5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【歴史】徳川綱吉が暴君から名君に 教科書記述一変 「生類憐みの令は慈愛の政治」★2

1 :わいせつ部隊所属φ ★:2013/04/14(日) 19:54:40.10 ID:???0
 いま使われている歴史の教科書では聖徳太子の事績や実在に
疑問がつけられたり、鎌倉幕府の成立が1192年ではなくなっている。
「いいくに作ろう鎌倉幕府」は今や「いいはこ(1185年)作ろう鎌倉幕府」になっているのだ。

 そして、教科書の変化で目に付くのは、人物評価の「上がった人」「下がった人」の明暗である。
実在そのものにも疑問がついた聖徳太子が「下がった人」の典型だが、
聖徳太子から親書を託され、最初に隋に渡ったとされた遣隋使の小野妹子も、そのひとり。

「無礼な(607年)遣隋使・小野妹子」なんて語呂合わせを覚えている
読者は多いかもしれないが、山川出版社の教科書(以下、引用は同社のものより)では、
現在では〈600年の派遣に続けて607年には小野妹子が遣隋使として中国に渡った〉と
初の遣隋使ではなかったことが明記され、かつては太文字だったのも細字に
格下げされた。親書を託した聖徳太子も存在が疑われているから、将来の教科書では
名前そのものが消えているかもしれない。

 一方、歴史研究の成果で、逆に評価が上がった人物もいる。
関ヶ原の戦いで西軍を組織した石田三成について、1988年版では
〈五奉行の一人石田三成は、小西行長らとはかって家康の排斥をくわだてて挙兵し〉と
悪役臭が漂うような表記になっていたが、現在は〈豊臣政権を存続させようとする
石田光成と家康との対立が表面化し〉と、石田側にも大義があったように改められた。
劇的に評価が上がったのが、江戸幕府第5代将軍・徳川綱吉である。1988年版にはこうある。

〈生類憐みの令をだして犬や鳥獣の保護を命じ、それをきびしく励行させたため、庶民の不満をつのらせた〉
〈綱吉はぜいたくな生活をするようになり、仏教への信仰から多くの寺社の造営・修理を行い、
幕府の財政を急速に悪化させた〉

 みなが知る暴君の印象を強めるものだったが、現在では180度変わった。
〈犬を大切に扱ったことから、野犬が横行する殺伐とした状態は消えた〉
悪法とされてきた生類憐みの令が、〈綱吉政権による慈愛の政治〉とまで褒められている。
http://www.news-postseven.com/archives/20130414_181590.html
前スレ(★1: 2013/04/14(日) 12:40:31.24)
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1365910831/

2 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 19:55:12.75 ID:RywMMcGQ0
友愛の君だね

3 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 19:55:39.49 ID:/f5wbMS30
つなきちって名前が下品すぎるだろ

4 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 19:56:14.75 ID:Bs6RSlN80
綱吉ってたしか子供が産まれなくて云々っていうのがあったはず

5 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 19:57:22.08 ID:LdsyObkd0
現代の感覚で動物愛護だから名君とかやってないよね?
犬が助かって庶民が苦労したなら駄目だろ

6 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 19:57:29.88 ID:wB5IknJ+0
>「いいはこ(1185年)作ろう鎌倉幕府」

鎌倉幕府はハコモノ行政だったのか

7 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 19:57:36.75 ID:GqHpJmMsP
桂昌院が悪い

8 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 19:58:21.99 ID:Vib5001z0
犬を増やしてどうするつもりだったんだろうな。

ところで、犬を食ってた市民も居たようだが
どのくらいの割合で食う奴がいたのか。
野犬を間引くから普通だったのかね。
犬料理の名前があったとは聞いたことが無いしなあ。

9 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 19:58:41.13 ID:9UJKo1ysO
鳩山政権は友愛の政治

10 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 19:59:33.34 ID:vRdMsAbO0
江戸庶民大迷惑で他の地方からは無視されたお触れ

11 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 19:59:33.49 ID:Uw22OwYL0
>>3
マグロが好物だったんだろ。

12 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 19:59:37.26 ID:iHjF94dV0
当時の価値観と現在の価値観は違うのになあ

13 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:00:27.64 ID:Jbpn/n7k0
              __,      ノ}      _,
              ヾミ、   ,イl|      ,ィツ
                ヾミ、 ノリlj';   ,ィ彡イ
                 〉ミミY杉ハ='杉彡"
                 '^".:.:.:.:.:.:.::.:`丶{
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.ヾミ三ニ≡=-ッ-
                /       :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.彡''"´ ̄
          r==〈r==≦ミ    :.:.:.:.ヽ.:.:.}
          {:.::::儿_:::::.:::.:}}≠======--、:}
             弋彡'iゞr-=彡      f⌒ハ
           レ;;公^;ヽ    . : :.: :. r' リ
           爪rェェ弍   . : :.: :.:::.r-イ
           川ーニ´jj{  . : :.: :.::  : イ
              巛爪z从}     ∠ニ=ヘ
           ゞ巛巛lリ _  _,∠二二、\
              ̄ {/ ̄      \ \
              /           ヘ. ヘ
             /             ∨ ,ハ
              { __ 「::レフ r::v‐ァ    く::∨ '、
             /(::c' |:::;〈  〉:::/       `ヘ  |
             {ヘ `¨└^¨ `¨´     Y'   | |
            /.ハ              |   | |
        時間を止められない           |   | |
          乗るしかない この時間軸に!

14 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:00:42.45 ID:z0p6TWOe0
犬が大いに助かって庶民が苦労

これでも名君なの?何が昔とは変わったの?

15 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:00:54.81 ID:1yxJBGl40
えー鎌倉幕府は1185になったのかよ…
いつ変わったんだ

16 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:01:25.84 ID:YCb8buNy0
ヒント>「生類をめぐる政治」塚本学 著 講談社学術文庫

17 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:01:47.96 ID:t3opHtyz0
「犬が偉そうに寝そべっている。
人間が避けて歩いていて
どっちがご主人がわからない」と

よそ者が来ると吠えかかるけれど
餌をくれる地元の町民には
媚びてる。

てのを江戸時代に来日した外国人の書いた本で読んだことある

18 ::2013/04/14(日) 20:02:09.73 ID:2H1VBpod0
>>1

 統治の前半は名君、後半は駄目になった>綱吉

 と言うのは、20年以上も前からある氷菓だと思うんだが。

19 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:02:24.21 ID:eKIkED6L0
>「いいくに作ろう鎌倉幕府」は今や「いいはこ(1185年)作ろう鎌倉幕府」になっているのだ

えええええ
語呂が良かったから覚え易かったのに今は違うのか

20 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:03:16.67 ID:ysku4Dvp0
 





※■※■※■※■※■※■※■※■※■※

みなさんはあの“国民的アイドル”の【整形前】の写真をご存知だろうか?
  今や日本の芸能界は整形しないとデビュー出来ない【衝撃】!”

  卒アルが流出!こ、こ、これは・・orz...騙された!


     http://tiny22.com/image-2ch-library_0001_jpg
               ↑ 
            【目、鼻(鼻筋含む)、輪郭、などなど..】
      
※■※■※■※■※■※■※■※■※■※





 

21 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:03:33.55 ID:VfHE7j680
綱吉がこの令を出したのも世継ぎが生まれないことに悩んでいたから
何でも占いで動物を大切にしろと出たとか
その辺のことを踏まえて議論して結論を出さないと流石に気持ち悪すぎる

22 :〈(`・ω・`)〉 ◆EQUAL/Pi.Q :2013/04/14(日) 20:03:58.71 ID:VD7Chdda0
犬吉を持ち上げるのは菅や鳩山のようなキチガイを評価するようなもの

23 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:04:13.35 ID:BTrKFdw50
徳川綱吉はバカ将軍だろ

なんで犬を大切にすると名君なんだ なんだこの教科書はヨ

24 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:04:21.14 ID:FIKl9+Iz0
なんかこういろいろと気持ち悪い
左側が相変わらず強いのか?

25 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:04:23.88 ID:8I15C8Nc0
で実際のところ生類なんちゃらはどう評価すればいいの?

26 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:04:58.57 ID:3nTbkpF60
給食が、キムチや、韓国料理だらけになっているのも
民主党の影響か?

27 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:05:13.22 ID:uvcHPGSU0
マスコミの報道と同じ
書き手の主観で変わる

28 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:05:24.47 ID:x/yNrlhv0
娘が鶴って名前だから、庶民に鶴の字を使うの禁止したり、改名させたりしたのも名君だからってか?

29 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:05:32.67 ID:ru3NBUJdO
>>21
占い師に頼ってた首相いたよなあ

30 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:05:33.28 ID:+r7zfysgO
生類憐れみの令に続いて治安維持法も正当化されそうだな。
そして児ポ禁成立へ、と。

31 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:05:44.40 ID:u/iHuMnJ0
長嶋貞治「歴史とはモノの見方、調査・研究の進行度合いによって、評価が変わってくるものです。学校では『これが正しい!』というスタンスで歴史を教えてますが、

32 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:05:57.82 ID:eijMPyQ1P
都合のいいように解釈するなルーピー

33 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:06:14.42 ID:0hIsXvIE0
学者の意味の無さ

これだけだな思うのは

34 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:06:28.79 ID:1aKbPaqo0
野犬がいなくなって咬傷被害や衛生面で改善がはかられたとしたいのかな

35 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:06:32.93 ID:jWl8h4ZU0
>>25
少なくとも、時代劇なんかである様な「犬を叩いた町人は極刑だ!!!」みたいな類の物ではなかったらしい

36 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:06:38.82 ID:wC2yNdED0
聖徳太子がいなかったなら誰が法隆寺建てたんだ?

37 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:07:02.05 ID:IfBXmGQtO
モノは考えようだからな。
生類憐れみの令が無かったら、今でも犬料理が伝統文化として残っていたかも知れないんだぞ。
そして犬料理を非難する欧米人に対して中韓と一緒に反論しなくちゃならなかったかもなんだし。

38 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:07:06.05 ID:KP9Q+b690
暴君か慈愛かは、生徒が判断するよう教育すればいいのだが

39 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:07:14.20 ID:VfHE7j680
動物愛護やらはあくまで結果論
内情を探って価値を見出さないと教育の意味がないだろうよ

40 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:07:15.23 ID:RPZzl2WZI
早朝、家の前に犬の死体があると死刑にされるから、
隣の家の前に死体を移動させるのがまとも?

41 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:07:29.13 ID:1YD4eZOO0
安重根は伊藤博文の韓国対策を理解せずに暗殺した

42 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:07:38.09 ID:iHjF94dV0
>>31
正論だな

43 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:07:43.60 ID:zcHi7ieG0
        |
     \  __  /
     _ (m) _ピコーン
        |ミ|
      /  `´  \

        ノ´⌒ヽ,   
    γ⌒´      ヽ,  
   // ⌒""⌒\  )   ナイス!
    i /  (・ )` ´( ・) i/  
    !゙    (__人_)  |   
    |     |┬{   |    
   \    `ー'  /
    /       |

44 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:07:44.63 ID:S6pFochx0
一方、秀吉と伊藤博文はかの国のおかげで
残虐非道な暴君として扱われています(・∀・)ニヤニヤ

45 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:07:52.50 ID:7gD6LMm50
かたっぱしから犬を集めちゃったから、
すくなくとも、野犬が人を襲うことはなくなったらしいw

46 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:08:29.28 ID:kfBb7oEC0
吉宗のデブス憐れみの令のほうが偉大だと思う
俺だったら美人だけ残してデブスを野に放つ

47 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:09:03.30 ID:TWbP5YqV0
両論併記でいいと思うんだが

48 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:09:20.92 ID:9JX9qRwC0
友愛のバカ元首相も後世では評価されちゃうのか?
やめてくれよ

49 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:09:23.12 ID:5yVaIj/j0
歴史に関しては、
古文書読解する気力があるかどうかだけだからなぁ。

原資料を判読できない奴の言っていることなんか、聞くだけ時間の無駄だし。

50 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:09:55.94 ID:hXdjiIKR0
キチガイ信長をストップした明智光秀は日本の英雄。

光秀さん、私はあんたを理解してますよ。

51 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:10:07.99 ID:+neF376bO
やっぱ歴史って現代の価値観を映す鑑だな。
動物愛護の価値観があるからそういう文脈で読まれるようになったんだろう。

52 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:10:13.32 ID:E8gahLdjP
>>25
人権擁護法案の現代版だよ

53 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:10:16.15 ID:LGWduFFs0
歴史は金で変わる。日本史の本を書かせた光圀は年収の八割に課税しても明君。
綱吉は、捨て子、捨て病人、捨て老人を禁止するついでに動物を助けたら暴君。(w

光圀の若いときの趣味はナント 「辻斬り!」。…光圀はこれを一気に 8公2民(税率80%!)に引き上げます。…
学者を集めて日本史の本を書かせ…いつの世も黒を白と言い換えるのは、メディアの得意技。
http://blog.livedoor.jp/archon_x/archives/1232805.html
五代将軍・徳川綱吉  生類あわれみ令
生類の対象は捨て子・捨て病人・行き倒れ人などの弱い人間にも及ぼされた。
http://bochan.exblog.jp/3480121/

54 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:10:16.42 ID:/6o0Z03O0
>>36
大工さん

55 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:10:31.48 ID:UADUpYzg0
これいいだしたやつだれだよw

56 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:10:51.54 ID:b/OLAf4b0
TPPで捕鯨は終了(笑)
ありがとう自民党(笑)

57 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:10:52.26 ID:4o9gZRsr0
悪法なら6代の御代になったら是正されるけど、
継続されてるんだよねw。
どうみても非道じゃないよ。

58 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:10:53.88 ID:bfavDmbZ0
>>5と同じ事思った
そりゃ評価するに多少は現代感覚が入るのは仕方が無いとは思うが
当時の感覚・状況とかも鑑みないとな

>犬を大切に扱ったことから、野犬が横行する殺伐とした状態は消えた
てのが正直意味分からん
野犬をみんながペットして飼うようになったって事?
それは飼うように強制されたって感じで民としては迷惑だったように思うんだが

59 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:10:59.55 ID:/enwkC/Z0
別に最近急に評価が変わったわけじゃないのにな。
綱吉、田沼意次については近年再評価が進んでる。時代が変われば評価も変わる。
もちろん100%善人だったというつもりはないがね。

60 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:11:26.67 ID:4bdzr19jO
>>28
戦国鍋TV視聴者?

61 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:11:53.59 ID:z4j302f/0
生き物を大切に扱うことと、乱暴や手出ししないは違うだろう

62 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:12:03.67 ID:KaEuzeTjP
アホか

63 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:12:33.00 ID:FRwPoG170
現代でもトキなどに何億円も使っておきながらホームレスのおっさんは見殺し

いまだに生類憐みの令は続いてるんだよ

64 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:12:45.44 ID:foUknYIb0
政策の効果や影響、当時の輿論の評価を無視して「慈愛の政策」って、頭悪いのか?

65 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:12:49.02 ID:12L58C9L0
蚊を殺して遠島とか切腹とかさせられた武士が居たのに名君?

66 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:13:05.95 ID:HVZiCBOp0
江戸に広大な犬屋敷をつくり。
綱吉は戌年だからな。
申年なら猿を大切にしたはずだ。

67 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:13:06.15 ID:LGWduFFs0
>>51
>やっぱ歴史って現代の価値観を映す鑑だな。
>動物愛護の価値観があるからそういう文脈で読まれるようになったんだろう。

生類憐みの令は、子どもや老人や病人も保護の対象。
この将軍が出る前はシナ人と同じ道徳観念だった。

68 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:13:57.11 ID:LBhED24O0
>>25
生類憐れみの令は、当時、物凄く問題になってた捨て子対策なんよ。
人命・生命軽視というモラルに対するお触書だから
非難されるどころか、非常に正当な法律なんよ。
 
ちなみに、このお触書のお陰で関東の「犬喰い」の習慣が無くなった。

69 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:14:06.73 ID:yeEudx0Y0
>>53
光圀が水戸藩の問題を作り出した張本人であることは間違いないな。
浪費のおかげで財政が破綻して後継者は苦労しまくだし、藩内は親幕府派と親朝廷派の真っ二つに別れてしまい、以後まとまることは一度もなかったからな。
マジでなんで水戸光圀が名君扱いされてるかはほんと謎。

70 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:14:20.18 ID:bW8fPcSWO
占いしに言われたから決めたんじゃなかったっけ?
戌年生まれだから特に犬を大事にしろと

71 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:14:48.38 ID:lqs34WoQ0
>>54
お子様クイズかよw

72 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:14:58.75 ID:tKpvnBlj0
野犬がどれだけ凶暴だったかは、平安京の事例を見ればすぐにわかる
生類あわれみ令は、野犬防止策としては評価できると思うよ
が、そもそもが生類あわれみ令は世継ぎを生まれさせるための政策の一環
当時は祈祷祈願なんかは当たり前の政策だったわけだし
そういう当時の価値観を知らなければ見落とすものも多いと思う

73 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:15:14.01 ID:6K8lvCZ80
>>58
犬は幕府の公共機関で保護されて飼われた

74 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:15:21.90 ID:1dOMsyyP0
>>1
鳩山由紀夫スレだと聞いてきますた。

75 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:15:34.05 ID:LjKOSkSU0
生類憐みの令でヒトモドキにも生活保護費が適用されているのか?

それなら、檻をつくって現物支給というやり方も許されるんじゃないのか?

76 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:15:59.98 ID:mfIrQMWrP
歴史教育自体が壮大な無意味だから止めね?
利権あるから無理か

77 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:16:33.33 ID:M0aZO1Rm0
水戸光圀さんはどうなんの?

78 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:16:58.19 ID:+R683G3r0
武断政治から、仏教による支配を確立したのが
綱吉の政治だと思う。
生類憐みの令は、仏教の不殺生戒の代表格。

日本人の精神を創るのに、大きな役割を果たしたと思う。

綱吉と、徳川幕藩体制の根幹である
仏教が結び付けられないのは、ちょっと変だね。

79 : 【関電 73.8 %】 :2013/04/14(日) 20:17:22.27 ID:DwQ8vUYn0
200年後の教科書
「菅総理大臣の指揮により福島第一原発事故はかろうじて最悪の事態を免れた」

80 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:17:41.69 ID:Ah2brlLj0
>>37
もともと犬食う文化ねえよ。
犬食いはシナの文化だ

81 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:18:03.92 ID:ySUVim+U0
>67  
日本では養老7年(723年)、皇太子妃時代の光明皇后が
興福寺に施薬院と悲田院を設置したとの記録がある。

82 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:18:17.30 ID:7yF+/bgW0
10年後の教科書
「徳川吉宗は別名暴れん坊将軍と呼ばれ・・・」

83 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:18:23.14 ID:FRwPoG170
水戸光圀は実際は辻斬りや家臣殺しなど数々の罪を重ねた罪人と言ってもいい

84 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:18:27.56 ID:4PIQh2Qd0
俺の大学時代の教授は蘇我氏は実は有能な人物だって力説してたな。
それを蝦夷だ入鹿だ蔑称使いやがってと。
むしろ中大兄皇子側が帯刀禁止の外交舞台で刃傷事件起こした非を訴えてた。

85 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:18:39.20 ID:4bdzr19jO
>>46
戦国鍋TV視聴者?

86 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:18:42.47 ID:RU5uibeA0
毎週、どこかしらの代官を御庭番に成敗させていた八代将軍は
ただの殺人マニアなのにどうして名君なの?

87 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:18:55.73 ID:bW8fPcSWO
>>72
結果的に良かったってことなのかな

88 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:18:57.70 ID:LBhED24O0
この発令で犬喰いを禁止されて怒った連中が
綱吉の事を非難して言いまわった事が今に残る悪行の正体なんだぜ。
マジで。
要するに、殆ど全部ウソ。

89 :家政夫のブタ:2013/04/14(日) 20:19:13.68 ID:yJ//LOHr0
聖徳太子もよく女性を遣隋使にしたなあ。
小野妹子っておののイモ子だと思ってたよ。

90 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:19:26.17 ID:6TfYCu4f0
>>80
いや、普通に犬喰っていたぞ
犬だけでない
狸汁なんてあったしな

91 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:19:37.88 ID:yRbpCRJW0
>>1
こんないい加減なものを覚えさせて、しかも点数つけて評価するなんておかしくないか

92 : 【関電 74.3 %】 :2013/04/14(日) 20:19:43.78 ID:DwQ8vUYn0
>>78
そうだとするとそういうことこそ話題にした方がいいね
武力による統治 → 知(宗教)による統治 → 富(経済)による統治

93 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:20:00.31 ID:E8gahLdjP
>>84
蘇我氏って朝鮮系じゃなかったっけ

94 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:20:10.82 ID:Ul12oRXt0
綱吉、正直バカだと思ってました

95 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:20:15.55 ID:Zm2kKP8M0
>>1
>鎌倉幕府の成立が1192年ではなくなっている。
>「いいくに作ろう鎌倉幕府」は今や「いいはこ(1185年)作ろう鎌倉幕府」になっているのだ。

 1185年は武家政権である「鎌倉政権」(あるいは鎌倉時代)の実質的な発足年ではあるが、
「鎌倉幕府」の成立は従来通り頼朝が征夷大将軍となった1192年でないと
「征夷大将軍を頂点とする全国規模の武家政権」という歴史用語としての「幕府」の定義とは合わない。

もし「幕府」を単なる武家政権の意味で使い「鎌倉幕府成立は1185年」とするなら、平清盛や豊臣秀吉の政権にも「幕府」の名を与え無いのは大きな矛盾である。

96 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:20:32.72 ID:Vib5001z0
えさをやったら増えるから、何の対策にもなって無いと思うんだがな。
飢え死にしそうな人を救うための食料として、野犬を家畜にしてたってのなら
まだ理解できるが。

97 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:20:58.84 ID:uHZ8U88p0
歴史に真実なし

98 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:21:06.38 ID:oL7M2ynx0
綱吉評価は忠臣蔵評価と連動している気がする。

99 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:21:12.28 ID:yeEudx0Y0
>>84
中大兄がとんでもない暴君で暗君だったことはほぼ間違いない。
天智って諡号は殷の紂王になぞらえた最悪の諡号だしね。
簒奪した天武が都合よく歴史を書き換えたであろうことを踏まえてもやはりそうとしかいいようがない。

100 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:21:14.04 ID:ItSpxX7x0
>>72
野犬とか普通に処分すりゃよかっただけじゃね
殺せないから全部保護施設で世話して財政負担大変だったそうじゃない

101 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:21:16.80 ID:ewk0ALG10
>>69
水戸藩が水戸黄門の元になったような美談の嘘話を諸国に広めさせたんじゃなかったっけ

102 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:21:31.10 ID:PW8EogJb0
鳩山史観だな

103 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:21:36.90 ID:6TfYCu4f0
いわゆる生類憐みの令が悪法なのは動かしがたい事実

104 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:21:39.34 ID:tKpvnBlj0
>>78
安土桃山時代までの日本は、荒々しいというか、野蛮でヒャッハーな国だった
それを現代のような、規律と道徳ある国に啓蒙したのが江戸時代最大の功績
戦国時代の挑戦心、野心の素晴らしさがクローズアップされているけれども
今の平和な日本の土台を作った江戸時代の素晴らしさも評価されるべきだよな

105 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:21:47.79 ID:prE3+KlG0
まるで生活保護と同じ

106 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2013/04/14(日) 20:21:48.56 ID:Gx7xo32QO
犬に咬まれても、犬に危害を加えたら処罰される政治のどこに慈愛があるんだ?

107 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:21:57.04 ID:3n13zQUb0
蚊叩き殺しただけで処分とかいう
マジキチ法令じゃなかったっけ?

108 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:22:01.89 ID:tTA0HDcI0
>>94
全力で馬鹿です

109 :家政夫のブタ:2013/04/14(日) 20:22:02.12 ID:yJ//LOHr0
ほとんどの歴史学会はサヨの巣窟だから、お前ら日本国史学会に入れよ。
ここが教科書を出せるようになれば、日本史は変わるぞ。

110 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:22:02.30 ID:FH7A4hj6O
>>25
蚊をはたいた旗本が流罪になったり、犬にかまれたから叩いた町人が島流しにされたりと、実生活に被害が及ぶ悪法ではあり、綱吉死後すぐ撤廃され多くの人に喜ばれた。
だが、この法により戦国から続いてきた殺伐とした気風が侍からも市民からも、取り去ることができ、天下泰平が永く続くのに効があったのも事実である。
こんな感じじゃないかな。井沢さんあたりはそんなことを言ってたような。

111 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:22:08.47 ID:QUV+8Zud0
家康を除くと14人の中で誰が名君になるん?

112 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:22:17.49 ID:yeEudx0Y0
>>93
違うよ。葛城系の有力豪族であることははっきりしている。

113 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:22:32.31 ID:CHJftZrA0
アホバカが。勝手に歴史を変えるな。綱吉はバカ将軍。
綱吉の次の将軍家宣は将軍になると直ちに生類憐みの令を廃止した。
悪法で民を苦しめていると。

山川、まじめに仕事しろ。

>>69
映画やテレビの影響だろ。
諸国漫遊などやっていない。
副将軍という役職は幕府にはない。

114 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:22:52.94 ID:RIRhhaub0
アレを慈愛だとか教えると人間性が歪むぞw

115 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:23:14.08 ID:xClPZ8QgO
こういうのを見ると歴史ってのは何なのか考えさせられるな
取り敢えず、出来る限り客観的な事実のみを記載すべきだと思う

116 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:23:19.16 ID:ZPwF791V0
鎌倉幕府は1185でも微妙なんだよなあ
どこかの教科書みたいに6説載せたほうがいいぐらい

117 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:23:28.19 ID:daGuS+KjO
>>89
大釣り乙!
小野妹子は男だろ!ww

118 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:23:39.32 ID:BIbqbD0s0
大地震と富士山噴火に対してほとんど何も出来なかった。

まあ今で例えるとクズ菅みたいな将軍様やね。

119 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:23:45.52 ID:6TfYCu4f0
>>86
あれはパラレルワールドだ

>>93
そういう説もあるが主流じゃないよ

120 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:23:54.90 ID:yeEudx0Y0
>>111
秀忠、綱吉、家宣、吉宗、家重、家治。
最末期の将軍でツキがないけど家臣に人望あったのは家茂。

121 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:24:05.93 ID:CsUaXO0Q0
>>18
わたし、きになります!

122 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:24:10.23 ID:3n13zQUb0
>>111
家光だな

123 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:24:25.50 ID:Zm2kKP8M0
>>78
>徳川幕藩体制の根幹である仏教

 根幹と仰る割には、奈良時代や平安時代と比べても仏教が時の政権に与えた影響は江戸時代の場合非常に少ない訳ですけど。

124 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:24:30.37 ID:EbrFSTcx0
1185年は守護・地頭の設置権限を認めさせた年だったっけ
25年前、俺が高校生の時には塾の先生が「俺なら1185年を押す」と言っていたから
妥当な線なんじゃね?

125 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:24:30.71 ID:1XyKcd3U0
飢饉で数万人が餓死している最中、数万頭の犬に白飯を与えた綱吉が名君なんて、歴史研究家は気が狂ってるんだな。

126 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:24:56.82 ID:WGE26q+r0
生類憐みの令って、「祖先が犬を粗末に扱ったせいで祟りがある」って言われ作った法だろ?
慈愛でもなんでもない、ただ個人的な話を人に押しつけただけの馬鹿な法律だ。

現代で言えば鳩山の「友愛」と一緒だ。

127 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:25:12.89 ID:j9+VKbeb0
慈愛じゃねえだろ。治安回復と意識改革の政策だろ
厨房並みの結果論や真っ赤な階級闘争史観じゃないだけマシだろうがやっぱり馬鹿だな

128 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:25:20.60 ID:HSz3L17zP
暴君てのは徳川忠長のような領主のことを言う。
シグルイ読めばどれだけ基地外だったかわかる。

129 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:25:29.50 ID:CsCKESRN0
1185年
いいハコ(店)つくろうキャバクラ幕府

130 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:25:43.22 ID:tKpvnBlj0
>>100
殺せなかった最大の理由は、仏教の定義するよい政治をすることで
天に認めてもらって世継ぎを授けて貰うという重要な目的があったから
元寇の時のように、当時の祈祷祈願は立派な政策の一つ
世継ぎができなければ戦乱の元になる。故に、祈願のため慈悲を示す必要があった

131 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:25:45.78 ID:sTEjc/9IO
>>125
綱吉の治世に飢饉あったか?

