5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【歴史】徳川綱吉が暴君から名君に 教科書記述一変 「生類憐みの令は慈愛の政治」

1 :しいたけφ ★:2013/04/14(日) 12:40:31.24 ID:???0
 
いま使われている歴史の教科書では聖徳太子の事績や実在に
疑問がつけられたり、鎌倉幕府の成立が1192年ではなくなっている。
「いいくに作ろう鎌倉幕府」は今や「いいはこ(1185年)作ろう鎌倉幕府」になっているのだ。

 そして、教科書の変化で目に付くのは、人物評価の「上がった人」「下がった人」の明暗である。
実在そのものにも疑問がついた聖徳太子が「下がった人」の典型だが、
聖徳太子から親書を託され、最初に隋に渡ったとされた遣隋使の小野妹子も、そのひとり。

「無礼な(607年)遣隋使・小野妹子」なんて語呂合わせを覚えている
読者は多いかもしれないが、山川出版社の教科書(以下、引用は同社のものより)では、
現在では〈600年の派遣に続けて607年には小野妹子が遣隋使として中国に渡った〉と
初の遣隋使ではなかったことが明記され、かつては太文字だったのも細字に
格下げされた。親書を託した聖徳太子も存在が疑われているから、将来の教科書では
名前そのものが消えているかもしれない。

 一方、歴史研究の成果で、逆に評価が上がった人物もいる。
関ヶ原の戦いで西軍を組織した石田三成について、1988年版では
〈五奉行の一人石田三成は、小西行長らとはかって家康の排斥をくわだてて挙兵し〉と
悪役臭が漂うような表記になっていたが、現在は〈豊臣政権を存続させようとする
石田光成と家康との対立が表面化し〉と、石田側にも大義があったように改められた。
劇的に評価が上がったのが、江戸幕府第5代将軍・徳川綱吉である。1988年版にはこうある。

〈生類憐みの令をだして犬や鳥獣の保護を命じ、それをきびしく励行させたため、庶民の不満をつのらせた〉
〈綱吉はぜいたくな生活をするようになり、仏教への信仰から多くの寺社の造営・修理を行い、
幕府の財政を急速に悪化させた〉

 みなが知る暴君の印象を強めるものだったが、現在では180度変わった。
〈犬を大切に扱ったことから、野犬が横行する殺伐とした状態は消えた〉
悪法とされてきた生類憐みの令が、〈綱吉政権による慈愛の政治〉とまで褒められている。

http://www.news-postseven.com/archives/20130414_181590.html

2 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:41:27.66 ID:njU8iu5X0
ゆとり効果

3 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:42:10.81 ID:d/O6xgYV0
動物愛護団体目線w

4 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:42:56.20 ID:AkZrHd140
蚊を殺したら切腹w

5 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:43:01.75 ID:bJmbIxaU0
歴史の敗者側にもちゃんと大義を認めている姿は評価できるが
悪法として記録されている物について殊更に善性を説く必要はない気もする

6 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:43:04.62 ID:3dIYbv5f0
うむ、もうひとつ徳川吉宗を名君から降ろしてくれ

7 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:43:25.04 ID:OUrzwIXN0
俺の妹子がこんなに…

8 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:43:34.97 ID:vXXVOVFN0
> 犬を大切に扱ったことから、野犬が横行する殺伐とした状態は消えた〉

まるで見てきたかのような書き方だなwww

9 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:44:02.99 ID:xqT/wOmU0
は?

10 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:44:11.91 ID:lLoF417y0
キチガイ過ぎる・・

11 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:44:24.16 ID:taCMKU360
歴史はそう言うものだ
書き換え可能だ

12 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:44:40.94 ID:PS4u2yBz0
次は、宗春の評価をあげる番だな

13 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:44:45.86 ID:yeEudx0Y0
>>6
吉宗はちゃんと大岡越前の提言を入れてデフレ克服に成功したからいいだろ。30年まわり道したけどw

14 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:45:08.50 ID:OWJl+HsDP
  脳味噌の構造の違いで今日も飯がうまい!!
  +        ____    +
     +   /⌒  ⌒\ +
  キタ━━━//・\ ./・\\━━━!!!!
   +   /::::::⌒(__人__)⌒:::::\  +
       |  ┬   トェェェイ     |
    +  \│   `ー'´     /    +
    _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
  >    キモブサクサヨ牽強付会の     <
    自家製造直噴トンスル茶漬けウマ状態!

15 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:45:51.12 ID:Prr3wzC00
おいおいマジで歴史教科書もこういう最新研究成果を取り入れるようになったのか
ようやく綱吉が人類史上至聖の名君であることが国民の常識になるな!
西洋が私権の名のもとに国民国家を形成しつつある時代に
全く独立して「憐れみ」をキーワードに福祉国家を独力で作り上げた
綱吉の偉大な業績をもっと広くしらしめるべきだろう

16 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:46:51.75 ID:yeEudx0Y0
>>5
生類憐みの令を無理に評価する必要はないが、文治主義を定着させたのと、側用人制を導入して、門閥制度に風穴あけた功績は大きい。

17 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:46:53.15 ID:A4vz72Db0
田沼意次の再評価はいいんだけど、綱吉のは納得できないんだよねえ。

18 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:46:54.44 ID:rlNzZTT/0
犬権爆誕

19 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:47:41.26 ID:xpLz9hqP0
田沼意次と徳川宗春はもっと評価されるべき

20 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:47:58.12 ID:XRZJ32820
総花主義も悪くないな。

21 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:48:14.82 ID:j5n0OHvBP
国民はおペットさまのために奉仕すべき
国民は在日やBのために奉仕すべき


慈愛ですなあ。

22 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:48:14.91 ID:yeEudx0Y0
>>17
田沼を評価するなら綱吉も評価しないと。
綱吉が側用人制を導入しなかったら田沼時代はあり得ない。

23 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:48:26.59 ID:LS2ZwEL70
賄賂政治家と揶揄された田沼意次もちゃんと評価あげてやれよ
賄賂じゃなく政治献金、米価主義だったのを商業主義に換えて
明治日本の近代化の足がかりの一端を担った重要な幕臣だぞ

24 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:48:56.67 ID:pf1ShCxBP
反動で動物殺しは一時期増えたが殺人が減ったんだよね
綱吉の時代からシグルイの世界から解放されたと言って良い。

25 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:49:09.31 ID:GVFFVvNx0
これが愛国教育の実態かよw

26 :名無しかな:2013/04/14(日) 12:49:11.58 ID:m6xPQMBl0
お犬様を守るためなら、人間の命なんてっていう政策が、復活するのかな。

27 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:49:14.24 ID:KgOhyY70P
わけわからん坊主に犬の呪いを解くためにって進言されたから始めたと聞いたが

28 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:49:46.01 ID:d/O6xgYV0
歴史上一番羨ましい人物は徳川11代将軍

29 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:49:50.00 ID:0kTDHesT0
足利義政
徳川綱吉
近衛文麿
鳩山由紀夫

30 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:49:57.90 ID:UpnB+9Hh0
田沼はもっと評価されるべき
つか、田沼の悪評が極端なインフレ嫌いに影響してる気がする

31 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:50:05.86 ID:DnS1oa/Q0
〈鳩山政権による友愛の政治〉とまで褒められている。

32 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:50:13.88 ID:yeEudx0Y0
徳川将軍って、超優秀って人はそれほどいないけど、暗君は多くなく、まともな人が大半なんだよね。
天才とバカは紙一重みたいな人材を輩出させた足利将軍と好対照だw

33 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:50:31.57 ID:LdsyObkd0
大切に扱うと野犬はおとなしくなるのか?
収容施設を作ったとかそういったことではなく?

34 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:50:38.59 ID:Y23bKEYt0
ないな

35 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:50:41.98 ID:Q9Sny23o0
綱吉って鬱陵島の領有権を朝鮮に譲渡した売国奴だぞ。
本居宣長に当時すげえ非難されてる。

36 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:51:03.88 ID:TRRzyPss0
妹子が最初かどうかじゃなくて、遣いの中身が大事なんだろうがよ
日本に中国と並び立つ天子がいると言うのを嫌がる連中がいるのか?

37 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:51:08.35 ID:xqT/wOmU0
>>21
ペットくらい選ばせろ
かなりマジで

38 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:51:10.00 ID:9K5MW4bE0
石田光成と明智光秀は悪人の代名詞

39 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:51:15.32 ID:S0AWCbQT0
綱吉の代では、元禄地震や宝永地震、浅間山噴火や富士山噴火とか
自然災害が連発していて大変だったと思うぞ
「暴君」というのは言いすぎだな、ま、「名君」でもないと思うがw

40 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:51:33.63 ID:goCA+Pbb0
野犬が減ったことより、庶民を苦しめたことの方がでかいだろ
なんで野犬目線の教科書なんだよ
売国奴が人ではなく犬重視の記述をしてる証拠じゃん

41 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:51:35.79 ID:MOs7trSU0
>>19
田沼はともかく宗春はそんなには評価できないわ
吉宗のバカ丸出しの財政再建に対抗して重商政策で積極財政に打って出たのまではいいんだがその為の財源を全く考えてないのがね。

田沼は財源を考えた上で重商政策に打って出た
松平定信なんて吉宗をはるかに超える朱子学バカに叩き潰されたけど

42 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:51:38.06 ID:PzT/GNtw0
意訳
在チョン憐みの令を変えてはならん
在チョン特権は大事

43 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:51:47.78 ID:4Bfg9Gys0
ボウフラさえ殺すなと言った基地外なのに

44 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:51:56.06 ID:XQlhNvZl0
>>32
足利将軍家は初代から病んでるしなw

45 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:52:10.89 ID:98j9PVBS0
友愛

46 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:52:14.32 ID:A9rmxSwo0
完全にシナチョンに乗っ取られてる教科書業界

47 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:52:15.78 ID:jZgSmD1f0
好き放題だった野良犬をどっかにまとめて置いておいたんだろ
無論税でまかなっていたんだろうが、一概に悪法とはいえんよ

48 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:52:17.19 ID:mcu0sAw10
犬屋敷、光圀が嫌味で綱吉に犬の皮を剥いで、毛皮として献上

49 :消費税増税反対:2013/04/14(日) 12:52:53.54 ID:TG5Tf/80O
戦国の気風を一新したからな。
人を殺す社会から殺してはいけない社会へ。
生類憐みの令は劇薬なわけだが。

50 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:52:56.59 ID:yJKDQ2LU0
>>30
田沼は失敗しちゃってるし、政敵をつくり過ぎてるし、賄賂政治だしなあ。
まあそれを言うと寛政の改革も失敗だから、松平定信が老中としていいかって言うと疑問だが

51 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:52:58.54 ID:Y5hLy4Pm0
>>1
なんだこの「友愛」みたいなキチガイ解釈は?

52 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:53:08.40 ID:iTZFEnNXO
犬公方より小便公方と呼ばれる方が可哀想だわ

53 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:53:09.18 ID:Pt9nCFbw0
>>1
生類憐みの令のせいで犬を大切にするあまり野犬に食われる人もいたらしいが
それはいいのか

54 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:53:23.25 ID:q4GE6HI1O
聖徳太子の件といい
最近なーんかおかしいよな。

55 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:53:33.17 ID:ZTrzjAfs0
ワンワン!!

56 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:53:42.51 ID:UpnB+9Hh0
>>33
4万匹とも8万匹ともいわれる犬の収容施設作ってたよ

このころの江戸には10万匹の野犬が居て割と被害が多かったとか

57 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:53:43.76 ID:avVCQFLoO
綱吉はふつうに名君だろ。

生類哀れみの令によって犬食いが禁止されたことで
(幕府の影響力が及ばない薩摩では犬食いの風習が残ったけど)、
それまで地理的な区分でしかなかった日本人と朝鮮人が
民族としても明確に分かれ始めたわけで。

58 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:53:44.86 ID:9RyOIHyB0
東郷平八郎の評価はどうなってんだよクソが

59 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:53:45.45 ID:2RA7oXeZ0
命の尊さからじゃなくて世継ぎ生ませるための願掛けみたいなものじゃなかったっけ

60 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:53:53.63 ID:S0AWCbQT0
>>55
俺もそう思う

61 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:53:55.54 ID:vqu2r1T30
石田光成の記述とかは、勝者と敗者、正義対正義という歴史の本質を教える意味で素晴らしいと思うが、

生類憐みの令って、どのへんが優れた政策だったの?
素人考えでは、キチガイのたわごとにしか思えないんだけど。

62 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:53:59.71 ID:UQXIlbAm0
>>1
綱吉が暴君ではなく名君であったかどうかという事より
名君と評価されていい綱吉が何故暴君として扱われてきたのかという事実こそ
歴史という学問の趣旨であり枢要ではないか!

63 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:54:08.22 ID:dkN588xp0
未来の歴史家に書いてもらおう
アホ法も法としてコンプライアンスが問われるバカな時代があった、と

64 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:54:14.57 ID:yeEudx0Y0
>>41
田沼のベースは吉宗。
反面教師の部分も含めてね。
両者は一体とみていい。吉宗政治をより積極的な面に発展させたのが田沼で、消極的な面に発展させたのが定信。
後者が最終的に勝利したのが幕府滅亡の遠因だね。

65 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:54:19.51 ID:Qy3pdAB90
グリンピースと海犬の罠か。

66 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:54:28.38 ID:yMUmqxYn0
〈五奉行の一人石田三成は、小西行長らとはかって家康の排斥をくわだてて挙兵し〉

〈綱吉はぜいたくな生活をするようになり、

〈犬を大切に扱ったことから、野犬が横行する殺伐とした状態は消えた〉
悪法とされてきた生類憐みの令が、〈綱吉政権による慈愛の政治〉




  これらすべて記述がおかしいだろ

67 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:54:37.56 ID:F+usX/5x0
さすがに大義名分があったとは言い難い
豊臣恩顧どころか秀吉の親類筋の主だった連中まで迷うことなく東軍側に付いてるからな
無用の騒乱を起こした大悪人という感覚は流布するまでもなく当時から当然のようにあったわけで

こういう勝手な物語性の付与は漫画の読みすぎじゃないの

68 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:54:45.37 ID:OZg0Wl360
慈愛とか言うのはどうかと思うが江戸の野犬対策になったのは事実だろ

69 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:54:50.91 ID:l1/jorpg0
逆説の日本じゃあ、生類憐みの令はすぐ刀をぬいて無礼を働く
武士の蛮行を諌める目的があったうんぬんって書かれてるけど
本当の効果はどんなもんなの?

70 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:54:55.71 ID:thHJuHQx0
田沼以外に賄賂政治だった奴は本当にいなかったのか?
バレてないだけで割と行われてたんじゃないのか?

71 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:54:57.11 ID:pf1ShCxBP
生類の中に人間も入ってるわけで
犬も大事にできない国が、人をどうやって大事にできるのかと。
ガンジーも言ってる
動物をどう扱ってるかで、その国の偉大さが分かると。

72 :ロンメル銭湯兵 ◆JAlCYz0cLBMK :2013/04/14(日) 12:55:11.44 ID:W0yHtePu0
何かの本で読んだが、殺伐とした戦国の空気を一変させた改革者だと書かれていた。
生類憐れみの令がなかったら、江戸時代はあんなに続かなかったかも、とも。

個人的には、浅野内匠頭の心情をきちんと調べなかったから凡君レベルだな。

73 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:55:12.24 ID:QYeJw6JA0
あれだな、田沼意次を大河ドラマで重厚群像劇仕立てにしてくれたら、
NHKを許す。

74 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:55:16.35 ID:xsd3DLj70
現在の価値観で判断するからおかしくなる

75 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:55:18.82 ID:qP9+KoOd0
大韓へのコンプレックスに塗れた「聖徳」の二文字・・・w
藤村某の例を挙げるまでもなく、歴史を捏造することでしか兄に対抗し得ない哀れな不肖の愚弟
それが日本(ジャップ)

76 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:55:20.22 ID:E8gahLdjP
石田三成の評価が低すぎる、てか悪過ぎる。

77 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:55:45.65 ID:A4vz72Db0
>>22
綱吉や田沼意次は良い面も悪い面もあるんだけど、これまで悪い面ばかりが
強調されて、良い面が評価されてなかったことが、きちんと評価されるように
なったことが良いと思うわけ。それが反対に一気に「慈愛の政治」とまで褒め
られると、それは違うんじゃねえの、と。

ちなみに朝鮮併合も同じだけどね。

78 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:55:51.31 ID:fv4mv1KP0
むしごはん、作って祝う、大化の改新

79 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:55:52.82 ID:w1tV5vTEP
教科書作った人が蚊を殺したら死刑でおk?

80 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:55:57.81 ID:L3SqU3070
白河の清きに魚も住みかねて もとの濁りの田沼恋しき
の狂歌があるくらいなんだから、田沼は当時の人には評価はされたんじゃないかな。

81 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:55:58.04 ID:/BBv7oME0
綱吉は子供や病人を捨てることを禁じてるんだよね
NHKのBS歴史館でも高評価だった

82 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:56:02.36 ID:XRZJ32820
>>59
そうそう、それも書かないとなあ。

83 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:56:08.07 ID:pcmBvIN70
>犬を大切に扱ったことから、野犬が横行する殺伐とした状態は消えた


犬を大切にしすぎると野犬が増えないか?

84 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:56:41.98 ID:GVFFVvNx0
小栗上野介の評価をもっと上げろよ

85 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:56:49.22 ID:yeEudx0Y0
>>69
綱吉→吉宗路線で日本が法治国家化したのは事実だよ。
両者共通のブレーンに荻生徂徠とか居たしね。
その影響は上杉鷹山あたりの事績からも見て取れる。

86 : 【関電 65.2 %】 :2013/04/14(日) 12:56:51.67 ID:DwQ8vUYn0
俺が子供の頃はまだこの思想が残ってたな
お盆の時期とか虫を殺すことになるからやめなさいって

87 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:56:54.51 ID:9stMr+VW0
>>1
これのどこがニュースですか?>しいたけφ ★

88 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:57:01.57 ID:LDXzuIvD0
こんな事をだれが指示させるんだ
悪人は文部省か

89 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:57:03.77 ID:RCzebHvq0
それよりも秀吉による朝鮮征服をもっとフォーカスすべきかと

90 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:57:07.35 ID:KJlLJ6ih0
綱吉は戌年生まれであり
子がなく安産の守り神であるってことで犬を庇護した

と解釈してるんですけど

91 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:57:14.54 ID:1pyoQLzZ0
>犬を大切に扱ったことから、野犬が横行する殺伐とした状態は消えた

これ逆じゃねえの?
無理に捕まえて飼育するのってありだったの?
お犬様の好きなようにさせるほうが推奨されそうなんだけど

92 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:57:28.59 ID:6dvHSNnA0
江戸時代も最初は武士は平気で庶民を切り殺してたからな 刀の試し切りで
また農民も平気で落ち武者を狩ってたから綱吉くらいまでは人の命はそこらへんの動物程度だった

93 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:57:41.41 ID:d/O6xgYV0
>>81
大河化の予定でもあるんだろ

94 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:57:49.58 ID:1W/djxgy0
>>1
こうやって中チョン過保護の「友愛」の政権を批判させないようにしたんだなw

95 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:57:58.14 ID:MBCNuPfZ0
淡々と「生類憐れみの令を発した」だけじゃダメなの??

96 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:58:12.27 ID:T5EGFSNbO
綱吉の狙いは人の間引きの禁止だろ?

97 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:58:17.76 ID:jVxnOEi0P
>〈600年の派遣に続けて607年には小野妹子が遣隋使として中国に渡った〉

つまり600年に派遣されたのは小野姉子(`・ω・´)

98 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:58:25.77 ID:+G5JUYX70
生稲晃子がロシア革命

99 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:58:28.25 ID:96ruvcOvP
そのうち「トルーマンは戦争を終わらせた英雄」とか出てくるんだろうな

これもネトウヨのせい

100 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:58:29.03 ID:ItSpxX7x0
屈指の馬鹿法の生類憐みの令が慈愛の政治とか

101 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:58:41.20 ID:SjdhHUw10
尾張徳川家は吉宗のせいで悪者イメージが定着してるな。

102 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:58:44.15 ID:JkN+hTld0
岸信介の評価が高すぎる
田中角栄の評価が低すぎる

103 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:58:48.65 ID:pL8dpT/90
綱吉再評価はポスト連載中の井沢元彦『逆説の日本史』も同意見

先見の明がある井沢先生sugee
井沢先生を連載させている俺たちsugee
ってそれとなく言っているな

104 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:58:51.93 ID:6l+73X3J0
・稲作は支那から直接、または沖縄経由で伝わった。
・前方後円墳は日本から朝鮮半島に伝わった。

105 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:58:55.97 ID:/DFnuIds0
>>8
むしろ犬は食われてたから野犬なんていなかったと聞いてたがな

106 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:59:11.04 ID:M0aZO1Rm0
こういう裏に儒教や仏教と言った宗教などが絡んでいる事をちゃんと教えておくように

107 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:59:15.61 ID:yJKDQ2LU0
>>64
いやその後の家斉と大奥の奢侈な暮らしのせいだろ。

108 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:59:20.83 ID:yeEudx0Y0
>>92
後々になったら武士でも庶民切ったらよくて閉門、下手すりゃ切腹だもんな。
その辺の転換に綱吉政治がなったのは事実。

109 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:59:21.44 ID:Lq/7Yz0Z0
犬に対する慈愛は良いけどさ
それを優先して市民生活圧迫してたのも当時の文献から事実なわけだろ?
そこには目を向けないのが気持ち悪い

110 : 【関電 65.2 %】 :2013/04/14(日) 12:59:22.78 ID:DwQ8vUYn0
>野犬が横行する殺伐とした状態は消えた

ありえないね
昭和の時代でさえ野犬は普通に居た

111 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:59:24.03 ID:/NTk6UKZ0
日本で初めてペディグリーチャムを与えた人だね

112 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:59:26.52 ID:XhCYDsYL0
当時土人そのものだった江戸の民に慈愛(人間動物の区別なく)の精神を植え付けた名君だろ
幕末日本を訪れた外人は江戸庶民の動物愛護精神に感服したという

113 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:59:28.51 ID:NwqVwk5u0
そりゃ大昔のことなんて、調べたってなかなか判らんわな。

114 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:59:30.50 ID:UpnB+9Hh0
>>69
武断政治から文治政治に切り替わった重大な局面になったと思うわ

>>70
あの当時は賄賂貰うのが普通だったような
むしろ、田沼はその後、私財没収されたけど、ほとんど財産持ってなかったらしいけど

115 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:59:37.53 ID:snyJlSIk0
慈愛(笑)

116 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:59:45.41 ID:hPtR1ei20
鳩山や菅も教科書に名前がのる時代が来るんだろうな

117 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:59:50.64 ID:2o1+Wyeyi
>>75
薬、ちゃんと飲んどけよ…

118 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 12:59:57.59 ID:ZOSjuaqt0
天井までツッパってバケ単の上に
追い銭むしり取る吉宗は悪魔

119 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:00:04.90 ID:URPZYPkZ0
犬の学校の教科書だけ名君にしておけばいいだろ。

120 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:00:09.12 ID:L3SqU3070
>>102
今の中国を見ると田中角栄は国賊級の政治家だろう?
最悪だよ。

121 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:00:09.54 ID:a9DT8GfV0
米将軍から暴れん坊将軍へ格上げ

122 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:00:16.29 ID:pcmBvIN70
まあ犬はいいとしても
蚊をたたいてもだめって普通にキチガイだよね

123 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:00:33.85 ID:1W/djxgy0
>>91
朝鮮を大切に扱ったから在日朝鮮人が横行する殺伐とした状態は消えた。
by有田ヨシフ

124 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:00:37.30 ID:eUMWBzLVO
まさに歴史の評価は後世の人々のオナニーに過ぎない。

125 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:00:41.24 ID:PJda4Vsj0
信用ならない屑学者たち

気象学者>歴史学者>>経済学者

こいつら趣味でやってるだけだろ

126 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:00:44.00 ID:LjKOSkSU0
それでは平成生類憐みの令を発して、支那・朝鮮人を一か所に集めて保護しようwww

127 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:00:47.69 ID:pf1ShCxBP
なんでも朝鮮と結びつけるのはやめてもらいたいね
現代の日本の治安にも繋がってるんだから
逆に犬を食べ続けた国はどうなった。

128 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:00:48.57 ID:MuMDjrh20
>>1
> 野犬が横行する殺伐とした状態は消えた
なに、このいい加減な記述は。
笑わせすぎだろ。

129 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:01:01.59 ID:6dvHSNnA0
北斗の拳の世の中を終わらせたのは綱吉の強引な法の制定で急速に仏教に回帰させられたから

130 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:01:02.18 ID:JPm10MYf0
最近になって綱吉の時代から民のモラルが劇的に上がったみたいだってのが分かってきたんだよね

131 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:01:04.39 ID:yeEudx0Y0
>>103
綱吉再評価は大石慎三郎あたりの影響だよ。
江戸時代の歴史の再評価はこの人物の影響なくしてはあり得ない。
井沢はその路線にのってるわけでオリジナルってわけではない。

132 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:01:08.40 ID:OZg0Wl360
>>116
菅は震災処理に失敗したって書かれたらしいやん

133 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:01:11.88 ID:o7C1cylCO
友愛(笑)

134 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:01:13.89 ID:dkN588xp0
官僚類憐れみの令のための地ならしだったりしてなw

135 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:01:21.11 ID:xpAIW0zC0
ま〜たポストセブン(笑)か

136 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:01:22.75 ID:jnsQEpD60
足利義政って幕府の収入を安定させて東山文化を築いた文化人だけど
政治をおろそかにして応仁の乱の原因を作った

俺の高校時代はこうだったけど現在の評価はどんなかんじ?

137 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:01:28.67 ID:Ki5Ex7Hy0
>犬を大切に扱ったことから、野犬が横行する殺伐とした状態は消えた

地球市民臭がすごいw

138 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:01:29.74 ID:vqu2r1T30
国民のためじゃなくて、自分の我がままで公布した法律だろ?
『結果的に』少しだけいい面があったからって、「慈愛の政治」とか頭おかしいんじゃねーの?
悪い面のほうが圧倒的じゃねーか。

歴史家ってバカしかいないの?

139 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:01:32.39 ID:yr0LRXo90
左巻き臭いな>慈愛の政治

140 : ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄:2013/04/14(日) 13:01:37.91 ID:bW84h+qA0
        ノ´⌒ヽ,,
    γ⌒´      ヽ,
   // ""⌒⌒\  )
    i /  \  / ヽ )
    !゙  (ー)` ´(ー) i/
    |     (__人_)  |
   \    `ー'  /
    /       .\

141 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:01:44.41 ID:UsvJoSVE0
生類憐れみの令があったから、姥捨てとか口減らしのための子殺し
なんかは減ったんだよね。別に犬だけを大切にしたんじゃないんだぞ。

142 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:01:49.96 ID:avVCQFLoO
>>62
近代教育が整備されたのが明治時代に権力の中枢にいたのが薩摩閥。
生類哀れみの令以降犬を食わなくなった一般の日本人は
薩摩人を犬食い民族としてバカにしていたわけで、
その原因を作った綱吉は何が何でもこき下ろしておく必要があった。

143 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:02:04.01 ID:S0AWCbQT0
小野妹子は隋からの帰路の途中、朝鮮(百済だっけ?)で大事な国書を盗まれてるw
ま、当時から朝鮮人は盗人なわけだが
これって教科書に載ってる?

