5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【政治】自民・高市氏「太平洋戦争の当時、資源封鎖もされて抵抗せずに日本が植民地になる道がベストだったのか?」★6

1 :そーきそばΦ ★:2013/05/13(月) 10:29:51.58 ID:???0
NHKの日曜討論で、中国や韓国との関係について、自民党の高市政務調査会長は、経済面の関係を強化することで改善を図りたいという考えを示したのに対し、
民主党の松本政策調査会長代行は、朝鮮半島の非核化のためにも中韓両国との緊密な連携は欠かせないと強調しました。

この中で、▽自民党の高市政務調査会長は、中国や韓国との関係について、「中国や韓国は、RCEP=東アジア地域包括的経済連携では、
交渉をしていくので、経済関係や投資関係でしっかりと関係を強化したい」と述べました。
その一方で、高市氏は、安倍内閣の閣僚による靖国神社参拝や、歴史認識に関する安倍政権の姿勢を中国や韓国が批判していることについて、
「閣僚の靖国神社参拝を、ここでやめたら終わりだ。国策に殉じて命をささげた方々をいかにおまつりするかは内政の問題だ。日本の支配を受け、
植民地とされた国の方々の民族の誇りを傷つけて大変な苦難を与え、被害を与えたことは確かだが、当時、資源封鎖もされて抵抗せずに日本が
植民地になる道がベストだったのかどうかだ。安倍総理大臣が、国会で『侵略の定義は学会的にも国際的にも定まっていない』と答弁したことは
間違っていない」と述べました。

▽民主党の松本政策調査会長代行は「北朝鮮がみずからを核保有国だと言い出し、大事なポイントにさしかかっているときに、中国と韓国、
アメリカ、ロシアとの連携が、対外的に極めて緊密であると見えるかが重要だ。閣僚の靖国神社参拝は、アメリカも不必要と見ているし、
われわれもそう見ている。日本にとって一番重要なことから最優先でやってもらいたい」と述べました。

▽日本維新の会の浅田政務調査会長は「韓国や中国との関係は、朝鮮半島の非核化という点では利害が共通しているが、
歴史認識に関しては日本と中国で別の考え方がある。双方の学者どうしで対話や研究の場を設けることを同時並行的にやっていくことが、
ぜひ必要だと思うが、そういう部分が欠けている」と述べました。

ソース NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130512/k10014515651000.html
過去スレ ★1 2013/05/12(日) 13:26:11.81
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1368371001/
(続)

2 :そーきそばΦ ★:2013/05/13(月) 10:29:58.71 ID:???0
▽公明党の石井政務調査会長は「安倍総理大臣は、『かつてアジア諸国の人々に多大な損害と苦痛を与えたという認識は、
過去の内閣と同じ認識を持っている』と国会で答弁しており、安倍内閣の歴史認識は歴代政権と変わらないと理解している。
誤解されている節があるので、明確に丁寧に海外諸国に説明していくことが重要だ」と述べました。

▽みんなの党の浅尾政策調査会長は「仮に東京裁判を否定する歴史観に立って政権運営をすると、中国や韓国が、
それを日米関係にくさびを打つために使う可能性がある。さまざまな課題を日中間で抱えているので、アメリカとの関係を密にするために、
東京裁判に関わる歴史観を変えるということは、やらないことが必要だ」と述べました。

▽生活の党の広野副代表は「日中と日韓で、官民の専門家らによる常設の会議をつくり、歴史認識についてよく議論すべきだ。
近隣諸国と仲よくし、発展するアジアの成長を取り入れなければならないときに、けんかばかりしていては、『何をやっているんだ』という話になる」と述べました。

▽共産党の小池政策委員長は「靖国神社は単なる戦没者の慰霊施設ではなく、そういう所に参拝するのは単なるデモンストレーションだ。
日本の政治が戦後の出発点を否定することを世界にアピールすることになり、単に日中・日韓の問題ではなく、
日本が国際社会で生きていけるかどうかという問題だ」と述べました。

▽社民党の吉田政策審議会長は「中国や韓国などとの関係改善には、正しい歴史認識が欠かせないが、
安倍総理大臣は一方的に偏った歴史認識を持っている。日本の過去の戦争が侵略戦争だったことを認め、
未来志向の関係を築くことが課題であり、村山談話と河野談話を明確に引き継ぐことが極めて重要だ」と述べました。(終)

3 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:30:44.93 ID:Pg5+zoh0P
このとおり誰が見ても侵略。


●大東亜政略指導大綱  (1943.5.31.御前会議決定)   
六 其他ノ占領地域ニ対スル方策ヲ左ノ通定ム   但シ(ロ)(ニ)以外ハ当分発表セス  
(イ)「マライ」、「スマトラ」、「ジャワ」、「ボルネオ」、「セレベス」ハ帝国領土ト決定シ重要資源ノ供給源トシテ極力之ガ開発並ニ民心ノ把握ニ努ム

●インドネシア教科書
「日本による占領期間は短かったとはいえ、長期にわたったオランダ時代に受けたよりも遥かに重い苦しみをインドネシア国民は体験することとなった。」
http://www.geocities.jp/indo_ka/buku_pelajaran/bahasa_jepang2.html

4 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:31:57.30 ID:w9MhRgvtP
ザルそばいや盛りそばじゃなくってセイロだな
もとい正論だな

5 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:33:22.37 ID:JKd7acEq0
シミュレーションやるといい。

ハーツオブアイアンとか。
引きこもりは駄目だな、確実に。
満州捨てると日本は滅ぶ。
南下するよりソ連叩いた方が良かったかもしれんが
1936くらいならアメリカと対決して勝てたかもしれん。
と、ゲームプレイレビューに書いてある。

6 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:33:35.48 ID:tkWHEmJXi
高市さん♪(´ε` )ハアハア

7 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:33:49.70 ID:zr2VE74Z0
今の価値観で後出しジャンケンなんて意味ないよね

8 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:34:43.07 ID:9nkeCqpt0
>>1
靖国参拝って、先の大戦でなくなった戦没者を御参りして御霊を慰めていたものだというのが建前なのだけど、
高市は明らかにA級戦犯をまいっていますね・・・

これは、、、今までの言い訳は通じないぜ。

9 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

10 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:37:02.94 ID:tkWHEmJXi
>>8
高市さんの悪口いうか?マジで死ね

11 : 【関電 73.7 %】 忍法帖【Lv=38,xxxPT】(1+0:5) :2013/05/13(月) 10:38:13.14 ID:RzZ7Fyyb0
>>1
売国民主党の売国奴、松本政策調査会長代行

日本から出て行けば?

12 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:38:40.95 ID:JKd7acEq0
>>3
ゲームの話をした俺が言うのもなんだが

それを読むと、総合的には日本軍のおかげだったと言う話だな。
苦しいけど・・・という。

13 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:39:36.87 ID:tkWHEmJXi
本当に良かった自民党で。特に高市タソ( ;´Д`)ハアハア

14 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:40:27.55 ID:Y5UPVGAf0
日中戦争なんて起こさなければ資源封鎖されなかっただろ。
日中戦争なんて侵略戦争の最たるもんだろ

15 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:43:01.60 ID:JKd7acEq0
>>14
いや、そうではない。
日中戦争は、中国側が仕掛けた証拠がある。
黄河決壊事件と言う大事件で、これは南京攻略後の事件なんだが
なぜか、日本軍の仕業にしようとしてたんだよな。中国軍の仕業だが。

もし日本が悪であったのなら、南京後にそんな事件を起こし
日本の仕業にしようと工作する必要が無いんだよ。

16 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:44:03.45 ID:J4mmlUot0
高市レベル低すぎ、
消去法で事態を説明するな。

戦争で日本を滅ぼしたのは、
長州以来のチョンのDNAを持った一部火病陸海軍と
陸軍部内の共産主義者だ。

17 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:44:46.39 ID:Pg5+zoh0P
>>15
国境の小競り合いなんてどこでもよくあることなのに拡大させたのは日本。それにそもそもの発端の満鉄爆破からして言い逃れできない侵略だ。

18 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:44:46.26 ID:4dSEMTZV0
またこれ立ったのかよ
>>5
こんなゲームの話する馬鹿がわいてるし

19 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:46:18.23 ID:zr2VE74Z0
>>15
中共が日中戦争させたっていう説があるね。

20 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:46:49.89 ID:mE4eIF5A0
アジアの解放です

21 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:47:24.80 ID:jMneWUDT0
欧米にとって日本は出る杭。
打たれるのは必然的。

もちろん日本に退く選択肢なんかあるはずもない。

22 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:47:25.54 ID:eWCP+7hj0
>太平洋戦争の当時、資源封鎖もされて抵抗せずに日本が植民地になる道がベストだったのか?

そこまでされていて反米にならない日本の政治家は世界の謎のひとつだな。
広島を訪れたチェ・ゲバラも首をかしげていたと聞く。

23 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:47:40.69 ID:JKd7acEq0
そして、アメリカの行動もおかしい。

アメリカは満州国建国後も日本軍に軍需物資を輸出していたし
黄河決壊事件の蒋介石軍が原因だとヨーロッパの記者に暴かれて発覚後も
蒋介石の中国軍を支援していた。
これでは満州国を悪と言うことは無理で、中国支援というのも嘘になる。

24 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:48:03.97 ID:yQ002ALv0
総理の器や

25 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:48:28.56 ID:w30VsmXf0
時計の針を戻せるなら
日露戦争直後まで戻してみたいね
満州利権をアメリカにくれてやるのさ(欲しがってたし)
アメリカが大陸勢力の防波堤になってくれたかも

26 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:48:48.72 ID:E74EtsrH0
まあ戦争終わってから後、出来上がった他国見れば、何をか言わんや だな

ドイツ、朝鮮、ベトナム

27 :石油禁輸された愚かな日本:2013/05/13(月) 10:49:40.03 ID:Chn0DngEP
「中国にて」
アメリカ・・・満州事変は条約違反だ、元に戻せ。(国務長官の見解。ルーズベルトも採用)
日本・・・これからは自主路線だ、さらに介入してやる。
中国・・・内戦を止めて日本と戦うぞ。
日本・・・不都合な中国を潰し、都合良い政権に置き換えてやる。
アメリカ等・・・日本の勝手は許さん。中国を物資支援だ。

「対米戦へ」
日本・・・アメリカ等の中国支援が邪魔。仏印からの援助ルートとか止めたい。
ドイツ・・・念願のフランス占領。
日本・・・フランス領インドシナ(仏印)に進駐するチャンス。さらに南進できるかも。
アメリカ・・・日本は調子に乗るなよ。これ以上南下したら交渉も破綻だぞ。
日本・・・南下は会議で決定済み。基地作るぞ。邪魔するなら米英とも戦うぞ。
アメリカ等・・・もう石油を売ってやらねえ。
日本・・・ここまで強気で来たが、冷静になるとヤバい。交渉も上手くいかないよ。

28 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:50:13.44 ID:9nkeCqpt0
>>10
高市は安倍の足をひっぱる馬鹿。

とてもとても、日本を任せられない。

29 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:51:05.73 ID:jMneWUDT0
>>23
軍需産業が儲かるんなら万々歳じゃない?

30 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:52:14.00 ID:Chn0DngEP
高市の知識レベルは知らないが、
「突然いきなり石油禁輸ハルノートだ、避けられない自衛だ」
だと低脳保守の典型例だからな。

31 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:52:34.03 ID:4bVXywxC0
まあ経済封鎖は松岡のバカが日米合意案を蹴って招来した自己責任ものだ。
太平洋戦争はバカの極みだったが大日本帝国の大陸進出は当時としては悪でもなんでもない

32 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:52:34.57 ID:MMFTMr2BO
当時の日本は、半島を保護しなきゃならなかったのだから、満州を棄てる事など選択として絶対に有り得なかったのだ
米国の言いなり通りに、もし満州を棄ていれば、半島が主戦場になってただろよ
それは、後の朝鮮戦争の勃発で立証してるだろよ
半島が分断されたのが日本のせいとか寝言まで吐く始末
その分断を防ぐ為に日本が全力で列強国と戦ったのに、コイツらマジでふざけんな!って話しだ
政府が靖国参拝するのは当たり前!
日本人が嫌韓になるのも当たり前!

33 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:52:43.10 ID:jpBqqwXn0
早苗ちゃ〜ん! (;´Д`)ハァハァ

俺の清き一票がこんなに役に立ったのは初めてだ!

34 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:52:57.53 ID:C2u/kDtmO
日本が戦勝国なら原爆落としたトルーマンは超A級戦犯で死刑だよな

35 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:53:28.91 ID:V+mrJHe80
>>32
アメリカは、満州までは容認してたんだが?

36 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:54:29.24 ID:0Rj0Jk890
高市はかき回し役。
今のうちに出来る限り右よりな意見を言ってかき回せばいい。
今より地位があがれば段々むずかしくなってくるから。

37 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:55:00.12 ID:ennAJC5d0
インタビュー見たけどこういう事いうだけあって品性下劣な顔してたわ
侵略否定とかキチガイかよ
侵略したけどもう戦後処理しましたよっていうのが正しいスタンス

38 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:55:00.88 ID:cWF/n3cO0
結局日本の軍人が力を持ち過ぎたせいよ
引き際をしらんかった

39 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:55:21.69 ID:LBJZ5jEh0
左翼がやるように誰もが反対できないスローガンを持ち出せばいいのに、
なんでまたわざわざ深みにハマるようなこと言うかね。

左翼は戦争反対しかいわない。
単純に戦争に賛成なんて思うやつなんて奴はいないし、
じゃあ「自衛戦争は・・・」なんて余計なこともいわない。

それと同じで、靖国は戦死者の慰霊とだけ言えばいいんだよ。
自国の戦死者を慰霊することは誰も反対できないのだから。

40 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:55:41.49 ID:mE4eIF5A0
戦争の是非は置いておいて、靖国は参拝して然るべきだろう
過去の戦争で日本を責める人間も今日の日本が有るのは彼等のおかげというのは否定できまい

41 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:55:53.51 ID:Chn0DngEP
>>15
>日中戦争は、中国側が仕掛けた証拠がある。

発端の盧溝橋は、挑発の域を出ない謎発砲に対し、
日本が中国陣地に戦闘前進で衝突のグレー事件だが。

まあ散発事件なら盧溝橋の前後からあった。

「中国の上海攻撃こそ戦争の発端だ」な保守も居るが、
日本はその前に北京や周辺を占領し、北部で勢力拡大の軍事作戦も認可。

あと日本は、盧溝橋前から中国北部に分離工作を掛けてた。

42 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:56:56.24 ID:9nkeCqpt0
>>31
不戦条約締結前までならな。

不戦条約締結からたった2年後の満州事変以後については
完全に条約違反です。

43 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:57:36.67 ID:jpBqqwXn0
先の大戦のホントの戦犯はアメリカだよ?

戦争にもルールがあって、兵隊さん同士が殺し合うモノなのに
そんなのお構いなく民間人の大量虐殺やったンだからさ

ナチスも顔負けの人道に反する罪だ、未来永劫、赦されない

44 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:57:36.61 ID:CkcK7XOmO
野田聖子とは比べ物にならんくらい役に立ってるじゃん、高市

45 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:58:12.06 ID:uUVKEv5b0
盧溝橋事件は

46 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:58:12.93 ID:En1li4I10
対中に集中しなければならない時にアメリカを敵に回すつもりか?
バカ女が!
松下政経出身は頭でっかちで融通が利かないからダメなんだよ。

47 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:58:37.48 ID:eWCP+7hj0
>>38
昔も今も面子にこだわって引き際をしらん官僚が力を持ってるよな。

48 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:59:38.84 ID:9nkeCqpt0
>>40
高市は、戦没者だけじゃなくて、日本を敗戦に導いた当時の指導者も、
肯定してしまったわけだが、それについては?

文脈を読めば、合祀されているA級戦犯にもまいっていると思える。心の問題だけどな。

49 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:59:43.20 ID:mE4eIF5A0
>>46
そんなことでアメリカが敵に回るようなことはない
韓国じゃあるまいし

50 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 10:59:53.98 ID:MMFTMr2BO
>>35
重慶政府以外は認めない=満州国を認めない

51 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:00:12.93 ID:ZSDwgY210
戦争に負けるという事はこういう事だ

52 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:00:52.81 ID:Ki4FzmUN0
インチキ高市
夫婦別姓反対だけど自分は別姓利用
この時点で嘘つき全開

もっとも信用できないタイプの政治屋

53 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:01:32.26 ID:TLEAZxEX0
資源封鎖されるくらい空気読まずにつまみ食いしてたんだよ
世界の公益に反してたんだよ
自民党憲法にもあるだろ?
権利ばかり言うなよ、公益を考えろって

54 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:02:11.57 ID:zr2VE74Z0
>>52
別姓利用ってアホか?
自民党は旧姓が使えるようにしていくって言ってるのに。

55 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:02:19.00 ID:Pg5+zoh0P
>>50
日米了解案に満州国承認の項目がある
-----------------------------------
 このうち第三項では、以下の項目をアメリカ政府が容認し、また日本政府が保障することを前提として、アメリカ大統領が日中和平の仲介を行う、としています。
A.支那ノ独立
B.日支間ニ成立スヘキ協定ニ基ク日本国軍隊ノ支那領土問題
C.支那領土ノ非併合
D.非賠償
E.門戸開放方針ノ復活但シ之カ解釈及適用ニ関シテハ将来適当ノ時期ニ日米両国間ニ於テ協議セラルヘキモノトス
F.蒋政権ト汪政府トノ合流
G.支那領土ノ日本ノ大量的又ハ集団的移民ノ自制
F.満州国ノ承認
http://www.jacar.go.jp/nichibei/reference/index13.html

56 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:02:31.90 ID:Chn0DngEP
>>20
>アジアの解放です

でも対等性や自主性は蔑ろだが。

「朝鮮」
清属国から離したが、ロシアに近づくなど不都合な行動を取った。
日本は国権剥奪や抗日弾圧など干渉を強め、やがて併合に向かう。

「満州国」
典型的な傀儡国家。

「中華民国(汪兆銘)」
不平等条約を強要。

「東南アジア」
重要地帯は領土方針。その他も基本的に日本の指導下。

57 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:03:10.31 ID:ubAU/HYI0
今からでも51番目の州に。

58 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:04:20.03 ID:YK64djr/0
大東亜戦争は肯定するが広大な領土を失った軍部は許せん。いまだに心も領土も占領されている。
俺みたいな理知的なものが軍部を握っていたら、若者の命を守り領土を守った。
憲法改正も徴兵制も可とするが頭の悪い軍人の暴走はなんとしてもとめるシステムを作っておくべき。
安倍君は橋下君この点だけは頼むぞ!!!!!

59 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:04:29.16 ID:yQ002ALv0
今でいうと沖縄を日本から切り離せというようなもん
その当時はあって当然なもので到底受け入れられるわけない

60 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:04:44.68 ID:OIjWQq7x0
>>46
そこが分からない奴は大日本帝国を滅ぼしたクソ共と同じ。さっさと死ねと。

61 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:06:25.00 ID:OIjWQq7x0
>>57
日本州の結果で大統領選挙がほぼ決まってしまうのでアメリカにメリット皆無。

62 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:07:44.22 ID:YK64djr/0
>>57
敗戦と同時にこの道があったか。今のあほ政治屋どもは党利党略、私利私欲。
農協の利益代表が議員になるんだから下らん日本担ってしまった。

63 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:08:27.13 ID:7AKegmf7P
>>61 アメリカのメリットなんぞどうでもいい

64 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:08:54.81 ID:mE4eIF5A0
>>48
考え方の相違に過ぎないな
当時の指導者の考えを肯定したらダメなんて規定があるわけでもなし
逆に参らなくてはダメなんて規定があるわけでもない
詰まり他人にゴタゴタ言われる事では無いと言う事

65 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:10:51.20 ID:YK64djr/0
日本政治の癌=日教組、官公労、農協、医師会、宗教団体こいつら日本を悪くしてる。

66 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:11:47.45 ID:gMW9Ixkb0
>>48
結果敗戦ってのは動かないけれど、

国内的には、国会のカテゴリーAの戦犯だった人の名誉回復議決が
全会一致で議決されているので問題ないとおもうよ。

67 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:12:14.89 ID:9nkeCqpt0
>>43
確かにアメリカの戦争犯罪は問われてないよな。

それは勝ったからだ。
日本は愚かな指導者に率いられて負けた。
負けたから悪い。
そしてその愚かな戦争を肯定しているバカ女が高市なんだけどどうよ。

>>49
正直オバマ政権は、韓国よりやけどな。

68 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:12:17.40 ID:LBJZ5jEh0
>>48
A級戦犯が合祀されてるなら名前言ってみろよ。
A級戦犯は戦後社会党が名誉回復して消滅してしまったぞ。

合祀されてるのは旧A級戦犯。
A級戦犯は合祀されてない。

69 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:14:37.60 ID:LPoGhdV70
>>27
が一番まともな歴史認識

70 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:15:13.07 ID:Pg5+zoh0P
>>66>>68
名誉回復はネトウヨのデマ。ただの早期釈放要請でしかない。
しかも釈放要請ということは、既に処刑された東条らは何の関係も無い。

71 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:15:16.21 ID:kLa557NB0
>>1
高市よ、アンタの主張とは逆に、今、安倍は憲法改正によって日本を「中韓」の植民地にしようとしてるんだぜ。

安倍の9条の改正の真の目的は、日本の自衛隊を「自衛行動」においてもその手足を縛ることにある。
(安倍草案では、自衛隊の行動には逐次「国会承認」が必要となる。現在は、自衛行動などでは自衛隊は即応できる)

また、安倍改憲草案では、「外国人参政権」の実施が可能となる。
(公務員の選定は「国民固有の権利」から、単に「国民の権利」に改正予定)
もし、「外国人参政権」が実行されれば、たちまち中韓から数百万人単位の移民が流入し、日本の政権は「中韓」の手に渡ってしまうだろう。

72 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:15:48.55 ID:B5GUIF710
信長や信玄の戦争を批評するようなもんだな

それより現在進行形で侵略戦争起こしたくて国民全体が熱狂してる国家があるだろう

73 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:16:10.97 ID:e7WBohjY0
正確に言うと、侵略したのは中国だけ。
朝鮮半島や東南アジアには植民地や傀儡政権はあっても、今の様な国家は無い。
戦後独立した国家は、戦前の日本の行為に国家的には厳しく言ってこない、ただし、半島は以外。

まぁ、中国が反日なのは仕方ない。

74 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:16:26.25 ID:mE4eIF5A0
>>56
当時の情勢を考えなければ悪悪悪になるかも知れんな
奴隷貿易やってた国がその後何かしたのかな?
植民地政策で民衆を弾圧し、ペンと紙を奪っていた国は何かしたのかな?

そして敗戦国は常に悪でなければならないのかな?
勝てば官軍、負ければ賊軍の考えそのままだね

75 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:18:19.64 ID:slnH7qDi0
>当時、資源封鎖もされて抵抗せずに日本が
植民地になる道がベストだったのかどうかだ。


情報が一部の連中にだけ占領されてて、国民の大多数は世界の情報を
知ることが出来ず 権力のチェックを出来なかったのが原因だろ

マスコミは軍部の力で 国民を騙すことに力をいれた
それが原因だろ

権力のチェックを行う民主主義のシステムがなかったことが原因だ

76 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:20:56.44 ID:1nuSZxdB0
日本が植民地になる道がベストだったのか、などといっても
他国を侵略、略奪、虐殺したことは許されるものではない

77 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:22:01.89 ID:mE4eIF5A0
>>76
その理屈なら欧米列強の国々は日本より許されないな

78 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:22:36.78 ID:mEb3vltg0
先週安倍ちゃんがジャンピング土下座 ヘタレ 火消し 言ったのに言ってない
ことにしたという嘘ついたばかりなのに 似たようなことを自分から言いだ
しっぺする自民党最高幹部政調会長。安倍ちゃんの時でも味方になる国もいな
かったのに日本会議の議員の理論なんて国際的に孤立・異端・クレージーなんだ
よ。やたら自分の加害行為は棚にあげて被害者ぶる。北朝鮮級並にファンキー。

79 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:22:54.52 ID:En1li4I10
中国は尖閣の問題を日本の侵略戦争を肯定する勢力が戦後の世界秩序に挑戦していると喧伝しているわけで
このタイミングで発言するのはバカだろ。

80 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:23:04.60 ID:LBJZ5jEh0
>>72
そうなんだよな。
いまの政治家が、はるか昔のことを批評しても仕方がない。
結果がわかっているのだから。
結果がわかっているのだから、左翼が歴史認識の話にしたがるんだろ。
わざわざ向こうの土俵にのるのは愚の骨頂。

81 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:23:53.63 ID:MMFTMr2BO
>>55
満州の是非に関しては諸説あるよね
米国が支援する蒋介石政権以外は認めないとする「重慶政府以外は認めない」の流れが正しいかと思われる

そうでなきゃ米国と蒋介石の連携などなかっただろよ

82 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:24:52.85 ID:XZ7NEUBq0!
指導者は悪 大衆は被害者
この最初はアメリカ、戦後は中国が意図的に日本人にばらまいた図式は白紙化しよう。
昭和の日本人はあまり本気にしていなかったのだが、
平成から中国の愛国運動と連動してまた日本で活発に喧伝されるようになった。
NHKが狂ったようになった。

83 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:25:35.02 ID:gMW9Ixkb0
>>70

84 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:27:04.29 ID:OIjWQq7x0
>>74
敗戦国は悪だよ。善悪なんてのは勝った側が貼り付けるレッテルにすぎないんだから。
そして日本は負けたの。だから悪にされても仕方ない。

だから絶対に何があっても勝たなきゃいけないんだよ、今の戦いは。
それを危うくするような言動はいかなる理由いかなる根拠があろうと許されない。
逆に、今の戦いで勝てば自動的にWW2の善悪だって簡単に張り替えられる。勝つことだけが大事だ。

85 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:27:11.48 ID:n7+nkIqJ0
世界中でいろいろな国が植民地にされてたけど
いまだにイチャモン言うのはチョンシナだけ

86 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:27:27.63 ID:mE4eIF5A0
>>79
尖閣は既にどちらのものか決着が付いているようなものだ
この発言を持ってして中国を刺激することがあったとしても、世界が中国側に与することなど無いだろう
そうは思わんか?

87 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:28:02.51 ID:b0ZzGrTK0
>>81
ハルの下にいたホワイトってのが宋美齢とツーカーだったらしい。
で、Chinaの中に満州を含めるよう誤読するような表現に変えさせた。

88 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:28:53.83 ID:gMW9Ixkb0
>>70
1953年8月3日の衆議院本会議で「戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議」ですね。
すでに処刑が済んでしまった人は「公務による死亡」扱いになっていますけどね

89 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:29:31.45 ID:0xENqikN0
まああの戦争は失敗だろう
結果的に数多くの領土を失ったわけだし

90 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:30:24.67 ID:Pg5+zoh0P
>>81
諸説じゃなくて「米国が満州国を承認する」とする日米了解案は公文書だよ。
でそれを日本(松岡)が難癖つけて断ったの。

91 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:30:34.20 ID:1nuSZxdB0
>>77
敗戦国民は黙ってなよ
戦争に勝ってから口答えしなさい

92 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:30:42.41 ID:LZ7KxqZa0
>>82
完全な白紙化はどうかと思うが、とりあえずこれだけは言っておきたい

『地方の民間人を強権的に弾圧したのは軍人でも特高警察でもなく、同じ地方の民間人だ
具体的には町内会長であり隣組会長であり、その組織の在り方だ
そいつらが民間人を弾圧するにあたって使った名前が天皇陛下だった』

当時、隣組は大政翼賛会の末端組織だったからね
その権威をかさにきてやりたい放題やったってわけ

日本の公務員の民度及び職業モラルは高いよ、今も昔も
田舎の民間人の民度が低すぎる

93 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:30:53.59 ID:ym905rEWO
日露戦争後
満蒙開発をアメリカと手を組まなかったのが悪いし
ポーツマス講和に対して国民世論を煽りに煽ったマスゴミが悪い

94 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:32:13.67 ID:DTvmi4fZ0
>>76
元寇とかどうなるの?

95 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:32:26.46 ID:mE4eIF5A0
>>84
シビアだね
でも物事は多角的に見ることだ
キミの意見で物事を考えると、中国のチベット侵略は中国の勝利なのだろうか?
チベットは賊軍なのかな?中国の考え方が正しいのだろうか?

96 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:32:43.89 ID:YO5iXxDhO
大体中国と戦ったというより
その背後にいるアメリカとかの欧米と戦ってたんだろ

代理戦争みたいなもんだ

97 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:32:58.59 ID:zr2VE74Z0
勝戦国でも何でもない中共や韓国が口出す問題じゃないな

98 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:33:06.90 ID:Pg5+zoh0P
>>88
早く釈放してくれるよう要請しようという決議でしかない。名誉回復とか言ってないね。
しかも釈放要請ということは生きてる囚人についての決議であって、既に処刑された東条らは何の関係も無い。
小林よしのりは所詮漫画家だからそこらへん細かいことまで考えないんだろうね。

99 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:33:18.85 ID:a1jr8RNP0
大体NHKからして中国と韓国のステマ番組じゃん

最近なんてニュースも日本が悪い中国と韓国と仲良くっていう割には
韓国、中国に都合の悪い話は華麗にスルー

一体何処の国の公共放送?、報道機関として死んでるよ
そのうち沖縄は独立せよって論調するね
中国の侵略は綺麗な侵略ってか。。。

100 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:33:44.48 ID:En1li4I10
>>86
「尖閣」揺れるオバマ政権
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130511/amr13051110360008-n1.htm

101 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:33:49.13 ID:DTvmi4fZ0
>>84
戦勝国から悪とされるのは仕方がない。
が、敗戦国が自らを悪と呼ぶ必要はないさ。

102 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:35:37.89 ID:mE4eIF5A0
>>91
そんな事言っちゃうのか?
軍備増強だなこりゃ

103 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:36:24.23 ID:xn0s5Chc0
>>68
バカだなw
名誉回復なんて罪についてはなんの効力もないよ。
犯罪者が今、国会議員になっているが前科者である事に変わりはない。
A級戦犯じゃなくなるためには裁判を受けて無罪だという判決をもらうこと。
どこの国の人間じゃないが、国会で名誉回復を決めたら罪が消えてしまうなんて
あり得ませんよw

104 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:36:57.63 ID:OIjWQq7x0
>>95
多角的も何も、そういうのは戦いが終わってから勝者が決めることだ。
チベットはまだ滅亡しておらず、戦いは続いている。

日本も中韓クズ国家連中との戦いが今も続いている。
その最中にどっちにつくか分からない第三者を敵側に近づけるような発言は国賊行為。
中韓が二度とデカい口を叩けないような体制を敷き、その上でゆっくりと、かつ完璧に日本の歴史観を世界の常識に変えていけばいい。
順番を逆にしてはならんのだよ。それは全てを失う最悪の手だ。

105 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:37:39.08 ID:lAYbYShF0
>>96
中国のバックに居たのは
アメリカ・ソビエトの反帝国主義の革新勢力だな
日本だけが狙われた訳ではなく
日欧の権益潰しが大きな流れだった
その事は第二次大戦の結果、米ソ二大勢力が台頭からも分かる

106 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:38:00.05 ID:9V65SCvP0
>朝鮮半島の非核化のためにも中韓両国との緊密な連携は欠かせないと強調しました。

まだこんなアホなこと言ってるのか。
下鮮がポロッと漏らしてただろ。
「北を統一すれば南は核保有国になれる」って。
作った物はなくせないの。

107 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:38:22.12 ID:1nuSZxdB0
>>102
どうぞとうぞ
まあ、そんなことやろうとしたらあっという間に内閣は倒れるだろうけどねw

108 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:38:42.33 ID:OIjWQq7x0
>>101
そもそも善悪なんてのにこだわる時点でくだらない。
私がこだわってるのは中韓を叩き潰すための今のたたかいにおける悪影響だ。

109 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:40:04.43 ID:XZ7NEUBq0!
>>92
翼賛体制が絶対悪という文脈ですね。
いや、そういう事は研究されていましたよ。
一番ファナティックになったのは下級公務員ですよ。
町内会長も下級公務員を擬制したからそうなった。
民間人じゃないです。

110 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:40:06.76 ID:DPAahYatT
>>1
当時の事象を、現代社会の考え方や事象で判断して、
批判する馬鹿は本当に死んでほしいよ。
そんな奴らは、平安時代にスマフォが存在し、
しまむらが存在したと思っているのだろうから。

111 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:40:26.61 ID:gMW9Ixkb0
>>98
なんら関係ないなら「法務死」に変わったんだい?
「既に処刑された」のなら、刑を全うしたんじゃないのかい?

112 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:41:41.95 ID:MMFTMr2BO
>>87
よくあるハニトラね、なるほどw

>>90
難癖って何よ?それは満州について?
満州を認めると言いながら、実際は蒋介石を支援しまくってて、重慶政府を認めさせようとしてんのに、その公文書の文言が意味を成すかなんて、当時の日本側は確信できないじゃん
満州を認めるフリをして、安全を脅かす準備がせっせとされてたんだから

113 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:41:48.34 ID:mE4eIF5A0
>>104
じゃあフィリピンが領土をぶん取られたのは中国の主張の通りでいいかな?
既に決着付いてるし
ベトナムもぶん取られてるし、そんな事例結構あると思うけど

114 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:41:50.42 ID:zr2VE74Z0
いまだに敗戦国呼ばわりするのって差別じゃね?

115 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:44:52.79 ID:lAYbYShF0
日本にとって難しかったのは、日本が大陸から引くと
社会主義陣営が大きく出てきて日本だけでは対抗し難かった
国際社会は反軍事同盟の流れがあったし
戦前のアメリカは中国やソビエトよりだから
状況が極めて不利だったんだよね
この問題は戦争で、アメリカが世界秩序に反共で介入したから解決されたんであり
ちょっと違うが、大筋で高市さんの見方は間違いじゃないよ

116 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:45:01.91 ID:6PV5Gtah0
太平洋戦争では裏切り朝鮮人がアメリカと内通してたのではないかと
奴らの行動を分析するとそう思わずに居られない

117 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:47:16.86 ID:LZ7KxqZa0
>>109
レスd
2chでこういうやりとりは有難い

>一番ファナティックになったのは下級公務員ですよ。
これなんですけどね・・・うちみたいな田舎は「今も」一部そうなんですが、地方公務員って地元の旧士族連中の就職先になってます
別に被差別部落ではないのでBとは言えませんが、れっきとした縁故採用
つまりは地元の人間です
当時もそんな空気はあったのではないかと推測
まぁだとしても採用されて公務員になった時点で民間人ではないですね

しかし
>町内会長も下級公務員を擬制したからそうなった。
これは面白い考察かもしれない


町内会長って地元有力者達が就く役職で、隣組会長は大体その連中が持ち回りでやってませんでしたか?

118 :名無しさん@お腹いっぱい:2013/05/13(月) 11:48:13.67 ID:YgiyY6WL0
日本の犠牲戦死300万、日本軍が殺したアジア犠牲戦死2000万
薄っぺらな口先だけの正当化より、国内外の犠牲者に合掌、頭下げろ

119 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:48:37.86 ID:OIjWQq7x0
>>113
決着ついて無いけど? 
フィリピンは中国に領土引き渡すっていう条約調印したの? 単に暴力で威圧されただけでしょ。
それで決着ついたって思ってるような単純バカは日本の将来危うくするから死んでくれ。

竹島も、尖閣も、日本の領土なのを中韓が戦いふっかけてきてるのが現状。
中国はさらに沖縄にまで手を伸ばしてきた。こういう行為を二度と行えなくさせる体制を築くことが日本がいま行なっているたたかいだ。
これは民族の聖戦であり、それを妨害する者はいかなる論理があっても許されない国賊。

120 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:49:40.43 ID:+GPwI9dg0
そもそもの発端は満州事変にある
日本が経済封鎖を受けた理由を考慮せずに
太平洋戦争の宣戦布告の部分だけ取り出して自衛戦争だったと言い張るのはおかしい

121 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:49:47.95 ID:lAYbYShF0
地方有力者と公務員なんて未だにド田舎じゃイコールだったりするのに
戦前の地方で分けて考えられる訳無いわな…ww

122 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:50:20.44 ID:XbWMARQDO
>>20
結果的には日本がその道筋を示したみたいになってるけど、当時の左翼(アカ)が『大東亜共営圏』なる響きのいい言葉で日本の軍部をそそのかした風にしか見えないんだよね。
アジアの大部分が結構赤化してるのを見ると

123 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:50:51.41 ID:EzSk6o1DO
>>110
現代社会の考え方で歴史を見るのはブサヨの方だろ

124 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:51:20.10 ID:9nkeCqpt0
>>68
言葉遊びしてるんじゃねえ。
それは国内的なルールで国際的に通用する理屈ちゃうやろ?

そういう風に内向きなやり方で、対外問題を対処していたら
また、孤立化してしまうぞ。

125 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:51:36.11 ID:xBKqR2DG0
>>111
法務死という用例は他にはないようだ。靖国神社合祀の際に「刑死」等と記入
するのは、はばかられるために作った造語ということらしい。

法務死とされたことに、なんらかの公的な意味、法的な意味は無いんじゃない
の?

126 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:52:08.50 ID:7B+AAV6zO
高市早苗議員ありがとう!

127 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:53:54.43 ID:EzSk6o1DO
>>120
イミワカメ
満州事変がどうして自衛官戦争にならないんだ?
当時、連合国は植民地しまくってたくせに
こじつけも大概にしろ

128 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:54:52.82 ID:wRhDVzNe0
太平洋戦争前はアジアの大半が欧米の植民地
太平洋戦争後はアジアの大半が植民地から開放

これが全て

129 :三河農士 ◆R2srkOAYfTmd :2013/05/13(月) 11:55:08.28 ID:yPJRm1Km0
>>120
満州事変から支那事変勃発までは7年も空いてるじゃん。
その間、中華民国は共産党と戦っていたし。
遠因について語るならソ連やイギリス等の戦略についてもかたらにゃならんぞ。

130 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:55:10.50 ID:lAYbYShF0
>>120
満州事変で制裁食らった訳じゃないし
満州事変は中国側が日本の権益をちゃんと守らなかったのと
革命時に清朝帝室に約束した身分保証を破ったから
清朝の奴等が日本に泣きついたんだよ
明治維新みたいに国内旧勢力や外国との約束守ってれば
事変なんか無かったわけ

131 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:55:18.19 ID:gMW9Ixkb0
>>125
「らしい」ですか。 力強いご意見ありがとうw

で、後段は?  > 「既に処刑された」のなら、刑を全うしたんじゃないのかい?
法的には、犯罪者はいつまで犯罪者なんですかい?

132 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:55:25.97 ID:0/ziJXac0
すけべ心出して大陸侵攻したのが経済封鎖の原因だ

被害者意識を持った加害者日本ってやっかいな国だな

133 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:56:23.11 ID:T6u4ZEs70
それ朝鮮人

134 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:57:04.78 ID:/wA/nLrM0
現代の価値観でしたり顔で祖先を裁くことに何の意味があるのか。

135 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:57:18.41 ID:EzSk6o1DO
>>124
靖国神社は国内問題なんだが…
内政不干渉って知ってる?

136 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:57:28.63 ID:dazN6WCf0
広島長崎の原爆で犠牲になった人たちだって日本が核を持ってたら
こんな目にあわずに済んだのにって草葉の陰で思ってるよ。

広島長崎の核反対の人たちは日本に向かって核反対って叫ぶんじゃなくて
核を使ったアメリカに向かって英語で言わなきゃ意味ないよw

137 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:57:32.16 ID:wRhDVzNe0
>>132
その大陸が欧米の植民地と化していたんですけど?

138 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:57:44.14 ID:I2w8aBOw0
高市に対して妙に批判的な書き込みが多い理由は、
高市は基本的に層化と敵対してるからだよ。信者が熱心に批判している。

139 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 11:59:43.91 ID:KDSEoF6B0
これ、共産のキれっぷりがキモかった

140 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:00:11.88 ID:Chn0DngEP
1・正当防衛
刺されそうになり、とっさに身を守るため刺し返す。

2・不当行為
アパートの大家に嫌がらせを受け、計画的暴力で大家を追い出しアパートごと乗っ取る。

満州事変は2に近い。正当性を認めてくれる他国が連盟決議でゼロなのも仕方ない。

141 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:00:27.94 ID:Vq7resrUO
日本側がまっさらな被害者だったみたいな理屈は国内の純粋保守にしか通用しない。
日中戦争以降は明らかに野心的意図を持った進攻でした。
で欧米に睨まれて手打ち拒否して殴りかかって10倍にして跳ね返されただけ。

142 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:01:23.58 ID:eOydx7ek0
日本は太平洋戦争の後米国の植民地になったが…
沖縄、板付、福生、厚木…日本中に米軍基地が有ったが…
アメチャン寒いのが嫌いなので半袖で暮らせる南国に寄ってはいるがw

143 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:03:33.23 ID:rTp48g3Z0
>>138
高市は天理教だけどな

144 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:03:34.70 ID:Chn0DngEP
「満州事変は権益への嫌がらせを受けたからだ」な被害者面がいる。
間違いでは無いが、日本も増兵圧力で租借権益を伸ばしたりしてる。
日本も西欧の立場と同じく、中国を権益狩り場と見てたって事。

145 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:03:50.68 ID:LBJZ5jEh0
>>103
効力あるじゃん。
お前が猛反発してるんだろ。

wikipediaによるとA級戦犯のところに
第3次小泉内閣下において民主党の野田佳彦国会対策委員長は
「『A級戦犯』と呼ばれた人たちは戦争犯罪人ではないのであって、
戦争犯罪人が合祀されていることを理由に内閣総理大臣の靖国
神社参拝に反対する論理はすでに破綻していると解釈できる」て言ったそうだ。
まあ野田は靖国肯定派だから、そういうのもわかるけど。
もし、あの国会決議がなかったなら、野田もこんなこと言えないはずだよ。

でもああいう国会決議がなされてしまって、A級戦犯も
戦犯からよくわからないけど「戦死者」になってしまった。
そして戦死者だから靖国に祀られた。
あの決議があるから「A級戦犯合祀」ではない。

これは言葉あそびと言ってもいいけど、靖国反対派だって言葉あそびのオンパレードだろ。
「言葉あそび」には「言葉あそび」で対抗して何が悪い。

146 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:04:10.23 ID:XZ7NEUBq0!
>>117
有力者の役職でしたね。
最近ますます縁故採用(公平に見せかけた恣意的採用)が激しくなったと思います。
今は自治体公務員が異常に権力を拡大しています。
これは土豪化、いわばアフリカ国家の内実と同じです。しかし地方分権化の流れがあって止まらない。
これは危険な動向だと思っています。
「反戦を誓いながら平和憲法の下で煮詰まるファシズム」というものが成り立ちますから。

147 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:04:21.99 ID:v6sFQasl0
戦前で甘い汁すった層と戦後で甘い汁吸ってる層が同じだから過去や汚点を
反省すると自分のおじいちゃん達の悪口になっちゃうし責任とって牢屋行きに
なるから自分達にいつの時代にも捨て駒にされてる庶民から憎しみの矛先が
むかってくるので昔はよかった。俺達の戦争はきれいな戦争だったとか責任転
嫁して正当化してるだけ。しょせんそんな詭弁海外じゃ通じてない。
海外で何千万人殺された人たちはの事実は消えないのに。あれは侵略ですよ。

148 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:04:24.24 ID:b0ZzGrTK0
張作霖は関東軍との取引の結果、満州で実力者まで上り詰めたのに
その後調子にのって全土を掌握しようと色気を出してきた。
パワーバランスの崩壊を恐れた関東軍が爆殺。
逆にこれが国共合作を呼び泥沼化。

149 :三河農士 ◆R2srkOAYfTmd :2013/05/13(月) 12:04:29.54 ID:yPJRm1Km0
>>132
激しい大陸の覇権争いに慣れない海洋国家が首突っ込んで痛い目に遭った
という意味ではそうだな。

日本が満州を庇護しなければ、満州ならびに中華民国はその時点で共産化していた。
結局日本の敗戦で、それら地域は共産化しちまったがな。
共産化がどういうものかは毛沢東の大躍進政策や文化大革命を見れば解るだろう。
世界大戦より多くの人命が共産主義によって失なわれている。

150 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:04:32.62 ID:8JjhHGxh0
【西尾幹二】河野談話見直し"Reviewing Kono statement" by Kanji Nishio/No Sex Slave

http://www.youtube.com/watch?v=fl2jUJWHsCQ

アメリカよ、恥を知れ!(Shame on you,America!)

