、疑り深い
肺の弱い人は憂う、悲しむ
血行の悪い人はイライラしやすく狂いやすい

ーーといわれる。
脳みそに効く成分だって、脳みそが作るんじゃなくて
内臓が作るんだから。
アトピーでも鼻炎でもそうだけど、内臓を治さないと根本治療にならないよ。

これもアメリカのGHQによる占領政策の結果だ。
昔の日本は鍼灸や漢方による治療が主体だった。
もちろん細菌、外科治療など不得意な分野もあったけど
病気を軽いうちに治すという予防効果があった

851 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 07:06:42.13 ID:c964ew3C0
>>847
ADDは治すってより受け入れて上手く付き合って生きて行った方がいいよ。
鬱にならんですむ、自分を責めない事。

852 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 07:08:33.29 ID:+Z+jRB2y0
>>14
ナマポ取らせてやるよ、って持ちかける精神科医がいるらしい。治ったらナマポ切られるから、一生その医者通い。精神科は外見からはわからないからやりたい放題だな。

853 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 07:09:08.00 ID:jgQDMKG20
西洋医学では精神薬は対処療法で
治療というか問題の発見はカウンセリングなんだよね
医者や警官などリスクの大きな職業では
カウンセリングしながらコントロールして就業してる
依存症もサークルに参加しないと、克服する意思があると見做されない

854 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 07:10:17.75 ID:l/aXP7YC0
精神科医自体が精神科でみてもらったほうがいいって奴が多いのは職業病なんだろうかw
素質の問題なんだろうか。

855 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 07:12:25.33 ID:aBaJzAWd0
人それぞれ生まれつき胃腸が弱いとか、腎臓が弱いとか、全体が弱いとか違いがある。
そこに食生活がムチャクチャで、ストレスが高く、夜昼関係ない生活をしてると
あっという間に狂う。

特に甘い物食べすぎは胃腸を弱らせるので、
(糖分は胃腸が胃酸や胃液を出して頑張って消化しなくても吸収できるから。
運動しないと筋肉が落ちるように、使わない機能は落ちる)
それをやめないまま、薬飲んだって効果ないよ

サプリメントに頼った食生活も胃腸を弱らせるよ
成分にこだわりすぎた食生活も胃腸を弱らせる。
胃腸が弱るとどんなに良い薬飲んだって吸収してくれないから効かなくなる
栄養が取れないから、なかなか治らない

856 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 07:12:47.27 ID:+Z+jRB2y0
>>280
以前は中規模の病院とか頑張っていたが、国の政策と患者の大病院嗜好でバタバタ潰れている。潰れたり経営悪化でクビになった医者が町医者になってる。

857 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 07:13:54.92 ID:sq8wQO9JO
姑の嫌がらせや暴力が原因で眠れなくなり精神科へ。

離婚した後もしばらく姑から嫌がらせされた。

まだ精神科へ通ってます。

858 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 07:16:45.77 ID:aBaJzAWd0
つーか、精神科に限らず、
整形外科も内科も皮膚科も眼科も婦人科も病気治せないんだよな
特に慢性病と言われる病は。

ズルズルと薬を飲み続けていくうちに、薬の量が増えて、
次々と別の病を発症。

病気が軽いうちに鍼灸。
病気が重くなっちゃった人は、鍼灸と漢方と西洋薬
そこまでいくと金もかかるし働けないから大変。

軽いうちにいかに早く治せるか

859 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 07:18:40.41 ID:X8fSQze00
>>857
結婚、住宅建設、治療は計画的&総合的に。

860 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 07:20:33.59 ID:jgQDMKG20
>>856
だいたい同族経営で、設備が古く科によっては週1のバイト医師
時間ばっかかかって、言われた診断名で様子見ているうちに救急車って例を何度も聞いたわ
だったら最初から、設備と情報のある大病院に行った方が効率も良いしコストもかからない

861 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 07:22:54.76 ID:VhWgVdc/P
個人病院でただの風邪なのにイソジン、せきどめ、座薬、トローチ、かぜ薬、
胃腸薬とか一気に出されたけどそんなに飲めるかw

862 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 07:24:47.26 ID:szMrSUKu0
熊五郎おいで

863 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 07:26:43.60 ID:9ioyK+M70
製薬会社と深い繋がり

864 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 07:31:55.23 ID:hyPJ4tgr0
>>15
いや、まともな人間がふざけた社会環境により発症するのが鬱病なんだ。

865 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 07:38:51.00 ID:j+yRUjkG0
脳の信号いじって、治そうとしてるんだからしかたねーんじゃね
マニュアル通りで治るぐらいなら問題になってねーよ

866 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 07:42:57.97 ID:1Vwf/NRcO
精神科医に引き合わされたら、
誰もがみんな精神病と診断される。

キミが完璧人間だったとしても、
それこそが精神病の兆候だと言われかねない。

867 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 07:44:31.69 ID:HY6XnQQAO
>>861
> 個人病院でただの風邪なのにイソジン、せきどめ、座薬、トローチ、かぜ薬、
> 胃腸薬とか一気に出されたけどそんなに飲めるかw

そうだな
とりあえず座薬とイソジンは飲む薬じゃねえからw
トローチも飲まずに舐めとけ

868 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 07:46:56.33 ID:I9jP71If0
治すとか無理だから
薬で症状抑えるしかないのが現実だから
あっちを叩いて引っ込ませれば、そっちが出る的な副作用も薬で抑えるだけだから
連鎖的に薬が増えるのは当たり前だから