144 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:02:11.69 ID:apWg7zU80
最近は元寇も日本の方が悪いと言い出す奴が出てきてるからな。
「日本が元に屈していれば元の兵隊も死なずにすんだ」とか、まさにマジキチ。

145 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:02:19.37 ID:ZOSjuaqt0
>>139-140

146 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:02:19.28 ID:fip7nFm/0
何が目的なんだ

147 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:02:21.83 ID:jsuOupfC0
日本の歴史と教育を滅茶苦茶にするのが目的か

148 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:02:26.89 ID:7IuT8rApP
犬なんて棒で叩いて傷めつけた後に美味しくいただくものだろ
それを重用するなんて徳川家は実は狗の子ペクチョンの子孫だろ



と隣の鮮人がイライラしてるかも

149 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:02:28.58 ID:E8gahLdjP
う〜ん、解ったぞ。


生類哀れみの令=人権侵害救済法案、じゃねえかよ!

今頃何かと思ったら…
お前ら騙されるな、少しずつこうやって慣らしてるんだ。

150 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:02:32.36 ID:1pyoQLzZ0
そういや忠臣蔵(笑)も同時期だったな
吉良の再評価とクズの浅野と赤穂の蛮族の断罪マダー?

151 :ロンメル銭湯兵 ◆JAlCYz0cLBMK :2013/04/14(日) 13:02:41.50 ID:W0yHtePu0
幕末の志士たちも評価が変わるんだろうか。

坂本龍馬:無職のくせに舌先三寸で幕府転覆を謀ったテロリスト
高杉晋作:奇兵隊と称して一般庶民を戦争に駆り立てた軍国主義者
新撰組:幕府の意向をバックに殺人を重ねた犯罪結社

152 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:02:46.42 ID:GVFFVvNx0
近藤正臣「土佐では犬猫と一緒じゃなが下士は」

153 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:02:50.18 ID:OZg0Wl360
>>128
そこら中をらうろついてる危険な野犬を収容所にぶち込んで治安が回復したからだろ
あと犬食の風習も消えた

154 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:02:55.91 ID:mcu0sAw10
尾張大納言 徳川宗春もあげてくれよ。
紀伊大納言 徳川吉宗に敗れ将軍になりそこなった男

155 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:03:03.66 ID:MOs7trSU0
>>102
田中角栄の首相時代なんて評価するところあるか?
その前の時代なら無いこともないけどそんなこと教科書に乗せる必要はない

156 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:03:06.35 ID:wm3GCyq5O
韓国や中国は
反面教師

157 : 【関電 64.4 %】 :2013/04/14(日) 13:03:28.21 ID:DwQ8vUYn0
>綱吉はぜいたくな生活をするようになり、仏教への信仰から
>多くの寺社の造営・修理を行い、幕府の財政を急速に悪化させた

ほう
仏教を信仰してるのに贅沢ですか
となると仏教はツールだったのでしょうね

158 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:03:50.75 ID:S2GCReTGO
舎人親王は天武天皇の皇子で曾祖父の彦人大兄皇子の従兄が聖徳太子だろ。聖徳太子が薨去され推古天皇が崩御されて祖父の舒明天皇が即位されたんだから間違えようが無い。教育に寄生しているサヨクの基地害が日本の大義を滅ぼそうとしている。

159 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:03:54.78 ID:oMWbQNYW0
>>1
> 〈犬を大切に扱ったことから、野犬が横行する殺伐とした状態は消えた〉

なんだよ、これw

160 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:03:55.80 ID:1oVp/wrd0
傾奇者たちが犬などの動物を食べるから、
間接的な方法で傾奇者を取り締まるために、生類憐れみの法をつくったって聞いたことがある。

161 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:04:04.04 ID:x4YxAkPFO
>>149

162 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:04:11.51 ID:yr0LRXo90
>>141
正義のためには暴力が必要ってことですね。
実に左翼らしいな。

163 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:04:13.32 ID:zltvmf8c0
違う、生類憐れみの令は生き物を大事にしましょうっていう趣旨だ
室町から戦国、江戸初期にかけて、今とは信じられないくらい殺伐としてて人の命が軽かった
これを改め、統治の安定を促進したのが綱吉だ

164 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:04:16.93 ID:ZzeQAj6A0
今の教科書では田沼意次の評価ってどうなってるんだろうか?
綱吉の評価も変わったんだったら、田沼も変わってほしいんだけど

165 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:04:18.62 ID:zC4i/1UR0
小野妹子は女だと35歳まで思ってた

166 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:04:19.11 ID:QLiP4fCpO
まぁ、人間以外の動物からしたら名君だろうね

167 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:04:21.02 ID:1W/djxgy0
>>109
犬を在日朝鮮人に変えて読んで。

168 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:04:20.95 ID:yeEudx0Y0
>>136
それでいいと思う。
ただ、応仁の乱みたいな事はいずれ起きたと思う。
あれは足利体制に内在する矛盾の露呈で、実は応仁の乱以前にも似たような事は頻発してた。
まあ義政はガスが蔓延してる部屋でライターを点けたような事はしたかなw

169 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:04:25.52 ID:MlrzCnX20
生類憐れみの令が慈愛なら
犬の毛皮大量に送り付けて非難した徳川光圀は
水戸のご老公から水戸の残虐暴君になるのか

170 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:04:29.83 ID:UQXIlbAm0
>>67
何故諸大名が徳川方に付いたかといえば
豊臣政権が推し進めた封建制の解体と中央集権政治への抵抗勢力の結集にあったからだよ。
この勝者の不義が三成への人格批判という形で歪められた歴史を生んだ。

衰亡していた朝廷権威の復興のと
地方で割拠する国家を分断する勢力の解体は明治維新の先取りといえる
この革命を推進した奉行たちが不当に恨まれたのも当然といえる。

171 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:04:30.48 ID:KVfACKQ80
>>32
コンセンサス政治だからな

172 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:04:33.54 ID:AmGyz3nV0
    |┃三
    |┃
    |┃           ノ´⌒ヽ,,
 ガラッ.|┃       γ⌒´      ヽ,
    |┃     // ""⌒⌒\  )
    |┃三    i /   ⌒  ⌒ ヽ  ) / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃     !゙   (。 )` ´ ( ゚) i/ <  話は聞かせてもらったぞ!
    |┃三    |     (__人_)   |   |  俺が直しといた
    |┃     \ mj |ーu'   /   \____________
    |┃     /`〈__ノ-‐‐一´\
    |┃

173 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:04:43.39 ID:mgVZijdQ0
今のサッカー日本代表の選手の8割は足利義昭の血を引いている

174 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:04:55.43 ID:26Ttm77Q0
隣国では犬は食料だから増えすぎることも無い

175 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:05:08.29 ID:STv8uGnp0
>>1
動物を大事にするのはいいが、人間と同等か上においたのはダメなんだろ?

研究の結果、実際はちがったってことか?


・・・ま、ただのゆとりボケなんだとおもうけど。教科書つくってるやつらも、教わる側も。

176 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:05:22.41 ID:uulWTbJc0
ラスプーチンは怪僧じゃなかった説とか聞くと
歴史の教科書どこまで信じたら良いのやら

177 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:05:37.22 ID:gi/lg+0Z0
※ただし農民は飢えて死んでます

178 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:05:43.49 ID:3CWQoZgs0
実際、見た人間がいるわけでなし、
歴史なんて、流れがわかればいいだろ
特に年号の暗記なんて無意味

179 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:05:55.89 ID:7lF7i7oJ0
>>151
まあリベラルからすれば当然江戸時代持ち上げることになるからな
右派は明治維新明治新政府マンセーだから江戸時代暗黒観になるけど

180 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:05:57.75 ID:MOs7trSU0
>>138
>、自分の我がままで公布した法律だろ?

これってひょっとして子供が生まれないから坊主に相談したら
犬を大切に扱えば子供が出来るって言われたから生類憐みの令を作ったって言う
与太話の事か?

181 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:06:20.41 ID:whjysl8XP
>>131
井沢みたいな生きてる事が犯罪の気違いを評価する奴って何考えてんの?

182 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:06:28.32 ID:7irArSK20
?????????????

183 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:06:31.15 ID:20wBKFwr0
収容した犬の飯代が半端じゃなかったらしいな
人に回せよアホが

184 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:06:39.18 ID:kEQ5SF6I0
動物愛護団体からすれば綱吉は神様だろうさ

185 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:06:44.03 ID:6dvHSNnA0
動物愛護法も同じようなもんでしょ
ここ最近急激に保健所処分も減ってるしな また日本は仏教に回帰し始めたってことだ

186 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:06:56.88 ID:LabsIU7P0
生類ってのは畜生限定じゃないからな、人間も含んでいたんだぞw暗君犬将軍なんてのは後に植え付けられたイメージww
在位期間何十年中に生類の令で死罪になったのもたかだか十数人というしなww

187 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:07:02.61 ID:iHZf5bZOP
暴れん坊将軍で評価されはじめたな。

188 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:07:03.87 ID:vqu2r1T30
>>149
な〜んか気持ち悪い違和感があると思ったら、そういうことか!!

189 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:07:11.34 ID:zSyae9Rq0
見たもの以外は信じない
歴史? あほくさ

190 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:07:15.11 ID:bT8ip7yT0
綱吉のお陰で、日本から犬食いの風習が消え去ったという説も聞いた

191 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:07:19.89 ID:KJlLJ6ih0
>>150
「忠臣蔵」と言ってる時点でわかっちゃいない。
假名手本忠臣蔵と元禄赤穂事件はまったくの別モノだと認識しなくちゃw

192 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:07:23.05 ID:KkxsUUTg0
徳川秀忠の過小評価は異常

193 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:07:37.74 ID:oMWbQNYW0
>>110
犬狩りっていう職業もあったくらいだからな。

194 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:07:38.89 ID:kUfEh4Q+0
生類憐みの令って保健所みたいなもんか

195 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:07:47.16 ID:MuMDjrh20
>>178
大きな出来事などを覚えておくことと
年号を覚えておくというのはリンクするぞ。

196 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:08:02.14 ID:VmZJb5x70
ってか長州アゲアゲのために徳川時代と違って明治代は近代的ですよーってのを
もう少しどうにかしてほしい。
江戸代だって先進的国家だったってことをだなry

197 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:08:15.45 ID:Oyaj0Xyy0
俺の子供の頃には、犬や猫や鳥に好き放題されて泣いてる農民が挿絵にあったのだが。

198 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:08:25.16 ID:TVE79pqU0
>>69 >>72
なるほど、あまりに殺伐としすぎていたから
超反動であんな凄い命令が出たということか…面白いものだね

199 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:08:28.96 ID:yeEudx0Y0
>>192
それ、家光の過大評価とセットだよな。
家光って徳川将軍の中でも下から2番目くらいの出来の悪い将軍だろw

200 :偽モルダー ◆26r9vDYRZI :2013/04/14(日) 13:08:31.88 ID:9B4taYrK0
聖徳太子スレでもそうだが、おまいらの石頭っぷりには笑える
なんか発見があっても捏造だ〜と騒ぎ、ウヨサヨ論争にしか持っていけない
おまいらはもうちょっと脳みそを柔軟にしとく必要があるよ

201 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:08:37.13 ID:MOs7trSU0
>>168
義満までの南北朝時代は夕に及ばず
義持の時も義教の時もいくさしまくってるしな。

202 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:08:45.26 ID:fHOPPGJj0
私的にはそこまで評価低く無いけど
生類憐みの令は悪法だろ...

203 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:08:48.71 ID:F+usX/5x0
この調子じゃそのうち東條一等兵も英雄扱いされる時代がきそうだな
あれだけ生の資料が残ってるのにも関わらずだ

204 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:08:54.67 ID:JdTIG7iQ0
事実だけ書けばイインダヨ
憶測の解説をつけるからおかしくなる

205 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:09:13.39 ID:3+0rctJH0
信じるか信じないかはあなた次第
とちゃんと巻末に書いとけよ

206 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:09:20.94 ID:7lF7i7oJ0
>>110
そら憐みの令が廃止されてるからだろw

207 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:09:21.67 ID:S0AWCbQT0
マメ知識:

中野駅の周囲は、もともと綱吉が野犬を飼うために整備した土地、その広さ28万坪!

208 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:09:35.64 ID:XgyyMHh5O
井沢史観の勝利か

209 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:09:36.48 ID:pfbhL0Os0
慈愛っていうより国民が殺伐としてたからね。

あの時2ちゃんがあれば少しは違ったかもね

210 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:09:36.57 ID:kEQ5SF6I0
田沼意次って悪役のイメージが強いけど、庶民からの評判は良かったんだよね

211 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:09:42.51 ID:Uw22OwYL0
犬を食うやつらを牢屋にぶち込んだ名君なのだ。

212 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:10:11.73 ID:tx8QvvFy0
動物愛護法の先駆者だろ

213 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:10:15.22 ID:0QxCZZjX0
狂犬病対策ってことに関しては中々の政策だと思うがね

214 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:10:23.32 ID:E8gahLdjP
>>188
そう言うこった

215 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:10:26.77 ID:9sJUnlgN0
20年位したら最近変わったのが元に戻りそう

216 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:10:36.51 ID:Mle7MvCmP
生類憐れみの令は人類史上初の「生存権」を認めた法律だぞ
それを動物にもひっくるめちゃったが故におかしな事になってるけど
飢えに苦しんでる人に食料配給を義務付けてたりとか
まるっきり頭のおかしな人が考えてる文面ではなかった
上手く落とし所決めれば画期的な法律になってた
どっちかというと将軍に現実的な法案として噛み砕かせなかった下が
無能だったんじゃないかなあと
まあ、綱吉以前の将軍は独裁色が強かったから仕方なかったのかもしれんが

217 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:10:43.93 ID:1pyoQLzZ0
漁民とかはどうしてたんだろう
虫が駄目なら魚もだめだよな?

218 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:10:57.85 ID:EPTmUKdU0
左翼の暴走w

219 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:10:58.11 ID:cM3XXsxR0
時間はいるけど田中角栄もきちんと評価してあげてね

娘は完璧悪女でいいわ。

220 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:11:07.26 ID:ywX4AdE30
思想自体は悪くないんだけど
行き過ぎた政策だったな。いかんせん死罪もあったから取り返しがつかないw
でもこの政策のおかげで
生き物をむやみに殺してはいけないという精神が広がったという話だな

221 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:11:09.11 ID:HUCtlxet0
明治天皇=大室寅之佑 と書かれる日も近いな

222 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:11:10.04 ID:Lq/7Yz0Z0
>>210
要するに政治家が多少わいろ貰っても、それで庶民の生活を上手く回してくれるならOKってことよな
今の政治家は庶民の生活を上手く回してくれないから不満が溜まってるわけで

223 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:11:13.68 ID:5zeUxD3G0
歴史の評価なんてそんなもの
これだけじゃなく多くの歴史は勝者の側をたたえその根拠を支持するためのものでしかない

224 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:11:15.87 ID:bJmbIxaU0
>>16
人物の評価は構わんよ
でも悪法の評価はどこまで行っても悪法だろうな

225 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:11:16.35 ID:Qy3pdAB90
>>203
誰かが死刑台に登らなければならない。
ならば僕が登ってやる。

くらいにはなるんでね。

226 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:11:25.32 ID:F67YKav20
なんでも新説で片付けて歴史を捏造するなあ
韓国人と何一つ感性が変わらん

227 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:11:31.31 ID:1oVp/wrd0
綱吉の身長は124・0センチだったらしい

228 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:11:33.31 ID:Ms//6VwD0
生類憐れみの令にプラス要素がなかったとは言わないが、
マイナス要素を書かないのは偏向しているとしか思えない。

229 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:11:34.06 ID:cHChHtkxO
>>175


当時は戦国の世から、それほど時間がたってないからな・・。
辻切りや、刀で犬を試し切りしたりする風潮が、社会全般に色濃く残ってたんだろ。


戦国の悪習を無くすため生類憐れみの令を出した側面も、少なからずあると思うべ。

230 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:11:35.12 ID:yeEudx0Y0
>>210
景気がよかった時もあるし、なにより思想や風俗の統制しなかったからね。
これが定信になると経済も思想も風俗も統制されまくりだから庶民の評判がよかろうはずもない。

231 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:11:36.63 ID:IPVXkxlJ0
庶民の不満が募ったのは事実だろ?
それが赤穂の騒動とかにも影響してるわけだし

232 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:11:36.39 ID:RtZCXdFv0
これは想像だけど、当時は元禄時代で景気がものすごく良かったから、将軍が変な法律出しても庶民は暴動とか起こさず豊かな暮らしを謳歌してたんじゃないかな。

233 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:11:36.57 ID:b7CcV2fgO
>>102
小沢に岡田、死んだが金丸とロクでも無いのを出世させた輩を高評価しろと?
売国奴の間違いだろ

234 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:11:41.81 ID:S0AWCbQT0
>>199
>家光って徳川将軍の中でも下から2番目くらいの出来の悪い将軍だろw

有名な寺社仏閣って家光が寄進したものが多い
日光なんてその典型、それだけでも十分に日本文化に貢献したと思われw

235 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:11:42.15 ID:TZPAKgQw0
忠長の御前試合のせろよ

236 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:11:46.97 ID:UpnB+9Hh0
秀忠やら綱吉の評価が低いのは当時の講談やら浄瑠璃、歌舞伎の影響が強いと思うんだよなぁ

>>196
江戸時代というベースがあっての近代化だよなぁ

237 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:11:50.68 ID:361qrYz90
>>16
評価すべきポイント、生徒に教えるべき要点がズレてるよね
綱吉といえば生類憐みの令、みたいな教育自体がどうかしてる

238 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:11:58.35 ID:PJda4Vsj0
九条バリアだって後世の評価はわかったもんじゃない
「偉大な平和憲法」と言われるか
「形骸化した無謀な理想主義」と言われるか
受け取り方次第だわ

239 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:11:58.53 ID:JZaPivDx0
(∪^ω^)わんわんお!

240 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:12:05.82 ID:rtUGPCjd0
>>211
チョンを大量に死刑にした良い将軍だなwww

241 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:12:34.94 ID:CszyXUkw0
そもそも歴史を現在の視点で善悪にカテゴライズする方法そのものがオカシイ
「そういうことがあった」でいいのに、
書き手の印象を押し付ける新聞社じみた手法が取られてるのが問題

242 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:12:36.29 ID:7PM8ZNcN0
確か福祉制度を補完した事で歴史学者にはもともと評価が高かったんじゃなかったっけ?

243 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:12:42.69 ID:WhFdk1ty0
いろいろと狂ってるな

244 : 【関電 65.1 %】 :2013/04/14(日) 13:12:53.30 ID:DwQ8vUYn0
>>198
ティッピングポイントの理論にもとづけば
意外とおかしなことじゃなさそうな気がするね

245 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:13:02.94 ID:W8OlmwAm0
お犬様に頭を下げさせた綱吉はチョン起源ニダ
日本人はやっぱり犬以下の存在だったニダ
自分達の教科書に書いてるから間違いないニダ
の伏線

246 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:13:08.14 ID:9RyOIHyB0
朝鮮征伐で大活躍した島津義弘の評価が低すぎることに不満
あと島津の退き口も

247 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:13:15.89 ID:/BBv7oME0
>>131
ドイツ人の女性歴史家も綱吉を高く評価してたな
捨て子を禁止するために妊婦を登録する制度もつくったらしい

248 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:13:24.37 ID:eoyTgJQE0
綱吉は、野犬を中野だか大久保に収容した結果、江戸の衛生状態が良くなったと聞いた
それを間違った解釈で、蚊や害虫の殺生、鰻や魚の食を禁じた事が庶民の反感を買ったんじゃないの

それなら平賀源内はステマコピーライター、浅野内匠頭はDQN、参勤交代の要員は、派遣やバイト
も使って欲しい

249 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:13:44.32 ID:WIvT+QzD0
>長崎にいる唐人とオランダ人については例外として豚や鶏などを食すことを認めていた

土下座外交の先駆者?

250 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:13:56.15 ID:ywX4AdE30
>>219
角栄は評価されているだろう
金権政治の元凶であったと共に、日本発展の功績もある
良くも悪くも希有な政治家としてね

251 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:14:21.62 ID:yeEudx0Y0
>>216
>まあ、綱吉以前の将軍は独裁色が強かったから仕方なかったのかもしれんが

正反対だぞ。
秀忠、家光、家綱、全員独裁と無縁の飾り物に近い将軍だぞ。秀忠はそれでも指導力あったけど他の2人は本物の飾り物。
将軍が独裁を発揮するための手段が側用人だろ。
それで政治の実権から遠ざけられた普代門閥が側用人を敵視したってのが江戸時代の歴史だよ。
ちなみに吉宗にもちゃんと側用人居たからな。名前は側用人じゃないけど。

252 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:14:38.71 ID:1pyoQLzZ0
>>220
厳しくすればするだけ
それが無くなった時の反動も大きいんじゃねえの?
一代限りの法律で思想がそこまで変わるとは思えない

>>238
もし評価されるとしても日本に押し付けたアメリカが評価されるだけ
日本は永遠に評価されません

253 :ロンメル銭湯兵 ◆JAlCYz0cLBMK :2013/04/14(日) 13:14:39.12 ID:W0yHtePu0
鳩山元首相を再評価

就任直後からメディアに豪遊ぶりを公開して消費の活性化を促した。
沖縄米軍基地問題では時計の針を戻すことで国民の耳目を集めることに成功する。
一方、小沢一郎を中心に大量の議員団を中国へ派遣し、中国を油断させた。
自然を愛する彼はムクドリのお告げを耳にして潔く首相の座から降りる。
その類まれな存在感は国民の心に深く突き刺さり、ネットを中心に長く愛された。

254 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:14:39.86 ID:Uw22OwYL0
>>35
ウツリョウ島の産物と維持費を差し引きすると
放棄は妥当。
朝鮮でさえずっと無人島に捨て置いたのに。

255 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:14:39.70 ID:kUfEh4Q+0
角栄と周恩来の写真教科書に載ってるじゃん

256 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:14:50.84 ID:OI2VlbcA0
>>1
正直もう日本では歴史の教科書なんて作れなくなりそうだなww
聖徳太子非実在説や綱吉名君説(本当は名君だった可能性が高い)
の珍説異説あげく近隣諸国配慮なんて言い出したら
収拾がつかなくなるじゃないか

257 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:14:51.46 ID:72MnJpPB0
従軍慰安婦はただのチョン糞の売春出稼ぎ行為でしたってちゃんと記載したか?
主にゼゲンが動いてたって!

258 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:15:28.16 ID:/pZlnSgwO
歴史教科書は評価入れなくて良いよ
善し悪しの評価は個人にさせて400字以内で感想文でも書かせればいい

259 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:15:30.20 ID:QHka95/80
まあ綱吉が博学だったのは知ってたけど

260 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:15:31.96 ID:89ofGzweP
俺の知ってる石田三成はコロスコロスばっかりで
対話の出来ない男だけどな
まぁ、家康の絆アピールも胡散臭いからどっちもどっちだか

261 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:15:52.51 ID:CszyXUkw0
>>196
リサイクルは進んでるわ、飽食で文化の発展は進むわで
江戸時代ってめちゃくちゃいい時代だったのにな

大飢饉の前後数年がちょっとヤバかった程度なのに
殊更にそれだけ取り上げて「江戸時代は貧困と飢饉の時代」みたいな風潮は
どうかしてる

262 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:15:56.46 ID:yeEudx0Y0
>>234
まあ庶民の景気には貢献したかなw
でも、おかげで幕府財政がw

263 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:16:05.86 ID:7lF7i7oJ0
>>215
そうなるでしょ
聖徳太子のもそうだけど教科書って古いから
これだってたぶんずいぶん前から言われてるのを反映してて
今の学説はまた違うだろうし

264 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:16:09.27 ID:3CWQoZgs0
シーシェパードも100年後くらいには慈悲の団体になってるんだろうなあw

265 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:16:11.19 ID:9vHPb43S0
>>204
事実は真実じゃないから困るw(^o^)
どんな事実を書くかによって、真実と言うか教える内容を好きなようにされるんよwww

まぁ、「生類憐れみの令」は戦国の気風を終わらせるためのモノだったと考えても良いかも知れない

266 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:16:12.52 ID:6dvHSNnA0
綱吉の影響が数百年続いてるんだからすごいでしょ
まあ戦後になって平気で犬猫も赤ちゃんも殺すような国に戻ったけど

267 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:16:21.49 ID:PJ6TB3470
>>29
>鳩山由紀夫
マテ、最後w
これは1000年経っても名君に書きようがなかろう。
1000年後の日本がチョンに乗っ取られていない限りは。

268 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:16:24.66 ID:DXWqItFL0
犬公方とと言われたのに名君は無いだろ。

269 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:16:39.32 ID:Y4Z4Zzeu0
どうしてもショーケンのイメージになってしまうわ。

270 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:16:48.73 ID:kEQ5SF6I0
中大兄皇子(天智天皇)と中臣(藤原)鎌足は蘇我氏を滅ぼして大化の改新を行った英雄みたいに言われてたけど、
実際には蘇我氏の方が改革派で、中大兄皇子と中臣鎌足は私利私欲でそれを潰した抵抗勢力だったらしい

271 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:16:49.28 ID:wKb0Pmpf0
なんか、広島長崎の原爆もきれいな爆弾ってことにされそうだな

272 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:17:15.92 ID:1Gqg22Qo0
ネトウヨもそのうち汚点として教科書に載りそうだな

273 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:17:24.83 ID:pXBLBMuU0
俺の中にあった
子供を守るために狂犬を殺して手打ちにあった人のイメージが・・・
崩れたw

274 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:17:28.57 ID:Tu6NyKW30
冷静に考えて、生類憐れみの令がそのまま現代にあったらどうなるか、やっぱ悪法だろ
精神が正しくても条文や適用が正しくなければやっぱり悪法だと思うがねえ

275 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:17:28.85 ID:3Bmi8jZb0
http://www.news-postseven.com/archives/20130414_181590.html
ユダヤ人は、国を失い、散り散りになったが、「金融」など、汚い金儲けが得意で、力をつけていった
ドイツのヒトラーは、そんなユダヤ人が大嫌いで、虐殺して根絶やしにしようとした
やがてユダヤ人は、アメリカで、金融界、ハリウッドの映画会社などで力をつけ、世界を支配、イスラエルを建国した

そして日本では、GHQの政策で、在日朝鮮人を優遇し、芸能界やスポーツ界は在日朝鮮人が多い、力道山もそうだった
在日朝鮮人も、ユダヤ人と同じく、汚い金儲けが得意、相手を倒すためなら手段を選ばない
六本木ヒルズなどは、ユダヤ人と在日朝鮮人の融合の象徴だった
ボクシングの亀田一家のように、無理やり在日朝鮮人をヒーローに仕立て上げた
そしてプロ野球チーム、テレビ局、出版社などの株式を買い占めて傘下に入れ、「韓流」を押し付けるようになった

キリスト教や欧米カッコイイという洗脳はある程度受け入れた日本人も、「韓流」に対しては、激しく拒否反応を示した

いまの日本では、「生類憐れみの令」ならぬ、「チョン類憐れみの令」というお触れが出ているかのようだ
KARA、少女時代、チャン・グンソクなど、頼みもしないのに、韓国の芸能人がテレビを占拠している
僕はK-POPより日本のアイドルのほうが好きです、と発言しただけで、フジテレビの番組から消えてしまった芸人もいる

日韓併合という屈辱をうけた朝鮮民族が、何百年ぶりかで、日本にリベンジを果たすときがやってきたのだ
西郷隆盛の「征韓論」の逆、韓国の「征日論」が着々と進行しつつある

276 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:17:33.71 ID:OaC12s4i0
生類憐みの令を当時の庶民がどう思っていたかは、残っている文献みりゃ判るだろう

庶民は歓迎していたか?