日本外国特派員協会で韓国もドイツもアメリカもボコボコにされる

151 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:04:33.11 ID:scuVehXL0
>>19

毛沢東が、のちに「日本ほど他国を甘えさせてはいけないと思った」って。
ビシビシやるべきだってのが、「文化大革命」だからね

152 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:05:18.15 ID:lAYbYShF0
>>140
ただし地主と協力してるけどな
地主は大家に騙されたからアパート乗っ取りに協力した
この辺りが満州事変の難しさだ
リットン卿も満州国を無くせとまでは言ってないし
侵略か否か極めて難しいと報告してるからな

153 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:05:26.53 ID:MMFTMr2BO
>>132
被害者、加害者なんて明確にカテゴライズできん時代だろよ
アジアに阿片を蔓延させた奴らや、共産化の名の下に沢山の紛争と粛正をやった奴らも加害者になる訳だしな

154 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:06:08.80 ID:o7I8/Yi90
日本は一度滅びたほうが世界のためだろ

155 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:06:12.32 ID:5RUB8dI9O
当時は世界中が帝国主義で悪じゃ無かったというなら、今は戦勝国主導の秩序に従えよ

勝つ見通しのないケンカは売るな

156 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:06:41.11 ID:OIjWQq7x0
>>144
でもって中国の排外民族主義に敵対視されたわけだが、それ自体はどこの列強も変わらない。
なぜ日本が1930年代以降に集中的に狙われたか、そして列強が日本を生贄にしたか。

そういう視点がないと何故大日本帝国が滅んだかは分からないし
今の日本も同じ末路を辿ることになりかねない
過去のレッテルなんてどうでもいいのよ、大事なのはいまこの瞬間に行われてるたたかいなのだ

157 :三河農士 ◆R2srkOAYfTmd :2013/05/13(月) 12:07:03.78 ID:yPJRm1Km0
>>140
大屋は溥儀だろ。
他の店子に嫌がらせされたって方が近い。

158 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:07:16.30 ID:Chn0DngEP
>>152
>ただし地主と協力してるけどな

清は中華民国に主権委譲した立場だが。
日本など列強も条約で中華民国の主権を認めてたし。
条約に異論なら、満州事変より先に各国と協議が先。

159 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:08:40.74 ID:V1PZ2Mv30
ハル・ノートを無視して 日本軍は一方的に中国戦線から撤退。満州の守りだけに専念する。
同時に日独伊三国同盟のはき宣言。理由はドイツが不可侵条約を結んでいたソビエトに
侵攻したからと。武士道に劣ると非難。そしてかつての同盟国であった英国への支援を宣言。
かつての友を見捨てる事を日本はできない!と表向き演出も抜かりなく。(但し,ドイツへの
宣戦布告はしない)。艦隊を派遣しイギリスへの補給艦隊を警護。形だけであっても物資も
供給する。無視されたアメリカは対応に苦慮。茫然自失。一方 イギリスからは日本は味方に
引き込んだ方が良いと説得され。日本も動いたんだ。俺たちも!とアメリカ国内の世論も喚起。
流れは一気に危機に瀕した英国支援のために日米共同参戦という形に。ええ。夢ですよ。夢。

160 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:09:33.26 ID:T6u4ZEs70
>>141
日中戦争なんてありません
シナ事変に世界からの要請で関与しただけ
世界も日本もシナやアジアの共産化を防ごうとした

161 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:10:38.75 ID:OIjWQq7x0
>>155
今は中韓が絶好の隙を晒してるとこだ
自国の排外主義・国粋主義に引きずられて国際秩序の側にいる日本に喧嘩売ってきたのだから

この機を逃さず「中韓こそがアジアの平和を破壊してきた民族」という歴史観を世界の常識にしなければ
英霊は永遠に報われないし日本に平和は保たれない
そのためには何が何でも今は「中韓が国際秩序を壊す者、日本は国際秩序を守る者」という姿勢をとらなきゃいけない
先人たちが国際法に則った国家運営をしていることを見せつけるために捕虜を手厚く遇した日露のときを思い出せ

162 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:10:43.69 ID:pI7aT00l0
>>114
敗戦国の一地域(当時)と非参戦国が、なぜか戦勝国を名乗り敗戦国を食い物に
贖罪意識で縛るのに都合がいいので世界も黙認

敗戦国はお人よしで勤勉なATM国家に育ったが
「自称戦勝国」は勤勉な敗戦国の足を引っ張り世界経済は停滞

かつて必要悪だった「自称先進国」、その弊害が御しきれなくなったのが今
その処理をどうやって行うか、という局面
真の意味での「戦後レジームの終焉」ってところか

163 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:11:47.77 ID:lAYbYShF0
>>158
主権移譲の際の身分保証の約束が守られなかったんで
日本と共謀することになったんだがな
袁のやり方が悪かった
日本で言うなら徳川家の立場をちゃんと保証しなかったから
外国勢力と結託して内戦になったみたいな話だな

164 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:11:51.59 ID:8bqKR2HG0
過去を問題視する意見に乗る必用はない

165 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:11:59.39 ID:b0ZzGrTK0
張作霖は馬賊、ただのヤクザだった。
日本が満州経営に乗り出した際、張作霖は満州の大豆農家を周り
勝手に作った軍票を押し付け、大豆を強奪した。
強奪した大豆を日本に売り日本円を手にする。
結果、信用なき軍票が流通通貨になり張作霖は莫大な富を得る。
この富を背景に張作霖はシナ全土に色気を出すようなる。
日本としては子飼いにしてたヤー公が跳ねっ返り始めたんで
処遇に困る。で、満州事変。

166 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:12:16.02 ID:QxJgxT8v0
まとめ
ネトウヨは馬鹿

167 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:14:02.86 ID:9nkeCqpt0
>>127
>>130
ガラパゴス的な意見乙。
一歩国外にでたら通用しないぜ。

>>135
東京裁判で死刑になった戦犯を詣でたとしたらそれはもう国内問題ではない。

168 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:14:30.59 ID:4wrIzBDu0
>>127
馬鹿は口出すな、当時は新規に植民地を増やすことは禁止されていた
コレには日本も同意してる

>>129>>130
歴史の繋がりも理解できない馬鹿も黙ってろ
満州事変を起こした石原が大出世、他の主要国が満州事変を結果的に容認したことで
「俺も俺も」っていう第二の石原になろうとした奴らがその後の侵略を推進したんだよ

169 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:14:59.89 ID:meGdW42r0
初レスします
教えてください m○m
>日本が植民地になる
これは、共通認識なの?

170 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:15:08.88 ID:XbWMARQDO
>>136
実は日本も核開発してたらしいけどね。スパイに技術盗まれたらしいけど
あれ?今の日本の状況にデジャブw

171 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:15:12.42 ID:Llgsh4ns0
>>159

それができる政治家がいたらな
軍部大臣現役武官制がなければ、できていたかもしれない

172 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:15:32.30 ID:OIjWQq7x0
>>165
さすがに時系列無茶苦茶すぎてツッコミいれざるを得ない……
張作霖暗殺と満州事変の間にどんだけの時間が経ってると思ってるんだい。

173 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:16:42.27 ID:hL1kw8BqO
>>166
まとめ
キチガイ左翼はシコリアンとシナ畜

174 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:17:07.92 ID:XzjyLvNh0
>>27
これに尽きる。調子こいて領土拡大しなければ、資源封鎖も無かった。
植民地云々は関係ない話

175 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:17:39.88 ID:AxBo44/70
>>81
時期がズレてるのを無視してはいけない。

日米了解案は、昭和16年4月。

重慶政府以外は認めないとしたハルノートは、、昭和16年11月。

つまり、日米了解案は、日本側で松岡ら反対派が出てすんなり決まらなかった。
その後もアメリカは日中和平の仲介を続けたが、日本側が殆ど妥協しないので結局アメリカは次第に態度を硬化させたという事ではないか?

176 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:18:31.37 ID:sJJPHqM90
満州事変の原因は張作霖の息子だろw

親父関係ねえwww

177 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:18:35.74 ID:PT3bdUwo0
>>145
そもそも名誉回復って死刑にならないで刑務所内にいた戦犯の早期釈放の議決だろ。
単なる「特赦」じゃないか。ホリエモンと同じだよ。
ホリエモンは模範囚として「特赦」され「名誉回復」されたか?犯罪を起こした事実は消えないだろ。

あと、野田の父は職業軍人(自衛官)。どうしてそう言いたいか、わかったよな。

こういうことをいうやつは、親が軍人が、安倍みたいにA級戦犯訴追者の子孫だよ。

178 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:18:53.02 ID:T6u4ZEs70
■■八紘一宇の大思想──称賛された満州の近代化


戦前の日本には、八紘一宇という大精神があった。
これは神道のこれまた類い稀な偉大な思想に基づくものである。西洋の宗教の如き排他性をもたない、傑出した思想であるといえよう。

この点を証拠づけるものは、西洋列強の東洋侵略と日本の満州国建設のコントラストであろう。西洋列強の東洋諸国支配は搾取、収奪、
奴隷化に他ならなかった。英国が印度支配のため最初に打った手は、既存の教育関係を絶滅し、諸民族を相争わせ、言語の複雑化を計
ることであった。オランダのインドネシア支配も同様であった。そこには何ら建設的なものはなく、ただ自己のための搾取があるのみであっ
た。

しかるに、日本の満州国建設大事業はこれとは対照的であった。五族協和を唱い諸民族平等の関係を育て、その投資は建設的なものであっ
た。当時欧米でも識者は、人口3000万の満州国は十年後には人口1億を有する大近代工業国家として極東の一角にその勇姿を現わすであ
ろうと、称賛と期待をもって見守っていたものであった。

他のアジア諸国で、欧米列強によって近代的工業国家に育てあげられた国が一国でもあっただろうか。満州の近代化の成果は、現代に至るも
中国の工業の心臓部である点をみても分かることである。

これを可能にしたのは、八紘一宇の大思想のしからしむるものである。

179 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:18:53.44 ID:MRxDZpU60
アジアの人たちを大量虐殺した不当戦争を正当化するつもりかクソババア

180 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:18:53.86 ID:YZLIKHQ50
なんで、こんな当たり前の事がこんなに盛り上がってんだ?

181 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:19:20.98 ID:gMW9Ixkb0
>>169
どの括りで共通認識って疑問はありますが

>日本が植民地になる
(一部人たちの表現を使えば)そうなっていた可能性は否定できない

182 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:19:28.63 ID:5RUB8dI9O
>>161
北朝鮮がいるのに日本は中国韓国と争ってる場合かってのが欧米の認識じゃないのか

靖国参拝なんか日本からケンカ売っただろ

183 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:19:30.79 ID:+LekL/Hy0
高市政調会長の発言はよかったと思うな。
社民・共産の切れっぷりが見ていて面白かったが。
本当に日本人かなあって思った人多かったと思う。

184 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:19:49.33 ID:4939Hz1FO
>>155
日本は戦ったからこそ今があると思うのだが。
戦わなかったら白人の奴隷だょ

185 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:19:52.51 ID:LBJZ5jEh0
>>169
麻生が先日言っただろ、「同じ国、民族でも歴史認識は 一致しない。」て

歴史にifはないんだから、史実以外はなんとでも言えるし、正解も不正解もない。
だから、「日本が植民地になる」なんて言う方がバカ。
なったかもしれないと言えるし、ならないとも言える。
言えることは2ちゃん流にいえば「スレが荒れる状態になる」ことは確実。

186 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:21:46.68 ID:b0ZzGrTK0
>>172
湾岸戦争とイラク戦争に時間が空いてるから何ら因果関係がないって考えるタイプ?

187 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:22:18.34 ID:gMW9Ixkb0
>>177
その理屈で、ホリエモンに「犯罪者」って言えるかい?

188 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:22:53.05 ID:lAYbYShF0
>>168
日中戦争の始まりもカオスだが
そんなに陸軍独走だったかなぁ
直接の経済封鎖の引金になったとされる
仏領印支への進出は外務省主導じゃなかったか

189 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:23:46.53 ID:YZLIKHQ50
>>125
国内法で裁かれたのでないから刑死はありえない。
しかも、処刑されたときはまだ戦争は終結していない。
戦争が終結するのはSF講和条約後だ。
そういう意味で、A級戦犯と呼ばれる方々は靖国に祀られるべきだ。

190 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:24:00.84 ID:rR96/8Db0
1941年12月8日に日米開戦で、敗戦が1945年8月15日。
3年と8ヶ月で戦争を戦争をやめた。
民主党政権も3年と3ヶ月で終了したよな。
だいたい3年が目処なんだな、日本の場合は。

191 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:24:01.58 ID:meGdW42r0
>>181
レスサンクスです
実際にそういう(日本本土が欧米列強に植民地化される)状況ってあったんでしょうか?
帝国主義の世界でも、列強同士で本土の植民地化って聞いたことなかったんで

192 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:24:05.16 ID:qs3B0UDA0
そのどん詰まりまで行った過程でどこが悪かったか検証しないと。
何が悪いか結局、統帥権というシステムが諸悪の根源。
これが時代の流れについて行けなかった。これが結論じゃないか?

193 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:24:26.74 ID:OIjWQq7x0
>>182
欧米はそう思ってりゃいいさ。それが世界の常識になるプロセスの間に日本の利害を盛り込めるかどうかが重要なんだ。
靖国参拝でギャーギャー喚いてるのは中韓だけで、欧米にとってはそんなもん直接的にはどうでもいいこと。
そんなことでケチつける中韓がおかしいという方向に話を持っていくための舵取りをせにゃならんのだ、今は。

194 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:24:59.69 ID:/WcVwvLqO
植民地になるかならないかは知らんけど、
現在の自由に貿易できる世界は有り難い。

195 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:26:13.85 ID:bxwa4UiI0
>高市。国策に殉じて命をささげた方々をいかにおまつりするかは内政の問題だ。

オマエが内政といっても必ず外交問題になるからな。
それから、国策に殉じて命をささげたのではなくて、愚策で尊い命を奪われたのだ。
南方に派遣された日本兵の大半は餓死だろ。

196 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:26:25.33 ID:hL1kw8BqO
>>180
ヒント
わざわざアメリカまで飛んでクネが日本悪論を言ったのに全て台無しにした猥褻報道官、VANK

197 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:26:28.20 ID:X7ll/B0fO
>>187
ん?横だがホリエモンは犯罪者だろ?

198 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:26:28.88 ID:sJJPHqM90
>>186
狭義で結びつける意味があんのか?

199 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:27:01.97 ID:/NbGWEj20
ベストだったと回答するのが左翼ですよ

200 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:27:15.35 ID:gMW9Ixkb0
>>191
ご自身で調べてみてくださいな。

201 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:28:08.61 ID:KZ1CgTveO
資源封鎖された理由が
再三の英仏からの警告を無視して
上海に手を出したからだろ。
国際承認得ずに中国領攻めたところまでは
東南アジアでの絡みから大目に見られてたのに。
官僚の暴走と外交の怠慢が正義だとでも?

202 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:29:32.67 ID:YZLIKHQ50
>>195
>オマエが内政といっても必ず外交問題になるからな。

そんな国々は、無視すればよろしい

203 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:30:08.09 ID:gMW9Ixkb0
>>167
彼が、特赦を含み刑を全うして娑婆に出てきているなら「元犯罪者」ぢゃねぇの?
起こした犯罪については、課せられた刑をこなしたんだからさ。

204 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:31:13.13 ID:tAyYM3Am0
1951年9月、第二次世界大戦の後に設けられたサンフランシスコ講和会議(対日講和会議)の席上
セイロン(現スリランカ)代表のJ・R・ジャヤワルダナ蔵相(後の首相)はこう演説した。
「アジアの諸国民は何故、日本が自由になる事を切望しているのか。それは、アジア諸国民と日本との
長きにわたる結びつきの故であり、また、列強の植民地として従属的地位にあったアジア諸国民が、
日本に対して抱いている深い尊敬の故である。
アジアの指導者の中には最愛の祖国が解放される事を希望して、日本に協力した者がいたのである」
よってセイロンは日本に賠償を求めない、とジャヤワルダナ氏は述べ
「我々アジアの将来にとって、完全に独立した自由な日本こそが必要である」と強調。
ロシアなどが主張した日本分割案に真向から反対してこれを退けた。
そして、『憎しみは憎しみによってやまず、愛によってのみやむ』というブッダの教えを引いて、
対日賠償請求権を放棄し、各国にそれに続くよう呼びかけた。
インド・ラオス・カンボジアなどが、この呼びかけに答え、自発的に対日賠償請求権を放棄した。

205 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:31:17.83 ID:OIjWQq7x0
>>199
そらまあ、左の人はそうですわな。日本解体が彼らの目標ですから。
もっとも日本不謬論に固執しほんのすこしでも批判したら「左翼だ!」って決めつけるアホは
それと同等に日本解体を目指す工作員としての機能を果たしちゃってますが。

206 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:31:24.86 ID:Vq7resrUO
>>195
そうそう。
ある日赤紙で召集されて弾さえ撃たせて貰えず飢えとマラリアに苦しんで訳も解らないまま死んでいったのが半数以上。高貴な気持ちで命を捧げた訳ではない事は想像力があれば解るんだが、
脳筋保守には解らない。

207 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:31:53.78 ID:PT3bdUwo0
>>203

「元受刑者」だろ。

犯罪者=罪を犯した人=犯罪者という事実は死ぬまで消えないし
死んでも消えない。

208 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:31:58.73 ID:Yory218J0
日中戦争は元々中国人がヨーロッパ勢力から半植民地にされて
そのブレーキ役として植民地化されていなかった日本に
なんとかしに来てくれだのもういいから出て行ってくれだのまた来てくれだの
自分たちに都合のいいように使おうとして
その規模が次第に大きくなって手に負えなくなりしまいに出て行けと言ってキレられたのが真相だろうに

だいたい日露戦争だって中国がきちっと自国を管理できてれば起きなかった戦争だぞ

209 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:32:17.97 ID:LBJZ5jEh0
>>202
もともと国内問題なのを、左翼が炊きつけてきて国際問題にしたからな。
「外交問題になるからな」てそれは「外交問題になってほしい」ていう願望だろ。

210 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:32:20.80 ID:tAyYM3Am0
ラダ・ビノード・パール(インド、極東国際軍事裁判判事・法学博士)

要するに彼ら(欧米諸国)は日本が侵略戦争を行ったということを歴史にとどめることによって、
自分らのアジア侵略の正当性を誇示すると同時に日本の一七年間(昭和3〜20年、東京裁判の審理期間)
の一切を罪悪と烙印する事が目的であったにちがいない。・・・・私は1928年から1945年までの
一七年間の歴史を二年七ヶ月かかって調べた。この中には、おそらく日本人の知らなかった問題もある。
それを私は判決文の中に綴った。
その私の歴史を読めば、欧米こそ憎むべきアジア侵略の張本人であるということがわかるはずだ。
それなのにあなた方は自分らの子弟に「日本は犯罪を犯したのだ」「日本は侵略の暴挙を敢えてしたのだ」
を教えている。満州事変から大東亜戦争にいたる真実の歴史を、どうか私の判決文を通して
十分研究していただきたい。日本の子弟がゆがめられた罪悪感を背負って、卑屈、頽廃に流されていくのを
私は平然として見過ごすわけにはゆかない。あやまられた彼らの宣伝の欺瞞を払拭せよ。
あやまられた歴史は書き変えなければならない。

                   (昭和二十七年十一月五日、広島高等裁判所での講演)

211 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:34:42.13 ID:YZLIKHQ50
>>206
原住民の民家を襲えば食料は調達できたが、それもせず餓死していった。

212 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:34:50.54 ID:lAYbYShF0
>>201
アメリカの資源封鎖の理由は
日本の仏領シンドシナへの進出だが
一応、フランスビシー政権へは了解を取っていたはず…

213 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:35:04.72 ID:PT3bdUwo0
>>210
パール判事はいいよな。インドは結局到達できなかったから被害を受けてないし。
軍部の行動はインドの独立運動家にとって都合が良かった。

日本人は軍部の統帥権によって内閣の意志を無視して勝手に起こされた戦争で
生命と財産が危険に晒されたんだよ。

214 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:35:11.53 ID:LBJZ5jEh0
>>208
そんな瑣末なこというなよ。
真相は、クレオパトラの鼻が高かったことだろ。
クレオパトラの鼻がもう少し低かったら、世界の歴史も変わっていて、日中戦争も起きなかった。

215 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:35:48.54 ID:X7ll/B0fO
>>203
なんだそんな低次元の話かw

216 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:36:13.76 ID:v6sFQasl0
外交問題になってるじゃん。何が左翼がどうのこうの言ってるの。
歴史修正主義者の理論は日本国内の一部の仲間内だけでしか通用してない。
つい最近親玉の安倍ちゃんでさえヘタレのとかなかったことになってるのか。

217 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:37:43.01 ID:wrE4lQAk0
左翼は戦争大好きです。
ハル・ノートは左翼が書きましたw

おかげで馬鹿なアメリカを利用して日本を倒し、中国市場につられたアメリカも結局は中国から叩き出されましたw
ソ連としても、背後で日米が争ってくれて、一石二鳥ですw

218 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:38:13.45 ID:YZLIKHQ50
>>216
この流れはもう止められない。アキラメロンww

219 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:38:23.40 ID:OGjCeFrf0
朝鮮の植民地の統治方法を誤ったと思う。
あの予算を東北地方などの開発にあてれば、
昭和恐慌→226事件→大陸進出のシナリオはなかったと思う。

朝鮮に予算をかけすぎた。
あんなにソウルや釜山にある植民地時代の立派な建物は、
日本とて東京、大阪、名古屋ぐらいにしか存在しないだろう。

220 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:38:56.84 ID:gMW9Ixkb0
>>207
>「元受刑者」だろ。
違いない、正しくはそっちだな。

>犯罪者=罪を犯した人=犯罪者という事実は死ぬまで消えないし
>死んでも消えない。
ってことは、あなたはホリエモンに「犯罪者!」って声掛けらえるんだね。
俺は、刑に服して全うしてきた人を、そういう扱いできないけどね…

まぁ、たとえば殺人事件の被害者が、刑を全うして出てきた犯人にそう言いたいっていう
気持ちは理解するが、法律上はどうなのよとも思う。

221 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:40:08.64 ID:5RUB8dI9O
>>193
だからそのための方法と見通しは有るのかと

靖国参拝してあの戦争は間違いではなかった、中国韓国がおかしいんだと言って賛同する国があるのか

222 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:40:20.10 ID:PT3bdUwo0
>>220
いちいち声をかけなくても、ホリエモンの罪について歴史問題になったときは
「犯罪者」だとはっきり言うよね。

223 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:42:21.96 ID:UfaQwQjfP
この人の特アに対する行動力は本物だがそれしか専門性がないのも政治家としていかがなものか。
ゴミはこういう人をゲストに呼び出しといて経済問題とか振るから気をつけてもらわないと。

224 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:42:27.87 ID:YZLIKHQ50
>>219
だから植民地じゃなくて併合だろ。
併合は金がかかるので、伊藤博文は反対していた。

225 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:42:35.15 ID:wrE4lQAk0
>>216は、歴史の真実に向き合った方がいい。

226 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:42:55.63 ID:IfHFGCLq0
それ以前の日本の行動は言い訳できないが開戦の責任はアメリカにもあるだろうけどな
資源封鎖されずに中国から撤退してたら、中国利権はアメリカが乗っ取るだけ
日本は国内の反米感情を抑えきれずに共産国化してたかもな

227 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:43:09.56 ID:gMW9Ixkb0
>>222
俺は言わない(w
「当時その事件を起こしたホリエモン」とか
オブラートに包むんで「人権(w)」とやらに配慮するかな(w

228 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:44:10.52 ID:LBJZ5jEh0
>>221
靖国参拝したら、「戦死者を慰霊した」とだけ言えば良くて
「あの戦争は間違いではなかった」て言わなければいい話。

さらに小泉は「あの戦争は間違いだった」て言ったんだからな。

だから、靖国参拝したら戦争を美化したなんていうのはトンチンカンで、そのトンチンカンは中韓と左翼だけ。

229 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:44:28.35 ID:wXlEHbcp0
>>195
>外交問題になる

日本とWWUで戦った連合国が問題にしないのにね。
中韓しか問題扱いしないし、別に中韓にぎゃんぎゃん言われても
日本に不利益出ないし、いいんでない?

230 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:45:04.23 ID:cOCSqbaq0
北朝鮮は許しがたい蛮行を行ってきたが
こと核保有だけは認めてもいいと思う
無論、日本もね

駄目と言うなら、最低でも常任理事国からどうぞw

窮鼠猫を咬む
持っている以上、撃たないと駄目な状況を造ってはならない

231 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:45:06.53 ID:wrE4lQAk0
尾崎秀実は、日中戦争で強硬論を煽って、対立の激化に一役買いましたw
あ、尾崎も左翼でしたね(笑)

232 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:45:21.46 ID:Vq7resrUO
結局高市理論は内輪でしか主張できない。そんなに拘りたいなら国連でスピーチしてみろよ。

233 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:45:31.87 ID:v6sFQasl0
歴史修正主義者は調子こいたあとのジャンピング土下座する内弁慶だけで
国際的に通用しない政治家の無残な真実に向き合った方がいいのにね。

234 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:45:45.03 ID:5RUB8dI9O
>>184
そんなこと日本の閣僚が言ってみろ

中国韓国どころか欧米各国で大使が呼ばれて厳重抗議もんだぞ

235 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:45:45.25 ID:fVIir0aM0
でもさ、TPPに賛成しているんだよね。どうすんだろ資源問題は。
エネルギーだけではなく、今度は餓死が戦死者を超えるかもしれないな。

236 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:46:32.71 ID:OGjCeFrf0
>>224
正しくはそうだな。
植民地経営もヨーロッパに厳格に真似てなかったから、その分の弱いところは存在したと思う。
日本の優しさが結果として、不況時に現れ、悲劇を招いたと思う。

237 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:46:46.65 ID:o5UQe+/D0
もし、大和民族が白人だったら、あの戦争は絶対おこらなかったと思う。
当時の、白人主体の国際社会の中で、唯一独立国家として、白人国家と
渡り合っていた国が、日本であり、白人はそれが目障りでしょうがなかった。
だから、日本は、彼らからの執拗ないじめにあい、自らの国を守るため、
戦うしかなかった。
 日本が自衛のために行った戦争であると、後にマッカーサーも言っている。
今の、韓国や中国が言っている、侵略や植民地は何の根拠もない。

238 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:47:11.80 ID:PT3bdUwo0
>>227
「ホリエモンは特赦されたから名誉回復されている。だから犯罪者ではない」

とは言わないだろ。

239 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:48:29.67 ID:wrE4lQAk0
>>233

今や時代は変わったのよん(笑)

240 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:49:58.59 ID:EyG8OKyyO
統帥権の問題で軍部と
結託すべきで無かった。


リットン調査団の勧告に
従い満州国の建国を断念
すべきで有った。


国際連盟を脱退
すべきで無かった。


ハルノートを受諾して中国から撤退すべきで有った。

何処かで選択していれば
太平洋戦争は無かった。

241 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:50:09.53 ID:LBJZ5jEh0
>>237
>>もし、大和民族が白人だったら、あの戦争は絶対おこらなかったと思う。
たらればなんてなんとでも言えるぞ。
もし、大和民族が白人だったら、あの戦争は絶対起きたとも言えるぞ。

242 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:50:31.42 ID:wXlEHbcp0
>>238
サンフランシスコ講和条約に調印していない国は、
いわゆる戦犯にたいしてそれを理由に誹謗などをしてはいけない、
って項目があったよね。

戦犯を犯罪者扱いする筋合いは、中韓にはない。

243 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:50:59.27 ID:q4uSdz56O
>>234
なんと言おうがそれが史実だからな
まあ外向けにそんなこといわんでいいが、
教育ではそうしっかり教えていかねばならん

244 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:50:59.98 ID:GnMzuCGmO
大東亜戦争はアメリカが挑発してきたからな

245 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:51:20.34 ID:Chn0DngEP
>>237
>大和民族が白人だったら、あの戦争は絶対おこらなかったと思う。

戦争は白人同士でも普通に起きる。

日本は黄色人種だが、連盟の理事国になってたぞ。
満州事変〜続く中国介入とかで対立が深まったんだろ。
不戦条約の後の行動だから非難も受けやすかった。

そもそも権益保護なら満州事変でオーバーしてる。
その後も中国介入はかって泥沼は日本は肯定しがたい。
紛争の要因は双方にあったが。

246 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:52:09.08 ID:gMW9Ixkb0
>>238
たぶん、あなたとは「犯罪者は法的にいつまで犯罪者」っていう線引きが違うんだと思う。
あなたは「犯罪を犯した事実は消えないから、死んでも犯罪者は犯罪者」って立場
俺は、「犯罪を犯した事実は消えないけど、法的に罪を償ったなら犯罪者と呼ぶのはおかしい」って立場

だから、「ホリエモンは、現在 その事件の犯罪者ではない」って言うと思うよ。

247 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:53:27.89 ID:wjddBDic0
せっかく白人同士が欧州でドンパチやってんだから
対岸の火事で儲けりゃよかったのに
大陸の陸軍が、政府はおろか自分とこの親分の参謀本部の
言うことすら聞かずに暴走しちゃなあ
それにつられて海軍まで見通しなしに迷走するしまつ

とりあえず石川信吾は国賊

248 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:54:12.00 ID:Chn0DngEP
>>244
>大東亜戦争はアメリカが挑発してきたからな

アメリカは日本の行動に、段階的に対応しただけ。

日本・・・日露戦後、アメリカとの満州鉄道共同経営の約束破棄
アメリカ・・・日本にムカつき移民規制

日本・・・満州事変〜中国介入
アメリカ・・・国務長官等が条約違反に基づき非難〜中国へ物資援助

日本・・・北部仏印進駐 ナチスと同盟
アメリカ・・・クズ鉄禁輸 交渉に妥協余地も見せる

日本・・・警告を蹴り、欧米領視野の南部仏印進駐
アメリカ・・・石油禁輸 強硬姿勢

249 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:54:18.71 ID:LBJZ5jEh0
大和民族は白人でないし。あの戦争は起きた。
それが事実で史実。

大和民族が白人だったら、あの戦争は絶対おこらなかったと・・・なんて言い出すのは
韓国人のやること。
お前韓国人か?

250 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:55:15.47 ID:EH0hv8Nv0
戦前にきちんと侵略しとかないから
満州国も朝鮮も半端に残って
今のような姿になってしまった

もし、満州も朝鮮も日本人だらけで日本語しか通じない国になっていたら
たとえ戦争に負けても
きちんと日本に帰ってきたことだろう

日本人・日本語の国にできなかったんだから
侵略失敗

251 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:56:05.19 ID:OGjCeFrf0
植民地の人々を奴隷のように働かせ、その収奪した富によって
経済を回復させるというプランが当時は、普通だった。
だからこそ、他の列強は日本の満州支配に怒った。
他の列強にしてもそこは希望があった土地なのだから。

とすれば、日本の朝鮮や台湾の統治方法で全然温いなと。

そこに最近の韓国は謝罪を求めろと言ってくるんだよね。

252 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:56:40.42 ID:PT3bdUwo0
>>246
だからあなたの言ってるのは「受刑者」だよね。

死んだらそれ以上の刑罰を受ける必要はない。懲役期間が特赦されたらそれ以上の
刑罰を受ける必要はない、というだけ。

「罪を犯した」=「犯罪者」というのは記名された「事実」「史実」

253 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:58:08.10 ID:EH0hv8Nv0
侵略に失敗したら

乗っ取られそうになった民族が怒るのは当然

254 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:58:11.06 ID:XzjyLvNh0
>>1
の主張は、北朝鮮が「経済封鎖をされて核兵器を持たずに植民地になる道がベストだったのか?」と言ってるのと同じ
それ以前の行動を無視して、開戦直前の状況の正論を主張しているキチガイ

255 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 12:59:02.04 ID:YZLIKHQ50
>>236
日本はアジア諸国を植民地にする気など、もともとない。

256 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:00:54.67 ID:wXlEHbcp0
>>248
ルーズベルトは、戦争したくてたまらなかったけど、
選挙で『アメリカは戦争しません、出兵しません』っていったから
アメリカからは開戦できなかった。
ちょろっとラジオ放送で『戦争した方がいい』って発言してたし。
とにかく、アメリカの金を貸してたイギリスがナチスドイツにぼろ負けで、
どうにかして戦争に介入したかったから、日本を挑発した。
イギリスのチャーチルなんか、『日本が真珠湾攻撃してくれたおかげで、枕を高くして眠れる』って
日記に書き残してるし。

257 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:00:59.25 ID:Tk+sxGOO0
自分が困ったら他の人の持っているものを奪おうというのは、どうみてもヤクザ。
そんなのが要職にいる政党って・・・

258 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:01:29.90 ID:EH0hv8Nv0
昭南市とか、アジアのどこかに作ってなかった?

日本語の教科書をもちこんで
「サイタ サイタ サクラ ガ サイタ」って
教えてなかった?
 
それは「正当な貿易」で、植民地じゃないって?

259 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:02:23.89 ID:gMW9Ixkb0
>>252
>「罪を犯した」=「犯罪者」というのは記名された「事実」「史実」
「罪を犯した「人」」=犯罪者であり
その「事実」「史実」を曲げることはできないよ。
けど
>「法的に罪を償ったなら犯罪者と呼ぶのはおかしい」

260 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:02:49.07 ID:OGjCeFrf0
>>255
その気がなくても、きちんと植民地支配も列強を真似てやってれば
太平洋戦争へ突入する悲劇もなかったんじゃないか、という話。

最近はその優しさにつけ込んで中韓が謝罪を求めたり反日教育をしてくるじゃん。

我々はその優しさが根本的な誤りと気づくべきだろう。

261 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:03:04.34 ID:wXlEHbcp0
>>254
どこのだれがあんなに貧しい国を植民地化したいんだよ…。

262 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:04:00.88 ID:q4uSdz56O
>>236
「植民地」経営とか嘘をつくな
日本はアジアの繁栄と自由のために力をつくしそれは今でもシナと朝鮮以外には感謝されてる

263 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:04:11.14 ID:lAYbYShF0
>>248
そういう風に並べて見ると
何でアメリカは遥か極東の権益争いに
当事者でも無いのに執拗に介入してくるん?
メンヘラじゃね?
という感想になるな

264 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:04:17.49 ID:mE4eIF5A0
>>119
なるほど、中国がチベットを完膚なきまでに叩き潰して終戦に持っていけば
皆が納得するってか?

ンナワケネーナ

265 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:04:25.52 ID:YZLIKHQ50
>>257
ヤクザが殺すぞと言ったので、やられる前にやった。それだけww

266 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:04:49.85 ID:a86l5s4j0
>>252
犯罪として規定されていなかったのなら
なおさら犯罪ではないし犯罪者でもないね。

267 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:05:19.32 ID:wXlEHbcp0
>>258
植民地化、じゃなくて同化政策だろ。
同じ日本領内で日本語通じなかったら不便だろ。
別に現地語禁じたわけでないし。

今の日本で英語教育してるけど、べつにアメリカの植民地だからじゃないぞ。
便利だからだ。

268 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:06:49.84 ID:YZLIKHQ50
>>260
人を奴隷のように扱う植民地など、天皇陛下が許さん。

269 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:07:12.31 ID:7Z4jt54R0
苦労して核ミサイル保有した北朝鮮はエライと思うわ
高市早苗も金正恩のチンポなめに訪朝しとけ

270 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:07:26.28 ID:PT3bdUwo0
>>266
サンフランシスコ平和条約で戦犯を承認してるから。

それに戦犯は、パリ不戦条約違反、ジュネーブ条約違反、軍法違反だよ。

271 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:07:47.00 ID:z6a8n6hxO
そもそも靖国参拝で文句つけてるのは中韓だけじゃねーか
他の侵略されたアジア諸国から何故文句が出ないんだ?朝鮮に至っては侵略されたわけですらない

272 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:08:28.39 ID:lAYbYShF0
日本が大陸の権益に拘るのはソビエトの問題があるからだが
アメリカが拘るのは完全に下心だけで
アメリカに執拗にちょっかい出されりゃ
そりゃ日本もブチ切れますよ

273 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:08:51.39 ID:3SFiizz30
>>250
経略って言葉があるから、侵略じゃなくてそっちを使えばいいと思った。
日本は周辺国を侵略したんじゃなくて経略したのだ、で良いんじゃね?

274 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:08:53.29 ID:SaDojTs10
結局当時の関東軍とか東郷が馬鹿すぎたのが敗因だと思うけど

275 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:10:06.97 ID:PT3bdUwo0
>>268
でも戦前は「慰安所」も「売春婦」も合法だったし、東北の娘たちは
売られてきたし、炭鉱労働者はタコツボで奴隷労働してたからね。
日本人ですら下層は奴隷労働みたいなことをしていたのだから。
まあ安い金銭契約が行われているからあくまで「奴隷みたいな労働」って
意味で本当の奴隷とは違うけど。でも戦前は生活保護も生存権もなかった
わけだから、生きたかったら奴隷労働でもせざるをえない。

276 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:10:15.82 ID:nqNdRndF0
>>1
>アメリカも不必要と見ているし

民主党はアホか。
ここぞとばかりにアメリカを持ち出すのはブサヨクの特徴。
他国が必要かどうか判断するなど片腹痛いわ。

277 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:10:25.08 ID:wXlEHbcp0
>>263
イギリスが負けたら、アメリカは貸した金が返ってこなくて大損するからだろ。

はるか極東っていうけど、
わざわざヨーロッパからアジアまでやってきて植民地をつくる人もいて、
アメリカからもフィリピンまで出張ってきてんだから、
対岸の火事じゃないよ。

278 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:10:27.54 ID:a86l5s4j0
>>270
条約違反は条約違反であって、犯罪ではないことは
国際法の知識があれば判るはずだよ。

>平和条約で戦犯を承認してる
GHQの行為そのものやその効力について受容れてるね。
それと、犯罪を規定していることとは別でもある。

君、自分勝手に「犯罪」を解釈しすぎじゃないか?

279 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:11:06.80 ID:IfHFGCLq0
アメリカのやっていることは昔から内政干渉だから
自国の利益と対立する場合はどんな手を使っても叩き潰す

280 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:11:37.34 ID:Chn0DngEP
>>268
>人を奴隷のように扱う植民地など、天皇陛下が許さん。

天皇って昔から居るけど。

薩摩藩が琉球(沖縄)を搾取し、特に奄美が酷い状況だったが。
天皇は興味無しの態度だぞ。

前大戦でも、東南アジアの人を労務者として酷使した面があるが、
天皇は止める様な勅語とか出してないだろ。

281 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:11:53.42 ID:YZLIKHQ50
>>274
山本五十六がバカすぎただけww
無闇に戦線を広げ、海軍を壊滅させた。

282 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:12:17.47 ID:gMW9Ixkb0
>>266
話が広がりすぎるから、一般論で行こうって思っていたのですがw

 平和に対する罪が事後法適用か?とか
 極東軍事裁判は、適法裁判か?とか
 ジャッジメン「ツ」は、裁判全体か それとも判決文か?とか
 特赦議決は、生きている人に対してのみ適用か?とか
いろいろ微妙な話が出てくるから避けていましたw

283 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:12:30.79 ID:LBJZ5jEh0
>>254
このスレをとってみても、これだけあーでもないこーでもないてなるんだから余計なこと言うべき
でなかったんだよ。

戦死者を慰霊するのは当たり前てだけ言ってそれで押し通せばよかったのに。
麻生とかがしたことは靖国に参拝しただけなんだから。
麻生が「太平洋戦争の当時・・・」なんて当時ペラペラ喋ったか?

高市が言ったことは全く余計で、燃料を投下しただけ。
こんなやつ役職を解任すべき。

284 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:12:53.43 ID:z6a8n6hxO
>>270
軍法違反?

285 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:12:54.68 ID:wXlEHbcp0
>>270
だからこそ、サンフランシスコ平和条約に調印してない中韓に、
戦犯うんぬんで批判される筋合いはない。

286 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:13:58.43 ID:OGjCeFrf0
>>275
朝鮮人が鉄道労働で働かされたりした事実もある。
しかしそれは日本人が非人道的というより、それだけ貧しい時代だった、
人というのは根本的に生活苦との戦いでありその歴史の一部でしかないというのが結論だよね。

287 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:14:02.45 ID:mE4eIF5A0
>>283
不穏分子炙り出しとしては有効な手段だな

288 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:14:03.69 ID:YZLIKHQ50
>>275
欧米の植民地はどういう状況だったか勉強して出直してこい。

289 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:14:35.13 ID:fVIir0aM0
歴史認識騒動とかというのも話題逸らしの一つなんだろうな。これからの方が大切なのにな。
ニクソン(とキッシンジャー)は、ソ連が食糧危機の際、食糧を武器として使いブレジネフを落とした。
1972年5月にリチャード・ニクソン大統領がモスクワを訪問、米ソ両首脳は戦略兵器制限条約に調印し、
デタントの始まりとなった。
___

…1970年の農業法制定でそれまでの保護主義が取り払われ、農産物自由化の方針が打ち出されることになった。
カーギル社は日本やヨーロッパなどの先進国市場や、社会主義圏への売り込みを促進し、アメリカ最大の輸出商品が
食料へと移り変わっていく。さらに、世紀末には強力な追い風もあった。GATTに代わる国連の準専門機関
として1995年に発足したWTOがそれだ。

ここで定められた「保護貿易を排除した自由流通の理論」は、気候や地理的条件に制約される農業の特性を無視し、
一律に貿易自由化を各国に押し付けたもの。裏を返せば、日本を含め各国に食料自給の放棄を求める考え方の上に成り立った
食料輸入の促進でもあるのだ。… http://plaza.rakuten.co.jp/inasedane/diary/200604130000/

「食糧供給を支配する者が人々を支配し、エネルギーを支配する者が全大陸を支配し、通貨を支配する者が世界を支配できる」
ヘンリー・A・キッシンジャ

290 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:16:07.56 ID:a86l5s4j0
>>282
いえ、横から口挟んですみません。

そもそも告訴されて、被告になっていない存在まで
「犯罪者」などとする人の考え方に、以前から
疑問があったものでつい書き込んでしまいました。

以降ROMに戻りますね。

291 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:17:14.53 ID:nshb4wDEO
さて、この発言をABCD包囲網国のトップの方々が聞いたら
反応やコメントはどんなかな?

