5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【安倍内閣】 社員が仕事で発明した「職務発明」は会社に権利 訴訟リスク軽減…知的財産戦略本部(本部長・安倍首相)★2

1 :丑原慎太郎φ ★:2013/03/04(月) 11:57:56.23 ID:???0
★ 社員の発明は会社に権利 政府検討、訴訟リスク軽減 知財政策で論点整理

 政府は今後10年間の知的財産戦略となる「知財政策ビジョン」の論点整理をまとめた。
企業の研究者ら従業員が仕事で発明した「職務発明」について、現在は従業員が保有している特許権を、
出願時点から企業が持つことを認める見直し案を検討する。従業員には企業に報酬を求める権利を与えることで、
企業が訴訟で想定外の高額支払いを迫られる事態を減らす。

 知的財産戦略本部(本部長・安倍晋三首相)はビジョンを4月に策定する方針。
有識者からなる作業部会が論点整理を踏まえ、今後議論を加速する。
特許庁も職務発明制度見直しの検討を進めており、2015年度末までに結論を出す予定だ。

 職務発明は、特許法35条で発明者が社内規定などで企業側に特許を譲り渡した際に「相当の対価」を受け取る権利を認めている。
だが「相当の対価」がいくらかを巡って企業と発明者の間で争いが起きており
「海外企業を誘致する阻害要因」「国際的な共同研究の障害」などの指摘がある。

 特許発明の対価を巡っては、青色発光ダイオード(LED)を巡る訴訟が代表的だ。
01年に開発者の中村修二氏が勤務した日亜化学工業を訴え、05年に約8億4000万円の支払いで和解。
その後もソニーや東芝などが従業員から提訴されたほか、
アステラス製薬も1月末に知財高裁で4400万円の対価支払いを命じられた。

 こうした争いを減らすため、04年の特許法改正では労使の話し合いなどで、
企業側に特許権を譲渡した際の対価に関する社内規定を設けるよう促した。
しかし、規定が不合理な場合は裁判所が対価を算出する仕組みのため、
産業界には「最初から権利を法人帰属にすれば訴訟リスクは減る」との声がある。
一方、従業員側は労組などを中心に反発が強い。

 海外では米国やドイツなどは日本と同様、職務発明の帰属を従業員のものとする一方、
フランス、英国、中国などは企業に帰属する。英国では特許発明が多額の利益を生み出した場合、
従業員がより多くの報酬を求めて裁判で争うことができる。

日経新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS03010_T00C13A3MM8000/
前スレ http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1362347824/

170 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 15:26:31.20 ID:YxdP9hIQ0
【鉄鋼】「新日鉄住金」、株主総会で可決 執行役員も発表 [12/06/26]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1340715588/28-65
http://logsoku.com/r/bizplus/1340715588/28-65
2000年 新日鉄と浦項が提携(独・ティッセン、中国・武漢製鉄にライセンス供与している方向性電磁鋼板は提携の対象外)
2002年 浦項が方向性電磁鋼板市場に参入
2005年 新日鉄にライセンス供与を断られた中国・宝鋼製鉄が、浦項で出世競争から脱落した
      方向性電磁鋼板開発技術者を高額報酬でスカウトして技術スパイ。
2007年 浦項の方向性電磁鋼板技術が急激に上昇
2012年 浦項のシェアが新日鉄に並ぶ

浦項は新日鉄と提携した直後に、もう核心技術の産業スパイ行為を始めている。
最初からそういう目的で提携を求めてるんだろう。
これはソニーから技術者引っ張りまくった経緯と同じだ。
まず経営幹部レベルの人材交流を実現させ(退社後に顧問に獲得したりもして)、
技術部門の中枢人材へのアクセスを可能にする。
そして高額報酬で技術者をグループごとスカウトし、技術を盗み出すという戦略だ。

韓国企業は到底パートナーに選ぶような対象じゃない。
こちらが相互利益に結びつく提携を誠実に希求してる時に、
彼らが本心で考えてることは、そのチャンスを活かして、
いかに日本企業を踏み台にし、出し抜き、叩き潰すかということだ。
彼らはパートナーでもなければライバルでもない。敵である。
道徳心の欠落した、倫理観ゼロ、油断も隙もないドロボー民族だ。
このことをはっきり認識しておなきゃいけない。
過去、本田がそのことを思い知らされてる。
そして歴史的にも中国・清王朝はそのことをよく分かってる。
それが九叩三拝の儀式だ。
日本企業は清国の英知と経験に学ばなければならない。
上下関係でしか人間関係、社会関係を築けない朝鮮人は、
犬にしつけるように厳しく指導するべきである。
甘やかした結果、生じている現象は、
まさに飼い犬のしつけに失敗した権勢症候群である。

171 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 15:26:59.22 ID:St85do+rP
>>168
契約社員は派遣じゃないよ?契約社員の派遣社員はいるけど
バイトと同じ直接雇用、「契約社員」は民間企業と有期の直接雇用契約を結んだ労働者だよ

172 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 15:29:19.24 ID:AI6q/YUO0
日本の場合は、これしか無いかな
海外の企業や諜報機関は産業スパイが主な仕事みたいなもんだからな
パクる側は企業と折半でもしてればいいが、創る側はそうはいかないな

173 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 15:33:43.34 ID:YxdP9hIQ0
【日韓】新日鉄がポスコを提訴…鉄の芸術品「方向性電磁鋼板」極秘技術はなぜ流出したのか[05/26]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1338124313/
 「やはりそうだったのか」

韓国内でポスコが起こした裁判での証言の一つから、ある新日鉄幹部は、それまでのポスコへの疑念
が、明確な不正だと確信。昨年末、証拠保全手続きを申し立て、裁判所が元社員の保有していた“動か
ぬ証拠”を押さえた。


 事情を知る業界関係者は、「ポスコ側に情報を漏らしたのは1人ではなく、グループだ」と指摘する。
1990年代に新日鉄を退社した開発担当者を含む数人が関与したらしい。新日鉄が提訴したの
はグループのリーダー格とみられる。

 元社員はどのように取り込まれたのか。ポスコに限らず、日本企業の退職者を積極的に雇用する
外資は多い。多額の報酬が提示されることもある。「エージェントを通じて慎重に接触し、籠(ろう)
絡(らく)する」(事情通)ケースもある。

 元社員はなぜ技術を漏らしたのか。「結局は金だろう」。新日鉄幹部らはそう吐き捨てる。

【裁判】韓国へ技術流出、数十億円動く?…日韓鉄鋼訴訟
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1351164284/
http://logsoku.com/r/newsplus/1351164284/
 東京地裁で25日始まった鉄鋼業界世界2位の新日鉄住金が、
5位の韓国ポスコを相手取った巨額の損害賠償請求訴訟。
新日鉄住金は提訴の半年以上前から、証拠を保全するなど入念な準備を進めてきた。
同社幹部は「情報入手のため数十億円の金が動いた可能性がある」と話しており、
国際的な技術侵害の実態がどこまで解明されるか注目される。

 しかし、この分野でライバルのポスコが急速に業績を伸ばしてきた。
新日鉄住金が不審を抱いていたところ、中国の製鉄会社に対する秘密漏えい事件で
韓国で逮捕されたポスコの元研究員が「新日鉄の技術を50億ウォン
(現在のレートで約3億6000万円)で売った」と供述。技術情報が盗用されていた疑いが浮上した。

174 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 15:36:44.82 ID:Ic/jWBQs0
>>171 それはお隣の国の話だろ。
日本は直接雇用の研究員は正社員が主流だぞ。
日本が優れているところを示すと、退職者にも特許報償を出すために、退職後の住所を探したりしてるよ。韓国にはないことだろうけど。

175 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 15:37:31.03 ID:YxdP9hIQ0
【裁判】「産業スパイ天国」特効薬なし? 新日鉄技術流出訴訟きょう審理開始[12/10/25]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1351122781/86-94
http://logsoku.com/r/bizplus/1351122781/86-94
また、いくら退職後の守秘義務協定を結んでいても、
それだけでは根本的には社員のモラルに頼るしかなく、
情報漏洩しても証拠をつかみようがない。
特許を取得するような技術ならまだしも、非公開の生産技術などは尚更だろう。

しかし十分な対策を講じるなら、
産業スパイ行為をかなりの程度防止することが可能である。

・技術スパイ社員を獲得することの巨大なリスクを相手側に認識させる
技術者を金でリクルートして情報提供を求めたら、それが実はおとり捜査である、
うまく技術者から技術を引き出したものの、今度はその人物が違法技術提供したことを暴露されて倍返しにされる
そのような恐怖感を持たせることに成功すれば、技術者の買収をためらうようになる

・漏洩社員を摘発する上でのスパイ企業側からの内部リークを促す
違法行為の発覚は内部リークから起こるケースが大半だ。
それは内紛や待遇への不満から起こる。今度の新日鉄事件も同様だし、
実際、韓国企業では内紛から、同国企業間や中国企業への技術漏洩が頻発している。
内部リークすることで巨額の報奨金を得られるなら、それを選択する人間はいくらでもいる。
スパイ企業に課した懲罰賠償金から報酬(数十億単位)を捻出すると同時に、
日本の永住権を与えるなど様々な恩恵を与えてやる。

大事なことは、不法技術者や裏切り社員が巨額の利益を得たとしても、それが結果として
長期的に見て、産業スパイの撲滅につながってゆくという仕組みを設計することである。

こうしたことを実行すれば、産業スパイ行為は割りに合わないとみなされ、なくなってゆくはずだ。

176 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 15:37:43.19 ID:oFeI/Nux0
このスレを見ていると、日本がいかに技術者を軽視してきたかがよくわかる

177 :175:2013/03/04(月) 15:40:33.63 ID:YxdP9hIQ0
■包括的産業機密保護法の制定

・おとり捜査の導入
IBM事件で日系企業がやられてる。仕向けられた罪でも罪は罪。
何度もはめて、その度に莫大な賠償金を払わせ、犯意をくじく。
これは罠かと思わせることで相手側の犯意を喪失させることにもなる。
・国家による潜伏スパイの組織化
技術者を国家組織の協力者として国費で大量に囲い込み、スパイ常習企業に潜入させる。
彼らに技術窃盗情報を収集させる、偽技術開発動向・偽経営情報情報を流すことで撹乱する、
また、積極的に外国企業に転職させて技術情報漏洩させ、
その後、一転してその事実を司法機関に自爆的に暴露させ、スパイ企業に莫大な賠償金、懲罰金を支払わせる。
・スパイ常習企業の社員の逆リクルーティング
日本人技術者を買収しても、高額報酬で技術を獲得後は数年でお払い箱にされてしまうため、
スパイ企業の動向を持続的に把握するのが困難なため、
国家組織レベル(個別企業レベルでも)、スパイ常習企業の幹部を多額報酬で獲得し、
普段のスパイ動向を提供させる。
スパイ企業側社員の刑事責任を固めた場合、摘発を見送る代わりに、
スパイ動向を捜査当局に提供する取引に持ち込み、他の重要なスパイ行為の立証立件に貢献した場合は
巨額の利益を得られるようにしてやる。

178 :175:2013/03/04(月) 15:43:36.17 ID:YxdP9hIQ0
・司法取引制度の導入
産業スパイ行為の摘発には、スパイ企業内から情報リークが肝要で、
新日鉄事件では、内輪もめ的に情報が外部流出したことで発覚している。流出してなければ怪しくても
証拠不十分で提訴は困難であり、実際、村田製作所のサムスン提訴は敗訴している。
刑事民事上、免罪にすることで供述を得やすくする。
・報奨金制度の導入
スパイ行為を立証できる確かな証拠を抑えることを重視し、犯罪を立証し賠償金、懲罰金を得られたら、
懲罰金の一定比率を、情報提供者に支払う。
第三国での訴訟のため、厳格な証拠資料を確保する。
移籍先企業第三者社員の金銭目的の情報提供を促すだけでなく、
スパイ本人が移籍先企業に機密を売って報酬を得た後、
その行為を元在籍企業・捜査当局に通報して、二度目の報酬を受け取ることも可能にして、
内部告発を積極的に引き出す。
それが繰り返されれば、怖くて機密入手のためのヘッドハンティングがしにくくなる効果を優先し、
二重スパイ的行為による二重報酬受領を積極的に許容する。

179 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 15:45:46.13 ID:Ic/jWBQs0
>>1 従業員に対する特許権の額を定額にしたら、それに見合った発明しか出てこなくなる。
特許権の金額が事前に見えないのは、時々大化けする発明があるから。
それをリスクと認識したら、ヒット商品は生まれなくなる。

まあ、ヒット商品はもう米国発だから、糞ニーとかには、こんな制度不要だろうけど。

180 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 15:46:23.01 ID:LyfMZvmT0
>>176
先進国はどこも同じだよ
欧米は日本よりもっと酷い あまりにも酷すぎたから、
給料を高くしたり、環境整備やインセンティブで報いようという流れになっている
日本の馬鹿政治家は、欧米が失敗した後を順調に追いかけている訳だwwww

181 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 15:48:01.09 ID:bqC8y3oM0
ますます優秀な人はアメリカとかの企業に脱出することになるな。

182 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 15:53:37.62 ID:/agJAzpV0
そんな搾取して大丈夫か? 発明や偽十確信遅れるぞ。
従業員もバカではないんだから、発明を故意に完成させず退社して、大金で抱えてくれるところろに売り込むよ。

183 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 15:55:53.97 ID:uVtKV8jnP
漫画は漫画家のもので
ゲームは会社のものなんだ

なんともひどいですねw

184 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 16:06:27.56 ID:ckkNBMhL0
>>182 まあ大丈夫だろう。
会社の外に出たら生きていけないぞって、日頃から洗脳・去勢してるからな。
外国に行ったら、コメ食えないし、日本語も話せない。周囲は自己主張の強いヤツばかりで、空気を読んだぬるま湯な友人関係も楽しめない。

でも発明って、人マネじゃなくて前人未踏の行為なんだけどね。

185 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 16:09:26.89 ID:RyJqSK/70
>>182
一人で開発しているわけじゃないんだからさあ

186 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 16:13:53.08 ID:/agJAzpV0
>>184
買ってくれるなら、チャイナでもコリアでもいいです。
前例もありますよ。
……ってなところかな?

>>185
チキンレースだな。
完成のめどが立つ、机並べてる同僚の誰が最初に到達するか。
同僚も会社も無くて完成するめどがたつなり、退職して、金持ってるところへ売り込み。

187 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 16:16:00.20 ID:IiF9Xgz30
これから
・研究職になった人→手遅れ リストラされない程度に頑張れ モチベーションは下がるよな・・・
・修士課程の学生→手遅れ 運が良ければ文系就職できるよ 希望を捨てるな
・理系の学生→最後のチャンスだ 研究職に夢は無くなった 他の道を検討すべでは?
・理系コースの高校生→医学部が無理なら、他の道を検討するべきだね 理工は辞めておけ
・中学生→この国はね 研究者に辛い国なんだよ 公務員がいいよ 公務員が

と安倍ちゃんは日本の未来を奪ったんだね

188 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 16:22:14.45 ID:ckkNBMhL0
>>186 そうそう。
技術者やら研究者を囲い込むために、外に出れないようにモチベーションを下げている。
大企業病の手法に嫌気がさしたヤツから外に出ていく。
根本は、逃げられたくないから虐めるという倒錯したメンタリティ。
大企業病の会社で幅を利かせている、人事管理の教義。

189 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 16:41:36.31 ID:xzSnQWEtO
あ〜やっぱり再建目指す気無いんだねw

技術流失大国目指してどう世界一になるの?w
これからも中韓に技術流してきたように投資対象国に
技術者わざと逃がさせるねw
『日本は空洞化の一途を辿る』
アベノミクス崩壊は直ぐそこ。新自由主義で日本壊滅

190 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 16:50:16.96 ID:6TMkmcFN0
LEDの中村が銭ゲバだっただけだろ。賞与が昇進で還元してもらえよ。
会社の設備や環境を利用させてもらって手柄だけ自分の物にしたり、
中国に売り渡せるように情報を持ち出すように携帯して自宅に保管
してるやつは死刑でいいよ

191 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 16:51:02.39 ID:YjY/UTmFO
>>190
誰も発明なんかしなくならないか。

192 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 16:58:29.80 ID:IMADDvoR0
>>191
発明すんのが仕事だろ
なんか発明しろよ、仕事しろ

193 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 17:00:19.16 ID:ZrMiBwQFO
新入社員の頃にタニタの体脂肪ヘルスメーターを開発した方は
現在もタニタの重役として活躍されてるらしいが

194 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 17:00:21.71 ID:+7m7UHz20
なんか働く意欲なくなるよか

195 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 17:02:24.41 ID:lV82uR1f0
>>190 発明は創意工夫の発露。
命令すれば部下から生まれるものじゃない。
発明後は会社の技術だが、発明者はアーティストみたいなもの。
特許の管理は事務的でよいが、発明者の管理は芸能プロダクション的な手法が向いている。

発明者の管理は日本の大企業より、吉本興業に任せた方が、大ヒット商品を連発するかもよ。
商標なら面白い恋人で判定勝ちした実績あるし。

196 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 17:02:57.96 ID:zkyJu3x/0
>>191
逆に発明した社員の権利になるんなら
研究に金だす会社がなくなるだろが

197 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 17:04:33.90 ID:hY4v6yMD0
>>196
新人どうやって食っていくんだろうなw

198 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 17:09:09.59 ID:EuQAGYPVT
>>1
いいんじゃない?
優秀な技術者を大事にしない企業は、引き抜きとかで痛い思いをして学ぶしかないべ

199 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 17:10:51.38 ID:HQhBok9H0
会社の設備、環境、経費、知的財産を使って発明してるんだから当たり前じゃないのか・・・・

200 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 17:13:05.03 ID:6Gm+XZY80
>>198
海外でも会社の金と設備で開発された特許は会社のものだよ?

まさか先進的な欧米なら社員が会社の金と設備で
開発したものの特許権をもらえるとか思ってる?

201 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 17:15:50.52 ID:Rrjpww+w0
このスレに書き込んでる奴で、

「労使の話し合い」

なんて、高度な労働争議したことのある奴いるの?

チキンな社畜か、女衒商売のブラック経営者だけだろw

202 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 17:16:00.37 ID:K058vf4VO
>>196
権利使用の優先権さえ企業に与えれば良いだけなのに強制的に権利譲渡はやり過ぎ

203 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 17:16:25.10 ID:ZqgU+nLt0
もし最初から正当な報奨が受けられないとわかってる従業員は会社の為にいい発明なんて
最初からしなくなる。
企業側にも従業員が納得できる報酬制度が求められる。

204 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 17:16:44.00 ID:AI6q/YUO0
まぁPS3のCPUなんかもIBM社員が完成直後にマイクロソフトに売っている
開発費はソニー持ち。人間が人間である限り防げないケースだな

205 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 17:21:07.53 ID:dsP9kLcg0
>>1
あ???

経団連らしい発想ですね。

さすが、じみんとうアベしんぞう ですね!!!!!!!!!!!!!!!!