869 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 07:47:58.11 ID:X8fSQze00
>>866
あって7障害、なくて1障害 by DSM
不景気もあいまって、障がい者手帳とワクの需要も労使で上がってるからね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E3%81%AE%E8%A8%BA%E6%96%AD%E3%81%A8%E7%B5%B1%E8%A8%88%E3%81%AE%E6%89%8B%E5%BC%95%E3%81%8D

870 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 07:49:03.92 ID:4ArksS/V0
誰もが精神病にされるとか妄想だよ

871 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 07:50:20.85 ID:aBaJzAWd0
>>868
西洋医学の捉え方では治せないだけ

872 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 07:51:36.61 ID:I9jP71If0
本人が治したいと思えば、その症状や行動は病気なのです

873 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 07:54:20.65 ID:4ArksS/V0
不潔恐怖の人は芸能人にも結構いる
中居とかね
それを治療したいと相談すれば強迫性障害になるだろう
相談しなければただの潔癖症としてほっとかれるだけ

874 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 07:57:51.34 ID:gNBIDJ6r0
向精神薬は足腰に来る。ひどいと寝たきりになるよ。
悪い老人介護施設だと、ぼけ老人にリスパ投与して寝たきりにしてしまう。

875 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:00:29.18 ID:3tfL7+yz0
お薬で思考能力を奪い統合失調症の症状を演出します(お薬は強制摂取)

893や89中、カルト団体や思想団体と同じ釜の飯を食わせます

退院後もデイケアと言う大義名分で基地外及び危険人物との絆を作らせます


完全な俳人が創造されます

876 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:03:23.73 ID:0fCj3/nY0
単なる精神科医なんてコンタクト処方眼科医と同じで処方箋を出すだけの仕事で臨床医としては
最底辺だからな。
メンヘラの措置入院の決定ができる精神保健指定医は医師免許とインターン後の職歴と研修が必要。
カウンセリングは精神医学とは別に心理学の勉強をして、場合によっては臨床心理士やさらに
上位資格の精神分析家などの資格取得が必要。
カウンセリングは院卒程度じゃダメで心理学関係学科の大学教授程度の見識と知識が必要なので。

877 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:05:36.04 ID:QvTsFDQ00
>>866
物忘れが鬱の症状かも知れんと精神科にいったが、病人だったらまともに会話できん、物忘れは歳だからきにするな(笑)って帰されたぞ

878 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:15:00.15 ID:n5oGBg/K0
医師会、厚生官僚、製薬会社
悪のトライアングル。

879 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/23(月) 08:19:11.69 ID:nKCMyWur0
医者が、なんで俺死なないんだ?って不思議がってんだろな

おまえが死を俺から取り上げたのだ?ふざけるな

880 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:23:42.03 ID:zDyVToRz0
精神科との会話は全て録音しとけ。
薬を出す判断、薬だけでなく日常生活で欝やなんだになる思考について、
心理的な面でのカウンセリングも並行して行われ続けたかなど記録しとけ。
薬漬けにされて不都合ができたときその録音精査すればその医者は終わり。

881 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:26:30.75 ID:YScxpEpP0
マジで抗精神薬系の薬はやばいよねー
新薬は製薬会社と医療機関が組んだ人体実験だし

医療機関とズブズブな関係になって抜け出せなくなる
やっとこさ抜けた頃には、社会的廃棄物扱い

882 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:26:56.32 ID:zDyVToRz0
あとカウンセラーだったら絶対使わない言葉などを言ってる可能性もある。
それも録音できたらもう決定的。
精神的にまいって病院に来てるのに、「甘え」とか行ってくる医者はまだまだ多いみたいだ。
精神科医による言葉による二次障害がなかなか問題として取り上げられることはないけどね。

883 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:27:12.98 ID:OruyLGnT0
>>876
臨床心理士なんてただの疑似医療行為するウソツキじゃんw

英語と統計ができるんなら、もっと他の仕事について
ちゃんと社会貢献すればいいのにと思う。
まあ心理学なんておバカな学問やってるんだから、仕方ないか。

884 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:32:10.38 ID:kbqLUApD0
パキシルなんてまったく効かなかったよw
逆に断薬に苦しんだ

885 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:33:15.50 ID:yuNUxoQf0
>>861
ただの風邪なら医者に行かないであったかくして寝てろ。
それだけの薬が出るってことは,熱が相当高くて,咳が出て,喉が腫れ上がってるんだろ。
肺炎にならないように,お大事に

886 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:34:02.02 ID:/1q5aLTJ0
完治と言わないで寛解と言い、再発するかもと不安を煽って薬を出し続けるような状態では

887 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:34:02.80 ID:3tfL7+yz0
精神科は健常者の脳味噌を抜いちゃう医療w

この組織に狙われたら組織の属する病院の

グループ単位、医大単位で狙われるw

888 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:34:49.49 ID:x6Bv+15fO
カウンセラーに任せて、悪化した精神病患者もいるんですけど?
統合失調症は、脳内麻薬の異常分泌なんで、薬使わないと、どうにもならないよ。

889 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:36:32.17 ID:YRaoXyLG0
精神病は保険非適用にすれば問題ない

890 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:37:13.01 ID:/1q5aLTJ0
症状が治まっても、完治してません。寛解です。
薬飲まないと治りません。
延々と飲まされ続けそして薬がないと生きていけない身体になったと思い込まされてしまう。

891 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:37:43.47 ID:zDyVToRz0
だから?薬が必要なら使えばいい。それだけの話し。
なんでもかんでも一律に薬漬けなんだよ。
そんなこといちいち言わんとわからんの?