277 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:17:41.60 ID:n0O5DLIr0
動物愛護団体のロビー活動のおかげ

278 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:17:41.87 ID:t8FWCODNI
秀吉が極悪人として教科書に載る時代もそう遠く無いな

279 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:17:48.19 ID:hjZkvXVY0
>>162
アメリカをディスってるの?

280 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:17:57.55 ID:goCA+Pbb0
左に洗脳するためにありとあらゆる資源を投入してる感じ
馬鹿しか育たないと思うけど

281 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:17:57.36 ID:l0m+uQXR0
名君とか暴君とか、歴史学者の主観いれないでほしいわ
事実だけ書けばいいでしょ日本史の教科書なんて

282 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:18:04.79 ID:WqYX63ah0
これでゆとりが綱吉を名君扱いする日がくるんだろうな

283 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:18:13.31 ID:w6tq/N9i0
なぜ、評価を下げられたのか、何故、今になって評価が上がってきたのかが
説明されてなけりゃ、個々人の評価なんて、単なるウンチクだろ

284 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:18:14.94 ID:7lF7i7oJ0
>>261
江戸時代の人口の推移みるととてもそうは思えないけどな
まさに生かさず殺さずを地でいってるというか

285 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:18:25.62 ID:amj6GDut0
宗教狂いで散財したせいで後の元禄小判の悪化改鋳につながりました。

286 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:18:26.59 ID:ovClpi3p0
>>196
中世-近世-近代-現代
日本史は、近世の扱いが地味だとなげくのは分かるw

近世ってなに?とか言われるレベルだからな。

287 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:18:27.71 ID:j45RS05E0
>>217
漁師以外が魚を釣るのを禁止。
生きた状態で魚を販売するのも禁止。

288 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:18:32.01 ID:pbPx3dby0
綱吉とか暗君だろjk

289 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:18:32.27 ID:yeEudx0Y0
>>270
そうだよ。
その中大兄皇子と鎌足の勢力を倒した天武一派が律令国家を作り上げた。
これすなわち蘇我の路線だよ。
その路線を再度くつがえしたのが鎌足の子孫の藤原氏w

290 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:19:08.05 ID:nWoCgCqRO
>>249
異文化に寛容な社会背景…

>>1外国人の感想は、その外国人の出身地や階級の影響あるしな。

291 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:19:12.03 ID:LfJqmbng0
今の価値観で評価するのはいいが
当時、庶民に嫌われてたなら、嫌われてたことも歴史だからね

韓国で閔妃がミュージカルになって
その演出が歴史になるなんてバカなことだけどやめて欲しい

292 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:19:19.13 ID:MOs7trSU0
>>270
中大兄は最初から勝ち目のないいくさに突入して危うく国を滅亡寸前にするし
ロクなことしてないしな
蘇我の方が余程日本に貢献してた

293 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:19:24.00 ID:yeEudx0Y0
>>284
つ間引き

これなくしてあれほどの人口の安定はあり得ない。

294 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:19:26.61 ID:pfbhL0Os0
「綱吉は暴君」って学生の時に刷り込まれて

脳がついてこれない爺婆がいっぱいいますね(´∀`)

295 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:19:33.68 ID:Z47NzrCF0
シーチワワ大喜び

296 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:19:42.21 ID:cWDanhgF0
>>287
あらあら

297 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:19:43.14 ID:uL+egQjbO
ペストだかの伝染病を防ぐ為とかじゃなかったっけ?

298 :偽モルダー ◆26r9vDYRZI :2013/04/14(日) 13:19:43.56 ID:9B4taYrK0
>>256
第二次大戦の主要な戦いにおいてさえ、ゴルビーのグラスノスチで
大幅な修正があるのに、数百年前の歴史とか、結論を出すには検証に
検証を重ねないと無理。
日本書紀が正史とあるが、書紀は藤原氏にとっての正史である、
と見方をすればスルスルと謎は解ける。

299 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:20:01.84 ID:OsnCzagb0
水戸黄門みる限り、綱吉辺りの時期の政治って汚職がはびこってたイメージしか無いw

300 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:20:05.98 ID:mcu0sAw10
野良猫に餌を与え

301 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:20:29.51 ID:rjZbYx8N0
蚊や蟻を殺しただけでその場で斬首はないだろ
いい加減な評価するな

302 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:20:29.43 ID:a/ghuUOZO
戦争は、いい国が正義のために悪い国と戦っている
歴史上の人物はいい人と悪い人にわかれる
歴史は一つしかない

そう思っていた時期が、俺にもありました…

303 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:20:38.29 ID:mqJRzCTI0
鳩山由紀夫
菅直人        

この辺も名宰相として将来の教科書に載りそう、円高政策で消費者の生活を守ったとか

304 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:20:42.42 ID:saK3E+rpO
歴史は巻物とか発掘物とか客観的資料のみ学んで、あとは考えるようにすれば?勝手に想像してストーリーつくるからこうなるんだろwww

305 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:20:45.97 ID:l0m+uQXR0
百歩ゆずって、生き物を殺してはいけないって思想が正しいとか立派だということにしよう。
だったら鳥やら豚やら牛やサカナを日常的に食べてることはどうなんのよ?

306 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:20:49.87 ID:/BBv7oME0
>>284
流行り病や餓死者が出るほどの凶作もあったしね
東北は特にひどくて、南部藩なんて16年に1度は餓死者が出たそうだ

307 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:20:51.05 ID:E5JScQH70
お花畑脳が力を持つとこうなるって典型例なんだが。
まぁ著者もお花畑なら出版社もお花畑ってことなんだろう。
滅んでしまえw

308 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:20:51.86 ID:ywX4AdE30
>>196
ほんと江戸時代があったからこそ今の日本があると思うよ
260年間の太平の世はすごい
このおかげで文化がのびのびと発展した
実際、庶民の教育水準も世界的にみても高かったからね

309 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:20:57.49 ID:+r7zfysgO
これ、菅直人や鳩ぽっぽを名首相だったって捏造するための布石じゃね?

310 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:21:09.99 ID:n0Y2AIoo0
犬を死なせた左翼は即刻死刑ってことでOK?

311 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:21:12.10 ID:vfZquP6Z0
鳩山「数年後の教科書で俺は名君」

312 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:21:27.90 ID:MowtaEuX0
武家屋敷で犬飼って、飽きたら捨ててそれが
野犬化して民衆に悪さしてたんだから、それ
の回収はでかかった。小型犬でも噛まれと
すごい怪我になるし、それが元で死んだ人間
も多数いただろ。狂犬病予防もへったくれも
ない時代だからな。
犬はおろか人間も憐れみの令の対象だったから
行き倒れを見捨てると罰せられたし、今の俺ら
が道端で人が倒れていると生死確認して警察や
消防に連絡する規範を形成したのが生類憐みの
令とも言われてるよ。元禄景気に湧いてた頃だ
し文治政治形成した人だし評価の点は多々ある
よ。

313 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:21:31.08 ID:aAf832yyO
>>15
秀吉の「惣無事令」なんて
ノーベル平和賞どころか
国連表彰ものの思考だよね

314 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:21:56.52 ID:6c63cYNa0
慈悲深い綱吉様

歴史学会の重鎮が死んだりして支配的学説が入れ替わると教科書の内容も変わるのかな

315 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:21:57.50 ID:RaGCrli30
犬公方呼ばれて市井の評判最悪だった事実は変えられないだろうに
そこまでねじ曲げてんじゃねえだろうな

316 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:22:06.15 ID:UQXIlbAm0
>>250
角栄は事実上の日本の独立を成し遂げて日米安保を形骸化しようとしたわけだけど
冷戦下でそれをやろうとした事の是非と今日の中国の覇権の脅威を考えれば
彼を模倣した愚劣な後継者たちの所業を考えても今現在では評価を落とされても当然だと思う。

317 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:22:06.76 ID:XP2SHyPm0
教科書は検定があるんだよ。出版不況で教科書は数が出る優良品なんだ。
政府の検定官には逆らえない。子供が出来ないから生類憐れみの令をだした
のは確かなんだろう。良い法律なら、死後廃止されるはずがない。まさに
小役人が喜びそうな将軍だよ。w

318 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:22:07.12 ID:1pyoQLzZ0
>>299
賄賂って言うと悪いイメージしか無いけど
当時はれっきとしたシステムだったんだよ

319 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:22:35.39 ID:+vvcjp9/0
名君ってただのルーピーじゃん
あほか

320 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:22:47.26 ID:4eBvOcnb0
史料検証でさえなく
俺の考えた正義的歴史観って感じに
チラシの裏のメモ帳化してんな

321 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:22:47.81 ID:JBgYD45i0
歴史は勝者によって記される
それは嘘つきどもの創作物

322 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:22:53.85 ID:7Y/WsPL30
特亜が日本人から牙抜いて腑抜けに育てることを要望しているかな、
そして大人になった日本人に草食日本人に比べて頼りがいのある特亜男子とか言ってスポイルし、日本人の女性だけめあて

323 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:22:56.77 ID:amj6GDut0
綱吉は前半が善政で後半が悪政だろ。

324 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:22:58.16 ID:OaC12s4i0
歴史に現在の価値観での評価なんて不要

事実のみ淡々と教えればいい

325 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:22:59.82 ID:qEcKFxlb0
野良犬を繁殖するままにしてたってのは信じられん。
定期的に間引かないと、数の押さえが効かないだろ。
まさか、共食いさせてたのか?

326 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:23:02.86 ID:qSTPC/D5O
個人的には田沼意次の名誉回復をして欲しいが

327 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:23:15.58 ID:MOs7trSU0
>>284
人口は横ばいだしな
国が発展してるなら人口は増え続けるのに江戸初期以外はほぼ横ばいって事は
江戸初期以外は国の発展が止まってたって事。

328 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:23:19.26 ID:gliY7fWf0
犬吉って本も合わせてお勧め

329 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:23:22.76 ID:LfJqmbng0
>>294
歴史は最新の研究で書き換えられるものだけど
そういうアカデミックな研究が、政治的に利用される危険もあるんだよ

330 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:23:25.50 ID:WvC8H+leO
わかってねーな
綱吉は李王からの親書で鬱陵島から東の島を渡航禁止居住禁止にして海賊や犯罪者の根城になることに賛成し漁民の遠征や商船の廻航を禁じたんだ。
一度誉めといて次はこの件で来るぞ。

331 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:23:30.44 ID:4z9+uHK+P
狂犬病や犬を切る試し切りも減っただろうね

332 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:23:44.38 ID:a0sZTDfwP
歴史教科書なんてムーと大して変わらことに気づいた

333 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:23:51.78 ID:Qs52TgKs0
>>325
何の話だ?

334 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:23:52.42 ID:j1jXtAeSO
>>102
逆じゃね?

335 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:23:55.35 ID:yeEudx0Y0
>>327
だから人口調整したんだよ。

336 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:24:05.66 ID:uZv2WQf/0
当時の日本人は犬食してたからな。
年末になると犬鍋してたとか。

あれ以来、日本人のだれも犬食なんてしやしない。
平成の今でも効力を持ち続けているところが凄い。

337 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:24:07.26 ID:V4TSuZoC0
朝鮮人の血が1/4入ってて推定身長120cmの奇形だった可能性とかはさすがに載らんか

338 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:24:19.46 ID:hjZkvXVY0
>>305
小学生かよw

339 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:24:42.44 ID:Z39p+fOG0
>>267
【教育】高校の歴史教科書で“ダメ首相”と認定された民主党の菅直人元首相 シェアトップを誇る山川出版社の歴史教科書で
1 :春デブリφ ★:2013/04/04(木) 17:50:42.25 ID:???0
★山川の歴史教科書、菅直人政権「震災処理の不手際もあって総辞職」と“認定

 民主党の菅直人元首相が、高校の歴史教科書で“ダメ首相”と認定された。来春から
高校生が使う教科書に、東日本大震災や福島第1原発事故への対応の不手際で内閣
総辞職に追い込まれた?との記述があるのだ。菅氏は在任時、口癖のように「俺は歴史
に名を残したいんだ」と語っていたというが、トホホな形で願望がかなってしまった。

以下略、続きはうぇぶで

340 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:24:49.04 ID:RWsAh3kZO
>>299
どんな時代でも汚職は蔓延ってる。
特に景気がいい時は、汚職ももれなく絶好調。

341 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:24:59.31 ID:jnsQEpD60
吉良上野介がほとんど被害者で浅野内匠頭がキチガイだったのも歴史に書くべきだと思う

342 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:25:13.44 ID:bJmbIxaU0
>>229
綱吉の時代(1680〜)は大坂夏の陣(1615)経験者はまず生きてないと思うので
そういう荒っぽいのは多分減ってきてると思うけど

まあどんな世でも人殺しは居るだろうけど

343 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:25:38.86 ID:t8FWCODNI
こんな十年とかそこらで価値観が根本的にひっくり返るような不確かな学問を勉強する価値ねえだろ

344 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:25:40.26 ID:7lF7i7oJ0
>>336
そもそも犬食って環太平洋に広がる民族超えての古くからの慣習だしな
今単に日本では食べないってだけで

345 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:25:41.29 ID:w/UCLns9O
こんな手の平返しするの日本ぐらいだろうな。

ローマ皇帝ネロが名君でナチス総統ヒトラーはドイツ復興の立役者、
なんてヨーロッパの教科書では教えてないんだろ?

346 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:25:42.46 ID:f2+0+2oa0
まあ、最近では南京大虐殺とかも、20万とか30万の犠牲者って書くと
検定意見がつくような時代だし、昔とは考えが変わってきているのかもしれん。

347 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:26:05.16 ID:nFWkSEpy0
田沼意次はやっぱりワイロ野郎なの?

348 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:26:05.90 ID:IWerVJ1g0
>>324
殺した死んだだけになるだろ
どういう意図でどういう意味があったかのほうが
歴史を学ぶということなんだよ

349 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:26:23.05 ID:w0RRfAqfO
未来の教科書では『民主党ですら』
善良な政党になるのですね、わかります

350 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:26:23.93 ID:qEcKFxlb0
>>330
ああ、鬱陵島は竹島で、今の竹島は松島って呼んでたとか。
で、竹島(鬱陵島)は朝鮮へ譲渡
松島(竹島)を竹島として境界の島で渡航禁止としたんだっけな。

この場合、一応竹島は日本じゃないか?

351 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:26:26.85 ID:S0AWCbQT0
>>308
同意
江戸時代って、日本のルネッサンスと言ってもいいと思う
江戸時代まで庶民に文化なんてほとんどなかったからね、日本(庶民)の文化が花開いた時代
明治維新以降、幕府=悪というレッテルが貼られてしまったのも、時代の流れかもしれないが・・・

352 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:26:31.79 ID:hjZkvXVY0
>>336
ムツゴロウが亀井静香に激怒

353 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:26:33.50 ID:a11ubwB/0
たったの1年で史観を変えるような奴らに文科省認定の歴史の教科書など書かせたくない。

354 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:26:36.90 ID:OaC12s4i0
江戸時代、庶民は苗字なかったかというと、そうじゃないからな
苗字はあったけど、公式に名乗れなかっただけ

定着しているイメージってのは恐ろしいもんだ

355 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:26:49.17 ID:WvC8H+leO
>>308 百年切りとばすなよw

356 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:26:50.26 ID:arH307Ut0
>>301
そのお触れに反対している奴が、役人の前で堂々とわざと蚊を殺したら
斬首ありうるだろ。

357 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:26:54.90 ID:0oWM4OlZ0
聖徳太子の件は江戸時代から指摘されてるんだろ
後世の創作ってことはもう定説だよ
それよりも、なぜ創作されたのか、なぜ創作を人々が受け入れ信仰まで生まれたかってことの方が面白いのでは

358 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:27:15.11 ID:1pyoQLzZ0
>>345
ネロに関しちゃある程度再評価されてるんじゃね?
キリスト教迫害したから不当に貶められてるってのはある
ヒトラーに関しては考察すること自体禁止ってわけのわからん状態w

359 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:27:18.73 ID:T5EGFSNb0
溝浚いは必要

360 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/04/14(日) 13:27:33.28 ID:Vh80QTiE0
俺の隠し子がはっきり


・・・・してるな

361 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:27:33.40 ID:kd/ka5dF0
 東北の餓死者は、各藩の責任だぞ 江戸幕府の責任じゃない
 
 

362 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:27:41.37 ID:VmZJb5x70
その時代の社会状況に応じての評価で名君であり暴君であるのだから
後世のオレらが評価するのもどうだか?って気もするし
それを教科書で慈愛だと決めつけるのもな。
興味があるヤツが掘り下げればいいだけで教科書はきっかけを作ってやるだけでいいように思うが。

363 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:27:41.83 ID:sOwDy0IX0
地球温暖化阻止に貢献しようとした
ポッポものちの世では名君の仲間入りだなw

364 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:27:53.61 ID:ywX4AdE30
>>327
人口が一定だから
戦争が起こらなかったとも言えるな
人増えるとどうしても拡張しないといけなくなる
清と戦争ばっかりして、国体がボロボロになっていたかもしれないぞ

365 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:28:02.23 ID:X28qQ27w0
生類憐みの令は水戸の黄門さまのエピソードとセットだから後世でかなり脚色されてるのは間違いない
ただエスカレートしすぎたってのはあったかもしれんけど

366 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:28:03.75 ID:Tc3KrsQR0
忠臣蔵の討ち入りがちょうど生類憐みの令の時期と重なっていて
夜中にコッソリ行動しようとしても多くの犬が勘づいて吠えるんじゃない?
という説を聞いたことがあるが。

367 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:28:05.19 ID:aDpXwM600
しっかし サッチャーかわいそす

368 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:28:13.95 ID:Qs52TgKs0
>>345
もしかしてコロンブスがアメリカ発見したとか思ってる?

369 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:28:23.62 ID:GGgdA/al0
菅もいずれは名宰相として教科書に取り上げられる日が来るわけないな。

370 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:28:24.44 ID:V4TSuZoC0
>>342
水戸黄門は若い頃、刀の試し切りしたくて非人を襲って切り殺したりしてたそうな
武士なら人を殺せて当たり前って気風はまだ残ってたぽい

371 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:28:30.79 ID:pXBLBMuU0
キリシタンが人身売買してたとか朝鮮通信使は泥棒集団だったってのも載せてるのけ?

372 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:28:38.90 ID:LI7omGod0
民主党の「朝鮮人憐みの令は慈愛の政治」だったの?

373 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:28:40.31 ID:cSES67vN0
新党憐れみ

374 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:28:51.89 ID:qK9Gje2eO
生類憐みの令を単純に動物保護として考えれば確かに慈愛に満ちた政治と言えるが、
害獣を駆除しただけで人間が極刑を受けるなんて馬鹿げてるにも程がある
実際に善政だったなら綱吉の死語に廃されることはなかったろうに

375 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:28:52.55 ID:yNpG5KAp0
>>64
吉宗は、元禄バブルと宝永・元禄地震で揺らいだ、三河物語的農本主義を立て直すために、
部分的に、開発主義を取り入れただけだよ。
開発というより、和歌山で先に実行していた震災対策の転用といった方がいい。
田沼は、開発主義それ自体を掲げて、大胆に踏み込んだので、ぜんぜん違う。
紀伊国は、宝永地震で完全壊滅したので、吉宗は、緊縮策ベースで、土建的復興を一部に取り入れる形をとった。
尾張国は、宝永地震の被害が中程度だったので、宗春は、藩の金庫を開く積極財政で、地域の活性化を図った。
吉宗と宗春の差は、実は、「和歌山と名古屋の被害の差」だったりする。
江戸にとって良かったのは、宗春のほうだったんじゃないかね。

ちなみに、綱吉が叩かれるのは、自由奔放な側近政治をしたから。
徳川幕府にとって、「三河時代以来の、家柄重視人事を動かさず、慎重な意思決定を行う重臣政治」こそが、
本当の「権現様の祖法」だったから、
側用人をヌルヌル使って、大胆な人材登用を行った綱吉は、叩かれて当然だった。
田沼親子が叩かれるのも、本当は同じ理由。
逆に、松平定信がホルホルされるのも、新井白石が有難がられるのも、この反対で同じ理由。

376 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:29:05.45 ID:gH0ODRD90
>>30
田沼に関しては

白河の清きに魚も住みかねて
もとの濁りの田沼恋しき

なんて習ったんだから
田沼政治→厳しく取り締まる→やっぱ昔の方がいいや
って雰囲気ごとしっかりならってんじゃない?

377 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:29:10.54 ID:avVCQFLoO
>>284
発展の度合いは藩によって相当ムラがあって、
西日本は人口増加、東日本は人口減少って傾向があったよな。
あれだけ犬猫みたいにバカスカ子ども生んでおきながら人口減少って、
いったいどれだけ死んでたんだよって話。

江戸時代に頻発した飢饉はまさに人災そのもの。
米本位制の下現地のバカ殿が目先の収入に目がくらんで
東北みたいなところで亜熱帯産の稲作モノカルチュアを強制するもんだから
(戦後みたいな耐寒品種はない)、ちょこっと冷夏になっただけで大飢饉が発生するのは当然。

東日本特に東北太平洋側の百姓にとって江戸時代は縄文時代以上の地獄だったはずだけど、
なぜかそういう所に限って江戸時代マンセーなんだよな。
北朝鮮が将軍様マンセーなのと同じ原理か。

378 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:29:13.39 ID:RtZCXdFv0
>>299
江戸時代は公費と私費の境界が曖昧だから、役人が私人から金品を貰うことも許されていた。
だから中村主水が商人から袖の下をもらうのも実は合法なんだよ。

379 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:29:15.96 ID:G1VqHp4P0
綱吉が悪政を行ったかどうかってのは色々意見があるが、
こういうのは評価を180度転換するのではなく、異なる意見を併記するやり方のほうが望ましいのではないかな〜
よいか悪いかの判断は、学んだものに任せるのが正しいとは思うが

380 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:29:16.64 ID:LabsIU7P0
偏り教科書鵜呑みにして無能扱いしてる思考停止が多いなw自分で調べようと思わないのかねww

381 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:29:18.38 ID:zLplue+O0
>>330
なるほどね

綱吉の評価じゃなくて、
竹島が韓国の支配下に有った様に史実を捻じ曲げたいわけだw

さすが朝鮮人が支配する日教組だな

  

382 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:29:22.75 ID:UpnB+9Hh0
>>345
ネロはキリスト教関連がうるさいからなぁ
それさえなければ賛否両論ぐらいにはなるんじゃね

383 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:29:31.07 ID:MOs7trSU0
>>366
別に犬が吠えなくたって
40人以上が真夜中に集団行動してそれが全く気付かれないって
有り得ないけどね

384 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:29:32.18 ID:G/0LE/wA0
吉宗は悪将軍

385 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:29:33.25 ID:SPiSquSv0
慈愛の政治とかキモイなあ

386 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:29:33.58 ID:QsQEJeuz0
明智光秀もよろしく

387 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:29:51.56 ID:yJKDQ2LU0
>>306
南部藩は冷害に強いコメの品種ができても未だに冷害の被害が出る所で、
あの当時からコメつくって納めろっていう暴政を敷いていたからな。
毎年のように凶作なのに改善しようとしなかった。
その上税金がコメの価値で換算されてたから漁民も苦しかったそうだ。

因みに南部藩は一揆の数が日本一多い藩だそうです

388 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:30:01.62 ID:Pt9nCFbw0
>>344
日本人が完全に犬を食べなくなったのは戦後復興の頃だよ
狂犬病の蔓延と輸入食料のおかげで飢饉でも食べるものが手に入る時代になったおかげで
犬食する必要がなくなった

389 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:30:03.74 ID:LKb+ZoNOO
横並び主義、村社会の
権現家康の再評価もヨロ

390 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:30:07.62 ID:pfbhL0Os0
おまえらよかったな2ちゃんがあって。

なかったら近所の犬や猫を血祭りにしてたんだろ?(笑)

391 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:30:16.81 ID:mFfHWZSu0
蚊とかハエとかどうしていたのか非常に気になる
まさかそれでもアウトですか?

392 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:30:20.53 ID:fDUe2diu0
生類憐みの令は漫画とかのいいネタになってるよな
確かに偉大な人だよ

393 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:30:21.73 ID:7IXbB8zE0
犬公方と蔑まれたのは事実と違うの?

394 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:31:03.57 ID:qEcKFxlb0
聖徳太子って弘法大師みたいなもんだろ。

200年くらい後の敬称名。
厩戸皇子、空海は存在してるんだからかまわんとおもうがな。
蘇我氏を消すために・・・というが、聖徳太子は蘇我氏の血統だし。

395 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/04/14(日) 13:31:08.52 ID:Vh80QTiE0
雅子さまに男が出ない
綱吉はのら犬を衛生問題観点から保護、が子宝を願っての祈祷

なにもかわらんな・・・俺の電話番号対策はしたんだぜ

396 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:31:13.01 ID:TURxeFHV0
綱吉は朱子学の禁忌に触れてしまったために
必要以上に後世の学者に批判されることになった。
田沼意次もそう。

御用学者の新井白石なんかもっと批判されていいと思う。
あと松平定信もね。

397 :偽モルダー ◆26r9vDYRZI :2013/04/14(日) 13:31:16.59 ID:9B4taYrK0
>>345
ナチヲタでもあるおいらが解説してやるけど、ヒトラーが
ドイツ経済を復興したか?と言えば全然していない。
その多くはメフォ手形の大量発行であり、その召喚期限は
まさに1939年だった。アウトバーンも低賃金による失業者の吸収。
ナチズムはまた古きよいドイツを目指し、女性が家庭にいるものだ
と宣伝し、女性の仕事を男性に入れ替えることで、失業率の
改善を計ったもの。不釣り合いな財政バランスを被占領地に
強要したのはそのため。
 しかし、ネラーはゆとりが増えたねぇ

398 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:31:18.33 ID:WvC8H+leO
>>268
いぬわし 尾羽根を矢に使うと一級品でなくなるから
いぬつげ 見かけは似てるが櫛の素材にはならんから
いぬくぼう も似たように亜流とか一軍落ちぐらいの意味でござる

399 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:31:32.00 ID:GGgdA/al0
暗君の誉れ高き忠長の評価もいつか覆るのだろーか。

400 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:31:32.17 ID:XP2SHyPm0
犬を集めて餌をやって避妊しなれば、犬が増えてやがてその場所では養えなく
なる事ぐらい、子供だってわかるのに、なんと馬鹿な大人が発言してるんだろう。
綱吉が死んでから、種類哀れみの令が廃止され、犬はみんな食われてるよ。w

401 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:31:33.77 ID:zLplue+O0
 
■日教組

「"日教組の教師"がみっちり反日教育を施せば、30年、40年後には、その青少年が
日本の支配者となり指導者となる。 ドンパチ戦争をしなくても国家解体、革命達成はできる」
http://ameblo.jp/hinomaru-vibes/entry-10931331244.html


■日教組の政治組織 【日本民主教育政治連盟】メンバーの国会議員

輿石東(民主党)
横路孝弘(民主党)
鉢呂吉雄(民主党)
神本美恵子(民主党)
斎藤嘉隆(民主党)
辻泰弘(民主党)
那谷屋正義(民主党)
水岡俊一(民主党)
オール民主

  

402 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:31:38.26 ID:E8gahLdjP
安倍ちゃんは将来どんな評価を得るんだろうな

403 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:31:50.80 ID:e4lLQLbx0
>>40
野犬の被害に遭うのは一般人だし
また武士による辻斬りも綱吉の代に激減した
ちゃんと民衆の役にたってるんだよ。

404 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:32:01.47 ID:pbPx3dby0
何が慈愛だ自分の不幸、苦しみを取り除きたいがために宗教に狂い周りを巻き込んだただの自分勝手な男だろうが

405 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:32:18.55 ID:Bn9RwHFh0
>>54
てか
最近の学会は馬鹿にスポット当てて再評価して
名君って言われた人を扱きおろせば評価されるってとこあるからな

そして基本歴史学会は反日

>>59
そう
オカンが戌年だからとかそんな理由

406 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:32:29.64 ID:0/OLWK7d0
功罪両方淡々と史実を書いておけよ

書いてる奴の感想や思い入れを差し込むなよ

407 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:32:31.67 ID:tu6mUEtQ0
日本史上でも有数の好景気と元禄文化が花開いた時代の殿様だから
失政もあっただろうけど基本的には名君に分類されてもいい人だよね

408 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:32:33.61 ID:pfbhL0Os0
>>404
という噂話でした(´∀`)

409 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:32:37.15 ID:u/8Qyo4N0
教科書に出版社の余計な感想文評価文人物評を載せるな 粛々と事実だけを連ねろ

410 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:32:37.50 ID:4yIiD5Fw0
歴史学というのはこういう史料の研究によって史実と客観性に少しでも近付く学問なんだけど
その現時点でのスコアボードみたいなものを「教科書」にして学校で教え暗記させるということには
いかなる学問的意味もないよな。むしろ対極。

出来る限りの史料や歴史書を自分の目で見て
綱吉なら綱吉がどういう人物だったか自分で考えられるようになるのでなければ教える意味がない
名君と教えようが暴君と教えようが一緒のことだ

411 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:32:38.06 ID:HahkD//90
犬食いの悪習が広まらなかったのは綱吉のお陰

412 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:32:49.18 ID:OaC12s4i0
>>378

官官接待とか、官民接待に対する現代の価値観と違うからね
逆に、付け届けしないヤツは常識知らずの使えないヤツだったろう

今の価値観で昔の事をあれこれ言うのは意味がないってことだな

413 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:32:56.68 ID:i+OE1VrJ0
>徳川綱吉が暴君から名君に

あー、これは井沢元彦も書いてたな
価値観を変えたつー意味では俺も納得した

414 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:33:03.24 ID:LfJqmbng0
鳩山に関しては本当に笑い話ではなく、未来に偉人として評価されてしまう危険性が高い
民族、国家を超越し、人間を世界国家の一員とみなす
人類初のコスモポリタニズムを提唱した政治家だから

そして、鳩山を心の底から憎む、われわれの想いは、未来には伝わらない
こんな理不尽なことがあろうか……

415 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:33:25.92 ID:nhZlzhI+P
犬は食べ物じゃないの??

