5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【政治】自民・高市氏「太平洋戦争の当時、資源封鎖もされて抵抗せずに日本が植民地になる道がベストだったのか?」★2

1 :そーきそばΦ ★:2013/05/12(日) 15:32:10.06 ID:???0
NHKの日曜討論で、中国や韓国との関係について、自民党の高市政務調査会長は、経済面の関係を強化することで改善を図りたいという考えを示したのに対し、
民主党の松本政策調査会長代行は、朝鮮半島の非核化のためにも中韓両国との緊密な連携は欠かせないと強調しました。

この中で、▽自民党の高市政務調査会長は、中国や韓国との関係について、「中国や韓国は、RCEP=東アジア地域包括的経済連携では、
交渉をしていくので、経済関係や投資関係でしっかりと関係を強化したい」と述べました。
その一方で、高市氏は、安倍内閣の閣僚による靖国神社参拝や、歴史認識に関する安倍政権の姿勢を中国や韓国が批判していることについて、
「閣僚の靖国神社参拝を、ここでやめたら終わりだ。国策に殉じて命をささげた方々をいかにおまつりするかは内政の問題だ。日本の支配を受け、
植民地とされた国の方々の民族の誇りを傷つけて大変な苦難を与え、被害を与えたことは確かだが、当時、資源封鎖もされて抵抗せずに日本が
植民地になる道がベストだったのかどうかだ。安倍総理大臣が、国会で『侵略の定義は学会的にも国際的にも定まっていない』と答弁したことは
間違っていない」と述べました。

▽民主党の松本政策調査会長代行は「北朝鮮がみずからを核保有国だと言い出し、大事なポイントにさしかかっているときに、中国と韓国、
アメリカ、ロシアとの連携が、対外的に極めて緊密であると見えるかが重要だ。閣僚の靖国神社参拝は、アメリカも不必要と見ているし、
われわれもそう見ている。日本にとって一番重要なことから最優先でやってもらいたい」と述べました。

▽日本維新の会の浅田政務調査会長は「韓国や中国との関係は、朝鮮半島の非核化という点では利害が共通しているが、
歴史認識に関しては日本と中国で別の考え方がある。双方の学者どうしで対話や研究の場を設けることを同時並行的にやっていくことが、
ぜひ必要だと思うが、そういう部分が欠けている」と述べました。

ソース NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130512/k10014515651000.html
2013/05/12(日) 13:26:11.81
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1368332771/
(続)

2 :そーきそばΦ ★:2013/05/12(日) 15:32:20.49 ID:???0
▽公明党の石井政務調査会長は「安倍総理大臣は、『かつてアジア諸国の人々に多大な損害と苦痛を与えたという認識は、
過去の内閣と同じ認識を持っている』と国会で答弁しており、安倍内閣の歴史認識は歴代政権と変わらないと理解している。
誤解されている節があるので、明確に丁寧に海外諸国に説明していくことが重要だ」と述べました。

▽みんなの党の浅尾政策調査会長は「仮に東京裁判を否定する歴史観に立って政権運営をすると、中国や韓国が、
それを日米関係にくさびを打つために使う可能性がある。さまざまな課題を日中間で抱えているので、アメリカとの関係を密にするために、
東京裁判に関わる歴史観を変えるということは、やらないことが必要だ」と述べました。

▽生活の党の広野副代表は「日中と日韓で、官民の専門家らによる常設の会議をつくり、歴史認識についてよく議論すべきだ。
近隣諸国と仲よくし、発展するアジアの成長を取り入れなければならないときに、けんかばかりしていては、『何をやっているんだ』という話になる」と述べました。

▽共産党の小池政策委員長は「靖国神社は単なる戦没者の慰霊施設ではなく、そういう所に参拝するのは単なるデモンストレーションだ。
日本の政治が戦後の出発点を否定することを世界にアピールすることになり、単に日中・日韓の問題ではなく、
日本が国際社会で生きていけるかどうかという問題だ」と述べました。

▽社民党の吉田政策審議会長は「中国や韓国などとの関係改善には、正しい歴史認識が欠かせないが、
安倍総理大臣は一方的に偏った歴史認識を持っている。日本の過去の戦争が侵略戦争だったことを認め、
未来志向の関係を築くことが課題であり、村山談話と河野談話を明確に引き継ぐことが極めて重要だ」と述べました。(終)

3 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:34:59.91 ID:31mSFXm80
米国議会上院のマッカーサー証言

"There is practically nothing indigenous to Japan except the silkworm.
They lack cotton, they lack wool, they lack petroleum products, they lack tin, they lack rubber, they lack great many other things, all of which was in the Asiatic basin.
They feared that if those supplies were cut off, there would be 10 to 12 million people unoccupied in Japan. Their purpose, therefore in going to war was karagely dictated by security."

和訳:
「日本は絹産業以外には、固有の天然資源はほとんど何もないのです。彼らは綿が無い、羊毛が無い、石油の産出が無い。
錫(すず)が無い、ゴムが無い。それら一切のものがアジアの海域には存在していたのです。
もし、これらの原料の供給を断ち切られたら、1000万から1200万の失業者が発生するであろうことを日本人は恐れていた。
したがって、彼らは戦争に飛び込んでいった動機は、大部分が安全保障の必要に迫られてだったのことだったのです」

マッカーサーは実際に朝鮮戦争を戦って、ロシア(ソ連)、共産主義の脅威(明治維新以来ずっと日本が恐れていたもの)をやっと悟った。
マッカーサーは日本が戦争をせざるを得なかった理由をやっと理解できたのである。

しかし、呆れたことにこれほど重大な証言を報じた日本の大新聞は当時も今も皆無である。
NHK、民放などのテレビ局も完璧に無視している。
何を恐れているのだろうか。
報道するとまずいことになると考えていることだけは事実だろう。
アメリカに対する気兼ねか、それとも中国に対する気兼ねか?

東條英機は宣誓供述書で「断じて日本は侵略戦争をしたのではない。自衛戦争をしたのである」
「国家自衛のために起つという事がただ一つ残された途であった」と語ったが、
それはこのマッカーサーの米議会証言録と重なるもので、最終的に東條とマッカーサーは同じ見解を披露したことになる。

4 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:35:27.77 ID:cKl8WYMh0
この点は未来永劫、論じられない気がする。
敗戦国だから無理なのかな?
『国策に殉じて命をささげた方々をいかにおまつりするかは内政の問題だ。』
には大賛成!!
それにしても高市さんは、
それを前面に押し出している。
賞賛したい。

5 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:37:07.63 ID:1dDquyWm0
それがベストと思ってこそも戦後日本人だろ。

そういう日本人こそがウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムの完成型だ。

6 :石油禁輸された愚かな日本:2013/05/12(日) 15:37:46.13 ID:9ng+1d7lP
「中国にて」
アメリカ・・・満州事変は条約違反だ、元に戻せ。(国務長官の見解。ルーズベルトも採用)
日本・・・これからは自主路線だ、さらに介入してやる。
中国・・・内戦を止めて日本と戦うぞ。
日本・・・不都合な中国を潰し、都合良い政権に置き換えてやる。
アメリカ等・・・日本の勝手は許さん。中国を物資支援だ。

「対米戦へ」
日本・・・アメリカ等の中国支援が邪魔。仏印からの援助ルートとか止めたい。
ドイツ・・・念願のフランス占領。
日本・・・フランス領インドシナ(仏印)に進駐するチャンス。さらに南進できるかも。
アメリカ・・・日本は調子に乗るなよ。これ以上南下したら交渉も破綻だぞ。
日本・・・南下は会議で決定済み。基地作るぞ。邪魔するなら米英とも戦うぞ。
アメリカ等・・・もう石油を売ってやらねえ。
日本・・・ここまで強気で来たが、冷静になるとヤバい。交渉も上手くいかないよ。

7 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:37:55.57 ID:D6jYNVLF0
高市さんはリウマチだっけ?
我々市民は次の後継者を見つけ、当選させるべきだ。

8 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:38:01.56 ID:xUqGV/hU0
北朝鮮の資源封鎖を行っているが北朝鮮が戦争をする道がベストなのか?

9 :ぴーす ◆u0zbHIV8zs :2013/05/12(日) 15:38:11.34 ID:rUJEPIfbO
ルーズベルトがあと2年はやくくたばってれば
戦争もそこまでは酷くはならなかった

10 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:38:17.13 ID:/B+/Btbd0
生きるか死ぬかって話だから戦うのも仕方ねえわな
北朝鮮も同じ
経済封鎖されて戦うしか生き残れないなら戦うしかねえわ
かかってこい

11 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:38:23.59 ID:StUeLg+90
じゃあ、ペリーと清国軍の長崎や東京湾乱入が悪かった。日本人は悪くなかった。これが起源だ、終わり。

12 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:38:25.91 ID:qeQvhj5IP
ABCD包囲網作られた時点で3国同盟なんか破棄してれ問題無かった。
植民地になっても、その後で話し合いをすればいいだろ。
ネトウヨは頭悪いのか?

13 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:38:31.50 ID:zzGcGbbHO
高市がんばれ!

14 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:38:31.56 ID:EWJA7ZP60
Q:軍部はマスコミや国民に煽られて戦争したんじゃないの?

A:戦前の民主主義は、民事限定でした。軍事(統帥権)については民主主義内閣とは独立していました。
  統帥権をもっていたのは天皇でしたが、軍部は天皇をいいように操っていました。
  だから、1931年の満洲事変以降、内閣は戦争不拡大方針を取っていたにもかかわらず、軍部は無視して戦線拡大できました。
  したがって、軍部が戦争を拡大するのに国民の意思など必要としません。
  それでもマスコミに言論誘導させて戦争を煽っていたのは、国民の徴兵拒否を恐れたからです。
  徴兵対象者の3%以上が徴兵拒否すると、刑務所が徴兵拒否者でいっぱいになり、徴兵制が機能しなくなるからです。

Q:東京裁判は事後法じゃないの?

A:事後法ではありません。第一次大戦のときにドイツ皇帝を平和に対する罪で
  裁こうとしましたが、その時は事後法だったので、1928年にはパリ不戦条約が
  結ばれ、戦争は違法になりました。日本はこれに調印しているため、平和に対する罪は
  正式なものです。

15 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:38:52.21 ID:LewSaHI8P
>閣僚の靖国神社参拝は、アメリカも不必要と見ている
呼吸するように嘘をつく

16 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:38:55.60 ID:TwDOd0S90
日本は黒船という軍艦で脅されて開国した。
まわりを見渡すと既に東南アジアは植民地化されていて中国はアヘン戦争に敗れていた。
そんななかで無理やり開国させられた日本は、
国を豊かにして強い兵を育てて、国を守るしかなかった。
それが富国強兵。
日本自身も不平等条約で苦しんでいた。ヨーロッパの植民地支配から逃れるためには強いアジアを目指すしかないという発想が生まれた。
それが朝鮮併合と大東亜共栄圏。隣の国が侵略をされたら日本が終わり、という発想だった。

日本はずっと怯えてたんだよ。怯えたから戦ってしまった。

17 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:39:13.45 ID:Wbi40d8q0
ソ連の植民地になってたら悲惨だったけど
アメリカだったらみんなハッピーだったんじゃないの?

18 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:39:14.19 ID:3gGxEVLq0
第一次大戦の前に、戻りたい!

19 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:39:14.36 ID:ZheyOSUwO
>>7
リウマチ患者への差別ですか?w

20 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:39:31.22 ID:/wZFRJekP
軍部があれだけ強硬に推し進めた満州建国なのだから、
内戦にはなってたよね。

クーデター未遂は前科があるし。

21 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:40:04.71 ID:JQE13TKx0
>>8
第二次大戦当時の植民地と現在の経済封鎖なんてもんを一緒くたにすんな
北は国際社会と同調するから援助が受けられる

22 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:40:05.13 ID:D6jYNVLF0
>>8
北朝鮮には中国というバックがついている。
北朝鮮が資源封鎖をやられても、当時の日本ほどきつい物はあり得ない。

23 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:40:18.00 ID:rbR9Wo7t0
ぶっちゃけ、ハルノートに行きついた事が政治的外交的大失敗

24 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:40:26.38 ID:drfTFoAk0
そもそも経済制裁を食らった原因を考えようよ

25 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:40:32.15 ID:9ng+1d7lP
自虐叩きも良いが、ネット保守も都合良い歪曲が多すぎる。

一部保守「伊藤暗殺→併合決定 馬鹿な安重根のせい」
正しくは、併合方針決定→伊藤暗殺。 事件は時期をずらしただけ。

一部保守「中国軍の日本人虐殺が戦争の発端」
正しくは、通州事件の前に、日本側が通告だして占領行動。犯人も中華民国軍ではない。

一部保守「アメリカの石油禁輸は、避けられない悪質な罠」
正しくは、米高官の ”南進による交渉破綻”警告を無視した結果。野村大使も憂慮してた。

26 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:40:37.04 ID:8wvaI4770
>>14
国際法上 戦争が 違法など 一度もないけど?(^O^)

それなら 国連軍は違法だしwwww

27 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:40:48.12 ID:0zmYfevn0
自民・高市政調会長、閣僚の靖国参拝「やめたら終わり」
「閣僚の参拝をここでやめたら終わりだ。
国策に殉じて命をささげた方をいかに慰霊するかは内政の問題だ」と述べ
、国外からの批判は筋違いだと訴えた。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130512/stt13051213290001-n1.htm

28 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:41:06.44 ID:0ckdc9Ez0
太平洋隔てた向こう側がチート国家アメリカだったのがいかんのや

29 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:41:18.72 ID:1dDquyWm0
正義の国アメリカと思ってる馬鹿がいるんだなwwww

30 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:41:28.00 ID:S527NrHN0
神はこう言われた

立ち上がれ日本!

31 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:42:14.50 ID:+XXfhNMi0
国際連盟の常任理事国だったのに植民地になるとかどんだけ被害妄想してんだよ

32 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:42:30.34 ID:vb7Hbama0
なぜ資源封鎖されたのかは棚に上げて議論してもなぁ

33 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:42:34.10 ID:bLmtnHBCO
閣僚の靖国神社参拝は、アメリカも不必要と見ているし、
われわれもそう見ている。


朝日新聞的な愚民騙し

根拠がない虚言

34 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:42:40.39 ID:drfTFoAk0
近衛や松岡の致命的な無能さも正当化しそうだな

35 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:43:03.37 ID:dkbrWQ600
敗戦した今は結局アメリカの植民地じゃんか
日銀の株主は怪しい外国人だし
アメリカに都合の悪い人物は東京地検特捜部が飛んできて逮捕してくし
前の佐藤栄佐久福島県知事とかまさに被害者

36 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:43:03.93 ID:llY5puji0
>>14
言いたいことはわかるけど
「民事」という言葉の意味は調べといたほうがいいと思いますw

37 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:43:09.04 ID:9ng+1d7lP
善悪の話では無いが、当時の日本の行動は稚拙すぎ。

低脳保守「いきなり突然ハルノートだ、避けられない自衛戦争だ」

38 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:43:13.00 ID:SUXvMCDS0
>>1, >>前スレ885
> 当時の日本がソ連極東軍団を圧倒するためには
> 数千両の戦車を用意できないことには話しにもならんよ。

付け加えておくと、
本気で対ソ戦をやるつもりならば軍用機においても同様のことが言える。

ノモンハン事件の戦訓で、総力戦は機体に関しても搭乗員に関しても恐ろしいまでの消耗戦だと思い知らされた陸軍だが、
その教訓を海軍にさえ伝えようとせずに隠蔽した。

さすがに陸軍は、軍用機開発においては教訓を活かした方向へ舵を切りはしたが
当時の日本の工業というのは一品物を作るのは得意だが量産能力はからっきしだった。

そして、搭乗員の大量養成の方については全く手付かずのままだった。

ソ連を叩き潰すためには、まず機体の量産技術を確立し搭乗員の大量養成も行なわなければ
途中で息切れしてしまうことを陸軍自身が認識していたが、それを口にしなかった。

国益のために真実を告白するよりも、
無敵陸軍のはずなのに戦争準備が出来ていないと白状したりすると
税金泥棒と罵られて責任を取らされることを恐れたわけだ。

北進にせよ南進にせよ、戦争をやるならば準備を整えた上でやるべきだった。
その点で、仏印進駐なんて挑発行為は究極の阿呆、国賊の極みとしか言いようが無い。

39 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:43:19.74 ID:lseTm55m0
>>22
その中国に金融制裁されたじゃない。

40 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

41 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:43:28.17 ID:DR/LpzvWO
>>29

対日包囲網と冷戦脳

http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1533200/1545385/88347169

42 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:43:43.57 ID:1dDquyWm0
>>32
なぜなの?世界の平和のため?それともアメリカの国益のため?

43 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:44:00.63 ID:Yi7he1wB0
前スレ
977 返信:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/05/12(日) 15:33:51.67 ID:Yp2FINP8P [5/5]
>>952
松岡が大歓迎されたってのは、もう当時の国民の意識として
英米との全面対決は避けられないって、そういう意識が国民に
浸透してたんだろうなぁ。

日本は「俺が国際連盟作った」って自負があったんだよ。
軍縮でも優等生として振る舞っていたのに、ロンドンでもワシントンでも何だか不利な条項を押し付けられている
って国民は感じていた。
植民地なんて欧米みんなが苛烈な収奪やってるのに、日本だけが責められる。
黄禍論なんてのもあって、被害者意識が強まっていた時期。
だから、リットン調査団なんて「まるで犯人のような扱い」に国内世論は怒っていたんだよ。
で、松岡が颯爽と(本人は本意でなかった)脱退。
「よくやった。松岡は男」って大歓迎さね。
しかし、この後は国際関係で悩まされることなく、実は平穏な時期だった。
ところが、日本の居なくなったジュネーブで、国民党や共産党がプロパガンダを展開。
欠席裁判だな。
国際世論は一気に中国寄りとなっていく。

44 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:44:14.42 ID:0ckdc9Ez0
まさか正規空母を毎月、護衛空母を毎週竣工させてくるなんて想像もできんよ

45 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:44:44.12 ID:DRvi2Y4eP
>>16
アメリカで有色人種の権利が保障されつつあることをいち早く見抜き、
対ソ、対中でアメリカと協力できていればよかった。
脱亜すべきことは福沢諭吉が既に見抜いている。さすがの慧眼である。

結局は情報力の無さだろう。

46 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:44:50.70 ID:9+QmHGOl0
・日本はアメリカに石油の海路を断たれて真珠湾を爆撃した
・アメリカは石油確保のために中東を爆撃する
どっちが悪質か判るよな?
というか、日本は自衛だ

47 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:45:14.82 ID:NJ52R7ju0
ワシントン会議からの歴史はこんな感じな

特別展示「幣原外交の時代」 展示史料解説
http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/shiryo/shidehara/index.html

以降

鳩山一郎の統帥権干犯→満州事変→226事件→近衛内閣誕生→ゾルゲ事件→大東亜戦争

48 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:45:16.52 ID:EWJA7ZP60
ネトウヨはすぐ人種差別被害妄想に陥るが、別にアメリカもイギリスも最初から
日本に敵意を持ってたわけはない。日英同盟は世界を驚かせたし、優遇をいっぱい
されている。どうして嫌われたのか考えてみろよ。日本に理由があるんだよ。

そもそも日露戦争ではイギリスとアメリカのおかげで勝てたようなもの。
イギリスが日英同盟を根拠に、フランスが露仏同盟を根拠に参戦するのを妨害。
(日英同盟では、日本が2カ国以上と戦争をする場合はイギリスも戦うと規定が
 あったのでフランスが日露戦争にロシア側で参戦したらイギリスはフランスを
 攻撃すると圧力をかけてくれた)
アメリカは、日本が辛勝したのを「日本が勝った」という講和に持ち込むために
骨を折ってくれた。
(これへの感謝で、日本からワシントンに桜が送られた)
アメリカとイギリスを敵に回した恩知らず・日本。

49 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:45:21.96 ID:vb7Hbama0
>>42
知らんけど日本が調子に乗ってたで目をつけられたんちゃうか?

50 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:45:34.10 ID:eA/9Spqb0
とか言いいながらも、実際は、同胞を裏切り、
罪をなすりつけて、自分達は米国に媚入り、、
米国の戦後統治に協力した連中を先輩に持つのが自民党だからね。

そういう連中の末裔だから、靖国の英霊に頭を下げに行くのは当然で、
生涯をかけて汚名を晴らさねばならないわけですよね→安倍さん。

51 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:45:36.21 ID:WHMX7rgp0
内政・外向的失敗でずるずると中国との戦争に引きずられた時点でそうとう詰んでいる
当時の日本という国家に明確な脳隋がなかったせい

52 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:45:40.25 ID:rbR9Wo7t0
>>44
工業力の差は10対1だってわかってたじゃないですかー

53 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:46:15.30 ID:9ng+1d7lP
>>42
>(資源規制)なぜなの?

南部仏印進駐は、欧米の南方領を視野にする行動。

日本は前から石油地帯のオランダ領を共栄圏に欲しており、
仮に攻略する場合、地理的に英米領の攻略も範疇になる。
南進が警戒されても当然。

「いきなりハルノートだ、アメリカの陰謀だ」
とかの低脳保守に限って、基本的な知識も無い。

54 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:46:33.81 ID:OkI3ehI6O
>>1
先人が猛省して落ち着いてきた事案を今更蒸し返すな、アホが。
敗戦国として裁かれたんだから、世界(連合国や韓国をはじめとしたアジア諸国)の認識に従え。
これだから…バカな国家主義者ってのは国益を損ねるんだよな…。

55 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:46:37.54 ID:QAHredPg0
>>1
高市さん 男より毅然としてる。
実にりっぱだ。

>>自民・高市氏「太平洋戦争の当時、資源封鎖もされて抵抗せずに日本が植民地になる道がベストだったのか?」
いつも疑問に思っていたことをずばり言ってくれた。その通りだ。 植民地になるかどうかの戦争であった。 
素晴らしい。国会議員とはこうであるべきだ。

そして言って欲しい。
「敗戦後日本はアメリカの植民地同様になった。しかし見方をかえればアメリカの懐深い位置の国になった。
そして今、日本は戦後冷戦構造が変化しアメリカにとって中国が重要な国になってきた。
今日本は、独自の国防力をつけないと今度こそ危ない。」

憲法を変え普通の国へ変わるべきだ
中国は後15年で日本を上回る軍事力を持ち海洋へ進出してくる。
まさしく日本領海を侵略する。


高市さん 素晴らしい政治家だ。

56 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:46:45.92 ID:vI3xnPvW0
>>12
頭悪いというか橋下にだまされてたような手合いでしょ

57 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:46:50.84 ID:tVaXO0ow0
真の外交、真の国際友好とは相手にどんな悪口を言われてもニヤニヤと何でもYESと言い認める事ではない。
相手の言っている事に嘘が混じっていると感じたら否定して議論する事もまた友好。

戦前日本は100%邪悪な帝国で、そこの住人は人間らしい感情も善意も何も持っていなかったのだろうか?
戦前の文学作品などをみればすぐに分かるがそんな事は全く無い。

日本の戦前の物事は100%全てが悪であると考え、日本の戦前の物事にも正当性が認められる部分も有ると
一言でも言うと、あたかも恐ろしいタブーに触れたかのように大騒ぎして批判するのは病的だ。
わずかでもかつての日本の行動に合理性や正しさも見られると言えば、おまえは日本の侵略の歴史を賛美するのか!と
攻撃する野党のヒステリックな論調は、針小棒大としか言いようが無い。ステレオタイプに毒されているのではないか。

戦前の日本は悪、アメリカは善だったという単純だが説得力の強い「白か黒か、0か100か、全肯定か全否定か」
の二元論的考え方の尻馬に乗り、日本の過去の歴史について有りもしない事実を述べ誹謗中傷をする者は
少なくないが、「オリバーストーンのもうひとつのアメリカ史」などを見ても分かるが100%善の塊で何の落ち度も
悪意も無い正義の使者のような国など存在しない。どこの国もみんなそれなりにやましい所は持っている。
同様に、戦隊物に出てくる悪の秘密組織のように100%やる事なす事全てが邪悪で、一片の真実も善意も無い国も
この世には存在しない。

真の外交、真の国際友好とは相手にどんな悪口を言われてもニヤニヤと何でもYESと言い認める事ではない。
日本の過去の歴史に関して事実と異なる事を言われ批判されたのなら、正々堂々とたしなめることもまた
真の友好へとつながる道だということを忘れてはいけない。

58 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:46:58.78 ID:Lj/3LwZWi
いいね高市さん

59 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:46:59.44 ID:ZheyOSUwO
資源封鎖された原因の各地への進出は、世界的な恐慌による不況と、各列強の持ってる植民地間で行われたブロック経済によて日本が閉め出されたのがでかいんだろよ
日本の経済圏は台湾と朝鮮。ブロック経済にするには資源が無さ過ぎた。未開の地満州が魅力的に見えてもしょうがない。仏印は仏印で資源もあるしな
そういう意味じゃ、世界恐慌こそが全ての引き金なんだろうさ

60 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:47:02.97 ID:8wvaI4770
>>53
白人のために必死だな(^O^)

61 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:47:15.42 ID:elRuFc13O
日台漁業協定でリアル売国奴を見れるとは思わんかった。

62 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:47:24.13 ID:KwD8K4y9i
民主党前原 「 株は上がってはいけない、円安になってはいけない」 じゃどうするんだよ
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1368341012/






民主党前原 「 株は上がってはいけない、円安になってはいけない」 じゃどうするんだよ
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1368341012/

63 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:47:24.93 ID:/B+/Btbd0
>>50
岸の孫にそれを期待すんのかw

64 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:47:32.53 ID:Dd1oueocP
●石油なしで、どうやって隼や疾風やチハタンを動かすつもりだったんだよ!

反米亡国奴満州ファシストがやらかしたこと

 国民に松の根っこを掘らせて 松根油で 戦闘機を飛ばそうとしました

 バカな大将 敵より怖い!

 
●鉄なしで、どうやってチハタンや大砲を作る気だったんだ?

反米亡国奴満州ファシストがやらかしたこと

 なべ釜徴発で、米国に禁輸されたくず鉄を補おうとして失敗

 鉄がなくても作れる 竹やりを国民に支給し、本土決戦兵器にしました

 バカな大将 敵より怖い!

 
みなさーん 
吉田茂系の親米保守はすばらしいけど
岸信介系の反米保守は バカだから ついていったら

(法人減税・自衛隊リストラで) 徴兵され 
(戦車など時代遅れ!で}    竹やりをもたされ
(TPPで農業壊滅で)      餓死させられますよ!

バカな大将は敵より怖いぞ!
 

65 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:47:36.49 ID:5dMCx6mg0
>>35共闘しようぜ

66 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:47:54.50 ID:Vdz2uLse0!
最初から、日本人はアジアの解放を目指していたよ
それを意識して、兵隊になっていったんだ
家族もだ

67 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:48:34.44 ID:WHMX7rgp0
アメリカの世論は戦争反対だったんだから、それを読んで利用できなかった時点で

68 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:49:03.15 ID:nr1sWstE0
主権侵害に対して抗議すらしない戦後日本をそのまま継承してるのが野党で
それを打ち破ろうとしてるのが与党である自民党とはこれまた不思議なことになっておる

69 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:49:04.67 ID:9ng+1d7lP
>>46
>というか、日本は自衛だ

自衛と言うなら、せめて満州に徹してろって。

満州事変に続く北支介入
南京占領で調子に乗って「蒋介石を相手とせず」
ナチスと組み援蒋ルート遮断の北部仏印進駐、に続く欧米領視野の南部仏印進駐

警告も無視し、適当なところで止められずドツボ(石油禁輸ハルノート)に。

70 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:49:04.93 ID:8wvaI4770
>>35
そそ(^O^) 日本の保守tてのは

チョンとずぶずぶ アメとずぶずぶ シナとずぶずぶを

保守と言います

71 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:49:09.66 ID:Yi7he1wB0
>>48
> アメリカとイギリスを敵に回した恩知らず・日本。

米英とも、親切心から日本と同盟・仲介したわけじゃないよ。
当時の国際情勢において、ロシアの膨張を防ぐため。
で、ロシアが崩壊したら、今度は日本とアジア・太平洋の権益を巡って
対立するようになった。
国際情勢・外交はすべてパワーバランスで説明できる。

72 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:49:22.84 ID:iufjSbmw0
かといって、全面戦争に突っ込むのもベストじゃないとおもうけどな。
国辱を甘んじて、中国利権を手放して、アメとの対立を避けるのが
ベストなんじゃないか?

73 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:49:24.66 ID:drfTFoAk0
そもそも植民地にしたけりゃ
ペリーの頃に植民地にされているよ

74 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:49:45.02 ID:vb7Hbama0
今頃議論してもしょうがないやろ?
アメリカ様の気分を害するだけや

75 :ぴーす ◆u0zbHIV8zs :2013/05/12(日) 15:49:45.78 ID:rUJEPIfbO
連合国の素晴らしいところはわりと早い段階で
日本から朝鮮を切除すると明言したこと

76 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:49:50.87 ID:JQE13TKx0
>>70
句読点も打てないやつが、保守を語るな

77 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:50:04.65 ID:WHMX7rgp0
ABCDが、ハルノートが
というのは、日本首脳部は無能です
というのに等しい

そのとおりだったが・・・
なにがいけなかった?

78 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:50:08.60 ID:SUXvMCDS0
>>38
こんなことを書くと、陸軍だけが悪いと主張しているように見えるが、
実は、海軍の方が酷かった。

対米戦準備を口実に莫大な国家予算を取りながら
ろくすっぽ戦争準備なんかやっていなかった。

そもそも、戦略的な作戦計画というものを作っていなかったから、
緒戦に勝利を収めた後、次に達成すべき戦略目標も作戦計画も考えていなくて
敵に一息つかせてしまって復活のチャンスを与えてしまった。


「陸軍は暴力犯、海軍は知能犯」という海軍OBの言葉を真剣に噛み締めるべきだ。

79 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:50:18.20 ID:tVaXO0ow0
>>73
すんでのところで免れた。

80 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:50:21.54 ID:5wBw5wky0
>>1




今と昔じゃ宗主国と植民地の形態が違うだけで、ニッポンは立派にアメリカの植民地だよ。

なんせ首都東京上空の制空権を握ってんのは未だにアメリカなんだしw





.

81 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:50:28.06 ID:I1002VoyP
あのとき満州を手放しても生き残ってはいけただろ。
それ以前に満州なんかに手を出すべきではなかった。
欧米列強でぐちゃぐちゃになってればよかった。
まぁ、これ以上言うとインチキ仮想戦記みたいになるから止めておくが。

82 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:50:28.30 ID:llY5puji0
>>38
これ大事だよね
3ヶ月くらいの期間に日本陸軍航空隊が持ってた全戦闘機の大半を擦り潰してる
それを回復するのに1年以上かかった
ソ連空軍の損害はもっと大きかったけど、規模が遥かに大きいので空軍全体のごく一部でしかなかった

全面的な対ソ戦なんかやってたら
海軍航空隊を含めても、すぐに機材もパイロットも補充不能になるのは目に見えてた

83 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:50:30.79 ID:8wvaI4770
>>76
効いてる、効いてる。(^O^)

84 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:50:39.72 ID:iSUnBVEC0
今の北朝鮮みたいなもんか
北朝鮮が戦争を起こして将来それを正当化していたら気持ち悪いな

85 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:50:41.54 ID:tLyGhddv0
こういう脳筋バカが政権を握っていると思うと寒気がするな^^;
大惨事世界大戦開戦だけはやめてくれよ^^;

86 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:50:42.46 ID:D9P9mymu0
>>8
うん
韓国と派手に戦争して、両国民とも絶滅するのが平和への一番の近道だと思うよ

87 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:51:22.17 ID:zC0U6xps0
>>46
>・日本はアメリカに石油の海路を断たれて真珠湾を爆撃した

日本は仏印侵攻したから制裁として石油を絶たれたわけで、元を考えれば日本が悪い

88 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:51:26.00 ID:rbR9Wo7t0
>>78
ぶっちゃけ、陸海で対立してる時点でどうしようもないんだよなぁ…
お前ら本気で戦争する気あったの?ってレベル

89 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:51:30.33 ID:OV3idEtx0
●NHK「世界ふれあい街歩き」の「台湾・高雄」が酷すぎる●


874 可愛い奥様 2013/05/12(日) 15:24:12.49 ID:Haq4ylvP0
夜に道で人形劇やってておじさんばかりが見てたんだけど、
ナレ「お父さん達家の中に居場所がないのかな。元気に働いてるのも女性ばかりだったな」
→番組締めへ

他にも、人形劇のストーリーをおじさんに聞いたら、
「他の人に聞いて」と言われたのをわざわざ流していた。

あと気になったんだけど、
町の人に近くから「こんにちは」って話しかけて無視されて、
二回目に声かけて気づくシーンがかなり多かったんだけど、
あれたぶん台本の捏造っぽい。
あんな近くで聞こえないはずがない。
ナレは台湾系の余貴美子さんだから、読んでて不愉快だったと思うよ。

プロデューサー:平野まゆ
ディレクター:中川あゆみ
制作統括:藤貫雅裕

90 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:51:44.27 ID:/B+/Btbd0
>>72
全面戦争やってなきゃ今の日本はないだろ
先人には戦死乙ってことで参拝すべきだとは思うが

91 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:51:45.70 ID:9ILi8CPV0
その前に
植民地になった
というか併合になった国の民族の誇りが傷ついたのは
日本のせいじゃなく、日本に頼らんと生きていけなかった自分らの先祖の責任

92 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:52:05.29 ID:8wvaI4770
>>85
世界的な需要不足によるデフレからの脱却には

第三次世界大戦が必要です(^O^)

93 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:52:10.10 ID:48M5bsS70
>>8
日本は当時手に入れたものを手放せ、そうじゃなけりゃ封鎖って脅されてたわけ。
北は?あん?

一部だけ取って同じであるかのようにミスリードすんなよ。
しょぼい工作だな。

94 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:52:13.18 ID:9ng+1d7lP
>>66
>最初から、日本人はアジアの解放を目指していたよ

綺麗な建前はともかく、行動原理は都合良い勢力圏作りだよ。

満州族の独立支援が建前の満州国も、日本に背けない日本人優遇の傀儡国。
大東亜戦争も、重要地帯は領土方針だった。

95 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:52:13.66 ID:hS6poBQl0
>>77
ハルノートは内容そのものが過酷だとかじゃなくて
アメリカに戦争回避の意思が無いという通告の意味だから厳しかったんだろjk

96 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:52:36.31 ID:kpdb3dKc0
>67

だから、外務省が遅らせた布告は、
ルーズベルトに
パールハーバー奇襲攻撃という大義名分を与えることになったんだろ

97 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:52:40.40 ID:hK0XT9oSO
大恐慌で西洋社会は
アジア人を締め出したんだよ
それが始まり
しかたなく大東亜共栄圏の理想とともに一大経済圏を構築しようとした

98 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:53:00.90 ID:d1lstFBVO
植民地経営(覚醒剤生産)云々以前に満州は地政学的な要所
ソ連(ロシア)南下阻止の為に是非とも必要だからって終戦時に日本が訴えたけどマッカーサーが突っぱねた
朝鮮戦争後、マッカーサー自身が「間違いだった、日本の言う通りだった」と回顧してた筈

99 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:53:07.81 ID:EWJA7ZP60
>>78
日本海軍は兵糧攻めが得意。ただし標的は日本陸軍である。

馬鹿みたいに戦線を広げ、太平洋の島々に陸軍に人員を送り込ませた後、
アメリカに敗北して制海権を失う。当然孤立した陸軍将兵は餓死。

それをみてm9(^Д^)プギャーするのが日本海軍の楽しみ。
大嫌いな陸軍を兵糧攻め。それだけは得意だった。

100 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:53:10.23 ID:ZdeX5oOc0
第二次世界大戦に参加したかったんだよアメリカは。ドイツに世界征服されちゃうからね。
んで嫌がってた国民を戦争に向かわせる為に日本に最初に攻撃させたんだよ。
この明確な視点がないと全て勘違いするから気を付けるように。

101 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:53:17.37 ID:NWAwaz7qP
Which country export Plutonium to IRAN ?

102 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:53:38.03 ID:vI3xnPvW0
>>66
すごいな
サヨク顔負けのお花畑

103 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:54:00.72 ID:drfTFoAk0
つーかアメはフィリピンを独立させて
植民地経営化からは後退していたのだけどな
日本を攻略するつもりならフィリピンはそのまま植民地の方が都合が良い。

104 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:54:04.94 ID:yQpalptg0
はいはい、もうこのスレ立てなくていいよ。

前スレも、左翼、反戦論者、親中派・親韓派、等がやたら多かったし話にならん。
ただでさえ日本はアメリカや中国に歴史の事で叩かれてるのに、自国民にも過去の日本を
ボロクソに叩く自虐史観論者ばかりで日本は終わってるね。
そんなに軍を持つのが嫌でいつまでも反戦でいたいなら、さっさと中国に吸収されて
毎日中国人に暴行されたらいいじゃん。左翼や反戦論者はそれが望みみたいだし。

105 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:54:07.39 ID:iufjSbmw0
>>90
いやだから、今の日本がベストか?
って事だろ。
靖国参拝に対して異論はない。

106 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:54:10.62 ID:9ILi8CPV0
併合してもらった日本のせいにすれば
ダメだった自分らの先祖に誇りを持てるわけじゃないと思うぞ

107 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:54:11.65 ID:3nWiqQFB0
  
まるで、民主党の土下座外交が成功していた、とでも言いたそうだな。

まるで、民主党の土下座外交が成功していた、とでも言いたそうだな。

まるで、民主党の土下座外交が成功していた、とでも言いたそうだな。

まるで、民主党の土下座外交が成功していた、とでも言いたそうだな。

まるで、民主党の土下座外交が成功していた、とでも言いたそうだな。
    

108 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:54:35.23 ID:vb7Hbama0
>>102
アジアのために戦ったとか
お花畑ばっかりだよな

109 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:54:35.82 ID:1dDquyWm0
>>53
なんでそんなとこに正義の国の連合国が権益を持ってるの?

アジアは日本が侵略するまで平和で豊かに暮らしてたんじゃないの?