206 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 17:22:47.00 ID:KfBZiOku0
>>1
>現在は従業員が保有している特許権を、
>出願時点から企業が持つことを認める見直し案を検討する

今でも大企業だと予約承継の勤務規則があるから、特許権が従業員に帰属するなんて
ねえわ
この法案は特許を受ける権利の原始的帰属を法人にして、実質対価請求権を廃止させるのが
ねらいなんだろ
こんなことしたら研究者のモチベがさがるだけだ

207 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 17:26:05.24 ID:dsP9kLcg0
>>196
研究は、

 機会の平等

と言って、与えられる機会は、平等でなければならない。
例えば、ウイルスを発明するには、パソコンとコンパイラが必要だが、
そうした素材は、平等に、与えられなければならない。
その為に、日本には、教育を行う義務 がある。
これは、ある特定の人物にだけ、熱心に教育をし、
ある特定の人物にだけ、教育を疎かにするようではならない。
このように、平等な教育がされる事でも、その中から、
何か新しい理念や、発明をする人がでる。そうした人こそ、有能と言える。
 研究開発も、基本は、平等でなければならない。
従って、そうした基盤となる技術と研究環境は、平等に与えられねばならない。
そうでないと、環境次第で、差が生じる事になる。
 大学の研究室は、無料開放すべきである。

208 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 17:27:39.56 ID:wujVpWli0
>>203
>もし最初から正当な報奨が受けられないとわかってる従業員は会社の為にいい発明なんて
>最初からしなくなる。
>企業側にも従業員が納得できる報酬制度が求められる。

そういうことは、会社の社長が考えるから、
大きなお世話。

209 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 17:31:24.65 ID:bCvfIL290
>>200
>海外では米国やドイツなどは日本と同様、職務発明の帰属を従業員のものとする一方、
>フランス、英国、中国などは企業に帰属する。

210 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 17:33:51.82 ID:V6tfoANk0
なぜ世界に誇る技術力を持っていた日本がその座を近隣アジアにまで脅かされるように
なったのかがこのスレを見るだけでもよくわかる

従業員をあくまでもコマと見なし、給与を支払うことだけでコマの欲求や要望が満たされていると
考え続けるなら、更にメーカーは没落し続けるだろう

211 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 17:35:42.38 ID:dsP9kLcg0
>>1
発明を、

1.環境の提供者の権利とする

2.頭を働かせて、発明した人物の権利とする

この、1は、企業で、2は、発明者だ。
さてそこで、
貴方が、入手するならば、1と2で、どちらが良いですか?

212 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 17:36:47.21 ID:6Gm+XZY80
>>209
>>200
>>海外では米国やドイツなどは日本と同様、職務発明の帰属を従業員のものとする

従業員の発明を2束3文で買い上げるのがアメリカ

213 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 17:38:06.68 ID:dsP9kLcg0
>>212
ちがうよ。アメリカは、研究室に殴りこんできて、
発明資料を持ち帰るんだろ

214 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 17:51:28.60 ID:YjY/UTmFO
>>208
考える力があるか不安だ。韓国企業に引き抜かれまくってる。

215 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 17:54:39.10 ID:HMfTxFj70
>>196
なくなるは言い過ぎだと思うが、企業としては慎重になるわな。
喜ぶのは自社で研究なんてする気がない企業だわ。
どことは言わんが、特許を持った社員を一本釣りする会社は喜ぶだろうね。
ここで企業が権利を持つことに反対してる人はそういった会社が好きなんだろう。
企業に持たれると旨味が減るからね。

216 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 18:12:55.71 ID:TQibSVlW0
自身を優秀だと思う人は、外国で勤めろってコトだよ。

217 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 18:13:56.14 ID:M6HZ29VZ0
まぁ当たり前だわなぁ

218 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 18:14:31.23 ID:N+ObekWi0
個を抹殺する国に未来はない
安倍終了

219 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 18:14:58.06 ID:dsP9kLcg0
>>216
まあ、そうゆう結論になる。

自民党らしい政治と国家というか。

220 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 18:18:58.13 ID:nFDW2NoA0
まあ最終的に会社の権利でもいいけど、だったら満足できる環境はきちんと用意してくれよなって感じかな。
まともに環境に予算付けないくせして権利だけ取ろうとするのがむかつくんだよ。

221 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 18:20:36.09 ID:WBmzbRHm0
青色発光ダイオードを発明しても1万円しかくれない国だぞ

ただでさえ裁判しにくい国で、個人が泣き寝入りしている現状で
更に企業側の権利を増強するとかアホじゃねーの?

優秀な人材は益々海外に流出し、中〜並以下の平凡研究者だけが残る
その研究者もモチベがだだ下がりで研究力も下がる一方だろうな

222 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 18:22:13.43 ID:dsP9kLcg0
>>220
しかも、発明した成果 は、社会に還元しないので、
いつまでたっても、派遣やバイトなどの、低賃金労働が、無くならない。
だから、どんない発明をしても、社会は、改善しない。

223 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 18:28:39.39 ID:K+7Px3cU0
特許は会社のモノ これは正しい

でも
社内政治やって会社に貢献していない人間の給料
>>>
能力があって努力して会社に貢献した人間の給料

ならば裁判を起こしたり、会社裏切って特許持ち逃げするのも 正しい と思うよ

224 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 18:37:31.00 ID:a53FDQIU0
会社に研究やら開発の施設やら人員やらお金だして
もらってるんなら特許は会社のものだろう。
無報酬で発明したわけでもないし。
当たり前。

225 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 18:43:42.81 ID:AI6q/YUO0
法で縛れば縛るほど無意味なんだよな
しかも国内法で縛っても競争相手は途上国だし
情報を売るかどうか決めるのは彼ら自身だからな
まぁ売るだろ、ポスコみたいに左遷社員狙えば

226 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 18:44:35.43 ID:PhvLgUQ6O
前スレにも書いたが、
「特許権は発明者が提出更新、特許権は発明者の物」、かつ、
「企業は特許使用を優先的に使える。発明者個人への特許使用料の支払いは、
製品化がもたらす利益(〇年or〇ヶ月等、一定間)から開発費を差し引いた〇%」
で良いんじゃないの?
利用料を算出する土台になる販売期間や差し引き後のマージンは議論の余地が有るが。

問題は、「優れた発明を尊敬し称え、研究者のモチベーションをくじかない待遇の相場」が、
ハッキリしていないからトラブルが有る訳で。

227 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 18:45:50.95 ID:g7roOVrO0
自分の発明を持って行って、
製品化したら首になった事がある・・・

画像素子サイズを小さくして、
振動させれば画質が何百倍にもなるってやつなんだが

228 :九十0:2013/03/04(月) 18:56:31.91 ID:cUe16mdW0
221>>>それって後知恵でしよ。海、山のものともつかぬものに誰が気前よく大金はらうの?(^ム^)ノ

229 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 18:57:07.62 ID:gVTq6eUD0
文系男は、自分がやってる仕事が小学生のおつかいレベルで何の価値も
産み出していない、それどころかむしろ社会全体の足を引っ張ってるだ
けという事実に気が付く頭が無い、もしくはその事実を認めようとしな
い、要するに現実を受け入れるだけの人間としての器が無い、そして最
後には金さえもらえればどんな汚い手を使ってもいい、人間なんて自分
さえよければいいと開き直る

後日、こんなゴミのような生物に2歳の子供がいるのを知った俺は、絶
対にこの世の中に子孫を残してはならないと悟った

230 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 19:00:48.77 ID:6Gm+XZY80
>>216
そう思ってアメリカに行ったら大事な研究成果が
弁護士に1000ドルそこそこで取り上げられる
アメリカの会社は研究者を大事にすると思ったら大間違い

231 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 19:00:53.45 ID:dsP9kLcg0
 
じゃあ、ギコ猫 は、タカラの権利になっていいのか?

っていう話になっちゃうんですよ。あべさん

232 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 19:06:47.63 ID:AI6q/YUO0
ギコ猫はタカラでいいよ
というか2chはひろばかに金渡すな

233 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 19:09:21.38 ID:cZVRuccei
会社に研究にかかる費用を出してもらってるって言うけどさ、そこまでの勉強の費用は自分達でまかなってるわけで。

主人は理系、私は文系だけど。
替えがきくような仕事でそれなりの報酬を頂くことが申し訳ないと結婚してから思うようになった。
何かを生み出せるわけでもないくせに高額の報酬を貰ってるっておかしい。
技術者や研究者を蔑ろにする風潮が頭脳の海外流出に拍車をかけて
結果的にものづくりに影を落としてることに早く気付くべき。

234 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 19:12:38.66 ID:AI6q/YUO0
まぁ会社を存続させる根幹的な技術を開発した技術者を追い出し
政治的に上手く立ちまわった役員連中が旨い汁を吸う
そういう背景が裏切りに繋がってるとは思うね
今後は変わってくるんじゃないか

235 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 19:27:44.70 ID:tO//LUug0
研究開発費とその社員の生活費を会社が出している以上当然だな。

236 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 19:30:59.09 ID:tO//LUug0
>>233
>会社に研究にかかる費用を出してもらってるって言うけどさ、そこまでの勉強の費用は自分達でまかなってるわけで。

それ以上に研究開発費・人件費に会社は金を掛けているだろ。

237 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 19:33:03.08 ID:MjnpI6TA0
問題は、会社の利益に見あった額の報酬が、開発者に支払われるかどうかだ

238 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 19:35:44.87 ID:jrYWuiWo0
>>235
それ以前に研究開発をやってもらうために雇ったわけだから、給料にはすでに
研究開発に対する報償が含まれているだろう

何も関係ない事務仕事の人間が勤務時間外の余暇を使って自宅の設備と自分の金
で何かを開発したら100%自分の物だけど、会社と研究開発の雇用契約を結んで
会社の金と設備で開発して出来た物は自分のだと主張するのに無理がある

239 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 19:35:57.22 ID:dsP9kLcg0
>>232
>ギコ猫はタカラでいいよ
>ギコ猫はタカラでいいよ
>ギコ猫はタカラでいいよ
>ギコ猫はタカラでいいよ
>ギコ猫はタカラでいいよ
>ギコ猫はタカラでいいよ


2chのウヨの皆さん!!
自民党の手先の経団連が、なんか言ってますよ!!!!!!!!  

240 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 19:36:10.46 ID:sT9Y8yxd0
既出だけど、結局相場をはっきりさせろってだけの話だろ。
社員は権利そのものを欲しいわけじゃない。働きに見合った報酬が欲しいだけ。

241 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 19:36:22.14 ID:Lbj6XGBx0
社員のやる気が無から有をうみだすということしらんのか

242 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 19:39:04.17 ID:tO//LUug0
見合った額と言うなら、開発者が開発した製品の生産ラインを作ったり、
材料を安価で調達したりする社員も見あった額の報酬が支払われなければならなくなるが、
会社がつぶれるだろ

243 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 19:41:52.76 ID:tO//LUug0
>>238
そうそう、いくら閃いたりしても研究開発費やそれまでの生活費を補償されなければ
絵に書いた餅

244 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 19:42:45.81 ID:wJKpmOOa0
でもこれで企業側が報酬をケチるようなら意味ねぇ気もするな。

245 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 19:43:53.34 ID:K+7Px3cU0
>>242
別にパイを大きくする必要はないだろ
パイの中での取り分を変えればいいだけ

246 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 19:45:23.44 ID:kRC38F800
>海外では米国やドイツなどは日本と同様、職務発明の帰属を従業員のものとする一方、フランス、英国、中国などは企業に帰属する。

日本は社会主義国家だから中国スタイルの方が馴染むんじゃないかな

247 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 19:45:52.75 ID:JgfXJBJiO
研究をリスク研究者をコスト扱いするなら
雇うなよバカか
何でお金と労力出してリスクとコストを買ってんの?
頭悪いの?暇なの?

248 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 19:46:55.64 ID:5qPSVDIa0
研究者に文句言っている奴は、研究者になれよ
企業は本当に人材不足で困っているんだから・・・・
当然、発明の対価は求めない 給料も安くていい 自民党政権に貢献しろや

249 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 19:51:34.52 ID:fZS/i1f70
ふさわしい報酬与えればいいじゃん

250 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 19:51:34.94 ID:jrYWuiWo0
>>248
>研究者に文句言っている奴は、研究者になれよ
現職なんだけどね
いい研究して評価してくれて給料にも反映してくれるならそれで十分と思ってる
本当に特許が欲しければ自分の金で法人作って勤務時間外の時間を利用してやって
特許を取るしかないが、特許出願だけでも数十万、世界を視野に入れて国際特許
とるなら百万、千万単位の出費なのに、よほどの大当たりじゃなければ毎年受け
取る金はよくて数十万
そう考えるといい研究したら会社がボーナスを増やしてくれる方がまだ現実的

251 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 19:53:24.97 ID:dsP9kLcg0
>>249
泳げタイ焼きくん

のシンガーソングライターは、5万円しか貰ってないんだぞ

252 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 19:55:39.85 ID:0IfhkuFx0
当たり前じゃん
営業が一億円売り上げたって給料は変わらないし
事務なんて売り上げは0円だ
企業全体で割るしかないじゃん

253 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 19:55:49.42 ID:dGoJADmAP
特許で得た純利益の5%還元でいいよ。

254 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 20:01:24.04 ID:5qPSVDIa0
>>250
あのさ・・・・現職なんでしょう?
大学の研究室や入社時に知財の研修を受けなかった?
特許庁の人が来て、詳しく説明された冊子を10冊くらいくれて・・・・・

でいまの制度で何も問題ないんだよ・・・・
出願者は個人 職務発明は会社が無償で使用できる
問題となっているのは、発明の貢献度についてだから・・・・
発明の貢献度については、会社の機材・給料・支援は発明の貢献度(会社側)として
認められている。で発明者個人は頭脳が発明の貢献度として5%が妥当と裁判所が
認めているんだよ 
※青色LEDクラスの画期的な特許に限定されるけどね・・・・

で現状でもOKなのに、今頃ルールを変えるってどうなの?

255 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 20:05:42.52 ID:5K4K4iXh0
>>254
会社名で出願出来なくて面倒

256 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 20:08:45.32 ID:DfN9up0GO
>>253
利率いくらが妥当かは別としても、「実発明者への還元が正しく義務付けられる」ならば権利は企業に帰属するべきだな

257 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 20:09:52.88 ID:6Gm+XZY80
>>254
自分のレスにも貢献度の判定がややこしいって書いてあるじゃん
場所しか提供しない大学すら取り分が研究者より多かったりするのに
会社勤めの研究者が会社の金とノウハウと設備で開発したら
自分の貢献度を過大の主張するから問題になってる

「大学」と書いてるならちゃんと大学の知財管理の現状を調べた方がいい

258 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 20:10:26.30 ID:dsP9kLcg0
 
フジTVの、老人焼きで殺された爺は、
なんと、2万円 しか貰ってなかった!!!

259 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 20:11:36.14 ID:PhvLgUQ6O
>>226
×更新
〇申請

260 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 20:11:54.52 ID:5qPSVDIa0
日本の国力を衰退させて、理系離れを引き起こしている産業界・財界が
「会社名で出願出来なくて面倒」だからと、ルールを変えるのが戦略なのか?
まあ いいや 俺の知ったことではないし

261 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 20:13:41.31 ID:dsP9kLcg0
梁山泊は、山賊とは言えども、
人間の情義で、固く結ばれていた。

ある日、林中が、青色ダイオードの仕組みを発見した。つづく

262 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 20:16:47.68 ID:5qPSVDIa0
>>257
発明の貢献度の判定が難しいのは立法府の怠慢だよ
民法を改正して、特許法も改正するべきで、
発明者の名義を会社にして解決する問題じゃないよ(一部は解決するが・・・・)

権利を主張するな は暴言の部類

263 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 20:18:31.66 ID:ytmzOOEQ0
>>244
仮に権利が社員のものになったってケチっちゃダメだろ。

264 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 20:20:24.74 ID:ytmzOOEQ0
>>231
それ、何の発明の話?

265 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 20:20:30.86 ID:sR0u8AaRP
今のままでいいんじゃない。
会社の機材を使って無い発明も多いしね。
貢献度で揉めたら裁判で決めればいい。
判例が増えれば企業内で解決出来る。

266 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 20:22:30.04 ID:dsP9kLcg0
悪徳な企業は、辞めてしまえばいいんですよ。

267 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 20:22:46.40 ID:ytmzOOEQ0
>>265
会社とは無関係な発明まで会社のものにしろて話じゃないんだろ?

268 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 20:23:34.94 ID:eB1O+eTk0
グヌテラを開発したAOL社員から、AOLが100億円くらいで買い上げた話を思い出した。

269 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 20:26:25.28 ID:PhvLgUQ6O
>>233
いい奥さんだな。つか賢い。

しかし、世間に分かり易い、「発明」だけが、人生と家族を幸せにする「発見」じゃないと思うぞ。
配偶者の姿を見て、そんな風にも考えられるあなたは、誰かの幸せに貢献できる。
自分では気付かずとも、多分今までもそうしてきたんじゃないか。

文系を殊更卑下するのも少し違う気もするがな。
まあ、他者の素晴らしさを理解して自省する姿は、決して卑屈にならずに向上心に繋がれば美しいな。

偉そうな事を言ってしまったが、言いたい事は、「ごちそうさまw良い夫婦だ、。お幸せに」

270 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 20:30:00.22 ID:gwi3gJF80
「考案人は自然人でなければならない」んだが?

271 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 20:31:20.26 ID:sR0u8AaRP
>>267
このシステムなら、無関係な発明も出願等に会社のリソースを使ったなら法人帰属だと思う。
新規制が強いと、無関係かどうかは会社の人は分からないしね。

272 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 20:32:43.25 ID:5qPSVDIa0
結局 労働者と会社との契約で解決する問題を
政治を利用してルール変更しようとする財界・産業界が糞
発明の貢献度でも契約をハッキリさせないのは、
日本がサービス残業やその他モロモロの慣習があるからだろうな・・・
もうこういうのは辞めようよ サービス残業なんて刑務所行きだぞ・・・本来なら

273 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 20:33:35.47 ID:6Gm+XZY80
>>262
キミが研究者の貢献度を過大に評価しすぎてるだけだよ
大学はともかく、企業に雇われた研究者なら企業のノウハウ
と技術をベースに、企業の開発費と設備で企業が提示した
方針で研究開発をやるのがほとんど
こんな状況で特許収入の帰属うんぬん言える立場なのかと

研究者は大事にしないといけないが、勘違いさせてもいけない
会社の技術、金、設備、指示で開発したら自分のものと勘違いして
勝手に売っぱらったり権利主張したら他の研究者が迷惑

274 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 20:34:58.84 ID:ytmzOOEQ0
>>271
なんで会社と無関係な個人の発明の出願に会社のリソースを使うんだ?

275 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 20:36:21.07 ID:geIwM4UK0
>>2
まぁ考える時間会社が養ってあげてるわけだしなぁ

276 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 20:37:23.15 ID:7g5aK2y90
ま、報奨の請求権が認められているなら良いか。

企業にとっては利益もだけど、計画実施の方も大事だからね。

277 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 20:38:06.19 ID:St85do+rP
>>174
任期付き研究員雇用実態って前にニュースになってたはずだが、あれは企業関係なし?

278 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 20:39:33.25 ID:fzf8T/pr0
青色並の発明なら基金でも設立して国民から募金を募ってくれてやれば?

279 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 20:39:39.76 ID:FiN58bDN0
海外に技術流出する理由は報酬額と設備?研究設備の充実もありそうじゃない?
医学なら症例の多さとか
違うのかな?