416 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:33:31.45 ID:fJWwEBsi0
鳩山も「友愛の政治」だ

417 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:33:42.32 ID:vu8hnC7F0
つまりだ。
犬を虐待して食ってしまうチョンとは相容れることは無いということだな。

418 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:33:53.26 ID:Tik/qVV5I
戦国時代が終わって数十年
代々プロの殺し屋が親子三代渡っての時代だよな
生類憐みの令は大成功の政策だったな

419 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:33:57.67 ID:amj6GDut0
吉宗は前半は白石からのデフレ政策継続、 後半はマネー供給のリフレ派。

420 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:34:11.41 ID:4DVqWdZZO
腕白大将に負けちゃった今川のよっちゃんは?(´・ω・`)

421 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:34:13.20 ID:eWF3Go9s0
今とは基準が違うからな
動物を蹴散らして犬を食うのが当然の社会だったら
「もっと大事にしよう」というのは良い事だと思う

422 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:34:14.08 ID:mqJRzCTI0
浪人救済を大義名分に
国家転覆を計った由比正雪も、やっぱり聖人なんでしょうか

423 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:34:24.35 ID:d1qgMc8x0
そこまで過去に拘るなら元寇の責任は取るのか?

あれのせいで日本の幕府は一度滅んでるぞ

424 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:34:30.29 ID:U5IYKnavO
徳川綱吉=シーシェパード

動物愛護に反対する人間など殺し尽くせ!

425 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:34:42.00 ID:Bn9RwHFh0
>>391
昔読んだ漫画日本の歴史では
うっかり殿中で蚊をぺちってやっちゃって左遷された人がいたな…

426 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:34:45.72 ID:wBYPJYx80
庶民から反感かったのに名君はないだろ

427 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:35:39.75 ID:6IRwKd7D0
>>215
たった一人の嘘で古代史がめちゃくちゃになりました

428 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:35:51.70 ID:arH307Ut0
>>308
飢饉餓死者てんこ盛りの時代だよ。中国の第二次大戦後みたいなもんだよ。

429 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:36:01.77 ID:e4lLQLbx0
憐れみの例に反対した光圀の方が自分の見栄のために
領民に重税課したキチガイ君主

430 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:36:08.62 ID:G1VqHp4P0
>>380
綱吉って、お犬様って印象が強いのは確かだねw
じっくり調べてみると、評価してる人も結構いるんだけどね

431 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:36:09.08 ID:FBO162a10
歴史はもっと近現代に時間を割いたほうがいい
家康が幕府を開き、
秀忠が幕府の基礎を固め
家光が下克上の風潮を断絶し、
家綱が世襲制を確定し
綱吉が文治政治とを定着させた。
くらいのおおまかな流れでいいんじゃないの?

432 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:36:15.06 ID:scFg05b20
犬公方徳川綱吉がなぜ江戸時代に江戸の民衆からあれほど嫌われたか
犬を大事にしながら一般民衆が蚊を叩いて殺したら死刑、
子供が病気だから栄養が付くようにうなぎを食わせた親が死刑、とか
信じられないような政策をやったからだろうが
其れに異を唱えたのは徳川黄門様で綱吉の部屋に剥いだ犬の皮をほりこんで
一般江戸民衆の拍手喝采を浴びた
韓国でやってるイルミナティカードの歴史捏造を日本でもやるな!!!

433 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:36:18.43 ID:vb9su4mT0
>>1
やっと最新の歴史研究の成果が反映される日が来たのか

「慈愛の政治」はどうかと思うがw

いままでの歴史教科書の記述は、ウリナラファンタジー的な
気持ち悪さだったから、ほんと嬉しいわ。

434 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:36:19.17 ID:WvC8H+leO
>>381
そう。綱吉が李王の親書に同意し日本も同様の処置をしたって点が隠されてるんだ。
いずれ看板かけかえて、そっちを表の看板にするようになるぜ。

435 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:36:20.48 ID:MczNUuhm0
サヨクフレーバーwww
社会科の狂死なんてほとんど日教組

436 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:36:20.65 ID:HahkD//90
むしろそれを諌めたご老公こと光圀のほうがやばい
家臣を斬殺するようなキティ

437 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:36:23.73 ID:6dQj0aR80
ある程度平和が続くと、ゆとり人間が生まれてくる
そのゆとり人間は、調子に乗って、いろいろと乱す行い、振る舞いをする
それを取り締まるため、生類憐みの令が生まれたと習った
20年前の話。

438 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:36:28.10 ID:dSDt3Z4K0
犬公方という言葉は当時の言葉である。
名君が聞いて呆れる。
綱吉の言う生類の中に人間が入っていなかったというのは
当時からの決定的な評価だ。

439 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:36:30.61 ID:OaC12s4i0
>>419

日中は町人の家に入り浸って、たまに悪党をSATUGAIするのが趣味のシリアルキラー

・・・・いつ仕事してんだよ

440 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:36:31.08 ID:hjZkvXVY0
>>410
中高生相手にそこまで手のかかる歴史教育は無理だろ。

441 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/04/14(日) 13:36:33.36 ID:Vh80QTiE0
現在のセーブペットぷろっじぇくと

捨て犬や猫を保護
みよりのない老人や家庭などに配布、ってより地方公務員が販売してカネに

442 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:36:43.39 ID:ywX4AdE30
>>414


             ノ´⌒ヽ,, :     ママ助けて・・
       : γ⌒´      ヽ,     みんながぼくをいじめるよ・・・
        //""⌒⌒\  ) :
     :  / ") /   ー ヽ )
       / /  (>)` ´(<i〈 :
    : 〈 〈 U   (__人_) | 〉
       \ \     ' // :
      :  〉       /
        /       /
       〈   ̄ ̄)  ̄)
        7  /  /
言葉は湾曲されるかもしれんがイメージは時代が進んでも伝わるものだ
このAA群がある限り、鳩山が当時どうあったから後世に伝えることができるだろう

443 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:36:52.26 ID:6PQXEOxZO
>>391
自分の腕から吸血した蚊を叩き潰した武士が切腹、
隣に座っていた武士が殺生を黙認した罪で島流し。
もちろん両家ともお取り潰し。

という記録が残っているよ。

444 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:36:52.74 ID:gHmh3Xwy0
第三者の余計な解釈が入るからややこしくなる
ありのままの事実だけを記せよ

445 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:36:55.01 ID:uQBKz3jP0
300年後には私も名総理と言ってもらえると菅が

446 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:36:56.93 ID:Gx0kZAvp0
まあ「朝鮮が中国の属国じゃなかった」なんて記述も最近まであったんだしな
いい加減なもんさ

447 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:36:59.83 ID:Qs52TgKs0
>>428
そういうイメージってなかなか抜けないんだな

448 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:38:04.91 ID:sECZrfR10
それ、慈愛って点で評価されてんじゃないんだけど。
結果的に江戸の町の獣害を減らし公衆衛生を向上させたからなんだけど

教科書はちゃんと資料に従って書かれてる
歴史学の素養のない記者が、勝手に善や悪の色付けをするだけ
聖徳太子だって別に個人としての価値を問われているわけじゃない
歴史は小説や伝記や思想ではなく学問ってことがいまだに理解できないのか

449 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:38:19.00 ID:U22xNqhf0
教科書信じすぎなんだよなw

単なるまとめサイトと同じなのにさ

450 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:38:23.18 ID:yNpG5KAp0
>>377
江戸時代の「間違った夢」が、昭和後期に、技術の進歩と気候変動で達成されたから、
「先祖の抱いたあの夢は、実に正しかった」となったんだろうなあ。
西日本は、江戸期はもう消化して次へ行ってる。
日本海側は、当時の夢(海上交易による繁栄)が正しかったがゆえに、
そんな記憶は、歴史ヲタと公務員以外、すっかり忘れてしまった。

451 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:38:24.07 ID:S0AWCbQT0
>>423
滅んではないだろw
京都の公家が何もしないから、東国の武家が「わざわざ九州まで行って」日本を救った
北条時宗こそ「名君」だろう、もっと評価されるべき・・・

452 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:38:36.16 ID:SOkWc4IE0
>>68
施策を野犬対策だけにしておけば名君と言われたかもな・・・・

453 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:38:40.36 ID:OEcb4Q0Q0
【再評価してはいけない人物】

・松平定信・・・緊縮財政と倹約令で景気悪化を促進した大馬鹿者。
        増税による景気回復を唱えた菅直人の先駆者。
        「寛政の改革」のまま進んでいたら明治の日本は北朝鮮状態。

・水野忠邦・・・松平定信に輪をかけた超緊縮論者。株仲間の解散、人返し令など
        経済活動と人的移動をことごとく抑圧。こいつの命令通りにやってたら
        日本はポルポト政権の先駆例になっていた。

・島津久光・・・近代化に抵抗した暗君。斉彬とは対照的な時代遅れの世迷い者。

・徳川慶喜・・・元祖チャラ男。勇ましいことを吠えるだけ吠えて、いざ戦になったら真っ先に逃亡。

454 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:38:54.70 ID:SPiSquSv0
>>448
歴史が学問とか笑わせるなw

455 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:39:06.56 ID:avVCQFLoO
>>426
大衆に迎合するのが名君じゃない。時にはスパルタ式に大衆を正しい方向に導くのも名君だ。
当時の日本人はまだ朝鮮人と何ら変わらない土人だった。
大衆の反発を買いながらも犬食いを禁止することで、日本人という民族の礎を築いたのが綱吉だ。

456 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:39:08.01 ID:B3em6lsN0
鳩山さんは大学の教授だったら尊敬された
政治家というタイプじゃない

457 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:39:16.46 ID:VmZJb5x70
庶民はいつでも幕府に反感を持ってるだろう。
それは今でもかわらんよな。

関係ないけど自分が子供のころ江戸時代生まれの人がいたけど
いまはもう明治生まれでさえ珍しいんだよね。
(今年は大正102年だっけか?)

458 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:39:20.79 ID:uQBKz3jP0
TVドラマじゃ昔から名君だ

459 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:39:24.25 ID:ZA5EmQg60
民主党が塗り替えた教科書をまた塗りなおす作業がはじまるよ

460 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:39:37.31 ID:e4lLQLbx0
>>432
若い頃は辻斬りで罪もない人間殺しまくって
齢とってからは老害ふりまいて見栄張りのために
石高過剰深刻して年貢を引き上げた光圀のどこが名君だよ

461 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:39:39.31 ID:G1VqHp4P0
>>449
歴史をまず学ぶのは、授業かゲームと相場は決まっているから仕方ない
伊達政宗なんか、みんなイケメンだったと思ってるし・・・

462 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:39:46.09 ID:VrjWwiMf0
黄門様は一転して悪役に

463 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:40:08.95 ID:Qs52TgKs0
>>457
おいくつですか

464 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:40:10.74 ID:+mv1ttLlP
平成の綱吉
鳩山が
やっぱり私は、ヒーローだ
と、狂喜乱舞

465 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:40:29.32 ID:U22xNqhf0
>>448
アメリカの教科書は天地創造から始まったりするからなぁw

466 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:40:37.87 ID:W6QQhCv+0
最近の歴史観が井沢元彦の言うとおりになっていてちょっと怖い
教科書に載るまでタイムラグがあるだけなのか

467 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:40:40.49 ID:vF63IHgo0
うんそうだね
トップブリーダーの狗法眼ガルフだね

468 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:40:43.73 ID:OaC12s4i0
近代史は、たいていスケジュールの都合なのか、なにか意図があるのかやらないケースが多いな

個人的には、インパール作戦の経緯と、牟田口廉也と佐藤幸徳の電文のやり取りなんか必須にすべきだ
と思う。

469 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:40:45.44 ID:sECZrfR10
>>454
どんな分野であれ、まともに大学で勉強したことのない人ほどそうした軽薄なことを言う。
歴史学は思想の価値付けに利用されはする
けれどそれが学問の本質ではない

470 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:40:56.50 ID:amj6GDut0
>>447
> そういうイメージってなかなか抜けないんだな

山川の高校日本史の教科書に普通にグラフが載ってるがな。w
お前が変なデンパイメージに支配されているだけ。w

冷害、うんか、いなご、疫病の発生で苦しんでいた。
化学肥料も農薬も抗生物質もない時代だから当たり前。

471 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:41:05.14 ID:Qs52TgKs0
>>461
思ってねーよw

472 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:41:07.55 ID:Ixs2uVkH0
だから犬好きは馬鹿なんだよ。

473 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:41:09.13 ID:xA3f6oAh0
俺は犬嫌いだから俺の中では永遠に暗君

474 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:41:12.23 ID:DPjlmdEy0
>>83
犬を管理下に置くってことでしょ。

475 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:41:12.90 ID:Zf8IvAnK0
>>451
元寇きたせいで北条時宗が日本防衛のために無茶して
それが遠因になって鎌倉幕府が滅んだ

476 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:41:19.54 ID:sXvxGlwK0
>>285
今の貨幣制度を、世界に先駆けて行ったにも拘らず、
当時の儒教馬鹿やら今の馬鹿にまで糞味噌に言われてまぁ・・・

477 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:41:24.82 ID:ixjzidct0
>いいはこ(1185年)作ろう鎌倉幕府

どうしても「国」が嫌なんかなw

478 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:41:24.72 ID:pLab9JY30
鎌倉幕府、室町幕府は存在しなかったんだから
1185年だ1192年も無い話

479 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:41:28.57 ID:scFg05b20
日本と朝鮮半島と中国の近現代史をしっかり学習する時間を作るのは賛成
韓国李氏朝鮮時代の李氏皇帝のめちゃくちゃな政治と法律もない宗教もない戒律も道徳もない
李氏両班の凄まじい盗みたかり政争での殺し合いの凄絶さを学べば今の韓国が李氏朝鮮時代の
両班の扮装仮装をした秘密結社の政治家だらけだという真実がわかるし
日本が中国大陸の近代化においてどれほど大きな働きと資金とノウハウを
中国同盟会や中華民国辛亥革命時にしたかがわかる
日本がなければ辛亥革命も中華民国も成立せず中華民国がなければ
中華人民共和国も成立師弟愛という事実の歴史を日本人は必修で学びなさい

480 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:41:37.81 ID:zJQqdzTb0
ヒロヒトの低脳も記述よろ

481 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:41:39.14 ID:MOs7trSU0
>>457
団塊の世代の方ですか?

482 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:41:45.41 ID:34ZQDwbC0
つうかそもそも生類憐みの令は坊さんに「お前の前世は犬」とか言われたのが原因だろ確か

こんなもん評価する要素が欠片も無い
アホか

483 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:41:50.58 ID:/2+X2B6IO
普通、神社って犬連れてっちゃだめなんだけど
家宣の根津神社ってなんか犬連れOKな雰囲気あるよね
最初見たときビビったけどもう慣れた
家宣が生類憐れみの令に反対していたのはあまりにも処罰が厳しすぎたからで
綱吉の考えは当時からそれなりに評価はされていたのかなーとか妄想をする

484 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:41:51.87 ID:7lF7i7oJ0
260年もあるし場所も津々浦々あるし全否定全マンセーどれもおかしいな
たとえば江戸末期海外への幕府の対応は中国語オランダ語に秀でた官僚を多く抱えてたことで
他国に比べて好条件で条約結べたがそれを明治新政府が自虐史観?で幕府の無能役人のせいで
不平等条約を結ばされた、それを改正した俺達すげーとなる
一方で飢饉も多く農民が苦しむことも多かったのも事実(基本税金=年貢は農民にだけ課せられた)

485 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:41:56.43 ID:0kTDHesT0
>>414
プラトンやキケロや孔子が、案外鳩山由紀夫的な人間だったのかもな
政治家としては

486 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:42:00.84 ID:UpnB+9Hh0
>>451
本土で総力戦やった最初の指揮官だよなぁ

487 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:42:06.12 ID:VgIL5jHFP
慈愛じゃないだろww

488 :偽モルダー ◆26r9vDYRZI :2013/04/14(日) 13:42:12.60 ID:9B4taYrK0
しかし、おまいらはチョンがどうしたこうしたとカキコするわりに
歴史上、もっとも天皇を小馬鹿にしてたのが江戸時代ってのは
スルーしてんのか、分かってないのかよくわからんがwww

489 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:42:13.96 ID:UZ6zfbwu0
暴虐により人民を苦しめた為政者を持ち上げるなど
明らかに自民党支持のネトウヨが教科書を作っている

490 : 【東電 70.0 %】 :2013/04/14(日) 13:42:15.49 ID:uwFm6iFN0
教科書を書いたヤシも殺虫剤をつかうな
自給自足で有機野菜だけくってろ

491 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:42:23.35 ID:yNpG5KAp0
>>432
江戸っ子は、政治的には馬鹿ばっかだぞ。
礼教支配と地獄の搾取で、茨城を地獄絵図に放り込んだ水戸光圀を、ホルホルしたり、
田沼をアボンした佐野某を、「世直し大明神」と称してホルホルしたり、
もうどっかの新聞社か、どっかの野党みたい。
完全に逆神状態で、江戸っ子の意に沿わないことをすると、良い政治の舵取りができる。

492 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:42:28.48 ID:UQXIlbAm0
>>345
ローマの皇帝の評価は議論の的だろう。
ハリウッドで持て囃されるローマ皇帝の横暴さはほとんどが虚構だ。

>>440
むしろ、全時代を網羅するより
特定の時代を掘り下げたほうが歴史という学問の本質が理解できる。
古代や中世を探求すれば現在進行してる事実の本質や真相を観察する眼が養われる。

493 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:42:30.89 ID:Qs52TgKs0
>>470
話の流れを読めよ

494 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:42:32.56 ID:6TfYCu4f0
名君かと言われたら暗君なんだろうな
ただ、武断政治から文治政治に移行したときに在位していたというだけで

495 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:42:37.73 ID:u/8Qyo4N0
>>460
うむ。暴君光圀の評価こそ再考されるべきですな。

496 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:42:46.39 ID:9vHPb43S0
>>453
おいおい(^o^)
>徳川慶喜・・・元祖チャラ男。勇ましいことを吠えるだけ吠えて、いざ戦になったら真っ先に逃亡

こいつが大政奉還せずに、箱根に陣を構えて対抗したらw日本は内乱状態になってたがwww
それでも良いのか?

497 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:42:47.25 ID:Byr9Vz2v0
犬=チョンと考えると、この教科書の意味が分かるよね^^
在日哀れみの令狙いやでえ

498 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:42:49.11 ID:Qy3pdAB90
戦前の教科書を塗りかえす作業のところから
戦後史は始まった。

戦後史の教科書も疑え教科書は常に疑えという
催眠効果だったのさ。
実のところ。

499 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:42:50.24 ID:U22xNqhf0
>>461
教科書もライトノベルと同じ物語だもんよ
歴史から物語性抜いたらそれはそれで面白くないしねw

500 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:43:10.41 ID:B3em6lsN0
どうせ海の向こうから騎馬軍団はこねえだろうってタカをくくって
外国からの使者をとっつかまえて斬り殺しまくった北条がどう考えても悪い
もし朝廷が実権を握っていたらうまいこといなして危機を回避してた

501 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:43:10.57 ID:sECZrfR10
>>488
天皇に敬意を持とうが持つまいが、多くの日本人は朝鮮人を嫌っていますよ

502 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:43:13.14 ID:6x56vjU7P
>>470
そんな中で乞食や身障者救済とかいって金をジャブジャブ使ってたらそりや叩かれるわな

503 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:43:14.90 ID:VShg1KdA0
この政令のせいで市民の生活無茶苦茶になったんですがねェ・・・?

504 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:43:22.56 ID:4vqO7Vhs0
生類憐みの令を出すくらいだから、鳩山程度の将軍様ではあったと思う

505 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:43:32.35 ID:eJrk2yNJO
一方の側面を取り上げるのは評価出来るけど、一方からだけじゃダメだろ。実際、弊害を承知な上で放置したりかなり悪政な部分もあったんだし
で、井伊や田沼の見直しはまだかね

506 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:43:37.59 ID:e4lLQLbx0
>>477
鎌倉幕府という組織自体は将軍就任前から既に成立してたってだけの話
征夷大将軍就任=幕府の開設ではない
ぶっちゃけ将軍位が名実ともに武家の棟梁となるのは徳川以降

507 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:43:56.04 ID:pfbhL0Os0
>>497
国民のストレスのはけ口「チョンコ」だもんねぇ。

508 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:43:58.46 ID:q3KdIAKK0
大権現と台徳院殿がコツコツためた金を全部使っちまったけどな。

509 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:43:58.71 ID:6KBgBA8O0
徳川綱吉が名君であったとしても生類憐みの令が悪法だったことに変わりはない

510 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:44:07.85 ID:h18KflZq0
>>504
それって最高の侮辱じゃね?

511 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:44:15.79 ID:Yxz50rNV0
>>432
生類哀れみの令に関しては極端な誇張や創作もあったらしいからな。
それに犬食はこのころあたりからなくなったらしいし、生類哀れみの令廃止後も
牛馬の遺棄の禁止、捨て子や病人の保護などは継続して採用されたというから一方的に悪ともいえないだろうな。

近年では大正天皇なんかが酷い評価受けてる1人だし見直しは継続して続くだろう。

512 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:44:19.82 ID:jJWOFyty0
「黄門さまと犬公方」を読んでくださいね。

513 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:44:20.27 ID:sECZrfR10
>>499
義務教育はすべて面白がらせるために勉強させるんじゃない

514 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:44:20.57 ID:avVCQFLoO
>>447
イメージっていうか実際にそうだから。
あなたは、江戸時代の真の姿(だと信じ込んでるもの)をどうやって知ったの?
「お江戸でござる」みたいなNHKのプロパガンダとかでしょ?

515 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:44:23.64 ID:+WP/cXNh0
東京には動物愛護がお似合いだよ

516 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:44:43.46 ID:rK21gJ4+0
生類憐みの令って犬を食う野蛮人を取り締まる法だったんでしょ?

517 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:44:55.77 ID:J863N0ox0
行きすぎた動物愛護をやったただの馬鹿を名君?
教科書がこんなんで良いの?

518 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:44:57.65 ID:amj6GDut0
>>476
元禄小判、宝永小判は幕府の金庫を潤わせる政策。
吉宗時代の元文小判はマネサプライを増加させる政策

やっていることは同じでも中身はまったく違う
一知半解なお前が他人を馬鹿呼ばわりする姿は笑止。www

519 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:45:02.44 ID:dFjlklOP0
綱吉は戦国時代からの武士精神の社会からの転換って2ちゃんで見た

520 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:45:04.92 ID:sCluLu5VP
やっぱり愛護連中にとってはスター扱いだったのね

521 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:45:08.13 ID:t2mJSdSp0
生類哀れみの令って八百屋の娘の母親が変な占い師にだまされて綱吉が戌年だから犬大切にしろってのを真に受けただけだし

522 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:45:13.04 ID:FBO162a10
>>414
それはない。
ソヴィエト連邦崩壊の時点でコスモポリタニズムは終了してるし、
提唱したのも人類初じゃないでしょ。
確かアメリカの公文書にルーピーって書かれてるんじゃなかったかな?