292 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:19:08.28 ID:gMW9Ixkb0
>>290 どういたしましてです。 お気になさらずに。

>そもそも告訴されて、被告になっていない存在まで
>「犯罪者」などとする人の考え方に、以前から
>疑問があったものでつい書き込んでしまいました。
わたしも疑問に思います。

いろいろな意見が出てくる2chですから、
いろいろ意見を読ませてくださいな。

293 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:19:26.31 ID:Pv8Iyn+E0!
>>258
長く奴隷扱いされて全く体制から疎外されていた現地の人に、自立した政府を作らせようと歴史上初めて要職につけていったのが日本
概念を表す言葉がなかったりするわけだ
教育システムから日本式が一番合理的なわけ

294 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:19:41.07 ID:YZLIKHQ50
>>291
C以外は何も言えないww

295 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:20:21.63 ID:PT3bdUwo0
>>284
軍隊内には軍隊の規律を守るための軍法違反罪というのがあって
軍法会議で裁かれる。最悪、銃殺刑。

捕虜の虐待だの虚言の流布だの、敵前逃亡だの、軍の上層部には
いっぱい犯罪やってんじゃん。

東京裁判やったせいで、軍法会議やってないんだよね。
軍法会議を開いていたら嘘情報しまくってた軍上層部や
兵隊を置き去りに自分だけ逃げ出した将官とか
捕虜を虐待してたやつらなんて大半が銃殺刑ですよ。

296 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:20:24.26 ID:gjDKzHZwP
言いなりになったとしても今と大して変わらないだろ

297 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:20:25.70 ID:xl3746yw0
高市みたいな思想だけご立派で能力のないクズが
安倍ちゃんの足、ひいては日本の足を引っ張ってるんだよなあ…

298 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:20:28.70 ID:SR2RGo+J0
>>255
オイw
>>3
> 「マライ」、「スマトラ」、「ジャワ」、「ボルネオ」、「セレベス」ハ帝国領土ト決定シ

299 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:21:20.79 ID:y4frSon20
>>294
というか、今更気にせんだろ
安倍が同じ事を公式に言ったのなら反応せざるを得ないだろうけど

300 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:22:43.37 ID:YZLIKHQ50
>>297
それは誤解だろ。
引っ張てるのはあんたの足だろww

301 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:23:20.25 ID:wXlEHbcp0
>>298
だから、植民地じゃなくて同化政策だっつーの。

302 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:24:34.41 ID:PT3bdUwo0
>>299 安倍は2006年に言ってるんだけどね。ていうかネトウヨの戦犯が名誉回復云々って
    このときの安倍発言がソースなんじゃないの?でもこれは単に「特赦の議決」にすぎない
    わけで、わざと誤解されるようにいってる安倍は・・・


「戦犯は国会で名誉回復の議決をしたのだから、A級戦犯は戦犯でも犯罪者でもない」と阿倍晋三が言っている...
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q118858626

303 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:24:45.21 ID:q4uSdz56O
>>298
植民地にしたわけじゃなく発展の助けをしたんだぞ

304 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:25:53.22 ID:4Vlo2B+MP
 俺、別に朝鮮半島で今、戦争が起きても構わないと思うけどね。

日本にも火の粉が飛んでくるが、絶対にノドンに核弾頭は

着けていないだろ。 ペイロード450キロの弾頭に核弾頭を

搭載する能力はまだ絶対に無い。

だったら、通常弾頭500キロくらいのうちに日本に撃ち込まれた

ほうが断然、被害が少ない。 歌舞伎町の真ん中に落ちても

即死はせいぜい10人程度だぜ。

だったら、今のうちに北朝鮮が暴発してくれて、韓国を火の海にして

終わってくれたほうが日本にとっては大いに好都合な。

マスゴミが日本は蚊帳の外なんて言ってるが、蚊帳の外から

半島の戦乱を見てみたいのが本音・・・・w

305 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:26:33.67 ID:wXlEHbcp0
ID:PT3bdUwo0は
まじめで潔癖。
前スレでは『日本は相続税があるから、私有財産権が無い国』とおっしゃってました。
たぶん団塊で、学生時代には反米・共産主義だったのでは。
違ったらごめん。

306 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:26:38.93 ID:gMW9Ixkb0
>>298
「帝国領土ト決定シ」=「植民地」って翻訳できる根拠が知りたいですねぇ…

当時のマレーシア、インドネシアって どこの国が主権を持っていましたっけか?
んで、それ以前に「帝国領土」となった「大韓帝国」は「植民地」でしたか?
(実質的にとか使わないでねw)

307 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:26:41.00 ID:7j3nTEHwO
日本は日韓併合後も学校でハングルを教えてたけどね
止めたのは戦争が激化した期間だけ
別に朝鮮語を禁止してないし

308 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:26:58.54 ID:y4frSon20
>>302
だから首相の立場で尚且つこの高市の文言でということなんだよ
内容が同じでも違う文言なら誰も問題にはしないだろう

309 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:29:02.76 ID:LBJZ5jEh0
>>303
植民地でいいだろ。
植民地のほうが発展が早かった場合が多いんだし。

まあ、左翼が「植民地主義はケシカランて」いうから、それの予防線をはろうとしてるんだろうが。

310 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:30:49.52 ID:v6sFQasl0
www.nikkei.com/article/DGXNASFS1300E_T10C13A5EB1000/
官房長官「高市氏個人の見解」 村山談話巡る発言

高市政調会長は安倍晋三首相の歴史認識は歴代内閣と異なる点があるとの見解
も示していたが、菅長官は「政府見解は全く変わらない。首相ももちろん受け
入れている」と強調した。高市氏に「政府の見解をしっかり説明したい」とも
語った。

311 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:31:25.58 ID:YZLIKHQ50
>>299
マッカーサーはABCD包囲網によって日本は自衛戦争に突入いたと議会で証言している。
よって、アメリカは何も言えん。
イギリスもオランダも馬鹿なことをしてしまったと反省している。
なんせ両国はこの戦争が原因でほとんどの植民地をなくした。

312 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:32:28.02 ID:XyX/Q0z20
文句言ってるのがアジア諸国の中で中韓だけという不思議

313 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:32:38.71 ID:LPoGhdV70
まあぶっちゃけ日清戦争前に領土的野心持たずに朝鮮から兵引いてればグズグズ言われずに済んでたけどね
資源封鎖とかは日清日露後に調子乗った暴走の果てにされたことだから

314 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:32:48.56 ID:CNBm7kfIQ
高市さんカッコいいね
納得

315 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:32:56.73 ID:y4frSon20
>>311
そういう事じゃないよ
お前は歴史的事実と政治力学の区別をつけろ

316 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:36:20.03 ID:wXlEHbcp0
>>313
そうしたら、朝鮮半島はロシア領になってただろうな。
第二次日露戦争勃発してたな。

317 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:36:22.67 ID:LBJZ5jEh0
>>310
この人はこの政調会長止まりでそれ以上なないな。
与党幹部ならそれなりのモノの言い方があるし。

318 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:37:25.02 ID:PT3bdUwo0
靖国神社は「軍法違反の銃殺刑者」は入れないといってるのに、
軍法裁判やってれば有罪になってるだろう戦犯は入れまくっている謎。

319 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:38:09.44 ID:YZLIKHQ50
>>315
そもそも、安倍さんは歴史についてはコメントしないと言っている。
よって貴方の仮説は成立しない。

320 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:38:34.90 ID:v6sFQasl0
www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013051300334
高市氏が極東国際軍事裁判(東京裁判)の結果をめぐって「歴史観は安倍晋
三首相自身、違った点もあるかと思う」と述べたことに関しても、菅長官は
「あり得ない。政府は正式に(裁判結果を)受け入れている」と強調した。

321 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:39:34.68 ID:gMW9Ixkb0
>>318
「銃殺刑者」と「有罪になってる「だろう」人」とは違うからだろ。

322 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:40:30.86 ID:Y3KE0MIY0
天皇陛下すごすぎワロタwwwwww

【世界的な権威の序列】
1.天皇陛下(Emperor)
2.ローマ法王(Pope)
3.英国女王(Queen)
4.大統領(President)
5.首相etc(Premier)

エリザベス女王だって天皇陛下と同席するときは上座を譲るし、アメリカ大統領だって空港へホワイトタイで出迎えます。アメリカ大統領が最敬礼したのは、天皇陛下とローマ法王とイギリス女王の三人のみ。
ローマ法王ヨハネ・パウロ二世が来日した時(1981)、法王は慣例を破って(法王は自分から会いに行かない)皇居に天皇陛下を訪ねられました。陛下が差し出された手を法王が両手で受けたことで世界に衝撃が走ったのです。

日本だけずっと「日本」なのは、建国以来一系の天皇家が、実権はともかく形式的には頂点に君臨し続けてきたことによります。
http://livedoor.blogimg.jp/mc_matome_complate/imgs/f/3/f3aab46e.jpg

イギリス女王やアメリカ大統領でさえ敬うってのに、当の日本人ができないってのはどうよ?

【拡散希望】

323 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:40:58.65 ID:y4frSon20
>>319
君、頭悪いでしょ

324 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:41:24.25 ID:wXlEHbcp0
>>318
じゃあ、靖国神社が勝手に死者相手に軍法会議して
戦犯(仮)をはじけばいいのか?
現実的じゃないだろ。

325 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:41:48.55 ID:a86l5s4j0
>>313
併合方針を決めた時期を考えると、領土的野心というものは
考え難いね。

326 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:41:58.93 ID:N27Ms+H70
>>311
そのマッカーサー証言は嘘・デマのたぐいだから。「セキュリティ」は「自衛」とは訳せない。
もうケリが付いている話だ。

327 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:42:33.24 ID:DHq3+YMP0
朝鮮半島は押し付けあいの結果日本が
面倒見ることになった

328 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:44:44.00 ID:q4uSdz56O
>>325
戦前日本人は世界一高潔だったからな もし日本が勝ってたら世界はもっと平和だった

329 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:45:01.74 ID:QIYDikt/0
>>314
こいつのせいでドラえもんが消えてなくなるかもね
http://news.livedoor.com/article/detail/7667547/

330 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:45:06.61 ID:PT3bdUwo0
>>321
それをいうと、戦争終わって2年後に刑死した人間には靖国に入る権利がない。

331 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:46:09.49 ID:FLuEDSGiP
>>313
朝鮮半島併合自体別に問題無いだろ、どっかと奪い合って戦闘したわけでもないし。
日中戦争開戦前から前線は中国であって朝鮮半島は平和そのものだし。

332 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:47:31.41 ID:q4uSdz56O
>>329
出たよ不安をあおるバカ
今の日本人は下劣な漫画くらいなくなってもなんとも思わんよ

333 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:47:37.53 ID:YZLIKHQ50
>>326
じゃなんて訳すんだ?

334 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:47:47.14 ID:DPAahYatT
>>123
そうだよ。おれ間違っていた?

335 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:48:29.35 ID:eOydx7ek0
ガキ生時代に習った1911年日韓併合ってのは今の教科書には無いの有るの?
日本語を覚えさせて炭鉱に朝鮮人を送り込んだとかいう話も先行の言葉で習った気がするが
それで日本にはあちこちに朝鮮人子孫がいるのかと思っていたが。。

336 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:48:38.27 ID:a86l5s4j0
>>328
前半については、そこまで賛美できるかどうか正直疑問だけど
後半については、中国の大躍進政策の失敗で生じた
大量の死者は出なかったろうね。

朝鮮半島についても今の北部のような惨状ではなかったろうし
南部で軍が自国民を大量殺戮するような事件による
大量の死者は出なかったと思う。

337 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:53:03.61 ID:gMW9Ixkb0
>>330
どうしてです?
まさか、「日本軍法」の軍規違反で「日本が処罰」した人と
「他国の法律」で「他国が処罰」した人が同じだと思っていますか?

338 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 13:56:59.24 ID:LPoGhdV70
>>331
日本は日清戦争の結果朝鮮に対する影響を強めていったんだよ
だから朝鮮の内乱を治めたら朝鮮は清にあげちゃって
さっさと引き揚げてもよかった
そうせずに日清戦争に突入しちゃったのは日本にスケベ心があったからだよ

339 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 14:00:00.44 ID:ib1FiW5W0
対外交渉の引き際を知らなかったというのも有るだろうが、
白人世界から見たら黄色人種の日本が白人世界の人種差別に口出ししたりしたので、鬱陶しい国にしか見えなかったはず。
原爆を落として日本をやっつけたアメリカにしてみれば、日本悪人説を植え付けないと自分の立場も無かった。
自虐史観を教育の基本にしたのは全てここから来ている。

340 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 14:01:22.75 ID:FLuEDSGiP
>>338
自国の領土なり植民地なりを理由もなく他国渡すわけ無いだろ。
せいぜい独立を認めるとかならあり得なくもないけど朝鮮半島にはその実力が備わって
ないと見なされてただけ。事実その通りであったことは戦後まもなく証明されたけど。

341 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 14:02:44.80 ID:q4uSdz56O
>>338
アジアの国を助けたいと言う義侠心をスケベ心と読み取るか
どんだけ勉強不足よ

342 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 14:03:34.59 ID:OGjCeFrf0
>>338
スケベ心は誰にでもあるだろうね?
聞いてみたいのだが、古今東西、歴史上でスケベ心がなかった国や人はいるか?
隣の土地が空いていたら取りたいと思うのが人間だろう。

343 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 14:05:19.35 ID:mOr/LhcV0
日本が欲張りでなければ
台湾、サハリン、北方領土は今頃日本だったよ

出しゃばって全部獲られた

344 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 14:06:19.34 ID:wwqEa3kx0
>>338
日本は露助を警戒してたからだろ、元々自立して自国を守れと誘導しても「宗主国様が守って下さるニダ」と真剣に取り合わなかった
まぁ挑戦が露助の植民地になるのが都合悪かったわけだ

345 :愛国人:2013/05/13(月) 14:06:43.78 ID:F4kIX8/z0
こんなバカ女だれが閣僚にしたんだ、女の浅知恵牛を売り損ねる。

346 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 14:08:15.95 ID:a86l5s4j0
>>338
清はロシアの南下を抑えられたかったし、朝鮮半島を
守ることが出来なかったでしょ。

それが日本の安全保障体制上問題であることや
日本が朝鮮半島の自主独立を促して支援したことを考えるなら
スケベ心と表現するのは適切じゃないと思うよ。

347 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 14:08:28.71 ID:OIjWQq7x0
>>338
いやあ、朝鮮半島の領有は世界すべてが認めたことだよ。
日本は半島領有を日本の国防のためと主張し、それを「その通り」と納得しなかった国は一カ国もない。
「南半分だけにしろ、満州は全部俺のもんだ」と言いはったロシアと戦争になり勝利したから
ロシアも「しょうがない、半島は日本のもんで満州の鉄道権益も譲る。ここからは協力してやっていこう」ってとこで手打ちになったわけで。

348 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 14:09:30.21 ID:4wrIzBDu0
>>338
満州事変を起こすまでは当時のルール的に全く問題は無かったよ

>>341
アジアの為なんて大義名分は北朝鮮の「世界平和のための核開発」と同レベルの戯れ言

349 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 14:10:56.05 ID:LPoGhdV70
>>341
あのなぁ・・・よその国助けたいとかは絶対に嘘だから。欺瞞だよ。
歴史上全ての国が100%出兵するのは自国の利益のため。
朝鮮も清に対する緩衝地帯になるからという理由でしかない。

350 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 14:11:16.50 ID:mOr/LhcV0
朝鮮支配は秀吉時代から夢でありリベンジだったわけさ
ひとときの夢は実現したわけだが...

奪った領土で将来的にも平和を保つには
アメリカ大陸のインディオ絶滅の教訓のごとく
ひとっこのこらず皆殺しにする以外ないわけで

351 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 14:13:29.04 ID:CmNuJ6+8P
>>328
全く同感。

352 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 14:14:20.02 ID:OGjCeFrf0
韓国って、それはやっちゃいかんだろう!ってことをやるんだよねぇ。
ワールドカップのこともそう。仏像のこともそう。
そういう空気の読めなさが昔からある。

353 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 14:17:54.85 ID:a86l5s4j0
>>341
そういう義侠心をもって従軍した日本人がいたことは
敗戦に当たって、日本軍から離脱して現地の人の独立運動に
身を投じた兵士がいたことから事実と分かる。

政治思想的に興亜論者、大陸主義者が大きな勢力だったことも
考えれば、そのような人間がいたことも事実だと考えられる。

ただし、そのような事実以って、全体を義侠心からと
評価するのは無理だと思う。「アジアの国」というと当時の独立国は
限られるので、微妙に釣り臭いレスだとは思うけど。

354 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 14:22:49.08 ID:q4uSdz56O
>>353
朝鮮を国として扱い文化的に成長させようとしたのは日本だけだぞ
他の国はただ搾取と支配しか考えてなかった

今の日本人が過去の日本を肯定していないのが不愉快きわまりないんだ

355 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 14:25:28.34 ID:gMW9Ixkb0
>>353
大筋同意。 平らな見方だと思いますよ。

東南〜東アジアの国で、開戦までの時 独立国の立場を守ることができていたのは
日本、タイ、満州、ビルマ、フィリピン。 
微妙な位置だけど、中華民国(南京政府)、インド(自由インド仮政府)
かな

356 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 14:26:16.87 ID:a86l5s4j0
>>341
>>353は誤読による投稿ミス。

太平洋(大東亜)戦争のことを考えていたので
>>341へのレスとしては時期が異なりますし、間違いですね。
失礼しました。

357 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 14:26:52.74 ID:mE4eIF5A0
ま、戦争のスローガンでもある、植民地解放、同化政策、どっちでもいいけど
どちらでもwinwinの関係なんだよねloseは搾取した国なんだよな

358 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 14:28:26.40 ID:+Puj/kyvi
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

<送金先>

郵便局からの振込先

名前 ザイニチトッケンヲユルサナイシミンノカイ
記号 10150
番号 68361341

359 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 14:30:39.58 ID:xBKqR2DG0
>>131
> で、後段は?  > 「既に処刑された」のなら、刑を全うしたんじゃないのかい?
> 法的には、犯罪者はいつまで犯罪者なんですかい?
「犯罪者」って法的概念ではないでしょう。だから、「いつまで犯罪者?」と
いうのは法的には無意味な問いだろうね。

まあ、受刑を終えたら原則として過去に犯罪をなしたことについて法的なペナ
ルティーはもはや与えられることは無い(例外的な取り扱いはある)とは言え
るだろう。道義的には法的な取り扱いとはまた別の次元の話と思う。

360 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 14:30:57.93 ID:a86l5s4j0
>>355
恐れ入ります。
>>341氏へのレスとしては、ちょっとずれた意見に
なってしまいました。

個人的には戦争の歴史(人類史)的評価とは切り離して
自国の立ち位置を考えつつ、自虐に陥らないよう
客観的な考察が必要になってると思っています。

361 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 14:31:45.16 ID:HNutwb0a0
日本がチートすぎたな。
ほとんどのアジアの国は抵抗する選択肢が無かったんだから。

362 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 14:36:41.72 ID:OGjCeFrf0
なぜ日本が自力で近代化できて、中国や朝鮮ができなかったと思いますか?

363 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 14:41:09.35 ID:gMW9Ixkb0
>>369
>「犯罪者」って法的概念ではないでしょう
っていう線で考えれば納得です。了解。

>受刑を終えたら原則として過去に犯罪をなしたことについて
>法的なペナルティーはもはや与えられることは無い
人に対して「犯罪者」って呼ぶのは、道議的に「ヘイトスピーチ(w)」ってかんがえますよ。

で、「法務死」について法的なにおいをつけるなら
国内法以外の法律で裁かれたとか、カテゴリーAの人のみならず
BCカテの人たちへの恩給支給問題とかがからんでくる らしいw

364 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 14:44:29.72 ID:yHkL5JJ7P
http://www.geocities.jp/yu77799/nicchuusensou/moutakutou.html

毛沢東は日本の侵略を感謝していた、中国共産化に日本は大きな貢献をした

365 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 14:47:17.76 ID:ennAJC5d0
>>354
そんなのは建前だよ
すべての国が搾取、支配目的です

366 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 14:49:33.78 ID:a86l5s4j0
>>355
>>360 補足
自虐に陥らないよう(な)客観的な考察が
必要だと思っています。

つまり、単に軍国主義云々といった政治思想的な話や評価の
問題ではなく自国の立場と当時の状況から、可能な限り客観的に
掘り下げて再考する問題だと考えています。

ご同意ありがとうございました。

>>362
以前からありますが、これ面白いテーマですね。

単純に考えると、一部の技術的なレベルを除いて
日本社会が、既に近代化(といわれる現象)を成し遂げる
水準に達していたから、と思いますが。

367 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 14:49:39.37 ID:OGjCeFrf0
日本の昔の甲冑や刀や浮世絵などを見ると、その美的センスは素晴らしく、現在においても普遍的なものがある。
そして近年のアニメやゲームなどもそう。
ネット文化や2ちゃんねるもそう。

そうした源泉はどこにあるのか?

368 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 14:50:25.28 ID:xBKqR2DG0
>>363
> 人に対して「犯罪者」って呼ぶのは、道議的に「ヘイトスピーチ(w)」ってかんがえますよ。
これは微妙な場合もあるだろうね。幼女へのいたずらをした犯罪歴がある者に
自分の娘の家庭教師を頼みたくないでしょうし、飲酒運転の前科がある者の運
転するタクシーには乗りたくない。「犯罪者」と呼ぶかどうかは別として、受
刑を終えたからと言って社会的なペナルティーが課されなくなることが保障さ
れるわけではないでしょう。

369 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 14:55:28.22 ID:a86l5s4j0
>>354
なるほど。
それなら理解できます。

ただ現状なまま、体制保持を望んでいたのは朝鮮王朝自体ですので、
「他国」というより「自国(朝鮮)の為政者すら」、とする方が
適切だと思いますな。

370 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 14:57:38.95 ID:gMW9Ixkb0
>>368
これは、まるっと同意しますよ。
「犯罪者呼ばわりされる」=「社会的なペナルティ」ってのもあると思います。

ただ、犯罪を犯して償ってきた人を いつまでも「犯罪者」って呼ぶのは
イカガナモノカって個人的道議の問題から思うよってことです。

そういう観点から、ホリエモンもカテゴリーAの刑死者も「犯罪者」呼ばわりはしないよっということで。

371 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 14:58:49.21 ID:ntyXpLb3O
いつの時代も自国の右翼と敵国の左翼(自虐思想)は思惑が合致する
バランスって大事だね

バランスが崩れると非常に厄介だよ
馬鹿ミンスが教えてくれた(笑)

372 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 15:00:11.31 ID:duOjV9t5O
>>159
てか日本はルースベルトやスターリンに一杯喰わされた説が蔓延っているが、
俺的には日本がヒトラーに嵌められた感が一番強いわ
もし日本が三国同盟を破棄出来れば、歴史は変わったかもな

373 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 15:01:14.54 ID:wzpi8qL50
>>269
だな。北朝鮮みたいに臥薪嘗胆で我慢しながらやればよかったのに、
日本は制裁くらったら逆切れしちゃったからなw
アメリカに到達するICBM完成するまでは絶対暴発しないって戦略は敵ながらあっぱれじゃ。

374 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 15:02:39.45 ID:qK2j6HXn0
>>373
北チョンは暴発(笑)する力がないだけだよ
帝国陸海軍には外征力が十分にあった

375 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 15:04:04.01 ID:qd7gnOyK0
>>8

日本にはA級戦犯っていないんだよチョン君W

376 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 15:05:18.22 ID:9za5yCrdi
日本を含めたアジアが今だに植民地支配されていたら今のウイグル、チベットより酷いことになってるわ。
それか今の中東のようにテロ頻発の世界かもなぁ。

377 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 15:06:14.73 ID:wzpi8qL50
>>374
いや、韓国や日本の米軍基地にミサイルの飽和攻撃かけるぐらいの能力はあるだろ。
中国まで加わった制裁くらってもぶち切れないのは日本に比べれば戦略的だと思うぞ。

アメリカまで届くICBM手に入れた半島統一って戦略だろうけど、戦略的には正しい。
日本にとっては迷惑だけどw

378 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 15:08:53.91 ID:DODuls560
発射したら最後で10000倍のお返し確実のオンボロ弾道ミサイルと
当時世界最強の機動部隊と巨大戦艦を同列に扱うなんてチョンって狂ってるね

379 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 15:09:27.72 ID:ntS4D8FN0
ハルノート見りゃ分かるが、あちらさんは最初から戦争起こす気マンマンだった。
絶対蹴られる様に、明治以後の日本を全否定したのがハル。
メーン爆破、トンキン湾、大量破壊兵器…何時もの自作自演の腐れ大義。

380 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 15:11:38.14 ID:qs3B0UDA0
時々アメリカにブチギレて〜という書き込みがあるが、
世の中怒ったら負けなんだよね。

381 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 15:12:56.86 ID:wzpi8qL50
>>378
いや、日本は制裁くらって逆切れで暴発したあげく10000倍のお返しくらったわけだがw
主要都市はほとんど焼け野原+原爆2発。

382 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 15:14:23.08 ID:arftPFY/0
結果勝ってればいいようもあるだろうが
敗けてるからなあ…
歴史は国内外問わず勝てば官軍

383 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 15:15:54.90 ID:qs3B0UDA0
短気な奴らが統帥権握ってたからどうしようもない
逆らったらぶっ殺されるし。

384 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 15:16:58.27 ID:0W/dUrR20
歴史

アメリカ人「それくれよ」
日本人「やだよ」
アメリカ人「ならば戦争だ」


もし満州をあげたら

アメリカ人「それくれよ」
日本人「いいよ」
アメリカ人「次はそれくれよ」
日本人「やだよ」
アメリカ人「ならば戦争だ」

385 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 15:18:42.18 ID:GVPYVuvMi
>>384
実際は満州明け渡してりゃ中国民族主義は米国を主敵にしてたから日本は苦労せずに済んだんだがな

386 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 15:18:42.83 ID:vgfKOwNu0
>>379

ハルノートを出される時点でダメ。
最悪ハルノート飲んででも米英に付くべきだった。

なぜ制裁を食らったのかをもっと勉強したほうがいい。

世界には戦争不拡大を言っていながら結果は中国にどんどん侵略。
さらにナチスとの三国同盟。世界の流れや落とし所を間違えた
日本政府、いや既得権益の保身やメンツに走った軍部には責任大。

さすがに最近の高市や安倍ちゃんの言動は日本を危うくする。

387 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 15:20:18.10 ID:GVPYVuvMi
>>386
竹島尖閣や経済政策に関してはまったく正しいことやってんのに
欧米をわざわざ中国韓国の味方にさせようとするような発言や行為はまずすぎるな

388 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 15:21:14.92 ID:we6f9qTN0
>>372

松岡洋右が間抜け!!!!!

389 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 15:21:27.53 ID:zEMTxyDG0
北朝鮮って国内の食料すら自給できず米くれなきゃミサイル売っちゃうゾとか言ってる居直り乞食でしょ
なんで海外で列強と凌ぎを削ってた日本と同じなの?
いくらシコリアンとは言えアホすぎー

390 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 15:23:33.14 ID:Pv8Iyn+E0!
>>386
そういった文章構成、命名したいな
あらかじめ決まった焦点に任意の歴史的事項を変数として出し入れ
やつ

391 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 15:23:49.54 ID:1ZYyXqv40
>>385
日本の失敗は中国のナショナリズムを甘く見たことだと思う

392 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 15:24:33.90 ID:wzpi8qL50
>>386
だな。安倍ちゃんや高市の認識は「欧米だって同じことやってただろ」で、それは
北朝鮮の「アメリカも中国も核兵器持ってるのに俺らがもってなぜ悪」いと同じである意味「正しい」が、

それなら今の北朝鮮みたいに臥薪嘗胆で我慢しながら時間をかけて既成事実を積み上げてくべきだったんだよ。

北が制裁くらって囲い込まれたら「米帝に支配された韓国日本を開放する」とかいってミサイル打ち込みまくってきたら
そりゃあボコボコにされるだろw

393 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 15:25:59.40 ID:OGjCeFrf0
>>391
引き返すとか撤退するという作戦を持ち合わせていなかったのも原因

394 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 15:27:50.74 ID:TWYonjuW0
すくなくとも、先の戦争を真正面に見つめ直す発言であることに敬意を感じるよ。

日本 = 敗戦国 = 戦争犯罪者 = 侮辱して当然の国

こんなことを韓国ごとき国から強制されるいわれはないし。アメリカは言っていない。

395 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 15:39:55.53 ID:BGkHDWTQ0
>>394
違うよw最近は知らないが、オレは高市の世代。
正面とかの話ではなく普通に義務教育の中学校の授業で聞いた話がベースだし、何の発展性もない。
問題は「抵抗せずに日本が植民地になる道がベスト・・」と決め付けの表現を使ったことで、歴史的事実を書き換えるような誘導をするような表現に踏み込んでいること。
戦争正当化したいなら勝ってから言えよとw
韓国はサンフランシスコ講和条約の段階で何とか紛れ込んで、はなっから日本の存在そのものを否定しようとして失敗した特別な国だから、そもそも論外の国。

396 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 15:56:26.99 ID:3PsoQAq40
日・米・台・中・露の研究者で太平洋戦争の総括を望む
今まで手を付けてない居ない方が問題だろ

397 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 15:58:13.18 ID:ntS4D8FN0
日露戦争時の人命、借金とか考えてねー奴多いな。
飲めるはずがねーよ、当時のパラダイムじゃ。絶対にね。
現在視点で見ても一切意味ないのに。学者に歴史は作れない。

398 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 16:00:05.56 ID:dndfntql0
金融プランター工作員のお前がいうな

399 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 16:10:07.56 ID:hL1kw8BqO
>>396
(ヽ`Д´)ウリの歴史研究が正しいニダ!!

400 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 16:17:16.31 ID:R7/354tlO
こいつを始め、ほんと松下政経塾って幾多のアホを作り出してきただけだな

401 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 16:19:19.50 ID:FLuEDSGiP
>>393
せっかく育てた朝鮮半島を橋頭堡にするのは気が引けたんですよ。

「もったいない」って奴ですかね w 今考えれば朝鮮半島が焼け野原になったって
日本本体には大したダメージもなかったんですけどね。
日本が手放したら勝手に殺し合って焼け野原にしちゃったんですから。

402 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 16:19:42.05 ID:bxwa4UiI0
>実際は満州明け渡してりゃ

ハル・ノートには支那からの撤退要求はあるが、満州からの撤退要求はない。
満州が支那に含まれるか否かだが、当時の日米の解釈では含まれないが一般的。

やはり、フランス領インドシナに進行したのが拙かったので、独断で北部に進行した富永は超一級の国賊。
南部仏印進行で対日、石油輸出禁止が決定されたので高市早苗の論は意味不明。
ハル・ノートが出される1年以上も前の話だ。

403 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 16:19:52.02 ID:nqZbVV1r0
>中国に関しての行為は侵略だろう だからといってノーガードで殴られる必要ないけどな

中国そのものは無政府状態だった。当時、清王朝が瓦解した後、地域名はあったが国はなかった。
日本の外交の交渉相手がいなかった。地図は真っ白。白紙状態だ。日本が「そこどけ」と奪ったわけじゃない。
当時、清国が消えているときは、こんな風刺画の世界だぞ。中国という地域名のパイを切り取る列強。
この風刺絵の時代の米国は南北戦争中で中国利権、アジア利権にはありつけなかった。
http://1.bp.blogspot.com/-2cu8NCBIlpk/TpOhTZDeP0I/AAAAAAAAA6U/tc8WaANKack/s1600/China_cartoon.jpg
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/32/China_imperialism_cartoon.jpg

時は世界恐慌、世界中が不況で、日本は中国利権に食い込もうとする米国と衝突して戦争になった。
当時の国際連盟の常任理事国には拒否権がなく、人種差別の時代で日本は吊るし上げられ、脱退した。
(後に常任理事国には拒否権のある国連が作られ、米国も加わった。)
日本財政は借金地獄に加え、ソ連防波堤のため満州国は日本にとって必要だった。
日米双方の政治周辺に、日米を衝突させようとするソ連工作員のスパイがウジャウジャいた。
大陸の日本軍の関東軍が勝手に内陸部まで軍を移動させ、日本政府は停戦制御できなくなっていたし、
日本がハルノートを呑めないように直前に修正した財務次官ハリー・ホワイトをはじめ、
日米を衝突させようとするソ連工作員のスパイがウジャウジャいた。

>米はほっといて欧だけ攻撃すりゃ良かったんじゃないの?

日本は米国から無理難題のハルノートを突きつけられて、それからは、日本側は戦争したほうが得だった。
米国は日本の強さにビビッて、米国は日本に勝った後、日本を味方につけた。
通常の九州上陸作戦はあきらめ、原爆20発投下後に毒ガス上陸作戦を練ったなんて、びびった証拠だ。
実際はソ連の参戦で、日本が米国との戦争を途中中止し、降伏した。

>別に受け入れは可能だったよ。実際にそういう話はあった。

無理だよ。日本の人口収容能力は最高の徳川の善政でも30000000人が限界で、
石油文明があったからこそ80000000人が生存できた。禁輸で差し引き50000000人が死ぬ。

404 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 16:24:05.19 ID:nqZbVV1r0
>>403
風刺画の「爪の伸びた男」は、西洋の寓意では「無能な人」という意味。
中国人は無能という意味。
http://1.bp.blogspot.com/-2cu8NCBIlpk/TpOhTZDeP0I/AAAAAAAAA6U/tc8WaANKack/s1600/China_cartoon.jpg
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/32/China_imperialism_cartoon.jpg
当時の朝鮮人も爪の伸びた男として描かれていた。

405 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 16:29:00.17 ID:nqZbVV1r0
>>402
> >実際は満州明け渡してりゃ
>
> ハル・ノートには支那からの撤退要求はあるが、満州からの撤退要求はない。
> 満州が支那に含まれるか否かだが、当時の日米の解釈では含まれないが一般的。
>
> やはり、フランス領インドシナに進行したのが拙かったので、独断で北部に進行した富永は超一級の国賊。
> 南部仏印進行で対日、石油輸出禁止が決定されたので高市早苗の論は意味不明。
> ハル・ノートが出される1年以上も前の話だ。

石油というのは大雑把なザックリ話で、日本はあらゆる戦略物資を米国に依存していた。
また、日米を衝突させる選択肢を選ぶように、日本内部にソ連のスパイたちがいたようだ。

406 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 16:31:19.82 ID:nqZbVV1r0
古代中世の支那王朝は、長い長い歴史の中で、朝鮮半島を忌み嫌い、
一度触って火傷し、決して自国領土にしなかった。朝鮮とは関わらないほうが良いということだ。
紀元前のBC107年、前漢が漢四郡に軍隊を置いたが大損で、これを教訓に支那は朝鮮から手を引いた。
中共指導部側は、朝鮮の根元の吉林省に人民解放軍を置いたのを本当は嫌がっている。

古代中世の歴代支那王朝は朝鮮を属国として、琉球より格下の土の印鑑を送り
馬鹿にして朝貢させるだけで、朝鮮を汚物扱いし、無関係状態にした。
ちなみに支那王朝は日本へ一目置き、純金製の印鑑を贈った。

そもそも朝鮮の名前の由来がおかしい。
国名、地域名は自分では決められず、使用文字の候補を提示し、支那王朝に決めてもらう。
結果、支那王朝側からの回答は「朝貢の貢物が鮮(すくない)」だ。それで国名地域名が朝鮮になった。
朝鮮人側は、「朝が鮮やか」と無理やり天気の話に脳内回路変換しているようだが。

朝鮮という国名、地域名が周辺国へ定着した後だ。
朝鮮とは、どんなイメージなのか?
古文書では、封建時代の日本語で国名地域名以外に
「朝鮮」、「韓人」を使用すると「有毒、農地荒廃」、「奸計、謀反人」と同じ意味だ。
現代の中国語で国名地域名以外に「朝鮮」、「韓国」を使用すると「仇」、「弊害」と同じ意味だ。
人間関係では、現代の支那人が同じ支那人へ「お前は朝鮮人だ。」と言うと最高峰の侮辱になる。
現代の米国裁判で「お前は朝鮮人だ。」と朝鮮人へ言うと名誉毀損罪になる。
文章でも人間関係でも、
現代の日本人は忘れているが、「朝鮮」、「韓」とは不吉な意味が含まれている。

なぜ朝鮮はそんなマイナスイメージなのか?
それには歴史がある。地政学や歴史に無知な王朝が、
朝鮮半島と仲良く濃密な人材交流したり、喧嘩すると、なぜか決まって滅亡する。
モンゴル帝国や豊臣秀吉、ソ連、乙巳の変、暗殺、政変、戦争などなど、
朝鮮と関わった災難を挙げればきりがない。
朝鮮の祟りで王朝滅亡後に、しがらみのない次の新しい王朝は、
朝鮮を軽視した条約を交わし、無事に無関係になる。朝鮮外交史とはそうだ。
朝鮮とは関わらないほうが良いということだ。

407 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 16:34:45.74 ID:OGjCeFrf0
>>401
朝鮮半島が列強の手に渡れば日本本土へのリスクが高まるという理論で
明治から先人は苦心してきたわけだが、
その理論は正解だったのかな?
なんだかんだで朝鮮の人が、列強と日本の緩衝材役となって立ち回ってくれそうな気がする。

408 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 16:34:48.88 ID:nqZbVV1r0
>チョンどもは反省だの賠償だのと騒いどるが、日本は朝鮮に対して侵略なんぞ一切してないぞ
>清朝の属国のままでは衰退した清朝もろとも欧米諸国――特にロシアに征服されちまうから
>仕方なく日本が清朝と戦って勝って独立させてやったのに、自活することもままならない土民国家
>仕方なく日本と一体化して日本人の血税で近代化してやったのに、その恩を忘れ、
>日本敗戦のドサクサに紛れて半島の支配者になろうとした李承晩と金日成が
>米ソ中を呼び込んでドンパチやった結果が今の半島だろうに

伊藤博文をはじめ、多くの明治政府の人間は朝鮮併合に反対した。
明治政府側の朝鮮併合反対派は、朝鮮側の人間に接近され暗殺された。
朝鮮は日本の反対派を抹殺し念願の朝鮮併合を実現した。


朝鮮時代、全権公使としてアメリカを訪問した李成玉がアメリカ国内の各民族に
接してみると、朝鮮人は、アメリカ人に軽蔑されているインディアンよりも劣っ
ていたことに衝撃を受け次のように述べている。

「現在の朝鮮民族の力量をもってすれば、とても独立国家としての体面を保つこ
とは出来ない。亡国は必至である。亡国を救う道は併合しかない。そして併合
相手は日本しかない。欧米人は朝鮮人を犬か豚のように思っているが、日本はち
がう。日本人は日本流の道徳を振り回してうるさく小言を言うのは気に入らない
が、これは朝鮮人を同類視しているからである。そして、日本人は朝鮮人を導き
世界人類の文明に参加させてくれる唯一の適任者である。それ以外にわが朝鮮民
族が豚の境涯から脱して、人間としての幸福が受けられる道はない。
日韓併合が問題になるのは、変な話だ。我輩の併合観は、欧米人の朝鮮民族観を
基に考察したのだ。……」   李成玉 「李完用の心事と日韓和合」より


加えて、朝鮮には逆恨みする「恨(ハン)」という毒の伝統文化がある。
この毒腺を摘出されと、吸血寄生生物同然に国際社会の表舞台から消えるだろう。
表舞台から消え、極端にミネラル分の低い痩せた土地に好んで生え
昆虫を肥料にする食虫植物のような、苛酷な環境にだけ生きる李氏朝鮮時代に戻る。
20世紀になっても樽、水車すら自力模倣できないインカ文明水準に戻る。

409 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 16:36:11.28 ID:jDh0TZZ80
日本はアメリカの植民地

410 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 16:42:07.42 ID:Pv8Iyn+E0!
>>402
> 独断で北部に進行した富永は超一級の国賊。
それWikipediaだと思うが元のソースはある?

411 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 16:42:54.22 ID:Chn0DngEP
>>408
>伊藤博文をはじめ、多くの明治政府の人間は朝鮮併合に反対

併合賛成派も多く、日本閣議で併合方針決定。
併合に消極的だった伊藤も、併合方針をあっさり承諾。
その後に、伊藤暗殺〜親日派の併合要請声明など。

>朝鮮は日本の反対派を抹殺し念願の朝鮮併合を実現した。

当初の朝鮮はロシアに近づきかけたが、
国権剥奪や抗日弾圧で干渉を強めたのが日本だが。

412 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 16:46:32.75 ID:mE4eIF5A0
朝鮮半島が攻めこまれたのは朝鮮がバカだから
日本の信頼を得れる程度文化的であれば同盟という選択肢もあっただろうなと予想

よってバカな朝鮮が悪い

413 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 16:46:56.41 ID:Chn0DngEP
>>408のID:nqZbVV1r0とかもそうだが、
当時の日本を必死に擁護したがる人の多くが、妙な歪曲や作り話を入れてる。
なぜ真っ当な論点のみで語れないのか。

414 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 16:48:15.57 ID:NxSE/5rK0
世界格付けランキングに参戦しただけだからな。
敗戦したものの相当国際的な地位があがった。敗戦国という縛りができてしまったが。
別に国家の存亡をかけた戦争でもなんでもねえよ。
いくらでも戦争回避は可能だった。

415 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 16:49:13.26 ID:Pg5+zoh0P
>>408
伊藤は韓国併合に賛成した
------------------------------
『伊藤博文伝』によると、1909年4月10日、桂首相と小村外相が上京中の伊藤を訪れ、おそるおそる「韓国の現状に照らして将来を考量するに、韓国を併合するより外に他策がなかる事由を陳述」した。
すると「公は両相の説を聞くや、意外にもこれに異存なき旨を言明した」。そればかりか、桂、小村が提示した「併合の方針」についても、「その大綱を是認」した、という。
 保護国論から併合論への改宗である。それから2週間後に東京上野の精養軒で開かれた、京城日報社主宰の韓国紳士日本観光団歓迎会での演説でも、
伊藤は「今やまさに協同的に進まんとする境遇となり、進んで一家たらんとせり」と併合を示唆し、聴衆をおどろかさせた。

416 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 16:51:00.74 ID:ptOt4b2e0
このスレだけでも正しい歴史観など無いと思える

417 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 16:58:52.90 ID:OGjCeFrf0
>>416
ところが韓国人はあると思っているんだよ。

418 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 17:00:46.63 ID:GVPYVuvMi
>>417
だから韓国中国は滅ぼさねばならない。少なくとも日本を害しない歴史観の国に作り変えねばならない。
そのためには欧米をあいつらの味方にさせるわけにはいかんのよ。

419 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 17:01:08.89 ID:xBKqR2DG0
よく、当時の情勢を現代の価値観で判断するなっていうわけだが、当時の価値
観で判断するならば、「東洋の猿が欧米と肩を並べて中国権益に与ろうとする
のはけしからん、無理難題を押し付けて叩きつぶせ」ってのも正当化されちゃ
うんじゃないの?

420 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 17:09:55.35 ID:30BGE+/k0
大日本帝国は、下克上で抑えが効かなくなって支離滅裂状態。
無責任体制も極まっていた。
統帥権干犯の越境将軍林銑十郎を死刑にできなかった大日本帝国は、アメリカと闘う前に国家の体をなしていなかったんだよ。

アメリカも日本の外交官や政治家を信用するわけがないのであって、身から出た錆。

421 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 17:13:35.38 ID:DPAahYatT
>>413
現代の論理で語ることが無意味。
そんなものは当時では真っ当ではないから。

422 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 17:14:30.46 ID:pmYlJUaaO
うるせーブス

423 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 17:22:10.73 ID:iq7yr1snO
共産主義者は田中上奏文の偽造を行った。共産主義者の謀略を検証すべき。共産主義者近衛文麿や尾崎秀実を調べるべき。

424 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 17:24:04.20 ID:qs3B0UDA0
降伏する寸前にクーデター計画するし
本当に無茶苦茶。エリートなのに、なんでだろ?
勉強のしすぎで頭おかしくなったのかね?