110 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:54:50.21 ID:lgEjOBWnO
>>1 (>支配を受け、植民地とされた国)  ←こう言うと悪いイメージある人は多いかも知れないけれど、

植民地とは  その国の領土となり支配をうける地域。

支配は  権力をもって命令・指図し、他の人を自分の他の人を自分の思うとおりに行動させること

支配を受け、植民地とされた事が酷い事だったか? 例えば、

徳義,道義から外れたような植民地支配だったかどうかは、

支配の仕方次第で異なる。 

※例
【《支配を受け、植民地とされた》 = 《植民地とされて、徳義,道義から外れたような支配をされた》】

(この例【】内の=は 論理的必然ではない。)ので、 【】が前提だとわかる但し書きを示す事等を抜きに

=で断じる論調は 論理展開の誤りである。(断定) 
  

当時の世界情勢の中で

支配を受け、植民地とされた国 が 支配を受け植民地とされた事に 感謝するような支配を 支配した側の国がした場合なら、

植民地とし支配した国が  支配をされ植民地とされた国から 感謝される事もある。


知ってれば >>1の(>支配を受け、植民地とされた国)の部分に脊髄反射で酷いニダ!って事はなくなるだろうし、
全体の内容とでの受け取り方も変わるでしょう。

111 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:55:24.55 ID:cLEHGsBu0
すこぶる明快でよろしいと思います
ガースーも見習ったらどうだ

112 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:55:33.02 ID:hTGFT41g0
>>12
話し合いってw
それで済むならいいよね

113 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:55:46.85 ID:j2ICn9r30
自民以外選択肢は無い

114 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:55:47.34 ID:ucCFRmdIO
>>73
その頃のアメリカは、そんな大国じゃない。
幕府の使節団を迎え、国を挙げて大歓迎した。

115 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:55:56.39 ID:WHMX7rgp0
>>95
ルーズベルトは「あなたの息子さんを戦場に送りません」と公約して4選されたんだぜ
そこを突けなかったのかって

116 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:56:03.03 ID:uErf5uKm0
>>112
真珠湾攻撃したらそれで済んだの?

117 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:56:14.70 ID:y5sk5OWo0
第一次大戦後、亜細亜での民族主義の高まりがあったが、
英国は印度独立を反故にしたしな。
ヤクザの抗争みたいなもの 

118 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:56:18.68 ID:lkLwwP120
中国が沖縄の領有権も示唆し始めた
中国の国家戦略は、空母機動力艦隊三機動艦隊が就航する2020年までに、尖閣海域を覇権下に置き、2050年頃までに沖縄・南西群島を覇権下にして、
22世紀には九州を覇権下にする戦略で、着々と軍事力を増強しています。

中国共産党の精神構造=俺のものはおれの物、お前のものもおれの物
中華思想=自分が中心で周りは属国、国力が増すにしたがって、領土も拡大するとする自己中心的な野望

119 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:56:35.41 ID:nQd8eRua0
2001年のことだった。翌年早々の訪日が決まって、ブッシュは靖国に行くと言い出した。
「日本のアーリントン墓地……ヤシクーニとか言ったっけ」これは日本のことなどは普段深く
考えてもいないので、どういう cemetery(墓地)なら行く、どういう shrine(神社)なら行
かぬという定見がないからである。
ホワイトハウスから打診されて、外務省は絶句した。「やっやっ靖国ですか!? 前例がござい
ませんが……」省内で鳩首したが処理しきれず、官邸に伝えると、さらに驚くべき答が返って
きた。「総理は大統領の靖国参拝を歓迎する。神社側にも了解を取った」小泉は決断の早い男だ。
「純 & ジョージが手をつないで靖国参拝。これぞ小泉流サプライズ」ブッシュの無知を奇貨と
して、内外の靖国反対勢力に痛撃を与えてやろうというのである。
そのころ、ホワイトハウスでは口論になっていた。「靖国がどういうところか知らないのか?」
「知ってるさ。トージョーらが神になってることもね。大統領は知らないけど」
「知ってて、なぜ止めない?」
「ブッシュ・小泉の同時参拝で、小泉に恩を売る。北京への強力なメッセージにもなる」
「冒険主義はやめろ。東アジアが不安定化するだろう。在郷軍人会も怒る。中間選挙が……」
外務省と官邸の暗闘も始まっていた。「なぜ話を受ける!? 受けた我が国の責任になるんだぞ」
「まだ正式回答ではない」
「じゃあ、やめさせろ。大統領はA級戦犯合祀を知らないのか?」
「いや、これは千載一遇のチャンスだよ。サンフランシスコ条約11条の政府解釈も変更してしまえ」
しかし、日米の良識が巻き返した。
東京では与党幹部など、ワシントンでは国務省・知日派議員などが動き始めた。外務官僚だけでなく
彼らの連携によって、小泉とブッシュの暴走計画は早々に中止になった。(完)

120 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:56:35.95 ID:Vdz2uLse0!
昭和始めから西洋の研究、アジアの現状、西洋の植民地政策、と研究書が本屋に並んでいた筈なんだ。
何故それが我々の意識から消えているかというと、焚書されたからだろう。

121 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:56:45.73 ID:qRcmomPa0
>>108
オマエはオマエで自虐思想極まってるな

122 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:57:13.60 ID:QAHredPg0
今から15年後、日本周辺はどうなってるか?

中国は軍事大国となり日本領海を侵略し、工作で沖縄に独立運動を起こさせ
尖閣をにらみ台湾を吸収しようとする。
空母などで周辺国(日本、台湾、フィリピンベトナム)に侵略していくだろう。

アメリカは益々中国と経済的に切っては切れない仲になりその発言権も少なくなる。
当然軍事的に動きにくくなり中国を牽制するに力不足となる。

日本は中国の核ミサイルににらまれ領海侵犯や工作による左翼運動沖縄独立などに悩まされ
事実上中国の海洋進出での領海侵犯になすすべもなくなる。

もはやアメリカは助けてくれない、助けようとも助けられないとなる。

経済的にもすっかり世界第三位となる。

123 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:57:20.27 ID:8wvaI4770
>>116
完全制圧し ハワイ島からアメリカ本土へ爆撃できればね(^O^)

甘いのよ 日本はw

124 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:57:28.23 ID:Yi7he1wB0
>>78
ああ、石川信吾とかね。
陸軍は太平洋方面での戦なんて、まーったく想定してなかった。
対ソ戦一本槍だもんね。ソ連が日露戦争を復讐してくるって、当たり前だが。
ところが、ロシア艦隊崩壊でアジア方面で有力な海軍勢力と言えば、米英のみだから、
日本海軍の主敵は太平洋方面に行っちまった。
陸軍が大陸、海軍が太平洋、最初からニ正面なんだよな。
それを石川が「石油が足りなくなる。このままじゃ1年半で艦隊は動かなくなる」って喧伝。
陸軍は「はあ?」だもんな。
でも海軍は、「おまいらが三国同盟結んだから、米英と関係悪くなったじゃねーか」と主張しているが、
それは山本五十六ら艦隊派だけ。
石川の第一委員会は、むしろ三国同盟主導。
海軍にしてやられたってのが陸軍の言い分だ。

125 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:57:32.99 ID:qRcmomPa0
売国奴がポツポツと湧いてるな

126 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:57:42.57 ID:3nWiqQFB0
  
他にもいろいろと議論や論点があったのに、NHKの恣意的な誘導や報道がさく裂してるな。
売国マスゴミどもの薄汚い安部潰しがはじまった! 対抗できるのはネットだけだ!!!

他にもいろいろと議論や論点があったのに、NHKの恣意的な誘導や報道がさく裂してるな。
売国マスゴミどもの薄汚い安部潰しがはじまった! 対抗できるのはネットだけだ!!!

他にもいろいろと議論や論点があったのに、NHKの恣意的な誘導や報道がさく裂してるな。
売国マスゴミどもの薄汚い安部潰しがはじまった! 対抗できるのはネットだけだ!!!

他にもいろいろと議論や論点があったのに、NHKの恣意的な誘導や報道がさく裂してるな。
売国マスゴミどもの薄汚い安部潰しがはじまった! 対抗できるのはネットだけだ!!!
     

127 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:57:49.40 ID:I1002VoyP
>>118
70年前の日本にそっくりだよね。

128 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:58:32.55 ID:StUeLg+90
高市さんみたいな解釈を国民の半数ぐらい居ても良いだろ、自由なんだから

129 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:58:37.17 ID:/B+/Btbd0
>>105
んなこと解るかよ
ベストとか言い出したらキリがねえわ
こうやって2ちゃんで遊んでられるんだから充分だろ
外国見てみろよ 日本よりイージーモードな国はそうはねえぞ

130 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:58:42.89 ID:uQDZzmZE0
ルワンダで、植民地支配を強めるために
わざわざツチ族とフツ族を分けて対立させたのは有名な話。

いま、アジアが力をつけ過ぎないように
欧米が煽って日中韓を敵対させて
経済発展を阻害している姿が見えないだろうか

ツチ族とフツ族のように互いに大虐殺をして
たくさんの死体をみてから
「あれ、おれたち、なんで殺し合ってるんだっけ」と気づくのだろうか

植民地脳ワロス

131 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:58:53.73 ID:hS6poBQl0
>>115
その公約があったから日本に攻撃させた
アメの主眼は対ナチのヨーロッパ戦線だったわけだから同盟国だった日本が狙われたわけよ
公約があるからドイツに対して宣戦布告できなかった
「裏口から参戦しよう」これが対日政策の正体

132 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:58:54.61 ID:Gz4Fn9hi0
もう一回戦争しようぜ
何もかも焼きつくそう

133 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:59:02.16 ID:nQd8eRua0
 昭和28年8月の国会で、「戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議」が全会一致で採択された。
これを受け、政府は関係各国の同意を得て、死刑を免れたA級戦犯とBC級戦犯を釈放した。刑死・
獄死した戦犯の遺族にも年金が支給された。旧厚生省から靖国神社に送られる祭神名票にも戦犯が加
えられ、合祀されたのである。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100812/plc1008120315002-n1.htm

134 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:59:07.38 ID:QgVj7Gp20
>>127
おい、日本は中華民国認めてたし、上海や香港を取り戻してやったのも
日本だぞ。

蒋介石は日本敗北後、それらを白人に返してるしな。
意味がわからんだろ?

135 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:59:20.26 ID:vb7Hbama0
>>121
詐欺にひっかかるで
どうみてもアジアのためにたたかってないやん
アジアの資源横取りするためやろ?

136 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:59:28.90 ID:1Neb2qO90
マスコミの影響力が絶大だった頃なら議員辞職まで追い込まれていただろうな。
昔はほんと言論の自由がなかったんだなぁとしみじみ思うわ。

137 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:59:31.56 ID:hzmGTiJG0
>>12
おまえ、すごくアタマ良いわ〜!

植民地にされた地域の先住民族が、
宗主国と交渉する方法知ってるんだから、

こんな匿名掲示板に居ないで、早くカミングアウトして、
人類の歴史を変える為に働いてくれ!

138 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 15:59:56.38 ID:TgUKyMVC0
当時,日本には石油が十分あったのは,だれも言わない.
ソ連は,樺太の石油の輸出を日本に許可していた.しかも,連合艦隊が維持できるくらいの量である.
結局,日本はドイツが快進撃しているのを見て,その勝ち馬に乗るつもりで戦争を始めた.
だからあんな馬鹿げた戦争になった.

139 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:00:07.10 ID:WHMX7rgp0
小室直樹が真珠湾攻撃を知ったルーズベルトが泣き出したって書いているんだが、ソースが見つからんわい
ルーズベルトは日本が奇襲を仕掛けるだろうという情報は知っていたが、フィリピン辺りだろうと予想していたとか

140 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:00:07.51 ID:vlbjiFCS0
今は統帥権がないから良いけどさ、
中国はヤバイよなぁ。人民解放軍は上の言うこと聞くのかよ。

141 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:00:13.09 ID:E9s2VPQz0
アメがブチ切れたのは三国同盟
日本はこれにこだわってロシアも味方にいれたら
アメと交渉できるだろうと思ったが
結果ドイツがロシアに攻め入りぶち壊し

まあ三八式歩兵銃で戦えとか
当時の日本指導部は底抜けの馬鹿って事は変わらん

142 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:00:15.56 ID:ZheyOSUwO
過去にどうすべきだったか、よりも
これからどうすべきか、の方が重要だろな

ああリセットとセーブロードをしてええええw

143 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:00:17.80 ID:9ILi8CPV0
まずね
韓国人は
歴史上朝鮮はダメダメ国家だったってことを素直に認識すべし
それが出来ないから他所の国のせいにしたり
現実を隠し切れないウソで気が狂って苦しむんだと思うよ

144 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:00:19.19 ID:8wvaI4770
>>130
問題外のチョン別として シナとは 昔から争ってますが?(^O^) 何か?

145 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:00:22.04 ID:NJ52R7ju0
戦争とは外交の最終手段であるということを踏まえて
「ハルノートを突きつけられたときにはもう交渉による決着は不可能だった」と考える
とすると、歴史を論じるにおいて、分岐点はどこだったかというという問いに「ハルノート」とはならないことがわかる
我々日本国民が学習するべきは「いかに戦争に勝つか」ではなく「いかに戦争を回避するか」でもない

いかに外交交渉を上手く進めるか

を学習するべきであり、戦前のようなアカやマスコミ、最近では新自由主義者の扇動に易々と乗せられてはいけない
ということを学習しなければならないだろう
これからアカやマスコミは戦前のように安易な戦争賛美、理由の無い外国人差別、選民思想の方向へ舵をきる可能性がある
ただ粛々と判断し、やるべきこをやり、なすべきことをなす
ここからが勝負どころだな

146 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:00:24.12 ID:K91hkCNn0
西暦1944年3月から7月にかけてインパール作戦が行われたが
このときチャンドラ・ボース率いるインド国民軍との連合軍で
戦った。さんざんな敗戦だったが、戦後インドではイギリス軍による
インド国民軍将兵の処刑を行おうとしたことにインド植民地は激高して
反乱となった。
 結果的にイギリスはこれ以上インド植民地を維持出来ないと判断して
1947年8月15日、日本敗戦後ちょうど2年目に独立することが出来た。

独立の種を蒔いたのはチャンドラ・ボース率いるインド国民軍と協力した
日本軍将兵であって、インパール作戦は失敗したがインドは独立した。

その後続々と白人の植民地は独立していった。その嚆矢に当たるのがインドであった。

われわれ日本人は、インド独立の父はガンジーと教えられているが、真っ赤なウソだ。

日本こそが植民地独立の協力者であり主導者であった。胸を張れ、日本人!!

147 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:00:36.81 ID:qRcmomPa0
>>135
だから自虐史観満載な典型的なダメ日本人なんだよオマエは

148 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:00:37.00 ID:y5sk5OWo0
いまだにゲームを続けているシナに文句言われる筋合いないな

149 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:00:55.73 ID:aVDwoumE0
こんなとこで同じような思想の連中が傷を舐めあっても意味がないと思うんだけどw

150 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:00:59.50 ID:0ZgPXg9C0
日本が悪いだろ。
日本の自衛のためだったら、なんで中国とか朝鮮とかに侵略したんだよ。
国力拡大して、経済力・軍事力をつけるためかもしれないが結果として負けてるだろ。

151 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:01:07.03 ID:EWJA7ZP60
アメリカが日本に「乙案」(ハルノートよりかなり日本に甘い条件)を渡そうとした時の中国の外交官素晴らしかったな。

”こんなことでは中国はおしまいだ!”と何日もアメリカ上層部に徹夜でかけあう。

中国の外交官の有能さに涙が出た。

最初はうざがってたアメリカ上層部も中国の情熱に押されてハル・ノートの方を。

152 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:01:14.54 ID:nQd8eRua0
朴 鉄柱(韓国 平成二年一月逝去・六十八歳 、韓日文化研究所 昭和四十二年十月)

「現在の日本の自信喪失は敗戦に起因しているが、そもそも大東亜戦争は決して日本か
ら仕掛けたものではなかった。平和的外交交渉によって事態を打開しようと最後まで取
り組んだ。それまで日本はアジアのホープであり、誇り高き民族であった。最後はハル
・ノートをつきつけられ、それを呑むことは屈辱を意味した。“事態ここに至る。座し
て死を待つよりは、戦って死すべし”というのが、開戦時の心境であった。それは日本
の武士道の発露であった。日本の武士道は、西欧の植民地勢力に捨て身の一撃を与えた。
それは大東亜戦争だけでなく、日露戦争もそうであった。日露戦争と大東亜戦争ーこの
二つの捨て身の戦争が歴史を転換し、アジア諸国民の独立をもたらした。
この意義はいくら強調しても強調しすぎることはない。」

「大東亜戦争で日本は敗れたというが、敗けたのはむしろイギリスをはじめとする植民
地を持った欧米諸国であった。彼らはこの戦争によって植民地をすべて失ったではない
か。戦争に勝った敗けたかは、戦争目的を達成したかどうかによって決まる、というの
はクラウゼヴィッツの戦争論である。日本は戦闘に敗れて戦争目的を達成した。日本こ
そ勝ったのであり、日本の戦争こそ、“聖なる戦争”であった。ある人は敗戦によって
日本の国土が破壊されたというが、こんなものはすぐに回復できたではないか。二百数
十万人の戦死者は確かに帰ってこないが、しかし彼らは英霊として靖国神社や護国神社
に永遠に生きて、国民尊崇対象となるのである。」

153 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:02:09.00 ID:lIHWZxT90
オチの付け方も考えに日中戦争を全土に広げたのが悪い

154 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:02:29.63 ID:1Neb2qO90
>>66
実際他のアジア諸国の独立を助けることは日本のためでもあるからね。

155 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:02:31.49 ID:uQDZzmZE0
満州を侵略したけど
人口がたりなくて
「点と線」だけで支配したつもりになっていた
日本人乙

いま少子高齢化だけど、少数精鋭だから大丈夫なのか?

156 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:02:40.75 ID:0ckdc9Ez0
>>139
それはルーズベルトがお気に入りで大出世させたキンメル太平洋艦隊司令を真珠湾の失態を理由にクビにして
現代に至るまで名誉回復させてないから間違いないと思うよ
戦艦8隻撃沈破なんて大損害は想像もしてなかっただろうな

157 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:02:40.86 ID:GTZFZEsg0
高市さんを支持しているし批判するつもりもないが
そういう状況になぜ日本が追い込まれていったのか?
という考察が日本においてもそろそろ必要だ。
満州については新興財閥の影響が強い。
それを正当化するために軍部が満州は生命線という論理を構築した。
また欧米列強と組んで中国を分割統治する立場だった日本が
中国に取り込まれて欧米列強の鮮烈から離脱して中国と組んだ結果
欧米列強から敵視され孤立し 
孤立した日本だけを逆に中国が徹底的に迫害し 
日本が欧米列強から助けてもらわず日華事変の泥沼に陥っていったという背景もある。
まさに天安門以降の日本が90年代からやってきたことと同じ事を当時もやっていた。
そして日露戦争講和の見返りにアメリカと合意していたハリマン鉄道のドタキャンは来
WW1に非協力的だった日本が日英同盟の破棄?となり
そこそこバランスを取った結論を出したリットン調査団の報告に反発しt
国際連盟からしなくてよい脱退をして実現しなかった日露独三国同盟を追及した
当時の日本の外交方針。チャーチルもチェンバレンも最後まで日本に望みを繋いでいたのに。

158 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:02:48.47 ID:rbR9Wo7t0
>>141
三国軍事同盟なんて何のメリットもなかったもんなぁ
あれ結んだ奴こそ売国奴だわ

159 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:02:50.10 ID:Dd1oueocP
>>99

陸軍満州ファシストが 中国の米英の縄張りを荒らしたから
対米戦争不可避になったんでしょ?

 その結果、徴兵された国民が ガダルカナルで餓死したんだろうが!

 ガダルカナルでも、
   兵力の逐次投入で飛行場の奪還に失敗したから
   =======================
 陸軍への補給船が 米軍の戦闘爆撃機に撃沈されたんだろうが!!

 

160 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:02:52.12 ID:QgVj7Gp20
>>138
いや、アメリカと中華民国(蒋介石)が滅茶苦茶だったからだよ。

黄河決壊事件と言うのがあって、これは国民党が黄河を決壊させて
中国人数百万が犠牲になったとんでもない事件だが
日本軍は救助してたのに、アメリカと国民党は全く人助けをせず
日本のせいにしようとしてた。

これは日本の南進前の話だが、アメリカは日本と中国市民を最初から
犠牲にするつもりだったんだよ。
だから中国の共産化もほっといただろ。

161 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:03:08.53 ID:sdAjpkiUP
そもそも、日本に「植民地」なんて言葉使うのはおかしい
高市は発言する資格なし

162 :戦争は企画されたドラマ:2013/05/12(日) 16:03:09.06 ID:pe5+PGL9O
■仰天検索■

→オウム事件の真相
→123便墜落の真相
→マグナBSP
→創価警察
→産経統一教会
→読売CIA
→毎日創価新聞
→朝鮮総連、(政党名)
→携帯電話移動履歴監視
→田布施部落●
→集団ストーカー
→地震兵器
→日銀株主●
→天皇の金塊●
→ケムトレイル

世の中じたいがオカルト。社会の最上層と裏勢力が組んで、事件、流行、「社会常識」「世間」を捏造している。

宗教は政治と深く結びつく。集金集票スパイ機能があり、大衆操作やショックドクトリンにも応用できるから。

163 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:03:11.88 ID:WHMX7rgp0
>>131
で、まんまと先に手を出して国論を統一させちゃった訳だ

164 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:03:11.79 ID:iufjSbmw0
>>129
確かに何がベストかなんてわからないけど、
あれだけの犠牲者出して、
領地も結局手放して、
今でも中韓にデカイ顔させてる選択が良かったとは思えないな。

165 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:03:16.77 ID:46baDAtW0
「先の戦争は自衛戦争だった。」TVで言った高市氏を田原総一朗が激高し罵倒する。
あれから11年、時代は変わった。

高市早苗HP 2002年08月27日

>8月18日放送の「サンデー・プロジェクト」にて、田原総一朗さんが、
私に対しておっしゃった言葉について、25日の番組で謝罪がありました。
 18日の放送では、「満州事変以降の戦争は、日本にとって自存自衛の戦争だったと思うか?」
との田原さんの問いに対して「セキュリティーの為の戦争だったと思う」と私が答えた途端、
田原さんがまくしたて始めました。「下品で無知な人にバッジつけて靖国のことを語ってもらいたくない」
「こういう幼稚な人が下品な言葉で靖国、靖国って言う」
「靖国神社に行ったら、下品な人間の、憎たらしい顔をしたのが集まっている」

http://sanae.gr.jp/column_details155.html

166 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) PedoBear ◆kXH7Xzjp6o :2013/05/12(日) 16:03:26.61 ID:waMqXm/1O
>>99
お前、駆逐艦を使ってまで
補給物資を運んだんだぞ
敵艦に見つかると物資満載で
全滅する可能性もあり
制空権が無いから夜間に逃げ伸びなきゃ
これまた全滅の綱渡りを繰り返した


海軍が陸軍を見殺しにしてプギャーとか
あり得ないからbear

167 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:03:39.16 ID:8wvaI4770
>>139
イギリスの無敵艦隊がドイツの爆撃うけても無償だったので

日本を舐めてたのさ(^O^)

真珠湾は底が浅いので 空中からの魚雷掃射は無理

爆撃も 当時の空爆じゃ 戦艦の装甲に歯が立たない

で、日本は 酵素魚雷と戦艦長門の砲弾を改良した爆弾で

真珠湾へ出撃 大戦果となったわけですw

168 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:04:03.30 ID:1TNniSRZ0
ベストは半島を併合せず
チャイナと旧ロシアと日本で
鼎立させておけば戦争にはならなかった。

これ孔明の知恵だってな

169 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:04:04.13 ID:vlbjiFCS0
ABCDとかハル・ノート持ち出す人はちょっとね。
それ以前に問題があった結果こうなったわけで。

170 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:04:14.83 ID:zC0U6xps0
ドイツから見たら最大の裏切り者は日本
三国防共同盟結んだクセに独ソ戦が始まっても中立決め込みシベリアに侵攻せず
真珠湾攻撃なんて余計な事をして敵を増やしやがった

171 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:04:20.40 ID:nQd8eRua0
東條英機の遺書(全文)
遺言

判決後考える所があって筆をとる。十二月二日に書き誌し刑死前日二十二日再読す。
敗戦後の日本の状況は真に断腸の思いである。今日刑死されることは個人的には慰められるが、国内的にこれを見れば到底その責任は免れ得るものではない。
殊に同僚や下僚迄もその道連れとしたことは相済まぬ次第である。
然し国際的にこれを見ればあくまで戦犯者ではない。力に屈したに過ぎないのである。
天皇陛下及び日本国民に対しては自分の責任は甚だ重大だと考えている。
然し軍隊の大部は陛下の御意図に依って行動したもので、その一部の無軌道によって全般を批難し、これが為忠良な臣民の遺族まで苦しめている現状は真に相済まぬ事である。
そもそも裁判が平和の礎石となる為には更に司法権威者を集め、これによって公正に行なうのでなければ不可である。
本裁判を忌憚なく云わしむれば政治裁判に堕し勝者の行った裁判と称すべきである。
天皇陛下の御地位、存続の問題は申すまでもなくその存続は絶対に必要であって、これを思わないのは恰も空気等の大恩を忘れるのと同然である。
近視眼になってはならない。一時の現象に眩惑されてはならない。東亜民族は小さくても列強と共に天地に存続する権利を有することを忘れてはならない。
本裁判に於て印度判事の言動は真に尊敬に値し、東亜民族の誇と信ずる。願わくは列国も排他的の観念を捨て共和的に進むべきである。
日本の統治を行っている米国の指導者達よ。願わくは日本の国民性を知り民心を失ってはならない。
赤化を防がねばならない。日本が大東亜戦争において誠意を失い東亜民族の真の協力を失った事が敗戦の真因であった事を考察して貰いたい。
日本が赤化の温床となれば危険はこの上もない。国民の大部分は凡人であるから衣食住問題の困難等が米軍が進駐している為であると思わせてはならない。
今日の状態からこれを見れば遺憾ながら失敗していると論ぜざるを得ないのである。
顧るに赤化の防壁なる満州を捨ててこれを赤化の拠点とし、朝鮮を南北二分して争いの基を作って仕舞った。

172 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:04:34.81 ID:llY5puji0
>>156
そもそも左遷された公務員の名誉回復って手続きが米国にはあるのか?

無実の罪で処刑された人の名誉回復とかなら分かるがw

173 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:04:38.08 ID:1Neb2qO90
>>150
中国(中国共産党)とも朝鮮とも戦争してないけどな。
日本が実際に戦争をしたのは台湾(国民党軍)だよ。

174 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:04:42.79 ID:IkT2Yxm30
日本が悪かったとか日本は悪くなかったとか極端なのやめてくれよw
戦前最後の10年間は明らかに政治がおかしくなってただろが
殺人集団に隙を作って戦争へ向かったんだろ

ちなみに侵略とか言うのは見当違いもいいところ

175 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:04:46.37 ID:zl63hjl60
>>60
史実を直視出来ない朝鮮ウヨは、朝鮮半島に帰りなさいよ。

176 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:04:47.67 ID:XqfgjNJQ0
石油を禁輸されたのは、フランスがドイツに降伏した際にフランス領インドシナ
(今のベトナム)北部に火事場泥棒の如く侵攻し、アメリカが「舐めた真似しやがるなら
石油禁輸するぞ!」と言ったら、撤退どころか南部にまで侵攻したからですがw

まぁここの低脳キチガイアホバカネトウヨにそういう歴史的事実を説明してもムダかw

177 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:05:39.51 ID:8c83MrQuO
戦後を簡単に言うと、

日本は立憲君主制国家で共和的経済圏主義なんで、
現状は特に問題ない。

178 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:05:55.94 ID:ActIRIKh0
世界各国の植民地化の歴史はこれを見れば大雑把ですが分かります
詳しくない人はどうぞ
gif動画なので待っていれば動き出します
2ch専用ブラウザでは見れないようです
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Colonisation2.gif
※韓国は植民地化ではなく併合です。作ったのはAndrei nacuとZaparojdikという外国の人のようなので理解がないのかも


下記リンクの植民地について書かれたwikiの説明画像の上から二枚目です
上のgif動画にも一部おかしな点があるので本文も話半分で(というか読まなくていいと思います。画像だけ参考に)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%8D%E6%B0%91%E5%9C%B0



アジア 植民地 ←のキーワードでグーグル画像検索すると最初のページに参考になる植民地地図の載ったサイトが沢山出てきます
           検索も面倒ではないので実はこちらの方が面白いかもしれません(本文も良さげ)

179 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:06:11.69 ID:0ckdc9Ez0
>>170
逆だろ
対英戦で行き詰まってたくせに勝てもしない独ソ戦始めたナチこそ裏切り者だよ
対米宣戦はヒトラーの判断で日本は関係ないわ

180 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:06:12.81 ID:XnAJSsKeP
俺が御先祖様を恨むとしたら、絶対に勝てないアメリカに喧嘩売ったことなんじゃない

朝鮮ゴキブリを一人残らず駆除しなかったどころか、文明まで与えて人間扱いしたことを死ぬまで恨む。

181 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:06:15.98 ID:uQDZzmZE0
三国同盟を馬鹿にしてはいかん

ドイツから日本へ派遣されたUボートIX型BのU -234 搭載のU235酸化ウラン560kgは、日本の原爆開発用であった。

182 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:06:24.18 ID:3FSD4LxR0
これは社民とか斜め上の国がお得意のタラレバの逆だろ
日本が侵略してなければ、朝鮮はもっとすごい国になっていたみたいな


戦前の日本が資源封鎖の上、戦争にも踏み出さなかったとしても、
どっかの植民地になっていたことはあり得ない。


植民地という支配構造はある地域が、自立した共同体として
存在し得ていない場合に収奪の対象となるものだ。
日本はヨーロッパの国と比べても同等以上の行政、経済、文化的統一
をなしえていた。植民地はぜったいに成れないし、どの国もそんな
コストのかかる支配を行おうとはしない。

183 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:06:29.77 ID:hwKU03oM0
(・∀・)ィィョィィョ!

184 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:06:30.08 ID:nQd8eRua0
>>171
東條英機の遺書(全文)
遺言

判決後考える所があって筆をとる。十二月二日に書き誌し刑死前日二十二日再読す。
敗戦後の日本の状況は真に断腸の思いである。今日刑死されることは個人的には慰められるが、国内的にこれを見れば到底その責任は免れ得るものではない。
殊に同僚や下僚迄もその道連れとしたことは相済まぬ次第である。
然し国際的にこれを見ればあくまで戦犯者ではない。力に屈したに過ぎないのである。
天皇陛下及び日本国民に対しては自分の責任は甚だ重大だと考えている。
然し軍隊の大部は陛下の御意図に依って行動したもので、その一部の無軌道によって全般を批難し、これが為忠良な臣民の遺族まで苦しめている現状は真に相済まぬ事である。
そもそも裁判が平和の礎石となる為には更に司法権威者を集め、これによって公正に行なうのでなければ不可である。
本裁判を忌憚なく云わしむれば政治裁判に堕し勝者の行った裁判と称すべきである。
天皇陛下の御地位、存続の問題は申すまでもなくその存続は絶対に必要であって、これを思わないのは恰も空気等の大恩を忘れるのと同然である。
近視眼になってはならない。一時の現象に眩惑されてはならない。東亜民族は小さくても列強と共に天地に存続する権利を有することを忘れてはならない。
本裁判に於て印度判事の言動は真に尊敬に値し、東亜民族の誇と信ずる。願わくは列国も排他的の観念を捨て共和的に進むべきである。
日本の統治を行っている米国の指導者達よ。願わくは日本の国民性を知り民心を失ってはならない。
赤化を防がねばならない。日本が大東亜戦争において誠意を失い東亜民族の真の協力を失った事が敗戦の真因であった事を考察して貰いたい。
日本が赤化の温床となれば危険はこの上もない。国民の大部分は凡人であるから衣食住問題の困難等が米軍が進駐している為であると思わせてはならない。
今日の状態からこれを見れば遺憾ながら失敗していると論ぜざるを得ないのである。
顧るに赤化の防壁なる満州を捨ててこれを赤化の拠点とし、朝鮮を南北二分して争いの基を作って仕舞った。

185 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:06:39.98 ID:46baDAtW0
>>169
ペルリが来たことですね。わかります。

186 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:06:44.56 ID:EWJA7ZP60
>>170
ソ連とは、ノモンハン事件で大敗北してるからね。
これで陸軍はソ連とは戦争できないと思ったんだよ。

これも大本営発表では「大勝利」とされたので、戦後になって日本人は
はじめてノモンハン事件で負けたことを知った。

187 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:06:47.14 ID:OuaqhBQI0
日本が中華民国と戦ってなけりゃ中共が勝つ事も無かったろうに
感謝されこそすれ恨まれる筋合いなどないのだよ

188 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:06:49.33 ID:hS6poBQl0
>>163
そういうことやね
裏にはコミンテルンなんて物の怪がいたんだけど
姿を見せたのは戦後だし

189 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:06:49.47 ID:iufjSbmw0
>>170
ドイツさんも、国民党支援したり、大概裏切り者だけどな。
日独同盟の意図が両方で不明確だったのが、
最大の失敗かもね。

190 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:06:58.80 ID:YGLTibeW0
ずっと明治からロシアの脅威にさらされてきた。
日清戦争や日露戦争なんかではっきりと分かったことは、朝鮮半島は日本の心臓に向けられたナイフのようなもの。
そしてそのナイフを持つのは満州とかの北の方。そのすぐ上にロシアがある。
そしてロシアは不凍港を探してユーラシアをウロウロ。

そして軍縮条約では日本だけ割に合わない。
ブロック経済で日本の産業は不景気。
関東大震災の余波も未だ回復途上。
こんなんで「日本は植民地は放棄しろ」
と言われたら、な。

191 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:07:03.11 ID:ZheyOSUwO
ABCD包囲に至ったのも結局は日本にとって有用な経済圏が無かったが故。ブロック経済に囲まれてたらどうにもならねえ
イタリアもドイツも結局は自分たちの「生活空間」を作るためにイタリアはエチオピアに行ったり、ドイツは征服の進軍を続けたんだしな

192 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2013/05/12(日) 16:07:14.30 ID:hKdNpC54O
あほくさ。
資源封鎖されたのは戦後と同様東アジア連携の妄想に突っ走ってたからだろ。
だから日本人は学習能力がないと言われるんだよ。

193 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:07:19.61 ID:lNu285ZZ0
少なくとも負けるのがわかってる太平洋戦争仕掛けたのが失敗だったよな
それとも、あれって勝てる算段あったんだろうか?

194 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:07:43.34 ID:UGx0mBLl0
自分の想像だけで物を語ってる ID:9ng+1d7lP から明らかに統失のニオイがする。
やっぱ末尾Pってキティばかりなの?

195 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:07:48.76 ID:8wvaI4770
>>175
史実だら 白人どもの植民地から日本が解放させたのは(^O^)

196 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:07:51.28 ID:XqfgjNJQ0
>>174
日本は最悪の侵略犯罪テロ国家だったけどなw
張作霖爆殺事件なんてまんま国家テロだしw

まぁ今の北朝鮮が韓国・中国・モンゴル・ベトナムに
攻め込むようなモンだよw

これで日本が悪くないとか侵略じゃないとか寝言もいい加減にしろ低脳w

197 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:07:52.33 ID:QgVj7Gp20
日本
満州国を認める、チベットやウイグルは独立すべき
中華民国も認める(汪兆銘政権など)、黄河決壊事件でも中国人を救助する

蒋介石、アメリカ
満州国は中国、チベットやウイグルも中国
台湾も中国、黄河決壊事件は日本のせい!(フランス人記者に中国軍の仕業と見破られる)

どっちが正義よ?
確実に日本だろ。

198 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:08:31.28 ID:GDew+oxu0
ほんとネトウヨは普通の日本人の敵だな
失うものがない底辺の発想は何人死者が出ようと戦争してでも中韓ざまあと憂さ晴らししたいだけだろ

199 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:08:32.28 ID:9n5xwdNC0
ここで韓国に阿ることは、もっと大きな意味で日韓関係を損ねることになる
まあ米国の顔色次第のところは確かにあるのも確かだが
おいそれと内政干渉を許してはいけない

日本としては米国政府の意向を探ることに失敗しなければ、大きなミスも起こらずにやれるだろう
だから心配するようなこともない
少なくとも自民党は民主党より米政府にパイプがありそうだからな

200 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:08:37.42 ID:l22O9ybTP
>>176
ずいぶん単純な国なんですね、アメリカって

201 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:08:40.97 ID:vb7Hbama0
>>147
反省しやな成長せいへんで

202 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:09:03.68 ID:uQDZzmZE0
>東亜民族は小さくても列強と共に天地に存続する権利を有することを忘れてはならない。

東条英機閣下ですら、「日本人」じゃなくて
東亜民族(5族)なのに
おまいらときたら、閣下のご遺志をなんと心得る

203 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:09:10.60 ID:I1002VoyP
>>173
八路軍(共産党)とも戦ってた。
国民党軍と八路軍が合同して日本と戦っていたというのが実情。
そういう事実を全部無視して報告していたから結局日本は負けた。
組織論とかその辺からやり直さないといけなかったんだろうな。

204 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:09:14.85 ID:FF+MMtzjP
学校で近代史習わないよね

205 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:09:16.29 ID:3SKjC+yJ0
>>169
確かに問題はあったよな、アメリカが中国大陸への進出に出遅れたから
日本に難癖をつけて鉄道利権などこっちにもかませろ!といってきたのを断ったり、
ドイツが中華民国に武器を売りつけ戦費にしてたのを抗議もせず、
中華民国との戦争を継続してた件とか、いろいろ、言わなといけないときには言わないとだめだよね。
チャーチルはよく、観察してるよ
「日本にこれほどの力があったのならもっと早くいってほしかった。日本人 は外交を知らない」
今も、外交を知らずにものすごい不利益を被ってるんだからね。

206 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:09:18.12 ID:FUXq+9Gn0
>>14
何度もウソを書くな。

不戦条約

加盟国は原則として自衛権を保持していることが交渉の過程で繰り返し確認されており、
また不戦条約には条約違反に対する制裁は規定されていない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そのほかにも自衛戦争の対照概念たる「侵略」の定義がおこなわれておらず、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
第一次大戦で多大な効力を発揮した経済制裁(ボイコット、拿捕や敵性資産の没収等)が
戦争に含まれるのか不分明であり、

また戦争に至らない武力行使、国際的警察活動(海賊やテロリストの取締、
とくに他の締約国内での武力行使を伴う)、中立国の権利義務など不明確な点を多く含んでいた。
条約批准に際し、アメリカは、自衛戦争は禁止されていないとの解釈を打ち出した。

なお
1928年12月7日、ケロッグ国務長官はアメリカ上院議会の不戦条約批准の是非をめぐる討議において、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
経済封鎖は戦争行為そのものだと断言したことを挙げて、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日米戦争については、日本ではなくアメリカが侵略戦争の罪で裁かれるべきだったとしている
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

207 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:09:21.62 ID:8wvaI4770
>>196
日本がやった 証拠でもあるのかな?(^O^)

208 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:09:25.19 ID:oOeDp0n10
「アジアに白人が進出するのはOKだが、黄色人種の日本が出しゃばるのは許せない!」という
米国の人種差別意識が後に「オレンジ計画」となってまとまり、日本に対する執拗な嫌がらせと挑発が
始まった。米はまず満洲と中国への介入のために中国の抗日運動を煽りたて、日本叩きのために中国の
混乱を利用した。日中戦争が始まった時、米は中立をやめて蒋介石の軍隊をあからさまに支援する→
米による日英同盟解消→日本への石油禁輸→ABCD包囲網など、日本に挑発し続け、最終的には日本に
「ハル・ノート」を突きつけ、直接的な武力衝突へと誘い込んでいったというのが現実だろうな

209 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:09:36.68 ID:EWJA7ZP60
>>190

>「日本は植民地は放棄しろ」

そんなこと言われていない。植民地はまんま。

泥沼戦争中の中国奥地から撤退すればよかっただけ。

210 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:09:39.81 ID:Dd1oueocP
>>158
 売国奴つうか 亡国奴な

   自分が頭下げるのがいやだから、国が滅びてもいいという

   自分では愛国だとカンチガイしている、亡国のクソ


 おまえらが女だとして

  自分の旦那が 社長と喧嘩して

    退かぬ 媚びぬ 省みぬ とかいって クビになったら

  あきれて、見放して、実家に帰るだろ?