523 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:45:13.75 ID:JZaPivDx0
事実だけ書けと言う奴が居るが
主観も少々入れて物語風に書かないと
読んでて面白くないだろ

524 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:45:17.64 ID:oCNxW5Rh0
でも犬コロ殺したら死罪なんだろ?ww

525 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:45:23.10 ID:1pyoQLzZ0
>>496
イモ引くぐらいなら最初から抵抗すんなってことでしょ

526 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:45:25.49 ID:Qy3pdAB90
>>466
井沢信者が選定しているんでねw

527 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:45:32.55 ID:7P7pTbiw0
生類憐みの令は綱吉が推し進めてきた分地政治の延長線上にあるもので
生き物を大事にすること=なんかあったら即刀を振り回す風潮の否定なんだよな
今の日本の治安の良さの大元を作ったのは実は綱吉

528 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:45:33.50 ID:LfJqmbng0
>>448
>歴史は小説や伝記や思想ではなく学問ってことがいまだに理解できないのか

いやまさにそのとおりなんだが
しかし日本の歴史学も
歴史観が民族的感情と政治目的によって作られる某国の影響を
受けていないといいきれるだろうか

かつて日本原住民論(八切史観 )という考察が
アカデミックな権威を得て左翼思想のエサになってるんだが

529 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:45:36.03 ID:6TfYCu4f0
俺は医療一つで、江戸時代に住みたくない
ていうか、ガキの頃に死んでいるだろうし

530 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:45:43.65 ID:63lMMIRdP
その歴史的事実の評価としての正不正の判断は
時代時代で価値観が変わるし、立場によっても変わるから
教科書としてコロコロ変節して散漫になってしまうのは避けるべきだ

したがって教科書では、事実としての歴史と、
主としてその時代においてはどう評価されその後にどう影響を及ぼしたかに留めるべきだろう

531 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:45:46.00 ID:dSDt3Z4K0
>>453
松平定信については学問の政治的統制を行った反面
全国的な文化財調査を行ったりした。
この人を文部大臣にしてはいけないが、
文化庁長官なら結構有能だったかも知れん。

532 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:45:55.80 ID:MMXXturp0
100年、200年経った世の人々にとっちゃ他人事だし、都合よく解釈されたりするだろう。
鳩山が理想主義者として再評価されたり、オカルト本のネタにされる可能性だって十分ありえる。

533 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:45:58.32 ID:G1VqHp4P0
>>494
名君かどうかってのは、そのとき国が発展してるかどうかなんじゃないかなぁ
国民に人気があるかないかってので評価するのはちょっとどうかと
人気がなかったら、ナンボいい政治していても悪し様に書かれることもあるし、客観的に見る必要があるかもしれない

534 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:46:07.00 ID:e4lLQLbx0
時宗は元寇当時、お飾り執権もいいとこだったから再評価する必要ないだろ
つうか当時の海外情勢をちゃんと把握していたら元寇は戦争にすらならないように対処できた
後先考えずに使者をぶった斬った当時の鎌倉幕府はむしろ無能

535 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:46:13.57 ID:W6QQhCv+0
後は明治から昭和までの正しい歴史認識を学ばせてほしい
この国の歴史は客観的に見れている部分が少ない

井沢頑張れや

536 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/04/14(日) 13:46:15.87 ID:Vh80QTiE0
歴史家は、アメリカに資料のほぼ全てを盗まれている
とくに江戸時代に天皇陛下の記録は消えている原因
本当に適当

537 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:46:19.39 ID:MczNUuhm0
>>520
脳内に「アイゴー<ヽ`Д´>連中」が再生された

538 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:46:19.35 ID:NaKes9gq0
裴世清様の、おな〜り〜。

539 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:46:20.57 ID:KnwLidiU0
蚊を殺しても処罰だろ?マジキチ

540 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:46:29.22 ID:CDGoprFz0
井伊直弼の再評価はまだなの!?

541 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:46:44.80 ID:mMfY1X820
>>4
あwんwくwんwww

542 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:47:05.51 ID:xi7B1D+i0
犬を大切にした件で世界の動物保護団体の中ではそこそこ知られてると前に見たことある

543 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:47:09.11 ID:S0AWCbQT0
>>483
>普通、神社って犬連れてっちゃだめなんだけど

神社によるんジャマイカ?
そもそも、犬=ペットという概念は日本にはなかったし
野犬=狼(ニホンオオカミ)だったわけで、その区別すらも曖昧だった
神社によっては狼を祀ってる地域がたくさんあるお
綱吉は、信仰深かったと思う

544 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:47:09.85 ID:6x56vjU7P
>>526
「ビックリ!君の教科書も真っ赤っか!!」
ってタイトルが浮かんだわw

545 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:47:12.04 ID:yNpG5KAp0
>>511
大正天皇は、もっと評価されるべきだと思うなあ。
逆に、同時代、幣原外交は、もっと厳しく評価されなければならない。
後の大戦争の遠因は、彼の、中途半端に迎合的で、中途半端に愚民論的な、
責任を取らない上から目線の「ええかっこしい外交」にある。

546 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:47:19.81 ID:amj6GDut0
>>502
社会保障制度の先駆者として評価されるべきだと思うよ
ただ後半が変なことになっちゃったから批判されているけど。

547 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:47:25.87 ID:Z39p+fOG0
>>469
漠然として申し訳ないんですが、歴史学の本質って何だと思います?

548 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:47:27.25 ID:sECZrfR10
>>528
某国は論証なしに政治的判断のみで歴史論文と称する代物を広める常習者だらけだからね…

549 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:47:30.54 ID:SOkWc4IE0
>>382
むしろローマ皇帝としては的確な判断だよなw>キリスト教迫害
外交手腕も中々悪くなかった。
が、ローマ大火後の施策が民心と合ってなかったな・・・・

550 :偽モルダー ◆26r9vDYRZI :2013/04/14(日) 13:47:31.56 ID:9B4taYrK0
教科書で鎖国表記もそのうち改訂されるだろうし、元寇も最初のは台風ではなく
単純な偵察攻撃であり帰っただけであり、、2回目に13万の元寇がガチで侵攻した
さいに神風にやられたと改訂されるべき。ついでに元寇の主力は実は半島由来で
あることも併記すべき。現代史では「閨閥」を教えるようになったら本物なんだけどなー

551 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:47:31.76 ID:bZ9C30lW0
江戸時代に詳しそうなヤツが多いんで質問

当時の江戸で話されてた日本語って、今とどの程度違うの?
現代のちゃんとした日本語が使える人と、当時の一般的な江戸の住人で会話したとして、お互い通じる?

552 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:47:31.68 ID:eI3rZN6N0
>>1
石田三成は名前も変わったのかよw
ポストセブンの記者は本当に馬鹿だな

553 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:47:34.58 ID:L1sokXXd0
>75
お前さすがにわざとらしすぎやがるぞ
断定はしねえが煽り目的の日本人じゃねえのかお前?

>501
お前らだけが日本人じゃねえんだが何日本人の代表面してやがんだ

554 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:47:49.60 ID:SPiSquSv0
>>533
そもそも「名君」の定義がないなかであーだこーだ言っても結局主観ですよ
客観は不可能

555 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:47:49.97 ID:Qy3pdAB90
>>528
日本人が韓国史を美化するにしても
事実と整合しながらもっと上手にやると思う。

556 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:47:59.48 ID:/8hb0WRI0
逆説の日本史で読んだ
教科書も変わったんだー

557 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:48:03.08 ID:6TfYCu4f0
>>493
>>496
徳川慶喜は先が見えすぎていたんだろうな

しかし、「百才あって一誠なし」ていうのは凄い表現だ

558 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:48:05.15 ID:U22xNqhf0
>>513
そうだけどさ
事実の羅列だとつまんねーんだもん
ストーリー付けたくもなる

559 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:48:18.80 ID:ctSIcYl+0
>>491
田沼に関しては後の松平定信の時代になって一応反省してるじゃんw

560 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:48:22.70 ID:d1qgMc8x0
>>451
鎌倉幕府崩壊の原因

561 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:48:25.67 ID:gXIrbf4H0
やはり朝鮮人と民主党からみた日本史に見事上書きされてるな


やはり朝鮮人と民主党からみた日本史に見事上書きされてるな


やはり朝鮮人と民主党からみた日本史に見事上書きされてるな

562 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:48:29.92 ID:WvC8H+leO
>>330 訂正
綱吉と竹島は直接関係があるんだ。
 
李王は鬱陵島から東への渡航と居住を禁じ海賊や逃亡犯を取り締まった。
次いで綱吉に親書を送った。斯様処置致し候間、御承知頂きたく候との文面だった。
綱吉は海賊が叛乱のきっかけになりうる最後の勢力だと考えて、日本でも同様の処置をとった。
 
これが竹島が無人島だった理由だよ。

563 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:48:36.70 ID:eoyTgJQE0
>>377
それ考えると、東北の復興とか無駄にしか思えない。豪雪地帯の除雪も無駄
有史以来、東北が豊かだった時代がある?
今でも、大根齧ったり集団就職で東京へ労働力を送る地域、って印象しかない

関東以南と北海道沖縄だけで、いいよ

564 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:48:37.93 ID:Zf8IvAnK0
>>547
ためらわないことさ

565 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:48:38.96 ID:lKkSnjy/0
子作りの為に、始めたという事実は消えない。
いつの時代も、占いとか変なのに取り付かれると、周りはいい迷惑だな。

566 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:48:40.51 ID:CDGoprFz0
>>397
そうそう。経済というか財政再建に失敗したから占領地から収奪&借金ちゃらにするために戦争をおっ始めたんだよね
2chじゃ戦争さえしなければ名君だったとか
変な話が定説みたいになってて呆れるよ

567 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:48:43.14 ID:k5QYv1rU0
貞享4年(1687年)2月27日:魚鳥類を生きたまま食用として売ることを禁止(鶏と亀と貝類も含む)
貞享4年(1687年)4月9日:病気の馬遺棄者が遠流に処される(武蔵国村民10人)
貞享4年(1687年)4月30日:持筒頭下役人が鳩に投石したため遠慮処分
貞享4年(1687年)6月26日:旗本の秋田采女季品(中奥小姓秋田淡路守季久の嫡男)が吹矢で燕を撃ったため、代理として同家家臣多々越甚大夫が死罪
元禄元年(1688年)2月1日:屋号の鶴屋および鶴の紋は禁止される
元禄元年(1688年)5月29日:旗本大類久高が法令違反を理由に処罰される
元禄元年(1688年)10月3日:鳥が巣を作った木を切り、武蔵国新羽村の村民が処罰される
元禄2年(1689年)2月27日:病馬を捨てたとして陪臣14名・農民25名が神津島へ流罪
元禄2年(1689年)10月4日:評定所の前で犬が争い、死んだため旗本坂井政直が閉門
元禄4年(1691年)10月24日:犬・猫・鼠に芸を覚えさせて見世物にすることを禁止
元禄8年(1695年)5月23日:大久保・四谷に犬小屋が作られる。住民は強制的に立ち退き
元禄8年(1695年)10月16日:法令違反として大阪与力はじめ11人が切腹。子は流罪。
元禄9年(1696年)8月6日:犬殺しを密告した者に賞金30両と布告。
元禄13年(1700年):鰻、ドジョウの売買禁止

キチガイにかわりはないw

568 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:48:44.59 ID:0tqc6AH70
>>1
なんか1の説明読んで綱吉だけおかしい・・・

569 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:48:45.32 ID:arH307Ut0
>>501
チョンと同じ気質のウヨも日本にでは嫌われていますよ

570 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:48:53.30 ID:sECZrfR10
>>530
だから、教科書自体は正不正の判断なんかしてないんだよ
読む者が勝手に行うだけでね
正不正の判定をするために歴史学があるわけではないのに

571 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:49:02.29 ID:suDZHly90
生類哀れみの令は、悪法も悪法だぞ? なんだこの教科書は。

572 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:49:05.02 ID:nLIUgOyu0
生類憐れみの令は悪法以外の何物でもないだろjk

573 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:49:06.03 ID:/e2qW0frO
ショーケン綱吉の怪演は名演だった

574 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:49:09.67 ID:JZaPivDx0
歴史の教師は講談師でいいんだよ
語り手の主観が入るぐらい許してやれよ

575 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:49:11.33 ID:LqebT2N20
悪さをする犬をも殺せなくなったから野犬が横行した
の間違いだろ。

チョンを保護しろってか?

576 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:49:12.30 ID:382aDDmb0
逆に吉宗はちゃんと百姓には耐え難い政策を行ったと書かないと

577 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:49:27.06 ID:TiU7ObqPO
アホすぎ

そりゃあ災害時にペットの云々抜かすわ

578 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:49:32.24 ID:MczNUuhm0
<ヽ`∀´>ウリだって日本人ニダ

を久しぶりに見たな、春だねえ

579 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:49:35.71 ID:3Bmi8jZb0
>>457
長寿世界一だった泉重千代さんが、最後の慶應生まれだった

明治は45年もあったんだから、明治生まれの人はまだまだ残っているよ

580 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:49:44.01 ID:FTm+lIvQ0
>>1
意味不明杉ワロタwww

581 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:49:45.46 ID:VOkJ835uO
石田三成は判るが綱吉はねぇわ

582 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:50:02.92 ID:mCTmvugB0
そのうち民主党政権も「友愛を掲げ自民党政治を払拭した革新的な政治を行い周辺諸国から高評価を得た」
とでも書くのかな?

583 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:50:05.27 ID:S0AWCbQT0
>>534
>後先考えずに使者をぶった斬った当時の鎌倉幕府はむしろ無能

そもそもモンゴルの使者をシカトしたのは京都の公家だからw
その尻拭いをさせられたのが鎌倉幕府だよ

584 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:50:08.35 ID:B3em6lsN0
江戸時代は緊縮財政の方が正解だけどな
農村から搾取して都市部に流していたので積極財政で喜ぶのは声の大きな都市部の住民だけ
江戸時代の江戸町民なんて地方から搾取した金でパラダイスみたいな暮らししてたのに

585 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:50:55.50 ID:Z0BIAD4p0
ペットフードにうん万円払う現代に通じるものがあるなw

586 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:51:03.60 ID:SOkWc4IE0
>>551
どこぞの方言よりは通じると思うw

587 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:51:08.68 ID:eJrk2yNJO
>>574
そう。そこを入り口にしないと結局良い部分も悪い部分も含めたトータル真実(史実)なんか頭に入りっこない。

588 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:51:20.45 ID:G1VqHp4P0
>>582
いつかはそういう表現をするところも出るかもね
今でも教科書の表現ってのは左翼的なものから右翼的なものまで様々だ

589 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:51:35.56 ID:scFg05b20
>犬を大切に扱ったことから、野犬が横行する殺伐とした状態は消
間違ってる
一般民衆はそれまでも普通に各家庭で犬や猫を可愛がって飼ってた
それが変な飼い方をすると処罰される(何しろ人間よりお犬様のほうが偉いので)
というので飼ってた犬を手放しかえって野犬が増え、しかも民衆は
犬に何かあったら責任を問われるのでかえって野犬が増え野犬を1つ場所にまとめて
将軍家の犬の園みたいなのをつくったが世話の仕方が悪いと人間が処罰されるので役人も
近寄らずかえって犬が不衛生になりどんどん犬が死んでいった)

590 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:51:43.32 ID:WvC8H+leO
>>551 本屋で「東海道中膝栗毛」をパラパラ見てみるといい。
あれは江戸弁しかも救いようがない下卑た口調と内容が書かれてる。まあ3日もありゃ意志の疎通はだいたいできるようになるだろうよ。

591 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:51:58.42 ID:kd/ka5dF0
>>567 朝鮮通信使とか 100%犬殺ししてるから 訴えればいいのにな

592 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:52:13.35 ID:DRaZevsQO
無慈悲な教科書によって歴史の闇へと葬り去られるであろう!

593 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:52:34.67 ID:2czSEPsLP
友愛に通じる物を感じる

594 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:52:34.91 ID:EKlJEuk+0
石田三成の再評価は分かる、田沼はもっと評価されるべき
でも、綱吉は無いなあ

595 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:52:40.09 ID:sECZrfR10
>>551
文化・化政以降だと江戸の町ではだいたいどの階層とも通じると思うよ
いろいろ、イントネーションや単語で戸惑うことはあると思うけど
基本的に旅行者が通じさせたい意図は通じるかな

596 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:52:47.69 ID:U/LQnv750
お犬様w

597 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:53:14.14 ID:AJtxQfN70
そもそも綱吉の功績を挙げるのに「生類憐みの令」しか
評価対象にしてないってのがおかしいだろ

598 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:53:22.76 ID:Fb0k3AOv0
>>517
だから、その知識が間違ってたんだよ。
今まで無駄な勉強ご苦労さん。

599 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:53:23.19 ID:O2w0LTDai
犬食べるとか不敬だよな!

600 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:53:36.48 ID:C+dCcy050
>>453
>>496のいうとおりだ
欧米の「開国しろ、でなければ植民地化だ」っていう圧力があり、
かといって自分も含めた徳川勢力が国を治める力はすでになく。
って状況で、大政奉還以外の方法があるのか?
戦うとしたら、なんのために戦うの?ってことになるだろ
それに、逃亡というけど、慶喜は水戸徳川家出身の人間
弘道館でどういう教育が行われていたか、それが慶喜の行動にどう影響していたか、
歴史の素養があるあなたならお分かりいただけようものだろ

601 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:53:43.16 ID:G1VqHp4P0
>>551
爺様の爺様くらいはまだ江戸末期だった可能性もあるわけで、
普通に考えるとちょっと違うくらいで通じるんじゃないか?
ただ、旧来の日本語に限るとは思うけどw

602 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:53:50.28 ID:Q6bh0Bh60
まったくつまらない男がいたものである

603 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:53:52.53 ID:suDZHly90
>>583
めちゃくちゃだな、これ。

降伏しろなんて書簡はぶった切るに決まってるだろ。

事実、元寇でも勝っただろ、日本は。

日本の方がチンギスハーンより当時すでに軍事技術力は上だった。

604 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:53:57.56 ID:QwQLsV9q0
9条のためだろw

日本の主権を放棄する
9条も憐れみ令並の悪法

605 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:54:00.38 ID:7lF7i7oJ0
>>590
地元の女とはなかなか通じにくかったらしい
たいがい女は家にずっといるからなまりもつよい

606 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:54:05.47 ID:MOs7trSU0
>>579
泉重千代に関してはホントに慶応生まれだったのかは疑問視されてる
って言うか今じゃ明治生まれだってのがほぼ確実視されて
ギネスブックからも長寿世界一は取り消されてる

607 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:54:08.57 ID:sXvxGlwK0
>>518
貨幣そのものに価値は無いとする考え方は当時無かった。
現代でも一万円に一万円の紙で出来ているわけではない。
この考え方が残らなかったがゆえに、明治時代、無駄に銀を放流した。
マネーサプライを増やすためなのは確かだが、それは無駄使いした奴が悪い。
税金を無駄に上げるわけにも行くまい。
インフレに関しても考えてはいたようだが、反対派のせいでタイミングが遅くなりすぎた。

最も、現代での研究では、強いインフレが起こった確証は無いとされる。

608 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:54:10.26 ID:/IzgkFGeO
殺伐とした殺しの時代に終止符をうったんだから当然でしょう。

609 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:54:19.61 ID:d2uWFLbR0
「かぶきもの」対策という説もあるみたいね。
女物の着物を羽織って無法行為をくりかえす連中。
こいつらは犬を捕まえて主食にしてたようで、
その取締の一環だったとか。

610 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:54:24.97 ID:XP2SHyPm0
なんか犬食いが、綱吉以降無くなったとか言ってる人がいるが、嘘吐きだから
信用しないで下さい。明治新政府が諸外国(イギリスなど)の要望で犬食の禁
止をするまでは、普通に食べていました。肉や皮を利用するのは、日本人の
知恵でした。食わなくなって大分経つから、記憶が薄れてるだけだ。間違った
知識で韓国人と違うとか、恥ずかしい・・・・・・・w

611 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:54:27.75 ID:yNpG5KAp0
>>563
377のほうが、きちんと書いてるのにw

東北でも、日本海側と太平洋側では、ぜんぜん違うよ。
日本海側は、大正年間までは、全国でみても、かなり富裕な地域だった。
これは、冷害が少なかったことと、北洋の物産を交易できたから。
北洋の漁業資源は、海産物の総カロリー量が大きいので、実はたらふく食っていた。
米も魚もたらふく食って、残りを関西に売って、京都や大阪の工芸品を買い、文化的生活をしていた。

問題は、太平洋側。稲作伝来以来、基本的にはずっと悲惨。
実は、関東と東北太平洋側は、気候風土政治経済が、どれもかなり似通っているので、
東北太平洋側が悲惨なときは、北関東もかなり悲惨なことになる。
南関東は、鎌倉以来21世紀に至るまで、単に「政権チート」しているだけ。

612 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:54:27.96 ID:k5QYv1rU0
調子に乗りすぎw

613 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:54:28.18 ID:scFg05b20
歴史なんか洗脳宣伝工作の最たるものだから結局自分が自らいろんな資料や本を読み
真実に近い歴史を探してきて在日朝鮮韓国中国人右翼左翼それぞれが勝手に解釈してる中から
真実に近い歴史を探し出すことだ 勉強や知識教養は一生かかって蓄えるものであり
無形の財産であり、学習教養知恵は宣伝洗脳に対抗する大きな力になるということだ

614 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:54:28.11 ID:ZLFwcyzs0
>>7
おっさんやでw

615 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:54:29.63 ID:0kTDHesT0
>>602
あれ、三成に個人的な恨みでもあったのかね?

616 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:54:35.68 ID:fmYd8zNL0
そろそろ民主党政権誕生と3.11の年号語呂合わせ考えとこうぜ?

617 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:54:46.08 ID:pbPx3dby0
>>603
そういやあの元寇の絵もひどい切り取りかたしてるよな

618 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:54:51.11 ID:d/O6xgYV0
>>504
バラマキに飛び付いた乞食層は犬って事だな

619 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/04/14(日) 13:54:52.64 ID:Vh80QTiE0
泡れミ

で徳島県警のいいわけが多いな
カネかえせ

超つまんね創価学会

620 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:55:03.55 ID:CDGoprFz0
>>603
ないない
集団戦法すらなかったことは知っているだろう

621 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:55:11.35 ID:dsV/GPOMO
>>587
それじゃあ朝鮮人と同じになる
歴史なんて、人間の行動様式をダイナミックに観察するツールであって、授業であまり語りを入れるのは好ましくないよ

622 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:55:30.19 ID:b/vF+sW80
皇室絡みの部分が重点的に改竄されてる。

1192は政徳分離の最重要点。
日本破壊はココからなんだよゆとり。

623 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:55:30.12 ID:SOkWc4IE0
>>603
神風「・・・・・わしの評価は?」

624 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:55:38.10 ID:Tri/VYVaO
>>594
綱吉時代の以前と以後じゃ、殺人事件の数がまったく違う
物騒な武士気質から現代のまったりとした人格に日本人を導いたという意味では、聖徳太子以上の功績がある


まぁ頭の中身は鳩山並みの友愛だったかもしれんがな

625 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:55:39.00 ID:x9FJK+OJ0
犬より町民の命の方が軽かった時代ね(笑)

626 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:55:40.62 ID:6TfYCu4f0
>>575
中野犬屋敷跡
ttp://homepage2.nifty.com/inutomononohu/nakanoinuyasiki.htm

廃止されたあとの犬の大半は食われたとの説もある

627 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:55:41.34 ID:E0Ox0Haq0
生類憐みの令が、初期においては善政だったってのは事実だが、
暴走してしまって悪政化してしまった方が、重要かと。

628 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:55:41.71 ID:S0AWCbQT0
>>551
>当時の一般的な江戸の住人で会話したとして、お互い通じる?

いわゆる現代の標準語というのは、山手言葉であり
江戸時代、いろいろな地方から大名などが集まり、その結果として自然発生的に生まれた方言
その下地はすでにあったわけで、もちろん通じる
江戸弁(下町言葉)は別だろうけどw
江戸弁は、実は関西的な要素もある、移住者の影響だろうけど

629 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:55:46.01 ID:byYsSQBy0
>>92
黄門様も人斬りしてたからな〜

630 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:55:54.34 ID:ZABzi9HN0
>江戸時代の江戸町民なんて地方から搾取した金でパラダイスみたいな暮らししてたのに

こうやって現代の一極集中と重ねて歴史を語る奴も出てくる。

歴史っつーのは何でも主観が入るから、結局は自分で考えないと。

631 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:56:14.77 ID:Ph2zvsnC0
そのうち「ヒトラーは世界中で暗躍するユダヤ人を隔離し他民族の安定化のために役立った。」
とかいう歴史になるんだろうな。

632 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:56:22.44 ID:yeEudx0Y0
>>594
生類憐みの令「だけ」みると綱吉を悪く思うのは無理もないけど、
その他の事績が多いんだよ。
吉宗は綱吉をお手本にしてたし個人的にも慕ってたんだぞ。
もちろんお手本だからさすがにそれはって部分は受け継いでいない。
そのいい例が生類憐みの令でね。

633 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:56:34.89 ID:LhPPF47x0
オレの評価も変わるかな?
嫁から甲斐性無しと言われ娘から臭いと言われてるが

634 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:56:36.83 ID:7lF7i7oJ0
>>620
日本はすでに源平合戦じてんで万単位の軍を動員できていたわけだが

635 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:56:46.68 ID:G61739wF0
だからレーニンや毛と同じで今の価値観で裁断すると綱吉が名君だったのは事実なわけで。
将来的にはシーシェパードも評価されるようになる(というか既になされはじめている)

636 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:57:05.16 ID:G1VqHp4P0
>>627
いい観点だ

637 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:57:15.98 ID:bZ9C30lW0
レスくれた人ありがとう

638 :大島栄城 ◆n3rBZgRz6w :2013/04/14(日) 13:57:19.23 ID:Vh80QTiE0
大塩佳織は、生年月日を嘘ついてるし
クローンも居る
なんでもありだが、あきないわけの筋はとおせ
なに隠れてんだ

639 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:57:23.93 ID:JZaPivDx0
そもそも俺の好きなゴールデンレトリバーは江戸時代に居たのか?

640 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:57:29.75 ID:frqdeoWr0
そろそろ「2009年 松井日本人初のワールドシリーズMVP」が
歴史教科書に載せられてよいころ。

641 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:57:33.36 ID:kFXqukC+P
大和政権の頃から続く貴族とか天皇は、
一般の日本人の遺伝子(弥生系や縄文系)とは違う
別民族だとちゃんと教科書に記載しているのか?

642 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:57:34.26 ID:suDZHly90
>>620
は?何言ってんだ?w

弓矢技術や騎馬戦闘技能では日本の方が上だったんだよ。
そうじゃないと、どうやって勝つんだよ?w

さっさと朝鮮に帰れよ、チンギス・ハーンに破壊されたチンギスハーンの血族は。

643 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:57:38.81 ID:MOs7trSU0
>>620
日本国土で戦うなら鎌倉武士の方が強い
結果が示す通り

まあ、大陸で戦ったら手も足も出ないが

644 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:57:44.91 ID:7P7pTbiw0
>>611
そうそう
酒田や秋田なんかは北前船交易でかなり豊かだった
かの有名な本間様も本拠は酒田だしね

645 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:57:51.13 ID:kd/ka5dF0
綱吉自身も生類憐みの令破りそうになったんだけど

側近の助言で回避  しかし 将軍のこういう私生活まで
記録に残ってるなんて 江戸時代の官僚は文書マニアだな
2chかよ

646 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:57:51.76 ID:mNl3N3oCP
少子化で草食系が社会問題なんだろ家斉をもっと讃えろよ

647 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:58:22.73 ID:h/YOHNuc0
生類憐れみの令って朝鮮人による犬喰いが横行してて
そういった人種の排除目的でもあったんだろ。

648 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:58:27.67 ID:Xe+T47lq0
日韓併合は韓国に請われて実行した。って真実もちゃんと書けよ。

649 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:58:29.60 ID:9p8KkfFwO
吉宗は暴君

650 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:58:29.40 ID:fDUe2diu0
石田三成はともかくとして綱吉が名君はねえだろ
あんな悪法やっておいて名君はねえだろが

651 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:58:37.99 ID:FqM6iq0c0
俺らの頃とは色々と変わってるんだな。
最新の研究成果が反映されるのは良いことだ。
最近の教科書を読んでみたいもんだ。

652 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:58:41.09 ID:u/8Qyo4N0
民主党を引き合いに出してる馬鹿はなんなの?wさすがに綱吉に対して不敬千万だろww

653 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:58:47.29 ID:UpnB+9Hh0
>>623
神風はむしろ評価すべきじゃないと思うわ
2度目は無くても勝てたのに、神風のせいでなぜ勝てたかってのが曖昧になったと思うわ

654 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:58:49.12 ID:amj6GDut0
>>607
> 貨幣そのものに価値は無いとする考え方は当時無かった。

江戸は金経済の計数貨幣で大阪は銀経済の秤量貨幣の一国二制度だってせいで
改鋳政策はその調整に苦しんだ。

と習ったのは中学の歴史の時間だったが、どこまでゆとり教育は日本史を破壊したんだろう・・・・

655 : 忍法帖【Lv=27,xxxPT】(1+0:5) :2013/04/14(日) 13:58:55.70 ID:KGsXUGFU0
綱吉の生類は治安改善策の取っ掛かりだろ?

