5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

小泉進次郎「最近の自民党はひどい」 「若い人の意見を聞かず、考えが古く、頭が固い」

694 :名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/11/20(日) 00:03:08.01 ID:A7UH1s4X0
まあ、恥知らずの人間を色々見てきたが、本人が世襲のぼんくらなのに、さんざん郵便局長の世襲を非難していた小泉純一郎ほど見事な腐れは見たことがない。見上げたもんだよ、屋根屋のふんどし、ってか。
「自民党をぶっ壊す」と言っておいて、その実この日本国民の多くの生活を破壊し、ぼんくら息子を自分の後釜に据えるあさましい、の一言ではすまされない、醜いざまだ
純一郎そっくりの釣りあがった糸くずのような目を持つ息子の進次郎たるや何の社会経験もなく、四流大学を出してもらい、履歴書粉飾のためにコネでアメリカの大学やアメリカのシンクタンクにちょっとだけ在籍させてもらっただけ
それがいきなり、親爺の跡を継いで代議士になるってんだ。てえしたもんだねえ。
昔から、こう言う親馬鹿とアホぼんの話はごろごろ転がっている。
「売家と唐様で書く三代目」と言う川柳がある。初代が苦労して築き上げた財産も三代目となると食いつぶす。
その代わり、趣味に明け暮れて「唐様」(中国風の書法)で字を書くだけの洒落たことは出来るようになる。財産を食いつぶして、どうしようもなくなり、初代が建てた屋敷にその洒落た「唐様」で「売り家」と書いた札を下げる、と言う意味である。
小泉純一郎は、政治屋として三代目だが、運良く選挙区を手放さず、森派の後押しと当時人気の田中真紀子の応援で首相まで上り詰めた。これが、日本にとって戦後最大の災厄となった。

旧藩主の子孫をいまだに自分たちの主人と思って大事にしている封建的な地域も多い。
旧藩主の子孫と言うだけで、その土地の人間に対して尊大な態度を取っても、人々は当たり前だと思い、百年以上経っているのに旧藩主の子孫を崇めているのだ。
世襲議員に投票する者やネット右翼は誰かを崇めて、その下に仕えたい、支配されたいと願う哀れで情けない根性の持ち主だ。だから、親分を持つと安心する。
その親分が、稲川会系の由緒正しい四代目などと言うと横須賀市民や三浦市民は余計に有り難く感じ、ひれ伏す。

政治屋が陣笠代議士から大臣に成り上がるまでのことを表現して、昔の自民党の政治家がこう言った、
「ぼうふらも、人の血を吸うような蚊になるまでは、泥水飲み飲み浮き沈み」
自分たちのことをありのままに表現して上手いことを言うもんだと感心したが、みごと、人の血を吸う蚊、寄生虫が小泉家だ。

173 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)