5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【政治】 大日本帝国憲法復活請願 「東京維新の会」が賛成-都議会★5

1 :依頼729@九段の社で待っててねφ ★:2012/10/06(土) 21:41:30.25 ID:???0

 橋下徹大阪市長の「日本維新の会」と連携し、9月に結成した都議会新会派「東京維新の会」

 (民主・自民を離党した3人で構成)は4日の都議会第3回定例会最終本会議で、現行の
日本国憲法を無効とし、戦前の「大日本帝国憲法」の復活を求める時代錯誤の請願に賛成しました。

 請願は日本共産党、民主党、自民党、公明党、生活者ネット・みらいなどの反対で不採択となりました。

 請願は、天皇を元首として無制限に権力を与え、国民を「臣民」として、自由と権利を抑圧した
大日本帝国憲法を美化。「我々臣民としては、国民主権という傲慢(ごうまん)な思想を直ちに放棄」して、
日本国憲法を無効とし、

 大日本帝国憲法は現存するとの都議会決議を求めています。

 また、東京維新の会は、都内在住外国人への生活保護支給の減額・廃止を求める陳情に賛成しましたが、
反対多数で不採択となりました。

ソース しんぶん赤旗
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-10-05/2012100502_02_1.html
前スレ (★1が立った日時 : 2012/10/05(金) 12:45:01.94)
【政治】大日本帝国憲法復活請願 「東京維新の会」が賛成-都議会★4
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1349447717/


2 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 21:41:38.94 ID:2U7Go/760
>>1
週刊西田 一問一答「現憲法無効論を主流にできるのか?」H24.9.25
http://www.youtube.com/watch?v=8dd2NTF5--s
http://www.nicovideo.jp/watch/sm18970929

3 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 21:45:14.02 ID:KGEwPVLv0
さっそく在日系工作員が浸透か

4 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 21:45:30.20 ID:FD/1htMV0

かわいい韓国の女子高生
http://hebe.fuma-kotaro.com/2012/0117_01.html

5 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 21:46:11.81 ID:YTW0Jfrt0


日韓協力委員会会長代行 

麻生太郎

平成24年 新年ご挨拶 麻生太郎会長代行
http://www.jkcc.asia/1TOP/JKCC_Top_topic_2012.01.01aisatsu.html


韓国ハンナラ党代表団が中曽根康弘会長を表敬
http://www.jkcc.asia/1TOP/JKCC_Top_topic_chon.html





6 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 21:46:16.41 ID:pgeRyvW90
最新2ch用語解説「糞青」「ネトウヨ」「ネチズン」

糞青(中国) = 元は憤怒青年、その略称の憤青の意味。左翼的である。憤怒青年、憤青自体は本来は国を憂う者と
いう名誉的な呼び名であるが、現在のネット上においては急進的で排外的な思想を持つ者に対し、嘲笑の意味を込め
憤と同じ発音の糞の文字を使い糞青と呼ぶ。20〜30代、低所得者、男性に多い。民族主義、排外主義的傾向を強く持ち、
日本、アメリカを敵だと公言する。自分たちの程度の低さから中国国内でも嘲笑の対象とされているが、一部の糞青は
自身らを嘲笑する者たちのことを本気で日本人工作員だと思っている。これがまた糞青が嘲笑される一因となっている。

ネトウヨ(日本) = 主にネット上でしか見られない自由民主党の熱烈支持者である。右翼的である。20〜30代、
低所得者、男性に多い。民族主義、排外主義的傾向を強く持ち、中国、韓国を敵だと公言する。民主党のことをミンスと
呼び、自民党の都合の悪い部分は完全スルーできる能力を持っている。関係のない話題を話しているときも唐突に中国や韓国の
ことを語り始め、コミュニケーション能力の低さを露呈する。自分たちの程度の低さから日本国内でも嘲笑の対象とされて
いるが、ほぼ全ての(この点においてネトウヨは糞青よりも低質である)ネトウヨは自身らを嘲笑する者たちのことを本気で
中国人工作員、もしくは韓国人工作員だと思っている。これがまたネトウヨが嘲笑される一因となっている。

ネチズン(韓国) = ネット上でみられる韓国政府、韓国そのものへの熱烈支持者である。中国にも日本に対しても
劣等感を持つが、中国に対しては媚び、日本に対しては威圧的である。ネットしていない国民の大部分も
ネチズンと同様の思想を持つ。韓国人や韓国を取り巻く数多い劣等感から逃避するために妄想力が発達している。
彼らには国内には窘めてくれる敵対勢力がないため国を挙げて反日活動、反米活動を行い、国際社会から顰蹙を買っている。
これは異常なことであるが自国の国民全員が糞青やネトウヨだったらを想像すると理解が容易である。

7 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 21:47:31.69 ID:TK79/4oy0
石原慎太郎 東京都知事
http://goo.gl/1KKCB 
日本維新の会に合流した国会議員を酷評(笑)
橋下代表が可哀想すぎる。

8 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 21:48:30.82 ID:C9V+E/eh0

★☆★☆★☆★  閣議決定された 『 人権救済法案 の 反対”請願署名 』 (国会提出) ” ★☆★☆★☆★

<期限:10月15日(金)> 自民党議員に国会提出してもらう署名です。     *署名方法が、いつもと違います。

「人権侵害救済法案の廃案を訴える日本国民の会 公式WEB」←で、クリック! *どうかお願いします。 m(._.)m

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


9 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 21:48:49.40 ID:GtqxZlxw0
これは素直に評価したい



帝憲って、ガチガチの中央集権だろ
売国奴大阪維新と対立できないなら、単なる売名行為だな

10 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 21:49:24.53 ID:2U7Go/760
>>7
石原都知事「日本国憲法と称する怪しげな法律体系は廃棄すべし。国民は必ず是とする」 都議会で明言
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1339603269/

動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm18086600
http://www.youtube.com/watch?v=EIVy0pvfADM

文字起こし
http://www.gikai.metro.tokyo.jp/record/proceedings/2012-2/03.html#14

11 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 21:50:03.31 ID:yxdmAje30
>また、東京維新の会は、
>都内在住外国人への生活保護支給の
>減額・廃止を求める陳情に賛成しましたが、
>反対多数で不採択となりました。

誰が反対してんだ?

12 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 21:50:57.35 ID:cx5LemWg0
陛下の赤子を無駄に殺したのは誰じゃ!

13 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 21:51:46.68 ID:u/385IQl0
>>5
ID:YTW0Jfrt0
キムチ食って寝ろ!

14 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 21:52:14.40 ID:sgf80Rcn0
>>1幹部が暴走してもう一度,無謀な戦争を引き起こせば確実に最高権力者たちをを葬り去ることができる好機。




15 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 21:54:04.37 ID:lnmrHNNh0
大日本帝国復活させようぜ

16 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 21:58:34.30 ID:2U7Go/760
>>15
『帝国憲法復原改正』すれば可能。
http://www.amazon.co.jp/dp/4904840046

大日本帝国憲法現存論講義 弁護士 南出喜久治
http://www.youtube.com/watch?v=juKb3YruwOY&list=PL32A3C431067846B2

大日本帝国憲法現存論(質疑応答編)南出喜久治
http://www.youtube.com/watch?v=pfRWj-geWOg&list=PL02909E3FE8E12181

17 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 21:58:44.84 ID:VJ2zkqVJ0
流石にこれはご冗談をだろ、治安維持法であうあうwww

18 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 21:58:58.98 ID:YBKahDO90

★重要

http://pds.exblog.jp/pds/1/201006/20/01/c0072801_0572119.gif


19 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:00:36.34 ID:nkf0F3/G0
単に占領憲法を破棄すればいいだけの話
復活とかじゃないよ
日本国憲法を破棄すれば単に前の憲法に戻る
つまり大日本帝国憲法に戻る
その時点で今の日本に合わせて大日本帝国憲法をイロイロ改正すればいいだけ
別に今の時代に大日本帝国憲法を遵守せよという話ではない



20 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:00:53.37 ID:GtqxZlxw0
>>13
いい加減に夢から醒めようよ
キミたちの麻生は韓国大好き人間なんだ・・・

>>15
本家橋毛主席が聞いたら、憤死しそうだなw
これについては、東京維新を応援したい

21 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:00:55.25 ID:2U7Go/760
>>17
憲法と法律とは別けて考えるべきだろ。
人権侵害救済法案が制定されそうな日本国憲法なるものはどうなんんだ?

22 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:03:32.42 ID:GtqxZlxw0
>>19
取り敢えず男女平等は廃止だな

これが売国奴・亡国の温床

23 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:03:59.52 ID:aCRbJAt40
維新だから帝国憲法。わかりやすいバカ。維新の会のイメージガタガタだな

24 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:05:50.39 ID:nHJ1Yz0/0
朝生に西田が出ていてこれを訴えていたが電波扱いされて
みんなから嘲笑されていたな。もう二度とこんな電波呼ぶなみたいな空気になっていてワロタw

25 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:06:11.14 ID:2U7Go/760
追加ソース

総務委員会速記録第十一号
ttp://www.gikai.metro.tokyo.jp/record/soumu/d3010242.html

26 :橋下はもう終わり :2012/10/06(土) 22:09:33.73 ID:qfwNwZez0
戦前の軍国主義者の正体は極左勢力で、日本を英米と戦わせ、破滅させ、
共産化させようとするコミンテルン協力者の策謀による誘導が影響している
 ↓
大東亜戦争と「開戦責任」―近衛文麿と山本五十六 [単行本]
中川 八洋 (著)


この連中の動きはそうした謀略の匂いがぷんぷんとする
極右勢力の正体は極左勢力であることが多い
よ〜く正体を確かめる必要がある



27 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:09:56.62 ID:Yt38sf2d0
               / /
             ,  -― (  /
         /: : : :-=千</ ̄>
         /.:.:.:.: /.:.:.:.:.:/.:∧`ー<
        ,'::::/::::/::/⌒イ::/ |:l_:::::::ヽ
       /::::,':::: W|/ j:/  j∧`::: ハ _____     動かせ日本!共産党
        レl(|::::: | (●)    j::/:/::::|       \
        l/|::::: |     (●ん|/∧|⌒  ⌒   \   時代が共産党を見つめている(キリッ
         lヘ:: ト、  `‐'-'  ノ::::: / (●) (●)    \
          _ム:|-f`_r―ァ≠!:::::/   (__人__)      | 
        /=、\「`}ヽ// j/ \  ` ⌒´     _/
         (   \{: リ ∧.     |           \
        ノ  _,}V/ }     | |        |  |
 ――――〉彡={レ'=ミ、{―――┴┴―――――┴┴――

まるごと紹介!一気に見せます共産党!
http://live.nicovideo.jp/watch/lv107738036

【政治】大日本帝国憲法復活請願 「東京維新の会」が賛成-都議会
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1349408701/
【政治】大日本帝国憲法復活請願 「東京維新の会」が賛成-都議会★2
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1349415152/
【政治】大日本帝国憲法復活請願 「東京維新の会」が賛成-都議会★3
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1349428063/
【政治】大日本帝国憲法復活請願 「東京維新の会」が賛成-都議会★4
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1349447717/
【政治】 大日本帝国憲法復活請願 「東京維新の会」が賛成-都議会★5
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1349527290/



28 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:10:24.74 ID:GtqxZlxw0
>>23
バカはオマエだろ
帝憲は日憲よりよっぽどマシだ

>>24
キチガイから嘲笑されるのはかえって勲章だわ

29 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:11:03.41 ID:2U7Go/760
>>27
日本共産党曰く「防衛戦争は正しい戦争だ!」
http://www.youtube.com/watch?v=T-ztriNG6hc&list=PL5161E1894B02FD28#t=04m41s

30 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:11:40.70 ID:FpcSI/td0
俺、右派思想だし左翼には消え去ってほしいと思うけど、
軍国主義を求めてるんじゃねーんだよな。
ただ、普通の国になってほしいだけ。

31 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:12:43.21 ID:nHJ1Yz0/0
>>28
もう二度と西田は朝生に出れないだろうな
聖徳太子のおっさんみたいに

32 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:14:43.94 ID:nkf0F3/G0
日本人が日本国憲法を後生大事に抱えているのは
他者から与えられたものだからではないだろうか
お歳暮やお中元をみると日本人は贈答が好きだし、
お土産でもらった変なものとか捨てられない習性があるだろ



33 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:15:58.80 ID:GtqxZlxw0
>>31
思えば売国奴ばかりだな、あの番組は
死んだ渚なんか、酷かった

34 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:16:29.24 ID:iPVSG0xA0
なんだかんだで使い勝手がよかったからじゃないの?

35 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:17:51.56 ID:bOqby+Q70
>>15
そうしたらウリをまた併合してもらうニダ

36 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:19:27.74 ID:5JKr0kER0
>>30
帝国憲法は軍国主義ではないよ
19世紀に軍国主義という思想はないし

37 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:19:44.16 ID:YoizmEW60
>>30
2chで言う普通とは戦中の体制のこと

38 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:20:37.70 ID:oxeylVav0
パフォーマンスとリップサービスしかできねー政党とかいらねーよ
政党助成金泥棒が
ペッ

39 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:20:46.41 ID:yMgTAgDS0
売国左翼を潰したいだけで特攻させて若者の命を無駄に失くすようなキチガイ軍国主義になってほしいんじゃねーんだよ。

40 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:21:38.17 ID:/PzmB/fw0
大日本帝国憲法は時代錯誤ではあるが
日本国憲法も時代錯誤だぜ

41 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:23:34.37 ID:5JKr0kER0
>>34
使い勝手が悪くても改正のハードルが高すぎる
解釈で誤魔化した方が早いから改正しないだけ

42 :橋下はもう終わり :2012/10/06(土) 22:23:56.41 ID:qfwNwZez0
近衛という基地外が日中戦争を起こし、
あとは日米戦争への突入を止めようもなくなった。
こいつらが台頭すると同じような歴史を繰り返す可能性がある。
対中防衛は重要だが、それは現行憲法9条でいける。
こいつらの言い分は違う。日中戦争を引き起こす可能性大。
直観だがこういう危険なにおいのする人間は
大きくなる前に徹底的に叩き潰すのが安全だと思う。
弐度と立ち上がれないように、撲滅するしかないと思う。



43 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:24:09.90 ID:K+gYSiY/P
いや、さすがにアホだろ
帝国憲法の欠点が昭和を破滅させていることも知らずにこんなこと言っているのかw

44 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:24:20.92 ID:YBKahDO90

★重要

http://pds.exblog.jp/pds/1/201006/20/01/c0072801_0572119.gif


45 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:24:31.28 ID:nkf0F3/G0
要するに日本国憲法はアメリカが作った占領憲法
大日本帝国憲法は日本人が自前で作った憲法
憲法自体の良し悪しでなく、
自前のに一回もどそうよ、って話だよ



46 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:24:38.79 ID:mC6BtIEGO
帝國憲法復元→改正は当然だが、ニホンコクケンポーに仕掛けられた左翼思想を全て空文化し、骨抜きにしないと、今と同じ事の繰り返しになる、左翼思想で帝國憲法を解釈されたら何にもならん。

47 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:25:26.18 ID:Yt38sf2d0
【赤旗】橋下市長 “企業献金受けとる”
           早くも「維新八策」と食い違い
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-09-11/2012091101_03_1.html
 国政新党「日本維新の会」を近く結成する「大阪維新の会」の橋下徹代表(大阪
市長)は10日、市役所で記者団に対し、次期総選挙資金に関して、企業献金を受
ける意向を示しました。

 「『日本維新の会』として企業献金は受けないのか」との質問に、橋下氏は「選
挙はただではやれない」「国民が選挙で寄付をしてくれる文化はない」と述べ、
「受け取らないというのなら、どうやって選挙をするのか」と居直りました。

 「維新」側が新党の「綱領」だという「維新八策」では、「企業・団体献金の禁
止」を掲げていますが、早くも「八策」とは食い違う発言をした格好です。


48 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:26:09.69 ID:u/385IQl0
日本国憲法 = ユダヤ憲法
日本国憲法がなぜダメなのか? 一般的によく言われる
「アメリカに押しつけられた憲法 日本人の手で作ろう」
「もう戦後67年・・・古い」
それもその通りなんだが、
ひと言で言えば国家転覆のための「革命憲法」

王政国家で壮絶な迫害を受けてきたユダヤ人が国家転覆のために
考えに考えて編み出し、フランス革命で国家転覆を実現させた手法。
『自由と平等』この永遠に相反する "水と油" の感情を
情念として一般大衆に流布すれば、それを求めて
人々は熱くそれを求めて熱狂し、国民はまとまることなく
やがては内乱を起こして国滅びゆく。
そのユダヤの革命憲法を丸写ししたのが「日本国憲法」
日本国憲法には一貫して
○○の自由、○○の自由と連呼され、その一方では、
"機会の均等"や"公共の福祉に反しない限り"と注釈される。
自由を求めれば平等が傾き、平等を求めれば自由が傾く。
この世に完全な自由も平等も無い。それが神道や仏教に根づいた
日本古来の感覚だ。
日本国憲法を読めば、
世界最低の民族として世界中で迫害され続け、逃げ続けてきた
ユダヤ人の被害者意識と奴隷民族としての血の叫びで満ちている。
日本人の感覚、民度とはまったく異質な日本国憲法。
敗戦後の日本を決して1つにまとまって
立ち直らせないために与えられた。
今でも日本国が存在しているのは、ひとえに日本人が野放図に
自由も平等も求めない理性、バランス感覚、民族性の高さゆえだ。





49 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:27:02.55 ID:GAyfv8J10
都内在住外国人への生活保護支給の減額・廃止を求める陳情に賛成です

50 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:28:29.09 ID:2+dj7AZ00
日本の軍国化を許すな

51 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:28:36.53 ID:2U7Go/760
>>41
改正ハードルの高さ自体は、国民投票の有無を除けば
占領憲法も帝国憲法も大差無い。

但し帝国憲法は其の儘では時代に合わないのは皆解っているから
改正手続きは占領憲法よりもスムーズに行く筈。

52 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:29:32.56 ID:Yt38sf2d0
63年前の憲法制定議会で 【国・民・主・権】 を主張したのは、共産党だった

【帝国議会会議録 検索システムより転載】 http://teikokugikai-i.ndl.go.jp/
憲 法 制 定 議 会    昭和21年06月28日 衆議院  本会議場
―――
○野坂參三君(續) それから此の問題に付てもう一言はつきりと御聽きしたいことは
政府の眞意は何處にあるのか、一體主權が國民の手にあるのか、天皇にあるのか、之を
此處で胡麻化さずにはつきりと言つて貰ひたい、何故此の問題を此のやうにして曖昧に
されるのか、是が私達には分らない
 それから其の次には此の憲法草案と英文との間に若干の相違がある、是は既に雜誌の
上でも或る人が指摘して居りますが、憲法前文の中に「國民の總意が至高なものである」、
是は英文ではどうなつて居るかと言へば、「ソヴァレーンティ・オブ・ザ・ピープルス・ウィル」、
詰り人民意思の主權、斯う云ふ風になつて居る
○議長(樋貝詮三君) 靜肅に
○野坂參三君(續) 是でははつきりと、人民の手に主權があると云ふことを書いて居る、
どうして斯う云ふやうな、はつきりしないやうな、「國民の總意が至高」と云ふ風な言葉を
使はなければならないか、何故此の英文と同じやうに使ふことが出來ないのかどうか、
(中略)  それから御聽きしたいことは、一體此の日本文と英文とどちらが正しいのか
(「そんなことが分らないのか」と呼ぶ者あり)日本文が正しい、我々は……(發言する者あり)
日本文が……(發言する者多し)日本文が、勿論原文です
○議長(樋貝詮三君) 靜肅に願ひます──靜肅に──靜肅に──靜肅に──願ひます
  〔「取消せ」と呼び其の他發言する者多し〕
○野坂參三君(續) 英文だけを見ると如何にも民主的である
  〔「取消せ」と呼び其の他發言する者多し〕
〔國務大臣金森徳次郎君登壇〕
○國務大臣(金森徳次郎君) 現行の憲法は民主主義憲法なりや否やと云ふことに付きまして、
目下行はれて居りまする裁判の關係に於ての外國の人の言葉を引用して、之を是認するか否か
と云ふ御尋ねでございましたが、此の場合、特殊な場合に特殊な人が用ひられたる言葉を批判
的に論議致しますることは避けたいと存じます(拍手)
 (引用・転載 了)



53 :橋下はもう終わり :2012/10/06(土) 22:31:23.79 ID:qfwNwZez0
戦前の軍国主義者の正体は極左思想家だった。
日本を中華民国および英米と戦争させ、負けたあとを共産化するという
コミンテルンの策謀に協力していたバカどもだ。
近衛文麿という基地外左翼思想家が日中戦争を起こし、
あとは日米戦争への突入を止めようもなくなった。
こいつらが台頭すると同じような歴史を繰り返す可能性がある。
対中防衛は重要だが、それは現行憲法9条でいける。
こいつらの言い分は違う。日中戦争を引き起こす可能性大。
保守を強くし右翼・左翼を叩くのが、王道だ。
直観だがこういう危険なにおいのする右翼は
大きくなる前に徹底的に叩き潰すのが安全だと思う。
二度と立ち上がれないように、撲滅するしかないと思う。

【参考文献】
大東亜戦争と「開戦責任」―近衛文麿と山本五十六 [単行本]
中川 八洋 (著)  弓立社



54 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:31:41.66 ID:Yt38sf2d0
>>29

◆保守論客が、決・し・て・口・に・し・な・い、日本国憲法生みの親の素顔
「治安維持法逮捕者 第一号」が、「国体」を変革したのが面白くないらしい。

◆鈴木安蔵  日本国憲法の間接的起草者。
http://tamutamu2011.kuronowish.com/suzukiyasuzou.htm

 憲法研究会の役割については、『憲法制定前後』(鈴木安蔵著、青木現代叢書)、
『新憲法の誕生』(古関彰一著、中公叢書)などに詳述されているが、古関独協大
学法学部教授はこの中で「憲法研究会案とは、自由民権期の憲法思想が、半世紀に
わたる弾圧と苦闘のあとで、高野と鈴木の2人の歴史の継承者を通じて復権を果た
したことを意味する」と記している。

 また、1958(昭和33)年に憲法制定過程を調査するため、渡米した衆議院
の憲法調査会高田富之委員(日本社会党)に対してラウエルは、「1945年12
月中ごろ、日本の私的なグループの間で作られた憲法改正案がGHQに提出された。
これを英訳して私がコメントを書いた。GHQ民政局側は、この案からヒントを受
けた」と証言している(高柳賢三、大友一郎、田中英夫編著『日本国憲法制定の過
程I・II−有斐閣 1972年』=松山大学図書館蔵書)。

----------
日本国憲法の誕生 (国会図書館)
http://www.ndl.go.jp/constitution/gaisetsu/00gaisetsu.html



55 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:33:42.06 ID:w1P2b0n70
ここの住人ですら戦前日本が狂った軍国主義だと思い込んでるのに一般人が賛同するはずがない
やるなら改正なり新たに制定するなりが普通だろう
大政党になれそうもないから少数の議席確保の為に一部のバカ向けのパフォーマンスを始めたか

56 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:34:23.69 ID:nkf0F3/G0
別に大日本帝国憲法じゃなくてもいいんだよ
聖徳太子の十七条憲法でも良い
憲法なんてそんなもんでいいんだよ
国の姿勢が書いてありさえすればそれでいい
日本国憲法はその肝心の国の姿勢というものがメチャクチャ
占領軍が作ったからというより無知なバカが作ったから


57 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:35:52.60 ID:FI2/dIuY0
およそ歴史的な過去の事実について「無効」というくらい
バカげていて無効なことはない。
起きちゃった事実は取消ようがないではないか?
作家が間違った文章を書き改める事が出来るのとは違う。
およそ小説家なんて仮想世界で生きてるから現実の世の中を
知らない。
「覆水盆に還らず」
「溢れたミルクを嘆いても始まらない」
日本国憲法は既に66年の実績がある。
実績は言葉では取り消せない。
憲法改正はできても憲法無効はない。

58 :橋下はもう終わり :2012/10/06(土) 22:36:22.74 ID:qfwNwZez0
戦前の軍国主義者の正体は極左思想家だった。
日本を中華民国および英米と戦争させ、負けたあとを共産化するという
コミンテルンの策謀に協力していたバカどもだ。
近衛文麿という基地外左翼思想家が日中戦争を起こし、
あとは日米戦争への突入を止めようもなくなった。
こいつらが台頭すると同じような歴史を繰り返す可能性がある。
対中防衛は重要だが、それは現行憲法9条でいける。
(ただし集団的自衛権の導入については改正が要る。)
こいつらの言うように旧憲法までいけば日中戦争を引き起こす可能性大。
保守を強くし右翼・左翼を叩くのが、王道だ。
直観だがこういう危険なにおいのする右翼は
大きくなる前に徹底的に叩き潰すのが安全だと思う。
二度と立ち上がれないように、撲滅するしかないと思う。

【参考文献】
大東亜戦争と「開戦責任」―近衛文麿と山本五十六 [単行本]
中川 八洋 (著)  弓立社



59 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:36:43.68 ID:YoizmEW60
>>56
なにそれ食えるの?

60 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:40:22.69 ID:h5V9MfJX0
こういうことを言い出す人たちがいるだけで、時代が変わったなという気がする。
80年代なんて、9条改正を言い出すだけで街宣右翼と同類扱いだったからな。
実際、このスレも伸びていて、賛否両面から関心が深いみたいだし。
大日本帝国憲法の現状に合わせた改正案を見たい。
誰か学者や政治家で、作った人はいないのかな?
「〜案」とかいって、名を売るチャンスだとも思うんだけど。

61 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:42:31.00 ID:5JKr0kER0
>>60
俺のお勧めはこれ

http://seisaku.sblo.jp/category/215071-1.html

62 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:42:42.51 ID:WCXjvgobO
こんな時代だからこそ治安維持法が必要

63 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:46:13.78 ID:kzLLNiLc0
石原は戦争利権が欲しいだけだろ?
一ツ橋卒として今でもM菱重工とつながっているから。

64 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:48:34.14 ID:FI2/dIuY0
>>60
文部省発行「あたらしい憲法のはなし」がおすすめだね。
中学一年生用の教科書だから説明がわかりやすい。


65 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:49:18.68 ID:awU2M2Z40
完全に頭狂ってるわwww

66 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:51:25.77 ID:1x+Xww+60
どこの戦後が戦中に戻りたいんだか

67 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 22:57:56.54 ID:n1RlwDlm0
もう戦争はやめとけ。

今度は在日も反日外人も紛れ込んだ自衛隊が
活躍するとでも思ってるのか。

いいかげん
同じレベルで国とりゲームを
ループさせるのはやめて欲しいもんだ。

こういうときにかぎってまた親米在日疑惑の石原が
でしゃばるんだよなぁ。。


いつも市民が犠牲になるんだから
いいかげん帝国とかと言うふるい亡霊は捨て去れ

つかレトロ過ぎだからw

68 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:01:19.79 ID:5JKr0kER0
軍国主義はアレだが、今の社会保障法や労働法ができたのも戦中だぜ
自由主義や民主主義が機能していた時代は、資本家の力が強いから貧困層の人権は保障されていなかった

69 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:03:33.01 ID:5JKr0kER0
>>68
ちなみに日本で最初にできた全国規模の労働組合は「産業報国会」
教科書だとなぜか大政翼賛会と同じみたいな記述になってるが

70 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:04:52.85 ID:QBVhsBzc0
パンツ橋下
           __
         イ´   `ヽ
       / /  ̄ ̄ ̄ \
     /_/           \_
    /_/      ∞       \_
    [____________]
 /川川川川川川川川川川川川川川リ、
. 川川川川川川川川川川川川川川川リ、
/川川川川川/ ヾ川川川川川川川川川
川川川川川リ,,,,,, 川 川川川川川川川リ
川川川川川 ゙゙゙ヾ;; 川  ;;゙゙゙゙ヾ川川川川リ、
川川::::  ,.-tナ.、::::    ,.-tナ..、  川川
川川::::    ̄ ̄ ::::      ̄ ̄   .川川
川川::::      ::::             川リ
ヽヾリ::::::::     ( __  __ )      .ア/
 ヽ_!::::::::::      ` `´ ´      ::|ノ
  ヾ!::.. ::.....   _  _  ::    ::/
   ヽ:::.. ::::  ̄_ ̄_ ̄ ::.. ...::/
    \::::...     ̄    ...::::/
      \::::::::.......................:::::::/

道徳にうるさい東京女はダメでも、不道徳な大阪女はボクの中出し不倫を笑って許してくれてるよ。
選挙でも、不道徳で中出しセックス大好きな大阪女は必ず維新に投票してくれる。
いずれ東京も不道徳な大阪人の支配下にしてやるから、覚悟しろ!

71 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:05:55.85 ID:FI2/dIuY0
おもろいこと見つけた。
憲法は最高法規だから憲法を替えると現行法律等が
その憲法と矛盾しないか見直す必要があるがその規定の仕方が
現行憲法と帝国憲法で許容・禁止が逆なんだね。
日本国憲法第98条
この憲法は国の最高法規であって、その条規に反する法律、命令、
詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を
有しない。
帝国憲法第76条
法律規則命令又は何らの名称を用いたるに拘らずこの憲法に矛盾
せざる現行の法令は総て遵由の効力を有す。

まぁ結果としては同じことだけどね。

72 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:06:06.49 ID:YG68r1PX0
これはひくわ

73 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:06:29.12 ID:vh2yJF3v0
もう、世襲制の天皇など担ぎ出したくない
裕仁・昭和天皇で懲りただろ
傀儡で満足してくれればいいが、なかには勘違いする天皇もでてくるってこと


74 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:07:36.74 ID:0JzEc9HrO
何で新憲法じゃなくて旧憲法の復活なんだよ!!
アホかコイツらは!!
こんなもん時代錯誤と世界中から叩かれるわ!!
コイツら亡霊どもを徹底的に叩き潰すぞ!!

75 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:08:33.19 ID:F6VHCoW20
>>60
1990年代までは酷かったな。
南京大虐殺はなかったとか言ったら、一般人に袋叩きにされる時代だった。
2000年過ぎたころから次第に流れが変わってきた。

76 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:08:38.78 ID:2U7Go/760
>>60
今の、改憲論者が無効論者を言論の場から退けようとする構図は、
嘗て、護憲サヨク勢力が改憲論者を言論の場から退けていた構図そっくりだよね。
軍国主義ダー人権弾圧ダーとか感情的に反撥しているところとか。

77 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:10:44.68 ID:P3mYm29S0
担ぎたくないのは鳩山や管や野田であって、
天皇がなければあれらが日本の国家元首になっていたところだ。
天皇がおられてよかったと素直に思う。

78 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:11:09.79 ID:zvU2d7V60
これって民主主義国家じゃなくなるってこと?

79 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:13:38.85 ID:L+4wiyD80
今は明治憲法が停止されて、占領体制にあわせての
急しのぎの憲法もどきが占領後もそのまま使われると
いう異常な時代に自分が生きていることは慙愧にたえ
ない。恥ずかしいとも思う。

80 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:14:16.65 ID:0JzEc9HrO
>>78
軍政になると言うことで、現代の普通の国とはまったく違う方向性

81 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:14:28.21 ID:tH3+ErkS0
外国人に生活保護を支給する意味がわからない
法律によるのだとすればの当時の立法趣旨を聞きたい
単に強制送還して入国禁止にしておけばいいだけだと思う

82 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:14:34.11 ID:F6VHCoW20
>>74
イギリスなんてはるか昔の法律を普通に運用してたりするわけだが。
建前上は、国のすべてが女王の所有物らしいぞ。
時代錯誤とか言うなら明治憲法よりもっと時代錯誤だろ。
でも叩かれてなんかいない。

83 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:14:54.34 ID:zUVeDMBX0
ここはキチガイスレか?

84 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:15:58.79 ID:nrK1NiLl0
>>19
>単に占領憲法を破棄すればいいだけの話

昭和21年2月13日、先に提出した「憲法改正要綱」に対する回答を聴取
するためGHQを訪れた松本国務大臣と吉田茂外務大臣は、ホイットニー
から「マッカーサー草案」を手交された
この時、ホイットニーにより、GHQ草案を受け入れないのであれば、

「この案を“国民投票”に掛ける」

旨宣告されてしまったw
ここに至り万事は休し、日本政府はGHQ案を受け入れることとなったが、
おかげで日本国憲法を押し付け憲法と言い張る道を得た事にはなる

てゆーか、こいつら後で押し付け憲法の言い掛かりでゴネるつもりだったねw
そもそも、複数の選択肢を示され自らの選択でGHQ案を呑んだ以上、その
時点で既に「押し付け憲法」ではないw
GHQ案がいやなら「国民投票」の選択肢もあったんだからね
GHQ案を押し付け憲法呼ばわりする以上、回避する理由もなかったはず

、、、あ、ごめ〜ん。回避理由はあったねえw
国民投票やっちまえば押し付け憲法の言い掛かりつけられねえもんなw

85 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:16:21.01 ID:7AWZK6DI0
経済も戦争
弱肉強食の帝国主義的なやりかたをしとけばよかった
G5が影響力を持ってた時代にね

86 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:17:28.07 ID:FI2/dIuY0
帝国憲法なら民主主義国家ではなく立憲君主国家だね。
国歌統治主権は天皇にある。
軍隊を使って戦争が出来て兵役の義務もある。
国民の人権は法律で許された権利だけが与えられる。

87 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:19:12.59 ID:5JKr0kER0
>>86
主権の所在は民主主義かどうかとは関係ないぜ

88 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:19:28.38 ID:0JzEc9HrO
>>78
それは英国政府がそれで失敗していないからだ
日本は旧憲法下で敗戦に陥り失敗した
失敗作を再び繰り返す進歩のないバカな国に貶めてたまるか!

89 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:19:54.42 ID:ZmoASdBkO
これは恥ずかしいな

90 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:20:16.76 ID:2oRYzyFf0
2000年近く続く世界最古の王 | 皇家だからな。
この国と民が連綿と続いてきた証しとして、今後とも存続させるべきだが、憲法はなぁ。
現行憲法の修正使用と、どっちがコスパが高いかって話になる罠。

91 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:22:37.93 ID:zUBOckug0

パンツをはいた低脳ザルの橋下の子分の知能レベルは、サル以下のようだな

パンツをはいた低脳ザルの橋下よ、維新八策の弱肉強食化策のために雌ザルが恐れて
お前のサル山に雌ザルが近寄って来ないじゃないか、これじゃ橋下ベイビーは作れんわな

国内の法規制・関税は、古来より強者と弱者、大と小が共存共栄するために考え出した人類の知恵だわな
これを否定する大バカヤローのコスプレ大好きの橋下は弱肉強食時代に戻りたいアホだから、
サファリパークのライオンの檻の中にでも入れてやって弱肉強食の恐怖を思い知らせてやれ

今一番に取り組むべき重要課題は、消費増税・TPPではなく、円高対策だわな

「円高」が国内産業空洞化を促進し、雇用・税収を減少させる主要因だぞ
円高を放置する無能なノータリン政権でTPPに加入したら
日本がアメリカ合衆国の1つの州になりさがるようなものだぞ

       ,..--‐‐‐‐‐‐‐‐---..  アメポチ操り人形の官僚原稿ボー読みノータリン総理よ
      /::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)  TPP加入で国内に外来種が大増殖し、ドジョウが死滅するぞ、バーカ
      ∩::::::::/        ヽヽ
     ||:::::::::ヽ ........    ..... |:| TPP加入で、"安全・安心"な国内農産物が減少して国内自給率が低下し
     ||::::::::/     )  (.  .|| いざというときに、外国から兵糧攻めにあったら、降参するしかないぞ
     /〔.| 」 -=・=‐  .‐=・-.|  
    〔 ノ´`ゝ  'ー-‐'  ヽ. ー' | TPP加入で外国の有害農薬入り・遺伝子組換農産物だらけになるぞ
    ノ ノ^,-,、   /(_,、_,)ヽ  | 
   /´ ´ ' , ^ヽ / ___    .| TPP推進で大企業をスポンサとするマスゴミが金稼ぎのために
   /   ヽ ノ'"\ノエェェエ>   |   TPP反対の議員は農民票目当てだと偏向キャンペーンしているが
   人    ノ\/ー--‐   /|:\_ TPP賛成派は、財界の提灯持ちの議員と御用学者だけで
 /  \_/\  ___/ /:::::::::::::   財界からの金目的の汚い奴らばかりだぞ、原子力ムラと同じ構図だわな


92 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:23:20.91 ID:nkf0F3/G0
>>86
今の日本も立憲君主国家だよ
お前はいったい何を言っておるのだ



93 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:23:27.15 ID:w9HNmBFM0
現行憲法の問題点を改正する決議なら判るが

主権在民の前提を完全に放棄し
再び立憲君主制の大日本帝国を復活させるわけだろ

合法的にやるなら、立憲君主制の大日本帝国憲法復活に賛成する
衆参両院議員の3分の2以上の賛成票を集めて両院で可決させ

さらに国民の権利を大幅に削減する「大日本帝国憲法復活案」を国民の過半数が賛成せねば
大日本帝国憲法は復活しない

こんな非現実的な状態になるのは、百年後でも無理だろ

これを橋下が常に言ってるように
「政治は抽象論じゃあ駄目、現実的に政策を実現させてこそ政治」を実現させるためには
軍事クーデターしかないけどな

大日本帝国軍復活派と自衛隊との全面戦争で
帝国復活派軍が堂々と内戦を勝ち抜く自信が
東京維新の会や上部組織の日本維新の会にはあるのか?

彼らの言ってるのは改憲しろって言ってるだけって
争点をぼやけさせようとしてる輩がこのスレには多いが

政治家たるもの、文言一つでさえおろそかにできないのに
税金をもらって活動してる公党が大日本帝国憲法復活に賛成したのは紛れもない事実

94 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:24:34.85 ID:FI2/dIuY0
主権が天皇(君主)にある帝国憲法は君主国家、
主権が国民にある日本国憲法は民主国家だね。

95 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:27:07.43 ID:5JKr0kER0
>>94
イギリスは国王主権の国だが、イギリスが民主主義ではないという人間はいない
国民主権と民主主義は概念的には別

96 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:28:42.58 ID:FI2/dIuY0
>>92
いや、天皇は君主ではない。
天皇は主権を持たないから、「主」はつけれれない。
だから国歌は「君が代」であって「君主が世」
ではない。

97 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:28:50.95 ID:2U7Go/760
>>87
「国民主権」だの「主権在民」だの(内的)主権の所在如何に拘る時点で
フランス革命以来の立派な左翼思想なんだよね…。

http://www.youtube.com/watch?v=Rtyn0Dz4Lfk&list=SP0C4D2D2CD79916D0#t=08m04s

98 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:30:32.33 ID:MRjmuDA80
帝国憲法は天皇の軍隊だからという理由付けで
軍部だけであらゆる作戦行動が可能になることが問題だわな

99 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:31:00.46 ID:nkf0F3/G0
>>96
立憲君主制は君主が憲法の制限を受けるという意味。
オイオイここまでバカな奴が偉そうに書き込んでるのかよ



100 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:32:08.99 ID:tps32WjN0
赤旗じゃんw

101 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:32:45.78 ID:plzEbAZr0
時代錯誤も甚だしい
馬鹿じゃないの

102 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:33:57.82 ID:JecOap4xO
大日本帝国が復活したら真っ先に韓国人が頭下げてすり寄ってくるよ

103 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:34:39.93 ID:m4yrpCiV0
>>99
天皇は君主なのか? 君主じゃないんじゃないの?

104 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:34:55.08 ID:vWdLRXRD0
復元というのは面白い考えだな。
帝国憲法を基にして改憲をしていくわけだね
戦後に生まれた判例や法律、条約との
整合性を総点検する必要があるから
官僚や司法関係の人が過労死するな。

あと文語文の読解が出来る人が少なくなってるから
そこが心配

105 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:35:25.48 ID:MRjmuDA80
>>102
また自分たちは二等国民だとわけのわからないことを言い出して
他のアジア人たちに対して尊大に振る舞い始めるわけか

106 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:35:55.72 ID:FI2/dIuY0
君臨すれども統治せず、は「君主」ではない。「君」でたくさんだ。
名ばかりの「君」だね。

107 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:36:40.74 ID:nrK1NiLl0

>>87
>主権の所在は民主主義かどうかとは関係ないぜ

おおありだろw
民主主義は君主主義に対置される概念だ
そして、君主主義には王や帝の代理人として公務員がのさばる現実が
待っております
かっての日本のように

彼らは国民の上に立ってのさばっていた過去がどうしても忘れられない
忘れ得ぬ夢を追い求める彼らがロマンチストなのかw
妄執に凝り固まった異常者なのか、その評価は意外に簡単だと思う
現実を認められず過去に執着してる時点で只のアホなんでw

今回も彼らは仕掛け人として必死に工作に勤しんでいるのだろうねw

108 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:36:42.84 ID:5JKr0kER0
>>103
「皇」(=「王」)の字があって君主じゃないって屁理屈もいいところだろう

109 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:38:38.68 ID:m4yrpCiV0
>>108
親王や内親王、他にも王はいるけど、どれも君主じゃないよ?
天皇も君主だという根拠はないのでは?

110 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:39:29.10 ID:5JKr0kER0
>>107
イギリスは君主主義?民主主義?

