5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ジャッキー吉川とブルー・コメッツ Vol.2

1 :昔の名無しで出ています:2013/08/25(日) NY:AN:NY.AN ID:???
ジャッキー吉川とブルーコメッツ 公式サイト
http://www.bluecomets.jp/
ジャッキー吉川とブルーコメッツのすべて
http://www31.ocn.ne.jp/~goodold60net/bc_indx.htm
BCFC(ブルーコメッツ ファンクラブ)
http://columbia.jp/~bluecomets/

ジャッキー吉川とブルーコメッツはどうなの?w
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/natsumeloj/1117119827/

2 :昔の名無しで出ています:2013/08/25(日) NY:AN:NY.AN ID:???
7月に鎌倉でのトーショー。
色んな新事実が聞けるw
ジャッキーさんが脳梗塞で入院してたとは知らなかったな、しかも原因が飲みすぎての転倒とか。
でも手術して半年リハビリして今は完全に元通りになって、そして10月にまたコメッツとしてのライブが決まっているらしい。
ttp://www.youtube.com/watch?v=H9deFoPiKuY

3 :昔の名無しで出ています:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:qomdY3t4
黒沢進が井上大輔を殺した

4 :昔の名無しで出ています:2013/09/06(金) 00:04:10.30 ID:???
どういう意味?
批評したからかな

5 :昔の名無しで出ています:2013/09/06(金) 06:52:00.07 ID:zZgIbbuf
「さよならのあとで」は日本で最も悲劇的な大ヒット曲だ。

同じ頃に出た黛ジュンや森山良子の最大のヒット曲
「夕月」「禁じられた恋」もそれまでの路線と違って非常に歌謡曲っぽい曲だったが
あそこまで叩かれなかった。

6 :昔の名無しで出ています:2013/09/06(金) 09:08:18.45 ID:???
>>4
黒沢進と言う単なるGSオタの著書はほとんど読んだが、こいつほど自分の嗜好だけで当時のバンドを評価した評論家も珍しい。
もっともGSをつぶさに調べてその軌跡を克明に研究した評論家と言う存在がそれまでいなかったので
こんな一オタク風情が「評論家」に祭り上げられたのである。その黒沢が最も嫌ったのが歌謡曲系バンドである。
当時の売れ線はどこにあったのかなど無視して、歌謡曲系はダメで当時話題にもならなかった泡沫ガレージバンドを最大評価しているんだから話にならない。
そもそも「さよならのあとで」は歌謡曲転向第一弾として出した曲だが、今考えればGSはほとんど歌謡曲であるにもかかわらず何でこの曲がそれだけクローズアップされたのか疑問でならない。
洋楽かぶれして、邦楽より洋楽の方が上だと信じていたごく一部のGSファンが、ムード歌謡調の「さよならのあとで」を否定したに過ぎないだろう。
それはこの曲がオリコン3位35万枚をはるかに越える大ヒットになった事からも分かる。一般大衆はこの曲を評価したのである。
当時はGSよりムード歌謡コーラスグループの方がはるかに売れていた時代である。
ブルコメが、学芸会バンド大量輩出のGSブームに見切りをつけて大人の歌謡であるムードコーラス路線に転換して行くのはある意味では自然の流れだっただろう。
それだけGSブームが音楽性よりアイドル性重視の中身に薄い音楽的にも低レベルに成り下がって行った結果がブルコメの歌謡曲転向だったのである。
「評論家」と証する黒沢がそこまで突っ込んだ論評が出来なかったのはしょせんは自分の好みだけでバンドの評価をしていた証拠であり、
それが「さよならのあとで」の評価どころかブルコメ自体のGSとしての評価まで下げる結果になったのである。

7 :昔の名無しで出ています:2013/09/06(金) 15:33:07.78 ID:gBHxIclX
>>6
だいたい賛成

8 :昔の名無しで出ています:2013/09/06(金) 15:36:57.22 ID:gBHxIclX
黒沢というのは先入観ありきの人で
音楽的な本質に触れているわけではない

9 :昔の名無しで出ています:2013/09/06(金) 16:55:45.00 ID:???
黒沢は,自分の好みだけでモノを言いたいなら歌謡曲系バンドも含めたGS全てを網羅した著書等は書くべきではなかった。
自分が好きなBC級泡沫ガレージバンドのみを取り上げて恣意に任せて再評価していれば良かったのだ。
少なくとも黒沢が評価するバンドすべての当時売り上げたレコード売上枚数の合算より、ブルコメが売り上げた売上枚数はその数十倍にも及ぶだろう。
同じ「GS」という土俵で比較する事自体、馬鹿馬鹿しいレベルだ。
ブルコメのようにメンバー全員が譜面を読めたバンドがGSにはほぼいなかったのも事実だし、あくまで音楽性を重視して
井上忠夫曰く「従来の歌謡曲に洋楽的要素をミックスさせて誕生したのがブルコメサウンド」であるという観点で見れば、ブルコメより音楽性で上回るGSは
当時は存在しなかったと考えるのが常識だろう。そもそもGSブームはブルコメで始まりブルコメで終わったのである。
そのことがきちんと頭に入っていれば、黒沢本のような噴飯物の内容になどならないし、黒沢如きを「GS評論家」扱いするのは間違いである。
評論家に求められるのは、客観的視点ときちんとした事実に基づく正当な判断力である。自分の好みを最優先するような輩は評論家に値しない。
もっと当時のGSを取り巻く音楽状況や内情等を知る人間が出て来て、GSを客観的に総括できるまともなGS評論家が出て来て欲しいと切に願っている,

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)