なぜか伝言ゲームで間違った噂や解釈がされて
支持率下げたけど

あ、今も同じか

656 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:59:08.14 ID:Zr5KU42Z0
反日在チョンが内部に結構潜入しているからな

改変しまくってくるぞ

657 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:59:12.87 ID:7llUuayG0
時代劇で 蚊をころしたから罪にとわれて切腹してるの観たけど
あれってマジであったりしたのかねwwwwwww

658 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:59:16.20 ID:cEvxOOFH0
>>549
キリスト教嫌いで背教者って後ろ指差されてるユリアヌスが可哀想だと思ってた
塩野の本読んで、ようやく違和感の正体に気付いた
キリスト教、いや一神教は麻薬みたいなもん

659 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:59:16.86 ID:lYhQxs+k0
井沢

抽出レス数:8

660 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:59:25.61 ID:yeEudx0Y0
>>646
でも家斉の子って何故か長生きできないし子孫もあまり残さないんだよw
なのであれだけ大量に子つくったのにほとんど役に立たなかったw

661 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:59:29.07 ID:sECZrfR10
>>630
そのレスについては幕藩制というものを理解しているかの問題

ごく基本的な知識もないうちから判断がつくわけがない
そこをおろそかにして、歴史学の泰斗ですら丁寧に言葉を選ぶようなところに踏み込んで語る人が多すぎる

662 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:59:35.50 ID:iwYBXmc0O
吉宗が斬った人の数は数え切れない。

663 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:59:41.18 ID:382aDDmb0
>>621
何も嘘を交えろなんて話はしてないんじゃないか。授業での講談は嘘が入るのが前提なのかね
口話にしろ筆記物にしろ、事実の羅列なんてただの年表と文字の羅列にしかならんのは現状でわかりきってるだろうに

664 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 13:59:51.42 ID:BCe4kQgeO
今の日本が安全に一人で歩ける社会になってるのも綱吉の功績

665 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:00:01.05 ID:scFg05b20
昔朝鮮人の日本部落に潜入したソ連コミンテルンの共産党教師がやたら
田沼意次万セーしてたがあれは何?
共産党内で田沼意次マンセーな理由
ちなみにその偽部落潜入に朝鮮人共産党員教師はひどい生徒差別や
12歳の少女へのレイプ疑惑でも逮捕されずよその学校に転勤だけで
周囲の学生親一般民衆の憎悪を買ってたので数十年後に息子を事故死で殺され
ざまあみろ、と日本人に大喜びされてた

666 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:00:01.65 ID:/+M2Tdzh0
石田三成は分かる。当然だろう。
片方にしか大義がない戦争なんてあり得ない

でも、ないわ
生類憐みの令はないわー

667 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:00:15.40 ID:G1VqHp4P0
>>645
今の新聞なんかでも本日の首相官邸みたいな記事が乗ってるじゃないか
案外、事細かにつけてたのかもよ
時代も現代に近いから残ってる書物も多いだろうし

668 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:00:18.74 ID:/al21cYC0
秀吉って主君の子と、その子と母を容赦なく殺害した
血も涙もない反逆者なんだよねw
悪党として歴史の書き換えが十分可能だ。

669 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:00:20.57 ID:hjuC2zLhP
グリーンピース将軍

670 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:00:27.03 ID:7lF7i7oJ0
>>644
秋田山形石川と古い町並みが残ってるというよな
一方の岩手宮城福島はというと・・・もしあっても津波でさようならだしな

671 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:00:40.70 ID:nuRVbh+h0
再評価か・・・

細川忠興「妻を深く愛した愛の武将」

672 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:00:51.45 ID:dl97zsLC0
あと100年くらい経つと
歴史の教科書に徳川光圀が諸国を漫遊して悪代官達を懲らしめたって載りそうだな

673 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:00:57.41 ID:vqu2r1T30
珍説・奇説・トンデモ説をブチ上げて売名してるだけじゃん。

674 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:01:11.12 ID:avVCQFLoO
>>563
>有史以来、東北が豊かだった時代がある?

縄文時代。
まだ稲作も伝来してなかったし、どんぐりがいっぱい落ちてる東北が日本列島で一番豊かだった。

ていうか、他地方との比較じゃなくて東北だけを時系列で見ても、
温暖で搾取者もいない縄文時代がピークで、そこからどんどん地獄化してるんだよね。
どん底をつけたのが江戸時代で、東北の百姓を解放したのが薩摩長州軍なわけだけど、
ムラの有力者や明治期のマスゴミ(薩長政府に対抗する野党そのもの)の刷り込みで
江戸時代は地上の楽園、明治新政府は侵略者って洗脳されちまってんだよね。

675 :偽モルダー ◆26r9vDYRZI :2013/04/14(日) 14:01:19.57 ID:9B4taYrK0
横レスだが・・
元寇は実際問題、神風がなくても勝ってたような感じはあるよな
よく教科書にある絵巻も左側部分が隠されちゃってるし。
ま、元寇もグレーな部分があるにはある。白装束の日本軍が矢を
放つくだりとかさ(白装束の兵は日本にはなかったはずなんだが)

676 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:01:24.83 ID:B3em6lsN0
>>657
蚊かどうかはしらんが虫で切腹だから遠島だかがあったはず
子供の病気を治すために薬になるといわれた鳥に矢を射掛けて罰をうけた人も

677 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:01:34.07 ID:d/O6xgYV0
>>631
ヒトラーが勝者だったならそんな歴史になっていただろな、毛沢東同様に

678 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:01:47.25 ID:amj6GDut0
>>620
富士の巻き狩りに見られるように騎馬による集団戦法はとっくに存在してるが?

679 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:01:50.75 ID:k5QYv1rU0
調子に乗るといままでの他人の功績が台無しだなw
史実に主観を入れ込みすぎ
誰にも相手にされないだろう

680 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:01:56.93 ID:6TfYCu4f0
>>646
家斉が53人の子供を作ったのは有名だが、28人しか成人しなかったんだよな
その子、家慶に至っては26人子供を作って成人したのは家定だけという

681 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:02:25.63 ID:DmP76RO20
綱吉は大奥効果だろ

単純すぎる

682 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:02:32.62 ID:Bn9RwHFh0
>463
おれ37だけど
爺さん生きてたら今年100だな(大正2年生まれ)

泉重千代さんとか江戸時代生まれだったし

683 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:02:38.13 ID:Zr5KU42Z0
虫殺して腹切りみたいに暴走しだしたんだから暴君は正しい

684 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:02:41.13 ID:scFg05b20
>細川忠興「妻を深く愛した愛の武将」

妻のほうを見ただけで庭師を切り殺した鬼(ユダヤ人カトリック内魚秘密結社員のこと・赤鬼青鬼
っていうでしょ、)

685 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:02:44.20 ID:G1VqHp4P0
>>668
朝鮮出兵して、特アの評判も悪いし、
その気になればいくらでも悪し様に言うところは出そうだなw

686 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:02:47.91 ID:Qs52TgKs0
>>672
逆だろ

687 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:02:52.36 ID:7P7pTbiw0
>>660
家斉の子供が長生きできなかったのは、おしろいに含まれてた水銀のせい
乳母の体内にも水銀が蓄積されるし、その上おっぱいにおしろい塗ってたなんてこともあったらしい

ちなみにこれは家斉の子供に限った話でなく、江戸時代の大名の平均寿命を調べると
時代が下がるにつれて短くなっていってる

688 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:02:58.52 ID:S0AWCbQT0
>>603
「降伏しろ」なんて書いてないけど・・・
「兵を使うぞ」みたいなことは書いてあったけどねw

>>634
そもそも戦い方が違った
元寇の頃の日本の戦い方は、

・わざわざお互いの名前を名乗ってから戦いを始める
・1対1、もしくは少数vs少数が基本
(武家としての「手柄」が優先だったから、無名な奴の首を取っても意味がない)

モンゴル(大陸連合軍)とは、まったく戦い方が違った

689 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:02:58.92 ID:7lF7i7oJ0
>>661
よく話題になる邪馬台国のスレでも同じ
分厚い研究史も史料もたいして読んでなくて漠然としたイメージで
日本書紀にこうかいてあるし九州しかない、大和しかないと簡単に語る

690 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:03:04.19 ID:FiE5TU4a0
綱吉再評価に関する文献として、代表的で入手が容易なものとして、吉川弘文館『徳川綱吉』(塚本学・1998年)、文春新書『黄門さまと犬公方』(山室恭子・1998年 ISBN 4-16-660010-9)が挙げられる。
井沢元彦も『逆説の日本史』中で「戦国の気風を残した世相を、生命を大事にする太平の世へと変革した」と非常に高く評価している。

691 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:03:31.92 ID:Q+PB41od0
生類憐みの令なんてものを出さざるを得ないほど殺伐としてたんだろ。

692 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:03:37.28 ID:6TfYCu4f0
>>668
殺された主君の子って?
主君って、信長じゃないよね?

693 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:03:44.11 ID:B3em6lsN0
>>668
もともとは悪人扱いだったのを明治政府が徳川おとしのために意図的に持ち上げたのが秀吉

694 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:04:02.60 ID:L6yJw2H7O
>>6
デフレ加速で経済を滅茶苦茶にしたから名君とは言えないが、デノミで持ち直したから暗君でもないな

695 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:04:07.60 ID:eJrk2yNJO
>>670
幕府の米蔵だった宮城(仙台)を入れるのはどうなのかね
悲惨なのは岩手(八戸藩を含めた南部全域)だな

696 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:04:14.84 ID:my0QDSVgP
>>644
津軽藩は飢饉のオンパレードと太宰治が嘆いていたけど、
秋田や山形とと何が違ったんだろうね

697 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:04:54.10 ID:E0Ox0Haq0
石田三成の評価が低かった。か。人物としては嫌われていたらしいけど、
豊臣に忠義を尽くした人って評価は、常にされていたと思うがね。
家康がなんで狸と蔑称されていたのかと思ってんだか。

698 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:05:01.66 ID:G1VqHp4P0
>>672
徳川吉宗の悪徳旗本大粛清とか載ってるかも知れんぞ・・・・
数千人を切り捨てたとか・・・w

699 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:05:08.80 ID:MOs7trSU0
>>660
家斉に子供に限らず大奥で生まれ育った連中は早死にが多い
大奥は水銀を多用してたからそのせいだろうけど、
安定的にお世継ぎを作るためのシステムだったはずなのに全く役に立ってなかった
其れなのに多額の金を毎年つぎ込んでたんだから呆れるほかない。

700 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:05:09.04 ID:7lF7i7oJ0
>>690
最後いらないだろ

701 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:05:13.29 ID:cEvxOOFH0
>>600
水戸から将軍出したら幕府滅ぶ、って言われてたらしいが
それが本当になったんだから凄いよな

そういやドリフでお豊が「えのころ飯ちうてそこらの犬をばひっ捕まえ食ってた」って
薩摩スゴスさすがすてがまりじゃー

702 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:05:18.22 ID:lDk2zc3WO
綱吉 占い師に洗脳された人
中島 占い師に洗脳された人

703 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:05:19.42 ID:7P7pTbiw0
>>696
単純に北すぎたのと、やませを防ぐ山がなかったからだと思うのですが

704 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:05:19.58 ID:j+iwZRISO
精神云々より、実際が動物>人間の扱いな以上、被支配層から見たらたまったもんじゃないだろ

705 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:05:20.98 ID:sBcmpTdE0
うちの母親は家康が大嫌いで、
300年もの太平の世を作ったとか、
鎖国しなかったらどこかの国の植民地になってたとか、
江戸時代の庶民が一番幸せだったという説があるとか散々説明しても
聞く耳持ってくれない

706 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:05:23.62 ID:nuRVbh+h0
そりゃ光成も大義はあっただろ
しかし西軍は完全に寄せ集めで、合戦中も裏切りやサボタージュする連中が
続出する有様だったけどな。

707 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:05:29.47 ID:kd/ka5dF0
>>696 やませ

708 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:05:46.60 ID:02ST+CAk0
はっきりしているのは、

日本の反日サヨク学者たちの目的が

『如何にして「天皇」を歴史から消していくか!』

に集約されていること。

鎌倉幕府の成立にしても、

『天皇なんか関係なかったんだもんねっ!』

と、子供に刷り込むためだよ。

ホント日本の学者どもこそ成敗されて欲しい!!

709 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:05:55.17 ID:Xr1VTp9V0
動物虐待は犯罪者傾向のサインだからなあ

710 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:05:58.44 ID:04LnIrSc0
>>674
そりゃまあ、縄文時代の一部と重なるヒプシサーマル期なら東北も相当温暖だったろうからなあ
縄文時代中でも温暖でない時期はどうだったか知らんが

711 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:06:04.10 ID:yNpG5KAp0
>>646
家斉こそ糞。つうか、幕府崩壊の遠因。
その理由は、絶倫すぎたことそれ自体にある。
家斉の「実子バラマキ政策」は、外様から、吉宗以来憤っている親藩尾張藩に至るまで、
かなりの不満と禍根を残している。
この不満が、幕末諸藩の「幕府離れ」に、地味に影響を与えている。
特に尾張藩主徳川慶勝が、早々に完全に寝返り、
新政府草創期に「徳川レジーム」を、新政府が完全に回収する契機を与えた真の理由は、おそらくこれ。
義勝からみれば、江戸政権なんて、家斉の忌まわしい血筋の遺物でしかない。
みんな、とにかく「家斉の子孫だけは嫌」なんだ。

712 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:06:26.74 ID:W6QQhCv+0
いつも思うがどうして東北地方は発展しないの?質が悪すぎるのか?

713 : 【関電 64.6 %】 :2013/04/14(日) 14:06:37.73 ID:DwQ8vUYn0
>>261
大飢饉は中世の小氷河期だからどうしょうもない

714 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:06:48.78 ID:91vWViXH0
歴史好きと歴史小説好きと薀蓄好きは違うのねん

資料を元になぜこの現象が起こったか、資料同士がどうつながっているか考えたがるのが歴史好き
この現象が起こったのは良い悪い、この人は偉い偉くないと考えたがるのが歴史小説好き
この現象が起こってあれが起こってそれが起こって…俺はそれだけ知っている、
と延々語り続けるのが薀蓄好き
って感じ

715 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:06:53.24 ID:382aDDmb0
>>696
その津軽でさえ南部よりはマシ。津軽は米をくれないから憎いと南部に言われてるし
日本海側は北前船でいくらか潤ってたしね

716 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:06:58.19 ID:scFg05b20
668 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:00:18.74 ID:/al21cYC0
秀吉って主君の子と、その子と母を容赦なく殺害した
血も涙もない反逆者なんだよねw
悪党として歴史の書き換えが十分可能だ。


在日朝鮮人朝鮮総蓮や韓国民団創価学会と朝鮮人日本共産党の司令塔のNHKでは
いつも豊臣秀吉を悪党にしかかかないじゃないかwww
いろんな顔を持つ人なんだけどな ちなみに「中華帝国」では豊臣秀吉は結構
人気があるんだぜ、農民に近い足軽から出世した天下人としてな
朝鮮半島には日本や中国のように階級が上下シャッフルした時代がないんだよな
だから今でも南北問わず朝鮮半島人はKKKNのようなキュークラックスクランの使い走りになってる
NHKにもKKKキュークラックスクランの秘密結社員がいたのがばれてたよなw

717 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:06:58.93 ID:MFafFWoc0
亨保・寛政・天保の改革があたかも成功して
徳川吉宗・松平定信・水野忠邦が名君だったみたいな記述はやめよう
どれもこれも最終的には大失敗
ギリギリ良い面があったのは吉宗だけだよ

718 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:07:03.72 ID:Ph2zvsnC0
>>698
他にも「市井では、お金を払うと憎い人を殺してくれる「仕事人」と呼ばれる人達が暗躍した。」とかねw

719 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:07:06.67 ID:txa698EO0
日教組の暴走が加速してるな

720 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:07:11.51 ID:9kJf+rL60
綱吉は当時の人間から見ても小人だったらしい。今だと小4ぐらいの身長

721 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:07:41.66 ID:MOs7trSU0
>>692
信長に決まってるじゃん
秀吉は信長の3男の信孝を殺してる

722 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:07:45.66 ID:9DrbIPtk0
綱吉と同時代を生きた儒学者の荻生徂徠は政治論の中で
「人の上に立つものは、たとえ道理に外れ人々から笑われようとも
民衆の幸せを考えなければならない。自分の信念を貫ける人こそが
本当の政治を行える人である」

それから綱吉悪役説の発信は後の傍系将軍補佐の新井白石による説も
ある。
>「生類憐れみ令」異聞
ttp://ameblo.jp/nichigetusho/entry-10008480605.html
傍系の正当化と自らの宣伝(生類・・令を廃したのは白石)を鑑みたら
納得はできるわな。

723 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:07:52.51 ID:fDUe2diu0
綱吉が完全ある暴君だとは思ってない
前半は吉宗が参考にするほどの善政をおこなっていたのもわかっている
だが、後半の生類哀れみの令はその全てを台無しにして暴君といわれても仕方ないだろ

724 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:08:01.92 ID:kd/ka5dF0
>>705 元西軍の家系なんじゃないのか?

   長曾我部とか宇喜多とかの家系なら解らんでもない
   

725 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:08:02.39 ID:QYuwaLAc0
>>691
生類憐みの令で大量の血が流れたせいで
よけいに殺伐としたんじゃあるまいか

726 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:08:17.01 ID:3LVuzrkWO
こういう見方もある、と何通りか書けば良いのでは
教科書厚くなるかも知れんが

727 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:08:18.96 ID:f2+0+2oa0
まあ、近い将来に、安倍も「近隣諸国と摩擦を起こし外交を悪化。国内ではインフレ政策で
庶民の反感を買った」と言われるようになるんだろうな。

728 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:08:29.21 ID:JgGc6DKwO
今川義元と武田勝頼はもう少し評価されてもいいでしょ

729 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:08:40.94 ID:YfQgwjdC0
>>112
>当時土人そのものだった江戸の民に

日本に併合される前の朝鮮の写真記録を思い出したw
日本もあんな感じだったのか、400年前は。

>>125
俺も趣味の研究で食っていきたいw

>>153
>犬食の風習も消えた

牛食や豚食や鶏食も、いつか風習と言われる時代が来るかね。

>>244
アベノミクスなんかも、そういう一気呵成があるかもね。

>>284
当時の人口は、当時の資源で養える限界まできてたみたいだよ。
森林を燃料として再生しながら使ってたけど、幕末にはハゲ山がかなり増えてたらしい。
世界史にみる古代文明は現代では軒並み沙漠化してるけど、
これは偶然ではなく、人類は昔から森林資源を食い尽くして文明が滅んでいる。

日本はそこをうまいことリサイクルして遣り繰りしてたけど、
これ以上はどうにもならない、ってとこで黒船来航。
蒸気機関(石炭)というエネルギー革命を迎えた。

730 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:08:49.01 ID:lK0+WTjm0
犬公方ンゴwww

731 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:08:53.28 ID:aTCJ3MFSO
11人も産みつつ長生きしたまつは凄い
11人授ける利家も凄いが

732 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:09:01.32 ID:my0QDSVgP
>>703 >>707
なるほど

>>715
元々仲が悪いうえにそんな因縁も抱えていたのかw

733 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:09:07.15 ID:arH307Ut0
>>689
だから歴史は楽しいんだろw

734 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:09:07.63 ID:RywMMcGQ0
ならば鳩山の方が名君だろ。あいつ、無生物にも権利を与えようとした

735 :偽モルダー ◆26r9vDYRZI :2013/04/14(日) 14:09:12.75 ID:9B4taYrK0
しかし、おまいらは公家ばかりか皇室や天皇まで法的に拘束させちゃう
禁中並公家諸法度はどうしてスルーなの?幕府が天皇を拘束しちゃうんだよ?
まぁいいいかwwww

736 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:09:27.89 ID:FqM6iq0c0
>>695
南部は三閉伊一揆とか、農民いじめが酷かったらしいね。

737 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:09:29.95 ID:D8aksJDn0
数十年後、友愛の政治を行った名君として鳩山の名前が載るとはまだ誰も予想していなかったのであった

738 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:09:31.81 ID:935qJVnaO
>>669

東北太平洋沿岸はやませが吹くと凶作になる

739 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:09:37.71 ID:Cqlkagyu0
>>1
気持ち悪っ!

740 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:09:38.48 ID:B3em6lsN0
>>712
総理が少ないから
いま二人くらいじゃね

>>728
今川義元は再評価されてると思うけど

741 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:10:00.43 ID:7lF7i7oJ0
>>712
発展しないって言い方もどうなんだろうな
産業やGDP、面積、人口、どれをとっても国家なみなんだけどな

742 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:10:05.72 ID:suDZHly90
>>688
確か、最初は散々にやられて敗走続きだったんだよねw

だがしかし、武家のプライドの手前、ゲリラ戦を展開してた武士もいたとかw
大陸には日本地図すらまともになかった時代だから、
最初からかなり有利だったんだよ、鎌倉幕府はw

743 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:10:11.58 ID:6TfYCu4f0
>>721
たしかにラスボス様だ

744 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:10:16.76 ID:Xr1VTp9V0
生類憐みの令は脱亜思想なんだと思うね
犬を食う朝鮮文化からの脱却、今でも情操教育には動物愛護って必要だからこれは重要なプロセス

745 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:10:20.84 ID:1IP1JZsii
北朝鮮もただの隣国から
暴君に格上げしないとな

746 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:10:40.53 ID:BsrcIxD10
綱吉は逆説の日本史でも高く評価してたな

747 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:10:41.61 ID:WXnSE5jL0
元禄時代は80年代みたいなバブル期だった異論は認めない

748 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:10:50.86 ID:OEcb4Q0Q0
>>696
・気候条件(やませ)
・当時の技術では安定した育成が不可能な稲作の強行
・資産や生産力の規模が小さいのに津軽一族が見栄を張り、
 将軍家から姫を迎えたり娘を皇室に嫁がせたり散財の限りを尽くした
 その一方で先軍政治を実行、領民の反抗を徹底して圧殺した

749 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:11:00.75 ID:SDcGNgfr0
犬を殺したら切腹なんだろ
犬>>人間の政治のどこが慈愛なんだ?

750 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:11:10.13 ID:jkoCp6pw0
気持ち悪いな。
歴史上の人物を「こいつはイイもん。」「こいつは悪党!」とか、たかが教科書会社にそんなこと決める権利はないよ
 
 

751 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:11:17.28 ID:W6QQhCv+0
>>740
明治政府の流れから見ると総理が少なかったり東北が発展しないのは必然だが
それにしても東北はずっと昔から苦労してるイメージが・・・

752 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:11:19.84 ID:kd/ka5dF0
人間も憐れんでやれよと 思う

人間には、無慈悲な将軍様w

753 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:11:20.26 ID:FiE5TU4a0
>>689
つーか、邪馬台国なんか史料ろくにねえじゃん
内容がほとんどファンタジー小説な支那の東夷伝なんか
根拠として持ちださなければいけない時点で日本の古代史は終わってる
考古学的な決め手がないのにそれが実在したという前提で話を進めるなんてアホとしか。

754 :地方労働者 ◆.EDMOUBKE2 :2013/04/14(日) 14:11:21.86 ID:pUeG+eH5O
元禄バブルで商人を偉そうにしたからだろw

755 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:11:22.36 ID:8CJWUuUj0
そろそろ吉良視点の忠臣蔵を作ってもいいだろうに
しかし現代に例えたらそれこそメディアに殺されたようなもんだし無理だろうな

756 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:11:26.77 ID:k5QYv1rU0
逆説とか異聞とか趣味の領域なんだがw

757 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:11:46.26 ID:amj6GDut0
今川義元って馬鹿で我がままな豚にされちゃってるからな。

758 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:11:50.87 ID:h7QukOJM0
実際、子供ができなかったのを占い師に相談した結果できた生類憐れみの令で
暗示が聞いたのか子供が出来た。迷信ってこうやって信じられていくもんなんだね。

759 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:11:59.78 ID:scFg05b20
ちなみにカトリック系秘密結社では昔から宗教信者やユダヤ人や
非ユダヤ人キリスト教徒や異教徒を@動物に見立てる習慣がある
犬=牧羊犬から聖職者の番犬、猫ー魔女魔法使いなどの魔物であり古代ローマギリシア
エジプトの神々をまつる秘密結社、あるいはイスラム教徒やテンプル騎士団などのシンボル
魚=キリスト教バチカン内のユダヤ人だけの秘密結社、これが後のフリーメーソンに発展する
ちなみに「魚」は初期キリスト教徒のシンボルで、「魚」時代にはユダヤ人キリスト教徒しか
いなかったことから、ユダヤ人以外のカトリックを支配する秘密結社としてのシンボルになる

760 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:12:02.86 ID:/OS40jU5O
この前のオリバー・ストーンのアメリカ史でもトルーマン酷評してたな。アメリカじゃ英雄扱いらしいけど
こんな近代の人物でさえ見方一つで変わるんだよな

761 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:12:06.00 ID:sECZrfR10
>>714
別に歴史小説や漫画やゲームから入ったっていいんだよ

この人は評価されてもいいのになんで?
このことは書かれてもいいのになんで?
こういう書かれ方をしてもいいのになんで?
って疑問を抱いて原因を考えることには意味がある
左翼のせいだ、右翼のせいだ、時代のせいだで思考停止してしまえばその人の知性は終わるけど

762 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:12:10.75 ID:382aDDmb0
>>735
法的な明文がなかっただけで実際はずっと幕府や武家に軟禁されてたんだから問題になんてなるわけがないw

763 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:12:13.73 ID:34ZQDwbC0
>>642
弓矢はともかく騎馬戦闘がモンゴルより上?
いや流石に無いだろ、あいつら幼少期から馬に乗って生活してんのに

764 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:12:25.31 ID:Xr1VTp9V0
>>741
ギリシャに比べたら東北なんて超豊かだよねw

765 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:12:32.77 ID:XsTXbnAr0
東京都水道局職員が迷惑行為自慢
 ブログ
http://antilabor.cocolog-nifty.com/blog/
 魚 拓
http://megalodon.jp/2013-0414-1309-18/antilabor.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-468f.html
 本 部
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/koumu/1365797658/
 ス レ
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/4649/1365796755/
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/neet4vip/1365796139/
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/alone/1365796775/
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/shugi/1365796285/
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/siberia/1365796178/
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/ms/1365914888/
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1362773245/
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/emperor/1362776278/
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/net/1362773129/
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/blog/1365795427/

766 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:12:46.89 ID:D8aksJDn0
>>712
民主党を支持したのもあの辺りがメインだっただろ
単純に馬鹿が多いんじゃないのか?