132 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:25:54.62 ID:6TfYCu4f0
>>126
先祖じゃない
前世だ

133 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:25:59.72 ID:4Q6g9HHV0
そんなにコロコロ変わるんなら、もう歴史教科書にフィクションですって書いとけよ

134 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:26:00.60 ID:6KZ49Z5k0
なんかエコカルト臭が漂ってくるんだが・・・

135 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:26:10.38 ID:qQTd1H5c0
「お犬様」って呼称はマジなの?

136 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:26:19.04 ID:7OZcdYJ80
>〈綱吉政権による慈愛の政治〉

世継ぎ問題で占い師の言うとおりにしたのが慈愛の政治?
犬畜生と言われ、人権ですら軽かった時代に?
山川はいろいろダメじゃね?

137 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:26:28.12 ID:x4YxAkPFO
生類憐れみの令はただの悪法だろ
綱吉が死んで喪も開けないうちに廃止したんだから

活魚の売買の禁止とかアホかっつうの

138 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:26:43.89 ID:7yF+/bgW0
>>111
家治と家慶

>>120
小便公方の家重が名君とか大丈夫?

139 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:26:50.63 ID:yeEudx0Y0
>>123
檀家制って徳川時代に出来たもんだぞ。
あまりにも当たり前で昔からあった制度みたいに思われてるけど比較的新しいもんだ。
これ、幕藩体制の根幹だし、それ以前の宗教勢力の力を考えたら画期的というのがわかるだろ。

140 :ぴーす ◆TGJ4fJEWg6 :2013/04/14(日) 20:26:55.95 ID:IYPz0xTKO
NHKが幕末の幕府の再評価をしてるのは別に
いいんだけど、なんか裏ありそう

141 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:27:01.44 ID:DCV+4jYu0
魚食うの禁止した時点で悪法に決まってんだろ。
後世の風評よりは少しマシな部分があったとしても、はっきり言って論外。
自由に対する不合理な抑制に過ぎない。

142 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:27:07.77 ID:+R683G3r0
>>92>>104
綱吉時代の財政悪化も、主な原因は
寺の建設だったという話だからなあ。
決してぜいたくのせいではない。
寺の建設がぜいたくという事に、なぜかされているけど
綱吉が何をやろうとしたかが、そこからわかる。

道徳や読み書きそろばんの教育
通行手形の発行、国民の戸籍管理、
寺院強制加入と葬式の寺請制度などの役所機能を
ことごとく、寺にやらせていたのが徳川幕藩体制だったわけで。

この仏教による支配こそが、徳川支配の根幹だったのは間違いない。
それは日本人の精神の根幹を形作ったものであったと思う。

143 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:27:09.55 ID:ujxxdGvB0
「余は支那人や朝鮮人に生れなくつて、善かつたと思つた」

夏目漱石先生のこの名言を載せてる教科書はあるの?

144 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:27:17.35 ID:Zm2kKP8M0
>>93
朝鮮系(百済系)は中臣鎌足。蘇我氏は有力な外戚。
白村江の戦いは、中大兄皇子と鎌足による百済への異常な執着の表れ。

145 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:27:23.12 ID:yeEudx0Y0
>>138
田沼意次を登用して育てたのは誰だと思ってんだ?

146 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:27:25.49 ID:e4fiHRGi0
>>80
犬鍋にされるので冬江戸の市中から野犬が消えるとまで言われた。
公家は早い段階で野蛮であるとして食わなくなってたが。

147 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:27:38.84 ID:CsUaXO0Q0
>>133
あながちその考えは間違いじゃないな

148 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:27:39.72 ID:RGEIPo9I0
>>120
綱吉はねーわ堀田が死んでからも長く治世が続いた分いろいろとひどいことになった
家重家治は吉宗貯金まあ田沼を重用したのはよかったんだろうけど

149 :国士焼肉ぷらす ◆JUU/.JUU/. :2013/04/14(日) 20:27:50.72 ID:L+daTrCl0
なんだこの中途半端な曲学阿世。

150 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:27:53.77 ID:Vib5001z0
そのまんま続いたらえさが足りんだろ。

よく考えると犬以外も増えるから、犬は鹿やうさぎを食っても増えるか。
しかしやがては犬だけになるな。
生態系も犬だけになった可能性があるよな。

151 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:27:59.90 ID:NbxnIhaq0
当時のどの立場でどう言われてたかが必要なんだろ
後世の評価は生徒にやらせろよ

152 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:28:01.86 ID:HVZiCBOp0
犬でもドーベルマンとか土佐犬は勘弁だ。
あれは、暴犬だぞ。

153 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:28:03.48 ID:6TfYCu4f0
>>131
東北に結構大きな飢饉があった

154 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:28:18.01 ID:RDw/heLj0
>>53
戦国時代に小田原の後北条氏が施行した税制は
4公6民だったのになあ・・・・

155 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:28:43.25 ID:E9qzohZSP
鳩山政権は米年次報告書の受け取りを拒否し、70年続く米軍基地支配のあり方に一石を投じたが、
その後の第二次安倍政権は不平等条約のTPPに調印し、その後100年続く不況のきっかけを作った。

156 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:29:36.83 ID:c5AMTTf60
「友愛」を説いてた、あのキチガイ御仁も200年後くらいに偉人になるんかね

157 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:29:59.88 ID:yeEudx0Y0
>>148
吉宗を評価するなら綱吉評価しないのはおかしいぞ。
吉宗を評価しないなら綱吉の否定もわかるけどね。
吉宗の政策は綱吉をベースにした改良版だぞ。

158 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:30:00.26 ID:58Kg7Xlu0
司馬遼太郎も生類憐みの令については
いわゆる空想的平和主義よりマシみたいに評価してたな。
まぁ山川ってところが、なんだかなぁwですが…

159 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:30:16.02 ID:E0/a9myw0
左翼が喜びそうな表向きだけで人を蔑ろにする偽善政策w
綱吉の場合は自己満だから最悪の暴君だろw

160 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:30:21.60 ID:j9+VKbeb0
>>131
あったよ。東北の飢餓民より江戸の犬の方がいいもん食ってたのは事実
でもだからと言って江戸から東北まで食糧運ぶとか無理だしどうしようもなかったけどな

161 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:30:36.39 ID:6TfYCu4f0
>>156
友愛が干し殺しといしう意味になってそうだwww

162 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:31:01.46 ID:tKpvnBlj0
>>139
昔の宗教団体は、まんま武装勢力だしなあ
有名な話では、平安時代辺りで比叡山が朝廷を恐喝しているし
戦国では一向宗が守護大名を超越する武力を保持しているし
そういうのを統制し支配下に置いた江戸幕府の力量の偉大さよ

163 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:31:11.92 ID:eaBfxVnn0
逆説の日本史の影響かね?これは

164 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:31:14.61 ID:Rasfdsek0
これだから教育は怖い
解釈によって白が黒、黒が白になるなんて簡単だ

165 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:31:22.93 ID:x4YxAkPFO
前スレで指摘あったけど
人権擁護法みたいなもんだよ

つまり見直し論自体が人権擁護法への布石かもしれん

166 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:31:29.09 ID:Q5UNd+qR0
左翼学者を排除したらこうしたおかしな傾向に関しても物凄い変化が生じるだろうな

167 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:31:48.60 ID:ug66MflkO
光國『ヒャッハー、焼き肉パーティーじゃ!』

168 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:31:55.56 ID:UfwpVKWm0
実際、江戸初期は、人を殺すことが当然の戦国時代の殺伐とした
雰囲気が残っていたはずだし、そういう社会的な雰囲気が消えて
元禄文化が栄えたのは綱吉のおかげ。

169 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:32:26.00 ID:/6o0Z03O0
ここまでくると江戸幕府って本当にあったのか疑わしくなってきた

170 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:32:36.39 ID:7yF+/bgW0
>>161
今でさえ「友愛」=「暗殺」という意味で使われてるのにw

171 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:33:02.27 ID:VfHE7j680
法の精神は良しとしても内容は行き過ぎた悪法だろう

172 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:33:12.66 ID:M8DPBCpJP
>親書を託した聖徳太子も存在が疑われているから、将来の教科書では
>名前そのものが消えているかもしれない。

ふざけんな!!!!!

173 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:33:14.89 ID:6TfYCu4f0
>>154
確か、秀吉が家康を関東に配したのは、北条の税の安さから農民に反発されることを狙ってという話があるな

174 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:33:22.03 ID:I68stTDu0
ミンス党が関わったのが今反映されてるしな
そりゃそうなるわな

175 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:33:23.14 ID:1/2jzB5C0
他の評価はともかくとして綱吉が名君ってのはねーわw
あれがアリならルーピーが慈愛に満ちた名宰相って記述になるぞwww
サヨク脳には付いていけんわ・・・

176 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:33:48.13 ID:Q5UNd+qR0
>>124
戦後左翼の強かった時代の先生のいうことなど偏りが激しいから論外

177 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:33:50.12 ID:MG4J7ipf0
お犬様が噛み付いてきても抵抗したらダメなんだろ
相手が人間なら喧嘩してもいいのに
不公平じゃねーか

178 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:33:50.77 ID:Rasfdsek0
田沼意次とか、現代史では田中角栄とか
評価の難しい政治家もたくさんいるしな

これから注意して見ていかないと

179 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:33:56.33 ID:YfGvgQg10
>>155
団塊ドリームw

180 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:34:09.31 ID:+R683G3r0
徳川体制が「仏教」による支配だったと理解できれば
日本人の現在精神が、どこから来ているのかを含め
見えなかった、様々なものが見えてくるはずです。

つーか、生類憐みの令って、そのまんま
なんのひねりもない「仏教」の理想じゃん。
僧侶でもないのに、完璧に押し付けられたら
庶民は、たまったもんじゃないけど。

宗教による国民の支配を行おうと思えば
やはり避けては通れない道だったと思う。

181 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:34:50.66 ID:yeEudx0Y0
>>173
戦国時代の史料って北条家のものが圧倒的に多いんだよね。
滅びた家なのに多いって事はそれだけ制度の整備がすすんでたからだと思う。

182 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:34:55.28 ID:NthYZdNe0
綱吉は元禄小判に混ぜ物して金の含有量減らした挙句
混乱させた方が問題だっただろ

183 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:34:55.77 ID:GGzJMILv0
遣隋使って五泊(589)で行ける隋の旅じゃなかった?

184 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:35:01.28 ID:LBhED24O0
田沼意次を評価してるのは「剣客商売」だけだろ?

185 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:35:01.89 ID:x5Zas+eU0
>>142
江戸時代の社会構造は意外と面白い

教養は貴族と寺社が持ち
権力は武士が持つ
富は商人

という具合に役割分担が決まってた
欧州では教養 権力 富は貴族階級が完全に独占してたけどな

寺社仏閣を建てて増やす事は当時としては聖職者(知識階級)を
増やすことに直結していたからな、知識階級が増えれば増えるほど
知識そのものが伝播し民の知的水準も自動的に上がるからな
基本的には江戸時代から富国強兵だよ日本の政策の根幹は
だから簡単に幕末では奇兵隊や新選組みたいな民兵や警備組織が
直ぐにできたんだ

186 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:35:23.58 ID:6TfYCu4f0
>>168
保科正之なんかも頑張ったんじゃない?

187 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:35:28.01 ID:3d6iUBSw0
木簡とか口伝とかの世界でしかないからなあ、昔の出来事なんか。
誰かがうそっぱちの物語を意図的に作ってしまえば、もう蛇が神様にもなるようなもん。
大正天皇は一体どうだったのかの詳細も明らかにしてほしい。
大馬鹿だったのか中馬鹿だったのかの違いがあるだけだろうが。

188 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:35:31.90 ID:qQTd1H5c0
左翼が好みそうな法だよね
昔、スペシャルドラマで草薙が演じてたのを思い出した

189 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:35:49.15 ID:FH7A4hj6O
>>163
そんな気はする。だが、あれは悪法だったが結果的に殺伐とした気風を一変させたという評価だったような。
今回のはそれをつまみ食いしただけで、根本で何かが違うと思う。

190 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:35:55.10 ID:tue9IfLV0
>>156
アメリカが消滅して悪の帝国扱いされるようになれば
「悪の帝国に敢然と抵抗した正義の人」と呼ばれるかもね

歴史的評価なんてそんなもんだし
だからこそ馬鹿ンとそのシンパも今のうちから評価を誘導してるんだろ

191 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:35:57.42 ID:iaSCajXr0
>>180
徳川家が知恩院豪華にしたんだよな

192 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:36:43.64 ID:Zm2kKP8M0
>>131
Wikipediaより
元禄の大飢饉と憐れみの令 [編集]

元禄の大飢饉は1695年〜1696年(元禄8年〜9年)に東北を中心とする東北地方を襲った冷害で、収穫が平年の3割しかなく、津軽藩では領民の3分の1に相当する5万以上の死者を出したという。
飢饉の様子を記録した『耳目心通記』(じもくしんつうき)によると、「道を往けば、餓死者が野ざらしになり、村では死に絶えた家が続き日増しに増えた。肉親が死んでも弔う体力もなく屍骸は放置される。
11月になると積雪のため草木の根を取る事もできず被害は増した。生き残った家庭でも一家心中や子殺しが続いた」という。
さらに、死骸はおろが生きてはいるが路上で力尽きたものまで、獣や鳥に襲われ貪り食われた。また人間も牛馬犬鶏のみならず中には肉親の死肉を食うものまでいたという。
『耳目心通記』では何箇所もこれらの現実の前に、代官や庄屋を通じて説かれていた生類憐みの令が無力であった事が記されている。

この飢饉は、全国的にも影響を及ぼし、但馬出石藩では農民による打ちこわしが起き米価は騰貴した。
ところが、この様な飢饉の中でも、幕府は8万匹の野犬を中野犬小屋に収容し、犬一匹につき一日に白米3合、味噌50匁(約187グラム)、干しイワシ一合を与え、江戸町民の間では米価騰貴の中での幕府の犬への厚い待遇に対して、憤りが高まった。

ただし、江戸市街には10万匹近い犬がおり、既に書かれているとおり町民に対して野犬の被害が多発していた為、野犬収容は治安維持が目的であるともされる(詳細は後述)。

193 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:36:58.39 ID:Yq7CgA5V0
>>182
意図的にインフレ起こしてバブルにしようとしたんだね。

194 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:36:58.84 ID:GTO7fOmuP
>>6
鎌倉の神社仏閣大仏などを巡り歩いて確認しなさい。とんでもない公共事業過ぎる

195 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:37:02.19 ID:e4fiHRGi0
中韓馬鹿に出来るの綱吉のお陰ってのもあるんだかな。
連中がやってる家畜の死体の違法投棄やら犬食を後世に残さないとう土壌作った訳だし。

196 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:37:03.45 ID:/KjAxFVE0
弱者救済と動物救済と言論の自由は起源が同じ。一見、人間中心的な価値観は、悪い意味でエリート主義的な世の中を構築するらしい。

功利主義者シンガーの動物解放論
19世紀イギリス<略>「児童虐待」反対と「動物虐待」反対に、密接な関係があった
http://blog.goo.ne.jp/sinceke/e/ec7f6489f2b17d7c177ea0c67feb2a9f
ユダヤ系のピーター・シンガーは、親戚がナチに虐殺されている。それにも関わらず、オーストリアで歴史修正主義的、
「ガス室はなかった」的な記事を書いたジャーナリストが有罪宣告を受けたとき、シンガーは記者を釈放すべきだと言った。
http://d.hatena.ne.jp/yanoz/20090608/p1

197 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:37:10.65 ID:x5Zas+eU0
>>162
ちょっとまえ江戸時代の前の織田、豊臣政権で
半ば寺社勢力は武装解除されたも同然だろ

198 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:37:32.58 ID:6TfYCu4f0
>>180
幕藩体制の思想的支柱は朱子学だが、庶民の戸籍管理は檀家性ていうのも面白いな

199 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:37:36.14 ID:1XyKcd3U0
>>131
元禄の飢饉。
東北地方で数万人が餓死したと言われる。
綱吉暴君たる所以。

200 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:37:45.41 ID:qd3bCHjs0
犬を殺しても罪になるのに、ましてや、人を殺したら・・・
と、民衆の意識改革をさせる法律。

>>78>>104 が正しい。

綱吉は側用人システムによる独裁体制を構築して、直接政治を行った。
「逆説の日本史」によると「天才以外の何者でもない」そうな。

何より「元禄文化」の出現がこれを証明してる。
江戸時代でも屈指の好景気だったんだから。

201 :ぴーす ◆TGJ4fJEWg6 :2013/04/14(日) 20:37:55.97 ID:IYPz0xTKO
鉄砲伝来も1543年が有力ってだけだ

202 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:38:11.86 ID:zA391EDq0
.        ノ´⌒ヽ,,
    γ⌒´      ヽ,
   /  / "⌒\  )  やっぱり俺が正しかったんだな
    i   /   \  /、 )
    |   /  (・ )` (・ )|
    |,,/    (__人) !
   \     n `ー' /
    /    | ヨ  < ビシッ
.   /    / ノ   |

203 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:38:40.65 ID:LfS1TkMJ0
犬は犬でしかないが、野犬が減ったのはいいことかも知れん
しかし生類全般はやりすぎだから後年改められたんであって極端には違いないような

204 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:38:52.69 ID:+R683G3r0
>>188
左翼が好むのは、徳川仏教体制を否定して
神仏習合を廃止して廃仏毀釈して出来た体制だったのが
明治維新だったからだよ。

仏教を否定して出来たのが、明治維新だったのは
少し調べれば、わかる事だよ。

徳川幕藩体制の根幹が仏教寺院だったから
メチャクチャに弾圧されたわけ。

205 :桂昌院 - Wikipedia:2013/04/14(日) 20:38:55.83 ID:C1OmD7360
 
 桂昌院 - Wikipedia

桂昌院(けいしょういん、寛永4年(1627年) - 宝永2年6月22日(1705年8月11日))は、江戸時代の女性。江戸幕府3代将軍・徳川家光の側室で、5代将軍・綱吉の生母。

 生涯 [編集]

京都の大徳寺付近で産まれる。『徳川実紀』に拠れば、父は関白・二条光平の家司である北小路太郎兵衛宗正だが、実際の出身はもっと低い身分であるという噂が生前からあった。
桂昌院と同時代の人物の記録では、朝日重章の日記『鸚鵡籠中記』には、従一位の官位を賜ったときに西陣織屋の娘であるという落首があったことが記されており、

また戸田茂睡の『御当代記』には、畳屋の娘という説が記されている。黒川道祐の『遠碧軒記』人倫部には二条家家司北小路宮内が「久しく使ふ高麗人の女」に産ませた娘とする・・・

206 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:38:59.04 ID:Qa5UdD1k0
試験科目の歴史ってなんなんだ
客観的な答えが導けないのになんで受験科目として成立してんだ?
20年前に1192と答えられなかったおれに謝罪しろや

207 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:39:19.81 ID:EbrFSTcx0
>>176
そういうな。その先生は保守的な考えの人だったよ。
左巻き工房な俺に皇室の有難さを教えてくれた人だ。

208 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:39:23.59 ID:GQB+72gS0
危なくてしょうがなかった野犬を収容して
ありがたかったという話があるよね

209 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:39:24.87 ID:UfwpVKWm0
>>168
それもあるけど、綱吉の評価は低過ぎ。
むしろ、改革期に入った方が財政も何もかもめちゃくちゃだろう。
飢饉という不運はあるが、松平なにがしやらの何とかの改革と言われる
時期の方が単なる締め付けをしただけで。儒教に基づいて商いや
お金をいやしいものとみなした偏見にすぎない。

210 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:39:29.56 ID:UTjzA3EE0
吉宗は綱吉を尊敬してたんだっけ

211 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:39:40.94 ID:RU5uibeA0
だいたい、ナンタラの改革、っていうのはほとんど緊縮財政策だから
消費マインドも落ち込むし、経済はますます悪化するのにね。
田沼や尾張宗春ってある意味アベノミクスのはしり?

212 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:39:41.14 ID:6TfYCu4f0
>>195
犬は普通に食っていたって

213 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:40:01.81 ID:58Kg7Xlu0
いずれ吉宗の評価も変わるだろうな。
成敗=毒殺だから、友愛みたいなもんだw

214 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:40:13.04 ID:tKpvnBlj0
>>175
歴史の評価は常に変動するものだしね
仮にサヨク政権が日本の中枢に居座れば、鳩山の評価も一変するだろう
要するに、世の中の情勢が歴史を見る視点に大きな影響を与えるということだ
戦前と戦後の歴史教育の一変ぶりを見れば、そのことがよく分かるだろう

215 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:40:25.23 ID:yeEudx0Y0
>>193
貨幣改鋳は大岡越前の提言を入れて吉宗もやってる。
これでようやく30年デフレを解消できたわけだが、こっちは評価されてるんだけどねw

216 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:40:25.61 ID:cATi9K9L0
名君と言えば今川義元も名君という話、
というよりは織田信長がろくでもないという

217 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:40:27.14 ID:zdtXRj8F0
のう、セキよ
>>1は死刑か?

218 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:40:29.73 ID:tue9IfLV0
>>197
武装解除はそうかも知れんが
法的に幕府の支配下に置かれたというのは別だろ

219 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:40:55.26 ID:JVh0N2pG0
歴史教育に「暴君」とか「名君」とかアホな評価つけるのは、朱子学で懲りただろ
事実だけを淡々と教えればいいんだよ

220 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:41:08.72 ID:LBhED24O0
ようは家康は富と権力を将軍家に集約させる為に
あれこれお触書を出して特権を吸い上げるシステムを作ったんだろ。
寺社は金持ちになるな、公家は政治に口を出すな、とか。
過去の幕府の失敗を繰り返さないようにしたんだろ。

221 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:41:10.80 ID:yeEudx0Y0
>>210
そうだよ。
墓も綱吉の墓におしかけて一緒に眠ってる。

222 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:41:21.00 ID:EkoJaIPx0
東条英機も英雄だな

223 :桂昌院 - 綱吉:2013/04/14(日) 20:41:31.71 ID:C1OmD7360
 
日本の新聞の見方 _ 竹島
http://blog.livedoor.jp/qingmutong-aoki/archives/7572486.html

・・・以下は井沢元彦「逆説の日本史14巻近世爛熟編『文治政治と忠臣蔵の謎』P168-182」から要約したものである。

 (京の)堀河に酒屋太郎衛門というものあり。(中略)家に久しく使う高麗人の女あり。それを女房にして子を生む。姉は大宮蔵入入道宗雅が室、その妹が館林の母公慶昌院殿なり。
この姉妹ともに春日局に同道して東行、姉は御意に入らず、妹が残りて館林殿を生めり、以下略(『遠碧軒記』日本随筆大成? 吉川弘文館刊)

 ここで館林というのは後の五代将軍綱吉のこと。当時綱吉は館林藩主だった。つまり綱吉の母は日朝混血児であったから綱吉には四分の一朝鮮人の血が入っていたことになる。

 このため綱吉は朝鮮外交で非常に宥和的であった。綱吉時代の日本の外交政策が今に至る「竹島」問題の起点になっている・・・

224 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:41:42.22 ID:7uOH3kjIO
>192
戦記物の一節に、「(厳しかった日本軍の)軍紀風紀も飢えの前では無力であった」ってのを思い出したわ。

225 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:41:50.54 ID:6TfYCu4f0
>>211
田沼は規制改革、民間活力
宗春はばら撒き
みたいなイメージがある

226 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:41:53.36 ID:Yq7CgA5V0
>>200
元禄はバブルですよ。
紀伊国屋文左衛門みたいな新興商人が出てきて、ジュリアナ吉原貸し切りをやって、小判ばらまいてたんだから。

おかげで吉宗は緊縮財政を行って、デフレ不況になったんだから。

227 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:42:05.33 ID:oVIVSbuC0
>>12
そうなんだよな。

評価が上がったり、下がったりも、今の基準から見てるから
50年ぐらい経ったら、また教科書の記述が変わるかも。

228 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:42:16.71 ID:C8JZ4Bfz0
無慈悲は極悪

229 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:42:35.73 ID:RGEIPo9I0
>>215
吉宗がやったのは新井白石と同じで質をよくするやつだったはず

230 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:43:18.52 ID:x5Zas+eU0
どんな歴史にも明と暗はあるものさ

231 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:43:21.41 ID:3ZL8Qf0S0
功績はあったみたい。
綱吉以前は殺人は普通のことだったらしい。
しかし、犬一匹殺しただけで人も殺される事で、人間の命が犬よりは
軽いのはって事で命を考えるようになり、綱吉以降は殺人は減ったらしい。
勿論、綱吉がそこまで考えていたかは不明。

232 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:43:29.47 ID:3TfpNIi70
綱吉は人殺しが正当化された戦国時代から
平和、殺生を禁じる価値観へと変換した名君なんだとさw

233 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:43:42.53 ID:yeEudx0Y0
>>226
緊縮は吉宗の前に新井白石がやってる。
元禄バブルが弾けてデフレになったのに緊縮にしたからさらにデフレは酷くなった。
そしてそのあとを受け継いだ吉宗も緊縮やったもんだから30年デフレにw
あれ?平成のどっかの国でも似たようなことしてるよねw
人類は歴史に学べない生き物のようだw

234 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:43:45.65 ID:GtVDgpnZ0
なんとも酷いな。
一部学者の現在の価値観に基づいた妄説か。
歴史は、その時代・地域の価値観に基づいて記述しなければならないのに、
そういう最低限のことすらできない馬鹿学者ばかりがのさばっているのか。

聖徳太子については、別人説は知ってはいるが、証明されていない以上、
日本書紀に基づいて教えるべきだろう。
多分、教科書会社や大学に潜む朝鮮人が、日本と宗主国様が対等など気に
入らないってことで難癖をつけているのだろうが。

こうまで酷いと、国定教科書にするしかないんじゃないか。

235 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:43:59.48 ID:6TfYCu4f0
>>216
ダークさで言えば秀吉の方が・・・

236 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:44:11.84 ID:JVh0N2pG0
>>225
それ、絶対戦後教育界に巣食った左巻き勢力のイメージ操作
貨幣経済(≒資本主義)に反対するものが正義、貨幣経済を推進する者は悪、みたいな二分論で行政家を評価してる
病的な反動保守でしかない吉宗や定信に「改革」なんてラベル貼ってるのが証拠

237 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:44:12.18 ID:+R683G3r0
>>198
良くも悪くも日本は、大和時代からずっと
神道を中心とした、仏教儒教のチャンポンだからね。

これを否定して出来たのが、大和時代以前の神道に戻せという
神道原理主義の明治維新体制であったわけで。

238 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:44:21.49 ID:fDUe2diu0
>>216
織田信長なんて名君暴君の判定が難しいだろな
両方とも兼ね備えているし、人によって評価も180度ちがっているしな

239 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:44:26.66 ID:gM8nVTMM0
北斗の拳でも犬公方様は極悪だっただろ

何処が名君なんだよ

240 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:44:27.85 ID:lcxk3Nl0O
鳩山由紀夫も名宰相だな

241 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:44:33.54 ID:pwJ4qDqN0
歴史学者の主観的な解釈なんていらないどころが毒
法令策定の動機さへ書くだけでいいだろ

242 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:44:47.19 ID:owhs7ZD70
支那人と朝鮮人を大切に扱ってきた
鳩山由紀夫が評価される日が来るのだろうか?