211 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:09:55.23 ID:qQ6VoOREP
韓国併合はしない方が良かったかもしれないけど、しないとどうなってたの?

212 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:10:16.28 ID:nQd8eRua0
行政・司法・教職・マスコミに入り込む在日

【就職】「在日は武器」 在日女子大生、面接で靖国や独島の質問答えてTBSに内定
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1168395245/

【TBS/朝ズバッ!】毎日新聞・鈴木琢磨氏「メディアにも朝鮮学校卒業者が沢山いる」「橋下さんはもっと在日社会をリアルに知ってほしい」★2
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1270033926/

【NHK終了のお知らせ】NHKに外国人職員がいる件、 民団新聞に証拠
ttp://www.hoshusokuhou.com/archives/24075228.html

【社会】 「在日外国人に、参政権を!」「日本国籍の取得?…祖先にツバするような行為、到底できない!」…在日韓国人人権講座★9
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1304044240/
>  李さんは毎日新聞福井面でコラム「在日からの声」を連載。主に自治体の職員採用、
>  任用における国籍条項問題に取り組んでいる。日本国籍を受験資格とする「国籍条項」は、
>  法律ではなく53年の内閣法制局見解を根拠としていることを示し、現在は全自治体の
>  3分の1が一般職のみ撤廃していると説明した。県内自治体では県とあわら市が撤廃しておらず、
>  「職業選択の自由の観点からも撤廃すべきだ」と訴えた。

【韓国】日本司法試験に揃って合格、初の韓国人合格者3人が語る夢と挑戦、「日本の前近代的な法条項に違憲訴訟をしてみたい」★2[11/02]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1320222364/

「当然の法理」へ挑戦今年も 川崎市在日職員
ttp://www.mindan.org/search_view.php?mode=news&id=9084
在日韓国人など日本国籍を有しない者の公立学校の教員への任用について - 神奈川県ホームページ
ttp://www.pref.kanagawa.jp/cnt/p40932.html

【民団新聞】「本名指導の徹底を」…同胞団体が大阪府に働きかけ、府職員の任用を現在の次長級から部長級に拡大するよう要望[02/22]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1329929139/

【神奈川】「在日韓国・朝鮮籍の教員、教諭採用を」民族差別と闘う神奈川連絡協議会(林慶一共同代表ら)、相模原市に要求★6[02/21]
http://a

213 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:10:22.15 ID:rbR9Wo7t0
>>205
今も変わらんけどまさしくその通りだな>>日本人は外交を知らない

214 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:10:31.16 ID:QgVj7Gp20
>>196
中立と言う建前だった満州で
軍事行動を起こして自分の軍閥を作ろうとしてたのが
張作霖なんだが?

日本軍が侵略するとかそういう前に、中立地の満州に侵略してたのが
漢人だろうが。
それをなぜか黙認してたのもアメリカ。
黄河決壊事件を起こした蒋介石を支援し続けたのもアメリカ。

215 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:10:35.64 ID:kPSQv2Q30
GHQ占領下がベストだったかどうかは

それ以外の選択肢がなかったから判断なんてできない

216 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:10:36.23 ID:WHMX7rgp0
>>193
早期講和が絶対条件なのはわかっていたけど、どの時点でというのは不透明だったんじゃ
アメリカ市民がそこまで過剰反応したことと、化け物じみた工業力は実感できてなかった気がする

217 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:10:49.57 ID:vb7Hbama0
>>195
どこが解放されたんだ?
白人にかわって日本が支配したんちゃうんか?

218 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:10:57.90 ID:QsfotFVw0
>>17
フィリピンにそう言ってあげたら?

219 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:10:59.30 ID:hS6poBQl0
>>193
日本側は防戦に徹する戦略だったようだけど
実は日米はお互いを過小評価していた

220 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:11:08.13 ID:AYLj5XNOP
植民地批判したいならヨーロッパを好きなだけ叩いてろよw

221 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:11:20.81 ID:bPjfLBvN0
日本が西洋思想を受け入れたときに、その西洋では自らの思想に葛藤してたんだが、
まぁ、その辺りから考えていかないとダメなんじゃないのかね。
切り取りして蛸壺論してても仕方がないように思ったり思わなかったり。

222 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:11:32.73 ID:0ckdc9Ez0
>>172
あるよ
原爆輸送後に日本軍潜水艦に撃沈されたインディアナポリスのマクベイ艦長はジョーズを見た少年の頑張りで議会で名誉回復された
一方キンメルは何度も遺族が申し出して議会まで認めたけどクリントンブッシュが署名拒否してまだ回復されてない

223 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:11:43.58 ID:OuaqhBQI0
>>193
闇雲に戦線拡大しなきゃいい勝負してたろうし
同盟国のおかれた状況にしても当初から予測できていたものじゃない
後からなら何とでも言えるが、最初から負け戦じゃないぞ

224 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:11:48.44 ID:ZheyOSUwO
>>211
半島がロシア帝国自治区になって、今頃は朝鮮人よかロシア人の数が多くなってたかな?
ウラジオ艦隊は仁川艦隊になってるでせう

225 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:11:58.11 ID:I1002VoyP
>>213
英語しゃべれない人が多いからだろ。

226 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:12:02.38 ID:zC0U6xps0
>>179
>対英戦で行き詰まってたくせに勝てもしない独ソ戦始めたナチこそ裏切り者だよ

対英戦はアメリカ参戦まではイギリス本島に封じ込めできていたし
独ソ戦も日本がシベリアのソ連軍を釘付けしてくれたならば、モスクワは陥落してスターリンは死んでいた

227 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:12:03.42 ID:Xtc2dUAS0
そのころ我が家のジュモーちゃんはフランスの何処かにいて
ナチスの軍靴の音を窓辺越しに聴いていたんだろうな。
戦争ってイヤだよね。

228 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:12:05.46 ID:8wvaI4770
>>217
いいえ(^O^) 

229 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:12:21.48 ID:Vdz2uLse0!
露営の歌の最終節などに
込められた気持ちと歌われた様子、兵隊さんの実存を、汲み取れる
>>154

230 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:12:27.35 ID:/dTqU6S9O
>>159
うちのじいさんガタルカナルからピンピン生還してきてっから心配すんなw
後からいきなり上司に謝られたってw
敗戦後まずアメ兵から命令されてやったことが兵士の遺体を埋めるための穴掘ったことで、
アメ兵の「○フィート埋めろ」っていうのを翻訳して上司に伝えられたから尊敬されて、
みんなより多目にジャムパンもらったって今横で自慢してる

231 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:12:34.84 ID:EWJA7ZP60
>>193
内閣の総力戦研究所では対米戦は100%負けると結論したが、東条英機は戦争したかったからもみ消した↓
以下東条発言をフルでどうぞ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%8F%E5%8A%9B%E6%88%A6%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80
東条英機「諸君の研究の労を多とするが、これはあくまでも机上の演習でありまして、実際の戦争
というものは、君達が考えているやうな物では無いのであります。日露戦争で、わが大日本帝国は
勝てるとは思はなかつた。しかし勝つたのであります。あの時も列強による三国干渉で、やむに
やまれず帝国は立ち上がつたのでありまして、勝てる戦争だからと思つてやつたのではなかった。
戦といふものは、計画通りにいかない。意外裡な事が勝利に繋がつていく。したがって、諸君の
考へている事は机上の空論とまでは言はないとしても、あくまでも、その意外裡の要素といふも
のをば、考慮したものではないのであります。なお、この机上演習の経緯を、諸君は軽はずみに
口外してはならぬということであります。」

232 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:13:06.42 ID:x7EbXRP80
まあ過去は過去として、中韓による日本の主権侵害を容認して良いわけがない。
靖国参拝は主権である。

233 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:13:07.34 ID:Wul/+m+u0
確かに現在の価値観からすれば当時の侵略戦争は正当化できるものではない
これは当然認めるけど、当時の国際通念からしてそれが一方的に批判されるものではないことはアフリカやアジアを見れば当然分かること

234 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:13:14.87 ID:StUeLg+90
>>130
ツチ族が少数で貴族階級なんだっけ

マイノリティー利権の人がマジョリティー=抑圧側て固定観念だね

235 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:13:19.55 ID:9n5xwdNC0
>>217
各国の独立に向けてちゃんと活動していたろ
ただ戦局の悪化もあり、スムーズにはいかなかった

結果的に無謀ではあったが、独立させる計画はしっかりと存在していたよ

236 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:13:20.49 ID:kPSQv2Q30
白人恨まず、日本人を恨む

この考えは、70年経とうとしてる今でも
シナチョンの間で広まってるなwww

237 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:13:22.85 ID:ANIhPG38O
まず一番不要なのが民主党なんですがね。

238 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:13:25.99 ID:uQDZzmZE0
「ここは俺のものだ」「いやお前のもんじゃない」
口先で主張し続けることが「平和的」であって

黙ってニコニコしているくせに
いきなり護衛艦、戦闘機、潜水艦を並べてみせるのは
「平和的」じゃないから

沖縄は俺のものだ、とか口先だけ言う分には平和で
それに反応して、憲法を変えようとするほうが戦争

239 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:13:33.56 ID:kn4rxWMw0
>日本の支配を受け、植民地とされた国の方々の民族の誇りを傷つけて大変な苦難を与え、被害を与えたことは確かだが、

は?こういう頓珍漢なこと言うから奴らがつけあがるんだよ
実態と異なる発言をいい加減やめろ

240 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:13:41.52 ID:nQd8eRua0
昭和27年11月5日、広島高等裁判所での講演

ラダ・ビノード・パール
インド、極東国際軍事裁判判事

「要するに彼ら(欧米諸国)は、
日本が侵略戦争を行なったということを歴史に留めることによって、
自分らのアジア侵略の正当性を誇示すると同時に、
日本の17年間の一切を罪悪と烙印することが目的だったにちがいない。
私は1928年から1945年までの17年間の歴史を2年7ヶ月かかって調べた。
この中には、おそらく日本人の知らなかった問題もある。
それを私は判決文の中に綴った。この私の歴史を読めば、
欧米こそ憎むべきアジア侵略の張本人であることがわかるはずだ。

それなのに、あなた方は、自分らの子弟に
「日本は犯罪を犯したのだ」「日本は侵略の暴挙を敢えてしたのだ」と教えている。
満州事変から大東亜戦争にいたる真実の歴史を、
どうか私の判決文を通して充分研究していただきたい。
日本の子弟が歪められた罪悪感を背負って、卑屈、頽廃に流されてゆくのを
私は平然と見過ごすことはできない。
誤られた彼らの宣伝の欺瞞を払拭せよ。
誤られた歴史は書き換えられなければならない。」

原爆慰霊碑の「あやまちはくりかえしません」を観た時のパールの言葉です。

241 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:13:58.16 ID:0ZgPXg9C0
明治維新からが間違いの始まり。
大日本帝国はイギリス・大英帝国のパクリ。
徳川が勝っていたまともだった。
幕府が開国しようとした為、尊皇攘夷で保守の薩長が反発した。
幕府を倒したら公約違反の大英帝国のパクリに走った。



十五代将軍 徳川慶喜
・フランス式の軍制を整備。・渋沢栄一をヨーロッパに派遣し見聞を深めさせる。
神君家康の再来ともいわれた慶喜。
幕府の軍事力が息を吹き返しだすと、彼は反幕府派に恐れられフランスと手を組んだ慶喜の下で軍制の改革などが行われたのだが
結果として大政奉還、さらには鳥羽伏見の敗戦であっさり朝廷側に降伏してしまった。
水戸家は天皇家を中心とする世界を理想としており、慶喜も朝敵になることを極端に恐れていたようである。慶喜の母は皇族出身。
忘れてはいけないのが渋沢栄一という人材の発掘である。後に日本の実業界の父と言えるほど数多くの会社を設立し、今でもかなりの会社が当時のまま、名称を変え大企業として存続。
渋沢栄一も面倒を見てもらった慶喜に深く感謝し、後年、慶喜に対する悪い評論を払拭すべく慶喜の協力の下、幕末当時の回顧録を作成している。
ttp://www.uraken.net/rekishi/reki-tokugawa15.html


澁澤榮一 Wikipedia
澁澤榮一は、幕末から大正初期に活躍した日本の幕臣、官僚、実業家。日本資本主義の父といわれる。
多くの地方銀行設立を指導した。
東京ガス、東京海上火災保険、王子製紙・日本製紙、東急電鉄、現太平洋セメント、帝国ホテル、秩父鉄道、京阪電気鉄道、東京証券取引所、キリンビール、サッポロビール、東洋紡績など
多種多様の企業の設立に関わり、その数は500以上といわれている。
一橋大学・東京経済大学の設立に協力したほか、二松學舍大学の第3代舎長に就任した。学校法人国士舘の設立・経営に携わり、同志社大学への寄付金の取り纏めに関わった。
女子の教育の必要性を考え、伊藤博文、勝海舟らと女子教育奨励会を設立、日本女子大学校・東京女学館の設立に携わった。

242 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:14:08.91 ID:LcM42eBn0
資源封鎖をされないような外交努力をすれば良かっただろ。高市は基地外だな

243 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:14:19.78 ID:OxAPgyboO
今になってみれば、中国だの朝鮮だの、何の役にも立たぬ無駄な土地に、なんで侵略したんだ。
あんなとこ金貰ったってお断りだ。

何の役にも立たぬ無駄な土地のため大戦争して大被害を喰らってしまった。
それぐらいなら、いっそ根絶やしの無人地帯にしてから撤退すりゃ良かったのに。

244 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:14:27.56 ID:Ms064udh0
>>176
しれっと嘘をつくな
当時のベトナム政府が宗主国が敗退したから日本にすりよって
南進したのだろうが。

245 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:14:34.30 ID:vlbjiFCS0
>>205
さすがチャーチル。
安倍さんや高市さんもたくさん勉強してるだろうし、
遠慮せずにしたたかな外交をやって欲しい。
参拝ももちろんいいが、したたかな外交をすることが
一番英霊が喜ぶことかもしれんね。よくぞ気がついたと。

246 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:14:45.94 ID:/CKbgBVt0
自民党に投票するからな




がんばれ

247 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:14:51.08 ID:8KykUREkO
>>193
負けると分かってても戦わないといけないときもある
と言っとこうかw
それとも、
「最初から負けること考えて戦うバカがいるかよ」
とでも言っとこうかw

248 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:14:54.95 ID:/B+/Btbd0
前の戦争は現実に負けたんだから何とでも好きに言え、今度は負けねえからでいいだろ
それとは別に戦死者乙で参拝すんのは当たり前だろ
もっと簡単に考えろよ

249 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:15:11.44 ID:0s8ehQtX0
大東亜戦争の真実
http://www.youtube.com/watch?v=UdpaTT5EYI0&feature=fvw

大東亜戦争の真実。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4285231

250 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:15:22.40 ID:BQHCzDfr0
>>150
>日本の自衛のためだったら、なんで中国とか朝鮮とかに侵略したんだよ。

周辺国を凶暴で強欲なヨーロッパ諸国に占領され、資源もママならない状況で、
なんで日本の領土内に閉じこもっていても自衛できたと考えるの?
 

251 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:15:35.93 ID:ZheyOSUwO
ここにいる俺らを過去に送って東条か近衛あたりの精神を乗っ取って戦争指導したら
あるいはよりマシな結果になったかな?www

252 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:15:42.40 ID:uLPys7uk0
>>211
あのへん一帯ロシアになってただろうね
対馬もロシア領になってたかも

253 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:16:10.71 ID:uQDZzmZE0
鬼畜米英のいいなりの
アメポチでは、英霊は嘆きこそすれ、喜ぶわけがない

靖国の英霊たちが太平洋で戦った相手はアメリカだ
いつまでもアメリカに精神的に占領されたままでは
英霊たちも浮かばれない

254 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:16:12.12 ID:nQd8eRua0
梁石日・崔洋一・鄭義信の対談 『マルコポーロ』 1993年9月号

崔 「一時流行ったんだな。左翼少女を口説くときは日帝三十六年史で落とせというのが。」
鄭 「いまだにそんな手を使っている人、いるんだよね。」
梁 「男の風上にもおけんなあ。」
崔 「梁さん、唇、震えてますよ(笑)。」

朝鮮問題に関わる日本人女性たちが、在日活動家に警戒心をなくし、レイプされるという事件
が少なくなかったのである。そして彼女たちは、反体制意識を持っていたために警察に通報す
ることもなく、泣き寝入りした。周囲からは運動団体内でフリーセックスが流行ったと思われ
たのだろうが、実態はレイプであった。
人権に最も敏感なはずの在日活動家が何故そんなことをするのか。
また日本の女性たちは、活動家とはいえ在日男性がたずねてくると、なぜ警戒心をなくして部
屋にあげてしまうのか。
 今はどうなのか知らないが、昔はそういう時代であったということである。

「歴史と国家」雑考 レイプ事件考
http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daihachijuunanadai
「日韓併合を肯定する人には歴史を語る資格はない」崔洋一
http://www.youtube.com/watch?v=_eVkvLzuZWw

これがまともな韓国人の見解
朴正煕(パク・チョンヒ)大統領のことば

『しかしあのとき、我々は自分たちで選択したんだ。日本が侵略したんじゃない。私たちの先祖が選択した。
もし清国を選んでいたら、清はすぐ滅びて、もっと大きな混乱が朝鮮半島に起こったろう。
もしロシアを選んでいたら、ロシアはそのあと倒れて半島全体が共産主義国家になっていた。
そしたら北も南も完全に共産化された半島になっていた。 日本を選んだということは、BESTとはいわないけど、
仕方なしに選ばざるを得なかったならば、 Second Bestとして私は評価もしている』

崔なにがし君、もっと歴史を勉強したまえ。

255 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:16:23.58 ID:3WyvM7xy0
>>95
ハルノートなんて来る前の9月6日御前会議の時点で対米開戦は決定済み

256 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:16:23.92 ID:vIUu9uRz0
アメリカは日本を戦争に誘うという意思が働いていたので何れ戦争に巻き込まれていたから一緒だよ

257 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:16:31.21 ID:x7EbXRP80
>侵略戦争

アメリカの白人なんかは、黒人奴隷やインディアンについて、どういう言い訳してるんだろう??

258 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:16:31.52 ID:EWJA7ZP60
>>240
インドの独立のために日本をなんとしてでも正当化しないといけない。
そんな思惑のあったパール判事も、国際法上の日本の条約違反をかばう
ことはできなかったことが大きい。
そういう浪花節系の演説しかできなかった。

259 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:16:38.13 ID:h2LubFHl0
汎アジア主義も、大東亜共栄圏も、
未完であるゆえに、
現在でも生きていける思想だと思う。

この前の大戦の負けっぷりと、
ねちねちとした、現在までの世界の情報戦にやられて、
日本をネガティブ思考で無様な姿にしておいて、
上のような関連した思想を言えば、
神経質なまでに危険視する刷り込みを行って、
過去の検証もろくにないまま、敗戦国のままでいるから悪であるとか。
いつまで続ける?

260 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:16:50.65 ID:8wvaI4770
>>252
日本海挟んで対峙すればOK(^O^) チョン半島併合は


明らかな失策

261 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:16:51.16 ID:0ckdc9Ez0
>>226
それはないよ既にモスクワ戦の前にソ連の工場設備はウラル山脈の向こうに避難完了してたし
ジューコフは充分準備して厚い防衛陣地構築してナチを迎えてた
もうナチは補給線延びきっててクレムリンの尖塔を見るのがやっとであっさり蹴散らされた
完全に力負け

262 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:16:51.93 ID:3SKjC+yJ0
>>225
日本人の独特な気質にあるんだよ。
阿吽の呼吸とか触らぬ神に祟りなしとか面倒事からは逃げる傾向にあったり
こっちが察しているから向こうも察してくれているだろう。とかね。
欧米は言わなきゃ分かんないだろうが!だから水と油なんだよ。

263 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:17:12.90 ID:UGx0mBLl0
クサヨクとネトチョンがここぞとばかりに日頃イジメられてるウサを晴らしてるw

264 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:17:21.95 ID:IkT2Yxm30
>>194
はあそうですかw

その前にも日本軍は居留してるけどいったいどこからが侵略ってことになるんだ?

265 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:17:34.69 ID:4P7v8zsE0
侵略した事実は変わらんだろて!

266 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:17:44.00 ID:OV3idEtx0
 「目が合ったしらんぷりしたバカトマト」←俳句の本場、韓国の女子学生が作った俳句の入選作
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1368333106/


NHKが素晴らしい俳句であると褒め称え、日韓友好の架け橋であるとする基地外記事


>>251
近衛は卑怯者のチョンみたいなドクズ

267 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:18:03.77 ID:9n5xwdNC0
>>231
対米戦がまだ決定してないのに、
そんなこと軽々しく公言されちゃ困るだろ、JK
東条が何故そういう風に言ったかは、推測の域を出ないというものさ

268 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:18:16.04 ID:B5leSeg20
そもそも資源封鎖されるような状況に
なぜ自らを追い込んだのかと言うことだな。
米英を敵に回したのは愚か過ぎた。

269 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:18:18.90 ID:L6U9jrYHO
なに? 社長と喧嘩してって
アメリカが日本の社長ってこと?
例えになってないよw
も一回やり直し!

270 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:18:19.96 ID:W3djtYyh0
>>1
>>民主党の松本政策調査会長代行は「閣僚の靖国神社参拝は、アメリカも不必要と見ているし、]

じゃ、アメリカは、他国がアーリントン国立墓地への参拝は不必要と声をあげたら、参拝をやめるとでも思うのか?
これは、内政問題だろ。他国がどう言おうが関係ない。民主党の松本は、隣人が、お前のところは墓参りする必要ない、やめとけ、
って言ったら、はいそうですか、じゃ、やめます、って言うのか? 阿呆民主は早く滅びろ。

271 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:18:27.59 ID:9ng+1d7lP
>>208
>(アメリカ)日本に対する執拗な嫌がらせと挑発

アメリカは日本の行動に、段階的に対応しただけ。

日本・・・日露戦後、アメリカとの満州鉄道共同経営の約束破棄
アメリカ・・・日本にムカつき移民規制

日本・・・満州事変〜中国介入
アメリカ・・・国務長官等が条約違反に基づき非難〜中国へ物資援助

日本・・・北部仏印進駐 ナチスと同盟
アメリカ・・・クズ鉄禁輸 交渉に妥協余地も見せる

日本・・・警告を蹴り、欧米領視野の南部仏印進駐
アメリカ・・・石油禁輸 強硬姿勢


初めから日本を潰したいなら、満州事変時に輸出規制すれば良かった。
紛争の要因は双方にあるが、基本的に日本の行動拡大が発端。

272 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:18:52.13 ID:uQDZzmZE0
水素爆発を爆破弁といったり
撤退を転進といったり
敗戦を終戦といったり
侵略を抵抗といったり

しているうちは憲法改正は無理

273 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:18:52.21 ID:bFQp/KMG0
日本が併合したところ=朝鮮。
日本が関与した独立国=満州国。
日本が植民地としたところ=他国の植民地だった国。
中韓の言うことを鵜呑みにして、ここいらをわかってない政治屋が多すぎ。

274 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:18:56.70 ID:8wvaI4770
>>265
中国共産党がチベットをな(^O^)

275 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:19:09.10 ID:ebQ/EtPp0
アメリカと戦争したことは間違いだったよ
でも誰にもどうすることもできなかった

276 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:19:11.81 ID:y5sk5OWo0
>>193
前任者が戦争に向かわせてしまったからな
武闘派ならやるでしょ

277 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:19:31.88 ID:3WyvM7xy0
>>256
アメリカに騙されたというのはそれだけ日本人が馬鹿だった言ってるのと同じになる
戦略戦術上の様々な失敗もあったけど日本兵は総じて勇敢に戦った
それを誇りに思うということでいいじゃないか
いつまでも被害者面しても中韓みたいでみっともないだけだよ

278 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:19:36.33 ID:kn4rxWMw0
日本はどこにも「侵略」はしてないだろ

279 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:19:46.75 ID:Byx5qtXg0
この番組見てたけど、高市は理路整然としててカッコ良かったわ

共産党は気が狂ってるw

280 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:19:58.40 ID:/B+/Btbd0
>>275
ま、済んだ話だな
今さら言うてもしゃあないわ

281 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:19:59.10 ID:hK0XT9oSO
>>150
バカすぎる
朝鮮は破産しててロシアか日本に保護されるしかなかった
朝鮮自身が日本に泣きを入れ、世界が祝福したのが朝鮮併合だよ
ソースは当時の世界の新聞と政府のコメント

大恐慌によるアジア締め出しと防共で
日本は経済圏を構築する必要があった

情報戦や外交力やしたたかさがカスだったのが日本の悪

282 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:20:30.03 ID:y4KU0HzdO
>>242
今の事じゃないやろあほか

283 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:20:33.18 ID:x7EbXRP80
>>193
戦わないことのリスクもある。
ゲーム理論の考え方ね。

284 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:20:45.55 ID:IkT2Yxm30
>>196
>日本は最悪の侵略犯罪テロ国家だったけどなw
>張作霖爆殺事件なんてまんま国家テロだしw
>まぁ今の北朝鮮が韓国・中国・モンゴル・ベトナムに
>攻め込むようなモンだよw
>これで日本が悪くないとか侵略じゃないとか寝言もいい加減にしろ低脳w

その前にも日本軍は居留してるけどいったいどこからが侵略ってことになるんだ?

安価間違えたw

285 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:20:46.68 ID:rbR9Wo7t0
>>277
兵は勇敢でも上がバカって話だろ

286 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:20:48.33 ID:ZheyOSUwO
>>261
モスクワが取れてたらここには当時の輸送の主流だった鉄道の一大結節点があったから、ロシア軍の展開に重大な支障が生じたろうから
まだ判らなかった?かも。まあ生産数で完全に負けるけどw

後レニングラードが取れてたらドン河の輸送が出来なくなるし、ロシアの輸送に重大な問題が生じていた可能性も

287 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:20:49.88 ID:q1PBuGFlO
日本の自称市民団体(左翼)は詰まるところ敗北主義者なんで
日本は植民地になるべきだったと思ってるでしょう

288 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:21:12.43 ID:WDG8tMtVO
今の中国は、かつての成功パターンを踏襲しようとしてるっぽいな。
つまり当時、国民党や共産党が国際プロパガンダで日本悪者論をアメリカなどに広め、
自分達に有利に事を進めるのに成功した。
日本はいま韓国によるアメリカでの反日ロビー活動に圧倒されてるけど、そういった情報戦が下手だな。
その点は歴史に学んでないと言える。

289 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:21:14.87 ID:46baDAtW0
>ウイルソン大統領が植民地政策はやめようと、その直後にワシントン条約で
>植民地を作るのはやめようということになった。
>満州事変、日中戦争はこの後のことなんです(後略)」

>「植民地を作るのはやめよう」という内容の「ワシントン条約」なるものは存在しません。
>もしも、当時そんな条約があったとしたら、第2次世界大戦後独立したアジア諸国を
>植民地としていたヨーロッパ諸国は条約違反を犯していたことになってしまいますから、
>説明がつきません。

高市早苗HP 2002年08月27日
http://sanae.gr.jp/column_details155.html

290 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:21:15.03 ID:9ng+1d7lP
>>214
>中立地の満州に侵略してたのが漢人

満州の主権は中華民国にあったが。

清〜中華民国で主権委譲、日本など列強各国も九カ国条約で中国主権を承認。
日本の満州権益も、主権者である中華民国に租借延長を認めさせた物。

291 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:21:25.28 ID:gdBdc6s6P
日本悪玉論と、米策略論に極端に分かれるな。
俺は日本悪玉論は信じない。あり得ない。
米の策略は実績が有るよ。奴隷、テキサス、ハワイ、その他。
その都度米は悪い事してると思っていない。逆に正義だと思っている。
いわばかみつき犬だな。

292 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:21:28.77 ID:EL5nxaIPP
今の状態を見ると植民地になるのがベストだったんじゃ無いですかねえ
4年遅いか早いかの違い

293 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:21:53.56 ID:StUeLg+90
>>287
今は周辺諸国民の市民さんがやってるから尚更そんなかんじ

294 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:21:53.72 ID:8wvaI4770
>>287
日本の自称市民団体(左翼)は済州島の赤狩りから逃げてきた

不法入国チョンだよ(^O^)

295 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:22:32.73 ID:pypP9loE0
こういう討論会って、議員数も考えずに全党同じに扱うのは不公平だと思うわ。
議員数が10人以下の政党なんて呼ぶ必要ないだろ。

296 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:22:37.77 ID:zC0U6xps0
>>193
対米戦で勝てる算段なんて無いよ
ただハルノート受諾は関東軍や参戦派陸軍のクーデターを間違いなく引き起こすから
和平のために、米軍に彼らを「間引いて」もらう戦争が必要だった

297 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:22:54.40 ID:WHMX7rgp0
田原総一朗は、東条内閣はアメリカと戦争させるために組閣されたと言っていたな
近衛文麿に押しつけられたって
東久邇宮だと、負けたとき皇室の責任になるから駄目だって

298 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:23:00.81 ID:nQd8eRua0
523 名前:名無しさん@4周年 投稿日:03/08/15 13:06 ID:W01vhvCJ
極左対策のガイドライン

Q:戦争責任は国民全体にあったの?
A:戦争責任は、個人にあります。A級戦争犯罪人、裕仁もその1人です。
コメント:
開戦時の政府には敗戦した責任がありますが、それは勝てなかった責任が国民に対してあることです。
A級戦犯なるものは連合国が一方的に決めたもので個人が具体的に指定されましたが、昭和天皇は
戦犯に指定されてませんので戦勝国が戦争犯罪人ではないと認定してます。
戦争犯罪人は東京裁判で指定された人意外には存在しませんので、昭和天皇は戦争犯罪人ではありません。

Q:日本はどうして今でも謝罪と賠償を迫られるの?
A:戦争責任をうやむやにしてきたからです。
コメント:
すでにサンフランシスコ講和条約、日韓基本条約、日中平和友好条約などで解決済みですので、
謝罪と賠償を求められる筋合いはありません。
日本国内の売国左翼が国際法もわからず勝手に騒いでるのに乗じて中国や韓国が隙あらばたかろう
としてるだけです。

Q:他の国はどのようにして責任をとったの?
A:イタリア、ドイツは、エライ責任者だった人を完全に否定しました(が、近年その人たちをたたえよう
 という運動が一部で起こりつつあります)
コメント:
ドイツはナチスという集団の責任ということにしてドイツの責任ではないということにして逃げてます。
イタリアは本当の独裁者だったので、指導者が自国民に殺されて、そのまま連合国側として手の平を
返すようにドイツに対して宣戦布告して戦争責任を逃れてます。

Q:日本はどのようにして責任をとったの?
A:日本はアメリカに占領されたためマッカーサーの判断で、明確には責任をとりませんでした。
戦後統治を効率よく進めるために、最大の犯人である天皇はその責を逃れました。
コメント:
日本はサンフランシスコ講和条約に基づき、各国に賠償を行って責任を取りました。

299 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:23:08.78 ID:9n5xwdNC0
>>281
日本人にとっての日本の悪とは、
そういう能力不足のことに他ならない

倫理面、道義面なんて言い出したらキリがない
だったらこの世に綺麗な戦争なんてあるのかと
そんなもん最初からありはしない
日米開戦の顛末を少し研究すれば、誰にでも分かること

なのに、どうしても全て日本が悪かったということにしたい人たちの集まりが韓国さ

300 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:23:09.39 ID:3SKjC+yJ0
>>277
アメリカから資源のほとんどを買ってたからね。
金玉握られてるのと一緒。
今みたいにアメリカがダメならロシア、
ロシアがダメなら中東なんて便利な世の中じゃなかったからね。

301 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:23:15.98 ID:YGLTibeW0
>>209
ブロック経済の中で?
欧米諸国は「自国と植民地」間で共同して関税を不当に高くしておいて?
中国奥地にいったのは、共産化防止の観点もあるが、経済的植民地を欲したからだよ。
ドルブロック、ポンドブロックでアジアのほとんどは抑えられてしまう。
インドもマカオも旧英国だしな。

まあその後はダラダラと長引かせたのはまずかっただろうが。

302 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:23:57.90 ID:XnAJSsKeP
>>297
田原とかもう頭おかしいからどうでもいいよw

303 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:24:01.29 ID:39+TosS90
西岡力はクリスチャンやめたニカ?

304 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:24:11.40 ID:9ng+1d7lP
>>281
>朝鮮は破産しててロシアか日本に保護されるしかなかった
>朝鮮自身が日本に泣きを入れ

朝鮮に選択の自由は無かったけどな。

清属国から離した朝鮮は、当初はロシアに近づく動きを見せた。
それに対し、日本は国権剥奪や抗日弾圧などで干渉を強める。
親日派の併合嘆願声明が時期を早めたが、その前から日本側で併合方針も決定してた。

305 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:24:12.49 ID:llY5puji0
>>286
ドイツ軍のモスクワ攻略は不可能だったことが
かなり前に補給面の研究から明らかにされている

306 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:24:15.38 ID:EWJA7ZP60
>>289
パリ不戦条約のことでしょう。

>>291
アメリカとの戦争の10年前から軍部は内閣の意向無視で戦争はじめてた
わけですが。アメリカ関係ないので。

307 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:24:18.82 ID:46baDAtW0
>>271
>基本的に日本の行動拡大が発端。

日本の行動が米国の利益に反しただけ。

308 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:24:25.95 ID:ZheyOSUwO
悪玉ってのは難しい。人道にもとる行為をしまくったなら悪玉ってのなら判るが、戦争行為自体は禁止ではないしな
そういう意味で、本来A級ってのは犯罪者ではないんだろう。国家戦略の策定を行ったという事なだけだしな。BC級なら判るが

309 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:24:29.36 ID:Dd1oueocP
>>253
いいや! 
ファシストが、中国における米英の縄張りを荒らさなければ
======================================
 第二次大戦の英霊のほとんどは死ななくてすんだ
 ===========================

 しかも、戦死じゃなく、
  兵站のまずさによる 餓死だぞ! 餓死!

 しかも、ファシスト達の本土決戦兵器は
   竹やりだぞ! 竹やり!

 しかも ファシストたちの 石油自給策は
   ドイツみたいな石炭液化ではなく
   松根油で戦闘機を動かそうとしたんだぞ! 松根油!

 無謀・横暴・乱暴・しかも 下は上に絶対服従! 
 それが 戦前ファシストレジーム!!! 

 竹やり批判したら虫けらみたいに殺される!

脳筋なアホが 無茶言って 国民を奴隷扱いしたのが
  戦前のファシスト時代

310 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:24:35.99 ID:uQDZzmZE0
「出口」を考えないまま
見境無く中国、英国、米国と戦争に入り
しまいにはロシアにまで攻めこまれて
元あった領土まで失う。

核廃棄物や廃炉をまったく
かんがえないまま
見境無く54基も原発をつくりまくり
しまいには津波にあって
動いていた原発まで全停止

きっと日本人のDNAは、そういうのに向かないのだと思う

311 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:24:57.59 ID:BBA06z/20
こいつは中国人の反日を煽って日本製品を売れなくしようとする工作員だろw


@靖国には霊はいない、「神」として崇められている、ABC級戦犯を含めた英霊が祀られている。


A靖国に参拝するということは、神として祀られているABC級戦犯を崇めることである。


Bこれは戦後秩序の真っ向からの否定であり、中国人から見れば、とんでもないこと、オウムの後継団体が悪びれもせず麻原を信奉するようなものである・


C靖国にいかなくても英霊の慰霊はできる。なぜなら、それは霊に対する宗教観の問題だからである。霊がどこに宿るかという問題。家族のもと、死に場所、別次元、様々な考えがある。少なくとも靖国である必要は全くない。

312 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:25:43.18 ID:EhT7PU7tO
朝鮮併合なければあそこソビエトロシアになって
釜山は対日要塞だ

313 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:25:48.80 ID:BQHCzDfr0
>>242
>資源封鎖をされないような外交努力をすれば良かっただろ。高市は基地外だな

強大な軍事力でアジア各国の生き血を吸って繁栄を謳歌している
下品な西欧諸国に取り囲まれた状況で、そんな事ができたの?
 