767 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:12:53.38 ID:7lF7i7oJ0
>>753
あげくこういうこと言い出すからなあ

768 : 【九電 72.0 %】 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:5) !kab安崎上葉@FREE TIBET ◆giKoK4gH6I :2013/04/14(日) 14:13:11.35 ID:OxL9gsDV0 ?2BP(3335)
人権擁護法フラグ?wwwww

769 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:13:15.68 ID:fDUe2diu0
>>728
今川義元はなかなかの人物だったようだね
桶狭間の戦いでの印象が強すぎて雅かぶれの無能者って印象が強いが
実際は弓の名人で内政でもいろいろと善政をしていたようだな
桶狭間で死ななければ信長を倒して歴史が変わっていたかもしれない

770 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:13:16.96 ID:B3em6lsN0
>>729
何度かの大火を経験して都市整備とか緑化をすすめるまでは
江戸は掃き溜めとかくずばこのように言われていた埃っぽくて不衛生な都市
しかし政治の中心となったため人口は増えていて余計に汚かった

771 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:13:25.78 ID:6TfYCu4f0
>>729
日本の山林は戦国時代に乱伐され、江戸初期は相当荒れていたらしいよ
それを植林や禁足地を作って、保護してそうとう回復させたそうな
それが、幕末期にはまた荒廃してたとは

772 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:13:34.30 ID:c3zVeW0bP
>>687
なるほど。
そういえば歌舞伎役者の女形は子種なかったり奇病になったりとか多かったよね。
当時から白粉のせいだって言われてた。

773 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:13:36.41 ID:S0AWCbQT0
>>696
>秋田や山形とと何が違ったんだろうね

藩主の違いだろうね、要は経営者
ただ、米=貨幣でもあった時代だし、米の品種改良も進んでいなかった
(米はもともと南国の作物だ)
地理的に、青森を責めるのは酷だろう

774 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:13:38.72 ID:L6yJw2H7O
>>755
つ「つか版忠臣蔵」
SPドラマにもなった

775 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:13:43.30 ID:bdKGKMbu0
この流れ…二階堂盛義の再評価来るな!!!!

776 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:13:52.95 ID:NQasZukkO
鳩山は独立琉球または中華人民共和国琉球自治州で聖人と称えられる予感

777 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:13:55.23 ID:Bn9RwHFh0
>>712
本人たちが発展を望んでないから
田舎であることにアイデンティティがあるから

778 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:13:58.68 ID:z0aItwG30
うちの親父が50年前の教科書にも石油があと30年で枯渇するって書いてあったって言ってた

779 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:14:02.52 ID:QHerJHzUO
なんでみんなそんなに詳しいんだ?

780 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:14:19.33 ID:Vw93FgHj0
この教科書を作った関係者のところに野良犬野良猫を届ければ
大事に育ててくれるのかな

781 :桂昌院 - Wikipedia:2013/04/14(日) 14:14:44.78 ID:C1OmD7360
 
 桂昌院 - Wikipedia

桂昌院(けいしょういん、寛永4年(1627年) - 宝永2年6月22日(1705年8月11日))は、江戸時代の女性。江戸幕府3代将軍・徳川家光の側室で、5代将軍・綱吉の生母。

 生涯 [編集]

京都の大徳寺付近で産まれる。『徳川実紀』に拠れば、父は関白・二条光平の家司である北小路太郎兵衛宗正だが、実際の出身はもっと低い身分であるという噂が生前からあった。
桂昌院と同時代の人物の記録では、朝日重章の日記『鸚鵡籠中記』には、従一位の官位を賜ったときに西陣織屋の娘であるという落首があったことが記されており、

また戸田茂睡の『御当代記』には、畳屋の娘という説が記されている。黒川道祐の『遠碧軒記』人倫部には二条家家司北小路宮内が「久しく使ふ高麗人の女」に産ませた娘とする・・・

782 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:15:18.25 ID:7lF7i7oJ0
>>778
逆に今はあと50年くらいもつと言われてるのが笑えるな

783 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:15:23.26 ID:MOs7trSU0
今川義元は再評価されてるだろ
それよりその息子の氏真の再評価もそろそろしても良い頃
軍事はともかく内政の腕は中々のもの。
只の蹴鞠の殿様じゃない。

ここでよく名前の出る井沢も義元は評価してるけど氏真はボロクソに言ってるし

784 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:15:27.42 ID:0kTDHesT0
>>776
秦檜夫婦みたいに、便所で夫婦像が祀られたりしてな

785 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:15:27.53 ID:9JVoNB7A0
>>755
老人を40人以上で押し包んで殺した奴らがもてはやされるのはどうにも納得イカンよな

786 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:15:33.96 ID:DQmMVO4K0
で、鶏ドロボーの話はまだ?

787 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:15:42.47 ID:Is6J/uJS0
>>284
ヒント:
・江戸時代は鎖国時代で海外からの食料品輸入は一部嗜好品を除き無かった。
・当時の耕作技術で耕作可能な土地は全て耕作地に成っており、新たな耕作地拡大には産業革命による動力の出現を待つ必要があった。
・種痘普及以前は幼児の生存率が極めて低くかった。

788 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:15:44.71 ID:MezHsdn/P
徳川綱吉公は名君、生類憐みの令や赤穂浪士の件など庶民の反感を買って悪く後に書かれたが
幕政を調え、庶民生活においても元禄文化を発展させるような方策を採り、廃れた神社仏閣への再建など
色々優れた功績を残す名君、かの浄厳律師から大君と呼ばれるほどの名君だったと記録にある。
時代が時代なら蘇我入鹿、蘇我馬子と中臣鎌足の評価は逆転しているだろうし、足利尊氏と楠木正成の評価も
明治に逆転したし、こればかりは...

789 : 【関電 64.7 %】 :2013/04/14(日) 14:15:53.69 ID:DwQ8vUYn0
>>125
地質学者と地震学者はどうした?

790 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:16:01.45 ID:FqM6iq0c0
>>712
江戸時代は米経済だから栽培に適さなかったってのと、
明治以降は資本投下されず、
むしろ労働力の供給地になって人材も減少したためじゃないかな。

791 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:16:05.99 ID:jkoCp6pw0
奈良の大仏なんて、同時代に支那にも朝鮮にもない。

792 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:16:08.89 ID:sECZrfR10
>>767
まあ邪馬台論争はループになってるのは確かだけどw
老後の趣味として自費出版してる人なんかけっこういるけど、それぐらいお金をかけてはまってる人の中にすら
>>753ぐらいの認識で加わってる人も本当にいる

793 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:16:11.76 ID:scFg05b20
だから戦国時代や織豊政権時代に
織田信長がイエズス界秘密結社の髑髏杯入会儀式をしたことからわかるように
部下にやたら「動物」のあだ名をつけたのはその武将がどの宗教勢力につき
どういう思想状態だったかを表すためだ
秀吉の猿(鼠と言われた時)、前田利長=犬・そろばん(商人のトーテムももってたわけだ)
石田光成ー赤い狐 徳川家康=緑の狸。というように
当時結構多かったキリシタン大名は動物ではなく「人間」だったんだろうな
キリスト教徒秘密結社ではキリスト教としか人間とみなさない

794 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:16:12.48 ID:Y/qR/1Kk0
慈愛???

どういう経緯か知ってるるのか?
子供ができなかったから占い師に相談したらそういう政策になっただけだぞ
私欲そのものなんだが

1185年も朝廷=天皇に対する侮辱になるからやってるだけなんだが
もう歴史家ってかコリエイトの類
在日汚染ですなぁ

795 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:16:14.50 ID:j9+VKbeb0
>>749
当時は十両盗んだだけで死罪だよw人権軽視の悪法だねw

796 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:16:30.18 ID:Qs52TgKs0
>>778
いやそれは不思議ない
その当時においては嘘ではない

797 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:16:34.35 ID:+jardPBEP
日本の歴史学会は、
まあそういう解釈も可能だよねレベルを順番に定説にして
飯の種が尽きないようにしてるイメージ

798 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:16:48.14 ID:4DbqaVko0
歴史なんてのは解釈によっていくらでも評価は変わる

799 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:16:56.90 ID:CHJftZrA0
時代風潮で歴史の評価を変えるのか。アホバカだな。

綱吉の次の将軍家宣は「生類哀れみの令」を
悪法として将軍になるとすぐさま廃止した。

水戸黄門は犬を殺して皮をはぎ綱吉に送りつけた。

山川、まじめに仕事しろよ。

800 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:17:11.19 ID:6KBgBA8O0
>>757
最期の瞬間だけ見ても服部春安の膝を斬って毛利良勝の指を食いちぎってから死んだくらいなのにな

801 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:17:40.71 ID:yeEudx0Y0
>>783
いや、あの時代だと内政がいくら優れてても軍事がダメならダメだろw
ただ、逆もまた言えるんだけどね。
いくら軍事優れてても内政がダメだと戦も勝てないのだ。
信長の野望はその辺が非常によく出来てるのが人気の理由だなw

802 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:17:50.73 ID:kZe27ae30
動物を大切にしましょうくらいの法案を緑豆や海狗みたいな奴らが曲解して運用しただけのような気がする。
生類憐みの令

803 :桂昌院 - 綱吉:2013/04/14(日) 14:18:19.81 ID:C1OmD7360
 
日本の新聞の見方 _ 竹島
http://blog.livedoor.jp/qingmutong-aoki/archives/7572486.html

・・・以下は井沢元彦「逆説の日本史14巻近世爛熟編『文治政治と忠臣蔵の謎』P168-182」から要約したものである。

 (京の)堀河に酒屋太郎衛門というものあり。(中略)家に久しく使う高麗人の女あり。それを女房にして子を生む。姉は大宮蔵入入道宗雅が室、その妹が館林の母公慶昌院殿なり。
この姉妹ともに春日局に同道して東行、姉は御意に入らず、妹が残りて館林殿を生めり、以下略(『遠碧軒記』日本随筆大成? 吉川弘文館刊)

 ここで館林というのは後の五代将軍綱吉のこと。当時綱吉は館林藩主だった。つまり綱吉の母は日朝混血児であったから綱吉には四分の一朝鮮人の血が入っていたことになる。

 このため綱吉は朝鮮外交で非常に宥和的であった。綱吉時代の日本の外交政策が今に至る「竹島」問題の起点になっている。

 韓国慶尚北道海岸から140キロの地点に鬱陵島(旧竹島)がある。朝鮮は倭寇対策のためこの島を無人島として朝鮮人の上陸を禁じた。
 それに乗じて多くの日本漁民がこの島に進出するようになった。
 その中漁民大谷甚吉が鳥取藩に正式の渡航許可を申請し同藩はそれを許可した。
そして幕府は鎖国完成後もこの渡航許可を撤回していない。つまり鳥取藩も幕府もこの島は日本領だと認識していた。

804 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:18:22.70 ID:tRfGTDRt0
もっと秀吉の悪行を書けよ

805 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:18:27.97 ID:YZM9ycAO0
徳川綱吉の評価の場合、民主党の影響が強いんじゃないか?
綱吉がいう慈愛はルーピーがいう友愛と共通点が多い。
ルーピー上げの一環として民主党が働きかけて綱吉の評価上げに繋がったと見る。

806 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:18:39.92 ID:9DrbIPtk0
>>755
「吉良は名君」は尾崎士郎が打ち出してるよ。もっとも尾崎は
吉良の地元出身だが。

807 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:18:41.93 ID:z0aItwG30
日本の歴史も捏造だらけだな

808 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:18:44.25 ID:yeEudx0Y0
>>799
家宣の光圀の政治家としての評価に疑問符残る連中じゃんw

809 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:18:45.68 ID:6TfYCu4f0
>>795
殺人より強盗の方が罪が重かったし

810 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:19:01.54 ID:D8aksJDn0
>>799
アナルゲートさん過激なんだな

811 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:19:12.84 ID:Zr5KU42Z0
>>712
東京というか首都圏に住み着きにくるからな

812 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:19:16.58 ID:7lF7i7oJ0
>>797
そうやって一歩一歩積み重ねてくのが歴史学だからね

813 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:19:19.79 ID:Y/qR/1Kk0
>>799
全くだ
そもそも動機が不純
鳩山由紀夫そっくりの人だったと思うよ

>>802
アホいうな
犬は食えるが人間は餓死するということが本当に起こったんだぞ

814 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:19:45.40 ID:yNpG5KAp0
>>696
実は、津軽平野は、時々まさかの旱魃になるんですよ。
これは、岩木川の上流域が狭い割に、平野が広いため、
猛暑の年には、東北にしては珍しく、水が足りなくなってしまう。
>>695
その伊達政宗の政策こそが、東北全体の災禍の原点の一つでもある。
仙台藩領は、当時の技術と気候では、稲作には向いていなかった。
豊作の年は絶好調だが、不作の年との差がありすぎる。
たまに場外ホームランを打っても、打率が低すぎては、4番には立てない。

注意深く街歩きをすると分かるが、仙台というのは、
大藩の城下町とは思えないほど、貧乏臭い都市の記憶が残っているところでね。
大体、初売りで、木製のお茶箱を持ち帰り、家で使うのが、富裕町人のステータスなんだぜ?
これ、要するに「タンスも買えなかった」ということだから。

815 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:19:47.78 ID:amj6GDut0
天領などの幕府の直轄地の農民は年貢の徴収も比較的に緩くて豊かだった。
5公5民どころか4公6民なんて逆転現象まで発生している、隠し田などまで入れると
3公7民状態以上。
今の公務員みたいなもんだ。

逆に各藩の基の農民は常にノルマに追いたてられてボロボロだったりする
今で言う民間企業だな、当然6公4民、7公3民で所得はガラス張りだから
直轄地とは天と地の差があった。

816 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:19:54.27 ID:UkxLptbTO
日本の歴史を見直すって名目で今までの歴史教育を否定することで
日本そのものを否定しようとする日教組と左翼学者の陰謀だろ
害悪にしかならないから日本から出てけよ

817 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:19:54.95 ID:eJrk2yNJO
>>793
ネタにマジレスすんのもあれだけど前田利家じゃねーの
しかも幼名が犬千代だからだしw

818 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:20:11.64 ID:aTCJ3MFSO
つーか評価するなら生類憐れみの令以外のとこらだろ
バカかこいつは

819 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:20:16.65 ID:B4b1eg4ZO
蛮族朝鮮人にとっては天敵だな

820 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:20:18.62 ID:MOs7trSU0
>>801
軍事がダメでダメなら義元もダメだろ
明らかに格下の信長にやられてるんだし

821 : 【関電 63.9 %】 :2013/04/14(日) 14:20:23.15 ID:DwQ8vUYn0
どうせ裁判官みたいに 人の意図がわかるエスパー学者が多いんだろ

822 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:20:44.05 ID:XuskOb8g0
部落差別を悪化普遍化させた元凶

解放同盟は、はよ動かんでいいのか?

823 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:21:23.71 ID:B3em6lsN0
山手のペットがペディグリーチャムを食う一方でおにぎり食べたいと書き残して餓死する現代も似たようなもんだよ

824 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:21:31.67 ID:Xr1VTp9V0
>>805
そもそも幕府は当時は日本のインテリジェンスが一極集中し、西欧文明にも通じていた人間がいたので
ガラパゴスの中で閉じこもってた平民にとっては理解し難い部分もあったんじゃないかな
つまり幕府の中だけ偏って近代化しちゃってた

825 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:21:34.18 ID:L8w3iF/x0
時代の風俗を鑑みながら評価していくもんだと思うがな
綱吉は年をとり政治に飽いた典型的暗君

826 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:21:37.43 ID:fDUe2diu0
>>778
あれは間違いってわけじゃないらしい
要はあの時代の技術のままであの時代の油田と見つかると予想される油田から
算出するとそのぐらいで枯渇するとの算出結果だったんだな
実際は技術が上がってもっと深くの油田からとれ、これまで見つけることのできな
かった油田を発見できるようになったということか
最近ではシェールガスなんてものまでできるようになったし
予想ってのは難しいよな

827 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:21:57.41 ID:LphGz0jjO
近衛首相の就任当初の歓迎ぶりは凄かったな

828 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:22:14.61 ID:kd/ka5dF0
>>800 蘇我入鹿でもそのくらいできた
    
   天皇の前で大臣ぶっ殺しちゃうなんて 2.26事件もびっくりだよな

829 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:22:25.60 ID:UTsN+2ar0
もっと教科書分厚くするなりすればいいのに
すくない量で教えようとするから偏るんだろうに

830 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:22:41.74 ID:yeEudx0Y0
>>820
ああいう一発って戦にはつきものだよ。
竜造寺隆信だって似たような死に方してるし、家康だって夏の陣で大失態演じてる。

831 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:22:42.28 ID:lDk2zc3WO
>>813
三成も鳩山みたいな人間だぜ。つまり、日教組による鳩山再評価来るなw

832 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:22:47.80 ID:MLFevoROO
歴史は60%が作り話だから何が真実で何が嘘かを議論するのはバカのやることだって吉田兼好が言ってたな

833 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:22:51.09 ID:7lF7i7oJ0
>>814
美味しんぼにあったが
仙台の郷土史家や料理研究家によると政宗がきめたというフルコースはそれは立派なものなんだが
それだけであとはずっとたいした料理文化もなかったらしい
それは飢饉だらけで文化も停滞してしまったからなんだと

834 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:22:53.02 ID:S0AWCbQT0
>>788
>足利尊氏と楠木正成の評価も明治に逆転した

これ
人間の思考なんて、180度ガラって変わるんだなという良い例
もちろん楠木正成は南朝の英雄だと思うけど
尊氏をディスるのはどうか?
歴史って怖いなって思う・・・

835 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:23:00.48 ID:Y/qR/1Kk0
そもそも動機が不純

大体教科書で慈愛とか語らせるな
事実だけを淡々と学べばよい

836 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:23:00.66 ID:Um5TTsKS0
実際の歴史なんて誰にもわかんねーんだから
証言や文献が残ってる近代史から教えるべきなんだよ

こんな教育ばかり施してると国民が馬鹿になるぞ
お隣韓国の笑える歴史見れば分かるように
そのうち日本も笑われる歴史になるんだろうな

837 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:23:03.93 ID:HGB2W5xg0
「犬=在チョン」って事を言いたいわけだな。

838 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:23:12.33 ID:G9+5egcr0
>野犬が横行する殺伐とした状態は消えた

違うんじゃないの?
お犬様に手出しは出来ないんだから
逆にインドの牛みたいに野犬が横行するんじゃないの

839 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:23:17.81 ID:8CJWUuUj0
>>774
内容は判らないけどそんな作品があったんだ
元禄繚乱でさえ苦情が来るぐらいだからなー

840 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:23:20.37 ID:04LnIrSc0
>>778>>782
可採埋蔵量、可採年数の定義を調べよう…

841 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:23:33.24 ID:iytpqn/C0
江戸の将軍で欧米の研究者の間では綱吉が最高評価なのは普通
日本もこういう評価を納得したのだろう
例えばあるドイツの研究者は抜群に綱吉を評価してる

842 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:23:38.71 ID:suDZHly90
>>763
残念ながら本当だよ。1vs1の騎馬戦闘、
特に射撃では日本の方が上だった。日本も騎馬戦闘全盛の時代だぞ?
元寇博物館にもモンゴル軍の装備が資料に残ってるから。
鎌倉時代の日本の鎧は、軽くて頑丈だった。

日本は大陸とは根本的に違うんだよw 
大草原で大人数で戦う訳じゃないからねw
つまり、当時の九州武士は、日本での戦闘ではエキスパートだったんだよ。

ヨーロッパを震え上がらせた大陸戦術は、日本では通用しなかった。
ちなみに、当時のドイツにも、既に騎士道精神はあったんだが、
重装騎兵も、モンゴルの大陸騎馬戦術に敗れ去り大敗した。

だまし討ちという、未発達な倫理文化に敗れたんだよw
ヨーロッパと日本の当時の戦争倫理は、実は結構似てるんだよねw

843 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:23:55.24 ID:/BBv7oME0
>>814
加賀藩の金沢と比べると、同じく大藩なのに仙台の文化は貧しい、
と司馬遼太郎も書いてたなw

844 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:24:15.50 ID:B3em6lsN0
綱吉は頭脳明晰で学識教養も高い一方で何の実践的な経験もつまず挫折も経験しないままトップに立った人
そういう人間が大失敗をやらかすのはしょうがないこと

845 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:24:49.15 ID:O/Qk242TO
蚊を殺しただけで処罰されるのが慈愛の政治ですか。

846 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:25:21.97 ID:AJ0Rzlq70
歴史教科書は良い者悪い者って概念は捨てよう。

史実を淡々と記してれば良い。

847 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:25:26.82 ID:Y/qR/1Kk0
>>834
俺は足利尊氏は全く評価していない

平将門は非常に高く評価している

歴史家が評価を定めることがよくない
本人の自主性に任せて事実を伝えるべき

愛だ友情だ勇気だ は教科書にいらない

848 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:25:39.19 ID:6TfYCu4f0
>>842
てつはうはどうだったの?
手榴弾は恐いと思うが

849 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:26:05.81 ID:n1WuYthr0
>>842
それはお前の言ってる>>603,642には全て「日本では」ってつけなきゃ
意味通じないだろ

850 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:26:18.98 ID:YZM9ycAO0
>>845
今も似たようなモンでしょ。
犯罪者が嫌いだといっただけで、差別主義者だと非難される。

851 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:26:22.11 ID:jh8yAot+0
徳川治世って暗君も何人もいるじゃん
珍解釈での綱吉ageとかいらねっての

852 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:26:25.03 ID:MOs7trSU0
>>839
戦前の教育を受けた連中が死滅しない限り吉良視点の話は無理だろう
これは昭和の話だけどNHKの大河で浅野が後ろから切りつけた描写をしただけで抗議が殺到したらしいし

853 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:26:30.31 ID:z963xg550
歴史学なんてそのときどきの学会の流行でしかない。
日本が朝鮮の近代化に貢献したっていつのひか書かれるかもよ。

854 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:26:43.99 ID:uoWhpfk80
えー、名君で、良い法律だったのなら、
なんで死んだ翌日に新将軍によって廃止されたのー?

855 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:26:46.79 ID:V6yJ+8NN0
評価が変わるのはいいけど
何で変わったかがもう少し分らんとなぁ

856 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:26:52.12 ID:VSFq12yj0
「菅元首相は名宰相」みたいなもん?

857 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:27:03.32 ID:Xe+T47lq0
>>740
岩手は四人も出してることも知らんの?

858 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:27:04.61 ID:8CJWUuUj0
>>806
名君であったかは色々議論があるだろうけど、
吉良に対しての栗崎道有の動きを思えば中々の人物であったんじゃないかな

859 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:27:26.85 ID:6TfYCu4f0
>>852
>浅野が後ろから切りつけた
記録通りなのに

860 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:27:48.27 ID:382aDDmb0
>>841
>欧米の評価

多分、つか間違いなくその影響はある。特になんとかってアメリカ女の日本史研究者が強く主張してんだよな
でもその根拠の大半はキリスト教がバックボーンにある主張なんで日本人としては納得しかねる部分がある

861 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:27:51.78 ID:wSBqpEGXi
>>92
水戸黄門も、度胸試しに浮浪者斬り殺してるしな。

862 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:27:58.15 ID:B3em6lsN0
>>852
後ろから切りつけられたら「吉良の恥」だもんね

863 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:27:59.30 ID:WsALta9y0
>>842
戦力にあまり差がなければ守る方が圧倒的に有利なのは当たり前だしな

そもそも、計画を立てるうちから戦争なんだから
水が大の苦手なのに現地の情報もたいして集めないうちから
ちょろっとわずかな兵(モンゴル帝国比)ではるばる海を渡って一気に押し潰せると考えた時点で負けていた

864 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:28:03.83 ID:yeEudx0Y0
>>852
徳川の暗君って家光と家定、微妙なのが家斉。こんなもんだぞ。

初代からして怪しくて暗君連発の足利と比べてみろってのw

865 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:28:09.88 ID:iytpqn/C0
>>845
そういう小さなことより
武断政治を文治政治に切り替えた功績が大きいんだって
また野犬に鑑札を付けて管理したのは世界初とかいろいろある

866 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:28:10.54 ID:UNNSGWtb0
>>810
若い頃に辻斬りもやったぐらいにワイルド

>>820
それまでに海道一の弓取りの実績があるじゃんw
そこは信長を上げる所

有利な状況から釣り野伏せでクマー!された人だって
既に戦争では九州有数レベルに強い実績があるから
島津上げにはなっても下げ要素にはならない

867 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:28:23.86 ID:ov+egWhb0
何でこの国の歴史学者とか言う連中は再評価とかいって極端な評価しか下せないのか

868 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:28:35.77 ID:arH307Ut0
>>772
歌舞伎役者は、若い頃肛門セックスやらされるわけだから、いろんな病気になったんでそ

869 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:28:47.16 ID:Zr5KU42Z0
>>778
さすがに当時の現在進行形に文句言っても仕方がないだろw

870 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:28:50.08 ID:yeEudx0Y0
>>851

871 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:28:52.55 ID:rNqfA8wP0
ブサヨが南朝鮮ばりに歴史教育を破壊しようとしてるな

872 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:28:52.88 ID:543qHf4v0
>>5
定説とされてる(された)ことを、残っている資料を基に評価しなおすことをやるのはすごいことだよ。
一度、定説とされたことを覆せないのは異常だよ。(現状がそうだよね、隣国の言いがかりとか)
NHKの番組で「生類憐みの令」について語ってるのを見て、なるほどと思った。

子供に
・その時代の状況は?
・それによる問題点は?
・どのような考えでその法律つくられたのか(行為が行われたのか)
・結果はどうなったか?
と関連付けて思考する教育にもなる。言われたことを鵜呑みしないで考える力を与える

873 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:29:13.56 ID:fx7ofQGri
そうだよな
動物アイゴの先駆けだよ
人には厳しかったけどna

874 :共産は比例800万票が適量:2013/04/14(日) 14:29:23.78 ID:YXFMgedQ0
赤旗 嘉村被告 2007年で検索して下さい。
携帯電話通話記録盗み出し事件で、東京地裁は「創価学会全国青年部副部長」
の根津丈伸氏「創価大副学生課長」の事件関与を認定しました。
月刊誌フォーラムが創価学会大幹部を撃ち落としたのは大きいです。

875 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:29:24.94 ID:z963xg550
ヒトラーだってねらーにかかれば英雄だからな。
13代のアホ将軍も篤姫ではバカ演じている名君だった。

876 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:29:29.78 ID:f4QjxdblP
ただの糖質だろ

877 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:29:39.81 ID:Y/qR/1Kk0
当時の目線で考えるべきだよ
こいつはただのキチガイ

戦場で人殺しはよくないから本多忠勝は殺人犯と言ってるのと同じ
馬鹿の理論
キリスト教系のアレが入ってるな
コリエイトすんなよ

878 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:29:40.86 ID:DQmMVO4K0
しかし義元の布陣はどう考えても馬鹿だと思うがなあ。

879 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:30:03.30 ID:lJp2/zNU0
石田三成の表記が上向いたのは実に良いことだな

880 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:30:09.80 ID:B3em6lsN0
>>857
そうだっけ
岩手は一人しか知らなかった

881 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:30:15.21 ID:A/58tAscO
戦なんてのはな、双方に大義があるんだよ馬鹿者。

882 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:30:21.72 ID:W6QQhCv+0
>>790
コメ経済だったからか。なるほど。
それにしても東北はいつも苦しんでるな。
たまにはいい思いさせてやりたいと九州人が思うレベル

883 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:30:53.88 ID:kd/ka5dF0
浅野内匠頭は、声が聞こえたとか悪口を言われてると思い込み、
発狂して切りつけたんだろ 突くはずの脇差で切りかかったんだ
から 正常な判断なんてできなかったんだろ

浄瑠璃坂の仇討だと下手人が処罰されなかったから、家臣がキチ
ガイな殿様を死んだあとに利用してテロ行為に及んだのが忠臣蔵

884 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:30:58.46 ID:34ZQDwbC0
>>842
例え1vs1の騎馬戦闘でも信じられんけどなぁそれ
そもそもあいつら集団戦闘だから1vs1が起きないし、そんな記録が残る根拠が無い
捏造なんじゃないのか

まぁ流石に足が変形するレベルで騎乗生活してたゴート族とかに比べたら下かもしれんが
日本が上ってのは想像出来ん

日本が勝ったのは海岸線で戦闘仕掛けたからじゃなかったっけ
今までじゃ通用しないわと石垣作って弓矢陣を大量に敷いてたら台風来てモンゴル船沈没して勝った

885 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:31:08.42 ID:qDPNZvBa0
>>12
河村たかしが泣いて喜ぶな

886 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:31:10.19 ID:6TfYCu4f0
>>878
桶狭間山に着陣したんでしょ?