243 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:44:49.82 ID:1YVjjNVR0
これはあれだよ



朝鮮人を保護しろ!に繋げる流れだよ。



犬ころ栄えて人間滅ぶ



チョンコロ栄えて日本人滅ぶ



完全に次は少数派の弾圧イクナイの流れでチョンコロ自慢始まるよ

244 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:44:50.91 ID:yeEudx0Y0
>>229
最初はな。
で、デフレはどんどん悪化したんだよ。
最終的に政権最末期に大岡越前の提言を渋々入れてようやくデフレは収束したんだ。
田沼意次はこういうのをよく見ていて学習したんだと思うよ。

245 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:44:55.02 ID:zHtwW0Rc0
水戸黄門が終わったからだな

246 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:44:56.54 ID:ahXbTxTPP
これもうだいぶ以前「お江戸でござる」で杉浦日向子さんが言ってたこっちゃん

247 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:44:58.43 ID:OnNq7O+TO
解釈の違いでどうとでもなるからな歴史は。慰安婦とかは噴飯ものだけど。

248 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:45:05.39 ID:2Ho9Er8t0
生類憐れみの令は現代の人権擁護法。
人よりも犬や動物を優遇したように人よりもヒトモドキを優先する。
人権擁護法は人権擁護とは名ばかりの人類弾圧の悪法である。

249 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:45:24.14 ID:e4fiHRGi0
>>197
関ヶ原の時に家康に一揆の扇動を申し出てるぞ。
却下されたがな。
その後の東西分断考えたら相当ヤバイ勢力が残っていたとも言える。

250 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:45:28.31 ID:scFg05b20
織田信長は「髑髏杯」の秘密結社入会儀式をやらせたからなあw
イエズス会の入れ知恵だろうけど

251 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:45:28.93 ID:cATi9K9L0
まあでも聖徳太子も十人の話を同時に聞き分けるとか、
今考えてみると胡散臭いエピソードが堂々と教科書に載ってたな

252 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:45:32.69 ID:tKpvnBlj0
>>210
吉宗は四男で、紀州藩継承権が低く、夢も希望もないのけ者状態
それが綱吉に声をかけてもらったお蔭で、待遇が改善されたという経緯がある
故に、綱吉を敬愛し、綱吉の『吉』の字をもらって、吉宗と名乗った

253 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:45:39.69 ID:3tFKs/cs0
まあどんなに菅と鳩山の評価に関しては未来永劫確定的だと思うがww。

254 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:45:40.09 ID:66Vm3YgT0
>>48
中国共産党の頑張り次第だな

255 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:45:52.41 ID:MOs7trSU0
>>229
綱吉と吉宗じゃ同じインフレ政策でも目的が全然違うからね
綱吉は幕府に金が無くなったからで
吉宗はデフレ対策

256 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:46:07.38 ID:BvtZUUQD0
こいつは駄目な奴だ。こんなのがトップでも大丈夫だった江戸幕府は余程完成したシステムなんだろう。

257 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:46:08.24 ID:6TfYCu4f0
>>210
>>221
まあ、家臣に落ちていたのを大名にして貰ったんだからな
それが無ければ紀州藩主、将軍へのサクセスもない

258 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:46:08.99 ID:xi7B1D+i0
小栗上野介はもっと教科書で取り上げられるべき

259 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:46:18.07 ID:5yVaIj/j0
吉宗は暴れん棒ゥホッ将軍だったの?

260 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:46:20.51 ID:uLDiUb4Y0
変な団体が口出ししてそう

261 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:46:59.66 ID:NbxnIhaq0
>>236
田沼が失脚しなかったら、資本主義国家が生まれてたかもってならったよ

262 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:47:15.87 ID:Qa5UdD1k0
解釈や評価の部分を主観を交えてそれを答えと断定したり、
客観的な数値がいまいちに不明なのにそれを断定したり、
歴史の教科書ってまじゴミだわ
社会に出てから役に立たん
役に立つのは社会系の科目では公民と政治経済くらい
歴史を受験科目にとか、馬鹿すぎるだろ、無駄無駄
単純記憶力の無駄な強化にしか役立たん

263 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:47:16.66 ID:FH7A4hj6O
>>187
大正天皇は遠メガネ事件に見られるように馬鹿と思われているきらいがあるが、その言動をおっていくと違うような気がする。

聡明で先進的気質ではあり理想の政治を求めたが、偉大な先帝明治天皇の後を継いだプレッシャーと、実際の権力を握る山縣あたりの元老の強大な壁にはさまれ、
理想と現実のギャップに苦しみ病んでいかれたと思われる、
悲劇的な君主であったと、もっといたわる評価でいいと思う。

264 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:48:31.37 ID:u4c2p6TJ0
これ売国政権だったころに作った教科書だよね?

265 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:48:39.08 ID:RmVvNrmSO
田沼は商業を分かっていて景気浮揚を図ったから、
現在の資本主義社会の観点からは高い評価をされるべき
だけど昔から日本の価値観だと吉宗みたいにケチケチな超緊縮財政のデフレ政策を採った阿呆が、
潔癖な人柄とかで高く評価されちゃうんだよなw

266 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:48:44.34 ID:yeEudx0Y0
>>263
大正天皇の詩作能力は非常に高く評価されてるよ。
近現代の皇族では圧倒的な存在らしい。
非常に繊細な神経の持ち主だったんだろうね。

267 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:48:50.45 ID:x4YxAkPFO
実際、バカ殿のモデルは綱吉だろ

268 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:48:53.27 ID:58Kg7Xlu0
>>258
徳川埋蔵金が見つかったら取り上げられるだろ

269 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:48:58.87 ID:E/v3zXat0
そろそろ田沼意次も評価が上がるべきだと思うが、どうよ

270 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:49:01.56 ID:scFg05b20
232 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:43:29.47 ID:3TfpNIi70
綱吉は人殺しが正当化された戦国時代から
平和、殺生を禁じる価値観へと変換した名君なんだとさw  

ふざけんな!
蚊を殺したり子供の病気養生のために魚や鳥を食わせた親を死刑にし徳川綱吉は死ね!

271 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:49:07.92 ID:ImIcyiey0
井沢元彦か

足利義教も名君になりそうだな(´・ω・`)


 

272 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:49:20.20 ID:gZVpMqYY0
慈悲じゃねえよ。
そうすれば運がよくなるというばか占い師のいうことを真に受けたからだろ。

273 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:49:25.11 ID:b9P9Pnh10
チョン類慰みものの令とな  
しかも年齢制限無しでござる
一休どのも拙者と一緒に乗りに行かれぬか

274 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:49:36.32 ID:Yq7CgA5V0
>>259
吉宗は部下の不正を密かに探らせて、不正があった場合、部下を呼び寄せ調査結果をバラして「こんなことしてるとお前クビな。
今回は許してやるから、忠勤に励め」って言って不正を防いでいた。

いきなり殺したりしないから、暴れん坊じゃないよw

275 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:49:37.37 ID:M6ztCSaC0
野犬がうろうろして、その野犬を切る辻斬りの様な
連中が横行して、夜の治安が悪かったのが
この法が出来て結果的に夜の治安も良くなった
ってドラマでやってたけど、それがほんとなのかねえ。

276 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:49:53.27 ID:fz6qseuG0
まぁもしかしたら、この令が出る前は、動物に対する猟奇事件が
日常化していたのかもしれん・・

277 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:50:00.23 ID:+R683G3r0
仏教、儒教に力を入れまくって
文治主義体制を激烈に、創り上げたのが綱吉。
財政が傾く勢いで、寺院をこれでもかと建てまくった。

これが、国民の教育水準向上や
国民宗教教化を、推し進めた事と
同じ意味だと分かる人が少ない居ないのが
とても残念。というか、それってやっぱり変だよ。

278 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:50:00.97 ID:30Uo0arh0
綱吉は糞将軍って習ったんだが

279 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:50:12.15 ID:6TfYCu4f0
>>263
>大正天皇 遠メガネ事件
勅書の上下を確認していただけという話

280 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:50:29.16 ID:3TfpNIi70
教科書をいろいろいじるなら「足利義満は売国奴」というのも教科書に載せよう!
私的な富を得、天皇に対抗する権威付けのために勝手にシナの朝貢し
天皇になろうとした守銭奴、売国奴

今の時代も経済的利益のため、シナに媚びるアホがいるだろ

281 :ぴーす ◆TGJ4fJEWg6 :2013/04/14(日) 20:50:32.54 ID:IYPz0xTKO
大正帝は朝鮮語を勉強していて、朝鮮語で寝言
を言っていたらしい

282 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:50:44.91 ID:GQB+72gS0
江戸時代が200年以上も
飢饉や一揆もあったけど
まあまじめな武士たちががんばって
平和だったのはもっと評価されてもいいと思うの

283 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:50:55.78 ID:u4c2p6TJ0
売国政権の記述、後の歴史教科書ではどう表現されるかな

284 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:51:16.17 ID:OwbJpUL/0
>>200
逆説の日本史シリーズは読んでるがけっこう偏ってる気がする。
殉死の禁止や無礼打ちを厳格に扱うとかなら思想にかなうけど、
動物愛護が行きすぎて人間を逆に軽く扱ってるような運用してるからな。
害獣を駆除できないんじゃ百姓は困るだろう、
だから死後すぐに撤廃されたんだろうし。

285 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:51:23.96 ID:BvtZUUQD0
野犬など殺せば良かろう

286 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:51:29.15 ID:yeEudx0Y0
>>274
吉宗は家来の前で顔色を変えたりすることがほとんどない主君だったようだね。
テレビだと暴れまくってるけど実際は正反対の怜悧な男だったんだね。
部下は大変だよw
でも、人使いは上手いね。

287 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:51:44.86 ID:14/qjsr/0
ポッポも左翼優勢になったら、名君として語られるんだろ

288 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:51:52.01 ID:EcZUIUKN0
まず
「やたらと武断的な戦国の気風を改める」
「武士の文官的な性質を幕府が強化しようとした時代」
という背景があって、
「子供や老人は勿論、犬畜生にまで慈愛を及ぼそう」
という方向性を持った運動だった
という説明をするべきでは。

その上で、
「効果はあったがそれ以上に弊害も大きかった」
という判断をつけてやっと公平な記述じゃないかな。

悪政だったというのも、慈悲の善政であったというのも
どちらも片手落ちだろう。

289 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:51:54.86 ID:hPtR1ei20
これって、変な政治思想を持った亜流政治学者のしわざなんじゃね?
犠牲になる子供がかわいそうだ

290 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:52:03.98 ID:M6ztCSaC0
>>282
凄い評価されてると思うよ。こんなに長く内戦が無かった国は
本当に少ないし。

291 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:52:26.94 ID:qd3bCHjs0
>>187
大正天皇は病気がちであっただけで、名君だったと思うね。
昭和天皇、今上天皇も名君だもの。

犬から獅子は生まれないよ。名君の子は名君だ。

292 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:52:30.18 ID:Zm2kKP8M0
>>139
檀家制度自体は規模や形態は違えども仏教伝来の時分から有る。
江戸時代のは「寺請制度」であり、江戸幕府がキリシタン対策の為に既存の寺院組織を利用して民衆に寺請証文を受けることを義務付けた物であり、
それにより日本全国の仏教寺院は一種の「戸籍」を扱う幕府の下級役場として機能した。
それにより仏教寺院は宗教施設としての活動が疎かになり、宗教としての仏教は形骸化した。

 これのどこが「仏教は幕藩体制の根幹」なんですか?
 寺院としての身分保障と引き替えに幕府に政治利用されただけでしょうに。

293 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:52:51.22 ID:1yxJBGl40
1129作ろう松坂牛

294 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:52:58.28 ID:bRl+Qqmu0
>>265
災害が無ければ上手く行っていたかもしれないね。
タイミングがなぁ。

295 : 【関電 73.3 %】 :2013/04/14(日) 20:53:05.86 ID:DwQ8vUYn0
>>290
それを破ったのは・・・昭和天皇やないか

296 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:53:12.88 ID:RU5uibeA0
>>274
いや、上様は直接手を下したりしない。成敗は御庭番にやらせるのだよ
(まあ、志士の間では常識だな)。それでも一応、暴れん坊。

297 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:53:21.61 ID:AaMKgHU50
綱吉はさすがにイミフ。歴史学者ってのが、いい加減なことは分かった

298 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:53:27.34 ID:7MLbuwUB0
犬を飢えさせた、殺した、粗末に扱ったとかで、処刑されちゃった人たちが結構いたはずなんだけど。。。

それでも名君なの?

>>262
民間の記録ならともかく、お上の記録は、支配のために都合よく改変されていることが少なくないという話だもんな。
まじ役に立たない。
おかげで、いいかげんな歴史研究家の与太話が付け入る隙もできるわけで。

299 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:53:28.11 ID:scFg05b20
朝鮮人共産党員の大嫌いな朝鮮人コミンテルン女児レイプ教師が田沼意次を絶賛してたから
田沼沖次は死ね
ついでに日本共産党の極左秋篠宮紀子工作員も死ね

大正天皇は反日朝鮮人宣教師や秘密結社員に幼児の頃水銀だの毒を盛られた
日本の皇室だけではなくヨーロッパではハプスブルグ家やブルボン王家など
王室に潜入したユダヤ魚選民12使徒フリーメーソンや薔薇十字などのユダヤ人結社に
毒や麻薬を盛られて幼少時から神経系の疾病に侵された君主が多い
こういうのも毎日毒薬や麻薬を持ってた侍女や召使や料理人がいるわけさね

300 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:53:29.64 ID:/KjAxFVE0
綱吉が亡くなり<略>かつての殺伐とした空気が消え「困っている人を助けて当たり前」の風潮になったという。<略>
今回の震災で日本人の礼儀正しさ、感謝する気持ちに海外から称賛の声を上がっているけど、根にこういう歴史的背景があるんじゃないかと思う。…
『生類憐れみの令』で多くの人が処罰された印象だけど、22年間で処分されたのは69件。<略>しかも庶民は一人も死罪になっていない。
http://blogs.yahoo.co.jp/firoswi/61004969.html

301 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:53:31.77 ID:VfHE7j680
野犬をどうにかしようとしたいのはいいけど
飢饉がおこっているなかその野犬を飼って人以上の食料を振舞っていたのはどう考えてもおかしい

302 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:53:38.27 ID:p3Vzagen0
亡き杉浦日向子が、生類憐みの令が出るまでは、庶民にとって野犬はオオカミも
同然の凶暴な生き物だったが、綱吉のおかげでその状況が改善された、と書いてたな。

仏教関係の浪費は、生母の桂昌院の問題だが、そのおかげで奈良の寺社はだいぶ
助かった。今でも葵の紋を掲げている寺社は多いが、それはその時の恩に報いるため。

303 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:53:51.42 ID:4tRp5rCe0
綱吉の死後あまり間を置かずに廃止されたのが総てを物語っているのではないかね。

304 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:53:59.88 ID:6TfYCu4f0
>>295
つ日清戦争

305 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:54:08.42 ID:Twsw5Gp+0
逆説の日本史だっけ?

306 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:54:14.83 ID:cE1/l02uO
>>8
犬はまずいらしいからよほど飢餓で苦しんでた人や
地域だけじゃないかなと思う。

チョンも貧しいから食べる習慣がある。

中国のチャウチャウあたりはまた違うかもだけどね。

307 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:54:26.99 ID:u4c2p6TJ0
日本の災害は、国が左に傾くとひどくなる気がするよ
13日の地震も、もし売国政権が終わってなかったら壊滅的被害を受けてたかも、くわばらくわばら

308 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:54:36.14 ID:RYBHxUW/0
漫画みたいなもん
おっさんたちの妄想につき合わされてお前ら可哀想だな

309 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:54:38.91 ID:k75X7PAX0
動物愛護団体は、綱吉という偉人をもっと知るべきだな。
綱吉が死んだ後、すぐに生類哀れみの令が廃止されたのは謎だけど。

310 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:54:49.64 ID:7uOH3kjIO
>285
近藤勇が下手な剣術使いより野犬の方が危険と言ってたしな。

311 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:54:55.83 ID:yeEudx0Y0
>>282
江戸時代の一揆は暴動とは全然違うからね。
打ち壊しまで行ったらあれだけど。
基本的に一揆は合法的な不平表明手段と言っていい。
こういうとこまで法制度化されてるのが江戸時代の特徴。

312 :名無しの権兵衛:2013/04/14(日) 20:55:00.67 ID:xdSwvhRN0
   {ヽ  ,,,,,, __,ノ}             ∧             /i,  /|
   ヽ. Vノ巛(  ,ノ     .      ヽ Y   ∧     ,.   | ,'//
     レ彡ノ川 | ヽミミ 、          'i |   i !    / |  i ' /
   / く 〉リリ  | 川ヾヽ          i i ∧/ /   / i  /  /
 .  {=、 `'  ィ=、|リリ川ヾヽ.    .    'i ',ヽ ' /   〈  i / /
   ゝ'     `ィ 川川川リヾー-     | ' j |    ヽ. V /
    |       } 川川川リヾヾ.     ヽ、 i !     〉 ./
   | }   :  ノ|  川川リリリヾ        ヽ,,; |    //
   ‖ |  / //  リリリリリリリ.         i:〉 ´''''''''゙'r ´`>
   |l. ;  : ,'.,'           .      i´ : :,.,.,. :. ヘ/
   |ゝ-ー-、ノノ                  !: : :,'r‐ァ : : ヽ               
   @1⌒ヽ.ゝ   .              /: : ,',. `´: : : : : ゝ、               
   `ト、 :;;;イ}t'|                ;;;;;;; : : : : : ,.;;; : : : : `‐ .,               
    ヽ.}::_ソ |   ..            ヽ,_ : :_, 1:;:;'' : : : : : : : :ヽ.、                 
         |                     i': : : : : : : : : : : : : ;`‐- ., 
綱吉が名君とは思わないが側用人柳沢吉保はもっと評価されていい  赤穂浪士処断で悪役のイメージが定着してます         

313 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:55:02.39 ID:+R683G3r0
>>288
背景に「仏教」思想による支配体制の確立があった事を
避けては通れないと思うよ。

「不殺生戒」は、仏教のあまりにも代表的な戒だからね。

314 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:55:05.81 ID:MOs7trSU0
>>290
内戦が200年以上無いという時点で凄い時代だったわな。
それ以前の日本なんて戦国時代以外でも内戦だらけだったし
特に足利将軍の時代なんてよくもまあこれだけ戦が出来るわってくらいひどい有様

315 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:55:07.98 ID:r/6/N/Az0
世界初の動物愛護を行ったThe Dog Shogunとして
日本より先に海外で評価されてたからな

316 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:55:12.20 ID:bRl+Qqmu0
>>307
そういや阪神の時って村山政権だっけ。

317 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:55:20.46 ID:Yq7CgA5V0
>>288
光圀は批判してたな。
「人より犬を大切になんてアホじゃねーか。」みたいな。
もっとも、光圀は若い頃、不良で人殺してるし、隠居後に跡継ぎの息子の件で
家老を自らの手で殺してる。かなりヤバい人だったらしい。

318 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:55:21.27 ID:eOyoY3ar0
>>68
綱吉がいなけりゃ、日本も犬喰い子捨てが未だに横行する土人国家のままだったのかもな

319 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:55:39.29 ID:RU5uibeA0
>>295
え、昭和で内戦? ・・・あ、終戦直後、三国人が暴れてた時のことですか?

320 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:55:48.51 ID:0kTDHesT0
>>287
あまりにもみっともない存在なので、
猫が総理大臣をしていたことにされたりしてな

321 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:55:58.53 ID:scFg05b20
>亡き杉浦日向子

中華共産党工作員

322 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:56:03.04 ID:lPx5csAK0
>>290
>こんなに長く内戦が無かった国は本当に少ないし。

同じ時期の清朝や李朝も長期安定政権だったけどな
ひできちぼつからアヘン戦争までがアジアの安定期

323 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:56:46.23 ID:AmZUtSGS0
>>295
孝明天皇だろう。

324 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:57:18.57 ID:tKpvnBlj0
>>309
だって生類哀れみの令って、世継ぎを授かるようにするための
いわば祈祷政策だからな
次代に移れば、そりゃ見直される

325 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:57:21.31 ID:/KjAxFVE0
>>264
>これ売国政権だったころに作った教科書だよね?

菅直人はダメ総理の評価になった。

歴史教科書で“ダメ首相”と認定された民主党の菅直人
www.logsoku.com/r/newsplus/1365065442/

326 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:57:23.96 ID:u4c2p6TJ0
清朝も李朝も、現在の中国と韓国とは全く関係ない別の国だけどね
でも江戸時代の日本は現在日本とちゃんと繋がってる

327 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:57:28.33 ID:OwbJpUL/0
>>295
蛤御門の変、長州征伐、鳥羽伏見の戦い、戊辰戦争、箱館戦争、西南戦争等
昭和天皇が生まれる前にけっこう内戦あるんじゃね?

328 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:57:48.45 ID:S2GCReTG0
シーシェパードみたいな気違いでも見方によっては動物愛護だもんな

329 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:57:49.94 ID:9JX9qRwC0
蚊をひっぱたいて殺したら、その殺した平民に懲罰とかいうイミフな法じゃなかったの?

330 :(  `ハ´ ):2013/04/14(日) 20:57:58.35 ID:tqTnrCAT0
>>1
愛国心こじらせて馬鹿が優秀に見える事は多々ある。

331 : 忍法帖【Lv=7,xxxP】(1+0:5) :2013/04/14(日) 20:58:02.48 ID:PaOQJ6Bj0
後世に影響の無い人物を教科書に載せる必要はないけどね。
けど、現代視点で評価を一変させるのはどうかと思うわ。
綱吉にしたって当時の人たちが生類憐みの令をどう受け取っていたかが重要なわけで。

332 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:58:22.50 ID:yeEudx0Y0
>>322
清の安定期は100年くらいだぞ。
その前後は激しい内戦やら外国との大規模な戦争の連続だ。
朝鮮みたいな小国家はここで出す例に相応しくない。
内戦すらできないくらい疲弊してただけだしw

333 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:58:38.73 ID:+R683G3r0
>>292
仏教寺院に国民が全員強制的に加入させられて
戸籍を全部管理されて、思想教育や一般教育も
そこで受ける。葬式も寺で行う。

これ以上の仏教支配体制は、他の時代には
存在しないと思いますが。

教育体制宗教感覚は、ここで大きく確立したと考えられるでしょう。

334 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:58:42.51 ID:bRl+Qqmu0
吉良の件の前にも似たような事件があって
綱吉がマジ切れしたなんて説も聞いた事がある。

生類憐みの令って獣肉の後始末が悪すぎて不衛生だからって理由もあったんでしょうね。
江戸の人口が多過ぎで疫病対策がかなり重要な政策項目だったでしょうし。

335 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:58:42.87 ID:g2p8da690
中野に犬たちを保護しとくためのだだっ広い施設があったんだよな

336 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:59:10.97 ID:eOyoY3ar0
>>322
安定するまでひできち没後100年ぐらい掛かっとるわいw
清帝国がそんな簡単に明を滅ぼして全土掌握できたとでも?

337 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:59:12.27 ID:k8+z5BLj0
そもそも「暴君」、「名君」と白黒付けることに無理がある
そういうことを教えた方が良い

338 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:59:20.05 ID:sTEjc/9IO
>>301
それを実行しちゃったのが、戦争中の軍部じゃないの?
「かわいそう(可哀想)なぞう(象)」みたいな話が正しいのかと言われると、何やら違うような気も。

339 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:59:21.63 ID:4tRp5rCe0
>>319
5.15とか2.21のこと言ってるんじゃないの?
昭和天皇のせいにするのはお門違いもいいところだけどさ。

340 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:59:30.78 ID:6TfYCu4f0
>>324
遺言で続けてくれって言ってたのを、家宣が「自分だけが守れば良い」って言って廃止させたんだっけ?

341 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:59:44.66 ID:5xiK7kPP0
(∪^ω^) わんわんお!

342 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 20:59:48.24 ID:RGEIPo9I0
>>303
綱吉柳沢重秀と家宣間部白石の関係性の問題もあろう
吉宗も白石の政策覆したの多いし朝鮮通信士とか余計なものまで

343 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:00:00.06 ID:BvtZUUQD0
江戸幕府版シーシェパードか。犬を食うのもイルカを食うのも牛を食うのも鳥を食うのもたいして変わらない。

344 : 【関電 72.8 %】 :2013/04/14(日) 21:00:07.53 ID:DwQ8vUYn0
>>319
あ 明治維新だっけ?

345 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:00:08.58 ID:Gge4waEv0
やりすぎれば良いというものではない

346 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:00:14.39 ID:lMVgGZP10
意図した政策だったならともかく
意図せずやったことが現代に繋がる価値観を生んだだけってんじゃ
名君とはいえんのじゃないか

347 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:00:15.71 ID:Rasfdsek0
そういや以前NHKで
モンゴルの視点から元寇を描いたドキュメンタリーがあったな

北条時宗はグローバルに世の中を理解できない
井の中の蛙、みたいな批判的な論調だった

思えば、あのあたりから
NHKは狂いはじめていたのかも・・・

348 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:00:18.54 ID:u4c2p6TJ0
現在も朝鮮人哀れみの令が慈愛の政治とか言われてる(主に反日家に)けど、実際はただの糞な許可だしよw

349 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:00:25.19 ID:5CDs8xaa0
黄門さまが犬の毛皮送ったのは有名

犬だけでなく ほっぺに止まった蚊をたたいたら 切腹だった
娘が病死で桂昌院が変な宗教にはまったのがいけない

350 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:00:44.24 ID:bRl+Qqmu0
>>324
アホ政策だったのかw

351 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:00:47.82 ID:4AjFjiSt0
この人ってケンシロウに殺されたんだよね (・ω・)

352 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:00:48.50 ID:Vip6mMlL0
>>306
赤犬は旨いらしいぞ
ソースは裸足のゲンな

だから多分ギギギだ

353 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:00:52.60 ID:Q6R6ID5K0
>>184
歴史ギャグ漫画・・・といっても教科書になっても良いぐらいのレベルである「風雲児たち」という漫画では
田沼意次が主役の一人。かなり先見の明を持っていて、
権威主義の松平定信に恨まれた人として描かれてるよ。

確か田沼親子・平賀源内あたりが連載されていたのが25年ぐらい前。
まだ掲載紙変えて連載続いているんだよなぁ・・・長いなぁ・・・
(ちなみに今は桜田門外を終えて福沢諭吉、ジョン万次郎、勝海舟のアメリカ訪問編)

354 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:00:58.72 ID:tue9IfLV0
>>314
あれは将軍の嫁が投資先確保のために戦乱煽りまくってたからな
何たって政敵にまで金貸し付けてたし

355 :   ̄ ̄ ̄l/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2013/04/14(日) 21:01:12.45 ID:JfoPZmO10
                   ノ´⌒`ヽ
               γ⌒´      \
              // ""´ ⌒\  )
              .i /  \  /  i )
   ∩___∩   ,i   (・ )` ´( ・) i,//゙ミヽ、,,___,,/゙ヽ
   | 丿     ヽ  l    (__人_).  | i ノ       `ヽ'
  /  ○   ○ |  \    `ー'   / / `(○)  (○)´i、  だ、誰か助けてっ!
  | U  ( _●_)  ミ  `7       〈 彡,U ミ(__,▼_)彡ミ   うちのぽっぽちゃんが
 彡、    |∪| ,,/    / / ̄    ),へ、,   |∪|  /゙       やる気出しちゃったの!!
 /  ヽ  ヽノ  ヾ  / /ノノノノノ ) ノ/  '  ヽノ `/´ ヽ
 |      ヽ   ヽイΞ / ノノノノノ / ノ      /     |
│   ヾ    ヾイ=≡∠ ノノノノノノ/      ソ      │
│    \,,__`'ー-⊃゙"'゙゙゙゙゙゙`゙゙"´⊂'''''"___,,,,,,,ノ   |

356 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:01:13.85 ID:K2aC9P820
名君とは思わんが、ただの馬鹿ではない。はず
暴君は当たっているかもしれないが

どんどん殺せばいいよ、て時代から
ハッキリ転換させるにはこれくらい極端な政策が必要だった
結果論じゃないかといわれると反論できないかもだが
政治は結果が大事…てことで

357 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:01:20.12 ID:7zP/eHVr0
この時代までは農民も武装してたから

武装解除したって意味では名君かも?

アメリカみたいに銃社会にならなかった原因でもある。

358 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:01:21.28 ID:DlprhjXpO
狗法眼ガルフ様とどこが違うの?