314 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:25:58.60 ID:eYe5L5dl0
日本のたどった道は、トイレットペーパーがなくて、漏らすよりマシだろと言って、食っちゃったレベル。

315 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:26:02.03 ID:8wvaI4770
>>311
シナに日本製品を売る必要なし(^O^)

316 :コアセルペート ◆11YHIPHm4M :2013/05/12(日) 16:26:13.24 ID:3uQbwZKU0 ?2BP(999)
外交でうまく立ち回っていれば、台湾も樺太も日本領だったね。

317 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:26:26.06 ID:vlbjiFCS0
>>309
ウチのばーちゃんが動員で松根油作ってたらしいわw
松の根っこから油作るのー?そりゃ負けるわって笑ったもんだw

318 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:26:32.38 ID:1g7Cv1Gu0
戦争するより植民地の方がマシ
結局今でも米帝の植民地
という意見があるが、当時の白人至上主義の植民地支配が如何に苛烈だったかわかって言ってんのか?
戦争して無かったらお前ら奴隷だよ

319 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:26:42.63 ID:GTZFZEsg0
>>211
満韓交換論をロシアと談判するために
ロシアに向かう途中のハルピンの駅で
伊藤博文はライフルによる遠距離狙撃をされて殺された。
一応表向きオズワルドのような奴が逮捕されたけどね。

不凍港の朝鮮半島をロシアに与え年間を通じた交易を認めるが
有事においては三海峡は封鎖しロシア海軍を日本海に封じ込める。
中国の属国だった朝鮮半島は放置して そのままロシアの自由にさせる。
代わりに朝鮮半島を背後からいつでも制圧できるよう満州の権利は確保する。

実現していれば その後の日本の歴史は大きく変わっていただろう。
しかし伊藤暗殺で日韓併合へと朝鮮半島側からの懇願で流れが変わった。

日韓併合は絶対にやっていけない失敗だったと思う。

320 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:27:09.51 ID:9ng+1d7lP
>>291
>日本悪玉論と、米策略論に極端に分かれるな。

善VS悪の話では無く、当時の日本は行動が稚拙。
国力や国際情勢を考えて。

謀略以前に、ある意味で知的障害レベル。
米との交渉の最中に、軍隊が敵対心を煽る進駐をしてしまう。
「対英米戦を辞せず」と言ってたのに、実際に禁輸されると慌てる。

321 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:27:17.12 ID:tGWJz5ZyP
日本軍が出兵するきっかけを作ったのは中国だし中国人を盾にして逃げ回っていたのは蒋介石だ
さっさと終わらせる努力をしないでアメリカが介入するきっかけを作らせたのは日本だけど

322 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:27:26.55 ID:hTd0SrWb0
NHKは高市を梃に安倍を攻撃しようとしてるから
踊らされないことだよ

323 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:28:02.97 ID:DAJXzOa50
こういう日本の政権幹部の発言を見ると、
かえって安倍政権に安心できる。
他国のポチに甘んじるわけではない外交姿勢が垣間見られる。

中国や韓国への日本を悪とする自虐史観の土下座外交や、
アメリカへの敗戦国としての自虐史観の土下座外交は改めるべき。

日本のことは日本で決める。あたりまえのこと。

324 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:28:03.73 ID:lNu285ZZ0
で、日本も列強のいいなりになって植民地化してたら
あの時代の帝国主義ってのは今の時代も続いてたりするのかねえ?

325 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:28:04.02 ID:HQ/DFw9E0
公明党の馬鹿が日本人ヅラしてるがお前の教祖は韓国人だろうw

326 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:28:16.67 ID:QsfotFVw0
>>48
アメリカが卑劣にも、日本を参戦させるためにハルノートを突き付けたんだよね。
満州の権益を奪いたくてw
今となっては忘れたかもしれないが、米英はユダヤ人迫害に手を貸したでしょ。
自分のところで受け入れない。餓死凍死の危機にあっても知らん顔。
日本が渡米資金も満足になかったユダヤ人を引き受けた。
五族協和の理念に従って。

327 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:28:32.07 ID:uQDZzmZE0
>戦争して無かったらお前ら奴隷だよ

RとLが聞き分けられないから奴隷も無理

日本人に
どんなに英語を教えこんでも身につかなかったので
進駐軍ですらとうとう占領をあきらめたレベル

328 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:28:53.56 ID:9n5xwdNC0
歴史の視点を深くし、より深く知ることは大事だと思うが、
目下日本にとって問題なのは、70年前、それどころか100年前のことを現代のことのように言い、
外交その他の場面で日本を圧迫してくる中韓であり、100年前のことが正しいか間違ってたかなんてことじゃないから

ここは混同してはいけない
過去の経緯はどうだろうが、現時点で敵対している、若しくは敵意を向けられているということは変わりがない
歴史学の問題に話を逸らされがちだが、実際には現在の外交の問題なんだ

329 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:29:02.79 ID:StUeLg+90
>>287
今は周辺諸国民の市民さんがやってるから尚更そんなかんじ

歴史の事実を吟味しても、今、アメリカと敵対するなんて正気じゃないからね

330 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:29:11.43 ID:drfTFoAk0
たとえ米の策略だったとしても
それにマンマと嵌った日本はアホだったという事だろう

331 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:29:21.71 ID:/dTqU6S9O
>>307
ほんと、どうしてそこまで相手のこと考えられないの?
ってくらい自分のことしか考えられないよねアメリカってw
まあ結局今地球に多くいる人種がこれなんだから、
神はちゃんと見てるのかもね

332 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:29:25.43 ID:7n9/u4sC0
これを云いたいのならアメリカに
「日本を植民地にしようとしてゴメンナサーイ」
って言わせないと論拠として成り立たないだろ。
そんな事云う訳無いから、つまり主張の体をなしてないと思うね。

333 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:29:33.36 ID:nQd8eRua0
安倍首相のFacebookに韓国人・中国人が反日コメント するも、 何故かフランス人が論破

「そんなだからあなたたち韓国人は、現在最も世界で嫌われていて、
それをまったく自覚できていない残念な民族なんだよ。
日本は中国、韓国に対してドイツとは比較にならないほどの補償と経済援助を行って、
それをあなたたちの国は受け入れているの。
それをあなたたちの馬鹿な国家は馬鹿な民衆に伝えずに、
いつまでも思想教育で謝罪と賠償を求め続けさせる乞食根性を植えつけているってわけ。
60年以上前のこと、しかも謝罪どころか今のあなたたちの生活を劇的に発展させるほどの経済援助を行った後なのに。
大戦の謝罪を今まさに起きていることかのように騒ぐあなたたちの頭はおかしい。」

「さらに言わせてもらうと、第二次大戦においてのドイツ、イタリアの行ったことは決して許されることではないし、
その意識は我々フランス、欧州の各国もしっかり持っている。
しかし、それらは国家としては償いを行っている。日本も同様にあなたたちの国に償いは行っている。
では、何が違うのか?
それは私たちは前を向いて同じ欧州の人間同士あらためて平和に向かって団結し、発展を目指しているのに対して、
あなたたち韓国人、中国人は更にしつこくゴネ続けることで金を日本から揺すり取ることしか頭にない、
後ろを向いて自国がいかに狂っている国家であるか?
ということから目を逸らしているからである。
あなたたち韓国と中国以外の国から見ると、日本が気の毒でならない。」

「日本に住んでいてこのようなことも感じ、学ぶことができないあなたは、
これ以上、日本にいる必要はないと思います。」

http://getnews.jp/archives/300073

334 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:29:41.88 ID:ZheyOSUwO
>>305
バルバロッサの発動がもう後2から3ヶ月早く、冬将軍がしょぼかったらあるいは。。かもしれん。そういう意味では不可能かどうかってのは判らん。

ただし、かなり不可能に近い事象だったのは間違いないし
バルバロッサが遅れたのも理由もあるんだし、不可能ってのが妥当かな。つまんないがw

335 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:29:46.46 ID:EDK0ukgT0
自民党がんばれ!
応援してるぞ、戦後レジュームを脱却してくれ

336 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:29:58.99 ID:8wvaI4770
>>327
奴隷だけがしゃっべてろよ英語(^O^)

337 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:30:03.64 ID:EWJA7ZP60
真珠湾を攻めることは、日本陸軍すら知らなかったのだから
アメリカ軍の陰謀なわけがない。

338 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:30:20.82 ID:kpdb3dKc0
米策略論?

中共と、りしょうばんのロビー活動だと思うな

339 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:30:29.93 ID:EL5nxaIPP
>>318
結果は昭和16年に植民地化されるのと20年に植民地化される違いしか無かった

340 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:30:34.16 ID:zC0U6xps0
日露戦争でロシアから賠償金をとれなかっただけで日比谷焼き討ちが起きるような好戦的で狂った当時の日本国民なんだから
ハルノート受諾なんて出来るわけが無い
日本国民の頭を冷やして米国と和平を結ぶためにはB29による焼け野原と原爆が必要だった

341 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:30:44.54 ID:qixOtMDo0
だからって朝鮮半島及び中国を侵略していいって理由にはならないよね
いい加減過去の侵略行為について日本政府及び日本国民は反省してほしい

342 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:30:45.22 ID:9ng+1d7lP
>>321
>日本軍が出兵するきっかけを作ったのは中国

盧溝橋の前から、中国の主権を侵害する分離工作してたのが日本だが。

「中国の上海攻撃こそ戦争の発端だ」な変な保守が居るけど、
その前に日本は北京や周辺を占領し、北部で勢力拡大する軍事作戦も認可してた。

343 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:31:17.21 ID:8wvaI4770
>>341
侵略なんてしてませんけど?(^O^)

344 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:31:48.77 ID:uQDZzmZE0
日本国憲法第一条 天皇陛下万歳
ドイツ共和国連邦基本法第一条 人間の尊厳は不可侵

戦後レジューム ワロス

レジュームじゃ「復古とか回帰」じゃねえかよ

345 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:32:02.22 ID:9n5xwdNC0
>>339
その代わり東南アジアの独立は早まった
また、日本国も最終的には生存権の確保には成功している

結果論で言うのなら、そこまで言わなきゃ

346 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:32:03.52 ID:C2p6qXP00
そーきそばΦ ★は記者剥奪していいわ、この在日うざい。

347 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:32:38.71 ID:QjHBaRaM0
>>316
お前、まだ生きてたんだ?

348 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:32:41.54 ID:nQd8eRua0
■ 戦後史の真相 ◆-朝鮮人の政党間移動の歴史-■

 戦後、在日朝鮮人は、日本の諸政党の間を移動しながら、反日活動を展開してきた。
最初は日本共産党に所属し、日本国家の転覆、共産党政権(朝鮮人政権)の実現を目指した。
 戦後史に詳しい方なら、戦後、日本共産党を再建したのは、在日本朝鮮人連盟であることをご存知のはず。
1945年から1953年までの8年間、日本共産党は在日朝鮮人が支配していました。
自称沖縄人の朝鮮人=徳田球一をリーダーとする日本共産党内の朝鮮人グループ、いわゆる『行動派』が、
1950年から展開した軍事方針と称する武装闘争戦略は、朝鮮人勢力による「日本国家乗っ取り運動」でした。
この戦略はけっきょく失敗し、日本共産党のイメージダウンを招いただけで終わりました。
 宮本顕治をリーダーとする日本共産党内の日本人グループは大反撃に転じて、朝鮮人グループに握られていた
共産党の指導権を取り返し、権力闘争に勝利しました。すると、朝鮮人グループはあっさりと日本共産党と
袂を分かち、全学連を結成して反国家活動=日本国家乗っ取り運動を続行しました。
 同時に、日本共産党から日本社会党への「民族大移動」を敢行しました。こうして、日本社会党内に誕生したのが
「社会党・左派」です。つまり、日本共産党・行動派と日本社会党・左派は、実は同じグループなのです。
単に看板を変えただけであり、その正体は暴力革命を目指す朝鮮人グループなのです。
 日本社会党および現在の社民党が、むかしから朝鮮総連と深い関係にあるのは、そういう裏事情があるためです。
 これは重要な事実ですので、しっかりと頭に入れておかなければなりません。

【『沖縄を在日朝鮮人の自治区にする』と、朝鮮人が宣言】
 インターネット掲示板『2ちゃんねる』において、朝鮮人が「沖縄を朝鮮人の自治区にする」と、宣言している。
http://www.kase-hideaki.co.jp/k006/trees.cgi?tw=&log=&search=&mode=&v=1249&e=res&lp=1248&st=0

349 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:32:43.10 ID:StUeLg+90
>>332
成る程ねえ。まさにそうだわ。

日本の教育で日韓併合を植民地支配とだけ教えるのは日本人の人権侵害だわ、規制されるべき

350 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:32:51.62 ID:KQuqadHk0
オーストラリアにまで空爆するとかはやりすぎだろ

351 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:33:07.71 ID:hRE/ntIr0
こんなキチガイ右翼ババアに議員やらせておいていいのかよ。

352 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:33:25.26 ID:llY5puji0
>>344
でもドイツ基本法は国家による人権の停止や剥奪を認めてるんだぜ
反民主主義者に対してだが

353 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:33:27.06 ID:8wvaI4770
>>350
宣戦布告された敵国ですが何か?(^O^)

354 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:33:40.50 ID:oKPOISKS0
満州を有しているにもかかわらず、満州の石油を発見、発掘、精製できる技術力が乏しかった国が悪い。
他にも手はあった。
高市は無茶苦茶な選択肢を出して正当化するなや。

355 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:34:16.51 ID:A0Tt5bWB0
>>318

勉強しろよ

【大東亜戦争】の真実

“世界”の声

http:
//www.youtube.com/watch?v=pJ9AH6zgd-o&fmt=22

356 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:34:17.69 ID:EL5nxaIPP
>>345
細かく言うとGHQによる社会構造の変化とかまででてくるので面倒くさい
ヨーロッパの戦争で英仏欄はアジアどころじゃ無くなったしな

357 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:34:19.24 ID:9ng+1d7lP
>>343
>(中国に)侵略なんてしてませんけど?(^O^)

侵略の定義は厳密と言えないが、
日本の行動に問題無しなら、アメリカが中東介入で勝手な政権作りもOKとなる。

満州事変でも権益保護だと行き過ぎなのに、その後も周辺に介入して政権作りを計ってた。
逆の立場でやられてもOK?

358 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:34:38.84 ID:EWJA7ZP60
高市は歴史認識において安倍並の馬鹿であることが判明

359 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:34:42.02 ID:9o/9ZFqy0
>>1
過去はどうでもいい

次は勝て

360 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:35:04.62 ID:rbR9Wo7t0
36年から40年あたりだと、満州を維持したまま、戦争もしないって選択肢は普通に取れたはずなのにな

関東軍の暴走もそうだけど、政治家がドイツとソ連に傾倒しすぎなんだよ

361 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:35:05.49 ID:O6jBOevs0
>>313
戦争も外交だよ

362 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:35:05.97 ID:WHMX7rgp0
>>313
米国に逃れた中国人活動家が、割と早くから
「日本を中国奥地に引き込んで時間を稼げば、欧米が介入して日本は負ける」
と主張していた筈
そのとおりになった
中国に外交で負けなければ、それなりになった筈

363 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:35:15.96 ID:WGE4E0il0
>>327
北京語もRLの区別が厳しいぞ
Li→李
Ri→日

364 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:35:35.96 ID:UksIL68gT
>>357
実際やってるだろ

365 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:35:40.61 ID:vIUu9uRz0
戦争にまけて実際に植民地化されたも同然だろ
未だに米軍が首都圏にいるんだぜ

366 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:35:47.28 ID:WHMX7rgp0
>>330
だね

367 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:35:47.51 ID:3SKjC+yJ0
>>350
宣戦布告されてからの話だし、軍港、港湾施設をそのままにしてたら
戦略上、不利、日本がやられてるでしょう。
補給路を断つのが目的なんだからやり過ぎじゃないよ。

368 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:35:48.96 ID:GTZFZEsg0
>>290
> 満州の主権は中華民国にあったが。

それは違うぞ。明確な国境線すらなかった。
曖昧模糊とした漠然とした広大な大地。
そこに存在しているのは日露双方の軍事力というプレゼンスだけ。
現在とはまったく状況が違う。

369 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:35:55.13 ID:f9K7fWVD0
>>1
なにこのキチガイババア
戦争を正当化するつもりか?

370 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:35:56.26 ID:SFRIaGSK0
開戦前に、開戦したら半年持たせることができるかが議論されたくらいで
米との戦争はダメージを与えつつ敗戦して戦前よりも少し有利に交渉しよう
という日本の目論見だったからな。
まぁ・・・うまいこと追い詰められて相手に理由を作らせちゃったんだけどな

371 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:36:00.23 ID:NqSplRE40
日本が戦争してなけりゃ東南アジアは未だ植民地だろうよ
当時はどうか知らんが結果的には正しかった

372 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:36:01.69 ID:hK0XT9oSO
>>304
日本なんとかしろ
って偉そうに泣きを入れたんだよ朝鮮は
その事実から目をそらすな

日本側に反対者はたくさんいた
泥食ってる朝鮮人を食わせて病院学校行かせて
人間らしい生活させるための金は
全部日本
日本は全部してやったよ
ロシアに鼻先うろつかれるのはごめんだからだ

373 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:36:09.78 ID:SUXvMCDS0
>>250
> 周辺国を凶暴で強欲なヨーロッパ諸国に占領され、資源もママならない状況で、
> なんで日本の領土内に閉じこもっていても自衛できたと考えるの?

当時の日本は、有数の軍事大国だし、
空母機動部隊の打撃力においては世界一だったんだよ。

たとえ鬼畜米英だろうと、はるばる日本近海までやってきて日本を植民地化しようとしたら
多大な出血を覚悟しなきゃいけなかったんだよ。

この点については、高市は事実を見ずに歴史を都合良く歪める阿呆の極み。


あの頃のアメリカは、お得意の分割統治で
横暴極まる独裁者蒋介石の国民党を支援したと思えば、今度は中共の背後霊のソ連を通して中共にテコ入れしたりと
どっちか片方が支那の圧倒的な支配権を確立して安定政権とならないようにと
手練手管の極みだったんだから、上手に利用するべきだった。

日本は、アメリカの圧力を正面から受け止めて反発するのではなく、
支那からは戦略的に後退して
中共と国民党との間に血みどろの喰い合いをさせたほうが賢かったのかもしれない。

アメリカは、日本を支那から追い出した後は、
腐敗しきった暴虐な独裁者・蒋介石の国民党への支援を打ち切って見殺しにして、
実質的に中共を勝たせるためにテコ入れしたりしているんだから。

アメリカがある程度の利権を手に出来させすれば、誰が勝っても構わない、
というのがアメリカの伝統的な手口なんだよ。

374 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:36:12.51 ID:nQd8eRua0
ヘレン・ミアーズ氏(GHQメンバー)
「なぜ日本が韓国国民を「奴隷にした」と非難されるか理解できない。
もし奴隷にしたならば、イギリスは共犯であり、アメリカは少なくとも従犯である。
日本の韓国での行動は全てイギリスの同盟国として「合法的に」行われたことだ。
国際関係の原則にのっとり、当時の最善の行動基準に従って行われたことである。
しかも原則は日本が作ったものではない。欧米列強が作った原則なのだ。
1910年、日本が韓国を併合したのは、韓国皇帝が「請願」したからだ。
歴史家は、日本は欧米列強から教わった国際関係の規則を、実に細かいところまで几帳面に守っていた、とほめるのだ」

http://www.koreanantijapan.comze.com/korea2_files/053korea.jpg
ベルギーが朝鮮を統治すべきだったな
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/5/52/MutilatedChildrenFromCongo.jpg

375 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:36:18.54 ID:mGMvC/Y7O
>>337
ちょw おまw
真珠湾への攻撃開始は 陸軍の開戦攻撃開始よりも数時間遅れなんですけどw

376 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:36:20.92 ID:oOeDp0n10
>>245
日米地位協定や安保条約、TPPには肯定するのに「占領軍の押しつけ憲法だ!」て騒いでる立場だろ?w
オバマや米国議会から「日本は正しい歴史認識を持たなければ、日米関係に支障をきたす」と言われ
アメとオージーが中韓に同調して、不興を買ったアベは相当衝撃を受けたのか、軌道修正を図り
菅は10日の記者会見で「村山談話を全て踏襲する」と声明を出し、アベの国会答弁を事実上修正した
というなんとも情けない話で、アベ政権の信念も疑われる。そもそも保守派なら、擦り寄ったりするのは
あり得べからざる行為で、東京裁判史観を押しつけた連合国のやり口に反発すべき。矛盾だらけだねえw

377 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:36:24.62 ID:3QHUzBP1O
>>14
ちょっと違うな
昭和初期までは政府が軍の予算人事権を握っていたからコントロール出来ていた
これがおかしくなったのはポッポの爺さんがそれは統帥権干犯だと斜め上の解釈で主張したから
以後軍部は増長して勝手なことをやりだした
要するに民主的に選んだ鳩山一郎という政治家が全てをぶち壊したんだよ

378 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:36:25.38 ID:SqqsvyTk0
経済封鎖って、内部からの体制崩壊を狙えるのだけれど、
場合によっては窮鼠猫を噛むになるから危険なのよね
北朝鮮にしろイランにしろ、正義は1つではなく其々にあるので、対話の場所は常に残す努力は必要

379 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:36:37.30 ID:StUeLg+90
>>350
中国は日本軍がなしえなかった豪州植民地化に移民攻撃で成功しそうだね
実際南シナ海への伸張は、豪州北部のアネムーランドやキンバリー地区への接続でも狙ってるのかもね

>>359
まさにそうなんだけど、教育課程の一般でも軍事・外交・安全保障なんかの教科が無いんだよねえ。国というものが分からない鳩山みたいな灯台卒がリーダーになっていくかと思うと怖いよ

380 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:36:43.58 ID:94WBbXys0
日本海軍はフリーメイソン ユダヤ
今でもトモダチw

381 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:36:45.58 ID:AvRhrMdr0
中韓は欧米の植民地だった方が良かったようだがな

382 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:36:47.20 ID:8wvaI4770
>>357
満州国の要請にもとづく外交政策ですね(^O^)

友好国が支援や縁者を求めて来てるのに 見捨てるの?

383 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:37:04.00 ID:OlBteJL80
>>357
何て言うか…キューバやパナマ、フィリピンとかは?

384 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:37:05.10 ID:ZheyOSUwO
当時の日本は戦争の結果300万人をぶっ殺され、海外領土をほぼ全て奪われて負けた
だが、そのお陰と言うべきか、海外領土という経済的に重石になっていた箇所が消えた結果、ブロック経済の無くなった戦後経済にうまく適応できた
あのまま海外領土を持っていたら、経済的にみて確実に足を引っ張っていただろう
人生塞翁が馬って事なのかもしれない。良い悪いよりもそういう次元でも見ていいかも

385 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:37:13.28 ID:O6jBOevs0
>>330
コミンテルンってほんとでかい組織だね

386 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:37:20.56 ID:Dd1oueocP
ていうか ファシスト岸の孫のアベが

 法人減税しまくって、財政を悪化させているが

 法人減税・税収不足⇒公務員・自衛隊リストラ⇒「またしても徴兵」
 
 財政難⇒「戦車など時代遅れ」By片山さつき ⇒「またしても竹やり」

 TPP国内農業壊滅⇒戦争/借金破裂による円暴落⇒「またしても餓死」


「うん またなんだ すまない」って
  ファシストハウスはマジ勘弁だぞ・・・笑えねえよ!



 

387 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:37:29.19 ID:QsfotFVw0
>>104
あー、同意だ。
日本人が日本人を叩く、ある意味中二病こじらせたのが老親を虐待してるようにも思える。
何が気に入らないんだろう、こんなに美しい自然と共存できる美しい民族。
立派な歴史をもち、文化を築き上げてきたのに。

クサヨのバカどもに洗脳されてるんでしょう。
でもこれだけ湧いてくるということは、安倍政権になってから衰退するクサヨの断末魔とも思える。

388 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:38:18.77 ID:oKPOISKS0
大体だな、ドイツ軍がソ連軍に圧勝しすることを見込んで全面戦争に突入するなど狂気の沙汰。
他力本願で総力戦に持っていくなよ。

389 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:39:06.20 ID:EQRlnshP0
満州から撤退すればよかったんじゃね?

390 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:39:11.06 ID:vlbjiFCS0
>>376
しゃーねーよ。俺はそこまでガキじゃないし。
長いものには巻かれて生きていかなきゃ仕方がない。

391 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:39:14.55 ID:9n5xwdNC0
>>373
そういう選択が出来てれば、確かに良かったんだろうがなあ
ただ当時の日本も全く一枚岩じゃないからね
だからいつも言うのさ
強権的で理性的な独裁者が日本にいれば良かったのにと

392 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:39:14.90 ID:8h/yUQVG0
支那がショボすぎなんだよな
ほんとは支那と日本が同盟組んでヨーロッパやアメと戦わなきゃなのにw

393 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:39:14.96 ID:oAeMjjd90
>>3あと、アジア諸国ができた

394 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:39:17.93 ID:IkT2Yxm30
>>357
ソ連が抜けているので0点

395 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:39:21.20 ID:WHMX7rgp0
>>376
手のひらはいくら反しても減らない
てのは卑怯なのか、強かなのか

396 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:39:27.24 ID:0/se0EtL0
母の日に喧嘩すんなよ

397 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:39:37.43 ID:zdaRYAMt0
>>377
浜口雄幸首相が国民生活を破壊する緊縮財政政策を行わなければ鳩爺が暴走せずに済んだという言い方もできるよ?

398 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:39:38.25 ID:ybAw2vEdO
>>370
満鉄の権益を少しでも渡しとけばだいぶ違っただろうね

399 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:39:42.56 ID:9ng+1d7lP
>>382
満州事件〜続く分離工作は、列強間条約や中国主権を蔑ろ。


「満州人の独立支援が建前の成功モデル・満州国の実態」

・トップが満州人でも、内政の実権は次官等の日本人が握ってた。
・関東軍に背けず、選挙も国籍法も無し。人事・俸給・税制など日本人を優遇。
・帝族の範囲まで日本が決定。溥儀に跡継ぎが出来なければ日本が決定。
・満州人が主導する独立的な国作り、が目指された痕跡が無い。

400 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:39:52.88 ID:4zGvaR6l0
維新・中山なりあきの
国会質問は全力でスルーしまくった
NHKをはじめとする
カスゴミ。

401 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:40:08.16 ID:8wvaI4770
>>388
いいえ(^O^) ドイツはソ連に負けると 日本は考えてましたが 何か?

ドイツ軍のオイル凍結しちゃんだもんwwwww

402 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:40:10.29 ID:7pSFGOOB0
ナチスと同盟を組んだ時点でときすでにおすし

403 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:40:21.19 ID:9d8PZdwe0
そうやって真珠湾とかを正当化してどんどんアメリカに嫌われればいいじゃん>>1

404 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:41:00.15 ID:StUeLg+90
>>387
最近は教育での刷り込みが酷くて、英語なんかでも思想やイデオロギーの問題文多くなってきてるよ、
まだ数学は無いけど。国語も酷くなってきて全体を合体させると「特亜マンセー、日本人は肥やしに成れ、そしてそれに気づくな」と言う教育してる

405 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:41:05.08 ID:r7EdYUGCP
日中戦争でもっとも勢力を拡大したのが中国共産党、それが中国大陸支配に
つながった。毛沢東は日本の侵略に感謝するような発言をしている。

http://www.geocities.jp/yu77799/nicchuusensou/moutakutou.html

406 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:41:09.62 ID:uQDZzmZE0
いきなり島の買い取りで中国を刺激したり、
思いつきで募金を始めて、結局、宙に浮いたり

精神論優先で、何の準備もせずに、相手を刺激して
こっちの巡視船や戦闘機が疲弊しているようでは

勝てる戦も勝てない。

407 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:41:37.12 ID:rbR9Wo7t0
>>398
当初の予定通り、満鉄が共同運営なら歴史は変わってただろうな

408 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:41:54.04 ID:tDbzRKOK0
日本にとって一番重要なのは憲法96条改正だろ。
靖国神社参拝も歴史認識もその後で、憲法20条や9条前文の見直しと共に議論すればいい。

三国とは経済面の関係からまず第一に離れていくべきだ。
資源経済封鎖をされる理由が無かったのかと、当時の日本も現在の中国も省みるべきだ。

日本は外国に植民地化されるほどには、当時は今よりも落ちぶれてはいまい。
これならまだ欧米の植民地からの解放戦争だったという口実の方が、まだまともに見えるぜ。

409 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:42:00.12 ID:8wvaI4770
>>399
当時の満州国と日本国は 仲が良かった(^O^)

それだけw

410 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:42:14.44 ID:oKPOISKS0
高市は米国に頭が上がらんくせに日本でコソコソ言い訳すんじゃない。
文句言うなら日本人に対してでなく、米国に対してやれ。

411 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:42:14.88 ID:zdaRYAMt0
>>389
利権が巨大すぎて撤退できません

・・・日中戦争を回避できればなぁ

412 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:42:49.38 ID:3SKjC+yJ0
>>388
日本はドイツがソ連に攻め入ったのを聞いて驚いてるんだけどね。
ドイツとソ連は不可侵条約結んでるし、ポーランドをわけあってたり、
戦前はドイツはソ連の領内で兵器のテスト、開発などおこなってたんだよ。
ヒトラーもこっちが火蓋を落としたら、日本もソ連に攻め込むだろう。と思ったけど
律儀に日本は日ソ不可侵条約を最後の最後まで守ってた。
日本、ドイツ、両方の誤算だよw

413 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:43:00.85 ID:OIQI09Fh0
隣がイギリスとフランスとドイツのままがよかったなーw

414 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:43:11.78 ID:EhT7PU7tO
>>368
中華民国も満州国も統治能力に問題あるんだろうね
中華民国はそれはひどかったらしいが

415 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:43:12.72 ID:0ckdc9Ez0
>>406
尖閣諸島は日本の領土だから国有化するのになんでシナの顔色うかがわんといかんの?
意味不明

416 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:43:12.96 ID:94WBbXys0
永野修身ルーズベルト山本五十六

ハーバード大学でトモダチw

417 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:43:30.64 ID:EL5nxaIPP
>>403
宗主国には一言も触れてないから大丈夫
あくまでも51番目の州としての意見だ

418 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:43:38.33 ID:edbM4Kyw0
>>1
高市早苗さんは、朝生で「時の権力者がやったことは何らかの理由があってやったことだから、
後世の人間が批判すべきでない」と叫んでいたからな。真の有識者

419 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:43:44.94 ID:YGLTibeW0
>>412
鈴木貫太郎首相だっけ?
欧州は複雑怪奇なり、つって辞任したんだよな

420 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:43:49.70 ID:PoYDnq9S0
>>406
かっこつけんなよw
代案もないくせに、どうやったって刺激することには変わりないからw

421 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:43:50.97 ID:fe7S+F6A0
先週、bsでやってたアメリカのドキュメンタリー見たんだが、
日本が侵略したなんて言う気にもなれないわな

422 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:44:02.04 ID:UksIL68gT
>>389
無理でしょ。移民しちゃってる人たちをどうするのか
そのうまい方法がないと無理だと思うね。

423 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:44:02.47 ID:hS6poBQl0
>>399
帝国主義時代
傀儡国家だったのは事実だよ
それが嫌なら自分が帝国主義で身を守るしかなかった
現代の価値観でしか歴史が見れないなら語らないほうがいいよ

424 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:44:06.22 ID:IkT2Yxm30
>>398
それは全くの誤解
満鉄の権益を渡すか渡さないかではなくて
視点はアメリカの財界人と誰と組むのがベストか?だから

425 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:44:28.71 ID:9ng+1d7lP
保守派が「侵略じゃない」の例で、インドネシア独立を良く出すが、
日本も領土にする方針だった。
独立派の運動を押さえ込んだり、代表者の大東亜会議出席を拒否など。

サイパン陥落の負け確定後に独立を容認し、感謝の対象にもなってるが、
もし日本がそのまま勝って帝国領なら、独立派にとっては新たな侵略者だったな。
まあ侵略の定義は厳密じゃ無いけどね。

きれいな大義で介入しても、行動原理は当然ながら自国中心の勢力圏の為。
現地人を労務者として酷使した面もある。

426 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:44:40.56 ID:Dd1oueocP
>>104
だーかーら 反軍じゃねーよ 9条は変えていいよ

反満州ファシスト 自由民権なんだよ! 
              96条 12-39条は変えるなよ!


おめーら 国民仲間と ファシストとどっちに忠誠を誓うんだよ!

427 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:44:46.22 ID:hK0XT9oSO
あと、江戸時代ですら
列強による日本の植民地化は無理

428 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:44:57.68 ID:StUeLg+90
最近は教育での刷り込みが酷くて、英語なんかでも思想やイデオロギーの問題文多くなってきてるよ、
まだ数学は無いけど。国語も酷くなってきて全体を合体させると「特亜マンセー、日本人は肥やしに成れ、そしてそれに気づくな」と言う教育してる

>>406
じゃあ、次世代のリーダーが戦略眼を養うための軍事科目・外交科目なんかも学校で教えないとヤバイね

>>416
それマジですか? あいつ無能司令官なのに戦後に賞賛されてるのはそのせい?

429 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:45:05.24 ID:J0e3d2kQ0
選択的夫婦別姓認めない!とか喚いてるのに
なんでコイツは旧姓のままやってるの?

430 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:45:07.79 ID:zdaRYAMt0
>>412
逆に日本は対米戦争を勝手にはじめちゃうしなにがなんだか

>>421
どんな論調だったん?

431 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:45:17.02 ID:llY5puji0
>>401
ドイツがソ連に敗北する未来を日本が予測できてたのなら
日本が英米に宣戦したのは実に奇怪だな

ドイツがソ連にやられる前提なら、日本は1か国で米英中に勝つつもりだったのか?

432 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:45:19.04 ID:C93pI1gj0
>>8
時代が違うだろう
あの当時、戦えないって事は=植民地化だしそれが合法でも有ったんだから

まともな国なら今は余程の理由が無い限り侵攻なんて出来ないよ
国民が了承しない
あのアメリカでさえイラク戦争前には散々世論工作する必要があったんだから
メディアが反日な日本の場合、国内世論を侵略へ向けさせるなんて余計に無理

433 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:45:44.85 ID:oKPOISKS0
>>412
ドイツは無茶苦茶だよ。
日本がドイツとソ連とやる気になってると日本を出しぬいて一方的にソ連と不可侵条約を勝手に結ぶし、
それで日本では内閣が倒れた。
攻めこむ時も日本に相談もせずに勝手にやってる。

434 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:45:55.38 ID:ZheyOSUwO
当時の日本は巨大な利権を保持していたし、それを手放す気は全くなかった
メリケンはメリケンで利権が欲しいし、エゲレスその他の列強も利権は放すつもり無し
イタリアやドイツなど、持たざる国は利権が欲しくてアフリカ行ったり東欧に行ったり
こういう状況ってのは結局戦争しないと片づかないんだろうな。戦争はつける物が無いものにつける薬なんだろ
それが良いか悪いかはまた別の問題

435 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:45:57.54 ID:ucCFRmdIO
>>340
幣原外交も、足元の開戦待望世論で、折れるしかなかったしな。
対外軟の路線を行くと、国内で急進革命が起こりそうだと、
当時の指導層は本気で心配するほどだった。

436 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:46:12.96 ID:36S4Fn6K0
そしたらハワイやニューヨーク行くのにパスポート要らなくなるのん?

437 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:46:30.57 ID:wjWweuM20
これに限らず全ては結果的に歴史的必然

438 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:46:40.67 ID:/8fAEukT0
中国から撤退するっていう手はまだあったな

439 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:46:53.52 ID:jjpSDHiF0
日本が飲める訳の無い条件を突きつけて来たという事は事実。
つまり、アメリカは対日戦争をしたかったという事さ。ここまでは誰が何と言おうと事実。

440 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:47:26.59 ID:UksIL68gT
>>438
満州に入植した日本人を見捨てるの?

441 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:47:27.60 ID:uQDZzmZE0
アメリカの52番目の州になっていれば
もっと普通で、もっと幸せだったはずなのに

進駐軍は、英語のできない日本人を侵略してくれなかった

442 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:47:41.28 ID:O6jBOevs0
>>433
だからこそヒトラーはユダヤ嫌いのトンデモ野郎から征服者で危なかったんだよな

443 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:47:55.00 ID:oKPOISKS0
>>419
そら、平沼だろ。

444 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:47:58.53 ID:3SKjC+yJ0
>>430
ドイツはその前にアメリカと戦ってるよ。
商船破壊で真っ向から対立していて表立って出れないから
カナダ軍を支援してUボート狩りをさせてた。
アメリカ船籍の輸送船も沈められてるが商船を武装させてたので大ぴらに非難も出来なかったんだよ。

445 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:48:14.50 ID:rbR9Wo7t0
まあ、ハルノートの時点で何とかするなら、英に泣きついて対独戦に参戦するから許してって言うしかなかったと思うわw

446 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:48:22.93 ID:zdaRYAMt0
要は、満州事変から対米戦あたりの日本は
レーニンとトロツキーとスターリンが主導権を巡って争うような状態が続いてたんだろ?
こんなのでまともな外交ができるわけねえんだよ!

447 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:48:28.14 ID:JLozZDhV0
結果が全て
失うものはむしろ少なかったろうね

448 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:48:28.72 ID:8wvaI4770
>>431
ヒットラーは 日本に アメリカなんか放置して ソ連戦に参戦を要請(^O^)

日本は パールハーバー攻撃wwwwww

449 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:48:35.57 ID:C93pI1gj0
>>309
竹槍は敗戦の雰囲気を感じて事大主義に走り出した鮮人を警戒しての事だったのでは?