892 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:38:45.51 ID:3tfL7+yz0
>>887



ついでに、他のグループの「マルタ」には関わらないみたいな

暗黙のルールがその他の医大や病院のグループにもあるみたいな感じだなw

893 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:38:57.16 ID:YRaoXyLG0
精神病患者が100人いたら
本当に病院で治療が必要なのは2,3人だと思う

あとは全てエセ精神病

894 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:39:43.87 ID:OruyLGnT0
臨床心理士に
「精神療法やカウンセリングが
 病気の治療や回復に効果があるという医学的根拠は?」と聞くと、
みんな押し黙るよw

せいぜい、主観的アンケートの集約を「エビデンス」と称して、
何パーセントのクライアントが効果があった、というだけ。

要は「因果関係」を理解できない
おバカさんにしか通用しない呪術。

895 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:40:22.27 ID:n5oGBg/K0
外科手術は録音録画したDVD渡してくれるのが常識になって来た。
精神科診察室も録音録画させないとこは危なくて近寄らないほうが身のため。

896 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:40:28.55 ID:MJtF/BYN0
人口密度が高い都市部ほど精神疾患の患者が増える
精神を病んだら都会での全ての人間関係を断ち田舎で農業をやれば精神科なんかいらない

897 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:40:31.59 ID:/1q5aLTJ0
精神病はなった人じゃないとわからないよ。
なった経験のある人で、完治した人が精神科医やったほうが良いのでは?
勉強では絶対分からないと思う。

898 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:43:16.38 ID:3tfL7+yz0
731部隊関係者のその後および厚労省との関係
731部隊関係者の戦後の職業(明らかな者のみ)
http://www5.ocn.ne.jp/~kmatsu/iryou/731butai/kitikunoshokugyou.htm

899 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:43:24.20 ID:CuJFAl4B0
>>888
エンドルフィンだっけか?映画「脳男」ね。無痛症、一生閉じ込めておくか
ロボトミするしかないもんな。社会に出せばシャブ患者放つと同じだから。

900 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:43:30.48 ID:n5oGBg/K0
隠し薬で説明ない精神科医は最悪。売人以下。

901 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:43:44.58 ID:gNBIDJ6r0
統失は薬が効くけど、
最近はやりのうつ病はどうなるんだろうね?
ちょっと疑問

902 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:44:08.80 ID:/1q5aLTJ0
>>896
確かにそうだが、
それができない社会だから精神病が出るわけで。

903 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:44:23.70 ID:OruyLGnT0
>>897
なった人がわかったつもりになるから怖いんだよ。
森田療法なんて気違いの編み出した気違い療法だ。

精神障害は、現在のところ、原因も病変も治療法もわからないんだ。
だから薬も当たるも八卦当たらぬも八卦だし、
精神療法みたいな何の科学的根拠もないおまじないが跋扈している。

904 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:47:19.75 ID:/1q5aLTJ0
>>903
そうやって、なったこと無い人が決め付けるからおかしなことになるのでは。

905 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:47:38.26 ID:vhbKZII+0
>>894
横スマソだけど、臨床心理士に医学的なことを聞くのは酷ではw

アメ公のDSMだっけか、あれまとめた医者なら答えられると思う。統計的にw

906 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:47:47.30 ID:3tfL7+yz0
宮川正、731部隊のレントゲン担当に
(1944年03月04日)

宮川正は、関東軍防疫給水部本部に配属され、第一部細菌研究部第三課の
吉村寿人の下に731部隊のレントゲン担当となった。

「​戦​後​放​射​線​影​響​調​査​の​光​と​影」

907 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:49:37.21 ID:8xGWa1b20
過敏性腸症候群で鬱病の薬出されて太ってしまった俺は被害者か?

908 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:49:44.39 ID:/1q5aLTJ0
薬なんて飲まずともカウンセリングで治る人は治る。
しかし、薬飲まないと治りません、症状が治まっても寛解です、また再発するかもしれないからとずっと薬を出し続ける。
精神病に関してだけはカウンセリングも医者も、自身が経験した人じゃないとわからないとは思うけど。

909 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:50:35.70 ID:rr2BXeEgO
>>907
食生活が怠惰なだけだろ

910 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:50:38.07 ID:XwjvVnOp0
森田療法は、特に森田神経質という性格、気質の人に高い効果があって、
上昇志向があまりない性格の人や、それ以外の統合失調症とか、
うつ病の人に森田療法に行うと、とんでもないことになるとか言っていた

★今の状態をなんとか打破したい、そして向上したい、もっともっと自己実現したい、という気質の人には森田療法は
とてつもなく効果を発揮し、

★いまのままでいいや、つらいこととかイヤ、楽になりたい、評価なんてどうでもいい、とにかく楽したい、治したいとか思わない、ぜんぜん思わない、という思う性格気質の人は、
森田療法を行うと、自殺したり、悪化したりする。

911 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:52:04.16 ID:8xGWa1b20
>>909
副作用の意味、わかってるのか?

912 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:52:56.31 ID:XwjvVnOp0
それで、精神科に通院する人とというのは、もともと精神が脆く、壊れやすく、


★いまのままでいいや、つらいこととかイヤ、楽になりたい、評価なんてどうでもいい、とにかく楽したい、治したいとか思わない、ぜんぜん思わない、という思う性格気質の人は、
森田療法を行うと、自殺したり、悪化したりする。
 