359 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:01:56.64 ID:dSDt3Z4K0
>>282
江戸時代がうまく言ったのは、
幕府の官僚制が実力主義で徹底していたということだな。
有能な老中は留任・再任するが
だめなのはすぐにお役御免。
石高制と役料制を別体系で運用したから
零細旗本でも頑張れば認められ奉行職につけた。
人材登用の柔軟性はものすごいよ。

360 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:02:07.75 ID:1/2jzB5C0
>>189
いくさが無けりゃ平和ボケするってだけの話。
今の日本は平和ボケ大全盛期だが、別に9条のお陰じゃないのと同じ。

>>209
まあ3大改革よりはマシな経済運営だけど、荻原重秀を登用したのが
大きかったんだろう。
新井白石の方が評価が高いってのは、日本のエリート官僚ってのは
伝統的にデフレ信仰が強いのかもな。

361 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:02:12.40 ID:6TfYCu4f0
>>349
>切腹だった
島流しだった筈

362 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:02:26.20 ID:VfHE7j680
>>338
戦争中はいわゆる総力戦だから仕方が無い
自分たちの前に相手に食われてしまうわけだから
何の争いもないのにこんな政策を出したのだから問題な訳で

363 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:02:54.20 ID:u4c2p6TJ0
名君暴君の線引は難しいけど、暗君は意外と簡単だよな
たとえば菅直人とか鳩山由紀夫とか、野田(名前忘れた)とか

364 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:02:57.22 ID:tKpvnBlj0
>>340
そうそう。たぶん新井白石らの進言もあっただろうと思う

365 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:03:07.61 ID:eOyoY3ar0
>>347
史実の時宗は南宋の僧使って元の国情を正確に把握してたのにな
弘安の役でも宋人とモンゴル・高麗兵とで捕虜の扱いに差を付けてたし

366 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:03:13.73 ID:+R683G3r0
肉を食べるのに、四足の獣は食べないとか
うさぎは鳥だから大丈夫とか。
庶民レベルで普通に明治の人とか結構居たわけで。

江戸末期まで、明らかに生類憐みの令を、引きずってた
証拠だと思うけどなあ。
仏教と密接な関係がある事が、ここからもわかる。
一定の劇的な効果があった事は、間違いないと思う。

367 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:03:38.79 ID:OwbJpUL/0
>>357
秀吉の刀狩りで武装解除してるんじゃね?

368 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:03:51.92 ID:G9+5egcr0
今まで
人より犬を大事にする犬公方
小姓が蚊を殺したからと死刑にする基地外

犬をたたいたり蹴ったりすると罰するお触れ

自分の犬でも罰せられるので町人は怖くなり犬を捨てる

江戸中が野犬だらけとなり犬同士のけんかが増える

「けんかを見たら仲裁に入るように」というお触れ

町人たちはこれ幸いと犬のけんかを見ると棒で犬を叩く

「犬のけんかには水をかけるように」というお触れ

結局東西2キロメートル南北1キロメートル約30万坪100ヘクタール犬のための家犬囲いを建てる

最近
社会福祉を充実させた名君
1 親が子を育てる財力がない場合は、役人が世話をしなければならないという義務をつくる。
2 捨て子や子殺しを予防するため、妊婦と7歳以下の子供の氏名を登録させる。
3 乞食や流民も役人が保護する義務をつくる。
4 牢屋の囚人の扱いも、年に2回だった風呂を月に5回に増やし、牢内の換気もよくさせるなどの改善をする。

369 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:03:59.66 ID:RCcL1Luz0
昔の事なんて見たわけじゃないからな
歴史なんて暗記能力を試すもので、事実かどうかは不問だよ

370 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:04:17.71 ID:4tRp5rCe0
>>342
まぁ、そのへんは所詮人間のやることだからね。
>>346
そりゃそうだ。
しかし、己の主張に都合よく利用したい人間は何時の世にも居るわけで…。

371 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:04:18.70 ID:Zm2kKP8M0
>>239
スウィフトの「ガリバー旅行記」でも揶揄されていたよね。

372 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:04:21.95 ID:vdvZwpef0
変わればイイってもんじゃねー

南京大虐殺、従軍慰安婦で散々いじめられた文部のアホがー

トチ狂ってもなー   何の役にも立たん

あほが気を回すなボケー   死ねーーーーーーーー!

373 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:04:26.33 ID:VYDSW5ys0
>>347
あれ・・・でもNHK大河かなんかで北条時宗やってなかったっけ?
まぁドラマ見てなくて原作しか読んでないんだけどあの時宗は若干ありえないくらい国際感覚あった気がするw

374 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:04:35.88 ID:6TfYCu4f0
>>338>>362
吉宗に献上された象もその後は悲惨だった

375 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:04:40.02 ID:SS77NLzq0
>353
「天下御免」つうふる〜〜いNHKのドラマで、
確かはじめて田沼を開明的重商主義者として描いていたな。

376 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:04:57.49 ID:GQB+72gS0
江戸時代末期にやってきた外人の手記によると
誰のものでもない地域で飼われていたわんころが路上にたくさんいて
怪しいもの(外人)がやってくるとすごいほえたけど
危害は与えなかったらしい
あんまり吠えるので外人が大型の洋犬を連れてきてけしかけると
日本犬は連戦連敗だったとかw

377 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:05:02.37 ID:OKgtL8hm0
生類憐みの令は別件逮捕の為にあったんでしょ?
どう見たって黒なのに証拠がないから放免ってわけにいかないから捕まえる為だとか

378 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:05:03.12 ID:1/2jzB5C0
>>231
生類憐みの令より効果が大きかったのは秀吉の刀狩じゃないか?
殴り合いじゃ、そうそう人は死なないから。

379 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:05:16.82 ID:aQQ7Wfjz0
今川様の過小評価もなんとかしてくれよ

380 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:05:21.57 ID:u4c2p6TJ0
犬HK大河ドラマのせいで、北条時宗の株はだだ下がりだよ
あんなバカを主人公役に据えるとか

381 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:05:24.16 ID:3FIxDqTe0
>>71
百済渡来の大工だから、
法隆寺も、渡来人の活躍の意味合いで教科書に載るようになるかもな

382 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:05:25.47 ID:2SMED6QW0
>>319
阪神教育事件ですね。

383 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:05:26.41 ID:mpmQuAlQ0
>>3
つなきち ではなく つなよし
つなきちも愛嬌があっていいけど、人の名前だから勝手に変えられない。

384 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:05:28.98 ID:bRl+Qqmu0
綱吉の時代は官僚化で地方の政策安定を図った時代でもある。
実際に着手したのは萩原重秀で
検地とか官職の腐敗是正の為に奔走してる。
けど、改鋳でいろいろ大変だったみたいだね。

385 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:05:40.54 ID:yeEudx0Y0
>>360
しかし日本が生んだ官僚の中で最優秀と言っていい大岡越前はちゃんとデフレ対策を理解していて、貨幣改鋳を提言実行したからね。
真に有能な官僚はデフレ信仰に陥らない。

386 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:05:44.85 ID:9TI6yf6P0
>>357
ドヤ顔で何を言うかと思ったらそれかよ
平民の武装については藤木久志の岩波新書とか手軽に読める本とか色々あるから読めよ
現代のアメリカのようにならなかったのは寧ろマ元帥様のお蔭な。

387 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:05:47.92 ID:LBhED24O0
>>353
風雲児たちって、コミック乱に連載してるアレの事?
あの漫画、そんなに長く連載してんの!?

388 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:06:01.72 ID:/N9ffUiR0
こないだ見た何かでは、江戸中をウロウロしてた野犬が減った?いなくなった?のは
生類憐れみの令のおかげとかなんとか言ってたな
ほんとかどうかは知らん

389 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:06:16.78 ID:Yq7CgA5V0
>>347
ある意味正しいかも…
高麗は逆らったせいで、ほぼ民族皆殺し状態にされた。
そのあと、半島には今も住むエイリアンが住みついたw

そんな凶悪な元軍に勝てるかどうか分からなかったし、無謀な戦いだった。

390 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:06:17.97 ID:tKpvnBlj0
>>350
アホではない。当時にとっては当たり前の政策
元寇襲来のとき、寺社が一丸となって祈祷をしただろう?
昔は祈祷祈願は立派な国家政策
というか、天皇家はまさに祈祷政策のプロ中のプロなんだぜ?

391 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:06:21.06 ID:GHqz0F1H0
>>192
いずれにせよ、失敗した政策の見本だな。
領民に被害が及べば、体制は大きく揺らぐことになる。

392 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:06:44.76 ID:3TfpNIi70
>>347
北条時宗は父の時頼と交友のあった蘭渓道隆、南宋から来日した兀庵普寧・大休正念などから教えを受けていた。
蘭渓道隆が死去すると名師を招くために中国に使者を派遣し、無学祖元を招聘する。

北条時宗は海外の情勢に通じており、元の酷さを知っていたからこそ戦ったとか

393 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:06:49.72 ID:H/9mHEUWO
蚊を殺した料理人を斬首
それを黙って見ていてチクった家臣も
蚊を見殺しにした罪で斬首

綱吉のどこが名君なんだ

394 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:07:16.21 ID:RU5uibeA0
>>359
それってスポイルズシステムじゃん。スゲーな江戸幕府w

395 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:07:45.17 ID:VYDSW5ys0
綱吉って聞くと真っ先に赤穂浪士が思い浮かぶのは俺だけなんだろうか

396 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:07:57.00 ID:mc81eMFM0
キチガイ将軍でしかないだろw

397 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:07:58.68 ID:u4c2p6TJ0
つなきちってwおみくじかよw
チョンは漢字読めないから仕方ないかw

398 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:08:00.63 ID:yeEudx0Y0
>>384
貨幣改鋳は当時の世界の金融政策の中でもかなり突出して画期的な政策だったからね。
現代だってデフレ対策としての貨幣安政策を理解してない人が多いんだし。
他に理解出来る人も少なかったろうし、その分敵も多く苦労したと思うよ。

399 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:08:01.84 ID:NK/WarntP
成敗!

400 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:08:14.04 ID:BvtZUUQD0
>>361
罪になってるところが重要かと

401 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:08:14.39 ID:2LNlaUCV0
生類なら人間も含まれるはずだろ
何か占いかなんかでトチ狂って
世間知らずの殿様が犬を中心に畜生優先にしたって
婆っちゃから聞いたぞ
大事なのは評価が一転したということ
そのことこそ次の教科書に特筆すべき

402 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:08:26.86 ID:7uOH3kjIO
>311
一揆の首謀者や幹部は死刑になるけど、それを承知で訴えるなら…
ってのをお上も承知してるんだよね。
今よりも法運営は社会情勢とマッチしていたような気がするわ

403 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:09:19.44 ID:RM/AHi7EP
江戸時代が平和つっても、その間ぬるま湯だった代償は、
第二次世界大戦で清算したからなあ。

404 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:09:24.78 ID:qHvYnLwT0
動機が占い師に言われたからだからどう捏造するんだよw

405 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:09:45.56 ID:kbGRrGZz0
綱吉の評判が悪かったのは赤穂義士を切腹させたから
本来は打ち首のはずだったから、武士の情けはかけているのだけどね

老中による合議制だった徳川幕府の政治を、将軍独裁に改めたのだから力のある政治家だったとは思う

406 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:09:52.85 ID:5l1L018F0
>>309
庶民が飢死する心配が無くなったのって、
人類史から言えばほんの50年前くらいからだもんな。

407 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:09:55.52 ID:xMkMA1Ta0
>>222
そもそも東條内閣は対米戦争を回避する為に組閣されたんだが、
マスゴミが弱虫と徹底的に叩き開戦踏まざる得なかった訳なんだよね

伝える側次第で60年前の歴史も捏造されるんだよな

408 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:10:09.37 ID:4rjRTE/I0
ドイツ人医師「ケンペル」は、著書「廻国奇観(1712)」に将軍綱吉をこう評している。
「徳川綱吉は卓越した君主である。
彼のもとで全国民は完全に調和した生活を送っている。
(日本人は)他のあらゆる国の人々を凌駕している。」
eikojuku.seesaa.net/article/226697754.html

409 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:10:15.61 ID:/EjGmBv10
次代将軍が綱吉の喪もあけないうちに撤廃したのが生類憐みの令。

要はそれほどの悪法。

410 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:10:23.06 ID:YCGCidSU0
>>1
>  みなが知る暴君の印象を強めるものだったが、現在では180度変わった。
> 〈犬を大切に扱ったことから、野犬が横行する殺伐とした状態は消えた〉
> 悪法とされてきた生類憐みの令が、〈綱吉政権による慈愛の政治〉とまで褒められている。

その犬を大切に扱う法律がどんどん拡大解釈されていって、人間以外の生物全般を大事にし酷いことになった
ってのを教えないで、〈犬を大切に扱ったことから、野犬が横行する殺伐とした状態は消えた〉とか一部分のみを教えて
評価が180度変わったとか、どんだけひでー教科書だよ

411 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:10:31.03 ID:bRl+Qqmu0
>>390
なるほど。そういや皇室は農業系の祈祷が多いよね。
昔の祈祷って暦や自然現象の観察に基づいたりで意外と合理的な面もあるしな。

412 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:10:48.04 ID:1/2jzB5C0
>>269
田沼は現代に通用するレベルの経済人だと思うよ。

今の時代に例えるなら竹中平蔵が近いかも。
反対派からボロクソ言われて恨まれるところが似てるし。
規制緩和や構造改革ばかりでデフレ気味なのが違うが。

413 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:10:50.75 ID:u4c2p6TJ0
>>403
平和で文化が発達してたからこそ、開国しても先進国に追いつき追い越せできたんだよ
そんな国は日本以外ない
戦争でめちゃくちゃにされても、50年やそこらで元の文化以上に発展した
そんな国は日本以外ない

414 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:10:52.35 ID:0TdwN+3ZO
>>395
てめえが赤穂藩取り潰したくせに、赤穂浪士が吉良に討ち入りしたら天晴れとか他人事だったな

415 :(  `ハ´ ):2013/04/14(日) 21:11:04.06 ID:tqTnrCAT0
>>407
マスコミに攻撃されて辞任しました級の弱虫だな。
そんなの政治家は氏ねば良いと思う。

416 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:11:12.04 ID:8bkLJIlH0
「自由民権運動も今で言えばネトウヨの祭り、嫌韓デモみたいなもん」
ていう風に書き換えられてもいいよな。

417 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:11:18.03 ID:yh8eh+VC0
蘇我氏も復権しる

418 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:11:22.14 ID:RGEIPo9I0
>>401
捨て子捨て病人禁止の項もある
病人捨てるなってのも困っただろうけどな当時
養生所は目安箱や越前由来らしいけどそういうとこもあったんだと思う

419 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:11:22.51 ID:dWFivk3VO
いい政治なら生類憐れみの法復活でいいだろ!

420 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:11:22.93 ID:rQTBbnyL0
>>306
江戸では普通に食われていた。
犬食う人というのは、不良、ならずものといった扱いだった。

そういう連中を一掃したかったのが、綱吉の本音なのでは。つまり治安維持。

421 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:11:36.50 ID:mqJRzCTI0
お前らだって
今川氏真とか劉禅とか大好きすぎて、よく高評価してるじゃんか

422 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:11:37.49 ID:EcZUIUKN0
>>402
件数やら処分やらを考えると、一揆って「戦後の労働争議」ぐらいの
イメージで捉えておけばいいよね。

不幸な時代の象徴のように捉えられかねないけど、戦後の労働争議が
実際には高度経済成長期とダブっているように、江戸時代中〜後期も
経済発展の時代だし。

423 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:11:38.67 ID:S18yvfTT0
日本は鎌倉時代からハコモノ行政をやっていたのか・・・

424 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:11:39.35 ID:mUR1vTDUi
>>8
イカ飯ってあるじゃん。イカの胴体に米いれて蒸すやつ。
それの犬バージョンがイノコロ飯。
仔犬の胴体に米つめたやつ。
たしか鹿児島あたりで食べてたはず。

425 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:12:06.96 ID:EIcAJuMF0
はこを作る幕府って何だ……w

426 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:12:19.09 ID:GNdU1tEL0
>>383

427 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:12:28.63 ID:x4YxAkPFO
この時代こそ大阪一人勝ちの時代なんだよ

綱吉は結構、江戸幕府を危機的にしたと思うぞ
朱子学を重視したせいで赤穂浪士みたいなのが出たし
赤穂浪士を庶民が持ち上げたのも結構、危険な兆候だよ、ありゃ
周りの徳川譜代親藩が踏ん張ったおかげなだけで
褒められる要素なんかないよな

逆説のための逆説みたいで評価できない

赤穂浪士のおかげで忠臣蔵が舞台劇になり
江戸庶民にも朱子学が間接的に広がり
歌舞伎にも経済的な恩恵があった
これも逆説的に綱吉のおかげとかならんだろ

428 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:12:31.01 ID:G9+5egcr0
赤穂義士は悩ましいんだよね
忠義を否定したら自分が拠って立つ基盤を否定することになるから

429 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:12:38.88 ID:H/9mHEUWO
綱吉は名君じゃないよ
理由を問わず大名の争いは喧嘩両成敗が
慣例法だったのに
綱吉は吉良になんの罰も与えていない

430 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:12:50.84 ID:ds/LsBCU0
以前BS歴史館で再評価をやってた。
役人の忠誠争い手柄争いで細かいお触れが何度も出まくって評価を下げた。
人間に対す憐みも説かれて、子捨てとかが少なくなった。野犬対策としての意味
はあった。海外研究者からは時代の先取りと指摘もある。後は忘れた。
同様の内容はwikiにもあるけど。

431 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:13:03.13 ID:LBhED24O0
>>425
ハコモノ行政やな。

432 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:13:09.94 ID:RU5uibeA0
>>409
お前は甘いなぁ。綱吉は自分が作った法を自分で廃止することは避けたいと
思っていたから、目的が達成されたと思ったら、即廃止しておくことを側用人
柳沢に伝えておいたんだよ。だから、自分の任期中に目的が達成されたと
感じていた綱吉は安心して死ねたのだよ。

信じられない話かもしれないけれど、すべて作り話です。

433 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:13:13.52 ID:opeDgiDy0
犬>人間
蚊を叩いたら百叩き
犬を叩いたら死罪
さすが日本人嫌いの韓国人が書いた教科書
綱吉が死んで大喜びした江戸の人々=民主の悪政が終わり大喜びの日本人

434 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:13:16.10 ID:6TfYCu4f0
>>414
赤穂藩がお取潰しになったとき、領民がこぞって喜んだそうだが、いまの地元の赤穂浪士の上げっぷりをみるとなんだかなあ

435 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:13:18.16 ID:bRl+Qqmu0
>>418
江戸時代のサナトリウムってどんな感じだったのやら。

436 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:13:18.11 ID:ItSpxX7x0
>>423
日本人に限る事じゃない
ピラミッドの時代からそうでしょ

437 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:13:36.83 ID:Qy3pdAB90
暴れん坊将軍(吉宗)が
海外のサムライ・忍者好きに受けていたりしているんだろうなあw

438 :ぴーす ◆TGJ4fJEWg6 :2013/04/14(日) 21:13:38.44 ID:IYPz0xTKO
モンゴルに併呑された民族は別にモンゴルの
世界帝國に協力して併呑されたわけじゃないもんね

439 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:13:57.02 ID:LCXEDP8dO
人間よりも犬ッコロを大事にしろって、日本人よりもチョンを大事にしろってのと
同じだよなw

440 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:14:17.17 ID:RtZCXdFv0
>>429
あれは浅野側が一方的に切りつけた障害事件だから喧嘩とはみなされなかっただけ。

441 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:14:31.13 ID:X1Qb5oBQP
1つの家が治めてた時代を絶賛してどうするんだと。

442 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:14:33.22 ID:VYDSW5ys0
>>414
正直その件で俺にとって綱吉さんは若干物狂いなイメージが有る

443 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:14:38.60 ID:Zm2kKP8M0
>>313
「生類憐れみの令」の動機は、「「仏教」思想による支配体制の確立」じゃないだろ?w

444 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:14:39.58 ID:MOs7trSU0
>>429
江戸城での刃傷沙汰は綱吉の前の時代にも後のの時代にもあったけど
加害者と被害者の両方に罰を与えたのは只の一つもない

445 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:14:47.70 ID:Fx8bpypXO
誰かエロいヤツ教えてくれ
鎌倉幕府は頼朝が征夷大将軍に任じられた1192年から
幕府が支配権を握った1185年に変わったのに、
江戸幕府は家康が征夷大将軍に任じられた1603年から
家康が支配権を握った1600年に変わらないのはなぜ?

446 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:14:47.77 ID:WmmPmKo50
>>379
織田の軍事・経済政策は今川の政策を手本として取り入れたものが多いからもっと評価されてもいい

447 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:14:48.40 ID:jf1lbpZl0
生類憐みの令は本来、口減らしで殺される子供の保護を目的としたもので
その法律を作る際に大奥の犬好きの母親が息子である綱吉に余計な事を吹き込んで
犬も保護するようになってしまったというもの

ではなかったっけ?

448 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:15:13.64 ID:3FIxDqTe0
>>414
殿様はバカだけど、家来は立派だったってことかな
矛盾なく説明しようとすれば

しかし、吉良さんもかわいそうだな
赤穂浪士って、冷静に考えれば、北朝鮮よりもたちが悪い

449 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:15:13.84 ID:RGEIPo9I0
>>440
たいした吟味せずに即刻死罪なのはやっぱおかしいよ

450 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:15:20.17 ID:tKpvnBlj0
>>411
天皇家は日本を守護する祭祀の頂点だしね。鎮護国家は皇室の重要なお仕事
それ故に、戦乱絶えぬ日本において、その血脈を保っていけた
天皇家が廃絶すれば、日本に禍が降りかかると思われていたからね
もしも祈祷政策をバカ政策という考え方が主流だったら
外国のように、皇室も戦乱の荒波に沈んでしまったかもしれない

451 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:15:28.12 ID:EyYS7LZb0
>>424
これまじ?

452 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:15:42.90 ID:y1EJF+Vx0
綱吉(民主党) 犬(生保チョン)でしっくりくるから笑えるw
綱吉が死ぬまで財政逼迫で民が苦しんだんだっけ? 笑えねえよバカ野郎

453 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:15:44.43 ID:bRl+Qqmu0
>>428
小言を言う奴(吉良)と
キレやすい奴(浅野)を
はち合わせたらあぁなるって…

454 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:15:50.90 ID:RU5uibeA0
>>445
残念じゃったな、マジレススマソだが、もう変わってるんだよw

455 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:15:51.99 ID:uQBKz3jP0
TVドラマでは昔から名君だ

456 :(  `ハ´ ):2013/04/14(日) 21:16:18.15 ID:tqTnrCAT0
>>420
ならず者が好んで食ったなら理解できなくもないが
犬食う人というのが、ならず者扱いなら根本的に間違ってるべ。

457 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:16:23.28 ID:u4c2p6TJ0
>>420
ほんとに食ってたのは日本人か?その時代からチョンは寄生してたんだろ?

458 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:16:25.76 ID:6TfYCu4f0
そういや、ガリヴァー旅行記のフウイヌム国って、東洋の端っこには人間より犬を大事にする国があるって事にインスパイアされて書かれたらしいぞ

459 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:16:29.27 ID:3lL3ASdf0
綱吉の悪評はそもそも信じてなかったな
風紀を正すと風俗業界から叩かれるのは歴史の常

460 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:16:30.66 ID:j4nWgS740
三成さん悪役じゃなかったことが教科書に・・・。
胸アツだな。

461 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:16:37.00 ID:G9+5egcr0
江戸時代は四つ足を食ってはいけないんだから
犬を食うなんてことはなかったろ
食うためには工夫が必要だったんだから
イノシシは山鯨
ウサギは鳥

462 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:16:53.19 ID:wKb0Pmpf0
石田光成はここ最近やたらとプッシュされてるな

463 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:16:55.34 ID:yeEudx0Y0
>>434
浅野内匠頭は非常に評判悪い男だったからなw
まあ一番かわいそうなのは基地外に突然斬りつけられた挙句に世間では悪者扱いされて最後は幕府に見捨てられて首まで獲られた吉良上野介だけどなw
次にかわいそうなのは赤穂の藩士だ。
仇討しなくちゃならんくらい追い詰められ、仇討に成功しても切腹。仇討に参加しなかった連中は世間から冷たい目でみられて。
全部内匠頭のせいじゃないかw
ほんと、誰も幸せにならなかった酷い事件だよな。
まあ浄瑠璃関係者や芝居関係者には大変ありがたかったろうけどw

464 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:17:00.94 ID:xMkMA1Ta0
>>271
いや義満並の暴君扱いにしているから

465 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:17:02.16 ID:Yq7CgA5V0
>>445
徳川300年って確か家康が大名になった頃からだいたい300年って意味だよな、確か。

466 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:17:02.16 ID:2fuTO59K0
【米韓】太極旗を冒涜、「犬の下の太極旗」〜『反・拘肉食請願運動』・(韓国・平昌冬季オリンピックをボイコット運動など) 広がる[03/26]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1364273954/

■韓国・平昌冬季オリンピックをボイコットが広がる〜

米国バージニア『拘肉批判』違法広告看板も相次いで立てられる

(写真)
http://imgnews.naver.net/image/003/2013/03/26/NISI20130326_0007933755_web_59_20130326023702.jpg

韓国人の補身湯(ポシンタン)文化を攻撃するオン・オフラインキャンペーンが米国で再提起されている中、太極旗冒涜の問題が起きている。

オンライン請願運動サイトのGoPetition.com( www.gopetition.com )では25日現在、韓国人の拘肉食を
批判する請願運動が2件上がっている。これらは本文の上隅に太極旗の上に立った犬の絵を載せていて、
韓人ネチズンの怒りを買っている。

このような請願運動が進められて12年目になるが、最近ワシントンDC近郊の道路に韓国人の拘肉食を
批判する広告看板が相次いで設置され、平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックをボイコットするようにけし
かけるなど、『拘肉の国際問題化』が憂慮されている。

※参照
■■■拷問されながら殺されていく犬たち〜韓国人から犬を守れ■■■


※拷問を受けながら殺されていく犬たち(超グロ画像なので気をつけて下さい)
http://saisyoku.com/dogs.htm

■美味しく食べるには、犬をできるだけ苦しめて殺すと良いと信じられており
今でも釘を刺して拷問しながら殺しています
詳しくは上記サイト(画像あり)を見てください※超グロ注意

467 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:17:06.55 ID:87JtLU7pP
>>6
1192いいくに作ろう鎌倉幕府 え? 今1185で教えてんの?!

468 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:17:49.36 ID:rQTBbnyL0
>>439
じつは、秀吉の時代にチョンがたくさん日本に渡ってきた。
半島は悲惨な状態で、日本は超高度成長。つまり移民だ。

それがあまりに多いから、いっそのこと半島を日本化しようと考えたのが秀吉。
それに失敗したのを見て鎖国したのが江戸幕府。

江戸の開墾には、こういった移民が大量動員され、その後は町にあふれて犬食って暴れてたわけ。

そいつらを粛正したのが綱吉なんだな。

469 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:17:52.51 ID:Qy3pdAB90
三成さんの人心掌握が下手なアスぺっぷりも書かなきゃな。

470 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:18:00.21 ID:3TfpNIi70
>>445
鎌倉幕府成立1185年説は何十年も前からあったけどね
別に驚くに値しない

471 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:18:21.31 ID:RGEIPo9I0
>>457
いわゆるかぶきものは日本人だろさすがに

472 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:18:27.21 ID:GQB+72gS0
荻原さんとか田沼さんとかもっと評価されていいと思う
特に田沼さんのときはは天災がおこってかわいそうだった
徳川吉宗さんとか松平定信さんとか新井白石さんとかは
日本人好みなのはわかるけど

473 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:18:30.93 ID:oH0yTqh90
>>441
北朝鮮を理想とする人たちが作った教科書なんじゃないの

474 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:18:36.62 ID:cvWuvTdMO
蚊を叩いて切腹とかなかったっけか?
ま、現代でも郵政民営化や水道・電気事業自由化、TPPなども負けず劣らず酷い内容だが。

475 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:18:44.11 ID:3FIxDqTe0
>>449
殿中で刀抜いただけで切腹ものだろう
で、現行犯逮捕なんだから、吟味も何も

476 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:18:46.64 ID:4rjRTE/I0
>>449
>たいした吟味せずに即刻死罪なのはやっぱおかしいよ

襲いかかった方が悪い。まるでレイシストをしばき隊が正義みたいじゃないか。
赤穂浪士がちゃんと再就職してれば済んだこと。

477 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:18:57.53 ID:srKUP01u0
よし、俺、息子産まれたら「名君」って名前にするわ。
どう?