450 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:48:38.77 ID:UEB4rE4I0
結果論かもしれんが、アジア諸国の植民地解放・独立の道を作った事実は、
共産党、社民党とかは認めないんだよね

451 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:48:46.23 ID:dwGTW8XK0
土建屋と組んで日本を借金まみれにした自民党は大嫌いだが

この発言は評価する。更に望むなら安倍首相が世界に発信せねばならない。

452 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:48:49.45 ID:YGLTibeW0
中国撤退論が根強いみたいだけど
ブロック経済の中で撤退したら日本は何で食っていくんだ?
世界を席巻する日本車もアニメブームもないぞ?

453 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:49:09.11 ID:StUeLg+90
だけども、例えアメリカが当時どうであっても、昔の事で今敵対とか日米安保条約を続けてきた蓄積を捨てるような行為は正気じゃないからね
韓国や中国のタカリを非難するんだから、アメリカに賠償とかを求めるとかもしない方がよい
そういうスタンスなんだとよく広報する一環の中で、戦後の特亜のタカリを拒否する姿勢への理解、奴隷化のツールとしての機能の拒否である旨をよくよく粘り強く広報するしかない
アメリカの防波堤である日本の役割を保つためでもある点を内部侵略を許すと崩れてる点も含めて広報していくことが大切

454 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:49:18.89 ID:QsfotFVw0
>>404
それじゃあまるで朝鮮学校の教育みたいですね。
「ウリ兵士がアメリカ兵のクソやろう10人と日本人のクソやろう10人を殺しました。
残りの敵は何人でしょう」って、テレビで見たw

憲法改正論議が始まってるから、クサヨの皆さんはとても焦っているのでしょう。
こらまた、朝鮮人と手を組んだクサヨの火炎瓶闘争とか始まるかもね。
怪しい動きを見たら、即警察へ。
極左は大変危険です。

455 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:49:29.24 ID:JUVK9e4Z0
簡単なことで、日本が満州利権を欧米列強と分ければ良かったの。
で、名誉白人として他のアジア諸国を植民地として蹂躙し続けるべきだった。
アジアの解放?
人種差別反対?
そんなの気にすべきじゃなかった。

冷徹に考えればね。

456 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:49:31.18 ID:ZheyOSUwO
歴史家は昔からイフをタブーという扱い
もちろん語る人もいるが、あくまでも「愉しき寄り道」でしかなかった
まあそれでもやっぱ「愉しい」から、みんなやっちゃうけどw

457 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:49:32.64 ID:Dd1oueocP
>>419
鈴木貫太郎はそんなアホは言いません

 経団連の犬 勃ち上がれ日本⇒維新の ヒラヌマンの養父が

 欧州情勢は複雑怪奇の人


つまり、海軍・外務省系は

  艦隊派の中曽根のクソ以外は、マトモだったんだよ

458 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:49:33.88 ID:YsJNVFhq0
>>447
戦争して正解、??

459 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:49:44.70 ID:94WBbXys0
日本海軍ユダヤアメリカVS日本陸軍ドイツ

460 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:49:48.09 ID:UksIL68gT
>>454
それって今もやってるのかなぁ。
有田さんは放置しておくのかね

461 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:49:52.71 ID:3QHUzBP1O
>>397
孫同様一郎も斜め上の電波だったからそれはないな
つーかこんな鳩山一族に票を入れて当選させてきた連中の気が知れない

462 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:50:08.39 ID:O6jBOevs0
>>445
ハルノートが表立ったときにイギリスと交渉してたと思ったけど
しっかりなきついていると思うよ

463 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:50:12.46 ID:0/se0EtL0
ほむらちゃんが何回やりなおしても戦争は回避出来ないんだよきっと

464 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:50:15.19 ID:BBA06z/20
こいつは中国人の反日を煽って日本製品を売れなくしようとする工作員だろw


@靖国には霊はいない、「神」として崇められている、ABC級戦犯を含めた英霊が祀られている。


A靖国に参拝するということは、神として祀られているABC級戦犯を崇めることである。


Bこれは戦後秩序の真っ向からの否定であり、中国人から見れば、とんでもないこと、オウムの後継団体が悪びれもせず麻原を信奉するようなものである・


C靖国にいかなくても英霊の慰霊はできる。なぜなら、それは霊に対する宗教観の問題だからである。霊がどこに宿るかという問題。家族のもと、死に場所、別次元、様々な考えがある。少なくとも靖国である必要は全くない。

465 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:50:22.04 ID:9ng+1d7lP
>>439
ハルノートの前から日本は真珠湾攻撃部隊を集結させ、
交渉が好転しなかったら攻撃のつもりだったがな。

466 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:50:24.26 ID:0ckdc9Ez0
>>448
日本はソ連なんか攻めても何のメリットもないし当たり前だろ
ソ連極東の凍土に何の価値もないのはシベリア出兵の際に痛感してるし

467 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:50:30.74 ID:nnqVmbWz0
ソ連の占領地になってた方がアカ(ジブリ含む)には都合が良かっただろうなw

468 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:50:35.86 ID:EL5nxaIPP
インドネシアは比較的容易に攻略して、地理的に要塞化もできて上手いこと統治できたからねえ
フィリピンの本間中将だって国籍人種問わず、一人でも多くの人を助けたいというのがバターンの行進になっちまったわけで
自分らだけ快適な施設に、怪我人の民間人ほっぽり出して逃げた進駐軍のが問題よね

469 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:50:50.84 ID:is4PjjKC0
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

憲法9条成るものをことなく愛する民主党,社会党,共産党系の議員が売国魂を発揮し、国民を騙してきた教育制度に根源がある。

と言うことは、輿石の行動を見ればこの辺が即刻理解出来よう。

要は、世界中で一番の悪意業を行うのが日本人!!

これがキーワードの「現社民党・共産党・民主党左派」が、巧みにと言うか売国マスコミと結託し、朝から夜中まで嘘八百の作り話。

結末は、すべて日本国がこれだけ悪人である様な話をしている。

民主党の鳩に管でて言った小沢共々、反日プロ組織メンバー??

これは反日プロ組織の教本でもある!!

この辺から,日本国改善に取り組まないと!!

中国、韓国がそんなに素晴らしい国か「輿石」!!

糞朝日、糞毎日、糞犬HK、糞中日、糞民主党、糞在日朝鮮人、糞在日中国人そんなに日本が憎いなら自分らの大好きな祖国にとっとと帰れや!

http://www.youtube.com/watch?NR=1&feature=endscreen&v=YLt2QOG87NY

http://www.youtube.com/watch?v=ifzxXy4GAQo

http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=KWY5h-CEjRw&feature=endscreen

http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=XDBQTtO0gYk&feature=endscreen

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

470 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:51:12.69 ID:ni/ZnF0c0
侵略と植民地支配に良いも悪いもないからな
そこに至る経緯を正当化したいって気持ちは理解するけど

471 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:51:20.33 ID:dwGTW8XK0
>>450
中韓以外のアジアは皆日本の解放運動を認めているよ

タイ人の友人も、日本と共に欧米と戦ったことを誇りにしてる。

472 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:51:27.59 ID:8wvaI4770
>>452
シナは 約1億人が日本人と ほぼ同じ年収(^O^)

日本と足すと2億人マーケット 

これを どうとらえるかだけ いつまでもつかは別としてねwwww

残り12億人は乞食wwwww

473 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:51:28.01 ID:GvfCJ0X30
www3.nhk.or.jp/news/html/20130512/k10014516341000.html
高市「村山談話の文言変更を」
高市「当時は経済を断交されて日本の生存が危うく、自存自衛が国家意志だと
思い、多くの人が戦争に行った。私自身は、『侵略』という文言を入れている
村山談話にしっくりきていない」

474 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:51:38.13 ID:ZwIlY6if0
【速報】+民がガチ工作員だと話題に
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1368343735/

475 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:51:44.46 ID:oAeMjjd90
>>465
え?

476 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:51:55.46 ID:JUVK9e4Z0
たらればで言えば、鎖国中の江戸時代に武力を蓄えておくべきだったな。
で、軍艦を建造しておく。

おっと、これじゃあ本宮ひろしの「夢幻のごとく」だな。

477 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:51:56.01 ID:oKPOISKS0
>>442
伍長殿は軍事に関しては大馬鹿だからな。
伍長程度のことはある。
あいつは現場指揮官の言う事を聞かずに第六軍を丸々なくした。

478 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:52:02.72 ID:WHMX7rgp0
ゾルゲ事件で、日本の諜報組織、シンクタンクがガタガタだったと聞いた
情報壊滅で勝てる戦いも勝てる訳ない
ましてや・・・

479 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:52:17.24 ID:O6jBOevs0
>>465
交渉を超えたら無血開城か戦争だからね

480 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:52:23.83 ID:6MKqTOiQ0
中国の売り上げが減っても利益は出せるって

481 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:52:34.62 ID:eX4wU3bp0
日中戦争をやらねばならなかった理由、3行で教えてくれ。

482 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:52:45.61 ID:0YeqfYaJ0
>>38
>その点で、仏印進駐なんて挑発行為は究極の阿呆、国賊の極みとしか言いようが無い。

>>53
>南部仏印進駐は、欧米の南方領を視野にする行動。

>>69
>警告も無視し、適当なところで止められずドツボ(石油禁輸ハルノート)に。


>>87
>日本は仏印侵攻したから制裁として石油を絶たれたわけで、元を考えれば日本が悪い

>>271
>日本・・・警告を蹴り、欧米領視野の南部仏印進駐



なんでサヨクのアホ史観で日本責めてるのかな?
仏印進駐ってフランスと一戦やらかしでもしたのかな。なんで仏印に進駐が出来たのかな。
フランスは何やってたのかな。馬鹿なの

483 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:53:27.91 ID:zdaRYAMt0
>>482
当時のフランス本国はナチに占領されてたし文句言いたくても言えなかったんじゃないですか?

484 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:53:29.19 ID:YGLTibeW0
>>443
ありゃ失礼

>>457
なるほど、養父だったのね。

485 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:53:34.34 ID:VU37tXst0
靖国参拝はともかく、侵略の定義云々はマズイよー

486 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:53:42.51 ID:0ckdc9Ez0
>>478
ドイツも暗号解読で情報筒抜けだったよ
米英が狡猾すぎ

487 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:54:00.78 ID:4P7v8zsE0
.
 >日本は侵略なんかしてない!

と顔真っ赤にして叫んでる奴がいるが、

  侵略の何がいけないのかね?

488 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:54:09.56 ID:9n5xwdNC0
>>411
満州事変以前からも含めてだが、日本の対満投資は1942年の時点で累積投資100億円超はいくようだ
それに対して日中戦争開戦時のGDPが228億円
ざっと計算してGDPの50%分は突っ込んだと

今の感覚だと、250兆円の投資をした地域を手放せという話
まあ普通は無理だな
通常時でそんな判断したらかなりの確率で国家経済が破綻するだろうな

489 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:54:24.08 ID:llY5puji0
>>448
ドイツがソ連にやられる前提なら、パールハーバーを攻撃したのはヘンだよね

日本軍は、ドイツがソ連に敗戦するとまでは思ってなかった
という証左だな

490 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:54:28.87 ID:V2nJzAD/O
白人の前で有色人種が席につける最後の国が日本だった。

491 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:54:46.49 ID:UksIL68gT
>>483
ビシー政権の許可得てたんだからいいんじゃないの?

492 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:54:53.45 ID:IuemMHob0
( ゚∀゚)o彡°高市!高市!

493 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:54:56.55 ID:8wvaI4770
>>481
答え してません(^O^)

日本は いまの台湾 国民軍と

場所が シナ大陸で戦っただけです

494 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:54:58.29 ID:zcFcmBsC0
今後、日本という時計の針を進めるには、自虐史観を持つ政治家はいらない。
戦後賠償という責任を果たした日本。そこは間違いない。

しかし自虐史観を持つがゆえに、そこにつけこまれているのも間違いない。
過去の歴史については、証拠あるものだけを信じ、後は信じない。

また、アジア諸国が独立の道を歩んだことも間違いのない事実。
第二次世界大戦後に独立をした国は日本のことを決して忘れる事は出来ない。
昭和21年(1946) フィリピン アメリカ
昭和22年(1947) インド イギリス
昭和23年(1948) ビルマ(ミャンマー) イギリス
昭和24年(1949) インドネシア オランダ
昭和28年(1953) ラオス フランス
昭和28年(1953) カンボジア フランス
昭和29年(1954) ベトナム フランス
昭和32年(1957) マレーシア イギリス
昭和38年(1963) シンガポール イギリス

言論が規制されるNHKで討論会をやること自体、無意味だし、そこでの討論内容が
正しいとは全く思えない。

495 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:55:17.15 ID:BnatdtOM0
朝鮮のは合法的な併合でも日中戦争は侵略だろ

496 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:55:19.36 ID:SylxXfsq0
>>487
支那の地は侵略した。
朝鮮半島は侵略してない、って意味だろ。

497 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:55:23.70 ID:Dd1oueocP
まあ、とにかく
 アメ公がファシストを封印した96条をファシストの孫が解錠して
 ファシズムの妖怪を、日本に召還するのは大反対!

 日本は、戦前の北朝鮮みたいな「言論弾圧の日本」に戻るべきではなく
 戦後の 西側民主主義国の 日本でいるべき

9条は緩めてよい 集団安保も解禁すべきだろう

498 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:55:27.69 ID:kpdb3dKc0
天皇陛下が参拝したがらないのは
靖国の誰のせい?

499 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:55:30.68 ID:StUeLg+90
>>454
教育とも凄く巧妙にやってる、子どもは純真だから上辺の親身で心全開に開いちゃうしね
向こうさんの目論見通りだろうと思う。危うい。自身の権益がスポイルされ破壊される自傷行為の哲学を植え付けられた上で灯台にでも入られて入庁されると溜まったもんじゃないよ。
積み重ねは凄い力になる。何より日本への酷い圧力に、心のそこからの怒り・憂慮・責任感・義務感から立ち向かう気力が全く育たない方向でしつけられてる
一方で、「相手」の気持ちを理解する教育を刷り込まれている。思想教育でないと言いつつ、問題だから出題者の意図を完璧になぞり心の中で再構成するところを繰り返させる点がミソです。

500 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:55:32.93 ID:KjMjy+AUO
議論が極端なんだよな。
日本善玉論と日本悪玉論で不毛な議論にしかならん。
覇権国家同士の衝突なんだけど。日本は落としどころが下手で、戦線を拡大し過ぎた。
統帥権とか持ち出して、軍部が政治から独立したのが間違い。戦争も政治の一手段なのに。
もう少し対外アピールが上手にならんと。その点は、性格のひん曲がってるサヨクの方が上手。

501 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:55:35.64 ID:SoXsJzRY0
アメリカの次の敵は日本だとなんでわからない?w

502 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:55:38.33 ID:zdaRYAMt0
>>488
そりゃ経済破綻の前に強硬派による革命が起きそうだな・・・

>>491
それを英米がどう判断するかは別問題だろうに

503 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:55:48.20 ID:EL5nxaIPP
>>450
あれから70年…立派な名誉白人イエローモンキーになってるんだから無駄以外の何物でも無かった
植民化されたことで宗主国の恩恵も受けて経済力は発展していったけど

504 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:55:58.63 ID:oKPOISKS0
>>484
海軍、外務省は陸軍がまともに思えるくらいに馬鹿だから信用してはならない。

505 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:56:46.62 ID:QsfotFVw0
>>460
今は知りませんが、未だに金日成の肖像画架けたまんまでしょ。

506 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:56:58.04 ID:P/z75Gm60
日本の過去の戦争が太平洋戦争を指すなら
侵略というのはおかしい

・アジアの大半は列強の植民地で軍事的、経済的拠点があった
・資源経済封鎖をうけていたため確保する必要があった

したがって戦争を開始して列強の植民地を占領確保することは
別に非難されることではなく至極当然
逆に、なにもしない方がおかしい

507 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:57:06.89 ID:UksIL68gT
>>502
ビシー政権以外にフランスの政権ってあったの?
自由フランスってそんなに勢力を持ってたっけ?

508 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:57:10.52 ID:i8AUJG/z0
>>503
独立したアジアもあっての繁栄だろ

509 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:57:11.97 ID:3SKjC+yJ0
>>477
有能はドイツ軍人はちょび髭伍長とバカにしてたからねw
盲信してる奴だけはきっちり命令をきいて最悪な結果を残してるんだよね。
第六軍の司令官だったパウルスを降伏前に元帥に昇格させれば自決するだろうと
やったんだけど、パウルスにも意地があって自決せずソ連軍に投降した。
それ以来、元帥に昇格する人はいなくなり、事あるごとにヒトラーはパウルスの悪口を言い続けるんだよね。

510 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:57:21.13 ID:9ng+1d7lP
>>482
>仏印進駐ってフランスと一戦やらかしでもしたのかな。
>なんで仏印に進駐が出来たのかな。

進駐の際には軍事圧力を掛け、散発事件も起きたがな。

ドイツに占領され不安定になったフランス領インドシナに共同防衛を持ちかけた。
フランス側は意見が分かれたが進駐を呑ませた。

あと進駐が現地合意だったのと、アメリカの禁輸は無関係だぞ。
輸出は義務じゃ無いので、南方領を脅かす相手に売る義務は無い。


>なんでサヨクのアホ史観で日本責めてるのかな?

善VS悪では無いが、当時の日本は稚拙すぎだな。
国力や国際関係を蔑ろに、行動を広げすぎ。

511 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:57:37.08 ID:8y9Cr4BX0
司会「では高市さんにお聞きします、この件についてどう思われますか?」
高市「それについは東京裁b」
司会「はいっ、はいっ、もう結構です、では日本共産党小池さん」
小池「いいですか、先ほどの侵略は致し方なかったかのような発言は許せませんね(べらべらべら)」
司会「・・・」
小池「あの戦争で日本がどれほど他国の人を苦しめたかという深刻な反省をもとに(べらべらべら)」

512 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:5) 【東電 74.0 %】 :2013/05/12(日) 16:57:41.64 ID:mbYmgTxW0
【山本五十六こそが日本を対米戦争に引きずり込んだA級戦犯】

■海軍が日中戦争を勃発、泥沼化 (算拡大が目的)

海軍次官・山本五十六は、陸軍と対等の予算獲得のため大量の爆撃機配備をもくろみ
盧溝橋事件が収束し日中和平実現が目前だった時(船津和平工作)
山本五十六海軍次官はそれに危機感を持ち
それを妨害するために中国都市空爆を強行したと考えられる。

その海軍が強行した南京爆撃(渡洋爆撃)は、盧溝橋事件以前から周到に準備訓練していた、
中国に対する計画的な侵略戦争である。
当初は敵飛行場を標的にしたが、山本が開発した96陸攻は防弾装備が皆無で旧式の敵戦闘機に撃墜されまくり、
直ぐに夜間都市無差別爆撃に切り替える。
第二次上海事変を機に4ヶ月にもわたって南京への猛爆は敢行された。

山本五十六が中心となって強行した南京無差別爆撃こそが日本の暴走の始まりである。(日中戦争泥沼化)
共産党の狙い通り全中国人を反日で一致団結させ、世界を敵にまわす結果を招く。
戦略的な効果は殆ど無く無意味に日本の被害は増大。

ルーズベルト大統領はこの海軍の南京無差別爆撃を世界に向けて非難。
アメリカ大統領が歴史上初めて、日本を強烈に非難した。(隔離演説)
(満州事変でさえもアメリカ大統領が日本を批判したことは一度も無かった。)

513 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:58:20.27 ID:LONWeE7eO
>>1
【政治】自民・高市早苗氏「野田聖子さんのおかげでGACKT様に出会えた。近くに立つと、いいにおいがした!」
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1367422475/

【芸能】GACKTのの元バックダンサーが覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕
http://www.logsoku.com/r/mnewsplus/1279026610/

514 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:58:23.21 ID:eX4wU3bp0
1945年8月15日時点で、シナにいた帝国陸軍は70万人。
もちろん武器弾薬食料慰安婦ありまくり。
B29はサイパンから飛んできてるってのに、悠々とシナ大陸で戦争し た ふ り して
アメリカから逃げてた帝国陸軍。

515 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:58:37.99 ID:lNu285ZZ0
>>450
サヨク連中は白人に服従したいって無意識化の欲求でもあるんじゃないか?
そういや、彼らが憧れて止まない中国も白人には頭が上がらないみたいだが

516 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:58:38.54 ID:vkvz1PGJ0
TPPで中国包囲網とか言う奴はさすがにもういないだろうな?

517 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:58:43.24 ID:BBA06z/20
こいつは中国人の反日を煽って日本製品を売れなくしようとする工作員だろw


@靖国には霊はいない、「神」として崇められている、ABC級戦犯を含めた英霊が祀られている。


A靖国に参拝するということは、神として祀られているABC級戦犯を崇めることである。


Bこれは戦後秩序の真っ向からの否定であり、中国人から見れば、とんでもないこと、オウムの後継団体が悪びれもせず麻原を信奉するようなもの。


C靖国にいかなくても英霊の慰霊はできる。なぜなら、それは霊に対する宗教観の問題だからである。霊がどこに宿るかという問題。家族のもと、死に場所、別次元、様々な考えがある。少なくとも靖国である必要は全くない。

518 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:59:12.97 ID:hS6poBQl0
>>506
シナがシャキッとしてれば問題なかったなw

519 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:59:20.11 ID:0ckdc9Ez0
>>488
満蒙開拓団も何十万人も移住してたしね
神社なんかで石碑なんてよく見ると
寄進者の住所が満州国新京市なんてのがチラホラあって
この寄進者がどうなったか考えこんでしまって感慨に耽ってしまうわ

520 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:59:22.40 ID:ZheyOSUwO
トラウトマン工作がうまくいっていたら、あるいは歴史は変わっただろうかな
まあどっちにしろタラレバの話にしかならんけど

521 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:59:30.71 ID:tDbzRKOK0
民主党が代弁するアメリカの意思は嘘臭いが、陛下や総理の靖国参拝はまだ早いかな。
憲法を日本人が歴史上初めて決めるために、変えられるようにできるのかの方がよほど欧米に注目されてると思う。

522 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 16:59:47.51 ID:8wvaI4770
>>515
サヨク連中は済州島の赤狩りから逃げてきた不法入国チョンだからです(^O^)

523 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:00:05.92 ID:StUeLg+90
ルーズベルトに屈服しておいた場合、中国内乱で米軍の尖兵として結局は他国へ突撃させられた可能性についてはどれぐらいあるとあーすればよかった派は勘定してるの?

524 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:00:11.30 ID:zdaRYAMt0
>>507
wikiソースで恐縮だが
>実際に、当時ドイツと戦争状態にあり、ヴィシー政権を「親独傀儡政権」とみなし承認していなかったイギリスのほか、
>ヴィシー政権を承認していたアメリカも日本軍の進駐を「正当な交渉結果」とは認めず、対抗手段として
>英領ビルマにルートを建設することで、蒋介石への援助を続けた。

一応国際的に承認されてたがそれはそれってことか・・・

525 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:00:37.41 ID:Vdz2uLse0!
>>468
バターンで「フィリピン人(比島軍)は即時解放した」と何度書いても、宣伝が染み渡っていて、世論を直しようがない。
当時日本のアジア解放の理念からして必然的な行為なんだ。
※歩いたのはアメリカ軍だけ。

526 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:00:40.00 ID:WHMX7rgp0
>>512
A級って罪のグレードと思ってない?

527 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:00:40.22 ID:Dd1oueocP
>>482
バーカ 米英からみれば ペタン政権は「ドイツの傀儡」だから
ドゴールに同意を取れば 米英は文句は言わなかっただろうが

そもそも、北京 上海 武漢 広東は 米英の縄張りだったし
仏印はドゴールフランスの縄張りだったんだから

そこに突っ込んだら、米英仏とは 交渉決裂になるに決まってるだろ!!

528 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:00:44.10 ID:GTZFZEsg0
旧満州地区で日本人であることを知った筆者に一人の老女が語った言葉

「日本統治時代はすばらしかった。日本が満州帝国をつくってからは
 満州では道端に財布が落ちていても誰一人 ネコババする人もいなかった。
 しかし中国共産党が来てからは強盗殺人が起き 民心が廃れた。
 日本統治時代はすばらしい時代でした」

『これだけは伝えたい 武士道のこころ』(2007年, 防衛弘済会)の前書きから

529 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:00:45.59 ID:2j4/Altd0
植民地になってた方が、良かったんじゃね? 国民を沢山死なせなくて済んだし、
大陸や半島の人たちにも、迷惑かける事もなかったしな。

530 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:00:54.94 ID:PA2dvqf8T
ID:EWJA7ZP60

なかなか参考になるけど条約にこだわるのは某孫崎みたいでアホみたいだな
欧米の価値観、欧米の条約、欧米の交渉感覚が前提みたいで

531 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:01:01.10 ID:8wvaI4770
>>517
シナに日本製品を売る必要なし(^O^)

532 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:01:01.50 ID:rxRrEK2B0
太平洋戦争が問題なんじゃない
問題は日中戦争に突入したこと

533 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:01:05.10 ID:AukMSr6Z0
シミュレーションして負けると分かって戦争したんだろ?
真珠湾攻撃失敗したら負けると。

案の定ボロ負け。
今もアメリカの植民地のようなもんだ。

534 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:01:14.70 ID:umRhv0Hw0
あの時は抵抗しないで、明治の時のように第2の開国をすれば良かった。
明治の時は時の幕府(政府)を倒して開国したのだから、昭和の時も政府
を倒しておくべきだった。

今の日本政府も既に暴走してるので、早く倒さないと、大変なことになるぞ。
今度は財政破綻か、中国にでも侵略されるかな。

535 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:02:09.12 ID:bc4tJcIT0
自虐のやつらて日本の軍国主義とか言うけど
軍国主義はアメリカだろと

536 :521:2013/05/12(日) 17:02:15.19 ID:tDbzRKOK0
東アジアに近代市民革命を経た民主主義が根づくか否か、改正後も憲法の理念を国民が維持できるかも含めて日本人は試されている。
中国は共産党独裁で憲法も政治家も公務員も国民主権の選挙で決められないし、韓国は外見だけは完全な民主主義のプロセスだが内実の理念が全く備わっていない。
日本が公務員解釈の憲法を国民の手に取り戻し、その理念を個人の自由意思に基づく選挙で守っていくことができれば東アジアの政治的リーダーとして認められるだろう。

これがネット世論主導でなされたら、名無し革命だと我々名無しの名が歴史に残るかもしれない。

537 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:02:22.35 ID:SylxXfsq0
>>534
無駄だぜ、チョン君w

538 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:02:31.30 ID:dblhSir80
>>533
アメリカ削っただろ?

539 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:02:40.09 ID:8wvaI4770
>>532
中国共産党政府を打倒し シナ人民を解放してやるべきだろ(^O^)

540 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:02:56.21 ID:0YeqfYaJ0
>>483
占領にも色々あって議会から憲法から止められて、外交権すらな存在しない敵国の軍政状態から
単に降伏しただけで武装解除も何もしていない状態まで色々あるよ。調べた?
「占領」というキーワードでミスリードされない?

そもそも外交に文句が言いたくても言えないなんて手段はない。
勝手に進駐されたなら、最低でも抗議の史料があるはずだよ。
どこかにあった?

541 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:03:11.01 ID:UksIL68gT
>>524
それはそれでいいけど、日本側に特にやり方に瑕疵があったとは思えないなぁ。

542 :コアセルペート ◆11YHIPHm4M :2013/05/12(日) 17:03:14.69 ID:3uQbwZKU0 ?2BP(999)
いくらなんでも程度が低すぎる。

国際連盟の常任理事国であった日本が何で植民地に?

543 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:03:16.09 ID:oKPOISKS0
俺が間近で見た議員は今の今まで高市のみ。
神大の講堂で公演するんで先生に駆り出されて話を聞いたことがある。
間近で見た唯一の議員だから頑張って欲しいが、言ってることが無茶苦茶だ。

544 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:03:27.34 ID:G3baEdsp0
>>3
だったら、侵略戦争やってもいいのかw

545 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:03:33.08 ID:9n5xwdNC0
>>529
欧米の植民地支配というものを知ってりゃ、誰もそうは思わない

546 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:03:34.14 ID:SUXvMCDS0
>>452
> 中国撤退論が根強いみたいだけど
> ブロック経済の中で撤退したら日本は何で食っていくんだ?

アメリカに対して、形だけはアメリカを立ててみせて支那本土からは一歩引いておいて、
満州を共同経営しませんかアメリカさんと持ちかけて、満州の利権が半分でも残ればそんなに困らないよ。

欧州戦線の決着が付くまでアメリカを受け流して誤魔化して時間稼ぎすれば、
どっちの陣営が勝っても戦後特需の漁夫の利が待っていた www

547 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:03:39.41 ID:9udQnudS0
ドイツに苦戦していたイギリスは、なんとかしてアメリカを参戦させたかった。
これが全て。
直接アメリカが参戦できない以上、日本と対立する必要があった。
日露戦争でイギリスやアメリカが助力?
政治判断だ。未だに外交を個人の人間関係に置き換える阿呆がいるのか。

548 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:03:50.12 ID:6MKqTOiQ0
中国に資源なんて無かったんだよな

549 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:03:53.37 ID:C93pI1gj0
>>455
でも日本人だしアジア解放の志を諦められなかった心境は良くわかる気がする
特亜に集られる事態にはなったけどアジアの解放は結果的に達成されたんだしさ

戦後の秩序が極東裁判の上に成り立ってる以上今更そこを否定するのは新たな火種に成り兼ねない
アメリカの影響力は間違いなく落ちるしそうなれば得をするのは人類の敵中共なんだよ
その秩序を壊さず、裁判を利用する輩のみを大人しくさせる
俺が考える限りでは中共の崩壊以外に道は無い

550 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:04:20.40 ID:umRhv0Hw0
>>537

もう既に、チョンには竹島を侵略されてるけどな。

551 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:04:30.63 ID:YuXnV1YZ0
いつまで戦争の話であーだこーだするんだこの馬鹿共

552 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:04:32.46 ID:UksIL68gT
>>527
仏印親中の時点で自由フランスってそこまで勢力を持っていたのか?

553 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:04:38.85 ID:+xl9+FFo0
どうせ負けると分かっているなら
さっさと宗主国様のポチになった方がマシだろwネトウヨwww

554 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:04:51.06 ID:PN+J2THF0
>>1


    満州から手をひきゃよかったんじゃね?

>>3

    そんな風に輸入シャットされたら何もかも終わっちゃう日本なのに
    いまだに国内生産に力を入れずにTPPとかに加入して、どんどん輸入に頼ろうとしてる
    っていかがなものよ



歴史は繰り返す

555 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:04:54.14 ID:L6oGIRBC0
ベストではないかもしれないが、結果としてベターだったと思われる。
植民地になるという懸念は他の方法で対処できていたはず。
もっとも、どこで反発するかを決断するのは非常に難しい問題で、結果論で当時の選択を批判するべきではない。

556 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:04:54.74 ID:CpXlJ1amO
当時は戦争より恐ろしい事があった

それは植民地にされる事

それだけの事

>>487
逆に日本が侵略した国を教えて

557 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:05:13.82 ID:QsfotFVw0
>>499
学生運動していた団塊の世代と言うのが、まともに権力と闘っては勝てないと気付いたんでしょう。
だから必死で勉強して国の機関に就職して、日本を解体しようとしている。
その当時のエゲツない本を読んだわ。
佐々敦之氏が書いたあさま山荘事件。学生運動のなれの果て。
なんて奇遇なんでしょうw 
今夜7時からBS-TBSで「突入せよ!あさま山荘事件」と言うの放送します。
これで何人若い警察官が殉職したことか。
クサヨは絶対許されない国家反逆罪の殺人集団。

558 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:05:14.99 ID:WHMX7rgp0
>>550
時期が悪かったな

559 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:05:48.38 ID:soV+w4b80
歴史認識の程度が小学生レベルだな。こんなブス馬鹿が政調会長かよ。

560 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:05:49.92 ID:rxRrEK2B0
>>539
??????
訳分からん事言うな

561 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:06:12.40 ID:UOzN2iS70
こいつ、馬鹿じゃねえの?
一旦、決着がついてる問題を蒸し返して、
それが日本の国益になると思ってるわけ?
この問題を本気でやるって事は、
極論すれば、もう一度アメリカや中国と戦争して勝つ位の覚悟がなきゃいけない事。

562 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:06:36.37 ID:GTZFZEsg0
>>407
少なくともロシア革命で追われたロシア貴族たちの独立国が存続できていた可能性が高い。
ロシアの貴族たちは日露戦争とその後の日本の対応を知っており日本に対して敬意を払っていたから。
日米共同で彼らの独立国を支援する事でソビエトに牽制を掛け南下を阻止する効果もあったのでは?
とも考えたりもしているが。。。

563 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:06:41.01 ID:W6UNDLly0
こうして答弁見るとわかりやすいな
NHKはこれからもぶん投げたままでいいよ

564 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:06:54.13 ID:qlI/BixXO
おいシナチク、お前が不甲斐ないから日本が苦労したんだ。
何が眠れる獅子だよ。
アヘン戦争で負けやがって。
てめーが白人に負けたのが悪い。反省しろ。

565 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:06:57.88 ID:jjpSDHiF0
⑴日本陸軍の仮想敵はソ中。対ソ若しくは対支戦争のどちらを優先するか迷っていた。ノモンハンを敗北と誤解したから対支に重点が移りつつあった。対米戦争など予想外。
⑵海軍の仮想敵はアメリカ。アメリカ海軍の充実スピードに恐怖を感じていた。41年中なら何とか装備的に互角と踏んでやるなら41年中と腹を括っていた。
⑶仏印進駐による援蒋ルート遮断強化、日ソ中立条約など対支優先路線に恐れを抱いた国民党がアジア外交での支那優先のアメリカ民主党へのロビー活動を強化した。
⑷念願のハルノート。

566 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:07:15.03 ID:umRhv0Hw0
>>553

チョンは昔はシナの属国で、一昔前は日本の属国。
で、今はアメリカの属国だろ。

でもって、在日は日本に寄生する寄生虫といったところか。
世界一最低な民族だな。

567 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:07:30.44 ID:VU37tXst0
ニュルンベルク検事長ジャクソンもニュルンベルク裁判が間違っていたと語って最高裁長官になれなかったし、東京裁判は軍事法廷なのに文官まで裁かれている
裁判は糞だったのは間違いないがSFでのんだから侵略の是非は触らないほうがいい
どうしてもというならニュルンベルク判事が後に提案した、国連への控訴

568 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:07:37.49 ID:ZheyOSUwO
仮に満州国の利権をメリケンと折半したとしても、またそこで対立が生まれ、戦争回避どころか火種になったかも試練。なんせ同じ地域で経営する競争相手だしな
中国から撤退するにしても、南京まで占領された中国のメンツをつぶされた感は深い。これも火種になったかも
いかような道を通ろうとも、結局は大きな戦争があった気はするな。第二次大戦とは趣が違うかもだが

569 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:07:41.91 ID:8wvaI4770
>>560
はぁ?なんで(^O^) 中国共産党に抑圧されている シナ人民の解放こそ

アジアそして世界の平和につながるんだよ

570 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:07:45.93 ID:Q2fqVAhGO
日本人が日本のことを決めるのにアメとか持ち出すこと自体異常。

571 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:08:05.35 ID:0ckdc9Ez0
>>547
イギリスは太平洋開戦時にはバトルオブブリテンで独空軍を打ち負かしてたし
北アフリカでもトブルク防衛戦でロンメルに大損害を与えてたから既に戦況は好転してたんだけどね

572 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:08:20.69 ID:rxRrEK2B0
>>561
確かに極論
でも、アメリカを敵に回す覚悟があるかって言いたいのは分かる

573 :風老児 ◆ZPG/GcTAlw :2013/05/12(日) 17:08:23.89 ID:Cug1k3q/0
>>482

今見ました

ビシー政権…ペタン元帥
「日仏共同防衛協定」成立
日本軍の南部仏印進駐を認めた

ド・ゴールは何処に?…ロンドンにトンズラ

このことをまるで解ってないのでしょうね、あの人は

574 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:08:24.01 ID:SoXsJzRY0
人類の敵アメリカwww

575 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:08:26.50 ID:2j4/Altd0
>>557
オレ、あさま山荘は生で見てたけど、警官が撃たれる度に、親と大歓声を上げてたな。

576 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:08:35.13 ID:XLSU0mrr0
北朝鮮も同じ理屈言うと思うよ

577 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:08:57.96 ID:KgNN1ojtP
別に全方向土下座しなくたって仲良いふりだけしてりゃ
朝鮮問題で協力は出来るだろ、アホ

拉致被害者問題はどこの国にもスルーされてるし
中露のやる気は日本との関係と全く関係無し

578 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:09:10.88 ID:rbR9Wo7t0
>>568
俺は絶対に避けられなかったのは日ソ戦だと思うわ

579 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:09:11.41 ID:SfQScbrN0
高市って、高市早苗?
あんな娼婦崩れのBBAに靖国参拝擁護させるなよ。

580 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:09:14.13 ID:9n5xwdNC0
>>542
実際、いきなり所謂植民地ってのはまずないだろうなw
その辺り確かに煽りすぎ
ただそういう恐怖心が当時あったという気持ちは分らないではない

581 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:09:34.89 ID:WHMX7rgp0
>>561
上兵は謀を伐ち
其の次は交わりを伐ち
其の次は兵を伐ち
其の下は城を攻むるなり

味方は増やさないとね

582 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:09:42.96 ID:umRhv0Hw0
日本の敵は、昔も今もシナ・朝鮮だよ。
今なら、中国・北朝鮮・韓国。

こいつらと仲良くなることは永遠に無いな。

583 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:10:00.79 ID:oOeDp0n10
>>390
そういう大人ぶった大きな勘違いしてる人こそ要らないですな
世の中そんな輩が増えてるから、汚職・ウソ・欺瞞の宝庫になっているわけで
偽政者アベ自民党と誹られても仕方ない
>>395
「詭弁家」はお帰り下さいw

584 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:10:04.52 ID:8wvaI4770
>>572
アメリカなんて 事実上は財政破綻している国など

やっちまうのは わけないよ(^O^)

585 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:10:21.68 ID:lNu285ZZ0
で、結局、あの時代の日本の最善手って何だったの?
そこらの歴史評論家よりもマシな見解を見せるお前ら、教えてくれよ

586 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:10:44.40 ID:O6jBOevs0
>>576
拉致被害者返せ

587 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:10:49.27 ID:zdaRYAMt0
>>585
満州事変の前に戻ってやり直すしかない

588 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:11:26.43 ID:eX4wU3bp0
日米交渉では満州撤退なんて争点になってない。
あくまで日中戦争の中止。
あんな役に立たない大陸なんかさっさと撤退して真珠湾に一撃食らわす。
そして南太平洋の防御に陸軍をつかせる。
これで日米戦争は引き分けに持ち込めた。

何度でもいう。
1945年8月15日時点で、シナ大陸には70万の兵力武器弾薬食料があった。

589 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:11:39.24 ID:8wvaI4770
>>585
満州国の利権に アメをいっちょ噛みさせらばOK(^O^)

590 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:12:13.79 ID:9ng+1d7lP
>>585
>あの時代の日本の最善手って何だったの?