280 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 20:40:11.25 ID:PhvLgUQ6O
>>250
>現職なんだけどね
>いい研究して評価してくれて給料にも反映してくれるならそれで十分と思ってる

自称研究者の君は、そんな成果出してないだろ?
世界的に革新的な発明・発見をした人間が、「ボーナスアップ(微々たる一時金のみ)・名誉は社内のみ、世界的名誉は会社へ」
最初からこんな風に考えるなんて。

世界的な注目と名誉が集中したのちに、「やはり自分は一介の研究者で有りたい」と思うのなら理解できるが。
某ノーベル賞受賞者のように。

281 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 20:41:58.00 ID:6Gm+XZY80
>>277
任期付き研究員は主に大学と研究機関の話

282 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 20:43:00.76 ID:WF9x+sDQ0
まあ、どんなにいい設備があっても、
それを使えこなせる人がいなけりゃゴミなわけだし、
最先端の開発とかって理解できる人自体少ないだろうしな、
会社単位で行ったら、あまり冷遇がはっきりすると、
流出するだろうな。

283 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 20:51:24.20 ID:sR0u8AaRP
>>274
今の事業に関係無くても、将来事業化出来そうと思ったら、会社の知財使って出した方が楽でしょ。海外出願は個人では難しいし。

284 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 20:54:42.43 ID:6Gm+XZY80
>>280
企業勤めの研究開発職とアカデミック研究者をごちゃにしてるよキミ
後者の本職は大学教員、研究したければ自分で金を集めるしかない
大学は最小限の場所と戦力になるかもしれない学生を提供するだけで
運営費は自腹、大学によって年百万以上の場所代をとったりする
成果が出て特許申請すれば申請費用は自腹なのに権利は大学と資金提供者と山分け
去年話題の某先生が成果を出した時もらってた資金の例だと
研究者(関わった人間全員)の取り分は2割強

会社勤めは先のレスとおりただのサラリーマン

285 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 20:58:49.70 ID:vTje4JkZ0
>>226
他の企業との関係はどうなるの
めちゃくちゃややこしくなりそうだが

286 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 20:59:41.57 ID:ytmzOOEQ0
>>283
私的な権利のために会社のリソースを使うのって横領と何が違うの?

287 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 21:00:21.87 ID:ytjc2hRD0
特許法の趣旨に反するけど
・研究者になるのは辞めておけ
・発明なんてするな
・理系に進むな
が正解になりそうな日本

安倍がこの改正案の真意を知ろうが、知らなかろうが
責任は安倍にある

288 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 21:01:58.38 ID:vTje4JkZ0
とかいてから専用実施権で自分の会社に投げればいいだけだった
管理とか大変そうだな

289 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 21:13:04.54 ID:6aAC6NSy0
>>221
それに尽きるよな
ますます買い叩きに拍車がかかるだけだわ

290 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 21:18:05.68 ID:PhvLgUQ6O
>>284
何が「キミ」じゃ。気色悪い。
ごっちゃにしてるだと?>>280の書き込みのどこをどう読んだらそういう解釈するんだ?
他人が一言も言ってないシチュエーションを持ち込んでごっちゃにして独り言を呟いてるのはお前>>284だろうが。

こちらの>>280と、お前のレスの>>284を読み返せ。

291 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 21:25:25.76 ID:PhvLgUQ6O
>>285
何で?>>226を読んでも?ゆっくり読んでみて。

企業が他社にその技術を提供した場合にも>>226に則るまでよ。
@権利者である発明者への特許使用料を算出する土台の計算は期間を区切る
A発明者は権利者であるが、特許使用は企業がこれを優先的に使用できる。
Bあくまでも特許権は発明者。

292 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 21:26:29.07 ID:f+TcF7+00
法人発明は開発者の名前が願書に出ないから技術流出の防止にはなる
が、優秀なエンジニアは飼い殺しにされちまう

293 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 21:29:11.86 ID:PhvLgUQ6O
>>280
×有りたい
〇在りたい

294 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 21:30:12.35 ID:gCJtBf4xO
俺の特許で大学が得た金は俺に支払われた給料の何倍にもなるが、早く辞めろと圧力かかっている。
俺の人生、来年には生活保護か樹海が待っている。

295 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 21:30:17.58 ID:fiLxLkqrO
>>287:ytjc2hRD0
>特許法の趣旨に反するけど
>・研究者になるのは辞めておけ
>・発明なんてするな
>・理系に進むな
が正解になりそうな日本
発明者が充分に報われる仕組みにしてほしいね・・・


ケースバイケースなんだろうけど、
『「世界を変えるような大発明」を成し遂げても、全ての権利が会社に持っていかれる事が前提』
と思うと、モチベーション下がるわ俺なら。

まぁ俺はそんなに頭よくないから俺個人には関係ない話だけど、だからこそ
新しいものを産み出せる才能がある人こそ充分に報われて欲しい。

「競合他社への転職緩和」とか駄目なのかな。会社に貢献した技術者に経営者が充分に報いない場合、
技術者がいつでも他社に移籍出来る制度って駄目なの?
優秀な技術者引き留めの為に会社側は相応の待遇を用意せざるを得ないから、
発明に対する技術者への直接のボーナスなどは出来ない場合でも、会社に出来るやり方で技術者にメリットを与えることは出来ると思うんだけど。

「何かを産み出す」事は本当に、本当に大変なこと。

いくら資金や物資を揃えても、人材がなければ何も新しいものは生まれてこない。
それを政治家や経営者にはよーく考えて欲しい。

あ、駄目かも。「日本の経営者団体」の頂点は、民主党を全力支援して自民党潰しに荷担した売国経団連だからなwwwwwww

296 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 21:38:06.53 ID:fiLxLkqrO
>>292:f+TcF7+00
>法人発明は開発者の名前が願書に出ないから技術流出の防止にはなる

そーなのかー!!!!!
流出防止って意味でならよい対策ではあるんだね。

>が、優秀なエンジニアは飼い殺しにされちまう

ま、そりゃそーか。
でも、その後の会社の報酬なり待遇なりに不満が出てきた場合、
競合他社への転職を自由化・保証してくれたらもっと技術者も「今の会社の待遇が悪くても、俺を大事にしてくれる会社に行ける」と思えるなら
モチベーション保てると思うんだけどなぁ・・・

297 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 21:42:51.81 ID:dsP9kLcg0
 
ところで、公務員は、この件に関しては、何も言わないんだな・・・

士気が下がるぞ!!!!!!
士気が下がるぞ!!!!!!
士気が下がるぞ!!!!!!


とか、ワーワー言わない?

298 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 21:42:57.18 ID:x7lQCoVl0
会社に研究の場を求めるんじゃなくて、
大学に残って研究して起業しろってことだよな。
大学にも会社の株主になってもらって、会社が成功したら
大学も潤う

299 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 21:46:44.44 ID:S14GnDCy0
こんな事言ってるから欧米並みな民主国家になれないんだよ
あと数世紀かかるな

300 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 21:51:38.57 ID:B/QyhZ8N0
>>221
青色発光ダイオードを商品化した中村修二さん、早くノーベル賞取ってくれんかな。
彼がノーベル賞取って声高に叫べば、きっと変わるよ。

301 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 22:03:17.84 ID:dsP9kLcg0
>>299
お前らが、自民党なんかを支持してるからだろ。
あと、公明党も。

302 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 22:05:30.48 ID:J0a9TX800
安倍ちゃんは自分の頭でもの考えたことないから

303 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 22:12:12.50 ID:geIwM4UK0
まぁ他国で例があるみたいだけど、それで上手いこと言ってんのかどうかが大事なんじゃない?
イギリスはどうなん?

304 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 22:26:15.12 ID:9EElqLld0
>>291
ライセンス契約時のお金のやり取りとか侵害がわかった時とか
まぁド素人なんであんまり気にしないでください

305 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 22:29:54.83 ID:dsP9kLcg0
 
経団連は違法

  これは、独占禁止法違反だ。
 つまり、談合を行い、協定を結び、秘密結社のような効果を発揮している。

306 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 22:30:05.72 ID:l+ipJHbX0
>>303
論点が沢山あって まとめるのは無理だろ・・・・
この手の問題は、研究者が満足か? では済まないし
イギリスは技術政策全般が末期状態
日本の技術系の問題をもっと深刻にした感じ

研究者限定で話すなら、外人部隊が主力だから
イギリス特許なんてどうでも良いと答えるだろうな・・・

307 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 22:51:52.32 ID:dsP9kLcg0
(´゚'ω'゚`) <公務員はユダヤ思想に堕ちたお・・・

308 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 22:56:21.41 ID:rjza3qFl0
多くの企業研究は発明者だけのアイデアでない場合が多い。
それオレのアイデアだから何月何日のメールに書いてある。
ノートに記載してウィットネスもしてあるっつったって
発明者になんかしてもらえない。
そして毎日そんなことしてるやつは間違いなく出世できない。
裁判やればきっと勝てるんだろうけどね。
その前のリスクが大きくてそんなことあほらしくてやってられない。
ひとつの成果には営業だって、マーケティングだって、貢献しているのに
一部の発明者の成果になっている現状は不公平感が大きい。
だったら最初から会社の帰属でいいじゃない。
青色発光ダイオードは文句なしの大発明だと思うよ。
そういう特許だけで間違いなく大もうけできそうなのは
直前まで会社でやって、仕上げを大学でやればよかったじゃん。

309 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 22:58:48.15 ID:xh/fay750
素人考えだがこういうことすると技術者の卵海外に取られたりせんの?

310 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 23:00:37.51 ID:dsP9kLcg0
 
シャアの場合
 シャア「これから私は、ララァの言う事に従おう」
 ララァ「そんな、大佐・・・」
 シャア「ララァの方が、優秀なんだからな」
 ララァ「大佐、今回は、マスクをして出てください」
 シャア「うん、ララァがそう言うならな」

経団連の場合
 経団連「サイコミュなら、これぐらい倒せて当たり前だなwww」
 ララァ「そんな・・・」
 団塊爺「当たり前ですよwww」
 ララァ「もう少し、レベルを下げてもらうと長期間の戦闘が可能になるんですが・・・」
 経団連「誰に口を聞いておるんだ。それがキミの仕事だろ。」

311 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 23:00:42.74 ID:PQVnzU7bO
>>309
すでにそういう傾向だったんだが

312 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 23:04:33.33 ID:4TiPGbTu0
色々と面倒だから
日本で研究者になるのは辞めておけ
理系に進まなければ、余計な苦労もしないで済む

日本が衰退しようが、他国に侵略されようが
個人レベルで責任を感じる必要は無い
先進国の宿命だ

313 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 23:06:28.77 ID:dsP9kLcg0
 
個人レベルで、発明できる事に、何があるか?。
例えば、ソフトウェアは、パソコンがあれば開発できるので、個人で可能だ。
あとは、容器の構造とか。

314 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 23:10:55.57 ID:aT4stKV20
所詮、安倍は企業、財界の犬。

315 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 23:11:03.02 ID:GVjRV9Mc0
努力しても報われない国にしてどうするんだろうな
やはり未来は暗いな

316 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 23:13:44.25 ID:rjza3qFl0
>>309
サムスンに日本の技術者とられたのはサラリーが原因だな。
海外流出防ぎたかったらサラリーをあげることだね。
もっとも海外の場合、3年でクビなんてこともザラだからどっちがいいかわからんけど。
日本もそうなっていくんだろうな。

317 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 23:14:58.25 ID:hw0JAMMF0
特許で一山当てたい技術者はベンチャー立ち上げたら?

318 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 23:16:09.53 ID:RaUhNOZi0
本部長・安倍としか書いてないけど、本当は誰が言い出したのかこれじゃわからんな
戦争の時もこうだったんだよ
誰が言い出したのかもわからん暴論が通って、司令官が腹を切らされる
安倍は戦略本部で何が起きてるかちゃんと全部理解してるのか?

319 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 23:17:29.48 ID:mZekmKS90
権利は会社でもいいけどその分は社員の給料に反映してやらないと
結局は他社に引き抜かれちゃうよね
権利は会社で所有できても社員の能力までは所有出来ない

320 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 23:18:04.31 ID:4TiPGbTu0
日本ってエンジニアを引っこ抜かれて経営陣は株主から
その責任を問われない変な国だよな・・・・
資本主義でも社会主義でもない 何主義の国なんだ?

321 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 23:20:16.28 ID:k706btLM0
俺らがおじいちゃんになる頃には、2ちゃんねるで、漏れはプリンストン大学卒、
親戚がイェール大学卒、中学の同級生がマサチューセッツ工科大学卒、
とか普通に語られてると思うよ

322 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 23:20:16.73 ID:aT4stKV20
これでますます日本から有能な人材が海外へ流出していくなw


良かったなw安部自民信者ども"( ´,_ゝ`)プッ"

323 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 23:25:06.53 ID:dsP9kLcg0
>>322
公務員みたいに、工業には無関心になるだろう。
鎖国とか言ってるし。

324 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 23:26:50.16 ID:hwcaZ1ok0
社畜奴隷化でやめて出ていくんだろ
昔は大きな会社のエンジニアが会社やめても、直接その技術を活かせる土壌もないから働くところがなく、技術の流出もなかったけど、
いまはご覧の通りだからな。メーカーだけでなく、研究者は行けるひとはみんなアメリカとかいくのがデフォだろ。

325 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 23:31:29.20 ID:4TiPGbTu0
>>318
産業界・財界からの要望らしいよ
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/tyousakai/contents_kyouka/seisakuvision/kousei.pdf

326 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 23:32:25.64 ID:lcdCyOTFO
優秀な人材が海外に流出したりすることないんだろうか。

327 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 23:35:32.48 ID:rjza3qFl0
みんな発明に夢みすぎ
特許で大もうけしようなんて技術者はいない
海外流出がさせたくなければサラリーあげろ

328 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 23:40:34.82 ID:3UfDfl6rO
そら外資に引き抜かれまくるわ
これじゃ技術流出止まらんだろ
コア技術知ってる奴に対した保証してないんだし
技術大国(笑)

329 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 23:57:39.44 ID:xAzmTP+LT
アホ

330 :名無しさん@13周年:2013/03/04(月) 23:59:16.93 ID:fACO6SgQO
さすが売国総理!
クソが

331 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 00:00:03.38 ID:7YDRNRe10
>322>330
「黙りやがれ白人様への売国は愛国だばいこくじゃねぇ〜!」

332 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 00:03:36.81 ID:SXhTyTpP0
まあ、日本企業が研究開発にお金をかけなくなったのは企業にメリット無い展開ばかりだったからな。

333 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 00:04:05.43 ID:Ghf5gQYBO
技術者を冷遇する、自称技術大国日本。
技術者は米国に逃げる。

334 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 00:12:38.87 ID:9yci5lUe0
民主党はシャープを見殺しにしたけどな

335 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 00:13:29.54 ID:cLVGZ/Ym0
米国→Geekきめー と迫害の対象
イギリス→伝統的に工学を軽視 いまでも健在
日本→説明するまでもない
韓国→海外脱出用にエンジニア専攻するだけ
中国→海外脱出用にエンジニア専攻するだけ

どこの国でも研究者・技術者は報われないよ
やっぱ公務員だよ公務員

336 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 00:24:43.56 ID:5W/3MUNd0
とにかくこれからのエンジニアは今以上に英語力が必須だな
日本に留まって無能な文系のために社畜になる必要はない
自分を高く買ってくれるとこに増々流失するだろうねえ
そうなったときに文系の自称愛国者様はどうするつもりだろうねw
顔真っ赤にして「非国民!!」喚いても後の祭りだよw

337 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 01:14:55.34 ID:C2Tx+qry0
>>318
議事録が公開されてるよ。「法人帰属」でページ内検索推奨。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/tyousakai/contents_kyouka/seisakuvision/dai1/gijiroku.html
> ○足立委員
>  最初に、特許法35条の職務発明制度という問題でございます。この職務発明制度は
> 2004年に改正されたわけでございますけれども、なお裁判所の判断と企業実務の間に
> 大きな隔たりがあるわけでございまして、日本の企業の産業強化にとって阻害要因と
> なっていると認識しております。ぜひ、法人帰属など、制度のさらなる見直しをして
> いただきたいと思います。

足立直樹 凸版印刷(株)代表取締役取締役会長、
       一般社団法人日本経済団体連合会 知的財産委員会知財共同委員長

338 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 01:25:25.23 ID:C2Tx+qry0
知的財産政策ビジョン検討ワーキンググループ委員名簿
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/tyousakai/contents_kyouka/seisakuvision/kousei.pdf
足立直樹  凸版印刷(株)代表取締役取締役会長
        一般社団法人 日本経済団体連合会知的財産委員会知財共同委員長
荒井寿光  東京中小企業投資育成(株)代表取締役
角川歴彦  (株)角川グループホールディングス取締役会長
川上量生  (株)ドワンゴ代表取締役会長
久夛良木健 サイバーアイ・エンタテインメント(株)代表取締役社長CEO
國領二郎  慶應義塾大学総合政策学部長
妹尾堅一郎 NPO法人 産学連携推進機構理事長
高橋常夫  (株)エヌエフ回路設計ブロック代表取締役社長
中村伊知哉 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授
野間口有  独立行政法人 産業技術総合研究所理事長
村井純    慶應義塾大学環境情報学部長
山口範雄  味の素(株)代表取締役会長
渡辺捷昭  トヨタ自動車(株)相談役

労働者側の人間が一人もいないな。あたりまえかw

339 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 01:46:47.91 ID:4/pyK8VE0
開発者に無制限に報酬を与えろとは言わないが、このままだと
他の産業(銀行・商社・メディア等々)のトップ層に比べて技術系の
トップ層は傑出度の割に経済的に報われない気がする。
これでは先進国で科学技術者に進む人にある種の制限を設ける
ことになる。経済的に報われたい人はそういう職に就けよ、とか。
先進国では途上国ではできない研究・開発をやる責任があると思
うのだが。
金はかかるが人類の進歩に重要な製造業は他の業種とは「質」が
違うので、なんとかならないものか。

340 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 01:52:47.87 ID:GMcMiZkL0
「海外企業を誘致する阻害要因」「国際的な共同研究の障害」などの指摘がある。

ねえよwww
アメリカなんか企業名での出願自体禁止されてるのに

341 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 01:55:45.36 ID:Q0+ggACp0
あほの安倍政権はまた企業と癒着して、発明者の権利を蔑ろにつもりかよ

本当に懲りないクズどもだな、自民党の連中は

342 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 02:04:20.74 ID:+fCFqFHQ0
企業にしたら開発の失敗した時のリスクだけを取らされる状況だったからな。
工場や営業がフル稼働で利益を出しても、後になって発明対価を持ちだして
利益を持っていかれたんじゃ、中小企業はやってられんよね。

343 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 02:04:31.80 ID:cLVGZ/Ym0
確信犯なんじゃないの?
財界・産業界に賃上げ要求しているから、
その代償として財界・産業界の要望を受け入れると・・・・

こういう対処療法ばかりを政局でやるから、日本は衰退するのに・・・・
だいたい、技術系の人材不足・競争力低下は財界・産業界の失策で
政治は関係ない それを政治で解決しようとするんだから・・・・日本終わっているわ

344 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 02:08:43.82 ID:H678vhWg0
普通、入社するときに
「おまえが作った特許は会社のモノ」
ていう誓約書を書かされるだろ

345 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 02:09:22.84 ID:k7PanaYB0
報酬を求める権利ってことは
報酬を求めるなと圧力かければ金払わずに済むんだよね

大した額じゃなければ泣き寝入りだろう

346 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 02:10:24.69 ID:C2Tx+qry0
>>1にあるように、結論が出るのは2015年度末の予定で
今はまだ本格的な議論の前の段階です。

347 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 02:48:48.61 ID:J7aC6v1v0
青色LEDを労働者の美談みたいに思ってる人さ、あれ会社の大逆転勝利で終わったの知ってる?

