5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【社会】写真展:「慰安婦」巡る展覧会、ニコンが中止決定 作家は「理由の説明を」

1 :再チャレンジホテルφ ★:2012/06/05(火) 00:29:01.47 ID:???0
 名古屋市在住の韓国人写真家、安世鴻さん(41)が新宿ニコンサロン(東京都新宿区)で26日〜7月9日に
予定していた写真展「重重 中国に残された朝鮮人元日本軍『慰安婦』の女性たち」が、
会場を運営するニコンの判断で中止されることになった。
ニコンは「中止の理由は『諸般の事情』以上でも以下でもない」とし、
安さんらは経緯の説明と展覧会の開催を求めて法的措置も検討している。

 新宿や銀座、大阪にあるニコンサロンの展覧会は、ドキュメンタリー写真を中心にした
質の高い展示で知られる。応募作の中から運営委員が選抜し、ニコンが決定する方式だ。
運営委員は写真家や評論家ら5人。委員会を隔月で開催し、展示予定の写真50枚程度を見て
多数決で選んでおり、競争率は10倍を超えるという。委員会では安さんの作品について、
疑問の声は上がらなかった。委員によると、開催が決定した展覧会の中止は異例という。

 安さんには5月22日にニコンから電話で中止の連絡があった。
「理由の説明もない中止決定は納得できない」として翌日、説明を求める書面を送付したが、
電話と同じ内容の回答しか得られなかった。安さんとともに展覧会を準備してきた
市民グループ「重重プロジェクト」のメンバーは「国内で考え方の分かれる『慰安婦』という
テーマについて、表現の機会が奪われた。ニコンからは説明もなく、理解できない」と話す。

毎日新聞 2012年06月04日 東京夕刊
http://mainichi.jp/feature/news/20120604dde018040036000c.html

222 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)