  ↑↑↑↑
通院者はこれに該当する人が大多数で、森田療法を進めても、ムリらしい。

913 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:53:09.38 ID:OruyLGnT0
認知行動療法とは
1.治療者と患者のいい関係を利用して、患者をポジティブに思考矯正する一種の催眠術または宗教。
2.基礎的理論はいろいろあるが、すべては「思考矯正」「行動矯正」のための方便。
3.一生懸命やっても労多くして益少ない「すぐはがれるメッキ」。
4.他のすべての精神療法を統合して支配下に置こうとしている帝国主義的ユダヤ的療法。
5.投薬を減らして財政支出を下げたい国も、精神科へのハードルを下げたい医者や薬屋も支援。
6.専門家が効果はあるというが、周りに「認知行動療法でうつ病やパニック障害が治った」という人間がいない不思議な療法。
7.効かないのは、療法のせいじゃなくて、
  ちゃんとした医師がいないせい、患者が理解できないせいというように、人のせいにされる不思議な療法。
8.日本の第一人者の慶応大学大野教授は雅子さんの主治医だが、結果はあの通り。
9.結局、単なる「ネガティブの否定」「ポジティブの勧め」という自己啓発・成功哲学と同じ

914 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:54:14.73 ID:GPPl0lmc0
一生麻薬漬けで売人も大儲け(´・ω・`)

915 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/23(月) 08:54:26.90 ID:nKCMyWur0
>>892

この程度ですんでよかったよ
本当の機密守るにはこんなもんか

916 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:55:23.81 ID:4KWBtPU+0
壊れた人が大集合のスレになってるな

917 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:55:45.48 ID:zDyVToRz0
>>894
過去の出来事と今とを因果関係で結ぶことを拒否する馬鹿医者のほうが多いけどな。
過去は過去で関係ない。過去は変えられない。前を向けってね。
一見正しいようだが、それができなかったから病院に患者はいくわけだ。
それは「甘え」か?違うね。因果関係考えろよ。

クズ環境で育ったら、自分ではどうしようもない無力な子供時代に虐待などの環境で生き残るために身につけた思考は、
繰り返し使うことで人格として定着しちゃってるわけだ。
その定着を「もう人格だから無理」とか言うわけだ。医者はね。

918 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:55:46.95 ID:CHMc/svV0
変な話、鬱状態の自分でも戸塚ヨットスクールみたいので酷い目にあいながら、何か出来れば激しく褒めてくれる、みたいな治療があったら
わりと早くなおるんじゃないかと思う。
高度文化ではどうしても相対評価が常につきまどうので、自己肯定のチャンスがすごく少なくて、自分を価値のない人間と思いつめてしまう。

919 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:55:52.98 ID:/1q5aLTJ0
そもそも精神病患者に対しては、自殺とか悪化、なんて単語を言うこと自体がタブー。
余計不安になったりやる気がなくなって悪化する。
病気中はそういったネガティブな言葉を聞くだけで苦しくて動悸が治まらなかった。

920 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:56:16.53 ID:tYRJ/u/D0
鬱になってる原因をぶった切れば治るんだがねえ。
仕事だったり人間関係だったり。
真面目な人ほどなるってのも、真面目な人が悪いんじゃなくて、その真面目な性格の人にたかってる周囲の人間が悪い場合が多いね。
その辺りをどうブレークするかが鬱から薬なしで抜け出せるかどうかだわな。

921 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/23(月) 08:56:44.86 ID:nKCMyWur0
>>916
朝から馬鹿医者必死だな

922 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:56:55.50 ID:x6Bv+15fO
>>899
確か、ドーパミンが出過ぎるのだったかな。
薬使って、社会復帰した知人はいるよ。
使わなくても治るに越したことはないがね。

923 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:57:35.39 ID:3tfL7+yz0
>>912



田森療法って立正佼成会が推奨する藪医者治療だろ

924 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:58:39.01 ID:g2D3PzIn0
>>737
うつ病の労災認定は主に、直近の労働時間で判定する。
労働時間が長いから、うつ病が治ってるなんてw
真逆で、労働時間が長いから、うつ病をこじらす。

925 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 08:58:47.16 ID:/1q5aLTJ0
最初薬飲んで症状が治まったら、あとはお守り程度に持っとくぐらいで丁度良い。
精神科医は忙しすぎて、適当に最初の量をずっと出し続けるなんてことをしてるんだろうけど。

926 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:00:15.29 ID:vhbKZII+0
>>913
ここまで素晴らしい認知の歪みっぷりは初めて見たww

どっちにしても、患者の不安を取り除きまくる認知行動療法は、相性が大事だから
ゆるゆる程度が良いとおもた。いっそ陽性転移 (ボダには危険なので除外

927 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:00:21.73 ID:3AJs1i710
薬で精神が改善されるわけが無い
環境と訓練だろ。
精神科の医者がテレビに出てくることがあるが
彼ら、彼女らを見ていると、まじめで暗い。
話すことも重い話ばかり。
はっきり言って、お前ら自身が精神病では?
と思うことがよくある。
精神病の医者が精神病患者を治せるわけが無い

928 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:00:35.32 ID:8fuItUSB0
薬ネット販売阻止のキャンペーン記事だろ

929 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:00:35.69 ID:YScxpEpP0
軽鬱や適応障害なら、話は単純だが、
統失・躁鬱・真鬱とかは、境界線が非常に曖昧なんだよな
主治医の判断で区分けが決まってしまう
薬を変え、医者を変え・・・・・・・無限ループな廃人コース

一つ言えるのは、エンドレスなら薬は最小限にすべき
その頃には、社会的にも終了していて希望なんかないから、
最低限の自己メンテを行いながら、ひっそり生きればいい

930 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:02:03.17 ID:/1q5aLTJ0
常に予約満杯で、診察の時も調子はどうですかと聞かれるだけで後は同じ量の薬を出される。
精神病経験者のカウンセラーを増やしたほうがよっぽど完治が増えて薬も少なくて済むのでは。
製薬会社や医者は嫌だろうけど。