425 :そーきそばΦ ★:2013/05/13(月) 17:24:19.59 ID:???0
自民党幹部が「侵略」表現が不適切と発言、「また妄言」=韓国

 自民党の高市早苗政調会長は12日、植民地支配と侵略への反省と謝罪を表明した村山談話に関連し、
「侵略という文言を入れているのは私自身しっくりきていない。
自存自衛のために決然と立って戦うというのが当時の解釈だった」と述べた。複数の韓国メディアが13日、これを報じた。

 韓国メディアは、「日本の自民党幹部がまた妄言、侵略表現不適切」、「村山談話の侵略という表現が不適切、日本は今度は与党政調会長が挑発」、
「自民党政調会長、村山談話の侵略表現を変えなければならない」などの見出しで伝えた。

 自民党の中核幹部が、日本の周辺国の植民地支配と侵略を謝罪した、いわゆる「村山談話」の中で「侵略」という表現に問題があるとし、
安倍談話を発表するときにはこれを変えるべきだと主張したと紹介。

 安倍晋三首相が国会で何度か「侵略」という表現に問題があると提起してきたが、その本音を赤裸々に表したと批判した。

 安倍首相の侵略に関連する発言が韓国・中国などの批判を受けると、菅義偉官房長官は10日の記者会見で、
「侵略の事実を否定したことはない」と事態の鎮静化に出た。しかし、自民党幹部が正面からこれを覆す発言をしたことにより、
日韓の歴史認識についての論議はしばらくおさまらないだろうとの見方を示した。(編集担当:李信恵・山口幸治)

サーチナ 5月13日(月)12時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130513-00000018-scn-kr

426 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 17:25:57.53 ID:fE5LDkDT0
>>1
自衛戦争&アジア開放戦争だからな

聖戦だよ

427 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 17:34:22.00 ID:wjddBDic0
>>424
国民より天皇より省のほうが大事なんだよ

官僚極まれりだな

428 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 17:34:42.88 ID:Pg5+zoh0P
>>426
>>3のとおり誰が見ても侵略

429 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 17:36:08.09 ID:Y5UPVGAf0
満州事変という謀略と武力でぶんどった満州国だからな。
侵略であることは間違いない。
どうして中国の主権を認めたまま満州鉄道の経営を続けようとしなかったのか
そっちの方が問題だ

430 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 17:36:13.38 ID:BfEtB3Pt0
「大東亜戦争は自衛戦争だった」。これ言うべきは主にアメリカな
のになぜか中国・韓国にいえばいいと思っちゃってるやつらが多い
んだよなー。東京裁判はアメリカがやったんだから

431 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 17:40:55.73 ID:Chn0DngEP
>>416
>正しい歴史観

普通に都合良い縄張りを欲した話。行動拡大しすぎて窮地。

「美しい大義に殉じたんだ」「相手の行動だけが原因だ」
とか変な偏向した擁護者が話をかき混ぜてるだけ。

432 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 17:43:33.77 ID:fE5LDkDT0
>>428
いっぱい付いてるレスに答えてやれよww

433 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 17:46:10.75 ID:7Bp1Eoxi0
抵抗して植民地になったという選択がベストだったという政治家も珍しいな

別の道を探そうとかないのか

434 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 17:47:55.29 ID:iq7yr1snO
ベナノ解読に米国は約40年かけた。日本も共産主義者近衛文麿をもっと調べるべき。近衛文麿の長男はスターリンに人質にとられていた。

435 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 17:52:35.88 ID:hugVKDVQ0
民主党で松本?
間違いなく在チョンかチョン系日本人だね。

436 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 17:52:58.14 ID:vhA4aTIf0
サヨクは「それがベスト」って認識です。さらに、ロシアに侵略されて日本という国がなくなっていれば
最高でした。

437 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 17:59:41.76 ID:wjddBDic0
ふつうに考えたら
満州を確保した時点で守りに入るべきだろ
国の地力を高める時期だったろ
白人同士が欧州でドンパチやってんだから
対岸の火事でダンマリしとくべきだった
WWT以上に儲けられたんじゃないか

それを陸軍のバカが大陸で暴走し
海軍のアホがそれにつられて

438 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 18:02:54.08 ID:scepCFlY0
ジューダス好きの元ドラマーだっけ?

439 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 18:05:32.43 ID:iq7yr1snO
ナウム・エンティンゴンがスターリンの命令で天井に仕掛けた黒色火薬を使い張作霖を爆殺したと言っている。証拠を集め検証すべき。英国諜報機関は当事確認していた。

440 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 18:20:04.38 ID:4wrIzBDu0
>>436
そういう妄想は余所でやってよ

441 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 18:23:32.85 ID:1HZlJJDqT
ベスト

442 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 18:26:47.52 ID:Vq7resrUO
ハルノート丸呑みしてたら植民地になってたなんて学説は聞いた事がない

443 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 18:27:44.42 ID:KGQL7EyM0
>>405
>また、日米を衝突させる選択肢を選ぶように、日本内部にソ連のスパイたちがいたようだ。
尾崎秀実以外に日本にソ連のスパイなんていないよ。
お前はコミンテルン陰謀論の倉山満信者か?

444 :7年間は長いぞ:2013/05/13(月) 18:28:03.35 ID:jni/8iVP0
日本に主権がなかった7年間
日本人はいっさいの武器をGHQからとりあげられていた
これが在日集団にとってどういう意味をもつか考えてみよ
在日集団に対抗した国産ヤクザはヒーロー扱いされ映画にもなった
警察は無力だったから、代わりに身体を張って戦ったというのだ
日本人は敗戦後の7年間で、戦争中に失ったもの以上に多くを失ったかも知れないのだ

445 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 18:29:38.03 ID:V7acG5Pp0
チョッキ

446 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 18:34:46.58 ID:VhUMAu8dO
>>1 答えは簡単
敗戦国になったから日本だけ責められてるだけで
戦争に勝ってれば
日本の1人勝ちだったよ

447 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 18:38:50.17 ID:LbYHRrEw0
>>430
アメリカに言わずともアメリカはすでに承知してるでしょ
その承知・黙認が戦後の岸内閣の発足では?

448 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 18:48:24.84 ID:jn/TaYpp0
>>442
当たり前だよw
真っ当な歴史学者が歴史に「もし」を入れた論文書く訳ないぢゃんww

いたら、真っ当ぢゃない学者か
無責任な評論家だよw

449 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 18:50:58.67 ID:vgfKOwNu0
ってかハルノートごときでそこらの三等国じゃないんだから、
当時の日本が植民地化とかありえない。
外交は交渉、三国同盟を破棄して米英につくとか色々できる。
引き延ばせば、結果ナチスは何年かで頓挫してたし。
必ず負ける戦争をするくらいなら、もっと粘れよとは思うな。

あと大東亜戦争が自衛とかアジア解放とか本気で思ってる政治家がいたら
死んだほうがいい。それこそウリナラファンタジーと変わらん。
一般ピーポーが主張する分には何の問題もないが政治家が、
本気でこの認識を持ったら危険だわ。国益にかかわる。

450 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 18:54:58.38 ID:3R8jxmSp0
>>437
陸軍の華北華中占領は「暴走」じゃなくて構想内だよ。
満洲建国後、早速満洲だけだど経済回らないのに気づいて華北分離工作とかばんばんやってたから。

一番のゴミは海軍でしょ。
あいつらは戦略が理解できてない。
南進論だって、何も考えずに賛成してたんだぜ。
まじ屑

451 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 18:57:17.68 ID:cSi3mifs0
>>449
政府の継続性って意味ならあるんじゃない?
大義名分を信じていますってのを非難出来ないよ。

ぶっちゃけ、WW2で日本が悪かった点の最大なのは
戦争に負けたことだろw

452 :今日も雲孤 ◆bKaGbR8Ka. :2013/05/13(月) 18:59:59.69 ID:yim+vSOa0
あげ

453 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 19:00:18.42 ID:XzjyLvNh0
>>306
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%8D%E6%B0%91%E5%9C%B0
概要
一般に帝国主義的先進国が植民地を原料工場・市場として経営するとともに、住民を政治・文化・言語的に抑圧支配する。

植民地の統治形態には、以下のものがある。
1.領事裁判権や租借地・租界設定条約による治外法権の確立。
2.外交権や駐軍権のみを獲得し内政は先住民による統治に任せて原則として干渉しない保護領。
3.現地の王侯や部族長を通じて支配する間接統治。
4.本国から総督や民政長官、軍政長官などを派遣して支配する直接統治。
5.本国が外交と防衛のみを担当し内政は現地住民によって民選された政府・議会に委ねる自治植民地。ただし「自治」とはいっても、
  参政権は本国出身者に限定されたり、先住民の参加を認めても公用語(本国の言語)習得や一定額以上の納税などの条件を付けて、
  事実上の参政権が著しく制限されることが多い。
6.自国領への併合(この場合も従来の現地住民について、市民権や国籍上の地位に区別が設定されたり、
  併合領土での立法・行政権など統治形態が異なることがある)

どう考えても>>3に書いてあるように、資源収奪が目的なので植民地以外の何者でもない

454 :今日も雲孤 ◆bKaGbR8Ka. :2013/05/13(月) 19:05:35.23 ID:yim+vSOa0
内閣総理大臣:壇蜜
副総理:小蜜
法務大臣:花田勝
外務大臣:小泉シン痔ロン
財務大臣:板東英二
文部科学大臣:久本雅美
厚生労働大臣:高市早苗
内閣官房長官:山谷えり子
少子化担当大臣:紗栄子
総務大臣:ゆでたまご
農林水産大臣:橋下徹
経済産業大臣:稲田朋美
国土交通大臣:柴田理恵
環境大臣:石原慎太郎
防衛大臣:今日も雲孤
国家公安委員会委員長:池田大作
日銀総裁:西村今朝男
日銀副総裁:古川修己

455 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 19:06:02.39 ID:/ceuQAW70
>>453
なんか「自治領」の定義と被るな
定義はなんだろか?

456 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 19:08:14.75 ID:ARoV/eX20
>>453
今時、ウィキソースかよwww
やり直しw

457 :今日も雲孤 ◆bKaGbR8Ka. :2013/05/13(月) 19:17:05.89 ID:yim+vSOa0
やい、安倍総理、よく聞け。

性は日銀総裁に性の心の師の西村今朝男氏を推薦する。
日銀副総裁には古川修己氏を推薦する。

わかったな!(`・ω・´)

458 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 19:17:09.58 ID:Ws1CPaGK0
無駄に中国大陸に軍事力を投入したり、中国の軍隊と交戦して膠着状態になるよりも、
日本軍の大半を回して、オーストラリアを攻略すればよかったんじゃないの?

当時のオーストラリアは人口は数百万人しかいなかったし、碌な軍事力もなかったから、
ここをせめ落としていれば、今頃、日本は資源や食糧安保で悩むことはなかったと思う。

馬鹿みたいな農業・牧草地開拓で乾燥化や砂漠化を拡大させているオーストコリアン達には
あの大陸はぜいたくすぎるし、有効活用ができるはずもない。

オーストラリア大陸は、この大和民族の発展のための礎になるべきでした。

459 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 19:17:22.21 ID:rnFsbEj+0
アジア各国侵略しようとするわ真珠湾攻撃しといて被害者ズラかよw
弱いくせに米国にケンカ売るからこうなったんじゃねーか。原爆投下まで
降伏しなかった東条内閣の罪だ。その降伏すら天皇の介入で決まる始末。

460 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 19:20:33.83 ID:7Z4jt54R0
苦労して核ミサイル保有した北朝鮮はエライと思うわ
高市早苗も金正恩のチンポなめに訪朝しとけ

461 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 19:20:36.32 ID:IJuYoygji
>>458
終わらせるめども目算もないまま日中戦争始め、案の定事態のコントロールに失敗して打つ手がなくなり
状況の打破につながれば何でもいいやと手を伸ばした末路が真珠湾。
中国から手を引けるようならそもそも対米戦なんかやらずに済んだのよ。

462 :今日も雲孤 ◆bKaGbR8Ka. :2013/05/13(月) 19:22:06.57 ID:yim+vSOa0
トイレは行っていいよ。ゲリゾウは下痢を逆手に取れ。

迂闊に返答できない時など、下痢を理由に中座して
頭を冷やせ。冷静に考える時間を確保する口実にしろ。


そんなことよりも、自民党公明党は片山さつきの生活保護
受給者批判と老害石原の尖閣上陸とCIAの不正選挙不正な
集計システムで大勝利したのに、片山さつき先生に大臣の
ポストをあげていないじゃないか。そんなのだから
ゲリゾウはお友達内閣と呼ばれちゃうんだよ。

生活保護受給者批判でネトウヨを騙し自民党の大勝利に
大貢献した片山さつき先生は、骨折り損のくたびれもうけ。
大臣ポストはもらえず、集団ストーカーされて目をまわしている。

463 :今日も雲孤 ◆bKaGbR8Ka. :2013/05/13(月) 19:24:56.94 ID:yim+vSOa0
>公明党は絶対反対の立場だから無理だろう

公明党の絶対反対はまったく信用できない。

イラク派遣も消費税増税も公明党は最終的に
賛成に回った。公明党が反対を貫けば、どちらも
不成立だったんだよ。

性は創価の集団ストーカーには絶対反対です。
性は行徳の集団ストーカーにも絶対反対です。

464 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 19:28:37.58 ID:vgfKOwNu0
>>451
ま、勝てば官軍。勝てる見込みは0%だったけど。
ただアメリカのように戦争に勝っても、世界を不満を抑えつける
能力や傲慢さが日本にはないので、たぶん今のような問題になってると思う。

話は戻して、高市の靖国参拝について。
近隣諸国が騒ぐのは厳密には内政干渉だとは思う。

ただ叩かれるのを承知で書き込むけど、閣僚は参拝するべきじゃない。
一個人として戦没者およびいわゆるA級戦犯を参拝するのはいいと思うし、
素晴らしいことだ。
だか閣僚として参拝するのは、韓国はともかく中国が怒るのは仕方がない。
弱腰とかではなく、侵略をしたのは事実であるから、怒って当然。

韓国、中国は靖国参拝すると騒ぐ、台湾や東南アジア諸国は何も言わない。
だから韓国中国は基地外。というより怒って当たり前だと思う。
何も言わない台湾などが立派なだけ。
アメリカや欧州が日本は侵略国だから参拝するなとか
騒ぐなら文句言っていい。

465 :今日も雲孤 ◆bKaGbR8Ka. :2013/05/13(月) 19:29:03.78 ID:yim+vSOa0
「おまえたちを殺すことなど、おれは何とも思わない。家族を守るためだったら何でもやる。
 駅のホームでおまえたちに何かあっても気づく人はいない。」

IT派遣残酷物語  社員は家族を守るために動けよ

http://www.netone.co.jp/wp-content/uploads/2013/03/ir_20130308_01.pdf
http://www.asahi.com/national/update/0501/TKY201305010020.html

466 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 19:31:51.31 ID:WkxTwmhXP
.【加瀬英明】アメリカはなぜ対日戦争を仕掛けたのか[桜H23/12/5] .
http://www.youtube.com/watch?v=b4Y7Y62x9go
近年、外交機密が解除され、日米開戦に関する真相が明らかになってきた。従前から定説-とされてきた「日本の不意撃ち」は、
実はアメリカの外交戦略に嵌められたものであり、-ルーズベルト大統領を始めとする対日強硬派の強かな外交戦略の勝利でもあったのである-。
今回は、外交研究家として日米外交史に詳しい加瀬英明氏をお招きし、アメリカが日本-に戦争を「仕掛けた」事情について解説していただくと共に、
これらの「史実」を世界に-広く発信している『史実を世界に発信する会』の活動内容についても御説明いただいます-。

467 :今日も雲孤 ◆bKaGbR8Ka. :2013/05/13(月) 19:32:44.91 ID:yim+vSOa0
862 名前: 非決定性名無しさん 投稿日: 2013/04/04(木) 13:23:59.99
ラウムとアクアとアルトは雲孤さんをおもちゃにした雲孤さんの敵。
無力ゆえ呪うことしかできないが、呪われろ。

468 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 19:35:26.63 ID:QtYJcdH20
高市ってきちがい女だな。

なんで日本が植民地になるんだよ。

そんなに戦前は弱くなかったぞ。

歴史認識がはなはだ極右の妄想レベルだな。

469 :今日も雲孤 ◆bKaGbR8Ka. :2013/05/13(月) 19:36:29.75 ID:yim+vSOa0
>>1

履歴書は呪いの写経。

カラ求人に履歴書を一枚書く度に、小泉竹中奥田
自民党公明党への恨みが増していく。

(`・ω・´)

470 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 19:38:13.49 ID:QpXo1W3f0
このあたりは正直、政治家と官僚が無能だったとしか思えんのよな
近衛とかぽっぽやら管と同レベルだろ

471 :今日も雲孤 ◆bKaGbR8Ka. :2013/05/13(月) 19:41:13.42 ID:yim+vSOa0
【青春貴族(中村雅俊)の替え歌】
http://www.youtube.com/watch?v=Vgs2xDRl2Uk

♪いちばん大事なものは 何? きまっているよ アメリカさ
 いちばん嫌いなものは 何? 正義の『しんぶん赤旗』さ
 頭のできは よくないが 心のできも 最低さ
 売国楽しむ やつばかり ユダヤの代官 痔民党

♪いちばんうれしい時は いつ? あの娘と二人で いる時さ
 いちばん悲しい時は いつ? 嫁さん上京 した時さ
 ネトウヨ頼みは よくないが 情弱騙して 改憲さ
 チンポの先から 膿が出る 淋しい病の 痔民党

♪これからお前は どこへ行く? 死んだら煙に なるだけさ
 これからお前は 何をする? ウンコじゃなければ できないことさ
 奴隷の不満 かわすため 十年さきは 戦争さ
 悪知恵働く やつばかり 世襲の貴族だ 痔民党
 世襲の貴族だ 痔民党 世襲の貴族だ 痔民党

472 :今日も雲孤 ◆bKaGbR8Ka. :2013/05/13(月) 19:45:10.01 ID:yim+vSOa0
♪まーんこがでっかい やつばかり 世襲の貴族だ 痔民党


NHKは食べて応援しろよ。

473 :今日も雲孤 ◆bKaGbR8Ka. :2013/05/13(月) 19:47:55.09 ID:yim+vSOa0
これは、TPP絡みの発言だよ。わかるだろう?
おそらく、落とし所に余裕を持たせて40%と言ったんだろうな。
TPPでアメリカから女性の社員比率を30〜35%くらいにするように
命令されたんだろう。

つまり、TPPの交渉は秘密の交渉とされているけど、自民党議員も
官僚も噂でアウトラインはもうわかっているんだよ。記者さんは
取材してジグゾーパズルのピースを集めろ。

474 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 19:53:35.06 ID:5gWddGmf0
今北産業
ただいま。

★6になってるやん

475 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 19:54:40.83 ID:KGQL7EyM0
>>449
>引き延ばせば、結果ナチスは何年かで頓挫してたし。
真珠湾攻撃のまさにその日に、ドイツのモスクワ攻略は頓挫したんだよ。

476 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 19:56:14.09 ID:usaV9JpB0
選択的夫婦別姓に反対しながら自分は旧姓で活動w
卑怯ってのはこういう輩を指す言葉だね。

477 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 19:56:31.95 ID:hGKkVSgQ0
左の皆さんは一生末代まで土下座して過ごして下さいね(^_^)
許しません(^_^)
はい土下座!

478 :今日も雲孤 ◆bKaGbR8Ka. :2013/05/13(月) 19:57:20.19 ID:yim+vSOa0
ズバリ、TPPで女性の雇用は増える。特に、大企業で増える。
それがアメリカの命令だからだ。貴女の職場は上場企業か?
大手スーパーか?大手はアメリカ基準の託児所を持つかも
しれないね。

アメリカ企業は、本音では女性を戦力外戦力と考えているが
女性を使わないと訴えられてしまうからやむを得ず正義のために
女性を使っている。

アメリカ企業から見れば、労働者の女性比率の低い国や企業は
アメリカルールに従わない反則企業なんだよ。イカサマして
儲けている企業であり国なんだよ。アメリカが正義のために首から
ぶら下げている錘を他国は見習わなければフェアじゃないと
アメリカ人は思っていそうだ。

479 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 20:00:34.91 ID:Ed4lZcoh0
>>27を読んで、日本をイラク、インドシナをクウェートに置き換えてみよう。
やっぱり侵略戦争だな。もっとも、みんながやった「侵略戦争」が絶対悪だったのかは意見が分かれるはず。
いや、無理か。絶対悪になりつつあった時代だもんな・・・・

480 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 20:01:28.88 ID:usaV9JpB0
旭日旗の前でわざわざ英語で「KILL KOREA」って書いたプラカード持って
ナチ風敬礼してるデモ隊メンバーの写真みたw
高市ってこういう位相、国益を害する売国奴。

481 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 20:01:49.60 ID:IlSeex+L0!
戦争前と戦後の世界地図を見てみれば明白。
イギリスの歴史教科書では、「日本は戦争には負けたが、
アジア諸国の植民地からの解放は果たした」って書いてあるよ。

482 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 20:04:17.58 ID:vUe9pB1o0
非人道兵器それも2発による大量虐殺を受けての降伏は果たして「負け」なのか、見直す必要あると思う。

483 :今日も雲孤 ◆bKaGbR8Ka. :2013/05/13(月) 20:05:11.75 ID:yim+vSOa0
【Happy Smile Again(いきものがかり)の替え歌】参議院選挙の第一応援歌
              ※作りかけ。2番に生活の党を入れる予定。

生まれた途端に負けてる人生でごめんね
なぜこの家(うち)に? 負け組は 子供に 何もできないよ
宇宙飛行士に なりたい かなわぬ あこがれ
ロケットのなかに 詰め込んで 銀河の果てまで また飛ばすよ

明日も生きたいから 共産党、頼むぞ
この小さな胸の 夢も生かしたい
ほら 図鑑を広げて また笑うよ

志位さん Try Again デモに逃げるな
飯食わせろ 職がないのに脱原発
…なんて思ってみる そうだよ みんな飢えてしまうぞ
いきだおれに 雪が降り積む 救いのない今を 続けていかぬように
…なんて怒ってみる そうだよ 深呼吸 さあ歩き出そう

484 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 20:07:04.57 ID:IJuYoygji
>>482
んなもんに関係なく負け。

485 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 20:07:29.80 ID:pP+axaNWO
>>480それで本当に日本の国益が損なわれるの?
よく考えてみたら?

486 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 20:09:32.99 ID:Pg5+zoh0P
>>481
>>3のとおり侵略

487 :今日も雲孤 ◆bKaGbR8Ka. :2013/05/13(月) 20:09:46.48 ID:yim+vSOa0
【想い出がいっぱい(歌手 H2O) の替え歌】小沢の第五応援歌(負け組の第一応援歌)
http://www.youtube.com/watch?v=YyGEkLAQvWE

古い新聞の記事の 写真に 想い出がいっぱい アキバにネトウヨつどい 絶叫 はるかなメモリー
今に溺れる愚かさで 終わりを 思いもしないね 手に持った国旗は 限りなく軽く 君は踊っていた
大人の階段昇る 君はまだ 皮かむりさ しあわせは誰かがきっと 運んでくれると 信じてるね
未熟だったと いつの日か 想う時がくるのさ

冬のオリオンに誓う 小沢の 約束がいっぱい 勝ち組と負け組 格差社会だね 俺がこわしてやる
ネズミとカボチャの馬車で 小沢はまだ 走れるのさ ネズミたち 馬に変える 魔法の杖 探している
天馬だったと なつかしく 振り向く日がくるのさ

勝ち組うるおすために 負け組は 働くのか? お前たち 俺をかつぎ 権利と誇りを 取り戻せよ
苦しかったと いつの日か 笑える日がくるのさ

格差あったと いつの日か 笑える日にするのさ

488 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 20:10:22.04 ID:x1bRZjPh0
>>482
結果、非人道だったって話ぢゃね?
当時は、あくまでも新型爆弾だろ。

市街地に落として、非戦闘員を巻き込んだって点では議論を起こせるけど
当時、原爆が非人道兵器っていうコンセンサスはないよ。

まぁ、SF条約で手をうっちゃったから国としては言えないが…

489 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 20:11:46.83 ID:x1bRZjPh0
コテ付きのバカ邪魔だなぁ…

490 :今日も雲孤 ◆bKaGbR8Ka. :2013/05/13(月) 20:14:56.34 ID:yim+vSOa0
民主主義をトリモロス!
不正選挙でトリモロス!
CIAとトリモロス!
不正な集計システムでトリモロス!! (`・ω・´)

http://pds.exblog.jp/pds/1/201212/30/28/d0289628_1753880.jpg


ネトウヨは 不正選挙の 隠れ蓑

491 :今日も雲孤 ◆bKaGbR8Ka. :2013/05/13(月) 20:18:19.33 ID:yim+vSOa0
【 ブルーライト・ヨコハマ(歌:いしだあゆみ)の替え歌 】
http://www.youtube.com/watch?v=gw5OtHeRJjo

いつものように だまされるのさ ネトウヨ 情弱ネトウヨ 峯岸みなみ 天使だぜ
いつものように テレビつけたら ネトウヨ 驚くネトウヨ 坊主の女が 泣いていた
朝鮮に 中国に 湯水のごとく 国富をそそぐ 滅べ 売国民主党
今のエロ本 モデルいいさと ネトウヨ しこしこネトウヨ 中韓モデルと 知らないで

自民党 自民党 日本を救え 石原頼む 俺は 維新のサポーター

愚かすぎるぜ 未熟すぎるぜ ネトウヨ 愛国ネトウヨ 改憲ささえ 戦場へ

492 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 20:19:32.22 ID:usaV9JpB0
>>485
朝日新聞の社旗はナチスの旗と同じという主張が
西欧世界には受け入れられるから国益かもねw

493 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 20:19:43.73 ID:KMyjFWMB0
今日は特定スレに粘着してる工作員が散見されるな。
ID末尾対策とったつもりらしいが、まーだ気づいてないのかw

494 :今日も雲孤 ◆bKaGbR8Ka. :2013/05/13(月) 20:22:39.87 ID:yim+vSOa0
【 恋におちて-Fall in Love-(歌:小林明子)の替え歌 】参議院選挙の第二応援歌
http://www.youtube.com/watch?v=AaEf-IH4d08

もしも棄権がないならば 組織の票は怖くはない
奴隷はいつも主人より多いから 我らが常に勝てる
Darling I Want You 負け組は 暮らしのために団結しようよ
迷子のように立ちすくむ あなたも生きていいんじゃない?
徴兵制度と 引き替えに 負け組男子も有権者

If my wishes can be true may you turn my sighs
into whiter daisies cover us by the whites
Think of you every night And turn back where I am
We are not living in their hearts

Darling I need you 負け組の 死に票つくる手先に気付いて
老害知事と ハシシタと よしみがウヨをだましてる
進駐軍の 思惑で 負け組女子も有権者

共産党か 生活に ほかの党には 入れたらだめなの
負け組だけで 4000万 起きたらすぐに選挙行こう
6時に投票 締め切られ We'll get again falling down

Don't you remember when you were there Without a thought and we have cursed in fire
I've got a hate song but here it goes Thee loving hearts can chant out the ones
Can't stop you, can't hold you Can't wait no more
It's just a longing for your lives    It's just a longing for your lives

495 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 20:24:26.83 ID:lhSgScYWO
>>488
市民はそんな感覚だったかもしれないが、為政者および軍首脳部はどうだろう

新型爆弾開発のため、約1万人もの科学者を導入するか?
ナチスに開発されたらまずいという危機感や、唯我独尊のアメリカがわざわざチャーチルに原爆使用の許可を求めたりとか、ただ事じゃなかった自覚はあるんでないの?

496 :今日も雲孤 ◆bKaGbR8Ka. :2013/05/13(月) 20:27:04.34 ID:yim+vSOa0
参院選だが、ゲリゾウが国産巡航ミサイルの開発着手とオスロ条約脱退を明言するかどうかが
ネトウヨの争点だ。

ゲリゾウが国産巡航ミサイルの開発着手とオスロ条約脱退を明言しなければ、ゲリゾウが
どんなに勇ましいことを言っても屁の突っ張りでしかないから、ネトウヨは自民党公明党を
参院選で大敗北させてくれよ。

497 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 20:31:01.96 ID:nqZbVV1r0
>>411
>>415

「適当な時期に併合してもいいんじゃね?」なんて「適当な時期」なんて永遠にないから。

498 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 20:36:26.77 ID:BuZ44Jok0
とにかく、日本。
内密に進めていた軍事研究。
あるとき突然、
ガンダムできました!
というような展開が欲しい。
まあ、スパイ天国の今の日本じゃ無理だが。

499 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 20:41:48.55 ID:vzAyg0Df0
日中韓+αで協力のために靖国参拝はやめろと言うけど、
尖閣侵略や竹島仏像強奪で関係を悪化させているシナチョンはスルーですか?

500 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 21:00:10.79 ID:FpRxEPH70
>>16
昭和の時代に暴走した軍関係者は東北出身者が多い
石原莞爾は新潟だし226の将校も東北出ばかり

501 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 21:09:39.82 ID:oPGGvt9s0
ここは反省するところだろう。謝罪とかそういうのは別問題として。

勝ち目がないのにガチバトルしかけても勝てないんだよ。負けるわけだ。
中国のアホみたいな人命軽視のコスト安(ゲリラ、人海戦術)、アメリカの経済力、技術力。
裏ではつながっていたし、両方に戦争をしかけた。

立場上、あの戦争は意味がなかったなんていえないとおもうが
正しい歴史認識いうなら、あの戦争は間違っていたというのが正しい。

502 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 21:12:30.65 ID:KGQL7EyM0
>>500
石原莞爾は新潟出身ではなく山形出身だ

503 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 21:13:35.75 ID:AnvJ8otS0
>>458
オーストラリア攻略侵攻作戦ってのは実際あった

海軍「オーストラリアを占領したい」
陸軍「そんな事不可能」

海軍「ならば、サモア・フィジーを占領して米豪の連絡を遮断し、
   オーストラリアを戦争から脱落させる」
陸軍「戦力維持も補給も極めて困難」

海軍「それなら、ソロモン諸島を占領して航空基地を建設し、航空機で連絡線を遮断する」
陸軍「(・・・ソロモン諸島も補給困難だが、これ以上反対すると海軍のメンツを潰してしまう)
   じゃあそれでいきましょう 」

ソロモンの消耗戦へ

504 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 21:15:27.06 ID:iU3XXGol0
閣僚の靖国神社参拝を、ここでやめたら終わりだ。→何が終わるのか

国策に殉じて命をささげた方々をいかにおまつりするかは内政の問題だ。→国としておまつりしなければならない理由は何か

日本の支配を受け、植民地とされた国の方々の民族の誇りを傷つけて大変な苦難を与え、被害を与えたことは確か
だが、当時、資源封鎖もされて抵抗せずに日本が植民地になる道がベストだったのかどうかだ。→ベストでなければならないと誰かが言っているのか

安倍総理大臣が、国会で『侵略の定義は学会的にも国際的にも定まっていない』と答弁したことは間違っていない→どの流れでこうなった



言いたい事がよく分からん

505 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 21:17:32.60 ID:iq7yr1snO
石原や松岡は国民党との戦争に反対していたが。近衛文麿が国民党との戦争、南進策を強力にすすめた。

506 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 21:22:52.61 ID:oPGGvt9s0
「靖国」はフィクション。
歴史的な経緯や道義的な責任もあるから慰霊するのは当然なわけだが。
これを今の世代におしつけるような発言しちゃダメだわ。
アジア開放とか、国体を守るためとか、全部ウソ。
欧米諸国のように縄張り増やしたかっただけ。

戦中なんて民主党政権みたいなかんじじゃんか。親中反米と。
そんなこと続けたら亡国寸前までおちいって当然。

507 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 21:26:13.08 ID:03kTeTgt0
カーンジ!セックスしよ!

508 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 21:31:17.09 ID:5RUB8dI9O
高市早苗は日本がただでさえ国力軍事力でかなわない連合国に、外交でも失敗した(キリッ)と言ってるのがわかってないマヌケ

こいつは誰でもできる靖国参拝は出来ても、尖閣から中国船一隻追い払えず政治家引退するだろ

509 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 21:38:08.72 ID:DaDkfWlq0
ID:yim+vSOa0

なにこの馬鹿

510 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 21:41:58.31 ID:03kTeTgt0
俺は戦時中の軍部と政府がお粗末すぎて、
人生棒に振った英霊をお参りしてる。

何が日本は悪くなかった(震え声
だよ。

大日本帝国は滅びたんだよ。
滅びた原因を客観的に見ないと。

511 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 21:42:11.63 ID:5gWddGmf0
考えれば、考えるほど
諸悪の根源は
半島のような気がしてくるわ

512 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 21:45:55.65 ID:uQRta6gP0
>>501
別に必然だったわけでも何でもないしね。
1930年代から太平洋戦争突入までの流れは・・・。
わざわざ、もっとも困難な方向に突き進んで行っちゃった。
軍部首脳の無能さと珍走団並みの見栄の張り合い、
そして政権幹部のあまりの無能さと無責任のせいで・・・。

もちろん、一般国民が囃したてた展開だったんだが。。

513 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 21:49:16.39 ID:Vq7resrUO
抵抗した結果が100万人の餓死者であり原爆2発であり今の領土問題なんだがな。この結果に対して存在しない被害妄想で正当化しようとしてるだけ。
そりゃ単純右翼さんしか賛同しませんよ

514 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 21:52:39.82 ID:D+ItdtrV0
ワシはネトウヨ老人なんだが、この高市という女の言うことは
ちょっと違うように思う。

515 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 22:03:50.00 ID:M9LtsAGb0
高市の発言って、政治家が世論誘導のために極端ケースを仮定しただけだろ
植民地云々って

516 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 22:08:05.31 ID:KGQL7EyM0
高市は田原総一朗にも「歴史を知らない」と批判されていたね

517 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 22:09:55.22 ID:QBymM30PP
>>512
えっと・・・こいつもそうだが
サシでじっくりと歴史議論出来る奴はいるのか?

もちろん別スレでな。
ニュー速+のスレなんて何日後には消えるだろ?

全く消えないから逃げる事も出来ない。
とことんまで議論

518 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 22:13:26.56 ID:Pjqe7CyHP
たられば言ってどうすんの?
何がいいかなんてわからないよ。

速攻でドイツ軍に首都占領されたけど戦勝国として常任理事国になった国、
戦勝国の主要メンバーなのに大量の植民地を失った国
戦争に大敗し魂を売りとばしたけど飛躍的に経済発展した国

何が正解なの?戦争の勝ち負けなんて過程でしかないわ。

519 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 22:16:20.85 ID:QBymM30PP
>>518
>戦争に大敗し魂を売りとばしたけど飛躍的に経済発展した国

因果関係をきちんと見極めなければな
----------
日本が第二次大戦で植民地を解放するきっかけを作った。
それにより戦後植民地に戻ってきたオランダやイギリスは現地住民との間で激しい戦いをする事となった。

アメリカはヨーロッパの持っている植民地の独立は止むを得ないとしてガット体制(自由貿易)を構築して、
ヨーロッパに植民地の独立を認めるように迫った。
ガット体制(自由貿易)にすれば植民地を持っていなくとも
自由にどこからでも原材料をを確保する事が出来、またどこの市場でも商品を売る事が出来る。

しかし考えてみればこの成り行きは当然の事。
連合軍は日本を「侵略者」にして丸く収めたつもりだったが、
植民地に帰ってきたヨーロッパの国々が現地住民との間で独立をめぐり
激しい戦いを始めた時、人々は本当の侵略者の存在に気づき(思い出し)始めた。
その事を敏感に察知してアメリカは動いたのである。

日本はガット体制(自由貿易体制)で凄まじい恩恵を受け経済大国になれた。
日本が経済大国になれた根本原因を探るとこれに到達する。

520 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 22:17:14.75 ID:cAx9Uenk0
>>512
>もちろん、一般国民が囃したてた展開
これがでかいよ。それなりに選挙やっていた国なんだから。
戦時中の日本は軍事政権で軍部が暴走みたいにいわれてるけど国民が一番暴走してた。
有権者がマスコミや官僚、政治家にだまされるのは変わらないんだな、と。

521 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 22:20:33.57 ID:QBymM30PP
>>520
「日米開戦の真実」(大川周明著「米英東亜侵略史」を読み解く)
小学館文庫 佐藤優著

佐藤優はまえがきでこのように書く
----------------------------------
1941年12月の開戦直後、当時の政府は戦争の目的と
そこに至った経緯を国民に対して論理的かつ実証的に説明することを試みた。
その一つが大川周明によるNHKラジオの連続講演(全12回)だ。
この速記録は講演が行われた翌月(1942年1月)に『米英東亜侵略史』(第一書房)
という単行本として上梓され、ベストセラーになった。
本書を読めば、日本が何故にアメリカ、イギリスとの戦争に至らざるを得なかったのかが
よくわかる。さらにその内容が客観的事実に基づいた冷静な主張であることにも驚かされる。
本書にその全文を掲載している。
読まれた方は、「鬼畜米英!」などといった過激なプロパガンダが見られないことを
意外に思われるかもしれない。
しかし、そのことは当時の日本国民の知的水準の高さを示している。
帝国主義の時代において戦争は不可避であった。
日本は開戦の大義名分をもっていたし、アジア国家としての筋を通した。
しかし筋を通す正しい国家が必ずしも勝つわけではないというのも歴史の厳粛たる事実だ。
大川周明もA級戦犯容疑者として逮捕され、公判に引き出されたが、精神障害のため免訴となった。
本文で詳しく紹介するが、この免訴については謎がつきまとう。
大川が『米英東亜侵略史』の言説を法廷で繰り返した場合、理論的には開戦の正当性について、
日本の大義と米英の大義をほぼ互角に持ち込めただろう。
日本国民は当時の国家指導者に騙されて戦争に突入したのでもなければ、
日本人が集団ヒステリーに陥って世界制覇という夢想に取り憑かれたのでもない。
日本は当時の国際社会のルールを守って行動しながら、じりじりと破滅に向けて
追い込まれていったのである。
あの戦争を避けるためにアメリカと妥協を繰り返せば、結局、日本はアメリカの保護国、
準植民地となる運命を免れなかったというのが実態ではないかと筆者は考える。

日米開戦の真実 大川周明著「米英東亜侵略史」を読み解く 佐藤 優

522 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 22:25:07.86 ID:5gWddGmf0
アメリカが日本を敵視して、
日本は共産主義から国を守る力を失った。

結局、時を経て、
アメリカにもはねかえってきているでござる。

523 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 22:26:02.54 ID:QBymM30PP
>>520
>戦時中の日本は軍事政権で軍部が暴走みたいにいわれてるけど国民が一番暴走してた。

「戦前はマスコミが煽った」みたいな言い方をよくするだろ?
ところがほとんど自実話そのまま伝えただけなんだ。
たとえば通州事件が起こったが、中国人による日本人への残虐な殺し、
そしてその日本人の遺体を損壊する様などを報じれば
当時の日本人は「暴支膺懲」となるのは当たり前なんだ。

現在マスコミは韓国や中国の事実を報道すると
日本国民が激高するとして報道しないが
その方がいいか?

524 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 22:34:45.70 ID:Ntu5DMiN0
ただの目立ちたがり屋。

525 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 22:36:52.97 ID:QBymM30PP
>>523
>自実話

事実

2ちゃんねるでネトウヨ代表を一人出せと言われれば
私が真っ先に挙げられるだろう。

その私が議論の相手をしてやるって言っているのだから
「日本は侵略した」だの言う奴は相手をしてやるよ。

確かに誤りは確かにあったが、功績に比べれば全く問題にするほどの事ではない。

これはたとえば
厳しい状況に於かれた中で人の道を踏み外さず懸命に生きた人がいたとするな?
その中で何かしらの失敗もあった。
そしてその人が大きな成果を成し遂げた後、
その誤りをねちっこく非難するようなものだ。

全くガキの所業だよ。
サシでやってやるから受ける奴は手を挙げろ

526 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 22:42:34.55 ID:QBymM30PP
>確かに誤りは確かにあったが、

酔っぱらって帰ってきたのでちょっとおかしいな。
酔っている時はレスしないのだが、
あまりにもクソ馬鹿の癖してぴーちくぱーちくウザイので
ついレスをしてしまった。

おい、書き逃げの出来ないスレに誘導してやっから名乗りを上げろ。

あとマスコミ関係者や反日政党関係者もこのスレ見ているんだよな?

お抱え反日学者に「2ちゃんねるネトウヨ代表と歴史議論」って企画はどうだ?
もちろん私を論破した後で

「2ちゃんねるのネトウヨ代表論破される!」って紙面なり、テレビの特集なりすればいい。

527 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 22:44:09.36 ID:03kTeTgt0
NG

528 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 22:46:38.63 ID:QBymM30PP
>お抱え反日学者

お抱え反日歴史学者な・・・
それから

>「2ちゃんねるのネトウヨ代表論破される!」

えーと「勝手にお前がネトウヨ代表を名乗るなよ!それは私だ」って人がいたら・・・
その称号は取りあえず譲ります。
お手並み拝見します。

529 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 22:54:34.77 ID:QBymM30PP
とりあえず資料コピペで済むスレに移る

530 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 23:01:30.95 ID:cAx9Uenk0
>>523
>現在マスコミは韓国や中国の事実を報道すると
ちょっと考えてもしまったが、そのほうがいいかもな。
というより知らん振りしたほうがいい。日本人はブレがおおきすぎる。
昔からマスコミ、企業、官僚は一枚岩だとおもうが
また同じように戦争を煽るようなことされたら無意味な戦争に突入する可能性がある。

佐藤優のは、保護国植民地とカチンという言葉をつかっているが
アメリカは昔から日本と同盟くむのに必至だった。
手組めばよかったんだよ。中国人と組むくらいだ。当時の日本とだって
組めたはず。

531 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 23:05:56.03 ID:PmUfqFEJ0
死の町東京に、もう用はない

セシウム17000000000ベクレルの汚染で、大量死が始まった東京


心筋梗塞死者が、汚染後一年で倍増って・・・・

532 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 23:06:54.67 ID:iq7yr1snO
ベノナの解読によれば、ルーズベルト政権の内部にスターリンのスパイが300人いた。日米開戦はソ連の罠。上海事件から日中戦争に近衛文麿が拡大した時、日米開戦は決まっていた。

533 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 23:08:44.22 ID:n3KyiZZu0
終わった戦争より今現在繰り広げられているの熾烈な経済戦争に勝てるようにしろよバカw
明らかな捏造には反論すればいいが、負けた戦争を自分から女々しく語っても無意味なんだよ

534 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 23:10:11.61 ID:dduqs1Du0
統帥権干犯した林銑十郎を死刑にするどころかもてはやした時点で、日本国は亡んでいたんだよ。
日本が植民地云々以前に、日本は国家として解体していた。

国策に殉じてというが、国策なんてなかったんだよ。

535 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 23:13:33.70 ID:QBymM30PP
>>530
>ちょっと考えてもしまったが、そのほうがいいかもな。

ええええええええええええええええええええええっ!
まともに(事実を)報道してくれれぱ、韓国との断交は近づくのにか?