報酬2万だった/冷遇された    ← それ以外に報奨金+昇進+昇給されてる
以前は田舎の零細企業だった    ← 蛍光体の日本最大手シェア企業
貧弱設備で孤軍奮闘でLED作った  ← 多くの社員、数億円の設備が投じられた
彼の1つの技術でLEDが作られてる ← 別の製法が使われてるし800以上特許介在してる
研究阻止しまいと先に訴えた   ← 彼が退職時に機密保持サインせず且つ技術漏洩疑惑が出たから
裁判は和解で終わった      ← その後に会社が彼の特許を放棄して会社完璧勝利

348 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 03:19:10.40 ID:J7aC6v1v0
青色LED裁判で問題となった特許は、放棄されるほど価値がなかった。
//techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060307/114330/
//techon.nikkeibp.co.jp/NEWS/nakamura/mono200406_1.html

だから、こんな職務発明の話題の参考にゃ全くならない事例だよ青色は。
たまにマスコミの思考の止まってる馬鹿記者がいまだに>>1みたいに書くけどなw

349 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 05:34:09.37 ID:29AqdYkG0
当たり前過ぎる。
基地外資本主義者が成果主義などとアホな考えを
導入した結果、権利ばかり主張する様になった

組織の1員であれば組織の設備を使い、給料を得ている時点で成果を出す
のも当然だし、その成果も組織のもの
共産思想で生きなきゃ

350 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 05:42:16.28 ID:29AqdYkG0
資本主義者が騒ぎ出す前に言って置くよ
成果を評価してくれないならやる気が出ないよて言い出す資本主義者

じゃー設備も助手も全部自分で支払え、給料も無しでだ
リスクは、皆に負担させ、儲けだけ自分だなんて
だから資本主義は屑ばっか

351 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 05:42:39.13 ID:n9tCfA7j0
>>347
会社側が約8億4000万円を払って完全勝利を買ったのか

352 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 08:18:03.30 ID:ezp2Y56B0
>>295
移籍できない理由がないだろ?

353 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 08:21:41.66 ID:ezp2Y56B0
>>309
逆にこうしないと卵から育った技術者を引っこ抜かれるだろ。
ものになるかどうかわからん卵よりも美味しそうに育った鶏を買った方が得になる。
育てた人がバカを見る時代。

354 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 08:25:01.41 ID:ezp2Y56B0
>>316
そうなんだよね。
重要なのは優秀な技術者に対して会社が待遇をよくすることが大事。

優秀な技術者に対して厚待遇を用意できるのは?
技術者の卵から育てた企業よりも横からかっさらう企業の方が厚待遇を用意できるよね。
だから、横からさらわれにくい、さらわれても被害を減らすことが必要になる。

355 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 08:26:48.20 ID:r9fpjGEG0
>>290
研究とは全く無関係な人だろう
だから理解できない
会社勤めの研究開発職はあくまでも研究職人
会社が提示した方針に沿ってプロジェクト組んで研究開発するだけで
何かを解明したいとかサイエンティフィックな動機でやる大学研究者とは
全く違う

どっちにしろ、キミ呼ばわりで火病するようなヤツには研究者は無理

356 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 08:45:26.90 ID:kgW75Zp00
都市銀行や財閥系商社とかの虚業勤めの文系男は、自分
がやってる仕事が小学生のおつかいレベルで何の価値も
産み出していない、それどころかむしろ社会全体の足を
引っ張ってるだけという事実に気が付く頭が無い、もし
くはその事実を認めようとしない、要するに現実を受け
入れるだけの人間としての器が無い、そして最後には金
さえもらえればどんな汚い手を使ってもいい、人間なん
て自分さえよければいいと開き直る

後日、こんなゴミのような生物に2歳の子供がいるのを
知った俺は、絶対にこの世の中に子孫を残してはならな
いと悟った

357 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 08:53:59.68 ID:N3CG7GtX0
>>300
原理提唱も商品化も中村さんの功績では無いから
ノーベル賞はほぼ有り得ない。

元々知られている手法を改良して良質な結晶生成に成功したけど、
量産には使われなかったし、
商品化に必要なドーピング法は別の社員が提案した

それでも貢献は大きいから
技術のトップまで昇進したのだが
「2万円をもらっただけ」
と自分に都合良く話す

358 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 09:03:26.04 ID:Hzaa5wFM0
会社の研修で
「あなたが1年間で会社にもたらしている利益はどれくらい?」
という質問が有った

営業の人が
「私の売上が1億円なので、そこから人件費を引いて約9000万円」
と言った


自分の仕事にどれだけの人が関わっていて
どれだけ助けられているかを全く理解してない奴って結構多いんだよ

だから、青色LEDの中村さんが
「売上の数十%はもらう権利がある」
なんてふざけたこと抜かしても
「よく言った、技術者の鑑だ」
ともてはやされてしまう。

359 :九十0:2013/03/05(火) 09:05:16.55 ID:C+pWB+Pt0
某国が高額でヘッドハントしたのにこの人がもしかするとスパイかもと躊躇するのは結構かも。(^む^)ノ

360 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 09:52:40.18 ID:nSL62JzL0
>>357
中村さんの貢献はおおきいと思うが、思い込みが強すぎる
現代では研究は一人だけで成し遂げられないし
命令はないにしろ、青色ダイオードは会社で開発したのだから
働きに見合って昇進昇給してるのだからいいじゃん

まあ、あの訴訟は単に二代目との私怨だと思うが
結局アメリカに行って大学教授になってるけど
今なら自分がどれだけ恵まれてたのかわかると思う

361 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 10:06:19.34 ID:ezp2Y56B0
技術者が権利を得る。
ただし、会社は発明までに会社が負担したコストを請求できる。

これでお互い満足だろw

362 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 10:16:07.21 ID:XlZXo2VH0
>>361
技術者が権利を主張できるなら会社が請求できるのもコストだけじゃないよ
人件費、設備費、材料費、光熱費、開発に使用したり参考にした会社の技術や情報
の権利と使用料、他の従業員も協力したらその分の権利と人件費、特許出願費用

発明までこれらのものはすべて会社持ちだから、特許権利がほしいならまずこれら
の費用を清算してから請求するのが筋

363 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 11:16:25.10 ID:KUjA82uCO
>>325
ウヘー。やはりwww

>>328
だよな。

364 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 11:24:01.45 ID:A4ssYvFp0
発明に掛かったコストを請求できるというのは無謀な話だね

まあ、企業側の問題は発明の対価を払わないことなんだから
現状の個別に訴訟で解決するのがベストだと思う

最初から発明の権利は企業に帰属?アホかw
そんなことしたら誰が頑張って発明なんかするというんだw

本当に自民党は企業に利益を誘導することしか考えていないんだな

365 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 11:25:15.54 ID:5l3pXTxP0
よくわかんないけど、会社を儲けさせた社員には、たっぷりと報酬を支払う仕組みを
ちゃんと作ってやってくれや

366 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 11:31:35.69 ID:fiM9q0fX0
何で経営者重視なんよ。
安倍は実労働をした事もない、ぼんぼんだから
労働者の事が一切解らないってのは本当なんだな。
経営者は一切仕事もせず左団扇で金貰う糞な存在。
働いてるものにこそ報われるようにすべき。
安倍はそういったはずだ。
もう、ぶれたのか?

367 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 11:36:35.00 ID:SQrteRVY0
国外持ち出し禁止でよくない?
そもそも褒賞がなさ過ぎて他社や他国に逃げているのに。
例えば数千億稼ぐ発明がたった50万円で終わりだったら泣くだろ。
数千億なら、10億円はもらえるべきだろうし。

368 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 11:37:34.15 ID:9yuwgmYF0
>>366
それが資本主義だ。
資本家の資本主義、為政者の共産主義。

369 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 11:39:24.61 ID:XlZXo2VH0
>>364
>発明に掛かったコストを請求できるというのは無謀な話だね
なぜ?
他人の金と道具とアイデアを使って研究開発したらその権利は自分の物だと主張する方がおかしいだろう
そんなのまかり通るなら営業が「会社の売り上げはオレのおかげだから利益はオレによこせ」
経理が「会社の経費節約できるのはオレのおかげだからオレによこせ」と意味不明な主張も通る

370 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 12:21:53.89 ID:ezp2Y56B0
>>364
おれも無謀な話だと思うよ。
だから、権利は会社もちで研究者にはしっかりとした報酬を払う体制が適切なんじゃないかと思ってる。

371 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 13:18:58.27 ID:zkeEjiRY0
>>360
まあ、あれだけ有名になって、
その上多額の儲けを出すような主力製品の発明者を追い出すような、
それを肯定するかのような日本の流れってのは、
マイナスだよね。

島津製作所の田中さんは厚遇されてるのにな。

372 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 13:49:05.66 ID:sTAh/cJp0
会社は株主のものなんだから株主が全部持てばいいお
株主が発明すればいい
研究者は外国へ

373 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 13:59:07.23 ID:sTAh/cJp0
研究者は月給プラスアルファが嫌なら出て行けばいいお
金持ちも税金が嫌なら出て行けばいいお

374 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 14:02:57.73 ID:sTAh/cJp0
頑張った人が報われる社会?
そんなの日本にはありませんから
頑張っても無駄ですよ
それから解雇規制緩和されるからいらなくなったらポイしますから
企業が潰れたら困るでしょ?

375 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 14:05:28.94 ID:t7UR6GaK0
会社に権利でいいけど、開発社員にも別な形で相応の報酬はやるべき
やらないから技術が流出する
ドグサレ経営者のせいでな

376 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 14:07:24.56 ID:AcOZVDQf0
現場の人が発明して、上司が勝手に自分名義で特許を取った。

377 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 14:10:53.62 ID:XxyZ+ObE0
商品の開発なんて金かかるんだろう。
個人じゃリスク高すぎる。
会社に権利譲る代わりに開発費や給料貰って人員や施設
使えるんならいいと思うけどな。
全部俺のものにしたいなら一切援助とかうけれないでしょ。

378 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 14:12:25.33 ID:XE0I7Bl7O
また中村スレか
パトロン集めて自前で研究しろやカス
こいつは本当にクズ

379 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 14:13:11.83 ID:FbAvRWzE0
>>375
結局そこなんだよね。
研究者に権利がいったって会社で冷遇されるなら出ていくだろ。
むしろ残る理由がない。

会社に権利がいったら研究者が出ていくって言ってる人はいったい何を考えてるんだろうな。

380 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 14:14:49.45 ID:gEaHNIh90
工作員から安倍氏を守るために、日本人の力で在日特権を廃止せよ!

          工作員の本音
            ↓
243 可愛い奥様 2012/12/14(金) 11:03:14.77 ID:lmXuWSB60
 民主党が政権取って喜んだのもつかの間、もう終わるんだね。
 もう工作疲れたわ。マジで。
 帰りたいよ。
 また工作し直しかよ。

注)「在日特権」「在日の正体」「朝鮮進駐軍」「在日枠」で検索してみる。
    
   在日特権廃止されたら、反日活動できなくなるからな。

381 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 14:16:29.50 ID:FbAvRWzE0
まあ、研究者の一本釣りをしたい所は企業に権利が渡されるのは嫌がるだろうから
反対してる人にはその辺の人もいるのかも。

よその会社の金で研究者育ててもらって発明の資金も出してもらって成果だけかっさらってウマー
みたいな?

382 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 14:17:31.93 ID:sTAh/cJp0
研究者さんが発明してくれないとジリ貧なんですが
自分達で研究したくないけど報酬も少しでいいですよね

日本では研究はマイホームローンと一緒やで
先にお金をあげるから担保として発明があるのです
会社の投資ではなく貸付です
んー税金控除の見直しが必要ですね

383 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 14:21:14.39 ID:HSdvPvqC0
権利は与えるのがいいが開発までに要した賃金は全額支払うべきだ。
こういう研究・開発の大部分はサービス残業で行われてるみたいだからね
つーか労働行政の予算を強化して労基署の動きを活発化させて和民とかユニクロヤマダ電機イオンみたいなブラック企業撲滅させろ!
つーか飲酒と小売りはブラックが過半数を占めてるじゃないか
ブラック企業を撲滅したら経済的にどんな作用があるかは知らないが
少なくともサビ残強制有給所得妨害だけはキチンと取り締まれよ!の

384 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 14:22:38.95 ID:FbAvRWzE0
>>383
賃金の支払いは発明とか関係なしに当たり前だろ。

385 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 14:30:22.24 ID:W8/9WrDSO
ユダ様は日本の終身雇用の完全破壊をお望みで在らせられるッ!
ゴイムども頭が高いぃぃぃ!
黙ってチョンかチャンコロかアメユダ様か、誰の奴隷になりたいか選びやがれってトコかね?
俺は真の日本独立を希望してんだが…orz

386 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 14:30:50.55 ID:T4hoaMRd0
>>384
残業なしに開発は無理らしいけど、定時でできるわけないので結構サービス残業が横行してるみたい

387 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 14:36:20.92 ID:TXPiXr+v0
日本の社畜制度もどうにかしてくれ

388 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 14:37:00.20 ID:7ZFjTUD70
誰が特許なんて出すかよ
強制的に出せだせって上司に命令されて嫌々書いて
特許専門のセクションにダメ出しされて

挙句に2万そこらの報奨金じゃよ

全体主義自民全体主義安倍は死ね

389 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 14:38:12.52 ID:ti2pQsAO0
ある程度ちゃんと成功報酬出さないと、優秀な人はみんな
アメリカ行っちゃうぞ
既にそうなってるけど・・・

390 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 14:38:32.62 ID:XKVJz+VY0
職務発明の対価で莫大な額を会社が支払った例がある

逆に、従業員がした発明が市場で事故を起こし、リコールで莫大な費用が発生
したケースもある
この場合、会社が職務発明で支払った対価の返還を会社は求めることできるの
かな?

391 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 14:40:30.43 ID:7ZFjTUD70
働いたら負け

392 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 14:43:05.06 ID:V0ZYB3rZ0
発明もできないお前ら、まだやってるのか。
特許法1条をまず読め。
発明のインセンティブを与えて日本の産業を強くするのが特許法の目的だ。
インセンティブを取り除いたら、特許法は片翼が無くなるんだよ。

393 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 14:44:33.27 ID:cKskT2WA0
アメリカは従業員に帰属するのか

394 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 14:53:56.36 ID:XlZXo2VH0
>>393
そのかわり金になると思ったら上司が弁護士同伴で開発資料を取り上げて特許は2束3文で買い取られる

そして買い取られた特許は会社の資産になって駆け引きや取引のネタになる

395 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 15:11:45.71 ID:bhiWfKB80
>>347 中村裁判を勉強したようだな。
でも雑誌の解説記事だけじゃ足りない。記者が理解していない裏も読め。
あの一連の裁判の本当の主役は弁護士だよ。
347に書いてあるリストも、弁護士の悪魔の囁きと絡めて読めばよく分かるぞ。

396 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 15:51:13.09 ID:MSIRuYKz0
技術者が海外に流出してしまわないか心配
日本の技術を手に入れるためなら韓国中国はいくらでも金出すだろう

397 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 16:03:19.63 ID:ti2pQsAO0
>>396
アホな保守層は、「愛国心のある技術者は日本に残るから問題ない、売国奴はいらない勝手に出てけ」くらいにしか
考えてないからなあ

398 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 16:09:08.93 ID:10hqStnG0
>>397
引き抜くのは簡単なんだよ

100人いる部署から1人を引き抜けばいいんだから
仮に年収10倍の引き抜きから守るために、100人の年収を10倍にしたらどうなる?

399 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 16:22:40.43 ID:rtIHD3wbO
>>394
資料はともかく、従業員が売却拒否したらどうなるんだい。
資料見りゃ発明内容は分かるだろうが、特許権そのものは従業員のものなんだろう?

400 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 16:28:15.51 ID:137LvUUH0
>>386
残業はいいけどサービスはダメだろ。
その辺だって待遇の改善な訳だぜ。
企業が権利を持っていくなら企業は義務を果たさなきゃならん。

401 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 16:30:41.64 ID:137LvUUH0
>>398
仕事のなかで発明した特許が研究者個人に帰属するなら引き抜く側は大喜びだよ。

402 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 16:35:18.21 ID:u1pOb8vz0
>>399 入社時に契約で決めておくから問題起きない。英米法では契約書が分厚い。あと、会社が出願できないというのは間違い。

403 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 16:40:34.09 ID:u1pOb8vz0
>>401 普通の会社は就業規則で会社に帰属させるようになっているから問題ない。
規則を決めていなくても、会社は特許を使用できると特許法で決めてある。
今回問題にしているのは、特許権を個人から取り上げてしまうということ。

404 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 16:42:58.11 ID:f9EPg0r0O
>>402
なるほど契約は正義か

405 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 16:49:58.26 ID:kgzM4o+A0
それは当然だろ。
ばかばかしい。何も成果が出ないときも給料払っているんだから
当たり前過ぎる。まぁある一定の報酬はあってもいいだろうけどな。

406 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 16:59:24.17 ID:uPEUgDC30
>>405 普通の会社では特許報酬(特許権を発明者から会社が買い取る金額)は数千円〜数万円。お小遣い程度。
たまに大ヒットした場合、先の売却金額は不当に安かったとして、金額を算定し直す。
購入時の金額が不当に安かったり高かったりした場合、金額を算定し直すのは、売買一般で認められている。特許だけじゃない。

>>1の通りに改正された場合、個人から会社に売り渡すことが義務となるのか、最初から会社のものとなるかで、金額の根拠が変わってくる。
金のガチョウを絞め殺すことになることもあり得る。というか、それを望んでいるんだろう。

407 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 17:02:59.08 ID:ZXvFvH5g0
> 海外では米国やドイツなどは日本と同様
>フランス、英国、中国などは企業に帰属する

なんで日本より技術的後進国の制度を見習うのかさっぱり理解できないけど
日本にはもう技術はいらないってこと?

408 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 17:04:21.82 ID:q7tHmS4Y0
まぁ当たり前だなwwwww
優秀な奴は権利もらえる国に行って、日本が衰退していくのはwwwwwwww

409 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 17:06:25.77 ID:r89SjyH80
>>115

>プライベートな時間に発明したとしても著作権は会社のものとなるw

ソースは?
判例だせよww

410 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 17:06:32.29 ID:sTAh/cJp0
日本での研究者は営業職みたいになって行くのですよ
最低限の報酬と出来高
常にプレッシャーを与えて頭をヒートさせておく
そうすれば死に物狂いで考えるからね

411 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 17:12:15.30 ID:r89SjyH80
>>390
>逆に、従業員がした発明が市場で事故を起こし、リコールで莫大な費用が発生
>したケースもある


ゴーサインだしたのは会社だろww

412 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 17:14:10.97 ID:GVnAwLI30
海外(特にアメリカ)では先端技術はベンチャーが持っているのに対し、
日本では大企業の研究所が持っている。
これは文化の差であって、優劣じゃない。
もちろん、企業化に至る大発明の影にはその何百倍何千倍の収益性のない発明がある。

日本の企業の研究者が個人の利益を追求する一方で、発明が成功しなかった場合に
生活保障を企業に求めるのは虫が良すぎる話だと思う。
個人の利益を追求したければアメリカ行って特許を売って歩くべきだし、日本で
勤務したかったら会社に権利を譲渡するのは当然だ。
ただ、技術者に対して対価をもっと高くしろ、というならわかるが。

413 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 17:16:32.11 ID:Ns73Z1t1O
だから成功報酬にしろや
普段から金持たしたら仕事なんてしやしねぇ〜だろ
日本人だぞ

414 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 17:16:39.31 ID:XlZXo2VH0
>>411
>ゴーサインだしたのは会社だろww
その理屈なら商品がヒットしたら利益はそのまま会社のもんだろう
商品にゴーサインを出したのは会社だから

415 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 17:17:48.68 ID:r89SjyH80
>>414

はぁ?

すでに利益は会社のもんだろwwww

416 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 17:19:22.63 ID:ONwZzMyW0
>>412
そうそう。だから、優秀な技術者はどんどん外国に出ればいいんだよ。

417 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 17:19:48.78 ID:AZQDWYiz0
青色ダイオードの守銭奴が泣きながら↓

418 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 17:20:29.84 ID:r89SjyH80
安倍チョン「優秀な人間は日本から出てけ!!!」

さすがだwwww

419 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 17:21:27.47 ID:tBRXpcai0
>>412 そう、文化の差
しかし、日本が米国に強いのは、すりあわせ技術。米国が強いのは、分業で作られた技術。
だから、この改正は日本の力を削ぐ。

420 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 17:22:01.88 ID:XlZXo2VH0
>>415
>すでに利益は会社のもんだろwwww
なら発明した社員が「大ヒットしたから利益寄越せ」という請求はできないはず
請求する以上商品が発生した問題も貢献分負担しないとおかしい

421 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 17:22:46.22 ID:p6wEtMG80
モチベーション3.0で終了。

422 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 17:25:09.57 ID:sTAh/cJp0
>>390
その例がないとなんとも言えんな

423 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 17:25:28.66 ID:r89SjyH80
>>420

なんでできないのだ?