931 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/23(月) 09:02:17.18 ID:nKCMyWur0
イージーライダーとか、ハーレイの独特なエンジェルスな雰囲気は
あれはコカイン麻薬の販売人や運び屋だからだ

一見経済活動に無関係よそおってるが、キリスト教が麻薬患者集団だということを隠すために
あんな格好をしている

経済活動が、ブッシュ以前はキリスト教は後ろに隠れた存在だった
が911のあとは麻薬業者と中毒患者の経済になった、それだけのこと

これにまっこうから反対し、医療もこえるの間違い無しが
・ディズニー
・萌え

932 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:02:21.47 ID:n5oGBg/K0
保健証持って来いってか。打ち出の小槌を。

933 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:02:45.46 ID:LL4s3qMs0
パキシル良く効くよ
でも時期にきかなくなるから、増やすしかない

934 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:02:45.92 ID:6YaXIsjk0
保険診療なんて所詮他人の金だし患者も医療関係者もやりたい放題だからな
さっさと混合診療認めて医療費抑制しないと国が滅ぶで

935 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:02:46.17 ID:XwjvVnOp0
森田療法の適用基準

■IQ 85以上 (森田療法の患者の大半はIQ100前後)
■向上心がある
■病気を治したいという意欲が非常に強い
■自己内省力が強い
■几帳面
■与えられた仕事はきちっとこなす性格
■場合によっては捨て身の覚悟で物事に取り組める精神力
■理屈よりも、まずは行動。行動力がある人。
このような人が森田療法に向いている。

森田療法に向いていない性格。、気質とは、
■IQが80以下 (精神科通院者は、IQ80以下はものすごく多い)
■病気を治す意欲がない
■病識がない (これは論外)
■辛い事よりも、即座に、楽なほうを選択する性格
■思考回路は、常に悲観的であり、人のアドバイスを聞き入れない性格
■だらしない性格
■仕事は途中で放り投げても平気な性格
■行動する事が億劫でしょうがない性格
■強迫性人格障害 (あることに、度を越えるほどの異常なまだにこだわりを見せる人格障害)
 

936 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:02:46.65 ID:fwO9vqidO
>>907
ドグマチール?

薬を飲んで症状を抑えて、何とか会社に行く日々
薬じゃ完治しないけど、発症時の酷い症状は二度と経験したくないから飲んでる

937 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:02:57.20 ID:9YBE5lHX0
おれ初診で心療内科に行ったら「予約制です。予約は6ヶ月待ちです」って言われた
どういうことだよ
人口10万程度の田舎だぞ
当然予約なんかしなかったが

938 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:03:08.77 ID:OruyLGnT0
>>926
CBTは知れば知るほどおまじないだよ。
第三の波とか完全にカルトじゃん。

939 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:03:43.19 ID:xUJjHjyeP
ttp://www.google.co.jp/search?q=4344982681 なぜ医者は「発達障害」と診断したがるのか?
ttp://www.google.co.jp/search?q=4022732660 雅子さまと「新型うつ」
ttp://www.google.co.jp/search?q=4569805329 動物に「うつ」はあるのか ― 「心の病」がなくなる日
ttp://www.google.co.jp/search?q=434441165X 「心の病」なんかない。
ttp://www.google.co.jp/search?q=4166607537 うつは薬では治らない
ttp://www.google.co.jp/search?q=4892954942 精神病は病気ではない
ttp://www.google.co.jp/search?q=4883205541 精神科は今日も、やりたい放題
ttp://www.google.co.jp/search?q=4062594846 仕事中だけ「うつ病」になる人たち
ttp://www.google.co.jp/search?q=4569676545 なぜあの人は、仕事中だけ「うつ」になるのか
ttp://www.google.co.jp/search?q=4062152789 それってホントに「うつ」? ― 間違いだらけの企業の「職場うつ」対策
ttp://www.google.co.jp/search?q=4484111187 それは「うつ」ではない 
ttp://www.google.co.jp/search?q=4569796052 「うつです」というその前に
ttp://www.google.co.jp/search?q=4396112122 都合のいい「うつ」
ttp://www.google.co.jp/search?q=4569793061 統合失調症 ― その新たなる真実
ttp://www.google.co.jp/search?q=4062881608 自己愛な人たち
ttp://www.google.co.jp/search?q=4334035728 一億総ガキ社会 - 「成熟拒否」という病
ttp://www.google.co.jp/search?q=4334036430 愛着障害 子ども時代を引きずる人々
ttp://www.google.co.jp/search?q=4479303375 なぜ子供のままの大人が増えたのか
ttp://www.google.co.jp/search?q=4334035787 希望難民ご一行様 ピースボートと「承認の共同体」幻想
ttp://www.google.co.jp/search?q=4797344997 自分探しが止まらない
ttp://www.google.co.jp/search?q=4093881618 なぜ日本の若者は自立できないのか
ttp://www.google.co.jp/search?q=4087205460 ウツになりたいという病
ttp://www.google.co.jp/search?q=4106102706 「心の傷」は言ったもん勝ち
ttp://www.google.co.jp/search?q=4309244904 乱造される心の病
ttp://www.google.co.jp/search?q=4106104741 『「新型うつ病」のデタラメ』

940 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:04:02.55 ID:g2D3PzIn0
>>896
>田舎で農業をやれば精神科なんかいらない

山口の田舎に帰って、5人殺して放火したかつおはどうなんだ?
田舎は田舎で人間関係が濃くなるw

941 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:04:13.55 ID:+8xugq8mO
スティーヴン・タイラー爆弾発言。
「医者なんてものは、ドラッグ売人と同じだ!」

942 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:04:41.54 ID:/1q5aLTJ0
認知行動療法は、健常者から見たらお笑いだろうけど、
ネガティブ思考や不安・恐怖、幻覚幻聴で精神が極限状態になっている人を通常状態に引き戻す。