111 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:41:42.76 ID:nkf0F3/G0
立憲君主制と民主主義が反対のものだって思ってる人がいるんだなあ
大正デモクラシーとか知らないんだろうな




112 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:42:54.06 ID:FI2/dIuY0
天皇は日本国の元首だね。
元首だから君主であるとも言えないだろう。
天皇は「君」でいいんだよ。
「君が代」の「君」だね。

113 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:43:11.82 ID:5JKr0kER0
>>109
法的には「世襲の独任機関」を君主という
天皇は明らかに君主

114 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:44:47.13 ID:VNr2Pcj40
>>19
破棄しても明治憲法は復活しない。
無効説は破棄とは異なる。

115 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:45:24.57 ID:F6VHCoW20
>>95
君主が最終的な決定権を持ち、それに反しない範囲内では
国民に決定権があるという国政は十分にありだと思うんだねえ。

116 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:46:00.02 ID:m4yrpCiV0
>>113
> 法的には「世襲の独任機関」を君主という
> 天皇は明らかに君主

江戸時代には徳川将軍が「日本国大君」を対外的に名乗っていたけど?
徳川将軍が君主であって、天皇は君主じゃないと思うよ。

117 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:46:33.18 ID:5JKr0kER0
学者の中にも「君主主義」なる意味不明な用語を使う人がいるが、
これは君主制=悪と刷り込ませるための洗脳だろう

君主の権力を拡大させる思想は「君権主義」であって、
「君主主義」だとあたかも君主制自体が非民主的なものかのようなイメージを与えてしまう

118 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:47:25.19 ID:FI2/dIuY0
>>81
>外国人に生活保護を支給する意味がわからない
これは国際難民条約の影響らしいよ。
ベトナム難民が始まりとか。

119 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:52:39.53 ID:V+ilf61dO
この分だと長万部維新の会もありそうで恐い。

120 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:52:49.93 ID:2U7Go/760
>>114
「破棄」は、無効説でいう帝国憲法復原手続きの最終段階。
>>16の動画の南出説に拠れば、

第一段階:「無効確認宣言」…帝国憲法が現存していて、日本国憲法の法的位置付けが「講和条約」である事を確認する

第二段階:「破棄」…復原した帝国憲法を改正して、「講和条約」としての日本国憲法を廃棄する

121 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:54:14.69 ID:yG81mVWQ0
>>43
維新は日本を破壊するのが目的だからね
グレートリセットだとか、日本を破壊するには
どうしたらいいかとか橋下は公然と言ってるから

122 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:54:47.62 ID:l7SUU9tz0
大日本帝国憲法をベースに改正していこうっていう至極全うな考えがなんで
理解できないの?これに反対するやつはもう内面が日本人じゃないよ。

123 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:54:50.51 ID:F6VHCoW20
>>114
厳密に言えば、「旧憲法から新憲法へ改正した手続きが無効」ということだろ。
そーすれば、旧憲法が復活して有効になる。

124 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:55:13.13 ID:DJ4/hXfN0
今の憲法をよりよいものに改正すればいいだけの話。
改正してゆく自信がないから、妙竹林な現行憲法無効論や
旧憲法復活論を唱えてんじゃないの。
馬鹿馬鹿しい。
こんな連中は放っといて、改正の必要箇所について
粛々と議論を進めれば良い。

それと、そもそも我が国に天皇親政の伝統など無いんだから、
日本史上明治から昭和20年までの天皇のあり方が異常だわ。
そんな大日本帝国憲法など、復活などありえんわ。
現行憲法の象徴天皇制こそ、伝統的な天皇観に近い。
また、天皇を国家元首と明記することも全くふさわしくない。
そのような、政治学的、法学的用語で軽々に説明されるような
存在ではない。
天皇に関わる条文は殆ど手を入れる必要はない。
そういうところにこだわってると、議論が前に進まない。
さっさと安全保障に関わる前文と条文だけ改正しなさい。

125 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:55:34.40 ID:FI2/dIuY0
>>120
そんな面倒な手続きしなくても現行憲法の改正だけで済むじゃん。

126 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:56:44.92 ID:m4yrpCiV0
>>122
> 大日本帝国憲法をベースに改正していこうっていう至極全うな考えがなんで
> 理解できないの?これに反対するやつはもう内面が日本人じゃないよ。

それをベースに改正した結果を提示して「新憲法を制定しよう」というならまだ
分かるが、そうじゃないじゃん。大日本帝国憲法を復活しようと言ってんだから。
ただの時代錯誤。

127 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:57:19.39 ID:5JKr0kER0
>>124
天皇が国民主権の総意に従属するような、軽々しい存在でもないと思うが

128 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:57:30.13 ID:j3s28tpN0
まあ乱暴ではあるが、今の世の中よりはマシなんだろうな

129 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:57:43.58 ID:nrK1NiLl0
>>110
イギリスは民主主義の国だよ?

只、かってイギリス王は象徴(symbol)とされていたが、大議論の末
元首(head)と改められるに至った
イギリスのように成熟した民主主義国にして大議論があり、自らの
民主主義に自信があればこそ成し得た事だ

そもそも、その国の民主化のレベルは公務員の思考と行動が格好
のリトマス試験紙となるだろう
アジア、アフリカ諸国の公務員を見ればある程度それがわかると思う

そして日本だが、我が国の公務員は民主主義の信奉者と自信を
もって言い切れるか、、、

まあ、そういう事なんで、日本で天皇の元首化は時期尚早です
何よりも、公務員の皆さんがもっと大人にならなきゃ無理だわ

130 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:59:21.66 ID:m4yrpCiV0
>>123
> 厳密に言えば、「旧憲法から新憲法へ改正した手続きが無効」ということだろ。
> そーすれば、旧憲法が復活して有効になる。

これまでの違憲判決とかどうなんの? 全部無かったことにするの?
そんなの不可能だろ。無効主張はナンセンス。

131 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:59:28.15 ID:5JKr0kER0
>>126
明らかに赤旗が「復活」の部分だけ強調して書いて「改正」は省いてるだろ
帝国憲法をそのまま復活させるとか言ってるやつ今までに見たことないわ

132 :名無しさん@13周年:2012/10/06(土) 23:59:53.12 ID:l7SUU9tz0
>>126
復活させて改正していくに決まってるだろ。中身が同じでいいなんて誰も言ってないだろ。
改正内容は今の憲法と殆ど同じでもいいんだよ。ただ日本が今後もずっと
使っていく憲法として、占領憲法でなく、日本人が作った憲法に一度戻して
そこから改正していこうというだけ。

133 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:00:04.72 ID:MRjmuDA80
現実的には?
帝国憲法を復活させて、軍隊に関する部分だけ即改正
そこから後はゆっくり考えるという感じなんかな。

134 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:00:07.20 ID:FI2/dIuY0
>>99
>立憲君主制は君主が憲法の制限を受けるという意味。
そうだけど、帝国憲法は欽定憲法だ。
憲法を作るの天皇(君主)だね。
日本国憲法とはここが全く違う。

135 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:00:12.81 ID:F6VHCoW20
>>116
いやそれは無理な理屈だろう。
建前上ではあっても、徳川将軍は天皇の家臣だったんだから。
歴史上、日本の権力争いというのは、天皇は動かさずに
天皇から政治を代行されたという地位をめぐっての争い。

136 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:00:14.79 ID:DJ4/hXfN0
>>127
隔絶しているんだよ。天皇様は。
幕藩体制でも隔絶していた。今だって陛下の権威は隔絶しているではないか。
今日の我が国は国民主権でよろしい。民主的な選挙に基づく議院内閣制でよろしい。
しかし、陛下の権威はそれと隔絶したところに厳然としてあるわけであって、
それが国民統合の象徴の意味するところだ。

137 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:01:01.15 ID:2U7Go/760
>>126
それ赤旗ソースだろ?>>25が元のソース。請願者の主張している事は、>>16の動画の内容と変わらない。

138 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:01:51.24 ID:eulPwHum0
檄文抜粋     三島由紀夫   
                   昭和四五年十一月二五日

われわれは戦後の日本が、経済的繁栄にうつつを抜かし、国の大本を忘れ、国民精神を失い、
本を正さずして末に走り、その場しのぎと偽善に陥り、自ら魂の空白状態へ落ち込んでゆくのを見た。
政治は矛盾の糊塗、自己の保身、権力欲、偽善にのみ捧げられ、国家百年の大計は外国に委ね、
敗戦の汚辱は払拭されずにただごまかされ、
日本人自ら日本の歴史と伝統を涜してゆくのを、歯噛みをしながら見ていなければならなかった。 

われわれは今や自衛隊にのみ、真の日本、真の日本人、真の武士の魂が残されているのを夢みた。
しかも法理論的には、自衛隊は違憲であることは明白であり、国の根本問題である防衛が、
御都合主義の法的解釈によってごまかされ、軍の名を用いない軍として、日本人の魂の腐敗、
道義の頽廃の根本原因を、なしてきているのを見た。もっとも名誉を重んずべき軍が、
もっとも悪質の欺瞞の下に放置されて来たのである。

アメリカは真の日本の自主的軍隊が日本の国土を守ることを喜ばないのは自明である。
あと二年の内に自主性を回復せねば、左派のいう如く、自衛隊は永遠にアメリカの傭兵として終るであらう。
 われわれは四年待った。最後の一年は熱烈に待った。
もう待てぬ。自ら冒涜する者を待つわけには行かぬ。
しかしあと三十分、最後の三十分待とう。共に起って義のために共に死ぬのだ。
日本を日本の真姿に戻して、そこで死ぬのだ。生命尊重のみで、魂は死んでもよいのか。
生命以上の価値なくして何の軍隊だ。今こそわれわれは生命尊重以上の価値の所在を諸君の目に見せてやる。
それは自由でも民主主義でもない。日本だ。われわれの愛する歴史と伝統の国、日本だ。
これを骨抜きにしてしまった憲法に体をぶつけて死ぬ奴はいないのか。
もしいれば、今からでも共に起ち、共に死のう。われわれは至純の魂を持つ諸君が、
一個の男子、真の武士として蘇えることを熱望するあまり、この挙に出たのである。

139 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:02:48.47 ID:FI2/dIuY0
今の日本では日本国憲法が実効支配している。
それを無効にするのは革命しかあるめい。

140 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:02:58.91 ID:m4yrpCiV0
>>131
> 明らかに赤旗が「復活」の部分だけ強調して書いて「改正」は省いてるだろ
> 帝国憲法をそのまま復活させるとか言ってるやつ今までに見たことないわ

>>2の西田の動画見ると、「改正」は現憲法の有効性を前提にすることになるからダメ、「無効」
から出発しないと、とはっきり言ってるけど? 赤旗が捏造してるわけじゃないだろ。



141 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:03:02.98 ID:2uAQgQNLO
>>132

書こうかと思ったら先に書かれてた…

142 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:03:13.83 ID:q6JdMwIY0
>>130
まー俺も、旧憲法の復活は、理論上は可能であっても実際上は不可能
(何から何まで作り直す必要がある)という立場なんだけどね。
だから実際には無理だということは同意する。

143 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:03:18.36 ID:5JKr0kER0
>>129
「象徴」「元首」「君主」「君主制」の有無は民主主義とは全く関係ない
民主主義の定義は「治める者と治められる者が同一であること」
これが普通選挙等によってちゃんと機能しているかどうかが問題であり、君主の有無や元首の明文化などとは何も関係がない

144 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:05:01.42 ID:e+LQPowD0
相手がでたらめすぎて、
何を言ってるのか読んで内容を理解するところからしんどいわ
こりゃサヨク言説は負けるよ
ここまでバカばかりだと。
もしやワザとやってるのか。
あまりにも圧倒的に知識が足りない
民主主義と立憲君主制が対立概念とか本物のバカしか言わないことだよ
基本だろ




145 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:06:33.96 ID:aL6WD9u70

維新がここまでバカだとは。ちょっと期待外れ

146 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:06:48.57 ID:Fvt+ZYti0
>>137
> それ赤旗ソースだろ?>>25が元のソース。請願者の主張している事は、>>16の動画の内容と変わらない。

その本のタイトルも『帝国憲法復原改正』だが、結局なんなんだよ。復原されるように改正するの?
復原して改正するの?
いずれにしろ、一旦「大日本帝国憲法復原」というプロセスを経るんだろ?だったら赤旗の書いてる通りじゃん。

147 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:07:09.30 ID:LVtJUXuN0
>>136
江戸幕府は「大政委任論」が建前だぞ
天皇主権の国で、主権を将軍が行使するのが建前
国民主権の国なんていったら松平定信がブチ切れるよ

>>140
だから、無効→復活→改正だろう

改正の部分が書いてない

148 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:07:40.92 ID:CU7jGWWPO
>>136
果たして今の日本に「国民」がどれだけいるやら
ほとんどは「人民」や「市民」ばっかりだろ

149 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:08:16.54 ID:2Xqd/F2q0
>>116
>江戸時代には徳川将軍が「日本国大君」を対外的に名乗っていたけど?
日米和親条約では「帝国日本」と名乗っている。勿論この「帝」は
「みかど」で天皇のことだね。外交文書は天皇の承認がいる。

150 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:08:20.81 ID:+YCQ2CfY0
大日本帝国憲法によって
天皇陛下は憲法一条により祖先より得た万世一系の統帥権により朕は君臨されるという
いわば神格化された存在となられる

その神格化された権力に裏付けされたちからにより、唯一の立法権を得る

陸海空三軍を総帥し、その権力は議会の制約を一切受けることはない
つまり自衛隊から編入された帝国軍は帝国憲法成立と同時に天皇の元で独立した勢力となる

天皇が任命する貴族院が復活、さらに天皇陛下の諮問機関である枢密院の復活
そして議員内閣の制約を受けない 元老 重臣制度の復活

うん、グランドリセットした新しい日本にふさわしいかも



151 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:09:30.91 ID:b5a3w2vj0
そしたらまた馬糞負け戦戦争をやるのか?
馬糞馬鹿軍人らが実権を握って天皇頭越しに米英と開戦した
システム上の欠陥を考えろ


152 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:10:14.16 ID:Fvt+ZYti0
>>137
> それ赤旗ソースだろ?>>25が元のソース。請願者の主張している事は


請願内容見たけど、やっぱり「占領憲法(日本国憲法)が憲法としては無効であることを確
認し、大日本帝国憲法が現存するとする決議がなされること。占領典範(皇室典範)の無
効を確認し、明治典範その他の宮務法体系を復活させ、皇室に自治と自律を回復すべき
であるとする決議がなされること」
とはっきり書いてるじゃん。

赤旗がデタラメ言ってるわけじゃない。実際、赤旗の記事は請願内容通りだ。
社民や民主なら疑うけど、赤旗はこういうことで捏造はしないよw

153 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:12:23.10 ID:e+LQPowD0
>>150
その大日本帝国憲法なら改正できるんだろ
改正できるし改正したいんだろ
いいじゃんみんなで話し合って改正すれば
日本国憲法を改正できない硬直状態よりはずっとマシだよ



154 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:16:51.04 ID:Fvt+ZYti0
>>147
> 江戸幕府は「大政委任論」が建前だぞ
今も、大政を日本国政府に委任していると考えられるのでは?

> 天皇主権の国で、主権を将軍が行使するのが建前
> 国民主権の国なんていったら松平定信がブチ切れるよ
いや、当事は主権を将軍が委任され行使していたから君主(大君)は将軍だっただろ?
現代では、主権は議会(国民)が行使するってだけでは? だから主権在民で合ってるよ。
その主権の出処・根拠は国体(天皇)だと解釈してもいい(憲法には書かれてないだけで)。

イギリスの主権も、「議会の女王」にあるとされていて、議会と女王が共有しているという
考え方だ。

> >>140
> だから、無効→復活→改正だろう
>
> 改正の部分が書いてない

改正以前に、大日本帝国憲法を一旦そのまま復活させるのなら、大問題だろう。
「無効」によってこれまでの最高裁の違憲判決も全部無効になってしまうし、
これまでの天皇の国事行為や、他国と結んだ条約の扱いなんかも大混乱を来すぞ。
そして大日本帝国憲法を復活した次点で、また統帥権干犯の問題が復活し、
軍部が反対するから。その後の憲法改正なんて無理。

どの部分をとっても、妄想以外の何者でもない。

155 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:17:47.56 ID:9mHMKFHP0
>>147
別に幕藩体制を国民主権などと申し上げてはいない。
そもそも、江戸幕府は大政委任論ではない。
実質的に武力で天下統一を果たしたのであるから、
天皇の権威によって政権樹立したわけではない。
故に、幕府は高圧的に朝廷に臨んだし、
実際、歴代の天皇とさまざまな確執があったことも事実である。
しかし、それでも、天皇の権威は隔絶したところに存在しつづけたのである。
大政委任論が勃興したのは幕末のことであり、
具体的には条約に勅許が必要かどうかの議論で一気に大政委任論が主流となった。
しかし、この大政委任論こそ、歪んだ明治憲法の天皇観の先駆けであり、
幕府は勅許を奏請せずに条約を結振べきであったとすら言えるのである。
そして、それでこそ、隔絶した天皇の権威が守られるのである。
とにかく、天皇陛下が政治に関与されることはあってはならない。
敗戦は本当に国体の危機であった。その危機を生んだのは
ほかならぬ明治憲法である。

156 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:19:01.40 ID:6o7rvepE0
「ユダヤ人」 → 「国際金融資本」 に置き換えて考えろ。

http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_he/a6fhe803.html

■■ゲッベルスは戦後日本の予言者だったのか

ゲッベルス宣伝相が挙げたこの超国家的勢力の狙いとする心理戦、神経戦とは次の如き大要である。

「人間獣化計画」
愛国心の消滅、悪平等主義、拝金主義、自由の過度の追求、道徳軽視、
3S政策事なかれ主義(Sports Sex Screen)、無気力・無信念、義理人情抹殺、俗吏属僚横行、
否定消極主義、自然主義、刹那主義、尖端主義、国粋否定、享楽主義、恋愛至上主義、
家族制度破壊、民族的歴史観否定

以上の19項目をつぶさに検討してみた場合、戦後の日本の病巣といわれるものにあてはまらない
ものがただの一つでもあるだろうか。否、何一つないのを発見されて驚かれるであろう。
ゲッベルス宣伝相は、戦後の日本に対する予言者だったのであろうか。

157 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:19:06.55 ID:Xqk4nu5Q0
>>143
>「象徴」「元首」「君主」「君主制」の有無は民主主義とは全く関係ない

大いに関係あります
だからこそ、イギリスでも王を象徴から元首と定義するのに大議論をした

名前をどう呼ぼうと、一旦、天皇に「権力の源泉の仮構」、即ち絶対権力者
としての錯覚が成立すれば、一般公務員はそれぞれが権力者の代理人と
して行動することが可能になる
戦時中、軍人や公務員が権勢を振るえた理由もそこにある
当然、民主主義とはかけ離れた社会状況でもある

そして、その状況が未だに現職公務員の見果てぬ夢とか、、、
“脳内江戸時代”に生きる公務員
きっと、オツムバラ色なんでしょうねw

158 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:19:55.91 ID:3mr3w19k0
旧憲法とか軍事増強とか、
そんなもので日本が経済的に豊かになれるとは思えんな

159 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:20:11.97 ID:6o7rvepE0
「ユダヤ人」 → 「国際金融資本」 に置き換えて考えろ。

http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_he/a6fhe803.html
■■深い後遺症

前述の東京裁判式の論法は、善玉・悪玉論理をはぐくむことになる。戦争責任はあげて一握りの
支配階級たる天皇制軍国主義者にある、大部分の国民はむしろその被害者であるとする論法は、
先ず第一に戦争責任者を国外に求めることを忘れさせる効果をもつ。また、これにより旧敵国が
いかにも雅量のあるものわかりのいい寛大な存在に映り、以後の占領政策をやりやすくする効果をもつ。

しかしこれらよりも大切なことは、支配階級というものは常に悪玉であるとする思潮が生じることである。
それに対して自分達は被害者、すなわち善玉なのだと信じ込ませる作用をもつ。ここにユダヤ教的
善玉・悪玉の二値論理が持ち込まれることとなる。
こうして、悪玉、すなわち「天皇制軍国主義者」に「支配」された戦前の日本はすべて悪であるとする
観念が生じる。逆に自分達を被害者=善玉と規定してくれたアメリカ占領軍の以後の政策を
すべて善と感じるであろう。

160 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:20:14.85 ID:I8dWLvHh0
DQNの選挙権はく奪は賛成

161 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:20:30.95 ID:Fvt+ZYti0
>>149
だから君主が徳川将軍であって、帝は宗教的最高指導者でしょ。
行政権は幕府にあったのだから、行政の最高責任者である徳川将軍が君主で間違いない。

162 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:21:16.80 ID:6o7rvepE0
「ユダヤ人」 → 「国際金融資本」 に置き換えて考えろ。

http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_he/a6fhe804.html
■■■第4章:日本国憲法はワイマール憲法の丸写し
■■日本国憲法の作者はユダヤ人である

日本人はいまだ、この憲法の本質がユダヤ的思考の所産であることを全くご存知ないように
思われる。これは不幸なことである。この憲法の本質を知るには、ユダヤ問題をもたない
日本人にはあまりに距離がありすぎるのかも知れない。これはどうしてもユダヤ人が本質解明の
道案内をしなければ、日本人は永遠にこの憲法のもつ強烈な宗教的呪縛力の桎梏のもとに
あえぐことになるかも知れない。一ユダヤ人として、そうとあらば、このまま放置しておくには
あまりにも重大な責任を負わされているような気がする。
何故なら、この憲法の作者はユダヤ人であり、そこに貫かれているものは第二次大戦終結時では
すでに極めて時代錯誤的なユダヤ思想だったのだ。いや、単に時代錯誤にとどまらないかも
知れない。そこにもっと致命的な我々ユダヤ人の犯した誤ちがあったのだった。
今日日本人の皆様がこの憲法に潜む矛盾から逃れる道は、この憲法の奥に秘められた本質を
できるだけ早くつかむため、先ずそのルーツを白日の下に曝すことであろうと思う。
私はこの憲法を一言で表現するなら、「往来で道を尋ねられた時、故意に反対の方向を教えるもの」
といいたい。

163 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:22:00.99 ID:e+LQPowD0
>>157
お前が言ってるのは独裁制だろ
馬鹿すぎてめんどくさい



164 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:22:26.87 ID:6o7rvepE0
日本の近年の年間自殺者数は、発表されてるだけで3万3千人で世界トップクラス。
その他に、変死15万人、行方不明のまま出てこない失踪者1万人以上。
WHOの統計によると、変死の50%程度は自殺。実際は少なく見ても年間10万人、
平均すると1日274人がこの狭い日本の中で自殺してる。
それは交通事故死亡者数の約17倍。


調査の概要
http://www1.odn.ne.jp/youth-study/reserch/2011/gaiyo.pdf

G 自己評価
米国と中国の高校生は自己肯定感(自尊感情)が強く、日本高校生の自己評価が最も低い(以下の数値は「全くそうだ」の比率)。

「私は価値のある人間だと思う」:
日本7.5%、米国57.2%、中国42.2%、韓国20.2%。

「自分を肯定的に評価するほう」:
日本6.2%、米国41.2%、中国38.0%、韓国18.9%。

「私は自分に満足している」:
日本3.9%、米国41.6%、中国21.9%、韓国14.9%。

「自分が優秀だと思う」:
日本4.3%、米国58.3%、中国25.7%、韓国10.3%

165 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:23:31.29 ID:6o7rvepE0
大日本帝国憲法のころの日本

ちょっと前の日本人〜海外の反応〜
http://www.youtube.com/watch?v=541FNT_y6ug&feature=related

166 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:23:33.16 ID:LVtJUXuN0
>>154
主権とは「国政の最終決定権」のこと
天皇が主権者たる国民の地位に基づく存在なのに、
天皇が政府に権力を委任しているという論理が出てくるはずがない

委任を受けた者の権力は委任者の権力を預かっているだけだ
委任を受けた者が君主なわけがない

167 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:25:00.63 ID:O14x8twK0
欽定憲法の大日本帝国憲法なんて、立憲君主のフリしているけど
実質、、天皇親政だよ



168 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:25:54.97 ID:NqhBVwaW0
>>154
> 「無効」によってこれまでの最高裁の違憲判決も全部無効になってしまうし、
> これまでの天皇の国事行為や、他国と結んだ条約の扱いなんかも大混乱を来すぞ。

帝国憲法第76条第1項に帝国憲法施行以前の諸法令を引き継ぐ条項が存在している。
その中の「帝国憲法施行以前」を「改正帝国憲法施行以前」に変更すれば、
戦後の法律体系を引き継ぐ事は可能。

169 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:26:06.26 ID:LVtJUXuN0
>>167
アホか
天皇親政だったら天皇機関説が学説の主流になるわけがない

170 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:28:00.29 ID:Xqk4nu5Q0
ここで、わかっているようで意外と理解が不足がちな民主主義の
意味について書いておきます

基本的に、民主主義の原点は他者へのリスペクト

どんな人にもそれぞれのプライドと意地があり、価値観と人生がある
自分以外の人間の価値観、人生に自分のそれと同等の意味を認める
我一人尊しと、他人を見下すのは我が儘な自己中に過ぎないと気づく事

そうした認識が社会的に一般化した時、それは平等主義の普遍化となり、
社会制度として確立された時、その国は「民主主義国家」と呼ばれる

つまり、そもそも人を人とも思わないクズに民主主義は理解できませんw

171 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:28:31.83 ID:Fvt+ZYti0
>>166
> 主権とは「国政の最終決定権」のこと

それは誰の定義??

> 天皇が主権者たる国民の地位に基づく存在なのに、
> 天皇が政府に権力を委任しているという論理が出てくるはずがない

政府じゃなくて議会(国民代表)と俺は言ってる。政府と議会は違うよ。
天皇がもともと主権者であり、それを議会(国民)に預け、その後
主権者となった議会(国民)が憲法を決議して「憲法上の天皇の地位」を作ったと俺は解釈してるよ。

「天皇」は憲法以前から存在するけど、「憲法上の地位」はあくまで憲法によって作られた
ものだからね。


> 委任を受けた者の権力は委任者の権力を預かっているだけだ
> 委任を受けた者が君主なわけがない


172 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:28:46.16 ID:O14x8twK0
>>169
実態は、東京裁判でうっかり漏らしたこの言葉が表してるでしょ
いいかげん洗脳から目を覚ましたらどう?

のみならず、日本の臣民が陛下の御意思に反してかれこれするということはありえぬことである。
いわんや、日本の高官においておや

173 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:29:27.32 ID:CU7jGWWPO
>>158
少なくとも軍用品メーカーは海外に販路を広げられる
軍産複合体がどうたらで戦争が〜と危惧する気持ちもあるだろうが、車両・航空・銃器メーカーのたくさんあるヨーロッパはそうはなってない

そもそも普通に外交交渉の後ろ盾になる経済と軍事力の片方がないってのはヤバい
時に札束で頬を叩き、時にナイフをちらつかせるのが外交だよ

174 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:31:04.73 ID:b59RpqWO0
結論 混血、外国人お断わり 日本は鎖国
結論 混血、外国人お断わり 日本は鎖国
結論 混血、外国人お断わり 日本は鎖国

175 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:31:33.02 ID:Fvt+ZYti0
>>168
> その中の「帝国憲法施行以前」を「改正帝国憲法施行以前」に変更すれば、
> 戦後の法律体系を引き継ぐ事は可能。

それは現日本国憲法が「無効」になってないじゃん。引き継がれるのなら。
それではダメだと>>2の西田や1の請願は言ってるわけだよ。引き継ぎ改正ではなく、
最初から「無効」であり、今も「大日本帝国憲法が生きている」というのが彼らの主張
なんだよ。

請願にも「占領憲法(日本国憲法)が憲法としては無効であることを確認し、大日本帝国憲法が現存するとする決議がなされること。」
と書いてあるでしょ。これをみんな分かってない。
保守層の中でもこの違いを理解してない人が多いね。


176 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:33:25.76 ID:6o7rvepE0
天皇機関説ってのは東京裁判の正当性を保つために、
GHQが広めたんだよ。7年間統治されて教育やマスコミの形を作り、
その手先に内部にも深く潜り込まれたから、戦後の知識人と称する人たちが
天皇機関説をこぞって唱えるのは当然。
人間ってのはほんとうに独立して自分で考えられる人は少ないんだよ。

177 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:33:47.18 ID:YiUmwggB0
大日本帝国憲法は統帥権と立憲君主制の関係が不明瞭だったのが軍の暴走の一因。

178 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:34:50.43 ID:LVtJUXuN0
>>171
どの憲法教科書でも「国政の最終決定権」が主権の定義だよ
その解釈は現行憲法下ではあまりに無理がある
主権の所在が天皇にあることと、主権の委任を受けた者が国民であることを明記すべき
だから、俺は国民主権を否定しているわけではない

>>172
大御心に反さないのはあたりまえだろ
何をいってるw
だからイギリスの国王だって戦前の天皇だって政治的発言は自重するんだろう

179 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:34:52.03 ID:Fvt+ZYti0
>>176
天皇機関説論争をまた繰り返すのかよ・・・
もう勘弁してくれw

180 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:35:02.39 ID:e+LQPowD0
>>177
だったらそれはただせば良い。
そんだけの話でしょ



181 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:36:29.82 ID:NqhBVwaW0
>>175
問題なく引き継げる。何故なら、>>16の動画の南出説に依れば、
“憲法”(帝国憲法第73条の憲法改正手続に拠る。)としては「無効」だが、
“講和条約”(帝国憲法第13条の天皇の講和大権に拠る。)としては「有効」だから。

182 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:37:33.50 ID:Xqk4nu5Q0
昭和21年2月13日、先に提出した「憲法改正要綱」に対する回答を聴取
するためGHQを訪れた松本国務大臣と吉田茂外務大臣は、ホイットニー
から「マッカーサー草案」を手交された
この時、ホイットニーにより、GHQ草案を受け入れないのであれば、

「この案を“国民投票”に掛ける」

旨宣告されてしまったw
ここに至り万事は休し、日本政府はGHQ案を受け入れることとなったが、
おかげで日本国憲法を押し付け憲法と言い張る道を得た事にはなる

てゆーか、こいつら後で押し付け憲法の言い掛かりでゴネるつもりだったねw
そもそも、複数の選択肢を示され自らの選択でGHQ案を呑んだ以上、その
時点で既に「押し付け憲法」ではないw
GHQ案がいやなら「国民投票」の選択肢もあったんだからね
GHQ案を押し付け憲法呼ばわりする以上、回避する理由もなかったはず

、、、あ、ごめ〜ん。回避理由はあったねえw
国民投票やっちまえば押し付け憲法の言い掛かりつけられねえもんなw


大事なことなので2回書きました

183 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:38:34.78 ID:Fvt+ZYti0
>>178
> どの憲法教科書でも「国政の最終決定権」が主権の定義だよ

それじゃ主権は国民にないじゃん。
議会には立法の最終決定権はあるけど、国政の最終決定権は内閣決議でしょ。


> 主権の所在が天皇にあることと、主権の委任を受けた者が国民であることを明記すべき

明記する必要はないでしょう。憲法の役割を考えれば、余計なことだ。
天皇や主権の根源・根拠は憲法外の存在でいいんだよ。

> >>172
> だからイギリスの国王だって戦前の天皇だって政治的発言は自重するんだろう

イギリスの国王は政治的発言しまくってるぞ。日本の天皇だけが過剰な自主規制してるだけ。
ちなみに、天皇だって政治的発言しても法的な問題はないはずだ。なぜか禁止されてると思い込んでる
人が多いけど。

184 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:40:19.51 ID:+YCQ2CfY0
大日本帝国憲法が復活したら

帝国軍は、天皇統帥権のもとで再び独立した組織として
議会の承認なしでも動くことが可能になる
(つまりは、尖閣に軍隊派遣、東シナ油田を奪還、竹島を実効支配が可能
当然核兵器は所有、軍事予算を大幅に増大可能 財源は相続税100%にすることで確保)

元老、重臣、枢密院が民意とは関係なく権力をもって天皇の意思決定に参与

戦後に復活した大日本帝国憲法だから華族とかじゃあなく
帝国憲法を復活させた勢力、つまり維新の会橋下さんが元老となり
竹中が重臣となって、この国を支配ってことだろな


185 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:40:36.48 ID:9mHMKFHP0
>>177
統帥権もドイツから来た考え方でしょ。
旧憲法下で、皇族が軍務についたのも、
西洋の王室のあり方に近い考え方だ。
旧憲法の皇室に関わる部分は、全く日本古来からの考え方と反する。
実にバタ臭い。押し付け憲法並みにバタ臭い。
そんなものを復活させるなど、とんでもないことだ。

186 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:41:44.53 ID:6o7rvepE0
なぜ、マッカーサーが天皇を守ったか、考えてみろ。
東京裁判のウエッブ裁判長は天皇責任を追及しようと頑張ったが、結局結果は最初から決まってた。
純粋に天皇機関説を心から妥当だと考えた裁判官は、ほとんどいないと思ううよ。
マッカーサーが天皇と対面して感動したから? あれほど茶番くさい話はないわw
なぜ、日本の最高責任者を、陸空海軍を統帥すると憲法に明記された天皇を、処罰しなかったと思う?
なぜ東京裁判の場に一度たりとも、証人としてさえ呼ばれなかったと思う?
どう考えてもそれは、戦争屋とウラで繋がってたからさ。

187 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:41:48.59 ID:3KptlxNE0
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

世界最古の君主国日本です。(ギネス参照)
これを、破壊しようとする者は、日本人にあらず。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


188 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:42:23.53 ID:e+LQPowD0
やっぱ「復活」っていう単語に馬鹿が反応しよる
RPGのボスキャラ復活みたいなアホイメージを抱くバカ



189 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:43:02.36 ID:Fvt+ZYti0
>>181
えっと、根本的に勘違いしてるよ。

第90回帝国議会でやったことは、帝国憲法の無効化宣言ではなく、単に「憲法改正」を
やっただけだ。

しかし東京維新の会が言ってることは全く違うんだよ。
「憲法改正」をするのではなく、「占領憲法(日本国憲法)が憲法としては無効であることを確認し、大日本帝国憲法が現存するとする決議がなされること。」
なんだよ。

つまり、今現状で日本国憲法は無効状態であり、今現在も大日本帝国憲法が日本の憲法として機能している、と
言っているわけ。憲法改正をするわけではない。政府が「無効宣言」をすることによって、
最初から「大日本帝国憲法」しか存在していないし、存在し続けている、ということにしよう、という話。

あなたが言ってるような「現憲法を改正して大日本帝国憲法を再公布する」、というのとは全く違うんだよ。

190 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:43:25.29 ID:nPUzVxmdI
東京都民は馬鹿な都議会議員を選んだんだから
都議会の権力は拡大させて、東京都民は国民としての権利は制限な
条例でがっちがちに権利を制限されても違憲無効を訴えないように

191 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:44:33.21 ID:LVtJUXuN0
>>183
憲法外の存在なら国家機関ではなくなる
ただの宗教法人じゃないか

「国政の最終決定権」とは建前レベルの話
最終決定権者が国民であるようなシステムが構築されていればいいというだけの話
要するに「権力の由来」がどこにあるかって話だから、
国民主権の時点で権力だけでなく権威としても天皇は否定されることになるのさ

イギリス国王は全く政治的発言を禁止されてるわけじゃなくて
「警告する権利」が一応与えられているといわれている
しかし、議院内閣制の伝統的運用に口を出すことは許されないはず

192 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:47:16.32 ID:bQhCbjSS0
>>136
全く同感です

193 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:47:53.34 ID:LVtJUXuN0
>>185
いや、戦前の皇室自律主義は伝統にも反しないし、優れた制度だよ
政治に皇室が口を出すべきでないのと同様、皇室のことに政治が口を出すべきでない
これさえあれば皇位継承問題など起こらず、皇室が自分で決めて済んだ話だろう

194 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:48:21.82 ID:NqhBVwaW0
>>189
> あなたが言ってるような「現憲法を改正して大日本帝国憲法を再公布する」、というのとは全く違うんだよ。

何か根本的に勘違いしている様だね。
日本国憲法なるものは“憲法”として「無効」だが、“講和条約”として「有効」。
大日本帝国憲法は今でも“憲法”として「有効」。ただそれだけの話。

195 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:48:40.44 ID:Xqk4nu5Q0
基本的に、民主主義の原点は他者へのリスペクト

どんな人にもそれぞれのプライドと意地があり、価値観と人生がある
自分以外の人間の価値観、人生に自分のそれと同等の意味を認める
我一人尊しと、他人を見下すのは我が儘な自己中に過ぎないと気づく事

そうした認識が社会的に一般化した時、それは平等主義の普遍化となり、
社会制度として確立された時、その国は「民主主義国家」と呼ばれる

人を人としてその人格、権利を認めるのが民主主義の基本だから、
民主化は人類史の必然と言えると思う
君主主権制度は、情報システム、交通網が未発達で、そのままでは国の
統一が図りがたい時代に必要とされた一過性の制度だったんだろうね

196 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:50:13.70 ID:Fvt+ZYti0
>>191
> 憲法外の存在なら国家機関ではなくなる
> ただの宗教法人じゃないか

律令制度だって天皇を規定してないぞ。法外の存在だからだ。

憲法で規定し国家機関にする次点で、国民>天皇 にならざるをえない。
なぜなら、憲法というもの自体が国民国家の概念だからだ。
イギリスのマグナ・カルタだって、国民が君主に押し付けたものだ。

つまり、明治憲法自体が国体と矛盾してるんだよ。
天皇が公布してるという形をとってるが、天皇の地位・規定を作ってんのはあくまで
帝国議会の決議なんだから。

逆に言えば、いつでも取っ払うこともできるという自由性をはじめから内包している。
それはつまり、国民に決定権があるってことだ。
しかし憲法外の非成文法部分については、不可侵だ。

> イギリス国王は全く政治的発言を禁止されてるわけじゃなくて
> 「警告する権利」が一応与えられているといわれている
天皇にはそれすらない。(という思い込みが日本を支配している)

> しかし、議院内閣制の伝統的運用に口を出すことは許されないはず
いや許されてるよ。だから度々物議を醸している。

197 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:51:13.17 ID:WCC2eGYE0
マジで?

198 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:51:30.65 ID:e+LQPowD0
>>195
やっぱ馬鹿なんだなお前
お前が日本人でないことを祈るよ



199 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:55:27.15 ID:LVtJUXuN0
>>196
国家機関じゃなくなるのか
それじゃ天皇制廃止と結論は同じになってしまうな…

200 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:57:54.15 ID:LVtJUXuN0
>>195
他人の価値観へのリスペクトが大事といいつつ
君主制度を馬鹿にするなよw
世界にどんだけ立憲君主国があると思ってんのよ

201 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:58:52.18 ID:1fx+gDLmO
おまいら

くりかえすまいどくさいせいきをもむぶんかじん

を変換してみれ

202 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:59:45.32 ID:Xqk4nu5Q0
>>198
お前、もしかして母ちゃんに虐められたり冷たくされた?
なんかトラウマ抱えてない?

そういう事じゃなくて人の感情に無関心なのは普通にサイコパス
だったりする
胸に手を当ててよく考えた方がいい
その内事件起こして捕まるぞ?

203 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 00:59:57.51 ID:Fvt+ZYti0
>>194
> 何か根本的に勘違いしている様だね。
> 日本国憲法なるものは“憲法”として「無効」だが、“講和条約”として「有効」。
> 大日本帝国憲法は今でも“憲法”として「有効」。ただそれだけの話。

じゃこれまでの最高裁判決とかどうなんの??

ちなみに、大日本帝国時代の、帝国憲法に基づいた判決は全部有効だよ。
なぜなら、大日本帝国憲法は第90回帝国議会で「改正」されて現日本国憲法に
なっただけで、「無効」にはされてないからだ。つまり、1946年以前の憲法は
1946年以前については今でも有効であり、判決も全部有効なんだよ。

しかし、東京維新の会の理屈は、現憲法をその最初から無効だということに
するということであり、第90回帝国議会において、過去の憲法を過去においては有効としたまま、
新憲法を制定したこととは全然理屈が違うんだよ。

つまり、整理すると、90回帝国議会で行われたことは
「大日本帝国憲法の有効期間:1890年11月29日〜1947年5月2日。 日本国憲法の有効期間:1947年5月2日〜今日まで」
だけど、東京維新の会が言ってることは
「大日本帝国憲法の有効期間:1890年11月29日〜今日まで。 日本国憲法の有効期間: 無し」
ということなんだよ。

一方、自民党はじめ普通の憲法改正派が言ってるのは、
「大日本帝国憲法の有効期間:1890年11月29日〜1947年5月2日。 日本国憲法の有効期間:1947年5月2日〜新憲法施行前日まで。
新憲法有効期間:新憲法施行日〜」
なんだよ。

あなたが言ってる理屈も、この最後のやつでしょう。東京維新の会は違うんだよ。

204 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:02:22.96 ID:Xqk4nu5Q0
>>200
>君主制度を馬鹿にするなよw

俺が心配してるのは天皇御輿に担いでてめえらが天皇の代理人
気取って悪さしそうな公務員

もちろん、お前の事じゃないぞ?

205 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:03:43.88 ID:Fvt+ZYti0
>>199
> 国家機関じゃなくなるのか
> それじゃ天皇制廃止と結論は同じになってしまうな…

日本国民が本当に天皇を信仰しているのなら、憲法上は廃止しても問題ないはずでしょう。
ただ、希少で貴重な文化継承には多額の費用がかかるから、無形文化財や人間国宝のように
税金で支える仕組みは法制化しておかないといけないが。金に関することだけはどうしても
法律がいる。

206 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:03:45.23 ID:LVtJUXuN0
>>203
法律は法律だべ
憲法がなくても法律は残るよ

207 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:04:44.12 ID:gsip4TpY0
日本に天皇制は必要・・・だが、その理由は自由主義の担保がどこからも取れないからだ。
つまるところ戦前の日本では、日本人は全員奴隷になってしまった。
集団独裁体制なのだが、そのメンバーすら誰一人自由に考え、主張できなかった。
だから最後は天皇が登場することになった。天皇だけが自由な人間だった。

208 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:07:34.33 ID:LVtJUXuN0
>>207
ちゃうちゃう
明治憲法の最大の欠陥は過剰な権力の分立システムでしょ
統帥権の規定もその現れの一つ
誰が主権を行使する者なのかがわからない
したがって、責任者もわからない
軍部独裁とか言われるが、軍部ですら陸軍と海軍で分かれてたんだから

209 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:09:34.09 ID:Fvt+ZYti0
>>206
> 法律は法律だべ
> 憲法がなくても法律は残るよ

現憲法が最初から無効で、大日本帝国憲法が現行の憲法だというなら、
戦後の違憲判決は全部間違いだということになりますが?
今の判決も、議会も、国事行為も、全部間違いだということになるけど?
憲法に基づく法律も全部無効になるけど?