韓流(死語)を煽って日韓友好って事だね。

>アメリカは昔から日本と同盟くむのに必至だった。

意味不明
------------

日本人が移民として渡ってきたのはそれからしばらく後、アメリカの民主主義が大きく成長し、
平等思想というものに触れた頃のことであった。ただし、反対も多かった。
例えば、日本人の子女が同じ学校に入るのに反対した。偉そうなことを言っても、いざ実践となると
「総論賛成。各論反対」というわけだ。
コヨーテと思ってきた中国人とは争いは起こらなかったが
学校に入ろうとする日本人とは対立が始まった。
家来扱いされても平気な中国人に対して、日本人はプライドが許さないからである。

暗黒大陸中国の真実 ラルフ・タウンゼント 第九章 日本と中国人

--------------------
======================
1982年、アメリカ議会に任命された調査委員会は、日系アメリカ人強制収容が、
適当な国防上の理由で行なわれたものではなく、その真の理由は人種差別であり、
戦時ヒステリーであり、政治指導者の失政であった、と結論をくだしています。
http://www.janm.org/jpn/nrc_jp/accfact_jp.html

536 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 23:14:05.81 ID:yYaZpek40
大事な時にぐちぐち言いがかり付けて
都合よく切り貼りしたインチキ報道で
「大事な時なのに!」と妥協を強いる
シナチョンとその傀儡党・傀儡メディア

537 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 23:18:10.63 ID:QBymM30PP
資料目次

1、開国前の日本

2、太平洋波高し

3、大日本帝国の存在意義

4、大日本帝国滅亡

538 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 23:20:55.72 ID:IJuYoygji
>>536
竹島・尖閣に関してはまさにその通り。だがそこにわざわざツッコまれどころを増やしてしまったのは大きなミス。
竹島・尖閣だけで話を進めておけば、欧米を日本側につけて両地域の帰属に手を出させない態勢を築けたものを。

539 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 23:21:22.86 ID:nvYyy6Kb0
ターニングポイントは2・26だろ。あれが失敗したから貧富の差が是正されずに、
結果パイを増やす=拡大政策に国民一丸となってつっこんでくわけで。

青年将校は長州みたいにまず天皇抑えるべきだったんだよな。

540 :>>537 1、開国前の日本:2013/05/13(月) 23:21:42.43 ID:QBymM30PP
アンベールは「江戸庶民の特徴」として、
「社交好きな本能、上機嫌な気質、当意即妙の才」をあげ、
さらには「日本人の働く階級の人たちの著しい特徴」として
「陽気なこと、気質がさっぱりとして物に拘泥しないこと、子供のように
いかにも天真爛漫であること」と数えあげる。
実際、彼らはある意味で、子供のような人びとだった。
狐拳を初めとして、外国人の好奇のまなざしにとらえられた大人の遊戯は、
その無邪気さにおいて、ほとんどばかばかしいほどのものである。
アンベールは書いている。
「日本の庶民階級の人々は、まるで子供のように、物語を聞いたり歌を唄うのを
聞いたりすることが非常に好きである。職人の仕事や商品の運送などが終るころ、
仕事場の付近や四辻などで、職業的な辻講釈師の前に、大勢の男女が半円をつくって
いるのを毎日のように見かける」

日本人が子どもを大切にし、そのため日本がまさに「子どもの天国」の観を呈している
ことについては、観察者の数々の言及がある。
だが実は、日本人自体が欧米人から見れば大きな子どもだったのである。
若者たちが、いや若者どころかいい大人たちが、小さい子どもたちに交って、
凧をあげたり独楽を廻したり羽根をついたりするのは、彼らの眼にはまことに
異様な光景に映った。
1870年から74年まで、福井藩校や東京の大学南校で教師をしたグリフィスにとって
「成人して強壮な身体の日本人が、西洋人なら、女の子はエプロンをつけ
男の子は巻き毛を刈る歳になると、見向きもしないような娯楽に夢中になっている」
のはおどろきだった。
「この二世紀半の間、この国の主な仕事は遊びだったといってよい」と彼は言う。
「日本人のように遊び好きといってよいような国民の間では、子供特有の娯楽と
大人になってからの娯楽の間に、境界線を引くのは必ずしも容易ではない」

「逝きし世の面影」渡辺京二(葦書房) 現在平凡社ライブラリーより刊行
===============================================================
日本人は太平の世に飽きて銃を取ったのではない。そこには止むに止まれぬものがあった。

541 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 23:24:16.50 ID:NU4N1t3hO
>>534
同意。
旧憲法の法治が破綻した瞬間でもある。
近代国家が近代国家の論理に基づいて自滅していったとも言える。

542 :>>537 2、太平洋波高し:2013/05/13(月) 23:27:38.02 ID:QBymM30PP
・・そればかりではなく、太平洋は今一つの意味でアメリカ人の心を惹きつけたのであります。
十八世紀から十九世紀にかけて、捕鯨はアメリカ及びロシアの最も重要なる
産業の一つでありましたが、十九世紀初頭に至って大西洋の鯨はほとんど捕り尽くされ、同時に北太平洋に
夥(おびただ)しき鯨のいることが知られたので、
この方面における捕鯨船の活躍がとみに目覚ましくなりました。
とりわけ一八四二年、米露両国の間に条約が結ばれ、両国互いにその領海内に入って
鯨を捕り得るようになったので、アメリカ捕鯨船の日本近海に出没するものにわかに多くなり、
一八四〇年代にはすでに千二百隻に及んだと言われております。
当時、どうして彼らがそれほど捕鯨に熱心であったかと申せば、蝋燭(ろうそく)の原料に
する油を取るためであったのであります。
その頃のヨーロッパは、植民地から搾取した富によって生活は豪奢となり、
各国の宮廷をはじめ、貴族富豪は競って長夜の宴を張って、
飲みかつ踊っていたのであります。
その宴会場を真昼のごとく明るくするために、数限りなく蝋燭を灯したのでありますが、
その蝋燭の白蝋が鯨油から取れるので、、贅沢が増せば増すほど、鯨が蝋燭に化けて
ヨーロッパの金殿玉楼を照らすことになったのであります。

日米開戦の真実 大川周明著「米英東亜侵略史」を読み解く 佐藤 優
※引用文は大川周明著「米英東亜侵略史」
=================================================================

日本は、ヨーロッパの植民地搾取による贅沢が原因で強制開国させられ、
弱肉強食の世界に放り込まれた。
こうして日本人は有色人種のアンカーとして近代世界史に登場した。

最終的に植民地を解放するきっかけを作り、ヨーロッパを没落せしめた。
この事実をみる時、ただただ唖然とする他はない。
全くなんという大偉業であろうか・・・

543 :>>537 2、太平洋波高し:2013/05/13(月) 23:31:09.96 ID:QBymM30PP
>>539>>541
ちょっと資料を貼り終わるまで待っていてくれ。
もう歯を磨いて寝るのならばこのスレを明日確認してくれ

544 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 23:31:11.49 ID:5RUB8dI9O
三丁目の夕日の時代すら、もう戻れない遠い昔になったってのに
もっと昔の事持ち出して何しようってんだかな高市は

とても付き合えないな

545 :>>537 3、   大日本帝国の存在意義:2013/05/13(月) 23:34:33.31 ID:QBymM30PP
H・G・ウェルズ(イギリス、歴史学者)

「この大戦は植民地主義に終止符を打ち、白人と有色人種との平等をもたらし、世界連邦の礎石をおいた。」

アーノルド・J・トインビー(イギリス、歴史学者)

  第二次大戦において、日本人は日本のためというよりも、むしろ戦争によって利益を得た国々のために、
偉大なる歴史を残したと言わねばならない。その国々とは、
日本の掲げた短命な理想であった大東亜共栄圏に含まれていた国々である。
日本人が歴史上に残した業績の意義は、西洋人以外の人類の面前において、
アジアとアフリカを支配してきた西洋人が、過去二百年の間に考えられていたような、
不敗の半神でないことを明らかに示した点にある。(1965年十月二十八日、英紙「オブザーバー」)


ロスロップ・スタッタード(アメリカ、歴史学者)

 すでに四百年の間、連続的勝利によって、
白人は本能的に自己の膨張は無限に継続するものと信ずるに至った。
1904年の日露戦争以前には、自己の膨張が停止するというような思想は白人千人中の一人にも考えがおよばなかった。
(中略)1900年は、四百年間みなぎりきった白人潮勢の頂点であった。白人はその時、
威名と実力の頂上に達したのである。その後わずか四年にして日本は猛然起って露国に抗し、
旅順港に巨砲弾を浴びせて世界を驚かした。その刹那に白人の退潮が始まった。
(長瀬鳳輔訳『有色人種の勃興』政教社、147,151頁)

http://www.ncn-t.net/kunistok/dainihon.htm

546 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 23:39:28.71 ID:eHh/XLIh0
当時の地域状況・世界情勢・習慣・慣例を無視して
今現在に当てはめて自分(自国)は関係ないて態度で
過去の事を語る馬鹿多いからな。
戦時中は慰安婦当たり前だし法律上認められてたし
GHQでさえ日本・韓国に慰安婦設置求めてる

要するにつきつめればお前らも同類で話終わるんだが
米国なんてGHQ資料から日本政府に慰安婦設置求めた
ことさえ出てくるのに問題だって資料突きつけられたら
言い訳できないのにね

547 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 23:42:42.37 ID:uIC9Dj6w0
早苗は実にバカだな。
憲法を改正して自衛隊を国防軍に変える際の
言い訳としてもう日本は侵略戦争を行さない
(国際紛争を武力で解決しない)と主張していたのに
宣戦布告をしないで最大200万人近い軍勢を投入した
シナ事変でさえ侵略戦争じゃないなんて言うなんて
早苗は実にバカだな(笑)
そしてなにより醜い(笑)

548 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 23:42:55.73 ID:J7Yd59FsO
【速報】 GACKT 強姦レイプで 被害届 受理される「局部シリコン30個」
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1368382559/

【政治】自民・高市早苗氏「野田聖子さんのおかげでGACKT様に出会えた。近くに立つと、いいにおいがした!」
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1367422475/

549 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 23:43:27.29 ID:Pg5+zoh0P
>>546
●従軍慰安婦=皇軍将兵慰安婦女の問題点(2)
拘束売春は当時から違法だったが、慰安婦は軍による拘束を受けていた。

「貸座敷営業者ト娼妓トノ間ニ於ケル金銭貸借上ノ契約ト、身体ヲ拘束スルヲ目的トスル契約トハ各自独立ニシテ、身体ノ拘束ヲ目的トスル契約ハ無効ナリ」(明治33年大審院)

◇ビルマの慰安所の例
彼女たちが結んだ契約は、家族の借金返済に充てるために前渡された金額に応じて6ヵ月から1年にわたり、彼女たちを軍の規則と「慰安所の楼主」のための役務に束縛した。
1943年の後期に、軍は、借金を返済し終わった特定の慰安婦には帰国を認める旨の指示を出した。その結果、一部の慰安婦は朝鮮に帰ることを許された。
http://ameblo.jp/ya-ata-no-karasu/entry-11451587550.html
=借金を返すまでは拘束を受けていた

◇フィリピンの慰安所の例
比島軍政監部ビサヤ支部イロイロ出張所慰安所(亜細亜会館 第1慰安所)規定
五、慰安所経管(営?)者ハ左記事項ヲ厳守スベシ
5、慰安婦外出ヲ厳重取締
七、慰安婦散歩ハ毎日午前八時ヨリ午前10時マデトシ其ノ他ニアリテハ比島軍政監部ビサヤ支部イロイロ出張所長ノ許可ヲ受クベシ尚散歩区内ハ別表1ニ依ル 
別表1 公園ヲ中心トスル赤区界ノ範囲内トス (地図略)

◇中国の慰安所の例
常州駐屯間内務規定
第9章 慰安所使用規定
第64 雑件3、営業者ハ特ニ許シタル場所以外ニ外出スルヲ禁ス
http://hide20.blog.ocn.ne.jp/mokei/2012/04/post_a084.html

550 :>>537 4、大日本帝国滅亡:2013/05/13(月) 23:43:44.55 ID:QBymM30PP
1945年8月、日本はポツダム宣言を受諾した。
この日ニューヨークポストは
「太平洋の覇権を我が手に」と題する社説で
「我々はペリー以来の願いを達した。これでアジアの市場と覇権は我々のものとなった」と書いた。

翌月9月2日、日本政府が降伏文書に調印したミズーリ号には、
日本に開国を要求した当時のペリーの星条旗が掲げられた

こうして大日本帝国は滅びたのであった。
=====================================================
よし>>539>>541 間違えた・・・>>534>>541 コピペだけど↓
-----
反日左翼の手口は、この対華21箇条や南京大虐殺など、
とにかく片っ端から当時の日本を非難できそうなものを継ぎ合わせパッチワークし、
「侵略者の服」を仕立て、戦前の日本に着せるというもの。

戦前の正しい歴史認識を得るには、
歴史を俯瞰的に見ながらも、一つ一つの事柄にフォーカスし検証をする事も
大事なことだ。

たとえば「軍部の暴走」について戦前の日本を激しく罵っていた者がいた。
所謂「統帥権の独立」問題である。

私はその罵っている者に十分に調べてから罵っているかどうかを問うた。
彼はそれには答えず、ひとしきり毒を吐いた後、
つまり死者である先人達を罵った後に消えた。

私は「統帥権の独立」という言葉を見るたび
一人の女性が頭に浮かぶ。そして「統帥権の独立」の原因に、当時の日本人の置かれた厳しい状況と
人々の心情を見るのである。 ・・・・続く

551 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 23:47:03.17 ID:Pg5+zoh0P
>>546
●従軍慰安婦=皇軍将兵慰安婦女の問題点(1)年齢が低すぎる

最初は日本の国内から集められた女性が多かったのですが、
やがて当時日本が植民地として支配していた朝鮮半島から集められた女性がふえました。
その人たちの多くは、一六、七歳の少女もふくまれる若い女性たちで、
性的奉仕をさせられるということを知らされずに、集められた人でした。
(アジア女性基金パンフレットより)

・娼妓取締規則(明治33年) 18歳未満の者は、娼妓たることを得ず。
・貸座敷娼妓取締規則(1916年) 朝鮮において17歳未満は不可
・婦人及児童の売買禁止に関する国際条約」(1925年批准) 21歳未満は不可 ただし日本は朝鮮台湾は例外とすると宣言


日本国内では「21歳以上」の「売春経験者」に限定している

「支那渡航婦女の取り扱いに関する件」(1938年2月23日)
醜業を目的とする婦女の渡航は現在内地に於て娼妓其の他事実上醜業を営み満二十 一歳以上…


つまり
日本 21歳以上 売春経験者のみ
朝鮮 16〜17歳も 売春経験者に限らず
という差別的条件格差があった

552 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 23:47:07.29 ID:eOydx7ek0
靖国問題はさ、昭和天皇が参拝しなくなったのが答えだよ

553 :>>537 4、大日本帝国滅亡:2013/05/13(月) 23:48:33.45 ID:QBymM30PP
>>550
憲法解釈としては,実は,統帥権の独立は無理があるのです。
なにしろ,第11条には「天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス」としかなく,統帥部門が政府
(内閣)から独立しているなどという含みを読み取ることは不可能であり,そ
うなれば,天皇がもつ他の統治権と同様,統帥権も国務大臣の輔弼によっての
み行使されるということになるはずなのです。
実際,明治憲法制定から日清戦争頃までは統帥権の独立を説く学説はないとい
われるし,また日清戦争に際しては伊藤博文首相も戦争指導(統帥)に参与し
ていました。ところが,日露戦争以後になると,ほとんどの憲法学者が統帥権
の独立を説くようになったとのことです(穂積八束のみが否定説という)。

では,なぜ憲法解釈としては統帥権の独立を導きだすのに無理があるのに,統
帥権の独立が説かれ,それが疑問の余地のないものとされていたかというと,
憲法以前からの慣習によるものです。
まず1878年,太政官の一部であった陸軍省から参謀本部が独立して天皇に直属
する組織とされ,さらに1885年の内閣制度創設に際して定められた内閣職権で
「事ノ軍機ニ係リ参謀本部長ヨリ直ニ上奏スルモノト雖モ陸軍大臣ハ其事件ヲ
内閣総理大臣ニ報告スベシ」とされ,軍機に関わることがらは内閣からではな
く参謀本部長が独自に天皇へ上奏してよく,内閣へは事後報告でよい,と規定
されています。このように,憲法制定以前から統帥権の独立が慣習として存在
していたから,憲法に明記されていないにもかかわらず,統帥権の独立が当然
のこととして説かれていたのです。
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tsuka/theme/gunnbu01.html

554 :>>537 4、大日本帝国滅亡:2013/05/13(月) 23:53:58.82 ID:QBymM30PP
>>553
日露戦争後の日比谷焼き討ちに関し、反日左翼達の見解は
「日清戦争で『戦争は儲かるもの』と思った国民はその賠償に不満で暴れた」
というものだが、大笑いしてしまった。
どうやら日露戦争開戦当時「よし!儲けようぜ!」と言って戦争を始めたらしい。
だが実際は本当に国運を賭して戦った。
当時のロシアは世界最強の陸軍(第1位で日本の10倍)を保有しており、海軍は世界第2位(1位イギリス)
鉄鋼生産量は日本の30倍、ちなみに第二次大戦の開戦前の米英合わせても日本の12倍だった。

臥薪嘗胆で重税に耐えながら軍備を増強、官吏などは棒給の10パーセントを返納してまで協力していた。
そして大国ロシアとの一戦、非常な緊張状態が続いた中での勝利
日本国民は講和によって暫しの安泰、もちろんそれは賠償金という形で国庫に入り、
さらなる国力増強をもっての安泰、というものもあったかもしれない。
しかし講和が日本国民にとってあまり満足いくものではなかった。
つまり大国ロシアとの戦争という緊張状態から、勝利でそれが解放されそうになって
講和で再び緊張状態になり爆発したというのが日比谷焼き討ちなどになって現れたのだ。
この「再び緊張状態」とは「未だ終わらない弱肉強食の世界の現実感」と言う意味
そしてここが大事な事だが

>日露戦争以後になると,ほとんどの憲法学者が統帥権
>の独立を説くようになったとのことです(穂積八束のみが否定説という)。

当時の憲法学者は慣習法を以て「統帥権の独立」を認めた。
「慣習法」
>これによると、公の秩序又は善良の風俗(公序良俗)に反しない慣習については、
>法令の規定により認められたもの及び法令に規定のない事項につき、
>成文による法令(形式的意義における法律)と同一の効力(法源たる慣習法としての効力)が認められることになる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%A3%E7%BF%92%E6%B3%95

日露戦争に勝利し国体(秩序)を守った軍、その軍の慣習を「公の秩序に反しないもの」として憲法学者は判断した。
いや実際は秩序に反しないどころか、それがあったからこそ、つまり「直接天皇と軍が繋がっていた」からこそ奇跡は起こったと
当時の日本人は思った事だろう。

555 :名無しさん@13周年:2013/05/13(月) 23:54:55.26 ID:uIC9Dj6w0
早苗は実にバカだな。
憲法を改正して自衛隊を国防軍に変える際の
言い訳としてもう日本は侵略戦争を行さない
(国際紛争を武力で解決しない)と主張していたのに
宣戦布告をしないで最大200万人近い軍勢を投入した
シナ事変でさえ侵略戦争じゃないなんて言うなんて
早苗は実にバカだな(笑)
そしてなにより醜い(笑)

556 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 00:00:18.55 ID:iq7yr1snO
日独同盟と国際連盟脱退は、近衛が松岡にやらせ責任転嫁した。敗戦革命を成功させるため。第2次近衛内閣で北進論の松岡を切り捨て、南進策を取り日中戦争、国民党を支持する英米との戦争に日本を向かわせた。

557 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 00:02:20.72 ID:5gWddGmf0
敗戦革命の真の首謀者(民族)は?

558 :>>537 4、大日本帝国滅亡:2013/05/14(火) 00:03:03.09 ID:QBymM30PP
>>554
次に貼る時に直そうと思っていたのに忘れた

>それがあったからこそ、つまり「直接天皇と軍が繋がっていた」からこそ奇跡は起こったと

それがあったからこそ、つまり「直接天皇と軍が繋がっていた」からこそ秩序は守られたと
----------------------------------------------------
>私は「統帥権の独立」という語句を見るたび
>一人の女性が頭に浮かぶ。
>そして「統帥権の独立」の原因に、当時の日本人の置かれた厳しい状況と
>人々の心情を見るのである。

畠山勇子

>彼女の死は、ニコライ皇太子に宛てた遺書やセンセーショナルな新聞の報道などによって国際社会の同情をかい、
>ロシア側の寛容な態度(武力報復・賠償請求ともになし)につながったとの評価もある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%95%A0%E5%B1%B1%E5%8B%87%E5%AD%90

日露戦争当時(1904年)ですら圧倒的な軍事力の差があった>>554。大津事件(1891年)の時に
ロシアに武力侵攻されていたら全く手も足も出なかっただろう。

>そして「統帥権の独立」の原因に、当時の日本人の置かれた厳しい状況と
>人々の心情を見るのである。

559 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 00:03:58.88 ID:0JBUROXO0
靖国神社は天皇陛下よりもA級戦犯のほうが上の扱いをしている時点でありえない

560 :>>537 4、大日本帝国滅亡:2013/05/14(火) 00:11:25.95 ID:bHL0gzrIP
>>551
>という差別的条件格差があった

戦前、朝鮮半島にいた日本の中学生が朝鮮人女学生をからかったと言って
「差別だ」として暴動が起きているのに
どうしてそんな差別が行われたんだ?
論理的に考えれば朝鮮側の要望だろうよ。

キーセン文化の影響でもの凄く若い時から売春をする朝鮮人が多かったからな

それに付け加えれば今回問題になっているのは売春法違反じゃない。

日本が強制的に朝鮮人を奴隷狩りして性奴隷にしたという事だ。
そこんとこちゃんと理解しているか?

561 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 00:15:48.67 ID:0caDAq6c0
>>501
そうしたら今頃米英・中露の2カ国になってたな

562 :>>537 4、大日本帝国滅亡:2013/05/14(火) 00:16:48.98 ID:bHL0gzrIP
>>551
とりあえずお前がキーセン文化を詳しく説明してみろ。

563 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 00:17:45.51 ID:QvgTW/Vr0
●自虐史観論者はGHQの洗脳工作のまま日本が勝手に戦争起こして自滅したとのシナリオをそのまま垂れ流している。
この初出はアメリカによるこのシナリオは【War Guilt Information Program】略称WGIPというもので
日本人に戦争の罪意識と自虐を植え付ける宣伝洗脳計画だ。
内容は米国批判禁止、占領計画批判禁止、天皇や愛国心擁護の禁止、
大東亜共栄圏擁護の禁止、GHQによる検閲の反対禁止、ありとあらゆる言論統制がなされた。
昭和20年末にはアメリカ正義史観による一方的な「太平洋戦争史」が各日刊紙に連続一週間掲載させられた。

●これらのことはブサヨやシナチョンが日本に強要してるとと全く同じであることに要注目
ブサヨは反米については言ってるじゃないかとの反論もおかしい。
太平洋戦争についてはアメリカ様が正しくて日本が一方的に悪いというWGIPと全く同じ見解がブサヨ史観だから。
日頃反米ばかりをほざくブサヨどもはアメリカ様のWGIP史観そのままなのが笑える。

564 :>>537 4、大日本帝国滅亡:2013/05/14(火) 00:21:28.26 ID:bHL0gzrIP
>>556
日独同盟と国際連盟脱退

朝も言ったけどさ・・・

来栖大使がハルと単独であってだした「三国同盟死文化提案」は知っているの?

国際連盟脱退は特に大きな問題はないよ。
アメリカも入ってなかっただろ?

それなのに国際連盟のリットン調査団にオブザーバーとして・・・名前が出てこない・・・アメリカの軍人を入れたのには
びっくりするよな・・・

565 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 00:21:37.20 ID:J4OSdK7x0
早苗は実にバカだな。
憲法を改正して自衛隊を国防軍に変える際の
言い訳としてもう日本は侵略戦争を行さない
(国際紛争を武力で解決しない)と主張していたのに
宣戦布告をしないで最大200万人近い軍勢を投入した
シナ事変でさえ侵略戦争じゃないなんて言うなんて
早苗は実にバカだな(笑)
そしてなにより醜い(笑)

566 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 00:28:31.35 ID:LwjTpTpD0
ただな日本の自己矛盾として突き当たるのが
日本の軍隊を法律化にするにあたって中国と朝鮮半島だけが反対しているように
頭が一直線に向いているが、実はアメリカが一番反対することに突き当たったらどうするんだろう?
パールハーバー以来メリケンは今でも底意は日本信用してねえからな

567 :>>537 4、大日本帝国滅亡:2013/05/14(火) 00:35:30.31 ID:bHL0gzrIP
>>564
>アメリカも入ってなかっただろ?
>それなのに国際連盟のリットン調査団にオブザーバーとして・・・名前が出てこない・

マッコイ少将な。
オブザーバーじゃなかった。歴とした調査団のメンバーだった。(勘違い)

568 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 00:37:27.06 ID:wYqqwZvX0
まあ、東京裁判ひっくり返して国際社会に「どうよ?」とか言う気概も
ないなら黙っとけて話だな。正しい正しくないではなく、政治家ならば
外交的効果を考えて行動しろよ。中韓に付け込まれそうな発言しやがって。

569 :>>537 4、大日本帝国滅亡:2013/05/14(火) 00:42:09.07 ID:bHL0gzrIP
>>568
その前にこれだろ?

>植民地とされた国の方々の民族の誇りを傷つけて大変な苦難を与え、被害を与えたことは確かだが、

最初から資料貼っていると時間が掛かるからいきなり上級編から。

570 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 00:42:18.85 ID:oulKXA+UO
統帥権干犯問題は民政党内閣のロンドン軍縮条約に反対した
野党政友会のおっさんが持ち出したもんだろ
歴史は繰り返すもんだな

571 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 00:45:46.12 ID:+Upqe97i0
変な風に都合よく過去をいじりたがるという意味では
特定アジア諸国の日本と中国韓国北朝鮮って本当似てるよな

そんな話どうもならんのにw

572 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 00:48:03.65 ID:mpFLSV1h0
戦から日本に主権がもどってくるまでの7年間
日本人はいっさいの武器をGHQから奪われており、
都会では武装した韓国人・中国人が暴れていた。
日本人の土地や利権が、この7年間でどれだけ奪われたか

この7年間に失ったものは戦争中に失ったものより大きいかも知れない

573 :>>569:2013/05/14(火) 00:50:04.92 ID:bHL0gzrIP
いや、今日初めて2ちゃんねるに来た人もいるかもしれないから。
とりあえずこれは貼らなきゃ

資料目次
1、併合前の朝鮮
2、選択
3、恩恵
4、併合評価
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/oversea/1296217437/284

↑の続きで上級編。

>>1
>植民地とされた国の方々の民族の誇りを傷つけて大変な苦難を与え、被害を与えたことは確かだが、

まず「植民地」じゃないから・・・と一言添えて「民族」

574 :やりなおし:2013/05/14(火) 00:51:08.14 ID:mpFLSV1h0
敗戦から日本に主権がもどってくるまでの7年間
日本人はいっさいの武器をGHQから奪われており、
都会では武装した韓国人・中国人が暴れていた。
日本人の土地や利権が、この7年間でどれだけ奪われたか・・
この7年間に失ったものは戦争中に失ったものより大きいかも知れない

575 :>>573:2013/05/14(火) 00:53:15.91 ID:bHL0gzrIP
------------------------
002.03.07 韓国中央日報記事より抜粋 【コラム】民族と親日  姜偉錫(月刊エマージ編集人)

日帝が朝鮮を併合した際、朝鮮にはこの併合を恥じる主体の民族意識がなかった。
民族は民族意識と同じだ。したがって朝鮮には「民族」がなかった。
李完用(イ・ワンヨン)らが「売国」した朝鮮には主権と領土はあったが、
自らを国民だと意識してその主権と領土が自分たちのものだと主張する民族がなかった。
王と両班のものとしての朝鮮朝の主権は、韓日合併前、既にほとんど自滅していた。
外勢との争いに敗れて滅亡したのではない。
李完用らが「売国」したというのは誇張された修辞である。

争いは清国、日本、ロシアという外勢の間で、無主物となった朝鮮の主権を先取りしようして行われた。
親日派、親ロ派、親清派は名前を付け替えた四色党派の変種にすぎないと見るのがいっそのこと適切でないだろうか。
日本が朝鮮の主人となった後、親日派という朝鮮のエリートは老論の世の中を継承しただけだ。
滅亡した朝鮮朝に忠誠だった「臣下」を民族主義者だったということはできない。

民族は外部的には他の民族との境界ないし葛藤、内部的には民族主権という2つの側面をたどって意識化される。
朝鮮王朝のように「民」には垂直的に捧げる忠誠だけがあり、
水平化された自由と人権がない国家では、民族主権がないため、国家があっても民族意識はあり得ない。
さらに自由と民主主義がない国の民族意識は虚偽意識(false conciousness)でしかない。 

日本人は日帝が韓国に鉄道と学校を建設したことを誇りに思っている。
ウォン・イルファン(H.B.アンダーウッド)教授は、日帝が韓国に及ぼした功労は鉄道や学校の建設ではなく両班階級の破壊だと話す。
驚くべき洞察力だ。
しかしおそらく日帝のもっと大きな功労は、たとえこれを感謝することはできないとしても、
他民族による支配という苦痛と葛藤を通じて韓国人に民族意識を芽生えさせてくれたことではなかろうか。

576 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 00:54:18.86 ID:Flf9l5wV0
ま、今だから言えることだけど、
資源封鎖されました→じゃあってんで戦争仕掛けるほど、簡単にケンカを売るべき
相手じゃなかったよなアメは。
分かれ道は色々あったが、満州権益の確保を前提とするなら、少し譲歩する、のらりくらり、
でその間に対米戦の下準備を着々と整える的な典型をすべきだったな。
まー俺があの時代の軍幹部で、あの戦争に関する全権を任せてくれたら、
いい勝負をした自信はある。

577 :>>573:2013/05/14(火) 00:56:53.98 ID:bHL0gzrIP
>>575
>しかしおそらく日帝のもっと大きな功労は、たとえこれを感謝することはできないとしても、
>他民族による支配という苦痛と葛藤を通じて韓国人に民族意識を芽生えさせてくれたことではなかろうか

ここの部分はおかしい。
「民族意識」が無かったのだから「他民族支配」に苦痛なんて起こらない。
日本が学校を建てて、朝鮮の歴史などを教える過程で民族意識が芽生えていったのだ。

さて、民族意識がこのような状態だったので、併合当日の状況も推察できるだろう。

朝鮮各地で大争乱など起こるわけない。

(続いて資料)

578 :>>573:2013/05/14(火) 00:59:59.42 ID:bHL0gzrIP
>>577の続き
>朝鮮各地で大争乱など起こるわけない。
---------------------
韓国日報(韓国語)(2007/08/28 18:00)
http://news.hankooki.com/lpage/opinion/200708/h2007082818000124390.htm

1910年8月 22日、大韓帝国純宗皇帝が臨席した形式的な御前会議で、
総理大臣李完用(イ・ワニョン)は朝鮮と日本の強制併合案を可決させた。
日帝はこの事実を1週間も極秘にして
おき、8月29日に純宗皇帝の玉璽を捺印させて併合条約を布告した。

庚戌の年に起きた恥辱ということで「庚戌国恥」と呼ばれる。
97年前のことだ。この呆れた知らせを聞いて、錦山郡守の洪範植(ホン・ボムシク)は山に登って首を吊って自決し、
梅泉黄ヒョン(訳注:「ヒョン」は王へんに玄)は「絶命詩」を残して毒を仰ぎ殉国した。その後も幾多
の憂国志士が自決の道を選んだ。

今まで、教科書でそう学んだ。このため、当時の全朝鮮人が当然に悲痛な思いで嘆いたと
思っていた。ところが、必ずしもそうではなかったようだ。

3・1万歳義挙の際に民族代表33人中の1人として活動し、
後に主張を変えた崔麟(チェ・リン)は、韓日併合が公布されたその日の鐘路通り(訳注:京城の中心街)の
朝鮮人らはまるで「何事も無かったかのように」賑やかに商売をしたり飲食する「日常」を失わなかった、と述
べている。

これを信じがたいと思ったある歴史研究者は、「俄かには理解できない。もしかしたらこの
日は29日ではなく、李完用と寺内正毅との間で秘密裡に条約が締結された22日の風景
なのかもしれない」と述べた。

(続く)

579 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 01:01:26.67 ID:LwjTpTpD0
安倍も高市もみんなケツ持ちにアメリカがいる第七艦隊がいると思っての最近の中韓に対する強気発言行動だからな
危うい

興奮して連盟脱退、席を立つような昔の間違いは犯さないとは思うが、あまりに早急にアメリカが作った9条改正に突き進むのは
大人としての日本独立国家を進めるにしても、その前に国際孤立を招きかねないかも?
気を付けて欲しい

580 :>>573:2013/05/14(火) 01:03:13.86 ID:bHL0gzrIP
>>578の続き
しかし、崔麟の記録を裏付ける主張がいくつも出ている。
中国の知識人である梁啓超は、
1910年9月に書いた文章の中で、合併条約発表をめぐって周辺国の人々は彼らのために
涙を堪えられないのに、
当の朝鮮人たちは楽しそうにしており、高位の官吏らは毎日、
新時代での栄爵を得ようと嬉々として奔走するだけだった、と主張している。

信じがたい言葉だ。ただ、当時の朝鮮人たちが「日常」を失わなかったという点は納得せ
ねばならないようだ。実際、8月29日当日は意外に平穏で、反対デモも全く無かったという。
当時の朝鮮民衆は既に諦めの知恵を持っていたのかもしれない。
韓国日報(韓国語)(2007/08/28 18:00)
http://news.hankooki.com/lpage/opinion/200708/h2007082818000124390.htm

>当時の朝鮮民衆は既に諦めの知恵を持っていたのかもしれない。

それは違う。民族意識(=民族)が無かったのだ。

現在の韓国人達が持っている過度の民族主義が当時にもあったと思う事、
それが韓国人達の捏造歴史の種であり、(歴史詐欺の)被害者である我々日本人からすれば
捏造歴史を受け入れる素地になった。

つまり民族意識(=民族)が無くて抵抗しなかったのに、
「抵抗しなかったのは(現在の韓国人の激しい民族意識を当時の人々にも投影して)凄まじい弾圧をしたからだ」となり、
それに合わせるように嘘の歴史が作られていったという事。

これが捏造歴史が大きくなっていった背景である。

ではあの激動の時代、民族意識が生まれなかったのはどうしてだろうか?
日本の場合はどうだったか?

581 :>>573:2013/05/14(火) 01:06:14.02 ID:bHL0gzrIP
>>580
開国前の日本人は自らを「日本民族(大和民族)」として意識してわけではなく、
開国前の帰属意識はそれぞれの藩にあった。
しかし外国の脅威にさらされた事で、天皇を中心として日本の民族意識が芽生え、
しかもその脅威に比例(対応)する形で早く強く意識された。

朝鮮の場合も似たような状況だったのにどうしてそうならなかったのか?
その原因は奴婢制度(身分制度)にあった。
併合前の1894年、朝鮮の改革(甲午改革)を指導していた日本によって
奴婢解放(身分制度廃止)が行われた。

朝鮮の身分制度を、日本のそれと同じように捉えている者がいるがそれは違う。
奴婢は品物のように売買・相続・譲与の対象であった階級であり、日本にはそんな
階級は無かった。

582 :>>573:2013/05/14(火) 01:09:42.28 ID:bHL0gzrIP
>>581
>奴婢は品物のように売買・相続・譲与の対象であった階級であり、日本にはそんな
>階級は無かった。

「奴婢」の「奴」は男、「婢」は女
「婢女」について
http://www.tamanegiya.com/sennnennzotkokuianfu2.7.html
『ソウル城下に漢江は流れる―朝鮮風俗史夜話』(林鍾国、平凡社1987)
「人間家畜の奴婢制度」という章の一節より。
奴婢は品物のように売買・略奪・相続・譲与・担保の対象になった。
かれらはただ主人のために存在する主人の財産であるため、主人が
殴っても 犯しても売り飛ばしても、果ては首を打ち落としても何ら問題は
なかった。
それこそ赤子の手を捻るように、いとも簡単に主人は碑女たちを性の道具
にしたものであった。奥方たちの嫉妬を買った碑女は打ち据えられたり、
ひどい場合は打ち殺されることもあった。
外観だけは人間であるが主人の事実上の家畜と変わらなかった碑女たちは、
売却・私刑はもちろんのこと、打ち殺されても殺人にならなかったといい、
韓末、水溝や川にはしばしば流れ落ちないまま、ものに引っかかっている
年頃の娘たちの遺棄死体があったといわれる。
局部に石や棒切れをさしこまれているのは、いうまでもなく主人の玩具に
なった末に奥方に殺された 不幸な運命の主人公であった。

583 :>>573:2013/05/14(火) 01:15:02.52 ID:bHL0gzrIP
当時の朝鮮には自力では修復する事の出来ない階級間の深い溝が出来ていた。
日本がその身分制度を破壊し、その溝を埋めた。

>>575
>ウォン・イルファン(H.B.アンダーウッド)教授は、
>日帝が韓国に及ぼした功労は鉄道や学校の建設ではなく両班階級の破壊だと話す。

かつて毛沢東は民衆を水に、ゲリラを魚にたとえて
「水(民衆の支持)があれば魚(ゲリラ)は自由に泳げる」と言った。

日韓併合後も抵抗運動を続けていたのは旧支配階級の両班だった者達だが、
彼らが朝鮮内で活動できなくなって外国に出て行かざるを得なかった理由もこれで分かるだろう。

---------------------------------
>>1
>植民地とされた国の方々の民族の誇りを傷つけて大変な苦難を与え、被害を与えたことは確かだが

確かじゃないんだが・・・・

584 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 01:19:05.86 ID:b6fIeaki0
留学生なんか、
その出身国が負担すべきでしょ?

585 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 01:46:05.24 ID:JTS7pcWY0
>>576
アメリカが太平洋の要塞化を進めていたから時間を置くほど日本が不利になる

586 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 01:57:01.39 ID:Iv9aSM/O0
アメリカにはかつてハリウッドの黄金期があった。
第二次世界大戦が始まった1939年には有名なジュディーガーランドのオズの魔法使いや超大作の風と友に去りぬも公開されている。
1940年にはミュージカル映画踊るニューヨークでフレッドアステアとジェーンパウエルが華麗なタップダンスを見せ、いまだに語り継がれるほどである。
有名なディズニーのファンタジアは1942年で、名犬ラッシーは1943年だ。
日本にはなじみの深いアニメ、トムとジェリーも当時作られていて、終戦時の1945年にはフランクシナトラやジーンケリーとアニメのトムとジェリーが共演する錨を上げても公開されている。
日本で若者が死を覚悟で特攻隊に集められ、竹やりを持って空を突いているときに、アメリカの映画界は黄金期であった。
無知な日本人が軍部に騙され、勝てるはずもない豊かなアメリカとの戦争に駆り立てられていたのである。

587 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 02:10:09.16 ID:Gq98mj0rO
>>526
議論しないで殺人予告やキチガイレベルのヘイトスピーチ(笑)を書くナリスマスやシコリアンが溢れて2ch閉鎖を煽る企画になるのが目に見えるな(´・ω・`)

海外から書き込むと末尾iが付くってマスコミは絶対に説明しないから2chを潰す為にシコリアンを大量に動員するだろうしニコニコでロンブーの敦が生放送したらどうなったか忘れたか?

588 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 02:13:37.99 ID:eISRq2WDO
 そもそも「侵略の定義」がどうこう言い始めると、
クウェートに侵攻したイラクも、「本来の領土を取り戻す(国境は勝手に列強が引いた)」という大義名分のもとに行なったわけだから、近代の侵略戦争すら侵略でなくなる。
 単純に安倍や自民党が度しがたい愚か者なだけ。当時ですら「9ヵ国条約」違反。

589 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 02:19:50.46 ID:9AkoWlw4O
>>588
日韓併合は1910年だから合法だね

590 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 02:25:52.41 ID:9AkoWlw4O
>>588
条約に違反したら指導者は死刑なんて
条約に書いてあるの?
東京裁判は罪刑法定主義違反

591 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 02:27:54.16 ID:xZ09vUc7O
「人生にとって最も貴重な瞬間 それは決断の時である
太平洋戦争は われわれに 平和の尊さを教えたが
また 生きるための教訓を 数多くのこしている」

592 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 02:29:22.37 ID:cGU8Pyem0
リアルタイムで聞いてたけど、共産党の小池政策委員長って、聞く耳持たずで酷かったなぁ。

つか、もちろん国会議員だよね?共産党の小池政策委員長って。

593 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 02:31:58.89 ID:Gq98mj0rO
>>589
未来を見つめ後ろに向かって突っ走ってる人間にとっては侵略(笑)は現在進行形で併合も合法も関係なく全て日本悪って答えしかないんだからかまったらダメ(´・ω・`)
過去を過去と割り切れないキチガイのシコリアン体質は放置が一番。

594 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 02:37:35.87 ID:MLSTcjm/0
この手のハナシってさ
当時の世界情勢や価値観を踏まえれば当然のことであって

それを今の価値観というか
そういうもので語るからおかしくなるんだよな
語るというか掘り返しているんだけどさ
ある国が

595 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 02:42:12.17 ID:GAzzDhgl0
>594
>当時の世界情勢や価値観を踏まえれば当然のことであって


そんな当然でもないよ。
「資源封鎖」は日本の自業自得

今の北朝鮮が「経済封鎖されたからミサイル撃って日本を攻撃するのは当然」っていってるようなもの

596 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 02:44:43.05 ID:9AkoWlw4O
>>595
なんで北朝鮮だけが核を持ってはいけないのか
大国のエゴだろ

597 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 02:46:34.20 ID:+Upqe97i0
>>596
今に生きる大日本帝国こと北朝鮮だからな

598 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 02:48:24.08 ID:9AkoWlw4O
>>595
日本の侵略戦争を非難しながら
戦後、米中ソ連は戦争を繰り返してきた
日本を侵略戦争と非難する偽善者、エセ平和主義者

599 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 02:48:25.00 ID:d8xddKgCP
>>590
ポツダム宣言
>吾等ノ俘虜ヲ虐待セル者ヲ含ム一切ノ戦争犯罪人ニ対シテハ厳重ナル処罰加ヘラルヘシ
http://www.ndl.go.jp/constitution/etc/j06.html

というわけで「厳重なる処罰」をしてよいと日本自身が受け入れてる

600 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 02:50:17.34 ID:bnVx4b9Q0
日本は共産と民主化の中国の内紛に手を貸しただけだろ?
散々日本に世話になった孫文が色気出して滅茶苦茶な事になったが
元々何ヶ月も虜溝橋で挑発発砲してたのは支那

601 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 02:52:02.94 ID:eISRq2WDO
■主権回復の日と靖国参拝の自己矛盾
 『A級戦犯の東京裁判を受諾した上での、サンフランシスコ平和条約。
 「そのサンフランシスコ平和条約の発効日を、主権回復の日として祝おう」と言っている人達が、東京裁判を否定し、靖国に参拝する自己矛盾』。


■まさに戦中の全体主義を見ているかのような光景が、そこにはあった
 主権回復の日の式典は異様なものだった。
 「天皇陛下万歳」。天皇が式典終了後に退場する際、出席者から突然声が上がり、『壇上の安倍首相ら三権の長までもが、そろって両手を上げ、声を合わせた』。
 さらに、『児童合唱団の歌の場面では、「舞台上で」「出席者(国民)に向かって」歌うのではなく、「舞台下から」、「天皇や首相(強権者)が並ぶ舞台上に向かって」歌を合唱した』。
 これは、一体何を意味するのか?
 果たして、その行き着く先はどうなるのか。
 2012衆院選で自民党は、「日本を取り戻す」と訴えた。これが意味する所は何だったのか。
 戦中回帰「強制国家への回帰」だったとしたら恐ろしい。失われた20年を経て、日本は、再び悪夢を見ることになりそうだ。
 マスコミは大本営報道から脱却して、警鐘を鳴らすべき。

602 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 02:59:10.22 ID:MAEsrodX0
『平和に対する罪』 という罪が ”戦後” 連合国側によって作られ、それに違反したということで”A級戦犯”となった。
詰まるところ、法の遡及適用以外の何物でもないんだが、そういった道理が理解できるものが少ないんだろうな。
A級という言葉が、何か物凄い特別な犯罪を犯したと勝手に思われているが、別に虐殺したわけでも何でもない。
A級連呼している奴が、この基本的なことをまるで分かっていない。

603 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 03:00:27.38 ID:9AkoWlw4O
>>599
罪刑法定主義は当事者が承諾しても許されない高次の法理論です
君が発言したように事後的に刑を定めたことになる
それが犯罪行為に刑が定められていない
まさに罪刑法定主義違反

604 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 03:06:52.50 ID:9AkoWlw4O
>>601
日本の戦争は侵略戦争である
異論は許さないとか
まさに全体主義ですね(笑)

605 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 03:09:47.35 ID:n7Qd69v70
>>602

「平和に対する罪」は、第一次大戦のときすでにあって、
日本も戦勝国側としてドイツ皇帝をそれで裁こうとしている。

1928年にパリ不戦条約によって、正式に違反行為に。
よって「平和に対する罪」は、第二次大戦時には事前法。

単なるマンガ家にすぎない小林よしのりの誤解をいつまで
信じてるんだよ。

606 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 03:09:56.10 ID:GAzzDhgl0
>『平和に対する罪』 という罪が ”戦後” 連合国側によって作られ、それに違反したということで”A級戦犯”となった。
>詰まるところ、法の遡及適用以外の何物でもないんだが、そういった道理が理解できるものが少ないんだろうな。

あれは裁判じゃなくて政治ショー

そして戦争に負けた日本はそのショーを受け入れたんだ

607 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 03:11:43.21 ID:9AkoWlw4O
日本の戦争を否定するくせに
アメリカがした戦争は正義であるとする
要するに戦争肯定なんだよ
エセ平和主義者どもが

608 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 03:13:41.40 ID:kBJfrlSa0
>>605
>1928年にパリ不戦条約によって、正式に違反行為に。

ソース出してみろよ。
不戦条約では条約違反に対する制裁は規定されてないぞ。


一方で加盟国は原則として自衛権を保持していることが交渉の過程で繰り返し確認されており、また不戦条約には条
約違反に対する制裁は規定されておらず、国際連盟規約やロカルノ条約など他の包括的・個別的条約に依拠する必
要があった。そのほかにも自衛戦争の対照概念たる「侵略」の定義がおこなわれておらず、第一次大戦で多大な効力
を発揮した経済制裁(ボイコット、拿捕や敵性資産の没収等)が戦争に含まれるのか不分明であり、また戦争に至らな
い武力行使、国際的警察活動(海賊やテロリストの取締、とくに他の締約国内での武力行使を伴う)、中立国の権利義
務など不明確な点を多く含んでいた。

条約批准に際し、アメリカは、自衛戦争は禁止されていないとの解釈を打ち出した。またイギリスとアメリカは、国境の
外であっても、自国の利益にかかわることで軍事力を行使しても、それは侵略ではないとの留保を行った。

609 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 03:14:33.17 ID:n7Qd69v70
>>606

東京裁判に逃げずに、軍法裁判にしてがっつりA級戦犯を日本人の手で
銃殺刑にしておけば後腐れなかったのにね。

A級戦犯がのうのうと被害者ぶって政治家になったり金儲けしなかっただろうし。

610 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 03:16:25.51 ID:SpWsFZ0M0
極東軍事裁判は、日本が国際社会に復帰するための儀式みたいなものだからな。
2年数ヶ月、それなりに重厚さを演出して、全会一致より、一人だけ無罪判決を出させる念の入れよう。

611 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 03:17:03.72 ID:n7Qd69v70
>>608
おまえが事後法だと嘘をついたから「事前法だ」と論破した。

そしてあの戦争が自衛戦争は通じない。

612 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 03:18:26.02 ID:d8xddKgCP
>>603
戦犯処罰を明記したポツダム宣言は東京裁判の前。つまり東京裁判は事後法ではない。

>>608
ポツダム宣言>>599に戦犯処罰を明記してる

613 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 03:23:59.16 ID:9AkoWlw4O
>>612
罪刑法定主義は犯罪行為時が基準ですけど
君が罪刑法定主義を理解していないことはわかった

614 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 03:26:02.36 ID:d8xddKgCP
>>613
国際法でそういう罪刑法定主義が当時無かったというだけ。だからポツダム宣言が成立した。

615 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 03:34:42.74 ID:kBJfrlSa0
>>611
>おまえが事後法だと嘘をついたから「事前法だ」と論破した。

そりゃ別人だろw
で、ソースだせよ。ソースも出ないのならお前が嘘ついてる

>そしてあの戦争が自衛戦争は通じない。

「侵略」の定義が明確ではないかぎり。
大東亜戦争は自衛戦争ということができる。
アメリカ高官すら認めている。

616 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 03:38:10.61 ID:d8xddKgCP
>>615
パリ不戦条約の「戦争ニ訴ヘテ国家ノ利益ヲ増進」に日本は抵触した。

戦争ノ抛棄ニ関スル条約
(パリ不戦条約、ブリアン=ケロッグ条約)
>今後戦争ニ訴ヘテ国家ノ利益ヲ増進セントスル署名国ハ本条約ノ供与スル利益ヲ拒否セラルベキモノナルコト
http://www.geocities.co.jp/wallstreet/7009/mg98xl01.htm


領土拡張したら言い訳しようが無い
●大東亜政略指導大綱  (1943.5.31.御前会議決定)   
六 其他ノ占領地域ニ対スル方策ヲ左ノ通定ム   但シ(ロ)(ニ)以外ハ当分発表セス  
(イ)「マライ」、「スマトラ」、「ジャワ」、「ボルネオ」、「セレベス」ハ帝国領土ト決定シ重要資源ノ供給源トシテ極力之ガ開発並ニ民心ノ把握ニ努ム

617 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 03:40:19.78 ID:kBJfrlSa0
>>616
>領土拡張したら言い訳しようが無い

ぷっ、海を埋め立てたら侵略なの??