943 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:05:36.89 ID:tGrZHbwt0
>>25の文章、理由がわからんが狂気を感じる。精神病なるものは存在しないが、
狂人は確かに存在する。

944 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/23(月) 09:06:21.25 ID:nKCMyWur0
>>941
大学にいって効果があるのは2つ

神学
数学

これが無いと麻薬で儲けなんてできない
だから医者は必死に俺を襲っただけ
で余計に日本を悪くして終わった

おしまい

945 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:06:49.66 ID:zDyVToRz0
医者の全てがそうではないが、私立はもちろん国立でも平均的に恵まれた家庭の子が医学部にくる。
苦労知らずなんだよ。苦労とはいっても勉強する苦労であったり、医学部受験ができる程度の人間関係の苦労だったってことね。

で、精神科医はマイナーなわけ。外科とかがメジャー。医者同士でも馬鹿にしあってる。
目標もって精神科医になった人はいいんだが、精神科医にしかなれなかった地雷もいるわけ。

そういう人間が患者の気持ちなどわかるわけがない。
患者の気持ちとは別に患者を甘やかしたら依存させたりしたりってことではない。
薬+αのαを心理主義的に考えられない馬鹿医者だらけなんだよ。

946 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:06:58.44 ID:/1q5aLTJ0
>>943
パニック障害や統合失調症、なってみないと絶対わからないよ。
とても自分で制御できないような状態が襲ってくる。しかも突然に。

947 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:06:59.30 ID:Cj+JUAdl0
>>927

薬では、もちろん精神は治りません。
脳の動きに干渉し、精神を楽にさせる目的で飲ませます。

あと精神科の先生の性格等ですが。
私の知る限り、少数の例外を除いては
おっしゃるような「自分が精神科にかかった方がいいんじゃない?」医師と
本当に仏様のように優しそうで人柄が良い先生と、
くっきり二つにタイプが分かれているように感じてますw

948 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:07:35.53 ID:e6rBbRWLi
>>911
オレも過敏性腸症候群で鬱病診断されたけど、
薬は呑まなかったし、太るのは副作用もあるけど、
食べた結果だろw

949 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:07:40.48 ID:jgQDMKG20
>>929
統合失調症の場合、一般の人は妄想などの陽性症状に注目するけど
思考解体などの陰性症状こそが本質なんで、
それは見分けがつく。
だけど手帳や生保が一番取りやすいのは統失だから、、、
生保なら医療費の取りはぐれもないしね

950 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:08:23.64 ID:xUJjHjyeP
>>17
ほんとこれ
ガチ池沼とボケ老人は別として健康な若者を病人扱いするのはいいかげん保険適用切った方が本人達のため

951 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:08:33.32 ID:6nIVcJV4O
精神病が流行ったせい

952 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:08:45.11 ID:tYRJ/u/D0
>>940
あれこそ、生活環境が原因だから、さっさとあの田舎から引っ越しするべきだった。
田舎に残る、周囲が自分を排除しようとしている、自分は悪くない、でも周囲は自分を排除しようとしているの繰り返しだったんだろ。

953 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:09:54.26 ID:SjLghwKV0
SSRI処方を受けた場合の精神病治らない率がすっごく高い

で、みんな殆どこれを経由して薬依存になってるw

954 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:10:49.29 ID:/1q5aLTJ0
うつ病は似非もあるだろうけど、統合失調症や不安神経症は本人の症状を詳しく聞けばなっているかどうかはっきり見分けられるでしょ。

955 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/23(月) 09:11:09.47 ID:nKCMyWur0
>>945
いいわけすんなって

所詮にかなわないんだし

956 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:11:23.68 ID:XwjvVnOp0
結論から言えば、

森田療法は、大変な治療効果を発揮する優れた治療法であるけれども、

そもそも精神科にくるような人の大多数は、森田療法をやるだけのエネルギーも、気力もなく、

そういった人並み以上の耐性力もないため、森田療法は現実的な治療法ではない。

森田療法は、別名、エリート療法ともいわれており、精神科向きの治療ではない。

どちらかというと、元々がしっかりと頭と精神構造を持つ人が、たまたま仕事の疲れやストレスなどで、神経症になってしまい、

もとの自分に戻そうと捨て身の覚悟で寺かなんかで修行して治癒するような道程に似ている。それが森田療法。

とてもじゃないが、精神科通院者がやるような治療方ではない。精神科通院者というのは、身も心ももっともっと低く、

脆弱な精神構造なので、薬で調整していくしかない。

957 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:11:58.14 ID:Z9sTxH740
薬は行動を抑制しないと自害他害の恐れがある重症レベルにのみ処方しないとダメじゃない?
人間関係のストレスとかそんな事で薬飲んでうつ病患者を増やしていけば医療費もどんどん増えるよ
カウンセリングや認知療法に補助金だして一回2000円程度の本人負担で受けれるようにした方が社会的損失が少ないよね

958 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:12:03.40 ID:vhbKZII+0
>>937
薬だけなら、一般の内科に行ったほうが早いよ。うちも地方だけど、どこも初診制限
してるから当分無理だし。薬は初期は重要。自分も3〜4年はゾンビだった。
体のケアも同時にやったよ。精神的に体がガッチガチに固まるからリハビリもした。

精神療法は自分で合う方法探してテキトーにやってる。診察で先生と世間話するのでも
十分だったりする。思うのは、喜怒哀楽を取り戻すこと。人と比べないこと。
ヒステリー起こしたっていいんだお。時にはべそべそ泣いていいんだよ。そんな感じ。
なんていうか、二の矢を受けない練習。ブッダ曰く。