あなたは「憲法がなくても法律は残るよ」なんて言ってるけど、そんなことはない。
大日本帝国時代の法律が残ってるのは、大日本帝国憲法が1947年までは「有効」
だからだよ。

しかし東京維新の会が言ってるのは、「日本国憲法は新憲法制定まで『有効』なのでは
なく、最初から『無効』だった」ということなのだから、大日本帝国憲法→日本国憲法と変わった
時とは全然違うんだよ。

210 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:10:37.15 ID:CLhHWHCx0
>>196
天皇は国事行為のみを行い国政に関する権能を有しないとあるから、
国政に対する発言は差し控えるべきだろうな。
禁止とはされてないが、下手に発言すれば責任が生じかねない。
天皇は徹底して責任を負わない立場におき、一切の責任は内閣がもつべき。
現行憲法の天皇の規定の本旨もそこにあるはず。

211 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:12:38.75 ID:2ceYKLoA0
大日本帝国憲法に戻してさ
主権取り戻してもさ
またアメリカにフルボッコにやられんのがオチじゃん

だったらこのまま大人しくアメリカの植民地でいいじゃん
また3.11とかやられたら怖いじゃん
竹中小泉王朝で満足してようよ

212 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:13:25.13 ID:LVtJUXuN0
>>209
判決の効力はその事件だけだぜ
やろうと思えば違憲の法律を残しとくこともできるし、実際刑法の尊属殺規定はそうだったが
法律は憲法が根拠じゃないよ
たとえば、帝国憲法前に作られた法律・命令・太政官布告もそのまま使ってるものがあるし

213 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:14:20.09 ID:tqYCC5qH0
その無効とやらが将来効なのか遡及効なのかまずはっきりしろや

将来効なら現行憲法改正すりゃいいんだし、遡及効ならバカバカしすぎる。


214 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:14:42.54 ID:e+LQPowD0
>>211
そういうのを奴隷根性って言うんだよ



215 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:15:04.29 ID:u38SZ8XT0
この件に関して「日本維新の会」は
何かコメント出したのかしら・・

216 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:15:10.33 ID:Fvt+ZYti0
>>210
> 天皇は国事行為のみを行い国政に関する権能を有しないとあるから、
> 国政に対する発言は差し控えるべきだろうな。

機能は有しないけど表現の自由まで奪う規定はない。
「国政に対する発言は差し控えるべき」なんてのは明らかに拡大解釈。

まあ陛下が政治的発言をすれば、右翼が全力で何がなんでも実現しようと
するだろうから、間接的な権力は有するんだろうね。いくら権威だけという建前でも、
現実には、明治維新や大東亜戦争で担ぎあげられて戦争に利用されたのと同じことになる。
だから自主規制されているし、国民もそうあって欲しいと思っているのだろう。
ただやはり法的には、政治的発言を規制する法があるわけではない。

> 禁止とはされてないが、下手に発言すれば責任が生じかねない。
何言っても責任は生じないよ。責任を負わせる仕組みが最初から作られていないから。

217 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:17:01.10 ID:CLhHWHCx0
>>208
天皇が本来の主権者として行動していれば、それなりには機能したはずだが、
天皇は立憲君主制の君主であるからとして国政には極力関与しない状態だったため、
(単に本人の意思というより、そういう制度になってたんだろう)
それぞれの国家機関が勝手に動いてるような状態になっちまった。
本来は首相が天皇の代理になるべきだったが、憲法に首相の規定もなく、統括者を欠いた。
とはいえ、本当の帝国憲法の欠陥は法律の留保のある人権規定だったこと。
結果、万機公論に決することができなくなってしまった。

218 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:19:01.79 ID:gsip4TpY0
憲法を法律学的にみてもしょうがない場合がある。
憲法体制というのは政治学の対象だからな。リアリズムには勝てないだろ。

219 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:20:01.88 ID:LVtJUXuN0
>>217
当時としては法律の留保は最新の民主的システムだったからしょうがない

220 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:21:04.22 ID:Fvt+ZYti0
>>212
> やろうと思えば違憲の法律を残しとくこともできる
アホ、違憲判決出れば、その法律の効力は無効になるわ。

> 法律は憲法が根拠じゃないよ
いや憲法が根拠だよ。
たとえば、
憲法三十条「国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負ふ。 」
第三十一条  「何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。」
これらに基づき、税法や刑事訴訟法が作られている、という具合。

> たとえば、帝国憲法前に作られた法律・命令・太政官布告もそのまま使ってるものがあるし
行政命令や布告くらいならそうかもしれないが、違憲判決が無効になるのは大事だよ。

221 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:22:35.35 ID:e+LQPowD0
>>218
憲法と政治学はかなり遠い
一緒くたに語ってる奴はニセモノちゃん




222 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:22:41.40 ID:CLhHWHCx0
>>216
法律上の責任とかそういうことでなく、
天皇がこう言ったから、こうしたのに、結果としてこんなことになっちまった。
あんなこと言うから神がお怒りになって天災をもたらしたんだ云々
ってなことになりかねんって話。
そりゃ法制度上は無答責だろうがな。
刑事裁判の被告にだってなりはしないが、だからと言って天皇は人を殺していい
なんてことにはならんだろうがよw

223 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:24:16.31 ID:Fvt+ZYti0
>>213
> その無効とやらが将来効なのか遡及効なのかまずはっきりしろや
>
> 将来効なら現行憲法改正すりゃいいんだし、遡及効ならバカバカしすぎる。

「占領憲法(日本国憲法)が憲法としては無効であることを確認し、大日本帝国憲法が現存するとする決議がなされること。」
と言ってるんだから、明らかに遡及して無効とする、というか、今既に無効で、「今の日本の憲法は大日本帝国憲法だよ」という
主張ww
ただの中二病ww

224 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:25:43.45 ID:u5ZNTlPnO
基地外

225 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:26:55.30 ID:LVtJUXuN0
>>220
いや、判決の効力は個別的効力説が通説判例
調べてみ

226 :京浜連合 ◆w5V6DLm1as :2012/10/07(日) 01:27:06.93 ID:Z/xoIRGcO
大日本帝国憲法ほど美しい憲法はない。これは賛成。

227 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:27:51.24 ID:gsip4TpY0
有効なのか無効なのかというのは
リアルな政治体制が、それに従って動いているかどうかだよ。
みれば分かる世界。
だから政治学の対象なんだ。

228 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:28:01.87 ID:mh6qAo5zO
あたりまえだろ…

229 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:28:27.09 ID:Hg1LC+bx0
>>220
まあ普通に考えて現憲法下で成立した法律はいったん全て無効になるわな。
貴族院の議決を経てないんだから。

230 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:31:34.32 ID:Fvt+ZYti0
>>222
> 天皇がこう言ったから、こうしたのに、結果としてこんなことになっちまった。
> あんなこと言うから神がお怒りになって天災をもたらしたんだ云々
> ってなことになりかねんって話。

そんなもん天皇の問題ではなく、勝手な忖度をして勝手な行動を取る奴の問題。
それに対して陛下が配慮して発言を控えるべき、なんてのは、本末転倒でしょ。

勘違いするアホがいるといけないから政治的発言をしないでくれ、ということこそ不敬では?

> 刑事裁判の被告にだってなりはしないが、だからと言って天皇は人を殺していい
> なんてことにはならんだろうがよw

実際宮内庁や皇居は、うっかり滅多なことが起きないように、そりゃいつも全力で警戒
してるでしょう。殺人てのは極端としても、軽犯罪法違反なんて意外に簡単なことでなるからね。
今では「違法ダウンロード」なんかもあるし、皇居内部からwinnyかなんかで何か流出したりしたら
目も当てられないw 天皇や皇太子だけでなく、若い皇族も何名かいて自由に動きまわってる
わけだし、色々尻拭いも大変だと思うよw


231 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:31:39.96 ID:XPIAtCdF0
>>24
朝生アカいから

232 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:31:56.84 ID:CLhHWHCx0
>>225
そう。それはその通りだよな。
尊属殺人は違憲とする判決でも、法律自体は無効にならず、その裁判でのみ違憲となり、
国会の議決を経て削除されるわけで。

233 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:32:56.78 ID:wiyHplhp0
おまえら、天皇だなんだとか議論しているが、肝心なことを忘れていないか?
旧憲法が復活すると、今のような表現の自由がなくなるんだぞ。
基本的人権を尊重する、というのは旧憲法にはないんだぞ。
中国、北朝鮮並みの国家になっていいのか?

234 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:33:55.92 ID:NqhBVwaW0
>>233
大正デモクラシーって知ってる?

235 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:34:30.99 ID:dE1YaUrp0
旧憲法復活で徴兵の可能性あるんじゃね?

236 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:36:27.53 ID:wiyHplhp0
>>讒謗律とか治安維持法って知ってる?

237 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:36:35.01 ID:Fvt+ZYti0
>>225
> いや、判決の効力は個別的効力説が通説判例
> 調べてみ

それは知ってるけど、今は「憲法が実は違ってた、日本国憲法ではなく、大日本帝国憲法
に基いて憲法審査すべきであった」という話でしょ??
だったら全ての審理をやり直せって話に必ずなる。
「改正」でもなく、「適用する法律を間違ってた」って話だから、一事不再理にも法の不遡及の
原則にも当たらない。全部やり直さないといけなくなる。時効規定も無効だろう。

>>220
その通り。無効な法律に基いた裁判や刑罰は全部無効になる。
上の「判決の効力は個別的効力説が通説判例」というのとは話が違う。
存在しない法の判決に「個別的効力」も糞もない。法が存在しないんだから。

238 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:36:55.09 ID:gAzB6mWsO
>>233 中国 朝鮮の方が 好き勝手やって 犯罪も 多いのだが?

239 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:37:13.06 ID:e+LQPowD0
>>233
そんな空文どうでもいいよ



240 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:38:18.30 ID:gsip4TpY0
>>233
人間がしっかりしていれば、そうはならない。
人間がしっかりしていれば、そもそもドイツ由来の概念法学も必要ない。
が、日本人はやばいかもねえ。

241 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:40:03.53 ID:NGVTyBl90
これはやり過ぎだろwwwwww

時代に合わな過ぎる
あくまでも日本国憲法の改正で在るべき

242 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:41:04.37 ID:tqYCC5qH0
何つーか敗戦国だって忘れてるバカだよなこいつら

243 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:43:17.76 ID:h9qAQe960
>>233
言論、出版、集会、結社の自由はあったよ(法29条)

法律の範囲内という留保はあるが

244 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:43:50.71 ID:gsip4TpY0
そもそも
ドイツだの日本だのという
枢軸国の法律学をいまだに使っている点で、人間的に不安なんだが。

245 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:44:11.45 ID:Fvt+ZYti0
>>240
自分で購入したDVDを自分の携帯端末で鑑賞したり、バックアップを
取るためにコピーすることが違法化されるような国だよ。

日本では、「憲法上法制可能なことなら、規制は何であれいきつくとこまでいきつく」という前提で
考えた方がいい。

246 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:44:51.37 ID:wiyHplhp0
>>243

247 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:46:02.02 ID:CLhHWHCx0
>>230
そんだけ影響力があるんだから政治的発言は控えるべきだろうがよw
野田内閣はけしからんとか共産党は無礼だとか発言しちゃっていいのか?
天皇がそんな発言しはじめたら、国民主権とぶつかり、
責任を問う声が出てくるし、天皇制廃止を言う奴らだって増加しかねない。
不敬とかなんとかってことにはならん。
そもそもが天皇とは古えより錦の御旗であり、政治からは超然として、
権力から求められれば勅を出す存在。
それが日本国民の描く天皇像だろう。日本国憲法はそれをよく反映してる。


248 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:46:07.24 ID:h9qAQe960
>>240
しっかりしてればってw
子どもがいいそうな理屈だなw

ガキはこの時間帯はとっくに寝てないといけないぞw

249 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:47:11.40 ID:wiyHplhp0
ミスった。
うん、だから、尊重はされないよな。
法律の留保、だから、国会だけでどうにでもなる。
そんなの、人権じゃないよ。

250 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:47:49.33 ID:LVtJUXuN0
検閲の禁止は当然盛り込むべきだろうな
しかし、憲法違反の癖にGHQがやった検閲はいいのかよとも思うが

251 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:50:05.29 ID:Fvt+ZYti0
>>247
> そんだけ影響力があるんだから政治的発言は控えるべきだろうがよw

影響力が悪い方にばかり働くとは限らない。
いい影響の政治的発言なら、いくらでもなさればいいと思うよ。

特に旧宮家や女性宮家についてどうして欲しいか具体的に示していただけると、
多くの不毛な論争が片付くし、典範改正の指針も立つので大変助かるだろう。
あくまで皇室のあり方限定の話だから、戦争などに影響与える危険のある
話ではないし。

252 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:50:06.23 ID:e+LQPowD0
>>249
日本で基本的人権が尊重されてるのは同和と在日くらいだよ
何言ってんの



253 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:52:50.66 ID:gsip4TpY0
>>249
人権ってのは、考え方としては自然法からきてるだろう。
でも日本人は法曹界から一般世間まで、分権的な法律なんてものは一切理解できない。
考えたこともない。リアリティはないんだよ。
だから日本にはじっさい存在しないともいえる。

日本の刑法じゃ正当防衛は違法性阻却事由なんだぜ?
人権なんてものは根本的にリアリティを持っていない。日本では。

254 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:56:27.81 ID:3iq/afkw0
>>249
軍事政権が、政敵を「戦犯」と呼称して
裁判ごっこやって弾圧殺戮する行為をマンセーする発想は「人権重視」?
GHQ憲法体制は、それをマンセーすることが前提だよね?

255 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 01:58:56.33 ID:Fvt+ZYti0
>>253
> 日本の刑法じゃ正当防衛は違法性阻却事由なんだぜ?
> 人権なんてものは根本的にリアリティを持っていない。日本では。

死刑執行人が殺人罪に問われないのも、「刑法第三十五条 法令又は正当な業務による行為は、罰しない。」
によって違法性阻却されるからと聞いたことがある。変な国だw
最初から殺人罪にならないように殺人罪に例外規定つけとけよw 「死刑判決を受けた者に生存権はない」とか。

256 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 02:03:18.12 ID:877kOcs80
貴族の復活
大地主の復活
公務員批判をしたものは天皇を批判したことになり国賊
財閥の復活
ほかにもるが

257 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 02:03:57.59 ID:Fvt+ZYti0
>>254
連合国の論理では、日本は鬼畜な侵略国家だという前提だから。
カイロ宣言でもそうなっている。

日本人はそのことをいつもすぐ忘れるけど。中国や韓国の反日歴史観ってだけじゃないんだよ。
欧米全体が共有している歴史観で、国連も今だに日本に対する敵国条項を変えていない。

つまりGHQは、鬼畜な侵略国家である大日本帝国から、被害者であるアジア諸国と日本国民を
救ってやった、という論理なの。だから「人権重視」なんだよ。

日本人は大日本帝国をナチと同一視されると違和感感じるけど、実際欧米諸国は
同一視しているんだよ。

258 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 02:14:58.78 ID:gsip4TpY0
>>255
分権的な法律は想像した事すらないから、何か外側から規定してもらいたいんだと思う。
殺人罪という規定があって、その違法性がキャンセルされる規定を作って・・・という組み立てだね。
だから「正しい戦い」とかとなると、もう日本人の理解を超えてしまう。
しかし自助とか復仇という概念を含む自然法は、そこのところが分からないとどうしようもない。


259 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 02:18:06.00 ID:iP2AIz2D0
★5って…
でも、大事な事が省かれてますね
東京維新の奴等は「国民主権で傲慢な国民」などと言いやがったんですよ
頭の中身が北朝鮮の幹部なみですね

260 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 02:20:01.36 ID:Iucxw99N0
愛国心を装った売名行為だなw
最初から反対されて不採用にされるのはわかってるからな橋下率いる大阪土下座の会は(笑

261 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 02:21:33.88 ID:iP2AIz2D0
>>22
北朝鮮以下ですぜ?
自分がいい思いできないからって前時代まで意識を巻き戻してどうするんだ

262 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 02:21:45.77 ID:LVtJUXuN0
>>259
西部進の影響を受けてる人たちじゃないの
国民は傲慢だって表現は

263 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 02:22:34.04 ID:Fvt+ZYti0
>>259
> 東京維新の奴等は「国民主権で傲慢な国民」などと言いやがったんですよ
> 頭の中身が北朝鮮の幹部なみですね

一体誰のおかげで議員になれてるんだっつう話だよな
有権者は怒らないとあかんわ

自虐史観を払拭するとか、日本国が自立しようって流れはいいことだけど、
それを牽引するのがこういう連中だと本当ヤバイよ。
左翼もアレだが、日本は保守思想もろくに育ってないのが痛い。
戦後今まで一体何をやってたんだろう。

264 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 02:24:23.19 ID:iP2AIz2D0
>>28のようなバカウヨしか支持してないな
大日本帝国憲法は…

この一点だけで欠陥品だとわかるよ
バカウヨなる男性様は自分を既得権益者に引き上げてくださる
前時代憲法がメチャ美しく見えているのだろう

265 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 02:25:25.18 ID:wiyHplhp0
>>253
何を言いたいのか分からない。
違法性阻却事由でどこが悪いんだ?

構成要件に該当しない、といえばいいのか?

266 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 02:26:51.59 ID:iP2AIz2D0
>>36
思想がないから軍国主義ではなかったわけではない
先制攻撃上等の時代なのだから、軍国主義に傾いたシロモノなのは想像が容易だろ

267 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 02:28:02.86 ID:LVtJUXuN0
>>266
それじゃ先制攻撃上等の時代だったのが悪いんじゃないか

268 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 02:29:09.46 ID:gsip4TpY0
>>265
構成要件は侵害者の側のものが問われる。
侵害があったのかどうか。


269 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 02:30:17.43 ID:Fvt+ZYti0
>>84
> そもそも、複数の選択肢を示され自らの選択でGHQ案を呑んだ以上、その
> 時点で既に「押し付け憲法」ではないw
> GHQ案がいやなら「国民投票」の選択肢もあったんだからね
> GHQ案を押し付け憲法呼ばわりする以上、回避する理由もなかったはず

まあ押し付け憲法論は、韓国併合は日本からの押し付けだと朝鮮人が
言うのと似てるよな。

保守派としてはあまり潔い態度ではないと思うよ。反対するなら第90回帝国議会
で命張ってでも反対すればよかったんだし。実際共産党は反対したんだし(9条で
自衛権放棄するのは民族の独立を危うくする、という9条反対が理由だがw 今と逆w)。
まあ9条のことはともかく、赤旗には批判する権利はあると思うわw
赤旗が捏造してると言ってる人もいるけど、議事録見ると全くそんなことはない。
正確な報道をしている。肩持つわけじゃないが、たまに大事なツッコミ入れるからなw

270 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 02:30:31.68 ID:LVtJUXuN0
>>263
保守思想ってもともとオルテガみたいなエリート主義だろう
大衆による政治を嫌うのが普通

271 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 02:32:00.36 ID:wiyHplhp0
>>268
ごめん、本当に何が言いたいのかわからない。
違法性阻却事由で何が問題なんだ?

というか、失礼だが刑法をしっているの?

272 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 02:32:54.69 ID:gsip4TpY0
>>270
何を守るのか、変えないのか、だろ。
それがハッキリしない。
どこまで遡るのか、コアになる考え方や道徳はいつの時代のものか。

273 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 02:33:14.92 ID:LVtJUXuN0
>>269
法的手続に瑕疵がある押し付け憲法と
瑕疵がない韓国併合を一緒にするなよ

274 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 02:35:03.22 ID:Fvt+ZYti0
>>270
もとはそうかもしれないが、そこから何も進歩してないってのはなあ・・・

275 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 02:35:47.59 ID:iP2AIz2D0
>>73
昭和天皇こそ傀儡の極みだろう…
陰に隠れて悪事をしていた奴らがいたのさ

276 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 02:35:50.03 ID:gsip4TpY0
>>271
違法じゃない。

277 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 02:37:35.89 ID:LVtJUXuN0
>>274
思想に進歩なんかあるかい
民主主義は何千年前の思想だよ

278 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 02:38:26.46 ID:czWNtd9i0
国民自ら、民定憲法から欽定憲法に戻すよう要求するなんてのは、
世界中から馬鹿にされても仕方がないんだけどな。

「私たちには政治を行う能力ありませんから、王様に全部やってもらいます。」ってことだぞ。


279 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 02:38:26.47 ID:Fvt+ZYti0
>>273
> 法的手続に瑕疵がある押し付け憲法と
> 瑕疵がない韓国併合を一緒にするなよ

衆議院帝国憲法改正案委員会、第90回帝国議会の決議、天皇陛下による憲法公布、施行に一体どんな法的手続上の
瑕疵があるんだ??

瑕疵があるというなら法に基いて具体的に書いてくれ。根拠も。

280 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 02:41:43.66 ID:Iucxw99N0
まあ 大阪土下座の会もイロモノばかりの カスゴミ集団だったよなw
まあ最初からわかっていたけど(笑 在日一派の軍団はメッキがはがれるとどんどん本性丸だしだよな
さすが腰抜け感情丸だしの在日の方々だけはあるね

281 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 02:42:39.67 ID:iP2AIz2D0
>>96
あんたはばかですか。
「君が代」より大日本帝国憲法下の天皇のほうが後なの。
WW2前〜中の極限られた時期に「君主の世」などというタイトルだったわけないだろう。

282 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 02:44:21.67 ID:LVtJUXuN0
>>279
憲法の自律性に反する
GHQの検閲下、公職追放が行われる中で帝国議会の議員がどうやって反対するっていうんだよ

283 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 02:46:32.73 ID:iP2AIz2D0
>>122
なんでそんなに好意的な解釈?
とにかく「国民主権は傲慢」だけで否定されてしかるべきなんだよ

284 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 02:50:39.40 ID:gsip4TpY0
まあ仮にGHQ製憲法の手続き上の瑕疵というのが
戦後77年経って世論に問題視されて、それが破棄というところまで行ったとしたら
それ自体が政治的な過程だわな。そうとしか説明できない。

285 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 02:51:16.70 ID:Fvt+ZYti0
>>282
> 憲法の自律性に反する
> GHQの検閲下、公職追放が行われる中で帝国議会の議員がどうやって反対するっていうんだよ

じゃ新憲法制定に反対して公職追放された議員がいるのか? 現実には命までは取られないんだし、
議員なら、本気で反対なら政治生命かけて反対すべきだろう。
また、>>84にあるように、「GHQ案がいやなら「国民投票」の選択肢もあった」わけだよ。
自律性が無かったという言い訳には無理がある。

韓国人が「軍事大国である日本を前にしてどうやって韓国併合に反対するんだよ」と言うのと同じ。
ただの言い訳。手続き上は自らやっている。

あなたは「法的手続に瑕疵がある」と言ってるんだから、抽象的な自律性の議論ではなく、
具体的な「法的手続き」上の瑕疵に言及しろよ。
そりゃ理念上は完全な自主性・自律性がないのは当然だよ。しかし「法的手続き」には
瑕疵はないと俺は思っている。




286 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 02:54:17.83 ID:z1nQttMSO
米国に押し付けられた今の日本国憲法では永遠に独立国家になれないし日本国民が幸せになる事はないからな

287 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 02:57:09.08 ID:LVtJUXuN0
>>285
外国に占領されてるって意味がわかってないだろう
一議員が政治生命をかけたとか形式的手続要件を満たしたという以前の問題だ
だいたい>>84のソースも不明だし

288 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 02:59:45.06 ID:iP2AIz2D0
>>184
全面的にNOだな
おもちゃで遊んでるんじゃねーんだよ
考えが幼稚すぎる

289 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:00:38.79 ID:PaKVJDVCO
>>283
国民ってどういう存在だと思う?
日本にあるのは国民主権じゃなくて人民主権
これを庇護しようだなんてお笑い
その時その場その状況、雰囲気や流行に左右される世論とやらを振りかざしてそれを民意だとか言って最優先させるべきとする人民主権はガキの我が儘

290 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:00:58.27 ID:JU1CDlUR0
おもしろいね。しかし。大日本帝国憲法そのままじゃ反対されるだろう、


サンフランシスコ講和条約で、主権放棄したが
領土の放棄が無記載で、大日本帝国天皇の領土よりどの国へも移動していない。

なので曖昧になっている日本領土が復活し、領土問題が無くなり、戦後処理が解決する。


291 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:02:39.55 ID:onR2XCTz0
ネトウヨ並の幼稚さだよな、東京維新の会って

292 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:02:58.71 ID:PaKVJDVCO
>>274
思想や道徳の進歩とか言い出す奴が保守思想が云々なんて言うとはたまげた

293 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:05:26.35 ID:Fvt+ZYti0
>>287
あんたまさかGHQ案そのままだと思ってるの?
帝国議会はかなり修正してるんだよ。つまり日本側にも意見する自由も機会もあったの。

>形式的手続要件を満たしたという以前の問題だ
あんたが「法的手続に瑕疵がある」と言ったんだよw
誤魔化さないで、法的手続き上の瑕疵を具体的に書きなさいよ。


294 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:06:18.30 ID:0kGylncS0
>>282
はて?大日本帝国憲法は日本国民(当時の表現で言えば臣民か?)が自律的に制定したのか?

295 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:06:52.76 ID:iP2AIz2D0
>>238
おまいは北朝鮮では自由意志による発言をしただけで処刑だって知らないのか?

296 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:07:02.84 ID:gsip4TpY0
>>283
でも国民にソブリンティなんてないけどな。
普通選挙権ってソブリンティかい?

297 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:08:37.53 ID:0kGylncS0
>>289
では具体的にどういう政体にするんだ?君主制?貴族制?

298 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:09:05.77 ID:Fvt+ZYti0
>>277
>>292
思想は進歩するものだよ。
それが分からない人は思想史を学んだことがないのだろう。

西洋哲学だけじゃない。日本においても、保守思想にあたる事柄、
たとえば天皇とは何か、天皇と民の関係、国体についてなども、国学で長年研究され
育まれてきた歴史があるんだよ。

299 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:10:05.59 ID:wubSviQY0
欠陥だらけの明治憲法の復活なんて、何を考えてるんだこの連中は…


300 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:10:37.32 ID:+Tdro2teP
日本人による日本人のための憲法を作ろう

301 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:11:17.32 ID:iP2AIz2D0
>>252
あんたは、自分が受けてる恩恵も知らずに
「隣の芝生は青い」と愚痴をこぼしているのだ

既得権益を受けながら他人の既得権益は憎悪するバカウヨがやりそうなことだが

302 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:11:43.19 ID:LVtJUXuN0
>>293
人によっては帝国憲法75条やハーグ条約違反を言う人もいるが、
そんなものを持ち出す以前の問題だよこれは
「自律性の原則」という法原則違反が明らかだからね
要は、自由意思がないのだから国民の意思表示の効力がない

303 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:12:02.11 ID:PaKVJDVCO
>>298
思想史が進歩の歴史だと思ってんのかい
普通に定義上左翼の進歩主義じゃん

304 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:12:27.72 ID:az4tiX0P0





底 辺 層 や 脳 弱 層 に 受 け そ う な 政 党 だ な w w





305 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:12:42.46 ID:wubSviQY0
>>298
国学って保守というより(江戸期の)革命思想だと思うのだが…


306 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:13:08.44 ID:0kGylncS0
>>243
逆に言えば「法律作りさえすれば言論・出版・集会・結社の自由はいくらでも制限・侵害可能」ってことだ。
それでは全く意味が無い。

307 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:15:16.52 ID:LVtJUXuN0
>>298
日本の保守思想は儒教が主流だろう
本当に思想史を学んだことがあるのか

308 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:15:17.14 ID:PaKVJDVCO
>>300
戦後日本人に出来ると思う?
すっかり去勢されて自分たちが何者か忘れたような戦後日本人が小賢しい人権主義や技術主義で自主憲法とやらを作るより、
もともと本来日本にあった自主憲法を復活させて、それを改憲する方がはるかに「日本の」憲法だろ

309 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:15:20.72 ID:0kGylncS0
>>302
>要は、自由意思がないのだから国民の意思表示の効力がない
大日本帝国憲法は?

310 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:16:07.13 ID:gsip4TpY0
>>306
それを人呼んで「形式的法治主義」という。
こればっかりは日本の世界に誇る得意分野。
中国の公務員も日本にやってきて絶賛研修中なくらいに。

311 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:17:38.36 ID:LVtJUXuN0
>>309
帝国憲法は欽定憲法でしょ
主権者・改正権者の意思が自由かどうかが基準なんだから

312 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:18:48.70 ID:Fvt+ZYti0
>>302
> 要は、自由意思がないのだから国民の意思表示の効力がない

帝国議会議員は国民の代表ですけど?帝国議会が決議したんだよ。
あなたは「公職追放が行われる中で帝国議会の議員がどうやって反対するっていうんだよ」
なんて言ってるが、実際に反対して修正してる箇所もたくさんあるんだから、「国民の意思表示の効力がない」
などというのは根拠がない。
そもそも、本当に国民が不当と思ってるなら、サンフランシスコ講和条約後すぐに改正した
はずでしょう。今日まで「自由意志で」受け入れてきたのは日本国民自身だよ。
それを認めるところからはじめないと、現実的に憲法改正なんて不可能だわ。まして現憲法の無効論なんてナンセンス。
無効論にこだわってる人は、本気で新憲法を作る気なんて更々ないんでしょう。

313 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:19:28.41 ID:onR2XCTz0
>>308
ネトウヨってすぐ威張るよなw
キモオタが虚勢はってるかと思うと笑えるよw

314 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:20:31.36 ID:0kGylncS0
>>252
君がそうやって自由に発言できているのも「表現の自由」があるからなのだがね?
表現の自由が無くなったらどうなるか?例えば君が在日・同和を批判したら逮捕、なんてことになりかねない。

315 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:21:47.08 ID:LVtJUXuN0
>>312
法的には瑕疵があるが、事実上国民が認めてしまっているという状態だな
まあ俺は無効だろうが改正だろうが変えられればどっちでもいいが

316 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:22:18.45 ID:PaKVJDVCO
>>252
頼むからお前は保守とか愛国を自称しないでくれよ

317 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:22:43.84 ID:0kGylncS0
>>311
なら国民からしてみれば、「天皇・明治政府からの押し付け憲法」が「GHQからの押し付け憲法」に変わっただけだろう。

318 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:24:39.23 ID:LVtJUXuN0
>>317
それは君の「国民主権こそ正しく天皇主権は間違っている」というただの政治的一見解だろう
法的議論ではない

319 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:24:57.65 ID:Fvt+ZYti0
>>303
あんたは「進歩」って言葉は左翼の専売特許だと思ってんのかw

江戸時代に、それまで忘れされていて、読み方も意味も解読不能だった「古事記」を
再発見し、解読して皇室の歴史・思想を探求した研究も、日本思想史上の大進歩でしょうに。

>>305
今の保守思想はそれに基づいているでしょう。保守というのは近代の言葉だよ。

>>307
> 日本の保守思想は儒教が主流だろう
儒教の影響は受けているが、主流ってことはないだろw 儒教を支柱とする保守がいるかよw

320 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:27:18.78 ID:Fvt+ZYti0
>>315
> 法的には瑕疵があるが、事実上国民が認めてしまっているという状態だな
だから法的に何の瑕疵があるんだよ。
それを聞くと「それ以前の問題」とか言って誤魔化して、法的な瑕疵をあんたは言わないじゃんw

> まあ俺は無効だろうが改正だろうが変えられればどっちでもいいが
どっちでもよくない、と東京維新の会は言ってるんだよ。
改正ではダメで、無効論でないとダメだと。
その違い分かってないなら的外れだから黙ってた方がいい。

321 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:28:24.14 ID:PaKVJDVCO
>>319
何でそんな話になるんだ?
思想史を持ち出して思想の進歩とかいうから進歩主義的歴史観だねって言っただけ
知識や技術の面での進歩はそりゃあるだろうが、思想の進歩なんて非常に疑義のあるもんですな
何を以て進歩とするのかもわからん

322 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:29:36.92 ID:LVtJUXuN0
>>319
たとえば「教育勅語」も儒教思想
「国体」ももともと儒教用語
日本的道徳なるものは儒教と大体イコールと考えていいだろう

323 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:29:41.46 ID:Gi49j1Oj0
日本国憲法の存在意義を問う
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1323437153/
に貼ったコピペのまとめ

1 憲法学者が自らの仕事にむなしさを感じることは避けられない(ホセ・ヨンパルト)
2 憲法学説は最高裁の判例にほとんど影響をあたえていない(西修)
3 戦後憲法学は占星術とかマルクス解釈学みたいなもの、要するに壮大な無駄(長尾龍一)
4 憲法学者は法律学者の中における被差別階級、秀才は憲法学なんかやらない(安念潤司)

学問的に意味はなく、実務にも何の影響力もなく、やっている当人は馬鹿にされていて、
もともと馬鹿にされるような人しか専攻してなくて、やっている当人はむなしさを感じている、
それが憲法学であり、憲法学者なのだそうな。

324 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:30:03.99 ID:0kGylncS0
>>318
「(形式的)法治主義」に基づけば、
大日本帝国憲法から日本国憲法への改正は、(大日本帝国憲法に定められた)正規の手続きを踏んでいるから問題ない
ということになるが?

「軍事的圧力下だったから〜」ってのは、それこそ政治的一見解でしかなく、法的議論ではあるまいよ。

325 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:36:32.62 ID:wubSviQY0
>>319
ある時期での革命思想が、その革命の成功などによって
固定化されたのが「保守」だと自分で理解しているではないか。
ある時点での進歩思想が固定化したかのが保守と。

つまり、保守思想が進歩するというのは定義からして変。


326 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:37:15.72 ID:LVtJUXuN0
>>324
自律性の原則
「一国の憲法はその国の国民の自由意思に基づいて制定されなければならない。
この原則に反して、ある国の憲法制定に他国が強圧的に介入する場合には、
内政不干渉の原則、憲法の自主性・自律性の原則違反の問題が生じる」(芦部信喜『憲法』27頁)

自律性の原則は、対外的に内政不干渉の原則を満たし、対内的に主権者の自由意思が保障されているかという観点から判断しなければならない
「軍事的圧力下だったから〜」じゃなくて「占領下だったから〜」
圧力云々以前に憲法の上位存在がGHQだからね

327 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:37:30.99 ID:0kGylncS0
>>318
それに君の論は「(国民主権は間違っていて)天皇主権は正しい」という「ただの政治的一見解」に基づいているぞ?
(でなければ、大日本帝国憲法の正当性が担保できない)
君の論に基づけば、君自身の話さえも、「法的議論ではないただの政治的一見解」になるんじゃないの?

328 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:40:31.71 ID:0kGylncS0
>>326
はて?
>一国の憲法はその国の国民の自由意思に基づいて制定されなければならない。
君のこの引用は、明らかに「(天皇ではなく)国民による憲法の制定」を是としているようだが?
「国民」のところを勝手に「天皇」に置き換えてしまうのは我田引水だろう。

329 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:40:36.27 ID:Fvt+ZYti0
>>321
> 思想史を持ち出して思想の進歩とかいうから進歩主義的歴史観だねって言っただけ

進歩って言葉使ったら進歩主義的歴史観になるのか?w
短絡過ぎてアホだろw

> 知識や技術の面での進歩はそりゃあるだろうが、思想の進歩なんて非常に疑義のあるもんですな
> 何を以て進歩とするのかもわからん

研究の蓄積や広がり、厚みを進歩と言ってるだけだよ。研究したり議論したりする
人もいなければ何の広がりも生まれない。

>>322
> たとえば「教育勅語」も儒教思想
> 「国体」ももともと儒教用語
> 日本的道徳なるものは儒教と大体イコールと考えていいだろう

あんたは儒教を全く知らないだろ。用語を借りてるだけで、思想は全く違うよ。
「「国体」ももともと儒教用語」というのもそうだが、用語を借りてるだけだ。

教育勅語なんて、考が一番最初だが二番は友愛で三番目は夫婦の和だぞw国家秩序とか忠は一番最後の
項目なんだぞw 日本独特の感覚であって、儒教ではない。
儒教なら忠義や仁が最初にくる。特に、夫婦の和なんかこんなとこに加えないw いかにも日本的w

330 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:40:39.75 ID:LVtJUXuN0
>>327
何をいってんのw
憲法の主権者の意思に瑕疵がないかどうかを話してるんだけど
〜主権が正しいなんて言ったかい

331 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:42:29.39 ID:wiyHplhp0
帝国憲法がいいとか言っているやつは大方ネトウヨなんだろうが、
帝国憲法下で、現在の総理大臣である野田をしねとか、民主党が売国奴
とか言ったら逮捕される、なんてことを想像もしないんだろうね。

現在の憲法の恩恵を散々受けておいて、ばかだよね。

332 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:43:59.45 ID:Fvt+ZYti0
>>326
「自律性の原則」はあくまで原則であって、「法手続き」じゃないだろ?
「法手続き上の瑕疵」はどこへ言ったんだ? 原則が完璧には守られていない、
という批判なら俺も賛成だが、「法手続き上の瑕疵」とは全く違う。


333 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:44:12.34 ID:LVtJUXuN0
>>329
『論語』も『大学』も『孟子』も読んでるぞ
借りたんだけじゃなくて明治政府が勝手に国体の定義を変えたんだよ
会澤正志斉とか普通に国体について論じてるじゃないか

334 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:44:41.93 ID:PaKVJDVCO
>>329
思想は進歩する、ということの証明として思想史を持ち出したんだろ?
それを思想(の進歩の歴)史と解釈してるなら進歩主義的だねって言っただけ
違うなら違うでいい
実際君が言ったのは思想それ自体の進歩じゃないし

335 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:45:14.71 ID:gsip4TpY0
大日本帝国やドイツがWW2に負けたのは、
軍人が弱かったせいもあるが、こういう法律(学)や行政を含めて負けたんだろうよ。
政治体制がクソっていっても、法や行政の裏づけがあって存在するものだからな。
しかもこれ戦後も変わってないからな。
常識で議論したり、何が正しいか間違っているか自分で考えることをやめた国民なんだよ。


336 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:46:24.39 ID:onR2XCTz0
>>335
ネトウヨって日本人叩きが好きだよなw


337 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:46:37.58 ID:wiyHplhp0
>>329
日本には独自の思想体系なんか成立しなかっただろ。
儒教や仏教、近くでは西洋の思想を取り入れただけだよ。
多少違うからって、なんだというんだ?

338 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:48:30.65 ID:0kGylncS0
>>330
はて?天皇主権を前提に置かないのか?
じゃあ大日本帝国憲法の正当性を担保するものは何?

339 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:49:16.05 ID:LVtJUXuN0
>>328
だが帝国憲法は押し付けだなんて論は(政治論ならともかく)法律論としては聞いたことがない
大体未だに欽定憲法の国って世界にあるしな
「国民」は「主権者」と読み替えないと意味が通らないだろう

340 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:49:53.72 ID:Fvt+ZYti0
>>333
> 借りたんだけじゃなくて明治政府が勝手に国体の定義を変えたんだよ

だからそれを用語を借りたと言うんだよw
国体という用語だけ借りてきた、意味は全く日本独自に再解釈ている。
日本人は儒教思想は受け入れなかったの。日本人は昔から論語を熱心に読むが、
あくまで日本人流の解釈で読んでいるだけで、儒教思想は全く根付いていない。

日本の切支丹(キリシタン)信者が、イエズス会から見れば「なんか教えたことと違うんだけど・・・、もしかして
全然分かってない?」と違和感もたれたのと似てる。日本人は何でも再解釈して別物にしてしまう。

341 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:51:11.16 ID:0kGylncS0
>>332
彼はダブルスタンダードなんだよな。
実質的法治主義を以て日本国憲法を批判しているくせに、一方で実質的法治主義において重要な国民主権の概念を無視しているわけで。

342 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:51:25.87 ID:LVtJUXuN0
>>340
嘘付け!
江戸時代は学者といえばみんな儒教だったろ
だから反発として国学が出てきた

343 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:52:43.41 ID:k1SHp1LE0
日本人の手による憲法改正修正は明治から一度も起こってないらしいな。
日本人の民度の低さ恐るべしだな。

344 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:52:55.64 ID:Fvt+ZYti0
>>337
> 日本には独自の思想体系なんか成立しなかっただろ。
> 儒教や仏教、近くでは西洋の思想を取り入れただけだよ。
> 多少違うからって、なんだというんだ?

多少じゃないよ。全然違うよ。用語は全部外来語だが、それを使って全く独自なユニーク
な思想を形成している。>>340

たとえば仏教にしても、日本で発展したような日本式大乗仏教は大陸のどこにもない。
経典も用語も全部大陸由来だけどね。


345 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:55:46.68 ID:wiyHplhp0
>>344
仏教についてはよくしらんが、日本独自の仏教思想なんか根付いていないだろ。

日本式大乗仏教?君の造語か?

346 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:56:19.79 ID:rSK6ebB90
馬鹿だなあ。
国民自身で規則を決める事ができないから、大日本帝国憲法に戻します。
天皇よろしくー。ってことかいw

こんな動き自体恥ずべき事だし、何で議員が主権者を蔑ろにする事言ってんの?
議会そのものの権威も失墜させる行為だわ。

347 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:57:22.98 ID:0kGylncS0
>>339
>だが帝国憲法は押し付けだなんて論は(政治論ならともかく)法律論としては聞いたことがない
まさしく「一国の憲法はその国の国民の自由意思に基づいて制定されなければならない。」がそれじゃん。
大日本帝国憲法は自立性の原則に反するのだよ。

348 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:59:42.41 ID:Fvt+ZYti0
>>342
俺は最初から国学以降の話をしてるんだが

それ以前の儒学者も、儒教思想とは違う。
もしかして儒学と儒教思想を混同してる?
儒学は朱子学・陽明学・古学などがあったが、いずれも学問の範疇だ。
儒教思想はむしろ学問というより宗教だよ。孔子様を拝む宗教。
湯島聖堂など孔子廟は日本にもあるが、礼拝や信仰より、儒学は学問に
重きを置いている。

349 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 03:59:59.84 ID:LVtJUXuN0
>>347
自律性の原則って国家主権の確保が趣旨だろう
主権者が国民か天皇か誰かの話がなんで関係あるんだ

350 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:02:45.99 ID:LVtJUXuN0
>>348
何、その自己流定義

351 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:03:34.79 ID:0kGylncS0
>>339
>「国民」は「主権者」と読み替えないと意味が通らないだろう
意味は通るよ。「大日本帝国憲法は、自律性の原則を満たしていない」というだけ。

君がそのような勘違いをしたのは、
「大日本帝国憲法は、自律性の原則を満たしている」という前提条件を置いてしまったからだろうが、
その前提条件は間違っているのだよ。あるいは少なくとも、そうであるという根拠は何もない。

もっと言うと、その「自律性の原則」というやつは「実質的法治主義」という考えに基づいているのだよ。
「実質的法治主義」とは、「法律や憲法は民主主義や人権を守らなければならない(悪法は法ならず)」という考えだ。
(対して、「形式的法治主義」は、「法律や憲法は法としての体裁さえ整っていればなんでもいい(悪法も法なり)」という考え)
実質的法治主義を否定するなら否定するで構わんが、その場合「自律性の原則」を以て日本国憲法を批判することはできないぞ?