で、侵略の定義は?。

618 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 03:41:38.59 ID:d8xddKgCP
>>617
侵略の定義>戦争ニ訴ヘテ国家ノ利益ヲ増進

日本は明らかに抵触するね

>「マライ」、「スマトラ」、「ジャワ」、「ボルネオ」、「セレベス」ハ帝国領土ト決定シ

619 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 03:45:50.88 ID:tBA5zNpLO
売国奴は連合国が無罪にしたさ。米内光政は売国奴だったため無罪。ロシア女性の愛人と子供がいたなあ。上海事件で直ぐに海軍が参戦。

620 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 03:46:00.51 ID:TB32GYVS0
嫌われてるのにK-POPが好きなお前らw

621 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 03:47:23.21 ID:MlsrW9MEO
結論 第3事世界大戦で勝てばいい。

622 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 03:47:45.37 ID:5mFQEVoJ0
高市は極端すぎる
無能な味方そのもの

623 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 03:48:44.57 ID:kBJfrlSa0
>>618
不戦条約では第一条において国際紛争解決のための戦争の否定と国家の政策の手段としての戦争の放棄を宣言しているが、侵略についての言及をしているわけではなく、また「国家の政策の手段としての戦争」(第一条)についての詳細な定義を置くこともなかった。

ケロッグ国務長官はアメリカ上院議会の不戦条約批准の是非をめぐる討議において、経済封鎖は戦争行為そのもの
だと断言したことを挙げて、日米戦争については、日本ではなくアメリカが侵略戦争の罪で裁かれるべきだったとしている。

マッカーサーの発言。原文と和訳は以下の通り

"There is practically nothing indigenous to Japan except the silkworm. They lack cotton, they lack wool, they lack
petroleum products, they lack tin, they lack rubber, they lack great many other things, all of which was in the
Asiatic basin.

They feared that if those supplies were cut off, there would be 10 to 12 million people unoccupied in Japan. Their
purpose, therefore in going to war was karagely dictated by security."

和訳:
「日本は絹産業以外には、固有の天然資源はほとんど何もないのです。彼らは綿が無い、羊毛が無い、石油の産出
が無い。錫(すず)が無い、ゴムが無い。それら一切のものがアジアの海域には存在していたのです。もし、これらの
原料の供給を断ち切られたら、1000万から1200万の失業者が発生するであろうことを日本人は恐れていた。したがっ
て、彼らは戦争に飛び込んでいった動機は、大部分が安全保障の必要に迫られてだったのことだったのです」

アメリカも認める、大東亜戦争は経済戦争を仕掛けられた日本の自衛戦争。
さらに、不戦条約には条約違反に対する制裁は規定されていないから、平和に対する云々はおかしいわけ。

624 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 03:51:46.55 ID:CYu7Ds3mO
パリ不戦条約には刑罰についての規定はありません。

東京裁判の訴因は戦後に出来た人道に対する罪(笑)とやらで完璧に事後法です。
ブサヨは罪刑法定主義も理解できない知恵遅ればっかりですね(笑)

625 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 03:51:54.85 ID:n7Qd69v70
>>615
だから、ドイツ皇帝が平和に対する罪で裁かれようとした件
パリ不戦条約1条、2条

>「侵略」の定義が明確ではないかぎり。
>大東亜戦争は自衛戦争ということができる。

他国の領土を武力で制圧したら侵略だ。定義はある。
日本から6000km離れた真珠湾攻撃したのは誰だ?
どっちが先に攻撃した?どこが自衛だよ。

>アメリカ高官すら認めている。

認めていない。マッカーサーはそんなこと言ってない。
ネトウヨホームページを信じすぎだろ、おまえw

626 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 03:55:10.95 ID:d8xddKgCP
>>623
ウィキを引っ張ってきたみたいだけど、

>侵略についての言及をしているわけではなく、
してるよ。不戦条約の前文に「今後戦争ニ訴ヘテ国家ノ利益ヲ増進セントスル署名国ハ本条約ノ供与スル利益ヲ拒否セラルベキモノナルコト」
とある、日本のように戦争で領土拡張したらモロに抵触するね。
領土を拡張して自衛は通らない。侵略だ

627 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:00:23.81 ID:n7Qd69v70
>>624
「人道に対する罪」はジュネーブ条約違反。

そして「人道に対する罪」は、旧日本軍の軍法にもある。
東京裁判がなければ開かれていたはずの国内の軍事裁判。
軍法違反は最悪で銃殺刑。戦犯はこっちにも十分該当する。

628 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:00:55.48 ID:CYu7Ds3mO
だからパリ不戦条約とやらの何条に刑罰に関する規定があんたよ(笑)
その条約の1条やらに該当したとしても、刑罰規定が無い以上、東京裁判は遡及処罰禁止の規定に触れるんだよ

629 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:01:01.35 ID:PZpdg/1hO
高市はイグアナに似ている

630 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:01:09.00 ID:O+FPzYxG0
ポツダム宣言ってww2前の声明だったのか?知らんかったわ。
で?何時頃だったの?日中戦争開始前?後?
まさか?真珠湾後じゃないよね?

631 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:02:05.52 ID:tBQiqd+OO
日本が行くまで東南アジアは欧米の植民地だった事実は無視w
植民地と領土としての併合の違いが分かりますか?w
植民地支配と領土として統治
どちらがマトモな扱いなんだろうねえww

632 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:03:38.82 ID:mZh0MRlg0
戦争に負けたのに日本が植民地にならなかったのは
なぜですか?

633 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:04:13.12 ID:n7Qd69v70
>>631
で、パリ不戦条約の後に、植民地化された東南アジアの国ってどこ?

そんな国ないよ。ルールを作って日本も調印した後、日本だけがルール破り。

634 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:04:19.53 ID:kBJfrlSa0
>>625
認めていない。マッカーサーはそんなこと言ってない。
ネトウヨホームページを信じすぎだろ、おまえw

サヨク脳ってすごいね。自分が信じたもの以外総て見えないんだねw

ダグラス・マッカーサー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC#.E5.A4.AA.E5.B9.B3.E6.B4.8B.E6.88.A6.E4.BA.89
マッカーサーのアメリカ議会証言録
引退後の1951年5月3日、上院軍事外交共同委員会で朝鮮戦争における中華人民共和国へ対しての海上封鎖戦略についての証言の中で、

”There is practically nothing indigenous to Japan except the silkworm. They lack cotton, they lack wool, they lack petroleum products, they lack tin, they lack rubber, they lack great many other things, all of which was in the Asiatic basin.
They feared that if those supplies were cut off, there would be 10 to 12 million people unoccupied in Japan. Their purpose, therefore in going to war was largely dictated by security.”[13]と答弁した。

蚕を除けば、日本原産のものは実質的に何もありません。彼らはウールを欠いている、綿を欠いている。 彼らは、石
油製品が不足している。彼らは、スズを欠いている、彼らはゴムを欠いている、彼らはアジア地域に存在する多くの
物資を欠いている、彼らは、それらの供給が断たれた場合、日本では1千万から1千2百万までの人々が失業するだ
ろうと恐れていた。戦争に突入した彼らの目的は、主に安全保障(security)上の観点からのものであった。

635 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:06:53.42 ID:n7Qd69v70
>>634
> war was largely dictated by security

それ、前スレでも何度も論破されてたんだけど、securityは自衛戦争であるという意味では
明らかにない。

636 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:06:54.48 ID:3TEKQ3DF0
そもそもなんで経済封鎖に至ったか分かってんのかこのババアはw

637 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:09:03.85 ID:kBJfrlSa0
>>626
先に経済戦争を仕掛けられたので自衛戦争です。
自衛のための戦争は認められてますよ。

更に言うなら、国家の利益とは何か?
領土拡張=国家の利益とはならない。
なぜなぜ、我が国は領土がほしくて拡張したわけではなく、
経済戦争を仕掛けられて国家維持のため必要となった石油・錫などを探し当てたにすぎない。

638 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:09:52.81 ID:d8xddKgCP
>>628
不戦条約の前文に
>今後戦争ニ訴ヘテ国家ノ利益ヲ増進セントスル署名国ハ本条約ノ供与スル利益ヲ拒否セラルベキモノナルコト

「本条約ノ供与スル利益ヲ拒否セラル」と、何らかの不利益・処罰があることが書かれているね。
でポツダム宣言でも戦犯処分を明記してる。
さらに東京裁判の前にナチス裁判の先例がある。
どこをみても事後法ではないと言うことだ
そもそも事後法がだめというのは絶対ではないけどね。
ドイツはナチスに関しては事後法を適用してる。

639 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:10:07.55 ID:O+FPzYxG0
>>633
戦後にオランダもフランスもイギリスも返り咲こうとしたでないかえ?
結局多くの東南アジア諸国は独立戦争を勝ち抜いただろ?
独立戦争をしたとゆうことは・・・戦後に殖民地だったんだろ?

640 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:11:10.56 ID:wf9yOTSl0
>>632マジレスすると、日本が率先した事で、植民地が独立戦争を起こしたのと植民地運用とが割に合わなくなったからだろうね?

641 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:12:33.56 ID:d8xddKgCP
>>637
>先に経済戦争を仕掛けられたので自衛戦争です。
それなら経済制裁をうけた北朝鮮が核を日本に撃っても自衛となってしまう。
それは通らない理屈だね。
そもそも経済制裁されるようなことをするのが悪いということだ。
経済制裁は突然ふってわくものではない

642 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:12:48.51 ID:n7Qd69v70
>>637
経済戦争の「戦争」は単なる言葉遊び。戦争ではない。
小学生レベルのようで愕然。

>>639
話をそらすなよ。
欧米が東南アジアを植民地にしたのは「パリ不戦条約」前。
そして日本の「侵略」後、元に戻そうとしただけ。
日本だけがルール破り。

643 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:13:07.09 ID:kBJfrlSa0
>>635
自衛戦争とは明確に記述していないけど、
一文を読めば、理解できるはず。

じゃー君ならなんて訳すの?

644 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:13:23.10 ID:tBQiqd+OO
>>633
戦争なんだから当たり前じゃんw
占領しない戦争がどこにあんのww
開戦するってなそう言う意味だろ
戦争中なんざ戦時国際法位しか基準にならねえよ

645 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:14:02.15 ID:CYu7Ds3mO
だからパリ不戦条約の何条に刑罰の規定があんだよ。
ブサヨはてめえで書いた文章くらいちゃんと責任持てよ(笑)
たった1行程度の反論くらいまともに答えろよな、たったの一行だぞ(笑)

646 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:14:52.40 ID:d8xddKgCP
>>644
ただの(一時的)占領じゃなくて「帝国領土と決定」だからこれ誰が見ても侵略だね。

647 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:15:01.07 ID:O+FPzYxG0
>>638
ポツタム宣言は何時の宣言なの?
ま、結局は東京裁判ではポツダムのとおり絞首刑を受けたし許してやれよ。

648 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:15:15.61 ID:kBJfrlSa0
>>642
>経済戦争の「戦争」は単なる言葉遊び。戦争ではない。

戦争が単なる武力衝突しか出来ない君の無関心さに呆れるわ。
小学生以下の脳みそだから仕方ないね。

649 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:17:31.46 ID:tBQiqd+OO
>>641
経済制裁なんてのは、
相手が追い詰められて暴発してもよし
ヘタレて降伏してもよし
それを狙ってやるもんだが?

650 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:18:17.28 ID:n7Qd69v70
>>44
>占領しない戦争がどこにあんのww

いっぱいあるだろ。そしてこれこそが自衛のための戦争だ。
たとえば、領空内に入った軍事機を撃ち落とすスイス。
ハワイを爆撃した日本の軍機を撃ち落とした米軍。
日中戦争における中国は国内に入ってきた日本軍を追い出すために戦争している中国軍。

651 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:21:42.08 ID:VwCJFVJ00
妄想サヨク脳VS正確な情報の軍ヲタ

652 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:21:46.48 ID:O+FPzYxG0
>>642
へぇ、その条約って一度日本によって獲られてしまった植民地を戦後になったら
そこはオレ様の植民地だったからと言って又植民地にしても良いという条約なのか?
そんなご都合主義の条約だから独立戦争をやらされた東南アジアは本当にかわいそうだね。

653 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:21:47.11 ID:d8xddKgCP
>>645
>>638で不戦条約前文に「違反したら不利益がある」と書いてあると言ったよね。
どっちにしろポツダム宣言で戦犯処罰を受け入れたのは日本だけどね。
まさかポツダム宣言も事後法で違法無効と言い出すネトウヨはさすがにいないだろう

654 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:22:49.50 ID:n7Qd69v70
>>649
そもそも、日本のパリ不戦条約違反は、太平洋戦争の10年前の
満州事変からなんだけど、そのときにはどんな制裁がしかけられてたの?

ちなみに、満州事変は実は戦争なんだが、パリ不戦条約直後だったので
わざと条約違反にならないように「事変」って言葉使ったんだよ。
支那事変=日中戦争も同じ。つまり違反だったと軍部は自覚があったわけ。

655 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:23:26.40 ID:tBQiqd+OO
>>646
なんだそりゃw
一時的占領なら侵略じゃないってかww
一時的に占領してたり植民地支配にしてりゃ侵略じゃなかったんだなwww

自国の一部として扱うのとどっちがマシなんだろうねえwww

656 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:23:58.50 ID:mZh0MRlg0
だからって、奇襲攻撃をしかけたり、国民に特攻隊させるような
軍隊はどう考えてもおかしい

ネトウヨはすすんで特攻なんか絶対しないね

日本が悪いっていってるんじゃないよ、人の上に立とうとする一部の
キチガイをのさばらせたらダメだって言ってるの

657 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:25:39.92 ID:n7Qd69v70
>>652

>そこはオレ様の植民地だったからと言って又植民地にしても良いという条約なのか?

また植民地化、じゃなくて、日本によって違法に取られていたものを元に戻しただけ。
植民地に居住していたアメリカ、イギリス、オランダ住民は、民間人まで日本の捕虜収容所に
入れられてたんだよ。当然その人達の家財産も現地にある。

658 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:25:55.74 ID:CYu7Ds3mO
638
お前本当に罪刑法定主義が分かってねえな(笑)
明確性の原則から思い切り外れた条文だして何言ってるんだ(笑)
その規定からは何罪に該当し罰がどうなるかの記述は一切無い(笑)
あぁ、それにしても携帯から書き込みするの面倒くさい

659 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:27:15.78 ID:FEpWua1MO
四の五の言ってんなよ馬鹿どもが
足並みを揃えてないのはお前ら野党じゃねえか
とくに民主党は優先順位について語る資格はない
結局そういう奴らが言ってるのは外国がやかましいからって前提でしかないだろう
本当にくだらない

660 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:28:20.48 ID:tBQiqd+OO
>>650
単なる領空審判を戦争www
で、アメはその後沖縄まで占領したのは無視かww
シナ畜は単に負け続けてただけだろwついでに内乱で数十の勢力が争って占領しあってたのは無視かw
結果国民党はシナ畜大陸を共産党に占領されて台湾に逃げ出してそこを占領したがなwww

661 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:29:12.94 ID:d8xddKgCP
>>658
明確性の原則?
何を言ってるのかな国際法でそんなものは無いよ。
イラク戦争の根拠となった国連決議1441で、「このままだとイラクにとって重大な結果になる」と書いてある。
21世紀の国際法でも「重大な結果」で戦争してよいわけだ。
まして太平洋戦争当時の国際法に明確性の原則なんてないわけだよ。

662 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:30:10.95 ID:iPktWq1q0
>>651
キツイ戦いだなw
在日ブサヨビビり過ぎ、がんがれw

663 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:31:54.32 ID:n7Qd69v70
>>660
だからアメリカは沖縄戦のことを invasion of Okinawa(沖縄侵略)と言ってるだろ。

ネトウヨは侵略という言葉に過剰反応し過ぎなんだよ。
外国の領土を武力制圧したら「侵略」。世界の常識。

中国がもめてるのは国内だからな。台湾も戦争に負けた日本が中国に
変換したものだ。

「国」として成立している国の領土を軍事で犯したら「侵略」。

そしてあの戦争は硫黄島が起きるまで戦線は常に外国だったから
「侵略戦争」。

664 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:32:34.57 ID:tBQiqd+OO
>>657
おやおやw
支配が外れたのだから、東南アジアは東南アジア国々のものではないのですかな?www

665 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:34:07.25 ID:n7Qd69v70
>>664
パリ不戦条約以降の違反行動が行われた時に戻すのが常識です。

そもそも、東南アジア人だって大昔にあそこを「侵略」しただけなんだから。

666 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:35:17.92 ID:bthVNpGY0
欧米列強の経済圏を侵略して申し訳なかった、
植民地だったアジア諸国に対しては荒らしてすまなかった。

ごめんね。

667 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:36:41.05 ID:tBQiqd+OO
>>663
結局侵略してんじゃんw
なんでそれを占領しない戦争wとやらの例に持ち出したのか是非聞かせてもらいたいわww

668 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:37:50.17 ID:CYu7Ds3mO
661
うゎ、罪刑法定主義マジで分かってない(笑)
罪刑法定主義の派生原則には明確性の原則もあんだよ。高校生でも知ってるぞ(笑)

669 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:39:16.23 ID:5dkmGtxQ0
>>1
でた。完全正論。

これが理解できないバカがブサヨに成長した

670 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:41:18.08 ID:n7Qd69v70
高市ってネトウヨ並の知能で、戦争が真珠湾攻撃から始まったと思ってんだな。

実際はその10年前から日本はパリ不戦条約違反の「侵略戦争」してるのに。

671 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:41:18.37 ID:+MrPYFqy0
ある意味でベスト。

髪金とやりたいし、英語で話してるだろうし
アメリカに自由に行ける。
ユナイテッドのマイレージももっと貯まる。
大統領選挙もできる。
俺はシボレーV8で走ってただろう。

672 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:42:12.05 ID:d8xddKgCP
>>668
国際法ではそういうのはいまだに確立されてないということ。「重大な結果になるよ」でイラク戦争してよい、それくらい曖昧なのが現代の国際法
まして太平洋戦争時はなおさら。残念でした。

673 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:43:09.83 ID:5dkmGtxQ0
バカはいちど痛い目に遭わないと理解しないので

抵抗もせずに無条件降伏するシナリオがどんなに悲惨かを
いちど体験させないといけない

やくざと対面させて
抵抗もせずにカツアゲされればいいんじゃないかな
それでもブサヨは笑って許すか実験

674 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:44:46.91 ID:Zsn+1Scg0
大戦終結まで常に戦争状態なもんだろ、弾を弾かないだけで。

675 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:44:54.77 ID:D+JzGJTT0
高市って、日本が植民地支配をしたことは認めてるんだなw
だったら、侵略戦争をやったことは事実じゃねーかw
侵略戦争やらなきゃ、植民地なんて獲得できねえよ

ネトウヨの論理は、朝鮮も満州も植民地ではありませんって論法なんだけどな
高市は、どういう論理で日本の戦争を正当化するんだろう?

676 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:45:38.79 ID:O+FPzYxG0
>>657
そんな条約で植民地にはオレ様の財産があるからって言ってるんで
独立戦争をしなくちゃならない・・まったく東南アジア諸国民はかわいそうだね。
もともとは一方的に取り上げたアジア人の財産なのにねぇ。

677 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:47:43.43 ID:5dkmGtxQ0
太平洋戦争の何百年も前から

アジア系黄色人種すべてが差別されてたから

いまのようにNASAや技術機関に日本人が召集されたり
アジア人や黒人が白人とスポーツ大会に参加できたり
ましてや平等に扱ってもらうのはまず無理だろうな


白人は強き者しか認めない
殴り合って強さを証明した者しか認めない

弱き者は徹底して奴隷にする

白人はアフリカでいったい何人を奴隷にした?

678 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:50:28.49 ID:CYu7Ds3mO
はい、理論的に反論出来なくなったので開き直りきました(笑)
やっぱ、ブサヨはそうでなくちゃ弄りがいがありません(笑)

ついでに謂うとフセインを裁いた訴因はちゃんと刑罰規定がありましたから、遡及処罰禁止規定、刑罰明確性の原則に反してませんが、東京裁判は完璧にこれらに違反

679 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:50:33.65 ID:kBJfrlSa0
>>654
君、事変って言葉よく理解してないね。

680 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:50:43.55 ID:5dkmGtxQ0
日本が戦争で抵抗しなければ、アジア人はさらに奴隷扱いだったことは必至

ガンジーは言った。
白人社会に打ち勝つ方法を知るにあたって
日本がお手本になったと。
ただし、こんどは非暴力でやってみるよ、と。

681 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:51:08.47 ID:pUB7CdYe0
これは無知だな。日本が資源封鎖されたのは自業自得なところもある
対華21ヶ条要求で、日本は中華の利権を独占しようとした。そのために米国と英国を
敵に回したわけよ。第一次大戦での飛行機のガソリンエンジンの実用性と量産が
計算できるようになって、石油の確保の危機感を抱いた当時の首脳が中華でのドイツの
権益を引き継ごうとして対華21ヶ条を要求した。そらね、当時の感覚では、それほど
酷い要求ではなかったようだけど、米英と対立して今も続く中国の反日はここが原因なのね。
じゃなんでこの時期からアヘンの恨みを捨てて英国から日本を恨むようになったのか?

682 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:52:53.30 ID:MoQqdnJY0
ペリー来航以降の日本は西洋に学んでいつかは追い越そうと
必死でがんばった。世界は凄いと尊敬の念をいだきながら
積極的に学びに行った。一心不乱に突き進んでいたらいつのまにか肩を並べるまでに
国力はアップしていた。あれだけ凄い奴らだとおもって学んできたが
冷静になってみたら有色人種を見下し公平公平いう割には自分達が不利になると
多数決も無視してルールを自由に変えてくるわがままな奴らなんじゃないかと
思うようになってきた。以降、公平性を口に出すようになってから
集団でいびられるようになった。

683 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:53:14.34 ID:n7Qd69v70
>>675
そういえば日本は、第一次大戦のどさくさに紛れて、
火事場泥棒のようにドイツの植民地のパラオ、マリアナ諸島、中国の青島を
侵略し、ドイツ人を収容所に入れ、植民地にしたよね。

仏領インドシナもドイツがフランスを占領したから火事場泥棒のように
侵攻して、これもアメリカを怒らせた。

>>676
東南アジアの人たちも、大昔に中国の拡大とともに南下してきて、
もともと住んでた現地人から取り上げただけだからw

684 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:53:40.78 ID:d8xddKgCP
>>678
君が学んだ法律(国内法)が国際法分野では当てはまらないと分かってもらえたようでよかったよ。

685 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:54:26.19 ID:mT/iZDjS0
ガンジーはやった

非暴力による抵抗を。白人に立ち向かった

それでもやはり、血は、大量に流れた。


中国はアヘンで麻薬付けにされた
日本は武力で白人に抵抗した
ガンジーは非暴力で白人に抵抗した
アフリカは抵抗するまもなく白人に奴隷にされた


そいずれも、血は流れた

686 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:55:13.56 ID:lMmz+TUFP
北の瀬戸際外交と同じ理屈だろ
これは言っちゃいかん

687 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:55:59.47 ID:n7Qd69v70
>>685
ガンジーは日露戦争については日本を称賛しているが、
WW2の日本についてはすごい失望したとコメントしてるんだけど。
「結局おまえらも東南アジア人を差別してるじゃん」て。

688 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:57:13.73 ID:O+FPzYxG0
>>683
人類の起源まで遡っちゃうの?お疲れさん。

689 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:57:26.23 ID:UDcjKFsN0
ガンジーwwwww
結局暗殺されたよね。非暴力主義wwww

690 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 04:58:52.57 ID:mT/iZDjS0
白人は、もともと野蛮な種族

ヨーロッパに祖を成すアングロサクソンら白人は農耕による食生活でなく
ほとんど動物の狩りのみによって捕食して太古の時代を生きてきた

生きるために奪い合うことは当然という本能のもとに
戦士としての血が白人のDNAに組み込まれた

キリスト教圏の戦争の数は?
世界の8割を占める。


ここ1万年間の、人類による争いの規模は?
ヨーロッパ周辺およびアラブとの境界付近で
その頻度は8割を占める

白人。世界でもっとも戦争が大好きな人種

691 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:00:19.18 ID:65nqOA5m0
>>673 の言う通り。東トルキスタン(現:ウイグル自治区)は中国に無条件降伏した結果、地上核実験で20万人が一瞬にして死に130万人が被爆した。
日本が無条件降伏していたら、もっと早い時期に地上核実験(=原爆投下)されていたかもな。

692 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:01:36.56 ID:4oAv9GmcP
>>683
あれでドイツ人を日本に連れてきたから、神戸でうまいパンが食えるようになったんだ。
第一次大戦時の捕虜収容所は余裕があったせいか待遇良かったんだろうな。

693 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:02:10.10 ID:mT/iZDjS0
>>687
>ガンジーは日露戦争については日本を称賛しているが

その通り。よく勉強してますね。その通りです

>>689
そのとおり。けっきょく、暗殺された。
あなたもよく勉強されてます。そのとおり。


まとめ
武力抵抗(日本)でも、非暴力(インド)でも、けっきょく結果は、同じという証明ですね
しかし、抵抗すらしなかった連中はどうなった?←ここがポイント

694 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:03:44.10 ID:k5brJq2wO
そんなに大事な時期なら中韓が配慮すりゃあいい話

695 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:04:37.07 ID:+MrPYFqy0
X=白人は、もともと野蛮な種族

●=ちょXX人

696 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:05:45.24 ID:mT/iZDjS0
抵抗すらしなかった連中(国)は
さらにひどい結果となった

恐ろしいことです

ふつう逆ですよね

抵抗したものは死罪にされ
無抵抗のものは奴隷として生かす
これが古代から人種の定石です。でした

しかしアメリカ白人は、すこし違った

「殴り合って、拳で力を証明した者は、敗者であっても認める
 おれは、殴り合いもできない臆病者は、大嫌いだ」
アメ公は、そういう人種です。

キチガイです。

だから日本は、戦うしかなかった。

697 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:07:38.05 ID:ddgbzQNui
わざと米国が追い込んだんだけどな
ルーズベルトは狡猾な男や

698 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:07:41.48 ID:O+FPzYxG0
ドイツの保護領だったパラオとか、自分の子どもに日本人のような名前をつけて
つい最近まで日本語が話せたり・・一部では日本の統治が良かった面があるんだろう。
で、疑問?ドイツ人のような名前のパラオ人もいるのだろうか?

699 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:08:13.30 ID:mT/iZDjS0
日本人は、戦いたくなかった。

でも、戦うしかなかった。

奴隷にされないために。

700 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:08:34.57 ID:4oAv9GmcP
>>693
インドが植民地から独立できたのは、ガンジーの功績じゃなくって
日本が東アジアで戦争起こした時に、イギリスがインドに借金と出兵頼みまくって
あとで返せなくなったからインド手放すはめになったんやん。
日本が英兵と思って戦ったのはほとんどインド人。

インド人は確かに自国のために血を流して独立を勝ち取った。
でも戦った相手は日本人w

701 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:08:44.34 ID:65nqOA5m0
>>683
パラオの国旗見てみろ。日の丸へのオマージュだぞ。パラオにどれだけ親日家が多いかしってるか?
パラオに限らずマレーシアやインドネシアでは、白人の植民地支配から日本軍が「解放」してくれたと学校で教えてる。マレーシアの歴史(国史)教科書は見開きが日本軍の写真だ。パラオに駐屯していた将校らを名前つきで紹介してるぞ。現実を見ろwww

702 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:10:15.92 ID:n7Qd69v70
>>688
遡らないために、パリ不戦条約があるんだろ。その時点が正しい水準であることを
日本も条約調印で認めている。

703 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:10:49.08 ID:kBJfrlSa0
>>700
しかし、インド人は日本に感謝してますよ。
http://2ch-ita.net/upfiles/file5550.jpg

704 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:12:05.95 ID:bthVNpGY0
大航海時代以来の経済圏囲い込みについて、
既得権を侵害するな、って話でしょ。

それを壊してごめんなさいね、
でも現状は、かつてよりマシだと思うよ。
みんなにとって。

特に問題ないよね。

705 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:12:56.46 ID:n7Qd69v70
>>701
それをいうなら、自主的にイギリス連邦に加わっている旧アジアの植民地国を
みれば、どれだけ彼らが親イギリスわかりそうなものだ。
香港も中国に返還しないでくれ―少なくとも俺たちをイギリス人にしてくれーと
イギリスに嘆願したが、返還されてしまった。

イギリス・日本の植民地になってたシンガポールのリー・クアンユーはイギリス
のほうがはるかに支配が良かったといって、イギリス連邦に加わっている。

706 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:13:52.45 ID:kBJfrlSa0
>>663
>だからアメリカは沖縄戦のことを invasion of Okinawa(沖縄侵略)と言ってるだろ。

あれ?さっきはマッカーサーの自衛戦争は信じなかったけど・・
アメリカが「侵略」と言ったら信じても、「自衛戦争」と言えば信じないんですね。
ダブスタっぷりすごいわw

707 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:14:10.79 ID:+MrPYFqy0
X=地上核実験(=広島長崎原爆投下)

●=人体実験


既にネバダでアメリカ志願兵を使った核実験は実施しており、300人が被ばくして呼吸器疾患、皮膚がん白内障などがでた。
志願兵と言っても満蒙開拓団みたいなもので知能知識収入の低い人たち。
新型爆弾を見物できるということでネバダまでのこのこ出かけた。
既存型強力爆弾と思っていたらしく支給されたサングラスを使わず肉眼で見た人が多数。
塹壕の中に居ろと言われたのにへらへら笑って乗り出したフイルムが存在。

アメリカにも汚まいらレベルは沢山いる。

708 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:14:13.05 ID:mT/iZDjS0
わたしの祖父も、生前、しきりに語っていた

戦争にまで行って生きて帰って来た人だ。ガダルカナル島という最前線にだ
アメリカの兵隊さんを、殺したくなかった。
好きで殺したんじゃない。殺さなきゃ、殺されてた。
戦後も、就寝中も夜中に突然、奇声をあげて起き上がっていたそうな。

泣いていた。ころした相手の兵隊さんのことを思って泣いてたよ。

日本人は、いやいや戦争に引きずり込まれたんだ。
白人の罠によって。

でも、いまとなっては過去の話。水に流したい

日本人なら、だれだって本当は仲良くしたいんだよ

好きで戦争するバカは、日本人にはいない。

709 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:17:03.01 ID:+MrPYFqy0
ガタルカナルはマッカーサー指揮以前だ、


卑怯な真珠湾攻撃に対する仕返しの意味が大きい。


片隅の低知能が何言ったって駄目だ。

710 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:17:54.56 ID:n7Qd69v70
>>701
それとそのパラオの国旗の話、日本人がそう妄想してるだけらしいね・・・

>>703
独立派の人たちが感謝しているだけだよ。
日本はインパール作戦に失敗して結局インドまでいけなかったから
住民たちにも恨まれてないしw
インドは自主的にイギリス連邦に加わってるしね。インドは親英だよ。

>>706
だからマッカーサーは「自衛戦争」などと言ってないっていうことでその話
さっき終ったよな。

711 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:19:46.86 ID:O+FPzYxG0
うちのジイ様が南ソロモンで乗ってた船を沈められて、なんとか助かり帰国したのだが
帰国するまでに結構時間がかかってる(どこでも一緒だが)
その間、南の島で帰国を待ってるんだけど、日本軍が最低な軍隊だったら
普通に無事に帰れたのだろうか?
現地の人にも助けてもらったって言ってたし・・こんなことからも日本軍が現状で
言われてるほどヒドイ軍隊では無かったと言えないかね?

712 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:20:06.50 ID:n7Qd69v70
>>708
おまえのジジイ、小卒の低学歴だろ。戦前は小卒が9割だっけね。

満州事変とか知らないんだろw
日本政府の不拡大決議を無視して軍部が戦線拡大したのを知らないんだろw

白人関係ないのにねw

713 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:20:20.72 ID:4oAv9GmcP
>>703
いや、あんた、インド国民軍ってチャンドラボースの私兵団やないですか。
そりゃインド国民軍は日本と組んでインド独立を目指した団体だから日本に感謝するのは当然だろうけど
それをインド一般にひろげちゃだめよ。

714 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:21:20.29 ID:mT/iZDjS0
私の祖父は
戦争でそんなに悲惨な目に遭ったのに
誰のことも、恨んではいなかった

天皇陛下のことも敬愛していたし
戦前も戦後も、日本という国が大好きだったし
アメリカのことさえも敬愛していたよ
生きてる間に、国内も海外も、いっぱい旅行したそうです。

祖父と祖母は
人種にかかわらず、いろんな国のひと、都道府県のひとと
いっしょに、笑顔でいっしょに映ってる、写真が、わたしの手元に残ってる


だれも恨んじゃいなかった

戦争は、しかたなかったんだよ。

715 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:23:36.44 ID:n7Qd69v70
>>711 捕虜の扱いについてはひどかったみたいだね。
    横浜の捕虜収容所の米人捕虜もガリガリに痩せて骨と皮で
    匿名で新聞に日本人から酷すぎるからもっと食料を!って
    投書が来るくらいだったわけで。

【捕虜の死亡率】
ドイツによって拘束されたアメリカ、イギリス連合軍捕虜:4%
日本によって拘束されたアメリカ、イギリス連合軍捕虜:27%

日本は捕虜を殺しすぎ。ドイツの7倍殺してるじゃん。

716 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:23:37.58 ID:4oAv9GmcP
>>701
旧植民地の声を聞け!っていうなら、南北朝鮮やフィリピンの声も聞いてやんなさいな。

717 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:24:06.93 ID:FWn2P2uh0
>>707
当時は放射能の脅威なんて誰も知らなかった。

だからマンハッタン計画に参加してた科学者もみんな放射線にやられてる。

知ってても放射能塗れの朝鮮は別格だろうけどね。

718 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:24:15.99 ID:kBJfrlSa0
>>710
ケロッグ国務長官は無視ですか?


ケロッグ国務長官はアメリカ上院議会の不戦条約批准の是非をめぐる討議において、経済封鎖は戦争行為そのもの
だと断言したことを挙げて、日米戦争については、日本ではなくアメリカが侵略戦争の罪で裁かれるべきだったとしてい


719 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:24:53.17 ID:65nqOA5m0
>>705
キミ論点ずらしすぎw 公用語や学校教育がすべて英語、メディア情報も英国からもたらされていた香港が英語圏でありたいと言ったのは当たり前。

これは植民地支配のイロハのイで、オランダもスペインも現地の言語を奪って自国語の情報しか得られないようにした。日本だけなんだよ、民族文化を尊重して現地の言語を守ってやったのは。ハングルなんて識字率が4%以下だったのを、日本が復元して学校を作り教えてる。

720 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:25:48.67 ID:mT/iZDjS0
>>712
祖父は
戦後は
紡績を扱う会社の社長になりました
軍学校?の出だそうです
わたしはミリオタじゃないので詳しくないのですが
中隊長?とかそういう部隊指揮官だったようです
現在の中学校(中等課程?っていうんだっけ)にあたると思います
そりゃあだれもがいまのように高校や大学にいける時代じゃありませんでしたからね
わたしは大卒です
が、その中卒?の祖父の人生に勝てる気がしません

721 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:26:39.34 ID:UDcjKFsN0
戦前の日本人は立派だった。

722 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:28:22.85 ID:mT/iZDjS0
ああ満州事変ですか
よく存じております

シナ人が仕組んだ自作自演でしたね

「日本兵がやった」などとw
ブサヨがよく叫んでますね

723 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:28:36.79 ID:kBJfrlSa0
>>715
「アーロン収容所」は読んだことあるかい?

724 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:29:14.11 ID:n7Qd69v70
>軍学校?の出だそうです

だから満州事変とかを意図的に隠蔽して美化してるんだね。

中隊長だと「中尉」クラスだから、職業軍人でそれだと
軍人の中でもエリートではないね。

725 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:31:36.91 ID:mT/iZDjS0
そもそも自国民どうしで騙しあい殺しあったような
シナ人の言を鵜呑みにして完全信用するほうが完全バカだと思います

現在の中国共産党(笑)とかw
中国から国民党を追い出して国を乗っ取ったクーデター政権乙w

わたしは中国共産党を、ぜったいに死んでも信じません。
彼らは、「ウソツキ」です。まちがいない

726 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:32:16.45 ID:n7Qd69v70
>>723
盧溝橋事件と満州事変を勘違いしてる様子の>>723

>>723
あるよ。「イギリスは日本軍みたいに捕虜は暴行してなかったけど
基本的に見下している」と被害妄想たっぷりなことが書いてあったね。

でもこれは逆に、イギリス軍は捕虜の扱いが暴行する日本軍と比べて
悪くないことを意味する。

おまえはちゃんと「アーロン収容所」を読んだの?
小林よしのりの「戦争論」にのってるオーバーな記述をネットで読んだだけじゃないの?

727 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:33:21.88 ID:D+JzGJTT0
>>722
それ、あなたの祖父さんが「シナ人の自作自演」って言ってたの?

あなたの祖父さんは、中国の人とは仲良くしようってしてなかったの?

728 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:34:04.97 ID:mT/iZDjS0
>>724
美化?わたしは軍学校の出じゃありませんよ?なに言ってるの?
わたしはわたし。祖父は祖父でしょw 心臓も脳みそも別ですよ。
混同しないでください。大丈夫ですか?w

729 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:34:59.52 ID:4oAv9GmcP
>>715
日露戦争までは捕虜の扱いが世界でも一級の国だったんだけどねえ。
ロシア人捕虜の死亡率0.5%だし。第二次大戦だと25%になっちゃうんだよね。
軍隊が精神論に傾いちゃったのが原因らしいね。
全般に食料事情が悪かったのもあるけど。

730 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:35:43.90 ID:n7Qd69v70
>>721
おまえは「戦前」と「戦中」を混同してるね。
確かに「戦前」は立派だったね。
「戦中」(1931−1945)はひどかったね。

>>728
だから、祖父さんが美化してあなたに伝えたのでしょう。

731 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:36:53.20 ID:qKNnSyR8O
>>715
対ソ連だとドイツも結構エグいぜ
後、日本には捕虜にとる前に殺してしまえといったアメリカのようなずる賢さがなかった

732 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:37:02.50 ID:mT/iZDjS0
>>727
>>728ということです。よろしくです


あのー・・・さきほどから
祖父の意見と、私の意見を、混同してる人がいます
区別してね


とくにこのIDのひとID:D+JzGJTT0
ちょっとさっきからなに言ってるのかわからないですね
ひとつわかるのは、こいつチョンくせえ、というだけw

733 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:38:50.19 ID:jkF3UC5yi
うわっ、まず税金収めろとしか言えない

734 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:39:30.10 ID:mT/iZDjS0
>>727
>>728ということです。よろしくです

ああIDまちがえた すまそ
ID:D+JzGJTT0 じゃなくて



ID:n7Qd69v70 ←こいつ

こいつのせいで、ちゃんと話ができない
ちょっとさっきからなに言ってるのかわからないし
こいつのレスに構おうとすると、混乱する
ひとつわかるのは、こいつチョンくせえ、というだけ

ちょっとめんどうなので、NGにしますね



ID:D+JzGJTT0さんはすみません
あなたじゃない。まちがえました

735 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:39:33.44 ID:4oAv9GmcP
>>732
チョンとか言うと人種関係なく仲良くしていた爺さんが泣くんじゃね。

736 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:39:55.68 ID:D+JzGJTT0
>>732
あなたの祖父さんは、あなたが朝鮮や中国を敵対視することについて、どう思うだろうね?
ほめてくれると思う?

737 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:40:16.95 ID:At6C+uIq0
こういうのは参院選後にお願いしますわ

738 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:40:50.66 ID:n7Qd69v70
「アーロン収容所」を本当に読んでたら、日本軍の捕虜収容所のひどさと
イギリスの収容所のやり方で、あきらかに日本軍のひどさを下げてる。

むしろ著者は、イギリス人の合理性を褒めている。
イギリス人はたとえば捕虜に朝礼をさせるとかいう日本軍がやってたみたいな
無意味で自分の支配者気取りを確認するためだけの自己満足はやらない。
あと日本軍はコンプレックスが強く、すぐ「馬鹿にしてるのか!」と殴り
かかってたらしいがイギリス人は捕虜が笑っていても「平然としている」。
あとイギリス人が1人でいる様子は非常に孤高な感じがしてすばらしい、とか。
どっちかというと著者は日本軍を下げ、イギリス軍を上げている。

ところが、ネトウヨのホームページとかによく書いてある小林よしのりの
マンガ引用部分だけだと、イギリス人が酷いみたいに読み取れないこともない。

ネトウヨは「アーロン収容所」を読んでないのがばればれ。

739 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:43:44.02 ID:mT/iZDjS0
ID:D+JzGJTT0さんだって

さきほどから、ネトウヨネトウヨと、連呼されてますよね

740 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:44:52.85 ID:CYu7Ds3mO
盧溝橋事件では軍部は停戦していたのに、近衛内閣は拡大路線を煽ったよね。
近衛のブレーンだった朝日新聞の尾崎なんかも紙面で煽りまくった。こいつ後にゾルゲ事件で処刑されるけど、先の大戦では米国公文書においてルーズベルト政権の中枢がコミンテルンのスパイだらけだった事が近年分かった。
結局、日米共に戦争を煽った連中は共産主義者ばかりなんだよね。
戦後、米国に認められた共産党は頑なに米国の共産主義者の為に働き、今なお日本の封じ込めに成功している。
イラク戦争後にも共産党の設立を認めたのはアメリカだったね。
もう、お前らの正体はバレてんだから大人しく降参しろ。

741 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:45:29.24 ID:UDcjKFsN0
チョン相手にスンナよwww
戦前の日本人は立派だった。

742 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:45:47.74 ID:67M5YuI+0
>>718
ちょいと不思議なんだが、ケロッグが国務長官だったのは1920年代で、
1937年に死去した人物がなぜ日米戦争、これは太平洋戦争のことだろうが、
に言及できる?