0か100かしかないのか?

424 : 【中部電 84.7 %】 :2013/03/05(火) 17:26:13.93 ID:j755J2FFO
いい発明した社員にゃ、臨時ボーナスはずんでやれ。

425 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 17:28:49.04 ID:ONwZzMyW0
こりゃ、人気企業ランキングでサムソンやハイアールがランクインする日も
近いな。

426 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 17:29:03.37 ID:XlZXo2VH0
>>423
>0か100かしかないのか?
その通り
売り上げ利益の5%は自分の貢献分だと言うのなら、商品に問題が発生した時の損失
も5%負担しないと話はおかしい
その商品に対する自分の貢献度は5%だから商品が問題を起こした時の関与度も5%

儲るときだけ利益寄越せ、問題起きたら関係ない、という論理がまかり通るほど
世の中甘くない

427 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 17:31:04.80 ID:sTAh/cJp0
株主は配当ゼロか配当アリしかないよ

428 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 17:33:50.55 ID:WPgZXaY80
>>426 現行特許法で、それは可能だよ。
通常、会社側が嫌って、そういう就業規則にしていない。

429 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 17:35:25.42 ID:p+v3/Ix50
>>20
著作権は違うんじゃね?

430 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 17:40:09.88 ID:M24vAAzY0
>>70
仕方なくないよ
青色発光ダイオードはしっかり会社相手取り奪い返したんだから不当な扱いを受けていたということだ

431 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 17:45:51.57 ID:AHsImZSl0
>>430
>青色発光ダイオードはしっかり会社相手取り奪い返した



432 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 17:49:39.92 ID:M24vAAzY0
>>431
正当な報酬のことな

433 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 17:50:18.35 ID:GKUTYmTA0
替えの効かない、効きづらい技術を持っている人材は優遇すべきだと思うよ。

434 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 17:50:29.12 ID:AHsImZSl0
>>406
普通の会社では、
出願報酬と、ヒットした時の還元は
それぞれが規定されてると思います。

435 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 17:55:30.22 ID:gIk5QxPN0
>>434 そう。もう今では社内で規定しているのが普通。
406はその根拠のこと。だから時効にかかると、ヒット報酬の法的根拠もなくなる。

436 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 17:59:28.80 ID:AHsImZSl0
>>432
高等裁判所で判決出る前に和解したから
もらったお金は「正当な報酬」というよりは
「手打ち金・手切れ金」に近いよ。

中村教授が自分の手柄として"唯一"争点にしてた404特許の寄与分については
明文化された判決は出なかったけど、
日亜が速攻で権利放棄してたことから、量産には大して寄与していない。

他の特許については、他社員の貢献分も大きかったから
中村教授は争点に出来なかった。

437 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 18:04:55.25 ID:p1xVxHyZ0
発明で一攫千金を狙うならば企業でなく大学や政府系の機関でやって
これは行けそうだとなったら、企業と合弁で会社を立ち上げればいい。
たしか米国はこの方式だろ。

438 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 18:06:55.37 ID:gIk5QxPN0
>>436 404特許は日亜が1審で大ミスをしたせいで、高裁でも正当な報酬を議論できなくなった。
で、高裁主導で和解を強制された。
民事とは思えない強引さだった。そこまで肩入れしなければいけないほど、1審での日亜の主張はクソだった。

で、中村教授は渡米。
日亜はライバルが現れ対抗できずにシェア激減。
誰得の案件だったのか。

439 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 18:09:12.07 ID:uiExklO70
理系が奴隷のようだ。

440 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 18:18:02.39 ID:qYAYE3Yp0
そりゃそうだけど、その発明での売り上げの何%かは、発明者本人にやれ。

441 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 18:19:36.33 ID:gIk5QxPN0
青色LEDは訴訟だから法律が問題になったけど、根本は人間性の問題だから。

最初は社長が型破り研究員に目をかけていた。
2代目社長が冷遇。
社員が会社を辞めてアメリカで教授になる。
日亜が教授を秘密漏洩に関して訴訟を起こす。
教授は、それは自分の発明だと反訴。
1審で日亜大敗
教授の勝ちすぎが社会問題になるので、2審が強制的に和解(裁判の中止)

442 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 18:20:19.10 ID:AHsImZSl0
>>440
その「何%か」を公平に決めるのが難しいから
揉めることが有るんだよ

443 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 18:24:03.74 ID:0ZyD+bYs0
エジソンのように全部自分でやりなさい

444 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 18:24:33.62 ID:gIk5QxPN0
>>442 発明者を奴隷扱いしなければ、日本人は波風を起こさない。そのまま5年経って時効になる。
ときたまひどい扱いをした会社と、大ヒットを生んだ発明者と、訴訟を薦める弁護士が揃うことがあるんだよ。

>>1はそのリスクを無くしたいんだそうだ。

445 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 18:33:31.62 ID:AHsImZSl0
>>444
何の反論にもなってないが?

446 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 18:33:45.07 ID:c2Vdpt2B0
薬の業界なんか、膨大な無駄の上での特許だろ?
会社に基本的な権利が会社にあるってのは当たり前な気がするけどなあ。

447 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 18:40:25.49 ID:7CFLdHrG0
たいやき君でも、テルマエの漫画家でも、ひこにゃんのデザイナーでも
中村教授でもそうだけど
基本的に会社の権利でいいんだが
あんなに膨大な利益をもたらしたんだから、
イレギュラーな大もうけになった場合、功労金として儲かった分の1%でも「功労賞」として
2億円ぐらいポーンと出してやってもバチは当たらないと思うけどね

ここでニートのくせに「リストラもされないし会社の金を莫大に使って
無駄な研究させてやってんだから
会社が儲けも権利も丸取りで当然!」って抜かしてる奴って何
とても企業の経営者には思えないんだが

448 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 18:41:27.49 ID:uxOgFGPF0
>>446 そう、当たり前で普通は波風起きない。
 就業規則で会社のものになるようにしておくし、
 就業規則がなくて個人の権利の場合でも、会社はその特許権を使用できる。

問題になったのは、禄な就業規則が無くて、個人の権利が争点になるような取り扱いをした場合。

中村教授は、弁護士に言われるまで特許法なんか知らないし、自分に権利があると思ってなかった。
日亜が教授を訴えたので、初めて弁護士に相談した。
で、結局日亜大敗。日亜が無様なんだよ。放っておけば何も問題が起きなかったんだ。

449 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 18:41:39.37 ID:KocUGmPL0
>>428
そういう就業規則にしてないならまかり通ってないってことで正しいんだよね?

450 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 18:43:38.61 ID:KocUGmPL0
>>447
誰か丸取り何て言ってるの?

451 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 18:44:13.74 ID:4gKA0/M90
これは安倍ちゃんGJ !

452 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 18:47:37.31 ID:uxOgFGPF0
>>449 そのかわり、そんな契約したら、誰も発明しなくなるけどね。

453 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 18:51:34.02 ID:AHsImZSl0
>>447
>会社が儲けも権利も丸取りで当然

具体的にはどのレスのことを指してるの?

大半は
 「会社もリスクを負って投資してるし、
 他社員の助けとか積み重ねられてきた知見とか・・・
 色々な要素が利益に繋がってるんだから、
 利益はそれぞれの貢献度に応じて還元されるのが理想的だよね」
って考えだと思うが。

454 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 18:55:42.00 ID:sTAh/cJp0
頑張った人が報われる社会なんだから
頑張った人にたくさん出すのは当然だよねー

455 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 18:56:13.54 ID:D/b8FOUh0
>米国やドイツなどは日本と同様、職務発明の帰属を従業員のものとする一方、
>フランス、英国、中国などは企業に帰属する。

国名を見ただけでどちらのシステムが合理的か直ぐ判る。
時給800円の仕事と10000円の仕事じゃモチベーションも変わるからな。

456 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 18:59:30.28 ID:YQnrcO1l0
森鷹久(雑誌編集者)

朝日新聞デモや安倍晋三秋葉原デモに赴き「ネトウヨ」とレッテル貼りされている人々の職業調査をした。
しかしその人々に無職者はほとんど存在しなかった。
自営業、会社経営、主婦、学生と単に時間に融通がきく人たちであった。
学生から年配層まで幅広く参加がみられたのは情報収集に年代の垣根が無いことだ

ソースWiLL 2013年 3月

457 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 19:04:03.96 ID:cCS3vpOq0
>>454
頑張るだけで報われるなんて
不健全で理不尽な社会だな

458 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 19:07:06.43 ID:7CFLdHrG0
>>450 >>453
最初の方にいっぱいいるだろ、多すぎて抜き出せんわ
ID真っ赤になるほど書き込んでるのに、都合の悪いレスは全然見えてないのか
頭わるそー 最初から全部よめば?
これが資本主義だから当然とか、個人の権利を主張したらチョンとまで言ってる奴までいるのに

459 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 19:09:23.68 ID:qHnjJUtK0
また技術者が韓国に流れるな
安倍は日本を潰したくてしょうがないらしい

460 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 19:11:42.93 ID:2mUWFUR40
>>458
儲けも権利も丸取りで当然

に該当する書き込みなんか有るか?

461 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 19:20:16.35 ID:zkeEjiRY0
>>447
そうすれば、他の人たちのモチベーションアップにもつながるしな、
中村さんなんかそのまま、研究所でも作って名誉所長になってもらえれば、
優秀な人が入ってくるかもしれなかったのにな。

462 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 19:21:20.00 ID:XgedG+rb0
昔皆黙ってたのは、地位や待遇改善の面で期待できたからだよ。
今はそういう見返りが揺らいできてるから、金で寄越せって言ってるわけ。

企業の方だってとっくに社員の人生を面倒見るきなんか無くしてるんだから、
たまたま大儲けした時くらい、多めにボーナス出してやれ。

463 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 19:22:49.99 ID:y6fEUDyd0
>>460
横だが見当たらん
会社が儲ける=開発者の丸損 って考えなんだろうな 開発者への報酬なり評価を上げろって意見なら分かるがね

464 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 19:24:46.44 ID:nwPWqts70
会社の設備使って、会社に雇われてる労働時間中の発明なら、そりゃ会社のもんでしょ。
それをわかったうえで俺のものだからと争うなら負けるということ。

うまく、経営サイドに、これ俺が発明したんですよー
利益何千億は俺のおかげでしょって、認めさせれば何か見返りあったかもね。
社内政治力とこみゅ能力の欠如は時にすごい損害になるよねw

465 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 19:38:36.17 ID:y6fEUDyd0
>>464
開発した技術なり商品なりが直ちに利益になるとも限らんし難しいわな 退職した後に馬鹿売れする事もあるだろうし

売れたから金寄越せって論法が押し通るなら、売れるものを作れてないから待遇下げるわってのも通る
企業の設備を使いつつどうしても多大な報酬が欲しいなら、完全成果主義の雇用契約でもして、毎月毎に設備利用量を払うとかかねぇ
尤もそんな人間なら研究室なり企業なりが放っておかないわな

466 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 19:40:47.30 ID:sTAh/cJp0
役員は利益が出たらたくさん報酬がもらえます
役員のおかげですから全部もらえます

467 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 19:49:25.80 ID:Ys/vyirR0
>>1
技術者、科学者を冷遇すんなカス

>>64
技術が企業の根幹なのにその技術者を冷遇していくらでも替えが効き、誰でも慣れる文系職優遇してやがるからな。
馬鹿な文系のやつらがそうしたんだが。そのくせすごい技術出したらマンセーしやがる。

468 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 19:49:58.02 ID:KocUGmPL0
>>458
あたまの100レスぐらい見たが見当たらんぞ?
いや、この話に反対してる書き込みの中にはそんな馬鹿な状況を想定して反対してるのがちらほらあるが。

469 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 19:52:45.96 ID:KocUGmPL0
>>458
チョンで検索しても君含めて6レスぐらいで、そんなことを言ってるレスは見当たらないな。

470 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 19:53:10.48 ID:Ys/vyirR0
>>455
フランスとかみたいにしたら技術衰退するのが確定だな。
そんなの推進するやつなんて売国奴以外の何者でもないわ。
というか既に本格的に技術ある技術者は米国行こうぜ状態なのに加速させてどうすんだよ

471 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 19:56:58.52 ID:5gUXjpNN0
研究者叩きの糞の意見なんて誰も聞いていない
・国家は発明で国力が豊かになることを望んでいる
・財界・企業は発明によって会社が儲かることを望んでいる
・国民は発明によって、不可能だった事が可能になる事を望んでいる

どうみても研究者を叩く奴は国賊
+は国賊の集まりで、国賊自身が自分が国賊だと理解していないからタチが悪い
本当に馬鹿はさっさと氏ねと思うわ

472 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 19:59:24.18 ID:KocUGmPL0
>>471
どれが研究者叩きの書き込みなの?

473 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 19:59:32.46 ID:eLmKHd6R0
特別に意義のある発明にはボーナスつけるの当たり前。
特許がどうこう言う前に、それによって発生した利益の何%を請求する権利があるのかを決めるべき。
あとチームの場合は誰の貢献なのかもクリアにしないとな。

474 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 20:11:56.43 ID:YTMMgqkJ0
裁判所が発明の貢献度で
会社側(機材・給料・支援) 95%の貢献度
発明者 5%の貢献度
と一応の基準を示している

営業・総務等の従業員も会社側95%の貢献度に含まれているんだから
そんなに不満なら、経営陣に特別賞与でも求めろよ
頭が悪い書き込みだと、発明者 5%の貢献度の取り分から、
営業・総務の貢献を吟味して特別賞与を出せと言っているから笑える
裁判所は発明者の貢献度は たった5%と認定しているのに、それでも文系は不満なのか?
日本 終わっているわ

475 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 20:13:15.26 ID:KocUGmPL0
>>474
そのあたまの悪い書き込みってどれ?

476 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 20:21:12.06 ID:YTMMgqkJ0
>>475
いちいち 書き出すのかよ・・・・めんどくせー
ID:XlZXo2VH0 が一番馬鹿ぽい
工業所有権を知らないで語っている相当頭が悪い人
問題は発明の貢献度なのに・・・・頓珍漢な事を語っているし

477 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 20:28:11.98 ID:KocUGmPL0
>>476
どう見ても「5%からそれらを払えと言ってるように見えないな」
損失が出たら損失の5%も負担しろって話をしている。
彼が馬鹿なのは同意するが君の言ってるようなバカとは違うようだが?

478 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 20:40:36.97 ID:YTMMgqkJ0
>>477
面倒だから省くけど
発明の貢献度は、儲からなければ無意味

研究に掛かる損失を問題にするなら
正社員雇用じゃなくて、業務委託とか外部の企業に頼んだ場合を想定しているのか?
株主が経営陣に対して研究開発で失った資産の損失補てんを求めているのか?
そもそも経営陣がGOを出して研究テーマが動くわけだし・・・・もう何が聞きたいのか

479 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 20:43:54.40 ID:YTMMgqkJ0
あと そもそも論として 「発明の貢献度」という
曖昧な条文が出来た背景とか理解しているのか?

国民が日本の置かれている立場を理解して
行動していれば、こんなインセンティブなんて必要ない訳だし・・・
財界・産業界は発明の貢献度自体に否定的だしな

480 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 20:44:58.85 ID:KocUGmPL0
>>478
何が聞きたいのかって、君の書いてるような馬鹿な書き込みがどこにあるのかって聞いてるんだけど?

481 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 21:04:29.17 ID:HPxT9hI10
>>33
民主的な考えだとあーなると判ったから皆が考えを変えたのか、
自民が嫌いな奴をそんか風に妬むのか、だな

482 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 21:09:03.41 ID:NJZJ3/Ag0
これ引き抜き防止でもあるんじゃないかな。検索で誰を引き抜けばいいかすぐ分かるからな。

もっとも釣られたい人にとっては間口が狭くなるかな。職務経歴に発明を記載しても相手は本当かどうか分からんし。

483 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 21:14:55.33 ID:qIPkn4GI0
残りカスだけ残って、優秀な上澄みは外国へ

484 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 21:19:34.62 ID:Xvyf8PfPO
今日知財から講習会の連絡があった。
今日も特許明細を書き上げたが、リストラでクビを言い渡されているんだが、組織維持に協力しろって(笑)

485 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 21:21:27.96 ID:NJZJ3/Ag0
>>484
次期の評価は下げてもらって構いませんと言っとけ。

486 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 21:21:33.12 ID:1ubyTngl0
まあ会社はその社員に投資してる訳だしな
ただ、研究開発費の材料やら機械の費用を出し惜しむ企業は逝ってよし

487 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 21:23:57.85 ID:Ejka9cBX0
功績のあった研究者は
ラインの管理職になれなくても
役員待遇の肩書がもらえるんじゃねーの?

488 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 21:26:39.75 ID:qHnjJUtK0
仕事してない奴が金持ちになるような社会は衰退する

489 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 21:27:36.82 ID:NJZJ3/Ag0
職務発明ってサラリーマン技術者にとっては個人をアピールできる数少ない機会だから、モチベーション面では今までの方がずっと健全なんだよね。

十分な報酬が支払われるなら報われようもあるんだけど、まぁそうはならないだろうね。特定の発明の価値が分かる人なんて大企業の社内でも何人もいない。

ま、これはという発明を考えたなら独立しろってことだよ。

490 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 21:30:41.99 ID:y/8rg3A20
民間→恩師を頼って土日開講で単位揃えて論文博士をゲット→パーマネントがないか探す
→パーマネントゲットで大勝利
役員待遇とか、出世よりパーマネントだろ?
おれのいた工学部なんか民間から逃亡してきた教授ばかりだったぞ
まあそのコネをまた俺達が利用して恩恵を得る訳だから、すげー閉鎖的な社会だとは
思うが・・・

491 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 21:44:43.90 ID:7CFLdHrG0
>>468
お前アスペだろ、そもそも>>1が「社員の発明したものの権利を主張して会社を訴えて
4000万だの8億だの取れないようにするように法文化するぜ」
って話に「当然だ」って書いてあったら権利も儲けも当然会社のものにして当たり前だって意味だろ
それを「どこにそんな事が書いてある?誰が言った?どの書き込みがそう?」って小学生?
日本語の理解力が著しく浅い人?
大体短文の質問文ばかりで自分の意見無いのに人の意見つっかかってばかりで意見も主張もさっぱり不明だし、
単なる構ってチャンなの?

>>463
何だこのバカは、そもそも「開発者への報酬をあげろ」なら>>447にそれは書いただろう、
会社の儲け=開発者の丸損???何ソレ
誰がそんな事言ってるの?それこそこっちが聞きたいわ
書いてない事を妄想する病気か何か?気持ち悪いぐらい馬鹿で眩暈がする

492 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 21:48:33.13 ID:AL6Zh1c50
あなたの経団連の犬の安倍です!

