5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【話題】 「店仕舞いしたい」 芸能プロダクションの苦悩・・・中堅プロ社長 「女性タレントはAKB48に仕事を奪われています」

1 :影の大門軍団φ ★:2012/07/05(木) 07:54:06.73 ID:???0
有名芸能プロダクション「イエローキャブ」の帯刀孝則社長の急死は、芸能プロが抱える苦悩を現したものとの見方が強い。
「店仕舞いしたいと話している社長もいる」と芸能関係者。小池栄子さんら有名タレントを抱えるものの、厳しい現状が浮かび上がってくる。

小池栄子さん、佐藤江梨子さんという稼ぎ頭を2人も抱え、中小のプロダクションから見れば羨むような布陣だったイエローキャブ。
2009年にはスポンサー企業とたもとを分かったとされ、約2億円の赤字に転落した。その後は持ち直してはいたが、
依然として厳しい状態は続いていたと言われていた。警察は遺書もあったとしており、また業界でも経営難を苦に自殺した、という見方が多い。

今回、亡くなった帯刀社長は構成作家出身。名物社長の野田義治氏が独立した後を受けて社長となった。
しかし、評判については「野田社長は面倒見が良くて表にどんどん出てトップ営業をこなすタイプですが、
帯刀さんはあまり表に出てこないタイプなのか、評判は正直あまり聞きません」(芸能プロ関係者)という。

「内情は詳しくはわかりませんが、出演料は下がっていることは間違いないでしょうし、女性タレントはAKB48に仕事を奪われています。
そうなると、キャスティング力を持つか、もしくは別の稼ぎ口を持っていなければ、事務所経営はなかなか厳しいのではないでしょうか」(中堅プロ社長)という。
女性アイドルはAKB48にほぼ仕事を奪われている現状であり、実はこれは、恩恵を受けていない芸能プロの悩みでもあるのだ。
キャスティング力という言葉が出てくるが、業界的の中でその力を持っていなければ、なかなか仕事にはありつけない。

前出の中堅プロ社長は「芸能プロの大事な収益源であるスクール持っているところも、生徒は減っています。
不動産投資や飲食事業をやっていたりする事務所もありますし、給与を増やしてやれないので、
タレントはもちろん、スタッフにもアルバイトを黙認しているところもあります」と現状を説明する。

誰かが浮かぶと、他の誰かが沈むというゼロサムゲームが繰り広げられている芸能界。
萎んでいくパイを奪い合う構図は相変わらずだが、それは同時に再編しない古い業界であることも示している。抜粋
http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/yucasee-20120704-11501/1.htm

212 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)