478 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:19:01.88 ID:u4c2p6TJ0
だいたい浅野内匠頭は吉良にいろいろ指導してもらってたくせに、心づけも何も渡さなかったから嫌がらせされて、それで逆切れしただけだろう
いわば火病じゃねーか、まあ嫌がらせする方もケツの穴が小さいとは思うが
お家が取り潰されて一番困るのは領民だしよ

479 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:19:05.86 ID:0XbielzD0
>>467
鎌倉だけじゃなく色々と年代が変わってるよ

480 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:19:08.63 ID:bRl+Qqmu0
>>456
地方から出てきた奴が野良犬を捕まえて食って、
その後始末はどうしたんだろうね?
江戸のお堀に捨てていたとしたらえらいこっちゃ。

481 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:19:16.47 ID:2SMED6QW0
>>413
ゲームで再現したらチート呼ばわりされたんだっけw

482 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:19:20.34 ID:9UJKo1ysO
>>458
つまり綱吉がいなかったらフウイヌムもYahoo!も家畜人ヤプーも生まれなかったということか
胸熱

483 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:19:27.99 ID:Yq7CgA5V0
>>469
あれアスペだったのか。
なんか真面目な官僚が政権につくとあんな感じになるのかと思った。

484 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:20:06.33 ID:LBhED24O0
>>462
三成は最後まで豊臣家に忠義を尽くした義の男だろ!
まんが日本史のお姉さん達も誉めてたぞ!

485 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:20:13.34 ID:YpJ056F/P
綱吉は学者タイプで為政者向きではなかったって感じか。

486 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:20:27.60 ID:mAzRTYFwO
>>429
「一方的に後ろから切り付けた」のは喧嘩とは言わないだろう?

通り魔に切り付けられて、「そこにいたお前も悪いから、お前ん家切腹&取り潰し」なんて江戸時代でも通るかどうか。

487 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:20:40.38 ID:6TfYCu4f0
家斉の時代に、ロシア海軍のゴローニンてのが捕虜になっていたんだが、犬喰いを目撃しているらしい。
ただ、犬を食っていた奴は、食い方が残酷だって、日本人からも軽蔑されていたそうな

488 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:20:53.86 ID:3FIxDqTe0
>>461
食ってはいけないという禁制があったということは、食う人がいたということだ

489 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:20:56.00 ID:K2aC9P820
>>449
大学設立を認めなかったのは確かに擁護できない

しかしそれ以外はおかしくないよ

490 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:20:57.52 ID:rQTBbnyL0
>>480
江戸の遺構からは犬の骨が大量に出てくるらしい。

491 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:20:58.05 ID:VTEp6NFT0
どこのお花畑だ

492 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:20:58.65 ID:YL1rtUsI0
>>21
それ嘘だぞ

493 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:20:59.62 ID:rlSlJmuz0
>>472
田沼意次と幕末の小栗の評価はなかなか上がらんねー

494 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:21:36.19 ID:0DD4FOdM0
ある意味人権擁護派だったんだよ。それまでが戦乱続きで
あまりにも命が軽んじられていた。江戸体制に入ってもまだ
カツアゲとか立ちションするような感覚で日中路上で試し切り
とか日常茶飯事だった。被害者も仕方ないという理解。

綱吉はそうした文化を変えようとした。対象が動物まで拡大したのは行きすぎ
だったかもしれんが、改革の方向は画期的だったと思う。

495 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:22:13.80 ID:u4c2p6TJ0
保守政権が作るこれからの歴史教科書に期待する
せめて南京大虐殺と慰安婦はなかったとしてほしいね

496 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:22:17.57 ID:FWgw/WX90
忠長は猿を駆除した名君やで(´;ω;`)

497 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:22:38.69 ID:POw7bmjP0
慈愛というのは、大義では正解かも。
戦国の世から抜けきれず、フツーに人殺しがまかり通ったから、それを正す為の極論法。
意識を改革するには、結構効いたはず。

ま、決闘や仇討ち等は残ったが、それなりの根拠や理由を必要とする殺しだった。

498 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:22:42.60 ID:2SMED6QW0
>>407
情報社会でのメディア権力暴走の危険性を表す好例だね。

499 :生粋の妊信 ◆Boy0562YHA :2013/04/14(日) 21:23:09.71 ID:S6gvKE7UO
わが敬愛する半村良は作中の人物にこう言わせている。
「歴史なんてね、良くわからんのですよ、昔のことですからね」

500 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:23:12.82 ID:Yq7CgA5V0
>>494
水戸黄門は辻斬りやってた方だからな。
後で更生したけど。

501 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:23:19.66 ID:rQTBbnyL0
>>493
小栗は勝海舟に殺されたようなものだから。

502 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:23:26.07 ID:qd3bCHjs0
>>359
そのとおり。人材登用の最たるもの「側用人」を考案したのは綱吉。
学問重視の人材登用を推し進めたのも綱吉。

これだけでも十分名君だと思うが。

503 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:23:53.95 ID:bRl+Qqmu0
>>490
それヤバいよ。絶対ヤバいよ…
保健所が無いから町触とか大家は負担が大きかっただろうな。

504 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:24:09.88 ID:0zLOaHKU0
日本の歴史ってそもそもいつからまとめ始めたの?

505 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:24:10.54 ID:RU5uibeA0
>>487
俺、小学生の時、給食の食器は先割れスプーンだったけど、
周りは犬食いばっかりだったよw

506 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:24:16.24 ID:+R683G3r0
>>461
その思想の背景は、がちがちに仏教だからねえ。

生類憐みの令の綱吉時代に、確立されたと見るのが、
一番有力かと。

507 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:24:47.67 ID:u4c2p6TJ0
>>497
それならわざわざ犬を過剰に愛護しなくても、人間同士の自愛を深めればいいんじゃね?

508 :ぴーす ◆TGJ4fJEWg6 :2013/04/14(日) 21:24:51.14 ID:IYPz0xTKO
野犬というと勝思い出す

509 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:24:56.26 ID:kFXqukC+P
【調査】子供のなりたい職業 「サッカー選手」は66.4%、「野球選手」は19.3%、親の望むのも「サッカー」
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1365089801/

■全職業の中でも「サッカー選手」がダントツの1位! 「野球選手」は5位■

<2013年 男の子の「将来就きたい職業」(※スポーツ別)>

*1位 18.1 サッカー選手
*2位 *9.6 警察官
*3位 *7.0 TV・アニメキャラクター
*4位 *6.2 運転士・運転手
*5位 *5.2 野球選手
*6位 *4.9 消防士
*7位 *4.3 職人

サッカー:27.2×0.664=18.0608
野球:27.2×0.193= 5.2496
他競技:1−0.857=0.143 27.2×0.143=3.8896
http://www.kuraray.co.jp/enquete/occupation/2013/pdf/2013data.pdf

510 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:25:01.83 ID:Zm2kKP8M0
>>333
そりゃ出家制度を根本とする仏教思想とは懸け離れた「国策仏教」「御用仏教」「葬式仏教」としての確立でしょうにw

511 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:25:47.03 ID:vFtl+ld50
900年前のことなんかどーでもいい、

512 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:25:50.08 ID:MOs7trSU0
>>445
源頼朝は1185年に守護地頭を全国において日本支配したけど
徳川家康は1600年にはまだ全国を支配してたわけじゃない

513 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:25:53.10 ID:K2aC9P820
>>493
俺は高校時代田沼すげーって習ったし
教える立場になっても同じ様に言ってるw

○○の改革、という名前がないだけで
なかなか理解してもらえない…
田沼に比べたら天保の改革とか教える価値あんのか?て思うんだけど

514 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:25:58.57 ID:5yVaIj/j0
大正、戦前の昭和の
崩し字や草書も読めないくせに
お前らって、すげーな。
自分で客観的に検証できないことをそのまま信じこむことができるお前らってすげーな。

515 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:26:01.96 ID:suDZHly90
現代史とアノニマスリストの、北朝鮮の同士も教科書に載せてくれよ。

そして、最後は教科書をこう締めくくるんです。

「このような歴史を築いてきた日本ですが、現在は乞食に滅ぼされようとしています」とね。

516 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:26:05.84 ID:LRZKuWtZ0
>>472
吉宗の享保の改革が間違って評価されたせいで、
デフレ下での歳出削減が推奨されて、デフレが加速した

517 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:26:05.96 ID:LBhED24O0
江戸時代が長々と続いたのは、殆どが秀吉が描いていた青写真を
そのまんま実行したからだろ。
だから家康筆頭に徳川は好かん。

518 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:26:08.07 ID:6TfYCu4f0
>>478
取り潰しのとき、領民は大喜びしたらしいぞ

上野介は、内匠頭以外にも激怒させた被害者がいるからなあ
高慢な人間だったのは確からしい

519 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:26:14.58 ID:lHRjXWxeO
貨幣改鋳で通貨供給量を増やし元禄の好景気を実現した。
ツナミクスである。

520 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:26:20.15 ID:wgm+Kbw8O
>>209
今で言う金融が高利貸しをしてボロ儲けしてたからそれを全部チャラにしたらしいなw
そしたら逆に金が廻らなくなって経済が悪くなったんだっけ

やりすぎはアカンな 利息を減らすときにせな

521 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:26:20.42 ID:rQTBbnyL0
秀吉のキリスト教禁止令も、実は半島から渡ってきた移民が大量入信し始めたからなんだな。

そういう連中を利用してのキリスト教の侵略を阻止するという意図があった。

522 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:26:23.61 ID:xMkMA1Ta0
>>379
貴族趣味が揶揄されているよな
文武両道に通じる名君なのに

あと息子のせいもあるのかな?

523 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:26:27.62 ID:7uOH3kjIO
>407
弱腰東條、勝てる戦をなぜやらぬと煽った新聞社がありましたな。
組閣前までイケイケだった東條が、昭和帝が対米開戦に反対の意を知り、回避に動いた東條を叩きまくり、無責任に戦争を鼓舞したマスゴミ

524 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:26:32.45 ID:k8/GO1R40
綱吉のおかげで日本から犬食が一掃された
彼がいなかったらお隣のキチガイ国家と同じように犬を食べてたかも
日本の大恩人

525 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:26:36.60 ID:rP5PBC7D0
>>485
性格は神経質で政治家向きじゃないイメージだけど
生類憐みの令は言われているほど悪い物ではないらしいね
動物保護も今の感覚でみれば普通かもしれない

時代がバブル→天変地異の時だから
悪く言われやすいかも

526 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:26:40.44 ID:xi7B1D+i0
江戸時代の大奥からも色々と学ぶことがあると思う。
女に大金もたせるなとか。

527 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:26:47.16 ID:VYDSW5ys0
>>504
取り敢えず古事記が一番古いものになるんじゃないっすか。
歴史書っていう観点では

528 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:26:55.03 ID:2LNlaUCV0
まぁ、民主党政権を再評価するための布石だな

少しずつ毎年色々な物の評価が代わって行って
子供たちがそんなものかと慣れた頃に

過去の民主政権を絶賛、恐ろしい戦略だよ

529 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:27:00.99 ID:+R683G3r0
>>510
肉食を極度に嫌う事の国民への徹底とか
仏教思想以外の、何物でもないでしょ。

これは江戸時代を通して、ずっと行われた。

そもそも日本国民の思想が、仏教そのものだよ。

530 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:27:42.75 ID:WMnQ30KO0
この令のおかげで日本は江戸末期になっても馬さえ調教できないほど
動物に対して憐れみの心を持っていた
しかし暴れ馬は時に死者さえもたらした
一方子供に対しての体罰など持っての他だったが
大人と同様に働き口となり子供扱いという概念はほとんどなく
エロに関しても子供扱いはされなかった

これが明治になるとその当時原理主義に大きく偏ったキリスト教の影響を受け
夫は一家の大黒柱、裸は恥、暴力を持って動物子供をしつける等の概念が
日本を支配して今に至る

531 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:28:01.28 ID:RVh+S51g0
お犬様のお屋敷の為に莫大な予算を使ったのは事実じゃないの?
野犬を減らすなら野犬狩りして殺処分するのが名君の政治だろ

532 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:28:18.05 ID:6TfYCu4f0
>>504
通史としては、光圀が手をつけた大日本史じゃない?

533 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:28:19.10 ID:LBhED24O0
>>513
・袖の下の改革
・小金餅の改革
 
さあ、好きな方を選ぶと良い。

534 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:28:21.36 ID:POw7bmjP0
>>507
それは、今の教育を受けた我々だから言える話しだよ。
信長も『一銭斬り』を実行した。
一銭でも盗めば斬る!
一番簡単な教育方法。
結構効くと思う。

535 :生粋の妊信 ◆Boy0562YHA :2013/04/14(日) 21:28:28.18 ID:S6gvKE7UO
>>449
ケンカというより、殿中で刀を抜いたら理由の如何を問わず死罪、位が高い場合は切腹と決まっていたんですがな。

536 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:28:31.70 ID:3Ipjesq00
水野忠邦は? 

537 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:28:40.94 ID:yeEudx0Y0
>>516
ちゃんと勉強したらデフレでは通貨増量に歳出拡大しかないってことがはっきりわかるのにな。
30年もかけて具体的に様々な施策をやり尽した結果たどり着いた結論なのに、後世これを歴史的教訓に出来る人は本と少ないのはあきれるばかりだ。

538 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:28:43.50 ID:OwbJpUL/0
>>445
関ヶ原の大義名分が豊臣の家臣筆頭として君側の奸を断つだったけど、
将軍就任で武家の棟梁になったことを宣言したからじゃね?

539 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:28:54.78 ID:GQB+72gS0
今の官僚の皆様よりも
江戸末期の武士(公務員)のほうがましかなあ
と思うのは俺だけしょうか?
少なくとも彼らは失敗したら命なかったよね

540 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:28:59.48 ID:DQmMVO4K0
まさか犬って朝鮮人の隠語?

541 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:29:07.57 ID:RbwZX7fm0
占い師すげぇな。
綱吉は一時的に悪役となったが、
結果的に世の中がよくなり、数百年後に評価されるとか
どんだけ先見てたんだよっていうw

542 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:29:12.66 ID:PVdn6n4Z0
綱吉よりも鎌倉幕府の件の方がショック

543 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:29:15.87 ID:Yq7CgA5V0
>>532
大日本史はつい最近まで編纂されてたんだってな。
資料的価値はまったくないけど。

544 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:29:17.21 ID:2SMED6QW0
>>457
肉食うのを強く忌避してたのが江戸時代、だけど地方やなんかでは武士や貴族みたいな地位のある人以外はそこそこ獣食ってたから犬だけ例外ってこともない。
江戸で普通に食ってたってのは言い過ぎ通り越して嘘。基本的に食う奴は蛮族扱いだから食うことで目立とうってやつが居ただけ。

そうはいっても武士も薬として牛とか猪、熊なんかの獣肉を食ってて、残った内臓は料理して乞食に振舞ってたという。

545 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:29:25.05 ID:xMkMA1Ta0
>>415
いやいや漢字読めないとか散々罵倒されていた麻生さん並のことされていたんだよ
何の政治的失策もないのにね

546 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:29:50.52 ID:LRZKuWtZ0
>>504
聖徳太子が編纂したが、焼失した「天皇記・国記・臣連国造伴造百姓本記」

547 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:30:07.11 ID:5yVaIj/j0
>>531
事実だと思うのなら、その裏付け資料を提示してみろよ。
お前の脳内で、これは歴史的事実って勝手に決めるなよ、池沼。
中卒かよ?

548 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:30:13.85 ID:1/2jzB5C0
>>493
麻生総理は漢字が読めない白痴とかカップラーメンの値段を知らないとか
毎晩帝国ホテルのバー通いで豪遊というのが常識化してるようなもんさね。

ルーピーや管は、もっと良い所で毎晩のようにガンガン浪費してたのに
世間じゃ大衆居酒屋に行く程度と思われてるのが、普通にワイロ受け取ってた
松平定信と被る。

549 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:30:30.36 ID:bRl+Qqmu0
>>502
荻原重秀が現代の公務員を見たら
政府に行政改革を提言するんだろうな。


>>398
管理通貨制度って昔から大変だよな。

550 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:30:33.34 ID:MOs7trSU0
>>526
大奥はホントに江戸幕府のガンだったな
これで本来の目的のお世継ぎ生産システムが稼働してれば
まだ擁護のしようがあるけど事実上綱吉以降は全く役に立ってないから救いようがない

551 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:30:44.43 ID:gOjoHHv+0







552 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:31:00.89 ID:xFVEsw+B0
朝鮮人が食ってるからってやたらと犬食文化を否定したがる人がいるけど、
人間食ってるわけじゃねえんだからそんなの食ったっていいだろ、と思う。

553 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:31:10.11 ID:QZZ0am2y0
補足だけど、聖徳太子を含め、日王一族は低評価になるよね
原因は日王、王子の「日王は韓国人」発言で、
王家は韓国下層民だったことがカミングアウトされたからね

現在の世界的視点でみれば、私たち日本は両班韓国にとって「下の存在」
序列下位となる

方や徳川綱吉公は、TOYOTOMIを叱責した良心派子孫で
通信使に文化を教えてもらった有識派、評価が上がるのは自然なことだよね

554 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:31:57.59 ID:+R683G3r0
>>541
当時の仏教の高僧だよ。

仏教思想に照らすと、因果応報で
行いが善ければ善いほど福がもたらされるので
戒の徹底(不殺生)が、福をもたらすひとつとなる。

犬への過剰な思い入れ以外は、
仏教として、別に特別な事を言っているとは思えない。

555 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:32:14.31 ID:Yq7CgA5V0
>>552
まあ薩摩ではごく普通だったらしいな。

556 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:32:33.94 ID:YaLYZ80/0
>>6
ワロタw

557 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:32:54.58 ID:MDlch0sf0
>>1
教科書もいい加減だな。
あの悪名高き生類憐みの令は、綱吉が死んだ直後に「廃止」になっているんだぞ。
あの法令がいかに庶民を苦しめたか、教科書執筆者は把握しているだろうに。
人民を平気で苦しめた為政者を褒め称えるなんて、どうかしているわ。

558 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:33:02.16 ID:1WA8UdvA0
名君はない、迷君が妥当。

559 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:33:21.59 ID:k8/GO1R40
>>544
江戸時代は隠れて獣を食べてた
その獣を捌いてたのが部落民の先祖
余った皮は製品化して商いしてた

560 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:33:23.69 ID:xMkMA1Ta0
>>421
劉禅は戦争で疲弊している国を救っているやん

561 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:34:16.52 ID:Aru0LdZa0
マル秘動画発見
 https://www.youtube.com/watch?v=Q3blYqtLwS8

562 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:34:33.63 ID:mUR1vTDUi
>>451
まちがったwイノコロじゃなくてエノコロ(犬ころ)飯だ。
マジだよ。

563 :生粋の妊信 ◆Boy0562YHA :2013/04/14(日) 21:34:33.86 ID:S6gvKE7UO
>>530
おおオレが常々書いてることといっしょだ。
明治以降は、欧米からのキリスト教文化ももちろん大きいが、薩摩がチカラを持ってしまったのもいけなかったんだよな。
薩摩っていうのは、基本的に男尊女卑で、女は人間扱いされていなかった。
使用人も奴隷扱いで、まるで同時代の朝鮮みたいな国。

564 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:34:42.97 ID:Q6R6ID5K0
>>387
うん、昔はコミックワールド
→コミックトム(廃刊)

1年ぐらい休み、書き下ろしの番外編を単行本で出した後
新創刊の「トムプラス」で坂本竜馬の話
(ただし風雲児たちを読んでないと理解不能な漫画)やってたけどトムプラスも廃刊
更に1年ぐらい休み

→コミック乱で現在に至る

wikiみたら連載開始1979年だって
なんだ、釣りバカ日誌とかあぶさんとか三丁目の夕日とか流浪雲より若いんだな

565 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:34:47.45 ID:rQTBbnyL0
>>534
信長と言えば、超金融緩和をやったんだな。→ 撰銭令
通貨発行権を室町幕府から奪ったに等しい。そして一銭切り。

武力から金融力。金融政策を合理的に始めた最初の日本人だと言える。

566 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:34:56.16 ID:xFVEsw+B0
>>559
逆逆。
部落民の場合は、皮革産業がメインで、肉食が従。

567 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:35:01.98 ID:3TfpNIi70
>>553
とりあえず、まともな歴史を勉強してから発言しろよ
事実や発言を曲解するなw

568 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:35:05.28 ID:6TfYCu4f0
>>544
江戸時代は、飼っている生き物は基本的に食べなかったから、西洋人のために鶏肉を求めたときも困ったという話がある

日本公使のハリスの護衛の侍が、ハリスの食べ残したステーキを食ったら、その味が忘れられず、犬を殺して食ったら不味かったという

569 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:35:18.60 ID:bRl+Qqmu0
綱吉より幕臣と幕閣が有能だったんじゃ。

570 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:35:25.27 ID:LRZKuWtZ0
>>557
行き過ぎた「善政」は却って人々を苦しめるって教訓だよ
平気で苦しめたわけじゃない

571 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:35:32.21 ID:RU5uibeA0
いやー、やっぱトリューニヒトはえらいわw

572 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:35:38.59 ID:2SMED6QW0
>>555
安土桃山の頃から始まった宗教的な思想だからな。時の中央政府に近いほど肉食を穢れとして嫌った。
でも鳥食っていいし、坊さんはうさぎを食ってたり、結局それほど徹底はしてなかったんだよね。

573 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:35:42.27 ID:m+lRP1sM0
明治維新の長州も
そのうちにテロリスト集団って事に変わるかもね
冷静に評価してみれば
かなりテロリストだものね
反対勢力の暗殺から始まり
お上を拉致しようとしたり
京都の町を焼こうとしたり

574 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:35:43.05 ID:xMkMA1Ta0
>>423
奈良の大仏がハコモノそのものですが?

575 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:35:43.63 ID:k8/GO1R40
>>552
気持ち悪いこと言うなよ

576 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:36:05.30 ID:tGC/4XPqP
>>451
嘘だよw
まあ、綱吉のおかげで犬を食うという食生活が
日本から消えたのは良い事。
中国や韓国じゃ普通に食べるもんな。

577 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:36:13.74 ID:pA4SxCUr0
>>1
もともと暴君じゃなくて迷君的な扱いじゃなかったっけ?

578 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:36:26.56 ID:2LNlaUCV0
これって、例えば在特会の活動が後世で評価されるようなものか?

今はやり過ぎのように思えるけどなっ

579 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:36:29.29 ID:xPkNOcGtO
>>1
綱吉のおかげで野犬が減ったの?初耳だ

580 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:36:31.80 ID:4qKrAJSI0
>>467
鎌倉幕府の成立については
俺が受験生だった20年位前すでに
征夷大将軍任命の1192年
右大将任命1190年
守護地頭設置権獲得の1185年
の3説があって、教科書的には1192年だけど1185年説が有力になってきてるっていってたからな〜
懐かしいな〜

581 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:36:43.31 ID:7uOH3kjIO
>448
赤穂浅野家は祖父も似たような事件を起こしていたので、「また(この家系は)やったか」と思った人間もいたそうだ。

赤穂浪士の襲撃も、再就職を目的としたアピールの一面もあったのでは?って話もあるそうだし、

582 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:37:01.60 ID:LpJjMRg00
政治的事情によって評価を変えるなんて中国共産党と同じだね。

583 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:37:27.27 ID:POw7bmjP0
>>552
うん、まあ、それ詳しくは知らないけど、
食えるもんは食うでしょーな。
人間だもの。

そして、自分は犬が大好きだし、朝鮮人は死ぬほど嫌い。
しかし、別に結び付ける必要性は感じません。

文化は文化。

584 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:38:18.65 ID:xMkMA1Ta0
>>512>>538
なら頼朝が将軍になったのは1192年だし、
家康が支配したのは大阪夏の陣後じゃないと色々おかしいよ

585 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:38:37.59 ID:2bmrT7+G0
>>1
蚊を叩く、蝿を潰す、ミミズを踏んでしまった

↑     ↑       ↑
   全部死刑だからな

586 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:38:39.53 ID:pA4SxCUr0
てか里見八犬伝てあるじゃん
日本人は愛犬なんだよ

587 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:38:51.57 ID:3lL3ASdf0
薩摩は朝鮮人多いのか
まぁ位置的に当然な気がする

588 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:39:00.72 ID:LRZKuWtZ0
桶狭間の戦いの迂回奇襲説否定も定説になりつつあるけど、あまり話題にならないね

589 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:39:11.95 ID:Qy3pdAB90
柴犬の日本人的な性格は
そのときから始まった。

590 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:39:16.69 ID:xi7B1D+i0
いい国作ろうナイアガラ瀑布

591 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:39:23.23 ID:+R683G3r0
>>572
四足の獣を食べないという意識と実行を
庶民レベルで徹底されていただけで
ものすごいことだと思うよ。

完璧に不殺生戒を守ろうとすれば、綱吉になってしまうからw

592 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:39:42.81 ID:gh1wObn00
そもそも名君、暴君って簡単に割り切れる人のほうが稀有だろ

593 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:39:46.44 ID:xTQhylu60
>>1
馬鹿じゃない?
聖徳太子は、偉い人だよ!

594 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:39:55.48 ID:u/0p9uD30
田沼さまのタヌマミクスは?

595 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:40:16.35 ID:5O+WzhJq0
>>1
あれを褒めたらダメよアンタ

596 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:40:21.75 ID:DQmMVO4K0
エジソンは偉い人w

597 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:40:27.90 ID:POw7bmjP0
>>565
なるほどー。
面白い話をありがとう。
為になります!

598 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:40:36.69 ID:6k9/EFUB0
>>592
少なくとも近代史には暴君しかいないだろ

599 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:40:49.31 ID:e4lnxCw90
神話や伝記ではなく史実なのはどの時代からなの?

600 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:40:51.63 ID:bRl+Qqmu0
奈良のとある歴史研究所は左翼の巣窟らしいが教科書は大丈夫か?

601 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:40:53.13 ID:0TdwN+3ZO
>>481
それ何?

602 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:41:01.00 ID:LBhED24O0
>>564
つまり、コミック乱ももうすぐ廃刊するのか・・・
「信長戦記」とか「そばや幻庵」とか好きなんだが。

603 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:41:06.59 ID:1/2jzB5C0
>>568
普通に商売道具だったからじゃないか?
馬も牛も今で言う耕運機で、腹減ったからって耕運機売るアホは居ない。

それに畜産業が未発達で、肉の需要があっても供給が追いつかないから
魚以外は食べるチャンスがなかったんだろう。

604 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:41:32.02 ID:7P7pTbiw0
>>557
生類憐みの令が即撤廃されたのは、新井白石を筆頭とする朱子学者が
そうするよう主張したってのが大きいかもね
江戸期の朱子学者の主張の基本は「武士は武士らしく武を尊ぶべし」だったし
のちの白河の世に「文武と言うて夜も寝られず」なんて皮肉られたようにね

605 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:41:45.03 ID:6TfYCu4f0
>>588
長篠の戦いの三段撃ちもな

606 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:42:02.68 ID:k8/GO1R40
熊本名物の馬刺し
馬好きの自分は周囲がうまいと言って食っててもとても食う気にならない

607 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:42:08.81 ID:pA4SxCUr0
花咲かじいさんてあるだろ。
日本人は愛犬なんだよ

608 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:42:38.34 ID:2SMED6QW0
>>559
肉食忌避が最も強い時代が江戸時代、だから薬としておおっぴらに隠れて食ってたんだよ。それがももんじや

ただ犬を食うのは野蛮とされてたからももんじやでも扱ってない、だから逆に目立つんで自分を誇示するために食おうって人も出た。

609 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:42:49.63 ID:xMkMA1Ta0
>>498
数年前のNHKスペシャルで戦争の総括みたいなので触れていたな
東條が悪いって結論は変えていなかったがw

610 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:43:03.33 ID:9MQSCr660
大雑把に知ってりゃいいんだよな歴史なんて
あれほどアホほど覚えさせられた年号が間違いでしたで無駄になる
漢字の書き順と同レベルの無駄知識だわ

611 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:43:05.32 ID:u/0p9uD30
>>588
戦場すら特定できないだから致し方なし

それより義元公の再評価を

612 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:43:07.38 ID:8iCCQ5TV0
動物愛護団体のマジキチの成果?
>>595ですよねん(´・ω・`)

613 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:43:21.13 ID:/u3VLFKWO
鎌倉幕府は4192年だろ

614 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:43:43.95 ID:ZJmYyK2D0
>>602
「風雲児たち」はほんとに作者が生きてるうちに完結するのか?