959 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:12:41.40 ID:ueh5oqBM0
>>955
美しい仕事とか正しい生き方とか、そんな話してんじゃねえんだよ。
普通に内装工とかタイル工のが能力高いって言ってるだけだ。
だいたい医者なんて普通にリーマン勤まらない奴の最後の逃げ途だろうが。
そういう奴が勉強だけでなれる数少ない職業のひとつとして選ぶわけだろ、医者とかって。
18や19でそんな逃げの選択をする若者ばっかりって所が今の日本の希望の無さなのか、
単にゆとり教育や塾通いで平均して今のガキどもの能力が下がったって事なのか、
いずれにしろ俺は、俺はだよ。そんな医者に自分の命預けたくはねえよなあ。
お前はどうなんだ。勉強しか出来なかった奴に身体任せられる?
日本にはそういう制度少ないからしょうがないかも知れないけど、
俺はスポーツ推薦とかで入った、ちゃんと身体も動く、動作にスピード感もある、
対人能力も人並み以上にある、そんなまともな高校時代を送った人間じゃなきゃ、
昔は若いなりにちょっと無茶やったけど立派に更生して、自分の金で大学出て医者やってる人じゃなきゃ、任せられないよ。
俺はね。俺が病気になったらガリ勉なんかに触らせたくないし、あれこれ言われたって説得力無いもん全然。

960 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:12:44.54 ID:g2D3PzIn0
>>946
>自分で制御できない

そのとおりだと思う。
双極性障害で、躁状態の時は高速180でぶっ飛ばしたことがる。
不思議に死の恐怖を感じない。事故ったら即死なんだけどなw
躁状態で自殺するってよく分かる。

961 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:12:58.01 ID:/1q5aLTJ0
>>957
その通りだと思います。

962 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:13:10.01 ID:OruyLGnT0
>認知行動療法は、健常者から見たらお笑いだろうけど、
>ネガティブ思考や不安・恐怖、幻覚幻聴で精神が極限状態になっている人を通常状態に引き戻す。

みんな知らないと思って大ウソつくなよw
ただの自己啓発本と同じだ。

963 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/23(月) 09:14:03.68 ID:nKCMyWur0
>>959
イタコ一枚下は地獄

下界の外科医には、すげえ腕のいい人もいるよ
まれにだけど

964 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:15:15.37 ID:iX7+JYcS0
やたらと薬を集めて喜んでる自称精神病患者が知り合いにいるわw

965 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:16:17.23 ID:YScxpEpP0
精神科医は、医学的な知識と資格があるだけで、
病んでしまっている人間だと思う
一寸先は闇、深淵とは隣り合わせ、明日は我が身

966 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/23(月) 09:16:23.95 ID:nKCMyWur0
>>964
SIG-Aのこと?

967 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:16:57.21 ID:/1q5aLTJ0
>>962
健常者から見るとこうですね。
そして医者もそんなもの効かないと排除して、薬を飲まないと治らない、としたがる。
精神病は一生治らない、一時的に症状が治まっているだけだから薬を飲み続けなさい、
とまで言う医者…はさすがにいないと思うけど、いたら極悪だと思う。

968 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:16:57.95 ID:jgQDMKG20
>>962
だってあなたは、自分を客観視しようとも変えたいとは思ってないから。
ただ社会的にうまく行く方法を探してるだけ。

969 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:16:59.98 ID:3tfL7+yz0
精神科の医師は言葉の不自由なコミュ障が多いw

970 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:17:49.86 ID:TxD3gAok0
医学が進歩するなか精神科だけが役立たずと言われるな。

971 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:18:23.35 ID:6/kXKk+30
SSRIて何にも効いてないから依存にすらならないよ
デパスとかが依存になる
でもそれで人生の幅が広がるなら何が悪いのかわからない

972 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:18:51.92 ID:YScxpEpP0
>>949
統失と双極性障害混合状態の患者って、見分けつく?

973 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:18:52.96 ID:xrqvSvJi0
患者が多すぎるから薬で抑えなきゃ医者不足になっちゃうw

974 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:19:24.38 ID:/1q5aLTJ0
高いお金を取って心理療法なんてやるのは確かに悪徳だと思うけど、
だからといって普通のカウンセリングの効果まで否定して薬漬けで治そうというのは間違っている。
精神科医が、精神病患者の精神状態がわからないのが原因だと思う。
なった人しかわからないから仕方がないかもしれないけど。

975 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:20:06.85 ID:zDyVToRz0
>>955
なんの言い訳だw
医者にならなかった言い訳かw目指してもないのにw

ただ、医者は「自分達が医学部以外の分野に行ってればそこで成功していた。」と本気で思ってる人間が多い。
歯学薬学などはもちろん、理学工学ですら医者のような有能な人材がそこにいってればより発展すると思っている。
だから常に人を上から見下す。もちろん、そんなことは公言しないが、無意識で共有されている感じだね。

976 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:20:22.53 ID:OruyLGnT0
>>968
>7.効かないのは、療法のせいじゃなくて、
  ちゃんとした医師がいないせい、患者が理解できないせいというように、人のせいにされる不思議な療法。
が早速適用されるレスだなw

977 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:21:03.57 ID:ZCqMa9Ov0
>>61
>障害の定義付けに伴いADHDの治療薬の売上も増加し

まあそうだろうな
メタボだって無理スジな定義で検診と受診投薬機会を増やしてるし
高脂血症の定義も某三共製薬が医師会に働きかけて正常値を厳しくして、メバロチン大売出しして儲けた
情弱は生きて行けない