352 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:04:43.79 ID:Fvt+ZYti0
>>345
> 仏教についてはよくしらんが、日本独自の仏教思想なんか根付いていないだろ。

根付いてない??

君の家の宗教はどうか知らんが、浄土宗や浄土真宗の家は多いよ。
法然や親鸞が始祖だから日本で発明されたものだ。禅宗の曹洞宗や臨済宗は
中国源流(もっと遡れば釈尊時代の摩訶迦葉)だが、日本における思想的発展
の貢献は大きい。後には日本から中国に禅を教えに行った程だ。
真言宗も然り。

今でも、インドでの仏教復興運動で、仏教を教えに行ってるのは日本仏教が大半だよ。

353 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:06:23.74 ID:0kGylncS0
>>349
>自律性の原則って国家主権の確保が趣旨だろう
違う。「自律性の原則」は「実質的法治主義」の考えに基づいている。
端的に言えば、「国民主権は正しい」「だから憲法も国民が決めるべきだ」という考えなのだよ。

354 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:07:02.23 ID:wiyHplhp0
>>352
浄土宗も真宗も仏教なんだけど。
君の中では、仏教とは違うものになっているみたいだねW

355 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:08:05.88 ID:wubSviQY0
>>352
そりゃ、日本で発展うんぬんより、
大陸で禅が途絶えてしまっただけの話…


356 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:08:58.25 ID:gsip4TpY0
いまどきは中国共産党宣伝部だって
「わが国は法治国家で、人民には法律に基づいた人権も、言論出版の自由もある」
ぐらいなことは言っている。

これと日本国憲法の主権在民までは、あと一歩というところじゃないかw
こんなものに価値があるのかね?

357 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:09:14.17 ID:Fvt+ZYti0
>>354
> 浄土宗も真宗も仏教なんだけど。
> 君の中では、仏教とは違うものになっているみたいだねW

ん???

「日本独自の仏教思想」と言ってるんだから当然「仏教」だよ。何言ってんだ??

358 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:11:30.06 ID:wiyHplhp0
>>357
だから、仏教は外来思想だろ。
どうして日本独自の思想になるんだよ。
なんか君と話していると、隣国の人と会話しているみたいだ。


359 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:12:24.98 ID:Fvt+ZYti0
>>355
大陸の禅と道元の思想は当事からかなり違うよ。

たとえば道元は一挙手一投足、生活の隅々まで全てが禅だとして、
ありとあらゆることを全部マニュアル化した。自我を捨て去るために。
生活のどこにも自我が入り込む余地がない。

しかし大陸の禅はそこまで徹底した思想ではない。
僧侶のくせに生活がだらしなく、不潔で、驚き呆れたと道元自身が書き残している。
もともと日本とは違うんだよ。

360 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:16:41.57 ID:Fvt+ZYti0
>>358
だから仏教という大枠や用語は外来だけど、
思想は日本独自だよ。 パズルのピースは輸入ものだが、それで組み立てたものは
全く日本独自だということ。
例えば本地垂迹説なんて完全に日本のオリジナルだろ。
大日如来 = 天照大神とか
阿弥陀如来 = 熊野権現とか、そんなこと日本人しか考えないだろw

切支丹も、マリア像と観音像の区別ついてなかった人が多かったようだが、
そんなことは欧米の宣教師にはとても考えられないこと。

材料は全部外来のものでも、それ使って組み立てている思想は完全に日本独自なんだよ。

361 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:17:52.02 ID:LVtJUXuN0
>>351
>>353
その主張にソースあるかな?
論文でも教科書でも構わない
確認したい

362 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:18:47.20 ID:sWNb3pyh0

投票する政党がない  50%くらい。


何を物語るか 政治家は さっぱりわかっていないな!!!!!



政党政治なんか 嘘ばっかりで もう要らない!! もう騙されるのは懲り懲りだ!!!


だから、無所属の候補者がドンドン出てくるべきだ!!!


ところが、今の選挙制度は それと真逆だ。

本来は!! 自分の考えの代わりをしてくれる人を選ぶ! 一番自分の政治思想と近い人を選ぶ!!

これが間接民主制だ!! で、それは 個人を選ぶ! 自分の代わりだ! だから代議士とも言う 自分の代わりに議論する人だからだ

それから あまりにも今の選挙制度は遠くなった 比例制だ これは 政党政治を国民が受け入れている を前提にしている。

欧米は政党政治が立派に機能しているから 問題ない。

でも、日本は??政党は 嘘ばかり言っている 出来もしないことを言うばかりだ出来るわけないのに

と、国民がみんな見抜いてしまっている状態だ!!!

これで、比例制もそのままで 選挙しろ アホもいい加減にしろ

363 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:19:11.84 ID:0kGylncS0
>>358
カレーは元は外来料理だが、では「日本で提供されるカレー」が「イギリスのカレーやインドのカレー」と同じものかと言えば否だろ?
それを指して「日本独自のカレー」というのはおかしな表現かね?

364 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:19:13.39 ID:fLsxFAKt0
100年以上前に作られた憲法なんざいらん。
世情も経済体制も戦後大きく変わっている。
今あるものを作り直すべき。

365 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:23:29.11 ID:0kGylncS0
>>361
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%95%E6%B2%BB%E5%9B%BD%E5%AE%B6
これではダメかね?


366 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:25:36.55 ID:+ecZco4T0
これは正しいな
帝国憲法下で、あたらしい憲法をもういちど制定すればいい

367 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:27:59.31 ID:gsip4TpY0
しかし大日本帝国憲法や一般法の機能というものが、第一に何だったか思い出せばだよ
これは文字でできた鹿鳴館な訳だ。条約改正のための見せかけとして始まった。
こいつは見せかけであることに意義があるんだ。
その点でWTO加盟以降の中国とよく似ている。

368 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:30:02.58 ID:Fvt+ZYti0
>>366
帝国憲法下になれば、軍部と右翼議員が結びついて、憲法改正を阻止するに
決まってるよ。陸軍大臣や海軍大臣だって現役武官だろうし。
それに対する批判も検閲・弾圧されて、逮捕されるようになるだろう。
右翼が理想としてるのはそういう国だろ?

369 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:33:00.42 ID:LVtJUXuN0
>>365
いや法治主義くらい知ってるし…
実質的法治主義は法律の目的が人権保障に合致すべきって話だと思うが
主権や自律性の原則と関係あんのかね

370 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:34:06.72 ID:qgBiHsH80
>>368
勝手に決めんなよw

まあ、まるっきり帝国憲法にするのではなく、
帝国憲法をベースにした新しい憲法がいいな。

371 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:34:34.12 ID:Q540U9KP0
.
★★急降下!、失速、維新の会、急降下!橋下ハッタリ政治★★
■橋下維新で「大阪府が破綻寸前」に!■大阪府、★起債許可団体へ
「大阪府、起債許可団体へ −実質公債費比率 初めて18%超える」(日経新聞 9/21)
大阪府起債許可団体に これ以上は勝手に借金できない貧乏団体に転落した。
http://ameblo.jp/otakoji/entry-11372293128.html

これだけではない!★★【衝撃 大阪府が平成29年に破綻の見通し!】★★
大阪府の実質公債比率が18%を超え、起債制限団体に転落しました。
それだけでなく、平成29年に破綻の見通しが府議会で示されました。
大阪府 借入金 ★太田が作った貯金を橋下が食いつぶした★
平成19年度 期末残高5353億円 太田房江
平成20年度 期末残高6019億円 橋下徹
平成21年度 期末残高7467億円 橋下徹
平成22年度 期末残高1兆506億円 橋下徹

橋下のペテン「黒字のカラクリ」
http://www.youtube.com/watch?v=T6hYl4lBVw8

橋下と維新ガラクタ議員の茶番劇
http://www.youtube.com/watch?v=--S6em3miYQ
http://www.youtube.com/watch?v=vvscq6s-Z9Q

★WTC購入も思いつき、原発再稼働反対も思いつき
★大阪都構想も思いつきで「都」を使えないと慌ててる
★★大阪都構想も最大800億円の費用が要る★★
★思いつきで国政へ、集まる議員もゴミ箱行き議員だ
松野頼久国会議員団代表、もうすでに離党の可能性もあると後援者に話している

372 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:34:58.27 ID:onR2XCTz0
北朝鮮ですら民主主義共和国を名乗ってるのに。これはないだろw

373 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:38:35.60 ID:Fvt+ZYti0
>>370
> まあ、まるっきり帝国憲法にするのではなく、
> 帝国憲法をベースにした新しい憲法がいいな。

しかし1の東京維新の会や2の西田は「それじゃダメ」「憲法改正ではなく、無効化によって、
現在も大日本帝国憲法がそのまま憲法であることを確認」と言ってるわけだよ。

つまり、「改憲派」ではないんだよ。一種の護憲派(大日本帝国憲法を護憲)なんだよ。
ここんとこがみんな分かってない。

374 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:42:25.01 ID:kyZGFmWpO
極右担当。という方針なのか?主義を貫くために一応提出した感じ?

共産党は天皇制は一応認めていたっけ?
今まで左に寄りすぎの反動だと思うけど…。右に寄りすぎもまた変なことになるよ。それによってより得する人間はどっちにもいるからなー。

375 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:42:57.47 ID:gsip4TpY0
いまある日本の法律だって捨てたもんじゃないんだぜ。
日本国憲法も、刑法も、民法も、商法も、特別法の山も、よく考えられていいこと書いてある。

それでどうなるかって?
マイケル・ウッドフォードにでも感想を聞いてみたらどうかな?


376 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:43:29.62 ID:0kGylncS0
>>369
「自主性の原則」は(形式的法治主義ではなく)「実質的法治主義」であるというのは同意して頂けるかな?

まず、今日において人権と民主主義は絡めて語られることが多い。
というのは、権力者が人権侵害を行ったときに、民主政であれば民衆が権力者を引きずりおろすのが簡単だが、
君主政や寡頭政ではそれが難しいからだ。
なので普通、実質的法治主義もまた民主政と絡めて語られる。

がまあ物凄く厳密に言えば、「人権をきちんと尊重する君主政国家・寡頭政国家」というのも可能性としてはあり得るかもしれない。
なので仮に「実質的法治主義」と「民主政」を一旦切り離して考えてみよう。
だが、それでもなお、大日本帝国憲法は「実質的法治主義」の観点から見れば欠陥品と言わざるを得ないだろう。
なぜなら、「法律さえ作ればいくらでも人権を制限・侵害できる」作りであるからだ。

377 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:43:34.16 ID:qgBiHsH80
>>372
あっちは民主主義だよ。

ただ一党しか立候補しない選挙で他に誰に入れろと・・・w

378 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:48:31.30 ID:kBLRURL10
>>38>>55
改憲を後回しにしてきた他党よりはよっぽどマシだろう
まともに行動する人間を批判するオマエがおかしい

>>39>>88>>364>>368
憲法に原因を求めるキミは間違っている

>>46>>56>>76
御意

>>57
手続き論を優先するのは愚行だな

379 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:50:06.42 ID:0kGylncS0
>>369
>「自主性の原則」は(形式的法治主義ではなく)「実質的法治主義」である
とすまんね。君はここがそもそもわかっていないか。ここから説明しなきゃならないな。

「形式的法治主義」の観点から言えば、憲法改正は「改正前の憲法の記述に違反していなければどんなやり方でも問題ない」のだよ。
例えば「外国の軍隊が入ってきて脅されたときの憲法改正は無効」とでも書かれていれば日本国憲法は無効になっていただろうが、
該当する記述が無いかぎり、「形式的法治主義」から見れば日本国憲法には何の問題もないということになる。

それでもなお日本国憲法に異を唱えるとしたらそれは「書かれてなくても守らなきゃいけないルールがあるだろ」ってことなわけで、これは実質的法治主義に属する。
だから、「自主性の原則」は「実質的法治主義」なのだよ。

380 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:51:17.81 ID:6/kIgsNP0
帝国主義思想復活ですか
今の日本が腑抜けだからって、それは間違い
時代を逆行しすぎ
正気じゃねえな

381 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:53:06.51 ID:kBLRURL10
>>67>>74
それをお花畑という
平和ボケは議論に参加するな

>>73
世襲制憎しのその思い込みのほうがよっぽど恐ろしい

>>80>>372
デマはやめとけ
帝憲は議会制民主主義だよ

>>360
曲解はやめとけ
よそ者はしょせんよそ者だ
キミが売国奴だとよくわかる

382 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:55:45.03 ID:kBLRURL10
>>380
キミは情勢を全く理解していない

日教組だの人権擁護局だの極左組織が横行し
マスゴミが売国に勤しむ以上、
復古政策で対抗するしかないの

正気じゃないのはキミだ

383 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:56:02.03 ID:nxOUqSaV0
帝国憲法は所得による選挙権制限があるから在日有利になるぞ。
正体バレバレだぞ維新w

384 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:56:06.84 ID:HmuOTpdyO
どんだけ右翼アピールしたいの?石原知事も苦笑いか?
親分の橋下が売国の本性を露わにしたから無駄だよ

385 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:57:15.59 ID:OUhC7S8e0
帝国憲法は確かに自由について法律で留保しているが、運用上規制などほとんどなかったのが
歴史的事実

帝国が思想的に取り締まったのは共産主義、社会主義、共和主義。すなわち国体=天皇君主制を
覆そうとする思想のみで、それ以外については寛容で表現言論思想の自由があった
治安維持法も、厳しく運用されたのは戦時下の数年間だけだ
平時において現在のように表現の自由を規制する条例などなかったので、
ある意味文化的には現在より自由で寛容だったと言える

386 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:58:21.49 ID:0kGylncS0
>>381
>帝憲は議会制民主主義だよ
それは無理がある。
最大限ひいき目に見ても、「比較的民主的な立憲君主制」という程度だ。
民衆の支配下にあるのは議会の半分(衆議院)だけで、貴族院・天皇(の持つ権力)・軍・内閣・裁判所・枢密院などは民衆の支配下になかった。
しかも、民主制を維持するために必要な表現の自由も制限し放題だったし。

387 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 04:59:24.96 ID:OUhC7S8e0
ちなみに治安維持法で逮捕されても、起訴されたのは全体のたった1割しかない事実
ほとんどはお叱りを受けたらすぐに釈放されていた

治安維持法で暗黒社会になった。帝国憲法時代は暗黒社会だったというのは
弾圧の対象になっていた共産主義者や社会主義者が戦後に広めた捏造だ

388 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:00:39.28 ID:sB7M2u0dO
帝国憲法が素晴らしいって訳じゃなく、現行憲法が嫌で仕方ないから他ならなんでも良いってだけだろコイツら
それと、天皇に無限の権限を与えるってことは政府に無限の権限を与えるってこと
選挙にもよらないで、最初に政治家になった人間のネットワークとコネで権力が継承されていき、政治家になりさえすれば何でも出来る
そりゃ政治家は大賛成だろうな

389 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:01:40.82 ID:0kGylncS0
>>385
新聞紙法とか集会及政社法とか知らんのだろうな。

390 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:01:56.27 ID:gsip4TpY0
新憲法と旧憲法のどっちが日本人という人間によい環境をもたらすかは、差がない。
そうではなく、国際労働慣行を無視したり、輸出企業に補助金を与えたりズルをする国に対しては
アメリカなど西洋先進諸国が、輸入禁止措置をとることが(日本人や中国人の)環境をよくする。
憲法を変えるよりそのほうが劇的に我々の社会を変える。



391 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:02:37.01 ID:6/kIgsNP0
>>382
売国はわかるが、対抗手段がおかしいっての

392 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:02:38.82 ID:OUhC7S8e0
>>386
当時としては十分に民主的な立憲君主制だよ
それと天皇大権なんてのはほとんど運用されてないから実態としては主制といっていい

表現規制にしても、実際は制限し放題なんてことはなかったんだよ
運用上は今よりも自由だった
厳しい規制があったのは「戦時下」。つまり平時ではない
特殊な時代状況、社会状況下に於いて短期間の話だ

表現の自由が保証されているはずの今のほうが遥かに
条例で表現の自由は規制されている

393 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:03:20.95 ID:Fvt+ZYti0
>>385
欧米の音楽や文学も戦時中は規制されてたのでは?敵性音楽だとか言われて。

あと、俺は別に左翼の肩もつ気はないが、共産主義、社会主義、共和主義が
取り締まられるって社会自体がおかしいだろ。どんな思想であれ(たとえ危険思想でも)、
思想は自由であるべきだ。取り締まるのは具体的な破壊活動だけにすべき。
それと左翼も何もかも悪いわけではなく、労働における権利や安全の向上などには左翼も一定の貢献をしてるんじゃないの?

394 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:05:18.00 ID:OUhC7S8e0
>>389
それらも共和主義を封殺するための対応であって、それ以外については寛容な運用がされている
立憲君主体制を脅かす思想だけが取締の対象だ

つまり、帝国憲法を敵視していたのは共産主義者、社会主義者で
彼らがその憎悪を国民に伝播させたんだよ
彼らだけが規制の対象だったのに、あたかも全国民が規制されていたかのように
史実を捏造して、戦後国民を味方につけたんだよ

お前もその洗脳に騙されているのさ
そこのところを理解した方がいい

395 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:07:37.02 ID:OUhC7S8e0
>>393
それも左翼が戦後捏造したプロパガンダ
実際は敵性音楽とかいって騒いでたのは社会体制ではなく朝日新聞を始めとする
マスゴミのつくりだした社会風潮だよ

おかしくはない。国体を脅かす思想を取り締まるというのは、現在のアメリカやフランス、
ドイツやイギリスにだってある。法律による自由の留保というのは別に珍しい憲法ではないよ

396 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:08:25.65 ID:LVtJUXuN0
>>379
形式的・実質的法治主義の定義を勘違いしてるな
条文にこだわるのが形式的〜で、それ以外の解釈も取り込むのが実質的〜だと考えてないか
法の解釈は文理解釈にとどまらないっていつの時代も当たり前のこと
そもそも法治主義ってドイツの理論で、日本は「法の支配」の国でしょ

397 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:11:18.16 ID:0kGylncS0
>>392
例えばシステム的には絶対君主制の国でも、
君主が国民(の代表者)の言う通りの政治をしていれば、それは民主政として機能するだろう。
しかしシステムが絶対君主制であることに変わりは無い。

仮に君の言う通り明治政府が民主的な国家であったとしても、それは上記のような状態であって、
「システム(大日本帝国憲法)」が民主的ということにはならんのだよ。

(加えて言えば、民主的な国家とは言い難い面も多々あったわけで)

398 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:11:35.45 ID:OUhC7S8e0
帝国憲法と戦前の社会の実像に対する誤解というのは、
戦後左翼が国民に刷り込んだ捏造神話

これも時間を駆けて解いていかないといけない課題だね

お前らもほんの10年くらい前は、朝鮮人や中国の脅威を知らず
この国の左翼やマスゴミの真相も知らなかったが、今は真実を知っているだろう?

今度は帝国憲法と戦前についての真実を知る番だ
全部左翼の嘘を刷り込まれてると気づいた方がいい

399 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:13:23.54 ID:LVtJUXuN0
>>397
その理論だとイギリスは未だに絶対君主制だな
絶対君主制の建前で、運用によって議院内閣制をやったのが大正デモクラシーなわけで

400 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:14:42.73 ID:wubSviQY0
>>390
実再問題として、憲法に欠陥があると、重大な結果をもたらす。

明治憲法なんかは、元勲たちが生きていた間は良かったが、
その後は欠点を突くような運営になり、最後には国体を毀損。


401 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:16:15.85 ID:Fvt+ZYti0
>>395
> それも左翼が戦後捏造したプロパガンダ
> 実際は敵性音楽とかいって騒いでたのは社会体制ではなく朝日新聞を始めとする
> マスゴミのつくりだした社会風潮だよ

たとえそうだとしても、今の憲法なら、表現の自由を盾にそういう風潮とも戦えるだろ?
敵性音楽聞いてて具体的な被害を受ければ、訴えることもできるだろう。
しかし大日本帝国憲法では、表現の自由はあくまで法律の範囲内だから、どんな音楽聞いてもいい
という法律が無ければそういう訴えもできないんじゃないか?


> おかしくはない。国体を脅かす思想を取り締まるというのは、現在のアメリカやフランス、
ドイツやイギリスにだってある。

嘘つけw 今のアメリカで共産主義思想が取り締まられてるかよ。戦前と戦後しばらくは確かに赤狩りはあったけど。
あとまあドイツではナチ思想は取り締まられてるが、はっきり言ってそれはおかしいよ。


>法律による自由の留保というのは別に珍しい憲法ではないよ

少なくとも俺は「国体を脅かす思想」って理由だけで思想が取り締まられるような
憲法はいらん。(具体的な暴力を伴う破壊活動やその準備が取り締まられる分には賛成だけど、それは破防法の適用で十分)

402 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:16:46.19 ID:0kGylncS0
>>396
>形式的・実質的法治主義の定義を勘違いしてるな
勘違いじゃないけど。

では聞くが、「自主性の原則」は「形式的法治主義」に基づくものなのかい?

403 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:17:38.79 ID:OUhC7S8e0
>>397
まず、帝国憲法は絶対君主制ではない。天皇の裁量権は憲法で定義されている
実際には天皇には決定権、裁可を下す権限があるだけと言っても過言ではない
今の象徴天皇制とあまり変わらない
それに、天皇という存在が単身で近代国家の国家運営を回せるわけがない
天皇が国家運営を私するというのは荒唐無稽な妄想だ

帝国憲法が提示しているのは、天皇という絶対権威のもとで、
臣民自身が臣民の国家を運営をするというモデルだよ
天皇という神を相手に人間の権利を訴えることに意味があるかね?

それと、システムはどういうものを作っても、実際は運用する国民の意識に左右されるんだ
今の憲法のシステムが今の横暴とも言える議会運営を許してることはどう評価する
システムがどうであるかはさしたる問題ではないだろうよ

404 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:18:54.72 ID:LVtJUXuN0
>>402
はじめにこの指摘をしておけばよかったなw
日本はそもそも法治主義の国じゃない←
だから、自律性の原則と関係ない

405 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:19:57.30 ID:eeomLTtXO
共産党は超護憲派だしな
こいつらは帝国憲法持ち出して基地外のレッテル張って、現行憲法維持させようと必死なだけ

406 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:20:55.46 ID:OUhC7S8e0
>>401
嘘ではないことを認めているじゃないかねw
おまけにアメリカには帰化人を大統領にしないなどのルールもあるぞ?

おかしくもなんともない。国家体制を脅かしかねない思想や人種、民族を
国家体制の基盤から排除するというのは世界的に見て一般的な規定だし
憲法にも反映されている。憲法が国家の形を定義するものである以上、
それはむしろ極めて自然な発想だ
常識的に、憲法が国家の解体の可能性を容認するというのはむしろおかしい
つまり、むしろ日本国憲法が奔放すぎるといえる

407 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:21:00.89 ID:opZoU/5I0
>>395
しかし事実として
教会の中に皇居方向に『皇居』と言う張り紙をされて
お祈りの前に現人神である天皇に拝礼することを強要されてたよ

408 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:21:42.92 ID:Fvt+ZYti0
>>405
共産党が言ってるんじゃなくて、
実際に「東京維新の会」が
「占領憲法(日本国憲法)が憲法としては無効であることを確認し、大日本帝国憲法が現存するとする決議がなされること。」と
議会で請願してるんだよw

409 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:21:50.41 ID:0kGylncS0
>>399
実際、イギリス式の民主主義はかなり特殊だ。
彼の国では「(明文化された)憲法」というものが存在せず、慣習(法)がその代替となっている。
民主主義を
やっているのも、「(日本やアメリカのように)憲法にそう書かれているから」ではなく、「それが慣習だから」なんだよね。

まあ裏返せば、慣習(法)による拘束がそれだけ強いということでもあるがね。

410 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:23:54.49 ID:LVtJUXuN0
>>409
うん
日本もそれを目指した
明治憲法制定期には大隈重信らイギリス派の影響も大きかったからな
結果を見ると失敗したということになるだろうが

411 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:25:14.03 ID:0kGylncS0
>>404
では聞くが、君が信奉する「自律性の原則」とやらは何に基づくルールなんだ?

「形式的法治主義(大日本帝国憲法の条文)」でもなく、「実質的法治主義」でもないとすれば、
それは「法的議論」ではなく、「ただの政治的一見解」に過ぎないと思うが。

412 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:27:00.69 ID:o0JL8QR+O
変えるならともかく戻すのはいくらなんでも退化やん

413 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:28:18.23 ID:Fvt+ZYti0
>>406
> 嘘ではないことを認めているじゃないかねw
赤狩りは厳密には違法にやってたことでは?
違法を黙認してたのと、憲法上認められた行為であることは別だよ。

> おまけにアメリカには帰化人を大統領にしないなどのルールもあるぞ?
それは別にいいのでは?

> おかしくもなんともない。国家体制を脅かしかねない思想や人種、民族を
> 国家体制の基盤から排除するというのは世界的に見て一般的な規定だし

左翼政権が誕生した場合困ったことに鳴るぞ。政権に都合の悪いこと、政権の過ちを糾弾する
抗議は全て「国家体制を脅かしかねない思想」とレッテル張られて弾圧されることになるぞ。

まあそれは右翼政権でも同じか。結局政府に都合の悪いことは全部、反体制、反日、売国奴と
レッテル張られることになる。

実際に怖いのは暴力や破壊活動なのであって、思想には思想で対抗すればいいだけ。
純粋に思想が「国家体制を脅かす」なんてことはない。

414 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:29:34.23 ID:1kT8bO9o0
「維新の会」の正体がどんどんバレていくねw

415 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:29:54.80 ID:aCm4NOKw0
君臨すれども統治せず
日本人のメンタリティに合致した憲法だと思うね

416 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:30:55.17 ID:q6JdMwIY0
>>405
その「帝国憲法復活はキチガイ」という考えが
既に戦後思想にべったり洗脳されているということなのだが。
旧憲法復活は十分にありな考えだよ。

417 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:31:54.95 ID:Zav33k9U0
東京維新の会の登録商標は、
ドクター中松に認めてやれww

これは許す。

418 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:32:43.46 ID:F7wIhpQ50
>>407
それは具体的にどこの教会で行われたことが確認されて、
それに関与してた組織と、その時期は?

419 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:34:06.98 ID:0kGylncS0
>>403
>まず、帝国憲法は絶対君主制ではない。天皇の裁量権は憲法で定義されている
そいつはわかっているよ?
ただそれは「形式的法治主義」というやつだ。
法に縛られてはいても、その法自体が多大な権力を認めるのであれば大差なかろう。

>それに、天皇という存在が単身で近代国家の国家運営を回せるわけがない
>天皇が国家運営を私するというのは荒唐無稽な妄想だ
はて?「単身で近代国家の国家運営を回せるわけがない」のと「国家運営を私する(私せない)」のと一体どんな関係が?
北朝鮮の独裁者だって、自分一人で国家運営しているわけじゃなかろうが、しかし国家運営を私しているのも事実だろう?

>帝国憲法が提示しているのは、天皇という絶対権威のもとで、
>臣民自身が臣民の国家を運営をするというモデルだよ
妄想乙。

>今の憲法のシステムが今の横暴とも言える議会運営を許してることはどう評価する
いわゆる「衆愚政」というやつだろう。実に民主的な話だ。

420 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:34:08.26 ID:Q540U9KP0
.
★★急降下!、失速、維新の会、急降下!橋下ハッタリ政治★★
■橋下維新で「大阪府が破綻寸前」に!■大阪府、★起債許可団体へ
「大阪府、起債許可団体へ −実質公債費比率 初めて18%超える」(日経新聞 9/21)
大阪府起債許可団体に これ以上は勝手に借金できない貧乏団体に転落した。
http://ameblo.jp/otakoji/entry-11372293128.html

これだけではない!★★【衝撃 大阪府が平成29年に破綻の見通し!】★★
大阪府の実質公債比率が18%を超え、起債制限団体に転落しました。
それだけでなく、平成29年に破綻の見通しが府議会で示されました。
大阪府 借入金 ★太田が作った貯金を橋下が食いつぶした★
平成19年度 期末残高5353億円 太田房江
平成20年度 期末残高6019億円 橋下徹
平成21年度 期末残高7467億円 橋下徹
平成22年度 期末残高1兆506億円 橋下徹

橋下のペテン「黒字のカラクリ」
http://www.youtube.com/watch?v=T6hYl4lBVw8

橋下と維新ガラクタ議員の茶番劇
http://www.youtube.com/watch?v=--S6em3miYQ
http://www.youtube.com/watch?v=vvscq6s-Z9Q

★WTC購入も思いつき、原発再稼働反対も思いつき
★大阪都構想も思いつきで「都」を使えないと慌ててる
★★大阪都構想も最大800億円の費用が要る★★
★思いつきで国政へ、集まる議員もゴミ箱行き議員だ
松野頼久国会議員団代表、もうすでに離党の可能性もあると後援者に話している

421 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:36:47.47 ID:aCm4NOKw0
天皇主権が問題というよりは相対的に内閣総理大臣の権限が制限されてしまったことが
帝国憲法の欠陥ではある、焼き直しではなく改良が必要だな

422 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:40:03.16 ID:0kGylncS0
>>403
>システムがどうであるかはさしたる問題ではないだろうよ
いやシステムは結構でかいと思うよ。
「現行憲法のシステム」が、言い換えれば人権と民主主義の守護がなければ、
中国みたいに自国民を戦車でひき殺すことも可能になるわけで。
(いくら民主党が悪政を敷いたとは言っても、そこまで強烈な国民弾圧はやっておるまい?)

423 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:40:14.53 ID:Fvt+ZYti0
>>418
上智大生靖国神社参拝拒否事件というのがあるな。>>407のとは違うみたいだが。
1932年(昭和7年)5月5日、当時、学校教練のために上智大学予科に配属されていた陸軍将校が、学生60名を引率し靖国神社を参拝した際、カトリック信者の学生2名が参拝を見送った。
これを陸軍が問題視して、最終的には学校と教会側が屈服した。

424 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:42:36.57 ID:lxYgJYYG0
結局「昔はよかった」の「昔」って、都合のいい事象だけを切り貼りした
脳内にしか存在しない桃源郷なんだなあということがよく分かるな

425 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:43:12.05 ID:wubSviQY0
>>421
内閣総理大臣の権限が制限どころか、その規定自体が憲法上存在しないからねぇ。

全ての役所がバラバラにやりたい事をやる事が可能なシステム。
統帥権独立みたいなのが、全ての省庁で可能だった。


426 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:44:46.49 ID:aCm4NOKw0
>>425
だから国務大臣の任免件は賦与すべきだと思っているがね

427 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:45:01.76 ID:0kGylncS0
>>394
自由民権運動も、「立憲君主体制を脅かす思想」扱いだったけど?

428 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:49:21.80 ID:sRHxau9/0
>>403
いや、憲法で絶対君主であることを保証してるんだよw
「天皇ハ神聖ニシテ侵スヘカラス」
最も質の悪い絶対君主制w

429 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:49:43.38 ID:opZoU/5I0
>>418
『教会 戦時下』で検索すると
この手の物が沢山ヒットするから読んでみると良いよ


http://www.tohoku-gakuin.ac.jp/research/journal/bk2011/pdf/bk2011no01_07.pdf

http://doors.doshisha.ac.jp/webopac/bdyview.do?bodyid=BD00004401&elmid=Body&lfname=630207.pdf

430 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:50:05.46 ID:onR2XCTz0
ネトウヨすらドンビキレベルw

431 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:54:20.85 ID:hI4vmka3P
手順としては大日本帝国憲法に戻すのは合ってる。
戻した後、大日本帝国憲法を修正したらいい。
それをセットでやればいい。

日本国憲法は、国民主権を戦勝国に、武力を背景に強要された
ものであり、独立国としての根本的な正統性もなく、それゆえに
強要してきた相手に対しては自由ではない。

国民の民主主義への意思の発露は、大正デモクラシーが最新。
その続きをしたらいい。

また、今後、地球に日本国が存在する事で、どんなメリットがあるのか明記すればいい。

432 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:54:21.89 ID:aCm4NOKw0
>>428
現在も神聖にして侵すべからざる存在であることは変わってないだろ
明文化されているか否かにこだわるべきではない
当時ですら重要な政策決定に関わった事なんて数えるほどもないってことは知らないのかな

433 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:56:04.00 ID:wubSviQY0
>>428
第3条は天皇の「無答責」を定めてるんだけど。
絶対君主を定めてる条項じゃないよ。


434 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:56:52.85 ID:opZoU/5I0
>>431
大正デモクラシーこそコミンテルンの秩序破壊工作で
あれから可笑しくなったんだよ

435 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 05:59:18.86 ID:sRHxau9/0
今の日本国憲法も立憲君主制であることに変わりはない。
問題はそその中身だな。
大日本帝国憲法は天皇主権だ。つまり民主主義ではない。
今の日本国憲法は国民主権だ。つまり民主主義だ。
決定的な違いがある。




436 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:00:34.45 ID:0kGylncS0
>>403
>今の象徴天皇制とあまり変わらない
全然違うぞw

今の象徴天皇制では、天皇に選択権はない。
たとえば「こいつに内閣総理大臣やらせるのはどう考えてもまずいだろ」と内心思っていたとしても、国会が指名すればそれに従わざるを得ない。
対して、明治憲法下では、国会の指名を無視することも可能だった。
というか、そもそも誰を大臣に選ぶかは天皇の自由で、国会の言うことを聞く必要は全くなかったわけよ。「親切」で「特別に」聞いてあげてただけでね。

他にも、陸海軍や裁判所なんかは天皇の支配下にあり、民意の影響は受けなかったわけで。特に統帥権干犯問題は有名だろう?
仮に天皇の権限を限定的と表現するとしても、民衆の権限はそれよりもさらに限定的だったんだよ。

437 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:02:52.59 ID:sRHxau9/0
大日本帝国憲法に戻したがってる人たちは、要するに民主主義を否定したがってるんだよw
中国、朝鮮と同類w

438 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:03:38.04 ID:0kGylncS0
>>428
いや、君主の権限を憲法で定めているものは、一応絶対君主制ではなく、立憲君主制に分類される。
…たとえ「国民の生殺与奪は君主の自由」という内容であってもね。

439 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:05:40.38 ID:sRHxau9/0
>>438
だから立憲君主制でも、その内容で決定的な違いがあると言だろw


440 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:05:47.06 ID:0kGylncS0
>>431
明治憲法は、明治政府が武力を背景に強要したものじゃないの?
少なくとも、民意の承認を経て制定されたものでは無いと思うが。

441 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:07:58.61 ID:0kGylncS0
>>439
まあね。「君主に強大な権限を与える立憲君主制」と「絶対王政」の違いは、実質的にはほとんどない。
明文憲法があるかないかだけ。

442 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:08:51.37 ID:sRHxau9/0
今の日本国憲法のほうが、天皇の伝統的あり方に遥かに近い。
大日本帝国憲法は、自分たちのために天皇を政治的に利用しようとした連中がでっちあげたものだよ。

443 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:09:15.19 ID:Alt3Gq8d0
俺は橋下は最低のインチキペテン師で氏ねってマジで思ってるけどさw
流石にこいつらと一緒にしたら可哀想だろw こいつらは都議会の中で
勝手に「東京維新」って名乗ってるだけのリアルキチガイウヨで橋下の
「日本維新の会」とは関係無いからさw

444 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:09:38.18 ID:aCm4NOKw0
>>440
それは現行憲法においても言えること

だからこそ民意を反映するような形で改正手続きを変更しようと言う流れなのだから

445 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:10:37.62 ID:opZoU/5I0
>>443
橋下がウンコだらか蠅がいっぱい集って来るんだよ

446 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:14:42.55 ID:0kGylncS0
>>406
なるほど。つまり(たとえば)中国のチベット人や反体制派への弾圧は正義であると君は主張するわけだ。
あるいは旧ソ連の粛清祭りは。

447 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:16:23.63 ID:onR2XCTz0
つうか右翼ですらねえよ、こいつらw

448 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:18:55.47 ID:HLGJgfCE0
>>1
> 都内在住外国人への生活保護支給の減額・廃止

こっちだけ評価する。誰か反対した奴等の名前を挙げてくれ

449 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:18:57.53 ID:0kGylncS0
>>444
>だからこそ民意を反映するような形で改正手続きを変更しよう
少なくとも、日本国憲法無効論の信奉者にそれを期待するのは間違っているぞ。
彼らの芯にあるのは、「大日本帝国万歳!大日本帝国憲法万歳!」というものであり、人権や民主主義を認めていないんだから。

450 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:19:33.90 ID:opZoU/5I0
>>447
いいえ新自由主義者はブサヨですw

451 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:27:20.34 ID:jyqzr0WD0
>>440
ウソは感心しないな。

明治憲法発布の時は、提灯行列とか日本国中大盛り上がりで、
国民から大いに期待されていた憲法だよ。

武力で押し付けたものではない。

452 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:29:09.06 ID:wubSviQY0
>>450
新保守が左翼ってのは分かるが、新自由主義って左翼か??

この2つには親和性があるけど。


453 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:31:10.74 ID:kBLRURL10
>>383
在日は大半が無職ナマポだろ
何言ってるんだ?

>>386>>393
当時も普選はあったよ
モザイク・言葉狩りだらけの今でも表現の自由なんざ、未だに無いだろ

話のすりかえはやめとけ、売国奴クン

>>387
うむ

454 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:32:31.72 ID:g8Qu/WYV0
中国市場からは撤退でFA
これからは、東南アジア、インド、インドネシアのような親日国との連携を強化すべき




455 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:33:10.94 ID:opZoU/5I0
>>452
保守と言うのがあり、その対立軸はグローバルだと思う
つまり国体やお国柄と言う文化破壊をやる奴は総じて左翼なのさ

456 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:33:38.95 ID:kBLRURL10
>>389
で、今の売国体制を応援したいわけですね、売国奴クン

>>391
おかしくない、おかしくない
キミは優しすぎる
売国テロリストには極論で対抗するしかないの

>>401
アメリカでもCNNは完全に統制下でございます
キミは嘘つき!

>>407
なんで、陛下への礼を嫌がるの?
やっぱりキミは売・国・奴

>>414
東京は正論、大阪は暴論
主張は全然別物


ID:onR2XCTz0

売国奴やチョンはお呼びでねえよ
死ね

457 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:34:10.95 ID:2/kENfC0O
なにこの極右

458 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:35:32.73 ID:0kGylncS0
>>451
「絹布の法被」って知ってるか?w

459 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:35:56.38 ID:hHqf9RAy0
チョンやチャンコロに不利になるんだったら何でもやってくれ!

460 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:36:28.93 ID:aCm4NOKw0
国内政策において保守、経済政策においてリベラルという組み合わせは別に珍しくもない
サッチャー、レーガンみんなそうじゃないか
左右などと言う冷戦期の遺物みたいな用語法で現状を理解しようとしている輩に唖然とする

461 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:38:26.19 ID:opZoU/5I0
>>456
お前いつも1レスで数人にレスをつけるけど
煩雑になるから止めようぜ
せめて1レスでは2人くらいにしねぇか?

462 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:39:09.99 ID:0kGylncS0
>>453
はて?普通選挙法は1925年からで、それまでは制限選挙だったけど?
表現の自由への制約だって、今とは比べものにならんし
(君が言ってる刑法175条だって、明治政府が制定したものだぞ?しかも「モザイク」で「済んでいる」のは戦後緩和されたおかげだし)

463 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:40:08.62 ID:nolyV8KX0
大日本帝国憲法も当時は日本の文化を破壊するって叩かれたんだっけ

大日本帝国憲法より教育勅語を復活させた方が良いと俺は思うがなあ
天皇陛下の御言葉という形ってだけで叩きまくる人がいるけれど
あれ、割とまともなこと言ってるんだよなあ

464 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:41:16.90 ID:Bwxqo3rm0
東京明治維新の会に名称を変えて欲しいな
天皇陛下に過度の無理させるつもりか、こいつらw
男子皇族が少なすぎて大変な時に
無茶なことやるわw

どうしてもやりたければ、まずは日本だけでアメリカと物量
戦争して勝てる戦略を披露してくれ
話はそれから



465 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:43:47.70 ID:MiqKqu030
きちがいすぎわろたwww

466 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:44:00.80 ID:wubSviQY0
>>462
> 表現の自由への制約だって、今とは比べものにならんし

大正期〜昭和最初期のエログロを知ってしまうと、それもどうかなとも思う。


467 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:50:36.11 ID:nolyV8KX0
今の時代に江戸川乱歩が創作活動やってたら
コミケで細々と活動するしかないだろうな・・・

468 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:51:11.96 ID:0kGylncS0
>>466
新聞紙法とか集会及政社法はどう思う?
そのエロを規制している刑法175条も、明治政府が作ったものだよ?

469 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:54:00.40 ID:wubSviQY0
>>468
実際の運用が時期によってかなり違う様だ。(現代でもそうだけど)
下手すると、戦後〜チャタレー裁判あたりが一番厳しかったかも。


470 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 06:56:16.11 ID:mJGpPVjJ0
ソースが赤旗の記事に反応するなよ

471 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 07:00:19.37 ID:kBLRURL10
>>461
いやでーす

オマエの口封じには乗らねえ、売国野郎

>>462
反論になってないで
まずは自らの破綻を認めような、売国奴クン

>>464
旧皇族復活・側室解禁で無問題です
アメポチクン

472 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 07:00:21.44 ID:0kGylncS0
>>469
あるいはそうかもしれんが、
いずれにせよ君が今十分にエロの恩恵に与れないのは「明治政府のせい」と言えるとおもうが。

と言うのは、175条は非常に特殊なんだ。表現の自由に真っ向から喧嘩売っているわけで、普通に考えれば違憲となってもおかしくはない。
にもかかわらず、合憲となってしまっている。そしてそれが判例として定着してしまっているから、(他の法令でも)表現の自由は制限しやすくなってしまっているんだ。
はっきり言えば「法律が憲法に優越している」「法律が憲法解釈を規定している」ような逆転状態にある。

473 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 07:05:03.33 ID:opZoU/5I0
>>471
橋下信者らしいジャイアニズムだなw

474 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 07:13:20.60 ID:kBLRURL10
>>472
いい加減、帝憲ディスるのはやめとけ、売国奴クン

警察は今昔、検閲野郎ってこった
憲法がどうだろうと、表現の自由破る輩に罰則設けんと話にならん
憲法にすり替えるのが、キミの狡猾な人間性だ

>>471
すまん
オレは橋毛主席は大嫌いなんだわ
誰かがシメないと

てか、売国奴でもシャレがつうじることにカルチャーショックだわ
普通売国奴て、ツイッターで延々「ネトウヨ連呼」するキチガイが多いんやけど
オマエは、一応対話が成り立つな

下のスレのユダポチなんか、対話がまるで成立しないw

【社会】イスラエル、感謝のしるしとして愛知の高校にオリーブの木を植樹…故杉原千畝氏の母校
ttp://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1349513236/

475 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 07:14:52.52 ID:sCIAlkcm0
この会派に参加してる自民党系の
候補は何て言う人なの?
落すから。

476 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 07:16:15.36 ID:nd8G4J8B0
江戸維新にしないとな、鎖国も視野にいれて

477 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 07:17:38.09 ID:0kGylncS0
>>474
逆に聞くが、憲法以外でどうやって警察の暴走を止めるんだ?