615 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:43:45.85 ID:zXnd8OdL0
>>596
キヨスクは駅の中

616 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:43:47.79 ID:LRZKuWtZ0
>>605
あれ却って効率悪いらしいね

617 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:43:49.33 ID:AdCP6K4tO
そこまで委員会で森元総理が「僕の評価は数年後に出ます、そりゃ今はみんなわからないと思いますよ」って真剣に言ってたの思い出した。
あの人なんかやったかな?船沈没してんの無視してゴルフやってたとしか印象ないんだがなぁ…。

618 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:43:54.50 ID:l0m+uQXR0
歴史上の政策が「慈愛がある」とか「よい政策」とか、そういう筆者の主観って必要なの?
ただ淡々と「こういう政策をやりました」とか、市民がそれに対してこういう行動しましたとか、
そういう事実だけを書けばいいのではないかな

619 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:44:27.60 ID:XgyyMHh5O
価値観を変えたという意味で影響力は大きかった
戦後の総理でそこまで影響力を与えた総理なんて吉田、岸、田中、小泉くらい
安倍が結果次第で候補になるかもってレベル
綱吉は狂信的ではあったが間違いなく社会に影響を与えた

620 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:44:38.38 ID:3lL3ASdf0
綱吉を教科書で悪人に仕立てあげたのは近世の犬食文化の人たちだな

621 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:44:56.66 ID:9B4taYrKi
ナポレオン時代の騎兵みたいに
乗馬したまま敵陣に突撃する長篠の戦いとかウソだからそういう映画・ドラマの描写は止めろ

622 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:45:00.00 ID:yeEudx0Y0
>>599
まあ継体天皇以後はほぼ史実と言っていい。
それ以前の古墳時代は史実と神話が半々、さらにさかのぼると完全神話時代になる。

623 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:45:36.56 ID:MOs7trSU0
>>584
大坂夏の陣は江戸時代通じて大量に改易された大名と大して変わらん
違いは武力を使ったか使わなかったかってだけ

624 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:45:47.17 ID:/N9ffUiR0
>>514
大学で日本史やってたから、家にくずし字辞典がある
まあ、専攻は中世だけど

625 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:45:47.45 ID:XgT8G8gt0
綱吉の生類憐みの令で、日本から犬食の文化がほぼなくなった。
※薩摩だけ残った

それまでは野犬を殺して食べていた江戸市民が、薩摩藩の武士が犬を食う姿を見て嘲笑するようになった。

626 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:46:15.98 ID:nSskq9hK0
>>73
餌代すんごいかかったんだよな…
今なら殺処分の凶暴な犬も殺せない有り様。

627 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:46:16.52 ID:tpj7fASR0
>>609
明治維新以降の日本の政治は民主化が進んで大衆の影響力が増すにつれておかしくなってきた
最終的に首相公選制で頂点に達するでしょう

628 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:46:30.11 ID:6TfYCu4f0
>>621
一応、馬入れという戦法はあったみたいだけど、馬上で攻撃するわけではない

629 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:46:38.84 ID:y8TgVajT0
歴史学者っていらねーな。

630 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:46:47.99 ID:LRZKuWtZ0
>>611
古い文献には、豊明市の方は一切出て来ないらしいよ
豊明の伝承地は、江戸時代に観光目的で作られたテーマパークに過ぎないのに、
地元が運動して国指定史跡になった

631 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:46:48.76 ID:Zm2kKP8M0
>>429
吉良は大名じゃないよw

632 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:46:58.92 ID:4qKrAJSI0
>>609
東條より近衛の評価をきっちりしてほしいわ
あいつのほうが癌だったのに・・・

633 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:47:09.60 ID:N8RX9Blt0
.

ま ぁ 歴 史 学 な ん て 学 問 じ ゃ な い か ら。

ほ と ん ど 趣 味 の 世 界 。  役 立 た ず ぅ。

.

634 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:47:11.41 ID:NYCspti90
300年後には、鳩山さんもルーピーから名宰相に一変してるお( ^ω^)

635 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:47:19.87 ID:EcZUIUKN0
>>584
マジレスしておくと、鎌倉幕府は日本で始めての幕府による武家制度。
この時点では、「征夷大将軍=武士の棟梁で日本の支配者」という
図式はできていない。
ので、「実権の成立がいつか」ということのほうが重要で問題になる。

で、鎌倉以降は、「征夷大将軍=武家の棟梁で支配者」という図式が
出来るので、征夷大将軍就任=幕府/政権が名実ともに成立、と
みなすのが、議論も簡単だし、実態にも即している。

636 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:47:40.33 ID:/eymDF+S0
小野妹子は名前のインパクトで覚えてるなぁ

637 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:47:50.09 ID:Fi8Mf2xE0
一方北朝鮮は今日も無慈悲な政治を続けていた

638 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:47:51.63 ID:9+sf6JqK0
民主党のハトと同じポッポ左翼。

そりゃ教科書を作る左翼キチガイと
綱キチって同じレベルのキチガイだから。

639 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:48:04.12 ID:ZJmYyK2D0
>>605
全体で3段射撃はなかったろうが
当時の戦術として小部隊のなかで交代射撃を行っていたという記述は複数の記録に残ってる

640 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:48:05.71 ID:2SMED6QW0
>>601

723 名前:名無し三等兵 投稿日:2007/08/07(火) 23:17:19 ID:???
>>722
マジ
ゲームはParadox InteractiveのVictoria: An Empire Under the Sun
(ヴィクトリア 太陽の沈まない帝国)
日本はイベント「明治維新」が来ると非文明国扱いから一気に陸海軍、
経済、文化、工業の全分野でヨーロッパの二流国を越える文明国化、
立憲君主制への政体変更、国威発揚に国民の急進性(反乱の可能性示す数値)が一気に低下
(ゲーム中では非文明国はこれ以外文明国になる機会がほとんど無く 植民地として切り取り放題)
ゲーム的にはチートでも普通ありえないレベルのイベントで、
ゲームで初めて明治維新の内容とその後の日本の異常な躍進見せ付けられた
他国のプレイヤーが仰天してフォーラムで叫びまくってるw
まぁ、ぽっと出の国がたった20年(ゲーム中であっという間)で
一気に清とロシア破って列強に躍り出ちゃうんだから、普通のプレイヤーは驚くわな

641 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:48:07.93 ID:nUGl1yWf0
歴史学って妄想キチガイに乗っ取られちゃったのかw

642 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:48:16.87 ID:T1cjscViO
でも実際、綱吉の墓に行くと怨霊漂っていることがわかるよね。
具合や気分が悪くなる人が多いし。

643 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:48:24.34 ID:tt1OfTAC0
>>576
調べもせずに嘘だとかいうなよ。

>>424
戦前まで普通に食べられていたよ。
とりあえず「エノコロ飯」でググってみたら?

644 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:49:06.26 ID:RU5uibeA0
>>611
どんなに善政をしようが、隣国に攻め込んで惨敗し後世さんざん馬鹿にされた
段階で無能。

645 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:49:14.82 ID:LRZKuWtZ0
>>632
お公家さんだから肝心なとこで投げだすんだよな

646 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:49:22.28 ID:tpj7fASR0
鳩山さんはともかく菅さんは再評価される

647 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:49:26.68 ID:mAzRTYFwO
>>632
外孫が生きているうちはダメかな?

生きているうちにやってほしいんだが。

648 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:49:27.35 ID:u/0p9uD30
>>621
リアルにやると画にならんから判っててやってるんだヨ

649 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:49:45.50 ID:0kTDHesT0
>>602
恵まれた環境で連載を続けるよりも、廃刊が続く方がかえって漫画は長持ちするかもな
某超人ロックやナポレオン漫画じゃないけど

650 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:49:50.62 ID:LBhED24O0
>>636
おのの妹子がこんなに可愛いわけがない。

651 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:49:59.45 ID:0p2VttPz0
ああ、確かに障害憐みの令は本当は無茶苦茶ではなく、誇張があるって聞いた
やる夫スレの忠臣蔵スレでだけど
他にも江戸時代スレもあるから気になる人は探してみてみたらいいよ

652 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:50:11.75 ID:N8RX9Blt0
>>642

 お   ま   い   は   馬   鹿   か wwwww

.

653 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:50:12.32 ID:rlSlJmuz0
>>646
どのあたりが?

654 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:50:21.17 ID:3TfpNIi70
>>617
日本の総理大臣として初めてアフリカに訪問したり
目の付けどころは良いんだよ

655 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:50:54.80 ID:5l1L018F0
>>493
東郷平八郎が小栗の子孫に感謝状かなんかを残してたよな。

656 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:50:58.75 ID:Yq7CgA5V0
>>640
明治維新以前が非文明国っていうのが大間違いだからそうなる。
今の評価は、幕末は産業革命直前ぐらいの国力だったという。

657 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:51:02.86 ID:BMzQmwHTi
赤穂浪士はただのテロリスト集団

658 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:51:21.68 ID:pA4SxCUr0
大阪冬の陣とか夏の陣とか聞くと
なぜだろうコミケしか思い浮かばない

659 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:51:54.89 ID:0kTDHesT0
>>646
間違って犬や猫が総理大臣になってしまうか、
本人が暗殺でもされないかぎり無理だろ >鳩山・菅の再評価

660 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:52:00.91 ID:k8/GO1R40
幕府じゃないけど日本の内閣は天皇陛下に任命された重要な職責
安倍さんはそれをよく理解してるがあの民主党ときたら
天皇陛下をあごで使ってたから頭にきてた
民主党が野党になってくれて嬉しい

661 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:52:04.81 ID:xMkMA1Ta0
>>632
近衛文麿が色々とgdgdにしてしまったんだよな
その血を引くのがルーピー由起夫

662 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:52:11.21 ID:tCgQXggA0
慈愛の政治とか感じ方は人によると思うんだけどな

663 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:52:32.55 ID:bRl+Qqmu0
>>617
ゴルフ場で連絡を聞くや否や
すぐにクラブルームに戻って電話待機して指示飛ばしていたらしいぞ。
週刊誌が後になって記事にしていたが、TVは酷かったな。
当時はゴルフ場があるような田舎じゃ携帯電話の電波状況も良くないし、
固定電話に頼るしかなかっただろうな。

凄いと言えば
ロシアの対日核ミサイルの解除に成功した偉業も残してる。
あと日ソ共同宣言を文書で確約させた手腕もある。
それと「イット革命」って言ってしまうくらいなのに
官僚の話や情報を捌いて、通信インフラの爆発的な普及をさせるなど
采配能力は異常なくらい高い。

当時はネットも人の評価をTVの情報に頼っていたし、
マトモに評価されるわけねーよ。

664 :生粋の妊信 ◆Boy0562YHA :2013/04/14(日) 21:52:52.99 ID:S6gvKE7UO
>>646
それはオレも思う。
少なくとも、東電連中が逃げようとしていたところに怒鳴り込んだことは評価する。
これ言うとネトウヨからさんざん叩かれるが。

鳩山はなんというか、性格の良いボンボンで政治家の器じゃなかったな。

665 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:52:54.40 ID:0TdwN+3ZO
>>640
ありがとう

666 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:53:00.24 ID:xTQhylu60
>>299
お前チョンだろ
朝鮮半島へ帰れ!
天皇陛下が、日本を嫌いなわけ無いだろ!嫌いだったら天皇陛下になれるわけ無いだろ!

667 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:53:15.15 ID:tpj7fASR0
>>653
原発対応の再検証とその後の脱原発路線で
たぶん近いうちに西日本でも大規模な原発事故が起きるだろうから

668 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:53:45.18 ID:u/0p9uD30
>>634
伊藤翁みたいになりそうな悪寒
何かの間違いで暗殺されたらダメ押し

669 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:54:19.29 ID:xMkMA1Ta0
>>644
上京しようとしていただけって話は?
尾張は通過するだけって話らしいけど

670 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:54:19.32 ID:6k9/EFUB0
>>646
野田とは結局何だったのか

671 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:55:12.23 ID:BLgpLLonO
高杉晋作や坂本竜馬は、ただの基地外小悪党として描写されるべき。

持ち上げられすぎ。

672 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:55:25.89 ID:rP5PBC7D0
菅は普通の人なんだと思う
まあそこらにいるのと同じ普通のオジサンとしてはがんばったんだろう
総理になったのが間違い

673 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:55:32.18 ID:3FIxDqTe0
>>634
アメリカからの自立を図った先駆者って評価になるだろうな
普通に考えれば、オキュパイド・ジャパンが続いているっていうのに、
そうじゃないことにしてあるんだから、鳩山閣下の評価も歪んだものとなってるだろうな

674 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:55:49.68 ID:EcZUIUKN0
>>656
まあ、鎖国していただけで、中身は立派な先進国だよね。

独自の法体系なので、ヨーロッパ的な文脈での近代法がないとか、
産業革命の恩恵をこうむってないとか、軍事技術に遅れがあるとか
しょせん、その程度のすぐに追いつける差しかなかったから、
一気に列強の間で躍進できただけ。という解釈をするべきだよね。

これをゲームで再現するのは無理難題だけどw

675 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:56:16.60 ID:4qKrAJSI0
>>646
中国崩壊して、情報機関の機密文書流出かなんかしたら、再評価されるかもねw
(今よりさらに)斜め下に!

676 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:56:20.66 ID:2SMED6QW0
>>656
国民のほとんどが文字の読み書きを習得して
農民の愛読書が数学書で幾何学を修めて税を算出したり算額奉納してたわけで、国民の素養としてはそれもまだ甘い評価だとは思う。

677 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:56:22.70 ID:ZJmYyK2D0
>>429
喧嘩両成敗ていうけどアレ喧嘩じゃなくただの傷害事件だから

678 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:56:32.93 ID:6TfYCu4f0
>>669
2万の兵を率いての上洛は、戦費が続かないべ

679 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:56:56.90 ID:WflB9euO0
綱吉はインテリのイメージだけど

680 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:57:04.91 ID:5l1L018F0
>>656
ペリーが来て3年後には黒船を作ってるしな。
福沢がアメリカに視察に行った時に、
米側の説明が既知のもので新鮮味が無かったとか書き残してるし。

681 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:57:10.18 ID:omA5Un1H0
>>609
まあ、東条は批判記事を書いた記者を最前線に送ったりしてるからね…多少はね…

682 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:57:11.05 ID:LRZKuWtZ0
慈愛と言うんなら、宗春公を再評価してほしい
吉宗ageのとばっちりで、暴れん坊将軍とかではいつも悪役させられてた

683 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:57:11.68 ID:tpj7fASR0
>>662
例えばアメリカのジミー・カーターは似たような友愛路線と経済政策の失敗でルーピー扱いだけど
オイルショックのときに先進国から石油割り当てを一方的に減らされそうになった日本を救ってくれた恩人でもある
鳩山さんが再評価されるかどうかは知らん(菅さんは再評価されると思う)が
対米協調が当たり前でなくなった時代に日中関係が様変わりするようなことがあれば違った見方はされるんじゃないか

684 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:57:14.49 ID:bRl+Qqmu0
>>670
“総選挙における民主党公認の条件に「TPP参加の表明」を提示するなど
党内への圧力が大きい舵取りでした”
とか上っ面だけ書かれそうな人物ではあるなw

685 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:57:24.03 ID:rN6h+G2q0
反日ネットーワークが歴史を書き換える。

686 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:57:25.77 ID:3TfpNIi70
菅は献金問題と中国漁船問題だけでアウトだから
震災が起きたからすぐに辞任せずに済んだけ

687 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:57:28.63 ID:6q7zh6b50
井沢さんまたもや大勝利w

688 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:57:34.49 ID:UJ+y0Yns0
こういった、良いか悪いかの1bit思考が日本人をダメにするんだと思う。

689 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:57:35.23 ID:h+OArVZw0
聖徳太子が実在しなかったって本当なのかな

690 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:57:37.76 ID:xMkMA1Ta0
>>617
拉致に関しては第三国で見つかったことにしようと穏便な解決策をやろうとしたけど
当時の野党とマスゴミのせいで潰された

北方領土解決にも意欲を示していたし、
普通にミンス三代の馬鹿首相に比べても良かったよ

691 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:57:50.98 ID:zjolAFAB0
あみきちも偉くなったもんだのう。

692 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:58:29.51 ID:yeEudx0Y0
>>689
ほんとなわけねえだろ。
聖徳太子不在って事にしたらその後大化の改新とか全く説明できなくなるぞ。

693 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:59:08.05 ID:RU5uibeA0
>>669
尾張通過するだけなのにいちいち丸根砦や鷲津砦を攻め落とすのねw

694 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:59:10.99 ID:81aAg+W+0
鎌倉幕府を1185に変えたのは
『天皇陛下の詔で歴史が代わった』と認めたくないため
頼朝がその前から東国で政権を持っていたなんて当時から常識。

695 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:59:28.23 ID:4NHV3yPY0
昔は殺人があっても申告しない限り放置されていたという事です
これが綱吉の生類憐みの令以降に殺人事件は申告の如何にかかわ
らずに捜査されるようになったとのこと・・・です
良い悪いは別にして世情の流れが変化したという事です

696 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:59:35.27 ID:6TfYCu4f0
>>682
色欲は飯を食うのと同じと言い切った人ですね

暴れん坊将軍は、吉宗が独身だったり、焼失した江戸城天守閣があったり、八王子にディープインパクトがあったりする別世界ですので

697 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:59:44.82 ID:J/1JyQcv0
>>194
鎌倉には鎌倉時代の建物が何ひとつ残されていないと聞いたけど

698 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:59:48.60 ID:WbBpmENxO
三成は持ち上げすぎだろ

徳川だってあの時点では豊臣家最大の実力者で主家を潰そうってつもりは無かったんだし

単純に派閥争い

699 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 21:59:53.41 ID:1GHmLj6V0
…………は?

つか1192年鎌倉幕府成立は今でも変わってないはずなんだが

700 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:00:04.23 ID:VYDSW5ys0
>>692
そもそも聖徳太子が実在しないってのは誰の説なんだろ?

701 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:00:27.31 ID:81aAg+W+0
>>692
朝鮮人が勝手に言ってるだけだよな

聖徳太子も、
ヤマトタケルも、
神武天皇も、
素戔嗚尊もアマテラスもみんな存在した

702 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:00:30.55 ID:tpj7fASR0
>>676
農民といっても地方の裕福な地主が暇つぶしに盆栽とか囲碁とか将棋のような趣味にしていただけで
当然ながら都市部を離れた田舎では長や坊さん以外は字が読めないなんてのは普通だった

703 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:00:42.82 ID:pPAg16TE0
乙武さんは聖人、みたいなもん?

704 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:00:51.29 ID:xTQhylu60
>>689
音を聞き分ける音感の人が居るくらいだから居たよ

705 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:00:54.78 ID:k8/GO1R40
この板の住人はやっぱりまじめな日本人だと思う
日本人は史実は史実として客観的に捉えようとしてるから好き
韓国北朝鮮中国なんて自分の都合のよいように歴史を塗り替えようとするから嫌い
日本人に生まれて良かった

706 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:00:56.09 ID:LRZKuWtZ0
>>669
尾張を直接狙ったらしいよ

707 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:01:08.45 ID:K2aC9P820
>>689
別の誰かのことだった、くらいはあるかもしれない
それでも結局誰かが聖徳太子の役割を果たしているわけだが

708 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:01:17.54 ID:+R683G3r0
>>694
それだけの理由だろうね。

709 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:01:33.29 ID:j4nWgS740
綱吉はショーケンの声が裏返って怒鳴りまくってるイメージが強い。

710 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:01:37.83 ID:81aAg+W+0
>>697
無くなったのは市街地。
1333の鎌倉での戦いで街は全部焼けた
その後も鎌倉府が置かれたりと、一応神社仏閣はずっと残ってたよ。
じゃなきゃ世界遺産申請しないだろ。

711 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:02:14.98 ID:6TfYCu4f0
>>701
神話にだまされてはいかん!
神とは古代では ありがたいものではなかったのじゃ!
たたりをなし 破壊と死をもたらす 恐ろしいものじゃった!

712 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:02:27.55 ID:PSwOGM+u0
名君暴君はともかく小説なんかであまりに安直な扱いされててうんざりすることがある
馬鹿でマザコン、みたいな

713 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:02:30.94 ID:TqJbcuZV0
教科書って、善人と悪人しかいないのなwww
功罪ともに大きな人物とか見た記憶が無いな。
だから、評価がクルッと反転するわけだwww

森鴎外は載ってても森林太郎のことは載ってないし。

714 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:02:33.97 ID:UNNSGWtb0
>>238
大抵混ざってるからなw

大友宗麟は遊び呆けて雷神に説教されたり
寺社壊してキリスト教保護して寺社に恨まれて滅亡の危機になった暗君暴君の面と
無料の診療所を作ったりした名君の面がある

武田とか島津とか周辺国にしたら暴君ってレベルじゃねーぞw
「財源?隣国からさらって来た奴隷の販売ですがなにか?」

715 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:02:47.42 ID:Td/hDTTBO
>>651
庶民は粟稗の雑穀飯にメザシ
犬は銀飯にイワシ。
と云う時代だよ。
 

綱吉は、占い師に、綱吉自身の悪い点を
『生き物を大切にしない、綱吉氏は犬年だから犬に祟られるよ?』と指摘された際
犬に祟られる怖さを先に外そうとした。

つまり、生き物を大切にすると云う自己改変の拒否反応によって、市民がとばっちりを食らった訳。
 

今の教育会に、国の内部機関であるリスク対策室が、『歴代のトップにケチつけられるのがリスク要因だ』として、『歴代首相の悪事に箝口令を強いた』だけ。

何か、リスク対策室含め、教育会のトップも、まるで綱吉みたいだなぁ…と。

716 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:02:52.56 ID:J/1JyQcv0
>>23
犬だけでなく生き物全般
を大切にするという法律だよ。

717 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:02:58.06 ID:lfSNllEq0
聖徳太子知ってる?

718 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:03:00.27 ID:wgvSkbF40
1580年頃まではオランダに似た自治都市堺もあってかなり進んでいた
堺では独自に貿易もやっていて鉄砲もかなり大量に作って工業が進んでいた

後進国に落ちぶれたのは、徳川と秀吉の争いのドサクサ紛れに後発地帯の関東がのさばったから
関東に足を引っ張られたからな

いまロシアと小島の領有でもめてるけど
17世紀に沿海州に進出していたらあの辺一帯日本の勢力圏になってのは確実

719 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:03:09.13 ID:LRZKuWtZ0
聖徳太子のことはこっちで
【週刊ポスト】1万円札の顔ともなった聖徳太子の価値はいつの間にか“暴落”していたと週刊ポスト2013年4月19日号★2
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1365844071/

720 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:03:09.51 ID:rQTBbnyL0
>>597
もう一つ付け足すなら、維新の時の薩摩の原動力は通貨発行(琉球の通貨を発行するという名目)
そしてそれを幕府で大々的にやろうとしたのが小栗で埋蔵金伝説はここら当たりから来ている。

勝海舟はその政策にはもう一つ理解がかけていたが、トレーダーととしては優秀だった。
江戸の土地転がしで大儲け。兵庫商社を設立しようとしていた小栗のことは徹底的に嫌っていた。

そしてその小栗の政策を朝廷の元に京都で大々的にやろうとたくらんだのが坂本龍馬。
これに関して、幕府と相談していたところで暗殺された。小栗との接触の可能性があったかもしれない。
小栗も同時期に惨殺されている。

維新後に金融政策をになったのが坂本と意気投合していた由利公正。

で、この金融緩和政策は朝鮮へ資金を大量投入したところでやばさが露呈。
不毛の地に金はばらまいてはいけないが、生産性の高い日本国内なら国は大発展する。

秀吉の失敗と似ている。

721 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:03:23.48 ID:0TdwN+3ZO
なんだっけ、厩戸皇子はいたけど聖徳太子はいなかったとか
何人かの功績が聖徳太子という人物の功績にまとめられたとか
そんなこと聞いたけど

722 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:03:29.80 ID:suzWTGwo0
聖徳太子は複数人の要素を合わせて作りあげられた説とかもあるね
ばぐ太が何人かの共有コテだと噂されているのと同じか

723 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:03:52.79 ID:bRl+Qqmu0
>>689
人間業じゃないから多分いなかったんだろう
とか
最古の文献に書かれていなかったから嘘っぽいね
とか
そんなものばかりで
否定されても誰がやったかは特定されていないね。
東大の焚書で燃えちまったかなw?戦後の文系は反日学者ばかりだし
文献の焚書なんてありそうなものだが。
人間業じゃないからいなかったなんて言ったら
江戸幕府を見送った大久保一翁なんていなかったことになるな。
異常な天才はいなかったことにすりゃいいのかもね。


ま、特アの意見でお札の人物が書き換えられるくらい圧力に弱いし
論なんてコロコロ変わるぞ。

724 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:03:56.87 ID:uH7t60rCP
〈犬を大切に扱ったことから、野犬が横行する殺伐とした状態は消えた〉

本当かのう。
犬を殺せなくなったら数が増えすぎて野犬が増えそうだけどのう。
狂犬病なんか本当、危険だしな。

逆に従来の、蚊を殺す所を見られてお家断絶は本当なんだろうか。

725 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:04:47.69 ID:3FIxDqTe0
>>705
あちらの歴史は、経典だからな
現実にどうとかいうよりも、こうあるべきってのが優先する

726 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:04:50.85 ID:ov/KhPuj0
犬を大切に扱うって野犬をどっかにまとめて飼育したって事?
そうでなきゃ野犬いなくならんでしょ

生類憐みの令のせいで鳥が取れなくなって困った庶民の話を読んだ事があるぞ
歴史小説だがな!

727 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:04:55.36 ID:XmgPgGFa0
ふざけるな、どれだけ多くの人が処刑されたことか

728 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:05:01.11 ID:aLHX3uNRi
聖徳太子の功績は実際は全部蘇我馬子のです

729 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:05:06.36 ID:81aAg+W+0
>>771
外国ではな。
日本は神が人に神罰を与えたってことはほとんど無い。

古事記においては二カ所、
神武天皇の母の股間をついた大物主(←日本神話最大の問題神)と、
朝鮮出兵を渋った神功皇后の夫を宗像三女神が呪い殺した(ってことになってるけど、たぶん神を利用した部下の暗殺)だけ
神が不機嫌になって雷を落としたり地震をおこしたりってことはない。

730 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:05:06.52 ID:DQmMVO4K0
まあ犬以下w

731 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:05:17.66 ID:TqJbcuZV0
>>216

むしろ、意外とまともという評価のほうが最近は多いな。

732 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:05:29.11 ID:mUR1vTDUi
>>643

>>451へのレスだね?

733 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:05:48.46 ID:xMkMA1Ta0
>>678
駿河の金山あるから無問題

734 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:05:50.75 ID:1GHmLj6V0
ちなみに聖徳太子はバリバリのヤンキー派です。
日いづるところの皇子…という書簡を送ってシナの
皇帝を怒らせたが、「そのケンカ買ってやんよ」という
手紙を預かった小野妹子が、これもって帰ったらやばい
戦争になると考えてなくしたことにしたほど血気盛んだった

735 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:05:51.27 ID:bRl+Qqmu0
綱吉の顔ってあれマジなんかな。
なんかきつそうだよなぁ。

736 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:05:59.70 ID:UT/JJ1th0
>>383
なわよし だよ何言ってんだおめー

737 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:06:16.66 ID:Wok9BwXR0
>>710
津波被害もあったんじゃなかった?
鎌倉大仏の大仏殿とか流されたんでしょ。

738 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:06:25.88 ID:DWsosuqKO
>>617
歴代で初めてアフリカに行って技術提供や資金援助は今でも感謝されてるそうですが。

739 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:06:28.08 ID:6TfYCu4f0
>>726
中野犬屋敷
ttp://homepage2.nifty.com/inutomononohu/nakanoinuyasiki.htm

740 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:06:31.37 ID:jtZVgEn60
ペット税の民主党の民主党の政策か

741 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:06:40.95 ID:2SMED6QW0
>>702
日本には寺子屋があったからね。
税金を誤魔化されないように自分でも土地の広さを計るんだが起伏の激しい日本の田畑の面積を正確に計るには幾何学の知識が必須で算額の本は当時の農家に愛されていたんだなこれが。

742 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:06:57.59 ID:81aAg+W+0
>>705
まあ自国の歴史をよりよく見せようとするのは国家として当然だし、
別にあっちの国があっちでやってるだけならいいけど、
日本の歴史にあっちの国が干渉してくるのは言語道断。
それを受けて向こうに都合良く変えちゃう売国奴はもっと死ぬべきだけど

743 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:07:13.81 ID:vFbFPM2e0
>>717
当たり前でしょそんなこと!
そんな無礼な質問があるか!