493 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 23:31:04.69 ID:pDa6Ht7g0
まぁそんな事したら発明しなくなるわな、やってもやらなくても給料変わらんなら

おまけに、実際は発明者がその特許の発明者として申請できずに
その上司とかが発明者になってる事も多いんだぜ
俺なんか何件他人の名前で出された事か

494 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 23:49:14.34 ID:AwX34BJt0
どこのブラック企業だよ

495 :名無しさん@13周年:2013/03/05(火) 23:57:38.77 ID:guaWH1e50
米国「学生の皆さん 理数に興味持ってください 一般教書演説でも取り上げて応援するから」
英国「学生の皆さん マジでヤバいですよ エンジニア足りません byジャガー」
ドイツ「エンジニアが足りない おわた おわた」

日本「文系の学費を下げて理系の学費を上げよう」
日本「東大民営化で研究活発化だ」
日本「そうだ 出願者を企業名義にすれば解決じゃん」
日本「子供達に理科を好きになってもらおう これで解決だ」

さすがJAP もう何も言わないよ さよならJAP

496 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 00:02:09.44 ID:g/Nq1kWGO
日亜と中村の糞の舐め合いみてーな騒ぎのせいだろこれ。

497 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 00:10:32.44 ID:Ft5obhAP0
>>496
中村の主張には反吐が出るけど
あの裁判のおかげで
うちの会社の報奨制度が改正されたから感謝してる

498 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 00:14:31.68 ID:WvStBXpr0
>>33
工作員

499 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 00:24:51.92 ID:ZOeLiNuG0
そもそも日本の特許の9割以上は大企業が出してるだろ。
それらでパイオニア的なものなど1%もない。
ほとんどが、過去からの技術の積み上げ。
そうでなければ、実現可能性の高い技術はできないからな。

それと、防衛目的もある。それがここで言う職務発明。
企業同士で目を光らせ合って、相手の特許権が切れてから量産化。
特許制度が技術の発展の妨げになってる。
あほらしい制度だよ。

本当にパイオニア的な発明以外、特許権など認めるべきではない。
レーガンがプロパテントなどという893なことしてから何十年経つんだよ。
いいかげん、馬鹿な制度はやめるべきだ。

とはいえ、特許庁はやめられないだろうな。
何百兆円も入ってくるんだから。

500 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 00:27:48.03 ID:ktAN2m3B0
仕事で得た給料で株で儲けても会社のものですと言いそうだ

501 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 00:28:38.64 ID:0nqrAepV0
実際研究費は会社持ちだからしゃーない

502 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 00:31:05.48 ID:EMNumA9q0
>>496
インターネットのせいだよ

日亜は青色LEDでボロ儲け
中村は米国で元気にやっている
日南・徳島・日本政府は納税額が増えて歓喜

みんなが嬉しいはずなのに、2chが日亜叩きをして、
日経BP・テーミスのマスゴミが中村叩きをして
テロ朝のニュース番組が 中村を賞賛してから 2chで中村叩きが始まり
結局、みんな笑顔のはずが、あれ? となった

503 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 00:33:45.88 ID:Ft5obhAP0
>>499
>特許庁はやめられないだろうな。
>何百兆円も入ってくるんだから。

特許庁ってそんなに歳入あるんだw
ちなみに、ソースは何処にありますか?

504 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 00:34:26.05 ID:DuRmZzzkO
自民党は最悪だな
民主党に投票するわ

505 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 01:03:01.42 ID:ovAL7T/80
自民や安倍というより財界が悪いんでしょ

506 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 01:13:11.27 ID:0vfNVbI/0
これが当然?アホか。片手落ちだろ。
企業に権利を、社員には見合った報酬を与える義務を果たすべき。

権利は義務とセットなんだよ。

507 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 01:13:54.75 ID:a1N5MlTW0
そもそも契約しとけば済む話だろ
法務家に払う手間賃をケチって開発者と契約書も交わさないバカ企業を救済してどうすんだよ

だいたい大学研究者や企業フェローも全部大学・会社に業績を吸い取られるのか?
頭おかしいだろ

508 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 01:18:03.00 ID:xZMZ8vlc0
日本では文系で役員を目指すのが正解だは。

文系「俺の才能は他の人材に変えられない。だから高給!」
  「(他の従業員の貢献を無視して)業績が上がったのは俺の才能によるもの!」
  「(業績が下がったら)従業員が悪い!リストラ!でも俺の報酬は据え置き!」

一方、理系研究者に対して文系は
  「発明は業務でしょ?成果を出すために才能を発揮するのは当たり前!」
  「君の成果だと?会社のリソースを使ったことを忘れるな!」
  「売れたらたら報酬よこせだと??ならば失敗したら罰金だ!」


…ここで研究者や技術者を叩いてるやつらは文系と底辺。
この国はもうダメだ。

509 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 01:21:55.44 ID:vEjhZf2/0
これは、権利は企業に帰属するけれども、企業は生み出した利益に見合う報酬の増額を、発明した社員に払うくらいの
感じにした方がいいと思うね。
そうすれば、社員のモチベーションも違ってくるし、有能な社員の海外流出の抑止にもなる。

510 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 01:22:49.27 ID:EMNumA9q0
>>507
その通りです
発明の貢献度も最初から契約しておけば問題にならない
財界・産業界が糞だから、地裁が仰天判決出して政治に泣きついて
高裁が5%が妥当だろ? と政治に示すはめになった

だいたい、財界・産業界が発明の貢献度なんて、存在しないというスタンスを
中村の弁護士に突かれて、初の司法判断が出るくらい 本当に日本は腐っているよ

511 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 01:28:34.89 ID:kE5N0r7t0
今でも出願人って普通は企業でしょ。チームで開発やってるんだろうし。
いずれにしてもLEDのようなことが起きないように、利益増加に伴う待遇の提示を
あらかじめ盛り込んでおくとか。
あと、会社が放棄するなら、発明者に知らせて権利移譲を認めるとか。

512 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 01:38:35.37 ID:EMNumA9q0
日本人が研究者になる事なんて
これからは無いんだから
どうでも良い事だ
サービス残業で正規の残業手当すら支払う事をケチる
日本企業に、契約だからと発明の対価を要求って・・・・お人好しすぎるwwwwwwww

散々書き込まれているけど、優秀な奴は海外に流出で日本終了
チョット制度を弄ったくらいじゃ日本企業の悪行を払しょくする事はできないよ
若い人はこういうのに敏感なんだし

513 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 02:19:37.54 ID:TStLRNtC0
とある音楽家が楽器店内でフレーズをおもいついて店のピアノで新曲を作ったら、著作権は楽器店の店主

514 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 02:39:57.28 ID:9LBa/mp/P
★★☆☆【渋谷】3.26 マスコミの嘘にご用心!【花時計街宣】☆☆★★

政権交代直後から安倍首相を叩くマスコミの偏向報道は目に余るものがあります。
政策に対する批判ならともかく、根拠なく公人である首相の個人攻撃をする下品さ、陰湿さは信じられません。

4月1日のエイプリルフールに便乗して安倍さんを貶める報道をするらしい、とか4月4日からNHKが一斉に安倍さん攻撃を始めるらしい、という情報が流れています。

情報の真偽はともかくとして、この機会にマスコミの情報は嘘だらけだということを多くの国民に伝えるべきだと思います。
マスコミの危険性に国民が気づくことが日本再生への第一歩です。
そこで花時計はマスコミの偏向報道周知街宣を下記の通り行います。
一人でも多くの皆様のご参加をお待ちしています。

平成25年3月26日(火)

渋谷ハチ公前

12:30〜13:30

主催:愛国女性のつどい花時計
http://www.hanadokei2010.com/schedule_detail.php?schedule_no=244&pref_no=0
参考:チャンネル桜イベント情報
http://www.ch-sakura.jp/events.html
参考:保守宣言 デモまとめ 逆襲の日本行くぞ!!
http://ameblo.jp/hosyuyamato/
参考:人権委員会設置法案 三条委員会の意味を知らない議員は落選すべし
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19344319

515 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 06:56:03.50 ID:T6MZAn0+0
>>513
例えが余りにも的外れ
やり直せ

516 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 07:00:58.25 ID:L4V93zJH0
>>491
馬鹿が自分が理化できない文章を見たときに「お前アスペだろ」って書くのは法律かなにかで決まってるのかw?

517 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 07:52:05.78 ID:XyJDoAIi0
>>516
朝鮮人さん日本語でおねがいします

518 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 09:11:56.81 ID:Xfg3S5fu0
>>517
こまったら相手を朝鮮人認定もテンプレだよなぁ

519 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 09:17:16.81 ID:/220edhw0
訴訟リスクが減ってコストが削減出来た
経営者の手柄だ!
あれあれー?研究者に無還元かよ
コスいなー
研究者って将来の発明を担保にして職についてるみたいだね
発明してトントン
研究者なんかなるもんじゃねーな

520 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 09:21:54.95 ID:Xfg3S5fu0
>>519
研究者に無還元とか言ってる人ってこの話に反対してる人がほとんどだよね。
どれだけ強欲な性格なんだか。

逆に賛成してる人の大半は企業が権利を得た上で研究者に適切な還元をするべきだと言ってるね。

どっちがまともなことを言ってるのかなぁ。

521 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 09:45:15.51 ID:d47RUDWt0
報酬は株にでもしとけば売り上げ次第で配当がご褒美になるんだけどな
あとサビ残開発は開発者の権利にしたらどうか

522 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 10:08:00.67 ID:0FvOo2Vc0
働いたことない奴ばっかw

523 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 10:23:59.85 ID:KQqaNM7Z0
研究者にとっては
名誉が重要だからな。

どんなに冷遇してもなりたい人間は出てくる←これが経営者の認識

しかし、万人が成果を出す研究者になるわけではないから

優秀な人間は日本から出てけ!と行っているのだよw安倍はww

524 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 10:26:51.59 ID:HTJlnR1j0
まあさすがに当たり前。
俺は1億利益出していると威張る営業がうちにもいるが会社あってこそだしな。
嫌なら独立しろ。

525 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 10:38:14.32 ID:XyJDoAIi0
>>520
なら問題ねーだろ
研究者への報酬の確約についてなぞ触れず
「会社が研究費出してやってるから権利は会社で当然」だけ抜かす馬鹿ばかりなのに
何か勝手に自分の都合の悪い事は見えず、都合のいい事だけ捏造して正当化する脳の病気らしいな
馬鹿のクセにまとも(笑)語ってるし

「そんなに自信あるなら最初から海外の相応の報酬を約束してくれる契約して入社すればいいじゃん」
とでもいうのか

526 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 10:40:23.33 ID:0FvOo2Vc0
そもそもカネにこだわるヤツは
メーカーには就職しない

527 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 10:49:48.00 ID:Xfg3S5fu0
>>525
なるほど。
君は「すべて書いてないと考えてないって勝手に設定する」人なんですね。
天才様の考えることはすごいなぁ。

常人には思い付けないや。

528 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 10:52:31.98 ID:Xfg3S5fu0
本当に心の病気かなんかで自分の都合のいいものしか見えない人なんだろうか。
自分の書いた書き込みすら都合が悪くなると記憶のなかで改編されてしまうってのは実際あるらしいからね。

529 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 10:55:23.71 ID:XyJDoAIi0
何か自分の事分析してブツブツ呟いてるよ、キモーイ

530 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 11:29:13.29 ID:KQqaNM7Z0
理系って陰湿な煽りがおおいなw

だから、俺はやめたけどな

531 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 11:53:39.12 ID:ufB4+3MS0
 
 田中耕一 - Wikipedia

・・・青色発光ダイオードの製法についての中村修二と日亜化学工業の訴訟については、田中耕一が引き合いに出されて、中村修二は貪欲であるという非難がなされたが、

これについて田中耕一は、「自分の発明は会社の売り上げにあまり貢献しなかった。」と状況が全く違うとして、中村修二を擁護する発言をしている。

532 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 12:06:37.08 ID:pDTWiwuc0
なんか変だと思うんだけどね。
なんでこうなったって感じ。
自分のアイディアを売ってサラリーを貰っているんちゃうん?
安心して暮らせるんちゃうん?

533 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 12:32:23.31 ID:cUZ6M5760
----------財界・産業界・ネトウヨの希望------------
・理数の勉強はしっかりやって欲しい
・工学部に進んで、しっかりと勉強して欲しい
・発明で一発当てるくらい元気な研究活動をして欲しい。しかし報酬は別の話

---------世界の現実------------
・理数なんて面倒だから勉強しない
・工学部に進むなんて嫌だ こんなの勉強しても給料は変わらないし コスパ悪すぎ
・発明で一発当てる努力をするなら、同じ努力量で報われる医者になるわ 
 医者自体の報酬が良いし 発明しないと評価されてない研究者って馬鹿じゃないの?

----------指導者の悩み---------
・自国民に期待はない 移民だ移民 優秀な技術移民を研究者として招け by米国・イギリス・ドイツ・・・・・多数
・自由と現実は別だ 徹底した区別だ エンジニアはエリート待遇だ by フランス
・政策的に給料を区別して優遇しよう by ベルギー

----------日本-----------------
・好きな奴が勝手に研究やっているんだから良いんじゃないの?
・チョット環境がぬるいかも・・・・もっ研究者を追い込まないと
・別に報酬の為に研究をやっている訳ではないでしょう?

534 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 12:49:37.81 ID:hw98D7Ja0
会社に対して人並み以上の貢献をしたのであればそれに対して貢献が報われるだけの報酬が支払われるべきである。
この事については一部のキチガイ以外は反論は無いと思うんだよね。
その貢献度を計るのが難しいとか言うのは有るにしても。

そして、この事は発明の権利者が誰であっても変わらんわけだよ。

会社のものになったら権利者が冷遇されるんだといったのは妄想でしかない。
冷遇する会社なら権利が誰のものでも冷遇するだろ、その会社は。

535 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 13:22:04.79 ID:dUVqC7ji0
会社にそういった権利を認めるのはいいとして
会社員の権利は何が保証されるのか
リストラが可能だったり、勤務形態の選択権もないなか、
著しい成果に対しても権利が認められないとなると、さすがにバランス感覚がないと思うよ

536 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 14:31:53.71 ID:FLqSj/xq0
これは当たり前の事だよな。
成果を全部自分のものにしたけりゃ会社を退職して自営業になってからやれと俺も思うわ。

537 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 14:38:32.95 ID:TuGnwFQ6O
あー参院選は自民には入れんわ
決定。

538 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 14:46:02.23 ID:X45eMpJv0
>>535
普通、会社の業績に著しい貢献をした社員は、昇給・昇格が行われるよ

539 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 14:51:47.68 ID:hw98D7Ja0
>>538
会社組織に対してやたらと嫌悪感を抱く一部の人間以外は理解してるでしょうね。

540 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 15:03:09.53 ID:9DG/C5zk0
>>535
組合立ち上げれば?

541 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 16:19:35.39 ID:z4/wftRV0
>>538
会社が儲かった分に見合った昇給が得られるのか?

542 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 16:37:34.24 ID:M4FyPh4G0
当たり前すぎだろ
権利が欲しければプライベートで作れよ

とうぜんだな。
自分の功にして特許も欲するなら、自分の財産でやれって事だ

これは当然だしいい政策だと思う。

当たり前すぎ。
研究費も給与も出てて、失敗しても開発者は何の損失もない。

会社に守られながら会社の設備で発明した以上は会社に帰属する。
それが嫌なら自分でバイトしながら、設備を買って成功するかしないかの博打に買って自分に帰属させればいい。

会社が積み重ねた技術と設備があったから出来た成果だろ.

仕方ない
研究開発費を自腹で出してるわけじゃない
それに報酬目的だけで研究してる人だけでもない

会社の設備、環境、経費、知的財産を使って発明してるんだから当たり前じゃないのか・・・・

研究開発費とその社員の生活費を会社が出している以上当然だな。

 :

 ↓

本当に心の病気かなんかで自分の都合のいいものしか見えない人なんだろうか。
自分の書いた書き込みすら都合が悪くなると記憶のなかで改編されてしまうってのは実際あるらしいからね。

543 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 17:31:54.24 ID:KuNFpq6/0
国民が馬鹿だから、発明者の発明の権利まで大企業と癒着した自民党に奪われてしまう

544 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 17:42:53.00 ID:4yLpcwMt0
給料貰ってんだから当然だわな。
企業に勤めるけど、給料要らない(=何も成果があがらない時のリスクは自分で負う)ってのなら
発明のメリットはその人に帰属してもいいけど

545 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 17:59:13.18 ID:KuNFpq6/0
そういう問題じゃない。会社の収益を著しく向上させるような発明には正当な対価を
払わなければならない。たしかに企業の助力もあったのだろうが、発明者の業績が
なかった事にされるような法改悪は許してはならない。日本の発展のためにもマイナス

546 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 18:01:16.10 ID:rmEWbBGsP
鶏卵業者は多数の鶏を飼育し、環境を整え、餌を与え、産み落とされる鶏卵を品質管理し、商品として販売する。
ブランド価値の高い卵を産む鶏は優遇されよりよい環境と餌が与えられる。
最高のブランド価値を持つ卵を産む種は、もしかしたら高額を以て鳥ごと大手業者に買い取られるかもしれない。

あるとき、鳥たちが言葉を発した。
「卵は私たちのもの。今の待遇では渡したくない。出るとこ出て争いましょう。」

さてあなたは鶏の言い分を聞いて訴訟を認める社会が正しいと思いますか?

547 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 18:05:53.30 ID:dUVqC7ji0
>>546
生んだのが10億の価値を持つ卵なら、そういわれても仕方ないだろうね

548 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 18:07:06.11 ID:WlT29ZqoO
正当な対価が支払われたかどうかを検証するには
現行法の方が良い。

549 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 18:28:21.76 ID:rmEWbBGsP
>>547
@卵はそもそも鶏の物。それをどうこう扱いたいなら鶏一羽一羽と個別に契約を結ぶべき>アメリカ

A卵は基本的に鶏のもの。条件については双方合意できるまで話し合え。
合意できない場合は国が判断>従来の日本

B卵は鶏卵業者のもの。条件については双方合意できるまで話し合え。合意できない場合は国が判断>変えようとしている日本の姿。

AとBとの違い
卵は鶏卵業者のもの、という時点から始めているので、有象無象の特価品卵の鶏たちから卵の引き渡しを盾に訴えを起こされるリスクを低減させる。

10億の卵に対して妥当な見返りを求める権利をなくしたわけじゃないよ。

550 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 18:47:46.05 ID:lYpDn7XN0
>>547
鶏は言葉を発しないし、全て所有者の物。

551 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 19:01:19.90 ID:dUVqC7ji0
>>549
会社には昇進・昇格を扱う人事権があるから、そういう訴えをしたことで不利になるから、
訴えを起こすことをためらう人も多いでしょ。訴えたら人事で自分が不利になる。
それでもいいから訴えを起こすというなら、それは会社側の社員の扱いに問題がある。それをリスクとしてさせないのは問題
研究者への待遇の悪さは、よく聞く話。技術者の残業もどこも常態化してない?

>>550
546で言葉を発したって書いてあるよ

552 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 19:08:02.63 ID:2EdnXK6n0
>>551
そんな会社は特許の権利が誰にあろうと社員に対してろくな待遇をしないように思えるんだが。

553 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 19:09:24.56 ID:eUAo2GF80
くだらない発明ばかりになるかもよ

554 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 19:10:49.96 ID:2EdnXK6n0
結局この話で会社が権利を得ることに反対してる人って会社が権利を得ること事態への反対じゃなくて会社が成果を出した人間に十分な待遇を用意しないってことへの反発に見えるんだよね。
であれば、言うべきはこの話に反対ではなくて会社に対して待遇をよくしろってことじゃないの?

555 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 19:12:36.89 ID:dUVqC7ji0
>>552
そういう会社を相手にしたときに、大きな成果を上げたなら、権利を主張できるようにしておかないといけないよね

>>553
今の特許も多くはくだらないと思えるような特許だけどね
もちろん裁判ではその特許によってあげた利益や貢献度をもとに計算されるから
くだらない特許や、自分の貢献度が低い特許で裁判を起こしても
その後の人事において自分が不利になるだけだよ。

556 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 19:17:44.17 ID:eUAo2GF80
>>555

> 今の特許も多くはくだらないと思えるような特許だけどね

そりゃそうだろうな
青色LEDでの訴訟があるまで、権利や報酬とかはあやふやにしてた会社は多いからw

557 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 19:26:49.68 ID:rmEWbBGsP
>>555
それが「企業に報酬を求める権利」なんじゃないの?
なまじ「特許を受ける権利」の帰属の問題を残すよりシンプルになっていいと思うけどな。

結局企業に渡さないことにはにっちもさっちもいかないし。

558 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 19:46:31.13 ID:dnouAWVz0
会社の金で研究できて
給料ももらえて
かなり待遇が良いだろ
と思っている人は、なんで研究者にならないの?