478 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 07:17:53.56 ID:LD2XLlvY0

橋下徹の正体 まとめwiki
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/mayor/1332600343/189


479 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 07:18:45.62 ID:qgBiHsH80
>>464
明治じゃないのに明治維新はねーよ

480 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 07:25:48.54 ID:kBLRURL10
>>477
憲法でも罰則がなければ警察は暴走する
女装狩りはその典型だな

歯止めは金と武力だけだよ
警察は常に権力の犬

それがわからん人は、議論に参加する資格なし

>>479
明治に追いつこうということだろ

481 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 07:34:13.10 ID:qgBiHsH80
>>480
維新だけとどう違うんだよ・・・

482 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 07:43:54.28 ID:ok9yJ/t60
天皇から主権を取り上げるなんて・・・
日本人としてありえないことだったな。

言われてみれば、国民主権こそ現憲法が
米国押しつけであることを示す烙印だ。

483 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 07:47:09.42 ID:aPqgDCow0
昔の憲法に戻すってアホか
120年前に作られた時代遅れの化石みたいなものじゃないか
今の憲法ですら古くなってるから改めようとしているのに
帝国憲法持ち上げれば自称愛国者様達は喜ぶと思ってやってるんだろうが(実際喜んでるみたいだけど)
自分達は憲法を考えることができない無能だといってるようなもの

484 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 07:47:12.88 ID:dp8PLGMW0
大日本帝国憲法は徴兵の義務があるけどな。
正直2ちゃんねるやっているニートが上下関係の厳しい
軍隊生活に耐えられるか?というと無理だと思うぜ。

485 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 07:49:42.30 ID:YM8jBIxw0
天皇主権つーても天皇自身が何でも決められるわきゃないんで
結局のところ軍部・官僚の独裁になるがそれでよいか


486 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 08:05:12.44 ID:2Xqd/F2q0
>>161
>だから君主が徳川将軍であって、帝は宗教的最高指導者でしょ。
実質的に国を統治する人を君主というなら江戸時代は徳川将軍が
君主ですね。行政・立法・司法の瀬部テを握っていたから。
天皇は幕府の決めた法度に従わなければならなかった。
しかし外国に対する日本国の代表(元首)権は江戸時代でも天皇にあった。
だから開国にあたってアメリカの国書を幕府が勝手に受領したとして
大騒ぎになったんだろう。


487 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 08:06:24.16 ID:ViqWxpX60
日本国憲法は大日本帝国憲法を改正してできたものですが?

488 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 08:10:16.93 ID:tNoUXPAt0
街宣右翼の主張を認めるようなアホな連中を議員にしたらダメだろ。
どこの選挙区だ。

489 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 08:11:28.61 ID:tk7qK2pyO
これ本気だったら頭狂ってるだろw

490 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 08:17:50.04 ID:0kGylncS0
>>480
罰則は無くとも、歯止めにはなるぞ?
ああ、例えばウイニー作者逮捕みたいに警察が暴走したとしよう。
しかし裁判所で無罪判決が出れば、そこで被害は食い止められる。
そして憲法違反の法律は無効になるから、(たとえ警察が国会を抱き込んで変な法律を通したとしても)憲法違反の判決が出れば当然無罪だ。

491 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 08:19:35.23 ID:Re1rXQ0S0
これを批判している人で大日本帝国憲法を
ウィキペディアで概要でもいいから読んだことある人は何人いるのかね
赤旗の解釈が正しいと思ってるんだろうか、、、

492 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 08:49:50.48 ID:qXS9Lh4J0
>>94
日本国憲法なるものが発布された頃は主権は
GHQにあったが。

493 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 09:15:53.86 ID:pZUlOl3o0
>>492
強制されたから現行日本国憲法は無効だ!!

従軍慰安婦は強制連衡だ!!

と騒いでいるアホと同じレベルだよね。

494 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 09:22:39.93 ID:q6JdMwIY0
>>487
その改正が無効だと言ってるわけだ。
旧憲法には、「摂政を置いている間は憲法を改正してはならない」という
条項がある。これを理由に、占領下にあった間は天皇に実権がなかったから
摂政を置いているに等しい状態である、よってこの期間の憲法改正は
無効だと主張しているんでなかったかな。

495 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 09:24:58.04 ID:PWgY4VVc0
美濃部達吉は帝国憲法を改正する必要はない、と言ったんだ。
戦後、朝日新聞紙上で。

496 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 09:28:11.48 ID:6ckoY4IX0


バカまるだし。




497 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 09:30:18.75 ID:a+4Tcz4DO
>>494
その条文何条だっけ。
wikiにも載ってないんだよなー

498 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 09:35:27.35 ID:q6JdMwIY0
>>497
第75条だ。原文は

憲法及皇室典範ハ摂政ヲ置クノ間之ヲ変更スルコトヲ得ス

499 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 09:36:45.30 ID:0kGylncS0
>>494
>旧憲法には、「摂政を置いている間は憲法を改正してはならない」という条項がある。
それを以って改正が違憲というのは、拡大解釈が過ぎるんではなかろうか?

500 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 09:39:23.84 ID:qgBiHsH80
>>485
今とどう違うんだ?

501 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 09:51:05.28 ID:wg5Dvq4e0
>>492
「外交権が剥奪されていたから、韓日併合も独島領有も無効ニダ!」と言いたい訳ですね?w

502 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 09:51:46.67 ID:EP59Axcz0
行き過ぎた個人主義、自由主義は改めた方がいいと思うけどな。

503 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 09:54:42.28 ID:0kGylncS0
>>502
というと例えば?
「平等権(反差別)」や「社会権(生活保護など)」の暴走なら結構見るが、
自由権の暴走ってあまり見ないぞ?むしろ抑圧されてるぐらい。

504 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 09:56:43.33 ID:PVdTDjVN0

この維新にはもっとがんばってもらいたいね。

こういうのが右翼であって、安倍がいかに中道かがわかるから。

505 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 09:58:28.55 ID:+YCQ2CfY0
>>500

大日本帝国憲法を復活させることによって変わること

天皇陛下は憲法一条により祖先より得た「万世一系」の統治権により
朕は君臨されるという、いわば「神格化」された存在となられる

その「神格化」された国体に裏付けされた権威により、天皇は唯一の立法権を得る
憲法の規定によって議会は賛助機関にすぎない

天皇は陸海空三軍を総帥し、その権力は議会の制約を一切受けることはない
つまり自衛隊から編入された帝国軍は帝国憲法成立と同時に天皇の元で
内閣、議会からは独立した組織となる

天皇が任命する貴族院が復活

さらに天皇陛下の諮問機関である枢密院の復活
そして議会、内閣の制約を一切受けない 元老 重臣制度の復活

おそらく大日本帝国憲法を復活させた功労により
元老は橋下閣下、 重臣は竹中平蔵 堺屋 東国原とかになるのだろう

506 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 10:02:50.09 ID:NhqiVui/P
>>257
>日本は鬼畜な侵略国家だという前提だから。

そんな理由で政治弾圧を肯定することが「人権重視」なのか
ようするに権力者、政府当局者にとって都合がいい、悪い だけ

「権力者、政府当局者にとって都合が悪い人間を『鬼畜』と呼称して
 弾圧殺戮する社会体制」 をマンセーすることを前提とするGHQ憲法体制

政治弾圧を「人権重視」と呼称する人間は別にして、
まあ、常識的には潰す以外にないわなあ

507 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 10:03:29.69 ID:mYoq/b660
これではまるで明治維新研究会だなwww

508 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 10:04:02.33 ID:tay2SaBK0
新手の凱旋右翼じゃないの

509 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 10:05:28.41 ID:beUmoiC10
維新、維新、うるさい気がする。維新の意味をちゃんと理解してるのかね…

510 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 10:06:37.78 ID:NhqiVui/P
>>505
前半、今のイギリスやな

>天皇は陸海空三軍を総帥し、その権力は議会の制約を一切受けることはない
笑止。GHQ憲法9条では統帥権はおろか、国民は国防の権利すら奪われている

>貴族院が復活
>さらに天皇陛下の諮問機関である枢密院の復活
これは旧憲法に記されていない内容
旧憲法になると、皆が炊飯器でなくお釜で御飯を炊くようになると思うか?

511 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 10:07:25.24 ID:NXr9Z+ss0
>>ttp://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1349447717/999

元々現在の日本国憲法は大日本帝国憲法の改正だからですよ。

512 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 10:15:05.83 ID:2y9f4D/r0
「旧憲法」とは、十七条憲法のこと。
大日本帝国憲法は今でも「新憲法」の位置づけだ。
日本国憲法は有効性に多大な疑義を有するただの暫定憲法

513 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 10:16:20.48 ID:+YCQ2CfY0
>>510
よくわからないのに つべこべと五月蝿いバカか

>>さらに天皇陛下の諮問機関である枢密院の復活
>これは旧憲法に記されていない内容


大日本帝国憲法第56条では「樞密顧問ハ樞密院官制ノ定ムル所ニ依リ天皇ノ諮詢ニ應ヘ重要ノ國務ヲ審議ス」と規定された。
ちゃんと規定されていますがw どこを貴様は読んでるのかね

>笑止。GHQ憲法9条では統帥権はおろか、国民は国防の権利すら奪われている
意味不明w 
新生の大日本帝国軍は日本国憲法を破棄した上に新たに作られた組織
つまり憲法9条は破棄されたということ



514 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 10:16:33.35 ID:NhqiVui/P
>>499
いや、厳密な解釈だと思うぞ
「摂政ヲ置クノ間之ヲ変更スルコトヲ得ス」というのは
外国侵略軍やクーデターなどの支配下にある状況での法改正を抑止する、という
民主国家の基本的な要件を満たすための条文

ようするに軍事政権が暴力で国民を支配蹂躙して憲法を自在に作成する社会体制
を是認するか、否定するか、ということ
是認ならGHQ憲法保守論になり、否定なら自主憲法制定論になる

515 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 10:16:48.26 ID:q6JdMwIY0
天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス、なんて条項はまずいよなあ。
もし天皇に実権を与えるとしても、閣僚の任命権だけにしておいて
実際の仕事は全部閣僚やその下がやるようにすべきでは。
もちろん任命権も、天皇「だけ」に与えるわけじゃなくね。

実のところ現憲法では、天皇は内閣やその他の決定に基づいて
法律の施行や閣僚の任命やらをやることになっているが
「天皇が拒否したらどうなんの?」ってどこにも書いてないんだよね。
拒否できるとも書いてないが、拒否できないとも明確にされてない。

516 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 10:21:08.96 ID:NhqiVui/P
>>513
おまえの脳内未来体制は別にして、
GHQ憲法体制において、
統帥権はおろか、国民が国防の権利が剥奪されている状況は、
温存されるべきだと思うか?

明治憲法批判者の愚劣な点は、統帥権条項をさんざん批判しながら
GHQ憲法では、統帥権はおろか、国民が国防の権利が剥奪されている状況を
批判はおろか、認識すらできない点だ

517 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 10:31:13.78 ID:NhqiVui/P
>>515
>>516

幕府の台頭を抑止する、という目的からやむをえないとは思うが、
明治憲法の統帥権条項に問題があったのは事実
ただ、ならGHQ憲法9条はなお批判しろよ、と思う

統帥権条項:天皇を軍隊の統帥者だと規定している
9条:国民から、軍隊の統帥権はおろか、国防の権利自体を奪っている

剥奪の対象と国民と明言している分、GHQ憲法は明治憲法より悪化している

518 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 10:51:25.46 ID:6o7rvepE0
>>92
まあそう言えないこともないけど、象徴天皇だから実質は君主制ではないね。
政治に関わってないわけだから。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%8B%E6%86%B2%E5%90%9B%E4%B8%BB%E5%88%B6#.E6.97.A5.E6.9C.AC
日本国憲法

日本国憲法では、国の最高法規、国民主権、象徴天皇制などを採用した。
内閣法制局による政府見解では日本国憲法下の日本を「立憲君主制と言っても差し支えないであろう」
としているが[7][8]、学説では日本国憲法下の天皇が君主であるかについては多数の見解がある。



519 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 10:51:39.20 ID:aRs5Itl20
>>1
正しい思想だと思う。いまの日本には強固な軍事政治が必要である

520 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 11:08:47.06 ID:6o7rvepE0
「我々臣民としては、国民主権という傲慢(ごうまん)な思想を直ちに放棄」

はネタだろ?
大日本帝国憲法をベースにするのはいい。
だが天皇親政はだめだ。成り立つわけがない。
君主親政、あるいは君民共治をやるには、超人が出てこないとムリだよ。
不死身で超能力持ってて凄まじい能力と慈悲心を兼ね備え、何物にも買収されず
原爆の中心にいても無傷でいられるような人物でなきゃだめw

だから、大日本帝国憲法をべーすにして、大統領制にすればいいんだよ。
日本国憲法は書いてあることがあらゆる部分においておかしいからベースにはなりえない。

521 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 11:39:03.75 ID:0kGylncS0
>>514
いや、どう考えても「摂政を置く間」と「外国侵略軍やクーデターなどの支配下にある状況」はイコールではないぞw

>民主国家の基本的な要件を満たすための条文
明治憲法で民主国家とか言われてもねえw

>ようするに軍事政権が暴力で国民を支配蹂躙して憲法を自在に作成する社会体制
明治政府は違うのか?彼らが政権握ったのは、江戸幕府を武力で打倒したからじゃないの?

522 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 11:48:15.36 ID:XkN157jS0
大日本帝国憲法に戻してさ
主権取り戻してもさ
またアメリカにフルボッコにやられんのがオチじゃん

だったらこのまま大人しくアメリカの植民地でいいじゃん
また3.11とかやられたら怖いじゃん
小泉竹中堀江王朝で満足してようよ
出る杭は打たれるよ麻生中川(酒)みたいに(´・д・`)

523 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 11:59:58.95 ID:dOI2mprM0
            r、     r、
           ヽヾ 三 |:l1 
            \>ヽ/ |` }
             ヘ lノ `'ソ
             /´  /
           /      \           
          / ─    ─ \           
        /   (●)  (●)  \             
        |      (__人__)     |
         \     ` ⌒´    ,/           
 r、     r、/        r、/    r、        それはない
 ヽヾ 三 |:l1         ヽヾ 三 |:l1     
  \>ヽ/ |` }          \>ヽ/ |` }     
   ヘ lノ `'ソ           ヘ lノ `'ソ     
    /´  /             /´  /      
    \. ィ              \. ィ       
       \             \
         \             \
          )             │
         /   r、           \
        /    ヽヾ 三 |:l1      \
       /       \>ヽ/ |` }       \
     /         ヘ lノ `'ソ          \
    (           //´ /            ヽ
     \        / \. ィ\           )
       \     ノ       \        /

524 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 12:01:49.75 ID:+YCQ2CfY0
まあ、大日本帝国憲法を復活させ、王政復古するなら

明治維新みたいに、鹿児島、山口あたり(今回は大阪府も参加)から地方自治体が武装蜂起して
江戸城を陥落させねえと駄目だろwww

焦点は江戸幕府(官邸、各省庁 防衛省)を無血開城状態にできるかだなww

525 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 12:03:46.05 ID:Fvt+ZYti0
>>506
> まあ、常識的には潰す以外にないわなあ

日本が敗戦国だということを忘れるなよ。
ポツダム宣言、SF条約と連合国史観を覆したいなら、もう一度世界大戦を
戦って戦勝国になるしかない。

526 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 12:04:43.46 ID:00V8H3Y40
天皇主権になった場合は、主権には責任がセットだから
次の敗戦では確実に天皇は処刑になる、天皇も復活の時には
かなり突っ込んだ話合いになる、主権が飾りではなく
現実の権力委譲も求めるようになる、自分がやってないは今度は通用しない

527 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 12:05:58.84 ID:dU1s8dMJ0
ポツダム宣言は歴史観を受け入れるものではないと思うんだが

528 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 12:06:28.51 ID:Y4r4aCxt0
美濃部博士が大好きな吉原の女郎屋で頭ひねりながら書いた憲法撮要の復刻ブームが
起こりそうだね。

529 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 12:29:29.20 ID:Fvt+ZYti0
>>527
ポツダム宣言はカイロ宣言を前提としているけど、
カイロ宣言は日本を「野蛮ナル敵国」と規定しているし、「日本国ノ侵略ヲ制止シ且之ヲ罰スル為」
の制裁であり、日本が領土を失ったのは「日本国ガ奪取シ又ハ占領シタル太平洋ニ於ケル一切ノ島嶼ヲ剥奪スル」
とされたからが。また、朝鮮分離の根拠も「朝鮮ノ人民ノ奴隷状態ニ留意シ軈テ朝鮮ヲ自由且独立ノモノタラシム」と
あるからだ。

つまり、日本が台湾や樺太、千島、朝鮮などの領土を失った根拠は、日本が「野蛮な侵略国家」だから「奪取や占領した一切」の
領土を放棄せよ、ということなんだよ。ポツダム宣言における領土放棄もこういう認識に基づいているし、それを条約化した
SF条約も同様だ。

530 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 12:38:05.50 ID:2y9f4D/r0
>>521
明治憲法は当時の世界レベルで見れば
十分な民主憲法だぞ
現在の眼で過去を断罪するなよ

531 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 12:45:19.00 ID:877kOcs80
>>530
それを復活したいのが維新の会なんでしょ?
ちがうの?

日本維新の会は
Japan Restoration Party
となのっているので
たしかに王政復古を目指すといっているのだからいいけどね。

Japan Restoration Partyは
日本王政復古党としか訳せないから

532 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 12:47:01.54 ID:mtnUQOepO
というか帝国憲法にするメリットないだろ

533 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 12:48:19.25 ID:bPXkXXI90
>>530
当時ではとか言われてもな

もう明治じゃないんだよ?

534 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 12:48:28.35 ID:YactGzvp0
大阪維新もそうだが、時々極右の振り切れてるのがいたりするからな

535 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 12:48:50.83 ID:dOI2mprM0
何言ってんだ? メリットはあるだろw 

536 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 12:49:41.36 ID:SU07c+nnO
まず当事者の天皇家の意向を聞けよ

537 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 12:55:19.24 ID:dOI2mprM0
帝国憲法つっても、君主政治を復活させるんじゃなくてだね。
GHQの支配下で主権国家でさえなかった状況で押し付けられた日本国憲法よりは、
ベースとするにはよほど良い憲法だよ。
自由と平等、この二つは決して相容れることは出来ないの。
自由の弊害にいいかげん気づけ。
マスコミは言論の自由を振りかざして偏向報道で国民を洗脳し放題。
教育界は日教組に汚染され、自由の名のもとに式典の際の国歌斉唱を
拒否する教師が続出。こんなおかしな国家が他にあるか?
小中学生がそんな教師を見て、まともに育つと思うか? 

538 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 12:56:08.82 ID:3NAg2RZI0
行き過ぎると、アメリカの支持えられなくなって
ハシゴはずされて、米支那連合にレイプされっから
自重しろばーか。ニッポンには、最強の同盟国がいるんだぞ。

539 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 13:00:04.61 ID:6n7lRvNV0
戦後ずっとゴミを憲法と言い張ってやってきたんだから、無効じゃなくて破棄すべき。
無かったものとするな、否定しろ。

540 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 13:00:59.34 ID:dOI2mprM0
日米安保は当てにすんな。ほんとうに日本は無くなるぞ。
米国はまもなく経済崩壊する。そのまえに世界大戦起こして持ってる軍事力を使い切る可能性もある。
どちらにしても世界が混沌の極みになったら、国際法だの条約だのはほとんど守られなくなる。
最後に頼れるのは己の武力しかないぞ。

541 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 13:07:17.16 ID:GlgUNZfe0
大日本帝国憲法がいいとか、日本国憲法がクソだと言ってる連中は
碌にどっちも憲法の中身をしらんで言ってるのが笑える


542 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 13:16:31.43 ID:dOI2mprM0
この世界の悲劇は、一言でいえば個と個がぶつかり合うことなんだよ。
言い方を変えれば、我と我のぶつかり合いの世界なの。
それがこの世界の本質であるから、それをなくすことは出来ないんだけど、
和らげることは出来るの。そうすることが最善の方法なの。

日本国憲法は自由だの平等だの博愛だのと歯が浮くような言葉を羅列してるけど、
この憲法の本質は、我と我をよりいっそうぶつからせるように細部まで仕組まれてるんだよ。
そのように意図して作られてるの。それがわからない奴は阿呆としか言いようがない。
なぜなら彼らにとって日本古来の和の精神が脅威だったんだよ。

なんで神風特攻隊はあんなに人材が集まったと思う?
その原因は単なる非常事態の高揚感だけではない。軍国主義の洗脳教育だけではない。
大きな要因は、あれだけ近代化した日本社会の根底に、まだ 「助け合い、和の精神」
が残ってたからなんだよ。それだけ個人の「我」が肥大してなかったの。
今の人が見れば馬鹿に見えるかもしれないけど、戦時中の困難を抜きにすれば、
今よりも幸福な心情で生きてた人がはるかに多いんだよ。

543 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 13:27:52.84 ID:8rTe6uvb0
164 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2012/10/07(日) 00:22:26.87 ID:6o7rvepE0
日本の近年の年間自殺者数は、発表されてるだけで3万3千人で世界トップクラス。
その他に、変死15万人、行方不明のまま出てこない失踪者1万人以上。
WHOの統計によると、変死の50%程度は自殺。実際は少なく見ても年間10万人、
平均すると1日274人がこの狭い日本の中で自殺してる。
それは交通事故死亡者数の約17倍。


調査の概要
http://www1.odn.ne.jp/youth-study/reserch/2011/gaiyo.pdf

G 自己評価
米国と中国の高校生は自己肯定感(自尊感情)が強く、日本高校生の自己評価が最も低い(以下の数値は「全くそうだ」の比率)。

「私は価値のある人間だと思う」:
日本7.5%、米国57.2%、中国42.2%、韓国20.2%。

「自分を肯定的に評価するほう」:
日本6.2%、米国41.2%、中国38.0%、韓国18.9%。

「私は自分に満足している」:
日本3.9%、米国41.6%、中国21.9%、韓国14.9%。

「自分が優秀だと思う」:
日本4.3%、米国58.3%、中国25.7%、韓国10.3%


544 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 14:17:39.91 ID:Xqk4nu5Q0
>>512
>日本国憲法は有効性に多大な疑義を有するただの暫定憲法

昭和21年2月13日、先に提出した「憲法改正要綱」に対する回答を聴取
するためGHQを訪れた松本国務大臣と吉田茂外務大臣は、ホイットニー
から「マッカーサー草案」を手交された
この時、ホイットニーにより、GHQ草案を受け入れないのであれば、

「この案を“国民投票”に掛ける」

旨宣告されてしまったw
ここに至り万事は休し、日本政府はGHQ案を受け入れることとなったが、
おかげで日本国憲法を押し付け憲法と言い張る道を得た事にはなる

てゆーか、こいつら後で押し付け憲法の言い掛かりでゴネるつもりだったねw
そもそも、複数の選択肢を示され自らの選択でGHQ案を呑んだ以上、その
時点で既に「押し付け憲法」ではないw

GHQ案がいやなら「国民投票」の選択肢もあったんだから
GHQ案を押し付け憲法呼ばわりする以上、回避する理由もなかったはず
いや、もちろんGHQ案を押し付け憲法呼ばわりするために国民投票を
避けたわけで、さすが、あきらめの悪さだけは超一流ですねw

545 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 14:21:07.44 ID:dOI2mprM0
http://vaccine.sblo.jp/article/2532754.html

※国家の混乱を助長するもの
 第十三条における「個人として尊重される」というのは、個人主義思想の導入が目的である
ことは論を待たない。個人主義というものは国家崩壊の第一歩と考えられているものであり、
特に君主制打倒の捷径であると考えられている。
 これは第十二条の「自由」と密接に関係ある問題である。また第十一条の基本的人権とも
関係あるものである。個人主義に自由をプラスし無限大にこれを追求させればどういう
結果になるか、国家内部の不統一、混乱を助長するものであることは説明の要はあるまい。・・・・



546 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 14:31:53.82 ID:Xqk4nu5Q0
>>545
>個人主義というものは国家崩壊の第一歩と考えられている

誰が考えてるのさ?w

民主主義国における国家概念:
「国家とは国民と国民の行動の総和」と定義される

民主主義国で主権者たる国民の上位に位置するかもしれない「国家」
などというワケわかめな概念は存在し得ないという意味でもあります

第一、そんな概念を認めれば、早速、俺達こそ国家の代理人だと
言い張る特定の公務員さんとか出しゃばったりするじゃないですかw

朕(公務員)は国家なり、ですかあ?w

547 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 14:37:24.77 ID:dOI2mprM0
重症だなこりゃ・・・・

548 :546:2012/10/07(日) 14:46:58.38 ID:Xqk4nu5Q0
>>546の補足

>>546で示した民主主義国における国家概念には“国土”が含まれて
いない事に注意

国民と国民の意思と行動の集合体である国家は必ずしも国土を必要
とせず、国土なしでも国家は成立し得るという事でもある

これは、人類史において多くの亡命国家が生み出されてきた悲劇を
振り返れば理解し易いかもしれない
最近では、チベットとかこれに近いかも知れません
そして、天皇制は日本人が国土を奪われる究極状況においてその意義
をいかんなく発揮するのだと思う

天皇のシアヌーク殿下化?とか

549 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 14:48:17.90 ID:dOI2mprM0
>>546
言葉遊びしてもしょうがないんだけどな・・
まあいい。それならこう考えろ。

「個人主義というものは国民と国民の行動の秩序を乱し、
個人の幸福を崩壊させる第一歩である。」

わかるか?国家というのは国民の集大成でしかない。
その本質は特定の公務員や団体をさしてるんじゃなく、個人をさしてるんだよ。
だが一人しか人間がいないなら問題ないけど、そうじゃないだろ?
個人主義に自由をプラスし無限大にこれを追求させればどういう結果になるか、
>>543がその結果をよく表してるんじゃないのか?
社会全体において、「我」と「我」のぶつかり合いがエスカレートした結果、
それぞれの個人が無駄なストレスにさらされて不満だらけになってるんだよ。
であるにも拘らず、個人は自由と個人主義を叫び続けている。こんな滑稽な話はない。

550 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 14:51:41.20 ID:O93T9IqEO
旧憲法なんて時代錯誤をゴリ押しすれば、この国は内戦で分裂を繰り返し日本帝国なんぞ跡形も無く消滅してしまう事だろよ
未来思考の日本国民は、老害キチガイどものノスタルジーなどに付き合う気など毛頭ない

551 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 14:53:41.20 ID:q6JdMwIY0
>>544
考えられない話なんだが。
それ、国民投票で否決されてたらGHQはおとなしく案を引っ込めたのかね?
到底信じられない。

552 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 14:54:53.71 ID:NqhBVwaW0
>>538
石原都知事がアメリカで「憲法破棄」予告しても
アメリカ政府は何も言ってこないぞ。
つまりアメリカは「憲法破棄」を黙認したも同然。

http://www.youtube.com/watch?v=b90cZQOOAnw

553 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 14:58:41.76 ID:O93T9IqEO
>>552
米国が、石原みたいなイカレた老害なんぞ相手にする国だと思ってんのかよww
しかも、総理でもなく都知事の寝言じゃねぇか笑わすなww

554 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 15:00:06.31 ID:4w16oNH3O
やっぱりまだまだ日本の政治家に憲法改正する能力はないな

555 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 15:00:24.63 ID:qgBiHsH80
>>522
太平洋戦争の原因は何だと思ってんだ・・・

556 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 15:02:34.42 ID:Xqk4nu5Q0
>>549
基本的に、民主主義の原点は他者へのリスペクト
どんな人間にもそれぞれのプライドと意地があり、価値観と人生がある
自分以外の人間のプライド、価値観、人生に自分のそれと同等の意味を
認める
我一人尊しと、他人を見下すのは我が儘な自己中に過ぎないと気づく事

そうした認識が社会的に一般化した時、それは平等主義の普遍化となり、
社会制度として確立された時、その国は「民主主義国家」と呼ばれる

人を人としてその人格、権利を認めるのが民主主義の基本であり、又、誰
しも自分の権利、人格を他人に認めてもらいたいはずで、それを否定する
論拠は乏しいはずだから、多分、民主化は人類史の必然なんだろうな


で、あなたも自分が偉くて人をリスペクト出来ないくちかい?w
参考までにひとつ教えてあげるけど、心理学によると人を尊敬出来ず見下す
ような人間が一番尊敬せず見下してるのは、当の自分自身だそうですw

557 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 15:03:37.67 ID:qgBiHsH80
>>538
行き過ぎる前提でどうする・・・

558 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 15:03:37.99 ID:gsip4TpY0
>>549
なにそのドイツ国家学。
国家というのは政府を指すのであって、選挙で選んだ議会で指名したり大統領選挙したりする。
「国民の集大成」なんて抽象的な概念はクソの役にもたたんわ。

はやく枢軸国の法律学や社会科学を窓から投げ捨てるんだ。はやく。


559 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 15:06:00.08 ID:Xqk4nu5Q0
>>551
以前、NHKの憲法記念日特番でもやってたね
俺が知ったのはネットだから、あなたもググってみたら?

560 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 15:10:26.10 ID:dOI2mprM0
>>552
その動画の 13:15〜17:00 あたりを見てみな。
憲法問題をよく表現してる

561 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 15:15:15.08 ID:dOI2mprM0
>>556
あのね、根本的に誤解があるのかもしれない。
おれは民主主義を否定してはいない。
上のほうで書いてるけど、帝国憲法をベースにするといっても
君主政治は現実的ではない。
ただ日本国憲法が恐ろしく問題だらけであることは明白なんだけどね。
あなたのいう他者へのリスペクトが日本国憲法のもとでどんどんないがしろになってるじゃん。
>>543をみてみなよ。

562 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 15:16:54.91 ID:t+WoMNh50

●成文憲法の無い国一覧 http://en.wikipedia.org/wiki/Uncodified_constitution
 ・イギリス
 ・カナダ
 ・ニュージーランド
 ・サウジアラビア
 ・イスラエル

イギリスみたいに成文憲法が無い国なんてたくさんあります。
ハードルの高い憲法改正を無理にするより
「軍隊法」とか「国家元帥法」とか「外患対処法」とか
必要なものを個別に制定する方が現実的だと思います。

外国の占領下でむりやり制定させられた昭和22年憲法は
形骸化させましょう。

言うまでもありませんが、我が国を含めてどこの国でも
一般法より特別法が優先されます。


563 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 15:21:03.53 ID:dOI2mprM0
>>558
それは視点が違うだけ。
国家が何を指すかってのは、答えは一つではないよ。
ただ上で議論されてるのは、国家=政府 という視点での話ではない、
ということを言ったんだが、理解できる? 

564 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 15:23:45.74 ID:Xqk4nu5Q0
>>561
日本人は自信がなくて自虐的だね、、、
それは認める
俺もそうだから

しかし、改憲は認められない
あなたも言う通り、日本人は自信がなくて自虐的
そして、その反作用で必要以上に肩をそびやかし、上から目線で
頑張ろうとする
もちろん、公務員だってその例外じゃない。彼らも日本人だ

9条改定を口実として天皇条項の改定を狙う今の公務員は民主国家
の公務員として、残念ながらふさわしくない
そんな彼らに大日本帝国憲法を与えるのは危険だという事です

565 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 15:25:12.90 ID:gsip4TpY0
>>562
日本はドイツ概念法学の輸入国であり、かつ
上から下まで、法というのは集権的なもの以外ないと思っている国民であって、
成文がなかったらパニックだよw

566 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 15:28:31.75 ID:Y4r4aCxt0
なにはともあれ、大日本帝国憲法を改正して出来たと言うのが今の日本国憲法。
8月革命憲法だの、おしつけ憲法だのというけど、国民になじんでしまって、いまさらの話。
戻す必要を感じている国民がどれだけいるんだかな。

567 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 15:31:13.38 ID:hKd9IOAT0
>>542
>この憲法の本質は、我と我をよりいっそうぶつからせるように細部まで仕組まれてるんだよ。

そう思うよ、あのアメリカを上回る「個人主義の賛美」が憲法に込められてる
欧米ではキリスト教精神ってのが個人主義の歯止めになってるんだけど
宗教ない国でこんなことやったら無秩序化、バラバラに解体しちゃうって
日本人のクリスチャンなんて数%だぜ

そういう意味では明治憲法ですら、自由自由言いすぎ西洋かぶれ過ぎって言いたくなるくらい

568 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 15:32:36.21 ID:dOI2mprM0
>>564
天皇制は廃止したらいい。
俺が言ってる大日本帝国憲法をベースにってのは、
天皇主権の部分のことではない。君主制は特別な超人が出てこないかぎり現実的ではない。
というか帝国憲法とは関係なく、日本国憲法を破棄して一から作り直せばいいと思うよ。


569 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 15:35:29.93 ID:wg5Dvq4e0
>>505
橋下は「全ての既得権益を叩き潰す」方針だから、
日本の既得権益の最たる物である天皇制にメスを入れて廃止し、
自身は終身大統領として在日韓国朝鮮人と一緒に日本を「共同管理」するつもりでしょうね。

570 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 15:37:50.35 ID:YactGzvp0
>>569
だったら凄いわw

571 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 15:39:50.96 ID:Xqk4nu5Q0
>>567
>宗教ない国でこんなことやったら無秩序化、バラバラに解体しちゃうって

日本の刑法犯の犯罪率を他国と比較したらそうは言えないと思うが

もっとも、これから犯罪率の高い中・韓から人がどんどん入ってくれば
それもわからんけどね

572 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 15:42:59.10 ID:gsip4TpY0
戦後77年、一回も改正なしか・・・
こういうのを法律学を離れて、リアリズムというか政治として見たらなんていうのかな
日本人に憲法制定の力はないんじゃないか?
今現在としても。

概念としてはいろいろな事がいえるよ。架空の制定権力はあるんだろうよ。
でも実際できなかったじゃないか。
需要がなかったとは言わせないし、人間が作った法律だから法律のせいにはできないんだよ。

573 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 15:52:02.46 ID:qgBiHsH80
>>568
天皇廃止とかバカを言うなよ。

574 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 15:56:19.63 ID:GlgUNZfe0
>>572
明治憲法も現在の憲法が制定されるまで58年間一度も改正されなかったしな

575 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 16:08:07.26 ID:dOI2mprM0
石原都知事と薄っぺらいキャスター
http://www.youtube.com/watch?v=z5AC19YCiok&feature=related

576 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 16:09:04.24 ID:wubSviQY0
>>572>>574
「日本人に憲法制定の力はないんじゃないか?」というのは結構同意できるかも。
明治にせよ昭和にせよ、変更の必要があっても、
それを良くも悪くも運用で凌いできた歴史。


577 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 16:11:06.66 ID:k7dGwJTd0
>>1
何を無茶なことを。まじめにやれよ。

578 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 16:13:45.33 ID:gsip4TpY0
GHQ製だなんだと文句言うやからもいるけどさ
アフリカ辺りに行けば、ヨーロッパ人の学者に憲法起草してもらった例はあるだろ。
おんなじだよ。何もおかしくない。
違うというなら自分たちで作ればいい。いまここで作って見せろ。

579 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 16:47:13.49 ID:M2nbgd4B0
>>544
ポツダム宣言受諾にもめたのは、天皇の地位が守られるかどうかの保障がなかったわけで、
結局、受諾しても天皇の地位は危なかった。
っていうか、GHQは天皇を人質にとって、他の譲歩をせまったわけで、
日本政府は、国体護持のために憲法を受け入れざるを得なかった。
押し付け憲法といわれてもしょうがないだろう。

580 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 17:30:26.42 ID:huvJEjA00
自民が憲法改正草案の方がはるかにまともだ

581 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 17:39:17.94 ID:0kGylncS0
>>530
過去には過去の価値観があったように、
現在には現在の価値観がある。
現在に生きる俺らが現在の価値観で物事を判断して何が悪いんだ?
まして単なる「昔の話」ではなく、明治憲法を今日に復活させようというんだぜ?

582 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 17:42:29.40 ID:0kGylncS0
>>537
>帝国憲法つっても、君主政治を復活させるんじゃなくてだね。
東京維新の会としては、「我々臣民としては、国民主権という傲慢(ごうまん)な思想を直ちに放棄」だそうだが?

583 :名無し猫 ◆IVHAFoAvEA :2012/10/07(日) 17:44:15.72 ID:6+X+j7BE0
  ∧∧
( ̄ー ̄)

帝国憲法が復活ってことは、参議院は廃止されて、貴族院も復活することになるわ。
また華族階級を復活させるってことかしら?
昔の皇族・公家・大名の子孫を集めてくるの?

細川元首相とか、徳川記念財団の理事長とか、秋田県知事の佐竹さんとか
IOC元会長の竹田さんとか、その息子の竹田恒泰さんとか、
そこらへんの人たちがいきなり貴族院議員になるの?

あと、都道府県知事は天皇任命ってことになるから、都道府県知事選挙は
なくなるのよね?w
石原が当選した都知事選挙も無効だったことになるのよね?

584 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 17:49:23.73 ID:XkN157jS0
アメリカのピラミッドに属している方が得策だよ
3.11はもう御免だね
独島もアメリカが取らせてんだし、竹島は永遠に取り戻せないよ
天皇より財閥政界に主権が有る方がいい
君等はアメリカが怖くないの?

植民地憲法のままのんびりと行きましょうや

585 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 17:52:53.25 ID:0kGylncS0
>>542
個人の人権を制限したところで、「我と我のぶつかり合い」は消えんぞ?むしろ激化する。
なぜなら、「権力者による我の押し付け」は人権が無くても生じるし、むしろそれを抑えつけるための「人権」だからだ。
人権が無くなった日には、権力者が国民を戦車でひくことになる。どこぞの国のようにな。

586 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 17:53:03.47 ID:6c1PPGyX0
>>1
大日本帝国憲法を丸々復活させる気だったんかな?
色々な事案で修正しなければならないだろうけど、
そういう準備もしてたんかな?

587 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 17:54:23.88 ID:DRwBee51O
今の憲法は、英語原文が和訳されてるっていう珍しい憲法w


588 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 17:56:02.89 ID:gp4zWEJs0
これはハシシタの立場から言えば敵側工作員だな。
即絶縁宣言しろ。俺としてはどうでもいいけど。


589 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 17:56:20.91 ID:LUEUVOnU0
>>583
>あと、都道府県知事は天皇任命ってことになるから、都道府県知事選挙は
>なくなるのよね?w
>石原が当選した都知事選挙も無効だったことになるの


頭悪いの?
反論するなら相手の主張内容を確認してからにすればいいのに。

590 :名無し猫 ◆IVHAFoAvEA :2012/10/07(日) 17:57:12.10 ID:6+X+j7BE0
  ∧∧
( ̄ー ̄)

わたしはどっちかといえば保守だし、ネトウヨ(?)と呼ばれる意見にも
多々共感することも多いけど、現代には現代の課題があることを
わかったうえで保守をやらないと。

たとえば、農村共同体も大家族も崩壊消滅してるし、
経済社会の構造も全然ちがってきてるのに、
むかしながらの家族主義や共同体主義を道徳教育とか憲法改正で
復活させて、それで世の中良くなる・・・みたいな
非現実的なこという意見は、保守の業界でも通用しないとおもうわ。

591 :名無し猫 ◆IVHAFoAvEA :2012/10/07(日) 18:00:04.27 ID:6+X+j7BE0
>>589
都道府県知事の選挙は、戦後の日本国憲法で初めて導入された。

だから、日本国憲法が最初から無効だったということになれば、
過去の戦後の都道府県知事の選挙もすべて無効だったと
かんがえるほかないわ。

(「日本国憲法は講和条約としては有効である」とか
わけのわからない議論は無視。講和条約として有効でも
憲法として無効なら、知事選挙は当然、無効だから。)

592 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:02:48.83 ID:0kGylncS0
>>549
「個人主義を抑制するルール」を憲法に書くとしたら、そのルールを実際に実行するのは誰だ?
「国民の集大成」なる概念が直接政務を取ることはできない。
となると、結局それは「政府」「権力者」でしかないだろ?ならそれは結局「権力者による我の押し付け」になるだけだ。

>>561
いや民主主義否定しているけど。
たとえば「時の政権を批判したら死刑」という状況下で、民主主義が機能するか?
表現の自由を否定するってのはそういうことだが。

593 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:03:27.44 ID:LUEUVOnU0
>>591
馬鹿すぎ。もうちょっと頭使ってね。

594 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:03:48.98 ID:gsip4TpY0
>>587
騒ぐ事じゃない。明治の一般法は独訳からはじまっているだろう。

ようするに自分たちの常識を使って議論することをやってこなかったし
今頃なって民主裁判の真似事やらされてるけど、行政訴訟に適用させる気配ないし
法律が民衆の物だった事は歴史上まだ一回もないんだよ。
でもこれは日本だけじゃない。アジア・アフリカの国はこんなもんだ。

595 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:04:54.44 ID:YboOHiOh0
確かに八月革命説とか無茶苦茶な論理だが
だからといって今こんなこと言ってなんになる

596 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:05:48.12 ID:vd2onbRV0
また天皇が神になるの?w
いろいろ大変だなw

597 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:12:23.85 ID:nxjZCLQz0
なぁ、そもそも日本国憲法ってのは大日本帝国憲法の改正って事忘れてないか?
帝国憲法による、憲法改正手続きを経て公布、施行されたものだっての
日本国憲法廃棄とか言い出したらそれは帝国憲法を無視することにならねーか?

