5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【政治】小泉進次郎氏に結婚の勧め? 少子化対策で野田氏

137 :名無しさん@13周年:2013/03/03(日) 23:50:13.47 ID:s7xNIJNV0
高校卒業年齢のブスが、東京ではじめにやる作業は、自分が男から嫌われるブスだと、正確に評価することだ。
安売りもだめだし、高売りもだめだし、正確に自己評価することだ。
自分が男から嫌われるブスだとわかれば、早めに「男から愛される夢」を捨てて「男を愛する」ことだ。
富裕層結婚を目指すなら、ブスであっても若さを武器に、
付き合いたい金持ちへ、金品献上、土下座チンコしゃぶりアカなめ等々、意中の男へ得をさせてつながりを求める。
高齢美女と若いブスが金持ち男をめぐって戦争したら、結婚に関しては、「ヘマ」さえしなきゃ、必ず若いブスが勝つ。
ブスなら、自分が積極的に都合の良い女になって、金持ちと信頼関係を作って、夢の結婚をする。
「ヘマ」って何?
若い美人でも、「富裕層を憎悪する不良の背中に隠れたら」、モヤシ金持ちから、その若い美人はフラれる。
戦争でも何でもそうだけど、圧倒的有利なのに、自分がしでかしたヘマで、自滅するケースはある。
ブスが独身で25歳過ぎたら、「絶望プラン」で墓地区画買って、老後生活資金をコツコツ貯める。

男から見ると、女って、年齢を軽視している。女が思っている外見価値よりも100倍以上、若さに価値がある。
化粧品会社や広告代理店が、さも、年齢よりも外見に価値があるとウソ宣伝しているが、実際は若さに価値がある。
日本のことわざで「鬼も十八、番茶も出花」がある。
どんな女性でも、年ごろの18才くらいになれば、それなりの魅力が現れてくるというたとえ。
リアル縁談では、美しさが正義ではなく、若さが正義だ。
私が幼少時、古い白黒日本映画や昭和ドラマの再放送の恋愛のドロドロ物語で「鬼も十八、番茶も出花」のセリフが出る。
最後、商売っ気のないリアルストーリーは、結婚戦争で高齢美人女優が負け、個性派女優の若いブスが勝つ。
でも、平成の時代は、高齢美女に化粧品を売るため、そんなリアリティーを追求したらボツだ。
先人の知恵が詰まったことわざで「鬼も十八、番茶も出花」、つまり、リアル縁談では、美しさが正義ではなく、若さが正義だ。

ブスでも若ければ、人の多い、小金持ちの多い東京で、「ヘマ」さえしなきゃ、必ず富裕層結婚できる。
逆に言うと、ブスが25歳過ぎたら、どんな最善手を打とうが、恋愛結婚は不可能だ。

63 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)