978 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:21:27.83 ID:jgQDMKG20
>>972
混合なのかな?
二次障害でクラスタBっぽくなってるのかもしれないし
乖離症状なんかは
カウンセリングで整理していかないと難しいよね

979 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:21:39.76 ID:IgHbVpfY0
結局は外科的に脳みそいじくるのが一番手っ取り早い完治の方法なんだけれど
それが簡単にできないから薬でごまかすしかない
薬なんか対処療法でしかないわけだから、継続してお茶を濁し続けることしかできないんだよね

980 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:21:44.75 ID:FlrTs+0zO
藥は毒
精神安定の為と服用続けて
肝臓腎臓造血機能破壊されてりゃ世話ない

981 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/23(月) 09:22:13.69 ID:X8h2tPc00
>>975
腕のいい人=指先だけで骨を操作、折ることも治すこともできる、ほとんど北斗神拳
もう気合いとか漫画の世界っすねえ

俺って犬四朗ってよりトキなんかなあ
先は長そうだぜ

982 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:22:42.82 ID:xrqvSvJi0
>>980
酒よりは臓器破壊しないぞw

983 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:23:56.04 ID:3tfL7+yz0
「嘘」をつかないとお薬を増やされる

「我慢」をしないとお薬を増やされる


やっぱり精神科w

984 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:24:02.92 ID:jgQDMKG20
>>976
だって認知行動療法は名前は療法だけど
自分を客観視することが目的だもの

それで治る人もいるし、
そこから問題の本質がやっと見える状況の人もいる
生きてる人間なんだよ?
ケースが千差万別なのは当たり前。
ただの一段目にすぎなくて、何段の階段なのかは人それぞれだよ

985 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:25:51.44 ID:9EHrZMNd0
認知の歪み自体胡散臭いからなw
鬱病の人間のが認知が正しくて人生楽しい奴のが認知が歪んでるおかげだと思う

986 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/09/23(月) 09:26:41.83 ID:X8h2tPc00
あ、あれが死調整だ・・・・

987 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:26:42.33 ID:3tfL7+yz0
>>983



お薬を0にするには相当の精神力、忍耐力が求められるw

988 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:28:25.25 ID:jgQDMKG20
>>985
認知って認識の前段階
感覚に影響を及ぼしてるのが歪み

(例)ひとりがこちらを向いて笑ってる→みんなが俺を笑ってる

989 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:28:25.75 ID:Q1GYU2zCO
コレステロールとか血圧とか胃薬とかで薬漬けになってる気がするオレ

990 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:28:57.07 ID:XwjvVnOp0
精神病患者に、薬を使わないって言うのは、犬に餌をやらないのと同じ理屈。
畜生みたいなものだから、薬は絶対に必要。じゃないと噛まれるぞ。

人間には人間としての対応をするべきだけど、精神病者にはそういう対応はする必要はないし、
もっと物理的な、こうなったらこうなる、という生物学的な薬物コントロールが必要。

アドバイスして治すとか、悩みを聞いて治すとか、自分を鍛えて治すとか、
そんなものは、人間に対しておこなうことだよ 畜生には土台無理な話

991 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:29:05.75 ID:FlrTs+0zO
>>982
酒よりはまし?
お前はそうやって安心した気になって
絶望から逃げられず生き腐れて死ぬ

992 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:29:06.93 ID:1CAQwBjq0
発達障害(アスペルガー症候群)と診断されるまで20年近くかかった。



藪医者ばっかり。

993 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:29:16.45 ID:ibtZsRoe0
薬の処方をもらうためだけに通っていても
毎回、精神療法したことになってて
かなりの額を払わされる。
1分診療なのに。

その他に院外で薬代かかるから大変だ。

994 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:29:22.65 ID:zDyVToRz0
まあなんにせよ精神科医には録音で対応しろ。
あと精神科医に暴言はかれて泣き寝入りして二次障害起こすくらいなら、戦ったほうがまし。
復讐とかじゃなく、もっと軽い気持ちで。
医者なんてサービス業。サービス悪けりゃ批判されて当然。
そのための医者の口コミ評価システムたくさんあるだろ。
どんどん評価してやれ。

あと、患者が遠慮して「少しきつい言い方される先生ですが、合う人には合うのではないでしょうか。」
みたいな書きかたしてるとこは地雷だから。
その「きつい言い方」とか、録音できたら面白いことになると思うよ。

995 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:30:59.07 ID:YScxpEpP0
>>978
時間軸では、鬱⇒双極⇒統失⇒双極⇒ラピッドor混合
統失は双極の混合と結論付け、現在は双極扱いかな
まあ、鬱や統失の時期に出された薬がそれ用だったし、
色々と振り回された

カウンセリングは・・・
変化が激しすぎて、向こうが対応できないから、
費用対効果がこっちに無いんだ

996 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:31:07.75 ID:OruyLGnT0
>>984
またウソついた。
ベックは[感情調整法」と書いてたし、
バーンズは「うつ病の画期的治療法」と書いてたぞ。

自分を客観的に観る、という名目で
ポジティブにはめていくだけじゃねーか。
大野教授が「日本ポジティブサイコロジー学会」立ち上げたの知ってる?

997 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:31:43.63 ID:xrqvSvJi0
>>991
2ヶ月に1回血液検査してるからねw

998 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:32:41.31 ID:MJQR5zHi0
>>997
検査し過ぎだろwww

999 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:34:05.32 ID:tYRJ/u/D0
でも、飲んでる方が楽なんでしょ、気持ちいいんでしょ、だから薬飲むんでしょ (震え声

1000 :名無しさん@13周年:2013/09/23(月) 09:34:22.36 ID:SgbTpNh/0
1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

276 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)