743 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:46:47.69 ID:GkvbOfAL0
なんだこの開き直り発言
負けたんだから勝った方に賠償するのは当然のことだろ
さっさと韓国に賠償しろよ。日本は敗戦国なんだから

744 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:47:33.34 ID:n7Qd69v70
>>718

だから、そもそも、満州事変のときに、日本はどんな経済制裁を
受けてたんですか?

日本政府は国益にならないとして不拡大方針だったのに、
軍部が暴走しただけだよね。

745 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:48:10.76 ID:mT/iZDjS0
ID:n7Qd69v70
は話が通じないのでNGにしたけど
ID:D+JzGJTT0
さんはNGにしません。まだ話ができそうなのできちんと答えますね


「チョン」や「シナ人」はだめで、「ネトウヨ」はいいんですか
われわれもジャップとよく呼ばれます
レイシストという差別的な意味で呼ばれることもあります
目には目を、歯には歯を

お互い様だと思うんですけどね

わたしはわたし。祖父は祖父。
死んだ祖父に褒められる理想像になろうとは思いません。
私には私の意志と考えがあります。

それは現代日本を愛することです
だから私は現代日本を叩く反日がわたしは嫌いです

746 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:48:22.15 ID:D+JzGJTT0
>>739
このスレでは、まだネトウヨって言ってないと思うけどw

「ネトウヨ」という特定の思想信条をもった連中を敵視するのと
中国や朝鮮という、国や民族を敵視するのは意味が違うんだよ

あなたの祖父さんは、左翼とか右翼とかの思想の好き嫌いはともかく
中国や朝鮮のような民族の好き嫌いはあったの?

747 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:48:54.64 ID:1virOwiH0
「朝鮮人は呼吸するなーっ!」。在日韓国・朝鮮人らに悪罵(あくば)を投げつけ、
排外主義的な主張を繰り返していた関西の右派系市民グループが、
幹部らの相次ぐ逮捕により解散に追い込まれた。昨年夏ごろに発足し、
インターネットの動画サイトなどで急速に存在感を増していた「神鷲皇国会(しんしゅうみくにかい)」だ。

事件1: 電気代踏み倒し
事件2: 82歳への暴行
事件3: 博物館脅迫

一連の事件をめぐっては、まず兵庫県警が4月10日、暴力行為処罰法違反容疑で桂田被告を逮捕。
大阪府警は同18日に恐喝容疑で少年を、翌19日に傷害などの容疑で事務局長を逮捕した。
少年は5月9日に家裁送致され、事務局長は処分保留で釈放された。

公安関係者によると、一部のメンバーが市民団体「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の活動に
感化され、グループを立ち上げたとされる。その後、関西在住の在特会員らでつくる「チーム関西」の
元メンバーらとともに街宣活動をする中で、昨年夏ごろから神鷲皇国会を名乗るようになった。

在日韓国・朝鮮人が多く住む大阪の鶴橋で昨年9月に行われた「日韓国交断絶国民大行進」というデモに
協賛団体として参加。以後、大阪で毎月のように行われた街宣で「ゴキブリ」「ウジ虫」「死ね」「殺す」といった
ヘイトスピーチ(憎悪表現)を連呼し、その様子を動画投稿サイトにアップすることで注目を集めた。

捜査関係者によると、少年と事務局長は同会に参加するまで、
活動家としてはまったく無名の存在だったという。少年は高校中退後に働いたが長続きせず、
街宣にのめり込んでいったとみられる。事務局長は父親の年金で暮らしていたという。

「朝鮮人は呼吸するな」暴走する右派系市民グループ、ヘイトスピーチ(憎悪表現)という“鬱憤晴らし”
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130513/waf13051308010002-n1.htm

748 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:50:22.66 ID:k0GOfXowP
やっとまともな国になりつつあるのか?

749 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:50:38.00 ID:UDcjKFsN0
>>744
関東軍が暴走したんじゃない。あまりにも、満州に居住してる日本人が中国人に虐殺されるので、
我慢に我慢を重ねて立ち上がっただけ。もっと勉強しろよチョンwww

750 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:51:19.93 ID:n7Qd69v70
あと「アーロン収容所」では、日本兵が、イギリスに雇われているインド兵を
「インド」と呼んで、当然のようにインド人差別する描写も出てくる。

751 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:51:58.37 ID:qFnVx/a10
歴史にもしもなんてないんだから政治家がこんなくだらないこと言うな

752 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:52:25.63 ID:d8xddKgCP
>>749
満州国自体が柳条湖事件に始まる立派な侵略だから。

753 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:52:46.12 ID:mT/iZDjS0
私だって韓国人や中国人を好きで叩きたくない
仲良くしたいんです
でも日本海や東シナ海を見てください
むこうのトラ網漁船が、日本領海内にまで侵犯してきてますよね?
いま日本は中国や韓国に、資源をあらされているのです

好きになりたくても、なれないじゃないですか。
仲良くしたいのに、できないじゃないですか。仲良くしたいのに。
わたしたち日本人は、ばかじゃないので泥棒は許しません。

仲良くしたいけど、泥棒は許せませんし
仲良くしたいけど、欧米からイジメを受けたら抵抗もします。

754 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:53:48.82 ID:n7Qd69v70
>>749
満州事変(1931年)の時点でどんな虐殺事件が起こったの?

それって、まさか、支那事変以降の通州事件(1937年)のことだよねw

ネトウヨは歴史的事実をまるで知らないなw

755 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:55:21.59 ID:m2Csgo4+0
>>752
あれが侵略だったら中共のチベット侵攻はなんなんだよ。

756 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:55:54.54 ID:yySdCKke0
>満州に居住してる日本人が中国人に虐殺されるので、

そりゃ占領者が居座ったら、不意打ちも食らうっしょ
今東京が隣国に占領されても日本人は黙ってヘコヘコしているとでも

757 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:56:35.80 ID:mT/iZDjS0
日本人は、誰とも喧嘩はしたくないのです
でも、黙っていじめを受けるほどお人よしでもないということです
やられたらやり返しますよ。いやですけどね。

日本のことを大事にしてくれる他国は手厚く歓迎しますが
日本を荒らしたり攻撃する敵には遠慮なく仕返します。
ふつうのことですよね。

758 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:56:53.85 ID:UDcjKFsN0
>>752
は???
満州ってもともと女真族の土地で、その土地を日本が保障して、満州国建国となるわけだが。
清って女真族が侵攻して建てた中華って知ってるよな?ちょんw
もっと勉強してくださいちょんww

759 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:57:01.74 ID:65nqOA5m0
>>736
現在多くの日本人が中・韓を敵対視しているのは我々の爺さん達のころの話とは関係ないよ。
捏造、パクり、天皇陛下への暴言、日本の国旗燃やしてパフォーマンスと何を取っても友好的になれる要素がない。

760 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:58:51.10 ID:O+FPzYxG0
>>715
うちのジイ様は海軍に七年いて(軍人で食ってくつもりだったらしい)
ソロモン海戦まで行っちゃっただけで収容所の話など聞いたこと無いからね
ま、あの戦争での日本人の欧米感情(鬼畜米英)とか、軍の兵站事情から
食料については日本の捕虜になったら悲惨だろうなぁ、とは思うね。
でも米英とか欧州の捕虜はまずまずだったかもしれないけど
中国の捕虜になった日本軍とかも悲惨だったんじゃない?
捕虜になる前に便衣兵ばかりの中国軍には殺されちゃうか?

761 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:58:58.49 ID:d8xddKgCP
>>758
日本が武力で独立させる正当性は何も無い。

762 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 05:59:39.27 ID:D+JzGJTT0
>>753
中国や朝鮮に行ったことある?

俺も中国しか行ったことないけど、案外友好的なもんだよ
(無愛想で態度の悪い奴も多いが、そういう奴は中国人に対しても態度悪いw)

領土争いなんかは、争いを大袈裟にしたい奴が、日本側でも中国や韓国の側でも煽っているだけで
そういうのがあるから、仲良くできませんってのも極端な話だと思うよ

祖父さんに近づきたいと思うなら、自分の足で中国や韓国に行ってみな
仲良くしたいと思うなら、ネットで不平言う前に、行動してみなよ
あなたの祖父さんだって、アメリカ人と殺し合いまでしたのに、アメリカに行ったんだろ?

763 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:00:27.22 ID:4oAv9GmcP
>>749
関東軍の暴走は対中国だけじゃないじゃん。
対ロシアに対しても暴走しとったけど、ロシア人が日本人殺しにきてたとでも?

そもそも戦争で勝ち取った土地とはいえ、
中国内部に進出して国を作って、中国人と抗争がおきるのはほとんど当然。
日本でも生麦事件とか起こしていたし。
それを戦争の口実にするのはともかく、原因になっちゃいかんよ。戦争は戦略がないといかん。
満州事変は、在邦人の安全確保は口実で満州の権益を確保するというちゃんとした戦略があった。
でも日中戦争になると、戦略がないのに戦線拡大した。

じゃあ、戦略のある満州事変はいいのか、というと、
政府とも軍中央とも許可を得ない勝手な行動だったから、関東軍の暴走と言われる。
軍が指令系統を無視しちゃいけません。そこが暴走の所以。

764 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:00:34.49 ID:mT/iZDjS0
はなしは>>1に戻りますが

まさに正論で

「資源封鎖もされて抵抗せずに」というほうが異常ですって。

ABCD包囲網で、欧米列強+中華から、いじめを受けて

黙ってるほうが異常ですって。

抵抗して当然です。
やり返すことはそんなにいけないことですか?
だまって殴り殺されるのが正しいことでしょうか?いいえ、そうは思いません
悪いけど、攻撃を受けたら、仕返しさせていただきます

765 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:02:05.09 ID:GeNdv9cQ0
.
★ スライヴ (THRIVE Japanese)

http://youtu.be/yp0ZhgEYoBI
.

766 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:02:22.06 ID:CYu7Ds3mO
満州族の長であるフギが治める満州国を侵略したのは中華民国。
フギを中原から追い出したのは中華民国であり、満州国に文句をつける権利は無かった。

767 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:02:38.53 ID:d8xddKgCP
>>764
>「資源封鎖もされて抵抗せずに」というほうが異常ですって。
北朝鮮が言いそうな理屈だ。資源封鎖されるようなことをする日本が悪い。

768 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:02:58.65 ID:D+JzGJTT0
>>764
日本が中国と戦争やってるから、軍需物資の輸入を止められただけだよ
戦争やってる国に、軍需物資を売ってくれる中立国なんて、なかなかありませんよw

769 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:03:12.31 ID:n7Qd69v70
満州事変の一番の問題は「国民の選んだ日本の政府が中国不拡大方針を議決」しているの
にもかかわらず、軍事は内閣から「統帥権」により独立しているとして、民意を無視して
戦争を拡大したということだ。

そして、軍部に反対する政治家を暗殺しまくることにより、軍部に意見する政治家が
いなくなり軍部の傀儡のような政治家ばかりになった、つまり民主主義がまったく機能
しなくするというクーデターを軍部が行ったことだ。

これは、日本人に対する犯罪だよ。

770 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:03:45.53 ID:UDcjKFsN0
>>763
オマエ馬鹿???

771 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:05:53.34 ID:mT/iZDjS0
>>762
あるよ。わたしは大学で知り合った中国人の親友もいます
香港にも一緒に連れてってくれました

だから、わたしは、好きで中国を攻撃したくない
でも中国共産党のやってることは、あきらかに間違っている
そしてその中国人留学生も、
中国共産党には、否定的です。

あんまりたて突くと国にマークされるので
大声では中共に文句言えないようですが
わたしにこっそり本音をもらしてくれました
「中共のやりかたは、悪どい。卑劣だ。習近平も嫌いだ」と

でも大声では叫べない。脅されているのですね。かわいそうに


だから日本人のわたしが代弁している。
わたしならべつに中国政府にマークされてもかまわない。
日本人だから。

772 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:06:11.49 ID:v5Y83uhSO
>>761
何で無いんだ?

773 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:06:55.40 ID:67M5YuI+0
ああ>>718のはwikipediaからのいい加減なコピペで、主語が抜けているんじゃねえか。
「裁かれるべき」だったと言ったのは、加瀬英明という韓国・統一教会とのつながりが強い著述家ね。

774 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:07:05.35 ID:UDcjKFsN0
>>769
クーデター????
あの当時のこともよくしらないでよく言えるな。ちょんだろおまえ?

775 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:07:29.40 ID:yySdCKke0
台湾、サハリン、北方領土は日本のモノですと
当たり前の主張する程度なら、何も問題なかっただろうに

朝鮮半島は俺のモノ 満州はオレのモノ 東南アジアの島国も俺のモノは
出しゃばりすぎたね

ここが痛恨の政策失敗点 フルボッコでした

776 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:08:08.21 ID:4oAv9GmcP
>>764
資源封鎖に至るまでに日本が殴りまくっている件を無視するのはいかん。
欧米も殴りまくってはいるが、やつらは一応作法にのっとってケンカしておる。
日本は殴るなら一緒だろ、と作法無視してご無体したから干された。
まあ、中国もルール無視しまくっていたが、それゆえに欧米日露につけこまれていたわけだし。

777 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:09:02.91 ID:mT/iZDjS0
経済封鎖されるような核実験をする北朝鮮



黄色人のぶんざいでナマイキだから経済封鎖された日本


大きく異なりますね

778 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:09:27.82 ID:v5Y83uhSO
>>767
思考停止だな
だったら西欧列強は日本よりとっくに資源封鎖されてしかるべきだが?

779 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:10:19.96 ID:d8xddKgCP
>>772
ロシアが「アイヌを独立させる」て攻めてきたら困るでしょ。
一つの国に複数の民族が同居するのはよくある話で別に不当でもなんでもない。
そんなこと言ったらアメリカなんか黒人は独立することになる

780 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:10:41.87 ID:UDcjKFsN0
>>776
作法????アメリカ兵は殺した日本兵の金歯まで抜いていたんだが。
日本人は決してそんなことはしなかった。
原子爆弾や空襲で民間人を虐殺するのが作法????
おまえ頭おかしいじゃないの?

781 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:10:51.82 ID:n7Qd69v70
>>775
ていうか、中国本土に手を出しさえしなければよかったんだよ。
満州までは、問題視されつつもチベット問題みたいに国際的には黙認されてたから。
ネトウヨが錦の御旗のようにいう「酷すぎるハル・ノート」も実は大したことがない。

★ハル・ノートを受け入れておけば・・・・

【日本の領土として維持】
・台湾(日清戦争でゲット)
・青島(第一次大戦でドイツからゲット)
・パラオ(同)
・上海租借地
・朝鮮(日露戦争後ゲット)
・グアム・サイパン(委任統治領)

【交渉次第】
・満州(満州は中国に含まれないというのは当時の常識)

【撤退濃厚】
・中国本土(上海の租借地と青島以外)
・インドシナ、南沙諸島

だから東郷茂徳外相は「ハル・ノートを受け入れないのは陸軍だけ」といっている。

782 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:11:15.45 ID:mT/iZDjS0
>>776
>まあ、中国もルール無視しまくっていたが

ご自分で、よく解ってるじゃないですか。
すべてはその一言に尽きます。

私が捕捉する必要はないようですね。
あなた自身でよくわかってるじゃないですか。見事です。
あなたのような賢者ともっと語り合いたい

783 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:11:59.72 ID:D+JzGJTT0
>>771
中国の友人がいるなら、日本との戦争について話したことある?
「日本は侵略していない」みたいな話を、親しい中国の友人とできる?

北朝鮮もそうだけど、中共は日本との戦争の歴史を語ることで
国内の引き締めをしようとしてる。日本が歴史問題で対立すれば
それだけ、中国国内で共産党への支持が強くなると思うよ

日本人と中国人が仲良くすることの方が、共産党政権にとって打撃だと思うけどね

784 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:12:35.24 ID:A25PMN4/0
韓流友愛フェイスブックのキモババア安倍夫人と高市政務調査会長

政治家と首相の夫人の違いあれど 同じ女性でもこれ程違うんだね

キモ朝鮮に男憧れ 朝鮮ダンスミュージカルに熱狂する夫人には呆れたが 

キモ朝鮮男を切り裂く政務調査会長は 真の国益を考える女性 

日本女性も捨てたもんじゃないね 彼女は韓国の基地外反日に毅然と理論的に対抗できる 貴重な議員

785 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:12:40.11 ID:v5Y83uhSO
>>779
イミワカメ
それってお前の阿呆な価値観だろ
そもそも独立の正当性とか述べてる時点で筋違いだわ
時代錯誤ですな

786 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:14:27.95 ID:CYu7Ds3mO
欧米が作法に則ったやり方をしてただって(笑)
宣戦布告前に先に仕掛けて来たのはアメリカなんだが(笑)
フライングタイガースという部隊を支那に派遣したたろうが(笑)
もう、公文書で明らかになってるのに(笑)
ブサヨは何時までも寝言をほざく(笑)

787 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:14:40.70 ID:67M5YuI+0
それに、アメリカは日本を経済でも資源でも「封鎖」などしていないと思うが。
日本がアメリカでない第3国と通商を行うのはまったく自由。現にオランダとは
交渉を行っているし。そこにアメリカが影響を及ぼす事はあるが、最終的に
判断するのはその第3国。
「封鎖」というのは、強制力をともなった遮断と普通は解釈されるものだが、
それは無かっただろ。

788 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:14:47.87 ID:d8xddKgCP
>>785
一つの国に複数民族が同居するのはおかしくないと分かってもらえればよい。
もし独立したいならその民族が自分でやること。

789 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:14:55.08 ID:n7Qd69v70
>>780
それどころか、日本軍はアメリカ軍死者を食ってたもんな。
例)父島

父ブッシュ大統領の友達も日本兵に食われたらしい。

790 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:15:03.65 ID:J3MU4BwtO
>>785

791 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:15:53.10 ID:mT/iZDjS0
>>783
はい。しましたよ。
日本との戦争のことは、そんなに興味ないようでした。

それよりも、中国人の彼が熱く語ったのが

    文          革  


自国(中国)の文革は許せないと、しきりに語ってました
彼の親戚も、殺されたそうですからね
でも、あっちでは文革すら「美化」(おや、さきほど見かけた言葉ですな?w)されてるようですねww

そんな中国の小中学校の教育が、彼はいやだったそうです


中国は 国内で 文革で 2000まんにんを ころしたんだからね

792 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:17:49.95 ID:v5Y83uhSO
>>788
話逸らすなよ
その民族が支援を求めて
求められ国は自国の国益に合うなら支援するのはよくある話。
正当性とかイミワカメなことを言ってるのはお前ぐらいだわ。
時代錯誤ですな。

793 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:17:59.04 ID:UDcjKFsN0
中国人は文革で同じ中国人を食いまくったらしいねうぇwwww
人肉はすごい人気だったとかwwww

794 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:19:20.82 ID:67M5YuI+0
>>786
何度言ってもわからんようだが、フライングタイガースは訓練飛行をしていただけ。
日本軍と交戦を開始したのは、太平洋戦争が始まってから後。
それにパイロットは全員自由意志で参加した、名実ともに義勇軍。コンドル軍団などと
くらべれば義勇軍過ぎて困るほどだw

795 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:19:23.43 ID:d8xddKgCP
>>792 柳条湖事件で満鉄爆破したのは満州人の依頼だったということかな?
そんな話はしらないけど、かりに依頼されてもやってはいけないことだね。

796 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:19:29.24 ID:mT/iZDjS0
1941年〜1945年  日本  太平洋戦争  日本VS米国  第二次世界大戦の片翼

1950年〜1955年  朝鮮  朝鮮戦争 韓国VS北朝鮮  =共食い戦争

1966年〜1977年  中国  文化大革命  国民党VS共産党  =共食い戦争

797 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:20:27.47 ID:n7Qd69v70
小笠原事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%AC%A0%E5%8E%9F%E4%BA%8B%E4%BB%B6

>小笠原事件(おがさわらじけん)とは、1945年(昭和20年)に日本軍が米軍の捕虜8名を殺害し、
>そのうち5名の人肉を嗜食したとされる事件である[1]。別名、父島人肉食事件。

死体の金歯を抜くのはともかく、生きている人を殺すのはいかがなものか。

798 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:22:28.71 ID:A25PMN4/0
>>791

俺もした事があるよ日中戦 その歴史はメチャメチャ習うらしい 逆に三国志や文革を俺のが詳しかったなwww

あと その話は何となく話題がそれて 原爆やら当時のアメリカは横暴だよねとか気を使ってくれたよ
基本もうその話は良いよって感じ 俺もアメリカ人や中国人とその話をしても 昔過ぎるんだな 逆にチベット虐殺はやめてやれとやんわり言ってる

 

799 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:22:34.26 ID:nxF5cbAyP
>>749
>あまりにも、満州に居住してる日本人が中国人に虐殺されるので

満州事変の原因となった日本人大虐殺など知らんが。


>>758
>満州ってもともと女真族の土地で、その土地を日本が保障して、満州国建国となるわけだが。
>清って女真族が侵攻して建てた

清〜中華民国で主権委譲、日本など列強各国も九カ国条約で中国主権を承認。
日本の満州権益も、主権者である中華民国に租借延長を認めさせた物。

当たり前だが、「先住民の土地」なる理論は、満州事変の正当化にならず、
連盟決議で正当性を認めた他国ゼロ。

ついでに、満州の地は女真族の支配の前に、漢民族が支配してた経緯もある。

800 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:22:47.31 ID:v5Y83uhSO
ID:d8xddKgCP
>>764
>「資源封鎖もされて抵抗せずに」というほうが異常ですって。
>北朝鮮が言いそうな理屈だ。資源封鎖されるようなことをする日本が悪い。


↑正当性とかのたまう割には
あまりにも思考停止すぎる見解だな

801 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:22:49.97 ID:UDcjKFsN0
>>797
そんな話は誰も信じんよwww

当時少尉候補生として、父島に配属されていた土屋公献(元日弁連会長)は、ボーン中尉を殺したのは事実だが、
ボーンの遺体を損壊して食べた事実は無いと食人行為については、否定している

802 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:23:31.09 ID:mT/iZDjS0
1941年〜1945年  日本  太平洋戦争  日本VS米国  第二次世界大戦  日本死者約300〜400万

1950年〜1953年  朝鮮  朝鮮戦争   韓国VS北朝鮮  =共食い戦争   朝鮮死者約300〜400万

1966年〜1977年  中国  文化大革命  国民党VS共産党  =共食い戦争  中国死者約2000万人


どやさ。これがヒニクな現実ですわ

803 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:25:02.03 ID:D+JzGJTT0
>>791
その友人は、できた人だな
祖父といい、中国の友人といい、あんた人間関係に恵まれてるわw

何でその人が、日本との戦争について興味なさそうだったか分かる?
あなたと歴史問題で喧嘩したくなかったからだと思うよ

あなたが歴史問題で中共や中国人を批判することを、あなたの友人が支持するかね?
まだ付き合いがあるなら、一度聞いてみてごらん

804 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:26:03.37 ID:v5Y83uhSO
>>795
やってはいけないという決まりはないんだが


お前さっきから独善的すぎるな。抽象的だし。
アホレス続けるならレスしないでね。

805 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:26:22.65 ID:G0lHQbtb0
いくらなんでも植民地になることはないだろ。
どんな理由があるにせよ無計画に突っ走ったのがアホだった。

806 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:26:28.39 ID:mT/iZDjS0
まあ2000万人は殺しすぎですよさすがに

中国共産党ってさ、2000万人を虐殺して国を乗っ取ったキチガイ政府だから

やっぱだめでしょw

さすがにナチスや旧日本軍でも、2000万人は殺せないってw

中共は、それをやった。ギネス記録クラスだねw

807 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:26:55.92 ID:kBJfrlSa0
>>726
イギリス人の方が捕虜の扱いが上手いと書いてあったね。
一方、イワラジ河のような扱いも。

>おまえはちゃんと「アーロン収容所」を読んだの?
>小林よしのりの「戦争論」にのってるオーバーな記述をネットで読んだだけじゃないの?

小林よしのりだって。あんなもん読んでんのw
おまえと違って俺はきちんと読んだよ。

808 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:27:27.44 ID:O+FPzYxG0
>>794
フライングタイガースが交戦したのは日本軍・・当たり前過ぎる。
なにを目的に設置されたのか?でしょ?

809 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:27:32.20 ID:n7Qd69v70
「アーロン収容所」を読めばわかることだが、死体の金歯抜きというのは東南アジア人が
やっていたことだ。夜になるとビルマ人が集団で戦場の頭蓋骨をかち割って金歯を抜く集団が
いたらしい。「アーロン収容所」の作者はビルマ人が日本兵の頭蓋骨をかち割ってるのを目撃した。

死体を崇拝してるのは日本人だけ。

810 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:27:46.69 ID:A25PMN4/0
>>797

小笠原事件だけ抜き取って 日本全体批判か??

お前のお里にも基地外はいるだろ?? 揚げ足取りもいい加減にしろよ 議論にならん

811 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:27:52.85 ID:d8xddKgCP
>>804
満州でやっていいならロシアがアイヌ独立を掲げて北海道に攻め入るのもやっていいことになる。
おかしい理屈だね

812 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:28:14.12 ID:CYu7Ds3mO
漢民族は万里の長城を越えて支配した歴史なんかありませんが何か(笑)
歴史をコリエイトすんなよ(笑)

813 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:28:17.75 ID:ZJgPmwl40
>双方の学者どうしで対話や研究の場を設ける

そんな試みはこれまで腐るほどやってきたろ
長年かかって出た結論は「基地外をまともに相手するのは無理」ってこと

814 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:28:28.16 ID:65nqOA5m0
>>762
人口13億からいる中国にチラッと行っただけで中国を語る神経(笑)。日系の店舗や工場が破壊された映像は見てないのか?

自分は視察も兼ねてソウルに一度行ったが、例えばソウル五輪で使われたプールは現在有料で一般人に解放されていて、日本人は「入水禁止」だ。
もちろん看板なんかは立っていない。ただ受付で「100メートルのラップタイムは?」などと聞かれ、約1'30"と正直に答えても「遅すぎて一般の韓国人に迷惑」とクスクス笑いながら言われた。

ちなみにプールを一階窓から覗いてみると、泳いでいたのは亀レベルのちびっ子やお年寄りだったわwww

815 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:28:35.39 ID:nxF5cbAyP
>>722
>ああ満州事変ですか
>シナ人が仕組んだ自作自演でしたね

自虐史観の歴史歪曲より酷いキチガイだな>ID:mT/iZDjS0

816 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:29:13.77 ID:yySdCKke0
振り返ってみても
ユーラシア大陸を我が物としようとした点が
失敗の原因でありました。

日本はやはり島国人なのです。

あちらの統治はあちらさんに任せるべきです。

つかの間の35年間でしたが朝鮮統治という
秀吉の夢を実現させたところに
日本軍の存在意義があったと思われます。
それだけが誇りかな

817 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:29:36.83 ID:v5Y83uhSO
>>811
どこが?
そん時はロシアを力で叩けばいいだけ。

で、やってはいけないという決まりはあるのかね?

独善さんww

818 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:31:34.41 ID:UDcjKFsN0
とにかくだ。相手が植民地にしようとしてるのに、武器を持って戦わなければ、
その民族は奴隷になるよりほかにない。実際、アジアはそうだっただろ?
日本だけだよ、今だに、9条さえあれば平和だなんていってる人たちが(工作員?)いる国は。
正義は力をもってこそ言えるもんだ。

819 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:32:23.66 ID:d8xddKgCP
>>817
決まりの話なら>>616あたりからパリ不戦条約の話をしてるからそこを読んでもらえばいいね。

820 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:33:39.33 ID:kBJfrlSa0
>>819
おまえの間違った解釈教えるなよ。

821 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:33:56.93 ID:di9AHuIgO
資源封鎖されたのは日本の自業自得だろ

822 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:34:23.82 ID:mT/iZDjS0
>>803
わたしは彼といっしょに、中国共産党を批難している
中国人の彼でさえ快く思っておらず、批難する、中国共産党。

わたしが「シナ人」と呼ぶのは、クソ中国共産党とその犬どものことだ
ゆえに、すべての中国人を指すものではない
彼も、そのことはよく理解してくれているし、わたしも彼を尊敬している

なんならわたしだって逆に日本人のなかにも嫌いなやつがいる
チョン啓蒙思想に洗脳されたブサヨ日本人とかなw
そいつに比べたら中国人の彼は、大の仲よしで尊敬できる
いっしょに大学時代の苦楽をともにした仲間だからね

まあ主義思想を超えた、友である
だから大事にしたい

日本政府がクソなら彼とともに日本を叩くし
中国政府がクソなら彼とともに中国を叩く
もう、そう決めたんだ

こう考えると、国家主義なんてものは、本来、ばかげているのかもしれないな

生まれついた環境のために、友と戦うなんてことは、できればしたくない
ガンダムSEEDじゃあるまいし

キラとアスランは、お互いに戦いたくなかった

823 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:34:26.25 ID:A25PMN4/0
リアルに言うとね

日本にいる中国人で成功してる人間 あとそこそこ大学の留学生は 日中戦より

共産党の腐敗と横暴と傲慢に斬れてるよ 怒ってる!! だから俺はその気持ちを中国友人と話したり 

中国のネットおに書き込めと推奨してるし ノリノリWWW かなり中華版アラブの春は近いよ

824 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:34:36.23 ID:nxF5cbAyP
>>766
>満州族の長であるフギが治める満州国を侵略したのは中華民国。

これもデタラメ。

満州族(女真族)が漢民族の地に侵攻して「清」を建国。

清後期に、漢民族の満州流入を容認(対ロシアなどが理由)

内乱が起き、清は中華民国に主権委譲。列強も条約で主権を承認。

日本はロシア戦で満州の地に鉄道権益を得るが、地元軍閥と揉める

満州事変。皇帝に溥儀を据えるが、実権は日本が握り日本に背けない傀儡国。

825 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:34:47.50 ID:n7Qd69v70
>>818
ハル・ノートを受けておいても日本は植民地にならないどころか、
立派な植民地保有国だよ。

低能が負ける戦争に踏み切ったおかげでアメリカに主権奪われた。

826 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:35:52.50 ID:d8xddKgCP
>>820
間違ってないね。日本のネトウヨだけがパリ不戦条約は無効だとか言い張ってるみたいだけど。

827 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:36:40.14 ID:CYu7Ds3mO
794
フライングタイガースは正規軍だったと米国自身が公文書で認めてますが何か(笑)
もう、お前らとっくの昔に梯子外されてんだよ(笑)

828 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:37:46.27 ID:n7Qd69v70
>>827
アメリカの正規軍なら中国の蒋介石から給料もらってないだろw

829 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:37:51.89 ID:NEOk5ULxO
欧米「俺たちは植民地もっても中国で好き勝手やってもいいけど、日本はダメ」

これが太平洋戦争の理由だろ

830 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:38:00.74 ID:dHqBiQow0
自民党内から叩かれてんだね
高村とかに

831 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:38:06.64 ID:nxF5cbAyP
>>799 >>815 >>824 で指摘したが、
よくお前らは基本知識も無いのに、勝手な脳内話を書き続けられるな。
自虐史観の歪曲より酷いレベルでは?

832 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:40:01.22 ID:n7Qd69v70
ネトウヨ苦しいね。

日本はパリ不戦条約によって、朝鮮、台湾、青島、パラオなどの植民地は
保証されてたのに、軍部の強欲な領土拡大欲求によって、植民地を
すべて失ったばかりか、本土の主権まで奪われたのにさ。

833 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:40:51.16 ID:mT/iZDjS0
数年前、中国で起きた民主化デモを、みなさんは覚えていますか?
中国にも、中国共産党を批難する若き賢者は、けっこういるのです
それを力でおさえつけ、反日プロパガンダで批難逸らししてる張本人こそ
中国政府だろうが!

まさに、悪の権化だな。叩かれて当然。

その中国共産党(笑)が必死に叫ぶ南京大虐殺(笑)や、満州事変(笑)
韓国朝鮮もしかり。必死に叫ぶ慰安婦問題(笑)
どいつもこいつもウソツキ。

とてもとても信じることはできない。


死んでも、1円も払わんよ。

そのかわり、中国人の友人にメシおごるから

それでチャラにしとけや。バカシナチョン政府w

834 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:40:56.16 ID:v5Y83uhSO
>>819
しかし、条文の規定は抽象的で意思表明に留まり、第二次世界大戦の発生を防ぐことはできなかった。(山川世界史小辞典)

そもそも、国策遂行の手段の戦争なら連合国もしてるだろ。

835 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:41:34.84 ID:UDcjKFsN0
軍部の作戦ミスは認めるが、軍人さんを辱めることはおれが許さん。
俺の爺さんも軍曹で中国戦線に従軍したわけで。

836 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:43:06.60 ID:O+FPzYxG0
>>828
現在の在日米軍と同じなんじゃないの?
あの頃の中華なんて自国の飛行機無いんだから。イ−15・16だもんね。

837 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:43:08.64 ID:3gbOA7k+0
>>3
こいつ、今村均も知らんのかw

wikiより
>今村によるジャワ占領下の軍政について、現在でもインドネシアの歴史教科書にも掲載されて評価を受けている。

インドネシアを攻略した人間が、なんでインドネシアで評価されてるか考えてみろw
実際、インドネシアの兵隊は、敗戦後に日本の捕虜を手厚く遇してくれている

838 : 【関電 54.5 %】 :2013/05/14(火) 06:43:55.61 ID:8hthEgUl0
これ確か村山談話の国策の誤りってくだりが気に入らないって流れで言ったんだよな
でも戦争して負けたんだから国策の誤りに間違いないんだよ

839 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:44:24.04 ID:v5Y83uhSO
連合国を正義の味方だと思ってる奴って本当に居るんだな…
所詮はどこも国益を追求する独立国なのに。

840 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:44:24.38 ID:d8xddKgCP
>>834
不戦条約の前文に「戦争ニ訴ヘテ国家ノ利益ヲ増進」とある。日本はこれ

841 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:44:29.82 ID:D+JzGJTT0
>>822
歴史問題で日中の対立を煽ることは、中共を利するばかりだって気づかないの?

北朝鮮が、何で外国との対立を煽ってるのか? 国内の矛盾から目を逸らさせるためでしょ
どこの国でも、内部に矛盾を抱えてる政府は、外国との対立を煽るものだよ

そのときに、そこの国民と仲良くしようとしないで
歴史問題や領土問題みたいな些細な問題で対立を深めるのは
相手政府の思う壺だと思うよ。

842 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:44:50.23 ID:wQXBtpGZ0
821資源封鎖した相手は悪くないのかい?
イギリスがインド、ビルマをフランスがベトナム、ラオスをオランダが
インドネシアをアメリカがフィリッピンを植民地にしたのは悪くないのかい?

極東軍事裁判は勝者が敗者を裁いた不公正なもので、
白人勢力がアジア人をやっつける舞台だった。

843 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:45:54.06 ID:nxF5cbAyP
保守派が「侵略じゃない」の例で、インドネシア独立を良く出すが、
日本も領土にする方針だった。
独立派の運動を押さえ込んだり、代表者の大東亜会議出席を拒否など。

サイパン陥落の負け確定後に独立を容認し、感謝の対象にもなってるが、
もし日本がそのまま勝って帝国領なら、独立派にとっては新たな侵略者だったな。
まあ侵略の定義は厳密じゃ無いけどね。

きれいな大義で介入しても、行動原理は当然ながら自国中心の勢力圏の為。
現地人を労務者として酷使した面もある。
当初に評判の良かった今村均は左遷させられてるし。

844 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:46:23.81 ID:UDcjKFsN0
>>841
いや、今までの歴史で中国人と朝鮮人とはなかよくできん。
それを思い知らされてるのが今の現状だろ?

845 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:46:24.54 ID:lmtymok4O
まあまあ
当時の欧米が糞だったってことで良いじゃないの

846 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:47:02.46 ID:mT/iZDjS0
だいいち、わたしは

中国人を満州?などでころした経験はないし
朝鮮人慰安婦(笑)を戦地で抱いたこともないw

なさけないはなし、戦場に行ったことさえ、ないw

そのおれが、見識もない朝鮮ババアに賠償金はらうわけねえだろ、ばーか
かってに干からびて、しねw
サイフ泥棒のクズが
さっさとしんであの世で旧日本軍の幹部にでも請求すれば?


なんで戦争したことのないおれたちが賠償する必要あるんだ?

1 円 た り と も 払 う も の か よ

もう決めた。死んでも払わんよ。かってに火病ってしね

ただし友人にはおごる。中国人であっても、韓国人であっても、アメリカ人であってもな。
実際そうしている。お互いにな

縁もゆかりもない被害者ヅラしたなりすまし詐欺師は
世界の未来のために、さっさと 地獄に 堕ちろ。

847 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:47:25.21 ID:n7Qd69v70
>>838
そもそも満州事変以降は「国策」じゃないしな。

石破は「統帥権のお陰で軍部の暴走を文民統制できなかったことが
戦争につながった」といってて正しく理解してるけどな。

848 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:47:51.58 ID:nn2Myxlm0
>>843
大東亜会議は独立国に参加資格があったので当時まだ独立していなかった
インドもオブザーバー参加にとどまっている。

別に参加を恣意的に拒んだわけではない。

朝鮮人とバカサヨは息を吐くように嘘をつくな。

849 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:47:59.10 ID:v5Y83uhSO
>>840
連合国もそうだね。

850 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:48:08.87 ID:CYu7Ds3mO
824
中華民国は1912年の建国

日露戦争は1904年

嘘付くにしてももう少しまともな嘘つけよ(笑)

その時代には日露が満州に権益持っていたし漢民族が立ち入る隙は一分も無かった。
日露が持っていた権益にしてもポーツマス条約によって各国が承認している。

851 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:48:10.12 ID:7Af7HITf0
>>830
菅官房長官が安倍内閣の立場を説明した

しかし、政調会長は内閣のメンバー(大臣、政務官)ではなく、
党の役割なので、
最終的には安倍党総裁が諌めるしかない!

852 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:48:21.46 ID:A25PMN4/0
>>832

ネトウヨとかどこで覚えた?? 小日本とか基地外のように連呼する国か??

それとも永遠と謝罪と賠償 従軍慰安婦は性奴隷だ!!とか言ってる高麗棒子か??

911の後のアメリカ人も酷かったが 日本人なら日本の 自国の正当化を主張するのは国際的にあたりまえなんだよ!!

853 :最近は保守派の歪曲・作り話が多すぎ:2013/05/14(火) 06:48:45.15 ID:nxF5cbAyP
歪曲保守「朝鮮は日本にすがりつき、仕方なく併合してやった」

実際は、清属国から離した後の朝鮮は、ロシアに近づく動きを見せた。
それに対し日本は、国権剥奪や抗日弾圧など干渉を強め、併合方針も決定。(伊藤も容認)
その後に伊藤暗殺〜事件にビビッた朝鮮で親日派の併合嘆願などが盛り上がり早期実現。

もちろん親日派は居たが、基本的には日本が力で干渉を強めた話。

854 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:49:19.83 ID:d8xddKgCP
>>849
日本は領土を拡大した。連合国はそうではない

855 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:50:14.36 ID:EsxLj9loO
アメリカ軍選抜フライングタイガースはアメリカの英雄ですよ

856 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:50:21.97 ID:yySdCKke0
戦争で負けたらどうなるのかくらい
数々の歴史が証明している通りなのだから
「負ける戦争」だけは絶対にやっちゃいけないのよ
昭和16年に勝ち目の無い戦争を自ら勃発させてしまった責任。

強欲&見栄っ張り ここに尽きる。

857 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:51:27.86 ID:mT/iZDjS0
>>841
それでも中国共産党は、   まちがっている

あきらかにまちがっていることを  まちがっていないと うそつくことは

わたしたちには できないよ。

まちがっていることを、まちがっているとシテキするのは、そんなにいけないことかね

国家対立とか、危険とか、リスクとか以前の問題でしょ

まちがっているものはまちがっている

中韓の漁船はいまも!日本の領海を侵犯している
いけないことだし、まちがっている

まちがいはまちがい、いけないことはいけない、だめなものはだめ

わたしたちは、対立を恐れて、横暴への泣き寝入りは   しない!b

858 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:51:48.89 ID:v5Y83uhSO
>>853
何言おうが当時国際法で合法だったのには変わりないんで。

859 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:52:06.10 ID:nn2Myxlm0
>>853
最終的に親露派は朝鮮内部の抗争に負けただけの話。

閔妃(明成皇后)暗殺は日本軍がやったとか馬鹿チョンがほざいてるけど日本軍の関与を
示す証拠など一切存在しない。

今や素人でも日韓関係史の知識くらいはかなり持ってるんだから馬鹿チョンとバカサヨの嘘はすぐに反論されるんだよ。

860 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:52:07.04 ID:UDcjKFsN0
>>856
といって、座して死を待つくらいならたとえ負ける戦争でも俺は武器を持って立ち上がる。
それが大東亜戦争だったんじゃないのか?

861 :一部訂正:2013/05/14(火) 06:52:10.91 ID:nxF5cbAyP
>>766
>満州族の長であるフギが治める満州国を侵略したのは中華民国。

これもデタラメ。

満州族(女真族)が漢民族の地に侵攻して「清」を建国。

清後期に、漢民族の満州流入を容認(対ロシアなどが理由)

内乱が起き、清は中華民国に主権委譲。列強も条約で主権を承認。

日本はロシア戦で満州の地に鉄道権益を得てたが、地元軍閥と揉める

満州事変。皇帝に溥儀を据えるが、実権は日本が握り日本に背けない傀儡国。

862 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:53:20.79 ID:n7Qd69v70
日本はパリ不戦条約によって、日本本土を含む、その時保有していた植民地の
朝鮮、台湾、青島、パラオ、委任統治領のマリアナ諸島が今後侵略されない
ことを保証されてたのに、軍部の強欲な領土拡大欲求によって、
植民地をすべて失ったばかりか、本土の主権まで奪われた。

863 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:54:15.92 ID:mT/iZDjS0
負ける戦争はやっちゃいけなくて

戦わずに敗北(いきなり土下座)なら

やってもいいのかねえ。はてさて・・・




じゃあさ、戦争批判論者は
まず奴隷になってみなよ
抵抗せずに奴隷になることを、いちど体験してみな。
いい経験になると思うよ^^

864 :一部訂正:2013/05/14(火) 06:55:05.31 ID:nxF5cbAyP
>>799 >>815 >>861 で指摘したが、
よくお前らは基本知識も無いのに、勝手な脳内話を書き続けられるな。
自虐史観の歪曲より酷いレベルでは?

