5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

STAP細胞の懐疑点 PART7

158 :名無しゲノムのクローンさん:2014/02/20(木) 17:04:22.31
名無しゲノムのクローンさん []02/08/25 12:30
1.ゴッド・ハンド (掲載日:2002/07/30)
世界の英知 神戸に結集
 
 世界が注目する学者は、神戸を選んだ。

 若山照彦(35)。英国で初のクローン羊「ドリー」が生まれてからわずか八カ
月後の一九九七年十月、さらに高度な技術を用いて、不可能とされた「クローン・
マウス」をハワイ大学で誕生させた。各国の研究者に、衝撃が広がった。

 水を満たした風船のように割れやすい卵子から核を取り出す。代わりに別の個
体の細胞核を注入し子宮に戻す。生まれた子どもは、核を提供した個体と同じ遺
伝情報を持つ。体細胞クローンと呼ばれる技術だ。

 すべてが、顕微鏡を通した作業。若山は「ゴッド・ハンド(神の手)」と呼ば
れる技でミクロの世界を操り、最先端を疾走する。

 六年前、研究水準の高さにひかれ、渡米。受精学の権威、ハワイ大の柳町隆
造教授に師事した後、米国内の大学や、同じ専門家が集まるバイオベンチャー
にも在籍。名を挙げた。

 さらなる飛躍の地に選んだのが、政府が約七十億円を投じた神戸・ポートア
イランド2期の理化学研究所「発生・再生科学総合研究センター」。発生・再
生科学の基礎研究機関では世界トップ級だ。理由は明快だった。「実験機器や
研究資金など、米国にもないサポート態勢が整っている」

 科学誌の最高峰、英「ネイチャー」は今春、同センターを取り上げた。
「一つのシンボル」として記事の冒頭に登場するのが、若山だ。

283 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)