887 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:31:10.61 ID:yeEudx0Y0
>>878
なんで?
高台にちゃんと布陣してたんで別に落ち度なんてないぞ。

888 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:31:15.83 ID:WsALta9y0
>>852
戦前の教育関係ない
戦前の教育がそこまで強固なら明治から昭和にかけての日本がもっと評価されているはずw
情緒だよ、ただの
40人以上で15歳の茶坊主含めて丸腰の住人を虐殺した事実より
戦前の教育より
戦後の教育より
日本人の情緒を利用した、事件からしばらく後の幕府の判断の方が
いまだに強く生きているということ

889 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:31:19.29 ID:7lF7i7oJ0
歴史学のよくあるパターンとして
1 あることがら(これまでの通説Aとする)に対して反対説Bがでる
  それにたいして再反論がでる(以下AとBで論争)
  その折衷案Cで落ち着く
2 ある出来事、画期はこの時代だった、というのがどんどん古く遡っていく

というのがあると思う

890 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:31:45.49 ID:s12soq9t0
自分がどちらに肩入れするかで見方は全然変わるし、
数百年という時間の流れの中では事実の価値が逆転することもあるからな。
庶民目線で綱吉の「生類憐みの令」を見れば迷惑だが、
為政者目線で見れば文治徹底の策の一つになるからねえ。

891 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:31:57.78 ID:L1sokXXd0
>14(以下略)ども
お前ら飲み会などで韓国のかの字もねえ話題で盛り上がってるのに何の脈
絡もなく無理やり必死にチョウセンガーザイニチガーと韓国の悪口に持っ
ていこうとしやがってかえって周りからドン引きされやがってハブられや
がるKYどもだろ
ホントお前ら朝から晩まで韓国韓国と脳内韓国人に脳髄まで支配されてや
がるな

tp://www.fknews-2ch.net/archives/23099386.html
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 08:00:50.54 ID:Tmd3W6NI0
飲み会で「チョン嫌い」って言った奴が周りにドンビキされてた
まさに現実とネットのギャップを見た瞬間だった

関係ない記事を韓国に無理やり結び付けて非難しようとする
tp://qa-j52.fresheye.com/qa_pre/view.php?qid=1192703686&kw=%E3%83%A4%E3%83%95%E3%82%B3%E3%83%A1

892 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:32:08.38 ID:eJrk2yNJO
>>862
吉良家って元々松平家より格上だった、幕府といったって所詮松平(ムキーッ って言い続けてたくらいなんでプライド高いんだよな

893 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:32:12.44 ID:cEvxOOFH0
>>864
家光はホモォだけど暗君じゃないんじゃね?
真性のアホなら幕府逝ってたろ

894 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:32:22.28 ID:iytpqn/C0
>>854
新将軍は廃止してないよ
基本的には綱吉のやり方を踏襲してる
ただ綱吉ほど細かくおふれを出さなかったりやる気がなかっただけ
第一「生類哀れみの令」なんてなかったし(細かなおふれを出してた)
後の歴史家が付けた名前なんで

895 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:32:26.01 ID:Y/qR/1Kk0
>>875
実際ヒトラーがたたなければ今のドイツは無かった
借金まみれで国が潰れていただろう
あれが教訓となって無茶な債務は自粛される傾向になった
ついでに経済を回復させたのもあいつ

評価すべきところは評価するのが歴史
好き嫌いは関係ない
ヒトラーは100%悪で悪いことしかしてなくて評価すべき点は微塵もない
なんていうキチガイ理論には付き合いきれない

896 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:32:47.01 ID:6x56vjU7P
>>883
体よく政府批判のアジに利用された感じだろうな

897 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:33:01.18 ID:DQmMVO4K0
>>887
え〜んな安易に接近許すのはあり得ないよ。

898 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:33:05.71 ID:B3em6lsN0
義元は戦上手で桶狭間も隘路ではなく布陣もまっとうなもので
兵力も織田軍より多く開戦も奇襲じゃなく戦闘も正面衝突で

どうして今川軍が負けたのかまったくわからないというのが新たなミステリーになりつつある

899 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:33:06.12 ID:FiE5TU4a0
>>792
ぐらいの認識っておいおい。とぼけたこと言ってくれるねえ。
こっちゃおまえらみたいな一般書しか読んだことのない半可通じゃねえんだよ。
東夷伝の信憑性疑ったら邪馬台国論そのものが成り立たないって現実わかってねえんだろうな

900 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2013/04/14(日) 14:33:12.40 ID:t/0sfnNPO
綱吉の時江戸で飢饉でもあったのか

901 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:33:16.83 ID:jGt2wd0yP
原子力発電所が危険な状態であるにもかかわらず、勇気を出してヘリで視察をした。

902 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:33:28.87 ID:xO3IEnY90
>>842
そもそも元寇で鎌倉武士と戦った相手は
モンゴル兵じゃなくて、ほとんどが朝鮮人だろ
朝鮮人に勝ったからと言って、鎌倉武士のほうがモンゴル騎馬戦術よりも上ってのは
言いすぎだろ

903 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:33:36.92 ID:L8w3iF/x0
荻原を徴用した綱吉の政策は今の日本には必要かもな

904 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:33:49.18 ID:fPj6Xo3PP
そもそもなんで「生類憐みの令」なんぞやらかしたのかわかってんだろうか。
動物好きのいい人だからってわけじゃねえだろうに。

905 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:33:54.31 ID:S0AWCbQT0
その時代に生きていた人間は、「これが正義」だと信じて戦ったわけで
後世の人間が、「あいつは悪人だった、あいつは善人だった」と評価すること自体が間違っているわけだね
これは、靖国とかの話と一緒かも
結局「相対論」なんだよね・・・

906 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:33:56.87 ID:yeEudx0Y0
>>893
いや、当時の幕府は大老老中が政治やるって体制が固まってたんで、家光アホでも大丈夫だった。
というか、家光がアホだったのでそういう体制を構築したっぽい。
そういう体制を覆したのが綱吉なんだよね。
ここは評価すべき部分。

907 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:33:56.96 ID:Xr1VTp9V0
>>860
聖書はインテリ層の間では随分前から日本に入ってただろう
平民とのインテリジェンスの格差があまりにあり過ぎただけで

908 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:33:57.57 ID:DtSHUe7JP
さすがに憐れみの令が
友愛にされるのはいかれてる

909 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:34:19.30 ID:/BBv7oME0
>>883
浅野の叔父も乱心で刃傷沙汰を起こしてるんだよな
そういう家系だったのかも

910 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:34:21.57 ID:MOs7trSU0
>>864
レス番の確認くらいしろ!!

911 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:34:28.55 ID:WsALta9y0
>>872
うんうん
高校の試験とかでも東大京大みたいな長い論述は増やすべきだね

まあ、常説って言われてるものを否定することが正義みたいな
ちょっと極端な人も最近増えてるからそこは要注意と思うけど

912 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:34:37.51 ID:z963xg550
>>895みたいなのかがならずでてくるんだよw
教訓ってヒトラーみたいなキチガイを出さないためっていう教訓だろが。

913 :erisuMkII:2013/04/14(日) 14:34:37.19 ID:cDRnA8vu0 ?2BP(304)
とりあえず

南京大虐殺は無かったと明確な事実を書いとこう

914 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:34:41.47 ID:Y/qR/1Kk0
>>898
そんなこと言ったら上杉謙信のほうがミステリーだ

>>905
善悪を歴史が決めると韓国みたいになる
良い悪いなどない

915 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:34:58.14 ID:UNNSGWtb0
>>706
三成さん「空気読めない人格者」だからなw
「貰った給料は全部仕事のために使え!足りずに借金するならバカで済むが
溜め込むのは泥棒だ!」
とか
大谷吉継が膿を落としてしまった茶を「飲むのが作法」ときにせず飲んで親友になったり
「軍事は全部任せた」と自分の領地ほとんど出して島左近を召抱えたり

トップには向かないけど補佐する官僚としては理想的な人間

>>728
ぶっちゃけ信玄の代かそれ以前からの
「短期利益最大視主義」で後継いだ時にはもう詰みの状態だったようなw

916 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:34:59.29 ID:3hkgIG3/0
30年後
現社でミンス政治が大義に満ちた政策だったと
いいように書かれているんだろうか

917 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:35:08.80 ID:6/IujPXrO
朝鮮人から見れば、日本人は犬以下って事にしたいんだろう

918 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:35:35.05 ID:k2BIS8P+0
生類憐みの令で朝鮮人の人権守れると思ったですか

919 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:35:44.47 ID:R7L5PmB20
綱吉を見直すのは良いけど、(教養もあって、前半の治世は良かったらしいし)
悪法は悪法だろ・・・

920 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:36:11.39 ID:yeEudx0Y0
>>897
戦ってのは生き物だからあり得ない事ってよく起こるんだよ。
だから「戦は時の運」とかいう言葉が生まれるんだ。
あり得ないってのなら夏の陣の家康本陣の壊滅の方があり得ない事態。
でも現実にあった話なわけで。

921 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:36:13.06 ID:L6yJw2H7O
どれだけ仏教徒を虐殺しようが、朝鮮を侵略しようが、馬上で脱糞しようが、評価の下がらない三英傑こそ偉大

922 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:36:15.20 ID:ExPItD950
動物愛護団体からのごり押しだろ
あいつらどこにでも沸く

923 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:36:17.30 ID:hUjM2u+j0
あへ こんどは生類憐れみかい! 動物愛護が行き過ぎると世の中どうなるかなんて想像できねぇのか?
慈愛の政治だけで済むわけなかんべ。 何考えてんだ。 今のニッポン IQ低下もはなはだしい。

924 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:36:20.26 ID:/eZNjQuq0
>>895
いまどき意図派なんていないし

925 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:36:20.10 ID:JgGc6DKwO
大名にとっての暴君は家光でしょ

926 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:36:23.24 ID:Idh/KqYX0
>>58
このイケメンぶりはもっとアピールされるべき

http://s-up.info/uploads/201201083744p.jpg

927 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:36:37.09 ID:xO3IEnY90
>>898
俄か雨のせいで計らずも奇襲になったって説が有力なんじゃなかったっけ

928 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:36:37.81 ID:a7DLf97B0
昔の事がころころ変わるんなら事実だけ教えて
もっと現、近代史を重点的に・・・・・
教科書まともなのがないからダメか(´・ω・`)

929 : 忍法帖【Lv=27,xxxPT】(1+0:5) :2013/04/14(日) 14:36:43.72 ID:bTCi8Fo90
今週号の週刊ポストで、新旧の歴史教科書で消え去ったことに追加されたことが載ってた
織田信長の絵画(画像)は間違いである可能性があり差し止め
1192年(いいくに作ろう)鎌倉幕府も年号が間違えである可能性で差し止め
源頼朝の絵画も間違いである可能性があり差し止め
石田三成も新事実追加
他にもいくつか・・・・

なんだろうね、こういうの知らないと若い人にバカにされるね

930 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:36:46.50 ID:jhuKhG5sO
歴史教育がつまらないのはそこに人間も物語もないからだよ

931 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:36:49.70 ID:6TfYCu4f0
>>900
富士山が噴火してるな

932 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:37:05.07 ID:UpnB+9Hh0
>>898
一番のミステリーは関ヶ原じゃねw
なぜ西軍が負けたのかわからんレベル

933 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:37:08.47 ID:Yq7CgA5V0
元禄バブルの張本人。
おかげで幕府の財政逼迫し、吉宗は緊縮財政をせざるを得なかった。

934 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:37:12.59 ID:/cLB+3ekO
犬でなくおぬこ様だったら

935 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:37:22.41 ID:HtnO8p330
スワガーさんの銃弾でも受けたのか

936 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:37:22.52 ID:Y/qR/1Kk0
>>912
キチガイで一括りにするなら楽だね
スターリンとかポルポトの無視ですかねぇ
毛沢東のほうがはるかにキチガイ度は上だったと思いますが

937 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:37:26.70 ID:DQmMVO4K0
>>898
やぱ無能だとしか思えないんだがなあ。

938 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:37:46.78 ID:AFKj4+3P0
なんかの番組で見た宗春の話は面白かったなぁ

939 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:37:48.14 ID:vqu2r1T30
>>914
韓国の犬食いを蔑んでる日本人も大して変わらんけどな。

940 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:37:49.66 ID:lasO45mT0
こいつって、鳩山並のキチガイだろ

941 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:37:56.89 ID:hknNOyLwO
生類憐みの令が出た頃の時代から
殺伐としていた武士がだいぶ丸くなるのは事実なんじゃなかったっけ?

942 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:38:15.47 ID:yeEudx0Y0
>>932
あれ、家康の布陣自体があり得んよなw

943 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:38:21.86 ID:Xr1VTp9V0
>>916
尖閣ビデオは自民党も隠していたと思うけどねw
一色とか言うバカは救いようが無い、ああいうのが英雄視されるようじゃアメリカに手玉に取られるのも納得だ

944 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:38:22.48 ID:lzWeGWCeO
なんで一部と全部を理解できない奴が発言権持ってるんだろう。
善政の中の失策や悪法とか普通にありうるだろうに。
バカの頭の中には神と悪魔しかいないのか。

945 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:38:26.18 ID:WsALta9y0
>>906
てか、どこの藩も藩主は基本お飾りで象徴だよね
平安時代以降の天皇と同じ

946 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:38:31.50 ID:lJp2/zNU0
>>912
今の何でも一括りにしてヒトラー=絶対的悪
これ以外は赦さない、研究も赦さない、なんてのは
恐ろしく閉じた考え方で危険だけどな。

947 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:38:49.87 ID:6TfYCu4f0
>>927
雹が降ったんだよね

948 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:38:53.82 ID:UkxLptbTO
どうせ現代の感覚で
時代に先駆けて動物保護を行った綱吉はきっといい人に違いない、だって動物はかわいいもんね
とかそんな理由で大した裏付けもなく持ち上げてるだけだろ
歴史にファンタジーはいらないんだけど

949 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:38:58.68 ID:eJrk2yNJO
>>932
いやいや、負けるべくして負けたろw
大儀と数以外で勝てる要素がなかったんだし

950 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:38:59.46 ID:Xe+T47lq0
>>932
なんでって秀秋が裏切ったからでしょ

951 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:39:29.47 ID:aTCJ3MFSO
>>927 織田軍側として先手で先っぽを叩いて牽制するつもりで攻めたら、ガッツリ本陣だったって説は何かで読んだな

952 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:39:30.81 ID:eAFJJEHT0
いい加減に吉良上野介の評価も見直して欲しいものですな

953 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:39:31.45 ID:f2+0+2oa0
>>895
為政者は結果が全て。
時代が時代なら、ドイツという国はなくなっても仕方なかった。

まあ、日本も同じだけど、戦前の軍部をマンセーする2ちゃんねらには
付き合いきれんよ。

954 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:39:34.95 ID:Y/qR/1Kk0
>>939
犬食いは蔑んでないよ
コリエイトは蔑んでるけどね

955 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:39:36.53 ID:xO3IEnY90
>>932
石田三成が強引に仲間に引き入れた大名たちのほとんどが
家康と戦いたいと本気で願っていたわけじゃないから
つまり西軍のモチベーションが低すぎた

956 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:39:46.38 ID:MOs7trSU0
>>932
関ヶ原前後の歴史を知らない軍事に精通してる人があの陣形を見れば
100人が100人西軍の勝と言うだろうな

957 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:40:04.78 ID:UNNSGWtb0
>>603
いや遊牧民が怖いのは平原で馬に乗った連中と戦争する時で
船に乗って島国にやってくれば鴨だろw

ジャングルのベトナムでも追い払われてたよね

958 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:40:22.76 ID:s12soq9t0
>>905
薩摩人からすれば、徳川家は数百年の因縁を持つ遺恨の対象だし
徳川幕府から見れば「辺境の雄」として国内の安定を破壊しかねない脅威だしね

どちらかに偏ると「江戸上げ明治下げ」やその逆になるからな

959 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:40:27.50 ID:WXnSE5jL0
大正時代や1980年代が再評価されますように

960 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:40:30.11 ID:DQmMVO4K0
>>956
めっけるさん乙

961 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:40:40.73 ID:lJp2/zNU0
>>932
治部に人望が(ry

962 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:40:42.70 ID:z963xg550
>>936
べつにキチガイ比べをいっているんでないし。
スターリンだってポルポトだって毛沢東だって、評価しようと思えばそういう評価軸を設定することはできる。
しかし歴史学がそういう安易な相対論におちいっていくのはいい傾向ではない。

963 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:40:50.09 ID:7lF7i7oJ0
>>936
>>946
絶対悪とまではいわないけど
戦争でなんでも解決やなんて考えの人をどうこういうのは
戦争は儲かるとかいっちゃう中二な連中と同レベルだろう

964 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:40:53.34 ID:WsALta9y0
>>928
そーいうことはちゃんと教科書をすみずみまで読んでから言うべきだと思う
勉強の出発点としては優秀だよどれも

他の国の教科書はひどいぞ…
アメリカですら

965 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:40:55.38 ID:B3em6lsN0
忠義好きな日本人としては三成とか
財産をほとんど金に代えてお役目のために使おうとした幕末の遣米使節団の団長のエピソードとかが心をうつ

966 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:41:17.76 ID:lEV36jge0
室町幕府で一番安定した時代を築いた足利義持の影が薄いのが解せんな
ケツの腫れ物が原因で死んだお茶目な人でもあるのに

967 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:41:19.71 ID:yeEudx0Y0
>>951
信長公記を読む限りだと、信長も自分が戦ってるのが義元の本陣とは思ってないもんな。
野戦だとこういう偶然の遭遇戦ってことは普通にありうるよね。

968 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:41:40.04 ID:6TfYCu4f0
>>950
秀秋の陣に家康が鉄炮を撃ち込んだというのが俗にいわれてるが、
陣が離れすぎているので、撃っても気付かないという
自主的に裏切ったんだよなあ

969 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:41:50.03 ID:p2LG7kff0
>>32
http://togetter.com/li/476344
これを見るかぎり室町時代はラオウかアミバしか生き残れないと思う。

970 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:41:54.16 ID:Y/qR/1Kk0
>>953
俺がいつマンセーしたんだ?
戦争以外にあの時代のドイツにどんな選択があったと?
ヒトラーの初期は評価してるが後期はかなりまずい
俺の評価はそんなところ

そもそも100人が100人とも絶対悪と答えるなんて気持ち悪いわ

971 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:41:54.22 ID:nqPY91kZP
蚊をたたき殺しただけで死罪ってのは後世の作り話っぽい>>1
綱吉は間違いなく名君。アレくらい強硬な法律つくらんと世の中は変わらん。
当時の庶民から不人気だろうとそれは庶民のほうが未開人なんだから仕方ない

972 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:42:01.74 ID:WsALta9y0
>>953
ヒトラーと日本の軍部を同一視してる時点で
術中にはまってるよ

973 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:42:09.42 ID:L8w3iF/x0
>>932
士気の違いだろ
関ヶ原は石田vs徳川でなく、石田達官僚と福島加藤達武官の内紛
徴収された正規軍は命令されて仕方なく戦うが、武官は子飼いの私兵で積年の恨みを晴らすという私怨だから

974 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:42:14.44 ID:aTCJ3MFSO
>>915 三成は同じ秀吉の子飼い連中に嫌われすぎだよな

975 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:42:35.52 ID:Yq7CgA5V0
>>953
ユダヤ人排除したから、戦後ドイツは発展した。
この事実から目をそらしては困るな〜
ドイツ人は必死になって否定するけどね。
あのままユダヤ人が社会の上部に居座れば、戦後国民経済が育つことはなかっただろうなー

976 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:42:37.74 ID:kd/ka5dF0
家光が東照宮造営したりせず 金をとっておけば
下手すりゃ お前ら丁髷しながらインターネット
してたかも

977 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:42:57.62 ID:S0AWCbQT0
>>932
>なぜ西軍が負けたのかわからんレベル

いわゆる「小早川の裏切り」だけじゃなく、すでに西軍のほとんどが根回しされてたと思う
出来レースでしょw
それだけ石田光成が嫌われてたんジャマイカ・・・と思う

978 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:43:09.28 ID:k75X7PAX0
生類憐みの令は現代のベジタリアンにとっては理想的な法だったかもな。
世界にもっと知れ渡ってよいのかもしれないが。アメリカの禁酒法みたいに。
皇室も草食だったようだが、明治天皇が肉をがつがつ食べ始めたんだよな。

979 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:43:13.94 ID:7NV+DIAL0
>>968
その時歴史が動いただと、家康が突撃したのを見て俺も突撃せぬば!と突っ込んだと説を採用してたな
秀秋はねねがさじを投げるほどの短気だったから

980 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:43:15.16 ID:MOs7trSU0
>>966
他の足利将軍時代に比べれば安定してたかもしれんが
それは単に他が酷過ぎただけw
義持の時は義持の時で戦とかあったし

981 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:43:16.55 ID:BVud2BPx0
>>932
大谷に石田は諌められてる
「オマイには家康みたいな人望が無い」と
苦労を重ねて人が出来上がった家康と
秀吉の茶坊主でのし上がった人物では
キャリアが違い過ぎる

982 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:43:20.75 ID:lzWeGWCeO
>>963
戦争でないと解決できない状況ってのも存在するからねぇ。
話し合いが通じないキチガイ相手とか。

983 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:43:21.68 ID:s12soq9t0
>>912
ヒトラーは狂人ってのは、ドイツを含めたヨーロッパ世界がそこまでの暴挙や
戦争を招来する事態を招いた責任を糊塗するための方便に過ぎないよ。
だからこそ、いまだに「マイン・カンプ」の出版を禁じたりしてるんだし。

984 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:43:27.77 ID:Xr1VTp9V0
今でも総理大臣なんてお飾り、政策も法案も官僚が作ってるので
いい加減、殿様万能論というか殿様王様論は止めたほうがいい
幕府というシンクタンクの中枢は殿様じゃないでしょw

985 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:43:36.30 ID:7lF7i7oJ0
>>975
なんでドイツではユダヤいるとダメなの?
イスラエルは?アメリカは?

986 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:43:42.71 ID:8ISSnXYM0
>>29
近衛は無理だな
昭和帝がダメ出ししたから

987 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:43:49.60 ID:tWHS68XV0
>>1
>悪法とされてきた生類憐みの令が、〈綱吉政権による慈愛の政治〉とまで褒められている。

単に世継ぎのために犬を大事にしただけだろ。
慈愛とは関係ねーよ。

988 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:43:50.22 ID:DO8sf/ed0
>>414 コスモポリタニズム

米国の新聞で初めてここまでぼろくそに書かれた政治家がそうゆう評価されることはないと思います。
 
------------------------------------
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/04/13/AR2010041304461.html
2010年4月13日 ワシントンポスト

今回の派手なショーの中で桁違いに最悪の敗者は
哀れなそして(オバマ政権の高官の言葉を借りれば)
益々頭がいかれてきている(Loopy)日本国総理大臣鳩山由紀夫である。
彼は報道された通りオバマ大統領と差しの話を要望していたが
それは適わなかった。お情けのご褒美として「非公式」の
打合せが月曜日の夕食会の間であっただけだった。おそらくは
最後のデザートの前の合間だったのではないか?

By far the biggest loser of the extravaganza was the hapless
and (in the opinion of some Obama administration officials)
increasingly loopy Japanese Prime Minister Yukio Hatoyama.
He reportedly requested but got no bilat. The only consolation
prize was that he got an "unofficial" meeting during Monday
night's working dinner. Maybe somewhere between the main
course and dessert?

金持ちの息子である鳩山はオバマ政権高官達に日本と米国を分け隔てる
大きな問題で信頼できないという印象を与えてしまっている。
それは沖縄の海兵隊航空部隊基地の将来に関する問題である。

A rich man's son, Hatoyama has impressed Obama administration
(以下省略)

989 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:43:56.37 ID:lEV36jge0
>>969
足利義教さんは、メシが不味くて料理人を手打ちにしてたね

990 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:44:07.69 ID:WsALta9y0
>>975
なんでユダヤ問題に全く関係ない日本人が情緒的にナチスドイツに肩入れして
こういう陰謀論に染まってしまうかな…
杉原千畝も地下で泣いてることだろう

991 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:44:08.20 ID:yNpG5KAp0
>>898
あれ、陸軍説で実は正解なんじゃないの?

ちょうど、知多半島の付け根の丘陵地で、関東平野でいうと、横浜の郊外みたいなところ。
基本的に、大戦争をやる立地じゃないし、ゲリラ攻撃はやりやすい。
反対説のほうが、古文書の読み過ぎで、地名の当てはめや布陣の推定がワケワカメになってしまい、
それこそ「狭間に嵌った」気がする。

992 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:44:20.71 ID:UNNSGWtb0
>>941
そのせいで相変わらずワイルドだった薩摩隼人に幕末にリベンジされたとも言えるw

993 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:44:22.76 ID:6TfYCu4f0
>>975
そんなにユダヤ人、強くなかったらしいぞ
むしろ、優秀なユダヤ人を排除した事による弊害の方が大きい

994 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:44:22.79 ID:4y9YuoaH0
昔から評価高かったよな
憐みの令が??の評価なだけで
何言ってるんだよ

995 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:44:28.93 ID:xUCILvAM0
>>942 馬鹿息子が遅刻なんかするからw

996 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:44:57.69 ID:z963xg550
2ちゃんのヒトラー人気は異常。

997 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:45:03.97 ID:jREjXehG0
不景気だから、吉原で豪遊して景気を加速させようとする尾張殿と、
不景気に質素倹約でデフレを加速させようとする暴れん坊将軍。
公共事業で金を回そうとする悪人どもをぶっ殺し、景気回復の芽をことごとく摘んで回る。
どちらが善かは、安倍先生の今後で決まるな。

998 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:45:10.82 ID:/xE9lpZJ0
野良犬が溢れて女の子が襲われてそれを追い払ったお兄ちゃんが死刑って
アニメや漫画によくあるのはウソだったのか

999 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:45:14.51 ID:B3em6lsN0
>>955
そういう状況で家康と対等以上に戦える状況を作り出した三成が恐ろしすぎる
しかも三成自身はそれほどの権力者でも大大名でもないのに・・・
家康は内心三成だけを恐れていたのではないか

1000 :名無しさん@13周年:2013/04/14(日) 14:45:15.86 ID:8CJWUuUj0
>>888
情緒って言うが、当時の吉良がどれくらい身の危険を感じていたのかは知り様が無いけど
落ち度は無かったのに騒動の責任を取って家督を譲って自身は隠居、
領地に戻れば死なずに済んだのに奥さんを逃がして江戸に残り
件について一切語らないまま最後を遂げる、なんてやたら美化させる赤穂側より
よっぼと「武士の美学」に訴えると思うんだけどなぁ

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

239 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)