最善手か知らないが、
満州に徹する、日中戦講和に尽力、北部仏印での打開交渉に尽力、
ならあんな形の対米戦では無かったろう。

591 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:12:14.98 ID:rxRrEK2B0
>>569
日中戦争が始まったとき、中国共産党はまだ中国を支配してなかったろうが?

592 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:12:17.97 ID:pRVZmwUj0
>>12
話し合いで解決するなら植民地にもならんわアフォか?

593 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:12:25.98 ID:EWJA7ZP60
>>585
満州事変を起こさない。
張作霖を爆殺しない。

594 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:12:28.78 ID:ZheyOSUwO
>>578
確かに満州の帰属を巡ってソ連と争いになるのは不可避だったとは思う
もしかしたら、ここにメリケンが入っていて日本と運命共同体になれば、あるいは対米戦とは別の道があったかもしれんかな?

595 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:12:40.90 ID:9n5xwdNC0
>>587
満州事変の前か、
若しくは満州事変後に理想的な立ち回りをするか

それぐらいだろうな・・・

596 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:12:44.05 ID:YGLTibeW0
>>546
ソ連が傍観してたと思えないな〜。ゾルゲ事件とか見てると。
その代わりそれが成功してたなら、もしかすると連合国入りしてたかもしれんね。

597 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:12:50.99 ID:SylxXfsq0
>>585
誰も抗わないなら、世界は白人の手に落ちてた。
日本の為にベストであったかどうかはともかく、有色人種の為にはあれしかなかったろう。

598 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:12:52.98 ID:1g7Cv1Gu0
>>529
当時の植民地は人権もクソも無い家畜なんだが

599 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:13:30.07 ID:WHMX7rgp0
>>582
戦略的互恵関係
は、何故うまくいかないか?
軍事力の欠如?

地政学的要因と経済力だと思います

600 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:13:30.94 ID:DrIXFS1i0
ハルノートが問題ないっていうなら
今のアメリカが戦力の放棄できるかと、考えて見れば分かるじゃん
世界中が植民地の時代のハルノートは、植民地になれっていう意味だったのよ
まあ、今も日本は植民地のままですがね^^;

601 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:13:49.11 ID:8wvaI4770
>>591
あの当時の話か(^O^) スマソ

602 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:13:55.38 ID:GvfCJ0X30
せっかく安倍ちゃんがヘタレて火消ししたのにまたお飾りの女性採用してます
よ枠の日本会議の宗教右翼がこんな自分から火をつけるような発言してさだ
まさしのコンサートにいってる暇もなくなった。
同族嫌悪の野田聖子と喧嘩でもしてろ。

603 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:14:00.49 ID:umRhv0Hw0
>>585

もちろん、戦わずして、(アメリカに)国を開くことだろ。
そうしていれば、少なくとも台湾・北方領土・朝鮮半島・竹島等の権益は確保出来ていた。

604 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:14:31.54 ID:O6jBOevs0
>>594
当時アヘンで中国に肩入れしていたルーズベルトがか?
日本の利益になるようアメリカが動くとは思えないよ

あっ当時のアメリカ大統領がルーズベルトなのかは知らないけどね

605 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:14:32.92 ID:oKPOISKS0
>>514
大陸打痛でB29による大陸からの本土空爆を防いだだろ。

606 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:14:57.67 ID:Jf0Efo710
とりあえず松下馬鹿製造塾の高市は喋るな。松下の馬鹿は政界から追放しろ。

607 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:15:00.75 ID:fv80ye2EP
あの戦争がなければ中国大陸まで白人の植民地だけどなw

608 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:15:00.79 ID:IkT2Yxm30
対米開戦の決定打は日支事変で南下した事

異論はないだろ

609 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:15:01.85 ID:2j4/Altd0
>>597
ウヨはこんな話になると、有色人種とかって言いだすよな。本当は日本の為でしかないのに。

>>598
別にそれでよかったじゃん。

610 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:15:02.76 ID:3MbwPas90
昔は、コイツが生意気なコトぬかすんで、何かしてやろうか、くらいに思ってたんだが、根が誠実だったのか知らんが、己の身を切ってでも他者を救済するような人間になった。

611 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:15:08.28 ID:QsfotFVw0
>>575
長野県にいたんですか?危険だから立ち入り禁止だったのでは?
冬ですよね、寒かったでしょう。

612 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:15:13.19 ID:rbR9Wo7t0
>>585
張作霖爆殺の時に関東軍を処罰する
満鉄は米と共同運営にする
三国同盟は結ばない

これぐらいじゃね

613 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:15:15.07 ID:TsfHVTD10
極論言う奴って信用できない

614 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:15:20.42 ID:zdaRYAMt0
>>603
それだと強硬派が反乱起こすよ!

615 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:15:22.95 ID:hS6poBQl0
>>585
ナチと手を切ることで米の参戦の口実を絶つことができる

616 :コアセルペート ◆11YHIPHm4M :2013/05/12(日) 17:15:38.80 ID:3uQbwZKU0 ?2BP(999)
>>580
世界3位の海軍力を持ち、
ワシントン海軍軍縮条約にも参加する位に海軍力が強かったのだから
植民地の恐怖は微塵も無かったはず。

高市は歴史を知らなさすぎで絶望的に知能レベルが低い。

617 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:15:59.41 ID:9n5xwdNC0
>>600
感覚的には、在日米軍、在韓米軍、ハワイより東の米軍基地の総撤退に近いのかな
アメリカの州じゃないだろっていう理屈で

考えて見ると、今のシナがアメリカに持ちかけてる話に感覚が近いのかも・・・

618 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:16:01.53 ID:+Oq/cZk80
原爆で市民を30万人焼き殺してその後も戦争しまくり、極悪非道の血で血を洗うこと大好きなアメリカには言われたくない。
アメリカよ、余り詰らんヨコ口出すと、先々もテロに怯えて暮らすことに成るぞ。
パクのバカ女の口車に乗るな。

619 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:16:13.67 ID:8wvaI4770
>>609
一番良いのは おまえが生まれてきた腐れオマンコ殺して自殺だろな(^O^)

620 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:16:19.31 ID:Dd1oueocP
>>535
自虐と 自慰史観の 2つしかねーのかよ!

ミスはミス、自殺行為は自殺行為だろうが!

サヨクの 慰安婦捏造とかは まったく賛成しないというか
フザケンナ売国奴!だが


反米親独保守=満州ファシストの「自称愛国者」が
「自分達が米英の縄張りを荒らして 対米戦争を不可避にした
 亡国行為を 正当化しようとすること」
 コミンテルンのせい! 海軍のせい! 米国の陰謀!

とか朝鮮人や犯罪者のように見苦しく責任転嫁するのは認めないし

戦前の日本では 無謀な対米戦争に反対した愛国国民は
特高に逮捕拷問されて
竹やりを批判すると 虫けらみたいに恣意的徴兵で殺されるような国で

 ファシストが 諌める人 批判する人を 投獄 拷問した
 殷の糸寸王みたいだったことを ファシストが
  戦前レジームとか言って美化するのも認めない!
  

621 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:16:41.87 ID:+xl9+FFo0
右翼やネトウヨの小さなプライドの為に、
300万人以上の同胞を犠牲にするなんてマジキチだと思うぞwネトウヨwww

622 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:16:53.86 ID:DditDT9X0
>>3
これを訳した小堀桂一郎先生、さすがやで
東大にも素晴らしい先生おるんやで

623 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:16:59.75 ID:eKsTN6Gl0
大東亜戦争【不屈の武士道精神】
http://www.youtube.com/watch?v=7QQzmAQ7wEc

つい最近まで日本が侵略戦争をしかけたと思い込んできた。
本当の事がわかってよかった。
日本の近代史教育をちゃんとしないと、このままでは日本は滅びる。
まさに今 その直前ではないか。
戦後日本を無力化にしようとしてきたひとつの成果なのだろう。
日本を普通の国にしよう。 戦後レジームからの脱却を一歩ずつ前へ・・・

有色人種の差別や植民地解放をなしとげた偉大なる先人達を
誇りに思うと同時にその民族に生まれた事を最大の幸運と思う。

みんなも靖国に行こう!   安倍ちゃんと一緒に英霊たちに会いに行こう!

624 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:17:08.57 ID:1g7Cv1Gu0
>>561
シナチョンが蒸し返さなければ、
他の誰も蒸し返さない

625 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:17:16.88 ID:GTZFZEsg0
>>411
リットン調査団が求めた事は
満州国というのであれば
もっと現地の人たちを登用して
彼らの国として彼ら自身で国家を運営できるようにもっていきなさい
という指摘だった。

ずるい言い方をすれば欧米の植民地政策を参考して
もっともらしい体裁を取らせない?ということだったのかもしれないが
当時の外務大臣は日本人が全てを完全に牛耳る体制であることに固執して脱退した。
そういう風に自分は理解しているのだが。

626 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:17:28.01 ID:SylxXfsq0
>>609
戦ったのは日本の為だよ。

アジアを解放しないことには、日本が生き残る可能性などなかったからな。
アジアを開放できたのは手段であり、結果だ。
目的は果たし得なかった。

627 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:17:55.94 ID:8wvaI4770
>>621
で 半島で同胞が北と南に分かれて殺し合っているのに

日本に不法入国で 高笑いですか?(^O^)

628 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:18:09.79 ID:zM4giSNO0
いざという時は、動物だって死を賭して戦う。
 
脅されてへこたれるのは動物以下。

629 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:18:16.37 ID:I3TRbQi5O
政治家か軍人がもう少しマシだったらな

特にあの時代の軍人は最低
515、226なんかのせいで太平洋戦争は絶望的なメンツで
挑まなければならなかった

630 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:18:21.93 ID:k6A2C5mS0
>抵抗せずに日本が植民地になる道がベストだったのか?

今まさに安倍がやってることじゃないの?

631 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:18:32.58 ID:UgLY7URH0
頑張れ高市!!!
彼女は歴史を正しく理解している!!!
その当時の世界はどうだったか、西欧列強がどれほどの地域を植民地化していたか
地図をよく見ておくべきだ!!!
いつまでも昔のことを掘り起こしたくはないが、その当時はそういう時代だったのだ。
だから当時の日本としても当然の成り行きだったのだ。

632 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:18:34.72 ID:wiHMrRcE0
日韓併合みたいな人道的合邦を植民支配なんて勘違いしてる輩には、植民地になった方が良かったなんてタワケた思い付きが出てくるんでしょう

633 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:18:36.36 ID:2j4/Altd0
>>623
韓国や中国やアメリカにシッポを振って、金さえもらえりゃ、日本は滅びる事はないよ。

634 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:18:48.15 ID:ZheyOSUwO
一番いいシナリオは、世界恐慌など起きずにそのままブロック経済が徐々に自由貿易経済に移行することだろうな
世界恐慌が起きた場合は、満州の張さくりんは軍閥の親玉なだけにいずれ自分の独立国を作ろうとするだろうし
日本とは所詮相容れない。息子の張学良も反日(親父を爆破したのもあるけど)
満州をとって、日中戦争は起こさず、ひたすら自力を蓄え、サイパングアム難攻不落の地下基地化し
日本軍を近代化する。経済圏としては台湾朝鮮満州、そして中国を取り込む
それが出来ていればあるいは?といっても政治家に超人が必要だろうけど

635 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:18:59.97 ID:QsfotFVw0
>>594
いやー、当時のアメリカ人は白人優位主義の差別者だったから。
ミシシッピ・バーニングと言う映画見たけど、公民権運動家が三人殺害されてる。
ケネディが死体捜索のために海兵隊を派遣していた。
1960年代で、とっくに戦争が終わってからの話。
戦前はもっと激しい差別大国だったし、日本人は収容所に入れられた。

636 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:19:10.83 ID:9ng+1d7lP
>>626
>アジアを解放しないことには、日本が生き残る可能性などなかった

アジア解放と言っても、対等性や自主性は蔑ろだがな。

「朝鮮」
清属国から離したが、ロシアに近づくなど不都合な行動を取った。
日本は国権剥奪や抗日弾圧など干渉を強め、やがて併合に向かう。

「満州国」
典型的な傀儡国家。

「中華民国(汪兆銘)」
不平等条約を強要。

「東南アジア」
重要地帯は領土方針。その他も基本的に日本の指導下。

637 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:19:11.79 ID:YGLTibeW0
>>529
選挙もなく、子供大人関係なく長時間労働当たり前。医療も受けられたかどうか。
学校?そんなもん作らないよ。謀反の元だからね。
そんな事考えるやつは牢屋な。

こんなんでいいの?

>>609
当時生きてたらお前はそうは言わなかっただろうな。

638 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:19:45.24 ID:WHMX7rgp0
>>633
チョン乙

639 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:19:56.43 ID:9n5xwdNC0
>>616
いや、微塵もないってのはそれはそれで言いすぎだと思う
というのも、当時は兵器の進歩により、原油がなければ戦えなくなってしまった時代と言える
仮にハルノートを受け入れて、日米貿易が再開されたとしても、
結局日本が戦争遂行に必要な資源を米国に握られているという状況そのものは変わらない

つまり、日本の領土内に有効な油田が発見されない限り、
常に第二のハルノートを懸念しなくてはならない状況に追い込まれたはず

640 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:19:58.05 ID:EWJA7ZP60
早ければ早いほどよい。

1928年の段階 張作霖を爆殺しない ↓しちゃったの?馬鹿だなあ
1931年の段階 満州事変を起こさない ↓起こしちゃったの?馬鹿?
1937年の段階 盧溝橋事件に乗らない ↓乗っちゃったの?馬鹿すぎる
1941年の段階 ハル・ノートを受ける ↓え?受けない?馬鹿なの?死ぬの?
1944年の段階 降伏する ↓え?受けない?本土攻撃はじまるよ?
1945年の段階 降伏する ↓え?しない?無差別爆撃はじまるよ?

641 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:20:00.44 ID:SylxXfsq0
>>633
朝鮮人じゃあるまいし、日本人が誇りを捨てられるわけなかろw

642 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:20:03.16 ID:eKsTN6Gl0
日本人が知っておきたい戦争の真実Part.U
http://www.youtube.com/watch?v=C8Ob-MqkfPI

日本人ならば日本の起こした戦争の事をもっと良く知らなければならない。
先祖が残したもの。欧米が企んでいたこと。ホントに伝えたかった事を・・・。

これだけは言える

今の日本があるのも、今私たちが生きているのも アジアの植民地を解放したのも
有色人種の差別が無くなったのも この人たちのおかげだということを。

靖国に行こう!  アジアの植民地を解放された英霊たちに会いに行こう!

今もなお 力強く輝き続ける彼らの光を見に行こう!

643 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:20:20.14 ID:eX4wU3bp0
スプルーアンスが言ってたよね。
日本はわざと負けたとしか思えないって。
アメリカが本気で南太平洋攻めてきてんのに、日本兵はちょこっとしかいなく
拍子抜けしたって。
ガダルカナルの防衛隊たった2000人、対してアメリカは80000人。

シナ大陸で戦争しているふりしてるんだもんな。
わざと負けたとしか言えないんだよ。

644 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:20:23.65 ID:HF+kY60m0
いや、無謀やったやろ。
まあ、当時もわかったいたらしいけど、結果アホな軍部が暴走。
今から思えば、外交交渉で臥薪嘗胆の精神で何とかなったはず。
体制をこの間立て直せれば、大東亜共栄圏は夢ではなかっただろう。

645 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:20:43.57 ID:uyCr1a0+0
>>636
朝鮮のケースだけやたらに力入れてますね
もしかしてチョン?

646 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:20:44.09 ID:OQOuFDmh0
>>600
だから何でハルノートを突きつけられたところから日本の歴史がスタートしてるの?

647 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:20:53.13 ID:2j4/Altd0
>>637
戦争で死ぬよりいいな。戦わなくて済むしな。

648 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:21:25.50 ID:k6A2C5mS0
>>623
英霊が命がけで守ろうとした日本を
戦いもせずほとんど無条件降伏で同じ敵国アメリカに献上しようとしている安倍が
一体どの面下げて靖国に行けるんだ?
顔出せる道理がないだろ。

649 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:22:04.02 ID:9ng+1d7lP
>>645
単に朝鮮併合の部分が論争になりやすいから。

650 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:22:07.63 ID:oIRQHnXf0
>>607
何大陸止まりにしてんだよ。日本列島もだろ

651 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:22:24.62 ID:kpdb3dKc0
中国と半島があんな民族じゃなかったら
もっとましな結果になってたかもしれない

652 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:22:26.85 ID:umRhv0Hw0
>>614

明治の時に出来て、昭和の時に出来なかったのは、政治家の質の差か。
江戸幕府の連中も馬鹿だったが、昭和は長州藩出身(長州閥)の連中(政治家)が
暴走したんだろ。

中央集権は駄目だという証拠。
内部で権力闘争を始めて、派閥を生み出し、実力ある人が追い出されるからな。
結果、馬鹿がはびこる。

653 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:22:35.72 ID:S4huajga0!
>>8
ミサイル恫喝するような国は滅べばいい。

654 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:22:45.62 ID:hS6poBQl0
>>646
そういう意味で言うならアメリカの太平洋戦争のスタートは真珠湾攻撃だよね
その前にお前らが何したのかわかってんのかとw

655 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:22:49.39 ID:SylxXfsq0
>>636
対等なわけがない。
今で言えば、北朝鮮に「食えないから併合して下さい」と言われた様なものだからな。

656 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:22:51.38 ID:3MbwPas90
メディアの寵児だった高市が、その恩恵を捨て去って流浪して散々辛酸を舐めつくして、挙句に今日のサンドバッグ状態を受け入れているのは大したもんだね。
もはや、この国を己の「子」と考えてるんじゃないかね。
一線を超えた女は強いよ。

657 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:23:05.58 ID:2j4/Altd0
>>642
靖国神社みたいな、死んでしまって戦後の復興に何の役にも立たなかった人間を
祀ってる所なんかに行ったら、負け犬根性が伝染ってしまうよ。

658 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:23:06.83 ID:cpl9r2yC0
あの時代は欧米の侵略国家に日本の過大戦略は悪なんて言われる筋合いはないわな
しょせんは侵略者同士の大戦に敗れたにつきる

659 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:23:09.19 ID:0YeqfYaJ0
>>510
>進駐の際には軍事圧力を掛け、散発事件も起きたがな。

意味がわかんないです。フランスと開戦でもしたんですか?

>あと進駐が現地合意だったのと、アメリカの禁輸は無関係だぞ。

意味がわかんないです、フランス政府がインドシナにあったんですか?
初耳です

>輸出は義務じゃ無いので、南方領を脅かす相手に売る義務は無い

アメリカの領土だったんですか?仏印となってますが?

>善VS悪では無いが、当時の日本は稚拙すぎだな。

お利口だとなにをしていればアメリカさんは黙って引っ込んだんでしょうか?

660 :風老児 ◆ZPG/GcTAlw :2013/05/12(日) 17:23:14.38 ID:Cug1k3q/0
>>616
横からごめんね

高市さんがどんな人か全く知らないようだなあんた

>植民地の恐怖は微塵も無かったはず。
   ↑
呆れ果てました

661 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:23:19.49 ID:DrIXFS1i0
>>646
アメリカ大陸を侵略した、白人至上主義の野蛮なイギリス人の末裔が
ハルノートを付きつけてきたという事実が、日本が戦争回避できなかったと言う結論になるのよ
警察のいない世界で、ヤンキーに金を出せと言われて財産全て奪われ続けて
命が助かってよかった、これからも奴隷として生きていこうが幸せなら
お前はそれでいいのかもしれんけどね

662 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:23:30.39 ID:jkzBM01r0
油無しじゃ強国でいられないんじゃないの

663 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:23:38.41 ID:EhT7PU7tO
侵略の定義というとなんだろうな
攻めこんだ国に大義があるかないか?と考えるとするとどこにもありそうだな
なんなんでしょ

664 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:23:52.89 ID:O6jBOevs0
>>649
>>645は皮肉で言っているんだと思うよ
併合なんて朝鮮人は認めないし歴史を見ない

665 :コアセルペート ◆11YHIPHm4M :2013/05/12(日) 17:23:56.99 ID:3uQbwZKU0 ?2BP(999)
>>639
原油は無ければ買えば良い。
略奪するから怒られる。

666 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:24:07.30 ID:eKsTN6Gl0
大東亜戦争の真実
http://www.youtube.com/watch?v=UdpaTT5EYI0

戦前の白人による拭いがたい人種差別意識と欺瞞を語らなければ、
大東亜戦争の本当の歴史的意義はわからない。


65年前、身命をなげうって国を守らんとした行為そのものが尊いのであり、
その行為に伴う勇気と覚悟は永遠に輝き続け、
彼らのその輝きがアジアを照らし、
今また国家の危機に直面する日本を照らしている。

靖国に行こう!    世界の植民地を解放された英霊たちに会いに行こう!

日本人ならば一生に一度は、今もひかり輝き続ける彼らの光を見に行くべきだよ。

667 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:24:42.61 ID:StUeLg+90
>>557
佐々さん、嫌いじゃないんだけど、浅間山荘の時の土嚢の積み方に虎口をつくらないのは影像見てどうかとおもった。

668 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:24:46.21 ID:rxRrEK2B0
>>587
確かに満州事変から日中戦争に突入したのは間違いだと思う。
ただ日本が何もしなかったら今でもアジアは植民地支配されていたかもしれないし、どうなっていたか分からんわな。

669 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:24:48.67 ID:k0kbEdnh0
>>1
うん。植民地化されて、昭和天皇が殺害される道がベストだったニダ

670 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:25:38.78 ID:0YeqfYaJ0
>>512
「もくろみ」とか主観のミスリード狙っている時点でサヨクの馬鹿史観だとばれるんで。

では次のブサヨどうぞ

671 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:26:11.04 ID:IgfKYh4OP
ATMとして使いたい中韓勢力の意見を受け入れるなんて、
日本で生活している日本人に対する冒涜の何者でもない

ましてや捏造だらけの歴史観を未だに言い続けるのなら、
拒絶すればいいだけ 北朝鮮は中国のナイフに過ぎないとペンタゴンも言及してたろ

672 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:26:16.74 ID:eKsTN6Gl0
新・世界は日本をどう見ているか
http://www.youtube.com/watch?v=Yi6t6r7FbjM

日本人として生まれた事が大変誇らしいです。
誇りある大和民族なんだなと改めて実感した。
先の大戦で、私たちが<本当に失ったもの>を取り戻そう!

みんなも靖国に行こう!    世界の植民地を解放された英霊たちに会いに行こう!

673 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:26:30.48 ID:qlI/BixXO
現代の価値感や自虐史観で自国の歴史を語るのは止めて欲しいんだけど。

日本は日本人の国で、その国を外敵から守る行為は、問答無用に正義なんだよ。

我が家を守る行為に理屈は要らない。
武装しようが勝手だ。
シナチクエベンキに配慮する必要はない。
平時でさえ、無能な奴等に日本人を裁く権利はない。
日本人は日本人の都合で国際社会と渡りあえば良い。

674 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:26:50.34 ID:9n5xwdNC0
>>665
それが出来なくなったのがABCD包囲網だろ
つまり、外交戦争で負けたということでもあるのだが、
日本の中枢は将来的な危険を感じずにおれない状況になったわけさ

これは実のところ今も同じ

675 :コアセルペート ◆11YHIPHm4M :2013/05/12(日) 17:27:04.03 ID:3uQbwZKU0 ?2BP(999)
無意味に戦線を拡大した陸軍が悪い。

676 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:27:04.37 ID:ZheyOSUwO
全ては大恐慌から始まった。やっぱ食えないとどうにかしようと色々やるんだよ
日本も食えないからあちこち進出しようとした。本来ならそれだけの話だ
大義や正義があるとしたら、日本が食うためってのが大義であり正義だろな
まあ日中戦争は当時から見ても無名の師だと議会でも指摘を受けたわけだが

677 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:27:08.14 ID:umRhv0Hw0
満州でやめておくべきだったな。

中国大陸にまで進出したのはアホだった。
あんな広い大陸に馬鹿民族がたくさんいる所なんて、アメリカでも
統治不可能だし、泥沼になるわ。

678 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:27:20.94 ID:eR7qZPfG0
まあ開戦はベストだったが、中国ではなく原油のあるロシアを東から攻めるべきであった。

679 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:27:22.52 ID:k0kbEdnh0
30万人の英霊に申し訳ないと、突き進んだら
300万人の英霊が出来上がったでござる。

680 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:27:28.49 ID:q+0q05v0O
松っつんが国際連盟脱退したのは間違い お腹痛くなってトイレに行こうとしただけ

681 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:27:31.72 ID:+xl9+FFo0
名誉ある敗北とか滅びの美学とか・・・
ほんとウヨ政治家もネトウヨもマジキチだぜw

お前らみたいな糞野郎は一回脳みそを浣腸した方がいいと思うぞwマジで

682 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:27:35.88 ID:WHMX7rgp0
太平洋戦争で日本の国益になったのは
・日本を追い詰めちゃならん
・日本に油を切らせちゃならん
という認識を欧米に植え付けたことじゃね?

683 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:27:53.68 ID:0YeqfYaJ0
>>514
> 1945年8月15日時点で、シナにいた帝国陸軍は70万人。

あのシナのだだっ広い国境線守るのに70万人って少ないんだが。

684 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:28:03.63 ID:gp2ANDZzO
親戚のジッチャン 真珠湾攻撃の時 辛うじて 島に泳いで助かり 捕虜になり、
その後 アメリカで事業も成功
NHKの番組でも出た

685 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:28:04.35 ID:EWJA7ZP60
そもそもこれまで「自虐史観」なんてあったか?
ネトウヨの幻想じゃないのか?

自虐史観があったら戦犯が選挙に通ったり、首相になれたりしてないだろ。
東条英機の次男が大企業のサラリーマン社長になったりしてないだろ。

686 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:28:15.46 ID:eX4wU3bp0
南太平洋でアメリカとガチでやってるってのに、なんで2正面作戦なんてやるんだよ。
「せんせーい。アメリカと戦争しているのになんで日本の兵隊さんは中国にいたのですか?」
小学生に投げかけられるこの問いに、明解に答えてくれる大人は一人もいなかった。

687 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:28:35.41 ID:LONWeE7eO
>>1
【政治】自民・高市早苗氏「野田聖子さんのおかげでGACKT様に出会えた。近くに立つと、いいにおいがした!」
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1367422475/

【芸能】GACKTのの元バックダンサーが覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕
http://www.logsoku.com/r/mnewsplus/1279026610/

688 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:28:44.70 ID:4TXqQhiR0
既に2割くらいはアメリカの植民地な希ガス・・・

689 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:28:53.43 ID:8wvaI4770
>>685
アメに媚びて生きて来た奴らが どーしたって?(^O^)

690 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:28:58.57 ID:xf6jAGX10
ソ連参戦の情報を掴んでいたのに日米和平をソ連に頼もうとしてた日本。
外交、情報、分析能力、全部だめだめ。戦争する以前の問題。
ロンドン軍縮会議参加国だから植民地にはならなかったのでは
アジア撤退放棄が最善だったと思う、特に半島に絡んだことはいまでも汚点
つきあっちゃいけない連中とつきあってしまったという意味でね

691 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:28:59.58 ID:zdaRYAMt0
>>678
まだシベリアの油田は発見されてないぞ?バクー打通作戦でもやるか?w

692 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:28:59.90 ID:ivJeYBz50
韓国に領土を侵略され中国にも侵略されかけていることを国連で抗議することもなく
逆に靖国参拝することで過去の侵略をネタに日本叩きのチャンスを韓国中国に与えてるのが自民党だ
俺にはわざとやってるようにしか見えないんだが

693 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:29:05.19 ID:StUeLg+90
ノモン・ハン事件の時に、熱河を割譲して渤海湾にソ連の突出を許し中国との壁にするとかどう?
そして中国大陸へソ連の跳梁を許し、てかむしろ、ソ連の日本領以外への進出主義者を育て、一方でアメリカの中国利権者に送り続ける、でどうなの

694 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:29:12.67 ID:qRK2jc3R0
こういう意見が出てくるところが日本の問題。
韓国や中国に言われるのではなく、日本自身が戦争に対するけじめをつけていない。
戦争をした以上は良いか悪いかではない、勝ったか負けたかだ、それを知っているからこそ軍部は天皇の声も無視して特攻隊を組んだ。
自分が責任を取るぐらいならみんな死んでしまえと。
責任者に覚悟が無さ過ぎる。

695 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:29:18.89 ID:8rpvlrOOO
>>6
なんだ?この絵に描いたような日教組教育は?

はっきり言って小中高通じて「『東京裁判』が不法行為だ」
と言えた教師には会ったことがないな。
これがどれくらい異常なことなのかを認識すべきだ。
日本人が国土を蹂躙され、それについての言論が封鎖されてる。
それがネットが現れるまでの日本の姿なんだが…
たとえ今の自民でも英霊達の名誉を回復するのは不可能だろう。

696 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:29:19.64 ID:6ejTO4yFO
植民地で良かったんじゃね、とか言う奴は今すぐ死ねよ。
生きるってことを全否定してるだろ。

697 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:29:22.94 ID:PumNht07O
>>652
支那の文化大革命と一緒だよな
まともな支那人も多数居たんだが
あの時全部殺されてしまった

698 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:29:30.08 ID:eKsTN6Gl0
アメリカ

現状、東南アジアは
アメリカ白人民主主義陣営と中華イラン共産主義陣営の覇権争いになって大激突をしている。

韓国が一番先に中国の軍門に下った。
ASEANは抵抗してるが日本が陥落すれば全て落ちる。
日本はアジアの最後の砦。  


中国の手先と化した韓国  日本の弱体化を図る韓国
韓国に日本の代わりなど到底務まらないし、信用など出来ない。

中国の手先と化した韓国   日米同盟の絆を壊そうと企む韓国
中共・韓国のロビー活動の共同作戦で、アメリカは日に日に追いつめられている。
東南アジア全体の影響力が弱まってきている。
韓国を反日国家にしたアメリカの責任は重い。

脱中国を加速させなければ、アメリカ白人民主主義陣営は完全に中共に敗れる。

699 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:29:51.47 ID:umRhv0Hw0
まあ、今の中国・韓国があるのも日本のおかげではあるがな。

700 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:30:16.46 ID:HefA5pNd0
だからベルトコンベアーの言ってることはマルクス主義史学から言えば正しいよ。
マルクス主義史学の域に高市は達してないわけで、赤旗を読めばそれがわかる。

701 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:30:17.70 ID:Bmzr/pQO0
開戦はいいとして終戦時期は絶対ベストじゃなかったな

702 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:30:18.18 ID:DrIXFS1i0
>>681
ネトウヨって恐ろしいだろ
欧米の国はそいつらよりももっと酷い、差別主義者の侵略国家だったんだぜ
有色人種は同じ学校に通えず、トイレも使わせない
有色人種は奴隷として生きるのが当たり前、そんな感覚のやつらが相手だったのよ

703 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:30:31.26 ID:GTZFZEsg0
>>585
伊藤博文を遠距離ライフル狙撃で暗殺させず
ロシアとの間で満韓交換協定を結ぶことかな。

704 :コアセルペート ◆11YHIPHm4M :2013/05/12(日) 17:30:31.73 ID:3uQbwZKU0 ?2BP(999)
>>674
無意味に戦線を拡大した陸軍が悪い。
太平洋戦争は日本が墓穴掘っただけで、被植民地化の恐怖とか関係ない。


日本人はなぜ戦争へと向かったのか 戦中編 果てしなき戦線拡大の悲劇
http://takehana.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-6d92.html

705 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:30:32.32 ID:rd2Pw2y90
つまり小池がクズということでおk

706 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:30:41.23 ID:8wvaI4770
>>686
答え出てるだろ 二面作戦だからだよ(^O^)

707 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:30:49.73 ID:HMceb8PX0
ゲリゾウ政権の支持率が7割

左巻きが偉そうにいくら講釈たれても無駄。
悔しいなら政権とってから言わないと。

708 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:30:54.89 ID:En/kMlNk0
>>514
そのころはもう陸軍大補給廠は灰燼に帰していたよ。
弾もないのにどうやって戦争を続けるんだよ?
馬鹿なの死ぬの?

709 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:31:15.67 ID:WHMX7rgp0
>>698
日本は既に50.5番目の州
51番目の州になったら日系大統領でるから

710 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:31:15.93 ID:FjEtCARS0
 〜 ラダ・ビノード・パール(インド、極東国際軍事裁判判事・法学博士) 〜

 要するに彼ら(欧米諸国)は日本が侵略戦争を行ったということを歴史に
 とどめることによって、自分らのアジア侵略の正当性を誇示すると同時に、
 日本の一七年間(昭和3〜20年、東京裁判の審理期間)の一切を罪悪と
 烙印する事が目的であったに違いない。・・・・

私は1928年から1945年までの一七年間の歴史を二年七ヶ月かかって調べた。
この中には、おそらく日本人の知らなかった問題もある。それを私は判決文の中に綴った。
その私の歴史を読めば、欧米こそ憎むべきアジア侵略の張本人であるということがわかるはずだ。

それなのに、あなた方は自分らの子弟に、「日本は犯罪を犯したのだ」
「日本は侵略の暴挙を敢えてしたのだ」 を教えている。満州事変から大東亜戦争にいたる真実の歴史を、
どうか私の判決文を通して十分研究していただきたい。日本の子弟がゆがめられた罪悪感を背負って、
卑屈、頽廃に流されていくのを私は平然として見過ごすわけにはゆかない。
あやまられた彼らの宣伝の欺瞞を払拭せよ。あやまられた歴史は書き変えなければならない。

                       (昭和二十七年十一月五日、広島高等裁判所での講演)
      ---------------------------------------------------------

       〜 ククリックド・プラモード (タイ国元首相) 〜

「日本のおかげでアジアの諸国はすべて独立した。日本というお母さんは
難産して母体をそこなったが、産まれた子供はすくすくと育っている。
今日、東南アジアの諸国民が米英と対等に話ができるのは、いったい誰のおかげ
であるのか。それは身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったためである。
十二月八日は、我々にこの重大な思想を示してくれたお母さんが一身を賭して
重大決意をされた日である。我々はこの日を忘れてはならない。」

               ( 十二月八日、現地の新聞 「サイアム・ラット紙」において )
【参考】
http://nandakorea.sakura.ne.jp/html/daitoua.html

711 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:31:16.31 ID:w3XX7N+O0
>>14

>Q:東京裁判は事後法じゃないの?

>A:事後法ではありません。第一次大戦のときにドイツ皇帝を平和に対する罪で
>裁こうとしましたが、その時は事後法だったので、1928年にはパリ不戦条約が
>結ばれ、戦争は違法になりました。日本はこれに調印しているため、平和に対する罪は
>正式なものです。

この出鱈目なコピペ最近よく見るけど、どこに書いてるやつなんだよw

712 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:31:16.33 ID:EWJA7ZP60
>>676
張作霖爆殺は、世界恐慌の前年だけど。

>>699
中国が共産化したのが日本のせいである件について。

713 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:31:21.91 ID:ouYyabe+0
戦っても負けて結局植民地になっただろうが

結果論としては戦わないほうがよかった

714 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:31:30.78 ID:809ulXe+0
高市さん、最近は素晴らしいな
ある種の覚悟が見て取れる

無抵抗主義は良くねえぜ。他の人も当然言っているだろうが、
外敵からの侵略の備えのないアフリカ民族は欧州諸国にどうされたかな?


>>685
つ日教組&キリスト教学校

最近のセンター試験の自虐史観問題も見てないの?
ただ、明確な基準はなかったがそういう勢力が居るのは間違いがなかった
その勢力が今や日本の体制側に居て、大変の名門と称される大学が左巻き(戦後急になw)

715 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:31:38.87 ID:kpdb3dKc0
>>698

韓国は自ら望んで中国についたんだろ
アメリカのせいにするなや

716 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:31:52.74 ID:+jVkmDxM0
>>310
あの地震にも耐えた原発を作ることができたことも事実。
資源を求めて血を流すよりも多少国土が穢れようが
原発を推進することが平和につながることがなぜ理解できないんだろう。

717 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:31:56.95 ID:0S42WCyL0
日本が戦わなければ韓国は存在しなかったな

718 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:31:58.47 ID:2j4/Altd0
>>673
自虐史観じゃないよ。反省史観だよ。

719 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:32:05.34 ID:wiHMrRcE0
>>647
戦争に行って死んだのは前の世代
今の世代は結果失われずに済んだ列強国(今の言葉では先進国)としての栄華を謳歌している
だから次の世代は前の世代の諸々の犠牲も含めた功績を顕彰しに参るわけだろ?

