5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【iPS移植】「森口氏と連絡取れず」=特任研究員で勤務の東大病院

81 :名無しさん@13周年:2012/10/13(土) 00:01:47.92 ID:b83GzLqhP
http://www29.atwiki.jp/medical/pages/83.html

>2006年02月28日
>副作用が問題となっている肺がん治療薬「イレッサ」(一般名ゲフィチニブ)が効くかどうかを決める遺伝子の変異を
>森口尚史・東大先端科学技術研究センター助教授らがほぼ特定した。
> 延命効果を期待できる患者は、この遺伝子変異がある人か、非喫煙者に絞られるという。
>無駄な投薬の回避につながる可能性がある。英医学誌「ランセット」に発表した。
> 同センターとソウル大医学部、東京医科歯科大の共同研究で、対象患者は、韓国人、中国人、台湾人計135人。
>腺がんなどの非小細胞肺がんの進行期にあって、他の薬物療法で効果が得られずにイレッサを使った患者を抽出し、
>個々のデータを詳しく分析した。

「同センターとソウル大医学部、東京医科歯科大の共同研究」
「同センターとソウル大医学部、東京医科歯科大の共同研究」
「同センターとソウル大医学部、東京医科歯科大の共同研究」

>東大先端科学技術研究センター
ここの論文ぜんぶ調べ直した方がいいなw
捏造なら大スキャンダルになるぞww

ランセット
http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736%2806%2968063-X/fulltext

東大先端研
http://www.lsbm.org/news/2006/0131.html

244 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)