旧帝大の理工系に入って、修士取って、研究員募集している会社に
応募すれば高確率で採用されるよ 文系採用枠みたいに落とす採用試験じゃないし

どうみても世間一般の感じや 学生の動向を見ていると、
会社の金で研究できる事なんて利点ですら無い感じがするな・・・
だから、発明の貢献度みたいにニンジン作戦が存在するわけだろ?
えっ違う?

559 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 19:53:38.54 ID:dnouAWVz0
研究者の募集に苦労しないで、もう応募しないでくれという
文系枠の採用試験みたいなら、ニンジン作戦なんて必要ない。
いつの政権の時に発明の貢献度の条文ができたのか知らんけど、
結局は、こうやってインセンティブを与えないと、誰も発明しないからだろ?

国家が国民が発明に積極的じゃないと思っているからインセンティブで
釣ろうとしているのに、会社辞めて自営でやれとか、国家の思惑を知らない
大馬鹿者なんじゃないの? 

560 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 19:53:43.48 ID:/220edhw0
成果主義を企業が公平に運用出来ると思うのか?
労働者と交互に公平に決めればいいお

561 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 20:03:36.62 ID:1UODs2DZ0
研究職だけどちゃんと特許褒賞って利益の何%とか決められてる
どの会社も特許なんてとりあえず取っとけって感じ
まあ通るまでが長いけどね

562 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 20:42:45.11 ID:msymKvpc0
>>538
行われないよ。
研究開発こそが企業の根幹であり、商品製造なんかの実務部門がその次
営業なんざ小手先のオマケだし、財務管理人事部門は金魚の糞みたいなもの

全日本社会の研究職に対する待遇は最悪

563 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 20:45:55.98 ID:8JOS8c+F0
>>562
まあ、製造業なんて、売れるものがなけりゃ、
しょうがないもんな。

564 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 20:55:34.23 ID:Thzl3u0JO
>>1
米独と英仏中、どちらが技術力があるか考えれば正解は自明じゃん。
特に日本は滅私奉公の意識が強くて、会社側が社会的に強い文化なんだから、これは従業員の権利を守った方が得策。

565 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 21:00:14.92 ID:ifnbGLOl0
安倍ちゃんやるじゃない

566 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 21:06:35.22 ID:2EdnXK6n0
そんいや、アメリカは個人にって書いてあるけど、サムソンと争ってるiphonの特許なんかもappleじゃなくて個人が持ってるの?

567 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 21:07:33.02 ID:onEVqhzlO
日本の企業経営者に、正論を言っても、研究職冷遇は絶対変わらない。
研究職冷遇を変える、唯一の方法は、研究職不足にする事だけ。
日本の国益の為に、日本の研究職冷遇を変える為に、語学力がある優秀な研究者は米国企業に転職して下さい。
白人の社会には、出身を問わず、優秀な人間はきちんと優遇するという文化が有ります。
このまま、研究者冷遇する社会が続くと日本は3流国になってしまいます。

568 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 21:53:21.28 ID:7PkK0A5p0
オレ研究職だけど、
研究職の待遇の問題と職務発明の対価の問題は切り離して議論すべきだよな
「成功したら10億あげます。それまでは、年収500万ね」
とかされたらたまらん。

569 :お名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 22:04:21.91 ID:eVjfuYt00
研究職のメリット取り上げるなよ、安倍ちゃん

570 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 22:10:44.51 ID:rOBs7fYfO
阿部はさすがだな、
チョンやチュンが日本企業に来たがるのは莫大な研究費と、
青色LEDの前例からだからな、

最近の日本企業の研究室はやけに在日が多いからな、
阿部はそれも危惧したのだろう。

571 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 22:11:43.39 ID:2EdnXK6n0
>>568
当然の話だと思うんだが、なぜか一緒にする書き込みが多いよね。

572 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 22:12:39.39 ID:1VyoiATc0
個人が出資募ったところで集まらず
成り上がりのチャンスすら潰しにかかる
どこが再チャレンジだ本当に狂ってるな

573 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 22:14:59.78 ID:Jqts9Kck0
>>1
当然と言えば当然

574 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 22:21:09.92 ID:zg8LYN6O0
安倍政権は賃下げ政権ってこと。

発明に必要な、設備や資金は会社が持つが、同じ設備、同じ額の資金を用意しても、すべての研究者が同じ発明を生み出せるわけではない。

それが創意工夫、閃きであり、特許権が発明者個人に帰する所以である。

それを会社帰属にする、ということは「労働者の閃きや工夫の対価を奪う=賃下げ」なのだ!
安倍の正体は賃下げ政権ってこと!
その証拠に安倍は欧米の国民管理制度=マイナンバーと、規制改革会議や産業競争力会議での労働者賃下げ制度を検討させているのだ!
安倍の賃上げ要請は嘘!本当は賃下げが安倍政権の目的!

●就業規則変更の合理化→不利益変更の容易化=賃下げ
●労働時間規制緩和、裁量労働制拡大→8時間分の給与で1日24時間働かせるサービス残業合法化 =ホワイトカラーエグゼンプション。賃下げ!
●解雇ルールの明確化=小額の解決金で、セクハラやレイプを拒否した女性従業員を解雇できる悪魔の制度。賃下げ拒否も解雇。

規制改革会議は雇用の流動化=正社員を失業させて派遣社員に落とす!
産業競争力会議は正規と非正規の移動として、違法解雇を小額の解決金で合法化する!

違法解雇が合法化されるので、日本人総非正規雇用化、国民貧困化だ!
安倍はTPP参加のために、日本の雇用制度をアメリカ式にしようとしているのだ!

TPPとは参加国の医療、雇用、教育、社会体制の全てをアメリカ式にして、その国の富の全てをアメリカ企業が奪いつくせるようにすること。

雇用制度の労働者保護は、アメリカ企業の参入障壁ってこと。
つまり新自由主義=日本人労働者総貧困化だ。

575 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 22:27:56.52 ID:1VyoiATc0
特許の使用権を権利者が所属していた企業に優先的に認める程度で十分な話であって
企業が取り上げるのはやり過ぎ

576 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 22:29:28.59 ID:ehDCGrVT0
安倍が知的財産戦略本部の本部長だけど、
職務発明〜の発言わしたのは財界人だけどな・・・・
安倍の真意? そんなの知らんがな 本人に聞け

577 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 22:32:25.56 ID:zUD7oRdO0
どっちに所属するのがいいのか、とかむずいことはわからんが、
そもそも「ここまで大事になるまで、優秀な開発者を冷遇してた」って所が
問題なわけで。
国際的な水準と比べても遜色ない程度まで、
カネなり研究環境なりをくれてやって報いてほしいなあ。(´・ω・`)

578 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 22:36:42.87 ID:6DQ2XYsr0
会社 うちは秘密主義でやります。特許とか論文発表禁止ね。

中村 社内規程? 知らんわw 発表 発表 www

本人の対談があるから会員は日経BPのバックナンバー読んでみ?
中村修二はなあ、逆に訴えられてもおかしくないぞ

579 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 22:41:46.16 ID:9KFvKwwv0
訴訟のリスクは減るけど、持ち逃げの増加やモチベ低下は起こりそうだな
マイナスの方がデカいんじゃねーの

580 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 22:48:34.56 ID:6DQ2XYsr0
>>558
発明の総取りしたいなら初めから何でベンチャー起こさないの?
凄くシンプルな話じゃない

581 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 22:49:34.27 ID:M8SqXD320
もっといったら株主のものだもんな

582 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 22:52:00.20 ID:Thzl3u0JO
>>580
なにも総取りとまではいっとらんだろう

583 :588:2013/03/06(水) 22:53:21.80 ID:6DQ2XYsr0
ソースがBS朝日なんでイマイチ信用できんけど、イスラエルはベンチャーで失敗しても
損失は政府が見てくれるらしい

日本政府はもっとベンチャー育成に本気出せ!!

584 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 22:56:40.94 ID:VvfEsv8r0
>>575
会社の資金と機材と人員使って開発して
開発者にはまったくリスクの負担が無いので
会社の物になるのは当たり前だと思う

よくアメリカが開発者の為に良いと言うけど
結果が出たら契約にしたがい物凄い報酬が約束されるが
結果出なかったらそれなりの責任取らされるんだよなー
開発しやすいのはどっち?
それは本人が選べば良いのだーー

585 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 22:59:26.13 ID:dZvc10T10
そんなに個人で研究したいなら、最初から会社とそういう特約結べよ
会社で学んだノウハウ使って自宅で開発とか、許してくれるとは思えないけどな

586 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 23:03:53.57 ID:duRC27fF0
>>584
金渡さなかったら開発者やる気無くなるからアホの所業だけどな
給料あげてるでしょでボーナスや開発した結果の利益もこなけりゃなぁなぁで済ます人間増えるよ

587 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 23:05:24.03 ID:dFqh7e9L0
>>438
>404特許は日亜が1審で大ミス
陳述で会社が、特許を呆れるほど過小評価した、とかいいたいんだろうが、
裁判後に404特許放棄したから、全く正しい主張だったと証明されてるわけで。

>>441
あーそのストーリー(二代目社長がー冷遇がーetc)さ、根拠も無く発信
されたものだとして、今では全く相手にされていないよw
だいたい高裁が和解したのは、社会問題の配慮とかじゃなく技術分からんからお手上げしただけ。
で裁判後に会社が特許放棄。会社の完全勝利だよ。

青色LEDの件は、お前みたいなのが思い込んでる経緯と真逆の結末と真相で終わってんだよw

588 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 23:09:44.74 ID:onEVqhzlO
研究職、技術職を優遇しないと、日本の研究、技術がどんどん低下し、3流国になってしまいます。

589 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 23:11:49.96 ID:6DQ2XYsr0
>>586
日本企業の最高価値は飲みにケーションですからwww
学生さんが忌避しない限りは変わらんね

590 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 23:12:45.40 ID:ehDCGrVT0
なんか、前提として
・研究者は吐いて捨てるほどいる
・日本国民は発明や研究開発が大好き
という立場で語る人が多いよな・・・・

それなら発明の貢献度なんてモノ自体が不要だから、なにも問題は起きない
政府も・財界・産業界の万歳だ
でも現実は違うわけで、どうやって研究開発を盛んにするか?
人材不足をどうやって少しでも改善させるか?
国家が知恵を絞った一つが発明の貢献度だろ?
どこの先進国も試行錯誤でやっているのに・・・・・

591 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 23:16:25.20 ID:7PkK0A5p0
>>571
ただ単に安部政権の足を引っ張りたいだけなんだろうな。
現場を知りもしないでリサーチすることすらせず、妄想だけでもっともらしいことをいって批判して。
政府はこういう声に配慮しながら妥協の政策をうつ。
国会ってこんな感じなんだろ。
こんなこと何十年と繰り返してきたんだろな。

592 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 23:18:46.81 ID:6DQ2XYsr0
そういやサムソンに嫁いで行った中村修二さんはどうなったんだ?

593 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 23:19:10.90 ID:ehDCGrVT0
アメリカの研究開発も
途上国からの移民がメインじゃん
米国人が研究職に就くなんて極少数だろ?
医者・弁護士・MBAと借金してまで、儲かる職種に入ろうと必死やん
日本も公務員試験とか競争率高いしな

誰が好き好んで研究職なんてするんだよ?
どうみてもコスパが最悪だし

594 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 23:21:09.44 ID:mjWZCGpx0
会社の金で作った物は会社のもの。
ボーナスとか報奨金とかも一切必要ない 給与に既に含まれている。
あたりまえじゃないか。

595 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 23:24:17.98 ID:6DQ2XYsr0
技術者もディベートして権利を勝ち取れ!

596 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 23:25:19.40 ID:MFHJejZDO
安倍って聞こえの良いことばっかり言うけど
実務レベルでは国民の期待の逆を行ってるんだよな。
なんか早くも騙されてる感じ。

597 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 23:26:48.27 ID:ehDCGrVT0
>>594
全然問題ないけど
研究職に応募が来ない場合の対策は?
優秀な奴は海外に出るだろうし
市場原理だから当然の話

598 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 23:28:57.64 ID:a1N5MlTW0
>>568
そのうち、何件特許出しても評価されなくなるよ

会社の物なんだから当たり前
対価は500万の給料の中に入ってますってな

599 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 23:37:43.32 ID:VvfEsv8r0
>>586
アメリカ見たいに結果が直ぐに出なかったら
会社を解雇や違約金とか払うのが
スリルがあって良いって言うのかな?
ips細胞の発見を見たらわかると思うけど
やはりチームの結果なんだよな
一人の天才が考えて実験方法や実験をやったと言うのなは
無いんじゃないの?

600 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 23:38:46.06 ID:dFqh7e9L0
>>448
日亜が教授を訴えたのは、もっともな理由があったと思うよ。
・社員が退職時にする機密保持書類へのサインを教授はしないままだった
・日亜は退職後もサインを紳士的に求め続けてた
・日亜在職中から教授にライバルCree社から接触があったぽい
・Cree社が教授にけしかけて全費用出して日亜を訴える算段を立ててるぽい
これらが判明したから先に先制とって訴えた。ソース>>348
普通の会社でこれで黙っとけるか?

601 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 23:42:29.08 ID:MFHJejZDO
サインするわけないじゃん。
辞めた社員と揉めるのはブラックの構成要件だよ。

602 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 23:42:34.69 ID:dFqh7e9L0
>>461
つーかその通りで、日亜は「窒化物半導体研究所」だっけかを作って中村氏を所長にしたんだよ。
まもなく本人が自ら辞めた。

こういう情報が伝わらずマスゴミが変な美談の結論ありきで
中村氏発信の情報だけでもって肉付けして報道するものだから・・・

603 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 23:47:46.49 ID:dFqh7e9L0
>>601
揉めようとしてたのは教授側(+ライバル企業)のほうなんだけどな

604 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 23:48:58.20 ID:s0db25v10
開発者には、それなりの評価と報酬を会社が与えるべきだと思うが、特許権は会社に帰属すべきだろ。
仮に、その特許の案件で他の企業と訴訟になり負けた場合、個人が数百億円や数兆円を払えるのか。

605 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 23:49:19.62 ID:VvfEsv8r0
>>600
中村氏が全て実験も何もかも一人でやった結果か?
そうじゃないと思うけどな
IPS細胞の山中さんはこの点が違うんだよな
自分ひとりだけの功績じゃないって知っているから
IPS細胞の発見に関わった研究者を大事にしてる

606 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 23:54:01.89 ID:AYx8uL0Li
ネトウヨのいかにも頭わるそうなクソ自民養護はいつ見てもわらけるwwwwww

607 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 23:57:00.72 ID:cI0ELvFI0
著作権法の法人著作みたいに
職務発明を原始的に法人に帰属させるってことか。
これはちょっとやり過ぎな気がするわ。
今のままで十分な気がするけどな。

608 :名無しさん@13周年:2013/03/06(水) 23:57:45.29 ID:nRvmF51R0
ああサラリーマンのやる気を削いでドヤですか・・・

これがアベノミクスか

609 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 00:02:47.04 ID:v+8u6/4C0
人材流出が加速するだけだろ

日本オワタwww

610 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 00:05:06.18 ID:xGQcTVwK0
+でのネトウヨの特徴
・常に経営者視点 「雇われているだけで感謝しろ」「貰いすぎだ」「立場わかっているの?」
・ネットで仕入れた情報を、自分が現場で見たように語りだす「〜だから」「〜は大切にしている」「〜という行為で売国奴だから」
・海外に行ったこと無いのに現場に行って経験してきたように語る「アメリカは〜」「韓国は〜」「中国人は〜」
・本人は偽装したように思っていても、基本的には自民党批判は許さない

611 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 00:05:48.49 ID:5kgJEKLF0
もしも会社が外国企業に買収されたら、特許権が全部、
外国に取られてしまうのでしょうか・・・?

612 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 00:07:14.04 ID:7PkK0A5p0
日本は一発当てれば最低役員くらいにはなれるけど、
アメリカは終身雇用じゃないからそんなオプションはないぜ

613 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 00:07:54.90 ID:Kd8OS6h80
いいね
黙っていても研究熱心な日本人には合ってる
そのかわり開発で貢献した社員は、名誉社員とか特別待遇にしてほしい

614 :リベリオン ◆ZhAc8rvphI :2013/03/07(木) 00:13:20.58 ID:iObvuYKO0
知財権っていうのは爆弾なんだよ。
自分が独自に編み出した技術でも、他者が既に申請していたら
その他者に対して使用料を支払わないといけない。
しかも料率が一切設定されていないからいくら請求されるのかも分からず、
極端な話、1度抵触したら全財産を巻き上げられ兼ねない。
作る方にとっても爆弾だし、使う方にとっても爆弾なんだよ。

例えば、微積分の概念が特許を取られていたとしたら
関孝和がいくら独自にその手法を編み出しても
ニュートンに特許使用料を請求されたら支払わなければいけないということだ。
そんなことになっていたら江戸幕府が消滅するどころか
賠償という名の下に国民が総奴隷化されて人身売買されたかもしれない。
その制度がミッキーマウス法よろしく権利消滅直前に改正されて永久に権利保障され続けたら
日本人は永久に奴隷の身分を回復できることもなく
やがては日本人という人種が絶滅していたかも知れない。

そんな制度存続して文明が発達するかね。
最初に申請した人間以外の知的想像活動を全否定してるんだぜ。
俺は先端技術の分野が軒並みケスラーシンドロームを起こしてると見てるがな。

そもそも現行の知的財産制度は知的じゃないんだよ。

615 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 00:14:56.61 ID:fP0dJbHn0
>>613
巨人の星今見たらみんな驚いてしまうと思う
星飛雄馬も彼のライバル達もみんな
金の為に野球やってないんだよね
飛雄馬は後にオズマと出あって金の為に野球する事も覚えたけどね

616 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 00:15:04.95 ID:op1fo7V80
ボーナスで8億4000万円あげればいい。

617 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 00:19:56.12 ID:vqWEIr4k0
>>599>>605
技術開発ってのは、凡人を1000人働かせても何も進まないんだよ
天才が居れば一番いいし、そうでなくても才能豊かで良好な関係の集団が必要

618 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 00:21:40.74 ID:mWZCGmtt0
オレはSONYの社員でも何でも無いんだけど、
SONYからあるプロダクトの企画を頼まれ、
喜んで引き受けたんだけどさ、そのプロダクトが完成した後、
発明者としてオレの名前を登録してくれたのね。
オレが考えたんだから、あたりまえっちゃ、当たり前だけど。

でもすぐさま、
この発明の権利関係の全てをSONYさんに委託します。みたいな書類を用意されて、
サインをかかされたわけ。

ってことで、世の中にそれが出回っても全くお金はオレには入ってこないんだけど、
SONYが海外展開や新しいプロダクトにその発明を使用するたびに
発明者としてサインを新たにしなきゃいけないと言う
どうでもいい仕事が発生してしまったよ…

発明者って一体なんなんだ…

619 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 00:23:22.01 ID:fP0dJbHn0
>>617
IPS細胞の発見は一人の研究員の功績だけどね
山中さんがこの人と研究していなかったら
IPSは無かった
この事を山中氏はよーく心得ている
青色ダイオードの人とは人格が違う気がするなー

620 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 00:25:25.99 ID:v9aYcCB50
会社の金で発明したなら当たり前じゃね

621 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 00:31:18.80 ID:eQ3z7Bp30
>>619
高橋君がいなければ山中ファクターは生まれてないだろ
彼のアイデアで一気に4つに絞り込まれたんだから