720 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:32:23.86 ID:0YeqfYaJ0
>>517
>C靖国にいかなくても英霊の慰霊はできる。なぜなら、それは霊に対する宗教観の問題だからである。霊がどこに宿るかという問題。家族のもと、死に場所、別次元、様々な考えがある。少なくとも靖国である必要は全くない。

「靖国で会おう」と言うのが故人の遺言ですので。
合理性の問題にすり替えるなら、宗教とか慰霊とか行為自体に合理性がないですわ。

あんた、生前に買っておいた墓地があるのに、勝手に遺族でもない外国人が、あんたの遺体をチベットの
山奥で鳥葬されても文句なしって事ですね。

お疲れ様


では次のブサヨどうぞ

721 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:32:46.26 ID:/C3vtatJ0
あんなわかりやすい失敗ルート辿ってたことから目を背けるような奴に日本の指揮は任せられん
中韓叩き潰し日本人の生存権を守る戦いをまた失敗させる気かよ

722 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:32:53.06 ID:WHMX7rgp0
>>712
アメリカが覇権主義に走ったのも真珠湾攻撃

723 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:32:55.41 ID:umRhv0Hw0
そもそも元A級戦犯らは日本自身で改めて処罰するなりして、
堂々と靖国参拝すればいい。

724 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:33:18.19 ID:QSfV9UDF0
中韓に釣られるなよ…
この手の戦争正当化は受けいれられるわけがないんだから
まんまとおびきだされてまた失言ショーを繰りかえすのか
古い自民党と同じ轍を踏むな

725 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:33:31.33 ID:3QHUzBP1O
>>652
昭和に入った頃はすでに藩閥はなくなっていた
軍部暴走の主導権を握っていたのは東北出身者だよ

726 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:33:48.37 ID:StUeLg+90
>>685
竹島は韓国のモノとか言ってる韓国籍の人間の国立大学教授職を許すまでになってるんだけど
私大もそうだよ、日本人は慣れる人間だから中国はちょくちょく尖閣を侵略して日本人を侵略に慣らさせるべきだとか平気で言えてとくに問題にもならなくなってきてるんだよw

727 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:33:51.16 ID:YGLTibeW0
>>647
俺にはお前さんが長生き出来たとは思えない。
餓死か疫病かで死ぬだろう。俺も含めた現代人の半分は死ぬんじゃないか。

728 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:34:00.81 ID:8wvaI4770
>>723
A級戦犯なんて いませーん(^O^) by 国会決議

729 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:34:02.14 ID:1g7Cv1Gu0
>>696
当時の植民地支配だと、結局飢餓か病気で死ぬしな

730 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:34:03.10 ID:QcHo2qGJO
戦争責任は近衛文麿や尾崎秀実達共産主義者にある。敗戦革命が戦争原因。

731 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:34:06.04 ID:bc4tJcIT0
>>713
じっちゃんが戦ってなかったらお前産まれてきてないから

732 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:34:14.36 ID:0YeqfYaJ0
>>523
> ルーズベルトに屈服しておいた場合、中国内乱で米軍の尖兵として結局は他国へ突撃させられた可能性についてはどれぐらいあるとあーすればよかった派は勘定してるの?

代案は考えていません。
後出しのジャンケンで誹謗するだけです。
サヨクの総括ってそういうエンドレスです

733 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:34:16.74 ID:emTyri6hO
資源封鎖されたのは当時の日本の自業自得だろ

734 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:34:18.66 ID:RJU5pBsq0
無駄な議論だが、結果論でみれば、そうだった。となるんじゃないのか?w

仮に昭和天皇がそうしようといってもそんな事は通らなかっただろうけど。

735 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:34:20.23 ID:UjhJF1Bk0
逆だろ
日本が調子乗りすぎて資源封鎖されたんだろ

736 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:34:27.43 ID:qa+pFHTLO
どうなんだろう。「まつる」のが現代の政治かって言われると、ちょっと違う気が。
慰霊するのは当然だと思うけど。

737 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:34:31.30 ID:hS6poBQl0
>>723
処罰?やるべきことは名誉回復だろ

738 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:34:46.89 ID:8I0xOAZ/0
戦争して負けて、占領されるのがベストに決まってる

739 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:34:58.98 ID:WHMX7rgp0
>>729
病気がとくに恐いな

740 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:35:36.79 ID:eKsTN6Gl0
このままいけば圧倒的な人口規模を有する中国が、軍事力を拡大しつつ
経済超大国化していくことは不可避の趨勢だ。
アメリカはアジアへの影響力を急速に低下させてきている。

741 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:35:46.00 ID:2yq4orzu0
負け戦はしちゃいけないんだが、戦前の北朝鮮みたいな体制が続かなく
てよかった。負けてよかった。

742 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:36:07.77 ID:umRhv0Hw0
>>725

軍部の暴走を止められなかったのは、中央政府の政治家どもだろ。

743 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:36:09.26 ID:EWJA7ZP60
>>723
そんな決議してません。

もしかして戦犯で刑務所に入っている人たちの早期釈放を議決したやつのこと?

744 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:36:31.36 ID:WHMX7rgp0
>>740
つジニ係数

745 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:36:37.99 ID:8wvaI4770
>>740
>>741
はい ハズレ(^O^)

746 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:36:52.45 ID:9n5xwdNC0
>>724
そうそう
現在において重要なのは、
日本の過去の戦争の歴史的意義を世に問うことでなく、
韓国や中国に70年、100年前のことを現代のことのように話させない、外交カードに使わせない為の外交戦術

まあ日本国の誇りがとか、自虐教育がどうとか色々思う人はいるだろうが、
それと現在の外交目標は分けて考えなくちゃ駄目だ

747 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:37:01.18 ID:0YeqfYaJ0
>>525
> バターンで「フィリピン人(比島軍)は即時解放した」と何度書いても、宣伝が染み渡っていて、世論を直しようがない。
> 当時日本のアジア解放の理念からして必然的な行為なんだ。
> ※歩いたのはアメリカ軍だけ。


それもたかが60kmですね。
実際には捕虜300人に見張り一人の行進だったので大半は逃げただけのようです。
病人とか架設収容所まで運ばないと治療できない連中が死んだというのが真相ですね。

アメリカ軍が焦土作戦でインフラ燃やして山奥に退却したのが原因なので自業自得ですね。

748 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:37:01.71 ID:Dd1oueocP
>>640
同意だね

 リットン調査団あたりで「段階的な日本軍の撤収」を言って
 満州国の形式的元首(英女王がカナダ元首である程度)に
 蒋介石を据えて蒋介石の面子を立てるかわり、
 日満同盟条約・満州政治顧問団で実権を握ればよかった 

 それでも満州軍事顧問団&満鉄警備兵力以外は段階的撤兵するなら
 米英と手打ちできただろう

 またトラウトマン工作で妥協して、満州に撤兵したあとで
 上記の条件で 米英と折れ合ってもよかった

 それなら満州市場は日本の勢力圏、満州は日本の外郭防衛線で
 残っただろう


 米英の縄張りの北京・上海・武漢での軍事行動は慎むべきだったし、
 惨殺者が出て報復が必要でも、さっさと講和して撤兵すべきだった

 ましてや仏印進駐は、陛下も怒ったように クレージー

燃料兵站を まるっと 考えてなかっただろう!?

749 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:37:04.17 ID:ZheyOSUwO
>>712
確かにそうだが、大恐慌までは間接支配でよしとしていたんだろうよ。だから張の爆殺は日本の傀儡として言うことを聞かなくなったからって話だろう
んで、大恐慌があって間接支配ではあきたらないと満州事変に。最終的には経済の問題もあって、食うためにより直接的な方法になったってだけだろうよ

750 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:37:15.92 ID:TwDOd0S90
朝鮮と満州は手放せば良かったんだよ。見返り外交くらいできただろう。
むしろ南太平洋の委任統治領が無くなったのは大きいな。

751 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:37:29.89 ID:EJEZj8/P0
>>1
満州の権益をアメリカと分け合っていれば良かったと思うよ
あと共産主義者の宣伝戦にも負けないで対抗してた方が良かったね

資源封鎖とかはそれらを失敗したあとのシチュエーションだから

752 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:37:30.25 ID:bc4tJcIT0
>>718
アメリカは原爆で大量の民間人殺したのに罰せられず
日本は無理やり裁判で死刑になってるだろ茶番に気づかないのは自虐史観

753 :コアセルペート ◆11YHIPHm4M :2013/05/12(日) 17:37:42.16 ID:3uQbwZKU0 ?2BP(999)
>>735
要するにそうだよね。

高市は物事のアクションとリアクションの区別がまるでついていない。
論理や史実がまるでダメ。

754 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:37:53.78 ID:StUeLg+90
>>718
反省史観が特亜に乗っ取られて日本人隷属化用ツールになってるよ

755 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:37:59.83 ID:llY5puji0
>>741
戦前の日本は世界6位のGDPを持ち、普通選挙もやってたから
北朝鮮とはだいぶ違うと思うよ

756 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:38:05.22 ID:qlI/BixXO
>>720
靖国問題はシナチクエベンキがいちゃもんつけなければ、普通にスルーされている話だな。
靖国、靖国と議論にあげる時点で売国奴だよ。
粛々とお参りすれば良いだけ。

757 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:38:08.93 ID:8aWN59fG0
人種差別撤廃案を主張するには日本は弱すぎた。
ただそれだけの事。

758 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:38:11.41 ID:8wvaI4770
>>743
http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a163021.htm
「戦犯」に対する認識と内閣総理大臣の靖国神社参拝に関する質問主意書

759 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:38:27.75 ID:umRhv0Hw0
>>728

「元」と書いてるだろ。
元A級戦犯は、敗戦責任を追及してしかるべき。
それは東条の娘も言ってたな。

760 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:38:39.36 ID:tN0q92OB0
流石にこれは言い過ぎ
度が過ぎるとせっかく水に流して協力的になってきてくれてる
東南アジア諸国(中国はもちろん除く)が不快感を持つぞ
政治家は天狗にならずに発言は慎み深くあれ

761 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:38:42.97 ID:upHhrwCh0
>>741
犯罪歴のある薄汚い在日南朝鮮人の思考

762 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:38:51.00 ID:8rpvlrOOO
>>711
キムチの臭いが酷いから総連・民団じゃね?
シナ系だと中共が台湾領有で戦勝国を自称してるから、
戦勝国側まで否定するコピペはばらまかないでしょ
世界から属国認定された朝鮮と見るのが妥当w

763 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:38:51.62 ID:eX4wU3bp0
あれだけ玉砕やら特攻やらやらせておきながら、いざ負けたら
「一億総懺悔」
だもんな。ようするに敗戦の責任は全国民が取れってこと。
よくもまーこんなこと言えたもんだし、国民も受け入れたもんだわ。
俺があの時代生きていたなら、真っ先に軍部指導者どもを銃殺していたな。

天皇神格化とは、ここまで人間を愚かにしたものなんだよ。

764 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:38:56.99 ID:eKsTN6Gl0
中国の後押しにより北朝鮮やパキスタンまでもが核兵器を持ってしまい
その技術がイランに流れてるとか連携して相互に技術アップしてると言われている。

中国の飛躍で、アメリカの力は弱まり
アジアへの影響力は消滅寸前で、音を立てて崩れようとしている。

765 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:39:03.96 ID:9n5xwdNC0
>>704
俺は別に日本軍が悪くなかったなどと言うつもりはないから
日本国において、明らかに大きな判断ミスを何度も繰り返している
ただ、ハルノートで当時の日本の中枢の脳裏によぎったであろうことを、
過大評価するのも過小評価するのも間違ってると言いたいのさ

766 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:39:18.20 ID:UlUd53Iq0
だからといって開戦はやりすぎだろ
アジア各国に版図を広げてなにがしたかったんだ

767 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:39:40.27 ID:rbR9Wo7t0
>>759
責任を追及されるのって、近衛とか鳩山とかあの辺だよなぁ

768 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:39:53.26 ID:8wvaI4770
>>766
無能は黄色い土人達を白人の奴隷からの解放(^O^)

769 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:39:58.31 ID:Yi7he1wB0
>>750
> 朝鮮と満州は手放せば良かったんだよ。見返り外交くらいできただろう。

三国同盟に反対した山本五十六ですら、命を狙われていて、それで連合艦隊司令長官に転出させたぐらい。
まして、日清・日露の成果である、朝鮮・満州を手放して、どんな「見返り」があるんだ?
中国本土ぐらいの「見返り」がないと226ぐらいじゃ済まないぞ。

770 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:40:22.23 ID:LlNzIn9P0
たらればを言い、無駄だの犬死だの後の世を生きる人間が
したり顔で言うのもまた滑稽
過度に正当化、賛美するのも同じ

ただ、一方的な視点を押し付けられるのは論外
それだけのことだ

771 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:40:27.64 ID:O6jBOevs0
>>766
その『だから』薄っぺら過ぎ

772 :風老児 ◆ZPG/GcTAlw :2013/05/12(日) 17:40:32.15 ID:Cug1k3q/0
大東亜戦の遠因

・日露以後ハリマンの恨み(ハリマンを斬りモルガンを選んだ)
※アメリカ、満州進出の野望あり
・日露以後、日本人移民排斥問題
・日露以後、度重なる人種差別

満州事変で震え上がったアメリカとソ連
・アメリカ…連盟にしぶしぶオブザーバー参加
・ソ連…不可侵条約を日本に打診→日本側一蹴

※満州に進出したくてたまらなかったアメリカだったが、日本が先に牛耳っていたため
 追い出す為あの手この手で日本を責め虐めまくり、蔣介石を助け、チャーチルと手を組み、
 和蘭にも石油を止めさせて開戦を仕掛け、成功した

773 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:40:41.11 ID:2yq4orzu0
やっぱり自民党はまた戦争したいんだな。隣国が警戒するわけだw

774 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:40:41.57 ID:WHMX7rgp0
大日本憲法はブレーキのない車だったのか?

775 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:40:42.39 ID:IFDdWcCzO
何言ってんだこいつ。ハルノートだって最悪満州までで朝鮮半島まで返せとは言ってないだろ。ましてや本土が植民地化するなんて有り得ない。
で妥協せずに石油の為に戦った結果が原爆落とされ危うく本土四分割されそうになり200万人が死にましたとさ。

776 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:40:58.39 ID:UlUd53Iq0
アメリカと戦ったのがいかんかった。アメリカとは仲良く手をにぎるべきだった。これがベスト。

イギリスやオランダはコテンパンにやっつけたんだから、アメリカ以外となら戦うのがベスト

777 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:41:02.37 ID:umRhv0Hw0
>>750

朝鮮は日本と分離・独立させて、満州は対ロシア牽制のため、権益を残す選択肢はあっただろ。

778 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:41:04.87 ID:Vrd78fbP0
高市ってアホだな
党の役職でこの発言はマズイ

779 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:41:04.90 ID:/C3vtatJ0
>>769
ほう、三国干渉の後に日本は内乱が発生して滅亡したのか。
そうすると日露戦争を戦ったのはどこの「日」なのだろう?w

780 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:41:09.70 ID:8wvaI4770
>>750
朝鮮など ドコモ誰も わだいにしてなかったけど?(^O^)

残念だなちょんwwww

781 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:41:14.01 ID:eqKzyusAO
敗北確実な戦争に突っ込んだんだから、悪いに決まってんだろ
対米開戦は明らかに致命的な戦略ミス

782 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:41:18.61 ID:YyYeQCwE0
>>759
A級戦犯の死刑囚で敗戦の責任を取らなきゃいけないほど軍と政府の中枢にいたのは東條ぐらいだな

783 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:41:22.49 ID:OQOuFDmh0
>>731
いや、戦争で沢山死んだせいで生まれてこられなかった人間は居ても
戦争を行わなかったせいで生まれてこられなかった人間は居ないから

784 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:41:31.98 ID:DrIXFS1i0
>>755
戦時中おかしくなっただけだし、総力戦だからそりゃしょうがないよね
当時も現代も、世界で一番平和な国はだというね
欧米は有色人種差別の絶頂期だしw

785 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:41:33.89 ID:ZheyOSUwO
当時に限らず、戦争で善悪を論じることは無意味だろうにな
そういう意味で、ニュルンベルグ裁判や東京裁判やフセイン裁判はねえ
論じるとしたら、BC級の戦争犯罪者だけだろうな。本来なら

786 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:41:43.71 ID:0YeqfYaJ0
>>527
> >>482
> バーカ 米英からみれば ペタン政権は「ドイツの傀儡」だから
> ドゴールに同意を取れば 米英は文句は言わなかっただろうが

ヴァシー政権はアメリカが承認してますが?
そもそも国内にいない亡命政権を支持するのは当時の常識でしょうかね?
各々正統と見なす政権に外交は行うものですが?

交渉決裂というのは一方が交渉する気がなくても決裂するので、交渉条件が互いに妥当なものであるか
不当なものであるかを見ませんと。
餓死者が出るとわかっている相手に戦争状態でもないのに食料輸出を止める行為は今でも昔でも人道的な問題です。
勿論、石油なんていうエネルギーも同様ですね。

787 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:41:53.71 ID:vr8P/khS0
>>643
>シナ大陸で戦争しているふり

非常に多くの人間がこのような勘違いをしているが、
日中戦争は純粋な戦死者だけで19万人近く、
行方不明、戦病死、二度と軍務に復帰できない重傷者をカウントすると
昭和12年5.1万人
  13年8.9万人
  14年8.2万人
  15年4.2万人
  16年4.1万人
-------------------
 合計30万人以上

ちなみに,べトナム戦争全期間における米軍戦死者数は4万6000人、戦闘以外での死者を併せたトータルでも5万7000人+程度
日中戦争は「連戦連勝の楽な戦場」という巷のイメージとは正反対、凄まじいまでの泥沼であった

788 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:42:00.45 ID:qRK2jc3R0
こういう話は学校の場で聞いたし、それはそれで一つの理屈で子供心にそうだったのかとは思った。
しかし与党の政務調査会長が言うのであれば、韓国だけでなく世界中の国々が言うであろう。
オマエ達は歴史を否定し歴史を書き換えるつもりなのかと。

789 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:42:05.13 ID:GvfCJ0X30
あんたのところのボスの安倍ちゃんがアメリカ様に怒られてヘタレたばっかり
なのにwww

790 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:42:09.86 ID:bc4tJcIT0
>>763
お前あの時代知らんだろ

791 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:42:10.45 ID:53bkG/Dt0
高市がんばれ。無色無臭が善とされる風潮の中で少しでもアクを出してください。悪はダメですよ

792 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:42:20.45 ID:UksIL68gT
>>775
それは後知恵だなぁ。
満州にはすでに数十万の人が入植してたしそれを撤退させろって無理だよ。
まあ春ノートは満州を含むかどうかはいろいろ意見があるみたいだけどさ

793 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:42:24.06 ID:4TXqQhiR0
>>776
英国はアメリカの兄貴やで
しかもカナダ、ニュージー、オーストラリア等々僕を抱えてる

794 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:42:36.12 ID:MGnx26i7P
このとおり自衛でなく侵略。そして侵略者は英雄でもなんでもない。ただの戦犯


●大東亜政略指導大綱  (1943.5.31.御前会議決定)   
六 其他ノ占領地域ニ対スル方策ヲ左ノ通定ム   但シ(ロ)(ニ)以外ハ当分発表セス  
(イ)「マライ」、「スマトラ」、「ジャワ」、「ボルネオ」、「セレベス」ハ帝国領土ト決定シ重要資源ノ供給源トシテ極力之ガ開発並ニ民心ノ把握ニ努ム

●インドネシア教科書
「日本による占領期間は短かったとはいえ、長期にわたったオランダ時代に受けたよりも遥かに重い苦しみをインドネシア国民は体験することとなった。」
http://www.geocities.jp/indo_ka/buku_pelajaran/bahasa_jepang2.html

795 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:42:37.42 ID:PumNht07O
>>757
東條なんかは同盟国ドイツにたてついて
ユダヤ人を保護してるのにな

796 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:43:03.59 ID:UlUd53Iq0
>>793
なにが兄貴だよw アメリカはイギリスと戦ったじゃないかww

797 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:43:12.23 ID:lW3BkjXx0
満州国建国は結果的には間違いだったと思う。
そんだけ。

798 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:43:15.28 ID:8wvaI4770
>>788
チョンが言っても 世界は言わんよ(^O^)

はい 残念でしたwwww

799 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:43:23.07 ID:/C3vtatJ0
>>787
そこんとこ勘違いしてる人が多いんだよねー

800 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:43:41.51 ID:1Suc58Ah0
まさにそう。日本は犠牲は大きかったが戦争目的は達成したよ。西欧の
ブロック経済ぶち壊して、東南アジアの国々を開放した。戦後は、自由に
資源が買えて、自由に輸出できるようになって経済大国になったわ。
あのまま経済封鎖されれば、1200万人の失業者かかえ、餓死者だって
出ていただろう。(敵の総司令官、マッカーサー談)
>>74
お前は歴史をちゃんと勉強した方がいい。戦前の日本は当時の水準としては
立派な民主主義国。政治犯で死刑になったものなど皆無だし、あの大戦のさなかに
総選挙やって、非政府派(非翼賛議員)が80名も当然し、普通に内閣が替わって
政権交代してたのは日本だけだぞ。事後法つくって、洗脳捏造歴史教育してる
今の韓国より遙かに民主主義国。1940年の時点で普通選挙が行われていた
国を調べてみろよ。スイスだって女に選挙権与えたはの1971年、アメリカ
が公的に人種差別やめたのは1960年だぞ。選挙なんて一度もやってない
北朝鮮といっしょにすんな。

801 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:43:47.25 ID:ZwWgOTDj0
さすが、松下政経塾の歴史観ww
いきなり日本の植民地化とはおそれいる。

802 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:43:51.06 ID:eKsTN6Gl0
中国の軍拡は日に日に進みどんどん加速している。
空母を多数建造、原子力潜水艦配備、ステルス戦闘機開発など、
日に日に脅威が増している。

アメリカのアジアへの影響力は、もはや消滅寸前。

803 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:43:54.65 ID:ceb7+/Bw0
日本が動いてなければ、今でも日本も含めアジアは欧米の植民地だったろうね
アジアどころか世界が植民地が当たり前で、欧米とその奴隷という世界になってた

804 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:44:01.76 ID:Yi7he1wB0
>>779
> ほう、三国干渉の後に日本は内乱が発生して滅亡したのか。

当時、日本の国力が西欧列強に比して劣っていたのは、日本人なら誰でも知っていたよ。
だから「臥薪嘗胆」なんだろが。
逆に、日露戦争では講和条約が不利だって、日比谷焼討事件が起こったわけで。

805 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:44:21.56 ID:/wTEedqBO
>>3
ネトウヨ乙。
報ずる価値が無い妄言だから無視してるんだろ。

806 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:44:38.12 ID:En/kMlNk0
>>640,748
ある程度同意。
でも、どの時点で妥協しても、世論が許さなかったろうね。
あの当時の政治家が押さえられるとは思えない。
結局ずるずるいくしかなかったのだと思う。
仏印進駐については、大井篤著「海上護衛戦」の解説にあるように、
当時少尉であった大井篤氏が松井岩根大将を説得しなければならない時点で終わっている。
歴史にIFはない。

807 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:44:39.43 ID:0YeqfYaJ0
>>529
> 植民地になってた方が、良かったんじゃね? 国民を沢山死なせなくて済んだし、
> 大陸や半島の人たちにも、迷惑かける事もなかったしな。

欧米の植民地の大半で人口が減少していた時代なので、平均的な減少率を当てはめると日本の場合3000万人くらい
死んだでしょうね。
一応、WW2の戦死者は軍・民合わせて300万なので1/10で済んだ勘定です。

808 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:44:41.03 ID:oVzeHRnN0
ニコ生で事故現場配信(ミラー)キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
http://live.nicovideo.jp/watch/lv137527592

809 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:44:50.62 ID:MoDBvsCOO
>>738
じゃあ昔の日本は周りの国にとって良いことしたんだな。

中朝も占領されて良かったじゃん。

あ、朝鮮は併合か。

810 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:45:05.47 ID:EJEZj8/P0
>>779
三国同盟と三国干渉をこじつけるのは……

811 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:45:10.31 ID:2yq4orzu0
>>803
日本に関係なく、植民地支配は破綻してたよ。アルジェとかベトナムみれば
わかるだろう。経済的にも人道的にも限界だったんだ。

812 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:45:10.98 ID:97QLng3s0
>>788
歴史は勝者が創る。
歴史の書き換えなんて幾らでもある。

813 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:45:22.42 ID:bc4tJcIT0
>>783
戦争してなかっても国民は生活できなかったから子供産めないぞ

814 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:45:26.42 ID:umRhv0Hw0
馬鹿(軍部)が大日本帝国憲法の「天皇大権」を濫用したのが全てだったな。
これで、軍部が天皇の名の下に何でも出来るようになってしまった。

憲法や法律は、馬鹿が悪用出来ないようにしておかないと駄目だな。

815 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:45:29.86 ID:qlI/BixXO
>>685
お前は日本人である資格はない事はわかった。

816 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:45:39.35 ID:rxRrEK2B0
>>752
いやいやそれは十分に感じていると思うけど
お前らの言う「自虐史観」を唱える連中は総じて、アメリカ嫌いだろうが

817 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:46:02.58 ID:/C3vtatJ0
>>810
「三国」しか合ってねーじゃねえかw 誰がそんな馬鹿な話してんだよwwww

818 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:46:21.67 ID:8wvaI4770
>>815
棄民ですから(^O^) 親が不法入国の

819 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:46:21.78 ID:IZ7uJmsFO
>>801
実際、日本は占領されただろ

820 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:46:28.43 ID:qRK2jc3R0
>>812
そらそうよ。
だからこそ歴史を書き換える=今から日本は戦争するつもりだ
と言うことになる。

821 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:46:33.04 ID:Vrd78fbP0
>>803
タラレバの話しても歴史は変わらないだろ
この問題に首突っ込んだらダメ、安倍政権の足元すくわれるぞ

822 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:46:44.57 ID:eKsTN6Gl0
核保有大国中国が汚い恐喝外交行為を繰り返せば繰り返すほど
弱小国や日本の核武装正当論の気運が徐々につくり出されている。
非常に面白い流れが出来つつある。

先の大戦で、すでに核を落とされてしまった日本
核廃絶、それを賢明に模索してきたが、結局徒労に終わった日本。

二度と世界に核を落とさせないようにするためには
世界中のすべての弱小国が核武装をしてしまう事だと確信している。

中国のおかげで  世界中で核武装論が湧き上がっている。

823 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:46:56.73 ID:O6jBOevs0
>>801
GHQに植民地化されましたが何か?

824 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:47:04.99 ID:8wvaI4770
>>820
戦争してやるけど?(^O^) 何か?

825 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:47:11.04 ID:1g7Cv1Gu0
いや、だから安部や高市は歴史問題は専門家に任せるってスタンスで、別に過去の戦争を肯定してるわけじゃ無いだろ
チョンのロビー活動とマスゴミがそう思わせてるだけで

826 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:47:12.94 ID:tlVY2MMl0
>>686
中国国内で中国人が、主に中国人に対し虐殺・強姦・略奪・破壊を繰り返していたため
日本は他の7カ国と一緒に租界地を警護していた

つまり侵略でもなく占領でもなく日本企業と日本人を警護するために
8カ国の1国として中国の了承の下で小規模の軍隊を駐屯させていただけ

租界地を警護している日本軍に発砲し、日中事変のきっかけを作り
中国国内で虐殺を行い、強姦し、略奪を行った後
橋や施設を破壊して逃げまわっていたのは中国人本人

アメリカとの戦争にも言いたいこと山ほどあるが
中国朝鮮にとやかく言われる筋合いはない

827 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:47:15.36 ID:D+Le/MkBO
鳩山→統帥権干犯持ち出し、結局ブーメラン
近衛→中国政府相手せず
余程の馬しか

しかし高市もバカ過ぎる

828 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:47:20.94 ID:hS6poBQl0
>>811
欧米の植民地支配がそれまで何年続いていたと?

829 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:47:23.98 ID:qHcL+Tfl0
>資源封鎖もされて抵抗せず

当たり前だ
当時日本がアメリカと戦争して勝つ可能性はゼロ

>日本が植民地になる道

意味不明
抵抗しない=植民地化かよ

830 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:47:39.29 ID:4ZcoUBnE0
高市以外はキチガイだらけの日曜討論だったからな
帰化チョン議員は死刑にするべき

831 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:47:46.59 ID:ZheyOSUwO
>>794
国の自存自衛に必要な重要戦略物資の確保が目的な以上、そういう物産を産する目標を占領することもまた自衛戦争、という言い方も出来る
日本にはそういう資源が無く、無いと自存自衛出来ない状況なんだしな
そういう状態に至ったのには日本の戦略の誤り(後世からみてから)もあるだろうが

832 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:47:48.39 ID:9n5xwdNC0
>>788
それは立ち回り、説明次第だろうな
しかし、現時点で高市がこれ以上突っ込むべきだとは思わない
狙いは特に韓国に絞るべき

833 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:47:52.05 ID:umRhv0Hw0
やっぱり、自民党が憲法改正すると恐いから、別の政権の時に憲法改正して欲しいわ。

834 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:48:23.64 ID:EWJA7ZP60
>>804
>日露戦争では講和条約が不利だって、日比谷焼討事件が起こったわけで。

それは軍が「辛勝だった」って本当のことを言わなかったからだよ。
「大勝利だった」って嘘をついたからだよ。

835 :コアセルペート ◆11YHIPHm4M :2013/05/12(日) 17:48:23.54 ID:3uQbwZKU0 ?2BP(999)
>>821
不用意な発言は日本の経済活動に損失をもたらすな。

歴史認識も論理思考もまずいが、それ以外にも政治家として色々まずいだろ。

836 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:48:31.48 ID:8wvaI4770
>>829
よぉ 不法入国棄民丸出し 負け犬根性(^O^)

837 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:48:42.73 ID:EJEZj8/P0
>>810
 >>769に三国干渉の匂いを感じる妄想力は見事だと思う

838 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:48:59.65 ID:XqfgjNJQ0
ここで書き込みやってる低脳アホバカネトウヨならまだしも
まともな高等教育受けてる筈の国会議員がここまで歴史の経緯も
シカトしたデタラメで日本の侵略・犯罪行為を正当化しちゃっては
中韓だけじゃなくアメリカも怒って当然だわなw

資源封鎖はまさに自業自得だし、あんだけメチャクチャな侵略戦争
仕掛けたあげくコテンパンにやられて無条件降伏したってのに
植民地になんてなってないってのにwww

アホ過ぎてもう笑えて来るレベルw こんなキチガイアホウヨレベルのバカ
が政権与党の政調会長とか冗談だろwww

839 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:49:01.65 ID:WHMX7rgp0
>>821
サイダーの蓋理論は日本にも利があるぞ
蓋の下には炭酸ガスをたっぷり溶かした炭酸水がある事を臭わせるのは悪い事ではない
が、政調会長がいうことでもないよな

840 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:49:04.53 ID:Yi7he1wB0
>>814
帝国憲法で、統帥権は形式上天皇陛下にあるが、実質は内閣が輔弼するってのが伊藤博文の考え。
当たり前なんだが。
それで日清・日露を戦った。
戦争の予算はちゃんと首相と大蔵大臣が決定していたんだよ。
ところが、ポッポの爺さんが党利党略のため統帥権を持ち出してきた。
当時の軍はビックリしたそうだ。
「俺らにそんな権限あんのか?」って。

841 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:49:06.18 ID:O6jBOevs0
>>833
中国共産党とかいいね

842 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:49:12.68 ID:UNQM1pQR0
>当時、資源封鎖もされて抵抗せずに日本が
>植民地になる道がベストだったのかどうかだ。

そもそも資源封鎖されるようなヘマ打つなってこった。

843 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:49:29.16 ID:Vrd78fbP0
韓国と支那だけがゴニョゴニョ言ってるだけなら良いけど
東南アジア諸国を怒らす発言は如何なものか・・・
高市のクチにガムテープ貼っとけ

844 :837:2013/05/12(日) 17:49:30.19 ID:EJEZj8/P0
安価ミス >>817 だた

845 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:49:39.05 ID:8wvaI4770
>>838
よぉ 白人のポチ(^O^)

846 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:49:57.50 ID:28Z2OvK60
当初の戦争目的からすると、

戦後の結果は、勝った側にとっても、
負けた側にとっても、一応は納得できる落とし所じゃないの。

現在の日本は、共和的経済圏主義でしょ。

847 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:49:59.12 ID:QcHo2qGJO
国民党との上海事件を日中戦争に拡大させたのは共産主義者近衛文麿。

848 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:50:03.33 ID:eKsTN6Gl0
中国や韓国のたび重なる挑発行為、反日暴動、嫌がらせ、
中国の軍拡、大量核武装、中露陣営側への核技術の拡散などを見て、
日本がはぐくんできた平和憲法なんてものが、
全く無意味なもので役に立たない事が、今日 実証されてきている。

中国や韓国のせいで
先の世界大戦を教訓にした、戦後の全ての平和的な営みが無意味なものとなり、
全世界でおこなわれている全ての平和的会議に意味がなくなり、
一斉に歯車が狂いだし、
軍事力だけの暴力だけが支配する世界に後戻りしつつある。

キチガイ共産国家中国のせいで、
ルールのない無秩序な暴力だけが支配する暗黒の世界が始まりつつある。

中国のおかげで  世界中で核武装論が湧き上がっている。

849 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:50:05.98 ID:uHOBfjlDO
でも結局、今もアメリカの植民地に変わりはないから
戦争してもしなくても日本にとっては一緒だよ

850 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:50:06.22 ID:/C3vtatJ0
>>821
この先不可避の無法者国家・中国、その走狗の韓国との対立は日本の死命を制することになりかねんからな。
そこで調子に乗ってWW2の二の舞になるか、欧米列強を味方につけて日露の勝利をもう一度手に入れるか。

暴虐な中共を封じ込められるかどうかは日本だけの問題じゃない、太平洋全域の今後300年の歴史に関わる。
そのために日本がすべきことは何なのかよく考えてほしいところだ

いいか、歴史は勝者が作るんだよ。中韓を叩き潰せば、WW2の歴史だっていくらでも書き換えられる。
日本は勝者にならなきゃならんのだ。

851 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:50:10.33 ID:ZwWgOTDj0
>>819>>823
高石の言っている趣旨とは逆のことを言って、反論するとは、情けない池沼だ。

852 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:50:13.17 ID:OV3idEtx0
戦車に続き、ブルーインパルスに乗る安倍総理
左翼が息してないwww

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130512/plc13051217240006-n1.htm

853 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:50:16.48 ID:umRhv0Hw0
日本は今の10倍くらいの金を使って、アメリカでロビー活動やるべきだな。
公共事業やってる場合ではない。

854 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:50:29.34 ID:4ZcoUBnE0
全国民DNA検査してチョンを追い出そう

855 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:50:33.68 ID:ceb7+/Bw0
>>811
日本が加わらず、欧米同士のみの大戦だったら
どこが勝とうが、その勝者による世界の奴隷化が継続してただけ
今でもアフリカなんて植民地時代のヨーロッパ様の影響受けまくり

856 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:50:39.71 ID:qlI/BixXO
>>794
またそのソースでホルホルしてんのかぁ。

白人列強に植民地化された諸国を、白人から奪い返して、その後、独立させる。 と読めるんだけどな。

857 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:50:42.97 ID:UNQM1pQR0
>374

「いまになってみれば、日本が韓国を「奴隷化した」ことは明らかだ。
日韓相互防衛のため、自国を併合してほしいと日本に要請した韓国皇帝の「請願」は
侵略を糊塗するための法的擬制であることも明らかだ。」----『アメリカの鏡・日本』

なかなか鋭いですな、ミアーズ女史は。

858 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:50:43.58 ID:O/53Nw9k0
日本人は日本の立場を主張すればいいのよ。
もちろん日本の政治家も日本の立場を主張すればいい。
それで起こる摩擦なんて大したことないよ実際。
韓国なんて嘘でもあれだけ強弁できるんだからすごい。

859 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:50:59.11 ID:8wvaI4770
>>853
再軍備して 日米安保破棄すれば 済む話だ(^O^)

860 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:51:02.02 ID:EWJA7ZP60
>>806 言論統制して本当のことを教えないのに、当時の世論なんてありませんw そもそも戦前は世論なんて関係ありませんw

Q:軍部はマスコミや国民に煽られて戦争したんじゃないの?

A:戦前の民主主義は、民事限定でした。軍事(統帥権)については民主主義内閣とは独立していました。
  統帥権をもっていたのは天皇でしたが、軍部は天皇をいいように操っていました。
  だから、1931年の満洲事変以降、内閣は戦争不拡大方針を取っていたにもかかわらず、軍部は無視して戦線拡大できました。
  したがって、軍部が戦争を拡大するのに国民の意思など必要としません。
  それでもマスコミに言論誘導させて戦争を煽っていたのは、国民の徴兵拒否を恐れたからです。
  徴兵対象者の3%以上が徴兵拒否すると、刑務所が徴兵拒否者でいっぱいになり、徴兵制が機能しなくなるからです。

861 :誤爆だ文句あるか:2013/05/12(日) 17:51:04.13 ID:Bv3nzhwc0
在日は日本人より日本語の達者なやつが多い
おまえらが学校でつかった国語の教科書とか
ぜんぶ在日が作ったぐらいだ

こいつが代表格だな

寺脇 研(てらわき けん、1952年7月13日 - )
コリア国際学園理事。
元文部官僚。在任中はゆとり教育の主導を担った

最近では天皇の戦争責任を問う映画の企画プロデュースを手がけた

戦後、日本の教育を監督し教科書をつくってきたのは在日だが
こいつが担当した時代は日本人の劣化が特別激しかったそうな

862 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:51:58.01 ID:DrIXFS1i0
>>842
お前が財産を持っているのは気に食わない
それをよこせっていう国に対してどうしろと
現代になってですら、大量破壊兵器があるという理由だけで
戦争ふっかけるような国ですぜ

863 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:51:58.87 ID:WHMX7rgp0
>>847
近衛はヒトラーに憧れた社会主義者だろ?
国家社会主義ドイツ労働者党

864 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:52:11.55 ID:Dd1oueocP
>>755
北朝鮮にも ナチスドイツにも 戦前日本にも
普通選挙はあるよ

労働党・ナチ党・満州ファシストの翼賛政党以外は解散させられたから
国民は「選挙権はあっても選択権はない」状態だった

 無謀な対米戦争に反対して 東條を批判した 愛国国民は
 逮捕拷問された

 ファシストの本土決戦兵器=竹やりを批判すると、
 恣意的徴兵でドサクサ紛れに殺されそうになった

 中国の暴虐な王様が 諌める家臣を 釜茹でにして
 無謀な戦争で、国を滅ぼすような ありさまが

 つい70年前の戦前日本で
 その無謀・横暴・乱暴なファシストが 
 96条改憲と12-39条改憲で、戦前ファシズムレジームに戻そうとしてるが

 国を滅ぼしかけた、
  「無謀・横暴・乱暴」&「下は上に絶対服従」の
  ファシストの復活は嫌だよ 冗談じゃない!