598 :橋下徹調子に乗りすぎ:2012/10/07(日) 18:15:41.33 ID:IVGXV1Fj0
●橋下維新の会・・・これで落ち目・・自分を何様だと想っているの。
 今時、天皇を神だと思え・・・・世界の笑い者になる図に乗りすぎのバカか

599 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:17:16.38 ID:2Xqd/F2q0
なぜ日本国憲法を廃棄しなければいけないのか?
現実と整合性がなくなって不都合な条文だけ暇な折に改正すればいい。
現行憲法のためで政治が止まってることはないだろう。
国会議員や政党の恣意で政治が止まってるだけだろう。
国民は政治家に何も期待していない。
自分のことは自分でできるもん。くっくっく

600 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:18:07.50 ID:+YCQ2CfY0
ウィキペディア転載

2012年(平成24年)10月4日の都議会本会議において、
「我々臣民としては、国民主権という傲慢な思想を直ちに放棄」すべきとして、
憲法無効論に基づく大日本帝国憲法の復活確認を求める請願に賛成票を投じた。

請願は憲法無効論者である弁護士の南出喜久治ほか5034人により提出され、
野田代表と土屋敬之都議(会派「平成維新の会」所属、元日本創新党)が
紹介者となったものである 

9月18日に開かれた総務委員会では全会派の反対で
不採択とすべき旨の議決がなされ、本会議でも東京維新の会所属の3名と
土屋の計4名が賛成に回ったものの、民主・自民・公明・共産・
生活者ネット各党などの反対により否決された
所属議員 [編集]

野田数(代表) - 東京都議会議員(北多摩第一選挙区選出)
栗下善行 - 同上(千代田区選出)
柳ヶ瀬裕文 - 同上(大田区選出)

こいつら、結構 本気じゃねえかよwww
ネタじゃねえんだなw

税金もらって政務調査費でこんなこと大真面目にやったのかw
税金かえせよ
こいつらの使った金で一年契約の臨時職員なら20〜30人雇えるわw


601 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:19:54.33 ID:52/3Rypn0
>>597
その改正の過程に瑕疵があるから、「無効」であると主張してるんだろ。
無効論者は、憲法改正における瑕疵を問題にする一方、現行憲法に基づく
公法上の行為(立法、行政行為、裁判)については完全に無視を決め込むw

現行憲法が無効ならこれらも当然に無効と主張するのが筋じゃないの?w

602 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:20:14.34 ID:HO+G1aaz0
今更、大日本帝国憲法を復活って
どれだけアホなんだよ



603 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:23:58.78 ID:cGtrz3IP0
自民の草案でいいだろ
急な変更より、徐々に変えた方が適切だ


(前文)
国民主権、基本的人権の尊重、平和主義の三つの原則を継承しつつ、日本国の歴史や文化、
国や郷土を自ら守る気概などを表明。

(第1章 天皇)
・天皇は元首であり、日本国及び日本国民統合の象徴。
・国旗は日章旗、国歌は君が代とし、元号の規定も新設。

(第2章 安全保障)
・平和主義は継承するとともに、自衛権を明記し、国防軍の保持を規定。
・領土の保全等の規定を新設。

(第3章 国民の権利及び義務)
・選挙権(地方選挙を含む)について国籍要件を規定。
・家族の尊重、家族は互いに助け合うことを規定。
・環境保全の責務、在外国民の保護、犯罪被害者等への配慮を新たに規定。

(第4章 国会)
・選挙区は人口を基本とし、行政区画等を総合的に勘案して定める。

(第5章 内閣)
・内閣総理大臣が欠けた場合の権限代行を規定。
・内閣総理大臣の権限として、衆議院の解散決定権、行政各部の指揮監督権、国防軍の指揮権を規定。



604 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:24:35.50 ID:9YtiVIyq0
もうこういう形式論より、具体的に何条の条文をこう変えたいという提案の方が、
実践的だし国民への影響力もあるだろ。
無効にしちゃったら、ありとあらゆる法律が帝国憲法と矛盾する現状では、日本の
法体系がおかしくなって、法治国家としてまともに機能しなくなるんだが。
まともな保守なら、国家の混乱は望まないはずなんだが。
それとも朝鮮維新の会としては、日本の混乱を画策してるということだろうか?


605 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:24:40.95 ID:2uAQgQNLO
現行憲法無効とするならこれしかないな。
実際その手続き取って明治憲法を改めて改正したのが現行憲法をある程度取り入れたものでしかも占領国憲法でなくなればいいだけの話だな。

606 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:26:06.32 ID:zDu6xAw00
大日本帝国憲法と関わりは請願書を見ないとわからんな
赤旗だと曲解してるだろ
それより外国人の死活保護は生活保護法違反なのに反対するとか
議員には順法精神は無いのか

607 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:27:17.74 ID:kgBCKyfa0
>>583
>細川元首相とか、徳川記念財団の理事長とか、秋田県知事の佐竹さんとか
>IOC元会長の竹田さんとか、その息子の竹田恒泰さんとか、
>そこらへんの人たちがいきなり貴族院議員になるの?
タレントやスポーツ選手が参議院議員やってる現状よりましだと思うけどね。

608 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:27:52.12 ID:gsip4TpY0
>>601
そこに8月革命説の言い分が生まれる。
まあ理屈はどうでもよろしい。
憲法体制が変わったと理解しなくては説明できない政治的現実が目の前にあるなら
変わったんだろう。
お宅ら法律学の考えに合わせて説明すると、そうなる。

609 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:28:26.13 ID:2Xqd/F2q0
憲法公布から憲法施行まで6箇月空いてるよね。
普通、法律はその公布から施行までしかるべき期日をおくよね。
若しその憲法なり法律が無効だとするならその期間に無効申し立てしないと
政治空白が出来るからだろう。
憲法実施してから65年も経って無効なんて言っても無効力だろ。

610 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:30:09.26 ID:0kGylncS0
>>603
いや、自民案はダメダメだけど?
人権を「公益及び公の秩序」で制限可能なところが。
(誰が「公益及び公の秩序」を定義するかと言えば、政治家なわけだ。つーことは、政治家が「政府批判は公益を害する!」と言い張れば、政府批判を弾圧することさえ可能になる)

611 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:31:51.26 ID:NNiHwXIs0
ここで勇ましく賛成してるやつらって、徴兵制導入で自分が
対象になったら全力で反対するんだろwww

612 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:33:42.42 ID:mpYbFwPm0
東京維新の栗下は朝鮮人政党民主党出身だから、パフォーマンスの
嘘だな。

613 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:35:13.62 ID:cGtrz3IP0
>>619
テロや犯罪的な暴動を取り締まる必要性はあると思うよ

614 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:37:44.40 ID:cGtrz3IP0
>>613
アンカーミスった
>>610

615 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:39:11.08 ID:gsip4TpY0
>>604
いちばん改正しなくてはならないのは第25条だろう。
これは権利じゃない。
一方で日本の当局は自由主義においては当然の基本的権利をいくつも制限している。
福祉というものは慈善として行えばよく、一方大人の市民は犯罪以外は何を行うのも自由であるべき。

616 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:39:21.37 ID:0kGylncS0
>>613
はて?現行憲法でテロや暴動を取り締まれないのかね?

617 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:39:45.66 ID:rPGhZZkr0
維新の会は大阪維新に釣られて作ったやつばっか
大阪維新も含めどこも胡散臭い

618 :名無し猫 ◆IVHAFoAvEA :2012/10/07(日) 18:40:25.23 ID:6+X+j7BE0
>>604
賛成
個別的・実務的に一つ一つ検討して改憲できるものは改憲するしか無いので、
そういう議論をすっ飛ばして何か「無効」とか「維新」とか「破棄」とか
単純に全部ぶっこわす発想は、保守でもなんでもない、
極左革命主義の右派バージョンみたいなもんだとおもうわ。

>>607
なんでマシなの?
タレントやスポーツ出身者が議員になった場合、たしかに
無能なひとが目立つことはあるとおもうけど、
それって、まさしく「維新の会」の自己否定よね?w

619 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:40:57.50 ID:IyJluyEH0
正直な話、アジアで日本も含めてまともな成文憲法を制定できる国はないんじゃない?
欧米でも妥協的なものだし、現行憲法も到底日本人だけでは考えつかなかったもの
何年間改正がないからとか、何十年だからもう古いという思い込みはやめていただきたい
内容的に国民主権を根付かせているのは判例をみれば分かる
特に大統領制の思想はこの国にとって一番危険な発想で、皇族人気で大統領が誕生したら
帝国憲法下と同じ道を辿るかもしれない
宗教や道徳含めた規範意識は国の成り立ちを考えても、主権を国民が勝ち取った国とは
どこまでいってもあるだろうね

620 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:41:01.48 ID:cGtrz3IP0
>>616
取り締まれるに決まってる
もしかして釣り?

621 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:41:25.18 ID:PqyjydwO0
第三条 ネトウヨハ神聖ニシテ侵スヘカラス

622 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:41:28.26 ID:mRTn0fXx0
>>606
リンク先に請願書がある

大日本帝国憲法こそが政党な憲法だから復活させろ とか
曲解どころかそのままのキチガイwww


623 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:41:32.70 ID:0kGylncS0
>>613
ああちょっと不正確な表現だったな。
現行憲法下でテロや暴動を取り締まれないの?
普通に傷害罪とか殺人罪とかになると思うんだが。

624 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:43:37.07 ID:mRTn0fXx0
橋下維新てこーゆーキチガイウヨともつるんでるのかw

もうめちゃくちゃだなw

625 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:43:40.98 ID:0kGylncS0
>>620
君こそ釣りかね?
現行憲法下で問題なく取り締まれるのならば、
「人権を「公益及び公の秩序」で制限可能」とする憲法規定など不要だし、むしろ百害あって一利無しだろう。

626 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:44:47.77 ID:1PhjweuY0
どっち側なんだよ橋下

お前ときどきサヨクみたいなこと言うだろ?チャランポランなら
戦後65年腐るほどいたからノーサンキューなんだよ!

627 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:46:05.84 ID:2Xqd/F2q0
>>615
>いちばん改正しなくてはならないのは第25条だろう。
あなたは国民の納税の義務に対して国へなんら権利要求しないのか?

628 :名無し猫 ◆IVHAFoAvEA :2012/10/07(日) 18:46:16.27 ID:6+X+j7BE0
>>623
殺人や傷害で済まないようなのは、
現行憲法や現行法でも、外観誘致罪とか内乱罪とか騒乱罪とかが
あって、現に騒乱罪までは適用された事例があるんだから
問題ないとおもうわ。
(外観誘致と内乱罪はまだ実際の適用の前例無し)


新宿騒乱事件
ttp://doraku.asahi.com/special/gorin/1968/shinjuku.html
血のメーデー事件(これは最終的には不適用になったらしい)
ttp://showa.mainichi.jp/news/1952/05/post-355b.html

629 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:47:39.29 ID:0kGylncS0
>>615
現行の福祉はいささか手厚すぎる感はあるが、
国民が餓死するままにまかせる国家などもはや国家の体を成していないだろう。

630 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:48:49.71 ID:wubSviQY0
>>626
保守系の革命思想っぽいね。新保守が本質的に左翼というのと同じか?


631 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:48:56.55 ID:gsip4TpY0
>>619
すごく大雑把に言うと、議会選挙があって、大統領選挙がない国というのは
自由主義はあるけど民主主義がない国だといえる。

昨今のハシゲ人気の源泉は、そういう所にあると俺は見ている。
歯がゆさがあって、そっからマグマが噴出していて渇望しているんだよみんな。
日本にはまともなポピュリズムはなかったと思うからな。
近衛内閣がポピュリズムでしたといったら、ヒトラー選んだドイツ人にすら笑われるだろう。

632 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:48:57.20 ID:cGtrz3IP0
>>625
草案みれば分かるけど今まだってそうだった、ということを明記するだけ
現行憲法下で問題なかったが、習慣法だったような状態にけじめをつける改正だよ

633 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:49:42.33 ID:zYMzFVBK0
きもちわりいよ

率直な感想です

634 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:49:58.01 ID:YactGzvp0
>>626
お前の言う「どっち」という基準が古いだけ

635 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:51:21.54 ID:0kGylncS0
>>632
はて?「人権を「公益及び公の秩序」で制限可能」としなければ、テロや暴動を取り締まれないの?
他の規定を根拠に取り締まることも可能だとおもうが。

636 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:53:16.43 ID:WtLR4QVcO
バカと貧乏人と女の選挙権奪ってくれる明治憲法賛成。

家父長制度復活で、長男が家の家督と財産を継ぐかわりに親の面倒見て、

女が嫁として婚家に隷従すれば、今の社会問題はあらかた解決。

で、バカと貧乏人を徴兵し、
家柄か金か地位がある男は政治と女を牛耳ればいいのだ。

俺みたいな金と家柄と地位のある男は万々歳。

大概のお前らは踏み台と言うか、捨て駒としてがんばってくれ。

637 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:53:34.46 ID:kgBCKyfa0
大日本帝国と日本国と2つ作ればよい。それぞれ好きなほうに住めばよい。

638 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:55:28.59 ID:PNdOfNOA0
神武天皇は実在したのだから、教科書に復活希望。
愛国行進曲も君が代に次ぐ国民愛唱歌として、音楽の教科書に載せよう。


639 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:55:39.66 ID:cGtrz3IP0
>>635
そんなにテロや暴動を取り締まることに反対するって意味が分からないよ



640 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:57:06.92 ID:wubSviQY0
>>636
家父長制は少子化してしまった社会では、成立させようが無いのだけど。
嫁はどこから連れてくるんだね?


641 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:57:35.93 ID:kgBCKyfa0
>>637の続き
その場合日本国は現状を生かして東日本。首都東京。国旗日の丸。国歌君が代。か。
大日本帝国は西日本で首都は京都。国旗旭日旗。国歌海ゆかば。でいいよ。
東日本は皇太子系。西日本は秋篠宮系で。

642 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:57:49.60 ID:gsip4TpY0
>>627
要求しないと存在しないようなものは自然権じゃない。
ま、金持ちは警察に金庫を守ってもらうために財産権は保障してもらう必要があるが。
そんな金持ちじゃないからね。

そんなことより減税を要求したいんだが。
これで答えになってる?

643 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:58:18.94 ID:vdj0b9x5O
流石に帝国憲法はマズいだろ、と思ったけどよく考えたら中
身全然知らないや。て言うか現行憲法さえ怪しい。

644 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:58:30.97 ID:WtLR4QVcO
>>638
同意。

神武天皇がこの国を治められて以来、まもなく2700年になんなんと。

紀元も西暦をやめ、紀元節復活すべき!

645 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:58:45.42 ID:IyJluyEH0
>>641
日本を朝鮮半島化させたいのか?

646 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 18:59:20.55 ID:1CEGZ+0y0
ほんと土人の国だねい

647 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:00:30.13 ID:LVtJUXuN0
>>643
憲法史って実は学問的に全然研究されてない
憲政史みたいな政治思想史の研究は山ほどあるが、法律学的観点からのものは少ない

648 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:01:13.88 ID:0kGylncS0
>>639
日本語読めないの?
誰がテロや暴動を取り締まることに反対しているんだ?

俺が反対しているのは、端的に言えば「言論弾圧」。
「公益」によって人権をいくらでも制限可能になれば、言論弾圧も可能になる。
君はなんでそんなに言論弾圧に賛成するんだ?わけがわからないよ。

649 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:02:52.11 ID:YactGzvp0
憲法学はどうしても党派色が凄くてね……

護憲派から「基本理念を否定するような改正は無効」なんていう
どうしようもない説がまかり通る現状

650 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:02:57.23 ID:WtLR4QVcO
>>640
女児しか産まない家は、戦前と同じ断絶だな。
それが嫌なら、養子か婿かを取るしかあるまい。
これならゆくゆくは少子化も解消する。


>>641
お前、朝鮮か?
今は日本人一丸となって、国難に立ち向かうべき。
国家分断するなんて、国賊としか思えんwww

651 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:03:14.34 ID:kgBCKyfa0
>>645
俺は大日本帝国に住みたい。左翼共のいない日本がいい。東日本はあきらめるとしても
西だけでも日本が続けばいい。

652 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:03:59.72 ID:cGtrz3IP0
>>648
やっぱり釣りかな
テロや犯罪的な暴動を取り締まることが「言論弾圧」なの?

653 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:04:11.55 ID:selv/u3P0
宗教右翼きもい

神道カルトの平和神軍と生長の家のドロップアウト組、キモい

654 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:07:03.17 ID:+YCQ2CfY0
>>651
似たような国なら北朝鮮だとか
ロシアとか中国って国がありますよw

655 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:08:22.70 ID:LVtJUXuN0
戦前にも全体主義の時代と民主主義の時代の2つがあるからな
ひとくくりにすると話が面倒臭くなる

656 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:09:04.39 ID:IdRL5mzL0

つうか、古きを尊ぶなら
武家社会を復活させて武家政権の樹立を志向するんじゃないか?w
古すぎるかw

657 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:10:19.58 ID:wubSviQY0
>>656
いや。ここは平成の新政なり、平成の改新が必要かとwww


658 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:10:33.68 ID:LVtJUXuN0
>>648
>「公益」によって人権をいくらでも制限可能になれば、言論弾圧も可能になる。

「公共の福祉」(public welfare)も「公益」って意味なんだけど

659 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:11:29.36 ID:kgBCKyfa0
>>656
阿呆。武家社会を否定して神武の創業に戻すを旗印にしたのが明治維新だ。
だから古きを尊ぶ=明治を尊ぶで正しい。

660 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:12:47.40 ID:0kGylncS0
>>652
「人権を「公益及び公の秩序」で制限可能」という規定ができれば、
テロや暴動だけでなく、自由な言論をも取り締まれるって話なんだが、理解できないのか?

661 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:13:06.17 ID:wubSviQY0
>>568
「公共の福祉」ってのは
「人権相互の矛盾衝突を調整するために認められる衡平の原理」
であって、
公益とは意味が違うよ。



662 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:14:30.79 ID:LVtJUXuN0
>>661
それは宮沢俊義がそう解釈しただけだろ
「公益」をそう読めばいいだけの話じゃないの
歴史的には「公共の福祉」は「共通善」みたいな共同体の共通利益を指すもの

663 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:14:55.80 ID:0kGylncS0
>>658
内在制約説でググレ。

664 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:17:10.90 ID:cGtrz3IP0
>>660
過大解釈して自由な言論を取り締まれるというが、そんなことを言っていたら何も出来ないよ

誤認があるかもしれないから、警察組織は必要ない
泥棒や殺人を取り締まるのはやめましょう、という話にはならない

665 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:17:32.14 ID:wubSviQY0
>>662
そりゃ外在制約説だ。


666 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:18:19.38 ID:0kGylncS0
>>662
わざわざ言葉を変えているんだから、
少なくとも自民党は「人権相互の矛盾衝突を調整するために認められる衡平の原理」という解釈は気に食わないんだろ。
今までと同じ意味でいいのであれば、「公共の福祉」でいいわけで。

667 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:22:01.92 ID:LVtJUXuN0
>>666
つまり、

>「公益」によって人権をいくらでも制限可能になれば、言論弾圧も可能になる。

って話は推測に過ぎないわけだな

668 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:22:36.67 ID:kgBCKyfa0
1894年に平安遷都1100年を記念して平安宮を同じ場所に再建しようという
試みがあったが現地の土地の収容がうまくいかず平安神宮で代替したということがあった。
このことからも分かるように戦前日本て至ってまともだったんだよ。
本当に30年代からの10年ぐらいが急にカルト化しちゃっただけで。
その原因と反省はしなきゃならんけどそれ以外は戦前に戻すでいいと思うよ。

669 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:26:11.60 ID:0kGylncS0
>>664
リスクを承知でことを行うことはあるが、だからといってリスクを無視して良いわけでもない。
簡単に言えば、メリットとデメリット(リスク)を比較して、メリットの方が大きければやるし、デメリットの方が大きければやらない。まあ当たり前の話だわな。

さて、「人権を「公益及び公の秩序」で制限可能」には、少なくとも言論弾圧を正当化してしまうというデメリットがある。
ではメリットはどうか?実は「無い」。厳密に言えば、「他の穏当な手段で代替可能」なのだよ。
例えば「テロや暴動の取り締まり」は「公益」ではなく「人権相互の矛盾衝突を調整するために認められる衡平の原理」でも説明できる。

故に、メリットが無く、デメリットが明らかに大きいから、おれは自民憲法案(の人権制限)に反対する。

670 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:26:23.82 ID:wubSviQY0
>>667
明治憲法の外在制約説に基づく運用により、実際に言論弾圧やったじゃん。

人権を制限できるのは人権だけとする内在説と、
公益は人権を制限できるとの外在説との違いは大きい。


671 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:29:09.05 ID:LVtJUXuN0
>>670
明治憲法の問題は「法律の留保」だよ
外在制約説か内在制約説かという議論は、人権制約根拠たる公共の利益とは何かという哲学的な議論であって、
全く実益がない論点
全く別問題なんだから、混同させて話しちゃダメだよ

672 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:30:12.69 ID:0kGylncS0
>>667
「推測」ねえ。別に根拠は憲法案に限った話じゃないのだが、まあ仮に俺の話が「推測」と仮定しよう。
で、君の『「公益」をそう読めばいいだけの話じゃないの』というのは、改憲後そうなるという確たる根拠に基づいて話しているのか?
それとも「推測」とか「希望的観測」か?

673 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:31:21.67 ID:cGtrz3IP0
>>669
テロや犯罪的な暴動は「他の穏当な手段で代替可能」では解決できない
問題自体がすでに過激だからだ

だが、主張を世に広める言論は「他の穏当な手段で代替可能」だ
民主的な手法に沿って自己主張すればいい

発想が逆だよ

674 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:31:49.04 ID:gsip4TpY0
>>668
1930年代以前の戦前日本の方が、自由であった面もたしかにある。
20世紀のえせ社会科学の成果が入ってくるまでは、わりと19世紀の自由主義だった。

675 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:33:20.74 ID:0kGylncS0
>>671
>全く実益がない論点
いや、極めて実際的な話だけど?
「社会法益(のみ)に基づいて基本的人権を制約する法律」が違憲になるか合憲になるかが変わってしまうのだから。
(そして「社会法益」というのはワイルドカードだ。政治家が「これは社会法益である」と言えば、そうなってしまう)

676 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:34:26.43 ID:LVtJUXuN0
>>672
この点をいうとマニアックな学説の話になるからいわないつもりだったが、
内在制約説は既に通説ではない
芦部信喜の教科書に書いてあるから有名な学説ではあるけれども、あの本は既に古い
今の学者で「人権の調整原理」でしか制約できないなんて言ってるやつはいない
さらに判例はそんな抽象的な議論には一切関与していない
「公益」だからどうだという議論は全くのいいがかりとしか言いようがない

677 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:34:27.52 ID:wubSviQY0
>>671
「公共の利益・在外説」では運用者によって如何様にも解釈できてしまう危険を常に孕む。
それをあえて「公共の福祉・在内説」に変えたのはその危険を少しでも低減する知恵だよ。

いまさら元に戻してどうする?



678 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:35:46.29 ID:0kGylncS0
>>673
日本語読めないの?w
誰もそんなこと言ってないけどw

俺が「代替可能」といったのは、「人権を「公益及び公の秩序」で制限可能」」という憲法(案)規定だが?w

679 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:36:24.82 ID:1PhjweuY0
どっち側なんだよ橋下

680 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:38:32.12 ID:QZP8IO/S0
>>659
きも

681 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:40:45.81 ID:gsip4TpY0
外在制約説か内在制約説かなんて議論は誰も興味がない。
日本人のおおよそすべてが「法は主権者の命令」と心底思っているのか
一部の法律学者のように法律が法律を根拠とする無限ループがあると思っているのか
そのどっちかだというだけのことを難しく表現しているだけ。

自分の常識を信じてない人たちの哀れな議論なんだよ。

682 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:41:19.57 ID:0kGylncS0
>>676
ならなおのことヤバイじゃないか。
「外在制約で人権を制限可能」となれば、人権は絵に描いた餅になるぞ?

例えば北朝鮮の憲法にも一応人権が保証されているわけでな。外在制約がついているから制限・侵害し放題だが。

683 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:43:21.53 ID:cGtrz3IP0
>>678
>俺が「代替可能」といったのは、「人権を「公益及び公の秩序」で制限可能」」という憲法(案)規定だが?w

その公の秩序を乱す、テロや犯罪的な暴動を取り締まる案をお前は「代替可能」と言った

俺は
>>673
>」テロや犯罪的な暴動は「他の穏当な手段で代替可能」では解決できない
>問題自体がすでに過激だからだ

>だが、主張を世に広める言論は「他の穏当な手段で代替可能」だ
>民主的な手法に沿って自己主張すればいい

認識あってるよ
主張は何もテロや犯罪的な暴動と勘違いされる手法以外ですればいいと思う






684 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:44:20.75 ID:2Xqd/F2q0
>>642
>要求しないと存在しないようなものは自然権じゃない。
人としての自然権を国が侵害しないでくれというのは国民の国家に対する権利だろう。


685 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:45:10.96 ID:opZoU/5I0
>>679
維新の憲法改正は
首相公選制の導入と参議院の廃止が目的だから関係ないよ

686 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:46:08.32 ID:wubSviQY0
>>681
> 外在制約説か内在制約説かなんて議論は誰も興味がない。

自民党の新憲法草案を作った人には、主たる関心の一つの様だが。
さもなくば、公共の福祉のままで良かった筈なのだが、
わざわざ「公益・公秩序」に変更した。


687 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:47:10.03 ID:yx8UnkCb0
共同通信や朝日新聞また普天間基地の前に陣取っているテロリストどもなど
極左が多すぎる日本においては、全体として中道に近づくためにこういった極右の存在も必要だろう。

688 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:47:25.45 ID:2Xqd/F2q0
>>647
法制史学会があるじゃないか?
憲法に限らず「法律」と言われるものを
歴史的に科学するのが法制史学じゃないの?

689 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:48:47.73 ID:fptr6yCJ0
厨二病政党www

690 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:48:58.55 ID:0kGylncS0
>>683
認識あってないよ。もしくは意図して人の言葉を曲解しているかだな。

>その公の秩序を乱す、テロや犯罪的な暴動を取り締まる案をお前は「代替可能」と言った
そうだよ?別に「公益」を根拠にしなくても、「人権相互の調節弁」でテロや暴動は取り締まれる。
例えば、テロで人が死ねばそれは生命権の侵害だ。だから国家は殺される人の人権を守るためにテロを取り締まれるし、むしろ取り締まらなきゃならない。

>主張は何もテロや犯罪的な暴動と勘違いされる手法以外ですればいいと思う
誰が「テロや暴動は主張(の一形態)である」と言ったんだ?

691 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:49:05.14 ID:NqhBVwaW0
>>685
あと、積極財政を封じ込める均衡財政条項(反ケインズ条項)を新憲法に盛り込んで来そうだ。
ケインズ主義の息の根を止める事は、新自由主義者にとっての悲願だから。

692 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:50:49.33 ID:qXS9Lh4J0
明治憲法を現在及び近未来に合うように手を
加えたり改定したりして準備しておけば、無理
に占領政策に合わせてつくられた憲法もどき
をいじくりまわすより、すっきりすると思う。
現憲法もどきを破棄することには賛成する。

693 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:50:56.08 ID:opZoU/5I0
>>643
違いは徴兵が出来るか否かくらいな物だよ

694 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:51:22.44 ID:gsip4TpY0
>>686
「政府は市民社会のあれこれについて余計なことを考えなくていいから
軍隊と消防と警察だけしっかりやって、あとは減税できるように無い知恵を絞れ」
とでも言ってやればいい。

695 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:52:45.27 ID:EBbJHCwY0
時代錯誤とか、ニュース本文にあれっと思ったら赤旗さんでしたか
報道しなきゃシランで済んだのに、敵の宣伝するなよと

696 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:52:55.10 ID:ei87tS0L0
いいじゃん帝国
世界唯一の皇帝のいる国が日本だし
帝国に戻ろうよ

697 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:55:18.85 ID:2Xqd/F2q0
>>678
>俺が「代替可能」といったのは、「人権を「公益及び公の秩序」で制限可能」」という憲法(案)規定だが?w dakara
だからなんでそんな代替をしてまで憲法改正したいんだ。
憲法第12条の規定で必要十分じゃないか。



698 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:55:36.59 ID:opZoU/5I0
>>696
帝国は今でも帝国ですよ

699 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:56:22.94 ID:x24Ng/SP0
維新、あまりにもバカすぎる
いくら愛国でも、これはパフォーマンスが過ぎて引くわ


700 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:57:25.47 ID:LVtJUXuN0
>>697
そのほうが実務の実態に合ってるし、わかりやすいからだろうな

701 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:57:31.94 ID:0kGylncS0
>>697
何か勘違いしてないか?
俺は自民憲法案や昭和憲法無効論には反対の立場だが?

つまり、端的に言えば、
なに「公共の福祉」を「公益」に摩り替えているんだふざけんじゃねー!
ってこと。

702 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 19:58:31.06 ID:+YCQ2CfY0
>>696
あにいってるだよ
ペンキンじゃあ あるまいし

703 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 20:01:16.66 ID:LVtJUXuN0
>>701
君はやたら不安を煽ってるけど、憲法改正に反対することが目的化してるだろう
憲法は「人権」だけが大切なんじゃなくて、
「人権」と「公共の利益」とのバランスを考えて、どこで線引きをするかという問題でしょ
両面からものを見ないと

704 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 20:03:59.63 ID:gsip4TpY0
>>697
それこそ第25条のように、人権と称して権利の手を広げすぎたので齟齬があるんだよ。
しかし根本的に考えなくてはならんのは、政府がその気になればできるのかどうかという点だ。
社会権みたいな似非社会科学の産物はともかく、19世紀の自由主義まで否定されたら敵わん。
だからこれは我々はもっているという信念とともに、実効性を担保する手段があった方がいい。
アメリカが参考になるだろう。

705 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 20:05:31.24 ID:wubSviQY0
>>703
> 「人権」と「公共の利益」とのバランスを考えて、どこで線引きをするかという問題でしょ

その時点で、在外制約説に立とうという意思が見えるんだな。
なぜ、在内から在外に変更したいかという理由が知りたい所ではある。


706 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 20:06:20.16 ID:2Xqd/F2q0
>>701
tumari「公共の福祉」は「公益と公共の秩序」では置き換えられないということだろ。

707 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 20:07:03.95 ID:0kGylncS0
>>683
なにやら誤解(あるいは曲解)があるようだから説明するが、
俺は「テロや暴動を取り締まるな!」とか言っているわけではない。むしろ「テロや暴動は取り締まれ!」と言っている。
だが、その「理由」が君とは異なるのだよ。
君は「テロや暴動は公益に反するから取り締まれ!」という立場のようだが、
俺は「テロや暴動は巻き込まれた人の人権を侵害するから取り締まれ!」といっているわけ。

君の主張を憲法としてルール化すれば「人権は公益のために制限できる」ということになるし、
俺の主張を憲法としてルール化すれば「人権を守るために他の人権を制限できる(公共の福祉の内在制約説)」と言うことになる。
どっちのルールでも、「テロや暴動は取り締まれる」。
後はどっちの方がデメリットが大きいかという話で、
俺は「人権は公益のために制限できる」では人権の制限が野放図に拡大していき、人権を有名無実化してしまう危険があると考えている。
だから「人権は公益のために制限できる」というルールに反対しているわけ。

708 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 20:08:56.42 ID:i/Sxwfbp0
大日本帝国憲法だと、
最終的には、天皇大権とか言う名目で、
政府が庶民や国民を弾圧することが可能になるからね?

709 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 20:09:49.05 ID:XGpVrLhOO
一夫多妻制、晒し首、帯刀、カルトの弾圧

710 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 20:10:36.83 ID:LVtJUXuN0
>>705
学説の話はつまらんから例をあげよう
判例では外国人の「入国の自由」はないとされている
これは、認めると外人が勝手に好き放題入ってきてしまうという不利益と衡量した結果、認められないわけ
これは他者の人権は別に侵害していないが、明らかにその国家の社会には不都合な話だ
もし内在制約説に立つなら、入国の自由は保障しなければならないんだよ

711 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 20:17:16.40 ID:Ss9FnIHGO
日本国民を無視して勝手に現在の日本国憲法を無効化するな。
まず日本国民全員での議論を提案するのが先だろう。
手順を飛ばして進めるのは何か企んでいるからか。

712 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 20:18:25.73 ID:4A02l3QCO
これで帝都復活だな

713 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 20:21:13.49 ID:0kGylncS0
>>703
>君はやたら不安を煽ってるけど、憲法改正に反対することが目的化してるだろう
いや、憲法9条を変えて交戦権を回復するだけならどうこう言わんよ。

>憲法は「人権」だけが大切なんじゃなくて、
「憲法」ってどういうものだかわかっている?
国家の暴走から、国民の権利を守るためのものだよ?(少なくとも、実質的法治主義に基づけば)

>「人権」と「公共の利益」とのバランスを考えて
「バランス」と言ってしまう時点で既に君の思想は偏っているよ。
つまり、「人権」と「公益」が対立関係にあると決め付けているわけでな。

>どこで線引きをするかという問題でしょ
その考えからしても、自民案は線引きになってないが。
「公益」の内容を具体的に定義した上で、人権の制限を求めるのならまだしも、
(例えば「日本が侵略されて、自衛隊だけじゃ守りきれないときには、日本国を他国の侵略から守るために、人権を一部制限して徴兵を行う」とか)
内容があいまいなまま「公益」による制限を認めるならば、「公益」はそれを定義するものの思いのままになってしまうだろ。
そして「公益」を定義するものが誰であるかと言えば、結局時の権力者なわけで。

714 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 20:21:43.44 ID:iP2AIz2D0
バカウヨは意識が古代人だから困る

>>709
いっとくけど、日本では一般市民に一夫多妻は推奨されてないぞ。
姦通なんて重ねて四つに斬られるぞ。

715 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 20:24:10.04 ID:0kGylncS0
>>710
はて?人権に「入国の自由」なんてものはないが?
というかそもそも、憲法で人権を保証されているのは国民であって、外国人は対象外だし。

716 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 20:26:27.35 ID:iP2AIz2D0
>>668
今は自由ではないのかね。
東京維新の奴等は、「一部の特権階級以外の人間の自由を取上げたくて仕方ない」
と、顔に書いてあるようなことを主張しているぞ。

どーやったら賛成できるんだ。何で巻き戻さなくてはならないんだ。
どうしても変えたいなら新しく作るしかないんだよ。

717 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 20:32:16.80 ID:2Xqd/F2q0
>>715
>憲法で人権を保証されているのは国民であって、外国人は対象外だし。
そうですね。それが日本国憲法(和文)とその英訳の大きな違いだね。
憲法第3章 国民の権利及び義務
は英文では
Chapter3 Rights and Duties of the People

つまり「国民」と「the People




718 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 20:34:38.25 ID:iP2AIz2D0
>>636
こんなとこに書き込んでるおまえも当然捨て駒の一部だよ
頭が悪く、力もない奴に限って生まれつきのものだけで崇拝される世界を望むものだなw
女に対する執拗な攻撃が、お前が恵まれていない事を雄弁に語っている

719 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 20:34:38.52 ID:36kQ1MLZ0
民主党にいた時にやれ。

720 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 20:37:04.54 ID:iP2AIz2D0
>>650
男を生むことが絶対正義の国家がどうなるか、すぐ近くに見本があるだろう
その末路には男女比の崩壊しか待ち構えていない
それを補完しようとした結果、日本は海外から繁殖用に買い集めた女の子孫だらけになるのだよ

純血に拘るのが化石脳の特徴かと思ったが

721 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 20:38:44.86 ID:2Xqd/F2q0
>>717
ごめん。
途中で送ってしまった。
つまり「国民」と「the People(日本人民)」とは違うということ。
「国民」は英語ではnationsだろう。決してpeopleではない。
こういう小手技・目潰しが日本国憲法には一杯仕掛けられている。
もちろん日本議会のGHQ対策だね。

722 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 20:39:26.25 ID:0kGylncS0
>>706
そうだよ。
で、なんで君が俺に噛み付いているのかわからんのだが。

723 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 20:43:07.36 ID:0kGylncS0
>>721
「the people」には「(一国家に属する)国民,選挙民.」という意味合いもあるが?
ソース http://ejje.weblio.jp/content/people

これが当時の日本議会による意図的な「誤訳」であるならば、俺はGJを送る。

724 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 20:48:55.66 ID:XGpVrLhOO
米で年貢を支払えば食料自給率が上がる

725 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 20:50:19.23 ID:2Xqd/F2q0
>>723
誤訳ではなく大日本帝国憲法の「臣民」のかわりに「国民」とした
ということでしょうね。

726 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 20:54:22.41 ID:1juP3LOB0
戦前・戦中憲法は中韓より
米国が一番嫌う
女性問題や献金で失脚狙われる
それで倒れなければ
傀儡政権で飼い犬憲法を押しつけ終了

727 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 20:55:29.59 ID:gsip4TpY0
>>710
>>721
本気で意味が分からない。
日本国憲法に何が仕掛けられているって?
メキシコの国境の話か?

728 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 21:00:54.00 ID:gsexF4DWO
>>19
簡潔だなw


729 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 21:04:46.31 ID:am2JqOuFO
維新以外から総否定されてるwww
維新は何考えてるんだよ?w

730 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 21:08:22.09 ID:0kGylncS0
>>710
反論が無いようだが、結局君はカリカチュアを叩いていたってことでおk?

731 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 21:12:06.45 ID:8sj5rfse0
>>579
GHQ案見てもマッカーサー・ノート見ても、天皇が元首ないしそれに準ずる地位であるとした点は揺らぎがないので、国体を護持した=天皇を生かすということについては、日本政府とGHQの間に齟齬はないよ。

むしろ、GHQは極東委員会(特にソ連とオーストラリア)から天皇を守るために意を尽くしたわけで、GHQこそが皇室の藩塀として機能していた。

732 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 21:20:31.72 ID:NqhBVwaW0
>>721
> もちろん日本議会のGHQ対策だね。

“日本人民の一般意志”と訳すべき箇所を“日本国民の総意”としたのもGHQ対策と推測する。
第1条後段の日本文は「この(天皇の)地位は、主権の存する“日本国民の総意”に基く」
となっているが、英文では「この(天皇の)地位は、主権の存する“日本人民の一般意志”に基く」
となっているんだよね。
後者は、“日本人民の一般意志”即ち、日本人民の過半数が望めば天皇の地位を剥奪する事が可能、
天皇の地位の生殺与奪権が日本人民に存在する、とより明確に記されているんだよね。
更に、この英文の第1条後段と第96条の憲法改正要件の国民投票(国民の過半数の賛意)とが
何気にリンクしているんだよね。この様に、英文の日本国憲法を読めば、GHQの思惑が見えてくる。

733 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 21:21:36.20 ID:uOTSwmLn0
憲法九条、このわずかな一文を作るのに何百万人殺したと思ってるんだ・・・
これだから平成の人間は

734 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 21:22:28.62 ID:gsexF4DWO
大日本帝国憲法は天皇主権

こんな刷り込みをまだ信じてる若い連中がいるとは。
一体どこで聞いてきたの?
帝国憲法読んだことあるのかな。



735 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 21:27:10.30 ID:PGoXpXhL0
スパイ防止法の方が重要だぜ

736 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 21:29:17.15 ID:36kQ1MLZ0
民主党議員だったときにやれつーの。

737 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 21:30:13.56 ID:uOTSwmLn0
一時の平和を得るは意外とたやすい。
悪党に武力を集中すれば、恐怖政治であれ軍閥政治であれ、一党支配で戦乱は一時的であれ収まる。

が、平和を維持する事は実に大変に難しい。
これが日本国憲法の憲法第九条に支えられる事、どれだけ大きい事か。

過去1000年の歴史を見てみろ。江戸期ですら内乱が起きているではないか。
わずか100年の間に戦争をしなかった時期などはっきり言って稀だ。

明治大正昭和、戦争し通しじゃないか。
アメリカを見てみろ。10年単位で戦争せざるを得なくなってるじゃないか。
あの中国だってモンゴルの紛争、天安門その他色々と紛争戦争を起こしてる。
韓国北朝鮮を見てみろ。朝鮮戦争の結果、未だに国境は二つに分かれ、合併も出来ずに何十年も経過している。


今の日本国憲法を棄てるという事は、日本は軍国主義、軍力主義に傾斜するという事だ。
この責任は我々には問われず、お前らの子供らが最も辛い思いをする事になるだろう。
気付いた時には上空を他国や近隣県の爆撃機が飛び回る・・・こうなってからでは遅過ぎる。

738 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 21:30:39.62 ID:8sj5rfse0
>>734
天皇主権で間違いないよ。
ただ、天皇に主権があるというだけで、天皇個人が独裁できるという仕組みにはなっていない。
国民主権だって、個々の国民が独裁できるわけではないのと同様。

すべての国家権力を天皇に集めた上で、天皇は神聖にして侵すべからざる存在にしたから、「結局誰が権力を実際に行使するの?」っていう実態は、大日本帝国憲法を隅から隅まで読んでも見えてこない。
内閣総理大臣なのかなーとも思えるけど、「内閣総理大臣」なんて大日本帝国憲法には全く書いてないし、首相が触れられないパートもたくさんあった。

739 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 21:33:36.50 ID:gsexF4DWO
>>131-132
ほんと、アカ旗のプロパガンダに易々と乗せられてるヤツが多いよなぁ

それにコレ橋下維新とは全く関係ないのにアンチが湧いてるし

もちつけw



740 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 21:34:59.47 ID:LVtJUXuN0
>>737
それ憲法9条1項のことだろ
9条2項は侵略戦争起こしてくれと言ってる事に等しい

741 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 21:35:52.87 ID:0kGylncS0
>>734
天皇機関説の話?そりゃ戦前弾圧された思想なのだが?

742 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 21:37:44.91 ID:LVtJUXuN0
>>741
明治後期から昭和前期まで天皇機関説が通説
国体の本義発行から敗戦までの数年間だけ否定された

743 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 21:40:22.42 ID:uOTSwmLn0
ちなみに俺的記憶によると、前の太平洋戦争じゃあ
日本人の死者の1/3ぐらいが民間人。
残りは戦争に行って死んだんじゃなかった?
東京大空襲、空爆、原爆、沖縄戦で一方的に殺された人達。

お前らが知ってる日本最大クラスのド級戦艦「大和」も
実は一方的に航空機に攻撃されて撃沈。事実上無抵抗でやられたよーなもん。
今も沖縄の海に沈んでる。

玉砕という名目で、送った軍隊の10万20万の軍人さんが全滅した例も少なくないよ。
前線が維持できず、送った軍隊を全員見殺しするしか無かったんだね〜〜〜。

南無南無…

744 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 21:43:36.66 ID:gsexF4DWO
>>738
天皇主権ってのがサヨク用語なのに。
君臨すれども統治せず、なんだよな。



745 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 21:44:34.67 ID:2Xqd/F2q0
>>704
え、第25条なんて条文通り国民のささやかな願いだろう。
それすらできない国は俺はいらない。俺はリベタリアンだ。

746 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 21:45:17.65 ID:0kGylncS0
>>742
結局弾圧されたのだから、「当時の法体系の中では」それ(天皇機関説の否定)が「正当」だったということだろう?
それとも、その「数年間(というにはいささか長いが)」の間に行われた弾圧は(当時の法体系から見て)「違法」な捜査であったということ?