622 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 00:31:29.25 ID:vqWEIr4k0
>>619
だから山中も資金が全然足りないからもっと研究費クレって言ってだろ
研究員の待遇が酷過ぎると

623 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 00:32:27.87 ID:bgChPJKO0
>>620
そんなわけないよ。
いまの法律でも会社側に通常使用権は認められている。
この記事だけは納得できない。

624 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 00:32:32.64 ID:+IWQySYi0
また一歩安倍自民による日本人労働者(とくに理系)の奴隷化計画が進んだ

625 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 00:34:31.18 ID:eQ3z7Bp30
山中先生の名言

山中:科学者は、本当に不思議な、私たちの場合は生命の不思議、でも他の分野だったら
地球の不思議とか、宇宙の不思議とかですね、もういろんな不思議ですね。
その不思議に真っ先に出会える。本当にこんな面白い仕事はないという、

竹内:一番最初に、その不思議に出会えるということですね。


山中:まあある意味、探検家なのに、大学の給料がもらえると。

竹内:はい(笑)。

626 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 00:36:42.61 ID:bgChPJKO0
>>620
ごめん通常実施権だ
とにかく、会社の権利だったら世界の潮流と逆行して
優秀な研究者は海外に流出するよ。絶対、こんなのはダメだ。

627 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 00:43:29.02 ID:fP0dJbHn0
>>622
純粋な研究費と
あまりある成功の報酬とは違うよねー
山中氏は純粋に研究費が欲しい
IPS細胞の為に尽力を尽くしたスタッフの待遇を良くしたい
青色ダイオードの人とは人格が違うね。

628 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 00:48:49.71 ID:OUwrxOAG0
道具や環境を用意してやったから発明出来たと言っても
発明者以外の人間も同じ環境にいて、その発明が出来なかったとしたら
環境以外の要素、つまり、発明者の要素も大きくなるわけだけど
発明者もその会社にいなければ出来なかった可能性も出てくると
どちらに分があるかわからなくなっちゃうな・・・

629 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 00:54:34.83 ID:Fz2t+g7n0
低賃金で働く日本人研究者が沢山いて
都合よく解雇しても、必要なときに再雇用できれば解決

おまいら これが正解だ 
頑張れよ 日本の為、財界の為、自民党の為
日本に産まれた事を感謝して、国に尽くせよ

俺は御免だ

630 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 00:58:01.08 ID:WWac9OJM0
総務の人がいて、営業の人がいて、研究する人がいて
会社ってなりたつんじゃないの

631 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 01:07:40.15 ID:CXT67QJaT
終身雇用制ならそれでもいんだけどな
もしくは相応のボーナスな
会社の権利で当然みたいな扱いされたら日本で技術者は育たない
会社の扱い次第では発明と同時に他社に移籍する奴が出てくるだろう

632 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 01:10:01.73 ID:fP0dJbHn0
>>631
経営者の質が大変悪いからなー
柳井とか、楽天の金の亡者とか
儲かれば大人の物でも子供に売りつける会社もあるしな

633 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 01:11:06.79 ID:LnMEiJ1C0
ダイオードは職務と言えないから問題になったのでは

634 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 01:12:29.27 ID:cuaQHK5I0
いやだから会社で発明しないで自宅でやれよ
設備泥棒じゃん

635 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 01:15:13.26 ID:PZQ0zGT+0
総務希望者 専攻不問「エントリー数千通以上」
営業希望者 専攻不問「エントリー数千通以上」
研究職希望者 修士取得見込み 「エントリー・・・・・」
生産技術希望者 高専以上 「応募なし・・・・・」

大企業や有名企業は良いけどさ、地味な企業はリクルート等に
大金支払っても、正社員すら雇用できない 内定出しても他企業に逃げられたり
会社は色々な人で成り立っている その通りだよ
なのになんでこんなに採用に苦労するの?

636 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 01:20:07.54 ID:jIVPglb5O
>>634
金を払いたくないなら雇わなきゃいいんじゃね?

637 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 01:21:42.74 ID:PZQ0zGT+0
>>634
なんで発明する前提?
発明するな トラブルの元だから なら理解できるが・・・
自宅で発明しても 会社のモノだよ 常識的に判断されると・・・・

638 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 01:24:21.21 ID:yzAAdEjX0
政府が法律に口出しするんじゃねーお、カス

三権癒着の始まりですね

639 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 01:26:35.49 ID:yzAAdEjX0
三権分離の精神はいずこに、これは紛れもなく三権癒着に違いありません

政府はいますぐ法律から手を引け、これは紛れもなく、越権行為だ

三権癒着そのものである

640 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 01:30:45.56 ID:PZQ0zGT+0
立法が機能した事なんて一度もないだろ・・・・
経団連の要求を飲んだ改正法案を内閣が提出しても
立法府が修正した事なんて聞いた事ないし
立憲君主制は二権分離 イギリスが例外なだけ

641 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 01:57:07.12 ID:2u9o/MNcO
こんなんじゃ発明する気しねえって言ってるやつおおいけど、なんか勉強できない言い訳してる高校生みたいだな。
おれは本当はすごいんだけど…みたいな。

まあそれは置いといて、「おれのおかげで会社がもうかってる」なんていまどきオッサンの営業マンからも聞かないぜ。
まして「損するから会社をもうくさせたくない」なんてリストラ間近のやつからしかきいたことがない。

642 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 02:10:24.60 ID:KXTu+sDh0
>>641
発明しないと そんなに困るのか?
発明すると損すると思っている人がいるなら ほっといてやれよ
お前みたいな書き込みを見ると、おい発明しろよ 日本がヤバくなるぞ
俺達の雇用が無くなるぞ と誤解されるから

643 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 04:06:44.56 ID:/MOynuSJ0
夢のない話だな〜
社会主義国の様な発想をするなんてさ
しかも安倍内閣で社会主義的発想ってのが皮肉と言うかなんと言うか・・・

賛成している人や会社がなければ発明出来なかったって言っている人も
高級生活保護受給者みたいで、人権ならぬ会社があったから!と
社内発明家や社内クリエイターにぶら下がっている印象だわ

644 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 04:08:21.48 ID:lF55ElA90
俺はプロだから仕事に対する報酬を要求する
見合った報酬が得られない場合、その報酬に合った仕事をするだけさ

645 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 06:07:09.24 ID:8F/TxtlEi
+でのネトウヨの特徴
・常に経営者視点 「雇われているだけで感謝しろ」「貰いすぎだ」「立場わかっているの?」
・ネットで仕入れた情報を、自分が現場で見たように語りだす「〜だから」「〜は大切にしている」「〜という行為で売国奴だから」
・海外に行ったこと無いのに現場に行って経験してきたように語る「アメリカは〜」「韓国は〜」「中国人は〜」
・本人は偽装したように思っていても、基本的には自民党批判は許さない

646 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 08:11:11.28 ID:RZ2Umjbd0
>>645
まるで、彼らが罵って馬鹿にしているチョンのようだね、
なーんだ、あこがれてただけなのかチョンに。

647 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 08:20:19.63 ID:hO4LSS6Z0
>>637
君の常識は人類の非常識だな。

648 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 08:26:07.18 ID:hO4LSS6Z0
>>645
なるほど。
で、きみの場合はその逆って感じなのかな


・常に経営者を批判
・ネットにすら存在しない妄想を語りだす
・海外にすんでる外国人なのに日本人のように語る
・偽装する気もなく自民党は許さない

649 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 08:29:41.97 ID:mR8VkmVw0
>>628
そうなんだよね。
そのバランスを取るのが難しい。
あまりに従業員を優遇し過ぎると企業が研究に投資をするのを嫌がるようになる
かといって会社を優遇し過ぎると従業員のやる気がなくなる。
今ぐらいのところでちょうどいいと思う。
法人発明はやりすぎ。

650 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 08:35:37.60 ID:2gSz+Cad0
たかが社員の分際で生意気だって話だね

651 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 09:22:54.50 ID:321CUc6H0
八木アンテナは素晴らしい発明で、発明者の八木博士はどんなに金持ちになったろう、と外国人が家を見てみたら、みすぼらしいのであきれ返った
有名な話だ。同じことをまたやろう、では反省がなさすぎる。

652 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 09:49:39.31 ID:uulA1zIV0
会社のものか?
会社は株主のものなんだから
特許も株主でいいだろ
役員とか研究者なんて平均月給の2倍でいいわ

653 : 【東電 83.7 %】 :2013/03/07(木) 09:59:39.46 ID:UwVFOSmG0
安倍政権で搾取社会が加速。労働者の奴隷化深刻。借金で維持される公務員天国。
搾取ができないほど日本が枯れればTHE ENDの一本道。

654 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 12:38:59.38 ID:ows/Jy2l0
・民主主義のジレンマ
国家にとって発明は国益に直結しており、発明の源泉となる研究者に関する諸問題は
最優先事項であるが、研究者の数は微々たるもので、選挙を考慮すると研究者から搾取して
底辺に分配する政策をした方が選挙では勝てる。だから民主主義では研究者は報われない

・企業経営のジレンマ
企業にとって発明は市場独占と直結しており、発明の源泉となる研究者の確保は最優先の
案件である。しかし、博打要素が強い研究で長期雇用をするという事は経営負担となるから、
人件費は押さえたい。しかし人件費を抑えすぎた事が人材不足を招いた事は明らかなので
どうすればいいのか悩んでいる

・ネトウヨのジレンマ
国益と発明は直結している。軍事力と発明も直結している。ネトウヨの理想は研究者である。
しかし、ネトウヨの大半は研究者ではない。「ネトウヨが研究者になって国家に貢献しろ」と
言われるが、まったくその通りで耳が痛い。本当に痛い指摘だから腹が立つ。
しかし、研究者には発明で日本に貢献してほしい

655 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 12:44:32.01 ID:vVL0FoVj0
安倍の目指してるのって北朝鮮なんだよね

656 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 14:58:00.76 ID:SK6S2WpV0
入社時にどういう扱いになるのか報酬はどうなのかちゃんと決めておけ
後からトラブるってことは双方対話不足ってことだろ

657 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 16:37:42.60 ID:iIOsr/8b0
週刊東洋経済 [2012年2月18日号]
ニュース・トップ4/電機−パナソニックの大誤算、三洋買収で巨額損失
http://www.excite.co.jp/News/magazine/MAG12/20120213/218/

リチウムイオン電池で世界シェアトップだった三洋の主力技術者は、
既にサムスンに引き抜かれていたそうだ。


【日韓経済】サムスンを蹴った元三洋電池技術者「中韓の技術は殆ど日本の技術者からの流出。焼き畑し尽くし今はガタ落ち」[03/07]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1362621843/
雨堤は鳥飼で生まれ育った。岡山大大学院工学研究科を修了後、1982年に三洋に入社した。
当時、三洋の研究開発を担った塩屋研究所での勤務を経て、洲本市の電池事業開発拠点で長く勤務した。
パソコン、携帯電話向けに小型・軽量のリチウムイオン電池開発に成功した三洋の快進撃を支えた男の一人、といって過言ではない。

だが、一時は日本の携帯電話向け電池市場でほぼ100%のシェアを誇っていた三洋の衰退は、無残だった。技術者を大事にしない。
「やってみろ」とリスクを取る気概がない。いったんやり出したら、なかなか方向転換できない。誰も判断せず、責任を取らない。

 「いってみればアクセルを踏むのも遅く、ブレーキを踏むのも遅い。運転にたとえたら、危なくて乗っていられません」


 実は、三洋時代に当時の収入の倍ほどの給与で韓国のサムスンから誘われたことがある。だが、断った。「サラリーマンを辞めて、またサラリーマンにはなりたくなくて」

少なからぬ友人、知人が韓国へ渡った。韓国メーカーの対日情報収集、勧誘活動の拠点は日本にある「研究所」。
そこから自宅や携帯に、ときには職場にまで堂々とスカウトの電話やメールが飛び込んでくる。
契約は通常2〜3年。韓国に3週間滞在し、1週間の休みで帰国、といった生活パターンが多い。
最初の契約期間で容赦なくふるいにかけられ、能力が不十分と見なされれば契約更新はない。

「韓国や中国の競争力は、ほとんどが日本の技術者からの流出。(焼き畑農業的に引き抜きを続けたことで)めぼしい日本の技術者がいなくなった今は、
中韓にとってもピンチなんです。このままでは彼らの技術力もがた落ち」。雨堤は、そんなふうに現状を分析する。

658 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 17:46:36.55 ID:uulA1zIV0
高校無償化で育ったくせに給料全部使っていいわけないだろうが!
税引き後からさらに8割よこせ

659 :名無しさん@13周年:2013/03/07(木) 21:08:43.40 ID:YI1IdjPx0
現実はトラブルにすらならない特許ばかりで
この戦略会議は何を想定しているのか疑問だよな?

一応、知財に問い合わる。知財が幹部に報告して出願をするか検討する
出願するとなると、面倒だが知財の指導で明細書を書く
画期的な特許なんて極少数 なのに+の低脳が
「特許は会社のもの」なんて発言を見ると笑える

660 :名無しさん@13周年:2013/03/08(金) 04:59:18.63 ID:Q1GTpXCs0
安倍ちゃんGJ!

661 :名無しさん@13周年:2013/03/08(金) 05:08:44.97 ID:CHbj6Iax0
だよなぁ

環境と金さえあれば、じゃあ誰でも発明できんのかと

662 :名無しさん@13周年:2013/03/08(金) 05:15:24.13 ID:6DeG5JWdO
これは研究者の待遇改善とセットでやらにゃあなぁ。

それと、もう少し大学の研究室と企業のマッチングや、研究室での院生への待遇も、国家主導で考えた方が良い。

日本はこの先人件費や高齢化などの問題で、知財をドンドン世界に輸出して稼がないと。
いわゆる、単純労働の質を、生産よりも知財を作り出す方へシフトもしないと。運動実験やらなんやらで。

663 :名無しさん@13周年:2013/03/08(金) 05:21:44.79 ID:chq5YU2H0
何か開発したら、半分位申告して特別賞与の額で
もう半分を出そうかなになるね。
何も出なければ退社して、起業するんだ。

664 :名無しさん@13周年:2013/03/08(金) 05:31:07.74 ID:z9SJ5TOTO
逆に個人に帰属させるべきだろ
企業より発明者の方がレベルが高いんだからな

上の者が多く対価を得るのが問題無いんだよ

タレントと事務所の関係と一緒だ 売れるタレントは事務所のチカラよりタレント個人のチカラの方にあるからね

665 :名無しさん@13周年:2013/03/08(金) 06:13:10.46 ID:chq5YU2H0
ヤクザなタレント業と比較するもんじゃないよ
上も下もない。(開発費は会社から出してる)
技術者は会社に有る程度恩返し(売り上げ)を
したなと感じたら、更に有る物を退社してから
やればいい、様々な妨害があるだろうけれどね。

666 :名無しさん@13周年:2013/03/08(金) 11:33:56.33 ID:e6gRLNiv0
お前らに安倍ちゃんを論破できるはずもないよ
安倍ちゃんは全てを見通してその上で最善の決断をしている

667 :名無しさん@13周年:2013/03/08(金) 11:53:01.75 ID:oXBsUQ/x0
>>666
カルト宗教の信者並の信心だな。

668 :名無しさん@13周年:2013/03/08(金) 12:36:35.63 ID:CL1PQR0x0
現行のままで良いのに、経団連の横暴には、うんざりするわ
こんな議論がされているって政治家なんて知らないんだぜ?
一応、本部長に総理大臣が就任しているけどさ・・・・
それを「安倍ちゃんは全てを見通してその上で最善の決断をしている」
とい頭いかれているだろ?

669 :名無しさん@13周年:2013/03/08(金) 20:13:44.00 ID:P2R6D7RN0
>>1
>従業員には企業に報酬を求める権利を与えることで、

その辺の権利関係に疎い発明者は会社の法学部系などのペテン師に騙され放題では?

670 :名無しさん@13周年:2013/03/08(金) 20:27:36.33 ID:cgHFCRw/P
>>669
いかにも会社勤めに縁のなさそうな人間の台詞だな。

671 :名無しさん@13周年:2013/03/08(金) 20:29:45.40 ID:oPgv7oNG0
>>669
現行法でも
正当な対価を要求できるようになってるんだよね…

672 :名無しさん@13周年:2013/03/08(金) 20:32:53.10 ID:8s06SLK2P
>>659
その「ごく一部の画期的な発明」のためなんだから構わないと思うけどなあ

673 :名無しさん@13周年:2013/03/08(金) 22:47:00.08 ID:DESScMwN0
>>657
【日韓経済】「サムスンに技術を与えて感謝されればよいと思ったシャープ副社長…歪な関係は韓国の為にもならない」[03/07]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1362660169/



【韓国/転職】サムスンから技術だけ盗まれ“用なし”クビ日本人が急増中!?
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1350876954/

【鉄鋼】韓国に売った日本人「実行犯」の告白「技術流出-新日鉄の場合」 [12/12/11]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1355560356/
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/34294

【技術】中国・韓国に「買われた」日本人技術者たち…給料5割増しで引き抜かれても、わずか3年でポイ捨て、その哀れな末路★2[1/7]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1357531889/
【社会】中国・韓国に 「買われた」日本人技術者たち・・・給料5割増しで引き抜かれても、わずか3年でポイ捨て、その哀れな末路★2
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1357528746/
中国・韓国に「買われた」日本人技術者たち 給料5割増しで引き抜かれても、わずか3年でポイ捨て その哀れな末路パナソニック・ソニー・シャープの場合
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/34391

674 :名無しさん@13周年:2013/03/08(金) 22:58:15.70 ID:6zlYQeKU0
完成間近まで会社に所属して研究開発をしてから
独立してもといた会社より先に特許を取得すればいいんですね?

675 :名無しさん@13周年:2013/03/08(金) 23:11:43.59 ID:Kz5/Le240
発明者にメリットないな

676 :名無しさん@13周年:2013/03/09(土) 01:04:35.86 ID:8T5Fj3CK0
【社会】 シャープ・元副社長 「サムスンが技術を盗むから、逆に『感謝してくれるはず』と思って技術を教えた。すると提訴してきた」★2
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1362655004/

677 :名無しさん@13周年:2013/03/09(土) 01:28:11.26 ID:VLzQCEih0
ネトウヨさん的には、これで中国・韓国に特許が流出しなくなると思われるから歓迎なのかな?
まあ頭脳流出は止まらないと思うけど・・・・
逆に職業としてメリットが少なくなった研究者という職業が人材不足になるという
不安についてネトウヨさんは考慮しないのかね?

678 :名無しさん@13周年:2013/03/09(土) 07:44:47.62 ID:vXC6io6i0
いよいよ人材の海外流出が止まらなくなるね。

優秀な人は学生時代から海外に流れていくことでしょう。

679 :名無しさん@13周年:2013/03/09(土) 08:27:01.16 ID:UK5Ds/sG0
これ多分、将来、研究開発者も外国人が増えてくことを見越してる

680 :名無しさん@13周年:2013/03/09(土) 08:36:39.31 ID:vXC6io6i0
日本の無能な経営者は、自分たちを高めて利益を出すという意識などもはや無くて、自民党という
利益誘導マシーンに働きかけることにより生み出された、手軽な目先の利益に飛びつくことしかできない。

681 :名無しさん@13周年:2013/03/09(土) 11:43:11.17 ID:3W+94Tih0
>>677
ネトウヨさんは韓国に嵌りすぎて、
思考や性根が劣悪な方の韓国人化してるからな。

日本が韓国化するのは大歓迎なんだろうて、
ブラック企業とか安倍マンセー自民党マンセー
何をやっても勝ったように偽装すればいいとか、
彼らが罵ってる韓国の悪いところばかりだよな。

210 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.06 2022/04/29 Walang Kapalit ★
FOX ★