744 :もっこす:2013/04/14(日) 22:07:25.82 ID:5qSlPS3T0
日本書紀が後世に改竄された痕跡があるんだと。

745 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:07:37.10 ID:5pnlIGiw0
そんなころころ歴史が変わるなら、
受験の試験科目には適さないのじゃね?

746 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:07:41.06 ID:H/kl2hwF0
綱吉って暴君だったかぁ???
そんな認識、これっぽっちもなかったけど。

747 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:07:56.13 ID:5l1L018F0
>>702
読み書き算盤が出来なければ商家に奉公へ行っても番頭にはなれないし、
大工に弟子入りしても棟梁になれない。
日本における読み書き算盤は聖賢の書を読むためじゃなくて実用的な物。
識字率から言えばほぼ全員が読み書き出来たと考えていい。

748 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:08:00.65 ID:RU5uibeA0
>>729
人が神になって政敵ぶっ殺しまくった天神様は? くわばらくわばら

749 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:08:01.19 ID:tpj7fASR0
最初の地頭の設置も将軍の位も、どちらも東国統治のためだけなので
別にそのときから頼朝が全国を支配したわけでもない
実際に幕府が日本を支配したのは朝廷との摩擦のあとの承久の乱が境だから
むしろ1192よりも後じゃないとおかしい
でもそれを言うと天皇と真っ向から対立して革命によって政権を奪取した
という側面が強調されるから嫌がる人も多いのでは

750 :生粋の妊信 ◆Boy0562YHA :2013/04/14(日) 22:08:11.28 ID:S6gvKE7UO
>>702
そりゃ違うよ。
一説ではあるが江戸時代末期の成人男子の識字率は70%、成人女子でさえ30%あったと言われている。
寺子屋のない農村はほとんどなかった。
この識字率は、当時では世界随一、まったくダントツと言って良い高さ。
なんせ文字を読める農民は日本にしかいなかったわけで。

当時の農民が書いた帳面とか落書きとか、けっこう残っているし。
読み書きは特別なひとがするものではなかった。

751 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:08:28.80 ID:81aAg+W+0
>>734
あれもただ不遜だっただけじゃないぞ。
当時は朝鮮半島が動乱中で、シナが日本にまで手出しする余裕がない時期を見計らっての挑発。
おかげで日本は冊封体制から抜け出した。

シナにとっても朝鮮にとっても認めたくない現実だろうがね。
だから必死に聖徳太子の功績を懸想とするんだろう。

752 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:09:00.34 ID:YinQR4yk0
江戸時代初期の石高から計ると、今川義元25000ってなのは
眉唾な気がするし、三河を抜いちゃうと、そんな圧倒的でもないんだよな

ただ、石高(当時は貫高制だが)だけでは何とも言えないよね
豊臣期の佐竹が、奥州遠征時に要求された兵数は膨大だったらしいけど、
どうやって集めたんだろ?

753 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:09:05.19 ID:ov/KhPuj0
>>739
おお、これは面白い歴史
でも10万頭も集めてしまうとはやはりイカれた政策だったんだじゃないのかな
方々無理が出ていたんじゃないかと想像できるが

754 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:09:18.76 ID:6TfYCu4f0
>>702
そりゃどこの両班だ?

755 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:09:32.47 ID:81aAg+W+0
>>737
それは大仏を建てる時。
建長寺とか円覚寺とかはかなり奥の方にあるから津波はそう食らわないはず。

756 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:09:36.12 ID:u/0p9uD30
>>726
いくつかまとめて飼ってたとこはある
若松町だったか河田町の第八機動隊と小学校はその跡地

757 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:09:38.62 ID:7P7pTbiw0
>>663
日経の「私の履歴書」でもあったけど、森元はとにかく行動力がすごいのよね
とにかく何かなさねばと思うや否や、ってか思う以前にすぐに行動を起こす
口先ばかり達者で何もやらなかった鳩菅野田とはそれだけで雲泥の差
ってゆーか、自民と民主の最大の差はとにかく実行力だよなあ

758 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:09:39.03 ID:bRl+Qqmu0
今、

綱吉 エロゲ


で画像検索した。
有ったのかよ…orz

759 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:09:48.88 ID:X4ati7280
犬が食えなくなって困った人もいただろうな。

760 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:09:48.93 ID:1GHmLj6V0
>>750
さらに、字が読めない人のために判じ絵とかもあったしな

>>751
だよねぇ
ここ数年でいきなり、聖徳太子はいなかった!!でっちあげ!!というのが
流行りだした気がする

761 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:09:52.43 ID:V5qzAOz00
要するに、日本の歴史に混乱をきたしたい、勢力がいるということだけは分かるなwww
でも、これからファクトを元に歴史を作り上げるから、そこには私情を入れたスタンドプレー的なものは徹底的に排除されるのはいい流れだと思うwww

762 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:09:53.60 ID:H/kl2hwF0
>>743
つーか、聖徳太子って実在したかすら怪しいんだけど。

763 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:09:54.58 ID:1TnKtTX3O
>>746
将軍就任当初の吉宗がリスペクトしたくらいだし
暴君、悪政は言い過ぎかと思われる

764 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:10:20.57 ID:0TdwN+3ZO
うちの親(60代)が子供の頃の教科書には、シマウマがライオンに襲われた時
頭を内側にして円形に固まってひたすら後ろ足を蹴り上げ続けて
ライオンが近寄れないようにすると書いてあった…らしい
今の教科書も、また50年くらい後には「そんなバカな」って言われる内容が載ってるのかもな

765 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:10:46.67 ID:81aAg+W+0
>>762
はいはい朝鮮歴史朝鮮歴史
日本が冊封体制を脱したのがそんなに悔しかったのかよ(笑)

766 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:11:01.37 ID:4Tu64LaU0
村山元総理ですら評価が変わるから歴史は面白いな。

767 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:11:24.74 ID:tpj7fASR0
>>741
寺子屋はビジネス専門学校だから
都市部には田舎の農村とは全く異なる町人の豊かな世界が広がっていたが
手に職をつけるか読み書きそろばんを覚えて商家で働かないとビッグになれない
そんで勘定の仕方とか手紙の書き方なんていう超実践的なことを教わっていた

768 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:11:43.69 ID:LRZKuWtZ0
>>736
名前で思い出したけど、名古屋市教育委員会が設置した史跡の立て看板は労作なんだけど、
末森城址とか信勝が未だに信行なんだよな、あれ早く直してほしいわ
名古屋城内の「信長が那古野城で生まれた」って記述は直ってんのに

769 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:11:48.45 ID:rP5PBC7D0
>>764
例えのチョイスのセンスが悪すぎる

770 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:11:54.38 ID:6TfYCu4f0
>>762
上宮之厩戸豊聡耳命は居たんじゃないですか?

771 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:12:03.73 ID:ov/KhPuj0
実在を証明できない、とか言い出したら多くの歴史人物の実在が証明できないだろうな
伝説がまとわりついてるにしても、聖徳太子のポジションの人物はいたんじゃないのかなぁ

772 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:12:06.52 ID:3TfpNIi70
プーチンとの太いパイプを持っているのは森元だし

773 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:12:08.72 ID:1GHmLj6V0
>>758
これカテキョーヒットマンリボーンじゃね?

>>766
あんな最悪の総理はいないと思っていたらもっと下が存在
したからな

774 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:12:11.46 ID:H/kl2hwF0
>>765
は?

775 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:12:43.56 ID:81aAg+W+0
>>773
まあ全員社会主義者なんですけどー

776 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:13:07.76 ID:DQmMVO4K0
鳩山が最悪だと思ったんだよなあ。

777 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:13:12.15 ID:Td/hDTTBO
>>726
野犬に棚の商品を食われた商人が
犬をボコボコにしたら
打ち首獄門刑になったりしましたがね。=∇=;

778 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:13:53.31 ID:SaqlzXv40
この調子だと菅直人が神扱いされるのも遠くないな

779 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:14:08.18 ID:LRZKuWtZ0
>>764
教科書では見たことないが、学習漫画に似たようなのがあった

780 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:14:19.26 ID:WbBpmENxO
殺伐とした戦国の空気を一掃させる為とか病人や捨て子の保護も目的に含まれてたとかいろいろ議論があるものを結論も出てないのに単純な動物愛護として再評価するのはどうかと・・・

知ったかでその記述叩く人も頭悪い感じ

781 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:14:29.76 ID:Yq7CgA5V0
>>750
ひらがなだけなら、女も70%ぐらい言ってたと思うよ。
ひらがなも読めなきゃ買い物すらできないからな。

782 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:14:32.64 ID:1clJgE27O
鎌倉幕府は1192で、鎌倉時代が諸説あるんじゃないの?

783 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:14:47.14 ID:z2dVxisG0
いいんだよ「居た」で。
聖徳太子は。

どういうありようだったかは、それこそ歴史の専門分野でやってれば。

784 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:14:57.26 ID:akirUJwA0
その割には、100年続けろの遺言はあっさりスルーされ、代替わりで速攻、廃止されちゃったはずだけどねぇ

785 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:14:59.54 ID:Qy3pdAB90
幕府の御取り潰しで
大量の浪人が世に溢れ
その中には手習いの師匠になるものもいた。

ってのが皮肉にもでかい。

幕府が推奨したりもしているし。

786 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:15:26.94 ID:rP5PBC7D0
うまやどの皇子が変換できない

787 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:15:29.43 ID:GQB+72gS0
まあ江戸では見せしめのため被害者がでたけど
地方では全然守られてなかったとか
名古屋の畳奉行の話にあったけど

788 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:15:38.90 ID:81aAg+W+0
>>782
そう。
だから「天皇陛下が認めて鎌倉幕府を開いた1192年」じゃなく
「頼朝が東国で政権を運営し始めた1185年」を鎌倉時代の始まりってことにしたいだけ。
腐れ左翼共が

789 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:15:48.00 ID:bRl+Qqmu0
>>766
村山談話も回避策の参考になるね。
「実際に被害を受けた方がいらっしゃれば補償しますよ。」
と寸止めしてるだけ。謝っているけど、無条件には対応しない老獪な説明だった。
震災では自衛隊出動に反対した党内意見で動けなかったけどね…

790 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:16:29.63 ID:YaLYZ80/0
歴史は変わる
牟田口司令官も30年後には名武将だ

791 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:16:33.91 ID:XgyyMHh5O
歴史で一番重要なのは何が起きたかをなるべく正確に表現する事
そしてどんな影響があったかを同様になるべく正確に表現する事

今回の件をシンプルに表現するならば
前者は「徳川綱吉が生類憐れみの令を実施した」
後者は「殺生を忌避する価値観が広まった」

後は歴史をどう評価し教科書に載せるかどうかの判断の問題

792 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:16:48.26 ID:81aAg+W+0
>>789
慰安婦問題(笑)に関しては
村山より宮沢がゴミだったと記憶している

793 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:16:52.87 ID:PC/+qBnG0
北斗の拳の狗法眼ガルフを思い出した

794 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:17:11.46 ID:FDm7T8fEO
一方、北の将軍様は無慈悲であった

795 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:17:24.05 ID:tpj7fASR0
>>781
都市部でも商店の看板に商品の絵が描かれていたり
商品そのものが看板として掲げられていたのは
字が読めない人も客としていたため

796 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:17:37.34 ID:VYDSW5ys0
>>760
俺は思うんだ・・・判じ絵のほうが字よりも難しいって

797 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:17:41.77 ID:rQTBbnyL0
>>734
日本史はそういう血気盛んな右翼によって成立してきたといってもよい。

中大兄皇子も相当だったし。織田信長もそうだし。高杉や吉田松陰にしてもそうだし。
逆に、融和路線をとろうとした、蘇我氏とか、井伊直弼とかはやばい。

798 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:18:10.84 ID:yeEudx0Y0
>>750
当時の日本の産業レベルは相当高かったからね。
読み書きできないと町民はもちろん農民でもまともに経営が成り立たなかった。
だから必死に勉強して識字率はどんどんあがっていったんだよね。

799 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:18:21.90 ID:L0y7BOApO
将軍がいないのに幕府とかあり得んな。

江戸幕府は関ヶ原の戦いに勝利したときに成立とごり押しも可能になるのか?

夏の陣の後が幕府成立の正解か?
武家諸法度か?

800 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:18:23.02 ID:0wRNNf2O0
>>93
馬子も蝦夷も国津神の直系の物部の娘を正夫人にしてるのにか?
ちなみに、物部の娘って初代から皇后輩出した家系と言えば分かるよな。

801 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:18:52.31 ID:UNNSGWtb0
>>469
アスペゆえの変な行動がツボにはまった人達もいたけどなw
島左近「領地ほとんど任せてくれるとかありえねえ!まあこの人のために死んでやるわw」
大谷吉継「膿が入った茶を躊躇いなく飲んだ!コイツのために家臣も家も全部捧げてやんよ」

>>522
息子は今なら日本代表のエースストライカーなのになw
信長の前で蹴鞠披露しているからプレッシャーにも強い!

政治家やる気無かっただけだろうw
息子「兄弟分(家康)が天下取るから俺は嫁と遊んでいれば良いのだ」
と解釈できないこともないw
結果としては戦国トップクラスの勝ち組

802 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:18:53.16 ID:3FIxDqTe0
>>765
聖徳太子が実在・非実在に関わりなく、
日本が冊封体制を脱した(しようとした)のは争いがないだろう

803 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:18:53.58 ID:H/kl2hwF0
>>770
ほとんど伝説上の人物じゃんか

804 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:19:10.73 ID:u/0p9uD30
>>786
その伝説はどこかのカルト教祖のエピソードが入ってそう

805 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:19:34.52 ID:81aAg+W+0
>>800
本当に朝鮮人は日本の歴史に入り込んで来たがるよなwwwwwwwwww
三韓征伐とか丸無視して

806 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:19:46.22 ID:hmxsXTq20
キリストも仏陀も伝説上の人物だわな

807 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:20:19.48 ID:tt1OfTAC0
>>762


>>717>>743
は、朝まで生テレビの有名なネタだから
http://www.tudou.com/programs/view/xCRTUrjw_5c/

808 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:20:20.07 ID:F6vo+LaEP
>現代の感覚で動物愛護だから名君とかやってないよね?
 
時代の感覚がどうの、と言うのなら
綱吉以前は武士が辻斬りをやらかしていた
という時代の感覚は理解しているんだろうね?
 
あの水戸光圀も若い頃、悪友に付き合って
しぶしぶながら乞食を斬っている。
{本人の手記で述べている)
 
綱吉以降は、武士と言えども人斬りは大事に
時代の感覚が変わった。
 
そこまで理解して言っているのか?
まさかとは思うが、生類哀れみの令が
ただの犬保護目的とか、思っていないよね?

809 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:20:25.06 ID:+hoZ0JZRO
名君ハバネロ

810 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:20:25.39 ID:81aAg+W+0
>>803
朝鮮人は聖徳太子の本名も知らないのかよwwwwwwwwwwwwww

811 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:20:27.92 ID:B3GdgVYO0
なんの資料だ?江戸に野犬が横行していた訳ないだろ。
貧乏人がこっそり食べたり、薬喰いしてたんだから
処置に困る程の野犬がいたはずがないんだよ。

812 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:20:31.98 ID:bRl+Qqmu0
>>767
一方、若い武士は就職活動の際には
城下に行っては屋敷訪問をして情報収集や売り込みに出かけ、
特技アピールの為に学問所の成績を競い、
剣術も学ぶなど今と変わらんw

813 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:20:37.60 ID:akirUJwA0
>>782
「本日只今より鎌倉幕府を成立します!!!」という宣言があったわけでなく、そもそも、「鎌倉幕府」という言葉すら後世に着けられた物で、いつを「成立」とするかに諸説があるって話だったと思う
1185年や1192年も諸説の一つにすぎなくて、他にも3つか4つ説があるので、今後、また、別の年を成立とするようになるかも知れない

814 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:20:51.61 ID:DQmMVO4K0
クルッポも実在疑われるだろうなあ。
こんな奴いるわけないじゃん。でオシマイだわ。

815 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:21:02.65 ID:tpj7fASR0
経営感覚を持って一定の土地の農業を経営、支配していたのは地主層であって
これは今の中小零細の経営者層に近い
当然インテリ
それを指して「農民でも読み書きが〜」と言っているのなら文句はないが

816 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:21:03.88 ID:8XBfAisv0
片思いのことを足袋屋の看板としょうするわけでして

その心は

片っ方だけ出来てる

817 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:21:30.21 ID:fkQY06M00
暴君って言ったら
暴れん坊将軍だよねぇ

818 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:21:36.17 ID:81aAg+W+0
>>813
常識から考えて天皇陛下が「政権を許した」1192以外に考えられないんだけどな
日本人の常識なら

819 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:21:45.56 ID:H/kl2hwF0
>>802
そらそうさ
でも、聖徳太子が実在したってのはかなり眉唾ってのが最近の通説
別に日本の歴史を貶めるとかどうとか関係なくな

820 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:22:02.68 ID:yeEudx0Y0
>>799
>将軍がいないのに幕府とかあり得んな。

逆だよ。
将軍も幕府もあとづけで、最初に実態がある。
徳川政権は1600年の関ヶ原で家康が勝って、領地の分配をした時点で成立したんだよ。
豊臣政権も完全になくなったわけじゃないからその後しばらく二重政権時代が続くが、いずれにしろ家康が領地の配分をした時点で徳川政権は成立してる。

821 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:22:03.96 ID:k8/GO1R40
三韓征伐ってなんで起こったの?
昔朝鮮半島南部に居住してた日本人が追い出されたことで
朝鮮はけしからんと征伐しようとしたの?

822 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:22:06.13 ID:ZJmYyK2D0
>>795

今でも日本では字の読めない人向けに店頭に食品サンプルとか展示してて
識字率の高い外国人に驚かれたりしてるらしいな

823 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:22:21.16 ID:9TI6yf6P0
>>788
わかったわかった。わかったから小林教徒は2ちゃんに出てくんなよ。
ゴーマニズムとSAPIOの勤行と題目の日々に戻れよ。
いっとくけど真っ当な史学者や学会誌じゃそういうのマジメに論議してないから。
例えるなら邪馬台国論争みたいなもんだ。素人衆が血相変えて罵り合ってるけどね。

824 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:22:40.09 ID:81aAg+W+0
>>819
テレビでこんな説を言ってた!
周りのみんなが知ってるのと違う説だ!
俺だけがこれを知ってる! これが真実だ!

だろ?

825 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:22:41.11 ID:Yq7CgA5V0
>>814
生きてるうちに伝説上の人物になったということは、ある意味すごい人かも。
あくまでも「ある意味で」だが。

826 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:22:43.32 ID:9T8svOSN0
>>49
その古文書が正しいかどうか。

827 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:22:44.06 ID:1GHmLj6V0
>>796
>判じ絵のほうが字よりも難しいって

大丈夫、皆クイズ得意だったからw
とか言ってみる

828 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:22:53.47 ID:ueyivSp+O
ネトウヨを調教した安倍総理も、名宰相って言われるの?

829 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:23:08.71 ID:LRZKuWtZ0
>>819
通説ではない

830 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:23:10.41 ID:m4xdRWTg0
>>795
店なんだから何を扱って今どんな品があるか
客に分からなきゃ商売にならないだろ。
字がどうとかじゃなく
「うちは○屋で、今はこんな品が入ってますよ」的なもん。

831 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:23:18.67 ID:F6vo+LaEP
>牟田口司令官も30年後には名武将だ
 
じっさいインパール作戦は第二援蒋ルートを遮断する為の大戦略で
大本営の命令で行ったもの。
 
NHKスペシャルでは牟田口の思いつきで行ったような言い草だったが
牟田口は現地の兵力が出来る範囲で全力を尽くしただけ。
 
大変な苦戦で大損害も出したが作戦目的は結構達成している。

832 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:23:41.16 ID:81aAg+W+0
>>823
で、出た〜wwwwwww
論破できなくてレッテル貼りwwwwwwwwww
なんでそこで小林が出てくるんだよwwwwwwwwwwww

833 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:23:46.88 ID:xO3IEnY90
生類憐れみの法なんて
まるで西洋のおとぎ話の中に出てくる自分勝手な王様がつくったような法律だよな
なんかやる事が非常識すぎて日本人離れしている気がするw

834 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:23:56.69 ID:UNNSGWtb0
>>572
坊さんの日記「オナホ(のルーツ)に人肌に温めたこんにゃくを刻んで入れて
突っ込むと気持イイ!」

こんな時代だったとかw

>>617
日本中大抵の田舎で光回線でネットできるのは森総理のおかげ
IT革命だけで2ch的には名総理だろ?

835 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:23:57.97 ID:H/kl2hwF0
>>810
これだからお馬鹿さんはw
ま、自分で少しは調べて御覧w

836 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:24:04.18 ID:rP5PBC7D0
今、大和朝廷も言わないんだってね

837 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:24:07.13 ID:rQTBbnyL0
勝海舟の評価は高すぎるだろ。

あれは、高利貸しと土地転がしで儲けた堀江のような存在みたいな評価もあっていいと思う。
海舟座談もいってみりゃ、エロじじいのブログだし。

江戸の無血開城が評価されてるけど、その前に、薩摩にやられるぞといって、江戸の土地を安値で大量に買い込んでたわけであって。

福沢なんて勝海舟のことぼろくそ。
小栗、坂本路線なら朝鮮併合なんてなかっただろう。

838 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:24:24.47 ID:yeEudx0Y0
>>819
はあ?聖徳太子不在説なんてはっきりトンデモ説で確定してるぞ。
聖徳太子が実在してないならその後の山背大兄王とかどうなるんだ?
彼はその後の政局に極めて大きな存在だぞ。

839 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:24:42.09 ID:81aAg+W+0
>>821
「西の方に野蛮人の国がある。あそこは支配しなきゃ行けない」
って言い出したやつが居たから。
それに反対した14代目天皇は呪いで死んだ。

840 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:24:49.76 ID:bRl+Qqmu0
>>790
牟田口の部下がミャンマーに残留して
アウン・サン・オンサンと共に打倒イギリス軍で共闘してる。http://www.nikkei.com/article/DGXDZO38889100X10C12A2TY1P01/
独立戦争で立派に勝ちましたよ…

841 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:24:57.51 ID:oQ0l2L37O
日本史も大事やろうけど
県の歴史、市町村の歴史もしっかりやるべきだと思う
特に小中学校はやるべき
郷土愛てそういうとこから生まれると思う
城下町にすんでいながら誰が建てた城かもしらない奴が大杉

842 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:25:05.56 ID:tpj7fASR0
常識で考えて朝廷が鎌倉に許可したのはローカルな支配権だけでして
それをむりくり朝廷や貴族の土地まで侵食してって下克上みたいに権力奪取したのは
頼朝じゃなくて北条家だと思います
頼朝はどっちかというと朝廷に媚びて娘を嫁入りさせようとかして
なんとなく清盛の真似やってた感がある
清盛のようになりたかったのだろう

843 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:25:07.37 ID:fQSldXGZ0
経済閣僚に柳沢吉保抜擢して経済浮揚っせたからな
元禄バブルで経済も文化も一気に花開いた
極短命の6,7代挟んで事実上その後を継いだ長期政権吉宗は緊縮財政で経済ガタガタにしよったからむしろ暗君
母親の実家の雑賀衆使って父&兄2人を含む政敵殺しまくってるダーティーな暴君でもある

844 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:25:08.21 ID:z2dVxisG0
小さな部分では、吉宗と意次辺りは
けっこう色んな見かたがされるようになってきたかな。

845 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:25:19.02 ID:81aAg+W+0
>>835
バカはお前だろ(笑)

846 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:25:20.55 ID:DCV+4jYu0
>>831
明らかに「できない範囲」だっただろ。
作戦目的は全く達成できてない。
嘘ばら撒くのもいい加減にしろ。

847 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:25:25.36 ID:akirUJwA0
>>788
違う。
1185年は守護や地頭を任命する権限を朝廷から頼朝が与えられた年(文治の勅許)
あと、征夷大将軍よりも近衛右大将の方が重要視されてたとか言う話もどこかで読んだ気がする

848 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:25:44.85 ID:WlcC0sGGO
ちょうどこないだ話題にしてたわ
二十歳の子は1185とかでこれはいい飲み屋の話題になる

849 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:25:48.13 ID:81aAg+W+0
>>840
それは決して牟田口が有能だったわけではないけどな
むしろ部下凄すぎだろ

850 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:26:01.64 ID:zVR1xikM0
>>806
仏陀は墓も特定されてて、イギリスによって発掘調査もされてる。
キリストよりは遥かに確かだよ。

851 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:26:16.44 ID:xTQhylu60
>>711
あの朝鮮人は、朝鮮半島へ帰ってくれませんか?
手を合わすことの大切さもわからない人間は、朝鮮人しか居ないんだよ!
迷惑だから、帰れ!

852 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:26:49.57 ID:81aAg+W+0
>>850
仏陀は元々がそこそこ名の知れた王族だからな
キリストって何者なんだっけ?

853 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:26:58.61 ID:6TfYCu4f0
>>839
なんか気持ち悪い話だったな

854 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:27:07.64 ID:H/kl2hwF0
>>845
よっぽど悔しいのかw
なら、お前自身の言葉で聖徳太子が実在したという確固たる証明でもしてみろよw

855 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:27:12.38 ID:L0y7BOApO
>>820
形式は大事。
徳川政権の成立ならそれでよい。
幕府はだめだろ。

豊臣政権はあるけど、豊臣幕府はないだろ。

856 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:27:20.10 ID:k8/GO1R40
>>839
ありがとう
昔からよけいな事を言い出すやつっているんだね
朝鮮半島なんて関わったらだめなのに

857 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:27:24.76 ID:xO3IEnY90
>>831
できたらいいな、こんなこといいな、って妄想だけで作戦立てるんなら
のび太でも出来るんだよ?
補給なんて要らない、日本人は草食動物だったのだから
山の草木を食えば、兵糧は無限にあると無茶苦茶な命令を下したそうなw
結果、補給が受けられずに多数の犠牲者が出て、惨敗
こんなのが名将か?w

858 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:27:26.45 ID:z2dVxisG0
>>833
禁酒法のほうがよほどブッ飛んでるだろ。

859 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:27:49.66 ID:81aAg+W+0
>>854
はいはい、聖徳太子の本名を別人と勘違いしちゃってったやつは黙っててね(笑)

860 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:27:51.40 ID:DQmMVO4K0
>>852
そういやそうだな。誰だあいつw

861 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:28:25.33 ID:m4xdRWTg0
>>838
聖徳太子が本当に天才だったかとか
聖徳太子が行ったとされるものが本当にそうなのかって言うなら分かるけど
実在しなかったっていうのは、おかしいよねw

862 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:28:53.84 ID:4qKrAJSI0
>>788
もうちょっと色眼鏡なしに勉強したほうがいいと思う

863 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:29:01.34 ID:yeEudx0Y0
>>855
でも、当時は幕府って言葉が確立してたわけじゃないしねえ。
ちなみにおれは鎌倉幕府は1180、頼朝が鎌倉に入った時点で成立と思ってる。
吾妻鏡がその立場だしね。

864 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:29:07.08 ID:iM0Hdyqc0
そういった人物が死んで復活したということを信じる教団が存在したことが確認されてます

865 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:29:07.46 ID:6TfYCu4f0
>>851
諸星大二郎の暗黒神話って知ってる?