865 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:52:15.90 ID:eqKzyusAO
そもそもが、官僚が予算取りのためにマスゴミ煽って、計画策定してたら
途中でブレーキ効かなくなっただけなのに、大義もクソもねーよ

866 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:52:28.32 ID:eKsTN6Gl0
中国の急激な軍拡により
アメリカのアジア覇権が 
いま、まさに音を立ててボロボロに崩れ始めようとしている。

867 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:52:48.38 ID:1Suc58Ah0
>>811
ベトナムは明白に、日本が進駐してフランスを追い払ったからだし、アルジェリア
だって、二次大戦によって西欧の植民地支配が倒壊して行く過程で民族運動が
激しくなったからだろうが。日本が始めるまえに、どこかの国、一つでも
勝ち目のある独立戦争してた国があったか? インドでさえ、間違いなく日本の
おかげで独立が30年は早まったと言ってるわ。

868 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:52:59.80 ID:YuKqTAu0O
中国で大量強姦殺人→朝鮮人兵士 ベトナムで大量強姦殺人→朝鮮人兵士 (^^)歴史の真実

869 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:53:00.02 ID:7u8QYbos0
スレタイみたいな事を言っちゃうとアメ批判になっちゃって
ヤブヘビになるからあんまよろしくない気がする

870 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:53:13.08 ID:IZ7uJmsFO
>>851
お前が日本語を理解できない外人なのは良く分かった。

871 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:53:14.38 ID:OnkB6Rmr0
民主党が靖国を不必要だなんて思っているから罰があたったんだな
民主党にも民主党に政権を渡した日本人にも

でも民主党が本当にそう思っているならマニフェストに
きちんと靖国神社の廃止を盛り込んでくれないかな

民主党議員でも靖国参拝している人もいるけど、そういう人は当然
除名するんだよね

872 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:53:17.48 ID:28Z2OvK60
そもそも半島は生き残り戦術として、
一の子分作戦をとってるでしょ。

周辺で最も怖い奴がいたら、
そこについて一の子分になるわけな。

だから優しい保護者よりも、
怖い親分の子分になろうとするんだわ。

873 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:53:35.91 ID:ZheyOSUwO
日本が戦争した結果、300万死んで海外領土はほぼ取られた
ハルノートを飲んだら、恐らく怒った満州や中国からの引き揚げ者による内戦で
同じく多数の死傷者と海外領土を失うことに
あれ?あんま変わらなくね?w

なんて事になったかも。ああセーブロードにリセットしてえw

874 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:53:36.47 ID:lJUmHw7O0
満州手放すのが賢い道ではあった

875 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:53:37.29 ID:iwh8oYg40
>>838

戦後の日本は朝鮮の植民地だね

日本人の税金で彼らを食べさせないといけない

876 :風老児 ◆ZPG/GcTAlw :2013/05/12(日) 17:53:43.41 ID:Cug1k3q/0

戦争は、今も昔も「犯罪」ではない!

・パリ不戦条約は、侵略戦争を禁止しているが、侵略戦争の定義はない
・二十八さんは、真珠湾はパリ不戦条約違反だと言ってるが、違反ではない
 先に戦争を仕掛けて来たのは、米英の方である
・第二次上海事変は、蒋介石のパリ不戦条約違反である

877 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:53:57.83 ID:WHMX7rgp0
>>862
フセインが軍事的無能をさらけ出さないで、クウェートに侵攻しなかったらアメリカとの蜜月は続いていたかもね

878 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:53:59.16 ID:umRhv0Hw0
>>858

韓国が強気なのは、アメリカ議員にも金ばら撒いてるからな。
スポーツでも審判買収など当たり前。

日本が対抗するには、今の10倍の金(ロビー活動資金)が必要。
スポーツでも審判買収は駄目だが、スポンサー等を使ってうまく金を使わないとな。

879 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:54:09.04 ID:8rpvlrOOO
>>741
ダメだよ 団塊連中の妄言を真に受けてたらw
戦前・戦中においても言われるほどに思想弾圧してねーよ。
その証拠に左翼主導の暴動は結構起きてるし、
何よりGHQが終戦時に日本の思想をやるため
教育機関のトップをすげ替えたが、それらの人間はどこから来た?
普通に日本国内だよね?

880 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:54:12.02 ID:8wvaI4770
>>860
昭和天皇が 国民世論が ものすごく 開戦に踏み切らないと

珍が危ないぐらいの国民世論だっと回想録で述べられてますが?(^O^)

881 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:54:23.75 ID:EWJA7ZP60
もう70年たったから、軍事が民主主義内閣と独立していて、民主主義内閣は
一貫して不拡大方針だったことを忘れているのかな?

軍部が浄土真宗を使ってサクラをやらせて工作してたけど、もう知ってる国民は
いないからってヨロンガーで国民全員に罪をなすりつけられると思ってんのかな?

政治家の中にいっぱいる軍部や戦争協力者の子孫は。

882 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:54:46.60 ID:0YeqfYaJ0
>>533
> シミュレーションして負けると分かって戦争したんだろ?
> 真珠湾攻撃失敗したら負けると。

一般に大きな海戦やって勝敗が付くとそこで講和というのが当時の常識です。
日本は最初から講和狙いなので、常に講和工作はしていましたが、アメリカがガンとしてはねつけ3年やるはめになりました。
日中戦争もアメリカがガンとしていたせいで長期戦に。

簡単に言えばルーズベルトは人種差別の戦争屋だったんですよ。
理由は色々ありますがポリオで半身不随の重度障害者であったり、有色人種は脳が未発達で猿と人間の中間であるという
カルト学者の学説をチャーチルに「Do you know?」とドヤ顔したり、それを元に日系人を強制収容所に突っ込んだり、
簡単に言えばKKKという感じですね。
終戦まで死ななかったら日本人は皆殺しになっていた可能性もあります。勿論彼の指揮下で植民地化された場合、
恐ろしい粛正もあったであろうという感じです

883 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:54:48.07 ID:llY5puji0
>>860
だから「民事」って言葉くらい調べろよw
ひょっとして軍事の対概念だとでも思ってるのか?

884 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:55:15.66 ID:DrIXFS1i0
>>864
当時のアメリカさんでは、有色人種には選挙権すらなかったってことを忘れないようになw

885 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:55:34.92 ID:qRK2jc3R0
高市は日本を潰す気なのか?
過去の歴史を書き換える気なら、従軍慰安婦問題、尖閣等々、今から全て話し合いだ。
このバカは今から一体何をしたいんだ?

886 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:55:43.31 ID:w7wf4UfcO
植民地なるのを避けるためぼこぼこにされて占領されたの?アホじゃね。

887 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:56:16.60 ID:oidoyrAt0
次の戦争に勝てばいいだけ
高市みたいな似非右翼は無視しとけ。煽られてるアホは日本の恥垢

888 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:56:28.52 ID:bc4tJcIT0
>>849
いっしょじゃないよ自分の国は自分で守っていかないとだめ
お前ガチムチにちんちん掴まれたらずっとつかまれたままでいるのか?

889 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:56:59.37 ID:En/kMlNk0
>>860
おまえ馬鹿じゃね?
おまえの出したそれって「軍部が世論を作れる」ってことだぞ。
政治家がいくらがんばっても軍部が世論で脅せるということを意味する。
実際脅したし。
「腰抜け東条、勝てる戦争なぜやらぬ」

890 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:56:59.44 ID:EWJA7ZP60
>>873

敗戦を受け入れたらコクミンガーとか軍部がよくいってたが、

結局近衛兵の宮城事件でもちょっとしか死ななかったし
国民は素直に受け入れたよね。

そもそも自分が反乱を起こされたら怖いから戦争してやれって
どんだけ自分のことしか考えてないんだよ?w

891 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:57:01.90 ID:IZ7uJmsFO
>>884
排日法だっけ?
日本人がアメリカで極端に差別されたよね

892 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:57:02.78 ID:a2TwvT4R0
ああ・・・・
もう一回戦争だな
次は勝つ
勝たねば成らん

893 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:57:03.04 ID:ZheyOSUwO
>>874
当時のお金で数十億以上の投資と、日本で食えないからって事で数十万人の満蒙開拓団を送り込んでいるのに
それを簡単に手放せるわけがないだろうな

894 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:57:04.84 ID:umRhv0Hw0
イスラエルはパレスチナへの入植をやめないよな。
たとえアメリカに言われてもね。

日本もイスラエルのようなしたたかさが必要だ(った)ろうな。

895 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:57:17.60 ID:y0KrgMRtO
>>885
???

896 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:57:21.52 ID:Vrd78fbP0
>>867
歴史の事実として認識はその通り

ただ日本がそれを自慢するような事を言うべきじゃない
東南アジアへの侵攻は資源の確保がメインで現地人も多く戦闘に巻き込まれてるんだから

897 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:57:26.65 ID:eKsTN6Gl0
このままいけば圧倒的な人口規模を有する中国が、軍事力を拡大しつつ
経済超大国化していくことは不可避の趨勢だ。
今後 アメリカは影響力を急速に低下させていく。

10〜20年後には、軍事的経済的な実力
世界の第一人者は中国に代わるだろう。

日本が軍事力で中国に凌駕される日はそう遠くはない。

898 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:57:38.73 ID:PumNht07O
>>834
日本も対米戦は早めに停戦して
講和する予定だった
ところが頼みの枢軸国
イタリア早々戦線離脱
やがてドイツも陥落
最後にはソ連まで不可侵条約を裏切って参戦
見方は当てにならない朝鮮人くらい
もうどうにもならんよ

899 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:57:41.96 ID:2yq4orzu0
>>887
そんときはアンタがまっさきに突撃して肉片になってくれよな

900 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:57:46.07 ID:wiHMrRcE0
>>783
あなたあたまわる杉

901 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:57:50.82 ID:GvfCJ0X30
こういうやたら好戦的で自分がやったことは棚にあげて被害者ぶるしか
しないなクズが戦前にもいたんだろな。
北朝鮮でさえプロレスやりつつ全面戦争回避してるのに。
いつの時代でも右翼は単細胞かつ独善的だわ。

902 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:57:53.69 ID:H6ZUT8jvO
これは指摘されたら困る人達が多そうだよな…

なぜ日本が戦わなければならなかったのか
理由が存在するという
今ある一方的な勝者の理屈の押し付けによる
ただ日本が侵略した恐ろしい国だという意見だけが一方的に言われてるからな
本当の事を言われたら困る人達がこの国にも居るし
中国や韓国などの日本外交戦略にも影響を与えるような
この指摘は痛いよな

日本人の主張を一切認めずに
ただ日本という国を悪だ悪だ言ってる人達は多いからな

903 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:58:16.26 ID:R+TWrsGrO
>>875
80年代初期まで米さえマトモに
食えなかったチョン公が何だって?

あ?

904 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:58:22.93 ID:UksIL68gT
>>894
まあそういうロビー活動が成功していれば満州事変もうまく解決できたんだろうね。
まあ無理だと思うけど

905 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:58:32.13 ID:BBA06z/20
こいつは中国人の反日を煽って日本製品を売れなくしようとする工作員だろw


@靖国には霊はいない、「神」として崇められている、ABC級戦犯を含めた英霊が祀られている。


A靖国に参拝するということは、神として祀られているABC級戦犯を崇めることである。


Bこれは戦後秩序の真っ向からの否定であり、中国人から見れば、とんでもないこと、オウムの後継団体が悪びれもせず麻原を信奉するようなもの。


C靖国にいかなくても英霊の慰霊はできる。なぜなら、それは霊に対する宗教観の問題だからである。霊がどこに宿るかという問題。家族のもと、死に場所、別次元、様々な考えがある。少なくとも靖国である必要は全くない。

906 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:58:37.91 ID:9n5xwdNC0
>>894
日本ちゃん怒るならまず口で言ってよ

907 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:59:04.47 ID:hS6poBQl0
つーかさずっと気になってるんだが「植民地」の意味間違えてね?
アメリカ人が日本に入植したことあるか?
「植民地」にコンプレックスのあるあの国の人間としか思えんw

908 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:59:04.84 ID:i5aiV/tI0
>朝鮮半島の非核化のためにも

まず中国の非核化だろ

909 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:59:12.48 ID:MtYvUBXn0
第一次大戦以前に戻って
朝鮮半島を統一せずに、インフラ整備や近代化の手助けもせずに
樺太とかだけ日本領として守れる歴史とかに行って見たいな。

910 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:59:27.78 ID:rxRrEK2B0
>>902
じゃあ本当のことを教えてくれ

911 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:59:37.88 ID:D26I1BPsI
>>1
あの時、必死こいて戦わなかったらアメリカ人は日本人を尊敬しなかったと思う。
とことんやったからこそ今の日本がある。

チョンなどは今でも日本人から馬鹿にされている。

912 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:59:39.70 ID:IZ7uJmsFO
>>904
当時、排日法があった程で
日本がアメリカ議会に付け入る隙もなかったよ

913 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:59:40.86 ID:Vrd78fbP0
>>898
真珠湾攻撃したんだからアメリカが講和するわけがない
イタリアもドイツもアメリカ領土への攻撃してないからな

914 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:59:46.05 ID:YGLTibeW0
>>886
少なくともそういう死力尽くした戦争を経た後だからこそ
アメリカは日本を慎重に統治したと思うが?
そうでなければ間接統治なんて面倒なことやらんで直接統治とか
人種差別とか平然とあったかもしれない。

ま、証明する手立てがないのでなんとでも言えるか。

915 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 17:59:51.17 ID:97QLng3s0
>>820
今や戦争で勝つことだけが「勝者」ではない。

916 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:00:17.94 ID:WHMX7rgp0
アメリカでもうまく満州国を保全したら、アメリカの市場が大きくなっていたという議論があるんでしょ?

917 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:00:18.77 ID:DrIXFS1i0
>>891
黒人投票権法が出来たのすら1970年、実際に発行されたのが1971年
当時のアメリカがどういう国なのか知らないで
現代の価値観で放棄すれば幸せだったって言っても
有色人種は同じ扱いだっただろうね

918 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:00:24.33 ID:9ng+1d7lP
>>772
>風老児

一方的すぎて頭悪すぎ。

日本の満州事変〜続く中国介入は、
列強間条約や中国主権を蔑ろにしてた。盧溝橋前から。

日本の南部仏印進駐は、北部よりも鮮明に欧米南方領を視野にしてる。
警告無視の進駐が警戒されても当然。

919 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:00:25.48 ID:qRK2jc3R0
高市はパールハーバーを正当化したいのか?
それなら、これからは中韓だけでなくアメリカも敵国だ、多くの日本人が死んだことは悲しいことでアメリカ人が死んだのは当然だ。
そういう話になる。

920 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:00:31.51 ID:eqKzyusAO
>>893
そこで国民を説得するのが政治家の仕事やろww
単に大衆に迎合するだけなら政治家なんて要らん

921 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:00:36.49 ID:xAXTbyvz0
無条件降伏(」

922 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:00:46.38 ID:oidoyrAt0
タラレバの話で人気取りしようとか高市はクズ中のクズ
こんなのが与党の政調会長とか韓国にも劣るぞ

923 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:00:56.96 ID:ZheyOSUwO
>>890
その事件はもう負け確定時点の、ぼろぼろにぶっ叩かれた後の話だろ
そんな時期の不満分子の話と、全く戦争をせずに英米に屈服し、海外領土を手放すケースとじゃ全く状況が違うだろうに

まあ確かにどうなるかは判らない。だからセーブロードにリセットしたいんだがなw

924 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:00:57.34 ID:XqfgjNJQ0
>>902
突っ込まれたら困るのはこのバカ婆のほうだ間抜けカスw この婆が
真実を語ってるならまだしも、歴史的経緯を勝手に都合よく捏造してるだけだからなw
こんなデタラメ寝言が通用するのはお前の様なアホウヨ相手だけだバカw

925 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:00:58.90 ID:qlI/BixXO
>>901
汚朝鮮と日本の立場を理解できないアホ。

926 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:01:06.10 ID:TpaN3maT0
>>875
当時も日本からの税金投入してて赤字経営だったろ

寄生虫め

927 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:01:12.15 ID:8wvaI4770
>>919
アメも敵国だけど?(^O^) なんだっと思ってたんだ?おまえ 

928 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:01:18.40 ID:EWJA7ZP60
>>884
当時のアメリカは選挙権あったよ。
ただ識字が必要だったから黒人はほとんど無理だったというだけ。

日本だって大正時代までは、1000万円以上(現在の価値で)納税する
高額納税者しか選挙権がなかったよ。

929 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:01:26.39 ID:28Z2OvK60
でもさ、

戦前の状況と、なぜ戦ったのかが分らないと、
戦後の意味が分らなくなるんだよ。

現在の日本は立憲君主制で、
共和的経済圏主義でしょ。

そこんとこ肝心なとこだよ。

930 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:01:26.55 ID:a2TwvT4R0
>>904
満州は無理
そもそも言いがかりだし
何の犠牲も払わなかったアメリカに発言権がないのは
当時の国際常識
なのに、ここで因縁を付けてきたのは
参戦権がが欲しかっただけの
いわば方広寺の鐘と同義の因縁

931 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:01:36.77 ID:vTIz0QCC0
>>1
>経済面の関係を強化することで改善を図りたい

いいかげん、こんな幻想捨てろよ。中国も経済関係を武器にすることしか考えてなかっただろ。
中韓に対して、いま経済的な絞め上げをしないと、日本のありがたみが通じないだろ。

932 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:01:45.60 ID:XzkeARDz0
前戦ではHarry Dexter Whiteとかの赤に騙されて、間違った相手と戦争しちゃったけど、
次はそれは無いから。

次の戦争は日本が勝つ。

933 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:02:01.62 ID:IbWt6MeE0
>>904
中国の治安の悪さや強引な利権回収運動を宣伝して
英米を味方につける方法もあったはずなんだよなあ

934 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:02:21.04 ID:pRYf4BcMO
こういう右翼がまた同じ過ち繰り返すんだろうなあ・・・
自らの失敗を棚に上げて反省せず正当化。

いろいろ理屈つけてまた戦争しそうだなこいつら・・・

935 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:02:21.72 ID:kpdb3dKc0
日露戦争で大勝利って、国民煽ったのはマスゴミだろ
国賊小村とか・・・なんとか

936 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:02:23.26 ID:8wvaI4770
>>924
くやしいのうwwwwくやしいのうwwwwwo(^O^)

937 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:02:31.96 ID:/JY2swEE0
高市の言う「資源封鎖」ってアメリカの石油禁輸のことか?

あれだけ好き放題中国大陸でやらかして
こんどは南進。そりゃ経済封鎖されるわ。

幣原とか識者は何度も近衛内閣に警告してた。
それを石油禁輸されたら「夢想だにせざりしこと」とか喚いてるんだから
脳天気にもほどがある。

好き勝手やっても他国が結局折れて自国のいいように動いてくれるだろうって
北朝鮮の金王朝3代とそっくりじゃないか。

938 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:02:43.05 ID:umRhv0Hw0
マッカーサーが朝鮮戦争を経験して、日本の戦争は自衛のためだったと
議会で証言してるよな。

しかし、それは大東亜戦争のことを言ってるのであって、日本がアメリカと
戦争(太平洋戦争)したのは間違いだったな。

939 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:02:43.33 ID:D14/CEPN0
別にどーでもいい。負けたんだからどうしようもねえわ。親だって戦後生まれなのに。
日本から戦争はし書けないよ。経済活動やって平和に外交した方が得なんだから。
日本がまた侵略するとか考えている大陸と半島の人間は頭がおかしい。ただし領土は
日本が間違いなく先に世界に領土権を主張したんだから譲る気はない。それで交戦しかけてくるなら
憲法改正するしかないね。話し合いなら応じるけど、その気が最初からないんだから自衛権を
行使させてもらわないとな。大多数の日本人は程度の差はあれこんな感じだろ?

940 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:02:49.05 ID:NUBgF/xM0
みんなの党の浅尾の言ってることが肝心なところだな。

中韓と日本の歴史認識が違うのは当たり前というところまではいいんだが、アメリカの歴史認識(東京裁判史観)まで日本の歴史認識とは違うと言えるかどうか。
正直、日本の自衛隊誕生や今の米軍撤退に伴う日本の軍事力増強は、アメリカの都合なんだよな。
それ考えれば、アメリカに東京裁判史観を変えてもらわないと日本は変われないって、アメリカに分かってもらう必要があると思うなぁ。

941 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:03:03.04 ID:DrIXFS1i0
>>928
日本の民主化の方が、よっぽどハイペースだって分かれば
当時の日本とアメリカ、どちらが幸せかは分かると思うんだけどねw

942 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:03:04.63 ID:8wvaI4770
>>934
デフレから脱却は戦争(^O^) これ常識

943 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:03:16.51 ID:MzPcbEcpP
>>1
要するに当時の東南アジアのほとんどと、
中国や朝鮮半島みたいになりたいか?

って話なんだよなぁ。
まあ、半島はロシアが占領しただろうから、朝鮮人は
中央アジアに強制移民か粛清されて半島にはロシア人が住んでるだろうけど。

日本は資源も封鎖されていずれ北朝鮮状態だったかもな。

944 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:03:16.74 ID:809ulXe+0
>>902
石原莞爾が喝破した通り

アメリカが強引に日本の開国を迫って来なけりゃ、日本は鎖国したままで上手く行ってた
全ての原因は、あいつらが強引に日本に開国を迫り下等国と決め付けたから
日本も当時の世界標準である富国強兵に力を注がなければならなかった。

そのアメリカと対決するのは運命だったのだよ

欧米人が海を渡り、先住民を虐殺しアメリカの土地を横取り、
「マニフェストディスティニーだ!」と他の土地にも十字架突きつけ下見させ、
その後に軍隊を派遣しこれまた大虐殺
この血で血を洗うような植民地時代に日本だけ狙われないわけがなかった

945 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:03:23.72 ID:QcHo2qGJO
スターリンは資本主義国家の日独と英米を戦わせ、自滅させ世界を共産国にしようとした。近衛文麿は国民党の上海事件を日中戦争に拡大させ米国との戦争をさせた。戦争犯罪者は近衛文麿。

946 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:03:26.20 ID:2yq4orzu0
高市は歴史から学ぶ脳みそが足りないようだな。自民党長期政権でまた
世界の嫌われ者になるぞ。

947 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:03:29.95 ID:1BdVtmI10
そうだったのか近代史『日本があたかも「平和な中国」に乗り込んでいって戦争を仕掛けたかのように、思っている人もいます。しかし、当時の中国はひどい混迷と分裂の状態にあり、内乱と騒乱にあけくれる史上最悪の内戦国家でした。
各軍閥(ぐんばつ)は血で血を争う抗争を続け、その犠牲となっているのは一般民衆でした・・・』
http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/rekishi04.htm

948 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:03:48.80 ID:xAXTbyvz0
無条件降伏したくせに、後からあれは例外これは別問題とかw

949 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:03:49.26 ID:UNQM1pQR0
>>882
>一般に大きな海戦やって勝敗が付くとそこで講和というのが当時の常識です。
そんな「常識」はないですよ。

アメリカと日本の生産力を比較して
「緒戦では一時的に勝てるが、最終的にはアメリカの猛烈な生産力の前に屈する」
っていうのを開戦前にシミュレーションしてたんですよ。

950 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:03:51.50 ID:oidoyrAt0
もう俺日本人やめたいわ・・・

951 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:04:02.63 ID:EWJA7ZP60
>>901
北朝鮮は有能だよな。ちゃんと武器片づけられるしw

952 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:04:15.07 ID:IZ7uJmsFO
>>928
イギリスの普通選挙開始の7年後には日本も普通選挙が始まったんだろ?
世界的に見れば早い方だろ。しかもアジアで。

953 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:04:15.47 ID:rGItD9CLP
>>1
ただ戦争の定義を今論ずるべきなのか?とはちょっと思うな


もちろんオレは改憲派だし、靖国参拝への圧力も慰安婦捏造も跳ね除けるべきだと思うけど
それを押し通すには無用な争点は絞らなきゃ駄目だと思う


村山談話は引き継いでも、河野談話は撤回する
それで一度完全に中韓との関係をリセットする
そのためには今は侵略戦争のレッテル貼りも仕方ないと思う

中韓が崩壊すれば、いつでもそのレッテルをはがせるんだから

954 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:04:15.97 ID:9n5xwdNC0
>>919
言いたいことは分るが、
そこまで心配しなくてもどうせアメポチだから大丈夫だろう

955 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:04:28.74 ID:KWmlm6x90
これからの時代は
日本、世界vs米韓

956 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:04:30.95 ID:28Z2OvK60
なんで今の日本は、共和的経済圏主義なのか理解するためには、
戦前の帝国的経済圏主義の流れが分らないとダメじゃん。

どうして戦争になるのか分らない人ばっかりになるよ。

957 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:04:46.05 ID:8rpvlrOOO
>>886
それは明治時代から言われてきたことだが?
「属国化されたシナ朝鮮には卑屈さしか感じない」ってねw
少なくとも先人達の教えは確かだったと思うわ
今の独立したシナ朝鮮を見ても我欲の塊みたいな政府以外
国民とは名ばかりの奴隷しかいない。
連中は奴隷同士で隙あらばより弱い奴隷の物を盗もうと必死w
それが正当化されない社会を維持してるだけでも
植民地化を経験しなかったのは正解だわ

958 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:04:50.41 ID:bc4tJcIT0
当時はアメリカ人も日本人もお互いのこと悪魔だと思ってたから
庶民も戦うつもりでいたんだよ

959 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:04:58.60 ID:WHMX7rgp0
>>944
つ科学力

960 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:05:06.18 ID:YyYeQCwE0
>>950
初めから日本人じゃないだろいい加減にしろ

961 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:05:19.69 ID:EJEZj8/P0
>>950
辞めるのはすぐに出来るのに何でしないん?

962 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:05:30.32 ID:UNQM1pQR0
>862
>お前が財産を持っているのは気に食わない
>それをよこせっていう国に対してどうしろと

違うだろ。
「お前これ以上軍事的にハネ回ったら石油売るのやめるよ?」ってアメリカに言われてたのをガン無視して南部仏印に軍事進駐。

そりゃ石油売ってもらえなくなるだろ。バカなの?

963 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:05:54.70 ID:eKsTN6Gl0
もし中国が攻めてきたら
平和憲法のもと、自衛のためのわずかな戦力しか持っていない自衛隊の戦力では
とうてい勝ち目がない。

3日も もたないだろう。

964 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:06:04.03 ID:qDmWUp/5P
資源封鎖されたのはジャップが中国侵略して調子こいてたからだろw

965 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:06:12.98 ID:lgDaaVoi0
>>54
ウジ被害妄想精神障害者半島系 通名は強制じゃねんだから本名名乗れ 陰でコソコソ悪さすっから 嫌われる

966 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:06:13.80 ID:Vrd78fbP0
まあ安倍ちゃんは総裁として高市の更迭を勧めるわ
また特亜からイチャモン付けられるのは気分が悪い

967 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:06:14.41 ID:/JY2swEE0
アメリカは日本が南進さえやめてたら資源封鎖なんかしなかったよ。

高市、詭弁を弄するのもいい加減にしろ。

968 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:06:31.68 ID:qbqPRIfa0
大平洋戦争はともかくあの時代出ていかなきゃ確実に取られてたよな

969 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:06:36.56 ID:mM8iu9jQ0
ID:6kBa6dOS0

970 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:06:44.27 ID:qlI/BixXO
>>948
もの凄い片寄った第三者的な視点だね。
もはや日本人ではないのだろうな。

971 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:06:46.06 ID:0YeqfYaJ0
>>534
>あの時は抵抗しないで、明治の時のように第2の開国をすれば良かった。

無理です。開戦前にABCD包囲網で戦勝した遼東半島を返したのにロシアは南下してくるわ、
返したことで朝日新聞は国民焚きつけて内戦寸前まで世論が沸騰するわで内閣は辞職するわで、
既に政治的譲歩のカードは残っていなかった。

サヨクのミスリードで皆さん勘違いしていますが、当時の世情としては

対米戦「反対派」: 天皇、陸海軍大多数、政治家

対米戦「賛成派」: マスゴミ、国民、陸海軍一部の筋肉脳

戦争を起こしたのは私たち日本国民です。
今のイスラム圏の人々のように欧米の横暴にはみんな怒っていたんです。

972 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:07:11.70 ID:8wvaI4770
>>963
あっさり 中国共産党を打倒して 虐げられている シナ人民を解放するよ(^O^)

973 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:07:13.32 ID:GTZFZEsg0
何と言えば良いのか。結局。中国や満州についていえば

当時の日本も中国人を理解できていなかったし(当然コントロールできなかったし)
現在の日本も中国人を理解しないまま振り回されているということになるのだろうか?

特務機関長 許斐氏利(このみ うじとし)などの活躍を見ると現地にいた人たちは
かなりタフにやっていた感じだったけど やはり日本国内の人たちが無知すぎたのかな。

今もなお日本国内おける中国人や中国の認識はバランスを欠いているし無知なままのような。

974 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:07:17.62 ID:MzPcbEcpP
>>947
実際そのとおりで、中華民国地域が共産ゲリラや軍閥との内戦、匪賊の跋扈
で治安悪いから、山東省などから大連など東北地域に逃げてきた中国人は多い。

日本の支配地域は治安も良くて仕事もあったから。

975 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:07:33.90 ID:pyNIzz900
日本が清廉潔白だったとは思わない
でも強国が領土を広げたり、交渉決裂で戦争なんてどこの国でもあった
人類の負を一身に背負うがごとく絶対悪に仕立て上げられるようなことはない

976 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:07:35.60 ID:0YeqfYaJ0
>>536


977 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:07:40.94 ID:umRhv0Hw0
安倍の暴走と軍部の暴走が重なるぞ。
誰か止めろよ。

978 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:07:49.19 ID:ZheyOSUwO
>>920
それまで満州は日本の生命線だと煽って投資も人員も多数送り込んでいるのに
手のひらを返してそれを放棄し、日本に帰れ、なんてのは余りに無謀すぎるな
それをやるのが政治家だ、ってのは余りに当時の流れを無視した話としか思えん。まず出来る政治家はいないし、表明したところで暗殺されるのがオチだろう
仮にそうならなくても選挙で確実に落ちるだろうな。それくらい当時の満州は日本にとって重要だったのだから
それに仮に強制的にやったとしたら日本に数十万のあぶれ者を抱える事になる。満州の投資はご破算だから経済にも重大な影響が出るだろう
それでも撤退が良かったといえるのは、そういう歴史を知っているから。そんな神視点を持たない当時の人間には無理だろうよ

979 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:07:57.44 ID:e17CD1A50
>>11
一番的を得てる答えだな

一言でいえば合衆国はその地域の国同士で対決させ合衆国に目を向けさせないようにして世界を維持したい、ってのが本音

でも実際、北米をどうにかしないと日本が勢力圏拡大したところであるのは合衆国との衝突だけだからなぁ

合衆国との衝突の先にあるのは敗戦だけだし

2100年まで待て 大国化したメキシコと米国の対立が始まる その時にメキシコとの同盟を組め

980 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:08:12.63 ID:WHMX7rgp0
>>963
つ日米安保条約

それよシーレーンのプレゼンスに中国がしゃしゃり出てくるのが恐い

981 :風老児 ◆ZPG/GcTAlw :2013/05/12(日) 18:08:15.26 ID:Cug1k3q/0
>>918

スタンスが違えば、そういうことを言うやつが世の中にはいる
あんたは、あっち側の視点で考えているからあんなことを書くのだ

・朝鮮の歴史的戦争責任
・支那の歴史的戦争責任
・米英の歴史的戦争責任

このことを考えるなら、日本は何一つ悪くない
一度、視点を変えてべ勉強してみなさい
勇気があるならね

982 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:08:23.54 ID:28Z2OvK60
挑発を繰り返して撤退を続けながら、
大陸の奥深くに前線を引きこんで補給線を伸び伸びにする、

ってのが当時の中国がとった戦術でしょ。
これ確か、ドイツもロシアでやられてなかったっけ。

一方的に戦争を止めて撤収できるんなら、
アメリカだって苦労しないだろうよ。

しかも後方から支援してたのがアメリカで、
その補給線が援蒋ルートでしょ。

後にベトナム戦争で、
今度はアメリカがホーチミンルートに苦労するわけだが。

983 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:08:34.43 ID:1g7Cv1Gu0
いや、だから安部ちゃんや高市の言ってるのは、既に終わったことに対して、蒸し返して恐喝をしてくるシナチョンの言いなりになって土下座するのかってことだろ?
過去の歴史問題じゃ無くて現在のスタンスの問題
それを歪めて歴史問題に持っていく輩がいるから、今このスレが立ってると

984 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:08:35.19 ID:rgAFFIbjO
実際記憶消されて当時にタイムリープしたら他に選択肢なんかない

985 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:08:51.19 ID:vmXFKICPO
>>87
お前基本的に馬鹿なんだよ。仏印ってどんな意味?(笑)www

986 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:09:12.61 ID:EWJA7ZP60
>>958
そんなこと軍部が言ってただけで誰も信用してないから。

>>963
平和憲法改憲したって勝ち目がない。

987 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:09:13.92 ID:qHcL+Tfl0
天然資源を輸入してくれたアメリカと戦争するなんて

戦前は日本人全体が幼稚だったんだろう

988 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:09:22.17 ID:IZ7uJmsFO
>>977
それはお前が池沼だからじゃね?
議員は選挙で選ばれて、任期もあるわけだし。

989 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:09:22.77 ID:8wvaI4770
>>973
違う(^O^) 大陸の中の 一国は 運営は難しいの

日本みたいに 一つの土地に一国家じゃなkんだからさ

990 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:09:27.93 ID:UNQM1pQR0
>もし中国が攻めてきたら
>平和憲法のもと、自衛のためのわずかな戦力しか持っていない自衛隊の戦力では
>とうてい勝ち目がない。

中国人民解放軍海軍が壊滅するのに一日もかからないよ。
連中はまだブラウンウォーターネイビー、沿岸海軍に過ぎないからさ

991 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:09:40.21 ID:NJ52R7ju0
>>971

鳩 山 一 朗

2 2 6 事 件

ゾ ル ゲ 事 件

なw

992 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:09:57.68 ID:Dd1oueocP
>>879
日本だけが硬性憲法もそうだが

ファシストは 朝鮮人や犯罪者のように口からデマカセで、息するようにウソをつくなあ

戦前日本は 言論弾圧しまくりだっただろ!

内務省による検閲 [編集]
内務省は、讒謗律、新聞紙条例、出版法、新聞紙法、映画法、治安維持法などに基づき、
書籍、新聞、映画の記事・表現物の内容を審査し、不都合があれば、発行・発売・無償頒布・
上演・放送などを禁止や一定期間差止する検閲を行った。
行政処分として、現物の没収・罰金、司法処分として禁錮刑を行った。

日露戦争の後、内務省は逓信省に通牒し、極秘の内に検閲を始めた [1]。
1941年(昭和16年)10月4日に、臨時郵便取締令(昭和16年勅令第891号)が制定されて、
法令上の根拠に基づくものとなった。
-----
作品及び写真はすべて情報局より検閲が行われ、検閲「不許可」となれば没収された。
「不許可」が度重なると、処分の対象とされることもあった。
物資の統制と同時に平和工作物の制作禁止がなされており、戦争協力を拒んで特別高等警察に
逮捕されたり「非国民」のレッテルを貼られたりする事を恐れた多くの文学者、芸術家、
ジャーナリストらが、進んで、あるいは時局に流され不承不承、情報局の宣伝活動に協力し
戦争画や軍歌、ルポルタージュなど多くの作品を残した(情報局傘下の組織に加入しなければ
制作活動が許可されず、紙や文具、絵具等の必要な物資も供給されなかったためである)。

情報局の統制に反発し、投獄され拷問を受けたり活動を中断した者も当初は少なからずいたが、
結局は新聞・出版にも芸能界・芸術界にも統制の締め付けに反発する運動は出ず、
むしろ紙などの統制物資の割り当てやより大きな機会を求めて情報局に擦り寄り、協力する者
の数が圧倒的に多かった。この点では情報統制、言論統制をマスコミに従わせることで、
国民への思想統制をすみやかに行うという目的が達せられた。

993 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:10:10.26 ID:MzPcbEcpP
>>829
こいつバカすぎる。

当時のアジアがどうなっていたか知らんようで。

994 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:10:21.06 ID:8wvaI4770
>>983
白黒をつけられない ヘタレ安倍の責任(^O^)

995 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:10:21.23 ID:IbWt6MeE0
>>978
まあその満州に飽き足らず本土にも手を出したから
英米に睨まれたんだけどね

996 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:10:27.62 ID:0YeqfYaJ0
>>542
>国際連盟の常任理事国であった日本が何で植民地に?

実体はポツダム会議みたいな内輪の代物ですよ。
ただの5カ国会議+雑魚10カ国

997 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:10:46.00 ID:uqpXkZCk0
左翼は真性キチガイマゾ

998 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:11:08.84 ID:9gVCs5UZ0
大多数の国民は靖国参拝なんて関心ないよ

999 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:11:12.86 ID:0YeqfYaJ0
>>544
> >>3
> だったら、侵略戦争やってもいいのかw

侵略の定義は立場で変わりますが?

1000 :名無しさん@13周年:2013/05/12(日) 18:11:30.04 ID:StUeLg+90
>>890
反権力のつもり?
今の権力者は日本では特亜勢力でしょ、カネも持ってるし、スパイ防止法もなくあちこち入り込んでるじゃん

怖い奴と闘ってくれよ

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

327 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)