865 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:57:04.89 ID:yySdCKke0
それからの各地での独立紛争を観れば
満州も朝鮮も結局、自分たちのものにはならずってオチでしょうから

当たり前の範囲内で
サハリン台湾北方領土を頂戴していれば
今頃、日本人はそこを実効支配して
定住し右往左往と旅行者があふれていたことであろう。

866 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:57:07.99 ID:n7Qd69v70
>>863
おまえは、戦争中、日本人が国家総動員令で軍部の奴隷になっていた件についてはどう思う?
憲兵や特別高等警察によって、言論弾圧されてた件についてもどう思う?
戦争が終わって日本人が笑顔で米軍を迎えたのは、軍部の奴隷になるよりGHQの支配のほうがマシだったからだよ。

昭和18年5月 アッツ島(約3000人)★戦死率99%
昭和19年7月 サイパン(約3万人)★戦死率98%
昭和19年7月 グアム(約1万8000人)★戦死率97%
昭和19年10月 フィリピン(約40万人)★戦死率91%
昭和19年11月 パラオ(約6万3000人)★戦死率97%
昭和19年11月 ペリリュー(約1万1000人)★戦死率96%
昭和20年3月 硫黄島(約2万人)★戦死率96%
昭和20年6月 沖縄(約10万人)★戦死率92%
他、戦死率7−8割のメジャーな戦場には、ビルマ(インパール作戦)
ガダルカナル(飢餓島)、ニューギニアなどなど。

867 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:57:34.16 ID:D+JzGJTT0
>>857
歴史問題に関しては、中共の言うことはおおむね正論だぞw

日本が中国に対してやったことは、日本人の俺でも侵略だって思うし
ましてや、中国人なら侵略だって思うのが普通だろうw
そこで、共産党間違ってるぞって言い張ることは、逆に中共を利することになるんだよ

868 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:57:53.20 ID:d8xddKgCP
伊藤博文は第二次日韓協約の際、韓国皇帝を脅迫した

伊藤
「本案は・・・断じて動かすあたわざる帝国政府の確定議なれば、今日の要は唯だ陛下の御決心如何に存す。
之を御承諾あるとも、又或は御拒みあるとも御勝手たりといえども、もし御拒み相成らんか、帝国政府はすでに決心する所あり。
其結果は果して  那辺に達すべきか、けだし貴国の地位は此条約を締結するより以上の困難なる境遇に座し、
一層不利なる結果を覚悟せられざるべからず」

皇帝
「一般人民の意向を察するの要あり」

伊藤
「奇怪千万」
「人民意向云々とあるも、定めて是れ人民を煽動し、日本の提案に反抗を試みんとの御思召と推せらる。是れ容易ならざる責任を陛下自ら執らせらるるに至らん」

869 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:58:15.83 ID:nxF5cbAyP
>>848
>大東亜会議は独立国に参加資格があったので当時まだ独立していなかった
>インドもオブザーバー参加にとどまっている。

インドネシア代表は、それすら出来なかったな。
まあ石油地帯で領土方針だったから。

870 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:58:19.43 ID:Iv9aSM/O0
高市のようなムリな屁理屈を認めれば、琉球民族の独立を守るための中国の沖縄占領というような暴挙が現実味を帯びてくるな。
身から出た錆というヤツ。

871 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:58:56.36 ID:mT/iZDjS0
どうせいま旧日本を責めてる連中だって

もし歴史が別の道を歩み日本が抵抗戦争せずに
いきなり日本が土下座無条件降伏していたとしても

どうせまた、批判したんだろうな・・・・
ww
どうせそういう連中だろw

過去をほじくり返して、難癖つけて、自己正当化する事後弁護者www
「たられば説」しか吐けない低脳

あのときこうしていれば。あのときこうすれば。

ぜんぶあとづけ説wwwwwwwwww

日本が無抵抗で欧米のいいなりになってたもう1つの
パラレルワールドがあるのならば
みなさんをその世界に送ってみたいね


そして、もう戻ってくんなよ。w

872 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 06:59:05.55 ID:A25PMN4/0
>>853

高麗棒子とは 基地外のように日本人を誇り 中国人を虐待した朝鮮人の真の名前

創氏改名し我先競って日本名を名乗りたがった基地外民族 その口何を言うのか・・・

ポーランドとオーストリアに学んでこそ 先進国に近づくんだよ棒子は

脱亜入欧 福沢先生・・・ 2013年の今も 隣国は基地外しかいません・・・

873 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:00:17.22 ID:UDcjKFsN0
>>865
いやいや、そもそもアメリカのルーズベルトは人種差別主義者で、日本人を絶滅させようと思ってたんよ。
日本を挑発し、先に手を出させようとね。
日本が中国大陸から撤退しようと、どうせ戦争に引きずり込まれてた。
なんせ禁油だもんな。近代国家にとって油がどれほど重要かはわかるだろ?

874 :最近は保守派の歪曲・作り話が多すぎ:2013/05/14(火) 07:01:11.79 ID:nxF5cbAyP
歪曲保守「日中戦は中国だけが一方的に仕掛けた」

発端の盧溝橋は、挑発の域を出ない謎発砲に対し、
日本が中国陣地に戦闘前進で衝突のグレー事件だが。

まあ散発事件なら盧溝橋の前後からあった。

「中国の上海攻撃こそ戦争の発端だ」な保守も居るが、
日本はその前に北京や周辺を占領し、北部で勢力拡大の軍事作戦も認可。

あと日本は、盧溝橋前から中国北部に分離工作を掛けてた。

875 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:02:10.88 ID:yySdCKke0
ユーラシア大陸欲しさのあまり
けっこいい島国の領土まで奪われて現在に至る。

これが真珠湾の失敗

876 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:02:23.06 ID:v5Y83uhSO
>>854
各国とも自衛権を否認しないとの見解のもとに調印したんだわ。
それは西欧列強が自国の植民地を維持するため。

ちなみに連合国も戦争したけど?
戦後インドネシアに再び侵攻したのはどこの国だっけ。

877 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:02:45.39 ID:59xLmCuw0
>>1
高市は、論理が飛躍し過ぎ。

太平洋戦争は、自律できなかった日本にも責任が有る。
無統制な政策の結果、選択肢を無くしてしまった。

軍、特に陸軍は、統帥権独立に依存して、暴走したのは
事実。さらに、陸軍刑法違反の独断専行も、制御出来なかった。

878 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:04:19.11 ID:nxF5cbAyP
日本「南進決定。邪魔なら対英米戦も辞せず」
米国「南部仏印進駐は南方領を脅かす。進駐したら交渉破綻」
日本「もう決まってるんだよ。はい進駐」
米国「警告を無視しやがって、石油は売れん」

アホ「いきなり禁輸だ、日本は被害者だ、避けられない自衛だ」

879 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:04:29.88 ID:mT/iZDjS0
わたしはこの世界が、好きだなあ。

70年前のあのときこうすべきだったとか、
ああすべきだったとか

その当時に精子ですらない存在しないおれたちが
ああだこうだ文句言って
自己正当化するってのも、かなり恥ずかしいですw

そんなにこの世がきらいならいっそ、しんじゃえよw
生きてることがつらいなら、いっそ小さくしねばいいw

戦争があった。そして今がある
戦争はきらいだけど、いまの日本に生まれたことは誇らしいし好きだなあ。
不幸な人たちにはもうしわけないけど、自分は本当に幸せ者だと思う。

戦争で戦った、日本の先祖たちの、おかげかもしれないね

そして、中国共産党という巨大な悪も、与えてくれた
むしろ楽しいね。ぜひ戦って滅ぼしたい。
まちがった連中の根性を、叩きなおしたいねw

880 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:04:44.61 ID:UDcjKFsN0
だからといって、今、現実に他国を侵略している中国の免罪符にはならない。
中国を掣肘しなければ、日本の未来はない。
フリーチベット!!!!

881 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:04:56.11 ID:59xLmCuw0
昭和16年12月8日以前の、外交軍事政策が
大問題だ。

882 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:05:40.20 ID:A25PMN4/0
>>870

暴挙じゃねえよ 現実に今日か明日で侵略しに来てんだろ!!

だから世界的な包囲網を構築して ガチガチに共産党軍を潰そうとしてるんだよ!!

その前に共産党幹部連中は民衆に虐殺されるかな?? 習ちゃんの命運はいかにwww

883 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:06:17.67 ID:d8xddKgCP
>>876
日本が自衛を主張して戦争のもう一方の当事者である連合国が侵略を主張して、で東京裁判で侵略となった。
そりゃ満鉄爆破したり領土拡大したりで自衛は通らないね。誰が見ても侵略だ。

884 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:07:08.24 ID:59xLmCuw0
更に言えば、靖国神社の恣意的偏向も問題だ。

勝手に合祀者の範囲を広げて、国に迷惑をかけている。
勝手に合祀者の範囲を広げるのなら、菊の御紋章hs、
返上しろ。

885 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:08:01.46 ID:8dOzog4w0
なぜ資源封鎖されたのかを言わないとなw
北が制裁されて発狂しているのと同じレベルだろ。
北の方がまだ無謀に米と直接戦わないだけマシ。
だいたい日本はその後、戦争に負けているわけだが、
資源封鎖されて日本は戦争に負けたんだが、
高市説の「植民地化目的だったらしいアメリカ」は
日本を植民地にしたんだろうねぇ。

886 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:08:54.46 ID:UDcjKFsN0
70年前のことをぐだぐだ言ってもしょうがない。
事実だけを知り、日本の軍人さんは立派だった。
それだけ知ってればいい。
問題は、中国の覇道だろ。
チベット人いっぱいしんでるでー。ウイグル人何人殺された?

887 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:09:35.91 ID:mT/iZDjS0
そんなに70年前に戦争した日本が嫌いなら
そんな日本に生まれたことが恥だというならば
いっそ、しんじゃえ。
ざまみろw
同情しないよ。恨むなら勝手に日本に生まれてきた自分を恨めよw

わたしは、戦争をした国だけど、そんな日本に生まれて、よかった。
激動の時代を支えた日本の祖先たちに、なにも不服はない。感謝している

888 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:09:39.97 ID:59xLmCuw0
軍刑法違反相当者は、本来、国賊だ。
靖国神社に祭られる資格は無い。

靖国神社は、味噌と糞を一緒にしている。

889 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:11:28.61 ID:yySdCKke0
どう見積もっても
満州と朝鮮を維持し自衛する力は日本には無いよ

ロシア&アメリカ製のそれと比べれば
グリコのおまけのような戦車しか用意できなかったのだから
三菱の軍用機とエノラゲイを比べるだけでも一目瞭然

まぁ、天才策士がいれば未来の国民のために
台湾とサハリンと北方領土は確保できたね

890 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:11:54.10 ID:UDcjKFsN0
>>888
うるせーなチョン。東京裁判は無効だよ。
茶番劇にしかすぎない。チョンは引っ込んでろよ弱小国が。日本に寄生するしか能のないやつ。

891 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:11:59.22 ID:CFX74F2L0
>>19
俺は中共よりも
蒋介石を支援してた英米が黒幕だと思うけどな
だから日本は援蒋ルートを断つために南進したんだろ

892 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:12:12.92 ID:59xLmCuw0
板垣征四郎なんか、どう考えても、陸軍刑法違反で
死刑相当だ。

893 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:14:40.15 ID:59xLmCuw0
>>890
俺は学生の頃は、右翼と言われてたけどなw。
その右翼の俺から見ても、軍刑法違反は、
国賊だ。

人間、生きているうちに頭を使って、
物事の道理を勉強しろw。

894 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:16:34.66 ID:NEOk5ULxO
満州は多くの日本人の血を代償に手に入れた土地だし、対ロシアの防波堤及び、巨大な権益として失うことはできなかったんだろ

細かい情報に振り回されると大局が見えなくなっちゃうよ

895 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:16:54.63 ID:59xLmCuw0
>>890
お前、陸軍刑法を読んだ事が
有るのか?????

日本軍の軍法だぞw。

896 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:17:53.25 ID:CYu7Ds3mO
878

仏印進駐は英米の蒋介石支援ルートを遮断するのが目的で、中立法を破ったのは英米
そして中立法違反に対する進駐は国際法上の自衛行為。
都合悪い部分を省略してんじゃねえよ。

897 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:18:04.24 ID:MoQqdnJY0
日本はなんだかんだいっても武人の国だったんだよ
商人的に誇りよりも実をとってへーこらしてでも長生きを選ぶような
生き様が大嫌いだから士農工商で一番下が商人とされていたんだ。
似たような現象はヨーロッパなどでもキリスト教が力をもっていた時代には
商人的な生き方は卑しい者として見下されていた。
西欧列強に媚を売って打算的に妥協すれば生き残れたのかもしれないが
無様な生き恥を晒しながら細く長く生きるよりは理不尽な事には抵抗し
戦国武将のごとく潔く
誇り高く戦って散るを選ぶのが侍の生き様だといった
武人的な考え方を持っている人が権力の中枢に多くいた事も戦争へと向った一因としてある

898 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:19:20.53 ID:WujZ2GWO0
結局、70数年たってもあの戦争を日本人自らで総括出来てないことに絶望するわ

899 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:20:23.64 ID:6JmHxoYD0
 
とりあえずスパイ防止法も必要なのはわかった
 
しょっぴかれる奴いそうだなw
 

900 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:21:42.66 ID:nxF5cbAyP
>>896
>仏印進駐は英米の蒋介石支援ルートを遮断するのが目的で、中立法を破ったのは英米

日中戦は真珠湾までは宣戦布告の無い「事変」だったので中立法に反しない。
そもそも日本の満州事変〜続く介入行動は、条約や中国主権を蔑ろ。

支援ルート遮断が主目的なのは北部仏印進駐だが、
南部仏印進駐は、英米蘭の領土も攻撃の範疇にする行動。
戦史叢書でも「当分は防衛でも、機会あれば南下の布石」とある。

901 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:22:36.83 ID:D+JzGJTT0
>>896
そもそも、日本に石油を輸出することが中立法違反なんだがw

902 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:22:45.30 ID:59xLmCuw0
満州事変だけでも、本庄繁、板垣征四郎と林洗十郎は陸軍刑法違反で死刑相当。
石原莞爾は、無期懲役か。

結局、満州事変で軍刑法を適用しなかった結果、手柄争いの
下剋上が頻発した。

903 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:23:05.56 ID:O+FPzYxG0
>>855
かっちょイイよね、あの部隊マーク・・ワシも好きだ。
でもタイガースと交戦した隼戦闘機隊は軍神だぞ。

904 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:23:47.47 ID:HVqijPvMO
>>866
しかも致死率のかなりの部分が自死または自軍による死という…

905 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:24:33.93 ID:A25PMN4/0
日本人はね 戦国時代の信玄や謙信 信長 秀吉etcが大好きで はたまた中国人より三国志好き

ようは武勇伝が大好きな戦闘民族 そして 西南戦争の西郷 白虎隊など敗軍の将の最後に涙する民族

もうさ70年前の負け戦は忘れようよ 今 新しい戦いが沖縄で始まるんだからさ(*^^)v 今度は勝ちましょう!!

906 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:24:37.36 ID:Uwd8g7vQ0
在特会の正体 チャンネル桜の正体 ネット工作員の正体 安倍晋三の正体
http://gnkx29.blog.fc2.com/

↑ここにかなりの情報が詰まってる。アメブロでこの内容言論弾圧されて
表示拒否削除されちゃうぐらいだから、それだけ重要ってことだよw
途中飛ばしてもいいから最後まで読んでみな面白いから。

907 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:25:52.96 ID:uTydGcudi
>>894
そういう細かい話によって目が曇り、「負けたら全部失う」最悪の全面戦争やっちゃっただけ
安っぽい挑発にキレて開戦、幼児的思考丸出し

908 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:26:38.91 ID:NEOk5ULxO
今だって満州があれば在日米軍なんて必要ないよ

909 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:27:20.59 ID:n7Qd69v70
>生き様が大嫌いだから士農工商で一番下が商人とされていたんだ。

「士農工商」は孔子の「儒教」の思想だよ。要するに中国人の思想。
そして「士農工商」の「士」は武士のことではなく、文官・学者・インテリ
のことである。儒教では武士の地位は低い。

そして日本の思想でも西日本では「血のケガレ」思想が強いため、武士は
部落民(主に縄文人)と同じ扱いだった。

昭和の軍部が異常に武士武士武士とか言っているのは、東北の貧農ばかりで
ケガレ思想がなかったから。

>キリスト教が力をもっていた時代には商人的な生き方は卑しい者として見下されていた。

キリストが大工の息子で貧乏人だったからだろ。
ニーチェが「キリスト教は奴隷や貧乏人の慰みもの」だと言った理由は金持ちに対する嫉妬が
すごいからだよ。

910 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:27:35.21 ID:mT/iZDjS0
じゃあ、連合軍は何1つ悪くないの?
真珠湾攻撃は悪でも、
原爆攻撃は正義なの?

は絶対悪で
ナチスドイツ兵を殺すのは正義なの?

一方的な正義とか
一方的な悪って
存在するのだろうか?

わたしは日本のとった戦いという選択が、絶対正しいとは思わないが
残された道はもうそれしかなかったのだと思う

911 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:28:04.79 ID:59xLmCuw0
司令官が、命令も無いのに勝手に戦闘を始めたら、死刑だぞ。
明文化されている。

912 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:28:32.63 ID:pUiTf9FAO
軍縮までは上手く行ったのに、どうしてこうなった

913 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:30:45.63 ID:3ez9+riAO
靖国参拝アメリカも不必要とみている

ってどっから出た話なの?
アメリカが公式にそんなこと表明してたっけ

914 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:31:13.93 ID:I77trx1qO
東京裁判は敗戦国のペナルティだ
不当もクソもない

日清日露戦争で勝利こそ正義を示した日本が、そんな事言っても負け惜しみに過ぎん

915 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:31:35.74 ID:n7Qd69v70
>キリスト教が力をもっていた時代には商人的な生き方は卑しい者として見下されていた。

そもそも、ヨーロッパでは古ければ古いほど名門。

貴族には、盗賊上がりか商人上がりしかいないため、どっちかというと商人貴族の
ほうが名門。ただし、商人が成り上がることができたのは秩序が維持できるように
なってからなので、盗賊上がりより歴史が浅いケースが多い。

イタリアなどの古くから民主主義が行われていた場所では、財閥貴族のほうが
盗賊上がりより歴史が長いケースが多く、古ければ古いほど名門である。

916 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:31:59.85 ID:pUiTf9FAO
戦争は回避出来た
ハルノートは最後通牒ではなく交渉の叩き台で、3ヶ月戦争回避案が来て、交渉の余地があった
ナチが健在だった当時なら、交渉次第では満州確保まで引き出せたとも言われてる
勝手に絶望して勝手に開戦しただけ

917 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:32:24.47 ID:mT/iZDjS0
あの戦争で、日本が一方的に悪かった。という論理は、あきらかにおかしい

むしろ主導権を握っていたのは日本より強い欧米の側であり

欧米列強が
小さい黄色い日本人というだけで差別せず
こんな小さな日本でも、欧米がきちんと平等に扱ってくれてたら
戦争は回避できたのではないだろうか?

いまの日本を見てください。
わたしたちは略奪をしませんよね。
平等や優遇をうければちゃんと感謝します。

70年前の欧米が
それをしなかったことに原因があるのでは?

70年前、アジアでは急に力を増した日本だったが
それでも欧米列強には足元にも及ばなかった
欧米は、そんな日本のことが、なまいきだった

だから仲間はずれにした


ここに戦争の原因あり。

918 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:34:22.16 ID:j9h2rzSF0
昨日のひるおびで爺通信田崎が
野党は安倍政権の歴史認識問題が攻めどきなのに
いまいち攻め切れてない、と言っていた
ただでさえ中韓がウザいのにさらに騒げと
国内から問題をたきつけるなんて最低と思った

919 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:34:40.72 ID:4W3o25UgO
高市は松下政経塾出身か、本当に松下政経塾は馬鹿生産機関だな
幸之助も泣いてるわ

920 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:35:00.09 ID:H+ew6j2Q0
植民地になって昭和天皇が惨殺されて、革命が起きれば良かった

921 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:35:23.63 ID:D+JzGJTT0
>>917
どこで仲間はずれにしたんだよw

義和団の乱のときも、第一次大戦のときも、仲間にいれてくれてただろw
そうしたら、そこに戦争の原因が仕組まれてたんだw

922 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:37:07.29 ID:WujZ2GWO0
>>910
そうそう 全く同感。
白人のそれまでの有色人種に対する絶滅、奴隷政策を見れば当時の日本人から見れば負けるとわかってる戦いでもやらざるを得ないと考えたことも少しは分かる

923 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:38:55.22 ID:nxF5cbAyP
>>917
独走のきっかけ、満州事変の原因。

×白人が生意気な日本を仲間はずれ

○世界恐慌によるブロック経済化。
○現地軍閥との軋轢。
○石原完爾の脳内構想。

そもそも満州事変前は、日本は連盟の理事国に認められてた。
満州事変後も中国介入を続けて対立したのは、日本の自業自得。

924 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:39:48.01 ID:n7Qd69v70
>>921
日露戦争なんてアメリカとイギリスが至れり尽くせりで日本に便宜を
はかってくれて勝てたような戦争なのにね。

ネトウヨは自分=日本を正当化するために被害妄想がすごすぎる。

925 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:40:08.35 ID:Vxz+nliD0
>>918
本来ならいろいろと連動して歴史認識問題が大きくなったかもだけど、
米韓首脳会談がアレだったり、野党はソレだったり、円とか株価が伸びてたりで
なんか不発な感じよねw

926 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:40:08.72 ID:mT/iZDjS0
日本が一方的に悪かったという論理はあきらかにおかしい
絶対に認めない

日本も反省するから欧米も反省すべき
一緒に反省すべき

日本だって生意気だと思われていることが解っているなら
生意気じゃないという証明をすべきだったし
日本は急ぎすぎた。もっとゆっくりと交流を深め
日本人の優しさを、欧米人に、理解してもらうべきだったのだ
欧米にとって日本人は生意気であると同時に不気味なので恐れられていた。
サムライ。ニンジャ。ハラキリ。生魚のスシを食う黄色い小さいサル人。鼻の低い無表情。
たがいに理解が足りなかったのだ。

私たちはそんなに恐ろしい生物ではない。協力できる部分では協力できるのだ
明治時代から、外交官もいっしょうけんめいがんばった。
でも、それでも互いの理解は、足りなかったということだ。


それになんと
連合国内部でさえも、! なんとじつは派閥争いがひどかった
アメや英国ら連合軍は、一致団結できてませんよ。
味方も、敵も、入り乱れて、騙しあいの、政治競争と経済競争と武力闘争の


激動の  20世紀だった


みんな狂ってたんだ


あの人類史上   最高で  最低の    時代。

927 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:40:49.43 ID:CYu7Ds3mO
900
南部仏印進駐はペタン内閣の許可を得た物ですが何か
フギを追い出した漢民族が満州国が中国主権を蔑ろにするとの言に至っては笑止である。
満州国にたいする侵略を働いたのは中華民国であるのは明白。

928 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:41:50.27 ID:X7jSqbYZ0
真珠湾攻撃失敗したら負けると分かってたんだろ?
無駄死にも良いところだぜ。

929 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:41:53.64 ID:O+FPzYxG0
シベリア出兵要請あたりから日本叩きの筋書きが始まったんではなかろうか?

930 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:41:54.21 ID:A25PMN4/0
あの当時 戦争回避して ハルノートを受け入れちゃったら
た朝日が洗脳し煽ってwww 生粋の戦争マニアの日本国民が許さなかったんでしょ

世論がもろ戦争に酔っていたから ひょっとして軽い内戦とかwww 日露で勝った時も賠償金が取れなくて国民がかなり切れたらしいし

931 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:42:52.75 ID:n7Qd69v70
>>918
昨日国会みてたら中山さんが安倍に歴史問題の認識について聞こうとしたら、

自民党と公明党からヤジが入って議長が「それは明日に。今日はダメ」と
弾圧していたw

932 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:43:55.80 ID:X7jSqbYZ0
全て国民を煽った朝日新聞の責任。

933 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:44:38.51 ID:NEOk5ULxO
>>889
維持できるかどうかはまた別問題じゃん
歴史上、下剋上はいつでも起きるし

934 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:45:02.88 ID:nxF5cbAyP
>>927
>南部仏印進駐はペタン内閣の許可を得た物ですが何か

親独フランス政権との合意なんて、アメリカの禁輸と無関係だが。

前から日本は、石油地帯のオランダ領を共栄圏に入れる構想を持ち、
仮に攻略する場合、地理的に英米領の攻略も視野に入る。
南進が警戒されても当然。

よくいる馬鹿「仏印進駐は仏政権と合意だから、禁輸は許されない」
そんなのアメリカの都合と無関係。警戒相手に売る義務は無い。

935 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:46:27.89 ID:n7Qd69v70
>日露で勝った時も賠償金が取れなくて国民がかなり切れたらしいし

それは、軍部が本当のことを言わなかったから。
大勝利だと嘘をついたからだろ。

軍部はノモンハン事件に敗北したことも隠蔽したし、
勝っていると嘘の宣伝してたし、

コクミンガーと言い訳したいなら、「負ける」と本当のことを
いえばよかったんじゃないのか。隠蔽してないで。
内閣の総力戦研究所では対米戦は100%負けると結論したが、東条英機は戦争したかったからもみ消した↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%8F%E5%8A%9B%E6%88%A6%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80
東条英機「諸君の研究の労を多とするが、これはあくまでも机上の演習でありまして、実際の戦争
というものは、君達が考えているやうな物では無いのであります。日露戦争で、わが大日本帝国は
勝てるとは思はなかつた。しかし勝つたのであります。あの時も列強による三国干渉で、やむに
やまれず帝国は立ち上がつたのでありまして、勝てる戦争だからと思つてやつたのではなかった。
戦といふものは、計画通りにいかない。意外裡な事が勝利に繋がつていく。したがって、諸君の
考へている事は机上の空論とまでは言はないとしても、あくまでも、その意外裡の要素といふも
のをば、考慮したものではないのであります。なお、この机上演習の経緯を、諸君は軽はずみに
口外してはならぬということであります。」

936 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:47:29.82 ID:mT/iZDjS0
そんな20世紀の過ちを

まだ続けようよしているのが 中国共産党や 韓国セヌリ党や 北朝鮮金正恩

とても度し難い連中だ

人類の歴史を、後退させようとしている。進歩と調和の、障害物である

中国は民主化すべき
民主化した上で、日本の過去をッ叩くなら、甘んじて受け入れようではないか

だがいまの中国を見てみろ
完    全    に    中   共   の   独  裁  政  府  じゃ  な い か!

許せない。一党独裁による、恐怖国家。民主主義のミの字もない恐怖政治、中共
とても認めることは出来ない。
おれの友の中国人さえも苦しめる中共。恥を知れ。

中国はまず、民主化せよ
投票権を全国民に、平等に与えよ
軍による弾圧をやめよ

中国共産党は、 弾圧軍団。

937 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:48:09.14 ID:CYu7Ds3mO
924
日露戦争で英米が何だって!?
何時、世界一の海軍を持つ英国がロシアと戦ったょ。
示威行動すらせずにバルト艦隊を素通りさせたのは誰だ!

938 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:49:09.39 ID:n7Qd69v70
>>932 朝日新聞だけじゃないだろ。読売だってNHKだって煽ってた。

【A級戦犯リストにのったマスコミ関係者】
下村宏(日本放送協会会長)
古野伊之助(同盟通信社社長)
緒方竹虎(朝日新聞社副社長)
正力松太郎(読売新聞社社主)

不起訴になっているから、関与度はたいしたことがないか、
軍部が強制的にやらせていたことが証明されたんだろう。

939 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:52:30.83 ID:kBJfrlSa0
>>826
ソース出せと言ってもでない、オマエの解釈ww

ほら、ソース出してみろよ。

940 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:53:09.63 ID:y2AKdjTY0
>>924
だから?

941 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:53:20.03 ID:uPa8By3c0
>>938
当時はマスゴミが煽ってたから軍部の強制なんてないよ
逆に読者を煽るから政府の方が戦々恐々としてたぐらい

942 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:53:27.41 ID:D+JzGJTT0
>>937
イギリスはバルチック艦隊に燃料を売らなかったぞ

そんなこと日本がされたら、逆切れして戦争しちゃったかもw

943 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:54:12.79 ID:kBJfrlSa0
>>883
満州事変の相手は連合国じゃないだろうに。
何勘違いしてるんだよ。

944 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:55:30.35 ID:kBJfrlSa0
>>942
そりゃ、バルチック艦隊が勘違いしてイギリス漁船を沈没させたからだろうに。

945 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:55:32.84 ID:n7Qd69v70
東条英機は自分の悪口をかいたマスコミの高齢記者を徴兵して最前線送りにしたことでも有名。

マスコミは軍部の言いなりにならざるを得ない状況に追い込まれていたから不起訴。

946 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:56:05.70 ID:A25PMN4/0
>>937

あのさー マジレスきついっすwww

でもさ軍部が軍部がって言っても 軍部も日本国民だろwww 軍部も日本に家族もいれば 日本に一般の友人もいる ようは家族さ

だから日本全体で良いんでないの?? もうさ過去の事に責任とかさ 謝罪とかさ 朝鮮人になっちゃうよ君

過去の事は忘れて 明日起きるかもしれない 沖縄 中国戦に全力を尽くしましょうや

947 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:56:07.59 ID:Q/SDfefJ0
>>851
安倍首相が高市政調会長の「首に鈴を付ける」までゆくかな?

ウヤムヤにすれば,高市にとっては発言撤回と同じで力失う
突っぱねれば,熱狂的な支持者は付いていくが,党内では使えない

948 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:56:29.16 ID:y2AKdjTY0
日本が避けられた唯一の間違いは朝鮮に投資をした事だ。
だから朝鮮を守るために満州を、
満州を守るために中国と、
泥沼に戦線が拡大してアメリカと衝突した。
初めから朝鮮を切り捨てれば良かった。
だから安倍の韓国切りは正しい。

949 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:56:32.28 ID:MXBuNHw00
俺の歴史館は高市とほとんど一緒。
村山談話なんて糞食らえ。

950 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:57:14.09 ID:mT/iZDjS0
この世界は過去に、各地で幾度も、戦争があった。
多くの血が流れてきた。
人類の歴史はほとんど戦争の血で彩られているといって過言ではない。

でも、いいんじゃない?べつに
その分、わたしたちが、戦争しなければ。


わたしたちは起きてしまった戦争の過去を、いまさら覆すことはできない
でも、これから戦争しないように努力することはできる


なにも過去の戦争を否定する必要はない。
私は過去の戦争を、肯定する。あれはあれでよかった。
なにもいまさら必死こいて否定する必要はない。
否定さえすればこれから未来の安全が確保されるという保証もなにもない。
無駄なことだ。過去の戦を受け入れることから未来平和への道がはじまる

かえって過去を受け入れないことのほうが、危険な気がしてならない。
テロリズムの充分な要素となりうる。

951 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:59:00.47 ID:MoQqdnJY0
>>909
それは近代日本に身分制度がなかったという話じゃないのかな
孔子は昔の日本の知識人にも受け入れられ尊敬もされていただろうが
儒教の階級制度をそのまま日本で当てはめていたわけではないとおもうよ
奈良時代ころから士農工商の呼び名はあり士は武士を指していて
日本人の歴史の大半は武士を尊敬し民からの圧倒的な支持も得ていて
名実ともに一番上にあった事は事実なんだから呼び名はそれほど問題ではないよ。
キリスト教の意見はちょっと乱暴すぎるね。

952 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 07:59:01.20 ID:CYu7Ds3mO
934
宣戦布告なしに先に中立法を破ってしかけたのは英米。仏印はあくまで仏印であって英米の領土ではない(笑)
仮に仏印を越えて英米領に行ったとしても、先に支那を支援したのは英米なので自衛行為であり問題ない。

953 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:00:07.94 ID:uPa8By3c0
>>945
嘘つき見つけ
それは毎日が竹やりじゃなく飛行機作れって煽った結果だから
反戦とか軍部批判とかそんな簡単なもんじゃないよ
だから空軍力増強を切望してた海軍は喝采を送ったんだが
結局招集されたが海軍が手をまわして戦場にはいかなかったし

954 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:00:19.00 ID:D+JzGJTT0
>>950
中国は文革を否定しなきゃ前に進めないだろ?
日本だって、大東亜戦争を否定したからこそ前進できたのに
今頃になって逆走始めようとしてるから、馬鹿言うなって話w

955 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:00:26.66 ID:n7Qd69v70
>>937

イギリスが日本のためにやってくれたこと

・フランスが露仏同盟を根拠にロシア側で日本に宣戦布告するのを妨害してくれた
(日英同盟に日本が2国以上を相手にする場合はイギリスが日本を助けて戦うと決まってたので
 フランスが参戦するならイギリスがフランスを攻撃するよ、とフランスに圧力をかけてくれた)
・その他日本のための情報活動&支援
・日本が勝ったら、ヨーロッパで日本の勝利を大宣伝

アメリカがやってくれた

・ロシアとの講和に持ち込むため協力し、日本が勝ったという決着に持ち込んでくれた
(お礼に日本からワシントンにサクラが送られる)

956 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:02:07.51 ID:A25PMN4/0
946ですが
>>935の方でした すみません ^^) _旦~~

957 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:02:29.96 ID:mT/iZDjS0
人間というのは、基本的にバカな生き物だ。
経験しないと理解できないバカな生き物です。
例外はありません。

70年前、先人たちが、戦争という犠牲を払って
戦争がこんなに悲惨であることを
血をもって、未来の私たちに証明してくれた。

だから私たちは、学習し、戦争しないで今を生きることができている

戦争は無駄ではなかった。
戦争という恐怖を植えつけることによって、人類は平和を保つことができるのだ

もし70年前に第二次世界大戦が起きなければ
今この時代が、戦争真っ只中になってた可能性は大きいだろうな。

全人類はしょせん、理解しあえない。
実際に戦後、冷戦もあった。
いまこのときも、北朝鮮ですら核兵器を持っている。

ケネディは言った。世界は今も、いつ滅びてもおかしくはないのだ。


戦争はヒニクにも、平和への教訓を生んだ。ありがたいことだ。

958 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:03:17.97 ID:pdr2mTQI0
>>945
竹槍事件でググってみろ無知野郎
恥ずかしすぎるわ

959 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:04:11.42 ID:Hw9sVlpE0
高市さん正しいことをいってもバカな連中にそれが利用されるから言動には注意したほうがいい

960 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:05:02.62 ID:n7Qd69v70
>奈良時代ころから士農工商の呼び名はあり士は武士を指していて

こんな事実はないよね。

>日本人の歴史の大半は武士を尊敬し民からの圧倒的な支持も得ていて

それはないよ。なんで武士が天皇や公家を倒せなかったと思う?
それは武士が蔑まれていたからだよ。
もちろん東日本みたいなケガレ思想がなくて「北斗の拳状態」の場所の
ところは武士しか生き残らないけどね。要は武士が崇拝される場所は野蛮なんだ。

961 :風老児 ◆ZPG/GcTAlw :2013/05/14(火) 08:05:20.06 ID:yBuT96xW0
>>934

南部仏印進駐とアメリカ合衆国との関係

「援蔣ルート遮断」
アメリカが怒らないはずがない

これだけで十分でしょう

962 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:06:14.22 ID:mT/iZDjS0
第二次世界大戦が終結し

「世界平和宣言」がなされた


第二次世界大戦がなければ
「世界平和宣言」も無かったということだ

もし第二次世界大戦が起きなかったとしても
いまも世界中で
いま以上に
あちこちで戦争が、続いていたんじゃない?

そう予測するのはなにも難しい話ではない
容易に想像できる

人は、体験し教訓を得ないと、わからない生き物

たられば説。=無駄

963 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:06:17.78 ID:nxF5cbAyP
>>952
同じ事を二度書かせる馬鹿は死ねよ。>知的障害ID:CYu7Ds3mO(16

中立法の説明はさっきした「宣戦布告なしの事変」
仏印が英米領で無くとも日本の進駐が英米領を脅かせば、軍需物資を売ってやる義務無し。
英米の中国支援への文句の前に、日本の満州事変〜中国介入は列強間条約を蔑ろ。

964 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:06:39.64 ID:pdr2mTQI0
>>955
だからなに?
そのありがたいイギリスは第二次大戦で膨大な支援をアメリカから受けて勝ったくせに
勝利国として厚かましくも偉そうにしてるんだが
同盟国が支援するのが当たり前だろ
逆にバルチック艦隊を大西洋上で撃滅してくれてもいいぐらい

965 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:08:34.52 ID:PfY9eR/m0
日本国民もGHQのWGIPからいよいよ
脱却するときがきたか。
いやWGIPを利用する利権からと言うべきか

966 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:08:36.29 ID:kBJfrlSa0
>>934
>>961

アメリカが世界の正義なの?
その割りには反米だよね。サヨクって

967 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:08:50.57 ID:X7jSqbYZ0
高市早苗さんは230万人もの国民の無駄死にの方がベストだったという事ですね。

968 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:09:57.14 ID:y2AKdjTY0
まあ俺だったら中国とイギリスの艦隊が北海で一大海戦をするなら
イギリスに高値で艦隊一式売ってやるよw

969 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:10:42.32 ID:dQ/DXWHfO
高市さんの発言は、
いずれにせよ歴史的ないい問題提起です。

白人国家が世界中を白人至上主義で植民地化にしていったのは事実ですから‥

日本という国が世界に現れなければ、白人至上主義神話が崩れなかった可能性があります。

それだから、未だに東郷平八郎は有色人種の神なんです。

970 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:11:17.65 ID:TSnw2DGH0
全面的に支持するが不良外国人に気をつけろ
終戦直後に言うべきだったな
各侵略国に日本を非難できる国は無い

971 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:12:04.96 ID:clOG6L7c0
戦争して負けて植民地になりましたけど?

972 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:13:03.26 ID:PfY9eR/m0
>>967
愚かで弱いいいなり朝鮮人は
同じ民族で
北は220万人
南は130万人

米中に殺し合いさせられた。いまも最中

973 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:13:21.49 ID:J2mUMdpb0
おまいらgdgd書き込むのもいいが、とにかく選挙いけ!
参院選7月21日予定な

974 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:13:21.70 ID:mT/iZDjS0
しかし人間にとっての恐怖はなにも戦争だけではない

経済。飢餓。災害。テロ。

べつに戦争でなくても、人類が滅ぶのはたやすいのだ。

むしろ自然災害のほうが、驚異的。戦争の1000倍の被害を起こせる。

自然は偉大なり。大自然は恐ろしい。しかしす晴らしい。

いま地球を含む太陽系は、天の川銀河を秒速何キロという猛スピードで
周回移動している。
それでも銀河系を1週するのに何億年という時間がかかるというのだ

宇宙の広大さに比べれば人類など
なんとゴミクズのような存在であろう

銀河系の中心にはモンスターブラックホールがあるというのだ
これを巨大なマンホールに例えれば地球はミジンコやダニやカビのサイズにも満たないのいうのだ
まして地球人などw あとは想像するに難しくは無いだろう

わたしたちは宇宙のゴミクズ以下なのだ
そのゴミクズが宇宙の大自然という猛威を相手に
どこまでトライできるのか見ものである

975 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:13:45.13 ID:n7Qd69v70
>>951
ちなみに、江戸時代までの武士の大半は商業を兼業していた。
平家なんてまさにそれで有名じゃん。室町幕府もそうだし。
西日本に幕府がある武家政権は、積極的に自分で商売している。

東日本は野蛮だから商業やらないだけ。

江戸時代になって、商業やって金持ちになった武士が幕府に反乱することを
恐れて禁止したので、はじめて武士が商業ができなくなった。
武士の中に儒教を流行させたのもこれが理由。

976 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:13:53.38 ID:pdr2mTQI0
バカブサヨとシコリアンがID真っ赤にして火病ってるけど無知すぎて議論にならんわ

977 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:13:56.01 ID:A25PMN4/0
>>967

高市氏「太平洋戦争の当時、資源封鎖もされて抵抗せずに日本が植民地になる道がベストだったのか?」
だったのか「?」だから戦争がBESTっていう意味でもないんじゃね

当時の日本を取り巻く環境を勘案して 国の舵取りは非常に難しかったって感じじゃね

978 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:14:16.73 ID:VboY/0PP0
毎日新聞とブサヨしか発狂してねえじゃん

979 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:14:49.31 ID:CYu7Ds3mO
955
あんた、お目出度い脳ミソしてんな。
英仏はナポレオン戦争以後争った事はないわ(笑)それどころか、オーストリア皇帝の弟をメキシコ皇帝に祭りあげて仲良く共同出兵してたわ(笑)

980 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:14:53.33 ID:YMtf+RfQO
植民地は全部侵略なのだ。

ほとんどの国が侵略をやった。

981 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:15:17.96 ID:pdr2mTQI0
>>975
そんな怪電波はいいから竹槍事件でググったか?無知野郎

982 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:16:06.92 ID:y5HMkHn50
>>15
戦争始めたなら、どっちが悪とかガキみたいなこと言うなよ
結局勝ったか負けたかだけなんだから

983 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2013/05/14(火) 08:16:25.32 ID:VjIwdKOo0
>>952
ここで主に話題にされている中立法「Neutrality Act」はアメリカの国内法じゃないのか

984 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:16:31.44 ID:VboY/0PP0
ウォーラーステインの世界システム論を読めば、
鬼畜米英の植民地支配と、日本型の台湾・朝鮮併合は
同じ植民地でもまったく別物。
欧米がやってんのは搾取。 日本がやったのは経済発展

985 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:16:40.32 ID:pTtJ+d7tP
資源封鎖されて植民地になる道なんてどこにもなかったと思うんだが何言ってるんですかねこのオバハン

986 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:17:20.38 ID:n7Qd69v70
>>981
その事件知ってるけど矛盾してないし。おまえが無知すぎるんだろ。

987 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:17:27.28 ID:X7jSqbYZ0
>>977
230万人もの国民を無駄死にさせたのはベストだったのか?

988 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:17:38.61 ID:yySdCKke0
満州という宝 朝鮮という宝

まぁ 荷が重すぎたな。

989 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:18:02.04 ID:VPO0YEga0
アメリカが居なかったら枢軸国側の大勝利だったろう
日本がアメリカに気を取られてソ連を攻撃出来なかったのが最大の敗因

990 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:19:25.01 ID:y2AKdjTY0
英米が共産主義と手を組んだんだからどうしようもない。

991 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:19:24.92 ID:pdr2mTQI0
>>986
毎日の記者は最前線にはいってないだろウソつき野郎
何開き直ってんだよ
海軍が従軍記者で囲い混んでるから当時のマスゴミは軍部とズブズブなんだよ

992 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:19:33.53 ID:VboY/0PP0
無駄死にとか言ってる奴は結果論。すでに成立した歴史を
あとの世代が文句付けるっていうのは経済史では最もあってはならんこと。

今生きてるお前らの世代だって、将来の世代からしてみれば
馬鹿な原発を爆発させて、借金増やしまくって財政赤字拡大しまくって馬鹿っていう
認識をされるだろう。

結局、何が最善の選択かは当時の人間が決めることであって後の人間がとやかく言うべきではない

993 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:19:45.84 ID:mT/iZDjS0
こないだのチェルビンスク州のように隕石は降ってくるのだ。

いまわたしたちがいっしょうけんめい戦争ガー戦争ガーと論議してても
巨大な隕石のいで一気に地球ごと消滅する可能性だって充分に起きうるのだ。

あれ。戦争論議は?なんだったの?
ってなっちゃうでしょ。


本当の恐怖は、宇宙にあり。
それと、そんな広大な宇宙のなかで生きていることさえときに忘れてしまうような、
本当に本当にちっぽけな私たち自身のおろかさである。

994 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:20:13.22 ID:PfY9eR/m0
ちなみに
国を分割されたドイツも
東西格差がいまだに残っており
日本の何倍もの国土を有しながら
人口でもGDPでも日本に及ばない

995 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:20:37.38 ID:pTtJ+d7tP
>>992
そういうのを「歴史から学ばないバカ」っていうんだよ

996 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:21:13.47 ID:pdr2mTQI0
>>993
なんだこのキチガイ
論破されてオカルトに逃げやがった w

997 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:21:30.46 ID:nxF5cbAyP
自衛と言うなら、せめて満州に徹してろって。

満州事変に続く北支介入
南京占領で調子に乗って「蒋介石を相手とせず」
ナチスと組み援蒋ルート遮断の北部仏印進駐、に続く欧米領視野の南部仏印進駐

警告も無視し、適当なところで止められずドツボ(石油禁輸ハルノート)に。

998 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:21:40.66 ID:y2AKdjTY0
かつての間違いを
英米はまた中国とを発展させて
将来の災厄の種をまいた。
あいつらは何度でも間違える。

999 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:21:41.20 ID:2nKJF5XX0
さあ、みんな目をつぶって。

ソ連、アメリカ、中国を敵に回して戦っても
短期決戦で
有利な条件で講和に持ち込める、という甘い予測を立てたやつ

怒らないから、正直に手をあげなさい。

いまでも、中国、ロシアの両方と戦っても
アメリカさえついてくれれば、勝てる
(=アメリカが中国やロシアを倒してくれる)
と信じているスットコどっこいは
廊下に立ってなさい。

1000 :名無しさん@13周年:2013/05/14(火) 08:21:51.09 ID:VboY/0PP0
戦争っていうのは科学技術の競争みたいなもん。
戦争に負けるっていうのはその国の科学水準が低いのが原因であって
攻めた側が非難される理由などない。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

367 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)