747 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 21:47:10.13 ID:gsexF4DWO
>>737
日本は朝鮮戦争に参戦したのを知らないのか?
日本国憲法下でも「戦死者」は出てるぞ。



748 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 21:47:34.01 ID:LVtJUXuN0
>>746
解釈論だからどちらも正当だが、
「戦前の通説」は間違いなく天皇機関説

749 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 21:48:33.29 ID:uOTSwmLn0
>>740
陸海空一切の戦力は保持しない。
でも自衛隊がなぜかある。

武力の無い平和な世界を築く道を歩み始めたのが、戦後の日本だ。
理想を実現する為に、キミのような奴も少しでも協力するのが良いと思うよ。
どうしてこんな無茶苦茶な憲法を掲げたのか、当時の人達の心境を考えてみると良いと思う

750 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 21:48:46.44 ID:fLsxFAKt0
帝国憲法復活とともに無能な軍人の復活は
勘弁願いたい。


751 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 21:51:38.02 ID:0kGylncS0
>>748
その「どちらも正当」という考え(つまり学問の自由)を認めなかったのが戦前の法なわけだろ?

752 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 21:51:42.93 ID:uOTSwmLn0
>>747
ふーーーん。
まぁ俺みたいなバカが反論してもどうせ論破されるだろーしね。
どうせ理想の一枚裏は悪事と利益遵守のゴミだらけ、ヤクザ者だらけだ。
好きにするが良いさ。
まぁ時代の流れかもな

753 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 21:51:53.94 ID:8sj5rfse0
>>744
枢密院の「大日本帝国憲法説明」に、「恭テ按スルニ天皇ノ神位ハ之ヲ祖宗ニ承ケ之ヲ子孫ニ伝フ国家主権ノ存スル所万世ニ亘リ汚隆ナキ者ナリ」とあるがな。

天皇主権はサヨク用語とかドコで聞きかじったんだよw

754 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 21:52:34.10 ID:LVtJUXuN0
>>749
俺はおじいさんが軍人という軍国主義者とも話したことあるし、
9条主義者の人とも知り合いだから、
どっちか一方の心境に加担するという気にはなれないなぁ
俺には俺の理想があるし

755 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 21:56:49.42 ID:2Xqd/F2q0
>>734
>大日本帝国憲法は天皇主権
帝国憲法第1条 大日本帝国は・・天皇之を統治す
帝国憲法第4条 天皇は国の元首にして統治権を総攬し此の憲法の条規
        に依り之を行う

国の統治権は国家主権のひとつです。その主権は天皇にあった。


756 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 21:56:55.07 ID:gsexF4DWO
>>752
君の言う理想国家は占領憲法制定から5年程度しか存在しなかった。
今までにも「解釈改憲」され続けている。
改憲論者は「敵基地の先制攻撃」ですら合憲などと言い出してる。
そこまで実態と合わない憲法を死守し、あくまでも改憲にこだわる意味すらもうないんだよ。



757 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:04:12.00 ID:L3e3DL1W0
ごめん。まじでわかんないんだけど、
なんで都議会ごときで憲法云々言ってるの?

変えてくれって国会に要請するための決議?

758 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:07:27.53 ID:2Xqd/F2q0
>>756
>「敵基地の先制攻撃」ですら合憲
攻撃は最大の防御だから自衛権のうちだろう。
やられる前に相手をやって何が悪い。

759 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:07:39.39 ID:52/3Rypn0
>>757
石原が無効論者だからだろw
最も支持を得られると思われるところに請願した・・・ただそれだけの話。

760 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:09:33.97 ID:zA/7oxTZ0
衆議院の解散権が天皇になるけどいいの?

761 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:09:47.39 ID:opZoU/5I0
>>757
小学生でも世界征服の秘密会議をやっても良いんだから問題ないよ

762 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:10:17.21 ID:0kGylncS0
>>757
国会に行っても相手にされないから、相手してくれそうなところに行っただけw

763 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:10:59.07 ID:gsexF4DWO
>>753
帝国憲法第73条には「憲法を改正するには、帝国議会の議決を経なければならない」とされてるよ。
天皇は自由に憲法を改正することはできなかった。
主権の意味を「国政の最高決定権」とするならば、国家を作り変える権利、つまり「憲法を改正する権限」が天皇にあったとするのはおかしい。
議会の議決を経るならば今と同じだ。



764 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:11:24.45 ID:+sulBRKh0
>>755
ただ、

請願は、天皇を元首として無制限に権力を与え、国民を「臣民」として、自由と権利を抑圧した
大日本帝国憲法を美化。「我々臣民としては、国民主権という傲慢(ごうまん)な思想を直ちに放棄」して、
日本国憲法を無効とし、

みたいなのは、赤旗の被害妄想なんだろうなぁ

765 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:15:14.44 ID:gsexF4DWO
>>758
専守防衛とは掛け離れてくるよ。
それならちゃんと国軍にしなきゃ。
解釈改憲なんてとめどない。



766 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:19:39.54 ID:2Xqd/F2q0
>>764
いやその請願内容が東京維新の会の請願そのものだよ。
でもどうして東京都議会にそんな請願を出したのかは意味不明だね。
都議会に憲法を改正する権限があるわけじゃない。
まして憲法の無効化なんてどこでも処理できない請願内容だね。


767 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:20:52.88 ID:LVtJUXuN0
>>766
自分で「抑圧」とか「美化」とか言うわけないw

768 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:23:38.67 ID:0kGylncS0
>>763
はて?(形式的法治主義における)「立憲制度」とは、
「憲法」を「主権者(国民主権であれ、君主主権であれ)」よりも上位に置くものなのだから、自由に作り変えられないのは当然の話だろ。
今現在、国民は憲法を自由に改正することはできない(議会の議決を経なければならに)が、それをもって「国民は主権者ではない」と言えるのかね?

769 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:25:08.41 ID:gsexF4DWO
>>755
天皇に統治権はあったけどこれは形式にすぎないよ。
今も同じ。
国会の召集権も大臣の認証権も衆議院の解散権も、天皇にあるじゃん。



770 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:25:37.20 ID:q6JdMwIY0
>>766
地方議会から、国があれやってくれと請願を出すことは珍しくないじゃないか。

771 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:26:27.20 ID:L3e3DL1W0
>>759,761,762
ありがと。
もう1つ聞きたいんだけど、
万一、可決してたら、どうなったの?
特になにもないのかな。

772 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:27:51.89 ID:q6JdMwIY0
>>765
そもそも専守防衛ってなんだ?
この用語が明確に定義されているのを見たことがない。
こんな言葉の詭弁で誤魔化しているから、何もかもがgdgdになってるんだよ。

773 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:29:15.23 ID:2Xqd/F2q0
>>765
パリ不戦条約についての国際連盟での国際会議でも
侵略戦争と自衛戦争の違いについて延々と議論して
結論がでなかった問題だからね。
どこまでが専守防衛かも決められない。

774 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:30:02.47 ID:neG+xckA0
エネルギー問題を解決するための侵略は自衛に入りますか

775 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:30:15.05 ID:0kGylncS0
>>769
現在においてなぜ形式に過ぎないかと言えば、
「天皇は国会の決めたことを追認するだけ」で、「自分の意思で決定を下せるわけではない」からだ。
さて、大日本帝国憲法において、天皇は誰かの決めたことをただ追認するだけで、自分の意思では決められなかったのかい?
まただとすれば「誰」の決めたことを追認するんだい?

776 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:31:47.68 ID:gsexF4DWO
>>764-766

請願からの引用は「我々臣民としては、国民主権という傲慢(ごうまん)な思想を直ちに放棄」して日本国憲法を無効…の部分だけ。
それ以外はアカ旗のプロパガンダ。
無効にするのは決まりは無いからね。
国会で宣言すれば尚良しぐらいのもんだよ。



777 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:32:42.62 ID:dOI2mprM0
帝国憲法は立憲君主制だからな。
まあ主権は天皇ってのが普通の見方だけど、たしかに天皇は改憲することは出来ない。
天皇主権はダメだ。とても現実的ではない。
かといって国民主権とわざわざ憲法に書くのもナンセンスだ。
なぜなら主権は国民全体にあるべきであって、個人にあるのではない。
そこをはき違えるからだ。
いっぽうで国民全体とは国民の代表である政治家や、国家、公務員のことででもない。
国民主権と君主主権(あるいは政府主権)という言葉はどちらも政治を腐敗させてしまう原因となる。
〜主権と憲法に書きたいなら、たとえば公民主権という言葉を使えばいいんだよ。

778 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:33:43.05 ID:0kGylncS0
>>776
はて?では俺がここで「日本国憲法は無効だ!」と言えば実際に世間的にも無効になるのか?
あるいはその理屈で言えば、日本国憲法が無効になって大日本帝国憲法が復活した後、俺が「大日本帝国憲法は無効だ!」と言えば明治憲法は無効になるのか?

779 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:36:55.38 ID:4w16oNH3O
まぁ帝国憲法復活改憲だろうと現行憲法の改正だろうと日本の宗教、道徳含めて考えたら今は無理だな
今の憲法を越える内容を考えついてから議論すればいい
現実にそぐわないから改憲しようなんていう最高法規性を否定してる内は無理だ
違憲立法審査権さえ有効活用できない段階で後戻りできない道に進むと人類史レベルの愚かな民族のレッテルを貼られるぞ

780 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:40:18.62 ID:gsexF4DWO
>>768
天皇主権とやらに関して話したんだけどね。
大日本帝国憲法にみんなが抱くイメージのような、天皇主権と言う程の強大な権力は無かったということ。
よく天皇主権⇔国民主権と対比されるけど、大日本帝国憲法下における天皇の役割と、今の国民主権における国民の役割が同じな訳は無いしね。



781 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:40:19.91 ID:LVtJUXuN0
>>779
状況はさらに悪くなっている
国籍法違憲判決なんてちょっと前なら絶対に出なかっただろう

782 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:40:21.24 ID:2Xqd/F2q0
>>775
>まただとすれば「誰」の決めたことを追認するんだい?
帝国憲法第56条によればそれは枢密顧問だろうね。

783 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:44:01.08 ID:0kGylncS0
>>780
はて?
「(大日本帝国憲法下において)天皇は自由に憲法を変えられるわけではないから、天皇主権ではない」という君の理屈を否定しただけだが?
君は「天皇主権ではないというのは大筋において正しいのだから、細かいミスは気にするな!」とでも言いたいのか?

784 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:44:19.77 ID:hKd9IOAT0
>>711
こうやって改憲論が出ている時点で議論しろよ、オカンとでも友達とでも職場でも
安倍だって総裁選の争点の大きな柱として挙げていた

次の総選挙では改憲を争点にするとまで言ってる
これで議論して煮詰めて投票出来ない奴に、そんなこという資格は無いわ

785 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:44:32.29 ID:gsexF4DWO
>>772
辞典には
他国へ攻撃をしかけることなく、攻撃を受けたときにのみ武力を行使して、自国を防衛すること。
とある。

要は一発打たれなきゃ何もできない。
これが専守防衛の一般的概念だね。



786 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:44:36.25 ID:52/3Rypn0
>>771
何にもならないw
可決ではなく「採択」ね。

ちなみに請願の内容は以下の模様。
http://ratio.sakura.ne.jp/uploads/2012/10/A4aU-d3CEAAkG_4.jpg

「我々臣民としては、国民主権といふ傲慢な思想を直ちに放棄して」
云々の表現は確かにある。

>>1の記事中にある外国人に対する生活保護に関する請願は見つけられなかった。

787 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:44:48.34 ID:LVtJUXuN0
>>768
その形式的法治主義とか実質的法治主義とかいう珍理論は一体どこで覚えてきたんだ
ドイツ限定の理論だから日本関係ないぞ、それ

788 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:46:25.59 ID:0kGylncS0
>>782
はて?「枢密院の決めたことに天皇は従わなければならない」、とは書かれていないようだが?

789 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:49:28.74 ID:0kGylncS0
>>787
珍理論というか、法学としては普通に一般的な話なんだがね。
というか君だったか。
ついでに再度聞いておくが、では君が信奉する「自律性の原則」とやらは何に基づくルールなんだ?
「形式的法治主義(大日本帝国憲法の条文)」でもなく、「実質的法治主義」でもないとすれば、
それは「法的議論」ではなく、「ただの政治的一見解」に過ぎないと思うが。

790 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:50:50.36 ID:gsexF4DWO
>>775
「三権」で言うと、
立法権は、帝国議会の議決が必要。
行政権は、国務大臣が天皇を「輔弼」することで行使された。
司法権は、天皇の名において「裁判所が」行うとされた。

独裁などではなく形式的なものだよ。



791 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:50:55.74 ID:GlgUNZfe0
なかなか面白い言い合いをしているな
大日本帝国万歳してる連中に言っておくが
反論しているのはいわゆる左だけではないぞ

プログラム規定と理解されている25条や
人権衝突の調整原理である公共の福祉の
理解からしてあまりに憲法を知らなすぎる

みっともないからその辺にしとき




792 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:51:59.94 ID:LVtJUXuN0
>>789
国際慣習法上の原則

793 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:52:43.75 ID:vOU/12Ui0
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_he/a6fhe800.html
日本人に謝りたい
〜 あるユダヤ長老の懺悔(ざんげ) 〜
──ユダヤ長老が明かす戦後病理の原像──

あるユダヤ人が天皇と日本について語った文がある。
彼の名はモルデカイ・モーゼ。戦時中にルーズベルト大統領のブレーンとして日本を研究し、
戦後の対日処理立案(GHQ政策)にも加わったという。彼は『日本人に謝りたい』という、
極めて異例な内容を含んだ本を残している。

『日本人に謝りたい』モルデカイ・モーゼ著
(日新報道/1979年出版)


http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_he/a6fhe804.html
■■■第4章:日本国憲法はワイマール憲法の丸写し
■■日本国憲法の作者はユダヤ人である

日本人はいまだ、この憲法の本質がユダヤ的思考の所産であることを全くご存知ないように
思われる。これは不幸なことである。この憲法の本質を知るには、ユダヤ問題をもたない
日本人にはあまりに距離がありすぎるのかも知れない。これはどうしてもユダヤ人が本質解明の
道案内をしなければ、日本人は永遠にこの憲法のもつ強烈な宗教的呪縛力の桎梏のもとに
あえぐことになるかも知れない。一ユダヤ人として、そうとあらば、このまま放置しておくには
あまりにも重大な責任を負わされているような気がする。
何故なら、この憲法の作者はユダヤ人であり、そこに貫かれているものは第二次大戦終結時では
すでに極めて時代錯誤的なユダヤ思想だったのだ。いや、単に時代錯誤にとどまらないかも
知れない。そこにもっと致命的な我々ユダヤ人の犯した誤ちがあったのだった。
今日日本人の皆様がこの憲法に潜む矛盾から逃れる道は、この憲法の奥に秘められた本質を
できるだけ早くつかむため、先ずそのルーツを白日の下に曝すことであろうと思う。
私はこの憲法を一言で表現するなら、「往来で道を尋ねられた時、故意に反対の方向を教えるもの」
といいたい。


794 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:54:09.02 ID:LVtJUXuN0
>>791
25条プログラム規定説は既に死滅
今は抽象的権利説が通説(判例?)

「人権衝突の調整原理」という内在制約説は古く、もはや通説ではない
「かつての通説」と呼ぶべきだな

795 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:54:22.89 ID:NqhBVwaW0
>>791
【討論!】どうする日本国憲法!?連続大討論Part1[桜H24/4/21]
1/3
http://www.nicovideo.jp/watch/1334916124
2/3
http://www.nicovideo.jp/watch/1334915692
3/3
http://www.nicovideo.jp/watch/1334915272

796 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:54:45.09 ID:0kGylncS0
>>790
君は「独裁」というのを文字通りたった一人で政治の全てを行うことだとでも思っているのかい?w
まあ普通、「独裁者」でも部下に仕事投げるわな。

797 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:54:49.87 ID:q6JdMwIY0
>>785
そんな定義ではなあ。
「どこまでの武力を使っていいのか?」
「とこまでの(地理的)範囲で武力を行使していいのか?」
そーゆー具体的なところが明確になっていないと、まるで意味がないじゃないか。

798 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:56:55.59 ID:gsexF4DWO
>>778
西田昌司議員は「国民一人一人が占領憲法は無効だと言えば明日にでも無効にできるんです」
と言ってる。
つまり国民の意識と世論形成が大事。
国会が動かないなら国民に身近な町議会、県議会、都議会からとなるわけ。
国民や地方議会の声が「無効」と高まれば国会は無視できないからね。



799 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:57:59.72 ID:GlgUNZfe0
>>794
そいつは失礼
俺が憲法学んだ時代は宮沢・芦部・佐藤の時代だったのでね

800 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:58:56.08 ID:/WV+wClX0
帝国憲法下で日本は世界の一等国の仲間入りをしたが結果として破綻した
現行憲法下で日本は世界有数の経済大国の仲間入りをしたが結果として破綻した
帝国憲法、現行憲法の両方を精査し長所と短所を公平に論じて、次期憲法を
作るべきだろう。

801 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 22:59:59.38 ID:vOU/12Ui0
>>793
この本がどういう本か、著者はどういう意図を持って書いたのか、解るかい?
これはある意味日本人を馬鹿にした本なんだよ。
だけど書いてあることはデタラメではない。
だが知識人たちは「ユダヤ陰謀論の本」と馬鹿にするだろう。
その知識人こそがこの本で馬鹿にされているとは気づかずに・・

けっきょく日本人がこの本に書いてあることを理解し出し、改憲あるいは現憲法破棄
に乗り出すときがくるのは決まってるんだよ。それはそのように仕組まれている。
それは仕組まれたタイミングで起こる。そのことを馬鹿にしてる本と見ていい。

802 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:00:10.23 ID:GlgUNZfe0
>>800
> 帝国憲法下で日本は世界の一等国の仲間入りをしたが結果として破綻した
これは敗戦ということでわかるとして

> 現行憲法下で日本は世界有数の経済大国の仲間入りをしたが結果として破綻した
これはどういう事実認識でそう思うのだ?


803 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:00:38.19 ID:0kGylncS0
>>792
それが当時の慣習(法)であったという根拠は?

804 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:02:56.92 ID:M2nbgd4B0
>>731
GHQ(というよりマッカーサーが)天皇を守ろうとしたわけだが、別にそれはただの親切心からじゃない。
それと公職追放で新憲法に反対しそうな人(右派、保守)は追放され、左巻きは残された。
21万人の人が追放された。





805 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:05:57.14 ID:YSgTRGW+0
軍事を知らない雅な天皇が陸海軍を統帥するってのは致命欠陥だから、
そこは直しとけ。

806 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:06:07.15 ID:LVtJUXuN0
>>804
リベラルの石橋湛山も、GHQに従わないという理由だけで公職追放されたな

807 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:06:50.39 ID:gsexF4DWO
>>783
統治権であるところの所謂天皇主権

国政の最高決定権であるところの国民主権

ごちゃまぜにしたらダメだよ。



808 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:08:06.86 ID:NqhBVwaW0
>>804
同意。GHQはあくまで占領期間中に天皇を“利用した”に過ぎない。
日本が主権回復して占領期間を終えた後の事は
GHQとしては知ったこっちゃないと云うのが
>>732で判る。

809 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:10:35.11 ID:0kGylncS0
>>807
だから、反論になってない。
>>768に反論したいのならば、「(大日本帝国憲法下において)天皇は自由に憲法を変えられるわけではないから、天皇主権ではない」という君の理屈を再反駁をもって防衛してくれ。

810 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:10:38.56 ID:hKd9IOAT0
>>777
国体である天皇が持つている主権を、日本国民に割譲する

がいいと思うんだけどなあ
陛下の権利を分け与えられたものであって、国民はそれを譲り受けただけであると
ようするに国民が私利私欲で使っていいものではない、国家の存続と繁栄と豊かで思いやりのある社会にし、
その国民全体の精神的豊かさで、天皇に返すべきもの、神々や国土を守ること
みたいな感じで

天皇の看板背中に背負ってそれに恥じないように、主権を行使し、行動しなさいと

811 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:17:07.77 ID:vOU/12Ui0
>>810
天皇が政治やるのか?
現実に可能か?

812 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:17:59.18 ID:Xqk4nu5Q0
http://www.ne.jp/asahi/heiwa/kenpou/kaiho/14/14_03.html
河上暁弘(中央大学-憲法学)
ホイットニーは弁護士ですから押し付けと受け取られないように工夫しているんですね。
GHQの草案を別に押し付けるつもりはないよと。国際世論が求める最低水準だから、
これを上回るくらいの民主的な案じゃないと受け入れられないと思うよと言ったんですね。
マッカーサー元帥は頑張って天皇制を守ろうとしているのに、お前たちは何で足を引っ張って
いるんだと。このくらいの案をちゃんと作りなさいという事を言ったわけです。それでも嫌だったら
構わないと。
その時は我々のGHQ案とあなた方の政府案を“両方”国民に示して“国民投票”で決めて
もらおうじゃないかと言ったんです。これが押し付けかという話ですね。
あの時に国民投票をやっていれば良かったと思うんです、僕は。


河上氏の証言です
GHQは始めから押し付けと受け取られないよう考え、「国民投票案」も選択肢として準備
していたようです
恐らく、周到な世論調査の結果からGHQ案が受け入れられる自信があったんでしょう
その点は吉田達も、多分、同じ。だから、「国民投票」から逃げ出したとw

813 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:18:09.69 ID:gsexF4DWO
>>796
どこに最終決定権があるのかの話しを真面目にしてるのに…



814 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:20:36.23 ID:M2nbgd4B0
>>731
俺は片岡鉄哉の「日本永久占領」を読んだんだが、今この本絶版になってるな。
今、検索してたら「日本国憲法の誕生」というサイトをみつけた。
ttp://www.ndl.go.jp/constitution/
こんなサイトあったんだな
スウィンク228とかも資料にあるわ。
暇な時見てみよ。

まー、アメリカの占領が優しかったという誤ったイメージが一般にはあるようだけど、苛烈なところは苛烈だったんだよ

815 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:21:37.57 ID:gsexF4DWO
>>797
そもそもが
一切の戦力はこれを保持しない
となってる9条を解釈改憲しまくるのがおかしいノダ。
違法建築状態。
違法は合法にしなくちゃ。



816 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:21:46.40 ID:LVtJUXuN0
>>812
聞いたことねえ学者だな

817 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:24:11.74 ID:LVtJUXuN0
>>811
主権を国民に委任するってことでしょ

818 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:26:38.20 ID:qgBiHsH80
>>599
暇な折にって・・・w

やるなら一気にやってもらいたいものだがw

819 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:29:00.47 ID:qgBiHsH80
>>811
主権在民で、国民が直接政治行ってるわけでもあるまい。

820 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:29:41.17 ID:Xqk4nu5Q0
>>816
>聞いたことねえ学者だな

Web検索で1,730件ヒットしますたw

821 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:30:59.24 ID:GlgUNZfe0
>>812
証言って・・・
憲法できてどんだけ立ってから生まれてるんだよ

822 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:34:28.73 ID:gsexF4DWO
>>809
逆説的に言うと、統治権(形式的なものだが)があるから天皇主権ならば、日本国憲法では国民に統治権が有るとは言わないから国民主権ではない
となる。

ごちゃまぜにしたらダメだよ。



823 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:36:21.47 ID:vOU/12Ui0
>>817
政治的な決定権が天皇にないなら、その天皇主権で主権を委任する
というのはただの形式だね。
ようするに天皇に国家の最高権威を与えたいわけね、直接政治はやらせなくても。
まあ政治的決定権のない最高権威ってのもどうなのかと思うけど。

おれは前の戦争における昭和天皇(つまり今の天皇家)を信じてないし、
特別の能力を持った君主が現れないかぎり、君主主権は賛成しない。


824 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:36:56.59 ID:Xqk4nu5Q0
>>821
>憲法できてどんだけ立ってから生まれてるんだよ

研究者だから、新憲法成立前後のいきさつも調べたという
ことでしょ

てか、新憲法が押し付けじゃなかったことが何でそんなに都合
悪いのか、ちょっと語ってみてくれる?w

825 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:37:43.75 ID:FUydSFED0
>>810
書いてあることは悪くないけど、日本の国体は君民一体が前提
それをあえて天皇だけするのは抵抗があるな

826 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:38:40.80 ID:Z0rclhmMO
とりあえず、都議会議員にはアッパラパーしかいない事は良く分かった。

827 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:40:27.40 ID:LVtJUXuN0
>>823
天皇は権威者であり権力者ではない、とよくいわれるが
国民主権上の象徴天皇というのは厳密には権威すらないのさ
あなたはおそらく権威すら与えたくないという立場なんだろうけども

828 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:42:24.79 ID:1Oma5Rn/0
昔の憲法を引っ張り出すとか間抜けもいいところ
明治の起草した連中に習って自分で考えろバカが

829 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:42:26.27 ID:Xqk4nu5Q0
>>826
議員は民意を代弁する立場なのにねえ
なんで余計な事したがるかなあ

830 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:42:40.63 ID:vOU/12Ui0
>>819
まあそうだけど、国民が政治家を選べる、政府は国民のために働きますよ、
ってのを表してるのが国民主権という言葉だよね。
政治的決定権のない天皇主権なら、はたしてその言葉に意味があるか?
けっきょく天皇から権利を割譲されてるのが国民なら、意味をはき違える奴は続出するよ。
「天皇は神である。天皇は神聖にして犯すべからず」 を心から信じるなら別だけど、
とてもそんな時代じゃないでしょ。

831 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:46:21.52 ID:LVtJUXuN0
>>830
主権を委任された国民が政治家を選ぶなら、結局同じことではないか

832 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:46:31.68 ID:Xqk4nu5Q0
>>827
みんな、天皇がどうじゃなく特定の公務員が天皇担いでまた悪さ
始めるんじゃないかって心配してるんだよ

公務員が国民に信用されないのは仕方ない
正に自業自得ってやつだ

833 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:47:42.61 ID:M2nbgd4B0
>>812
国民投票を拒否したくだり、何がソースが検索するんだがわからない。
左巻きの人は捏造することがあるからうかつに信じるわけにはいかないなぁ

「日本国憲法の誕生」サイトの資料にはなさそうだし(なさそうだしっていうのは俺英語読めないからw)
GHQ草案手交時の記録の英文がすらすら読めればいいんだが。
でも日本側の記録にも「国民投票」のくだりはないようだけど。。

それからスウィンク228の解説によると
>米国政府はこの文書の中で、改革や憲法改正は、日本側が自主的に行うように導かなければ日本国民に受容されないので、改革の実施を日本政府に「命令」するのは、「あくまで最後の手段」であることを強調している。
とあるけどね。


834 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:48:11.60 ID:hKd9IOAT0
>>823
形式だよもちろん
俺たちには宗教っていう他者愛も道徳も備えていないから、過剰な個人主義に走って国家より私欲を優先してしまう
だから天皇のお力を形式的に借りる必要がある

最後の希望であり、日本人として一丸にまとまるための唯一のもの
俺たちには今他に何も持っていない、全てが崩れ去った

835 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:48:42.61 ID:LVtJUXuN0
>>832
そうならないようなシステムを構築すればいいんじゃないかな

836 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:51:37.93 ID:gsexF4DWO
>>832
それなら改悪されイチ法律におとしめられた皇室典範を正統典範に戻さないと。
今のままじゃ、国会や皇室会議委員が好き勝手するよ。
いや、既にしようとしてるよ。



837 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:52:15.22 ID:vOU/12Ui0
けっこう昭和天皇を信用してる人多いんだな
俺は戦争時の彼の言動をとても信用できない

838 :名無しさん@13周年:2012/10/07(日) 23:54:25.07 ID:LVtJUXuN0
>>837
武烈天皇の時代から、徳のない天皇というのはいるのが前提だからな
おそらく日本人の中の皇室制度は、個人のカリスマに価値を置いていないんだろう

839 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 00:01:49.97 ID:8FNm2FKr0
>>834
それはわかるし、帝国憲法の頃は天皇の権力もあったけど、
そういう心理的な部分がうまく作用してたんだろう。まあ一種の宗教なんだけどね。
だけどそれは国民にとって天皇が本当に神聖さを持ってたからなんだよ。
徹底的にそう教育されたし、聖徳太子の子孫だと教わるしね。
けど、今から天皇を心から崇拝出来る人がどれだけいるだろうか?
現実的ではないと思うなあ。



840 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 00:04:40.39 ID:doMpAg0W0
>>835
そうだね
まず、公務員の既得権益擁護機関と成り果てている人事院の解散
更に、、財務省がマスコミ恫喝手段として利用している電波利用税の
国際的水準への段階的引き上げに、記者クラブの解散と取材への
一定水準の協力義務付け
警察官僚の天下り先でもあり、裏金ばらまきで政策決定を歪めている
パチンコマネーの規制、具体的には換金の厳罰を伴う完全禁止

まだまだありそうですがね

個人的には、政治家との接触は一定のルールの下でのみ認める
少なくとも、一人だけの政治家とは物理的な接触を含めあらゆる接触
の完全禁止

どうですか?

841 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 00:04:53.51 ID:OcR+4gG10
>>822
逆も何も「憲法を自由に変える権限」と「統帥権」は全然別の話だろ。
君こそ話を混同するなよw

842 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 00:07:06.83 ID:OcR+4gG10
>>813
その理屈で言えば、「(現行憲法下において)行政において内閣総理大臣に最終決定権はない。なぜなら、内閣総理大臣は人事権を持っているだけで、実際に個々の事例を判断しているのは役人だからだ。」ってことになるが?w

843 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 00:09:25.72 ID:AcWOHG+30
>>836
そうだね。
皇族を公務員にしようとする輩も出ている。
いくら皇族が「公務」をするからといって公務員はないだろう。
皇族のお仕事は「皇務」と言うべきだね。
そもそも国民の選挙で選出されない「一般公務員」は
憲法第15条違反の存在だろう。

844 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 00:11:25.17 ID:ikjyQPDn0
日本のイスラム原理主義みたいなもんか

845 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 00:15:19.66 ID:AcWOHG+30
>>842
野田首相はまさにそのとおりじゃん。役人の言うままだろ。

846 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 00:16:51.42 ID:gfM7UODR0
http://shishi.kokutaigoji.com/?p=23
自民党の西田昌司参議院議員が賛成してるわけだが、自民党信者の意見が聞きたいわ。

847 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 00:19:27.79 ID:DBT2ck5ZO
>>841
>>768であなたが一緒にしたんですよ。

A統治権について話します?
B国政の最終決定権について話します?

Aなら大日本帝国憲法下では天皇にあったが形式的なもの
今とあまり変わらない
Bなら大日本帝国憲法下も日本国憲法下も帝国議会や国会にある



848 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 00:19:33.27 ID:Z7K7ABUC0
>>846
>>2

849 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 00:23:27.66 ID:DBT2ck5ZO
>>842
では大日本帝国憲法が天皇独裁だと考える理由は?



850 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 00:23:41.20 ID:OcR+4gG10
>>847
はて?一緒にしたのは俺じゃなくて>>763だけど?
>帝国憲法第73条には「憲法を改正するには、帝国議会の議決を経なければならない」とされてるよ。
>天皇は自由に憲法を改正することはできなかった。
>主権の意味を「国政の最高決定権」とするならば、国家を作り変える権利、つまり「憲法を改正する権限」が天皇にあったとするのはおかしい。
>議会の議決を経るならば今と同じだ。

851 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 00:23:45.85 ID:8aek06HR0
>>830
そう悲観的にならなくてもいい気がするけどねぇ。

852 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 00:27:15.42 ID:8aek06HR0
>>843
憲法15条見たけど、こんなのもあったんだ・・・
こりゃ確かに違反だな。

「実は『公務員』じゃない」って言われるかもしれないけど・・・w

853 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 00:28:10.81 ID:DBT2ck5ZO
>>850
天皇主権と国民主権を並べて論じたのはあなた。



854 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 00:30:52.29 ID:doMpAg0W0
>>833
>国民投票を拒否したくだり、何がソースが検索するんだがわからない。

河上さんはまともな学者さんのようだからある程度信用していいんでない?
それ言ってるの彼だけじゃないし
第一、俺がその話を初めて聞いたのは10年以上前だよ
もうね、あごが床まではずれちゃいました
これ、医療費請求できない?

国民投票を日本側が拒否したって、、、
どこまで行っても売国奴でしかねえわ
少なくとも、自身の選択でGHQ案受け入れたんだから、もう押し付け
憲法ではない
むしろ、押し付けと取られる事を慎重に避けようとしたGHQの判断がGJ

こんなところでも日本側は完敗でした。残念です

855 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 00:32:35.53 ID:8FNm2FKr0
>>847
天皇の権力はもっとはるかに強かったよ。
国政の重要事項については天皇が最終決定してた。

856 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 00:33:44.98 ID:DBT2ck5ZO
>>854
GHQが帝国議会の時計を止めた話しは知ってる?


857 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 00:34:32.79 ID:OcR+4gG10
>>849
単純に、各国家機関をコントロールする立場にあったから。
例えば、
裁判官は天皇の任命だし、
国務大臣も天皇の任命だし、
枢密院は天皇の諮詢を受けて動くし、
貴族院議員も天皇の勅任だし、
陸海軍は天皇の統帥下にあった。

858 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 00:36:16.90 ID:8FNm2FKr0
>>851
いいたいのは天皇主権を支持しないということなんだけどね。
あと日本国憲法の弊害は悲観したほうがいいよ。
でないとこの国はほんとうに終わる。


859 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 00:36:25.88 ID:MXl/oKxA0
>>837
でも昭和天皇も死ぬ覚悟はあったと思うよ
普通は死ぬ覚悟決めて生き延びたら思想的覚醒するもんなんだけど
第二次大戦は逆が多かったね、戦争政治の一切において黙るか、それとも転向するかってのが多すぎ

平和を掲げて平和になるならそれもまたそれでいいのかもしれないと、自己矛盾起こした
なんとなく日本が悪い方向に向かっているのを察知し黙認しながらも、止められなかった
声高々に戦後日本を批判する傲慢さも、戦前日本人の美徳とも異なってしまうとのジレンマもあったことだと思う
人間宣言が大きかったのかもね、もう戦争の真実語る気力も、昔の日本語る気力も折れたのだと思う
そういう意味では昭和天皇の責任も大きかった

まあ、まだ天皇家がある限りやり直せるさ、悠仁さまが生まれなかったらヤバかったけど、日本を守るためギリギリで地上に降りてきてくれた

860 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 00:37:15.21 ID:OcR+4gG10
>>853
はて?
「憲法を変える権限を持たなければ、その者は主権者足り得ない」という論を持ち出すのであれば、
主権者が天皇だろうが国民だろうが同じことだろう?
そこを「区別」するのは単なるダブルスタンダードだと思うが。

861 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 00:38:33.88 ID:lGRZXTHw0
憲法といっても所詮は完全ならざる人間風情が足りない知恵を絞って考え出したアナだらけの規則に過ぎないからな

社会の実情に適していない規則ならサッサと変更していけば良いんだよ

862 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 00:38:44.91 ID:8FNm2FKr0
>>859
>まあ、まだ天皇家がある限りやり直せるさ、悠仁さまが生まれなかったらヤバかったけど、日本を守るためギリギリで地上に降りてきてくれた

ないわぁ〜w

863 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 00:44:12.47 ID:doMpAg0W0
>>856
>GHQが帝国議会の時計を止めた話しは知ってる?

何何?教えて?

あらかじめ言っとくけど、GHQがそこまで日本に配慮したのは日本の
反撃能力を甘く見てなかったからだ
大体、首都も軍事占領出来ず、首魁の首も取れなくて完全勝利はない
無条件降伏はある意味形づくりの意味もあった
アメリカは予算的にもいっぱいいっぱいだったんだよ
あれ以上長引いて人的損害が拡大していれば政権も危うかったようだ

それはともあれ、GHQもやれる汚い手段は普通に利用したはず

で、何だって?

864 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 00:48:50.88 ID:MXl/oKxA0
>>839
なんか震災地に陛下がお見舞いされた時も、胡座かいてる人がいたとか
まあまあ、天皇の権威が落ちたことなんて過去に何度もあるから気にしないで大丈夫
俺らが壮大で神聖な神輿に乗せて差し上げる、前を横切ろうものがいたなら蹴り飛ばしてやりますわ

ある程度の成果が得られたら、そっと静かに奉納する
ピンチの時の神頼み、平和なときはのんびりお茶をすすって外交と祭祀だけやって幸せに暮らしてもらえばいい
天皇の最高の国事こそが国家の危機に国をまとめること

865 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 00:53:22.18 ID:2RFkVrLI0
中国人臭いスレになりました

866 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 00:59:54.14 ID:MXl/oKxA0
>>862
えー
こういうのに運命感じちゃうセンシティブなのが日本人じゃんかよ
儒教で言うとなんだっけ、まあいいや
日本を救った神話の一つとして語り継ぐつもりだよ俺は、悠仁さまを
その後日本は繁栄しましたとさってオチつけて

867 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 01:01:22.69 ID:doMpAg0W0
>>864
戦時中、軍人を含む公務員の皆さんは天皇陛下を「天ちゃん」
と呼んでいたらしい

これは、陛下に対する敬愛の証だったのか、あるいは、普通に
天皇を舐めていただけなのか、、、

悩んじゃうなあ、俺

www

868 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 01:10:29.40 ID:EO/MdqgS0
>>824
うん?
なんで私がそれを語らねばならないの?

押しつけだろうが、押しつけでなかろうがまったくそれに興味はないし
どっちにせよ大日本帝国憲法にもどせとか話にならないとおもっているのだが。


869 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 01:15:09.71 ID:MXl/oKxA0
>>867
なんかそれなりにそう呼ぶ輩いたらしいな
ある意味いいエピソードじゃん、あれだけ皇道派がのさばってるイメージある中で
親しみ湧きすぎて友だちみたいに「ちゃん」呼ばわりしちゃうってのも

イエスちゃん、ヤハウェたんとか呼ぶ欧米人なんかそうそういないぞ
戦国武将だろうが国家だろうが概念だろうが萌え女体化しちゃうようなアホな日本文化の一面として今も残っている

870 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 01:17:51.58 ID:plf2nVfC0
>>867反吐が出るわクズ野郎

871 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 01:19:25.59 ID:Bo1SIwuI0
>>1

国民から主権を取り上げるとは。何考えてるの?

872 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 01:32:35.46 ID:Bo1SIwuI0
>>1
「現行憲法は、帝国議会の議決のみで成立し、制憲権を持つ国民の投票を
得ていないから、正当性の淵源を得ていない」

これ俺の持論なんだけど、誰か反論して。

873 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 01:38:23.39 ID:doMpAg0W0
>>869
当然、一般国民もそう呼んで問題なかったんですよね?

>>870
>反吐が出るわクズ野郎

なんで怒ってんの?
戦時中の天皇陛下への呼び方に疑問感じただけなのに、、、

アタマ湧いてんの?

874 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 01:43:58.55 ID:AGT15Jn2P
とりあえず日本の教科書から南京大虐殺と従軍慰安婦を消して通州事件と
黄河決壊事件を入れろ。
左翼カルトに付き合う時代はもう終わり。

875 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 01:51:48.18 ID:doMpAg0W0
>>874
>とりあえず日本の教科書から南京大虐殺と従軍慰安婦を消して通州事件と
>黄河決壊事件を入れろ。

教科書に南京大虐殺と従軍慰安婦書いてるとはびっくりです
通州事件も黄河決壊事件もあり得ない
それが中国人の本性でしょうね

前者はハニトラ派官僚かパチンコマネー派官僚のしわざでしょうかねえ

876 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 02:36:18.31 ID:doMpAg0W0
http://uproda.2ch-library.com/lib586056.htm.shtml

877 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 02:51:54.26 ID:OcR+4gG10
>>872
ある意味正しいんじゃない?
ただしその場合、大日本帝国憲法の正当性も吹っ飛ぶが。

878 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 03:04:43.47 ID:OaZIDTpU0
先へ進めない低能と
頭カラッポの天皇儲どもが
涌いてるスレか

879 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 03:23:02.59 ID:txXKeiPN0
>>872
まず、正当性なんか関係ないです
大事なのは正当性ではなく
国民にとってどちらがベターかと言う事だけです。

次に正当性ですが日本と言う国は色んな文化が大陸から流れてきます
そして良い物はそのまま取り入れ、良い物だけどそのまま取り入れては問題が生じる物は
合うように加工して取り入れ、下らない物は取り入れずに廃棄してきました
つまり、この取捨選択こそが日本の国体であり、古来からの正当性なのです。

で、どちらがよりベターかと言う話にもどり
国民にとってベターな方は基本的人権が謡ってあり、徴兵が出来ないようになってる
GHQ憲法の方がベターだと思います。

880 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 06:05:00.13 ID:uYN0YCXR0
>>872
日本国憲法は、全国民の代表たる国会議員と投票権を有する国民との協働によって、
いつでも改正できるのだから、その存続は国民の意思にかかっていると言えるし、
その正当性の淵源も国民にあると解してよいでしょう。

881 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 07:00:53.52 ID:90fa1Ry60
>制憲権

なんですかこれは?
民主主義かもわからないのに勝手に権利作って
左翼かよ

882 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 07:12:18.98 ID:7Z+3K5fu0
>>854
このスレッドの前の方で、NHKで見た、自分はネットでみた、ググれば?
とレスしてる人がいたが、ググッてもなかなか出てこない。

結局、NHKの放送のが出てきたが、

NHKスペシャル 日本国憲法誕生 2007年4月29日放送

 上記NHK番組75分 の内容をメモしたものです。

ttp://demokurashi.news.coocan.jp/07kenpou.htm

>「マッカーサー元帥は、天皇制に対する連合国の批判に耐えきれないかもしれない。草案の基本原則を受け入れれば、天皇の身は安泰になる。逆に拒否すれば、元帥は国民に公表して国民投票にかけることを決断した。」

何をもとにしての放送かはわからないけど、これをそのまま受け取ったとして、
 >マッカーサー元帥は、天皇制に対する連合国の批判に耐えきれないかもしれない。草案の基本原則を受け入れれば、天皇の身は安泰になる

思いっきり人質とって押し付けてるんですけど。。

 河上って人、大丈夫か?