866 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:29:18.18 ID:ov/KhPuj0
>>860
キリストの親父は大工だっけか
クリスチャン系の幼稚園で教わったのに忘れたわ

867 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:29:33.76 ID:bRl+Qqmu0
>>849
うちの爺さんも軍だったけど、

兵士一流
将校二流
参謀三流
司令無し

なんて大笑いしていたぞw


志が大きいだけでは無く、司令官が戦略を現場と共有できれば凄いとかなんとか。
最近話題の北方領土でも占守島の戦いとか
現場だけで戦った方が成績良いよねw

868 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:30:08.49 ID:RU5uibeA0
坂上田村麻呂幕府はないぞ。(あ、政権としてのね)

869 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:30:21.89 ID:81aAg+W+0
>>867
日本は昔から世界一優秀な兵士と世界一無能な指揮官って言われてたよね。
現代の企業でもそうだが……

870 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:30:23.19 ID:HVZiCBOp0
幕府を立てられなかった時の権力者の末裔は部落民となっている。
例えば、木下家、平家など

871 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:30:26.05 ID:DQmMVO4K0
>>865
オチが馬頭だっけ^^;

872 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:30:30.81 ID:akirUJwA0
>>818
勅令もいくつか出てるよ
まず、1182年に東国支配を認める宣旨、1185年に地頭や守護を任命する権限を与える勅旨、1190年に近衛右大将に任命されて政所を開く権限を得て、1192年に征夷大将軍
どの時点で源頼朝の支配体制が敷かれたと見るか?と言うだけの話

873 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:30:43.27 ID:m4xdRWTg0
>>851
多分、その人は諸星大二郎の暗黒神話の読み過ぎかと

874 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:30:44.41 ID:xO3IEnY90
>>858
子供に噛み付こうとした野犬を蹴っただけでも処刑される江戸庶民にそんなこと言えるのか?w
酒も麻薬の一種だと思えば、禁酒法も当然といえば当然だろ

875 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:30:46.77 ID:4tRp5rCe0
>>410
ソースがポストセブンではね…。

876 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:30:50.67 ID:LRZKuWtZ0
>>850
因みにその時発掘された遺骨の一部が、日本では名古屋にある
覚王山日泰寺がそれだ
また、発掘したイギリス人の名はウィリアム・プッペだが、ペッぺとも書かれる

877 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:31:14.23 ID:/N9ffUiR0
>>859
婚前性交で子供できちゃった

婚前に子供作る行為しちゃダメだから、してないことに

処女受胎

878 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:31:36.21 ID:6TfYCu4f0
最近は豊臣公儀とか徳川公儀とかが流行ってる?

879 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:31:39.59 ID:rP5PBC7D0
小学校の歴史の本にキリストが出てきた時
驚愕したわ

幼稚園で習ったけど、イエスキリストは当然フィクションだと思っていたから
納得できなかったのはいい思い出

880 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:31:40.38 ID:L8w3iF/x0
坂本や西郷の評価ってのも面白いとこだよな
政府べったりで資金を調達し、ニートを徴用して住み込み低賃金で国土富強をはかったり
大量解雇に伴う失業者に職を与えるための植民地政策と色々あって評価は分かれると思うんだが

881 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:31:40.99 ID:axBwdteu0
ゆとり世代相手にはそのくらいがちょうどいい

882 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:31:46.00 ID:p2LG7kff0
>>190
「鳩山家は4代6人に渡りアメリカと戦った英雄の家です」
とか書かれてもおかしくはないな。

883 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:31:49.19 ID:ov/KhPuj0
>>865
暗黒神話のセリフだったのか
難し過ぎるやろ

884 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:31:57.07 ID:L0y7BOApO
>>863
◯◯政権ならOK。
幕府と呼ぶなら将軍が必須

885 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:31:57.90 ID:yeEudx0Y0
>>869
でもね、いくら下が優秀でも上が無能だと勝てないんだよ。
それは近くは民主党政権や昭和の軍が証明したし、戦国時代でも嫌ってほど証明されてるw

886 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:32:02.64 ID:w0hWFR480
種なし祈願の何が慈愛なんだ?自愛だろ?

887 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:32:04.17 ID:9TI6yf6P0
>>832
ゴーマニズムの剽窃をばらされて涙目ではしゃいでんなよ、パクリ野郎。
てめえの頭なんかその程度だろうがカス。

888 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:32:09.89 ID:F6vo+LaEP
>>846
じっさいに連合軍側が高く評価しているんだけど?
 
スチルウェル中佐の証言
>「英軍は完全に奇襲された。準備半途を衝かれ、奇襲は決定的なものであった。
> 首府ディマプールには予備団も無く、日本軍があのまま一押しすれば攻略は
> 易々たるものであったのだ。  
> 一方に、インパールの驚きは想像以上であって、守将ジファード大将の如きは、
> 一旦遠くカルカッタ方面まで退却して後図を策するの是非を、マウントバッテン
> 総師に伺いを立てるほどの驚きであったのだ」

889 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:32:12.51 ID:81aAg+W+0
>>880
坂本龍馬・宮本武蔵は完全に捜索の影響で有名になった者だと思う。

890 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:32:39.89 ID:z2dVxisG0
>>874
時代を考えろよ。
そも禁酒法の内容と目的を知らんだろ、お前。

891 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:32:40.93 ID:tpj7fASR0
ある日突然、朝廷の命令で政権が鎌倉に移ったわけではなく
「鎌倉とその周辺を統治することを認めてあげます」
といわれた集団がじわじわ、後にガンガン、朝廷や貴族の土地を侵略していって
最終的に都に攻め入って政権を「奪取」したんですよ

892 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:32:40.87 ID:xMkMA1Ta0
>>854
ならお前が実在していることも証明出来る?

893 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:32:43.51 ID:LN1T9aHVO
要するに体制擁護だろ

894 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:32:44.92 ID:uwF41YMR0
ドイツ人の将軍と日本人の兵隊がいれば世界最強の軍隊になるんだそうだ。

895 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:32:57.15 ID:V9Zb7kFQ0
ニューヨークがいい例で動物虐待取り締まったら犯罪が減った
綱吉は先見の明があったってことだよ

896 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:32:59.63 ID:j4nWgS740
また地震か
西から石田、北から上杉に挟撃されているな、江戸。

897 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:33:08.19 ID:k8/GO1R40
史実−聖徳太子は実在した
伝説−ユダヤ教宣教師の末裔は日本にやってきていた

898 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:33:36.79 ID:u/0p9uD30
>>866
単性生殖で父親不在らしいぞ

899 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:33:49.49 ID:xO3IEnY90
>>860
キリストは大工の息子って伝説らしいけど
本当はローマ帝国の皇帝の落としだねって説がある

>>885
日本って、歴史的に見て、上の階級ほど無能なんだよな
それが日本人の悲劇

900 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:33:56.45 ID:H/kl2hwF0
>>859
なんだ、もう遠吠えしてんのかwww

ってか(笑)って爺様かよwwwwwww

901 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:33:58.33 ID:/N9ffUiR0
>>894
…イタリアの入る隙間はある?

902 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:34:00.85 ID:5l1L018F0
遠征軍の将軍が遠征先で単独の政権を作れるっていうの中国の昔話を、
大江が拡大解釈して朝廷から独立したんだろ?
それなら征夷大将軍のになった時点でよくないか?

903 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:34:13.64 ID:w0hWFR480
>>889
坂本龍馬とかやったことは糞の極みだしな
幕末の菅直人レベルだよマジで

904 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:34:51.39 ID:bRl+Qqmu0
>>869
親会社が子会社や下請けに
割に合わない仕事を押し付けてブラック化させ、
業界構造の非効率を放置してるしな。
しかも親会社の無能社員を子会社に押し付けるアホな事態。

綱吉の時、そういう腐敗を政治で根絶させようとしてるね。
地方政治の汚職防止とかしてる。

905 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:34:55.29 ID:81aAg+W+0
>>888
「(補給線も確率してないのに)こんな(馬鹿なことを)やる軍隊があるのか!」
って驚き半分の評価じゃね?

神風特攻隊だって発案者自身が統率の外道と認めるほどあり得ない作戦だったけど、
その成果と驚きは(人的被害を無視すれば)米軍を驚かせるのに十分だったから
驚かせるためだけに何万人も死んでちゃ意味ないだろ。
そりゃ相手は驚くよ。

906 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:35:00.07 ID:Yq7CgA5V0
>>877
その辺、ヘブライ語の誤訳ってことで確定してるんじゃ?
「乙女」を「処女」って翻訳しちゃったとか。
「針の穴」ってエルサレムに実際にあった門の名前で、人間が腹這いでやっと通れる門だったとか。だからラクダを通すのは難しいっていう。

その他いろいろ誤訳や誤解があるみたい。

907 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:35:04.36 ID:DQmMVO4K0
キリストって父親いたんかいw

908 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:35:15.82 ID:ov/KhPuj0
>>898
そう言えば、勝手に出来た子なら父親とはいわんはずだなw

909 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:35:17.90 ID:EYx97pHL0
とんと忘れてたが
綱吉は猫も保護したのかな?
猫は別腹扱いなのかな、犬だけで

910 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:35:20.34 ID:VYDSW5ys0
>>866
大工の父ちゃんのヨセフさんは養父扱い

911 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:35:23.71 ID:F6vo+LaEP
牟田口の指揮は正しく、インパール作戦はあと一歩で成功していたと
イギリスでは評価されている。

★アーサー・スウィンソン大尉『コヒマ』
 牟田口の方が、実際には正しかったのである。
 これがナポレオンの言った「機宜」というものであろうか。
 佐藤師団長が一ヶ月の間に、ディマプールを占領しさえしていたら、
 英軍は懸崖に立たされていたであろう。
 
★アーサー・パーカー中佐の書簡(英第四軍団参謀)
 もし日本の連隊がディマプールに突進しておれば、インパールも
 日本軍によって占領されていたでありましょう。
 なぜなら、佐藤師団がディマプールに突入していたら、
 英第四軍団はインパールから撤退していたからであります。

912 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:35:46.59 ID:tpj7fASR0
アメリカ人の将軍とドイツ人の将校と日本人の兵卒が軍隊を組織して
その戦争をユダヤ人が映画化すれば最強でしょう

913 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:35:54.69 ID:81aAg+W+0
>>900
関係ないところを突いてきたか、
恥ずかしくて聖徳太子の話には戻れないんですね(笑)

914 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:36:06.88 ID:m3a57EoS0
日教組がサムライ政権を貶めてたことも併記しておけ

915 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:36:08.20 ID:L8w3iF/x0
>>889
宮本武蔵はいいんじゃねって気がする
坂本は司馬龍馬だろうけど

916 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:36:19.68 ID:xO3IEnY90
>>890
は、宗教的な理由だって言いたいのか?
だったら生類憐れみの法こそ、占い師に占ってもらった結果で出来た糞法律だろうが?w
どう考えても、出来た原因を考慮してみても生類憐れみの法なんかよりも禁酒法のほうがマトモだよw

917 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:36:21.09 ID:+R683G3r0
>>891
そして鎌倉幕府で、最高権力の天下を取った北条家は
結局代々一度も将軍職にはつかず、執権にしかならなかった。

そして実際の将軍は、天皇家から就任させていたのが
興味深いと思う。

918 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:36:24.84 ID:H/kl2hwF0
>>907
いるだろJK

919 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:36:34.01 ID:xTQhylu60
>>854
絶対音感は、聖徳太子から来てるんだよ!わかったか!

920 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:36:39.22 ID:RU5uibeA0
>>888
社交辞令を真に受けてそれ以降「俺は正しい」と開き直るようになった
有名なきっかけだね。中佐は現場の副官レベルだからその程度の認識だった
だけなのに。

921 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:36:44.99 ID:ZJmYyK2D0
坂本龍馬は
サイバラいわく「司馬遼太郎のフカシが」
まったくそのとおり

922 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:36:49.09 ID:akirUJwA0
>>902
「将軍」になった年なら、1190年に「右近衛大将」になってるわけだが……

923 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:37:16.45 ID:81aAg+W+0
>>899
源平の昔や、せめて戦国時代ならたった一人の英雄の登場で歴史が動くこともあったが、
現代じゃどんな大天才が出てきたって一人で国家を変えるなんて不可能だしね……
それこそミュールくらいの人物じゃ無きゃ

924 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:37:26.78 ID:V5qzAOz00
いずれにしても、教科書には、在日朝鮮人を祖国に全員送還は歴史の教科書には載るなwww在日チョンよ、誇りに思えwww

925 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:37:50.12 ID:81aAg+W+0
>>901
料理班

926 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:38:00.25 ID:2SMED6QW0
>>815
文句があろうと無かろろうと、江戸当時の日本社会じゃ読み書きと算術は必須技能に近いからw
学問の普及という一点においては間違いなく当時世界一だよ。

927 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:38:02.37 ID:Z4Sw4XoF0
アフォ

犬を殺したら処刑だった

事実を隠ぺいしてるなw

928 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:38:05.50 ID:yeEudx0Y0
>>917
北条宗家こそ暗君が少ない脅威の家系だよなw
出来が微妙なのは経時と高時くらいのもんってのは名君率高すぎるw

929 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:38:35.09 ID:H/kl2hwF0
>>913
はぁ?聖徳太子虚構説すら知らなかったお前が言うセリフかよwww
戦前の教育受けてきた爺様はさっさと糞して寝ろってwww(笑)

930 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:38:39.13 ID:6TfYCu4f0
イエスは普通にヨセフさんの息子だろ
兄弟も多かったようだし

931 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:38:40.58 ID:DCV+4jYu0
>>911
31師団がディマプールを占領できた可能性など絶無。

932 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:38:40.70 ID:F6vo+LaEP
牟田口の指揮は正しく、インパール作戦はあと一歩で成功していたと
イギリスでは評価されている。その2
 
★マウントバッテン大将の報告書(英軍東南アジア総司令部司令官)
 日本軍が、すぐに第二目標であるディマプール攻撃に移っていたならば、
 そのころ、まだ兵力の集中できていなかった連合軍はこれを防ぐ方法は無かった。
 ディマプールで補給を済ませれば、日本軍はインパール道路をコヒマで切るのと
 同じような有効さで切ることが出来る。
 さらにもっと重大な全アッサム補給戦の切断ができ、対支援助も北部方面への
 補給も不可能になる
 
★第14軍司令官スリム中将『敗北から勝利へ』
 日本の軍司令官のなすべき全ては、コヒマを妨害するため一支隊を残し、
 師団の主力を持って猛烈にディマプールを衝く事であった。
 幸いにも彼(牟田口司令官と対立した佐藤師団長)は、ほとんどそれを
 しようとしなかった。
 佐藤中将は、私の遭った日本の将軍中で最も消極的であった。

933 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:38:45.06 ID:CgEyit/aP
>>1
ちょっと待て!
聖徳太子の実存に意義を言ってる連中って
中国の手先だろ
おかしな連中の歴史修正主義を説として入れるなよ

934 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:38:47.25 ID:HzjEgGZl0
最近のペットブームの影響かな

935 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:38:54.68 ID:hLQLaEdyO
>>818つまり、反日支那朝鮮民族が
日本の歴史を歪め、歪めた実績を作り
ねつ造の歴史で日本を牛耳るつもりだ
反日支那朝鮮民族の影響力を日本で誇示したいから
つまりは反日支那朝鮮民族は日本乗っ取りを目論んでいる

国家予算で世界中で反日活動している

反日朝鮮民族の反日活動はあからさまだが
支那共産党は
孔子学院を世界中に展開し
歴史をねじ曲げ
世界を狙っている
日本に孔子学院が異常に多い
孔子学院については新唐人テレビでもやっていた
日本は反日国家と国交断絶し、反日民族は平和的安全に愛する祖国へ強制送還するべき
鎌倉幕府は1192ですね

936 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:38:54.81 ID:rP5PBC7D0
リンカーンをリンカン
フビライをクビライ

とか変えなきゃいけないのか?ってのがある
所詮カタカナ読みなんだから大差ないだろうって思う

937 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:39:09.49 ID:u/0p9uD30
>>889
つまり巌流さんは幸せだったのか

938 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:39:14.36 ID:3FIxDqTe0
聖徳太子については、子孫がいないってのが、非実在を思わせるってのはあるかもな
普通は、そこそこ有名な人物なら、嘘にもせよ、子孫を名乗るのがいるからな
非実在の人物だから、そんな人の子孫と名乗ると、すぐ嘘がばれるという共通認識だったのか、
子孫というものが存在しないということがはっきり分かるほど根絶やしにされたのか
(自発的にみんな死のうとしたなんてのは美化だろうけど)

939 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:39:17.75 ID:Yq7CgA5V0
>>926
寺子屋のおかげだよね。

仏教は偉大なり。

940 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:39:26.65 ID:ov/KhPuj0
>>925
大丈夫?
料理が出来てくるのに時間かかったりしない?

941 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:39:38.61 ID:VboCAOpp0
https://www.youtube.com/watch?v=P_aFJauHdx0&feature=youtube_gdata_player

942 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:39:39.93 ID:i6ADsqhc0
>>923
ミュールなんて知らん。

943 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:39:40.25 ID:MDQxiuCb0
赤穂藩潰して吉良を無罪にしたのはいただけない。

944 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:39:42.58 ID:81aAg+W+0
>>911
「あと一歩で成功していたかも?」レベルで
何万人も兵士が無駄死にしたんだから大失敗も大失敗だろ

945 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:39:57.83 ID:Q6R6ID5K0
聖徳太子は大化の改新の二人が
権力奪取の正当性をでっちあげるために作った架空の人・・・

って「邪馬台国はどこですか」というなかなか面白い異端歴史ミステリー小説に書いてあった。

946 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:40:18.60 ID:ZJmYyK2D0
>>923
今の世界の歴史も第二ファンデーションがコントロールしてる事を知らんらしいな

947 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:40:22.63 ID:L0y7BOApO
>>872
後白河が死んだ時だと。w

948 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:40:41.35 ID:m4xdRWTg0
>>927
奈良も鹿を殺したら処刑だっけ?

949 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:40:46.37 ID:H/kl2hwF0
>>919
そーかい、バカチョンチョンw

950 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:40:56.61 ID:tpj7fASR0
>>917
鎌倉の連中が欲しかったのは関東の土豪を納得させるだけの「権威」だったので
なんとなく偉そうで高貴な人なら誰でもよかった
頼朝を担ぎ上げたのも朝廷とゆかりのある貴人だったからにすぎない
そんで担ぎ上げた連中の間で内ゲバが起きて、政敵に反逆者の汚名をきせてつぶしたりして
最終的に生き残ったのが北条
鎌倉の政権が日本を支配したのは頼朝が死んだあと朝廷とケンカして勝ったからで
それを朝廷から許可をもらって頼朝が幕府を開いて鎌倉時代が始まった
なんていう誤解は江戸幕府の将軍職というものの印象が強すぎたせいだと思う

951 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:41:08.01 ID:DQmMVO4K0
ミュールとかユニークとか知らん。

952 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:41:32.31 ID:Yq7CgA5V0
>>938
山背の一族は全滅させられたんだが?
子孫がいるわけないだろ?

953 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:41:34.16 ID:ov/KhPuj0
>>906
ほうほう、んでその間違いを基に
「処女懐胎すげー」って変な話になってしまったのか

954 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:41:43.73 ID:F6vo+LaEP
牟田口の指揮は正しく、それが今現在、戦場となった現地で
映画化されようとしている。
  
 
【国際】 "気品にあふれた真の日本兵の姿を伝えたい"
     インド人監督が日本軍のインパール作戦題材にメガホン
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120624/ent12062420040013-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120624/ent12062420040013-n2.htm

955 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:41:55.53 ID:xO3IEnY90
>>943
吉良は刀抜いてないし
一方的に浅野の殿様に襲撃されたわけだぞ

現代的に言えば、ふだん仲の悪かったサラリーマンの一方が
刃物で襲って相手を怪我させた
襲ったほうだけ警察が逮捕したのは許せんと言っているようなものだぞ?w

956 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:41:57.16 ID:UVyF27LL0
津山の人間としてはお取りつぶしの原因になった恨みは忘れるわけにはいかない

957 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:42:04.76 ID:6TfYCu4f0
>>937
佐々木小次郎は70才の爺さんだったらしいな

958 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:42:05.37 ID:gSo+h+uB0
鳩山政権を友愛の政治と評価するようなものだな

959 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:42:11.35 ID:5l1L018F0
>>922
遠征軍の司令官が遠方で開くんじゃないとダメなんじゃね?
大江はそういう論理で幕府を開いたわけだし。

960 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:42:11.82 ID:81aAg+W+0
>>942
銀河帝国興亡史っていう昔のSFの登場人物。
歴史心理学による緻密な計算で未来を約束された帝国の歴史を
たった一人で狂わせた超能力者

961 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:42:20.30 ID:UNNSGWtb0
>>901
外交官とか現地人との交渉役

962 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:42:24.41 ID:yeEudx0Y0
>>945
中大兄と鎌足って聖徳太子の路線と逆の事やってると思うけどねw
聖徳太子の路線って蘇我や大津朝を倒した天武系の路線だろ。
だから聖徳太子を正当化しても中大兄と鎌足の得にはならんと思うよ。

963 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:42:47.42 ID:OQWZGN9E0
綱吉じゃなくて、なんでイエスの父ちゃんの話になってんだよ

綱吉の話してやれよ!!

964 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:42:50.11 ID:fnxhX0W40
>〈犬を大切に扱ったことから、野犬が横行する殺伐とした状態は消えた〉
その理屈はおかしいwww
確か野犬に噛み殺された人とかいたよね?

965 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:43:40.00 ID:tpj7fASR0
江戸時代の「学問」というのは儒教の経典や漢詩の読み書きですよ
そういう意味での読み書きというのは漢文のこと

966 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:43:52.09 ID:rQTBbnyL0
>>889

宮本武蔵は五輪書。坂本龍馬は新政府要綱を残していたわけであって、
吉川英治や司馬遼太郎の創作があったからといって軽視すべき存在ではない。

坂本に関しては、幕府が坂本龍馬捕縛禁止令をだすほど、
暗殺を狙われているが、今後のキーマンだと確実に考えられていたわけだし。

967 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:43:57.35 ID:9T8svOSN0
>>961
イタリア人に交渉させたら、まとまるモノもまとまらなさそう。
はっきりいうと、ハニトラ以外ムリ。

968 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:44:02.46 ID:+R683G3r0
>>928
時宗とかすごいな。
日本は、元寇再びみたいな空気になりつつあるからね。

>>950
初代将軍は源頼朝だ。

いくら天皇の影響を軽く言おうとしても
無理がありすぎだ。

工作員 乙。

969 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:44:09.17 ID:ncalCJcU0
無礼な、なんて覚え方したかなぁ…思い出せない

970 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:44:21.57 ID:81aAg+W+0
>>945
俺からすれば邪馬台国こそ存在が疑われるべきだと思うんだけど。
あれシナの歴史書に載ってるだけで日本じゃ記述無いんだぜ。
それを無理矢理日本のどこかの政権が邪馬台国だった、って当てはめる方がおかしいと思う。

971 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:44:41.81 ID:2LNlaUCV0
>>921
サイバラの口の悪さは的確だな

以前、本人との対談で浦沢直樹に対して
「盛り上がらないまま終わる交響曲みたいな作風」だってw

972 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:44:49.78 ID:yeEudx0Y0
>>967
イタリア人は料理と服飾や美術のの担当でいいよ。

973 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:44:51.67 ID:NVIOTsgx0
>>876
まあ仏陀がどこまでやったかはともかく
実在したのはほぼ確かだわ。

974 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:44:55.11 ID:F6vo+LaEP
>>944
無駄死じゃないでしょ。
連合軍を疲弊させ、現地の独立運動を盛り上げ
戦後はアジアのことごとくが植民地を脱して
独立した。

975 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:45:05.95 ID:DCV+4jYu0
>>911
「あと一歩」を踏み出す力が決定的に不足していたのが日本軍の実情。

日本軍がどこかにリソースを無駄に割いていてそれを回せば良かった、って話じゃないだろその手記は。
どこにも存在しない戦力・物資を謎の方法でひねり出せば勝利できた、って話。

976 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:45:06.35 ID:ov/KhPuj0
>>967
ハニトラにかかる仕事しか出来なさそうだが

977 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:45:29.78 ID:3FIxDqTe0
>>952
だから、御落胤とかなんとか話を作ってでも子孫を名乗りたがる国で、
ここまで完璧に子孫がいないことになっているってのが珍しいんじゃないかと
俺自身は、聖徳太子というかそれに相応する人物がいたとは思ってるが

978 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:45:31.78 ID:u/0p9uD30
>>957
仮名「佐々木」もしくは「小次郎」さんが二十代の美形でも問題ないっしょ

979 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:45:41.29 ID:bRl+Qqmu0
>>923
根性論では無く現実論で
経営や戦争をできる司令官が勝つんですよね。
魂は必要だけれども。
必要な準備を怠ったら負け。
第二次大戦なんて各国は農業予算名目や鉄道開発予算で
軍事費を偽装していた。
日本版NSCはどうなる事やら。

綱吉にも現実論が必要だったんじゃ。
文治政治で上手く行ったけどさ、生類の件はエスカレートしすぎ。
子供が生まれないからって…

980 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:45:43.91 ID:9TI6yf6P0
>>965
馬鹿じゃねえのお前。
お前が江戸時代について無知なのはもうわかったからそれ以上口をきくなよ。
それはお前、平安貴族は漢文を使い、女房連中がかなをつかった。
だから土佐日記は〜だの源氏物語では〜だのって話から進歩してねえのな。
馬鹿が見栄張るのはみっともないぞ

981 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:45:59.47 ID:ia7hAWzp0
なんだそれ?

朝鮮人に対する生類憐みの令を慈愛の政治と位置づけるための前ふりか?
日本人にとっては暴虐な不満のつのる政策なんだが

982 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:46:02.28 ID:81aAg+W+0
>>975
「どうみても失敗しそう」→「実際に失敗した」が許されるのは子どもの戦争ごっこだけにして欲しいよな

983 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:46:10.73 ID:qTZGeijW0
動物を優先して国民を虐げることの何処が慈愛?

984 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:46:12.06 ID:rQTBbnyL0
>>962
中大兄皇子こそ、天武朝からすれば壬申の乱の仇敵であって、
聖徳太子の業績とされていることのなかには中大兄皇子の業績も混じっているカモよ。

985 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:46:36.56 ID:LRZKuWtZ0
>>974
それはインパールとはあまり関係ないような

986 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:46:51.34 ID:YjnH4eIo0
ぶっちゃけ、生類憐みの令なんかより
大奥の存在のほうが現代的価値観では問題だわw
でもそこに踏み込む教科書なんて無いんだろうや
どーでもイイこと暗記させられる

987 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:46:58.23 ID:DQmMVO4K0
日本人は犬朝鮮以下と言いたいのでしょう。

988 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:47:24.74 ID:81aAg+W+0
>>979
力もそうだが、思想が歴史を動かすこともあるからね。
大東亜戦争の頃、欧米が敵と見なすのが『黄色人種』ではなく『共産主義』だったら
日本と少なくともイギリスは争う必要はなかった。

989 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:47:31.49 ID:wRDKu7Ry0
いいくにつくろうナイアガラ瀑布

990 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:47:39.30 ID:yeEudx0Y0
>>984
まあ記紀は中大兄をよく書いてるわけないからね。
ただ、人脈や施策から考えるとそうなるわけよ。

991 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:47:41.19 ID:GQB+72gS0
皆さん歴史がすきですね

992 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:48:07.08 ID:Yq7CgA5V0
>>978
武蔵とその仲間がよってたかって殺したという。

993 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:48:09.53 ID:k8/GO1R40
無慈悲な綱吉
ぜんぜん話は違うけど北朝鮮の金豚はドラゴンボ−ルに出てくる悪役そっくりと
話題になってるよ

994 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:48:09.93 ID:JgGc6DKwO
武蔵の五輪の書とかゴミだよ
ええ、好きな剣豪はあの高柳又四郎です

995 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:48:10.87 ID:81aAg+W+0
聖徳太子は古事記のラストを飾る代の男(出てきてないけど)

996 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:48:29.92 ID:UARNaEOGT
この調子だと鳩山が名宰相ってことになりそうだw

997 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:48:35.65 ID:9+dcloKc0
生類憐みの令で庶民が犬を追っ払えず
避けるように歩いた。多大の迷惑を被った
とかいう記述は何だったのか?
っていうか、綱吉は最近この法令のおかげで、
表面しか見てない外国で評価されてないか?
それに阿った結果の変更じゃないだろうな。

998 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:48:41.31 ID:bRl+Qqmu0
>>988
ありゃホワイトハウスがレッドハウスと化していて
嵌められたからな。
ヴェノナファイルとかえぐ過ぎw
そういうのを含めて諜報強化をしてほしい。

999 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:48:44.03 ID:81aAg+W+0
>>991
地理歴史政治経済は知れば知るほど面白い。

1000 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 22:48:45.41 ID:LRZKuWtZ0
>>957
武蔵の方も結構な年だったそうだよ

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

252 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)