883 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 07:30:07.44 ID:7Z+3K5fu0
>>854
ちなみにウィキwで申し訳ないけど
押し付け憲法論
http://ja.wikipedia.org/wiki/押し付け憲法論
にある程度まとまってるが、
河上って人のような考え(国民投票を政府がうんぬん、、ゆえに押し付けでない)は、ないなぁ

884 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 08:49:44.03 ID:AcWOHG+30
>>852
>「実は『公務員』じゃない」って言われるかもしれないけど・・・w
そうなんだよね。
俺は国家公務員や地方公務員がなぜ「公務員」と名乗れるのか
不思議で仕方がない。また「公務員法」で身分保障されてるのも
憲法の法の下の平等に反すると思う。
公務員ではなく行政事務員とか名前はいくらでもある。
そしてその職業につく資格や免許は当然残すべきだが、
これは自動車運転免許みたいなものでそれで身分が決まるわけではない。
例えば年金なんかも厚生年金と共済年金に分ける必要はない。

885 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 08:51:49.24 ID:Q2Ouo2rG0
>>562

◆保守論客が、決・し・て・口・に・し・な・い、日本国憲法生みの親の素顔
「治安維持法逮捕者 第一号」が、「国体」を変革したのが面白くないらしい。

◆鈴木安蔵  日本国憲法の間接的起草者。
http://tamutamu2011.kuronowish.com/suzukiyasuzou.htm

 憲法研究会の役割については、『憲法制定前後』(鈴木安蔵著、青木現代叢書)、
『新憲法の誕生』(古関彰一著、中公叢書)などに詳述されているが、古関独協大
学法学部教授はこの中で「憲法研究会案とは、自由民権期の憲法思想が、半世紀に
わたる弾圧と苦闘のあとで、高野と鈴木の2人の歴史の継承者を通じて復権を果た
したことを意味する」と記している。

 また、1958(昭和33)年に憲法制定過程を調査するため、渡米した衆議院
の憲法調査会高田富之委員(日本社会党)に対してラウエルは、「1945年12
月中ごろ、日本の私的なグループの間で作られた憲法改正案がGHQに提出された。
これを英訳して私がコメントを書いた。GHQ民政局側は、この案からヒントを受
けた」と証言している(高柳賢三、大友一郎、田中英夫編著『日本国憲法制定の過
程I・II−有斐閣 1972年』=松山大学図書館蔵書)。

----------
日本国憲法の誕生 (国会図書館)
http://www.ndl.go.jp/constitution/gaisetsu/00gaisetsu.html



886 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 08:53:17.74 ID:VUl+SHwo0
>>863
逆だ逆w
当時の米軍はまだ原爆落とす気だったんだよw
日本が降伏しちゃったから使えなかったんだよ…
実戦での使用例を作って威力等のサンプリングをまだやりたがってたんだって

だ、だいじょうぶなのか・・?ウソツキばっかりじゃないかこのスレ・・・
日本の将来が不安になるぱっぱらパーだらけだな・・・・・

887 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 09:02:53.78 ID:MbkXz+7F0
>「我々臣民としては、国民主権という傲慢(ごうまん)な思想を直ちに放棄」して、


ワラタww



888 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 09:04:24.95 ID:E8XJSCP50
大日本帝國復活?
おいらワクワクしてきたぞ!

889 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 09:11:01.47 ID:AcWOHG+30
>>872
>「現行憲法は、帝国議会の議決のみで成立し、制憲権を持つ国民の投票を
>得ていないから、正当性の淵源を得ていない」
現行憲法公布の詔勅にあるとおり、現行憲法は帝国憲法の改正として
成立しているから、国民投票の必要はない。
現行憲法を改正する時から国民投票が必要になる。
帝国憲法は欽定憲法だから天皇の憲法だね。
現行憲法は国民憲法となった。
いわば戦前の昭和天皇の自殺行為によって現行憲法が誕生したと言える。


890 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 09:16:52.66 ID:Z7K7ABUC0
>>889
> 現行憲法は国民憲法となった。

国民投票を経ていないのに国民憲法(民定憲法)?

891 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 09:17:23.41 ID:E8XJSCP50
って言うか維新かよ

話変わるけどチョンって大日本帝國好きだよな
朝鮮玉入れ屋でも軍艦マーチ流しまくってたし

892 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 09:17:47.32 ID:AcWOHG+30
明治維新の元老たちは天皇を「玉」と呼んでなかったか?
幕府をやっつける大砲の玉でありキンタマでもある。

893 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 09:18:59.29 ID:7Z+3K5fu0
>>854
機械翻訳の力を借りつつw、何とか原文をあたってみた

I cannot emphasize too strongly (書き込みできないと叱られたので 中略)  and any form of Constitution which does not embody these principles.

ここかな。
確かに国民投票で選ばす らしきものはあったけど、それの河上って人の解釈は全然間違ってるよな。
結局GHQ草案を呑まないと天皇の保証はなく、もし国民投票でもやって、GHQ草案でなくまかり間違って松本案が選ばれれでもすれば大変なことになるわけで。

NHKの放送にも、>2月22日幣原首相は、天皇制を守るために草案を受け入れるを決断
とある。

 そこをどこをどうしたら、押し付けでないとか、さらには当時の政府は後で押し付けだと主張するために云々という解釈になるんだろう。

894 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 09:20:48.03 ID:UNxSl4vmO
>>884
あ〜ナルホロ。 それ一理あるかも、なんか言いたいことわかるわ

895 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 09:24:03.57 ID:AcWOHG+30
国民憲法を制定するのに国民投票をするなんて規定はない。
国民憲法を改正するには国民投票が必要だ。
現行憲法は昭和天皇の朕が愛する臣民に対する最大の贈り物
だと心得よ。
国民は現行憲法施行によって生まれた。
明治憲法に国民はない。

896 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 09:34:35.15 ID:txXKeiPN0
帝国憲法にしろ
GHQ憲法にしろ
庶民とは何の関係もない支配層が勝手に決めた物なので。
当たり前だが国民の主権など入ってない
ただGHQ憲法はアメ公が、日本の支配層を縛るために適当に作ってしまった物なので
偶々日本の庶民にとって都合が良い物が出来てしまった。
今、これを元の帝国に戻すにしろ作り直すにしろ
それは又、支配層によって作られるので支配層に都合の良い物しか作られない
なので、こんな物は弄らせるべきではない。

897 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 09:36:17.63 ID:FGGxlcxQ0
孝明天皇は殺された
http://forkn.jp/book/3006/page/2
明治維新=天皇すり替え
http://www.mkmogura.com/blog/tag/%E5%AD%9D%E6%98%8E%E5%A4%A9%E7%9A%87

太田龍が語る天皇の陰謀
http://www.youtube.com/watch?v=gBcJdqHbp9A&feature=relmfu
明治天皇すりかえ
http://www.youtube.com/watch?v=qZve5N-_doI
歴史観を変えなければいけない。明治憲法に天皇不可侵を盛り込んだ伊藤博文の
意図がわかる。「韓日友好」を叫ぶ右翼の説明がつく。あやつられた日本 
明治維新から西洋の操り人形が権力の中枢に居るのだ。


898 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 09:44:33.10 ID:Z7K7ABUC0
>>896は少なくとも日本は独立国でいるよりも
アメ公の植民地であった方がずっとマシと考える訳か

899 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 09:44:45.21 ID:2EdLaKmt0
大正天皇とその兄弟の病弱っぷりからして遺伝的なものだろう
つまり系統は保たれている可能性が高い

900 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 09:50:37.74 ID:txXKeiPN0
>>898
殖民地になってるのは憲法のせいではなく
アメリカに隷属することで特権をもらってる輩のせいだよ
そいつらを国民の手で排斥すれば脱却できる
憲法の方はむしろ変えない事のほうがアメリカへの抵抗だ
アメリカはイラン戦争のために日本に9条を破棄させたいのだから

901 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 09:51:47.18 ID:FGGxlcxQ0
http://forkn.jp/book/3006/page/2
それでは本当にすり替えられてしまっているのか。睦仁親王と明治天皇は、使用前使用後のごとく
立ち居振る舞い、見た目がことなっているという証言がある。
睦仁親王は天然痘にかかったことがあったが、明治天皇にはその痕跡はない。
睦仁親王は女官に囲まれて大切に育てられたためか弱々しい性格だったようだ。13歳だった
1864年7月の「禁門の変」のときは、砲声と女官たちの悲鳴に驚いて失神してしまった。ところが、
明治天皇は馬を乗りこなし馬上から近衛兵を閲兵し、大声で号令をかけるなど、堂々としたものだった。
もちろん睦仁親王が乗馬をした記録は残っていない。
また、睦仁親王は性格だけでなく肉体的にも虚弱体質であり、毎年のように風邪をこじらせていた。
十代半ばの思春期となっても女官たちと一緒に遊技に興じていたという。一方、明治天皇は
体重24貫の巨?。側近と相撲をすれば、投げ飛ばすほどの馬力を誇った。
睦仁親王は16歳となっても書は下手だったが、明治天皇は達筆。
このように、16歳の睦仁親王と明治天皇の間には、明らかに断絶があるようだ。
父の孝明天皇同様に暗殺されてしまったと考えるのが自然だろう。



902 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 09:53:02.51 ID:FGGxlcxQ0
もちろん、明らかなすり替えがあるわけではなく、暗殺の確かな証拠が残っているわけではない。
だが、孝明天皇暗殺よりも濃厚な疑惑が漂うのである。
その一つが、明治天皇の正妻「昭憲皇太后」だ。この表現を見て、「あれ?」と思わないか。
通常、天皇の后妃であれば、本来は「昭憲皇后」となるべきところだ。皇太后は天皇の母や
先帝の后妃に付けられる。しかも、明治天皇と昭憲皇太后の間には1人も子どもが生まれていない。
それだけではない。会った形跡すら残されていないのだ。
しかし、これも睦仁親王と明治天皇が別人なら納得できる。すり替えが事実なら、睦仁親王は
先帝となり、昭憲皇太后は睦仁親王の后妃だ。だから、明治天皇にとっては皇太后となる。
暗殺犯=維新の重鎮は、昭憲皇太后にはよくよく言いくるめ、沈黙の人生を送らせた。

903 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 09:54:06.98 ID:FGGxlcxQ0
そして、もう一つ。明治天皇は本来、北朝の天皇のはずである。ところが、明治期、南朝の見直しが進み、
南朝正統説が政府の見解とされた。足利尊氏は後醍醐天皇を裏切った逆賊となった。
北朝であるはずの明治天皇の統治下において、著しく不可解な出来事である。大正15年に発令された
皇統譜令では、正式に南朝の正統を政府が認め、南北朝時代の光厳天皇から後円融天皇までを
皇統系譜から外してしまったほどだ。



904 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 09:55:19.69 ID:E8XJSCP50
>>898
そうだな
支那チョンに汚染された国会、中央省庁、超円高でも何もしない日銀と円いらねーから日本州にしてもらって通貨もドルでいい

905 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 09:56:22.01 ID:FGGxlcxQ0
 後の章で検討するが、日本は第2次世界大戦前は英国、戦後は米国の属国であった。
とくに1985年のプラザ合意以降はバブル演出&崩壊、対日年次改革要望書の丸呑み、
そして今度のTPP参加強要による永久属国化と、米国の意図するがままに従ってきた。
その姿はまるで同前だが、こうした体たらくの根本的な原因は明治天皇のすり替え隠蔽に
あるのではないかと考えている。これは謀略中毒症の米国にとってみれば、絶好の脅しネタである。
ジャーナリストの鬼塚英昭氏は『瀬島龍三と宅見勝「てんのうはん」の守り人』において、
大室寅之介の出身地である田布施周辺出身の有力者やその秘密を握り守っていく集団による
統治体制を“田布施システム”と呼び、解明している。いま日本政府に求められるのは、
明治天皇すり替えの事実を天下に公表してしまうことだろう。そこに突破口がある。

906 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 09:56:59.13 ID:Z7K7ABUC0
>>900
> 憲法の方はむしろ変えない事のほうがアメリカへの抵抗だ
> アメリカはイラン戦争のために日本に9条を破棄させたいのだから

そのツケの代償としての今日の対米阿諛追従体質では?

907 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 10:00:58.33 ID:txXKeiPN0
>>906
違うよ
だから、対米追従をやることで既得権を与えられてる連中がやってると言う事だよ

908 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 10:03:08.64 ID:2EdLaKmt0
負け武将の楠木とか真田をリスペクトし始めたのも明治から
おかしな話をし始めたら警戒ですな

909 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 10:04:04.47 ID:w5eu5VdVO
>>897
それが本当なのかどうかは別としても、
明治維新の新政権が、プロイセン憲法を参考にしたりした面などを考えると、
かなり基本的な部分に問題があったわけだよな。
基本や出発点に問題が有りすぎたから、
第二次世界大戦での敗北に繋がったとも考えられる。
後は、明治途中からの官僚制度も問題だな。

それでも、徳川幕府の武士道精神は残っていたから、
戦後よりも良い面もあった。

910 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 10:14:02.48 ID:w5eu5VdVO
>>908
基本的に勝った方の足利幕府を下げに下げたのが、
明治維新の勤皇の志士等とかだからな。
南朝の統治能力は、はっきり言えば無能に近かった。
そのあたりの歴史的解釈も、明治以降は変になってしまったわけだ。

911 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 10:15:53.54 ID:JyKNsdos0
てかそもそも現憲法を無効と判断する機関が存在しねーじゃん
最高裁が憲法自身の違憲性なんか判断できないし(論理矛盾)、
明治憲法に戻すんなら戻すで現憲法の規定に基づき改憲の手続きを踏むしかない
どうしても現憲法を無効としたいなら、武力をもって革命を起こすくらいしか方法がない
それじゃただの革命家の基地外じゃん

912 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 10:17:32.63 ID:ojwaTeQS0
國栖っていうところのクズどもが京都に集まってきた田舎者どもを
洗脳したのだよ。

913 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 10:18:54.36 ID:RDT0xKRr0
>>897

それってもう昔から知られてますよ
横浜弁護士会から追放された鹿島昇という自称研究家が元ネタですよ
他にもトンデモ本があって
「秦の始皇帝はバクトリアの王だった」
「戦国時代の斉の王の家系は、マケドニア王の家系と一致する」
も彼の書いたものです
従軍慰安婦ネタみたいなものですよ


914 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 10:31:41.63 ID:FGGxlcxQ0
>>913
歴史の裏側はけっこうトンデモだよ
だからそれを暴いた人は必ずキチガイ扱いされる
反論するなら理論的なものを頼む
あまりにもおかしな点がありすぎるんだよ明治天皇は

915 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 10:36:23.73 ID:FGGxlcxQ0
>>913
あと、鹿島昇は元ネタではなく、
大室近祐が主張してたことを鹿島がまとめただけな

916 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 10:38:53.21 ID:w5eu5VdVO
イメージ的に考えても、
江戸時代の孝明天皇と、
明治維新で東京に移り住んで来た以降の明治天皇とで、
かなりの隔たりを感じるのが普通の感想だよね?

917 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 10:59:10.86 ID:AcWOHG+30
>>916
江戸時代の天皇の実像なって公家のうちの知る人ぞ知るくらいの
存在で庶民の眼には触れなかっただろう。
そのために明治天皇は全国行脚して国民に存在を広める必要があった。

918 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 11:27:36.86 ID:RDT0xKRr0
>>914

いやいや、反論も何も裏づけとなるまともな資料が鹿島昇には無いのだよ
そして、彼自身天皇家の近くに居た人物でもなければ、それを知りえる
いかなる身分でもなかった捏造と妄想に基づいているとしか言いようが無い
一方、現在でさえ天皇の周囲には常時千人はいるわけだ
そのような人たちが当時何も知らなかったとはあまりにも考えられないな
どう見ても疑わしいのは鹿島昇のほうだと思うぞ
なんで横浜弁護士会を追放されたんだっけ?
その後に素人歴史研究を始めるわけだけどね




919 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 11:51:05.00 ID:RDT0xKRr0
>>1

このやり口は、やかましい街宣車のチョン右翼に重なる

920 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 12:56:41.59 ID:b8JY46Ck0
大日本帝国復活賛成。反対してるのはGHQの申し子だわ。日本から出て行け。

921 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 13:02:15.35 ID:RhlTQezr0
なんかもう、単なるウヨクじゃんw

922 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 13:14:06.74 ID:Z7K7ABUC0
>>920
> GHQの申し子

少なくとも>>1-2に対して感情論で以て反撥している輩は然うだと思う。理ではなく情による叫喚。
その中でも護憲サヨク勢力を非難して来た連中は、今となっては自分達こそが
その護憲サヨク勢力と同じ立ち位置に居る、同じ穴の狢であった事を自覚すべきだよね。

923 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 13:18:08.56 ID:doMpAg0W0
>>893
キーワードを新憲法、押し付けでちょっとググってみた

http://www.ishihara-hirotaka.com/sp2/05.html
定評ある憲法の教科書は、現行憲法が『押し付けでない』ことを示す根拠として、
『完全な普通選挙により憲法改正案を審議するための特別議会が国民によって
直接選挙され、審議の自由に対する法的な拘束のない状況の下で草案が審議
され可決されたこと』を挙げています(*10)。

何すか、これ?
松本と吉田がGHQの方針でホイットニーから国民投票での決着を
提示された事は知ってたけど、俺は、GHQ案を受託した以上そのまま
公布されたものだと思ってた
そのくらい、政治も社会も混乱し切ってたと

ちゃんと国会で審議され、可決される過程を踏んでんじゃねえかw
そうなると、当然、旧体制派の松本案だって国会で審議可能だったはず
議員個人で提出出来たなら吉田が、そうでないなら特定議員グループ
あるいは特定政党提出で

しかし、国会審議に掛けられたのはGHQ案だけなんだろ?
いずれにせよ、可決されたのがGHQ案であったのが事実

つまり、どうあがいてもGHQ案は押し付け憲法ではありません

924 :923:2012/10/08(月) 13:30:16.32 ID:doMpAg0W0
>>923の補足
審議したのは帝国議会だったろうが、新しい議会は新憲法により
誕生したのだから、新憲法自体を新議会で成立させるのは物理的
に不可能

当時許されていた可能性ある手順を踏まえて成立させなければ
新憲法の誕生自体あり得ず、これは、国の存亡をかけた戦争に
敗北した直後という異常事態の中だからこそ可能となった緊急
避難措置ともいえる

手続とは、それが可能な状況で初めて有意に機能するものだ
いずれにせよ、国民が認めた憲法なので、今の憲法は押し付け
どころじゃありません

925 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 13:32:16.33 ID:NgXSVlZT0
敗戦後の自由党等保守系は、宗主国に従順な、GHQの推奨御用政党でしかない。
左翼系と言えども、存在を排除されなかった事は、GHQの黙認御用政党だった事は、揺るがせない。
GHQの意に反する、敗戦までの、日本独自の伝統・文化を主張した有能な人材は、尽く、失脚させられた。



926 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 13:44:17.87 ID:N9+pzjmk0
大日本帝国憲法時代は、
地方議会とかはある段階からは、
設置されたんだろうと思うが、
明治時代は、ほとんどが中央政府からの派遣の県知事とか、
その下部組織としての地方議会とかがあったのでは?
西南戦争あたりまでは、
地方は、旧徳川幕藩体制の当主さまとかが、
実力を持っていたのであろうし、
東京都ができたのは、
第2次世界大戦中の、1943年ということになっているようだ。
つまり、都議会というのも、
その歴史の大半が、日本国憲法時代になっているはずだ。
都議会議員が、
日本国憲法を否定して、
明治時代の憲法に戻った場合は、
都議会は、ある意味消滅して中央政府からの役人が、
東京市や東京府を治めることになるのではないだろうか?

927 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 13:46:25.56 ID:Z7K7ABUC0
>>926
>>16

928 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 13:47:24.42 ID:ZJ3nlzV6O
太日本帝国万歳!
犬畜生の支那・朝鮮の姦族どもを成敗しる!
太東亜共栄圏万歳!
五族共和(除く漢人・鮮人)
八紘一宇
天気晴天ナレドモ浪タカシ!

929 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 13:49:54.24 ID:mcyeQ7hyO
>>1
街宣右翼と一緒の在日クオリティw
陛下を下司な政争の場に巻き込むことは誰も望んでいない
山縣や伊藤らが陛下の権威を悪用し過ぎたから、
危うく陛下が東京裁判にかけられそうになった悪夢を繰り返すな

930 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 13:50:47.58 ID:doMpAg0W0
>>925
戦争というのは究極の権力闘争でもある

その権力闘争に負けて、守旧派は退場を余儀なくされたわけだ
文句があるなら、今度は国民相手に究極の権力闘争やってみては?

日本国民は基本的に聡明な国民だと思う
だから、戦後の復興からGDP世界2位の大国にまでのし上がったんだろう
あの戦争も、今の北チョンよろしく極度に制約され限られた情報の範囲
で最適な行動を導き出し、命を捨てて戦ったと思う

今度も、日本人はアクセス可能な情報を全て取得し最善の行動を取ります
もちろん、必要とあらば命を捨てて

どうしても我儘を通したいなら、同じ覚悟を求めたいと思う

931 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 13:53:04.51 ID:N9+pzjmk0
>>327
ご皇室とか、皇室万歳(ある意味慢性)の人たちの理論だね?

932 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 13:56:22.66 ID:N9+pzjmk0
>>927
ご皇室とか、皇室万歳(ある意味慢性)の人たちの理論だね?

933 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 14:00:56.95 ID:8yEC9aFU0
いきなり多くの人を集めようとすると工作員を始めたくさん頭のおかしいのが集まってくるからな

934 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 15:04:16.25 ID:AGT15Jn2P
日本の明治維新からの近代化への時代は世界の革命のお手本とされた。
しかしなかなかあとに続ける国はなかった。清も朝鮮も失敗した。

935 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 16:00:37.55 ID:IVIm2C0D0
>>934
ロシアとか、西欧のマルクス主義思想で、
革命になってしまったからね。

936 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 16:35:28.79 ID:iXZdstjo0


バカまるだし。




937 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 16:37:06.81 ID:6JQEhrzB0
本気で考えている人たちがいるらしいね?
それも大学の先生とかで?

938 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 16:38:25.85 ID:W1TBP3gT0
あれも修正が必要な欠陥憲法だろう。
お花畑も要らんが変な懐古主義者も要らん。

939 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 16:43:22.51 ID:3eUjWXvi0
奴隷憲法よりはましだな。

940 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 16:49:26.68 ID:7Z+3K5fu0
>>923
>松本と吉田がGHQの方針でホイットニーから国民投票での決着を
提示された事は知ってたけど、俺は、GHQ案を受託した以上そのまま
公布されたものだと思ってた

なーんだ。俺も素人でよくは知らないけど、それ以上にあなたが憲法制定過程を知らないのがよくわかった。

帝国議会にかけられてたので有効というならそういう説もありえるし、(ウィキの「押し付け憲法」のなかにも簡単にまとめられてる)
それはそれで別の話で、俺はそういうことは言ってない。
国民投票を避けて、押し付け憲法という逃げ道を云々、という歴史的事実がどうなのかという話だったわけで、
俺はホイットニーの言葉の中に投票にかけるくだりがあったことを知らなかったけど、そこだけふくらませて有効論を展開するのを、「あれ?」っと思って気になったわけだ。
コテとかつけてないから、誰が誰のレスかわかりにくいけど。
押し付け憲法かどうかの論議と、ホイットニーの言葉に投票にかけるがあったがそれを政府がしなかったから押し付けでないという『河上論』は別。
ホイットニーの片言隻句をいろいろふくらませての憲法有効説はやっぱり彼独自の理論のようだw

ちなみに、帝国議会にかけられてたのは百も承知で、それでも世の中には押し付け憲法論があるわけで、興味があるならいろいろ勉強してください。
 ちなみにお勧めの書籍は「日本永久占領」でこれは面白いよ。(絶版だけどね。1300円の文庫本に5000円の値がついてるな。せめてアマゾンのレビューでも読んでやってくれw)
帝国議会にかけられてるらから有効じゃん、とか、河上論とか恥ずかしくなると思うよ。法理論に行く前にまず歴史的事実を確認しようよ。
まー、俺はもうあなたを相手にしないけどw





941 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 16:56:05.71 ID:7Z+3K5fu0
>法理論に行く前にまず歴史的事実を確認しようよ。

歴史を口にして有効論を振りかざすなら、まずちゃんと歴史的事実を確認ということね。

942 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 17:06:35.53 ID:FGGxlcxQ0

戦争好きな昭和天皇
http://hc6.seikyou.ne.jp/home/okisennokioku-bunkan/okinawasendetakan/syouwatennou.htm


943 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 17:22:56.55 ID:doMpAg0W0
>>940
>>941
どうも、ばかな公務員は戦争に負けたのに自分らの組織が解体されなかった
事実をもって、
「負けてない」「占領軍も俺達には手を出せなかった」「実質勝利だ、バンザイ!!」
とか思おうとしてるらしいなあw

そういえば、似たような思考回路の民族を俺は知ってるよ?
ほらあ、日本近くの某半島に生息してるあの基地外民族よw

占領軍は日本の公務員の実務能力だけはある程度使えそうだと見て、
便利に使い回しただけなのにw
ホント、公務員の思考回路って便利だわ
何があっても敗北知らずの斜め上思考w

ずっとそうやって脳内御花畑で生きててね?お幸せに!!w

944 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 18:07:42.97 ID:6JQEhrzB0
>>943
軍隊とか旧陸軍の士官学校や海軍兵学校などが、
戦争に負けたせいで組織が解体されたけど、
内務省をのぞいた各官公庁が解体されなかったんだよね。

945 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 18:23:36.41 ID:AcWOHG+30
同じ第二次世界大戦の敗戦国である枢軸国のドイツの占領状態と
日本の占領状態は明らかに違うだろう。

946 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 18:26:54.82 ID:DBT2ck5ZO
「改正草案が出来るまでの過程をみると、わが方にとっては、実際上、外国との条約締結の交渉と相似たものがあった。
というよりむしろ、条約交渉の場合よりも一層”渉外的”ですらあったともいえよう。
ところで、この交渉における双方の立場であるが、一言でいうならば、日本政府の方は、言わば消極的であり、漸進主義であったのに対し、
総司令部の方は、積極的であり、拔本的急進的であったわけだ。」
(吉田茂『回想十年』第二卷)



947 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 18:26:55.92 ID:WJbGuf4AO
維新は安部の邪魔するな!バカ!

948 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 18:29:59.37 ID:SlRLC5Rn0

10月4日に韓国大統領所属の
「対日抗争期の強制動員の被害調査および国外強制動員犠牲者などに対する支援委員会」は、
戦時中に端島炭鉱へ朝鮮人が強制連行された
とする政府報告書を公開しました

軍艦島を「監獄島」と呼んでいるのは
朝鮮人だけです

軍艦島こと端島の画像あり

日本政府は韓国の嘘に抗議しろ

http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/37099069.html




949 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 18:32:06.74 ID:PeU7xaxp0
他人に対しては国粋保守民族主義を振り回すが
自分が絡むことになるとリベラル的権利を主張するのがネトウヨ

950 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 18:37:36.21 ID:7Z+3K5fu0
>>944
公職追放で戦前の骨のある職業政治家はぼろぼろになった一方、戦前の官僚機構は、内務省等一部を別にして、残された。
また、吉田のような官僚政治家も残った。
憲法改正もままならない、戦後政治のゆがみが始まる。
 ただ、、  943はそんなレベルの公務員批判ではないと思う・・・w

 

951 :セイロン葉 ◆KtKsDuZC0Q :2012/10/08(月) 18:45:04.67 ID:sroBMSIAO
>>949
> 他人に対しては国粋保守民族主義を振り回すが
>自分が絡むことになるとリベラル的権利を主張するのがネトウヨ


悔しいけど的を射てるんだよなあ。
そもそもがネトウヨ(が実在するとして)は既得権益抱えた奴らにしか無理。
これ、もちろんニートもな。
だって貧乏人はネットにしがみつけないし。(笑)


北朝鮮や中国にあれだけ強硬姿勢を示し、日経連と反目した小泉内閣でさえ(→既得権益層を崩壊させる)新自由主義を掲げた時点で売国政権呼ばわり。

消費税増税に賛同しながら野田を否定しちゃう奴ら達。
経団連は嫌いだけど原発を否定しない奴ら達。

カオスだな。

952 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 18:45:09.95 ID:Z7K7ABUC0
>>946
> 「改正草案が出来るまでの過程をみると、わが方にとっては、実際上、外国との条約締結の交渉と相似たものがあった。

日本国憲法は講和条約である!
http://www.youtube.com/watch?v=Xb1HjAgqpLM&list=PL550811F81FA30B82

953 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 18:55:24.62 ID:bXmetWbTP
>>856
まーた南出キムチにかぶれたバカが、ホラ話を信じて吹聴して回ってるよww

君は騙されやすいようだから、マルチ商法とか新興宗教に引っかからないように気をつけた方がいいw

954 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 18:56:38.89 ID:pouGAclY0
大日本帝国憲法になれば
陸海空の帝国3軍は、内閣、議会の足枷から完全に外れる
天皇陛下の勅旨があれば即戦時に突入できるぜ

大元帥だとか、元老 重臣制度、枢密院が戦争を決断すれば
天皇陛下の勅旨は降りる、議会がどうこういう立場にない

これで尖閣問題、竹島、北方領土問題は一気に解決だな

955 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 19:00:12.46 ID:XVvx975X0
>>951
ネトウヨが政治的発言をするときは、脳内で自分が軍の高官や社会の上層部
にいるかのような錯覚に陥っている。
経済的発言をするときは社会の底辺としての気分で語ってる。
あまり関係ないけど、ネトウヨはポリティカルコンパスをすると大概「保守左派」だよねw

956 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 19:01:56.76 ID:hKjUdht20
だな


957 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 19:03:21.22 ID:Px/pIaVt0
>>537

国旗、国歌を殊更に学校で扱う国自体が
東アジアと米国程度だけどね・・・。

中国とか北朝鮮、韓国ぐらいじゃね?貴方の理想とする国家って・・。
アホらし過ぎ。

958 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 19:03:45.54 ID:NdyZAlRC0
ネットウヨって親方日の丸的な自立しきれない個人なんだろう。
リベラル右派の俺から見ると頑迷でかつ寄らば大樹の
甘ったれにしかみえない。
ネトウヨにはニートが多いってのも何となく背景が見えてくる。

959 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 19:05:04.59 ID:hKjUdht20
>>938
い、いや、「大日本帝国憲法復活希望」もかなりお花畑だよ…
何の根拠もなく全ての権利を駆使できる特権階級になれると信じてるし

960 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 19:07:26.22 ID:HV6SNjzs0
日本国憲法があっても、人権擁護法案みたいな
キチガイ悪法が、でてきそうになるぐらいだからな。
正味、帝国憲法でも変わらんと思うわ。
治安維持法みたいな、悪法ができたとはいえな。

961 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 19:26:23.09 ID:KePFnq080
頭がおかしい

962 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 19:27:47.74 ID:OcR+4gG10
>>960
人権擁護法が「でてきそう」で済んでいる(阻止されている)のは、
まがりなりにも日本国憲法が機能しているからだと思うが。
持ってる武器(憲法)がいまいち頼りにならないからって、捨てて丸腰になればもっと悲惨なことになるだけだわな。

963 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 19:32:56.13 ID:6JQEhrzB0
>>955
>ネトウヨが政治的発言をするときは、
>脳内で自分が軍の高官や
>社会の上層部にいるかのような錯覚に陥っている。

これは、ネットの右翼の人だけじゃなくて、
いわゆる普通の右翼的な人にも多く見られてきたよ。

>経済的発言をするときは社会の底辺としての気分で語ってる。

実際に経済的には、
現実の右翼の人の中には、
貧困下層底辺階層の人も存在していたからね。

このあたり、脳内の政府高官や、
軍部の高官(大佐や中佐や少佐や大尉や中尉や士官候補生などなど)
社会の上層部つまり財閥や華族や貴族的な地位などに、
なっているような感じなんだよね。

964 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 19:44:43.34 ID:sUKmkaUZ0
いくら何でも古すぎだろw

【奈良】奈良市市長に聖徳太子作「十七条の憲法」復活請願が受理される
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/river/1343861550/l50

965 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 19:49:38.98 ID:xfAW9Ajs0
>>964
関西圏もがんばっているな。
東京が明治憲法なら、
関西は、聖徳太子か?
『聖徳太子!知ってる?』

966 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 19:50:43.05 ID:FGGxlcxQ0
>>957
>国旗、国歌を殊更に学校で扱う国自体が
>東アジアと米国程度だけどね・・・。

すぐばれるようなウソをこくなよ・・・

967 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 19:52:46.43 ID:jzETKIcm0
とりあえずカール・シュミットを読んでみよう。

 現行憲法の廃棄のみはありえない話なので、憲法を新たに作るとすれば国体の変革しかないのでは?
 そうすると、現行憲法下でいかにして行うのかね、これ。合法的にできるものではなさそうだし。

968 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 19:53:41.84 ID:xfAW9Ajs0
大日本帝国憲法が復活したら、
日本軍も復活しないといけない。

969 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 19:55:38.44 ID:FGGxlcxQ0
国旗とか国歌に過剰に反応する奴ってなんなんだろ
学校で国歌を教えなかったらどうやって覚えるの?
ワールドカップでもオリンピックでもどこの国でも歌ってるじゃん

970 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 19:57:43.32 ID:xfAW9Ajs0
>>967
>保守主義
>(コンサバティズム)
とかの人なんだろうか。
共産主義者と国家社会主義者を、
両方とも批判したらしいから、
日本の保守主義にも合い通じるのかも?

971 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 20:01:43.36 ID:A70gH1lD0
>>969
こういう↓戦後の洗脳教育受けた人にとっては
そういう主張がカッコイイんだよ 傍から見てると滑稽なだけだけど


石原都知事と薄っぺらいキャスター
http://www.youtube.com/watch?v=z5AC19YCiok&feature=related




972 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 20:01:43.90 ID:AcWOHG+30
今、読み返してみても昭和22年文部省発行の「あたらしい憲法のはなし」
は解りやすいし、その当時の新制日本の気負いが感じられる、よい教科書だね。
復刻版もあるから一読することを勧める。

973 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 20:03:25.44 ID:jzETKIcm0
>>970
 ワイマール共和国、第三帝国と戦後を見てきてる人で、ワイマール憲法のヒトラー体制下での機能停止に関する著作があったと記憶してます。
 かれこれ30年近く前に読んだきりなのでいい機会です。

974 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 20:04:36.08 ID:AcWOHG+30
>>969
>学校で国歌を教えなかったらどうやって覚えるの?
>ワールドカップでもオリンピックでもどこの国でも歌ってるじゃん
自分で答え出してるじゃん。
ワールドカップやオリンピックで日本の優勝する機会を増やせばいいだけ。

975 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 20:04:51.68 ID:42YWZP740
>>973
欧米に現行憲法を停止するような事例があったんだね。

976 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 20:07:12.98 ID:zmd/HEBQ0
カールシュミットって、ナチスに理論的根拠与えてしまったダメ学者じゃん

977 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 20:15:59.16 ID:EqFEngag0
しょうじき教師が国歌斉唱を拒否とか、ニュース聞いたときは信じられなかったけど、
けっこういるらしいね。クビを覚悟でやってる人とかアホくさいわぁ。 反抗期の少年かよと。。
そういう思想を持ちながら公務員になってるのもアホっぽいけど。
若いころGHQ由来の左翼思想に洗脳された団塊世代に多いんだろうけど、
いいかげん大人になって欲しいね。
国歌が気に入らないなら国歌を無くすように市民運動でもやるとかさ、そういうほうがまだマシ。
くだらないことだけど。

978 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 20:17:46.24 ID:EqFEngag0
しかし洗脳って怖いわぁ
冗談としか思えないことを本気でやってるんだから

979 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 20:21:28.89 ID:AcWOHG+30
公務員だって一国民だからね。
憲法で保障する国民の権利はある。
憲法に違反する法律は無効だよ。

980 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 20:24:57.18 ID:jzETKIcm0
>>976

 シュミットの政治論については確かにナチスとの関わり(そのための戦後の半引退状態)が見られますが、このスレの関わりでは制憲に関する著述(憲法制定権力など)を読んでみたいと考えております。
 ダメ学者との御評価ですが、21世紀に至るまで著作に関する研究書が出ている国際的な公法学者の如何なる点をもってそのような評価に至るのか、理解に苦しむところであります。

981 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 20:33:25.96 ID:AcWOHG+30
>>964
聖徳太子の憲法17条は廃棄されてないんでしょう。
廃棄されたとしたらその根拠はなにかな?

982 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 20:36:56.69 ID:mcyeQ7hyO
>>1
ウヨに媚びたつもりの維新が痛すぎ(笑)

江戸時代以前の陛下の立場を知っている一般の日本人からすれば、
むしろ欧米流のエンペラーに合わせた帝国憲法下の天皇元首制の方が異質

鎌倉以来、南北朝の一時期を除いて、
陛下は権威のみを持ち、国政は将軍家が担って来た
戦後の象徴天皇制はそんな日本の伝統を受け継ぐもの

旗や歌と同様に象徴に政治的責任は発生しない
陛下を二度と世俗の政争に巻き込むなよ

983 :セイロン葉 ◆KtKsDuZC0Q :2012/10/08(月) 20:39:44.93 ID:sroBMSIAO

ことの善し悪しは兎も角、日本人なら絶対的に留意しなきゃならん台詞がある。
「私は日本国憲法を守る」

これは今上天皇が即位したときの御言葉だ。

即ち、石原もそうなんだが維新某も「逆賊」になるんだよ。
この現実を無視して「日本国憲法廃止論」に与する輩たちは保守を名乗る資格がない、と思う。

984 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 20:40:33.86 ID:AcWOHG+30
>>982
天皇は江戸徳川幕府の「禁中並公家諸法度」に従えということかな。
たしかに日本国憲法での天皇の位置づけはそれに近いね。

985 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 20:41:01.42 ID:Z7K7ABUC0
>>982
> 戦後の象徴天皇制はそんな日本の伝統を受け継ぐもの

GHQ占領憲法有効派は然うやって自分に言い聞かせるしか術べが無いんだね。
GHQが其れを顧慮していた筈など無いのだから。

986 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 20:42:42.55 ID:laC6Ru1v0

維新=カルトでドンドンイメージ悪化するネ?

987 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 20:44:23.35 ID:AcWOHG+30
>>983
たしかにそれは憲法第99条の規程だね。
ただ守らなかったからといって罰則はないだろ。
あ、公務員には公務員法があるか。

988 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 20:51:39.14 ID:XvoE3pNS0
>>982
全然違うよ
武家が勃興して皇室が政治的実権を失った鎌倉以降が例外なのであって
大日本帝国は律令時代の天皇制度を近代的なプロシア憲法を参考に
近代国家となさせしめたもの

989 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 20:51:50.10 ID:laC6Ru1v0

君が代なんて平気で歌える奴の神経が信じられなかったんだが・・
俺はカルト嫌いだから・・・
君が代カルト歌のイメージが極めて強い時代に育っているからな
この世代は意外と中国・韓国嫌いも多いよ
中国・韓国は意識の中に無い時代でもあったからね



990 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 20:55:07.16 ID:E8XJSCP50
日本には(アメリカ軍+支那軍)×3の海軍力が必要
背中に「正義」の2文字を刻んだ世界海軍設立熱望

991 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 20:56:58.24 ID:AcWOHG+30
「君が代」の歌詞は好きだね。
きちんと和歌のルールにも従ってる。
内容も自然だし日本らしい奥ゆかしさを感じる。
他国の国歌の戦争賛歌よりずっといい。


992 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 20:56:58.89 ID:vfpuUdsv0
明治維新というより、昭和維新という感じだな

993 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 20:58:22.24 ID:P5bdCkne0
>>988
例外とはいうが、天皇の中央集権が確立したのが6〜7世紀で、
12世紀には軍事政権に対する統治権の委任が成立し、19世紀までそれが続いた。
そして、中央政権にもどってから150年経ってない。

日本史の1/3を形成してる幕藩体制を、ただの例外とするのはおかしい。
古代中央集権国家から、近代国家の間にある、
中世封建制の時代に、君主が実権を持ってなかっただけだろう。

994 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 21:01:29.55 ID:Mv+clqfB0
統帥権を政府からきりはなして天皇陛下に直属させるべき
さらに防衛大臣は軍政だけ担当して作戦には携わるべきではない


995 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 21:08:05.54 ID:XUBoPSKxO
>>991
一方、支那国歌の歌詞は日本(敵)に向けた歌だから恐ろしいよ。

996 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 21:09:53.84 ID:29/Of/wi0
今の日本に必要なのは帝政復古だからな
アメリカが持ち込んだ仮初の民主主義は日本の伝統にそぐわない
自称保守なねらーも戦後教育に侵されてるんだなぁ

997 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 21:13:58.62 ID:EqFEngag0
>>989
俺も君が代はあまり好きじゃないけど、そこまでこだわるのが異常に映るんだよ。
国歌を変更するような運動をするならわかるけどねぇ。
あんまり右寄りの思想もどうかとおもうけど、戦後の洗脳教育の思想そのまんまってのもねぇ。。
全共闘の時代じゃないんだよ・・
君が代嫌いなら国歌を変更するよう運動すればいじゃん


998 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 21:19:45.45 ID:X6j+FC2x0
あたい花の女子大生だけど男性は徴兵甲種合格してはじめて一人前だとおもう

999 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 21:20:10.85 ID:Z7K7ABUC0
[政治板] 【改正要件緩和】憲法96条改正論の是非【軟性憲法】
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1349189843/

「戦後レジームからの脱却」なる大言壮語染みた標語を掲げるのであれば、
第96条の憲法改正要件の緩和なる小細工を弄するのではなく
『日本国憲法無効宣言』を行うのが筋だ!
http://www.amazon.co.jp/dp/4828413464

1000 :名無しさん@13周年:2012/10/08(月) 21:20:58.16 ID:HW0xdN420
中国北朝鮮並みの憲法=大日本帝国憲法

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

371 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)